WO2020174885A1 - Scroll compressor - Google Patents

Scroll compressor Download PDF

Info

Publication number
WO2020174885A1
WO2020174885A1 PCT/JP2020/000399 JP2020000399W WO2020174885A1 WO 2020174885 A1 WO2020174885 A1 WO 2020174885A1 JP 2020000399 W JP2020000399 W JP 2020000399W WO 2020174885 A1 WO2020174885 A1 WO 2020174885A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
oil
scroll
groove
facing
compressor
Prior art date
Application number
PCT/JP2020/000399
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
英伸 高尾
知巳 横山
遼介 和田
英文 黒原
Original Assignee
ダイキン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2019035882A priority Critical patent/JP6773152B2/en
Priority to JP2019-035882 priority
Application filed by ダイキン工業株式会社 filed Critical ダイキン工業株式会社
Publication of WO2020174885A1 publication Critical patent/WO2020174885A1/en

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C18/00Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids
    • F04C18/02Rotary-piston pumps specially adapted for elastic fluids of arcuate-engagement type, i.e. with circular translatory movement of co-operating members, each member having the same number of teeth or tooth-equivalents

Abstract

A first oil draining groove (81) and a second oil draining groove (82) are formed on opposite surfaces of a fixed scroll (60). A portion of the first oil draining groove (81) and the second oil draining groove (82) opens to the outside in the radial direction from the sliding range of a movable scroll (70). The first oil draining groove (81) and the second oil draining groove (82), and a suction port (64) of a compression chamber (S) communicate with each other via an oil recovery path (90).

Description

\¥0 2020/174885 1 卩(:17 2020 /000399 明 細 書 \¥0 2020/174885 1 卩(: 17 2020/000399 Clarification
発明の名称 : スクロール圧縮機 Title of invention: Scroll compressor
技術分野 Technical field
[0001 ] 本開示は、 スクロール圧縮機に関するものである。 [0001] The present disclosure relates to a scroll compressor.
背景技術 Background technology
[0002] 特許文献 1 には、 固定側油溝、 可動側油溝、 及び圧縮室 (流体室) のうち 固定側油溝と可動側油溝だけが連通する第 1動作と、 第 1動作後に可動側油 溝が固定側油溝と圧縮室との双方と同時に連通する第 2動作とを行うように 構成されたスクロール型圧縮機が開示されている。 [0002] Patent Document 1 describes a fixed-side oil groove, a movable-side oil groove, and a first operation in which only the fixed-side oil groove and the movable-side oil groove communicate with each other among the compression chamber (fluid chamber), and after the first operation. A scroll-type compressor configured to perform a second operation in which a movable oil groove communicates with both a fixed oil groove and a compression chamber at the same time is disclosed.
先行技術文献 Prior art documents
特許文献 Patent literature
[0003] 特許文献 1 :特開 2 0 1 6 - 1 6 0 8 1 6号公報 [0003] Patent Document 1: Japanese Unexamined Patent Publication No. 2 0 16 -160 0 8 16
発明の概要 Summary of the invention
発明が解決しようとする課題 Problems to be Solved by the Invention
[0004] 特許文献 1の発明では、 圧縮室における可動スクロールよりも径方向外側 の空間に可動側油溝を連通させているため、 圧縮室における可動スクロール よりも径方向内側の空間には油が供給され難くなっている。 [0004] In the invention of Patent Document 1, since the movable oil groove is communicated with the space radially outside the movable scroll in the compression chamber, oil is not allowed in the space radially radially inside the movable scroll in the compression chamber. It is difficult to be supplied.
[0005] 本開示の目的は、 圧縮室における可動側のスクロールよりも径方向の内側 及び外側の空間に油を供給できるようにすることにある。 [0005] An object of the present disclosure is to be able to supply oil to spaces inside and outside the scroll on the movable side in the compression chamber in the radial direction.
課題を解決するための手段 Means for solving the problem
[0006] 本開示の第 1の態様は、 ケーシング (20) と、 該ケーシング (20) に収容 された第 1 スクロール (60) と、 該第 1 スクロール (60) との間で圧縮室 ) を形成する第 2スクロール (70) とを備えたスクロール圧縮機を対象とし 、 前記第 1 スクロール (60) における前記第 2スクロール (70) に対する対 向面に形成された排油部 (81 , 82) と、 前記排油部 (81 , 82) と前記圧縮室 ) の吸入ポート (64) とを連通する油回収路 (90) とを備えている。 [0006] A first aspect of the present disclosure is to provide a casing (20), a first scroll (60) housed in the casing (20), and a compression chamber () between the first scroll (60). Targeting a scroll compressor having a second scroll (70) to be formed, an oil drainage portion (81, 82) formed on a surface of the first scroll (60) facing the second scroll (70). And an oil recovery passageway (90) that connects the oil discharge section (81, 82) with the suction port (64) of the compression chamber.
[0007] 第 1の態様では、 第 1スクロール (60) の対向面には、 排油部 (81 , 82) が \¥02020/174885 2 卩(:171?2020/000399 [0007] In the first aspect, the oil drainage parts (81, 82) are provided on the facing surface of the first scroll (60). \\02020/174885 2 (:171?2020/000399
形成される。 排油部 (81,82) と圧縮室 〇 の吸入ポート (64) とは、 油回 収路 (90) によって連通している。 It is formed. The oil drainage section (81, 82) and the suction port (64) of the compression chamber 〇 are in communication with each other through an oil collection path (90).
[0008] これにより、 圧縮室 〇 における可動側のスクロールよりも径方向の内側 及び外側の空間に油を供給することができる。 [0008] This makes it possible to supply oil to the spaces inside and outside the movable scroll of the compression chamber ◯ in the radial direction.
[0009] 本開示の第 2の態様は、 第 1の態様において、 前記排油部 (81,82) の一部 は、 前記第 1スクロール (60) の対向面における前記第 2スクロール (70) の相対的な摺動範囲よりも径方向の外側に開口している。 A second aspect of the present disclosure is the first aspect, wherein a part of the oil draining portion (81, 82) is provided with the second scroll (70) on the facing surface of the first scroll (60). Is open to the outside in the radial direction relative to the relative sliding range.
[0010] 第 2の態様では、 排油部 (81,82) の一部が、 第 2スクロール (70) の相対 的な摺動範囲よりも径方向の外側に開口しているので、 排油部 (81,82) 全体 が第 2スクロール (70) によって塞がれてしまうことがない。 [0010] In the second aspect, since a part of the oil drainage portion (81, 82) is opened to the outside in the radial direction relative to the relative sliding range of the second scroll (70), the oil drainage portion (81, 82) is opened. The entire part (81, 82) is not blocked by the second scroll (70).
[0011] 本開示の第 3の態様は、 第 1又は第 2の態様において、 前記第 1スクロー ル (60) の対向面における前記排油部 (81,82) よりも径方向の内側に形成さ れた給油部 (80) と、 前記給油部 (80) と前記排油部 (81,82) とを間欠的に 連通させる間欠連通機構 (87) とを備えている。 [0011] A third aspect of the present disclosure is the first or second aspect, wherein the third aspect of the present disclosure is formed radially inward of the opposed surface of the first scroll (60) with respect to the oil discharge portion (81, 82). An oil supply section (80) and an intermittent communication mechanism (87) for intermittently communicating the oil supply section (80) with the oil discharge section (81, 82) are provided.
[0012] 第 3の態様では、 間欠連通機構 (87) によって、 給油部 (80) と排油部 (8 1,82) とが間欠的に連通するので、 給油部 (80) から排油部 (81,82) への油 の排出が間欠的に中止される。 これにより、 過剰の油が排油部 (81,82) へ排 出されるのを抑えることができる。 [0012] In the third aspect, since the oil supply section (80) and the oil discharge section (81, 82) communicate intermittently by the intermittent communication mechanism (87), the oil supply section (80) is connected to the oil discharge section. Oil discharge to (81,82) is interrupted intermittently. This can prevent excess oil from being discharged to the oil discharge section (81, 82).
[0013] 本開示の第 4の態様は、 第 3の態様において、 前記間欠連通機構 (87) は 、 前記第 2スクロール (70) における前記第 1スクロール (60) に対する対 向面に形成された油搬送部 (85,86) で構成されている。 A fourth aspect of the present disclosure is the third aspect, wherein the intermittent communication mechanism (87) is formed on a surface of the second scroll (70) facing the first scroll (60). It is composed of the oil transfer section (85,86).
[0014] 第 4の態様では、 第 2スクロール (70) の対向面に形成された油搬送部 (8 5,86) で間欠連通機構 (87) を構成している。 これにより、 第 2スクロール (70) の対向面に溝状の油搬送部 (85, 86) を形成するだけで、 第 1スクロー ル (60) に対して第 2スクロール (70) が相対的に回転することで、 給油部 (80) と排油部 (81,82) とを間欠的に連通させることができる。 [0014] In the fourth mode, the intermittent communication mechanism (87) is constituted by the oil conveying parts (85,86) formed on the facing surface of the second scroll (70). This allows the second scroll (70) to move relative to the first scroll (60) simply by forming the groove-shaped oil transfer section (85, 86) on the facing surface of the second scroll (70). By rotating, the oil supply section (80) and the oil discharge section (81, 82) can be made to communicate intermittently.
[0015] 本開示の第 5の態様は、 第 4の態様において、 前記油搬送部 (85,86) は、 周方向に間隔をあけて複数形成されている。 \¥02020/174885 3 卩(:171?2020/000399 [0015] A fifth aspect of the present disclosure is the fourth aspect, wherein a plurality of the oil transfer parts (85, 86) are formed at intervals in the circumferential direction. \¥02020/174885 3 (:171?2020/000399
[0016] 第 5の態様では、 周方向に間隔をあけて複数の油搬送部 (85, 86) を形成し ている。 このように、 複数の油搬送部 (85, 86) を形成して、 1つの油搬送部 (85, 86) が途中で分断された形状とすれば、 給油部 (80) と排油部 (81 , 82 ) とが油搬送部 (85, 86) によって連続的に繫がることがない。 これにより、 過剰な油が排油部 (81 , 82) へ排出されるのを抑えることができる。 [0016] In the fifth aspect, a plurality of oil conveying portions (85, 86) are formed at intervals in the circumferential direction. In this way, if a plurality of oil transfer parts (85, 86) are formed and one oil transfer part (85, 86) is divided in the middle, the oil supply part (80) and the oil discharge part (85 81, 82) and the oil transfer section (85, 86) do not continuously sew. This can prevent excess oil from being discharged to the oil drain section (81, 82).
[0017] 本開示の第 6の態様は、 第 1乃至第 5の態様のうち何れか 1つにおいて、 前記ケーシング (20) の内部には、 該ケーシング (20) とハウジング (50) とで仕切られ且つ前記排油部 (81 , 82) に連通する仕切空間 (23) が設けられ 、 前記吸入ポート (64) の上流側には、 該吸入ポート (64) との間に所定の 隙間を存して吸入管 (12) が配置されることで、 前記仕切空間 (23) に連通 する開口 (67) が設けられ、 前記油回収路 (90) は、 前記仕切空間 (23) と 前記開口 (67) とで構成されている。 A sixth aspect of the present disclosure is the method according to any one of the first to fifth aspects, wherein the casing (20) is partitioned by the casing (20) and the housing (50). A partition space (23) is provided which communicates with the oil draining section (81, 82) and has a predetermined gap between the suction port (64) and the upstream side of the suction port (64). By disposing the suction pipe (12), an opening (67) communicating with the partition space (23) is provided, and the oil recovery passageway (90) includes the partition space (23) and the opening (67). 67) and.
[0018] 第 6の態様では、 ケーシング (20) の内部には、 排油部 (81 , 82) に連通す る仕切空間 (23) が設けられる。 吸入ポート (64) と吸入管 (12) との間に は、 仕切空間 (23) に連通する開口 (67) が設けられる。 油回収路 (90) は 、 仕切空間 (23) と開口 (67) とで構成される。 [0018] In the sixth aspect, a partition space (23) communicating with the oil draining parts (81, 82) is provided inside the casing (20). An opening (67) communicating with the partition space (23) is provided between the suction port (64) and the suction pipe (12). The oil recovery channel (90) is composed of a partition space (23) and an opening (67).
[0019] これにより、 排油部 (81 , 82) に回収された高温の油は、 仕切空間 (23) を 通過する間に放熱されて冷却されるので、 油が高温のままで吸入ポート (64 ) に供給されるのを抑えることができる。 [0019] As a result, the high temperature oil collected in the oil discharge section (81, 82) is radiated and cooled while passing through the partition space (23), so that the oil remains hot and the suction port (81 64) can be suppressed.
[0020] 本開示の第 7の態様は、 第 1乃至第 6の態様のうち何れか 1つにおいて、 前記排油部 (81 , 82) は、 前記第 1 スクロール (60) の対向面に複数形成され ている。 [0020] A seventh aspect of the present disclosure is the method according to any one of the first to sixth aspects, wherein the oil draining portion (81, 82) is provided in a plurality on the facing surface of the first scroll (60). Has been formed.
[0021 ] 第 7の態様では、 第 1 スクロール (60) の対向面に複数の排油部 (81 , 82) を形成することで、 第 1 スクロール (60) の周方向における複数の位置から 油を回収することができる。 [0021] In the seventh aspect, by forming a plurality of oil drainage parts (81, 82) on the facing surface of the first scroll (60), oil is removed from a plurality of positions in the circumferential direction of the first scroll (60). Can be recovered.
[0022] 本開示の第 8の態様は、 第 7の態様において、 前記複数の排油部 (81 , 82) は、 前記第 1スクロール (60) の軸心を挟んで対向する位置に形成されてい る。 \¥0 2020/174885 4 卩(:17 2020 /000399 An eighth aspect of the present disclosure is the seventh aspect, wherein the plurality of oil drain portions (81, 82) are formed at positions facing each other with the axis of the first scroll (60) interposed therebetween. ing. \\0 2020/174885 4 (: 17 2020/000399
[0023] 第 8の態様では、 第 1スクロール (60) の軸心を挟んで対向する位置に複 数の排油部 (81 , 82) を形成することで、 第 1スクロール (60) の周方向にお ける互いに離れた位置から油を回収することができる。 [0023] In the eighth aspect, by forming a plurality of oil drain portions (81, 82) at positions facing each other with the axis of the first scroll (60) interposed therebetween, the circumference of the first scroll (60) can be formed. The oil can be collected from different positions in the direction.
[0024] 本開示の第 9の態様は、 第 1乃至第 8の態様のうち何れか 1つにおいて、 前記第 1スクロール (60) は、 固定スクロール (60) であり、 前記第 2スク 口ール (70) は、 可動スクロール (70) である。 [0024] A ninth aspect of the present disclosure is the one according to any one of the first to eighth aspects, wherein the first scroll (60) is a fixed scroll (60), and the second scroll- The rule (70) is a movable scroll (70).
[0025] 第 9の態様では、 第 1スクロール (60) を固定スクロール (60) で構成し ている。 また、 第 2スクロール (70) を可動スクロール (70) で構成してい る。 [0025] In the ninth aspect, the first scroll (60) is composed of a fixed scroll (60). The second scroll (70) is composed of a movable scroll (70).
図面の簡単な説明 Brief description of the drawings
[0026] [図 1]図 1は、 本実施形態に係るスクロール圧縮機の構成を示す縦断面図であ る。 [0026] [Fig. 1] Fig. 1 is a vertical cross-sectional view showing a configuration of a scroll compressor according to the present embodiment.
[図 2]図 2は、 固定スクロールの構成を示す底面図である。 [Fig. 2] Fig. 2 is a bottom view showing the structure of the fixed scroll.
[図 3]図 3は、 可動スクロールの構成を示す平面図である。 [FIG. 3] FIG. 3 is a plan view showing a structure of a movable scroll.
[図 4]図 4は、 スクロール圧縮機の要部を拡大して示す縦断面図である。 [FIG. 4] FIG. 4 is an enlarged vertical sectional view showing a main part of the scroll compressor.
[図 5]図 5は、 第 1動作時の給油溝、 排油溝及び油搬送溝の位置関係を示す図 である。 [FIG. 5] FIG. 5 is a diagram showing a positional relationship between the oil supply groove, the oil discharge groove, and the oil transfer groove during the first operation.
[図 6]図 6は、 第 2動作時の給油溝、 排油溝及び油搬送溝の位置関係を示す図 である。 [FIG. 6] FIG. 6 is a diagram showing a positional relationship between the oil supply groove, the oil discharge groove, and the oil transfer groove during the second operation.
[図 7]図 7は、 第 3動作時の給油溝、 排油溝及び油搬送溝の位置関係を示す図 である。 [FIG. 7] FIG. 7 is a diagram showing a positional relationship between the oil supply groove, the oil discharge groove, and the oil transfer groove in the third operation.
[図 8]図 8は、 第 4動作時の給油溝、 排油溝及び油搬送溝の位置関係を示す図 である。 [FIG. 8] FIG. 8 is a diagram showing a positional relationship between the oil supply groove, the oil discharge groove, and the oil transfer groove during the fourth operation.
発明を実施するための形態 MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
[0027] 《実施形態》 [0027] <<Embodiment>>
実施形態について説明する。 An embodiment will be described.
[0028] 図 1 に示すように、 スクロール圧縮機 (10) は、 蒸気圧縮式の冷凍サイク ルの冷媒回路に設けられている。 冷媒回路では、 スクロール圧縮機 (10) で \¥02020/174885 5 卩(:171?2020/000399 [0028] As shown in FIG. 1, the scroll compressor (10) is provided in a refrigerant circuit of a vapor compression refrigeration cycle. In the refrigerant circuit, the scroll compressor (10) \¥02020/174885 5 ((171?2020/000399
圧縮した冷媒が、 凝縮器で凝縮し、 減圧機構で減圧され、 蒸発器で蒸発し、 スクロール圧縮機 (10) に吸入される。 The compressed refrigerant is condensed by the condenser, decompressed by the decompression mechanism, evaporated by the evaporator, and taken into the scroll compressor (10).
[0029] スクロール圧縮機 (10) は、 ケーシング (20) と、 ケーシング (20) に収 納された電動機 (30) 及び圧縮機構 (40) とを備えている。 ケーシング (20 ) は、 縦長の円筒状に形成され、 密閉ドーム式に構成されている。 The scroll compressor (10) includes a casing (20), an electric motor (30) and a compression mechanism (40) housed in the casing (20). The casing (20) is formed in a vertically long cylindrical shape and has a closed dome shape.
[0030] 電動機 (30) は、 ケーシング (20) に固定された固定子 (31) と、 固定子 (31) の内側に配置された回転子 (32) とを備えている。 回転子 (32) は、 駆動軸 (1 1) に固定されている。 The electric motor (30) includes a stator (31) fixed to the casing (20) and a rotor (32) arranged inside the stator (31). The rotor (32) is fixed to the drive shaft (1 1).
[0031 ] ケーシング (20) の底部には、 油が貯留される油溜部 (21) が形成されて いる。 ケーシング (20) の上部には、 吸入管 (12) が接続されている。 ケー シング (20) の中央部には、 吐出管 (13) が接続されている。 [0031] An oil reservoir (21) for storing oil is formed at the bottom of the casing (20). The suction pipe (12) is connected to the upper part of the casing (20). The discharge pipe (13) is connected to the center of the casing (20).
[0032] ケーシング (20) には、 ハウジング (50) が固定されている。 ハウジング (50) は、 電動機 (30) の上方に配置されている。 ハウジング (50) の上方 には、 圧縮機構 (40) が配置されている。 吐出管 (13) の流入端は、 電動機 (30) とハウジング (50) との間に位置している。 The housing (50) is fixed to the casing (20). The housing (50) is arranged above the electric motor (30). The compression mechanism (40) is arranged above the housing (50). The inflow end of the discharge pipe (13) is located between the electric motor (30) and the housing (50).
[0033] 駆動軸 (1 1) は、 ケーシング (20) の中心軸に沿って上下方向に延びてい る。 駆動軸 (1 1) は、 主軸部 (14) と、 主軸部 (14) の上端に連結される偏 心部 (15) とを有している。 [0033] The drive shaft (11) extends in the vertical direction along the central axis of the casing (20). The drive shaft (11) has a main shaft portion (14) and an eccentric portion (15) connected to the upper end of the main shaft portion (14).
[0034] 主軸部 (14) の下部は、 ケーシング (20) に下部軸受 (22) に回転可能に 支持されている。 下部軸受 (22) は、 ケーシング (20) の内周面に固定され ている。 主軸部 (14) の上部は、 ハウジング (50) を貫通して延び、 ハウジ ング (50) の上部軸受 (51) に回転可能に支持されている。 The lower portion of the main shaft portion (14) is rotatably supported by the lower bearing (22) in the casing (20). The lower bearing (22) is fixed to the inner peripheral surface of the casing (20). The upper part of the main shaft (14) extends through the housing (50) and is rotatably supported by the upper bearing (51) of the housing (50).
[0035] 圧縮機構 (40) は、 固定スクロール (60) (第 1スクロール) と、 可動ス クロール (70) (第 2スクロール) とを備えている。 固定スクロール (60) は、 ハウジング (50) の上面に固定されている。 可動スクロール (70) は、 固定スクロール (60) とハウジング (50) との間に配置されている。 [0035] The compression mechanism (40) includes a fixed scroll (60) (first scroll) and a movable scroll (70) (second scroll). The fixed scroll (60) is fixed to the upper surface of the housing (50). The orbiting scroll (70) is arranged between the fixed scroll (60) and the housing (50).
[0036] ハウジング (50) には、 環状部 (52) と、 凹部 (53) とが形成されている 。 環状部 (52) は、 ハウジング (50) の外周部に設けられている。 凹部 (53 \¥02020/174885 6 卩(:171?2020/000399 The housing (50) has an annular portion (52) and a recess (53). The annular portion (52) is provided on the outer peripheral portion of the housing (50). Recess (53 \\02020/174885 6 ((171?2020/000399
) は、 ハウジング (50) の中央上部に形成され、 その中央が凹んだ皿状に形 成されている。 凹部 (53) の下側には、 上部軸受 (51) が設けられている。 ) Is formed in the upper part of the center of the housing (50), and is shaped like a dish with the center recessed. An upper bearing (51) is provided below the recess (53).
[0037] ハウジング (50) は、 ケーシング (20) の内部に圧入によって固定されて いる。 ケーシング (20) の内周面とハウジング (50) の環状部 (52) の外周 面とは、 全周に亙って気密状に密着されている。 ハウジング (50) は、 ケー シング (20) の内部を、 圧縮機構 (40) が収納される上部空間 (23) (仕切 空間) と、 電動機 (30) が収納される下部空間 (24) とに仕切っている。 [0037] The housing (50) is fixed to the inside of the casing (20) by press fitting. The inner peripheral surface of the casing (20) and the outer peripheral surface of the annular portion (52) of the housing (50) are airtightly adhered over the entire circumference. The housing (50) divides the inside of the casing (20) into an upper space (23) (partition space) for accommodating the compression mechanism (40) and a lower space (24) for accommodating the electric motor (30). It is partitioned.
[0038] 固定スクロール (60) は、 固定側鏡板 (61) と、 固定側鏡板 (61) の下面 の外縁に立設する略筒状の外周壁 (63) と、 固定側鏡板 (61) における外周 壁 (63) の内部に立設する渦巻き状の固定側ラップ (62) とを備えている ( 図 2参照) 。 [0038] The fixed scroll (60) includes a fixed side end plate (61), a substantially cylindrical outer peripheral wall (63) standing upright on the outer edge of the lower surface of the fixed side end plate (61), and a fixed side end plate (61). It is equipped with a spiral fixed wrap (62) standing inside the outer wall (63) (see Fig. 2).
[0039] 固定側鏡板 (61) は、 外周側に位置して固定側ラップ (62) と連続的に形 成されている。 固定側ラップ (62) の先端面と外周壁 (63) の先端面とは、 略面一に形成されている。 また、 固定スクロール (60) は、 ハウジング (50 ) に固定されている。 [0039] The fixed-side end plate (61) is located on the outer peripheral side and is continuously formed with the fixed-side wrap (62). The front end surface of the fixed side wrap (62) and the front end surface of the outer peripheral wall (63) are substantially flush with each other. The fixed scroll (60) is fixed to the housing (50).
[0040] 可動スクロール (70) は、 可動側鏡板 (71) と、 可動側鏡板 (71) の上面 に形成された渦巻き状の可動側ラップ (72) と、 可動側鏡板 (71) の下面中 心部に形成されたボス部 (73) とを備えている (図 3参照) 。 [0040] The movable scroll (70) includes a movable side end plate (71), a spiral movable side wrap (72) formed on an upper surface of the movable side end plate (71), and a lower surface of the movable side end plate (71). It has a boss (73) formed in the core (see Fig. 3).
[0041 ] ボス部 (73) には、 駆動軸 (1 1) の偏心部 (15) が揷入されることで、 駆 動軸 (1 1) と連結されている。 ハウジング (50) の上部には、 オルダム継手 (46) が設けられている。 オルダム継手 (46) は、 可動スクロール (70) が 自転するのを阻止している。 [0041] The eccentric part (15) of the drive shaft (1 1) is inserted into the boss part (73) to be connected to the drive shaft (1 1). The Oldham coupling (46) is provided on the upper part of the housing (50). The Oldham coupling (46) prevents the orbiting scroll (70) from rotating.
[0042] 圧縮機構 (40) では、 固定スクロール (60) と可動スクロール (70) との 間に冷媒が流入する圧縮室 〇 が形成される。 可動スクロール (70) は、 可 動側ラップ (72) が固定スクロール (60) の固定側ラップ (62) に嚙合する ように配設されている。 ここで、 固定スクロール (60) の外周壁 (63) の下 面が、 可動スクロール (70) に対する対向面となる。 また、 可動スクロール (70) の可動側鏡板 (71) の上面が、 固定スクロール (60) に対する対向面 \¥02020/174885 7 卩(:171?2020/000399 In the compression mechanism (40), a compression chamber ◯ into which the refrigerant flows is formed between the fixed scroll (60) and the movable scroll (70). The orbiting scroll (70) is arranged so that the movable side wrap (72) and the fixed side wrap (62) of the fixed scroll (60) fit together. Here, the lower surface of the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60) is the surface facing the movable scroll (70). Also, the upper surface of the movable side end plate (71) of the orbiting scroll (70) faces the fixed scroll (60). \¥02020/174885 7 ((171?2020/000399
となる。 Becomes
[0043] 固定スクロール (60) の外周壁 (63) には、 圧縮室 〇 に連通する吸入ポ —卜 (64) が形成されている。 吸入ポート (64) の上流側には、 吸入ポート (64) との間に所定の隙間を存して吸入管 (12) が配置されている。 これに より、 吸入ポート (64) の上流側には、 上部空間 (23) に連通する開口 (67 ) が設けられている。 A suction port (64) communicating with the compression chamber ◯ is formed on the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60). On the upstream side of the suction port (64), a suction pipe (12) is arranged with a predetermined gap between the suction port (64) and the suction port (64). As a result, an opening (67) communicating with the upper space (23) is provided on the upstream side of the suction port (64).
[0044] 圧縮室 〇 は、 可動スクロール (70) よりも径方向外側の外側室 1) と 、 可動スクロール (70) よりも径方向内側の内側室 (52) とに区画される。 具体的に、 固定スクロール (60) の外周壁 (63) の内周面と、 可動スクロー ル (70) の可動側ラップ (72) の外周面とが実質的に接触すると、 接触部分 を挟んで外側室 (51) と内側室 (52) とが区画される (例えば図 5を参照) The compression chamber ◯ is partitioned into an outer chamber 1) radially outside the movable scroll (70) and an inner chamber (52) radially inner than the movable scroll (70). Specifically, when the inner peripheral surface of the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60) and the outer peripheral surface of the movable side wrap (72) of the movable scroll (70) come into substantial contact, the contact portion is sandwiched. The outer chamber (51) and the inner chamber (52) are divided (see Fig. 5, for example)
[0045] 固定スクロール (60) の固定側鏡板 (61) の中央には、 吐出口 (65) が形 成されている。 固定スクロール (60) の固定側鏡板 (61) の上面には、 吐出 口 (65) が開口する高圧チャンバ (66) が形成されている。 高圧チャンバ (6 6) は、 固定スクロール (60) の固定側鏡板 (61) 及びハウジング (50) に形 成された通路 (図示省略) を介して下部空間 (24) に連通している。 圧縮機 構 (40) で圧縮された高圧冷媒は、 下部空間 (24) に流出する。 [0045] A discharge port (65) is formed in the center of the fixed side end plate (61) of the fixed scroll (60). A high pressure chamber (66) having an outlet (65) is formed on the upper surface of the fixed end plate (61) of the fixed scroll (60). The high-pressure chamber (66) communicates with the lower space (24) through a fixed end plate (61) of the fixed scroll (60) and a passage (not shown) formed in the housing (50). The high-pressure refrigerant compressed by the compressor mechanism (40) flows out to the lower space (24).
[0046] 駆動軸 (1 1) の内部には、 駆動軸 (1 1) の下端から上端に亙って上下方向 に延びる給油孔 (16) が形成される。 駆動軸 (1 1) の下端部は、 油溜部 (21 ) に浸潰されている。 給油孔 (16) は、 油溜部 (21) の油を下部軸受 (22) 及び上部軸受 (51) に供給するとともに、 ボス部 (73) と駆動軸 (1 1) との 隙間に供給する。 給油孔 (16) は、 駆動軸 (1 1) の上端面に開口し、 油を駆 動軸 (1 1) の上方に供給する。 [0046] Inside the drive shaft (1 1) is formed an oil supply hole (16) extending in the vertical direction from the lower end to the upper end of the drive shaft (1 1). The lower end of the drive shaft (11) is immersed in the oil sump (21). The oil supply hole (16) supplies the oil from the oil sump (21) to the lower bearing (22) and the upper bearing (51), and also to the gap between the boss (73) and the drive shaft (11). .. The oil supply hole (16) opens at the upper end surface of the drive shaft (1 1) and supplies oil above the drive shaft (1 1).
[0047] ハウジング (50) の凹部 (53) は、 可動スクロール (70) のボス部 (73) の内部を介して駆動軸 (1 1) の給油孔 (16) に連通している。 凹部 (53) に は、 高圧の油が供給されることで、 圧縮機構 (40) の吐出圧力に相当する高 圧圧力が作用する。 可動スクロール (70) は、 凹部 (53) の高圧圧力により \¥02020/174885 8 卩(:171?2020/000399 The recess (53) of the housing (50) communicates with the oil supply hole (16) of the drive shaft (11) through the inside of the boss (73) of the orbiting scroll (70). By supplying high-pressure oil to the recess (53), a high pressure equivalent to the discharge pressure of the compression mechanism (40) acts. The orbiting scroll (70) will not move due to the high pressure in the recess (53). \¥02020/174885 8 ((171?2020/000399
、 固定スクロール (60) に押し付けられる。 , Pressed against the fixed scroll (60).
[0048] ハウジング (50) 及び固定スクロール (60) の内部には、 油通路 (55) が 形成されている。 油通路 (55) の流入端は、 ハウジング (50) の凹部 (53) に連通している。 油通路 (55) の流出端は、 固定スクロール (60) の対向面 に開口している。 油通路 (55) は、 凹部 (53) 内の高圧の油を、 可動スクロ —ル (70) の可動側鏡板 (71) と固定スクロール (60) の外周壁 (63) との 対向面に供給する。 An oil passage (55) is formed inside the housing (50) and the fixed scroll (60). The inflow end of the oil passage (55) communicates with the recess (53) of the housing (50). The outflow end of the oil passage (55) opens to the facing surface of the fixed scroll (60). The oil passage (55) supplies the high-pressure oil in the recess (53) to the facing surface between the movable end plate (71) of the movable scroll (70) and the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60). To do.
[0049] á給油溝、 排油溝、 及び油搬送溝の構成 ñ [0049] á Configuration of oil supply groove, oil discharge groove, and oil transfer groove ñ
図 2に示すように、 固定スクロール (60) の外周壁 (63) の対向面には、 給油溝 (80) (給油部) と、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) (排油 部) とが形成されている。 As shown in Fig. 2, on the facing surface of the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60), the oil supply groove (80) (oil supply part), the first oil discharge groove (81) and the second oil discharge groove (81) are provided. 82) (oil drainage part) is formed.
[0050] 給油溝 (80) は、 固定スクロール (60) の外周壁 (63) のうち可動スクロ —ル (70) の可動側鏡板 (71) に対する対向面に形成されている。 給油溝 (8 0) は、 固定スクロール (60) の外周壁 (63) の内周面に沿うように略円弧状 に延びている。 給油溝 (80) には、 油通路 (55) が連通しており、 油通路 (5 5) から給油溝 (80) に油が供給されるようになっている。 [0050] The oil supply groove (80) is formed on a surface of the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60) that faces the movable side end plate (71) of the movable scroll (70). The oil supply groove (80) extends in a substantially arc shape along the inner peripheral surface of the outer peripheral wall (63) of the fixed scroll (60). The oil passage (55) communicates with the oil supply groove (80), and oil is supplied from the oil passage (55) to the oil supply groove (80).
[0051 ] 第 1排油溝 (81) は、 給油溝 (80) よりも径方向の外側に形成されている 。 第 1排油溝 (81) は、 図 2で上側に位置している。 第 1排油溝 (81) は、 周方向に延びる第 1溝部 (813) と、 第 1溝部 (813) の周方向の中心部から 径方向の外側に延びる第 2溝部 (81 1)) とを有する。 第 2溝部 (81 1)) は、 可 動スクロール (70) の摺動範囲よりも径方向の外側に開口している。 これに より、 第 1排油溝 (81) の第 2溝部 (81 1)) が、 可動スクロール (70) によっ て塞がれてしまうことがない。 [0051] The first oil drain groove (81) is formed radially outside the oil supply groove (80). The first oil drain groove (81) is located on the upper side in FIG. The first oil drain groove (81) includes a first groove portion (813) extending in the circumferential direction, and a second groove portion (81 1) extending radially outward from the center portion of the first groove portion (813) in the circumferential direction. Have. The second groove (81 1)) is open to the outside in the radial direction beyond the sliding range of the movable scroll (70). As a result, the second groove portion (81 1) of the first oil drain groove (81) is not blocked by the movable scroll (70).
[0052] 第 2排油溝 (82) は、 給油溝 (80) よりも径方向の外側に形成されている 。 第 2排油溝 (82) は、 固定スクロール (60) の軸心を挟んで第 1排油溝 (8 1) に対向する位置 (図 2で下側) に形成されている。 The second oil drain groove (82) is formed radially outside the oil supply groove (80). The second oil drain groove (82) is formed at a position (lower side in Fig. 2) facing the first oil drain groove (81) with the axis of the fixed scroll (60) interposed therebetween.
[0053] 第 2排油溝 (82) は、 周方向に延びる湾曲状の溝で形成されている。 第 2 排油溝 (82) の一部は、 可動スクロール (70) の摺動範囲よりも径方向の外 \¥02020/174885 9 卩(:171?2020/000399 The second oil drain groove (82) is a curved groove extending in the circumferential direction. A part of the second oil drain groove (82) is located outside the sliding range of the orbiting scroll (70) in the radial direction. \¥02020/174885 9 ((171?2020/000399
側に開口している。 It opens to the side.
[0054] 図 3に示すように、 可動スクロール (70) の可動側鏡板 (71) の対向面に は、 第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) (油搬送部) が形成されて いる。 [0054] As shown in Fig. 3, a first oil transfer groove (85) and a second oil transfer groove (86) (oil transfer section) are provided on the surface of the movable scroll (70) facing the movable end plate (71). Has been formed.
[0055] 第 1油搬送溝 (85) は、 可動スクロール (70) の対向面における第 1排油 溝 (81) 寄りの位置に形成されている。 第 1油搬送溝 (85) は、 周方向に間 隔をあけて 2つ設けられている。 The first oil transfer groove (85) is formed at a position closer to the first oil discharge groove (81) on the facing surface of the orbiting scroll (70). Two first oil transfer grooves (85) are provided at intervals in the circumferential direction.
[0056] 第 2油搬送溝 (86) は、 固定スクロール (60) の軸心を挟んで第 1油搬送 溝 (85) に対向して、 第 2排油溝 (82) 寄りの位置に形成されている。 第 2 油搬送溝 (86) は、 周方向に間隔をあけて 2つ設けられている。 [0056] The second oil transfer groove (86) is formed at a position close to the second oil discharge groove (82) so as to face the first oil transfer groove (85) across the axis of the fixed scroll (60). Has been done. Two second oil transfer grooves (86) are provided at intervals in the circumferential direction.
[0057] 第 1油搬送溝 (85) は、 可動スクロール (70) の偏心回転に伴い、 給油溝 (80) と第 1排油溝 (81) との連通状態が切り換わる。 第 2油搬送溝 (86) は、 可動スクロール (70) の偏心回転に伴い、 給油溝 (80) と第 2排油溝 (8 2) との連通状態が切り換わる。 このように、 第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油 搬送溝 (86) は、 給油溝 (80) と、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) を間欠的に連通させる間欠連通機構 (87) を構成している。 The first oil conveying groove (85) switches the communication state between the oil supply groove (80) and the first oil discharge groove (81) as the movable scroll (70) eccentrically rotates. The second oil transfer groove (86) switches the communication state between the oil supply groove (80) and the second oil discharge groove (82) as the movable scroll (70) eccentrically rotates. In this way, the first oil transfer groove (85) and the second oil transfer groove (86) have the oil supply groove (80) and the first oil discharge groove (81) and the second oil discharge groove (82) intermittently. It constitutes an intermittent communication mechanism (87) that communicates with the.
[0058] 第 1排油溝 (81) は、 固定スクロール (60) の切欠部 (68) (図 2で上側 ) を介して上部空間 (23) に連通している。 第 2排油溝 (82) は、 固定スク 口ール (60) の切欠部 (68) (図 2で下側) を介して上部空間 (23) に連通 している。 また、 圧縮室 〇 の吸入ポート (64) は、 開口 (67) を介して上 部空間 (23) に連通している。 [0058] The first oil drain groove (81) communicates with the upper space (23) through the notch (68) (upper side in Fig. 2) of the fixed scroll (60). The second oil drain groove (82) communicates with the upper space (23) through the notch (68) (lower side in Fig. 2) of the fixed scroll (60). Further, the suction port (64) of the compression chamber ◯ communicates with the upper space (23) through the opening (67).
[0059] そのため、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) に回収された油は、 図 4に矢印線で示すように、 上部空間 (23) 及び開口 (67) を通って、 吸入ポ —卜 (64) に供給される。 このように、 上部空間 (23) 及び開口 (67) は、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) と、 圧縮室 〇 の吸入ポート (64) とを連通する油回収路 (90) を構成している。 [0059] Therefore, the oil collected in the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) should be stored in the upper space (23) and the opening (67) as indicated by the arrow in Fig. 4. Through, it is supplied to the suction port (64). In this way, the upper space (23) and the opening (67) connect the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) with the suction port (64) of the compression chamber 〇 to collect oil. It constitutes the road (90).
[0060] そして、 圧縮機構 (40) では、 給油溝 (80) の高圧の油を所定の部位に供 給する 4つの動作が行われる。 すなわち、 圧縮機構 (40) では、 可動スクロ \¥0 2020/174885 10 卩(:171? 2020 /000399 Then, the compression mechanism (40) performs four operations for supplying the high-pressure oil in the oil supply groove (80) to a predetermined portion. That is, in the compression mechanism (40), the movable scroll \\0 2020/174885 10 卩 (: 171? 2020 /000399
—ル (70) が偏心回転する間において、 第 1動作、 第 2動作、 第 3動作、 第 4動作、 第 1動作、 第 2動作 · · というように、 各動作が順に繰り返し行 われる。 -While the lever (70) rotates eccentrically, each operation is repeated in order, such as the first operation, the second operation, the third operation, the fourth operation, the first operation, the second operation...
[0061 ] 一運転動作一 [0061] One operation
スクロール圧縮機 (10) の基本的な動作について説明する。 電動機 (30) を作動させると、 圧縮機構 (40) の可動スクロール (70) が回転駆動する。 可動スクロール (70) は、 オルダム継手 (46) によって自転が阻止されてい るので、 駆動軸 (1 1 ) の軸心を中心に偏心回転のみを行う。 The basic operation of the scroll compressor (10) will be described. When the electric motor (30) is operated, the movable scroll (70) of the compression mechanism (40) is rotationally driven. Since the movable scroll (70) is prevented from rotating by the Oldham coupling (46), it only rotates eccentrically around the axis of the drive shaft (1 1 ).
[0062] 図 5〜図 8に示すように、 可動スクロール (70) の偏心回転が回転すると 、 圧縮室 〇 が外側室 (51 ) と内側室 (52) とに区画される。 固定スクロー ル (60) の固定側ラップ (62) と可動スクロール (70) の可動側ラップ (72 ) との間には、 複数の内側室 (52) が形成される。 可動スクロール (70) が 偏心回転すると、 これらの内側室 (52) が中心 (吐出口 (65) ) に徐々に近 づいていくとともに、 これらの内側室 (52) の容積が小さくなっていく。 こ れにより、 内側室 (52) では、 冷媒が圧縮されていく。 As shown in FIGS. 5 to 8, when the eccentric rotation of the orbiting scroll (70) rotates, the compression chamber ◯ is partitioned into the outer chamber (51) and the inner chamber (52). A plurality of inner chambers (52) are formed between the fixed side wrap (62) of the fixed scroll (60) and the movable side wrap (72) of the orbiting scroll (70). When the orbiting scroll (70) eccentrically rotates, the inner chambers (52) gradually approach the center (the discharge port (65)), and the volumes of these inner chambers (52) decrease. As a result, the refrigerant is compressed in the inner chamber (52).
[0063] 最小の容積となった内側室 2) が吐出口 (65) に連通すると、 内側室 2) の高圧のガス冷媒が吐出口 (65) を介して高圧チャンバ (66) に吐出され る。 高圧チャンバ (66) の高圧の冷媒ガスは、 固定スクロール (60) 及びハ ウジング (50) に形成された各通路を経由して下部空間 (24) に流出する。 下部空間 (24) の高圧のガス冷媒は、 吐出管 (13) を介して、 ケーシング (2 0) の外部へ吐出される。 [0063] When the inner chamber 2) having the smallest volume communicates with the discharge port (65), the high-pressure gas refrigerant in the inner chamber 2) is discharged to the high pressure chamber (66) through the discharge port (65). .. The high-pressure refrigerant gas in the high-pressure chamber (66) flows into the lower space (24) via the passages formed in the fixed scroll (60) and the housing (50). The high-pressure gas refrigerant in the lower space (24) is discharged to the outside of the casing (20) via the discharge pipe (13).
[0064] 一給油動作一 [0064] One refueling operation
次に、 スクロール圧縮機 (10) における油の給油動作について図 4〜図 8 を参照しながら詳細に説明する。 Next, the oil supply operation of the scroll compressor (10) will be described in detail with reference to FIGS. 4 to 8.
[0065] スクロール圧縮機 (10) の下部空間 (24) に高圧のガス冷媒が流出すると 、 下部空間 (24) は高圧雰囲気となり、 油溜部 (21 ) の油も高圧状態となる 。 油溜部 (21 ) の高圧の油は、 駆動軸 (1 1 ) の給油孔 (16) を上方へ流れ、 駆動軸 (1 1 ) の偏心部 (15) の上端の開口から可動スクロール (70) のボス \¥0 2020/174885 1 1 卩(:171? 2020 /000399 [0065] When a high-pressure gas refrigerant flows into the lower space (24) of the scroll compressor (10), the lower space (24) becomes a high-pressure atmosphere, and the oil in the oil sump (21) is also in a high-pressure state. The high-pressure oil in the oil sump (21) flows upward through the oil supply hole (16) of the drive shaft (1 1 ), and then the movable scroll (70 ) The boss \¥0 2020/174885 1 1 卩 (: 171? 2020 /000399
部 (73) の内部へ流出する。 It flows into the part (73).
[0066] ボス部 (73) に供給された油は、 駆動軸 (1 1) の偏心部 (15) とボス部 (7 [0066] The oil supplied to the boss (73) is eccentric (15) of the drive shaft (11) and the boss (7).
3) との隙間に供給される。 これにより、 ハウジング (50) の凹部 (53) は、 圧縮機構 (40) の吐出圧力に相当する高圧雰囲気となる。 凹部 (53) の高圧 圧力によって可動スクロール (70) が固定スクロール (60) に押し付けられ る。 3) It is supplied in the gap between and. As a result, the recess (53) of the housing (50) becomes a high-pressure atmosphere corresponding to the discharge pressure of the compression mechanism (40). The high pressure in the recess (53) pushes the orbiting scroll (70) against the fixed scroll (60).
[0067] 凹部 (53) に溜まった高圧の油は、 油通路 (55) を流れて給油溝 (80) へ 流出する。 これにより、 給油溝 (80) には、 圧縮機構 (40) の吐出圧力に相 当する高圧の油が供給される。 このような状態において、 可動スクロール (7 0) が偏心回転すると、 第 1動作、 第 2動作、 第 3動作、 及び第 4動作が順に 行われる。 これらの全ての動作では、 給油溝 (80) の油が、 その周囲の対向 面の潤滑に利用される。 [0067] The high-pressure oil accumulated in the recess (53) flows through the oil passage (55) and flows out into the oil supply groove (80). As a result, high-pressure oil corresponding to the discharge pressure of the compression mechanism (40) is supplied to the oil supply groove (80). In such a state, when the movable scroll (70) eccentrically rotates, the first operation, the second operation, the third operation, and the fourth operation are sequentially performed. In all of these operations, the oil in the lubrication groove (80) is used to lubricate the opposing surfaces around it.
[0068] á第 1動作 ñ [0068] á 1st movement ñ
可動スクロール (70) が、 例えば図 5の偏心角度位置になると、 第 1動作 が行われる。 第 1動作では、 給油溝 (80) と第 1油搬送溝 (85) とが連通し て、 第 1油搬送溝 (85) に高圧の油が満たされる。 また、 第 2排油溝 (82) と第 2油搬送溝 (86) とが連通して、 第 2油搬送溝 (86) に収容されていた 油が第 2排油溝 (82) に受け渡される。 第 2排油溝 (82) に受け渡された油 は、 油回収路 (90) を通って吸入ポート (64) に供給される。 吸入ポート (6 When the movable scroll (70) reaches the eccentric angle position shown in Fig. 5, for example, the first motion is performed. In the first operation, the oil supply groove (80) and the first oil transfer groove (85) communicate with each other, and the high pressure oil is filled in the first oil transfer groove (85). Further, the second oil drain groove (82) and the second oil transport groove (86) communicate with each other, and the oil contained in the second oil transport groove (86) is received in the second oil drain groove (82). Passed. The oil transferred to the second oil drain groove (82) is supplied to the suction port (64) through the oil recovery passageway (90). Inhalation port (6
4) に供給された油は、 可動スクロール (70) の可動側ラップ (72) よりも径 方向外側の外側室 1) と、 径方向内側の内側室 (52) とにそれぞれ分配さ れる。 これにより、 外側室 1) 及び内側室 (S2) の油シール性を高めるこ とができる。 The oil supplied to (4) is distributed to the outer chamber (1) radially outside the movable wrap (72) of the movable scroll (70) and the inner chamber (52) radially inward of the movable wrap (72). As a result, the oil sealability of the outer chamber 1) and the inner chamber (S2) can be improved.
[0069] á第 2動作 ñ [0069] á Second motion ñ
図 5の偏心角度位置にある可動スクロール (70) がさらに偏心回転し、 例 えば図 6の偏心角度位置になると、 第 2動作が行われる。 第 2動作では、 給 油溝 (80) から第 1油搬送溝 (85) が離れ、 第 1排油溝 (81) に向かって移 動する。 また、 第 2排油溝 (82) から第 2油搬送溝 (86) が離れ、 給油溝 (8 \¥0 2020/174885 12 卩(:171? 2020 /000399 When the movable scroll (70) in the eccentric angular position in FIG. 5 further eccentrically rotates, for example, reaches the eccentric angular position in FIG. 6, the second operation is performed. In the second operation, the first oil transfer groove (85) moves away from the oil supply groove (80) and moves toward the first oil discharge groove (81). Also, the second oil transfer groove (86) is separated from the second oil drain groove (82), and the oil supply groove (8 \¥0 2020/174885 12 卩 (: 171? 2020 /000399
0) に向かって移動する。 Move toward 0).
[0070] このとき、 第 1油搬送溝 (85) は、 周方向に 2つ設けられることで、 途中 で分断させた形状となっている。 そのため、 例えば、 可動スクロール (70) がずれ動いて、 第 1油搬送溝 (85) が給油溝 (80) と第 1排油溝 (81) とに 跨がって連通した場合でも、 給油溝 (80) の油が第 1油搬送溝 (85) に漏れ 出すのを抑えることができる。 また、 第 2油搬送溝 (86) についても、 周方 向に 2つ設けられているので、 同様の効果を得ることができる。 [0070] At this time, two first oil conveying grooves (85) are provided in the circumferential direction, so that the first oil conveying groove (85) is divided in the middle. Therefore, for example, even when the orbiting scroll (70) shifts and the first oil conveying groove (85) communicates across the oil supply groove (80) and the first oil discharge groove (81), It is possible to prevent the oil in (80) from leaking out into the first oil transfer groove (85). Further, since the two second oil conveying grooves (86) are also provided in the circumferential direction, the same effect can be obtained.
[0071 ] á第 3動作 ñ [0071] á 3rd motion ñ
図 6の偏心角度位置にある可動スクロール (70) がさらに偏心回転し、 例 えば図 7の偏心角度位置になると、 第 3動作が行われる。 第 3動作では、 給 油溝 (80) と第 2油搬送溝 (86) とが連通して、 第 2油搬送溝 (86) に高圧 の油が満たされる。 When the movable scroll (70) in the eccentric angular position in FIG. 6 further rotates eccentrically, for example, when it reaches the eccentric angular position in FIG. 7, the third operation is performed. In the third operation, the oil supply groove (80) communicates with the second oil transfer groove (86), and the second oil transfer groove (86) is filled with high-pressure oil.
[0072] また、 第 1排油溝 (81) と第 1油搬送溝 (85) とが連通して、 第 1油搬送 溝 (85) に収容されていた油が第 1排油溝 (81) に受け渡される。 第 1排油 溝 (81) に受け渡された油は、 油回収路 (90) を通って吸入ポート (64) に 供給される。 吸入ポート (64) に供給された油は、 可動スクロール (70) の 可動側ラップ (72) よりも径方向外側の外側室 1) と、 径方向内側の内側 室 (52) とにそれぞれ分配される。 [0072] Further, the first oil drain groove (81) and the first oil transport groove (85) communicate with each other, and the oil contained in the first oil transport groove (85) is transferred to the first oil drain groove (81). ) Is delivered to. The oil transferred to the first oil drain groove (81) is supplied to the suction port (64) through the oil recovery passageway (90). The oil supplied to the suction port (64) is distributed to the outer chamber 1) radially outside the movable wrap (72) of the movable scroll (70) and the inner chamber (52) radially inward of the movable wrap (72). It
[0073] á第 4動作 ñ [0073] á 4th movement ñ
図 7の偏心角度位置にある可動スクロール (70) がさらに偏心回転し、 例 えば図 8の偏心角度位置になると、 第 4動作が行われる。 第 4動作では、 第 1排油溝 (81) から第 1油搬送溝 (85) が離れ、 給油溝 (80) に向かって移 動する。 また、 給油溝 (80) から第 2油搬送溝 (86) が離れ、 第 2排油溝 (8 2) に向かって移動する。 When the movable scroll (70) in the eccentric angular position in FIG. 7 further eccentrically rotates, for example, reaches the eccentric angular position in FIG. 8, the fourth motion is performed. In the fourth operation, the first oil transfer groove (85) separates from the first oil drain groove (81) and moves toward the oil supply groove (80). Further, the second oil conveying groove (86) separates from the oil supply groove (80) and moves toward the second oil discharge groove (82).
[0074] 第 4動作の後には、 再び第 1動作が行われ、 その後、 第 2動作、 第 3動作 、 及び第 4動作が順に繰り返し行われる。 [0074] After the fourth operation, the first operation is performed again, and then the second operation, the third operation, and the fourth operation are sequentially repeated.
[0075] 一実施形態の効果一 [0075] One effect of one embodiment
本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 ケーシング (20) と、 ケーシン \¥02020/174885 13 卩(:171?2020/000399 The scroll compressor (10) of the present embodiment includes a casing (20) and a casing. \¥02020/174885 13 卩 (: 171?2020/000399
グ (20) に収容された固定スクロール (60) (第 1スクロール) と、 固定ス クロール (60) との間で圧縮室 〇 を形成する可動スクロール (70) (第 2 スクロール) とを備えたものである。 そして、 固定スクロール (60) におけ る可動スクロール (70) に対する対向面に形成された第 1排油溝 (81) 及び 第 2排油溝 (82) (排油部) と、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) と 圧縮室 〇 の吸入ポート (64) とを連通する油回収路 (90) とを備えている A fixed scroll (60) (first scroll) housed in the group (20) and a movable scroll (70) (second scroll) that forms a compression chamber 〇 between the fixed scroll (60) and the fixed scroll (60) are provided. It is a thing. The first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) (oil drain portion) formed on the surface of the fixed scroll (60) facing the movable scroll (70) and the first oil drain groove It is provided with an oil recovery passageway (90) that connects the groove (81) and the second oil drain groove (82) to the suction port (64) of the compression chamber 〇.
[0076] 本実施形態では、 固定スクロール (60) の対向面には、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) が形成される。 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82 ) と圧縮室 〇 の吸入ポート (64) とは、 油回収路 (90) によって連通して いる。 In the present embodiment, the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) are formed on the facing surface of the fixed scroll (60). The first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) are connected to the suction port (64) of the compression chamber ◯ by an oil recovery passageway (90).
[0077] これにより、 圧縮室 〇 における可動スクロール (70) よりも径方向の内 側及び外側の空間に油を供給することができる。 As a result, oil can be supplied to the space inside and outside the movable scroll (70) in the compression chamber ◯ in the radial direction.
[0078] 具体的に、 固定スクロール (60) の対向面に供給された油は、 固定スクロ —ル (60) に対して可動スクロール (70) が相対的に回転することで径方向 外側に流れていき、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) に回収される。 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) に回収された油は、 油回収路 (90) を通って吸入ポート (64) に供給されるので、 圧縮室 〇 における可動スク 口ール (70) よりも径方向の内側及び外側の空間に油がそれぞれ分配される 。 これにより、 内側及び外側の空間の油シール性を高めることができる。 [0078] Specifically, the oil supplied to the facing surface of the fixed scroll (60) flows radially outward as the movable scroll (70) rotates relative to the fixed scroll (60). The oil is collected in the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82). The oil collected in the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) is supplied to the suction port (64) through the oil recovery passageway (90), so that the movable disk in the compression chamber 〇 Oil is distributed in the space inside and outside the mouth (70) in the radial direction. As a result, the oil sealability of the inner and outer spaces can be improved.
[0079] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 第 1排油溝 (81) 及び第 [0079] Further, the scroll compressor (10) of the present embodiment includes the first oil drain groove (81) and the first oil drain groove (81).
2排油溝 (82) の一部は、 固定スクロール (60) の対向面における可動スク 口ール (70) の相対的な摺動範囲よりも径方向の外側に開口している。 2 A part of the oil drain groove (82) opens radially outside the relative sliding range of the movable scroll (70) on the facing surface of the fixed scroll (60).
[0080] 本実施形態では、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) の _部が、 可動 スクロール (70) の相対的な摺動範囲よりも径方向の外側に開口しているの で、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) 全体が可動スクロール (70) に よって塞がれてしまうことがない。 これにより、 吸入ポート (64) への油の 供給が停止するのを抑えることができる。 \¥02020/174885 14 卩(:171?2020/000399 [0080] In the present embodiment, the _ portions of the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) are opened to the outside in the radial direction beyond the relative sliding range of the movable scroll (70). As a result, the entire first oil drain groove (81) and second oil drain groove (82) are not blocked by the movable scroll (70). This can prevent the oil supply to the suction port (64) from stopping. \¥02020/174885 14 ((171?2020/000399
[0081 ] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 固定スクロール (60) の 対向面における第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) よりも径方向の内側 に形成された給油溝 (80) (給油部) と、 給油溝 (80) と第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) とを間欠的に連通させる間欠連通機構 (87) とを備え ている。 [0081] Further, the scroll compressor (10) of the present embodiment is arranged radially inward of the first oil discharge groove (81) and the second oil discharge groove (82) on the facing surface of the fixed scroll (60). The formed lubrication groove (80) (lubrication part) and the intermittent communication mechanism (87) that intermittently communicates the lubrication groove (80) with the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82). It has and.
[0082] 本実施形態では、 間欠連通機構 (87) によって、 給油部 (80) と第 1排油 溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) とが間欠的に連通するので、 給油部 (80) か ら第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) への油の排出が間欠的に中止され る。 これにより、 過剰の油が第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) へ排出 されるのを抑えることができる。 [0082] In the present embodiment, the intermittent communication mechanism (87) allows the oil supply section (80) to intermittently communicate with the first oil discharge groove (81) and the second oil discharge groove (82). From (80), oil discharge to the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) is interrupted intermittently. This can prevent excess oil from being discharged to the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82).
[0083] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 間欠連通機構 (87) は、 可動スクロール (70) における固定スクロール (60) に対する対向面に形成 された第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) (油搬送部) で構成され ている。 Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, the intermittent communication mechanism (87) includes the first oil conveying groove (85) formed on the surface of the orbiting scroll (70) facing the fixed scroll (60). ) And the second oil transfer groove (86) (oil transfer section).
[0084] 本実施形態では、 可動スクロール (70) の対向面に形成された第 1油搬送 溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) で間欠連通機構 (87) を構成している。 こ れにより、 可動スクロール (70) の対向面に溝状の第 1油搬送溝 (85) 及び 第 2油搬送溝 (86) を形成するだけで、 固定スクロール (60) に対して可動 スクロール (70) が相対的に回転することで、 給油部 (80) と第 1排油溝 (8 1) 及び第 2排油溝 (82) とを間欠的に連通させることができる。 In the present embodiment, the first oil conveying groove (85) and the second oil conveying groove (86) formed on the facing surface of the orbiting scroll (70) form an intermittent communication mechanism (87). As a result, only by forming the groove-shaped first oil transfer groove (85) and second groove oil transfer groove (86) on the facing surface of the movable scroll (70), the movable scroll (60 The relative rotation of 70) allows the oil supply part (80) to be intermittently communicated with the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82).
[0085] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 第 1油搬送溝 (85) 及び 第 2油搬送溝 (86) は、 周方向に間隔をあけて複数形成されている。 [0085] Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, a plurality of first oil transfer grooves (85) and second oil transfer grooves (86) are formed at intervals in the circumferential direction.
[0086] 本実施形態では、 周方向に間隔をあけて複数の第 1油搬送溝 (85) 及び第 [0086] In the present embodiment, a plurality of first oil conveying grooves (85) and a plurality of first oil conveying grooves are provided at intervals in the circumferential direction.
2油搬送溝 (86) を形成している。 このように、 複数の第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) を形成して、 1つの第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油 搬送溝 (86) が途中で分断された形状とすれば、 給油部 (80) と第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) とが第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86 ) によって連続的に繫がることがない。 これにより、 過剰な油が第 1排油溝 \¥02020/174885 15 卩(:171?2020/000399 2 Oil transfer groove (86) is formed. In this way, a plurality of first oil transfer grooves (85) and second oil transfer grooves (86) are formed, and one first oil transfer groove (85) and second oil transfer groove (86) are formed on the way. In the case of the divided shape, the oil supply section (80) and the first oil discharge groove (81) and the second oil discharge groove (82) are the first oil transfer groove (85) and the second oil transfer groove (86). It does not cause continuous damage. As a result, excess oil is removed from the first oil drain groove. \¥02020/174885 15 卩 (: 171?2020/000399
(81) 及び第 2排油溝 (82) へ排出されるのを抑えることができる。 It is possible to suppress discharge to the (81) and the second oil drain groove (82).
[0087] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 ケーシング (20) の内部 には、 ケーシング (20) とハウジング (50) とで仕切られ且つ第 1排油溝 (8 1) 及び第 2排油溝 (82) に連通する上部空間 (23) (仕切空間) が設けられ 、 吸入ポート (64) の上流側には、 吸入ポート (64) との間に所定の隙間を 存して吸入管 (12) が配置されることで、 上部空間 (23) に連通する開口 (6 7) が設けられ、 油回収路 (90) は、 上部空間 (23) と開口 (67) とで構成さ れている。 Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, inside the casing (20), the casing (20) and the housing (50) are partitioned, and the first oil drain groove (81) and An upper space (23) (partition space) communicating with the second oil drain groove (82) is provided, and a predetermined gap is provided between the suction port (64) and the upstream side of the suction port (64). The suction pipe (12) is arranged so that an opening (67) communicating with the upper space (23) is provided, and the oil recovery path (90) is formed by the upper space (23) and the opening (67). It is configured.
[0088] 本実施形態では、 ケーシング (20) の内部には、 第 1排油溝 (81) 及び第 In the present embodiment, the first oil drain groove (81) and the first oil drain groove (81) are provided inside the casing (20).
2排油溝 (82) に連通する上部空間 (23) が設けられる。 吸入ポート (64) と吸入管 (12) との間には、 上部空間 (23) に連通する開口 (67) が設けら れる。 油回収路 (90) は、 上部空間 (23) と開口 (67) とで構成される。 2 An upper space (23) communicating with the oil drain groove (82) is provided. An opening (67) communicating with the upper space (23) is provided between the suction port (64) and the suction pipe (12). The oil recovery channel (90) is composed of the upper space (23) and the opening (67).
[0089] これにより、 第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) に回収された高温の 油は、 上部空間 (23) を通過する間に放熱されて冷却されるので、 油が高温 のままで吸入ポート (64) に供給されるのを抑えることができる。 As a result, the high temperature oil collected in the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) is radiated and cooled while passing through the upper space (23). It is possible to prevent oil from being supplied to the suction port (64) while it is still hot.
[0090] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 排油溝 (81 , 82) は、 固定 スクロール (60) の対向面に複数形成されている。 Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, a plurality of oil drain grooves (81, 82) are formed on the facing surface of the fixed scroll (60).
[0091 ] 本実施形態では、 固定スクロール (60) の対向面に複数の排油溝 (81 , 82) を形成することで、 固定スクロール (60) の周方向における複数の位置から 油を回収することができる。 [0091] In the present embodiment, by forming a plurality of oil drain grooves (81, 82) on the facing surface of the fixed scroll (60), oil is recovered from a plurality of positions in the circumferential direction of the fixed scroll (60). be able to.
[0092] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 複数の排油溝 (81 , 82) は 、 固定スクロール (60) の軸心を挟んで対向する位置に形成されている。 Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, the plurality of oil drain grooves (81, 82) are formed at positions facing each other with the shaft center of the fixed scroll (60) interposed therebetween.
[0093] 本実施形態では、 固定スクロール (60) の軸心を挟んで対向する位置に複 数の排油溝 (81 , 82) を形成することで、 固定スクロール (60) の周方向にお ける互いに離れた位置から油を回収することができる。 [0093] In the present embodiment, by forming a plurality of oil drain grooves (81, 82) at positions facing each other with the shaft center of the fixed scroll (60) in between, the circumferential direction of the fixed scroll (60) is formed. The oil can be recovered from positions separated from each other.
[0094] また、 本実施形態のスクロール圧縮機 (10) は、 第 1スクロール (60) は 、 固定スクロ _ル (60) であり、 第 2スクロール (70) は、 可動スクロール (70) である。 \¥0 2020/174885 16 卩(:171? 2020 /000399 Further, in the scroll compressor (10) of the present embodiment, the first scroll (60) is a fixed scroll (60) and the second scroll (70) is a movable scroll (70). .. \\0 2020/174885 16 卩(: 171-1?2020/000399
[0095] 本実施形態では、 第 1 スクロール (60) を固定スクロール (60) で構成し ている。 また、 第 2スクロール (70) を可動スクロール (70) で構成してい る。 In the present embodiment, the first scroll (60) is composed of the fixed scroll (60). The second scroll (70) is composed of a movable scroll (70).
[0096] 《その他の実施形態》 [0096] <<Other Embodiments>>
前記実施形態については、 以下のような構成としてもよい。 The above embodiment may have the following configurations.
[0097] 本実施形態では、 固定スクロール (60) の対向面に給油溝 (80) 、 第 1排 油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) を形成し、 可動スクロール (70) の対向面 に第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) を形成した構成について説明 したが、 この形態に限定するものではない。 例えば、 可動スクロール (70) の対向面に給油溝 (80) 及び第 1排油溝 (81) 及び第 2排油溝 (82) を形成 し、 固定スクロール (60) の対向面に第 1油搬送溝 (85) 及び第 2油搬送溝 (86) を形成した構成としてもよい。 In the present embodiment, the oil supply groove (80), the first oil drain groove (81) and the second oil drain groove (82) are formed on the facing surface of the fixed scroll (60), and The configuration in which the first oil transport groove (85) and the second oil transport groove (86) are formed on the facing surface has been described, but the configuration is not limited to this. For example, an oil supply groove (80), a first oil drain groove (81) and a second oil drain groove (82) are formed on the facing surface of the orbiting scroll (70), and the first oil groove is formed on the facing surface of the fixed scroll (60). It may be configured such that the transport groove (85) and the second oil transport groove (86) are formed.
[0098] 以上、 実施形態及び変形例を説明したが、 特許請求の範囲の趣旨及び範囲 から逸脱することなく、 形態や詳細の多様な変更が可能なことが理解される であろう。 また、 以上の実施形態及び変形例は、 本開示の対象の機能を損な わない限り、 適宜組み合わせたり、 置換したりしてもよい。 Although the embodiments and modifications have been described above, it will be understood that various changes in form and details can be made without departing from the spirit and scope of the claims. Further, the above-described embodiments and modified examples may be appropriately combined or replaced as long as the functions of the object of the present disclosure are not impaired.
産業上の利用可能性 Industrial availability
[0099] 以上説明したように、 本開示は、 スクロール圧縮機について有用である。 [0099] As described above, the present disclosure is useful for scroll compressors.
符号の説明 Explanation of symbols
[0100] 10 スクロール圧縮機 [0100] 10 scroll compressor
12 吸入管 12 Inhalation tube
20 ケーシング 20 casing
23 上部空間 (仕切空間) 23 Upper space (partition space)
50 ハウジング 50 housing
60 固定スクロール (第 1 スクロール) 60 fixed scroll (1st scroll)
64 吸入ポート 64 suction port
67 開口 67 opening
70 可動スクロール (第 2スクロール) \¥02020/174885 17 卩(:171?2020/000399 70 Movable scroll (second scroll) \¥02020/174885 17 ((171?2020/000399
80 給油溝 (給油部) 80 Lubrication groove (lubrication section)
81 第 1排油溝 (排油部) 81 1st oil drain groove (oil drain)
82 第 2排油溝 (排油部) 82 2nd oil drain groove (oil drain)
85 第 1油搬送溝 (油搬送部) 85 1st oil transfer groove (oil transfer section)
86 第 2油搬送溝 (油搬送部) 86 2nd oil transfer groove (oil transfer section)
87 間欠連通機構 87 Intermittent communication mechanism
90 油回収路 90 Oil recovery path
圧縮室 Compression chamber

Claims

\¥02020/174885 18 卩(:171?2020/000399 請求の範囲 \¥02020/174885 18 ((171?2020/000399 Claims
[請求項 1 ] ケーシング (20) と、 該ケーシング (20) に収容された第 1スクロ [Claim 1] The casing (20) and the first scroll accommodated in the casing (20).
—ル (60) と、 該第 1スクロール (60) との間で圧縮室 〇 を形成 する第 2スクロール (70) とを備えたスクロール圧縮機であって、 前記第 1スクロール (60) における前記第 2スクロール (70) に対 する対向面に形成された排油部 (81 , 82) と、 A scroll compressor comprising a first scroll (60) and a second scroll (70) forming a compression chamber ◯ between the first scroll (60) and the first scroll (60). An oil drainage portion (81, 82) formed on the surface facing the second scroll (70),
前記排油部 (81 , 82) と前記圧縮室 〇 の吸入ポート (64) とを連 通する油回収路 (90) とを備えたスクロール圧縮機。 A scroll compressor provided with an oil recovery passageway (90) that connects the oil draining section (81, 82) and the suction port (64) of the compression chamber ◯.
[請求項 2] 請求項 1 において、 [Claim 2] In claim 1,
前記排油部 (81 , 82) の一部は、 前記第 1スクロール (60) の対向 面における前記第 2スクロール (70) の相対的な摺動範囲よりも径方 向の外側に開口しているスクロール圧縮機。 A part of the oil drain portion (81, 82) is opened outward in the radial direction with respect to the relative sliding range of the second scroll (70) on the facing surface of the first scroll (60). Scroll compressor.
[請求項 3] 請求項 1又は 2において、 [Claim 3] In Claim 1 or 2,
前記第 1スクロール (60) の対向面における前記排油部 (81 , 82) よりも径方向の内側に形成された給油部 (80) と、 An oil supply section (80) formed inwardly of the oil discharge section (81, 82) in the facing surface of the first scroll (60),
前記給油部 (80) と前記排油部 (81 , 82) とを間欠的に連通させる 間欠連通機構 (87) とを備えたスクロール圧縮機。 A scroll compressor comprising an intermittent communication mechanism (87) for intermittently communicating the oil supply section (80) and the oil discharge section (81, 82).
[請求項 4] 請求項 3において、 [Claim 4] In claim 3,
前記間欠連通機構 (87) は、 前記第 2スクロール (70) における前 記第 1スクロール (60) に対する対向面に形成された油搬送部 (85, 8 6) で構成されているスクロール圧縮機。 The intermittent communication mechanism (87) is a scroll compressor including an oil transfer section (85, 86) formed on a surface of the second scroll (70) facing the first scroll (60).
[請求項 5] 請求項 4において、 [Claim 5] In claim 4,
前記油搬送部 (85, 86) は、 周方向に間隔をあけて複数形成されて いるスクロール圧縮機。 The oil transfer section (85, 86) is a scroll compressor in which a plurality of oil transfer sections (85, 86) are circumferentially spaced from each other.
[請求項 6] 請求項 1乃至 5のうち何れか 1つにおいて、 [Claim 6] In any one of claims 1 to 5,
前記ケーシング (20) の内部には、 該ケーシング (20) とハウジン グ (50) とで仕切られ且つ前記排油部 (81 , 82) に連通する仕切空間 (23) が設けられ、 \¥02020/174885 19 卩(:171?2020/000399 Inside the casing (20), there is provided a partition space (23) which is partitioned by the casing (20) and the housing (50) and communicates with the oil discharge part (81, 82). \¥02020/174885 19 ((171?2020/000399
前記吸入ポート (64) の上流側には、 該吸入ポート (64) との間に 所定の隙間を存して吸入管 (12) が配置されることで、 前記仕切空間On the upstream side of the suction port (64), the suction pipe (12) is arranged with a predetermined gap between the suction port (64) and the suction port (64), whereby the partition space is formed.
(23) に連通する開口 (67) が設けられ、 An opening (67) communicating with (23) is provided,
前記油回収路 (90) は、 前記仕切空間 (23) と前記開口 (67) とで 構成されているスクロール圧縮機。 The oil recovery passageway (90) is a scroll compressor including the partition space (23) and the opening (67).
[請求項 7] 請求項 1 乃至 6のうち何れか 1 つにおいて、 [Claim 7] In any one of claims 1 to 6,
前記排油部 (81 , 82) は、 前記第 1 スクロール (60) の対向面に複 数形成されているスクロール圧縮機。 The oil discharge parts (81, 82) are a plurality of scroll compressors formed on the facing surface of the first scroll (60).
[請求項 8] 請求項 7において、 [Claim 8] In claim 7,
前記複数の排油部 (81 , 82) は、 前記第 1 スクロール (60) の軸心 を挟んで対向する位置に形成されているスクロール圧縮機。 The scroll compressor in which the plurality of oil drain portions (81, 82) are formed at positions facing each other with the axis of the first scroll (60) interposed therebetween.
[請求項 9] 請求項 1 乃至 8のうち何れか 1 つにおいて、 [Claim 9] In any one of claims 1 to 8,
前記第 1 スクロール (60) は、 固定スクロール (60) であり、 前記第 2スクロール (70) は、 可動スクロール (70) であるスクロ The first scroll (60) is a fixed scroll (60) and the second scroll (70) is a movable scroll (70).
—ル圧縮機。 — Le compressor.
PCT/JP2020/000399 2019-02-28 2020-01-09 Scroll compressor WO2020174885A1 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019035882A JP6773152B2 (en) 2019-02-28 2019-02-28 Scroll compressor
JP2019-035882 2019-02-28

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN202080010624.5A CN113330218A (en) 2019-02-28 2020-01-09 Scroll compressor having a discharge port

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2020174885A1 true WO2020174885A1 (en) 2020-09-03

Family

ID=72239378

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2020/000399 WO2020174885A1 (en) 2019-02-28 2020-01-09 Scroll compressor

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP6773152B2 (en)
CN (1) CN113330218A (en)
WO (1) WO2020174885A1 (en)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008031920A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Daikin Ind Ltd Rotary compressor
JP2013087678A (en) * 2011-10-17 2013-05-13 Daikin Industries Ltd Scroll compressor
JP2016160816A (en) 2015-02-27 2016-09-05 ダイキン工業株式会社 Scroll-type compressor

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008031920A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Daikin Ind Ltd Rotary compressor
JP2013087678A (en) * 2011-10-17 2013-05-13 Daikin Industries Ltd Scroll compressor
JP2016160816A (en) 2015-02-27 2016-09-05 ダイキン工業株式会社 Scroll-type compressor

Also Published As

Publication number Publication date
JP6773152B2 (en) 2020-10-21
CN113330218A (en) 2021-08-31
JP2020139460A (en) 2020-09-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2995817B1 (en) Compressor
KR102243681B1 (en) Scroll Compressor
JP5954453B1 (en) Scroll compressor
US8979516B2 (en) Back pressure space of a scroll compressor
EP3012456B1 (en) Scroll compressor
WO2011155208A1 (en) Scroll compressor
JP6748874B2 (en) Hermetic compressor
EP2236828B1 (en) Scroll compressor
JP2008088854A (en) Scroll expander
WO2020174885A1 (en) Scroll compressor
JP6779712B2 (en) Scroll compressor
JP2012036833A (en) Scroll type fluid machine
JP6809582B1 (en) Scroll compressor
JP5494139B2 (en) Rotary compressor
US20210003131A1 (en) Scroll compressor
JP2009007990A (en) Compressor
JP2021042749A (en) Scroll compressor
JP2004003504A (en) Scroll compressor
WO2021039062A1 (en) Scroll compressor
US11067078B2 (en) Scroll compressor having single discharge port open at starting end of fixed-side wrap
KR101442547B1 (en) Scoroll compressor
WO2021149303A1 (en) Scroll compressor
JP2020037877A (en) Scroll compressor
JP4359164B2 (en) 2-stage rotary compressor
WO2021024907A1 (en) Scroll compressor

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 20763153

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1