WO2015186769A1 - 食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置 - Google Patents

食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置 Download PDF

Info

Publication number
WO2015186769A1
WO2015186769A1 PCT/JP2015/066122 JP2015066122W WO2015186769A1 WO 2015186769 A1 WO2015186769 A1 WO 2015186769A1 JP 2015066122 W JP2015066122 W JP 2015066122W WO 2015186769 A1 WO2015186769 A1 WO 2015186769A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
amorphous silicon
rice husk
combustion
furnace
produced
Prior art date
Application number
PCT/JP2015/066122
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
千真 梅木
信和 田口
典子 今間
Original Assignee
株式会社ガイア環境技術研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2014-115197 priority Critical
Priority to JP2014115197 priority
Application filed by 株式会社ガイア環境技術研究所 filed Critical 株式会社ガイア環境技術研究所
Publication of WO2015186769A1 publication Critical patent/WO2015186769A1/ja

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C01INORGANIC CHEMISTRY
    • C01BNON-METALLIC ELEMENTS; COMPOUNDS THEREOF; METALLOIDS OR COMPOUNDS THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASS C01C
    • C01B33/00Silicon; Compounds thereof
    • C01B33/02Silicon
    • C01B33/021Preparation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K10/00Animal feeding-stuffs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K20/00Accessory food factors for animal feeding-stuffs
    • A23K20/20Inorganic substances, e.g. oligoelements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K20/00Accessory food factors for animal feeding-stuffs
    • A23K20/20Inorganic substances, e.g. oligoelements
    • A23K20/28Silicates, e.g. perlites, zeolites or bentonites
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K50/00Feeding-stuffs specially adapted for particular animals
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23KFODDER
    • A23K50/00Feeding-stuffs specially adapted for particular animals
    • A23K50/70Feeding-stuffs specially adapted for particular animals for birds
    • A23K50/75Feeding-stuffs specially adapted for particular animals for birds for poultry
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L33/00Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof
    • A23L33/10Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof using additives
    • A23L33/16Inorganic salts, minerals or trace elements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K33/00Medicinal preparations containing inorganic active ingredients
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/19Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing inorganic ingredients
    • A61K8/25Silicon; Compounds thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P17/00Drugs for dermatological disorders
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P17/00Drugs for dermatological disorders
    • A61P17/16Emollients or protectives, e.g. against radiation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P19/00Drugs for skeletal disorders
    • A61P19/08Drugs for skeletal disorders for bone diseases, e.g. rachitism, Paget's disease
    • A61P19/10Drugs for skeletal disorders for bone diseases, e.g. rachitism, Paget's disease for osteoporosis
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P43/00Drugs for specific purposes, not provided for in groups A61P1/00-A61P41/00
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C01INORGANIC CHEMISTRY
    • C01BNON-METALLIC ELEMENTS; COMPOUNDS THEREOF; METALLOIDS OR COMPOUNDS THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASS C01C
    • C01B33/00Silicon; Compounds thereof
    • C01B33/113Silicon oxides; Hydrates thereof
    • C01B33/12Silica; Hydrates thereof, e.g. lepidoic silicic acid
    • C01B33/18Preparation of finely divided silica neither in sol nor in gel form; After-treatment thereof
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/08Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined externally heated
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/10Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined internally heated, e.g. by means of passages in the wall
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/14Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined with means for agitating or moving the charge
    • F27B7/18Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined with means for agitating or moving the charge the means being movable within the drum
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/20Details, accessories, or equipment peculiar to rotary-drum furnaces
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/20Details, accessories, or equipment peculiar to rotary-drum furnaces
    • F27B7/33Arrangement of devices for discharging
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/20Details, accessories, or equipment peculiar to rotary-drum furnaces
    • F27B7/36Arrangements of air or gas supply devices
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F27FURNACES; KILNS; OVENS; RETORTS
    • F27BFURNACES, KILNS, OVENS, OR RETORTS IN GENERAL; OPEN SINTERING OR LIKE APPARATUS
    • F27B7/00Rotary-drum furnaces, i.e. horizontal or slightly inclined
    • F27B7/20Details, accessories, or equipment peculiar to rotary-drum furnaces
    • F27B7/42Arrangement of controlling, monitoring, alarm or like devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; THEIR TREATMENT, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2002/00Food compositions, function of food ingredients or processes for food or foodstuffs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/10General cosmetic use
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/40Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of particular ingredients
    • A61K2800/52Stabilizers
    • A61K2800/522Antioxidants; Radical scavengers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/80Process related aspects concerning the preparation of the cosmetic composition or the storage or application thereof
    • A61K2800/805Corresponding aspects not provided for by any of codes A61K2800/81 - A61K2800/95
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C01INORGANIC CHEMISTRY
    • C01PINDEXING SCHEME RELATING TO STRUCTURAL AND PHYSICAL ASPECTS OF SOLID INORGANIC COMPOUNDS
    • C01P2002/00Crystal-structural characteristics
    • C01P2002/02Amorphous compounds
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C01INORGANIC CHEMISTRY
    • C01PINDEXING SCHEME RELATING TO STRUCTURAL AND PHYSICAL ASPECTS OF SOLID INORGANIC COMPOUNDS
    • C01P2006/00Physical properties of inorganic compounds
    • C01P2006/80Compositional purity

Abstract

 燃焼処理が1工程であって、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まず、また多孔質性で水溶化しやすい食品、医薬品、化粧品、飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法と装置を得る。 もみ殻等を500℃以上、700℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または大気と酸素の混合ガス(混合比は前述の範囲内)を炉内に導入し、燃焼させると同時に、もみ殻等の熱分解時に生じる乾留ガスを一部炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法とする。

Description

食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置

 本発明は、タール、結晶物及び発がん性物質を含まず、また多孔質性で水溶化しやすい食品、医薬品、化粧品及び飼料に使用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置に関する。

 ケイ素は稲作やいくつかの農作物の生育に有用な物質であり、ケイ素肥料として活用されてきた。近年になって、ケイ素は農作物だけでなく人体にとっても必須の微量ミネラルであることが指摘されており、食品や医薬品、化粧品としての価値が高まっている。

 ケイ素(Si)は、クラーク数では25.8%と、地球上で酸素に次いで2番目に多い物質であり、固体の多くが二酸化ケイ素(SiO)として存在しているが、そのほとんどは「結晶質」である。一方、人間や動植物に吸収されるケイ素は「非晶質」ケイ素であり、これは珪藻土や植物等に含まれている。また、結晶質ケイ素には人体に対する発がん性も指摘されているため、結晶質ケイ素を含まない非晶質ケイ素は、一般に希少で高価なものとなっている。

 もみ殻や稲藁には、非晶質ケイ素が多量に含まれており、これを燃焼させて非晶質ケイ素を得る方法がいくつも考案されている。従来のもみ殻からの非晶質ケイ素の製造方法では、もみ殻の燃焼物を得る場合、もみ殻を流動床焼成炉で第1次焼成し、ついで外熱式回転炉にて第2次焼成してもみ殻の燃焼物を作成する方法が一般に行われていた。

特開2011-142826号公報 特開2006-112687号公報 特開平7-196312

 特許文献1では、炉の温度を一定にすることが難しく、連続的に安価に安定的に、100%に近い比率では非晶質のケイ素を含む非晶質シリカを製造することができないという問題点があった。また、焼成時に発生する乾留ガスやタールの問題から製品中にもタール分が混入する可能性があり、食品や医薬品、飼料等への利用は困難であった。

 特許文献2では、段落0037にて、「焼成課程で発生する局所過熱がないので、焼成化に起因するクリンカー粒(結晶)は含んでいない。」とし、その結果段落0038(表1)非晶質シリカ多孔質体を、試験によって異なるが、最大で40%まで得られたとし、100%に近い割合の非晶質シリカは、得られていないという問題点があった。非晶質ケイ素は非晶質シリカの更に半分程度である。

 特許文献3の非晶質ケイ素を服務非晶質シリカの製造方法では、第1次焼成と、第2次焼成の2回の焼成工程が必要であって、焼成工程が煩雑という問題点があった。また、非晶質ケイ素を含む非晶質シリカの用途については、コンクリートの補強材のみの開示であって、発がん性物質を含まないことが必須である食品や医薬品、飼料、及び水溶性の非晶質ケイ素を用いることが必須である食品や医薬品、飼料については開示されていない。

 本発明の課題は、燃焼処理が1工程であって、稲を構成するもみ殻、稲藁、米糠や、麦、トウモロコシ、牧草等のイネ科植物、及びスギナ、茶、じゃがいも等ケイ素を豊富に含む植物(以後、これらを総称して「もみ殻等」と称する)からタール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まず、また多孔質性で水溶化しやすい食品、医薬品、化粧品及び飼料に使用される非晶質ケイ素、及びその製造方法と装置を得ることである。

 請求項1に係る発明は、もみ殻等を500℃以上、700℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法である。

 もみ殻等を燃焼する温度が、500℃未満であると、発がん性物質であるベンツピレンが生成する問題点があり、もみ殻等を燃焼する温度が、700℃を超えると、もみ殻中の非晶質シリカが結晶化して、人体に対して発がん性を有するという問題点があった。また、炉内に導入する大気が、もみ殻等の重量に対して6.7倍未満であるともみ殻の燃焼が、不完全となり、炉内に導入する大気が、もみ殻等の重量に対して20倍を超えると、炉内温度が低下し、温度維持が困難になるという問題点があった。また、炉内に導入する酸素が、もみ殻等の重量に対して1.4倍未満であるともみ殻の燃焼が、不完全となり、炉内に導入する酸素が、もみ殻等の重量に対して4倍を超えると、もみ殻等の燃焼が急激に行われて燃焼物として品質が低下するという問題点があった。

 請求項2に係る発明は、もみ殻等を550℃以上、650℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、農薬成分及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法である。

 もみ殻等を燃焼する温度が550℃未満であると、燃焼に時間がかかり過ぎるという問題点があり、もみ殻等を燃焼する温度が、650℃を超えると、もみ殻等中の非晶質ケイ素が構造化し始め、水溶化し難くなるという問題点があった。また、炉内に導入する大気が、もみ殻等の重量に対して6.7倍未満であるともみ殻等の燃焼が、不完全となり、炉内に導入する大気が、もみ殻等の重量に対して20倍を超えると、炉内温度が低下し、温度維持が困難になるという問題点があった。また、炉内に導入する酸素が、もみ殻等の重量に対して1.4倍未満であるともみ殻等の燃焼が、不完全となり、炉内に導入する酸素が、もみ殻等の重量に対して4倍を超えると、もみ殻等の燃焼が急激に行われて燃焼物として品質が低下するという問題点があった。

 請求項3に係る発明は、もみ殻等を燃焼させて、もみ殻等の燃焼物を得る燃焼装置であって、前記燃焼装置は、外熱式の加熱部にロータリーキルン又はスクリューによる回転式加熱炉が備えられ、前記スクリューの回転軸部が、中空部を有し前記中空部に、大気が導入され、前記もみ殻等の燃焼時に発生する乾留ガスを炉外に排出する排気機構を有することを特徴とする燃焼装置である。

 請求項4に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか1項の製造方法によって製造された非晶質ケイ素であって、タール、結晶物及び発がん性物質を含まず、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素である。

 請求項5に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする食品である。

 請求項6に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする医薬品である。

 請求項7に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする化粧品である。

 請求項8に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする飼料である。

 請求項1による非晶質ケイ素の製造方法によれば、温度範囲(500℃~700℃)を設定し、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することができる。

 請求項2による非晶質ケイ素の製造方法によれば、最適な温度範囲(550℃~650℃)を設定し、タール、結晶物及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することができる。

 請求項3による非晶質ケイ素の製造方法によれば、燃焼時に素材から発生するタールを含む乾留ガスを適切に炉外に排出しながら、上記の最適な温度範囲で、安定的に非晶質ケイ素を製造することができる。

 請求項4による非晶質ケイ素は、タール、結晶物及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素であり、食品等に利用することができ、且つ人体等の生体によく吸収される非晶質ケイ素である。

 請求項5による食品によれば、人体の骨の強化、美肌、血管の栄養成分の補強、抗酸化力の強化等の効果がある食品を提供できる。

 請求項6による医薬品によれば、人体の骨の強化、美肌、血管の栄養成分の補強、抗酸化力の強化等の効果がある医薬品を提供できる。

 請求項7による化粧品によれば、美肌、血管の栄養成分の補強等の効果がある化粧品を提供できる。

 請求項8による飼料によれば、家畜及び愛がん動物の健康や病気予防や、鶏の発育促進に効果がある飼料を提供できる。

 本発明によれば、燃焼処理が1工程であって、稲を構成するもみ殻、稲藁、米糠や、麦、トウモロコシ、牧草等のイネ科植物、及びスギナ、茶、じゃがいも等ケイ素を豊富に含む植物からタール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まず、また多孔質性で水溶化しやすい食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法と装置を得ることができる。

もみ殻燃焼物のX線解析スペクトルの図。 もみ殻燃焼物の40℃精製水への溶解試験結果 本実施例の燃焼装置の図。 本実施例の燃焼装置の他の例の図。

  1 間接加熱装置
  2 キルン
   2a 乾燥部
   2b 燃焼部
   2c 内部空間
   2in 入口
   2out 出口
  3 燃焼室
   3a 排気管
  4 加熱源
  5 配管部
  6 冷却部
  7 脱臭部
  8 乾留ガス回収部
  9 補助加熱源
 10 蒸気煙経路
 11 油化部
 12 配水管
 13 ファン
 14 ホッパ
 15 原料供給配管
 16 供給スクリュー
 17 第2排出配管
 18 冷却装置
 19 接続管(下流側排ガス管)
  19a 下流側排ガス管上管 
  19b 下流側排ガス管下管 
20 搬送スクリュー
 21 搬送スクリュー
 22 蒸気抜きパイプ(上流側排ガス管)
  22a 上流側排ガス管上管 
  22b 上流側排ガス管下管 
 23 煙突部
 24 循環管
 25 ガス抜きパイプ
 26 大気・酸素供給菅
 30 接続部
 60 回収部
 31 螺旋羽
 41 撹拌羽
 51 スクリュー軸
 61 エア供給開口部
 71 大気供給菅
 81 酸素供給菅
 91 消煙装置
 P 投入素材
 Q 非晶質ケイ素を含む素材
100、101 もみ殻炭
200 カプセルのフタ
300 カプセルの容器
400 カプセル
500 カプセル型食品
501 ペレット型食品
600 バインダー

 本発明の実施の形態による非晶質ケイ素の製造方法は、もみ殻等を500℃以上、700℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、 燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法である。

 本発明の実施の形態による非晶質ケイ素の製造方法は、もみ殻等を550℃以上、650℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、 燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法である。

 ここで、前記もみ殻等の燃焼物である非晶質ケイ素は、生体内温度の40℃以下の範囲の温度でも容易に水溶化する。

 本発明の実施の形態による燃焼装置は、もみ殻等を燃焼させて、もみ殻等の燃焼物を得る燃焼装置であって、前記燃焼装置は、外熱式の加熱部にロータリーキルン又はスクリューによる回転式加熱炉が備えられ、前記スクリューの回転軸部が、中空部を有し前記中空部に、大気または酸素、またはそれらの混合が導入され、前記もみ殻等の燃焼時に発生する排気ガスを炉外に排出する排気機構を有することを特徴とする燃焼装置である。

(実施例1)
 図1は、もみ殻燃焼物のX線解析スペクトルの図である。
 図1にて、上から、燃焼温度450℃の場合、燃焼温度550℃の場合、燃焼温度650℃の場合、燃焼温度700℃の場合のX線解析スペクトルの図である。いずれの場合も、X線解析スペクトルの形は、結晶性を示すピークが無いブロードな形であり、もみ殻燃焼物が、非晶質であることが判る。

(実施例2)
 図2は、もみ殻燃焼物の40℃精製水への溶解試験結果である。
 図2に示す試験結果から、製造温度が低いほど水溶性に優れていることが判る。また、非晶質ケイ素の一種である「シリカゲル」の場合は、ほとんど溶解していないことが判る。図1、図2に示したX線解析結果と合わせて考えると、非晶質ケイ素であっても必ずしも全てが容易に水溶化する訳ではなく、製造温度や製法によって大きく性質が異なる。製造温度が低いともみ殻燃焼物の水溶性が高い反面、製造時間が長時間となり経済性に優れない。また、500℃を下回ると発がん性物質であるベンツピレンが生成する可能性があるため、食用に適さない。製造温度が高いと製造は容易になるが、水溶性が低くなる。一般に800℃を超えるともみ殻燃焼物が結晶化するとされ、結晶性ケイ素もまた発がん性が指摘されているため、同じく食用には適さない。
 従って、発がん性物質を含まず、水溶性が高い非晶質ケイ素は、製造温度500℃以上で出来る限り低い温度ということになる。これに製造効率を勘案すると、実用上の最適製造温度は550~650℃の範囲となる。

(実施例3)
 燃焼温度600℃のもみ殻燃焼物から得た、非晶質ケイ素について、各種の分析を実施したので、その一連の結果について記載する。なお、検査機関は、株式会社日本食品機能分析研究所である。
 表1は、本発明の非晶質ケイ素を含むもみ殻燃焼物の細菌に関する試験結果である。
 表1より、一般生菌数は300以下/g、および大腸菌群は、陰性であることが判る。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000001

 表2は、本発明の非晶質ケイ素の含有量についての分析である。100g中のもみ殻燃焼物に41000mgのケイ素が確認された。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000002

 表3は、本発明の非晶質ケイ素の放射性物質の有無に関する試験結果である。
表3より、放射性ヨウ素、および放射性セシウムは、検出されていない。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000003

 表4は、本発明の非晶質ケイ素を含むもみ殻燃焼物の有害金属の有無、発がん性物質の有無の試験結果である。
 表4より、発がん性物資である、ベンツピレンが、検出せずの結果であることが判明し
た。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000004

 表5は、本発明の非晶質ケイ素を含むもみ殻燃焼物の残留農薬の検出の試験結果である。
残留農薬(276項目)は、すべて不検出であった。
表6,7,8,9に、具体的な残留農薬の項目のリストを示す。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000005
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000006
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000007
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000008
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000009

 本発明の非晶質ケイ素を含むもみ殻燃焼物を検体として、OECD
Guideline for the Testing of Chemicals 404(2002)に準拠し、ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験を行った。
 検体をウサギ3匹の無傷及び有傷皮膚に24時間閉鎖適用した。その結果,除去後1時間に全例で非常に軽度~はっきりした紅斑加えて2例では非常に軽度な浮腫が見られたが、72時間までに消失した。
 ISO 10993-10 Biological
Evaluation of Medical
Devices-Part 10(2010)に従って求めた一次刺激性インデックス(P.I.I.)は0.4となった。
 以上のことから、ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験において、検体は「無刺激性」の範疇に入るものと評価された。

 本発明の非晶質ケイ素を含むもみ殻燃焼物を検体として,ラットを用いる急性経口毒性試験(限度試験)を行った。試験群には2,000 mg/kgの用量の検体を、対照群には溶媒対照として注射用水を雌雄ラットに単回経口投与し、14日間観察を行った。その結果、観察期間中に異常及び死亡例は認められなかった。以上のことから、ラットを用いる単回経口投与において、検体のLD50値は、雌雄ともに2,000mg/kgを超えるものと評価された。

(実施例4)
食品、医薬品への応用
 本発明の非晶質ケイ素は、人体の骨密度の改善に効果がある。被験者40歳台から80歳台に、毎日、本発明の非晶質ケイ素を与えた結果、骨密度が、上昇する傾向がえられた。骨密度の改善のためのサプリメントとしての応用も可能性がある。
表10は、本発明の非晶質ケイ素を含む粉末(ケイ素含有量40%以上)を45歳~82歳の男女10名に1日平均約100mg摂取してもらい、摂取前後の骨密度を測定した結果である。
ここで、表10は被験者のかかとの骨の超音波骨密度測定結果である。
表10によると、摂取前後の比較で、被験者、45歳~82歳の男女10名全員の骨密度が上昇している事がわかる。

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000010
 更にケイ素は腸壁から吸収され、血管を通る際、欠陥内部の付着物を可溶化する作用があり、動脈硬化の予防にも効果がある。

(実施例5)
化粧品への応用
 ケイ素は人体にも含まれ、毛髪、爪、血管、骨、関節や細胞壁などに存在しており、生体内のケイ素はコラーゲンを束ねる作用を持ち、骨、毛髪、爪、コラーゲンの再生や補強、維持に役立つ他、肌の保湿などにも影響を及ぼす。

(実施例6)
飼料への応用
 本実施例は、本発明の非晶質ケイ素を飼料に混ぜて用いる例である。非晶質ケイ素を直接、家畜の飼料に混ぜる方法である。これによって、家畜及び愛がん動物の健康を増進し、また肉質の改善も行われる。

(実施例7)
 図3は、本実施例の燃焼装置の図である。
 本発明で使用される燃焼装置は、内部に螺旋羽と攪拌羽1を配置した回転する一つのキルン2と、この一つのキルン2の内部に投入されたもみ殻等を大気または酸素または前記大気と前記酸素の混合ガスを供給する大気・酸素供給管26と、間接加熱しつつ、もみ殻等を燃焼して一つのキルン2の内部全体に熱を供給する燃焼室3と、燃焼室3内に臨むバーナー等の加熱源4と、キルン2の内部に投入されたもみ殻等に含まれる水分を燃焼室3の間接加熱によって蒸発させるようにキルン2の内部にエリア設定された乾燥部2aと、乾燥部2aで乾燥処理されたもみ殻等を燃焼させるようにキルン2の内部にエリア設定された燃焼部2bと、を備えている。

(実施例8)
 図4は、本実施例の燃焼装置の他の例の図である。
 本発明で使用される燃焼装置は、大気を供給する配管71と酸素を供給する配管81と、任意の温度設定が出来る電気炉等の間接加熱装置1とキルン2と、前記大気または前記酸素またはそれらの混合ガスをキルン内に供給する回転するスクリュー軸の開口部61と螺旋羽31と攪拌羽41と、を備えている。

 本発明によれば、燃焼処理が1工程であって、稲を構成するもみ殻、稲藁、米糠や、麦、トウモロコシ、牧草等のイネ科植物、及びスギナ、茶、じゃがいも等を豊富に含む植物ケイ素からタール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まず、また多孔質性で水溶化しやすい食品、医薬品、化粧品、飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法と装置を提供することができ、人体の健康増進、及び畜産業の発展に寄与する。

Claims (8)

  1. もみ殻等を500℃以上、700℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法。
  2. もみ殻等を550℃以上、650℃以下の温度範囲にて、撹拌しながら、前記もみ殻等の重量の6.7倍以上、20倍以下の質量の大気、または前記もみ殻等の重量に対して1.4倍以上、4倍以下の酸素ガス、または前記大気と前記酸素の混合ガスを炉内に導入し、燃焼させると同時に、もみ殻等の燃焼時に生じる燃焼ガスを炉内から排出させて、もみ殻等の燃焼物を得る手段で行われる、タール、結晶物、残留農薬及び発がん性物質を含まない、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素を製造することを特徴とする非晶質ケイ素の製造方法。
  3. もみ殻等を燃焼させて、もみ殻等の燃焼物を得る燃焼装置であって、前記燃焼装置は、外熱式の加熱部にロータリーキルン又はスクリューによる回転式加熱炉が備えられ、前記ロータリーキルンの回転軸部が、中空部を有し前記中空部に、大気が導入され、前記もみ殻等の燃焼時に発生する乾留ガスを炉外に排出する排気機構を有することを特徴とする燃焼装置。
  4. 請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造されたもみ殻等から製造した非晶質ケイ素で、発がん性物質や結晶物を含まず、多孔質で水溶化し易い非晶質ケイ素。
  5. 請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする食品。
  6. 請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする医薬品。
  7. 請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする化粧品である。
  8. 請求項1ないし3のいずれか1項の非晶質ケイ素の製造方法によって製造された非晶質ケイ素を含有することを特徴とする飼料。
PCT/JP2015/066122 2014-06-03 2015-06-03 食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置 WO2015186769A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014-115197 2014-06-03
JP2014115197 2014-06-03

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US15/315,933 US10570019B2 (en) 2014-06-03 2015-06-03 Amorphous silicon for use in foods, drugs, cosmetics and feed, and production method and production device thereof
EP15803542.8A EP3153469A4 (en) 2014-06-03 2015-06-03 Amorphous silicon for use in foods, drugs, cosmetics and feed, and production method and production device thereof
JP2016525222A JP6667436B2 (ja) 2014-06-03 2015-06-03 非晶質ケイ素を含むもみ燃焼物の製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2015186769A1 true WO2015186769A1 (ja) 2015-12-10

Family

ID=54766837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2015/066122 WO2015186769A1 (ja) 2014-06-03 2015-06-03 食品、医薬品、化粧品及び飼料に利用される非晶質ケイ素、及びその製造方法、製造装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US10570019B2 (ja)
EP (1) EP3153469A4 (ja)
JP (1) JP6667436B2 (ja)
WO (1) WO2015186769A1 (ja)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5249573Y2 (ja) * 1973-06-09 1977-11-10
JPS55150418A (en) * 1979-05-12 1980-11-22 Noritake Co Ltd Air supply device for rotary kiln type incinerator
JP2002130629A (ja) * 2000-10-26 2002-05-09 Chisaki:Kk 可燃原料の横型回転加熱処理装置及び加熱処理方法
JP2004315389A (ja) * 2003-04-14 2004-11-11 Hakuto Co Ltd 皮膚外用剤
WO2006051829A1 (ja) * 2004-11-12 2006-05-18 Saiseiko Co., Ltd. 養豚方法
JP2008214158A (ja) * 2007-03-06 2008-09-18 Maywa Co Ltd 籾殻から非晶質シリカの製造方法
WO2010082442A1 (ja) * 2009-01-15 2010-07-22 水澤化学工業株式会社 非晶質シリカ及びその製造法
JP2011142826A (ja) * 2010-01-12 2011-07-28 Sanwa Kogyo Kk シリカ含有食品の製造方法

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5760245B2 (ja) 1975-10-14 1982-12-18 Kubota Ltd
SU618615A1 (ru) * 1977-01-25 1978-08-05 Новочеркасский Ордена Трудового Красного Знамени Политехнический Институт Им.С.Орджоникидзе Печь дл окислени зеленого ультрамарина в синий
EP1217318A1 (en) * 2000-12-19 2002-06-26 Sea Marconi Technologies Di Wander Tumiatti S.A.S. Plant for the thermal treatment of material and operation process thereof
WO2008016701A2 (en) * 2006-08-02 2008-02-07 Hammond Neal A Biogenic silica from silica-containing plant material such as rice hulls
CN101528601B (zh) * 2006-10-27 2012-08-22 株式会社栗本铁工所 非晶质二氧化硅及其制造方法
WO2009082687A1 (en) * 2007-12-21 2009-07-02 Genentech, Inc. Azaindolizines and methods of use
WO2011096444A1 (ja) * 2010-02-02 2011-08-11 株式会社ガイア環境技術研究所 油乃至ガス吸着材の製造方法及び油乃至ガス吸着材

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5249573Y2 (ja) * 1973-06-09 1977-11-10
JPS55150418A (en) * 1979-05-12 1980-11-22 Noritake Co Ltd Air supply device for rotary kiln type incinerator
JP2002130629A (ja) * 2000-10-26 2002-05-09 Chisaki:Kk 可燃原料の横型回転加熱処理装置及び加熱処理方法
JP2004315389A (ja) * 2003-04-14 2004-11-11 Hakuto Co Ltd 皮膚外用剤
WO2006051829A1 (ja) * 2004-11-12 2006-05-18 Saiseiko Co., Ltd. 養豚方法
JP2008214158A (ja) * 2007-03-06 2008-09-18 Maywa Co Ltd 籾殻から非晶質シリカの製造方法
WO2010082442A1 (ja) * 2009-01-15 2010-07-22 水澤化学工業株式会社 非晶質シリカ及びその製造法
JP2011142826A (ja) * 2010-01-12 2011-07-28 Sanwa Kogyo Kk シリカ含有食品の製造方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP3153469A4 *

Also Published As

Publication number Publication date
EP3153469A1 (en) 2017-04-12
US20170158515A1 (en) 2017-06-08
JP6667436B2 (ja) 2020-03-18
JPWO2015186769A1 (ja) 2017-04-20
US10570019B2 (en) 2020-02-25
EP3153469A4 (en) 2017-11-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Goss et al. A review of the use of organic amendments and the risk to human health
CN102173931B (zh) 一种畜粪炭肥及其生产方法
AU2004294958B2 (en) Method to reduce odor of excreta from companion animals
AT401346B (de) Verfahren zur herstellung eines antioxidationsmittels, insbesondere zur verwendung als arzneimittel
CN103222541B (zh) 一种饲料的制备方法及其应用
RU2344619C2 (ru) Питательная композиция для детоксикации и предупреждения рака
Oboh et al. Nutritional and antimicrobial properties of Vernonia amygdalina leaves
CN103494022A (zh) 一种预防肉鸭中暑的鸭饲料
CN101849557B (zh) 一种杀菌杀虫农药烟熏剂及其制备方法
KR101334157B1 (ko) 유용 미생물을 이용하여 제조된 제독유황 및 이의 용도
Oršolić et al. Synergystic antitumor effect of polyphenolic components of water soluble derivative of propolis against Ehrlich ascites tumour
CN103583823A (zh) 饲用脱霉剂及其制备方法和饲料添加剂
CN104186576A (zh) 具有宁心安神作用的长叶冻绿天然植物蚊香及制备方法
JP2007014322A (ja) 有害成分が除去された無毒硫黄およびその製造方法
CN103989165B (zh) 一种刺梨复合维生素c片及其制备方法
HU9900312A2 (hu) Humán és állatgyógyászatban alkalmazott növényekből nyert illóolajokon alapuló gyógyszerkészítmények
Datta Culture of Azolla and its efficacy in diet of Labeo rohita
CN102599354A (zh) 一种多功能中草药兔饲料
WO2014208719A1 (ja) 発電装置及び牛糞を含む家畜糞の再利用システム
CN107445769A (zh) 一种茶叶生态专用肥
CN104186570A (zh) 一种改善睡眠的竹叶椒植物蚊香及其制备方法
CN104855736A (zh) 一种猪饲料及其制备方法
CN106036026A (zh) 高产蛋鸡中草饲料组分及其制备方法
Runner The tobacco beetle: an important pest in tobacco products
CN104256098A (zh) 一种仔猪中草药饲料添加剂及其制备方法

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 15803542

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

ENP Entry into the national phase in:

Ref document number: 2016525222

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 15315933

Country of ref document: US

REEP Request for entry into the european phase

Ref document number: 2015803542

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2015803542

Country of ref document: EP