WO2006051611A1 - 用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末 - Google Patents

用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末 Download PDF

Info

Publication number
WO2006051611A1
WO2006051611A1 PCT/JP2004/016931 JP2004016931W WO2006051611A1 WO 2006051611 A1 WO2006051611 A1 WO 2006051611A1 JP 2004016931 W JP2004016931 W JP 2004016931W WO 2006051611 A1 WO2006051611 A1 WO 2006051611A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
information
business information
message
business
terminal
Prior art date
Application number
PCT/JP2004/016931
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Masahiko Kagawa
Hitoshi Sujihara
Original Assignee
Fujitsu Limited
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Limited filed Critical Fujitsu Limited
Priority to PCT/JP2004/016931 priority Critical patent/WO2006051611A1/ja
Publication of WO2006051611A1 publication Critical patent/WO2006051611A1/ja

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • H04M3/42025Calling or Called party identification service
    • H04M3/42034Calling party identification service
    • H04M3/42042Notifying the called party of information on the calling party
    • H04M3/42051Notifying the called party of information on the calling party where the notification is included in the ringing tone
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/02Ringing or otherwise calling substations
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/57Arrangements for indicating or recording the number of the calling subscriber at the called subscriber's set
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M2203/00Aspects of automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M2203/65Aspects of automatic or semi-automatic exchanges related to applications where calls are combined with other types of communication
    • H04M2203/654Pre, in or post-call message

Abstract

  本発明は、発信時に発信端末から入力した用件情報をネットワークに接続された用件情報蓄積装置に登録し、着信端末の呼出し時に前記用件情報蓄積装置から読み出した前記用件情報を前記着信端末に通知し、前記着信端末の呼出し時に前記用件情報を前記着信端末に提示することにより、着信端末で応答前(呼び出し中において)に着信呼の用件等を知ることができる。

Description

明 細 書

用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末

技術分野

[0001] 本発明は、用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末に関し、用件を着信端 末に提示する用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び用件を登録または出力す る端末に関する。

背景技術

[0002] 従来は、発信者が着信者に電話をかけた場合、着信者は自分の持って!/、る端末に 設定された着信音で呼び出しを受ける。発、着信時の通常シーケンスを図 1に示す。

[0003] 図 1において、発信者の端末力 ネットワークに起呼信号 (例えば SETUP)が伝送 され、ネットワークはこの起呼信号 (例えば SETUP)を着信端末に通知する。これに 対して着信端末はネットワークに起呼信号受付け (例えば CALPROC)を通知し、ま た、ネットワークに呼出し中(例えば CC : ALERT)を通知する。これにより、ネットヮー クは発信者の端末に呼出し中(例えば CC : ALERT)を通知する。

[0004] この後、着信端末は着信音で呼出しを行い、オフフックがあると、着信端末はネット ワークに応答 (例えば CC: CONN)を通知し、ネットワークは発信者の端末に応答( 例えば CC: CONN)を通知する。

[0005] 従来は、着信者としてみると、着信呼の識別情報は発信者のみであり、発信者の識 別はできるものの、同じ発信者による発信は特段区別することができず、例えば発信 者が電話した意図等は応答するまで一切得ることができない。

[0006] ところで、特許文献 1には、特定の発信者からの着信に対して自動的に応答し、呼 出音の代わりに発信者の声で呼び出しを行うことが記載されている。このものは、第 1 のアドレスを割り当てられた発信電話装置力 発信された呼設定に対し、第 2のアド レスを割り当てられた着信電話装置が自動的に応答する。予め着信電話装置が備え る記録媒体にアドレスを登録しておく。発信電話装置が電話回線網に対して第 2のァ ドレスに対する呼設定を発信し、電話回線網から着信電話装置に第 2のアドレスに対 する呼設定が着信すると、着信電話装置が呼設定と共に通知されるアドレスを識別し て記録媒体に登録した電話番号と照合する。一致するアドレスが存在する場合、呼 設定に自動的に応答して受話のパスのみを繋ぎ、着信電話装置が呼出音に代わつ て発信電話装置から送信される音声を出力する。

[0007] (特許文献 1)特開 2001— 136238

発明の開示

発明が解決しょうとする課題

[0008] 特許文献 1に記載の技術は、着信側装置が自動で応答するため一度通話状態と なり双方向の通話状態となる。このため、応答して双方向の通話状態となる前に着信 呼の用件を知ることはできな ヽと 、う問題があった。

[0009] 本発明は、上記の点に鑑みなされたもので、着信端末で応答前(呼び出し中にお

V、て)に着信呼の用件等を知ることができる用件提示方法及び用件情報蓄積装置及 び端末を提供することを総括的な目的とする。

課題を解決するための手段

[0010] この目的を達成するため、本発明は、発信時に発信端末から入力した用件情報を ネットワークに接続された用件情報蓄積装置に登録し、着信端末の呼出し時に前記 用件情報蓄積装置から読み出した前記用件情報を前記着信端末に通知し、前記着 信端末の呼出し時に前記用件情報を前記着信端末に提示するよう構成する。 発明の効果

[0011] このような用件提示方法によれば、着信端末で応答前(呼び出し中において)に着 信呼の用件等を知ることができる。

図面の簡単な説明

[0012] [図 1]従来の発、着信時の通常シーケンスを示す図である。

[図 2]本発明を適用した移動通信システムの一実施形態の構成図である。

[図 3]用件情報蓄積装置の一実施形態の機能構成図である。

[図 4]加入者番号と用件番号のリンク情報を示す図である。

[図 5]用件情報蓄積時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスである。

[図 6]用件情報取り出し時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスである。 圆 7]通話終了トリガによる用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスである

圆 8]有効期限満了による用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスである 圆 9]本発明の端末の一実施形態の機能構成図である。

[図 10]用件情報蓄積時 (継続呼出し)のシステム全体の動作シーケンスである。 圆 11]本発明における起呼信号の一実施形態のフォーマットを示す図である。

圆 12]移動端末の発信シーケンスである。

[図 13]用件情報蓄積時 (登録のみ)のシステム全体の動作シーケンスである。

[図 14]用件情報取得時 (即時通知)のシステム全体の動作シーケンスである。

[図 15]用件情報取得時 (一定時間後通知)のシステム全体の動作シーケンスである。

[図 16]リダイヤル時のシステム全体の動作シーケンスである。

[図 17]発信時に音声で用件情報を登録し、用件情報をリンギング音として通知する 実施形態のシーケンスである。

符号の説明

無線基地局

11 移動端末

12 基地局制御局

14 交換局

16 VLR/HLR

18 ネットワーク

20 SIPサーバ

22 IP電話網

24 IP電話機

30 用件情報蓄積装置

32 データベース

34 用件情報管理部

36 加入者用件情報管理部 38 セッション制御部

40 端末

42 無線送受信部

44 入力部

46 出力部

48 制御部

発明を実施するための最良の形態

[0014] <第 1実施形態 >

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。

<移動通信システムの構成 >

図 2は、本発明を適用した移動通信システムの一実施形態の構成図を示す。同図 中、無線アクセスネットワークを構成する無線基地局 10は、 IMT— 2000では NodeB 、 PDCシステムでは BTSであり、基地局制御局 12に接続されている。各無線基地局 10は移動端末 11と無線接続する。基地局制御局 12は、 IMT— 2000では RNC、 P DCシステムでは BCEであり、交換局 14に接続されて!、る。

[0015] コアネットワークを構成する交換局 14は、 IMT— 2000や PDCでは MSC, GMSC で 3Dり、 VLR (Visitor Location Register)、 HLR (Home Location Register ) 16が接続され、これと共にネットワーク 18を介して他の交換局 14及び SIPサーバ( またはレジストラ) 20が接続されている。 SIPサーバ 20には IP電話網 22を介して IP 電話機 24が接続されている。

[0016] なお、用件情報蓄積装置 30の移動網、 IP電話網等の他の網内に設けることもでき る。

[0017] 次に、用件情報蓄積情報の構成と蓄積機能について説明し、更に、用件蓄積時、 用件取り出し時、用件削除時の動作についても説明する。

<用件情報蓄積装置の構成と蓄積機能 >

図 3は、用件情報蓄積装置の一実施形態の機能構成図を示す。用件情報蓄積装 置 30は、データベース (DB) 32、用件情報管理部 34、加入者用件情報管理部 36、 セッション制御部 38で構成される。もちろん、他の装置との間で通信を行うためのィ ンタフ ース部や、各部の制御を行う制御部を有する(用件情報管理部、セッション 管理部、加入者用件情報管理部の機能をこの制御部に集約させてもよい)。

[0018] 用件情報管理部 34は、データベース 32に格納する用件情報を用件毎に管理する もので、加入者用件情報管理部 36から起動され、用件情報の保存、取り出し、削除 機能を有する。また、情報の有効期限 (生存期間)等の削除要因を管理する機能も 有する。

[0019] 加入者用件情報管理部 36は、データベース 32の用件情報を加入者毎に管理する もので、セッション制御部 38から起動され、用件情報の格納制御、取り出し制御を行 う。また、加入者の通信 (通話)を管理し、削除契機の検出、取り出し制御の検出を行

[0020] セッション制御部 38は、ネットワーク 18を構成する交換局 14や SIPサーバ 20等の ネットワーク構成要素と用件情報蓄積装置 30との通信を管理する。

[0021] 用件情報は、用件番号、発信者番号、着番号、有効期限または削除要因を付加し て用件情報管理部 34によってデータベース 32に格納される。このとき、図 4に示すよ うに、同一の加入者番号 (発信者)の下に異なる用件番号の用件情報をまとめたカロ 入者番号と用件番号のリンク情報が加入者用件情報管理部 36によってデータべ一 ス 32に格糸内される。

[0022] ここで、用件情報を用件情報蓄積装置 30に蓄積する契機は、用件情報を送信する 相手に対する起呼 (発信)時もしくは、起呼 (発信)前のいずれでも可能とする。また、 用件情報蓄積装置 30には文字情報、音声情報、画像情報いずれでも格納可能とす る。また、用件情報蓄積装置 30への蓄積は、画像情報の場合はメール入力とし、音 声情報の場合は音声入力とし、文字情報の場合は音声、文字情報いずれでも可能 とする。更に、用件情報蓄積装置 30に格納した情報の有効期限もしくは削除契機は 、蓄積時に発信者が移動端末の操作部を操作すること等で設定できるものとする。 <用件情報蓄積時の用件情報蓄積装置の動作シーケンス >

図 5は、用件情報蓄積時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスを示す。同図中、 セッション制御部 38は、ステップ S 10で発側呼制御により起呼信号 (接続要求)受信 処理を実行する。次に、ステップ S11で接続要求内の発信者番号を取り出し、ステツ プ S 12で接続要求内の着番号を取り出す。

[0023] 次に、ステップ S 13で用件情報を取得する。ここでは、接続要求に用件情報を含め る場合 (例えば用件情報が文字情報の場合等)は、(パターン 1)、接続要求内の用 件情報 (文字情報)と消滅条件を取得し、接続要求に用件情報を含めな!/、場合は( 用件情報が音声情報の場合等)は、(パターン 2)、発信端末に用件情報 (音声情報) の入力を促し、用件情報と消滅条件を取得する。また、ステップ S 14で要求事項を分 祈して加入者用件情報管理部 36に渡す。

[0024] 加入者用件情報管理部 36では、ステップ S15で接続要求の着番号と同一加入者 番号 (着番号)がデータベース 32に登録されている力否かを判別し、同一加入者番 号が登録されていなければステップ S16で接続要求の用件情報をデータベース 32 に登録するよう用件情報管理部 34に指示する。用件情報管理部 34ではステップ S1 8で実際に用件情報をデータベース 32に登録する。

[0025] 一方、同一加入者番号がデータベース 32に登録されていれば、ステップ S17で接 続要求の用件情報をデータベース 32に上書きするよう用件情報管理部 34に指示す る。用件情報管理部 34ではステップ S18で実際に用件情報をデータベース 32に登 録する。上記のステップ S15, S17は同一加入者番号で 1件の用件情報しか登録さ せな 、オプション機能であり、このオプション機能がな 、ときは同一加入者番号に複 数の用件情報が登録される。

[0026] 加入者用件情報管理部 36は、ステップ S19で図 4に示す形態の加入者番号と用 件情報のリンク情報をデータベース 32に登録して保存し、ステップ S20で用件登録 を完了する。これにより、セッション制御部 38は接続要求のセッションを切断する。 <用件情報取り出し時の用件情報蓄積装置の動作シーケンス >

図 6は、用件情報取り出し時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスを示す。同図 中、セッション制御部 38は、ステップ S30で発呼した交換局 14とのセッションを接続 し、ステップ S31で要求事項を分析して用件取り出し要求を加入者用件情報管理部 36に渡す。

[0027] 加入者用件情報管理部 36では、ステップ S32で用件取り出し要求内の発信者番 号を取り出し、ステップ S33で用件取り出し要求内の着番号を取り出し、ステップ S34 でデータベース 32から図 4に示す形態の加入者番号と用件情報のリンク情報を取得 する。

[0028] 次に、ステップ S35でデータベース 32に用件情報が登録されている力否かを判別 し、登録があればステップ S36で用件取り出し要求の発信者番号と同一加入者番号 がデータベース 32に登録されて 、る力否かを判別し、同一加入者番号が登録されて いればステップ S37で用件情報取り出しを用件情報管理部 34に指示する。用件情 報管理部 34ではステップ S38で実際に用件情報をデータベース 32から取り出して 加入者用件情報管理部 36に通知する。

[0029] 加入者用件情報管理部 36は、ステップ S39で用件情報を通知されると、ステップ S 40で用件情報取り出しを完了する。これにより、セッション制御部 38はセッションを切 断する。

<通話終了トリガによる用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンス > 図 7は、通話終了トリガによる用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスを 示す。同図中、セッション制御部 38は、ステップ S50で通話を終了した発側交換局ま たは着側交換局とのセッションを接続し、ステップ S51で要求事項を分析して通話履 歴を加入者用件情報管理部 36に渡す。

[0030] なお、用件情報の通知が指定された発信について、着信端末が応答して通話が行 われた場合は、発側交換局または着側交換局は、通話履歴 (発信者番号、着信者 番号、通話切断情報)を用件情報蓄積装置 30に通知するものとする。

[0031] 加入者用件情報管理部 36では、ステップ S52で発信者番号を取り出し、ステップ S

53で通話履歴を取得し、ステップ S54でデータベース 32から図 4に示す形態の加入 者番号と用件情報のリンク情報を取得する。

[0032] 次に、ステップ S55で切断時が削除要因とされている用件情報がある力否かを判別 し、この条件を満足する用件情報があればステップ S56で当該用件情報の削除を用 件情報管理部 34に指示する。用件情報管理部 34ではステップ S57で実際に用件 情報をデータベース 32から削除する。

[0033] この後、加入者用件情報管理部 36は、ステップ S58でデータベース 32における図

4に示す形態の加入者番号と用件情報のリンク情報を更新し、ステップ S59で用件削 除を完了する。これにより、セッション制御部 38はステップ S60でセッションを切断す る。

<有効期限満了による用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンス > 図 8は、有効期限満了による用件削除時の用件情報蓄積装置の動作シーケンスを 示す。同図中、用件情報管理部 34は、ステップ S65で有効期限が満了した用件情 報をデータベース 32から削除し、ステップ S66で用件情報削除通知を加入者用件 情報管理部 36に渡す。

[0034] 加入者用件情報管理部 36では、ステップ S67で削除した用件情報の加入者を特 定し、ステップ S68でデータベース 32における図 4に示す形態の加入者番号と用件 情報のリンク情報を更新する。

[0035] なお、好ましくは用件を削除したことを登録した発信端末側に通知する。

<端末の構成 >

図 9は、本発明の端末の一実施形態の機能構成図を示す。端末 40は、無線送受 信部 42、入力部 44、出力部 46、制御部 48で構成される。

[0036] 無線送受信部 42は、無線基地局との間で送受信を行う。また、着信時または着信 後の応答前に用件情報を無線基地局から取得する機能を有している。

[0037] 入力部 44は、文字入力を行う操作キー、音声入力を行うマイクロホン、画像入力を 行うカメラ、及び用件情報を作成する機能を有して!/ヽる。

[0038] 出力部 46は、音声を出力するスピーカ、文字や画像を出力するディスプレイ、及び 着信音や音声を発生する機能を有して 、る。

[0039] 制御部 48は、端末全体を制御するもので、入力部 44で作成した用件情報を用件 情報蓄積装置 30に登録する機能、また、用件情報蓄積装置 30から取得した用件情 報を出力部 46で出力させる機能を有して 、る。

[0040] 以下、システム全体の動作にっ 、て用件情報蓄積時、用件情報取得時、用件情報 通知時の順に説明する。

<用件情報蓄積時のシステム全体の動作シーケンス >

図 10は、用件登録蓄積装置 30に対する用件情報蓄積時のシステム全体の第 1の 動作シーケンスを示す。 [0041] なお、ここでは、用件情報蓄積後、そのまま継続して、着信端末側を呼び出すこと を可能とする例を示す。

[0042] さて、まず発信者は、例えば移動端末 11にお 、て、着信側の端末の電話番号であ る着番号を入力(ステップ S70)し、次に、ステップ S71で用件登録指示及び通知契 機の設定を行う。

[0043] 即ち、この発信は着信側の端末に対する単なる発信ではなぐ用件情報の登録を 行うステップを含む発信であることを網側に通知することを移動端末 11に認識させる ために、用件登録指示の設定を移動端末 11に対して行うのである。

[0044] 用件登録指示の設定をされた移動端末 11は、通知契機として複数の候補を表示 することで、発信者に通知契機の選択を促し、発信者が操作部を操作して選択した 通知契機を登録するのである。

[0045] なお、この用件登録指示の設定、通知契機の設定の双方または!/、ずれか一方は、 着番号の入力前に行ってもょ 、。

[0046] 次に、発信者が通話開始ボタンを押すことで発信するが、用件登録指示の設定が なされているので、用件登録有りの起呼信号が送信されることとなる (ステップ S72)。 ステップ S73で、この用件登録有りの起呼信号は発信側個制御装置としての交換局 14 (または SIPサーバ 20)にて受信される。

[0047] なお、図 12に、移動端末 11における発信時の処理ステップを示しておく。

[0048] 図 11に、本発明における起呼信号の一実施形態のフォーマットを示す。起呼信号 は、通常の SETUPコマンドと、発信側の端末の番号である発信者番号を格納する 発信者番号フィールド、着信側の端末の番号である着番号を格納する着番号フィー ルドに続いて、登録要求の有無等を指示する登録要求フィールド、通知要求の有無 と即時通知または一定時間後通知を指示する通知要求フィールド、及び用件情報を 格納する用件情報フィールドが設けられている。なお、登録要求の有りの場合は、登 録要求フィールドに、画像または音声または文字等の情報形式、 1回または通話終 了等の削除契機、生存期間それぞれが設定される。

[0049] 交換局 14 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号の登録要求フィールドには 、用件登録が有り設定されて!、るため用件情報蓄積装置 30への接続処理を実行す る (ステップ S74)。これにより、用件情報蓄積装置 30はステップ S75で用件情報蓄 積処理を実行する。

[0050] なお、この用件情報蓄積処理は図 5を用いて説明したとおりである。ここでは、用件 情報が音声情報の場合 (パターン 2)であるとする。

[0051] 従って、用件情報蓄積装置 30は、発信端末に用件情報 (音声情報)、消滅条件の 入力を促し、用件情報と消滅条件を取得する。

[0052] 即ち、移動端末 11は発信後ステップ S76で呼出し中状態 (用件情報接続装置 30 に接続処理中である旨通知されている状態)となり、用件情報蓄積装置 30が応答し て、発信者に対して「用件を入力してください」とアナウンスするので、発信者はステツ プ S77で用件情報蓄積装置 30に用件を録音する。

[0053] そして、用件情報蓄積装置 30は、用件情報の消滅条件としていくつ力の候補をァ ナウンスで番号に対応させて説明し、発信者が移動端末 11を操作して入力した番号 に対応する消滅条件を登録する。

[0054] 登録が終了すると、発側呼制御装置 (交換局 14)は、起呼信号を着側呼制御装置 である交換局 (または SIPサーバ 20)に送信して、着信側端末に対する着信処理を 実行する (ステップ 79)とともに、ステップ S78で発信者側端末を、着信側端末につい ての呼出し中状態とする。

[0055] 図 13は、用件情報蓄積時 (登録のみ)のシステム全体の第 2の動作シーケンスを示 す。

[0056] なお、ここでは、用件情報蓄積後、そのまま継続して、着信端末側を呼び出すこと はせず、登録終了により発信端末により行われた発信について切断処理を行うので ある。

[0057] 同図中、図 10と同一手順に同一ステップ番号を付す。図 13において、発信者は、 例えば移動端末 11からステップ S 70で着番号を入力し、ステップ S71で用件登録及 び通知契機設定を行う。次に、ステップ S72の発信により用件登録有りの起呼信号が 送信され、ステップ S73で、この用件登録有りの起呼信号は発信側の交換局 14 (ま たは SIPサーバ 20)にて受信される。図 13における起呼信号には登録要求フィール ドに用件登録有りが設定され、通知要求フィールドに用件通知無しが設定されている [0058] 交換局 14はステップ S74で、用件登録が有るため用件情報蓄積装置 30への接続 処理を実行する。これにより、用件情報蓄積装置 30はステップ S75で用件情報蓄積 処理を実行する。この用件情報蓄積処理は図 5に示すものである。ここでは、用件情 報が音声情報の場合 (パターン 2)、発信端末に用件情報 (音声情報)、消滅条件の 入力を促し、用件情報と消滅条件を取得する。なお、移動端末 11は発信後ステップ S76で呼出し中状態となっており、発信者はステップ S77で用件情報蓄積装置 30に 用件を録音する。

[0059] また、用件情報蓄積装置 30から録音完了通知を受けた交換局 14はステップ S80 で切断処理を行い、ステップ S81で切断信号を移動端末 11に送信する。移動端末 1 1はステップ S82で切断信号を受信すると、ステップ S83で終話を行う。

<用件情報取得時 (即時通知)のシステム全体の動作シーケンス >

図 14は、用件情報取得時 (即時通知)のシステム全体の動作シーケンスを示す。

[0060] 例えば、図 10において、 S79で起呼信号を受信した着側呼制御装置である交換局

(または SIPサーバ 20)のその後の処理に対応する。

[0061] 着側呼制御装置である交換局(または SIPサーバ 20)は、ステップ S90で登録要求 フィールドに用件登録有りが設定され通知要求フィールドに即時通知または一定時 間後通知が設定されて!ヽる起呼信号を受信する。

[0062] 交換局(または SIPサーバ 20)は、ステップ S91, S92で起呼信号の登録要求フィ 一ルドと通知要求フィールドを判別し、用件登録有りで即時通知の場合はステップ S 93で用件情報蓄積装置 30に対して用件情報の収集を指示する。これにより、用件 情報蓄積装置 30はステップ S94で用件情報の取り出しを行!、、そのままステップ 97 に進む。この用件情報の取り出しは図 6に示したとおりである。

[0063] なお、用件登録無しである場合には、従来から行われて!/、る通常の着信処理が実 行され、着信側端末では、その端末に登録済みの着信音にて呼び出しが行われる。

[0064] この後、交換局(または SIPサーバ 20)はステップ S95で用件情報蓄積装置 30から 送信された用件情報を受信する。

[0065] なお、ステップ S92で即時通知ではない場合は、つまり一定時間後通知の場合は、 後に説明する図 15で説明する処理に進む。

[0066] さて、着信側の端末 (IP電話機 24)では上記起呼信号をステップ S 100で受信し、 起呼信号の内容を確認し、用件情報がありに設定されており、情報形式が文字また は画像であるか (用件として出力可能な情報が時含まれている力否か)判別する。用 件情報があり情報形式が文字または画像の場合、ステップ S 102で起呼信号に含ま れる用件情報を IP電話機 24に画面表示する。

[0067] なお、表示は特に操作がない限り継続的に表示してもよいし、好ましくは、着信音 のように、所定時間の表示、所定時間の非表示を順に繰返して行うようにすることが 望ましい。従来の着信制御に似ており違和感が少ないからである。

[0068] 一方、用件情報があり情報形式が文字または画像でない場合、ステップ S103で用 件情報があり情報形式が音声であるかどうかを判別する。

[0069] 用件情報があり情報形式が音声である場合 (用件として出力可能な情報が含まれ ていない場合)、着側呼制御装置から音声情報が送信されるのを待ち (ステップ S 10 4)、受信すると、着信側端末において、用件情報として発信者が登録した音声が出 力される。

[0070] なお、着側呼制御装置は、起呼信号に用件情報を含めることができる場合は、用 件情報を含む起呼信号を送信するが、含めることができない場合は、用件情報自体 は含んでいない起呼信号をまず着信側端末に送信しておき、その後、制御チャネル 等を介して用件情報としての音声情報を送信するのである。

[0071] ステップ 103で Noと判断されると、着信側端末は通常の着信音を鳴動させる。

尚、文字、画像、音声、通常の着信音のいずれで呼び出しを行ったとしても着信側 端末において、応答操作がなされると、発信側端末と着信側端末間で通話パスが確 立され、通話可能な状態に移行することとなる。

<用件情報取得時 (一定時間後通知)のシステム全体の動作シーケンス >

図 15は、用件情報取得時 (一定時間後通知)のシステム全体の動作シーケンスを 示す。同図中、図 14と同一手順には同一ステップ番号を付す。

[0072] 図 15において、着側呼制御装置(交換局、 SIPサーバ等)は、図 14のステップ 92 に一定時間後通知であることを認識すると、用件情報を含まな!/ヽ起呼信号を着信側 端末に送信する。

[0073] すると着信側端末では、その端末に登録された着信音によ通常のリンギング処理が 行われる。

[0074] 一方、交換局(または SIPサーバ 20)は、一定時間時間後通知であることを認識し て、始動させた用件通知タイマのタイムアウトによりステップ S110後のタイムアウト処 理を開始する。なお、着信側端末では既に着信音が鳴動している状態である。

[0075] 次に、ステップ S111で用件情報蓄積装置 30に用件情報収集を指示する。これに より、用件情報蓄積装置 30はステップ S112で用件情報の取り出しを行う。この用件 情報の取り出しは図 6に示すものである。

[0076] この後、交換局(または SIPサーバ 20)はステップ S 113で用件情報蓄積装置 30か ら送信される用件情報を収集する。その後、ステップ S 114で取得した用件情報通知 を着信者の IP電話機 24に送信する。

[0077] 着信者の IP電話機 24では上記用件情報通知をステップ S 100で受信し、用件情 報があり情報形式が文字または画像であるか判別する。用件情報があり情報形式が 文字または画像の場合、ステップ S102で、既に行っている着信音の鳴動に加えて、 用件情報を IP電話機 24に画面表示する。

[0078] なお、ここで着信音の鳴動を停止し、それに代わるものとして用件情報を表示する ことにしてもよい。なお、用件情報の表示の態様は先に示したとおりである。

<リダイヤル時のシステム全体の動作シーケンス >

図 16は、リダイヤル時のシステム全体の動作シーケンスを示す。同図中、図 10と同 一手順には同一ステップ番号を付す。図 16において、発信者は、例えば移動端末 1 1からステップ S 120で着番号を入力し、ステップ S 121の発信により通知要求指示有 り(用件登録は無し)の起呼信号が送信され、ステップ S122で、この通知要求有りの 起呼信号は用件情報蓄積装置 30がネットワーク 18で接続された交換局 14 (または S IPサーバ 20)にて受信される。

[0079] なお、通知要求有りの設定は、先の発信で通知要求有りであった場合のリダイヤル にっき、自動的に設定することもできるし、発信者の操作によって設定してもよい。

[0080] 交換局 14は用件登録有りではないが、通知要求がセットされているため、ステップ S123で、起呼信号の発信者番号と着番号に対応する用件情報が用件情報蓄積装 置 30に登録されているか否かを確認する用件情報有無確認処理を行う。これにより

、用件情報蓄積装置 30はステップ S124で起呼信号の発信者番号と着番号に対応 する用件情報の蓄積有無を確認する。

[0081] 用件情報蓄積装置 30は用件情報の蓄積が確認できると、その確認結果を交換局

14は通知し、交換局 14はステップ S125で起呼信号を対向ネットワークの着側呼制 御の交換局(または SIPサーバ 20)に送信する。

[0082] なお、その後は、図 14、図 15の処理フローに従う。

<第 2実施形態 >

図 17は、発信側の端末が発信時に音声で用件情報を登録し、着信側の端末 (着 信移動端末)において、通常のリンギング音に替えて用件情報を出力する場合の用 件情報をリンギング音として通知する第 2実施形態のシーケンスを示す。

[0083] なお、着信側の端末に予め登録してあるリンギング音(呼出音)を一切出力せずに 、替わりにこの用件情報を出力してもよいし、また、リンギング音の一部を用件情報に おきかえて出力してもよい。例えば、最初はリンギング音により呼び出しを行って、音 声ファイルをダウンロード後にダウンロードした音声ファイルに基づいて、リンギング音 に替えてこの音声ファイルを再生した音を出力するのである。

[0084] さて、発信者は用件登録有り、即時通知を設定し、着信者に対して発信する (ステツ プ S120)。

[0085] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する (ステップ S 121)。

[0086] 交換局 14は発信者に用件情報蓄積装置 30に音声登録することを促すアナウンス を行い、発信者は用件情報蓄積装置 30に用件を録音する (ステップ S122)。

[0087] 録音完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を対向ネットワークの交換局 (または

SIPサーバ 20) (着側呼制御)に送信する。

[0088] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで即時通知 のため、用件情報を用件情報蓄積装置 30から取得する。

[0089] 用件情報を取得した交換局 (または SIPサーバ 20)は、着信端末に対して起呼信 号を送信する。

[0090] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する (ステップ S 123)。

[0091] 着信端末は用件情報が音声であるので交換局 (または SIPサーバ 20)から音声フ アイルを取得 (例えば制御チャネルを介して通信する)し、その音声を発音する (ステ ップ S 124)。

[0092] なお、、交換局側から自動的に音声ファイルを制御チャネル等を介して送信するこ ともできる。また、用件情報の音声はリンギング中に何回でも繰り返して発音すること ができる。

[0093] もちろん、着信側端末が応答した場合は、通話パスを形成して、通話可能とするこ とが望ましい。

<第 3実施形態 >

発信時に文字で用件情報を登録し、用件情報を着信端末の画面に表示する第 3 実施形態について説明する。

[0094] 発信者は用件情報を文字で作成後、用件登録有り、即時通知を設定することで、 作成した用件情報を含む発信を、着信者に対して行う。

[0095] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する。

[0096] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0097] 登録完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を交換局 (または SIPサーバ 20) (着 側呼制御)に送信する。

[0098] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで即時通知 のため、用件情報を用件情報蓄積装置 30から取得する。

[0099] 用件情報を取得した交換局 (または SIPサーバ 20)は、着信端末に対して起呼信 号 (用件情報を含む)を送信する。

[0100] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する。

[0101] 着信端末は用件情報が文字であるので文字情報ファイルを画面に表示しながら通 常の呼び出し音を発音する。

[0102] なお、用件情報については、起呼信号に含めず、着側端末が、着側交換局または 用件情報蓄積装置にアクセスして取得するようにしてもよい。また、着側交換局側か ら自動的に送信するようにしてもょ 、。

<第 4実施形態 >

発信時に画像で用件情報を登録し、用件情報を着信端末の画面に表示する第 4 実施形態について説明する。

[0103] 発信者は画像用件情報を端末に設定後、登録有り、即時通知を設定し、画像用件 情報を含む起呼信号により着信者に対して発信する。

[0104] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する。

[0105] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0106] 登録完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を交換局 (または SIPサーバ 20) (着 側呼制御)に送信する。

[0107] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで即時通知 のため、用件情報を用件情報蓄積装置 30から取得する。

[0108] 用件情報を取得した交換局 (または SIPサーバ 20)は、着信端末に対して起呼信 号 (画像用件情報を含む)を送信する。

[0109] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する。

[0110] 着信端末は用件情報が画像であるので画像ファイルを画面に表示しながら、通常 の呼び出し音を発音する。

[0111] もちろん、画像は、起呼信号に含めることもできるし、起呼信号送信後、交換局 (ま たは SIPサーバ 20)から自動的着信端末に送信するようにしてもよ!、。

<第 5実施形態 >

発信時に音声で用件情報を登録し、用件情報を一定時間後リンギング音として通 知する第 5実施形態について説明する。

[0112] 発信者は用件登録有り、一定時間後通知を設定することで、作成した用件情報を 含む発信を、着信者に対して行う。

[0113] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する。

[0114] 交換局 14は発信者に用件情報蓄積装置 30に音声登録することを促し、発信者は 用件情報蓄積装置 30に用件を録音する。

[0115] 録音完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を対向ネットワークの交換局 (または

SIPサーバ 20) (着側呼制御)に送信する。

[0116] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで一定時間 後通知のため、用件通知タイマを起動後、着信端末に対して起呼信号を送信する。

[0117] 用件通知タイマのタイムアウト後、交換局 (または SIPサーバ 20)は用件情報蓄積 装置 30から用件情報収集を行 ヽ、起呼信号を着信端末に送信する。

[0118] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する。

[0119] 着信端末は用件情報が音声であるので交換局 (または SIPサーバ 20)から音声フ アイルを取得 (例えば制御チャネルを介して通信する)し、その音声に発音する。

[0120] なお、、交換局側から自動的に音声ファイルを制御チャネル等を介して送信するこ ともできる。また、用件情報の音声はリンギング中に何回でも繰り返して発音すること ができる。

<第 6実施形態 >

発信時に文字で用件情報を登録し、用件情報を一定時間後、着信端末の画面に 表示する第 6実施形態について説明する。

[0121] 発信者は用件情報を文字で作成後、用件登録有り、一定時間後通知を設定するこ とで、作成した用件情報を含む発信を、着信者に対して行う。

[0122] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する。

[0123] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0124] 登録完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を交換局 (または SIPサーバ 20) (着 側呼制御)に送信する。 [0125] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで一定時間 後通知のため、用件通知タイマを起動後、着信端末に対して起呼信号 (用件情報を 含む)を送信する。

[0126] 用件通知タイマタイムアウト後、交換局 (または SIPサーバ 20)は用件情報蓄積装 置 30から用件情報収集を行 ヽ、起呼信号を着信端末に送信する。

[0127] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する。

[0128] 着信端末は用件情報が文字であるので文字情報ファイルを画面に表示しながら通 常の呼び出し音を発音する。

[0129] なお、用件情報については、起呼信号に含めず、着側端末が、着側交換局または 用件情報蓄積装置にアクセスして取得するようにしてもよい。また、着側交換局側か ら自動的に送信するようにしてもょ 、。

<第 7実施形態 >

発信時に画像情報で用件情報を登録し、用件情報を一定時間後に着信端末の画 面に表示する第 7実施形態について説明する。

[0130] 発信者は画像情報を編集後、用件登録有り、一定時間後通知を設定し、画像用件 情報を含む起呼信号により着信者に対して発信する。

[0131] 発信要求を受信した発信呼制御の交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄 積装置 30に接続する。

[0132] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0133] 登録完了通知を受けた交換局 14は起呼信号を対向ネットワークの交換局 (または

SIPサーバ 20) (着側呼制御)に送信する。

[0134] 交換局 (または SIPサーバ 20)は、受信した起呼信号が用件情報有りで一定時間 後通知のため、用件通知タイマを起動後、着信端末に対して起呼信号を送信する。

[0135] 用件通知タイマタイムアウト後、交換局 (または SIPサーバ 20)は用件情報蓄積装 置 30から用件情報を取得し、画像用件情報を含む起呼信号を着信端末に送信する

[0136] 起呼信号を受信した着信端末は、用件情報があるか判断し、ある場合には情報形 式を判断する。

[0137] 着信端末は用件情報が画像であるので画像ファイルを画面に表示しながら、通常 の呼び出し音を発音する。

[0138] もちろん、画像は、起呼信号に含めることもできるし、起呼信号送信後、交換局 (ま たは SIPサーバ 20)から自動的着信端末に送信するようにしてもよ!、。

<第 8実施形態 >

事前に音声で用件情報を登録する第 8実施形態について説明する。

[0139] 発信者は用件登録有り、通知契機 (即時 Z—定時間後)を設定し、発信呼制御の 交換局 14に対して発信する。

[0140] 発信要求を受信した交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄積装置 30に接 続する。

[0141] 交換局 14は発信者に用件情報蓄積装置 30に音声登録することを促し、発信者は 用件情報蓄積装置 30に用件を録音する。

[0142] 録音完了通知を受けた交換局 14は切断信号を発信者に送信する。

<第 9実施形態 >

事前に文字で用件情報を登録する第 8実施形態について説明する。

[0143] 発信者は用件情報を文字で作成後、登録要求有り、通知契機 (即時 Z—定時間後

)を設定し、交換局 14に対して発信する。

[0144] 発信要求を受信した交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄積装置 30に接 続する。

[0145] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0146] 登録完了通知を受けた交換局 14は切断信号を発信者に送信する。

<第 10実施形態 >

事前に画像で用件情報を登録する第 10実施形態について説明する。

[0147] 発信者は用件情報を画像で登録後、用件登録有り、通知契機 (即時 Z—定時間後

)を設定し、交換局 14に対して発信する。

[0148] 発信要求を受信した交換局 14は用件登録有りのため、用件情報蓄積装置 30に接 続する。 [0149] 交換局 14は発信者から受信した用件情報を用件情報蓄積装置 30に登録する。

[0150] 登録完了通知を受けた交換局 14は切断信号を発信者に送信する。

<第 11実施形態 >

着信者力 応答がな力つた場合にリダイヤルする第 11実施形態について説明する 。このときのシステム全体の動作シーケンスは図 16に示す通りである。

[0151] 発信者は着信者に対して再発信する。

[0152] 発信要求を受信した交換局 14は用件情報蓄積装置 30に既に登録された用件情 報があるか、発信者番号と着番号から判断する。

[0153] 用件情報有りの通知を受けた交換局 14は用件情報有り、契機情報 (即時 Z—定時 間)を設定後、起呼信号を対向ネットワークの着側呼制御の交換局 (または SIPサー ノ 20)に送信する。

<第 12実施形態 >

用件完了に伴い用件情報を削除する第 12実施形態について説明する。

[0154] 通話終了後 (用件完了)、用件情報蓄積装置 30は発信呼制御の交換局 14からそ の旨を通知される。

[0155] 用件情報蓄積装置 30は、発信者番号と着番号力 用件情報を割り出し、その削除 契機が通話終了となっていれば、当該用件情報を削除する。このときの用件情報蓄 積装置 30内部の動作シーケンスは図 8に示す通りである。

<第 13実施形態 >

生存期間満了に伴い用件情報を削除する第 13実施形態について説明する。

[0156] 用件情報蓄積装置 30は各用件情報の生存期間満了を独自で検出する。

[0157] 用件情報蓄積装置 30は生存期間を満了した用件情報を削除後、図 4に示すような 加入者番号 (着番号)とのリンク情報を削除する。

[0158] このようにして、着信者は電話を着信しなくても、発信者の用件を知ることができる ため、応答するかしないかの判断条件を得ることができる。着信者が企業の場合は代 表番号に着信した後、用件情報を自動的に判断し、判断結果力 担当部署を選択し て転送することができる。

[0159] なお、用件情報管理部 34が請求項記載の用件情報管理手段に対応し、加入者用 件情報管理部 36が加入者用件情報管理手段に対応し、セッション制御部 38がセッ シヨン制御手段に対応する。

Claims

請求の範囲
[1] 発信時に発信端末力 入力した用件情報をネットワークに接続された用件情報蓄 積装置に登録し、
着信端末の呼出し時に前記用件情報蓄積装置から読み出した前記用件情報を前 記着信端末に通知し、
前記着信端末の呼出し時に前記用件情報を前記着信端末に提示する用件提示方 法。
[2] 請求項 1記載の用件提示方法において、
前記用件情報は、音声である用件提示方法。
[3] 請求項 1記載の用件提示方法において、
前記用件情報は、文字である用件提示方法。
[4] 請求項 1記載の用件提示方法において、
前記用件情報は、画像である用件提示方法。
[5] 請求項 2記載の用件提示方法において、
前記着信端末の呼出し時に前記用件情報の音声を呼出し音の代りに発音させる 用件提示方法。
[6] 請求項 1乃至 5のいずれか 1項記載の用件提示方法において、
前記用件情報を用件情報蓄積装置に登録してから前記着信端末に通知するまで の時間を即時とするか、一定時間後とするかを前記用件情報の用件情報蓄積装置 への登録時に設定する用件提示方法。
[7] 請求項 1乃至 6のいずれか 1項記載の用件提示方法において、
前記着信端末の呼出しに応答が無く前記発信端末からリダイヤルされたとき、前記 用件情報蓄積装置から再度読み出した前記用件情報を前記着信端末に通知し、 前記着信端末の呼出し時に前記用件情報を前記着信端末に提示する用件提示方 法。
[8] 請求項 1乃至 7のいずれか 1項記載の用件提示方法において、
前記用件情報蓄積装置に登録されている用件情報を削除するタイミングを前記発 信端末と前記着信端末の通話終了時とするか、登録から一定期間後とするかを前記 用件情報の用件情報蓄積装置への登録時に設定する用件提示方法。
[9] ネットワークに接続された用件情報蓄積装置において、
発信端末から入力された用件情報を格納するデータベースと、
前記データベースに格納する用件情報を用件毎に管理する用件情報管理手段と 前記データベースの用件情報を加入者毎に管理する加入者用件情報管理手段と ネットワーク構成要素との通信を管理するセッション制御手段を
有する用件情報蓄積装置。
[10] 発信側端末の入力部力 入力された用件情報を、着信時または着信後であって応 答前に無線基地局を介して取得する無線送受信部と、
前記用件情報を着信後、応答前の期間内に出力部力 出力させる制御部を 有する端末。
[11] 発信時または発信後、用件情報蓄積装置と接続された際に、着信端末において、 着信時又は着信後であって応答前の期間内に前記着信端末の出力部から出力させ ることとなる用件情報を登録する登録手段を
有する端末。
PCT/JP2004/016931 2004-11-15 2004-11-15 用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末 WO2006051611A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2004/016931 WO2006051611A1 (ja) 2004-11-15 2004-11-15 用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP04822403A EP1814296A4 (en) 2004-11-15 2004-11-15 Subject presenting method, subject information storage, and terminal
JP2006544715A JP4478689B2 (ja) 2004-11-15 2004-11-15 呼制御装置及び端末
PCT/JP2004/016931 WO2006051611A1 (ja) 2004-11-15 2004-11-15 用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末
US11/788,950 US20070208798A1 (en) 2004-11-15 2007-04-23 Subject indicating method and subject information storing device and terminal

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
US11/788,950 Continuation US20070208798A1 (en) 2004-11-15 2007-04-23 Subject indicating method and subject information storing device and terminal

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2006051611A1 true WO2006051611A1 (ja) 2006-05-18

Family

ID=36336297

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2004/016931 WO2006051611A1 (ja) 2004-11-15 2004-11-15 用件提示方法及び用件情報蓄積装置及び端末

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20070208798A1 (ja)
EP (1) EP1814296A4 (ja)
JP (1) JP4478689B2 (ja)
WO (1) WO2006051611A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015100054A (ja) * 2013-11-20 2015-05-28 日本電信電話株式会社 音声通信システム、音声通信方法及びプログラム

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070230678A1 (en) * 2000-01-19 2007-10-04 Sony Ericsson Mobile Communications Ab Technique for providing caller-originated alert signals
US20070237320A1 (en) * 2000-01-19 2007-10-11 Sony Ericsson Mobile Communications Ab Nya Vattentornet Technique for providing caller-originated alert signalsin circuit-switched communications
EP1696645A1 (en) 2005-02-25 2006-08-30 Sony Ericsson Mobile Communications AB Caller information provision
EP2156652B1 (en) * 2008-02-28 2012-04-25 Leeds, Richard Method and system for notification and telecommunications management
US8553852B2 (en) 2008-02-28 2013-10-08 Computer Product Introductions Corp. Method and apparatus for conversation based ringtone
US8903058B2 (en) * 2008-05-20 2014-12-02 Microsoft Corporation Conveying call subject matter with voice data
US8798249B2 (en) * 2008-05-20 2014-08-05 Microsoft Corporation Communication reminders
JP2010057008A (ja) * 2008-08-29 2010-03-11 Nec Corp 通信システム、通信制御装置、通信方法、通信制御方法、およびプログラム
US8332481B2 (en) * 2008-10-31 2012-12-11 At&T Intellectual Property I, L.P. Systems and methods for transmitting subject line messages
US8068604B2 (en) 2008-12-19 2011-11-29 Computer Product Introductions Corporation Method and system for event notifications
CN101841787A (zh) * 2009-03-18 2010-09-22 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司;鸿海精密工业股份有限公司 通信方法及通信系统和通信装置

Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04337954A (en) * 1991-05-15 1992-11-25 Sharp Corp Telephone set
JPH08154136A (ja) * 1994-11-28 1996-06-11 Sharp Corp 通信方法及びその装置
JPH08298546A (ja) * 1995-04-27 1996-11-12 Fujitsu Ltd 電話応答制御方法
JP2000307707A (ja) * 1999-04-19 2000-11-02 Mitsubishi Electric Corp 電話装置
JP2001186240A (ja) * 1999-12-27 2001-07-06 Fujitsu Ltd 通話者情報表示方式及び記録媒体
JP2001333457A (ja) * 2000-05-24 2001-11-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯端末装置及び携帯端末装置の発着信方法
JP2002101163A (ja) * 2000-09-25 2002-04-05 Canon Inc 通信装置
JP2003110743A (ja) * 2001-09-28 2003-04-11 Sharp Corp 通信端末装置
JP2003309652A (ja) * 2002-04-17 2003-10-31 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 発呼に同期した登録情報の通知装置、それを用いた登録情報の着呼前通知システム、およびプログラム
JP2004282195A (ja) * 2003-03-13 2004-10-07 Saito Kazuki 識別情報の通知方法及び識別情報の通知システム

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5764731A (en) * 1994-10-13 1998-06-09 Yablon; Jay R. Enhanced system for transferring, storing and using signaling information in a switched telephone network
US20020128033A1 (en) * 1998-11-30 2002-09-12 Burgess Shelia Jean Communications control method and apparatus
US6041103A (en) * 1996-04-16 2000-03-21 Lucent Technologies, Inc. Interactive call identification
US6400808B1 (en) * 1997-11-26 2002-06-04 At&T Corp System and method for providing call subject information to a called party
DE19953221A1 (de) * 1999-11-05 2001-05-10 Alcatel Sa Verfahren, Netzwerkeinrichtung und Vermittlungsstelle zur Übermittlung einer individuellen, einen Anrufer identifizierenden Nachricht an einen angerufenen Teilnehmer
US6721397B1 (en) * 1999-12-20 2004-04-13 Bellsouth Intellectual Property Corporation System and method for message exchange over a public-switched telephone network
EP1314301B1 (en) * 2000-08-22 2007-12-26 Symbian Limited Method of and apparatus for communicating user related information using a wireless information device
KR100416994B1 (ko) * 2001-07-27 2004-02-05 삼성전자주식회사 화상의 발신자 식별정보를 제공하기 위한 방법 및 시스템
US20040120505A1 (en) * 2002-12-20 2004-06-24 Motorola, Inc. Method and apparatus for providing a voiced call alert
US7466801B2 (en) * 2003-10-15 2008-12-16 International Business Machines Corporation Method and apparatus for presenting caller identification information with geographical and/or source language information

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04337954A (en) * 1991-05-15 1992-11-25 Sharp Corp Telephone set
JPH08154136A (ja) * 1994-11-28 1996-06-11 Sharp Corp 通信方法及びその装置
JPH08298546A (ja) * 1995-04-27 1996-11-12 Fujitsu Ltd 電話応答制御方法
JP2000307707A (ja) * 1999-04-19 2000-11-02 Mitsubishi Electric Corp 電話装置
JP2001186240A (ja) * 1999-12-27 2001-07-06 Fujitsu Ltd 通話者情報表示方式及び記録媒体
JP2001333457A (ja) * 2000-05-24 2001-11-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯端末装置及び携帯端末装置の発着信方法
JP2002101163A (ja) * 2000-09-25 2002-04-05 Canon Inc 通信装置
JP2003110743A (ja) * 2001-09-28 2003-04-11 Sharp Corp 通信端末装置
JP2003309652A (ja) * 2002-04-17 2003-10-31 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 発呼に同期した登録情報の通知装置、それを用いた登録情報の着呼前通知システム、およびプログラム
JP2004282195A (ja) * 2003-03-13 2004-10-07 Saito Kazuki 識別情報の通知方法及び識別情報の通知システム

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1814296A4 *

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015100054A (ja) * 2013-11-20 2015-05-28 日本電信電話株式会社 音声通信システム、音声通信方法及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
EP1814296A1 (en) 2007-08-01
US20070208798A1 (en) 2007-09-06
JPWO2006051611A1 (ja) 2008-05-29
EP1814296A4 (en) 2010-05-05
JP4478689B2 (ja) 2010-06-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7403768B2 (en) Method for using AIN to deliver caller ID to text/alpha-numeric pagers as well as other wireless devices, for calls delivered to wireless network
US6018654A (en) Method and apparatus for downloading tones to mobile terminals
US7130620B2 (en) Telecommunications services and apparatus regarding lost connectivity events
US7013155B1 (en) Delivery of an instant voice message in a wireless network using the SMS protocol
CN1778098B (zh) 用于存储和访问多媒体消息的系统和方法
US7133687B1 (en) Delivery of voice data from multimedia messaging service messages
DE69836901T2 (de) Verfahren zum Hinzufügen von Kontext zu Kommunikationen
JP4723841B2 (ja) モバイル・トゥー・モバイル・ビデオ機能をネットワークに提供するための方法および装置
US7295662B2 (en) Answering service giving different messages depending on user profile selected by called subscriber and/or identity of calling subscriber
KR100732002B1 (ko) 개인화 수단을 지니는 통신 단말기
CN100486277C (zh) 彩景式回铃/来电显示方法
ES2259533A1 (es) Metodo, aparato y sistema para enviar un mensaje multimedia cuando un abonado llamado no responde a la llamada.
US6577721B1 (en) Conference call
US7783016B2 (en) Apparatus and method for pre-call notification
US20040266407A1 (en) Mobile phone, telecommunication system and method for automatically downloading multimedia data from receiving part
US6850604B2 (en) Method and system for sending a data message to a calling phone while communicating with a first phone
JP2004503184A (ja) 通話応答方法およびシステム
CN1716820A (zh) Ptt系统、便携电话机、服务器
DE69938590T2 (de) Verfahren zur übertragung von informationen zu einem fernsprechantwortdienst
KR20080102242A (ko) 통화 연결음을 사용하여 존재 정보를 제공하는 방법 및 시스템
US20020107003A1 (en) Method and apparatus for leaving a multimedia mail message without ringing a wireless phone
CN1294811A (zh) 利用回铃音播发广告的方法
US7340246B1 (en) Transmission of information during call establishment
KR20090028615A (ko) 통신 방법
US6298231B1 (en) Methods, systems, and devices for transmitting messages to wireless devices

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IS IT LU MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006544715

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11788950

Country of ref document: US

Ref document number: 2004822403

Country of ref document: EP

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2004822403

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 11788950

Country of ref document: US