WO2006075696A1 - 情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンピュータプログラム - Google Patents

情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンピュータプログラム Download PDF

Info

Publication number
WO2006075696A1
WO2006075696A1 PCT/JP2006/300366 JP2006300366W WO2006075696A1 WO 2006075696 A1 WO2006075696 A1 WO 2006075696A1 JP 2006300366 W JP2006300366 W JP 2006300366W WO 2006075696 A1 WO2006075696 A1 WO 2006075696A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
recording
address
layer
point
information
Prior art date
Application number
PCT/JP2006/300366
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Tohru Kanegae
Masahiro Kato
Eisaku Kawano
Masahiro Miura
Shoji Taniguchi
Original Assignee
Pioneer Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2005008469 priority Critical
Priority to JP2005-008469 priority
Application filed by Pioneer Corporation filed Critical Pioneer Corporation
Publication of WO2006075696A1 publication Critical patent/WO2006075696A1/ja

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/007Arrangement of the information on the record carrier, e.g. form of tracks, actual track shape, e.g. wobbled, or cross-section, e.g. v-shaped; Sequential information structures, e.g. sectoring or header formats within a track
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers
    • G11B20/1217Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers on discs
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/19Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier
    • G11B27/28Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier by using information signals recorded by the same method as the main recording
    • G11B27/30Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier by using information signals recorded by the same method as the main recording on the same track as the main recording
    • G11B27/3027Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier by using information signals recorded by the same method as the main recording on the same track as the main recording used signal is digitally coded
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B2007/0003Recording, reproducing or erasing systems characterised by the structure or type of the carrier
    • G11B2007/0009Recording, reproducing or erasing systems characterised by the structure or type of the carrier for carriers having data stored in three dimensions, e.g. volume storage
    • G11B2007/0013Recording, reproducing or erasing systems characterised by the structure or type of the carrier for carriers having data stored in three dimensions, e.g. volume storage for carriers having multiple discrete layers
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers
    • G11B20/1217Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers on discs
    • G11B2020/1218Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers on discs wherein the formatting concerns a specific area of the disc
    • G11B2020/1227Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers on discs wherein the formatting concerns a specific area of the disc one layer of multilayer disc
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers
    • G11B2020/1264Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers wherein the formatting concerns a specific kind of data
    • G11B2020/1265Control data, system data or management information, i.e. data used to access or process user data
    • G11B2020/1267Address data
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers
    • G11B2020/1291Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers wherein the formatting serves a specific purpose
    • G11B2020/1292Enhancement of the total storage capacity
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers
    • G11B2020/1291Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers wherein the formatting serves a specific purpose
    • G11B2020/1298Enhancement of the signal quality
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/23Disc-shaped record carriers characterised in that the disc has a specific layer structure
    • G11B2220/235Multilayer discs, i.e. multiple recording layers accessed from the same side
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/23Disc-shaped record carriers characterised in that the disc has a specific layer structure
    • G11B2220/235Multilayer discs, i.e. multiple recording layers accessed from the same side
    • G11B2220/237Multilayer discs, i.e. multiple recording layers accessed from the same side having exactly two recording layers
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/25Disc-shaped record carriers characterised in that the disc is based on a specific recording technology
    • G11B2220/2537Optical discs
    • G11B2220/2562DVDs [digital versatile discs]; Digital video discs; MMCDs; HDCDs
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/24Record carriers characterised by shape, structure or physical properties, or by the selection of the material
    • G11B7/2403Layers; Shape, structure or physical properties thereof
    • G11B7/24035Recording layers
    • G11B7/24038Multiple laminated recording layers

Abstract

 情報記録媒体(100)は、(i)第1トラックが形成された第1記録層(L0層)と、(ii)この第1トラックと回転中心を共有する螺旋状又は同心円状の第2トラックが形成された第2記録層(L1層)とを備え、(iii)第1記録層は、第1アドレスによって示される第1地点(Bx点)を有し、(iv)第2記録層は、第1地点(Bx点)に対する所定の位置関係(許容領域:10)に基づいて規定可能な、第2地点(Dx点)を有する。

Description

情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンビュ ータプログラム 技術分野

[0001] 本発明は、例えば 2層型の DVD、 CD (Compact Disc)等の多層型の情報記録媒 体、当該情報記録媒体に情報を記録するための DVDレコーダ等の情報記録装置及 び方法、並びに、記録制御用のコンピュータプログラムの技術分野に関する。

背景技術

[0002] 例えば、 CD-ROM (Compact Disc -Read Only Memory)、 CD-R (Compact Dis c— Recordable)、 DVD— ROM、 DVD-R, DVD— RW、及び、 DVD+R等の情 報記録媒体では、特許文献 1、 2等に記載されているように、同一基板上に複数の記 録層が積層、または貼り合わされてなる多層型若しくはデュアルレイヤ型の光デイス ク等の情報記録媒体も開発されている。そして、このようなデュアルレイヤ型、即ち、 2 層型の光ディスクに記録を行う、 DVDレコーダ等の情報記録装置では、レーザ光の 照射側から見て最も手前側(即ち、光ピックアップに近い側)に位置する記録層(本 願では適宜「L0層」と称する)に対して記録用のレーザ光を集光することで、 L0層に 対して情報を加熱などによる非可逆変化記録方式や書換え可能方式で記録し、 L0 層等を介して、レーザ光の照射側から見て L0層の奥側(即ち、光ピックアップ力 遠 い側)に位置する記録層(本願では適宜「L1層」と称する)に対して該レーザ光を集 光することで、 L1層に対して情報を加熱などによる非可逆変化記録方式や書換え可 能方式で記録することになる。

[0003] このような 2層型の光ディスクを構成する L1層に情報を記録する際には、例えば図 14 (a)に示されるように、記録済みの L0層を介して L1層に照射されたレーザ光の最 適な記録パワーは、図 14 (c)の細線(白三角印)の放物線上におけるジッタ値が最 小となる 44. 5 (mW:ミリワット)である。他方、図 14 (b)に示されるように、記録済みの L0層とは光透過率の異なる未記録状態の L0層を介して L1層に照射されたレーザ 光の最適な記録パワーは、図 14 (c)の太線 (黒三角印)の放物線上におけるジッタ 値が最小となる 46 (mW:ミリワット)であり、 LI層の記録においては LO層が記録され ている力否かを考慮する必要性がある。これに対しては、例えば記録済みの状態の L 0層を透過した記録用のレーザ光が照射されなければならないという、所謂、記録要 件(Recording Order)を満たす記録方法が考案されて!、る。

[0004] し力しながら、このような 2層型の情報記録媒体を製造する際には、 L0層と L1層と が別々のスタンパによって形成され、夫々の記録層が貼り合わせ、又は積層される。 よって、 L0層及び L1層において、貼り合わせ誤差によって偏芯が生じてしまう可能 性がある。或いは、 L0層と L1層とが別々のスタンパによって夫々作成されているため 、夫々の記録層におけるトラックピッチに偏差が生じてしまったり、夫々の記録層にお ける基準アドレスに対する絶対的な半径位置に偏差、所謂、寸法誤差が生じてしまう 可能性がある。これらの原因によって、 L0層の記録領域に、例えばプリフォーマット アドレス等のアドレス情報によって対応される L1層の記録領域の半径位置にズレが 生じてしま!/、、上述した記録要件を必ず満たすとは限らな 、可能性が生じてしまう。

[0005] より具体的には、例えば記録済みの L0層を透過して記録する際に最適化された記 録パワーを用いて記録が行われた場合、図 15の左側部で示されるように、 L1層に情 報を記録する際に、単一のトラック上において、記録済みの状態の L0層を透過した 記録用のレーザ光が照射された場合には、再生信号の振幅が大きくなり良好な信号 品質が得られる、即ち、信号品質を表す一例であるァシンメトリ値は適正な値になる。 他方、図 15の右側部で示されるように、未記録状態の L0層を透過した記録用のレー ザ光が照射された場合には、再生信号の振幅が小さくなり良好な信号品質は得られ ない、即ち、ァシンメトリ値は適正でなくなる。更に、他方、図 15の中央部で示される ように、単一のトラック上において記録済みの状態の領域と未記録状態の領域とが混 在する L0層を透過した記録用のレーザ光が照射された場合には、再生信号の振幅 は偏芯量の大きさに応じて変動する、即ち、ァシンメトリ値が適正なレベル及び適正 でな ヽレベルのうち一方から他方へと遷移する。

[0006] この相対的なずれに起因する最適な記録パワーの偏差を無くすために、記録装置 力 L1層の記録領域に対応される L0層の記録領域の記録状態を検知することは、 上述した相対的なずれを的確に認識する必要もあるため、記録制御処理が複雑にな つてしまう。他方、仮にこの相対的なずれに起因する最適な記録パワーの偏差を無 視して、情報を記録した場合、記録された情報を再生する再生装置において 2値ィ匕 信号を得るための処理パラメータを動的に変更しなければならないため制御が複雑 になり、再生処理において負荷を高めてしまう。

[0007] そこで、本願発明者らによって、 LO層と L1層との間で、通常時には記録パワーを 一定として記録を行っても、記録した情報の再生品質の偏差の問題が生じないように 、予めアドレスと物理的な半径位置との関係を規定する方法が考案されている。具体 的には、 LO層のアドレス体系における半径位置力 このアドレス体系に対応される L 1層のアドレス体系における半径位置が内周側に位置するように記録媒体が作成さ れる。

[0008] 特許文献 1:特開 2000 - 311346号公報

特許文献 2:特開 2001 - 23237号公報

発明の開示

発明が解決しょうとする課題

[0009] し力しながら、例えば外周側及び内周側のうち一方側における LO層と L1層との相 対的なずれの影響を小さくするために決定されたアドレスオフセット値に基づ 、て、 情報記録装置によって記録動作が行われた場合、このアドレスオフセット値は、他方 側においては、記録要件を必要以上に満たす、言い換えると、記録要件を満たすた めの記録領域の無駄が大きくなつてしまうという技術的な問題点を有している。

[0010] 本発明は、例えば上述した従来の問題点に鑑みなされたものであり、例えば複数 の記録層を有する情報記録媒体であっても、より効率的に情報の記録を行うことを可 能とならしめる情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びにコンピュータをこのよ うな情報記録装置として機能させるコンピュータプログラムを提供することを課題とす る。

課題を解決するための手段

[0011] (情報記録媒体)

本発明の情報記録媒体は上記課題を解決するために、少なくとも記録情報を記録 するための螺旋状又は同心円状の第 1トラック (LO層におけるアドレスと半径位置と の関係を表示可能)が形成された第 1記録層 (LO層)と、前記第 1記録層を介してレ 一ザ光が照射され、前記第 1トラックと回転中心を共有する螺旋状又は同心円状の 第 2トラック (L1層におけるアドレスと半径位置との関係を表示可能)が形成された第 2記録層(L1層)とを少なくとも備え、前記第 1記録層は、第 1アドレスによって示され る第 1地点 (Bx点)を有し、前記第 2記録層は、(i)前記第 1アドレスに対応される第 2 アドレスによって示されると共に、(ii)前記第 1地点 (Bx点)に対する所定の位置関係 (UDA開始位置における標準偏芯量 aを考慮した理想的な位置関係に寸法誤差と偏 芯量とを考慮した位置関係)に基づいて規定可能な、第 2地点 (Dx点)を有する。

[0012] 本発明の情報記録媒体によれば、第 1記録層の例えば第 1トラックに沿って、記録 情報の書き込みが行われる。と同時に又は相前後して、第 2記録層の例えば第 2トラ ックに沿って、記録情報の書き込みが行われる。詳細には、第 1トラックは、情報記録 媒体に備えられた、例えばディスク状の基板の内周側及び外周側のうち一方側から 他方側へと向かい、これとは逆に、第 2トラックは、他方側から一方側へと向力 ように 構成してもよい。即ち、当該 2層型或いは多層型の情報記録媒体では、記録のため のトラックが 2つの記録層の間で逆方向を向いている「ォポジット方式」による連続記 録が可能とされる。従って、第 1記録層の終了端に続いて第 2記録層の開始端へと、 記録を連続的に行うようにすれば、情報に係る記録処理或 ヽは再生処理の対象とし ての記録層を切り換える際に、基板面内におけるレーザ光の照射位置を半径方向に 殆ど又は全く変えないで済むので、迅速な層間ジャンプ (即ち、層間切替動作)が可 能となる。これは、例えば映画などの連続した記録情報を記録する際に、記録層の切 り換えのために特別なバッファ機能を必要とすることなぐ途切れのな!ヽ再生を行うこ とが容易となるという意味で、実践上大変便利である。

[0013] 或 、は、また、第 1トラックは、前述した内周側及び外周側のうち一方側から他方側 へと向かい、第 2トラックも、第 1トラックと同様に、一方側から他方側へと向かうように 構成してもよい。即ち、当該二層型或いは多層型の情報記録媒体では、トラックが二 つの記録層の間で同一方向を向いている「パラレル方式」による連続記録が可能とさ れる。このパラレル方式では、第 1記録層における記録又は再生が終了されると、第 2記録層における記録又は再生が開始される時に、例えば、光ディスクの最外周にあ る光ピックアップが再度、最内周へ向かって移動する必要があるため、前述したオボ ジット方式と比較して、第 1記録層力も第 2記録層への切り換え時間がその分だけ掛 かってしまう。

[0014] 特に、本発明に係る第 2記録層は、(i)第 1アドレスに対応される第 2アドレスによつ て示されると共に、(ii)この第 1地点に対する所定の位置関係に基づいて規定可能 な、第 2地点を有する。ここに、本願発明に係る「所定の位置関係」とは、所定関係式 や、所定関係を示すテーブル等に基づいて、一の半径位置から他の半径位置を一 義的に特定することが可能である関係を意味する。また、本願発明に係る「対応」とは 、一のアドレス力 他のアドレスを一義的に特定することが可能である関係を意味す る。具体的には、一のアドレスと、他のアドレスとが補数の関係にある場合、一のアド レスと、他のアドレスとは対応していると言える。より具体的には、第 1地点は、第 2地 点に対向される。ここに、本願発明に係る「対向」とは、半径位置が概ね等しいことを 意味すると共に、例えば所定マージン等を含みつつ概ね等しいことを意味するように してちよい。

[0015] 従って、本発明によれば、第 1地点の半径位置と、第 2地点の半径位置との差は、 第 1記録層におけるアドレスを変数として、内周側及び外周側のうち一方から他方に 亘つて、所定の範囲内に収まるように規定されている。よって、例えば外周側におけ る第 1記録層と第 2記録層との相対的なずれの影響を小さくするために決定された、 第 2記録層の位置を特定するためのアドレスに加算又は減算されるアドレスオフセッ ト値に基づいて、情報記録装置によって記録動作が行われた場合、このアドレスオフ セット値は、外周側にお 、て記録要件を適切に満たすことはもちろんのこと内周側に おいても記録要件を適切に満たすことが可能となる。

[0016] この結果、記録要件を適切に満たすための記録手順にぉ 、て、本発明の情報記 録媒体における記録領域の無駄が最小限にされ、より効率的に記録領域が利用さ れることが可會となる。

[0017] 本発明の情報記録媒体の一の態様では、前記第 1地点の半径は、前記第 2地点の 半径よりも大きい。

[0018] この態様によれば、第 2地点の半径より大きい第 1地点の半径によって決定された、 アドレスオフセット値に基づいて、情報記録装置によって記録動作が行われた場合、 このアドレスオフセット値は、 、て記録要件を適切に満たすことはもちろ んのこと内周側においても記録要件を適切に満たすことが可能となる。

[0019] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記第 2アドレスは、前記第 1アドレスを ビット反転させた値である。

[0020] この態様によれば、第 1アドレスをビット反転させた値である第 2アドレスによって決 定された、アドレスオフセット値に基づいて、情報記録装置によって記録動作が行わ れた場合、このアドレスオフセット値は、外周側において記録要件を適切に満たすこ とはもちろんのこと内周側においても記録要件を適切に満たすことが可能となる。

[0021] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記所定の位置関係は、前記第 1ァドレ ス (X)を変数とする関数で示される。

[0022] この態様によれば、レーザ光が最初に照射される第 1記録層における第 1アドレス を基準とするので、より簡便に第 2地点を規定することが可能である。

[0023] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記所定の位置関係は、前記第 1ァドレ ス (X)を少なくともパラメータとするテーブルで示される。

[0024] この態様によれば、所定の位置関係が、第 1アドレス (X)をパラメータとするテープ ルで示されるので、例えば第 2地点を規定するための、例えば製造装置による各種 制御処理を迅速にさせることが可能となる。

[0025] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記第 1アドレス (X)は、データ量を示す 所定単位 (ECCブロック)に基づいて定義される。

[0026] この態様によれば、所定の位置関係を定義する所定関係式等を、例えば ECCプロ ック等の、データ量を示す所定の単位に基づいて簡便に導出することが可能となる。

[0027] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記所定の位置関係は、前記第 1トラッ ク、及び前記第 2トラックにおける、単位長さ当たりのデータ量を示す記録線密度が、 前記第 1記録層、及び前記第 2記録層における記録領域において、少なくとも所望 の範囲にぉ 、て容易に算出可能なように数値的に夫々指定されて!、ることに基づ!/ヽ て設定される。

[0028] この態様によれば、所定の位置関係を定義する所定関係式等を、例えば情報記録 媒体の第 1記録層及び第 2記録層における記録領域の面積に基づいて簡便に導出 することが可能となる。

[0029] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記第 1記録層は、第 1基準アドレスによ つて示される第 1基準地点 (D0Z2)を有し、前記第 2記録層は、前記第 1基準地点の 半径位置に、標準的な半径位置の誤差を示す標準半径差 (a)を含めた半径位置に 位置する第 2基準地点 (D0Z2— a)を有し、前記所定の位置関係は、(i)前記第 1地 点の半径位置 (R (X) )と、 (ii)前記第 1アドレス及び前記第 1基準アドレスによって決 定される差分データ量と、前記第 2基準地点が示す第 2基準アドレスとに基づいて理 論的に決定される第 2理想アドレスが示す第 2理想地点の半径位置 (Ri (X) )との差で ある理想誤差 (R (X) - Ri (X) )を基準とする位置関係である。

[0030] この態様によれば、所定の位置関係を定義する所定関係式等を、例えば光デイス クにおける記録領域の面積、及び、標準半径差 (a)に基づいて簡便、且つ高精度に 導出することが可能となる。

[0031] 上述した第 1地点に係る態様では、前記第 1アドレスによって示される前記第 1地点 は、(i)前記第 1基準アドレスと前記第 1アドレスとの差である前記差分データ量と、 (ii )前記第 1記録層における記録線密度を示す値とをパラメータとする所定の関係式に より示されるように構成してもよい。

[0032] このように構成すれば、所定の位置関係を定義する所定関係式に含まれる第 1地 点の半径位置を、例えば線形関数やスパイラル積分計算等に基づいて、より簡便に 導出することが可能となる。

[0033] 上述した第 2地点に係る態様では、前記第 2アドレスによって示される前記第 2地点 は、(i)前記第 2基準アドレスと前記第 2アドレスとの差である前記差分データ量と、 (ii )前記第 2記録層における記録線密度を示す値とをパラメータとする所定の関係式に より示されるように構成してもよい。

[0034] このように構成すれば、所定の位置関係を定義する所定関係式に含まれる第 2地 点の半径位置を、例えば線形関数やスパイラル積分計算等に基づいて、より簡便に 導出することが可能となる。

[0035] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記所定の位置関係は、 (i)前記第 1記 録層、及び前記第 2記録層が夫々保持する寸法誤差、(ii)前記第 1記録層と前記第 2記録層との貼り合わせ誤差に基づいて生じる偏芯量、並びに (iii)前記第 2記録層 において焦点を結ぶように前記レーザ光が照射される際、前記第 1記録層を透過し つつ、前記第 1記録層にお 、て焦点を結ばな 、ように前記レーザ光が照射される領 域の半径を示す透過光径のうち少なくとも一つを含むように設定される位置関係であ る。

[0036] この態様によれば、相対的なずれを生じさせる寸法誤差、偏芯量、又は透過光径 の影響を除くことが可能となる。従って、記録要件を適切に満たすための記録動作に おいて、本発明の情報記録媒体における記録領域の無駄が最小限にされ、更に、よ り効率的に記録領域が利用されることが可能となる。

[0037] 本発明の情報記録媒体の他の態様では、前記所定の位置関係は、前記第 2地点 の半径位置が所定範囲内にあるように規定する。

[0038] この態様によれば、第 2地点が、例えば半径位置の誤差の上限、及び下限によって 定義される所定範囲内にあるように、より厳格に規定することが可能となる。

[0039] (情報記録装置)

以下、本発明に係る情報記録装置について説明する。

[0040] 本発明の情報記録装置は上記課題を解決するために、上述した本発明の情報記 録媒体 (但し、その各種態様を含む)であって、前記第 1記録層においては第 1記録 領域を形成可能であり、前記第 2記録層にお ヽては第 2記録領域を形成可能である 情報記録媒体に対して、前記記録情報を記録するための情報記録装置であって、 前記記録情報を前記第 1記録層及び前記第 2記録層に記録可能な記録手段と、 (i) 前記第 1記録層において所望となる前記第 1アドレスに対応される、前記第 2記録層 における前記第 2アドレスと、 (ii)前記第 1アドレスによって示される前記第 1地点の半 径位置、及び前記第 2アドレスによって示される前記第 2地点の半径位置とを前記第 1アドレスをパラメータとして算出する算出手段と、算出された前記第 2アドレス、及び 前記第 2地点の半径位置のうち少なくとも一方に基づいて、少なくとも前記第 2記録 領域を形成しつつ、前記記録情報を記録するように前記記録手段を制御する制御手 段とを備える。 [0041] 本発明の情報記録装置によれば、例えば第 1アドレスによって示される第 1地点の 半径位置と、この第 1アドレスに対応される第 2アドレスによって示される第 2地点の半 径位置と、の位置関係が、簡便且つ容易に検知されることが可能となる。この検知さ れた位置関係に基づいて、少なくとも第 2地点において、適切に記録要件を満たす か否かを検知することが可能となる。

[0042] この結果、本発明に係る情報記録装置による、記録要件を適切に満たすための記 録動作において、本発明に係る情報記録媒体における記録領域の無駄が最小限に され、より効率的に記録領域が利用されることが可能となる。

[0043] (情報記録方法)

以下、本発明に係る情報記録方法について説明する。

[0044] 本発明の情報記録方法は上記課題を解決するために、上述した本発明の情報記 録媒体 (但し、その各種態様を含む)であって、前記第 1記録層においては第 1記録 領域を形成可能であり、前記第 2記録層にお ヽては第 2記録領域を形成可能である 情報記録媒体に対して、前記記録情報を記録するための記録手段を備えた情報記 録装置における情報記録方法であって、(i)前記第 1記録層において所望となる前 記第 1アドレスに対応される、前記第 2記録層における前記第 2アドレスと、 (ii)前記 第 1アドレスによって示される前記第 1地点の半径位置、及び前記第 2アドレスによつ て示される前記第 2地点の半径位置とを前記第 1アドレスをパラメータとして算出する 算出工程と、算出された前記第 2アドレス、及び前記第 2地点の半径位置のうち少な くとも一方に基づいて、少なくとも前記第 2記録領域を形成しつつ、前記記録情報を 記録するように前記記録手段を制御する制御工程とを備える。

[0045] 本発明の情報記録方法によれば、上述した本発明の情報記録装置が有する各種 利益を享受することが可能となる。

[0046] 尚、上述した本発明の情報記録装置が有する各種態様に対応して、本発明の情報 記録方法も各種態様を採ることが可能である。

[0047] (コンピュータプログラム)

以下、本発明に係るコンピュータプログラムについて説明する。

[0048] 本発明の記録制御用のコンピュータプログラムは上記課題を解決するために、上 述した本発明の情報記録装置 (但し、その各種態様を含む)に備えられたコンビユー タを制御する記録制御用のコンピュータプログラムであって、該コンピュータを、前記 記録手段、前記算出手段、及び前記制御手段のうち少なくとも一部として機能させる

[0049] 本発明に係るコンピュータプログラムによれば、当該コンピュータプログラムを格納 する ROM、 CD-ROM, DVD-ROM,ハードディスク等の記録媒体から、当該コ ンピュータプログラムをコンピュータに読み込んで実行させれば、或いは、当該コンビ ユータプログラムを、通信手段を介してコンピュータにダウンロードさせた後に実行さ せれば、上述した本発明の情報記録装置を比較的簡単に実現できる。

[0050] 尚、上述した本発明の情報記録装置における各種態様に対応して、本発明のコン ピュータプログラムも各種態様を採ることが可能である。

[0051] コンピュータ読取可能な媒体内のコンピュータプログラム製品は上記課題を解決す るために、上述した本発明の情報記録装置 (但し、その各種形態も含む)に備えられ たコンピュータにより実行可會なプログラム命令を明白に具現ィ匕し、該コンピュータを 、前記記録手段、前記算出手段、及び前記制御手段のうち少なくとも一部として機能 させる。

[0052] 本発明のコンピュータプログラム製品によれば、当該コンピュータプログラム製品を 格納する ROM、 CD-ROM, DVD-ROM,ハードディスク等の記録媒体から、当 該コンピュータプログラム製品をコンピュータに読み込めば、或いは、例えば伝送波 である当該コンピュータプログラム製品を、通信手段を介してコンピュータにダウン口 ードすれば、上述した本発明の情報記録装置を比較的容易に実施可能となる。更に 具体的には、当該コンピュータプログラム製品は、上述した本発明の情報記録装置と して機能させるコンピュータ読取可能なコード (或いはコンピュータ読取可能な命令) 力 構成されてよい。

[0053] 本発明のこのような作用及び他の利得は次に説明する実施例から明らかにされる。

[0054] 以上説明したように、本発明の情報記録媒体によれば、第 1地点を有す第 1記録層 と、第 1地点に対する所定の位置関係に基づいて規定可能な第 2地点を有する第 2 記録層とを備える。従って、記録要件を適切に満たすための記録手順において、本 発明の情報記録媒体における記録領域の無駄が最小限にされ、より効率的に記録 領域が利用されることが可能となる。

[0055] また、本発明の情報記録装置及び方法によれば、記録手段、算出手段及び工程、 並びに、制御手段及び工程を備える。従って、本発明に係る情報記録装置による、 記録要件を適切に満たすための記録動作において、本発明に係る情報記録媒体に おける記録領域の無駄が最小限にされ、より効率的に記録領域が利用されることが 可能となる。

[0056] 更に、また、本発明のコンピュータプログラムによれば、コンピュータを上述した本発 明の情報記録装置として機能させるので、情報記録装置をして、上述した情報記録 媒体における記録領域の無駄を最小限にせしめ、より効率的に記録領域を利用せし めることが可能となる。

図面の簡単な説明

[0057] [図 1]本発明の情報記録媒体の実施例に係る複数の記録領域を有する光ディスクの 基本構造を示した概略平面図(図 1 (a) )、及び該光ディスクの概略断面図と、これに 対応付けられた、その半径方向における記録領域構造の図式的概念図(図 1 (b) )で ある。

[図 2]本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層におけるアドレスと 半径位置との関係の一具体例を示したグラフ(図 2 (a) )、及び他の具体例を示したグ ラフ(図 2 (b) )である。

[図 3]本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る、 LO層及び L1層が夫々保持する 寸法誤差を概念的に示した模式図(図 3 (a) )、並びに、 LO層と L1層との貼り合わせ 誤差に基づ 、て生じる偏芯量を概念的に示した模式図(図 3 (b) )である。

[図 4]本発明の第 2記録層に係る L1層においてレーザ光が照射される照射位置と、 本発明の第 1記録層に係る LO層においてレーザ光が照射される照射位置との照射 位置誤差を概念的に示した模式図である。

[図 5]本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層にお ヽて、寸法誤 差、張り合わせ誤差 (偏芯量)、及び照射位置誤差が生じた場合の LO層における一 のトラックと、 L1層における、当該一のトラックに対応される他のトラックとの位置関係 を示した図式的な平面図である。

[図 6]本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層にお ヽて、寸法誤 差、張り合わせ誤差 (偏芯)、及び照射位置誤差のうち少なくとも一つが発生した場 合の、アドレスと半径位置との関係の一具体例を示したグラフである。

圆 7] (i)本発明の第 1記録層に係る L0層におけるアドレス (X)と、 (ii)寸法誤差と偏 芯量とを含んだ、 LO層の第 1地点 (Bx点)の半径位置 (R(x) )と、当該第 1地点 (Bx 点)に対応される L1層において理論的に決定される理想アドレスが示す理想地点( Dix点)の半径位置 (Ri (x) )との差である理想誤差 (R (X) -Ri (x) )との関係を示し たグラフである。

圆 8]本発明の第 1記録層に係る LO層における第 1地点「Bx点」の半径位置 (R (X) ) が算出される過程を示した概念図(図 8 (a) )、及び本発明の第 2記録層に係る L1層 にお ヽて理論的に決定される理想アドレスが示す理想地点「Dix点」の半径位置 (Ri (x) )が算出される過程を示した概念図(図 8 (b) )である。

圆 9]本発明の第 1記録層に係る LO層の第 1地点の半径位置 (R(x) )、及び本発明 の第 2記録層に係る L1層にお ヽて理論的に決定される理想アドレスが示す理想地 点の半径位置 (Ri (X) )と、それらのアドレスとの関係を示したグラフである。

[図 10]—般論として、一定のアドレスオフセット値に相当する、内周側における太いド 一ナツ形状の記録領域「S1」と、外周側における細いドーナツ形状の記録領域「S2」 とを図式的に示した光ディスクの平面図である。

[図 11]図 10に示された記録領域の半径方向の長さを図式的に示した断面図である。

[図 12]本発明の情報記録装置に係る実施例における情報記録再生装置及び、ホス トコンピュータの基本構成を示したブロック図である。

[図 13]本発明の情報記録装置の実施例に係る情報記録再生装置による記録動作を 示したフローチャートである。

[図 14]本発明に係る記録要件を概念的に示した模式図(図 14 (a)及び図 14 (b) )、 並びに数値的に示したグラフ(図 14 (c) )である。

圆 15]比較例に係る問題点を示した模式図、グラフ群である。

符号の説明 [0058] 10 許容領域

100 光ディスク

101 リードインエリア

102 データエリア

103 リードアウトエリア

104 ミドノレエリア

300 情報記録再生装置

LB レーザ光

発明を実施するための最良の形態

[0059] 以下、本発明を実施するための最良の形態について実施例毎に順に図面に基づ いて説明する。

[0060] (1)情報記録媒体

先ず、図 1から図 12を参照して、本発明の情報記録媒体の実施例について詳細に 説明する。尚、本実施例に係る光ディスクにおいては、本願発明に係る「第 1トラック」 の一例を構成する LO層のトラックパスと、本願発明に係る「第 2トラック」の一例を構成 する L1層のトラックパスとが反対の記録方向であるォポジット方式が記録方式の一具 体例として適用されている。更に、本実施例では、パラレル方式にも適用可能である ことは言うまでもない。

[0061] 特に、本実施例においては、後述されるように、一のアドレスによって、一のトラック( 一の円周)が特定されることに基づいて説明を行う。

[0062] (1 1)基本構成

先ず図 1を参照して、本発明の情報記録媒体の実施例に係る光ディスクの基本構 造について説明する。ここに、図 1 (a)は、本発明の情報記録媒体の実施例に係る複 数の記録領域を有する光ディスクの基本構造を示した概略平面図であり、図 1 (b)は 、該光ディスクの概略断面図と、これに対応付けられた、その半径方向における記録 領域構造の図式的概念図である。

[0063] 図 1 (a)及び図 1 (b)に示されるように、光ディスク 100は、例えば、 DVDと同じく直 径 12cm程度のディスク本体上の記録面に、センターホール 1を中心として本実施例 に係るリードインエリア 101又はリードアウトエリア 103、データエリア 102、並びに、ミ ドルエリア 104が設けられている。そして、光ディスク 100の例えば、透明基板 106に 、 L0層及び L1層等の記録層が積層されている。そして、この記録層の各記録領域 には、例えば、センターホール 1を中心にスパイラル状或いは同心円状に、例えば、 グルーブトラック及びランドトラック等のトラック 10が交互に設けられている。また、この トラック 10上には、データが ECCブロック 11という単位で分割されて記録される。 EC Cブロック 11は、記録情報がエラー訂正可能なデータ管理単位である。

[0064] 尚、本発明は、このような三つのエリアを有する光ディスクには特に限定されない。

例えば、リードインエリア 101又はリードアウトエリア 103、並びにミドルエリア 104が存 在せずとも、以下に説明するデータ構造等の構築は可能である。また、後述するよう に、リードインエリア 101又はリードアウト 103、並びにミドルエリア 104は更に細分化 された構成であってもよ 、。

[0065] 本実施例に係る光ディスク 100は、図 1 (b)に示されるように、例えば、透明基板 10 6に、後述される本発明に係る第 1及び第 2記録層の一例を構成する L0層及び L1層 が積層された構造をしている。このような二層型の光ディスク 100の記録再生時には 、図 1 (b)中、上側から下側に向力つて照射されるレーザ光 LBの集光位置をいずれ の記録層に合わせるかに応じて、 L0層における記録再生が行なわれるか又は L1層 における記録再生が行われる。また、本実施例に係る光ディスク 100は、 2層片面、 即ち、デュアルレイヤに限定されるものではなぐ 2層両面、即ちデュアルレイヤーダ ブルサイドであってもよい。更に、上述の如く 2層の記録層を有する光ディスクに限ら れることなく、 3層以上の多層型の光ディスクであってもよい。

[0066] 尚、 2層型光ディスクにおけるォポジット方式による記録又は再生手順等について は、後述される。

[0067] (1 - 2)アドレスと半径位置

次に、図 2を参照して、本発明の情報記録媒体の実施例に係る 2層型光ディスク〖こ おけるアドレスと半径位置について説明する。ここに、図 2は、本発明の第 1記録層及 び第 2記録層に係る L0層及び L1層におけるアドレスと半径位置との関係の一具体 例を示したグラフ(図 2 (a) )、及び他の具体例を示したグラフ(図 2 (b) )である。 [0068] 図 2 (a)、及び図 2 (b)に示されるように、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係 る LO層及び L1層におけるアドレスと半径位置との関係の一及び他の具体例におい ては、ォポジット方式に基づいてアドレスと半径位置との関係が規定されている。ここ に、ォポジット方式とは、より詳細には、 2層型光ディスクの記録又は再生手順として、 後述される情報記録再生装置の光ピックアップが、 LO層において、内周側から外周 側へ向かって、即ち、図 2 (a)、及び図 2 (b)中の矢印 AROの右方向へ移動するのと は逆に、 L1層においては、光ピックアップが外周側から内周側へ向力つて、即ち、図 2 (a)、及び図 2 (b)の矢印 AR1の左方向へ移動することによって、 2層型光ディスク における記録又は再生が行われる方式である。このォポジット方式では、 LO層にお ける記録又は再生が終了されると、 L1層における記録又は再生が開始される時に、 光ディスクの最外周にある光ピックアップが再度、最内周へ向力つて移動する必要は なぐ LO層力も L1層への焦点距離だけを切り替えればよいため、 LO層力も L1層へ の切り替え時間がパラレル方式と比較して短いという利点があるため大容量のコンテ ンッ情報の記録には広く採用されている。

[0069] (1 - 2- 1)減少して!/、くアドレスと半径位置

本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層におけるアドレスと半径 位置との関係の一の具体例においては、上述したォポジット方式に基づくアドレスの 体系において、アドレスが減少していく。尚、一の具体例においては、レーザ光 LBは 上側から下側に向力つて照射され、 LO層におけるアドレスの推移は、上側部の直線 で示され、 L1層におけるアドレスの推移は、下側部の直線で示される。

[0070] 具体的には、図 2 (a)に示されるように、先ず、 LO層において、光ピックアップから照 射されたレーザ光がリードインエリア 101— 0、データエリア 102— 0及びミドルエリア 104— 0を内周側から外周側へ移動するにつれて光ディスク 100の記録領域におけ るアドレスは減少していく。より具体的には、レーザ光の焦点が、先ず、アドレスが「F FCFFFh」(16進数表示)であり、半径位置が「24 (mm)」である L0層のデータエリ ァ 102— 0の開始位置(図 2 (a)中の A点)から外周側に向力つて移動される。そして 、レーザ光の焦点が、アドレスが「FDD109h」であり、半径位置が「58. l (mm)」の L0層のデータエリア 102— 0の終了位置(図 2 (a)中の B点)まで移動されることによ つて、 LO層のデータエリア 102— 0に記録された情報の記録又は再生が行われる。

[0071] 他方、 L1層において、レーザ光がミドルエリア 104— 1、データエリア 102— 1及び リードアウトエリア 103— 1を外周側から内周側へ移動するにつれて光ディスク 100の 記録領域におけるアドレスは減少していく。より具体的には、レーザ光の焦点が、先 ず、アドレスが「22EF6h」であり、半径位置が「58. 1 (mm)」である L1層のデータェ リア 102— 1の開始位置(図 2 (a)中の D点)から内周側に向力つて移動される。そし て、レーザ光の焦点が、アドレス力「03000h」であり、半径位置が「24mm」の L1層 のデータエリア 102— 1の終了位置(図 2 (a)中の C点)まで移動されることによって、 L1層のデータエリア 102— 1に記録された情報の記録又は再生が行われる。

[0072] (1 - 2- 2)増加して!/、くアドレスと半径位置

本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る L0層及び L1層におけるアドレスと半径 位置との関係の他の具体例においては、上述したォポジット方式に基づくアドレスの 体系において、アドレスが増加していく。尚、他の具体例においては、レーザ光 LBは 下側から上側に向力つて照射され、 L0層におけるアドレスの推移は、下側部の直線 で示され、 L1層におけるアドレスの推移は、上側部の直線で示される。

[0073] 具体的には、図 2 (b)に示されるように、先ず、 L0層において、光ピックアップから 照射されたレーザ光がリードインエリア 101— 0、データエリア 102— 0及びミドルエリ ァ 104— 0を内周側力も外周側へ移動するにつれて光ディスク 100の記録領域にお けるアドレスは増加していく。より具体的には、レーザ光の焦点が、先ず、アドレスが「 03000h」であり、半径位置が「24 (mm)」である L0層のデータエリア 102— 0の開始 位置(図 2 (b)中の A点)から外周側に向力つて移動される。そして、レーザ光の焦点 力 アドレスが「22EF6h」であり、半径位置が「58. 1 (mm)」のデータエリア 102— 0 の終了位置(図 2 (b)中の B点)まで移動されることによって、 L0層のデータエリア 10 2-0に記録された情報の記録又は再生が行われる。

[0074] 他方、 L1層において、レーザ光力ミドルエリア 104—1、データエリア 102— 1及び リードアウトエリア 103— 1を外周側から内周側へ移動するにつれて光ディスク 100の 記録領域におけるアドレスは増加していく。より具体的には、レーザ光の焦点が、先 ず、アドレスが「FDD109h」であり、半径位置が「58. 1 (mm)」である L1層のデータ エリア 102— 1の開始位置(図 2 (b)中の D点)から内周側に向力つて移動される。そ して、レーザ光の焦点が、アドレスが「FFCFFFh」であり、半径位置が「24mm」のデ 一タエリア 102— 1の終了位置(図 2 (b)中の C点)まで移動されることによって、 L1層 のデータエリア 102— 1に記録された情報の記録又は再生が行われる。

[0075] 尚、本発明の第 1記録層に係る LO層において一の半径位置にある地点のアドレス の値と、本発明の第 2記録層に係る L1層において一の半径位置にある地点のァドレ スの値とは、互いにビット反転 (インバート: invert)させた関係、即ち、補数関係にある 。また、本願発明においては、後述されるように補数を示す関数である「Inv(x)」によ つて補数関係が定義される。更に、また、 L0層及び L1層におけるアドレスの一具体 例として、例えばランドプリピット(「LPP : Land Pre Pit」)アドレスとして利用されている ECCブロックアドレスが適用されている力 所謂、セクタ番号が適用されてもよいこと は言うまでもない。

[0076] (1 3)相対的なずれ

次に、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る L0層及び L1層を備えた 2層型 の光ディスクにおいて生じる相対的なずれの 3種類の具体例について、図 3、及び図 4を参照して説明する。ここに、図 3は、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る、 L0層及び L1層が夫々保持する寸法誤差を概念的に示した模式図(図 3 (a) )、並び に、 L0層と L1層との貼り合わせ誤差に基づいて生じる偏芯量を概念的に示した模 式図(図 3 (b) )である。図 4は、本発明の第 2記録層に係る L1層において焦点を結 ぶようにレーザ光が照射される際、本発明の第 1記録層に係る L0層を透過しつつ、 L 0層にお 、て焦点を結ばな 、ようにレーザ光が照射される領域 (照射領域)の半径、 即ち、透過光径を概念的に示した模式図である。

[0077] 先ず、図 3を参照して、本発明に係る「寸法誤差」と「偏芯量」とについて説明する。

[0078] (1 3— 1)寸法誤差

図 3 (a)〖こ示されるよう〖こ、 2層型の光ディスクを構成する LO層及び L1層は、相対 的なずれとして、寸法誤差を夫々保持している。ここに、「寸法誤差」とは、 LO層と L1 層とが夫々無関係に保持しているアドレスと半径位置との誤差であり、張り合わされ た際に、 LO層の基準アドレスにおける絶対的な半径位置と、 L1層の基準アドレスに おける絶対的な半径位置との偏差として生じる量である。

[0079] 詳細には、この寸法誤差は、製造工程に構成する各種工程の夫々に起因して生じ ている。即ち、 LO層及び L1層は、カッティングマシンによって作られた原盤を基にし て作製されたスタンパに榭脂材料が射出成型されることによって製造される。従って 、(i)原盤を作る際の、カッティングマシンの半径位置の誤差やトラックピッチのばらつ き等によって、原盤自体が半径誤差を保持する可能性がある。(ii)光ディスクの射出 成型時の熱収縮にぉ 、て許容範囲以外の個体差が、半径誤差となる可能性がある 。 (iii) LO層と L1層とが別々のスタンパによって夫々作成されているため、夫々の記 録層におけるトラックピッチにおける偏差を含む可能性がある。

[0080] 具体的には、寸法誤差 tolは、前述した図 2にも示されたアドレスが「FFCFFFh」で ある L0層のデータエリア 102— 0の開始位置 (A点)の半径位置と、アドレスが「0300 0h」であり、半径位置が「24mm」の L1層のデータエリア 102— 1の終了位置(C点) の半径位置との差として示される。そして、この寸法誤差 tolの許容範囲は、 L0層に おいて、例えば正方向、又は負方向の夫々で、「20 m」以内であり、 L1層において も、例えば正方向、又は負方向の夫々で、「20 m」以内である場合、 2層型の光デ イスクの個体毎において、合計「40 m」だけ保持することが許容されていることを意 味する。

[0081] (1 - 3- 2)貼り合わせ誤差 (偏芯量)

図 3 (b)に示されるように、 2層型の光ディスクにおいては、相対的なずれとして、 L0 層と L1層とが貼り合わされる際の誤差、所謂、貼り合わせ誤差に起因する偏芯量が 生じてしまう可能性がある。ここに、「偏芯量」とは、 L0層と L1層とが夫々保持する寸 法誤差とは無関係であり、 L0層と L1層とが張り合わされた際に、 L0層の基準アドレ スにおける絶対的な半径位置と、 L1層の基準アドレスにおける絶対的な半径位置と の偏差として生じる量である。

[0082] 具体的には偏芯量 roは、前述した図 2にも示されたアドレスが「FFCFFFh」である L0層のデータエリア 102— 0の開始位置 (A点)の半径位置と、アドレスが「03000h」 であり、半径位置が「24mm」の L1層のデータエリア 102— 1の終了位置(C点)の半 径位置との差として示される。そして、この偏芯量 roの許容範囲は、 L0層において、 例えば正方向、又は負方向の夫々で、「20 m」以内であり、 L1層において、例え ば正方向、又は負方向の夫々で、「30 m」以内であるので、 2層型の光ディスクの 個体毎において、合計「50 m」だけ保持することが許容されていることを意味する。

[0083] 以上の結果,上述した LO層及び L1層を備えた二層型の光ディスクにおいて生じる 2種類の相対的なズレに基づ 、て、 LO層の基準アドレスにおける絶対的な半径位置 と、 L1層の基準アドレスにおける絶対的な半径位置との偏差は、正方向、又は負方 向の夫々において、「90 /z mjの値を取る可能性があると言える。従って、この偏差は 、最大値として「180 m」の値を保持する範囲内において、変動する可能性がある と言える。

[0084] (1 3— 3)透過光径

次に、図 4を参照して、本発明に係る「透過光径」について説明する。

[0085] 図 4に示されるように、 2層型の光ディスクにおいては、レーザ光のビーム形状が円 錐であることに起因する透過光径 rbが生じてしまう可能性がある。ここに、「透過光径 」とは、 L1層において焦点を結ぶようにレーザ光が照射される際、このレーザ光が LO 層を透過しつつ、 LO層において焦点を結ばないように(デフォーカスされて)、レーザ 光が照射される領域 (照射領域)の半径である。

[0086] 詳細には、透過光径 rbの最大値は、次の式(10)によって示される。

[0087] rb = L X tan< sin - 1 (NA/n) > - -- (10)

但し、 L : 中間層(LO層と L1層との間に挿入された層)の厚さ

NA: 光学系の開口率

n : 屈折率

尚、関数「sin—l」は、関数「sin」の逆関数を意味する。

[0088] より詳細には、透過光径 rbの最大値の一具体例としては、(i)レーザ光の開口率 (N

A: Numerical Aperture) , (ii) LO層と L1層間に存在する中間層の屈折率、及び(iii)

LO層、及び L1層の層間距離を決定する中間層の厚さに基づいて、「34 /ζ πι」である 値が算出されるようにしてもょ 、。

[0089] そして、記録又は再生を行う際においては、この透過光径 rbの影響を考慮する必 要があり、具体的にはより良好な記録信号特性 (又は再生品質)を得るためには、こ の透過光径 rbを避けた位置で記録が行われるべきである。

[0090] 以上の結果、実際の記録を行う際においては、正方向、又は負方向の夫々におい て、例えば「90 μ m」の値を保持する相対偏差と、例えば「34 μ m」の値を保持する 透過光径 rbとを考慮する必要がある。

[0091] (1 4)相対的なずれを含むアドレスと半径位置との関係

次に、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層を備えた 2層型 の光ディスクにお 、て、例えば 3種類の相対的なずれが生じた場合の具体例にっ ヽ て、図 5、及び図 6を参照して説明する。ここに、図 5は、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層において、寸法誤差、張り合わせ誤差 (偏芯量)、及 び照射位置誤差が生じた場合の LO層における一のトラックと、 L1層における、当該 一のトラックに対応される他のトラックとの位置関係を示した図式的な平面図である。 図 6は、本発明の第 1記録層及び第 2記録層に係る LO層及び L1層において、寸法 誤差、張り合わせ誤差 (偏芯量)、及び照射位置誤差のうち少なくとも一つが発生し た場合の、アドレスと半径位置との関係の一具体例を示したグラフである。

[0092] (1 -4- 1)アドレスと半径位置との関係(平面的に解釈)

図 5に示されるように、例えば 3種類の相対的なずれが生じても記録要件を満たす ための、 LO層の一のアドレスが示す円周 CrOと、 L1層の一のアドレスに対応される他 のアドレスが示す円周 Crlとの位置関係は、円周の各位置において変動する相対的 な偏差である「相対偏差」として規定するようにしてもょ ヽ。

[0093] 具体的には、 L1層の一のトラック上の「Ml—b点」と、 L0層の一のトラック上の「M0 —b点」との半径位置の偏差によって、相対偏差の最大値が示される。他方、 L1層の 一のトラック上の「M1—s点」と、 L0層の一のトラック上の「M0— s点」との半径位置の 偏差によって、相対偏差の最小値が示される。

[0094] (1—4 2)アドレスと半径位置との関係(アドレスに着眼して解釈)

図 6に示されるように、上述した例えば 3種類の相対的なずれが生じた場合、 L0層 及び L1層におけるアドレスと半径位置との関係も、この相対的なずれに相当する「相 対偏差」の値だけ、グラフ上、水平方向にシフトすることが判明している。

[0095] 具体的には、 L0層におけるアドレス「X0」で示された「A点」の半径位置「24mm」と 、 LI層におけるアドレス「Inv XO」で示された「C点」の半径位置との偏差によって、 一の相対偏差が示される。他方、 L0層におけるアドレス「X」で示された「B点」の半径 位置「58mm」と、 L1層におけるアドレス「Inv X」で示された「D点」の半径位置との 偏差によって、他の相対偏差が示される。

[0096] (2)所定の位置関係の一具体例

次に、図 7から図 9を参照して、本発明の第 2記録層に係る L1層において規定され る第 2地点 (Dx点:後述される図 9を参照)と、 L1層の第 1地点 (Bx点:後述される図 9を参照)との「所定の位置関係」について詳細に説明する。ここに、図 7は、(i)本発 明の第 1記録層に係る LO層におけるアドレス (X)と、(ii)寸法誤差と偏芯量とを含ん だ、 LO層の第 1地点 (Bx点)の半径位置 (R (X) )と、当該第 1地点 (Bx点)に対応さ れる L1層にお ヽて理論的に決定される理想アドレスが示す理想地点(Dix点)の半 径位置 (Ri (X) )との差である理想誤差 (R (X)— Ri (X) )との関係を示したグラフであ る。尚、図 7において、縦軸は、第 1地点(Bx点)の半径位置 (R(x) )と、第 2地点(Dx 点)の半径位置 (Ri (x) )との差 (mm:ミリメートル)を示し、横軸は、 LO層におけるアド レスを示す。尚、第 1地点(Bx点)、及び第 2地点(Dx点)については、後述される図 9において説明される。

[0097] 本実施例に係る光ディスクにおいては、図 7に示されるように、第 1地点(Bx点)の 半径位置 (R (x) )と、第 2地点(Dx点)の半径位置との差「Def」は、 LO層におけるァ ドレスを変数として、グレー色の許容領域 10で示された範囲内に収まるように規定さ れる。

[0098] 詳細には、許容領域 10は、次の条件式(1)、及び条件式(2)を満たす。

[0099] Def ≤ DEVup (x) ……(1)

Def ≥ DEVlow(x) ……(2)。

[0100] 上述した式(1)及び式(2)における「DEVup (x)」、及び、「DEVlow(x)」は、(i) 第 1地点 (Bx)の半径位置「R (x)」と、(ii)第 1地点 (Bx点)に対応される理想地点 (D ix点)の半径位置「Ri (x)」との差を基準(図 7中の一点鎖線を参照)として、更に (iii) 本発明に係る寸法誤差「tol」、及び (iv)本発明に係る偏芯量「ro」を考慮して表現さ れる。 [0101] 詳細には、「DEVup (x)」、及び「DEVlow (x)」は、次の式(3)及び式 (4)に加え て式(5)及び式(6)によって表現される。

[0102] DEVup (X) = < R (X)— Ri (X) >

+ <AbsMX(tol) +AbsMX (ro) > …… (3)

DEVlow (x) = < R (x)— Ri (x) >

一く AbsMX(tol) +AbsMX (ro) > ……(4)

但し、

R (x) =Rt[< Sqr (D0/2) X π + (xO— x) C>Z π ] …… (5)

また、

Ri (x) =Rt [< Sqr (D0/2-a) X π + (Inv χ-Ιην xO) C >/ π ]

…… (6)。

[0103] 尚、本願において、「Def」等のアルファベットのみによって構成される項は、定数を 示し、「DEVup (X)」等の「 (X)」を含む項は、変数を示す決まりとする。「Abs (X)」は 、絶対値を示す関数である。「AbsMX(x)」は、変数「x」の最大値の絶対値を示す関 数である。「Rt (x)」は、平方根を示す関数である。「Sqr (x)」は、 2乗を示す関数であ る。「Inv (x)」は、補数を示す関数である。

[0104] より具体的には、図 7に示されるように、例えば L0層の第 1地点を、例えばアドレス が「FDC664h」である ¾点」とした場合、 L1層の第 2地点である「D点」の半径位置 は、次の式(la)及び式(2a)で示された許容範囲内に収まるように規定される。 (第 1地点「B」の半径位置)―(第 2地点「D」の半径位置)≤0. 195

…… (la)

(第 1地点「B」の半径位置)―(第 2地点「D」の半径位置)≥0. 015

…… (2a)。

[0105] 上述した式(la)及び式(2a)を変形すると、次の式(lb)及び式(2b)が得られる。

[0106] 第 2地点「D」の半径位置≥ (第 1地点「B」の半径位置)— 0. 195

……(lb)

第 2地点「D」の半径位置≤ (第 1地点「B」の半径位置)—0. 015

…… (2b)。 [0107] 但し、例えば LO層のデータエリアの開始位置であるアドレスが「FFCFFFh」であり 、半径位置が 24mm (尚、直径 D0=48mm)である「A点」に対応されるし即ち、補 数関係にある) L1層のデータエリアの終了位置であるアドレスが「003000h」の「C点 」の半径位置における標準的な誤差「a」は、 0. 258mmとする。

[0108] (2- 1)所定の位置関係の算出 (データ量に着目)

ここで、本発明に係る「所定の位置関係」の基準となる、前述した式 (5)及び式 (6) で示された、(i)第 1地点「Bx点」の半径位置「R(x)」、及び (ii)第 1地点に対応され る理想地点「Dix点」の半径位置「Ri (X)」が算出される過程にっ 、て、データ量に着 目して、図 8を参照して詳細に説明する。ここに、図 8は、本発明の第 1記録層に係る LO層における第 1地点「Bx点」の半径位置 (R (X) )が算出される過程を示した概念 図(図 8 (a) )、及び本発明の第 2記録層に係る L1層において理論的に決定される理 想アドレスが示す理想地点「Dix点」の半径位置 (Ri (X) )が算出される過程を示した 概念図(図 8 (b) )である。

[0109] 図 8 (a)に示されるように、第 1地点「Bx」の半径位置「R(x)」(アドレスは「x」)を備 える円の面積「Sr」は、(i)前述した「A点」の半径位置「D0/2」(アドレスは「xO」)を 備える円の面積「SO」と、(ii)アドレス「xO」力 アドレス「x」までの差分データ量「 Δ S 」との和に等しい。

[0110] 尚、面積「Sr」は、 π (パイ)に「R (x)」の 2乗を積算することで求められる。面積「SO 」は、 πに「D0Z2」の 2乗を積算することで求められる。差分データ量「A S」は、アド レス「xO」とアドレス「x」との差に所定係数「C」を積算することで求められる。よって、 次の式(5a)が得られる。

[0111] Sqr<R (x) > X π =Sqr(D0/2) X π + (χθ— χ) X C

…… (5a)

但し、 C= (32 X 1024 X 8 X 3. 84 X 0. 74)

Z(「2048,2418」 X「8,16」 X 26. 16 X 1000000) (mm2ZECCブロッ クアドレス)。

[0112] 同様にして、図 8 (b)に示されるように、理想地点「Di」の半径位置「Ri (x)」(ァドレ スは「Inv x」 )を備える円の面積 rsrijは、(i)前述した「C点」の半径位置「D0Z2— aj (アドレスは「Inv xO」)を備える円の面積「S1」と、(ii)アドレス「Inv xO」力らァドレ ス「Inv x」までの差分データ量「A S」との和に等しい。よって、次の式(6a)が得られ る。

[0113] Sqr<Ri(x) > X π =Sqr (D0/2-a) X π + (Ιην χ-Ιην χθ) Χ Ο …… (6a)

[0114] 特に、本実施例では、差分データ量「A S」を算出する際に、第 1トラック、及び第 2ト ラックにおける、単位長さ当たりのデータ量を示す記録線密度が等しいことを前提とし 、アドレス力 データ量が理論的に決定されている。

[0115] また、差分データ量「A S」を算出する際に、前述した L0層のデータエリアの開始位 置「A点」と、 L1層のデータエリアの終了位置「C点」における標準的な誤差の影響は 殆ど又は完全にないものとしてもよい。カロえて、差分データ量「A S」を算出する際に 、所謂、スパイラル積分計算を用いてもよい。

[0116] (2— 2)所定の位置関係の算出 (アドレスに着目)

更に、ここで、本発明に係る「所定の位置関係」の基準となる、前述した式 (5)及び 式 (6)で示された、(i)第 1地点の半径位置「R(x)」、及び (ii)第 1地点に対応される 理想地点の半径位置「Ri (x)」が算出される過程について、アドレスに着目して、図 9 を参照して詳細に説明する。ここに、図 9は、本発明の第 1記録層に係る L0層の第 1 地点の半径位置 (R(x) )、及び本発明の第 2記録層に係る L1層において理論的に 決定される理想アドレスが示す理想地点の半径位置 (Ri(x) )と、それらのアドレスと の関係を示したグラフである。

[0117] 図 9に示されるように、 L1層の第 2地点「Dx点」の半径位置は、許容領域 10、即ち 、理想地点「Dix」を基準とした相対偏差に加えて、寸法誤差や偏芯量等を含む範囲 内に収まるように規定される。

[0118] 詳細には、理想地点「Dix」の半径位置「Ri(x)」(アドレスは「Inv x」)は、(i)「じ点」 の半径位置「D0/2— a」(アドレスは「Inv xO」)と、(ii)アドレス「Inv x0」力らアドレス Γΐην χ」までの差分データ量「 Δ S」とに基づ 、て算出可能である。

[0119] (3)本発明に係る情報記録媒体の作用効果の検討

次に、図 10及び図 11を参照して、本発明に係る情報記録媒体の作用効果につい て検討を加える。ここに、図 10は、一般論として、一定のアドレスオフセット値に相当 する、内周側における太いドーナツ形状の記録領域「S1」と、外周側における細いド 一ナツ形状の記録領域「S2」とを図式的に示した光ディスクの平面図である。図 11は 、図 10に示された記録領域の半径方向の長さを図式的に示した断面図である。

[0120] 本発明に係る情報記録媒体によれば、第 1地点の半径位置と、第 2地点の半径位 置との差は、 L0層におけるアドレスを変数として、内周側及び外周側のうち一方から 他方に亘つて、所定の範囲内に収まるように規定されて!、る。

[0121] 仮に、第 1地点の半径位置と、第 2地点の半径位置との差力 L0層におけるァドレ スを変数として、所定の範囲内に収まるように規定されていない場合、次のような技術 的な問題点が生じてしまう。即ち、例えば外周側における LO層と L1層との相対的な ずれの影響を小さくするために決定されたアドレスオフセット値に基づいて、後述され る情報記録装置によって記録動作が行われた場合、このアドレスオフセット値は、内 周側においては、記録要件を必要以上に満たす、言い換えると、記録要件を満たす ための記録領域の無駄が大きくなつてしまう。より具体的には、図 10に示されるように 、 CLV (constant Linear Velocity)方式や、 ZCAV (Zoned Constant Angular Velocit y)方式においては、一定のアドレスオフセット値に相当する、内周側における太いド 一ナツ形状の記録領域「S1」の面積と、外周側における細いドーナツ形状の記録領 域「S2」の面積とは同じである。よって、図 11に示されるように、一定のアドレスオフセ ット値に相当する、外周側における記録領域「S2」における半径方向に幅「r2' -r2j は、内周側においては、記録領域「S1」における半径方向に幅「rl ' rl」に拡大し てしまう。従って、外周側において記録要件を満たすためのアドレスオフセット値「Ax 」は、内周側においては、記録要件を必要以上に満たし、冗長的になってしまう。

[0122] これに対して、本発明に係る情報記録媒体によれば、第 1地点の半径位置と、第 2 地点の半径位置との差は、 L0層におけるアドレスを変数として、内周側及び外周側 のうち一方力も他方に亘つて、所定の範囲内に収まるように規定されている。よって、 例えば外周側における L0層と L1層との相対的なずれの影響を小さくするために決 定された、 L1層の位置を特定するためのアドレスに加算又は減算されるアドレスオフ セット値に基づいて、情報記録装置によって記録動作が行われた場合、このアドレス オフセット値は、外周側において記録要件を適切に満たすことはもちろんのこと内周 側にお ヽても記録要件を適切に満たす。

[0123] 特にこのことは、 LO層及び L1層において対向される 2つの部分領域において、一 定の長さ毎で交互に記録を行うような記録方式においてより効果的である。ここに、 本願発明に係る「対向」とは、半径位置が概ね等しいことを意味すると共に、例えば 所定マージン等を含みつつ概ね等し 、ことを意味するようにしてもょ 、。

[0124] 以上の結果、記録要件を適切に満たすための記録動作において、本発明の情報 記録媒体における記録領域の無駄が最小限にされ、より効率的に記録領域が利用 されることが可會となる。

[0125] (4)本発明に係る情報記録装置

次に、図 12、及び図 13を参照して、本発明の情報記録装置の実施例の構成及び 動作について詳細に説明する。特に、本実施例は、本発明に係る情報記録装置を 光ディスク用の情報記録再生装置に適用した例である。

[0126] (4 1)基本構成

先ず、図 12を参照して、本発明の情報記録装置に係る実施例における情報記録 再生装置 300及び、ホストコンピュータ 400の基本構成について説明する。ここに、 図 12は、本発明の情報記録装置に係る実施例における情報記録再生装置及び、ホ ストコンピュータの基本構成を示したブロック図である。尚、情報記録再生装置 300は 、光ディスク 100に記録データを記録する機能と、光ディスク 100に記録された記録 データを再生する機能とを備える。

[0127] 図 12を参照して情報記録再生装置 300の内部構成を説明する。情報記録再生装 置 300は、ドライブ用の CPU (Central Processing Unit) 305の制御下で、光ディスク 100に情報を記録すると共に、光ディスク 100に記録された情報を読み取る装置であ る。

[0128] 情報記録再生装置 300は、光ディスク 100、光ピックアップ 301、信号記録再生手 段 302、アドレス検出部 303、アドレス演算部 304、 CPU (ドライブ制御手段) 305、ス ピンドルモータ 306、メモリ 307、データ入出力制御手段 308、及びバス 309を備え て構成されている。 [0129] また、ホストコンピュータ 400は、 CPU (ホスト制御手段) 401、メモリ 402、操作制御 手段 403、操作ボタン 404、表示パネル 405、データ入出力制御手段 406、及びバ ス 407を備えて構成される。

[0130] 特に、情報記録再生装置 300は、例えばモデム等の通信手段を備えたホストコンビ ユータ 400を同一筐体内に収めることにより、外部ネットワークと通信可能となるように 構成してもよい。或いは、例えば i— link等の通信手段を備えたホストコンピュータ 40 0の CPU (ホスト制御手段) 401が、データ入出力制御手段 308、及びバス 309を介 して、直接情報記録再生装置 300を制御することによって、外部ネットワークと通信 可能となるように構成してもよ 、。

[0131] 光ピックアップ 301は光ディスク 100への記録再生を行うもので、半導体レーザ装 置とレンズから構成される。より詳細には、光ピックアップ 301は、光ディスク 100に対 してレーザービーム等の光ビームを、再生時には読み取り光として第 1のパワーで照 射し、記録時には書き込み光として第 2のパワーで且つ変調させながら照射する。

[0132] 信号記録再生手段 302は、光ピックアップ 301とスピンドルモータ 306とを制御する ことで光ディスク 100に対して記録再生を行う。より具体的には、信号記録再生手段 3 02は、例えば、レーザダイオードドライバ (LDドライノく)及びヘッドアンプ等によって 構成されている。レーザダイオードドライバは、光ピックアップ 301内に設けられた図 示しない半導体レーザを駆動する。ヘッドアンプは、光ピックアップ 301の出力信号、 即ち、光ビームの反射光を増幅し、該増幅した信号を出力する。より詳細には、信号 記録再生手段 302は、 OPC (Optimum Power Control)処理時には、 CPU305の制 御下で、図示しないタイミング生成器等と共に、 OPCパターンの記録及び再生処理 により最適なレーザパワーの決定が行えるように、光ピックアップ 301内に設けられた 図示しない半導体レーザを駆動する。特に、信号記録再生手段 302は、光ピックアツ プ 301と共に、本発明に係る「記録手段」の一例を構成する。

[0133] アドレス検出部 303は、信号記録再生手段 302によって出力される、例えばプリフ ォーマットアドレス信号等を含む再生信号力も光ディスク 100におけるアドレス(ァドレ ス情報)を検出する。また、アドレス検出部 303は、例えばコントロールデータゾーン にプリ記録されたオフセット情報を検出可能であるように構成してもよ 、。 [0134] アドレス演算部 304は、検出されたアドレスに対して、例えばアドレスオフセット値を 加減算する等の演算を施す。

[0135] CPU (ドライブ制御手段) 305は、バス 309を介して、各種制御手段に指示を行うこ とで、情報記録再生装置 300全体の制御を行う。特に、 CPU305は、アドレス演算部 304によって、演算が施されたアドレスに基づいて、各種記録エリアの配置を決定す る。そして、決定された各種記録エリアに対して、各種記録情報を記録するように、信 号記録再生手段 302を制御する。また、 CPU305が動作するためのソフトウェア又は ファームウェアは、メモリ 307に格納されている。特に、 CPU305は、本発明に係る「 制御手段」の一例を構成する。

[0136] スピンドルモータ 306は光ディスク 100を回転及び停止させるもので、光ディスクへ のアクセス時に動作する。より詳細には、スピンドルモータ 306は、図示しないサーボ ユニット等によりスピンドルサーボを受けつつ所定速度で光ディスク 100を回転及び 停止させるように構成されて 、る。

[0137] メモリ 307は、記録再生データのバッファ領域や、信号記録再生手段 302で使用出 来るデータに変換する時の中間バッファとして使用される領域など情報記録再生装 置 300におけるデータ処理全般及び OPC処理において使用される。また、メモリ 30 7はこれらレコーダ機器としての動作を行うためのプログラム、即ちファームウェアが格 納される ROM領域と、記録再生データの一時格納用バッファや、ファームウェアプロ グラム等の動作に必要な変数が格納される RAM領域など力 構成される。特に、 上述したオフセット量 (ずれ量)や、該オフセット量 (ずれ量)に基づいて計算されたァ ドレスオフセット値等のオフセット情報は、当該メモリ 307に保存 (記憶)されるように構 成していてもよい。

[0138] データ入出力制御手段 308は、情報記録再生装置 300に対する外部からのデー タ入出力を制御し、メモリ 307上のデータバッファへの格納及び取り出しを行う。情報 記録再生装置 300と、 SCSIや ATAPI等のインターフェースを介して接続されて!、る 外部のホストコンピュータ 400 (以下、適宜ホストと称す)から発行されるドライブ制御 命令は、当該データ入出力制御手段 308を介して CPU305に伝達される。また、記 録再生データも同様にして、当該データ入出力制御手段 308を介して、ホストコンビ ユータ 400に対して送受信される。

[0139] ホストコンピュータ 400における、 CPU (ホスト制御手段) 401、メモリ 402、データ入 出力制御手段 406、及びバス 407は、これらに対応される、情報記録再生装置 300 内の構成要素と、概ね同様である。

[0140] 特に、操作制御手段 403は、ホストコンピュータ 400に対する動作指示受付と表示 を行うもので、例えば記録又は再生と 、つた操作ボタン 404による指示を CPU401 に伝える。 CPU401は、操作制御手段 403からの指示情報を元に、データ入出力手 段 406を介して、情報記録再生装置 300に対して制御命令 (コマンド)を送信し、情 報記録再生装置 300全体を制御するように構成してもよい。同様に、 CPU401は、 情報記録再生装置 300に対して、動作状態をホストに送信するように要求するコマン ドを送信することができる。これにより、記録中や再生中といった情報記録再生装置 3 00の動作状態が把握できるため CPU401は、操作制御手段 403を介して蛍光管や LCDなどの表示パネル 405に情報記録再生装置 300の動作状態を出力することが できる。

[0141] 以上説明した、情報記録再生装置 300とホストコンピュータ 400を組み合わせて使 用する一具体例は、映像を記録再生するレコーダ機器等の家庭用機器である。この レコーダ機器は放送受信チューナや外部接続端子力ゝらの映像信号をディスクに記録 し、テレビなど外部表示機器にディスクから再生した映像信号を出力する機器である

。メモリ 402に格納されたプログラムを CPU401で実行させることでレコーダ機器とし ての動作を行っている。また、別の具体例では、情報記録再生装置 300はディスクド ライブ(以下、適宜ドライブと称す)であり、ホストコンピュータ 400はパーソナルコンビ ユータゃワークステーションである。パーソナルコンピュータ等のホストコンピュータと ドライブは SCSIや ATAPIと ヽつたデータ入出力制御手段 308 (406)を介して接続 されており、ホストコンピュータにインストールされているライティングソフトウェア等の アプリケーションが、ディスクドライブを制御する。

[0142] (4 2)動作原理

次に、図 13を参照して、本発明の情報記録装置の実施例に係る情報記録再生装 置における動作原理について説明する。ここに、図 13は、本発明の情報記録装置の 実施例に係る情報記録再生装置による記録動作を示したフローチャートである。

[0143] 図 13に示されるように、例えば光ディスク 100に対する記録指示に応答して、 CPU

(ドライブ制御手段) 305の制御下で、初期動作として、各種管理情報が取得される( ステップ S 101)。

[0144] 次に、 CPU305の制御下で、前述したアドレス演算部 304は、例えば情報の記録 が予定された記録領域のアドレスに基づいて、 L1層に対して記録を行うの力否かが 判定される(ステップ S102)。ここで、 L1層に対して記録を行う場合 (ステップ S 102 : Yes)、更に、当該 L1層の記録領域に対応されると共に、相対的なずれを保持する L 0層の記録領域は、記録済みであるの力否力、即ち、記録要件を満たすのか否かが 、 CPU305の制御下で、判定される(ステップ S103)。ここで、この LO層の記録領域 が記録済みである場合、即ち、記録要件を満たす場合 (ステップ S 103 : Yes)、 L1層 に対して記録が行われる(ステップ S 104)。

[0145] 他方、ステップ S103の判定の結果、この LO層の記録領域が記録済みでない場合 、即ち、記録要件を満たさない場合 (ステップ S 103 : No)、 CPU305の制御下で、例 えば情報の記録が予定された記録領域のアドレスを変更し、他のアドレスが指定され る(ステップ S 105)。

[0146] 更に、他方、ステップ S102の判定の結果、 L1層に対して記録を行わない場合 (ス テツプ S 102 : No)、 L0層に対して記録が行われる(ステップ S 106)。

[0147] 上述した実施例では、情報記録媒体の一具体例として、例えば、 2層型の DVD— R又は DVD+R、或いは、 DVD—RW又は DVD+RW等の追記型又は書き換え型 光ディスクについて説明した力 本発明は、例えば、 3層型等のマルチプルレイヤ型 の光ディスクにも適用可能である。更に、ブルーレーザーを記録再生に用いるデイス ク等の大容量記録媒体にも適用可能である。

[0148] また、本実施例では、情報記録装置の一具体例として、例えば、 DVD— Rレコーダ 一又は DVD+Rレコーダ一等の追記用の情報記録再生装置について説明したが、 本発明は、例えば、 DVD— RWレコーダー又は DVD+RWレコーダ一等の書き換 え用の情報記録再生装置に適用可能である。更に、ブルーレーザーを記録再生に 用 、る大容量記録用の情報記録再生装置にも適用可能である。 [0149] 本発明は、上述した実施例に限られるものではなぐ請求の範囲及び明細書全体 力 読み取れる発明の要旨或いは思想に反しない範囲で適宜変更可能であり、その ような変更を伴う情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びにコンピュータプログ ラムもまた本発明の技術的範囲に含まれるものである。

産業上の利用可能性

[0150] 本発明に係る情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコン ピュータプログラムは、例えば、 CD、 DVD等の多層型光ディスクに利用可能であり、 更に DVDレコーダ等の情報記録装置に利用可能である。また、例えば民生用或い は業務用の各種コンピュータ機器に搭載される又は各種コンピュータ機器に接続可 能な情報記録装置等にも利用可能である。

Claims

請求の範囲
[1] 少なくとも記録情報を記録するための螺旋状又は同心円状の第 1トラックが形成さ れた第 1記録層と、
前記第 1記録層を介してレーザ光が照射され、前記第 1トラックと回転中心を共有 する螺旋状又は同心円状の第 2トラックが形成された第 2記録層と
を少なくとも備え、
前記第 1記録層は、第 1アドレスによって示される第 1地点を有し、
前記第 2記録層は、(i)前記第 1アドレスに対応される第 2アドレスによって示される と共に、(ii)前記第 1地点に対する所定の位置関係に基づいて規定可能な、第 2地 点を有することを特徴とする情報記録媒体。
[2] 前記第 1地点の半径は、前記第 2地点の半径よりも大きいことを特徴とする請求の 範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[3] 前記第 2アドレスは、前記第 1アドレスをビット反転させた値であることを特徴とする 請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[4] 前記所定の位置関係は、前記第 1アドレスを変数とする関数で示されることを特徴と する請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[5] 前記所定の位置関係は、前記第 1アドレスを少なくともパラメータとするテーブルで 示されることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[6] 前記第 1アドレスは、データ量を示す所定単位に基づいて定義されることを特徴と する請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[7] 前記所定の位置関係は、前記第 1トラック、及び前記第 2トラックにおける、単位長さ 当たりのデータ量を示す記録線密度が、前記第 1記録層、及び前記第 2記録層にお ける記録領域にぉ 、て、少なくとも所望の範囲にぉ 、て容易に算出可能なように数 値的に夫々指定されていることに基づいて設定されることを特徴とする請求の範囲第
1項に記載の情報記録媒体。
[8] 前記第 1記録層は、第 1基準アドレスによって示される第 1基準地点を有し、
前記第 2記録層は、前記第 1基準地点の半径位置に、標準的な半径位置の誤差を 示す標準半径差を含めた半径位置に位置する第 2基準地点を有し、 前記所定の位置関係は、 (i)前記第 1地点の半径位置と、
(ii)前記第 1アドレス及び前記第 1基準アドレスによって決定される差分データ量と 、前記第 2基準地点が示す第 2基準アドレスとに基づいて理論的に決定される第 2理 想アドレスが示す第 2理想地点の半径位置と
の差である理想誤差を基準とする位置関係であることを特徴とする請求の範囲第 1 項に記載の情報記録媒体。
[9] 前記第 1アドレスによって示される前記第 1地点は、(i)前記第 1基準アドレスと前記 第 1アドレスとの差である前記差分データ量と、(ii)前記第 1記録層における記録線 密度を示す値とをパラメータとする所定の関係式により示されることを特徴とする請求 の範囲第 8項に記載の情報記録媒体。
[10] 前記第 2アドレスによって示される前記第 2地点は、 (i)前記第 2基準アドレスと前記 第 2アドレスとの差である前記差分データ量と、 (ii)前記第 2記録層における記録線 密度を示す値とをパラメータとする所定の関係式により示されることを特徴とする請求 の範囲第 8項に記載の情報記録媒体。
[11] 前記所定の位置関係は、(i)前記第 1記録層、及び前記第 2記録層が夫々保持す る寸法誤差、(ii)前記第 1記録層と前記第 2記録層との貼り合わせ誤差に基づいて 生じる偏芯量、並びに (iii)前記第 2記録層にお 、て焦点を結ぶように前記レーザ光 が照射される際、前記第 1記録層を透過しつつ、前記第 1記録層において焦点を結 ばな ヽように前記レーザ光が照射される領域の半径を示す透過光径のうち少なくとも 一つを含むように設定される位置関係であることを特徴とする請求の範囲第 1項に記 載の情報記録媒体。
[12] 前記所定の位置関係は、前記第 2地点の半径位置が所定範囲内にあるように規定 することを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の情報記録媒体。
[13] 請求の範囲第 1項に記載されると共に、前記第 1記録層においては第 1記録領域を 形成可能であり、前記第 2記録層にお 、ては第 2記録領域を形成可能である情報記 録媒体に対して、前記記録情報を記録するための情報記録装置であって、
前記記録情報を前記第 1記録層及び前記第 2記録層に記録可能な記録手段と、 (i)前記第 1記録層にお 、て所望となる前記第 1アドレスに対応される、前記第 2記 録層における前記第 2アドレスと、 (ii)前記第 1アドレスによって示される前記第 1地 点の半径位置、及び前記第 2アドレスによって示される前記第 2地点の半径位置と を前記第 1アドレスをパラメータとして算出する算出手段と、
算出された前記第 2アドレス、及び前記第 2地点の半径位置のうち少なくとも一方に 基づいて、少なくとも前記第 2記録領域を形成しつつ、前記記録情報を記録するよう に前記記録手段を制御する制御手段と
を備えることを特徴とする情報記録装置。
[14] 請求の範囲第 1項に記載されると共に、前記第 1記録層においては第 1記録領域を 形成可能であり、前記第 2記録層にお 、ては第 2記録領域を形成可能である情報記 録媒体に対して、前記記録情報を記録するための記録手段を備えた情報記録装置 における情報記録方法であって、
(i)前記第 1記録層にお 、て所望となる前記第 1アドレスに対応される、前記第 2記 録層における前記第 2アドレスと、 (ii)前記第 1アドレスによって示される前記第 1地 点の半径位置、及び前記第 2アドレスによって示される前記第 2地点の半径位置と を前記第 1アドレスをパラメータとして算出する算出工程と、
算出された前記第 2アドレス、及び前記第 2地点の半径位置のうち少なくとも一方に 基づいて、少なくとも前記第 2記録領域を形成しつつ、前記記録情報を記録するよう に前記記録手段を制御する制御工程と
を備えることを特徴とする情報記録方法。
[15] 請求の範囲第 13項に記載の情報記録装置に備えられたコンピュータを制御する 記録制御用のコンピュータプログラムであって、該コンピュータを、前記記録手段、前 記算出手段、及び、前記制御手段のうち少なくとも一部として機能させることを特徴と するコンピュータプログラム。
PCT/JP2006/300366 2005-01-14 2006-01-13 情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンピュータプログラム WO2006075696A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005008469 2005-01-14
JP2005-008469 2005-01-14

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US11/597,899 US7697390B2 (en) 2005-01-14 2006-01-13 Efficient recording of information on an information recording medium having a plurality of layers
JP2006552978A JP4627762B2 (ja) 2005-01-14 2006-01-13 情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンピュータプログラム
EP20060711651 EP1837872B9 (en) 2005-01-14 2006-01-13 Information recording medium, information recording device and method, and computer program for controlling recording

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006075696A1 true WO2006075696A1 (ja) 2006-07-20

Family

ID=36677719

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2006/300366 WO2006075696A1 (ja) 2005-01-14 2006-01-13 情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びに記録制御用のコンピュータプログラム

Country Status (7)

Country Link
US (1) US7697390B2 (ja)
EP (1) EP1837872B9 (ja)
JP (1) JP4627762B2 (ja)
KR (1) KR100836701B1 (ja)
CN (1) CN100481214C (ja)
TW (1) TWI350538B (ja)
WO (1) WO2006075696A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008069435A1 (en) * 2006-12-05 2008-06-12 Samsung Electronics Co., Ltd. Multi-layered optical recording medium, address assignment method for multi-layered optical recording medium, apparatus and method of reproducing and method of recording

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TW201108219A (en) * 2009-08-17 2011-03-01 Quanta Storage Inc Writing method of multilayer optiacl disc

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997015050A1 (en) 1995-10-19 1997-04-24 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information storage medium, information reproducing method, and information reproducing apparatus
WO2000062286A1 (fr) * 1999-04-07 2000-10-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Disque optique multicouche et procede et dispositif d'enregistrement d'informations optiques sur ce disque
JP2000311346A (ja) 1999-04-26 2000-11-07 Ricoh Co Ltd 光ディスク記録再生装置と光ディスクの最適記録パワー値決定方法
JP2001023237A (ja) 1999-07-02 2001-01-26 Pioneer Electronic Corp 情報記録媒体
JP2004295950A (ja) * 2003-03-25 2004-10-21 Ricoh Co Ltd 光情報記録媒体、光情報記録装置、情報処理装置、光情報記録方法、プログラム及び記憶媒体
JP2006024290A (ja) * 2004-07-08 2006-01-26 Toshiba Corp 光ディスク及び情報記録方法

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AU3914895A (en) * 1994-11-30 1996-06-06 Sony Corporation Data recording medium and record/playback apparatus using the data recording medium
JPH1079126A (ja) * 1996-07-10 1998-03-24 Hitachi Ltd 光ディスク装置のアクセス方法
EP0818776B1 (en) * 1996-07-10 2008-02-13 Hitachi, Ltd. Optical disc apparatus accessing method and system therefor
DE69937002T2 (de) 1998-09-10 2007-12-13 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd., Kadoma Optisches informationsaufzeichnungsmedium, verfahren zur herstellung, und verfahren zur aufzeichnung und wiedergabe
JP2000293947A (ja) * 1999-04-08 2000-10-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd 光ディスク及び光ディスク記録再生装置、方法
KR100760839B1 (ko) * 2000-09-13 2007-09-27 마쯔시다덴기산교 가부시키가이샤 광학적 정보 기록 매체 및 광학적 정보 기록 방법, 광학적정보 기록 장치
KR100403585B1 (ko) * 2001-04-07 2003-10-30 삼성전자주식회사 광디스크 및 그 기록층 인식 방법
JP4398458B2 (ja) * 2004-03-29 2010-01-13 パイオニア株式会社 情報記録媒体、情報記録装置及び方法、並びにコンピュータプログラム

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997015050A1 (en) 1995-10-19 1997-04-24 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information storage medium, information reproducing method, and information reproducing apparatus
JP2000503446A (ja) * 1995-10-19 2000-03-21 松下電器産業株式会社 情報記憶媒体および情報再生方法および情報再生装置
WO2000062286A1 (fr) * 1999-04-07 2000-10-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Disque optique multicouche et procede et dispositif d'enregistrement d'informations optiques sur ce disque
JP2000311346A (ja) 1999-04-26 2000-11-07 Ricoh Co Ltd 光ディスク記録再生装置と光ディスクの最適記録パワー値決定方法
JP2001023237A (ja) 1999-07-02 2001-01-26 Pioneer Electronic Corp 情報記録媒体
JP2004295950A (ja) * 2003-03-25 2004-10-21 Ricoh Co Ltd 光情報記録媒体、光情報記録装置、情報処理装置、光情報記録方法、プログラム及び記憶媒体
JP2006024290A (ja) * 2004-07-08 2006-01-26 Toshiba Corp 光ディスク及び情報記録方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1837872A4 *

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008069435A1 (en) * 2006-12-05 2008-06-12 Samsung Electronics Co., Ltd. Multi-layered optical recording medium, address assignment method for multi-layered optical recording medium, apparatus and method of reproducing and method of recording
US7864636B2 (en) 2006-12-05 2011-01-04 Samsung Electronics Co., Ltd. Multi-layered optical recording medium, address assignment method for multi-layered optical recording medium, apparatus and method of reproducing and method of recording

Also Published As

Publication number Publication date
US20090103407A1 (en) 2009-04-23
EP1837872B9 (en) 2012-07-18
EP1837872B1 (en) 2012-03-07
CN100481214C (zh) 2009-04-22
KR20070083390A (ko) 2007-08-24
JPWO2006075696A1 (ja) 2008-06-12
TW200638405A (en) 2006-11-01
TWI350538B (en) 2011-10-11
US7697390B2 (en) 2010-04-13
JP4627762B2 (ja) 2011-02-09
EP1837872A1 (en) 2007-09-26
EP1837872A4 (en) 2009-01-07
CN1989553A (zh) 2007-06-27
KR100836701B1 (ko) 2008-06-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2224438B1 (en) Multi-layered information recording medium, recording apparatus, and recording method
US6894962B1 (en) Optical information recording medium with sector address information
CN101399053B (zh) 再现方法
JP4629798B2 (ja) 光ディスクおよび光ディスク製造方法
US8000202B2 (en) Apparatus for recording/reproducing information on/from an optical disc having focus control capabilities
US8411541B2 (en) Optical recording medium having read-only storage area and writable storage area and recording/reproducing apparatus and method therefor
JP2010176842A (ja) 光学的情報記録媒体および光学的情報記録方法、光学的情報記録装置
USRE39322E1 (en) Multi-layer information recording medium and information recording and reproducing apparatus
CN1841527A (zh) 光盘
EP1639585A1 (en) Information storage medium
CN102298937B (zh) 光盘再现系统
JP4424211B2 (ja) 情報記録媒体の記録方法及び記録装置
EP1639586A4 (en) Information storage medium
KR20070012258A (ko) 정보 기록 매체, 기록 방법, 재생 방법 및 장치
JP2002092939A (ja) 多層光学式記録媒体及びその製造方法
JP2003288759A (ja) 多層情報記録媒体、記録装置および記録方法
CN1757062B (zh) 设置信息存储介质的区的方法
CN1941142B (zh) 光学记录介质、记录/再现装置、记录方法和记录/再现方法
JP4395477B2 (ja) 情報記録媒体、並びに情報記録装置及び方法
CN1212420A (zh) 信息记录再生用光盘及使用该光盘的信息记录再生装置
US20050063264A1 (en) Information recording medium and its control method and information recording/reproducing method
CN1783239A (zh) 多层光记录介质以及光记录系统的评估方法
WO2003100776A1 (en) Optical disc and its recording/reproducing method
CN101197141B (zh) 在信息存储介质上记录数据的系统
US8154981B2 (en) Record medium, its manufacturing method, mother disc for record medium, and its manufacturing method

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006552978

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020067027246

Country of ref document: KR

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006711651

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200680000480.5

Country of ref document: CN

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11597899

Country of ref document: US

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2006711651

Country of ref document: EP