JP2004336351A - Warning method in using wireless lan apparatus and information processor - Google Patents

Warning method in using wireless lan apparatus and information processor Download PDF

Info

Publication number
JP2004336351A
JP2004336351A JP2003129103A JP2003129103A JP2004336351A JP 2004336351 A JP2004336351 A JP 2004336351A JP 2003129103 A JP2003129103 A JP 2003129103A JP 2003129103 A JP2003129103 A JP 2003129103A JP 2004336351 A JP2004336351 A JP 2004336351A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wireless lan
lan device
use
warning
frequency band
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2003129103A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kozo Kato
Yuji Shinozaki
鉱三 加藤
雄二 篠崎
Original Assignee
Tdk Corp
Tdk株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tdk Corp, Tdk株式会社 filed Critical Tdk Corp
Priority to JP2003129103A priority Critical patent/JP2004336351A/en
Publication of JP2004336351A publication Critical patent/JP2004336351A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a warning apparatus in using a wireless LAN apparatus for calling an attention to a user not to use a frequency band which is inhibited in use under a predetermined condition, in regard to the warning method in using the wireless LAN apparatus which can transmit or receive a signal in the frequency band inhibited in use under the predetermined condition.
SOLUTION: When it is detected that a wireless LAN apparatus is going to be used for communication in the frequency band inhibited in use under the predetermined condition, whether such a use is under an adhoc mode or not is determined (step S1), and a warning message indicating that a use under the inhibited frequency band is inhibited is displayed when such a use is in the adhoc mode (step S2).
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、所定条件下での使用が禁止されている周波数帯を使用する際に発する警告方法及びそれを用いた情報処理装置に関する。 The present invention relates to an information processing apparatus using warning methods and it emits when using a frequency band for use with a given condition is prohibited.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、例えばIEEE802.11シリーズの規格に代表される無線LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)によるデータ通信が普及しつつある。 Recently, for example, data communication by wireless LAN represented by IEEE802.11 series standards (Local Area Network) have become popular. 無線LANでは電波による無線ネットワークを構築して、例えばPC(パーソナルコンピュータ)等の情報処理装置同士あるいはPCとプリンタ等の周辺装置との間でデータを送受信することができる。 Building a wireless network by radio waves in a wireless LAN, it is possible to send and receive data to and from, for example, a PC (personal computer) peripheral device of the information processing apparatus or between PC and printer such as. 通信形態としては、送受信装置間で直接データ送受信を行うアドホックモードや、アクセスポイントを設けてアクセスポイントを介してデータ送受信を行うインフラストラクチャモードなどがある。 As communication forms, ad hoc mode and performing direct data transmission and reception between the transmitter device, and the like infrastructure mode of performing data transmission and reception through the access point by providing an access point. 無線LANを実現するには、無線LAN機器やアダプタを各PCや周辺装置に装着して必要に応じてアクセスポイントを設置する。 To achieve wireless LAN, the access point is installed if necessary by mounting the wireless LAN device or adapter on each PC and peripheral device.
【0003】 [0003]
ところで、現在日本で採用されているIEEE802.11シリーズには例えば、IEEE802.11a及びIEEE802.11bがある。 By the way, the IEEE802.11 series that are currently employed in Japan, for example, there is a IEEE802.11a and IEEE802.11b. 現在主流のIEEE802.11bでは、2.4GHz帯の電波を使用して、実効速度約4Mbps、距離数百m程度の無線ネットワークを構築することができる。 In the current mainstream IEEE802.11b, using radio waves of 2.4GHz band, the effective rate of about 4 Mbps, the distance hundreds m about wireless networks can be constructed. IEEE802.11bでは、ノイズの混入や盗聴防止のため、スペクトラム拡散方式の1つである直接拡散方式による無線通信が採用されている。 In IEEE802.11b, for contamination and prevent eavesdropping of noise, the radio communication is employed by a direct spread system is one of the spread spectrum system.
【0004】 [0004]
一方、最近になって採用されIEEE802.11bよりデータ転送速度の速いIEEE802.11aでは、5GHz帯の電波を利用して、OFDM変調方式(直交周波数分割多重変調方式)を採用することで、最大54Mbpsのデータ転送速度を実現している。 On the other hand, the recently, employed is fast data transfer rates than IEEE802.11b IEEE802.11a, using radio waves 5GHz band, by adopting the OFDM modulation method (orthogonal frequency division multiplexing modulation scheme), the maximum 54Mbps It has achieved a data transfer rate.
【0005】 [0005]
しかしながら、5GHz帯の電波は、2.4GHz帯の電波に比して壁等の障害物を透過したり障害物端で回折したりする能力が低い。 However, radio waves 5GHz band, is less able or diffracted by the obstacle edge or through the obstacle such as a wall than the radio wave of 2.4GHz band. また、同一の送信電力で送信して同一地点で受信したとすると、5GHz帯の電波は2.4GHzの電波に比して減衰が大きい。 Also, if received at the same point and transmitted in the same transmission power, the radio wave of 5GHz band is larger attenuation than the radio wave of 2.4GHz. このように5GHz帯の電波を用いると単位時間に伝送できる情報量は増えるものの、2.4GHz帯の電波を用いた場合に比して受信性能が低下してしまうという問題が生じ得る。 Although this way the amount of information that can be transmitted using the unit time radio wave 5GHz band is increased, the reception performance as compared with the case of using a radio wave of 2.4GHz band may occur deteriorates. そこで、両規格の利点を生かすように1台で両方の無線LAN規格に対応できるいわゆるコンボ型あるいはデュアル型と呼ばれる無線LAN機器が市場に流通し始めている。 Therefore, the wireless LAN devices so-called combo type or dual type that can correspond to both the wireless LAN standard in one to take advantage of both standards are beginning to the market.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
ところで、IEEE802.11aの無線LAN規格で使用される周波数帯の中には、例えば日本では、使用が禁止されている周波数帯がある。 By the way, in the frequency band used in the IEEE802.11a wireless LAN standard, for example, in Japan, there is a frequency band which use is prohibited. 図7は、IEEE802.11aとIEEE802.11bの各無線LAN規格に設けられた周波数の制限条件を示している。 Figure 7 shows a limiting condition of a frequency provided in IEEE802.11a and IEEE802.11b each wireless LAN standard. 図7(a)は、アドホックモードでの制限条件を示している。 FIGS. 7 (a) shows a limiting condition in the ad-hoc mode. 図中○印は使用可を示し、×印は使用不可を示している。 Figure ○ mark indicates a usable, × mark indicates the disabled. 図7(a)に示すようにアドホックモードでは、IEEE802.11aの4.9GHzから5.1GHzの周波数帯域では屋内外を問わず使用が禁止されている。 In ad hoc mode, as shown in FIG. 7 (a), using both the indoor and outdoor in the frequency band of 5.1GHz from IEEE802.11a of 4.9GHz is prohibited. また、5.15GHzから5.25GHzの周波数帯域は地球探査衛星が使用しているので電波干渉を防止する観点から当該周波数帯での無線LAN機器の屋外での使用が禁止されている。 Further, the frequency band of 5.25GHz from 5.15GHz are prohibited for use in outdoor wireless LAN device in the frequency band from the standpoint of preventing radio interference because the earth exploration satellite is using. なお、IEEE802.11bでは特に使用が制限される周波数帯はない。 In addition, there is no particular frequency band whose use is restricted in IEEE802.11b.
【0007】 [0007]
図7(b)は、インフラストラクチャモードでの制限事項を示している。 FIG. 7 (b) shows the limitations of the infrastructure mode. インフラストラクチャモードでは、アドホックモードと同様の理由で5.15GHzから5.25GHzの周波数帯での無線LAN機器の屋外での使用が禁止されている。 In the infrastructure mode, outdoor use of wireless LAN equipment in the frequency band of 5.25GHz from 5.15GHz for the same reason as the ad-hoc mode is prohibited.
【0008】 [0008]
使用者に上述の制限事項を遵守してもらえるように、無線LAN機器の製造者は、屋内での使用に限定される旨が記載されたラベルを無線LAN機器の筐体に貼付したり、取扱説明書に同様の注意書きを記載したりして使用者に注意を喚起している。 The user to get to observe the above limitations, the wireless LAN equipment manufacturers, or sticking a label that has been described that is restricted to indoor use in the housing of the wireless LAN device, handling instructions on to or describes a similar disclaimer is to alert the user. しかしながら、使用者がこの制限事項を常に意識してくれれば、使用制限のある周波数帯が使用されることを回避し得るが、使用者が制限事項を意識していなければ、使用制限のある周波数帯が使用される可能性がある。 However, if the user Kurere always aware of this limitation, but can be avoided that the frequency band with a use restriction is used, if not aware of the user restrictions, a limited-use frequency there is a possibility that the band is used.
【0009】 [0009]
さらに、コンボ型やデュアル型の無線LAN機器では使用制限のないIEEE802.11bも使えるため、使用可能な周波数帯域の制限を忘れて屋外で無線LAN機器を使用してしまう可能性が大きくなる。 In addition, because can also be used without the use restriction IEEE802.11b is a combo type or dual type of wireless LAN equipment, likely to forget the limitations of the available frequency bands would use the wireless LAN equipment outdoors increases. またさらに、IEEE802.11a専用の無線LAN機器を屋内で使用している場合であっても、アドホックモードやインフラストラクチャモードを意識せずに使用して、使用禁止の周波数帯域で無線LAN機器を使用してしまう可能性もある。 Furthermore, even if you are using a wireless LAN equipment IEEE802.11a only indoors, and used without being conscious of the ad-hoc mode and infrastructure mode, using a wireless LAN equipment in the frequency band of disabled there is also a possibility that the.
【0010】 [0010]
本発明の目的は、所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域を使わないように使用者に注意を喚起できる無線LAN機器使用時の警告方法及びそれを用いた情報処理装置を提供することにある。 An object of the present invention is to provide an information processing apparatus using the method and the same for the wireless LAN devices use that can alert the user not to use the frequency band that is prohibited warning used under a predetermined condition It is in.
【0011】 [0011]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記目的は、所定条件下での使用が禁止されている周波数帯を利用して、無線LAN機器が通信を開始しようとしているか否か検出し、前記周波数帯を利用して通信を開始しようとしている場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法によって達成される。 The above object is achieved by using a frequency band used in a predetermined condition is prohibited, whether detected wireless LAN device is attempting to initiate communication, trying to initiate a communication by using the frequency band in this case, in the predetermined condition is achieved by a method of warning when the wireless LAN device whereby said issuing a warning indicating that the use of the frequency band is prohibited.
【0012】 [0012]
上記本発明の無線LAN機器使用時の警告方法において、さらに、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用して通信しているか否かを検出し、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用している場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする。 The method of warning a wireless LAN device when using the present invention, further, the wireless LAN device detects whether or not the communication using the frequency band, the wireless LAN device using the frequency band If you are, the at predetermined conditions, characterized in that an alarm indicating that the use of the frequency band is prohibited.
上記本発明の無線LAN機器使用時の警告方法において、前記所定条件下は、前記無線LAN機器をアドホックモードで使用することであることを特徴とする。 The method of warning a wireless LAN device when using the present invention, the predetermined conditions, wherein said is to use a wireless LAN device in the ad-hoc mode.
上記本発明の無線LAN機器使用時の警告方法において、前記所定条件下は、前記無線LAN機器を屋外で使用することであることを特徴とする。 The method of warning a wireless LAN device when using the present invention, the predetermined conditions, characterized in that the wireless LAN device is to use outdoors.
上記本発明の無線LAN機器使用時の警告方法において、前記警告は、前記無線LAN機器が装着されている情報処理装置の表示部に表示されることを特徴とする。 The method of warning a wireless LAN device when using the present invention, the warning is characterized in that the wireless LAN device is displayed on the display section of the information processing apparatus is mounted.
【0013】 [0013]
上記目的は、無線LAN機器を介して通信可能な情報処理装置であって、所定条件下での使用が禁止されている周波数帯を利用して、前記無線LAN機器を用いて通信を開始しようとしているか否か検出する検出手段と、前記無線LAN機器を用いて通信を開始しようとしている場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発する警告発生手段とを備えることを特徴とする情報処理装置によって達成される。 As the above object is achieved by a information processing apparatus capable of communicating via a wireless LAN device, using a frequency band for use with a given condition it is prohibited, starting communications using the wireless LAN device detecting means for detecting dolphin whether the radio when the LAN by using a device trying to initiate a communication, a warning generating means and in the predetermined conditions an alarm indicating that the use of the frequency band is prohibited is achieved by an information processing apparatus, characterized in that it comprises and.
上記本発明の情報処理装置において、さらに、前記検出手段は、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用して通信しているか否かを検出し、前記警告発生手段は、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用している場合には、所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする。 In the information processing apparatus of the present invention, furthermore, the detecting device, the wireless LAN device detects whether or not the communication using the frequency band, the warning generating means, the wireless LAN device wherein If you are using the frequency band, the predetermined conditions, characterized in that an alarm indicating that the use of the frequency band is prohibited.
上記本発明の情報処理装置において、前記所定条件下は、前記無線LAN機器をアドホックモードで使用することであることを特徴とする。 In the information processing apparatus of the present invention, the predetermined conditions, wherein said it is to use a wireless LAN device in the ad-hoc mode.
上記本発明の情報処理装置において、前記所定条件下は、前記無線LAN機器を屋外で使用することであることを特徴とする。 In the information processing apparatus of the present invention, the predetermined conditions, characterized in that the wireless LAN device is to use outdoors.
上記本発明の情報処理装置において、さらに表示部を備え、前記警告発生手段は、前記警告を前記表示部に表示することを特徴とする。 In the information processing apparatus of the present invention, further comprising a display unit, the warning generating means, and displaying the warning on the display unit.
【0014】 [0014]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の一実施の形態による無線LAN機器使用時の警告方法について図1乃至図6を用いて説明する。 The method of warning when the wireless LAN device used according to an embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. まず、本実施の形態による無線LAN機器の概略の構成について図1を用いて説明する。 First, will be explained with reference to FIG schematic structure of a wireless LAN device according to the present embodiment. 図1は、無線LAN機器1とPC等の情報処理装置6の回路ブロック図を示している。 Figure 1 shows a circuit block diagram of an information processing apparatus 6 such as a wireless LAN device 1 and the PC. 無線LAN機器1は、例えば無線LAN規格IEEE802.11a及びIEEE802.11bの双方に準拠したデュアル型であり、PCMCIA(Personal Computer Memory Card International Association)規格に準拠したコネクタ構造のインタフェース部5を有している。 Wireless LAN equipment 1 is, for example, a dual type conforming to both the wireless LAN standard IEEE802.11a and IEEE802.11b, a interface portion 5 of the connector structure conforming to PCMCIA (Personal Computer Memory Card International Association) standards there.
【0015】 [0015]
無線LAN機器1はアクセスポイント等の他の無線LAN機器(不図示)との間で電波(無線信号)を送受信するアンテナ2を有している。 Wireless LAN device 1 has an antenna 2 for transmitting and receiving radio waves (radio signals) to and from another wireless LAN devices such as access points (not shown). アンテナ2には無線部3が接続されている。 The antenna 2 radio unit 3 is connected. 無線部3は送受信される無線信号の周波数変換を行う。 Radio unit 3 performs frequency conversion of the radio signal transmitted and received. 無線部3にはベースバンドMAC(Media Access Control)部4が接続されている。 Baseband MAC (Media Access Control) unit 4 is connected to the radio unit 3. ベースバンドMAC部4はアナログ信号の無線信号をデジタル信号に変換したり、送受信されるデータの変調処理等を行う。 Baseband MAC unit 4 is to convert the radio signal of the analog signal into a digital signal, it performs modulation of data to be transmitted and received. ベースバンドMAC部4にはインタフェース部5が接続されている。 The baseband MAC unit 4 are connected to the interface unit 5. 送受信用データはインタフェース部5を介して無線LAN機器1と情報処理装置6との間で入出力される。 Transmitting and receiving data is input and output to and from the wireless LAN device 1 and the information processing apparatus 6 via the interface unit 5.
【0016】 [0016]
一方、情報処理装置6は、インタフェース部5と電気的及び機械的に接続可能なPCMCIA規格に準拠したコネクタ構造のインタフェース部7を有している。 On the other hand, the information processing apparatus 6 includes an interface unit 7 of the connector structure conforming to the interface portion 5 electrically and mechanically connectable PCMCIA standards. インタフェース部7はPCMCIA制御部8に接続されている。 Interface unit 7 is connected to the PCMCIA controller 8. またPCMCIA制御部8は制御部9に接続されている。 The PCMCIA controller 8 is connected to the control unit 9. 制御部9には表示部10が接続されている。 Display unit 10 is connected to the control unit 9. PCMCIA制御部8は、送信データをPCMCIA規格に準拠した信号形式にデータ変換したり、受信データを制御部9で処理可能な信号形式に変換したりする。 PCMCIA controller 8, or the data into a signal format conforming to transmit data to the PCMCIA standard, and converts the received data into processable signal form the control unit 9. 制御部9はデータ変換処理を行うPCMCIA制御部8を制御する。 Control unit 9 controls the PCMCIA controller 8 that performs data conversion processing. また制御部9は、各種情報が表示部10に表示されるように制御信号等を表示部10に出力する。 The control unit 9 outputs to the display unit 10 a control signal such as various kinds of information is displayed on the display unit 10. さらに制御部9は、情報処理装置の全体動作や無線LAN機器の全体動作を制御すると共に、その動作を把握する機能を有している。 Further, the control unit 9 controls the overall operation of the entire operation and the wireless LAN device of the information processing apparatus has a function of grasping the operation.
【0017】 [0017]
次に、無線LAN機器1を用いて情報処理装置6から他の無線LAN機器にデータを送信する方法について説明する。 Next, a method for transmitting data from the information processing apparatus 6 to another wireless LAN apparatus is described with reference to wireless LAN device 1. 情報処理装置6で作成された送信用データはインタフェース部7及びインタフェース部5を介してベースバンドMAC部4に出力される。 Transmitting data created by the information processing device 6 is output to the baseband MAC unit 4 via the interface unit 7 and the interface unit 5. ベースバンドMAC部4は送信用データに無線LAN通信に必要な制御情報を付加する。 Baseband MAC unit 4 adds the control information necessary for wireless LAN communication to the transmission data. またベースバンドMAC部4は情報処理装置6で選択された無線LAN規格に基づいて送信用データの変調処理を行う。 The baseband MAC unit 4 performs modulation processing of the transmission data based on the wireless LAN standard selected by the information processing apparatus 6. 例えば、IEEE802.11a規格でデータを送信する場合はOFDM変調処理がなされる。 For example, when transmitting data in IEEE802.11a standard OFDM modulation processing is performed. 以上の処理がなされた送信用データはベースバンドMAC部4でデジタル/アナログ変換されて無線部3に出力される。 Transmission data the above processing has been performed is output is a digital / analog converter in the baseband MAC unit 4 to the radio unit 3. アナログ信号に変換された送信用データの周波数は無線部3で5GHz帯に変換される。 Frequency of the transmission data converted into the analog signal is converted to a 5GHz band by the radio unit 3. 送信用データは5GHz帯の電波としてアンテナ2から他の無線LAN機器に送信される。 Transmission data is transmitted from the antenna 2 to another wireless LAN device as an electric wave of 5GHz band. 他の無線LAN機器から送信された電波の受信方法は上記送信処理をほぼ逆にした手順で実行される。 The method of the received radio wave transmitted from other wireless LAN devices is performed by the procedure in reverse substantially the transmission process. このようにして無線LANネットワークではデータが送受信されるが、何れの無線LAN規格で送受信するかは、図示せぬ操作部を使用して使用者が決定することになる。 While data in the wireless LAN network in this manner is transmitted and received, be transmitted and received at any of the wireless LAN standards, it will determine the user using the operation section not shown.
【0018】 [0018]
次に、使用する無線LAN規格を決定する際に、使用が禁止されている周波数帯域を使わないように使用者に注意を喚起する無線LAN機器使用時の警告方法について図2乃至図6を用いて説明する。 Then, when determining the wireless LAN standard used, to FIGS how alerts when arouse wireless LAN devices use caution to the user not to use the frequency band being banned using It described Te. 図2は、情報処理装置6を無線LAN機器1を介して無線ネットワークに接続する際に使用者に注意を喚起する手順を示すフローチャートである。 Figure 2 is a flow chart showing the procedure alert the user when connecting the information processing apparatus 6 to the wireless network via the wireless LAN device 1. 情報処理装置6の電源がオンになると、例えばスタートアッププログラムとして登録され、無線LAN機器1に各種設定を行う無線LAN設定用ユーティリティプログラム(以下、設定プログラムと略記する)が起動する。 When the power of the information processing apparatus 6 is turned on, for example, it is registered as a startup program, the wireless LAN setting utility program for performing various settings to the wireless LAN device 1 (hereinafter, abbreviated as setting program) is started. 設定プログラムは、情報処理装置6に装着された無線LAN機器1の動作可能な無線通信規格を検出するようになっている。 Setting program is adapted to detect the operable wireless communication standard of the wireless LAN device 1 mounted in the information processing apparatus 6. 無線LAN機器1が装着された情報処理装置6の使用者は、設定プログラムにより、アクセスポイント等の接続先の一覧や通信速度及び接続先電波の強弱等を表示部10で確認することができる。 The user of the information processing apparatus 6 wireless LAN device 1 is mounted can be by setting program is confirmed on the display unit 10 the strength or the like of the connection destination list and the communication speed and the destination radio waves such as an access point. また、使用者は、設定プログラムにより、情報処理装置6の無線ネットワークへの接続状態の確認や変更を容易に行うことができる。 Further, the user can perform the setting program, easily check or change the connection to the wireless network of the information processing apparatus 6. なお、設定プログラムは、スタートアッププログラムとして登録せずに、必要に応じて使用者が起動するように設定しておいてももちろんよい。 The setting program, without registering as a startup program, may of course be possible to set so the user is started on demand.
【0019】 [0019]
情報処理装置6を無線LAN機器1を介して無線ネットワークに接続するに際し、情報処理装置6の制御部9は、設定プログラムにより所定条件下での使用が禁止されている周波数帯でも送受信が可能な無線LAN機器1を検出すると、アドホックモード又はインフラストラクチャモードの何れが選択されたかを判断する(ステップS1)。 Upon the information processing apparatus 6 via the wireless LAN device 1 is connected to a wireless network, the control unit 9 of the information processing apparatus 6, capable of transmitting and receiving in the frequency band that is prohibited for use in certain conditions by setting the program When detecting the wireless LAN device 1, it is determined whether any of the ad hoc mode or infrastructure mode is selected (step S1). アドホックモードが選択されるとステップS2に移行して、制御部9は、例えば「4.1GHzから5.1GHzの周波数帯域は使用禁止です」という警告メッセージを所定時間表示部10に表示した後、アドホックモード用処理ルーチンに移行する(ステップS3)。 The process proceeds to step S2 when the ad hoc mode is selected, the control unit 9, for example, by displaying a warning message to a predetermined time display unit 10 as "frequency band of 5.1GHz from 4.1GHz is disabled" shifts to the ad-hoc mode process routine (step S3). 一方、インフラストラクチャモードが選択されると(ステップS1)、上記表示をせずにインフラストラクチャモード用処理ルーチンに移行する(ステップS4)。 On the other hand, when the infrastructure mode is selected (step S1), the process proceeds to the infrastructure mode process routine without the display (step S4).
【0020】 [0020]
まず、アドホックモード用処理ルーチンについて図3及び図4を用いて説明する。 First, it will be described with reference to FIGS. 3 and 4 for the ad hoc mode process routine. 図3は、アドホックモード用処理での処理手順を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing a processing procedure in the ad-hoc mode process. 処理が開始されると、使用可能な無線LAN規格を示したウィンドウ11が表示部10に表示される(ステップS11)。 When the process is started, the window 11 which shows the available wireless LAN standard is displayed on the display unit 10 (step S11). 図4(a)は、ウィンドウ11の一例であって、使用可能な無線LAN規格が上から順に示されている。 4 (a) is an example of a window 11, which can be used wireless LAN standard is shown in order from the top. 本例では「IEEE802.11a(5.2GHz)屋内専用」と「IEEE802.11b(2.4GHz)屋内/屋外兼用」の2つの無線LAN規格を示す語句が表示される。 In this example is displayed words that the two wireless LAN standard "IEEE802.11a (5.2 GHz) for indoor use" and "IEEE802.11b (2.4GHz) Indoor / outdoor combined". 表示された各無線LAN規格の左側には選択状態と非選択状態とを切り替えるチェックボックスが設けられている。 Checkbox to switch between activated and deactivated states are provided on the left side of each wireless LAN standard is displayed. 本例では初期状態でIEEE802.11aが選択されIEEE802.11bが非選択になっている。 IEEE802.11a initially at IEEE802.11b is selected is in the non-selected in this example. 例えばIEEE802.11bを選択するのであれば、IEEE802.11bを示す語句の左側のチェックボックスにマウスカーソルを移動させてマウスをクリックする。 For example if the selecting IEEE802.11b, to the left of the check boxes of words that the IEEE802.11b by moving the mouse cursor and clicks the mouse.
【0021】 [0021]
ウィンドウ11内の下方には、選択した無線LAN規格の使用を決定する「適用」ボタンと、アドホックモード処理を中止する「キャンセル」ボタンとが並列配置されている。 Below the window 11, and "Apply" button to determine the use of the selected wireless LAN standards, and a "cancel" button to cancel the ad hoc mode processing are disposed in parallel. 制御部9は、「適用」ボタンがクリックされたか否かを判断し(ステップS12)、「適用」ボタンがクリックされたと判断すると、ステップS13に移行して、「IEEE802.11a(5.2GHz)屋内専用」のチェックボックスが選択状態になっているか否かを判断する。 Control unit 9, "Apply" button determines whether the clicked (step S12), the it is determined as "Apply" button is clicked, the process goes to step S13, "IEEE802.11a (5.2 GHz) check box of indoor-only ", it is determined whether or not it is in the selected state. 制御部9は、「適用」ボタンがクリックされていないと判断したら(ステップS12)、ステップS18に移行して、「キャンセル」ボタンがクリックされたか否かを判断する。 Control unit 9, if it is determined that not clicked the "Apply" button (step S12), the process proceeds to step S18, it is determined whether or not the "Cancel" button is clicked. 制御部9は、ステップS18で「キャンセル」ボタンがクリックされたと判断したら、アドホックモード用処理を終了する。 Control unit 9, if it is determined that the "Cancel" button is clicked in step S18, to terminate the ad-hoc mode for processing. 「キャンセル」ボタンがクリックされていないと判断したら、ステップS12に戻る。 If it is determined that the "Cancel" button is not clicked, the flow returns to step S12.
【0022】 [0022]
制御部9は、ステップS13で「IEEE802.11a(5.2GHz)屋内専用」のチェックボックスが選択状態になっていると判断したら、図4(b)に示すような警告ウィンドウ12を表示部10に表示する(ステップS14)。 Control unit 9, if it is determined that the check box of "IEEE802.11a (5.2 GHz) for indoor use" is set to a selected state in step S13, the display unit 10 a warning window 12 as shown in FIG. 4 (b) to display (step S14). ウィンドウ12内には、「IEEE802.11aは屋内専用です。屋外で使用する場合はIEEE802.11bを選択してください。」等の警告文が記述され、この警告により使用者に注意が喚起される。 The window 12, "is IEEE802.11a is for indoor use only. For outdoor use, please choose IEEE802.11b." Warning statements such as are described, attention is evoked to the user by this warning .
【0023】 [0023]
制御部9は、ステップS13で「IEEE802.11a(5.2GHz)屋内専用」のチェックボックスが非選択状態になっていると判断したら、図4(b)の警告ウィンドウ12を表示せずに、アドホックモード用処理を終了する。 Control unit 9, if it is determined that the check box of "IEEE802.11a (5.2 GHz) for indoor use" is set to a non-selected state in step S13, without displaying the warning window 12 of FIG. 4 (b), to end the ad hoc mode for processing.
【0024】 [0024]
ウィンドウ12下方には、屋内で使用することを確認する「屋内で使用する」ボタンと、ウィンドウ11に戻る「戻る」ボタンとが並列配置されている。 The window 12 downward, the "used indoors" button to confirm the use indoors, back to the window 11 "return" button and are arranged in parallel. 次に、制御部9は「屋内で使用する」ボタンがクリックされたか否かを判断し(ステップS15)、警告内容を確認した使用者が「屋内で使用する」ボタンをクリックしたと判断すると、ウィンドウ12を図4(c)に示すようなアイコン13にして表示部10の一部に表示する処理を行い(ステップS16)、アドホックモード用処理を終了する。 Next, the control unit 9 determines whether the clicked button "Use indoors" (step S15), and when the user confirming the contents of warning is determined that click "Use indoors" button, window 12 Figure 4 in the icon 13 as shown in (c) performs a process of displaying a portion of the display unit 10 (step S16), and terminates the ad-hoc mode process.
【0025】 [0025]
ステップS15において、制御部9は「屋内で使用する」ボタンがクリックされていないと判断すると、ステップS17に移行して「戻る」ボタンがクリックされたか否かを判断する。 In step S15, the control unit 9 'is used indoors "button is judged not to be clicked, the process proceeds to step S17" return "button determines whether clicked. 制御部9は、ステップS17で「戻る」ボタンがクリックされたと判断したら、ステップS12に戻る。 Control unit 9, if it is determined that the "Back" button is clicked in step S17, the flow returns to step S12. 「戻る」ボタンがクリックされていないと判断したら、ステップS15に戻る。 If it is determined that the "Back" button is not clicked, the flow returns to step S15.
【0026】 [0026]
アドホックモード用処理ルーチンが終了すると、設定プログラムにより制御部9は無線LAN機器1をアドホックモードにして選択された規格を用いて無線ネットワークに接続する。 When the ad-hoc mode process routine ends, connecting to a wireless network using a standard controller 9 that is selected by the wireless LAN device 1 to the ad hoc mode by setting program. この後、例えばIEEE802.11aが選択された場合には、設定プログラムにより、所定時間が経過する毎に、アイコン13の点滅やウィンドウ12の表示が行われる。 Thereafter, for example, when the IEEE802.11a is selected, the setting program, every time a predetermined time period elapses, the display of the flashing or the window 12 of the icon 13 is performed. このようなイベントが発生する度に使用者は情報処理装置6の無線ネットワークへの接続状態を意識することになる。 User every time such an event occurs will be aware of the connection to the wireless network of the information processing apparatus 6. 従って、情報処理装置6の使用中にも所定時間間隔で無線LAN機器1の使用条件に対する注意が維持されることになる。 Therefore, the attention to conditions of use of the wireless LAN device 1 at predetermined time intervals even during use of the information processing apparatus 6 is maintained.
【0027】 [0027]
このように情報処理装置6を無線LAN機器1を介して無線ネットワークに接続する作業中及び情報処理装置6の使用中の何れにおいても使用者に無線LAN機器1の使用条件に対する注意を喚起することができる。 To draw attention to the use condition of the wireless LAN device 1 to be user in any in use in the working and the information processing apparatus 6 connected in this way the information processing apparatus 6 to the wireless network via the wireless LAN device 1 can.
【0028】 [0028]
次に、インフラストラクチャモード用処理ルーチンについて図5及び図6を用いて説明する。 Will now be described with reference to FIGS. 5 and 6 for the infrastructure mode process routine. 図5は、インフラストラクチャモード用処理での処理手順を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart showing a processing procedure in the infrastructure mode process. 処理が開始されると、情報処理装置6は無線LAN機器1を介して接続可能な無線ネットワークを探索する(ステップS21)。 When the process is started, the information processing apparatus 6 searches for wireless networks that can be connected via a wireless LAN device 1 (step S21). 無線LAN機器1は無線ネットワークを構築するアクセスポイント(不図示)が発信する種々の制御信号を含んだ電波(ビーコン信号)を受信して接続先無線ネットワークの情報を取得する(ステップS22)。 Wireless LAN equipment 1 access point (not shown) to build a wireless network and various control signals received by the radio (beacon signal) containing acquires information of connection destination wireless network which transmits (step S22).
【0029】 [0029]
制御部9は、接続可能な無線ネットワークの探索及び取得が終了すると、利用可能な無線ネットワーク一覧と選択されている無線ネットワークに関する注意事項を記載したウィンドウ14を表示部10に表示する(ステップS23)。 Control unit 9, the search and acquisition of connectable wireless networks When finished, displays a window 14 as described notes on a wireless network that is selected as the available wireless network list on the display unit 10 (step S23) . 図6(a)は、ウィンドウ14の一例であって、接続可能な無線ネットワークの一覧が表示されている。 6 (a) is an example of a window 14, a list of connectable wireless network is displayed. ウィンドウ14内の無線ネットワーク一覧の下方には選択された無線ネットワークに関する注意事項が表示されている。 Is a note about the selected wireless network is displayed on the lower side of the wireless network list in the window 14. 本例では利用可能な無線ネットワークとして3種類のネットワークA、B、Cが取得された状態を示しており、初期状態で屋内専用のネットワークAが選択され、それ以外が非選択になっている。 3 types of network A as available wireless networks in this example, B, shows a state in which C is acquired, indoor dedicated network A is selected in the initial state, the other is in the non-selected. 選択されている無線ネットワーク名は、非選択のネットワーク名と異なる色調になっている。 Wireless network name has been selected is made to a network name different from the color tone of the non-selected. なお、無線ネットワーク名の左側に示された家のシンボルマークは屋内専用の無線ネットワークを表し、太陽のシンボルマークは屋内/屋外兼用の無線ネットワークであることを表している。 It should be noted that the symbol of the house shown on the left side of the wireless network name represents the indoor-only wireless network, indicates that symbol of the sun is an indoor / outdoor dual function as a wireless network.
【0030】 [0030]
ウィンドウ14内の下方には、選択した無線ネットワークへの接続を決定する「接続」ボタンと、インフラストラクチャ用処理を中止する「キャンセル」ボタンとが並列配置されている。 Below the window 14, and a "connection" button to determine the connection to the wireless network selected, and a "cancel" button to cancel the processing infrastructure is arranged parallel.
【0031】 [0031]
制御部9は、「接続」ボタンがクリックされたか否かを判断し(ステップS24)、「接続」ボタンがクリックされたと判断すると、ステップS25に移行して、屋内専用ネットワークが選択状態になっているか否かを判断する。 Control unit 9 determines whether or not a clicked "Connect" button (step S24), and determines that the "connection" button is clicked, the process proceeds to step S25, indoor dedicated network is the selected state to determine whether the dolphin not. 制御部9は、「接続」ボタンがクリックされていないと判断したら(ステップS24)、ステップS30に移行して、「キャンセル」ボタンがクリックされたか否かを判断する。 Control unit 9, if it is determined that not clicked the "Connect" button (step S24), and the process proceeds to step S30, it is determined whether or not the "cancel" button is clicked. 制御部9は、ステップS30で「キャンセル」ボタンがクリックされたと判断したら、インフラストラクチャモード用処理を終了する。 Control unit 9, if it is determined that the "Cancel" button is clicked in step S30, the processing is terminated for the infrastructure mode. 「キャンセル」ボタンがクリックされていないと判断したら、ステップS24に戻る。 If it is determined that the "Cancel" button is not clicked, the flow returns to step S24.
【0032】 [0032]
制御部9は、ステップS25で屋内専用ネットワークが選択状態になっていると判断したら、図6(b)に示すような警告ウィンドウ15を表示部10に表示する(ステップS26)。 Control unit 9, if it is determined that the indoor private network is in the selection state in step S25, the display unit 10 a warning window 15 as shown in FIG. 6 (b) (step S26). ウィンドウ15内には、「このネットワークは屋内専用です。このPCは屋内で使用しますか。」等の警告文が記述され、この警告により使用者に注意が喚起される。 In the window 15, "The network is designed for indoor use only. This PC or. Will be used in indoor" warning statements such as are described, attention to the user is invoked by this warning. 制御部9は、ステップS25で屋内専用ネットワークが非選択状態になっていると判断したら、図6(b)の警告ウィンドウ12を表示せずに、インフラストラクチャモード用処理を終了する。 Control unit 9, if it is determined that the indoor private network in the step S25 is in the unselected state, without displaying the warning window 12 of FIG. 6 (b), and ends the processing infrastructure mode.
【0033】 [0033]
ウィンドウ15下方には、屋内で使用することを確認する「屋内で使用する」ボタンと、ウィンドウ14に戻る「戻る」ボタンとが並列配置されている。 The window 15 downward, the "used indoors" button to confirm the use indoors, back to the window 14 "return" button and are arranged in parallel. 次に、制御部9は「屋内で使用する」ボタンがクリックされたか否かを判断し(ステップS27)、警告内容を確認した使用者が「屋内で使用する」ボタンをクリックしたと判断すると、ウィンドウ15を図6(c)に示すようなアイコン16にして表示部10の一部に表示する処理を行い(ステップS28)、インフラストラクチャモード用処理を終了する。 Next, the control unit 9 determines whether or not it has been clicked the button to "use indoors" (step S27), when the user confirming the warning content is determined that you click the "Use indoors" button, window 15 6 in the icon 16 as shown in (c) performs a process of displaying a portion of the display unit 10 (step S28), and ends the processing infrastructure mode.
【0034】 [0034]
ステップS27において、制御部9は「屋内で使用する」ボタンがクリックされていないと判断すると、ステップS29に移行して、「戻る」ボタンがクリックされたか否かを判断する。 In step S27, the control unit 9 determines that not clicked button "Use indoors", the process proceeds to step S29, it is determined whether the "RETURN" button is clicked. 制御部9は、ステップS29で「戻る」ボタンがクリックされたと判断したら、ステップS23に戻る。 Control unit 9, if it is determined that the "Back" button is clicked in step S29, the flow returns to step S23. 「戻る」ボタンがクリックされていないと判断したら、ステップS27に戻る。 If it is determined that the "Back" button is not clicked, the flow returns to step S27.
【0035】 [0035]
インフラストラクチャモード用処理ルーチンが終了すると、設定プログラムにより制御部9は無線LAN機器1をインフラストラクチャモードにして選択された無線ネットワークに接続する。 When the infrastructure mode process routine is completed, the control unit 9 by the configuration program to connect to the wireless network selected by the wireless LAN device 1 to the infrastructure mode. この後、例えばIEEE802.11aが選択された場合には、設定プログラムにより、所定時間が経過する毎に、アイコン16の点滅やウィンドウ15の表示が行われる。 Thereafter, for example, when the IEEE802.11a is selected, the setting program, every time a predetermined time period elapses, the display of the flashing or the window 15 icon 16 is performed. このようなイベントが発生する度に使用者は情報処理装置6の無線ネットワークへの接続状態を意識することになる。 User every time such an event occurs will be aware of the connection to the wireless network of the information processing apparatus 6. 従って、情報処理装置6の使用中にも所定時間間隔で無線LAN機器1の無線ネットワークへの使用条件に対する注意が維持されることになる。 Therefore, the attention to conditions of use of the wireless LAN device 1 of the radio network at predetermined time intervals even during use of the information processing apparatus 6 is maintained.
【0036】 [0036]
このように情報処理装置6を無線LAN機器1を介して無線ネットワークに接続する作業中及び情報処理装置6の使用中の何れにおいても使用者に無線LAN機器1の使用条件に対する注意を喚起することができる。 To draw attention to the use condition of the wireless LAN device 1 to be user in any in use in the working and the information processing apparatus 6 connected in this way the information processing apparatus 6 to the wireless network via the wireless LAN device 1 can.
【0037】 [0037]
以上説明したように、本実施の形態による無線LAN機器使用時の警告方法によれば、アドホックモードやインフラストラクチャモードの何れの通信形態であっても、情報処理装置6を無線LAN機器1を介して無線ネットワークに接続する設定作業中に、無線LAN機器1の使用条件に対する注意を情報処理装置6の使用者に喚起することができる。 As described above, according to the method of warning when the wireless LAN device used according to the present embodiment, be any form of communication in ad hoc mode and infrastructure mode, the information processing apparatus 6 via the wireless LAN device 1 during the setting operation of connecting to a wireless network Te, it is possible to draw attention to the use condition of the wireless LAN device 1 to a user of the information processing apparatus 6. さらに、無線接続後も、所定時間間隔毎に警告を発することができるので、無線LAN機器1の使用条件に対する使用者の注意は維持され続ける。 Further, after a wireless connection is also, it is possible to issue a warning at predetermined time intervals, the user's attention to the use condition of the wireless LAN device 1 continues to be maintained. 従って、所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域で無線LAN機器1が使用される可能性を確実に減らすことができる。 Therefore, it is possible to reduce reliably possibility wireless LAN device 1 in a frequency band used is prohibited under certain conditions is used.
【0038】 [0038]
本発明は、上記実施の形態に限らず種々の変形が可能である。 The present invention can be variously modified without limited to the above embodiments.
上記実施の形態では接続可能な無線ネットワークの取得後、無線LAN機器1の使用場所を選択しているが、本発明はこれに限られない。 After acquisition of connectable wireless network in the above embodiment, although selected place of use of the wireless LAN device 1, the present invention is not limited thereto. 例えば、無線LAN機器1を使用する場所の選択後、接続可能な無線ネットワークを取得してもよい。 For example, after selecting the locations using a wireless LAN device 1 may acquire a connectable wireless network. このとき無線LAN機器1の使用場所に対して使用が禁止されている周波数帯域を使用する無線ネットワークはウィンドウ14に表示されないようにする。 In this case the wireless network using a frequency band being banned for use where the wireless LAN device 1 is prevented from being displayed in the window 14. こうすることで、所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域で無線LAN機器1が使用される可能性を確実に減らすことができる。 In this way, it is possible to reduce reliably possibility wireless LAN device 1 in a frequency band used is prohibited under certain conditions is used.
【0039】 [0039]
また、無線LAN機器1に無線ネットワークで使用できるチャンネルを自動的に選択するDFS(Dynamic Frequency Selection)がプログラムされている場合、無線LAN機器1の使用場所に対して使用が禁止されている周波数帯域内のチャンネルは選択できないように設定しておく。 Also, if the DFS to automatically select a channel which can be used in the wireless network to the wireless LAN device 1 (Dynamic Frequency Selection) is programmed, the frequency band used for the place of use of the wireless LAN device 1 is prohibited channel of the is set so as not to be selected. こうすることで、所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域で無線LAN機器1が使用される可能性を確実に減らすことができる。 In this way, it is possible to reduce reliably possibility wireless LAN device 1 in a frequency band used is prohibited under certain conditions is used.
【0040】 [0040]
また、上記実施の形態ではステップS1でアドホックモードが選択された場合、4.9GHz〜5.1GHzの使用禁止に関する警告文を表示してアドホックモード用処理を実行するようになっているが、本発明はこれに限られない。 Also, if the ad-hoc mode is selected in step S1 in the above embodiment, although adapted to perform ad-hoc mode process displays a warning message on the use prohibition of 4.9GHz~5.1GHz, the the invention is not limited to this. 例えば、アドホックモード用処理では、4.9GHz〜5.1GHzの周波数帯域に設定できないようにしてもよい。 For example, in an ad hoc mode process it may also be unable to set the frequency band of 4.9GHz~5.1GHz. あるいは4.9GHz〜5.1GHzの周波数帯域が選択されるとステップS1に戻るようにしても同様の効果を得ることができる。 Or may be the frequency band of 4.9GHz~5.1GHz are also selected so as to return to step S1 to obtain the same effect.
【0041】 [0041]
また、上記実施の形態では、IEEE802.11aが選択された場合に警告文を表示したが(ステップS14、S26)、本発明はこれに限られない。 Further, in the above-described embodiment, the IEEE802.11a viewed a warning message when it is selected (step S14, S26), the present invention is not limited thereto. 例えば使用制限のある周波数帯を含む通信方式や使用制限のあるチャンネルをグレー表示することによって選択できないようにし、使用者がそのグレー表示部分にカーソルを移動した場合に上述のような警告文を発生するようにしても上述の場合と同様の効果を得ることができる。 For example a channel with a transmission method and a use restriction, including frequency bands with a use limitation so it can not be selected by gray, generates a warning as described above when the user moves the cursor to that gray portion it is able to obtain the same effect as described above.
【0042】 [0042]
また、上記実施の形態では情報処理装置6の使用中にウィンドウ12、15の表示やアイコン13、16の点滅で所定時間間隔毎に無線LAN機器1の無線ネットワークへの接続状態に関する警告を発しているが、本発明はこれに限られない。 Further, in the above embodiment warned about the connection state of the wireless LAN device 1 of the radio network at predetermined time intervals in blinking display and icons 13 and 16 of the window 12, 15 during use of the information processing apparatus 6 are, however, the present invention is not limited to this. 例えば、所定時間間隔で警告音を鳴らしてもよい。 For example, it may be beep at predetermined time intervals. または情報処理装置6に備えられている発光素子を点滅させる等して警告してもよい。 Or a light emitting device provided in the information processing apparatus 6 may warn you like to blink. あるいはウィンドウ12、15表示や警告音等の複数の手段で警告しても、同様の効果を得ることができる。 Or even warn a plurality of means, such as windows 12, 15 display or warning sound, it is possible to obtain the same effect.
【0043】 [0043]
また、上記実施の形態では情報処理装置6の使用中に所定時間間隔毎に無線LAN機器1の無線ネットワークへの接続状態に関する警告を発していたが、本発明はこれに限られない。 In the above embodiment has been warned about the connection to the wireless LAN device 1 of the radio network at predetermined time intervals during use of the information processing apparatus 6, but the present invention is not limited thereto. 例えば、無線LAN機器1にDFSがプログラムされている場合、無線LAN機器1の無線ネットワークへの接続周波数が使用禁止の周波数帯域内のチャンネルに切り替わったときに警告を発するようにしても、同様の効果を得ることができる。 For example, if the DFS to the wireless LAN device 1 is programmed, it is issued a warning when a connection frequency to the wireless LAN device 1 of the wireless network is switched to the channel in the frequency band of the disabled, similar effect can be obtained.
【0044】 [0044]
また、上記実施の形態では無線LAN規格IEEE802.11a及びIEEE802.11bを例に説明したが、本発明はこれに限られない。 In the above embodiment has been described a wireless LAN standard IEEE802.11a and IEEE802.11b example, the present invention is not limited thereto. 例えば、将来、無線ネットワークで使用できる新たな周波数帯域が採用され、当該周波数帯域に所定条件下での使用禁止が規定されていても、同様の手法を用いれば所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域で無線LAN機器1が使用される可能性を十分に減らすことができる。 For example, the future, is a new frequency band that can be used employed in the wireless network, even if disabled in predetermined conditions in the frequency band is defined, it is banned under predetermined conditions by using the same method wireless LAN equipment 1 in the frequency band there are can reduce sufficiently the potential to be used.
【0045】 [0045]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上の通り、本発明によれば、所定条件下で使用が禁止されている周波数帯域で無線LAN機器を使わないように使用者に注意を喚起できる。 As described above, according to the present invention, can alert the user not to use the wireless LAN device in the frequency band is disabled under predetermined conditions.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の一実施の形態による無線LAN機器1と情報処理装置6の回路ブロック図である。 1 is a circuit block diagram of a wireless LAN device 1 and the information processing apparatus 6 according to an embodiment of the present invention.
【図2】本発明の一実施の形態による無線LAN機器1を無線ネットワークに接続する際に行われる使用者に注意を喚起する方法のフローチャートを示す図である。 Is a diagram illustrating a flowchart of a method to alert the user to be performed when connecting a wireless LAN device 1 to the wireless network according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図3】本発明の一実施の形態によるアドホックモード用処理のフローチャートを示す図である。 Is a diagram illustrating a flowchart of a process for the ad hoc mode according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図4】本発明の一実施の形態によるアドホックモード用処理が実行されている際に表示部10に表示されるウィンドウ及びアイコンの一例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a window and an icon displayed on the display unit 10 when the adhoc mode process is executed according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図5】本発明の一実施の形態によるインフラストラクチャモード用処理のフローチャートを示す図である。 5 is a diagram showing a flowchart of a process for the infrastructure mode according to an embodiment of the present invention.
【図6】本発明の一実施の形態によるインフラストラクチャモード用処理が実行されている際に表示部10に表示されるウィンドウ及びアイコンの一例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of a window and an icon displayed on the display section 10 when processing the infrastructure mode is performed according to an embodiment of the present invention.
【図7】各無線LAN規格の使用時における制限事項を示す図である。 7 is a diagram showing the restrictions in use of the wireless LAN standard.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 無線LAN機器2 アンテナ3 無線部4 ベースバンドMAC部5、7 インタフェース部6 情報処理装置8 PCMCIA制御部9 制御部10 表示部11、12、14、15 ウィンドウ13、16 アイコン 1 wireless LAN device 2 antenna 3 radio unit 4 baseband MAC unit 5,7 interface unit 6 the information processing apparatus 8 PCMCIA controller 9 control unit 10 display unit 11, 12, 14, 15 windows 13 and 16 icons

Claims (10)

  1. 所定条件下での使用が禁止されている周波数帯を利用して、無線LAN機器が通信を開始しようとしているか否か検出し、 Using a frequency band for use with a given condition is prohibited, to detect whether the wireless LAN device is attempting to initiate a communication,
    前記周波数帯を利用して通信を開始しようとしている場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法。 If you are trying to start communication by using the frequency band, a warning of the wireless LAN devices use at said at predetermined conditions, characterized in that an alarm indicating that the use of the frequency band is prohibited Method.
  2. 請求項1記載の無線LAN機器使用時の警告方法において、 In claim 1 the wireless LAN device in use warning method according,
    さらに、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用して通信しているか否かを検出し、 Furthermore, to detect whether the wireless LAN device is communicating using said frequency band,
    前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用している場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法。 When the wireless LAN device is using the frequency band, a warning of the wireless LAN devices use at said at predetermined conditions, characterized in that an alarm indicating that the use of the frequency band is prohibited Method.
  3. 請求項1又は2に記載の無線LAN機器使用時の警告方法において、 The method of warning a wireless LAN device when using according to claim 1 or 2,
    前記所定条件下は、前記無線LAN機器をアドホックモードで使用することであることを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法。 Wherein the predetermined conditions, the method of warning when the wireless LAN device used, wherein the is to use a wireless LAN device in the ad-hoc mode.
  4. 請求項1又は2に記載の無線LAN機器使用時の警告方法において、 The method of warning a wireless LAN device when using according to claim 1 or 2,
    前記所定条件下は、前記無線LAN機器を屋外で使用することであることを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法。 Wherein the predetermined conditions, the method of warning when the wireless LAN device used, wherein the is to use a wireless LAN device outdoors.
  5. 請求項1乃至4のいずれか1項に記載の無線LAN機器使用時の警告方法において、 The method of warning when the wireless LAN device used according to any one of claims 1 to 4,
    前記警告は、前記無線LAN機器が装着されている情報処理装置の表示部に表示されることを特徴とする無線LAN機器使用時の警告方法。 The warning method of warning when the wireless LAN device used, wherein the wireless LAN device is displayed on the display section of the information processing apparatus is mounted.
  6. 無線LAN機器を介して通信可能な情報処理装置であって、 A information processing apparatus capable of communicating via a wireless LAN device,
    所定条件下での使用が禁止されている周波数帯を利用して、前記無線LAN機器を用いて通信を開始しようとしているか否か検出する検出手段と、 Using a frequency band for use with a given condition is prohibited, and detecting means for detecting whether or not the starting communications using the wireless LAN device,
    前記無線LAN機器を用いて通信を開始しようとしている場合には、前記所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発する警告発生手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。 If you are trying to start communication using the wireless LAN device, information, characterized in that said under predetermined conditions and a warning generating means for issuing a warning that the use of the frequency band is prohibited processing apparatus.
  7. 請求項6記載の情報処理装置において、 The information processing apparatus according to claim 6,
    さらに、前記検出手段は、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用して通信しているか否かを検出し、 Further, the detecting means detects whether the wireless LAN device is communicating using said frequency band,
    前記警告発生手段は、前記無線LAN機器が前記周波数帯を使用している場合には、所定条件下では前記周波数帯の使用が禁止されていることを示す警告を発することを特徴とする情報処理装置。 The warning generating means, when the wireless LAN device is using the frequency band, the information processing, characterized in that an alarm indicating that the predetermined condition has been banned the use of the frequency band apparatus.
  8. 請求項6又は7に記載の情報処理装置において、 The information processing apparatus according to claim 6 or 7,
    前記所定条件下は、前記無線LAN機器をアドホックモードで使用することであることを特徴とする情報処理装置。 Wherein the predetermined conditions, the information processing apparatus, characterized in that the wireless LAN device is to be used in ad hoc mode.
  9. 請求項6又は7に記載の情報処理装置において、 The information processing apparatus according to claim 6 or 7,
    前記所定条件下は、前記無線LAN機器を屋外で使用することであることを特徴とする情報処理装置。 Wherein the predetermined conditions, the information processing apparatus, characterized in that it is the use of the wireless LAN device outdoors.
  10. 請求項6乃至9のいずれか1項に記載の情報処理装置において、 The information processing apparatus according to any one of claims 6-9,
    さらに表示部を備え、 Further includes a display unit,
    前記警告発生手段は、前記警告を前記表示部に表示することを特徴とする情報処理装置。 The warning generating means, the information processing apparatus and displaying the warning on the display unit.
JP2003129103A 2003-05-07 2003-05-07 Warning method in using wireless lan apparatus and information processor Withdrawn JP2004336351A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003129103A JP2004336351A (en) 2003-05-07 2003-05-07 Warning method in using wireless lan apparatus and information processor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003129103A JP2004336351A (en) 2003-05-07 2003-05-07 Warning method in using wireless lan apparatus and information processor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004336351A true JP2004336351A (en) 2004-11-25

Family

ID=33505053

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003129103A Withdrawn JP2004336351A (en) 2003-05-07 2003-05-07 Warning method in using wireless lan apparatus and information processor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004336351A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006228209A (en) * 2005-02-15 2006-08-31 Research In Motion Ltd Network selection user interface for wireless device
JP2009523390A (en) * 2006-01-11 2009-06-18 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Wireless communication method and apparatus for supporting wireless terminal mode control signaling
WO2012137908A1 (en) 2011-04-07 2012-10-11 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 Wireless communication device, communication method, and program
JP2013115806A (en) * 2011-12-01 2013-06-10 Canon Inc Communication device, control method therefor, and program
US8595501B2 (en) 2008-05-09 2013-11-26 Qualcomm Incorporated Network helper for authentication between a token and verifiers
US8811369B2 (en) 2006-01-11 2014-08-19 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus for supporting multiple communications modes of operation
JP2016197439A (en) * 2003-06-20 2016-11-24 キヤノン株式会社 Information processing device and control method thereof, and program

Cited By (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016197439A (en) * 2003-06-20 2016-11-24 キヤノン株式会社 Information processing device and control method thereof, and program
JP2017199409A (en) * 2003-06-20 2017-11-02 キヤノン株式会社 Information processing device, method of controlling information processing device, and program
JP2006228209A (en) * 2005-02-15 2006-08-31 Research In Motion Ltd Network selection user interface for wireless device
US8923317B2 (en) 2006-01-11 2014-12-30 Qualcomm Incorporated Wireless device discovery in a wireless peer-to-peer network
US8498237B2 (en) 2006-01-11 2013-07-30 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus for communicating device capability and/or setup information
US8504099B2 (en) 2006-01-11 2013-08-06 Qualcomm Incorporated Communication methods and apparatus relating to cooperative and non-cooperative modes of operation
US8542658B2 (en) 2006-01-11 2013-09-24 Qualcomm Incorporated Support for wide area networks and local area peer-to-peer networks
US8553644B2 (en) 2006-01-11 2013-10-08 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting different types of wireless communication approaches
US9369943B2 (en) 2006-01-11 2016-06-14 Qualcomm Incorporated Cognitive communications
US8743843B2 (en) 2006-01-11 2014-06-03 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus relating to timing and/or synchronization including the use of wireless terminals beacon signals
US8750261B2 (en) 2006-01-11 2014-06-10 Qualcomm Incorporated Encoding beacon signals to provide identification in peer-to-peer communication
US8750868B2 (en) 2006-01-11 2014-06-10 Qualcomm Incorporated Communication methods and apparatus related to wireless terminal monitoring for and use of beacon signals
US8750262B2 (en) 2006-01-11 2014-06-10 Qualcomm Incorporated Communications methods and apparatus related to beacon signals some of which may communicate priority information
US8755362B2 (en) 2006-01-11 2014-06-17 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting paging and peer to peer communications
US8774846B2 (en) 2006-01-11 2014-07-08 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus relating to wireless terminal beacon signal generation, transmission, and/or use
US8787323B2 (en) 2006-01-11 2014-07-22 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting synchronization
JP2009523390A (en) * 2006-01-11 2009-06-18 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Wireless communication method and apparatus for supporting wireless terminal mode control signaling
US8811369B2 (en) 2006-01-11 2014-08-19 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus for supporting multiple communications modes of operation
US8879519B2 (en) 2006-01-11 2014-11-04 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting peer to peer communications
US8879520B2 (en) 2006-01-11 2014-11-04 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting wireless terminal mode control signaling
US8885572B2 (en) 2006-01-11 2014-11-11 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus using beacon signals
US8902866B2 (en) 2006-01-11 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Communication methods and apparatus which may be used in the absence or presence of beacon signals
US8902864B2 (en) 2006-01-11 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Choosing parameters in a peer-to-peer communications system
US8902860B2 (en) 2006-01-11 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus using beacon signals
US8902865B2 (en) 2006-01-11 2014-12-02 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting multiple modes
US8804677B2 (en) 2006-01-11 2014-08-12 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus for establishing communications between devices with differing capabilities
US9277481B2 (en) 2006-01-11 2016-03-01 Qualcomm Incorporated Wireless communication methods and apparatus supporting different types of wireless communciation approaches
US8595501B2 (en) 2008-05-09 2013-11-26 Qualcomm Incorporated Network helper for authentication between a token and verifiers
EP2696646A4 (en) * 2011-04-07 2015-04-29 Nec Casio Mobile Comm Ltd Wireless communication device, communication method, and program
WO2012137908A1 (en) 2011-04-07 2012-10-11 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 Wireless communication device, communication method, and program
JP2013115806A (en) * 2011-12-01 2013-06-10 Canon Inc Communication device, control method therefor, and program
US9826447B2 (en) 2011-12-01 2017-11-21 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, method for controlling communication apparatus, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101473672B (en) Multiradio scheduling including clock synchronization validity protection
KR101433967B1 (en) Method of providing information for ap selection
JP4865731B2 (en) Method and recording medium for determining transmission rate of control response frame
US7203487B2 (en) Pre-notification of potential connection loss in wireless local area network
EP0846388B1 (en) System and method for managing subscriber unit location information in an integrated communication network
TWI425799B (en) Managing low-power wireless mediums in multiradio devices
EP1895713B1 (en) Apparatus and method of optimizing the power saving in a handset with WLAN and Bluetooth
US6223053B1 (en) Universal radio for use in various cellular communication systems
US8923324B2 (en) Method for operating a wireless network
EP2016790B1 (en) Distributed multiradio controller
EP1392022B1 (en) Power management method and apparatus for a wireless local area network module in a computer system
US20040242274A1 (en) Using directional antennas to mitigate the effects of interference in wireless networks
TWI419533B (en) Methods and systems for providing efficient operation of multiple modes in a wlan system
CA2607510C (en) Wireless local area network (wlan) method and system for presence detection and location finding
US7020467B2 (en) Communication apparatus and control method therefor
EP2858423B1 (en) Location-aware multimodal communication system
US7466960B2 (en) Cognitive spectrum analysis and information display techniques
US20150271748A1 (en) Procedure for basic service set (bss) load management in wlan system
US20090271864A1 (en) Containment of Rogue Systems in Wireless Network Environments
US8909286B2 (en) Methods and systems for providing efficient operation of multiple modes in a WLAN system
US7299042B2 (en) Common signaling method and apparatus
JP2005027026A (en) Navigation system
EP0788285A2 (en) Cordless data/facsimile modem
US7295524B1 (en) Methods, apparatuses and systems facilitating management of airspace in wireless computer network environments
EP1576768B1 (en) Electronic device, method and communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060801