WO2008015743A1 - Textiles - Google Patents

Textiles Download PDF

Info

Publication number
WO2008015743A1
WO2008015743A1 PCT/JP2006/315294 JP2006315294W WO2008015743A1 WO 2008015743 A1 WO2008015743 A1 WO 2008015743A1 JP 2006315294 W JP2006315294 W JP 2006315294W WO 2008015743 A1 WO2008015743 A1 WO 2008015743A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
fiber
yarn
long
composite
fabric
Prior art date
Application number
PCT/JP2006/315294
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Motoharu Kitajima
Original Assignee
Toray Industries, Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toray Industries, Inc. filed Critical Toray Industries, Inc.
Priority to PCT/JP2006/315294 priority Critical patent/WO2008015743A1/ja
Publication of WO2008015743A1 publication Critical patent/WO2008015743A1/ja

Links

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D03WEAVING
    • D03DWOVEN FABRICS; METHODS OF WEAVING; LOOMS
    • D03D15/00Woven fabrics characterised by the material, structure or properties of the fibres, filaments, yarns, threads or other warp or weft elements used
    • DTEXTILES; PAPER
    • D02YARNS; MECHANICAL FINISHING OF YARNS OR ROPES; WARPING OR BEAMING
    • D02GCRIMPING OR CURLING FIBRES, FILAMENTS, THREADS, OR YARNS; YARNS OR THREADS
    • D02G3/00Yarns or threads, e.g. fancy yarns; Processes or apparatus for the production thereof, not otherwise provided for
    • D02G3/22Yarns or threads characterised by constructional features, e.g. blending, filament/fibre
    • D02G3/36Cored or coated yarns or threads
    • DTEXTILES; PAPER
    • D03WEAVING
    • D03DWOVEN FABRICS; METHODS OF WEAVING; LOOMS
    • D03D15/00Woven fabrics characterised by the material, structure or properties of the fibres, filaments, yarns, threads or other warp or weft elements used
    • D03D15/40Woven fabrics characterised by the material, structure or properties of the fibres, filaments, yarns, threads or other warp or weft elements used characterised by the structure of the yarns or threads
    • D03D15/47Woven fabrics characterised by the material, structure or properties of the fibres, filaments, yarns, threads or other warp or weft elements used characterised by the structure of the yarns or threads multicomponent, e.g. blended yarns or threads
    • DTEXTILES; PAPER
    • D10INDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10BINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10B2201/00Cellulose-based fibres, e.g. vegetable fibres
    • D10B2201/01Natural vegetable fibres
    • D10B2201/02Cotton
    • DTEXTILES; PAPER
    • D10INDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10BINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10B2331/00Fibres made from polymers obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polycondensation products
    • D10B2331/04Fibres made from polymers obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polycondensation products polyesters, e.g. polyethylene terephthalate [PET]
    • DTEXTILES; PAPER
    • D10INDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10BINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10B2401/00Physical properties
    • D10B2401/06Load-responsive characteristics
    • D10B2401/061Load-responsive characteristics elastic
    • DTEXTILES; PAPER
    • D10INDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10BINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10B2501/00Wearing apparel

Description

明 細 書
織物
技術分野
[0001] 本発明は、ウォッシュアンドウエア性 (wZw性)に優れたドレスシャツ地に好適な織 物に関するである。
背景技術
[0002] 従来、フィラメントと短繊維力もなる長短繊維複合糸に関しては、数々の研究'開発 が行われており、その中でストレッチ性を付与した長短繊維複合糸として、例えば、ポ リウレタン系の弾性糸を使用した短繊維との複合糸(CSY)、伸縮性を持ったフィラメ ントを集束させて短繊維の芯部に位置させるコアヤーン等が挙げられる。
[0003] しカゝしながら、このような長短繊維複合糸は、主として布帛にストレッチ性を付与す ることが主眼に置かれており、最近主流となりつつある乾燥機能付き洗濯機における シヮ防止効果を訴求したものではな力つた。
[0004] これに対し、例えば、セルロース系繊維とポリウレタン弾性糸を用い 1方向にストレツ チ性を付与することが提案されているが (特許文献 1参照)、これはポリウレタン弾性 糸を用いてストレッチ性を付与し、かつ防縮加工を行 ヽ洗濯機による水洗 、時の収 縮を規定したものであり、タンブラ一乾燥にっ 、ては記載がな 、。
[0005] また、フィラメントを用いた例としては、ポリエステルとポリトリメチレンテレフタレートを 芯糸とした長短繊維複合糸を用いた織物が提案されているが (特許文献 2参照)、こ の提案はストレッチ性を得ることに主眼を置かれており、 WZW性については配慮さ れていない。
[0006] 一方、ポリトリメチレンテレフタレートを用いたバイメタル複合糸を芯糸とした長短繊 維複合糸が提案されているが (特許文献 3および特許文献 4参照)、これらの提案は 複合糸に主眼をおいており、かつ織物にした場合のストレッチ性を訴求したものであ り、 WZW性については配慮されていない。
[0007] また別に、ポリトリメチレンテレフタレート 100%ノ ィメタル糸を芯部に用い、短繊維 を鞘部に用いた複合紡績糸に強撚を施しコイル構造を形成させたパンツ地織物が提 案されて!ヽるが (特許文献 5参照)、この提案はストレッチ性を得ることを目標としてお り、乾燥機一体型洗濯機に対応した WZW性にっ 、ては触れられて 、な 、。
特許文献 1 :特開 2002— 61050号公報
特許文献 2:特開 2002— 266180号公報
特許文献 3:特開 2003 - 20533号公報
特許文献 4:特開 2003— 155636号公報
発明の開示
発明が解決しょうとする課題
[0008] そこで本発明は、上述のような従来技術では得られなカゝつた良好な WZW性を持 つた織物を得ること、さらにはソフトなストレッチ性を持った織物を得ることを目的とす るものである。
課題を解決するための手段
[0009] 前記した課題を解決するため、本発明の織物は次の構成を有する。
[0010] すなわち本発明の織物は、芯糸にポリトリメチレンテレフタレート系繊維、または Z および少なくとも一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである 2種類のポリエステル系重合体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合 わせた複合繊維の長繊維を用い、鞘糸にポリエステル繊維:綿の重量比率が 0: 100 カゝら 40: 60にミキシングされた短繊維を用いてなる芯鞘構造長短繊維複合糸を、経 糸および Zまたは緯糸に用いてなることを特徴とする織物である。
[ooii] また、本発明の織物は、芯糸にポリトリメチレンテレフタレート系繊維、または Zおよ び少なくとも一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである 2種 類のポリエステル系重合体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わせ た複合繊維の長繊維を用い、鞘糸にポリエステル繊維:綿の重量比率が 0: 100から 40: 60にミキシングされた短繊維を用いてなる芯鞘構造長短繊維複合糸を、経糸ま たは緯糸に用い、かつ相手の緯糸または経糸にポリエステル繊維:綿の重量比率が 100: 0力 40: 60の紡績糸を用いてなることを特徴とする織物である。
[0012] 本発明の織物の好ましい態様によれば、前記の芯鞘構造長短繊維複合糸を用い た方向の織物伸長率は 10%から 20%であり、そして、ウォッシュアンドウエア性が 3 級以上の織物である。
[0013] また、本発明の織物は、ドレスシャツ地等のシャツ地に好適である。
発明の効果
[0014] 本発明によれば、前記のポリトリメチレンテレフタレート系繊維を含む長短繊維複合 糸を経糸および Zまたは緯糸に用い織物とすることで、 wZw性に優れた織物とす ることが出来る。また、サイドバイサイド型に貼り合わせた複合繊維を用いることにより 、織物に、織物伸長率が 10%以上のストレッチ性を付与することが出来る。
発明を実施するための最良の形態
[0015] 本発明の織物においては、芯糸にポリトリメチレンテレフタレート系繊維、または少 なくとも一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである 2種類の ポリエステル系重合体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わせた複 合繊維からなる長繊維を用い、そして、鞘糸にポリエステル繊維:綿の重量比率が 0 : 100カゝら 40: 60にミキシングされた短繊維を用いてなる芯鞘構造長短繊維複合糸を 、織物の経糸および Zまたは緯糸に用いることで、 WZW性 3級以上を達成すること ができる。
[0016] まず、本発明で用いられる長短繊維複合糸の芯糸を構成するサイドバイサイド型に 貼り合わせた複合繊維の長繊維 (マルチフィラメント)につ ヽて説明する。
[0017] サイドバイサイド型の複合繊維は、固有粘度や共重合成分、あるいは共重合率等 が異なる重合体を貼り合わせ、それらの弾性回復特性や収縮特性の差によって、捲 縮を発現するものである。固有粘度差を有するサイドバイサイド型複合繊維の場合、 紡糸や延伸時に高固有粘度側に応力が集中するため、 2成分間で内部歪みが異な る。そのため、延伸後の弾性回復率差により高粘度側が大きく収縮し、単繊維内で歪 みが生じて 3次元コイル捲縮の形態をとる。この 3次元コイルの径および単位繊維長 当たりのコイル数は、高収縮成分と低収縮成分との収縮差 (弾性回復率差を含む)に よって決まると言ってもよぐ収縮差が大きいほどコイル径カ 、さぐ単位繊維長当た りのコイル数が多くなる。
[0018] ストレッチ素材として要求されるコイル捲縮は、コイル径が小さぐ単位繊維長当たり のコイル数が多い(伸長特性に優れ、見映えが良い)、コイルの耐へたり性が良い(伸 縮回数に応じたコイルのへたり量が小さぐストレッチ保持性に優れる)、さらにはコィ ルの伸長回復時におけるヒステリシスロスが小さい(弹発性に優れ、フィット感がよい) 等である。これらの要求を全て満足しつつ、ポリエステル繊維としての特性、例えば、 適度な張り腰、ドレープ性および高染色堅牢性を有することで、トータルバランスに優 れたストレッチ素材とすることができる。
[0019] ここで、前記のコイル特性を満足するためには、高収縮成分 (高粘度成分)の特性 が重要となる。コイルの伸縮特性は、低収縮成分を支点とした高収縮成分の伸縮特 性が支配的となるため、高収縮成分に用いる重合体には高い伸長性および回復性 が要求される。
[0020] そこで、本発明者らは、ポリエステル繊維の特性を損なうことなく前記特性を満足さ せるために鋭意検討した結果、高収縮成分にポリトリメチレンテレフタレート(以下、 P TTと略記することがある)を主体としたポリエステル繊維(以下、 PTT繊維と略記する ことがある)を用いることを見出した。 PTT繊維は、代表的なポリエステル繊維である ポリエチレンテレフタレート(以下、 PETと略記すると略記することがある)やポリプチ レンテレフタレート(以下、 PBTと略記すると略記することがある)繊維と同等の力学 的特性や化学的特性を有しつつ、弾性回復性および伸長回復性が極めて優れて ヽ る。これは、 PTTの結晶構造においてアルキレングリコール部のメチレン鎖がゴーシ ュ―ゴ一シュの構造 (分子鎖が 90度に屈曲)であること、さらにはベンゼン環同士の 相互作用(スタツキング、並列)による拘束点密度が低ぐフレキシビリティーが高いこ とから、メチレン基の回転により分子鎖が容易に伸長 ·回復するためと考えられる。
[0021] ここで、本発明における PTTとは、テレフタル酸を主たる酸成分とし、 1, 3—プロパ ンジオールを主たるグリコール成分として得られるポリエステルである。ただし、 20モ ル%、より好ましくは 10モル%以下の割合で他のエステル結合の形成が可能な共重 合成分を含むものであってもよ 、。
[0022] 共重合可能な化合物として、例えば、イソフタル酸、コハク酸、シクロへキサンジカ ルボン酸、アジピン酸、ダイマ酸、セバシン酸および 5—ナトリウムスルホイソフタル酸 などのジカルボン酸類、エチレングリコール、ジエチレングリコール、ブタンジオール、 ネオペンチルグリコール、シクロへキサンジメタノール、ポリエチレングリコールおよび ポリプロピレングリコールなどのジオール類を挙げることができる力 これらに限定され るものではない。また、必要に応じて、艷消し剤となる二酸ィ匕チタン、滑剤としてのシリ 力やアルミナの微粒子、抗酸化剤としてヒンダードフエノール誘導体および着色顔料 などを添カ卩してもよい。
[0023] また、低収縮成分 (低粘度成分)には高収縮成分である PTTとの界面接着性が良 好で、製糸性が安定して 、る繊維形成性ポリエステルであれば特に限定されるもの ではないが、力学的特性、化学的特性および原料価格を考慮すると、繊維形成能の ある PETが好ましい。
[0024] また、両成分の複合比率は、製糸性および繊維長さ方向におけるコイルの寸法均 質性の点で、高収縮成分:低収縮成分 = 75: 25〜35: 65 (重量%)の範囲が好まし く、より好ましくは 65 : 35〜45: 55の範囲である。
[0025] 本発明で用いられる長短繊維複合糸を構成するサイドバイサイド型複合繊維の断 面形状は、丸断面、扁平断面、三角断面、マルチローバル断面、 X型断面およびそ の他公知の異形断面であってもよいが、特にダルマ型断面であることが好ましい。こ こでいうダルマ型断面とは、 PTT成分と PET成分の界面が断面の長手方向に対して 垂直方向に貼り合わせたものである。
[0026] サイドバイサイド型複合繊維は、マルチフィラメントの位相が揃い集合した形で Sと Z 方向のトルクを有するタリンプが交互に発現しやすく、結果的に Sと Zのトルクの変わり 目において長繊維 (マルチフィラメント)全体が捩れ、織物にした場合シボが発生し易 い。
[0027] そのため、本発明で用いられる長短繊維複合糸を構成するサイドバイサイド型複合 繊維は、捲縮の位相が長繊維 (マルチフィラメント)を構成する単繊維間で揃って ヽ ないことが好ましい。ここで捲縮の位相とは、単繊維において S方向のトルクの捲縮と Z方向のトルクの捲縮とが交互に発現しているパターンをいう。例えば、ある単繊維が Sトルクの捲縮を呈している箇所に、別単繊維の Zトルク方向捲縮を配することにより、 ストレッチ性は損なうことなく互 、のトルクを消し合 、、シボの発生を抑えることができ る。捲縮の位相が長繊維 (マルチフィラメント)を構成する単繊維間で揃わな ヽように するためには捲縮力を分散させる必要があり、その手段としてはサイドバイサイド型複 合繊維の断面がダルマ型断面であれば、シボの発生を防ぐことができ、より高品位の 織物を得ることができる。
[0028] また、サイドバイサイド型複合繊維の単繊維繊度は、 1. 1〜: LOdtexが好ましぐより 好ましくは 1. l〜6dtexである。単繊維繊度を 1. ldtex以上 3. Odtex以下とするこ とで、捲縮によるストレッチ性とシボ抑制の実効を得ることができる。
[0029] また、本発明で用いられる長短繊維複合糸を構成するサイドバイサイド型複合繊維 は、 20%伸張時の伸長回復率が 80%以上であることが好ましい。この伸長回復率が 80%以上であれば、リング精紡機にて長短複合糸にした際、優れたストレッチバック 性と捲縮発現性により、短繊維成分と強固に絡み合い、芯鞘型構造の形態安定性に 優れ、膨らみ感、高ストレッチを有する長短複合糸を得ることができ、織物としたとき 良好なストッレツチ性を得ることができる。
[0030] 本発明で用いられるサイドバイサイド型複合繊維の総繊度は、 20dtex力ら lOOdte Xが好ま ヽ。総繊度が 20dtex未満では鞘糸の特性が長短繊維複合糸の特長とな つてしまい、本発明の効果を発揮することが難しくなる。また、総繊度が lOOdtexを超 えると鞘糸の構成本数が少なくなり、芯糸が長短繊維複合糸の鞘部に露出してしまう 。シャツ地に用いられる特に好適な長短繊維複合糸の芯糸として好ましい総繊度は 、 25dtex力も 60dtexである。
[0031] さらに本発明で用いられるサイドバイサイド型複合繊維のフィラメント数は、総繊度と 短繊維繊度により決定されるが、織物としたときの曲げに対する柔らかさや風合いの 点から、 6フィラメントから 46フィラメントが好ましぐストレッチ性とカ卩ェ時のシボ抑制 効果から、さらに好ましくは 12フィラメントから 36フィラメントである。
[0032] また、本発明で用いられる長短繊維複合糸を構成する芯糸がポリトリメチレンテレフ タレート系繊維を単独で用いる場合も、芯糸にサイドバイサイド型複合繊維を用いた 場合と同様の総繊度と、フィラメント数が好適である。
[0033] 次に、本発明で用いられる長短繊維複合糸の鞘糸を構成する短繊維について説 明する。本発明で用いられる短繊維として用いられる繊維素材は、綿とポリエステル 繊維の併用が好ましい。短繊維には、ウールや麻などの天然繊維、アクリル繊維、ポ リアミド繊維およびポリプロピレン繊維などの合成繊維等、様々な種類の短繊維があ る力 耐熱性 '耐洗濯性の面から、綿とポリエステル繊維の混用が好ましい。
[0034] また、鞘糸として綿とポリエステル繊維を使用する場合の混合比率 (重量)は、ポリ エステル繊維:綿を 0: 100から 40 : 60にすることが好ましい。本発明では、長短繊維 複合糸を好ましくは長短繊維複合紡績糸の形状で使用するが、芯糸の特性が形態 安定に大きく影響するため、鞘糸は吸湿性'風合いを重視できる素材を選択する必 要がある。
[0035] また、本発明で用いられる短繊維を構成する短繊維の断面形状は特に限定されず 、丸形であっても、多角形、 H型あるいは中空などの異形断面であっても良い。短繊 維の繊度についても特に限定されないが、紡積性を考慮すると 0. 5〜5dtexが好ま しぐ繊維長については各種紡績方法に応じた繊維長とするのがよいが、好ましくは 25mmから 68mmが一般的に紡績原綿として用いられ、さらに好ましくは短紡に属 する繊維長 38mmである。
[0036] 本発明の長短繊維複合糸の番手は特に限定されないが長短繊維複合紡績糸を製 造する上で、短繊維の断面構成繊維本数が 50本以上 200本以下となるように設定 することが好ましぐまた、シャツ地に用いるためには 35Z1S以下が好ましぐより好 ましくは目付.厚さの面力も 40Z1S以下 60Z1S以上がより好ましい。また、ヨリ数 T は一般的な長短複合紡績糸よりやや低めに設定するのがよぐ T (回 Zin) =K (綿番 手) 1Ζ2 (Κ:ヨリ係数)において、 Κ=3. 0〜4. 0の範囲が好ましい。
[0037] 本発明で用いられる長短繊維複合糸は、上述した長繊維と短繊維から構成され、 一方が芯部にもう一方が鞘部となるよう捲回してなる芯鞘型構造である。
[0038] 芯部にサイドバイサイド型複合繊維糸等の長繊維を用い、鞘部に短繊維を捲回し てなる構造の場合、サイドバイサイド型複合繊維糸が持つ優れたストレッチ性と回復 性によって得られる膨らみ感、鞘成分の短繊維の毛羽感によりソフトな風合いを持つ 素材を得ることができる。
[0039] 長繊維と短繊維の複合比率は、複合糸の伸長性、芯部カバー性および精紡操業 性の点から、長繊維 Ζ短繊維 = 15Ζ85〜85Ζ15 (重量%)であることが好ましい。
[0040] 次に、本発明の長短繊維複合糸の製造方法について説明する。例えば、サイドバ ィサイド型複合繊維糸とポリエステル短繊維および綿をリング精紡機を用いて合体し 、長短繊維複合糸の芯部にサイドバイサイド型複合繊維糸を、表面にポリエステル短 繊維および綿を出現させるためには、撚り合わせときにおける 2成分の供給速度に一 定の差を維持するように合体することが好ましい。サイドバイサイド型複合繊維糸とポ リエステル短繊維および綿のフロントローラーからの送り出し速度を、それぞれ Vf、 V sとすると、 2成分の速度関係は Vfく Vsにあり、 Vs = L'Vf (L :係数)において L= l. 01〜1. 025のとすることが好ましい。定数 Lは、サイドバイサイド型複合繊維糸とポリ エステル短繊維および綿との混合比率や、ヨリ係数などによって定まるものである。
[0041] サイドバイサイド型複合繊維糸は、優れた伸縮性と回復性を持っため、フロントトツ プローラ力も送り出された直後にストレツチノくックし、他方の短繊維フリースを巻き込 みながらヨリがかかり絡み合い、芯成分と鞘成分が分離することなく芯鞘状態に強固 に取り巻き、芯鞘構造の形態安定性に優れた長短繊維複合糸となる。また、長短繊 維複合糸の製造方法としては、前述の芯鞘型製造方式に限定されるものではなぐ 精紡交撚方式であっても良 、。
[0042] 本発明においては、上述のようにして得られた長短繊維複合糸を、織物の経糸お よび Zまたは緯糸に用いる。長短繊維複合糸を経糸または緯糸の一方に用いる場 合、相手の糸(緯糸または経糸)は紡績糸、フィラメント糸を特に問わないが、シャツ 地にするためには紡績糸を用いることが好ましい。紡績糸の素材は、特に洗濯時の 挙動を抑えるため吸湿性の少ない合繊を主体としたポリエステル繊維 ·綿混合品が 好ましい。長短繊維複合糸の鞘糸を綿 100%とした場合、ポリエステル繊維 100%で も生地としての綿混率はある程度維持できるため着用快適性を得ることが出来る。従 つて、シャツ地の素材混率を綿が 20%以上 60%以下とするように紡績糸の綿混率を 調整することが好ましい。
[0043] 相手の糸として用いられる紡績糸の番手は、単糸の場合 60S力ら 20S、双糸の場 合 120/2S力ら 40/2S力 S好ましく、より好ましく ίま単糸の場合 45S力ら 30S、双糸 の場合 100Z2S力ら 60Z2S力 S良い。紡績糸の素材混率はポリエステル繊維:綿が
100: 0力ら 40: 60の範囲が好ま Uヽ。
[0044] 本発明の織物は、経緯の少なくとも一方について、織物伸長率が 10%以上 20% 以下であることが好ましい。 [0045] 織物伸長率とは、実施例中の「測定方法」にて定義されるストレッチ性のパラメータ である。織物伸長率が 10%未満である場合には、人体の運動時における皮膚の伸 縮に追随できない場合があり、かつ 20%を超えると PPTポリマの熱特性によりアイ口 ンかけ時に織物表面が波打つ現象が見られる。
[0046] また、本発明の織物は、ストレッチ性を有する方向の伸長回復率は 70%以上であ ることが好ましい。織物伸長回復率が 70%未満である場合には、着用時に生地が回 復しにくぐ膝や肘部がたるみを惹起し、シヮとなる場合がある。
[0047] また、本発明では織物の仕上げ目付は、シャツ地として、強度面、フィット性および 機能性に優れているので、 180gZ平方メートル以下のものが好ましい。目付は、特 に、 100〜150gZ平方メートルのものが好ましい。目付が lOOgZ平方メートル未満 のものは、薄地でペラペラしたものとなる場合がある。また、目付が 180gZ平方メート ルを超えるものは、シャツ地として重くなる傾向がある。
[0048] 本発明において用いられる織機は限定されるものではなぐエアージェットノレーム やレビアルーム等の織機を用いることができる。
[0049] 織物の組織としては、ストレッチ性やソフトさの点から、サージ (綾織り)が最も好まし ぐ次いで、平織り、畦織りが好ましい。
[0050] 製織後、織物は通常のリラックス熱処理、中間セット、染色し、仕上げる。リラックス 熱処理においては、サイドバイサイド型複合繊維の捲縮を、織物拘束力に打ち勝つ て十分に発現させるため、液中温度を 80°C以上とすることが好ましい。染色は、より 染色堅牢度が高められることから、ポリエステル繊維側は分散染料で、綿側は直接 染料や反応性染料を用いることが好まし 、。
[0051] 以上のようにして得られた織物は、ストレッチ性があり、ソフトな風合いを有し、着用 快適性に優れた機能性を持ち、且つ、寸法安定性と高い染色堅牢度を持つポリエス テル Z植物系繊維混用のシャツ地織物を提供することができる。
[0052] さらに、本発明の織物は、 WZW性を 3級以上とすることが出来る。 WZW性が 3級 以下では洗濯乾燥を行った後シヮがめだってしま 、、実用上着用に耐えられる状況 にない。
本発明において、この WZW性が良好な理由は定かでないが、 PPT繊維の熱特性 に起因すると考えられる。通常、 PET繊維は熱セット性があるためタンブラ一乾燥に よりしわの状態を記憶してしまい、 wZw性には好ましくない。し力しながら、本発明 では PPT繊維を用いたことによりそれを改善することができたと推定される。 PPT繊 維は、加熱することにより熱伸長する特性があり、その温度はガラス転移点を超えた 状態から始まる。水系洗濯後タンブラ一乾燥するとその乾燥熱によりタンブラ一内で 高収縮成分である PPT繊維が伸長する力 バイメタル構造の相手である PET繊維は 伸長しないため、結果としてクリンプ構造が弱くなり見掛け糸長が長くなる。タンブラ 一から取り出し冷却するとほぼ元のクリンプ構造に再び回復する力 WZW性にはこ の糸の見掛け長さの移動が、熱セット性を阻害しシヮ防止に効果的であると推定され る。
[0053] また、本発明において、織物は必要に応じて形態安定加工を施しても良い。形態 安定の方法は特に規定がな 、。
実施例
[0054] 以下、本発明の織物にっ 、て実施例で詳細にて説明する。実施例での評価方法 を、次に示す。
[0055] (評価方法)
(1)平均伸長率:
JIS L— 1096 (2004年)の伸長率 A法 (定速伸長法)で測定した。値が高い程、ス トレツチ性が良好であると評価した。
[0056] (2)伸長回復率:
JIS L— 1096 (2004年)の伸長回復率 A法 (繰り返し定速伸長法)で測定した。値 が高い程、伸長回復率が高く良好であると評価した。
[0057] (3)WZW性:
選択処理方法 ίお IS L— 1096 (2004年) 8. 23. 1 A法 ネット使用タンブル乾 燥完全 10回繰り返し後ハンガーにかけ一昼夜静置、判定は AATCC 124- 1984 5段階レプリカ法にもとづいて 0. 5級毎判定を行った。 5級(良好)〜 1級 (不良)で評 価し 7こ。
[0058] [実施例 1] 固有粘度(IV)が 1. 40のホモ PTTと、固有粘度(IV)が 0. 60のホモ PETを、それ ぞれ別々に溶融し、紡糸温度 275°Cで 24孔の複合紡糸口金から複合比(重量%) 5 0: 50で吐出し、紡糸速度 1400mZ分で引取り 165dtex、 24フィラメントのダルマ型 サイドバイサイド型複合構造未延伸糸を得た。さら〖こ、得られた未延伸糸を、ホット口 一ルー熱板系延伸機 (接糸長: 20cm、表面粗度: 3S)を用い、ホットロール温度 75 °C、熱板温度 170°C、延伸倍率 3. 3倍で延伸し、次いで一旦引き取ることなぐ連続 して 0. 9倍でリラックスして巻き取り、 55dtex、 24フィラメントの延伸糸を得た。紡糸、 延伸とも製糸性は良好であり、糸切れは発生しな力つた。
[0059] 次に、長短繊維複合糸の短繊維として、綿(平均繊維長 38mm) 100%で通常の 紡績方式を経て、 0. 5gZmの粗糸を作成し、精紡機に仕掛け段付きトップローラの 大径部に通しフリースを紡出した。一方、前述のサイドバイサイド型複合繊維糸をそ れぞれクリールに仕掛け、張力調整装置 (テンサー)を経てフィード装置を通り、段付 きトップローラーの小径部とボトムローラーの隙間を通過させ、前述フリースと組み合 わせ合体し、ヨリ数 14. 8T/in(K=3. 2)でリング'トラべラーを通し、管糸に巻き取 つた。このときフリースおよびサイドバイサイド型複合繊維糸のフィード装置からの送り 出し速度比は VsZVf= l. 03とし、芯成分がサイドバイサイド型複合繊維糸、鞘成 分が短繊維である番手 30sの本発明の長短複合糸を得た。
[0060] (布帛評価)
上記の長短繊維複合糸を緯糸に使用し、経糸にはポリエステル繊維 100%の 30 Z1Sを用い 2Z2綾組織の織物を 109 X 73本 Z2. 54cmの生機密度で製織し、本 発明の長短繊維複合紡績糸からなる織物を得た。ネップの発生はなぐ工程通過性 は良好であった。得られた生機をオープンソーパーで 95°Cの温度でリラックス熱処理 し、乾燥後、乾熱 180°Cで中間セットし、 120°Cの温度で染色した。その後、 160°C の乾熱でピンテンター方式により仕上セットした。仕上反の密度は経緯で 145 X 77 本 Z2. 54cmであった。得られた織物の表面は、官能評価の結果、緯方向にソフト なストレッチを有し、シボが無ぐ滑らかで光沢があり、かつソフト風合いを有する織物 であった。また、この織物の緯方向伸張率は 16%であり、回復率は 73%であった。ま た、 WZW性は 3級であり、実用上問題のないレベルであった。 [0061] [実施例 2]
実施例 1の口金を 12孔の複合紡糸口金に変更し、その他は同条件で 33dtex、 12 フィラメントの延伸糸を得た。紡糸、延伸とも製糸性は良好であり、糸切れは発生しな かった。次に、同フィラメント糸を長短繊維複合糸の芯糸とし、長短繊維複合糸の鞘 糸短繊維として綿 100%で、実施例 1と同様の工程で 40Z 1 Sの長短繊維複合糸を 得た。
[0062] (布帛評価)
上記の長短繊維複合糸を緯糸に用い、また経糸にはポリエステル繊維 100%の 40 Z1Sを用い平組織の織物を 100 X 80本 Z2. 54cmの生機密度で製織し、本発明 の長短繊維複合紡績糸からなる織物を得た。ネップの発生はなぐ工程通過性は良 好であった。得られた生機をオープンソーパーで 95°Cの温度でリラックス熱処理し、 乾燥後、乾熱 180°Cで中間セットし、 120°Cの温度で染色した。その後 160°Cの乾熱 でピンテンター方式により仕上セットした。仕上反の密度は経緯で 125 X 83本 Z2. 54cmであった。得られた織物の表面は官能評価の結果、緯方向にソフトなストレツ チを有し、シボが無ぐ滑らかで光沢があり、かつソフト風合いを有する織物であった 。また、この織物の緯方向伸張率は 12%、回復率は 78%であった。また、 WZW性 は 4級であり、実用上問題のな!、レベルであった。
[0063] [実施例 3]
実施例 2のフィラメントを芯糸として用い、鞘糸にポリエステル繊維 1. 4dtex、 38m mと綿(平均繊維長 38mm)を 4: 6にミキシングした原綿を使用し、実施例 1と同様の 工程で 40Z1Sの長短繊維複合糸を得た。
[0064] (布帛評価)
上記の長短ポリエステル繊維 1複合糸を緯糸に用い、また経糸にはポリエステル繊 維 65Z綿の 45Z1Sを用い平組織の織物を 105 X 80本 Z2. 54cmの生機密度で 製織し、本発明の長短ポリエステル繊維 1複合紡績糸からなる織物を得た。ネップの 発生はなぐ工程通過性は良好であった。得られた生機をオープンソーパーを用い 9 5°Cでリラックス熱処理し、乾燥後、乾熱 180°Cで中間セットし、 120°Cの温度で染色 した。その後 160°Cの乾熱でピンテンター方式により仕上セットした。仕上反の密度 は経緯で 130 X 83本 Z2. 54cmであった。得られた織物の表面は、官能評価の結 果、緯方向にソフトなストレッチを有し、シボが無ぐ滑らかで光沢があり、かつソフト風 合いを有する織物であった。また、この織物の緯方向伸張率は 10%、回復率は 80 %であった。また WZW性は 3. 5級であり、実用上問題のないレベルであった。
[0065] [比較例 1]
極限粘度が 0. 40のホモ PETと、極限粘度が 0. 75のホモ PETとを、それぞれ別々 に溶融し、紡糸温度 295°Cで 12孔の複合紡糸口金から複合比(重量%) 50: 50で 吐出し、紡糸速度 1450mZ分で引取り 145dtex、 12フィラメントのサイドバイサイド 型複合構造未延伸糸を得た。さらに実施例 1で用いたものと同様のホットロール 熱 板系延伸機を用い、ホットロール温度 89°C、熱板温度 150°C、延伸倍率 2. 63倍で 延伸し、次いでー且引き取ることなぐ連続して次のリラックス率でリラックスして巻き 取りを試みた。リラックス率が 0. 9倍の場合、ホットロール上で逆巻きが発生し、糸切 れが多発した。次に、リラックス率を 0. 95倍にして巻き取りを試みたが同様に逆巻き し、糸切れが発生した。そこで、リラックス率 1倍 (弛緩無し)にして巻き取り、 55dtex、 12フィラメントの延伸糸を得た。
[0066] 次に、実施例 1と同様の短繊維と合体させ、芯成分が潜在捲縮性ポリエステル複合 繊維、鞘成分が短繊維である番手 30sの長短繊維複合糸を得た。
[0067] (布帛評価)
引き続いて、実施例 1の緯糸を上記にて得られた長短繊維複合紡績糸に替え、実 施例 1と同規格で製織した。得られた生機を実施例 1と同条件で染色加工し、織物伸 張率を測定した結果、緯方向は 3%と、伸長性に欠けたものであった。また、 W/W 性は 2級と実用上耐えられな 、レベルであった。
産業上の利用可能性
[0068] 本発明の織物は、前記のポリトリメチレンテレフタレート系繊維を含む長短繊維複合 糸を、経糸および Zまたは緯糸に用い織物とすることで、 wZw性に優れた織物とす ることができ、特にシャツ地に好適である。

Claims

請求の範囲
[1] 芯糸にポリトリメチレンテレフタレート系繊維、または Zおよび少なくとも一方がポリト リメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである 2種類のポリエステル系重合 体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わせた複合繊維の長繊維を 用い、鞘糸に、ポリエステル繊維:綿の重量比率が 0 : 100から 0 : 60にミキシングされ た短繊維を用いてなる芯鞘構造長短繊維複合糸を、経糸および Zまたは緯糸に用
V、てなることを特徴とする織物。
[2] 芯糸にポリトリメチレンテレフタレート系繊維、または Zおよび少なくとも一方がポリト リメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである 2種類のポリエステル系重合 体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わせた複合繊維の長繊維を 用い、鞘糸に、ポリエステル繊維:綿の比率が 0 : 100から 40 : 60にミキシングされた 短繊維を用いてなる芯鞘構造長短繊維複合糸を、経糸または緯糸に用い、かつ相 手の緯糸または経糸にポリエステル繊維:綿の比率が 100: 0力ら 40: 60の紡績糸を 用いてなることを特徴とする織物。
[3] 芯鞘構造長短繊維複合糸を用いた方向の織物伸長率が 10%から 20%であること を特徴とする請求項 1または 2記載の織物。
[4] ウォッシュアンドウエア性が 3級以上であることを特徴とする請求項 3に記載の織物
[5] 請求項 1〜4のいずれかに記載の織物からなるシャツ地。
[6] 請求項 1〜4のいずれかに記載の織物からなるドレスシャツ地。
PCT/JP2006/315294 2006-08-02 2006-08-02 Textiles WO2008015743A1 (fr)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2006/315294 WO2008015743A1 (fr) 2006-08-02 2006-08-02 Textiles

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2006/315294 WO2008015743A1 (fr) 2006-08-02 2006-08-02 Textiles

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2008015743A1 true WO2008015743A1 (fr) 2008-02-07

Family

ID=38996931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2006/315294 WO2008015743A1 (fr) 2006-08-02 2006-08-02 Textiles

Country Status (1)

Country Link
WO (1) WO2008015743A1 (ja)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002266180A (ja) * 2001-03-01 2002-09-18 Toray Ind Inc 長短複合糸およびポリエステル系ストレッチ織物
JP2003055848A (ja) * 2001-08-10 2003-02-26 Toray Ind Inc 抗ピル性および伸縮性に優れた長短複合糸
JP2003147661A (ja) * 2001-11-07 2003-05-21 Asahi Kasei Corp 綾織物
JP2003155642A (ja) * 2001-11-14 2003-05-30 Asahi Kasei Corp ストレッチ性交織織物
JP2006077338A (ja) * 2004-09-08 2006-03-23 Opelontex Co Ltd ストレッチシャツ地織物
JP2006214056A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 Toray Ind Inc 織物

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002266180A (ja) * 2001-03-01 2002-09-18 Toray Ind Inc 長短複合糸およびポリエステル系ストレッチ織物
JP2003055848A (ja) * 2001-08-10 2003-02-26 Toray Ind Inc 抗ピル性および伸縮性に優れた長短複合糸
JP2003147661A (ja) * 2001-11-07 2003-05-21 Asahi Kasei Corp 綾織物
JP2003155642A (ja) * 2001-11-14 2003-05-30 Asahi Kasei Corp ストレッチ性交織織物
JP2006077338A (ja) * 2004-09-08 2006-03-23 Opelontex Co Ltd ストレッチシャツ地織物
JP2006214056A (ja) * 2005-02-07 2006-08-17 Toray Ind Inc 織物

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3859672B2 (ja) 複合繊維及びその製造方法
JP2006214056A (ja) 織物
JP2005206994A (ja) 裏材
JP3915398B2 (ja) 織物
JP4292763B2 (ja) 複合布帛およびその製造方法
JP3624824B2 (ja) 織・編物
JP3680723B2 (ja) 交織織物
JP2008156762A (ja) 複合加工糸およびその製造方法
JP3988422B2 (ja) 複合布帛の製造方法
JP4886368B2 (ja) 長短複合紡績糸およびそれを用いてなる布帛
JP2003020531A (ja) 3層構造長短複合糸およびその製造方法
JP2006257632A (ja) 複合布帛
JP2003020533A (ja) 長短複合糸
JP2003119638A (ja) 二重被覆糸およびその製造方法
WO2008015743A1 (fr) Textiles
JP2004244736A (ja) 靴下
JP2006316364A (ja) ポリエステル系ストレッチ織物
JP5116995B2 (ja) 長短複合紡績糸およびそれからなる布帛
JP2003221742A (ja) 被覆糸およびその製造方法
JP4100486B2 (ja) ストレッチシャツ地
JP2004256932A (ja) 複合糸
JP2003073951A (ja) 被覆糸およびその製造方法
JP2001295165A (ja) ストレッチ編地
JP4771503B2 (ja) 運動着
JP4140178B2 (ja) 裏地

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 06782163

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: RU

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: JP

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 06782163

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1