WO2020175009A1 - Work machine - Google Patents

Work machine Download PDF

Info

Publication number
WO2020175009A1
WO2020175009A1 PCT/JP2020/003665 JP2020003665W WO2020175009A1 WO 2020175009 A1 WO2020175009 A1 WO 2020175009A1 JP 2020003665 W JP2020003665 W JP 2020003665W WO 2020175009 A1 WO2020175009 A1 WO 2020175009A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
shaft
rotating
bearing
axial
working machine
Prior art date
Application number
PCT/JP2020/003665
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
茉奈美 中澤
村上 卓宏
川又 隆
Original Assignee
工機ホールディングス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2019-036347 priority Critical
Priority to JP2019036347 priority
Application filed by 工機ホールディングス株式会社 filed Critical 工機ホールディングス株式会社
Publication of WO2020175009A1 publication Critical patent/WO2020175009A1/en

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23DPLANING; SLOTTING; SHEARING; BROACHING; SAWING; FILING; SCRAPING; LIKE OPERATIONS FOR WORKING METAL BY REMOVING MATERIAL, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23D49/00Machines or devices for sawing with straight reciprocating saw blades, e.g. hacksaws
    • B23D49/10Hand-held or hand-operated sawing devices with straight saw blades
    • B23D49/16Hand-held or hand-operated sawing devices with straight saw blades actuated by electric or magnetic power or prime movers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23DPLANING; SLOTTING; SHEARING; BROACHING; SAWING; FILING; SCRAPING; LIKE OPERATIONS FOR WORKING METAL BY REMOVING MATERIAL, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23D51/00Sawing machines or sawing devices working with straight blades, characterised only by constructional features of particular parts; Carrying or attaching means for tools, covered by this subclass, which are connected to a carrier at both ends
    • B23D51/16Sawing machines or sawing devices working with straight blades, characterised only by constructional features of particular parts; Carrying or attaching means for tools, covered by this subclass, which are connected to a carrier at both ends of drives or feed mechanisms for straight tools, e.g. saw blades, or bows
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B24GRINDING; POLISHING
    • B24BMACHINES, DEVICES, OR PROCESSES FOR GRINDING OR POLISHING; DRESSING OR CONDITIONING OF ABRADING SURFACES; FEEDING OF GRINDING, POLISHING, OR LAPPING AGENTS
    • B24B23/00Portable grinding machines, e.g. hand-guided; Accessories therefor
    • B24B23/04Portable grinding machines, e.g. hand-guided; Accessories therefor with oscillating grinding tools; Accessories therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B25HAND TOOLS; PORTABLE POWER-DRIVEN TOOLS; MANIPULATORS
    • B25FCOMBINATION OR MULTI-PURPOSE TOOLS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; DETAILS OR COMPONENTS OF PORTABLE POWER-DRIVEN TOOLS NOT PARTICULARLY RELATED TO THE OPERATIONS PERFORMED AND NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B25F5/00Details or components of portable power-driven tools not particularly related to the operations performed and not otherwise provided for
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B27WORKING OR PRESERVING WOOD OR SIMILAR MATERIAL; NAILING OR STAPLING MACHINES IN GENERAL
    • B27BSAWS FOR WOOD OR SIMILAR MATERIAL; COMPONENTS OR ACCESSORIES THEREFOR
    • B27B19/00Other reciprocating saws with power drive; Fret-saws
    • B27B19/02Saws with a power- driven blade chucked at both ends or at one end only, e.g. jig saws, scroll saws
    • B27B19/09Saws with a power- driven blade chucked at both ends or at one end only, e.g. jig saws, scroll saws portable

Abstract

The present invention reduces occurrence of vibration in a direction different from the reciprocating direction due to contact between power transmission parts during power transmission of a work machine. The work machine has a rotating part (an eccentric shaft (36e), a ball bearing (45)) rotated by a spindle (36) connected to a motor, and a reciprocating motion converting part (swing arm (40)) that engages with the ball bearing (45) and converts the motion into reciprocating motion around an axis B1 with the rotation of the rotating part. The ball bearing (45) is configured to be movable relative to the swing arm (40) in the front-rear direction. A spring (46) is provided behind the ball bearing (45), and the ball bearing (45) is biased rearward in the axial direction by the spring (46).

Description

\¥0 2020/175009 1 卩(:17 2020 /003665 明 細 書 \¥0 2020/175009 1 卩 (: 17 2020 /003665 Clarification
発明の名称 : 作業機 Title of invention: Working machine
技術分野 Technical field
[0001 ] 本発明は、 電動モータ等の動力で先端工具を動作させて作業を行う作業機に 関する。 The present invention relates to a working machine that works by operating a tip tool with power of an electric motor or the like.
背景技術 Background technology
[0002] 従来から、 駆動源として電動モータの動力で先端工具を動作させ手作業を行 う作業機が知られており、 その作業機が特許文献 1 に記載される。 特許文献 1 に記載された作業機は、 いわゆるマルチツールと呼ばれる工具であり、 装 置本体の内部には、 電動モータと、 動力変換機構等が収容され、 装置本体の 外部には電池パックが装着される。 装置本体は筒状のモータハウジングの先 端に、 モータの回転軸と 9 0度方向に向くように出力軸が設けられており、 出力軸はモータの動力を利用して回転方向に数度程度揺動するように駆動さ れる。 出力軸にはネジ孔が設けられ、 出力軸に先端工具を取りつけて、 先端 工具の取付穴を貫通させたボルトをネジ穴に挿入して締め付けることにより 、 先端工具が出力軸に固定される。 先端工具としては、 切削、 削り取り、 際 切り、 深切り、 タイル目地切断、 切り込み、 面取り、 研磨表面仕上げ加工等 をおこなうための様々な形状のものがあり、 それらを選択して取り付け可能 である。 [0002] Conventionally, a working machine is known in which a tip tool is operated by the power of an electric motor as a drive source to perform a manual work, and the working machine is described in Patent Document 1. The working machine described in Patent Document 1 is a so-called multi-tool, in which an electric motor and a power conversion mechanism are housed inside the equipment body, and a battery pack is mounted outside the equipment body. To be done. The main body of the device has an output shaft at the front end of a cylindrical motor housing that faces the rotation axis of the motor in 90° direction. It is driven to swing. The output shaft is provided with a screw hole. By attaching a tip tool to the output shaft and inserting a bolt that penetrates the attachment hole of the tip tool into the screw hole and tightening it, the tip tool is fixed to the output shaft. There are various types of cutting tools for cutting, scraping, cutting, deep cutting, tile joint cutting, cutting, chamfering, polishing surface finishing, etc., and these can be selected and installed.
先行技術文献 Prior art documents
特許文献 Patent literature
[0003] 特許文献 1 :特開 2 0 1 6 - 8 7 7 2 5号公報 [0003] Patent Document 1: Japanese Unexamined Patent Publication No. 2 0 1 6-8 7 7 25
発明の概要 Summary of the invention
発明が解決しようとする課題 Problems to be Solved by the Invention
[0004] 従来の作業機では、 先端工具が出力軸を中心に周方向に往復動するために、 その反動によって振動が発生し、 その振動がハンドル部にも伝達する。 その ため特許文献 1 に記載された作業機では、 所定の質量を有するウェイ トを先 〇 2020/175009 2 卩(:171? 2020 /003665 [0004] In the conventional working machine, the tip tool reciprocates in the circumferential direction around the output shaft, and the reaction thereof causes vibration, and the vibration is also transmitted to the handle portion. Therefore, in the working machine described in Patent Document 1, a weight having a predetermined mass is first 〇 2020/175009 2 卩(:171? 2020/003665
端工具の揺動とは逆位相で動かすことによって出力軸で発生する往復動方向 の振動を打ち消すようにしている。 しかしながら、 ウェイ トを用いることで 振動が大きく減少する一方で、 作業機の重量が増加してしまうという欠点が ある。 By moving the end tool in a phase opposite to the swing, the reciprocating vibration generated on the output shaft is canceled. However, the use of weights has the drawback of significantly reducing vibration while increasing the weight of the work implement.
[0005] 本発明は上記背景に鑑みてなされたもので、 その目的は、 動作時の振動を効 果的に低減できるようにした作業機を実現することにある。 本発明の他の目 的は、 動力伝達部同士の接触により、 先端工具の往復動方向と異なる方向の 振動が発生することを抑えるようにした作業機を実現することにある。 本発 明のさらに他の目的は、 往復動変換部において動力伝達時に生じる加振力に よって発生する振動を低減させた作業機を実現することにある。 [0005] The present invention has been made in view of the above background, and an object thereof is to realize a working machine capable of effectively reducing vibration during operation. Another object of the present invention is to realize a working machine that suppresses the occurrence of vibration in a direction different from the reciprocating direction of the tip tool due to contact between the power transmission parts. Still another object of the present invention is to realize a working machine in which the vibration generated by the exciting force generated during power transmission in the reciprocating motion converting section is reduced.
課題を解決するための手段 Means for solving the problem
[0006] 本願において開示される発明のうち代表的な特徴を説明すれば次のとおりで ある。 本発明の一つの特徴によれば、 モータ等の動力源と、 動力源によって 偏心して回転する回転部と、 回転部と係合して往復方向への動きに変換する 往復動変換部を有する作業機において、 回転部が往復方向と交差する方向に 往復動変換部に対して相対移動可能に構成すると共に、 回転部の相対移動の 方向に付勢力を与える付勢部材を設けた。 また、 作業機には動力源によって 回転する回転軸を有し、 回転部は回転軸に設けられるようにした。 この回転 部は、 回転軸の軸方向に移動可能である。 The typical features of the invention disclosed in this application will be described below. According to one feature of the present invention, a work having a power source such as a motor, a rotating portion that is eccentrically rotated by the power source, and a reciprocating motion converting portion that engages with the rotating portion and converts into a reciprocating motion. In the machine, the rotating part is configured to be movable relative to the reciprocating motion converting part in a direction intersecting with the reciprocating direction, and an urging member for providing an urging force in the relative moving direction of the rotating part is provided. In addition, the working machine has a rotating shaft that is rotated by a power source, and the rotating part is provided on the rotating shaft. This rotating part is movable in the axial direction of the rotating shaft.
[0007] 本発明の他の特徴によれば、 付勢部材は相対移動の方向に付勢力を与える弾 性体であり、 弾性体は回転軸によって保持される。 回転部は、 偏心軸におい て軸方向に摺動可能に取りつけられる円環部材を含み、 偏心軸には付勢部材 を偏心軸に固定する固定部材が設けられる。 円環部材は、 ボールベアリング や二ードルべアリング等の回転軸受で良いし、 又は、 円筒状のメタル等の摺 動軸受でも良い。 特に、 メタルの場合、 摺動時にかじり等が生じないように 油などを含浸できる焼結材などが望ましい。 付勢部材は偏心軸と同軸に設け られるコイルパネであって、 往復方向と交差する軸方向の付勢力を回転部に 与えるようにした。 尚、 円環部材に対してコイルパネを軸方向の両側に 2つ 〇 2020/175009 3 卩(:171? 2020 /003665 According to another feature of the present invention, the biasing member is an elastic body that applies a biasing force in the direction of relative movement, and the elastic body is held by the rotating shaft. The rotating portion includes an annular member that is mounted on the eccentric shaft so as to be slidable in the axial direction, and the eccentric shaft is provided with a fixing member that fixes the biasing member to the eccentric shaft. The annular member may be a rotary bearing such as a ball bearing or a needle bearing, or may be a sliding bearing such as a cylindrical metal. Particularly in the case of metal, it is desirable to use a sintered material that can be impregnated with oil so that galling does not occur during sliding. The biasing member is a coil panel provided coaxially with the eccentric shaft, and is designed to apply a biasing force in the axial direction intersecting the reciprocating direction to the rotating portion. There are two coil panels on both sides in the axial direction for the ring member. 〇 2020/175009 3 卩(: 171-1?2020/003665
設けて、 第一のコイルパネが軸方向一方側に向けて円環部材を付勢し、 第二 のコイルバネが軸方向他方側に向けて円環部材を付勢するように構成しても 良い。 Alternatively, the first coil panel may urge the annular member toward one side in the axial direction, and the second coil spring may urge the annular member toward the other side in the axial direction.
[0008] 本発明のさらに他の特徴によれば、 作業機は、 動力源を収容するハウジング と、 ハウジングに設けられ、 動力源をオンオフ操作する操作部が配置される 筒状の把持部を有し、 把持部の軸線方向が円環部材の移動方向と略平行とな るように構成した。 また、 作業機は、 動力源の回転方向と交差する方向に軸 線を有する出力軸を有し、 往復動変換部には円筒部が形成されて出力軸に固 定され、 円筒部から径方向に延在して回転部と接触する II字状の腕部を有し 、 往復動変換部によって出力軸が周方向に所定角度だけ往復動するように構 成した。 ここで付勢部材の少なくとも一部が、 リ字状の腕部の内側に位置す るように配置さした。 [0008] According to still another feature of the present invention, a working machine has a housing for accommodating a power source, and a cylindrical gripping portion provided in the housing and provided with an operating portion for performing on/off operation of the power source. Then, the axial direction of the grip portion is configured to be substantially parallel to the moving direction of the annular member. In addition, the work machine has an output shaft having an axis in a direction intersecting with the rotation direction of the power source, and a cylindrical portion is formed in the reciprocating motion converting portion and is fixed to the output shaft. It has a II-shaped arm that extends in contact with the rotating part, and is configured so that the output shaft reciprocates by a predetermined angle in the circumferential direction by the reciprocating motion converting part. Here, at least a part of the biasing member is arranged so as to be located inside the L-shaped arm portion.
発明の効果 Effect of the invention
[0009] 本発明によれば、 往復動駆動時の反力伝達を抑制でき、 往復動変換部から回 転部を介して回転軸側に伝わる振動を大幅に低減できる。 しかも、 円環部材 はスプリング等の付勢手段によって付勢されるので、 円環部材と往復動変換 部の接触状況を良好に維持することができ、 接触部材が往復動変換部と衝突 する際に発生する高周波の荷重を効果的に減衰できる。 この結果、 円環部材 に対し軸方向の両側に付勢部材を設けることにより、 伝達される不要な荷重 を 2つの方向で減衰、 或いは、 伝達を遮断し、 ボールベアリング等の円環部 材の耐久性を大幅に向上させることが可能になった。 [0009] According to the present invention, it is possible to suppress reaction force transmission during reciprocating driving, and to significantly reduce vibration transmitted from the reciprocating motion converting unit to the rotating shaft side via the rotating unit. Moreover, since the annular member is urged by the urging means such as a spring, it is possible to maintain a good contact condition between the annular member and the reciprocating motion converting portion, and when the contact member collides with the reciprocating motion converting portion. The high-frequency load generated in the can be effectively damped. As a result, by providing urging members on both sides in the axial direction with respect to the annular member, the unnecessary load transmitted is attenuated or blocked in two directions, and the annular member such as ball bearings is blocked. It has become possible to greatly improve durability.
図面の簡単な説明 Brief description of the drawings
[0010] [図 1]本発明の実施例に係る作業機 1の全体構造を示す縦断面図である。 [0010] [Fig. 1] Fig. 1 is a vertical sectional view showing the overall structure of a working machine 1 according to an embodiment of the present invention.
[図 2]本発明の実施例に係る作業機 1の上面図である。 FIG. 2 is a top view of the working machine 1 according to the embodiment of the present invention.
[図 3]図 1の作業機 1の前方部分の拡大縦断面図である。 [Fig. 3] Fig. 3 is an enlarged vertical sectional view of a front portion of the working machine 1 of Fig. 1.
[図 4]図 1の作業機 1の動力伝達機構 3 5の図であり、 (八) は組み込んだ状 態の斜視図で有り、 (巳) は展開した状態の斜視図である。 [Fig. 4] Fig. 4 is a view of the power transmission mechanism 35 of the working machine 1 of Fig. 1, (8) is a perspective view of the assembled state, and (M) is a perspective view of the unfolded state.
[図 5]図 1の作業機 1の動力伝達機構 3 5の図であり、 (八) は上面図で、 ( \¥0 2020/175009 4 卩(:17 2020 /003665 [Fig. 5] Fig. 5 is a view of the power transmission mechanism 35 of the work implement 1 of Fig. 1, (8) is a top view, \\0 2020/175009 4 卩 (: 17 2020 /003665
巳) は側面図 (一部断面図) である。 (Mami) is a side view (partially sectional view).
[図 6]本発明の第 2の実施例に係る作業機 1 の前方部分の拡大縦断面図であ る。 FIG. 6 is an enlarged vertical cross-sectional view of the front part of the working machine 1 according to the second embodiment of the present invention.
[図 7]図 6の作業機 1 八の動力伝達機構 7 5の図であり、 (八) は上面図で、 (巳) は側面図 (一部断面図) である。 [Fig. 7] Fig. 7 is a view of the power transmission mechanism 75 of the working machine 18 of Fig. 6, where (8) is a top view and (M) is a side view (partially sectional view).
[図 8] ( ) は従来の作業機 1 0 1の前方部分の部分縦断面図であり、 (巳) は部分横断面図 (一部断面図) である。 [Fig. 8] () is a partial vertical cross-sectional view of the front part of the conventional working machine 101, and (M) is a partial cross-sectional view (partial cross-sectional view).
[図 9]従来の作業機 1 0 1の動力伝達機構 1 3 5であり、 ( ) は上面図で、 (巳) は側面図である。 [Fig. 9] Fig. 9 is a power transmission mechanism 1335 of the conventional working machine 101, where () is a top view and (M) is a side view.
[図 10]従来の作業機 1 0 1の動力伝達機構 1 3 5に加わる荷重を説明するた めの上面図である。 FIG. 10 is a top view for explaining the load applied to the power transmission mechanism 1 3 5 of the conventional work machine 10 1.
発明を実施するための形態 MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
実施例 1 Example 1
[001 1] 以下、 本発明の実施例を図面に基づいて説明する。 以下の図において、 同一 の部分には同一の符号を付し、 繰り返しの説明は省略する。 本明細書では作 業機の実施例として、 電動モータにより駆動軸に沿って周方向に数度程度先 端工具を揺動させる携帯型の作業機を用いて説明する。 尚、 本明細書におい ては前後左右、 上下の方向は図中に示す方向であるとして説明する。 [001 1] Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. In the following figures, the same parts are designated by the same reference numerals, and repeated description will be omitted. In this specification, as an example of the working machine, a portable working machine in which the tip tool is oscillated by a few degrees in the circumferential direction along the drive shaft by an electric motor will be described. In this specification, the front-rear, left-right and up-down directions will be described as the directions shown in the drawings.
[0012] 図 1は本発明の実施例に係る作業機 1の縦断面図である。 作業機 1は、 モー 夕 1 5を収容した装置本体 1 0と、 モータ 1 5に電力を供給する電池パック 9 0とを有する。 電池パック 9 0は装置本体 1 0に着脱することが可能であ る。 作業機 1は、 商用電源のコンセントに接続する電源コードが装置本体 1 0に設けられない、 いわゆるコードレスタイプである。 [0012] FIG. 1 is a vertical cross-sectional view of a working machine 1 according to an embodiment of the present invention. The working machine 1 has an apparatus body 10 accommodating the motor 15 and a battery pack 90 that supplies electric power to the motor 15. The battery pack 90 can be attached to and detached from the device body 10. The work machine 1 is a so-called cordless type in which a power cord for connecting to a commercial power outlet is not provided in the device body 10.
[0013] 装置本体 1 0のハウジングは、 軸線八 1方向を長手方向とする筒状のモータ ハウジング 2と、 軸線八 1 に沿った方向でモータハウジング 2の一端に取り 付けられたカバー 3を有する。 モータハウジング 2とカバー 3は別体式であ り、 カバー 3は、 ネジ等の固定要素によりモータハウジング 2に固定される 。 モータハウジング 2は軸線八 1 を長手軸とする筒形状であり、 モータハウ 〇 2020/175009 5 卩(:171? 2020 /003665 [0013] The housing of the device main body 10 has a cylindrical motor housing 2 whose longitudinal direction is the axis 81, and a cover 3 attached to one end of the motor housing 2 in the direction along the axis 81. .. The motor housing 2 and the cover 3 are separate units, and the cover 3 is fixed to the motor housing 2 with a fixing element such as a screw. The motor housing 2 has a cylindrical shape with the axis 81 as the longitudinal axis. 〇 2020/175009 5 卩 (:171? 2020 /003665
ジング 2の後方側には、 軸線八 1の径方向に拡がるようにして電池パック 9 0を装着するための電池パック装着部 6が形成される。 A battery pack mounting portion 6 for mounting the battery pack 90 is formed on the rear side of the casing 2 so as to extend in the radial direction of the axis 81.
[0014] 動力源であるモータ 1 5はモータハウジング 2内の軸線八 1方向の中央付近 に設けられる。 モータ 1 5はブラシレス〇〇モータであって、 回転軸 1 8に 永久磁石を有するロータ 1 6が固定され、 ロータ 1 6の外周側にコイルが卷 かれたステータ 1 7が配置される。 回転軸 1 8の後方側の端部は軸受 3 2に よってモータハウジング 2に軸支される。 回転軸 1 8の前方側の端部にはス ピンドル 3 6が接続される。 スピンドル 3 6は、 モータ 1 5によって回転さ れる回転軸であって、 大径の軸受 3 4によってホルダ 2 9に回転可能に軸支 される。 The motor 15 as a power source is provided in the motor housing 2 near the center in the direction of the axis 81. The motor 15 is a brushless motor, in which a rotor 16 having a permanent magnet is fixed to a rotating shaft 18 and a stator 17 having a coil is arranged on the outer peripheral side of the rotor 16. The rear end of the rotary shaft 18 is axially supported by the motor housing 2 by the bearing 3 2. A spindle 3 6 is connected to the front end of the rotary shaft 18. The spindle 36 is a rotary shaft rotated by a motor 15 and is rotatably supported by a holder 29 by a large-diameter bearing 34.
[0015] モータハウジング 2のうち、 軸線八 1 に沿った方向で、 スイッチレバー 2 6 [0015] Of the motor housing 2, the switch lever 2 6
3付近と電池パック装着部 6との間が把持部 5であり、 作業者は把持部 5を 片手で握りながら作業をおこなう。 スイッチレバー 2 6 3は前後方向にスラ イ ド可能であって、 スライ ドアーム 2 6匕によってスイッチ 2 5にその操作 が伝達される。 スイッチ 2 5はモータ 1 5の回転をオン又はオフにするもの であって、 モータハウジング 2内に設けられる。 A gripping part 5 is located between the vicinity 3 and the battery pack mounting part 6, and the worker performs the work while gripping the gripping part 5 with one hand. The switch lever 2 63 is slidable in the front-rear direction, and its operation is transmitted to the switch 25 by the sliding arm 26. The switch 25 is for turning on or off the rotation of the motor 15 and is provided in the motor housing 2.
[0016] モータハウジング 2のうち、 中央付近から後方側にかけては、 モータ 1 5と 、 モータ 1 5の回転を制御するための制御回路部 2 0が収容され、 後方上部 には速度調整ダイヤル 2 3が設けられる。 速度調整ダイヤル 2 3は、 モータ 1 5の目標回転数を設定する機構であり、 作業者により操作される。 制御回 路部 2 0は、 回路基板 2 1上に図示しないマイクロコンピュータ、 電源回路 や、 半導体スイッチング素子 2 2等が搭載される。 半導体スイッチング素子 2 2は、 6つの 巳丁 (電界効果トランジスタ) や丨 〇巳丁 (絶縁ゲートバ イボーラトランジスタ) を含み、 モータ 1 5へ駆動電流を供給するインバー 夕回路を形成する。 図示しないマイクロコンピュータは、 演算部、 記憶部、 入カポート、 出カポート等を備えた市販のワンチップマイコンを用いること ができ、 速度調整ダイヤル 2 3やスイッチ 2 5の出力に基づいて、 モータ 1 5の回転制御を行う。 〇 2020/175009 6 卩(:171? 2020 /003665 [0016] From the vicinity of the center to the rear side of the motor housing 2, the motor 15 and the control circuit section 20 for controlling the rotation of the motor 15 are housed, and the speed adjusting dial 2 3 Is provided. The speed adjustment dial 23 is a mechanism for setting the target rotation speed of the motor 15 and is operated by the operator. The control circuit unit 20 has a microcomputer (not shown), a power supply circuit, a semiconductor switching element 22 and the like mounted on a circuit board 21. The semiconductor switching element 2 2 includes six M6 (field effect transistor) and M6 (insulated gate bipolar transistor), and forms an inverter circuit that supplies a drive current to the motor 15. The microcomputer (not shown) can use a commercially available one-chip microcomputer equipped with a calculation unit, a storage unit, an input port, an output port, etc., and the motor 15 Rotation control. 〇 2020/175009 6 卩(:171? 2020/003665
[0017] 電池パック装着部 6にはレール部 (図では見えない) が形成され、 電池パッ ク 9 0のレール溝部と係合することによって、 電池パック 9 0が装置本体 1 〇に装着される。 電池パック 9 0の装着方向は、 モータ 1 5の回転軸線八 1 と交差する方向であって、 上から下方向が本実施例での装着方向である。 電 池パック 9 0は、 図示しない複数の電池セルを合成樹脂製のケース 9 1、 9 2の内部に収容したものである。 電池セルは、 充電及び放電を繰り返し行う ことのできる二次電池であって、 リチウムイオン電池セル等の公知の電池を 用いることができる。 上側のケース 9 1 には電池パック装着部 6側のレール 部と嵌合するための図示しないレール溝が設けられる。 電池パック装着部 6 に電池パック 9 0が取り付けられると複数の本体側端子 1 3は電池側端子 9 4と嵌合するので、 電池パック 9 0の電力を制御回路部 2 0に供給すること が可能となる。 本体側端子 1 3は電カケーブル 2 8及び信号ケーブルにより 回路基板 2 1 に接続される。 [0017] A rail portion (not visible in the figure) is formed in the battery pack mounting portion 6, and the battery pack 90 is mounted on the device body 10 by engaging with the rail groove portion of the battery pack 90. .. The mounting direction of the battery pack 90 intersects with the rotation axis 81 of the motor 15 and the mounting direction in this embodiment is from top to bottom. The battery pack 90 has a plurality of battery cells (not shown) housed in cases 9 1 and 9 2 made of synthetic resin. The battery cell is a secondary battery that can be repeatedly charged and discharged, and a known battery such as a lithium ion battery cell can be used. The upper case 91 is provided with a rail groove (not shown) for fitting with the rail portion on the battery pack mounting portion 6 side. When the battery pack 90 is attached to the battery pack mounting part 6, the main body side terminals 13 are fitted with the battery side terminals 94, so that the power of the battery pack 90 can not be supplied to the control circuit section 20. It will be possible. The main unit side terminal 13 is connected to the circuit board 21 by an electric cable 28 and a signal cable.
[0018] 電池パック 9 0を電池パック装着部 6から取り外す際には左右両側に設けら れるラッチボタン 9 3を押し込みながら電池パック 9 0を上方に移動させる 。 電池パック装着部 6の前方側には、 電池パック
Figure imgf000008_0001
[0018] When removing the battery pack 90 from the battery pack mounting portion 6, the battery pack 90 is moved upward while pressing the latch buttons 93 provided on the left and right sides. On the front side of the battery pack mounting part 6,
Figure imgf000008_0001
4の点灯スイッチを有する操作パネル 2 4が設けられる。 An operation panel 24 having four lighting switches is provided.
[0019] モータ 1 5の回転軸 1 8の前方側には、 モータ 1 5によって回転する回転軸 たるスピンドル 3 6と、 スピンドル 3 6の回転力によって駆動される動力伝 達機構 3 5が設けられる。 スピンドル 3 6には合成樹脂製の冷却ファン 2 7 が設けられ、 冷却ファン 2 7はモータ 1 5の回転に同期して回転することに より、 モータハウジング 2の吸気口 9 3 (図 2参照) から外気を吸引して、 制御回路部 2 0やモータ 1 5等の発熱部位を冷却した後に、 冷却ファン 2 7 の外周付近に形成された排気口 9 13から空気を外部に排出させる。 [0019] On the front side of the rotary shaft 18 of the motor 15 are provided a spindle 36 that is a rotary shaft rotated by the motor 15 and a power transmission mechanism 35 that is driven by the rotational force of the spindle 36. .. The spindle 36 has a cooling fan 27 made of synthetic resin. The cooling fan 27 rotates in synchronization with the rotation of the motor 15 so that the intake port 9 3 of the motor housing 2 (see Fig. 2) After sucking the outside air from the air and cooling the heat generating parts such as the control circuit portion 20 and the motor 15, the air is exhausted to the outside from the exhaust port 9 13 formed near the outer periphery of the cooling fan 27.
[0020] 動力伝達機構 3 5は偏心して回転する円筒部材 (図 3、 4で詳述する軸受 4 The power transmission mechanism 35 is a cylindrical member that rotates eccentrically (the bearing 4 described in detail in FIGS. 3 and 4).
5) と、 円筒部材に接することによって偏心回転を往復方向への動きに変換 する往復動変換部 (スイングアーム 4 0) を含んで構成される。 動力伝達機 構 3 5は、 回転軸 1 8の回転力によって、 出力軸 5 0を軸線 1 を中心に所 〇 2020/175009 7 卩(:171? 2020 /003665 5) and a reciprocating motion conversion unit (swing arm 40) that converts eccentric rotation into motion in the reciprocating direction by contacting the cylindrical member. The power transmission mechanism 35 is arranged so that the output shaft 50 is centered on the axis 1 by the rotational force of the rotary shaft 18. 〇 2020/175009 7 卩(: 171-1?2020/003665
定角度の範囲内で周方向に揺動させる力に変換する機構である。 スイングア —ム 4 0は、 先端工具 8 0が取りつけられる出力軸 5 0に固定され、 スイン グアーム 4 0を揺動させることで出力軸 5 0が軸線巳 1 を中心とした揺動を することになる。 It is a mechanism that converts the force into a swinging motion in the circumferential direction within a range of a constant angle. The swing arm 40 is fixed to the output shaft 50 to which the accessory tool 80 is attached, and by swinging the swing arm 40, the output shaft 50 swings about the axial line 1. Become.
[0021 ] モータハウジング 2の前方側の開口にはカバー 3が取り付けられる。 カバー A cover 3 is attached to the opening on the front side of the motor housing 2. cover
3の内部には合成樹脂製のホルダ 2 9が設けられ、 筒形状の出力軸 5 0を軸 線巳 1 を中心に回転自在に支持する。 また、 ホルダ 2 9内の空間に動力伝達 機構 3 5が設けられる。 ホルダ 2 9は、 スピンドル 3 6を保持するための軸 受 3 4を円筒状のスリーブ 3 3を介して固定する。 ホルダ 2 9の内側であっ て動力伝達機構 3 5の周囲は、 十分な量のグリスが充填され、 回転部分や摺 動部分の摩擦を低減する。 出力軸 5 0は、 スピンドル 3 6の回転軸方向 (軸 線八 1方向) と直交方向に延在し、 ホルダ 2 9の下側の貫通穴部 2 9 3から 下方に延在する。 出力軸 5 0の下側には、 固定部材たる取付ボルト 5 8によ って先端工具 8 0が取り付けられる。 A holder 29 made of synthetic resin is provided in the inside of 3, and supports a cylindrical output shaft 50 rotatably around an axial shaft 1. Further, a power transmission mechanism 35 is provided in the space inside the holder 29. The holder 29 fixes a bearing 34 for holding the spindle 36 through a cylindrical sleeve 33. The inside of the holder 29 and the periphery of the power transmission mechanism 35 are filled with a sufficient amount of grease to reduce the friction of the rotating portion and the sliding portion. The output shaft 50 extends in a direction orthogonal to the direction of the rotation axis of the spindle 36 (direction of the axis 81) and extends downward from the lower through hole 293 of the holder 29. A tip tool 80 is attached to the lower side of the output shaft 50 by a mounting bolt 58 that is a fixing member.
[0022] モータハウジング 2とカバー 3は合成樹脂の成形品であって、 左右に 2分割 できるように形成される。 モータハウジング 2とカバー 3の左側部分には、 ネジボス 7 3 ~ 7 1< (図では 7 3、 7〇, 7 は見えない) が形成され、 右 側部分にはネジ穴を有するネジボス (図では見えない) が対応して形成され 、 それらは複数のネジ (図ではネジ 8〇、 8 のみを図示) にて固定される 。 カバー 3の前側側面には !_巳 0による照明装置 1 4が設けられ、 先端工具 8 0による作業箇所付近を照射する。 [0022] The motor housing 2 and the cover 3 are molded products of synthetic resin, and are formed so that they can be divided into left and right parts. On the left side of the motor housing 2 and cover 3, screw bosses 7 3 to 7 1< (7 3, 7 0, 7 are not visible in the figure) are formed, and on the right side there are screw bosses (in the figure, screw bosses). (Not visible) are formed correspondingly, and they are fixed with multiple screws (only screws 80 and 8 are shown in the figure). The front side surface of the cover 3 is provided with an illuminator 14 by !_0, which illuminates the vicinity of the work area by the tip tool 80.
[0023] 図 2は本発明の実施例に係る作業機 1の上面図である。 モータハウジング 2 は円筒状で有り、 スイツチレバー 2 6 3から速度調整ダイヤル 2 3までの領 域が作業者が手で把持するための把持部 5 (符号は図 1参照) となる。 モー タハウジング 2の前端付近であって、 冷却ファン 2 7の左右両側には、 冷却 風の吸気口 9 3と排気口 9 13がそれぞれ設けられる。 モータハウジング 2の 前方側には出力軸 5 0 (図 1参照) と動力伝達機構 3 5 (図 1参照) を収容 するカバー 3が接続される。 先端工具 8 0は、 カバー 3よりも前方側に突出 〇 2020/175009 8 卩(:171? 2020 /003665 するもので、 図 2の例では上面視で略長方形のブレードである。 モータハウ ジング 2の後方側には電池パック 9 0が装着される。 尚、 本実施例の作業機 1は、 電池パック 9 0を電源とするが、 図示しない電源ケーブルをモータハ ウジング 2の後方側に接続することによって商用交流電源にて動作させるよ うにしたコード式の作業機においても同様に本発明を適用できる。 [0023] Fig. 2 is a top view of the working machine 1 according to the embodiment of the present invention. The motor housing 2 has a cylindrical shape, and an area from the switch lever 2 63 to the speed adjusting dial 23 is a gripping portion 5 (see FIG. 1 for reference) for the operator to manually grip. An inlet 9 3 and an outlet 9 13 for cooling air are provided near the front end of the motor housing 2 and on both left and right sides of the cooling fan 27. On the front side of the motor housing 2, a cover 3 that houses the output shaft 50 (see Fig. 1) and the power transmission mechanism 35 (see Fig. 1) is connected. Tip tool 80 protrudes more forward than cover 3. 〇 2020/175009 8 (:171? 2020/003665), which is a blade that is substantially rectangular in a top view in the example of Fig. 2. A battery pack 90 is mounted on the rear side of the motor housing 2. Although the working machine 1 of the present embodiment uses the battery pack 90 as a power source, it is a cord-type work that is operated by a commercial AC power source by connecting a power cable (not shown) to the rear side of the motor housing 2. The present invention can be similarly applied to a machine.
[0024] 図 3は、 図 1の作業機 1のモータ 1 5よりも前方部分の拡大縦断面図である 。 スピンドル 3 6は、 一端側 (後端側) に嵌合孔 3 6 が形成され、 嵌合孔 3 6 にモータ 1 5の回転軸 1 8が圧入される。 スピンドル 3 6の他端側 ( 前端側) には、 軸線 1 に対して偏心して取りつけられる軸受 4 5が設けら れ、 軸受 4 5を介してスピンドル 3 6の回転力がスイングアーム 4 0に伝達 される。 なお、 軸受 4 5はボールベアリングであり、 便宜上軸受と呼称する が、 スピンドル 3 6を軸支するものではない。 スピンドル 3 6のうち軸受 4 5が設けられる部分は偏心軸 (図 4で詳述する細径部 3 6〇) になっていて 、 スピンドル 3 6が回転することによって軸受 4 5が回転軸線八 1の周りを 公転する。 偏心軸 3の後側部分には、 偏心軸と同軸の偏心円筒面 3 7が形成 され、 そこにバランスウェイ ト 3 9が装着される。 バランスウェイ ト 3 9は 、 偏心軸によって回転軸線 1から一方向にずれた重心位置を逆方向に偏心 させるためのするウェイ トを置くことによって回転バランスを取るものであ る。 スイングアーム 4 0は、 出力軸 5 0の外周面に固定されるものであって 、 出力軸 5 0と共に軸線巳 1 を中心に回動する。 スイングアーム 4 0には、 出力軸 5 0の外周部分から径方向外側方向に延在する 2本のアーム部 4 2 3 4 2 b (符号は図 4参照) が形成され、 軸受 4 5の外輪と接触する。 [0024] Fig. 3 is an enlarged vertical sectional view of a portion in front of the motor 15 of the working machine 1 of Fig. 1. A fitting hole 36 is formed on one end side (rear end side) of the spindle 36, and the rotary shaft 18 of the motor 15 is press-fitted into the fitting hole 36. On the other end side (front end side) of the spindle 36, a bearing 45 mounted eccentrically with respect to the axis 1 is provided, and the rotational force of the spindle 36 is transmitted to the swing arm 40 via the bearing 45. To be done. The bearing 45 is a ball bearing and is called a bearing for convenience, but it does not support the spindle 36. The part of the spindle 36 that is provided with the bearing 45 is an eccentric shaft (small diameter part 360 described in detail in Fig. 4), and the rotation of the spindle 36 causes the bearing 45 to rotate. Revolve around. An eccentric cylindrical surface 37 coaxial with the eccentric shaft 3 is formed in the rear portion of the eccentric shaft 3, and a balance weight 39 is mounted on the eccentric cylindrical surface 37. The balance weight 39 is to balance the rotation by placing a weight for decentering the center of gravity position deviated from the rotation axis 1 in one direction by the eccentric shaft in the opposite direction. The swing arm 40 is fixed to the outer peripheral surface of the output shaft 50 and rotates together with the output shaft 50 around the axial line 1. The swing arm 40 has two arms 4 2 3 4 2 b (see Fig. 4 for reference numbers) that extend radially outward from the outer peripheral portion of the output shaft 50, and the outer ring of the bearing 4 5 is formed. Contact with.
[0025] 出力軸 5 0は軸線巳 1 を中心に、 周方向に回動可能なように保持される回転 体であって、 ボ _ル式 (ボ _ルベアリング) の軸受 5 5と二 _ドル式 (二一 ドルベアリング) の軸受 5 6によってホルダ 2 9に軸支される。 出力軸 5 0 は、 大径部 5 1 3と小径部 5 1 匕を有する中空の円筒部 5 1 と、 円筒部 5 1 の上側の開口を塞ぐと共に軸受 5 5によって軸支される支持軸 5 7を含んで 構成される。 円筒部 5 1の大径部 5 1 3と小径部 5 1 匕は、 出力軸線巳 1 に 〇 2020/175009 9 卩(:171? 2020 /003665 [0025] about the output shaft 5 0 Jikusenmi 1, a rotary member which is held in the circumferential direction so as to be rotatable, the bearing 5 5 and the secondary _ dollar ball _ le formula (ball _ bearings) It is rotatably supported on the holder 2 9 by the bearing 5 6 of the formula (21 dollar bearing). The output shaft 5 0 includes a hollow cylindrical portion 5 1 having a large diameter portion 5 13 and a small diameter portion 5 1 and a support shaft 5 5 that closes the upper opening of the cylindrical portion 5 1 and is rotatably supported by a bearing 5 5. Comprised of seven. The large diameter part 5 1 3 and the small diameter part 5 1 of the cylindrical part 5 1 are connected to the output shaft line 1. 〇 2020/175009 9 卩(:171? 2020/003665
沿った方向に並べて設けられ、 大径部 5 1 3の内側空間は、 小径部 5 1 匕の 内側空間よりも大きくなっている。 小径部 5 1 匕は、 ホルダ 2 9の貫通穴部 2 9 3よりも下側に突出してカバー 3のより外部に露出する。 支持軸 5 7は 2つの異なる径を有する円筒状であり、 支持軸 5 7のうち細径部分は軸受 5 5を介してホルダ 2 9により回転可能に支持され、 大径部分は外周側に形成 された雄ねじ部が大径部 5 1 3の内周側に形成された雌ネジ部と螺合する。 支持軸 5 7は出力軸 5 0と同心状に配置され、 出力軸 5 0及び支持軸 5 7は 一体で回転する。 出力軸 5 0及び支持軸 5 7は、 出力軸線巳 1 に沿った方向 には実質的に移動しないようにホルダ 2 9に軸支される。 円筒部 5 1の大径 部 5 1 3の外周部に当接するように二ードルベアリング 5 6がホルダ 2 9に 設けられる。 ホルダ 2 9の下側にはホルダ 2 9内に充填されたグリスが外部 に漏洩しないようにシール部材 6 6にて密封される。 The inner space of the large-diameter portion 5 13 is larger than the inner space of the small-diameter portion 5 1 3 and is arranged side by side. The small-diameter portion 51 is projected below the through hole portion 29 3 of the holder 29 and is exposed to the outside of the cover 3. The support shaft 57 has a cylindrical shape with two different diameters. The small diameter part of the support shaft 57 is rotatably supported by the holder 29 via the bearing 55, and the large diameter part is formed on the outer peripheral side. The formed male screw portion is screwed with the female screw portion formed on the inner peripheral side of the large diameter portion 5 13. The support shaft 57 is arranged concentrically with the output shaft 50, and the output shaft 50 and the support shaft 57 rotate integrally. The output shaft 50 and the support shaft 57 are pivotally supported by the holder 29 so as not to move substantially in the direction along the output shaft line 1. A holder 2 9 is provided with a needle bearing 5 6 so as to come into contact with the outer periphery of the large diameter portion 5 13 of the cylindrical portion 5 1. The lower part of the holder 29 is sealed with a seal member 6 6 so that the grease filled in the holder 29 does not leak outside.
[0026] 支持軸 5 7内には第 1シャフト 5 2が設けられる。 第 1シャフト 5 2の一部 は円筒部 5 1内に配置される。 第 1シャフト 5 2の下側の軸心には雌ネジ穴 が形成され、 雌ネジ穴に第 2シャフト 5 3の上端の雄ねじ部が螺合される。 第 2シャフト 5 3は円筒部 5 1の内側に位置して、 下側端部に雌ネジ部を形 成することによって、 先端工具 8 0を固定するための取付ボルト 5 8を螺合 させるためのものである。 第 1シャフト 5 2のうち大径部 5 1 3内に配置さ れた箇所に、 外向きフランジ 5 2 3が設けられる。 円筒部 5 1 と小径部 5 1 匕との間に段差が形成され、 段差と第 1シャフト 5 2の間にスプリング 5 4 が設けられる。 スプリング 5 4は金属製の圧縮コイルパネであり、 出力軸線 巳 1方向に沿って、 第 1シャフト 5 2と円筒部 5 1が離反する方向に付勢す る。 第 1シャフト 5 2はスプリング 5 4の力で上向きに押され、 上側端部が 支持軸 5 7の中央の貫通孔を貫通する。 第 1シャフト 5 2の上側細径部の外 周面は、 支持軸 5 7の内周面に対して軸方向に摺動可能である。 A first shaft 52 is provided in the support shaft 57. A part of the first shaft 52 is arranged inside the cylindrical portion 51. A female screw hole is formed in the lower shaft center of the first shaft 52, and a male screw portion at the upper end of the second shaft 53 is screwed into the female screw hole. The second shaft 53 is located inside the cylindrical part 51, and by forming a female screw part at the lower end, the mounting bolt 58 for fixing the accessory tool 80 is screwed. belongs to. An outward flange 5 23 is provided at a position of the first shaft 5 2 which is located in the large diameter portion 5 13 3. A step is formed between the cylindrical portion 5 1 and the small diameter portion 51, and a spring 5 4 is provided between the step and the first shaft 5 2. The spring 54 is a compression coil panel made of metal, and urges the first shaft 52 and the cylindrical portion 51 away from each other along the direction of the output axis 1. The first shaft 52 is pushed upward by the force of the spring 54, and the upper end portion penetrates the through hole in the center of the support shaft 57. The outer peripheral surface of the upper small diameter portion of the first shaft 52 is slidable in the axial direction with respect to the inner peripheral surface of the support shaft 57.
[0027] 円筒部 5 1の小径部 5 1 匕内に亙って第 2シャフト 5 3が配置される。 第 1 シャフト 5 2及び第 2シャフト 5 3は出力軸線巳 1 に沿った方向に一体で移 動可能である。 小径部 5 1 匕の下端部には工具支持部 5 9が設けられる。 エ 〇 2020/175009 10 卩(:171? 2020 /003665 [0027] The second shaft 5 3 is arranged in the small diameter portion 5 1 of the cylindrical portion 5 1. The first shaft 5 2 and the second shaft 5 3 can move integrally in the direction along the output axis line 1. A tool supporting portion 59 is provided at the lower end of the small diameter portion 51. D 〇 2020/175009 10 boxes (:171? 2020 /003665
具支持部 5 9の中心には軸孔が設けられ、 軸孔を貫通するように取付ボルトA shaft hole is provided in the center of the tool support 59, and the mounting bolt is inserted through the shaft hole.
5 8が揷入される。 取付ボルト 5 8は第 2シャフト 5 3に着脱可能であって 、 上側部分は雄ネジ部が形成された軸部 5 8 3と六角形状の頭部 5 8匕が形 成される。 出力軸線巳 1 に沿った方向の両側から、 取付ボルト 5 8と工具支 持部 5 9が協働して先端工具 8 0を挟んで固定する。 5 8 are stolen. Mounting bolt 5 8 is a detachable second shaft 3, the upper part is hexagonal head 5 8 spoon and the shaft portion 5 8 3 male threaded portion is formed is made form. From both sides in the direction along the output shaft line 1, the mounting bolt 5 8 and the tool support 5 9 cooperate to fix the tip tool 8 0 by sandwiching it.
[0028] 円筒部 5 1の小径部 5 1 匕には、 クランプ部材 6 3が設けられる。 クランプ 部材 6 3は 2個設けられており、 クランプ部材 6 3は小径部 5 1 匕に形成さ れた径方向の貫通穴に沿って、 軸線巳 1の径方向に移動可能とすることによ って取付ボルト 5 8を第 2シャフト 5 3から取り外すことの可能なロック解 除状態と解除状態を切り替える。 ガイ ド部材 6 2は、 クランプ部材 6 3を口 ック状態とする第 1の回転位置と、 クランプ部材 6 3をロック解除状態とす る第 2の回転位置に移動可能である。 ガイ ドカバー 6 0はガイ ド部材 6 2の 外側に設けられる円筒状のカバーである。 A clamp member 63 is provided on the small diameter portion 51 of the cylindrical portion 51. Two clamp members 6 3 are provided, and the clamp member 6 3 is movable in the radial direction of the axial shaft 1 along the radial through hole formed in the small diameter portion 51. The mounting bolt 5 8 can be removed from the second shaft 5 3 by switching between the unlocked state and the unlocked state. The guide member 62 is movable to a first rotational position in which the clamp member 63 is in a locked state and a second rotational position in which the clamp member 63 is unlocked. The guide cover 60 is a cylindrical cover provided outside the guide member 62.
[0029] 図 4は本実施例の作業機 1の動力伝達機構 3 5の図であり、 ( ) は組み込 んだ状態の斜視図で有り、 (巳) は展開した状態の斜視図である。 動力伝達 機構 3 5は、 モータ 1 5の回転軸 1 8に接続されるものであって、 回転軸 1 8と一体回転するスピンドル 3 6と、 スイングアーム 4 0と、 スピンドル 3 6からスイングアーム 4 0を接続するボールべアリング式の軸受 4 5を含ん で構成される。 [0029] Fig. 4 is a view of the power transmission mechanism 35 of the working machine 1 of the present embodiment, where () is a perspective view of the assembled state and (M) is a perspective view of the deployed state. .. The power transmission mechanism 35 is connected to the rotary shaft 18 of the motor 15 and includes a spindle 36 that rotates integrally with the rotary shaft 18, a swing arm 40, and a spindle 3 6 to a swing arm 4 5. It consists of ball bearing type bearings 45 that connect 0.
[0030] 動力伝達機構 3 5は、 偏心して回転する “偏心回転部” と “往復動変換部” によって構成される。 偏心回転部は、 回転軸の回転によって偏心して回転す る回転部分である。 本実施例では、 スピンドル 3 6に、 回転部の一部を構成 する偏心軸 3 6〇を形成した。 つまり、 スピンドル 3 6は回転軸と偏心軸 3 The power transmission mechanism 35 is composed of an “eccentric rotating part” and an “reciprocating motion converting part” that rotate eccentrically. The eccentric rotating part is a rotating part that is eccentrically rotated by the rotation of the rotating shaft. In the present embodiment, the spindle 36 is provided with the eccentric shaft 360 that constitutes a part of the rotating portion. In other words, the spindle 3 6
6〇の双方の機能を果たす。 スピンドル 3 6は、 金属の削り出し加工によっ て製造され、 モータ 1 5に近い後方側から、 モータ 1 5の回転軸 1 8を圧入 させるための嵌合孔 3 6 を形成するための太径部 3 6 3と、 外周側にてボ —ル式の軸受 4 5によって軸支される中径部 3 6匕と、 細径部 3 6〇が形成 される。 ここで細径部 3 6〇は円柱状に形成されるが、 細径部 3 6〇の中心 〇 2020/175009 1 1 卩(:171? 2020 /003665 Performs both functions of 60. The spindle 36 is manufactured by carving metal and has a large diameter for forming a fitting hole 36 for press-fitting the rotating shaft 18 of the motor 15 from the rear side close to the motor 15. A portion 3 63, a medium diameter portion 3 6 which is rotatably supported by a ball type bearing 4 5 on the outer peripheral side, and a small diameter portion 3 6 0 are formed. Here, the small diameter portion 360 is formed in a cylindrical shape, but the center of the small diameter portion 360 is 〇 2020/175009 1 1 卩(:171? 2020/003665
軸は、 太径部 3 6 3及び中径部 3 6 の中心軸線 (軸線 1) に対して偏心 するように形成される。 嵌合孔 3 6 にはモータ 1 5の回転軸 1 8が圧入さ れる。 太径部 3 6 3にはエア抜きのための径方向に貫通する貫通穴 3 6 9が 形成され、 回転軸 1 8が嵌合孔 3 6 に圧入されることで、 モータの回転軸 1 8とスピンドル 3 6が相対回転しないように固定される。 The shaft is formed so as to be eccentric with respect to the central axis (axis 1) of the large diameter portion 363 and the medium diameter portion 36. The rotating shaft 18 of the motor 15 is pressed into the fitting hole 36. The large diameter part 3 63 is formed with a through hole 3 6 9 that penetrates in the radial direction for air bleeding, and the rotary shaft 18 is press-fitted into the fitting hole 3 6 so that the rotary shaft 1 8 And spindle 36 are fixed so as not to rotate relative to each other.
[0031 ] 偏心回転部は、 偏心軸である細径部 3 6〇及び軸受 4 5とその付属物で構成 される。 こここでは軸受 4 5が偏心軸 (細径部 3 6〇) と共に回転する円環 部材を構成する。 軸受 4 5はボールベアリングであり、 外周面の形状は樽状 にわずかに湾曲するように形成されている。 軸受 4 5は細径部 3 6〇に圧入 では無くて、 差し込まれている程度であって、 軸方向に摺動可能である。 軸 受 4 5の後方側にはスプリング 4 6が設けられる。 スプリング 4 6は圧縮コ イルパネであり、 その後方側端部が軸受 4 5の内輪に当接し、 前方側端部に ワッシャ 4 7が介在され、 0リング 4 8にて細径部 3 6〇から抜け落ちない ように固定される。 細径部 3 6〇の端部付近には、 0リング 4 8を装着する ための周方向に連続する周方向溝 3 6 ㊀が形成される。 軸受 4 5は。 内輪と 外輪を有し、 それぞれの間にある複数の転動体を有するものであるが、 大き く連続回転するものではなく、 偏心動作によってわずかに外輪が揺動する程 度である。 以上のように、 偏心軸 3 6〇の中心線は、 軸線 1から偏心した 位置となるため、 スピンドル 3 6が回転することによって軸受 4 5が、 軸線 八 1の回りを公転し、
Figure imgf000013_0001
4 2匕が接触して いるスイングアーム 4 0が往復動することになる。 尚、 回転部は本実施例の ように偏心軸 3 6〇 (又は偏心カム) と軸受 4 5で構成しても良いし、 偏心 軸 3 6〇と円環メタル (図示せず) で構成しても良いし、 偏心軸 3 6〇と二 -ドルべアリングで構成しても良い。
[0031] The eccentric rotating portion is composed of a small diameter portion 360 that is an eccentric shaft, a bearing 45, and its accessories. Here, the bearing 45 forms an annular member that rotates together with the eccentric shaft (small diameter portion 360). The bearing 45 is a ball bearing, and the shape of the outer peripheral surface is formed to be slightly curved in a barrel shape. The bearing 45 is not press-fitted into the small-diameter portion 360, but is just inserted and slidable in the axial direction. A spring 4 6 is provided on the rear side of the bearing 4 5. The spring 46 is a compression coil panel, the rear end of which is in contact with the inner ring of the bearing 45, and the washer 47 is interposed at the front end of the spring. It is fixed so that it does not fall out. A circumferential groove 36 ㊀ that is continuous in the circumferential direction for mounting the O-ring 48 is formed near the end of the small diameter portion 360. Bearings 4 5 are. It has an inner ring and an outer ring, and has multiple rolling elements between them, but it does not rotate continuously in a large amount, but the outer ring slightly swings due to eccentric motion. As described above, since the center line of the eccentric shaft 360 is located eccentric from the axis 1, the rotation of the spindle 36 causes the bearing 45 to revolve around the axis 81.
Figure imgf000013_0001
Swing arm 40 that contacts the swamp will reciprocate. The rotating part may be composed of an eccentric shaft 360 (or an eccentric cam) and a bearing 45 as in this embodiment, or may be composed of an eccentric shaft 360 and an annular metal (not shown). Alternatively, it may be configured with eccentric shaft 360 and 2-dol bearing.
[0032] スイングアーム 4 0は、 出力軸 5 0に固定され、 スイングアーム 4 0の出力 軸線巳 1 を中心としたスイング動作が、 出力軸 5 0の出力軸線巳 1 を中心と した周方向の往復動運動に変換される。 スイングアーム 4 0は円筒部 4 1 と 、 軸方向視にてリ字状のアーム部 4 2 3、 4 2 が一体に形成されたもので 〇 2020/175009 12 卩(:171? 2020 /003665 [0032] The swing arm 40 is fixed to the output shaft 50, and the swing motion of the swing arm 40 centering on the output shaft line 1 causes the swing motion in the circumferential direction around the output shaft line 1 of the output shaft 50. Converted to reciprocating motion. The swing arm 40 is formed by integrally forming a cylindrical portion 41 and arm portions 4 2 3 and 4 2 each having a V-shape when viewed in the axial direction. 〇 2020/175009 12 卩(:171? 2020/003665
、 金属製とすることができる。 アーム部 4 2
Figure imgf000014_0001
4 2 匕の軸受 4 5と当接す る部分は、 平坦面 4 3 3、 4 3匕が形成される。 平坦面 4 3 3、 4 3匕は摩 耗を防止するために浸炭処理等の熱処理が施されている。 以上のような動力 伝達機構 3 5が組み付けられると、 付勢部材のほぼ全部が、 軸方向視で II字 状のアーム部 4 2 3、 4 2 の内側に位置するので、 従来では用いられてい なかったスぺースの有効活用を図ることができる。 従って、 従来の動力伝達 機構から大型化させずに、 ほぼ同じ大きさで本実施例を実現できる。
, Can be made of metal. Arm part 4 2
Figure imgf000014_0001
A flat surface 4 3 3, 4 3 is formed in a portion of the 4 2 bearing that comes into contact with the bearing 4 5. The flat surfaces 4 3 3 and 4 3 have been subjected to heat treatment such as carburizing in order to prevent wear. When the power transmission mechanism 35 is assembled as described above, almost all of the urging member is located inside the II-shaped arms 4 2 3 and 4 2 when viewed in the axial direction, so it has been conventionally used. The space that was not there can be effectively utilized. Therefore, this embodiment can be realized with substantially the same size without increasing the size of the conventional power transmission mechanism.
[0033] ここで本実施例の動力伝達機構 3 5の理解のために、 従来例の動力伝達機構 Here, in order to understand the power transmission mechanism 35 of the present embodiment, the power transmission mechanism of the conventional example will be described.
1 3 5を図 8〜図 1 0を用いて説明する。 図 8 (八) は従来の作業機 1 0 1 の前方部分の部分縦断面図であり、 (巳) は部分横断面図である。 本実施例 の作業機 1 と異なるのはスピンドル 1 3 6の形状と、 軸受 4 5の保持構造で ある。 ここではスピンドル 1 3 6には、 付勢部材 (図 4のスプリング 4 6) が設けられていない。 それ以外の構成、 特にホルダ 2 9の形状と出力軸 5 0 及びスイングアーム 4 0は本実施例と同じであり、 同じ部品を用いている。 1 3 5 will be described with reference to FIGS. 8 to 10. FIG. 8 (8) is a partial vertical cross-sectional view of the front part of the conventional working machine 101, and (M) is a partial horizontal cross-sectional view. What is different from the working machine 1 of the present embodiment is the shape of the spindle 1 3 6 and the holding structure of the bearing 4 5. Here, the spindle 1 3 6 is not provided with a biasing member (spring 4 6 in FIG. 4). Other configurations, particularly the shape of the holder 29, the output shaft 50, and the swing arm 40 are the same as in this embodiment, and the same parts are used.
[0034] 図 9は従来の作業機 1 0 1の動力伝達機構 1 3 5であり、 (八) は上面図で 、 (巳) は側面図 (一部断面図) である。 スピンドル 1 3 6の形状は、 図 4 で示したスピンドル 3 6に比べて、 偏心回転部の一部を構成する偏心軸 1 3 6〇の軸方向長さが短いだけである。 そして、 軸受 4 5に軸方向に付勢する スプリングが設けられない。 スイングアーム 4 0は、 本実施例と同じ部品で ある。 スピンドル 1 3 6は、 金属の削り出し加工によって製造され、 モータ 1 5に近い後方側から、 モータ 1 5の回転軸 1 8を圧入させるための嵌合孔 1 3 6 を形成するための太径部 1 3 6 3と、 外周側にてボール式の軸受 4 5によって軸支される中径部 1 3 6匕と、 太径部 1 3 6 3及び中径部 1 3 6 匕の中心軸 (軸線 1) と偏心するように形成される細径部 1 3 6〇を有す る中径部 1 3 6匕の太径部 1 3 6 3との接続部付近の周方向に連続する窪み 1 3 6干は、 切削加工を容易にするために形成したものである。 細径部 1 3 6〇は軸受 4 5を固定するのに必要十分な軸方向長さだけを有し、 端部付近 に〇リング 4 8を取りつけるための、 周方向溝 1 3 6 6が形成される。 軸受 〇 2020/175009 13 卩(:171? 2020 /003665 [0034] Fig. 9 shows a power transmission mechanism 1335 of the conventional working machine 101, where (8) is a top view and (M) is a side view (partial cross-sectional view). As for the shape of the spindle 1336, the axial length of the eccentric shaft 1360 forming a part of the eccentric rotating portion is only shorter than that of the spindle 36 shown in FIG. And, the bearing 45 is not provided with a spring for urging in the axial direction. The swing arm 40 is the same part as in this embodiment. The spindle 1 3 6 is manufactured by carving metal, and has a large diameter for forming a fitting hole 1 3 6 for press-fitting the rotary shaft 18 of the motor 15 from the rear side close to the motor 15. Section 1 3 6 3 and the central diameter section 1 3 6 6 of the large diameter section 1 3 6 3 and the medium diameter section 1 3 6 which are supported by ball type bearings 4 5 on the outer peripheral side. Medium-diameter part with a small-diameter part 1 360 that is formed so as to be eccentric to the axis 1) 1 3 6 A dent continuous in the circumferential direction near the connection with the large-diameter part 1 3 6 3 The 3 6 d is formed to facilitate the cutting process. The small diameter part 1 3 6 0 has only the axial length necessary and sufficient to fix the bearing 4 5 and the circumferential groove 1 3 6 6 is formed near the end to mount the ring 4 8 To be done. bearing 〇 2020/175009 13 卩(:171? 2020/003665
4 5の内輪 4 5 3は、 中径部 1 3 6匕と細径部 1 3 6〇の段差部分と〇リン グ 4 8によって実質的に軸方向に移動できないように保持される。 従って、 軸受 4 5を圧入又は圧入に近い形で細径部 1 3 6〇に取り付けるようにした 。 このように従来の動力伝達機構 1 3 5では細径部 1 3 6〇とスイングアー ム 4 0の円筒部 4 1 との間に、 ある程度の隙間 1 4 3を有することになり、 この隙間 1 4 3がデッ ドスべースになっている。 The inner ring 453 of 4 5 is held by the step portion of the medium diameter portion 1336 and the small diameter portion 1360 and the ring 448 so as to be substantially immovable in the axial direction. Therefore, the bearings 45 are press-fitted or attached to the small-diameter portion 136 in a form close to press-fitting. Thus, the conventional power transmission mechanism 1 3 5 has a certain amount of gap 1 4 3 between the small diameter portion 1 3 6 0 and the cylindrical portion 4 1 of the swing arm 4 0. 4 3 is dead space.
[0035] 図 1 0は従来の作業機 1 0 1の動力伝達機構 1 3 5に加わる荷重を説明する ための上面図である。 図 1 0 (八) は、 回転するスピンドル 1 3 6によって 上面視で左右方向に往復動する軸受 4 5が左端位置からわずかだけ右側に移 動し、 軸受 4 5の右側部分が平坦面 4 3匕を押圧し始めた瞬間の状態を表し ている。 すなわち図 1 0 (八) は、 左方向に (図中での時計回り方向) 移動 していた平坦面 4 3匕を右方向に動いた軸受 4 5が押圧し始めた瞬間を表す 。 軸受 4 5の外周形状は図からも分かるように断面視で湾曲しているので、 スイングアーム 4 0の揺動位置によって、 軸受 4 5と平坦面 4 3 3との接触 位置が変化する。 図 1 0 (八) の場合、 軸受 4 5の中心位置よりもわずかに 後方で軸受 4 5と平坦面 4 3匕とが接触する。 この結果、 平坦面 4 3匕と接 触する軸受 4 5の外周部における法線方向は、 スイングアーム 4 0の往復動 方向 (左右方向) と交差する方向になるため、 軸受 4 5から平坦面 4 3 1〇へ の押圧力 (荷重) は 2方向となり、 軸受 4 5が受ける反力は 1方向とな る。 荷重 2は、 左方向に移動している部材を右方向に移動するように、 部 材の運動方向を逆にする際の荷重のため、 軸受 4 5が 1回転する間において 特に大きい荷重となる。 2の分力は、 図のように軸線八 1 と直交方向のラ ジアル分力
Figure imgf000015_0001
と、 軸線八 1 と平行方向のスラスト分力 3 2となる。 (図で は理解しやすいように、 1の傾斜角を大きく図示している) 。 また、 2 の反力である 1の荷重も大きく、 1の分力は、 図のように軸線八 1 と直 交方向のラジアル分力 8 1 と、 軸線八 1 と平行方向のスラスト分力 3 1 とな る。
[0035] Fig. 10 is a top view for explaining a load applied to the power transmission mechanism 1 3 5 of the conventional working machine 1 0 1. In Fig. 10 (eight), the rotating spindle 1 3 6 reciprocates the bearing 45 in the left-right direction when viewed from the top, moving slightly to the right from the left end position, and the right side of the bearing 45 is a flat surface 43. It shows the state at the moment when you start pressing the swamp. That is, Fig. 10 (eight) shows the moment when the bearing 4 5 that has moved to the right begins to press the flat surface 43 that has been moving to the left (clockwise in the figure). Since the outer peripheral shape of the bearing 45 is curved in a sectional view as can be seen from the figure, the contact position between the bearing 45 and the flat surface 433 changes depending on the swing position of the swing arm 40. In the case of Fig. 10 (eight), the bearing 45 and the flat surface 43 contact with each other slightly behind the center position of the bearing 45. As a result, the normal direction of the outer circumference of the bearing 45 that contacts the flat surface 4 3 crosses the reciprocating direction of the swing arm 40 (left-right direction). The pressing force (load) on 4 3 10 is in two directions, and the reaction force received by bearings 45 is in one direction. Load 2 is a large load during one rotation of bearing 4 5 because it is a load when the movement direction of the parts is reversed so that the member moving to the left moves to the right. .. The component force of 2 is the radial component force in the direction orthogonal to the axis 8 1 as shown in the figure.
Figure imgf000015_0001
And the thrust component force 32 in the direction parallel to the axis 8 1. (The tilt angle of 1 is shown larger in the figure for easier understanding). The load of 1 which is the reaction force of 2 is also large, and the component of 1 is the radial component 81 in the direction directly intersecting with the axis 81 and the thrust component 3 in the direction parallel to the axis 8 as shown in the figure. 1
[0036] 図 1 0 (巳) は、 軸受 4 5が右端位置からわずかだけ左側に移動し、 軸受 4 〇 2020/175009 14 卩(:171? 2020 /003665 [0036] In Fig. 10 (Mimi), the bearing 45 moves slightly to the left from the right end position, and the bearing 4 〇 2020/175009 14 卩(:171? 2020/003665
5の左側部分が平坦面 4 3 3を押圧し始めた瞬間の状態を表している。 すな わち図 1 0 (巳) は、 右方向に (図中での反時計回り方向) 移動していた平 坦面 4 3 3を左方向に動いた軸受 4 5が押圧し始めた瞬間を表す。 その際の 軸受 4 5にかかる荷重は、 図 1 0 (八) と同様に、 1 となり、 その分力は 分力 8 1、 分力 3 1 となる。 ここで、 (八) と (巳) と比較するとわかるよ うに、 ラジアル方向の分力 1 と 2は、 スイングアーム 4 0の揺動方向に よって方向が変わるが、 分力 3 1、 3 2は方向に変化がない。 従って、 軸線 〇 1の右側と左側において分力 3 1が断続的に軸受 4 5に対してかかり、 軸 受 4 5を前方に移動させるような力が断続的に加わることになる。 分力 3 1 は先端工具 8 0を動作させる力としては機能しない分力 3 2の反力であり、 余分な荷重として軸受 4 5に伝達されるため、 減少させる必要がある。 この ような現象に対し、 軸受 4 5が受ける荷重のうち、 分力 3 1 を吸収させるた め、 軸受 4 5を軸線(3 1方向に移動可能 (摺動可能) として、 さらに弾性部 材によって弾性的に保持するようにしたのが本発明である。 The left part of 5 represents the state at the moment when the flat surface 4 3 3 is pressed. In other words, Fig. 10 (M) is the moment when the bearing 4 5 that moved to the left started pressing the flat surface 4 3 3 that was moving to the right (counterclockwise in the figure). Represents. The load applied to the bearing 45 at that time is 1 as in Fig. 10 (eight), and the component force is component force 81 and component force 31. Here, as can be seen by comparing (8) and (M), the component forces 1 and 2 in the radial direction change depending on the swinging direction of the swing arm 40, but the component forces 3 1 and 3 2 There is no change in direction. Therefore, the component force 31 is intermittently applied to the bearing 45 on the right side and the left side of the axis 01, and a force that moves the bearing 45 forward is intermittently applied. The component force 31 is a reaction force of the component force 32 that does not function as a force for operating the accessory tool 80, and is transmitted to the bearing 45 as an extra load, so it needs to be reduced. Against such a phenomenon, in order to absorb the component force 31 of the load received by the bearing 45, the bearing 45 can be moved in the direction of 3 1 (sliding), and the elastic member is used. The present invention is elastically held.
[0037] 次に図 5を用いて本実施例の動力伝達機構 3 5を説明する。 図 5 ( ) は動 力伝達機構 3 5の上面図であり、 (巳) はその側面図である。 スピンドル 3 6には、 太径部
Figure imgf000016_0001
中径部 3 6匕、 細径部 (偏心軸) 3 6〇が形成され る。 ここで太径部 3 6 3 , 中径部 3 6匕の形状は、 図 9で示した従来のスピ ンドル 1 3 6の形状と全く同じである。 一方、 細径部 3 6〇は、 その径は同 じであるが、 従来の細径部 1 3 6〇 (図 9参照) よりも軸線 1方向前側に 延ばしている。 そして、 その延ばした部分に、 圧縮コイル式のスプリング 4 6を配置した。 スプリング 4 6は細径部 1 3 6〇と同軸に配置され、 その後 方側は軸受 4 5の内輪 4 5 3の前側の円環状の側壁に当接し、 前方側は金属 製のワッシャ 4 7と当接する。 ワッシャ 4 7の前方には〇リング 4 8が周方 向溝 3 6 ㊀に装着され、 ワッシャ 4 7の軸方向前方側への移動を阻止する。 軸受 4 5は、 内輪 4 5 3と外輪 4 5〇の間に複数のスチールボール 4 5匕が 配置される公知のボールベアリングであって、 軸受 4 5の全体は、 図 3で示 した矢印 3 1のように軸方向に移動可能である。 以上のように、 従来のスピ 〇 2020/175009 15 卩(:171? 2020 /003665
Next, the power transmission mechanism 35 of this embodiment will be described with reference to FIG. FIG. 5 () is a top view of the dynamic force transmission mechanism 35, and (M) is a side view thereof. Spindle 36 has a large diameter
Figure imgf000016_0001
A medium diameter part 36 and a small diameter part (eccentric shaft) 360 are formed. Here, the shapes of the large-diameter portion 363 and the medium-diameter portion 36 are exactly the same as those of the conventional spindle 1336 shown in FIG. On the other hand, the small-diameter portion 360 has the same diameter, but is extended to the front side in the axis 1 direction with respect to the conventional small-diameter portion 1360 (see Fig. 9). Then, a compression coil type spring 46 was arranged in the extended portion. The spring 4 6 is arranged coaxially with the small diameter portion 1 3 6 0, the rear side abuts on the annular side wall on the front side of the inner ring 4 5 3 of the bearing 4 5, and the front side is a metal washer 4 7 Abut. In front of the washer 4 7, a ring 4 8 is mounted in the circumferential groove 36 ㊀ to prevent the washer 4 7 from moving forward in the axial direction. The bearing 45 is a well-known ball bearing in which a plurality of steel balls 45 are arranged between the inner ring 453 and the outer ring 450, and the entire bearing 45 is the arrow 3 shown in Fig. 3. It can move in the axial direction like 1. As described above, conventional spin 〇 2020/175009 15 卩(:171? 2020/003665
ンドル 1 3 6の細径部 1 3 6〇を延長して、 スプリング 4 6とワッシャ 4 7 を追加するだけで、 軸受 4 5を軸線八 1方向 (矢印 3 1の方向) に移動でき るように構成できた。 尚、 細径部 3 6〇の外径は、 従来のスピンドル 1 3 6 の細径部 1 3 6〇よりもわずかに細く して、 軸受 4 5を従来の圧入からすき まばめ程度とするように変更すると良い。 このように軸受 4 5を軸方向に移 動可能に保持することによって、 スイングアーム 4 0の軸線巳 1周りの周方 向揺動時に生ずる、 軸線八 1 と平行方向の周期的な反力の変化をスプリング 4 6によって効果的に吸収できるため、 軸受 4 5の局所的に加わる力を低減 できる。 また、 軸受 4 5に受ける反力が低減されるため、 回転軸たるスピン ドル 3 6を介してモータ 1 5やモータハウジング 2側に伝達される振動を低 減できる。 The bearing 4 5 can be moved in the direction of the axis 8 1 (direction of the arrow 3 1) simply by extending the small diameter portion 1 3 6 0 of the handle 1 3 6 and adding the spring 4 6 and the washer 4 7. I was able to configure. The outer diameter of the small diameter part 360 is slightly smaller than that of the conventional spindle 1 3 6 and the bearing 4 5 is a loose fit from the conventional press fit. To change it. By holding the bearings 45 movably in the axial direction in this way, the periodic reaction force in the direction parallel to the axis 8 1 generated when the swing arm 40 swings in the circumferential direction around the axis No. 1 is generated. Since the change can be effectively absorbed by the spring 46, the locally applied force of the bearing 45 can be reduced. Further, since the reaction force received by the bearing 45 is reduced, the vibration transmitted to the motor 15 and the motor housing 2 side via the spindle 36, which is the rotating shaft, can be reduced.
[0038] スイングアーム 4 0は出力軸 5 0の円筒部 5 1 に固定される円筒部 4 1 と、 軸受 4 5と当接するための II字状の腕部となるアーム部 4 2 3 , 4 2 を有 して構成される。 スイングアーム 4 0の周方向へ往復動作させる移動量は、 軸線巳 1 を中心点として基準位置から回転角度にして ± 5度程度である。 但 し、 揺動角は数度から十数度程度の範囲で設定しても良い。 円筒部 4 1 とア
Figure imgf000017_0001
4 2匕は金属の一体品であり、 円筒部 4 1の内周面 4 4が出 力軸 5 0の円筒部 5 1の外周面と当接する。 スイングアーム 4 0のアーム部 4 2 3、 4 2匕は軸受 4 5の外輪の外径に等しい間隔で配置され、 軸受 4 5 と当接する部分には、 平坦な平坦面 4 3 3 , 4 3匕が形成される。 平坦面 4
[0038] The swing arm 40 is a cylindrical portion 41 fixed to the cylindrical portion 51 of the output shaft 50, and an arm portion 423, 4 which is an II-shaped arm portion for contacting the bearing 45. Configured with 2. The amount of movement of the swing arm 40 reciprocating in the circumferential direction is about ±5 degrees in terms of the rotation angle from the reference position with the axial line 1 as the center point. However, the swing angle may be set in the range of several degrees to several tens of degrees. Cylindrical part 4 1
Figure imgf000017_0001
The container 42 is a metal integrated product, and the inner peripheral surface 4 4 of the cylindrical portion 4 1 contacts the outer peripheral surface of the cylindrical portion 5 1 of the output shaft 50. The arm portions 4 2 3 , 4 2 of the swing arm 40 are arranged at an interval equal to the outer diameter of the outer ring of the bearing 4 5, and a flat flat surface 4 3 3, 4 3 is provided at the portion contacting the bearing 4 5. A pit is formed. Flat surface 4
3 3 , 4 3 1〇は表面をアルマイ ト加工することによって、 摩耗しにくい高硬 度面とし、 すべり性などの表面特性を付与するように加工すると良い。 軸受The surfaces of 3 3 and 4 3 1 0 should be anodized to give a high hardness surface that does not easily wear, and to give surface characteristics such as slipperiness. bearing
4 5の外輪 4 5〇は、 軸線<3 1 を含む断面で円弧状に湾曲するような形状と され、 平坦面 4 3 3、 4 3匕との接触面積を減らして抵抗を減らしている。 このように軸受 4 5の外輪 4 5〇は、 一対のアーム部 4 2 3、 4 2 13の間に 挟まれるようにして保持されることになる。 The outer ring 450 of 45 is curved in an arc shape in a cross section including the axis <31, and the contact area with the flat surfaces 43 3, 43 is reduced to reduce the resistance. In this way, the outer ring 405 of the bearing 45 is held by being sandwiched between the pair of arm portions 423 and 4213.
[0039] 以上の構成によって本実施例では、 偏心して回転する円筒部材 (軸受 4 5) を、 それに接触する往復動変換部 (スイングアーム 4 0) に対して軸線八 1 〇 2020/175009 16 卩(:171? 2020 /003665 With this configuration, in the present embodiment, the eccentric rotating cylindrical member (bearing 45) is connected to the reciprocating motion converting section (swing arm 40) which is in contact with the axis line 8 1. 〇 2020/175009 16 卩(:171? 2020/003665
方向に相対移動可能に構成したので、 スイングアーム 4 0の往復動駆動時の 反力伝達を抑制でき、 往復動変換部から回転部を介して回転軸側に伝わる振 動を大幅に低減できる。 特に、 本実施例では先端工具の往復動方向と異なる 方向の振動が発生することを抑えることが可能となった。 円環部材 (軸受 4 5) は、 スプリング 4 6等の軸方向付勢手段によってモータ 1 5側に付勢さ れ、 円環部材 (軸受 4 5) と往復動変換部 (スイングアーム 4 0) の接触状 況も良好に維持されるため、 接触部材が往復動変換部に衝突する際に発生す る軸方向の荷重を効果的に減衰できる。 従って、 軸方向の振動が作業者に伝 達されることを効果的に抑制できる。 Since it is configured to be relatively movable in the direction, it is possible to suppress the reaction force transmission when the swing arm 40 is reciprocatingly driven, and it is possible to significantly reduce the vibration transmitted from the reciprocating motion converting unit to the rotating shaft side through the rotating unit. Particularly, in the present embodiment, it is possible to suppress the occurrence of vibration in a direction different from the reciprocating direction of the tip tool. The annular member (bearing 45) is urged toward the motor 15 by an axial urging means such as a spring 46, and the annular member (bearing 45) and reciprocating motion converting section (swing arm 40). Since the contact condition of is maintained well, the axial load generated when the contact member collides with the reciprocating motion converting portion can be effectively damped. Therefore, it is possible to effectively suppress the transmission of the axial vibration to the worker.
実施例 2 Example 2
[0040] 図 6は本発明の第 2の実施例に係る作業機 1 の前方部分の拡大縦断面図で ある。 第 2の実施例ではスピンドル 7 6の形状を変更して、 偏心軸となるス ピンドル 7 6の細径部 7 6〇に長さを軸方向にさらに長く して、 軸方向の両 側からスプリング 4 6、 8 6によって軸受 4 5を保持するように構成した。 そのためカバー 7 3の軸線八 1方向の長さを第一の実施例のカバー 3よりわ ずかに長く して、 動力伝達機構 7 5の収容空間を広く した。 スイングアーム 4 0は第一の実施例と同じ部品であって、 出力軸 5 0付近の構造も同じであ る。 [0040] Fig. 6 is an enlarged vertical cross-sectional view of the front portion of the working machine 1 according to the second embodiment of the present invention. In the second embodiment, the shape of the spindle 76 is changed so that the small diameter portion 760 of the spindle 7 6 serving as an eccentric shaft is further lengthened in the axial direction, and the spring is applied from both sides in the axial direction. The bearing 4 5 is configured to be held by 4 6 and 8 6. Therefore, the length of the cover 73 in the direction of the axis 81 is slightly longer than that of the cover 3 of the first embodiment, and the space for accommodating the power transmission mechanism 75 is widened. The swing arm 40 is the same part as the first embodiment, and the structure around the output shaft 50 is also the same.
[0041 ] 図 7は第 2の実施例の動力伝達機構 7 5の図であり、 (八) は上面図で、 ( [0041] Fig. 7 is a diagram of the power transmission mechanism 75 of the second embodiment, (8) is a top view,
B) は側面図 (一部断面図) である。 偏心軸 (細径部 7 6〇) に取りつけら れる軸受 4 5は第一の実施例と同じボールべアリングであるが、 二ードルべ アリングや、 円筒状のメタル等を用いるようにしても良い。 また、 偏心軸 ( 細径部 7 6〇) を設けず、 軸線八 1から中心位置をずらすように円環部材を 直接中径部 7 6匕に取り付けて、 カム状に形成した回転部が軸線 1 を中心 に回転するように構成しても良い。 スプリング 4 6の一端 (後端) は軸受 4 5の内輪 4 5 3の前側側面に当接し、 他端 (前端) がワッシャ 4 7に当接す る。 ワッシャ 4 7は周方向溝 7 6 6に嵌め込まれる〇リング 4 8によってス ピンドル 7 6に保持される。 軸受 4 5の後方に配置されるスプリング 8 6は 〇 2020/175009 17 卩(:171? 2020 /003665 B) is a side view (partially sectional view). The bearing 45 mounted on the eccentric shaft (thin diameter part 760) has the same ball bearing as that of the first embodiment, but it is also possible to use a needle bearing or a cylindrical metal. .. Also, without providing an eccentric shaft (thin diameter part 760), an annular member is attached directly to the middle diameter part 7 6 so that the center position is displaced from the axis 81, and the cam-shaped rotating part has an axis part. It may be configured to rotate about 1. One end of the spring 4 6 (rear) abuts the front side of the inner ring 4 5 3 of the bearing 4 5, the other end (front end) of you abuts the washer 4 7. The washer 4 7 is held on the spindle 7 6 by a ring 4 8 fitted in the circumferential groove 7 6 6. The spring 8 6 located behind the bearing 4 5 〇 2020/175009 17 卩(:171? 2020/003665
、 スプリング 4 6と同じコイルパネを用いることによって付勢力が同じにな るようにした。 スプリング 8 6の後端は軸受 4 5の内輪 4 5 3の後側側面に 当接し、 他端 (前端) がワッシャ 8 7を介して細径部 7 6〇と中径部 7 6匕 の段差部分に当接する。 軸受 4 5の外輪 4 5〇の外周面 4 5 は、 スイング アーム 4 0の II字状に形成されたアーム部 4 2 3 , 4 2匕の平坦面 4 3 3、By using the same coil panel as the spring 46, the biasing force is made the same. The rear end of the spring 8 6 abuts on the rear side surface of the inner ring 4 53 of the bearing 45, and the other end (front end) is a step between the small diameter portion 7 60 and the middle diameter portion 7 6 via the washer 87 Abut the part. The outer surface 4 5 of the outer ring 4 50 of the bearing 4 5 is the flat surface 4 3 3 of the arm part 4 2 3, 4 2 of the swing arm 40 formed in the II shape.
4 3匕に当接する。 スピンドル 7 6は、 図 5にて示した第一の実施例のスピ ンドル 3 6に比べて、 スプリング 8 6を収容する領域分だけ軸方向に長くな る。 4 3 Abut on the swamp. The spindle 76 is axially longer than the spindle 36 of the first embodiment shown in FIG. 5 by an area for accommodating the spring 86.
[0042] 第 2の実施例によれば軸受 4 5が、 スイングアーム 4 0から受ける荷重に応 じて軸方向の前側だけでなく後側にも弾性力を介した移動が可能となるので 、 前後両方の荷重を好適に減衰可能である。 さらに、 軸受 4 5の追従性がさ らに良くなり、 軸受 4 5と平坦面 4 3 3、 4 3匕との接触状況が大いに改善 されるため、 振動の発生を大きく抑制できる。 従って、 第 2の実施例によれ ば把持部 5 (図 1参照) の振動を抑制できる。 [0042] According to the second embodiment, the bearing 4 5 can move not only to the front side in the axial direction but also to the rear side through elastic force according to the load received from the swing arm 40. Both front and rear loads can be suitably damped. Further, the followability of the bearing 45 is further improved, and the contact condition between the bearing 45 and the flat surfaces 4 3 3 and 4 3 is greatly improved, so that the occurrence of vibration can be greatly suppressed. Therefore, according to the second embodiment, the vibration of the grip portion 5 (see FIG. 1) can be suppressed.
[0043] 以上、 本発明を実施例に基づいて説明したが、 本発明は上述の実施例に限定 されるものではなく、 その趣旨を逸脱しない範囲内で種々の変更が可能であ る。 例えば、 上述の実施例では軸受 4 5とし、 ボールベアリングとスプリン グの組合せで回転部を構成しているが、 付勢部材であるスプリングは、 ゴム 製のブッシュや〇リング等の別の弾性体にて置き換えるように構成しても良 い。 また上述の実施例では、 回転部の一部である円環部材 (軸受 4 5) をス ピンドル 7 6に摺動可能に取り付けることで、 円環部材が往復動変換部 (ス イングアーム 4 0) に対して相対移動可能としたが、 円環部材が軸方向に移 動できないように固定されたスピンドル 7 6の全体が、 往復動変換部 (スイ ングアーム 4 0) に対して相対移動可能に構成する、 すなわちスピンドル 7 6と円環部材の組立体を軸方向に移動可能とすることで、 円環部材が往復動 変換部に対して相対移動可能とするような構成としても良い。 Although the present invention has been described above based on the embodiments, the present invention is not limited to the above embodiments, and various modifications can be made without departing from the spirit of the present invention. For example, in the above-mentioned embodiment, the bearing 45 is used and the rotating part is formed by the combination of the ball bearing and the spring, but the spring that is the biasing member is a spring made of rubber or another elastic body such as a ring. It may be configured to replace with. Further, in the above-described embodiment, the annular member (bearing 45), which is a part of the rotating portion, is slidably attached to the spindle 76, so that the annular member reciprocates (swing arm 40). ), but the entire spindle 7 6 fixed so that the annular member cannot move in the axial direction can move relative to the reciprocating motion converting section (swing arm 40). In other words, the assembly of the spindle 76 and the annular member can be moved in the axial direction so that the annular member can move relative to the reciprocating motion converting portion.
符号の説明 Explanation of symbols
[0044] 1 作業機、 1 八 作業機、 2 モータハウジング、 3 カバー、 5 把持 〇 2020/175009 18 卩(:171? 2020 /003665 部、 6 電池パック装着部、 7 3 ~ 7 1< ネジボス、 8〇, 8 〜ネジ、 9 8 吸気口、 9 13 排気口、 1 〇 装置本体、 1 3 本体側端子、 1 4 照 明装置、 1 5 モータ、 1 6 口ータ、 1 7 ステータ、 1 8 回転軸、 2 〇 制御回路部、 2 1 回路基板、 2 2 半導体スイッチング素子、 2 3 速度調整ダイヤル、 2 4 操作パネル、 2 5 スイッチ、 2 6 3 スイッチ レバー、 2 6 !〇 スライ ドアーム、 2 7 冷却ファン、 2 8 電カケーブル 、 2 9 ホルダ、 2 9 8 貫通穴部、 3 1 軸方向、 3 2 軸受、 3 3 ス リーブ、 3 4 軸受、 3 5 動力伝達機構、 3 6 スピンドル、 3 6 3 太 径部、 3 6 6 中径部、 3 6〇 細径部 (偏心軸) 、 3 6 嵌合孔、 3 6 周方向溝、 3 6干 窪み、 3 6 9 - (径方向) 貫通穴、 3 7 偏心円筒 面、 3 9 バランスウェイ ト、 4 0 スイングアーム、 4 1 円筒部、 4 2 〇, , 4 2 13 アーム部、 4 3 , 4 3 平坦面、 4 4 内周面、 4 5 軸 受、 4 5 3 内輪、 4 5匕 スチールボール、 4 5〇 外輪、 4 5 ¢1 外周 面、 4 6 スプリング (第一のコイルパネ) 、 4 7 ワッシャ、 4 8 〇リ ング、 5 0 出力軸、 5 1 (出力軸の) 円筒部、 5 1 3 大径部、 5 1 匕 小径部、 5 2 第 1シャフト、 5 2 3 外向きフランジ、 5 3 第 2シャ フト、 5 4 スプリング、 5 5 軸受 (ボールベアリング) 、 5 6 軸受 ( 二ードルべアリング) 、 5 7 支持軸、 5 8 取付ボルト、 5 8 3 軸部、[0044] 1 working machine, 18 working machines, 2 motor housings, 3 covers, 5 grips 〇 2020/175009 18 units (: 171? 2020/003665 parts, 6 battery pack mounting part, 7 3 ~ 7 1< screw boss, 8 〇, 8 ~ screw, 9 8 intake port, 9 13 exhaust port, 1 〇 Device , 1 3 Main unit side terminal, 1 4 Lighting device, 1 5 motor, 1 6 ports, 1 7 stator, 1 8 rotating shaft, 2 0 control circuit section, 2 1 circuit board, 2 2 semiconductor switching element, 2 3 Speed adjustment dial, 2 4 Operation panel, 2 5 switch, 2 6 3 switch lever, 2 6 !○ slide arm, 2 7 cooling fan, 2 8 electric cable, 2 9 holder, 2 9 8 through hole, 3 1 axis direction, 3 2 bearing, 3 3 sleeve, 3 4 bearing, 3 5 power transmission mechanism, 3 6 spindle, 3 6 3 large diameter part, 3 6 6 medium diameter part, 3 0 6 small diameter part (eccentric shaft) ), 3 6 fitting hole, 3 6 circumferential groove, 3 6 indentations NOTE 3 6 9 - (radially) through hole 3 7 eccentric cylindrical surface 3 9 balance-wait, 4 0 swingarm 4 1 cylinder Section, 4 2 ○, 4 2 13 Arm section, 4 3 4 3 3 Flat surface, 4 4 Inner peripheral surface, 4 5 bearing, 4 5 3 Inner ring, 4 5 concealed steel ball, 4 5 ○ Outer ring, 4 5 ¢1 Outer peripheral surface, 4 6 spring (first coil panel), 4 7 washer, 4 8 0 ring, 5 0 output shaft, 5 1 (output shaft) cylindrical part, 5 1 3 large diameter part, 5 1 cup Small diameter part, 5 2 1st shaft, 5 2 3 outward flange, 5 3 2nd shaft, 5 4 spring, 5 5 bearing (ball bearing), 5 6 bearing (needle bearing), 5 7 support shaft, 5 8 Mounting bolt, 5 8 3 Shaft part,
5 8匕 頭部、 5 9 工具支持部、 6 0 ガイ ドカバー、 6 2 ガイ ド部材 、 6 3 クランプ部材、 6 6 シール部材、 7 3 カバー、 7 5 動力伝達 機構、 7 6 スピンドル、 7 6 3 太径部、 7 6匕 中径部、 7 6〇 細径 部 (偏心軸) 、 7 6 嵌合孔、 7 6 6 周方向溝、 7 6干 窪み、 7 6 9 (径方向) 貫通穴、 7 7 偏心円筒面、 7 9 ホルダ、 8 0 先端工具、5 8 Head, 5 9 Tool support, 60 Guide cover, 6 2 Guide member, 6 3 Clamp member, 6 6 Seal member, 7 3 Cover, 7 5 Power transmission mechanism, 7 6 Spindle, 7 6 3 Large diameter part, 7 6 sq. medium diameter part, 7 6 0 small diameter part (eccentric shaft), 7 6 fitting hole, 7 6 6 circumferential groove, 7 6 recess, 7 6 9 (radial direction) through hole, 7 7 Eccentric cylindrical surface, 7 9 holder, 80 tip tool,
8 6 スプリング (第二のコイルパネ) 、 8 7 ワッシャ、 9 0 電池パッ ク、 9 1 上ケース、 9 2 下ケース、 9 3 ラッチボタン、 9 4 電池側 端子、 1 〇 1 作業機、 1 3 5 動力伝達機構、 1 3 6 スピンドル、 1 38 6 spring (second coil panel), 8 7 washer, 90 battery pack, 9 1 upper case, 9 2 lower case, 9 3 latch button, 9 4 battery side terminal, 1 0 1 working machine, 1 3 5 Power transmission mechanism, 1 3 6 spindle, 1 3
6 3 太径部、 1 3 6匕 中径部、 1 3 6〇 細径部 (偏心軸) 、 1 3 6 嵌合孔、 1 3 6 6 周方向溝、 1 3 6干 窪み、 1 3 6 9 ··· (径方向) 貫 \¥0 2020/175009 19 卩(:17 2020 /003665 通穴、 1 3 7 偏心円筒面、 1 4 3 隙間、 1 (回転) 軸線、 巳 1 ( 出力) 軸線、 〇 1 (偏心) 軸線 6 3 Large diameter part, 1 3 6 匕 Medium diameter part, 1 3 6 ○ Thin diameter part (eccentric shaft), 1 3 6 Fitting hole, 1 3 6 6 Circumferential groove, 1 3 6 Dimple, 1 3 6 9 ··· (radial direction) \\0 2020/175009 19 hole (: 17 2020 /003665 through hole, 1 3 7 eccentric cylindrical surface, 1 4 3 gap, 1 (rotation) axis, 虳 1 (output) axis, 〇 1 (eccentricity) axis

Claims

\¥0 2020/175009 20 卩(:17 2020 /003665 請求の範囲 \¥0 2020/175009 20 units (: 17 2020 /003665 Claims
[請求項 1 ] 動力源と、 前記動力源によって偏心して回転する回転部と、 前記回転 部と係合して往復方向への動きに変換する往復動変換部を有し、 前記回転部は前記往復方向と交差する方向に前記往復動変換部に対し て相対移動可能であり、 [Claim 1] A power source, a rotating unit that is eccentrically rotated by the power source, and a reciprocating motion converting unit that engages with the rotating unit and converts the motion into a reciprocating direction. Is relatively movable with respect to the reciprocating motion converting portion in a direction intersecting the reciprocating direction,
前記回転部の相対移動の方向に付勢力を与える付勢部材を設けたこと を特徴とする作業機。 A working machine comprising an urging member for applying an urging force in a direction of relative movement of the rotating portion.
[請求項 2] 前記動力源によって回転する回転軸を有し、 前記回転部は前記回転軸 に設けられることを特徴とする請求項 1 に記載の作業機。 2. The work machine according to claim 1, further comprising a rotating shaft that is rotated by the power source, and the rotating portion is provided on the rotating shaft.
[請求項 3] 前記回転部は、 前記回転軸の軸方向に移動可能であることを特徴とす る請求項 2に記載の作業機。 3. The work machine according to claim 2, wherein the rotating portion is movable in the axial direction of the rotating shaft.
[請求項 4] 前記付勢部材は前記相対移動の方向に付勢力を与える弾性体であり、 前記弾性体は前記回転軸によって保持されることを特徴とする請求項 3に記載の作業機。 4. The work machine according to claim 3, wherein the biasing member is an elastic body that applies a biasing force in the relative movement direction, and the elastic body is held by the rotation shaft.
[請求項 5] 前記回転軸には偏心軸が形成され、 [Claim 5] An eccentric shaft is formed on the rotating shaft,
前記回転部は、 前記偏心軸において軸方向に摺動可能に取りつけられ る円環部材を含み、 The rotating portion includes an annular member slidably attached to the eccentric shaft in the axial direction,
前記偏心軸には前記付勢部材を前記偏心軸に固定する固定部材が設け られることを特徴とする請求項 3又は 4に記載の作業機。 5. The work machine according to claim 3, wherein the eccentric shaft is provided with a fixing member that fixes the urging member to the eccentric shaft.
[請求項 6] 前記付勢部材は前記偏心軸と同軸に設けられるコイルパネであって、 前記往復方向と交差する軸方向の付勢力を前記回転部に与えることを 特徴とする請求項 5に記載の作業機。 6. The urging member is a coil panel provided coaxially with the eccentric shaft, and applies an urging force in an axial direction intersecting the reciprocating direction to the rotating portion. Working machine.
[請求項 7] 前記コイルパネは、 前記円環部材に対して軸方向の両側に 2つ設けら れ、 第一のコイルバネが軸方向一方側に向けて前記円環部材を付勢し 、 第二のコイルパネが軸方向他方側に向けて前記円環部材を付勢する ことを特徴とする請求項 6に記載の作業機。 [Claim 7] The coil panel is provided in two on both sides in the axial direction with respect to the annular member, and the first coil spring urges the annular member toward one side in the axial direction. 7. The working machine according to claim 6, wherein the coil panel of FIG. 6 urges the annular member toward the other side in the axial direction.
[請求項 8] 前記動力源を収容するハウジングと、 前記ハウジングに設けられ、 前 記動力源をオンオフ操作する操作部が配置される筒状の把持部を有し 〇 2020/175009 21 卩(:171? 2020 /003665 [Claim 8] A housing for accommodating the power source, and a cylindrical grip portion provided in the housing, in which an operating portion for turning the power source on and off is arranged. 〇 2020/175009 21 卩(:171? 2020/003665
前記把持部の軸線方向が前記円環部材の移動方向と略平行であること を特徴とする請求項 5から 7のいずれか一項に記載の作業機。 The working machine according to any one of claims 5 to 7, wherein an axial direction of the grip portion is substantially parallel to a moving direction of the annular member.
[請求項 9] 前記作業機は、 前記動力源の回転方向と交差する方向に軸線を有する 出力軸を有し、 [Claim 9] The work machine has an output shaft having an axis in a direction intersecting with a rotation direction of the power source,
前記往復動変換部には円筒部が形成されて前記出力軸に固定され、 前 記円筒部から径方向に延在して前記回転部と接触する II字状の腕部を 有し、 A cylindrical part is formed in the reciprocating motion converting part and is fixed to the output shaft, and has a II-shaped arm part that extends in the radial direction from the cylindrical part and comes into contact with the rotating part.
前記往復動変換部によって前記出力軸が周方向に所定角度だけ往復動 することを特徴とする請求項 8に記載の作業機。 9. The working machine according to claim 8, wherein the reciprocating motion converting unit reciprocates the output shaft in a circumferential direction by a predetermined angle.
[請求項 10] 前記付勢部材の少なくとも一部が、 リ字状の前記腕部の内側に位置す るように配置されることを特徴とする請求項 9に記載の作業機。 10. The work machine according to claim 9, wherein at least a part of the urging member is arranged so as to be located inside the arm portion having a L-shape.
PCT/JP2020/003665 2019-02-28 2020-01-31 Work machine WO2020175009A1 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019-036347 2019-02-28
JP2019036347 2019-02-28

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2020175009A1 true WO2020175009A1 (en) 2020-09-03

Family

ID=72238519

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2020/003665 WO2020175009A1 (en) 2019-02-28 2020-01-31 Work machine

Country Status (1)

Country Link
WO (1) WO2020175009A1 (en)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60155049A (en) * 1984-01-20 1985-08-14 Matsushita Electric Works Ltd Reciprocation driving device
JPH02209653A (en) * 1988-12-06 1990-08-21 Fein Verwaltung Gmbh Vibration drive mechanism
JP2000501030A (en) * 1995-12-19 2000-02-02 ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツング Electric hand-held machine tool
US20050126803A1 (en) * 2003-12-01 2005-06-16 Adolf Zaiser Power tool
JP2013071373A (en) * 2011-09-28 2013-04-22 Hitachi Koki Co Ltd Vibration tool
JP2013169623A (en) * 2012-02-21 2013-09-02 Makita Corp Power tool
US20150034353A1 (en) * 2012-03-09 2015-02-05 Positec Power Tools (Suzhou) Co., Ltd Oscillating power tool
JP2016087730A (en) * 2014-10-31 2016-05-23 日立工機株式会社 Reciprocation tool

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60155049A (en) * 1984-01-20 1985-08-14 Matsushita Electric Works Ltd Reciprocation driving device
JPH02209653A (en) * 1988-12-06 1990-08-21 Fein Verwaltung Gmbh Vibration drive mechanism
JP2000501030A (en) * 1995-12-19 2000-02-02 ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツング Electric hand-held machine tool
US20050126803A1 (en) * 2003-12-01 2005-06-16 Adolf Zaiser Power tool
JP2013071373A (en) * 2011-09-28 2013-04-22 Hitachi Koki Co Ltd Vibration tool
JP2013169623A (en) * 2012-02-21 2013-09-02 Makita Corp Power tool
US20150034353A1 (en) * 2012-03-09 2015-02-05 Positec Power Tools (Suzhou) Co., Ltd Oscillating power tool
JP2016087730A (en) * 2014-10-31 2016-05-23 日立工機株式会社 Reciprocation tool

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6568089B1 (en) Reciprocating saw having compact configuration and independent stability
US7814666B2 (en) Linkage drive mechanism for a reciprocating tool
US20130146320A1 (en) Counterbalance for Eccentric Shafts
US7216433B2 (en) Saber saw tool
US20200094432A1 (en) Reciprocating tool
CN105835012B (en) Working tool
JP3897653B2 (en) Reciprocating power tool
CN211072040U (en) Reciprocating saw
JP2014079874A (en) Power tool
WO2020175009A1 (en) Work machine
WO2017142092A1 (en) Work tool
EP3050677B1 (en) Power tool
EP2938452B1 (en) Reciprocating tool with internal guiding bushing and method of operating such a tool
CN102581376B (en) Reciprocating cutting tool
WO2017090376A1 (en) Electrical device
US11045939B2 (en) Power tool
CN211729055U (en) Swing mechanism and tool using same
WO2019154292A1 (en) Polishing tool
JP2019000936A (en) Rotary impact tool
JP2021084193A (en) Work tools
WO2021075236A1 (en) Reciprocating saw
EP3593950A1 (en) Work tool
JP2017144541A (en) Working tool
KR101135295B1 (en) Rotating power increasing device for motor and working tool with the same
WO2020252350A1 (en) Rotary power tool

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 20763362

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1