WO2009110035A1 - 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置 - Google Patents

酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置 Download PDF

Info

Publication number
WO2009110035A1
WO2009110035A1 PCT/JP2008/000473 JP2008000473W WO2009110035A1 WO 2009110035 A1 WO2009110035 A1 WO 2009110035A1 JP 2008000473 W JP2008000473 W JP 2008000473W WO 2009110035 A1 WO2009110035 A1 WO 2009110035A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
exhaust gas
boiler
oxygen
concentration
flow rate
Prior art date
Application number
PCT/JP2008/000473
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
照下修平
山田敏彦
渡辺修三
内田輝俊
三澤信博
Original Assignee
株式会社Ihi
電源開発株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社Ihi, 電源開発株式会社 filed Critical 株式会社Ihi
Priority to PCT/JP2008/000473 priority Critical patent/WO2009110035A1/ja
Publication of WO2009110035A1 publication Critical patent/WO2009110035A1/ja

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23CMETHODS OR APPARATUS FOR COMBUSTION USING FLUID FUEL OR SOLID FUEL SUSPENDED IN  A CARRIER GAS OR AIR 
    • F23C9/00Combustion apparatus characterised by arrangements for returning combustion products or flue gases to the combustion chamber
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F22STEAM GENERATION
    • F22BMETHODS OF STEAM GENERATION; STEAM BOILERS
    • F22B35/00Control systems for steam boilers
    • F22B35/002Control by recirculating flue gases
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23LSUPPLYING AIR OR NON-COMBUSTIBLE LIQUIDS OR GASES TO COMBUSTION APPARATUS IN GENERAL ; VALVES OR DAMPERS SPECIALLY ADAPTED FOR CONTROLLING AIR SUPPLY OR DRAUGHT IN COMBUSTION APPARATUS; INDUCING DRAUGHT IN COMBUSTION APPARATUS; TOPS FOR CHIMNEYS OR VENTILATING SHAFTS; TERMINALS FOR FLUES
    • F23L7/00Supplying non-combustible liquids or gases, other than air, to the fire, e.g. oxygen, steam
    • F23L7/007Supplying oxygen or oxygen-enriched air
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23CMETHODS OR APPARATUS FOR COMBUSTION USING FLUID FUEL OR SOLID FUEL SUSPENDED IN  A CARRIER GAS OR AIR 
    • F23C2202/00Fluegas recirculation
    • F23C2202/50Control of recirculation rate
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E20/00Combustion technologies with mitigation potential
    • Y02E20/34Indirect CO2mitigation, i.e. by acting on non CO2directly related matters of the process, e.g. pre-heating or heat recovery

Abstract

 火炎温度の低下を防いで充分な火炉収熱を得ることができ、酸素燃焼運転を安定して行い得る酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置を提供する。  石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を計測し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるようトータルの再循環排ガス流量を制御する。

Description

酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置
 本発明は、酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置に関するものである。
 近年、地球規模の環境問題として大きく取り上げられている地球温暖化は、大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度の増加が主要因の一つであることが明らかにされており、火力発電所はこれらの物質の固定排出源として注目されているが、火力発電用燃料としては石油、天然ガス、石炭が使用されており、特に石炭は採掘可能埋蔵量が多く、今後需要が伸びることが予想されている。
 石炭は、天然ガス及び石油と比較して炭素含有量が多く、その他、水素、窒素、硫黄等の成分、無機質である灰を含んでいるため、石炭を空気燃焼させると、燃焼排ガスの組成は殆どが窒素(約70%)となり、その他、二酸化炭素CO2、硫黄酸化物SOx、窒素酸化物NOx、及び灰分や未燃焼の石炭粒子からなる塵と酸素(約4%)を含んだものとなる。そこで、燃焼排ガスは脱硝、脱硫、脱塵等の排ガス処理を実施し、NOx、SOx、微粒子が環境排出基準値以下になるようにして煙突から大気に排出している。
 前記燃焼排ガスに生じるNOxには、空気中の窒素が酸素で酸化されて生成するサーマルNOxと、燃料中の窒素が酸化されて生成するフューエルNOxとがある。従来、サーマルNOxの低減には火炎温度を低減する燃焼法が採られ、又、フューエルNOxの低減には、燃焼器内にNOxを還元する燃料過剰の領域を形成する燃焼法が採られてきた。
 又、石炭のような硫黄を含む燃料を使用した場合には、燃焼によって燃焼排ガス中にSOxが生じるため、湿式或いは乾式の脱硫装置を備えて除去している。
 一方、燃焼排ガス中に多量に発生する二酸化炭素も高効率で分離除去することが望まれており、燃焼排ガス中の二酸化炭素を回収する方法としては、従来よりアミン等の吸収液中に吸収させる手法や、固体吸着剤に吸着させる吸着法、或いは膜分離法等が検討されているが、いずれも変換効率が低く、石炭焚ボイラからのCO2回収の実用化には至っていない。
 そこで、燃焼排ガス中の二酸化炭素の分離とサーマルNOxの抑制の問題を同時に達成する有効な手法としては、空気に代えて酸素で燃料を燃焼させる手法が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
 石炭を酸素で燃焼すると、サーマルNOxの発生は無くなって、燃焼排ガスのほとんどは二酸化炭素となり、その他フューエルNOx、SOxを含んだガスとなるため、燃焼排ガスを冷却することにより、前記二酸化炭素を液化して分離することが比較的容易になる。
特開平5-231609号公報
 ところで、従来の空気燃焼の石炭焚ボイラでは、酸素に対するバランスガス、即ち微粉炭の燃焼時に使われる空気の中で酸素を除いた主成分となるガスは窒素であるのに対し、酸素燃焼ボイラでは、酸素に対するバランスガスは、再循環排ガスの中で酸素を除いた主成分となるガスであるため二酸化炭素及び水蒸気となる。
 しかしながら、窒素と二酸化炭素及び水蒸気では熱特性が違うため、酸素燃焼ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度(ボイラ持込酸素濃度)を空気中の酸素濃度である21%付近にすると、空気燃焼に比べて火炎温度が下がり、充分な火炉収熱が得られなくなる等の問題があった。
 本発明は、斯かる実情に鑑み、火炎温度の低下を防いで充分な火炉収熱を得ることができ、酸素燃焼運転を安定して行い得る酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置を提供しようとするものである。
 本発明は、石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法であって、
  石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を計測し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるようトータルの再循環排ガス流量を制御する酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法にかかるものである。
 前記酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法においては、前記ボイラ持込酸素濃度の範囲を25~30%とすることが好ましい。
 一方、本発明は、石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置であって、
  前記石炭焚ボイラへ導入される酸素のO2濃度を検出するO2濃度計と、
  前記石炭焚ボイラへ導入される酸素の流量を検出する流量計と、
  前記ミルへ導入される一次再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
  前記ミルへ導入される一次再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
  前記石炭焚ボイラへ導入される二次再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
  前記石炭焚ボイラへ導入される二次再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
  前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器と、
  前記各O2濃度計で検出されたO2濃度と前記各流量計で検出された流量とに基づき石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるよう前記流量調節器に流量制御信号を出力する制御器と
  を備えた酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置にかかるものである。
 又、本発明は、石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置であって、
  前記石炭焚ボイラへ導入される酸素のO2濃度を検出するO2濃度計と、
  前記石炭焚ボイラへ導入される酸素の流量を検出する流量計と、
  前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
  前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
  前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器と、
  前記各O2濃度計で検出されたO2濃度と前記各流量計で検出された流量とに基づき石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるよう前記流量調節器に流量制御信号を出力する制御器と
  を備えた酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置にかかるものである。
 前記酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置においては、前記ボイラ持込酸素濃度の範囲を25~30%とすることが好ましい。
 本発明の酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置によれば、火炎温度の低下を防いで充分な火炉収熱を得ることができ、酸素燃焼運転を安定して行い得るという優れた効果を奏し得る。
本発明の一実施例を示す全体概要構成図である。 本発明の一実施例における制御の流れを示すフローチャートである。 ボイラにおけるボイラ持込酸素濃度と火炉収熱との関係を示す線図である。 本発明の他の実施例を示す全体概要構成図である。
符号の説明
  1    コールバンカ
  2    給炭機
  3    ミル
  4    石炭焚ボイラ
  5    ウィンドボックス
  6    バーナ
  7    排ガスライン
  8    空気予熱器
 10    酸素製造装置
 11    押込通風機
 12    一次再循環排ガスライン
 13    コールドバイパスライン
 16    二次再循環排ガスライン
 17    二次再循環排ガス用酸素供給ライン
 18    ウィンドボックス用酸素供給ライン
 20    誘引通風機
 22    O2濃度計
 22a  O2濃度
 23    流量計
 23a  流量
 24    O2濃度計
 24a  O2濃度
 25    流量計
 25a  流量
 26    O2濃度計
 26a  O2濃度
 27    流量計
 27a  流量
 28    再循環排ガスライン
 29    流量調節弁(流量調節器)
 29a  開度制御信号(流量制御信号)
 30    制御器
 31    O2濃度計
 31a  O2濃度
 32    流量計
 32a  流量
 33    O2濃度計
 33a  O2濃度
 34    流量計
 34a  流量
 以下、本発明の実施例を添付図面を参照して説明する。
 図1~図3は本発明の一実施例であって、1は石炭を貯留するコールバンカ、2はコールバンカ1に貯留された石炭を切り出す給炭機、3は給炭機2から供給される石炭を微粉砕し且つ乾燥させるミル、4は石炭焚ボイラ、5は石炭焚ボイラ4に取り付けられたウィンドボックス、6はウィンドボックス5内に配設され且つミル3から供給される微粉炭燃焼用のバーナ、7は石炭焚ボイラ4から排出される排ガスが流れる排ガスライン、8は排ガスライン7を流れる排ガスと一次再循環排ガス並びに二次再循環排ガスとを熱交換させる空気予熱器、9は空気予熱器8を通過した排ガスを処理する脱硫装置や集塵機等の排ガス処理装置、10は酸素を製造する酸素製造装置、11は排ガス処理装置9で浄化された排ガスを一次再循環排ガス並びに二次再循環排ガスとして圧送する押込通風機(FDF)、12は押込通風機11によって圧送される排ガスの一部を一次再循環排ガスとして空気予熱器8で予熱してミル3へ導く一次再循環排ガスライン、13はミル3へ導入される一次再循環排ガスの一部を空気予熱器8を迂回させることにより一次再循環排ガスの温度を調節するためのコールドバイパスライン、14は空気予熱器8を通過する一次再循環排ガスの流量を調節するために一次再循環排ガスライン12途中に設けられた流量調節弁、15は空気予熱器8を迂回する一次再循環排ガスの流量を調節するためにコールドバイパスライン13途中に設けられた流量調節弁、16は押込通風機11によって圧送される排ガスの一部を二次再循環排ガスとして空気予熱器8で予熱してウィンドボックス5へ導く二次再循環排ガスライン、17は二次再循環排ガスライン16へ酸素製造装置10からの酸素を供給する二次再循環排ガス用酸素供給ライン、18はウィンドボックス5へ酸素製造装置10からの酸素を直接供給するウィンドボックス用酸素供給ライン、19は排ガス中からCO2等を回収する回収装置、20は排ガス処理装置9の下流側に設けられ排ガスを誘引する誘引通風機(IDF)、21は排ガス処理装置9で浄化され誘引通風機20で誘引される排ガスを大気放出する煙突であり、
  前記ウィンドボックス用酸素供給ライン18途中に、前記石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5へ直接供給される酸素のO2濃度22aを検出するO2濃度計22と、石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5へ直接供給される酸素の流量23aを検出する流量計23とを設け、
  前記一次再循環排ガスライン12途中におけるミル3の入側に、該ミル3へ導入される一次再循環排ガスのO2濃度24aを検出するO2濃度計24と、前記ミル3へ導入される一次再循環排ガスの流量25aを検出する流量計25とを設け、
  前記二次再循環排ガスライン16途中に、前記二次再循環排ガス用酸素供給ライン17から酸素が供給された二次再循環排ガスのO2濃度26aを検出するO2濃度計26と、前記二次再循環排ガス用酸素供給ライン17から酸素が供給された二次再循環排ガスの流量27aを検出する流量計27とを設け、
  前記押込通風機11の出側で且つ前記一次再循環排ガスライン12と二次再循環排ガスライン16との分岐点より上流側における再循環排ガスライン28途中に、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器としての流量調節弁29を設け、
  更に、前記各O2濃度計22,24,26で検出されたO2濃度22a,24a,26aと前記各流量計23,25,27で検出された流量23a,25a,27aとに基づき石炭焚ボイラ4へ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるよう前記流量調節弁29に流量制御信号としての開度制御信号29aを出力する制御器30を設けたものである。尚、前記流量調節弁29に代えて、例えばダンパその他の流量調節器を用い、該流量調節器に対し前記制御器30から流量制御信号を出力するようにしても良い。
 前記ボイラ持込酸素濃度の範囲は、図3に示す如く、25~30%とすることが好ましく、特に好ましくは27%程度となる。これは、空気の酸素濃度21%の場合で石炭焚ボイラ4の火炉収熱がおよそ52%程度となることを基準として、空気燃焼での運転実績からの火炉収熱許容範囲をおよそ49~60%程度と定め、酸素燃焼の場合に前記火炉収熱許容範囲を維持できるボイラ持込酸素濃度が25~30%となることに基づいている。
 次に、上記図示例の作用を説明する。
 前述の如き石炭焚ボイラ4の定常運転時においては、コールバンカ1に貯留された石炭が給炭機2によりミル3へ投入され、該ミル3において石炭が微粉砕され微粉炭にされると共に、押込通風機11によって再循環排ガスライン28から圧送される排ガスの一部が一次再循環排ガスとして一次再循環排ガスライン12から空気予熱器8で予熱されてミル3内へ導入され、該一次再循環排ガスによりミル3へ投入される石炭の乾燥が行われつつ、微粉砕された微粉炭がバーナ6へ搬送される一方、石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5には、押込通風機11によって再循環排ガスライン28から圧送される排ガスの一部が二次再循環排ガスとして二次再循環排ガスライン16から空気予熱器8で予熱されて導かれ、且つ酸素製造装置10で製造された酸素がウィンドボックス用酸素供給ライン18から直接供給され、これにより、石炭焚ボイラ4内で微粉炭の酸素燃焼が行われる。
 尚、前記石炭焚ボイラ4の起動時には、一次再循環排ガスの代わりに空気(図示せず)がミル3内へ導入され、該空気によりミル3へ投入される石炭の乾燥が行われつつ、微粉砕された微粉炭がバーナ6へ搬送される一方、二次再循環排ガス及び酸素の代わりに空気(図示せず)が石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5に供給され、石炭焚ボイラ4内で微粉炭の空気燃焼が行われ、該石炭焚ボイラ4の収熱が所定値に到達すると、前記空気が一次再循環排ガス、二次再循環排ガス及び酸素にそれぞれ切り換えられ、酸素燃焼に移行するようになっている。
 前記石炭焚ボイラ4から排出される排ガスは、排ガスライン7を流れて空気予熱器8へ導入され、該空気予熱器8において前記一次再循環排ガス並びに二次再循環排ガスが加熱され、熱回収が行われ、空気予熱器8を通過した排ガスは、脱硫装置や集塵機等の排ガス処理装置9で脱硫や集塵等の処理が行われ、該排ガス処理装置9で浄化された排ガスが誘引通風機20で誘引され煙突21から大気放出される一方、前記排ガス処理装置9を通過した排ガスの一部が、押込通風機11により再循環されると共に、回収装置19へ導入され、排ガス中からCO2等が回収されるようになっている。
 そして、本図示例においては、前記石炭焚ボイラ4の定常運転時に、石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5へ直接供給される酸素のO2濃度22aがO2濃度計22で検出され、石炭焚ボイラ4のウィンドボックス5へ直接供給される酸素の流量23aが流量計23で検出され、前記ミル3へ導入される一次再循環排ガスのO2濃度24aがO2濃度計24で検出され、前記ミル3へ導入される一次再循環排ガスの流量25aが流量計25で検出され、前記二次再循環排ガス用酸素供給ライン17から酸素が供給された二次再循環排ガスのO2濃度26aがO2濃度計26で検出され、前記二次再循環排ガス用酸素供給ライン17から酸素が供給された二次再循環排ガスの流量27aが流量計27で検出されており、制御器30において、前記各O2濃度計22,24,26で検出されたO2濃度22a,24a,26aと前記各流量計23,25,27で検出された流量23a,25a,27aとに基づき石炭焚ボイラ4へ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度が算出される(図2のステップS1参照)。
 続いて、前記ボイラ持込酸素濃度が25%より小さいか否かの判断が行われ(図2のステップS2参照)、該ボイラ持込酸素濃度が25%より小さい場合には、制御器30から出力される流量制御信号としての開度制御信号29aにより流量調節器としての流量調節弁29の開度が絞られて再循環排ガスライン28を流れるトータルの再循環排ガス流量が減少される(図2のステップS3参照)。
 前記ボイラ持込酸素濃度が25%以上である場合には、該ボイラ持込酸素濃度が30%より大きいか否かの判断が行われ(図2のステップS4参照)、該ボイラ持込酸素濃度が30%より大きい場合には、制御器30から出力される流量制御信号としての開度制御信号29aにより流量調節器としての流量調節弁29の開度が広げられて前記再循環排ガスライン28を流れるトータルの再循環排ガス流量が増加され(図2のステップS5参照)、これにより、前記ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内(25~30%)に収まり、火炎温度が低下せず、充分な火炉収熱が得られ、空気燃焼での運転実績から得られる火炉収熱の±5%程度の範囲内で安定した酸素燃焼運転が行われる形となる。
 こうして、火炎温度の低下を防いで充分な火炉収熱を得ることができ、酸素燃焼運転を安定して行い得る。
 図4は本発明の他の実施例であって、図中、図1と同一の符号を付した部分は同一物を表わしており、基本的な構成は図1に示すものと同様であるが、本図示例の特徴とするところは、図4に示す如く、前記酸素製造装置10から延び且つ前記二次再循環排ガス用酸素供給ライン17とウィンドボックス用酸素供給ライン18との分岐点より上流側における酸素供給ライン途中に、前記石炭焚ボイラ4へ導入される酸素のO2濃度31aを検出するO2濃度計31と、前記石炭焚ボイラ4へ導入される酸素の流量32aを検出する流量計32とを設け、前記再循環排ガスライン28途中に、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスのO2濃度33aを検出するO2濃度計33と、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスの流量34aを検出する流量計34と、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器としての流量調節弁29とを設け、制御器30において、前記各O2濃度計31,33で検出されたO2濃度31a,33aと前記各流量計32,34で検出された流量32a,34aとに基づき石炭焚ボイラ4へ導入されるボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内(25~30%)に収まるよう前記流量調節弁29に流量制御信号としての開度制御信号29aを出力するものとした点にある。
 本図示例においては、前記石炭焚ボイラ4の定常運転時に、石炭焚ボイラ4へ導入される酸素のO2濃度31aがO2濃度計31で検出され、石炭焚ボイラ4へ導入される酸素の流量32aが流量計32で検出され、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスのO2濃度33aがO2濃度計33で検出され、前記ミル3及び石炭焚ボイラ4へ導入されるトータルの再循環排ガスの流量34aが流量計34で検出されており、制御器30において、前記各O2濃度計31,33で検出されたO2濃度31a,33aと前記各流量計32,34で検出された流量32a,34aとに基づき石炭焚ボイラ4へ導入されるボイラ持込酸素濃度が算出され(図2のステップS1参照)、続いて、前記ボイラ持込酸素濃度が25%より小さいか否かの判断が行われ(図2のステップS2参照)、該ボイラ持込酸素濃度が25%より小さい場合には、制御器30から出力される流量制御信号としての開度制御信号29aにより流量調節器としての流量調節弁29の開度が絞られて再循環排ガスライン28を流れるトータルの再循環排ガス流量が減少され(図2のステップS3参照)、前記ボイラ持込酸素濃度が25%以上である場合には、該ボイラ持込酸素濃度が30%より大きいか否かの判断が行われ(図2のステップS4参照)、該ボイラ持込酸素濃度が30%より大きい場合には、制御器30から出力される流量制御信号としての開度制御信号29aにより流量調節器としての流量調節弁29の開度が広げられて前記再循環排ガスライン28を流れるトータルの再循環排ガス流量が増加され(図2のステップS5参照)、これにより、前記ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内(25~30%)に収まり、火炎温度が低下せず、充分な火炉収熱が得られ、空気燃焼での運転実績から得られる火炉収熱の±5%程度の範囲内で安定した酸素燃焼運転が行われる形となる。
 こうして、図4に示す例の場合も、図1に示す例の場合と同様、火炎温度の低下を防いで充分な火炉収熱を得ることができ、酸素燃焼運転を安定して行い得る。
 又、図4に示す例の場合、図1に示す例の場合に比べ、O2濃度計と流量計の個数を少なくすることも可能となる。
 尚、本発明の酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置は、上述の図示例にのみ限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。

Claims (5)

  1.  石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法であって、
      石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を計測し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるようトータルの再循環排ガス流量を制御する酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法。
  2.  前記ボイラ持込酸素濃度の範囲を25~30%とした請求項1記載の酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法。
  3.  石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置であって、
      前記石炭焚ボイラへ導入される酸素のO2濃度を検出するO2濃度計と、
      前記石炭焚ボイラへ導入される酸素の流量を検出する流量計と、
      前記ミルへ導入される一次再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
      前記ミルへ導入される一次再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
      前記石炭焚ボイラへ導入される二次再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
      前記石炭焚ボイラへ導入される二次再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
      前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器と、
      前記各O2濃度計で検出されたO2濃度と前記各流量計で検出された流量とに基づき石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるよう前記流量調節器に流量制御信号を出力する制御器と
      を備えた酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置。
  4.  石炭焚ボイラに酸素製造装置から供給される酸素を導入しつつ、再循環される排ガスを一次再循環排ガス及び二次再循環排ガスとしてミル及び石炭焚ボイラへ導入し、該ミルで粉砕された微粉炭を前記一次再循環排ガスによりバーナへ搬送して前記酸素及び二次再循環排ガスにより酸素燃焼させる酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置であって、
      前記石炭焚ボイラへ導入される酸素のO2濃度を検出するO2濃度計と、
      前記石炭焚ボイラへ導入される酸素の流量を検出する流量計と、
      前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスのO2濃度を検出するO2濃度計と、
      前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を検出する流量計と、
      前記ミル及び石炭焚ボイラへ導入されるトータルの再循環排ガスの流量を調節する流量調節器と、
      前記各O2濃度計で検出されたO2濃度と前記各流量計で検出された流量とに基づき石炭焚ボイラへ導入される全ガス量に対する酸素濃度即ちボイラ持込酸素濃度を算出し、該ボイラ持込酸素濃度が所定範囲内に収まるよう前記流量調節器に流量制御信号を出力する制御器と
      を備えた酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置。
  5.  前記ボイラ持込酸素濃度の範囲を25~30%とした請求項3又は4記載の酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置。
PCT/JP2008/000473 2008-03-06 2008-03-06 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置 WO2009110035A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2008/000473 WO2009110035A1 (ja) 2008-03-06 2008-03-06 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置

Applications Claiming Priority (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
ES08720359.2T ES2544678T3 (es) 2008-03-06 2008-03-06 Method and apparatus for controlling combustion in an oxifuel combustion boiler
PCT/JP2008/000473 WO2009110035A1 (ja) 2008-03-06 2008-03-06 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置
CN2008801291257A CN102084184B (zh) 2008-03-06 2008-03-06 氧气燃烧锅炉的燃烧控制方法及装置
AU2008352211A AU2008352211B2 (en) 2008-03-06 2008-03-06 Method and apparatus of controlling combustion in oxyfuel combustion boiler
JP2010501687A JP5107419B2 (ja) 2008-03-06 2008-03-06 酸素燃焼ボイラの燃焼制御装置
US12/920,843 US20110104624A1 (en) 2008-03-06 2008-03-06 Method and apparatus of controlling combustion in oxyfuel combustion boiler
EP08720359.2A EP2267366B1 (en) 2008-03-06 2008-03-06 Method and apparatus of controlling combustion in oxyfuel combustion boiler
PL08720359T PL2267366T3 (pl) 2008-03-06 2008-03-06 Method and device for combustion control in an oxy-fuel boiler
KR1020107021990A KR101249713B1 (ko) 2008-03-06 2008-03-06 산소 연소 보일러의 연소 제어 방법 및 장치

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2009110035A1 true WO2009110035A1 (ja) 2009-09-11

Family

ID=41055617

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2008/000473 WO2009110035A1 (ja) 2008-03-06 2008-03-06 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置

Country Status (9)

Country Link
US (1) US20110104624A1 (ja)
EP (1) EP2267366B1 (ja)
JP (1) JP5107419B2 (ja)
KR (1) KR101249713B1 (ja)
CN (1) CN102084184B (ja)
AU (1) AU2008352211B2 (ja)
ES (1) ES2544678T3 (ja)
PL (1) PL2267366T3 (ja)
WO (1) WO2009110035A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009257751A (ja) * 2008-04-14 2009-11-05 Babcock & Wilcox Power Generation Group Inc 酸素燃焼石炭燃料ボイラ及び空気燃焼と酸素燃焼との間の移行方法
JP2011106790A (ja) * 2009-11-20 2011-06-02 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ボイラ装置
JP2014070772A (ja) * 2012-09-28 2014-04-21 Babcock-Hitachi Co Ltd 固体燃料バーナを備えた燃焼装置とその運転方法

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2267366B1 (en) * 2008-03-06 2015-06-03 IHI Corporation Method and apparatus of controlling combustion in oxyfuel combustion boiler
EP2500642B1 (en) * 2009-11-09 2018-07-11 IHI Corporation Oxygen mixing apparatus for oxygen combustion boiler
US8640656B1 (en) * 2010-02-27 2014-02-04 Woody Vouth Vann Self-sustaining boiler system
JP5789146B2 (ja) * 2011-07-13 2015-10-07 株式会社神戸製鋼所 微粉炭焚きボイラ設備の運転方法および微粉炭焚きボイラ設備
CN103398397A (zh) * 2013-07-24 2013-11-20 张蕊 一种锅炉燃烧系统及利用该系统燃烧的方法
CN105042630B (zh) * 2015-07-27 2017-10-17 中国神华能源股份有限公司 富氧燃烧系统供氧控制装置和方法
CN105042632A (zh) * 2015-07-27 2015-11-11 中国神华能源股份有限公司 一种富氧燃烧系统锅炉安全保护控制装置和方法

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS553521A (en) * 1978-06-21 1980-01-11 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Combustion device for industrial ceramic furnace
JPH05231609A (ja) 1991-05-28 1993-09-07 Babcock Hitachi Kk 燃焼装置及びその運転方法
JP2001336736A (ja) * 2000-05-30 2001-12-07 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 酸素燃焼ボイラ設備の排ガス酸素濃度制御方法及び装置
JP2007147162A (ja) * 2005-11-28 2007-06-14 Electric Power Dev Co Ltd 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4177950A (en) * 1978-02-16 1979-12-11 Westinghouse Electric Corp. Control for a power plant coal mill pulverizer having feedforward damper positioning
US4411204A (en) * 1981-12-07 1983-10-25 Combustion Engineering, Inc. Method of firing a pulverized fuel-fired steam generator
JPS6367096B2 (ja) * 1982-11-08 1988-12-23 Ebara Mfg
US6532881B2 (en) * 1999-06-10 2003-03-18 L'air Liquide - Societe' Anonyme A' Directoire Et Conseil De Surveillance Pour L'etude Et L'exploitation De Procedes Georges Claude Method for operating a boiler using oxygen-enriched oxidants
JP2001115204A (ja) * 1999-10-15 2001-04-24 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 還元鉄の製造装置及び炉内温度の測定装置
JP2002081867A (ja) * 2000-09-07 2002-03-22 Daido Steel Co Ltd 金属酸化物還元炉の導入空気制御装置
US6935251B2 (en) * 2002-02-15 2005-08-30 American Air Liquide, Inc. Steam-generating combustion system and method for emission control using oxygen enhancement
US8246343B2 (en) * 2003-01-21 2012-08-21 L'air Liquide Societe Anonyme Pour L'etude Et L'exploitation Des Procedes Georges Claude Device and method for efficient mixing of two streams
US7261046B1 (en) * 2003-06-10 2007-08-28 Aptech Engineering Services, Inc. System and method of reducing pulverizer flammability hazard and boiler nitrous oxide output
US6843185B1 (en) * 2003-06-27 2005-01-18 Maxon Corporation Burner with oxygen and fuel mixing apparatus
DE102005009957B4 (de) * 2005-03-04 2007-02-01 Martin GmbH für Umwelt- und Energietechnik Verfahren zum Verbrennen von Brennstoffen, insbesondere Abfall
JP2007147161A (ja) * 2005-11-28 2007-06-14 Electric Power Dev Co Ltd 燃焼装置の排ガス処分方法及び装置
CN200975664Y (zh) * 2006-11-24 2007-11-14 华中科技大学 富氧燃烧循环流化床锅炉系统
EP2267366B1 (en) * 2008-03-06 2015-06-03 IHI Corporation Method and apparatus of controlling combustion in oxyfuel combustion boiler

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS553521A (en) * 1978-06-21 1980-01-11 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Combustion device for industrial ceramic furnace
JPH05231609A (ja) 1991-05-28 1993-09-07 Babcock Hitachi Kk 燃焼装置及びその運転方法
JP2001336736A (ja) * 2000-05-30 2001-12-07 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 酸素燃焼ボイラ設備の排ガス酸素濃度制御方法及び装置
JP2007147162A (ja) * 2005-11-28 2007-06-14 Electric Power Dev Co Ltd 酸素燃焼ボイラの燃焼制御方法及び装置

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP2267366A4 *

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009257751A (ja) * 2008-04-14 2009-11-05 Babcock & Wilcox Power Generation Group Inc 酸素燃焼石炭燃料ボイラ及び空気燃焼と酸素燃焼との間の移行方法
JP2011106790A (ja) * 2009-11-20 2011-06-02 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ボイラ装置
JP2014070772A (ja) * 2012-09-28 2014-04-21 Babcock-Hitachi Co Ltd 固体燃料バーナを備えた燃焼装置とその運転方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2009110035A1 (ja) 2011-07-14
US20110104624A1 (en) 2011-05-05
CN102084184A (zh) 2011-06-01
AU2008352211B2 (en) 2012-05-31
EP2267366A1 (en) 2010-12-29
EP2267366B1 (en) 2015-06-03
ES2544678T3 (es) 2015-09-02
JP5107419B2 (ja) 2012-12-26
EP2267366A4 (en) 2012-06-06
CN102084184B (zh) 2013-07-17
PL2267366T3 (pl) 2015-11-30
KR101249713B1 (ko) 2013-04-05
KR20100120707A (ko) 2010-11-16
AU2008352211A1 (en) 2009-09-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN103953921B (zh) 富氧燃烧锅炉系统及其运行方法
Stanger et al. Oxyfuel combustion for CO2 capture in power plants
US9598653B2 (en) Efficient volatile metal removal from low rank coal in gasification, combustion, and processing systems and methods
US8991149B2 (en) Dry 3-way catalytic reduction of gas turbine NOX
JP6224887B2 (ja) 統合型汚染制御を備えた酸素燃料燃焼
Stadler et al. Oxyfuel coal combustion by efficient integration of oxygen transport membranes
Barker et al. CO2 capture in the cement industry
Croiset et al. NOx and SO2 emissions from O2/CO2 recycle coal combustion
AU2010324744B2 (en) Method and system for capturing carbon dioxide in an oxyfiring process where oxygen is supplied by regenerable metal oxide sorbents
Jordal et al. Oxyfuel combustion for coal-fired power generation with CO2 capture—opportunities and challenges
ES2372620T3 (es) Método y aparato para controlar la combustión en una caldera que quema con oxígeno.
Seepana et al. Steam-moderated oxy-fuel combustion
US8230796B2 (en) Air-fired CO2 capture ready circulating fluidized bed steam generators
Dillon et al. Oxy-combustion processes for CO2 capture from advanced supercritical PF and NGCC power plant
US6247315B1 (en) Oxidant control in co-generation installations
CN100441946C (zh) 富氧燃烧循环流化床锅炉系统
US7954458B2 (en) Boiler having an integrated oxygen producing device
ES2527501T3 (es) Procedure and apparatus for controlling the supply of oxygen in an oxygenated fuel combustion boiler
US8561555B2 (en) Oxyfuel combustion boiler plant and operating method for the same
US20130118179A1 (en) Power plant with co2 capture
US8453585B2 (en) Oxy-combustion coal fired boiler and method of transitioning between air and oxygen firing
JP2011247264A (ja) 煙道ガス再循環を備えるコンバインドサイクル発電プラント
US8961170B2 (en) Dust coal boiler, dust coal combustion method, dust coal fuel thermal power generation system, and waste gas purification system for dust coal boiler
US5423272A (en) Method for optimizing the operating efficiency of a fossil fuel-fired power generation system
CN204554797U (zh) 降低氮氧化物排放的循环流化床燃烧装置

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200880129125.7

Country of ref document: CN

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 08720359

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2010501687

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2008352211

Country of ref document: AU

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 6200/DELNP/2010

Country of ref document: IN

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 2008352211

Country of ref document: AU

Date of ref document: 20080306

Kind code of ref document: A

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 20107021990

Country of ref document: KR

Kind code of ref document: A

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2008720359

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 12920843

Country of ref document: US