WO2011089831A1 - 拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体 - Google Patents

拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体 Download PDF

Info

Publication number
WO2011089831A1
WO2011089831A1 PCT/JP2010/073623 JP2010073623W WO2011089831A1 WO 2011089831 A1 WO2011089831 A1 WO 2011089831A1 JP 2010073623 W JP2010073623 W JP 2010073623W WO 2011089831 A1 WO2011089831 A1 WO 2011089831A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
display screen
display
enlargement
terminal device
enlarged
Prior art date
Application number
PCT/JP2010/073623
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
康成 大崎
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2010008669 priority Critical
Priority to JP2010-008669 priority
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Publication of WO2011089831A1 publication Critical patent/WO2011089831A1/ja

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/02Constructional features of telephone sets
    • H04M1/0202Portable telephone sets, e.g. cordless phones, mobile phones or bar type handsets
    • H04M1/0206Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings
    • H04M1/0247Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings comprising more than two body parts
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/01Input arrangements or combined input and output arrangements for interaction between user and computer
    • G06F3/048Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI]
    • G06F3/0487Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI] using specific features provided by the input device, e.g. functions controlled by the rotation of a mouse with dual sensing arrangements, or of the nature of the input device, e.g. tap gestures based on pressure sensed by a digitiser
    • G06F3/0489Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI] using specific features provided by the input device, e.g. functions controlled by the rotation of a mouse with dual sensing arrangements, or of the nature of the input device, e.g. tap gestures based on pressure sensed by a digitiser using dedicated keyboard keys or combinations thereof
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/01Input arrangements or combined input and output arrangements for interaction between user and computer
    • G06F3/048Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI]
    • G06F3/0487Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI] using specific features provided by the input device, e.g. functions controlled by the rotation of a mouse with dual sensing arrangements, or of the nature of the input device, e.g. tap gestures based on pressure sensed by a digitiser
    • G06F3/0489Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI] using specific features provided by the input device, e.g. functions controlled by the rotation of a mouse with dual sensing arrangements, or of the nature of the input device, e.g. tap gestures based on pressure sensed by a digitiser using dedicated keyboard keys or combinations thereof
    • G06F3/04897Special input arrangements or commands for improving display capability
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F2203/00Indexing scheme relating to G06F3/00 - G06F3/048
    • G06F2203/048Indexing scheme relating to G06F3/048
    • G06F2203/04803Split screen, i.e. subdividing the display area or the window area into separate subareas
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F2203/00Indexing scheme relating to G06F3/00 - G06F3/048
    • G06F2203/048Indexing scheme relating to G06F3/048
    • G06F2203/04806Zoom, i.e. interaction techniques or interactors for controlling the zooming operation
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/02Constructional features of telephone sets
    • H04M1/0202Portable telephone sets, e.g. cordless phones, mobile phones or bar type handsets
    • H04M1/0206Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings
    • H04M1/0208Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings characterized by the relative motions of the body parts
    • H04M1/0214Foldable telephones, i.e. with body parts pivoting to an open position around an axis parallel to the plane they define in closed position
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M2250/00Details of telephonic subscriber devices
    • H04M2250/16Details of telephonic subscriber devices including more than one display unit

Abstract

 携帯端末装置は、第1表示画面(21A)を有する第1表示部(20A)と、第1表示画面(21A)と並置される第2表示画面(21B)を有する第2表示部(20B)と、第1表示画面(21A)内の複数の領域の何れかに拡大対象枠を表示するように第1表示画面(21A)を制御する拡大対象枠表示制御部と、拡大対象枠内に表示される第1表示画面(21A)上の情報を第2表示画面(21B)上に拡大して表示するように、第2表示画面(21B)を制御する拡大対象情報表示制御部と、第1表示画面(21A)の複数の領域に対応して配置され領域選択するためのテンキー部(33)とを備える。

Description

拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体

 本発明は、表示情報を拡大する拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体に関する。

 従来の携帯端末装置では、その用途の観点から携帯性が第一に考慮され、必然的に表示部も小型化を意図して設計されてきた。しかし、小さな画面は、表示情報にも依存するものの、低視力の方や年配の方にとっては非常に見づらいものである。このため、彼等が表示情報を閲覧するためには、一般的には眼鏡が、場合によっては虫眼鏡までもが必要となる。この状況を改善するため、携帯端末装置における表示情報の拡大技術が、以下のとおり開示されている。

 特許文献1の携帯端末装置では、メニューや画像を表示している際にカーソルを当てると、フォーカスしている箇所が拡大され、また、フォーカス前の情報に比べて詳細な情報が表示される。特許文献2の携帯端末装置では、データの濃淡などから表示情報のある特徴的な座標を数点捉え、これを基準として拡大対象範囲を自動で抽出し、同じ表示画面上の分割表示領域へこれを拡大して表示させる。特許文献3の携帯端末装置では、表示画面にタッチパネルを採用し、ユーザーがタッチした座標近傍の拡大対象枠内の表示情報を、同じ画面上の他の領域へ拡大して表示させる。この際、ユーザーの利き手を設定することで操作性を向上している。また、タッチ部の移動による拡大対象枠や拡大表示領域の重畳が回避されるように制御されている。更に、拡大画面表示領域については、表示優先順位を与えることで、情報量が少ないため拡大表示領域を設けてもさほど問題がないエリアに、その領域を配置するようにしている。

特開2009-110015号公報 特開2007-180914号公報 特開2009-169452号公報 特開2005-261807号公報

 上記各特許文献に記載の携帯端末装置では、ユーザーが表示情報の一部を、その拡大率を指定して、表示画面の別の領域へ拡大表示させることが可能である。しかし、通常、携帯端末装置には、一度に視認できる表示画面は1つしか備えられていないため、拡大表示領域は、この画面内の一部に確保されることになる。しかし、ただでさえ小型化制約の大きな携帯端末装置で、その画面を分割し、そこへ拡大表示をすると、拡大した分だけその小さな画面に表示可能な情報量が削減されてしまう。このため、表示情報の視認性が損なわれる。また、拡大表示領域に収まりきらなかった情報については、再度カーソル等を用いて通常画面内で拡大表示する領域を指定し直さなければならず、その操作が煩雑である。更に、通常表示されている画面の一部を利用して拡大表示を行うことから、たとえ拡大対象枠等で拡大対象領域を視覚化しても、表示情報全体のどこを見ているのかが判り難くなるという問題もある。

 特許文献4には、同等の形状及びサイズを有する表示画面を持つ2つの表示部を備える医療用の携帯端末装置が記載されている。本文献では、並置される2つの表示部の表示画面のうち、一方の表示画面では拡大された画像情報を表示し、他方の表示画面では拡大された文字情報を表示する旨が示されている。また、画像情報や文字情報のみを表示する際には、2つの表示画面が一体となって、拡大された画像情報又は文字情報を表示する旨も示されている。

 特許文献1~3に記載された拡大情報を、特許文献4に記載された携帯端末装置で表示することが考えられる。しかし、拡大情報の表示操作の手間を省くと共に、拡大情報を視認性よく、且つ、どの部分の拡大情報であるかを容易に判断できるように双方の表示画面をどのように使い分けるかについては、考慮する必要がある。

 本発明は、上記関連技術に鑑み、拡大情報の視認性に優れ、拡大の際の操作が容易であり、且つ、表示情報全体と拡大情報との対応関係が容易に判別可能な、拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供することを目的とする。

 上記目的を達成するために、本発明は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面内の複数の領域の何れかに拡大対象枠を表示するように前記第1の表示画面を制御する拡大対象枠表示制御部と、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するように、前記第2の表示画面を制御する拡大対象情報表示制御部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備えた拡大表示機能を有する携帯端末装置を提供する。

 また、本発明は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御する方法であって、前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択するステップと、前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示するステップと、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するステップと、を有する携帯端末装置の拡大表示制御方法を提供する。

 更に、本発明は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御するコンピュータに、前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択する処理と、前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示する処理と、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示する処理と、を実行させるプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供する。

 本発明の拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体によると、拡大情報により視認性が良好になると共に、拡大対象領域の選択が容易であり、且つ、表示情報全体と拡大情報との対応関係が容易に判別できるという効果が得られる。

本発明の第1の実施形態に係る携帯端末装置の外観を示す正面図。 第1の実施形態の携帯端末装置のブロック図。 第1の実施形態の携帯端末装置の拡大対象枠表示制御部の処理を示すフローチャート。 第1の実施形態の携帯端末装置の拡大対象情報表示制御部の処理を示すフローチャート。 第1の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。 第1の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。 第1の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。 第1の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。 本発明の第2の実施形態に係る携帯端末装置のブロック図。 第2の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。 第2の実施形態の携帯端末装置における拡大表示の態様を示す正面図。

 本発明の実施形態の説明に先立って本発明の概要を述べる。本発明の携帯端末装置は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面内の複数の領域の何れかに拡大対象枠を表示するように前記第1の表示画面を制御する拡大対象枠表示制御部と、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するように、前記第2の表示画面を制御する拡大対象情報表示制御部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える。

 また、本発明の携帯端末装置の拡大表示制御方法は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御する方法であって、前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択するステップと、前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示するステップと、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するステップと、を有する。

 更に、本発明のコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、第1の表示画面を有する第1の表示部と、前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御するコンピュータのためのプログラムであって、前記コンピュータに、前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択する処理と、前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示する処理と、前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示する処理と、を実行させるプログラムを記録する。

 本発明の携帯端末装置、その拡大表示制御方法、及び、コンピュータ読み取り可能な記録媒体によると、拡大対象枠を表示した表示情報全体が第1の表示画面に表示され、押下された領域選択キーに対応する第1の表示画面上の領域の情報が拡大されて第2の表示画面に表示される。拡大情報により、視認性が向上し、双方が対になって表示されるので、表示情報全体と拡大情報との対応関係が容易に判別でき、更に、拡大対象領域の選択操作も容易になる。

 以下、本発明の実施形態に係る携帯端末装置について、図面を参照して詳細に説明する。図1は、本発明の第1の実施形態に係る携帯端末装置10の正面外観図であり、第1表示部と第2表示部の双方を開いた状態で示している。双方の表示画面は、ヒンジを利用して第2表示部を回転することにより、相互に重ね合わせることができる。また、図示のように、ヒンジを利用して第2表示部を回転することにより、双方の表示画面を左右方向に並置して表示させることができる。

 携帯端末装置10には、同等サイズ及び同様な形状の第1表示画面21A、第2表示画面21Bをそれぞれ有する、第1表示部20A及び第2表示部20Bが存在する。ユーザーは、この2画面を使用することで、複数のアプリケーションを並行して操作することができる。携帯端末装置10の操作は、操作部30にアサインされているキー入力部31の各キースイッチの押下により実行される。つまり、携帯端末装置10は、各キースイッチの押下により、画面を選択・決定し、或いは、機能メニューなどのサブメニュー等を利用する。キー入力部31は、いわゆるソフトキー部32に配置されているS0~S4キー、及び数字や文字などの入力に利用されるテンキー部33に配置されているT1~T15キー、及び、筐体の側面に設けられた補助的なサイドキー34から構成される。ソフトキーS0は、特に選択キーとして用いられる。

 図2は、上記携帯端末装置10の内部構成を示すブロック図である。携帯端末装置10は、大きく分けると、第1表示画面21A及び第2表示画面21Bと、キー入力部31と、制御部40と、を有する。各表示画面21A、21Bには、キー入力部31からの入力情報を制御部40で処理した結果が表示される。制御部40は、入力情報検出部41と、拡大対象枠表示制御部42と、拡大対象情報表示制御部43と、記憶部50と、を有する。入力情報検出部41は、キー入力部31からインプットされた操作指令を座標として検出し、拡大対象枠表示制御部42及び拡大対象情報表示制御部43へ、その座標をデータとして受け渡す。

 拡大対象枠表示制御部42は、入力情報検出部41からインプットされた座標データをもとに、第1表示画面21Aに表示する拡大対象枠の座標を決定し、実際に拡大対象枠を第1表示画面21Aに表示させる。拡大対象情報表示制御部43も同様に、入力情報検出部41から座標データを受け取り、これをもとに読み込んだ後述の表示情報51の拡大対象領域(拡大対象枠内に表示される情報)を拡大し、その拡大情報を第2表示画面21Bに表示させる。記憶部50には、表示情報の拡大処理を実行するに際し、必要な各種情報が保存されている。表示情報51は、拡大処理を施していない通常画面に表示される表示データ(例えば、txt形式の文字データやbmp形式の画像データ)である。また、保存拡大対象枠52は、一旦、拡大対象枠を非表示にさせた後、再表示させる場合に保持している、前回表示させていた拡大対象枠の座標データである。

 次に、図3、図4のフローチャート及び図5~図8の拡大処理説明図を参照して第1の実施形態の処理について詳細に説明する。図3は、拡大対象枠表示制御部42の処理を示す。今、第1表示画面21Aには、適当なアプリケーションソフトが表示されているものとする。まず、ユーザーは、この表示情報を拡大し、その拡大情報を第2表示画面21Bに表示して閲覧するために、表示情報拡大処理を開始する。この処理の開始は、例えば、選択釦として使用されるソフトキーS0の長押しで行う(ステップS11)。ここで、入力情報検出部41は、押下されたキーから、ユーザーが拡大表示を希望する領域を示す拡大対象枠の座標データを検出し、これを拡大対象枠表示制御部42へ受け渡す。次に、拡大対象枠表示制御部42がこの座標データを取得し(ステップS12)、この座標データを記憶部50へ保存する(ステップS13)。このとき、記憶部50には、保存拡大対象枠52が座標データとして保存される。拡大対象枠表示制御部42は、この座標データに基づいて、第1表示画面21Aに拡大対象枠を表示させる(ステップS14)。

 ここで、図5~図8を参照して、ステップS14及び後述のステップS25における拡大対象枠の表示の態様について述べる。一般に、小型化の制約を受け、入力キーを自由に配置又は追加することができない携帯端末装置10では、テンキー部33に配置されている各テンキーが入力キーとして使われる頻度が高い。このため、ソフトキー部32に配置されているS0キーの長押しによる表示情報拡大処理の開始以降は、第1表示画面21A上における拡大対象枠の表示位置を、各テンキーの配置と1対1に対応付ける。つまり、図5~図8に示すように、本実施形態の携帯端末装置10の第1表示画面21Aを5行×3列に15分割する。そして、携帯端末装置10には、15個のテンキーT1~T15が5行×3列に配置されているので、これら15個のテンキーT1~T15の配置に従って、第1表示画面21Aの分割した各々の表示領域に対して、1つのテンキーをアサインする(図中の画面の分割を示す点線は、説明用に便宜的に記載しているが、実際は表示されない)。なお、テンキー及び各領域の配置は一例であり、適宜変更可能である。

 例えば、図8に示すように、T13キーを押下した場合には、このキーに対応する第1表示画面21A上の領域Zが拡大対象領域として認識され、この領域周囲に拡大対象枠が表示される。拡大対象枠は、別のテンキーを押下すると、その押下されたテンキーに対応する別の領域へ遷移する。或いは、上下左右の十字キーを押下すると、あらかじめ設定されたある座標分だけその方向へ移動する。また、表示情報拡大処理は、S0キーの長押しにより開始されるので、開始時はデフォルトとして、T8キーの押下時と同じく、画面中央に位置する領域X(図5)に拡大対象枠が表示されることとしてある(ステップS14)。なお、拡大対象枠を非表示にするキーをサイドキー34などに割り当てても良い。

 表示情報拡大処理の終了は、例えばS0キーの長押しで実施する。更に、携帯端末装置10のソフトキーS1~S4は、第1表示画面21Aに表示されている情報が1画面に収まりきらない場合に使用する。つまり、縦横へ複数ページに跨ってしまうときには、これらS1~S4キーに、上下左右のページ切り替えをアサインさせることも可能である。上記構成により、ステップS14では、図5に示すように、領域Xの周囲に拡大対象枠が表示される。

 次に、ステップS15にて、ユーザーがあるキーを入力したとする。ステップS16では、表示情報拡大処理開始時のステップS12と同様に、拡大対象枠表示制御部42が、入力されたキーに対応する座標データを入力情報検出部41から取得する。ここでまず、拡大対象枠表示制御部42は、この入力がS0キーの長押しによる表示情報拡大処理終了を意図するものか否かを判断する(ステップS17)。この判断が「Yes」であれば、表示情報拡大処理は終了する。ステップS17の判断が「No」であれば、上記で述べた拡大対象枠を一時的に非表示にするサイドキー34の押下か否かを判断する(ステップS18)。これがもし「Yes」ならば、ステップS19にて図6に示すように、拡大対象枠表示制御部42が拡大対象枠の表示を消す。その後、キー入力があると(ステップS21)、それが何のキーであるかに拘わらず、拡大対象枠表示制御部42は、記憶部50に保存されている座標データである保存拡大対象枠52を取得する(ステップS24)。そして、非表示にする前に表示されていた領域に拡大対象枠を再度表示する(ステップS25)。

 一方で、ステップS15で入力されたキーが、表示情報拡大処理の終了でなく(ステップS17:No)、且つ、拡大対象枠の非表示でもない場合には(ステップS18:No)、十字キー又はテンキーが押下されたことになる(本フローにおいて、S1~S4キー押下の処理については考慮しない)。この場合には、十字キーかテンキーかを判断し(ステップS20)、ステップS12、S13と同様に、拡大対象枠表示制御部42が新たに取得した座標データを記憶部50へ保存拡大対象枠52として上書き保存する(十字キー:ステップS22、テンキー:ステップS23)。次いで、ステップS20が「Yes」ならテンキーの対応先に、Noならば十字キーの上下左右移動した先に、拡大対象枠を表示させる(ステップS25)。例えば、十字キーの右キーが押下された場合には、図7に示すように、拡大対象枠をそのサイズは変更せずに、デフォルト設定値の分だけ右へ平行移動し、移動先の領域Yに表示する。また、テンキーT13が押下されたのであれば、図8に示すように、拡大対象枠は領域Zに表示される。

 図4は、拡大対象情報表示制御部43の処理を示すフローチャートである。拡大対象情報表示制御部43も、拡大対象枠表示制御部42と同様に、入力情報検出部41から座標データを受け取り、その後、この座標データを用いて、実際に拡大した情報を生成し、それを第2表示画面21Bに表示させる処理を実行する。このため、拡大対象情報表示制御部43の処理の大半が、図3のフローと同様な処理となる。従って、ここでは、図4における図3と同様な処理の説明は割愛し、図3とは異なる処理についてのみ説明する。

 拡大対象情報表示制御部43は、実際に表示させる情報について、それを拡大して表示させる。この目的のため、入力情報検出部41から座標データを受け取った後に(ステップS32)、この座標データをもとにして、記憶部50に保存されている表示情報51の拡大対象領域の情報を読み込む(ステップS33)。前述の通り、表示情報51は、例えば、txt形式の文字データやbmp形式の画像データからなる表示データである。この表示情報51の拡大対象領域の情報がすなわち、拡大対象枠内に表示される情報と同一である。次いで、拡大対象情報表示制御部43は、この拡大対象領域を拡大し、第2表示画面21Bに表示させる(ステップS34)。ステップS38では、拡大対象枠を一時的に非表示にするサイドキー34が押下されたか否かを判断する。ただし、拡大対象情報表示制御部43は、拡大対象枠の表示/非表示に関する制御を行わないので、サイドキー34押下による入力データを受け取った場合(ステップS38:Yes)、拡大対象情報表示制御部43は、その入力データを破棄する(ステップS39)。なお、上記で述べた図3と図4の対応するステップは、以下の組み合わせとなる。つまり、S11-S31、S12-S32、S14-S34、S15-S35、S16-S36、S17-S37、S18-S38、S20-S40、S25-S43の組み合わせである。

 上記実施形態の携帯端末装置10では、以下の効果が得られる。まず、第1の効果は、拡大した情報が、関連技術の携帯端末装置に比して見やすくなる、ということにある。この理由は、1画面を分割して一方に拡大情報を表示させるのとは異なり、全体情報と部分拡大情報とを別々の表示画面に、且つ、並置して表示したからである。特に、本記実施形態の携帯端末装置では、同等サイズの表示画面を2つ有し、その携帯端末に拡大表示制御方法を導入したため、拡大情報を大画面のまま閲覧することが可能になり、見やすさが格段に向上する。また、第1表示画面に拡大対象枠を表示するため、現在、第2表示画面で元の表示情報のどの部分が拡大されているかが、一目で認識できる。このため、双方の対応関係が容易に判別可能である。

 第2の効果は、拡大表示のための処理が容易になることである。これは、携帯端末装置に特有の入力方法を採用するテンキーを利用した拡大表示制御方法を取り入れたためである。特に、本実施形態では、この拡大表示制御方法により、テンキーを押下するだけで、そのキー位置に対応した箇所へ拡大対象を切り替えることが可能になる。つまり、拡大対象情報を変更するために拡大対象枠を移動させる際に、十字キーを何度も押下する操作を行う必要はなく、拡大表示を希望する箇所付近へ拡大対象枠を瞬時にジャンプさせることができる。

 なお、第1表示画面及び第2表示画面のそれぞれに、その表示情報を操作するためのアイコンを付属させることができる。例えば、第1表示画面と第2表示画面の何れかを選択するための表示画面選択キーを設ける。表示画面選択キー押下による表示画面の選択に応答して、制御部はその表示画面に付属するアイコンを活性化する。このようにすることで、アイコンが活性化された表示画面に表示された情報に特定の処理、例えば、表示情報の反転や回転、拡大などの処理を加えることができる。

 次に、本発明の第2の実施形態に係る携帯端末について図9~図11を参照して詳細に説明する。図9は、本実施形態の携帯端末装置10の内部構成を示すブロック図であり、図2の構成に加えて、記憶部50に拡大対象枠設定値53が記憶されている。なお、外観は図1で示した第1の実施形態と同様である。拡大対象枠設定値53は、拡大対象枠のサイズを変更させるパラメータを表し、ユーザが機能メニューから設定することが可能である。設定可能なパラメータは、拡大対象枠の(横,縦)の幅、すなわち相対座標であり、これを(W,L)として保持する。このパラメータ(W,L)を設定可能とすることで、拡大対象枠表示制御部42は、拡大対象枠を表示する際に、(W,L)に基づいて拡大対象枠のサイズを変更し、これを第1表示画面21Aに表示する。

 また、拡大対象情報表示制御部43も同様に、(W,L)に基づいて拡大対象情報のサイズを拡大して、第2表示画面21Bへ表示する。第1の実施形態では、この値は定数としていたため、常に同じサイズの拡大対象枠及び拡大対象情報が表示されていた。図10は、第1の実施形態でのパラメータ値を(W,L)とし、第2の実施形態でのパラメータ値(W,L)を(2W,2L)とした例について、拡大対象枠及び拡大対象情報の拡大の様子を示している。表示情報拡大処理は、第1の実施形態と同様に、S0キーの長押しで開始する。拡大対象枠のサイズは、縦及び横に2倍となるので、全体としては4倍の領域4Xについて拡大対象枠が第1表示画面21Aに表示される。また、この領域の表示情報を拡大した情報が第2表示画面21Bに表示される。この場合にも、拡大対象枠はデフォルトとして、T8キー押下時の表示領域と同様に、画面中央に表示される。その後、ユーザーがT13キーを押下すれば、図11に示すように、第1表示画面21Aの領域4Zに拡大対象枠が表示され、また、第2表示画面21Bに拡大対象情報が表示される。

 本実施形態では、拡大対象枠設定値53(W,L)によって、拡大対象とする領域を、押下されたキーに対応する領域の何倍にするかを設定する。このとき、上記のように、例えば中央のT8キーを押下したときには、T8キーに対応する領域を中心として、その領域の4倍の領域を拡大表示する。また、例えばT13キーを押下したときには、T13キーに対応するコーナー部の領域とその領域に隣接する領域とを含む4倍の領域を拡大表示する。拡大対象枠表示制御部42は、押下されたキーに依存して、拡大対象領域を、押下されたキーに対応する領域を中心とする領域にするか、或いは、押下されたキーに対応する領域とこれに隣接する領域とを含む領域にするかを判断し、拡大対象領域を決定する。

 拡大対象枠設定値53は、代わりとして、拡大対象枠内情報の第2表示画面21Bでの拡大率設定値を採用してもよい。拡大対象枠のサイズと拡大率とは一意に連動しているためである。例えば、拡大対象枠設定値53を(W,L)から(2W,2L)に変更した場合、第2表示画面21Bに表示させる情報の第1表示画面21Aに表示される情報に対する拡大率は必然的に4分の1に変更される。

 第2の実施形態では、第1の実施形態の効果に加えて以下の効果が得られる。つまり、ユーザーの希望とする倍率で表示情報を拡大できることにある。その理由は、記憶部50に、拡大対象枠設定値53を追加することで、拡大対象枠のサイズ(W,L)をユーザーが任意に設定可能になったためである。この構成により、ユーザーは、拡大対象枠が小さすぎてその領域の拡大情報が大きすぎて見づらい、或いは、逆に拡大対象枠が大きくて拡大情報がまだ小さすぎる、といった不具合を、ユーザーが自身に合ったサイズに変更することで、解消できる。

 本発明を特別に示し、且つ、例示的な実施形態を参照して説明したが、本発明は、その実施形態及びその変形に限定されるものではない。当業者に明らかなように、本発明は、添付の請求の範囲に規定される本発明の精神及び範囲を逸脱することなく、種々の変更が可能である。

 なお、上記実施形態の携帯端末装置10の機能を実現するために制御部40が実行するプログラムを、既存の携帯電話等に適用することで、当該携帯電話等を本発明に係る携帯端末装置として機能させることも可能である。

 このようなプログラムの配布方法は任意であり、例えば、CD-ROM(Compact Disk Read-Only Memory)、DVD(Digital Versatile Disk)、MO(Magneto Optical Disk)、メモリカード等のコンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納して配布してもよいし、携帯電話網やインターネット等の通信ネットワークを介して配布してもよい。

 本発明は2010年1月19日に出願された日本国特許出願2010-008669号に基づく。本明細書中に日本国特許出願2010-008669号の明細書、特許請求の範囲、図面全体を参照として取り込むものとする。

10:携帯端末装置
20A:第1表示部
20B:第2表示部
21A:第1表示画面
21B:第2表示画面
30:操作部
31:キー入力部
32:ソフトキー部
33:テンキー部
40:制御部
41:入力情報検出部
42:拡大対象枠表示制御部
43:拡大対象情報表示制御部
50:記憶部
51:表示情報
52:保存拡大対象枠
53:拡大対象枠設定値

Claims (10)

  1.  第1の表示画面を有する第1の表示部と、
     前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、
     前記第1の表示画面内の複数の領域の何れかに拡大対象枠を表示するように前記第1の表示画面を制御する拡大対象枠表示制御部と、
     前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するように、前記第2の表示画面を制御する拡大対象情報表示制御部と、
     前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備えた拡大表示機能を有する携帯端末装置。
  2.  前記第2の表示画面が、前記第1の表示画面と実質的に同じ形状及びサイズを有する、請求項1に記載の携帯端末装置。
  3.  前記第1の表示画面と前記第2の表示画面とが左右方向に並置される第1の形態と、前記第1の表示画面と前記第2の表示画面とが折り重なって配置される第2の形態との間で移行可能である、請求項2に記載の携帯端末装置。
  4.  前記複数の領域選択キーがテンキーを含み、前記複数の領域の配置が該テンキーの配置に対応している、請求項1~3の何れか1項に記載の携帯端末装置。
  5.  前記拡大対象枠表示制御部は、特定の操作に応答して前記拡大対象枠を前記第1の表示画面上で移動させる、請求項1~4の何れか1項に記載の携帯端末装置。
  6.  前記拡大対象枠表示制御部は、拡大対象枠設定値に依存して異なる大きさの領域を含むように前記拡大対象枠を設定する、請求項1~5の何れか1項に記載の携帯端末装置。
  7.  前記拡大対象枠表示制御部は、前記第2の表示画面における拡大率設定値に依存して異なる大きさの領域を含むように前記拡大対象枠を設定する、請求項1~5の何れか1項に記載の携帯端末装置。
  8.  表示画面選択キーによる選択に応答して、前記第1の表示画面と前記第2の表示画面の何れかを選択する選択制御部と、
     前記選択制御部による選択に応答して、前記第1の表示画面又は前記第2の表示画面の何れかに表示されているアイコンを有効にするアイコン表示制御部と、を備える請求項1~5の何れか1項に記載の携帯端末装置。
  9.  第1の表示画面を有する第1の表示部と、
     前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、
     前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御する方法であって、
     前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択するステップと、
     前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示するステップと、
     前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示するステップと、を有する携帯端末装置の拡大表示制御方法。
  10.  第1の表示画面を有する第1の表示部と、
     前記第1の表示画面と並置される第2の表示画面を有する第2の表示部と、
     前記第1の表示画面の複数の領域に対応して配置される複数の領域選択キーと、を備える携帯端末装置の拡大表示を制御するコンピュータに、
     前記領域選択キーの押下に応答して、前記第1の表示画面の複数の領域から1つの領域を選択する処理と、
     前記選択された1つの領域に拡大対象枠を表示する処理と、
     前記拡大対象枠内に表示される前記第1の表示画面上の情報を前記第2の表示画面上に拡大して表示する処理と、を実行させるプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。
PCT/JP2010/073623 2010-01-19 2010-12-27 拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体 WO2011089831A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010008669 2010-01-19
JP2010-008669 2010-01-19

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011550825A JP5901295B2 (ja) 2010-01-19 2010-12-27 拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びプログラム
US13/522,130 US9143588B2 (en) 2010-01-19 2010-12-27 Portable terminal device having an enlarged-display function, method for controlling enlarged display, and computer-read-enabled recording medium
EP10843995.1A EP2527964B1 (en) 2010-01-19 2010-12-27 Portable terminal device having an enlarged-display function, method for controlling enlarged display, and computer-read-enabled recording medium
CN2010800616992A CN102713818A (zh) 2010-01-19 2010-12-27 具有放大显示功能的便携终端设备、用于控制放大显示的方法、以及计算机可读记录介质

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2011089831A1 true WO2011089831A1 (ja) 2011-07-28

Family

ID=44306646

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2010/073623 WO2011089831A1 (ja) 2010-01-19 2010-12-27 拡大表示機能を有する携帯端末装置、拡大表示制御方法、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Country Status (5)

Country Link
US (1) US9143588B2 (ja)
EP (1) EP2527964B1 (ja)
JP (1) JP5901295B2 (ja)
CN (1) CN102713818A (ja)
WO (1) WO2011089831A1 (ja)

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003280622A (ja) * 2002-03-25 2003-10-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子表示装置とその表示方法
JP2005261807A (ja) 2004-03-22 2005-09-29 Toshiba Corp 診断支援システム
WO2006123513A1 (ja) * 2005-05-19 2006-11-23 Access Co., Ltd. 情報表示装置および情報表示方法
JP2007180914A (ja) 2005-12-28 2007-07-12 Nec Corp 画面拡大表示機能付携帯電話、画面拡大表示方法、及び、画面拡大表示プログラムとその記録媒体
JP2007281659A (ja) * 2006-04-04 2007-10-25 Seiko Epson Corp 電子情報表示システムおよび電子情報表示装置ならびにリモートコントローラ
JP2009015331A (ja) * 2008-07-18 2009-01-22 Fujifilm Corp 電子フォトアルバム
JP2009110015A (ja) 2008-12-10 2009-05-21 Nec Corp 携帯端末および携帯端末における表示情報拡大方法ならびにプログラム
JP2009169452A (ja) 2008-01-10 2009-07-30 Panasonic Corp 表示制御装置、電子機器、表示制御方法、およびプログラム
WO2010001672A1 (ja) * 2008-06-30 2010-01-07 日本電気株式会社 情報処理装置、表示制御方法、及び記録媒体
JP2010008669A (ja) 2008-06-26 2010-01-14 Fujifilm Corp 可搬型放射線画像変換装置、放射線画像撮影システム及びプログラム
JP2010009431A (ja) * 2008-06-27 2010-01-14 Nakayo Telecommun Inc 携帯端末

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04199371A (en) * 1990-11-29 1992-07-20 Ricoh Co Ltd Picture display device
JP2002118628A (ja) 2000-10-05 2002-04-19 Zenji Tsuchikawa 携帯電話機
JP3890241B2 (ja) * 2002-03-13 2007-03-07 キヤノン株式会社 情報処理システム及び情報処理方法
JP4462819B2 (ja) 2002-09-26 2010-05-12 ソニー株式会社 情報処理装置および方法、記録媒体、並びにプログラム
JP4067374B2 (ja) 2002-10-01 2008-03-26 富士通テン株式会社 画像処理装置
US7317449B2 (en) 2004-03-02 2008-01-08 Microsoft Corporation Key-based advanced navigation techniques
CN101359274B (zh) * 2008-09-09 2012-05-30 腾讯科技(深圳)有限公司 一种快速定位对象的方法和装置

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003280622A (ja) * 2002-03-25 2003-10-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子表示装置とその表示方法
JP2005261807A (ja) 2004-03-22 2005-09-29 Toshiba Corp 診断支援システム
WO2006123513A1 (ja) * 2005-05-19 2006-11-23 Access Co., Ltd. 情報表示装置および情報表示方法
JP2007180914A (ja) 2005-12-28 2007-07-12 Nec Corp 画面拡大表示機能付携帯電話、画面拡大表示方法、及び、画面拡大表示プログラムとその記録媒体
JP2007281659A (ja) * 2006-04-04 2007-10-25 Seiko Epson Corp 電子情報表示システムおよび電子情報表示装置ならびにリモートコントローラ
JP2009169452A (ja) 2008-01-10 2009-07-30 Panasonic Corp 表示制御装置、電子機器、表示制御方法、およびプログラム
JP2010008669A (ja) 2008-06-26 2010-01-14 Fujifilm Corp 可搬型放射線画像変換装置、放射線画像撮影システム及びプログラム
JP2010009431A (ja) * 2008-06-27 2010-01-14 Nakayo Telecommun Inc 携帯端末
WO2010001672A1 (ja) * 2008-06-30 2010-01-07 日本電気株式会社 情報処理装置、表示制御方法、及び記録媒体
JP2009015331A (ja) * 2008-07-18 2009-01-22 Fujifilm Corp 電子フォトアルバム
JP2009110015A (ja) 2008-12-10 2009-05-21 Nec Corp 携帯端末および携帯端末における表示情報拡大方法ならびにプログラム

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP2527964A4 *

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2011089831A1 (ja) 2013-05-23
US9143588B2 (en) 2015-09-22
US20120287036A1 (en) 2012-11-15
EP2527964A1 (en) 2012-11-28
CN102713818A (zh) 2012-10-03
EP2527964A4 (en) 2015-04-08
JP5901295B2 (ja) 2016-04-06
EP2527964B1 (en) 2019-02-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105912071B (zh) 用于编辑用于主屏幕的页面的移动装置和方法
US7565628B2 (en) Functional icon display system and method
US8839106B2 (en) Method for providing GUI and multimedia device using the same
KR101433490B1 (ko) 터치 스크린 기기 잠금 해제
US9170721B2 (en) Displaying scroll bar on terminal
US8700999B2 (en) Carousel user interface for document management
US7441207B2 (en) Method and system for improved viewing and navigation of content
EP2169529A2 (en) Information processing
US8839154B2 (en) Enhanced zooming functionality
KR100871246B1 (ko) 이동통신단말기에서 메뉴 구성 장치 및 방법
EP2506132A2 (en) Terminal device and program
KR100790078B1 (ko) 이동 통신 단말기에서 어플리케이션으로의 빠른 접근 방법및 장치
US20100037183A1 (en) Display Apparatus, Display Method, and Program
WO2009131089A1 (ja) 携帯情報端末、コンピュータ読取可能なプログラムおよび記録媒体
KR101146042B1 (ko) 회전형 메뉴 기능을 갖는 이동 통신 단말기 및 그 메뉴제어 방법
KR20100041867A (ko) 오프셋 연결 요소를 이용하여 데이터 기입을 용이하게 하는 방법, 장치 및 컴퓨터 프로그램 제품
JP2008542868A (ja) 改良されたポケットコンピュータ及び関連する方法
EP1990711A2 (en) Tab browsing in mobile communication terminal
US20100153872A1 (en) Method for providing graphical user interface and electronic device using the same
KR100831721B1 (ko) 휴대단말기의 디스플레이 장치 및 방법
KR101068509B1 (ko) 작은 디스플레이 창에서 큰 객체들의 개선된 표현법
US20090109243A1 (en) Apparatus and method for zooming objects on a display
JP2009245423A (ja) 情報機器およびウインドウ表示方法
JP5970086B2 (ja) タッチスクリーンホバリング入力処理
US20110047491A1 (en) User interfacinig method using touch screen in mobile communication terminal

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 201080061699.2

Country of ref document: CN

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 10843995

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2010843995

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 13522130

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 6262/CHENP/2012

Country of ref document: IN

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2011550825

Country of ref document: JP

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE