WO2013136692A1 - ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム - Google Patents

ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム Download PDF

Info

Publication number
WO2013136692A1
WO2013136692A1 PCT/JP2013/001134 JP2013001134W WO2013136692A1 WO 2013136692 A1 WO2013136692 A1 WO 2013136692A1 JP 2013001134 W JP2013001134 W JP 2013001134W WO 2013136692 A1 WO2013136692 A1 WO 2013136692A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
lens
image
zoom lens
angle
telephoto
Prior art date
Application number
PCT/JP2013/001134
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
善夫 松村
正史 末吉
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2012057032 priority Critical
Priority to JP2012-057032 priority
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Publication of WO2013136692A1 publication Critical patent/WO2013136692A1/ja

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • G02B15/15Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective compensation by means of only one movement or by means of only linearly related movements, e.g. optical compensation
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • G02B15/145Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only
    • G02B15/1451Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only the first group being positive
    • G02B15/145121Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only the first group being positive arranged +-+-+
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • G02B15/146Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having more than five groups
    • G02B15/1461Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having more than five groups the first group being positive
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B27/00Optical systems or apparatus not provided for by any of the groups G02B1/00 - G02B26/00, G02B30/00
    • G02B27/64Imaging systems using optical elements for stabilisation of the lateral and angular position of the image
    • G02B27/646Imaging systems using optical elements for stabilisation of the lateral and angular position of the image compensating for small deviations, e.g. due to vibration or shake

Abstract

 少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有するズームレンズ系であって、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動する、ズームレンズ系。

Description

ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
 本開示は、ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステムに関する。
 レンズ交換式デジタルカメラシステム(以下、単に「カメラシステム」ともいう)は、高感度で高画質な画像を撮影することができ、フォーカシングや撮影後の画像処理が高速で、撮りたい場面に合わせて手軽に交換レンズ装置を取り替えることができる等の利点があり、近年急速に普及している。また光学像を変倍可能に形成するズームレンズ系を備えた交換レンズ装置は、レンズ交換をすることなく焦点距離を自在に変化させることができる点で人気がある。
 交換レンズ装置に用いるズームレンズ系としては、従来より、広角端から望遠端まで高い光学性能を有するものが求められており、例えば正リードで多群構成のズームレンズ系が種々提案されている。
 特許文献1は、正負正負正の5群構成で、第1レンズ群の焦点距離と第2レンズ群の焦点距離との関係と、第4レンズ群の焦点距離と第5レンズ群の焦点距離との関係とが規定されたズームレンズを開示している。
 特許文献2は、正負正負正の5群構成で、変倍に際して第2レンズ群と第4レンズ群とが移動し、第2レンズ群及び第4レンズ群それぞれの倍率がほぼ同時に等倍となるズームレンズを開示している。
 特許文献3は、正負正負正の5群構成で、第1レンズ群、第2レンズ群、第3レンズ群及び第4レンズ群の構成と、第2レンズ群の倍率と第3レンズ群の倍率との関係が規定されたズームレンズを開示している。
 特許文献4は、正負の2群構成を有し、変倍に際して第2レンズ群が移動し、第1レンズ群を構成する材料の屈折率とアッベ数とが規定されたズームレンズを開示している。
 特許文献5は、変倍に際して移動するレンズ群を複数有し、それらの少なくとも2つがフォーカシングレンズ群であり、広角端における射出瞳位置、ウォブリングレンズ群の焦点距離等が規定されたズームレンズを開示している。
特開平08-327905号公報 特開平10-039211号公報 特開2002-228931号公報 特開2009-109630号公報 特開2011-197472号公報
 本開示は、光学性能に優れるのは勿論のこと、レンズ全長が短く小型で軽量なズームレンズ系を提供する。また本開示は、該ズームレンズ系を含む交換レンズ装置及びカメラシステムを提供する。
 本開示におけるズームレンズ系は、
少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有し、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、
像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、
前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動する
ことを特徴とする。
 本開示における交換レンズ装置は、
少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有し、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、
像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、
前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動するズームレンズ系と、
前記ズームレンズ系が形成する光学像を受光して電気的な画像信号に変換する撮像素子を含むカメラ本体との接続が可能なレンズマウント部と
を備える
ことを特徴とする。
 本開示におけるカメラシステムは、
少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有し、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、
像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、
前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動するズームレンズ系、を含む交換レンズ装置と、
前記交換レンズ装置とカメラマウント部を介して着脱可能に接続され、前記ズームレンズ系が形成する光学像を受光して電気的な画像信号に変換する撮像素子を含むカメラ本体と
を備える
ことを特徴とする。
 本開示におけるズームレンズ系は、光学性能に優れるのは勿論のこと、レンズ全長が短く小型で軽量である。
図1は、実施の形態1(数値実施例1)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図2は、数値実施例1に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図3は、数値実施例1に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図4は、実施の形態2(数値実施例2)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図5は、数値実施例2に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図6は、数値実施例2に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図7は、実施の形態3(数値実施例3)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図8は、数値実施例3に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図9は、数値実施例3に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図10は、実施の形態4(数値実施例4)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図11は、数値実施例4に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図12は、数値実施例4に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図13は、実施の形態5(数値実施例5)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図14は、数値実施例5に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図15は、数値実施例5に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図16は、実施の形態6に係るレンズ交換式デジタルカメラシステムの概略構成図である。
 以下、適宜図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。ただし、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明や実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が不必要に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
 なお、発明者らは、当業者が本開示を充分に理解するために添付図面および以下の説明を提供するのであって、これらによって請求の範囲に記載の主題を限定することを意図するものではない。
(実施の形態1~5)
 図1、4、7、10及び13は、各々実施の形態1~5に係るズームレンズ系のレンズ配置図である。
 図1、4、7、10及び13はいずれも、無限遠合焦状態にあるズームレンズ系を表している。各図において、(a)図は広角端(最短焦点距離状態:焦点距離f)のレンズ構成、(b)図は中間位置(中間焦点距離状態:焦点距離f=√(f*f))のレンズ構成、(c)図は望遠端(最長焦点距離状態:焦点距離f)のレンズ構成をそれぞれ表している。各図において、(a)図と(b)図との間に設けられた折れ線の矢印は、上から順に、広角端、中間位置、望遠端の各状態におけるレンズ群の位置を結んで得られる直線である。広角端と中間位置との間、中間位置と望遠端との間は、単純に直線で接続されているだけであり、実際の各レンズ群の動きとは異なる。さらに各図において、レンズ群に付された矢印は、無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングを表す。すなわち、図1及び4において、後述する第4レンズ群G4が無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に移動する方向を示しており、図7、10及び13において、後述する第5レンズ群G5が無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に移動する方向を示している。
 実施の形態1及び2に係るズームレンズ系は、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群G1と、負のパワーを有する第2レンズ群G2と、正のパワーを有する第3レンズ群G3と、負のパワーを有する第4レンズ群G4と、正のパワーを有する第5レンズ群G5とを備える。実施の形態3~5に係るズームレンズ系は、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群G1と、負のパワーを有する第2レンズ群G2と、正のパワーを有する第3レンズ群G3と、正のパワーを有する第4レンズ群G4と、負のパワーを有する第5レンズ群G5と、正のパワーを有する第6レンズ群G6とを備える。
 図1、4、7、10及び13において、特定の面に付されたアスタリスク*は、該面が非球面であることを示している。各図において、各レンズ群の符号に付された記号(+)及び記号(-)は、各レンズ群のパワーの符号に対応する。各図において、最も右側に記載された直線は、像面Sの位置を表す。さらに各図に示すように、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間には、開口絞りAが設けられている。
(実施の形態1)
 図1に示すように、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、両凸形状の第2レンズ素子L2とからなる。これら第1レンズ素子L1と第2レンズ素子L2とは接合されている。また、第2レンズ素子L2は、その像側面が非球面である。
 第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第3レンズ素子L3と、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凸形状の第5レンズ素子L5と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。また、第3レンズ素子L3は、ガラス材料からなるレンズ素子の物体側に、紫外線硬化性樹脂からなる、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その物体側面が非球面である。
 なお、本開示におけるハイブリッドレンズ素子は、透明樹脂層側に非球面を有する。これにより、ガラス材料のみを用いた場合にはプレス成形が困難な大口径の非球面を形成することが可能になる。また、レンズ素子を樹脂のみで構成する場合と比較すると、温度変化に対して、屈折率変化及び形状変化の両面で安定であり、高屈折率を有するレンズ素子を得ることが可能になる。
 第3レンズ群G3は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第7レンズ素子L7と、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凹形状の第9レンズ素子L9と、両凸形状の第10レンズ素子L10と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第8レンズ素子L8と第9レンズ素子L9とは接合されており、第10レンズ素子L10と第11レンズ素子L11とは接合されている。また、第8レンズ素子L8は、その物体側面が非球面であり、第10レンズ素子L10は、その物体側面が非球面である。
 第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、像側に凸面を向けた正メニスカス形状の第12レンズ素子L12と、両凹形状の第13レンズ素子L13とからなる。これら第12レンズ素子L12と第13レンズ素子L13とは接合されている。また、第13レンズ素子L13は、その像側面が非球面である。
 第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第14レンズ素子L14と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第15レンズ素子L15とからなる。これら第14レンズ素子L14と第15レンズ素子L15とは接合されている。また、第14レンズ素子L14は、その物体側面が非球面である。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1は移動せず、第2レンズ群G2は像側へ移動し、開口絞りAは移動せず、第3レンズ群G3は物体側へ移動し、第4レンズ群G4は物体側へ凸の軌跡を描いて物体側へ移動し、第5レンズ群G5は移動しない。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔が減少し、第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大するように、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3と第4レンズ群G4とが光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に、第4レンズ群G4が光軸に沿って像側へと移動する。
 また、第3レンズ群G3の一部である第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11が後述する像ぶれ補正レンズ群に相当し、これら第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
(実施の形態2)
 図4に示すように、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、両凸形状の第2レンズ素子L2と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第1レンズ素子L1と第2レンズ素子L2とは接合されている。
 第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第4レンズ素子L4と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第5レンズ素子L5と、両凸形状の第6レンズ素子L6とからなる。第4レンズ素子L4は、ガラス材料からなるレンズ素子の物体側に、紫外線硬化性樹脂からなる、両凹形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その物体側面が非球面である。
 第3レンズ群G3は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第7レンズ素子L7と、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凹形状の第9レンズ素子L9と、両凸形状の第10レンズ素子L10と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第8レンズ素子L8と第9レンズ素子L9とは接合されており、第10レンズ素子L10と第11レンズ素子L11とは接合されている。また、第8レンズ素子L8は、その物体側面が非球面であり、第10レンズ素子L10は、その物体側面が非球面である。
 第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、像側に凸面を向けた正メニスカス形状の第12レンズ素子L12と、両凹形状の第13レンズ素子L13とからなる。これら第12レンズ素子L12と第13レンズ素子L13とは接合されている。また、第13レンズ素子L13は、その像側面が非球面である。
 第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第14レンズ素子L14と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第15レンズ素子L15とからなる。これら第14レンズ素子L14と第15レンズ素子L15とは接合されている。また、第14レンズ素子L14は、その物体側面が非球面である。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1は移動せず、第2レンズ群G2は像側へ移動し、開口絞りAは移動せず、第3レンズ群G3は物体側へ移動し、第4レンズ群G4は物体側へ移動し、第5レンズ群G5は移動しない。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔が減少し、第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大するように、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3と第4レンズ群G4とが光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に、第4レンズ群G4が光軸に沿って像側へと移動する。
 また、第3レンズ群G3の一部である第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11が後述する像ぶれ補正レンズ群に相当し、これら第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
(実施の形態3)
 図7に示すように、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第2レンズ素子L2とからなる。これら第1レンズ素子L1と第2レンズ素子L2とは接合されている。また、第2レンズ素子L2は、その像側面が非球面である。
 第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第3レンズ素子L3と、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凸形状の第5レンズ素子L5とからなる。第3レンズ素子L3は、ガラス材料からなるレンズ素子の物体側に、紫外線硬化性樹脂からなる、両凹形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その物体側面が非球面である。
 第3レンズ群G3は、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6のみからなる。
 第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第7レンズ素子L7と、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凹形状の第9レンズ素子L9と、両凸形状の第10レンズ素子L10とからなる。これらのうち、第8レンズ素子L8と第9レンズ素子L9とは接合されている。また、第7レンズ素子L7は、その両面が非球面であり、第10レンズ素子L10は、その両面が非球面である。
 第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、像側に凸面を向けた正メニスカス形状の第11レンズ素子L11と、両凹形状の第12レンズ素子L12とからなる。これら第11レンズ素子L11と第12レンズ素子L12とは接合されている。また、第12レンズ素子L12は、その像側面が非球面である。
 第6レンズ群G6は、両凸形状の第13レンズ素子L13のみからなる。第13レンズ素子L13は、その両面が非球面である。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1は移動せず、第2レンズ群G2は像側へ移動し、開口絞りAは移動せず、第3レンズ群G3は移動せず、第4レンズ群G4は物体側へ移動し、第5レンズ群G5は物体側へ凸の軌跡を描いて物体側へ移動し、第6レンズ群G6は移動しない。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔が減少し、第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少し、第5レンズ群G5と第6レンズ群G6との間隔が増大するように、第2レンズ群G2と第4レンズ群G4と第5レンズ群G5とが光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に、第5レンズ群G5が光軸に沿って像側へと移動する。
 また、第4レンズ群G4の一部である第10レンズ素子L10が後述する像ぶれ補正レンズ群に相当し、該第10レンズ素子L10を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
(実施の形態4)
 図10に示すように、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、両凸形状の第2レンズ素子L2とからなる。これら第1レンズ素子L1と第2レンズ素子L2とは接合されている。また、第2レンズ素子L2は、ガラス材料からなるレンズ素子の像側に、紫外線硬化性樹脂からなる、像側に凸面を向けた正メニスカス形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その像側面が非球面である。
 第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第3レンズ素子L3と、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凸形状の第5レンズ素子L5とからなる。第3レンズ素子L3は、ガラス材料からなるレンズ素子の物体側に、紫外線硬化性樹脂からなる、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その物体側面が非球面である。
 第3レンズ群G3は、両凸形状の第6レンズ素子L6のみからなる。
 第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第7レンズ素子L7と、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凹形状の第9レンズ素子L9と、両凸形状の第10レンズ素子L10と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第8レンズ素子L8と第9レンズ素子L9とは接合されており、第10レンズ素子L10と第11レンズ素子L11とは接合されている。また、第7レンズ素子L7は、その両面が非球面であり、第10レンズ素子L10は、その物体側面が非球面である。
 第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第12レンズ素子L12と、両凹形状の第13レンズ素子L13とからなる。これら第12レンズ素子L12と第13レンズ素子L13とは接合されている。また、第13レンズ素子L13は、その像側面が非球面である。
 第6レンズ群G6は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第14レンズ素子L14と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第15レンズ素子L15とからなる。これら第14レンズ素子L14と第15レンズ素子L15とは接合されている。また、第14レンズ素子L14は、その物体側面が非球面である。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1は移動せず、第2レンズ群G2は像側へ移動し、開口絞りAは移動せず、第3レンズ群G3は移動せず、第4レンズ群G4は物体側へ移動し、第5レンズ群G5は物体側へ凸の軌跡を描いて物体側へ移動し、第6レンズ群G6は移動しない。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔が減少し、第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少し、第5レンズ群G5と第6レンズ群G6との間隔が増大するように、第2レンズ群G2と第4レンズ群G4と第5レンズ群G5とが光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に、第5レンズ群G5が光軸に沿って像側へと移動する。
 また、第4レンズ群G4の一部である第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11が後述する像ぶれ補正レンズ群に相当し、これら第10レンズ素子L10及び第11レンズ素子L11を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
(実施の形態5)
 図13に示すように、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第2レンズ素子L2と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第1レンズ素子L1と第2レンズ素子L2とは接合されている。
 第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、両凸形状の第6レンズ素子L6とからなる。第4レンズ素子L4は、ガラス材料からなるレンズ素子の物体側に、紫外線硬化性樹脂からなる、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の透明樹脂層を接合したハイブリッドレンズ素子であり、その物体側面が非球面である。
 第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。
 第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凸形状の第9レンズ素子L9と、両凹形状の第10レンズ素子L10と、両凸形状の第11レンズ素子L11と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第12レンズ素子L12とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9と第10レンズ素子L10とは接合されており、第11レンズ素子L11と第12レンズ素子L12とは接合されている。また、第9レンズ素子L9は、その物体側面が非球面であり、第11レンズ素子L11は、その物体側面が非球面である。
 第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、像側に凸面を向けた正メニスカス形状の第13レンズ素子L13と、両凹形状の第14レンズ素子L14とからなる。これら第13レンズ素子L13と第14レンズ素子L14とは接合されている。また、第14レンズ素子L14は、その像側面が非球面である。
 第6レンズ群G6は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第15レンズ素子L15と、像側に凸面を向けた負メニスカス形状の第16レンズ素子L16とからなる。これら第15レンズ素子L15と第16レンズ素子L16とは接合されている。また、第15レンズ素子L15は、その物体側面が非球面である。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1は移動せず、第2レンズ群G2は像側へ移動し、開口絞りAは移動せず、第3レンズ群G3は移動せず、第4レンズ群G4は物体側へ移動し、第5レンズ群G5は物体側へ移動し、第6レンズ群G6は移動しない。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔が減少し、第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少し、第5レンズ群G5と第6レンズ群G6との間隔が増大するように、第2レンズ群G2と第4レンズ群G4と第5レンズ群G5とが光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際に、第5レンズ群G5が光軸に沿って像側へと移動する。
 また、第4レンズ群G4の一部である第11レンズ素子L11及び第12レンズ素子L12が後述する像ぶれ補正レンズ群に相当し、これら第11レンズ素子L11及び第12レンズ素子L12を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
 以上のように、本出願において開示する技術の例示として、実施の形態1~5を説明した。しかしながら、本開示における技術は、これに限定されず、適宜、変更、置き換え、付加、省略などを行った実施の形態にも適用可能である。
 以下、例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のごときズームレンズ系が満足することが可能な条件を説明する。なお、各実施の形態に係るズームレンズ系に対して、複数の可能な条件が規定されるが、これら複数の条件すべてを満足するズームレンズ系の構成が最も効果的である。しかしながら、個別の条件を満足することにより、それぞれ対応する効果を奏するズームレンズ系を得ることも可能である。
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有し、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動する(以下、このレンズ構成を、実施の形態の基本構成という)ズームレンズ系は、以下の条件(1)を満足することが有益である。
  0.5<f/T1G<3.0 ・・・(1)
ここで、
 f:広角端における全系の焦点距離、
 T1G:第1レンズ群の光軸上での厚み
である。
 前記条件(1)は、広角端における全系の焦点距離と、第1レンズ群の光軸上での厚みとの関係を規定する条件である。条件(1)の下限を下回ると、第1レンズ群の光軸上での厚みが大きくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。逆に条件(1)の上限を上回ると、第1レンズ群の光軸上での厚みが小さくなりすぎ、望遠端における倍率色収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(1)’及び(1)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  0.8<f/T1G ・・・(1)’
  f/T1G<2.0 ・・・(1)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(2)を満足することが有益である。
  0.4<Y/T1G<3.0 ・・・(2)
ここで、
 Y:望遠端における像高、
 T1G:第1レンズ群の光軸上での厚み
である。
 前記条件(2)は、望遠端における像高と、第1レンズ群の光軸上での厚みとの関係を規定する条件である。条件(2)の下限を下回ると、第1レンズ群の光軸上での厚みが大きくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。逆に条件(2)の上限を上回ると、第1レンズ群の光軸上での厚みが小さくなりすぎ、望遠端における倍率色収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(2)’及び(2)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  0.7<Y/T1G ・・・(2)’
  Y/T1G<1.8 ・・・(2)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(3)を満足することが有益である。
  0.3<f/TγG<7.0 ・・・(3)
ここで、
 f:広角端における全系の焦点距離、
 TγG:レンズ群γの光軸上での厚み
である。
 前記条件(3)は、広角端における全系の焦点距離と、レンズ群γの光軸上での厚みとの関係を規定する条件である。条件(3)の下限を下回ると、広角端における全系の焦点距離に対してレンズ群γの光軸上での厚みが大きくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。さらに、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。逆に条件(3)の上限を上回ると、レンズ群γの光軸上での厚みが小さくなりすぎ、望遠端における非点収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(3)’及び(3)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  1.0<f/TγG ・・・(3)’
  f/TγG<5.0 ・・・(3)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(4)を満足することが有益である。
  0.2<Y/TγG<6.0 ・・・(4)
ここで、
 Y:望遠端における像高、
 TγG:レンズ群γの光軸上での厚み
である。
 前記条件(4)は、望遠端における像高と、レンズ群γの光軸上での厚みとの関係を規定する条件である。条件(4)の下限を下回ると、レンズ群γの光軸上での厚みが大きくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。さらに、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。逆に条件(4)の上限を上回ると、レンズ群γの光軸上での厚みが小さくなりすぎ、望遠端における非点収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(4)’及び(4)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  1.2<Y/TγG ・・・(4)’
  Y/TγG<3.0 ・・・(4)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(5)を満足することが有益である。
  4.0<f/Tair1G2GW<350.0 ・・・(5)
ここで、
 f:広角端における全系の焦点距離、
 Tair1G2GW:広角端における第1レンズ群と第2レンズ群との空気間隔
である。
 前記条件(5)は、広角端における全系の焦点距離と、広角端における第1レンズ群と第2レンズ群との空気間隔との関係を規定する条件である。条件(5)の下限を下回ると、広角端における第1レンズ群と第2レンズ群との空気間隔が長くなりすぎ、広角端における像面湾曲の補正が困難になる。逆に条件(5)の上限を上回ると、広角端における全系の焦点距離が長くなりすぎ、広角端における撮影範囲が不充分なものとなってしまう。さらに、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。
 なお、さらに以下の条件(5)’及び(5)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  15.0<f/Tair1G2GW ・・・(5)’
  f/Tair1G2GW<20.0 ・・・(5)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(6)を満足することが有益である。
  nd1G<1.82 ・・・(6)
ここで、
 nd1G:第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対する屈折率
である。
 前記条件(6)は、第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対する屈折率を規定する条件である。条件(6)の上限を上回ると、望遠端における倍率色収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(6)’を満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  nd1G<1.65 ・・・(6)’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(7)を満足することが有益である。
  48<vd1G ・・・(7)
ここで、
 vd1G:第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対するアッベ数
である。
 前記条件(7)は、第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対するアッベ数を規定する条件である。条件(7)の下限を下回ると、望遠端における倍率色収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(7)’を満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  60<vd1G ・・・(7)’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(8)を満足することが有益である。
  0.7<|MαG/MβG|<11.0 ・・・(8)
ここで、
 MαG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群αの像面に対する移動量、
 MβG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群βの像面に対する移動量
である。
 前記条件(8)は、ズーミングの際の、レンズ群αの移動量とレンズ群βの移動量との関係を規定する条件である。条件(8)の下限を下回ると、レンズ群αの変倍寄与が小さくなりすぎ、望遠端における球面収差の補正が困難になる。逆に条件(8)の上限を上回ると、レンズ群βの変倍寄与が小さくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(8)’及び(8)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  1.1<|MαG/MβG| ・・・(8)’
  |MαG/MβG|<4.0 ・・・(8)’’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(9)を満足することが有益である。
  L/f<1.45 ・・・(9)
ここで、
 L:望遠端におけるレンズ全長(望遠端における、第1レンズ群の最物体側面から像面までの距離)、
 f:望遠端における全系の焦点距離
である。
 前記条件(9)は、望遠端におけるレンズ全長と、望遠端における全系の焦点距離との関係を規定する条件である。条件(9)の上限を上回ると、望遠端におけるレンズ全長が長くなりすぎ、ズーミングに伴う非点収差の変動の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(9)’を満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  L/f<1.25 ・・・(9)’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(10)を満足することが有益である。
  2.6<(f/f)×(tan(θ)) ・・・(10)
ここで、
 f:望遠端における全系の焦点距離、
 f:広角端における全系の焦点距離、
 θ:広角端における半画角(°)
である。
 前記条件(10)は、望遠端における全系の焦点距離と、広角端における全系の焦点距離と、広角端における半画角との関係を規定する条件である。条件(10)の下限を下回ると、広角端における半画角が小さくなりすぎ、広角端における撮影範囲が不充分なものとなってしまう。さらに、望遠端における倍率色収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(10)’を満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  5.2<(f/f)×(tan(θ)) ・・・(10)’
 例えば実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(11)を満足することが有益である。
  0.02<|MβG/f|<2.0 ・・・(11)
ここで、
 MβG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群βの像面に対する移動量、
 f:広角端における全系の焦点距離
である。
 前記条件(11)は、ズーミングの際のレンズ群βの移動量と、広角端における全系の焦点距離との関係を規定する条件である。条件(11)の下限を下回ると、レンズ群βの変倍寄与が小さくなりすぎ、広角端における非点収差の補正が困難になる。逆に条件(11)の上限を上回ると、レンズ群βの変倍寄与が大きくなりすぎ、望遠端における球面収差の補正が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(11)’及び(11)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  0.5<|MβG/f| ・・・(11)’
  |MβG/f|<0.9 ・・・(11)’’
 実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、像のぶれを光学的に補正するために光軸に対して垂直方向に移動する像ぶれ補正レンズ群を備えていることが有益である。該像ぶれ補正レンズ群により、全系の振動による像点移動を補正することができる。
 全系の振動による像点移動を補正する際に、このように像ぶれ補正レンズ群が光軸に対して垂直方向に移動することにより、ズームレンズ系全体の大型化を抑制してコンパクトに構成しながら、偏心コマ収差や偏心非点収差が小さい優れた結像特性を維持して像ぶれの補正を行うことができる。
 像ぶれ補正レンズ群は、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、像面に対して移動することが有益である。像ぶれ補正レンズ群がズーミングの際に移動しない場合、像ぶれ補正レンズ群の、光軸に対して垂直な方向への移動量が大きくなり、像ぶれ補正状態における片ボケの補正が困難になる。さらに、像ぶれ補正レンズ群の駆動機構の構成が肥大化し、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。
 また、像ぶれ補正レンズ群は、レンズ系を構成するいずれか1つのレンズ群の一部であることが有益である。像ぶれ補正レンズ群がレンズ系を構成するいずれか1つのレンズ群全体である場合、像ぶれ補正レンズ群の駆動機構の構成が肥大化し、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。なお、前記レンズ群の一部とは、1枚のレンズ素子であってもよく、隣り合った複数のレンズ素子であってもよい。
 実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、開口絞りが像面に対して固定されていることが有益である。開口絞りがズーミングの際に移動する場合、広角端における周辺光量の確保が困難になる。さらに、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。
 実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、レンズ群γが像面に対して固定されていることが有益である。レンズ群γがズーミングの際に移動する場合、望遠端における非点収差の補正が困難になる。
 撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、実施の形態1及び2に係るズームレンズ系のように、像面に対して固定されている開口絞り及びレンズ群の数と、像面に対して移動するレンズ群の数とが等しいか、又は、実施の形態3~5に係るズームレンズ系のように、像面に対して固定されているレンズ群の数と、像面に対して移動するレンズ群の数とが等しいことが有益である。固定されている開口絞り及びレンズ群の数と移動するレンズ群の数とが異なる場合や、固定されているレンズ群の数と移動するレンズ群の数とが異なる場合、ズーミングに伴う球面収差の変動の補正が困難になる。さらに、鏡筒設計に無理が生じ、コンパクトなレンズ鏡筒や交換レンズ装置及びカメラシステムを提供することが困難になる。
 実施の形態1~5に係るズームレンズ系のように、レンズ群βを光軸方向に移動させて、無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングを行うことが有益である。レンズ群β以外のレンズ群にてフォーカシングを行う場合、近接物体合焦状態での非点収差の補正が困難になる。
 実施の形態1~5に係るズームレンズ系を構成している各レンズ群は、入射光線を屈折により偏向させる屈折型レンズ素子(すなわち、異なる屈折率を有する媒質同士の界面で偏向が行われるタイプのレンズ素子)のみで構成されているが、これに限定されるものではない。例えば、回折により入射光線を偏向させる回折型レンズ素子、回折作用と屈折作用との組み合わせで入射光線を偏向させる屈折・回折ハイブリッド型レンズ素子、入射光線を媒質内の屈折率分布により偏向させる屈折率分布型レンズ素子等で、各レンズ群を構成してもよい。特に、屈折・回折ハイブリッド型レンズ素子において、屈折率の異なる媒質の界面に回折構造を形成すると、回折効率の波長依存性が改善されるので、有益である。
(実施の形態6)
 図16は、実施の形態6に係るレンズ交換式デジタルカメラシステムの概略構成図である。
 本実施の形態6に係るレンズ交換式デジタルカメラシステム100は、カメラ本体101と、カメラ本体101に着脱自在に接続される交換レンズ装置201とを備える。
 カメラ本体101は、交換レンズ装置201のズームレンズ系202によって形成される光学像を受光して、電気的な画像信号に変換する撮像素子102と、撮像素子102によって変換された画像信号を表示する液晶モニタ103と、カメラマウント部104とを含む。一方、交換レンズ装置201は、実施の形態1~5いずれかに係るズームレンズ系202と、ズームレンズ系202を保持する鏡筒203と、カメラ本体のカメラマウント部104に接続されるレンズマウント部204とを含む。カメラマウント部104及びレンズマウント部204は、物理的な接続のみならず、カメラ本体101内のコントローラ(図示せず)と交換レンズ装置201内のコントローラ(図示せず)とを電気的に接続し、相互の信号のやり取りを可能とするインターフェースとしても機能する。なお、図16においては、ズームレンズ系202として実施の形態1に係るズームレンズ系を用いた場合を図示している。
 本実施の形態6では、実施の形態1~5いずれかに係るズームレンズ系202を用いているので、コンパクトで結像性能に優れた交換レンズ装置を低コストで実現することができる。また、本実施の形態6に係るカメラシステム100全体の小型化及び低コスト化も達成することができる。なお、これら実施の形態1~5に係るズームレンズ系は、全てのズーミング域を使用する必要はない。すなわち、所望のズーミング域に応じて、光学性能が確保されている範囲を切り出し、以下の対応する数値実施例1~5で説明するズームレンズ系よりも低倍率のズームレンズ系として使用してもよい。
 以上のように、本出願において開示する技術の例示として、実施の形態6を説明した。しかしながら、本開示における技術は、これに限定されず、適宜、変更、置き換え、付加、省略などを行った実施の形態にも適用可能である。
 以下、実施の形態1~5に係るズームレンズ系を具体的に実施した数値実施例を説明する。なお、各数値実施例において、表中の長さの単位はすべて「mm」であり、画角の単位はすべて「°」である。また、各数値実施例において、rは曲率半径、dは面間隔、ndはd線に対する屈折率、vdはd線に対するアッベ数である。また、各数値実施例において、*印を付した面は非球面であり、非球面形状は次式で定義している。
Figure JPOXMLDOC01-appb-M000001
ここで、
Z:光軸からの高さがhの非球面上の点から、非球面頂点の接平面までの距離、
h:光軸からの高さ、
r:頂点曲率半径、
κ:円錐定数、
An:n次の非球面係数
である。
 図2、5、8、11及び14は、各々数値実施例1~5に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。
 各縦収差図において、(a)図は広角端、(b)図は中間位置、(c)図は望遠端における各収差を表す。各縦収差図は、左側から順に、球面収差(SA(mm))、非点収差(AST(mm))、歪曲収差(DIS(%))を示す。球面収差図において、縦軸はFナンバー(図中、Fで示す)を表し、実線はd線(d-line)、短破線はF線(F-line)、長破線はC線(C-line)の特性である。非点収差図において、縦軸は像高(図中、Hで示す)を表し、実線はサジタル平面(図中、sで示す)、破線はメリディオナル平面(図中、mで示す)の特性である。歪曲収差図において、縦軸は像高(図中、Hで示す)を表す。
 また図3、6、9、12及び15は、各々数値実施例1~5に係るズームレンズ系の望遠端における横収差図である。
 各横収差図において、上段3つの収差図は、望遠端における像ぶれ補正を行っていない基本状態、下段3つの収差図は、像ぶれ補正レンズ群を光軸と垂直な方向に所定量移動させた望遠端における像ぶれ補正状態に、それぞれ対応する。基本状態の各横収差図のうち、上段は最大像高の70%の像点における横収差、中段は軸上像点における横収差、下段は最大像高の-70%の像点における横収差に、それぞれ対応する。像ぶれ補正状態の各横収差図のうち、上段は最大像高の70%の像点における横収差、中段は軸上像点における横収差、下段は最大像高の-70%の像点における横収差に、それぞれ対応する。また各横収差図において、横軸は瞳面上での主光線からの距離を表し、実線はd線(d-line)、短破線はF線(F-line)、長破線はC線(C-line)の特性である。なお各横収差図において、メリディオナル平面を、第1レンズ群G1の光軸と第3レンズ群G3の光軸とを含む平面(数値実施例1及び2)又は第1レンズ群G1の光軸と第4レンズ群G4の光軸とを含む平面(数値実施例3~5)としている。
 なお、各数値実施例のズームレンズ系について、望遠端における、像ぶれ補正状態での像ぶれ補正レンズ群の光軸と垂直な方向への移動量は、以下に示すとおりである。
 
数値実施例  移動量(mm)
 1      0.249
 2      0.328
 3      0.280
 4      0.375
 5      0.339
 撮影距離が∞で望遠端において、ズームレンズ系が0.5°だけ傾いた場合の像偏心量は、像ぶれ補正レンズ群が光軸と垂直な方向に上記の各値だけ平行移動するときの像偏心量に等しい。
 各横収差図から明らかなように、軸上像点における横収差の対称性は良好であることがわかる。また、+70%像点における横収差と-70%像点における横収差とを基本状態で比較すると、いずれも湾曲度が小さく、収差曲線の傾斜がほぼ等しいことから、偏心コマ収差、偏心非点収差が小さいことがわかる。このことは、像ぶれ補正状態であっても充分な結像性能が得られていることを意味している。また、ズームレンズ系の像ぶれ補正角が同じ場合には、ズームレンズ系全体の焦点距離が短くなるにつれて、像ぶれ補正に必要な平行移動量が減少する。したがって、いずれのズーム位置であっても、少なくとも0.5°までの像ぶれ補正角に対して、結像特性を低下させることなく充分な像ぶれ補正を行うことが可能である。
(数値実施例1)
 数値実施例1のズームレンズ系は、図1に示した実施の形態1に対応する。数値実施例1のズームレンズ系の面データを表1に、非球面データを表2に、各種データを表3に示す。
表 1(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd     
    物面             ∞                                    
     1         38.26700     1.50000     1.94391    25.2    
     2         30.74450    10.48520     1.55332    71.7    
     3*      -356.27340        可変                        
     4*      -169.44210     0.10000     1.51358    51.6    
     5       -649.98740     1.00000     1.91082    35.2    
     6         14.10850     7.35240                        
     7        -32.03880     0.60000     1.91082    35.2    
     8        124.13720     0.20000                        
     9         43.98420     5.06110     1.94595    18.0    
    10        -47.05720     0.55000     1.91082    35.2    
    11       -105.08590        可変                        
  12(絞り)           ∞        可変                        
    13         13.13340     4.29530     1.54757    46.2    
    14        -36.48530     0.20000                        
    15*        28.50810     2.22860     1.58313    59.5    
    16        -33.94420     0.55000     1.91082    35.2    
    17         16.10430     3.93280                        
    18*        17.55000     6.16360     1.58913    61.3    
    19        -10.06250     0.50000     1.84666    23.8    
    20        -15.67220        可変                        
    21        -49.38110     2.59760     1.99537    20.6    
    22        -11.02690     0.80000     1.88202    37.2    
    23*        11.67600        可変                        
    24*        41.86890     7.23900     1.58913    61.3    
    25        -19.12900     0.70000     1.98162    29.5    
    26        -29.28990        (BF)                        
    像面             ∞                                    
表 2(非球面データ)
 
  第3面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.38459E-06, A6=-7.07527E-10, A8= 8.06553E-13 
   A10=-5.96314E-16 
  第4面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.11825E-05, A6=-1.09394E-07, A8= 5.35730E-10 
   A10=-1.16920E-12 
  第15面
   K= 0.00000E+00, A4=-7.12761E-05, A6=-5.93385E-07, A8=-3.61088E-09 
   A10= 1.71311E-11 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-6.97061E-05, A6= 6.71417E-08, A8=-7.80241E-10 
   A10= 1.83379E-11 
  第23面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.66182E-05, A6=-3.17290E-07, A8=-2.35680E-11 
   A10= 8.15377E-11 
  第24面
   K= 0.00000E+00, A4= 7.62364E-06, A6= 1.57830E-08, A8= 8.23188E-11 
   A10=-2.12223E-13
表 3(各種データ)
 
  ズーム比     7.76981
                広角      中間      望遠
  焦点距離      12.4203   34.6205   96.5032
 Fナンバー     4.00036   5.00034   5.80030
    画角        42.1346   17.3551    6.2652
    像高        10.0001   10.8150   10.8150
    BF        18.0000   18.0000   18.0000
    d3           0.7000   17.6870   34.5875
    d11         34.8894   17.9019    1.0000
    d12         15.7802    3.8580    2.0198
    d20          1.6000    3.8322    6.6347
    d23          4.9748   14.6653   13.7024
 入射瞳位置     26.3007   66.9820  147.3127
 射出瞳位置    -80.0580 -117.0778 -101.1309
 前側主点位置   36.7921   91.3597  151.7382
 後側主点位置  119.4977   97.3185   35.5070
 
ズームレンズ群データ
  群   始面    焦点距離  レンズ構成長    前側主点位置  後側主点位置
   1      1    73.53274    11.98520         0.14570       4.52812
   2      4   -13.95555    14.86350         0.41057       3.42055
   3     13    17.10688    17.87030         8.41804       8.94676
   4     21   -11.43637     3.39760         1.33394       3.05080
   5     24    38.03094     7.93900         2.74375       5.57027
(数値実施例2)
 数値実施例2のズームレンズ系は、図4に示した実施の形態2に対応する。数値実施例2のズームレンズ系の面データを表4に、非球面データを表5に、各種データを表6に示す。
表 4(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd     
    物面             ∞                                    
     1         99.56160     1.50000     1.84666    23.8    
     2         46.82690     6.93280     1.49700    81.6    
     3       -199.97720     0.20000                        
     4         37.69630     3.67140     1.80420    46.5    
     5        109.92730        可変                        
     6*      -283.49550     0.10000     1.51358    51.6    
     7        513.42970     1.00000     1.91082    35.2    
     8         12.57360     7.03020                        
     9        -17.58990     0.60000     1.88300    40.8    
    10       -149.01940     0.20000                        
    11        105.12420     2.75420     1.95906    17.5    
    12        -35.91880        可変                        
  13(絞り)           ∞        可変                        
    14         12.50450     4.09250     1.54814    45.8    
    15        -60.06770     0.20000                        
    16*        17.41210     2.10170     1.58313    59.5    
    17        -47.06420     0.55000     1.91082    35.2    
    18         13.53290     1.30000                        
    19*        19.22830     4.91640     1.58913    61.3    
    20        -10.73890     0.50000     1.84666    23.8    
    21        -16.45450        可変                        
    22       -119.28210     2.52200     1.92286    20.9    
    23        -12.93290     0.80000     1.88202    37.2    
    24*        12.03630        可変                        
    25*        42.92310     7.42380     1.58913    61.3    
    26        -14.24340     0.70000     1.90366    31.3    
    27        -28.74560        (BF)                        
    像面             ∞                                    
表 5(非球面データ)
 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4= 3.87195E-05, A6=-2.57784E-07, A8= 1.12371E-09 
   A10=-2.25069E-12 
  第16面
   K= 0.00000E+00, A4=-6.09744E-05, A6=-6.48449E-07, A8=-8.54942E-09 
   A10= 4.94395E-11 
  第19面
   K= 0.00000E+00, A4=-7.56525E-05, A6= 3.04293E-08, A8= 1.12710E-08 
   A10=-1.71193E-10 
  第24面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.92125E-05, A6=-5.49351E-07, A8= 1.14022E-08 
   A10=-2.22955E-10 
  第25面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.88062E-05, A6= 9.27720E-08, A8=-6.08728E-10 
   A10= 3.34374E-12
表 6(各種データ)
 
  ズーム比     9.32217
                広角      中間      望遠
  焦点距離      12.4210   37.9234  115.7911
 Fナンバー     4.15081   5.00058   5.80043
    画角        42.4899   15.6940    5.2536
    像高        10.0000   10.8150   10.8150
    BF        18.0000   18.0000   18.0000
    d5           0.7000   15.4112   30.0730
    d12         30.3665   15.6572    1.0000
    d13         14.4786    3.1429    1.5024
    d21          1.6000    4.0645    5.5232
    d24          5.7284   14.5977   14.7749
 入射瞳位置     23.3189   59.1444  140.2741
 射出瞳位置    -67.3640  -82.0431  -81.0105
 前側主点位置   33.4475   79.5322   90.5255
 後側主点位置  107.4836   82.0171    4.1600
 
ズームレンズ群データ
  群   始面    焦点距離  レンズ構成長    前側主点位置  後側主点位置
   1      1    56.33584    12.30420         4.17112       8.77022
   2      6   -12.71861    11.68440         0.39689       1.88675
   3     14    15.99151    13.66060         3.93495       6.53586
   4     22   -12.70444     3.32200         1.56255       3.16853
   5     25    44.32677     8.12380         2.50226       5.39475
(数値実施例3)
 数値実施例3のズームレンズ系は、図7に示した実施の形態3に対応する。数値実施例3のズームレンズ系の面データを表7に、非球面データを表8に、各種データを表9に示す。
表 7(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd     
    物面             ∞                                    
     1         37.98450     1.50000     1.94595    18.0    
     2         29.34750     7.51760     1.77200    50.0    
     3*       432.80370        可変                        
     4*      -201.29530     0.10000     1.51358    51.6    
     5       2129.91050     1.00000     1.91082    35.2    
     6         11.92140     5.50030                        
     7        -40.82760     0.60000     1.88300    40.8    
     8         44.14840     0.20000                        
     9         28.06360     2.57340     1.95906    17.5    
    10       -422.15000        可変                        
  11(絞り)           ∞     1.00000                        
    12         91.14680     0.88440     1.92286    20.9    
    13        563.09830        可変                        
    14*        11.60680     5.29450     1.51845    70.0    
    15*       -30.97720     0.20000                        
    16         33.27480     2.25000     1.51680    64.2    
    17        -65.21200     0.55000     2.00100    29.1    
    18         13.51660     1.30000                        
    19*        16.51440     3.72120     1.58913    61.3    
    20*       -25.64090        可変                        
    21      -1172.65290     2.56490     1.92286    20.9    
    22        -16.37850     0.80000     1.88202    37.2    
    23*        17.37150        可変                        
    24*        96.77980     2.61040     1.51845    70.0    
    25*       -49.77210        (BF)                        
    像面             ∞                                    
表 8(非球面データ)
 
  第3面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.19054E-06, A6=-2.57541E-10, A8=-4.29119E-13 
   A10= 7.51529E-16 
  第4面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.64437E-05, A6=-9.93943E-08, A8= 4.24958E-10 
   A10=-1.05309E-12 
  第14面
   K= 0.00000E+00, A4=-5.97262E-05, A6=-8.51313E-08, A8=-2.68017E-09 
   A10= 8.10554E-12 
  第15面
   K= 0.00000E+00, A4= 9.63105E-06, A6= 8.41305E-07, A8=-9.97338E-09 
   A10= 5.51882E-11 
  第19面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.05096E-04, A6= 5.66408E-09, A8= 2.63329E-08 
   A10=-3.91149E-13 
  第20面
   K= 0.00000E+00, A4=-3.34994E-05, A6=-1.10627E-07, A8= 2.33207E-08 
   A10= 1.24605E-10 
  第23面
   K= 0.00000E+00, A4= 3.28246E-05, A6= 2.04303E-07, A8=-1.89756E-08 
   A10= 2.73388E-10 
  第24面
   K= 0.00000E+00, A4=-9.43777E-06, A6=-1.24057E-07, A8= 8.68159E-09 
   A10=-6.86225E-11 
  第25面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.64187E-05, A6=-4.06586E-07, A8= 1.17456E-08 
   A10=-8.00712E-11
表 9(各種データ)
 
  ズーム比     7.76939
                広角      中間      望遠
  焦点距離      12.4205   34.6206   96.4995
 Fナンバー     4.15010   5.09854   5.80121
    画角        42.2965   17.3197    6.2524
    像高        10.0000   10.8150   10.8150
    BF        18.0000   18.0000   18.0000
    d3           0.7000   14.3566   25.6118
    d10         25.9181   12.2616    1.0000
    d13         15.2606    5.6812    0.7000
    d20          1.6000    4.2861    9.3760
    d23          4.3543   11.2475   11.1452
 入射瞳位置     21.1584   54.6785  103.2825
 射出瞳位置    -64.0054  -60.4942  -56.2361
 前側主点位置   31.1674   69.5035   34.0081
 後側主点位置   93.5449   71.4329    9.4379
 
ズームレンズ群データ
  群   始面    焦点距離  レンズ構成長    前側主点位置  後側主点位置
   1      1    57.19177     9.01760        -0.77470       3.28785
   2      4   -11.84029     9.97370         0.69682       2.70510
   3     11   117.73404     1.88440         0.91125       1.33613
   4     14    19.12181    13.31570         2.95733       5.65879
   5     21   -20.37424     3.36490         1.75041       3.35831
   6     24    63.78545     2.61040         1.14222       2.02298
(数値実施例4)
 数値実施例4のズームレンズ系は、図10に示した実施の形態4に対応する。数値実施例4のズームレンズ系の面データを表10に、非球面データを表11に、各種データを表12に示す。
表 10(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd     
    物面             ∞                                    
     1         39.91790     1.50000     1.84666    23.8    
     2         30.90600     7.66790     1.59282    68.6    
     3       -488.48540     0.10000     1.51358    51.6    
     4*      -486.00560        可変                        
     5*      -151.62810     0.10000     1.51358    51.6    
     6       -677.72420     1.00000     1.91082    35.2    
     7         13.86270     6.44730                        
     8        -32.82990     0.60000     1.88300    40.8    
     9         91.06540     0.20000                        
    10         40.26770     2.97900     1.95906    17.5    
    11        -93.58000        可変                        
  12(絞り)           ∞     1.00000                        
    13         63.40180     1.11480     1.48749    70.4    
    14       -936.81530        可変                        
    15*        12.77980     3.67010     1.51845    70.0    
    16*       -98.55080     0.20000                        
    17         15.67900     3.06940     1.61310    44.4    
    18        -74.00310     0.55000     1.91082    35.2    
    19         10.97560     1.43860                        
    20*        19.42110     3.99960     1.58913    61.3    
    21        -14.22940     0.50000     1.84666    23.8    
    22        -22.48220        可変                        
    23        105.02670     2.53200     1.92286    20.9    
    24        -15.60570     0.80000     1.88202    37.2    
    25*        12.69040        可変                        
    26*        51.87660     4.78460     1.51845    70.0    
    27        -23.89110     0.70000     2.00069    25.5    
    28        -40.53650        (BF)                        
    像面             ∞                                    
表 11(非球面データ)
 
  第4面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.30616E-06, A6=-1.14924E-10, A8=-8.86775E-13 
   A10= 1.24163E-15, A12=-6.54677E-19, A14= 1.61156E-21 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.51187E-05, A6=-1.25139E-07, A8= 5.64373E-10 
   A10=-1.37447E-12, A12= 8.94268E-16, A14= 0.00000E+00 
  第15面
   K= 0.00000E+00, A4=-3.36509E-05, A6=-9.57334E-08, A8=-9.08472E-10 
   A10=-8.52124E-12, A12= 0.00000E+00, A14= 0.00000E+00 
  第16面
   K= 0.00000E+00, A4= 7.79990E-07, A6= 2.56834E-09, A8= 6.20367E-11 
   A10=-7.08705E-12, A12= 0.00000E+00, A14= 0.00000E+00 
  第20面
   K= 0.00000E+00, A4=-3.85145E-05, A6=-1.35207E-07, A8= 3.75862E-09 
   A10=-2.89813E-11, A12=-6.73117E-19, A14= 0.00000E+00 
  第25面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.28948E-05, A6=-1.65633E-07, A8=-5.74343E-09 
   A10= 6.49197E-11, A12= 0.00000E+00, A14= 0.00000E+00 
  第26面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.36870E-05, A6= 8.94156E-08, A8=-4.73295E-10 
   A10= 1.33864E-12, A12= 0.00000E+00, A14= 0.00000E+00
表 12(各種データ)
 
  ズーム比     9.32125
                広角      中間      望遠
  焦点距離      12.4210   37.9215  115.7797
 Fナンバー     4.15035   5.26013   5.80106
    画角        41.8150   15.9456    5.2258
    像高        10.0000   10.8150   10.8150
    BF        14.6000   14.6000   14.6000
    d4           0.7000   17.4255   35.0191
    d11         35.3191   18.5935    1.0000
    d14         16.6505    2.5160    0.7000
    d22          1.9662    3.3590    7.5259
    d25          4.3904   17.1322   14.7812
 入射瞳位置     23.2799   61.7160  141.9922
 射出瞳位置    -52.5185  -64.7409  -58.6876
 前側主点位置   32.7644   77.4269   29.2187
 後側主点位置  106.1787   80.6625    2.7635
 
ズームレンズ群データ
  群   始面    焦点距離  レンズ構成長    前側主点位置  後側主点位置
   1      1    70.13468     9.26790         0.02077       3.56211
   2      5   -14.19410    11.32630         0.30113       2.17640
   3     12   121.85817     2.11480         1.04752       1.41260
   4     15    19.98649    13.42770         2.09841       5.18696
   5     23   -17.54708     3.33200         2.06209       3.61986
   6     26    69.27198     5.48460         1.61886       3.53478
(数値実施例5)
 数値実施例5のズームレンズ系は、図13に示した実施の形態5に対応する。数値実施例5のズームレンズ系の面データを表13に、非球面データを表14に、各種データを表15に示す。
表 13(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd     
    物面             ∞                                    
     1        104.03640     1.50000     1.84666    23.8    
     2         56.09980    14.98790     1.49700    81.6    
     3      13731.53470     0.20000                        
     4         50.77720     7.41760     1.80420    46.5    
     5        131.19900        可変                        
     6*       148.22700     0.10000     1.51358    51.6    
     7         83.35340     1.00000     1.91082    35.2    
     8         12.99500     8.44260                        
     9        -26.53430     0.60000     1.88300    40.8    
    10         82.18150     0.20000                        
    11         44.85960     3.05250     1.95906    17.5    
    12        -92.30710        可変                        
  13(絞り)           ∞     1.88990                        
    14        228.59420     0.81820     1.92286    20.9    
    15      -3457.81620        可変                        
    16         14.89910     6.14150     1.51823    59.0    
    17        -40.32900     0.20000                        
    18*        42.60060     1.70780     1.58313    59.5    
    19        -42.64100     0.55000     1.91082    35.2    
    20         31.14490     1.30000                        
    21*        20.24890     4.42870     1.58913    61.3    
    22        -12.38420     0.50000     1.84666    23.8    
    23        -18.00100        可変                        
    24        -52.02550     2.23920     1.92286    20.9    
    25        -11.72710     0.80000     1.88202    37.2    
    26*         9.01370        可変                        
    27*        19.73000    19.18810     1.58332    59.1    
    28        -10.74200     0.70000     2.00100    29.1    
    29        -22.04960        (BF)                        
    像面             ∞                                    
表 14(非球面データ)
 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4= 1.53879E-05, A6=-4.94253E-08, A8= 6.31789E-11 
   A10=-3.17786E-14 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-5.85706E-05, A6=-5.15210E-07, A8= 1.15313E-10 
   A10= 2.15030E-12 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-7.03965E-05, A6=-1.21965E-08, A8= 2.44293E-09 
   A10=-3.68148E-11 
  第26面
   K= 0.00000E+00, A4=-9.95332E-05, A6=-1.55656E-06, A8=-1.76744E-08 
   A10=-1.24241E-11 
  第27面
   K= 0.00000E+00, A4= 5.80979E-05, A6=-1.31866E-07, A8= 4.93873E-10 
   A10= 4.16431E-13
表 15(各種データ)
 
  ズーム比     9.32109
                広角      中間      望遠
  焦点距離      12.4192   37.9175  115.7607
 Fナンバー     4.15023   5.00038   5.80090
    画角        40.6954   15.7591    5.2283
    像高        10.0000   10.8150   10.8150
    BF        14.7000   14.7000   14.7000
    d5           0.7000   28.5768   45.5318
    d12         45.8266   17.9487    1.0000
    d15          5.9204    3.3289    0.7000
    d23          1.6000    3.6925    6.3152
    d26          5.0000    5.5001    5.5000
 入射瞳位置     34.8347  113.3561  226.0277
 射出瞳位置    -62.7640  -61.5023  -58.7707
 前側主点位置   44.7936  127.8971  113.6373
 後側主点位置  139.2165  113.7946   35.9150
 
ズームレンズ群データ
  群   始面    焦点距離  レンズ構成長    前側主点位置  後側主点位置
   1      1    84.75291    24.10550         6.87806      15.82283
   2      6   -12.98650    13.39510         1.52523       3.98842
   3     13   232.36669     2.70810         1.91629       2.30893
   4     16    15.30052    14.82800         5.65785       8.49037
   5     24    -8.72225     3.03920         1.31988       2.80644
   6     27    29.69800    19.88810         3.03855       9.19947
 以下の表16に、各数値実施例のズームレンズ系における各条件の対応値を示す。
表 16(条件の対応値)
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000001
 以上のように、本開示における技術の例示として、実施の形態を説明した。そのために、添付図面および詳細な説明を提供した。
 したがって、添付図面および詳細な説明に記載された構成要素の中には、課題解決のために必須な構成要素だけでなく、上記技術を例示するために、課題解決のためには必須でない構成要素も含まれ得る。そのため、それらの必須ではない構成要素が添付図面や詳細な説明に記載されていることをもって、直ちに、それらの必須ではない構成要素が必須であるとの認定をするべきではない。
 また、上述の実施の形態は、本開示における技術を例示するためのものであるから、特許請求の範囲またはその均等の範囲において種々の変更、置き換え、付加、省略などを行うことができる。
 本開示は、デジタルスチルカメラ、デジタルビデオカメラ、スマートフォン等の携帯情報端末のカメラ、PDA(Personal Digital Assistance)のカメラ、監視システムにおける監視カメラ、Webカメラ、車載カメラ等に適用可能である。特に本開示は、デジタルスチルカメラシステム、デジタルビデオカメラシステムといった高画質が要求される撮影光学系に適用可能である。
 また本開示は、本開示における交換レンズ装置の中でも、デジタルビデオカメラシステムに備えられる、ズームレンズ系をモータにより駆動する電動ズーム機能を搭載した交換レンズ装置に適用可能である。
G1  第1レンズ群
G2  第2レンズ群
G3  第3レンズ群
G4  第4レンズ群
G5  第5レンズ群
G6  第6レンズ群
L1  第1レンズ素子
L2  第2レンズ素子
L3  第3レンズ素子
L4  第4レンズ素子
L5  第5レンズ素子
L6  第6レンズ素子
L7  第7レンズ素子
L8  第8レンズ素子
L9  第9レンズ素子
L10 第10レンズ素子
L11 第11レンズ素子
L12 第12レンズ素子
L13 第13レンズ素子
L14 第14レンズ素子
L15 第15レンズ素子
L16 第16レンズ素子
A   開口絞り
S   像面
100 レンズ交換式デジタルカメラシステム
101 カメラ本体
102 撮像素子
103 液晶モニタ
104 カメラマウント部
201 交換レンズ装置
202 ズームレンズ系
203 鏡筒
204 レンズマウント部
 

Claims (20)

  1.  少なくとも1枚のレンズ素子で構成されたレンズ群を少なくとも5つ有するズームレンズ系であって、
    物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群とを有し、
    像側から物体側へと順に、正のパワーを有するレンズ群γと、負のパワーを有するレンズ群βと、正のパワーを有するレンズ群αとを有し、
    前記第1レンズ群が、パワーを有する光学素子のみで構成されており、
    撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、少なくとも前記第1レンズ群が像面に対して固定されており、前記レンズ群αが開口絞りとは別に像面に対して移動し、前記レンズ群βが物体側へ移動する、ズームレンズ系。
  2.  以下の条件(1)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.5<f/T1G<3.0 ・・・(1)
    ここで、
     f:広角端における全系の焦点距離、
     T1G:第1レンズ群の光軸上での厚み
    である。
  3.  以下の条件(2)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.4<Y/T1G<3.0 ・・・(2)
    ここで、
     Y:望遠端における像高、
     T1G:第1レンズ群の光軸上での厚み
    である。
  4.  以下の条件(3)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.3<f/TγG<7.0 ・・・(3)
    ここで、
     f:広角端における全系の焦点距離、
     TγG:レンズ群γの光軸上での厚み
    である。
  5.  以下の条件(4)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.2<Y/TγG<6.0 ・・・(4)
    ここで、
     Y:望遠端における像高、
     TγG:レンズ群γの光軸上での厚み
    である。
  6.  以下の条件(5)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      4.0<f/Tair1G2GW<350.0 ・・・(5)
    ここで、
     f:広角端における全系の焦点距離、
     Tair1G2GW:広角端における第1レンズ群と第2レンズ群との空気間隔
    である。
  7.  以下の条件(6)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      nd1G<1.82 ・・・(6)
    ここで、
     nd1G:第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対する屈折率
    である。
  8.  以下の条件(7)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      48<vd1G ・・・(7)
    ここで、
     vd1G:第1レンズ群を構成する光学素子のうち、光軸上での厚みが最も大きい光学素子のd線に対するアッベ数
    である。
  9.  像のぶれを光学的に補正するため光軸に対して垂直方向に移動する像ぶれ補正レンズ群を備えており、
    撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記像ぶれ補正レンズ群が像面に対して移動する、請求項1に記載のズームレンズ系。
  10.  像のぶれを光学的に補正するため光軸に対して垂直方向に移動する像ぶれ補正レンズ群を備えており、
    前記像ぶれ補正レンズ群が、レンズ系を構成するいずれか1つのレンズ群の一部である、請求項1に記載のズームレンズ系。
  11.  撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、開口絞りが像面に対して固定されている、請求項1に記載のズームレンズ系。
  12.  撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、レンズ群γが像面に対して固定されている、請求項1に記載のズームレンズ系。
  13.  撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、像面に対して固定されている開口絞り及びレンズ群の数と、像面に対して移動するレンズ群の数とが等しいか、又は、像面に対して固定されているレンズ群の数と、像面に対して移動するレンズ群の数とが等しい、請求項1に記載のズームレンズ系。
  14.  以下の条件(8)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.7<|MαG/MβG|<11.0 ・・・(8)
    ここで、
     MαG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群αの像面に対する移動量、
     MβG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群βの像面に対する移動量
    である。
  15.  以下の条件(9)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      L/f<1.45 ・・・(9)
    ここで、
     L:望遠端におけるレンズ全長(望遠端における、第1レンズ群の最物体側面から像面までの距離)、
     f:望遠端における全系の焦点距離
    である。
  16.  以下の条件(10)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      2.6<(f/f)×(tan(θ)) ・・・(10)
    ここで、
     f:望遠端における全系の焦点距離、
     f:広角端における全系の焦点距離、
     θ:広角端における半画角(°)
    である。
  17.  以下の条件(11)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      0.02<|MβG/f|<2.0 ・・・(11)
    ここで、
     MβG:撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際の、レンズ群βの像面に対する移動量、
     f:広角端における全系の焦点距離
    である。
  18.  レンズ群βを光軸方向に移動させて、無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングを行う、請求項1に記載のズームレンズ系。
  19.  請求項1に記載のズームレンズ系と、
    前記ズームレンズ系が形成する光学像を受光して電気的な画像信号に変換する撮像素子を含むカメラ本体との接続が可能なレンズマウント部と
    を備える、交換レンズ装置。
  20.  請求項1に記載のズームレンズ系を含む交換レンズ装置と、
    前記交換レンズ装置とカメラマウント部を介して着脱可能に接続され、前記ズームレンズ系が形成する光学像を受光して電気的な画像信号に変換する撮像素子を含むカメラ本体と
    を備える、カメラシステム。
     
PCT/JP2013/001134 2012-03-14 2013-02-26 ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム WO2013136692A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012057032 2012-03-14
JP2012-057032 2012-03-14

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US14/484,282 US9335526B2 (en) 2012-03-14 2014-09-12 Zoom lens system, interchangeable lens apparatus and camera system

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
US14/484,282 Continuation US9335526B2 (en) 2012-03-14 2014-09-12 Zoom lens system, interchangeable lens apparatus and camera system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2013136692A1 true WO2013136692A1 (ja) 2013-09-19

Family

ID=49160639

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2013/001134 WO2013136692A1 (ja) 2012-03-14 2013-02-26 ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム

Country Status (3)

Country Link
US (1) US9335526B2 (ja)
JP (1) JPWO2013136692A1 (ja)
WO (1) WO2013136692A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10401601B2 (en) 2016-08-09 2019-09-03 Canon Kabushiki Kaisha Zoom lens and image pickup apparatus including the same

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6580003B2 (ja) * 2016-06-28 2019-09-25 富士フイルム株式会社 ズームレンズおよび撮像装置

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06148523A (ja) * 1992-11-06 1994-05-27 Canon Inc リヤーフォーカス式のズームレンズ
JP2012047814A (ja) * 2010-08-24 2012-03-08 Panasonic Corp ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07151972A (ja) 1993-11-29 1995-06-16 Canon Inc リヤーフォーカス式のズームレンズ
JP3860231B2 (ja) * 1994-06-07 2006-12-20 オリンパス株式会社 防振光学系
JPH08327905A (ja) 1995-06-01 1996-12-13 Nikon Corp ズームレンズ
JPH1039211A (ja) 1996-07-24 1998-02-13 Nikon Corp ズームレンズ
JP4813670B2 (ja) 2001-01-30 2011-11-09 パナソニック株式会社 ズームレンズ及びそれを用いたビデオカメラ
JP4794912B2 (ja) 2005-06-02 2011-10-19 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP5040408B2 (ja) 2007-04-11 2012-10-03 ソニー株式会社 ズームレンズ及び撮像装置
JP5050264B2 (ja) 2007-09-14 2012-10-17 株式会社リコー ズームレンズおよび撮像装置
JP5084446B2 (ja) 2007-10-29 2012-11-28 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP5352990B2 (ja) 2007-11-22 2013-11-27 株式会社リコー ズームレンズおよびカメラ装置および携帯情報端末装置
JP5052581B2 (ja) 2008-12-24 2012-10-17 オリンパス株式会社 ズーム光学系及びそれを用いた電子撮像装置
JP5350937B2 (ja) 2009-08-06 2013-11-27 オリンパス株式会社 結像光学系及びそれを有する電子撮像装置
JP5213898B2 (ja) 2010-03-19 2013-06-19 パナソニック株式会社 ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP2012083602A (ja) * 2010-10-13 2012-04-26 Olympus Imaging Corp ズームレンズまたはそれを備えた撮像装置
JP5635358B2 (ja) * 2010-10-13 2014-12-03 オリンパスイメージング株式会社 ズームレンズまたはそれを備えた撮像装置
US8339714B2 (en) * 2010-10-13 2012-12-25 Olympus Imaging Corp. Zoom lens and imaging apparatus incorporating the same
JP5648907B2 (ja) * 2010-11-26 2015-01-07 株式会社ニコン 変倍光学系、及び、光学機器
JP2013057738A (ja) * 2011-09-07 2013-03-28 Olympus Corp 撮像装置

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06148523A (ja) * 1992-11-06 1994-05-27 Canon Inc リヤーフォーカス式のズームレンズ
JP2012047814A (ja) * 2010-08-24 2012-03-08 Panasonic Corp ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10401601B2 (en) 2016-08-09 2019-09-03 Canon Kabushiki Kaisha Zoom lens and image pickup apparatus including the same

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2013136692A1 (ja) 2015-08-03
US9335526B2 (en) 2016-05-10
US20140375844A1 (en) 2014-12-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9348125B2 (en) Zoom lens system, interchangeable lens apparatus and camera system
US8537249B2 (en) Zoom lens system, interchangeable lens apparatus and camera system
US8873145B2 (en) Zoom lens system, interchangeable lens apparatus and camera system
JP3570253B2 (ja) ズームレンズ
JP5543838B2 (ja) ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ
JP5942194B2 (ja) レンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP5340759B2 (ja) ズームレンズ系、交換レンズ装置、及びカメラシステム
JP4869288B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP5162305B2 (ja) ズームレンズ系、交換レンズ装置、及びカメラシステム
JP6586636B2 (ja) ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP5280232B2 (ja) ズームレンズ系、交換レンズ装置、及びカメラシステム
JP2012220654A (ja) インナーフォーカスレンズ、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP4774710B2 (ja) ズームレンズ
JP4902191B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP2008003195A (ja) 高変倍率ズームレンズ
JP4886334B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP2012226309A (ja) インナーフォーカスレンズ、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP2012048199A (ja) ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ
JP4624776B2 (ja) 3群ズームレンズ
JP6253012B2 (ja) インナーフォーカスレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
JP5292756B2 (ja) ズームレンズと、これを有する光学装置
JP5530868B2 (ja) ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ
JP5676505B2 (ja) ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ
JP2007328306A (ja) ズームレンズ及び撮像装置
US20140085529A1 (en) Zoom lens system, lens barrel, interchangeable lens apparatus and camera system

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 13760360

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 2014504665

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 13760360

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1