WO2006134627A1 - 電気集塵器 - Google Patents

電気集塵器 Download PDF

Info

Publication number
WO2006134627A1
WO2006134627A1 PCT/JP2005/010778 JP2005010778W WO2006134627A1 WO 2006134627 A1 WO2006134627 A1 WO 2006134627A1 JP 2005010778 W JP2005010778 W JP 2005010778W WO 2006134627 A1 WO2006134627 A1 WO 2006134627A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
discharge
suction
plate
fine particles
air
Prior art date
Application number
PCT/JP2005/010778
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Masatoshi Furuta
Shigenobu Ohkura
Original Assignee
Zesu Giko Co., Ltd.
Hidec Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Zesu Giko Co., Ltd., Hidec Co., Ltd. filed Critical Zesu Giko Co., Ltd.
Priority to PCT/JP2005/010778 priority Critical patent/WO2006134627A1/ja
Publication of WO2006134627A1 publication Critical patent/WO2006134627A1/ja

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/02Plant or installations having external electricity supply
    • B03C3/04Plant or installations having external electricity supply dry type
    • B03C3/08Plant or installations having external electricity supply dry type characterised by presence of stationary flat electrodes arranged with their flat surfaces parallel to the gas stream
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/02Plant or installations having external electricity supply
    • B03C3/04Plant or installations having external electricity supply dry type
    • B03C3/10Plant or installations having external electricity supply dry type characterised by presence of electrodes moving during separating action
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/02Plant or installations having external electricity supply
    • B03C3/16Plant or installations having external electricity supply wet type
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/34Constructional details or accessories or operation thereof
    • B03C3/36Controlling flow of gases or vapour
    • B03C3/361Controlling flow of gases or vapour by static mechanical means, e.g. deflector
    • B03C3/363Controlling flow of gases or vapour by static mechanical means, e.g. deflector located before the filter
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/34Constructional details or accessories or operation thereof
    • B03C3/36Controlling flow of gases or vapour
    • B03C3/361Controlling flow of gases or vapour by static mechanical means, e.g. deflector
    • B03C3/365Controlling flow of gases or vapour by static mechanical means, e.g. deflector located after the filter
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/34Constructional details or accessories or operation thereof
    • B03C3/40Electrode constructions
    • B03C3/41Ionising-electrodes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/34Constructional details or accessories or operation thereof
    • B03C3/40Electrode constructions
    • B03C3/45Collecting-electrodes
    • B03C3/47Collecting-electrodes flat, e.g. plates, discs, gratings
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B03SEPARATION OF SOLID MATERIALS USING LIQUIDS OR USING PNEUMATIC TABLES OR JIGS; MAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03CMAGNETIC OR ELECTROSTATIC SEPARATION OF SOLID MATERIALS FROM SOLID MATERIALS OR FLUIDS; SEPARATION BY HIGH-VOLTAGE ELECTRIC FIELDS
    • B03C3/00Separating dispersed particles from gases or vapour, e.g. air, by electrostatic effect
    • B03C3/34Constructional details or accessories or operation thereof
    • B03C3/74Cleaning the electrodes
    • B03C3/78Cleaning the electrodes by washing
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A50/00TECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE in human health protection, e.g. against extreme weather
    • Y02A50/20Air quality improvement or preservation, e.g. vehicle emission control or emission reduction by using catalytic converters
    • Y02A50/2351Atmospheric particulate matter [PM], e.g. carbon smoke microparticles, smog, aerosol particles, dust

Abstract

 電気集塵器(1)1は、汚染空気(3)を吸気する吸気口(4)及び浄化された清浄空気(5)を排出する排気口(6)を連通する空気通路(7)を有するハウジング(8)と、空気通路(7)に気流(9)を発生させる気流発生部(10)と、吸着軸(11)に従って回転する複数の吸着プレート(13)を有する捕集部(14)と、吸着プレート(13)の吸着面(12)に対向する放電面(21)を有する荷電プレート(20)及び荷電プレート(20)の吸気口対向縁(22)に設けられた複数の放電電極部(19)を備える放電部(24)とを具備する。放電電極部(19)の尖鋭端部(23)から発生したコロナ放電(CD)によって汚染空気(3)に含まれる微粒子(2)を荷電し、回転する吸着プレート(13)によって微粒子(2)と吸着面(12)との相対的な位置関係を常に変化させながら、クーロン力を利用して微粒子(2)を捕集することができる。

Description

電気集塵器
技術分野
[0001] 本発明は、電気集塵器に関するものであり、特に、コロナ放電によって荷電された 微粒子を、回転する吸着プレートで捕集することが可能な電気集塵器に関するもの である。
背景技術
[0002] 従来から、工場のボイラー排気や発電所などから大量に排出される煤煙などの!/ヽ わゆる「産業廃ガス」を大気中に放出する前に、産業廃ガス中に含まれる種々の粉体 物や油分或いは水分等を含むミストやダストなどの大気を汚染する恐れの有る微粒 子を取除く空気清浄ィ匕処理が行なわれることがある。これらの微粒子を含む産業廃 ガスを直接大気中に放出することは、地球環境に甚大な影響を及ぼすため、国や地 方自治体などの基準によって回収することが義務づけられていることがある。また、都 市部では、車の排気ガスなどによる大気汚染が深刻な状態にあり、一般家庭でも室 内用の空気清浄機を備え、使用するところもある。さら〖こ、飲食店などの厨房におい ても、調理時等に発生する煙や汚染空気を外部に放出する前に、清浄化する空気 清浄機を設置して 、るところが多!、。
[0003] これらの大気汚染の原因となる汚染空気に含まれる微粒子を回収し、清浄空気に 浄ィ匕するための集塵装置には、捕集原理などの違いから数多くのものが知られてい る。具体的には、微粒子の捕集原理から分類すると、ろ過式、重力式、慣性式、遠心 力式、電気式、及び洗浄式などが挙げられる。これらは、捕集する微粒子の大きさや 、種類、或いは設置条件などによって適宜選択されている。この中でも、集塵性能の 点から見ると、ろ過式 (バグフィルターなど)及び電気式のものが特に優れて!/、るため 、種々の産業分野において広く普及している。
[0004] ここで、電気集塵器の捕集原理は、放電極から発生させたコロナ放電によって微粒 子に電荷を与え、荷電 (帯電)した微粒子を、クーロン力を利用して対極となる集塵電 極に電気的に引寄せて捕集するものである。この電気集塵器の特徴は、 1)圧力損 失が小さい、 2)大量のガスの処理が可能、 3)集塵率が高いなどの優れた利点を有し ている。そのため、工場や発電所などの特に大量に汚染空気を排出する環境で利用 されている。
[0005] 電気集塵器の主要な構成としては、微粒子に電荷を与えるためのコロナ放電を発 生させる針ゃ線材などの表面曲率の大きい形状で形成された放電極と、対極として 荷電した微粒子を捕集する平板状に形成された集塵電極と、電気集塵器内の気流 の流れを整える整流部と、付着した微粒子を集塵電極カゝら剥離するための槌打装置 (乾式)またはスプレー装置 (湿式)と、剥離した微粒子を集めるホツバと、付属装置と してコロナ放電をさせるための電源装置及び荷電制御装置などとから一般に構成さ れている。
[0006] 上述した槌打装置は、乾式の電気集塵器に用いられ、集塵電極をハンマーなどで 叩くことによって、捕集した微粒子をふるい落とし、下方に設けられたホッパーなどの 回収部に溜めるために用いられるものである。一方、湿式の場合は、集塵電極に捕 集された微粒子を水などの洗浄液を噴射することによって洗い流して除去するもので ある。集塵電極に多量の微粒子が捕集された状態では、荷電された微粒子を引寄せ るクーロン力が弱くなり、集塵効率が低下することがある。したがって、安定した状態 で集塵が行なえなくなるのを防ぐ目的で、上述した乾式及び湿式の方式によって、集 塵電極力 微粒子を除去することが為されて 、る。
一方、近年では、放電極及び集塵電極をカートリッジなどに収容し、交換可能とし たタイプのものが採用されている。これよると、集塵電極に微粒子が多く付着して集 塵効率が低下した場合には、該カートリッジを取替えることによって、集塵効率を一定 に保つことができるものである。なお、使用済みのカートリッジはメーカーに設置され た専用の設備などで微粒子の除去が行なわれ、再利用されることが多い。これにより 、装置の保守作業が容易となるとともに、上述した除去設備を備える必要がないため 、装置全体を小型化し、製造コストを下げることができる。
[0007] 一方、本願出願人等は、上記実情に鑑み、新規な構成を有する電気集塵器を発 明し、既に特許出願を行っている (特許文献 1及び特許文献 2等参照)
[0008] 特許文献 1 :特開 2003— 126729号公報 特許文献 2 :特開 2004— 141826号公報
発明の開示
発明が解決しょうとする課題
[0009] ところが、乾式及び湿式の電気集塵器は、既に述べたように装置が大型化する傾 向があり、設置される場所も大きな工場や発電所などに限られることが多力つた。一 方、カートリッジ方式の場合、集塵効率が低下するたびにカートリッジを交換する必要 があり、一度に大量の汚染空気を処理する環境では、係る交換作業を頻繁に行なう 必要があり、作業員の労力負担及び交換コストなどが嵩み、不経済となることがあつ た。力!]えて、飲食業などの厨房に設置可能なコンパクトな形状を有し、かつ高い集塵 効率を得ることができるような電気集塵器が望まれていた。
[0010] 特に、電気集塵器を長時間連続して稼働した場合であっても、集塵効率 (捕集効 率)が著しく低下することがなぐ安定した集塵を行うことができ、また、微粒子が吸着 した吸着面を比較的簡易に、かつ短時間で洗浄し、再び、稼働させることの可能な 稼働率の高 、電気集塵器が望まれて 、た。
[0011] そこで、本発明は上記実情に鑑み、長時間の連続稼働によっても、微粒子の捕集 効率が低下することなぐかつ洗浄等のメンテナンスの容易な電気集塵器の提供を 課題とするものである。
課題を解決するための手段
[0012] 上記課題を解決するために、本発明にカゝかる電気集塵器は、「微粒子を含む汚染 空気を吸込む吸気口及び前記微粒子が除去された清浄空気を排出する排気口を連 通する空気通路が内部に形成されたハウジングと、前記空気通路に気流を発生させ 、前記汚染空気の吸気及び前記清浄空気の排気を行う気流発生手段と、前記空気 通路に設けられ、前記汚染空気に含まれる前記微粒子をコロナ放電によって荷電す る放電手段と、前記空気通路に設けられ、前記放電手段によって荷電された前記微 粒子を、クーロン力を利用して捕集する捕集手段と、前記放電手段と電気的に接続 し、前記コロナ放電を発生可能な放電電圧を供給する放電電圧供給手段とを具備す る電気集塵器において、前記捕集手段は、前記気流の流通方向と直交して前記空 気通路に架渡された吸着軸と、略円板状を呈し、互いの吸着面をそれぞれ対向させ た状態で前記吸着軸に取設され、前記吸着面にクーロン力を利用して前記微粒子を 吸着し、捕集する複数の吸着プレートと、前記吸着軸の一端と接続し、前記吸着プレ ートを前記吸着軸に従って回転させる吸着プレート回転手段とをさらに具備し、前記 放電手段は、前記放電電圧供給手段と電気的に接続された放電軸と、前記放電軸 に支持され、互いに対向する一対の前記吸着プレートの間にそれぞれ挿入されると ともに、前記吸着プレートの前記吸着面に放電面を近接させ、前記吸着プレートに対 して電気的に絶縁した状態で配された複数の荷電プレートと、前記荷電プレートの吸 気口対向縁から前記吸気口に向かって突設され、先端が尖鋭状に形成された尖鋭 端部を有する複数の放電電極部と」を具備するものから主に構成されて 、る。
[0013] ここで、汚染空気に含まれる微粒子とは、工場等の各種施設力 排出される産業廃 ガスや自動車の排気ガス中に含まれる固体粉体物や、飲食店の厨房等から排出さ れる油分や水分を多量に含むミスト状のものが例示可能であり、ガス中に浮遊する所 謂「浮遊粒子状物質」が相当する。また、気流発生手段とは、空気通路内に空気の 流れ (気流)を発生させるものであり、例えば、モータ等の駆動装置に接続されたプロ ペラ(羽根)を回転させ、該プロペラの回転に伴って気流を生じさせるものである。な お、使用するプロペラのプロペラ径ゃ駆動のためのモータの回転数を適宜変化させ ることにより、空気通路内を流れる気流の流量や流通速度 (流速)等を任意に変更さ せることができる。
[0014] 一方、捕集手段とは、放電手段 (後述する)によって汚染空気中の微粒子に電荷が 与えられ、荷電された状態で電気的に対極にある吸着プレートの吸着面にクーロン 力を利用して吸着させ、捕集するものである。このとき、捕集手段を構成する吸着プ レートは、プレート回転手段によって吸着軸に従って軸回転をしている。そのため、空 気通路内を流れる汚染空気に含まれる微粒子と吸着面との間の位置関係は、時々 刻々変化している。そのため、クーロン力によって捕集される微粒子は、吸着プレート の吸着面の特定部位に偏ることなぐ吸着面全体にわたってほぼ均一に付着するこ ととなる。
[0015] 一方、放電手段とは、吸気口から吸気された汚染空気に対して、コロナ放電を与え 、該汚染空気に含まれる微粒子を荷電した状態にするものである。係る構成は、放電 電圧供給手段と接続した放電軸及び荷電プレート、さらに放電電極部によって主に 構成されている。ここで、コロナ放電は、一般に先端の尖った箇所力も容易に発生し やすい性状を有している。そのため、本発明においては、先端を尖鋭状に形成した 尖鋭端部を有する放電電極部が用いられている。そして、その尖鋭端部は気流に対 向するように、換言すれば、吸気口に向力うように配されている。なお、荷電プレート は、空気通路の幅方向に対し、所定の間隔で吸着プレートの間にそれぞれ挿入され ており、一方、放電電極部は荷電プレートの吸気口対向縁に沿ってハウジングの高 さ方向に複数が配されている。そのため、吸気口から吸気された汚染空気のほとんど 全ては、コロナ放電が発生した放電電極部の近傍を通過することとなる。その結果、 汚染空気に含まれる微粒子は、コロナ放電によって効率的に荷電される。ここで、放 電電極部を形成する素材等は、特に限定されないが、コロナ放電時の高温によって 尖鋭端部が融け、尖鋭状を呈しなくなることを回避し、かつコロナ放電を効率的に発 生させるために優れた電気伝導性を有する必要がある。そのため、例えば、タンダス テン或 、はタングステンィ匕合物等の硬質素材を用いることが可能である。
[0016] したがって、本発明の電気集塵器によれば、放電電圧供給手段によって供給され た放電電圧によって、放電手段を構成する放電電極部の尖鋭端部からコロナ放電が 発生する。このとき、気流発生手段によって、空気通路には吸気口から汚染空気が 吸込まれ、吸気口に対して縦横に配された複数の放電電極部のいずれかの近傍を 通過することとなる。そのため、汚染空気中の微粒子がコロナ放電と接することにより 、微粒子に電荷 (例えば、プラス)が与えられる。そして、荷電された微粒子は、荷電 プレート及び吸着プレートの間に到達する。このとき、荷電プレートは放電電圧供給 手段によって、荷電された微粒子と電気的に同位であるため、荷電プレートの放電面 に近づいた微粒子は、クーロン力によって反発し、放電面から離れようとする作用が 働く。
[0017] 一方、吸着プレートは、荷電された微粒子に対して、電気的に相対した電位を有す るため、微粒子をクーロン力によって吸引しょうとする作用が働く。その結果、荷電プ レート及び吸着プレートの間に導出された微粒子は、反発及び吸引の作用を受け、 吸着プレートの吸着面に引きつけけられ、捕集される。このとき、吸着プレートは、吸 着軸に接続されたプレート回転手段を介して回転している。そのため、微粒子に対す る吸着プレートの吸着面の位置関係は、常に変化し、吸着面の特定の箇所に微粒子 が偏って蓄積されることがない。すなわち、蓄積した微粒子によってクーロン力による 吸引及び捕集性が低下し、電気集塵器の捕集効率が短時間で低下することがない。
[0018] さらに、本発明にかかる電気集塵器は、上記構成に加え、「前記放電電極部の前 記尖鋭端部は、前記吸着プレートのプレート縁部から前記吸着軸の側に退行した位 置に設けられて 、る」ものであっても構わな 、。
[0019] したがって、本発明の電気集塵器によれば、放電電極部の尖鋭端部が吸着プレー トのプレート縁部から吸着軸側に退行して設けられている。すなわち、吸気口を通過 した汚染空気は、まず、互いに対向した一対の吸着プレートの間に到達し、放電電 極部が取設された荷電プレートに至る。このとき、放電電極部の尖鋭端部からは、放 電電圧が供給されることによって形成された電界により、コロナ放電が吸着プレートの 吸着面に向力つて発生している。そのため、吸着プレートの間を通過した汚染空気は 、係るコロナ放電に晒されることになる。このとき、尖鋭端部が吸着軸側に退行した位 置に設けられているため、コロナ放電によって荷電された微粒子の周囲は、吸着プレ ート及び荷電プレートによって囲まれている。その結果、前述した各プレートによる反 発作用及び吸引作用によって微粒子の捕集が容易となる。
[0020] さらに、本発明にかかる電気集塵器は、上記構成に加え、「前記空気通路は、前記 吸気口と連通し、前記放電手段及び前記捕集手段の収容される第一区画、前記第 一区画で浄化された前記清浄空気の送出される第二区画、及び前記気流発生手段 を収容し、前記第二区画から送出された前記清浄空気を前記排気口から排気する 第三区画によって区画されて 、る」ものであっても構わな!/、。
[0021] したがって、本発明の電気集塵器によれば、ハウジングの内部に形成された空気 通路が、三つに区画されている。これにより、電気集塵器によって汚染空気を清浄化 する場合、始めに放電手段及び捕集手段の収容された第一区画に汚染空気が導か れる。係る第一区画によってクーロン力を利用した微粒子の捕集が行われる。その後 、第二区画及び第三区画を通過して、清浄空気は排気口力 排気される。すなわち 、第一区画において回転する吸着プレートから遠心力の作用によって飛散する凝集 した微粒子が清浄空気とともに排気口カゝら直接排気されるのを防ぐため、第二区画 及び気流発生手段を収容する第三区画を設けることにより、排気口力 排気される清 浄空気の清浄度を高めることが可能となる。
[0022] さらに、本発明にかかる電気集塵器は、上記構成に加え、「前記放電電極部の前 記尖鋭端部は、前記尖鋭端部を挟んで配された一対の前記吸着プレートの前記吸 着面とそれぞれ等距離を保って配される」ものであっても構わない。
[0023] したがって、本発明の電気集塵器によれば、放電電極部の尖鋭端部が互いに対向 する吸着プレートの吸着面力も等距離を保って配されている。ここで、コロナ放電は 尖鋭端部から電位の異なる吸着プレートまでの距離によって発生条件が異なる。す なわち、尖鋭端部力 吸着プレートが近接する程、より当該吸着プレートに向かって コロナ放電が発生しやすい。そこで、吸着プレートの間に配される放電電極部の尖鋭 端部までの距離を等しくすることにより、双方の吸着プレートの吸着面に対して、均一 のコロナ放電が分散して発生することとなる。なお、係る構成を達成するため、例えば
、荷電プレートに放電電極部の挿入可能な挿入孔を穿設し、放電電極部の一端 (尖 鋭端部と逆側に相当)を挿込むことにより、荷電プレートと放電電極部を一体に形成 し、かつ吸着面力 の距離を等しく保つことができる。
発明の効果
[0024] 本発明の電気集塵器によれば、微粒子をコロナ放電によって荷電する放電手段と して、荷電プレート及び荷電プレートの吸気口対向縁から吸気口に向力つて配され た尖鋭端部を有する放電電極部が用いられる。これにより、汚染空気に含まれる微 粒子を効率的に荷電することができる。さらに、荷電された微粒子は、回転する吸着 プレートによって微粒子に対する吸着面を相対的に変化させながら捕集することがで きるため、吸着面の特定箇所に微粒子が蓄積されることがない。その結果、クーロン 力が弱くなり、捕集効率が低下するおそれが少なくなる。さらに、吸着プレートのみを 回転させる構成を採用することにより、電気集塵器自体の構造を簡略ィ匕することが可 能となり、また吸着面力も微粒子を除去するためのメンテナンス (洗浄)作業を従来と 比して簡便に行うことができるようになる。カロえて、放電電極部の尖鋭端部が一対の 吸着プレートの間に等間隔を保って配されるため、コロナ放電の発生が一方の吸着 プレートに対して偏って発生することがない。
図面の簡単な説明
[0025] [図 1]電気集塵器の内部の構成を模式的に示す側方カゝら見た説明図である。
[図 2]電気集塵器の内部の構成を模式的に示す上方力も見た説明図である。
[図 3]放電電極部、荷電プレート、及び吸着プレートの構成を示す説明図である。
[図 4]荷電された微粒子の挙動を示す説明図である。
発明を実施するための最良の形態
[0026] 以下、本発明の一実施形態である電気集塵器 1について、図 1乃至図 4に基づい て説明する。ここで、図 1は本実施形態の電気集塵器 1の内部の構成を模式的に示 す側方から見た説明図であり、図 2は電気集塵器 1の内部の構成を模式的に示す上 方から見た説明図であり、図 3は放電電極部、荷電プレート、及び吸着プレートの構 成を示す説明図であり、図 4は荷電された微粒子の挙動を示す説明図である。
[0027] 本実施形態の電気集塵器 1は、微粒子 2を含む汚染空気 3を吸気する吸気口 4及 び電気集塵器 1を通して浄化された清浄空気 5を排出する排気口 6を連通する空気 通路 7が内部に形成されたハウジング 8と、空気通路 7の下流側(図 1における紙面右 方向に相当)の排気口 6の近傍に設けられ、吸気口 4から汚染空気 3を吸気し、さらに 排気口 6から清浄空気 5を排気するために空気通路 7の中に空気の流れ (気流 9)を 発生させる回転ファン及び該回転ファンを回転駆動させる駆動用モータ (いずれも図 示しない)を有して構成された気流発生部 10と、空気通路 7の幅方向(図 2における 紙面左右方向に相当)にわたつて横架して回転可能に軸支された略棒状の吸着軸 1 1、及び互いの吸着面 12をそれぞれ対向させた状態で該吸着軸 11に取設された円 板状を呈する複数の吸着プレート 13を有する捕集部 14と、ハウジング 8に軸支され た吸着軸 11の一端 11aと駆動ギア等の駆動伝達機構 15を介して接続され、吸着プ レート 13を吸着軸 11に従って回転させる回転力を発生させるプレート回転用モータ 16と、捕集部 14と電気的に絶縁された状態で電気集塵器 1の幅方向に亘つて架渡 され、放電電圧を供給するそれぞれ一対の放電軸 17及び荷電プレート支持軸 18〖こ よって、放電面 21を吸着プレート 13の吸着面 12に対向して近接させた状態で支持 された略四角形状を呈する複数の荷電プレート 20と、荷電プレート 20の吸気口対向 縁 22 (図 1における紙面左側相当)から吸気口 4に向かって先端部分の尖鋭端部 23 を突設させた複数の放電電極部 19を有する放電部 24と、放電部 24の放電軸 17と 電気的に接続し、尖鋭針状の尖鋭端部 23からコロナ放電 CDを発生させるための放 電電圧を供給する放電電圧供給部 25と、空気通路 7の内側上方に取設され、吸着 プレート 13の吸着面 12にそれぞれ洗浄液 27を噴射し、吸着面 12から微粒子 2を洗 V、流すための洗浄液噴射部 26とを主に具備して構成されて 、る。
[0028] ここで、気流発生部 10が本発明における気流発生手段に相当し、プレート回転用 モータ 16が本発明におけるプレート回転手段に相当し、捕集部 14が本発明におけ る捕集手段に相当し、放電部 24が本発明における放電手段に相当し、放電電圧供 給部 25が本発明に放電電圧供給手段に相当する。
[0029] さらに、本実施形態の電気集塵器 1について、詳細に説明すると、略直方体の筐体 状に形成されたノヽウジング 8は、ハウジング正面 8aの一面に開口した吸気口 4を有し 、さらにハウジング正面 8aに相対するハウジング背面 8bに排気口 6を開口して形成さ れている。そして、係る吸気口 4及び排気口 6を連通する空気通路 7が内部に形成さ れている。さらに、空気通路 7は、吸気口 4力 排気口 6に至る間に三つの区画 28a, 28b, 28cに区切られている。さらに詳細に説明すると、吸気口 4から吸気された汚染 空気 3が導かれ、放電部 24及び捕集部 14が収容された第一区画 28aと、第一区画 28aの下流側に設けられ、清浄空気 5の送出される第一区画 28aよりも狭小に区切ら れた第二区画 28bと、第二区画 28bの下流側に設けられ、前述した気流発生部 10を 収容するとともに、第二区画 28bから送出された清浄空気 5を排気口 6から排気する 第三区画 28cとによって構成されて 、る。
[0030] さらに、第一区画 28a及び第二区画 28bの間、及び、第二区画 28b及び第二区画 28cの間は、それぞれを区画するための区画壁 29a, 29bが設けられている。さらに 、各区画 28a等の間を清浄ィ匕された清浄空気 5を流通させるために開口部 30a, 30 bがそれぞれ設けられている。ここで、開口部 30a, 30bは、互いに隣接する区画同 士 (例えば、第一区画 28a及び第二区画 28b)の間を流通する清浄空気 5の流れ (気 流 9)を安定した状態に整えるための複数の整流板 32が取付けられている。ここで、 図 1に示すように、第一区画 28aから第二区画 28bにかけては、整流板 32は下流側 に向力つて斜め下方に傾斜するように取付けられ、一方、第二区画 28bから第三区 画 28cにかけては、下流側に向力つて斜め上方に傾斜するように取付けられている。 これにより、気流 9を安定させるとともに、第一区画 28aから送出される清浄空気 5に 僅かに混在する可能性を有する微粒子 2を排気口 6に到達するまでに、整流板 32と の接触により、空気通路 7内で下方に落下させ、排気口 6から微粒子 2が放出される ことを防ぐことができる。
[0031] なお、同一の構造及び略同一の作用を有する整流板 32が吸気口 4から放電部 24 及び捕集部 14の間に設けられている。ここで、吸気口 4に設けられた整流板 32は、 吸込んだ汚染空気 3を下流側の斜め下方に流通させ、放電電極部 19が縦方向に配 された領域に向力つて安定した流れで導出される。これにより、汚染空気 3が空気通 路 7内で拡散し、コロナ放電 CDを受けることなぐ排気口 6まで到達することを避ける ことができる。その結果、電気集塵器 1による捕集効率を向上させることができる。な お、上述した三力所において、それぞれ気流 9の流れを安定させる整流板 32を設け ることにより、電気集塵器 1を稼働した場合、気流 9が空気通路 7の流れを阻害する部 位に接することにより、振動や風切り音等の騒音を発生させることを少なくすることが できる。また、気流 9を安定させることにより、気流発生部 10による気流発生能力を効 率ィ匕することができ、無駄なエネルギーを消費することがなくなる。さらに、気流 9を層 流状態とすることにより、コロナ放電 CDによる放電効率 (荷電効率)が増加し、電気 集塵器 1の捕集効率が増加することとなる。
[0032] さらに、本実施形態の電気集塵器 1は、その他の構成として、ハウジング 8の底面を 所定の方向(ここでは、空気通路 7の下流側に向けて斜め下方向)に傾斜させた傾斜 床面 31を有して構成されている。そのため、前述した洗浄液噴射部 26によって吸着 面 12に対して洗浄液 27を噴射し、微粒子 2を洗い流す洗浄動作を行うことにより、ハ ウジング 8の傾斜床面 31に到達した微粒子 2を含んだ洗浄液 27は、傾斜床面 31に 沿って最下位置の排液貯留部 34に導かれる。なお、係る排液貯留部 34には、貯留 した洗浄液 27等をハウジング 8の外部に排出するためのドレン(図示しない)が設け られている。これにより、洗浄の際に使用した使用済みの洗浄液 27の回収を容易に 行うことができる。 [0033] また、本実施形態の電気集塵器 1は、図 3及び図 4に拡大して示したように、荷電プ レート 20に取設された放電電極部 19の一端の尖鋭端部 23は、円板状の吸着プレ ート 13の周縁に相当するプレート縁部 33に対して吸着軸 11側に向力つて退行した 状態、換言すれば、尖鋭端部 23が対向する一対の吸着プレート 13の間に挟まされ た状態で取付けられている。ここで、放電電圧が供給されると、コロナ放電 CDは一般 に先端が尖った形状の部分力 容易に発生する性質を有して 、ることが知られて!/ヽ る。さらに、コロナ放電 CDによって荷電された微粒子 2は、荷電状態から電気的に中 位の状態に速やかに戻ろうとする。すなわち、クーロン力による作用が荷電直後に対 し、時間の変化によって徐々に弱くなる性質を有している。そこで、コロナ放電 CDを 受け、荷電された直後の微粒子 2を、吸着プレート 13に速やかに吸着し、捕集するた めに、放電電極部 19の尖鋭端部 23の周囲に近接するように吸着プレート 13を配す ることにより、クーロン力による作用が低下する前に微粒子 2を捕集することができるよ うになる。ここで、放電電極部 19の先端の尖鋭端部 23は、互いに対向する一対の吸 着プレート 13の吸着面 12から等距離を保持して配されている(図 3参照)。なお、放 電電極部 19は、荷電プレート 20の吸気口対向縁 22に穿設された挿入孔(図示しな い)に、尖鋭端部 23と逆側に相当する放電電極部 19の一端を挿入し、固定すること により、荷電プレート 20と一体的に形成されている。なお、図 1及び図 3において、放 電電極部 19の荷電プレート 20への埋設状態を特徴的に示すため、荷電プレート 20 に埋設した本来は視認することができな 、部分にっ 、ても例外的に図示をして 、る。
[0034] なお、本実施形態の電気集塵器 1は、その他の構成として、ハウジング外上面 35の 四隅にそれぞれ、電気集塵器 1の設置及び移動を容易とするための吊下支持用の 支持金具 36が取付けられて 、る。
[0035] ここで、本実施形態では、放電部 24に接続された放電電圧供給部 25から約 10. 5 kVの放電電圧を供給する例について示している。そして、この放電電圧が放電軸 1 7、荷電プレート 20を介し、放電電極部 19まで伝達され、荷電プレート 20及び吸着 プレート 13の間に電位差が生じ、尖鋭端部 23からコロナ放電 CDを発生させている。 なお、係るコロナ放電 CDの発生のために、放電部 24以外の構成、特に、捕集部 14 及びノヽウジング 8等は、絶縁部材 17a等により放電部 24に対して電気的に絶縁した 状態で構成され、放電電圧が放電電極部 19以外の場所から発生したり、高電圧によ る漏電が生じることがない対策が施されている。さらに、捕集部 14及びノヽウジング 8は 、地面に埋設されたアース(図示しない)と接続し、地中に対して電気を逃がすことが できるようになつている。そのため、吸着面 12に捕集された微粒子 2の電荷が吸着プ レート 13及び捕集部 14に常に滞留することはない。このとき、放電電極部 19は、荷 電プレート 20にその一部が埋設され、互いに対向する吸着プレート 13の吸着面 12 と放電電極部 19の尖鋭端部 23との間の距離がそれぞれ等しくなるように配されてい る。その結果、コロナ放電 CDは、各吸着面 12に対して平均的に発せられるようにな る。すなわち、例えば、荷電プレート 20の一方の荷電面 21にカシメなどの固定手段 によって固定された場合、尖鋭端部 23とそれぞれの吸着面 12との間の距離に差異 が生じ、コロナ放電 CDの発生率が異なることが想定される。この場合、コロナ放電 C Dの発生効率の低い側の荷電プレート 20及び吸着プレート 13の間を通過する微粒 子 2は、コロナ放電 CDによって荷電される効率が低下し、吸着プレート 13に吸引さ れるような十分な電位を獲得することができず、吸着プレート 13に捕集されないことと なり、集塵効率が低下するおそれがある。し力しながら、前述したように、一対の吸着 面 12の間に等距離を保って放電電極部 19が配されることにより、上述した不具合を 解消することができる。なお、本実施形態では荷電プレート 20に放電電極部 19を埋 設して一体ィ匕するものを示した力 これに限定されるものではなぐ吸着面 12との間 を等距離に保つようにして放電電極部 19を固定するものであればその他の構成を採 用するものであっても構わない。
[0036] また、荷電プレート 20及び放電電極部 19は、吸気口 4の高さ方向及び幅方向に合 わせて形成されているため、整流板 32によって整流して導出された汚染空気 3は、 放電電極部 19によるコロナ放電 CDの近傍を確実に通過することとなる。その結果、 微粒子 2の荷電効率が高くなる。なお、回転する吸着プレート 13に対し、荷電プレー ト 20は回転しないで放電軸 17及び荷電プレート支持軸 18に支持されているため、 荷電プレート 20の略中央付近には、吸着軸 11の軸径よりも広径の貫通孔部 20aが 設けられている。
[0037] また、吸着プレート 13を有する捕集部 14は、吸着軸 11に従って回転可能になって いる。そのため、互いに対向する四角形状の荷電プレート 20の間に挿入された状態 で、吸着プレート 13は回転することができる。すなわち、本実施形態の電気集塵器 1 は、荷電プレート 20及び放電電極部 19を空気通路 7内に固定するとともに、吸着プ レート 13を回転させることにより、荷電された微粒子 2と吸着プレート 13の吸着面 12 との位置関係を常に変化させることができる。その結果、吸着プレート 13の特定箇所 の吸着面 12に微粒子 2が吸着し、蓄積することがない。すなわち、吸着面 12への微 粒子 2の吸着によって、荷電された微粒子 2を吸引し、捕集するためのクーロン力が 低下する。したがって、吸着面 12にほぼ均一に微粒子 2を吸着させることにより、電 気集塵器 1の集塵効率が極端に低下することがなぐ長時間に渡って係属し、電気 集塵器 1を稼働させることができるようになる。
[0038] 上記の構成により、放電電圧供給部 25に接続した放電部 24は、放電電極部 19の 尖鋭端部 23からコロナ放電 CDを発生し、一方、吸着プレート 13はアース等によって 放電電極部 19に対し、電気的に相対する状態となっている。その結果、コロナ放電 CDによってプラスの電位となった汚染空気 3の微粒子 2は、電気的に同位の荷電プ レート 20とは反発し、放電面 21から離間しょうとする方向に移動し、一方、荷電され た微粒子 2と電気的に相対する吸着プレート 13は、該微粒子 2を吸着面 12に引き寄 せる、つまり、微粒子 2を吸引する作用が生じる。
[0039] 力!]えて、本実施形態の電気集塵器 1は、吸着プレート 13の吸着面 12に吸着し、捕 集された微粒子 2を物理的に除去するための洗浄液噴射部 26を有して ヽる。係る洗 浄液噴射部 26は、空気通路 7の幅方向に架渡されるように設置された洗浄装置本体 及び複数の噴射ノズル(図示しな ヽ)を有し、噴射ノズルの先から吸着プレート 13の 吸着面 12に対して洗浄液 27を噴射し、微粒子 2を洗い流し、洗浄することが行われ る。なお、係る洗浄の過程では、放電電極部 19からのコロナ放電 CDの発生は停止 され、吸着面 12に均一に洗浄液 27が噴射されるように、プレート回転用モータ 16に よって吸着プレート 13が吸着軸 11にしたがって回転するような制御が行われる。な お、係る吸着プレート 13の回転は、微粒子 2をクーロン力を利用して捕集する際と比 較し、低速の回転数で回転される。また、吸着プレート 13の回転によって、吸着面 12 に付着した洗浄液 27及び微粒子 2は遠心力の作用を受け、吸着プレート 13の回転 方向に向かって移動し、最終的にプレート縁部 33から空気通路 7に飛散する。このと き、飛散した洗浄液 27等は重力に従ってすぐに下方に落下し、ハウジング 8の傾斜 床面 31に到達することとなる。さらに、第一区画 28aで飛散した洗浄液 27等は、第二 区画 28bの間の区画壁 29aによって、第二区画 28bまで到達することがない。さらに 、斜め下方向に向けられた整流板 32によってハウジング 8の傾斜床面 31へ導くこと が促進される。力!]えて、第二区画 28b及び第三区画 28cの間に斜め上方に向けて配 された整流板 32によってさらに第三区画 28cに到達することが阻害される。その結果 、吸着面 12に付着し、除去された微粒子 2が清浄空気 5に混じって排気口 6から排気 されること力ない。
[0040] 次に、本実施形態の電気集塵器 1の使用方法について説明する。まず、気流発生 部 10を稼働させ、ファン駆動モータによって回転ファンを回転させる。これにより、気 流発生部 10によって吸気口 4から汚染空気 3が吸込まれ、排気口 6から清浄空気 5と して排出するための気流 9が空気通路 7に創出されることとなる。さらに、捕集部 14の 吸着軸 11に接続したプレート回転用モータ 16を稼働させ、放電電圧供給部 25を作 動させ、荷電プレート 20を介して複数の放電電極部 19からコロナ放電 CDを発生さ せる。
[0041] 上記の稼働動作を電気集塵器 1に対して行うことにより、気流発生部 10により、空 気通路 7内に気流 9が発生し、汚染空気 3が吸気口 4から吸込まれる。このとき、吸気 口 4の下流側に設けられた整流板 32によって汚染空気 3の流れが整えられ、放電部 24及び捕集部 14が設置された第一区画 28aまで導かれる。ここで、係る整流板 32 が設置されない場合、吸い込まれた汚染空気 3は、気流 9が一定ではなぐ流れ方向 が乱れた乱流状態となる可能性がある。また、一般に気流 9は、吸気口 4から外側方 向に向力つて拡散するように流れる傾向が強いことが知られている。そこで、本実施 形態の電気集塵器 1で示したように、吸気口 4から吸込んだ汚染空気 3を複数の整流 板 32を利用して、流れを安定ィ匕させるとともに、外側方向に拡散する傾向を抑え、放 電部 24まで導出することができる。
[0042] そして、整流板 32を通過した汚染空気 3は、放電部 24の荷電プレート 20及び捕集 部 14の吸着プレート 13の間を通過する。このとき、荷電プレート 20の放電電極部 19 には、放電電圧供給部 25によって供給された放電電圧によって、尖鋭端部 23からコ ロナ放電 CDが発生している。さらに、係る放電電極部 19は、荷電プレート 20の吸気 口対向縁 22から縦方向に複数配され、かつ幅方向には多数の荷電プレート 20及び 放電電極部 19を有して 、るため、汚染空気 3はほとんど必ずコロナ放電 CDの近傍 を通過することとなる。その結果、汚染空気 3に含まれる微粒子 2はコロナ放電 CDに よってプラスにチャージ (荷電)される。なお、この場合、コロナ放電 CDによって微粒 子 2をマイナスにチャージしても構わな 、。
[0043] ここで、放電電極部 19には、放電電圧供給部 25から放電電圧(例えば、 10. 5kV )が放電軸 17及び荷電プレート 20を介して供給され、一方の吸着プレート 13は吸着 軸 11及びハウジング 8全体が地表に埋設したアースと電気的に接続している。その 結果、放電面 21及び吸着面 12の間には非常に大きな電界が形成されている。その ため、放電電極部 19の尖鋭端部 23からコロナ放電 CDが放出される。これにより、コ ロナ放電 CDの近傍を通過した微粒子 2は荷電された状態となる。このとき、吸着プレ ート 13は吸着軸 11を軸として所定の回転数 (例えば、 500rpm)で回転して 、る(図 3における矢印 A参照)。すなわち、荷電プレート 20によって反発した微粒子 2がクー ロン力によって吸引される吸着面 12の位置が常に刻々変化している。
[0044] その結果、吸着プレート 13の吸着面 12に全面にわたって微粒子 2を満遍なく捕集 することができる。ここで、吸着面 12に多量の微粒子 2が付着し、一力所に凝集する と、付着した微粒子 2によって吸引力の作用が低下することがある。しかしながら、本 実施形態の電気集塵器 1の吸着プレート 13は、微粒子 2を吸着面 12に平均化して 吸着することができるため、上述した一力所に凝集した場合と比べ、クーロン力の低 下の影響をそれほど受けることがない。さらに、吸着面 12に捕集された微粒子 2は、 吸着プレート 13の回転によって回転円周方向に向力 遠心力を受けている。そのた め、微粒子 2は、周囲の微粒子等とともに、円周端に向力 て移動する。そして、吸 着面 12に対する吸着力に杭して、上述の遠心力が強く作用するようになると、吸着 面 12から微粒子 2が飛散する。このとき、微粒子 2は周囲の微粒子等と一緒になつて 、捕集された状態よりも重量及びサイズが増大している。その結果、再び、浄化され た清浄空気 5とともに浮遊することが困難であり、重力に従って空気通路 7の傾斜床 面 31に向力つて落下する。そのため、清浄空気 5に、微粒子 2が混ざることがない。 そのため、稼働状態であっても、吸着面 12に吸着された微粒子 2を除去すること可能 であり、従来の電気集塵器と比して、長時間にわたって捕集部 14を清掃または交換 することなぐ稼働させることができる。そのため、長時間の稼働が求められる飲食店 などの厨房に設置することが特に好適である。
[0045] このとき、放電電極部 19の尖鋭端部 23は、吸着プレート 13のプレート縁部 33よりも 吸着軸 11側に退行して設けられている。そのため、尖鋭端部 23は、その周囲を互い に対向した吸着プレート 13によって囲まれている。そのため、放電電極部 19から発 生したコロナ放電 CDによって荷電された微粒子 2は、すぐに放電電極部 19に近接し た吸着プレート 13の吸着面 12に捕集されることとなる。その結果、荷電された微粒子 2を確実に吸着プレート 13で捕集することができる。
[0046] また、第一区画 28aで微粒子 2が除去された清浄空気 5は、第二区画 28b及び第 三区画 28cを通過して排気口 6から外部へ排出される。そのため、吸着プレート 13の 回転によって吸着面 12から再び空気通路 7に飛散した微粒子 2は、清浄空気 5に混 在して排気口 6から排出される前に第二区画 28b及び第三区画 28cにおいて重力に 従って下方に落下する。そのため、清浄空気 5が汚染されることがない。さらに、各区 画 28a, 28b, 28cの間に仕切られた区画壁 29a, 29bに設けられた開口咅 30a, 30 bの整流板 32によって下流側の区画 28b, 28cに微粒子 2が送出されるのが妨げら れるため、排気口 6から排出される清浄空気 5の清浄度をさらに高めることができる。
[0047] なお、本実施形態の電気集塵器 1は、回転する吸着プレート 13に対して洗浄液 27 を噴射可能な洗浄液噴射部 26を有している。これにより、吸着面 12に捕集された微 粒子 2を洗い流すことができる。なお、洗浄液噴射部 26及び洗浄液 27による洗浄の 様子は、既に述べたため、ここでは説明を省略する。
[0048] 以上、本発明について好適な実施形態を挙げて説明した力 本発明はこれらの実 施形態に限定されるものではなぐ以下に示すように、本発明の要旨を逸脱しない範 囲において、種々の改良及び設計の変更が可能である。
[0049] すなわち、本実施形態の電気集塵器 1において、略直方体形状を呈し、電気集塵 器 1の正面力 背面にかけて直線状の空気通路 7を設けたものを示した力 これに限 定されるものではなぐ設置状況等に応じ、空気通路 7の形状を変更するものであつ ても構わない。すなわち、吸気口 4を正面に設け、電気集塵器の上面に排気口 6を設 けた L字形状の空気通路を有するものであっても構わない。また、放電電圧供給部 2 5によって供給される放電電圧の値は、荷電する微粒子の性状及び吸着プレート 13 の回転数等に応じ、任意に変更することができることは言うまでもない。
[0050] また、本実施形態の電気集塵器 1にお 、て、荷電プレート 20に対し、複数の放電 電極部 19の一部を埋設し、一体ィ匕して構成したものを示した力 これに限定されるも のではなぐ例えば、放電電極部 19を、荷電プレート 20と独立して配するものであつ ても構わない。例えば、複数の放電電極部を取設し、支持する支持プレートを、吸気 口 4及び荷電プレート 20のプレート縁 33の間に設けるものであっても構わない。これ により、吸気口 4から吸着プレート 13に至るまでの空気通路の形状に合わせて任意 に電気集塵器を設計することができるようになる。
産業上の利用可能性
[0051] 以上のように、本発明にかかる電気集塵器は、工場力も排出される産業廃ガス及び 飲食店の厨房力 排出されるミスト等を、コロナ放電を利用して清浄ィ匕することができ る。特に、コンパクトな形状で製作可能であり、家庭用及び飲食店等の業務用に利用 することに適して ヽる。

Claims

請求の範囲
微粒子を含む汚染空気を吸込む吸気口及び前記微粒子が除去された清浄空気を 排出する排気口を連通する空気通路が内部に形成されたハウジングと、
前記空気通路に気流を発生させ、前記汚染空気の吸気及び前記清浄空気の排気 を行う気流発生手段と、
前記空気通路に設けられ、前記汚染空気に含まれる前記微粒子をコロナ放電によ つて荷電する放電手段と、
前記空気通路に設けられ、前記放電手段によって荷電された前記微粒子を、クー ロン力を利用して捕集する捕集手段と、
前記放電手段と電気的に接続し、前記コロナ放電を発生可能な放電電圧を供給す る放電電圧供給手段と
を具備する電気集塵器にぉ ヽて、
前記捕集手段は、
前記気流の流通方向と直交して前記空気通路に架渡された吸着軸と、
略円板状を呈し、互いの吸着面をそれぞれ対向させた状態で前記吸着軸に取設さ れ、前記吸着面にクーロン力を利用して前記微粒子を吸着し、捕集する複数の吸着 プレートと、
前記吸着軸の一端と接続し、前記吸着プレートを前記吸着軸に従って回転させる 吸着プレート回転手段と
をさらに具備し、
前記放電手段は、
前記放電電圧供給手段と電気的に接続された放電軸と、
前記放電軸に支持され、互いに対向する一対の前記吸着プレートの間にそれぞれ 挿入されるとともに、前記吸着プレートの前記吸着面に放電面を近接させ、前記吸着 プレートに対して電気的に絶縁した状態で配された複数の荷電プレートと、
前記荷電プレートの吸気口対向縁から前記吸気口に向かって突設され、先端が尖 鋭状に形成された尖鋭端部を有する複数の放電電極部と
をさらに具備することを特徴とする電気集塵器。
[2] 前記放電電極部の前記尖鋭端部は、
前記吸着プレートのプレート縁部力 前記吸着軸の側に退行した位置に設けられ て 、ることを特徴とする請求項 1に記載の電気集塵器。
[3] 前記空気通路は、
前記吸気口と連通し、前記放電手段及び前記捕集手段の収容される第一区画、前 記第一区画で浄化された前記清浄空気の送出される第二区画、及び前記気流発生 手段を収容し、前記第二区画から送出された前記清浄空気を前記排気口から排気 する第三区画によって区画されて!ヽることを特徴とする請求項 1に記載の電気集塵
[4] 前記放電電極部の前記尖鋭端部は、
前記尖鋭端部を挟んで配された一対の前記吸着プレートの前記吸着面とそれぞれ 等距離を保って配されることを特徴とする請求項 1に記載の電気集塵器。
PCT/JP2005/010778 2005-06-13 2005-06-13 電気集塵器 WO2006134627A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2005/010778 WO2006134627A1 (ja) 2005-06-13 2005-06-13 電気集塵器

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP05764928.7A EP1892044B1 (en) 2005-06-13 2005-06-13 Electrostatic precipitator
JP2007521021A JP4744520B2 (ja) 2005-06-13 2005-06-13 電気集塵器
PCT/JP2005/010778 WO2006134627A1 (ja) 2005-06-13 2005-06-13 電気集塵器
KR1020077014736A KR101074724B1 (ko) 2005-06-13 2005-06-13 전기 집진기
US11/912,115 US7641718B2 (en) 2005-06-13 2005-06-13 Electrostatic precipitator
CNB2005800475086A CN100571882C (zh) 2005-06-13 2005-06-13 电除尘器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006134627A1 true WO2006134627A1 (ja) 2006-12-21

Family

ID=37531999

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/010778 WO2006134627A1 (ja) 2005-06-13 2005-06-13 電気集塵器

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7641718B2 (ja)
EP (1) EP1892044B1 (ja)
JP (1) JP4744520B2 (ja)
KR (1) KR101074724B1 (ja)
CN (1) CN100571882C (ja)
WO (1) WO2006134627A1 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009297683A (ja) * 2008-06-17 2009-12-24 Horkos Corp 電気集塵器
JP2010082511A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Amano Corp 碍子汚染防止装置及び電気集塵装置
WO2017210875A1 (zh) * 2016-06-08 2017-12-14 赵兵 一种静电除尘装置
WO2018084058A1 (ja) * 2016-11-07 2018-05-11 ホーコス株式会社 電気集塵機
WO2018170947A1 (zh) * 2017-03-24 2018-09-27 北京淘氪科技有限公司 喷嘴及含有其的清洗装置和自清洗免维护静电净化系统

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7708803B2 (en) * 2006-11-03 2010-05-04 Electric Power Research Institute, Inc. Method and apparatus for the enhanced removal of aerosols from a gas stream
KR100891432B1 (ko) * 2009-02-24 2009-04-06 (주) 동문테크 백휠터의 바이브로스타백과 케이지
CN102481582B (zh) * 2009-09-04 2015-08-12 优诺思气体技术公司 与用于两级静电过滤器的圆形除尘器相连的装置
US8414687B2 (en) 2010-09-23 2013-04-09 Chevron U.S.A. Inc. Method to control particulate matter emissions
US9199870B2 (en) 2012-05-22 2015-12-01 Corning Incorporated Electrostatic method and apparatus to form low-particulate defect thin glass sheets
US8491683B1 (en) 2012-10-10 2013-07-23 International Business Machines Corporation Computer system including electrodes for automated dust filter cleaning
DK177588B1 (da) * 2012-11-23 2013-11-04 Joergen Overdahl Elektrofilter til røgrensning af røgen fra specielt mindre halmkedler
US9250162B2 (en) 2013-08-09 2016-02-02 Ut-Battelle, Llc Direct impact aerosol sampling by electrostatic precipitation
US9610589B2 (en) 2015-05-21 2017-04-04 Savannah River Nuclear Solutions, Llc Electrostatic particle collector with improved features for installing and/or removing its collector plates
CN104976707B (zh) * 2015-06-08 2017-07-11 李凤臣 圆盘旋转式等离子空气异味消除装置
US9422187B1 (en) 2015-08-21 2016-08-23 Corning Incorporated Laser sintering system and method for forming high purity, low roughness silica glass
DK179332B1 (da) * 2016-07-17 2018-05-07 Maskf Reka Holding A/S Elektrofilter

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2631687A (en) 1951-04-21 1953-03-17 Francis J Dohrer Rotary plate electrical precipitator
US5084077A (en) 1989-12-20 1992-01-28 Ltv Lufttechnik Gmbh Apparatus for gas purification
EP0496092A2 (en) 1991-01-25 1992-07-29 Giannantonio Nardotto Electrostatic gas cleaner
JP2003126729A (ja) 2001-10-30 2003-05-07 Zesu Giko:Kk 電気集塵器
JP2004141826A (ja) 2002-10-28 2004-05-20 Zesu Giko:Kk 電気集塵器

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US640694A (en) * 1899-03-30 1900-01-02 Marius Otto Apparatus for producing electric discharges.
US4056372A (en) 1971-12-29 1977-11-01 Nafco Giken, Ltd. Electrostatic precipitator
JPS4989962A (ja) * 1972-12-30 1974-08-28
US3912467A (en) * 1973-04-06 1975-10-14 High Voltage Engineering Corp Moving electrode electrostatic particle precipitator
JPS5419273A (en) * 1977-07-12 1979-02-13 Matsushita Seiko Co Ltd Electric dust collector
JPS58128644A (en) * 1982-01-27 1983-08-01 Hitachi Ltd Target for x-ray tube
JPS58128644U (ja) * 1982-02-24 1983-08-31
JPH029461A (en) * 1988-06-29 1990-01-12 Matsushita Electric Ind Co Ltd Air cleaner
US5110324A (en) * 1989-12-27 1992-05-05 Louisiana Pacific Corporation Electrostatic separation method and apparatus
JP2979622B2 (ja) * 1990-10-09 1999-11-15 日立プラント建設株式会社 電気集塵器の移動集塵極
CN1063626A (zh) * 1991-02-02 1992-08-19 任世钧 旋转式静电气体净化设备
US5380355A (en) * 1993-05-06 1995-01-10 Lebone Corporation Airstream decontamination unit
US5429669A (en) * 1994-07-12 1995-07-04 Chang; Chin-Chu Electrostatic precipitator
JP3254134B2 (ja) * 1996-07-19 2002-02-04 三菱重工業株式会社 電気集塵装置
CN2500005Y (zh) * 2001-09-10 2002-07-10 兰州兴业材料保护有限公司 高效防粘附钛合金电晕极线
US20050199125A1 (en) * 2004-02-18 2005-09-15 Sharper Image Corporation Air transporter and/or conditioner device with features for cleaning emitter electrodes
JP4685008B2 (ja) * 2004-03-03 2011-05-18 株式会社是須技工 電気集塵器
US6958088B1 (en) * 2004-09-27 2005-10-25 Toshio Moriyama Carbon separation and collection device used for high performance dust collector

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2631687A (en) 1951-04-21 1953-03-17 Francis J Dohrer Rotary plate electrical precipitator
US5084077A (en) 1989-12-20 1992-01-28 Ltv Lufttechnik Gmbh Apparatus for gas purification
EP0496092A2 (en) 1991-01-25 1992-07-29 Giannantonio Nardotto Electrostatic gas cleaner
JP2003126729A (ja) 2001-10-30 2003-05-07 Zesu Giko:Kk 電気集塵器
JP2004141826A (ja) 2002-10-28 2004-05-20 Zesu Giko:Kk 電気集塵器

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1892044A4 *

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009297683A (ja) * 2008-06-17 2009-12-24 Horkos Corp 電気集塵器
JP2010082511A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Amano Corp 碍子汚染防止装置及び電気集塵装置
WO2017210875A1 (zh) * 2016-06-08 2017-12-14 赵兵 一种静电除尘装置
WO2018084058A1 (ja) * 2016-11-07 2018-05-11 ホーコス株式会社 電気集塵機
JPWO2018084058A1 (ja) * 2016-11-07 2019-09-19 ホーコス株式会社 電気集塵機
WO2018170947A1 (zh) * 2017-03-24 2018-09-27 北京淘氪科技有限公司 喷嘴及含有其的清洗装置和自清洗免维护静电净化系统

Also Published As

Publication number Publication date
CN101111318A (zh) 2008-01-23
JPWO2006134627A1 (ja) 2009-01-08
EP1892044A1 (en) 2008-02-27
JP4744520B2 (ja) 2011-08-10
US7641718B2 (en) 2010-01-05
EP1892044B1 (en) 2015-08-05
KR101074724B1 (ko) 2011-10-18
EP1892044A4 (en) 2010-03-17
US20090056551A1 (en) 2009-03-05
CN100571882C (zh) 2009-12-23
KR20080014723A (ko) 2008-02-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4744520B2 (ja) 電気集塵器
JP4685008B2 (ja) 電気集塵器
KR100605735B1 (ko) 음이온 발생장치가 구비된 습식 공기 청정기
JP2008518776A (ja) 湿式空気清浄機
KR101322886B1 (ko) 지하시설 공기 정화용 세트형 고효율 전기 집진 시스템
CN101264406A (zh) 旋转滤筒式空气除尘器
KR100602869B1 (ko) 습식 음이온 발생장치가 구비된 공기 청정기
CN105944484A (zh) 一种自动离心湿式静电除尘装置
JP3958020B2 (ja) 電気集塵器
JP2009297683A (ja) 電気集塵器
KR100308333B1 (ko) 마찰 정전기 집진장치
CN107930272A (zh) 弹性震动除尘器
JP2004141826A (ja) 電気集塵器
JP4704323B2 (ja) 電気集塵器、及び電気集塵器の乾燥制御方法
KR100640748B1 (ko) 습식 공기청정기용 정화장치
JP2009136816A (ja) 集塵器
KR20180086899A (ko) 집진 유닛 및 이를 포함하는 공기정화장치
JP6968507B2 (ja) 電気集塵機
JP2017217625A (ja) 空気浄化機
JPH11300233A (ja) 静電集塵装置
JP2000046358A (ja) 静電式空気清浄装置
JPH06105896A (ja) 空気清浄機
JP2660632B2 (ja) 空気清浄装置
CN114160305A (zh) 一种气体除尘过滤器
KR20030014295A (ko) 다중 회전판형 원심 분리용 송풍기

Legal Events

Date Code Title Description
ENP Entry into the national phase

Ref document number: 2007521021

Country of ref document: JP

Kind code of ref document: A

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020077014736

Country of ref document: KR

Ref document number: KR

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200580047508.6

Country of ref document: CN

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11912115

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2005764928

Country of ref document: EP

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

WWW Wipo information: withdrawn in national office

Ref document number: DE

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2005764928

Country of ref document: EP