JP2001034510A - Device and method for crash dump management - Google Patents

Device and method for crash dump management

Info

Publication number
JP2001034510A
JP2001034510A JP20797799A JP20797799A JP2001034510A JP 2001034510 A JP2001034510 A JP 2001034510A JP 20797799 A JP20797799 A JP 20797799A JP 20797799 A JP20797799 A JP 20797799A JP 2001034510 A JP2001034510 A JP 2001034510A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
transfer
file
computer
dump
crash
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP20797799A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshio Shibatsuji
俊男 芝辻
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make analyzable an abnormality of a diskless computer without causing any futility in terms of system configuration by providing a transfer means which transfers a dump file processed by a file processing means to a storage medium of a computer having an IP address that is acquired by an an abnormal processing means. SOLUTION: When a diskless computer has an abnormality and its kernel stops, an abnormal processing module 13 instructs a transfer IO module 14 to acquire an IP address of a server computer 2 and a file name of the transfer destination. An image stored in a memory 11 is processed into a crash dump file to which the file name of the transfer destination is added. The module 14 acquires the IP address of the computer 2 and the file name of the transfer destination by means of a TFTP 15, i.e., a file transfer standard protocol and transfers the processed crash dump file to a storage medium 24 of the computer 2.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】この発明は、ディスクレス計算機における異常状態の解析を可能にするクラッシュダンプ管理装置及びクラッシュダンプ管理方法に関するものである。 TECHNICAL FIELD The present invention relates to a crash dump management apparatus and crash dump management method allows the analysis of the abnormal state in the diskless computer.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来のクラッシュダンプ管理装置は、ディスクレス計算機に異常が発生して、カーネルの実行が不可になると、メモリ非依存プロセスであるファームウェアが、計算機のメモリに格納されているイメージ(クラッシュダンプ)を、当該計算機とSCSIバスを介して接続されているディスク装置やDAT装置に転送し、 BACKGROUND OF THE INVENTION Conventional crash dump management apparatus, and abnormality occurs in the diskless computer, the execution of the kernel is impossible, the firmware is a memory-independent process, the image (crash stored in the memory of the computer the dump), and transferred to the disk device or DAT devices connected via the computer and the SCSI bus,
システムの異常解析を可能する。 To enable the abnormality analysis of the system.

【0003】また、特開平7−146807号公報に示されているクラッシュダンプ管理装置は、端末に障害が発生すると、ホストコンピュータがダンプ採取コマンドを出力することにより、遠隔地に設置された端末のメモリダンプを端末ファイルに出力した後、端末側の自動電源コントローラが一旦端末の電源を落として一定時間の経過を監視する。 [0003] crash dump management apparatus shown in JP-A-7-146807, when the terminal fails, by the host computer outputs a dump command, the terminal installed in a remote location after outputting a memory dump terminal file, monitors the elapse of the predetermined time automatic power controller of the terminal side is temporarily powered down device.

【0004】自動電源コントローラは、一定時間が経過した後、ホストコンピュータがキャリア信号を検出すると、端末の電源を投入して、初期化プログラムを起動することにより端末を初期化する。 [0004] Automatic power controller, after a certain time has elapsed, the host computer detects a carrier signal, on the power to the terminal, initializing the terminal by activating the initialization program. そして、自動電源コントローラは、ホストコンピュータがダンプファイル吸い上げコマンドを出力すると、端末に蓄積されていたダンプファイルをホストコンピュータに転送し、システムの異常解析を可能にする。 The automatic power controller, the host computer outputs a dump file siphoning command transfers the dump file that has been stored in the terminal to the host computer, allowing the abnormality analysis system.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】従来のクラッシュダンプ管理装置は以上のように構成されているので、ディスクレス計算機に異常が発生すると、異常時のクラッシュダンプがディスク装置やDAT装置に転送され、システムの異常解析が可能になるが、システムの異常は何時発生するか分からないため、他に用途がない場合でも、常時、ディスク装置やDAT装置をスタンバイさせておく必要があり、システム構成上無駄が発生する課題があった。 Since INVENTION Problems to be Solved The conventional crash dump management apparatus is constructed as described above, when the abnormality in the diskless computer occurs, a crash dump abnormality is transferred to the disk device or DAT apparatus, system the abnormality analysis but is possible, since the abnormality of the system do not know how many times occur, even if there are no other applications, always must by standby disk device or DAT apparatus, waste the system configuration there is a problem that occurs.

【0006】なお、特開平7−146807号公報に示されているクラッシュダンプ管理装置の場合、端末が初期化されることにより、端末に蓄積されていたダンプファイルが初期化されて、ホストコンピュータに空のデータが転送される場合があり、この場合には、システムの異常解析が不可能になる。 [0006] In the case of crash dump management apparatus shown in JP-A-7-146807, by the terminal is initialized, the dump file that has been stored in the terminal is initialized, the host computer may empty data is transferred, in this case, it becomes impossible abnormality analysis system.

【0007】この発明は上記のような課題を解決するためになされたもので、システム構成上の無駄の発生を招くことなく、ディスクレス計算機に発生した異常を解析することができるクラッシュダンプ管理装置及びクラッシュダンプ管理方法を得ることを目的とする。 [0007] The present invention has been made to solve the above problems, without causing occurrence of waste of the system configuration, crash dump management apparatus and capable of analyzing the abnormality occurring in the diskless computer and to obtain a crash dump management method.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、異常処理手段により獲得されたI SUMMARY OF THE INVENTION The crash dump management apparatus according to the invention was obtained by the abnormality processing unit I
Pアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、ファイル加工手段により加工されたダンプファイルを転送する転送手段を設けたものである。 The storage medium of the computer having a P address, is provided with a transfer means for transferring the processed dump file by file processing means.

【0009】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送する転送手段を設けたものである。 [0009] Crash management apparatus according to the present invention, is provided with a transfer means for transferring the dump file by using a file transfer standard protocols.

【0010】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えるようにしたものである。 [0010] Crash management apparatus according to the present invention, is obtained by the management table for managing the IP address and destination file names of other computers connected to the network to prepare for diskless computing machine.

【0011】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録するようにしたものである。 [0011] Crash management apparatus according to the invention, in which so as to register the management table to the diskless computing machine nonvolatile memory.

【0012】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、ファイル加工手段により加工されたダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送する転送手段を設けたものである。 [0012] Crash management apparatus according to the present invention, the size of the processed dump file by file processing means, if the file transfer standard protocol exceeds the maximum size allowed, transfer means for transferring by dividing the dump file in which the provided.

【0013】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏める転送手段を設けたものである。 [0013] Crash management apparatus according to the present invention, when transferring by dividing the dump file, the transfer history of the divided files to manage, when the transfer of the divided file is completed, the divided file the original dump file in which the provided transfer means are summarized in.

【0014】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、管理テーブル内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更する転送手段を設けたものである。 [0014] Crash management apparatus according to the present invention, if the IP addresses of the computers in the management table is registered, the dump file for any computer transfer fails, the transfer to change the computer to be transferred it is provided with a means.

【0015】この発明に係るクラッシュダンプ管理装置は、各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更する転送手段を設けたものである。 The crash dump management apparatus according to the present invention, and manage the transfer protocol for each computer is provided with a transfer means for changing the transfer protocol for each to modify the transfer target computer.

【0016】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、獲得したIPアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、加工したダンプファイルを転送するようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention, the storage medium of the computer having acquired IP address, is obtained so as to transfer the processed dump file.

【0017】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送するようにしたものである。 The crash dump management method according to the invention which is adapted to transfer the dump file by using a file transfer standard protocols.

【0018】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えるようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention is obtained by the management table for managing the IP address and destination file names of other computers connected to the network to prepare for diskless computing machine.

【0019】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録するようにしたものである。 The crash dump management method according to the invention which is adapted to register the management table to the diskless computing machine nonvolatile memory.

【0020】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、ダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送するようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention, the size of the dump file, if the file transfer standard protocol exceeds the maximum size allowed, in which so as to transfer divides the dump file.

【0021】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏めるようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention, when transferring by dividing the dump file, the transfer history of the divided files to manage, when the transfer of the divided file is completed, the divided file the original dump file it is obtained as summarized in.

【0022】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、管理テーブル内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更するようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention, if it is registered IP addresses of a plurality of computers in the management table, when the transfer of the dump file for any of the computer fails, to change the transfer target computer it is obtained by the.

【0023】この発明に係るクラッシュダンプ管理方法は、各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更するようにしたものである。 The crash dump management method according to the present invention is to manage the transfer protocol corresponding to each computer, but which is adapted to change the transport protocol for each of changing the transfer target computer.

【0024】 [0024]

【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の一形態を説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention. 実施の形態1. The first embodiment. 図1はこの発明の実施の形態1によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図であり、図において、1は記憶媒体を有していないディスクレス計算機、 Figure 1 is a block diagram showing the crash dump management apparatus according to a first embodiment of the present invention. In the figure, 1 is diskless computer that does not have a storage medium,
2はディスクレス計算機1のカーネル異常時におけるクラッシュダンプファイルを管理するサーバ計算機(他の計算機)、3はディスクレス計算機1とサーバ計算機2 2 server computer for managing the crash dump file at the kernel abnormality of the diskless computer 1 (other computers), 3 diskless computer 1 and the server computer 2
を接続するLAN(ネットワーク)である。 A connecting LAN (network).

【0025】11はディスクレス計算機1のメモリ、1 [0025] 11 of the diskless computer 1 memory, 1
2はディスクレス計算機1のメモリ非依存プロセスのファームウエア、13はディスクレス計算機1に異常が発生してカーネルが停止状態になると、転送IOモジュール14に対して、LAN3に接続されているサーバ計算機2のIPアドレスと転送先のファイル名の獲得を指示し、メモリ11に格納されているイメージを転送先のファイル名を付加したクラッシュダンプファイルに加工する異常処理モジュール(異常処理手段、ファイル加工手段)、14は異常処理モジュール13の指示の下、ファイル転送標準プロトコルであるTFTP15を用いて、 2 of diskless computer 1 memory-independent process firmware, 13 when the kernel is stopped malfunction in the diskless computer 1, to the transfer IO module 14, the server computer 2 connected to the LAN3 IP address and instructs the acquisition of the transfer destination file name, abnormality processing module for processing the image stored in the memory 11 in the crash dump file by adding a destination file name (abnormality processing unit, the file processing means), 14 under the direction of the abnormality processing module 13, using the TFTP15 a file transfer standard protocol,
サーバ計算機2のIPアドレスと転送先のファイル名を獲得するとともに、異常処理モジュール13により加工されたクラッシュダンプファイルをサーバ計算機2の記憶媒体24に転送する転送IOモジュール(異常処理手段、転送手段)、15はファイル転送標準プロトコルであるTFTPである。 With obtaining an IP address and destination file name of the server computer 2, the abnormality processing module 13 transfers IO module for transferring processed crash dump file in the storage medium 24 of the server computer 2 by (abnormality processing means, transfer means) , 15 is the TFTP is a file transfer standard protocol.

【0026】21はサーバ計算機2のIPアドレスと転送先のファイル名を管理するbootptab、22はディスクレス計算機1の要求により、ファイル転送標準プロトコルであるTFTP23を用いて、bootpt [0026] 21 bootptab, 22 for managing the file name of the destination IP address of the server computer 2 at the request of the diskless computer 1, using TFTP23 a file transfer standard protocol, Bootpt
ab21に格納されているIPアドレスと転送先のファイル名をディスクレス計算機1に送信するBOOTP、 BOOTP to send the file name of the IP address and the destination stored in ab21 to diskless computer 1,
23はファイル転送標準プロトコルであるTFTP、2 23 is a file transfer standard protocol TFTP, 2
4はディスクレス計算機1から送信されたクラッシュダンプファイルを格納する大容量の記憶媒体である。 4 is a large-capacity storage medium for storing crash dump files sent from the diskless computer 1. 図2 Figure 2
はこの発明の実施の形態1によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 Is a flow chart illustrating a crash dump management method according to a first embodiment of the present invention.

【0027】次に動作について説明する。 [0027] Next, the operation will be described. 異常処理モジュール13は、ディスクレス計算機1に異常が発生してカーネルが停止状態になると、メモリ11に格納されているイメージを他の計算機に転送して、ディスクレス計算機1の異常状態を解析できるようにするため、転送I Abnormality processing module 13, the kernel abnormality in the diskless computer 1 is generated is stopped, and transfers the image stored in the memory 11 to another computer, so they can analyze the abnormal state of the diskless computer 1 to order, transfer I
Oモジュール14を起動する。 O modules 14 to start.

【0028】転送IOモジュール14は、LAN3に接続されている計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を獲得するため、異常処理モジュール13の指示の下、ファイル転送標準プロトコルであるTFTP15を用いて、IPアドレス等の通知要求をLAN3に出力する(ステップST1)。 The transfer IO module 14, to acquire the file name of the IP address and destination computers connected to the LAN 3, under the direction of the abnormality processing module 13, using the TFTP15 a file transfer standard protocol, and it outputs a notification request such as an IP address to the LAN 3 (step ST1). これにより、サーバ計算機2のBOOTP22がLAN3から通知要求を受けると(図1の例では、ディスクレス計算機1以外には、サーバ計算機2のみがLAN3に接続されているので、サーバ計算機2のみが通知要求を受ける)、ファイル転送標準プロトコルであるTFTP23を用いて、bootpta Thus, when BOOTP22 server computer 2 receives the notification request from the LAN 3 (in the example of FIG. 1, in addition to the diskless computer 1, since only the server computer 2 is connected to the LAN 3, only the server computer 2 notifies the request subjected), using TFTP23 a file transfer standard protocol, Bootpta
b21に格納されているサーバ計算機2のIPアドレスと転送先のファイル名をLAN3に出力する(ステップST2)。 IP address of the stored and are server computer 2 and outputs the destination filename LAN3 to b21 (step ST2).

【0029】転送IOモジュール14は、サーバ計算機2がIPアドレスと転送先のファイル名をLAN3に出力すると、LAN3からサーバ計算機2のIPアドレスと転送先のファイル名を受信し、そのファイル名を異常処理モジュール13に出力する。 The transfer IO module 14, the server computer 2 outputs the file name of the IP address and the transfer destination to the LAN 3, and receives the file name of the destination IP address of the server computer 2 from the LAN 3, the abnormality that filename and outputs to the processing module 13. 異常処理モジュール1 Abnormality processing module 1
3は、転送IOモジュール14から転送先のファイル名を受けると、メモリ11に格納されているイメージを転送先のファイル名を付加したクラッシュダンプファイルに加工する(ステップST3)。 3 receives the file name of the destination from the transfer IO module 14 processes the image stored in the memory 11 in the crash dump file by adding a destination file name (step ST3).

【0030】転送IOモジュール14は、異常処理モジュール13がクラッシュダンプファイルを加工すると、 The transfer IO module 14, the abnormality processing module 13 to process the crash dump file,
ファイル転送標準プロトコルであるTFTP15,23 It is a file transfer standard protocol TFTP15,23
を用いて、先に受信したIPアドレスを有する計算機、 Using the computer having the IP address received earlier,
即ち、サーバ計算機2の記憶媒体24に対してクラッシュダンプファイルを転送する(ステップST4)。 That is, to transfer the crash dump file to the storage medium 24 of the server computer 2 (step ST4). これにより、ディスクレス計算機1の異常状態の解析が可能になる。 This allows the analysis of the abnormal state of the diskless computer 1.

【0031】以上で明らかなように、この実施の形態1 [0031] As is clear from the above, in this embodiment 1
によれば、サーバ計算機2のIPアドレスを獲得し、サーバ計算機2の記憶媒体24に対して、異常処理モジュール13により加工されたクラッシュダンプファイルを転送するように構成したので、従来のように、クラッシュダンプファイルを転送するためだけに、ディスク装置やDAT装置を常にスタンバイさせることなく、クラッシュダンプファイルを保存できるようになる。 According to, acquire the IP address of the server computer 2, the storage medium 24 of the server computer 2, since it is configured to forward the processed crash dump file by abnormality processing module 13, as in the prior art, only for transferring crash dump file, without always standby disk device or DAT apparatus, it becomes possible to save the crash dump file. 即ち、システム構成上の無駄の発生を招くことなく、ディスクレス計算機1に発生した異常を解析することができる効果を奏する。 That is, an effect that may be without causing occurrence of waste of the system configuration, to analyze the abnormality occurring in the diskless computer 1.

【0032】実施の形態2. [0032] Embodiment 2. 図3はこの発明の実施の形態2によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図であり、図において、図1と同一符号は同一または相当部分を示すので説明を省略する。 Figure 3 is a block diagram showing the crash dump management device according to a second embodiment of the present invention, in FIG, so description Figure 1 designate the same or corresponding parts. 25はLAN3に接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理するクラッシュダンプ転送管理テーブル(管理テーブル)である。 25 is a crash dump forwarding management table for managing the file name of the destination with the IP addresses of other computers connected to the LAN 3 (management table).

【0033】次に動作について説明する。 [0033] Next, the operation will be described. 上記実施の形態1では、カーネルが停止状態になると、IPアドレス等の通知要求をLAN3に出力して、他の計算機であるサーバ計算機2からIPアドレスと転送先のファイル名を獲得するものについて示したが、予め、LAN3に接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理するクラッシュダンプ転送管理テーブル2 In the first embodiment, when the kernel is stopped, indicated for those outputs a notification request such as an IP address to the LAN 3, to acquire the file name of the IP address and the destination from the server computer 2 is a another computer was, but previously, the crash dump transfer management table 2 for managing the file name of the IP address and destination other computers connected to the LAN3
5をディスクレス計算機1のメモリ非依存プロセスのファームウエア12中に組み込むようにしてもよい。 5 may be incorporated in the firmware 12 of the memory-independent processes diskless computer 1. これにより、他の計算機からIPアドレスと転送先のファイル名を獲得する手間を省くことができる効果を奏する。 Thus, the effect that it is possible to save labor to acquire the file name of the IP address and the transfer destination from another computer.

【0034】実施の形態3. [0034] Embodiment 3. 図4はこの発明の実施の形態3によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図であり、図において、図1と同一符号は同一または相当部分を示すので説明を省略する。 Figure 4 is a diagrammatic view showing the crash dump management apparatus according to a third embodiment of the present invention, in FIG, so description Figure 1 designate the same or corresponding parts. 26はディスクレス計算機1の不揮発性メモリ、27はLAN3に接続されている他の計算機のIPアドレス,転送先のファイル名,転送回数及び最終転送タイムスタンプを管理する転送先情報管理テーブル(管理テーブル)である。 26 non-volatile memory of the diskless computer 1, other computers of IP addresses that is connected to the LAN 3 27, destination file name, the destination information management table for managing the number of times of transfer and final transfer timestamp (management table) it is.

【0035】次に動作について説明する。 [0035] Next, the operation will be described. 上記実施の形態2では、他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理するクラッシュダンプ転送管理テーブル25 In the second embodiment, the crash dump transfer management table 25 for managing the file name of the destination IP address of another computer
をメモリ非依存プロセスのファームウエア12中に組み込むものについて示したが、他の計算機のIPアドレス,転送先のファイル名,転送回数及び最終転送タイムスタンプを管理する転送先情報管理テーブル27を不揮発性メモリ26に登録するようにしてもよい。 Although as previously mentioned incorporated in the firmware 12 of the memory-independent process, IP address, of the other computers, the destination file name, the non-volatile transfer destination information management table 27 for managing the number of times of transfer and final transfer time stamp it may be registered in the memory 26.

【0036】これにより、クラッシュダンプファイルの転送回数や転送時間等の管理が容易になり、転送対象の計算機の変更や、ファイルの保存場所の変更を簡単に行えるとともに、ディスクレス計算機1の電源がダウンしても、転送先情報管理テーブル27の管理情報が保証される効果を奏する。 [0036] This makes it easy to manage the number of transfers and the transfer time of the crash dump file, computer change or to be transferred, along with the easy to make changes in the location of the file, the power supply of the diskless computer 1 down also, an effect that management information of the transfer destination information management table 27 is ensured.

【0037】実施の形態4. [0037] Embodiment 4. 上記実施の形態1〜3では、クラッシュダンプファイルを一度に転送するものについて示したが、クラッシュダンプファイルのサイズが、TFTP15,23が許容する最大サイズを超える場合、そのクラッシュダンプファイルを分割して転送するようにすればよい。 In the first to third embodiments, as mentioned above. Transferring crash dump file at once, the size of the crash dump file, if it exceeds the maximum size TFTP15,23 permits, by dividing the crash dump file it is sufficient to forward.

【0038】以下、具体的に説明するが、図5はこの実施の形態4における転送先情報管理テーブルを示す説明図であり、図において、はクラッシュダンプファイルのメモリサイズを示す総クラッシュダンプファイルサイズ、は転送先の計算機アドレスのインデックスを示す転送先計算機アドレスINDEX、はユーザにより設定される転送先計算機のIPアドレスを示す転送先計算機アドレス、は転送ファイルのインデックスを示すファイルINDEX、はユーザにより設定される転送先のファイル名、は転送完了時の時刻である。 [0038] Hereinafter is a description, FIG. 5 is an explanatory view showing a transfer destination information management table in the fourth embodiment, the total crash dump file size in the figure, which shows the memory size of the crash dump file , setting the destination computer address iNDEX that indicates the index of a computer address of the transfer destination, the transfer destination computer address indicating an IP address of the destination computer that is set by the user, the file iNDEX of the index of the transfer file, by the user the destination of the file name to be, is the time at the time of completion of the transfer. なお、図6はこの発明の実施の形態4によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 Incidentally, FIG. 6 is a flow chart illustrating a crash dump management method according to Embodiment 4 of the present invention.

【0039】次に動作について説明する。 [0039] Next, the operation will be described. まず、転送I First, transfer I
Oモジュール14は、クラッシュダンプファイルを転送する際、転送先情報管理テーブル27の総クラッシュダンプファイルサイズを参照し、メモリ11に格納されているイメージが16MBを超えるサイズ(TFTP1 O module 14, when transferring the crash dump file, referring to the total crash dump file size of the transfer destination information management table 27, the size of the image stored in the memory 11 exceeds 16MB (TFTP1
5,23が許容する最大サイズ)であるか否かを判定する(ステップST11)。 5 and 23 determines whether the maximum size) which permits (step ST11).

【0040】そのイメージのサイズが16MBを超えていなければ、ファイルINDEXの転送要求可フラグをONにして(ステップST14)、転送要求可能状態にする。 The size of the image does not exceed the 16MB, and a transfer request enable flag of the file INDEX to ON (step ST14), to transfer request possible state. この場合、転送ファイルは1個になるので、転送要求可フラグの個数も1個である。 In this case, since the transfer file is to one, the number of transfer request enable flag is also one. 一方、そのイメージのサイズが16MBを超えている場合は、そのイメージを分割して16MB単位で転送すると、転送ファイル数が何個になるかを算出する(ステップST12)。 On the other hand, the size of the image is if it exceeds the 16MB, when transferred in 16MB basis by dividing the image, and calculates whether the number of transfer files are many pieces (step ST12). そして、ファイルINDEXの転送要求可フラグを転送ファイル数分用意し、各転送ファイルに対応する転送要求可フラグをONにして(ステップST13)、転送要求可能状態にする。 The prepared transfer file number of the transfer request enable flag of the file INDEX, a transfer request enable flag corresponding to each transfer files to ON (step ST13), to the transfer request state.

【0041】上記のようにして、転送要求可フラグをO [0041] As described above, the transfer request enable flag O
Nにすると、転送先情報管理テーブル27の転送先計算機アドレスに登録されている転送先の計算機のIPアドレスを取得し(ステップST15)、転送要求可能フラグがONであり、かつ、ファイルINDEX番号が最小のファイル名を取得する(ステップST16)。 When the N, acquires the IP address of the computer of the destination registered in the destination computer address of the transfer destination information management table 27 (step ST15), the transfer request flag is ON, the and the file INDEX number to get the minimum of the file name (step ST16).

【0042】次に、転送IOモジュール14は、フリーズ状態にあるメモリ11のイメージを16MB毎に分割して、16MB単位のクラッシュダンプファイルを加工し(ステップST17)、TFTP15,23を用いて、16MB単位のクラッシュダンプファイルを他の計算機の記憶媒体24にファイル転送する(ステップST Next, the transfer IO module 14 divides the image memory 11 in the freeze state for each 16MB, processed crash dump file of 16MB unit (step ST17), using TFTP15,23, 16MB file transfers the crash dump file of a unit in the storage medium 24 of another computer (step ST
18)。 18). なお、16MB単位のクラッシュダンプファイルのファイル名は、ステップST16で取得したファイル名である。 It should be noted that the file name of the crash dump file of 16MB unit is a file name acquired in step ST16.

【0043】そして、転送IOモジュール14は、16 [0043] Then, the transfer IO module 14, 16
MB単位のクラッシュダンプファイルの転送が完了すると、ファイルINDEXの転送完了フラグをONにするとともに(ステップST19)、ファイルINDEX When the transfer of the crash dump file in MB is completed, the transfer completion flag of the file INDEX while the ON (step ST19), the file INDEX
の転送要求可フラグをOFF(転送要求否フラグをO Transfer request accepted flag OFF (transfer request whether flag O
N)にして、転送要求否状態にする(ステップST2 In the N), the transfer request whether the state (step ST2
0)。 0).

【0044】また、転送IOモジュール14は、16M [0044] In addition, transfer IO module 14, 16M
B単位のクラッシュダンプファイルの転送が完了すると、転送先情報管理テーブル27におけるのタイムスタンプ領域に転送完了時刻を記録する(ステップST2 When the transfer of the crash dump file B units is completed, it records the transfer completion time in the time stamp region of the transfer destination information management table 27 (step ST2
1)。 1). 転送IOモジュール14は、メモリ11に格納されている全てのイメージを転送したか否かを判定し(ステップST22)、全てのイメージの転送が完了していれば、一連の処理を終了し、全てのイメージの転送が完了していない場合には、ステップST16に戻り、処理を継続する。 Transfer IO module 14 determines whether to transfer all images stored in the memory 11 (step ST22), if the transfer of all the image complete, it ends the series of processes, all in the case where the image transfer has not been completed, the process returns to step ST16, to continue the process.

【0045】これにより、メモリ11に格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送できない場合でも、メモリ11に格納されているイメージを複数のクラッシュダンプファイルに分けて転送することができるため、ディスクレス計算機1の異常状態の解析が可能になるが、複数のクラッシュダンプファイルの転送履歴が不揮発性メモリ26上で管理されるので、その転送履歴を参照することにより、複数のクラッシュダンプファイルを1個のクラッシュダンプファイルに纏めることができる。 [0045] Thus, the size of the image stored in the memory 11 is large, even if you can not transfer files at a time, it is possible to transfer separately image stored in the memory 11 to a plurality of crash dump file Although it is possible to analyze the abnormal state of the diskless computer 1, since the transfer history of the plurality of crash dump file is managed on the nonvolatile memory 26, by referring to the transfer history, a plurality of crash dump file it can be summarized in one of the crash dump file.

【0046】以上で明らかなように、この実施の形態4 [0046] As is clear from the above, in this embodiment 4
によれば、メモリ11に格納されているイメージが16 According to the image stored in the memory 11 is 16
MBを超えるサイズである場合、そのイメージを16M If a size that exceeds the MB, 16M its image
B毎に分割し、16MB単位のクラッシュダンプファイルを加工して転送するように構成したので、メモリ11 Dividing each B, and then, it is transferred by processing the crash dump file of 16MB units, memory 11
に格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送することができない場合でも、ディスクレス計算機1の異常状態の解析が可能になる効果を奏する。 The size of the image stored in the large, even if it is not possible to transfer files at a time, an effect that it is possible to analyze the abnormal state of the diskless computer 1.

【0047】実施の形態5. [0047] Embodiment 5. 図7はこの発明の実施の形態5によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図であり、図において、図4と同一符号は同一または相当部分を示すので説明を省略する。 Figure 7 is a diagrammatic view showing the crash dump management apparatus according to a fifth embodiment of the present invention, in FIG, so description Figure 4 designate the same or corresponding parts. 2a〜2dはサーバ計算機2と同様のサーバ計算機(他の計算機)である。 2a~2d is a server computer 2 and the same server computer (other computers).

【0048】図8はこの実施の形態5における転送先情報管理テーブルを示す説明図であり、図において、はクラッシュダンプファイルのメモリサイズを示す総クラッシュダンプファイルサイズ、はクラッシュダンプファイルの転送先に登録されている計算機の台数やIND [0048] Figure 8 is an explanatory view showing the transfer destination information management table in the fifth embodiment. In the figure, the total crash dump file size indicating the memory size of the crash dump file, the destination of the crash dump file of the computer that are registered number and IND
EXとのリンクに利用される情報を示す転送先計算機登録情報、は計算機アドレスのINDEXとファイルのINDEXを示すファイル/アドレスINDEX(アドレス)、はユーザにより設定される計算機のIPアドレス、はファイルのINDEXと計算機アドレスのI Destination computer registration information indicating information used to link with the EX, the computer address of the INDEX and file / address indicating the INDEX file INDEX (address), the IP address of the computer which is set by the user, the file I of INDEX and computer address
NDEX番号と転送要求可/否フラグと転送完了/未完了フラグとを記録するファイル/アドレスINDEX NDEX number and transfer request possible / not flag and the transfer completion / incompletion flag and the recording file / address INDEX
(ファイル)、はユーザにより設定される転送先のファイル名、は転送完了時の時刻である。 (File), is the destination of the file name to be set by the user, is the time at the time of completion of the transfer. なお、図9はこの発明の実施の形態5によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 Incidentally, FIG. 9 is a flowchart showing the crash dump management method according to a fifth embodiment of the present invention.

【0049】次に動作について説明する。 [0049] Next, the operation will be described. まず、転送I First, transfer I
Oモジュール14は、クラッシュダンプファイルを転送する際、転送先情報管理テーブル27の総クラッシュダンプファイルサイズを参照し、メモリ11に格納されているイメージが16MBを超えるサイズ(TFTP1 O module 14, when transferring the crash dump file, referring to the total crash dump file size of the transfer destination information management table 27, the size of the image stored in the memory 11 exceeds 16MB (TFTP1
5,23が許容する最大サイズ)であるか否かを判定する(ステップST11)。 5 and 23 determines whether the maximum size) which permits (step ST11).

【0050】そのイメージのサイズが16MBを超えていなければ、ファイル/アドレスINDEXの転送要求可フラグをONにして(ステップST14)、転送要求可能状態にする。 The size of the image does not exceed the 16MB, and a transfer request enable flag of the file / address INDEX to ON (step ST14), to transfer request possible state. この場合、転送ファイルは1個になるので、転送要求可フラグの個数も1個である。 In this case, since the transfer file is to one, the number of transfer request enable flag is also one. 一方、 on the other hand
そのイメージのサイズが16MBを超えている場合は、 If the size of the image is greater than 16MB is,
そのイメージを分割して16MB単位で転送すると、転送ファイル数が何個になるかを算出する(ステップST When transfer 16MB basis by dividing the image, and calculates whether the number of transfer files are many pieces (Step ST
12)。 12). そして、ファイル/アドレスINDEXの転送要求可フラグを転送ファイル数分用意し、各転送ファイルに対応する転送要求可フラグをONにして(ステップST13)、転送要求可能状態にする。 Then, a transfer request enable flag prepare transfer file number of the file / address INDEX, a transfer request enable flag corresponding to each transfer files to ON (step ST13), to the transfer request state.

【0051】上記のようにして、転送要求可フラグをO [0051] As described above, the transfer request enable flag O
Nにすると、転送先情報管理テーブル27の転送先計算機アドレスに登録されている転送先の計算機のIPアドレスを取得し(ステップST15)、転送要求可能フラグがONであり、かつ、ファイルINDEX番号が最小のファイル名を取得する(ステップST16)。 When the N, acquires the IP address of the computer of the destination registered in the destination computer address of the transfer destination information management table 27 (step ST15), the transfer request flag is ON, the and the file INDEX number to get the minimum of the file name (step ST16).

【0052】次に、転送IOモジュール14は、フリーズ状態にあるメモリ11のイメージを16MB毎に分割して、16MB単位のクラッシュダンプファイルを加工し(ステップST17)、TFTP15,23を用いて、16MB単位のクラッシュダンプファイルを他の計算機の記憶媒体24にファイル転送する(ステップST Next, the transfer IO module 14 divides the image memory 11 in the freeze state for each 16MB, processed crash dump file of 16MB unit (step ST17), using TFTP15,23, 16MB file transfers the crash dump file of a unit in the storage medium 24 of another computer (step ST
18)。 18). なお、16MB単位のクラッシュダンプファイルのファイル名は、ステップST16で取得したファイル名である。 It should be noted that the file name of the crash dump file of 16MB unit is a file name acquired in step ST16.

【0053】そして、転送IOモジュール14は、ファイル転送処理を実施すると、その転送が正常に終了したか否かを判定する(ステップST31)。 [0053] The transfer IO module 14 determines, when carrying out the file transfer process, whether the transfer was successful (step ST31). 即ち、転送先デバイスがFullまたは応答無し等により転送が異常終了し、転送が未完了で終了したか否かをチェックする。 In other words, the transfer destination device transfer is terminated abnormally by like Full or without reply, forwarding checks whether or not it is completed with uncompleted.

【0054】ファイルの転送処理が正常に終了していない場合、転送先計算機登録情報を参照して、先に転送した計算機の他に、転送先の計算機が登録されているか否かを判定する(ステップST32)。 [0054] If the transfer processing of the file has not been completed successfully, see destination computer registration information, in addition to the computer which has transferred first, whether the transfer destination computer is registered ( step ST32).

【0055】転送先の計算機が他に登録されている場合には、計算機アドレスのインクリメントを実施するとともに(ステップST33)、転送に失敗した計算機アドレスを使用不可にする処理を実行し(ステップST3 [0055] If the destination computer is registered elsewhere, computer address increment with implementing the (step ST33), and executes processing to disable the computer address the transfer fails (step ST3
4)、ステップST15の処理に戻る。 4), the process returns to step ST15. 一方、転送先の計算機が他に登録されていない場合には、ファイル/アドレスINDEXの転送完了フラグをOFFにして転送未完了とし(ステップST35)、エラー処理時のタイムスタンプをのタイムスタンプ領域に記録する(ステップST36)。 On the other hand, if the destination computer is not registered in the other, the file / address INDEX transfer completion flag is turned OFF in a transfer not completed (step ST35), the time stamp region of the time stamp when error processing record (step ST36).

【0056】ファイルの転送処理が正常に終了している場合は、ファイル/アドレスINDEXの転送完了フラグをONにするとともに(ステップST19)、ファイル/アドレスINDEXの転送要求可フラグをOF [0056] When the transfer processing of the file is successful, (step ST19) while ON the transfer completion flag of the file / address INDEX, a transfer request enable flag of the file / address INDEX OF
F(転送要求否フラグをON)にして、転送要求否状態にする(ステップST20)。 In the F (transfer request whether flag ON), to the transfer request whether the state (step ST20).

【0057】また、転送IOモジュール14は、16M [0057] In addition, transfer IO module 14, 16M
B単位のクラッシュダンプファイルの転送が完了すると、転送先情報管理テーブル27におけるのタイムスタンプ領域に転送完了時刻を記録する(ステップST2 When the transfer of the crash dump file B units is completed, it records the transfer completion time in the time stamp region of the transfer destination information management table 27 (step ST2
1)。 1). 転送IOモジュール14は、メモリ11に格納されている全てのイメージを転送したか否かを判定し(ステップST22)、全てのイメージの転送が完了していれば、一連の処理を終了し、全てのイメージの転送が完了していない場合には、ステップST16に戻り、処理を継続する。 Transfer IO module 14 determines whether to transfer all images stored in the memory 11 (step ST22), if the transfer of all the image complete, it ends the series of processes, all in the case where the image transfer has not been completed, the process returns to step ST16, to continue the process.

【0058】以上で明らかなように、この実施の形態5 [0058] As is clear from the above, this embodiment 5
によれば、転送先情報管理テーブル27内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するクラッシュダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更するように構成したので、 According to, if the IP addresses of the computers in the forwarding destination information management table 27 is registered, the crash dump file for any computer transfer fails, since it is configured so as to change the transfer target computer ,
任意の計算機に対するクラッシュダンプファイルの転送が失敗しても、確実にクラッシュダンプファイルを保存することができる効果を奏する。 Even if the crash dump file for any computer transfer fails, an effect that can be reliably store a crash dump file.

【0059】実施の形態6. [0059] Embodiment 6. 図10はこの発明の実施の形態6によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図であり、図において、図7と同一符号は同一または相当部分を示すので説明を省略する。 Figure 10 is a diagrammatic view showing the crash dump management apparatus according to a sixth embodiment of the present invention, in FIG., The description the same reference numerals as in FIG. 7 designate the same or corresponding parts. 15a〜15dは相互に種類が異なるファイル転送標準プロトコル、23a〜2 15a~15d is the kind to each other different file transfer standard protocol, 23a~2
3dは計算機2a〜2dが利用するファイル転送標準プロトコル、24a〜24dは計算機2a〜2dの記憶媒体である。 3d file transfer standard protocol computer 2 a to 2 d are utilized, 24 a to 24 d is a storage medium of the computer 2 a to 2 d.

【0060】図11はこの実施の形態6における転送先情報管理テーブルを示す説明図であり、図において、図8と同一符号は同一または相当部分を示すので説明を省略する。 [0060] Figure 11 is an explanatory view showing a transfer destination information management table in the sixth embodiment, in FIG., The description the same reference numerals as in FIG. 8 denote the same or corresponding parts. は転送先計算機が利用するプロトコル情報を示す転送先計算機利用プロトコル情報である。 Is a destination computer usage protocol information indicating the protocol information destination computer use. なお、図12はこの発明の実施の形態6によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 Incidentally, FIG. 12 is a flowchart showing the crash dump management method according to a sixth embodiment of the present invention.

【0061】次に動作について説明する。 [0061] Next, the operation will be described. 上記実施の形態5では、クラッシュダンプファイルを何れの計算機に転送する場合でも、同一のファイル転送標準プロトコルを用いて転送するものについて示したが、各計算機2a In the fifth embodiment, even when transferring a crash dump file to any computer, as mentioned above. Transferred using the same file transfer standard protocol, each computer 2a
〜2dが相互に種類が異なるファイル転送標準プロトコルを利用する場合、クラッシュダンプファイルを転送する際、転送先情報管理テーブル27の転送先計算機利用プロトコル情報から転送対象の計算機が利用するファイル転送標準プロトコルを取得し(ステップST4 If ~2d utilizes mutually different types File Transfer standard protocol, when transferring a crash dump file, the file transfer standard protocol destination computer from the use protocol information transfer target computer of the transfer destination information management table 27 is utilized get the (step ST4
1)、そのファイル転送標準プロトコルを用いてクラッシュダンプファイルを転送するようにすればよい(ステップST42)。 1), the crash dump file may be to transfer using the file transfer standard protocol (step ST42).

【0062】以上で明らかなように、この実施の形態6 [0062] As is clear from the above, this embodiment 6
によれば、各計算機に対応するファイル転送標準プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎にファイル転送標準プロトコルを変更するように構成したので、 According to, manage file transfers standard protocol corresponding to each computer, since it is configured so as to change the file transfer standard protocol each time to change the transfer target computer,
相互に種類が異なるファイル転送標準プロトコルを利用する複数の計算機がLAN3に接続されている場合、その全ての計算機をクラッシュダンプファイルの転送対象の計算機とすることができるようになり、システム資源を有効に活用することができる効果を奏する。 If multiple computers to each other types utilizing different file transfer standard protocol is connected to the LAN 3, it will be able to be transferred to a computer crash dump file that all computer, enable system resources an effect which may be exploited.

【0063】 [0063]

【発明の効果】以上のように、この発明によれば、異常処理手段により獲得されたIPアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、ファイル加工手段により加工されたダンプファイルを転送する転送手段を設けるように構成したので、システム構成上の無駄の発生を招くことなく、ディスクレス計算機に発生した異常を解析することができる効果がある。 As is evident from the foregoing description, according to the present invention, the storage medium of the computer having the IP address acquired by the abnormality processing unit, a transfer means for transferring the processed dump file by file processing means since it is configured so as to provide, without incurring waste of occurrence of the system configuration, there is an effect that it is possible to analyze the abnormality occurring in the diskless computer.

【0064】この発明によれば、ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送する転送手段を設けるように構成したので、ネットワークに接続される殆どの計算機を転送対象の計算機とすることができる効果がある。 [0064] According to the present invention, since it is configured to provide a transfer means for transferring the dump file by using a file transfer standard protocol, the effect of most of the computers connected to the network can be a transfer target computer there is.

【0065】この発明によれば、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えるように構成したので、他の計算機からIPアドレスと転送先のファイル名を獲得する手間を省くことができる効果がある。 [0065] According to the present invention, since it is configured management table for managing file names of IP addresses and destination other computers connected to the network so as to provide the diskless computing machine, the IP address from another computer there is an effect that it is possible to eliminate the need to earn a transfer destination of the file name.

【0066】この発明によれば、ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録するように構成したので、ディスクレス計算機の電源がダウンしても、管理テーブルの管理情報が保証される効果がある。 [0066] According to the present invention, since it is configured to register the management table to the diskless computing machine nonvolatile memory, even when the power of the diskless computer is down, the effect of management information of the management table is ensured is there.

【0067】この発明によれば、ファイル加工手段により加工されたダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送する転送手段を設けるように構成したので、メモリに格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送することができない場合でも、ダンプファイルを転送することができる効果がある。 [0067] According to the present invention, the size of the processed dump file by file processing means, if the file transfer standard protocol exceeds the maximum size allowed, to provide a transfer means for transferring by dividing the dump file since it is configured, increase the size of the image stored in the memory, even if it is not possible to transfer files at one time, there is an effect that can transfer the dump file.

【0068】この発明によれば、ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏める転送手段を設けるように構成したので、メモリに格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送することができない場合でも、ディスクレス計算機に発生した異常を解析することができる効果がある。 [0068] According to the present invention, when transferring by dividing the dump file, and manages the transfer history of the divided file, if the transfer of the divided file is finished, transfer means summarized the divided files into the original dump file since it is configured to provide a large size of the image stored in the memory, even if it is not possible to transfer files at one time, there is an effect that it is possible to analyze the abnormality occurring in the diskless computer.

【0069】この発明によれば、管理テーブル内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更する転送手段を設けるように構成したので、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗しても、確実にダンプファイルを保存することができる効果がある。 [0069] According to the present invention, if it is registered IP addresses of a plurality of computers in the management table, when the transfer of the dump file for any of the computer fails, so providing a transfer means for changing the transfer target computer since it is configured to, even if the dump file for any computer transfer fails, there is an effect that it is possible to reliably store the dump file.

【0070】この発明によれば、各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更する転送手段を設けるように構成したので、相互に種類が異なるファイル転送標準プロトコルを利用する複数の計算機がネットワークに接続されている場合、その全ての計算機をダンプファイルの転送対象の計算機とすることができるようになり、システム資源を有効に活用することができる効果がある。 [0070] According to the present invention, and manage the transfer protocol corresponding to each computer, since it is configured to provide a transfer means for changing the transfer protocol for each to modify the computer to be transferred, mutually different types file If multiple computers utilizing transfer standard protocol is connected to a network, the effect that at the all computer will be able to be transferred to the computer of the dump file, to effectively utilize the system resources there is.

【0071】この発明によれば、獲得したIPアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、加工したダンプファイルを転送するように構成したので、システム構成上の無駄の発生を招くことなく、ディスクレス計算機に発生した異常を解析することができる効果がある。 [0071] According to the present invention, the storage medium of the computer having acquired IP address, since it is configured to forward processed dump file, without causing the occurrence of waste of the system configuration, the diskless computer there is an effect that it is possible to analyze the abnormality occurring in the.

【0072】この発明によれば、ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送するように構成したので、ネットワークに接続される殆どの計算機を転送対象の計算機とすることができる効果がある。 [0072] According to the present invention, since it is configured to transfer the dump file by using a file transfer standard protocol, the effect of most of the computers connected to the network can be a transfer target computer.

【0073】この発明によれば、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えるように構成したので、他の計算機からIPアドレスと転送先のファイル名を獲得する手間を省くことができる効果がある。 [0073] According to the present invention, since it is configured management table for managing file names of IP addresses and destination other computers connected to the network so as to provide the diskless computing machine, the IP address from another computer there is an effect that it is possible to eliminate the need to earn a transfer destination of the file name.

【0074】この発明によれば、ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録するように構成したので、ディスクレス計算機の電源がダウンしても、管理テーブルの管理情報が保証される効果がある。 [0074] According to the present invention, since it is configured to register the management table to the diskless computing machine nonvolatile memory, even when the power of the diskless computer is down, the effect of management information of the management table is ensured is there.

【0075】この発明によれば、ダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送するように構成したので、メモリに格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送することができない場合でも、ダンプファイルを転送することができる効果がある。 [0075] Image According to the present invention, the size of the dump file, if the file transfer standard protocol exceeds the maximum size allowed, and then, is transferred by dividing the dump file, which is stored in the memory increase the size of, even if it is not possible to transfer files at once, there is an advantage of being able to transfer the dump file.

【0076】この発明によれば、ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏めるように構成したので、メモリに格納されているイメージのサイズが大きく、一度にファイル転送することができない場合でも、 [0076] According to the present invention, when transferring by dividing the dump file, and manages the transfer history of the divided file, the transfer of the divided file is completed, so as summarized the divided files into the original dump file since the construction, the size of the image stored in the memory is large, even if it is not possible to transfer files at a time,
ディスクレス計算機に発生した異常を解析することができる効果がある。 There is an effect that it is possible to analyze the abnormality occurring in the diskless computer.

【0077】この発明によれば、管理テーブル内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更するように構成したので、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗しても、確実にダンプファイルを保存することができる効果がある。 [0077] According to the present invention, if the IP addresses of the computers in the management table is registered, the dump file for any computer transfer fails, since it is configured so as to change the transfer target computer , even if the dump file for any computer transfer fails, there is an effect that it is possible to reliably store the dump file.

【0078】この発明によれば、各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更するように構成したので、相互に種類が異なるファイル転送標準プロトコルを利用する複数の計算機がネットワークに接続されている場合、その全ての計算機をダンプファイルの転送対象の計算機とすることができるようになり、システム資源を有効に活用することができる効果がある。 [0078] According to the present invention, and manage the transfer protocol for each computer, and then, is changed transfer protocol each time to change the transfer target computer, mutually different types File Transfer standard protocols If multiple computers to use is connected to the network, will be able to all its computer and transfer-target computer dump file, there is an effect that it is possible to effectively utilize the system resources.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 この発明の実施の形態1によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図である。 1 is a block diagram showing the crash dump management apparatus according to a first embodiment of the present invention.

【図2】 この発明の実施の形態1によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 2 is a flowchart showing the crash dump management method according to a first embodiment of the present invention.

【図3】 この発明の実施の形態2によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図である。 3 is a block diagram showing the crash dump management device according to a second embodiment of the present invention.

【図4】 この発明の実施の形態3によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図である。 4 is a block diagram showing the crash dump management device according to a third embodiment of the present invention.

【図5】 この発明の実施の形態4における転送先情報管理テーブルを示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing a transfer destination information management table in the fourth embodiment of the present invention.

【図6】 この発明の実施の形態4によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the crash dump management method according to Embodiment 4 of the present invention.

【図7】 この発明の実施の形態5によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図である。 7 is a block diagram showing the crash dump management apparatus according to a fifth embodiment of the present invention.

【図8】 この発明の実施の形態5における転送先情報管理テーブルを示す説明図である。 8 is an explanatory view showing a transfer destination information management table according to the fifth embodiment of the present invention.

【図9】 この発明の実施の形態5によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing the crash dump management method according to a fifth embodiment of the present invention.

【図10】 この発明の実施の形態6によるクラッシュダンプ管理装置を示す構成図である。 10 is a block diagram showing the crash dump management apparatus according to a sixth embodiment of the present invention.

【図11】 この発明の実施の形態6における転送先情報管理テーブルを示す説明図である。 11 is an explanatory view showing a transfer destination information management table in the sixth embodiment of the present invention.

【図12】 この発明の実施の形態6によるクラッシュダンプ管理方法を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing the crash dump management method according to a sixth embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ディスクレス計算機、2,2a〜2d サーバ計算機(他の計算機)、3LAN(ネットワーク)、11 1 diskless computer, 2,2A~2d server computer (other computers), 3LAN (network), 11
メモリ、13 異常処理モジュール(異常処理手段、ファイル加工手段)、14 転送IOモジュール(異常処理手段、転送手段)、15,23 TFTP(ファイル転送標準プロトコル)、24 記憶媒体、25 クラッシュダンプ転送管理テーブル(管理テーブル)、27 Memory, 13 abnormality processing module (abnormality processing unit, the file processing means), 14 transfer IO module (abnormality processing means, transfer means), 15, 23 TFTP (file transfer standard protocols), 24 storage medium, 25 crash dump forwarding management table (management table), 27
転送先情報管理テーブル(管理テーブル)。 Transfer destination information management table (management table).

Claims (16)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 ディスクレス計算機に異常が発生してカーネルが停止状態になると、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を獲得する異常処理手段と、上記異常処理手段が転送先のファイル名を獲得すると、上記ディスクレス計算機のメモリに格納されているイメージを、転送先のファイル名を付加したダンプファイルに加工するファイル加工手段と、上記異常処理手段により獲得されたIPアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、上記ファイル加工手段により加工されたダンプファイルを転送する転送手段とを備えたクラッシュダンプ管理装置。 When 1. A kernel abnormal diskless computer is generated it is stopped, and the abnormality processing means for obtaining an IP address and destination file names of other computers connected to the network, the abnormality processing unit IP When There acquiring the file name of the destination, the image stored in the memory of the diskless computer, and file processing means for processing the dump file by adding a destination file name, which is acquired by the abnormality processing unit the storage medium of the computer having an address, crash dump management apparatus provided with a transfer means for transferring the dump file which is processed by the file processing means.
  2. 【請求項2】 転送手段は、ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送することを特徴とする請求項1記載のクラッシュダンプ管理装置。 Wherein the transfer means, crash dump management apparatus according to claim 1, wherein the transfer of the dump file by using a file transfer standard protocols.
  3. 【請求項3】 ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えることを特徴とする請求項2記載のクラッシュダンプ管理装置。 3. A crash dump management system of claim 2, characterized in that it comprises a management table the IP address of another computer connected to a network and to manage the transfer destination file name in the diskless computing machine.
  4. 【請求項4】 ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録することを特徴とする請求項3 4. A claim, characterized in that to register in the management table diskless computing machine of the nonvolatile memory 3
    記載のクラッシュダンプ管理装置。 Crash dump management apparatus according.
  5. 【請求項5】 転送手段は、ファイル加工手段により加工されたダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送することを特徴とする請求項2記載のクラッシュダンプ管理装置。 5. The transfer means, the size of the processed dump file by file processing means, if the file transfer standard protocol exceeds the maximum size allowed, billing, characterized in that the transfer by dividing the dump file crash management device according to item 2, wherein.
  6. 【請求項6】 転送手段は、ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、 6. The transfer means when transferring by dividing the dump file, and manages the transfer history of the divided files,
    その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏めることを特徴とする請求項5記載のクラッシュダンプ管理装置。 When the transfer of the divided file is completed, the crash dump management apparatus according to claim 5, wherein the summarized the divided files into the original dump file.
  7. 【請求項7】 転送手段は、管理テーブル内に複数の計算機のIPアドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更することを特徴とする請求項3記載のクラッシュダンプ管理装置。 7. A transfer means, if it is registered IP addresses of a plurality of computers in the management table, when the transfer of the dump file for any of the computer fails, and changes the transfer target computer crash management apparatus according to claim 3, wherein.
  8. 【請求項8】 転送手段は、各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更することを特徴とする請求項7記載のクラッシュダンプ管理装置。 8. transfer means, to manage the transfer protocol corresponding to each computer, according to claim 7 crash dump management apparatus, wherein the changing the transfer protocol for each to modify the transfer target computer.
  9. 【請求項9】 ディスクレス計算機に異常が発生してカーネルが停止状態になると、ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を獲得する一方、上記ディスクレス計算機のメモリに格納されているイメージを、転送先のファイル名を付加したダンプファイルに加工し、そのIPアドレスを有する計算機の記憶媒体に対して、そのダンプファイルを転送するクラッシュダンプ管理方法。 When the kernel 9. abnormal diskless computer is generated is stopped, while acquiring the IP address of another computer connected to the network and destination file names, stored in the memory of the diskless computer is an image that is processed to the dump file by adding a destination file name, crash dump management method to the storage medium of the computer having the IP address, and transfers the dump file.
  10. 【請求項10】 ファイル転送標準プロトコルを用いてダンプファイルを転送することを特徴とする請求項9記載のクラッシュダンプ管理方法。 10. A file transfer crash dump management method according to claim 9, wherein the transfer of the dump file using a standard protocol.
  11. 【請求項11】 ネットワークに接続されている他の計算機のIPアドレスと転送先のファイル名を管理する管理テーブルをディスクレス計算機内に備えることを特徴とする請求項10記載のクラッシュダンプ管理方法。 11. Crash management method according to claim 10, wherein the management table the IP address of another computer connected to a network and to manage the transfer destination file name, characterized in that it comprises a diskless computing machine.
  12. 【請求項12】 ディスクレス計算機内の不揮発性メモリ上に管理テーブルを登録することを特徴とする請求項11記載のクラッシュダンプ管理方法。 12. Crash management method according to claim 11, wherein the registering the management table diskless computing machine nonvolatile memory.
  13. 【請求項13】 ダンプファイルのサイズが、ファイル転送標準プロトコルが許容する最大サイズを超える場合、そのダンプファイルを分割して転送することを特徴とする請求項10記載のクラッシュダンプ管理方法。 Size 13. dump file, the file transfer when the standard protocol exceeds the maximum size allowed, crash dump management method according to claim 10, wherein the forwarding by dividing the dump file.
  14. 【請求項14】 ダンプファイルを分割して転送する場合、その分割ファイルの転送履歴を管理し、その分割ファイルの転送が完了すると、その分割ファイルを元のダンプファイルに纏めることを特徴とする請求項13記載のクラッシュダンプ管理方法。 14. To transfer by dividing the dump file, wherein the transfer history of the divided files to manage, that when the transfer completes its divided file, characterized in that summarized the divided files into the original dump file crash dump management method in claim 13, wherein.
  15. 【請求項15】 管理テーブル内に複数の計算機のIP 15. IP of a plurality of computers in the management table
    アドレスが登録されている場合、任意の計算機に対するダンプファイルの転送が失敗すると、転送対象の計算機を変更することを特徴とする請求項11記載のクラッシュダンプ管理方法。 If the address is registered, the transfer of the dump file for any of the computer fails, crash dump management method according to claim 11, wherein changing the transfer target computer.
  16. 【請求項16】 各計算機に対応する転送プロトコルを管理し、転送対象の計算機を変更する毎に転送プロトコルを変更することを特徴とする請求項15記載のクラッシュダンプ管理方法。 16. manages transfer protocol corresponding to each computer, crash dump management method according to claim 15, wherein changing the transfer protocol for each to modify the transfer target computer.
JP20797799A 1999-07-22 1999-07-22 Device and method for crash dump management Pending JP2001034510A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20797799A JP2001034510A (en) 1999-07-22 1999-07-22 Device and method for crash dump management

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20797799A JP2001034510A (en) 1999-07-22 1999-07-22 Device and method for crash dump management

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001034510A true true JP2001034510A (en) 2001-02-09

Family

ID=16548647

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20797799A Pending JP2001034510A (en) 1999-07-22 1999-07-22 Device and method for crash dump management

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001034510A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6973598B2 (en) 2002-01-28 2005-12-06 Dell Products L.P. Computer system with improved data capture system
WO2007080051A2 (en) * 2006-01-10 2007-07-19 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Method and apparatus for dumping a process memory space
JP2007529827A (en) * 2004-03-17 2007-10-25 リヴァーストーン ネットワークス インコーポレーテッド Management of the process state information in the operating system environment
JP2009193231A (en) * 2008-02-13 2009-08-27 Nec Corp Information processor, information processing system, control method and control program
JP2011076344A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Fujitsu Ltd Information processing apparatus, method of controlling information processing apparatus and control program
JP2012194930A (en) * 2011-03-18 2012-10-11 Mitsubishi Electric Corp Device for collecting fault analysis information

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6973598B2 (en) 2002-01-28 2005-12-06 Dell Products L.P. Computer system with improved data capture system
JP2007529827A (en) * 2004-03-17 2007-10-25 リヴァーストーン ネットワークス インコーポレーテッド Management of the process state information in the operating system environment
JP4937902B2 (en) * 2004-03-17 2012-05-23 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Management of the process state information in the operating system environment
WO2007080051A2 (en) * 2006-01-10 2007-07-19 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Method and apparatus for dumping a process memory space
WO2007080051A3 (en) * 2006-01-10 2007-08-30 Ericsson Telefon Ab L M Method and apparatus for dumping a process memory space
JP2009193231A (en) * 2008-02-13 2009-08-27 Nec Corp Information processor, information processing system, control method and control program
JP2011076344A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Fujitsu Ltd Information processing apparatus, method of controlling information processing apparatus and control program
JP2012194930A (en) * 2011-03-18 2012-10-11 Mitsubishi Electric Corp Device for collecting fault analysis information

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5991542A (en) Storage volume handling system which utilizes disk images
US6691209B1 (en) Topological data categorization and formatting for a mass storage system
US7249150B1 (en) System and method for parallelized replay of an NVRAM log in a storage appliance
US7353355B1 (en) System and method for rapid restoration of server from backup
US7389300B1 (en) System and method for multi-staged in-memory checkpoint replication with relaxed consistency
US8082231B1 (en) Techniques using identifiers and signatures with data operations
US6341341B1 (en) System and method for disk control with snapshot feature including read-write snapshot half
US7685171B1 (en) Techniques for performing a restoration operation using device scanning
US8819383B1 (en) Non-disruptive realignment of virtual data
US6678788B1 (en) Data type and topological data categorization and ordering for a mass storage system
US20080016300A1 (en) Asynchronous replication with write concurrency grouping
US20060095705A1 (en) Systems and methods for data storage management
US20110238625A1 (en) Information processing system and method of acquiring backup in an information processing system
US20060294413A1 (en) Fault tolerant rolling software upgrade in a cluster
US6081883A (en) Processing system with dynamically allocatable buffer memory
US5555371A (en) Data backup copying with delayed directory updating and reduced numbers of DASD accesses at a back up site using a log structured array data storage
US20020178143A1 (en) Storage system, a method of file data backup and method of copying of file data
US20050050245A1 (en) Direct memory access from host without processor intervention
US7546412B2 (en) Apparatus, system, and method for global metadata copy repair
US6959368B1 (en) Method and apparatus for duplicating computer backup data
US7844856B1 (en) Methods and apparatus for bottleneck processing in a continuous data protection system having journaling
US7321936B2 (en) System for and method of streaming data to a computer in a network
US6711559B1 (en) Distributed processing system, apparatus for operating shared file system and computer readable medium
US7533181B2 (en) Apparatus, system, and method for data access management
US7281104B1 (en) System and method for online data migration