WO2010050201A1 - 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置 - Google Patents

回転速度検出装置付き車輪用軸受装置 Download PDF

Info

Publication number
WO2010050201A1
WO2010050201A1 PCT/JP2009/005699 JP2009005699W WO2010050201A1 WO 2010050201 A1 WO2010050201 A1 WO 2010050201A1 JP 2009005699 W JP2009005699 W JP 2009005699W WO 2010050201 A1 WO2010050201 A1 WO 2010050201A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
protective cover
wheel bearing
rotational speed
wheel
speed detection
Prior art date
Application number
PCT/JP2009/005699
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
山本一成
芳野康平
内山暢克
Original Assignee
Ntn株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2008-277895 priority Critical
Priority to JP2008277895A priority patent/JP5355987B2/ja
Priority to JP2008299139A priority patent/JP5415748B2/ja
Priority to JP2008-299139 priority
Application filed by Ntn株式会社 filed Critical Ntn株式会社
Publication of WO2010050201A1 publication Critical patent/WO2010050201A1/ja

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/723Shaft end sealing means, e.g. cup-shaped caps or covers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B27/00Hubs
    • B60B27/0005Hubs with ball bearings
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B27/00Hubs
    • B60B27/0047Hubs characterised by functional integration of other elements
    • B60B27/0068Hubs characterised by functional integration of other elements the element being a sensor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B27/00Hubs
    • B60B27/0073Hubs characterised by sealing means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B7/00Wheel cover discs, rings, or the like, for ornamenting, protecting, venting, or obscuring, wholly or in part, the wheel body, rim, hub, or tyre sidewall, e.g. wheel cover discs, wheel cover discs with cooling fins
    • B60B7/0013Hub caps
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/768Sealings of ball or roller bearings between relatively stationary parts, i.e. static seals
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7816Details of the sealing or parts thereof, e.g. geometry, material
    • F16C33/783Details of the sealing or parts thereof, e.g. geometry, material of the mounting region
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B2900/00Purpose of invention
    • B60B2900/50Improvement of
    • B60B2900/511Sealing
    • B60B2900/5112Sealing against dust or dirt
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60BVEHICLE WHEELS; CASTORS; AXLES FOR WHEELS OR CASTORS; INCREASING WHEEL ADHESION
    • B60B2900/00Purpose of invention
    • B60B2900/50Improvement of
    • B60B2900/511Sealing
    • B60B2900/5114Sealing against humidity or water
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/186Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with three raceways provided integrally on parts other than race rings, e.g. third generation hubs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Abstract

【課題】保護カバーによって磁気エンコーダを軸受外方から遮蔽して保護すると共に、保護カバーの剛性を高めて変形を抑制しつつ、位置決め精度を高めて信頼性を向上させた回転速度検出装置付き車輪用軸受装置を提供する。 【解決手段】保護カバー16が非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によって形成され、外方部材2に内嵌される円筒状の嵌合部10aと、これから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部16aと、この遮蔽部16aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dと、この底部10dの中心部に加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eとを備え、嵌合部10aが、外方部材2の端部内周に形成された段部2dに衝合して位置決めされると共に、遮蔽部16aに磁気エンコーダ14に近接するようにまゆ形の凹部17が形成され、この部位にセンサが配置されている。

Description

回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
 本発明は、自動車等の車輪を回転自在に支承すると共に、この車輪の回転速度を検出する回転速度検出装置が内蔵された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置に関するものである。
 自動車の車輪を懸架装置に対して回転自在に支承すると共に、車輪の回転速度を検出し、アンチロックブレーキシステム(ABS)を制御する回転速度検出装置が軸受内部に内蔵された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置が一般的に知られている。従来、このような車輪用軸受装置は、転動体を介して転接する内方部材および外方部材の間にシール装置が設けられ、円周方向に磁極を交互に並べてなる磁気エンコーダを前記シール装置に一体化させている。この磁気エンコーダに対面配置され、車輪の回転に伴う磁気エンコーダの磁極変化を検出する回転速度センサは、懸架装置を構成するナックルに車輪用軸受装置が装着された後、当該ナックルに装着されている。
 このような回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の一例として図32に示すような構造が知られている。この回転速度検出装置付き車輪用軸受装置は、外方部材50と内方部材51と、これら外方部材50と内方部材51との間に収容される複数のボール52とを備えている。内方部材51は、ハブ輪53と、このハブ輪53に圧入された内輪54とからなる。
 外方部材50は、外周に懸架装置を構成するナックル65に固定される車体取付フランジ50bを一体に有し、内周に複列の外側転走面50a、50aが一体に形成されている。ナックル65には、センサ63がねじ66によって支持固定されている。
 ハブ輪53は、一端部に車輪(図示せず)を取り付けるための車輪取付フランジ55を一体に有し、外周に内側転走面53aと、この内側転走面53aから軸方向に延びる小径段部53bが形成されている。内輪54は、外周に内側転走面54aが形成され、小径段部53bの端部を塑性変形させて形成した加締部53cによって軸方向に固定されている。
 外方部材50の外端部にはシールリング56が内嵌固定され、このシールリング56のリップは車輪取付フランジ55の基部55aに摺接されている。一方、内輪54の内端部外周面にはエンコーダ57が外嵌固定されている。このエンコーダ57は、断面L字形に形成された支持環58と、この支持環58の側面に全周に亙って添着支持された円環状のエンコーダ本体59とからなる。このエンコーダ本体59は、周方向に交互に磁極N、Sが等間隔ピッチに着磁されている。
 外方部材50の内端開口部はカバー60によって塞がれている。このカバー60は、非磁性体のステンレス鋼鈑、アルミニウム合金板、高機能樹脂等の非磁性の板材からシャーレ状に形成され、円形の塞ぎ板部61と、この塞ぎ板部61の外周縁部に形成された円筒状の嵌合部62とからなる。
 エンコーダ57を構成するエンコーダ本体59の側面は、カバー60に近接対向して配置されると共に、センサ63の検出部64は、カバー60の側面に近接もしくは当接され、検出部64とエンコーダ本体59とはカバー60を介して近接対向されている。これにより、カバー60の存在により、センサ63とエンコーダ57との間に、水や鉄粉、磁気を帯びた破片等が入り込むのを防止してセンサ63やエンコーダ57の破損が防止できると共に、エンコーダ本体59の規則的、周期的な磁気特性変化を乱したり劣化させたりするのを防止することができる。
特開2000-249138号公報
 然しながら、こうした従来の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置では、以下に挙げるような問題点がある。まず、外方部材50に対するカバー60の位置決めが不安定で、カバー60の装着時、軸受単体の搬送時、車両への組立時、さらには車輪搭載後において、飛石等により、カバー60が規定位置からずれる恐れがある。
 また、カバー60の形状が単純な断面コの字状のため剛性が不足し、飛石等の衝突によりカバー60が変形してエンコーダ本体59に接触する恐れがある。さらには、センサの検出部がカバー60を介してエンコーダ57と対峙するため、エアギャップが大きくなって検出精度が低下する恐れがある。
 本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、保護カバーによって磁気エンコーダを軸受外方から遮蔽して保護すると共に、保護カバーの剛性を高めて変形を抑制しつつ、位置決め精度を高めて回転速度検出の信頼性を向上させた回転速度検出装置付き車輪用軸受装置を提供することを目的としている。
 係る目的を達成すべく、本発明は、内周に複列の外側転走面が一体に形成された外方部材と、一端部に車輪を取り付けるための車輪取付フランジを一体に有し、外周に軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された少なくとも一つの内輪からなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、この内方部材と前記外方部材のそれぞれの転走面間に転動自在に収容された複列の転動体と、前記内輪に外嵌された磁気エンコーダとを備え、前記外方部材のアウター側の端部にシールが装着されると共に、前記外方部材のインナー側の端部に保護カバーが装着され、前記外方部材と内方部材とで形成される環状空間の開口部が密封された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置において、前記ハブ輪の小径段部の端部を塑性変形させて形成した加締部により、所定の軸受予圧が付与された状態で前記内輪が前記ハブ輪に対して軸方向に固定されると共に、前記保護カバーが非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によってカップ状に形成され、前記外方部材に嵌合される円筒状の嵌合部と、径方向内方に延びる円板状の遮蔽部と、この遮蔽部から傾斜部を介して前記内方部材のインナー側の端部を塞ぐ底部とを備え、前記保護カバーが、前記外方部材の端面または端部内周に形成された段部に衝合して位置決めされている。請求項1
 このように、内輪回転タイプの回転速度検出装置付き車輪用軸受装置において、ハブ輪の小径段部の端部を塑性変形させて形成した加締部により、所定の軸受予圧が付与された状態で内輪がハブ輪に対して軸方向に固定されると共に、保護カバーが非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材に嵌合される円筒状の嵌合部と、径方向内方に延びる円板状の遮蔽部と、この遮蔽部から傾斜部を介して内方部材のインナー側の端部を塞ぐ底部とを備え、保護カバーが、外方部材の端面または端部内周に形成された段部に衝合して位置決めされているので、保護カバーの段付き形状によって剛性が高くなり、飛石等による変形を抑えることができると共に、外方部材に対する保護カバーの位置決め精度を高めることができ、正確なエアギャップ調整ができ信頼性の高い速度検出を行なうことができる。
 好ましくは、本発明のように、前記嵌合部から一旦径方向外方に重合して形成され、前記外方部材のインナー側の端面に密着する鍔部を備えていれば、重合された鍔部をはじめ段付き形状によって保護カバーの剛性が高くなり、飛石等による変形を抑えることができると共に、鍔部が外方部材のインナー側の端面に密着するまで圧入されるので、外方部材に対する保護カバーの位置決め精度を高めることができ、正確なエアギャップ調整によって信頼性の高い速度検出を行なうことができる。請求項2
 また、本発明のように、前記磁気エンコーダの検出面が前記外方部材のインナー側の端面よりもaだけ突出して配置され、この突出量aが、前記保護カバーの板厚tよりも小さく(a<t)設定されていれば、保護カバーが内輪に当接するのを防止すると共に、エアギャップを小さく設定することができ、検出精度を高めることができる。請求項3
 また、本発明のように、前記保護カバーの底部の中心部に前記加締部の凹所に膨出する段付き部が形成されていれば、一層保護カバーの剛性が高くなり、飛石等による変形を抑えることができる。請求項4
 好ましくは、本発明のように、前記段付き部が、前記加締部の凹所の形状に沿って断面略矩形状に形成されていれば、保護カバーの剛性が一段と高くなる。請求項5
 また、本発明のように、前記保護カバーの遮蔽部に前記磁気エンコーダに近接するように凹部が形成され、この凹部の部位にセンサが配置されていれば、保護カバーの剛性を高め、仮に飛石等が保護カバーに衝突して変形を防止することができると共に、エアギャップを小さく設定することができ、検出精度を高めることができる。請求項6
 また、本発明のように、前記凹部の近接量cが前記保護カバーの鍔部の厚みbよりも小さく(c<b)設定されていれば、保護カバーが内輪に当接するのを防止しつつ保護カバーの剛性を高め、仮に飛石等が保護カバーに衝突して変形を防止することができると共に、エアギャップを小さく設定することができる。請求項7
 また、本発明のように、前記凹部がまゆ形に形成されていれば、センサに対して保護カバーの周方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができる。請求項8
 好ましくは、本発明のように、前記保護カバーの遮蔽部に通孔が形成され、この通孔を塞ぐように弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記磁気エンコーダとセンサがこの弾性部材を介して対向配置されていれば、センサに対して保護カバーの軸方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができ、所望の検出精度を確保することができると共に、高価なステンレス鋼を使用しなくても深絞り性が向上した冷間圧延鋼鈑を使用することができ、低コスト化を図ることができる。請求項9
 また、本発明のように、前記通孔がまゆ形に形成されていれば、センサに対して保護カバーの周方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができる。請求項10
 好ましくは、本発明のように、前記保護カバーに弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記外方部材のインナー側の端面に弾性接触されていれば、外方部材に対する保護カバーの嵌合部の気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。請求項11
 また、本発明のように、前記保護カバーの嵌合部の先端に弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記外方部材のインナー側の端部に圧入または弾性接触されていれば、外方部材に対する保護カバーの嵌合部の気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。請求項12
 また、本発明のように、前記弾性部材の加硫接着時に使用する接着剤が前記保護カバー全体または前記外方部材との嵌合面に塗布されていれば、外方部材に対する保護カバーの嵌合部の気密性を向上させることができる。請求項13
 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置は、内周に複列の外側転走面が一体に形成された外方部材と、一端部に車輪を取り付けるための車輪取付フランジを一体に有し、外周に軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された少なくとも一つの内輪からなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、この内方部材と前記外方部材のそれぞれの転走面間に転動自在に収容された複列の転動体と、前記内輪に外嵌された磁気エンコーダとを備え、前記外方部材のアウター側の端部にシールが装着されると共に、前記外方部材のインナー側の端部に保護カバーが装着され、前記外方部材と内方部材とで形成される環状空間の開口部が密封された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置において、前記ハブ輪の小径段部の端部を塑性変形させて形成した加締部により、所定の軸受予圧が付与された状態で前記内輪が前記ハブ輪に対して軸方向に固定されると共に、前記保護カバーが非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によってカップ状に形成され、前記外方部材に嵌合される円筒状の嵌合部と、径方向内方に延びる円板状の遮蔽部と、この遮蔽部から傾斜部を介して前記内方部材のインナー側の端部を塞ぐ底部とを備え、前記保護カバーが、前記外方部材の端面または端部内周に形成された段部に衝合して位置決めされているので、保護カバーの段付き形状によって剛性が高くなり、飛石等による変形を抑えることができると共に、外方部材に対する保護カバーの位置決め精度を高めることができ、正確なエアギャップ調整ができ信頼性の高い速度検出を行なうことができる。
本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第1の実施形態を示す縦断面図である。 図1の検出部を示す要部拡大図である。 図2の変形例を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第2の実施形態を示す縦断面図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第3の実施形態を示す縦断面図である。 図5の検出部を示す要部拡大図である。 図6のVII矢視図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第4の実施形態を示す縦断面図である。 図8の検出部を示す要部拡大図である。 図9の変形例を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第5の実施形態を示す縦断面図である。 図11の検出部を示す要部拡大図である。 図12の変形例を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第6の実施形態を示す縦断面図である。 図14の検出部を示す要部拡大図である。 図15のXVI矢視図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第7の実施形態を示す縦断面図である。 図17の検出部を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第8の実施形態を示す縦断面図である。 図19の検出部を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第9の実施形態を示す縦断面図である。 図21の検出部を示す要部拡大図である。 図22のXXIII矢視図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第10の実施形態を示す縦断面図である。 図24の検出部を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第11の実施形態を示す縦断面図である。 図26の検出部を示す要部拡大図である。 図27の変形例を示す要部拡大図である。 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第12の実施形態を示す縦断面図である。 図29の検出部を示す要部拡大図である。 図30のXXXI矢視図である。 従来の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置を示す縦断面図である。
 外周にナックルに取り付けられるための車体取付フランジを一体に有し、内周に複列の外側転走面が一体に形成された外方部材と、一端部に車輪を取り付けるための車輪取付フランジを一体に有し、外周に前記複列の外側転走面に対向する一方の内側転走面と、この内側転走面から軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入され、前記複列の外側転走面に対向する他方の内側転走面が形成された内輪からなる内方部材と、この前記内方部材と外方部材のそれぞれの転走面間に転動自在に収容された複列の転動体と、前記内輪に外嵌された磁気エンコーダとを備え、前記外方部材のアウター側の端部にシールが装着されると共に、前記外方部材のインナー側の端部に保護カバーが装着され、前記外方部材と内方部材とで形成される環状空間の開口部が密封された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置において、前記ハブ輪の小径段部の端部を塑性変形させて形成した加締部により、所定の軸受予圧が付与された状態で前記内輪が前記ハブ輪に対して軸方向に固定されると共に、前記保護カバーが非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によってカップ状に形成され、前記外方部材に内嵌される円筒状の嵌合部と、この嵌合部から径方向内方に延びる円板状の遮蔽部と、この遮蔽部から傾斜部を介して前記内方部材のインナー側の端部を塞ぐ底部と、この底部の中心部に前記加締部の凹所に膨出する段付き部とを備え、前記嵌合部が、前記外方部材の端部内周に形成された段部に衝合して位置決めされると共に、前記遮蔽部に前記磁気エンコーダに近接するようにまゆ形の凹部が形成され、この凹部の部位にセンサが配置されている。
 以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。
 図1は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第1の実施形態を示す縦断面図、図2は、図1の検出部を示す要部拡大図、図3は、図2の変形例を示す要部拡大図である。なお、以下の説明では、車両に組み付けた状態で車両の外側寄りとなる側をアウター側(図1の左側)、中央寄り側をインナー側(図1の右側)という。
 この回転速度検出装置付き車輪用軸受装置は第3世代と称される従動輪用であって、内方部材1と外方部材2、および両部材1、2間に転動自在に収容された複列の転動体(ボール)3、3とを備えている。内方部材1は、ハブ輪4と、このハブ輪4に所定のシメシロを介して圧入された内輪5とからなる。
 外方部材2はS53C等の炭素0.40~0.80wt%を含む中高炭素鋼からなり、外周にナックル(図示せず)に取り付けるための車体取付フランジ2bを一体に有し、内周に複列の外側転走面2a、2aが一体に形成されている。これら複列の外側転走面2a、2aは、高周波焼入れによって表面硬さを58~64HRCの範囲に硬化層が形成されている。
 ハブ輪4は、アウター側の端部に車輪(図示せず)を取り付けるための車輪取付フランジ6を一体に有し、この車輪取付フランジ6の円周等配位置にハブボルト6aが植設されている。また、外周に前記複列の外側転走面2a、2aの一方(アウター側)に対向する内側転走面4aと、この内側転走面4aから軸方向に延びる小径段部4bが形成されている。一方、内輪5は外周に前記複列の外側転走面2a、2aの他方(インナー側)に対向する内側転走面5aが形成され、ハブ輪4の小径段部4bに所定のシメシロを介して圧入されている。そして、ハブ輪4の小径段部4bの端部を径方向外方に塑性変形させて形成した加締部7によって所定の軸受予圧が付与された状態で内輪5が軸方向に固定されている。
 外方部材2の複列の外側転走面2a、2aと、これらに対向する複列の内側転走面4a、5a間には複列の転動体3、3がそれぞれ収容され、保持器8、8によって転動自在に保持されている。また、外方部材2と内方部材1との間に形成される環状空間の開口部のうちアウター側の開口部にはシール9が装着され、インナー側の開口部には保護カバー10が装着され、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを防止している。
 なお、ここでは、転動体3にボールを使用した複列アンギュラ玉軸受で構成された車輪用軸受装置を例示したが、これに限らず、転動体3に円錐ころを使用した複列円錐ころ軸受で構成されていても良い。また、ここでは、ハブ輪4の外周に直接内側転走面4aが形成された第3世代構造を例示したが、図示はしないが、ハブ輪の小径段部に一対の内輪が圧入固定された第1世代または第2世代構造であっても良い。
 ハブ輪4はS53C等の炭素0.40~0.80wt%を含む中高炭素鋼からなり、内側転走面4aをはじめ車輪取付フランジ6のインナー側の基部6bから小径段部4bに亙って高周波焼入れによって表面硬さを58~64HRCの範囲に硬化処理が施されている。なお、加締部7は鍛造加工後の表面硬さのままとされている。これにより、加締加工が容易となり、加工時の微小クラックの発生を防止すると共に、シール9のシールランド部となる基部6bの耐摩耗性が向上するばかりでなく、車輪取付フランジ6に負荷される回転曲げ荷重に対して充分な機械的強度を有し、ハブ輪4の耐久性が向上する。なお、内輪5および転動体3はSUJ2等の高炭素クロム軸受鋼からなり、ズブ焼入れにより芯部まで58~64HRCの範囲で硬化処理されている。シール9は、外方部材2のアウター側端部の内周に所定のシメシロを介して圧入された芯金と、この芯金に接合され、サイドリップを有するシール部材とからなる一体型のシールで構成されている。
 内輪5には断面L字形に形成された支持環13が外嵌されている。この支持環13は、図2に拡大して示すように、内輪5の外径に圧入される円筒部13aと、この円筒部13aから径方向外方に延びる立板部13bとを備え、立板部13bの側面に磁気エンコーダ14が加硫接着等によって一体に接合されている。磁気エンコーダ14は、合成ゴムにフェライト等の磁性体粉が混入され、周方向に交互に等ピッチで磁極N、Sが着磁されている。
 また、支持環13は、強磁性体の鋼板、例えば、フェライト系のステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS430系等)や防錆処理された冷間圧延鋼鈑(JIS規格のSPCC系等)からプレス加工にて形成されている。これにより、支持環13が発錆するのを防止すると共に、磁気エンコーダ14の磁気出力が強くなり安定した検出精度を確保することができる。
 外方部材2のインナー側の端部に装着された保護カバー10は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成されている。この保護カバー10は、外方部材2の端部内周に圧入され、外方部材2の端部内周に形成された段部2dに位置決めされる円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部10bと、この遮蔽部10bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている(図1参照)。そして、図示しないセンサの検出部は、保護カバー10の遮蔽部10bに近接または当接され、検出部と磁気エンコーダ14とは保護カバー10を介して所定のエアギャップ(軸方向すきま)で対向配置されている。なお、保護カバー10が非磁性体のため磁束の流れ経路に影響せず、センサによる回転速度検出の精度低下の問題はない。
 本実施形態では、傾斜部10cをはじめ段付き部10e等の段付き形状によって保護カバー10の剛性が高くなり、飛石等の衝突による変形を抑えることができると共に、嵌合部10aが外方部材2の段部2dに衝合するまで圧入されるので、外方部材2に対する保護カバー10の位置決め精度を高めることができ、正確なエアギャップ調整によって信頼性の高い速度検出を行なうことができる。
 なお、図3に示すように、保護カバー12が外方部材2に外嵌されていても良い。すなわち、この保護カバー12は、外方部材2の端部外周に圧入される円筒状の嵌合部12aと、この嵌合部12aから径方向内方に延び、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する遮蔽部12bと、この遮蔽部12bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部(図示せず)とを備えている。このように、遮蔽部12bが外方部材2の端面2cに密着するまで圧入されるので、外方部材2に対する保護カバー12の位置決め精度を高めることができる。
 図4は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第2の実施形態を示す縦断面図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの底部の構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー15が装着されている。この保護カバー15は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから径方向内方に延びる遮蔽部10bと、この遮蔽部10bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。そして、この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部15aが形成されている。この段付き部15aは、加締部7の凹所7aの形状に沿って断面略矩形状に形成されているので、保護カバー15の剛性が一段と高くなる。
 図5は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第3の実施形態を示す縦断面図、図6は、図5の検出部を示す要部拡大図、図7は、図6のVII矢視図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの遮蔽部の構成が一部異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー16が装着されている。この保護カバー16は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部16aと、この遮蔽部16aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている。
 本実施形態では、図6および図7に示すように、保護カバー16の遮蔽部16aに磁気エンコーダ14に近接するようにまゆ形の凹部17が形成されている。この凹部17の部位に図示しないセンサが近接または当接される。これにより、保護カバー16の剛性が一層高くなり、仮に飛石等が保護カバー16に衝突しても変形を防止することができると共に、エアギャップを小さく設定することができ、検出精度を高めることができる。さらに、凹部17をまゆ形にすることにより、センサに対して保護カバー16の周方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができる。
 図8は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第4の実施形態を示す縦断面図、図9は、図8の検出部を示す要部拡大図、図10は、図9の変形例を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの嵌合部の構成が一部異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー18が装着されている。この保護カバー18は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部18aと、この嵌合部18aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部10bと、この遮蔽部10bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている。
 本実施形態では、図9に拡大して示すように、嵌合部18aの先端にニトリルゴム等の合成ゴムからなる弾性部材19が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2のインナー側の端部内周に圧入されている。これにより、外方部材2に対する保護カバー18の嵌合面の気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。
 なお、図10に示すように、保護カバー20が外方部材2に外嵌されていても良い。すなわち、この保護カバー20は、外方部材2の端部外周に圧入される円筒状の嵌合部20aと、この嵌合部20aから径方向内方に延び、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する遮蔽部12bと、この遮蔽部12bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部(図示せず)とを備えている。そして、嵌合部20aの先端にニトリルゴム等の合成ゴムからなる弾性部材21が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2の端部外周に圧入されている。これにより、外方部材2に対する保護カバー20の嵌合面の気密性が向上する。
 なお、このように、保護カバー18、20の嵌合部18a、20aに弾性部材19、21を接合して気密性を向上させる以外に、シール等の加硫接着時に使用する接着剤を保護カバー18、20全体または外方部材2との嵌合部に塗布するか、あるいは弾性部材19、21を接合せずに接着剤のみを保護カバー18、20全体または外方部材2との嵌合部に塗布することによって気密性を向上させることができる。
 図11は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第5の実施形態を示す縦断面図、図12は、図11の検出部を示す要部拡大図、図13は、図12の変形例を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの構成が一部異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー22が装着されている。この保護カバー22は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部10bと、この遮蔽部10bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている。
 本実施形態では、図12に示すように、嵌合部10aと遮蔽部10bの交差部にニトリルゴム等の合成ゴムからなるシールリップ23が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2のインナー側の端面2cに弾性接触している。これにより、外方部材2に対する保護カバー22の嵌合面の気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。
 なお、図13に示すように、保護カバー24が外方部材2に外嵌されていても良い。すなわち、この保護カバー24は、外方部材2の端部外周に圧入される円筒状の嵌合部24aと、この嵌合部24aから径方向内方に延び、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する遮蔽部12bと、この遮蔽部12bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部(図示せず)とを備えている。そして、嵌合部24aの先端にニトリルゴム等の合成ゴムからなるシールリップ25が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2の端部外周に弾性接触されている。これにより、外方部材2に対する保護カバー24の嵌合面の気密性が向上すると共に、圧入時にシールリップ25が欠損するのを防止することができる。
 図14は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第6の実施形態を示す縦断面図、図15は、図14の検出部を示す要部拡大図、図16は、図15のXVI矢視図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの遮蔽部の構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー26が装着されている。この保護カバー26は、冷間圧延鋼鈑(JIS規格のJIS G 3141)のSPCC、SPCD、SPCEからプレス加工によってカップ状に形成されている。中でも、絞り性が向上したSPCD、SPCEが好ましい。保護カバー26は、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部26aと、この遮蔽部26aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている。
本実施形態では、図15および図16に示すように、保護カバー26の遮蔽部26aにまゆ形の通孔27が形成され、この通孔27を塞ぐように、ニトリルゴム等の合成ゴムからなる弾性部材28が加硫接着によって一体に接合されている。すなわち、磁気エンコーダ14と図示しないセンサがこの弾性部材28を介して対向配置される。これにより、センサに対して保護カバー26の周方向および軸方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができ、所望の検出精度を確保することができると共に、前述した実施形態のように、高価なステンレス鋼を使用しなくても深絞り性が向上した冷間圧延鋼鈑を使用することができ、プレス加工性が向上すると共に、素材コストが低減して低コスト化を図ることができる。
 図17は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第7の実施形態を示す縦断面図、図18は、図17の検出部を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第1の実施形態(図1)と基本的には保護カバーの嵌合部の構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部に装着された保護カバー29は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、図18に拡大して示すように、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、この嵌合部10aから一旦径方向外方に重合して形成され、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部29bと、この遮蔽部29bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている(図17参照)。この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部10eが形成されている。そして、図示しないセンサの検出部は、保護カバー29の遮蔽部29bに近接または当接され、検出部と磁気エンコーダ14とは保護カバー29を介して所定のエアギャップ(軸方向すきま)で対向配置されている。なお、保護カバー29が非磁性体のため磁束の流れ経路に影響せず、センサによる回転速度検出の精度低下の問題はない。
 本実施形態では、重合された鍔部29aをはじめ段付き形状によって保護カバー29の剛性が高くなり、飛石等による変形を抑えることができると共に、鍔部29aが外方部材2のインナー側の端面2cに密着するまで圧入されるので、外方部材2に対する保護カバー29の位置決め精度を高めることができ、正確なエアギャップ調整によって信頼性の高い速度検出を行なうことができる。
 図19は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第8の実施形態を示す縦断面図、図20は、図19の検出部を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第7の実施形態(図17)と基本的には保護カバーの構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー30が装着されている。この保護カバー30は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部30aと、この遮蔽部30aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。
 本実施形態では、図20に示すように、内輪5の大端面5bが外方部材2のインナー側の端面2cよりもインナー側に所定の段差L1だけ突出して形成されると共に、磁気エンコーダ14の検出面が外方部材2のインナー側の端面2cよりもaだけ突出して配置されている。この突出量aは、内輪5の段差L1よりも大きく、保護カバー30の板厚tよりも小さい範囲に設定されている(L1<a<t)。これにより、保護カバー30が内輪5に当接するのを防止すると共に、エアギャップを小さく設定することができ、検出精度を高めることができる。そして、この底部10dの中心部には加締部7の凹所7aに膨出する段付き部15aが形成されている。この段付き部15aは、加締部7の凹所7aの形状に沿って断面略矩形状に形成されているので、保護カバー30の剛性が一段と高くなる。
 さらに本実施形態では、重合された鍔部29aをはじめ段付き形状によって保護カバー30の剛性が高くなった分、保護カバー30の板厚を通常の0.8mmよりも薄く0.4~0.8mmの範囲に設定することができる。これにより、保護カバー30のプレス加工がし易くなり、加工精度を向上させると共に、エアギャップを一層小さく設定することができる。
 図21は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第9の実施形態を示す縦断面図、図22は、図21の検出部を示す要部拡大図、図23は、図22のXXIII矢視図である。なお、この実施形態は、前述した第7の実施形態(図17)と基本的には保護カバーの遮蔽部の構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー31が装着されている。この保護カバー31は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部31aと、この遮蔽部31aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。
 本実施形態では、図23に示すように、保護カバー31の遮蔽部31aに磁気エンコーダ14にcだけ近接するようにまゆ形の凹部32が形成されている。この凹部32の部位に図示しないセンサが近接または当接される。これにより、保護カバー31の剛性が一層高くなると共に、凹部32をまゆ形にすることにより、センサに対して保護カバー31の周方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができる。
 また、図22に示すように、内輪5の大端面5bが外方部材2のインナー側の端面2cと面一に形成されると共に、磁気エンコーダ14の検出面が外方部材2のインナー側の端面2cよりもaだけ突出して配置されている。この突出量aは、保護カバー31の板厚をtとした時、保護カバー31の鍔部29aの厚みbから凹部32の近接量cと板厚tを減じた値よりも小さい範囲に設定されている(a<b-c-t)。これにより、保護カバー31が内輪5に当接するのを防止しつつ保護カバー31の剛性を高め、仮に飛石等が保護カバー31に衝突して変形を防止することができると共に、エアギャップを小さく設定することができ、検出精度を高めることができる。
 図24は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第10の実施形態を示す縦断面図、図25は、図24の検出部を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第7の実施形態(図17)と基本的には保護カバーの鍔部の構成が一部異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー33が装着されている。この保護カバー33は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部29bと、この遮蔽部29bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。
 本実施形態では、図25に示すように、内輪5の大端面5bが外方部材2のインナー側の端面2cよりもインナー側に所定の段差L2だけ突出して形成されている。この段差L2は、保護カバー33の板厚tよりも大きく、鍔部29aの厚さbよりも小さく設定されている(t<L2<b)。また、磁気エンコーダ14の検出面が外方部材2のインナー側の端面2cよりもaだけ突出して配置されている。この突出量aは、保護カバー33の板厚tよりも小さく設定されている(a<t)。そして、鍔部29aにニトリルゴム等の合成ゴムからなるシールリップ34が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2のインナー側の端面2cに弾性接触している。これにより、保護カバー33の剛性を高め、仮に飛石等が保護カバー33に衝突して変形を防止することができると共に、外方部材2に対する保護カバー33の嵌合部10aの気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。
 なお、このように、保護カバー33の鍔部29aにシールリップ34を接合して気密性を向上させる以外に、シール等の加硫接着時に使用する接着剤を保護カバー33全体または外方部材2との嵌合部に塗布するか、あるいはシールリップ34を接合せずに接着剤のみを保護カバー33全体または外方部材2との嵌合部に塗布することによって気密性を向上させることができる。
 図26は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第11の実施形態を示す縦断面図、図27は、図26の検出部を示す要部拡大図、図28は、図27の変形例を示す要部拡大図である。なお、この実施形態は、前述した第7の実施形態(図17)と基本的には保護カバーの嵌合部の構成が一部異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー35が装着されている。この保護カバー35は、非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑(JIS規格のSUS304系)からプレス加工によってカップ状に形成され、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部35aと、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部29bと、この遮蔽部29bから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。
 本実施形態では、図27に示すように、内輪5の大端面5bが外方部材2のインナー側の端面2cよりもインナー側に所定の段差L2だけ突出して形成されると共に、磁気エンコーダ14の検出面が外方部材2のインナー側の端面2cよりもaだけ突出して配置されている。そして、嵌合部35aの先端にニトリルゴム等の合成ゴムからなる弾性部材36が加硫接着によって一体に接合され、外方部材2のインナー側の端部内周に圧入されている。これにより、外方部材2に対する保護カバー35の嵌合部35aの気密性が向上し、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から軸受内部に雨水やダスト等が侵入するのを確実に防止することができる。
 なお、図28に示すように、嵌合部35bの先端にニトリルゴム等の合成ゴムからなるシールリップ37を加硫接着によって一体に接合し、外方部材2のインナー側の端部内周に弾性接触させるようにしても良い。これにより、外方部材2に対する保護カバー35’の嵌合部35bの気密性が向上すると共に、保護カバー35’の圧入作業が容易になり、圧入時にシールリップ37が欠損するのを防止することができる。
 図29は、本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の第12の実施形態を示す縦断面図、図30は、図29の検出部を示す要部拡大図、図31は、図30のXXXI矢視図である。なお、この実施形態は、前述した第7の実施形態(図17)と基本的には保護カバーの遮蔽部の構成が異なるだけで、その他を前述した実施形態と同一部品同一部位あるいは同一機能を有する部位には同じ符号を付してその詳細な説明を省略する。
 外方部材2のインナー側の端部には保護カバー38が装着されている。この保護カバー38は、冷間圧延鋼鈑(JIS規格のJIS G 3141)のSPCC、SPCD、SPCEからプレス加工によってカップ状に形成されている。中でも、絞り性が向上したSPCD、SPCEが好ましい。保護カバー38は、外方部材2の端部内周に圧入される円筒状の嵌合部10aと、外方部材2のインナー側の端面2cに密着する鍔部29aと、この鍔部29aから径方向内方に延びる円板状の遮蔽部38aと、この遮蔽部38aから傾斜部10cを介して内方部材1のインナー側の端部を塞ぐ底部10dとを備えている。
 本実施形態では、図30に示すように、保護カバー38の遮蔽部38aにまゆ形の通孔39が形成され、この通孔39を塞ぐように、ニトリルゴム等の合成ゴムからなる弾性部材40が加硫接着によって一体に接合されている。すなわち、図31に示すように、磁気エンコーダ14と図示しないセンサがこの弾性部材40を介して対向配置される。これにより、センサに対して保護カバー38の周方向および軸方向の位置決め精度に誤差があっても許容することができ、所望の検出精度を確保することができると共に、前述した実施形態のように、高価なステンレス鋼を使用しなくても深絞り性が向上した冷間圧延鋼鈑を使用することができ、低コスト化を図ることができる。
 以上、本発明の実施の形態について説明を行ったが、本発明はこうした実施の形態に何等限定されるものではなく、あくまで例示であって、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において、さらに種々なる形態で実施し得ることは勿論のことであり、本発明の範囲は、特許請求の範囲の記載によって示され、さらに特許請求の範囲に記載の均等の意味、および範囲内のすべての変更を含む。
 本発明に係る回転速度検出装置付き車輪用軸受装置は、内輪回転構造の第1乃至第3世代構造の車輪用軸受装置に適用することができる。
1 内方部材
2 外方部材
2a 外側転走面
2b 車体取付フランジ
2c インナー側の端面
2d 段部
3 転動体
4 ハブ輪
4a、5a 内側転走面
4b 小径段部
5 内輪
5b 大端面
6 車輪取付フランジ
6a ハブボルト
6b インナー側の基部
7 加締部
7a 凹所
8 保持器
9 アウター側のシール
10、12、15、16、18、20、22、24、26、29、30、31、33、35、35’、38 保護カバー
10a、12a、18a、20a、24a、35a、35b 嵌合部
10b、12b、16a、26a、29b、30a、31a、38a 遮蔽部
10c 傾斜部
10d 底部
10e、15a 段付き部
13 支持環
13a 円筒部
13b 立板部
14 磁気エンコーダ
17、32 凹部
19、21、28、36、40 弾性部材
23、25、34、37 シールリップ
27、39 通孔
29a 鍔部
50 外方部材
50a 外側転走面
50b 車体取付フランジ
51 内方部材
52 ボール
53 ハブ輪
53a、54a 内側転走面
53b 小径段部
53c 加締部
54 内輪
55 車輪取付フランジ
55a 基部
56 シールリング
57 エンコーダ
58 支持環
59 エンコーダ本体
60 カバー
61 塞ぎ板部
62 嵌合部
63 センサ
64 検出部
65 ナックル
66 ねじ
a 磁気エンコーダの検出面の突出量
b 保護カバーの鍔部の厚さ
c 凹部の近接量
L1、L2 段差
t 保護カバーの板厚

Claims (13)

  1.  内周に複列の外側転走面が一体に形成された外方部材と、
     一端部に車輪を取り付けるための車輪取付フランジを一体に有し、外周に軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された少なくとも一つの内輪からなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、
     この内方部材と前記外方部材のそれぞれの転走面間に転動自在に収容された複列の転動体と、
     前記内輪に外嵌された磁気エンコーダとを備え、
     前記外方部材のアウター側の端部にシールが装着されると共に、前記外方部材のインナー側の端部に保護カバーが装着され、前記外方部材と内方部材とで形成される環状空間の開口部が密封された回転速度検出装置付き車輪用軸受装置において、
     前記ハブ輪の小径段部の端部を塑性変形させて形成した加締部により、所定の軸受予圧が付与された状態で前記内輪が前記ハブ輪に対して軸方向に固定されると共に、前記保護カバーが非磁性体のオーステナイト系ステンレス鋼鈑からプレス加工によってカップ状に形成され、前記外方部材に嵌合される円筒状の嵌合部と、径方向内方に延びる円板状の遮蔽部と、この遮蔽部から傾斜部を介して前記内方部材のインナー側の端部を塞ぐ底部とを備え、前記保護カバーが、前記外方部材の端面または端部内周に形成された段部に衝合して位置決めされていることを特徴とする回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  2.  前記嵌合部から一旦径方向外方に重合して形成され、前記外方部材のインナー側の端面に密着する鍔部を備えている請求項1に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  3.  前記磁気エンコーダの検出面が前記外方部材のインナー側の端面よりもaだけ突出して配置され、この突出量aが、前記保護カバーの板厚tよりも小さく(a<t)設定されている請求項2に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  4.  前記保護カバーの底部の中心部に前記加締部の凹所に膨出する段付き部が形成されている請求項1乃至3いずれかに記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  5.  前記段付き部が、前記加締部の凹所の形状に沿って断面略矩形状に形成されている請求項4に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  6.  前記保護カバーの遮蔽部に前記磁気エンコーダに近接するように凹部が形成され、この凹部の部位にセンサが配置されている請求項1乃至5いずれかに記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  7.  前記凹部の近接量cが保護カバーの鍔部の厚さbよりも小さく(c<b)設定されている請求項2に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  8.  前記凹部がまゆ形に形成されている請求項6または7に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  9.  前記保護カバーの遮蔽部に通孔が形成され、この通孔を塞ぐように弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記磁気エンコーダとセンサがこの弾性部材を介して対向配置されている請求項1乃至5いずれかに記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  10.  前記通孔がまゆ形に形成されている請求項9に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  11.  前記保護カバーに弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記外方部材のインナー側の端面に弾性接触されている請求項1乃至10いずれかに記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  12.  前記保護カバーの嵌合部の先端に弾性部材が加硫接着によって一体に接合され、前記外方部材のインナー側の端部に圧入または弾性接触されている請求項1乃至10いずれかに記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
  13.  前記弾性部材の加硫接着時に使用する接着剤が前記保護カバー全体または前記外方部材との嵌合面に塗布されている請求項11または12に記載の回転速度検出装置付き車輪用軸受装置。
PCT/JP2009/005699 2008-10-29 2009-10-28 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置 WO2010050201A1 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008-277895 2008-10-29
JP2008277895A JP5355987B2 (ja) 2008-10-29 2008-10-29 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2008299139A JP5415748B2 (ja) 2008-11-25 2008-11-25 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2008-299139 2008-11-25

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE112009002661T DE112009002661T5 (de) 2008-10-29 2009-10-28 Radlagervorrichtung mit eingegliederter Radgeschwindigkeitserkennungsvorrichtung
CN200980143322.9A CN102202912B (zh) 2008-10-29 2009-10-28 结合有轮速检测装置的车轮用轴承装置
US13/096,101 US8382377B2 (en) 2008-10-29 2011-04-28 Wheel bearing apparatus incorporated with a wheel speed detecting apparatus

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
US13/096,101 Continuation US8382377B2 (en) 2008-10-29 2011-04-28 Wheel bearing apparatus incorporated with a wheel speed detecting apparatus

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2010050201A1 true WO2010050201A1 (ja) 2010-05-06

Family

ID=42128572

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2009/005699 WO2010050201A1 (ja) 2008-10-29 2009-10-28 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8382377B2 (ja)
CN (1) CN102202912B (ja)
DE (1) DE112009002661T5 (ja)
WO (1) WO2010050201A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ITTO20101005A1 (it) * 2010-12-16 2012-06-17 Skf Ab Gruppo cuscinetto-mozzo per la ruota di un veicolo a motore
US8882358B2 (en) 2010-07-22 2014-11-11 Nsk Ltd. Rolling bearing unit with encoder for supporting wheel
US8915649B2 (en) 2011-03-09 2014-12-23 Ntn Corporation Wheel bearing apparatus
DE102015201798A1 (de) * 2015-02-03 2016-08-04 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Radlagereinheit
US10081218B2 (en) 2013-03-27 2018-09-25 Ntn Corporation Wheel bearing apparatus
DE102011009014B4 (de) * 2010-01-25 2020-04-23 GM Global Technology Operations LLC (n. d. Gesetzen des Staates Delaware) Radanordnung mit Lagerdeckel, der eine Dichtung aufweist

Families Citing this family (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5477770B2 (ja) * 2007-10-23 2014-04-23 株式会社ジェイテクト 保護カバー、この保護カバーを有する車輪用転がり軸受装置
JP5616758B2 (ja) * 2010-11-16 2014-10-29 Ntn株式会社 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2013096517A (ja) * 2011-11-01 2013-05-20 Denso Corp 回転検出装置
ITTO20120065A1 (it) 2012-01-25 2013-07-26 Skf Ab Gruppo cuscinetto per una ruota di un veicolo
JP5979775B2 (ja) * 2012-02-10 2016-08-31 内山工業株式会社 軸受装置用キャップ
CN104246257B (zh) * 2012-03-21 2017-03-01 Ntn株式会社 车辆轴承装置
ITTO20120364A1 (it) * 2012-04-24 2013-10-25 Skf Ab Coperchio porta-sensore per un cuscinetto di un mozzo-ruota
JP6021050B2 (ja) * 2012-04-27 2016-11-02 内山工業株式会社 カバーの製造方法及びこれに用いるプレス型
US8783699B2 (en) * 2012-05-15 2014-07-22 Daniel Jon GESMER Truck and wheel bearing assembly
DE102012223881A1 (de) * 2012-12-20 2014-06-26 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Sensierte Radlagereinheit
ITTO20130007A1 (it) * 2013-01-08 2014-07-09 Skf Ab Gruppo cuscinetto per una ruota di un veicolo
DE102013206349A1 (de) * 2013-04-11 2014-10-16 Aktiebolaget Skf Dichtung und Lager
JP6237191B2 (ja) * 2013-12-17 2017-11-29 株式会社ジェイテクト ハブユニット
FR3018320B1 (fr) * 2014-03-05 2016-12-09 Ntn-Snr Roulements Palier a roulement comprenant un dispositif d’etancheite
DE102014204334A1 (de) * 2014-03-10 2015-09-10 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Radlagereinheit
JP6274921B2 (ja) * 2014-03-12 2018-02-07 Ntn株式会社 車輪用軸受装置
DE102014206766A1 (de) * 2014-04-08 2015-10-08 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Radlagereinheit
DE102014208422B4 (de) * 2014-05-06 2018-03-01 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Radlagereinheit
FR3022964B1 (fr) * 2014-06-27 2016-07-29 Skf Ab BEARING RING, METHOD OF MANUFACTURING SUCH RING AND BEARING COMPRISING SUCH RING
JP6354402B2 (ja) * 2014-07-09 2018-07-11 中西金属工業株式会社 軸受装置の保護カバー及びその製造方法、並びに金属及びゴムからなる機械部品の製造方法
DE102015012998B4 (de) * 2015-10-07 2017-05-04 Audi Ag Dichtsystem für ein Wälzlager
KR20180075531A (ko) * 2015-11-02 2018-07-04 섀플러 테크놀로지스 아게 운트 코. 카게 휠 베어링 유닛
JPWO2017183566A1 (ja) * 2016-04-20 2019-02-07 Nok株式会社 密封構造
IT201700097373A1 (it) * 2017-12-18 2019-06-18 Skf Ab Dispositivo di tenuta per gruppo mozzo-ruota e gruppo mozzo-ruota equipaggiato con tale dispositivo di tenuta

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2574726Y2 (ja) * 1991-03-13 1998-06-18 日本精工株式会社 回転速度検出用ハブユニット
JP2000198304A (ja) * 1998-10-29 2000-07-18 Nsk Ltd 車輪用転がり軸受ユニット
JP2002267680A (ja) * 2001-03-07 2002-09-18 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2004076752A (ja) * 2002-08-09 2004-03-11 Koyo Seiko Co Ltd 転がり軸受装置
JP2005009632A (ja) * 2003-06-20 2005-01-13 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2005133953A (ja) * 1998-10-29 2005-05-26 Nsk Ltd トーンホイール
JP2005280567A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2008100620A (ja) * 2006-10-19 2008-05-01 Nsk Ltd 空気圧制御機構付従動輪用軸受ユニット
JP2008105626A (ja) * 2006-10-27 2008-05-08 Nsk Ltd 車輪支持用複列転がり軸受ユニット
JP2008164083A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Jtekt Corp 車輪用転がり軸受装置

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4206550B2 (ja) 1999-03-03 2009-01-14 日本精工株式会社 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
US6692153B2 (en) 2001-03-07 2004-02-17 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
JP2002323056A (ja) * 2001-04-24 2002-11-08 Ntn Corp 車輪軸受装置
DE602004009851T2 (de) 2003-04-17 2008-08-28 Ntn Corp. Radlager für Fahrzeuge
JP4432427B2 (ja) * 2003-09-26 2010-03-17 株式会社ジェイテクト 転がり軸受装置
US7692422B2 (en) * 2004-09-15 2010-04-06 Ntn Corporation Bearing assembly having rotation sensor and mounting structure to support sensor cap and connector
JP2007046635A (ja) * 2005-08-08 2007-02-22 Ntn Corp センサ付車輪用軸受

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2574726Y2 (ja) * 1991-03-13 1998-06-18 日本精工株式会社 回転速度検出用ハブユニット
JP2000198304A (ja) * 1998-10-29 2000-07-18 Nsk Ltd 車輪用転がり軸受ユニット
JP2005133953A (ja) * 1998-10-29 2005-05-26 Nsk Ltd トーンホイール
JP2002267680A (ja) * 2001-03-07 2002-09-18 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2004076752A (ja) * 2002-08-09 2004-03-11 Koyo Seiko Co Ltd 転がり軸受装置
JP2005009632A (ja) * 2003-06-20 2005-01-13 Ntn Corp 車輪用軸受
JP2005280567A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2008100620A (ja) * 2006-10-19 2008-05-01 Nsk Ltd 空気圧制御機構付従動輪用軸受ユニット
JP2008105626A (ja) * 2006-10-27 2008-05-08 Nsk Ltd 車輪支持用複列転がり軸受ユニット
JP2008164083A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Jtekt Corp 車輪用転がり軸受装置

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102011009014B4 (de) * 2010-01-25 2020-04-23 GM Global Technology Operations LLC (n. d. Gesetzen des Staates Delaware) Radanordnung mit Lagerdeckel, der eine Dichtung aufweist
US8882358B2 (en) 2010-07-22 2014-11-11 Nsk Ltd. Rolling bearing unit with encoder for supporting wheel
US9091303B2 (en) 2010-07-22 2015-07-28 Nsk Ltd. Rolling bearing unit with encoder for supporting wheel
ITTO20101005A1 (it) * 2010-12-16 2012-06-17 Skf Ab Gruppo cuscinetto-mozzo per la ruota di un veicolo a motore
EP2466161A1 (en) * 2010-12-16 2012-06-20 Aktiebolaget SKF Bearing/hub unit for a motor-vehicle wheel
US8657503B2 (en) 2010-12-16 2014-02-25 Aktiebolaget Skf Bearing hub unit for a motor-vehicle wheel
US8915649B2 (en) 2011-03-09 2014-12-23 Ntn Corporation Wheel bearing apparatus
US10081218B2 (en) 2013-03-27 2018-09-25 Ntn Corporation Wheel bearing apparatus
DE102015201798A1 (de) * 2015-02-03 2016-08-04 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Radlagereinheit

Also Published As

Publication number Publication date
US8382377B2 (en) 2013-02-26
CN102202912A (zh) 2011-09-28
DE112009002661T5 (de) 2012-06-21
US20110254356A1 (en) 2011-10-20
CN102202912B (zh) 2015-08-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9527345B2 (en) Wheel bearing apparatus
CN102822547B (zh) 结合有转速检测装置的车轮轴承装置
US7692422B2 (en) Bearing assembly having rotation sensor and mounting structure to support sensor cap and connector
US9056523B2 (en) Wheel bearing apparatus provided with a rotational speed detecting apparatus
US8641287B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a rotational speed detecting apparatus
US7942584B2 (en) Wheel bearing apparatus
JP6275465B2 (ja) 密封装置およびこれを備えた車輪用軸受装置
US5852361A (en) Rolling bearing unit having a plurality of rolling members between a stationary raceway and a rotatable raceway and a rotating speed sensor
US8052329B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a wheel speed detecting apparatus
JP5334287B2 (ja) ベアリングシール
US8764299B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a rotational speed detecting apparatus
CN105121878B (zh) 车轮轴承装置
JP5327077B2 (ja) エンコーダ付車輪支持用転がり軸受ユニット
JP4318205B2 (ja) 車輪用転がり軸受およびそれを備えた半浮動式車輪用軸受装置
JP5488696B2 (ja) エンコーダ付車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2005291485A (ja) 軸受装置
US20050254741A1 (en) Bearing apparatus for a wheel of vehicle
US8905645B2 (en) Wheel bearing apparatus
US8132967B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a wheel speed detecting apparatus
US8915649B2 (en) Wheel bearing apparatus
CN102202912B (zh) 结合有轮速检测装置的车轮用轴承装置
US8393795B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a rotational speed detecting apparatus
JP4771357B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置の組立方法
US8043010B2 (en) Wheel bearing apparatus incorporated with a wheel speed detecting apparatus
US20090123101A1 (en) Rolling bearing device

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200980143322.9

Country of ref document: CN

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 09823314

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1120090026613

Country of ref document: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 09823314

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1