WO2011045913A1 - ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ - Google Patents

ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ Download PDF

Info

Publication number
WO2011045913A1
WO2011045913A1 PCT/JP2010/006030 JP2010006030W WO2011045913A1 WO 2011045913 A1 WO2011045913 A1 WO 2011045913A1 JP 2010006030 W JP2010006030 W JP 2010006030W WO 2011045913 A1 WO2011045913 A1 WO 2011045913A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
lens
image
zoom
zoom lens
power
Prior art date
Application number
PCT/JP2010/006030
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
善夫 松村
岩下 勉
善昭 栗岡
山口 伸二
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2009236425 priority Critical
Priority to JP2009-236425 priority
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Publication of WO2011045913A1 publication Critical patent/WO2011045913A1/ja

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03BAPPARATUS OR ARRANGEMENTS FOR TAKING PHOTOGRAPHS OR FOR PROJECTING OR VIEWING THEM; APPARATUS OR ARRANGEMENTS EMPLOYING ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ACCESSORIES THEREFOR
    • G03B17/00Details of cameras or camera bodies; Accessories therefor
    • G03B17/02Bodies
    • G03B17/17Bodies with reflectors arranged in beam forming the photographic image, e.g. for reducing dimensions of camera
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • G02B15/145Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only
    • G02B15/1451Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only the first group being positive
    • G02B15/145113Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective having five groups only the first group being positive arranged +-++-
    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B15/00Optical objectives with means for varying the magnification
    • G02B15/14Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective
    • G02B15/16Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective with interdependent non-linearly related movements between one lens or lens group, and another lens or lens group
    • G02B15/163Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective with interdependent non-linearly related movements between one lens or lens group, and another lens or lens group having a first movable lens or lens group and a second movable lens or lens group, both in front of a fixed lens or lens group
    • G02B15/167Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective with interdependent non-linearly related movements between one lens or lens group, and another lens or lens group having a first movable lens or lens group and a second movable lens or lens group, both in front of a fixed lens or lens group having an additional fixed front lens or group of lenses
    • G02B15/173Optical objectives with means for varying the magnification by axial movement of one or more lenses or groups of lenses relative to the image plane for continuously varying the equivalent focal length of the objective with interdependent non-linearly related movements between one lens or lens group, and another lens or lens group having a first movable lens or lens group and a second movable lens or lens group, both in front of a fixed lens or lens group having an additional fixed front lens or group of lenses arranged +-+
    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03BAPPARATUS OR ARRANGEMENTS FOR TAKING PHOTOGRAPHS OR FOR PROJECTING OR VIEWING THEM; APPARATUS OR ARRANGEMENTS EMPLOYING ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ACCESSORIES THEREFOR
    • G03B17/00Details of cameras or camera bodies; Accessories therefor

Abstract

 物体側から像側へと順に正パワーの第1レンズ群、負パワーの第2レンズ群及び正パワーの第3レンズ群を少なくとも含む複数のレンズ群からなり、複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、条件:4.25<√(f×f)/tG2<10.00及びf/f>2.5(tG2:第2レンズ群の厚み、f:望遠端での全系の焦点距離、f:広角端での全系の焦点距離)を満足するズームレンズ系、撮像装置及びカメラ。

Description

ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ
 本発明は、ズームレンズ系、撮像装置及びカメラに関する。特に本発明は、解像度が高く、比較的高いズーミング比を有しながら、レンズ系を構成するレンズ数が少なく、レンズ全長(レンズ系の最物体側に位置するレンズ素子の物体側面から像面までの光軸上の距離)が短く高性能なズームレンズ系、該ズームレンズ系を含む撮像装置、及び該撮像装置を備えた薄型でコンパクトなカメラに関する。
 デジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラ等の、光電変換を行う撮像素子を持つカメラ(以下、単にデジタルカメラという)に対するコンパクト化及び高性能化の要求は極めて強い。特に近年、収納性や可搬性を最優先した薄型のデジタルカメラが要求されてきている。このような薄型のデジタルカメラを実現するための手段の1つとして、物体からの光線を折り曲げるズームレンズ系が種々提案されている。
 特開2006-267862号公報は、物体側より順に、正の屈折力を有し、光路を略90度折り曲げる反射部材を含む第1レンズ群と、負の屈折力を有する第2レンズ群と、正の屈折力を有し、最像面側に絞りを有する第3レンズ群と、正の屈折力を有する第4レンズ群とを備え、光軸に沿って変倍時に第2レンズ群が移動すると共に変倍時及び合焦時に第4レンズ群が移動し、第4レンズ群が負の屈折力を有する接合レンズ及び正メニスカスレンズからなり、第2レンズ群の焦点距離と望遠端における全系の焦点距離との比及び第4レンズ群の焦点距離と望遠端における全系の焦点距離との比を規定したズームレンズを開示している。
 特開2006-317481号公報は、物体側から順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群と、正のパワーを有する第4レンズ群と、第5レンズ群とを備え、広角端から望遠端までの変倍において、第1レンズ群と第3レンズ群と第5レンズ群の位置が固定であると共に、第2レンズ群と第4レンズ群が移動し、第5レンズ群が物体側から順に負成分と正成分とで構成され、該負成分及び正成分間の軸上空気間隔と第5レンズ群全体の軸上厚みとの比を規定した変倍光学系を開示している。
 特開2008-268833号公報は、物体側より順に、変倍及び合焦の際に固定で正の屈折力の第1レンズ群と、変倍の際に移動する負の屈折力の第2レンズ群と、変倍及び合焦の際に固定で正の屈折力の第3レンズ群と、変倍の際に移動すると共に合焦機能を有する正の屈折力の第4レンズ群と、変倍の際に移動する負の屈折力の第5レンズ群とを備え、第1レンズ群の焦点距離と広角端における全系の焦点距離との比及び第2レンズ群の焦点距離と広角端における全系の焦点距離との比を規定した変倍光学系を開示している。
 特許第4264842号公報は、複数のレンズ群を通過する光軸を折り曲げるための反射部材を含み、物体側から像面側へと順に、正の屈折力を有しその位置が固定された第1レンズ群と、負の屈折力を有し変倍時に光軸方向に移動する第2レンズ群と、正の屈折力を有しその位置が固定された第3レンズ群と、正の屈折力を有し変倍時に像面の位置変動を補正すると共に合焦のために光軸方向に移動する第4レンズ群と、負の屈折力を有し変倍時にその位置が固定された第5レンズ群とを備え、第1レンズ群の焦点距離と広角端における全系の焦点距離との比及び第3レンズ群の焦点距離と広角端における全系の焦点距離との比を規定したズームレンズを開示している。
特開2006-267862号公報 特開2006-317481号公報 特開2008-268833号公報 特許第4264842号公報
 しかしながら、前記特許文献に開示のズームレンズや変倍光学系はいずれも、レンズ系を構成するレンズ数が少なくてレンズ全長が比較的短いものの、ズーミング比が3倍未満と低かったり、逆に比較的高いズーミング比を有するものの、レンズ系を構成するレンズ数が多くてレンズ全長の短縮化が不充分であり、近年のデジタルカメラに対する要求を満足し得るものではない。
 本発明の目的は、解像度が高く、比較的高いズーミング比を有しながら、レンズ系を構成するレンズ数が少なく、レンズ全長が短く高性能なズームレンズ系、該ズームレンズ系を含む撮像装置、及び該撮像装置を備えた薄型でコンパクトなカメラを提供することである。
 (I)上記目的の1つは、以下のズームレンズ系により達成される。すなわち本発明は、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(1)及び(a):
  4.25<√(f×f)/tG2<10.00 ・・・(1)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tG2:第2レンズ群の厚み(最物体側レンズ素子の物体側面から最像側レンズ素子の像側面までの光軸上の距離)、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足する、ズームレンズ系
に関する。
 上記目的の1つは、以下の撮像装置により達成される。すなわち本発明は、
物体の光学的な像を電気的な画像信号として出力可能な撮像装置であって、
物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、
該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを備え、
前記ズームレンズ系が、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(1)及び(a):
  4.25<√(f×f)/tG2<10.00 ・・・(1)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tG2:第2レンズ群の厚み(最物体側レンズ素子の物体側面から最像側レンズ素子の像側面までの光軸上の距離)、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足するズームレンズ系である、撮像装置
に関する。
 上記目的の1つは、以下のカメラにより達成される。すなわち本発明は、
物体の光学的な像を電気的な画像信号に変換し、変換された画像信号の表示及び記憶の少なくとも一方を行うカメラであって、
物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを含む撮像装置を備え、
前記ズームレンズ系が、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(1)及び(a):
  4.25<√(f×f)/tG2<10.00 ・・・(1)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tG2:第2レンズ群の厚み(最物体側レンズ素子の物体側面から最像側レンズ素子の像側面までの光軸上の距離)、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足するズームレンズ系である、カメラ
に関する。
 (II)上記目的の1つは、以下のズームレンズ系により達成される。すなわち本発明は、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(2)及び(a):
  11.4<f/tL1<700.0 ・・・(2)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tL1:第1レンズ群の最物体側レンズ素子の中心厚み、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足する、ズームレンズ系
に関する。
 上記目的の1つは、以下の撮像装置により達成される。すなわち本発明は、
物体の光学的な像を電気的な画像信号として出力可能な撮像装置であって、
物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、
該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを備え、
前記ズームレンズ系が、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(2)及び(a):
  11.4<f/tL1<700.0 ・・・(2)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tL1:第1レンズ群の最物体側レンズ素子の中心厚み、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足するズームレンズ系である、撮像装置
に関する。
 上記目的の1つは、以下のカメラにより達成される。すなわち本発明は、
物体の光学的な像を電気的な画像信号に変換し、変換された画像信号の表示及び記憶の少なくとも一方を行うカメラであって、
物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを含む撮像装置を備え、
前記ズームレンズ系が、
物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
以下の条件(2)及び(a):
  11.4<f/tL1<700.0 ・・・(2)
  f/f>2.5 ・・・(a)
(ここで、
 tL1:第1レンズ群の最物体側レンズ素子の中心厚み、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である)
を満足するズームレンズ系である、カメラ
に関する。
 本発明によれば、解像度が高く、比較的高いズーミング比を有しながら、レンズ系を構成するレンズ数が少なく、レンズ全長が短く高性能なズームレンズ系、該ズームレンズ系を含む撮像装置、及び該撮像装置を備えた薄型でコンパクトなカメラを提供することができる。
図1は、実施の形態1(実施例1)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図2は、実施例1に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図3は、実施例1に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図4は、実施の形態2(実施例2)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図5は、実施例2に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図6は、実施例2に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図7は、実施の形態3(実施例3)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図8は、実施例3に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図9は、実施例3に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図10は、実施の形態4(実施例4)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図11は、実施例4に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図12は、実施例4に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図13は、実施の形態5(実施例5)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図14は、実施例5に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図15は、実施例5に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図16は、実施の形態6(実施例6)に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態を示すレンズ配置図である。 図17は、実施例6に係るズームレンズ系の無限遠合焦状態の縦収差図である。 図18は、実施例6に係るズームレンズ系の望遠端における、像ぶれ補正を行っていない基本状態及び像ぶれ補正状態での横収差図である。 図19は、実施の形態7に係るデジタルスチルカメラの概略構成図である。
 (実施の形態1~6)
 図1、4、7、10、13及び16は、各々実施の形態1~6に係るズームレンズ系のレンズ配置図である。
 図1、4、7、10、13及び16は、いずれも無限遠合焦状態にあるズームレンズ系を表している。各図において、(a)図は広角端(最短焦点距離状態:焦点距離f)のレンズ構成、(b)図は中間位置(中間焦点距離状態:焦点距離f=√(f*f))のレンズ構成、(c)図は望遠端(最長焦点距離状態:焦点距離f)のレンズ構成をそれぞれ表している。また各図において、(a)図と(b)図との間に設けられた折れ線の矢印は、上から順に、広角端、中間位置、望遠端の各状態におけるレンズ群の位置を結んで得られる直線である。したがって、広角端と中間位置との間、中間位置と望遠端との間は、単純に直線で接続されているだけであり、実際の各レンズ群の動きとは異なる。さらに各図において、レンズ群に付された矢印は、無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングを表す。すなわち、無限遠合焦状態から近接物体合焦状態へのフォーカシングの際の移動方向を示している。
 各実施の形態に係るズームレンズ系は、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群G1と、負のパワーを有する第2レンズ群G2と、正のパワーを有する第3レンズ群G3と、正のパワーを有する第4レンズ群G4と、負のパワーを有する第5レンズ群G5とを備える。第1レンズ群G1中の第2レンズ素子L2(プリズム)は、物体からの光線を折り曲げる、例えば物体からの軸上主光線を略90°折り曲げる反射面を有するレンズ素子に相当し、反射面の位置は省略している。なお、各実施の形態に係るズームレンズ系では、反射面を有するレンズ素子がプリズムであるが、該反射面を有するレンズ素子は、例えばミラー素子であってもよい。また、各実施の形態に係るズームレンズ系に配置されたプリズムはいずれも、後述するように、入射面及び出射面とも平面であるが、レンズ構成に応じて入射面及び出射面の少なくとも一方が凸面又は凹面であってもよい。
 ズーミングに際して、各レンズ群の間隔、すなわち、前記第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔、第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔、及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔がいずれも変化するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿った方向にそれぞれ移動する。各実施の形態に係るズームレンズ系は、これら各レンズ群を所望のパワー配置にすることにより、高い光学性能を保持しつつ、レンズ系全体の小型化を可能にしている。
 なお図1、4、7、10、13及び16において、特定の面に付されたアスタリスク*は、該面が非球面であることを示している。また各図において、各レンズ群の符号に付された記号(+)及び記号(-)は、各レンズ群のパワーの符号に対応する。また各図において、最も右側に記載された直線は、像面Sの位置を表し、該像面Sの物体側(像面Sと第5レンズ群G5の最像側レンズ面との間)には、光学的ローパスフィルタや撮像素子のフェースプレート等と等価な平行平板Pが設けられている。
 さらに図1、4、7、10、13及び16において、第3レンズ群G3の最像側、すなわち、第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間に開口絞りAが設けられている。該開口絞りAは、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に光軸上を移動しない。すなわち、該開口絞りAは、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第3レンズ群G3と共に像面に対して固定される。
 図1に示すように、実施の形態1に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態1に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態1に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態1に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態1に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第10レンズ素子L10と、両凸形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その物体側面が非球面である。
 なお、実施の形態1に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態1に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 図4に示すように、実施の形態2に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態2に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態2に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態2に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態2に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第10レンズ素子L10と、両凸形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その物体側面が非球面である。
 なお、実施の形態2に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態2に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 図7に示すように、実施の形態3に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態3に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態3に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態3に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態3に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第10レンズ素子L10と、両凸形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その物体側面が非球面である。
 なお、実施の形態3に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態3に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 図10に示すように、実施の形態4に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態4に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、両凸形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態4に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態4に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、両凹形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態4に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第10レンズ素子L10と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その両面が非球面である。
 なお、実施の形態4に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態4に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 図13に示すように、実施の形態5に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態5に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態5に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態5に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態5に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第10レンズ素子L10と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その両面が非球面である。
 なお、実施の形態5に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態5に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 図16に示すように、実施の形態6に係るズームレンズ系において、第1レンズ群G1は、物体側から像側へと順に、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第1レンズ素子L1と、入射面及び出射面とも平面であり反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)と、両凸形状の第3レンズ素子L3とからなる。これらのうち、第3レンズ素子L3は、その両面が非球面である。
 実施の形態6に係るズームレンズ系において、第2レンズ群G2は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第4レンズ素子L4と、両凹形状の第5レンズ素子L5と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第6レンズ素子L6とからなる。これらのうち、第5レンズ素子L5と第6レンズ素子L6とは接合されている。
 また実施の形態6に係るズームレンズ系において、第3レンズ群G3は、両凸形状の第7レンズ素子L7のみからなる。この第7レンズ素子L7は、その物体側面が非球面である。
 また実施の形態6に係るズームレンズ系において、第4レンズ群G4は、物体側から像側へと順に、両凸形状の第8レンズ素子L8と、物体側に凸面を向けた負メニスカス形状の第9レンズ素子L9とからなる。これらのうち、第9レンズ素子L9は、その両面が非球面である。
 また実施の形態6に係るズームレンズ系において、第5レンズ群G5は、物体側から像側へと順に、両凹形状の第10レンズ素子L10と、物体側に凸面を向けた正メニスカス形状の第11レンズ素子L11とからなる。これらのうち、第11レンズ素子L11は、その両面が非球面である。
 なお、実施の形態6に係るズームレンズ系において、像面Sの物体側(像面Sと第11レンズ素子L11との間)には、平行平板Pが設けられている。
 実施の形態6に係るズームレンズ系において、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第2レンズ群G2は、略単調に像側へ移動し、第4レンズ群G4は、略単調に物体側へ移動し、第1レンズ群G1、第3レンズ群G3及び第5レンズ群G5は、像面に対して固定される。すなわち、ズーミングに際して、第1レンズ群G1と第2レンズ群G2との間隔及び第4レンズ群G4と第5レンズ群G5との間隔が増大し、第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間隔及び第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間隔が減少するように、第2レンズ群G2及び第4レンズ群G4が光軸に沿ってそれぞれ移動する。
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、レンズ系全体が11枚のレンズ素子で構成されているので、後述するように、例えば3.5倍を超える比較的高いズーミング比でありながら、レンズ全長が非常に短いレンズ系となっている。
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、第1レンズ群G1が、物体からの光線を折り曲げることができる、例えば物体からの軸上主光線を略90°折り曲げることができる反射面を有する第2レンズ素子L2(プリズム)を含んでいるので、撮像状態において、ズームレンズ系を物体からの軸上光線の光軸方向に薄く構成することが可能である。
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群G1が光軸に沿って移動しないので、該ズームレンズ系を収納するレンズ鏡筒として、ズーミングによる形状変化がないレンズ鏡筒を使用することができ、形状の自由度が高く、かつ耐衝撃性に優れたカメラを製造することが可能である。
 さらに実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第3レンズ群G3も光軸に沿って移動しないので、可動レンズ群が少なく、レンズ鏡筒構成を容易にすることができる。
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、第4レンズ群G4が、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する1枚のレンズ素子と負のパワーを有する1枚のレンズ素子とを含み、該正のパワーを有するレンズ素子と負のパワーを有するレンズ素子とが空気間隔を隔てて配置されているので、第4レンズ群G4の構成の自由度が高く、該第4レンズ群G4の収差補正能力を向上させることができる。
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、開口絞りAが第3レンズ群G3の像側、すなわち第3レンズ群G3と第4レンズ群G4との間に配置されているので、例えば開口絞りAを第2レンズ群G2と第3レンズ群G3との間に配置するよりも第2レンズ群G2の移動量を増大させることができ、特に広角端の像面湾曲補正に効果的である。
 なお、実施の形態1~6に係るズームレンズ系は、第1レンズ群G1~第5レンズ群G5を備えた5群構成であるが、第1レンズ群G1~第3レンズ群G3を備える限りズームレンズ系を構成するレンズ群の数には特に限定がなく、例えば第1レンズ群G1~第4レンズ群G4を備えた4群構成であってもよい。
 また、実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、第4レンズ群G4が正のパワーを有し、第5レンズ群G5が負のパワーを有するが、第3レンズ群G3の像側に配置されたこれらのレンズ群のパワーには特に限定がなく、第4レンズ群G4が正のパワーで第5レンズ群G5が正のパワーの構成や、第4レンズ群G4が負のパワーで第5レンズ群G5が正のパワーの構成や、第4レンズ群G4が負のパワーで第5レンズ群G5が負のパワーの構成であってもよい。
 さらに、実施の形態1~6に係るズームレンズ系では、第1レンズ群G1、第2レンズ群G2、第3レンズ群G3、第4レンズ群G4及び第5レンズ群G5のうちのいずれかのレンズ群全体、又は各レンズ群の一部のサブレンズ群を光軸に直交する方向に移動させることによって、全系の振動による像点移動を補正する、すなわち、手ぶれ、振動等による像のぶれを光学的に補正することができる。
 全系の振動による像点移動を補正する際に、例えば第5レンズ群G5を構成するレンズ素子が光軸に直交する方向に移動することにより、ズームレンズ系全体の大型化を抑制してコンパクトに構成しながら、偏心コマ収差や偏心非点収差が小さい優れた結像特性を維持して像ぶれの補正を行うことができる。
 なお、前記各レンズ群の一部のサブレンズ群とは、1つのレンズ群が複数のレンズ素子で構成される場合、該複数のレンズ素子のうち、いずれか1枚のレンズ素子又は隣り合った複数のレンズ素子をいう。
 以下、例えば実施の形態1~6に係るズームレンズ系のごときズームレンズ系が満足することが好ましい条件を説明する。なお、各実施の形態に係るズームレンズ系に対して、複数の好ましい条件が規定されるが、これら複数の条件すべてを満足するズームレンズ系の構成が最も望ましい。しかしながら、個別の条件を満足することにより、それぞれ対応する効果を奏するズームレンズ系を得ることも可能である。
 例えば実施の形態1~6に係るズームレンズ系のように、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群を備え、該複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動しない(以下、このレンズ構成を、実施の形態の基本構成という)ズームレンズ系は、以下の条件(1)及び(a)を満足する。
  4.25<√(f×f)/tG2<10.00 ・・・(1)
  f/f>2.5 ・・・(a)
ここで、
 tG2:第2レンズ群の厚み(最物体側レンズ素子の物体側面から最像側レンズ素子の像側面までの光軸上の距離)、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である。
 前記条件(1)は、第2レンズ群の光軸上の厚みを規定している。条件(1)の下限を下回ると、広角端の歪曲収差の制御が困難になる。逆に条件(1)の上限を上回ると、第1レンズ群の径が大きくなってしまい、コンパクト化の達成が困難になる。また、レンズ素子が薄くなりすぎ、製造が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(1)’及び(1)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  4.80<√(f×f)/tG2 ・・・(1)’
  √(f×f)/tG2<7.00 ・・・(1)’’
 また、前記条件(1)、(1)’及び(1)’’は、以下の条件(a)’において満足することがより望ましい。
  f/f>3.6 ・・・(a)’
 また、例えば実施の形態1~6に係るズームレンズ系のように、基本構成を有するズームレンズ系は、以下の条件(2)及び(a)を満足する。
  11.4<f/tL1<700.0 ・・・(2)
  f/f>2.5 ・・・(a)
ここで、
 tL1:第1レンズ群の最物体側レンズ素子の中心厚み、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である。
 前記条件(2)は、第1レンズ群を構成するレンズ素子のうち、最物体側に位置するレンズ素子の光軸上の厚みを規定している。条件(2)の下限を下回ると、望遠端での像面湾曲及び非点収差の制御が困難になる。逆に条件(2)の上限を上回ると、ズーミングに伴う像面湾曲、非点収差の変動の制御が困難になる。また、レンズ素子が薄くなりすぎ、製造が困難になる。
 なお、さらに以下の条件(2)’及び(2)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  19.0<f/tL1 ・・・(2)’
  f/tL1<150.0 ・・・(2)’’
 また、前記条件(2)、(2)’及び(2)’’は、以下の条件(a)’において満足することがより望ましい。
  f/f>3.6 ・・・(a)’
 例えば実施の形態1~6に係るズームレンズ系のように、基本構成を有し、第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群を備えるズームレンズ系は、第4レンズ群を構成する全レンズ素子のうち、少なくとも1枚が以下の条件(4)を満足することが好ましい。
  70<νd ・・・(4)
ここで、
 νd:第4レンズ群を構成するレンズ素子のd線に対するアッベ数
である。
 前記条件(4)は、第4レンズ群を構成するレンズ素子のd線に対するアッベ数を規定しており、第4レンズ群を構成する全レンズ素子のうち、少なくとも1枚がこの条件(4)を満足することが好ましい。条件(4)の下限を下回ると、ズーミングに伴う軸上色収差の変動の制御が困難になる恐れがある。
 なお、さらに以下の条件(4)’を満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  80<νd ・・・(4)’
 例えば実施の形態1~6に係るズームレンズ系のように、基本構成を有し、第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群を備えるズームレンズ系は、以下の条件(5)及び(a)を満足することが好ましい。
  -0.65<fG2/fG4<-0.35 ・・・(5)
  f/f>2.5 ・・・(a)
ここで、
 fG2:第2レンズ群の合成焦点距離、
 fG4:第4レンズ群の合成焦点距離、
 f:望遠端での全系の焦点距離、
 f:広角端での全系の焦点距離
である。
 前記条件(5)は、第2レンズ群及び第4レンズ群の適切な焦点距離を規定している。条件(5)の下限を下回ると、第4レンズ群の収差補正への寄与が大きくなりすぎ、ズーミングに伴う球面収差の変動の制御が困難になる恐れがある。逆に条件(5)の上限を上回ると、第2レンズ群の収差補正への寄与が大きくなりすぎ、広角端での非点収差、歪曲収差の制御が困難になる恐れがある。
 なお、さらに以下の条件(5)’及び(5)’’の少なくとも1つを満足することにより、前記効果をさらに奏功させることができる。
  -0.50<fG2/fG4 ・・・(5)’
  fG2/fG4<-0.40 ・・・(5)’’
 また、前記条件(5)、(5)’及び(5)’’は、以下の条件(a)’において満足することがより望ましい。
  f/f>3.6 ・・・(a)’
 実施の形態1~6に係るズームレンズ系を構成している各レンズ群は、入射光線を屈折により偏向させる屈折型レンズ素子(すなわち、異なる屈折率を有する媒質同士の界面で偏向が行われるタイプのレンズ素子)のみで構成されているが、これに限定されるものではない。例えば、回折により入射光線を偏向させる回折型レンズ素子、回折作用と屈折作用との組み合わせで入射光線を偏向させる屈折・回折ハイブリッド型レンズ素子、入射光線を媒質内の屈折率分布により偏向させる屈折率分布型レンズ素子等で、各レンズ群を構成してもよい。特に、屈折・回折ハイブリッド型レンズ素子において、屈折率の異なる媒質の界面に回折構造を形成すると、回折効率の波長依存性が改善されるので、好ましい。
 さらに各実施の形態では、像面Sの物体側(像面Sと第5レンズ群G5の最像側レンズ面との間)には、光学的ローパスフィルタや撮像素子のフェースプレート等と等価な平行平板Pを配置する構成を示したが、このローパスフィルタとしては、所定の結晶軸方向が調整された水晶等を材料とする複屈折型ローパスフィルタや、必要とされる光学的な遮断周波数の特性を回折効果により達成する位相型ローパスフィルタ等が適用可能である。
(実施の形態7)
 図19は、実施の形態7に係るデジタルスチルカメラの概略構成図である。図19において、デジタルスチルカメラは、ズームレンズ系1とCCDである撮像素子2とを含む撮像装置と、液晶モニタ3と、筐体4とから構成される。ズームレンズ系1として、実施の形態1に係るズームレンズ系が用いられている。図19において、ズームレンズ系1は、第1レンズ群G1と、第2レンズ群G2と、第3レンズ群G3と、開口絞りAと、第4レンズ群G4と、第5レンズ群G5とから構成されている。筐体4は、前側にズームレンズ系1が配置され、ズームレンズ系1の後側には、撮像素子2が配置されている。筐体4の後側に液晶モニタ3が配置され、ズームレンズ系1による被写体の光学的な像が像面Sに形成される。
 こうして、デジタルスチルカメラに実施の形態1に係るズームレンズ系を用いることにより、解像度及び像面湾曲を補正する能力が高く、非使用時のレンズ全長が短い小型のデジタルスチルカメラを提供することができる。なお、図19に示したデジタルスチルカメラには、実施の形態1に係るズームレンズ系の替わりに実施の形態2~6に係るズームレンズ系のいずれかを用いてもよい。また、図19に示したデジタルスチルカメラの光学系は、動画像を対象とするデジタルビデオカメラに用いることもできる。この場合、静止画像だけでなく、解像度の高い動画像を撮影することができる。
 なお、本実施の形態7に係るデジタルスチルカメラでは、ズームレンズ系1として実施の形態1~6に係るズームレンズ系を示したが、これらのズームレンズ系は、全てのズーミング域を使用する必要はない。すなわち、所望のズーミング域に応じて、光学性能が確保されている範囲を切り出し、実施の形態1~6で説明したズームレンズ系よりも低倍率のズームレンズ系として使用してもよい。
 また、以上説明した実施の形態1~6に係るズームレンズ系と、CCDやCMOS等の撮像素子とから構成される撮像装置を、携帯電話機器、PDA(Personal Digital Assistance)、監視システムにおける監視カメラ、Webカメラ、車載カメラ等に適用することもできる。
 以下、実施の形態1~6に係るズームレンズ系を具体的に実施した数値実施例を説明する。なお、各数値実施例において、表中の長さの単位はすべて「mm」であり、画角の単位はすべて「°」である。また、各数値実施例において、rは曲率半径、dは面間隔、ndはd線に対する屈折率、vdはd線に対するアッベ数である。また、各数値実施例において、*印を付した面は非球面であり、非球面形状は次式で定義している。
Figure JPOXMLDOC01-appb-M000001
ここで、κは円錐定数、A4、A6、A8、A10及びA12は、それぞれ4次、6次、8次、10次及び12次の非球面係数である。
 図2、5、8、11、14及び17は、各々実施の形態1~6に係るズームレンズ系の縦収差図である。
 各縦収差図において、(a)図は広角端、(b)図は中間位置、(c)図は望遠端における各収差を表す。各縦収差図は、左側から順に、球面収差(SA(mm))、非点収差(AST(mm))、歪曲収差(DIS(%))を示す。球面収差図において、縦軸はFナンバー(図中、Fで示す)を表し、実線はd線(d-line)、短破線はF線(F-line)、長破線はC線(C-line)の特性である。非点収差図において、縦軸は像高(図中、Hで示す)を表し、実線はサジタル平面(図中、sで示す)、破線はメリディオナル平面(図中、mで示す)の特性である。歪曲収差図において、縦軸は像高(図中、Hで示す)を表す。
 また図3、6、9、12、15及び18は、各々実施の形態1~6に係るズームレンズ系の望遠端における横収差図である。
 各横収差図において、上段3つの収差図は、望遠端における像ぶれ補正を行っていない基本状態、下段3つの収差図は、第5レンズ群G5の最像側レンズ素子を光軸と垂直な方向に所定量移動させた望遠端における像ぶれ補正状態に、それぞれ対応する。基本状態の各横収差図のうち、上段は最大像高の70%の像点における横収差、中段は軸上像点における横収差、下段は最大像高の-70%の像点における横収差に、それぞれ対応する。像ぶれ補正状態の各横収差図のうち、上段は最大像高の70%の像点における横収差、中段は軸上像点における横収差、下段は最大像高の-70%の像点における横収差に、それぞれ対応する。また各横収差図において、横軸は瞳面上での主光線からの距離を表し、実線はd線(d-line)、短破線はF線(F-line)、長破線はC線(C-line)の特性である。なお各横収差図において、メリディオナル平面を、第1レンズ群G1の光軸と第5レンズ群G5の光軸とを含む平面としている。
 なお、各実施例のズームレンズ系について、望遠端における、像ぶれ補正状態での第5レンズ群G5の最像側レンズ素子の光軸と垂直な方向への移動量は、以下に示すとおりである。
実施例     移動量(mm)
 1      0.223
 2      0.221
 3      0.269
 4      0.252
 5      0.268
 6      0.316
 撮影距離が∞で望遠端において、ズームレンズ系が0.3°だけ傾いた場合の像偏心量は、第5レンズ群G5の最像側レンズ素子が光軸と垂直な方向に上記の各値だけ平行移動するときの像偏心量に等しい。
 各横収差図から明らかなように、軸上像点における横収差の対称性は良好であることがわかる。また、+70%像点における横収差と-70%像点における横収差とを基本状態で比較すると、いずれも湾曲度が小さく、収差曲線の傾斜がほぼ等しいことから、偏心コマ収差、偏心非点収差が小さいことがわかる。このことは、像ぶれ補正状態であっても充分な結像性能が得られていることを意味している。また、ズームレンズ系の像ぶれ補正角が同じ場合には、ズームレンズ系全体の焦点距離が短くなるにつれて、像ぶれ補正に必要な平行移動量が減少する。したがって、いずれのズーム位置であっても、0.3°までの像ぶれ補正角に対して、結像特性を低下させることなく充分な像ぶれ補正を行うことが可能である。
(数値実施例1)
 数値実施例1のズームレンズ系は、図1に示した実施の形態1に対応する。数値実施例1のズームレンズ系の面データを表1に、非球面データを表2に、各種データを表3に示す。
表 1(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         26.40410     0.52000     1.92286    20.9               
     2          9.63650     2.23620                                   
     3               ∞     8.58290     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        12.37600     2.85320     1.58332    59.1               
     6*       -15.63740        可変                                   
     7        -19.52970     0.40000     1.91082    35.2               
     8         11.90490     0.79020                                   
     9        -27.57870     0.40000     1.69680    55.5               
    10          7.06240     1.01180     1.94595    18.0               
    11         16.47150        可変                                   
    12*        11.14720     1.20000     1.52996    55.8               
    13        -29.96460     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.29370     3.32730     1.49700    81.6               
    16        -15.85570     0.40000                                   
    17*       180.09720     0.60000     1.58387    30.9               
    18*        11.01310        可変                                   
    19        -21.72660     0.40000     1.92286    20.9               
    20         11.46330     2.30330                                   
    21*        10.30300     1.62620     1.52996    55.8               
    22        -29.35040     3.75070                                   
    23               ∞     0.80000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 2(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-9.10248E-05, A6= 3.01897E-06, A8=-2.03901E-07 
   A10= 5.12339E-09, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.99214E-05, A6= 2.73934E-06, A8=-1.72113E-07 
   A10= 4.79494E-09, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-8.66353E-01, A4= 1.11174E-05, A6=-3.55647E-05, A8= 7.95030E-06 
   A10=-8.26197E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.94974E-03, A6= 1.32414E-04, A8=-1.10073E-05 
   A10= 3.18781E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.14750E-04, A6= 2.31259E-04, A8=-1.31423E-05 
   A10= 6.93486E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.18640E-04, A6=-7.39496E-06, A8= 6.93890E-07 
   A10=-2.88770E-08, A12= 0.00000E+00 
表 3(各種データ)
 
  ズーム比     3.76976
                広角      中間      望遠
  焦点距離       5.9835   11.6151   22.5565
 Fナンバー     3.64227   4.14949   6.10914
    画角        35.8086   18.5261    9.6354
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.64799   2.65220   2.65212
    d6           0.6000    5.0099    7.8320 
    d11          8.1714    3.7614    0.9394 
    d14          7.1831    4.6305    1.2911 
    d18          1.7648    4.3174    7.6568 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      16.78033
   2       7      -5.53896
   3      12      15.48738
   4      15      11.89111
   5      19     -30.59084
(数値実施例2)
 数値実施例2のズームレンズ系は、図4に示した実施の形態2に対応する。数値実施例2のズームレンズ系の面データを表4に、非球面データを表5に、各種データを表6に示す。
表 4(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         22.36320     0.30000     1.92286    20.9               
     2          9.40300     2.43850                                   
     3               ∞     8.41150     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        13.96120     2.69350     1.58332    59.1               
     6*       -16.32610        可変                                   
     7        -14.84640     0.30000     1.91082    35.2               
     8         13.34750     0.62170                                   
     9       -342.82120     0.30000     1.67790    55.5               
    10          5.79990     1.05230     1.92286    20.9               
    11         13.81180        可変                                   
    12*        11.54410     1.20000     1.52996    55.8               
    13        -36.88290     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.20650     3.46800     1.49700    81.6               
    16        -17.46270     0.40000                                   
    17*        82.83480     0.40000     1.58387    30.9               
    18*        11.01620        可変                                   
    19        -18.99500     0.30000     1.92286    20.9               
    20         11.91710     2.32660                                   
    21*        10.44420     1.64240     1.52996    55.8               
    22        -28.20210     3.76040                                   
    23               ∞     0.90000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 5(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-7.52903E-05, A6=-4.94683E-08, A8=-2.70038E-09 
   A10=-9.28591E-10, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4=-8.66433E-06, A6= 2.52010E-07, A8=-9.30831E-09 
   A10=-6.27307E-10, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-4.87672E-01, A4= 3.31545E-05, A6=-4.50242E-05, A8= 9.12012E-06 
   A10=-8.77204E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.50830E-03, A6= 1.19286E-04, A8=-1.23897E-05 
   A10= 3.34977E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4= 5.31682E-04, A6= 2.19664E-04, A8=-1.29212E-05 
   A10= 6.57938E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.01496E-06, A6=-3.57463E-06, A8= 4.38004E-07 
   A10=-2.53614E-08, A12= 0.00000E+00 
表 6(各種データ)
 
  ズーム比     3.76923
                広角      中間      望遠
  焦点距離       5.9832   11.6136   22.5520
 Fナンバー     3.64111   4.12567   6.10781
    画角        36.5921   18.7106    9.7447
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.64155   2.64100   2.64747
    d6           0.6000    5.5737    8.7674 
    d11          9.1691    4.1954    1.0017 
    d14          6.7943    4.4212    1.2386 
    d18          1.7499    4.1230    7.3056 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      19.07798
   2       7      -6.13820
   3      12      16.73394
   4      15      11.67695
   5      19     -28.69707
(数値実施例3)
 数値実施例3のズームレンズ系は、図7に示した実施の形態3に対応する。数値実施例3のズームレンズ系の面データを表7に、非球面データを表8に、各種データを表9に示す。
表 7(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         23.70040     0.10000     1.92286    20.9               
     2         10.06790     2.50910                                   
     3               ∞     8.54090     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        12.79630     2.56170     1.58332    59.1               
     6*       -16.81380        可変                                   
     7        -17.20650     0.10000     1.91082    35.2               
     8         10.17870     0.84140                                   
     9        -44.69010     0.10000     1.67790    55.5               
    10          6.30780     0.92320     1.92286    20.9               
    11         23.67940        可変                                   
    12*        10.61260     1.00000     1.52996    55.8               
    13       -493.85680     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.07880     3.04380     1.49700    81.6               
    16        -12.70520     0.40000                                   
    17*        79.76090     0.40000     1.58387    30.9               
    18*         9.62890        可変                                   
    19        -64.26260     0.30000     1.92286    20.9               
    20         10.22440     2.28140                                   
    21*        10.16120     1.37730     1.52996    55.8               
    22      -3172.25160     4.26230                                   
    23               ∞     0.90000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 8(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-7.87336E-05, A6= 5.75393E-07, A8=-9.88553E-09 
   A10=-1.76726E-09, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.17311E-05, A6= 1.08435E-06, A8=-3.21343E-08 
   A10=-1.19405E-09, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-8.72777E-01, A4=-2.80617E-05, A6=-6.76007E-06, A8= 2.55284E-06 
   A10=-5.19023E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.09144E-03, A6= 2.64690E-05, A8=-1.65026E-06 
   A10=-1.38451E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.49154E-04, A6= 1.37313E-04, A8=-3.50883E-06 
   A10= 2.64419E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.00049E-05, A6= 2.50446E-06, A8=-3.57227E-07 
   A10= 5.18172E-09, A12= 0.00000E+00 
表 9(各種データ)
 
  ズーム比     3.76912
                広角      中間      望遠
  焦点距離       5.9806   11.6103   22.5415
 Fナンバー     3.64143   4.11412   6.11045
    画角        36.0253   18.5196    9.6376
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.63593   2.61362   2.65005
    d6           0.6000    5.2965    8.7581 
    d11          9.0764    4.3798    0.9182 
    d14          5.2695    3.4100    1.2903 
    d18          1.8507    3.7101    5.8298 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      17.14455
   2       7      -6.17207
   3      12      19.61748
   4      15      10.95281
   5      19     -25.08442
(数値実施例4)
 数値実施例4のズームレンズ系は、図10示した実施の形態4に対応する。数値実施例4のズームレンズ系の面データを表10、非球面データを表11に、各種データを表12に示す。
表 10(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         38.58780     0.52000     1.92286    20.9               
     2         12.21040     1.73360                                   
     3               ∞     8.59640     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        10.30130     2.62640     1.58332    59.1               
     6*       -18.82220        可変                                   
     7        -50.78410     0.40000     1.91082    35.2               
     8          7.66810     1.13090                                   
     9        -10.67410     0.40000     1.75500    52.3               
    10         12.61930     0.99710     1.94595    18.0               
    11        -99.30630        可変                                   
    12*         9.72240     1.20000     1.54410    56.1               
    13        -67.39740     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.73680     3.05120     1.49700    81.6               
    16        -19.43100     0.83310                                   
    17*       -54.38730     0.60000     1.60740    27.0               
    18*        22.17810        可変                                   
    19        455.22650     0.40000     1.92286    20.9               
    20          8.00120     2.68810                                   
    21*         8.24010     1.61380     1.54410    56.1               
    22*       161.92230     3.75140                                   
    23               ∞     0.90000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 11(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.87045E-04, A6= 4.59316E-06, A8=-2.32580E-07 
   A10= 4.35310E-09, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.08307E-05, A6= 6.24682E-06, A8=-2.86925E-07 
   A10= 5.70515E-09, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-2.46163E+00, A4= 1.85901E-04, A6=-3.52144E-05, A8= 8.46810E-06 
   A10=-8.70148E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.64196E-03, A6= 2.07706E-04, A8=-1.64984E-05 
   A10= 4.12615E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.20394E-04, A6= 2.71174E-04, A8=-1.52348E-05 
   A10= 3.19840E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.42694E-03, A6= 6.70968E-05, A8=-4.61407E-06 
   A10= 1.35990E-07, A12= 0.00000E+00 
  第22面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.73100E-03, A6= 9.74237E-05, A8=-6.52469E-06 
   A10= 1.86747E-07, A12= 0.00000E+00 
表 12(各種データ)
 
  ズーム比     3.77255
                広角      中間      望遠
  焦点距離       6.5049   12.6309   24.5400
 Fナンバー     3.64260   4.09772   6.11547
    画角        33.7550   17.5079    9.0667
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.65317   2.62712   2.66976
    d6           0.5000    4.6252    7.7435 
    d11          8.0252    3.9000    0.7816 
    d14          6.1668    3.9649    1.7902 
    d18          1.6147    3.8166    5.9914 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      15.47793
   2       7      -5.30941
   3      12      15.70217
   4      15      12.43422
   5      19     -31.61097
(数値実施例5)
 数値実施例5のズームレンズ系は、図13に示した実施の形態5に対応する。数値実施例5のズームレンズ系の面データを表13に、非球面データを表14に、各種データを表15に示す。
表 13(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         25.55550     0.30000     1.92286    20.9               
     2         10.54410     1.98790                                   
     3               ∞     8.56210     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        10.74960     2.75970     1.58332    59.1               
     6*       -17.31600        可変                                   
     7        -29.89150     0.30000     1.91082    35.2               
     8          8.49950     0.99360                                   
     9        -13.66140     0.30000     1.74624    51.4               
    10          9.94510     0.98640     1.94595    18.0               
    11        115.60180        可変                                   
    12*         9.11110     1.20000     1.54410    56.1               
    13       -172.22630     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.70430     3.12090     1.49700    81.6               
    16        -19.90500     0.55020                                   
    17*        34.48440     0.50000     1.60740    27.0               
    18*        11.30600        可変                                   
    19        -58.93060     0.40000     1.92286    20.9               
    20         10.05090     2.67540                                   
    21*         8.13110     1.53330     1.54410    56.1               
    22*        55.32230     3.88000                                   
    23               ∞     0.90000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 14(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.58141E-04, A6= 4.21542E-06, A8=-2.08493E-07 
   A10= 4.17040E-09, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4=-5.91940E-06, A6= 5.64487E-06, A8=-2.54795E-07 
   A10= 5.28741E-09, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-2.18268E+00, A4= 2.13258E-04, A6=-3.84942E-05, A8= 8.68021E-06 
   A10=-8.72920E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.75572E-03, A6= 1.99792E-04, A8=-1.83639E-05 
   A10= 4.82819E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.42755E-04, A6= 2.77773E-04, A8=-1.70891E-05 
   A10= 3.64099E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.22297E-03, A6= 9.72757E-05, A8=-6.21028E-06 
   A10= 9.78631E-08, A12= 0.00000E+00 
  第22面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.45616E-03, A6= 1.07548E-04, A8=-6.32138E-06 
   A10= 1.01831E-07, A12= 0.00000E+00 
表 15(各種データ)
 
  ズーム比     3.77007
                広角      中間      望遠
  焦点距離       6.5053   12.6297   24.5254
 Fナンバー     3.64299   4.09877   6.11364
    画角        33.7415   17.5731    9.1332
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.63047   2.62999   2.66213
    d6           0.5000    4.5804    7.7299 
    d11          8.0669    3.9864    0.8369 
    d14          5.9046    3.7946    1.8002 
    d18          1.8935    4.0035    5.9979 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      15.09547
   2       7      -5.34004
   3      12      15.94109
   4      15      12.17035
   5      19     -29.18821
(数値実施例6)
 数値実施例6のズームレンズ系は、図16に示した実施の形態6に対応する。数値実施例6のズームレンズ系の面データを表16に、非球面データを表17に、各種データを表18に示す。
表 16(面データ)
 
  面番号         r           d           nd         vd                
    物面             ∞                                               
     1         27.76910     0.10000     1.92286    20.9               
     2         11.32950     1.97610                                   
     3               ∞     8.34830     1.84666    23.8               
     4               ∞     0.30000                                   
     5*        10.85960     2.46220     1.58332    59.1               
     6*       -19.07410        可変                                   
     7        -28.03880     0.10000     1.91082    35.2               
     8          9.15990     0.97750                                   
     9        -14.76850     0.10000     1.74100    52.6               
    10         10.11630     0.99250     1.94595    18.0               
    11        102.87210        可変                                   
    12*         9.26710     1.00000     1.54410    56.1               
    13      -6373.58260     0.70000                                   
  14(絞り)           ∞        可変                                   
    15          5.61700     3.06080     1.49700    81.6               
    16        -20.31200     0.55660                                   
    17*        28.45320     0.50000     1.60740    27.0               
    18*        10.83490        可変                                   
    19       -147.14350     0.30000     1.92286    20.9               
    20          9.90950     2.58570                                   
    21*         8.70960     1.41380     1.54410    56.1               
    22*        40.74170     3.75000                                   
    23               ∞     0.90000     1.51680    64.2               
    24               ∞     (BF)                                      
    像面             ∞                                               
表 17(非球面データ)
 
  第5面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.16823E-04, A6= 3.39273E-06, A8=-2.13634E-07 
   A10= 6.92753E-09, A12= 0.00000E+00 
  第6面
   K= 0.00000E+00, A4= 2.55031E-05, A6= 3.66985E-06, A8=-1.89258E-07 
   A10= 6.54397E-09, A12= 0.00000E+00 
  第12面
   K=-1.97539E+00, A4= 2.01102E-04, A6=-4.25178E-05, A8= 9.11028E-06 
   A10=-8.86948E-07, A12= 3.09544E-08 
  第17面
   K= 0.00000E+00, A4=-1.79099E-03, A6= 2.01410E-04, A8=-1.75442E-05 
   A10= 4.09842E-07, A12= 0.00000E+00 
  第18面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.27040E-04, A6= 2.87403E-04, A8=-1.61208E-05 
   A10= 3.16255E-07, A12= 0.00000E+00 
  第21面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.29092E-03, A6= 1.14682E-04, A8=-7.58009E-06 
   A10= 1.47169E-07, A12= 0.00000E+00 
  第22面
   K= 0.00000E+00, A4=-2.56213E-03, A6= 1.27981E-04, A8=-7.99780E-06 
   A10= 1.58631E-07, A12= 0.00000E+00 
表 18(各種データ)
 
  ズーム比     3.77071
                広角      中間      望遠
  焦点距離       6.5050   12.6297   24.5284
 Fナンバー     3.64180   4.08265   6.11153
    画角        33.7663   17.4534    9.0442
    像高         3.8000    3.9000    3.9000
    BF        2.64909   2.63282   2.65564
    d6           0.5000    4.7879    8.1430 
    d11          8.5074    4.2194    0.8643 
    d14          5.6300    3.6628    1.8405 
    d18          1.8931    3.8602    5.6825 
 
ズームレンズ群データ
  群    始面      焦点距離
   1       1      15.99514
   2       7      -5.65059
   3      12      17.00819
   4      15      11.85373
   5      19     -26.35239
 以下の表19に、各数値実施例のズームレンズ系における各条件の対応値を示す。
表 19(条件の対応値)
Figure JPOXMLDOC01-appb-T000001
 本発明に係るズームレンズ系は、デジタルカメラ、携帯電話機器、PDA(Personal Digital Assistance)、監視システムにおける監視カメラ、Webカメラ、車載カメラ等のデジタル入力装置に適用可能であり、特にデジタルカメラ等の高画質が要求される撮影光学系に好適である。
G1  第1レンズ群
G2  第2レンズ群
G3  第3レンズ群
G4  第4レンズ群
G5  第5レンズ群
L1  第1レンズ素子
L2  第2レンズ素子(プリズム)
L3  第3レンズ素子
L4  第4レンズ素子
L5  第5レンズ素子
L6  第6レンズ素子
L7  第7レンズ素子
L8  第8レンズ素子
L9  第9レンズ素子
L10 第10レンズ素子
L11 第11レンズ素子
A   開口絞り
P   平行平板
S   像面
1   ズームレンズ系
2   撮像素子
3   液晶モニタ
4   筐体
 

Claims (20)

  1.  物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
    前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
    撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
    以下の条件(1)及び(a)を満足する、ズームレンズ系:
      4.25<√(f×f)/tG2<10.00 ・・・(1)
      f/f>2.5 ・・・(a)
    ここで、
     tG2:第2レンズ群の厚み(最物体側レンズ素子の物体側面から最像側レンズ素子の像側面までの光軸上の距離)、
     f:望遠端での全系の焦点距離、
     f:広角端での全系の焦点距離
    である。
  2.  第1レンズ群が、反射面を有するレンズ素子と、各々パワーを有する2枚のレンズ素子とからなる、請求項1に記載のズームレンズ系。
  3.  第2レンズ群が、各々パワーを有する3枚のレンズ素子からなる、請求項1に記載のズームレンズ系。
  4.  第3レンズ群が、パワーを有するレンズ素子1枚のみからなる、請求項1に記載のズームレンズ系。
  5.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、該第4レンズ群が、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する1枚のレンズ素子と負のパワーを有する1枚のレンズ素子とを含み、該正のパワーを有するレンズ素子と負のパワーを有するレンズ素子とが空気間隔を隔てて配置されてなる、請求項1に記載のズームレンズ系。
  6.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、該第4レンズ群を構成する全レンズ素子のうち、少なくとも1枚が以下の条件(4)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      70<νd ・・・(4)
    ここで、
     νd:第4レンズ群を構成するレンズ素子のd線に対するアッベ数
    である。
  7.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、以下の条件(5)及び(a)を満足する、請求項1に記載のズームレンズ系:
      -0.65<fG2/fG4<-0.35 ・・・(5)
      f/f>2.5 ・・・(a)
    ここで、
     fG2:第2レンズ群の合成焦点距離、
     fG4:第4レンズ群の合成焦点距離、
     f:望遠端での全系の焦点距離、
     f:広角端での全系の焦点距離
    である。
  8.  開口絞りが、第3レンズ群よりも像側に配置された、請求項1に記載のズームレンズ系。
  9.  物体の光学的な像を電気的な画像信号として出力可能な撮像装置であって、
    物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、
    該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを備え、
    前記ズームレンズ系が、請求項1に記載のズームレンズ系である、撮像装置。
  10.  物体の光学的な像を電気的な画像信号に変換し、変換された画像信号の表示及び記憶の少なくとも一方を行うカメラであって、
    物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを含む撮像装置を備え、
    前記ズームレンズ系が、請求項1に記載のズームレンズ系である、カメラ。
  11.  物体側から像側へと順に、正のパワーを有する第1レンズ群と、負のパワーを有する第2レンズ群と、正のパワーを有する第3レンズ群とを少なくとも含む複数のレンズ群からなり、
    前記複数のレンズ群のいずれか1つのレンズ群が、物体からの光線を折り曲げる反射面を有するレンズ素子を含み、
    撮像時の広角端から望遠端へのズーミングの際に、前記第1レンズ群及び第3レンズ群が光軸に沿って移動せず、
    以下の条件(2)及び(a)を満足する、ズームレンズ系:
      11.4<f/tL1<700.0 ・・・(2)
      f/f>2.5 ・・・(a)
    ここで、
     tL1:第1レンズ群の最物体側レンズ素子の中心厚み、
     f:望遠端での全系の焦点距離、
     f:広角端での全系の焦点距離
    である。
  12.  第1レンズ群が、反射面を有するレンズ素子と、各々パワーを有する2枚のレンズ素子とからなる、請求項11に記載のズームレンズ系。
  13.  第2レンズ群が、各々パワーを有する3枚のレンズ素子からなる、請求項11に記載のズームレンズ系。
  14.  第3レンズ群が、パワーを有するレンズ素子1枚のみからなる、請求項11に記載のズームレンズ系。
  15.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、該第4レンズ群が、物体側から像側へと順に、正のパワーを有する1枚のレンズ素子と負のパワーを有する1枚のレンズ素子とを含み、該正のパワーを有するレンズ素子と負のパワーを有するレンズ素子とが空気間隔を隔てて配置されてなる、請求項11に記載のズームレンズ系。
  16.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、該第4レンズ群を構成する全レンズ素子のうち、少なくとも1枚が以下の条件(4)を満足する、請求項11に記載のズームレンズ系:
      70<νd ・・・(4)
    ここで、
     νd:第4レンズ群を構成するレンズ素子のd線に対するアッベ数
    である。
  17.  第3レンズ群の像側にパワーを有する第4レンズ群が配置され、以下の条件(5)及び(a)を満足する、請求項11に記載のズームレンズ系:
      -0.65<fG2/fG4<-0.35 ・・・(5)
      f/f>2.5 ・・・(a)
    ここで、
     fG2:第2レンズ群の合成焦点距離、
     fG4:第4レンズ群の合成焦点距離、
     f:望遠端での全系の焦点距離、
     f:広角端での全系の焦点距離
    である。
  18.  開口絞りが、第3レンズ群よりも像側に配置された、請求項11に記載のズームレンズ系。
  19.  物体の光学的な像を電気的な画像信号として出力可能な撮像装置であって、
    物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、
    該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを備え、
    前記ズームレンズ系が、請求項11に記載のズームレンズ系である、撮像装置。
  20.  物体の光学的な像を電気的な画像信号に変換し、変換された画像信号の表示及び記憶の少なくとも一方を行うカメラであって、
    物体の光学的な像を形成するズームレンズ系と、該ズームレンズ系により形成された光学的な像を電気的な画像信号に変換する撮像素子とを含む撮像装置を備え、
    前記ズームレンズ系が、請求項11に記載のズームレンズ系である、カメラ。
     
PCT/JP2010/006030 2009-10-13 2010-10-08 ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ WO2011045913A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009236425 2009-10-13
JP2009-236425 2009-10-13

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13/393,536 US20120154524A1 (en) 2009-10-13 2010-10-08 Zoom Lens System, Imaging Device and Camera
CN2010800343139A CN102576146A (zh) 2009-10-13 2010-10-08 变焦透镜系统、拍摄装置及照相机

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2011045913A1 true WO2011045913A1 (ja) 2011-04-21

Family

ID=43875969

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2010/006030 WO2011045913A1 (ja) 2009-10-13 2010-10-08 ズームレンズ系、撮像装置及びカメラ

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20120154524A1 (ja)
CN (1) CN102576146A (ja)
WO (1) WO2011045913A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012073308A (ja) * 2010-09-28 2012-04-12 Olympus Imaging Corp ズームレンズおよびそれを有する電子撮像装置

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2012176412A1 (ja) * 2011-06-21 2012-12-27 富士フイルム株式会社 ズームレンズおよび撮像装置
JP6071465B2 (ja) * 2012-11-22 2017-02-01 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
WO2014147689A1 (ja) * 2013-03-22 2014-09-25 富士フイルム株式会社 ズームレンズおよび撮像装置
US9395524B2 (en) * 2013-06-10 2016-07-19 Konica Minolta, Inc. Variable magnification optical system, imaging optical device, and digital appliance
JP6257251B2 (ja) * 2013-10-02 2018-01-10 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP6300577B2 (ja) * 2014-03-05 2018-03-28 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP6173279B2 (ja) * 2014-08-28 2017-08-02 キヤノン株式会社 ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
EP3422070B1 (en) * 2016-02-24 2020-09-09 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. Zoom lens system, image pickup device having zoom lens system, and vehicle having image pickup device

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005215165A (ja) * 2004-01-28 2005-08-11 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2005352347A (ja) * 2004-06-14 2005-12-22 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2005352348A (ja) * 2004-06-14 2005-12-22 Sony Corp 撮像装置及びズームレンズ
JP2006113565A (ja) * 2004-09-16 2006-04-27 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ及び撮像装置
JP2008203471A (ja) * 2007-02-20 2008-09-04 Nikon Corp ズームレンズ、光学機器、および結像方法
JP2008225314A (ja) * 2007-03-15 2008-09-25 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ
JP2008257022A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ
JP2008261996A (ja) * 2007-04-11 2008-10-30 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2009276667A (ja) * 2008-05-16 2009-11-26 Fujinon Corp ズームレンズおよび撮像装置
JP2010039188A (ja) * 2008-08-05 2010-02-18 Olympus Imaging Corp 結像光学系およびそれを有する電子撮像装置

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1637913B1 (en) * 2004-09-16 2013-10-23 Konica Minolta Opto, Inc. Zoom lens and image pickup apparatus

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005215165A (ja) * 2004-01-28 2005-08-11 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2005352347A (ja) * 2004-06-14 2005-12-22 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2005352348A (ja) * 2004-06-14 2005-12-22 Sony Corp 撮像装置及びズームレンズ
JP2006113565A (ja) * 2004-09-16 2006-04-27 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ及び撮像装置
JP2008203471A (ja) * 2007-02-20 2008-09-04 Nikon Corp ズームレンズ、光学機器、および結像方法
JP2008225314A (ja) * 2007-03-15 2008-09-25 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ
JP2008257022A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Konica Minolta Opto Inc ズームレンズ
JP2008261996A (ja) * 2007-04-11 2008-10-30 Sony Corp ズームレンズ及び撮像装置
JP2009276667A (ja) * 2008-05-16 2009-11-26 Fujinon Corp ズームレンズおよび撮像装置
JP2010039188A (ja) * 2008-08-05 2010-02-18 Olympus Imaging Corp 結像光学系およびそれを有する電子撮像装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012073308A (ja) * 2010-09-28 2012-04-12 Olympus Imaging Corp ズームレンズおよびそれを有する電子撮像装置

Also Published As

Publication number Publication date
CN102576146A (zh) 2012-07-11
US20120154524A1 (en) 2012-06-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4669294B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP4264581B2 (ja) 可変焦点距離レンズ系及び撮像装置
JP3570253B2 (ja) ズームレンズ
JP5045267B2 (ja) ズームレンズ及び撮像装置
US7443605B2 (en) Zoom lens, imaging device, and camera having imaging device
US7443600B2 (en) Zoom lens and image pickup apparatus having the same
JP3709148B2 (ja) ズームレンズ系
US7609446B2 (en) Zoom lens and image pickup apparatus including the lens
JP4666977B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
JP3864897B2 (ja) 撮像レンズ装置
US6972909B2 (en) Zoom lens and image pickup apparatus having the same
JP4929862B2 (ja) ズームレンズ及び撮像装置
JP4323796B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
US7088522B2 (en) Zoom lens system
US7307797B2 (en) Zoom lens system, lens barrel, imaging device and camera
US7701645B2 (en) Zoom lens system, imaging device and camera
JP5816845B2 (ja) ズームレンズ系、交換レンズ装置及びカメラシステム
US9274326B2 (en) Zoom lens system, imaging device and camera
US8379114B2 (en) Zoom lens system, imaging device and camera
US8248708B2 (en) Zoom lens system and electronic imaging apparatus that uses the same
JP5253051B2 (ja) ズームレンズ及びそれを有する撮像装置
US20030161620A1 (en) Imaging device and digital camera using the imaging device
US7817346B2 (en) Zoom lens and image capture apparatus
US8320051B2 (en) Zoom lens system, imaging device and camera
KR20060129133A (ko) 줌 렌즈 및 촬상장치

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 201080034313.9

Country of ref document: CN

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 10823181

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 13393536

Country of ref document: US

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 10823181

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: JP