WO2006057244A1 - シートベルト補助具 - Google Patents

シートベルト補助具 Download PDF

Info

Publication number
WO2006057244A1
WO2006057244A1 PCT/JP2005/021448 JP2005021448W WO2006057244A1 WO 2006057244 A1 WO2006057244 A1 WO 2006057244A1 JP 2005021448 W JP2005021448 W JP 2005021448W WO 2006057244 A1 WO2006057244 A1 WO 2006057244A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
belt
fixing
seat belt
auxiliary
hole
Prior art date
Application number
PCT/JP2005/021448
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Kiyomi Nagao
Original Assignee
Kiyomi Nagao
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004339177 priority Critical
Priority to JP2004-339177 priority
Application filed by Kiyomi Nagao filed Critical Kiyomi Nagao
Publication of WO2006057244A1 publication Critical patent/WO2006057244A1/ja

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R22/00Safety belts or body harnesses in vehicles
    • B60R22/30Coupling devices other than buckles, including length-adjusting fittings or anti-slip devices
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R22/00Safety belts or body harnesses in vehicles
    • B60R22/02Semi-passive restraint systems, e.g. systems applied or removed automatically but not both ; Manual restraint systems
    • B60R22/023Three-point seat belt systems comprising two side lower and one side upper anchoring devices
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R22/00Safety belts or body harnesses in vehicles
    • B60R22/10Safety belts or body harnesses in vehicles specially adapted for children or animals
    • B60R22/105Safety belts or body harnesses in vehicles specially adapted for children or animals for children
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R22/00Safety belts or body harnesses in vehicles
    • B60R22/18Anchoring devices
    • B60R22/26Anchoring devices secured to the seat
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R22/00Safety belts or body harnesses in vehicles
    • B60R22/12Construction of belts or harnesses
    • B60R22/14Construction of belts or harnesses incorporating enlarged restraint areas, e.g. vests, nets, crash pads, optionally for children
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T24/00Buckles, buttons, clasps, etc.
    • Y10T24/40Buckles
    • Y10T24/4002Harness
    • Y10T24/4047Strap loops and attaching devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T24/00Buckles, buttons, clasps, etc.
    • Y10T24/40Buckles
    • Y10T24/4086Looped strap

Abstract

 本発明によるシートベルト補助具は、バックル(3、19)と、前記バックルに指し込まれるタング(2、17)とが結合することで装着されるシートベルト用のシートベルト補助具である。本発明によるシートベルト補助具は、第1ベルト(11)と、前記第1ベルトの一端に取り付けられ、第1貫通穴(8a、18a)を有する第1固定具(8、18)と、前記第1ベルトの他端に取り付けれられた第1留め具(11d)とを具備する。ここで、前記タングは、前記バックルに指し込まれて前記バックルと結合されるバックル差込片(2b、17b)を備えている。前記第1貫通穴を通過した前記バックル差込片が前記バックルに指し込まれた状態において、前記第1固定具と、前記タングと、前記バックルとが結合される。本発明によるシートベルト補助具は、既存のシートベルトに改変を加えることなく使用でき、シートベルトへの着脱が容易である。

Description

明 細 書

シートベルト補助具

技術分野

[0001] 本発明は、自動車、航空機、船舶のような乗り物に備えられたシートベルトとともに 使用されるシートベルト補助具に関する。

背景技術

[0002] 幼児を乗り物に安全に乗せるためのシートベルト補助具が知られている。

[0003] 従来の幼児用安全ベルトが特開平 9 277902号公報に開示されている。この幼 児用安全ベルトは、シートベルトを通す輪、又はシートベルトを通すことのできる器具 を幼児に固定するベルトに設けることを特徴として ヽる。

[0004] 従来の多機能チャイルドシートが特開 2003— 250670号公報に開示されている。

この多機能チャイルドシートは、チャイルドシートとしての高い安全性を備えている。ま た、この多機能チャイルドシートは、新生児期から幼児期間に渡る長期使用と、多目 的利用とにより、経済的、及び物質的節約を得ることを主眼としている。

[0005] 従来のシートベルト補助具が特開平 11— 147448号公報に開示されている。この シートベルト補助具は、中央片の上端及び下端に T字状の上部片及び逆 T字状の下 部片をそれぞれ備え、上部片の上部から下方に向かって折り返された折り返し片を 備えている。また、このシートベルト補助具は、カバーを備えている。

[0006] 従来の乳幼児用シートベルトが実開平 7— 44711号公報に開示されている。この 乳幼児用シートベルトは、ベビーシートを嫌がる乳幼児を抱いて車に乗る場合に乳 幼児の安全を確保するためのものである。この乳幼児用シートベルトは、乳幼児を保 持する部分と、この部分をシートベルトに連結する帯とを備えている。

[0007] 従来の子供用安全保護服が特開 2002— 363807号公報に開示されている。この 子供用安全保護服は、後身ごろにシートベルトを通す切れ目が設けられた胴衣と、 胴衣に取り付けられた股ベルトと、抱っこ又はおんぶのためのベルトを取り付けるた めの留め具とを備えている。

発明の開示 [0008] 本発明の目的は、既存のシートベルトに改変をカ卩えることなく使用でき、シートベル トへの着脱が容易なシートベルト補助具を提供することである。

[0009] 以下に、(発明を実施するための最良の形態)で使用される番号を用いて、課題を 解決するための手段を説明する。これらの番号は、(請求の範囲)の記載と (発明を実 施するための最良の形態)との対応関係を明らかにするために付加されたものである 。ただし、それらの番号を、(請求の範囲)に記載されている発明の技術的範囲の解 釈に用いてはならない。

[0010] 本発明によるシートベルト補助具は、ノ ックル(3、 19)と、前記バックルに指し込ま れるタンダ(2、 17)とが結合することで装着されるシートベルト用のシートベルト補助 具である。

[0011] 本発明によるシートベルト補助具は、第 1ベルト(11)と、前記第 1ベルトの一端に取 り付けられ、第 1貫通穴(8a、 18a)を有する第 1固定具 (8、 18)と、前記第 1ベルトの 他端に取り付けれられた第 1留め具(l id)とを具備する。ここで、前記タンダは、前記 ノ ックルに指し込まれて前記バックルと結合されるタンダ指込片(2b、 17b)を備えて V、る。前記第 1貫通穴を通過した前記タンダ指込片が前記バックルに指し込まれた状 態において、前記第 1固定具と、前記タンダと、前記バックルとが結合される。本発明 によるシートベルト補助具は、既存のシートベルトに改変を加えることなく使用でき、 シートベルトへの着脱が容易である。

[0012] また、本発明によるシートベルト補助具は、幼児に装着される身体固定具 (4)を具 備しても良い。ここで、前記第 1留め具は前記身体固定具に取り付け可能である。前 記身体固定具は、外装体底面部 (4f)と、前記外装体底面部の両側にそれぞれ取り 付けられ、幼児の腕を出すための穴 (4d)が設けられた外装体側面部 (4g)とを備て いる。前記外揷体底面部は、硬質の板(5)と、装着感を良くするための部材であるク ッシヨン (6)とを備えている。本発明によるシートベルト補助具を用いると、幼児は適 切な姿勢に保持される。

[0013] さらに、本発明によるシートベルト補助具においては、前記身体固定具は、自由端 に肩部固定ベルト差込片(7d)を有する 2本の肩部固定ベルト(7a)と、前記肩部固 定ベルト差込片と着脱可能に結合するロック機構 (7c)を自由端に有する腰部固定 ベルト(7b)とを備えても良い。本発明によるシートベルト補助具を用いると、幼児が 確実に固定される。

[0014] さらに、本発明によるシートベルト補助具は、第 2ベルト(11)と、前記第 2ベルトの一 端に取り付けられた第 2固定具 (9)と、前記第 2ベルトの他端に取り付けられた第 2留 め具(l id)とを具備しても良い。ここで、前記第 2固定具は、スリット状の第 2貫通穴( 9d)が設けられた平板体 (9a)と、前記平板体に連結され、前記第 2貫通穴の開口部 が開口している長さより長い固定片(10)とを備えている。前記第 2留め具は、前記身 体固定具に取り付け可能である。本発明によるシートベルト補助具は、幼児をシート ベルトの異なる 2箇所に固定することが可能である。

[0015] 本発明によれば、既存のシートベルトに改変をカ卩えることなく使用でき、シートベル トへの着脱が容易なシートベルト補助具が提供される。

図面の簡単な説明

[0016] [図 1]図 1は、本発明の第一実施例に係るシートベルト補助具を示す斜視図である。

[図 2]図 2は、本発明の第一実施例に係るシートベルト補助具を使用した状態を正面 からの視点で示す。

[図 3]図 3は、本発明の第一実施例に係るシートベルト補助具を使用した状態を上か らの視点で示す。

[図 4]図 4は、身体固定具を示す。図 4 (a)は、身体固定具の上面図である。図 4 (b) は、身体固定具の側面図である。

[図 5]図 5は、身体固定具の使用方法を説明するための図である。図 5 (a)は、身体固 定具を展開した状態を示す。図 5 (b)は、身体固定具に幼児を載せた状態を示す。 図 5 (c)は、肩部固定ベルトと腰部固定ベルトとを結合した状態を示す。図 5 (d)は、 身体固定具を閉じた状態を示す。

[図 6]図 6は、身体固定具の外装体について説明するための図である。図 6 (a)は、外 装体の表側にっ 、て示す。図 6 (b)は外装体の裏側につ!、て示す。

[図 7]図 7は、身体固定具の背面板について説明するための図である。図 7 (a)は、背 面板の表面について示す。図 7 (b)は、背面板の裏面について示す。

[図 8]図 8は、身体固定具のクッションについて説明するための図である。図 8 (a)は、 クッションの表面について示す。図 8 (b)は、クッションの裏面について示す。

[図 9]図 9は、身体固定具の身体固定ベルトについて説明するための図である。

[図 10]図 10は、固定用ベルトの斜視図である。

[図 11]図 11は、図 10に示す固定用ベルトの固定具を a— a'切断線で切断した断面 を示す。

[図 12]図 12は、固定用ベルトの使用方法を説明するための図である。図 12 (a)は、 タンダ差込片を固定具に通す前の状態を示す。図 12 (b)は、タンダ差込片を固定具 に通した状態を示す。図 12 (c)は、タンダ差込片をバックルに指し込んだ状態を示す

[図 13]図 13は、固定用補助ベルトの斜視図である。

[図 14]図 14は、固定用補助ベルトの使用方法を説明するための図である。図 14 (a) は、シートベルトを折り曲げた状態を示す。図 14 (b)は、シートベルトの折り曲げた部 分を平板体に通した状態を示す。図 14 (c)は、シートベルトの輪の中に固定具を指し 込んだ状態を示す。図 14 (d)は、シートベルトを引っ張り、平板体をシートベルトに固 定した状態を示す。

[図 15]図 15は、本発明の第二実施例に係るシートベルト補助具を示す斜視図である

[図 16]図 16は、本発明の第二実施例に係るシートベルト補助具の使用方法を説明 するための図である。図 16 (a)は、タンダ差込片を固定具に通す前の状態を示す。 図 16 (b)は、タンダ差込片を固定具に通した状態を示す。図 16 (c)は、タンダ差込片 をバックルに指し込んだ状態を示す。

[図 17]図 17は、固定用第 2補助ベルトの斜視図である。

[図 18]図 18は、図 2に示すシートベルト補助具に固定用第 2補助ベルトを装着した状 態を示す。

[図 19]図 19は、固定具の外部材受け部に設けられたサイズ調整のための内部材を 示す。図 19 (a)は、内部材を外部材受け部に取り付けた状態を示す。図 19 (b)は、 内部材を外部材受け部力 取り外した状態を示す。

[図 20]図 20は、通常の 2点式シートベルトとともに本発明に係る固定用ベルトを装着 した状態を示す。

[図 21]図 21は、本発明の第一実施例に係るシートベルト補助具を幼児単独で使用し た状態を示す。

発明を実施するための最良の形態

[0017] 以下、添付図面を参照して本発明のシートベルト補助具を説明する。

[0018] [第 1実施例]

本発明の第一実施例について図 1から図 14を利用して説明する。本発明の第一実 施例に係るシートベルト補助具は、通常の 2点式シートベルト、又は 3点式シートベル トと共に使用される。

[0019] シートベルト補助具は、図 1から図 3に示すように、身体固定具 4と、固定用ベルト 1 laと、固定用補助ベルト l ibとを備えている。身体固定具 4は、幼児 15の身体の少 なくとも頭部力 腰部までを固定することが可能である。固定用ベルト 11aは、一端が 身体固定具 4に着脱可能であり、他端には固定具 8が設けられている。シートベルト 1 の着脱機構を構成して 、る差し手のタンダ 2及び受け手のバックル 3は、固定具 8が 間に介在した状態で互いに嵌合する。固定具 8は、シートベルト 1の着脱機構の操作 及び機能を阻害しないから、タンダ 2とバックル 3とは、着脱可能、且つ、堅牢に嵌合 する。固定用補助ベルト l ibは、一端が身体固定具 4に着脱可能であり、他端には 固定用補助ベルト 1 lbをシートベルト 1に接続する固定具 9が設けられて 、る。

[0020] 図 1に示すように、シートベルト 1には、タンダ 2が取り付けられている。シートベルト 1 は、タンダ 2よりも下側のシートベルト胴あて部 laとタンダ 2よりも上側のシートベルト胸 あて部 lbとを有している。

[0021] 図 2に示すように、シートベルト胴あて部 laは、シートベルト 1の乗員又は乗客 14の 腹に当たる部分である。シートベルト胸あて部 lbは、シートベルト 1の乗員又は乗客 1 4の胸に当たる部分である。乗員又は乗客 14は、幼児 15の同乗者である。

[0022] (A)身体固定具 4は、図 4及び図 5に示すように、幼児 15の身体を包み込み保持 するための外装体 4aと、外装体 4aに固定用ベルト 11a及び固定用補助ベルト l ibを 接続するための複数の取り付け具 4eと、幼児の背中側に配置され、幼児の身体の少 なくとも頭部力 腰部を固定するための背面板 5と、クッション 6と、幼児の身体を固定 するための身体固定ベルト 7とを備えている。

[0023] (B)外装体 4aは、図 5及び図 6に示すように、外装体底面部 4fと、外装体底面部 4f の両側に設けられた外装体側面部 4gと、複数の取り付け具 4eとを備えている。外装 体底面部 4fの長さは、外装体底面部 4fの上に幼児 15を寝力せた状態で、少なくとも 幼児 15の頭部から腰部までの長さより長 ヽ。外装体底面部 4fと外装体側面部 4gと は、折り部 4hにおいて折り曲げ自在である。外装体底面部 4gは、スライドファスナ 4j が設けられた袋体である。スライドファスナ 4jを開けることにより出来る開口部 5fから 背面板 5を袋体に挿入し、スライドファスナ 4jを閉めると、背面板 5が外装体底面部 4f に固定される。袋体をなしている外装体底面部 4fの表面の四隅には、背面板 5に設 けられた留め具メス 5aを露出させるための留め穴 4iが設けられている。外装体底面 部 4fの表面には、中央やや上に肩部固定ベルト通し穴 4bを横に 2つ並べたものが 複数段設けられ、中央下に腰部固定ベルト通し穴 4cを 1つ開けたものが複数段設け られている。外装体底面部 4fの裏面にも、表面と同様に肩部固定ベルト通し穴 4b、 及び腰部固定ベルト通し穴 4cが設けられ、これらは、表面に設けられた肩部固定べ ルト通し穴 4b、及び腰部固定ベルト通し穴 4cとそれぞれ連通している。

[0024] 外装体 4aの両側の外装体側面部 4gには、幼児の腕を出すための穴 4dが左右対 称に設けられている。外装体側面部 4gは、外装体底面部 4fの両側に設けられた折り 部 4hにお ヽて幼児を包むように折り畳まれる。外装体側面部 4gのふち部及び側面 には、固定用ベルト 11aや固定用補助ベルト l ibなどを接続するための取り付け具 4 eが複数設けられている。外装体側面部 4gのふち部にファスナなどの開閉具を追カロ して設け、ふち部を開閉自在にしても良い。外装体 4aの材料には、軽量でシートべ ルトと同程度の強度を持ち、通気性のある布が望ましい。

[0025] 外装体底面部 4fの両側に設けられた外装体側面部 4gは、取り付け具 4eが設けら れている外装体側面部 4gのふち部において閉じられる。また、外装体側面部 4gの 外側面の折り部 4h近傍には、取り付け具 4eが設けられて 、る。

[0026] (C)背面板 5は、図 7に示すように、軽量で優れた強度をもつ硬質の材料よりなり、 背面板表面 5dの四隅にはクッションを固定するための留め具メス 5aが設けられてい る。背面板 5には、外装体底面部 4fに設けられた肩部固定ベルト通し穴 4b及び腰部 固定ベルト通し穴 4cに対応するように、中央やや上に背面板肩部固定ベルト通し穴 5bを横に 2つ並べたものが複数段設けられ、中央下に背面板腰部固定ベルト通し穴 5cを 1つ開けたものが複数段設けられている。

[0027] 身体保持具 4が硬質の材料力 なる背面板 5を備えているため、幼児は適切な姿 勢に保持される。

[0028] 背面板肩部固定ベルト通し穴 5b及び背面板腰部固定ベルト通し穴 5cは、背面板 表面 5dから背面板裏面 5eまで背面板 5を貫通している。

[0029] (D)クッション 6は、図 8に示すように、クッション表面 6eの頭部にあたる部分に頭部 保護部 6dを備えている。クッション 6は、衝突事故の際に幼児の身体に力かる衝撃を 和らげる機能と幼児の乗り心地を高める機能を持つ。クッション 6は身体固定具 4の背 面部を覆う形状をしている。外装体 4aと背面板 5とクッション 6を着脱可能に固定する ときは、外装体底面部 4fに背面板 5を挿入し、外装体底面部 4fの上にクッション 6を 重ね合わせ、クッション裏面 6fに設けられた留め具ォス 6aを背面板 5に設けられた留 め具メス 5aと結合させる。

[0030] クッション 6には、外装体底面部 4fに設けられた肩部固定ベルト通し穴 4b及び腰部 固定ベルト通し穴 4cに対応するように、中央やや上にクッション肩部固定ベルト通し 穴 6bを横に 2つ並べたものが複数段設けられ、中央下にクッション腰部固定ベルト通 し穴 6cを 1つ開けたものが複数段設けられている。

[0031] (E)身体固定ベルト 7は、図 9に示すように、幼児を身体固定具 4に固定するための Y字状のベルトであって、 2本の肩部固定ベルト 7aと腰部固定ベルト 7bとを備えてい る。 2本の肩部固定ベルト 7aは、外装体裏面 4kに設けられた肩部固定ベルト通し穴 4bから幼児の体格に適するように選択された 2つの穴に各々挿入し、外装体底面部 4fに装着された背面板 5の背面板肩部固定ベルト通し穴 5bと、クッション肩部固定べ ルト通し穴 6bとを貫通させる。同様に、腰部固定ベルト 7bも、外装体裏面 4kに設けら れた腰部固定ベルト通し穴 4cから幼児に適するように選択された 1つの穴に挿入し、 この穴と重ねられた背面板腰部固定ベルト通し穴 5cと、クッション腰部固定ベルト通 し穴 6cとを貫通させる。 2本の肩部固定ベルト 7aの先端には差込片 7dがそれぞれ設 けられている。腰部固定ベルト 7bの先端には、指込片 7dを受ける受け具であるロック 機構 7cが設けられている。ロック機構 7cは、ロック機構 7cに挿入された 2つの差込片 7dを固定し、「Push」と書かれた部分が押されると差込片 7dを解放する。身体固定 ベルト 7には長さの調節のための調節具 7eが設けられている。

[0032] 図 5に示すように、身体固定ベルト 7においては、肩部固定ベルト 7aの幼児 15の肩 に当たる部分に肩部クッション 7fが取り付けられ、腰部固定ベルト 7bの幼児 15の股 間に当たる部分に腰部クッション 7gが取り付けられている。図 9に示すように、肩部ク ッシヨン 7f及び腰部クッション 7gには、互いに係合可能な面ファスナ 7h及び面ファス ナ 7iが結合されている。肩部クッション 7f及び腰部クッション 7gは、着脱と位置の調 整が可能である。

[0033] (F)固定具 8は、図 1及び図 10から図 12に示すように、乗り物に備え付けられたシ ートベルト 1の着脱機構に着脱可能に取り付けられ、固定用ベルト 11aをシートベルト 1に固定する部品である。固定具 8は、シートベルト 1の着脱機構を構成するタンダ 2 及びバックル 3に挟まれる形で取り付けられる。固定具 8は、着脱機構の機能を阻害 しない。固定具 8は、上面が開放された箱形をしており、その底面にはスリット状の貫 通穴 8aが設けられている。

[0034] 固定具 8には、タンダ差込片 2bが、固定具 8の上面力も差し込まれる。このとき、タ ングつまみ部 2aはタンダ受け部 8bで止められ、タンダ差込片 2bのみが固定具 8の底 面に設けられた貫通穴 8aを貫通する。そして、タンダ差込片 2bは、シートベルト 1の ノ ックル 3に設けられた受け穴 3bに挿入され、ノ ックル 3と結合される。

[0035] 固定具 8の他の実施例を図 19に示す。固定具 8は、外部材 21と内部材 22とを備え ている。外部材 21には、外部材受け部 21bが形成され、外部材受け部 21bの底面に は外部材貫通穴 21aが設けられている。外部材受け部 21bに嵌合可能な内部材 22 には、内部材受け部 22bが形成され、内部材受け部 22bの底面には内部材貫通穴 2 2aが設けられている。内部材受け部 22bは、タンダ受け部 8bに対応している。内部 材貫通穴 22a及び外部材貫通穴 21aは貫通穴 8aに対応している。

[0036] 固定具 8は、図 19に示すように、様々な仕様のシートベルトにも使用可能とするた め、外部材受け部 21bに嵌合し、取替え可能な内部材 22を備えても良い。固定具 8 は、この内部材 22を取り替えることにより、自動車、航空機、船舶などの様々な大きさ のタンダ 2に使用可能である。

[0037] (G)固定用ベルト 11aは、図 10に示すように、ベルト 11の先端に固定具 8を備え、 他端にフックのような留め具 l idを備えている。固定用ベルト 11aにおいては、ベルト 11が固定具 8に設けられたベルト取り付け部 8cに差し込まれて折り返され、ベルト 11 の折り返された先端が長さ調節具 1 leにより固定されて 、る。固定用ベルト 1 laの長 さは調節可能である。

[0038] 固定用ベルト 11aのベルト 11は、留め具 l idに設けられたベルト通し穴に指し込ま れて折り返され、縫目 l lfにおいて縫合されている。

[0039] (H)固定具 9は、図 13及び図 14に示すように、固定用補助ベルト l ibとシートベル ト 1を接続し、固定用補助ベルト l ibをシートベルト 1に固定する部品である。固定具 9は、中央にシートベルト 1を通す穴 9dが設けられ、ベルト取り付け穴 9fが設けられた 平板体 9aと、紐 9bによって平板体 9aと連結された棒状の固定片 10とを備えている。 固定片 10は、つまみ部 10aと、シートベルトを通す穴 9dの開口長さよりも長い差込棒 10bを持つ。固定具 9を用いて固定用補助ベルト 1 lbをシートベルト 1に固定するに は、シートベルト 1を折り曲げて輪を作り、この輪を平板体 9aのシートベルトを通す穴 9dに通し、通された輪の中 9eに固定片 10を挿入し、この輪をなくすようにシートベル ト 1を引っ張る。平板体 9aのシートベルトを通す穴 9dに凹凸部 9cを設け、固定片 10 の差込棒 10bに凹凸面 10cを設ければ、固定用補助ベルト l ibがシートベルト 1に確 実に固定される。

[0040] (I)固定用補助ベルト l ibは、図 13に示すように、ベルト 11の先端に固定具 9が設 けられ、他端には留め具 l idが設けられたものである。

[0041] 固定用補助ベルト l ibの長さは、長さ調節具 l ieにより調節可能である。

[0042] (J)固定用第 2補助ベルト 11cは、図 17に示すように、ベルト 11と、ベルト 11の両端 に設けられた留め具 l idとを備えている。固定用第 2補助ベルト 11cは、一端が身体 固定具 4と接続可能であり、他端が乗り物内の構造物と接続可能である。幼児保持 具 4の効果を高めるために、固定用第 2補助ベルト 1 lcを複数併用しても良 、。

[0043] 固定用第 2補助ベルト 11cの長さは、長さ調節具 l ieにより調節可能である。ベルト 11は、留め具 l idに設けられたベルト通し穴に指し込まれて折り返され、縫目 l lfに おいて縫合されている。

[0044] (K)固定具 8及び固定具 9は、幼児保持具 4と共に使用するだけでなぐ図 20に示 すように、大人の乗員又は乗客のためのシートベルト補助具として使用しても良い。

[0045] 本発明の第一実施例に係るシートベルト補助具を使用するときは、身体固定具 4の 取り付け具 4eに固定用ベルト 1 laと固定用補助ベルト 1 lbを留め具 1 Idにより着脱 可能に取り付ける。

[0046] 固定用ベルト 11aの他端に設けられた固定具 8は、図 12に示すように、シートベル ト 1の着脱機構の差し手であるタンダ 2と受け手であるバックル 3の間に挟みこむ形で 使用する。上記 (F)に示すとおり、固定具 8には、タンダ差込片 2bが、固定具 8の開 口面から差し込まれる。このとき、タンダつまみ部 2aはタンダ受け部 8bで止められ、 固定具 8の底面に設けられた貫通穴 8aをタンダ差込片 2bのみが貫通する。そして、 タンダ差込片 2bは、シートベルトのバックル 3に設けられたタンダ差込片受け穴 3bに 挿入され、ノ ックル 3と結合される。

[0047] 固定用補助ベルト l ibの他端に設けられた固定具 9は、上記 (H)に示すように、穴 9dを備えている。この穴 9dにシートベルト 1を折り曲げて作った輪を通し、通された輪 の中 9eに固定片 10を差し込む。このとき、差込棒 10bの部分のみが輪の中に入る。 ここで、差込棒 10bを平板体 9aのスリット状の穴 9dの開口部の長手方向に平行とな るように保持しながら、シートベルト 1を引っ張って輪をなくすことにより、固定用補助 ベルト l ibとシートベルトが固定される。

[0048] 固定具 9を取り付ける場所は、シートベルト 1の任意の部位でも良いが、より好ましく は図 3に示す如く、大人 14の胴部に対して固定具 8の反対側となる胴あてベルト 1 a 上の部位であれば、バランスが取れて幼児を抱えやす!/、。

[0049] 身体固定具 4は、図 2及び図 3に示すように、幼児 15を抱える乗員又は乗客 14の 腹部にできるだけ密着させる。固定用ベルト 11a及び固定用補助ベルト l ibは、長さ をそろえた上で、ノランスが一番取れるように配慮してシートベルトに取り付ける。さら に両腕で幼児を抱えて身体固定具 4を利用する。ベルトの長さは、幼児 15の大きさ や幼児 15を抱える乗員又は乗客 14の体格に応じて長さ調節具 l ieにより調節する。

[0050] 身体固定具 4の使用方法には、幼児を横向きに寝かせて使用する方法、幼児を起 こした状態で対面して抱える方法、幼児が幼児を抱える乗員又は乗客と同じ方向を 向くように幼児を起こした状態で抱える方法があるが、幼児を横向きに寝かせて使用 する方法が推奨される。

[0051] 複数の幼児を乗り物に乗せる時のように、幼児を 1人でシートベルト 1に固定する場 合は、図 21に示すように、固定用ベルト 11aと固定用補助ベルト l ibを用いて身体 固定具 4をシート 12に固定し、さらに、固定用第 2補助ベルト 11cを併用して前のシ ートのヘッドレスト 12aを支持するヘッドレスト指示棒 12bや図 3に示す取っ手 13等に 固定することが推奨される。ここで、固定用第 2補助ベルト 11cは、ベルト 11と、ベルト 11の両端に取り付けられた留め具 1 Idとを備えて 、る。

[0052] 図 21において固定用第 2補助ベルト 11cは、外装体側面部 4gの外側面の折り部 4 h近傍に設けられた取り付け具 4eに取り付けられている。ここで、固定用第 2補助べ ルト 11cを外装体側面部 4gのふち部に設けられた取り付け具 4eに取り付けることとし ても良い。

[0053] [第二実施例]

本発明の第二実施例について図 4から図 12、図 15、図 16を利用して説明する。本 発明の第二実施例に係るシートベルト補助具は、航空機のシートベルトのような 2点 式シートベルトであって、乗員又は乗客の腹部中央位置で着脱操作を行うシートべ ルトと共に使用される。

[0054] 航空機のシートベルトの場合には、図 15に示すように、 2本のシートベルト胴あて部 laの自由端にそれぞれ取り付けられたタンダ 17及びバックル 19を乗員又は乗客の 腹部中央位置で着脱する。図 15に示す座席は肘掛け 20を備えている。

[0055] シートベルト補助具は、図 15に示すように、身体固定具 4と、固定用ベルト 11aとを 備えている。身体固定具 4は、幼児の身体の少なくとも頭部力も腰部までを固定する ことが可能である。固定用ベルト 11aは、一端が身体固定具 4に着脱可能であり、他 端には航空機のシートベルト用の固定具 18が設けられている。シートベルトの着脱 機構を構成している差し手のタンダ 17及び受け手のバックル 19は、固定具 18が間 に介在した状態で互いに嵌合する。固定具 18は、シートベルトの着脱機構の操作及 び機能を阻害しないから、タンダ 17とバックル 19は、着脱可能、且つ、堅牢に嵌合す る。第二実施例におけるシートベルトは、着脱機構の大きさが第一実施例におけるも のよりも若干大きいが、着脱機構の操作方法及び機能は第一実施例におけるものと ほとんど同じである。第二実施例におけるシートベルト補助具の構造は、第一実施例 につ 、て説明した上記 (A)から(G)、及び (I)から (K)に記載されて 、るものと同一 である。第二実施例に係るシートベルト補助具の構造を要約すると、乗員又は乗客の 腹部中央位置で着脱するように設けられたシートベルトの着脱機構に一端が接続さ れる 1本の固定用ベルト 11aと、固定用ベルト 11aの他端に設けられた身体固定具 4 とを備えることを基本構造とし、必要に応じて固定用第 2補助ベルト 11cを備える。

[0056] 第二実施例に係るシートベルト補助具を使用するときは、図 15に示すように、身体 固定具の取り付け具 4eに固定用ベルト 11aを留め具 l idにより取り付ける。

[0057] 固定用ベルト 11aの一端に設けられた固定具 18は、図 16に示すように、シートべ ルトの着脱機構の差し手であるタンダ 17と受け手であるバックル 19の間に挟みこむ 形で使用する。第一実施例についての上記 (F)に示すものと同様に、固定具 18に は、タンダ差込片 17bが、固定具 18の開口面力も差し込まれる。このとき、タンダつま み部 17aはタンダ受け部 18bで止められ、タンダ差込片 17bのみが開口面の反対側 の面に設けられた貫通穴 18aを貫通する。そして、タンダ差込片 17bは、シートベルト のバックル 19に設けられた受け穴 19aに挿入され、バックル 19と結合される。

[0058] 身体固定具 4は、図 15に示すように、幼児を抱える乗員又は乗客の腹部にできる だけ密着させるようにし、ノランスが一番取れるように配慮した上でシートベルトに取 り付ける。さらに両腕で幼児を抱えて身体固定具 4を利用する。固定用ベルト 11aの 長さは、幼児の大きさや幼児を抱える乗員又は乗客の体格に応じて長さ調節具 l ie により調節する。

[0059] 身体固定具の使用方法には、幼児を横向きに寝かせて使用する方法、幼児を起こ した状態で対面して抱える方法、幼児が幼児を抱える乗員又は乗客と同じ方向を向 くように幼児を起こした状態で抱える方法があるが、幼児を横向きに寝かせて使用す る方法が推奨される。

[0060] 幼児を 1人でシートベルト 1に固定する場合は、第一実施例と同様に、固定用ベルト 11aを用いて身体固定具 4を座席に固定し、さらに、固定用第 2補助ベルト 11cを併 用して乗り物内の適当な部位に固定することが推奨される。ここで、固定用第 2補助 ベルト 11cは、ベルト 11と、ベルト 11の両端に取り付けられた留め具 l idとを備えて いる。

[0061] [第三実施例]

本発明の第三実施例について図 20を利用して説明する。本発明の第三実施例に 係るシートベルト補助具は、通常の 2点式シートベルトと共に使用される。

[0062] シートベルト補助具は、一般的な乗用車の後部中央座席や航空機のシートベルト のような 2点式のシートベルトと共に使用される。シートベルト補助具は、一端にフック のような留め具 l idが設けられ、他端に固定具 8が設けられた固定用ベルト 11aを備 えている。ここで、留め具 l idは、つり革やヘッドレスト 12aを支持するヘッドレスト支 持棒 12bのような乗り物内の所定の部位に着脱可能である。シートベルトの着脱機構 を構成している差し手のタンダ 2及び受け手のノ ックル 3は、固定具 8が間に介在した 状態で互いに嵌合する。固定具 8は、シートベルト 1の着脱機構の操作及び機能を 阻害しないから、タンダ 2とバックル 3は、着脱可能、且つ、堅牢に勘合する。

[0063] シートベルト補助具を使用するときは、図 20に示すように、固定用ベルト 11aの一 端に設けられた留め具 l idをヘッドレスト支持棒 12bに取付け、他端に設けられた固 定具 8を第一及び第二実施例において説明したように乗り物に設けられた着脱機構 に挟み込む形で固定する。固定具 8の詳細な使用方法の説明は前述と同一のため 割愛する。これにより、固定用ベルト 11aは、幼児を固定する用途のためだけではな ぐ大人用のシートベルト補助具としても使用可能である。固定用ベルトを使用すれ ば、 2点式シートベルトを 3点式シートベルトのように利用することが可能になる。固定 用ベルト 11aは、長さ調節機能や伸縮機能を備えても良い。

[0064] 身体固定具 4は、衝突時に子供に力かる衝撃を、頭部及び背中を中心とした体の 裏面全体で受け止める構造をしている。身体を包み込む外装体 4aと、少なくとも頭部 力も腰部を固定する背面板 5と、クッション 6と、身体固定ベルト 7とを併用することによ り、少なくとも頭部力 腰部までが固定され、特に、頸部が安定する。

[0065] 本発明によるシートベルト補助具は、既存のシートベルトの構造に改変をカ卩えること なく使用可能である。このシートベルト補助具は、シートベルトの着脱機能を阻害する ことなく幼児と幼児を抱えている乗員又は乗客をシートに固定することができる。

[0066] 本発明によるシートベルト補助具は、通常の 2点式シートベルト、 3点式シートベルト だけでなぐ航空機で使用されるシートベルトのように乗員又は乗客の腹部中央位置 で着脱を行なう構造のシートベルトをはじめ、様々なシートベルトと共に使用すること が可能である。

[0067] 乗用車の 3点式シートベルトにおいては、衝突の際にベルトが巻き上げられる。本 発明による身体固定具を使用すれば、このベルトを巻き上げる力が幼児に直接作用 することが防がれる。

[0068] シートベルトが巻き上げられる方向が図 3に示されている。シートベルト胴あて部 la 及びシートベルト胸あて部 lbは、それぞれ矢印 16が示す方向に巻き取られる。

[0069] 乗員又は乗客 14は、図 3に示すように、シート 12に座って幼児 15を膝の上に抱え ている。乗員又は乗客 14の後頭部はヘッドレスト 12aに接触している。幼児 15を包 んでいる身体固定具 4は、固定用ベルト 11aと、固定用補助ベルト l ibと、固定用第 2補助ベルト 11cとにより固定されている。固定用ベルト 11aの固定具 8は、ノ ックル 3 に固定されており、固定用ベルト 11aの留め具 l idは、身体固定具側面部 4gのふち 部に設けられて 、る取り付け具 4eに取り付けられて 、る。固定用補助ベルト 1 lbの固 定具 9は、乗員又は乗客 14の胴部に対して固定具 8の反対側となる胴あてベルト la 上の部位に固定されており、固定用補助ベルト l ibの留め具 l idは、身体固定具側 面部 4gのふち部に設けられている取り付け具 4eに取り付けられている。固定用第 2 補助ベルト 11cの一の留め具 l idは、前のシートに取り付けられている取っ手 13に 固定されており、固定用第 2補助ベルト 11cの他の留め具 l idは、身体固定具側面 部 4gの折り部 4h近傍の位置に設けられた取り付け具 4eに取り付けられている。

[0070] ここで、固定用第 2補助ベルト 11cの他の留め具 l idを身体固定具側面部 4gのふ ち部に設けられている取り付け具 4eに取り付ければ、身体固定具 4が幼児 15の正面 に位置するふち部において吊り下げられる。このため、幼児 15に強い慣性力が働い た場合には、幼児 15は身体固定具 4によって背中側力も支持される。

[0071] 図 3に示すように固定用第 2補助ベルト 11cの身体固定具 4に取り付けられていな V、方の留め具 1 Idを取っ手 13に固定するかわりに、図 18に示すように前のシートの ヘッドレスト 12aを支持するヘッドレスト指示棒 12bに固定しても良い。この場合も、固 定用第 2補助ベルト 1 lcのヘッドレスト支持棒 12bに固定されて 、な 、方の留め具 11 dを身体固定具側面部 4gのふち部に設けられている取り付け具 4eに取り付けること が可能である。

[0072] 本発明によるシートベルト補助具の着脱はきわめて簡単に行なうことができる。固定 具 8は、図 1に示すロック解除ボタン 3aを押せば、タンダ 2とともにバックル 3から外れ る。固定具 9は、固定片 10を引き抜けば、シートベルトから外れる。

[0073] 固定片 10の差込棒 10bを、つまみ部 10aに接合されている基部力も先端にかけて 細くなる形状とすることで、固定片 10を輪の中 9eから容易に引き抜くことができる。ま た、つまみ部 10aを持って固定片 10を輪の中 9eで回転させれば、差込棒 10bを締め つけているシートベルト 1が緩み、固定片 10を輪の中 9eから引き抜くことが容易にな る。つまみ部 10aの幅を差込棒 10bの幅よりも大きくしておけば、小さな力で固定片 1 0を回転させることができる。

[0074] 図 1に示すように、身体固定具 4を固定用ベルト 11a及び固定用補助ベルト l ibに より 2点で固定した場合は、車両のシートベルトと同等の座席に固定する効果が期待 される。図 3に示すように、さらに固定用第 2補助ベルト 11cにより身体固定具 4を車 両の適当な部位に接続し、身体固定具 4を 3点以上で固定すると、身体固定具 4はよ り確実に固定される。固定用第 2補助ベルト 11cを使用すると、子供を抱えている乗 員又は乗客に力かる子供の体重が軽減され、子供はリクライニングシートの背もたれ を倒したときのように楽な姿勢をとることができるので、長時間の使用も快適である。

[0075] 固定用ベルト 11aや固定用補助ベルト l ibは、図 20に示すように、乗員又は乗客 を座席に固定するために使用可能である。

Claims

請求の範囲
[1] ノ ックルと、前記バックルに指し込まれるタンダとが結合することで装着されるシート ベルト用のシートベルト補助具であって、
第 1ベルトと、
前記第 1ベルトの一端に取り付けられ、第 1貫通穴を有する第 1固定具と、 前記第 1ベルトの他端に取り付けれられた第 1留め具と
を具備し、
前記タンダは、前記バックルに指し込まれて前記バックルと結合されるタンダ指込片 を備え、
前記第 1貫通穴を通過した前記タンダ指込片が前記バックルに指し込まれた状態 において、前記第 1固定具と、前記タンダと、前記バックルとが結合される
シートベルト補助具。
[2] 幼児に装着される身体固定具を具備し、
前記第 1留め具は前記身体固定具に取り付け可能であり、
前記身体固定具は、外装体底面部と、前記外装体底面部の両側にそれぞれ取り 付けられ、幼児の腕を出すための穴が設けられた外装体側面部とを備え、
前記外揷体底面部は、硬質の板と、クッションとを備える
請求項 1のシートベルト補助具。
[3] 前記身体固定具は、自由端に肩部固定ベルト差込片を有する 2本の肩部固定べ ルトと、前記肩部固定ベルト差込片と着脱可能に結合するロック機構を自由端に有 する腰部固定ベルトとを備える
請求項 2のシートベルト補助具。
[4] 第 2ベルトと、
前記第 2ベルトの一端に取り付けられた第 2固定具と、
前記第 2ベルトの他端に取り付けられた第 2留め具とを具備し、
前記第 2固定具は、スリット状の第 2貫通穴が設けられた平板体と、前記平板体に 連結され、前記第 2貫通穴の開口部が開口している長さより長い固定片とを備え、 前記第 2留め具は、前記身体固定具に取り付け可能である 請求項 2又は 3のシートベルト補助具。
PCT/JP2005/021448 2004-11-24 2005-11-22 シートベルト補助具 WO2006057244A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004339177 2004-11-24
JP2004-339177 2004-11-24

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006547789A JP3988085B2 (ja) 2004-11-24 2005-11-22 シートベルト補助具
DE112005002894T DE112005002894B4 (de) 2004-11-24 2005-11-22 Sitzgurt-Hilfsvorrichtung
US11/719,990 US7784873B2 (en) 2004-11-24 2005-11-24 Auxiliary seat belt device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006057244A1 true WO2006057244A1 (ja) 2006-06-01

Family

ID=36497981

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/021448 WO2006057244A1 (ja) 2004-11-24 2005-11-22 シートベルト補助具

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7784873B2 (ja)
JP (1) JP3988085B2 (ja)
DE (1) DE112005002894B4 (ja)
WO (1) WO2006057244A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008032047A1 (en) * 2006-09-12 2008-03-20 Stuart Dark Safety device

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60115761U (ja) * 1984-01-17 1985-08-05
JPS6185550U (ja) * 1984-11-12 1986-06-05
JPH0347824U (ja) * 1989-09-20 1991-05-07
JPH03126736U (ja) * 1990-02-14 1991-12-20
JP2000238563A (ja) * 1998-12-22 2000-09-05 Mitsunori Masuda シートベルト装着可能なチャイルドシートとチャイルド用保護服

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4234229A (en) * 1979-04-06 1980-11-18 Arnold Jonathan H Safety harness for infants
US4302049A (en) * 1979-04-27 1981-11-24 Simpson Elwood J B Harness release assembly
JPS60115761A (en) 1983-11-25 1985-06-22 Nat House Ind Roofing method of roof panel
JPH0544985B2 (ja) 1984-10-02 1993-07-07 Nippon Denso Co
US4758048A (en) * 1985-11-08 1988-07-19 Shuman Raymond L Attachment clip for web-type belts
DE8620861U1 (ja) * 1986-08-02 1987-01-15 Van Riesen & Co, 2080 Pinneberg, De
FR2641786B1 (fr) 1989-01-19 1992-09-11 Sami Composition de polymere d'urethanne et preparation d'articles a partir de ces polymeres
JPH03126736A (en) 1989-10-12 1991-05-29 Tonen Chem Corp Production of polypropylene crosslinked form
US5074588A (en) * 1990-11-02 1991-12-24 Fred Huspen Child safety restraint
JPH0744711U (ja) * 1992-11-18 1995-11-28 陽介 木村 乳幼児用シートベルト
JPH0744711A (ja) 1993-07-29 1995-02-14 Toshiba Corp 移動体認識装置
US5540403A (en) * 1994-11-28 1996-07-30 Standley; Jeff W. Airplane seat child safety harness
JPH09277902A (ja) * 1996-04-16 1997-10-28 Masahiro Watanabe 幼児用安全ベルト
JPH11147448A (ja) * 1997-11-17 1999-06-02 Car Mate Mfg Co Ltd シートベルト補助具
US5909927A (en) * 1998-04-10 1999-06-08 Henshall; Charles A. Airplane passenger and lap child restraint system
US6033029A (en) * 1998-04-10 2000-03-07 Henshall; Charles A. Airplane passenger and lap child restraint system with floatation pad
JP2001294120A (ja) 2000-04-11 2001-10-23 Mitsunori Masuda 車両内乳幼児用プロテクタ
JP2002363807A (ja) * 2001-06-01 2002-12-18 Emuzujinteikku Kk 子供用安全保護服
JP2003250670A (ja) * 2002-02-28 2003-09-09 Yumiko Sasaki 多機能チャイルドシートの製造方法。
US6837547B2 (en) * 2003-04-21 2005-01-04 Trw Vehicle Safety Systems Inc. Vehicle occupant protection device including an end release buckle assembly

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60115761U (ja) * 1984-01-17 1985-08-05
JPS6185550U (ja) * 1984-11-12 1986-06-05
JPH0347824U (ja) * 1989-09-20 1991-05-07
JPH03126736U (ja) * 1990-02-14 1991-12-20
JP2000238563A (ja) * 1998-12-22 2000-09-05 Mitsunori Masuda シートベルト装着可能なチャイルドシートとチャイルド用保護服

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008032047A1 (en) * 2006-09-12 2008-03-20 Stuart Dark Safety device

Also Published As

Publication number Publication date
DE112005002894B4 (de) 2010-02-18
US20080001465A1 (en) 2008-01-03
DE112005002894T5 (de) 2007-10-11
JPWO2006057244A1 (ja) 2008-06-05
JP3988085B2 (ja) 2007-10-10
US7784873B2 (en) 2010-08-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2874941B1 (en) Preemie swaddling wrap
US8113584B2 (en) Vehicle safety restraint system
US8636181B2 (en) Child carrier
CA2633247C (en) Adjustable head rest for child car seat
US5292176A (en) Inflatable child vehicle seat
US5074588A (en) Child safety restraint
US6595396B2 (en) Apparatus for carrying an infant
US4099770A (en) Safety device for automobile occupants
US5325818A (en) Safety harness for infants and toddlers
US5950261A (en) Infant wrap
US5246152A (en) Baby carrier with head support
US5964502A (en) High-back child restraint system
EP1767124B1 (en) Sling type baby holding carrier
US4993090A (en) Baby blanket for use in car seat
US5352024A (en) Vehicle safety restraint
US5020709A (en) Convertible child carrier
US6902193B2 (en) Supplemental restraint system
US4050737A (en) Support harness
US6820902B2 (en) Supplemental restraint system
US5540403A (en) Airplane seat child safety harness
US6763983B2 (en) Infant carrier
US5937461A (en) Reconfigurable infant support
US6089659A (en) Headrest secured automobile seat cover
AU773305B2 (en) Child seat
US4186961A (en) Child car seating apparatus and method for assembling the same

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SM SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IS IT LT LU LV MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006547789

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11719990

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1120050028941

Country of ref document: DE

RET De translation (de og part 6b)

Ref document number: 112005002894

Country of ref document: DE

Date of ref document: 20071011

Kind code of ref document: P

REG Reference to national code

Ref country code: DE

Ref legal event code: 8607

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 11719990

Country of ref document: US

122 Ep: pct app. not ent. europ. phase

Ref document number: 05809390

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

REG Reference to national code

Ref country code: DE

Ref legal event code: 8607