JP2003108410A - Method and device for processing computer operation, program, and recording medium - Google Patents

Method and device for processing computer operation, program, and recording medium

Info

Publication number
JP2003108410A
JP2003108410A JP2001299243A JP2001299243A JP2003108410A JP 2003108410 A JP2003108410 A JP 2003108410A JP 2001299243 A JP2001299243 A JP 2001299243A JP 2001299243 A JP2001299243 A JP 2001299243A JP 2003108410 A JP2003108410 A JP 2003108410A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
file
input data
processing
data
business
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001299243A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hidekuni Kurotobi
Shunei Yoshino
俊英 吉野
英邦 黒飛
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent an abnormal stop due to insufficient area of data-base and general files and presence of unauthorized input data. SOLUTION: Before an operation processing is executed, a storage capacity necessary for the operation processing of input data is obtained by a prior-check processing part 30 and compared with the present vacant storage capacity of the storage area corresponding to the operation processing of the input data, and a prior-check is performed to identify the presence or absence of the lack of capacity. At the same time, the unauthorized input data is identified and, discarded if any. When the capacity is insufficient, an automatic file set part 32 executes an expansion processing for expanding the storage area.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、データベースと一般ファイルを使用して業務処理を実行する計算機業務処理方法、装置、プログラム及び記録媒体に関し、特に突発的な不正入力の発生やフローデータの増大に対して適切に対応可能な計算機業務処理方法、装置、プログラム及び記録媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention provides a computer business processing method for executing the business process using the database and the general file, device, a program and a recording medium, in particular sudden suitable possible corresponding computer business processing method against illegal input generation and increase of flow data, device, a program, and a recording medium. 【0002】 【従来技術】従来、膨大な量のファイルデータを入力して処理する計算機の業務処理システムにあっては、運用中にデータベースや一般ファイルの記憶領域の不足を防止するため、常時、人間系により監視やファイル拡張対応等の細かなキャパシティ管理を実施するケースが殆どである。 [0002] Conventionally, In the computer business processing system for processing by inputting a large amount of file data, in order to prevent the shortage of storage space in the database and general files during operation, always case for implementing fine capacity management monitoring and file extension corresponds like the human system is almost. 【0003】しかしながら、万が一にも、業務処理システムの運用中にデータベースや一般ファイルの領域不足が発生すれば、即座に業務処理の続行不能となってシステム停止に至る。 [0003] However, even by any chance, if the generation region lack of database and general files during the operation of the business processing system, leading to system stop immediately become a continuing inability of the business process. 更に不正な入力データが存在した場合にも、処理結果の誤り発生や処理続行が不可能となってシステム停止に至る原因となっている。 Even when further bad input data is present, is causing leading to system outages becomes impossible error occurs and processing continues in the processing result. 【0004】このように運用中にシステム停止が起きると、人間系によるデータベースの拡張やデータリカバリといった事後の緊急対応が必須であり、業務運用に多大な支障と障害対応工数の増大を招いている。 [0004] In this way the system stop occurs during operation, the human-based emergency response of the post, such as expansion and data recovery of the database by is essential, it has led to an increase in great difficulty and the failure corresponding man-hours to the business operations . 【0005】 【発明が解決しようとする課題】このように従来の計算機の業務処理におけるデータベースや一般ファイルの領域不足、更には不正な入力データの存在によるシステム停止は、最も単純かつ昔から発生していた障害である。 [0005] [Problems that the Invention is to Solve region low database or a general file in the commercial process thus conventional computer, even the system stops due to the presence of unauthorized input data, generated from the simplest and most old it was an obstacle. 【0006】しかしながら、未だこの障害を防止する効果的な施策がなく、業務処理に使用するデータベース及び一般ファイルの容量が飛躍的に増大し、かつ365日24時間運用が可能なシステムの信頼性が要求される現在では、データベース及び一般ファイル破壊後のデータ復旧時間は業務運用に多大な支障を与える。 However, still no effective measures to prevent this failure, the capacity of the database and a general file to be used for business processing system reliability that can be dramatically increased, and 24/7 operation in the required current, it gives a great deal of trouble in data recovery time is business operations after the database and general file destruction. 【0007】このため、いかに事前にデータベース及び一般ファイルの領域不足による業務システム停止を防止するか、また障害発生時に、業務運用及びデータを保証していかに迅速にデータを復旧できるかが課題となる。 [0007] For this reason, either to prevent the business system stop due to lack of space database and general file, also the event of a failure, or to ensure the business operations and data can be restored to how quickly data becomes a problem how in advance . 【0008】本発明は、このような問題を解決するもので、データベース及び一般ファイルの領域不足や入力不正データの存在による業務処理の停止を未然に防止する計算機業務処理方法、装置、プログラム及び記録媒体を提供することを目的とする。 [0008] The present invention is such as to solve the problem, computer work processing method for preventing the suspension of services process due to the presence of the database and the region missing or input incorrect data generally file in advance, device, program, and recording and to provide a medium. 【0009】 【課題を解決するための手段】図1は本発明の原理説明図である。 [0009] [Means for Solving the Problems] FIG. 1 is an explanatory view of the principle of the present invention. 本発明は、データを入力して所定の業務処理を実行する計算機業務処理方法であり、業務処理の実行前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、 The present invention, by entering the data a computer business processing method for executing predetermined business processing, before performing the task processing, obtains the storage capacity required for business processing of the input data,
この業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別する事前チェックステップ(事前チェック処理部30による処理)と、事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップ(ファイル自動設定処理部32による処理)と、を備えたことを特徴とする。 Compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, the pre-check step of determining whether the capacity shortage (processing by pre-check processing unit 30), if the capacity shortage in advance checking step is discriminated to, after saving the data stored in the storage area to another area, executes the expansion process for expanding the storage area, the storage area restores the retracted after a successful completion of the expansion process the data in the extension already storage settings steps (treatment with automatic file setting processing unit 32), characterized by comprising a. 【0010】このように本発明は、業務処理開始前の準備処理として、新たな入力データの業務処理でデータベースや一般ファイルの記憶領域の容量が不足するか否か事前チェックし、不足する場合には自動的に拡張処理を行うことで、運用中でのデータベース及び一般ファイルに領域不足によるシステム停止を確実に防止する。 [0010] Thus, the invention as a preparation process before business processing starts, it is checked whether the pre insufficient capacity of the storage area of ​​the database or a general file in business processing new input data, in the case of insufficient is by performing the automatic expansion process, reliably prevent system shutdown due to insufficient space in the database and general files in operation. 【0011】更に事前チェックステップは、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データ(属性やデータ範囲の不一致)から除外して別の領域に格納する。 Furthermore prechecks step stores input data check to determine an illegal input data, to another area by excluding invalid input data is determined from the target data of the business process (mismatched attributes and data ranges) to. このため不正な入力データが存在しても、本発明にあっては、事前チェックにより除外され、不正データの存在によるシステム停止を確実に防止する。 Even Thus there invalid input data, according to the present invention, are excluded by the pre-check, to reliably prevent system outage due to the presence of bad data. 【0012】ここで入力データはファイルデータであり、事前チェックステップは、現在のファイル格納件数に入力したファイルデータの件数を加えた実ファイル件数をカウントし、カウントした実ファイル件数と最大格納件数を比較して、入力データの業務処理に必要な記憶容量が不足するか否か判別する。 [0012] is the input data is file data here, pre-check step is to count the actual file number plus the number of file data that is input to the current file storage number, the actual file number and the maximum storage number counted in comparison, the storage capacity is determined whether or not a shortage required for business processing of the input data. 【0013】また記憶領域設定ステップは、記憶容量の不足に対し記憶領域の拡張不可能な場合は、入力データを別の記憶領域に退避して保存した後に業務処理を停止させる異常処理を実行させる。 [0013] storage area setting step, when relative lack of storage capacity can not expand in the storage area, to execute error processing for stopping the business processing after saving saves the input data to another storage area . このように業務の停止が避けられない場合においても、本発明にあっては、一度入力したデータを退避して保存しておくことで、外部の別システムからの入力データの再度の入力を不要とし、 Even if in this way operations stop is unavoidable, in the present invention, it is saved by saving the once entered data, unnecessary re-input of the input data from the external another system age,
業務運用及びデータを保証しつつ迅速かつ確実なシステム及びデータ復旧が可能となる。 While ensuring the business operations and data quick and reliable system and data recovery is possible. 【0014】本発明は、データを入力して所定の業務処理を実行する計算機業務処理装置を提供する。 [0014] The present invention provides a computer business processing apparatus to input data performs a predetermined operational processing. この計算機業務処理装置は、業務処理の実行前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、この業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェック処理部30と、事前チェック処理部30で容量不足が判別された場合に、記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定部(ファイル自動設定処理部32)とを備えたことを特徴とする。 The computer business processing apparatus, prior to execution of the business process, determine the storage capacity required for business processing of the input data, compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, the presence or absence of a capacity shortage together determine, by checking the input data to determine an illegal input data, the pre-check processing unit 30 to be stored in a separate area to the exclusion of illegal input data is determined from the target data of the business process, pre-check processing unit 30 If the capacity shortage is judged in, after saving the data stored in the storage area to another area, executes the expansion process for expanding the storage area, the data expansion already retracted after a successful completion of the expansion process storage region setting unit for restoring the storage area, characterized in that a (file automatic setting processing unit 32). 【0015】本発明は、計算機儀用務処理のプログラムを提供するものであり、このプログラムは、コンピュータに、入力データの業務処理を実行する前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、この業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェックステップと、事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップと、を実行させる [0015] The present invention is to provide a computer Yi janitorial processing program, the program causes a computer, before performing the task processing of the input data, determine the storage capacity required for business processing of the input data , compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, as well as determine whether the capacity shortage, and check the input data to determine an illegal input data, incorrect input data determination of the business process a pre-check storing in another area is excluded from the target data, when the capacity shortage in advance checking step is determined, after saving the data stored in the storage area to another area, expanding the storage area perform an advanced process for, to execute a storage area setting step for restoring the retracted after a successful completion of the expansion process the data in the extension already storage area とを特徴とする。 And wherein the door. 【0016】本発明は、計算機業務処理のプログラムを格納したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供するものであり、この記録媒体に格納されたプログラムは、コンピュータに、入力データの業務処理を実行する前に、 [0016] The present invention provides a computer readable recording medium storing a computer work processing program, the program stored in the recording medium, the computer, before performing the task processing of the input data to,
入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、この業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェックステップと、事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップと、を実行させる。 Obtains the storage capacity required for business processing of the input data, as compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, as well as determine whether the capacity shortage, incorrect input data by checking the input data discriminated, the pre-check storing in a separate area to the exclusion of illegal input data is determined from the target data of the business process, if the capacity shortage in advance checking step has been determined, the data stored in the storage area the after evacuation in a separate area, executes the expansion process for expanding the storage area, a storage area setting step for restoring the retracted after a successful completion of the expansion process the data in the extension already storage area, thereby executing. 【0017】尚、計算機業務処理装置、プログラム及び記録媒体の詳細は、計算機業務処理方法の場合と同じになる。 [0017] Incidentally, the computer business processing apparatus, the details of the program, and a recording medium, the same as the case of the computer business processing method. 【0018】 【発明の実施の形態】図2は本発明の計算機業務処理が実行される業務処理システムの機能構成であり、このシステムの例にあってはクラスタ計算機システムを使用している。 [0018] Figure 2 PREFERRED EMBODIMENTS is a functional configuration of the business processing system computer business processes of the present invention is implemented, in the example of this system uses a cluster computer system. 【0019】図2において、本発明の計算機業務処理システム10は、例えば3台のクラスタ12−1,12− [0019] In FIG. 2, the computer work processing system 10 of the present invention, for example the three clusters 12-1,12-
2,12−3を有し、クラスタ12−1〜12−3に対してはシステム記憶装置(SSU)14を設けている。 It has 2,12-3, are provided system memory (SSU) 14 for cluster 12-1 through 12-3.
また、この計算機業務処理システムにあっては、クラスタ12−1,12−2に業務Aを割り当て、クラスタ1 Also, in this computer work processing system assigns the task A to the cluster 12-1 and 12-2, Cluster 1
2−3に業務Bを割り当てている。 We have assigned a business B to 2-3. 【0020】このため、クラスタ12−1,12−2に対しては業務A用のデータベース16−1が設けられ、 [0020] For this reason, database 16-1 for business A is provided to the cluster 12-1, 12-2,
一方、クラスタ12−3に対しては業務B用のデータベース16−2が設けられている。 On the other hand, the database 16-2 for business B is provided for the cluster 12-3. 更にクラスタ12−1 Furthermore cluster 12-1
〜12−3のそれぞれに対しては、システムボリューム18が共通に設けられている。 For each ~12-3, system volume 18 is commonly provided. 【0021】この計算機業務処理システム10は図示しないフロントシステムからジョブ20を入力して、例えばクラスタ12−1,12−2により業務Aの処理を実行するバッチ処理を行っている。 [0021] is performed batch process to perform this computer work processing system 10 by entering the job 20 from the front system, not shown, for example, process of the operation A by clusters 12-1 and 12-2. 【0022】ジョブ20を入力してくるフロントシステムとしては、例えば企業の業務管理システムであり、企業の本社、支店、営業所、工場などから、例えば請求書の発行に必要な請求書発行指示データを収集し、例えば午後6時で締め切った請求書発行指示データをジョブ2 [0022] Examples of the front system to come enter the job 20, for example, a corporate business management system, corporate headquarters, branch offices, sales offices, factories and the like, for example billing instruction data required for the issue of an invoice collect, for example, a billing instruction data Shimeki' by 6pm job 2
0として計算機業務処理システム10に入力する。 And inputs it to the computer business processing system 10 as 0. 【0023】計算機業務処理システム10にあっては、 [0023] In the computer business processing system 10,
クラスタ12−1,12−2による業務Aの実行で例えばジョブ20としてフロントシステムから入力された請求書発行指示データを基に、これに対応した請求書データを翌朝例えば午前6時までに作成してフロントシステムに引き渡すような処理を実行する。 As the execution, for example, job 20 of work A by the cluster 12-1 and 12-2 on the basis of the billing instruction data input from the front system, create an invoice data corresponding to the next morning for example 6am to execute the processing, such as delivery to the front system Te. このような場合、 In such a case,
業務A用のデータベース16−1には請求書発行に伴う請求原簿などの会計上のデータが作成されることになる。 The database 16-1 for work A so that the data of the accounting, such as billing ledger associated with billing is created. 【0024】このような時間帯を区切って業務処理を実行するバッチ処理の計算機業務処理システム10にあっては、毎日決まった時間帯にフロントシステムからジョブ20として引き渡される入力データの量は極めて流動的であり、日によっては急激に入力データの増加が起きる可能性がある。 The amount of input data such In the batch processing computer business processing system 10 in executing the business process by separating time zone, to be passed as a job 20 from the front system to the time zone every day is extremely flow it is specifically, there can occur an increase in rapidly input data by the day. 【0025】図3は、図2の計算機業務処理システム1 [0025] FIG. 3, computer business processing system 1 shown in FIG. 2
0に対応したハードウェア構成の一例である。 0 is an example of a hardware configuration corresponding to. この計算機業務処理システム10に対するハードウェア構成としては、メモリ制御装置(MCU)1に対しクラスタに対応して3台のCPU2を設けている。 The as computer hardware configuration for the business processing system 10 is provided with CPU2 of three corresponding to the cluster to the memory controller (MCU) 1. またメモリ制御装置1には例えば2台の主記憶装置3が接続される。 Also the memory controller 1 is connected to the main memory 3 the two, for example. 更に、外部筐体などによってメモリ制御装置1に対しシステム記憶装置4が接続されている。 Furthermore, the system memory 4 is connected to the memory controller 1 by an external housing. 【0026】またメモリ制御装置1にはチャネルプロセッサ5が接続され、ここに入出力チャネル6を介して磁気ディスク装置7が接続され、入出力サブシステムを構成している。 [0026] Channel processor 5 is connected to the memory control device 1, a magnetic disk device 7 are connected through the input-output channel 6 here constitute the input and output subsystems. 更にチャネルプロセッサ5はフロントシステム8に接続されて、業務処理に必要な入力データをやり取りすることができる。 Furthermore channel processor 5 is connected to the front system 8, it is possible to exchange the input data necessary for business processing. 【0027】図4は、図2の計算機業務処理システム1 [0027] Figure 4, computer work processing system 1 of FIG. 2
0のクラスタ12−1,12−2で実行される業務処理の機能構成を示した説明図である。 It is an explanatory diagram showing a functional configuration of the business process to be executed by 0 clusters 12-1 and 12-2. 図4において、本発明の業務処理にあっては、通常の業務処理実行部26に加え、その前段に処理準備部22と実行制御文編集部2 4, in the work process of the present invention, in addition to the normal work process executing unit 26, a processing preparation unit 22 in the previous stage execution control statement editing unit 2
4を設けている。 A is provided 4. 【0028】処理準備部22には、事前チェック処理部30とファイル自動設定処理部32が設けられている。 [0028] processing preparation unit 22, pre-check processing unit 30 and the file automatic setting processing unit 32 is provided.
事前チェック処理部30は、業務処理の実行前に入力ファイルデータの業務処理に必要な記憶容量を求め、入力データの業務処理で使用する記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量が不足するか否か判別する。 Pre-check processing unit 30 obtains the storage capacity required for business processing of the input file data before execution of the business process, compared to the current free storage capacity of the storage area used by the business process of the input data, insufficient capacity It determines whether or not to. 【0029】もし入力データの業務処理に必要な記憶容量が空き記憶容量を越えて不足する場合には、アラームフラグを1にセットし、ファイル自動設定処理部32により拡張対象となる記憶領域に格納されている既存のデータを別領域に退避した後、対象記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理が正常終了した後に、退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する処理を行う。 [0029] If when the storage capacity required for business processing of the input data is insufficient beyond the free storage capacity is to set the alarm flag to 1, stored in the storage area to be extended subject by the automatic file setting processing unit 32 after saving the existing data that is in a different area, it executes the expansion process for expanding the target storage area, after the expansion process has been completed successfully, performs processing for restoring the data saved in the packed and extended memory area. 【0030】また事前チェック処理部30は、入力データの業務処理に必要な記憶領域が不足するか否かのチェックと同時に、入力ファイルデータの内容をチェックして不正入力データが存在するか否か判別し、もし不正入力データが存在した場合には、これを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する。 [0030] The pre-check processing unit 30, at the same time as the check whether or not a shortage of storage space required for the business processing of the input data, whether or not the input file incorrect input data to check the contents of the data exists discriminated, if when a bad input data exists, stores which was excluded from the data of the business process to another area. 【0031】このような事前チェック処理部30及びファイル自動設定処理部32の処理により、業務処理の対象とする入力ファイルデータについての一般ファイル及びデータベースの記憶容量の不足発生を処理準備の段階で認識して、自動拡張により業務処理の実行中における記憶領域の不足による異常停止を防ぐことができる。 The recognition by the processing of such pre-check processing unit 30 and the automatic file setting processing unit 32, a shortage occurs in the storage capacity of the general file and database for the input file data to be business processing at the stage of processing preparations , it is possible to prevent the abnormal stop due to insufficient memory area during execution of the business process by the automatic extension. 【0032】また入力ファイルデータの中に不正入力データが存在している場合には、不正入力データを業務処理の対象から除外することで、不正入力データの存在による処理結果の誤り発生や処理続行が不可能となってシステム停止に至ることを未然に防止している。 Further when a bad input data in the input file data is present, by excluding the invalid input data from an object of business processes, there by the processing error occurred and processing continues result incorrect input data It is prevented that reaches the system stop becomes impossible. 【0033】処理準備部22に対して設けられた異常処理部28は、事前チェック処理部30の処理で業務処理が不可能な状態を判別した場合、あるいはファイル自動設定処理部32における拡張処理で拡張ディスクなどの不足などによる物理的要因で拡張不可能な場合に、処理不可能フラグを1に更新した後、更に入力した入力ファイルデータを退避ファイルに退避して、蓄積追加により保存させる処理を行う。 The abnormality processing unit 28 provided to the processing preparation unit 22, if it is determined the business processing is impossible state in the process of pre-check processing unit 30, or in extension processing in the automatic file setting processing unit 32 If not possible extended by physical factors due to the lack of such expansion disk, after updating impossible flag to 1, and saves the input file data further input to the backup file, the process to store the accumulated additional do. 【0034】処理準備部22による事前チェック処理部30及びファイル自動設定処理部32による処理のため、監視用ファイルが使用される。 [0034] For the processing by the processing preparation unit 22 according to pre-check processing unit 30 and the automatic file setting processing unit 32, a monitoring file is used. この監視用ファイルは、図4の実施形態に示す監視ファイル用ジョブ情報3 The monitoring file monitoring file job information 3 shown in the embodiment of FIG. 4
6a、監視ファイル用ファイル情報38a及び監視ファイル用プログラム情報40の3つで構成されている。 6a, it is composed of three audit file file information 38a and audit file program information 40. 【0035】ここで監視ファイル用ファイル情報38 [0035] Here, the monitoring file for the file information 38
a,38bは準備処理部22による処理前と処理後のファイルを表わしている。 a, 38b represents a file before and after treatment by the preparation process section 22. 即ち、監視ファイル用ファイル情報38aは、処理準備部22による処理を経て、その内容が更新されることで、監視ファイル用ファイル情報38bとなる。 In other words, monitoring the file for file information 38a passes through the processing by the processing preparation unit 22, that its contents are updated, the audit file file information 38b. また監視ファイル用ジョブ情報36a、 The monitoring files for job information 36a,
36bも同様であり、処理準備部22及び異常処理部2 36b is also similar, processing preparing section 22 and the abnormality processing section 2
8による処理を経て、入力側の監視ファイル用ジョブ情報36aは出力側に示す監視ファイル用ジョブ情報38 Through treatment with 8, the input side of the monitoring file job information 36a audit file for the job information shown in the output side 38
bに更新される。 It is updated to b. 【0036】実行制御文編集部24は、処理準備部22 [0036] The execution control statement editing unit 24, processing preparation unit 22
の処理を経て生成された監視ファイル用ファイル情報3 File information 3 for monitoring file generated through the processing
8b、監視ファイル用プログラム情報40及び業務処理実行制御文情報42aに基づき、ファイル自動設定処理部32で拡張処理が行われたファイルレコードの実行制御文を対象に拡張結果を反映させる実行制御文編集処理を行って業務処理実行制御文情報42bを生成する。 8b, on the basis of the monitoring file program information 40 and the work process executing control statement information 42a, extension process execution control statements edited to reflect the result extension targeting execution control statements made file record in the file automatic setting processing unit 32 processing is performed to generate a business process execution control statement information 42b. このようにして編集された業務処理実行制御文情報42b In this way, the edited the business process execution control statement information 42b
は業務処理実行部26に与えられ、入力ファイルデータに基づく例えば請求書データの作成処理を行う。 Is given to the work process executing unit 26 performs based on the input file data e.g. billing processing of data. 【0037】また処理準備部22に対しては、バッチ処理で投入される入力ファイルデータに関する業務処理パラメータ34が与えられる。 Further to the processing preparation unit 22, the business processing parameter 34 about the input file data to be introduced in a batch process is provided. この業務処理パラメータ3 This business process parameters 3
4には入力ファイルデータに対応した業務処理名、具体的にはジョブ名やファイル名を示すIDコードが格納されている。 Work process name corresponding to the input file data to 4, specifically the ID code indicating a job name and file name are stored. 【0038】したがって処理準備部22は、入力データに対応した業務処理パラメータ34として業務処理名を取り込むことで、これに対応した監視ファイルの監視ファイル用ジョブ情報36a、監視ファイル用ファイル情報38aを読み込むことができる。 [0038] Thus processing preparation unit 22, by incorporating the work process name as a business processing parameters 34 corresponding to the input data, read the audit file for job information 36a of monitoring file corresponding thereto, the audit file for file information 38a be able to. 【0039】図5は、図4における監視ファイル用ジョブ情報36の説明図である。 [0039] FIG. 5 is an explanatory diagram of monitoring file for the job information 36 in FIG. 4. 監視ファイル用ジョブ情報36は、キー部44とデータ部46から構成される。 Audit file for the job information 36 is composed of a key section 44 and the data section 46. キー部44にはJOB−ID48が格納され、導入された業務処理名即ちジョブ名またはプロセス名に一致するものである。 The key portion 44 is stored JOB-ID 48, it is to match the work process name That job name or process name has been introduced. データ部46には処理状態50、ファイルI Processing state 50 to the data unit 46, the file I
DまたはDBスペース名(n個)が格納され、更にプログラムIDn54には業務処理に必要なプログラムID D or DB space name of (n) is stored, the program ID required for the business process is further programmed IDn54
がn個格納されている。 There are n number stored. 【0040】図6は、図4で使用する監視ファイル用ファイル情報38の説明図である。 [0040] FIG. 6 is an explanatory diagram of monitoring file file information 38 for use in Figure 4. 監視ファイル用ファイル情報38はキー部56とデータ部58で構成される。 Monitoring File file information 38 is composed of a key portion 56 and the data section 58.
キー部56はファイルIDまたはDBスペース名60から成り、業務処理内で使用するファイルIDまたはDB Key portion 56 is made from a file ID or a DB space name 60, file ID or DB to be used in the business in the process
スペース名と一致するものである。 It is intended to coincide with the space name. 【0041】データ部58には編成62、種別64、格納件数66、最大格納件数68、レコード長70、アラームフラグ72、拡張済フラグ74、格納Disk名7 The knitting data unit 58 62, type 64, contains the number 66, the maximum storage number 68, record length 70, an alarm flag 72, extension flag 74, stored Disk Name 7
6、拡張Disk名78、その他のDB属性80を含んでいる。 6, and includes an extended Disk Name 78, other DB attribute 80. 【0042】ここで編成62はファイル編成情報、種別64はファイル種別情報、格納件数66は現在のファイルレコード件数、最大格納件数68は論理的なファイルレコード最大格納件数、レコード長70はファイルレコード長、アラームフラグ72は実ファイル件数が最大格納件数以上となったファイル状態を識別フラグ及びファイルの排他宣言をするフラグである。 [0042] Here, knitting 62 file organization information, type 64 file type information, store the number 66 the current file record number, maximum storage number 68 logical file records maximum storage number, record length 70 file record length , alarm flag 72 is a flag real file number to the exclusive declarations identification flag and file a file condition that more than the maximum storage number. 【0043】また拡張済フラグ74はファイルが拡張されたことを識別するフラグである。 [0043] Further extension flag 74 is a flag which identifies that the file is extended. 格納Disk名76 Storage Disk name 76
は現在ファイルが格納されているディスク名、拡張Di Disk names that are currently stored files, extension Di
sk名78はファイルを拡張するために必要となる拡張ディスク名である。 sk name 78 is an extension disk name that is required in order to expand the file. 更に、その他のDB属性80にはデータベースファイル領域を決定するために必要なページ長及びキー長が格納され、更に入力データチェック内容となる各ファイル項目の属性とデータの範囲が格納されている。 Furthermore, the other DB attribute 80 contains the page length and the key length required to determine the database file area, are stored further range of attributes and data of each file items to be input data check contents. 【0044】図7は、図4で使用する監視ファイル用プログラム情報40の説明図である。 [0044] Figure 7 is an explanatory diagram of monitoring file program information 40 used in FIG. この監視ファイル用プログラム情報40は、キー部82とデータ部84から構成される。 The audit file program information 40 is composed of a key section 82 and the data section 84. キー部82はプログラムID86から成り、業務処理内で使用するプログラムIDと一致するものである。 Key unit 82 is composed of a program ID86, it is consistent with the program ID to be used in business in the process. データ部84には格納件数予測式88が設けられる。 Stored number prediction equation 88 is provided in the data section 84. この格納件数予測式は、データベース及び一般ファイルのファイル容量を、ファイルレコード件数とレコード長から算出する式が準備されている。 The stored number prediction equation, the file size of the database and a general file, is prepared formula for calculating from the file record number and record length. 【0045】ここで図4における本発明の計算機処理業務の概略を説明する。 [0045] an outline of the computer processing operations of the present invention in FIG. 4 herein. フロントシステムから入力ファイルデータの投入を受けた後に業務処理を開始すると、まず処理準備部22が動作し、その事前チェック処理部3 When you start a business processing after from the front system has received the input of the input file data, first processing preparation unit 22 is operated, the pre-check processing unit 3
0によって業務処理が実行可能か否かを判断する実ファイル状態チェックが行われる。 0 real file status checks to determine whether the business process can be executed is performed by. 【0046】この実ファイル状態チェックにあっては、 [0046] According to the actual file status check,
業務処理に必要なファイル容量が現在の空き容量に対し不足するか否かチェックされ、不足する場合にはアラームフラグ72が1に更新される。 File capacity required for the business process is checked whether insufficient for the current free space, in the case of insufficient alarm flag 72 is updated to 1. 即ち実ファイルチェックでカウントされた実ファイル件数が図6の監視ファイル用ファイル情報38の最大格納件数68以上の場合に、アラームフラグ72を1に更新する。 That real file number counted by the real file check if more than the maximum storage number 68 Monitoring File file information 38 in FIG. 6, and updates the alarm flag 72 to 1. 【0047】この実ファイル状態チェックと同時に入力ファイルデータのチェックが行われる。 The check of the actual file state check at the same time as the input file data is carried out. この入力ファイルデータのチェックは、図6の監視ファイル用ファイル情報のその他のDB属性80に格納しているファイル項目の属性とデータ範囲に一致しない入力ファイルデータが存在した場合、この入力ファイルデータを不正入力データとして除外し、別ファイルに格納する。 Checking the input file data, if the input file data that does not match the attributes and data range other file items that are stored in the DB attribute 80 of the monitoring file for file information 6 exists, the input file data excluded as an illegal input data is stored in a separate file. 【0048】事前チェック処理部30による実ファイル状態チェック及び不正入力データの除去が済むと、アラームフラグが1となったデータファイルについてファイル自動設定処理部32による自動設定処理が実行される。 [0048] After completion of the pre-check processing unit 30 the actual file status checking and removal of illegal input data by, for data files alarm flag becomes 1 automatic setting processing by the automatic file setting processing unit 32 is executed. 【0049】この自動設定処理は、アラームフラグが1 [0049] This automatic setting process, the alarm flag is 1
となったデータファイルについて、その拡張対象となる領域に格納している既存のデータを他の領域に退避した後に、拡張ディスクを使用したファイル領域の拡張が行われる。 For data file to be, the existing data stored in a region to be its expansion target after evacuated to other regions, expansion of the file area using extended disk is performed. 【0050】この自動設定処理により正常にファイル拡張が実行されたファイルについては、図6の拡張済フラグ74が1に更新され、拡張ディスクを活用してもファイル拡張が正常に実施できない場合は、異常処理部28 [0050] The file normally file extension is performed by the automatic setting process, extended flag 74 of Figure 6 is updated to 1 and the even file extension by utilizing extended disk can not be performed normally, abnormality processing unit 28
による異常処理が実行される。 Abnormality processing by is executed. この異常処理は対象となる入力ファイルデータを退避ファイルに累積追加した後、監視ファイルの状態を示す処理不可能フラグを1に更新して業務処理を停止することになる。 After accumulating added to this abnormal process backup file input file data of interest will stop the business process to update the process impossible flag indicating the state of the audit file to 1. 【0051】拡張処理が正常に実行されたファイルまたは拡張処理が必要でなくなったファイルについては、監視ファイル用ファイル情報38b、監視ファイル用プログラム情報40及び業務処理実行制御文情報42aを基に、実行制御文編集部24が編集処理を実行する。 [0051] The expansion process is no longer required files or extension process was successful file, based on the monitoring file file information 38b, the audit file program information 40 and the work process executing control statement information 42a, running control statements editing unit 24 to perform the editing process. 【0052】この実行制御文の編集処理は、拡張処理を行ったストーク系ファイル情報及びフロー系ファイル情報(一時ファイル)に対し、領域拡張によるパラメータが算出されて実行制御文に反映され、この領域拡張済みの結果が反映された実行制御文に対し業務処理実行部2 [0052] editing process of the execution control statement, Stoke-based file information and flow-based file information was extended processing for (temporary files), the parameter by the region expansion is calculated is reflected in the execution control statements, this region business process execution to execution control statement expansion already result is reflected portion 2
6で業務処理が実行されることになる。 So that the operational processing is executed by 6. 【0053】次に図4における本発明による業務処理の詳細を図8から図14のフローチャートを参照して説明する。 [0053] Next, details of the business process according to the invention in FIG. 4 will be described with reference to the flowchart of FIG. 14 from FIG. 【0054】図8は、図4における本発明の業務処理の基本的な処理手順のフローチャートである。 [0054] Figure 8 is a flowchart of basic processing procedure of the business processes of the present invention in FIG. まずステップS1でフロントシステムからの処理データを入力し、 First enter the processing data from the front system in step S1,
ステップS2で事前チェック処理を実行して実ファイルの状態チェックが行われる。 In step S2 by performing the pre-check processing status check of the actual file is performed. 【0055】続いてステップS3で領域不足の有無がチェックされ、領域不足であればアラームフラグ=1を判別し、ステップS4で領域拡張を行うファイル自動設定処理を行う。 [0055] Subsequently presence of insufficient space in step S3 is checked, if insufficient space to determine the alarm flag = 1, performing file automatic setting processing for region growing in step S4. もちろん事前チェック処理部32にあっては、不正入力データを除去して別領域に格納する処理も行われる。 Of course In the pre-checking processor 32 it is also performed a process of storing in a separate area to remove the invalid input data. 【0056】ステップS3で不足領域がなければ、そのファイルについてはステップS4のファイル自動設定処理は行われない。 [0056] If there is insufficient space in the step S3, is not performed the automatic file setting processing in step S4 is for the file. 次にステップS5で実行制御文編集処理を行って、ファイルの拡張処理に対応した領域パラメータを実行制御文に反映させる。 Then performs execution control statements editing process at step S5, to reflect the area parameter corresponding to expansion processing of the file to the execution control statement. そしてステップS6で編集済みの実行制御文を対象に業務処理を実行し、ステップS7で処理結果をフロントシステムに出力する。 Then run the business processing to target the edited execution control statement in step S6, and outputs the processing result in step S7 in front system. 【0057】図9は、図8におけるステップS2の事前チェック処理の詳細を示したフローチャートである。 [0057] Figure 9 is a flowchart showing details of the pre-check process in step S2 in FIG. 8. この事前チェック処理にあっては、まずステップS1で図4のフロントシステムから投入されたジョブに対応する業務処理パラメータ34に格納されている業務処理名を基に、図5の内容を持つ監視ファイル用ジョブ情報36 In the this pre-check process, first, on the basis of the work process name stored in the step S1 from the front system of Figure 4 to the business processing parameters 34 corresponding to the input job, monitored file with the contents of FIG. 5 use job information 36
aを取得する。 To get a. 【0058】この監視ファイル用ジョブ情報36aは図5の内容を持ち、処理状態50から前回の業務処理結果をチェックし、もし処理不可能フラグが1であれば実行不可能としてステップS7に進み、異常処理を実行して異常終了とする。 [0058] The monitoring file job information 36a has a content of 5 to check the previous task processing result from the processing state 50, if the processing impossible flag proceeds to step S7 as unworkable if 1, and abnormally terminates upon execution of the abnormal processing. 【0059】このステップS7の異常処理は図12に示す処理となる。 [0059] abnormality processing of the step S7 is a processing shown in FIG. 12. 即ちステップS1で監視ファイル用ファイル情報の処理状態50に格納している処理不可能フラグを1に更新した後、ステップS2で入力ファイルデータを退避ファイルに累積追加して保存した後、ステップS3で業務処理を停止する。 That After updating the process impossible flag is stored in the processing state 50 of the monitoring file file information in step S1 is 1, after storing the cumulative added to the backup file input file data in step S2, in step S3 to stop the business process. 【0060】なお異常処理により業務処理を停止した場合には、本発明の計算機業務処理システムが例えば夜間に無人運転で業務処理を実行しているような運用形態にあっては、業務処理を停止したことを自動的に担当者の自宅などに自動通報することが望ましい。 [0060] When the noted stopped work processing by the abnormality processing, in the operation form such as a computer work processing system is executing business processing in unattended operation during the night for example, the present invention, stop business processing it is desirable that such as automatic notification to automatically home of the person in charge that it has. 【0061】再び図9を参照するに、ステップS2で処理状態50が実行可能であれば、ステップS3に進み、 [0061] Referring again to FIG. 9, the processing state 50 is performed if in step S2, the process proceeds to step S3,
ステップS1で取得した監視ファイル用ジョブ情報36 Acquired audit file for the job information in step S1 36
aのレコード上に存在する全ファイルの監視ファイル用ファイル情報38aを取得する。 To get the monitoring file for file information 38a of all the files that exist on a record. 次にステップS4で、 Next, in step S4,
ステップS3で取得した監視ファイル用ファイル情報のファイル情報レコードごとにアラームフラグ=1のレコードが存在するか否か判定する。 Determines whether there is alarm flag = 1 record for each file information record acquired audit file file information in step S3. 【0062】アラームフラグ=1のレコードが存在すると、ステップS7に進み、異常処理を実行する。 [0062] The presence of alarm flag = 1 record, the process proceeds to step S7, executes error processing. 即ち、 In other words,
この段階でアラームフラグ=1のレコードが存在するということは前回の業務処理で領域不足に対する拡張処理が失敗していることから、それ以上の処理を行わずに異常処理を行って、入力データファイルを退避ファイルに累積追加の形で格納して保存することで、業務処理を停止する。 Since the extension process has failed for the area shortage in the previous business process that alarm flag = 1 records at this stage is present, performs error processing without further processing, the input data file by storing stores the cumulative addition in the form to save files, to stop the business process. 【0063】ステップS4でアラームフラグ=1のファイル情報レコードが存在しなければ、ステップS5に進み、入力データファイルについて業務処理を実行したい場合にデータベース及び一般ファイルの容量不足が起きるか否かを判断する。 [0063] If there is an alarm flag = 1 in the file information record in step S4, step S5, determines whether or not lack of capacity database and general files happens when you want to run the business processing on the input data file to. 【0064】即ち、入力ファイルデータを読み込んで対象ファイルの入力ファイルレコード件数をカウントし、 [0064] In other words, it counts the input file record number of the target file reads the input file data,
これを図6の対応する監視ファイル用ファイル情報38 Corresponding audit file for file information 38 of FIG. 6 it
に格納している格納件数66の現在のファイルレコードの件数に加算したカウント件数を求め、格納件数66を更新する。 The count number which is obtained by adding to the number of the current file record of store number 66 that is stored in the request, to update the stored number 66. 【0065】更に格納件数66の更新時に、更新したカウント件数即ち現在のファイルレコード件数に入力ファイルレコード件数を加算したカウント件数と最大格納件数68の値を比較し、カウント件数が大きければ容量不足が発生するとしてアラームフラグを1に更新する。 [0065] Further when updating the stored number 66, compares the updated count number that is, the value of the count number and the maximum storage number 68 obtained by adding the input file record number of the current file record number, is insufficient capacity if the count number is larger to update the alarm flag to 1 as occurs. 【0066】更にステップS6で入力ファイルレコード数のカウントに際し入力ファイルデータの内容をチェックし、不正入力データが存在した場合には、この不正なレコードを除外し、別ファイルに格納する。 [0066] Further checks the contents of the input file data upon input file record counts in step S6, when a bad input data exists, excludes this bad records are stored in a separate file. 不正入力データかどうかの判定は、図6の監視ファイル用ファイル情報38のその他DB属性80に格納されている入力データチェック用に設けられたファイル項目の属性とデータ範囲の情報が使用される。 Incorrect input data of determining whether the other information attributes and data ranges of the file items provided for input data check stored in the DB attribute 80 of the monitoring file file information 38 in FIG. 6 is used. 【0067】この不正入力データの判別は、具体的にはフォーマットエラーをチェックするものであり、更には数字とすべきところをテキストとしたようなエラーについても不正入力データとして除外する。 [0067] determination of the illegal input data is specifically intended to check the format error, further exclude the place should be number as incorrect input data also about the error, such as a text. 【0068】図10及び図11は、容量不足を生じたファイルレコードを対象に行われる図8のステップS4のファイル自動設定処理の詳細を示したフローチャートである。 [0068] FIGS. 10 and 11 are flowcharts showing the details of the file automatic setting process in step S4 of FIG. 8 to be conducted on a file record which caused the capacity shortage. このファイル自動設定処理にあっては、ファイルの容量不足が発生している場合、ファイル領域の自動拡張を実施することになる。 In the file automatic setting process, if the capacity shortage of the file is generated, it will implement the automatic extension of the file area. 【0069】まずステップS1で事前チェック処理の結果として得られた図6の監視ファイル用ファイル情報3 [0069] First audit file for file information 3 in FIG. 6 the resulting pre-check process in step S1
8を参照し、アラームフラグ=1で且つ拡張済みフラグ=0のファイル情報レコードを取得する。 8 referring to, acquires and file information record of the extension flag = 0 Alarm flag = 1. 次にステップS2でレコード件数及びレコード長によりデータベース及びファイル容量を算出する。 Then calculates the database and file capacity by the number of records and the record length in step S2. 【0070】このファイル容量の算出には図7の監視ファイル用プログラム情報40に格納している格納件数予測式88を使用する。 [0070] This is the calculation of file volume using the stored number prediction equation 88 that contains the audit file program information 40 of FIG. 次にステップS3で実ファイルの格納ディスク及び拡張ディスクの空きディスク容量、ファイル拡張可能容量及びテーブルスペース空き容量の3 Then the free disk space of the storage disks and the expansion disk of the real file in step S3, the file extension capacity and 3 of the table space free space
つを取得する。 One to get. この3つの空き容量を加算することでトータル的な空き容量が分かる。 Total specific free capacity is found by adding the three space. 【0071】そしてステップS4で、ステップS2で求めた必要とするファイル容量とステップS3で求めた空き容量とを比較し、拡張対象ファイルの創成領域を確保可能か否かをチェックする。 [0071] In step S4, compared with the free space obtained by the file capacity and step S3 in need found in step S2, checks whether it is possible secure the creation area of ​​the extended target file. 【0072】必要ファイル容量が空き容量より多ければ領域確保ができないことから、ステップS11で異常処理を行い、入力ファイルデータを退避ファイルに累積蓄積で保存した後、業務処理を停止する。 [0072] Since the required file capacity can not be a region secured amount exceeds the free space, performs a fault processing in step S11, after storage at accumulation and storage in the save file input file data, to stop the business process. 必要ファイル容量が空き容量未満であれば拡張対象ファイルの創成領域の確保が可能であることから、ステップS5に進み、データベース及び一般ファイルの領域拡張パラメータを編集する。 Since required file capacity is possible to secure the creation area of ​​the extended target file is less than the free space, the process proceeds to step S5, to edit the region expansion parameters of a database and a general file. 【0073】続いてステップS6で拡張対象ファイルの現在の格納データを別領域に退避した後、ステップS7 [0073] Then after saving the current data stored in the extended target file in step S6 in separate areas, step S7
で拡張対象ファイルの再創成を実行する。 In to run the re-creation of expansion target file. ステップS7 Step S7
で拡張対象ファイルの再創成が済んだならば、ステップS8で退避データを再創成後の拡張対象ファイルに復元する。 If in after completion re creation of expansion target file to restore the saved data to the re-creation after expansion target file in Step S8. 【0074】続いて図11のステップS9に進み、拡張の済んだ該当ファイルの監視ファイル用ファイル情報3 [0074] Then, the program proceeds to step S9 in FIG. 11, the monitoring file for the file information 3 after completion of the expansion corresponding file
8の中の最大格納件数68、格納DisK名76を更新し、更に拡張済フラグ74を1に更新する。 Maximum storage number 68 in the 8, and updates the stored DisK name 76, further updates the extended flag 74 to 1. このステップS9による監視ファイル用ファイル情報の更新により、図4における処理準備部22による処理前の監視ファイル用ファイル情報38aは、その出力側に示す監視ファイル用ファイル情報38bとなる。 By updating the audit file file information by the step S9, the audit file file information 38a before processing by the processing preparation unit 22 in FIG. 4 is a monitor file file information 38b shown in its output. 【0075】以上のステップS5〜S9の処理を、ステップS10でアラームフラグ=1で且つ拡張済フラグ= [0075] The processing of steps S5 to S9, and extension flag Alarm Flag = 1 at step S10 =
0のファイルレコード情報がなくなるまで繰り返す。 File records information of 0 is repeated until no. 【0076】図13は、図8のステップS5における実行制御文編集処理の詳細を示したフローチャートである。 [0076] Figure 13 is a flowchart showing details of the execution control statements editing process in step S5 in FIG. 8. この実行制御文編集処理にあっては、領域不足の発生で拡張処理が行われたファイル情報レコードに対応する業務処理制御文を実行する上で必要な情報である監視ファイルのファイル情報及びプログラム情報を編集する処理である。 In the this execution control statement editing process, the file information and program information for audit file is information necessary for executing the business process control statement corresponding to the file information record expansion processing in generating lack of space has been performed it is a process of editing. 【0077】まずステップS1で、図4の実行制御文編集部24は監視ファイル用ファイル情報38bを読み込み、アラームフラグ=1の全レコード情報をテーブル内に取得する。 [0077] First, in step S1, execution control statements editing unit 24 of FIG. 4 reads the audit file file information 38b, and acquires all records information of the alarm flag is 1 in the table. 次にステップS2でアラームフラグ=1のレコードが存在するか否か判定し、存在しなければ図1 Then determines whether there is alarm flag = 1 record in step S2, Figure 1 if there
4を経て図8のメインルーチンにリターンし、ステップS6の業務処理を実行する。 4 through the return to the main routine of FIG. 8, executing the business process in step S6. 【0078】ステップS2でアラームフラグ=1のレコードが存在する場合には、ステップS3に進み、業務処理実行制御文レコードを監視ファイル用プログラム情報40のプログラム単位に読み込む。 [0078] If there is an alarm flag = 1 record in step S2, the process proceeds to step S3, reads the business process execution control statement records the program unit of the monitoring file program information 40. 続いてステップS4 Subsequently, in step S4
で、読み込まれた業務処理用実行制御文レコードに記述されているファイル名とステップS1で読み込んだテーブル内の監視用ファイル情報のファイル名を比較し、ステップS5でファイル名がマッチングするか否かの判定を行う。 In compares the file name of the monitoring file information in loaded work processing read in the execution control statements file name and the step S1 described in the record table, whether the file name in step S5 is matched a determination is made of. 【0079】ファイル名がマッチングしなければ、ステップS7に進み、該当プログラム単位の複数の業務処理実行制御文レコードを出力ファイルに書き込み、編集処理は行わない。 [0079] The file name is to be matching, the process proceeds to step S7, writing a plurality of business process execution control statements record of the relevant program unit in the output file, the editing process is not performed. 【0080】ステップS5でファイル名がマッチングすれば、ステップS6に進み、該当プログラム名を基に監視用プログラム情報を取得する。 [0080] If the matching file names in step S5, the process proceeds to step S6, and acquires the monitoring program information based on the corresponding program name. 次にステップS8で監視ファイル用ファイル情報の格納ディスク名及び監視ファイル用プログラム情報の格納件数予測式を基に、ストック系ファイル情報の格納ディスク名及びフロー系ファイル(一時)の領域パラメータを算出して置き換える編集処理を行い、編集の済んだプログラム単位の複数の該当レコードを出力ファイルに書き込む。 Then based storage disk name audit file for file information and stores the number prediction equation of monitoring file program information in step S8, the calculated region parameter storage disk name and flow system files stock system file information (temporarily) It performs the editing process to replace Te, written to the output file a multiple of the record of the program unit that finished the editing. 【0081】このようなステップS3〜S8の処理を、 [0081] Such processes of steps S3~S8,
図14のステップS9で業務処理実行制御文レコードがなくなるまで繰り返す。 Repeated in step S9 of FIG. 14 until there is no task processing execution control statement records. 業務処理実行制御文レコードがなくなれば、ステップS10に進み、テーブル内のファイル情報を基に監視ファイル用ファイル情報のアラームフラグ及び拡張済フラグを全て0に更新し、一連の実行制御文編集処理を終了して図8のメインルーチンに戻り、ステップS6の業務処理を実行することになる。 If there is no task processing execution control statement record, the process proceeds to step S10, and updates all 0 the alarm flag and extension flag of the file information monitoring file file information based in the table, a series of execution control statements editing process returning to the main routine in FIG. 8 ends, and executes the business process in step S6. 【0082】次に本発明の計算機業務処理システムにインストールされるプログラム、及びプログラムを格納した記録媒体について説明する。 [0082] Next program installed in the computer business processing system of the present invention, and programmed for a recording medium which stores will be described. 本発明の計算機業務処理用プログラムはCD−ROMやフロッピィディスクなどの可搬型記憶媒体に記憶され、例えば図3のハードウェア構成を持つクラスタマシンのCD−ROMドライバやフロッピィディスクドライバにセットされた状態でインストールされて磁気ディスク装置7に記憶され、ここから主記憶装置3に展開され、CPU2により実行されることで、図4の機能構成に示した処理機能を実現する。 State machine operations processing program of the present invention is stored in a portable storage medium such as a CD-ROM or floppy disk, set in the CD-ROM driver or floppy disk driver cluster machine with the hardware configuration of FIG. 3, for example in is installed it is stored in the magnetic disk device 7 is deployed from here into the main memory 3, by being executed by CPU 2, to implement the processing functions shown in the functional configuration of FIG. 【0083】また本発明の計算機業務処理プログラムは、ネットワークを介して接続される他のシステムや装置の記録媒体に記録され、通信制御装置を利用してダウンロードして取得し、装置の補助記憶装置や主記憶装置に格納してもよい。 [0083] The computer work processing program of the present invention may be recorded in a recording medium of other systems and devices that are connected via a network, acquires download using the communication control device, an auxiliary storage device of the device and it may be stored in the main storage device. 【0084】このように記憶媒体に格納された計算機業務処理プログラムは、図8から図14のフローチャートに示した処理を実行する。 [0084] Thus computer work processing program stored in the storage medium executes the processing shown in the flowchart of FIG. 14 from FIG. 【0085】なお上記の実施形態は計算機業務処理システムとしてバッチ処理を行うクラスタ計算機システムを例にとるものであったが、本発明はこれに限定されず、 [0085] Note that the above embodiment is a cluster computer system to perform the batch processing were those taken as an example as the computer business processing system, the present invention is not limited thereto,
適宜の計算機システムにそのまま適用することができる。 It can be directly applied to an appropriate computer system. また上記の実施形態は請求書発行指示を入力ファイルデータとして請求書ファイルを作成する業務処理を例にとっているが、これも一例に過ぎず、適宜の計算機業務を含むことはもちろんである。 The above embodiment has taken an example business process to create an invoice file as input file data invoicing instructions, which is also only one example, it is a matter of course that includes an appropriate computer business. 【0086】更に上記の実施形態の事前チェック処理にあっては、入力データファイルの業務処理におけるファイルの領域不足を判断して領域拡張処理を自動的に行い、更に入力ファイルデータをチェックして、不正入力データが存在したときに、これを排除するようにしているが、本発明の別の実施形態にあっては入力データファイルの領域不足を判定して拡張処理を行うだけの処理を事前チェック処理及びファイル自動設定処理で行い、入力ファイルデータの不正データのチェック処理を外すようにしてもよい。 [0086] In the further pre-check process embodiments described above, the input to determine the lack of space the file in the commercial processing of data files automatically performs region expansion processing, and further checks the input file data, when incorrect input data is present, but so as to eliminate this, another in the embodiment pre-check processing only by expanding processing to determine the lack of space input data file of the present invention done in processing and file automatic setting process, it is also possible to remove the check processing of incorrect data in the input file data. 【0087】更に本発明は、その目的と利点を損なわない適宜の変形を含み、更に上記の実施形態に示した数値による限定は受けない。 [0087] The present invention includes arbitrary modifications that do not impair the object and advantages thereof and is not limited by the numerical values ​​shown in the above embodiments. 【0088】 【発明の効果】以上説明してきたように本発明によれば、業務処理開始前の準備処理として、新たな入力データの業務処理によってデータベースや一般ファイルの記憶領域の容量不足が発生するか否かを事前にチェックし、不足する場合には自動的に拡張処理を行うことで、 [0088] According to the present invention as has been described above, according to the present invention, as a preparation process before business processing starts, the capacity shortage of the storage area of ​​the database or a general file is generated by the business processing new input data Check whether or not in advance, by performing an automatic extension processing in the case of shortage,
運用中にデータベース及び一般ファイルに領域不足が発生してシステム停止に至ることを確実に防止できる。 It can be reliably prevented insufficient space in the database and general file reaches the system stop occurs during operation. 【0089】また事前チェックの際に入力データの中に不正入力データが存在するか否か判定し、不正入力データが存在した場合には、この不正入力データを業務処理の対象から除外して別のファイルに格納することで、入力不正データの存在による業務処理中のシステム停止を確実に防止することができる。 [0089] The determination whether illegal input data in the input data when the pre-check is present, when a bad input data exists, another excludes the fraudulent input data from the target business processing of by storing a file, it is possible to reliably prevent the system stops during business process due to the presence of the input incorrect data. 【0090】更に本発明にあっては、事前チェックで処理不可能な場合、またはファイルの領域不足に対し拡張不可能な場合には、異常処理により業務処理を停止することになるが、この業務処理の停止に際しフロントシステムから投入された入力データについて、退避ファイルなどの別ファイルに追加蓄積して保存した後に業務処理を停止することで、一度フロントシステムから投入された入力データが業務処理を停止しても計算機内に退避されて保存されており、異常停止に対するリカバリを行って復旧した後にフロントシステム側に依存することなく、蓄積保存している入力データを使用して正常な業務処理を容易に再開することができる。 [0090] In the present invention further, if pre-check in a non processing, or if not possible extensions to lack of space the file, but will stop the task processing by the abnormality processing, the business for input data input from the front system upon stopping of processing, after saving by adding accumulated in a separate file by stopping the business process, once the input data input from the front system business processing stops, such as saving a file and which it is stored also retracted in a computer and, without depending on the reception system side after recovering performing recovery against abnormal stop, facilitate normal business processing by using the input data have accumulated preserved it can be resumed.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の原理説明図【図2】本発明が適用されるクラスタ構成の計算機業務処理システムのブロック図【図3】図2に対応したハードウェア構成のブロック図【図4】本発明による計算機業務処理の機能構成を示したブロック図【図5】図4の監視ファイル用ジョブ情報の説明図【図6】図4の監視ファイル用ファイル情報の説明図【図7】図4の監視ファイル用プログラム情報の説明図【図8】本発明による計算機業務処理の概略手順を示したフローチャート【図9】図8の事前チェック処理の詳細を示したフローチャート【図10】図8のファイル自動設定処理の詳細を示したフローチャート【図11】図10に続くファイル自動設定処理の詳細を示したフローチャート【図12 】図9及び図10におけ A view for describing the principles of BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] The present invention Figure 2 the present invention the applied cluster configuration computer business processing system block diagram Figure 3 hardware configuration corresponding to FIG. 2 block diagram showing a functional configuration of the computer business processing by the block diagram FIG. 4 the invention Figure 5 is an explanatory diagram of a monitoring file for the job information of FIG. 4 and FIG. 6 is an explanatory diagram of a monitoring file for file information of FIG. 4 FIG. 7 is a flowchart 9 shows a schematic procedure of a computer work processing by the monitoring illustration file program information [8] the present invention in FIG. 4 flow chart Figure showing details of the pre-check process in FIG. 8 10] put in the flowchart FIG. 11 is a flowchart 12 showing a subsequent file automatic setting processing details in FIG. 10] FIGS. 9 and 10 showing the details of the file automatic setting processing of FIG. 8 異常処理の詳細を示したフローチャート【図13】図8の実行制御文編集処理の詳細を示したフローチャート【図14】図13に続く実行制御文編集処理の詳細を示したフローチャート【符号の説明】 10:計算機業務処理システム12−1〜12−3:クラスタ14:システム記憶装置16−1,16−2:データベース18:システムボリューム(システムストレージ) 22:処理準備部24:実行制御文編集部26:業務処理実行部28:異常処理部30:事前チェック処理部32:ファイル自動設定処理部34:業務処理パラメータ36,36a,36b:監視ファイル用ジョブ情報38,38a,38b:監視ファイル用ファイル情報40:監視ファイル用プログラム情報42a,42b:業務処理実行制御文情報66:格納件 [Description of symbols is a flowchart showing details of the flow chart FIG. 13 is a flowchart Figure 14 shows the details of the execution control statements editing process of FIG. 8 Fig. 13 followed by the execution control statements editing process showing the details of the abnormality processing 10: computer work processing system 12-1 to 12-3: cluster 14: system memory device 16-1 and 16-2: database 18: system volume (system storage) 22: processing preparation 24: execution control statement editing unit 26 : work process executing unit 28: error processing unit 30: pre-check processing unit 32: file automatic setting processing unit 34: business processing parameter 36, 36a, 36b: audit file for the job information 38, 38a, 38b: file information for monitoring file 40: monitoring file for the program information 42a, 42b: business process execution control statement information 66: storage matter 68:最大格納件数72:アラームフラグ74:拡張済フラグ 68: maximum storage number 72: alarm flag 74: extension flag

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】データを入力して所定の業務処理を実行する計算機業務処理方法に於いて、 前記業務処理の実行前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、前記業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別する事前チェックステップと、 前記事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、前記記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、前記記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップと、を備えたことを特徴とする計算機業務処理方法。 And [claimed 1] to input data at the computer business processing method for executing predetermined business processing, before execution of the business process, the storage capacity required for business processing of the input data determined, the comparison with the current free storage capacity of the business process storage area corresponding to a pre-check step of determining whether the capacity shortage, when capacity shortage in the pre checking step is determined, the storage area after the data stored and saved to a separate region, it performs an expansion process for expanding the storage area, a storage area setting step for restoring the retracted after a successful completion of the expansion process the data in the extension already storage area, computer work processing method characterized by comprising a. 【請求項2】請求項1記載の計算機業務処理方法に於いて、前記事前チェックステップは、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納することを特徴とする計算機業務処理方法。 Wherein at the computer work processing method according to claim 1, wherein the pre-check step checks the input data to determine an illegal input data, incorrect input data is determined from the target data of the business process computer work processing method characterized by storing in a separate area to the exclusion. 【請求項3】請求項1記載の計算機業務処理方法に於いて、前記入力データはファイルデータであり、前記事前チェックステップは、現在のファイル格納件数に入力したファイルデータの件数を加えた実ファイル件数をカウントし、カウントした実ファイル件数と最大格納件数を比較して、入力データの業務処理に必要な記憶容量が不足するか否か判別することを特徴とする計算機業務処理方法。 3. In the computer business processing method according to claim 1, wherein said input data is a file data, the pre-check step, the actual plus the number of file data input into the current file storage Number counting the file number, by comparing the actual file number and the maximum storage number counted, computer work processing method characterized by determining whether or not a shortage of storage capacity required for business processing of the input data. 【請求項4】請求項1記載の計算機業務処理方法に於いて、前記記憶領域設定ステップは、記憶領域の拡張不可能な場合は、前記入力データを別の記憶領域に退避して保存した後に業務処理を停止させる異常処理を実行させることを特徴とする計算機業務処理方法。 4. In the computer business processing method according to claim 1, wherein the storage region setting step, when the extended impossible storage area, after storage saves the said input data to another storage area computer work processing method characterized in that to perform the error processing for stopping the business processing. 【請求項5】データを入力して所定の業務処理を実行する計算機業務処理装置に於いて、 前記業務処理の実行前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、前記業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェック処理部と、 前記事前チェック処理部で容量不足が判別された場合に、前記記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、前記記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定部と、を備えたことを特徴とする計算機業務処理装置。 5. In the computer business processing apparatus for executing predetermined business processes to input data, prior to execution of the business process, determine the storage capacity required for business processing of the input data, to the business processing compared to the current free storage capacity of the corresponding storage areas, as well as determine whether the capacity shortage, and check the input data to determine an illegal input data, to exclude illegal input data is determined from the target data of the business process a pre-check processing unit for storing in a separate area Te, when the capacity shortage in the pre-check processing unit is determined, after saving the data stored in the storage area to another area, the storage area perform an advanced process for expanding the computer business processing apparatus characterized by comprising a storage area setting unit for restoring the retracted after a successful completion of the expansion process the data in the extension already storage area. 【請求項6】コンピュータに、 入力データの業務処理を実行する前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、前記業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェックステップと、 前記事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、前記記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、前記記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップと、を実行させることを特徴とするプログラム。 6. A computer, before performing the task processing of the input data, determine the storage capacity required for business processing of the input data, as compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, together determine the presence or absence of lack of capacity, by checking the input data to determine an illegal input data, and pre-checking step to be stored in a separate area to the exclusion of illegal input data is determined from the target data of the business process, pre articles If the capacity shortage is judged in the previous checking step, after saving the data stored in the storage area to another area, it executes the expansion process for expanding the storage area, and retracted after the successful completion of the expansion process a program characterized by executing a storage region setting step of restoring the data to the packed and extended memory area, the. 【請求項7】コンピュータに、 入力データの業務処理を実行する前に、入力データの業務処理に必要な記憶容量を求め、前記業務処理に対応した記憶領域の現在の空き記憶容量と比較し、容量不足の有無を判別すると共に、入力データをチェックして不正入力データを判別し、判別した不正入力データを業務処理の対象データから除外して別の領域に格納する事前チェックステップと、 前記事前チェックステップで容量不足が判別された場合に、前記記憶領域に格納されているデータを別領域に退避した後に、前記記憶領域を拡張する拡張処理を実行し、拡張処理の正常終了後に退避したデータを拡張済みの記憶領域に復元する記憶領域設定ステップと、を実行させるプログラムを格納したコンピュータ読取可能な記録媒体。 7. A computer, before performing the task processing of the input data, determine the storage capacity required for business processing of the input data, as compared to the current free storage capacity of the storage area corresponding to the business process, together determine the presence or absence of lack of capacity, by checking the input data to determine an illegal input data, and pre-checking step to be stored in a separate area to the exclusion of illegal input data is determined from the target data of the business process, pre articles If the capacity shortage is judged in the previous checking step, after saving the data stored in the storage area to another area, it executes the expansion process for expanding the storage area, and retracted after the successful completion of the expansion process computer-readable recording medium and the storage area setting step, a program for executing the stored restore data to the extended pre storage area.
JP2001299243A 2001-09-28 2001-09-28 Method and device for processing computer operation, program, and recording medium Pending JP2003108410A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001299243A JP2003108410A (en) 2001-09-28 2001-09-28 Method and device for processing computer operation, program, and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001299243A JP2003108410A (en) 2001-09-28 2001-09-28 Method and device for processing computer operation, program, and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003108410A true true JP2003108410A (en) 2003-04-11

Family

ID=19120027

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001299243A Pending JP2003108410A (en) 2001-09-28 2001-09-28 Method and device for processing computer operation, program, and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003108410A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007510231A (en) * 2003-10-29 2007-04-19 オラクル・インターナショナル・コーポレイション Tracking space used in the database
JP2015230605A (en) * 2014-06-05 2015-12-21 東芝テック株式会社 Information processing device and information processing program

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007510231A (en) * 2003-10-29 2007-04-19 オラクル・インターナショナル・コーポレイション Tracking space used in the database
JP2015230605A (en) * 2014-06-05 2015-12-21 東芝テック株式会社 Information processing device and information processing program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7222133B1 (en) Method for reducing database recovery time
US5724581A (en) Data base management system for recovering from an abnormal condition
US7506195B2 (en) Operation management method and operation management server
US5621795A (en) System and method for fault tolerant key management
US6405329B1 (en) Method and apparatus for HDD time stamp benchmark and installation identification
US6286113B1 (en) Method of making protected changes to data stored in a database, as well as database system and network element equipped therewith
US6185699B1 (en) Method and apparatus providing system availability during DBMS restart recovery
US20080040385A1 (en) Apparatus and Method for Hardware-Based File System
US6308287B1 (en) Transaction processing system, method and computer program product
US20030158944A1 (en) Software control in a business transaction environment
US20100114841A1 (en) Referential Integrity, Consistency, and Completeness Loading of Databases
US20050076070A1 (en) Method, apparatus, and computer readable medium for managing replication of back-up object
US6934877B2 (en) Data backup/recovery system
US20120089572A1 (en) Automated and self-adjusting data protection driven by business and data activity events
US20070112893A1 (en) Computer system, management computer, storage system, and backup management method
US20050028022A1 (en) Method and apparatus for data recovery system using storage based journaling
US20050086231A1 (en) Information archiving software
US20070250673A1 (en) Computer backup system
US20070043973A1 (en) Isolating and storing configuration data for disaster recovery for operating systems providing physical storage recovery
US6732123B1 (en) Database recovery to any point in time in an online environment utilizing disaster recovery technology
US20050192991A1 (en) System recovery method and computer system using the same
US7386752B1 (en) Using asset dependencies to identify the recovery set and optionally automate and/or optimize the recovery
US6993537B2 (en) Data recovery system
US7640454B1 (en) System and method for point-in-time recovery of application resource sets
US20030135478A1 (en) Method and system for online reorganization of databases

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040824

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071211

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080408