WO2009090711A1 - 金型搬送台車 - Google Patents

金型搬送台車 Download PDF

Info

Publication number
WO2009090711A1
WO2009090711A1 PCT/JP2008/003871 JP2008003871W WO2009090711A1 WO 2009090711 A1 WO2009090711 A1 WO 2009090711A1 JP 2008003871 W JP2008003871 W JP 2008003871W WO 2009090711 A1 WO2009090711 A1 WO 2009090711A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
mold
pin
positioning pin
fall prevention
operating
Prior art date
Application number
PCT/JP2008/003871
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Ichiro Kitaura
Ryohsuke Kohuchi
Original Assignee
Pascal Engineering Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2008007135A priority Critical patent/JP2009166361A/ja
Priority to JP2008-007135 priority
Application filed by Pascal Engineering Corporation filed Critical Pascal Engineering Corporation
Publication of WO2009090711A1 publication Critical patent/WO2009090711A1/ja

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D37/00Tools as parts of machines covered by this subclass
    • B21D37/14Particular arrangements for handling and holding in place complete dies
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B22CASTING; POWDER METALLURGY
    • B22DCASTING OF METALS; CASTING OF OTHER SUBSTANCES BY THE SAME PROCESSES OR DEVICES
    • B22D17/00Pressure die casting or injection die casting, i.e. casting in which the metal is forced into a mould under high pressure
    • B22D17/20Accessories: Details
    • B22D17/22Dies; Die plates; Die supports; Cooling equipment for dies; Accessories for loosening and ejecting castings from dies
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C33/00Moulds or cores; Details thereof or accessories therefor
    • B29C33/30Mounting, exchanging or centering

Abstract

 金型搬送台車10は、位置決め穴8に係脱可能な位置決めピン22を有した位置決めピン機構20aと、係止位置と非係止位置とに切換え可能な落下防止ピン42を有した落下防止ピン機構40aと、位置決めピン22を非係合位置へ操作可能な第1操作機構30aと、落下防止ピン42を非係止位置へ操作可能な第2操作機構50aと、第1,第2操作機構30a,50aを連結する第1,第2ワイヤ部材75a,75bを含み、第1操作機構30aを操作して位置決めピン22を非係合位置へ切換えた状態では第2操作機構50aを操作不能にすると共に第2操作機構50aを操作して落下防止ピン42を非係止位置へ切換えた状態では第1操作機構30aを操作不能にするインターロック機構60とを備えた。

Description

金型搬送台車
 本発明は、複数の車輪を有する台車本体と、金型を載置可能なローラ群を有する金型載置部とを有する金型搬送台車に関して、台車本体に備えられた位置決めピン機構と金型載置部に備えられた落下防止ピン機構を機械的に連結し連係可能にしたものに関する。
 従来、成形装置の金型搬送に使用される金型搬送台車は、4組の車輪付きの台車本体と、2組の金型を載置可能な2組のローラ群を有する第1,第2金型載置部と、第1,第2金型載置部に対応する2組の位置決めピン機構と2組の落下防止ピン機構とを備えている。2組の位置決めピン機構の位置決めピンは、夫々第1操作機構により、成形装置に付設のレール部材の位置決め穴に係脱可能である。2組の落下防止ピン機構は、夫々金型載置部の一端部に設けられ、第2操作機構により落下防止ピンが金型を係止する係止位置と非係止位置とに切換え可能に操作される。
 成形装置の金型を交換する場合、次回に使用予定の金型を第2載置部に載置した金型搬送台車を、成形装置側の使用済み金型を第1金型載置部に載置するために、成形装置の金型交換位置に停止させる。第1金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置から係合位置へ切換えてレール部材の位置決め穴に係合させ、第2操作機構を操作して、落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態で、使用済み金型を成形装置から空の第1金型載置部に移載する。
 次に、第1金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置へ切換え、且つ第2操作機構を操作して落下防止ピンを係止位置へ切換える。次に、第2金型載置部上の金型を成形装置の金型取付け部に取り付けるために、金型搬送台車を少し移動させて、第2金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置から係合位置へ切換えてレール部材の位置決め穴に係合させる。第2操作機構を操作して、落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態で、金型を第2金型載置部から成形装置へ移載する。
 次に、第2金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置へ切換え、且つ第2操作機構を操作して、落下防止ピンを係止位置へ切換えてから、使用済み金型を搬出するため金型搬送台車を金型保管場所へ移動させる。
 他方、特許文献1に記載の射出成形用金型交換システムにおいて、金型交換台車に、使用済みの金型を受け入れる受入台と使用予定の金型の待機台とを有するテーブルと、金型の落下防止のための金型ストッパ開閉レバーと、テーブルを台車に固定する位置固定用の移動ロック用クランプレバーと、台車を成形装置に固定する台車位置決めレバーなどが備えられたものが開示されている。
特開2002-1771号公報
 しかし、金型搬送台車の位置決めピン機構と落下防止ピン機構が、機械的に連結されていないため、第1操作機構により操作される位置決めピン機構の作動と第2操作機構により操作される落下防止ピン機構の作動とが独立している。また、特許文献1の金型交換台車も同様に各機構の作動が独立している。
 そのため、金型搬送台車を所定の金型交換場所に位置決めしていない状態で、誤操作により落下防止ピンを非係合位置に切換えてしまうと、使用予定の金型や使用済みの金型が金型載置部から移動して金型搬送台車から脱落し、成形装置や金型を損傷させてしまう虞がある。
 使用済み金型を成形装置から第1載置部へ移載する間や使用予定の金型を第2載置部から成形装置に取り付ける間、落下防止ピンが非係止位置に切り換えられた状態で、誤操作により位置決めピンを非係合位置に切り換えられて金型搬送台車を移動させてしまうと、金型が搬送台車から脱落し、成形装置や金型を損傷させてしまう虞がある。
 本発明の目的は、位置決めピン機構と落下防止ピン機構とを機械的に連結し、位置決めピンを非係合位置へ切換えた状態では落下防止ピンを操作不能にすると共に、落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態では位置決めピンを操作不能にして、誤操作による金型や成形装置の損傷を確実に防止することができる金型搬送台車を提供することである。
 本発明に係る金型搬送台車は、複数の車輪を有する台車本体と、金型を載置可能なローラ群を有する金型載置部とを有する金型搬送台車において、成形装置の前面側の金型交換場所に設けられたレール部材の位置決め穴に係脱可能な位置決めピンと、この位置決めピンを係合位置へ付勢する第1付勢部材を有し且つ台車本体に設けられた位置決めピン機構と、金型載置部上の金型を係止する係止位置と非係止位置とに切換え可能な落下防止ピンと、この落下防止ピンを係止位置へ弾性付勢する第2付勢部材を有し且つ金型載置部の一端部分に設けられた落下防止ピン機構と、前記台車本体に装備され、前記位置決めピンに連結された第1ワイヤを介して位置決めピンを非係合位置へ操作可能な第1操作機構と、前記台車本体に装備され、前記落下防止ピンに連結された第2ワイヤを介して落下防止ピンを非係止位置へ操作可能な第2操作機構と、前記第1,第2操作機構を機械的に連結する第1,第2ワイヤ部材を含み、第1操作機構を操作して位置決めピンを非係合位置へ切換えた状態では第2操作機構を操作不能にすると共に前記第2操作機構を操作して落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態では第1操作機構を操作不能にするインターロック機構と、を備えたことを特徴としている。
 成形装置に固定されている金型を交換する場合、金型搬送台車を次回使用予定の金型を第2金型載置部に載置して搬送し、空の第1金型載置部に成形装置側の使用済み金型を載置するため成形装置の金型交換位置に停止させる。第1金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置から係合位置へ切換えてレール部材の位置決め穴に係合させる。このとき、第1操作機構により位置決めピンを係合位置へ切換えるまでは、インターロック機構により第2操作機構がロックされて操作不能になっている。第2操作機構のロックが解除されると、第2操作機構を操作して、落下防止ピンを非係止位置へ切換え、使用済み金型を成形装置から空の第1金型載置部に移載する。落下防止ピンが非係止位置にある間は、インターロック機構により第1操作機構がロックされる。
 次に、第2操作機構を操作して落下防止ピンを係止位置へ切換える。このとき、第2操作機構により落下防止ピンを係止位置へ切換えるまでは、インターロック機構により第1操作機構がロックされて操作不能となっている。第1操作機構のロックが解除されると、第1金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置へ切換える。位置決めピンが非係合位置にある間は、インターロック機構により第2操作機構がロックされる。
 そして、第2金型載置部上の次回に使用予定の金型を成形装置の金型取付け部に載置するため金型搬送台車を少し移動させる。第2金型載置部用の第1操作機構を操作し、位置決めピンを非係合位置から係合位置へ切換えて、位置決めピンを位置決め穴に係合させると、第2操作機構のロックが解除される。第2操作機構を操作して、落下防止ピンを非係止位置へ切換えると、インターロック機構により第1操作機構がロックされる。そして、金型を第2金型載置部から成形装置へ移載する。
 次に、第2金型載置部用の第2操作機構を操作し、落下防止ピンを非係止位置から係止位置へ切換えると、第1操作機構のロックが解除される。第1操作機構を操作して、位置決めピンを非係合位置へ切換えると、インターロック機構により第2操作機構がロックされる。そして、使用済み金型を搬出するため金型搬送台車を金型保管場所へ移動させ、金型交換作業が終了する。
 本発明の金型搬送台車によれば、第1操作機構を操作して位置決めピンを非係合位置へ切換えた状態では第2操作機構を操作不能にすると共に、第2操作機構を操作して落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態では第1操作機構を操作不能にするインターロック機構を備えたので、位置決めピンを非係合位置へ切換えている状態では、つまり、金型搬送台車を所定の金型交換場所に位置決めしていない状態では、インターロック機構により第2操作機構がロックされているので、落下防止ピンを非係止位置に切換える事が出来ない。そのため、誤操作により金型が金型載置部から移動して金型搬送台車から脱落することを防ぎ、成形装置や金型の損傷を防止することが出来る。
 さらに、使用済み金型を成形装置から第1載置部へ移載する間や使用予定の金型を第2載置部から成形装置に取り付ける間、落下防止ピンを非係止位置から係止位置に切換えるまでは、インターロック機構により第1操作機構がロックされているので、第1操作機構により位置決めピンを非係合位置に切換える事が出来ない。そのため、金型搬送台車を移動させることが出来ず、誤操作により金型が搬送台車から脱落することを防ぎ、成形装置や金型の損傷を防止することができる。
 本発明の上記の構成に加えて、次のような種々の構成を採用してもよい。
(1)前記第1操作機構と第2操作機構は同一構造に構成される。この構成によれば、同一部品により製造可能なため製造コストを抑制することが出来る。
(2)前記第1操作機構は、第1ケース部材と、この第1ケース部材に軸心方向に進退可能に装着されて第1ワイヤの一端が連結され且つ操作時にプル操作される第1操作軸と、この第1操作軸に固定された第1ハンドル部とを備え、前記第2操作機構は、第2ケース部材と、この第2ケース部材に軸心方向に進退可能に装着された第2ワイヤの一端が連結され且つ操作時にプル操作される第2操作軸と、この第2操作軸に固定された第2ハンドル部とを備える。この構成によれば、第1ハンドル部を操作することで第1操作軸を介して第1ワイヤを進退させることができ、第2ハンドル部を操作することで第2操作軸を介して第2ワイヤを進退させることが出来る。
(3)前記インターロック機構は、第1,第2操作軸を非操作位置に夫々ロック可能な第1,第2ロック機構と、第1,第2操作軸のプル操作及びプル操作後の回動操作に夫々連動する第1,第2可動機構とを備え、前記第1ワイヤ部材の一端が第1可動機構に連結され且つ他端が第2ロック機構に連結されると共に前記第2ワイヤ部材の一端が第2可動機構に連結され且つ他端が第1ロック機構に連結される。この構成によれば、第1操作軸のプル操作後の回動操作により第1可動機構を可動させると、第1ワイヤ部材を介して第2ロック機構を可動させることができ、第2操作軸をロックすることができる。また、第2操作軸のプル操作後の回動操作により第2可動機構を可動させると、第2ワイヤ部材を介して第1ロック機構を可動させることができ、第1操作軸をロックすることができる。
(4)前記第1,第2ロック機構は、第1,第2操作軸に夫々形成された第1,第2環状溝と、第1,第2ケース部材に夫々付設されて第1,第2環状溝に係脱可能な第1,第2揺動レバーと、この第1,第2揺動レバーを係合位置へ夫々付勢する第1,第2バネ部材とを有する。この構成によれば、第1バネ部材の付勢力により第1環状溝に第1揺動レバーが係止され、第1操作軸をロックする事ができ、第2バネ部材の付勢力により第2環状溝に第2揺動レバーが係止され、第2操作軸をロックする事ができる。
(5)前記第1,第2可動機構は、第1,第2ケース部材内に夫々可動に装着された第1,第2可動板と、この第1,第2可動板に夫々形成された第1,第2L形スリットと、第1,第2操作軸に夫々突設されて第1,第2L形スリットに夫々係合した第1,第2突設部材とを有する。この構成によれば、第1操作軸の進退により、第1突設部材が第1L形スリットの横溝に沿って進退され、第1操作軸の回動により第1突設部材が第1L形スリットの縦溝に沿って移動し、第1可動板を上側にスライドさせることができ、第2操作軸の進退により、第2突設部材が第2L形スリットの横溝に沿って進退され、第2操作軸の回動により第2突設部材が第2L形スリットの縦溝に沿って移動し、第2可動板を上側にスライドさせることができる。
(6)前記金型交換場所以外の場所において前記位置決めピン機構の位置決めピンが係合位置に切換わるのを規制する位置決めピン規制機構を設け、前記位置決めピン規制機構は、台車本体に付設されて位置決めピンに接近対向する規制位置と、位置決めピンに対向しない非規制位置とに水平回動可能な規制部材と、前記金型交換場所において前記規制部材を非規制位置に保持する切換え保持機構とを有する。この構成によれば、金型交換場所以外では第1操作機構により位置決めピンを下降させても規制部材に妨げられるため、金型交換場所以外ではインターロック機構により第2操作機構を作動させることが出来ず、誤操作により金型の落下を防止することができる。
(7)前記切換え保持機構は、金型交換場所に設けられたレール部材に当接して水平回動する従動部材と、この従動部材の端部と規制部材の端部とを連結するリンク部材と、このリンク部材を原位置へ付勢する復帰バネ部材とを備える。この構成によれば、レール部材に従動部材が当接し水平回動されると、リンク部材を介して規制部材が水平回動され非規制位置に移動させることが出来る。従動部材がレール部材から離隔すると1対の付勢バネ部材の付勢力により従動部材と共に規制部材が規制位置に復帰する。
(8)前記金型交換場所以外の場所において前記落下防止ピン機構の落下防止ピンが非係止位置に切換わるのを規制する落下防止ピン規制機構を設け、前記落下防止ピン規制機構は、落下防止ピンに形成された環状溝に係脱可能な係合部材と、係合部材を係合状態へ付勢する付勢バネ部材とを有する係合機構と、この係合部材に連結されたワイヤ部材を介して係合部材を非係合状態に切り換え可能なレバー部材であって金型交換場所に設けられたレール部材に当接すると揺動するレバー部材とを備える。この構成によれば、金型交換場所以外では第2操作機構により落下防止ピンを下降させようとしても、落下防止ピンの環状溝に係合部材が係合されているため、金型交換場所以外では第2操作機構を操作することが出来ず、誤操作により金型の落下を防止することができる。
本発明の実施例1に係る成形装置と金型搬送台車の全体平面図である。 金型搬送台車の斜視図である。 金型搬送台車の側面図である。 第1,第2操作機構と位置決めピン機構と落下防止ピン機構の斜視図である。 ロック解除状態の第1操作機構の分解斜視図である。 インターロック機構によりロックされた状態の第2操作機構の分解斜視図である。 第1操作機構の側面図である。 第1操作機構の側面断面図である。 図7のIX-IX線断面図である。 図7のX-X線断面図である。 図7のXI-XI線断面図である。 図7のXII-XII線断面図である。 実施例2に係る位置決めピン規制機構の実装状態の斜視図である。 位置決めピン規制機構の斜視図である。 位置決めピン規制機構の平面図である。 位置決めピン規制機構の側面図である。 実施例3に係る落下防止ピン規制機構の実装状態の斜視図である。 係合機構の側面断面図である。 レバー部材の正面図である。 レバー部材の側面図である。
符号の説明
1                   成形装置
10                 金型搬送台車
20a,20b              位置決めピン機構
22                 位置決めピン
30a,30b              第1操作機構
40a,40b              落下防止ピン機構
42                 落下防止ピン
50a,50b              第2操作機構
60                 インターロック機構
61a,61b              第1,第2ロック機構
65a,65b              第1,第2可動機構
75a,75b              第1,第2ワイヤ部材
80                 位置決めピン規制機構
90                 落下防止ピン規制機構
 以下、本発明を実施するための最良の形態について実施例に基づいて説明する。
 本発明は、複数の車輪を有する台車本体と、金型を載置可能なローラ群を有する2組の金型載置部とを有する金型搬送台車において、台車本体に設けられた2組の位置決めピン機構と、金型載置部に夫々設けられた2組の落下防止ピン機構を、各金型載置部に対応するように機械的に連結し連係可能にしたものに関する。
 以下、本発明の実施例1について図面に基づいて説明する。
 最初に、金型搬送台車10の全体構成について説明する。
 図1~図3に示すように、金型搬送台車10は、4組の車輪14付きの台車本体11と、ローラ群17を夫々有する2面の金型載置部15a,15bと、2組の位置決めピン機構20a,20bと、位置決めピン機構20a,20bを夫々操作する為の第1操作機構30a,30bと、2組の落下防止ピン機構40a,40bと、落下防止ピン機構40a,40bを夫々操作する為の第2操作機構50a,50bと、2組のインターロック機構60,60とを備えている。尚、図1の矢印Fは前方を示している。
 図1に示すように、成形装置1の前面側には、金型搬送台車10が停車可能な金型交換場所3が設けられている。この金型交換場所3において、成形装置1の前面下部にレール部材7が1対の連結部材9を介して付設されている。レール部材7は、成形装置1の前面に沿って水平方向に延び、金型搬送台車10の長手方向の幅より僅かに長く形成されている。このレール部材7に設けられた位置決め穴8に、成形装置1から使用済み金型Dpを取り出す場合は位置決めピン機構20aの位置決めピン22が係合され、成形装置1に次回使用予定の金型Dnを装着する場合は位置決めピン機構20bの位置決めピン22が係合される。
 図2,図3に示すように、台車本体11は、格子状に組み立てられた金属製のフレーム13と、フレーム13下端の4隅に設けられた4組の車輪14を有している。台車本体11の上端には、金型載置部15a,15bが設けられている。金型載置部15a,15bには、複数のローラからなるローラ群17と、金型落下を防止する支持棒18が夫々装着されている。金型載置部15aには、使用済み金型Dpを成形装置1から取り出したときに載置し、金型載置部15bには、交換予定の金型Dnを載置する。
 次に、位置決めピン機構20a,20bについて説明するが、位置決めピン機構20a,20bは同一構造を有しているので、位置決めピン機構20bについてのみ説明する。
 図2~図4に示すように、位置決めピン機構20bは、位置決めピン22と、位置決めピン22を弾性付勢する第1付勢部材24と、第1ワイヤ37のアウタチューブ37bを固定するワイヤ被固定部26aを有する本体部26とから構成され、本体部26のフレーム被固定部26bが2本のビス部材26cによりフレーム13下部の成形装置1側に装着されている。
 位置決めピン22は、本体部26の下方に向けて上下方向に進退可能に本体部26に設けられ、後述する第1操作機構30bにより操作される。位置決めピン22の上端には、第1ワイヤ37のプルワイヤ37aが連結されている。位置決めピン22は、成形装置1に設けられたレール部材7の位置決め穴8に係脱可能である。第1付勢部材24は、位置決めピン22を係合位置へ付勢する圧縮バネ部材であって、本体部26内部のバネ装着部に圧縮状に装着されることで、位置決めピン22を常時下方へ係合位置の方へ弾性付勢している。
 次に、第1操作機構30a,30bについて説明するが、第1操作機構30a,30bは同一構造を有しているので、第1操作機構30bについてのみ説明する。
 図4~図12に示すように、第1操作機構30bは、第1ケース部材32と、第1操作軸35と、第1ハンドル部36、第1ワイヤ37とを備えている。この操作機構30bは台車本体11の成形装置1側の上部に装備されている。この操作機構30bは、位置決めピン機構20bに連結された第1ワイヤ37を介して位置決めピン22を係合位置から非係合位置へ操作可能である。
 第1ケース部材32は、直方体状の本体部33と、操作軸35の先端部と第1ロック機構61aを蓋する為の中心部が軸心方向に突設された蓋部材33aと、第1可動機構65aを蓋する為の蓋部材33bとを有している。これら蓋部材33a,33bは4本のビスにより本体部33に夫々固定されている。本体部33には、第1ロック機構61aが装着される浅い溝状の第1凹部33cと、第1可動機構65aが装着される浅い溝状の第2凹部33dが形成されている。
 第1操作軸35は、ケース部材32に軸心方向に進退可能に装着されている。操作軸35の先端部に第1ワイヤ37のプルワイヤ37aの一端が連結され、基端部にハンドル部36が固定されている。位置決めピン22を係合位置から非係合位置へ切り換える場合は、操作機構31bのロックが解除されて操作可能な状態で、ハンドル部36をプル操作し、回動操作することで切り換え可能である。操作軸35の途中部には、先端側から後述する第1環状溝62aと第1突設部材71aが設けられている。
 第1ワイヤ37は、プルワイヤ37aとプルワイヤ37aを覆うアウタチューブ37bから構成され、プルワイヤ37aの一端が位置決めピン22に連結され、他端が操作軸35に連結されている。一方、アウタチューブ37bの一端が位置決めピン機構20bのワイヤ被固定部26aに連結され、他端がケース部材32の蓋部材33aに連結されている。従って、操作機構30bをプル操作することで発生するプルワイヤ37aのストロークの変化を位置決めピン22に伝達することができ、位置決めピン22を係合位置から非係合位置に切り換えることができる。
 次に、落下防止ピン機構40a,40bについて説明するが、落下防止ピン機構40a,40bは同一構造を有しているので、落下防止ピン機構40bについてのみ説明する。
 図2~図4に示すように、落下防止ピン機構40bは、落下防止ピン42と、落下防止ピン42を弾性付勢する第2付勢部材44と、第2ワイヤ57を固定するためのワイヤ被固定部46aを有する本体部46とから構成され、本体部46が2本のビス部材により金型載置部15bに装着されている。
 落下防止ピン42は、本体部46の上方に向けて上下方向に進退可能に本体部46に設けられ、後述する第2操作機構50bにより操作される。金型載置部15b上の金型Dnを係止する係止位置と非係止位置とに切換え可能である。落下防止ピン42の下端には、第2ワイヤ57のプルワイヤ57aが連結されている。第2付勢部材44は、落下防止ピン42を係止位置へ弾性付勢する引張バネ部材であって、本体部46の外側において一端を本体部46の上端に、他端を落下防止ピン42の下端に連結することで、落下防止ピン42を常時上方へ係止位置の方へ弾性付勢している。
 次に、第2操作機構50a,50bについて説明するが、第2操作機構50a,50bは同一構造を有しているので、第2操作機構50bについてのみ説明する。
 図4~図12に示すように、第2操作機構50bは、第1操作機構30bと同一構造に構成されており、第2ケース部材52と、第2操作軸55と、第2ハンドル部56と、第2ワイヤ57とを備えている。この第2操作機構50bは、台車本体11の成形装置1とは反対側の上部に装備されている。この操作機構50bは、落下防止ピン機構40bに連結された第2ワイヤ57を介して落下防止ピン42を係止位置から非係止位置へ操作可能である。
 第2ケース部材52は、直方体状の本体部53と、操作軸55の先端部と第2ロック機構61bを蓋する為の中心部が軸心方向に突設された蓋部材53aと、第2可動機構65bを蓋する為の蓋部材53bとを有している。これら蓋部材53a,53bは4本のビスにより本体部53に夫々固定されている。本体部53には、第2ロック機構61bが装着される浅い溝状の第1凹部53cと、第2可動機構65bが装着される浅い溝状の第2凹部53dが形成されている。
 第2操作軸55は、ケース部材52に軸心方向に進退可能に装着されている。操作軸55の先端部に第2ワイヤ57のプルワイヤ57aの一端が連結され、基端部にハンドル部56が固定されている。落下防止ピン42を係止位置から非係止位置へ切り換える場合は、第2操作機構50bのロックが解除されて操作可能な状態で、ハンドル部56をプル操作し、回動操作することで切り換え可能である。操作軸55の途中部には、先端側から後述する第2環状溝62bと第2突設部材71bが設けられている。
 第2ワイヤ57は、プルワイヤ57aとプルワイヤ57aを覆うアウタチューブ57bから構成され、プルワイヤ57aの一端が落下防止ピン42に連結され、他端が操作軸55に連結されている。一方、アウタチューブ57bの一端が落下防止ピン機構40bのワイヤ被固定部46aに連結され、他端がケース部材52の蓋部材53aに連結されている。従って、操作機構50bをプル操作することで発生するプルワイヤ57aのストロークの変化を落下防止ピン42に伝達することができ、落下防止ピン42を係止位置から非係止位置に切り換えることができる。
 ここで、2組のインターロック機構60,60のうち、ここでは金型載置部15b側のインターロック機構60について説明する。
 図7~図12に示すように、インターロック機構60は、第1,第2ロック機構61a,61bと、第1,第2可動機構65a,65bと、第1,第2ワイヤ部材75a,75bとを有し、第1ワイヤ部材75aのプルワイヤ76aの一端が第1可動機構65aに連結され、且つ他端が第2ロック機構61bに連結されると共に、第2ワイヤ部材75bのプルワイヤ77aの一端が第2可動機構65bに連結され、且つ他端が第1ロック機構61aに連結されることで上記の操作機構30b,50bを機械的に連結している。
 位置決めピン22を非係合位置へ切換えている状態では、このインターロック機構60により、第1可動機構65aと第1ワイヤ部材75aを介して第2ロック機構61bにより第2操作機構50bを操作不能にすることができる。落下防止ピン42を非係止位置へ切換えている状態では、第2可動機構65bと第2ワイヤ部材75bを介して第1ロック機構61aにより第1操作機構30bを操作不能にすることができる。
 第1ロック機構61aについて説明すると、第1環状溝62aと、第1揺動レバー63aと、第1バネ部材64aとを備え、ロック機構61aにより操作軸35を非操作位置にロック可能である。環状溝62aは、操作軸35の中央部に形成されている。操作軸35が先端側へ最大限進出して位置決めピン22が係合位置にある状態では、環状溝62aは揺動レバー63aの下方に位置する。
 揺動レバー63aは、ケース部材32に付設され、環状溝62aに係脱可能である。揺動レバー63aの一端がケース部材32に回動自在に連結され、他端がワイヤ部材75bと連結され、ワイヤ部材75bに連動して揺動される。バネ部材64aは、ワイヤ部材75bが連結されている揺動レバー63aの端部と第1凹部33cの上端面との間に装着され、揺動レバー63aを下方へ弾性付勢している。
 第2ロック機構61bについて説明すると、第2環状溝62bと、第2揺動レバー63bと、第2バネ部材64bとを備え、ロック機構61bにより操作軸55を非操作位置にロック可能である。環状溝62bは、操作軸55の中央部に形成されている。操作軸55が先端側へ最大限進出して落下防止ピン42が係止位置にある状態では、環状溝62bは揺動レバー63bの下方に位置する。
 揺動レバー63bは、ケース部材52に付設され、環状溝62bに係脱可能である。揺動レバー63bの一端がケース部材52に回動自在に連結され、他端がワイヤ部材75aと連結され、ワイヤ部材75a連動して揺動される。バネ部材64bは、ワイヤ部材75aが連結されている揺動レバー63bの端部と第1凹部53cの上端面との間に装着され、揺動レバー63bを下方へ弾性付勢している。
 第1可動機構65aについて説明すると、略正方形状の第1可動板66aと、可動板66aに形成された第1L形スリット67aと、第1突設部材71aとを有している。各可動板66aは、ケース部材32の第2凹部33dに装着され、ケース部材32に設けられたガイド用の1対のピン部材69,69に当接しながら上下方向にスライド可能である。可動板66aは操作軸35の回動操作に連動する。
 可動板66aにおいて、中心部には縦溝部と横溝部から構成されるL形スリット67aが形成され、縦溝部の上側にワイヤ部材75aの連結部70が設けられている。突設部材71aは、操作軸35の中心部から軸心と直交する方向に突設され、これら突設部材71aの先端部がL形スリット67aに係合している。
 第2可動機構65bについて説明すると、略正方形状の第2可動板66bと、可動板66bに形成された第2L形スリット67bと、第2突設部材71bとを有している。可動板66bは、ケース部材52の第2凹部53dに装着され、ケース部材52に設けられたガイド用の1対のピン部材69,69に当接しながら上下方向にスライド可能である。可動板66bは操作軸55の回動操作に連動する。
 可動板66bにおいて、中心部には縦溝部と横溝部から構成されるL形スリット67bが形成され、縦溝部の上側にワイヤ部材75bの連結部70が設けられている。突設部材71bは、操作軸55の中心部から軸心と直交する方向に突設され、これら突設部材71bの先端部がL形スリット67bに係合している。
 第1ワイヤ部材75aは、プルワイヤ76aとアウタチューブ76bから形成され、プルワイヤ76aの一端が可動板66aに連結されると共に他端が揺動レバー63bに連結されている。アウタチューブ76bの一端がケース部材32に連結されると共に他端がケース部材52に連結されている。
 第2ワイヤ部材75bは、第1ワイヤ部材75aと同一の構成であって、プルワイヤ77aの一端が可動板66bに連結されると共に他端が第1揺動レバー63aに連結されている。アウタチューブ77bの一端がケース部材52に連結されると共に他端がケース部材32に連結されている。
 ここで、インターロック機構60によるロック及びロック解除について説明する。
 第1操作機構30bを操作することで第2操作機構50bをロックする場合、第1操作機構30bのハンドル部36をプル操作し、操作軸35を退入移動させると、操作軸35に装着された突設部材71aがL形スリット67aの横溝部に沿って移動する。操作軸35を最大限プルさせた状態でハンドル部36を右に約25°回動操作すると、突設部材71aがL形スリット67aの縦溝部に沿って移動し、それにより突設部材71aが縦溝部の上端を押し上げ、可動板66aを上方にスライドさせる。
 可動板66aを上昇させることで、第1ワイヤ部材75aのプルワイヤ76aが弛んで、第2操作機構50bのバネ部材64bの付勢力により揺動レバー63bが下降される。このとき、操作軸55が、落下防止ピン機構40bの付勢部材44の付勢力により最大限進出した状態にされているので環状溝62bが揺動レバー63bの下方に位置している。その環状溝62bに揺動レバー63bが下降し係合することで第2操作機構50bがロックされる。
 第1操作機構30bにより第2操作機構50bのロックを解除する場合、第1ハンドル部36を左に25°回動操作し、突設部材71aをL形スリット67aの縦溝部に沿って下降させ、可動板66aを下方にスライドさせる。可動板66aが下降することで第1ワイヤ部材75aを介して第2操作機構50bの揺動レバー63bが上げられ、環状溝62bから脱離することでロックが解除される。
 突設部材71aが下降され、縦溝部から横溝部に移動すると、位置決めピン機構20bの付勢部材24による付勢力により操作軸35がプルワイヤ37aを介して引っ張られ、操作軸35は最大限進出した状態になるので、突設部材71aが横溝部の端部に係合される。そのため、可動板66aを上昇させることが出来なくなるので、ロック機構61bの揺動レバー63bを下降させることが出来ず、第2操作機構50bがロックされなくなる。
 第1操作機構30a,30bと第2操作機構50a,50bが全て同一構造に構成されているので、第2操作機構50bを操作することにより第1操作機構30bをロックする場合、第1操作機構30aを操作することにより第2操作機構50aをロックする場合や、第2操作機構50aを操作することにより第1操作機構30aをロックする場合も同様の作用及び効果を奏する。
 次に、金型搬送台車10の作用及び効果について説明する。
 先ず、金型搬送台車10を成形装置1の金型交換場所3に移動させる前に、金型載置部15aは空の状態のままにし、金型載置部15bに交換予定の金型Dnを配置する。このとき、各位置決めピン22は第1操作機構30a,30bにより非係合位置に切り換えられ、各落下防止ピン42は第2操作機構50a,50bにより係止位置に切り換えられている。このとき、インターロック機構60,60により第2操作機構50a,50bがロックされている。
 次に、金型Dpを金型Dnに交換するため金型搬送台車10を移動させて、成形装置1の金型交換場所3に停止させ、図1のように空の金型載置部15aを成形装置1側の使用済み金型Dpの前側に移動させる。位置決めピン22をレール部材7上の位置決め穴8に合わせて、第1操作機構30aのハンドル部36を左に回動操作し、インターロック機構60により第2操作機構50aのロックが解除され、そして、付勢部材24の付勢力により位置決めピン22を係合位置へ切換え位置決め穴8に係合させる。
 次に、ロックが解除された第2操作機構50aのハンドル部56をプル操作後に右に回動操作することで、ワイヤ57を介して落下防止ピン42を非係止位置へ切り換える。ここで、インターロック機構60により第1操作機構30aがロックされる。そして、使用済み金型Dpを成形装置1から空の金型載置部15aに移載する。
 次に、第2操作機構50aのハンドル部56を左に回動操作して、第1操作機構30aのロックを解除し、付勢部材44の付勢力により落下防止ピン42を係止位置へ切換える。ロックが解除された第1操作機構30aを操作し、位置決めピン22を非係合位置へ切換える。位置決めピン22が非係合位置に切り換えると、第2操作機構50aはインターロック機構60により再びロックされる。
 そして、金型搬送台車10を1ピッチ分移動させて、金型載置部15b上の次回金型Dnを成形装置1の金型取付部5に対応させ、第1操作機構30bのハンドル部36を左に回動操作し、第2操作機構50bのロックを解除し、付勢部材24の付勢力により位置決めピン22を係合位置へ切換え位置決め穴8に係合させる。
 次に、ロックが解除された第2操作機構50bのハンドル部56をプル操作後に回動操作して、ワイヤ57を介して落下防止ピン42を非係止位置へ切換える。ここで、インターロック機構60により第1操作機構30bがロックされる。そして、交換予定の金型Dnを金型載置部15bから成形装置1へ移載する。
 次に、第2操作機構50bのハンドル部56を左に回動操作し、付勢部材44の付勢力により落下防止ピン42を係止位置へ切換える。第1操作機構30bのロックが解除され、第1操作機構30bをプル操作後に右に回動操作して、位置決めピン22を非係合位置へ切換え、第2操作機構50bをロックし、次に使用済み金型Dpを搬出するため金型搬送台車10を金型保管場所へ移動させ、金型交換作業が終了する。
 このように、位置決めピン22を非係合位置へ切換えている状態では、つまり、金型搬送台車10を所定の金型交換場所3に位置決めしていない状態では、インターロック機構60,60により第2操作機構50a,50bがロックされているので、落下防止ピン機構40a,40bの落下防止ピン42を非係止位置に切換える事が出来ない。そのため、誤操作により金型Dp,Dnが金型搬送台車10から脱落することを防ぎ、成形装置1や金型Dp,Dnの損傷を防止することが出来る。
 さらに、使用済み金型Dpを成形装置1から金型載置部15aへ移載する間や使用予定の金型Dnを金型載置部15bから成形装置1に取り付ける間、落下防止ピン42を非係止位置から係止位置に切換えるまでは、インターロック機構60により第1操作機構30a,30bがロックされているので、第1操作機構30a,30bにより位置決めピン22を非係合位置に切換える事が出来ない。そのため、金型搬送台車10を移動させることが出来ず、誤操作により金型Dp,Dnが金型搬送台車10から脱落することを防ぎ、成形装置1や金型Dp,Dnの損傷を防止することができる。
 また、第1操作機構30a,30bと第2操作機構50a,50bが同一構造に構成されていることで、同一部品により製造可能なため製造コストを抑制することができる。
 次に、実施例2に係る位置決めピン規制機構80について、図13~図16に基づいて説明する。ただし、前記実施例1と同一の構成要素のものには同一又は同様の符号を付して説明は省略し、異なる構成についてのみ説明する。
 図13~図16に示すように、この金型搬送台車10には位置決めピン規制機構80が備えられている。位置決めピン規制機構80は、規制部材81と、切換え保持機構83とを備えている。このピン規制機構80は、台車本体11の成形装置1側下部に装着され、金型交換場所3以外の場所において位置決めピン機構20bの位置決めピン22が係合位置に切換わるのを規制する。
 規制部材81は、非係合位置にある位置決めピン22に接近対向する規制位置と、位置決めピン22に対向しない非規制位置とに切り替わるように水平回動可能に支持部材81aに設けられている。支持部材81aはガイド部材88に固着されている。規制部材81は、ガイド部材88を介して台車本体11に付設されている。規制部材81は、切換え保持機構83により金型交換場所3において非規制位置に保持される。
 切換え保持機構83は、金型交換場所3に設けられたレール部材7に当接して水平回動する従動部材85と、この従動部材85の端部と規制部材81の端部とを連結するリンク部材86と、このリンク部材86を原位置へ付勢する復帰バネ部材87とを備えている。従動部材85は、ガイド部材88に固着された支持部材85bに水平回動可能に設けられている。この切り換え保持機構83には、リンク部材86をガイドする1対のガイド部材88が備えられ、このガイド部材88が台車本体11に固着されている。
 この切換え保持機構83の従動部材85のローラ部85aがレール部材7に当接すると、レール部材7により従動部材85が押圧されて従動部材85が水平方向へ回動し、リンク部材86を介して規制部材81も水平方向へ回動する(図15参照)。このときリンク部材86に固着された環状部材86aにより復帰バネ部材87が圧縮状態にされる。この水平回動により規制部材81が規制位置から非規制位置に切り換えられ、位置決めピン22がレール部材7に挿入可能な状態になる。位置決めピン22が非係合位置へ切り換えられて台車本体11が移動し、従動部材85がレール部材7から離隔すると、復帰バネ部材87の付勢力により従動部材85と共にリンク部材86を介して規制部材81が規制位置に復帰する。
 このように、この位置決めピン規制機構80により金型交換場所3以外では、誤操作による第1操作機構30bにより位置決めピン22を下降させても規制部材81に妨げられるため、金型交換場所3以外では位置決めピン22を下降させることができない。それ故、インターロック機構60によりロックされている第2操作機構50bを作動させることが出来ず、誤操作により金型Dnが金型載置部15bから移動して落下するのを防止することができる。
 尚、本実施例では、規制部材81は位置決めピン機構20bにしか配置されていないが、位置決めピン機構20aにも配置しても良く、さらに位置決めピンの数量に応じてその数を適宜変更可能であり且つそれらの規制部材は従動部材に夫々連結され連動される。それ以外の効果は、実施例1と同様の効果を奏するので説明は省略する。
 次に、実施例3に係る落下防止ピン規制機構90について、図17~図20に基づいて説明する。ただし、前記実施例1と同一の構成要素のものには同一又は同様の符号を付して説明は省略し、異なる構成についてのみ説明する。
 図17~図20に示すように、この金型搬送台車10には落下防止ピン規制機構90が備えられ、この落下防止ピン規制機構90は、係合機構91とレバー部材95とを備え、金型交換場所3以外の場所において落下防止ピン機構40bの落下防止ピン42が第2操作機構50bにより非係止位置に切換わるのを規制する。
 係合機構91は、本体部91aと、落下防止ピン42に形成された環状溝42aに係脱可能な係合部材92と、係合部材92を係合状態へ付勢する付勢バネ部材94とを有し、本体部91aが落下防止ピン機構40bの本体部46に固着されている。係合部材92は、その軸心が落下防止ピン42の軸心と直交するように設けられている。レバー部材95は、係合部材92の端部に連結されたワイヤ部材97を介して係合部材92を非係合状態に切り換え可能なレバー部材95であって金型交換場所3に設けられたレール部材7に当接すると揺動される。このレバー部材95は支持部材98により固定部材96に揺動自在に装着され、この固定部材96は台車本体11の成形装置1側下部に装着されている。
 レバー部材95の把手部95aがレール部材7の端部に当接すると、支持部材98を軸に揺動し(図19参照)、この把手部95aとは反対側の連結部95bに連結されたワイヤ部材97を介して係合部材92が引き駆動され、係合部材92が非係合状態にされる。これにより、落下防止ピン42が規制状態から非規制状態に切り換えられ、第2操作機構50bにより落下防止ピン機構40bが操作可能になる。台車本体11がレール部材7から離脱し、レバー部材95がレール部材7から離隔すると、付勢バネ部材94の付勢力により、係合部材92が環状溝42aに係合され、落下防止ピン42が規制状態にされる。
 このように、この落下防止ピン規制機構90により金型交換場所3以外では、誤操作により第2操作機構50bにより落下防止ピン42を下降させようとしても係合機構91の係合部材92に妨げられるため、金型交換場所3以外では第2操作機構40bを操作して落下防止ピン42を下降させることが出来ず、誤操作により金型Dnが金型載置部15bから移動して落下するのを防止することができる。
 尚、本実施例では、係合機構91は位置決めピン機構40bにしか装着されていないが、落下防止ピン機構40aにも配置しても良く、さらに落下防止ピンの数量に応じてその数を適宜変更可能であり且つそれらの係合機構はレバー部材に夫々連結され連動される。それ以外の効果は、実施例1と同様の効果を奏するので説明は省略する。
 次に、前記実施例を部分的に変更した変更例について説明する。
[1]レール部材に設けられた位置決め穴は複数設けても良く、位置決めピンの係合箇所は金型のサイズに応じて適時変更可能にしても良い。
[2]その他、当業者であれば、本発明の趣旨を逸脱することなく、前記実施例に種々の変更を付加した形態で実施可能で、本発明はそのような変更形態も包含するものである。
 本発明は、自動車工場や機械工場などに設置される種々の成形装置に金型を搬送するための金型搬送台車に利用することができる。

Claims (9)

  1.  複数の車輪を有する台車本体と、金型を載置可能なローラ群を有する金型載置部とを有する金型搬送台車において、
     成形装置の前面側の金型交換場所に設けられたレール部材の位置決め穴に係脱可能な位置決めピンと、この位置決めピンを係合位置へ付勢する第1付勢部材を有し且つ台車本体に設けられた位置決めピン機構と、
     金型載置部上の金型を係止する係止位置と非係止位置とに切換え可能な落下防止ピンと、この落下防止ピンを係止位置へ弾性付勢する第2付勢部材を有し且つ金型載置部の一端部分に設けられた落下防止ピン機構と、
     前記台車本体に装備され、前記位置決めピンに連結された第1ワイヤを介して位置決めピンを非係合位置へ操作可能な第1操作機構と、
     前記台車本体に装備され、前記落下防止ピンに連結された第2ワイヤを介して落下防止ピンを非係止位置へ操作可能な第2操作機構と、
     前記第1,第2操作機構を機械的に連結する第1,第2ワイヤ部材を含み、第1操作機構を操作して位置決めピンを非係合位置へ切換えた状態では第2操作機構を操作不能にすると共に前記第2操作機構を操作して落下防止ピンを非係止位置へ切換えた状態では第1操作機構を操作不能にするインターロック機構と、
     を備えたことを特徴とする金型搬送台車。
  2.  前記第1操作機構と第2操作機構は同一構造に構成されたことを特徴とする請求項1に記載の金型搬送台車。
  3.  前記第1操作機構は、第1ケース部材と、この第1ケース部材に軸心方向に進退可能に装着されて第1ワイヤの一端が連結され且つ操作時にプル操作される第1操作軸と、この第1操作軸に固定された第1ハンドル部とを備え、
     前記第2操作機構は、第2ケース部材と、この第2ケース部材に軸心方向に進退可能に装着された第2ワイヤの一端が連結され且つ操作時にプル操作される第2操作軸と、この第2操作軸に固定された第2ハンドル部とを備えたことを特徴とする請求項2に記載の金型搬送台車。
  4.  前記インターロック機構は、第1,第2操作軸を非操作位置に夫々ロック可能な第1,第2ロック機構と、第1,第2操作軸のプル操作及びプル操作後の回動操作に夫々連動する第1,第2可動機構とを備え、
     前記第1ワイヤ部材の一端が第1可動機構に連結され且つ他端が第2ロック機構に連結されると共に前記第2ワイヤ部材の一端が第2可動機構に連結され且つ他端が第1ロック機構に連結されたことを特徴とする請求項3に記載の金型搬送台車。
  5.  前記第1,第2ロック機構は、第1,第2操作軸に夫々形成された第1,第2環状溝と、第1,第2ケース部材に夫々付設されて第1,第2環状溝に係脱可能な第1,第2揺動レバーと、この第1,第2揺動レバーを係合位置へ夫々付勢する第1,第2バネ部材とを有することを特徴とする請求項4に記載の金型搬送台車。
  6.  前記第1,第2可動機構は、第1,第2ケース部材内に夫々可動に装着された第1,第2可動板と、この第1,第2可動板に夫々形成された第1,第2L形スリットと、第1,第2操作軸に夫々突設されて第1,第2L形スリットに夫々係合した第1,第2突設部材とを有することを特徴とする請求項5に記載の金型搬送台車。
  7.  前記金型交換場所以外の場所において前記位置決めピン機構の位置決めピンが係合位置に切換わるのを規制する位置決めピン規制機構を設け、
     前記位置決めピン規制機構は、台車本体に付設されて位置決めピンに接近対向する規制位置と、位置決めピンに対向しない非規制位置とに水平回動可能な規制部材と、前記金型交換場所において前記規制部材を非規制位置に保持する切換え保持機構とを有することを特徴とする請求項1~6の何れかに記載の金型搬送台車。
  8.  前記切換え保持機構は、金型交換場所に設けられたレール部材に当接して水平回動する従動部材と、この従動部材の端部と規制部材の端部とを連結するリンク部材と、このリンク部材を原位置へ付勢する復帰バネ部材とを備えたことを特徴とする請求項7に記載の金型搬送台車。
  9.  前記金型交換場所以外の場所において前記落下防止ピン機構の落下防止ピンが非係止位置に切換わるのを規制する落下防止ピン規制機構を設け、
    前記落下防止ピン規制機構は、落下防止ピンに形成された環状溝に係脱可能な係合部材と、係合部材を係合状態へ付勢する付勢バネ部材とを有する係合機構と、この係合部材に連結されたワイヤ部材を介して係合部材を非係合状態に切り換え可能なレバー部材であって金型交換場所に設けられたレール部材に当接すると揺動するレバー部材とを備えたことを特徴とする請求項1~6の何れかに記載の金型搬送台車。
PCT/JP2008/003871 2008-01-16 2008-12-19 金型搬送台車 WO2009090711A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008007135A JP2009166361A (ja) 2008-01-16 2008-01-16 金型搬送台車
JP2008-007135 2008-01-16

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2009090711A1 true WO2009090711A1 (ja) 2009-07-23

Family

ID=40885122

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2008/003871 WO2009090711A1 (ja) 2008-01-16 2008-12-19 金型搬送台車

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2009166361A (ja)
WO (1) WO2009090711A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103521630A (zh) * 2013-10-12 2014-01-22 芜湖开瑞金属科技有限公司 冲压模具移动装置
CN105728572A (zh) * 2016-03-29 2016-07-06 苏州市合叶精密机械有限公司 一种冲压模具运载车
CN106393577A (zh) * 2016-11-18 2017-02-15 江苏智石科技有限公司 能通用的换模台车
CN106426062A (zh) * 2016-11-18 2017-02-22 江苏智石科技有限公司 一种多工位换模台车
CN107570606A (zh) * 2017-10-25 2018-01-12 合肥常青机械股份有限公司 一种快速换模机构
WO2018016380A1 (ja) * 2016-07-22 2018-01-25 パスカルエンジニアリング株式会社 金型搬送台車

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5393221B2 (ja) * 2009-03-27 2014-01-22 株式会社総合車両製作所 プレスシステム
CN102756442A (zh) * 2012-07-23 2012-10-31 泰德兴精密电子(昆山)有限公司 回针拉回机构
CN103143859A (zh) * 2013-02-26 2013-06-12 芜湖新宝超声波设备有限公司 一种用于焊接机更换模具的换模小车
WO2021092905A1 (zh) * 2019-11-15 2021-05-20 南京市溧水中山铸造有限公司 一种水泵外壳铸件安装结构

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0664739A (ja) * 1992-08-11 1994-03-08 Kosumetsuku:Kk 搬送台車の位置決め装置
JPH0699231A (ja) * 1992-04-10 1994-04-12 Kosumetsuku:Kk 金型の落下防止装置
JPH08112818A (ja) * 1994-08-31 1996-05-07 Nissei Plastics Ind Co 金型交換台車の位置決め装置
JPH09169032A (ja) * 1995-12-21 1997-06-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 金型交換用搬送台車
JPH1177693A (ja) * 1997-09-08 1999-03-23 Honda Motor Co Ltd 金型移載装置
JP2002001771A (ja) * 2000-06-26 2002-01-08 Sumitomo Wiring Syst Ltd 射出成形用金型交換システム

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0699231A (ja) * 1992-04-10 1994-04-12 Kosumetsuku:Kk 金型の落下防止装置
JPH0664739A (ja) * 1992-08-11 1994-03-08 Kosumetsuku:Kk 搬送台車の位置決め装置
JPH08112818A (ja) * 1994-08-31 1996-05-07 Nissei Plastics Ind Co 金型交換台車の位置決め装置
JPH09169032A (ja) * 1995-12-21 1997-06-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 金型交換用搬送台車
JPH1177693A (ja) * 1997-09-08 1999-03-23 Honda Motor Co Ltd 金型移載装置
JP2002001771A (ja) * 2000-06-26 2002-01-08 Sumitomo Wiring Syst Ltd 射出成形用金型交換システム

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103521630A (zh) * 2013-10-12 2014-01-22 芜湖开瑞金属科技有限公司 冲压模具移动装置
CN105728572A (zh) * 2016-03-29 2016-07-06 苏州市合叶精密机械有限公司 一种冲压模具运载车
WO2018016380A1 (ja) * 2016-07-22 2018-01-25 パスカルエンジニアリング株式会社 金型搬送台車
US10518449B2 (en) 2016-07-22 2019-12-31 Pascal Engineering Corporation Mold conveyance trolley
CN106393577A (zh) * 2016-11-18 2017-02-15 江苏智石科技有限公司 能通用的换模台车
CN106426062A (zh) * 2016-11-18 2017-02-22 江苏智石科技有限公司 一种多工位换模台车
CN107570606A (zh) * 2017-10-25 2018-01-12 合肥常青机械股份有限公司 一种快速换模机构

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009166361A (ja) 2009-07-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2009090711A1 (ja) 金型搬送台車
EP2108566B1 (en) Assembly comprising a chassis and a child seat being detachably connectable to the chassis, such a chassis as well as such a child seat
US6843080B1 (en) Lock with bendable shackle element openable in two ways
TWI632280B (zh) 雙鉸接門機構
KR101877196B1 (ko) 로크 배열체를 포함하는 로드 캐리어
US8610752B2 (en) Thermal printer
US20110175388A1 (en) Latch assembly for vehicle seat
JPH05184628A (ja) 移動可能な患者用ベッドシステム
JP4711440B2 (ja) キャブの前窓ロック装置
JP3602053B2 (ja) 用紙搬送装置
KR20160025476A (ko) 인자 유닛 및 서멀 프린터
EP1930213B1 (en) Apparatus for locking cross bar to side bars of roof carrier
TWM541496U (zh) 可上鎖的鎖蓋總成
US10427202B2 (en) Coupling system
WO2017123528A1 (en) Panel attachment latch
TWM467717U (zh) 可重複設定的鎖裝置
KR101793948B1 (ko) 안전잠금식 퀵 커플러
JP5608283B2 (ja) プレートの固定構造及びプレート
JP2000063015A (ja) プリンタ
KR200465929Y1 (ko) 언더컷처리용 링크 밀핀
JP5796979B2 (ja) 接続装置および画像形成システム
US20210047859A1 (en) Adjustable button mechanism
JP2006096148A (ja) バッテリ交換用台車
JP2006116618A (ja) 工具交換装置
TWM564033U (zh) 無人搬運料車之倉門開閉裝置

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 08870705

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 08870705

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1