WO2017061265A1 - インクジェット記録装置 - Google Patents

インクジェット記録装置 Download PDF

Info

Publication number
WO2017061265A1
WO2017061265A1 PCT/JP2016/077640 JP2016077640W WO2017061265A1 WO 2017061265 A1 WO2017061265 A1 WO 2017061265A1 JP 2016077640 W JP2016077640 W JP 2016077640W WO 2017061265 A1 WO2017061265 A1 WO 2017061265A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
ink
liquid feeding
pressure
unit
recording
Prior art date
Application number
PCT/JP2016/077640
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
靖彦 村松
武史 原見
秋田 宏
山崎 健
森川 修
拓 三觜
青木 哲志
Original Assignee
コニカミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2015-197318 priority Critical
Priority to JP2015197318 priority
Application filed by コニカミノルタ株式会社 filed Critical コニカミノルタ株式会社
Publication of WO2017061265A1 publication Critical patent/WO2017061265A1/ja

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/165Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/17Ink jet characterised by ink handling
    • B41J2/175Ink supply systems ; Circuit parts therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/17Ink jet characterised by ink handling
    • B41J2/18Ink recirculation systems

Abstract

記録ヘッドのノズルからの意図しないインクの漏出を抑制することが可能なインクジェット記録装置を提供する。インクジェット記録装置は、インクを吐出するノズルが設けられた記録ヘッドと、記録ヘッドに供給されるインクを貯留するインク貯留部と、インク貯留部と、記録ヘッドに設けられノズルに連通する流路部とを通りインクが循環するインク循環経路と、インク循環経路内のインクに圧力を印加して流動させる送液動作を行い、送液動作によりインク貯留部のインクを記録ヘッドに供給する送液手段と、記録ヘッドの流路部に対するインクの供給によりインクがノズルから排出される第1の圧力で送液手段により送液動作を行わせる第1の送液制御と、第1の圧力よりも小さく記録ヘッドの流路部に対するインクの供給によりインクがノズルから排出されない第2の圧力で送液手段により送液動作を行わせる第2の送液制御と、を行う制御部と、を備える。

Description

インクジェット記録装置
 本発明は、インクジェット記録装置に関する。
 従来、記録ヘッドに設けられた複数のノズルから記録媒体に対してインクを吐出して記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置がある。インクジェット記録装置には、記録ヘッドに供給されるインクを貯留するインク貯留部と記録ヘッドとを通るインク循環経路を有し、インク循環経路に設けられたポンプ(送液手段)を動作させてインクを送液することにより、インク貯留部から記録ヘッドへのインクの供給と、記録ヘッドからインク貯留部へのインクの回収を行うことができるものがある(例えば特許文献1)。
 このようなインクジェット記録装置では、インク循環経路のうち記録ヘッドからインク貯留部に回収されるインクが通過するインク回収路に弁を設け、当該弁によりインク循環経路が閉止された状態で送液手段による送液を行うことにより、記録ヘッドに送液されたインクをノズルから強制的に排出させてノズルの目詰まりを解消させる加圧メンテナンス動作が行われる。また、弁によりインク循環経路が開放された状態で送液手段による送液を行うことにより、インク貯留部から記録ヘッドにインクを供給するインク供給動作や、記録ヘッド内のインクをインク貯留部に還流させてインクに含まれる気泡を除去する還流メンテナンス動作が行われる。このように、インク循環経路の開放及び閉止を切り替えて送液を行うことにより、送液量が固定された送液手段を用いて各種メンテナンス動作やインク供給動作を行うことができる。
特開2013-86438号公報
 しかしながら、上記従来の技術では、送液手段による送液量によっては、記録ヘッドへのインクの供給時にノズルからの意図しないインクの漏出が生じるという課題がある。
 この発明の目的は、記録ヘッドのノズルからの意図しないインクの漏出を抑制することが可能なインクジェット記録装置を提供することにある。
 上記目的を達成するため、請求項1に記載のインクジェット記録装置の発明は、
 インクを吐出するノズルが設けられた記録ヘッドと、
 前記記録ヘッドに供給されるインクを貯留するインク貯留部と、
 前記インク貯留部と、前記記録ヘッドに設けられ前記ノズルに連通する流路部とを通り、前記インク貯留部に貯留されたインクが循環するインク循環経路と、
 前記インク循環経路内のインクに圧力を印加して当該インクを所定の送液方向に流動させる送液動作を行い、当該送液動作により前記インク貯留部のインクを前記記録ヘッドに供給する送液手段と、
 前記記録ヘッドの前記流路部に対するインクの供給によりインクが前記ノズルから排出される第1の圧力で前記送液手段により前記送液動作を行わせる第1の送液制御と、前記第1の圧力よりも小さく前記記録ヘッドの前記流路部に対するインクの供給によりインクが前記ノズルから排出されない第2の圧力で前記送液手段により前記送液動作を行わせる第2の送液制御と、を行う制御手段と、
 を備えることを特徴としている。
 請求項2に記載の発明は、請求項1に記載のインクジェット記録装置において、
 前記インク循環経路のうち前記送液方向について前記記録ヘッドから前記インク貯留部までの範囲内に設けられて前記インク循環経路を開放させ又は閉止させる切替手段を備え、
 前記送液手段は、前記インク循環経路のうち前記送液方向について前記インク貯留部から前記記録ヘッドまでの位置においてインクに圧力を印加して前記送液動作を行い、
 前記制御手段は、前記切替手段により前記インク循環経路が閉止された状態で前記第1の送液制御を行い、前記切替手段により前記インク循環経路が開放された状態で前記第2の送液制御を行う
 ことを特徴としている。
 請求項3に記載の発明は、請求項2に記載のインクジェット記録装置において、
 前記切替手段は、所定の駆動信号の入力に応じて開閉して前記インク循環経路を開放させ又は閉止させる第1の弁を有し、
 前記制御手段は、前記第1の弁の開閉を制御する
 ことを特徴としている。
 請求項4に記載の発明は、請求項3に記載のインクジェット記録装置において、
 前記第1の弁は、電磁弁であることを特徴としている。
 請求項5に記載の発明は、請求項2に記載のインクジェット記録装置において、
 前記切替手段は、前記送液動作に係るインクの圧力が前記第1の圧力より小さく前記第2の圧力より大きい所定の基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により閉じられて前記インク循環経路を閉止させる第2の弁を有し、
 前記制御手段は、前記第1の送液制御を行う場合に、前記送液手段により前記基準圧力以上の圧力で前記送液動作を行わせて前記第2の弁を閉じる
 ことを特徴としている。
 請求項6に記載の発明は、請求項5に記載のインクジェット記録装置において、
 前記第2の弁は、
 前記送液動作により流動するインクを通過させ、前記送液方向について下流側ほど細くなる収斂部を有する管部と、
 前記送液動作により前記管部を通過するインクの圧力が前記基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により前記管部内を前記送液方向に移動して前記収斂部を閉塞させる栓部と、
 を備えることを特徴としている。
 本発明に従うと、記録ヘッドのノズルからの意図しないインクの漏出を抑制することができるという効果がある。
インクジェット記録装置の概略構成を示す図である。 ヘッドユニットを側方から見た場合の内部構成の概略図である。 ヘッドユニットを搬送ドラム側から見た場合の内部構成の概略図である。 記録ヘッドの側面図である。 インク供給機構の構成を示す模式図である。 インクジェット記録装置の主要な機能構成を示すブロック図である。 吐出メンテナンス動作を説明する図である。 還流メンテナンス動作及びインク供給動作を説明する図である。 加圧メンテナンス処理の制御手順を示すフローチャートである。 還流メンテナンス処理及びインク供給処理の制御手順を示すフローチャートである。 画像記録処理の制御手順を示すフローチャートである。 自動閉止弁の構成を示す模式断面図である。 閉止状態の自動閉止弁の構成を示す模式断面図である。
 (第1の実施形態)
 以下、本発明のインクジェット記録装置に係る第1の実施形態を図面に基づいて説明する。
 図1は、本発明の実施形態であるインクジェット記録装置1の概略構成を示す図である。
 インクジェット記録装置1は、給紙部10と、画像記録部20と、排紙部30と、制御部40(図5)とを備える。インクジェット記録装置1は、制御部40による制御下で、給紙部10に格納された記録媒体Mを画像記録部20に搬送し、画像記録部20で記録媒体Mに画像を形成し、画像が形成された記録媒体Mを排紙部30に搬送する。
 記録媒体Mとしては、普通紙や塗工紙といった紙のほか、布帛又はシート状の樹脂等、表面に着弾したインクを定着させることが可能な種々の媒体を用いることができる。
 給紙部10は、記録媒体Mを格納する給紙トレー11と、給紙トレー11から画像記録部20に記録媒体Mを搬送して供給する媒体供給部12とを有する。媒体供給部12は、内側が2本のローラーにより支持された輪状のベルトを備え、このベルト上に記録媒体Mを載置した状態でローラーを回転させることで記録媒体Mを給紙トレー11から画像記録部20へ搬送する。
 画像記録部20は、搬送ドラム21と、受け渡しユニット22と、加熱部23と、ヘッドユニット24と、定着部25と、デリバリー部26などを有する。
 搬送ドラム21は、円柱面をなしており、その外周面が記録媒体Mを載置させる搬送面21aとなっている。搬送ドラム21は、搬送面21a上に記録媒体Mを保持した状態で図1の図面に垂直な方向(X方向)に延びた回転軸の周りで回転することで記録媒体Mを搬送面に沿った搬送方向(Y方向)に搬送する。搬送ドラム21は、搬送面21a上で記録媒体Mを保持するための図示しない爪部及び吸気部を備える。記録媒体Mは、爪部により端部が押さえられ、かつ吸気部により搬送面に吸い寄せられることで搬送面21a上に保持される。
 搬送ドラム21は、搬送ドラム21を回転させるための図示しない搬送ドラムモーターに接続されており、搬送ドラムモーターの回転量に比例した角度だけ回転する。
 受け渡しユニット22は、給紙部10の媒体供給部12により搬送された記録媒体Mを搬送ドラム21に引き渡す。受け渡しユニット22は、給紙部10の媒体供給部12と搬送ドラム21との間の位置に設けられ、媒体供給部12から搬送された記録媒体Mの一端をスイングアーム部221で保持して取り上げ、受け渡しドラム222を介して搬送ドラム21に引き渡す。
 加熱部23は、受け渡しドラム222の配置位置とヘッドユニット24の配置位置との間に設けられ、搬送ドラム21により搬送される記録媒体Mが所定の温度範囲内の温度となるように当該記録媒体Mを加熱する。加熱部23は、例えば、赤外線ヒーター等を有し、CPU41(図5)から供給される制御信号に基づいて赤外線ヒーターに通電してヒーターを発熱させる。
 ヘッドユニット24は、画像データに基づいて、記録媒体Mが保持された搬送ドラム21の回転に応じた適切なタイミングで記録媒体Mに対してインクを吐出して画像を形成する。ヘッドユニット24は、インク吐出面が搬送ドラム21に対向して所定の距離を置いて配置される。本実施形態のインクジェット記録装置1では、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)の4色のインクにそれぞれ対応する4つのヘッドユニット24が記録媒体Mの搬送方向上流側からY,M,C,Kの色の順に所定の間隔で並ぶように配列されている。
 図2A及び図2Bは、ヘッドユニット24の内部構成を示す図である。図2Aは、ヘッドユニット24を側方から見た場合の内部構成の概略図である。図2Bは、ヘッドユニット24を搬送ドラム21側から見た場合の内部構成の概略図である。なお、ヘッドユニット24を側方から見た場合とは、搬送面21a上のヘッドユニット24と対向する位置で記録媒体Mの搬送方向と平行な方向からヘッドユニット24を見た場合をいう。
 ヘッドユニット24は、インクを吐出する複数の記録素子が各々設けられた複数の記録ヘッド241と、記録ヘッド241に供給されるインクを貯留する第1貯留部242と、第1貯留部242に供給されるインクを貯留する第2貯留部243などを有する。複数の記録素子の各々は、インクを貯留する圧力室と、圧力室の壁面に設けられた圧電素子と、ノズル2411とを含む。このうちノズル2411は、記録ヘッド241のうち搬送ドラム21の搬送面21aと対向するインク吐出面に設けられた開口からインクを吐出する。記録ヘッド241では、複数のノズル2411がX方向に2列に配列されて2つのノズル列を構成しており、これら2つのノズル列は、X方向についてノズル2411の配置間隔の2分の1だけ互いにずれた状態で配置されている。
 ヘッドユニット24では、図2Bに示されるように、Y方向に隣接する一対の記録ヘッド241の組がX方向について異なる位置に千鳥状に配置されている。このような記録ヘッド241の配置により、ヘッドユニット24に含まれるノズル2411のX方向についての配置範囲が、搬送ドラム21により搬送される記録媒体Mのうち画像が形成可能な領域のX方向の幅をカバーするようになっている。ヘッドユニット24は、画像の記録時には搬送ドラム21の回転軸に対して位置が固定されて用いられる。即ち、インクジェット記録装置1は、ラインヘッドを用いたシングルパス方式の画像記録を行うインクジェット記録装置である。
 また、ヘッドユニット24は、搬送ドラム21と対向する位置と、図示略のクリーニング部と対向する位置との間でX方向に移動可能に設けられている。ヘッドユニット24は、制御部40の制御下で、画像の記録を行う場合に搬送ドラム21と対向する位置に移動し、後述する加圧メンテナンスを行う場合にクリーニング部と対向する位置に移動する。ここで、クリーニング部は、加圧メンテナンス時にヘッドユニット24から吐出されたインクを受けるインク受容部を有する。
 各ヘッドユニット24は、記録ヘッド241を駆動する記録ヘッド駆動部51(図5)を備える。記録ヘッド駆動部51は、各記録ヘッド241に対して画像データに応じた駆動波形の電圧信号を供給する駆動回路と、この駆動回路に適切なタイミングで画像データを供給する駆動制御回路とを有する。記録ヘッド駆動部51の駆動回路から圧電素子に当該圧電素子を変形動作させる駆動波形の電圧信号が印加されると、この電圧信号に応じて圧力室内の圧力が変化し、圧力室に連通するノズルからインクが吐出される。
 図3は、記録ヘッド241の側面図であり、図2Aのうち一の記録ヘッド241を拡大して示す図である。
 記録ヘッド241は、記録ヘッド241内におけるインクの流路として機能する上部流路部2412及び下部流路部2413(流路部)、上部流路部2412及び下部流路部2413に供給されるインクの流路である供給部2414、上部流路部2412及び下部流路部2413から排出されるインクの流路である排出部2415などを有する。このうち上部流路部2412及び下部流路部2413は、圧力室を介してノズル2411に連通している。
 供給部2414から上部流路部2412に流入するインクの一部は、インクを濾過するフィルター2416を介して下部流路部2413に流れる。供給部2414から供給されたインクは、上部流路部2412及び下部流路部2413を流れて記録素子によるインク吐出動作により複数のノズル2411から吐出され、又はインクの送液圧力により強制的にノズル2411から排出される。また、上部流路部2412及び下部流路部2413を流れるインクは、排出部2415からも流出可能である。
 ヘッドユニット24のノズル2411から吐出されるインクとしては、温度によってゲル状又はゾル状に相変化し、紫外線等のエネルギー線を照射することにより硬化する性質を有するものが用いられる。
 また、本実施形態では、常温でゲル状であり加熱されることによりゾル状となるインクが用いられる。ヘッドユニット24は、ヘッドユニット24内に貯留されるインクを加熱する図示略のインク加熱部を備え、当該インク加熱部は、CPU41による制御下で動作し、ゾル状となる温度にインクを加熱する。記録ヘッド241は、加熱されてゾル状となったインクを吐出する。このゾル状のインクが記録媒体Mに吐出されると、インク滴が記録媒体Mに着弾した後、自然冷却されることで速やかにインクがゲル状となって記録媒体M上で凝固する。
 定着部25は、搬送ドラム21のX方向の幅に亘って配置された発光部を有し、搬送ドラム21に載置された記録媒体Mに対して当該発光部から紫外線等のエネルギー線を照射して記録媒体M上に吐出されたインクを硬化させて定着させる。定着部25の発光部は、搬送方向についてヘッドユニット24の配置位置の下流側かつデリバリー部26の受け渡しドラム261の配置位置の上流側に搬送面21aと対向して配置される。
 デリバリー部26は、内側が2本のローラーにより支持された輪状のベルトを有するベルトループ262と、記録媒体Mを搬送ドラム21からベルトループ262に受け渡す円筒状の受け渡しドラム261とを有し、受け渡しドラム261により搬送ドラム21からベルトループ262上に受け渡された記録媒体Mをベルトループ262により搬送して排紙部30に送出する。
 排紙部30は、デリバリー部26により画像記録部20から送り出された記録媒体Mが載置される板状の排紙トレー31を有する。
 次に、インクジェット記録装置1において記録ヘッド241にインクを供給するインク供給機構について説明する。
 図4は、インク供給機構300の構成を示す模式図である。
 図4では、インク供給機構300のうち一の記録ヘッド241に係る部分が抽出されて示されている。また、図4では、インクや気体の経路が破線又は鎖線により示されている。
 インク供給機構300は、記録ヘッド241に供給されるインクを貯留する第2貯留部243(インク貯留部)と、第2貯留部243から供給されたインクを貯留する第1貯留部242と、第2貯留部243に供給されるインクを貯留するインクタンク244と、インクの通路となる供給路301、回収路302及び貯留部間経路303と、第1貯留部242内の空気を排気する排気ポンプP2と、通気路306と、第1電磁弁307(切替手段、第1の弁)と、第2電磁弁308と、第3電磁弁309などを有している。
 第1貯留部242は、供給路301を介して記録ヘッド241の供給部2414に接続されている。また、第2貯留部243は、回収路302を介して記録ヘッド241の排出部2415に接続されている。なお、供給路301及び回収路302には、通過するインクを所定の範囲内の温度に加熱するヒーターが設けられていても良い。
 また、第1貯留部242と第2貯留部243とは、貯留部間経路303を介して接続されている。貯留部間経路303には、送液ポンプP1(送液手段)が設けられている。送液ポンプP1は、貯留部間経路303においてインクに圧力を印加することによりインクを第2貯留部243から第1貯留部242に向かう方向に流動させる送液(送液動作)を行って第2貯留部243に貯留されたインクを第1貯留部242に供給する。送液ポンプP1の構成は、特には限られないが、例えば、ダイヤフラムポンプといった容積移送型のポンプや、チューブをローラーでしごいて送液を行うチューブポンプを用いることができる。また、本実施形態では、送液の圧力が可変であるポンプが用いられる。送液ポンプP1は、制御部40による制御下で動作する。
 第1貯留部242、供給路301、記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413、回収路302、第2貯留部243及び貯留部間経路303により、インクを循環させるインク循環経路が構成される。
 また、第2貯留部243は、経路304を介してインクタンク244に接続されている。経路304には、図示しないポンプが設けられており、当該ポンプの動作に応じてインクタンク244のインクが第2貯留部243に供給される。
 供給路301、回収路302、及び貯留部間経路303、経路304は、それぞれインクを通過させるチューブ状の部材であり、例えば、フッ素樹脂やエポキシ樹脂といった樹脂や各種金属により構成される。
 また、第1貯留部242は、通気路306を介して排気ポンプP2に接続されている。排気ポンプP2は、第1貯留部242内の空気を排気して第1貯留部242内に負圧を発生させることにより供給路301及び記録ヘッド241内のインクを第1貯留部242の方向に引き込み、ノズル2411内のインクの圧力を負圧状態とする。これにより、各種のメンテナンスを行わない場合や画像の記録を行う場合にノズル2411からのインクの漏出が防止される。通気路306は、内部を空気が通過するチューブ状の部材であり、例えば、各種の樹脂や金属により構成することができる。排気ポンプP2は、制御部40の制御下で動作する。
 また、回収路302には、第1電磁弁307が設けられている。従って、第1電磁弁307は、インク循環経路のうち送液方向について記録ヘッド241から第2貯留部243までの範囲内(記録ヘッド241の下流側かつ第2貯留部243の上流側の位置)に設けられている。また、貯留部間経路303のうち第2貯留部243と送液ポンプP1との間には、第2電磁弁308が設けられている。また、通気路306には、第3電磁弁309が設けられている。第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309は、電磁弁駆動部54から入力される駆動信号に応じて開閉することにより、それぞれ回収路302、貯留部間経路303及び通気路306の開放及び閉止を切り替える。
 第1貯留部242は、供給路301、貯留部間経路303及び通気路306との接続箇所を除いて密閉された容器である。即ち、第1貯留部242内の圧力は、排気ポンプP2により生成される負圧や、第2貯留部243からのインクの供給の有無等により変化する。一方、第2貯留部243は、外部に開放された容器であり、インクの量の増減に関わらずほぼ大気圧に保たれる。
 図4では、インク供給機構300のうち一の記録ヘッド241に係る部分が抽出されて示されているが、他の記録ヘッド241についても同様の機構によりインクが供給される。ここで、第1貯留部242、供給路301、回収路302、送液ポンプP1、第1電磁弁307、第2電磁弁308、及び第3電磁弁309は、複数の記録ヘッド241の各々に対応して、又は2以上の所定数の記録ヘッド241ごとに、それぞれ設けられる。また、第2貯留部243、インクタンク244及び排気ポンプP2は、インクジェット記録装置1において1つずつ設けられる。
 図5は、インクジェット記録装置1の主要な機能構成を示すブロック図である。
 インクジェット記録装置1は、上述した加熱部23、ヘッドユニット24、定着部25の他、制御部40と、搬送駆動部52と、ヘッドユニット移動駆動部53と、電磁弁駆動部54と、送液ポンプ駆動部55と、排気ポンプ駆動部56と、操作表示部57と、入出力インターフェース58と、バス59などを備える。このうち制御部40は、CPU41(Central Processing Unit)(制御手段)、RAM42(Random Access Memory)、ROM43(Read Only Memory)及び記憶部44を有する。
 CPU41は、ROM43に記憶された各種制御用のプログラムや設定データを読み出してRAM42に記憶させ、当該プログラムを実行して各種演算処理を行う。また、CPU41は、インクジェット記録装置1の全体動作を統括制御する。例えば、CPU41は、記憶部44に記憶された画像データに基づいて画像記録部20の各部を動作させて記録媒体M上に画像を記録させる。また、CPU41は、インク供給機構300の各部を動作させて記録ヘッド241にインクを供給し、また各種メンテナンス動作を行わせる。
 RAM42は、CPU41に作業用のメモリー空間を提供し、一時データを記憶する。RAM42には、送液ポンプの圧力の設定を示すデータが記憶される。RAM42は、不揮発性メモリーを含んでいても良い。
 ROM43は、CPU41により実行される各種制御用のプログラムや設定データ等を格納する。なお、ROM43に代えてEEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)やフラッシュメモリー等の書き換え可能な不揮発性メモリーが用いられても良い。
 記憶部44には、入出力インターフェース58を介して外部装置2から入力されたプリントジョブ(画像記録命令)及び当該プリントジョブに係る画像データが記憶される。記憶部44としては、例えばHDD(Hard Disk Drive)が用いられ、また、DRAM(Dynamic Random Access Memory)などが併用されても良い。
 搬送駆動部52は、CPU41から供給される制御信号に基づいて搬送ドラム21の搬送ドラムモーターに駆動信号を供給して搬送ドラム21を所定の速度及びタイミングで回転させる。また、搬送駆動部52は、CPU41から供給される制御信号に基づいて媒体供給部12、受け渡しユニット22、及びデリバリー部26を動作させるためのモーターに駆動信号を供給して、記録媒体Mの搬送ドラム21への供給及び搬送ドラム21からの排出を行わせる。
 ヘッドユニット移動駆動部53は、CPU41から供給される制御信号に基づいて、図示略のモーターに駆動信号を出力して、ヘッドユニット24を搬送ドラム21と対向する位置及びクリーニング部と対向する位置の間でX方向に移動させる。
 電磁弁駆動部54は、CPU41から供給される制御信号に基づいて第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309に対してそれぞれ駆動信号を出力することにより、第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309をそれぞれ独立に開閉させる。
 送液ポンプ駆動部55は、CPU41から供給される制御信号に基づいて送液ポンプP1に駆動信号を供給し、制御信号により示される送液圧力で送液ポンプP1によりインクの送液を行わせる。
 排気ポンプ駆動部56は、CPU41から供給される制御信号に基づいて排気ポンプP2に駆動信号を供給し、排気ポンプP2により第1貯留部242内の空気の排気を行わせる。
 操作表示部57は、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイといった表示装置と、表示装置の画面に重ねられて配置されたタッチパネルや操作キーといった入力装置とを備える。操作表示部57は、表示装置において各種情報を表示させ、また入力装置に対するユーザーの入力操作を操作信号に変換して制御部40に出力する。
 入出力インターフェース58は、外部装置2と制御部40との間のデータの送受信を媒介する。入出力インターフェース58は、例えば各種シリアルインターフェース、各種パラレルインターフェースのいずれか又はこれらの組み合わせで構成される。
 バス59は、制御部40と他の構成との間で信号の送受信を行うための経路である。
 外部装置2は、例えばパーソナルコンピューターであり、入出力インターフェース58を介してプリントジョブ及び画像データ等を制御部40に供給する。
 次に、インクジェット記録装置1において行われる加圧メンテナンス動作、還流メンテナンス動作、インク供給動作及び画像記録動作について説明する。
 吐出メンテナンス動作は、記録ヘッド241内のインクを加圧してノズル2411からインクを強制的に排出させることによりノズル2411の目詰まりを解消させることを目的として行われる。
 還流メンテナンス動作は、記録ヘッド241内のインクを第2貯留部243に還流させることにより記録ヘッド241内のインクに含まれる気泡を押し流して記録ヘッド241内から除去することを目的とする。記録ヘッド241内から除去されたインクの気泡は、第2貯留部243に押し流されることにより大気圧下で開放され、消滅する。
 インク供給動作は、第1貯留部242から記録ヘッド241へ画像の記録に用いられるインクを供給する目的で行われる。
 画像記録動作では、搬送ドラム21による記録媒体Mの搬送に応じた適切なタイミングで各ヘッドユニット24から記録媒体Mにインクが吐出されることにより画像の記録が行なわれる。
 吐出メンテナンス動作、還流メンテナンス動作及びインク供給動作は、記録ヘッド241ごとに、又はヘッドユニット24ごとに個別に行うことができる。また、複数の記録ヘッド241、又は複数のヘッドユニット24に対して同時に行ってもよい。
 図6は、吐出メンテナンス動作を説明する図である。
 吐出メンテナンス動作は、ヘッドユニット24がクリーニング部と対向する位置に移動した状態で行われる。
 吐出メンテナンス動作では、第1電磁弁307及び第3電磁弁309が閉じられ、第2電磁弁308が開かれた状態で送液ポンプP1による送液が行われる。これにより、第2貯留部243に貯留されたインクが第1貯留部242に供給されて第1貯留部242内の圧力が上昇し、当該圧力によって第1貯留部242内のインクが記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413に送液される。ここで、送液ポンプP1による送液の圧力は、記録ヘッド241に供給されたインクが送液の圧力によりノズル2411から強制的に排出される第1の圧力とされる。このようにインクがノズル2411から排出されることにより、ノズル2411の目詰まりを解消することができる。
 ノズル2411からのインクの排出が開始されて所定時間が経過すると、送液ポンプP1による送液が停止され、また第1貯留部242に貯留されたインクが第2貯留部243に逆流することを防止するために第2電磁弁308が閉じられる。この状態で電磁弁307が開かれて回収路302が開放され、記録ヘッド241内のインクの圧力が低下することによりインクの排出が停止される。吐出メンテナンス動作においてノズル2411からのインクの排出が行われる時間は、例えば1~3[秒]程度とされる。
 図7は、還流メンテナンス動作及びインク供給動作を説明する図である。
 還流メンテナンス動作及びインク供給動作は、ヘッドユニット24が搬送ドラム21の搬送面21aと対向する位置に移動した状態で行うことができるが、クリーニング部と対向する位置に移動した状態で行われても良い。
 還流メンテナンス動作及びインク供給動作では、第1電磁弁307及び第2電磁弁308が開かれ、第3電磁弁309が閉じられた状態で送液ポンプP1による送液が行われる。これにより、第2貯留部243に貯留されたインクが第1貯留部242、供給路301、記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413、回収路302を通って循環するとともに、記録ヘッド241にインクが供給される。ここで、送液ポンプP1による送液の圧力は、記録ヘッド241に供給されたインクが送液の圧力によりノズル2411から排出されない第2の圧力とされる。従って、第2の圧力は、加圧メンテナンス動作における第1の圧力より小さい。また、送液ポンプP1による送液が行われる時間は、還流メンテナンス処理では、インクの第2貯留部243への還流によりインクの気泡が十分に除去されるのに必要な時間とされ、インク供給処理では、記録ヘッド241に十分な量のインクが供給されるのに必要な時間とされる。
 次に、画像記録動作について説明する。
 画像記録動作では、第1電磁弁307及び第2電磁弁308が閉じられ、第3電磁弁309が開かれた状態で排気ポンプP2により第1貯留部242内の空気が排気されて第1貯留部242内が負圧とされることにより、供給路301及び記録ヘッド241内のインクが第1貯留部242方向に引き込まれ、ノズル2411内の圧力が僅かに負圧状態とされる。この状態で、搬送ドラム21による記録媒体Mの搬送が開始され、当該搬送に応じた適切なタイミングでノズル2411からインクが吐出されることにより記録媒体Mに画像が記録される。
 次に、加圧メンテナンス動作、還流メンテナンス動作、インク供給動作及び画像記録動作において行われるCPU41による処理について、フローチャートを参照して説明する。
 吐出メンテナンス処理及び還流メンテナンス処理は、操作表示部57に対してユーザーにより所定の入力操作が行われた場合や、インクジェット記録装置1の動作に係る所定の条件が満たされた場合に開始される。所定の条件が満たされる場合として、例えば、所定量以上の記録媒体Mに対する画像形成が行われた場合や、最後に画像記録動作が行われてから所定の時間が経過した場合等が挙げられる。また、画像記録処理は、入出力インターフェース58を介して外部装置2からプリントジョブ及び画像データが制御部40に入力された場合に実行される。また、インク供給動作は、最後にインク供給動作が行われてからヘッドユニット24により所定量以上のインクの吐出が行われた場合に、画像記録動作の実行前又は実行後に行われる。
 図8は、加圧メンテナンス処理の制御手順を示すフローチャートである。
 加圧メンテナンス処理が開始される場合には、CPU41は、ヘッドユニット移動駆動部53に制御信号を出力してヘッドユニット24をクリーニング部と対向する位置に移動させる。
 加圧メンテナンス処理が開始されると、CPU41は、電磁弁駆動部54から第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309に駆動信号を出力させて、第1電磁弁307及び第3電磁弁309を閉じ、第2電磁弁308を開く(ステップS11)。
 CPU41は、送液ポンプP1の送液圧力を第1の圧力に設定して当該設定に係るデータをRAM42に記憶させる(ステップS12)。
 CPU41は、送液ポンプP1によるインクの送液を開始させる(ステップS13:第1の送液制御)。即ち、CPU41は、RAM42に記憶された送液圧力の設定に基づき送液ポンプ駆動部55に制御信号を出力することにより、送液ポンプ駆動部55から送液ポンプP1に駆動信号を出力させて送液ポンプP1により第1の圧力でインクの送液を行わせる。
 CPU41は、インクの送液が開始されてから所定時間が経過すると、送液ポンプ駆動部55に制御信号を出力して送液ポンプP1による送液を停止させ(ステップS14)、電磁弁駆動部54から第2電磁弁308に駆動信号を出力させて第2電磁弁308を閉じる(ステップS15)。
 CPU41は、電磁弁駆動部54から第1電磁弁307に駆動信号を出力させて第1電磁弁307を開き、その後所定時間が経過すると第1電磁弁307を閉じる(ステップS16)。その後、CPU41は、電磁弁駆動部54から第3電磁弁309に駆動信号を出力させて第3電磁弁309を開き(ステップS17)、加圧メンテナンス処理を終了させる。
 図9は、還流メンテナンス処理及びインク供給処理の制御手順を示すフローチャートである。
 還流メンテナンス処理又はインク供給処理が開始される場合には、CPU41は、ヘッドユニット移動駆動部53に制御信号を出力してヘッドユニット24を搬送ドラム21の搬送面21aと対向する位置に移動させる。
 還流メンテナンス処理又はインク供給処理が開始されると、CPU41は、電磁弁駆動部54から第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309に駆動信号を出力させて、第1電磁弁307及び第2電磁弁308を開き、第3電磁弁309を閉じる(ステップS21)。
 CPU41は、送液ポンプP1の送液圧力を第2の圧力に設定して当該設定に係るデータをRAM42に記憶させる(ステップS22)。
 CPU41は、送液ポンプP1によるインクの送液を開始させる(ステップS23:第2の送液制御)。即ち、CPU41は、RAM42に記憶された送液圧力の設定に基づき送液ポンプ駆動部55に制御信号を出力することにより、送液ポンプ駆動部55から送液ポンプP1に駆動信号を出力させて送液ポンプP1により第2の圧力でインクの送液を行わせる。
 CPU41は、インクの送液が開始されてから所定時間が経過すると、送液ポンプ駆動部55に制御信号を出力して送液ポンプP1による送液を停止させる(ステップS24)。ここで、上記所定時間は、還流メンテナンス処理では、インクの第2貯留部243への還流によりインクの気泡が十分に除去されるのに必要な時間とされ、インク供給処理では、記録ヘッド241に十分な量のインクが供給されるのに必要な時間とされる。
 CPU41は、電磁弁駆動部54から第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309に駆動信号を出力させて、第1電磁弁307及び第2電磁弁308を閉じ、第3電磁弁309を開く(ステップS25)。
 CPU41は、ステップS25の処理が終了すると、還流メンテナンス処理又はインク供給処理を終了させる。
 図10は、画像記録処理の制御手順を示すフローチャートである。
 画像記録処理が開始される場合には、CPU41は、ヘッドユニット移動駆動部53に制御信号を出力してヘッドユニット24を搬送ドラム21の搬送面21aと対向する位置に移動させる。
 画像記録処理が開始されると、CPU41は、電磁弁駆動部54から第1電磁弁307、第2電磁弁308及び第3電磁弁309に駆動信号を出力させて、第1電磁弁307及び第2電磁弁308を閉じ、第3電磁弁309を開く(ステップS31)。
 CPU41は、排気ポンプP2により第1貯留部242内及び記録ヘッド241内に負圧を生成させる(ステップS32)。即ち、CPU41は、排気ポンプ駆動部56に制御信号を出力することにより、排気ポンプ駆動部56から排気ポンプP2に駆動信号を出力させて排気ポンプP2により第1貯留部242内及び記録ヘッド241内において所定値の負圧を生成させる。
 CPU41は、ヘッドユニット24により記録媒体M上に画像を記録させる(ステップS33)。即ち、即ち、CPU41は、搬送駆動部52に制御信号を出力して当該搬送駆動部52により搬送ドラム21を回転させて記録媒体Mを搬送させる。そして、CPU41は、画像データを含む制御信号を記録ヘッド駆動部51に供給して、搬送ドラム21の回転に応じた適切なタイミングで記録ヘッド駆動部51により駆動波形の電圧信号を記録ヘッド241に出力させることで、搬送ドラム21により搬送される記録媒体M上にヘッドユニット24のノズル2411からインクを吐出させて記録媒体Mに画像の一部を記録させる。また、CPU41は、搬送駆動部52に制御信号を出力してデリバリー部26を動作させ、画像が記録された記録媒体Mを排紙部30に排出させる。
 CPU41は、ステップS33の処理が終了すると、画像記録処理を終了させる。
 (変形例)
 上記実施形態において、記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413からそれぞれ異なる経路により第2貯留部243にインクが回収される構成としても良い。即ち、上部流路部2412からインクが流れ出る排出部2415に加えて、下部流路部2413からインクが流れ出るバイパス部を設け、排出部2415に接続された第1回収路とバイパス部に接続された第2回収路とが1つの共通回収路に合流して第2貯留部243に接続される構成としても良い。この場合、第1回収路及び第2回収路にそれぞれ電磁弁を設け、還流メンテナンスにおけるインクの送液時においてこれらの電磁弁により第1回収路及び第2回収路のいずれか一方のみを開放させておくことにより、上部流路部2412及び下部流路部2413のいずれか一方を対象として還流メンテナンスを行うことができる。
 以上のように、本実施形態のインクジェット記録装置1は、インクを吐出するノズル2411が設けられた記録ヘッド241と、記録ヘッド241に供給されるインクを貯留する第2貯留部243と、第2貯留部243と、記録ヘッド241に設けられノズル2411に連通する上部流路部2412及び下部流路部2413とを通り、第2貯留部243に貯留されたインクが循環するインク循環経路と、インク循環経路内のインクに圧力を印加して当該インクを所定の送液方向に流動させる送液動作を行い、当該送液動作により第2貯留部243のインクを記録ヘッド241に供給する送液ポンプP1と、記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413に対するインクの供給によりインクがノズル2411から排出される第1の圧力で送液ポンプP1により送液動作を行わせる第1の送液制御と、第1の圧力よりも小さく記録ヘッド241の上部流路部2412及び下部流路部2413に対するインクの供給によりインクがノズル2411から排出されない第2の圧力で送液ポンプP1により送液動作を行わせる第2の送液制御と、を行うCPU41(制御手段)と、を備える。このような構成によれば、第1の送液制御により加圧メンテナンス動作を行うことができ、また第2の送液制御により還流メンテナンス動作及びインク供給動作を行うことができる。そして、第2の送液制御ではノズル2411からインクが排出されない第2の圧力で送液動作が行われるため、記録ヘッド241のノズル2411からの意図しないインクの漏出を抑制することができる。これにより、インクの無駄な消費を抑制できるとともに、インクの漏出によるインクジェット記録装置1各部の汚染を抑制することができる。
 また、インクジェット記録装置1は、インク循環経路のうち上記送液方向について記録ヘッド241から第2貯留部243まで範囲内に設けられてインク循環経路を開放させ又は閉止させる第1電磁弁307を備え、送液ポンプP1は、インク循環経路のうち上記送液方向について第2貯留部243から記録ヘッド241までの位置においてインクに圧力を印加して送液動作を行い、CPU41は、第1電磁弁307によりインク循環経路が閉止された状態で第1の送液制御を行い、第1電磁弁307によりインク循環経路が開放された状態で第2の送液制御を行う(制御手段)。これにより、加圧メンテナンス動作において第1電磁弁307により回収路302が閉止されるため、送液ポンプP1においてより効率よく第1の圧力での送液を行うことができる。
 また、第1電磁弁307は、所定の駆動信号の入力に応じて開閉してインク循環経路を開放させ又は閉止させ、CPU41は、第1電磁弁307の開閉を制御する(制御手段)。これにより、第1電磁弁307によるインク循環経路の開放及び閉止の切り替えを容易に行うことができる。
 また、電磁弁(第1電磁弁307)が用いられことにより、インク循環経路の開放及び閉止の切り替えを高速に行うことができる。
 (第2の実施形態)
 続いて、本発明のインクジェット記録装置に係る第2の実施形態について説明する。
 第2の実施形態は、第1電磁弁307に代えて、インクの送液圧力に応じて自動的に閉じる自動閉止弁(切替手段、第2の弁)が用いられている点で上記第1の実施形態と異なる。以下では、上記第1の実施形態との相違点について説明する。
 図11A及び図11Bは、自動閉止弁310の構成を示す模式断面図である。
 自動閉止弁310は、図1における第1電磁弁307の配置位置(即ち回収路302上)に第1電磁弁307に代えて設けられる。
 図11Aに示されるように、自動閉止弁310は、回収路302を通るインクを通過させる管部3101と、管部3101の内部に設けられた固定部材3102と、固定部材3102のインクの送液方向について下流側に取り付けられた弾性部材3103と、弾性部材3103の固定部材3102側とは反対側に取り付けられた栓部3104とを備える。弾性部材3103としては、例えば、ばねや弾性を有する樹脂などを用いることができる。管部3101は、インクの送液方向について下流側ほど細くなる漏斗状の部分(収斂部)を有している。栓部3104は、管部3101内において、管部3101内を流れるインクから受けるインクの送液方向の力と、弾性部材3103から受ける当該送液方向とは反対方向の力とが均衡する地点に位置する。そして、栓部3104は、送液ポンプP1による送液により管部3101を通過するインクの圧力が所定の基準圧力以上である場合に、図11Bに示されるように、管部3101内を送液方向に移動して管部3101の漏斗状の部分を閉塞させる。このように、自動閉止弁310は、インクの送液圧力に応じて自動的に回収路302を閉止させる。
 ここで、基準圧力は、上述した第1の圧力より小さく第2の圧力より大きい値とされる。従って、加圧メンテナンス動作において第1の圧力での送液が行われる場合には、自動閉止弁310が閉じて回収路302が閉止される。また、還流メンテナンス動作及びインク供給処理において第2の圧力で送液が行われる場合には、管部3101が栓部3104により閉塞されないため、自動閉止弁310が開いた状態で維持される。
 自動閉止弁310が閉じた後は、記録ヘッド241内のインクの圧力に応じてノズル2411からインクが排出されることにより栓部3104にかかるインクの圧力が低下していく。そして、当該圧力が基準圧力を下回ると、栓部3104が弾性部材3103から受ける弾性力により管部3101から引き離されて閉塞が解かれ、回収路302が開放される。
 本実施形態の加圧メンテナンス処理は、図8に示される第1の実施形態に係る加圧メンテナンス処理においてステップS11,S16における第1電磁弁に係る処理を省略したものに相当する。また、ステップS13において第1の圧力でのインクの送液が開始されると、自動閉止弁310が閉じて回収路302が閉止され、記録ヘッド241のノズル2411から強制的にインクが排出される。また、ステップS14においてインクの送液が終了すると、上述したように自動閉止弁310が開いて記録ヘッド241内のインクの圧力が低下し、ノズル2411からのインクの排出が停止される。なお、ステップS13における第1の圧力でのインクの送液が開始される前に、基準圧力以上かつ第1の圧力未満の圧力でインクの送液を行って自動閉止弁310を閉じても良い。
 また、本実施形態の還流メンテナンス処理及びインク供給処理は、図9に示される第1の実施形態に係る還流メンテナンス処理及びインク供給処理においてステップS21,S25における第1電磁弁に係る処理を省略したものに相当する。本実施形態の還流メンテナンス処理及びインク供給処理では、ステップS23において第2の圧力でのインクの送液が行われても自動閉止弁310が開いた状態で維持されるため、第1の実施形態と同様に第2貯留部243へのインクの還流や記録ヘッド241へのインクの供給が行われる。
 なお、自動閉止弁310の栓部3104による管部3101の閉塞を解く方法は、上記のようにノズル2411からインクを排出する方法に限られない。例えば、ノズル2411以外のバイパス経路によりインクを排出してインクの圧力を下げることにより閉塞を解いても良い。また、送液ポンプP1によりインクを逆流させることにより閉塞を解いても良い。また、栓部3104をインクの送液方向に貫通する微細な開口を設け、栓部3104により管部3101が閉塞された後に当該開口からインクを送液方向に流すことによりインクの圧力を低下させて閉塞を解く態様であっても良い。
 以上のように、第2の実施形態に係るインクジェット記録装置1では、送液動作に係るインクの圧力が第1の圧力より小さく第2の圧力より大きい所定の基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により閉じられてインク循環経路を閉止させる自動閉止弁310が用いられ、CPU41は、加圧メンテナンス動作に係る送液制御を行う場合に、送液ポンプP1により基準圧力以上の圧力で送液を行わせて自動閉止弁310を閉じる(制御手段)。このように自動閉止弁310が用いられることにより、弁を開閉させるための電気配線が不要となってインクジェット記録装置1の低コスト化及び小型化が可能となるとともに、CPU41による処理を簡略化させることができる。
 また、自動閉止弁310は、送液動作により流動するインクを通過させ、送液方向について下流側ほど細くなる収斂部を有する管部3101と、送液動作により管部3101を通過するインクの圧力が基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により管部3101内を送液方向に移動して収斂部を閉塞させる栓部3104と、を備える。これにより、簡易な構成の小型の自動閉止弁310を実現させることができる。
 なお、本発明は、上記実施形態及び各変形例に限られるものではなく、様々な変更が可能である。
 例えば、上記各実施形態で及び変形例では、第1電磁弁307又は自動閉止弁310を閉じて回収路302を閉止させた状態で加圧メンテナンスを行う例を用いて説明したが、これに限定する趣旨ではない。例えば、インク循環経路に弁を設けずに、又はインク循環経路に設けられた弁をすべて開いた状態で、送液ポンプP1により第2の圧力でインクの送液を行うことで循環メンテナンス動作及びインク供給動作を行い、また第2の圧力より大きくノズル2411から強制的にインクが排出される圧力で送液ポンプP1により送液を行うことで加圧メンテナンス動作を行っても良い。
 また、上記各実施形態及び変形例では、駆動信号に応じて開閉する弁として電磁弁を例に挙げて説明したが、これに代えて、モーターの動作により弁を開閉させる電動弁といった他の弁を用いても良い。
 また、上記各実施形態及び変形例では、画像記録動作において排気ポンプP2により記録ヘッド241内の負圧を生成する例を用いて説明したが、負圧の生成方法はこれに限られない。例えば、記録ヘッド241の位置を第1貯留部242及び第2貯留部243におけるインクの液面の位置よりも高くして水頭差により負圧を生成しても良い。
 また、インクを循環させるインク循環経路上には、上記各実施形態及び変形例において示した構成要素以外にインクを通過させる他の構成要素が設けられていても良い。
 また、上記各実施形態及び変形例では、記録媒体MにおけるX方向の画像の記録範囲に亘ってノズル2411が配列されたラインヘッドにより画像を記録するインクジェット記録装置1を例に挙げて説明したが、記録ヘッドを走査させながら画像の記録を行うインクジェット記録装置に本発明を適用しても良い。
 本発明のいくつかの実施形態を説明したが、本発明の範囲は、上述の実施の形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された発明の範囲とその均等の範囲を含む。
 本発明は、インクジェット記録装置に利用することができる。
1 インクジェット記録装置
2 外部装置
10 給紙部
11 給紙トレー
12 媒体供給部
20 画像記録部
21 搬送ドラム
21a 搬送面
22 受け渡しユニット
23 加熱部
24 ヘッドユニット
25 定着部
26 デリバリー部
30 排紙部
31 排紙トレー
40 制御部
41 CPU
42 RAM
43 ROM
44 記憶部
51 記録ヘッド駆動部
52 搬送駆動部
53 ヘッドユニット移動駆動部
54 電磁弁駆動部
55 送液ポンプ駆動部
56 排気ポンプ駆動部
57 操作表示部
58 入出力インターフェース
59 バス
241 記録ヘッド
2411 ノズル
2412 上部流路部
2413 下部流路部
2414 供給部
2415 排出部
2416 フィルター
242 第1貯留部
243 第2貯留部
244 インクタンク
300 インク供給機構
301 供給路
302 回収路
303 貯留部間経路
304 経路
306 通気路
307 第1電磁弁
308 第2電磁弁
309 第3電磁弁
310 自動閉止弁
3101 管部
3102 固定部材
3103 弾性部材
3104 栓部
M 記録媒体
P1 送液ポンプ
P2 排気ポンプ

Claims (6)

  1.  インクを吐出するノズルが設けられた記録ヘッドと、
     前記記録ヘッドに供給されるインクを貯留するインク貯留部と、
     前記インク貯留部と、前記記録ヘッドに設けられ前記ノズルに連通する流路部とを通り、前記インク貯留部に貯留されたインクが循環するインク循環経路と、
     前記インク循環経路内のインクに圧力を印加して当該インクを所定の送液方向に流動させる送液動作を行い、当該送液動作により前記インク貯留部のインクを前記記録ヘッドに供給する送液手段と、
     前記記録ヘッドの前記流路部に対するインクの供給によりインクが前記ノズルから排出される第1の圧力で前記送液手段により前記送液動作を行わせる第1の送液制御と、前記第1の圧力よりも小さく前記記録ヘッドの前記流路部に対するインクの供給によりインクが前記ノズルから排出されない第2の圧力で前記送液手段により前記送液動作を行わせる第2の送液制御と、を行う制御手段と、
     を備えることを特徴とするインクジェット記録装置。
  2.  前記インク循環経路のうち前記送液方向について前記記録ヘッドから前記インク貯留部までの範囲内に設けられて前記インク循環経路を開放させ又は閉止させる切替手段を備え、
     前記送液手段は、前記インク循環経路のうち前記送液方向について前記インク貯留部から前記記録ヘッドまでの位置においてインクに圧力を印加して前記送液動作を行い、
     前記制御手段は、前記切替手段により前記インク循環経路が閉止された状態で前記第1の送液制御を行い、前記切替手段により前記インク循環経路が開放された状態で前記第2の送液制御を行う
     ことを特徴とする請求項1に記載のインクジェット記録装置。
  3.  前記切替手段は、所定の駆動信号の入力に応じて開閉して前記インク循環経路を開放させ又は閉止させる第1の弁を有し、
     前記制御手段は、前記第1の弁の開閉を制御する
     ことを特徴とする請求項2に記載のインクジェット記録装置。
  4.  前記第1の弁は、電磁弁であることを特徴とする請求項3に記載のインクジェット記録装置。
  5.  前記切替手段は、前記送液動作に係るインクの圧力が前記第1の圧力より小さく前記第2の圧力より大きい所定の基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により閉じられて前記インク循環経路を閉止させる第2の弁を有し、
     前記制御手段は、前記第1の送液制御を行う場合に、前記送液手段により前記基準圧力以上の圧力で前記送液動作を行わせて前記第2の弁を閉じる
     ことを特徴とする請求項2に記載のインクジェット記録装置。
  6.  前記第2の弁は、
     前記送液動作により流動するインクを通過させ、前記送液方向について下流側ほど細くなる収斂部を有する管部と、
     前記送液動作により前記管部を通過するインクの圧力が前記基準圧力以上である場合に当該インクの圧力により前記管部内を前記送液方向に移動して前記収斂部を閉塞させる栓部と、
     を備えることを特徴とする請求項5に記載のインクジェット記録装置。
PCT/JP2016/077640 2015-10-05 2016-09-20 インクジェット記録装置 WO2017061265A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015-197318 2015-10-05
JP2015197318 2015-10-05

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016077640A JPWO2017061265A1 (ja) 2015-10-05 2016-09-20 インクジェット記録装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2017061265A1 true WO2017061265A1 (ja) 2017-04-13

Family

ID=58487560

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2016/077640 WO2017061265A1 (ja) 2015-10-05 2016-09-20 インクジェット記録装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JPWO2017061265A1 (ja)
WO (1) WO2017061265A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018198887A1 (en) * 2017-04-28 2018-11-01 Fujifilm Corporation Inks
CN109551897A (zh) * 2017-09-25 2019-04-02 东芝泰格有限公司 液体循环装置、液体喷出装置

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009029111A (ja) * 2007-06-28 2009-02-12 Seiko Epson Corp 流体吐出装置、及び、流体吐出装置の制御方法
JP2010083135A (ja) * 2008-09-02 2010-04-15 Ricoh Co Ltd 画像形成装置
WO2013137057A1 (ja) * 2012-03-14 2013-09-19 コニカミノルタ株式会社 画像形成装置及び記録ヘッドのメンテナンス方法

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009029111A (ja) * 2007-06-28 2009-02-12 Seiko Epson Corp 流体吐出装置、及び、流体吐出装置の制御方法
JP2010083135A (ja) * 2008-09-02 2010-04-15 Ricoh Co Ltd 画像形成装置
WO2013137057A1 (ja) * 2012-03-14 2013-09-19 コニカミノルタ株式会社 画像形成装置及び記録ヘッドのメンテナンス方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018198887A1 (en) * 2017-04-28 2018-11-01 Fujifilm Corporation Inks
CN109551897A (zh) * 2017-09-25 2019-04-02 东芝泰格有限公司 液体循环装置、液体喷出装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2017061265A1 (ja) 2018-08-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8414115B2 (en) Liquid supplying apparatus and liquid ejecting apparatus
JP5124510B2 (ja) 溶融型熱転写インク画像形成装置を動作させる方法
JP5327446B2 (ja) 画像形成装置
JP6011610B2 (ja) 画像形成装置
WO2017061265A1 (ja) インクジェット記録装置
US8308263B2 (en) Droplet ejecting apparatus
JP6446231B2 (ja) インクジェット印刷装置
JP5233035B2 (ja) インクジェット記録装置
JP6267023B2 (ja) 液体吐出装置、およびその制御方法
JP2008080808A (ja) インクジェット記録装置
JP2005271584A (ja) インクジェットヘッドのメンテナンス方法及び画像形成装置
WO2017208776A1 (ja) インクジェット記録装置
JP2019155671A (ja) インクジェット記録装置及びメンテナンス方法
JP5969901B2 (ja) 分離を備えた粒子循環を有する印字ヘッド
JP2009101668A (ja) インク供給制御方法
JP5107826B2 (ja) 画像形成装置
JP2017030154A (ja) 印刷装置、および吐出ヘッドのクリーニング方法
EP2915672B1 (en) Apparatus for and method of ejecting droplets
JP5277870B2 (ja) 画像形成装置
JP2011230511A (ja) 画像形成装置
JP6897186B2 (ja) インクジェット記録装置
JP2007268855A (ja) インクジェット記録装置
JP5365092B2 (ja) 画像形成装置
JP2020142486A (ja) インクジェット記録装置及びメンテナンス方法
JP2007331242A (ja) インクジェット記録装置

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 16853419

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

ENP Entry into the national phase in:

Ref document number: 2017544440

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 16853419

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1