JP2002015005A - Method and system for providing information - Google Patents

Method and system for providing information

Info

Publication number
JP2002015005A
JP2002015005A JP2000195676A JP2000195676A JP2002015005A JP 2002015005 A JP2002015005 A JP 2002015005A JP 2000195676 A JP2000195676 A JP 2000195676A JP 2000195676 A JP2000195676 A JP 2000195676A JP 2002015005 A JP2002015005 A JP 2002015005A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
resource
information
user
resources
providing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000195676A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masatomo Goto
Takahide Muramoto
Kazumi Saito
Toshimitsu Suzuki
Sadao Yashiro
禎夫 屋代
正智 後藤
一実 斉藤
貴英 村本
利光 鈴木
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP2000195676A priority Critical patent/JP2002015005A/en
Publication of JP2002015005A publication Critical patent/JP2002015005A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a system that shares information of resources by associating each resources regardless of the resource location on a network and creators and the like.
SOLUTION: The system generates the link information that links the resources on the network by a user terminal 1 or a server 2 and stores the link information in a link information DB 6. A Proxy server 5 gets contents of a Web page of URL 1 from a WWW server 4 when the user terminal 1 accesses the page of URL 1, for example, and other resource addresses that links to URL 1 from the server 2. The system displays concurrently the Web page and the resource addresses being linked to the page by a Web browser. The Web browser gets the contents of the resource if a user clicks the resource address being linked to the Web page and the browser displays the contents.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ネットワークで情報を参照あるいは提供するための技術に関する。 The present invention relates to relates to a technique for viewing and providing information on the network. 本発明において、リソースとは、テキストデータ、画像データ、プログラム、動画、その他のオブジェクトを含む情報である。 In the present invention, the resource is information including text data, image data, programs, videos, and other objects. 例えばURI等で示されるウェブコンテンツやワープロによって作成されたファイル、ファイルの一部などであっても構わず、データ形式は限定されない。 For example, a file created by the web content and word processors represented by URI or the like, without regard be an part of a file, the data format is not limited.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、ウェブページに対するコメントを他のユーザに通知したり、メール内容に基づいてさらに別のメールやチャットによるメッセージを他のユーザに送るなど、ネットワークを利用した情報の共有形態が発展しつつある。 In recent years, or to notify the comments on the web page to other users, such as sending a message according to yet another e-mail and chat on the basis of e-mail content to other users, shared form of information using the network evolving. ネットワーク上のあるリソースに関連のある付加情報(コメント)を生成し、互いに関連付ける方法として、例えば以下の方法が提供されている。 It generates additional information related to the resources that on the network (comments), as a method of associating with each other, for example, the following methods are provided.

【0003】第1の形態として、図14(a)にワードプロセッサなどエディタの機能を有するアプリケーションにおいて、本文にコメントを追加する例を示す。 [0003] As a first embodiment, the application having a function of a word processor, such as editors in FIG. 14 (a), shows an example of adding a comment to the body. この場合、本文の作者以外の第3者であってもコメントを作成できるものの、本文とコメントとは同一ファイル内にあり、コメントだけを分離して作成することができない。 In this case, although even a third party other than the author of the text can create a comment, the text and comments there in the same file, can not be created by separating only a comment. 従って、複数のユーザが本文及びコメントを同時に共有することができない。 Therefore, it is impossible to multiple users to share text and comment simultaneously.

【0004】第2の形態として、図14(b)に、ウェブページにおけるコメントの参照例を示す。 [0004] As a second embodiment, in FIG. 14 (b), shows a reference example of a comment in the web page. ウェブページの作者であれば、リンク情報をウェブページに書き込むことにより、ウェブページとリンクしたコメントを作成することができる。 If the author of the web page, by writing the link information to the web page, it is possible to create a comment that web page and link. しかも、作成されたコメントはウェブページにアクセスする誰もが共有できる。 Moreover, was created comments everyone can share access to the web page. しかし、 But,
ウェブページの作者以外はコメントを付けることができない。 Other than the author of the web page can not be given a comment.

【0005】第3の形態として、図14(c)に、コメントを追加するためのボタンがウェブページ中に追加されている例を示す。 [0005] As a third embodiment, in FIG. 14 (c), it shows an example where buttons for added is added to the web page. しかし、作成したコメントをウェブページと関連付けて他人に通知するためには、ボタンによって起動される特定のプログラムを予めインストールしたり、ボタンを埋めこんだウェブページを作っておく必要がある。 However, in order to inform the others a comment that was created in association with the web page, or to pre-install a specific program which is activated by a button, it is necessary to create a web page yelling filled the button. 例えばウェブサーフィンをしている最中に参照したウェブページ中の情報を、他の利用者にも通知する場合を考える。 For example, consider the case of notifying also the information in the web page referenced in the midst of a web surfing, to other users. この場合、ボタンで起動される電子メールやチャットプログラムなどを用い、ウェブページの所在(URLなど)と共にコメントを通知するのが通常である。 In this case, using, for example, e-mail and chat program that is activated by the button, to notify the comments along with the location of a web page (such as URL) is normal.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】前述した形態には、それぞれ次のような問題点がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION The above-described embodiment, there are respectively the following problems. 第1の形態においては、コメントだけを分離して作成することができないため、複数のユーザが本文及びコメントを同時に共有することができない。 In the first embodiment, since it is not possible to create separated by the comments can not be multiple users to share text and comment simultaneously. 第2の形態においては、ウェブページを編集する権利を持たない第3者は、コメントへのリンクを勝手にウェブページに書き込むことができない。 In the second embodiment, the third who do not have the right to edit the web page, it is not possible to write a link to the comment to arbitrarily web page. そのため、コメントを本文に連携させることができない。 For this reason, it is not possible to link a comment in the body.

【0007】第3の形態では、メールあるいはそのチャットのメッセージを送られた人以外、ウェブページに関連付けられたコメントを参照することができない。 [0007] In the third form, other than e-mail or the person who sent the chat message, not be able to see the comments that are associated with the web page. 従って、ウェブページの作者以外の人は、不特定多数の人に見てもらいたいコメントをウェブページに関連付けることが難しい。 Therefore, someone other than the author of the web page, it is difficult to associate the comment you'd like to see in an unspecified number of people on the web page. また、コメント作成者は、参照しているウェブページのどの部分についてのコメントかを指定することもできない。 In addition, the comment author, not can also specify whether the comments about any part of the web page to which reference is made. 更に、あるウェブページに関するコメントをメールやチャットで送信すると、コメントと本文との連携関係を明確に記載しておかない限り、連携関係が次第に不明確になる場合がある。 In addition, when you send a comment on a Web page by e-mail or chat, as long as you do not keep to clearly describe the cooperation relationship between the comment and the text, there is a case in which cooperation relationship is increasingly unclear. このような問題は、 Such a problem,
ウェブページ以外のリソースであっても同様に発生する可能性がある。 Even in resource other than the web page it is likely to occur in the same way.

【0008】図15は、上記の問題を回避するために提供されているシステムの例である。 [0008] Figure 15 is an example of a system that is provided in order to avoid the above problems. このシステムは、リソース間の関連づけを共有するための専用サーバを設け、このサーバに登録されたユーザに対し、サーバ上のあるリソースに連携する別のリソースを提供する。 This system, a dedicated server for sharing the association between the resource, the user who is registered on the server to provide another resource that work resources located on the server. しかし、このシステムでは、登録していないユーザはコメントなどのリソースを付加することも参照することもできない。 However, in this system, users who have not registered can not also refer also to add a resource, such as a comment. さらに、このシステムでは、参照している情報のどの部分にコメントをつけたかを指定することができないという問題が解決されない。 Furthermore, in this system, a problem in any part of the reference to that information not be able to specify whether wearing a comment is not resolved.

【0009】本発明は、ネットワーク上のリソースの所在や作成者などに関わらず、ユーザがリソースを関連付けることができ、かつその情報をユーザ同士で気軽に共有できる技術を提供することを目的とする。 [0009] The present invention is, regardless of such location and author of resources on the network, the user can associate resources, and its object to provide a technique capable of freely share their information between users .

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】前記課題を解決するために、本願第1発明は、ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する方法であって、下記A〜E段階を含む情報提供方法を提供する。 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION, the present first invention is a method of providing a resource distributed on the network to the user, the information providing method comprising the following A~E step provide. A;作者及び/または所在の異なる第1及び第2リソースの指定を第1ユーザから受け付け、 B;前記指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を独立して生成し、 C;前記生成した連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理し、 D;前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索し、 E;前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1 A; receives designation of the author and / or different first and second resource of location from the first user, B; and independently generate link information to link the first and second resources which the specified, C; the generated link information, oversees one or more locations stored and managed, D; if the first resource requested by the second user, the first resource from the cooperation information group that is the management Find the second resource to work, E; information identifying a second resource that the search, first
リソースと共に前記第2ユーザに提供する。 Providing to said second user with the resource.

【0011】リソースとしては、HTML形式やXML [0011] as a resource, HTML format and XML
形式、テキスト形式のファイルが挙げられる。 Format, and the like is a text format file. また、ファイル全体ではなく、ファイルの一部をリソースとして指定することもできる。 Further, instead of the entire file, it is also possible to specify the part of the file as a resource. 例えば、XML形式ファイルにおいて、その中に含まれるあるタグ名を指定することや、HTML形式ファイルの特定のパラグラフを指定することができる。 For example, in an XML format file, and specifying a certain tag name contained therein, it is possible to specify a particular paragraphs in HTML format file.

【0012】連携情報には、少なくともリソースのアドレス、例えばURLが含まれる。 [0012] The cooperation information is, at least resources of address, include, for example, URL. その他、リソースの作者、更新年月日など、必要に応じた情報を連携情報として持たせても良い。 Other, author of resources, such as updating date, may be provided as the cooperation information the information as needed. 生成された連携情報は、例えばサーバ装置がアクセス可能なデータベースなどに格納され、 The generated link information, for example the server apparatus is stored, such as in a database accessible,
管理される。 It is managed. 連携情報は、1カ所または複数の場所に保存され、各場所で統括的に保存及び管理される。 Linkage information is stored in one place or a plurality of locations, it is integrally stored and managed at each location.

【0013】連携情報が作成されている第1リソースにアクセスが発生した場合、第1リソースと連携する第2 [0013] If the access to the first resource coordination information has been created is generated, a second cooperating with the first resource
リソースが第1リソースと共にユーザに提供される。 Resources are provided to the user together with the first resource. 第2リソースの提供の形態としては、第2リソースのコンテンツそのもののや、第2リソースを特定する情報、例えばURLやタイトル、作者名、会社名などを提供することが挙げられる。 The form of the provision of the second resource, and the content itself of the second resource, information identifying a second resource, for example, URL and title, author's name, and to provide or company. 特に、第1リソースと連携するリソースが複数ある場合には、それらのURLやタイトルなどリソースを特定する情報を、リスト形式で提供することが好ましい。 Particularly, when the resources to work with the first resource is more than one information identifying resources such as those URL and title, it is preferable to provide a list format.

【0014】本願第2発明は、ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供装置であって、 [0014] The present second invention is an information providing apparatus for providing resources to users distributed over a network,
管理手段と、検索手段と、提供手段と、を備える情報提供装置を提供する。 Providing a management unit, a search unit, the information providing apparatus and a providing means. 管理手段は、第1ユーザにより指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を、 Management means, the link information linking the first and second resources specified by the first user,
1または複数の場所に統括して保存及び管理する。 Save and manage oversees one or more locations. 検索手段は、前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索する。 Search means, when the first resource requested by the second user, searching for a second resource to work with the first resource from the cooperation information group that is the management. 提供手段は、前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する。 Providing means, information identifying a second resource that the search, and providing the second user with the first resource.

【0015】本発明に係る装置は、サーバとユーザ端末とプロキシサーバとを用いて前記情報提供方法を実現するシステムにおける前記サーバに相当する。 The apparatus according to the present invention corresponds to the server in a system for implementing the information providing method using a server and a user terminal and a proxy server. 本願第3発明は、ネットワーク上に分散するリソースの要求及び取得をユーザ端末とリソース提供装置との間で中継する中継装置を提供する。 The present third invention provides a relay device for relaying a request and acquisition of resources distributed over a network between a user terminal and a resource providing device. この装置は、第1リソースを前記ユーザ端末から要求された場合、前記第1リソースのコンテンツを第1リソース提供装置から取得し、前記第1リソースと連携する第2リソース特定情報を第2リソース提供装置から取得し、取得した情報を共に前記ユーザ端末に提供する。 This device, when prompted for the first resource from the user terminal, wherein the content of the first resource acquired from the first resource providing device, wherein the second resource identification information to work with the first resource providing the second resource acquired from the device, providing the acquired information together with the user terminal.

【0016】本発明に係る装置は、サーバとユーザ端末とプロキシサーバとを用いて前記情報提供方法を実現するシステムにおける前記プロキシサーバに相当する。 The apparatus according to the present invention corresponds to the proxy server in a system for implementing the information providing method using a server and a user terminal and a proxy server. サーバに複数のプロキシサーバを接続し、各プロキシサーバに連携情報を管理させても良い。 Connecting a plurality of proxy servers in the server, it may be managing binding information to each proxy server. 本願第4発明は、ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供プログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供する。 Fourth aspect of the present invention is the information providing program that provides a resource distributed on the network to the user is recorded, and a computer-readable recording medium. このプログラムは、下記A〜 This program, following A~
C段階を実行する。 To run the C stage.

【0017】A;第1及び第2リソースの指定を第1ユーザ端末から受け付ける段階、 B;前記第1及び第2リソースの連携を示す連携情報を、前記リソースと独立して生成し記憶する段階、 C;前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記第1リソースに関する連携情報を検索し、前記第1リソースに連携している第2リソースを抽出し、前記第2ユーザ端末に提供する段階。 [0017] A; step for accepting a designation of the first and second resource from the first user terminal, B; the step of the link information indicating the linkage of the first and second resources, generates and stores independently of said resources , C; if the first resource requested by the second user, searches the linkage information for the first resource, extracts the second resources in conjunction with the first resource, the second user terminal the step of providing.

【0018】ここで記録媒体としては、コンピュータが読み書き可能なフロッピー(登録商標)ディスク、ハードディスク、半導体メモリ、CD-ROM、DVD、光磁気ディスク(MO)、その他のものが挙げられる。 [0018] Here, the recording medium, the computer can read and write a floppy disk, a hard disk, semiconductor memory, CD-ROM, DVD, magneto-optical disk (MO), and the like. 本願第5 The present fifth
発明は、ネットワーク上に分散する情報に対して任意にコメントを付与及び参照する、コメント付与及び参照方法を提供する。 Invention, applied and reference any comment to the information to be distributed on a network, providing a comment attachment and reference methods. この方法は、下記A〜C段階を含んでいる。 The method includes the following A~C stage.

【0019】A;ユーザにより特定された情報と、前記情報に対して付与されるコメント情報とを対応付けた連携情報を、ユーザの指示により生成し、 B;生成した連携情報をネットワーク上の1または複数の場所に統括して保存し、 C;ユーザから前記情報の参照要求を受けた場合、要求された情報に対して付与されているコメント情報を、前記所定の場所から取得し、要求された情報と共にユーザ端末に提供する。 [0019] A; and information specified by the user, the link information associating the comment information is given to the information, generated by a user's instruction, B; 1 the generated link information on the network or oversees multiple locations to save, C; when receiving a reference request for the information from the user, comment information is given to the requested information, acquired from the predetermined location, the requested providing the user terminal with the information.

【0020】 [0020]

【発明の実施の形態】<発明の概要>本発明にかかる情報提供システムでは、ユーザは自分自身が作成したリソースであるか否かに関わらず、複数のリソースを指定してそれらを互いに連携させることができる。 In DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION <Outline of the Invention> the information providing system of the present invention, the user regardless of whether the resource itself is created, with each other to coordinate their specifying multiple resources be able to. リソースは、ファイル全体であっても、またファイルの一部であっても良い。 Resources, even in the entire file, or may be a part of the file. 複数のリソースを互いに結びつけるための連携情報ファイルは、サーバにより管理される。 Linkage information file for linking a plurality of resources to each other, are managed by the server. 逆に、 vice versa,
ユーザがあるリソースにアクセスすると、そのリソースと連携している連携先がアクセスしたリソースと共にユーザに表示される。 When accessing a user resource, the cooperation destination which in conjunction with the resource is displayed to the user with the resource accessed.

【0021】<第1実施形態例>次に、本発明の情報提供システムについて、実施形態例を挙げて具体的に説明する。 [0021] <First embodiment> Next, the information providing system of the present invention will be specifically described by way of embodiment examples. (1)全体構成 図1は、第1実施形態例に係る情報提供システムの全体構成例を示す。 (1) Overall Configuration FIG. 1 shows an overall configuration example of an information providing system according to a first embodiment. この情報提供システムは、ユーザ端末1 The information providing system includes a user terminal 1
と情報提供サーバ2(以下、単にサーバ2という)とがインターネット3を介して接続されている。 An information providing server 2 (hereinafter, simply referred to as the server 2) are connected through the Internet 3. インターネット3上にはWWWサーバ4があり、ユーザ端末1は、 On the Internet 3 has WWW server 4, the user terminal 1,
ブラウザによりプロキシ5を介してWWWサーバ4からウェブページのコンテンツを取得する。 To get the content of the web page from the WWW server 4 via a proxy 5 by the browser.

【0022】ユーザ端末1は、ユーザが指示する複数のリソースを関連付ける連携情報ファイルを生成し、サーバ2に送信する。 The user terminal 1 generates the link information file that associates a plurality of resource the user to instruct, to the server 2. また、ユーザ端末1は、リソースがユーザにより作成し保存されている場合、そのリソース(以下、単にコメントファイルという)を連携情報ファイルと共にサーバ2に送信する。 The user terminal 1, if the resource is saved created by the user, the resource (hereinafter, simply referred to as a comment file) is sent with the server 2 link information file. サーバ2は、連携情報DB6を有し、ユーザ端末から受信した複数の連携情報ファイルを統括的に管理している。 Server 2 has a link information DB 6, are generally manages multiple linkage information file received from the user terminal. また、サーバ2は、 In addition, the server 2,
コメントDB7を有しており、コメントファイルの複製を作成してここに保存している。 Has a comment DB7, are stored here to create a copy of the comment file.

【0023】プロキシ5は、代理アクセス部を有している。 [0023] The proxy 5 has a proxy access unit. この代理アクセス部は、ユーザ端末1がアクセスを要求している第1リソースと連携する第2リソースをサーバ2から取得し、第1リソースのコンテンツと共にユーザ端末1に提供する。 The proxy access unit acquires second resource to work with the first resource to which the user terminal 1 is requesting access from the server 2, provides the user terminal 1 with the content of the first resource. ここで、第2リソースの取得とは、第2リソースのコンテンツの取得でも、第2リソースを特定する情報の取得でも良い。 Here, the acquisition of the second resource, in acquisition of the content of the second resource, or getting the information for specifying the second resource. 第2リソースを特定する情報としては、URLなどのリソースアドレス、タイトル、作成者、更新年月日などが挙げられる。 The information for identifying the second resource, the resource address such as URL, title, author, etc. update date and the like.

【0024】なお、図1では、サーバ2は1台のコンピュータで構成されているが、コンピュータの能力やニーズに応じ、サーバ2を複数のコンピュータで構成しても良い。 [0024] In FIG. 1, the server 2 is constituted by one computer, depending on the capabilities and needs of the computer may be configured with server 2 on multiple computers. また、プロキシ5とサーバ2とが1台のコンピュータで構成されていても良い。 Further, the proxy 5 and the server 2 may be configured by one computer. (2)ユーザ端末及びサーバの構成 図2は、ユーザ端末1及びサーバ2の詳細な機能構成を示すブロック図である。 (2) Configuration FIG. 2 of the user terminal and the server is a block diagram showing a detailed functional configuration of the user terminal 1 and the server 2.

【0025】(2−1)ユーザ端末 ユーザ端末1は、ウェブページを表示するためのブラウザ10に加え、以下の機能を有している。 [0025] (2-1) The user terminal The user terminal 1 is added to the browser 10 for displaying a web page, and has the following functions. 1)コメント作成部 コメント作成部12は、ユーザがコメントファイルを作成するための機能である。 1) Comments generating unit comment creation unit 12 is a function for the user to create a comment file. コメント作成部12に代えて、既存のエディタや図面作成用アプリケーションなどを用いることもできる。 Instead of the comment creating unit 12, or the like can also be used existing editors and drawing generation applications.

【0026】2)連携情報作成部 連携情報作成部11は、複数のリソースの指定を受け付け、指定されたリソースを互いに連携させる連携情報ファイルを生成する。 [0026] 2) linkage information creating unit linkage information creation unit 11 accepts a designation of a plurality of resources, to generate linking information file to link the specified resource to one another. リソースの例としては、インターネット上のウェブページやXMLファイル、ユーザが作成するコメントファイルなどがある。 Examples of resources, there is such a comment file a web page or XML file on the Internet, the user creates. 連携情報ファイルには、リソースの所在を示すためのリソースアドレス及び位置情報が少なくとも含まれる。 The linkage information file, the resource address and position information for indicating a location of resources is included at least.

【0027】3)記憶部 記憶部13には、ユーザ端末1で生成されたコメントファイル及び連携情報ファイルが記憶される。 [0027] 3) in the storage unit storage unit 13, a comment file and link information file generated by the user terminal 1 is stored. 但し、連携情報ファイルは、サーバ2の連携情報DB6で保存されるので、ユーザ端末上で必ずしも記憶しなくても良い。 However, linkage information file, it is saved as linkage information DB6 of the server 2 may not necessarily stored on the user terminal. 4)登録部 登録部14は、ユーザ端末1で生成された連携情報ファイルやコメントファイルをサーバ2に送信し、登録する。 4) registration unit registering unit 14 transmits the cooperation information file and comment file generated by the user terminal 1 to the server 2, and registers.

【0028】5)コメント統合部 コメント統合部15は、同一の第1リソースに連携するコメントファイルが記憶部13に複数存在する場合、複数のコメントファイルを1つのコメントファイルにまとめる機能を有する。 [0028] 5) Comments integrating portion comment integration section 15, if the comment file to work on the same first resource there is more than one storage unit 13 has a function to combine multiple comments files into a single comment file. この機能は、サーバ2が有しているので、必ずしもユーザ端末1に必要ではない。 This feature, since the server 2 has not necessary to the user terminal 1. 但し、ユーザ端末側でこの処理を行うことにより、サーバ2の負担の軽減を期待できる場合には、この機能をユーザ端末1に持たせると良い。 However, by performing the process on the user terminal side, if it can be expected to reduce the burden server 2 to have this feature the user terminal 1 may.

【0029】6)連携情報統合部 連携情報統合部16は、記憶部13に存在する複数の連携情報ファイルに、共通のリソースが含まれている場合、共通のリソースを中心とする連携関係を構築し、1 [0029] 6) linkage information integration unit linkage information integrating unit 16, if a plurality of link information files existing in the storage unit 13 includes a common resource, building a cooperative relationship around the common resource and, 1
つの連携情報ファイルにまとめる機能を有する。 One of has a function to combine the cooperation information file. 前記コメント統合部15と同様に、この機能はサーバ2が有しているので、必ずしもユーザ端末1に必要ではない。 Like the comment integration section 15, since this function has the server 2, it is not always necessary to the user terminal 1. 但し、ユーザ端末側でこの処理を行うことにより、サーバ2の負担の軽減を期待できる場合には、この機能をユーザ端末1に持たせると良い。 However, by performing the process on the user terminal side, if it can be expected to reduce the burden server 2 to have this feature the user terminal 1 may.

【0030】7)連携情報取得部 連携情報取得部17は、所定のタイミングでサーバから連携情報ファイルを取得し、記憶部に記憶されている連携情報ファイルとの整合を図る。 [0030] 7) linkage information acquisition unit linkage information acquisition unit 17 acquires the link information file from the server at a predetermined timing, ensure consistency between the linkage information file stored in the storage unit. 例えば、サーバ2が有する連携情報ファイル中のURLがウェブページの移動により変化する場合、サーバ2とユーザ端末1とで連携情報ファイルが一致しなくなる。 For example, if the URL in the link information file server 2 has is changed by the movement of the web page, link information file does not match with the server 2 and the user terminal 1. これを防ぐために、サーバ2から最新の連携情報ファイルをダウンロードし、 In order to prevent this, download the latest cooperation information file from the server 2,
両者の整合を図る。 Ensure consistency between the two.

【0031】(2−2)サーバ サーバ2は、以下の機能を有している。 [0031] (2-2) Server Server 2 has the following functions. 1)マッチング部 マッチング部21は、ユーザ端末1がアクセスしようとしている第1リソースに連携している全ての第2リソースを、複数の連携情報から検索してくる機能である。 1) Matching unit matching unit 21, all of the second resource user terminal 1 is in cooperation with the first resource you are trying to access a search come functions of a plurality of link information.

【0032】2)コメント統合部 コメント統合部22は、前記ユーザ端末1におけるコメント統合部15と同様の機能を果たす。 [0032] 2) Comments integrating portion comment integration section 22 performs the same function as the comment integration section 15 in the user terminal 1. 但し、統合対象となるコメントファイルは、コメントDB7に蓄積されているコメントファイルである。 However, comments file to be integration target is a comment file stored in the comment DB7. 3)連携情報統合部 連携情報統合部23は、前記ユーザ端末1における連携情報統合部16と同様の機能を果たす。 3) linkage information integration unit linkage information integration section 23 performs the same function as the linkage information integration section 16 in the user terminal 1. ただし、統合する連携情報ファイルは、連携情報DB6に蓄積されている蓄積情報ファイルである。 However, linkage information file to integrate is the accumulation information file stored in the link information DB 6.

【0033】4)連携情報配布部 連携情報配布部24は、連携情報DB6に蓄積されている連携情報ファイルを、プロキシ5などの他のサーバや、ユーザ端末1に、所定のタイミングで配布する機能である。 [0033] 4) linkage information distributing unit linkage information distributing unit 24, a linkage information file stored in the link information DB 6, and other servers, such as proxy 5, the user terminal 1, the ability to distribute at a predetermined timing it is. 統括的に管理されている連携情報DB6の内容を配布しておくことにより、リソースにアクセスする度にサーバ2に連携情報ファイル2を要求せずにすみ、ネットワーク3の負荷を軽減できる。 By keeping to distribute the contents of the linkage information DB6 that is generally manages, corners without requiring cooperation information file 2 to the server 2 each time to access the resource, it is possible to reduce the load of the network 3.

【0034】5)検索部 検索部25は、第1リソースを要求し、それに連携する第2リソースを取得しようとして取得できなかった場合に、そのコメントのコピーを検索する機能である。 [0034] 5) the search unit searching unit 25, a first resource request, if it can not obtain an attempt to get a second resource to work with it, a function of searching a copy of the comments. (3)処理の流れ 次に、前記構成を有する情報提供システムにおいて行う処理の流れについて説明する。 (3) Processing Flow Next, the flow of processing performed in the information providing system having the configuration. このシステムは、主に、 This system is, mainly,
連携情報作成処理、参照処理、連携情報整合処理及び連携情報分散処理の4つの処理を行う。 Cooperation information creation processing, reference processing, the four processes of the cooperative message coordination and cooperation information distributed processing. 以下、この4つの処理について図面を参照して具体的に説明する。 It will be specifically described with reference to the drawings this four processes.

【0035】(3−1)連携情報作成処理 (3−1−1)連携情報作成処理全体の流れ 図3は、情報提供システムが行う連携情報作成処理の流れを示す説明図である。 [0035] (3-1) linkage information creation process (3-1-1) cooperation information creation process overall flow diagram 3 is an explanatory diagram showing a flow of a linkage information creation processing performed by the information providing system. まず、ユーザ端末1は、連携情報作成部11により、ウェブページやXMLファイル、 First, the user terminal 1, by the cooperation information generating unit 11, a web page or XML file,
コメントファイル等の第1リソースと第2リソースとの指定を受け付ける。 It accepts the designation of the first resource and a second resource, such as a comment file. 本例では、第1リソースとしてウェブページが、第2リソースとしてユーザが作成したコメントファイルが指定される場合を例に取る。 In this example, the web page as the first resource, take as an example a case where comment file created by the user as the second resource is specified.

【0036】連携情報作成部11は、複数のリソースが指示されると、連携情報ファイルを生成する。 The linkage information creation unit 11, when a plurality of resources is instructed, generates the link information file. 生成された連携情報ファイルは、記憶部13に格納される(# The generated link information file is stored in the storage unit 13 (#
1)。 1). 格納に先立ち、必要な場合、コメントファイルの統合や連携情報ファイルの統合が行われる。 Prior to the store, if necessary, integration of integration and cooperation information file of the comment file is performed. さらに生成された連携情報ファイルは、登録部14によりサーバ2 Further generated link information file, the server 2 by the registration section 14
に送信される(#2)。 Sent to (# 2). このとき、記憶部13内のコメントファイルも連携情報ファイルと共に送信することが好ましい。 In this case, it is preferable also transmitted together with the linkage information file comment file in the storage unit 13.

【0037】サーバ2は、プロキシ5を介して受信した各ファイルを、それぞれ連携情報DB6及びコメントD The server 2, each file received via the proxy 5, respectively linkage information DB6 and comment D
B7に格納する(#3)。 And stores it in the B7 (# 3). サーバ2は、格納に先立ち、 Server 2, prior to storage,
必要であればコメントの統合や連携情報の統合、コメントファイルの複製の作成を行う。 If necessary integration of integration and cooperation information of the comment, carried out the creation of a copy of the comment file. 図4に、サーバ2に格納される連携情報ファイルの概念説明図を示す。 Figure 4 shows a conceptual diagram of a link information file stored in the server 2. 連携情報ファイルには、ID、リソースアドレス、位置情報及びオリジンが記憶されている。 The linkage information file, ID, resource address, position information and the origin are stored.

【0038】「ID」は、連携情報ファイルの中の各リソースを、一義的に特定するための情報であり、この例では通し番号が用いられている。 The "ID", each resource in the link information file is information to uniquely identify a serial number in this example is used. 「リソースアドレス」 "Resource address"
には、リソースまたはリソースが含まれているファイルのアドレスが記述され、この例ではURLが用いられている。 The are described the address of the file that contains the resource or resources, in this example, the URL is used. 「位置情報」には、リソースがファイルの一部である場合に、ファイルの中の位置を示す情報が記述される。 The "position information", if the resource is a part of a file, information indicating the position in the file is written. 位置情報が記述されている場合、リソースファイルのアドレスと位置情報との両方により、連携すべきリソースの真の位置が特定される。 If the position information is described by both the address and the position information of the resource file, it is identified the true position of the to be cooperative resources. 例えば、図4において、 For example, in FIG. 4,
ID“1”のリソースは、http://www.aaa.com/index.h The resources of the ID "1", http: //www.aaa.com/index.h
tmlで特定されるファイルの中の第10パラグラフである。 A tenth paragraph in the file identified by the tml.

【0039】「オリジン」が空白でないリソースは、複製であることを示す。 [0039] "origin" is not a blank resource indicates that it is a duplicate. 「オリジン」に記述された番号は、オリジナルリソースのIDを示している。 Number, which is described in the "origin" indicates the ID of the original resource. 例えばこの例では、ID“3”で特定されるリソースは、ID For example, in this example, the resource identified by the ID "3" is, ID
“4”の複製である。 "4" is a replica of. 逆に、複製元となったリソースのエントリに複製先を特定する情報を持たせることも可能である。 Conversely, it is also possible to provide the information for specifying the copy destination resources entry became source. リソースに複製がある場合には、オリジナルまたは複製のいずれかがユーザに提供される。 If there is replicated resources, either original or replication is provided to the user.

【0040】なお、図4は、サーバ2に格納される連携情報ファイルの例を示しているが、ユーザ端末1に格納される連携情報ファイルも同様の情報を含んでいる。 [0040] Incidentally, FIG. 4 shows an example of the link information file stored in the server 2 includes similar information cooperation information file stored in the user terminal 1. (3−1−2)連携情報の統合処理 図5及び図6は、ユーザ端末1やサーバ2が行う連携情報の統合処理の一例を示している。 (3-1-2) integration processing FIGS. 5 and 6 of the linkage information shows an example of integration processing of the link information which the user terminal 1 and server 2 performs. 前述したように、生成した連携情報ファイルは、可能であれば統合することが好ましい。 As described above, the generated link information file, it is preferable to possibly integration. 例えば、ユーザ端末1から連携情報ファイルを受信したサーバ2は、連携情報ファイルを図示するように統合する場合がある。 For example, the server 2 receives the cooperation information file from the user terminal 1 may be integrated to illustrate the cooperation information file. なお、図5及び図6の例では、サーバ2にコメントファイルの複製がある。 In the example of FIGS. 5 and 6, there is duplication of comment file to server 2.

【0041】図5(a)の連携情報1と(b)の連携情報2とは、1つのリソースを除いた全てのリソースが共通である。 [0041] Figures 5 and linkage information 1 (a) and linkage information 2 (b), all resources except the one resource is common. ここで、リソースのオリジナルと複製とは1 Here, the replication and original resource 1
つのリソースと考える。 One of think that resource. 具体的には、連携情報1のID Specifically, ID of cooperation information 1
“1”及びID“2”と、連携情報2のID“1”及びID“2”とは、共に同一である。 "1" and and ID "2", the ID of the cooperation information 2 "1" and ID "2", are both the same. この2つの連携情報ファイルは、図6に示す1つの連携情報ファイル3に統合される。 The two linkage information file is integrated into a single linkage information file 3 shown in FIG.

【0042】図6において、ID“1”及びID“2” [0042] In FIG. 6, ID "1" and ID "2"
のリソースは、前記共通リソースである。 The resources, which is the common resource. 共通リソースに続いて、共通でなかったリソースが記述されている。 Following common resource, the resource was not common is described.
また、連携情報を統合するときにID番号の変更に伴い、リソースのオリジンを示す番号も変更される。 Further, with the change of the ID number when integrating the cooperation information is also changed number indicating the origin resource. このように連携情報ファイルを統合することにより、あるリソースに連携する他のリソースを検索する処理の負担が軽減される。 By integrating this way cooperation information file, the burden of processing for searching for other resources that work to a resource is reduced.

【0043】(3−1−3)コメントの統合処理 図7は、ユーザ端末やサーバ上でコメントが統合される処理例を示す。 [0043] (3-1-3) Integration Process FIG 7 comments show an example of processing comments are integrated on the user terminal and the server. ユーザ端末1は、自端末上で作成したコメントファイルを、記憶部13の連携情報ファイルに基づいて統合する場合がある。 The user terminal 1, the comment file created on the terminal itself, may be integrated on the basis of the link information file storage section 13. またサーバ2は、コメントDB7内のコメントファイルを、連携情報DB6に蓄積した連携情報ファイルに基づいて統合する場合がある。 The server 2 may be integrated on the basis of the comment file in the comment DB7, the linkage information file accumulated in cooperation information DB 6.

【0044】図7(a)は、複数のリソース、例えばコメントファイルを1つのコメントファイルに統合する処理を示す。 [0044] FIG. 7 (a) shows a plurality of resources, for example, the process of integrating the comment file to one comment file. すなわち、共通のリソースに連携する異なるコメントファイルがある場合、それらのコメントファイルは1つのコメントファイルに統合される。 That is, if there is a different comment file to work on a common resource, they comment file are integrated into a single comment file. この図は、 This figure,
同じリソースに連携しているコメントファイル1とコメントファイル2とが、1つのコメントファイル3に統合されることを示している。 And comment files 1 and comment files 2 that works in the same resource, indicating that it is integrated into a single comment file 3.

【0045】図7(b)は、コメント統合後の連携情報を示している。 [0045] FIG. 7 (b), shows the cooperation information after the comment integration. ID“1”及びID“2”で示されるリソースは、コメント1及びコメント2がともに連携するリソースである。 Resource represented by the ID "1" and the ID "2" is a resource which the comment 1 and the comment 2 are both cooperation. ID“3”で示されるリソースは、統合により追加されたリソースであり、コメント1及びコメント2を含む統合されたコメントファイルである。 Resource indicated by the ID "3" is an additional resource integration is an integrated comment files containing comments 1 and comment 2. オリジンとして、コメント1を示す“4”及びコメント2 As an origin, it indicates a comment 1 "4" and the comment 2
を示す“5”が記述されている。 Has been described is "5", which indicates.

【0046】(3−2)参照処理 (3−2−1)参照処理全体の流れ 図8は、本システムが行う参照処理の流れを示す説明図である。 [0046] (3-2) refer to the process (3-2-1) of the entire reference process stream 8 is an explanatory diagram showing a flow of a reference process in which the present system is carried out. この処理では、ネットワーク上のいずれかの第1リソースをユーザから要求された場合に、要求された第1リソースと連携する第2リソースをユーザに提供する。 In this process, it provides when requested either the first resource on the network from the user, the second resource that works with the requested first resource to the user. 前述と同様に、第1リソースがウェブページ、第2 In the same manner as described above, the first resource is a web page, the second
リソースがコメントファイルであり、サーバ2に複製が生成されている場合を例にとって説明する。 Resources are comment file, the case where duplicated server 2 is generated as an example.

【0047】まず、ユーザ端末1が、URL1で特定されるウェブページの参照をプロキシ5を介してWWWサーバ4に要求する(#11)。 [0047] First, the user terminal 1 requests the WWW server 4 via the proxy 5 references web page specified by URL1 (# 11). プロキシ5は、要求されたリソースURL1を、WWWサーバ4から取得する(#12、#13)。 Proxy 5, the requested resource URL1, obtained from the WWW server 4 (# 12, # 13). さらにプロキシ5は、代理アクセス部によりサーバ2にURL1を通知し、URL1と連携する他のリソースを要求する(#14)。 Furthermore proxy 5, the proxy access unit notifies the URL1 to the server 2, and requests other resources that work with URL1 (# 14).

【0048】サーバ2は、連携情報DB6を検索し、U [0048] The server 2 searches the cooperation information DB6, U
RL1を含む連携情報ファイル全ての中から、URL1 RL1 from among the cooperation information file all, including, URL1
以外のリソースのアドレス及びもしあればその位置情報を読み出す。 If the resource address and if other than reading the position information. リソースに複製とオリジナルとがある場合、複製のアドレスなどを読み出す。 If there replicated resources and the original is read and duplicate address. さらにサーバ2 Furthermore, server 2
は、リソースアドレスなどに基づいてリソースの目次一覧を作成し、プロキシ5に提供する(#15)。 It is to create a table of contents list of resources on the basis of such a resource address, to provide to the proxy 5 (# 15). 目次一覧には、少なくともリソースファイルのURLとあれば位置情報とが含まれる。 Table of Contents The list includes the location information if the URL of at least resource file. その他に、リソースのタイトル、作者、更新年月日などの情報を含めることもできる。 In addition, resources that can be of title, author, also contain information such as the update date. これらの情報は、リソースから取得可能な場合が多く、また連携情報ファイルに予め持たせておくこともできる。 These information can also be left if available from the resource so many, also previously have the cooperation information file. なお、サーバ2の負荷が大きい場合は、目次一覧を作成する機能を、プロキシ5に持たせても良い。 It should be noted that, when the load on the server 2 is large, the ability to create a table of contents list, may be provided to the proxy 5.

【0049】プロキシ5は、リソースの目次一覧を、U The proxy 5, the table of contents list of resources, U
RL1のコンテンツと共にユーザ端末1に提供する(# Provided to the user terminal 1 with the content of RL1 (#
16)。 16). ユーザは、ブラウザにより表示される目次からいずれかを選択することにより、連携リソースのコンテンツを見ることができる。 The user selects one table of contents displayed by the browser, it is possible to view the content of the cooperation resources. (3−2−2)マッチング処理 図9は、前記参照処理においてサーバ2が行うマッチング処理の説明図である。 (3-2-2) matching process 9 are explanatory views of a matching process server 2 performs in the reference process. 図9において、連携情報1及び連携情報2は共にhttp://www.bbb.com/patent.xml及び「第3章」で特定される共通のリソースを含んでいる。 9, link information 1 and linkage information 2 includes a common resource identified together with http://www.bbb.com/patent.xml and "Chapter 3".
このリソースに対するアクセス要求が生じた場合、サーバ2は、前記URLと位置情報とをキーに連携情報ファイルを抽出する。 If the access request is generated for the resource, the server 2 extracts the link information file into key and position information and the URL. さらに、ヒットした連携情報ファイルの中から、アクセス要求されたリソース以外のリソースを全て抽出する。 Furthermore, from the link information file hit, it extracts all resources other than the access requested resource. このようにして抽出されたリソースアドレスなどが、プロキシ5に送信される。 Thus such resource address extracted by is sent to the proxy 5. この図では、 In this figure,
連携情報1のID“1”、ID“3”と、連携情報2のID“2”がそれぞれ抽出される。 ID of the cooperation information 1 "1", the ID "3", ID of the cooperation information 2 "2" are respectively extracted.

【0050】(3−2−3)複製の更新 サーバ2は、要求されたウェブページに連携する複製リソースのアドレスをプロキシ5に提供する前に、オリジナルリソースと比較しても良い。 [0050] (3-2-3) update server 2 of replication, the address of the replication resource that works to the requested web page before to provide to the proxy 5, may be compared to the original resource. 例えば両者の更新年月日を比較し、オリジナルリソースの方が新しければ、オリジナルリソースのアドレスを提供する。 For example compares the update date of the two, if is newer original resource, provides the address of the original resource. さらに、コメントDB7に格納されている複製リソースのコンテンツを更新すると好ましい。 Furthermore, it is preferable to update the contents of the replication resources stored in the comment DB7.

【0051】(3−2−4)複製リソースとオリジナルリソースとの使い分け サーバ2は、要求されたウェブページに連携する複製リソースではなく、オリジナルリソースのアドレスなどをプロキシ5に通知しても良い。 [0051] (3-2-4) proper use server 2 of the replication resource and the original resource is not a replication resource that works to the requested web page, it may be notified and the proxy 5 address of the original resource. また、オリジナルリソースのアドレスを提供するに当たり、アクセス可能であるか否かを確認することも可能である。 Further, in providing the address of the original resource, it is possible to confirm whether it is possible to access.

【0052】オリジナルリソースのアドレスにアクセス可能な場合には、プロキシ5にはオリジナルリソースのアドレスを提供する。 [0052] Wherever possible access addresses of the original resource, provides the address of the original resource to the proxy 5. そうでない場合には、コメントD If this is not the case, comments D
B7に格納されている複製アドレスを提供する。 It provides replicable address stored in B7. 例えば、オリジナルリソースがユーザ端末上にあり、かつユーザ端末が起動していない場合が考えられる。 For example, the original resource is located on the user terminal, and the user terminal is considered if it is not already started. (3−2−5)検索処理 サーバ2は、要求されたウェブページに連携する複製リソースのアドレスをプロキシ5に提供する前に、複製リソースのコンテンツがあるかないかを確認しても良い。 (3-2-5) Search processing server 2, the address of the replication resource that works to the requested web page before to provide to the proxy 5, may be confirmed whether the content of the replication resource is not there.
コンテンツがない場合、検索部25によりオリジナルリソースのコンテンツの存在を確認し、存在していればオリジナルリソースのアドレスをプロキシ5に提供する。 If there is no content to confirm the presence of the contents of the original resource by the search unit 25, provides the address of the original resource proxy 5 if present.

【0053】(3−3)連携情報整合処理 図10は、ユーザ端末1やプロキシ5とサーバ2との間で行われる連携情報整合処理の流れを示す説明図である。 [0053] (3-3) linkage message coordination Figure 10 is an explanatory diagram showing a flow of a linkage information matching processing performed between the user terminal 1 and the proxy 5 and the server 2. この処理では、ユーザ端末1は、連携情報取得部1 In this process, the user terminal 1, linkage information acquisition unit 1
7により一定時間毎に連携情報ファイルをサーバ2に要求する(#21)。 By 7 requests the linkage information file to the server 2 at predetermined time intervals (# 21). サーバ2は要求に応じて連携情報ファイルをユーザ端末1に送信する(#22)。 Server 2 transmits the cooperation information files on demand to the user terminal 1 (# 22). 但し、送受信される連携情報ファイルは、ユーザ端末1に記憶されている連携情報ファイルである。 However, linkage information file to be transmitted and received is a linkage information file stored in the user terminal 1.

【0054】この処理を行うためには、予め連携情報ファイルを特定するための識別情報を、ユーザ端末1及び連携情報DB6に連携ファイルと共に記憶しておく必要がある。 [0054] In order to perform this process, the identification information for specifying the pre-link information file, it is necessary to store with linkage file to the user terminal 1 and the cooperation information DB 6. この処理を行うことにより、サーバ2とユーザ端末1との両方に存在する連携情報ファイルの整合性をとることができる。 By performing this process, it is possible to ensure consistency of the link information file that exists in both the server 2 and the user terminal 1. 例えば、ウェブページの移動により連携情報DB6内のリソースアドレスが変更された場合、両者の整合性が取れなくなるおそれがあるからである。 For example, it is if the resource address in the link information DB6 by the movement of the web page changes, because there is a possibility that both the integrity become bogged.

【0055】なおこの例では一定時間毎に連携情報を送信しているが、送信のタイミングはこれに限定されない。 [0055] Although sending the cooperation information every predetermined time in this example, no timing of the transmission is not limited to this. 例えば、サーバ2上で連携情報DB6を更新した時でもよいし、所定の時間に送信しても良い。 For example, it may be when updating the cooperation information DB6 on the server 2 may transmit at a given time. (3−4)連携情報分散処理 図11は、サーバ2が行う連携情報分散処理の流れを示す説明図である。 (3-4) linkage information distribution process 11 is an explanatory diagram showing a flow of a linkage information distributed processing server 2 performs. サーバ2は、連携情報配布部24により、所定のタイミングで連携情報ファイルをユーザ端末1やプロキシ5などに配布することができる。 Server 2, the linkage information distributing unit 24, it is possible to distribute the link information file including the user terminal 1 and the proxy 5 at a predetermined timing. 例えば、 For example,
プロキシ5に連携情報ファイルを配布することによって、本サーバ2がダウンした場合でも本システムによるサービスをユーザに提供することができる。 By distributing the linkage information file to the proxy 5, it is possible to present server 2 provides the user with the service by the present system even when down. また、連携情報をユーザ端末1に持たせるようにすれば、プロキシ5にユーザ端末1が接続できない場合でも本システムによるサービスを享受することが出来る。 Moreover, the cooperation information if so to provide the user terminal 1 may be a proxy 5 the user terminal 1 to receive the service by the present system even when unable to connect.

【0056】(4)画面例 次に、本システムによりユーザに提供される画面例について具体的に説明する。 [0056] (4) screen example will be specifically described example of a screen provided to the user by the system. (4−1)連携情報作成画面 図12は、ユーザ端末上で連携情報を作成するための作成ウインドウの一例である。 (4-1) linkage information creation screen Figure 12 is an example of creating a window for creating a linkage information on the user terminal. ユーザがリソースファイルやリソースファイルの一部分を選択し、作成ウインドウにドラッグ&ドロップすることにより、選択したリソースを互いに連携させることを指定できる。 The user selects a portion of the resource or resource files by dragging and dropping to create a window, you can specify that the linking together the selected resource. 図12では、 In FIG. 12,
URL1で特定されるウェブページの第3パラグラフと、URL2で特定されるコメントファイルとの連携が作成されている。 And the third paragraph of the web page specified by the URL1, of cooperation has been created comment file and that is specified by the URL2. 作成ウインドウ上で「OK」ボタンを押すと、連携情報ファイルが作成され、ユーザ端末1に記憶されると共にサーバ2に送信される。 Pressing the "OK" button on the created window, linkage information file is created and transmitted to the server 2 while being stored in the user terminal 1.

【0057】(4−2)連携リソースの表示画面 図13は、連携情報に基づく連携リソースの表示例である。 [0057] (4-2) linkage resource display screen 13 is a display example of the cooperation resources based on the cooperation information. 今、URL1で特定されるウェブページにアクセスした場合を考える。 Now, consider the case where access to the web page specified by the URL1. また、URL1と連携する他のリソースとしては、コメントファイル1〜4があるとする。 In addition, as the other resources that work with URL1, and there is a comment file 1-4.
ブラウザは、リストフレーム131、目標フレーム13 The browser, list frame 131, the target frame 13
2及び連携情報フレーム133を表示する。 2 and displays the link information frame 133. アクセスしたウェブページは、目標フレーム132に表示される。 Web page you visit is displayed in the target frame 132.
リストウインドウ131には、コメント1〜4の目次一覧が表示される。 The list window 131, Table of Contents List of comments 1 to 4 are displayed. この例では、ファイル名が目次として表示されている。 In this example, the file name is displayed as a table of contents. 目次一覧からコメント2を選択すると、連携情報ウインドウ132にコメント2のコンテンツが表示される。 From the Table of Contents List When you select a comment 2, the content of the comment 2 is displayed on the cooperation information window 132.

【0058】なおリストウインドウ131にには、ファイル名以外にも、リソースのコンテンツの冒頭部分、リソースのアドレス、作者、作成日等の少なくとも1つかこれらの組合せを表示することができる。 [0058] In addition to the list window 131, other than the file name, the beginning part of the content of the resource, the resource of the address, author, it is possible to display at least one or a combination of these, such as creation date. <その他の実施形態例> (A)前記第1実施形態例においては、連携情報をユーザ端末1で生成しているが、これを情報提供サーバ2で生成することも可能である。 <Other embodiment> (A) In the above first embodiment, but is generating linking information in the user terminal 1, it is also possible to produce this by the information providing server 2. この場合、連携情報統合部もユーザ端末に設けないでサーバ2にのみ持たせる。 In this case, link information integrating unit also to give only server 2 without providing the user terminal. さらに、コメント統合部を、ユーザ端末には持たせず、サーバ2にのみ持たせても良い。 Further, the comment integration unit, without having the user terminal, may be provided only to the server 2.

【0059】(B)前記第1実施形態例においては、リソースを連携付けることができるユーザは、サーバ2に登録しておく必要がない。 [0059] In (B) the first embodiment, a user can be attached coordinating resources, it is not necessary to register in the server 2. しかし例えば、サーバ2に登録したユーザは連携情報を生成でき、その他のユーザは連携情報を生成することができないが、生成された連携情報に基づいて連携するリソースを参照することはできるようにしても良い。 But for example, the user who has registered in the server 2 can generate a linkage information, while the other users can not generate linking information, so as to be able to see the resources work together on the basis of the generated link information it may be.

【0060】(C)前述した本発明の方法を実行するプログラムを記録した記録媒体は、本発明に含まれる。 [0060] (C) recording medium recording a program for executing the method of the present invention described above are included in the present invention. ここで記録媒体としては、コンピュータが読み書き可能なフロッピーディスク、ハードディスク、半導体メモリ、 Examples of the recording medium, the computer readable and writable floppy disk, a hard disk, a semiconductor memory,
CD-ROM、DVD、光磁気ディスク(MO)、その他のものが挙げられる。 CD-ROM, DVD, magneto-optical disk (MO), and the like. <付記> (付記1)ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供方法であって、作者及び/または所在の異なる第1及び第2リソースの指定を第1ユーザから受け付け、前記指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を独立して生成し、生成される複数の連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理し、前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索し、前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する、情報提供方法。 <Supplementary Note> A (Note 1) information providing method for providing resources to users distributed over a network, receives designation of the author and / or different first and second resource of location from the first user, the specified first and second resources to independently generate link information linking a plurality of link information is generated, stored and managed oversees one or more locations, the second user the first resource was If requested by the provided second resource searching for cooperation with the first resource from the cooperation information group that is the management, the information for identifying the second resource that the search, the second user together with the first resource to, information providing method.

【0061】(付記2)前記連携情報には少なくとも第1及び第2リソースのアドレスが含まれる、付記1に記載の情報提供方法。 [0061] (Supplementary Note 2) The in coordination information includes the address of at least a first and a second resource, the information providing method according to Appendix 1. リソースのアドレスとは、例えばリソースがウェブページ全体であるときにはウェブページのURL、ウェブページの中のあるパラグラフであるときにはURLとパラグラフを特定する情報の組み合わせである。 A resource address, for example, the resource is a web page when a whole web page URL, when a certain paragraph within a web page is a combination of information for identifying a URL and paragraphs.

【0062】(付記3)前記第2リソースを特定する情報の一覧を作成し、第1リソースと共に提供する、付記1に記載の情報提供方法。 [0062] (Supplementary Note 3) The second to create a list of information for identifying a resource, provide with a first resource, the information providing method according to Appendix 1. 第2リソース特定情報としては、URLなどのアドレス、リソースのタイトル、作者名、更新年月日などを挙げることが出来る。 As the second resource identification information, address, such as a URL, the resource of the title, author name, and update date can be exemplified.

【0063】(付記4)前記第1リソースの要求が生じた場合、前記管理している連携情報群に基づいて第1リソースと連携する全ての第2リソースを抽出し、抽出された第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に提供する、付記1に記載の情報提供方法。 [0063] (Supplementary Note 4) when said first resource request is generated, the second resource that extract all of the second resource, is extracted to work with the first resource based on link information set that the management information specifying, provides together with the first resource, the information providing method according to Appendix 1.

【0064】例えば第1連携情報にはURL1とURL [0064] For example, in the first cooperation information URL1 and URL
2とが記述され、第2連携情報にはURL1とURL3 2 and is described, the second link information URL1 and URL3
とが記述されているとする。 The door is described. URL1にアクセス要求が生じた場合、第1及び第2連携情報から、URL1に連携する全てのリソースはURL2及びURL3であることが分かる。 If the access request occurs in URL1, the first and second linkage information, all resources that work to URL1 is found to be URL2 and URL3. 従って、URL1のコンテンツと共に、例えばURL2及びURL3が表示される。 Therefore, the content of URL1, for example, URL2 and URL3 is displayed. さらに、表示されているURLのいずれかを選択すると、そのコンテンツが表示される。 Moreover, selecting any of the URL that is displayed, its contents are displayed.

【0065】(付記5)第1リソースに連携する第2リソース及び第3リソースがある場合、前記第2リソースと第3リソースとを含む第4リソースを生成し、前記第1リソースと前記第4リソースとを連携させる連携情報を新たに生成する、付記1に記載の情報提供方法。 [0065] (Supplementary Note 5) If there is a second resource and third resource to work on the first resource, and generates a fourth resource including the second resource and the third resource, the said first resource fourth It generates a new link information linking the resources, the information providing method according to Appendix 1.

【0066】同一のリソースに連携する異なるリソースを1つのファイルに統合する。 [0066] to integrate the different resources to work on the same resources in a single file. リソースの統合に伴い新たに生成された連携情報は、そのまま保存して利用しても良い。 Link information newly generated due to the integration of the resources may be utilized in preserved. (付記6)第1リソースと連携している第2リソースがユーザにより作成されている場合、前記第2リソースの複製を作成し、第2リソースのオリジナルとは独立した場所に統括的に保存及び管理し、第1リソースと第2リソースと第2リソースの複製とを連携させる連携情報を生成し、前記第1リソースをユーザから要求された場合、前記第2リソースの複製を特定する情報を、第1リソースと共にユーザに提供する、付記1に記載の情報提供方法。 (Supplementary Note 6) if the second resource in conjunction with the first resource is created by the user, to create a duplicate of the second resource, centrally stored and the location independent of the original second resource manage, the first resource and the second resource and the replication of the second resource generates linking information to link, if requested the first resource from the user, information for identifying the replica of the second resource, providing the user with the first resource, the information providing method according to Appendix 1.

【0067】例えばウェブページとユーザファイルとが連携された場合、ユーザファイルの複製を作成してサーバのデータベースで保管する。 [0067] For example, in the case of a web page and the user file has been cooperation, stored in the server's database to create a copy of the user file. 前記ウェブページへのアクセスが生じた場合、オリジナルのユーザファイルをユーザ端末から取得するのではなく、サーバのデータベースにあるユーザファイルの複製を、アクセス元に提供する。 When said access to a web page occurs, rather than getting the original user file from the user terminal, a copy of user files in the server database, and provides the access source. ユーザ端末に保管されているリソースは、ユーザが消去してしまう、ユーザ端末が起動していないなどの理由により取得できないことがある。 Resources stored in the user terminal, user erases the user terminal may not be acquired for reasons such as not running. そこで、サーバにもバックアップをとっておき、バックアップをユーザに提供する。 Therefore, to provide backup to the server aside, the backup to the user. バックアップは、1カ所ではなく複数箇所に分散して保存しても良い。 Backup may be stored dispersed in a plurality of locations rather than in one place.

【0068】(付記7)第1リソースと連携している第2リソースがユーザにより作成されている場合、前記第2リソースの複製を作成し、第2リソースのオリジナルとは独立した場所に統括的に保存及び管理し、第1リソースと第2リソースと第2リソースの複製とを連携させる連携情報を生成し、前記第1リソースをユーザから要求された場合、第2リソースが取得可能な場合には第2 [0068] If (Supplementary Note 7) second resources in conjunction with the first resource is created by the user, to create a duplicate of the second resource, comprehensively in a separate location from the original second resource for storage and to manage a first resource and the second resource and a replica of the second resource generates linking information to link, if the first resource requested by the user, when the second resource can be acquired Chapter 2
リソースを特定する情報を、第2リソースが取得不可能な場合には前記第2リソースの複製を特定する情報を、 Information identifying the resource, information if the second resource is not acquired for identifying a replica of the second resource,
第1リソースと共に提供する、付記1に記載の情報提供方法。 Providing together with the first resource, the information providing method according to Appendix 1.

【0069】例えばウェブページとユーザファイルとが連携された場合、ユーザファイルの複製を作成してサーバのデータベースで保管する。 [0069] For example, in the case of a web page and the user file has been cooperation, stored in the server's database to create a copy of the user file. 前記ウェブページへのアクセスが生じた場合、オリジナルのユーザファイルをユーザ端末から取得できればオリジナルを、ユーザ端末が起動していない場合などにはサーバのデータベースにあるユーザファイルの複製を、アクセス元に提供する。 If access to the web page occurs, provided the original if obtaining the original user file from the user terminal, a copy of user files in the server database in a case where the user terminal is not activated, the access source to.

【0070】(付記8)第1リソースと連携している第2リソースがユーザにより作成されている場合、前記第2リソースの複製を作成し、第2リソースのオリジナルとは独立した場所に統括的に保存及び管理し、第1リソースと第2リソースと第2リソースの複製とを連携させる連携情報を生成し、第1リソースをユーザから要求された場合、第1リソースと連携する第2リソースのオリジナルと複製とを比較し、オリジナルが複製よりも新しければ、オリジナルを特定する情報をユーザに提供する、付記1に記載の情報提供方法。 [0070] If the second resource in conjunction with (Supplementary Note 8) The first resource is created by the user, to create a duplicate of the second resource, comprehensively in a separate location from the original second resource for storage and to manage a first resource and the second resource and a replica of the second resource generates linking information to link, when prompted for the first resource from the user, the second resource that works with the first resource comparing the replica as the original, if newer than the original of replication, provide information for identifying the original user, the information providing method according to Appendix 1.

【0071】例えばウェブページとユーザファイルとが連携された場合、ユーザファイルの複製を作成してサーバのデータベースで保管する。 [0071] For example, in the case of a web page and the user file has been cooperation, stored in the server's database to create a copy of the user file. 前記ウェブページへのアクセスが生じた場合、オリジナルのユーザファイルと複製とを比較し、オリジナルが新しければそれをユーザに提供する。 If access to the web page occurs, compared with the replication and original user file and provides it to the user if the original is newer. さらに、複製をも更新することが好ましい。 Further, it is preferable to also update the replicated.
ユーザが連携情報はそのままでオリジナルファイルだけを更新している場合が考えられるからである。 User cooperation information is because the case is considered to have been updated by the original file intact. ユーザファイルの複製をオリジナルファイルの更新に伴って自動的に更新するか否かは、システム側で予め設定しておいても良いし、ユーザが設定できるようにしておいても良い。 Whether a copy of the user file to automatically update with the update of the original file may be set in advance by the system, it may be prepared to set a user.

【0072】(付記9)ユーザにより生成された連携情報を1または複数の場所に統括して管理すると共に、前記管理される連携情報とは独立に、前記連携情報をユーザにより保持し、管理される連携情報とユーザにより保持される連携情報とを、所定のタイミングで整合させる、付記1に記載の情報提供方法。 [0072] (Supplementary Note 9) as well as manage oversees coordination information generated by the user to one or more locations, independently of the link information is the management, the coordination information held by the user, is managed linkage information and the link information held by the user, match at a predetermined timing, the information providing method according to Appendix 1 that.

【0073】ユーザ側でも自端末で生成した連携情報を保持する。 [0073] Also for holding the link information generated by the own terminal on the user side. この場合、統括的に管理されている連携情報を所定のタイミングでユーザ側に送信し、両者の整合性をとることが好ましい。 In this case, the link information is generally manages to send to the user at a predetermined timing, it is preferable to take both consistency. 所定のタイミングとしては、所定時間、所定時間間隔、管理されている連携情報が更新されたときなどが挙げられる。 The predetermined timing for a predetermined time, a predetermined time interval, and the like when the link information is managed is updated. (付記10)ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供システムであって、作者及び/または所在の異なる第1及び第2リソースの指定を第1ユーザから受け付ける受付手段と、前記指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を生成する生成手段と、生成される複数の連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理する管理手段と、前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索する検索手段と、前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する提供手段と、を備える情報提供システム。 (Supplementary Note 10) An information providing system for providing resources to users distributed over a network, a reception means for receiving designation of the author and / or different first and second resource of location from the first user, the specified and generating means for generating link information to link the first and second resources, a plurality of link information is generated, and management means for storing and managing oversees one or more locations, the first resource If requested by the second user, a search unit for searching for a second resource to work with the first resource from the cooperation information group that is the management, the information for identifying the second resource that the search, the first resource information providing system and a providing means for providing to said second user.

【0074】(付記11)ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供装置であって、第1 [0074] (Supplementary Note 11) An information providing apparatus for providing resources to users distributed over a network, first
ユーザにより指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理する管理手段と、前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索する検索手段と、前記検索した第2リソースを特定する情報を、 If the link information linking the first and second resources specified by the user, which is a management unit that stores and manages oversees one or more locations, the first resource request from the second user, wherein search means for searching for a second resource to work with the first resource from the cooperation information group is managed, the information for identifying the second resource that the search,
第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する提供手段と、を備える情報提供装置。 Information providing apparatus and a providing means for providing to said second user together with the first resource.

【0075】本発明に係る装置は、サーバとユーザ端末とプロキシサーバとを用いて前記情報提供方法を実現するシステムにおける前記サーバに相当する。 [0075] device according to the present invention corresponds to the server in a system for implementing the information providing method using a server and a user terminal and a proxy server. (付記12)ネットワーク上に分散するリソースを取得して表示する情報表示装置であって、作者及び/または所在の異なる第1及び第2リソースの指定を前記ユーザから受け付ける受付手段と、前記指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を生成する生成手段と、前記第1リソースを要求した場合、第1リソースと連携する第2リソースを特定する第2リソース特定情報を取得し、第1リソースのコンテンツと共に表示する表示手段と、を備える情報表示装置。 A (Note 12) information display apparatus acquires and displays resources distributed over a network, a reception means for receiving designation of the author and / or different first and second resource of location from the user, the specified and generating means for generating link information to link the first and second resource, when requesting the first resource to acquire the second resource identification information for identifying the second resource to work with the first resource, the information display apparatus and a display means for displaying together with one resource content.

【0076】(付記13)ネットワーク上に分散するリソースの要求及び取得をユーザ端末とリソース提供装置との間で中継する中継装置であって、第1リソースを前記ユーザ端末から要求された場合、前記第1リソースを第1リソース提供装置から取得し、前記第1リソースと連携する第2リソース特定情報を第2リソース提供装置から取得し、取得した情報を共に前記ユーザ端末に提供する、中継装置。 [0076] (Supplementary Note 13) The request and acquisition of resources distributed over a network to a relay apparatus that relays between the user terminal and the resource providing device, when prompted for the first resource from the user terminal, wherein the first resource acquired from the first resource providing device, a second resource identification information to work with the first resource obtained from the second resource providing device, provides the acquired information together with the user terminal, the relay device.

【0077】(付記14)ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供プログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体であって、第1及び第2リソースの指定を第1ユーザ端末から受け付ける段階と、前記第1及び第2リソースの連携を示す連携情報を、前記リソースと独立して生成し記憶する段階と、前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記第1リソースに関する連携情報を検索し、前記第1リソースに連携している第2リソースを抽出し、前記第2ユーザ端末に提供する段階と、を実行するためのプログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体。 [0077] (Supplementary Note 14) records information providing program to provide the user with resources distributed over a network, a computer-readable recording medium, receives designation of first and second resource from the first user terminal a method, a linkage information indicating linkage of said first and second resource, and generating and storing independently of the resource, if the first resource requested by the second user, for the first resource Find the linkage information, wherein the first extracting second resource in cooperation with the resource, the and providing the second user terminal, recording a program for executing a computer-readable recording medium.

【0078】ここで記録媒体としては、コンピュータが読み書き可能なフロッピーディスク、ハードディスク、 [0078] Here, as the recording medium, the computer readable and writable floppy disk, a hard disk,
半導体メモリ、CD-ROM、DVD、光磁気ディスク(M Semiconductor memory, CD-ROM, DVD, magneto-optical disk (M
O)、その他のものが挙げられる。 O), others can be cited. (付記15)ネットワーク上に分散する情報に対して任意にコメントを付与及び参照する方法であって、ユーザにより特定された情報と、前記情報に対して付与されるコメント情報とを対応付けた連携情報を、ユーザの指示により生成し、生成した連携情報をネットワーク上の1 (Supplementary Note 15) A method for imparting and refer to any comment for the information distributed on the network, cooperation associating the information specified by the user, and a comment information assigned to the information information, generated by a user's instruction, 1 the generated link information on the network
または複数の場所に統括して保存し、ユーザから前記情報の参照要求を受けた場合、要求された情報に対して付与されているコメント情報を、前記所定の場所から取得し、要求された情報と共にユーザ端末に提供する、コメント付与及び参照方法。 Or save oversees multiple locations, information when receiving a reference request for the information from the user, the comment information is given to the requested information, acquired from the predetermined location, the requested provided to the user terminal together with comment attachment and reference methods.

【0079】 [0079]

【発明の効果】本発明を用いれば、ネットワーク上のリソースの所在やその作成者などに関わらず、ユーザはリソースを連携させて関連付けることができ、かつその情報をユーザ同士で共有することができる。 With the present invention, regardless of such location and its creator resources on the network, the user can be associated by linking the resources, and it is possible to share the information between users .

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1実施形態例に係る情報提供システムの全体構成図。 [1] an overall configuration diagram of an information providing system according to the first embodiment.

【図2】図1のユーザ端末及びサーバの機能構成を示すブロック図。 2 is a block diagram showing the functional configuration of the user terminal and the server of FIG.

【図3】連携情報作成処理の流れの説明図。 FIG. 3 is an explanatory diagram of a flow of cooperation information creation process.

【図4】格納される連携情報ファイルの概念説明図。 Figure 4 is a conceptual illustration of a linkage information files stored.

【図5】統合される前の連携情報ファイルの概念説明図。 Figure 5 is a conceptual illustration of a linkage information file before being integrated.

【図6】統合された連携情報ファイルの概念説明図。 FIG. 6 is a conceptual diagram of an integrated cooperation information file.

【図7】コメント統合処理の説明図。 FIG. 7 is an explanatory diagram of a comment integration process.

【図8】参照処理の流れを示す説明図。 Figure 8 is an explanatory diagram showing a flow of a reference process.

【図9】マッチング処理の説明図。 FIG. 9 is an explanatory view of the matching process.

【図10】連携情報整合処理の説明図。 FIG. 10 is an explanatory diagram of a cooperation information consistency processing.

【図11】連携情報分散処理の説明図。 [11] cooperation explanatory diagram of the information distributed processing.

【図12】連携情報の作成ウインドウの表示例。 FIG. 12 is a display example of creating a window of cooperation information.

【図13】連携するリソースの表示例。 [13] display example of cooperation resources.

【図14】リソースにコメントを生成する従来方法の説明図。 FIG. 14 is an explanatory diagram of a conventional method of generating a comment to the resource. (a)エディタを用いる方法。 (A) a method of using the editor. (b)ウェブページにリンクを埋め込む方法。 (B) how to embed a link to the web page. (c)ウェブページにコメント作成用ボタンを追加する方法。 (C) how to add a button for comment created in the web page.

【図15】リソースの関連づけを共有するための従来のシステム。 [15] Conventional systems for sharing associated resources.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1;ユーザ端末 2;情報提供サーバ 3;インターネット 4;WWWサーバ 5;プロキシ 6;連携情報DB 7;コメントDB 1; user terminal 2; information providing server 3; internet 4; WWW server 5; proxy 6; link information DB 7; Comments DB

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 屋代 禎夫 神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番 1号 富士通株式会社内 (72)発明者 村本 貴英 神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番 1号 富士通株式会社内 (72)発明者 後藤 正智 神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番 1号 富士通株式会社内 Fターム(参考) 5B045 BB19 BB28 BB47 DD16 DD18 GG06 5B075 PP13 PQ02 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Sadao Yashiro, Kanagawa Prefecture, Nakahara-ku, Kawasaki, Kamikodanaka 4 chome No. 1 Fujitsu within Co., Ltd. (72) inventor Takahide Muramoto Kanagawa Prefecture, Nakahara-ku, Kawasaki, Kamikodanaka 4-chome No. 1 No. 1 Fujitsu within Co., Ltd. (72) inventor Goto Masatomo Kanagawa Prefecture, Nakahara-ku, Kawasaki, Kamikodanaka 4 chome No. 1 Fujitsu Limited in the F-term (reference) 5B045 BB19 BB28 BB47 DD16 DD18 GG06 5B075 PP13 PQ02

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供方法であって、 作者及び/または所在の異なる第1及び第2リソースの指定を第1ユーザから受け付け、 前記指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を独立して生成し、 前記生成した連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理し、 前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索し、 前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する、 情報提供方法。 1. A data providing method for providing resources to users distributed over a network, receives designation of the author and / or different first and second resource of location from the first user, is the designated second and independently generate link information to link the first and second resources, the generated link information, 1 or oversees multiple locations stored and managed, it is requested to the first resource from the second user If, searching a second resource to work with the first resource from the cooperation information group that is the management, the information for identifying the second resource that the search, and providing the second user with the first resource, providing information Method.
  2. 【請求項2】ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供装置であって、 第1ユーザにより指定された第1及び第2リソースを連携させる連携情報を、1または複数の場所に統括して保存及び管理する管理手段と、 前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記管理されている連携情報群から第1リソースと連携する第2リソースを検索する検索手段と、 前記検索した第2リソースを特定する情報を、第1リソースと共に前記第2ユーザに提供する提供手段と、 を備える情報提供装置。 2. An information providing system for providing resources to users distributed over a network, the link information linking the first and second resources specified by the first user, supervising one or more locations and a management means for storing and managing, with the case of the first resource requested by the second user, retrieval means for retrieving a second resource to work with the first resource from the cooperation information group that is the management, the retrieved information identifying a second resource, the information providing apparatus comprising: a providing means for providing to said second user together with the first resource, the.
  3. 【請求項3】ネットワーク上に分散するリソースの要求及び取得をユーザ端末とリソース提供装置との間で中継する中継装置であって、 第1リソースを前記ユーザ端末から要求された場合、前記第1リソースを第1リソース提供装置から取得し、前記第1リソースと連携する第2リソース特定情報を第2 3. A relay apparatus for relaying between a request and acquisition of resources distributed over a network between a user terminal and the resource providing device, when prompted for the first resource from the user terminal, the first Gets the resource from the first resource providing device, a second resource identification information to work with the first resource second
    リソース提供装置から取得し、取得した情報を共に前記ユーザ端末に提供する、中継装置。 Acquired from the resource providing device, it provides the acquired information together with the user terminal, the relay device.
  4. 【請求項4】ネットワーク上に分散するリソースをユーザに提供する情報提供プログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体であって、 第1及び第2リソースの指定を第1ユーザ端末から受け付ける段階と、 前記第1及び第2リソースの連携を示す連携情報を、前記リソースと独立して生成し記憶する段階と、 前記第1リソースを第2ユーザから要求された場合、前記第1リソースに関する連携情報を検索し、前記第1リソースに連携している第2リソースを抽出し、前記第2 Wherein recording the information providing program to provide the user with resources distributed over a network, a computer-readable recording medium, the step of receiving designation of the first and second resource from the first user terminal and the cooperation information indicating the linkage of the first and second resources, and generating and storing independently of the resource, if the first resource requested by the second user, linkage information for the first resource searching, extracting the second resources in conjunction with the first resource, the second
    ユーザ端末に提供する段階と、 を実行するためのプログラムを記録した、コンピュータ読み取り可能な記録媒体。 And providing to the user terminal, and recorded a program for executing a computer-readable recording medium.
  5. 【請求項5】ネットワーク上に分散する情報に対して任意にコメントを付与及び参照する方法であって、 ユーザにより特定された情報と、前記情報に対して付与されるコメント情報とを対応付けた連携情報を、ユーザの指示により生成し、 生成した連携情報をネットワーク上の1または複数の場所に統括して保存し、 ユーザから前記情報の参照要求を受けた場合、要求された情報に対して付与されているコメント情報を、前記所定の場所から取得し、要求された情報と共にユーザ端末に提供する、 コメント付与及び参照方法。 5. A arbitrarily method of imparting and see the comments to the information to be distributed on the network, associating the information specified by the user, and a comment information assigned to the information the linking information, generated by a user's instruction, the generated link information stored oversees one or more locations on the network, when receiving a reference request for the information from the user, for the requested information comment information given, obtained from the predetermined location, provides the user terminal with the requested information, comment attachment and reference methods.
JP2000195676A 2000-06-29 2000-06-29 Method and system for providing information Pending JP2002015005A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000195676A JP2002015005A (en) 2000-06-29 2000-06-29 Method and system for providing information

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000195676A JP2002015005A (en) 2000-06-29 2000-06-29 Method and system for providing information

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002015005A true JP2002015005A (en) 2002-01-18

Family

ID=18694295

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000195676A Pending JP2002015005A (en) 2000-06-29 2000-06-29 Method and system for providing information

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002015005A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008003973A (en) * 2006-06-26 2008-01-10 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Information display device, information display method, program for installing same method, and medium for recording same program
JP2008140287A (en) * 2006-12-05 2008-06-19 Fujitsu Ltd Annotation management program, annotation managing device, annotation managing method and annotation display program
JP2009199500A (en) * 2008-02-25 2009-09-03 Mitsubishi Electric Building Techno Service Co Ltd Digital content with annotation sharing system, intermediary server and terminal device
JP2010231442A (en) * 2009-03-26 2010-10-14 Nomura Research Institute Ltd Information provision device
JP2011526394A (en) * 2008-06-27 2011-10-06 グーグル・インコーポレーテッド Web page content annotation
JP2014238889A (en) * 2014-09-11 2014-12-18 株式会社野村総合研究所 Information processing apparatus

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008003973A (en) * 2006-06-26 2008-01-10 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Information display device, information display method, program for installing same method, and medium for recording same program
JP4616800B2 (en) * 2006-06-26 2011-01-19 日本電信電話株式会社 Information display device, information display method, program implementing the method, and medium storing the program
JP2008140287A (en) * 2006-12-05 2008-06-19 Fujitsu Ltd Annotation management program, annotation managing device, annotation managing method and annotation display program
JP4520450B2 (en) * 2006-12-05 2010-08-04 富士通株式会社 Annotation management program, annotation management apparatus, annotation management method, and annotation display program
JP2009199500A (en) * 2008-02-25 2009-09-03 Mitsubishi Electric Building Techno Service Co Ltd Digital content with annotation sharing system, intermediary server and terminal device
JP2011526394A (en) * 2008-06-27 2011-10-06 グーグル・インコーポレーテッド Web page content annotation
JP2010231442A (en) * 2009-03-26 2010-10-14 Nomura Research Institute Ltd Information provision device
JP2014238889A (en) * 2014-09-11 2014-12-18 株式会社野村総合研究所 Information processing apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
King An introduction to the dataverse network as an infrastructure for data sharing
US7051274B1 (en) Scalable computing system for managing annotations
DE69831904T2 (en) Dynamic creation of web pages
CN100511220C (en) Method and system for maintaining data in distributed caches
US6256639B1 (en) Providing internet travel services via bookmark set
JP3593303B2 (en) A method for accessing documents on a client machine
US6959339B1 (en) Technique for handling a universal image format on the internet
US6347316B1 (en) National language proxy file save and incremental cache translation option for world wide web documents
JP3522635B2 (en) Computer-readable recording medium recording an image file, apparatus for creating this recording medium, medium recording an image file creation program, image file transmitting apparatus, image file processing apparatus, medium recording image file processing program
US6539424B1 (en) Restricting deep hyperlinking on the World Wide Web
CN1754166B (en) Navigation of the content space of a document set
JP3307625B2 (en) Electronic bulletin board systems and mail server
US6859821B1 (en) Method and apparatus for prioritizing data change requests and maintaining data consistency in a distributed computer system equipped for activity-based collaboration
US6996776B1 (en) Method and system for SGML-to-HTML migration to XML-based system
JP3258263B2 (en) Method and apparatus for providing a browser capable of maintaining a plurality of url simultaneously active
US6081829A (en) General purpose web annotations without modifying browser
US6405222B1 (en) Requesting concurrent entries via bookmark set
JP2004118838A (en) Method and system for providing advertisement based on url or retrieving keyword input by user, or both thereof
US6546405B2 (en) Annotating temporally-dimensioned multimedia content
US7392533B2 (en) System and method for management of a componentized electronic document retrievable over a network
US20020111956A1 (en) Method and apparatus for self-management of content across multiple storage systems
US20180210901A1 (en) Apparatus and method for web marketing tools for digital archives-web portal advertising arts
US6401118B1 (en) Method and computer program product for an online monitoring search engine
US6457046B1 (en) Information providing apparatus for server and computer-readable recording medium storing information providing program for server
JP3910779B2 (en) Image processing device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040624

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070607

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070612

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070813

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070925