JP2001168892A - Network constructing method - Google Patents

Network constructing method

Info

Publication number
JP2001168892A
JP2001168892A JP35251599A JP35251599A JP2001168892A JP 2001168892 A JP2001168892 A JP 2001168892A JP 35251599 A JP35251599 A JP 35251599A JP 35251599 A JP35251599 A JP 35251599A JP 2001168892 A JP2001168892 A JP 2001168892A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
network
device
master
hot
authority
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP35251599A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshitsugu Menju
尚嗣 毛受
Original Assignee
Casio Comput Co Ltd
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Casio Comput Co Ltd, カシオ計算機株式会社 filed Critical Casio Comput Co Ltd
Priority to JP35251599A priority Critical patent/JP2001168892A/en
Publication of JP2001168892A publication Critical patent/JP2001168892A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To contribute to the spread of a home network by automatizing the assignment of authority of network equipment and facilitating a network construction. SOLUTION: The authority for equipment connected to a network (self equipment) is arbitrated on the basis of the level information of self equipment and on the level information of another piece of equipment on the network (S15). One of a master authority and a slave authority is dynamically imparted to the self equipment, in accordance with the arbitration result (S16 and S17).

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ネットワーク構築方法に関し、特に、家庭内ネットワークなどに適用して好ましいネットワーク構築方法に関する。 The present invention relates to relates to a network construction method, in particular, to the preferred network construction method and applied to a home network.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、AV(Audio Visua In recent years, AV (Audio Visua
l)機器を中心に家電製品のディジタル化が進んでおり、それに伴って家電製品をネットワーク化してパソコンなどで制御しようとする動き、いわゆる家庭内ネットワークの動きが顕在化してきた。 l) is progressing digitization of consumer electronics products in the center of the device, movement to try to control, such as a personal computer and networked home appliances along with it, the movement of the so-called home network has been actualized. これは、家電製品がディジタル化されると、映像や音声などの情報をディジタルデータでやり取りできるようになるため、相互にネットワーク化して遠隔操作を行なったり、製品間で情報の交換を行なったりできるためで、究極的には、例えば、 This is because when the appliances are digitized, order to be able to exchange information such as video and audio digital data, or perform a remote operation and networked to each other, can be or perform the exchange of information between Product because, ultimately, for example,
パソコンでエアコンの温度を調節したり、テレビのリモコンでステレオを操作したりすることも夢でなくなるからである。 You can adjust the air conditioning temperature in the personal computer, because no longer be a dream or to operate the stereo with the TV remote control.

【0003】こうした社会背景から、「Bluetoo [0003] from this social background, "Bluetoo
th」、「HomeRF」、「IrDA−Contro th "," HomeRF "," IrDA-Contro
l」などの無線(または光通信)ネットワーク技術、 l "such as radio (or optical communication) network technology,
「ECHONET」などの電灯線利用ネットワーク技術、「IEEE1394」などのバスネットワーク技術、「HomePNA」などの電話線利用ネットワーク技術等、様々なインフラ技術が提案されており、これらの技術のいくつかは活線挿抜(プラグアンドプレイまたはホットプラグ機能)をサポートするなどして、新たな機器の接続や取り外しの際の設定を容易化している。 Power line use network technology, such as "ECHONET", bus network technology, such as "IEEE1394", telephone line use network technology, etc., such as "HomePNA", have been proposed various infrastructure technology, some of these techniques active and the like to support lines insertion (plug and Play or hot-plugging), and facilitate the setting of the time of connection and removal of the new device.

【0004】しかし、家庭内ネットワークの構築は、上記インフラ技術を利用したとしても、専門知識を持たない者(以下、便宜上「一般大衆」という)にとって容易なことではなく、今一つ普及が遅れていることも事実である。 [0004] However, the construction of the home network, as well as using the above infrastructure technology, a person who does not have the expertise (hereinafter, for convenience referred to as "the general public") not easy for, one more widespread use has been delayed it is also a fact. その原因の一つとして、ネットワークに接続する機器の権限割り当てが面倒である点を指摘することができる。 One of the causes, rights assignment of devices connected to the network can be pointed out that it is troublesome. すなわち、家庭内ネットワークを構築するには、 That is, in order to build a home network,
特定のインフラ技術に対応した家電製品を購入し、その家電製品(以下「機器」という)を有線または無線のネットワーク媒体を介して接続したうえ、各機器に対して権限の割り当て等の設定作業を行なわなければならない。 Bought appliances corresponding to a specific infrastructure technology, after having connected the appliances (hereinafter referred to as "device") to via a wired or wireless network medium, the setting work assignments such rights for each device It must be carried out. 権限とは、例えば、ネットワーク上で他の端末を制御できるマスタ権限や被制御側のスレーブ権限のことである。 The authorization, for example, is that the master authority and the controlled side can control the other devices on the network of the slave authorization.

【0005】マスタ権限を有する機器(以下「マスタ機器」という)はネットワーク上に唯一つしか存在せず(但し同一グループ内)、このマスタ機器を用いて同一グループ内のスレーブ権限を有する機器(以下「スレーブ機器」という)を制御することが可能である。 [0005] device having a master authority (hereinafter referred to as "master unit") is only absent only one in the network (but within the same group), a device having a slave authority in the same group with the master device (hereinafter it is possible to control the) as "slave device". 一般にマスタ機器はパソコン等のように高度な制御機能を有する機器に割り当てられることが多いが、パソコンがない場合は、例えば、ネットワーク対応のテレビジョン受信機などに割り当てられることもある。 Generally master device is often assigned to a device with a high degree of control functions as such as a personal computer, but if there is no PC, for example, also be assigned to such network-compatible television receiver. そのような受信機にはキーボードなどの入力装置としても利用できる高機能なリモコンが付属しており、パソコンと同等かそれに近い制御機能を有しているからである。 Such is the receiver comes with sophisticated remote control can also be used as an input device such as a keyboard, is because a computer equal to or control functions closer to it. また、近年では冷蔵庫や電子レンジ等のいわゆる「白もの」と呼ばれる家電製品の一部にも液晶ディスプレイや情報処理機能が組み込まれていることがあり、これらの家電製品もマスタ機器として使用可能である。 Further, in recent years, there is also a liquid crystal display or information processing function on a part of the appliances so-called "white goods" such as refrigerators and microwave ovens are incorporated, these appliances also be used as a master device is there.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】さて、このような様々なマスタ機器(またはマスタ機器として使用可能な機器)の一つを購入して家庭内ネットワークに接続しようとした場合、ネットワーク上に既存のマスタ機器がなければ、いい換えればスレーブ機器だけのネットワークであれば、新たに接続されたマスタ機器がネットワーク上の唯一つのマスタ機器となるため、購入機器をそのまま接続しても支障なくネットワークを構築できる。 Well [0007], when attempting to connect to buy one such various master device (or devices that can be used as the master device) in the home network, existing on the network if there is no master device, if it is only of the network slaves in other good, build a new order that is connected to the master device is the only one of the master devices on the network, the network also without hindrance connect directly to purchase equipment it can. しかしながら、すでにマスタ機器が接続されている場合は、既存機器と購入機器のいずれか一方をマスタ機器とし、他方をスレーブ機器にしなければならず、その際に、いずれがマスタ機器に相応しいかを判断する必要があるものの、そのような判断は当然ながらある程度の技術知識を要求されるから、一般大衆にとっては容易なことでなく、家庭内ネットワークの普及を妨げる要因の一つになるという問題点があった。 However, if it is connected it is already the master device, one of the existing equipment and purchase equipment to a master device, while the must to the slave device, in this case, determines one Do suitable to the master device although necessary to have a certain, since such determination is of course requires a certain degree of technical knowledge, not so easy for the general public, a problem that becomes one of the factors that prevent the spread of home network there were.

【0007】したがって、本発明が解決しようとする課題は、ネットワーク機器の権限割り当てを自動化してネットワーク構築の容易化を図り、以って、家庭内ネットワークの普及に貢献するネットワーク構築方法を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention is to provide, a rights assignment of the network equipment to automate aims to facilitate network construction, hereinafter, provides a network construction method to contribute to the spread of home network It lies in the fact.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】(1) 本発明に係るネットワーク構築方法は、ネットワーク機器の各々にあらかじめ権限判定用のレベル情報を保持させておき、自機器をネットワークに接続する際に、そのネットワーク上に他機器が存在する場合で且つその他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位である場合に自機器にスレーブ権限を付与する一方、そうでない場合に自機器にマスタ権限を付与することを特徴とする。 Means for Solving the Problems] (1) network construction method according to the present invention, allowed to hold the level information for pre-authorization decision to each of the network devices, when connecting the own device to the network, the while level information and other equipment if the other devices present in the network to grant the slave permission to own device when it is higher than the level information of the own device, grant master privilege to the own device otherwise characterized in that it. (2) または、本発明に係るネットワーク構築方法は、さらに、前記他機器のレベル情報が自機器のレベル情報と同位の場合、あらかじめ設定された優先モードに応じて自機器にマスタ権限を付与するか否かを決定することを特徴とする。 (2) or a network construction method according to the present invention, furthermore, the level information of the other device when the level information and peer apparatus own, the master authority granted to the own device in accordance with the preset priority modes and determining whether. (3) または、本発明に係るネットワーク構築方法は、さらに、前記自機器にマスタ権限が付与された場合にネットワーク上の他機器のうちマスタ権限を持つ機器の権限をスレーブ権限に変更することを特徴とする。 (3) or, network construction method according to the present invention, further, to change the authority of the equipment with the master authority among other devices on the network if the master authority granted to the own device to the slave authority and features. (4) または、本発明に係るネットワーク構築方法は、さらに、自機器をネットワークに接続する際に、ネットワーク上の他機器の存在を調べ、他機器が存在しない場合に自機器にマスタ権限を付与することを特徴とする。 (4) or, network construction method according to the present invention, further, applied when connecting the own device to the network, examining the presence of other devices on the network, the master authority to the own device when the other device does not exist characterized in that it. (5) または、本発明に係るネットワーク構築方法は、さらに、ネットワーク機器のそれぞれにグループ属性を入力させ、同一のグループ属性を有する機器同士によりネットワークを構築することを特徴とする。 (5) or, network construction method according to the present invention, further, to enter the group attribute to each network device, characterized by constructing a network by the device each having the same group attribute.

【0009】 [0009]

【作用】本発明に係るネットワーク構築方法では、ネットワークに接続された機器(自機器)のレベル情報と、 The network construction method according to the present invention, the level information is connected to a network equipment (self equipment),
そのネットワーク上の他機器のレベル情報とに基づいて自機器の権限が調停され、その調停結果に従って自機器にマスタ権限またはスレーブ権限の一方が動的に付与される。 Its powers of its own device based on the level information of the other devices on the network is arbitrated, one of the master authority or slave authority to the own device is dynamically applied according to the arbitration result. すなわち、上記(1)では、他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位である場合に自機器にスレーブ権限が付与される一方、そうでない場合に自機器にマスタ権限が付与され、上記(2)では、さらに、 That is, in the above (1), while the slave privilege is granted to the own device when the level information of the other device is higher than the level information of the own device, the master authority is given to the own device when it is not, In the above (2), further,
他機器のレベル情報と自機器のレベル情報が同位の場合にあらかじめ設定された優先モードに応じて自機器にマスタ権限を付与するか否かが決定され、上記(3)では、さらに、自機器にマスタ権限が付与された場合にネットワーク上の他機器のうちマスタ権限を持つものがスレーブ権限に変更され、上記(4)では、ネットワーク上に他機器が存在しない場合に無条件に自機器にマスタ権限が付与され、上記(5)では、グループ属性によってネットワークが識別され、例えば、グループ属性を変えることによって排他的なネットワークが構成される。 Level information level information and self-device of another device whether the master authority granted to the own device in accordance with the preset priority mode when the peer is determined, in the above (3), further, the self-device to those with a master authority among other devices on the network if the master privilege was granted it is changed to a slave authority, in the (4), the own device unconditionally when another device on the network does not exist master authority is given, in the above (5), the network is identified by a group attribute, for example, an exclusive network is constructed by changing the group attribute.

【0010】 [0010]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態を詳細に説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the drawings illustrating the embodiments of the invention in detail. 図1(a)は家庭内ネットワークの概念図である。 1 (a) is a conceptual diagram of a home network. 図において、ネットワーク媒体1は有線、無線または光通信などの伝送媒体である。 In the figure, the network medium 1 is a transmission medium such as a wired, wireless or optical communication. このネットワーク媒体1は、有線の場合、ケーブル等の伝送路やその伝送路を介してやり取りされる電気信号の送受信部等を含み、無線の場合、無線電波の送受信部や変復調部等を含み、光通信の場合、光送受信部や変復調部等を含むほか、いずれの場合も、これらの物理的構成要素に加えて、例えば、「Bluetooth」、「Ho The network medium 1, when the wire includes a transceiver or the like of the electrical signal that is communicated over the transmission channel and its transmission path such as a cable, the case of wireless, include a wireless radio wave transmitting and receiving unit and the modem unit and the like, for optical communications, in addition to including the optical transceiver and the modem unit such as, in any case, in addition to these physical components, for example, "Bluetooth", "Ho
meRF」、「IrDA−Control」などの無線(または光通信)ネットワーク技術、「ECHONE meRF ", wireless, such as" IrDA-Control "(or optical communication) network technology," ECHONE
T」などの電灯線利用ネットワーク技術、「IEEE1 T "power line use network technology, such as," IEEE1
394」などのバスネットワーク技術、「HomePN 394 "bus network technology, such as," HomePN
A」などの電話線利用ネットワーク技術等のアーキテクチャに基づく論理的構成要素(後述)を含む。 Based on the architecture such as a telephone line available network technologies, such as A 'includes logical components (described later).

【0011】この論理的構成要素は、特に、ホットプラギング(HotPlugging)、すなわち、ネットワークに新たに機器を接続したり接続済みの機器に電源を入れたりしたことを通知する機能と、アンプラギング(UnPlugging)、すなわち、ネットワークから機器を取り外したり電源を切断したりしたことを通知する機能とをサポートする。 [0011] The logical component, in particular, hot plugging (HotPlugging), i.e., a function of notifying that it has or powered new to a device to connect the device or the connected network, unplugging (UnPlugging ), i.e., to support the function of notifying that it has or turn off the power or remove the device from the network. これにより、ネットワーク媒体1はプラグアンドプレイや上記ホットプラギング(またはホットプラグ;以下「ホットプラグ」で統一) As a result, the network medium 1 is plug-and-play and the hot plugging (or hot plug; or less unified in the "hot plug")
と呼ばれる活線挿抜機能をネットワーク機器に提供する。 The hot-swap feature called to offer to the network equipment.

【0012】ネットワーク媒体1にはいくつかのネットワーク機器、例えば、パソコン2、テレビジョン受信機3およびVTR(Video Tape Record [0012] The network media some of the network equipment is to 1, for example, a personal computer 2, the television receiver 3 and the VTR (Video Tape Record
er)4などが接続されており、これらの機器とネットワーク媒体1とによって、家庭内ネットワークが構築されている。 er) 4, etc. are connected, these devices and the network medium 1, a home network is constructed.

【0013】図1(b)はネットワーク媒体1の階層構造(前記の論理的構成要素に相当)を示す図であり、下位層から順に、物理層5、通信制御層6、プレゼンテーション層7およびアプリケーション層8を積み重ねた構造になっている。 [0013] 1 (b) is a diagram showing the hierarchical structure of the network medium 1 (corresponding to a logical component of the), in this order from the lower layer, the physical layer 5, the communication control layer 6, the presentation layer 7 and Applications It has a structure in which a stack of layers 8. この階層構造はOSI(Open S This hierarchical structure is OSI (Open S
ystems Interconnection:開放型システム相互接続)参照モデルの7階層モデルを簡略化したものであり、物理層5はOSI参照モデルの物理層に相当し、上記物理的構成要素の電気的条件やコネクタ規格等を定義する。 ystems Interconnection: is a simplification of the 7-layer model of Open Systems Interconnection) reference model, the physical layer 5 corresponds to the physical layer of the OSI reference model, electrical conditions and connectors standards of the physical components and the like to define.

【0014】また、通信制御層6はOSI参照モデルのデータリンク層、ネットワーク層、トランスポート層およびセッション層に相当し、通信メッセージの識別、エラー訂正、通信開始と終了などの手順を規定するとともに、自機器の物理識別情報(あらかじめ割り当てられた固定の情報であり以下「GID」という)、ネットワーク上の論理識別情報(ネットワークへの接続順に動的に割り当てられる可変の情報であり以下「PID」という)、自機器の権限判定用のレベル情報(後述)、および、ネットワーク上の他の機器(以下「他機器」という)に関する情報(レジストリ情報)などを管理する。 Further, the communication control layer 6 is the data link layer of the OSI reference model, network layer corresponds to the transport layer and the session layer, the identification of the communication message, as well as defining the procedure such as error correction, the communication start and end , (hereinafter be fixed information assigned in advance as "GID") physical identification information of the own device, logical identity of the network (hereinafter be variable information that is dynamically assigned to the connection order to the network "PID" hereinafter), the level information for permission determination apparatus own (described later), and information about other devices on the network (hereinafter referred to as "other device") (registry information) for managing the like.

【0015】また、プレゼンテーション層7およびアプリケーション層8はOSI参照モデルのプレゼンテーション層およびアプリケーション層に相当し、プレゼンテーション層7はデータの表現形式等を規定するとともに、アプリケーション層8に対して下位層(物理層5および通信制御層6)のAPI(アプリケーション・プログラマブル・インターフェース)を提供し、アプリケーション層8はこのAPIを利用してネットワーク上の他機器との間で通信を行ない、各種家電製品やパソコン等に所要のネットワーク機能を提供する。 Further, the presentation layer 7 and the application layer 8 corresponds to the presentation layer and application layer of the OSI reference model, with the presentation layer 7 defines the representation format of the data, the lower layer to the application layer 8 (the physical providing a layer 5 and API communication control layer 6) (application programmable interface), application layer 8 performs a communication with another device on the network by using this API, various home appliances and personal computers to provide the required network functions.

【0016】ここで、少なくとも、有線、無線又は光通信によってデータ伝送を行なう物理層5の一部(典型的には有線の場合の伝送路;以下説明の便宜上「伝送路」 [0016] Here, at least, a wired, a portion of the physical layer 5 which performs data transmission by radio or optical communication (typically transmission path when the wireline; convenience "transmission channel" below description
とする)を除く各階層5〜8は、ネットワーク機器の内部に組み込まれている。 Each layer 5-8 except that) are incorporated in the network equipment. すなわち、図1(a)のパソコン2、テレビジョン受信機3およびVTR4は、その何れも、物理層5(但し伝送路を除く)、通信制御層6、 That is, the personal computer 2, the television receiver 3 and VTR4 in FIG. 1 (a), (excluding, however, the transmission path) that both, the physical layer 5, the communication control layer 6,
プレゼンテーション層7およびアプリケーション層8に対応する構成要素を含み、例えば、図2のような構成を有している。 It includes a component corresponding to the presentation layer 7 and the application layer 8, for example, a configuration as shown in FIG.

【0017】図2において、ネットワーク機器10は、 [0017] In Figure 2, the network device 10,
図1(a)のパソコン2、テレビジョン受信機3またはVTR4に相当するものであり、このネットワーク機器10は、伝送路1aを流れるメッセージが自機器宛てである場合または宛先未指定(もしくは特定グループ指定)のブロードキャストメッセージである場合にそのメッセージを取り込むアドレス処理部11と、受信メッセージのエラー訂正や送信メッセージの生成等を行なうとともに、後述の「ホットプラグ処理」および「ホットプラグ通知受信処理」を実行するメッセージ送受信部12 1 PC 2 (a), it is intended to correspond to the television receiver 3 or VTR 4, the network device 10, if the message through the transmission lines 1a is addressed to the own device or destination unspecified (or specific group an address processing unit 11 to capture the message in the case of broadcast messages specified), and performs the generation or the like of the error correction or transmission message of the received message, which will be described later "hot-plug operation" and the "hot plug notification receiving process" message transceiver 12 that executes
と、自機器の固有情報(GID、PID、機能情報および権限判定用のレベル情報など)を格納する固有情報格納部13と、ネットワーク上の他機器に関するレジストリ情報を格納するレジストリ情報格納部14とを備え、 When unique information of its own device and the unique information storage unit 13 for storing (GID, PID, function, information and level information for authorization determination), the registry information storage unit 14 for storing registry information regarding other devices on the network equipped with a,
これら各部11、12、13、14によって、前記階層構造モデルの物理層5(但し伝送路1aを除く)および通信制御層6を具現化する。 These respective units 11, 12, 13, 14 (except where transmission lines 1a) Physical layer 5 of the hierarchical model and embodying the communication control layer 6.

【0018】さらに、ネットワーク機器10は、プレゼンテーション部15および機器依存部16を備え、機器依存部16はネットワーク機器10の本来の機能、例えば、パソコン2であれば信号処理機能、テレビジョン受信機3であればテレビジョン放送の受像機能や再生画像の表示機能、VTR4であれば録画/再生機能、を実現するためのハードウェアリソースおよびソフトウェアリソースを含み、プレゼンテーション部15は、メッセージ送受信部12と機器依存部16との間を仲介して、例えば、自機器がパソコン2やテレビジョン受信機3であれば、パソコン2の入力装置またはテレビジョン受信機3のリモコン装置(これらは機器依存部16に含まれるハードウェアリソースの一つである)からの制御信号をネットワーク上の Furthermore, the network device 10 includes a presentation unit 15 and the device-dependent portion 16, the original function of the device-dependent portion 16 is a network device 10, for example, if the personal computer 2 signal processing function, the television receiver 3 display function of the image-receiving function and reproduced image of the television broadcast as long, include hardware and software resources for implementing the recording / reproducing function if VTR 4, the presentation unit 15, the message transmitting and receiving unit 12 and the device mediates between the dependent portion 16, for example, if the device itself a personal computer 2 and the television receiver 3, an input device or a remote controller of the television receiver 3 of the personal computer 2 (these are device-dependent portion 16 the control signal from the hardware is one of the resource) on the network that contains えばVTR4に伝え、パソコン2ないしはテレビジョン受信機3からの録画/再生の遠隔操作を可能にする。 Communicated to the VTR4 if For example, to allow remote operation of the recording / playback from the PC 2 or television receiver 3. プレゼンテーション部15は前記階層構造モデルのおよびプレゼンテーション層7に相当し、 The presentation unit 15 corresponds to and presentation layer 7 of the hierarchical model,
機器依存部16は同モデルのアプリケーション層8に相当する。 Device-dependent portion 16 corresponds to the application layer 8 of the same model.

【0019】以上の構成を有するネットワーク機器10 [0019] The network device 10 having the above configuration
は、その機器依存部16において、パソコン2、テレビジョン受信機3またはVTR4としての基本機能を実現するとともに、例えば、パソコン2やテレビジョン受信機3であれば、その機器依存部16において、ネットワーク上の他機器の遠隔制御機能を実現するほか、特にホットプラグ時に後述の「ホットプラグ処理」をそのメッセージ送受信部12で実行し、さらに、ネットワーク上の他機器からのホットプラグ通知受信時にそのメッセージ送受信部12で後述の「ホットプラグ通知受信処理」 At its device-dependent portion 16, the personal computer 2, while realizing the basic function of the television receiver 3 or VTR 4, for example, if the personal computer 2 and the television receiver 3, in the device-dependent portion 16, the network in addition to realizing the remote control function of the other devices of the above, in particular running in the message transceiver 12 "hot-plug processing" later during hot plugging, further, the message during hot plug notification received from other devices on the network later in transmitting and receiving unit 12 "hot plug notification receiving treatment."
を実行する。 To run.

【0020】<ホットプラグ処理>まず、ホットプラグ処理について説明する。 [0020] <hot-plug processing> First, a description will be given of hot-plug processing. 図3はホットプラグ処理の概略的なフローチャートを示す図である。 Figure 3 is a diagram showing a schematic flowchart of the hot-plug operation. このフローチャートは、ホットプラグ時、すなわち、自機器をネットワークに接続したとき、または、ネットワークに接続済みの自機器の電源を入れたときに実行される。 The flowchart when hot plug, i.e., when connecting the own device to the network, or may be executed when the turn of own device already connected to the network. フローチャートを実行すると、最初に、ネットワーク上に他機器が存在しているか否かを調べる(ステップS11)。 When executing the flowchart, first, it checks whether or not another device on the network is present (step S11). なお、 It should be noted that,
“存在”とは、ネットワーク媒体1によってデータ通信が可能な状態(アクティブな状態またはネットワークにログオンしている状態)で存在していることを意味する。 "Exist" is meant to be present in the data communication possible state (state logged on to an active state or a network) by the network medium 1. もし、ネットワーク上に他機器が存在しなければ、 If no other devices exist on the network,
自機器のみの存在であるため、無条件に自機器にマスタ権限を付与し(ステップS17)、ネットワーク上にブロードキャストメッセージとしてホットプラグ通知を送出する(ステップS18)。 Since the presence of only the own device, the master authority granted to own device unconditionally (step S17), and sends a hot plug notification on the network as a broadcast message (step S18). なお、このときのホットプラグ通知は、ネットワーク上に他機器が存在しないため、単に送出されるだけである。 Incidentally, hot plug notification at this time, because another device on a network is not present, but merely be sent. このように、図3のホットプラグ処理によれば、ネットワーク上に他機器が存在しない場合は、自機器に無条件にマスタ権限を付与することができる。 Thus, according to the hot-plug operation in FIG. 3, if other devices on the network is not present, it can impart master privilege unconditionally to the own device.

【0021】一方、ネットワーク上に他機器が存在する場合(ステップS11の“YES”)は、他機器に関するレジストリ情報を取得し(ステップS12)、取得したレジストリ情報を自機器のレジストリ情報格納部14 Meanwhile, if another device on the network is present ( "YES" in step S11) acquires the registry information regarding other devices (step S12), the acquired registry information of own device registry information storage section 14
に格納する(ステップS13)。 And stores it in the (step S13). なお、上記レジストリ情報は、他機器の固有情報格納部13に格納されている情報、すなわち、GID、PID、機能情報および権限判定用のレベル情報などである。 The above registry information, information stored in the unique information storage unit 13 of the other device, that is, GID, PID, and functional information and level information for authority determination. GIDは各機器に固有の識別情報(例えば、製造者コードと製造者ごとの一連番号コードとを組み合わせたもの)であり、PIDはネットワーク上の各機器の位置を示す識別情報であり、機能情報はその機器がどのような機能を持っているかを示す情報であるが、権限判定用のレベル情報(以下単に「レベル情報」という)は本実施の形態に特有の情報である。 GID is identification information unique to each device (e.g., a combination of a serial number code for each manufacturer code and manufacturer) is, PID contains an identification information indicating the location of each device on the network, function information Although the information indicating whether the device has what function, level information for authorization determination (hereinafter simply referred to as "level information") is information unique to the present embodiment. 好ましい例によれば、レベル情報は「1」、 According to a preferred embodiment, the level information is "1",
「2」、「3」などの数値であり、各数値にマスタ権限の付与優先度を示す上下の関係を与える。 "2" is a numerical value, such as "3", give the top and bottom of the relationship shown a grant priority of the master authority to each number. 例えば、 For example,
「1」を最上位のレベル(最も優先度が高い)とし、 "1" is the most significant of the level (the most high priority),
「2」をそれに次ぐレベルとし、「3」を最下位のレベル(最も優先度が低い)とする。 And level second only to "2" thereto, and a "3" the lowest level (the most low priority). なお、数値以外の記号やコードなどであってもよいことはもちろんであり、また、レベルの段階も上記例示の三つに限定されないことはいうまでもない。 Incidentally, of course it is may be a non-symbols and code numbers, Further, it goes without saying that the steps of levels is not limited to the three above examples.

【0022】以下、レベル情報を上記3段階の数値とし、その上下関係を上記のとおりとして説明を進める。 [0022] Hereinafter, the level information and figures above three steps, the description will its vertical relationship as described above.
今、ホットプラグされた機器(自機器)のレベルが「1」であり、且つ、ネットワーク上の他機器のレベルが「2」または「3」であると仮定する。 Now, the level of the hot-plugged device (self-device) is "1", and the level of the other devices on the network is assumed to be "2" or "3". この場合、自機器の固定情報格納部13から読み出されたレベルは「1」であり(ステップS14)、しかも、レジストリ情報格納部14に格納されたレジストリ情報中のレベルは「2」または「3」であるため、レジストリ情報中に自機器のレベルよりも上位のレベルは存在しない。 In this case, the level read from the fixed information storage unit 13 of the own device is "1" (step S14), and moreover, the level in the registry information stored in the registry information storage unit 14 "2" or " for 3 'at which, the upper level do not exist than the level of the own device in the registry information. したがって、「レジストリ情報中に自機器のレベルよりも上位のレベル有り?」(ステップS15)の判定結果が“NO”となるので、この場合は、自機器にマスタ権限を付与し(ステップS17)、自機器にマスタ権限を付与した旨の情報を含むホットプラグ通知をブロードキャストメッセージとしてネットワーク上に送出する(ステップS18)。 Thus, "registry information higher level than the level of the own device in there?" Because (Step S15) of the determination result is "NO", in this case, the master grant permission to own device (step S17) and it sends to the network a hot plug notification including the information of the granted master privilege to the own device as a broadcast message (step S18). なお、このホットプラグ通知はネットワーク上の他機器によって受信され、その他機器で実行されるホットプラグ通知受信処理の中で参照される。 Incidentally, the hot-plug notification is received by the other devices on the network, referred to in the hot-plug notification receiving process executed by other devices. このように、ネットワーク上に他機器が存在した場合は、他機器のレベル情報と自機器のレベル情報を比較し、自機器のレベル情報が上位レベルの場合に自機器にマスタ権限を付与するとともに、その旨をホットプラグ通知によってネットワーク上に送出することができる。 Thus, if another device on the network is present, comparing the level information of the level information and the own equipment other devices, together with the level information of the device to grant the master privilege to the own device in the case of higher level it can be sent on the network to that effect by a hot plug notification.

【0023】他方、ネットワーク上に他機器が存在する場合(ステップS11の“YES”)であって、且つ、 [0023] On the other hand, in a case where other devices on the network exists ( "YES" in step S11), and and,
他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位レベルの場合(ステップS15の“YES”)は、自機器にスレーブ権限を付与し(ステップS16)、自機器にスレーブ権限を付与した旨の情報を含むホットプラグ通知をブロードキャストメッセージとしてネットワーク上に送出する(ステップS18)。 If the level information of the other device is a higher level than the level information of its own equipment ( "YES" in step S15), the slave grant permission to own device (step S16), and the effect that has been granted the slave permission to own device and sends to the network a hot plug notification including information as a broadcast message (step S18). なお、このホットプラグ通知はネットワーク上の他機器によって受信され、その他機器で実行されるホットプラグ通知受信処理の中で参照される。 Incidentally, the hot-plug notification is received by the other devices on the network, referred to in the hot-plug notification receiving process executed by other devices. このように、ネットワーク上に他機器が存在し、且つ、他機器のレベル情報が自機器のレベル情報より上位レベルの場合には、自機器にスレーブ権限を付与するとともに、その旨をホットプラグ通知によってネットワーク上に送出することができる。 Thus, other devices are present on the network, and, in the case of higher level than the level information of the other device the level information of the device, as well as grant slave permission to own device, hot plug notify it can be sent on the network by.

【0024】したがって、以上の三つのケース、すなわち、ネットワーク上に他機器が存在しない場合、他機器が存在し且つその他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位レベルでない場合、他機器が存在し且つその他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位レベルである場合の三つのケースについて、自機器の権限を動的に設定することができ、特に、とについては、ネットワーク上の他機器とのレベル情報比較によって自機器に付与すべき権限を決定するようにしているので、各機器にあらかじめ割り当てるレベル情報を適正にしておくことにより、ネットワーク上でマスタ権限を持つに相応しい唯一つの機器にそのマスタ権限を付与し、他の機器にスレーブ権限を付与することができる。 [0024] Accordingly, the foregoing three cases, i.e., when another device on the network is not present, when the level information and other equipment other equipment exists is not a higher level than the level information of the own device, other devices the three cases when present and other level information equipment is higher level than the level information of the own device, it is possible to dynamically set the permissions of the own device, in particular, for the city, on the network since so as to determine the rights to be assigned to its own device by the level information compared to other devices, by keeping the proper advance assigned level information to each device, only one appropriate to have the master authority on a network the master authority granted to the device, can be imparted to the slave permissions to other devices.

【0025】例えば、パソコン2に「1」を、テレビジョン受信機3に「2」を、VTR4に「3」を割り当てておき、まず、何も接続されていないネットワークにV [0025] For example, the "1" to the PC 2, a "2" to the television receiver 3, has been assigned a "3" to VTR4, first, nothing is connected to the network V
TR4を接続する場合を考えると、上記のケースより、VTR4にはマスタ権限が与えられる。 Considering the case of connecting the TR4, from the above case, the master authority is given to the VTR 4. 次に、VT Next, VT
R4を接続したネットワークにテレビジョン受信機3を接続する場合を考えると、上記のケースより、テレビジョン受信機3にはマスタ権限が与えられる(このとき、VTR4の権限は後述のホットプラグ通知受信処理によってスレーブ権限に変更される)。 Considering the case of connecting the television receiver 3 to the network connected to R4, from the above case, the master authority is given (In this case the television receiver 3, authority VTR4 is below the hot-plug notification reception is changed to the slave authorization by the processing). 同様に、テレビジョン受信機3とVTR4を接続したネットワークにパソコン2を接続する場合を考えると、上記のケースより、パソコン2にはマスタ権限が与えられる(このとき、テレビジョン受信機3の権限は後述のホットプラグ通知受信処理によってスレーブ権限に変更される)。 Similarly, considering a case of connecting the personal computer 2 to a network connecting a television receiver 3 and VTR 4, from the above case, the master authority is given to the PC 2 (at this time, permission of the television receiver 3 is changed to the slave authorization by a hot plug notification receiving process will be described later). または、パソコン2とVTR4を接続したネットワークにテレビジョン受信機3を接続する場合を考えると、上記のケースより、テレビジョン受信機3にはスレーブ権限が与えられる(このとき、パソコン2の権限は変更されない)。 Or, considering the case of connecting the television receiver 3 to the network connected to the personal computer 2 and VTR 4, from the above case, the slave, authorized (this time the television receiver 3, the personal computer 2 privileges do not change).

【0026】<ホットプラグ通知受信処理>次に、ホットプラグ通知受信処理について説明する。 [0026] <hot plug notification receiving processing> Next, a description will be given hot plug notification receiving treatment. 図4はホットプラグ通知受信処理の概略的なフローチャートを示す図である。 Figure 4 is a diagram showing a schematic flowchart of a hot plug notification reception processing. このフローチャートは、前記自機器(ホットプラグされた機器)からブロードキャストメッセージとして送出されたホットプラグ通知(図3のステップS18 This flowchart is the hot-plug notification sent as a broadcast message from the self-device (hot-plugged devices) (step S18 in FIG. 3
参照)の受信イベントに応答して実行される。 In response to receiving an event of the reference) are performed. フローチャートを実行すると、まず、レジストリ情報格納部14 When executing the flowchart, first, the registry information storage section 14
に格納されているレジストリ情報を更新する(ステップS21)。 Update the registry information stored (step S21). 更新情報には新たに接続された機器のGI GI of the newly connected device to update information
D、PID、機能情報および権限判定用のレベル情報が含まれる。 D, PID, include function information and level information for authority determination.

【0027】次に、受信したホットプラグ通知の中からホットプラグされた機器の権限情報を取り出し、その権限情報がマスタ権限を示しているか否かを判定する(ステップS22)。 Next, take out the received authority information of the hot-plugged device from the hot-plug notification, it determines whether the authorization information indicates master authority (step S22). そして、マスタ権限を示していなければ、フローチャートを終了し、マスタ権限を示している場合は、自機器(ここでいう自機器とはホットプラグ通知受信処理を実行中の機器のことである)の権限がマスタ権限であるか否かを判定し(ステップS23)、マスタ権限でなければ、フローチャートを終了し、マスタ権限であれば、スレーブ権限に変更(ステップS24)した後、フローチャートを終了する。 Then, unless indicated to the master authority, and ends the flowchart, if showing the master authority, the self-device (the self-device here is that the equipment running hot plug notification receiving process) of authority determines whether the master authority (step S23), if the master authority, and ends the flowchart, if the master authority, after changing to the slave authorization (step S24), and ends the flowchart.

【0028】したがって、このホットプラグ通知受信処理によれば、ホットプラグされた機器にマスタ権限が付与された場合は、すでにマスタ権限を持っていた機器の権限がスレーブ権限に変更されるので、ネットワーク上に唯一つのマスタ機器とすることができ、前述のホットプラグ処理と協調し合ってネットワーク機器の権限割り当ての自動化を達成できる。 [0028] Therefore, according to the hot-plug notification reception processing, if the master privilege was granted to the hot-plugged device, because rights of equipment already had master authority is changed to the slave authorization, network It can be only one master device above can achieve automation of rights assignment of a network appliance each other and cooperate with the aforementioned hot-plug operation. その結果、ネットワーク構築の容易化を図ることができ、家庭内ネットワークの普及に貢献する有益な技術を提供することができる。 As a result, it can be simplified network construction, it is possible to provide a technique useful for contributing to the spread of home network.

【0029】<ホットプラグ処理の改良例>なお、上記実施の形態では、図3のホットプラグ処理において、レジストリ情報中に自機器のレベルよりも上位のレベルがない場合(ステップS15の“NO”)、無条件に自機器にマスタ権限を付与(ステップS17)しているが、 [0029] <refinement of the hot-plug operation> In the embodiment described above, in a hot-plug operation in FIG. 3, if there is no higher level than the level of the own device in the registry information (Step S15 "NO" ), although granted master privilege to the own device unconditionally (step S17),
同一レベルの存在も考慮して、次のように改良することが望ましい。 The presence of the same level even in consideration, it is desirable to improve as follows. 図5はその改良例であり、図3のホットプラグ処理のステップS15、ステップ16およびステップS17に相当する部分のフローチャートである。 Figure 5 is its improved example, a hot-plug operation step S15 in FIG. 3 is a flowchart of a portion corresponding to the step 16 and step S17. この改良例において、レジストリ情報中に自機器のレベルよりも上位のレベルがない場合(ステップS15の“N In this improved example, if there are no higher level than the level of the own device in the registry information (Step S15 "N
O”)は、レジストリ情報中に自機器のレベルと同一のレベルが有るか否かを判定する(ステップS31)。そして、同一のレベルがなければ、図3のホットプラグ処理と同様に自機器にマスタ権限を付与(ステップS1 O ") determines whether in registry information level and the same level of the own device is present (step S31). If there is no same level, as in the hot-plug operation in FIG own device grant the master authority to (step S1
7)するが、同一のレベルが有る場合は、さらに、同一レベル機器の中にマスタ権限を有するものが有るか否かを判定し(ステップS32)、マスタ権限を有する機器が有れば、自機器にスレーブ権限を付与し(ステップS 7), but, if the same level there is, furthermore, it determines whether or not there have master authority in the same level equipment (step S32), if there is a device having a master authority, the own the slave authorization granted to the device (step S
16)、マスタ権限を有する機器がなければ、自機器にマスタ権限を付与する(ステップS17)。 16), if there is no device having a master authority to grant master privilege to the own apparatus (step S17).

【0030】この改良例によれば、ネットワーク上にマスタ権限を持つ機器が有り、しかもその機器のレベルがホットプラグされた機器と同一のレベルである場合は、 According to this improved example, if a device having the master authority to the network is available, yet the level of the equipment is the same level as the hot-plugged device,
ホットプラグされた機器にマスタ権限が与えられることはない。 Not the master authority is given to the hot-plug equipment. この改良例は、同一レベルの機器ではどちらがマスタ権限を持っても大差ないという考え方の元、すでにマスタ権限を持っている機器の権限を変更しない方がむしろシステム構成の変更に伴うオーバヘッドを軽減できる点で得策であるという思想に基づくものである。 This refinement is, either in the same level of equipment can be reduced overhead associated with source, already changes it is rather a system configuration that does not change the rights of a device that has a master rights idea little difference even with master authority it is based on the idea that it is a good idea at the point.

【0031】<ホットプラグ処理の更なる改良例>しかし、このような思想は必ずしも普遍的ではない。 [0031] <further refinement of the hot-plug processing> However, such an idea is not necessarily universal. 例えば、ホットプラグされた機器が新型である場合、上記思想は当てはまらないことがある。 For example, if the hot-plugged device is a new type, sometimes the idea is not the case. 多くの場合、新型の機器は新たな機能または機能の使い勝手が向上されているからであり、このような場合は、ネットワーク上にマスタ権限を持つ機器が有り、しかもその機器のレベルがホットプラグされた機器と同一のレベルであっても、ネットワーク全体からみて、ホットプラグされた機器にマスタ権限を与えた方が新機能または使い勝手を向上した機能を活用する点で好ましいからである。 Often, new equipment is because usability of a new function or functions is improved, in such a case, there is a device having a master privilege to the network, yet the level of the device is hot-plugged and even with the same level and the device, viewed from the entire network, because who gave master authority to the hot-plugged device is preferable in that leverage the functionality with improved new or usability.

【0032】図6はその点を考慮して、図5を更に改良した例であり、図3のホットプラグ処理のステップS1 [0032] Figure 6 With that in mind, an example in which a further improvement to Figure 5, step S1 of hot-plug operation in FIG. 3
5、ステップ16およびステップS17に相当する部分のフローチャートである。 5 is a flowchart of a portion corresponding to the step 16 and step S17. この改良例において、同一レベル機器の中にマスタ権限を有するものが有る場合(ステップS32の“YES”)、「先行マスタ機器優先モード」であるか否かを判定し(ステップS33)、同優先モードであれば、自機器にスレーブ権限を付与(ステップS16)する一方、同優先モードでない場合は、自機器にマスタ権限を付与(ステップS17)する。 In this improved example, if those having a master authority in the same level equipment exists (step "YES" in S32), it is determined whether the "prior master device priority mode" (step S33), the priority If mode, while imparting slave permission to own device (step S16), and if not the priority mode imparts master privilege to the own apparatus (step S17).

【0033】先行マスタ機器優先モードとは、ネットワーク上にマスタ権限を持つ機器(先行マスタ機器)が有り、しかもその先行マスタ機器のレベルがホットプラグされた機器と同一のレベルである場合に、その先行マスタ機器の権限を優先させるか否かを指定するモードである。 [0033] The prior master device priority mode, when equipment having a master authority on the network (prior master device) is available, yet the level of the previous master device is the same level as the hot-plugged device, the the authority of the preceding master device is a mode that specifies whether to prioritize. この優先モードを示す情報は、ホットプラグされる機器にあらかじめ格納させておいてもよいし、システム値としてマスタ権限を有する機器の間で引き継いでもよい。 The information indicating the priority mode may be allowed to pre-stored in the device to be hot plug, it may take over between devices having the master authority as a system value.

【0034】この改良例によれば、先行マスタ機器優先モードに従って、同一レベルの機器の間でどちらにマスタ権限を付与するかが決定されるため、例えば、先行マスタ機器優先モードを“有効”(True値)にしておけば、図6のフローチャートは、実質的に図5のフローチャートと同じになり、“無効”(False値)にしておけば、図6のフローチャートは、ホットプラグされた機器にマスタ権限を付与し、先行マスタ機器の権限をスレーブ権限に変更(但し、この変更は図4のホットプラグ通知受信処理によって行われる)することができる。 According to this improved example, according to the prior master device priority mode, because both you grant master authority among the same level of the device is determined, for example, the leading master device priority mode "valid" ( if in the True value), the flow chart of FIG. 6 is substantially the same as the flowchart of FIG. 5, if the "invalid" (False value), the flow chart of FIG. 6, the hot-plugged device grant master authority, changing the authority of the preceding master device to the slave authorization (however, this change is performed by a hot plug notification reception processing of FIG. 4) it can be.

【0035】<ネットワーク構築例>図7は以上の実施の形態を適用したネットワーク構築例であり、ネットワーク機器21〜34はそれぞれ図2のネットワーク機器10に相当し、ネットワーク機器21〜34の間を繋ぐ実線は伝送路1a、ネットワーク機器21〜34の内部に記載された数字は各々に割り当てられたレベルを表す。 [0035] A network constructed example of applying the form of <network construction example> FIG. 7 above embodiments, the network devices 21-34 is equivalent to the network device 10 of FIG. 2, respectively, between the network devices 21-34 connecting solid line transmission lines 1a, representing the level number described in the interior of the network devices 21-34 are allocated to each. (a)において、二つのネットワーク機器21、2 (A), the two network devices 21,2
2のレベルは共に「1」である。 Second level are both "1". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、後から接続されたネットワーク機器にマスタ権限が付与され(図3のステップS17)、他方のネットワーク機器の権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 of Figure 3, the master authority to a connected network device later is given (step S17 in FIG. 3), the other network devices privileges slave It is changed to the authority (step S24 in FIG. 4). (b)において、二つのネットワーク機器23、24のレベルはそれぞれ「1」と「2」である。 (B), the level of the two network devices 23 and 24 are respectively "1" and "2". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、例えば、ネットワーク機器23が後から接続された場合、そのネットワーク機器23にマスタ権限が付与され(図3のステップS1 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 in FIG. 3, for example, if the network device 23 is connected later, the master authority is granted to the network device 23 (step of FIG. 3 S1
7)、他方のネットワーク機器24の権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 7), authority of the other network device 24 is changed to a slave authorization (step S24 in FIG. 4). または、ネットワーク機器24が後から接続された場合、そのネットワーク機器24にスレーブ権限が付与され(図3のステップS16)、他方のネットワーク機器23のマスタ権限は変更されない。 Or, if the network device 24 is connected later, the slave privileges granted to the network device 24 (step S16 in FIG. 3), the master authority of the other network devices 23 is not changed.

【0036】(c)および(d)も(b)と同様である。 [0036] (c) and (d) is the same as (b). (c)において、二つのネットワーク機器25、2 (C), the two network devices 25,2
6のレベルはそれぞれ「2」と「3」である。 6 level of respectively "2" and "3". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、例えば、ネットワーク機器25が後から接続された場合、そのネットワーク機器25にマスタ権限が付与され(図3のステップS17)、他方のネットワーク機器26の権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 in FIG. 3, for example, if the network device 25 is connected later, the master authority is granted to the network device 25 (step S17 in FIG. 3 ), authority of the other network device 26 is changed to a slave authorization (step S24 in FIG. 4). または、ネットワーク機器26が後から接続された場合、そのネットワーク機器2 Or, if the network device 26 is connected after, the network device 2
6にスレーブ権限が付与され(図3のステップS1 6 slave privilege is granted (step of FIG. 3 S1
6)、他方のネットワーク機器25のマスタ権限は変更されない。 6), the master authority of the other network devices 25 is not changed. (d)においても同様に、二つのネットワーク機器27、28のレベルはそれぞれ「1」と「3」である。 Similarly (d), the level of the two network devices 27 and 28 are respectively "1" and "3". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、例えば、ネットワーク機器27が後から接続された場合、そのネットワーク機器27にマスタ権限が付与され(図3のステップS1 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 in FIG. 3, for example, if the network device 27 is connected later, the master authority is granted to the network device 27 (step of FIG. 3 S1
7)、他方のネットワーク機器28の権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 7), authority of the other network device 28 is changed to a slave authorization (step S24 in FIG. 4). または、ネットワーク機器28が後から接続された場合、そのネットワーク機器28にスレーブ権限が付与され(図3のステップS16)、他方のネットワーク機器27のマスタ権限は変更されない。 Or, if the network device 28 is connected later, (step S16 in FIG. 3) that the network device 28 slave permission is granted, the master authority of the other network devices 27 is not changed.

【0037】また、ネットワーク機器が三つ以上の場合は、例えば、(e)において、三つのネットワーク機器29、30、31のレベルはそれぞれ「1」と「2」と「3」である。 Further, if the network device is three or more, for example, in (e), the level of the three network devices 29, 30 and 31 are respectively "1" and "2", "3". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、例えば、ネットワーク機器29が後から接続された場合、そのネットワーク機器29にマスタ権限が付与され(図3のステップS17)、他方のネットワーク機器30、31のうち上位レベルの方の権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 in FIG. 3, for example, if the network device 29 is connected later, the master authority is granted to the network device 29 (step S17 in FIG. 3 ), authorization towards the higher level is changed to the slave privilege from the other network devices 30, 31 (step S24 in FIG. 4). または、ネットワーク機器30が後から接続された場合、そのネットワーク機器3 Or, if the network device 30 is connected after, the network device 3
0にスレーブ権限が付与され(図3のステップS1 0 slave privilege is granted (step of FIG. 3 S1
6)、上位レベルのネットワーク機器29のマスタ権限は変更されない。 6), the master authority higher-level network device 29 is not changed.

【0038】または、(f)において、三つのネットワーク機器32、33、34のレベルは一つが「1」、残りの二つが「2」である。 [0038] Alternatively, in (f), three levels one "1" of the network devices 32, 33, 34, the remaining two is "2". したがって、図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理によれば、 Therefore, according to the hot-plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 of Figure 3,
例えば、ネットワーク機器32が後から接続された場合、そのネットワーク機器32にマスタ権限が付与され(図3のステップS17)、他方のネットワーク機器3 For example, if the network device 32 is connected later, the master authority is given to the network device 32 (step S17 in FIG. 3), the other network device 3
3、34のうちマスタ権限を持っているものの権限がスレーブ権限に変更される(図4のステップS24)。 Authority which has master authority of 3,34 is changed to a slave authorization (step S24 in FIG. 4).

【0039】なお、上記ホットプラグ処理の改良例(図5または図6)によれば、ホットプラグされた機器と同一レベルを持つ機器が存在し、且つ、その機器がマスタ権限を持っている先行マスタ機器の場合、例えば(a) [0039] Incidentally, according to the improvement of the above hot-plug operation (FIG. 5 or 6), there are devices having the same level as devices that are hot plugged and, prior to the device has the master authority for master devices, for example, (a)
のような場合に、上記基本的なホットプラグ処理(図3)と異なる結果になる。 If like, it becomes the basic hot-plug operation (Fig. 3) and different results. すなわち、図5の改良例によれば、先行マスタ機器の存在に関わらず、ホットプラグされた機器にマスタ権限を付与し、図6の改良例によれば、先行マスタ機器優先モードに従ってホットプラグされた機器にマスタ権限を付与するか否かを決定する。 That is, according to the improvement of the 5, regardless of the presence of the preceding master device, the master grant permission to the hot-plugged device, according to an improved embodiment of FIG. 6, the hot plug according to the prior master device priority mode It was to determine whether or not to grant the master authority equipment.

【0040】<グループ属性の考慮>なお、以上の説明では、ネットワーク上のグループ属性に触れなかったが、家庭内ネットワークにおいても、一般的なLAN [0040] <consideration of the group attribute> It should be noted that, in the above description, but did not mention the group attribute on the network, even in the home network, a general LAN
(Local Area Network)と同様に同一のネットワーク内に異なるグループを存在させることができる。 (Local Area Network) and can be present different groups in the same manner as the same network. マスタ権限は同一のグループ内に唯一つ存在すればよく、この点において、上記実施の形態の図3のホットプラグ処理と図4のホットプラグ通知受信処理は、それぞれ図8(a)および図8(b)のように一部を変更すべきである。 The master authority may be present only one in the same group, in this regard, hot plug notification receiving processing of the hot-plug operation and 4 in Figure 3 of the above-described embodiment, each view. 8 (a) and 8 It should change some as shown in (b). すなわち、図8(a)はグループ属性を判定するようにしたホットプラグ処理の要部フローチャートであり、図3のステップS11の判定条件を「ネットワーク上に同一グループに属する他の機器有り?」に変更している。 That is, FIG. 8 (a) is a main part flow of the hot plug process so as to determine the group attributes, the condition of step S11 of FIG. 3 in the "other devices belonging to the same group in the network there?" It has changed. この変更後のステップ11(図ではダッシュを付して変更前と区別している)によれば、 According to step 11 after the change (in the figure are distinguished as before are denoted by the dash),
グループ属性が同一の機器の存在だけを判定するので、 Since the group attribute to determine only the presence of the same equipment,
ホットプラグされた機器のグループ内だけで、図3のホットプラグ処理を実行することができる。 Only the group of the hot-plugged device, it is possible to perform a hot-plug operation in FIG.

【0041】また、図8(b)は同一グループからのホットプラグ通知であるか否かを判定し(ステップS2 Further, FIG. 8 (b) it is determined whether the hot-plug notification from the same group (step S2
0)、同一グループからのホットプラグ通知の場合だけに、レジストリ情報を更新する(ステップS21)ように改良したホットプラグ通知受信処理の要部フローチャートである。 0), only when the hot plug notification from the same group, is a principal part flowchart for hot plug notification receiving processing which is improved so as to update the registry information (Step S21). これによれば、同一グループからのホットプラグ通知を受信した場合にだけ、図4のホットプラグ通知受信処理を実行することができる。 According to this, only when receiving a hot plug notification from the same group, it is possible to perform a hot plug notification reception processing of FIG.

【0042】<グループ属性を考慮したネットワーク構築例>図9はグループ属性を有するネットワーク構築例であり、ネットワーク機器35〜42はそれぞれ図2のネットワーク機器10に相当し、ネットワーク機器35 [0042] Figure 9 <network construction example considering group attribute> is a network construction example having group attributes, network devices 35 to 42 corresponds to the network device 10 of FIG. 2, respectively, the network device 35
〜42の内部に記載された数字はレベルを表し、その隣りに併記されたアルファベット(AまたはB)はグループ属性を表している。 Number described on the interior of the ~ 42 represents the level, the next to the listed alphabetically (A or B) represents a group attribute. すなわち、(a)または(b)のように同一グループ同士であれば、単にそのレベル比較のみでマスタ機器の権限割り当てが行われるが、例えば、(c)のように同一ネットワーク上にグループAのネットワーク機器40〜42とグループBのネットワーク機器43が存在する場合、グループBのネットワーク機器43をネットワークに接続しても、それは単に物理的に接続されているだけであって、グループAのネットワーク機器40〜42から見た場合は、図示のようにネットワークから切り離されているのと同じである。 That is, if the same group together as (a) or (b), but simply authorized allocation of master device only that level comparison is carried out, for example, the group A on the same network as the (c) If the network device 43 of network devices 40 to 42 and group B are present, be connected to network devices 43 of the group B to the network, it is merely being merely physically connected network devices of the group a when viewed from 40 to 42, it is the same as has been disconnected from the network as shown.

【0043】したがって、グループBのネットワーク機器43をグループAのネットワーク機器40〜42から見えるようにするためには、(d)に示すように、グループBのネットワーク機器43のグループ属性をAに変更して(またはグループ属性Aを追加して)、ホットプラグ処理を実行すればよい。 [0043] Therefore, in order to see the network device 43 of the group B from the network device 40 to 42 of the group A, as shown in (d), changes the group attribute of a network device 43 of the group B to A to (or in addition to the group attribute a), it is sufficient to perform a hot-plug operation. この場合、ネットワーク機器43のレベルは「3」であるので、グループAのスレーブ権限が付与される。 In this case, since the level of the network device 43 is "3", the slave permissions of the group A is given. なお、一つのネットワーク機器、例えば、(e)に示すように、マスタ権限を持つネットワーク機器40をアンプラギングした場合、残された他の機器でホットプラグ処理と同等の処理を実行し、 Incidentally, one of the network devices, for example, as (e), the network device 40 having the master authority case of unplugging, and perform a hot-plug operation processing equivalent with remaining other devices,
マスタ権限の再割り当てを動的に行なえばよい。 It may be performed dynamically reassign master authority. この場合、残された機器のレベルは全て同一であるため、先着順またはランダムに割り当ててもよい。 In this case, for all levels of the remaining equipment is identical, may be allocated on a first come, first serve basis or randomly.

【0044】なお、上記グループ属性は、入力装置(キー入力装置、指紋認証装置、音声認証装置、画像認証装置等)によりユニークな属性があたえられる。 [0044] Note that the group attributes, the input device (key input device, a fingerprint authentication device, a voice authentication apparatus, an image authentication apparatus) unique attributes given by. 例えば、 For example,
指紋認証装置でグループ属性Aを各端末に入力する。 Inputting the group attribute A in each terminal in the fingerprint authentication device. これにより、例えば父親のみのネットワークが簡単に構築することができる。 Thus, it is for example that the network only father easy to build. また、例えば家庭内で父親がネットワークを構築しており(図9(b))、このネットワークAに子供が端末を追加したい場合は、指紋認証装置で父親のグループ属性Aを入力あるいは追加することにより可能となる(図9(d))。 Further, for example the father in the home has built a network (FIG. 9 (b)), if you want children to add the terminal to the network A, to enter or add father group attribute A fingerprint authentication device It made possible by (FIG. 9 (d)).

【0045】以上の説明における様々な細部の特定ないし実例および数値や文字列その他の記号は、本発明の思想を明瞭にするための参考であつて、それらのすべてまたは一部によって本発明の思想が限定されないことは明らかである。 The more specific to examples and numerical values ​​or character strings and other symbols of various details in the description, shall apply in reference for clarifying the concept of the present invention, the concept of the present invention by all of them or some it is clear that but not limited. また、説明を簡潔にするために、周知の手法、周知の手順、周知のアーキテクチャおよび周知の回路構成等(以下「周知事項」)についての細部にわたる説明を避けたが、これら周知事項のすべてまたは一部を意図的に排除するものではない。 Further, in order to simplify the description, well-known methods, well-known procedures, has been avoided described every detail of the well-known architecture and a well-known circuit configurations, etc. (hereinafter "well-known matters"), all of these known matters or it is not intended to eliminate the part. 上記周知事項は本発明の出願時点で当業者の知り得るところであるので、以上の説明に含まれている。 Since the known matters can be known to those skilled in the art at the time of the filing of the present invention, it is included in the above description.

【0046】 [0046]

【発明の効果】本発明に係るネットワーク構築方法によれば、ネットワークに接続された機器(自機器)のレベル情報と、そのネットワーク上の他機器のレベル情報とに基づいて自機器の権限が調停され、その調停結果に従って自機器にマスタ権限またはスレーブ権限の一方が動的に付与される。 According to the network construction method according to the present invention, the level information of the network connected device (self-device), the authority of the self device based on the level information of the other devices on the network mediation is one of the master authority or slave authority to the own device is dynamically applied according to the arbitration result. したがって、ネットワーク機器の権限割り当てを自動化でき、ネットワーク構築の容易化を図り、以って、家庭内ネットワークの普及に貢献するネットワーク構築方法を提供することができる。 Therefore, the authority allocation of network devices can be automated, aims to facilitate network construction, I hereinafter, it is possible to provide a network construction method to contribute to the spread of home network. すなわち、 That is,
他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位である場合に自機器にスレーブ権限が付与される一方、そうでない場合に自機器にマスタ権限が付与されるので、 While slave privilege is granted to the own device when the level information of the other device is higher than the level information of the own device, the master privilege is granted to the own device when it is not,
あらかじめ適切なレベルを各機器に与えておくことにより、前記調停動作の正確性を向上できる。 By keeping giving advance appropriate level to each device, it is possible to improve the accuracy of the arbitration operation.

【0047】また、他の態様によれば、他機器のレベル情報と自機器のレベル情報が同位の場合にあらかじめ設定された優先モードに応じて自機器にマスタ権限を付与するか否かが決定されるので、同位レベルの場合にも前記調停動作を支障なく行なうことができるとともに、優先モードを切り換えることにより、同位レベルの場合にどちらの機器にマスタ権限を与えるかを自由に制御でき、ネットワークシステムの使い勝手を向上できる。 [0047] According to another aspect, determining whether to grant master authority to the own device in accordance with the preset priority mode when the level information of the level information and self-device of another device is a peer since the, it is possible to perform without hindrance the arbitration operation in the case of peer-level, by switching the priority mode, can be freely controlled give or master authority to either instrument in the case of peer-level, network it is possible to improve the usability of the system. また、他の態様によれば、自機器にマスタ権限が付与された場合にネットワーク上の他機器のうちマスタ権限を持つものがスレーブ権限に変更されるので、ネットワーク条件(唯一つのマスタ権限)を満たすことができる。 Also, according to another aspect, the one with a master authority among other devices on the network if the master privilege was granted to the own apparatus is changed to a slave authority, the network conditions (only one master authority) it can be met. また、他の態様によれば、ネットワーク上に他機器が存在しない場合に無条件に自機器にマスタ権限が付与されるので、その機器よりも低位レベルを持つ他の機器を接続する際の調停作業を簡素化することができる。 Also, according to another aspect, the master privilege is granted to the own device unconditionally when another device on the network is not present, arbitration when connecting other equipment with lower level than the device it is possible to simplify the task. また、他の態様によれば、グループ属性を同一とする機器同士で共通のネットワークを構成できるとともに、グループ属性を変えることにより、排他的なネットワークも構成できる。 Also, according to another aspect, together with the group attribute can be configured a common network between devices that the same, by changing the group attribute can also be configured exclusive network.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】家庭内ネットワークの概念図およびネットワーク媒体の階層構造図である。 1 is a hierarchy diagram of the conceptual view and network media home network.

【図2】ネットワーク機器の構成図である。 FIG. 2 is a block diagram of a network device.

【図3】ホットプラグ処理の概略的なフローチャートを示す図である。 3 is a diagram showing a schematic flowchart of the hot-plug operation.

【図4】ホットプラグ通知受信処理の概略的なフローチャートを示す図である。 4 is a diagram showing a schematic flowchart of a hot plug notification reception processing.

【図5】改良されたホットプラグ処理の概略的なフローチャートを示す図である。 5 is a diagram showing a schematic flowchart of an improved hot-plug operation.

【図6】さらに改良されたホットプラグ処理の概略的なフローチャートを示す図である。 6 is a diagram showing still schematic flow chart of an improved hot-plug operation.

【図7】実施の形態を適用したネットワーク構築例を示す図である。 7 is a diagram showing a network construction example of applying the embodiments.

【図8】グループ属性を考慮したホットプラグ処理およびホットプラグ通知受信処理の要部フローチャートを示す図である。 8 is a diagram showing a main part flow of the hot-plug operation, and hot-plug notification receiving processing considering group attribute.

【図9】グループ属性を有するネットワーク構築例を示す図である。 9 is a diagram showing a network construction example that has a group attribute.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ネットワーク媒体 2 パソコン 3 テレビジョン受信機 4 VTR 5 物理層 6 通信制御層 7 プレゼンテーション層 8 アプリケーション層 10 ネットワーク機器 11 アドレス処理部 12 メッセージ送受信部 13 固有情報格納部 14 レジストリ情報格納部 15 プレゼンテーション部 16 機器依存部 1 network medium 2 PC 3 television receiver 4 VTR 5 physical layer 6 communication control layer 7 presentation layer 8 application layer 10 network equipment 11 address processor 12 message transceiver 13 unique information storage unit 14 registry information storage unit 15 the presentation unit 16 device-dependent part

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 ネットワーク機器の各々にあらかじめ権限判定用のレベル情報を保持させておき、自機器をネットワークに接続する際に、そのネットワーク上に他機器が存在する場合で且つその他機器のレベル情報が自機器のレベル情報よりも上位である場合に自機器にスレーブ権限を付与する一方、そうでない場合に自機器にマスタ権限を付与することを特徴とするネットワーク構築方法。 1. A allowed to hold the level information for pre-authorization decision to each of the network devices, when connecting the own device to the network, the level information and other equipment when there are other devices on the network There while imparting slave permission to own device when it is higher than the level information of the own device, network construction method, which comprises applying a master privilege to the own device otherwise.
  2. 【請求項2】 前記他機器のレベル情報が自機器のレベル情報と同位の場合、あらかじめ設定された優先モードに応じて自機器にマスタ権限を付与するか否かを決定することを特徴とする請求項1記載のネットワーク構築方法。 Wherein when the level information of the other device is a level information and peer apparatus own, and determines whether to grant the master privilege to the own device in accordance with the priority mode set in advance network construction method according to claim 1, wherein.
  3. 【請求項3】 前記自機器にマスタ権限が付与された場合にネットワーク上の他機器のうちマスタ権限を持つ機器の権限をスレーブ権限に変更することを特徴とする請求項1または請求項2いずれかに記載のネットワーク構築方法。 Wherein the one of claims 1 or claim 2, characterized in that to change the authority of the equipment with the master authority among other devices on the network to the slave authorization if the master authority granted to own device network construction method of crab described.
  4. 【請求項4】 自機器をネットワークに接続する際に、 Wherein the self-device when connecting to the network,
    ネットワーク上の他機器の存在を調べ、他機器が存在しない場合に自機器にマスタ権限を付与することを特徴とする請求項1、請求項2または請求項3いずれかに記載のネットワーク構築方法。 Examine the existence of other devices on the network, according to claim 1, the network construction method according to any one of claims 2 or claim 3, wherein applying a master privilege to the own device when the other device does not exist.
  5. 【請求項5】 ネットワーク機器のそれぞれにグループ属性を入力させ、同一のグループ属性を有する機器同士によりネットワークを構築することを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3または請求項4いずれかに記載のネットワーク構築方法。 5. to enter the group attribute to each network device, according to claim 1, characterized in that to construct a network by the device each having the same group attribute, any claim 2, claim 3 or claim 4 network construction method of crab described.
JP35251599A 1999-12-13 1999-12-13 Network constructing method Pending JP2001168892A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35251599A JP2001168892A (en) 1999-12-13 1999-12-13 Network constructing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35251599A JP2001168892A (en) 1999-12-13 1999-12-13 Network constructing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001168892A true JP2001168892A (en) 2001-06-22

Family

ID=18424602

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35251599A Pending JP2001168892A (en) 1999-12-13 1999-12-13 Network constructing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001168892A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005538506A (en) * 2002-09-04 2005-12-15 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Master - Slave oriented in two directions rf wireless lighting control system
US7359950B2 (en) 2000-07-25 2008-04-15 Samsung Electronics Co., Ltd. Method for managing network when master disappears
US7814254B2 (en) 2007-03-08 2010-10-12 Nec Computertechno, Ltd. Mode setting method and system in hot plug of PCI device
US8347076B2 (en) 2003-12-01 2013-01-01 Samsung Electronics Co., Ltd. System and method for building home domain using smart card which contains information of home network member device

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7359950B2 (en) 2000-07-25 2008-04-15 Samsung Electronics Co., Ltd. Method for managing network when master disappears
JP2005538506A (en) * 2002-09-04 2005-12-15 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Master - Slave oriented in two directions rf wireless lighting control system
US8347076B2 (en) 2003-12-01 2013-01-01 Samsung Electronics Co., Ltd. System and method for building home domain using smart card which contains information of home network member device
US7814254B2 (en) 2007-03-08 2010-10-12 Nec Computertechno, Ltd. Mode setting method and system in hot plug of PCI device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7657749B2 (en) Communication scheme using outside DTCP bridge for realizing copyright protection
KR100560549B1 (en) Digital television apparatus for controlling a peripheral device via a digital bus
CN100586073C (en) Simple and dynamic configuration of network devices
KR100750817B1 (en) Low data-rate network represented on high data-rate HAVi-network
US8108898B2 (en) Content and application download based on a home network system configuration profile
JP3632046B2 (en) Interconnection of local communication bus system
KR101359263B1 (en) Programmable multimedia controller with programmable services
US6349352B1 (en) Home audio/video network with both generic and parameterized device control
US6237049B1 (en) Method and system for defining and discovering proxy functionality on a distributed audio video network
CN1714541B (en) Information processing device, server client system, method, and computer program
CN101005425B (en) Apparatus authentication device, apparatus authentication method, information processing device, information processing method, and computer program
CN1842044B (en) Apparatus and method for improved device interoperability
CN1836402B (en) Home network system and configuration system
CN101124530B (en) Method, and system for setup of multi-device control
US6721818B1 (en) Electronic device that stores information on its location based on information obtained from a node
US20030231602A1 (en) Device interaction aggregator
US20050138179A1 (en) Techniques for limiting network access
JP3800198B2 (en) The information processing apparatus, and the access control processing method, and computer program
JP3994360B2 (en) The information processing apparatus, information processing method, and recording medium
US8266300B2 (en) System and method for plug and play between host and client
CN1251466C (en) Network equipment, network connection management equipment and method for connecting new network equipment
CN1087544C (en) Method and system of selecting input apparatus
US6275865B1 (en) Method and system for message dispatching in a home audio/video network
US6925518B2 (en) Bridging system for interoperation of remote groups of devices
CN1122391C (en) Method of distributing node identifying code for home network system