JP2003064815A - Attaching structure for curtain wall unit - Google Patents

Attaching structure for curtain wall unit

Info

Publication number
JP2003064815A
JP2003064815A JP2001259710A JP2001259710A JP2003064815A JP 2003064815 A JP2003064815 A JP 2003064815A JP 2001259710 A JP2001259710 A JP 2001259710A JP 2001259710 A JP2001259710 A JP 2001259710A JP 2003064815 A JP2003064815 A JP 2003064815A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
attached
curtain wall
wall unit
concrete
base frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001259710A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takahiko Kato
隆彦 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Homes Co Ltd
Original Assignee
Panahome Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Panahome Corp filed Critical Panahome Corp
Priority to JP2001259710A priority Critical patent/JP2003064815A/en
Publication of JP2003064815A publication Critical patent/JP2003064815A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To facilitate and shorten time of construction work to use different types of curtain walls, to easily correspond to a variety of heights, and to facilitate setting of position and size of a window frame sash. SOLUTION: The curtain wall unit 3 is formed by attaching a plurality of concrete panels 2 to a backing frame 1. The curtain wall unit 3 is attached to a building structure 4 at a backing frame 1 portion.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、カーテンウォール
ユニットの取付け構造に関するものである。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a curtain wall unit mounting structure.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来ALCパネル等のコンクリート系パ
ネルよりなるカーテンウォール20は図11に示すよう
にカーテンウォール20を梁4a等の建物構造体4に連
結金具21を介して取付けているのが一般的である。と
ころが、このような従来例にあっては、ALCパネル等
のコンクリート系パネルよりなるカーテンウォール20
を一枚一枚クレーンで吊り上げて連結金具21を用いて
梁4a等の建物構造体4に取付けているので、施工性が
非効率的で、しかも取付け作業が面倒で施工時間が長い
という問題があった。また、ALCパネル等のコンクリ
ート系パネルは工場で生産してトラック等で現場に運ぶ
ため、厚みが厚く且つ大型のものは搬送が困難で、重量
大・非効率な荷積みをしなければならないので、かけや
割れなど品質低下が生じるという問題がある。
2. Description of the Related Art Conventionally, a curtain wall 20 made of a concrete type panel such as an ALC panel is generally attached to a building structure 4 such as a beam 4a through a connecting metal fitting 21 as shown in FIG. Target. However, in such a conventional example, the curtain wall 20 made of a concrete panel such as an ALC panel is used.
Since each of them is lifted up by a crane and attached to the building structure 4 such as the beam 4a by using the connecting fittings 21, the workability is inefficient, and the installation work is troublesome and the construction time is long. there were. In addition, concrete panels such as ALC panels are produced in factories and transported to the site by trucks, etc. Therefore, thick and large panels are difficult to transport, and heavy and inefficient loading is required. However, there is a problem that quality deterioration such as cracking and cracking occurs.

【0003】また、従来にあっては窓枠は直接建物構造
体4に固定していたので、窓枠が層間変形を受けやすい
という問題がある。
Further, in the past, since the window frame was directly fixed to the building structure 4, there is a problem that the window frame is susceptible to interlayer deformation.

【0004】[0004]

【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑
みてなされたものであり、パネルの大型化が可能となっ
て施工の短縮、合理化が図れ、施工が短期間ででき、更
に窓枠サッシが層間変形を受けることがないカーテンウ
ォールユニットの取付け構造を提供することを課題とす
るものである。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made in view of the above points, and it is possible to increase the size of a panel, shorten the construction, and rationalize the construction. An object of the present invention is to provide a mounting structure for a curtain wall unit in which the frame sash is not subjected to interlayer deformation.

【0005】[0005]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に本発明に係るカーテンウォールユニットの取付け構造
は、下地フレーム1に複数枚のコンクリート系パネル2
を取着してカーテンウォールユニット3を形成し、この
カーテンウォールユニット3を下地フレーム1部分にお
いて建物構造体4に取付けて成ることを特徴とするもの
である。このように、複数枚のコンクリート系パネル2
を取着したカーテンウォールユニット3を下地フレーム
1部分で建物構造体4に取着する構成とすることで施工
の短縮化が図れ、施工が容易に行えることになる。ま
た、コンクリート系パネル2にタイル仕上げ等をする場
合でも、コンクリート系パネル2の一枚毎に伸縮目地を
設ける必要がなくなり、意匠性も向上する。更に、目地
処理箇所数が減少することで、レインバリアとウインド
ウバリアを設置した目地状態とした場合、オープンジョ
イントの採用が容易にできる。また、現場で下地フレー
ム1を組み立て、この下地フレーム1に現場で複数枚の
コンクリート系パネル2を取着することで、大型のカー
テンウォールユニット3を形成したり、あるいは下地フ
レーム1の大きさを現場の階高に対応させることで、簡
単に様々な階高さに対応することが可能となる。また、
下地フレーム1に種類の異なる複数枚のコンクリート系
パネル2を取着することができてオリジナルなコンクリ
ート系パネル2だけでなく一般市販の多様なコンクリー
ト系パネル2を使用できるものである。
In order to solve the above problems, a curtain wall unit mounting structure according to the present invention has a base frame 1 and a plurality of concrete panels 2.
The curtain wall unit 3 is attached to form the curtain wall unit 3, and the curtain wall unit 3 is attached to the building structure 4 at the base frame 1 portion. In this way, multiple concrete panels 2
The construction in which the attached curtain wall unit 3 is attached to the building structure 4 at the base frame 1 portion can shorten the construction and facilitate the construction. Further, even when the concrete-based panel 2 is tiled or the like, it is not necessary to provide expansion joints for each of the concrete-based panels 2, and the design is improved. Further, since the number of joint processing points is reduced, it is possible to easily adopt the open joint when the rain barrier and the window barrier are installed in the joint state. In addition, by assembling the base frame 1 on site and attaching a plurality of concrete-based panels 2 to the base frame 1 on site, a large curtain wall unit 3 is formed or the size of the base frame 1 is increased. By adapting to the floor height of the site, it becomes possible to easily adapt to various floor heights. Also,
A plurality of different types of concrete panels 2 can be attached to the base frame 1, and not only the original concrete panel 2 but also various commercially available concrete panels 2 can be used.

【0006】また、下地フレーム1に複数枚のコンクリ
ート系パネル2を取着すると共に窓枠サッシ5を取着し
てカーテンウォールユニット3を形成することが好まし
い。このように複数枚のコンクリート系パネル2を取着
したカーテンウォールユニット3に窓枠サッシ5を組み
込むことで、窓枠サッシ5付きのカーテンウォールユニ
ット3を形成することができるだけでなく、下地フレー
ム1への窓枠サッシ5の組み込み位置を選択したり、組
み込む窓枠サッシ5の大きさを選択することで、大型の
カーテンウォールユニット3に組み込む窓枠サッシ5の
位置や大きさの設定が容易となるものである。また、窓
枠サッシ5は建物構造体4には固定されず、下地フレー
ム5に取着されるので、層間変形を受けないものであ
る。
It is preferable that a plurality of concrete panels 2 are attached to the base frame 1 and a window frame sash 5 is attached to form the curtain wall unit 3. By thus incorporating the window frame sash 5 into the curtain wall unit 3 to which a plurality of concrete panels 2 are attached, not only the curtain wall unit 3 with the window frame sash 5 can be formed, but also the base frame 1 It is easy to set the position and size of the window frame sash 5 to be installed in the large curtain wall unit 3 by selecting the installation position of the window frame sash 5 into the window and selecting the size of the window frame sash 5 to be installed. It will be. Further, since the window frame sash 5 is not fixed to the building structure 4 but attached to the base frame 5, it does not undergo interlayer deformation.

【0007】尚、コンクリート系パネル2は軽量系のコ
ンクリート板としてもよいものである。
The concrete panel 2 may be a lightweight concrete plate.

【0008】[0008]

【発明の実施の形態】以下、本発明を添付図面に示す実
施形態に基づいて説明する。
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION The present invention will be described below based on the embodiments shown in the accompanying drawings.

【0009】本発明のカーテンウォールユニット3は、
金属製の縦枠1a、横枠1bを枠組み一体化して形成し
た下地フレーム1に複数枚のコンクリート系パネル2を
取着して構成してある。ここで、下地フレーム1に複数
枚のコンクリート系パネル2のみを取着してカーテンウ
ォールユニット3を構成する場合と、下地フレーム1に
複数枚のコンクリート系パネル2と窓枠サッシ5とを取
着してカーテンウォールユニット3を形成する場合とが
ある。
The curtain wall unit 3 of the present invention is
A plurality of concrete panels 2 are attached to a base frame 1 formed by integrally forming a metal vertical frame 1a and a horizontal frame 1b. Here, when the curtain wall unit 3 is configured by attaching only a plurality of concrete-based panels 2 to the base frame 1, and when the plurality of concrete-based panels 2 and the window frame sash 5 are attached to the base frame 1. Then, the curtain wall unit 3 may be formed.

【0010】図1、図6にはその一実施形態が示してあ
り、下地フレーム1に横方向に複数のコンクリート系パ
ネル2を取着すると共に上下方向に複数段(図1、図6
の実施形態では2段)にコンクリート系パネル2を取着
し、更に上下段のコンクリート系パネル2間に窓枠サッ
シ5を組み込んで取着してある。上下に複数段コンクリ
ート系パネル2を取着する場合、あるいは上下に複数段
コンクリート系パネル2、窓枠サッシ5を取着する場合
等においては、下地フレーム1に中横枠1b’を架設し
てコンクリート系パネル2や窓枠サッシ5を取着するも
のである。すなわち図1に示す実施形態においては、上
段のコンクリート系パネル2の上端部を上の横枠1bに
ボルトにより取着すると共に上段のコンクリート系パネ
ル2の下端部を上の中横枠1b’にボルトにより取着
し、上の中横枠1b’と下の中横枠1b’に窓枠サッシ
5の上端部と下端部とをビスやボルトにより取着し、更
に、下段のコンクリート系パネル2の上端部を下の中横
枠1b’にボルトにより取着すると共に下段のコンクリ
ート系パネル2の下端部を下の横枠1bにボルトにより
取着するようになっている。コンクリート系パネル2の
下端部を取着するための下の横枠1bや中横枠1b’は
縦片と横片とよりなる断面L字状をしていてコンクリー
ト系パネル2の下端を横片に載置すると共に縦片にボル
トによりコンクリート系パネル2の下端部を取着してい
る。このようにすることで重量のあるコンクリート系パ
ネル2の下端部の支持が確実にでき且つコンクリート系
パネル2の位置決めが容易に行えるものである。
One embodiment is shown in FIGS. 1 and 6, in which a plurality of concrete type panels 2 are attached to a base frame 1 in the horizontal direction and a plurality of stages in the vertical direction (FIGS. 1, 6).
In this embodiment, the concrete-based panel 2 is attached to the second stage, and the window frame sash 5 is further incorporated between the upper and lower concrete-based panels 2 and attached. When installing the multi-tiered concrete panels 2 on the top and bottom, or on the top and bottom of the multi-tiered concrete panels 2 and the window frame sash 5, etc., install the middle horizontal frame 1b 'on the base frame 1. The concrete-based panel 2 and the window frame sash 5 are attached. That is, in the embodiment shown in FIG. 1, the upper end of the upper concrete panel 2 is attached to the upper horizontal frame 1b by bolts, and the lower end of the upper concrete panel 2 is fixed to the upper middle horizontal frame 1b '. Attaching with bolts, the upper and lower ends of the window frame sash 5 are attached to the upper middle horizontal frame 1b 'and the lower middle horizontal frame 1b' with screws or bolts, and further, the lower concrete panel 2 The upper end of the lower concrete horizontal panel 1b 'is attached to the lower middle horizontal frame 1b' by bolts, and the lower end of the lower concrete panel 2 is attached to the lower horizontal frame 1b by bolts. The lower horizontal frame 1b or the middle horizontal frame 1b 'for attaching the lower end of the concrete panel 2 has an L-shaped cross section composed of vertical pieces and horizontal pieces. And the lower end of the concrete panel 2 is attached to the vertical piece by bolts. By doing so, the lower end of the heavy concrete-based panel 2 can be reliably supported and the concrete-based panel 2 can be easily positioned.

【0011】なお、窓枠サッシ5の下地フレーム1への
組み込みはカーテンウォールユニット3を地上であらか
じめ組み立てる際に行っても良く、あるいは、カーテン
ウォールユニット3を後述のようにして建物構造体4に
取付けた後にカーテンウォールユニット3の下地フレー
ム1に窓枠サッシ5を組み込んで取付けてもよいもので
ある。
The window frame sash 5 may be incorporated into the base frame 1 when the curtain wall unit 3 is preassembled on the ground, or the curtain wall unit 3 is attached to the building structure 4 as described later. After the attachment, the window frame sash 5 may be incorporated and attached to the base frame 1 of the curtain wall unit 3.

【0012】ここで、中横枠1b’の数や上下方向の位
置は上下方向に配置するコンクリート系パネル2や窓枠
サッシ5の段数、あるいは上下方向に配置する各段のコ
ンクリート系パネル2や窓枠サッシ5の上下方向の長さ
により設定されるものであり、したがって、上下方向に
配置するコンクリート系パネル2や窓枠サッシ5の段
数、上下方向に配置する各段のコンクリート系パネル2
や窓枠サッシ5の上下方向の長さに応じて中横枠1b’
の数や上下方向の位置を自由に選択することで多種類の
サイズのコンクリート系パネル2や窓枠サッシ5に対応
できるものである。また、下地フレーム1への窓枠サッ
シ5の取付け位置も自由に選択できるものである。つま
り、図では上下のコンクリート系パネル2間に窓枠サッ
シ5を配置したが、図1の例の変形として例えば、最下
段又は最上段に窓枠サッシ5を配置して取着してもよ
く、あるいは上段と下段に窓枠サッシ5を配置して取着
すると共に中間段にコンクリート系パネル2を配置して
取着するようにしてもよく、あるいは上段と中間段又は
下段と中間段に窓枠サッシ5を配置して取着すると共に
下段又は上段にコンクリート系パネル2を配置して取着
するようにしてもよい。
Here, the number and the vertical position of the middle horizontal frames 1b 'are the number of stages of the concrete panel 2 and the window frame sash 5 arranged vertically, or the number of the concrete panels 2 of each stage arranged vertically. It is set by the length of the window frame sash 5 in the vertical direction. Therefore, the concrete panel 2 arranged in the vertical direction, the number of stages of the window frame sash 5, the concrete panel 2 of each stage arranged in the vertical direction.
And the horizontal frame 1b 'according to the vertical length of the window frame sash 5
It is possible to deal with various sizes of concrete-based panels 2 and window frame sashes 5 by freely selecting the number and the vertical position. Further, the mounting position of the window frame sash 5 on the base frame 1 can be freely selected. That is, although the window frame sash 5 is arranged between the upper and lower concrete panels 2 in the drawing, as a modification of the example of FIG. 1, for example, the window frame sash 5 may be arranged at the bottom or the top to be attached. Alternatively, the window frame sashes 5 may be arranged and attached to the upper and lower stages, and the concrete panel 2 may be arranged and attached to the middle stage, or the windows may be attached to the upper and middle stages or the lower and middle stages. The frame sash 5 may be arranged and attached, and the concrete panel 2 may be arranged and attached on the lower or upper stage.

【0013】図1、図6に示す実施形態では下地フレー
ム1に横方向に複数のコンクリート系パネル2を取着す
ると共に上下方向に複数段(図1、図6の実施形態では
2段)にコンクリート系パネル2を取着し、更に上下段
のコンクリート系パネル2間に窓枠サッシ5を取着して
カーテンウォールユニット3を構成した例を示したが、
下地フレーム1に横方向に複数のコンクリート系パネル
2を取着すると共に上下方向に複数段にコンクリート系
パネル2を取着してカーテンウォールユニット3を構成
してもよいものである。
In the embodiment shown in FIGS. 1 and 6, a plurality of concrete panels 2 are attached to a base frame 1 in the lateral direction, and at the same time, in a plurality of vertical steps (two steps in the embodiments of FIGS. 1 and 6). An example is shown in which the concrete system panel 2 is attached and the window frame sash 5 is further attached between the upper and lower concrete system panels 2 to form the curtain wall unit 3.
A plurality of concrete panels 2 may be attached to the base frame 1 in the horizontal direction and a plurality of concrete panels 2 may be attached in the vertical direction to form the curtain wall unit 3.

【0014】また、図7に示すように下地フレーム1に
横方向にのみ複数のコンクリート系パネル2を取着して
カーテンウォールユニット3を構成してもよいものであ
り、また、下地フレーム1は方形のもののみに限定され
ず、図8に示すように上の横枠1bを屋根の傾斜に対応
して傾斜させたものであってもよいものである。
Further, as shown in FIG. 7, a plurality of concrete panels 2 may be attached to the base frame 1 only in the lateral direction to form the curtain wall unit 3, and the base frame 1 is The shape is not limited to the rectangular shape, and the upper horizontal frame 1b may be inclined corresponding to the inclination of the roof as shown in FIG.

【0015】ここで、上記いずれの実施形態においても
下地フレーム1には図4、図5に示すように、パネル取
着部11と、パネル取着部11の端部から背方に突出し
た背方突出部18に一端部を連設した金具取着部12と
が設けてあり、パネル取着部11にはコンクリート系パ
ネル2の背面部又は窓枠サッシ5の背面部を当接してボ
ルト13やビス等により固着するようになっており、一
方、金具取着部12はパネル取着部11よりも背方側に
ずれて位置しており、パネル取着部11にコンクリート
系パネル2の背面部又は窓枠サッシ5の背面部を取付け
るボルト13やビス等の固着具の頭部が背方側にずれ定
置する金具取着部12よりも背方側に突出しないように
なっている。
In any of the above embodiments, as shown in FIGS. 4 and 5, the base frame 1 has a panel attaching portion 11 and a back protruding from the end of the panel attaching portion 11 to the back. A metal fitting attaching portion 12 having one end connected to the one side protruding portion 18 is provided, and the rear surface portion of the concrete-based panel 2 or the rear surface portion of the window frame sash 5 is brought into contact with the panel attaching portion 11 so that the bolt 13 The metal fitting attaching portion 12 is located rearward of the panel attaching portion 11, and the rear surface of the concrete panel 2 is attached to the panel attaching portion 11. The heads of the fasteners such as bolts 13 and screws for attaching the rear portion of the window portion or the window frame sash 5 to the back side do not protrude further to the back side than the metal fitting attaching portion 12 to be fixed.

【0016】しかして、上記のような構成のカーテンウ
ォールユニット3はあらかあじめ工場で組み立て製造し
て現場に運んだり、あるいは現場の地上で組み立てるも
のであり、下地フレーム1に複数枚のコンクリート系パ
ネル2を取着してカーテンウォールユニット3を形成す
るので、カーテンウォールユニット3として大型のもの
が容易に形成できるものである。特に、現場で組み立て
るものの場合、搬送によるサイズの制約を受けないの
で、トラックでは容易に搬送できないよりいっそう大型
のサイズのものであっても、容易に組み立てることがで
きるものである。この場合、工場で製造して現場に運ぶ
コンクリート系パネル2としては厚みの厚いものであっ
ても、サイズが小さいのもであれば、単板として運ぶこ
とでトラックで運ぶのに支障がなく、これにより厚みの
厚みコンクリート系パネル2を現場に運んで、現場で大
型のサイズの下地フレーム1を組立て、この大型のサイ
ズの下地フレーム1に複数の厚みの厚いコンクリート系
パネル2を取着して大型で厚みの厚いカーテンウォール
ユニット3を構成するようにしてもよいものである。
However, the curtain wall unit 3 having the above-described structure is assembled and manufactured at an Aji Ajime factory and transported to the site, or assembled on the ground at the site. Since the system panel 2 is attached and the curtain wall unit 3 is formed, a large curtain wall unit 3 can be easily formed. In particular, in the case of an on-site assembly, the size is not restricted by transportation, so that even a larger size that cannot be easily transported by a truck can be easily assembled. In this case, even if the concrete panel 2 manufactured in the factory and transported to the site has a large thickness, if it is small in size, it can be transported as a single plate without causing any trouble in transportation by a truck. As a result, the thick concrete-based panel 2 is carried to the site, the large-sized base frame 1 is assembled on the site, and a plurality of thick concrete-based panels 2 are attached to the large-sized base frame 1. The curtain wall unit 3 having a large size and a large thickness may be configured.

【0017】このようにあらかじめ工場で組み立て製造
して現場に運んだり、あるいは現場で組み立てて形成し
た下地フレーム1に複数枚のコンクリート系パネル2を
取着したカーテンウォールユニット3は、現場でクレー
ンで吊り上げ、梁4aや柱等の建物構造体4に連結金具
14を用いて取付けるものである。
As described above, the curtain wall unit 3 in which a plurality of concrete panels 2 are attached to the base frame 1 which is assembled and manufactured in a factory in advance and carried to the site, or assembled and formed on the site is mounted on the site by a crane. It is to be hoisted and attached to the building structure 4 such as the beams 4a and columns using the connecting fittings 14.

【0018】連結金具14は図4、図5に示す実施形態
では横片部14aの一端部から縦片部14bを突設した
断面L状をしたもので、建物構造体4を構成するH鋼等
よりなる梁4aのフランジ部に横片部14aをボルト1
3により取付けてあり、このようにして梁4aに取付け
た連結金具14の縦片部14bにカーテンウォールユニ
ット3の下地フレーム1をボルト13により取付けるも
のである。下地フレーム1にボルト13を取付けるに当
たっては、図4、図5に示すように下地フレーム1の金
具取着部12に取付けるものであり、この場合、連結金
具14はパネル取着部11よりも背方側にずれ定置する
金具取着部12にボルト13により取付けるものであ
り、取付けに当たってボルト13の先端部やナット15
をコンクリート系パネル2と金具取着部12との間に配
置できてコンクリート系パネル2に邪魔されることなく
ボルト13による取付けができるようになっている。こ
こで、ナット15をあらかじめ金具取着部12に溶接等
で固着しておいてもよいものである。
In the embodiment shown in FIGS. 4 and 5, the connecting fitting 14 has an L-shaped cross section in which a vertical piece 14b is projected from one end of the horizontal piece 14a. The horizontal piece 14a is attached to the flange of the beam 4a made of
3, the base frame 1 of the curtain wall unit 3 is attached to the vertical piece 14b of the connecting fitting 14 attached to the beam 4a by the bolt 13 in this manner. When mounting the bolts 13 on the base frame 1, as shown in FIG. 4 and FIG. 5, the bolts 13 are mounted on the metal fitting attaching portion 12 of the base frame 1. It is attached by means of bolts 13 to the metal fittings attaching portion 12 which is displaced and fixed to one side.
Can be disposed between the concrete-based panel 2 and the metal fitting attaching portion 12, and can be mounted by the bolts 13 without being disturbed by the concrete-based panel 2. Here, the nut 15 may be fixed to the metal fitting attaching portion 12 in advance by welding or the like.

【0019】ところで、現場において、カーテンウォー
ルユニット3を上記のようにボルト13により取付ける
ようにすることで、現場における溶接が必要でなく、施
工の効率化が図れ、また、品質低下や火花発生による安
全上の問題が発生しないものである。
By mounting the curtain wall unit 3 with the bolts 13 as described above at the work site, welding at the work site is not required, the construction efficiency can be improved, and the quality deterioration and sparks may occur. There is no safety issue.

【0020】また、下地フレーム1に複数枚のコンクリ
ート系パネル2を取着したカーテンウォールユニット3
は例えば上下の梁4a間の長さと同じ長さ(つまり階高
と同じ長さ)に設定してあり、梁4aに取付けた連結金
具14の縦片部14aの下部に下階のカーテンウォール
ユニット3の下地フレーム1の上端部(つまり上の横枠
1b)をボルト13により取付けると共に該連結金具1
4の縦片部14aの下部に上階のカーテンウォールユニ
ット3の下地フレーム1の下端部(つまり下の横枠1
a)をボルト13により取付けるものである。
A curtain wall unit 3 in which a plurality of concrete panels 2 are attached to a base frame 1
Is set to the same length as the length between the upper and lower beams 4a (that is, the same length as the floor height), and the curtain wall unit on the lower floor is provided below the vertical piece 14a of the connecting fitting 14 attached to the beam 4a. The upper end portion (that is, the upper horizontal frame 1b) of the base frame 1 of 3 is attached by the bolt 13 and
4, the lower end of the base frame 1 of the curtain wall unit 3 on the upper floor (that is, the lower horizontal frame 1).
A) is attached by the bolt 13.

【0021】また、図8に示すように、H鋼よりなる梁
4aの上下のフランジ部にそれぞれ連結金具14を取付
け、梁4aの下のフランジ部に取付けた連結金具14の
下部に下階のカーテンウォールユニット3の下地フレー
ム1の上端部(つまり上の横枠1b)をボルト13によ
り取付け、梁4aの上のフランジ部に取付けた連結金具
14の上部に上階のカーテンウォールユニット3の下地
フレーム1の上端部(つまり上の横枠1b)をボルト1
3により取付け、梁4aの外側方に上下高さ短い梁カバ
ー用のカーテンウォールユニット3’を配置し、梁4a
の下のフランジ部に取付けた連結金具14の上部に梁カ
バー用のカーテンウォールユニット3’の下地フレーム
1の下端部(つまり下の横枠1b)をボルト13により
取付けると共に梁4aの上のフランジ部に取付けた連結
金具14の下部に梁カバー用のカーテンウォールユニッ
ト3’の下地フレーム1の上端部(つまり上の横枠1
b)をボルト13により取付けるものであってもよい。
Further, as shown in FIG. 8, connecting fittings 14 are attached to the upper and lower flange portions of the beam 4a made of H steel, respectively, and the lower portion of the connecting fitting 14 attached to the lower flange portion of the beam 4a is provided on the lower floor. The upper end of the base frame 1 of the curtain wall unit 3 (that is, the upper horizontal frame 1b) is attached by the bolts 13, and the base of the curtain wall unit 3 on the upper floor is attached to the upper part of the connecting fitting 14 attached to the flange portion above the beam 4a. Attach the bolt 1 to the upper end of the frame 1 (that is, the upper horizontal frame 1b).
The curtain wall unit 3'for a beam cover having a short vertical height is arranged on the outer side of the beam 4a.
The lower end (that is, the lower horizontal frame 1b) of the base frame 1 of the curtain wall unit 3'for a beam cover is attached to the upper part of the connecting metal fitting 14 attached to the lower flange part with the bolt 13 and the upper flange of the beam 4a is attached. The upper part of the base frame 1 of the curtain wall unit 3'for the beam cover (that is, the upper horizontal frame 1
The b) may be attached by the bolt 13.

【0022】また、いずれの実施形態においても最下階
においてはカーテンウォールユニット3の下地フレーム
1の下端部を、図10に示すように基礎17上面にアン
カーボルト16により固着した土台や1階用の連結金物
14’にボルト13で取付けるものである。
Further, in any of the embodiments, at the bottom floor, the lower end of the base frame 1 of the curtain wall unit 3 is fixed to the upper surface of the foundation 17 by anchor bolts 16 as shown in FIG. It is attached to the connecting hardware 14 'of FIG.

【0023】なお、建物構造体4に連結金具14を利用
して下地フレーム1を取付け、その後、下地フレーム1
に複数枚のコンクリート系パネル2を取着したり、ある
いは複数枚のコンクリート系パネル2と窓枠サッシ5を
取着するようにしてもよいものである。
The base frame 1 is attached to the building structure 4 using the connecting fittings 14, and then the base frame 1 is attached.
It is also possible to attach a plurality of concrete panels 2 to each other, or to attach a plurality of concrete panels 2 and window frame sashes 5.

【0024】[0024]

【発明の効果】上記のように本発明の請求項1記載の発
明にあっては、下地フレームに複数枚のコンクリート系
パネルを取着してカーテンウォールユニットを形成し、
このカーテンウォールユニットを下地フレーム部分にお
いて建物構造体に取付けるので、従来のようにコンクリ
ート系パネルよりなるカーテンウォールをクレーンによ
り吊り下げて一枚一枚建物構造体に取付けるものに比
べ、複数枚のコンクリート系パネルを下地フレームに取
着したカーテンウォールユニットを建物構造体に取付け
るので、位置決め精度が向上し、現場施工が大幅に簡略
化できて、施工時間も短縮できるものであり、また、現
場で下地フレームを組み立て、この下地フレームに現場
で複数枚のコンクリート系パネルを取着することで、大
型のカーテンウォールユニットを形成したり、あるいは
下地フレームの大きさを現場の階高に対応させること
で、簡単に様々な階高さに対応することが可能となり、
また、下地フレームに種類の異なる複数枚のコンクリー
ト系パネルを取着することができてオリジナルなコンク
リート系パネルだけでなく一般市販の多様なコンクリー
ト系パネルを使用でき、外観のバリエーションが豊富に
なる。
As described above, according to the first aspect of the present invention, a plurality of concrete panels are attached to the base frame to form a curtain wall unit,
Since this curtain wall unit is attached to the building structure at the base frame part, compared to the conventional method of suspending a curtain wall made of concrete panels with a crane and attaching it to the building structure one by one, a plurality of concrete Since the curtain wall unit in which the system panel is attached to the base frame is attached to the building structure, the positioning accuracy is improved, the site construction can be greatly simplified, and the construction time can be shortened. By assembling a frame and attaching a plurality of concrete-based panels to this foundation frame on site to form a large curtain wall unit, or by adapting the size of the foundation frame to the floor height of the site, It is possible to easily accommodate various floor heights,
In addition, a plurality of different types of concrete-based panels can be attached to the base frame, and not only the original concrete-based panels but also various commercially available concrete-based panels can be used.

【0025】また、請求項2記載の発明にあっては、上
記請求項1記載の発明の効果に加えて下地フレームに複
数枚のコンクリート系パネルを取着すると共に窓枠サッ
シを取着してカーテンウォールユニットを形成するの
で、窓枠サッシが建物構造体に固定されないことになっ
て層間変形が生じないものである。また、下地フレーム
への窓枠サッシの組み込み位置を選択したり、組み込む
窓枠サッシの大きさを選択することで、大型のカーテン
ウォールユニットに組み込む窓枠サッシの位置や大きさ
の設定が容易となるものである。
In addition to the effect of the invention described in claim 1, in the invention described in claim 2, a plurality of concrete panels are attached to the base frame and the window frame sash is attached. Since the curtain wall unit is formed, the window frame sash is not fixed to the building structure, so that interlayer deformation does not occur. Also, by selecting the installation position of the window frame sash on the base frame and the size of the window frame sash to be installed, it is easy to set the position and size of the window frame sash to be installed in a large curtain wall unit. It will be.

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】本発明の一実施形態のカーテンウォールユニッ
トの取付け構造の分解斜視図である。
FIG. 1 is an exploded perspective view of a curtain wall unit mounting structure according to an embodiment of the present invention.

【図2】同上のカーテンウォールユニット(図面上窓枠
サッシを省略している)を建物構造体に取付けた状態の
断面図である。
FIG. 2 is a cross-sectional view of the same curtain wall unit (the window frame sash is omitted in the drawing) attached to a building structure.

【図3】同上の横断面図である。FIG. 3 is a transverse sectional view of the above.

【図4】図2のA部分の拡大断面図である。FIG. 4 is an enlarged sectional view of a portion A in FIG.

【図5】図2のB部分の拡大断面図である。5 is an enlarged cross-sectional view of a portion B of FIG.

【図6】同上に用いるカーテンウォールユニットの一実
施形態を示し、(a)は背面図であり、(b)は側断面
図であり、(c)は平断面図である。
6A and 6B show an embodiment of the curtain wall unit used in the above, wherein FIG. 6A is a rear view, FIG. 6B is a side sectional view, and FIG.

【図7】同上に用いるカーテンウォールユニットの他の
実施形態を示し、(a)は背面図であり、(b)は側断
面図であり、(c)は平断面図である。
FIG. 7 shows another embodiment of the curtain wall unit used in the same as above, (a) is a rear view, (b) is a side sectional view, and (c) is a plan sectional view.

【図8】同上に用いるカーテンウォールユニットの更に
他の実施形態を示す背面図である。
FIG. 8 is a rear view showing still another embodiment of the curtain wall unit used in the above.

【図9】同上のカーテンウォールユニットの取付けの他
の実施形態を示す断面図である。
FIG. 9 is a cross-sectional view showing another embodiment of attachment of the curtain wall unit of the above.

【図10】同上のカーテンウォールユニットの基礎への
取付け部分を示す断面図である。
FIG. 10 is a cross-sectional view showing a mounting portion of the above curtain wall unit to a foundation.

【図11】従来例のカーテンウォールの取付けを示す分
解斜視図である。
FIG. 11 is an exploded perspective view showing attachment of a conventional curtain wall.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 下地フレーム 2 コンクリート系パネル 3 カーテンウォールユニット 4 建物構造体 5 窓枠サッシ 1 Base frame 2 Concrete panel 3 Curtain wall unit 4 Building structure 5 window frame sash

Claims (2)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 下地フレームに複数枚のコンクリート系
パネルを取着してカーテンウォールユニットを形成し、
このカーテンウォールユニットを下地フレーム部分にお
いて建物構造体に取付けて成ることを特徴とするカーテ
ンウォールユニットの取付け構造。
1. A curtain wall unit is formed by attaching a plurality of concrete panels to a base frame.
An attachment structure for a curtain wall unit, characterized in that the curtain wall unit is attached to a building structure at a base frame portion.
【請求項2】 下地フレームに複数枚のコンクリート系
パネルを取着すると共に窓枠サッシを取着してカーテン
ウォールユニットを形成して成ることを特徴とする請求
項1記載のカーテンウォールユニットの取付け構造。
2. The attachment of a curtain wall unit according to claim 1, wherein a plurality of concrete panels are attached to the base frame and a window frame sash is attached to form a curtain wall unit. Construction.
JP2001259710A 2001-08-29 2001-08-29 Attaching structure for curtain wall unit Pending JP2003064815A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001259710A JP2003064815A (en) 2001-08-29 2001-08-29 Attaching structure for curtain wall unit

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001259710A JP2003064815A (en) 2001-08-29 2001-08-29 Attaching structure for curtain wall unit

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003064815A true JP2003064815A (en) 2003-03-05

Family

ID=19087038

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001259710A Pending JP2003064815A (en) 2001-08-29 2001-08-29 Attaching structure for curtain wall unit

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003064815A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019011618A (en) * 2017-06-30 2019-01-24 大和ハウス工業株式会社 Structure constructing method
JP2020165246A (en) * 2019-03-29 2020-10-08 大和ハウス工業株式会社 Building construction method

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019011618A (en) * 2017-06-30 2019-01-24 大和ハウス工業株式会社 Structure constructing method
JP2020165246A (en) * 2019-03-29 2020-10-08 大和ハウス工業株式会社 Building construction method
JP7282569B2 (en) 2019-03-29 2023-05-29 大和ハウス工業株式会社 Building construction method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7882665B2 (en) Construction configurations and construction methods of steel houses
JPH102018A (en) Building unit, unit building, and its constructing method
JP2000110287A (en) Fixture assembly of external wall panel
JP2003064815A (en) Attaching structure for curtain wall unit
JP5103108B2 (en) Balcony structure and balcony unit
JPH08312042A (en) Attaching structure for alc panel wall
JPH09291592A (en) Column beam brace connection metallic material
JP2915841B2 (en) Exterior wall structure
JP2002081159A (en) Steel framed house
JP2784113B2 (en) Exterior wall panel mounting structure of building unit
JP7282569B2 (en) Building construction method
JP4044676B2 (en) Unit building
JP2856639B2 (en) Building unit
JPH10121571A (en) Mount structure of handrail wall panel at projected corner
JPS5834899Y2 (en) Structure of the attachment part between the external wall and small pillar using ready-made panels
JP3122340B2 (en) Panel mounting device
JPH0372134A (en) House of framework and panel construction
JPH11200478A (en) Installing structure of veranda handrail wall
JP2854841B2 (en) Panel support structure
JPH04111834A (en) Structure for fitting panel for corner
JPH0742272A (en) Structure for wall surface panel
JPH10317845A (en) Shutter case mounting mechanism
JPH0673801A (en) Building unit
JPH0913558A (en) Mounting structure for external wall panel
JPH0424500B2 (en)

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040715

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040727

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041130