JP2003510159A - Ultrasonic treatment method and ultrasound therapy apparatus for particularly reduced prostate - Google Patents

Ultrasonic treatment method and ultrasound therapy apparatus for particularly reduced prostate

Info

Publication number
JP2003510159A
JP2003510159A JP2001527716A JP2001527716A JP2003510159A JP 2003510159 A JP2003510159 A JP 2003510159A JP 2001527716 A JP2001527716 A JP 2001527716A JP 2001527716 A JP2001527716 A JP 2001527716A JP 2003510159 A JP2003510159 A JP 2003510159A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ultrasonic
probe
treatment
prostate
tissue
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001527716A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003510159A5 (en
Inventor
デイヴィッド エム. フィッシャー、
ブラッド エイ. ヘア、
ジョン ミード、
ロバート エイ. ラビナー、
アンディ レヴィン、
Original Assignee
オムニソニクス メディカル テクノロジーズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US15782499P priority Critical
Priority to US62580300A priority
Priority to US60/157,824 priority
Priority to US09/625,803 priority
Application filed by オムニソニクス メディカル テクノロジーズ インコーポレイテッド filed Critical オムニソニクス メディカル テクノロジーズ インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2000/027026 priority patent/WO2001024715A1/en
Publication of JP2003510159A publication Critical patent/JP2003510159A/en
Publication of JP2003510159A5 publication Critical patent/JP2003510159A5/ja
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N7/00Ultrasound therapy
    • A61N7/02Localised ultrasound hyperthermia
    • A61N7/022Localised ultrasound hyperthermia intracavitary
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/320068Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B2017/00017Electrical control of surgical instruments
    • A61B2017/00137Details of operation mode
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/00234Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for minimally invasive surgery
    • A61B2017/00238Type of minimally invasive operation
    • A61B2017/00274Prostate operation, e.g. prostatectomy, turp, bhp treatment
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B17/22004Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic shock waves
    • A61B2017/22005Effects, e.g. on tissue
    • A61B2017/22007Cavitation or pseudocavitation, i.e. creation of gas bubbles generating a secondary shock wave when collapsing
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B17/22004Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic shock waves
    • A61B2017/22005Effects, e.g. on tissue
    • A61B2017/22007Cavitation or pseudocavitation, i.e. creation of gas bubbles generating a secondary shock wave when collapsing
    • A61B2017/22008Cavitation or pseudocavitation, i.e. creation of gas bubbles generating a secondary shock wave when collapsing used or promoted
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/320068Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic
    • A61B2017/32007Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic with suction or vacuum means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/320068Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic
    • A61B2017/320084Irrigation sleeves
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/320068Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic
    • A61B2017/320089Surgical cutting instruments using mechanical vibrations, e.g. ultrasonic node location
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B18/00Surgical instruments, devices or methods for transferring non-mechanical forms of energy to or from the body
    • A61B2018/00315Surgical instruments, devices or methods for transferring non-mechanical forms of energy to or from the body for treatment of particular body parts
    • A61B2018/00547Prostate

Abstract

(57)【要約】 超音波治療装置は超音波先端部(7)を備えた超音波プローブ(6)を有する。 (57) Abstract: ultrasonic treatment apparatus having an ultrasonic probe having an ultrasonic tip (7) (6). 超音波プローブ(6)は柔軟な接合シース(70)のなかに摺動可能に組み込まれている。 Ultrasound probe (6) is incorporated in slidable Some flexible joint sheath (70). 柔軟な接合シース(70)は、次に、剛性のシース(80)の中に摺動可能に組み込まれている。 Flexible joint sheath (70) is then built into slidable within the rigid sheath (80). 剛性のシース(80)は引き込み式筐体(90)に連結されてこれと同じ動きをする。 Stiffness of the sheath (80) is connected to retractable housing (90) with the same motion as this. 引き込み式筐体(90)は吸引継ぎ手またはルアー(13)を含み、それは減圧源に連結されている柔軟な管と接合するように設計されている。 Retractable housing (90) comprises a suction fitting or luer (13), which is designed to interface with a flexible tube that is connected to a vacuum source. 吸引継ぎ手またはルアー(13)は柔軟な接合シース(70)の内側に連結されている。 Suction fitting or luer (13) is connected to the inside of the flexible joint sheath (70).

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 発明の背景発明の属する技術分野 本発明は、治療方法および治療装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Technical Field The present invention belongs BACKGROUND OF THE INVENTION relates to the treatment method and treatment device. 特に、本発明は、超音波エネルギーを前立腺組織に照射することにより前立腺を縮小させる方法および装置に関する。 In particular, the present invention relates to a method and apparatus for reducing the prostate by irradiation with ultrasonic energy to the prostate tissue. 【0002】 従来の技術 図7に示すように、前立腺Pは、男性の膀胱Bの真下にある繊維質の筋肉の腺である。 [0002] As shown in prior art Figure 7, the prostate P is a muscular gland fibrous just below the male bladder B. 正常な前立腺Pはおよそクルミほどの大きさである。 Normal prostate P is as large as approximately walnut. 前立腺Pはその内部に前立腺組織を含み、前立腺嚢Cに囲まれている。 Prostate P includes prostate tissue therein, surrounded by the prostate capsule C. 前立腺嚢Cは代わりに尿道Uを取り囲んでいる。 Prostate capsule C surrounds the urethra U instead. 前立腺Pは前立腺嚢Cに囲まれ、膀胱Bの部位で陰茎Eの尿道Uを取り囲んでいる。 Prostate P is surrounded by the prostate capsule C, and surrounds the urethra U penis E at the site of the bladder B. 尿道管腔Lは亀頭Gの部位に位置する。 Urethral lumen L is located at a site glans G. 【0003】 一般に人がおよそ40歳代になると、前立腺Pは肥大し始め、良性前立腺肥大(BPH)と呼ばれる状態を引き起こす。 [0003] In general, when a person is about 40 years of age, the prostate P began to hypertrophy, causing a condition called benign prostatic hyperplasia (BPH). BPHでは、良性の小節が前立腺組織に発達する。 In BPH, benign of the measure is to develop into prostate tissue. これら小節の成長により、前立腺Pは、膀胱Bから尿を排出し前立腺Pの中央を通過する管状の尿道の壁Wに押し付けられる。 The growth of these measures, the prostate P is pressed against the wall W of the urethra tubular passing through the center of the prostate P to drain urine from the bladder B. このため、尿道Uは、尿道の壁Wが互いに近づき、制限されるようになる。 Accordingly, the urethra U, the wall W of the urethra approached each other, it becomes limited. 図7は、BPHのない正常な前立腺Pを示す。 Figure 7 shows a normal prostate P without BPH. 図8は、BPHになった前立腺Pを示す。 Figure 8 shows the prostate P became BPH. 図8に見られるように、BPHを有する患者の前立腺嚢C内の前立腺組織Pは、尿道Uを部分的に閉塞し、また前立腺嚢C上に押しつつ、尿道Uの壁Wを内側に押すように広がっている。 As seen in FIG. 8, the prostate tissue P in the prostate capsule C in patients with BPH is the urethra U partially closed, also while pressing on the prostate capsule C, press the wall W of the urethra U inside It has spread way. BPHがない患者では、前立腺Pは大きさが小さくなっており、尿道Uの壁Wが尿道Uを通過する流れを妨害することはない。 In patients BPH is not prostate P has become smaller in size, does not interfere with the flow wall W of the urethra U passes through the urethra U. 【0004】 この前立腺組織の成長により、尿が尿道Uを流れるのを妨害することになり得る。 [0004] By the growth of this prostate tissue, urine may be to interfere with flow through the urethra U. このため、男性は、頻尿、切迫排尿、膀胱Bの残尿、および排尿時の焼けるような痛みまたは苦痛などの排尿の問題を感じ始める。 For this reason, men, begin to feel frequent urination, urgency urination, incomplete emptying of the bladder B, and a burning pain or urination, such as pain problematic during urination. 治療が遅れると、完全な閉塞(体の老廃物または尿の急性滞留)、膀胱機能の消失、極端な場合は腎不全を含む重大な結果を招くことがある。 If treatment is delayed, complete occlusion (waste or acute retention of urine in the body), loss of bladder function, an extreme case may lead to serious consequences, including renal failure. BPHの症状は、体を衰弱させ得るし、また患者の生活の質を著しく変えることにもなり得る。 BPH symptoms are to be debilitating body, also it can also be a significantly alter the patient's quality of life. 現在、BPHは、普通は前立腺組織を外科的に除去したり、或いは、尿道Uを圧迫したり閉塞する尿道壁W Currently, BPH is normally or surgical removal of the prostate tissue, or urethral wall W which closes or compresses the urethra U
を外科的に縮小したり、または破壊することにより治療されている。 Being treated or surgically reduced, or by breaking. しかし、これらの外科的な解決方法は、時間を要し、費用のかかる処置法であり、処置後の著しい合併症を伴う。 However, these surgical solution is time consuming, a costly treatment method, with significant complications after treatment. 【0005】 BPH治療には数多くの公知の技術がある。 [0005] There are a number of well-known technology in the treatment of BPH. 第一の技術は経尿道的な前立腺の切除(「TURP」)である。 The first technique is excision of transurethral prostate ( "TURP"). TURPは今日のBPH治療に用いられる最も一般的な技術である。 TURP is the most common technique used for BPH treatment today. TURPでは、尿道および前立腺組織は外科的に除去される。 In TURP, urethral and prostatic tissue is surgically removed. TURPは、外科的技術および前立腺の完全な除去に伴う多くの他の問題だけでなく、失禁、インポテンツ、敗血症および膀胱破裂のような著しい副作用の可能性も必然的に伴う。 TURP is not only a number of other problems associated with complete removal of surgical techniques and prostate, incontinence, impotence, the possibility of significant side effects, such as sepsis and urinary bladder rupture also entails. 【0006】 BPH治療の第二の技術は、経尿道的針切除(「TUNA」)である。 [0006] BPH treatment of the second technique is a transurethral needle ablation ( "TUNA"). TUN TUN
Aでは、一連の針を前立腺に経尿道的に挿入する。 In A, the series of needles to the urethra to insert through the prostate. その後にこれらの針は、前立腺内部の温度が90から100℃に達するように(通常、人の体温はおよそ37 Subsequent to the needles, so that the temperature of the internal prostate reaches 100 ° C. from 90 (normal, human body temperature is about 37
℃である)、前立腺に高周波数(RF)エネルギーを生成するよう作用する。 ℃ a), it acts to produce a high frequency (RF) energy to the prostate. この高周波数(RF)エネルギーは、前立腺嚢内で前立腺組織を熱破壊または壊死させる。 The high frequency (RF) energy, the prostate tissue is thermally destroyed or necrotic prostate sac. TUNAはいくつかの欠点も有する。 TUNA also has some drawbacks. TUNAは熱破壊または壊死を用いるために、浮腫または腫大を引き起こす。 TUNA in order to use the thermal destruction or necrosis, cause edema or swelling. 従って、通常は、浮腫が治まるまで、排尿が可能となるように処置後のカテーテル処置が必要である。 Therefore, usually, until the edema subsides, it is necessary to catheterization after treatment so as to allow urination. 更に、組織の熱破壊は、組織が除去されるのではなく収縮するので、肥大組織を処置するのには非効率な技術である。 Furthermore, the thermal destruction of the tissue, since tissue is contracted rather than being removed, it is inefficient technique for treating hypertrophic tissue. 【0007】 BPH治療の第三の技術は、マイクロ波を使用し、時としてTARGUSと称される。 [0007] BPH treatment of the third technique, using microwave, sometimes referred to as TARGUS. この技術においては、尿道プローブを前立腺の部位に向け、その後、電磁波エネルギーを照射し、前立腺組織を熱破壊または壊死させる。 In this technique, toward the urethral probe to the site of the prostate, then irradiated with electromagnetic energy, thereby the prostate tissue is thermally destroyed or necrotic. TUNAのように、マイクロ波の技術においては、処置された組織を壊死させたり、また縮小させるためには、上昇させる温度が90℃から100℃に達することが望ましい。 As the TUNA, in microwave technology, or by necrosis were treated tissue and in order to shrink, it is desirable that the temperature be raised to reach 100 ° C. from 90 ° C.. マイクロ波のエネルギーは標的に絞られていないので、周囲の組織を破壊して副作用を伴うことがあり得る。 Since microwave energy is not focused on the target, it may be accompanied by side effects and destroy surrounding tissues. 更に又、この技術はTUNAのように、熱破壊または壊死に依るため、組織を除去しない。 Furthermore, this technique as TUNA, since due to thermal destruction or necrosis, does not remove tissue. マイクロ波の熱エネルギーは、前立腺組織自体よりむしろ尿道の後ろの組織を熱破壊するようにも作用する。 Thermal energy microwave tissue behind the urethra rather than prostatic tissue itself also act as thermal destruction. このため、尿道の弾性の消失をもたらし、失禁および逆行性射精の可能性のような長期にわたる合併症を伴うことがある。 Therefore, lead to loss of elasticity of the urethra, it may be accompanied by long-term complications, such as the possibility of incontinence and retrograde ejaculation. 【0008】 BPH治療の第四の技術は、高強度集束超音波(「HIFU」)である。 [0008] BPH treatment of the fourth technique is a high intensity focused ultrasound ( "HIFU"). HI HI
FUでは、超音波エネルギーを前立腺の部位に集束させ、前立腺組織の温度を8 In FU, ultrasonic energy is focused at the site of the prostate, the temperature of the prostate tissue 8
0℃から100℃に上昇させて前立腺組織を熱破壊または壊死させる。 0 is raised to 100 ° C. from ° C. The prostate tissue is thermally destroyed or necrotic. TUNA TUNA
およびTARGUSのように、HIFUは熱技術であり、浮腫および腫大を引き起こし(カテーテル処置を必要とする可能性がある)、また、位置を特定しないことがあり得るので、前立腺組織ではない組織を損傷する恐れがある。 And as TARGUS, HIFU is the thermal technology, (which may require catheterization) cause edema and Shudai, also because it is possible that not specify the position, the no tissue in prostate tissue there is a risk of damage. 【0009】 BPH治療の第五の技術は、組織破壊の多くの技術を含むことがあり、熱エネルギー源を有するプローブを尿道に挿入することを含む。 [0009] BPH treatment of the fifth technique, may contain many techniques tissue destruction, including inserting a probe having a thermal energy source to the urethra. このプローブは、一端にコイル状の電気ループまたはレーザーを有することが可能であり、尿道Uを通り膀胱Bの括約筋部位の前立腺P域まで達する。 The probe can have a coiled electrical loop or laser at one end, reaches the urethra U until the prostate P range sphincter sites as the bladder B. その後、プローブ端を作動させ、隣接する組織の温度を80℃から100℃に加熱する。 Thereafter, by operating the probe end, to heat the adjacent tissue from 80 ° C. to 100 ° C.. プローブは尿道から外側方向に入り込む。 The probe enters in an outward direction from the urethra. プローブ端は、尿道閉塞の部位にある尿道壁の尿道組織部分を加熱し、熱破壊または壊死させる。 Probe end heats the urethral tissue portion of the urethral wall in the region of the urethral blockage causes thermal destruction or necrosis. この技術の使用の結果、BPH治療に対する数多くの合併症がある。 Result of the use of this technology, there are a number of complications for treating BPH. プローブ端が尿道壁W組織に沿って通り、尿道壁W組織を除去し、また括約筋を除去する恐れがあるので、失禁が起こり得る。 Street probe end along the urethral wall W tissue to remove the urethral wall W tissues, and because there is a possibility of removing the sphincter, incontinence may occur. 膀胱の括約筋域への熱エネルギーの照射により、その括約筋をも損傷する恐れがあり、 By irradiation of thermal energy to the sphincter area of ​​the bladder, there is a risk of damaging also the sphincter,
失禁または逆行性射精をもたらすことがある。 It can result in incontinence or retrograde ejaculation. 更に又、組織の熱破壊により、尿道に一時的な浮腫、腫大が生じ、カテーテル処置を必要とし、患者に不快感を与える。 Furthermore, the thermal destruction of tissue, temporary edema urethra, swelling occurs, requiring catheterization, discomfort to the patient. 【0010】 BPH治療の一つの実験的技術は、クラウィット(Krawitt)らによる「前立腺、膀胱腫瘍および結石の超音波吸引(Ultrasonic Aspiration of the Prostat [0010] One of the experimental techniques of BPH treatment, due to the dark wit (Krawitt) et al., "Prostate, ultrasonic aspiration of bladder tumors and stones (Ultrasonic Aspiration of the Prostat
e, Bladder Tumors and Stones)」、泌尿器学(Urology)30:6(1 e, Bladder Tumors and Stones) ", Urology (Urology) 30: 6 (1
987),578〜580頁に記載されている。 987), pp. 578-580. この論文に記載されているBP BP that is described in this article
H治療の技術は、通常、整形外科用に設計されている超音波プローブを尿道を通して内側に挿入することを含む。 H treatment techniques typically involve an ultrasound probe that is designed orthopedic inserts inside through the urethra. プローブを挿入すると、プローブの先端部の直前にある尿道に広がり、閉塞している尿道壁組織を超音波エネルギーが破壊するように超音波先端部が作動する。 Upon insertion of the probe, spread urethra immediately before the tip of the probe, is closed to ultrasonic energy the urethral wall tissue ultrasound tip to break is activated. この技術には少なくとも2つの欠点を有していた。 This technique had at least two drawbacks. 第一に、使用されるプローブは尿道用に用いることを意図しなかったため、 First, because the probe used is that did not intended to be used for the urethra,
このプローブは治療中に内側に押されることを要する。 The probe requires to be pushed inwardly during treatment. これに対し、他の処置における好ましい技術では処置中にプローブは外側に引っ張られる。 In contrast, a preferred technology in other treatment probe is pulled outward during the procedure. このため、外科医はプローブの先端部を観察する機会が無く、尿道に沿ったどの位置に先端部があるのかを知ることは出来なかった。 Thus, the surgeon has no opportunity to observe the tip of the probe, it was not possible to know whether there is the tip portion in any position along the urethra. 従ってプローブが奥に伸びすぎることもありがちであり、それにより、膀胱の括約筋に損傷を与え、恒久的な失禁、逆行性射精をもたらした。 Thus the probe is also available tend to excessively extend the back, thereby damaging the sphincter of the bladder, permanent incontinence, it resulted in retrograde ejaculation. これは、クラウィットらで用いられた超音波プローブの先端部が大きく、また固く、その上、挿入中に、先端部の直前にある組織、即ち尿道壁W組織だけしか処置出来なかったからである。 This large tip of the ultrasonic probe used in class wit et al., Also hard and, moreover, during insertion, the tissue immediately before the tip, that is, because not only can the treatment only urethral wall W tissue . しかし、クラウィットらの技術は、組織を熱破壊または壊死させることがないという長所があった。 However, class wit these techniques, tissue there is an advantage that no be thermally destroyed or necrotic. またこの技術には、浮腫を減らす長所もあった。 Also this technique was also advantages to reduce edema. 又他のクラウィットらの技術の欠点は、 The disadvantage of the technology other class wit, et al.,
他の外科的療法と同様に、尿道壁組織の破壊であり、患者に長期にわたる副作用をもたらすことである。 Like other surgical therapy, a destruction of the urethral wall tissue, it is to bring about long-term side effects to the patient. しかし、尿道プローブを使用するそれぞれの技術における著しい欠点は、プローブが先端の直前または直近傍にある組織だけしか破壊し得なく、従って、BPHを治療する時に尿道組織と前立腺組織の両方を破壊するということである。 However, significant shortcomings in each technology that uses the urethra probe, probe not obtained and only destroy only tissue that immediately precedes or straight near the distal end, thus destroying both the urethral tissue and prostatic tissue when treating BPH That's what it means. 【0011】 上述した全ての従来技術の欠点の一つは、処置を行うのに必要な装置が一般に高価であることである。 [0011] One disadvantage of all the above-mentioned prior art is the need to perform the treatment device is generally expensive. 【0012】 米国特許第4,867,141号は、特に体内で形成される結石を破砕するための治療用超音波エネルギーを利用する治療装置を開示している。 [0012] U.S. Patent No. 4,867,141, in particular discloses a therapeutic device utilizing the therapeutic ultrasound energy to crush the calculus formed in the body. 体腔に機器の一部を挿入するために内視鏡の導管を用いるが、この体腔において、超音波伝達部材は、超音波振動を装置の遠位端に接触している結石に伝達させるために用いられる。 It uses a conduit of an endoscope to insert a portion of the device to a body cavity, in this body cavity, ultrasound transmission member, in order to transmit to the stones in contact with the distal end of the device to ultrasonic vibrations used. 結石が機械的な超音波振動により破砕されるに従い、灌流液を結石の部位に供給する。 According stones are crushed by a mechanical ultrasonic vibration, supplies perfusate to the site of the stone. この灌流液は結石の部位から吸引除去される。 The perfusate is aspirated from the site of the stone. 吸引の結果、体腔から灌流液および破砕された結石の破片が抜き取られる。 Result of the suction, debris irrigant and crushed stone from the body cavity is withdrawn. その特許の装置には、 The apparatus of the patent,
プローブの中央軸に揃えて同軸にしてある超音波伝達部材が組み込まれており、 Incorporates the ultrasound transmission member which had been coaxially aligned with the central axis of the probe,
従って、結石のような状態を治療するのに効果的である。 Therefore, it is effective in treating conditions such as stones. これらの状態では、除去されるべき異常または状態は、内視鏡が通る体管と線上にある。 Under these conditions, abnormal or condition to be removed is in a body tube and a line endoscope passes. その特許の装置は、非水和の石灰化組織に使用され、組織の破砕および破壊をもたらすために、石灰化組織の直接的な機械的振動を用いている。 The apparatus of that patent is used for calcified tissues unhydrated, in order to bring the crushing and destruction of tissue is used a direct mechanical vibrations of the calcified tissue. 【0013】 米国特許第5,176,677号は、内視鏡超音波回転電気焼灼吸引を開示している。 [0013] U.S. Patent No. 5,176,677 discloses an endoscopic ultrasonic rotary electrocautery suction. この特許の背景部分は、前立腺摘出術に関係するいくつかの医学的文献の議論を含んでおり、特に、クラウィットらの技術においては、前立腺嚢に影響を及ぼすことなく、超音波処置を用いて腺を除去することが可能である。 Background portion of this patent includes a discussion of some of the medical literature pertaining to prostatectomy, particularly, in the class wit these techniques, without affecting the prostate capsule, using ultrasonic treatment it is possible to remove the gland Te. しかし、この特許に示されている装置は、関節内視鏡手術に有用であるとして開示されている。 However, the apparatus shown in this patent is disclosed as being useful in arthroscopic surgery. この特許に示されている装置は、先端部周辺域を吸引する機構だけでなく、超音波プローブの先端部に潅注液を供給する機能を含む。 Apparatus shown in this patent, not only a mechanism for sucking the tip surrounding area, including a function of supplying irrigation fluid to the distal end of the ultrasonic probe. その発明の吸引および潅注機能は、超音波作動をする先端部と同軸にある別々の経路を必要とし、 Aspiration and irrigation function of the invention requires separate paths at the tip portion coaxially to the ultrasonic operation,
それぞれ、潅注用には加圧液体源に、または吸引用には減圧源に接続している。 Respectively, the pressurized liquid source for irrigation, or the suction is connected to a vacuum source.
その発明の装置は、障害物を除去するための被覆されたフードおよび望遠鏡的観察機器のような、先端部近くに他の機能も含む。 The apparatus of the invention, such as coated hood and telescopic observation devices for removing obstructions, also include other features near the tip. 潅注、吸引、被覆フードおよび望遠鏡的観察機器は全て、それら装置の断面の輪郭を増加させる。 Irrigation, aspiration, covering hood and telescopic observation equipment all increase the cross-sectional contour thereof device. その機器は軸上で超音波プローブの直前にあり、従って、プローブが挿入される管腔または切開と軸的に揃っている部位のみを処置し得るように設計されている。 The device is an on-axis just before the ultrasonic probe, thus, is designed to be able to treat only the portion that the probe is aligned in the lumen or incision and axially to be inserted. 【0014】 様々な他の特許は、体組織を断片化または変形させるために超音波エネルギーを用いる装置を示している。 [0014] Various other patents show apparatus using ultrasonic energy to fragmentation or deform the body tissue. 米国特許第5,112,300号、第5,180, US Pat. No. 5,112,300, No. 5,180,
363号、第4,989,583号、第4,931,047号、第4,922, 363 Patent, No. 4,989,583, No. 4,931,047, No. 4,922,
902号および第3,805,787号のそれぞれは、様々な医学的状態の治療に使用される超音波治療装置を示している。 Each 902 and EP No. 3,805,787 shows an ultrasonic treatment apparatus used in the treatment of various medical conditions. これら各々の特許において、超音波治療が行われる部位で潅注および/または吸引を提供するいくつかの機構が示されている。 In each of these patents, and some mechanism for providing irrigation and / or suction at the site where ultrasound therapy is performed it is shown. しかし、これらのそれぞれの特許において、潅注または吸引用の機構は、装置の全体の断面の輪郭を増加させるように構成されている。 However, in these respective patents, mechanism of irrigation or suction is configured to increase the profile of the entire cross section of the device. 更に、それら特許のそれぞれにおいては、潅注および吸引口がお互いに固定された距離にあり、変動は可能でない。 Further, in each of which patents, situated to irrigation and aspiration ports are fixed to one another, not possible variations. 【0015】 従来技術で、とりわけ整形外科で用いられる「超音波処置」は、超音波エネルギーにより体、すなわち液体又は固体のいずれかを実質的に「爆破」させる技術である。 [0015] In the prior art, especially "ultrasonic treatment" as used orthopedics, body by ultrasonic energy, i.e. a technique for substantially the "blow" either liquid or solid. 超音波処置では、超音波振動により生成される超音波エネルギーが、体組織内に見られる水分子に影響を及ぼす。 The ultrasonic treatment, ultrasonic energy generated by the ultrasonic vibration affects the water molecules found within the body tissue. 超音波エネルギーは、非常に高周波数でかなり強力な音響振動の形をとっている。 Ultrasonic energy is in the form of a fairly powerful acoustic vibrations at a very high frequency. これらの強力で高周波数の音響振動は、体組織にある水分子内に強力な化学的、および物理的な反応をもたらす。 Acoustic vibrations of these powerful high frequencies, a strong chemical in water molecules in the body tissue, and results in a physical reaction. 水分子内のこれらの反応は、究極的に「キャビテーション(空洞現象)」と呼ばれる作用をもたらすが、これは体組織内で水が冷(非熱的)沸騰の状態にあると考えられる。 These reactions in water molecules, but produces an effect called ultimately "cavitation (cavitation)", which is considered the water in the body tissue is in a state of cold (non-thermal) boiling. この状態においては、水中で数多くの微細な泡沫の急速な生成および崩壊が起きている。 In this state, it is occurring rapidly generated and collapse of a number of fine foam in water. 【0016】 水中でのキャビテーションの結果は、その液体の「破壊」である。 [0016] As a result of cavitation in water is the "destruction" of the liquid. 超音波を水に照射することで起こる水中での急速な振動、およびその結果として起こるキャビテーションは、水分子間の結合を壊す水分子における疲労の原因となり得る。 Rapid vibrations in water which occurs by irradiating ultrasonic waves to the water, and cavitation which occurs as a result, can cause fatigue in water molecules to break the bond between water molecules.
この結果は、水が、液体形状から気体形状、例えば蒸気に変わる変化であるが、 This result, water, gas shape from liquid form, but a change to replace the example steam,
この変化は、水に熱エネルギーを与えずに発生する。 This change occurs without giving thermal energy to the water. この結果、水の「冷沸騰」 As a result, the water "cold boiling"
が起こる。 It occurs. 【0017】 例えば水に超音波エネルギーが与えられた時のように、蒸気泡が冷温液体中に作られると、冷温液体に取り囲まれるので蒸気は凝縮する。 [0017] As when the ultrasonic energy is applied to, for example, water, the vapor bubble is created in the cold liquid, vapor so surrounded by the cold liquid condenses. このため、空隙またはキャビティが創られる。 Therefore, voids or cavities is created. 包囲する水分子はそのキャビティを満たすようになだれ込む。 Water molecules surrounding the Nadarekomu to meet its cavity. 水分子がキャビティの中央部に到達すると、大きな力でお互いに衝突する。 When water molecules to reach the central portion of the cavity, they collide with each other with great force. この過程はキャビテーションと呼ばれる。 This process is called cavitation. キャビテーションは、崩壊した泡から外側に走る衝撃をもたらす公知の現象である。 Cavitation is a phenomenon known to result in shock runs outwardly from the collapsed foam. 空洞現象による衝撃波は物質を摩損または破壊し、船外のモータープロペラの端部にある金属を摩損させることが知られている。 Shock wave by cavitation will wear or break the material, thereby wear the metal at the end of the outboard motor propeller is known. 【0018】 超音波処理または超音波は、極端な高強度、高周波数(通常人間の聴力以上、 The sonication or ultrasonic waves, extremely high strength, high frequencies (typically human hearing or,
20kHz、すなわち毎秒20,000サイクルおよびそれ以上)での音の適用であり、物質に変化をもたらす。 20 kHz, that is, the application of sound per second 20,000 cycles and more) results in a change in the material. 超音波は様々な異なる物質を変化させるために、数多くの異なった応用で用いられる。 For ultrasound to change the variety of different substances, used in a number of different applications. 超音波は、超音波エネルギーが照射される物質内で物理的および化学的反応の両方を加速させ、これらの反応は、数多くの他のものの中で、多くはキャビテーションの作用によって達成される。 Ultrasound, accelerate both the physical and chemical reactions within substance ultrasonic energy is irradiated, these reactions, among numerous others, many are accomplished by the action of cavitation. 気泡崩壊に固有の重要な作用はそれ以上にある。 Important function specific to the bubble collapse is more than that. ここで用いられているように、「気泡」という言葉は、気体又は蒸気を含む液体内の空間を意味する。 As here used, the term "bubble" means the space in the liquid containing a gas or vapor. しかし、気体または蒸気が凝縮した後にも内側への破裂が起こるまで、その空間には空隙またはキャビティがまだ存在する。 However, until the rupture of the inside after the gas or vapor is condensed to occur, and its space void or cavity still present. 従って、ここで用いる「気泡」という言葉は、また、空隙またはキャビティを意味する。 Accordingly, as used herein the term "bubble" is also meant voids or cavities. 【0019】 キャビテーションが医療の応用に用いられる方法の一つの説明は、シアトルにあるワシントン大学、応用物理学研究所のローレンス・クラム教授によって提供され、ウェブサイト:<http://pluto. [0019] One explanation of how cavitation is used for the application of medical, University of Washington in Seattle, is provided by the Lawrence crumb professor of Applied Physics Institute, Web site: <http: // pluto. apl. apl. washingt washingt
on. on. edu/harlett2/artgwww/acoustic/med edu / harlett2 / artgwww / acoustic / med
ical/medical. ical / medical. html>で見いだすことが可能である。 It is possible to find in the html>. 腎臓結石を超音波エネルギーで破砕する砕石術について執筆しているクラム教授は、「気泡を包囲する圧力が液体の蒸発圧以下に落ちると、気泡は蒸気で満ち、爆発的に成長する。この気泡は圧力が元に戻ると激しく崩壊する。もし、この崩壊が、例えば標的の腎臓結石のような境界近くで起こると、高速液体ジェットが形成され、大きな力で境界に衝突する。これらの極端に激しい過程が、結石破壊および関連する組織損傷に重要な役目を果たしていると考えられる。」と述べている。 Clam professor who writes about lithotripsy to crush kidney stones with ultrasound energy, the pressure surrounding the "bubbles and fall under the evaporation pressure of the liquid, bubbles filled with steam, to grow explosively. This bubble violently collapse when the pressure returns to the original. If this collapse, for example, occur near boundaries, such as the target kidney stones, high-performance liquid jet is formed which impinges on a boundary with a large force. these extremely violent process, considered to play an important role in the stone destruction and related tissue damage. stated that ". 【0020】 ジェットによる表面の浸食または削摩の他に、キャビテーションは数多くの他の作用を引き起こす。 [0020] In addition to the erosion or ablation of the surface by the jet, cavitation causes a number of other action. 純粋に物理的な意味におけるこれらの中で重要なのは、腎臓結石(砕石術)、胆石、腫瘍、およびその他の体内の侵害に対してキャビテーションの泡が内側に破裂することにより発生される、強力な衝撃破面の作用である。 Purely important among these in the physical sense, kidney stones (lithotripsy), gallstone, tumors, and other cavitation bubbles for infringement of the body is generated by implodes, strong it is a function of the impact fracture. この作用のいくつかは、振動超音波用具先端の直接の衝撃により達成されることも可能であるが、キャビテーションは全く(または最小限にしか)必要とされない。 Some of this effect, but can also be achieved by direct impact of oscillating ultrasound tool tip, cavitation is not at all (or only minimally) required. 【0021】 発明の概要 本発明は、超音波エネルギーを用いた組織治療のための方法および装置を目指している。 [0021] SUMMARY OF THE INVENTION The invention is directed to a method and apparatus for tissue treatment using ultrasonic energy. 本発明は、BPHに苦しむ患者の前立腺組織を縮小する特別な用途を有する。 The present invention has particular application to shrink the prostate tissue of a patient suffering from BPH. 本発明のこの装置は、小さい断面の輪郭を有するように設計されており、従って、本発明は、装置が最小限の侵襲的方法にて用いられることを可能にしている。 The apparatus of the present invention is designed to have a small cross-sectional profile, therefore, the present invention device is to allow the use in minimally invasive methods. このため、本発明は、本発明が、術後の最小限の合併症と治療部位以外の部位に最小限の損傷しか与えず、BPHの従来の手術施設、並びに、外来患者の治療との両方に用いることが可能である、という利益がある。 Both Therefore, the present invention, the present invention is not a minimal damage to a site other than minimal complications and treatment site postoperative, conventional surgery facilities BPH, as well as the treatment of outpatients there is benefit in it, it can be used for. 従って、BPH Therefore, BPH
の治療における従来技術に対し際立って有利であり、かつ、本発明は、BPH治療の改良方法を提供する。 Be advantageous distinguished over the prior art in the treatment, and the present invention provides an improved method of treating BPH. しかし、本発明はBPHの治療用に設計されているが、断面の輪郭が小さく、侵襲的を最小にする技術であるため有利であり、術後の合併症を減らすいずれの状態の治療にも有効である。 However, although the present invention is designed for the treatment of BPH, small cross-sectional profile, it is advantageous for the invasive is a technique to minimize, in the treatment of any state to reduce postoperative complications It is valid. 本発明は従って、BPHの治療に限定されない。 The present invention therefore, not limited to the treatment of BPH. 例えば、婦人科によくある類線維腫の除去だけでなく、ポリープの除去にも本発明を用いることは可能である。 For example, not only the common removal of fibroids gynecological, even the removal of polyps is possible to use the present invention. 【0022】 本発明の一つの特別に有利な態様は、尿道にプローブを挿入し、尿道壁を貫通させ、前立腺嚢の内部にプローブ先端部を進めることによってプローブが前立腺に挿入される、という使い方に適応することである。 [0022] One particularly advantageous aspect of the present invention, use inserts a probe into the urethra, allowed to penetrate the urethral wall, a probe is inserted into the prostate by advancing the probe tip into the interior of the prostate capsule, that it is to adapt to. 大きなサイズは尿道内に挿入するのが困難でありまた、著しく不快であるので、本発明のプローブは、最小の断面を有し、特に前立腺の縮小に使用されるように設計されている。 Since large size also are difficult to insert into the urethra, which is considerably uncomfortable, the probe of the present invention have a minimum cross-section, and is designed particularly to be used in the reduction of the prostate. これにより、術後の合併症および患者への不快感を最小にする。 Thus, to minimize the discomfort of complications and the patient after surgery. 本発明がプローブの断面の輪郭を最小にすることを可能にする一つの方法は、プローブの外側の表面上の溝または流路を介して吸引出来るようにしていることによる。 One way the present invention makes it possible to minimize the cross-sectional profile of the probe, due to the fact that to be able to suction through the groove or channels on the surface of the outer probe. この方法では、尿道に挿入される筈の追加の管状吸引シースを全く必要としなくても、吸引経路が備わる。 In this way, even without the additional tubular suction sheath going to be inserted into the urethra at all necessary, it provided the suction path. その代わり、吸引プローブ・シースは完全に前立腺の外側、すなわち亀頭の管腔域内に配置が可能である。 Instead, the suction probe sheath completely outside the prostate, i.e. arrangements are possible within the glans of the tube 腔域. それにより、尿道に挿入される筈の別個の吸引流路を創るシースを必要とすることなく、十分な吸引を行うことが可能である。 Thereby, without the need for a sheath to create a separate suction channel that would be inserted into the urethra, it is possible to perform a sufficient suction. 従って、吸引管腔または開口をプローブの先端部およびいずれかの潅注口との距離の点で変化させることが可能である。 Therefore, it is possible to suction lumen or aperture is changed in terms of distance between the tip portion and one of irrigation port of the probe. そのため、吸引管腔または開口を、吸引管がプローブ挿入点で尿道壁にぶつかるその場所に、調整可能に配置することが出来る。 Therefore, the suction lumen or opening, in place of the suction tube hits the urethral wall in the probe insertion point can be adjustably positioned. 結果として、プローブ上の吸引流路以外の吸引機構は、完全に前立腺の外側に配置されることが可能であり、装置による影響を受ける総領域を減らし、組織の損傷および浮腫を減少させる。 As a result, the suction mechanism other than suction passage on the probe is fully capable of being located outside the prostate gland, it reduces the total area affected by the device, to reduce the damage and edema tissue. 吸引流路を用いる他の利点は、吸引されるべき物質に接触するのが容易でありまた、吸引用の内部経路より清潔に保つことも容易であり、並びに、内部の吸引経路より閉塞しにくいことである。 Another advantage of using a suction channel is easy to contact with the material to be aspirated It is also easy to keep clean than the internal path for suction, as well as difficult to occlusion from the inside of the suction passage it is. 【0023】 本発明は、会陰切開を介した前立腺の治療も可能する。 [0023] The present invention also allows the treatment of prostate through the perineal incision. 会陰は、男性の陰嚢と直腸との間の部位であり、この部位は前立腺に非常に近い。 Perineum is a portion between the male scrotum and rectum, this site is very close to the prostate. 結果として、最小の組織障害で前立腺に近づくために、会陰に小さな外科的切開を行うことが可能である。 As a result, in order to approach the prostate with minimal tissue damage, it is possible to perform a small surgical incision in the perineal. 最小限に侵襲的な本発明の超音波プローブを使用することにより、会陰切開を特に小さくすることが可能である一方、さらに前立腺に良好な接近が可能となる。 By minimizing the use of ultrasonic probe invasive present invention, while it is possible to especially reduce the episiotomy, it is possible to more favorable approach to prostate. このため、本発明の会陰技術は、外科的合併症を最小限におさえることが可能であり、更に、治療のために前立腺組織への顕著な接近を可能にする利点がある。 Therefore, perineal technique of the present invention, it is possible to suppress the surgical complications to a minimum, further, it has the advantage of allowing a significant approach to prostate tissue for treatment. 【0024】 本発明の機器においては、潅注通路をプローブの中央に配置するのが好ましい。 [0024] The apparatus of the present invention, it is preferable to place the irrigation passageway in the center of the probe. 潅注通路の末端をプローブの先端部に配置するかまたはプローブ先端部の横にすることが可能である。 The ends of the irrigation passage may be next to or probe tip to place the tip of the probe. 潅注通路の末端がプローブ先端部の横にあり、それによりプローブの側面に出る場合、超音波エネルギーの有効領域が増加する。 End of the irrigation passage located next to the probe tip, whereby when leaving the side surface of the probe, the effective area of ​​the ultrasonic energy is increased. 【0025】 本発明の技術の重要な利点は、キャビテーションの機能によって肥大した前立腺組織を物理的に破壊または除去することであり、またこれは非熱的な点である。 [0025] An important advantage of the technique of the invention is to physically destroy or remove the enlarged prostate tissue by the function of the cavitation, also this is non-thermal point. キャビテーションによる組織除去は、小さな直径のプローブを用い、尿道に大きな孔を開けることなく、多量の組織を除去出来る能力も提供する。 Tissue removal by cavitation, using a probe of small diameter, without opening the large pores in the urethra, also provides ability to remove large amounts of tissue. 潅注および吸引の利用と共に、組織を破壊するために機能としてキャビテーションを利用するので、本発明の方法および装置は、正常な人の体温から±7℃の温度の範囲内で、組織を破壊または除去することが可能である。 Irrigation and together with the use of suction, because it utilizes cavitation as a function to destroy the tissue, the method and apparatus of the present invention is in the range of temperature of ± 7 ° C. from normal human body temperature, destruction or removal of tissue it is possible to. 従って、弾力の喪失だけでなく、腫張または浮腫のような組織の熱破壊または壊死を使う際に付随する合併症が避けられる。 Therefore, not only the loss of elasticity, is associated complications when using thermal destruction or necrosis of tissue, such as swelling or edema avoided. 本発明は、処置の時に前立腺組織を非熱的に破壊または除去し、 The present invention, prostate tissue non thermally destroyed or removed when the treatment,
BPHの症状を軽減するので、特に有益である。 So to alleviate the symptoms of BPH, it is particularly beneficial. 従って、本発明は、従来技術より数多くの利点を提供する。 Accordingly, the present invention provides numerous advantages over the prior art. 従来技術の全ては、外科的な前立腺組織および尿道の除去、或いは組織を除去しない、前立腺組織の熱的破壊または壊死のいずれかに頼る。 All of the prior art, the removal of the surgical prostatic tissue and urethra, or not to remove the tissue, rely on either thermal destruction or necrosis of prostate tissue. 本発明は、尿道を破壊することなしに組織を除去する唯一の方法である。 The present invention is the only method of removing tissue without destroying the urethra. 【0026】 本方法および装置は、3つの異なるの技術でそれぞれ有利に用いられることが可能である。 [0026] The present method and apparatus may be advantageously used each at three different techniques. 本発明が利用され得る1つの技術は、外来患者の場合で、経尿道的に使用されることである。 One technique which the present invention may be utilized, in the case of outpatients, is to be used transurethral. 医師は処置の前に、リドカインゼリーのような局部麻酔および/または経口鎮静剤を患者に投与する。 Doctor prior to treatment, the administration of local anesthesia and / or oral sedatives such as lidocaine jelly to the patient. 局部麻酔または経口鎮静剤を投与した後に、本発明の装置を経尿道的に、すなわち患者の尿道を介して超音波プローブの先端部が前立腺嚢を貫通し、肥大した前立腺組織に接触するまで挿入することが可能である。 After administration of local anesthetic or oral sedatives, transurethrally the apparatus of the present invention, namely the insertion to the distal end of the ultrasonic probe via the patient's urethra through the prostate capsule, in contact with the enlarged prostate tissue it is possible to. その後、超音波振動をプローブの先端部でまたは先端部に沿って作動させ、超音波エネルギーを発生させる。 Then, ultrasonic vibration is operated along or tip the tip of the probe to generate ultrasonic energy. これにより、組織の肥大した部分をキャビテーションにより破壊し、吸引する。 Thus, the enlarged section of tissue destroyed by cavitation and suction. 利用され得る本発明の他の技術は、標準的な病院の手術室で使用され、患者は手術室で全身麻酔をかけられる。 Other techniques which may be utilized the invention is used in the operating room of a standard hospital, the patient is subjected to general anesthesia in the operating room. 患者が麻酔をかけられた後に、経皮的な会陰切開が行われ(陰嚢と直腸との間の皮膚切開)、本発明の超音波プローブは切開を介して挿入され、前立腺嚢を外科的に通過させて、前立腺に挿入される。 After the patient has been anesthetized, percutaneous episiotomy is performed (skin incision between the scrotum and the rectum), the ultrasonic probe of the present invention is inserted through the incision, surgical prostate capsule and to passed, it is inserted into the prostate. その後、超音波振動が作動させられ、 Then, ultrasonic vibration is actuated,
超音波プローブの先端部が超音波エネルギーを前立腺組織に照射する。 Tip of the ultrasonic probe is irradiated ultrasonic energy to the prostate tissue. それにより、キャビテーションで前立腺組織を破壊する。 Thereby destroying the prostatic tissue cavitation. 使用されるであろう本発明の好ましい技術は、本発明のプローブを、亀頭の尿道管腔を通り尿道を進み、尿道壁が尿道を閉鎖または閉塞させている肥大した前立腺組織に超音波先端部が近接するまで挿入することにより、経尿道的に用いられる。 Will be used the preferred technique of the invention, the probe of the present invention proceeds the street urethra urethral lumen glans, ultrasound tip to enlarged prostate tissue urethral wall is then closed or occluding the urethra There by inserting up close, used transurethrally. その後に超音波振動を作動させ、超音波プローブの先端部を尿道壁組織を通過させ、大きく肥大した前立腺組織に挿入する。 Then actuates the ultrasonic vibration, the distal end portion of the ultrasonic probe is passed through the urethra wall tissue, inserted into the large enlarged prostate tissue. その後、プローブを前立腺組織で移動させ、破壊、縮小させ、 Thereafter, the probe is moved in prostate tissue destruction, is reduced,
プローブの先端部を前立腺組織の様々な位置に移動させながら、キャビテーションに影響が及ぼされた組織を吸引によって除去する。 While the tip of the probe is moved to different positions of the prostate tissue is removed by aspiration tissue effect on the cavitation exerted. 本発明を用いるためのそれぞれの技術において、本発明の小さい断面積の輪郭は、処置を受けた肥大前立腺組織の外側にある近接したいずれの組織に対する損傷をも軽減させるか消失させ、外科的、処置的および術後的な合併症を大いに減少させる。 In each of the techniques for using the present invention, the contour of the small cross-sectional area of ​​the present invention, also abolished or reduce the damage to any tissue that closely spaced outside the hypertrophy prostatic tissue undergoing treatment, surgical, treatment and greatly reduces post-operative complications. 【0027】 プローブの断面の輪郭を著しく減らしたので、本発明のプローブを、柔軟で屈曲性があるように作ることが可能である。 [0027] Since reduced significantly the contour of the cross section of the probe, it is possible to make the probe of the present invention, such that there is flexible and bendable. プローブは断面の輪郭を十分に小さくすることが出来るので、プローブの材質は広範囲の接合角度にわたって曲がる。 Because the probe can be sufficiently reduced cross-sectional profile, the material of the probe is bent over a wide range of joint angles.
プローブを接合したカテーテルまたはシースに収納してもよく、このカテーテルまたはシースは、曲げることが出来たり、接合され得るように作製されることが可能である。 It may be housed in a catheter or sheath joining the probe, the catheter or sheath, or it is possible to bend, it can be fabricated so that it may be joined. このため、本発明は、プローブを通過挿入する流路または管腔と同軸上にない体の部位をプローブを動作させたり処置すること可能となるように、 Therefore, the present invention, the portion of the passage or lumen and not coaxially body through inserting the probe so as to be able to treat or operate the probe,
本発明を適用することができる。 It is possible to apply the present invention. このため、本発明のプローブは、従来技術の装置および方法に比べて、ずっと多くの外科的応用を有し、より様々な組織を処置するのに使用されることが可能である。 Therefore, the probe of the present invention, as compared with the apparatus and methods of the prior art, has a much more surgical applications, it can be used to treat more different tissues. 上述の接合では本発明のプローブは屈曲性であり、操作の横キャビテーションモードと連携して、プローブの 「風防ワイパー」作用を可能にする。 In bonding the above probe of the present invention is flexible, in conjunction with transverse cavitation mode of operation, allows for "windshield wiper" effect of the probe. それにより、弧状の組織を処置することが可能であり、切開を介した治療の有効領域を著しく増大させることが出来る。 Thereby, it is possible to treat the arcuate tissue dissection treatment significantly increased thereby it is possible effective area of ​​over. 【0028】 本発明のプローブは治療部位が超音波イメージングによって、特にカラー超音波方法で画像化される治療技術において特に有用である。 [0028] by probes treatment site ultrasound imaging of the present invention is particularly useful in treatment techniques which particular imaged in a color ultrasonic method. プローブの振動作用は、超音波上にはっきりとした、明瞭で明るい画像をエコーから生成することができる。 Vibration effect of the probe was clearly on ultrasound, it is possible to produce a clear, bright image from the echo. 従って、外科医または内科医は、プローブを(包囲する組織と対照的に) Thus, a surgeon or physician, the probe (as opposed to surrounding tissue)
プローブとして簡単に見ることが出来また区別可能であり、使用の容易性および治療の効果が増大する。 It is easily seen it can also be distinguished as a probe, the effect of easily and therapeutic use is increased. 超音波のトランスデューサ・プローブは、BPHの治療では患者の直腸に挿入されるのが好ましい。 Ultrasound transducer probe is preferably inserted into the rectum of the patient in the treatment of BPH. 他の方法では、トランスデューサを皮膚の表面に配置させても良い。 In other methods, it may be a transducer is placed on the surface of the skin. 【0029】 本発明のプローブを、挟みおよび切除機能を持つように設計することも可能である。 [0029] The probes of the present invention, it is also possible to design to have a scissors and ablation capabilities. この機能は、患者の体腔または中空の臓器で、懸垂または弛緩している治療部位を外科的処置するのに有用である。 This feature, in a body cavity of a patient or hollow organ, which is useful for surgical treatment site, appended or relaxation. このプローブの実施形態は、婦人科的治療に特に有益である。 Embodiment of the probe is particularly advantageous in gynecological therapy. プローブを包囲するシースまたはカテーテルは、横の開口部を含む。 Sheath or catheter surrounding the probe includes a lateral opening. この開口部に、懸垂または弛緩している治療部位が、往復運動するプローブの先端部により捕捉および切除されることが可能である。 In the opening, the treatment site, appended or relaxation, is capable of being captured and cut by the tip portion of the probe that reciprocates. 【0030】 本発明のプローブはサイズが小さいので、柔軟な光ファイバー観察装置の使用に特に適している。 Since [0030] the probe of the present invention has a small size, it is particularly suitable for use in flexible fiber optic viewing device. この装置は、超音波プローブと共に、すなわちプローブに取り付けるかプローブから離すかのいずれかによって、挿入される光ファイバー・ The device, together with the ultrasonic probe, i.e. by either away from or probes attached to the probe, fiber optic to be inserted
ケーブルを含むことが好ましい。 It is preferable to include the cable. この光ケーブルは、光ファイバー観察接眼レンズに接続されているが、超音波機構のハンドルまたは他の装置には接続されていない。 The optical cable has been connected to the optical fiber observation eyepiece, the handle or other device for ultrasonic mechanism not connected. このようにして、観察系の操作は最小限に減らされる。 In this way, the operation of the observation system is reduced to a minimum. 光ファイバーケーブルは、光を照射する光ファイバーに囲まれた中央にある光学観測ケーブルを含むことが好ましい。 Fiber optic cable preferably includes an optical observation cable in the center surrounded by an optical fiber for emitting light. 光ファイバーケーブルを、装置の柔軟なシースの内側または柔軟なシースの上に配置してもよく、或いは、装置の固いシースの上に配置しても良い。 The fiber optic cable may be disposed over the inner or flexible sheath flexible sheath of the device, or may be disposed on the rigid sheath of the device. 【0031】 本発明の方法は、この方法を熱効果を与えないキャビテーションかつ横モードで超音波エネルギーを用いるので、効果が局部的であり、治療される特定の前立腺葉の組織以外の組織に影響を与えない。 The method of the present invention uses the ultrasonic energy this way cavitation and transverse mode does not give thermal effects, effects is the local influence on tissues other than the tissue of a particular prostate leaves to be treated It does not give. この方法は、挿入、治療および除去中に周辺の組織を損傷するのを防ぐために断面の輪郭を減じているので、患者の組織損傷、炎症および腫張を減らしまたはなくする。 This method inserts, since reducing the cross-sectional contour in order to prevent damage to the surrounding tissue during treatment and removal, tissue damage of the patient, also reduce inflammation and swelling is not. このため、本発明の方法は、 Therefore, the method of the present invention,
最小のサイズおよび熱作用の欠如のおかげで、術後の患者のカテーテル処置またはステント術の必要性を減らしまたはなくすことが可能なので特に有利である。 Thanks to the lack of minimum size and thermal effects, is particularly advantageous because is possible to eliminate reducing or the need for catheterization or stenting postoperative patient.
しかし、もし処置後に、一時的な尿道の腫張または炎症により患者の排尿が不可能であるとき、短期的にカテーテルまたはステントを患者の尿道に挿入してもよい。 However, if after treatment, when it is impossible to temporary urination patient by swelling or inflammation of the urethra, the short term catheter or stent may be inserted into the urethra of the patient. 【0032】 本発明の方法は、処置した時点で直ちに前立腺を縮小する一方、尿道もそのまま残すという点で、従来の良性前立腺肥大(BPH)のための処置養生法に勝る利点を示す。 The process of the present invention, while reducing the immediate prostate at the time of the treatment, the urethra in terms of leaving intact shows advantages over the treatment regimen for the conventional benign prostatic hyperplasia (BPH). 従来技術の治療は、1)影響を受けた部位の尿道壁組織を壊死させるか、さもなければ破壊する、および/または、2)組織を減量させることなく壊死によって前立腺組織を熱破壊するが、これは単に組織を殺し、一定期間後に、組織死のために組織が収縮する、のいずれかであるために、従来技術の治療は実際的な前立腺組織の縮小をもたらさない。 Treatment of the prior art, 1) either by necrosis sites urethral wall tissue affected, otherwise disruption, and / or, 2) thermally destroy prostate tissue by necrosis without loss of tissue, it simply kill tissue, after a period of time, for tissue shrinks for tissue death, either of the treatment of the prior art does not lead to reduction of the actual prostate tissue. 患者の見地では、本発明では前立腺を直ちに減量するために、尿道での制限/圧迫は殆ど直ちに軽減され、カテーテル処置をせずに殆どすぐに患者は制限なく排尿が可能となる。 In patients point of view, in the present invention, in order to lose weight prostate immediately limit / compression of urethra most immediately alleviated, the patient immediately almost without catheterization becomes possible without restriction urination. 本装置のサイズ要求性が小さくなっているおかげで、小さめの直径の器具は尿道を広げず、より損傷を少なくするので、惹起される浮腫もまた減ることになる。 Thanks to the size requirement of the apparatus is reduced, instruments smaller diameter without increasing the urethra, so reducing further damage will edema elicited also reduces by. 本発明は最小限に侵襲的な処置法である利点を提供する。 The present invention provides the advantage of being invasive treatments to a minimum. そしてそれは、好ましくは外来患者への処置であろう。 And it will preferably be from treatment to outpatient. 従って、本発明の組織減少方法は、BPHの症状をただちに緩和する最小限侵襲的な、外来的処置である。 Thus, tissue reduction method of the present invention, a minimally invasive immediately alleviate the symptoms of BPH, which is foreign treatment. 現在用いられているその他のBPHの外来用治療は、実際に組織を除去出来ず、大きさおよび熱にもとづく付属的な損傷のために、それぞれ患部の壊死した組織の嵩が減少し、それにより症状が消えるまでに数週間かかる。 Outpatient for the treatment of other BPH currently used, can not be removed actually tissue, for ancillary damage based on the size and thermal bulk of necrotic tissue of the affected part, respectively is reduced, thereby It takes a few weeks until symptoms disappear. 従って、本発明は、本発明の方法がBPHの患者の症状をただちに軽減する点において、現在用いられている技術に勝っている。 Accordingly, the present invention in that the method of the present invention will immediately alleviate the symptoms of the patient's BPH, it is superior to the techniques currently used. 本発明はまた従来技術より速い処置法を提供する。 The present invention also provides a faster than prior art methods of treatment. 【0033】 本発明は処置を行う医師にも利点を提供する。 [0033] The present invention provides an advantage to the treating physician. 本発明は、本発明の装置および方法の構成要素が、手術部位に超音波エネルギーを加えるだけであり、また、組織への超音波エネルギーの影響が、組織平面およびそれらの水和レベルに基づいているために、外科医への触覚が保持されるので、医師にとってより安全である。 The present invention, components of the apparatus and method of the present invention, only applying ultrasonic energy to a surgical site, also, the influence of the ultrasonic energy to tissue, tissue planes and on the basis of their hydration level to have, because tactile to the surgeon is holding, safer for the physician. 同様に、組織の区別により、本発明の装置は、キャビテーションを前立腺および前立腺組織の内部にのみ向ける。 Similarly, the distinction between the tissue, the apparatus of the present invention directs the cavitation only in the prostate and the prostate tissue. このため、本発明の装置は、前立腺嚢、膀胱括約筋および膀胱頸部を防御する。 Therefore, apparatus of the invention protects the prostate capsule, bladder sphincter and bladder neck. これにより、周囲の構造に無意識の熱損傷を与える危険を減少する。 Thus, reducing the risk of thermal damage of the unconscious around the structure. これらの非前立腺組織部位のそれぞれは、前立腺組織に比較して異なる水和レベルを有するので、超音波エネルギーにより同程度の影響を受けないとされる。 Each of these non-prostate tissue site, because it has a hydration level that is different compared to prostate tissue, are not affected by the same degree by ultrasonic energy. 更に又、本発明の装置でキャビテーションが効果を持つ領域は、超音波プローブの周辺周りほぼ1から2mmの領域であり、更なるエネルギーの広がりまたは組織への影響は無い。 Furthermore, areas with a cavitation effect in the device of the present invention is a 2mm region from approximately 1 around the periphery of the ultrasonic probe, there is no effect on the further energy spread or tissue. このため、本発明は、従来技術より患部制御の度合いをかなり高くすることが可能である。 Therefore, the present invention can be fairly high degree of affected area control than the prior art. 本発明の組織損傷の制御が存在していない他の処置法では、前立腺組織に向けられた熱拡散または他のエネルギーの出現により、尿道および他の構造が損傷を受け破壊され得ることがあり、尿失禁、インポテンツおよび逆行性射精のような重大な患者の苦痛や思わぬ合併症をもたらす。 In other methods of treatment control is not present in the tissue damage of the present invention, by thermal diffusion or the appearance of other energy directed to prostate tissue, may urethra and other structures may be destroyed damaged, urinary incontinence, leading to serious patient of pain and unexpected complications such as impotence and retrograde ejaculation. 本発明は従来技術と対照的に、尿道壁または前立腺嚢壁組織のコンプライアンスを殆どまたは全く破壊しないので(1mm以下の直径の小さいプローブによる貫通を除いて)、これらの術後合併症を著しく減らすことが可能である。 In contrast the present invention the prior art, since the compliance of the urethral wall or prostate capsule wall tissue without destroying little or no (except penetration by small probes diameter of less than 1 mm), significantly reduce these postoperative complications It is possible. 【0034】 腔内の制御された組織破壊および除去に向けられた超音波エネルギーの応用において、具体的に、臓器腔に孔を開けおよび/または空洞を創るような方法で超音波プローブが用いられ、プローブの先端部が組織の表面下に実質的に挿入される場合、超音波のよる穿孔または組織除去により生ずるこの部位からの組織および微粒子を除去するための何らかの機構の必要性がある。 [0034] In controlled tissue destruction and directed to removal applications of ultrasound energy intraluminal, specifically, the ultrasonic probe is used in such a way create a hole and / or voids in organs lumen , when the tip portion of the probe is substantially inserted below the surface of the tissue, there is a need for some mechanism to remove tissue and fine particles from the site caused by drilling or tissue removal by the ultrasound. 物質および侵出物を除去する従来の方法は、プローブの一部である吸引経路を介して吸引を提供する吸引機構を用いてなされる。 Conventional methods of removing material and exudate is done by using a suction mechanism for providing suction through the suction passage which is part of the probe. これらの従来の方法は、手術部位から組織を除去する吸引に関連して、処置が行われる部位に注入される液体の潅注を用いる。 These conventional methods, in conjunction with suction to remove tissue from the surgical site, using irrigation fluid that is injected into the site where treatment is carried out. しかし、上述したように、手術部位に還流および吸引の両方を供給することは、従来技術ではプローブが比較的大きい断面の輪郭をもつようになる。 However, as described above, to provide both reflux and aspiration to a surgical site, will have the contour of the probe is relatively large cross-section in the prior art. 従って、治療装置は処置を行うのに必要とされる超音波プローブよりかなり大きい。 Therefore, the treatment device significantly greater than the ultrasound probe that is required to perform the procedure. これらの従来技術の装置は、潅注液が通常、プローブの中央芯を介して供給され、吸引が外側の同軸の管および管腔に供給される同軸管を使用する。 These prior art devices, irrigation fluid is usually supplied through the central core of the probe, the suction uses a coaxial tube which is supplied to the outer coaxial tube and lumen. 【0035】 従来技術の装置は吸引および潅注機構の厳格な配向性も維持しているので、潅注および吸引用の内側および外側の管腔は、お互いに対して固定された位置に、 [0035] Since the prior art devices also maintains strict orientation of the suction and irrigation system, irrigation and inner and outer lumen for aspiration, in a fixed position relative to one another,
一般には処置の部位に極く接近した位置に留まる。 Generally remains in position very close to the site of treatment. このように、潅注管腔は、吸引する管腔を越えて伸びないし(すなわち、互いに対して管腔の移動はない)、 Thus, irrigation lumen do not extend beyond the lumen for aspirating (i.e., no movement of the lumen with respect to each other),
また、吸引は2つの管腔の間の限定された距離内でのいかなる液体および/または組織残遺物をも拾い上げる設計になっている。 The suction has become even pick designing any liquid and / or tissue remnants within a limited distance between the two lumens. 本発明は、プローブの制御部分を介して、プローブの外側にある吸引および潅注用の溝または流路を用いる。 The present invention, through the control portion of the probe, using grooves or flow path for suction and irrigation are outside of the probe. 潅注はプローブの側面の中央部分に出る。 Irrigation comes into the central portion of the side surface of the probe. このことは、潅注管腔と吸引管腔との間の距離を変更することを可能にしている。 This has made it possible to change the distance between the irrigation lumen and the suction lumen. それにより、患者の体に挿入される装置の断面の輪郭が減少する。 Thereby reducing the contour of the cross section of the device inserted into the patient's body. 減少された断面域は、尿道を通って容易に挿入することを可能にする。 Reduced cross-sectional area allows for easy insertion through the urethra. 本発明において、軸方向に移動可能な吸引カテーテルまたはシースは、プローブの全長に沿って移動する。 In the present invention, the suction catheter or sheath axially movable is moved along the length of the probe. それにより、プローブ先端部および潅注管腔または複数の管腔に相対的に吸引管腔の位置を変化させる。 Thereby changing the position of the relatively suction lumen in the probe tip and irrigation lumen or multiple lumens. このことは、吸引管腔および関連した吸引構造が、プローブの溝または流路を除いて、患者の体外に配置されることを可能にする。 This aspiration lumen and associated suction structure, except for the grooves or channels of the probe, to be located outside the patient's body. 【0036】 同様に、プローブが組織内に空隙を作るにつれて、唯一の入口の点をもつポケットを形成する。 [0036] Similarly, as the probe to make the air gap in the tissue, to form a pocket having only one entrance point. プローブにより作られた流路およびプローブにより維持された開口を介して物質を吸引するために、超音波エネルギーの影響を受ける外側にあるこの入口の点に吸引を適用することが可能である。 To aspirate material through the openings maintained by the flow path and the probe made by the probe, it is possible to apply suction to the point of the inlet outside affected by ultrasonic energy. 【0037】 本発明の超音波エネルギーの応用において、プローブの直径は、従来の超音波プローブの直径より実質的に小さい。 [0037] In applications of ultrasonic energy of the present invention, the diameter of the probe is substantially smaller than the diameter of a conventional ultrasonic probe. 従って、プローブの直径は、最小限の侵襲的処置のために理想的に設計されている。 Accordingly, the diameter of the probe is ideally designed for minimally invasive procedures. 本発明のプローブは、従って、例えば尿道のような体の部位で用いられるように設計されている。 The probe of the present invention, therefore, is designed to be used in areas of the body such as urethra. 小さめのプローブは侵襲度がより少ないゆえに、苦痛はより少ない。 Smaller probe is due to invasive less, pain is less. 小さめのサイズは、尿道に挿入される器具の大きさ、器具を受け入れる組織を広げること、それにより、臓器開口の管腔を維持するのに用いられるカテーテルのような追加的器具の必要性をもたらすことによる、通常、炎症および腫張の形態にある付加的な組織の応答を招くことなく、組織を除去することが可能である。 Smaller size, the size of the instrument inserted into the urethra, widening the tissue to accept instrument, thereby resulting in the need for additional devices such as catheters used to maintain the lumen of the organ opening possibly, usually without causing the response of additional tissue in the form of inflammation and swelling, it is possible to remove the tissue. 本発明は従って、小さい直径のプローブの応用に関係し、このプローブは、小さい直径の体管に挿入することが可能であり、その後、組織を除去するキャビテーションを利用する。 The present invention therefore relates to the application of the probe a small diameter, the probe may be inserted into the body tube of smaller diameter, then use cavitation to remove tissue. 本発明の小さいプローブに効果的である治療領域を増加させるために、潅注管腔はプローブの軸に対して横向きが可能であり、すなわち、プローブ体の側面に開口が可能である。 To increase the small treatment area is effective in the probe of the present invention, irrigation lumen is capable of transverse to the axis of the probe, i.e., it is possible to open the side surface of the probe body. このように、プローブ先端部の最大領域が超音波治療およびキャビテーションのエネルギーを提供するために用いられる。 Thus used to maximum area of ​​the probe tip to provide energy ultrasound treatment and cavitation. 【0038】 本発明と共に用いられるプローブは、尿道を介する挿入が容易となるような形状を有している。 The probe used with the present invention has a shape such that it is easy to insert through the urethra. そのため、これらプローブは、挿入中に組織を損傷する危険性を与えることのないように、鋭利ではない。 Therefore, these probes, so as not to give a risk of damage to tissue during insertion, no sharp. プローブは、超音波エネルギーの適用を介して組織へのプローブの挿入に適応する先細の尖頭を含む。 Probe comprises a tapered peak to accommodate insertion of the probe into the tissue through the application of ultrasonic energy. そこでは大きめの塊から小さめの塊への移行によって速度が増幅する。 Wherein the speed amplified by the transition to smaller mass from large lumps. プローブの先細りの形は、一般には円錐、球状または半球であるが、プローブの先端部の超音波穿孔によりできる組織の割れ目または裂け目は、切れ目または鋭利な角のない方法で形成されるので、初めの貫通点の裂け目を越えて裂け目が広がることがなく、外科的応用には特に有用である。 Form of tapered probe, because generally conical, but a spherical or hemispherical, cracks or crevices in the tissue can be by ultrasonic perforation of the tip of the probe is formed by an unbroken or sharp corners method, initially without tear spreads beyond the cleft penetration points, it is particularly useful for surgical applications. 同様に、超音波エネルギーは、プローブの遠位端に向けて焦点が合わされ、先端部からの距離が増加するに連れて、振幅および周波数が減少するので、プローブの先細りの形は組織を通る貫通点の全体の大きさを最小限にする。 Similarly, ultrasonic energy, focus is combined towards the distal end of the probe, as the increased distance from the tip, the amplitude and frequency decreases, through the form of tapered probe through the tissue to minimize the overall size of the point. プローブは比較的一定の直径を有するので、組織はその周りにピッタリとはまる。 Since the probe having a relatively constant diameter, tissue fits snugly around it. 【0039】 組織がプローブの周辺にきつくはまるプローブの使用に伴う1つの課題は、ぴったりはまった組織により、加えられた静水負荷と共に潅注液が臓器または組織内に捕捉され、蓄えられることである。 [0039] One problem associated with the use of a probe tissue fits tightly around the probe, the perfect fit tissue, irrigation fluid with hydrostatic load applied is captured in an organ or tissue is to be stored. この静水負荷は、組織空間内への液の挿入を介して、潜在的な望ましくない結果を引き起こす。 The hydrostatic load, through the insertion of liquid into tissue spaces, causing results potentially undesirable. これは、この液が、組織の切り裂き、膨張させる媒体となるためである。 Because this liquid is dissected tissue, because as a medium for inflating. 切り裂きは、結合組織、神経等だけでなく血管系の望ましくない破裂に導く。 Tearing the connective tissue, leading to undesirable rupture of the vasculature as well such as nerves. 同様に、従来のまたは正常な大きさを越える組織および臓器の膨張は、それらの正常かつ通常の機能に有害な効果を与えるであろうし、処置時間をかなり越える期間それらの機能を妨げることにもなる。 Similarly, the expansion of the tissues and organs over conventional or normal sized in the art will cause harmful effects to their normal and usual function period exceeding considerably the treatment time to prevent their function Become. 【0040】 液の進入に関係した有害な効果を打ち消すためには、最初の組織の切れ目の直径を大きくすることなく、精巧な圧力監視をする必要なく、二次的な孔を必要とすることなく、キャビテーションに惹起された液および微粒子を空洞から除去することを可能にする何らかの機構が必要である。 In [0040] order to counteract the adverse effects related to ingress of liquid without increasing the diameter of the cut of the first organization, without having to elaborate pressure monitoring, the need for a secondary hole without it requires some mechanism that allows the removal of liquid and particulates raised to cavitation from the cavity. 【0041】 本発明は超音波プローブの表面に溝または流路を適用することにより、液体の進入および保持の問題を解決する。 The present invention is by applying grooves or channels on the surface of the ultrasonic probe, to solve the problems of ingress and retention of fluid. この超音波プローブには、プローブの表面が連続した曲がりを形成するように曲がりを付けても良く、溝または流路はプローブの表面に掘られ、それにより、溝または流路の輪郭を減少させる。 The ultrasound probe may be attached to bend so as to form a curved surface of the probe has a continuous groove or channels are dug on the surface of the probe, thereby reducing the profile of the groove or channel . 溝または流路がプローブの近位端の近くに始まり、プローブの遠位端に向かって溝または流路が延びるに従って、深さおよび巾が増すところでは、溝または流路は、素早い方法で液および空洞化組織を吸い出す効果がある。 Beginning near the grooves or flow paths of the proximal end of the probe, according to the groove or channel extending toward the distal end of the probe, where increasing depth and width, the groove or flow channel, the liquid in a quick way and the effect of sucking the cavity tissues. 本発明では、2、3、4またはそれ以上の数の縦の溝または流路がプローブの先端部から末端に向かって延びることが好ましい。 In the present invention, it is preferred that two, three, four or longitudinal grooves or channels of more number extends toward the distal from the tip of the probe. プローブの近位端から始まり、螺旋状に(ねじが螺旋状に旋回するのと同様に)プローブの直径を横切る単一または2つの溝または流路の使用は、本発明におけるのと同じ効果を得るために用いられても良い。 Beginning from the proximal end of the probe, the use of single or two grooves or passages helically across the diameter of the probe (screw Similarly as to spirally swirls) is the same effect as in the present invention it may be used to obtain. 【0042】 これらの溝または流路、並びに、それらの特有の形状の目的は、液および微粒子に空隙を脱出する経路を与えることである。 [0042] The grooves or channels, as well as the purpose of their unique shape is to provide a path to escape the void in the liquid and particulate. 溝または流路は、組織内の深いところから物質および液を洗い流すことも可能にする。 Grooves or channels also allows flushing material and liquid from deep within the tissue. 溝または流路はまた、正常な生理的状態を維持するために、組織表面下の液体の継続的な交換用としてもある。 Grooves or channels may also be used to maintain the normal physiological state, there is also for the continuous exchange of liquid under the tissue surface. これは特に、潅注液を空洞化部位に供給することによりなされ、継続的なキャビテーション液媒体を生成する。 This is especially done by supplying irrigation fluid to the cavity sites, to produce a continuous cavitation liquid medium. このことは、液交換を経て細胞外の水含量を確保するので、細胞マトリックスが破壊され細胞内液が除去される時に、超音波エネルギーが、好ましくない、または所望しない如何なる熱的加熱を引き起こすこともない。 This is because to ensure the water content of the extracellular through the liquid exchange, when the cell matrix intracellular fluid destroyed is removed, ultrasonic energy, undesirable, or undesired causing any thermal heating Nor. 【0043】 溝または流路は、いくつかの点で従来技術の吸引形状に勝る利点を提供する。 The grooves or channels may provide advantages in some respects over the suction shape of the prior art.
先ず、溝または流路の使用は、吸引経路を創るためにプローブを囲む追加のシースの必要性を無くす。 First, the use of grooves or channels eliminates the need for additional sheath surrounding the probe to create a suction passage. 結果として、器具の断面の輪郭を減少させることが可能である。 As a result, it is possible to reduce the cross-sectional profile of the instrument. それにより、残留組織の損傷および浮腫を減らす。 Thereby reducing damage and edema of the residual tissue. 更に、溝または流路は、吸引シースが、尿道のような治療部位への導管または管腔の外側に配置されることを可能にする。 Furthermore, the grooves or channels are suction sheath, to be placed on the outside of the conduit or lumen to a treatment site, such as the urethra. 【0044】 更に又、溝または流路はプローブの外側に配置されるので、それらは閉塞し難いか、または詰まり難い。 [0044] Furthermore, since the grooves or channels are arranged outside the probe, hardly they do not easily closed or clogged. 更に又、溝または流路は内部の吸引経路に比べて清浄するのがずっと容易である。 Furthermore, the grooves or channels is much easier to clean than the interior of the suction passage. 【0045】 従って、本発明は、特に最小限の侵襲的処置に有用になる数多くの有利な機能を含む。 [0045] Accordingly, the present invention is particularly contain minimal invasive procedures a number of advantageous features that are useful. 第一に、尿道のような管または開口の通過が可能で、また、組織でのキャビテーションの作用を通して組織の除去が可能な直径の小さいプローブを介して、前立腺嚢のような組織への超音波エネルギーの適用が出来る。 First, can the passage of a tube or opening as the urethra, also through a small probe diameter capable removal of tissue through the action of cavitation in the tissue, ultrasound into tissue such as the prostate capsule application of energy can be. 従って、本発明は、空洞を創り、前立腺を縮小させることが可能である。 Accordingly, the present invention is to create a cavity, it is possible to reduce the prostate. 第二に、本発明は、 Secondly, the present invention is,
尿道のような体管へ、また体管を介して小さい貫通孔を作り、或いは、陰嚢と肛門との間の会陰のような体部に小さい貫通孔を創る能力を有する。 The body tube such as the urethra, also make small holes through the body tube, or have the ability to create small holes in the body, such as the perineum between the scrotum and anus. その後、本発明は、プローブが前立腺の肥大した組織のような治療される組織に向かうことを可能にする。 Then, the present invention allows directed to treated tissue, such as tissue probe has enlargement of the prostate gland. 第三に、本発明は、キャビテーションの作用および外科医が超音波先端部を治療部位全体に移動させることにより空洞がプローブの大きさより大きくなるように大きな空洞を創ることが可能である。 Thirdly, the present invention provides effects and surgeon cavitation cavities by moving the ultrasound tip across the treatment site it is possible to create a large cavity to be larger than the size of the probe. 第四に、本発明の装置は、内側に柔らかめの柔軟な、あるいは曲げが可能な部材が存在し、外側が硬性の部材を用いて設計されても良い。 Fourth, the device of the invention, there is a flexible or bending of the member of the softer inside, may be designed outside with a member rigid. このことは従って、本発明の装置は、解剖学的組織に極端な捻れおよび屈曲を生じさせることなく、尿道および前立腺のような体内に、プローブを挿入することを可能にする。 This is therefore, the apparatus of the present invention, without causing extreme twisting and bending in the anatomy, the body such as the urethra and prostate, makes it possible to insert the probe. この柔軟性は、プローブが挿入される管腔または導管と軸的に揃っていない部位に到達できるように、プローブが曲がったり、または関節様動きが出来ることを可能にする。 This flexibility, so that it can reach the site where the probe is not aligned in the lumen or conduit and axially to be inserted, to allow the probe is bent or, or joint-like movement can be. 第五に、本発明は、この能力が処置の場所で組織を除去することを可能にする。 Fifth, the present invention is the ability to allow the removal of tissue at the treatment site. 第六に、本発明は、この能力が、プローブが剛性の時、および、プローブが柔軟で柔軟である時のいずれでも、超音波プローブを介してキャビテーションの部位に潅注することを可能にする。 Sixth, the present invention is the ability, when the probe is rigid, and, either when the probe is flexible and pliable, making it possible to irrigation to the site of cavitation via an ultrasonic probe. 第七に、本発明は、水和された(水を含んだ)組織に特異的にエネルギーを与えるように、本発明が、20kHzから80kHzの範囲の周波数でエネルギーを使うので、組織選択性に適用される超音波エネルギーの使用を可能にする。 Seventh, the present invention is to provide a specific energy to the hydrated (containing water) tissue, the present invention is, because it uses energy at a frequency in the range from 20kHz to 80 kHz, the tissue selectivity It applied to enable the use of ultrasonic energy. このため、高コラーゲン結合組織に与えられるエネルギーは殆どないか、または全くない。 Therefore, the energy imparted to the high collagen connective tissue either little or no. エネルギーの適用におけるこの選択性は、従って、膀胱頸部の組織および内部の括約筋のような正常な液を保持するのに重要な、これらの組織を温存する。 The selectivity in the application of energy is therefore important to maintain the normal liquid, such as tissues and internal sphincter of the bladder neck, to preserve these tissues. 従って、この選択性は、泌尿器的な適用に特有の逆行性射精、失禁等のような術後の合併症を防ぐ。 Accordingly, the selectivity is retrograde ejaculation specific to urinary applicability prevents postoperative complications such as incontinence or the like. 第八に、本発明は、曲がったり、撓んだり、関節様動きをするプローブの使用を可能にする。 Eighth, the present invention is bent or, flexes to allow the use of probes that joint-like motion. このことは、プローブを前方向に進める時、プローブにかかる力の量を制限し、従って、前立腺嚢にかかるいかなる力をも制限する。 This is when advancing the probe forward, limits the amount of force applied to the probe, thus limiting any force applied to the prostate capsule. この様にして、プローブに適用される力は、曲がりを介して軽減される。 In this way, the force applied to the probe is mitigated through the bend. すなわち、より小さい圧力がプローブの先端部に与えられる。 In other words, a smaller pressure is applied to the tip of the probe. これにより、純物理的な力を介したプローブによる偶発的な組織貫通の可能性を減少させる。 Thereby reducing the likelihood of accidental tissue penetration by a probe through the pure physical force. このような不都合な結果は、前立腺嚢に直線状のプローブを用い、同様の力を加えると起こり得た。 Such adverse results, using a linear probe prostate capsule, have occurred upon application of the same force. 【0046】 本発明の一つの重要な特徴は、組織に対する効果において非熱的であることである。 [0046] One important feature of the present invention is that the effect on tissue is a non-thermal. 熱または熱エネルギーを用いない処置を用いることは重要であり、本発明は、非常に低い熱しか生成しない。 The use of a treatment that does not use heat or thermal energy is important, the present invention is not very low thermal only product. また、熱の可動域は組織を切除している音波に直接関連した領域に限られている。 The movable range of the heat is limited to the area directly related to the sound waves that are excised tissue. 本発明は、潅注および吸引と共に、超音波エネルギーの使用を介して、治療部位が正常体温の±7℃の範囲内で治療をする。 The present invention, irrigation and with suction, through the use of ultrasonic energy, the treatment site is treated in a range of ± 7 ° C. normothermic. これは、壊死が起こることなく、また周囲の組織に、付随した熱損傷を与えることなく前立腺の縮小が可能であるので、(健康な組織への熱拡散の欠如が重要である例えば婦人科のような他の応用だけでなく)BPHの治療において特に好都合である。 This necrosis without happens, also the tissue surrounding, because it is possible to reduce the prostate without adversely concomitant thermal damage, is for example gynecological important lack of thermal diffusion to (healthy tissue is particularly advantageous in other well applications) BPH treatment as. 更に、この温度範囲は、本発明のプローブの性質故に、合併症をもたらす尿道組織よりむしろ前立腺組織に直接適用が可能である。 Furthermore, this temperature range is therefore the nature of the probe of the present invention, it is possible to directly apply the prostatic tissue rather than urethral tissue resulting in complications. 更に、細胞外液の形態での付随した潅注は、残留組織を、本発明の処置全体を通じて、正常な生理学的体温程度の狭い範囲内に維持する。 Moreover, irrigation was associated in the form of extracellular fluid, the residual tissue throughout the treatment of the present invention is maintained within a narrow range of about normal physiological temperature. 本発明では、熱が発生することなく、 In the present invention, without heat is generated,
直ちに組織を除去する処置ができるので、注目すべきことに残留組織は炎症的応答を殆ど示さないか、全く示さない。 Since immediate tissue can treat to remove residual tissue Remarkably or show little inflammatory response, it shows no. このことにより、包囲する組織にほとんど浮腫(腫張)が生じない。 Thus, it hardly edema (swelling) in tissue surrounding. 最小限の腫張のおかげで、患者はカテーテルまたは術後ステントのいずれかの使用および補助なしに退院が可能である。 Thanks to the minimal swelling, the patient is capable discharged without the use and the aid of either the catheter or postoperative stent. 或いは、もし、その様な処置が必要な場合でも、それらの処置は最小限の期間となる。 Alternatively, if, even if such treatment is needed, their treatment is the minimum period of time. 更に、 In addition,
BPH症状治療用の従来技術の方法は、極めて侵襲的で一夜の入院程度を必要とする従来のTURPによる治療法を除いて、肥大した前立腺組織を45℃以上の温度で熱破壊し、周囲の非前立腺組織を致死的温度に晒すことになる。 Prior art methods for BPH symptoms treatment, except for therapy with conventional TURP that require approximately hospitalization overnight very invasive, the enlarged prostate tissue thermally destroyed 45 ° C. or higher, the ambient thereby exposing the non-prostate tissue lethal temperature. このことは、前立腺、および非前立腺組織の破壊をもたらし、更に、壊死に頼る処置は、 This leads to destruction of the prostate, and non-prostate tissue, further treatment relying on necrosis,
組織が縮退するのに4から8週間を要するわりに、除去されるべき組織の量は変化しない。 Despite requiring 8 weeks 4 to tissue degeneration, amount of tissue to be removed is not changed. これらの欠点は本発明には存在しない。 These disadvantages are not present in the present invention. 【0047】 本発明は、前立腺の縮小後に続いて、処置により生じた切れ目または空洞に注入される自己および/または他の組織接着剤の使用に適用される。 [0047] The present invention, following after the reduction of the prostate, applies to the use of autologous and / or other tissue adhesive is injected into cuts or cavities caused by treatment. これにより、 As a result,
組織の切れ目または空洞を閉じ、接着して封じる。 Close the slit or cavity tissue seal by bonding. 組織内の切れ目が閉じられるので、その処置の結果は更に速い尿道除圧術となり、術後の合併症も少なくなる。 Because cut in the tissue are closed, as a result of the treatment becomes faster urethra dividing surgical decompression, also reduced postoperative complications. 【0048】 本発明の別の有利な機能は、尿道のような体管に挿入後、超音波プローブが曲がり得ることである。 [0048] Another advantageous feature of the present invention, after insertion into the body lumen such as the urethra, is that the ultrasound probe is bendable. 剛性の超音波プローブで、プローブが挿入される体管または切開の直線上にある組織または身体的異常にのみ接することが可能である従来技術の装置と異なり、この機能は、超音波先端部が軸からはずれた管壁に位置する組織に接触し、空洞化させることを可能にする。 In the ultrasonic probe of the rigid probe is different from the conventional apparatus for it is possible to contact only with the tissue or physical abnormalities in the inserted body vessel or incision straight line art, this feature is ultrasound tip contacting the tissue located tube wall off-axis, make it possible to hollowing. 従って、本発明において、超音波プローブは比較的小さい直径の管腔または導管に挿入され得る。 Accordingly, in the present invention, the ultrasonic probe can be inserted into the lumen or conduit of a relatively small diameter. その後、超音波プローブは管腔または導管の側面の組織を貫通するように、ある角度で(この角度は比較的鋭利であり得る)曲げられる。 Then, the ultrasonic probe is to penetrate tissue side of the lumen or conduit, at an angle (this angle can be relatively sharp) is bent. 【0049】 本発明の超音波先端部は、組織除去のモードとしてキャビテーションを用い、 The ultrasound tip of the present invention, the cavitation used as the mode of tissue removal,
組織貫通がキャビテーションによるもので、プローブの物理的形状によらないので、鋭利である必要はない。 Those tissue penetration due to cavitation, does not depend on the physical form of the probe need not be sharp. 従って、先端部はなめらかであり、挿入は障害性が少なく、残留組織の損傷が少なくなりやすい。 Therefore, a tip smoothly, the insertion less impaired, likely less damage residual tissue. 【0050】 特定の治療部位へ適用される超音波エネルギーは振幅および周波数の関数である。 The ultrasonic energy applied to a particular treatment site is a function of the amplitude and frequency. 一般に、本発明の機器により供給されるエネルギーの動程速度または振幅は、150ミクロンから250ミクロンの範囲であり、周波数は、20kHzから80kHzの範囲である。 Generally, throw speed or amplitude of the energy supplied by the device of the present invention ranges from 150 microns to 250 microns, the frequency is in the range of 80kHz from 20 kHz. 【0051】 発明の実施の形態 図1は本発明で用いられたハンドル5の一つの実施の形態を示す。 [0051] Embodiment Figure 1 of the invention showing an embodiment of the handle 5 used in the present invention. ハンドル5 Handle 5
は潅注継ぎ手またはルアー2、握り部分3、およびプローブ取り付け部4から構成されている。 It is composed of an irrigation fitting or luer 2, grip portion 3, and the probe attaching portion 4. 潅注継ぎ手またはルアー2は柔軟な管に繋げるように設計されており、その管は次に水のような加圧潅注液源に接続される。 Irrigation fitting or luer 2 is designed to connect the flexible tube, the tube is then connected to a pressurized 圧潅 pouring source such as water. 握り部分3は外科医のような装置の操作者の手で握れるように成型されており、吸引、潅注、電源等、その装置の種々の機能を作動させたり、停止させたりするための一つ、またはそれ以上の引金またはボタンを含んでも良い。 Grip portion 3 are molded as gripped in the hands of the operator of the device, such as a surgeon, suction, irrigation, power, etc., one for or to operate the various functions of the device, or to stop, or it may include more than the trigger or button. 【0052】 図2および図3は図1に示したハンドル5を含む本発明の超音波治療装置1の一つの実施の形態を示す。 [0052] Figures 2 and 3 show one embodiment of the ultrasonic treatment apparatus 1 of the present invention including a handle 5 shown in FIG. 超音波治療装置1は超音波プローブ先端部7を有する超音波プローブ6を含む。 Ultrasonic treatment apparatus 1 comprises an ultrasonic probe 6 having the ultrasonic probe tip 7. 超音波プローブ6は、プローブ先端部7が吸引シースまたはカテーテル70の遠位端に対して軸上で内側にも外側にも動くことができるように、吸引シースまたはカテーテル70のなかで軸方向に可動するように取り付けられている。 Ultrasonic probe 6, as can be the probe tip 7 also moves outside to the inside on the axis with respect to the distal end of the aspiration sheath or catheter 70, in the axial direction in a suction sheath or catheter 70 It is mounted so as to movable. 超音波プローブ6と吸引シースまたはカテーテル70は共に、吸引囲い板筐体8を含む吸引囲い板9に取り付けられている。 Ultrasonic probe 6 and the suction sheath or catheter 70 are both attached to the suction shroud 9 comprising a suction shroud housing 8. 吸引囲い板筐体8の中に吸引シースまたはカテーテル70の吸引端10があり、これが吸引シースまたはカテーテル70の内部に吸引力または陰圧力を伝える。 There are suction end 10 of the aspiration sheath or catheter 70 into the suction shroud housing 8, which convey suction force or negative pressure inside the suction sheath or catheter 70. その吸引端は超音波送信素子11を囲み、かつこれに対してシールされており、超音波プローブ6に向かって伸び、超音波プローブ6の近位端となる。 Its suction end surrounds the ultrasonic transmitting element 11, and is sealed against this, extends toward the ultrasonic probe 6, a proximal end of the ultrasonic probe 6. 吸引端10は吸引継ぎ手またはルアー13に連結している。 Suction end 10 is connected to the suction fitting or luer 13. 吸引継ぎ手またはルアー13は柔軟な管との連結用に設定されており、その管は続いて減圧源に接続される。 Suction fitting or luer 13 is configured for connection of the flexible tube, the tube is subsequently connected to the vacuum source. 吸引シースはハンドル5およびプローブ6に相対的に摺動可能であり、そのことにより超音波先端部7と吸引シースまたはカテーテル70の遠位端との間の距離を変動させることを可能にする。 Suction sheath is relatively slidable in the handle 5 and the probe 6, makes it possible to vary the distance between the distal end of the ultrasonic tip 7 and the suction sheath or catheter 70 by the. 操作機構12は吸引囲い板9からハンドル5に向かって伸びることが可能であり、適切な覆い14と15に囲まれている。 Operating mechanism 12 can be extended towards the handle 5 from a suction shroud 9 is surrounded by a suitable cover 14 and 15. 【0053】 図4は本発明の超音波プローブ16および超音波プローブ先端部17の一つの実施の形態を示している。 [0053] Figure 4 shows one embodiment of the ultrasonic probe 16 and the ultrasonic probe tip 17 of the present invention. 図4の実施形態における超音波プローブ16の本体は遠位端から近位端に向かって僅かに先細りになっているのが好ましい。 Body of the ultrasonic probe 16 in the embodiment of FIG. 4 are preferably has a slightly tapered toward the proximal end from the distal end. 超音波先端部17は超音波プローブ16の端から球状突起の形状にある。 Ultrasound tip 17 is in the shape of a spherical projections from the end of the ultrasonic probe 16. 超音波先端部1 Ultrasound tip 1
7のこの形状は挿入、処置、または除去の際に組織に障害を与える結果となる先端部での鋭利な縁端や表面をなくす。 The shape of the 7 insert, eliminating sharp edges and surface of the tip portion result in damaging the tissue during the treatment, or removal. 超音波先端部17はその遠位表面に一つ又はそれ以上の潅注口18をもつ。 Ultrasound tip 17 has one or more irrigation openings 18 on its distal surface. 潅注口18はすべて内部の潅注通路に連結しており、この通路は超音波先端部17および超音波プローブ16の中央に位置することが好ましい。 All irrigation port 18 is connected to the irrigation channel of the internal, the passageway is preferably located in the center of the ultrasound tip 17 and the ultrasonic probe 16. 図4には示していないが、超音波プローブ16は以下に詳しく述べるように、その全長に沿って伸びる一つまたはそれ以上の溝または流路を有することが可能である。 Although not shown in FIG. 4, but the ultrasound probe 16, as detailed below, it is possible to have one or more grooves or channels extending along its entire length. 【0054】 図5は本発明の超音波プローブの吸引シースまたはカテーテルの第二の実施の形態を示す。 [0054] Figure 5 shows a second embodiment of a suction sheath or catheter of the ultrasound probe of the present invention. 図5の実施形態は特に処置部分が懸垂していたり弛緩している病態を治療するのに有用であり、特に図5の実施形態は婦人科の治療に有用である。 5 embodiment is particularly useful for treating disease states treated portion is relaxed or not suspended, in particular the embodiment of FIG. 5 is useful in the treatment of gynecological.
図5の実施の形態では、吸引シースまたはカテーテル70の先端部75が球状端となっている。 In the embodiment of FIG. 5, the tip 75 of the suction sheath or catheter 70 has a spherical end. 吸引シースまたはカテーテル70は、一方の側面に側溝または開口19を有する。 Aspiration sheath or catheter 70 has a groove or opening 19 on one side. ベベル20(傾斜面)を含む超音波先端部21をもつ超音波プローブ23は、吸引シースまたはカテーテル70内で軸方向に摺動するために取り付けられている。 Ultrasonic probe 23 having an ultrasonic tip 21 including bevel 20 (inclined surface) is attached to slide axially by suction sheath or catheter within 70. 少なくとも一つの吸引経路23が超音波プローブ22と吸引シースまたはカテーテル70の内壁との間の空間に作られている。 At least one suction passage 23 is made in the space between the inner wall of the ultrasonic probe 22 and the suction sheath or catheter 70. 従って、吸引力が吸引継ぎ手またはルアー13に課せられると、陰圧または吸引力が吸引経路23に生じて破砕されたまたは空洞化された組織並びに残留液または潅注液を吸い取る。 Therefore, when the suction force is imposed on the suction fitting or luer 13, sucking negative pressure or suction force is been or cavitation fracture occurring in the suction path 23 tissues and residual liquid or irrigation fluid. 【0055】 先端部75の近位端には捕捉面または逆戻り防止76がある。 [0055] The proximal end of the tip portion 75 there is a capture surface or return prevention 76. この捕捉面または逆戻り防止76は超音波先端部21の対抗面として役立ち、そのことにより懸垂している、または弛緩している処置部分が治療の際に捕捉されることを可能にする。 The capture surface or return prevention 76 serves as a counter surface of the ultrasonic tip 21, to allow the suspension from or relaxed by being treated portion, by its being trapped in the treatment. 操作時には、吸引シースまたはカテーテル70は懸垂している、または弛緩している処置部分が、側溝または開口19にはまりこむまで処置部分に誘導される。 In operation, suction sheath or catheter 70 is suspended from or relaxed by being treated portion, is induced in the treated portion to Hamarikomu the gutter or openings 19. この段階中に、超音波プローブ23は、図5に示されるように後退した位置にある。 During this phase, the ultrasonic probe 23 is in a retracted position as shown in FIG. その後、超音波プローブ23は、懸垂している、または弛緩している治療部位が、超音波先端部21と捕捉面または逆戻り防止76との間に挟みこまれるまで軸上で外側に前進させられる。 Then, the ultrasonic probe 23, the treatment site which, or relaxed, appended is advanced to the outside on the shaft until sandwiched in between the capture surface or return prevention 76 and ultrasound tip 21 . その後、超音波振動発生器を作動させて、超音波エネルギーが超音波先端部21に伝送される。 Thereafter, by operating the ultrasonic vibration generator, ultrasonic energy is transmitted to the ultrasound tip 21. このため、捕捉された処置部分が超音波エネルギーおよびそれに基づくキャビテーションを使って治療される。 Therefore, the captured treated portion is treated with ultrasonic energy and cavitation based thereon. 【0056】 図11および図13は本発明の一つの実施の形態に従った超音波プローブ6の半径断面図を示しており、プローブ6は特にBPHの尿道的治療に有用である。 [0056] Figures 11 and 13 shows a radial section view of the ultrasonic probe 6 in accordance with one embodiment of the present invention, the probe 6 is particularly useful for urinary treatment of BPH.
プローブ6は潅注継ぎ手またはルアー2に連結された中央通路62を含む。 Probe 6 comprises a central passage 62 which is connected to the irrigation fitting or luer 2. 中央通路はプローブ6の側面に位置する二本の側管腔61に終端している。 Central passage terminates in the side lumen 61 of two flanking the probe 6. 中央通路62は超音波先端部7の周辺部位に潅注液を送達するために用いられ、そのことにより治療部位の温度を調節する。 Central passageway 62 is used to deliver irrigation fluid around the site of the ultrasonic tip 7 to adjust the temperature of the treatment site by its. 超音波先端部7のキャビテーションとともに潅注液は、処置部位が正常の体温の±7℃の温度に制御されることを可能にする。 Irrigation fluid with cavitation ultrasound tip 7 allows the treatment site is controlled to a temperature of ± 7 ° C. of the normal body temperature. さらに、管腔61が超音波先端部7を通過していないために、超音波先端部7 Furthermore, in order to lumen 61 does not pass through the ultrasound tip 7, the ultrasonic tip 7
の処置効果領域が増大される。 Treatment effect region of is increased. 【0057】 図11および図13に示されているように、超音波プローブ6の外表面は一つまたはそれ以上の溝または流路60をもつ。 [0057] As shown in FIGS. 11 and 13, the outer surface of the ultrasonic probe 6 has one or more grooves or channels 60. これらの溝または流路は図13では直線状であるが、超音波プローブ6の全長に沿って螺旋状であっても良い。 These grooves or channels are rectilinear in FIG 13, it may be a spiral along the entire length of the ultrasonic probe 6. 溝または流路60は、溝または流路60の近位端でかけられた陰圧力または吸引力の結果として、処置部位から液体や組織断片を吸引するために用いられる。 Grooves or channels 60 as a result of the negative pressure force or suction force applied at the proximal end of the groove or the channel 60, used for suctioning liquids and tissue fragments from the treatment site. 結果として、液体や組織断片は溝または流路60を下に移動して、処置部位から離れ、 As a result, liquid and tissue fragments by moving grooves or channels 60 down, away from the treatment site,
そのことにより液体や断片がその他の組織の超音波処理やキャビテーションの妨げにならないようにする。 Liquid or fragments by their so as not to interfere with ultrasonic treatment or cavitation other tissues. 【0058】 図14は、図11および図13の超音波プローブ6が尿道的に前立腺組織を減量させるために使用可能な手法を示している。 [0058] Figure 14 shows the available techniques for the ultrasound probe 6 of FIG. 11 and FIG. 13 is thereby reduced the urethra to the prostate tissue. 超音波プローブ6は、亀頭G部位の尿道Uの管腔Lを通して挿入することによって尿道Uに挿入される。 Ultrasound probe 6 is inserted into the urethra U by inserting through the lumen L of the urethra U glans G site. 超音波プローブ6は、尿道Uに突出し尿道Uを妨害している前立腺Pに隣接した尿道壁W Ultrasonic probe 6, urethral wall W adjacent to the prostate P is obstructing the urethra U projects into the urethra U
に接するまで尿道U中を押し進める。 It forces the urethra U until it comes into contact with the. 次に、吸引シースまたはカテーテル70は、その遠位端が亀頭Gに位置する尿道Uの管腔Lに接触し、封孔するまで、超音波プローブ6の長軸上に沿って摺動させられる。 Next, aspiration sheath or catheter 70 is in contact with the lumen L of the urethra U that its distal end is located in the glans G, until sealing is caused to slide along on the long axis of the ultrasonic probe 6 . その後潅注液が中央通路62に補給され、陰圧力または吸引力は超音波プローブ6の外側表面と吸引シースまたはカテーテル70の内側表面との間に位置する吸引経路72に課せられる。 Thereafter irrigation fluid is supplied to the central passage 62, negative pressure or suction force is imposed on the suction path 72 which is located between the suction sheath or the inner surface of the catheter 70 and the outer surface of the ultrasonic probe 6. 次に、超音波振動源が稼動され、それが超音波エネルギーを超音波プローブ6に伝送し、結果的に超音波先端部7が超音波振動エネルギーを照射する。 Then, the ultrasonic vibration source is operated, it transmits ultrasonic energy to the ultrasonic probe 6, resulting in ultrasound tip 7 irradiates the ultrasonic vibration energy. 超音波先端部7は、尿道壁Wに押し付けられ、それによりキャビテーションの作用によって尿道壁Wを介して小さな切開または孔を開ける。 Ultrasound tip 7 is pressed against the urethral wall W, thereby opening the small incision or hole through the urethral wall W by the action of cavitation. 超音波先端部7は、尿道壁Wの孔を介してそれが前立腺Pの内部に入るまで押し進められる。 Ultrasound tip 7 is pushed until it through the pores of the urethral wall W enters the interior of the prostate P. 尿道壁Wは超音波プローブ6の周囲で膨張する傾向があり、そのことにより孔が最小の大きさになることを確実にする。 Urethral wall W tend to expand around the ultrasonic probe 6, to ensure that the hole by its minimized size. 図14に示された超音波先端部7の位置は、超音波先端部7 Position of the ultrasonic tip 7 shown in FIG. 14, the ultrasonic tip 7
が尿道壁を介して孔を開けて前立腺に入り込んだ後のものである。 There are those after entering into the prostate a hole through the urethral wall. その時医師は、巧みに操作して超音波先端部7を前立腺Pの中の様々な部位に移動させ、そのことにより、超音波先端部7が前立腺P内の異なった部位に移動するにつれて、 As that time the physician skillfully ultrasonic tip 7 is operated to move to different sites in the prostate P, by its ultrasonic tip 7 is moved to different sites within the prostate P,
超音波先端部7の隣接近傍にある前立腺組織を縮小させる。 Reducing the prostate tissue in the vicinity adjacent the ultrasound tip 7. 組織が縮小されるにつれて、吸引経路72での吸引力または陰圧力が、溝または流路60の部位に吸引力または陰圧力を生み出す。 As tissue is reduced, the suction force or negative pressure in the suction passage 72 produces a suction force or negative pressure at the site of the grooves or channels 60. そのことにより、液体および断片化、減量化された組織を処置部位から、溝または流路60を通って吸引経路72中に、さらに吸引継ぎ手またはルアー13を通って捕集部位あるいは廃棄部位へと吸い出す。 By the liquid and fragmented, from the treatment site Reduction tissue, during suction passage 72 through the grooves or channels 60, and further to a collecting site or disposal site through the suction fitting or luer 13 suck out. 同様に、組織が縮小されるにつれて、潅注液は潅注継ぎ手またはルアー2を介して中央通路62に供給され管腔61に出る。 Similarly, as the tissue is reduced, irrigation fluid exits the been lumen 61 is supplied to the central passage 62 through the irrigation fitting or luer 2. それにより処置部位での温度を調節し、溝または流路60を通過する断片を送る媒体を提供する。 Thereby controlling the temperature at the treatment site, to provide a medium to send the fragments passing through the grooves or channels 60. 【0059】 十分な大きさの空洞化された損傷が生成されたならば、医師は超音波プローブ6を縮小すべき次の部位に移動させてその過程を反復する。 [0059] If large enough hollowing been damaged has been generated, the physician repeats the process is moved to the next site to be reduced ultrasonic probe 6. 本発明の好ましい治療方法では、前立腺Pの大きさによって各側の前立腺葉で二回またはそれ以上の空洞化処置が実施され、そのことにより前立腺Pの大きさを減少させ、尿道閉塞を解消することが期待される。 In a preferred method of treatment of the present invention, twice or more cavitation treatment in the prostate lobe on each side by the size of the prostate P is performed, the reducing prostate size P by, eliminating urethral obstruction It is expected. 超音波エネルギーが超音波先端部7の周囲の小さな部位で非常に限局性のキャビテーションによる損傷をもたらすので、治療された前立腺葉に隣接する尿道壁Wのような他の尿道組織の非常に異なる水分含量および圧縮率は、前立腺嚢C、膀胱B頸部および括約筋が何らかの残留性の障害を受けるのを防ぐ。 Since ultrasonic energy results in damage very localized cavitation in a small region around the ultrasonic tip 7, very different moisture other urethral tissues, such as urethral wall W adjacent to treat prostate lobe content and compressibility prevents prostate capsule C, and the bladder B neck and the sphincter is subjected to some residual disorders. そのことによりあまり限局性でない治療方法に付随する残留性の障害がなくなる。 As it by eliminating residual disorders associated with treatment methods not very localized. 超音波プローブ6を尿道壁Wの孔を介して抜き出す時、尿道壁Wはその孔を塞ぐかまた実質的に塞ぐように膨張するだろう。 When withdrawing the ultrasonic probe 6 via the hole of the urethral wall W, urethral wall W will expand or also to substantially occlude closing the hole. 【0060】 図9および図10は本発明の会陰治療法を示す。 [0060] FIGS. 9 and 10 show the perineum therapeutic methods of the invention. 図9は男性患者の下部の断面図を示す。 Figure 9 shows a sectional view of the lower portion of the male patient. 会陰Nは男性においては陰嚢(睾丸Tを収めるもの)と直腸Rとの間の部位である。 Perineum N is the site between the scrotum (which accommodate the testicles T) and the rectum R in men. 会陰Nは前立腺Pへ接近するための近道である。 Perineum N is a shortcut for accessing the prostate P. 本発明の会陰法では、患者は手術台上で仰臥位に置かれ、局部または全身麻酔薬が投与される。 In the perineal method of the present invention, the patient is placed in a supine position on the operating table, local or general anesthetic is administered.
小さな切開Iが図9に示されるように会陰Nにつくられる。 Small incision I is made in the perineum N as shown in FIG. その後、超音波プローブ6が会陰切開に挿入され、超音波先端部7が作動される。 Thereafter, the ultrasonic probe 6 is inserted into episiotomy, ultrasound tip 7 is activated. 超音波先端部7での超音波エネルギーが前立腺嚢Cを介して孔を開けるのに使われ、そしてその後超音波先端部7を挿入し、前立腺P内を移動させる。 Ultrasonic energy at ultrasound tip 7 is used to open a hole through the prostate capsule C, and then insert the ultrasound tip 7, it is moved through the prostate P. そのことにより超音波先端部7にすぐ隣接した前立腺P内の前立腺組織を縮小させる。 Its possible by reducing the prostatic tissue in the prostate P, and immediately adjacent to the ultrasonic tip 7. 吸引シースまたはカテーテル70の遠位端が切開Iの部位で会陰に対して置かれた状態で、尿道治療法に関して上で論じた方法と同一の方法で吸引と潅注が課せられる。 In a state in which the distal end of the aspiration sheath or catheter 70 is placed against the perineum at the site of the incision I, the suction and irrigation is imposed in the same manner as discussed above with respect to the urethra therapy. 各前立腺葉がこの方法で処置された後に、超音波プローブ6は引き抜かれ、切開Iが既知の外科手法を用いて閉じられる。 After each prostate lobe were treated in this manner, ultrasonic probe 6 is withdrawn, the incision I can be closed using known surgical techniques. 【0061】 図6および図12は本発明の別の実施の形態の超音波治療装置の特徴を示しており、図15はその実施形態が尿道的な前立腺縮小治療で使用された方法を示している。 [0061] FIGS. 6 and FIG. 12 shows the characteristics of another embodiment of an ultrasonic treatment apparatus of the present invention, Figure 15 shows how the embodiment is used in a urethra prostate reduction treatment there. 図6に示されているように、超音波治療装置は超音波先端部7を備えた超音波プローブ6を有する。 As shown in FIG. 6, the ultrasonic therapy device comprises an ultrasonic probe 6 having an ultrasonic tip 7. 超音波プローブ6は柔軟な接合シース70のなかに摺動可能に組み込まれている。 Ultrasound probe 6 is incorporated into slidable Some flexible joint sheath 70. 柔軟な接合シース70は、次に、剛性のシース8 Flexible joint sheath 70 is then rigidity of the sheath 8
0の中に摺動可能に組み込まれている。 It has been incorporated into slidably in the 0. 剛性のシース80は引き込み式筐体90 The sheath 80 of the rigid retractable housing 90
に連結されてこれと同じ動きをする。 It is connected to the same motion as this. 引き込み式筐体90は引き込み式引金94 Retractable housing 90 is retractable trigger 94
に連結され、ハンドル5を支点に回転させられる。 It is connected to and rotated the handle 5 as a fulcrum. 引き込み式筐体90は吸引継ぎ手またはルアー13を含み、それは減圧源に連結されている柔軟な管と接合するように設計されている。 Retractable housing 90 includes a suction fitting or luer 13, which is designed to interface with a flexible tube that is connected to a vacuum source. 以下により詳細に論じられるように、吸引継ぎ手またはルアー13は柔軟な接合シース70の内側に連結されている。 As discussed in more detail below, the suction joint or luer 13 is connected to the inside of the flexible joint sheath 70. 【0062】 接合引金91は引き込み式筐体90上に収められる。 [0062] bonding trigger 91 is housed on the retractable housing 90. 接合引金91は以下により詳細に述べられる接合ワイヤー71に連結される。 Bonding trigger 91 is connected to the connection wire 71 to be described in more detail below. 引金92もまた引き込み式筐体90上に収めることが可能である。 Trigger 92 is possible also be accommodated on the retractable housing 90. 覆い93は引き込み式筐体90およびハンドル5との間の部品を覆う。 Cover 93 covers the part between the retractable housing 90 and the handle 5. 【0063】 図12は図6の超音波装置の近位端の詳細を示している。 [0063] Figure 12 shows a detail of the proximal end of the ultrasound system of FIG. 超音波プローブ6は一つまたはそれ以上の溝または流路60を持ち、これは超音波先端部7の周辺域への吸引を行うのに使われる。 Ultrasonic probe 6 has one or more grooves or channels 60, which is used to carry out the suction of the surrounding area of ​​the ultrasonic tip 7. 一つまたはそれ以上の潅注管腔61は超音波先端部7の周辺域へ潅注液を供給することが可能である。 One or more irrigation lumen 61 is capable of supplying irrigation fluid to the peripheral zone of the ultrasonic tip 7. 超音波プローブ6は、その小さな断面の輪郭およびそれが構成される物質のため、曲げたり接合したりできるようにある程度柔軟である。 Ultrasonic probe 6, because of its small cross-sectional profile and which are configured substances, some flexibility to allow or bend junction. 超音波プローブ6は軸方向の動きのために、比較的柔軟で弾性のある素材で作られている接合シース70内に嵌められる。 For the ultrasonic probe 6 is an axial movement, a relatively flexible and resilient fitted to the joint sheath 70 within which are made of material. 超音波プローブ6と接合シース70との間の空間72は、溝または流路60と共に吸引経路を形成する。 Space 72 between the junction sheath 70 and the ultrasonic probe 6 forms a suction channel with grooves or channels 60. 接合シース70は、接合シャフト70の円周の一つまたはそれ以上の部位で、一つまたはそれ以上の埋め込み接合ワイヤー71を含むことができ、その遠位端は接合シース70に取り付けられている。 Bonding the sheath 70 is one or more sites of the circumference of the joint shaft 70 can include one or more embedded connection wire 71, the distal end is attached to the joint sheath 70 . 接合ワイヤー71の近位端は接合引金91に取り付けられている。 The proximal end of the connection wire 71 is attached to the joint trigger 91. 接合シース70は軸方向の動きのために剛性のシース80に収容される。 Bonding the sheath 70 is accommodated for axial movement to the rigid sheath 80. 剛性のシース80は比較的剛性の素材から作られる。 The sheath 80 stiffness is made from a relatively rigid material. 【0064】 剛性のシース80が接合シース70の遠位端から離れて後ろに摺動し、接合ワイヤー71が軸上で接合引金91により内側に引っ張られる時、接合シースは曲がり方向または接合方向Aに曲がるか関節様に動くであろう。 [0064] The sheath 80 of the rigid slides back away from the distal end of the joint sheath 70, when the bonding wire 71 is pulled inwardly by joining trigger 91 on the axis, joining the sheath bend direction or joining directions It will move to or joint-like bends in a. このため、超音波プローブ6および超音波先端部7は接合方向Aに曲がるか関節様に動くであろう。 Therefore, the ultrasonic probe 6 and the ultrasonic tip 7 will move or joint-like bends in the joining direction A. このようにして超音波は、超音波プローブ6が挿入される管腔または導管と軸的に揃っていない部位に届くように使われることが可能である。 In this way, the ultrasound may be ultrasonic probe 6 is used to reach the sites not aligned lumen or conduit to axially to be inserted. 【0065】 図15は図6および図12に示された実施の形態が前立腺組織を縮小するために用いられる手法を示している。 [0065] Figure 15 shows a technique used to the embodiment shown in FIGS. 6 and 12 to reduce the prostate tissue. 最初の段階では、剛性のシース80、接合シース70、および超音波プローブ6は全て、各々の遠位端がお互いにほぼ隣接するように、いっぱいに伸びた位置にある。 In the first step, the sheath 80 of the rigid, all joint sheath 70, and the ultrasonic probe 6, as the distal end of each substantially adjacent to each other, is filled in extended position. 次に剛性のシース80、接合シース70 Then the stiffness of the sheath 80, the junction sheath 70
、および超音波プローブ6を全て、超音波先端部7が前立腺Pの肥大した前立腺葉に隣接した尿道壁Wの部位に入るまで、患者の尿道U中を前進させる。 , And all the ultrasonic probe 6 until ultrasound tip 7 enters the region of the urethral wall W adjacent to enlarged prostate lobe of the prostate P, is advanced through the urethra U of the patient. 次に、 next,
引き込み式引金94を動かして剛性のシース80を尿道Uから尿道Uの管腔Lの外側の位置へ引き出す(図15に示されているように)。 Moving the retractable trigger 94 pulled out of the sheath 80 stiffness to the position outside the lumen L of the urethra U from the urethra U (as shown in Figure 15). 接合シース70の遠位端はその後、接合引金91が接合ワイヤー71の近位端を軸上で内側に引っ張るように接合引金91を作動させることにより方向Aに曲げられ調節される。 The distal end of the joint sheath 70 is then bonded trigger 91 is adjusted bent in the direction A by actuating the joint trigger 91 to pull inwardly on the axis a proximal end of the connection wire 71. 接合シース70のこの曲がりまたは関節様動きは、続いて超音波プローブ6の遠位端を曲げたり関節様動きをしたりするように働く。 The bending or articulation-like motion of the joint sheath 70 is subsequently serve as or joint-like motion bend the distal end of the ultrasonic probe 6. その後、超音波プローブ6を、 Then, the ultrasonic probe 6,
それが超音波的に尿道壁Wを経て前立腺Pに開孔することが出来るように、軸上、外向きに前進させ(図15に示されているように)、そこで超音波的に前立腺を縮小するために使用することが可能である。 So that it can be opened in the prostate P via the ultrasonically urethral wall W, on-axis (as shown in FIG. 15) is advanced outwardly, where the ultrasonically prostate It can be used to reduce. 【0066】 本発明の好ましい実施形態においては、従来の技術の超音波装置の場合のように最大振動運動がプローブの先端に限定されることはない。 [0066] In a preferred embodiment of the present invention is not to maximum vibration movement as in the ultrasonic apparatus of the prior art are limited to the tip of the probe. むしろ、本発明のプローブは、プローブの先端に加えてプローブの軸長に沿って間隔のあいた多数のいわゆる波腹(すなわち、最大振動の起こるプローブに沿った点)を与えるように設計されている。 Rather, the probe of the present invention is designed to provide a large number of so-called antinode of spaced along the axial length of the probe in addition to the tip of the probe (i.e., points along the probe of occurrence of maximum vibration) . この設計は、組織の除去がプローブの先端と接触する組織部位に限定されないために、本発明の方法に最適である。 This design, in order to remove the tissue is not limited to a tissue site that is in contact with the tip of the probe is optimal for the method of the present invention. むしろ、プローブが、好ましくは上記したような風防法により組織中で掃引されるにつれて、組織はプローブの全長に沿ってある多数の波腹に近接したすべての領域で除去される。 Rather, the probe is preferably as it is swept by the tissues by windshield method as described above, the tissue is removed in all areas close to the number of antinodes that is along the length of the probe. このようにして、本発明の装置は、組織の除去が本発明の方法に一致してもっとも効果的に実施されることを可能にするので従来の技術の方法と比較して実際の治療時間が著しく減じられる。 Thus, the apparatus of the present invention, the removal of tissue the actual treatment time as compared with prior art methods because it allows the most effective implementation consistent with the method of the present invention significantly reduced. 【0067】 さらには、本発明の装置における超音波プローブの振動モードは、従来の技術のありふれた振動の軸モードとは異なる。 [0067] Further, the vibration mode of the ultrasonic probe in the apparatus of the present invention is different from the axial mode of common vibration in the prior art. 本発明の装置におけるプローブは、軸方向にだけ振動するよりもむしろ軸方向を横断する方向に振動する。 Probe in the apparatus of the present invention vibrates in a direction transverse to the axial direction, rather than oscillate in the axial direction by. 振動のこの横モードのために、本発明のプローブは、プローブが組織と実際に接触する点だけでなく、通常、プローブの半径周囲1.0から1.5mmの区域で組織を除去する。 For the lateral modes of vibration, the probe of the present invention is not only that the probe actually contacts the tissue, typically removing tissue in the region of 1.5mm from a radius around 1.0 probe. 従って、本発明で使用されたプローブの横モード振動は、組織が除去されるプローブ周りの有効区域を広げることにより本発明の方法の効率にも寄与している。 Thus, transverse mode vibrations of the probe used in the present invention is also to contribute to the efficiency of the method of the present invention by increasing the effective area around probe the tissue is removed. 【0068】 一般に、プローブの軸長に沿って起こる波腹の数を増やすためにはプローブに与えられる振動周波数が増加されるべきである。 [0068] Generally, in order to increase the number of anti-nodes occurring along the axial length of the probe should oscillation frequency given to the probe is increased. 周波数は、しかしながら、決定的ではなく、20kHzでの発振器の運転は一般にプローブの軸長に沿った波腹の有効数を与えるために十分である。 Frequency, however, not critical, the operation of the oscillator at 20kHz is sufficient to provide generally an effective number of antinode along the axial length of the probe. 加えて、当業者に認識されるように、所望の間隔で波腹を配置するためには、直径、長さ、超音波エネルギー源への結合位置を含むプローブの寸法を調節することが可能である。 In addition, as will be recognized by those skilled in the art, to place the antinode at desired intervals, can adjust the size of the probe, including the diameter, length, point of attachment to the ultrasonic energy source is there. 本願出願人の共に審査中の特許出願出願である通し番号第60/178,901号は横モードで作動する超音波プローブの設計パラメータをさらに記載しており、ここに参照することで組み込むものとする。 Are both patent application in examination of the applicant serial No. 60 / 178,901 is further described design parameters of the ultrasonic probe operating in a transverse mode, which is incorporated by reference herein . 【0069】 図16および図17は現発明で使われるもう一つ別の超音波先端部を示している。 [0069] Figures 16 and 17 show another alternative ultrasound tip used in the present invention. 先端100は一般に遠位端101と近位端102を有した円筒状である。 Tip 100 is generally cylindrical having a distal end 101 to proximal end 102. 先端部の遠位端の近くに遠位端104と近位端105を有した陥凹部分103がある。 Near the distal end of the tip portion there is a recessed portion 103 having a distal end 104 and proximal end 105. 陥凹部分103は平らな表面106を有する遠位端104の所で閉ざされている。 Recessed portion 103 is closed at the distal end 104 having a flat surface 106. その平担面は超音波先端の長軸シャフトに対し90°の角度で位置付けされている。 Its flat 担面 are positioned at an angle of 90 ° to the long axis shaft of the ultrasonic tip. 先端の近位端102は超音波の振動源(図示せず)に連結されるようになっている。 The proximal end 102 of the tip is adapted to be connected to the ultrasonic vibration source (not shown). プローブは何らかの適切なチタン合金で作られる。 Probe is made of any suitable titanium alloy. 超音波を適用すると、その振動は平坦面に伝送される。 Applying ultrasound, the vibration is transmitted to the flat surface. その時、平坦面の全領域が切除表面として作用する。 Then, the entire area of ​​the flat surface acts as a cut surface. 超音波プローブの操作者は、この時、標準的な電気焼灼器に似ているが熱作用の無い切除用のプローブを使用することが可能である。 The operator of the ultrasonic probe, this time is similar to a standard electrocautery it is possible to use the probe for ablation without thermal effect. 【0070】 このように、超音波治療装置の独特の設計および概念ならびにその利用方法が示されかつ記述されている。 [0070] Thus, there is a unique design and concept and usage thereof are shown and described in the ultrasonic therapy device. 本記述は特定の実施形態に向けられている一方、当業者が、ここに示されかつ記述された特定の実施形態への変更および/または変形を思いつくことができるのは当然である。 While this description is being directed to the specific embodiments, those skilled in the art, is a matter of course it is possible to conceive of changes and / or variations to the specific embodiments and described shown here. この記述の範囲に含まれるそのような変更または変形はいかなるものであっても本発明の部分に含まれるように企図されている。 Such modifications or variations which fall within the scope of this description are intended to be included in part of the present invention be any one. ここでの記述は単に例証的であるように企図されており、限定的であるようには企図されていない。 Description herein are intended merely to be illustrative and are not contemplated to be limiting. ここで記述された本発明の範囲は特許請求の範囲によってのみ限定される。 Here the scope of the invention described is limited only by the appended claims. 【図面の簡単な説明】 【図1】 図1は本発明の超音波治療装置のハンドルの側立面図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1 is a side elevational view of the handle of the ultrasonic treatment apparatus of the present invention. 【図2】 図2は本発明の超音波治療装置の第一の実施の形態の斜視図である。 Figure 2 is a perspective view of a first embodiment of the ultrasonic treatment apparatus of the present invention. 【図3】 図3は図2の実施の形態の側立面図である。 Figure 3 is a side elevational view of the embodiment of FIG. 2. 【図4】 図4は本発明の超音波先端部の一つの実施の形態の斜視図である。 Figure 4 is a perspective view of one embodiment of the ultrasonic tip of the present invention. 【図5】 図5は本発明の超音波先端部の第二の実施の形態の斜視図である。 Figure 5 is a perspective view of a second embodiment of the ultrasonic tip of the present invention. 【図6】 図6は本発明の超音波治療装置の第二の実施の形態の側立面図である。 Figure 6 is a side elevational view of a second embodiment of the ultrasonic treatment apparatus of the present invention. 【図7】 図7はBPHを患っていない患者の尿路の断面図である。 Figure 7 is a cross-sectional view of the urinary tract of a patient not suffering from BPH. 【図8】 図8はBPHを患っている患者の尿路の断面図である。 Figure 8 is a cross-sectional view of the urinary tract in patients suffering from BPH. 【図9】 図9は本発明の外科的手法の第一段階を示す患者の胴体下部の断面図である。 Figure 9 is a cross-sectional view of the lower torso of a patient showing the first stage of the surgical procedure of the present invention. 【図10】 図10は本発明の外科的手法の第二段階を示す患者の胴体下部の断面図である。 Figure 10 is a cross-sectional view of the lower torso of a patient showing the second stage of the surgical procedure of the present invention. 【図11】 図11は本発明の超音波プローブの一つの実施の形態を介した径方向の断面図である。 Figure 11 is a radial cross-sectional view through one embodiment of the ultrasonic probe of the present invention. 【図12】 図12は本発明の超音波治療装置の一つの実施の形態の部分的な斜視図である。 Figure 12 is a partial perspective view of one embodiment of the ultrasonic treatment apparatus of the present invention. 【図13】 図13は本発明の超音波治療プローブの一つの実施の形態の軸方向の断面図である。 Figure 13 is an axial sectional view of one embodiment of the ultrasonic therapy probe of the present invention. 【図14】 図14は本発明の一つの実施形態を用いたBPHを治療中の患者の尿道の断面図である。 Figure 14 is a cross-sectional view of one of the patient's urethra in treating BPH using an embodiment of the present invention. 【図15】 図15は本発明の別の実施形態を用いたBPHを治療中の患者の尿道の断面図である。 Figure 15 is a cross-sectional view of the urethra of the patient during treatment BPH with another embodiment of the present invention. 【図16】 図16は直角の超音波先端部の平面図である。 Figure 16 is a plan view of the right angle of the ultrasonic tip. 【図17】 図17は直角の超音波先端部の斜視図である。 Figure 17 is a perspective view of the right angle of the ultrasonic tip.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61B 1/307 1/31 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,MZ,SD,SL,SZ,TZ,UG ,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD, RU,TJ,TM),AE,AG,AL,AM,AT, AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,BZ,C A,CH,CN,CR,CU,CZ,DE ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) A61B 1/307 1/31 (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES , FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE , SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E, LS, MW, MZ, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZW), EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, BZ, C A, CH, CN, CR, CU, CZ, DE DK,DM ,DZ,EE,ES,FI,GB,GD,GE,GH, GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,JP,K E,KG,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS ,LT,LU,LV,MA,MD,MG,MK,MN, MW,MX,MZ,NO,NZ,PL,PT,RO,R U,SD,SE,SG,SI,SK,SL,TJ,TM ,TR,TT,TZ,UA,UG,UZ,VN,YU, ZA,ZW (72)発明者 ヘア、 ブラッド エイ. DK, DM, DZ, EE, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, K E, KG, KP, KR, KZ, LC, LK , LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NO, NZ, PL, PT, RO, R U, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, TZ, UA, UG, UZ, VN, YU, ZA, ZW (72) inventor hair, Brad rays. アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 01824 チェルムスフォード ワーサン ストリート エイ−230 (72)発明者 フィッシャー、 デイヴィッド エム. United States Massachusetts 01824 Chelmsford Wasan Street Rays -230 (72) inventor Fisher, David M.. アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 02451 ウォルサム キャンドルウッド ドライブ 126 (72)発明者 レヴィン、 アンディ アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 02159 ニュートン センター ダニエル ドライブ 16 (72)発明者 ミード、 ジョン アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 01756 マンダン ミルヴィル ストリー ト 85 Fターム(参考) 4C060 GG19 GG38 JJ11 JJ12 JJ13 JJ15 JJ17 JJ23 JJ25 4C061 AA15 CC04 HH56 4C301 EE12 EE19 FF07 FF21 FF25 KK02 KK22 United States Massachusetts 02451 Waltham Candlewood Drive 126 (72) inventor Levin, Andy United States, MA 02159 Newton Center Daniel drive 16 (72) inventor Mead, John United States of America Massachusetts 01756 Mandan Millville stream door 85 F-term (reference) 4C060 GG19 GG38 JJ11 JJ12 JJ13 JJ15 JJ17 JJ23 JJ25 4C061 AA15 CC04 HH56 4C301 EE12 EE19 FF07 FF21 FF25 KK02 KK22

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 ヒト男性の良性前立腺肥大の治療方法において、 長軸の尿道、遠位端および近位端に柔軟な超音波プローブを挿入するステップと、 肥大した前立腺葉に隣接する部位へ前記超音波プローブを伸ばすステップと、 前記超音波プローブの近位端に超音波振動を供給し、前記超音波振動が、前記超音波プローブの全長に沿って複数の波節および波腹を生成するようにするステップと、 前記超音波プローブを用いて尿道壁組織を通り抜けて超音波的に穿孔するステップと、 ヒト男性の前立腺の内部へ前記超音波プローブを挿入するステップと、 前記肥大した前立腺葉の前立腺組織においてキャビテーションを起こすことによって、前記肥大した前立腺葉の組織を縮小させるステップと、 を有することを特徴とす In the treatment method for benign prostatic hyperplasia [Claims 1. A human male, and inserting a flexible ultrasonic probe into the urethra of the long axis, a distal end and a proximal end, enlarged prostate leaves a step of stretching the ultrasonic probe to the site adjacent to the supplying ultrasonic vibrations to the proximal end of the ultrasonic probe, the ultrasonic vibrations, a plurality of nodal along the entire length of the ultrasonic probe and a step so as to generate an antinode, a step of drilling ultrasonically passes through the urethral wall tissue using the ultrasonic probe, and inserting the ultrasound probe into the interior of the prostate of a human male, by causing cavitation in the enlarged prostate lobe of the prostate tissue, to characterized in that it has the steps of: reducing the the enlarged prostate leaf tissue 治療方法。 Treatment methods. 【請求項2】 前記組織を縮小させるステップは、前記超音波プローブを前立腺に偏向させることにより行われる一方実質的に尿道を無傷のままにしておくことを特徴とする請求項1記載の治療方法。 Wherein the step of reducing the said organization, method of treatment according to claim 1, characterized in that said keep one substantially urethral performed by deflecting the ultrasonic probe in the prostate intact . 【請求項3】 更に、治療時に組織を除去するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 3. Furthermore, the treatment method according to claim 1, characterized by the step of removing the tissue during treatment. 【請求項4】 前記超音波プローブは、前記肥大した前立腺葉に直接接触することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 Wherein said ultrasonic probe, the treatment method according to claim 1, wherein the direct contact with the prostate lobe described above hypertrophy. 【請求項5】 治療時に前記キャビテーションにより破壊された組織を除去するための吸引を適用するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 5. A therapeutic method according to claim 1, wherein by the step of applying suction to remove destroyed by the cavitation during the treatment tissue. 【請求項6】 超音波を用いて前記超音波プローブの位置を監視するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 6. A therapeutic method of claim 1, wherein by the step of monitoring the position of the ultrasonic probe with an ultrasonic. 【請求項7】 前記超音波プローブの前記位置を監視するために用いる前記超音波は、前記ヒト男性の直腸に挿入される一つの超音波プローブにより供給されることを特徴とする請求項6記載の治療方法。 The ultrasonic wave 7. used to monitor the position of the ultrasonic probe, according to claim 6, characterized in that it is supplied by one ultrasonic probe that is inserted into the rectum of the human male methods of treatment. 【請求項8】 組織破壊の処置が熱作用なしに行われることを特徴とする請求項1記載の治療方法。 8. A therapeutic method according to claim 1, wherein the treatment of tissue destruction is carried out without the action of heat. 【請求項9】 前記尿道を破壊すること無く前立腺組織を除去するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 9. A therapeutic method according to claim 1, wherein further comprising the step of removing without prostate tissue destroying the urethra. 【請求項10】 前記超音波プローブの温度を監視するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 10. The method of treatment according to claim 1, characterized by the step of monitoring the temperature of the ultrasonic probe. 【請求項11】 前記超音波振動の周波数および振幅を監視し、ひとたび設定された周波数および振幅値が過剰になると、自動的に前記超音波振動の配送を終束させるステップを含むことを特徴とする請求項1記載の治療方法。 11. monitoring the frequency and amplitude of the ultrasonic vibration, once set frequency and amplitude value becomes excessive, and characterized in that it comprises the step of Tsuitaba automatically the delivery of the ultrasonic vibration treatment process according to claim 1 wherein the. 【請求項12】 前記プローブにおけるエコーにより生じた運動を監視することにより除去された組織の量を監視するとともに、前記プローブにより生成された空隙を監視するステップを有することを特徴とする請求項1記載の治療方法。 12. monitors the amount of tissue removed by monitoring the movement caused by echoes in the probe, according to claim 1, characterized in that it comprises the step of monitoring the air gap generated by the probe treatment methods described. 【請求項13】 前記超音波振動の前記周波数は、20kHzから80kH Wherein the frequency of wherein said ultrasonic vibrations, 80KH from 20kHz
    zの範囲にあることを特徴とする請求項1記載の治療方法。 Treatment process according to claim 1, wherein a is in the range of z. 【請求項14】 前記超音波振動の前記振幅は、150ミクロンから250 14. The method of claim 13, wherein said amplitude of the ultrasonic vibrations, 250 to 150 microns
    ミクロンの範囲にあることを特徴とする請求項1記載の治療方法。 Treatment process according to claim 1, wherein a is in the range of microns. 【請求項15】 前記超音波プローブは、前記超音波プローブの長軸を横切る方向に振動し、前記超音波プローブの前記遠位端は、前記プローブの長軸に沿って実質的に動かないことを特徴とする請求項1記載の治療方法。 15. The ultrasound probe, said vibrates in a direction transverse to the longitudinal axis of the ultrasonic probe, wherein the distal end of the ultrasonic probe, it does not move substantially along the longitudinal axis of the probe treatment process according to claim 1, wherein. 【請求項16】 前記柔軟なプローブは、キャビテーションを起こす能力に影響を及ぼすこと無く、操作中に屈曲、偏向が可能であることを特徴とする請求項1記載の治療方法。 16. The flexible probe, without affecting the ability to undergo cavitation, bending during the operation, the treatment method according to claim 1, wherein the deflection is possible. 【請求項17】 超音波治療装置において、 超音波先端部を有する超音波プローブと、 前記超音波プローブを包囲する吸引シースと、 を有し、 前記吸引シースは、遠位端に吸引口を形成し、前記超音波プローブと相対的に軸方向に移動可能であること を特徴とする超音波治療装置。 17. The ultrasonic therapy device includes an ultrasonic probe having an ultrasonic tip, a suction sheath surrounding said ultrasonic probe, wherein the suction sheath, forms a suction port at the distal end and, wherein the ultrasonic therapeutic apparatus which is a movable axially relative to the ultrasonic probe. 【請求項18】 前記超音波プローブは、前記超音波プローブの外表面に少なくとも一つの流路と、前記超音波プローブの近位端から前記超音波プローブの超音波先端部に隣接する位置に伸びる少なくとも一つの流路と、を有することを特徴とする請求項17記載の超音波治療装置。 18. The ultrasound probe extends at least with one flow path, the position adjacent to the ultrasound tip of the ultrasonic probe from the proximal end of the ultrasonic probe on the outer surface of the ultrasound probe ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 17, wherein the having the at least one flow channel. 【請求項19】 前記吸引口は、少なくとも一つの前記流路に通じていることを特徴とする請求項18記載の超音波治療装置。 19. The suction port, at least one ultrasonic treatment apparatus according to claim 18, wherein the leads to the flow path. 【請求項20】 前記超音波プローブは、複数の流路を含むことを特徴とする請求項18記載の超音波治療装置。 20. The ultrasonic probe, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 18, wherein it contains a plurality of flow channels. 【請求項21】 少なくとも一つの前記流路は、前記超音波プローブの外周表面を螺旋状に巻いていることを特徴とする請求項18記載の超音波治療装置。 21. At least one of the flow path, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 18, wherein that the wound periphery surface of the ultrasonic probe in a spiral shape. 【請求項22】 前記超音波プローブは、潅注通路を含むことを特徴とする請求項17記載の超音波治療装置。 22. The ultrasonic probe, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 17, characterized in that it comprises an irrigation channel. 【請求項23】 前記潅注通路は、前記超音波プローブの中央に位置していることを特徴とする請求項22記載の超音波治療装置。 23. The irrigation passage, ultrasonic treatment apparatus according to claim 22, characterized in that located in the center of the ultrasonic probe. 【請求項24】 前記潅注通路は、前記超音波プローブの一側面に少なくとも一つの管腔を含むことを特徴とする請求項22記載の超音波治療装置。 24. The irrigation passage, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 22, wherein the at least one lumen on one side of the ultrasonic probe. 【請求項25】 記吸引シースに取り付けられている柔軟な光ファイバー観察装置を有することを特徴とする請求項17記載の超音波治療装置。 25. Symbol ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 17, characterized by a flexible fiber optic viewing device attached to the suction sheath. 【請求項26】 前記吸引シースは、柔軟で弾性のある素材からなり、前記吸引シースは、制御可能に関節様動きができるように接合ワイヤーを有することを特徴とする請求項17記載の超音波治療装置。 26. The suction sheath is made of flexible, resilient material, the suction sheath, ultrasound of claim 17, characterized in that it comprises controllably bonding wire to allow the joint-like motion therapy device. 【請求項27】 前記吸引シースは、制御可能に関節様動きがなされると、 27. The suction sheath, the joint-like movement is made controllably,
    前記プローブは、偏向されることを特徴とする請求項26記載の超音波治療装置。 The probe is an ultrasonic treatment apparatus according to claim 26, wherein the deflected. 【請求項28】 前記吸引口は、前記吸引シースの一側面に位置する側溝であることを特徴とする請求項17記載の超音波治療装置。 28. The suction port, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 17, characterized in that the groove located on one side of the suction sheath. 【請求項29】 ヒト男性の前立腺の治療方法であって、 前記ヒト男性の会陰を介して医療装置を挿入するステップと、 前記医療装置の少なくとも一部分を前記ヒト男性の前立腺に前進させるステップと、 前記医療装置を用いて前記ヒト男性の前記前立腺を治療するステップと、 を有し、 前記ヒト男性の前記前立腺を超音波を用いて治療すること を特徴とする治療方法。 29. A method of treating a prostate of a human male, and inserting a medical device through the perineum of the human male, advancing at least a portion of the medical device to the prostate of the male humans has the steps of treating the prostate of the male humans using the medical device, methods of treatment of the prostate of the human male is characterized in that the treatment with ultrasound. 【請求項30】 前記医療装置の少なくとも一部分を、前記ヒト男性の前記前立腺の前立腺嚢を介して挿入するステップ有することを特徴とする請求項29 30. The method of claim 29, characterized in that it comprises the step at least a portion of said medical device is inserted through the prostate capsule of the prostate of the male humans
    記載の治療方法。 Treatment methods described. 【請求項31】 前記ヒト男性の前記前立腺は、前立腺組織を縮小するために治療されることを特徴とする請求項30記載の治療方法。 The prostate 31. wherein the human male, the treatment method according to claim 30, wherein the treated to reduce the prostate tissue. 【請求項32】 前記前立腺嚢を介して前記治療装置の少なくとも一部を挿入する前に、前記前立腺嚢に超音波的に穿孔するステップを有することを特徴とする請求項30記載の治療方法。 To 32. Before inserting at least a portion of the therapeutic device via the prostate capsule, the treatment method of claim 30, characterized in that it comprises a step of drilling ultrasonically to the prostate capsule. 【請求項33】 前記ヒト男性の前記会陰を介して前記治療装置を抜き取るステップを有することを特徴とする請求項29記載の治療方法。 33. A therapeutic method of claim 29, characterized in that it comprises a step of withdrawing the treatment device through the perineal of the human male. 【請求項34】 ヒト男性の良性前立腺肥大の治療方法において、 超音波プローブを提供するステップと、 前記ヒト男性の肥大した前立腺葉の内部に前記超音波プローブを挿入するステップと、 前記肥大した前立腺葉の前立腺組織にキャビテーションを起こすことにより、 In 34. method of treating benign prostatic hypertrophy male humans, comprising the steps of providing an ultrasonic probe, and inserting the ultrasound probe inside the enlarged prostate lobe of the human male, the enlarged prostate by causing cavitation in the lobe of the prostate tissue,
    前記肥大した前立腺葉の組織を縮小させるステップと、 を有することを特徴とする治療方法。 Methods of treatment, comprising the steps of: reducing the tissue of the prostate lobe described above hypertrophy. 【請求項35】 前記ヒト男性の尿道に前記超音波プローブを挿入するステップと、 前記前立腺葉に前記超音波プローブの先端部を挿入する前に、前記超音波先端部を用いて、前記肥大した前立腺葉に隣接する尿道壁組織を通して、超音波的に穿孔するステップと、 を有することを特徴とする請求項34記載の治療方法。 35. and inserting the ultrasonic probe in the urethra of the human male, prior to inserting the distal end of the ultrasonic probe in the prostate lobe using the ultrasound tip and said enlarged through the urethra wall tissue adjacent the prostate lobe, a method of treatment of claim 34, characterized in that it comprises the steps of drilling ultrasonically, a. 【請求項36】 キャビテーションにより破壊された組織を吸引するステップを有することを特徴とする請求項34記載の治療方法。 36. The therapeutic method of claim 34, characterized in that it comprises a step of sucking the destroyed tissue by cavitation. 【請求項37】 前記ヒト男性の会陰を介して前記超音波プローブを挿入するステップと、 前記前立腺葉に前記超音波先端部を挿入する前に、前記超音波プローブを用いて前記前立腺嚢を通して超音波的に穿孔するステップと、 を有することを特徴とする請求項34記載の治療方法。 And inserting the ultrasound probe 37. through perineum of the human male, prior to insertion of the ultrasonic tip to the prostate lobe, through the prostate capsule with the ultrasonic probe treatment method according to claim 34, wherein further comprising the steps of: drilling ultrasonically. 【請求項38】 前記尿道を横切って、前記ヒト男性に前記超音波プローブを挿入するステップと、 前記前立腺葉の前記内部に前記超音波先端部を挿入する前に、前記超音波先端部を用いて、前記前立腺の膜を通して超音波的に穿孔するステップと、 を有することを特徴とする請求項34記載の治療方法。 38. across the urethra, said inserting the ultrasound probe, prior to inserting the ultrasound tip to the interior of the prostate lobe using the ultrasonic tip to the human male Te method of treatment according to claim 34, wherein the and a step of ultrasonically drilled through the membrane of the prostate. 【請求項39】 前記超音波プローブの前記周波数は、20kHzから80 Wherein the frequency of 39. The ultrasonic probe 80 from 20kHz
    kHzの範囲にあることを特徴とする請求項34記載の治療方法。 Treatment method according to claim 34, wherein a is in the range of kHz. 【請求項40】 前記超音波プローブに供給されたエネルギーの前記振幅は、150ミクロンから250ミクロンの範囲にあることを特徴とする請求項39 The amplitude of claim 40, wherein said supplied to the ultrasonic probe energy claim, characterized in that in the range of 150 microns to 250 microns 39
    記載の治療方法。 Treatment methods described. 【請求項41】 前記超音波プローブが前記プローブの長軸を横切る方向に振動することを特徴とする請求項34記載の治療方法。 41. Treatment method according to claim 34, wherein said ultrasonic probe is vibrated in a direction transverse to the longitudinal axis of the probe. 【請求項42】 ヒト男性の良性前立腺肥大の治療方法において、 前記ヒト男性の肥大した前立腺葉に医療装置を挿入するステップと、 前記肥大した前立腺葉の組織を縮小させる一方、縮小した組織の温度を正常な体温±7℃以内に維持するステップと、 を有し、 前記組織は、止血的に除去されること を特徴とする治療方法。 11. 42. A method of treating benign prostatic hyperplasia human male, and inserting the medical device into enlarged prostate lobe of the human male, while reducing the the enlarged prostate leaf tissue, the reduced tissue temperature the anda step of maintaining within the normal body temperature ± 7 ° C., the tissue treatment method characterized in that the hemostasis removed. 【請求項43】 前記組織の縮小は、超音波を用いて行われることを特徴とする請求項42記載の治療方法。 43. The reduction of the tissue, the treatment method of claim 42, characterized in that it is carried out using ultrasound. 【請求項44】 前記超音波は、前記組織をキャビテーションにより縮小することを特徴とする請求項43記載の治療方法。 44. The ultrasound treatment method according to claim 43, wherein reducing the cavitation the tissue. 【請求項45】 前記ヒト男性の尿道に前記医療装置を挿入するステップと、 前記前立腺葉の内部に前記医療装置を挿入する前に、前記肥大した前立腺葉に隣接する尿道壁組織を通して前記医療装置を挿入するステップと、 を有することを特徴とする請求項44記載の治療方法。 A step 45. inserting the medical device into the urethra of the human male, prior to insertion of the medical device inside the prostate lobe, the medical device through the urethra wall tissue adjacent the prostate lobe described above hypertrophy treatment method according to claim 44, wherein further comprising the steps of: inserting a. 【請求項46】 前記ヒト男性の会陰を介して前記医療装置を挿入するステップと、 前記前立腺葉の内部に前記医療装置を挿入する前に、前立腺嚢を通して前記医療装置を挿入するステップと、 を有することを特徴とする請求項42記載の治療方法。 And inserting the medical device 46. Via the perineum of the human male, prior to insertion of the medical device inside the prostate lobe, and inserting the medical device through the prostate capsule, treatment method according to claim 42, wherein the having. 【請求項47】 前記尿道を横切って前記ヒト男性に前記医療装置を挿入するステップと、 前記前立腺葉の内部に前記医療装置を挿入する前に、前立腺嚢を通して前記医療装置を挿入するステップと、 を有することを特徴とする請求項42に記載の治療方法。 A step 47. across the urethra to insert the medical device into the human male, prior to insertion of the medical device inside the prostate lobe, and inserting the medical device through the prostate capsule, treatment method according to claim 42, characterized in that it comprises a. 【請求項48】 前記医療装置を抜き取るステップと、 前記装置により生成された空洞に前記空洞をふさぐために接着剤を詰めるステップと、 を有することを特徴とする請求項42に記載の治療方法。 48. The therapeutic method according to claim 42, characterized in that it comprises the steps of withdrawing the medical device, and a step for reducing the adhesive to seal the cavity in the cavity generated by the device. 【請求項49】 超音波治療装置において、 超音波先端部を有する超音波プローブを有し、 前記超音波プローブは、前記超音波プローブの外表面上に少なくとも一つの流路を有し、前記少なくとも一つの流路は、前記超音波プローブの近位端から前記超音波先端部に隣接する位置まで伸びていること ことを特徴とする超音波治療装置。 49. An ultrasonic treatment apparatus includes an ultrasonic probe having an ultrasonic tip, the ultrasonic probe has at least one flow path on the outer surface of the ultrasonic probe, wherein the at least one flow path, the ultrasonic treatment apparatus, characterized in that it extends from the proximal end of the ultrasonic probe to a position adjacent to the ultrasonic tip. 【請求項50】 前記超音波プローブは、複数の流路を含むことを特徴とする請求項49記載の超音波治療装置。 50. The ultrasonic probe, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 49, wherein it contains a plurality of flow channels. 【請求項51】 少なくとも一つの前記流路は、前記超音波プローブの外周表面を螺旋状に巻いていることを特徴とする請求項49記載の超音波治療装置。 51. At least one of the flow path, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 49, wherein that the wound periphery surface of the ultrasonic probe in a spiral shape. 【請求項52】 前記超音波プローブを囲む吸引シースを有し、 前記吸引シースは、遠位端に吸引口を形成し、前記吸引口は、少なくとも一つの流路に通じている ことを特徴とする請求項49記載の超音波治療装置。 52. has a suction sheath surrounding the ultrasound probe, the suction sheath forms a suction port at the distal end, the suction port, and characterized in that through at least one flow channel ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 49 wherein the. 【請求項53】 前記吸引シースは、前記超音波プローブに対して軸方向に移動可能であることを特徴とする請求項52記載の超音波治療装置。 53. The suction sheath, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 52, wherein it is axially movable relative to the ultrasonic probe. 【請求項54】 前記吸引シースは、柔軟で、弾性のある素材で形成され、 54. The suction sheath, flexible, formed by an elastic material,
    制御可能に関節様動きができるように、接合ワイヤーを含むことを特徴とする請求項52記載の超音波治療装置。 Controllably to allow articulation-like motion, ultrasonic therapy device of claim 52, characterized in that it comprises a bonding wire. 【請求項55】 前記吸引シースは、前記超音波プローブを曲げるために用いられることが可能であることを特徴とする請求項54記載の超音波治療装置。 55. The suction sheath, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 54, wherein it is possible to be used to bend the ultrasonic probe. 【請求項56】 前記超音波プローブは、潅注通路を有することを特徴とする請求項51記載の超音波治療装置。 56. The ultrasonic probe, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 51, wherein the having the irrigation passage. 【請求項57】 前記潅注通路は、前記超音波プローブの中央に位置していることを特徴とする請求項56記載の超音波治療装置。 57. The irrigation passage, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 56, wherein a located at the center of the ultrasonic probe. 【請求項58】 前記潅注通路は、前記超音波プローブの一側面に少なくとも一つの管腔を含むことを特徴とする請求項56記載の超音波治療装置。 58. The irrigation passage, the ultrasonic therapeutic apparatus according to claim 56, wherein the at least one lumen on one side of the ultrasonic probe. 【請求項59】 前記プローブに取り付けられている柔軟な光ファイバー観察装置を有することを特徴とする請求項49記載の超音波治療装置。 59. The ultrasonic treatment apparatus according to claim 49, wherein it has a flexible fiber optic viewing device attached to said probe. 【請求項60】 前記吸引口は、前記吸引シースの一側面上に位置する側溝であることを特徴とする請求項49に記載の超音波治療装置。 60. The suction port, an ultrasonic treatment apparatus according to claim 49, characterized in that the groove located on one side of the suction sheath. 【請求項61】 超音波プローブであって、 陥凹部を有する長軸を持つ伸長シャフトを有し、 前記陥凹部は、一端で平坦表面と境界を接していること を特徴とする超音波プローブ。 A 61. The ultrasound probe has an elongated shaft having a longitudinal axis having a recess, said recess includes an ultrasonic probe, characterized in that in contact with the flat surface boundary in one end. 【請求項62】 前記平坦表面は、前記伸長シャフトの長軸に対しておよそ90°であることを特徴とする請求項50記載の超音波プローブ。 62. The planar surface ultrasonic probe according to claim 50, wherein it is approximately 90 ° to the longitudinal axis of the elongate shaft.
JP2001527716A 1999-10-05 2000-09-29 Ultrasonic treatment method and ultrasound therapy apparatus for particularly reduced prostate Granted JP2003510159A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US15782499P true 1999-10-05 1999-10-05
US62580300A true 2000-07-26 2000-07-26
US60/157,824 2000-07-26
US09/625,803 2000-07-26
PCT/US2000/027026 WO2001024715A1 (en) 1999-10-05 2000-09-29 Method and apparatus for ultrasonic medical treatment, in particular, for debulking the prostate

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003510159A true JP2003510159A (en) 2003-03-18
JP2003510159A5 JP2003510159A5 (en) 2005-06-09

Family

ID=26854513

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001527716A Granted JP2003510159A (en) 1999-10-05 2000-09-29 Ultrasonic treatment method and ultrasound therapy apparatus for particularly reduced prostate

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JP2003510159A (en)
AU (2) AU775490B2 (en)
CA (1) CA2385624A1 (en)
WO (1) WO2001024715A1 (en)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007520255A (en) * 2003-06-20 2007-07-26 フロウカーディア・インク Ultrasound systems for the treatment
JP2011518583A (en) * 2008-04-09 2011-06-30 イツコヴィツ,ジュリアンITZCOVITZ,Julian Medical system with a percutaneous probe
JP2013503003A (en) * 2009-08-26 2013-01-31 リージェンツ オブ ザ ユニバーシティー オブ ミシガン Micromanipulator control arm of the therapy and imaging ultrasound transducer
JP2015077463A (en) * 2008-11-06 2015-04-23 エヌエックスセラ インコーポレイテッド Systems and methods for treatment of prostatic tissue
US9049783B2 (en) 2012-04-13 2015-06-02 Histosonics, Inc. Systems and methods for obtaining large creepage isolation on printed circuit boards
US9061131B2 (en) 2009-08-17 2015-06-23 Histosonics, Inc. Disposable acoustic coupling medium container
US9144694B2 (en) 2011-08-10 2015-09-29 The Regents Of The University Of Michigan Lesion generation through bone using histotripsy therapy without aberration correction
JP2016530944A (en) * 2013-08-22 2016-10-06 ミソニクス インコーポレイテッド Ultrasonic instrument assembly
JP2016537172A (en) * 2013-11-18 2016-12-01 エシコン・エンド−サージェリィ・エルエルシーEthicon Endo−Surgery, LLC Surgical instrument and a and active elements suction cage
US9636133B2 (en) 2012-04-30 2017-05-02 The Regents Of The University Of Michigan Method of manufacturing an ultrasound system
US9642634B2 (en) 2005-09-22 2017-05-09 The Regents Of The University Of Michigan Pulsed cavitational ultrasound therapy
US9901753B2 (en) 2009-08-26 2018-02-27 The Regents Of The University Of Michigan Ultrasound lithotripsy and histotripsy for using controlled bubble cloud cavitation in fractionating urinary stones
US10219815B2 (en) 2005-09-22 2019-03-05 The Regents Of The University Of Michigan Histotripsy for thrombolysis
US10293187B2 (en) 2013-07-03 2019-05-21 Histosonics, Inc. Histotripsy excitation sequences optimized for bubble cloud formation using shock scattering

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7775994B2 (en) 2006-12-11 2010-08-17 Emigrant Bank, N.A. Ultrasound medical systems and related methods
US8272383B2 (en) 2008-05-06 2012-09-25 Nxthera, Inc. Systems and methods for male sterilization
US9561066B2 (en) * 2008-10-06 2017-02-07 Virender K. Sharma Method and apparatus for tissue ablation
US10064697B2 (en) 2008-10-06 2018-09-04 Santa Anna Tech Llc Vapor based ablation system for treating various indications
US9561068B2 (en) 2008-10-06 2017-02-07 Virender K. Sharma Method and apparatus for tissue ablation
US9700365B2 (en) 2008-10-06 2017-07-11 Santa Anna Tech Llc Method and apparatus for the ablation of gastrointestinal tissue
CA2742560A1 (en) 2008-11-06 2010-05-14 Nxthera, Inc. Systems and methods for treatment of prostatic tissue
CA2742566A1 (en) 2008-11-06 2010-05-14 Nxthera, Inc. Systems and methods for treatment of bph
US8388611B2 (en) 2009-01-14 2013-03-05 Nxthera, Inc. Systems and methods for treatment of prostatic tissue
US9833277B2 (en) 2009-04-27 2017-12-05 Nxthera, Inc. Systems and methods for prostate treatment
NZ602609A (en) 2010-03-25 2014-12-24 Nxthera Inc Systems and methods for prostate treatment
EP2755614B1 (en) 2011-09-13 2017-11-01 Nxthera, Inc. Systems for prostate treatment
EP2945556A4 (en) 2013-01-17 2016-08-31 Virender K Sharma Method and apparatus for tissue ablation
US9968395B2 (en) 2013-12-10 2018-05-15 Nxthera, Inc. Systems and methods for treating the prostate
CN105813591B (en) 2013-12-10 2018-05-01 恩克斯特拉公司 Vapor ablation system and method

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0471537B2 (en) * 1984-07-24 1992-11-16 Hitachi Medical Corp
US5211625A (en) * 1990-03-20 1993-05-18 Olympus Optical Co., Ltd. Ultrasonic treatment apparatus
US5957882A (en) * 1991-01-11 1999-09-28 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Ultrasound devices for ablating and removing obstructive matter from anatomical passageways and blood vessels

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007520255A (en) * 2003-06-20 2007-07-26 フロウカーディア・インク Ultrasound systems for the treatment
US10219815B2 (en) 2005-09-22 2019-03-05 The Regents Of The University Of Michigan Histotripsy for thrombolysis
US9642634B2 (en) 2005-09-22 2017-05-09 The Regents Of The University Of Michigan Pulsed cavitational ultrasound therapy
JP2011518583A (en) * 2008-04-09 2011-06-30 イツコヴィツ,ジュリアンITZCOVITZ,Julian Medical system with a percutaneous probe
JP2015077463A (en) * 2008-11-06 2015-04-23 エヌエックスセラ インコーポレイテッド Systems and methods for treatment of prostatic tissue
US9526923B2 (en) 2009-08-17 2016-12-27 Histosonics, Inc. Disposable acoustic coupling medium container
US9061131B2 (en) 2009-08-17 2015-06-23 Histosonics, Inc. Disposable acoustic coupling medium container
US9943708B2 (en) 2009-08-26 2018-04-17 Histosonics, Inc. Automated control of micromanipulator arm for histotripsy prostate therapy while imaging via ultrasound transducers in real time
JP2016101508A (en) * 2009-08-26 2016-06-02 リージェンツ オブ ザ ユニバーシティー オブ ミシガン Micromanipulator control arm for therapeutic and imaging ultrasound transducers
US9901753B2 (en) 2009-08-26 2018-02-27 The Regents Of The University Of Michigan Ultrasound lithotripsy and histotripsy for using controlled bubble cloud cavitation in fractionating urinary stones
JP2013503003A (en) * 2009-08-26 2013-01-31 リージェンツ オブ ザ ユニバーシティー オブ ミシガン Micromanipulator control arm of the therapy and imaging ultrasound transducer
US9144694B2 (en) 2011-08-10 2015-09-29 The Regents Of The University Of Michigan Lesion generation through bone using histotripsy therapy without aberration correction
US10071266B2 (en) 2011-08-10 2018-09-11 The Regents Of The University Of Michigan Lesion generation through bone using histotripsy therapy without aberration correction
US9049783B2 (en) 2012-04-13 2015-06-02 Histosonics, Inc. Systems and methods for obtaining large creepage isolation on printed circuit boards
US9636133B2 (en) 2012-04-30 2017-05-02 The Regents Of The University Of Michigan Method of manufacturing an ultrasound system
US10293187B2 (en) 2013-07-03 2019-05-21 Histosonics, Inc. Histotripsy excitation sequences optimized for bubble cloud formation using shock scattering
JP2016530944A (en) * 2013-08-22 2016-10-06 ミソニクス インコーポレイテッド Ultrasonic instrument assembly
JP2016537172A (en) * 2013-11-18 2016-12-01 エシコン・エンド−サージェリィ・エルエルシーEthicon Endo−Surgery, LLC Surgical instrument and a and active elements suction cage

Also Published As

Publication number Publication date
WO2001024715A1 (en) 2001-04-12
AU7843100A (en) 2001-05-10
CA2385624A1 (en) 2001-04-12
AU775490B2 (en) 2004-08-05
AU2004212531A1 (en) 2004-10-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5957882A (en) Ultrasound devices for ablating and removing obstructive matter from anatomical passageways and blood vessels
US6527765B2 (en) Cryogenic surgical system and method of use in removal of tissue
US5741287A (en) Surgical tubular cutter having a tapering cutting chamber
US7135029B2 (en) Ultrasonic surgical instrument for intracorporeal sonodynamic therapy
US6676629B2 (en) Tissue liquefaction and aspiration for dental treatment
US6113594A (en) Systems, methods and apparatus for performing resection/ablation in a conductive medium
ES2307740T3 (en) Drug delivery device of ultrasonic catheter.
US6375635B1 (en) Fluid jet surgical instruments
US4931047A (en) Method and apparatus for providing enhanced tissue fragmentation and/or hemostasis
US5421819A (en) Medical probe device
US7029438B2 (en) Anoscope
Hofmann et al. Clinical experience with a new ultrasonic and LithoClast combination for percutaneous litholapaxy
US7306591B2 (en) Apparatus and methods for treating female urinary incontinence
JP2709358B2 (en) Therapy device of patients with plugged by deposits vessel
CA1237482A (en) Catheter for effecting removal of obstructions from a biological duct
AU2002312086B2 (en) Guiding ultrasound end effector for medical treatment
US5762066A (en) Multifaceted ultrasound transducer probe system and methods for its use
US5720719A (en) Ablative catheter with conformable body
US4136700A (en) Neurosonic aspirator
EP0561903B1 (en) A device for interstitial laser energy delivery
US8574253B2 (en) Method, system and device for tissue removal
EP0930847B1 (en) Apparatus for thermal treatment of tissue
Auge et al. In vitro comparison of standard ultrasound and pneumatic lithotrites with a new combination intracorporeal lithotripsy device
US20050187537A1 (en) Angular deflection apparatus for use in confined spaces and method of use
US6526320B2 (en) Apparatus for thermal treatment of tissue

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060228

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060912