JP2000122977A - System for controlling distribution and use of digital work and supply method for water mark - Google Patents

System for controlling distribution and use of digital work and supply method for water mark

Info

Publication number
JP2000122977A
JP2000122977A JP10047121A JP4712198A JP2000122977A JP 2000122977 A JP2000122977 A JP 2000122977A JP 10047121 A JP10047121 A JP 10047121A JP 4712198 A JP4712198 A JP 4712198A JP 2000122977 A JP2000122977 A JP 2000122977A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rendering
digital work
repository
watermark
digital
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10047121A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Nicholas H Briggs
W Petrie Glen
Steve A Okamoto
Mark J Stefik
ダブリュー.ペトリー グレン
エー.オカモト スティーブ
エイチ.ブリッグス ニコラス
ジェイ.ステフィク マーク
Original Assignee
Xerox Corp
ゼロックス コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US3927597P priority Critical
Priority to US039275 priority
Application filed by Xerox Corp, ゼロックス コーポレイション filed Critical Xerox Corp
Publication of JP2000122977A publication Critical patent/JP2000122977A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a trust rendering system used in a system for controlling the distribution and use of a digital work. SOLUTION: Rendering right where water mark information showing information recognizing a rendering result is clearly written is allocated to a digital work and is stored in a distribution repository., The ciphering version of the digital work is stored in a user repository from the distribution repository. When the rendering of the digital work is requested, the user repository decides whether the digital work has appropriate rendering right or not. When it has, the user repository communicates with the rendering repository and establishes a trust session and transfers the digital work to it. The rendering repository collects water mark information written in rendering right, encodes data for the water mark, decodes the password of the digital work, buries water mark information and transmits it to the rendering device and executes rendering.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明はデジタル符号化されたワーク(作業)のための分配権及び利用権の実施の分野、特に既にレンダリングされた(再現された、render Implementation field of the distribution rights and usage rights for the present invention relates has been digitally encoded works (tasks), in particular already rendered (reproduction, render
ed)デジタル符号化ワークの無許可コピーの識別に関する。 ed) regarding the identification of unauthorized copies of digital coding work.

【0002】 [0002]

【従来の技術】”デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステム(System For Controlling the Dis BACKGROUND OF THE INVENTION "digital work system for controlling the distribution and use of (System For Controlling the Dis
tribution And Use Of Digital Works)”と題した米国特許第5,629,980号(1997年5月13日発行)は、デジタル符号化されたワーク(以下デジタルワークと称する)の分配の保護及びこれを補償するシステムについて記載している。しかし、デジタルワークがデジタル領域を出てしまうと(例えば印刷、再生、或いはレンダリングされてしまうと)、このデジタルワークは保護されなくなり、無許可でコピーされる可能性がででくる。これは全てのレンダリングされたデジタルワークにとっての問題である。 tribution And Use Of Digital Works) "entitled U.S. Patent No. 5,629,980 (May 13, 1997 issue), the protection of the distribution of digitally encoded works (hereinafter referred to as digital work) and which It describes systems for compensating for. However, when the digital work will leave the digital domain (for example, printing, reproduction, or when the result being rendered), the digital work is no longer protected, are copied without authorization possibility to come in out. This is a problem for all of the rendered digital work.

【0003】デジタルワーク自体に情報を加えることによってそのデジタルワークを保護するための2つの既知の技術は、”ウォーターマーキング(すかし入れ)”及び”フィンガープリンティング(fingerprinting)”である。 [0003] digital work itself of two to protect the digital work by adding information known technology is the "watermarking (watermarking)" and "fingerprinting (fingerprinting)". 歴史的にはウォーターマークという用語は、製造段階においてペーパー上に押印され、そのペーパーを光に透かして見たときに目に見える半透明の模様(デザイン)を指す。 The term historic to the water mark is stamped on the paper in the manufacturing stage, it refers to a semi-transparent pattern (design) which is visible to the eye when viewed watermark the paper to light. ウォーターマークは水、熱、及び圧力の組み合わせを用いて押印されるため、製紙工場以外の場所でウォーターマークを追加したり変更したりすることは容易ではない。 Because watermark is imprinted with water, heat, and a combination of the pressure, it is not easy to add or change the watermark at a location other than the paper mill. ウォーターマークはその出所及び文書が公正且つオリジナルのものであって複製ではないことを示すことを目的として、レターヘッドを作成するときに使用される。 Watermarks for the purpose of indicating that the source and the document is not a duplicate be of fair and the original, it is used to create a letterhead.

【0004】ウォーターマークという用語は、今やレンダリングされたワーク(テキスト、デジタル画像、及びデジタル音声を含む)をそのワーク又は発行者を識別する情報と共にマーキングするための、広範囲のテクノロジーを含んで用いられている。 [0004] The term watermark is used now rendered workpiece (text, including digital images, and a digital audio) and for marking with the work or information identifying the issuer, including a wide range of technology ing. ウォーターマークには人が気がつくようなものもあれば、隠されているものもある。 Some are people, such as the notice in the watermark, there are also those that are hidden. ある種類のウォーターマークに埋め込まれた情報は人が読み取ることができるものであるが、他の種類のウォーターマークに埋め込まれた情報はコンピュータによってのみ読み取り可能である。 Information embedded in a certain type of watermark is one in which can be read by humans, information embedded in another type of watermark is readable only by a computer.

【0005】フィンガープリントという用語はときにはウォーターマークとは対照的に用いられ、その文書や発行者ではなく最終ユーザやレンダリング事象についての情報を保有するマークを指す。 [0005] The term fingerprint sometimes the watermark used in contrast, refers to a mark carrying information about the end user and rendering events rather than the document or issuer. これらのマークは、コピーされたところを追跡してそのオリジナルをレンダリングした人又はコンピュータをつきとめるのに使用することができるため、”フィンガープリント(指紋)”と呼ばれる。 These marks because it can be used to locate the person or computer to render the original tracking was copied, called "fingerprint (fingerprint)".

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】ウォーターマーク及びフィンガープリントの両方の情報を運ぶためにこれらの種類のマーク及びマーク技術を使用することができる。 You can use these types of marks and mark techniques to carry both information of the watermark and fingerprints [0005].
実際、これは可能なだけでなく、両方の種類の情報(ウォーターマーク及びフィンガープリント)を1つのマークに組み合わせることはしばしば望ましくまた便利である。 In fact, it is not only possible, to combine both types of information (watermark and fingerprints) to one mark is often a desirable addition convenient.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムで使用される信託レンダリング(信頼できるレンダリング、trusted renderin Means for Solving the Problems] trust rendering used in the system for controlling the distribution and use of digital works (trusted rendering, trusted renderin
g )システムが開示される。 g) system is disclosed. 本発明の好適な実施の形態は、信託プリンタとして実施される。 Preferred embodiments of the present invention is implemented as a trust printer. しかし、本明細書中に記載する本発明の記述はあらゆるレンダリング装置(再現装置)に適する。 However, the description of the present invention described herein is suitable for any rendering device (reproducing device). 信託プリンタにより、デジタルワークの分配及び利用を制御するシステムから印刷された印刷文書の保護が容易になる。 The Trust printer, protection of printed print documents is facilitated by the system for controlling the distribution and use of digital works. デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムは、デジタルワークに永続的な利用権を付す。 System for controlling the distribution and use of digital work, given the permanent usage right to a digital work. デジタルワークはレポジトリ(格納場所)とレポジトリとの間では暗号形式で転送される。 Digital work in between the repository and the repository (storage location) are transferred in encrypted form. レポジトリは、デジタルワークへのアクセスをリクエストし、アクセスを許可するのに使用される。 Repository requesting access to a digital work, is used to allow access. またこのようなレポジトリは、デジタルワークにアクセスしたりこれを利用したりした結果発生したあらゆる料金の支払いを行うクレジットサーバにも接続されている。 Also, such a repository is also connected to the credit server to perform the payment of any fee access to or a result of or to take advantage of this occurred in the digital work.

【0008】本発明は、デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムの既存の能力を拡張して、文書が印刷されたときの保護の手段を提供する。 [0008] The present invention extends the existing capabilities of the system for controlling the distribution and use of digital works, provides a means of protection when the document is printed. 本発明はこのシステムに、文書がレンダリングされるとき(つまりその文書に関連する印刷権が実行されるとき)にその文書にウォーターマーク情報を加える能力を追加する。 The invention in this system, a document to add (that is, when the printing rights associated with the document is executed) ability to add watermark information to the document when it is rendered.
信託プリンタの好適な実施の形態においては、ウォーターマークは目に見えるが、他の”目に見えない”ウォーターマーキング技術も使用してもよい。 In a preferred embodiment of the Trust printer, watermark is visible, "invisible" another may also be used watermarking technology. ウォーターマークデータは典型的には文書の所有者に関する情報、その文書のコピーに関する権利、及びレンダリング事象に関する情報(例えばいつどこでその文書が印刷されたか) Watermark data is typically information about the owner of a document, right on the copy of the document, and information about the rendering event (for example, where and when the document is printed)
を提供する。 I will provide a. この情報は一般にはレンダリングされたワークの無許可コピーを阻止又は防ぐ助けとなる。 This information is generally the rendered blocked or prevented help unauthorized copying of the work. 本発明が更に多くのタイプのウォーターマークを同じデジタルワーク上に提供することに気付くことは価値がある。 To note that the present invention is to provide more types of watermarks on the same digital work on is worth.

【0009】 [0009]

【発明の実施の形態】デジタル文書が無許可でコピーされる危険性(リスク)は主に以下の3つの方法により発生する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION digital document at risk of unauthorized copying (risk) is mainly generated by the following three methods. 1つめは、デジタルコピーが送信されるときのデジタルコピーのインターセプション(割り込み)(例えば電信[電話]盗聴(ワイヤタッピング(wiretappin The first is a digital copy of the interception (interrupt) (e.g. Telecom Phone] when the digital copy is transmitted eavesdropping (wire tapping (Wiretappin
g )又はパケットスヌーピング(packet snooping )によるもの)、2つめは遠隔格納されたデジタルコピーの無許可使用及びレンダリング、及び3つめはレンダリングされたデジタルワークの無許可コピーである。 g) or packet snooping (packet snooping) by), the second is the unauthorized use of digital copies that are remotely stored and rendered, and third is the unauthorized copying of the rendered digital work. 本明細書中に記載された信託レンダリング装置の設計は、これら全てのリスクに関する。 Design has been trust rendering device described herein relates to all these risks.

【0010】信託再生は4つの要素、つまり利用権用語、暗号化オンライン分配、コピー料金の自動請求、及びレンダリングされるコピーをマーキングするためのデジタルウォーターマークを組み合わせたものである。 [0010] Trust reproduction is a combination of four elements, i.e. usage right term, encrypted online distribution, automatic copy billing, and digital watermark for marking a copy to be rendered. ・利用権用語:内容のプロバイダ(提供者)は、文書を印刷するための期間、条件、及び料金を機械読み込み可能な財産権用語で指示する。 And right of use terms: content providers (providers), the period for printing the document, conditions, and to indicate the charge in a machine-readable property rights terminology. ・暗号化分配:デジタルワークは信託システムからコンピュターネットワークを介して信託レンダリング装置に分配される。 · Encryption distribution: digital work is distributed to the trust rendering device via a Konpyuta network from the trust system. 送信中にデジタルワークが無許可で割り込まれる危険性を少なくするために、デジタルワークを暗号化する。 For digital work during transmission to reduce the risk of interrupted unauthorized encrypts the digital work. レンダリングシステムとの通信は、レンダリング装置の許可及びセキュリティ(機密保護)を確認する要求−応答プロトコルによって行われる。 Communication with the rendering system, the request confirms the authorization and security of the rendering device (security) - are performed by a response protocol. ・自動料金請求:内容のプロバイダへの信頼性のある入金の流れを保証するために、使用料の料金請求書はオンラインで自動的に行う。 Automatic billing: In order to guarantee the flow of reliable payment to the contents of the provider, use fee of the bill is automatically done online. ・ウォーターマーク:最後に、レンダリングされたワークがコピーされる危険性を少なくするために、レンダリングされたワークにウォーターマークを付けてそのデジタルワーク及びレンダリング事象についてのデータを記録する。 Watermark: Finally, in order to reduce the risk of the rendered workpiece is copied, with the watermark rendered workpiece to record data about the digital work and rendering events. 更に、ウォーターマークはコピーをオリジナルのものと区別できるようにデザインされる。 Moreover, the watermark is designed to allow distinguish copies from the original ones. 以下に記載するように、ウォーターマーク情報はレンダリング又は再生権の範囲内で利用権用語で指定される。 As described below, the watermark information is specified in the usage right term within the rendering or reproduction right.

【0011】本発明の好適な実施の形態は、信託プリンタとして実施される。 [0011] Preferred embodiments of the present invention is implemented as a trust printer. 先述の記載は主にプリンタに関するが、そこに記載された概念及び技術は他のタイプのレンダリングシステム(例えばオーディオプレイヤー、ビデオプレイヤー、ディスプレイ、又はマルチメディアプレイヤー等)にも同様にあてはまる。 While the foregoing described relates primarily to a printer, the concepts and techniques described therein other types of rendering system (e.g. audio players, video players, a display, or a multimedia player, etc.) equally applicable to.

【0012】本発明の好適な実施の形態は、”デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステム(Syst [0012] Preferred embodiments of the present invention, "a system for controlling the distribution and use of digital works (Syst
em for Controlling the Distribution and Use of Dig em for Controlling the Distribution and Use of Dig
italWorks)”と題して発行された米国特許第5,62 italWorks) was issued entitled "US Pat. No. 5,62
9,980号(本明細書中に参考として組み込まれる) No. 9,980 (incorporated by reference herein)
に記載されたようなデジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムにおいて動作する。 It operates in a system for controlling the distribution and use of digital works as described. デジタルワークは、デジタル形式に翻訳されるかまたはデジタル形式で生成され、ソフトウェアプログラム等の適切なレンダリング手段を用いて再生成することができるコンピュータプログラムを含む、書き込み、音声、グラフィック、 Digital work is generated by either or digital form are translated into digital form, comprises a computer program which can be regenerated using suitable rendering means such as software programs, writing, speech, graphics,
又はビデオベースのいかなるワークであってもよい。 Or video-based may be any work. このシステムによって、デジタルワークの所有者はそのワークに利用権を添付することができる。 This system, the owner of a digital work can be accompanied by usage right to the workpiece. ワークの利用権は、そのワークが使用方法及び分配方法を定義する。 Use right of the work, the work is to define a method and a dispensing method used. デジタルワーク及びそれらの利用権はセキュリティ(機密保護付き)レポジトリの中に格納される。 Digital work and the usage right of which are stored in the security (with security) repository. デジタルワークは他のセキュリティレポジトリによってのみアクセスされることができる。 Digital work may be accessed only by the other security repositories. レポジトリは、マスターレポジトリによって発行された有効身分(デジタル)証明を所有していて要求応答プロトコルにおけるその身分証明を証明することができれば、保護されるようになっている。 Repository, if it is possible to prove its identity in issued valid Identification (digital) request response protocol owns the certificate by the master repository, and is protected.

【0013】デジタルワークを制御するための利用権用語は、順応性があり(フレキシブルな)且つ拡張可能な利用権文法によって定義される。 [0013] usage right term to control the digital work is defined by there malleable (flexible) and extensible usage rights grammar. 概念的には、利用権文法で書かれた権利は所定の行為に付されたラベルであり、その権利を実施するための条件を定義する。 Conceptually, the rights written in the utilization right grammar is a label attached to a predetermined action, define the conditions for implementing the rights. 例えば、COPY権はデジタルワークのコピーを行ってもよいことを示す。 For example, COPY right denotes that may be carried out a copy of the digital work. この権利を実施する条件は、リクエスタ(依頼者)があるセキュリティ基準をパスしなければならないことである。 Conditions for implementing this right, the requester (requester) is that it does not have to pass a security standard that there is. 権利自体を制限するための条件を付けることもある。 There is also be conditional to limit the right itself. 例えばワークが”貸し出される(LO For example workpiece "lent (LO
ANed)”期間を制限するようにLOAN権が定義されてもよい。また、料金支払いの要件が条件に含まれる場合もある。 ANed) "period may be defined LOAN permissions to restrict. In some cases, the payment requirements are included in the condition.

【0014】レポジトリは、デジタルワーク及びそれに添付された利用権を格納するための格納手段、データを受信及び送信するための外部インターフェース、プロセッサ、及びクロック(時計)からなる。 [0014] repository consists of a digital work and storage means for storing usage rights attached thereto, external interface for receiving and transmitting data, a processor, and a clock (clock). レポジトリは一般には2つの主な動作モード、つまりサーバ(供給者) Repository is generally two main modes of operation, i.e. the server (supplier)
モード及びリクエスタ(依頼者)モードを有する。 Mode and the requester has the (requester) mode. レポジトリは、サーバモードで動作しているときにはデジタルワークへのアクセス要求に応答し、リクエスタモードで動作しているときはデジタルワークへのアクセス要求を行っている。 Repository, when operating in server mode in response to a request for access to a digital work, when operating in requestor mode is performed an access request to a digital work.

【0015】一般に、レポジトリはデジタルワークへの各アクセス要求を、そのワークの利用権を調査することによって処理する。 [0015] In general, the repository of each request for access to a digital work, to process by examining the right to use of the work. 例えば、デジタルワークのコピー要求では、このデジタルワークはそのような”コピー”権が与えられているかどうかを検査され、次にその権利を実行するための条件(例えばコピーを二部行う権利等) For example, in a digital work copy request, the digital work is examined whether such a "copy" rights are given, then (right or the like for example copying two-part) Conditions for executing the right
がチェックされる。 There is checked. その権利に関する条件が満たされれば、そのコピーを行うことができる。 If conditions are satisfied regarding the rights, it is possible to perform the copy. デジタルワークのコピーの利用権セットに対するあらゆる指定の変更は、 Any designation of changes to the right to use a set of copies of the digital work,
そのデジタルワークを転送する前にそのデジタルワークのコピーに添付される。 It is attached to the copy of the digital work before forwarding the digital work.

【0016】レポジトリは1セットのレポジトリトランザクションを用いて通信する。 [0016] repository to communicate using a set of repository transaction. レポジトリトランザクションはレポジトリとレポジトリとの間に安全な(以下機密保持されたの意)セッションコネクションを確立するため、及びそのデジタルワークへのアクセス要求を処理するための、1セットのプロトコルを含む。 Repository transaction includes a secure (hereinafter confidentiality retained at will) to establish a session connection, and for handling the access requests to digital works, a set protocol between the repository and the repository. デジタルワーク及び様々な通信は、レポジトリとレポジトリとの間で送信されるときは常に暗号化されることに注意されたい。 Digital work and various communications should always be noted that is encrypted when sent between the repository and the repository.

【0017】デジタルワークはレンダリングシステムで再生される。 [0017] The digital work is played by the rendering system. レンダリングシステムは少なくともレンダリングレポジトリ及びレンダリング装置(例えばプリンタ、ディスプレイ、又はオーディオシステム)からなる。 Rendering system consists of at least rendering repository and a rendering device (e.g. a printer, a display or audio system). 再生システムは内部的には安全である。 Playback system is safe internally. レンダリングレポジトリの中に収納されていないデジタルワークへのアクセスは、所望のデジタルワークを含む外部レポジトリとのレポジトリトランザクションを介して行われる。 Access to digital works not contained within the rendering repository is accomplished via repository transactions with an external repository containing the desired digital work. 以下により詳細に記載するように、本発明の現在好適な実施の形態は、デジタルワークを印刷するためのレンダリング(再現)システムとして実施される。 As described in more detail below, the presently preferred embodiment of the present invention is implemented as the rendering (reproducing) system for printing a digital work.

【0018】図1は、本発明におけるタイプ別に分けたレポジトリとレポジトリとの間の基本的なインタラクション(相互動作)を表す。 [0018] Figure 1 represents the basic interactions between repository and repository divided by type in the present invention (interworking). 図1より明らかであるように、様々なタイプのレポジトリが異なる機能を提供する。 As it is apparent from FIG. 1, to provide various types of repository different functions. 安全且つ信用のおける通信を可能にすることができる1セットのコア機能を複数のレポジトリが共用することが基本である。 It is essential that multiple repositories to share a set of core functions that may enable communication of definitive safe and credit. 図1を参照すると、レポジトリ101 Referring to FIG. 1, the repository 101
はレポジトリの一般的なインスタンスを表す。 Represents a typical instance of the repository. レポジトリ101は2つの動作モード、即ちサーバモード及びリクエスタモードを有する。 Repository 101 has two modes of operation, namely a server mode and a requestor mode. レポジトリは、サーバモードではデジタルワークへのアクセス要求の受信及び処理を行っており、リクエスタモードではデジタルワークへのアクセス要求を起動している。 Repository, a server mode and performs reception and processing of access requests to digital works, the requester mode running a request to access a digital work. レポジトリ101は複数の他のレポジトリ、つまり許可レポジトリ102、レンダリングレポジトリ103、及びマスターレポジトリ1 Repository 101 is a plurality of other repositories, namely authorization repository 102, rendering repository 103 and master repository 1
04と通信することができる。 It is possible to communicate with the 04. レポジトリ同士の間の通信は、レポジトリトランザクションプロトコル105を利用して行われる。 Communication between repositories each other is performed using a repository transaction protocol 105.

【0019】許可レポジトリ102との通信は、アクセスされているデジタルワークが許可を必要とする条件を有するときに行われる。 [0019] Communication with authorization repository 102 is performed when the digital work being accessed has a condition requiring an authorization. 概念的には、許可とはそのデジタルワークへのアクセス権を得るために証明(書)の所持が必要とされるようなデジタル証明である。 Conceptually, authorization and are digital certificates that are required possession of proof (writing) to gain access to the digital work. 許可それ自体は、レポジトリとレポジトリの間を移動することができ且つ料金及び利用権条件に委ねられることができるデジタルワークである。 Allow itself is a digital work that can be left in and fees and usage rights conditions can be moved between repositories and repository. デジタルワークへのアクセスに係わる両方のレポジトリによって許可が必要とされてもよい。 Permitted by both repositories involved in the access to the digital work may be required.

【0020】レンダリングレポジトリ103との通信は、デジタルワークのレンダリングに関連して行われる。 [0020] The communication between the rendering repository 103, taken in conjunction with the rendering of a digital work. 以下に更に詳細に記載されるように、レンダリングレポジトリをレンダリング装置(例えばプリンタ装置) As described in further detail below, the rendering device rendering repository (for example, a printer device)
と結合してレンダリングシステムが構成される。 Bound rendering system is configured with.

【0021】マスターレポジトリ104との通信は、身分証明(ID証明)の獲得に関連して行われる。 [0021] Communication with the master repository 104 may be found in relation to the acquisition of identification (ID proof). 身分証明は、レポジトリが”信頼できるもの”として認識されるために用いられる手段である。 Identification is a means used for the repository is recognized as "trustworthy". 身分証明の使用については登録トランザクションに関して以下に記載する。 Described below with respect to the registration transaction for use of identification.

【0022】図2は、クレジットサーバ201に接続されたレポジトリ101を表す。 [0022] Figure 2 represents a repository 101 connected to the credit server 201. クレジットサーバ201 Credit server 201
はレポジトリ101のための料金請求を蓄積する装置である。 Is a device for storing billing for repository 101. クレジットサーバ201は料金請求トランザクション202を介してレポジトリ101と通信し、料金請求トランザクションを記録する。 Credit server 201 communicates with repository 101 via billing transactions 202 to record billing transactions. 料金請求トランザクションはクレジットサーバ201によって料金清算所(bi Billing transaction fee liquidation office by credit server 201 (bi
lling clearinghouse)203に周期的に報告される。 Periodically it is reported to the lling clearinghouse) 203.
クレジットサーバ201は清算所トランザクション20 Credit server 201 liquidation office transaction 20
4を介して料金清算所203と通信する。 4 via the communication with the fee liquidation office 203. 清算所トランザクション204は料金清算所203への情報の安全な暗号化送信を可能にする。 Liquidation office transaction 204 allows for secure encrypted transmission of information to the fee liquidation office 203.

【0023】レンダリングシステムは、一般にはレポジトリと、デジタルワークを所望の形式にしてレンダリングすることができるレンダリング装置とを含むシステムとして定義される。 The rendering system is generally defined as a system comprising a repository and a rendering device for a digital work may be rendered in the desired format. レンダリングシステムは、コンピュータシステム、デジタル音声システム、又はプリンタであってもよい。 Rendering system, the computer system may be a digital audio system, or printer. 好適な実施の形態では、レンダリングシステムはプリンタである。 In a preferred embodiment, the rendering system is a printer. いずれにしても、レンダリングシステムはレポジトリのセキュリティ(安全保護)という特徴を有する。 In any event, the rendering system has the feature that the repository security (security). レンダリングレポジトリとレンダリング装置との結合は、レンダリング装置のタイプに適した方法で行われることができる。 Coupling a rendering repository and a rendering device may be carried out in a manner appropriate for the type of rendering device.

【0024】図3は、レンダリングシステムの例としてプリンタを表す。 [0024] Figure 3 represents a printer as an example of a rendering system. 図3を参照すると、プリンタシステム301の中にはプリンタレポジトリ302とプリンタ装置303が含まれる。 Referring to FIG. 3, it includes a printer repository 302 and the printer unit 303 in the printer system 301. プリンタシステム301を画定する破線は安全なシステム境界を画定することに留意されたい。 Dashed line defining printer system 301 is noted to define a secure system boundary. この境界の中での通信は安全且つ明確である(つまり暗号化されていない)とする。 Communication in this boundary is assumed to be safe and clear (i.e. not encrypted). セキュリティセベルによっては、この境界は物理的な一体性を提供することを目的とするバリアも表す。 Depending on the security cell bell, the boundary also represents a barrier for the purpose of providing physical integrity. プリンタレポジトリ302 Printer repository 302
は図1のレンダリングレポジトリ103を具体化したものである。 It is obtained by embodying the rendering repository 103 of Figure 1. プリンタレポジトリ302は場合によってはデジタルワークの一時的なコピー(このコピーはプリントエンジン303によってプリントアウトされるまで残る)を含む。 In some cases the printer repository 302 includes a temporary copy of the digital work (this copy remains until printout by print engine 303). 他の場合、プリントレポジトリ302はフォント等のデジタルワークを含んでもよく、このデジタルワークは残り、使用されると料金請求される。 Otherwise, print repository 302 may include a digital work such as fonts, the digital work rest, when used are billed. この設計により、プリンタレポジトリと印刷装置との間の全ての通信ラインは、物理的に安全な境界範囲内にあるとき以外は確実に暗号化される。 This design, all communication lines between the printer repository and the printing apparatus, is securely encrypted except when physically located within the secure boundary range. この設計的特徴により、潜在的な”障害”地点(これを通ってデジタルワークが不当に獲得され得る)を取り除く。 This design feature, potential "fault" point removing (digital work may be obtained unduly therethrough). プリンタ装置303はプリント出力を生成するために使用されるプリンタ構成部を表す。 The printer device 303 represents the printer components used to produce a print output.

【0025】また図3にはレポジトリ304も表されている。 Further it has been repository 304 also represented in FIG. レポジトリ304はプリンタレポジトリ302に接続されている。 Repository 304 is connected to the printer repository 302. レポジトリ304はデジタルワークを含む外部レポジトリを表す。 Repository 304 represents an external repository which contains digital works.

【0026】図4は信託プリンタレポジトリの機能要素を表す。 [0026] FIG. 4 represents the functional elements of trust printer repository. これらの機能要素はあらゆるレンダリングレポジトリの中にも存在することに注意されたい。 These functional elements should be noted that there is also in every rendering repository. 図4を参照すると、この機能体は、オペレーティングシステム4 Referring to FIG. 4, the function body, the operating system 4
10、コアレポジトリサービス411、及びプリントレポジトリファンクション412からなる。 10, a core repository services 411 and print repository function 412,. オペレーティングシステム410はそのレポジトリに特殊なものであり、典型的にはそのレポジトリを実施するために使用されるプロセッサのタイプに基づく。 Operating system 410 are merely specific to the repository, typically based on the type of processor used to implement the repository. またオペレーティングシステム410はそのレポジトリの基本的な構成要素と構成要素との間で制御及びインターフェースを行うための基本的なサーバも提供する。 The operating system 410 also provides basic server for controlling and interface between the basic components and components of the repository.

【0027】コアレポジトリサービス411は各々の及び全てのレポジトリによって必要とされる1セットのファンクションを含む。 The core repository services 411 includes a set function required by each and every repository. 信託プリンタレポジトリでは、コアレポジトリサービスはデジタルワークを受信するための要求応答プロトコル及び受信したデジタルデータの暗号解読に係わる。 The trust printer repository, core repository services are related to the decryption of the request-response protocol and digital data received to receive the digital work.

【0028】プリントレポジトリファンクション412 [0028] The print repository function 412
はワークをレンダリングして印刷するとともに、デジタルウォーターマークのためのデータを収集し及び生成するための機能を含む。 Together with printing by rendering the work, including the ability to collect data and generate for digital watermark. プリントレポジトリに独特な機能については、以下の記載、特に図12のフローチャートに関する記載により明らかになるであろう。 For unique features print repository, the following description will particularly apparent from the description regarding the flowchart of FIG. 12.

【0029】図5は、最終的に印刷された文書もまた安全であるように信託プリンタ上で印刷されることができるデジタルワークを生成するための基本的なステップを表したフローチャートを表す。 [0029] Figure 5 represents a flow chart illustrating the basic steps for creating a digital work that can be finally printed document is also printed on the trust printer to be safe. 多くのよく知られた実行ステップ、例えばデジタルワークの暗号化等は、基本的ステップからそらさないように省かれていることに注意されたい。 Many well known executing step, for example, encryption of the digital work, it is noted that have been omitted so as not to distract from the basic steps. まず、デジタルワークが書き込まれ、ウォーターマーク情報を指定する印刷権を含む利用権が割り当てられ、レポジトリ1の中にデポジットされる(ステップ501)。 First, the digital work is written, assigned usage rights, including printing right to specify watermark information, is deposited in the repository 1 (step 501). 以下に更に詳細に記すように、利用権の割り当ては権利エディタ(editor、編集プログラム)を使用して行われる。 As noted in more detail below, the allocation of the usage right is done using the right editor (editor, editing program). レポジトリ1の中にデジタルワークがデポジットされたということは、このデジタルワークが制御されたシステムの内に入れられたことを示す。 That digital work is deposited in the repository 1 indicates that the digital work is placed within the controlled system. 次に、レポジトリ1はレポジトリ2からデジタルワークへのアクセス要求を受け取り(ステップ502)、レポジトリ1はそのデジタルワークのコピーをレポジトリ2に転送する(ステップ503)。 Next, repository 1 receives an access request from the repository 2 to a digital work (step 502), repository 1 forwards a copy of the digital work to repository 2 (step 503). この例では、レポジトリ1とレポジトリ2との間に”信託(信頼のおける)”セッションが確立されたと仮定する。 In this example, "(trusted) trust" between the repository 1 and the repository 2 Assume session is established. このインタラクションで使用される要求応答プロトコルは、先述の米国特許第5,629,980号に開示されており、従って要求応答プロコトルについて更に記載する必要はない。 The interaction request response protocol used by is disclosed in U.S. Patent No. 5,629,980 described previously and thus need not be further described for request response level protocol.

【0030】レポジトリ2は次にデジタルワークを印刷するユーザリクエストを受け取る(ステップ504)。 The repository 2 receives the next user request to print the digital work (step 504).
レポジトリ2は次に、これからデジタルワークが印刷されるプリントシステムのプリンタレポジトリとの信託セッションを確立する(ステップ505)。 Repository 2 may then establish a trust session with the printer repository now printing system digital work is printed (step 505). プリンタレポジトリは暗号化されたデジタルワークを受信し、このワークが印刷権を持っているかどうかを調べる(ステップ506)。 The printer repository receives the digital work is encrypted, see if this work has the printing rights (Step 506). このデジタルワークが印刷権をもっている場合、プリンタレポジトリはデジタルワークの暗号解読してウォーターマークを生成し、このウォーターマークがそのデジタルワークに印刷される(ステップ507)。 If the digital work has a printing right, the printer repository generates a watermark to decrypt the digital work, the watermark is printed on the digital work (step 507).
プリンタレポジトリはつぎに暗号解読したウォーターマーク付きデジタルワークをプリンタ装置に送信して印刷する(ステップ508)。 The printer repository then printed by sending the encrypted decrypted watermarked digital work to the printer (step 508). 例えば、暗号が解読されたデジタルワークはデジタルワークのポストスクリプト(Po For example, a digital work that encryption is decryption of the digital work Postscript (Po
stscript、商標)であってもよい。 stscript, it may be a trademark).

【0031】デジタルワークの管理販売(governing sa [0031] Management Sales of digital work (governing sa
le)、分配、及び利用の管理における主な概念は、発行者が利用期間及び条件を特定する”権利”をワークに割り当てすることができることである。 le), distribution, and key concepts in the management of use is that it can issuer allocates a use period and conditions to "right" specified work. これらの権利は先述の米国特許第5,629,980号に記載されたような権利用語で表される。 These rights are represented by the right term as described in U.S. Patent No. 5,629,980 described earlier. 多くの理由のために、レンダリング又は再生権の範囲内でその文法の範囲内でウォーターマーク情報を指定することは有利である。 For many reasons, it is advantageous to specify a watermark information within its grammatical within the rendering or reproduction right. 第一に、この方法で書かれた表記は技術的に独立している。 First, notation written in this way are independent technically. 従って、デジタル文書を変更することなく、異なるウォーターマーク技術を使用したり変更したりすることもできる。 Therefore, without changing the digital document, it is also possible to or change using different watermark technology. 第二に、同じデジタルワークに複数のウォーターマーキング技術(例えば目に見えるウォーターマーク技術及び目に見えないウォーターマーク技術)を適用することができる。 Secondly, it is possible to apply a plurality of watermarking technology in the same digital work (for example, invisible watermark technology and eye visible watermark technology). 従って、目に見えるウォーターマークを削除しても、目に見えないウォーターマークが残る。 Therefore, to remove the watermark visible, water mark remains invisible to the eye. 第三に、デジタルワークに付されるウォーターマーク情報は、分配結果ではなくレンダリング事象に関連するものであってもよい。 Thirdly, the watermark information to be subjected to a digital work may be related to rendering events rather than sharing results. 第四に、ウォーターマーク情報はデジタルワークの分配チェーン全てを含むように拡張することができる。 Fourth, the watermark information can be expanded to include all distribution chain digital work. 5番目に、レンダリングシステムのセキュリティ及びウォーターマーキング機能は、レンダリングの条件として指定されてもよい。 Fifth, security and watermarking functionality rendering system may be specified as a condition for rendering. これにより、デジタルワークの信託レンダリングが更に保証されるであろう。 Thus, trust rendering digital work will be further guaranteed.

【0032】これらの利点がもたらす結果として、このタイプのウォーターマーク情報の指定はデジタルワークのスーパーディストリビューション(Superdistributio [0032] As a result of these advantages bring, super distribution of specified digital work of this type of watermark information (Superdistributio
n )を十分サポートする。 n) to fully support. スーパーディストリビューションは、デジタルワークのすべてのプロセッサもまたデジタルワークのディストリビュータ(供給者)となり得る、全ての後続の分配が考慮に入れられる、分配コンセプトである。 Super distribution, all processors of a digital work to obtain also be digital work Distributor (supplier), all subsequent distribution is taken into account, a distribution concept.

【0033】発行者はデジタルワークに権利を割り当てすると、利用権によって視聴(又は再生)権か印刷権を見分けることができるようになる。 The issuer when assigned rights to a digital work, it is possible to distinguish the viewing (or reproduction) rights or printing right by use rights. 再生権は、ディスプレイ上のテキスト画像やスピーカからの音楽の音等のワークの一時的なコピーを作製すために使用される。 Reproduction right is used to produce a temporary copy of the work sound like music from a text image or a speaker on the display. 印刷権はレーザプリンタからのページや磁気媒体への音声録音等の持続性コピーを作製するのに使用される。 Printing rights are used to produce a sustained copies of audio recordings, such as to a page or magnetic media from a laser printer.

【0034】図6はパーソナルコンピュータからの信託(信頼できる)印刷を可能にするデジタルワークのための利用権の例である。 [0034] FIG. 6 shows an example of a usage right for the digital work to enable trust (reliable) printing from a personal computer. 図6を参照すると、デジタルワークのための様々なタグが使用されている。 Referring to FIG 6, a variety of tags for digital work is in use. タグ”記述” Tag "description"
601、”ワーク−ID”602、及び”所有者”60 601, "work -ID" 602, and "owner" 60
3はそのデジタルワークのための識別情報(ID情報) 3 the identification information for the digital work (ID information)
を提供する。 I will provide a.

【0035】利用権は個々に、そして複数の権利からなる1グループの一部として指定される。 The use rights are specified as part of the individual in and one group consisting of a plurality of rights. 権利グループ6 Rights Group 6
04は”レギュラー”と名付けられている。 04 is named as "regular". このバンドルラベル(bundle label)は料金の支払先605、及びそのグループの中の全ての権利に適用される最小セキュリティレベル606を提供する。 The bundle label (bundle label) provides a minimum security level 606 which is applied to all of the rights in the payee 605, and the group of fee. 料金の支払先605は権利の実施に対して料金が支払われる者を示す。 Rates of payee 605 shows a person fee is paid to the practice of the right. 最小セキュリティレベル606は、関連するデジタルワークにアクセスしたいと望むレポジトリのための最小セキュリティレベルを示すために使用される。 Minimum security level 606 is used to indicate a minimum security level for repository desires to access the associated digital work.

【0036】次に、そのグループの中の権利は個々に指定される。 [0036] Then, right in the group are specified in the individual. この利用権は転送608、削除609、又は再生610のための料金は記していないが、デジタルコピー607を行う場合は料金が5ドルとなっている。 This use right transfer 608, but there is no mention in the price for deletion 609 or playback 610,, in the case of performing a digital copy 607 are fee becomes $ 5. また利用権は2つの印刷権611及び612を有し、これら両方は信託プリンタを必要とする(613により指定)。 The usage right has two printing right 611 and 612, both of which require a trust printer (designated by 613). 第1印刷権611は、ユーザが特定のプリペイドチケット(料金前払いチケット、614により指定)を有する場合に駆使することができる。 First printing rights 611 can make full use when the user has a specific pre-paid tickets (prepaid ticket, specified by 614). 第2印刷権は10 The second printing rights 10
ドルの一律料金を有する(615により指定)。 Having a flat fee of $ (designated by 615). この例では、コピー権を実施してデジタルワークをユーザのコンピュータに送信することができ、そのユーザが彼/彼女の都合のいいときに再生及び印刷権を用いてそのワークを再生又は印刷することができると仮定する。 In this example, it is possible to transmit the digital work to a user's computer to implement a copy right, playing or printing the workpiece using the reproduction and printing right when the user is called his / her convenience it is assumed that it is. 料金は権利が実行される度にユーザのワークステーションから記録される。 Prices are recorded from the user's workstation every time the right is executed.

【0037】図6にはウォーターマーク仕様616及び617が表されている。 [0037] Watermark specifications 616 and 617 are represented in FIG. ウォーターマーク仕様616及び617の具体的な詳細は図10を参照して以下に記載する。 Specific details of the watermark specifications 616 and 617 are described below with reference to FIG. 10.

【0038】図7は同じデジタルブックのための権利の異なるセットを表す。 [0038] FIG. 7 represents a different set of rights for the same digital book. このバージョンでは、発行者はカスタマーのワークステーションへのデジタル送信を望まない。 In this version, the issuer does not want the digital transmission to the Customer workstation. この選択を支持する実際的な見地は、発行者が無許可のデジタルコピーのリスクを最小限にとどめたいと思っていること、及び利用可能なワークステーション上の信託システムによって提供されるよりもレベルの高いセキュリティを必要とすることであろう。 Practical point of view, the issuer that wants to minimize the risk of digital unauthorized copying, and level than provided by the available trust system on a workstation to support this selection It would be to require a high security. その代わり、 Instead,
発行者はそのブックをオンラインブックストアから信託プリンタに直接送ることを望む。 The issuer wishes to send directly to the trust printer the book from an online bookstore. 印刷はデジタルチケット(料金明細701を参照)で前払いしなければならない。 Print must be prepaid by the digital ticket (see the fee item 701). カスタマーに直接ではなく許可されたディストリビュータへのデジタル分配を可能にするために、発行者はコピー及び転送権における当事者の両方(つまりディストリビュータ及びカスタマー)が許可デジタルライセンス(証明明細72及び73を参照)を有することを要する。 To enable digital distribution to authorized distributors rather than directly to the customer, both parties in the issuer copying and transferring rights (i.e. distributors and customers) is permitted digital license (see proof specification 72 and 73) required to have a. このようなライセンスがないと、カスタマーはワークステーションでそのワークにアクセスすることができない。 Without such a license, customer is not able to access the work at the work station. その代わりに、彼/彼女はそのワークを印刷しなければならない。 Instead, he / she must print the work.

【0039】図7にはウォーターマーク仕様704も図示されている。 [0039] FIG. 7 has also been shown watermark specification 704. ウォーターマーク仕様704については図10を参照して以下に更に詳細に記載する。 Described in more detail below with reference to FIG. 10 for the watermark specification 704.

【0040】信託プリンタ上でのウォーターマークのための3つの主な必要事項を示す。 [0040] shows the three main requirements for the water mark on the trust printer. ・ソーシャルリマインダー(social reminder ):この必要事項はフォトコピーが許されるかどうかについての目に見える印刷された指示表示のためのものである。 Social reminder (social reminder): The necessary information is intended for the printed instructions displayed visible on whether the photo copy is permitted. これは、その文書のセキュリティレベルを示す文書上に印刷された説明又は社内で規定されたアイコン又は記号であってもよい。 This may be defined icons or symbols in the description or in-house printed on a document indicating the security level of the document. ・監査:この必要事項は、誰がその印刷権を所有するか、フォトコピーが許されるかどうか、誰又はどのプリンタがその文書を印刷したか、及びその文書がいつ印刷されたか等の、印刷結果についての情報を文書に記録する方法のためである。 · Audit: The requirements are, who owns the print authority, whether photocopy is allowed, anyone or which printer or printing the document, and the like or the document has been when printed, printing the results This is because the method of information recording on a document for. ・コピー検索:この必要事項は印刷されたオリジナルとフォトコピーとで差をつけるための方法である。 Copy Search: This requirements is a method for applying the difference between the original and photocopy printed. 一般に、この必要事項はフォトコピー機及びスキャナによって変形する傾向にある印刷模様をページ上に用いることを含む。 In general, the requirements may include the use of printed patterns which tend to deform the photocopier and the scanner on the page. 幾つかの模様では、コピーと印刷されたオリジナルとの差が人の目によって検知可能であるが、他の模様では、スキャナを用いてコンピュータによる検知が可能である。 In some patterns, the difference between the original printed copy can be detected by the human eye, in other patterns, it is possible to detect by a computer using a scanner.

【0041】好適な実施の形態では、ウォーターマークはゼロックスコーポレーションによって開発されたグリフ(glyph )技術等の埋め込みデータ技術を用いて生成される。 [0041] In a preferred embodiment, the watermark is generated using the embedded data technology such as glyph (glyph:) technology developed by Xerox Corporation. 媒体上に印刷された埋め込みデータとして使用されるグリフ技術は、”電子文書処理システムのためのハードコピー無欠損データ格納及び通信(Hardcopy Los Glyph technology used as the embedded data is printed on a medium, "hard copy no missing data storage and communications for electronic document processing system (Hardcopy Los
sless Data Storage and Communications For Electron sless Data Storage and Communications For Electron
ic Document Processing Systems)”と題された米国特許第5,486,686号(当該特許の開示内容は本明細書中に参考として組み込まれる)に記載されている。 The disclosure of ic Document Processing Systems) "entitled U.S. Pat. No. 5,486,686 (the patent is described in incorporated by) by reference herein.
印刷された文書上にグリフをデジタルウォーターマークとして使用することは、”著作権管理や分配制御等に様々な埋め込みデータを適用した準複写技術(Quasi-Repr Printed using the glyph as a digital watermark on the document, "rights management and distribution control such quasi copying technique of applying various embedded data (Quasi-Repr
ographics With Variable Embedded Data With Applica ographics With Variable Embedded Data With Applica
tions To Copyright Management,Distribution Contro tions To Copyright Management, Distribution Contro
l, etc. )”と題した係属中の米国特許出願第08/7 l, etc.) "entitled pending of US patent application Ser. No. 08/7
34,570号に記載されている。 It is described in EP 34,570. 当該特許は本発明の出願人に譲渡されており、本明細書中に参考として組み込まれる。 The patent is assigned to the assignee of the present invention and incorporated by reference herein.

【0042】一般に、埋め込みデータ技術は印刷された媒体上に機械読み取り可能データを付すのに使用される。 [0042] Generally, embedded data technology is used to subjecting the machine-readable data on to the print medium. 機械読み取り可能データはたいてい、人が読むには不可能でないにしろ難しい符号化された形式のデータである。 Machine-readable data usually is data difficult encoded form white not impossible for a human readable. 埋め込みデータ技術の他の例はバーコードである。 Another example of the embedded data technology is barcode.

【0043】埋め込みデータ技術は、ページの上の様々な無彩色模様(グレイパターン)のなかで1インチ四方当たり数百ビットの埋め込みデータを保持するために使用することができる。 The embedded data technology can be used to hold several hundred bits of embedded data per square inch among various achromatic pattern on the page (gray pattern). 好ましくは、符号化されたデータを表すマークは他の埋め込みデータ技術よりも美観上よりアピールするマークを生成するのに使用されるため、 Because Preferably, marks representing the encoded data is used to generate a mark to appeal from aesthetic than other embedded data technology,
グリフが使用される。 Glyph is used. 入念に設計すれば、グリフをページレイアウトの中のグラフィック要素と一体化することができる。 If carefully designed, it can be integrated with a graphic element in the page layout of the glyph. グリフはあらゆる種類の文書とともに使用することができる。 The glyph can be used together with the document of any kind. 文書ID(識別)を保持するグリフウォーターマークは発行者によって埋め込まれることができるが、印刷結果についてのデータを有するグリフは印刷システムによって印刷が行われているときにそのウォーターマークに付け加えられることができる。 While glyph watermark for holding a document ID (identification) can be embedded by the issuer, the glyph with data for printing results can be added to the watermark when is being performed printing by the printing system it can. 文書ID Document ID
及びフィンガープリントデータを両方とも同じウォーターマークの中に埋め込むことができる。 And both fingerprint data can be embedded in the same watermark.

【0044】グリフ及び全ての形式の目に見える分離可能なウォーターマークを用いる不利点は、機械的又はコンピュータ上の作業によってこれらを文書からとり除くことができることである。 The glyphs and disadvantages of using separable watermark visible all forms is that it is possible to remove them from the document by the work on the machine or computer.

【0045】図8はグリフが埋め込まれたウォーターマークを有する文書画像の例を表す。 [0045] Figure 8 represents an example of a document image having a watermark glyph is embedded. 図8を参照すると、 Referring to FIG. 8,
文書ページ801は様々なテキスト802を有する。 Document page 801 has a variety of text 802. また、グリフが埋め込まれたウォーターマーク803も含まれている。 It also includes watermark 803 glyphs are embedded. 文書はテキストに限らず、画像やグラフィックデータを含んでも良いことに注意されたい。 The document is not limited to the text, it should be noted that may include an image or graphic data.

【0046】このセクションでは、ウォーターマーキングデータを埋め込むために信託印刷システムにおいて埋め込みデータ技術をどのように使用することができるのかについて簡単に説明する。 [0046] This section briefly describes how it is possible to how using embedded data technology in trust printing system for embedding watermarking data. 文書を生成、発行、及び印刷する際の各段階においてグリフ及びウォーターマークデータがどのように処理されるかについて記載する。 Generating a document issued, and glyph and watermark data in each stage at the time of printing is described how it is processed.

【0047】・グリフ等の埋め込みデータを信託印刷システムの中に統合するために、以下の必要項目を含むことを決めた。 [0047] - the embedded data glyph, etc. to integrate into the trust printing system, decided to include the following required items. ・著者及び発行者等の文書デザイナー(設計者)は、ウォーターマークがその文書の設計の中に組み込まれることができるように、ページ毎にウォーターマークの位置及び形をページ上に指定しなければならない。 , Author and document designer of the issuer, such as (designer), so as to be able to watermark is incorporated in its document of design, if you do not specify the position and shape of the watermark on the page for each page not not. ・この方法はメインライン文書生成(例えばワードプロセッサ)システムと互換性がなけれならない。 - The method does not mainline document generation (for example, a word processor) without the system compatible. ・この方法は既存のプリンタのプロトコルの範囲内で動作しなければならない。 · The method must operate within the scope of the existing printer protocol. ・この方法は利用権仕様の中にフィンガープリント(又は実行時)データを保持しなければならない。 • This method must hold the finger print (or run-time) data in the use rights specification. ・この方法は印刷速度を大幅に遅めてはならない。 • This method should not significantly slow Umate the printing speed.

【0048】本明細書中、文書内容の中にウォーターマークがどのように位置されて形成されるかについての情報を指すために、”媒体依存データ(media-dependent [0048] In this specification, to refer to information about what is formed by how position watermark in the document content, "medium dependent data (media-dependent
data)”という用語が使用される。この方法は、利用権の使用方法に依存して、データがウォーターマークの中に符号化される。 The term data) "is used. This method, depending on the method used of the usage right, data is encoded in the watermark.

【0049】発行者は多くの様々なツールを用いて文書を作成する。 The publisher is to create a document by using many different tools. テキストエディタ又はワードプロセッサが異なれば、それらが提供するテキスト、絵、及び図のレイアウトをコントロールする方法及び程度も様々である。 Different text editor or word processor, the text they provide, painting, and control methods and extent the layout of FIG also variable. 全てのテキストエディタが有する1つのものは、ページ上にテキストを位置させる方法である。 One thing that all text editor with a way to position the text on the page. 実際、これはすべてのシステムの機能(能力)の最小公約数(最低限の共通機能)である。 In fact, this is a function of all system minimum common divisor (capacity) (lowest common function).

【0050】この共通機能を発展させることにより、ウォーターマークを表すためにグリフをどのように用いるかについての洞察ができる。 [0050] By developing this common feature, can insight how use glyphs to represent the watermark. ・グリフウォーターマークは矩形のボックスとしてグラフィックのように組織化される。 Glyph watermark are organized as graphics as a rectangular box. ・異なる大きさのボックスはデータ所持量の能力が異なる。 - different size of the box is different from data possession amount of ability. 300dpiのプリンタでは、1インチあたり約3 In a 300dpi printer, about per inch 3
00バイトをグリフの中に符号化することができる。 00 bytes can be encoded in the glyph. これは、グリフを符号化する前に元のデータが圧縮されれば、更に多くノデータを表すことができることに注意されたい。 This is because it is the original data compression before encoding the glyphs Note that can represent more Nodeta. 信頼性を高めるために、幾つかのデータは冗長に繰り返されても良いが、信頼性とデータ容量との交換となることに注意されたい。 To improve reliability, although some data may be repeated redundant, it should be noted that the exchange of reliability and data capacity. ・各グリフウォーターマークは初期のグリフウォーターマークフォントで文字(キャラクタ)として文書作成プログラムに表示される。 • Each glyph water mark is displayed in the document creation program as a character (character) in the initial glyph watermark font. 異なるサイズ及び形のボックスは、初期のグリフウォーターマークフォントでは異なる文字として表される。 Different size and shape of box, in the initial glyph watermark font represented as different characters. デジタルワークが印刷されるとき、データの符号化はそのウォーターマークフォントの計算及び変更に似ている。 When the digital work is printed, the encoded data is similar to the calculation and modification of its watermark font.

【0051】実際上は、文書をレイアウトするデザイナーは異なるサイズのグリフボックスを含むグリフカタログのページを開く。 [0051] In practice, the designer to lay out a document open a page of the glyph catalog, including the glyph box of different sizes. カタログの中のグリフボックスはおそらくテストデータ、例えば Glyph box is probably the test data in the catalog, for example

【0052】 [0052]

【外1】 [Outside 1]

【0053】という言葉のグリフASCIIコード)のみを含むであろう。 [0053] glyph ASCII code of the word) will contain only. デザイナーは早めに1ページ当たりどのくらいの量のデータを符号化したいか(例えば10 Or designers want to encode how much of the amount of data per page as soon as possible (for example, 10
0、300、500又は1000バイト等)を決める。 Determine the 0,300,500 or 1000 bytes, etc.).
デザイナーが対応するサイズの”ボックス”(実際には文字)を自分の文書の中にコピーしてページ上の好きなところにこのボックスを配置する(典型的にはこのボックスを設計要素として組み込む)。 Designers to place the "box" this box anywhere you want on the page to copy in his document (actually a character) of the corresponding size (typically incorporate this box as a design element) .

【0054】図9は異なる記憶容量を有する1セットのサンプルのウォーターマーク文字(即ちグリフボックス)を表す。 [0054] Figure 9 represents a watermark character of a set of samples with different storage capacities (i.e. glyph box). 実際のカタログは更なる形を含み、そのグリフのデータ所有量に従って注釈付けされる。 The actual catalog include additional shapes are annotated according to the data owned by the amount of the glyph.

【0055】描画プログラムにはページの上に文字を位置する機能もあるので、グリフが符号化されたウォーターマークは図の中にも配置することができることに注意されたい。 [0055] Since the drawing program is the ability to position the character at the top of the page, watermark glyph is encoded is noted that it can also be arranged in the Figure.

【0056】作成者が自分のワークを保存するとき、文書作成プログラムはファイルを書込むが、このファイルの中でグリフフォントの文字はウォーターマークを表すのに使用される。 [0056] When the author to save their work, document creation program is written into the file, glyph font of the characters in this file is used to represent the watermark. 作成者がこの段階で文書を印刷する場合、その作成者は、無彩色(グレイトーン)のグリフボックスに符号化されたテストデータを後で動的に生成されたウォーターマークデータに置き換える以外は、多かれ少なかれ最終的に販売されたバージョン(ソールドバージョン)がどのようになものになるかが分かるであろう。 If the author to print the document at this stage, except the creator, replacing achromatic watermark data later dynamically generate test data encoded glyphs box (gray tone), more or less finally sold version (sold version) would how such a happens what is seen.

【0057】著者又は発行者がそのワークを発行する準備、及びデジタルワークの分配使用を制御するためのシステムの中にこのワークを入れる用意ができてきるとき、ステップのうちの1つは権利エディタを用いてそのワークに権利を割り当てすることである。 [0057] Prepare the author or the issuer issues the workpiece, and when in the system for controlling the distribution use of a digital work wear ready to put this work, one of the steps right Editor and to assign the rights to that work with. 権利エディタは、文書の所有者がデジタルワークを利用する期間及び条件を指定するときに用いるプログラムである。 Right editor is a program used when the owner of the document specifies the duration and conditions utilizing digital work.

【0058】この時点で、文書識別データ及び印刷結果データが指定される。 [0058] At this point, the document identification data and print result data is designated. 図10は印刷権のために指定されたウォーターマーク情報を表す。 Figure 10 represents the watermark information specified for printing rights. ウォーターマーク情報の表記はそのグラマーの範囲内において任意であることに注意されたい。 Representation of the watermark information is noted that any within the scope of the grammar. 図10を参照すると、印刷権1001 Referring to FIG. 10, the print authority 1001
は文書の購入者がその文書を印刷するのに10ドルを支払わなければならないことを指定している(料金表示1 You have specified that you do not have to pay $ 10 for the purchaser of the document to print the document (fee display 1
002)。 002). その文書は所与のタイプの信託プリンタ(プリンタ仕様1003)上でしか印刷してはならない。 The document should not be printed only on a given type of trust printer (printer specifications 1003). 更に、ウォーターマークは特定のストリング”タイトル: In addition, the watermark is a specific string "title:
Moby Dog Copyright 1994 by Zeke Jones. All Rights Moby Dog Copyright 1994 by Zeke Jones. All Rights
Reserved”を埋め込み、また印刷結果についての様々なデータも含まなれければならい(ウォーターマークトークン仕様1004)。ウォーターマークトークン仕様はそのデジタルワークの印刷に関連する”フィンガープリント”情報を指定するために使用される。ここで、明記された印刷結果データは、誰がそれを印刷したか、それを印刷した機関の名前、プリンタの名前、プリンタの場所、及びデジタルワークが印刷された時間である。以下に詳細に記載するように、この情報は印刷したときに得られる。 Reserved "embedded, also not have to Kere Nare also contains a variety of data for printing the results (water mark token specification 1004). Watermark token specification is related to the printing of the digital work" in order to specify a finger print "information is used. here, the print result data specified in, who has printed it and the name of it printed institution, the name of the printer, printer location, and digital work is a time that is printed. the following as described in detail, this information is obtained when printed.

【0059】図11は、作成者がウォーターマークを自分の文書の中に配置するための基本的なステップをまとめたフローチャートを表す。 [0059] Figure 11 represents a flowchart author summarizes the basic steps for placing watermark in his document. テキスト文書のレイアウトの一部として、デザイナーはそのウォーターマークにどれくらいの量のデータが必要であるかを決める(ステップ1101)。 As part of the layout of the text document, the designer decide whether there is a need for data of how much of the amount to the watermark (step 1101). 必要なデータ量に基づいて、適切なウォーターマーク文字(例えばグリフボックス)が選択される(ステップ1102)。 Based on the amount of data required, appropriate watermark character (e.g. a glyph box) is selected (step 1102). 次にウォーターマーク文字はデジタルワークのページ(単数又は複数)上に配置される(ステップ1103)。 Then watermark characters are placed on a page of the digital work (s) (step 1103). 最後に、そのデジタルワーク文書のための権利割り当ての一部として、ウォーターマーク仕様を有する印刷権が作成される(ステップ110 Finally, as part of the rights assignment for the digital work document, print rights of a watermark specification is created (step 110
4)。 4). この時点でその文書を見たときに、ウォーターマークがその文書の所望の位置に配置された状態となっている。 When viewed the document at this time, the watermark is a desired deployed state in the position of the document. しかし、埋め込まれたデータフォーマットの中には実際のフィンガープリント及び他のデータ識別データはまだ生成されていない。 However, actual fingerprints and other data identification data in the embedded data format has not been generated yet. これは以下に記載するように、印刷するときに動的に生成される。 This is because, as described below, is dynamically generated when printing.

【0060】デジタルワークのための次のステップは、 [0060] The next step for the digital work,
このワークを発行して分配することである。 It is to distribute issue this work. このプロセスの間、デジタルワークは暗号化及び使用される他のセキュリティシステムによって保護され、その権利はその文書とともに移動する。 During this process, the digital work is protected by other security systems to be encrypted and used, that right move with the document. このプロセスの部分により、その文書のコピーを有するあらゆるプリンタ又はワークステーションもまた、その信託システム、信託プリンタ、 The part of this process, any printer or workstation having a copy of the document is also the trust system, trust printer,
ユーザ等を識別する情報を含むデジタル証明を有することができる(このプロセスは発行された米国特許第5, May have a digital certificate containing information identifying the user or the like (U.S. Pat. No. 5 The process is issued,
629,980号に記載されている)。 It is described in EP 629,980).

【0061】図12は文書を印刷するのに必要なステップのフローチャートを表す。 [0061] Figure 12 represents a flow chart of the steps required to print a document. 図12を参照すると、あるポイントでユーザは文書を印刷することを決める(ステップ1201)。 Referring to FIG. 12, at some point the user decides to print a document (step 1201). 典型的には、これはユーザシステム上でなんらかのインターフェースを介して呼び出される印刷コマンドによって行われる。 Typically, this is done by the print command that is called through any interface on the user system. これにより、その文書を含む”ユーザ”レポジトリとプリンタレポジトリとの間の要求−応答プロトコルが開かれる(ステップ120 Accordingly, the request between the "user" repository and the printer repository containing the document - the response protocol is opened (step 120
2)。 2). この交換の間、そのプリンタのセキュリティ及びウォーターマーク能力がチェックされる。 During this exchange, security and watermark capability of the printer is checked. プリンタが適切なセキュリティ若しくはウォーターマーク能力を有さない場合、そのデジタルワークはそのプリンタでは印刷できない。 If the printer does not have the appropriate security or watermark capability, the digital work can not be printed in the printer. そのプリンタのセキュリティレベル及びウォーターマーク能力はそのプリンタのID証明の中に明記される。 Security levels and watermark capability of the printer is specified in the ID proof of the printer. そのプリンタが適切なセキュリティレベル及びウォーターマークを有するとすると、その”ユーザ”レポジトリは次にそのユーザが必要な印刷権を有するかどうかをチェックする(ステップ1203)。 When the printer is to have the appropriate security level and watermarks, the "user" repository then checks whether the user has a printing right required (step 1203). そのユーザが必要な印刷権を有するとすると、そのユーザレポジトリはクレジットサーバとインターフェースしてそのデジタルワークの印刷に必要な料金をレポートする(ステップ1204)。 When the user is to have a printing right necessary, the user repository and a credit server and the interface to report the price required to print the digital work (step 1204). そのデジタルワークの実際の料金請求は、印刷が行われた場合、又は文書が印刷されたと証明することができる場合のいずれかに、その権利が呼び出されるときに生じる。 The actual billing of the digital work, when the printing is performed, or to any of the case where the document can be proved to have been printed, occurs when the rights are invoked. 後者は、すべてのデジタルワークが印刷される前に印刷が誤って終了してしまう可能性がある状況からユーザを保護する。 The latter is all digital work to protect the user from a situation in which printing may possibly be terminated erroneously before being printed.

【0062】次に、ウォーターマークに埋め込むべき情報を収集してウォータマーク文字のための新しいフォントに組み込むための計算が行われる。 Next, to collect the information to be embedded in a water mark is calculated for incorporation into a new font for the watermark character is done. まず、ユーザ又は信託プリンタに属するデジタルID証明から情報(つまり名前、場所、現在の日付及び時間等)を集めなければならない(ステップ1205)。 First, information from a digital ID certificates belonging to a user or trust the printer (i.e. the name, location, current date and time, etc.) must collect (step 1205). この情報はコンピュータメモリの中に”印刷”され、複数の異なるサイズのグリフボックスからなるビットマップ画像が生成される(ステップ1206)。 This information is "printed" in a computer memory, the bitmap image is generated comprising a plurality of different sizes of glyphs box (step 1206). グリフの生成及び符号化は、先述の米国特許第5,486,686号に記載されているので、グリフパターンの符号化についての記載は必要ないと思われる。 Generation and encoding of the glyph, so are described in U.S. Patent No. 5,486,686 described earlier, description of coding of the glyph pattern seems to be unnecessary. いずれにせよ、この情報は次にフォント定義の中にアセンブルされる(ステップ1207)。 In any case, this information is then assembled into a font definition (step 1207).

【0063】次にデジタルワークは暗号を解読されてプリンタの中にダウンロードされる(ステップ120 [0063] Then the digital work is downloaded into the printer is decrypted (step 120
8)。 8). デジタルワークがプリンタの中にダウンロードされるとき、プロトコルの部分もまた新しい”改定された”グリフフォント(この時点ではもうグリグボックスに対応する文字を有する)にダウンロードされる。 When the digital work is downloaded into the printer, it is downloaded to also a new "revised" glyph font part of the protocol (at this point has the character corresponding to the other glycidyl grayed box). このフォントは多少なりとも、発行者が表現したいデータをフォントボックスの中のグレイコードがそのときにはそのドキュメントのウォーターマークの中に埋め込んでいること以外は、その文書を生成する際に発行者が使用したフォントに似ている。 This font is more or less, except that you want to issuer expression data gray code in the font box is embedded in the watermark of that time in its document, the issuer is used to generate the document It is similar to the font.

【0064】次にプリンタはそのデジタルワークを印刷する(ステップ1209)。 [0064] Then the printer prints the digital work (step 1209). 文書が印刷されると、そのページに現れたグリフは所望のウォーターマークデータを含む。 When the document is printed, the glyph that appeared on the page containing the desired watermark data.

【0065】図13は、埋め込まれたデータを抽出するための基本的なステップのアウトラインを示したフローチャートである。 [0065] Figure 13 is a flowchart showing the outline of the basic steps for extracting the embedded data. 第一に、印刷された文書が走査されてデジタル表現が得られる(ステップ1301)。 First, the scanned printed documents digital representation is obtained (step 1301). 次に、 next,
ウォーターマーク及びこれに対応する埋め込みデータの位置が見つけ出される(ステップ1302)。 Position of the embedded data corresponding to the watermark and this is found out (step 1302). ウォーターマークは印刷された文書のデジタル表現の中の特徴的なピクセルパターンを見つけ出すための技術を用いて見つけ出すことができる。 Watermark can be found using the technique for finding a characteristic pixel pattern in the digital representation of the document printed. 或いは、ウォーターマークの位置を素早く見つけるために使用することができるような、その文書のテンプレートが生成されていてもよい。 Alternatively, such as may be used to quickly locate the position of the watermark, the template of the document may be generated.
いずれにせよ、埋め込みデータをウォーターマークから抽出してデコードする(ステップ1303)。 In any case, to decode and extract the embedded data from the watermark (step 1303). 次に、符号化解除(デコード)されたデータは人が読める形式に変換される(ステップ1304)。 Then, the coded data released (decoding) is converted into a human-readable format (step 1304). これは画面上で行われるか又は印刷される。 This is or printing is performed on the screen. 次に、抽出されたデータを用いてそのデジタルワークの無許可複製が誰によりどこで行われたかを確認する。 Then, using the extracted data to check unauthorized copy of the digital work has been carried out where a anybody. .

【0066】ウォーターマークデータの抽出手段はそのウォーターマークデータを埋め込むのに使用される技術によって異なることに注意されたい。 [0066] extraction means of the watermark data is noted that varies depending on the technology that is used to embed the watermark data. 従って、実際の抽出ステップは様々に考えられるが、これらは本発明の精神及び範囲を逸脱しない。 Thus, the actual extraction step is variously considered, but they do not depart from the spirit and scope of the invention.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の現在好適な実施の形態におけるデジタルワークの分配及び使用を制御するためのシステムにおける、レポジトリタイプ別に分けた各レポジトリ同士間の基本的な相互作用を表すブロック図である。 In a system for controlling the distribution and use of digital works in the presently preferred embodiment of the invention; FIG is a block diagram showing the basic interactions between repository each other divided by repository type.

【図2】本発明の現在好適な実施の形態におけるデジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムに使用されるような、利用料金報告用のクレジットサーバに接続されたレポジトリを表す。 [Figure 2] as used in a system for controlling the distribution and use of digital works in the presently preferred embodiment of the present invention, it represents a repository connected to a credit server for reporting usage fees.

【図3】本発明の現在好適な実施の形態におけるデジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムに使用されるような、レンダリングシステムとしてのプリンタを表す図である。 [Figure 3] as used in a system for controlling the distribution and use of digital works in the presently preferred embodiment of the present invention, it is a diagram representing the printer as rendering system.

【図4】本発明の現在好適な実施の形態における信託プリンタレポジトリの機能要素を表すブロック図である。 Is a block diagram representing the functional elements of the trust printer repository in the presently preferred embodiment of the present invention; FIG.

【図5】本発明の現在好適な実施の形態において実施されるような、信託プリンタ上での印刷のためのデジタルワーク生成のための基本的ステップのフローチャートを表す。 [5] as implemented in the presently preferred embodiment of the present invention, it represents a flowchart of the basic steps for digital work generated for printing on the trust printer.

【図6】本発明の現在好適な実施の形態において、ユーザの信託プリンタ上で印刷されるデジタルワークのための利用権表記を表す。 In the currently preferred embodiment of the invention; FIG represents a usage right representation for digital work to be printed on the user's trust printer.

【図7】本発明の現在好適な実施の形態における、ネットワーク上の共有信託プリンタでのみ印刷できるデジタルワークのための利用権表記を表す。 In the presently preferred embodiment of the present invention; FIG represents a usage right representation for digital work that can only print a shared trust printer on the network.

【図8】グリフが符号化されたウォーターマークを有する印刷ページを表す。 [8] glyph represents a printed page having a watermark encoded.

【図9】本発明の現在好適な実施の形態におけるウォーターマークフォントセットのウォーターマーク文字として使用されるような、異なる容量を有する1セットのサンプル埋め込みデータボックスを表す。 [9] as used as a watermark character of the watermark font set in the presently preferred embodiment of the present invention, representing a set of samples embedded data box with a different capacity.

【図10】本発明の現在好適な実施の形態において使用されるセットのように指定されたウォーターマーク情報を有する印刷権を表す。 It represents the current print right with a specified watermark information as set used in the preferred embodiment of the invention; FIG.

【図11】本発明の現在好適な実施の形態において実行されるような、作成者が自分の文書の中にウォーターマークを配置するための基本的なステップをまとめたフローチャートを表す。 [11], as currently performed in the preferred embodiment of the present invention, it represents a flowchart author summarizes the basic steps for placing watermark in his document.

【図12】本発明の現在好適な実施の形態において実行されるような文書印刷に必要なステップのフローチャートを表す。 [Figure 12] represents a flow chart of the steps required to document printing as currently performed in the preferred embodiment of the present invention.

【図13】本発明の現在好適な実施の形態において実行されるような埋め込みデータ抽出のための基本的ステップのアウトラインのフローチャートを表す。 It represents a flowchart of the outline of the basic steps for 13 now embedded data as performed in the preferred embodiment extract of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

105 レポジトリトランザクション 202 料金請求トランザクション 204 清算トランザクション 301 プリンタシステム 801 文書ページ 802 テキスト 803 グリフが埋め込まれたウォーターマーク 1001 印刷権 105 repository transaction 202 billing transactions 204 clearing transactions 301 printer system 801 document pages 802 text 803 glyphs embedded watermark 1001 printing right

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04N 7/08 H04N 7/08 Z 7/081 (72)発明者 グレン ダブリュー. ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 7 identifications FI theme coat Bu (reference) H04N 7/08 H04N 7/08 Z 7/081 ( 72) inventor Glenn W.. ペトリー アメリカ合衆国 95030 カリフォルニア 州 ロス ガトス ピアス ロード 26150 (72)発明者 スティーブ エー. Petrie United States 95030 California Los Gatos Pierce Road 26150 (72) inventor Steve er. オカモト アメリカ合衆国 90505 カリフォルニア 州 トランス コール デュ アルボレ 5512 (72)発明者 ニコラス エイチ. Okamoto United States 90505 Torrance, Calif call du Arubore 5512 (72) inventor Nicholas H.. ブリッグス アメリカ合衆国 94306 カリフォルニア 州 パロ アルト ラ ドンナ アベニュ ー 3994 Fターム(参考) 5B017 AA06 AA07 BA06 BA07 BB02 BB07 BB10 CA16 5B085 AC03 AC04 AE06 AE29 BE07 5C063 AC10 CA40 5C076 AA14 AA40 BA06 Briggs United States 94306 Palo Alto La Donna Abenyu over 3994 F-term (reference) 5B017 AA06 AA07 BA06 BA07 BB02 BB07 BB10 CA16 5B085 AC03 AC04 AE06 AE29 BE07 5C063 AC10 CA40 5C076 AA14 AA40 BA06

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムであって、 利用権を生成するための手段を含み、各利用権はデジタルワークがどのように利用又は分配されるかについて指定されたインスタンスを表し、 レンダリング権を含む生成された利用権のセットをデジタルワークに添付するための手段を含み、前記レンダリング権は前記デジタルワークのレンダリングを許可するための権利であり、前記レンダリング権は更に、前記デジタルワークのレンダリングに埋め込むべきウォーターマーク情報を指定し、前記ウォーターマーク情報は前記デジタルワークのレンダリングに関する情報を含み、 レポジトリトランザクションメッセージの交換を可能にするためにレポジトリ同士を連結させるための通信媒体を含み、 利用 1. A system for controlling the distribution and use of digital works, comprising means for generating a usage right specifies whether each usage right How are utilized or distributed digital work represents instances, a set of the generated usage right including the rendering rights includes means for attaching the digital work, the rendering right is right to allow the rendering of the digital work, the rendering rights Furthermore, to specify the watermark information to be embedded in the rendering of the digital work, the watermark information includes information on rendering of said digital work, for coupling repositories to each other to enable the exchange of repository transaction messages include communication media, use が添付されたデジタルワークを格納して安全保護を保ちながら交換するための総括レポジトリを含み、 前記総括レポジトリからレンダリングするデジタルワークを受け取るためのレンダリングレポジトリと、デジタルワークをレンダリングするためのレンダリング装置と、を含むレンダリングシステムを含み、前記レンダリングレポジトリが更に、前記レンダリングするデジタルワークに関連するレンダリング権で指定されたウォーターマーク情報を収集するための手段と、前記レンダリングされたデジタルワークの中に埋め込むために前記ウォーターマーク情報を符号化するための手段と、を含む、 デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステム。 There includes a comprehensive repository for exchanging while maintaining security by storing the digital work that is attached, a rendering repository for receiving a digital work to be rendered from the overall repository and a rendering device for rendering digital work includes a rendering system comprising said rendering repository further comprises means for collecting watermark information specified by the rendering rights associated with the digital work to said rendering, for embedding in the rendered digital work system for the watermark information and means for encoding, and controls the distribution and use of digital works in.
  2. 【請求項2】 デジタルワークの分配及び利用を制御するためのシステムにおける、レンダリングされたデジタルワークにウォーターマークを提供するための方法であって、前記方法が、 a)デジタルワークの作成者がレンダリング権を前記デジタルワークに割り当てて分配レポジトリの中に格納するステップを含み、前記レンダリング権はレンダリング事象を確認する情報を示すウォーターマーク情報を指定し、 b)ユーザが前記分配レポジトリから前記デジタルワークの暗号化バージョンを獲得してユーザレポジトリの中に格納するステップを含み、 c)前記ユーザが前記デジタルワークのレンダリングをリクエストするステップを含み、 d)前記ユーザレポジトリが、前記デジタルワークが適正なレンダリング権を有するかどうかを In a system for controlling the distribution and use of 2. A digital work, a method for providing the watermark on the rendered digital work, said method, a) digital work creator rendering rights including the step of storing in a distributed repository assigned to the digital work, the rendering rights specifies the watermark information indicating the information to verify the rendering event, b) the user of the digital work from the distribution repository wherein the step of storing in the user repository won encrypted version, c) the user includes the step of requesting rendering of said digital work, d) the user repository, the digital work is proper rendering rights whether it has 定するステップを含み、 e)前記デジタルワークが適正なレンダリング権を有する場合、前記ユーザレポジトリがレンダリングレポジトリと通信して信託セッションを確立するステップを含み、 f)前記ユーザレポジトリが前記レンダリングレポジトリに前記デジタルワークを転送するステップを含み、 g)前記レンダリングレポジトリが前記レンダリング権に指定されたウォーターマーク情報を収集するステップを含み、 h)前記レンダリングレポジトリが前記ウォーターマークのためのデータを符号化するステップを含み、 i)前記レンダリングレポジトリが前記デジタルワークの暗号を解読し及び前記ウォーターマーク情報を埋め込むステップを含み、 j)前記レンダリングレポジトリが、ウォーターマーク情報が埋め込まれた前 Comprising the steps of constant, e) if the digital work has the proper rendering rights, including the step of said user repository establishes trust session communicates with rendering repository, f) wherein the user repository within the rendering repository wherein the step of transferring the digital work, g) step includes the step of said rendering repository to collect watermark information specified in the rendering rights, h) said rendering repository is to encode the data for the watermark comprises, i) comprises the step of said rendering repository embeds the encryption was decrypted and the watermark information of the digital work, j) said rendering repository, before the watermark information is embedded 記デジタルワークをレンダリング装置に送信してレンダリングするステップを含む、 レンダリングされたデジタルワークへのウォーターマークの提供方法。 Comprising the step of rendering by transmitting the serial digital work in rendering device, rendered method of providing a watermark to a digital work.
JP10047121A 1997-02-28 1998-02-27 System for controlling distribution and use of digital work and supply method for water mark Pending JP2000122977A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US3927597P true 1997-02-28 1997-02-28
US039275 1997-02-28

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000122977A true JP2000122977A (en) 2000-04-28

Family

ID=21904601

Family Applications (8)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10047121A Pending JP2000122977A (en) 1997-02-28 1998-02-27 System for controlling distribution and use of digital work and supply method for water mark
JP2006277325A Expired - Lifetime JP4590385B2 (en) 1997-02-28 2006-10-11 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2006277328A Withdrawn JP2007089197A (en) 1997-02-28 2006-10-11 System for distributing, utilizing and controlling digital works
JP2009116302A Pending JP2009182988A (en) 1997-02-28 2009-05-13 System for controlling distribution and use of digital work
JP2010116299A Expired - Lifetime JP5119292B2 (en) 1997-02-28 2010-05-20 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2011087148A Pending JP2011155688A (en) 1997-02-28 2011-04-11 System for controlling distribution and use of digital work
JP2011087147A Expired - Fee Related JP5250657B2 (en) 1997-02-28 2011-04-11 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2013028675A Expired - Lifetime JP5285188B2 (en) 1997-02-28 2013-02-18 System for controlling the distribution and use of digital works

Family Applications After (7)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006277325A Expired - Lifetime JP4590385B2 (en) 1997-02-28 2006-10-11 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2006277328A Withdrawn JP2007089197A (en) 1997-02-28 2006-10-11 System for distributing, utilizing and controlling digital works
JP2009116302A Pending JP2009182988A (en) 1997-02-28 2009-05-13 System for controlling distribution and use of digital work
JP2010116299A Expired - Lifetime JP5119292B2 (en) 1997-02-28 2010-05-20 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2011087148A Pending JP2011155688A (en) 1997-02-28 2011-04-11 System for controlling distribution and use of digital work
JP2011087147A Expired - Fee Related JP5250657B2 (en) 1997-02-28 2011-04-11 System for controlling the distribution and use of digital works
JP2013028675A Expired - Lifetime JP5285188B2 (en) 1997-02-28 2013-02-18 System for controlling the distribution and use of digital works

Country Status (1)

Country Link
JP (8) JP2000122977A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002086780A1 (en) * 2001-04-17 2002-10-31 Ntt Communications Corporation Mark information issuing method and system
WO2006041179A1 (en) * 2004-10-15 2006-04-20 Vodafone K.K. Linking operation method, and communication terminal device
JP2006318463A (en) * 2005-05-13 2006-11-24 Xerox Corp System and method for controlling reproduction of document containing sensitive information
JP2009087260A (en) * 2007-10-02 2009-04-23 Ricoh Co Ltd Print control program
JP2010521852A (en) * 2007-03-16 2010-06-24 トムソン ライセンシングThomson Licensing Intercept of the call at the base station level
US8302205B2 (en) 2003-06-23 2012-10-30 Ricoh Company, Ltd. Access control decision system, access control enforcing system, and security policy
KR101525815B1 (en) * 2009-07-10 2015-06-05 삼성전자주식회사 Method for generating additional information added document and image forming apparatus for performing thereof

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03272875A (en) * 1990-03-23 1991-12-04 Casio Comput Co Ltd Data processing device
US5428529A (en) * 1990-06-29 1995-06-27 International Business Machines Corporation Structured document tags invoking specialized functions
JPH05120288A (en) * 1991-10-24 1993-05-18 Sharp Corp Printing system for date and time of document printing time in document creation device
JP3598331B2 (en) * 1992-06-30 2004-12-08 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 Image processing apparatus
CA2129075C (en) * 1993-10-18 1999-04-20 Joseph J. Daniele Electronic copyright royalty accounting system using glyphs
JPH07121323A (en) * 1993-10-26 1995-05-12 Canon Inc Image forming device
JPH07184069A (en) * 1993-12-22 1995-07-21 Ricoh Co Ltd Confidential document management equipment
JPH08263438A (en) * 1994-11-23 1996-10-11 Xerox Corp Distribution and use control system for digital work, and method for controlling access to digital work
JPH08190545A (en) * 1995-01-11 1996-07-23 Hitachi Inf Syst Ltd Document management system
CN100365535C (en) * 1995-02-13 2008-01-30 英特特拉斯特技术公司 Systems and methods for secure transaction management and electronic rights protection

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002086780A1 (en) * 2001-04-17 2002-10-31 Ntt Communications Corporation Mark information issuing method and system
US7318153B2 (en) 2001-04-17 2008-01-08 Ntt Communications Corporation Mark information issuing method and system
US8302205B2 (en) 2003-06-23 2012-10-30 Ricoh Company, Ltd. Access control decision system, access control enforcing system, and security policy
WO2006041179A1 (en) * 2004-10-15 2006-04-20 Vodafone K.K. Linking operation method, and communication terminal device
JPWO2006041179A1 (en) * 2004-10-15 2008-05-22 ソフトバンクモバイル株式会社 Cooperative operation method and communication terminal apparatus
JP4722052B2 (en) * 2004-10-15 2011-07-13 ソフトバンクモバイル株式会社 Cooperative operation method and communication terminal apparatus
US8375079B2 (en) 2004-10-15 2013-02-12 Vodafone Group Plc Coordinated operation method, and communication terminal device
JP2006318463A (en) * 2005-05-13 2006-11-24 Xerox Corp System and method for controlling reproduction of document containing sensitive information
US9154598B2 (en) 2007-03-16 2015-10-06 Thomson Licensing Call interception at a base station
JP2010521852A (en) * 2007-03-16 2010-06-24 トムソン ライセンシングThomson Licensing Intercept of the call at the base station level
JP2009087260A (en) * 2007-10-02 2009-04-23 Ricoh Co Ltd Print control program
KR101525815B1 (en) * 2009-07-10 2015-06-05 삼성전자주식회사 Method for generating additional information added document and image forming apparatus for performing thereof

Also Published As

Publication number Publication date
JP5119292B2 (en) 2013-01-16
JP2009182988A (en) 2009-08-13
JP2007089197A (en) 2007-04-05
JP2011139541A (en) 2011-07-14
JP2007087405A (en) 2007-04-05
JP4590385B2 (en) 2010-12-01
JP2010200373A (en) 2010-09-09
JP5250657B2 (en) 2013-07-31
JP2013093912A (en) 2013-05-16
JP5285188B2 (en) 2013-09-11
JP2011155688A (en) 2011-08-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6236971B1 (en) System for controlling the distribution and use of digital works using digital tickets
DE60218996T3 (en) Method and apparatus for creation of use rights for in the future to be generated digital content
US8775320B1 (en) Redistribution of rights-managed content and technique for encouraging same
US7398556B2 (en) System and method for managing copyrighted electronic media
JP5634574B2 (en) Rights allocation and management computing device
US5715403A (en) System for controlling the distribution and use of digital works having attached usage rights where the usage rights are defined by a usage rights grammar
US6741991B2 (en) Data management system
KR100200443B1 (en) Method of distribution software object
EP0861461B1 (en) Systems and methods for secure transaction management and electronic rights protection
US6799271B2 (en) Method and system for authenticating user and providing service
US5634012A (en) System for controlling the distribution and use of digital works having a fee reporting mechanism
US7506365B2 (en) Document distribution method and document management method
JP4559639B2 (en) Exemplary architecture and method for a digital digital rights management
US6873975B1 (en) Content usage control system, content usage apparatus, computer readable recording medium with program recorded for computer to execute usage method
US8099364B2 (en) Digital rights management of content when content is a future live event
US7443982B2 (en) Watermarking and transferring material
US5629980A (en) System for controlling the distribution and use of digital works
CN1221907C (en) Content application administrative system and its method
EP0895149B1 (en) Computer system for protecting a file and a method for protecting a file
KR100394924B1 (en) Copyright management device, electronic-production sales device, electronic-book display device, key information management device, and electronic-production distribution management system in which these devices are connected via communication lines
US6499105B1 (en) Digital data authentication method
US5592549A (en) Method and apparatus for retrieving selected information from a secure information source
KR100467929B1 (en) System for protecting and managing digital contents
US6243480B1 (en) Digital authentication with analog documents
US5765152A (en) System and method for managing copyrighted electronic media

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060518

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060613

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061011

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061017

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20061110