JP2001024556A - Communication device - Google Patents

Communication device

Info

Publication number
JP2001024556A
JP2001024556A JP19005099A JP19005099A JP2001024556A JP 2001024556 A JP2001024556 A JP 2001024556A JP 19005099 A JP19005099 A JP 19005099A JP 19005099 A JP19005099 A JP 19005099A JP 2001024556 A JP2001024556 A JP 2001024556A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
delay
part
signal
profiles
correlation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19005099A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Maki Hayashi
真樹 林
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a communication device capable of accurately detecting the transmission delay of each mobile station without exerting influence upon transmission capacity and the number of stored channels. SOLUTION: A receiving part 202 receives a signal obtained by multiplexing the signals of respective channels in the same frequency band through an antenna 201. A separation part 203 separates a part to be used for the calculation of a correlation value in the received signal. Correlation parts 204, 205 calculate the correlation values of the separated signal by respectively using 1st and 2nd basic codes to prepare respective delay profiles. When there is no propagation delay, a comparing/line estimation part 206 circulates individual delay profiles so that sections in which paths of channels to be detected appear coincide with each other and detects paths approximately coinciding with each other in respective circulated delay profiles.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、スペクトル拡散通信方式の通信装置に関し、特に、ミッドアンブル部を付加した信号を用いた通信を行うスペクトル拡散通信方式の通信装置に関する。 The present invention relates to relates to a communication device of a spread spectrum communication system, in particular, relates to a communication apparatus of a spread spectrum communication system for performing communication using a signal obtained by adding the midamble portion.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、ミッドアンブル部を付加した信号を用いて通信を行うスペクトル拡散通信方式の通信システムとして、次に示すものがある。 Conventionally, as a communication system for spread spectrum communication system for performing communication using a signal obtained by adding the midamble portion, there is shown below. 以下、スペクトル拡散通信方式として、CDMA(Code Divisi Hereinafter, a spread spectrum communication system, CDMA (Code Divisi
on Multiple Access)方式を例にとり説明する。 It will be described taking the on Multiple Access) system as an example.

【0003】CDMA方式の通信における基地局は、複数チャネルの信号が同一周波数帯域に同一時間に多重された信号を伝送路を介して受信する。 [0003] base station in CDMA communication is received via a transmission path multiplexed signal in the same time signals of a plurality of channels within the same frequency band. この基地局は、各チャネルに割り当てられた拡散符号を用いて逆拡散処理を行うことにより、受信信号から各チャネル(各移動局)より送信された信号を取り出すことができる。 The base station, by performing despreading processing using a spreading code assigned to each channel, it is possible to extract a signal transmitted from each channel (each mobile station) from the received signal.

【0004】ところが、各チャネルの信号を送信する各移動局と上記基地局との距離が大きい場合には、各チャネルの信号が上記基地局に到達するまでに遅延(以下「伝搬遅延」という。)が生ずることになり、さらに、 [0004] However, when the distance between each mobile station and the base station transmitting a signal of each channel is large, a delay until the signals of the channels reaches the base station (hereinafter referred to as "propagation delay". ) it will be occurs, further,
各移動局と上記基地局との距離がそれぞれ異なる場合には、各チャネル毎の伝搬遅延にもばらつきが生ずることになる。 If the distance between each mobile station and the base station are different it will be variation in the propagation delay of each channel occurs.

【0005】このため、上記基地局においては、各チャネル毎に伝搬遅延を検出し、検出した伝搬遅延を考慮したタイミングにより、逆拡散処理を行う必要がある。 [0005] Therefore, in the base station, detects a propagation delay for each channel, the timing in consideration of the detected propagation delay, it is necessary to perform a despreading process. そこで、従来、各移動局において、既知のベーシックコードを用いて作成されたミッドアンブル部を付加した信号を送信し、基地局においては、各移動局により送信された信号が多重された受信信号と、上記既知のベーシックコードと、を用いて相関値算出処理を行うことにより、 Therefore, conventionally, each mobile station transmits a signal obtained by adding the midamble portion created using a known basic code, the base station, the received signal a signal transmitted by each mobile station is multiplexed the a known basic code, by performing correlation value calculation processing using,
各チャネル(各移動局)毎の伝搬遅延を検出する。 Detecting the propagation delay of each channel (each mobile station). 以下、従来のCDMA通信システムにおけるミッドアンブル部を利用した伝搬時間の検出方法について説明する。 The following describes a detection method of the propagation time using the midamble portion in a conventional CDMA communication system.

【0006】まず、各移動局(各チャネル)により送信される信号について、図11および図12を参照して説明する。 [0006] First, the signal transmitted by each mobile station (each channel) is explained with reference to FIGS. 11 and 12. 図11は、従来のCDMA通信システムにおけるミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図である。 Figure 11 is a schematic diagram showing a procedure for creating mid amble pattern in the conventional CDMA communication system. 図12は、従来のCDMA通信システムにおける各移動局の送信タイミングを示す模式図である。 Figure 12 is a schematic diagram showing the transmission timing of each mobile station in the conventional CDMA communication system. なお、ここでは、8チャネル分のミッドアンブルパターンを作成する場合について説明する。 Here, it will be described for creating a mid amble pattern corresponding to 8 channels.

【0007】図11に示すように、各チャネルに用いられるミッドアンブル部のパターン(以下「ミッドアンブルパターン」という。)は、456(=8W)チップ周期で巡回するベーシックコードを用いて次に示す手順に従って作成される。 [0007] As shown in FIG. 11, the pattern of the mid amble section used for each channel (hereinafter referred to as "mid amble pattern".) Is shown below using a basic code to cycle at 456 (= 8W) chips cycle It is created in accordance with the procedure. このベーシックコードは、基地局にとって既知のものであり、相互に異なるW(=57)チップ長のコードを有するA〜Hの8ブロックを含んでいる。 This basic code is of a known to the base station includes a mutually different W (= 57) 8 blocks A~H with code chip length.

【0008】まず、第1ステップとして、上記ベーシックコードの位相を{W×(n−1)}チップだけ図中右方向にずらす。 [0008] First, as a first step, the above basic code phase {W × (n-1)} chips only shifted rightward in the figure. ただし、W=57チップであり、nはチャネル数である。 However, W = 57 is a chip, n represents a number of channels. ずらす位相(チップ数)としては、チャネル1、チャネル2、チャネル3およびチャネル8の場合には、それぞれ0、W、2Wおよび7Wとなる。 The phase (number of chips) to shift, in the case of channel 1, channel 2, channel 3 and channel 8, respectively 0, W, a 2W and 7W.

【0009】第2ステップとして、位相をずらした各ベーシックコードについて、あるブロックを基準として、 [0009] As a second step, for each basic code phase-shifted, relative to the certain block,
このブロックの先端部から456チップを残してこれ以外の部分を削除する。 To remove the other part, leaving the block 456 chips from the tip of the. なお、ここでは、一例としてブロックAを基準とする。 Here, the basis of the block A as an example.

【0010】第3ステップとして、全体として456チップ長とされた各コードを{W×(n−1)}チップだけ図中左方向に巡回させる。 [0010] As a third step, each code as a whole 456-chip length {W × (n-1)} is circulated in leftward in the drawing by the chip. 第4ステップとして、巡回後の各コードにおける先端ブロックを末端に付加して全体として512チップ長のコードとし、このコードを各チャネルのミッドアンブルパターンとする。 As a fourth step, as a whole and 512 chip length code by adding the leading block of each code after cyclic terminated, the code and midamble pattern of each channel.

【0011】次いで、図12に示すように、各移動局は、以上のような手順で作成された各チャネルのミッドアンブルパターンを付加した伝送信号を基地局に対して送信する。 [0011] Then, as shown in FIG. 12, each mobile station, a transmission signal obtained by adding a midamble pattern of each channel created in the above procedure transmitted to the base station. すなわち、各移動局は、各移動局ごとのミッドアンブルパターンがデータ部1とデータ部2との間のミッドアンブル部に付加された伝送信号を、他の移動局と同じタイミングで送信する。 That is, each mobile station, a transmission signal midamble pattern for each mobile station is added to the midamble section between the data portion 1 and data portion 2, to transmit at the same time as other mobile stations.

【0012】一方、基地局においては、各移動局から送信された伝送信号が同一周波数帯域に多重された信号を受信する。 Meanwhile, in the base station, the transmission signals transmitted from each mobile station receives the multiplexed signal to the same frequency band. 基地局における受信信号と上記既知のベーシックコードとを用いた相関値算出処理について、図13 Correlation value calculation processing using the reception signal and the known basic code in the base station, FIG. 13
および図14を参照して説明する。 And it will be described with reference to FIG. 14. 図13は、従来のC Figure 13 is a conventional C
DMA通信システムにおける基地局が各チャネル毎の伝送信号を受信する状況を概念的に示す模式図である。 Base station in DMA communication system is a schematic diagram conceptually showing a situation of receiving a transmission signal for each channel. 図14は、従来のCDMA通信システムにおける基地局での相関値算出処理により得られた遅延プロファイルの一例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of a delay profile obtained by correlation value calculation processing in the base station in a conventional CDMA communication system.

【0013】上述したように、各移動局と基地局とは距離を隔てて位置しているだけでなく、各移動局と基地局との距離はそれぞれ異なるので、図13に示すように、 [0013] As described above, not only is each mobile station and the base station is located at a distance, the distance between each mobile station and the base station are different, as shown in FIG. 13,
各移動局により伝送された信号が基地局に到達するまでには伝搬遅延が生じ、さらに、この伝搬遅延には各移動局により伝送された信号毎にばらつきが生じている。 Signals transmitted by each mobile station propagation delay occurs before reaching the base station, further variation occurs for each signal transmitted by each mobile station in the propagation delay. すなわち、移動局1、移動局2、移動局3および移動局8 That is, the mobile station 1, mobile station 2, mobile station 3 and mobile station 8
のそれぞれから伝送された信号が基地局に到達するまでに生じた遅延時間は、それぞれ伝搬遅延1、伝搬遅延2、伝搬遅延3および伝搬遅延8となっている。 Delay time for a signal transmitted from each occurs to reach the base station, the propagation delay respectively 1, propagation delay 2, and has a propagation delay 3 and propagation delay 8. 基地局が受信する信号は、図14に示す伝搬遅延が生じた各移動局からの伝送信号が多重されたものとなる。 Signal the base station receives the transmission signals from each mobile station propagation delay shown in FIG. 14 has occurred is to have been multiplexed.

【0014】基地局における相関値算出処理として、まず、基準時間1303から受信された512チップの受信信号のうち、末端部1302から456チップだけ切り取る。 [0014] Correlation value calculation processing in the base station, first, among the 512 chip reception signal received from the reference time 1303, cut from the distal end 1302 456 chips only. ここで、基準時間とは、各移動局により伝送された信号における各ミッドアンブル部の先端部(例えば、チャネル1の場合には、先端部1301)が、伝搬遅延がない場合に基地局により受信される時間である。 Here, the reference time, the tip portion of the midamble portion in the signal transmitted by each mobile station (e.g., in the case of channel 1, the leading end portion 1301) is received by the base station when there is no propagation delay is the time.

【0015】次に、切り取られた456チップ長の受信信号と上記既知の巡回するベーシックコードとの相関値を算出する。 Next, to calculate the correlation value between the basic code 456 cyclic chip length received signal and the known, taken. すなわち、図14に示す巡回するベーシックコードを基準として、上記456チップ長の受信信号の位相を1チップずつずらしながら上記ベーシックコードに掛け合わせ、それぞれの位相における相関値を算出する。 That is, based on the basic code that cyclically shown in FIG. 14, multiplying the above basic code while shifting the phase of the received signal of the 456-chip length by one chip, and calculates a correlation value at each phase.

【0016】このような相関値算出処理により、図14 [0016] By such correlation value calculation processing, FIG. 14
に示す各チャネルの遅延プロファイルが得られる。 A delay profile of each channel shown in obtained. 上記のような相関値算出時に、上記456チップ長の受信信号に含まれたいずれかの移動局からのミッドアンブル部のコードと、上記既知のベーシックコードと、が一致した時点で、相関値は最大となり、ある一定の大きさを有するパスが現れる。 When the correlation value calculation as described above, and code midamble portion from one of the mobile station included in the received signal of the 456-chip length, when the above and known basic code, matches, the correlation value becomes maximum, the path having a certain size appears.

【0017】よって、図14におけるパス1401、パス1402、パス1403およびパス1404のそれぞれの値が最大となっている時点というのは、上記456 [0017] Thus, because the time when the respective values ​​of path 1401, path 1402, paths 1403 and path 1404 in Figure 14 is the largest is the 456
チップ長の受信信号に含まれた移動局1、移動局2、移動局3および移動局8からのそれぞれのミッドアンブル部のコードが、同図における巡回するベーシックコードと一致した時点に相当する。 Chip length mobile station 1 included in the received signal, each midamble portion of the code from the mobile station 2, mobile station 3 and mobile station 8 corresponds to the time that matches the basic code to cycle in FIG.

【0018】ここで、各移動局の伝搬遅延がない場合においては、各移動局に対応するパスが最大となる地点は既知なものである。 [0018] Here, when there is no propagation delay in each mobile station, point path corresponding to each mobile station is maximized are those known. したがって、実際に各移動局より伝送された信号が基地局に到達するまでに生じた伝搬遅延は、伝搬遅延がない場合における各移動局に対応するパスが最大となる地点を参照することにより検出される。 Therefore, actually detected by signals transmitted from each mobile station is the propagation delay caused by the time it reaches the base station, the path corresponding to each mobile station when there is no propagation delay refers to a point which maximizes It is.
例えば、移動局1、移動局2、移動局3および移動局8 For example, the mobile station 1, mobile station 2, mobile station 3 and mobile station 8
のそれぞれに対応する伝搬遅延は、それぞれ図14に示す伝搬遅延1、伝搬遅延2、伝搬遅延3および伝搬遅延8としてチップ単位で検出される。 Propagation delay corresponding to each of the propagation delays shown in FIGS 14 1, propagation delay 2, is detected by the chip unit as propagation delay 3 and propagation delay 8. 図14に示す伝搬遅延1、伝搬遅延2、伝搬遅延3および伝搬遅延8は、それぞれ図13に示した伝搬遅延1、伝搬遅延2、伝搬遅延3および伝搬遅延8が遅延プロファイル上で表現されたものである。 Propagation delay 1 shown in FIG. 14, the propagation delay 2, propagation delay 3 and propagation delay 8, propagation delay, respectively, shown in Figure 13 1, propagation delay 2, propagation delay 3 and propagation delay 8 is represented on the delay profile it is intended.

【0019】また、各移動局の伝搬遅延と遅延分散との合計がW(=57)チップ長より小さい場合には、遅延プロファイル上である一定の大きさを有するパスが現れる区間は、各移動局毎に決まっている。 Further, if the sum of the delay dispersion and propagation delay of each mobile station W (= 57) less than the chip length, the section where the path having a predetermined size is on the delay profile appears it is the mobile It is determined for each station. すなわち、上記の場合には、移動局1〜移動局8に対応するパスは、図14に示した遅延プロファイルにおけるそれぞれ1〜8 That is, in the above case, the path corresponding to the mobile station 1 to mobile station 8, respectively in the delay profile shown in FIG. 14 1-8
のWチップ区間(遅延プロファイル幅)に現れる。 It appears in the W chip section (delay profile width).

【0020】上記のようにして検出された各移動局毎の伝搬遅延を考慮したタイミングで、データ部を用いた逆拡散処理を行うことにより、各移動局毎にデータ部の干渉除去復調を行うことが可能となる。 [0020] In timing in consideration of the propagation delay of each mobile station detected as described above, by performing the despreading processing using the data unit, performing interference cancellation demodulation of the data portion for each mobile station it becomes possible.

【0021】 [0021]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来のCDMA通信システムにおいては、セル半径が大きい場合には、基地局から遠い位置にある移動局から伝送された信号ほど伝搬遅延が大きくなるので、この信号の伝搬遅延と遅延分散との合計がWチップ長より大きくなることがある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the above conventional CDMA communication system, when the cell radius is large, the propagation delay as the signals transmitted from a mobile station located far from the base station is increased, may be the sum of the delay dispersion and propagation delay of the signal is greater than W chip length. この場合には、上記移動局に対応するパスは、図14に示した遅延プロファイルにおける期待されるWチップ区間に現れず、他のWチップ区間に現れることになる。 In this case, the path corresponding to the mobile station, not appear in W chip section which is expected in the delay profile shown in FIG. 14, it will appear in the other W chip section. 例えば、移動局1の場合には、移動局1に対応するパスが、図14に示す1のWチップ区間でなく、2〜8のWチップ区間に現れることがある。 For example, in the case of the mobile station 1, the path corresponding to the mobile station 1, rather than one of W chip section shown in FIG. 14, may appear on the 2-8 of the W chip section.

【0022】さらに、上記の場合において、上記移動局から伝送された信号の希望波だけでなく遅延波が基地局により受信された場合には、上記遅延プロファイルにおける他のWチップ区間に、上記移動局に対応する希望波のパスだけでなく遅延波のパスが現れることになる。 Furthermore, in the above case, if the delay wave not only the desired wave of the signal transmitted from the mobile station is received by the base station, the other W chip section in the delay profile, the mobile the path of the delay wave not only the path of the desired wave that corresponds to the station will be appear.

【0023】この結果、得られた遅延プロファイルにおいて、上記移動局の希望波および遅延波のパスが期待されるWチップ区間に現れないため、検出される上記移動局の伝搬遅延が不正確なものとなる。 [0023] As a result, in the obtained delay profile, because the path of the desired wave and delayed wave of the mobile station does not appear in the W chip section which is expected, the propagation delay of the mobile station to be detected inaccurate to become. また、上記遅延プロファイルにおいて、上記移動局の各パスが他の移動局に対応するWチップ区間に現れるため、上記移動局の各パスが上記他の移動局の希望波および遅延波のパスとして誤って検出される可能性がある。 Further, in the above delay profile, to appear in the W chip section of each path of the mobile station corresponding to another mobile station, each pass of the mobile station is incorrect as the path a desired wave and delayed wave of the other mobile station It could be detected Te. このため、検出される上記移動局以外の移動局の伝搬遅延も不正確なものとなる。 Therefore, the propagation delay of the mobile station other than the mobile station to be detected also becomes inaccurate. したがって、各移動局の正確な伝搬遅延を検出することができないので、干渉除去復調特性が劣化することになる。 Therefore, it is impossible to detect the exact propagation delay of each mobile station, interference cancellation demodulation characteristics will be degraded.

【0024】以上のような問題を解決するために、移動局において、送信タイミングの調整により伝搬遅延を補償する制御を行う方法がある。 [0024] In order to solve the above problems, in the mobile station, there is a method of performing control to compensate for propagation delays by adjusting the transmission timing. ところが、この制御を実現させるためには、基地局が移動局に対してこの制御の実行の要否を決定する制御コマンドを正確なタイミングで通知する必要がある。 However, in order to realize this control, it is necessary to notify the control commands which the base station determines the necessity of the control performed for a mobile station in a precise timing. よって、基地局において遅延分散が大きい場合には、基地局が移動局に対してこの制御コマンドを正確なタイミングで通知することは困難である。 Therefore, when the delay dispersion is large in the base station, it is difficult to notify the control command at the correct timing to the base station the mobile station.

【0025】仮に、基地局がこの制御コマンドを正確なタイミングで通知することができたとしても、基地局はこの通知を下り回線を利用して移動局に対して伝送する必要があるため、下り回線におけるユーザ情報の伝送容量が低下することになる。 [0025] If, because the base station even if it is possible to notify the control command at an accurate timing, the base station that needs to be transmitted to the mobile station by using the downlink of the notification, the downlink transmission capacity of user information is lowered in line.

【0026】一方、上記のような問題を解決するために、Wを延長することにより遅延プロファイルにおける各移動局のWチップ区間(遅延プロファイル幅)を大きくする方法がある。 On the other hand, in order to solve the above problem, a method of increasing the W chip section of each mobile station in the delay profile (delay profile width) by extending the W. ところが、ミッドアンブル区間を(収容チャネル+1)で除した値が各移動局の遅延プロファイル幅Wに相当するため、Wを延長した場合には、 However, since the value obtained by dividing the mid amble section (receiving channel +1) is equivalent to the delay profile width W of each mobile station, when the extended W is
ミッドアンブル区間長を一定とすると、収容チャネル数が減少することになる。 When the mid amble section length is constant, the number of accommodated channels is reduced.

【0027】本発明は、かかる点に鑑みてなされたものであり、伝送容量および収容チャネル数に影響を与えることなく、各移動局(各チャネル)についての伝搬遅延を正確に検出できる通信装置を提供することを目的とする。 [0027] The present invention has been made in view of the foregoing, without affecting the transmission capacity and number of accommodated channels, the communication device can accurately detect a propagation delay about each mobile station (each channel) an object of the present invention is to provide.

【0028】 [0028]

【課題を解決するための手段】本発明に係る通信装置は、相互に異なる2つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した信号を送信することを特徴とする。 Communication device according to the present invention SUMMARY OF THE INVENTION are two channel-specific known reference codes different from each other and transmits the multiplexed signal in the same time.

【0029】本発明によれば、相互に異なる2つの既知参照符号が同一時間に多重された信号を受信する受信装置は、この2つの既知参照符号を用いた相関値算出処理により各チャネルについての2つの遅延プロファイルを作成し、作成した2つの遅延プロファイルを比較することにより、各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 According to the present invention, a receiving apparatus two known reference signs different from each other to receive the multiplexed signal in the same time, for each channel by the correlation value calculation processing using the two known reference symbols create two delay profiles, by comparing the two delay profile created, it is possible to accurately detect the propagation delay for each channel.

【0030】本発明に係る通信装置は、前記2つの既知参照符号として、巡回する第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより作成された第1符号のうちのいずれかと、巡回する第2基準符号において基準地点を前記方向と逆の方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより作成された第2符号のうちのいずれかと、を用いることを特徴とする。 The communication apparatus according to the present invention, prepared by extracting said as two known reference numerals, the first in the reference code of the reference point from the sequentially shifted by each point in either direction a given length of the cyclic and one of the first signs in the second code created by extracting said predetermined length the reference point in the second reference code to cycle from sequential staggered each point in the direction of the direction opposite and any one of, is characterized by using a.

【0031】本発明によれば、作成される各遅延プロファイルにおいて、各チャネルの遅延プロファイルに隣接する遅延プロファイルが同一チャネルのものとならないように作成された各チャネル固有の2つの既知参照符号を用いるので、この2つの既知参照符号が同一時間に多重された信号を受信する受信装置は、相関値算出処理により作成される2つの遅延プロファイルにおけるパスを比較することにより、各チャネルの遅延伝搬が大きい場合や各チャネルの信号に遅延波が含まれる場合においても、各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 According to the present invention, in each delay profile created, using the two known reference symbols as those become not each channel specific created as the delay profile is co-channel adjacent to the delay profile of each channel since the receiving apparatus for receiving a signal the two known reference symbols are multiplexed in the same time, by comparing the path in the two delay profiles created by correlation value calculation processing, a large propagation delay of each channel in the case where the case and includes a delay wave signal of each channel can also be accurately detected propagation delay of each channel.

【0032】本発明に係る通信装置は、相互に異なる2 The communication apparatus according to the present invention, different from each other 2
つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した各チャネルの送信信号が同一周波数帯域に多重された信号を受信する受信手段と、巡回する第1基準符号及び巡回する第2基準符号のそれぞれと前記受信手段により受信された信号とを用いて相関値を算出することにより、 Receiving means for transmitting signals of each channel to receive the multiplexed signal in the same frequency band multiplexed to One of channel-specific known reference codes same time, and each of the first reference code and the second reference code to cycle to cycle by calculating the correlation value using the received signal by the receiving means,
それぞれ第1遅延プロファイル及び第2遅延プロファイルを作成する遅延プロファイル作成手段と、前記2つの遅延プロファイルを用いて各チャネルについての遅延を検出する検出手段と、を具備することを特徴とする。 And delay profile generating means for generating a first delay profile and second delay profile respectively, characterized by comprising a detecting means for detecting the delay of each channel using the two delay profiles.

【0033】本発明によれば、第1基準符号および第2 According to the present invention, the first reference code and a second
基準符号を用いて各チャネルについての2つの遅延プロファイルを作成し、作成した2つの遅延プロファイルを比較することにより、各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 Using the reference code creates two delay profiles for each channel, by comparing the two delay profile created, it is possible to accurately detect the propagation delay for each channel.

【0034】本発明に係る通信装置は、前記受信手段は、前記2つの既知参照符号として、前記第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより作成された第1 The communication apparatus according to the present invention, the receiving means, said extracted as two known reference symbols, either given from sequentially shifting the each point in the direction of length of the reference point in the first reference code the created by 1
符号のうちのいずれかと、前記第2基準符号において基準地点を前記方向と逆の方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより作成された第2符号のうちのいずれかと、が用いられた各チャネルの送信信号を受信することを特徴とする。 With any of the code, and one of the second codes created by extracting said predetermined length the reference point in the second reference code from the sequential staggered each point in the direction of the direction opposite characterized by receiving a transmission signal of each channel used is.

【0035】本発明によれば、受信する信号は、作成される各遅延プロファイルにおいて、各チャネルの遅延プロファイルに隣接する遅延プロファイルが同一チャネルのものとならないように作成された各チャネル固有の2 According to the present invention, the signal to be received, in each delay profile created, each channel-specific delay profile is created so as not to be of the same channel adjacent to the delay profile of each channel 2
つの既知参照符号を用いるので、この受信信号を用いて作成された2つの遅延プロファイルにおけるパスを比較することにより、各チャネルの遅延伝搬が大きい場合や各チャネルの信号に遅延波が含まれる場合においても、 Since use One of the known reference symbols, by comparing the path in the two delay profiles created with the received signal, in the case that contains the delayed wave signal of the delay when the propagation is large or each channel of each channel Also,
各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 The propagation delay for each channel can be accurately detected.

【0036】本発明に係る通信装置は、前記検出手段は、所定のチャネルについての遅延がない場合に希望波のパスの大きさが最大となる基準位相を一致させるように前記各遅延プロファイルの位置を調整する調整手段と、位置を調整された前記各遅延プロファイルにおいて一致するパスを前記所定のチャネルのパスとして認識する認識手段と、認識されたパスの位相と前記基準位相との位相差をこのパスの遅延として検出する遅延検出手段と、を具備することを特徴とする。 The communication apparatus according to the present invention, the detecting device, the position of each delay profile so that the size of the path of the desired wave when there is no delay for a given channel to match the reference phase with the maximum and adjusting means for adjusting a recognizing means for recognizing a path that coincides in each delay profile adjusted position as the path of the predetermined channel, the phase difference between the recognized path phase the reference phase this characterized by comprising a delay detection means for detecting a path delay, the.

【0037】本発明によれば、各チャネルの2つの既知参照符号は、作成される各遅延プロファイルにおいて、 According to the present invention, two known reference symbols of each channel, in each delay profile created,
各チャネルの遅延プロファイルに隣接する遅延プロファイルが同一チャネルのものとならないように作成されているので、2つの遅延プロファイルにおいて、I成分およびQ成分が一致するパス、すなわち、大きさおよび位相が一致するパスは、同一チャネルのパスとして認識することができる。 Since the delay profile which is adjacent to the delay profile of each channel is created so as not to be of the same channel in two delay profiles, paths I and Q components are matched, i.e., magnitude and phase match path can be recognized as paths of the same channel. これにより、各チャネルの遅延伝搬が大きい場合や各チャネルの信号に遅延波が含まれる場合においても、各チャネルについての遅延伝搬をより正確に検出することができる。 Accordingly, even when the propagation delay of each channel is included in the delayed wave or when signals of each channel large, it is possible to more accurately detect the propagation delay for each channel.

【0038】本発明に係る基地局装置は、上記いずれかの通信装置を備えた送信部と、上記いずれかの通信装置を備えた受信部と、を具備することを特徴とする。 The base station apparatus according to the present invention is characterized by comprising a transmitting portion having one of the above communication device, a receiving unit having a one of the communication device described above, the.

【0039】本発明によれば、各チャネルについての伝搬遅延を正確に検出できる通信装置を設けることにより、良好な通信を行う基地局装置を提供することができる。 According to the present invention, by providing a communication apparatus capable of accurately detecting a propagation delay for each channel, it is possible to provide a base station apparatus which performs good communication.

【0040】本発明に係る通信端末装置は、上記いずれかの通信装置を備えたことを特徴とする。 The communication terminal apparatus according to the present invention is characterized by comprising any one of the above-described communication apparatus.

【0041】本発明によれば、各チャネルについての伝搬遅延を正確に検出できる通信装置を設けることにより、良好な通信を行う通信端末装置を提供することができる。 According to the present invention, by providing a communication apparatus capable of accurately detecting a propagation delay for each channel, it is possible to provide a communication terminal apparatus that performs good communication.

【0042】本発明に係る通信端末装置は、上記基地局装置と無線通信を行うことを特徴とする。 The communication terminal apparatus according to the present invention is characterized by performing the base station apparatus and radio communication.

【0043】本発明によれば、各チャネルについての伝搬遅延を正確に検出できる通信装置を設けた基地局装置と無線通信を行うことにより、良好な通信を行う通信端末装置を提供することができる。 According to the present invention, by performing the accurate detection can communication device a base station apparatus and radio communication in which a propagation delay for each channel, it is possible to provide a communication terminal apparatus to perform a good communication .

【0044】本発明に係る既知参照信号割当方法は、巡回する第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより複数の第1符号を作成する第1符号作成工程と、巡回する第2基準符号において基準地点を前記方向と同じ方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより複数の第2符号を作成する第2符号作成工程と、前記複数の第1符号における未選択のいずれかを候補第1符号とし、前記複数の第2符号における未選択のいずれかを候補第2符号とする候補符号設定工程と、 The known reference signal allocation method according to the present invention, a plurality of first code by extracting first in the reference code of the reference point from the sequentially shifted by each point in either direction a given length of the cyclic the create a first code generation step of generating a plurality of second code by extracting said predetermined length the reference point in the second reference code to cycle from sequential staggered each point in the same direction as the direction and second code generating step, one of the unselected in the plurality of first code and candidate first code, and the candidate code setting step of any of the unselected in the plurality of second code and the candidate second code,
前記候補第1符号における先端部から任意区間ずらした地点から所定長抽出した符号が先端部に含まれる第1符号を既知参照符号として選択されたチャネルと、前記候補第2符号における先端部から前記任意区間ずらした地点から前記所定長抽出した符号が先端部に含まれる第2 A channel predetermined length extracted code is selected the first code included in the tip as a known reference symbols from the arbitrary section shifted by a point from the tip of the candidate first code, from said distal end of said candidate second code the code extracted the predetermined length from the point shifted arbitrary section is included in the distal end portion 2
符号を既知参照符号として選択されたチャネルと、が相違するか否かを判定する判定工程と、上記各チャネルが相違する場合における候補第1符号と候補第2符号とを所定のチャネル固有の既知参照符号として選択する選択工程と、を具備することを特徴とする。 Code and a selected channel as a known reference symbol, and a determination step of determining whether or not different, the candidate first code and a candidate second code and a predetermined channel-specific known in the case where each channel is different a selection step of selecting as the reference numerals, and characterized by including the.

【0045】本発明によれば、受信側装置において作成される各遅延プロファイルにおいて、各チャネルの遅延プロファイルに隣接する遅延プロファイルが、同一チャネルの遅延プロファイルとならないように作成された各チャネル固有の2つの既知参照符号が、各チャネルに割り当てられるので、上記受信側装置においては、この2 According to the present invention, in each delay profile created at the receiving side apparatus, the delay profile which is adjacent to the delay profile of each channel, each channel-specific created so as not to delay profile of the same channel 2 One of the known reference symbols, so allocated to each channel, in the receiving device, the 2
つの既知参照符号を用いた相関値算出処理により各チャネルについての2つの遅延プロファイルを作成し、作成した2つの遅延プロファイルを比較することにより、各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 One of the correlation value calculation processing using the known reference numeral creates two delay profiles for each channel, by comparing the two delay profile created, it is possible to accurately detect the propagation delay of each channel .

【0046】本発明に係る通信方法は、相互に異なる2 The communication method according to the present invention, different from each other 2
つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した各チャネルの送信信号が同一周波数帯域に多重された信号を受信する受信工程と、巡回する第1基準符号及び巡回する第2基準符号のそれぞれと前記受信手段により受信された信号とを用いて相関値を算出することにより、 A reception step of transmitting signals of each channel to receive the multiplexed signal in the same frequency band multiplexed to One of channel-specific known reference codes same time, and each of the first reference code and the second reference code to cycle to cycle by calculating the correlation value using the received signal by the receiving means,
それぞれ第1遅延プロファイル及び第2遅延プロファイルを作成する遅延プロファイル作成工程と、所定のチャネルについての遅延がない場合に希望波のパスの大きさが最大となる基準位相を一致させるように前記各遅延プロファイルの位置を調整する調整工程と、位置を調整された前記各遅延プロファイルにおいて一致するパスを前記所定のチャネルのパスとして認識する認識工程と、認識されたパスの位相と前記基準位相との位相差をこのパスの遅延として検出する遅延検出工程と、を具備することを特徴とする。 Delay profile creating step for creating a first delay profile and second delay profile respectively, each delay so that the size of the path of the desired wave when there is no delay for a given channel to match the reference phase with the maximum position of the adjustment step of adjusting the position of the profile, and recognizing step a path that matches in each delay profile adjusted position as the path of the predetermined channel, and recognized path phase the reference phase characterized by comprising a delay detection step of detecting a delay of this path phase difference, the.

【0047】本発明によれば、相互に異なる2つの既知参照符号が同一時間に多重された信号を受信し、この2 According to the present invention, receives a signal two known reference symbols different from each other are multiplexed in the same time, the 2
つの既知参照符号を用いた相関値算出処理により各チャネルについての2つの遅延プロファイルを作成し、作成した2つの遅延プロファイルを比較することにより、各チャネルについての遅延伝搬を正確に検出することができる。 One of the correlation value calculation processing using the known reference numeral creates two delay profiles for each channel, by comparing the two delay profile created, it is possible to accurately detect the propagation delay of each channel .

【0048】 [0048]

【発明の実施の形態】本発明の骨子は、既知参照信号として、相互に異なる2つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した信号を用いるようにしたことである。 Gist of the embodiment of the present invention, as a known reference signal is that the two channel-specific known reference codes different from each other and to use a multiplexed signal in the same time. さらに、上記既知参照符号を同一時間に多重した各チャネルの送信信号が同一周波数帯域に多重された信号と、第1基準符号および第2基準符号と、を用いた相関値算出処理により、2つの遅延プロファイルを作成し、 Further, the transmission signal of each channel with the known reference symbols multiplexed in the same time and the multiplexed signal to the same frequency band, the first reference code and the second reference code, the correlation value calculation processing using a two create a delay profile,
これらの遅延プロファイルにおけるパスを比較することにより、各チャネルの遅延を検出するようにしたことである。 By comparing the path in these delay profiles, is that which is adapted to detect the delay of each channel.

【0049】以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。 [0049] Hereinafter, embodiments of the present invention, with reference to the accompanying drawings.

【0050】(実施の形態)図1は、本発明の一実施の形態に係るCDMA通信装置における送信機の構成を示すブロック図である。 [0050] (Embodiment) FIG. 1 is a block diagram showing the configuration of a transmitter in a CDMA communication apparatus according to an embodiment of the present invention. 図1において、拡散部101は、 In Figure 1, spreading section 101,
本送信機の送信用チャネルに割り当てられた拡散符号を用いて送信データに対して拡散処理を行う。 It performs spreading processing on the transmission data using a spreading code assigned to the transmission channel of this transmitter. 時多重部1 When multiplexing unit 1
02は、ミッドアンブルパターンすなわち第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンと拡散処理後の送信データとをフレームに多重することにより送信信号を作成する。 02 creates a transmission signal by multiplexing the transmission data after the spreading processing and mid amble pattern or first midamble pattern and the second midamble pattern in the frame. フレームフォーマットとしては、図12に示したように、主に、データ部1、ミッドアンブル部およびデータ部2を含むものが用いられる。 The frame format, as shown in FIG. 12, mainly, the data unit 1, is intended to include midamble portion and data portion 2 is used.
なお、フレームフォーマットおよびミッドアンブルパターンの詳細については後述する。 Will be described in detail later frame format and the mid amble pattern.

【0051】無線部103は、時多重部102により作成された送信信号に対して周波数変換等の所定の送信処理を行い、上記処理後の送信信号をアンテナ104を介して送信する。 The radio section 103 performs predetermined transmission processing such as frequency conversion on the transmission signal created by multiplexing unit 102 time, and transmits the transmission signal after the processing through the antenna 104.

【0052】図2は、本発明の一実施の形態に係るCD [0052] Figure 2, CD according to an embodiment of the present invention
MA通信装置における受信機の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a receiver in MA communication system. 図2において、受信部202は、アンテナを介して受信した信号(受信信号)に対して周波数変換等の所定の受信処理を行い、上記処理後の受信信号を分離部2 2, the receiving section 202 performs predetermined reception processing such as frequency conversion on the signal received via the antenna (reception signal), separating portion 2 a reception signal after the above processing
03と記憶部207とに送る。 03 and sent to a storage unit 207. なお、この受信信号は、 It should be noted that the received signal,
複数の送信機により送信された信号が同一周波数帯域に多重された信号である。 Signals transmitted by a plurality of transmitters are multiplexed signal to the same frequency band. また、上記複数の送信機は、それぞれ図1に示した構成を有するものであり、それぞれ異なるチャネルを用いて図2に示す受信機に対して信号を出力する。 Further, the plurality of transmitters are those having the configuration shown in FIG. 1, respectively, and outputs a signal to the receiver shown in FIG. 2 by using different channels respectively.

【0053】記憶部207は、上記処理後の受信信号を記憶し、後述する相関部208〜相関部210に出力する。 [0053] The storage unit 207 stores the reception signal after the above processing and outputs to the correlation unit 208 to the correlation unit 210 to be described later. 分離部203は、上記処理後の受信信号のうち、基準時間から受信された512チップ分の信号を分離する。 Separation unit 203 of the received signal after the above processing, to separate the 512 signal chips received from reference time. 相関部204は、分離された512チップ分の受信信号と各チャネル毎に割り当てられたベーシックコード1とを用いた相関値算出処理を行った後、算出された相関値を用いて遅延プロファイルを作成する。 Correlation unit 204 creates after correlation value calculation processing using the reception signal separated 512 chips and a basic code 1 assigned to each channel, a delay profile using the calculated correlation values to.

【0054】相関部205は、分離された512チップ分の受信信号と各チャネル毎に割り当てられたベーシックコード2とを用いた相関値算出処理を行った後、算出された相関値を用いて遅延プロファイルを作成する。 [0054] The correlation unit 205, after the correlation value calculation processing using the reception signal separated 512 chips and a basic code 2 assigned to each channel, using the calculated correlation values ​​delayed to create a profile.

【0055】比較・回線推定部206は、相関部204 [0055] comparison and channel estimation section 206, correlation section 204
および相関部205のそれぞれにより作成された遅延プロファイルを用いて、各チャネルについて回線推定を行う。 And using the delay profile created by each of the correlation unit 205 performs channel estimation for each channel. すなわち、比較・回線推定部206は、上記遅延プロファイルを用いて、各チャネルについてのパスおよびこのパスの遅延伝搬を検出する。 That is, comparison and channel estimation unit 206 uses the delay profile to detect the propagation delay of the path and the path for each channel.

【0056】相関部208〜相関部210は、比較・回線推定部206による回線推定結果に基づいて、各チャネルに割り当てられた拡散符号を用いて、受信部202 [0056] correlation unit 208 to the correlation unit 210, based on the channel estimation result by comparison and channel estimation section 206, using a spreading code assigned to each channel, the receiving unit 202
からの受信信号に対する逆拡散処理を行う。 Performing despreading processing on the received signal from. 同期検波部211〜同期検波部213は、それぞれ相関部208〜 Synchronous detector 211 to the synchronous detector 213, respectively correlation unit 208 to
相関部210による逆拡散処理後の信号に対して同期検波処理を行う。 Performing synchronous detection processing on the signal after the despreading processing by correlation section 210. 合成部214は、同期検波部211〜同期検波部213による同期検波処理後の信号を合成して復調信号を出力する。 Combining unit 214, the signal after coherent detection processing by coherent detection section 211 to the synchronous detector 213 synthesizes and outputs a demodulated signal.

【0057】なお、図2においては、一例として、各チャネルについて3つのパスを扱う場合について説明するために、相関部および同期検波部が3系統設けられた構成が示されているが、本発明は、相関部および同期検波部の系統数を適宜変更した場合にも適用可能なものである。 [0057] In FIG. 2, as an example, to describe a case dealing with three paths for each channel, but the configuration correlator and the synchronous detection portion is provided three systems are shown, the present invention are those applicable even when changing the line number of the correlation unit and the synchronous detection unit appropriately.

【0058】次いで、各チャネルに用いられるミッドアンブルパターンの作成方法について、図3および図4を参照して説明する。 [0058] Next, how to create a midamble pattern used for each channel will be described with reference to FIGS. なお、ここでは、8チャネル分のミッドアンブルパターンを作成する場合について説明する。 Here, it will be described for creating a mid amble pattern corresponding to 8 channels. 本実施の形態においては、第1ミッドアンブルパターン(第1符号)と第2ミッドアンブルパターン(第2 In the present embodiment, the first midamble pattern (first code) and the second midamble pattern (second
符号)の2つのミッドアンブルパターンが各チャネル毎に割り当てられる。 Two midamble pattern of the code) is assigned to each channel. まず、第1ミッドアンブルパターンの作成手順について図3を参照して説明する。 First, referring to FIG. 3 described production procedure of the first midamble pattern.

【0059】図3は、本発明の一実施の形態に係るCD [0059] Figure 3, CD according to an embodiment of the present invention
MA通信装置により用いられる第1ミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図である。 It is a schematic diagram showing a production procedure of the first midamble patterns used by MA communication device. 図3に示すように、各チャネルに用いられる第1ミッドアンブルパターンは、456チップ周期で巡回する第1ベーシックコード(第1基準符号)を用いて次に示す手順に従って作成される。 As shown in FIG. 3, the first midamble pattern used for each channel is created according to the procedure shown below using the first basic code to cycle at 456 chip period (first reference code). この第1ベーシックコードは、図2に示した受信機にとって既知のものであり、相互に異なるW(=5 The first basic code are those known to the receiver shown in FIG. 2, mutually different W (= 5
7)チップ長のコードを有するA〜Hのブロックを含んでいる。 7) contains a block of A~H with code chip length.

【0060】まず、第1ステップとして、上記ベーシックコードにおいて基準位置を決定し、決定された基準位置を各チャネルについて{W×(n−1)}チップだけ順次図中右方向にずらす。 [0060] First, as a first step, to determine the reference position in the basic code, shifting the determined reference position to the {W × (n-1)} right in only sequentially FIG chip for each channel. ただし、W=57チップであり、nはチャネル数である。 However, W = 57 is a chip, n represents a number of channels. ずらすチップ数としては、 The number of chips shifted,
チャネル1、チャネル2、チャネル3およびチャネル8 Channel 1, Channel 2, Channel 3 and Channel 8
の場合には、それぞれ0、W、2Wおよび7Wとなる。 In the case of, respectively, 0, W, the 2W and 7W.
なお、基準位置をずらす方向は、図中左方向であってもよい。 The direction of shifting the reference position may be the left direction in the drawing.

【0061】第2ステップとして、各チャネルについて、上記ベーシックコードにおけるずらされた基準位置から所定の長さのコードを抽出する。 [0061] As a second step, for each channel, it extracts a predetermined length of cord from the shifted reference position in the basic code. これにより、抽出された各コードは全体として456チップ長となる。 Thus, each code extracted is the overall 456 chip length. なお、ここでは、一例として上記所定の長さを456チップとする。 Here, the predetermined length to 456 chips as an example.

【0062】第3ステップとして、全体として456チップ長の各コードにおいて、先端ブロックを末端に付加して全体として512チップ長のコードとし、このコードを各チャネルの第1ミッドアンブルパターンとする。 [0062] As a third step, in each code as a whole 456-chip length, as a whole and 512 chip length code by adding the tip block terminated, the code and the first midamble pattern of each channel.
すなわち、例えば、チャネル1については、全体として456チップ長とされたコードにおける先端ブロックA That is, for example, for channel 1, the leading end of the whole 456-chip length and code blocks A
を、末端すなわちブロックHの後にブロックA'として付加することにより、チャネル1の第1ミッドアンブルパターン「ABCDEFGHA'」が作成される。 The 'by adding the first midamble pattern of channel 1 "ABCDEFGHA' after end or block H block A" is created.

【0063】次に、第2ミッドアンブルパターンの作成手順について、図4を参照して説明する。 Next, the procedure for creating a second midamble pattern will be described with reference to FIG. 図4は、本発明の一実施の形態に係るCDMA通信装置により用いられる第2ミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図である。 Figure 4 is a schematic diagram showing a production procedure of the second midamble patterns used by the CDMA communication apparatus according to an embodiment of the present invention. 図4に示すように、各チャネルに用いられる第2ミッドアンブルパターンは、456チップ周期で巡回する第2ベーシックコード(第2基準符号)を用いて次に示す手順に従って作成される。 As shown in FIG. 4, the second midamble pattern used for each channel is created according to the procedure shown below using a second basic code to cycle at 456 chip period (second reference code). この第2ベーシックコードは、図2に示した受信機にとって既知のものであり、相互に異なるW(=57)チップ長のコードを有するJ〜Qの8ブロックを含んでいる。 The second basic code are those known to the receiver shown in FIG. 2, includes a mutually different W (= 57) 8 blocks J~Q with code chip length.

【0064】まず、第1ステップとして、上記ベーシックコードにおいて基準位置を決定し、決定された基準位置を各チャネルについて{W×(n−1)}チップだけ順次図中左方向(第1ミッドアンブル作成時とは逆の方向)にずらす。 [0064] First, as a first step, to determine the reference position in the basic code, the determined reference position for each channel {W × (n-1)} chips only sequentially leftward in the drawing (first midamble It shifted in the opposite direction) to that at the time of creation. ただし、W=57チップであり、nはチャネル数である。 However, W = 57 is a chip, n represents a number of channels. ずらすチップ数としては、チャネル1、チャネル2、チャネル3およびチャネル8の場合には、それぞれ0、W、2Wおよび7Wとなる。 The number of chips shifted, in the case of channel 1, channel 2, channel 3 and channel 8, respectively 0, W, a 2W and 7W. なお、基準位置をずらす方向は、第1ミッドアンブルパターン作成時において基準位置をずらす方向と逆方向であれば、 The direction of shifting the reference position, if the direction opposite to the direction of shifting the reference position during the first midamble pattern creation,
いずれの方向であってもよい。 It may be any direction.

【0065】第2ステップとして、各チャネルについて、上記ベーシックコードにおけるずらされた基準位置から所定の長さのコードを抽出する。 [0065] As a second step, for each channel, it extracts a predetermined length of cord from the shifted reference position in the basic code. これにより、抽出された各コードは全体として456チップ長となる。 Thus, each code extracted is the overall 456 chip length. なお、上記所定の長さは、第1ミッドアンブルパターン作成時における所定の長さと同一であるとする。 The predetermined length is assumed to be equal to the predetermined length at the time of the first midamble pattern creation.

【0066】第3ステップとして、全体として456チップ長とされた各コードにおいて、先端ブロックを末端に付加して全体として512チップ長のコードとし、このコードを各チャネルの第2ミッドアンブルパターンとする。 [0066] As a third step, in each code as a whole 456-chip length, as a whole and 512 chip length code by adding the tip block terminated, the code and the second midamble pattern of each channel . すなわち、例えば、チャネル1については、全体として456チップ長とされたコードにおける先端ブロックQを、末端すなわちブロックPの後にブロックQ' That is, for example, for channel 1, the leading end block Q in overall 456 chip length and code, block after the end or block P Q '
として付加することにより、チャネル1の第2ミッドアンブルパターン「QJKLMNOPQ'」が作成される。 By adding a second midamble pattern of channel 1 "QJKLMNOPQ '" it is created as.

【0067】次いで、上記構成のCDMA通信装置の動作について説明する。 [0067] Next, the operation of the CDMA communication apparatus having the above structure. まず、上記構成のCDMA通信装置における送信機の動作について、図1および図5を参照して説明する。 First, the operation of a transmitter in a CDMA communication apparatus of the above configuration will be described with reference to FIGS. 1 and 5. 図5は、本発明の一実施の形態に係るCDMA通信装置における送信機の送信タイミングを示す模式図である。 Figure 5 is a schematic diagram showing the transmission timing of a transmitter in a CDMA communication apparatus according to an embodiment of the present invention.

【0068】図1を参照するに、送信データは、拡散部101において、本送信機の送信用チャネルに割り当てられた拡散符号を用いて拡散処理がなされる。 [0068] Referring to FIG. 1, transmission data, in spreading section 101, spreading processing is performed using a spreading code assigned to the transmission channel of this transmitter. 拡散処理後の送信データは、時多重部102に送られる。 Transmission data after spreading processing is sent when the multiplexing unit 102.

【0069】また、上述した手順に従って作成されたミッドアンブルパターンのうち、本送信機の送信用チャネルに割り当てられた第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンが、時多重部102に送られる。 [0069] Among the midamble pattern generated according to the procedure described above, the first midamble pattern and the second midamble pattern assigned to the transmission channel of this transmitter are sent when the multiplexing unit 102.

【0070】時多重部102において、拡散処理後の送信データ、第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンがフレームに多重されることにより、送信信号が作成される。 [0070] In case multiplexing section 102, transmission data after spreading processing, first midamble pattern and the second midamble pattern by being multiplexed in a frame, the transmission signal is generated. すなわち、拡散処理後の送信データは、図5に示すフレームにおけるデータ部(ここでは、データ部1およびデータ部2)に多重され、第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンは、上記フレームにおけるミッドアンブル部(512 That is, the transmission data after spreading processing, the data unit (in this case, the data portion 1 and the data section 2) in the frame shown in FIG. 5 are multiplexed in a first midamble pattern and the second midamble pattern in the frame midamble section (512
チップ区間)に多重されることにより、送信信号が作成される。 By being multiplexed to the chip interval), the transmission signal is generated. ここで、ミッドアンブル部においては、第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンとが同一時間上で多重されている。 Here, the midamble portion includes a first midamble pattern and the second midamble patterns are multiplexed on the same time.

【0071】時多重部102により作成された送信信号は、無線部103により、周波数変換等の所定の送信処理がなされた後、アンテナ104を介して送信される。 [0071] The transmission signal created by multiplexing unit 102 time, the radio section 103, subjected to predetermined transmission processing such as frequency conversion is made, it is transmitted via an antenna 104.

【0072】次に、上記構成のCDMA通信装置における受信機の動作について、図2を参照して説明する。 [0072] Next, the operation of a receiver in CDMA communication apparatus having the above structure will be described with reference to FIG. アンテナ201を介して受信した信号は、受信部202により、周波数変換等の所定の受信処理がなされる。 Signal received through the antenna 201, the receiver 202, predetermined reception processing such as frequency conversion is performed. 上記処理後の受信信号は、分離部203と記憶部207とに送られる。 Reception signal after the above processing is sent to a separation unit 203 and storage unit 207. 記憶部207においては、上記処理後の受信信号が記憶される。 In the storage unit 207, the reception signal after the above processing is stored.

【0073】分離部203においては、上記処理後の受信信号のうち基準時間から受信された512チップの信号が分離され、さらに、分離された512チップ長の信号のうち末端部から456チップのみが切り取られる。 [0073] In the separation unit 203, 512-chip signal of which is received from the reference time of the received signal after the processing is separated, further, only 456 chips from the end of the separated 512-chip length of the signal It is cut off.
なお、基準時間とは、上述したように、伝搬遅延がない場合に、各送信機(各移動局)により送信された信号における各ミッドアンブル部の先端部が、受信機(基地局)により受信される時間に相当する。 Incidentally, the reference time, as described above receives, when there is no propagation delay, the tip portion of the midamble portion in the signal transmitted by each transmitter (each mobile station), the receiver (base station) is the equivalent to the time.

【0074】相関部204および相関部205においては、分離部203から送られた456チップ長の信号を用いた相関値算出処理がなされる。 [0074] In the correlation unit 204 and the correlation unit 205, the correlation value calculation processing using a 456 chip length of the signal sent from the demultiplexer 203 is made. すなわち、相関部2 That is, correlation section 2
04および相関部205においては、上記456チップ長の受信信号と第1ベーシックコードとの相関値、および、上記456チップ長の受信信号と第2ベーシックコードとの相関値、が算出される。 In 04 and correlation unit 205, the 456 correlation values ​​between the received signal and the first basic code of chip length, and, the 456 correlation values ​​between the received signal and the second basic code of chip length, are calculated.

【0075】具体的には、相関部204においては、図3に示した第1ベーシックコードを基準として、上記4 [0075] Specifically, in the correlation section 204, based on the first basic code shown in FIG. 3, the 4
56チップ長の信号の位相を1チップずつずらしながら上記第1ベーシックコードに掛け合わせ、それぞれの位相における相関値が算出される。 56 while shifting the phase of the chip length of the signal by one chip multiply in the first basic code, the correlation value at each phase is calculated. 同様に、相関部205 Similarly, correlator 205
においては、図4に示した第2ベーシックコードを用いて、相関値が算出される。 In using the second basic code shown in FIG. 4, the correlation value is calculated.

【0076】さらに、相関部204および相関部205 [0076] Furthermore, correlation section 204 and the correlation unit 205
においては、上述のように算出されたそれぞれの相関値を用いて、遅延プロファイルが作成される。 In using the correlation values ​​of which are calculated as described above, the delay profile is created. なお、作成された遅延プロファイルの詳細については、後述する。 The details of the delay profiles that have been created, which will be described later.
作成された遅延プロファイルは、比較・回線推定部20 Delay profile that is created, comparison and channel estimation section 20
6に出力される。 6 is output to.

【0077】比較・回線推定部206においては、相関部204および相関部205により作成された各遅延プロファイルを用いて、各チャネルについての回線推定が行われる。 [0077] In comparison, channel estimation section 206, using each delay profile created by correlation section 204 and the correlation unit 205, the channel estimation for each channel is performed. すなわち、上記各遅延プロファイルを用いて、各チャネルについてのパスおよびこのパスの遅延伝搬が検出される。 That is, by using the delay profiles, delay the propagation path and the path of each channel is detected. 回線推定結果は、相関部208〜相関部210に出力される。 Channel estimation result is output to the correlation unit 208 to correlator 210.

【0078】相関部208〜相関部210においては、 [0078] In the correlation unit 208 to correlator 210,
比較・回線推定部206による回線推定結果に基づいて、記憶部207から送られた受信信号に対する逆拡散処理が行われる。 Based on the channel estimation result by comparison and channel estimation section 206, despreading processing is performed on the received signal sent from the storage unit 207. すなわち、記憶部207から送られた受信信号は、相関部208〜相関部210において、各チャネルについて、比較・回線推定部206により推定されたそれぞれ3つのパスの遅延時間を考慮したタイミングで、受信信号に対する逆拡散処理がなされる。 That is, the reception signal sent from storage section 207, the correlation unit 208 to the correlation unit 210, for each channel, the timing of which the delay time of the estimated each of the three paths by comparing and channel estimation section 206, received despreading processing is performed for the signal. なお、本実施の形態においては、相関部208〜相関部2 In the present embodiment, the correlation unit 208 to the correlation unit 2
10の3つの相関部により逆拡散を行う場合を例にとり説明しているが、相関部の数に限定はない。 Although described by taking as an example the case of performing the despreading by three of the correlation unit 10, there is no limitation to the number of the correlation unit.

【0079】同期検波部211〜同期検波部213においては、それぞれ相関部208〜相関部210により逆拡散処理された信号に対する同期検波処理がなされる。 [0079] In the synchronous detection unit 211 to the synchronous detector 213 synchronous detection processing for each despread signal by the correlation unit 208 to the correlation unit 210 is performed.
同期検波された信号は、合成部214により合成されることにより、復調信号が得られる。 Synchronous detection signal, by being combined by the combining unit 214, the demodulation signal is obtained.

【0080】次いで、上記構成のCDMA通信装置における送信機内の比較・回線推定部による、回線推定方法について説明する。 [0080] Then, by comparing and channel estimation section in the transmitter in a CDMA communication apparatus having the above structure will be described channel estimation method. ここではまず、説明を簡単にするために、伝搬遅延と遅延分散との合計がWチップ長以下であり、かつ、各チャネルからの信号に遅延波が存在しないものとする。 Here, first, in order to simplify the description, the sum of the delay dispersion and propagation delays W or less chip length and shall no delayed wave signals from each channel.

【0081】比較・回線推定部206においては、相関部204および相関部205のそれぞれにより作成された遅延プロファイルを用いて、各チャネルについての回線推定がなされる。 [0081] In comparison, channel estimation section 206, using the delay profile created by each correlation section 204 and the correlation unit 205, the channel estimation for each channel is made. ここで、まず、相関部204および相関部205のそれぞれにより作成される遅延プロファイルについて、図6を参照して説明する。 Here, first of all, the delay profile created by each correlation section 204 and the correlation unit 205 will be described with reference to FIG.

【0082】図6(a)は、本発明の一実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の相関部204により作成された遅延プロファイルの一例を示す図であり、図6(b)は、本発明の一実施の形態に係るCDM [0082] 6 (a) is a diagram showing an example of a delay profile created by correlation section 204 of the receiver in the CDMA communication apparatus according to an embodiment of the present invention, FIG. 6 (b), CDM according to an exemplary embodiment of the present invention
A通信装置における受信機内の相関部205により作成された遅延プロファイルの一例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a delay profile created by correlation section 205 of the receiver in the A communication apparatus.

【0083】図6(a)に示すように、相関部204による相関値算出処理時において、分離部203からの4 [0083] As shown in FIG. 6 (a), during correlation value calculation processing by correlation section 204, 4 from the separator 203
56チップ長の信号に含まれたいずれかの移動局からのミッドアンブル部のコードと、上記既知の第1ベーシックコードと、が一致した時点で、相関値は最大となり、 56 and code midamble portion from any of the mobile stations contained in the chip length of the signal, when the above and known first basic code, matches, a correlation value is maximum,
ある一定の大きさを有するパスが現れる。 Path with a certain size appears.

【0084】よって、例えば、図6(a)において、パス601a、パス602a、パス603aおよびパス6 [0084] Thus, for example, in FIG. 6 (a), the path 601a, path 602a, path 603a and the path 6
08aのそれぞれの値が最大となっている時点というのは、上記456チップ長の信号に含まれた移動局1、移動局2、移動局3および移動局8からのそれぞれのミッドアンブル部の第1ミッドアンブルパターンが、上記既知の第1ベーシックコードと一致した時点に相当する。 Because when the respective values ​​of 08a becomes the maximum, the respective midamble portion from the 456 chip length mobile station 1 included in the signal, the mobile station 2, mobile station 3 and mobile station 8 first 1 midamble pattern corresponds to the time that matches the first basic code of the known.

【0085】同様に、図6(b)に示すように、相関部205による相関値算出処理時において、分離部203 [0085] Similarly, as shown in FIG. 6 (b), during correlation value calculation processing by correlation section 205, the separator 203
からの456チップ長の信号に含まれたいずれかの移動局からのミッドアンブル部のコードと、上記既知の第2 And code midamble portion from any of the mobile stations 456 included in chip length signal from said known second
ベーシックコードと、が一致した時点で、相関値は最大となり、ある一定の大きさを有するパスが現れる。 When the the basic code, matches, a correlation value is maximized, the path having a certain size appears.

【0086】よって、例えば、図6(b)において、パス601b、パス602b、パス603bおよびパス6 [0086] Thus, for example, in FIG. 6 (b), the path 601b, path 602b, the path 603b and the path 6
08bのそれぞれの値が最大となっている時点というのは、上記456チップ長の信号に含まれた移動局1、移動局2、移動局3および移動局8からのそれぞれのミッドアンブル部の第2ミッドアンブルパターンが、上記既知の第2ベーシックコードと一致した時点に相当する。 Because when the respective values ​​of 08b is the largest, the respective midamble portion from the 456 chip length mobile station 1 included in the signal, the mobile station 2, mobile station 3 and mobile station 8 first 2 midamble pattern corresponds to a time consistent with the known second basic code.

【0087】また、上述したように、各移動局の伝搬遅延と遅延分散との合計がW(=57)チップ長より小さい場合には、遅延プロファイル上である一定の大きさを有するパスが現れる区間は、各移動局毎に決まっている。 [0087] Further, as described above, when the sum of the delay dispersion and propagation delay of each mobile station W (= 57) less than the chip length, appears path having a predetermined size is on the delay profile period is determined for each mobile station. すなわち、上記の場合には、移動局1〜移動局8に対応するパスは、図6(a)および図6(b)に示した遅延プロファイルにおけるそれぞれ1〜8のWチップ区間(遅延プロファイル幅)に現れる。 That is, in the above case, the path corresponding to the mobile station 1 to mobile station 8, each 1-8 in the delay profile shown in FIG. 6 (a) and FIG. 6 (b) W chip section (the delay profile width appear to).

【0088】なお、図6(a)における各移動局のWチップ区間と、図6(b)における各移動局のWチップ区間と、の位置関係が逆になっているのは、各移動局に対応する第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンの作成方法、すなわち、上述した第1ステップにおける基準位置をずらす方向が第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンとで逆となっていることに起因する。 [0088] Incidentally, the W chip section of each mobile station in FIG. 6 (a), the the a W chip section of each mobile station in FIG. 6 (b), the positional relationship is reversed, each mobile station how to create the first midamble pattern and the second midamble pattern corresponding to, i.e., the direction of shifting the reference position in the first step described above are opposite in the first midamble pattern and the second midamble pattern in particular due to.

【0089】さらに、相関部204および相関部205 [0089] Furthermore, correlation section 204 and the correlation unit 205
においては、それぞれ巡回する第1ベーシックコードおよび巡回する第2ベーシックコードを用いて、相関値算出処理がなされているので、図6(a)および図6 In using the second basic code for the first basic code and cyclic circulates respectively, since there have been a correlation value calculation processing, FIG. 6 (a) and 6
(b)に示した遅延プロファイルは、巡回するものである。 Delay profile shown in (b) is to patrol.

【0090】すなわち、図6(a)における1のWチップ区間の直前には、8のWチップ区間が位置し、この8 [0090] That is, just before one of W chip section in FIG. 6 (a), position 8 of the W chip section, this 8
のWチップ区間の直前には、7のWチップ区間が位置し、以後同様に、6、5、4…のWチップ区間が位置する。 W immediately before the tip section of, and position 7 of the W chip section, hereinafter similarly, 6, 5, 4 ... W chip section of is located. また、図6(a)における8のWチップ区間の直後には、1、2、3…のWチップ区間が位置する。 Further, immediately after the W chip section 8 in FIG. 6 (a), 1, 2, 3 ... W chip section of is located. 逆に、 vice versa,
図6(b)における8のWチップ区間の直前には、1のWチップ区間が位置し、この1のWチップ区間の直前には、2のWチップ区間が位置し、以後同様に、3、4、 Just before the W chip section 8 in FIG. 6 (b), 1 W chip section is located, the immediately preceding this one W chip section 2 of W chip section is located, similarly thereafter, 3 , 4,
5…のWチップ区間が位置する。 5 ... W chip section of is located. また、図6(b)における1のチップ区間の直後には、8、7、6…のWチップ区間が位置する。 Further, immediately after the first chip section in FIG. 6 (b), 8, 7, 6 ... W chip section of is located.

【0091】比較・回線推定部206においては、上述した2つの遅延プロファイルを用いて回線推定が行われる。 [0091] In comparison, channel estimation section 206, channel estimation is performed using the two delay profiles described above. ここでは、チャネル1(移動局1)の回線推定を行う場合を例にとり説明する。 Here it will be described by taking as an example the case of performing channel estimation of the channel 1 (mobile station 1).

【0092】上述した図5におけるチャネル1の伝送信号を参照するに、ミッドアンブル部における第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンは、同一時間軸上に多重されている。 [0092] For transmission signal of channel 1 in FIG. 5 described above, the first midamble pattern and the second midamble pattern in the midamble section is multiplexed on the same time axis. よって、図6(a)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスに対応するI成分およびQ成分は、それぞれ図6(b)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスに対応するI成分およびQ成分と略同一となる。 Therefore, I and Q components corresponding to the path of channel 1 in the delay profile shown in FIG. 6 (a), I component and Q corresponding to the path of channel 1 in the delay profile shown in FIGS 6 (b) It becomes substantially the same as the components. すなわち、図6 That is, FIG. 6
(a)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスと図6(b)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスとのI成分およびQ成分についての差は、所定の誤差の範囲以下となる。 The difference for the I and Q components of the path of channel 1 in the delay profile shown in path and Figure 6 of the channel 1 (b) in the delay profile shown in (a) is equal to or less than a predetermined error range.

【0093】これにより、図6(a)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスの大きさと、図6 [0093] Thus, the size of the path of channel 1 in the delay profile shown in FIG. 6 (a), 6
(b)に示した遅延プロファイルにおけるチャネル1のパスの大きさは、略同一となり、また、図6(a)に示した遅延プロファイルから検出されるチャネル1の伝搬遅延と、図6(b)に示した遅延プロファイルから検出されるチャネル1の伝搬遅延は、略同一なものとなる。 The size of the path of channel 1 in the delay profile shown in (b) becomes substantially the same, also the propagation delay of channel 1 detected from the delay profile shown in FIG. 6 (a), FIG. 6 (b) propagation delay of the channel 1 detected from the delay profile shown in becomes substantially the same thing.

【0094】すなわち、図6(a)および図6(b)に示した各遅延プロファイルにおいて、パス1に対応するI成分およびQ成分は略同一となるので、パス601a [0094] That is, in each delay profile shown in FIG. 6 (a) and 6 (b), since the I and Q components corresponding to the path 1 is substantially the same, the path 601a
の値が最大となる位相とパス601bの値が最大となる位相とは略同一なものとなり、パス601aの大きさとパス601bの大きさとは略同一なものとなる。 Value is almost the same thing as the phase value of the phase and path 601b with the maximum becomes the maximum, becomes substantially the same ones of the size of the size and the path 601b passes 601a. 換言すれば、I成分およびQ成分のそれぞれにおける差が所定の誤差の範囲を上回るパス同士、すなわち、パスの位相および大きさのそれぞれにおける差が所定の誤差の範囲を上回るパス同士は、同一チャネルのパスではないと判断できる。 In other words, the path between the difference in each of the I and Q components exceeds the predetermined range of error, namely, the path between the difference in the respective phase and magnitude of the path exceeds the predetermined range of error, the same channel it can be determined that it is not the path.

【0095】そこで、比較・回線推定部206においては、まず、上記2つの遅延プロファイルを、チャネル1 [0095] Therefore, in the comparison and channel estimation unit 206, first, the above two delay profiles, channel 1
のWチップ区間を基準として巡回させる。 It is circulated to the W chip section as a reference. この結果、図6(a)に示した第1ベーシックコードによる遅延プロファイルは、図7(a)に示すように巡回される。 As a result, the delay profile of the first basic code shown in FIG. 6 (a), are cyclically as shown in Figure 7 (a). 図6 Figure 6
(b)に示した第2ベーシックコードによる遅延プロファイルは、図7(b)に示すように巡回される。 Delay profile according to the second basic code shown in (b) is cyclically as shown in FIG. 7 (b).

【0096】次に、チャネル1のWチップ区間が一致するように、すなわち、チャネル1に遅延がない場合に希望波(主波)のパスの大きさが最大となる位相(基準位相)701が一致するように、図7(a)および図7 Next, as W chip section of channel 1 match, that is, the phase (reference phase) 701 the size of the path of the desired wave when there is no delay in channel 1 (main wave) is maximum as match, 7 (a) and 7
(b)に示した巡回後の各遅延プロファイルの位置を調整した上で、各遅延プロファイルを比較する。 The position of each delay profile after cyclic shown in (b) after adjusting to compare the delay profiles. 位置調整後の各遅延プロファイルを図8に示す。 Delay profiles after the position adjustment shown in FIG.

【0097】具体的には、図8に示した位置調整後の各遅延プロファイルを比較して、一致するパスが存在する場合、すなわち例えば位相および大きさについての誤差が所定の誤差の範囲以下となるパス同士が存在する場合には、そのパスをチャネル1のパスとする。 [0097] More specifically, by comparing the delay profiles after the position adjustment shown in FIG. 8, if matching paths exist, i.e. for example the following range errors of predetermined error of the phase and magnitude and If the path that can produce exists, the path and the path of channel 1. これにより、チャネル1の伝搬遅延が検出される。 Accordingly, the propagation delay of channel 1 is detected. なお、上記所定の誤差の範囲は、様々な条件に応じて適宜設定されるものである。 The range of the predetermined error, is set as appropriate depending on various conditions.

【0098】ところで、伝搬遅延と遅延分散との合計がWチップ長より大きい場合には、図6(a)および図6 [0098] Incidentally, if the sum of the delay dispersion and the propagation delay is greater than W chip length is 6 (a) and 6
(b)に示した遅延プロファイルにおいて、例えばチャネル1のパスは、チャネル1のWチップ区間ではなく、 In the delay profile shown (b), the example of the channel 1 path, not the W chip section of channel 1,
他のチャネルのWチップ区間に現れる。 It appears in the W chip section of another channel. このため、従来の方法では、チャネル1のパスを検出することが困難であった。 Therefore, in the conventional method, it is difficult to detect the path of channel 1.

【0099】しかし、本実施の形態においては、上述したように、伝送信号におけるミッドアンブル部の第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンは、同一時間軸上に多重されているので、この伝送信号と2つのベーシックコードとの相関値算出処理により作成された各遅延プロファイルでは、各チャネルに対応するI成分およびQ成分は略同一なものとなる。 [0099] However, in the present embodiment, as described above, the first midamble pattern and the second midamble pattern of the mid amble section in the transmission signal, because it is multiplexed on the same time axis, the transmission signal and the delay profiles created by correlation value calculation processing between the two basic code, I component and Q component corresponding to each channel is substantially the same thing. すなわち、各チャネルのパスの大きさおよび位相差は略同一なものとなる。 That is, the size and phase difference of the path of each channel is substantially the same thing.

【0100】さらに、第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンのそれぞれの作成時において、第1ステップにおける基準位置をずらす方向が相互に逆になっているので、上述した相関値算出処理により作成される各遅延プロファイル(例えば、図6)から明らかなように、あるチャネルのWチップ区間に隣接するチャネルのWチップ区間は、各遅延プロファイルにおいてそれぞれ逆になっている。 [0100] Further, when each of the creation of the first midamble pattern and the second midamble pattern, since the direction of shifting the reference position in the first step are opposite to each other, created by the above-mentioned correlation value calculation processing each delay profile (e.g., FIG. 6) which is so apparent from, W chip section of a channel adjacent to the W chip section of a channel are respectively reversed in each delay profile.

【0101】例えば、チャネル3のWチップ区間に着目すれば、図6(a)の遅延プロファイルにおいては、図中右隣にはチャネル4のWチップ区間が位置し、図中左隣にはチャネル2のWチップ区間が位置している。 [0102] For example, when attention is paid to the W chip section of channel 3, in the delay profile of FIG. 6 (a), and position W chip section of channel 4 is to the right in the figure, the channel on the left side in the figure 2 of W chip section is located. 逆に、図6(b)の遅延プロファイルにおていは、図中右隣にはチャネル2のWチップ区間が位置し、図中左隣にはチャネル4のWチップ区間が位置している。 Conversely, Otay the delay profile of FIG. 6 (b), and position W chip section of channel 2 to the right in the figure, and W chip section of channel 4 is located on the left side in FIG.

【0102】このため、各遅延プロファイルにおいて、 [0102] For this reason, in each delay profile,
あるチャネルのパスの大きさおよび位相と、他のチャネルのパスの大きさおよび位相と、が完全に一致することはほとんどないといえる。 The magnitude and phase of the path of a certain channel, the magnitude and phase of the path of the other channels, and is unlikely to match exactly true. 換言すれば、各遅延プロファイルにおいて、大きさおよび位相が略一致する各パスは、同一チャネルのパスである可能性が高い。 In other words, in each delay profile, each path size and phase substantially matches are likely to be paths of the same channel.

【0103】したがって、伝搬遅延と遅延分散との合計がWチップ長より大きい場合においても、上述したような方法で各チャネルの回線推定を行うことができる。 [0103] Thus, in the case the total of the delay dispersion and the propagation delay is greater than W chip length can also perform channel estimation of each channel in the manner described above. 例えば、図9に示すように、チャネル1からの信号の遅延伝搬がWチップ長より大きい場合には、2つの遅延プロファイルにおいて、チャネル1のWチップ区間にチャネル1のパスが現れない。 For example, as shown in FIG. 9, when the delay propagation of a signal from channel 1 is greater than the W chip length, in the two delay profiles, the W chip section of channel 1 does not appear path channel 1. ここで、上述した要因により、 Here, the factors described above,
上記各遅延プロファイルにおいて、略一致するパス、すなわち、例えば大きさおよび位相についての差が所定の誤差の範囲以下となるパス同士は、同一チャネルのパスとして認識することができる。 In each delay profile substantially matching path, i.e., the path between the differences for example magnitude and phase equal to or less than a predetermined error range, can be recognized as paths of the same channel. 図9において、パス90 9, the path 90
1aとパス901bの大きさおよび位相は略同一であるので、このパス901a(パス901b)をチャネル1 Since the magnitude and phase of the 1a and path 901b is substantially the same, the channel 1 this path 901a (path 901b)
のパスとして検出する。 It is detected as a path.

【0104】以上、本実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機が、各チャネルについての希望波のみを受信する場合について説明したが、上記受信機は、希望波(主波)のみならず遅延波をも受信する場合にも対応可能である。 [0104] Although the receiver in a CDMA communication apparatus according to this embodiment has described the case of receiving only the desired wave of each channel, the receiver, not only a desired wave (main wave) delay even if also receives waves are available. この場合における2つの遅延プロファイルの一例を図10に示す。 It shows an example of two delay profiles in this case is shown in FIG 10.

【0105】上述したように、伝送信号におけるミッドアンブル部の第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンは、同一時間軸上に多重されているので、この伝送信号と2つのベーシックコードとの相関値算出処理により作成された各遅延プロファイルでは、各チャネルの遅延波のパスに対応するI成分およびQ成分は略同一なものとなる。 [0105] As described above, the first midamble pattern and the second midamble pattern of the mid amble section in the transmission signal, because it is multiplexed on the same time axis, the correlation between the transmission signal and two basic codes in each delay profile created by the value calculation process, I and Q components corresponding to the path of the delay wave of each channel is substantially the same thing. すなわち、各チャネルの遅延波のパスの値の大きさおよび位相差も略同一なものとなる。 That is, the size and phase difference of the value of the path of the delay wave of each channel is also almost the same thing.

【0106】したがって、上述した回線推定方法によれば、希望波だけでなく遅延波のパスを各チャネルについて検出することができる。 [0106] Thus, according to the channel estimation method described above, it is possible to detect the path of the delay wave not only a desired wave of each channel. すなわち、図10に示すチャネル1のWチップ区間が一致するように位置調整された各遅延プロファイルにおいて、パス1001aとパス1 That is, in each delay profile whose position is adjusted so W chip section of channel 1 shown in FIG. 10 coincides, path 1001a and path 1
001b、パス1002aとパス1002b、およびパス1003aとパス1003bは、その大きさおよび位相差が略同一である。 001b, path 1002a and path 1002b, and path 1003a and path 1003b, the magnitude and phase differences are substantially the same. よって、これらのパスは、チャネル1に対応するパスであることが明らかである。 Therefore, these paths, it is clear that a path corresponding to the channel 1.

【0107】具体的には、そのパスの大きさより、パス1001a(パス1001b)は、チャネル1の希望波のパスであり、パス1002a(パス1002b)およびパス1003a(パス1003b)は、チャネル1の遅延波であると推定される。 [0107] More specifically, than the size of the path, the path 1001a (path 1001b) is the path of the desired wave of channel 1, path 1002a (path 1002b) and path 1003a (path 1003b) is the channel 1 it is estimated to be delayed wave. パス1004bは、これと大きさおよび位相が同一であるパスが第1ベーシックコードによる遅延プロファイル上に存在しないため、チャネル1以外の遅延波であると推定される。 Path 1004b, since the path which the magnitude and phase are the same is not present on the delay profile of the first basic code, is estimated to be delayed wave other than the channel 1.

【0108】この後、検出された3つのパスの伝搬遅延は、それぞれ図2に示した相関部208〜相関部210 [0108] After this, the propagation delay of the detected three paths, the correlation unit 208 to the correlation unit 210 shown in FIG. 2, respectively
に送られる。 It is sent to. これにより、相関部208〜相関部210 Thus, the correlation unit 208 to correlator 210
は、それぞれの伝搬遅延を考慮したタイミングで、受信信号に対する逆拡散処理を行うことができる。 At a timing in consideration of the respective propagation delay, it is possible to perform the despreading processing to the received signal.

【0109】このように、本実施の形態によれば、巡回する第1ベーシックコードと第2ベーシックコードを用いて、各チャネル毎に固有の第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンを作成する。 [0109] Thus, according to this embodiment, by using the first basic code and a second basic code to cycle, to create a first midamble pattern and the second midamble pattern specific to each channel . この第1 The first
ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンは、受信側装置により作成される各遅延プロファイルにおいて、Wチップ区間の位置関係が逆となるように作成される。 Midamble pattern and the second midamble pattern, in each delay profile created by the receiving device, the positional relationship of the W chip section is created so as to reverse.

【0110】送信側装置は、ミッドアンブル部に上記2 [0110] transmitting side apparatus, the two mid amble section
つのミッドアンブルパターンを同一時間軸上に多重した信号を送信し、さらに、受信機側においては、受信信号を用いた上記第1ベーシックコードと上記第2ベーシックコードとの相関値算出処理により作成された各遅延プロファイルにおけるパスの大きさおよび位相を比較することにより、伝搬遅延がWチップ長より大きい場合やさらに遅延波が存在する場合においても、各チャネルの回線推定を正確に行うことができる。 One of the transmitted multiplexed signal of the midamble pattern on the same time axis, further, at the receiver side is created by the correlation value calculation processing between the first basic code and the second basic code with the received signal by comparing the magnitude and phase of paths in the delay profile, the propagation delay is even when the W when the chip is larger than the length and further delayed wave is present, it is possible to perform channel estimation of each channel accurately. これにより、伝送容量および収容チャネル数に影響を与えることなく、各チャネルの伝搬遅延を正確に検出できる。 Thus, without affecting the transmission capacity and number of channels accommodated, it can accurately detect the propagation delay of each channel.

【0111】なお、本実施の形態においては、第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンを一例として上述した方法により作成した場合について説明したが、本発明は、これに限定されず、以下の条件を満たすのであれば、上述した第1ステップにおいて基準位置をずらすチップ数、ずらす方向および総チャネル数等を適宜変更した場合にも適用可能なものである。 [0111] In the present embodiment has been described as being prepared by the above method the first midamble pattern and the second midamble pattern as an example, the present invention is not limited thereto, the following If conditions are satisfied for at, but also applicable to a case of changing the number of chips shifted reference position in the first step described above, the direction and the total number of channels, etc. shifted appropriately.

【0112】すなわち、各チャネルのWチップ区間に隣接するWチップ区間が、2つの遅延プロファイルにおいてそれぞれ同一チャネルのWチップ区間とならないように、上記各ミッドアンブルパターンを作成する必要がある。 [0112] That is, W chip section adjacent to the W chip section of each channel in two delay profiles so as not to the same channel W chip section respectively, it is necessary to create the above mid amble patterns. さらに詳しくは、あるチャネルのWチップ区間と別のチャネルのWチップ区間との位置関係(位相差)が、 More specifically, the positional relationship between the W chip section of W chip section and another channel of a channel (phase difference),
2つの遅延プロファイルにおいて相互に異なるようにする必要がある。 It is necessary to mutually different in the two delay profiles.

【0113】このためには、所定チャネルに割り当てる第1ミッドアンブルパターンにおける先端部から任意区間ずらした地点から所定の長さを抽出した符号を先端部に有する第1ミッドアンブルパターンが割り当てられたチャネルと、上記所定チャネルに割り当てる第2ミッドアンブルパターンにおける先端部から上記任意区間ずらした地点から上記所定の長さを抽出した符号を先端部に有する第2ミッドアンブルパターンが割り当てられたチャネルと、が相違するように、各チャネルに割り当てる第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンを作成すればよい。 [0113] To this end, first the first midamble pattern is assigned channel having a code obtained by extracting arbitrary section from the point which is shifted a predetermined length from the tip to the distal end of the midamble pattern to be assigned to a predetermined channel When a channel in which the second midamble patterns is assigned with a code obtained by extracting the predetermined length from the point obtained by shifting the arbitrary section from the tip of the second midamble pattern to be assigned to the predetermined channel at the tip, but as different may be generating a first midamble pattern and the second midamble pattern assigned to each channel.

【0114】例えば、上述した図3および図4を参照するに、まず、チャネル1に割り当てる第1ミッドアンブルパターンにおいて先端部からW区間ずらした地点からWチップ長を抽出することにより、ブロックBの符号が得られる。 [0114] For example, referring to FIGS. 3 and 4 described above, first, from the point shifted W section from the tip in the first midamble pattern to be assigned to channel 1 by extracting the W chip length, the block B code is obtained. このブロックBを先端部に有する第1ミッドアンブルパターンは、チャネル2となっている。 The first midamble pattern having this block B at the tip portion has a channel 2. 次に、 next,
チャネル1に割り当てる第2ミッドアンブルパターンにおいて先端部からW区間ずらした地点からWチップ長を抽出することにより、ブロックJの符号が得られる。 By the point shifted W section from the tip in the second midamble pattern to be assigned to channels 1 to extract the W chip length, the code block J is obtained. このブロックJを先端部に有する第2ミッドアンブルパターンは、チャネル8となっている。 Second midamble pattern having this block J at the distal end portion has a channel 8. すべてのチャネルについてこのようにチャネルが相違するように、各ミッドアンブルパターンを作成すればよい。 As thus channel is different for all the channels, it may be created each midamble pattern.

【0115】上記のような条件を満たすように各チャネルに各ミッドアンブルパターンを割り当てれば、上述したミッドアンブルパターン作成時において、第1ステップにおいて基準位置をずらす方向を第1ミッドアンブルパターンおよび第2ミッドアンブルパターンで同一とした場合においても、結果として、チャネル1からチャネル8に対して、図5に示すような各ミッドアンブルパターンをそれぞれ割り当てることができる。 [0115] By assigning each mid amble patterns to each channel so as to satisfy the conditions as described above, at the time of midamble patterns created as described above, the first midamble pattern direction of shifting the reference position in the first step and second even when the same with 2 midamble pattern, as a result, the channel 8 from the channel 1, it is possible to assign each respective mid amble patterns shown in FIG.

【0116】また、本実施の形態においては、ミッドアンブルパターン作成時における上述した第1ステップにおいて、基準位置をずらすチップ数を全チャネルにおいてWチップとした場合について説明したが、本発明は、 [0116] Further, in this embodiment, in the first step described above at the time of a midamble pattern creation, the number of chips to shift the reference position has been described for the case where the W chip in all channels, the present invention is,
これに限定されず、各チャネル毎に基準位置をずらすチップ数を適宜変更した場合にも適用可能なものである。 Not limited thereto, and is applicable when was appropriately changed number of chips to shift the reference position for each channel.
この場合には、受信側装置が、各チャネルについての基準位置をずらすチップ数を認識するようにすれば、上述した例と同様に、正確に各チャネルについての遅延伝搬を検出することができる。 In this case, the receiving side apparatus, if to recognize the number of chips to shift the reference position for each channel, as in the example described above, it is possible to accurately detect the propagation delay for each channel.

【0117】さらに、本実施の形態においては、ミッドアンブルパターンとして第1ミッドアンブルパターンと第2ミッドアンブルパターンの2つを用いる場合について説明したが、本発明は、これに限定されず、ミッドアンブルパターンが3つ以上の場合にも適用可能なものである。 [0117] Further, in the present embodiment has described the case of using the two first midamble pattern and the second midamble pattern as midamble pattern, the invention is not limited thereto, midamble pattern is those which can be applied in the case of three or more. この場合には、より正確に各チャネルについての伝搬遅延を検出することができる。 In this case, it is possible to detect more accurately the propagation delay for each channel.

【0118】 [0118]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
送信側装置において、巡回する2種類のコードを用いて作成された各チャネル毎に固有の2つのミッドアンブルパターンをミッドアンブル部に同一時間軸上に多重して送信し、受信側装置において、受信信号と上記2種類のコードとの相関値を算出することにより2つの遅延プロファイルを作成し、さらに、伝搬遅延がない場合に検出対象チャネルのパスが現れる区間が相互に一致するように巡回された上記各遅延プロファイルにおいて、略一致するパスを検出するようにしたので、伝送容量および収容チャネル数に影響を与えることなく、各移動局についての伝搬遅延を正確に検出できる通信装置を提供することことができる。 In transmitting apparatus multiplexes and transmitted to the same on the time axis specific two midamble pattern to midamble portion for each channel created using two types of code that cyclically, the receiving side apparatus, received create two delay profiles by calculating a correlation value between the signal and the two types of codes, further, the path appears interval of the detection target channel when there is no propagation delay is cyclically so as to coincide with each other in each delay profile, since to detect the substantially matching path, without affecting the transmission capacity and number of channels accommodated, possible to provide a communication apparatus capable of accurately detecting a propagation delay about each mobile station can.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施の形態に係るCDMA通信装置における送信機の構成を示すブロック図 Block diagram showing the configuration of a transmitter in a CDMA communication apparatus according to an embodiment of the invention; FIG

【図2】上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機の構成を示すブロック図 2 is a block diagram showing the configuration of a receiver in CDMA communication apparatus according to the above embodiment

【図3】上記実施の形態に係るCDMA通信装置により用いられる第1ミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図 Figure 3 is a schematic view showing a production procedure of the first midamble pattern used by the CDMA communication device according to the embodiment

【図4】上記実施の形態に係るCDMA通信装置により用いられる第2ミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図 Figure 4 is a schematic view showing a second midamble pattern creation procedure used by the CDMA communication device according to the embodiment

【図5】上記実施の形態に係るCDMA通信装置における送信機の送信タイミングを示す模式図 Figure 5 is a schematic diagram showing a transmission timing of a transmitter in a CDMA communication apparatus according to the above embodiment

【図6】(a) 上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の相関部204により作成された遅延プロファイルの一例を示す図 (b) 上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の相関部205により作成された遅延プロファイルの一例を示す図 6 (a) of the receiver in the CDMA communication apparatus according to FIG. (B) above embodiment shows an example of a delay profile created by correlation section 204 of the receiver in the CDMA communication apparatus according to the above embodiment It illustrates an example of a delay profile created by correlation section 205

【図7】(a) 上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の相関部204により作成された巡回後の遅延プロファイルの一例を示す図 (b) 上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の相関部205により作成された巡回後の遅延プロファイルの一例を示す図 In [7] (a) according to FIG. (B) above embodiment shows an example of a delay profile after cyclic created by correlation section 204 of the receiver in the CDMA communication apparatus according to the above embodiment CDMA communication device illustrates an example of a delay profile after cyclic created by correlation section 205 of the receiver

【図8】上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の各相関部により作成された位置調整後の遅延プロファイルの比較の様子を示す図 8 is a diagram showing a state of a comparison of the delay profiles after the position adjustment created by each correlation section in the receiver in a CDMA communication apparatus according to the above embodiment

【図9】上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の各相関部により作成された位置調整後の遅延プロファイル(伝搬遅延が大きい場合)の比較の様子を示す図 9 is a diagram showing a state of a comparison of a delay profile after adjustment created position by each correlation section in the receiver in a CDMA communication apparatus according to the above embodiment (when the propagation delay is large)

【図10】上記実施の形態に係るCDMA通信装置における受信機内の各相関部により作成された位置調整後の遅延プロファイル(遅延波が存在する場合)の比較の様子を示す図 FIG. 10 shows a state of comparison of a delay profile after adjustment created position by each correlation section in the receiver in a CDMA communication apparatus according to the above embodiment (when the delay wave is present)

【図11】従来のCDMA通信システムにおけるミッドアンブルパターンの作成手順を示す模式図 Figure 11 is a schematic view showing a procedure for creating mid amble pattern in the conventional CDMA communication system

【図12】従来のCDMA通信システムにおける各移動局の送信タイミングを示す模式図 Schematic diagram showing the transmission timing of each mobile station in FIG. 12 conventional CDMA communication system

【図13】従来のCDMA通信システムにおける基地局が各チャネル毎の伝送信号を受信する状況を概念的に示す模式図 Figure 13 is a schematic diagram conceptually showing the base station in a conventional CDMA communication system receives a transmission signal for each channel status

【図14】従来のCDMA通信システムにおける基地局での相関値算出処理により得られた遅延プロファイルの一例を示す図 14 illustrates an example of a delay profile obtained by correlation value calculation processing in the base station in a conventional CDMA communication system

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 拡散部 102 時多重部 203 分離部 204、205、208、209、210 相関部 206 比較・回線推定部 101 spreading unit 102 at multiplexing unit 203 separating unit 204,205,208,209,210 correlation unit 206 compares and channel estimation section

Claims (10)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 相互に異なる2つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した信号を送信することを特徴とする通信装置。 1. A communication apparatus which two channel-specific known reference codes different from each other and transmits the multiplexed signal in the same time.
  2. 【請求項2】 前記2つの既知参照符号として、巡回する第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより作成された第1符号のうちのいずれかと、巡回する第2 As claimed in claim 2, wherein the two known reference symbols, the first code of that created by extracting the first in the reference code of the reference point from the sequentially shifted by each point in either direction a given length of the cyclic either as out, the cyclically 2
    基準符号において基準地点を前記方向と逆の方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより作成された第2符号のうちのいずれかと、を用いることを特徴とする請求項1記載の通信装置。 Claims, characterized the one of the second code that is created, the use of by a reference point in the reference code from the sequential staggered each point in the direction of the direction opposite to extract said predetermined length 1 communication apparatus according.
  3. 【請求項3】 相互に異なる2つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した各チャネルの送信信号が同一周波数帯域に多重された信号を受信する受信手段と、巡回する第1基準符号及び巡回する第2基準符号のそれぞれと前記受信手段により受信された信号とを用いて相関値を算出することにより、それぞれ第1遅延プロファイル及び第2遅延プロファイルを作成する遅延プロファイル作成手段と、前記2つの遅延プロファイルを用いて各チャネルについての遅延を検出する検出手段と、 3. A receiving means for transmitting signals of the respective channels are multiplexed to different two of the channel-specific known reference symbols same time receives the multiplexed signal to the same frequency band, the first reference code and circulates by calculating the correlation value using the signals received by each said receiving means of the second reference code to cycle, the delay profile generating means for generating a first delay profile and second delay profile respectively, the 2 detecting means for detecting the delay of each channel using a One of the delay profile,
    を具備することを特徴とする通信装置。 Communication apparatus characterized by comprising a.
  4. 【請求項4】 前記受信手段は、前記2つの既知参照符号として、前記第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより作成された第1符号のうちのいずれかと、 Wherein said receiving means, said as two known reference numerals, created by extracting a predetermined length from the sequentially shifted by each point of the reference point in either direction in the first reference code and one of the first code,
    前記第2基準符号において基準地点を前記方向と逆の方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより作成された第2符号のうちのいずれかと、が用いられた各チャネルの送信信号を受信することを特徴とする請求項3記載の通信装置。 Each channel with any of the second code that is created is used by extracting said predetermined length the reference point in the second reference code from the sequential staggered each point in the direction of the direction opposite communication apparatus according to claim 3, wherein the receiving the transmission signal.
  5. 【請求項5】 前記検出手段は、所定のチャネルについての遅延がない場合に希望波のパスの大きさが最大となる基準位相を一致させるように前記各遅延プロファイルの位置を調整する調整手段と、位置を調整された前記各遅延プロファイルにおいて一致するパスを前記所定のチャネルのパスとして認識する認識手段と、認識されたパスの位相と前記基準位相との位相差をこのパスの遅延として検出する遅延検出手段と、を具備することを特徴とする請求項3又は請求項4に記載の通信装置。 Wherein said detecting means includes adjusting means for the magnitude of the path of the desired wave when there is no delay for a given channel to adjust the position of each delay profile to match the reference phase with the maximum detects recognizing means for recognizing a path that coincides in each delay profile adjusted position as the path of the predetermined channel, the phase difference between the phase and the reference phase of the recognized path as the delay of this path the communication apparatus according to claim 3 or claim 4, characterized in that it comprises a delay detecting means.
  6. 【請求項6】 請求項1又は請求項2に記載の通信装置を備えた送信部と、請求項3から請求項5のいずれかに記載の通信装置を備えた受信部と、を具備することを特徴とする基地局装置。 6. A transmission having a communication device according to claim 1 or claim 2 unit, be provided with a a receiving section that includes a communication apparatus according to claim 3 of claim 5 the base station apparatus according to claim.
  7. 【請求項7】 請求項1又は請求項2に記載の通信装置を備えたことを特徴とする通信端末装置。 7. A communication terminal apparatus comprising the communication device according to claim 1 or claim 2.
  8. 【請求項8】 請求項6記載の基地局装置と無線通信を行うことを特徴とする通信端末装置。 8. A communication terminal apparatus and performs wireless communications with a base station apparatus according to claim 6.
  9. 【請求項9】 巡回する第1基準符号において基準地点をいずれかの方向に順次ずらした各地点から所定の長さを抽出することにより複数の第1符号を作成する第1符号作成工程と、巡回する第2基準符号において基準地点を前記方向と同じ方向に順次ずらした各地点から前記所定の長さを抽出することにより複数の第2符号を作成する第2符号作成工程と、前記複数の第1符号における未選択のいずれかを候補第1符号とし、前記複数の第2符号における未選択のいずれかを候補第2符号とする候補符号設定工程と、前記候補第1符号における先端部から任意区間ずらした地点から所定長抽出した符号が先端部に含まれる第1符号を既知参照符号として選択されたチャネルと、前記候補第2符号における先端部から前記任意区間ずらした地点 A first code generation step of generating a plurality of first code by extracting 9. first in the reference code of the reference point from the sequentially shifted by each point in either direction a given length to cycle, a second code generation step of generating a plurality of second code by a reference point in the second reference code to extract said predetermined length from sequential staggered each point in the same direction as the direction of cyclic, said plurality of either unselected in the first code and candidate first code, and the candidate code setting step of any of the unselected in the plurality of second code and the candidate second code, from the tip of the candidate first code a channel to the selected first code as a known reference symbol of a predetermined length extracted code from the point shifted arbitrary section is included in the tip, point shifted the arbitrary section from the tip of the candidate second code から前記所定長抽出した符号が先端部に含まれる第2符号を既知参照符号として選択されたチャネルと、が相違するか否かを判定する判定工程と、 Wherein a channel of the second code is selected as a known reference symbol of a predetermined length extracted code is included in the tip portion, and the determination step of determining whether or not different from,
    上記各チャネルが相違する場合における候補第1符号と候補第2符号とを所定のチャネル固有の既知参照符号として選択する選択工程と、を具備することを特徴とする既知参照符号割当方法。 Known reference code allocation method characterized by comprising: a selection step of selecting a known reference numerals and a candidate first code and a candidate second code predetermined channel-specific in the case where each channel is different.
  10. 【請求項10】 相互に異なる2つのチャネル固有の既知参照符号を同一時間に多重した各チャネルの送信信号が同一周波数帯域に多重された信号を受信する受信工程と、巡回する第1基準符号及び巡回する第2基準符号のそれぞれと前記受信手段により受信された信号とを用いて相関値を算出することにより、それぞれ第1遅延プロファイル及び第2遅延プロファイルを作成する遅延プロファイル作成工程と、所定のチャネルについての遅延がない場合に希望波のパスの大きさが最大となる基準位相を一致させるように前記各遅延プロファイルの位置を調整する調整工程と、位置を調整された前記各遅延プロファイルにおいて一致するパスを前記所定のチャネルのパスとして認識する認識工程と、認識されたパスの位相と前記基準位相との位 10. A receiving step of transmitting signals of each channel multiplexed to different two of the channel-specific known reference symbols same time receives the multiplexed signal to the same frequency band, the first reference code and circulates by calculating the correlation value using the signals received by each said receiving means of the second reference code to cycle, a delay profile creating step of creating a first delay profile and second delay profile each, predetermined and adjusting step size of the path of the desired wave in the absence delay of the channel to adjust the position of each delay profile to match the reference phase having the maximum matching in each delay profile adjusting the position and recognizing step a path as the path of the predetermined channel, position of the recognition paths of the phase the reference phase 相差をこのパスの遅延として検出する遅延検出工程と、を具備することを特徴とする通信方法。 Communication method characterized by comprising a delay detection step of detecting a delay of this path phase difference, the.
JP19005099A 1999-07-05 1999-07-05 Communication device Pending JP2001024556A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19005099A JP2001024556A (en) 1999-07-05 1999-07-05 Communication device

Applications Claiming Priority (13)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19005099A JP2001024556A (en) 1999-07-05 1999-07-05 Communication device
US09606906 US6765894B1 (en) 1999-07-05 2000-06-30 Communication terminal apparatus and base station apparatus
DE2000643953 DE60043953D1 (en) 1999-07-05 2000-07-04 CDMA transmitter and receiver using midambles
KR20000037971A KR100340359B1 (en) 1999-07-05 2000-07-04 Communication terminal and base station
DE2000626907 DE60026907T2 (en) 1999-07-05 2000-07-04 Communication terminal apparatus and base station apparatus
EP20060001107 EP1667337B1 (en) 1999-07-05 2000-07-04 CDMA transmitter and receiver using midambles
EP20100150429 EP2166674A3 (en) 1999-07-05 2000-07-04 CDMA midambles assigning method
DE2000626907 DE60026907D1 (en) 1999-07-05 2000-07-04 Communication terminal apparatus and base station apparatus
EP20000114318 EP1067723B1 (en) 1999-07-05 2000-07-04 Communication terminal apparatus and base station apparatus
CN 200810133840 CN101340257B (en) 1999-07-05 2000-07-05 Wireless communication method, code division multiple access communication system, device and communication method
CN 00131890 CN100413233C (en) 1999-07-05 2000-07-05 Communication terminal device and base station device
US10868029 US7656844B2 (en) 1999-07-05 2004-06-16 Radio transmission apparatus and radio reception apparatus in a CDMA communication system
US12641177 US8437316B2 (en) 1999-07-05 2009-12-17 Radio transmission apparatus and radio reception apparatus in a CDMA communication system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001024556A true true JP2001024556A (en) 2001-01-26

Family

ID=16251520

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19005099A Pending JP2001024556A (en) 1999-07-05 1999-07-05 Communication device

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2001024556A (en)
CN (1) CN101340257B (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001076116A1 (en) * 2000-04-04 2001-10-11 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Information transmission method of mobile communication system
WO2002021745A1 (en) * 2000-09-06 2002-03-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Radio communication terminal and interference canceling method
WO2003098828A1 (en) * 2002-05-22 2003-11-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Cdma reception device, mobile communication terminal device, and base station device
WO2003101003A1 (en) * 2002-05-23 2003-12-04 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Reception device and reception method
JP2006512837A (en) * 2002-12-30 2006-04-13 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Method and apparatus for maintaining synchronization tracking Tdd wireless communication

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI101256B1 (en) 1995-10-03 1998-05-15 Nokia Mobile Phones Ltd A method for measuring the received signal timing of a communication system and mobile station for implementing the method
JP2751959B2 (en) 1996-07-15 1998-05-18 日本電気株式会社 Reception timing detection circuit of Cdma reception apparatus
DE19733336A1 (en) 1997-08-01 1999-02-18 Siemens Ag The method and radio station for data transmission

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001076116A1 (en) * 2000-04-04 2001-10-11 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Information transmission method of mobile communication system
US7782815B2 (en) 2000-04-04 2010-08-24 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Method for transmitting an information of a mobile telecommunication system
US6618428B2 (en) 2000-04-04 2003-09-09 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Method for transmitting an information of mobile telecommunication system
US7027817B2 (en) 2000-04-04 2006-04-11 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Method for transmitting an information of a mobile telecommunication system
WO2002021745A1 (en) * 2000-09-06 2002-03-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Radio communication terminal and interference canceling method
WO2003098828A1 (en) * 2002-05-22 2003-11-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Cdma reception device, mobile communication terminal device, and base station device
WO2003101003A1 (en) * 2002-05-23 2003-12-04 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Reception device and reception method
JP2006512837A (en) * 2002-12-30 2006-04-13 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. Method and apparatus for maintaining synchronization tracking Tdd wireless communication

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN101340257A (en) 2009-01-07 application
CN101340257B (en) 2013-07-03 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6404758B1 (en) System and method for achieving slot synchronization in a wideband CDMA system in the presence of large initial frequency errors
US6810264B1 (en) Power controlling apparatus and method in mobile communication system
US6728297B2 (en) Method for allocating secondary synchronization codes to a base station of a mobile telecommunication system
US5966402A (en) Method and apparatus for detecting pilot signals and subscriber
US6549545B1 (en) Pilot signal detection method and receiver
US5809019A (en) Transmisson diversity system
US6567461B1 (en) Device and method for performing frame sync using sync channel in mobile communication system
US6526035B1 (en) Method and apparatus for identifying the source of a digital signal
US20010021199A1 (en) Apparatus for searching for a cell and method of acquiring code unique to each cell in an asynchronous wideband DS/CDMA receiver
US5930366A (en) Synchronization to a base station and code acquisition within a spread spectrum communication system
US6154487A (en) Spread-spectrum signal receiving method and spread-spectrum signal receiving apparatus
US6078607A (en) Synchronization codes for use in communication
US6414986B1 (en) Method and system for radio communication
US6504830B1 (en) Method, apparatus, and system for fast base synchronization and sector identification
EP0795969A2 (en) CDMA cellular radio transmission system
US6801564B2 (en) Reverse link correlation filter in wireless communication systems
US20040161020A1 (en) Method and apparatus for code identification in wireless applications
US5991330A (en) Mobile Station synchronization within a spread spectrum communication systems
US7130293B2 (en) Transmitter, transmitting method, receiver, and receiving method for MC-CDMA communication system
US20020060996A1 (en) Apparatus and method for determining use/nonuse of transmit diversity by P-CCPCH in an NB-TDD CDMA mobile communication system
US20080285529A1 (en) Method and apparatus for transmitting/receiving pilot signal in a wireless communication system
US7116650B2 (en) Multi-beam cellular base station, mobile station and method for sending spread spectrum signal
US20080043702A1 (en) Method and apparatus for cell search in a communication system
US6795417B2 (en) User equipment with multiuser detection
US6741578B1 (en) Apparatus and method for synchronizing channels in a W-CDMA communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060703

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060703

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081022

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081226

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090331