WO2009098762A1 - 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット - Google Patents

灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット Download PDF

Info

Publication number
WO2009098762A1
WO2009098762A1 PCT/JP2008/051948 JP2008051948W WO2009098762A1 WO 2009098762 A1 WO2009098762 A1 WO 2009098762A1 JP 2008051948 W JP2008051948 W JP 2008051948W WO 2009098762 A1 WO2009098762 A1 WO 2009098762A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
greening unit
sheet
greening
planting
plate
Prior art date
Application number
PCT/JP2008/051948
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Syoji Shirai
Original Assignee
Builmatel Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Builmatel Co., Ltd. filed Critical Builmatel Co., Ltd.
Priority to PCT/JP2008/051948 priority Critical patent/WO2009098762A1/ja
Publication of WO2009098762A1 publication Critical patent/WO2009098762A1/ja

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01GHORTICULTURE; CULTIVATION OF VEGETABLES, FLOWERS, RICE, FRUIT, VINES, HOPS OR SEAWEED; FORESTRY; WATERING
    • A01G9/00Cultivation in receptacles, forcing-frames or greenhouses; Edging for beds, lawn or the like
    • A01G9/02Receptacles, e.g. flower-pots or boxes; Glasses for cultivating flowers
    • A01G9/022Pots for vertical horticulture
    • A01G9/025Containers and elements for greening walls
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P60/00Technologies relating to agriculture, livestock or agroalimentary industries
    • Y02P60/20Reduction of greenhouse gas [GHG] emissions in agriculture, e.g. CO2

Abstract

 灌水手段を備え、施工、管理が容易な壁面緑化用ユニットを提供する。この壁面緑化用ユニットは、前面に複数の植栽ポットを並列に有し垂直に設置されたシートと、灌水配管とからなり、前記シートのうち少なくとも植栽ポットを覆う被覆板を備えてなる。この被覆板は前記シートに対して開閉自在である。

Description

灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット
 この発明は、灌水手段を備えた壁面緑化用ユニットに関し、特に、灌水配管と植栽ポットを備えた壁面緑化用ユニットに関するものである。
 近年、都会におけるヒートアイランド現象が社会問題になるにつれて、CO2の削減や反射熱の抑制及び断熱効果による省エネルギー等の効果を期待する屋上緑化システム、壁面緑化システムが注目を集めている。
 壁面緑化システムとしては、植物を上から垂らす吊下げ型、これとは逆に上に這わせる登攀型、予め緑化パネルや緑化箱を取り付けるユニット型等の種類が知られているが、施工性、荷重、植物への確実な水遣り、施工直後の緑被率の点で、様々な課題が残されている。
 例えば、保水性の繊維シートを用い、更に給水機構を備えた壁面緑化用ユニットが公知である(特開2007-037519号公報:特許文献1)。
 また、壁面板に土壌を充填したポケットを設け、その底部に排水孔を設けた壁面材が公知である(特開2006-322219号公報:特許文献2)。
 更に、壁面緑化ネットを屋上から吊り下げるタイプの壁面緑化ユニット(特開2006-204233号公報:特許文献3)や、植栽ユニットをワイヤで昇降させる壁面緑化装置(特開2004-248550号公報:特許文献4および特開2007-202473号公報:特許文献5)も公知である。
特開2007-037519号公報 特開2006-322219号公報 特開2006-204233号公報 特開2004-248550号公報 特開2007-202473号公報
 本発明は、軽量で植栽ポットを備えた壁面緑化用ユニットにおいて前記課題を解決すると共に、灌水手段を備え、施工、管理が容易な壁面緑化用ユニットを提供することを目的とするものである。
 本発明は、前面に複数の植栽ポットを並列に有し垂直に設置されたシートと、灌水配管とからなる壁面緑化用ユニットであって、前記シートのうち少なくとも植栽ポットを覆う被覆板を備えてなることを特徴とする。
 前記被覆板は前記シートに対して開閉自在であることが好ましい。
 前記被覆板が水平方向に並列する植栽ポット群を覆う大きさであり、該植栽ポット群毎に開閉自在であることが好ましい。
 前記被覆板が、前記植栽ポットとの対向位置に開口部を持つ、略前記シートの大きさの扉であって、前記植栽ポットに対して同時に開閉自在であることが好ましい。
 前記壁面緑化用ユニットは、金属製または合成樹脂製の枠または平板に不織布製シートを取着してなることが好ましい。
 前記被覆板が前記枠または平板にヒンジにて固定されてなり、該被覆板が前記シートに対して開閉自在であることが好ましい。
 前記灌水配管が前記被覆板の背面(前記シートと対向する面)に取着されてなることが好ましい。
 前記シートが変形し難い材料からなる平板であることが好ましい。
 前記被覆板がパンチングメタルからなることが好ましい。
 本発明の壁面緑化用ユニットは、建設現場の仮囲い、建物外壁用、または、自立壁用として用いられる。
 請求項1および2記載の発明によれば、軽量かつ灌水の施工、管理が容易な壁面緑化用ユニットを実現することができる。また、特に、土壌の交換、植栽の入れ替え時に汚れがちな植栽ポットの汚れが壁面緑化用ユニットの外観に表れることがない。
 請求項3および4記載の発明によれば、灌水用の配管は目詰まりや閉塞を生じる虞があるものの、灌水配管へのアクセスが容易になるので、灌水手段の保守管理が容易となる。
 請求項5記載の発明によれば、前記効果に加えて、不織布と枠を構成要素とする軽量化の恩恵を享受することができる。
 請求項6記載の発明によれば、植栽ポットの外観を汚すことなく、また灌水機能を妨げることなく、土壌の交換、植栽の入れ替えを極めて容易に行うことができる。
 請求項7記載の発明によれば、前記被覆板を開閉しても灌水機能が中断することがなく、灌水手段の保守管理が容易となる。
 請求項8記載の発明によれば、壁面緑化用ユニットを構成する部材を削減することが可能となる。
壁面緑化用ユニット1の斜視図である。 壁面緑化用ユニット1を構成する各部材を分解して示す斜視図である。 被覆板30を開けた状態にある壁面緑化用ユニット1の斜視図である。
符号の説明
 1 壁面緑化用ユニット
10 シート
12 植栽ポット
20 枠
30 被覆板
32 ヒンジ
40 灌水ヘッダー
42 灌水チューブ
44 片サドル
 以下、本発明に係る壁面緑化用ユニットの最良の実施形態を、図面を参照しながら説明する。
 図1は壁面緑化用ユニット1の斜視図であり、図2はこの壁面緑化用ユニット1を構成する各部材(灌水配管を除く。)を分解して示す斜視図であり、図3は構成部材である被覆板30を開けた状態にある壁面緑化用ユニット1の斜視図である。
 図2には、前面に複数の植栽ポット12を有する不織布製のシート10と、シート10を取着するステンレス製の枠20と、パンチングメタルからなる被覆板30が、独立して図示されている。
 シート10の前面には複数の植栽ポット12、12、・・・が縦横方向に並列的に設置され、これらの植栽ポット12に軽量土壌が充填される。
 シート10の形状と大きさには特別の制限はないが、本実施形態ではシートの厚みを2mm、横500mm×縦900mmの方形として、縦横150mm×150mmの大きさの植栽ポット12を3列4段、合計12個配置した。
 シート10の材質は、不織布とすることが好ましく、特に、高強度で、耐光性、耐候性、および防草性を備えた不織布が好ましい。このような不織布としては防草シートが挙げられる。
 枠20は、シート10の形状に合わせた寸法とし、シート10が枠20にリベット等にて固定される。
 枠20は、植栽ポット12に土壌が充填された状態においてシート10の形状(本実施形態では方形。)を保持する役割を果たすものである。従って、枠20をこれに代えて平板としても良い。枠20または平板の材質は、金属または合成樹脂とすることができる。
 なお、シート10を不織布に代えて変形し難い材料から構成する場合においては、枠20を設けることを要さない。
 シート10(および枠20)は、壁面を構成するために、通常、垂直に設置される。
 本発明の壁面緑化用ユニット1において特徴的な被覆板30は、土壌の充填、交換作業において表面が汚れがちな植栽ポット12を隠すことを第1の目的として設けられる。従って、被覆板30の大きさは、シート10のうち少なくとも植栽ポット12を覆うものであれば良い。
 また、被覆板30は、植栽ポット12内の植物や土壌の交換作業を妨げるものであってはならない。このため、被覆板30はシート10に固定するのではなく、シート10に対して開閉自在とすることが好ましい。
 より具体的に説明すれば、被覆板30の大きさを水平方向に並列する植栽ポット12、12群を覆う大きさとし、該植栽ポット12、12群毎に開閉自在とすることが1実施形態である。また、被覆板30を、各植栽ポット12、12・・・との対向位置に開口部を持つ、シート10の大きさに等しい扉として形成し、植栽ポット12、12・・・に対して同時に開閉自在とすることも1実施形態である。
 図3に示す実施形態においては、被覆板30を水平方向に並列する植栽ポット12、12群を覆う大きさとして4段設け、これらの被覆板30を枠20にヒンジにて固定することにより、被覆板30がシート10に対して開閉自在となるように構成している。
 被覆板30は、パンチングメタル、金網などで構成し、ステンレス等の金属製、合成樹脂製とすることが好ましい。
 被覆板30の形状は、図3に示すように並列する植栽ポット群を単純に覆うものでも良いし、何らかの形状、模様、色彩からなる意匠を施したものとしても良い。植栽ポット12が被覆板30で隠れることになるので、本発明の壁面緑化用ユニット1において、外観に表れる部分は植物と被覆板30のみとなり優れた景観を演出することになる。
 植栽によって壁面緑化を行うシステムでは、灌水が必要である。
 本発明の壁面緑化用ユニット1は、図3に示すように灌水配管を備えている。
 灌水配管は、図示してない灌水装置(水栓、給水制御バルブ、給水管等からなる。)に接続され、枠20に沿って設けられた灌水ヘッダー40と、これから分岐され被覆板30の背面(シート10と対向する面)に片サドル44にて取着された灌水チューブ42とからなる。
 この実施形態では、灌水チューブ42、42・・・が各植栽ポット12、12・・・に配置されるので、ドリップチューブを天場に一本設ける従来の灌水方法と異なり、各植栽ポット12、12・・・に確実に灌水すると共に無効水の削減が可能となる。
 また、灌水チューブ42が被覆板30に取り付けられるので、被覆板30を開閉しても灌水機能が中断したり、灌水チューブ42を取り外す必要がない。この点で、従来行われていた植栽シートや植栽ポットの裏側からの灌水方法と比べて、作業性が優れている。
 灌水チューブ42は5mmφ程度の可撓性のポリエチレン製とし、灌水チューブ42の先端部が植栽ポット12に届くように配置する。同先端部はスパイクで植栽ポット12内の土壌に固定しておくことが好ましい。
 植栽ポット12への灌水方法としては、本実施形態以外にも、灌水チューブ42の先端から各植栽ポット12、12・・・に向けてシャワー状に散布する方法を採用することができる。
 本発明の壁面緑化用ユニット1を、例えば建設現場の仮囲いに施工する場合は、予め栽培された植物を植栽ポット12に植栽した状態の壁面緑化用ユニット1を現場に搬入し、これを仮囲いに取り付けた後、灌水配管をセットする。
 本発明の壁面緑化用ユニット1は、緑化すべき壁面の大きさに応じて必要個数を隣接設置することにより、どのような大きさの壁面にも対応することができる。
 適用可能な壁面としては、前記した建設現場の仮囲いの他、各種建物の内外壁が挙げられる。この場合、本発明の壁面緑化用ユニット1は非常に軽量であるから、壁面に固定するだけでなく、吊り下げ設置しても良い。
 更に、本発明の壁面緑化用ユニット1は、地面や床に台(架台)を介して設置すれば、室内の間仕切り、パーティションボード、垣根等、自立壁としての用途にも適用可能である。

Claims (12)

  1.  前面に複数の植栽ポットを並列に有し垂直に設置されたシートと、灌水配管とからなる壁面緑化用ユニットであって、前記シートのうち少なくとも植栽ポットを覆う被覆板を備えてなる壁面緑化用ユニット。
  2.  前記被覆板が前記シートに対して開閉自在であることを特徴とする請求項1記載の壁面緑化用ユニット。
  3.  前記被覆板が水平方向に並列する植栽ポット群を覆う大きさであり、該植栽ポット群毎に開閉自在であることを特徴とする請求項1記載の壁面緑化用ユニット。
  4.  前記被覆板が、前記植栽ポットとの対向位置に開口部を持つ、略前記シートの大きさの扉であって、前記植栽ポットに対して同時に開閉自在であることを特徴とする請求項1記載の壁面緑化用ユニット。
  5.  金属製または合成樹脂製の枠または平板に不織布製シートを取着してなる請求項1記載の壁面緑化用ユニット。
  6.  前記被覆板が前記枠または平板にヒンジにて固定されてなり、該被覆板が前記シートに対して開閉自在である請求項5記載の壁面緑化用ユニット。
  7.  前記灌水配管が前記被覆板の背面(前記シートと対向する面)に取着されてなる請求項5または請求項6記載の壁面緑化用ユニット。
  8.  前記シートが変形し難い材料からなる平板である請求項1~4のいずれか記載の壁面緑化用ユニット。
  9.  前記被覆板がパンチングメタルからなる請求項1~8のいずれか記載の壁面緑化用ユニット。
  10.  建設現場の仮囲いのための請求項1~9のいずれか記載の壁面緑化用ユニット。
  11.  建物外壁用の請求項1~9のいずれか記載の壁面緑化用ユニット。
  12.  自立壁用の請求項1~9のいずれか記載の壁面緑化用ユニット。
PCT/JP2008/051948 2008-02-06 2008-02-06 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット WO2009098762A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2008/051948 WO2009098762A1 (ja) 2008-02-06 2008-02-06 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2008/051948 WO2009098762A1 (ja) 2008-02-06 2008-02-06 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット
JP2008523062A JPWO2009098762A1 (ja) 2008-02-06 2008-02-06 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2009098762A1 true WO2009098762A1 (ja) 2009-08-13

Family

ID=40951850

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2008/051948 WO2009098762A1 (ja) 2008-02-06 2008-02-06 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JPWO2009098762A1 (ja)
WO (1) WO2009098762A1 (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011051619A1 (fr) * 2009-10-30 2011-05-05 Dos Santos Jose Dispositif pour un agencement vertical ou incliné de culture hors sol de végétaux
JP2011167137A (ja) * 2010-02-19 2011-09-01 Nippon Chiko Co Ltd 多目的植栽基盤
JP2012100648A (ja) * 2010-04-21 2012-05-31 Susumu Nakatani 緑化用棚形成体および緑化棚
EP2556775A1 (en) * 2011-08-08 2013-02-13 Elho International B.V. Wall decoration system
JP2013063042A (ja) * 2011-09-16 2013-04-11 Yamazaki Corp 植物栽培用具及び植物栽培法
JP2013099298A (ja) * 2011-11-09 2013-05-23 Daiwa House Industry Co Ltd 緑化面形成部材
CN103416252A (zh) * 2013-08-10 2013-12-04 毛超明 一种植物架
CN103749180A (zh) * 2013-12-31 2014-04-30 河南希芳阁绿化工程股份有限公司 可折叠种植用立体墙
WO2014147523A1 (en) * 2013-03-22 2014-09-25 C Baker Modular wall system for vertical gardens
CN104542227A (zh) * 2014-12-21 2015-04-29 浙江大学 可用于气雾栽培的植物墙装置
AU2014100545B4 (en) * 2012-10-23 2015-05-07 Bookleaf Pty Ltd Green Wall Planting Support Apparatus
CN107047115A (zh) * 2017-06-10 2017-08-18 绿地集团森茂园林有限公司 一种墙体垂直绿化系统

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06315321A (ja) * 1993-04-30 1994-11-15 Shintaro Sato パネル植装形植栽器
JPH07123866A (ja) * 1993-11-01 1995-05-16 Yutaka Fukuzumi 壁面緑化方法及び装置
JPH0896A (ja) * 1994-06-15 1996-01-09 Kajima Corp 緑化壁面を構成するための植栽壁ユニット
JP2004141174A (ja) * 2004-02-19 2004-05-20 Createrra Network:Kk 植物ユニット、植物ユニットへの植物収納方法
JP2004267084A (ja) * 2003-03-07 2004-09-30 Dokoo:Kk 家屋・塀・仮囲い等の建造物の表面緑化用器材及び緑化方法
JP2004337054A (ja) * 2003-05-15 2004-12-02 Nippon Chiko Co Ltd 壁面緑化ユニット
JP2008029322A (ja) * 2006-06-29 2008-02-14 Asahi Kosan:Kk 植栽パネル、壁面緑化構造及び壁面緑化工法

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5957697A (en) * 1982-09-28 1984-04-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd Washer
JP2576038B2 (ja) * 1994-02-17 1997-01-29 末大 長岡 壁面用植木鉢

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06315321A (ja) * 1993-04-30 1994-11-15 Shintaro Sato パネル植装形植栽器
JPH07123866A (ja) * 1993-11-01 1995-05-16 Yutaka Fukuzumi 壁面緑化方法及び装置
JPH0896A (ja) * 1994-06-15 1996-01-09 Kajima Corp 緑化壁面を構成するための植栽壁ユニット
JP2004267084A (ja) * 2003-03-07 2004-09-30 Dokoo:Kk 家屋・塀・仮囲い等の建造物の表面緑化用器材及び緑化方法
JP2004337054A (ja) * 2003-05-15 2004-12-02 Nippon Chiko Co Ltd 壁面緑化ユニット
JP2004141174A (ja) * 2004-02-19 2004-05-20 Createrra Network:Kk 植物ユニット、植物ユニットへの植物収納方法
JP2008029322A (ja) * 2006-06-29 2008-02-14 Asahi Kosan:Kk 植栽パネル、壁面緑化構造及び壁面緑化工法

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8950112B2 (en) 2009-10-30 2015-02-10 Modulogreen Vertical Solutions Device for a vertical or angled arrangement of the hydroponic cultivation of plants
US9258948B2 (en) 2009-10-30 2016-02-16 Modulogreen Vertical Solutions System for plant cultivation in containers in a vertical or sloped arrangement
CN102762093B (zh) * 2009-10-30 2016-01-20 垂直解决方案公司 用于容器植物培养的竖直或倾斜布置的系统
CN102762093A (zh) * 2009-10-30 2012-10-31 垂直解决方案公司 用于容器植物培养的竖直或倾斜布置的系统
RU2553649C2 (ru) * 2009-10-30 2015-06-20 Модулогрин Вертикал Солютионс Устройство для вертикального или наклонного размещения сельскохозяйственных культур вне растительного грунта
WO2011051619A1 (fr) * 2009-10-30 2011-05-05 Dos Santos Jose Dispositif pour un agencement vertical ou incliné de culture hors sol de végétaux
JP2011167137A (ja) * 2010-02-19 2011-09-01 Nippon Chiko Co Ltd 多目的植栽基盤
JP2012100648A (ja) * 2010-04-21 2012-05-31 Susumu Nakatani 緑化用棚形成体および緑化棚
EP2556775A1 (en) * 2011-08-08 2013-02-13 Elho International B.V. Wall decoration system
JP2013063042A (ja) * 2011-09-16 2013-04-11 Yamazaki Corp 植物栽培用具及び植物栽培法
JP2013099298A (ja) * 2011-11-09 2013-05-23 Daiwa House Industry Co Ltd 緑化面形成部材
AU2014100545B4 (en) * 2012-10-23 2015-05-07 Bookleaf Pty Ltd Green Wall Planting Support Apparatus
GB2526750A (en) * 2013-03-22 2015-12-02 Modiwall Pty Ltd Modular wall system for vertical gardens
WO2014147523A1 (en) * 2013-03-22 2014-09-25 C Baker Modular wall system for vertical gardens
CN103416252A (zh) * 2013-08-10 2013-12-04 毛超明 一种植物架
CN103749180A (zh) * 2013-12-31 2014-04-30 河南希芳阁绿化工程股份有限公司 可折叠种植用立体墙
CN104542227A (zh) * 2014-12-21 2015-04-29 浙江大学 可用于气雾栽培的植物墙装置
CN107047115A (zh) * 2017-06-10 2017-08-18 绿地集团森茂园林有限公司 一种墙体垂直绿化系统
CN107047115B (zh) * 2017-06-10 2019-12-10 绿地集团森茂园林有限公司 一种墙体垂直绿化系统

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2009098762A1 (ja) 2011-05-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2009098762A1 (ja) 灌水配管を備えた壁面緑化用ユニット
US7757436B2 (en) Modular greening device for facades, walls or the like
KR101296738B1 (ko) 벽면녹화용 화분 및 이를 이용한 벽면녹화 수직정원 시스템
JP2009528827A (ja) 縦型植栽システム
JP2004337054A (ja) 壁面緑化ユニット
CA2593536A1 (en) Temporary structural body for seeding and planting
CN104088380A (zh) 适用于多层或高层建筑的旋转式植物墙体
JP2006129846A (ja) 壁面緑化設備の植栽ブロック受け皿
CN205884160U (zh) 高层商业建筑垂直绿化装置
AU2013325320A1 (en) Double vertical hanging unit, in the form of pouches, for hydroponic plant cultivation, panel of double vertical hanging units, in pouch form, and greenhouse structure
NL2004060C2 (nl) Bouwblok en wand opgebouwd uit een veelvoud van deze bouwblokken.
AU2010258104A1 (en) Vegetation support system
KR100885004B1 (ko) 초박형 옥상녹화 시스템
JP4845545B2 (ja) 緑化ユニット
CN201138959Y (zh) 绿化植物墙
JP2008118984A (ja) 緑化ユニット
JP2011055843A (ja) 緑化仮設構造体
JP4657683B2 (ja) 壁面緑化設備
US20210015054A1 (en) Planting panel for vertical garden
KR100791064B1 (ko) 벽면녹화용 프레임 및 이를 이용한 조립식 벽면녹화구조
CN205454821U (zh) 一种磁吸壁挂的虹吸式家庭园艺盒
JP4783132B2 (ja) 緑化ユニット
JP3157945U (ja) 緑化パネル
JP2010148406A (ja) 緑化カーテンウォール
JP5020150B2 (ja) 緑化仮囲い装置およびそれに使用できる植栽部材

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2008523062

Country of ref document: JP

ENP Entry into the national phase

Ref document number: 2008523062

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 08710845

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 08710845

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1