WO2005124779A1 - 再生装置、プログラム、再生方法 - Google Patents

再生装置、プログラム、再生方法 Download PDF

Info

Publication number
WO2005124779A1
WO2005124779A1 PCT/JP2005/011162 JP2005011162W WO2005124779A1 WO 2005124779 A1 WO2005124779 A1 WO 2005124779A1 JP 2005011162 W JP2005011162 W JP 2005011162W WO 2005124779 A1 WO2005124779 A1 WO 2005124779A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
storm
text
language
step
register
Prior art date
Application number
PCT/JP2005/011162
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Wataru Ikeda
Tomoyuki Okada
Original Assignee
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004181400 priority Critical
Priority to JP2004-181400 priority
Priority to JP2004195439 priority
Priority to JP2004-195439 priority
Application filed by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. filed Critical Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
Publication of WO2005124779A1 publication Critical patent/WO2005124779A1/ja

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/41Structure of client; Structure of client peripherals
    • H04N21/426Characteristics of or Internal components of the client
    • H04N21/42646Characteristics of or Internal components of the client for reading from or writing on a non-volatile solid state storage medium, e.g. DVD, CD-ROM
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/102Programmed access in sequence to addressed parts of tracks of operating record carriers
    • G11B27/105Programmed access in sequence to addressed parts of tracks of operating record carriers of operating discs
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/11Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information not detectable on the record carrier
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/19Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier
    • G11B27/28Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier by using information signals recorded by the same method as the main recording
    • G11B27/32Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel by using information detectable on the record carrier by using information signals recorded by the same method as the main recording on separate auxiliary tracks of the same or an auxiliary record carrier
    • G11B27/327Table of contents
    • G11B27/329Table of contents on a disc [VTOC]
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B27/00Editing; Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Monitoring; Measuring tape travel
    • G11B27/10Indexing; Addressing; Timing or synchronising; Measuring tape travel
    • G11B27/34Indicating arrangements
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/43Processing of content or additional data, e.g. demultiplexing additional data from a digital video stream; Elementary client operations, e.g. monitoring of home network, synchronizing decoder's clock; Client middleware
    • H04N21/432Content retrieval operation from a local storage medium, e.g. hard-disk
    • H04N21/4325Content retrieval operation from a local storage medium, e.g. hard-disk by playing back content from the storage medium
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N21/00Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
    • H04N21/40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
    • H04N21/47End-user applications
    • H04N21/488Data services, e.g. news ticker
    • H04N21/4884Data services, e.g. news ticker for displaying subtitles
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/08Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division
    • H04N7/087Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only
    • H04N7/088Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only the inserted signal being digital
    • H04N7/0882Systems for the simultaneous or sequential transmission of more than one television signal, e.g. additional information signals, the signals occupying wholly or partially the same frequency band, e.g. by time division with signal insertion during the vertical blanking interval only the inserted signal being digital for the transmission of character code signals, e.g. for teletext
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/804Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components
    • H04N9/8042Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback involving pulse code modulation of the colour picture signal components involving data reduction
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N9/00Details of colour television systems
    • H04N9/79Processing of colour television signals in connection with recording
    • H04N9/80Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback
    • H04N9/82Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only
    • H04N9/8205Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only involving the multiplexing of an additional signal and the colour video signal
    • H04N9/8233Transformation of the television signal for recording, e.g. modulation, frequency changing; Inverse transformation for playback the individual colour picture signal components being recorded simultaneously only involving the multiplexing of an additional signal and the colour video signal the additional signal being a character code signal
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/21Disc-shaped record carriers characterised in that the disc is of read-only, rewritable, or recordable type
    • G11B2220/213Read-only discs
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B2220/00Record carriers by type
    • G11B2220/20Disc-shaped record carriers
    • G11B2220/25Disc-shaped record carriers characterised in that the disc is based on a specific recording technology
    • G11B2220/2537Optical discs
    • G11B2220/2541Blu-ray discs; Blue laser DVR discs

Abstract

 BD-ROM再生装置は、複数テキスト字幕ストリームのうち1つを選択して、選択したテキスト字幕ストリームを、動画と共に再生する装置である。PSR48~61は、複数のDecode Capabilityフラグを記憶しており、各フラグの設定値にて、言語毎のテキスト字幕のデコード能力の有無を表している。Procedure実行部20は、PSR48~61における各フラグの設定値を参照して、複数のテキスト字幕ストリームのそれぞれを表示することができるか否かを判定する。ストリーム選択部17は、表示できると判定されたテキスト字幕ストリームを選択する。

Description

生装置、プ グラム、再生

術分野

0001 、テキスト 術の 術分野に属する発明である。

0002 テキスト とは、テキスト ドで表現された 幕を、映画における のピ クチ 同期して表示さ る 術であり、BD R M(B a D sc Read On Memo 生装置の 有の 術の1 である。 幕の 現には、DVDで実現されて るよ 、 、 ト ップによる表現 、文字 ドによる表現とがある。 幕がビット ップで表 現されれば、どの 生装置で再生しても、見栄えは同じになる。 た目を重視する映 画作品の 、字幕をビット ップで表現することに大きな意味はある。その 方、 ビット ップによる表現では、字幕の 文字 文字を作成 ねばならな ので、ほん の数 字、数 の 幕を記録 体に記録するためにも、大きなデ タサイズが必要 となる。

0003 BD ROMは、DVDより大 量の 体であるため、字幕をビット ップで表現し て、ビデオスト ム 多重してお ても し支えな 。し し 幕をBD ROMとは別 に配布する場合、たとえば、ネットワ クを通じたダウン ド 、メ カ ドを介し て再生装置に供給する場合、字幕のデ タサイズがあまり大き な てしま のは望 まし な 。BD ROMに記録し得たとしても、メ りに 幕を常駐さ てお ために大 規模な りを必要としたり、またダウン ドに長 時間が るので、デ タサイ ズは小さければ さ 方がよ 。

0004 これに対しテキスト では、字幕が文字 ドで表現されて る。 体的に

、字幕 文字 たりの 報量は、A C ドなどでは、 イトになるし、 ドな どでも、2 イトになる。 用的な文字 ドとしてUn codeなどを用 れば、 日本語の 他に、中国語や 国語と た 雑な文字体系もサポ トすることが可能である。 幕を文字 ドとして配布する場合、デ タのサイズは非常に小さ なり、インタ ネ 、 を通じて配布するよ 場合には非常に有効になる。 した事情 ら、今後 するであ BD ROM 生装置は、テキスト 幕の 能を搭 する予定である。 0005 るテキスト 幕の 示にあた てBD ROM 生装置は、 ォン を用 て、字 幕を構成する ドを、 、 ト ップに展開し、この 、 ト ップを、ビデオスト ムに おける のピクチ 同期して表示する 御を行 。

、テキスト 幕の 術に関しては、以下の 献に示される先行 術が ある。

1 2 228656 報

発明の

明が解決しよ とする課題

0006 ころで、テキスト として表示が予定されて る言語の 、430 語に及ぶ と われて る。これら430 類もの 語のテキスト 幕を、再生できる ど は、言 語 性のサポ トが存在する に 変わる。 本語の 書き 性をサポ トする場合を例にと て考えてみると、単に 幕の 字を縦 向に並 ただけで は足りず、その 書き表示に伴 、修正を施す必要がある。 体的に なら、 の や文字の 置、長音の形を、横書き時とは異なる、独特なものにしてお 必要が ある。

0007 ある言語での 示が要求された場合、再生装置 、その 語の ォン を ンタ ングする能力がな 場合、又は、 ォン の ンタ ングはあるが、言語 性のサ ポ トする能力がな 場合は、字幕が文字 けして現れたり、またテキスト 幕 が表示されたとしても、その 語の 者 ら見て、不自然な態様で、テキスト 幕 が表示されることがあり 。

0008 ソ ンソ トの 界では、この 不都合な表示ななされたとしても、 あるこ で済まされる もしれな 。 WWサイト ソ トでは、 る表示が多 みられ る。し し 器の 野では、 ソ ンソ トの 界とは比 物にならな 、 品質管理が要求されるため、文字 けや不自然な態様での 示を回避した との 望がすこぶる強 。し しながらテキスト 幕の 430 語にも及ぶので、文 字 けや不自然な態様での 示が存在する 否 を、それぞれの 語に て精 査すると のは、再生装置を製造する にと て重荷にな てしま 。 0009 明の 、表示が予定されて る言語が何百種類に及ぶ 合であ ても、 表示を希望する言語での、字幕 示の 能性を 座に判定することができ る再生装置を提供することである。

題を解決するための

0010 的を達成するため、 明に係る再生装置は、複数テキスト スト ム の 1 を選択して、選択したテキスト スト ムを、動画と共に再生するもので あり、複数の を記憶しており、 ラ の 定値にて、言語 テキスト 幕の デ ド 力の 無を表す ジスタセット 、 ジスタセットにおける ラ の 定値 を参照することにより、複数のテキスト スト ムのそれぞれをデ ドできる 否 を判定する判定 段と、デ ドできると判定されたテキスト スト ムを選択 する選択 段とを備えることを特徴として る。

明の

0011 ジスタセットには、テキスト 幕をデ ドすることができる能力の 、言語 示されて るので、 がある言語でのテキスト 示を希望した場合、その 語でのテキスト 示の 能性の 無を、 ジスタセットにおける ビットの 定 値を参照することにより、即座に判定することができる。

、 の 定値を参照するだけで、 れ の 語でのテキスト 幕の 能性 の 無を判定することができるので、たとえ、テキスト 幕の が何百 語に及 んだとしても、所望の 語での、字幕 示の 能性を 座に判定することができる。

0012 明に係る再生装置の、使用 為に ての 態を示す図である。

2 BD R Mの 部構成を示す図である。

3 張子・m2 sが付与された ァイ がどのよ に構成されて る を模式的に示 す図である。

4プ イ スト 報のデ タ 造を示す図である。

5 AvC pと、 との 係を示す図である。

6 bpa h 報の 部構成をク アップして 図である。

7 b a em 間軸上の再 義と、同期 定を示す図である。 8 (a) TN abeの 部構成を示す図である。

(b)PGスト ムに対応したen b eの みを示す図である。 (c)テキスト スト ムに対応したen b eの みを示す図である。

9 態で取り上げるAVC pの 例を示す図である。

10 態で取り上げる、Pa s 報の 例を示す図である。

11 に示したPa s 報により 定されるデジタ スト ムの束を示す図 である。

12は、 態に係る再生装置の 部構成を示す図である。

13 カ スト ジに 納されたPa s 報により、どのよ Pa s 生時 間軸が定義される を示す図である。

14ビデオ ン ダのデ ドによるデ ド 果と、スト ム 7による 選択 果とを、 2の 部構成に書き加えた図である。

15 P R2 P R 7 P R30 PS 48~6 の 定を示すである。

16 P R48~6 部構成を示す図である。

P R48~6 におけるDecodeCapab ラ ex T ang age codeとの 応 を示す図である。

18 P R48~6 、P R53の 容を示す図である。

ex T ang age codeの 容を示す図である。

20 態におけるスト ム 7の 分を示す図である。

P R48~6 におけるP R 号及びビット 、 ex T ang age codeとの 係を示す図である。

22 Poced ewhenpa backCond on s Changedの 順を示す チヤ トである。

23スト ム における設定 順を示す チヤ トである。

24P R2の 順を示す チヤ トである。

25テキスト スト ムのDecodeCapab の 無を判定するにあた ての 順を示す チヤ トである。

26 (a)~(c)テキスト スト ム 択の 体例を示す図である。 27 (a)~(c)テキスト スト ム 択の 体例を示す図である。

28 による再生 順を示す チヤ トである。

29テキスト スト ムの 部構成を示す図である。

30 (a)スタイ 報の 定例を示す図である。

0014 (b)(a)のテキスト スト ム ら 示される合成 像を示す図である。

bPa em に基 再生 理を示す チヤ トである。

32Tex Tデ ダ 2の 部構成を示す図である。

33 (a) 本語の 性による イアウトの に て説明した図である。 0015 (b)アラビア語の言 性における イアウトを示す。

34 本語、英語、アラビア 3 の 語のDecodeCapab を設定するに あた ての、判断基準を示す図である。

35 (a)(b) 書き 目が完全にサポ トされて る日本語 、縦書き 目の サポ トが不完全な日本語 とを示す図である。

36 3 態に係る、再生装置の 部構成を示す図である。

37 3 態におけるP R30のb23~b16の アサインを示す図である。 38 P Rの 域におけるビット 成を示す図である。

39 (a)(b) の 張を ザが意図した際、表示されるメ を示す図で ある。

40 3 態におけるテキスト スト ムの 順を示す チヤ ト である。

41 DecodeCapab の 順を示す チヤ トである。

42セットアップ 32の 順を示す チヤ トである。

43 (a)(b)アンサポ ト 語の 示を ザが 望して な 場合と、希望した 場合とで、DecodeCapab の 定を対比して 図である。

44 4 態に係るセットアップ 32の 順を示す チヤ トである 45 3による ッ のプ ドを示す図である。

46スト ム 7による プ ドのテキスト スト ムの 択を示す である。

47AVC pの 生中にお て、 プ ドのテキスト スト ムを ザが選 択した場合に、 ダ 3が実行する 理を模式的に示す図である。

48 (a)AVC pの 域 ら、テキスト スト ムの 域 の ク、テ キスト スト ム 録 ら、AVC p 域 の クを示す図である。 0016 (b)デ ダ のAVC p 給が途絶えることによる、AVC pの 生の 切れを示す 図である。

49 5 態に係る再生装置の 部構成を示す図である。

50 P Rの 域に設けられた ム ス ラ の 例を示す図である。

51 (a)AVC pに多重されて るPGスト ム、プ ドされて るテキスト ス ト ム、プ ドされて な テキスト スト ムが、記述された TNTabeを示 す図である。

0017 (b) ム ス ラ が に設定されて る場合の 移を示す図である。

(c) ム ス ラ が に設定されて る場合の 移を示す図である。 52 (a) 実施 態にお て表示されるセットアップメ を示す図である。 (b ) の 張を ザが意図した際、表示されるメ を示す図である。

53 5 態に係る、選択 順を示す チヤ トである。

54 52のステップ 66の 理を詳細に示した チヤ トである。

55セットアップ 32の 順を示す チヤ トである。

56 (a) 6 態における TNTabeの 部構成を示す図である。 0018 (b) TNTabeに設けられた ム ス ラ の 容を示す。

57 ォントデ タ ドによる映像 生の 切れを示す図である。

58 実施 態における記録 体の 部構成を示す図である。

59 6 態における 3による 理を示す図である。 60 (a) 7 態における記録 体のディ クト 造を示す。

0019 (b) ァイ 報の 部構成を示す。

61 記述されて る ォントデ タが ッ に されてゆ 様子を示す 図である。 62 数のPa emが連続して再生される状況を示す図である。

63 TNTabeに基 プ ドを示す図である。

64 9 態に係る TNTabeの 述を示す図である。

65Pa em 1の TNTabeにはPGスト ムのPDが記述されて るが、Pa em 2にお て、PGスト ムは空白 間にな て て、Pa em 2の TN TabeにPGスト ムのPDが登録されて な ケ スを示す図である。

66 TNTabeに登録されて るスト ムはプ ドされるテキスト スト ム のみにな てしま 、プ ドされるテキスト スト ムが選ばれてしま 状況を 示す図である。

67 Pa em 2の TNTabeに多重 されたPGスト ムが登録されて な ため、プ ドされるスト ムが選ばれてしま 状況を示す図である。

68ダ としてPDが TNTabeに登録されたデジタ スト ムを選択した図であ る。

号の

BD ROMドライ

2 OCa O「age

3

4

5 ビデオデ ダ

6 ビデオプ ン

7 PGデ ダ

8 PGプ ン

9

テキスト ド ッ

ォント ッ

2 Tex Tデ ダ

3

4 ナ オメ 5

6 P Rセット

7 スト ム

9 、 テ

2 Poced e 行部

2 オント ンダ ング

22 ッ ァ

23 ント ラ

3 セ テスト

32 セットアップ

33 プ ド テ

2 生装置

3 ン

4 テ ビ

明を実施するための 良の

0021 )

降、本 明に係る記録 体の 態に て説明する。 めに、 明 に係る再生装置の 施行為の 、使用 為に ての 態を説明する。 は、 明に係る再生装置の、使用 為に ての 態を示す図である。 にお て 、 明に係る再生装置は、再生装置2 である。この 生装置2 は、 ン3 、テ ビ4 により 成されるホ ム アタ ステムに、映画作品を供給すると 途に供される。

0022 上が本 明に係る再生装置の 用形態に ての 明である。 て 明 に係る再生装置が再生の 象として る、記録 体に て説明する。 明に係 る再生装置により、再生されるのは、BD ROMである。 2は、BD ROMの 部構成 を示す図である。

図の 4 BD ROMを示し、 3 BD ROM上のトラックを示す。 図 のトラックは、BD ROMの 周 ら外周に けて に形成されて るトラックを、 向に引き伸ばして描画して る。このトラックは、 ドイン 域と、ボ ム 域と、 ドアウト 域と らなる。 図のボ ム 、物理 、 ァイ ステ ム 、応用 イヤ デ をも 。ディ クト 造を用 てBD ROMの

ォ ット(アプ ケ ォ ット)を表現すると、 の のよ になる 。この 1 にお てBD ROMには、Rooディ クト の下に、BD Vディ クト が ある。

0023 BDMVディ クト の 下には、P AY Tディ クト 、C PN ディ クト 、 TREA Mディ クト 、BD Aディ クト 呼ばれる4 の ディ クト が存在する。

TREAMディ クト には、 わばデジタ スト ム 体となる ァイ を 納して るディ クト であり、拡張子m2 sが付与された ァイ (00001~00003m2 s)が存 在する。

0024 P AY Tディ クト には、拡張子mpsが付与された ァイ (00001~00003mps) が存在する。

C PN ディ クト には、拡張子 pが付与された ァイ (00001~00003 Cp)が 存在する。 下、これらの ァイ に て説明する。

AVC p

めに、拡張子・m2 sが付与された ァイ に て説明する。 3は、拡張子 m2 sが付与された ァイ がどのよ に構成されて る を模式的に示す図である。 張子・m2 sが付与された ァイ (0000 m2 s00002m2 s00003m2 s・‥‥)は、A VC pを 納して る。AVC pは( )、複数のビデオ ム(ピクチャ 23) ら なるビデオスト ム、複数のオ ディオ ム らなるオ ディオスト ムを( 、PE 、 列に変換し( 2 、更にT 、 に変換し( 3 、同じ プ ゼンテ ョングラ ィクススト ム( PGスト ム) び対話 インタラクティ グラ ィクススト ム( 2 Gスト ム)をT 、 に変 換して( 3 、これらを多重 することで構成される。

0025 プ ゼンテ ョングラ ィクススト ムは、言語 の 幕を構成するグラ ィクスス ト ムである。

Gスト ムは、対話 御を実現するグラ ィクススト ムであり、メ 、ボタン 等のGU部品を構成するグラ イクスデ タ、ボタンの にお て、再生装置に 実行さ る き ンド(ボタン ンド)などを含む。

0026 AVC pは、 3に示したよ に多重 がなされて るスト ムはManC p 呼ばれ る。この他に、多重化がなされて な ものものある。 るAVC pは、 bC p 呼 ばれ、オ デイオスト ム、PGスト ム、テキスト スト ム(Tex T ea )等 を構成するAVC pが存在する。

C p

張子 p が付与された ァイ (00001 p)は、AVC pのそれぞれに1 1に対 応するC p 報である。 、C p 、AVC pにおけるスト ムの 式、 ム ト、 、 ト ト、解像 の 、対応するスト ムにお ける複数の ント 置を示すEP apをも て る。

0027 Pa s

張子 mps が付与された ァイ (0 mps)は、Pa s (P ) 報を 納した ァイ である。Pa 、M"nPa 、 bpah 呼ばれる2 類の 路を ねたものをPa s (P )として定義する情報である。 4は、プ イ スト 報のデ タ 造を示す図であり、本図に示すよ にプ イ スト 、ManPahを定義するMa nPah (ManPah )と、 bpahを定義する bpah ( bpah )と らなる。 0028 ManPahとは、 たるAVC p に定義される再生 路である。 bpahは、 b C p に定義される再生 路である。

Pa s 報の その

ManPah>

ManPahに て説明する。ManPahは、 たるビデオスト ム オ デイオスト ムに対して定義される再生 路である。

0029 ManPahは、 mpで示すよ に複数のPa e (‥・Pa e ‥・) ら定 義される。Pa em 、ManPahを構成する1 上の論理的な再生 間を定 義する。Pa em 報の 、引き出しmp2によりク ズアップされて る。この き出し線に示すよ にPa em 、再生 間のN点及びO 点が するAVC pの 報の ァイ 名を示す C p nO ma onnnename と、再生 間の 点を示す時間 N me と、再生 間の 点を示す時間 OUT me と、AV C pや bC pに多重 されて る メンタ スト ムの ち、再生 能なものを示 す TN abe と ら 成される。

0030 5は、AVC pと、Pa s 報との 係を示す図である。 1 AVC pがも 時間軸を示し、 2 、Pa s 報がも 時間軸を示す。 Pa s 、Pa er 2 3 3 のPa e 報を含んでおり、これらPa e 2 3のn me meにより、3 の 間が定義されることになる。これらの 間を配列さ ると、AVC p 間軸とは異なる時間軸が定義されることになる。これが 2 に示 すP 間軸である。このよ に、Pa em 報の 義により、AVC pとは異なる時間 軸の 義が可能になる。

Pa s 報の その2

< bpah>

ManPahが、 たるビデオスト ム オ デイオスト ム上に定義される再 生 路であるのに対し、 bpahは、ManPah 同期す きテキスト スト ム オ デイオスト ムに対して定義される再生 路である。

0031 ManPahにお て、 たるビデオスト ムは、関連するオ デイオスト ム などとともに多重 されて 本のスト ムにな て 、

る。BD ンテン 作成する際 には、あら じめ 要なスト ムが判明して るため、同期再生す き全てのスト ムを 本のスト ムとして多重化しておけばよ 。それに対して、 bpahは、ダウ ン ドされたテキスト スト ム等、多重化はされな が、同期再生が必要なス ト ムである。たとえば、ある映画作品を、世界の 地域に 布しよ とした場 合、 サ ング 当者は、欧米向けに出荷されるBD ROMでは英語 幕し 人 て な たけれど、 日本 けに出荷されるBD ROMには、 日本語の 幕を、追加 した と考えることがある。し し、 日本語 幕を構成するスト ムを作成し、これを ビデオスト ムに多重すると 間を払 て たのでは ストが てしま 。 0032 BD ROMでは、 bPah, を用 ることにより、 日本語 幕を構成する スト ムだけを bpahとして、ManPahに追加することができる。これにより日本語版 成を可能にさ ると のが bpahの 点である。 6は、 bpah 報の 部構成をク ズアップして 。この shに示すよ に bpahは、 上の bPa e (‥・ bPa e ‥・) らなる。また bPa em 、 の sh2に示すよ に C p n ma onnnename 、 bP a em n me 、l bPay emC me 、ls ncPa em 、ls ncs a PT o P a e らなる。

0033 lC p no ma onnnenameJは、C p 報の ァイ 名を記述することにより、 bPa emに対応する bC pを一意に指定する情報である。

bPa em n meJは、 bC pの 生時間軸上における、 bPa emの 点を 示す 報である。

bPa em meJ bC pの 生時間軸上における、 bPa emの 点 を示す 報である。

0034 ls ncPa em dJは anPahを構成するPa emの 、 bPa emが同期 す きものを一意に指定する情報である。 bPa em n meは、このs ncPa em dで指定されたPa emの 生時間軸上に存在する。

ls nc s a PT o Pa emJは S ncPa em dで指定されたPa emの 生時 間軸上にお て、 bPay em n meで指定された bPa emの 点が、どこに存 在する を示す。 bPa emの 生時にお て、現在の 生時点が、このs ncs PT o Pa emで指示される時点に到来した場合、 bPa emによる再生が開始 される。 bpahをManPah 同期さ るには、 bpah の 始時刻をManPa h上のどの 刻に合わ る を、s nc s a PT o Pa emで指定すればよ 。たと えば、ManPah上の再 始 ら300 た位置 ら、 bpahで指定されるスト ムの 生を開始するよ 、s c s a PT o Pa emで指定すればよ 。 生装置 では、Cock Co neが適切なタイ ングで、ManPahを構成するスト ムおよび bpahを構成するスト ムを多重 に転送して る。CockCo neは、Cock Gene a oの 刻を元に、同じ時間 度で現在 刻を計時して るので、上述したよ s ncs PT o Pay emの 定により、ManPah bPah 報の 生を高 度で同期さ ることができる。

0035 7は、 bPa em 間軸上の再 義と、同期 定とを示す図である。 にお て 1 、P 間軸を示し、 2 bPa e 間軸を示す。 bPa e N meは再生 間の 点を、 bPa emO meは再生 間の 点をそれぞれ 。これにより bPa em 間軸上にも再生 間が定義されて ることがわ る。 nにお て ncPa em dは、Pa emに対する同期 定を 示し、 n2にお てs c s a PT o Pa emは、P 間軸におけるPa em の 時点の 定を示す。

0036 Pa emの 生時間軸上にお て、現在の 生時点がs ncs a PT o Pa em で指示される時点に到達した際、C p no ma on enameで指定された bC p(テ キスト スト ム)の ち、 bPa em n me ら bPa em meまでの 分が再生されることになる。 る再生により、テキスト スト ムの ち、 bPa em n me bPa em meで指定された部分がAVC p 同期再生されること になる。 上が bpahに ての 明である。

0037 述したPa em 報の 成にお て TN abeは、 明の 施にな てはなら な 要不可欠な要素である。 TN abeに てより 細に説明する。

Pa s 報の その3

<STN abe

TN abeは Pa emのC p no ma onnnenameで指定されて るAVC pに多 重 された メンタ スト ム bPa emのC p n ma on enameで指 定されて る bC p内の メンタ スト ムの ち、再生 能なものを示すテ である。 体的に と、複数 メンタ スト ムのそれぞれに てのen を a b e 対応 けることで構成される。ここで 能な メンタ スト ム は、Pa emにより 定されて るAVC pに多重されて る メンタ スト ムを 主として意味する。し しこれだけではな 、AVC pとは別個に記録されながら、この メンタ スト ム 共に再生される メンタ スト ム(テキスト スト ム)も 含む。

0038 8(a)は、 TN abeの 部構成を示す図である。 図に示すよ に TN abeは、

TN abeにおけるen と、a b eとの (en a b e)を 、これらen 「 a b eの みの (n mbe o Vdeo s eamen esn mbe o a do s eam 。 en「eSn mbe PG eX TS eamen「eSn mbe LGS eamen「eS)を す 造にな て る。

0039 en a b eの みは、 の に示すよ に、Pa emにお て再 生 能なビデオスト ム、オ デイオスト ム、PGスト ム、テキスト スト ム、 Gスト ムのそれぞれに対応して る。

en b eの 細に て説明する。 8 b~(c)は、en b eの 細を示す図である。

0040 8 b 、PGスト ムに対応したen b eの みを示す図である。

PGスト ムにおけるen は、AVC pを多重 離するにあた て、 PGスト ムの 出に用 られるPDを示す e o s eamPDo manC pJを含む。

PGスト ムにおけるa b eは、0xg0に設定されることによりPGスト ムの デ 、 を示す s eamcodng pe と、対応するPGスト ムの 性を示す ng age Code と らなる。 PG ang age Code とは、対応するPGスト ムの ,注を、 0639 2 Tの ド(ang age Code)により したものである。

0041 8 c 、テキスト スト ム(ex Ts ea 表記することがある。)に対応した en b eの みを示す図である。

テキスト スト ムにおけるen 、テキスト スト ムを 納したAVC pの en を示す e o s bC pen D と、同期 報のDを示す e o s bPah D と、テキスト スト ムに付加されたPDを示す e o s eamPDo s bC p と らなる。

0042 テキスト スト ムにおけるa b eは、0x92に設定されることによりテキスト スト ムの デイックを示す s eamcodng pe と、対応するテキスト スト ムの ラクタ ドを示す h ac e Code と、対応するテキスト スト ムの 性を示すl ex T ang age code と らなる。l ex T ang age code とは、対 応するテキスト スト ムの 性を、 0639 2 Tの ド(ang age Code )により したものである。

0043 上が TNTabeの 部構成である。

Pa s 報の その4 Pa s 報の 体例

降、各 態で引用するPa s 報の 体例に て説明する。 9は、 態で取り上げるAVC pの 例を示す図であり、 は、 態で取 り上げる、Pa s 報の 例を示す図である。 実施 態で引用するPa s 、3 のPa e (Pa e ~Pa em 3)と、4 の bPah ( bPah 1~ bPah 4)と らなる。この ち4 の bPah 報のC p n ma enameは4 の なるC p 報を示して る。

これら4 のC p 報の ち、 bPah 1に対応するAVC pが、 日本語のテキス ト スト ム、 bPah 2に対応するAVC pが、 ランス語のテキスト スト ム、 bPah 3に対応するAVC pが中国語のテキスト スト ム、 bPa h 4に対応するAVC pがアラビア語のテキスト スト ムであるなら、これら のテキスト スト ムが、 bPah 報として、ManPahと共に再生されることにな る。 方、これらのManPahにおける3 のPa em 、 5に示したものと同じ であり、 1 のPa s 間軸を構成する。これらのPa em 報のC p n ma on enameに記述されて るのが、C p 報の ァイ であり、このC p 報には、ビデオ スト ム 、PGスト ムとを多重したAVC pが対応して るものとする。

また の き出し cs cs2 cs3はPa em ~Pa em 3の TNTab eの 成をク ズアップして る。この き出し線に示すよ に、 TNTabeには、AV C pに多重されて るPGスト ム 、 bPah 報にて指定されて るテキスト スト ムのPDが記述されて るものとする。その 果、 1 語、2 本語、3 ラン ス 、4 国語、5アラビア 5 の 語のテキスト スト ムが、再生 能 にな て る。

上の図 におけるPa s 報の 述により、 示すよ な、デジタ スト ムの束が規定されることになる。 、 に示したPa s 報により 定さ れるデジタ スト ムの束を示す図である。Pa em ~Pa em 3は、 5に示した時間軸を構成するため、時間軸にお てPa em 、Pa em 2、Pa em 3が再生されて る期間に、ビデオスト ムが再生され、また英 語のPGスト ム、 日本語~アラビア語のテキスト スト ムの 生が可能になる 。 まりPa s 間軸の 行に伴 、英語のPGスト ム、 日本語~アラビア 語のテキスト スト ムの 生が可能になり、これらの ち、英語のPGスト ム、 日本語~アラビア語のテキスト スト ムの れ を、ビデオスト ム 同期して 再生さ ることができる。

0047 上が記録 体に ての 明である。 て 明に係る再生装置に て 説明する。

2は、 明に係る再生装置の 部構成を示す図である。 明に係る再生 装置は、本図に示す 部に基 き、工業的に生産される。 明に係る再生装置は 、主として ステム と、ドライ 2 の ツ らなり、これらの ツを 装置の ビネット に実装することで工業的に生産することができる。 ステ ム は、再生装置の 能を果たす 処理部を集積した集積回路である。こ し て生産される再生装置は、BD ROMドライ 、 oca o age2、操作 3、多重 4、ビデオデ ダ5、ビデオプ ン6、PGデ ダ7、PGプ ン8、合成 9、テキスト ド ッ 、 ォント ッ Tex Tデ ダ 2、 ダ 3 ナ オ 4、制御 5 P Rセット 6 ら 成される。 図にお て一点 で囲んだ 、 ステム として、ワンチップ されて る部位を示す。

0048 BD ROMドライ は、BD ROMの デイング イジ ク を 、BD ROMに対 するアクセスを実行する。

カ スト ジ2は、ネットワ ク等を介してダウン ドされたAVC p C p 、Pa s 報が 納される内蔵 体である。 カ スト ジ2上のPa s 、BD ROM カ スト ジ2のどちらに存在するC p 報であ ても、指 定できる点でBD ROM上のPa s 報と異なる。この 定にあた て、 カ スト ジ2上のPa s 、BD ROM上の ァイ を で指定する必要はな 。 カ スト ジ2は、BD ROM 一体にな て、仮想的な1 のドライ ( ドライ )として、再生装置2 により 識される らである。故に、Pa e 報 におけるC p no ma onnnename bPa e 報のC p no ma onnnename は、C p 報の 納したファイ の ァイ ボ にあたる5桁の数値を指定すること により、 カ スト ジ2、BD ROM上のAVC pを指定することができる。この スト ジ2の 容を読み出し、BD ROMの 容と動的に組み合わ ることにより、 再生の ョンを産み出すことができる。

0049 3は、 カ スト ジに 納されたPa s 報により、どのよ Pa s 生時間軸が定義される を示す図である。 1 、BD ROMに記録されたAVC pにおける再生時間軸を示し、 2 、 カ スト ジに 納されたPa s 報により 義されるPay s 生時間軸を示す。この 1 、第2 に示すよ に、 カ スト ジに 納されたPa s 、BD ROM上のAVC pに対して 独自の 生時間軸を定義することができる。 3 、 カ スト ジに 納さ れた bPa e における bPa e 生時間軸を示す。 bPa em N meは再生 間の 点を、 bPa emO meは再生 間の 点をそれぞれ 。 これにより bPa em 間軸上にも再生 間が定義されて ることがわ る。

nにお て ncPa em dは、Pa emに対する同期 定を示し、 n2にお てs nc s a PT o Pa emは、P 間軸におけるPa em の 時点の 定を示 す。

0050 このため、 bP a e 報にて、 bPa em 生時間軸上に定義される再生 、 カ スト ジ上のPa em 報により 義されるPa s 生時間軸と同 期をとることになる。

カ スト ジ上のPa s 、BD ROM上のAVC pに対し、Pa s 生時間軸を指定することができ、 カ スト ジ上の bP a em 、この 生時間軸に対し、 カ スト ジ上の bPa emとの 期を指定することができ るので、 カ スト ジ上の bPa emで指定されるAVC pがテキスト スト ムである場合、このテキスト スト ムをBD ROM上のAVC p 同期さ て再 生することができる。

0051 上が oca o age2に ての 明である。

3は、スト ム等を選択する 作が、 ン 再生装置の ント ネ に対してなされれば、その 作を示すUse Ope a on 報をスト ム 7 に する。

4は CockCo ne CockGene a oを備え oca o age2 らT ケ、 を取り出して、このT 、 を構成するT 、 をPE 、 に変換し、ビ デオスト ム Gスト ムを得て、それぞれビデオデ ダ5、PGデ ダ7に する。

0052 ビデオデ ダ5は、多重 4 ら出力された PE 、 を して

式の を得てビデオプ ン6に書き込む。

ビデオプ ン6は、 式のピクチ を 納してお ためのプ ンである。 プ ンとは、再生装置にお て の デ タを 納してお ための 域である。ビデオプ ン6における解像 1920 080であり、このビデオプ ン6に 納されたピクチ デ タは、 16ビットのY V値で表現された デ タに より 成される。

0053 P G aphcs(PG)デ ダ7は、BD ROM ら読み出されたプ ゼンテ ョングラ ィクススト ムをデ ドして、 グラ ィク をP esena onG aphcs ン8 に書き込む。グラ ィクススト ムのデ ドにより、字幕が 面上に現れることにな る。

Pesena onG aphcs(PG) ン8は、 の 域をも た りであり、 の グラ ィク を 納することができる。 プ ンにおける解像 1 920 080であり、Pesena onG aphcs ン8中の非 グラ ィク の

8 、 のインデ、 で表現される。C UT(Coo ook pTabe)を用 て るインデ、 を変換することにより、Pesena onG aphcs ン8に 納 された グラ ィク は、表示に供される。

0054 9は、ビデオプ ン6に 納された 態のピクチ デ タを、Pesen a onGaphcs ン8の 容と合成する。

テキスト ド ッ は、BD ROM oca o age2 ら読み出されたテキス ト スト ムが 納される ッ である。テキスト スト ムの 合、2 間の 画作品用の でも500K イト 度であるので、500K イト 度の 模がテキスト ド ッ にあれば、 1 のテキスト スト ムを読み込むことができる。 0055 ォント ッ 、テキスト スト ムを構成する ド列をビット ップに展 開する際、用 られる ォントデ タが 納される。 ォント ッ M イト ほどの 模があれば、C K オント( 国語、 日本語、韓国語) オン を 納し てお ことができる。このC K オン が 納されて れば、中国語、 日本語、韓国語 のテキスト 幕を 、 ト ップに展開することができる。

Tex Tデ ダ 2は、 オント ッ ァ皿に 納されて る オントデ タを用 て 、テキスト ド ッ 0上のテキスト スト ムに含まれるテキスト ドをビッ ト ップに展開してPesena onG aphcsプ ン8に書き込む。

ダ 3は、テキスト スト ム オントデ タをテキスト ド ッ オント ッ ァ皿に する。 ダ 3による 、テキスト スト ム びこれの 開に必要な オントデ タであり、比較的デ タ量が小さ の で、 ダ 3は、 TNTabeに記述されて る全てのテキスト スト ムをテキスト ド ッ に読み込み、それと共に、 オントデ タを オント ッ ァ皿に読 み込んでお ことができる。そ した読み込み 、現在の 生時点に応じてTex Tデ ダ 2に必要なデ タを供給する。こ したManPahの 生に先立ち、テキスト ド ッ 、 オント ッ ァ皿にデ タを読み込んでお ことをプ ド 。

3がプ ドを〒 のは以下の 由による。ManPah 報と bPah 報と で指定される2 のスト ムがBD ROM、 ドデイスクとに に記録されて れ ば、 2 の らそれぞれ 時に読み取 て けばよ 。し しBD ROMのよ な デイスクは、比較的アクセス 度が遅 ので、ManPah 報とにより 定されるス ト ム 、 bPah 報により 定されるスト ムとが同じBD ROMに記録されて る場合、 クを行 ながら2 のスト ムにアクセスすることは非常に難し 。そこ で 3は、ManPahの 始を〒 前に、 bPah 報が指定するデ タ、 まり、テキスト スト ム 、これの 開に用 られる オントデ タ を ッ に読み込んでお のである。

てのデ タをテキスト ド ッ 、 オント ッ ァ皿に読み込んだ場合、 ManPah側のスト ムを再生さ ながら、 bPah側のスト ムを再生さ ることも できる。ここで、 bPah スト ムを選択 ず、 ManPah側のスト ム を再生さ たとしても、テキスト ド ッ 、 オント ッ が上書きされな 20

ければ、ManPah側のスト ム ら、 bPah側のスト ム の り替えが可能に なる。

0059 ナ オ 4は、カ ントのPa s カ ントのC p 報を 納してお た めの りである。カ ントPa s 報とは、BD ROMに記録されて る複数Pa s 報の ち、現在 象にな て るものを 。カ ントC p 報とは、BD ROM に記録されて る複数C p 報の ち、現在 象にな て るものを 。

5は、 ナ オ 4に読み出されたカ ントPa s 報、カ ントC p 報に従 、BD ROMに記録されたAVC pを読み出し、再生する制御を行 。

0060 P Rセット 6は、再生装置に内蔵される ジスタであり、64個のPa e a s e n gRegs e (P R)と 4096個のGene a P poseRegs e (GPR)と らなる Pa e a s e ngRegs eの 定値(P R)がどのよ な意味をも は、後で詳細に説明する スト ム 7は、 TN abeに記述されて るen b eが記述されて るPGスト ム又はテキスト スト ム ら1 を選択して、再生さ る。スト ム 7による選択とは、 TNTabeに記載された 数のen a b eの み の ち、P Rに 納されたスト ム 号に対応するもの ら、PDを取り出し、取り出 されたPDに対応するPGスト ム又はテキスト スト ムを、動画像に合成さ ることを 。ここで取り出されたPDが、PGスト ムを特定するものなら、そのPGスト ムを多重 離するよ 、多重 4を設定する。 方、取り出されたPDがテキ スト スト ムを特定するものなら、そのテキスト スト ムを、テキスト ド ッ 、 ォント ッ らTex Tデ ダ 2に供給する。

0061 4は、ビデオ ン ダのデ ドによるデ ド 果と、スト ム 7に よる選択 果とを、 2の 部構成に書き加えた図である。ここでビデオ ン ダ によるデ ド 果とは、ピクチヤ列であり、スト ム 7による選択 果とは、 ウソだ た ごめん あれ ら 3 た た である。スト ム 7は、PGスト ムのデ ド 果、テキスト スト ムのデ ドを選択 的に、ピクチヤ列に合成さ ることにより、再生装置は、PGスト ムのデ ド 果、 テキスト スト ムのデ ド 果のどちら を、字幕としてピクチ に合成した で再生さ ることができる。

P Rに ての

上が本 明に係る再生装置の 成である。 てP Rセットにおける のP R に て説明する。 P Rセットの ちP R P R2 P R 5 P R 7 P R30 P R48~6 、再生装置における音声・ 幕の 、これらをデ ドする能力の 、言 語 定を示すものである。 5は、P R2 P R 7 P R3 の 定を示すである。 P Rの その ・P R2 73

P R2は、現在 択されて るPGスト ム又はテキスト スト ムのスト ム 号を 納する。ここでスト ム 号とは、 TNTabeにお て、PGスト ム テキ スト スト ムに対応するen a b eが何番目に記載されて る と 、記 載 位を示す 号であり、 の TNTabeに依存した番号である。

0062 またP R2はdsp agを含む。dsp agは、 0 に設定されることにより、PGスト ム テキスト スト ムの 示が不可能であることを示し、 に設定されることに よりPGスト ム テキスト スト ムの 示が可能であることを示す。

P R は、 生装置における 語の 定を、 0639 2 Tの ド(ang age Code)により 。ここで言語 定とは、再生装置に対し430 語と 語の ち 、 ザが再生を希望して るものを記憶してお ことを 。このP R に記憶され て る言語は、あ までも、 ザの 望であり、この 語に対応するPGスト ム、 テキスト スト ムがBD ROMに存在するとは限らな 。またP R に存在するD ecodeCapab が、再生装置に存在するとも限らな 。とに 、 ザの 望が、 字幕 語の 定として、P R に記憶されて るのである。

0063 P R30は、最上位 、 が 0 に設定されることによりテキスト 幕を表示する能力が 再生装置に存在しな 旨を示し、最上位ビットが に設定されることによりテキスト 幕を表示する能力が再生装置に存在する旨を示す。

生装置にテキスト スト ムをデ ドする能力があ たとしても、どの 語 に対応するテキスト スト ムのデ ドが可能であり、どの 語に対応するテキ スト スト ムのデ ドが不可能である は、言語によ て違 。 P Rの その2・P R48~6

テキスト スト ムは、文字 ドを用 て字幕を表現して る。し し日本・ ・ 国などの アジアにお て 著にみられるよ に、 言語ごとに、違 ドが存在することもある。そこで、言語ごとに を用意して、対象となる言語 が適切に表示できる 否 を、判定できるよ にして る。 P RセットのP R48~6 0639 2 Tの ド(ang age Code)にて定義された の 語のテキスト スト ムに対する、デ ド 力の 無を示す。

6は、P R48~6 部構成を示す図である。 図における四角 、 1 の 語におけるDecodeCapab を示すDecodeCapab ラ である。

0064 これらP R48~6 、言語数分の を 納して る。 ラ は ごとに表示 否 を示すことができれば りるので、 1 ビットに設定されて る。 用 人数の 較的少な 言語であ ても、DecodeCapab の 無を示すこ とにして る ら、本図における 、 、430 X ビットにより、430ビット 上 の ジスタ 域を必要として る。

0065 るDecodeCapab y ラ は、430 語のそれぞれに対応して る ら、これら のDecodeCapab ラ の ち、 TNTabeに記述されたex T ang age codeに対 応するものを参照することにより、その ex T ang age codeに対応する言語のテキス ト 幕のデ ド 力の 無を判定することができる。

7は P R48~6 におけるDecodeCapab ラ ex T ang age codeとの 応を示す図である。P R48~6 における のDecodeCapab ラ が、P R p ビット qにより 別される。またテキスト スト ムの 、 ex T ang age codeにて表現される。この ex T ang age codeを、P R48~6 における P R p 、 qに変換することにより、テキスト スト ムに対するDec odeCapab が存在する 否 を判定することができる。

0066 8は、P R48~61の ち、P R53の 容を示す図である。P R53は、 32個のDec odeCapab ラ を含む。 pn av a と た3 イトの ドは、 ex T an g age codeである。これら ex T ang age codeに示されるDecodeCapab ラ が 、 32 、P R53に存在して ることがわ る。 9は、 ex T ang age codeの 容を示す図である。この図における意味 容を照合すると、 a 3 イトの ドはイタ ア語を示し、 pn 3 イトの ドは日本語を示す。 av 3 イトの ドは 語を示して ることがわ る。 りのP Rも、 、 の値により、De codeCapab ラ の 無を示して る ら、 430 語のDecodeCapab ラ が、P R48~6 示される。 上が本実施 態におけるP Rセットの 分であ る。 てスト ム 7における特徴 分に て説明する。

スト ム 7に ての

2 は、 態におけるスト ム 7の 分を示す図である。ス ト ム 7にお て特徴的であるのは、 、 テ Poced e 行部2 がスト ム 7に存在して る点である。

その ・ビット テ 9

テ 9は、 ex T ang agecodeを示す3 イトの ド 、P R48~6 におけるP R 号、 、 との り当てを示す。 2 は、P R48~6 におけるP R 号及びビット 、 ex T ang age codeとの 係を示す図である。 図によ ると、 ex T ang agecodeにおける Pn 3 イトの ドは、P R 53 と、 ビット b8 に対応して ることがわ る。

av 3 イトの ドは、P R 53 と、 、 b7 に対応して ることが わ る。

a 3 イトの ドは、P R 53 と、 、 bg に対応して ることが わ る。

こ した対応 けを , して るので、 TNTabeに記述されたex T ang age cod e ら、P R48~6 におけるP R 号、 、 置を導 ことができ、そして、そのP R 号、 、 置に示される1ビット値の設定値を参照することにより、その ex T ang a ge codeに示される言語のDecodeCapab の 無を判定することができる。 上が 割 テ の である。

その2・P oced e 行部2

Poced e 行部2 は、あるPa e 報 ら別のPa e 報 の り換わりが 生じた場合、又はスト ム 号を切り換える旨の操作が ザによりなされた場合、 定の 順を実行して、P R2に新たなスト ム 号を書き込む。スト ム

7は、P R2に書き込まれたスト ム 号に応じて、PGスト ム又はテキスト スト ムを選択するので、 るP R2の 定を通じて、PGスト ム、テキスト スト ムのどちら が再生されることになる。ここで、Pa e 報の り換わり時にお て、P R2 定のために実行される手順をlP oced ewhenpa backCond on s Cha nged 、 ザ にお て、P R2 定のために実行される手順をlPoced ewhenChange s eq es ed と 。

0068 Pa em 報の り換わり時に、手順を実行するのは、 TNTabeはPa em

存在するので、あるPa em 報にお ては再生 能であ たテキスト スト ムが、別のPa em 報にお て再生不可能になることが に有り得る らで ある。

また、 ザ 作の 、手順を実行するのは、 ザ 作にてP R2に 納される スト ム 号が、 とは限らず、不正なスト ム 号が書き込まれよ とし た際の カ が必要になる らである。

0069 lPoced ewhenpa backCond on s Changed lPoced ewhenChange s eq es edは、PGスト ム、テキスト スト ムのそれぞれが、(a)(b)の 件を満た す 否 を判定して、満たした条件の数の多さにより、PGスト ム テキスト スト ムに優先順位を付与する。そして、その 先順位が高 もののスト ム 号 をP R2に書き込むと ものである。

Poced e 行部2 の その

Poced ewhenpa backCond on s Changed>

Poced ewhenpa backCond on s Changedの 、 22のよ になる。

、ステップ 、ステップS2 2 の ステップの 合 で、P R2 の 定を行 ものである。

0070 ステップ は、 TN abeにおけるen 数が0である 否 の 定であり、もし0であ ればステップS3にお てP R2の値を維持する。

ステップS2は、 TN abeにおけるen 数は0ではな 場合に、P R2より TN abe のen 数が多 、 、条件(A)が真である を判定するものである。 (A)とは P R2で特定されるテキスト スト ムをデ ドする能力が再生装置に存在す ることである。もしステップS2がYesであればP R2を維持する(ステッ S4)。もしP R2 の値がen より大き か、或は条件(A)を満たさな 場合は、ステップS5にお て の 効な値をP R2に 定する。

0071

Poced e 行部2 の その2

Poced eWhenChange s eq es ed>

てP oced ewhenChange s eq es edに て説明する。 23は、スト ム における設定 順を示す チヤ トである。 チヤ ト 、 22と の は、 22におけるP R2の 記がXに置き換えられて る点である。このXは、 操作 3 ら出力されたUse Ope a on Gスト ム内のボタン ンド に基 値である。

0072 チヤ トにおけるステップS 9は、Xより TN abeのen 数が多 、

、条件(A)が真である を判定するものである。 (A)とは、P R2で特定されるPGス ト ム、テキスト ストリ ムをデ ドする能力が再生装置に存在することである 。もしXがこの 件を満たすなら、P R2にXを設定する(ステップS2 )

もしXがen より大き 、或は条件(A)を満たさな 場合は、Xが、 nva d (0 x )である 否 を判定する(ステップS22)。もしOx であれば、 ザが選 択を意図するPGスト ム、テキスト スト ムの 無効であると考えられる ので、 ザ 作に基 Xを無視し、P R2の 定値を維持する(ステップS24) 0073 もしP R2の 定値が x でな なら、 をP R2に設定する(ステップS23)

Poced e 行部2 の その3

の 効な値をP R2に設定するための

述した チヤ トにお て、ステップS5 ステップS23の 理の 、 24に示した通りになる。 24は、P R2の 順を示す チヤ トである。 0074 チヤ トのステップS3 、ステップS32は、 TN abeに記述されて るPG ex Ts eamのそれぞれに て、ステップS33~ステップS35の 理を繰り返す プ 理にな て る。 プ 理にお て処理 象となるPG ex Ts eamをP G ex Ts ea とする。ステップS33は PG ex Ts eamのs eamcodng peが 0xg1である 、0x92である の 定であり、もし0xg1であるならステップ 4に移行す る。

0075 ステップS34は、PGs eamが、以下の(a(b)を満たす 否 の 定である。

(a)PGスト ムをデ ドする能力が再生装置に存在すること

(b)PGスト ムの 性が再生装置の 定と一致すること

この(b)の 、 TN abeにおけるPG ang agecodeがP R 一致する 否 の 定でなされる。

0076 ステップS35は、 ex Ts eamが(a)(b)を満たす を否 の 定である。

(a)テキスト スト ムをデ ドする能力が再生装置に存在すること

(b)テキスト スト ムの 性が再生装置の 定と一致すること (a)の 件を具備して る の 、P R48~6 における対応する 、 がデ ド を示す ど でなされる。(b)の 件を具備して る の 、 TN abeの ex T ang agecodeがP R の 定値と一致して る ど でなされる。 0077 上のステップS33~ステップS35の 理が全てのPG ex Ts eamに て り 返されれば、ステップS36~ステップS4 の 理が実行される。

ステップS36は、(a)を満たすPGs ea が存在しな ど の 定であり、もし 在しな のなら、 nva d ( x )をP R2に設定する(ステップS38)

ステップS37は、(a(b)の 方を満たすPG ex Ts eamが存在する ど の 定 であり、もし 在するのなら(a)(b)を満たすPG ex Ts eamの ち、 TN abeにおけ る ント 位が最も高 ものをP R2に設定する(ステップ )

0078 ステップS4 は、(a)のみを満たすPGs earr、 a)のみを満たすex Ts eamの ち、

TN abeにおける ント 位が最も高 ものをP R2に設定する。 体例を 交えながら、 チヤ トの 理に て説明する。

テキスト スト ムのDecodeCapab の 無に ては、 25の チ ヤ トに基 き判定される。 25は、テキスト スト ムのDecodeCapab の 無を判定するにあた ての 順を示す チヤ トである。 チヤ ト は、対象となるテキスト スト ムの ex T ang age codeを TNTabe ら取得し (ステップ )、 テ を参照することにより、テキスト スト ムの ex T ang agecodeにあたるP R p ビット qとを特定する(ステップS 2)。そし て、P Rpのq 、 日が "である 、 0である を判定して(ステップ ) P Rpのq ビット日が であれば、対象となるテキスト スト ムが、 (a)を満たすとする( ステップ 4)。 方、P Rpのq 、 日が 0であれば、対象となるテキスト スト ムが、 (a)を満たすとする(ステップS )

Poced e 行部2 の その3

P R2 定の 体例

この 体例で想定して る再生装置は、 26(a)に示すよ に日本語、中国語のテ キスト スト ムをデ ドする能力はも て るが、 ランス 、イタ ア語をデ ドする能力はも て な 生装置である。そして中国語を示すよ 、P R にお ける言語 定がなされて るものとする。

0079 る再生装置に対し、 26(b)に示すよ な TN abeが ドされたとする。この

TN abeには、 日本語、 ランス 、中国語、アラビア語のテキスト スト ムのe n (ex Ts eam 234)が記述されて る。

る記述 容の TN abeが処理 象であると、ステップS34、ステップS35にお て PG ex Ts eamが、 (a)、条件(b)を具備して る ど の が 26(c)に示すよ になされる。ここで日本語のテキスト スト ムは、3 の 件の ち、条件(a)し たさな 。 国語のテキスト スト ムは、 (a)、条件(b)を 満たす。

0080 スト ムに ての 備が明ら にな たので、 (a)~ (b)の て を満たす 国語のテキスト スト ムに最高 位を付与する。その 果、中国語 のテキスト スト ムが選択されることになる。

Poced e 行部2 の その4

P R2 定の 体例

降、図27を参照しながら、 TN abeにおけるen の によるテキスト スト ム 択に て説明する。ここで想定する再生装置は、 26(a) 様、 日本語 国語のデ ド 力をも て る再生装置である。そして 国語を示すよ 、P R 7における言語 定がなされて るものとする。

0081 る再生装置に対し、 27(b)に示すよ な TN abeが ドされたとする。この

TN abeには、 日本語~アラビア語のテキスト スト ムのen (ex Ts eam 234)が記述されて る。

る記述 容の TN abeが処理 象であると、ステップS34、ステップS35にお て PG ex Ts eamが、条件(a)、条件(b)を具備して る ど の が 27(c)に示すよ になされる。ここで日本語のテキスト スト ムは、3 の 件の ち、 (a)し たさな 。 国語のテキスト スト ムも、 (a)し たさな 0082 ここで、 (a)のみを満たして るテキスト スト ムが複数ある場合、 TN ab eにおけるen の 位に応じて、 スト ムにおける 位を定める。ここで、 TNTa beにお ては、 日本語の 位が最高にな て るので、 日本語のテキスト スト ムが選択されることになる。 上がP oced e 行部2 に ての 明である。 て制御 5による 順に ての 明を行 。

その3・ 5による

28は、制御 5による再生 順を示す チヤ トである。 チヤ ト は、Pa s 報における先頭のPa e 報をPa e して、ステップS 33 ~ステップS 42の プ 理を実行するものである。ステップS 33~ステップS 4 2の プ 理における制御 、変数であり、ステップS 33~ステップS 4 の 理を実行して、その 、制御 をインク メントすると 理を、変数が、Pa em (N mbe O Pa em)を越えるまで実行するものである(ステップS 4 )o 0083 ステップS 33~ステップS 4 の 理に て説明する。これらの 、Pa em のC p no ma on enameに記述されて るAVC pを、AVC pとし(ステ 、プS 33)、再生の 象とする。ステップS 34は、P oced ewhenPa backCon o s Changedの 行であり、その 、Pa em n me らPa emO meまでの 分 を再生するよ 、ドライ 置及びデ ダに指示する(ステップS 5)

0084 ステップS 36は、Pa em を cPa em dに指定して る bPa emkが 存在する 否 の 定である。もし 在しなけば、そのま ステップS 4 に移行する もし 在すれば、 bPa emkのC p n ma on enameに記述されて るAVC pをAVC phにし(ステップ 38)、そのAVC phの ち、 nc PT o Pa em ら、O meまでを再生するよ 、ドライ 置及びデ ダに指示してステップS 4 に移行する(ステップS 4 )

0085 上の処理を、Pa s 報を構成する全てのPa e 報に て り返すこと により、Pa s 報にて 定されるAVC pの 生がなされる。この プ 理にお て、 1 のPa em 報の 生がなされる度に、Poced ewhenPa backCon o s ChangedがP oced e 行部2 により実行され、このPoced e 行部2 の 行に より、PGスト ム、テキスト スト ムの ち、 1 が選択されることになる。そして こ して選択されたスト ムがテキスト スト ムであり、 bPah 報で指定され て るものなら、ステップS 36~ステップS 4 の 順により、このテキスト スト ムが再生されることになる。

0086 上のよ に本実施 態によれば、P R48~61には、テキスト 幕を表示することが できる能力の 、言語 示されて るので、 ザがある言語でのテキスト 示を希望した場合、その 語でのテキスト 示の ,注の有無を、 ジスタ セットにおける ビットの 定値を参照することにより、即座に判定することができる。

、 の 定値を参照するだけで、 れ の 語でのテキスト 幕の ,注 の有無を判定することができるので、たとえ、テキスト 幕の が何百 語に及 んだとしても、所望の 語での、字幕 示の ,注を即座に判定することができる。 0087 2 )

2 態では、テキスト スト ム Tex Tデ ダ 2の 部構成をよ り 細に説明する。 29は、テキスト スト ムの 部構成を示す図である。 図の 1 、 bPa e 報の 間軸を示し、 2 EP apを示す。 3 、テキスト スト ムを示す。この 3 におけるテキスト スト ム の 部構成に て説明する。

0088 テキスト スト ムは、先頭に 在する スタイ 、複数の

と らなる。このスタイ 、スタイ 、テキスト スト ムの 頭に 30

のみ 在して る。スタイ 、 自身の である スタイ D と、ビット ップ の 開に用 る オントデ タを示す オントD 、ビット ップ の における オントサイズ、PGプ ン8における表示 域の 置、 置を 示す と らなり、テキスト スト ムは、これらの 報をまとめてスタイ として 理して る。またスタイ に複数のスタイ が定義されることがある ( 29では2 )。

0089 スタイ 報に、 オントサイズを記載して るのは、最低限の オント ッ のサ イズを宣言するためである。 まり オントセットはプ ドが必要であるため、必ず み込まなければならな オントデ タを、スト ム 生前に明示 に指定して お よ にして る。

、 字幕の 始時刻 と、字幕の 、字幕を表す ド列である テキスト ド 、この 幕を表示す き表示 置を一意に特定する スタイ Dの らなる。テキスト 幕に対応するEP apは、テキスト 幕を 構成する の 報を ント として指定して る。そのため、 28に示 したよ に、テキスト スト ムをその 部 ら再生さ るにあた て、Tex Tデ ダ 2は、これら複数の 報の ち、 bPa e 報の a em n me bPa em meに対応するものを再生してゆ 。 上がスタイ 報、表示 報 に て説明である。

0090 3 (a)は、スタイ 報の 定例を示す図である。この 定例にお てスタイ 1は、P esena onG aphcs ン8における (x )を示すよ 設定されて るものとする。

そして 3 (a)における3 の 、スタイ 報にお て定義された 幕 の 域を指定して る。 報における表示 始時刻は、それぞれ 2 3に設定されており、 報におけるテキスト ウソだ た ご めん に設定されて る。こ した設定により、表示 報における 、動画の 生 時刻の 行に伴 、 に切り換わ てゆ ことになる。

0091 3 (a)の 報を含むテキスト スト ム 、BD ROM上のAVC pとの 期が oca o age32 のPa s 報に 定されて るものとする。そ すると、 報の 置、表示 始時刻に基 きテキスト Pesena onGaphcs プ ン8上に配置することにより、 3 (b)のよ な合成 像が再生されることにな る。

上が本実施 態におけるテキスト スト ムの 部構成である。

てEP apに て説明する。 29の 2 におけるEP apは、テキスト スト ムにおける表示 報の ント 置を、 bPa e 間軸における ント 対応 けて 。 る対応 けを示すことにより、 bPa e 間軸における 意の 置 ら、テキスト 幕における表示 報の ド スを導 ことができる。

上がテキスト スト ムに ての 明である。

て、 bPa em 報を用 たテキスト スト ムの 生に て説明する 。 29に示したよ に、EP apにより、 ント ント との けが なされて るので、 bPa em 報のn me O meを、テキスト スト ムの ント 置に変換することにより、 n meに対応する表示 報の ド スを、得る ことができる。

3 は、 28のステッ の チヤ トであり、テキスト スト ム の 理を示す チヤ トである。

ステップS 48では、カ ントC p 報のEP apを用 て、 bPa em のn me を、テキスト スト ムにおける表示 報の アド ス に変換する。 ステ 、プS 49では、 bPa em のO meをカ ントC p 報のEP apを用 て、テ キスト スト ムにおける表示 報の アド ス に変換する。これらの 換で 得られた ド ス の次の ド スを求めて、その ド スの 手前を ド スvに 設定し(ステップS 5 )、そ して 出された ド スvを用 て、テキスト スト ムにおける ド ス ド スvまでの 分をTデ ダに投入する(ステップ 52)。この チヤ トにより、 bPa em 報におけるn meを、テキスト スト ムにおける ント 置に変換することにより、 bPa em 報に基 き、テキ スト スト ムを再生さ ることができる

る 理により、 anPahの 生、 bPahの 生の 方が再生されるので、 と らなる合成 像が表示されることになる。

0095 て本実施 態におけるTex Tデ ダ 2の 部構成に て説明する。

32は、Tex Tデ ダ 2の 部構成を示す図である。 図に示すよ にTex T デ ダ 2は、 オント ンダ ング 2 と、展開 ッ 22と、 ント ラ23と ら なる。

オント ンダ ング 2 は、テキスト ド ッ に 納されて る表示 報 の ド列を、 、 ト ップに展開する。この 開にあた ては、その 報におけ るスタイ Dを取り出して、そのスタイ Dに対応する オントデ タを ッ ら取 り出し、この オントデ タを用 ることにより行 。

0096 ッ 22は、 オント ンダ ング 2 により 開されたビット ップが 納さ れる。

テキスト スト ムを構成する ド 、この ド列の展開に必要な オント デ タ を ッ に読み込む 理をプ ド 。テキスト ド ッ

オント ッ 皿に複数のスト ムを読み込むことができる場合、読み込まれる優 先順位は、 態で述 た、 TN abeにおける 立などによ て決められる。 先順位の スト ム テキスト ド ッ 、 オント ッ 皿に読み 込めるだけ み込んでおけば、再生中に クを発生さ ずに切り替えられるスト ムの 類が増す。

0097 ント ラ23は、展開 ッ 22に 納されたビット ップを、表示 報における 表示 刻及び 置に従 、PGプ ン8に書き込む。

オント ンダ ング 2 によるビット ップ の 開にあた ては、テキスト スト ムに対応する言語の 性をサポ トするよ な制御を行 。 性のサポ トには、横書き、縦書き、カ ング、行末 、右 ら左 の 画、合字・ き字 と たものがある。

0098 ここでカ ングとは、文字の 状により を詰めて見た目をよ する機能

。 とは、行末の 。 が オン の 置により行頭に ることを禁止する機能を 。

上がTex Tデ ダ 2の 部構成を示す図である。 幕をグラ イクスで表現 する場合には、発生しな たが、 ド列で表現する場合に新たに発生する 術 的課題に て説明する。

ド 現による 術的課題

グラ ィク で表現された 幕の 合、どの 生装置でも同じ た目を保 ことは 簡単になる。 幕が文字 ドで表現されて る場合は、 32の 部構成に示した よ な、 on Gene a eある はRende e 呼ばれるよ な、文字 ドを 、 ト ップ に変換して画面上に表示するための ジ ( ォント ンダ ング 2 )が必要に なる。そして on Gene a eは機器によ て、文字の 、サポ トする言語が遠 て る可能,注がある。

0099 これは、グラ ィク で表現された 幕の 合、見た目は サ ング時に決められ るのに対して、字幕が文字 ドで表現されて る場合、字幕の た目は、再生装置 の on Gene a oの性能に依存してしま ためである。

少の 字の形の違 は、現在のWeb するよ なHTM ラウ でも 在し、それほど大きな問題ではな が、以下に述 るよ な言語 ,注による違 は 非常に大き 。

0100 33(a)は、 日本語の 性による イアウトの に て説明した図である 。 33(a)における の は、 号が横書きと、縦書きとで9 きが異 なることを示す。 字の は、 のよ な小さな文字を、横書きと 書きとで、 配置 置を 妙に調整してお 必要があることを示す。 音の は、横書きと 書 きとで、文字の 体を変えてお ことを示す。 33(b)は、アラビア語の言 性 における イアウトを示す。この 33(b)に示すよ に、アラビア語では、文字は右側 ら左側に流れて ことがわ る。

0101 このよ な特殊な文字・ 語を on Gene a eが生成しなければならな が、これは 対応する ォント 報を与えればよ と ものではな 、 ォント ンダ ング 2 が ビット ップを描画するにあた ての、 能としてこれらをサポ トする必要があ る。これらのサポ トが必要なので、品質 証を考えれば、サポ トが全て満たされ た 、デ ド 力を有りとするのが望まし 。

0102 また、欧米で発売されるよ なBD ROM 生装置にお ては滅多に日本語や ビア語の字幕を表示する必要はな ため、必ずしもこれらの 字を適切に表示する ための on Gene a eは必要ではな 。 の 生装置が全ての 語をサポ トす る必要はな 、またサポ トするためには余分な ストが てしま ので まし な 。ある は、全ての 生装置は 語の 表示をサポ トしなければならな とした場合、製造する国によ ては対象となる 語に対する 識がな 、どのよ に on Gene a eを製造して良 分 らな ため、再生装置を製造できな な て しま のも まし な 。その 方、商品の 加価値を高めるためには、表示 能な 言語 が多 ほどよ 。

0103 そこで、テキスト スト ム 御のためのアプ ケ ョンに、どの 語を適切に 表示できる を伝える 、本実施 態では、 34に示すよ に、 R48~6 対す る設定を行 。

34は、 日本語、英語、アラビア 3 の 語のDecode Capab を設定す るにあた ての、判断基準を示す図である。

0104 上の表は、英語、 日本語、アラビア語の文 オン を ンダ ングする能力の 無 を示し、下の表は、英語、 日本語、アラビア語の言 性をサポ トする能力の 無 を示す。

この 側の表を参照すると、英語の 、PGプ ン8にビット ップを書き 込むにあた て、 書き カ ング ・ き字 能がサポ トされて 初めて、言語 性がサポ トされて ると判断することができる( 性のサポ ト )

0105 本語の 、PGプ ン8にビット ップを書き込むにあた て、 書き 書き 能がサポ トされて初めて、言語 性がサポ トされて ると判断することができる( 性のサポ ト )

アラビア語の字 、PGプ ン8に 、 ト ップを書き込むにあた て、 右 ら左の描 、 ・ き字 能がサポ トされて初めて、言語 性がサポ トされて ると判断することができる( 性のサポ ト )

0106 これらの 、 ド列を 、 ト ップに展開する機能( ンタ ング)が前提になる ら、本実施 態では、 ンダ ング 力と、言語 性のサポ ト とが満たされて めて、P R48~6 における、 日本語、英語、アラビア語に対応するDecode Capab ラ を に設定するよ 定してお 。

生装置を するにあた て、 の 術者は、Tex Tデ ダ 2が、 34に示した 数の 目の ち、どれを具備しており、どれを具備して な をチ ッ する。そして ンダ ング 力、サポ ト の 備を条件にして、P R48~6 設定する。こ してことにより、P oced e 行部2 がテキスト スト ムをデ ドできる 否 の 定が適切なものになり、 語でのテキスト 示の を期することができる。

0107 、P R48~6 、言語のDecode Capab の 無を示したが、言語ごとではな 、 サポ トす き ( 書き、縦書き、 ング、行末 、合字・ き字 )ごとに

、言語 ,注をサポ トして る 否 を示してもよ 。この 組みを用 ると、 とに、どの 能が必要 をあら じめ めておけば、言語数分の ジスタ 域を使わ ずにすむ。この 合、各 能をサポ トして る場合は、 ラ をONに、サポ トして なければ をO にしておけばよ 。この 合、図34に示したよ な対応 が 再生装置 に必要となるが、この 、 ジスタとしてではな 、プ グラムとして 組み込むことができるため、言語が増えてもアップデ トできる可能,注もある。

0108 テキスト スト ムの 性情報として、これまでに説明したよ に言語 性、 ま り日本語や 語であると た情報ではな 、表示するためにどの 能が必要である を、C p 報に示してお てもよ 。

( 3 )

態では、 R48~6 示されるDecode Capab ラ の 定値のみを 参照して、 語の 刻の 無を判定したが、本実施 、字幕 示を可と する言語 を拡大する実施 態である。

0109 象となる言語が再生装置でサポ トされて な 場合、 オントデ タは イスク ある はダウン ドによ て 給されるため、配置などがお しなことはあるが、読 めな ことはな もしれな 。そのため、再生装置の 態や ザ の 定により 、サポ トして な 言語も表示することを許してもよ し、サポ トされて な 言 語が不適切に表示されて困る場合には表示は避けた 。 0110 ここで言語 性のサポ トがな 言語(アンサポ ト )における 示の 能 性に て説明する。 35(a)(b)は、縦書き 目が完全にサポ トされて る日本 語 、縦書き 目のサポ トが不完全な日本語 とを示す図である。 生装 置を製造するメ カ は、アンサポ ト 語が表示されることによ て、文字が読めな などと 情があ ては困る。 した事情 ら、このよ 表示を禁止した もしれな 。

0111 ころが、 日本語の 切な表示をサポ トして な ても、 35(b)に示すよ に、 何と 読める可能性があり、音声として日本語が人 ておらず、他の言語の 声や 幕を理解することができなければ、多少 みに ても 表示を望む可能性 がある。 生装置の 造者は基本的には禁止して るが、 が望むのならば 、表示を許可するよ 設定を再生装置で実現できれば、字幕 能な言語 別 が 段に増え、 対する利便性が向上する。 、ここで デ とは、 わゆる ( 費者)をさすが、メ カの 術者であ てもよ 、 わゆる 作者全般の 味である。

0112 上のよ に、品質 細心の 意を払 て るよ メ カ は、 35(b)のよ 字幕 禁じた ところであるが、 によ ては、 35(b)のよ 表示で も、字幕 示が存在することには わりな ので、このよ 状態での 示を希 望することがある。

メ カ 側の要望と、 側の要望との 和を図る 、本実施 態では 以下に示すよ 改良がなされて る。アンサポ ト 語の 択を実現するため、本 実施 態における再生装置は、 36に示すよ 内部構成を有する。 図における 改良 以下の りである。

)P R3 のb23~b16に、アンサポ ト 語の 択を許可する 否 を示す ラ が存在して ること。

0113 u)P Rの 域に、特定の 語圏に属する の 語がアンサポ ト 語であ る 否 が示されて ること。

P oced e 行部2 が、P R30のb23~b16に従 てアンサポ ト 語の 択を 実行すること。 v)セ テスト 3 、セットアップ 32が制御 5内に存在すること である。

その ・P R3 のb23~b16

37は、 3 態におけるP R3 のb23~b16の 、 アサインを示す図である 。 図にお てP R3 のb23~b16に、サポ トされて な 言語の ザ 択を 許可する 否 がが示さて る。

0114 まりP R30のb23~b16が 00000000= ) の 、サポ トされて な 言 語は ザ が選択しても表示されな 。そもそも選択さえできな してもよ 。このP R30のb23~b16が 10000000= N の 、適切な表示ではな もしれな が、 ザ が選択して画面上にテキスト スト ムを表示することが可能となる ことを示す。 上がP R30のb23~b16に対する改良である。

0115 て予約 域における改良に て説明する。

その2・

38は、P Rの 域におけるビット 成を示す図である。この 、漢 字 、特定の 語圏に属する の 語が、アンサポ ト 語である 否 を示 す。この 域における 、 は、特定の 語圏に属する 語に対応しており 、この 、 が であるなら、その 語がアンサポ ト 語であることを示し、 0であ るなら、その 、対応する ンダ ング 力が再生装置 にな 言語(アン ンダ ング )であることを示す。 るビット 定により、特定の 語圏に属する言語に ては、アンサポ ト 語である ど が判明することになる。 、予約 域にお ける 、 が、どの 語に対応する と り当ては、 2 に示したよ な テ を用 てなされる。 上がP Rに対する改良である。 てセ テスト 3 に対する改良に て説明する。

その3・セ テスト 3

セ テスト 3 は、工場出荷 にお て、 ンダ ング 力、言語 性のサポ トの 備のテストを の 術者に行わ 、テスト 果に応じて、P R48~6 れ を設定する。ここでセットアップ 32は、 のテスト タ ンを保持しており、 それらをTex Tデ ダ 2に与えて、字幕 示における言語 性のサポ トの 示を実行さ 、テスト 果を、ディスプ イに表示さ る。 ンダ ング はある が、サポ ト がな なら、 の 術者 らの 作に従 、その 語をアン サポ ト 語として登録する。 ンダ ング 力もサポ ト もな なら、 の 術者 らの 作に従 、その 語をアン ンダ ング 語として登録する。

その4・セットアップ 32

セットアップ 32は、 ザによる ン3 に対する 作に応じてセットアップメ を表示して、P R30のb23~b16の 定値を書き換える。 39(a)は、セットアッ プメ を示す図である。 図に示すよ にセットアップメ により受け付けられ る設定 目には、 ・ 、 メ 、 、 、 示で きる言語の 5 の 目がある。 セットアップ 32による特徴は、表示で きる言語の 張を〒 ど の 定を ザ ら受け付ける点である。

0116 39(b)は、言語 の 張を ザが意図した際、表示されるメ を示す図で ある。 図におけるメ は、アンサポ ト 語の 覧表示( イタ ア 、ス ペイン 、 ア ‥‥・)と、このアンサポ ト 語のテキスト スト ムを表示さ る際の警告文Wnと、言語 の 張を実行する 否 の 択を受け付けるボタンb n bn2とを含む。

0117 この 告文Wnは、アンサポ ト 語の 幕を表示する際、字幕 示の 部がお し なることを ザに警告するものである。そして上述のボタンbn bn2は、 る 警告にも らず、言語 の 張を実行する 、しな を受け付ける。 上が本実 施 態における 素の である。 て、Poced e 行部2 、セ テスト 3 、セットアップ 32による 順を、 4 の チヤ トを参照しな がら 明する。

0118 4 は、 3 態におけるテキスト スト ムの 順を示す チ ヤ トである。 チヤ トは、 25の チヤ トに対し、ステップS 6、ステ 、プS 7を えた構成にな て る。

このステップS 6は、対象となるテキスト スト ムが、アンサポ ト 語である 否 を判定するものである。ステップS 7は、P R30のb23~b16が10000000bであ る を判定するものである。ここでステップS 6がYes、ステップS 7がYes 判定され 場合、このテキスト スト ムはアンサポ ト 語であ たとしても (a)を満 たすとされる。 方、ステップS 6、ステップS 7のどちら がNoであれば、 (a)を 満たさな と判定される。

0119 4 は、セ テスト 3 の 順を示す チヤ トである。 チヤ トは、 ex T ang age codeにて表現される、430 語のそれぞれに て、ステッ プ 42~ステップ 48の 理を繰り返す プ 理にな て る。 プ 理にお て対象となる言語を言語とすると、ステップS42は、言語の ex T ang age code のP R 号、 、 置に変換するものである。

0120 ステップ 43は、言語の オン を ンタ ングする能力が有る ど の 定であり 、もし ンタ ングする能力が、な とと判定されれば、P Rpのq 、 日は、0に設定さ れることになる(ステップ 48)

ステップ 44は、言語 性のサポ トする能力がある ど の 定である。もし ると判定されれば、P Rpのqビット日は、 設定されることになる(ステップS45)。もし な と判定されれば、言語をアンサポ ト 語として登録した上で(ステップS47)、P Rpのqビット日は、0に設定する(ステップS48)

0121 上の処理を全ての 語に て実行すれば、ステップS49、ステップS5 の 理を行 。ステップ 49は、アンサポ ト 語の 示を実行する ど を ザに問 合わ るステップである。アンサポ ト 語の 示を実行さ た なら ステップS5 を実行する。ステップS5 は、P R30のb23~b16を10000000に設定す る 理である。もしアンサポ ト 語の 示を実行さ た な なら、ステップS5 をスキップする。 上がセ テスト 3 の 順である。

0122 42は、セットアップ 32の 順を示す チヤ トである。セットアップ 32は、セットアップメ を表示して ら(ステップS5 )、アンサポ ト 語が存在 する 否 の 定を (ステップS52)。 在しな ならステップ 4に移行するが、 在すれば、 示できる言語の を受け付けるための 目を、セットアップ メ に追加して(ステップ 53)、セットアップメ の 目における選択 ちを (ステップS54)

0123 目が選択されれば、その 目が言語 の 張である の 定を ( 40

テップS55)。もし なれば、 ・ 域、メ 語、音声 語、字幕 語の 定を 行 よ 、 当する 順を実行するにれらの 明の ではな ので説明は省略する)。

の 張であれば、 39のメ を表示して(ステップ 56)、 ザ らの ちとなる(ステップS57 58)。 が押 されれば(ステップS57でYes) セットアップメ 上の オ カスを (ステップ 59)。 作がなされれば(ス テップS58でYes)、 オ カスが、拡張を意図するボタン上に存在する 否 を判定 し(ステップS6 )、 在しなければ、そのまま 理を終了する。 在すれば、P R3 の b23~b16を10000000に設定して(ステップS6 )、 チヤ トの 理を終了する 0124 上のよ に本実施 態によれば、サポ トして な 言語でも選択を許可するた めの (P R30のb23~b16)を、メ カが設定することで、アンサポ ト 語をスト ム 7に選択さ る 否 を切り換えることができる。 ラ の 1 で、ア ンサポ ト 択の 否を決定することができるので、再生装置を製造するメ カ が、品質 証を厳しするために、アンサポ ト 語の 択を禁じたり、また ザ の 任にて、アンサポ ト 語の 択を許可したりすると 、セッテイング 更 を容易に実行することができる。

0125 これにより ザは、字幕 示に不都合が生じることを承知した上で、不都合が生 じるよ な言語のテキスト 幕を表示さ ることができる。 ザによる自己 任により 、アンサポ ト 語の 幕を、表示するので、 ザ メ カ との 和を図ることが できる。

、サポ トして な 言語でも選択を許可するための (P R30のb23~b16) は、テキスト スト ムとともにC p に記録されて てもよ 。また、再生装 置 イスク上の両方に記録されて た場合、論理和をと てもよ し論理 をと て 処理してもよ

( 4 )

3 態では、アンサポ ト 語の 示を ザが 望して る場合、ア ンサポ ト 語を、Decode Capab として判定するよ 、処理を行 たが、本実施 、アンサポ ト 語の 示を 望して る場合、P R48~6 に おける、そのアンサポ ト 語に対応するDecodeCapab を、全て DecodeCapab げに設定するよ 新を〒 態である。

0126 43(a)(b)は、アンサポ ト 語の 示を 望して な 場合と、希望 した場合とで、DecodeCapab の 定を対比して 図である。 43(a)では、 ンダ ング であり、 サポ ト 0である言語に ては、Deco deCapab は 0 にな て ることがわ る。

し し 43(b)にお て、 、アンサポ ト 語の 示を 望 した際、 ンダ ング であり、 サポ ト 0である言語に てのDecodeCapab は に して ることがわ る。このよ に、 ンダ ング であり、 サポ ト 0である言語に てのDecodeCapab を に さ るよ 、本実施 態では、更新 理を行 。

0127 この 新 理を実現するための 、セットアップ 32に存在する。

44は、 4 態に係るセットアップ 32の 順を示す チヤ トで ある。 チヤ トは、 42の チヤ トを にして作成されて る。こ の 42の チヤ トとの は、ステップS6 の わりにステップS63が存在す る点である。このステップ 63は、言語 の 張を意図するボタンに、 オ カスが存 在すると判定された場合に(ステップS6 でYes)、実行されるステップであり、アンサポ ト 語に対応する全ての 語のDecodeCapab を示すDecodeCapab ラ を、 に設定するものである。このステップS63の 行により、 言語 の 張を希望した場合は、一律に、それらの 語に対応するDecodeCapab ラ が、 に設定されることになる。

0128 上のよ に本実施 態によれば、 にお て、P R48~6 におけ るアンサポ ト 語に対応するDecodeCapab ラ を に設定するので、P R2 を設定する際の設 順が簡単になる。

( 5 )

5 、再生の 切れに関する実施 態である。ここで再生の 切れとは AVC pを再生する際、プ ドされて な テキスト スト ムをBD ROM ッ に読み込も とすることにより、生じる再生の 切れである。 る途切れは TNTabeに記述されて ながら、プ ドすることができな たテキスト ス ト ムを ザが選択しよ としたこと ら生じる。

0129 ここで、 bPah 報で指定されるスト ムが複数 在する場合、テキスト ド 、 ァ 、 オント ッ ァ の 量により、その ち のスト ム ッ に読み込むことができな こともある。プ ドされて な スト ムに切り替えよ とすると、BD ROMに対する イスク クを実行してデ タを読み込む 要がある ため、AVC pの 生が途切れる。

0130 45はテキスト ド ッ 、 オント ッ ァ の 量が、3 し な た場合に、テキスト スト ムの の 子を示して る。

図では、3 の 語にあたる日本語、 ランス 、中国語のテキスト スト ム をプ ドした後、ManPahの 生を開始して る。 に示される TNTabeに 基 き、 ダ 3がプ ドを実行する際、 ダ 3は、 45のよ なプ ドを 〒 。 45は、 ダ 3による ッ のプ ドを示す図である。 まりテキスト スト ムの ち、 TNTabeの 序が高 ものを順次 ッ に して ゆき、そして ッ が充填された段階でプ ドを終える。 TNTabeにおける が最も低 テキスト スト ム( 図ではアラビア語のテキスト スト ム)は 、 ッ にプ ドされな なる。

0131 ッ にプ ドされて な にも らず、 TNTabeには、アラビア語のテキス ト スト ムが記述されて るので、スト ム 7は、その プ ドのテ キスト スト ムを、 46に示すよ に、再生 象に選ぶことがあり る。

スト ム 7により選択されたテキスト スト ムが ッ にな 場合、 これを りに するとの 理を行 ので、AVC pの 生中に、テキスト スト ムを ッ に読み込も とする。この 合、スト ム 7は、AVスト ムの 生を一時中断し、アラビア語のテキスト スト ムをテキスト ド ッ オント ッ ァ皿に読み込んで ら、再生を中断した地点 ら再生を再開(Res me) するとの 順をとる。

0132 47は、AVC pの 生中にお て、 プ ドのテキスト スト ムを ザ が選択した場合に、 ダ 3が実行する 理を模式的に示す図である。 AVC pの 生中、光 、 クアップは、AVC pをアクセスして るにも らず、 プ ドのテキスト スト ムを読み出そ とすると、この み出しには、 48(a)に 示すよ なAVC pの 域 ら、テキスト スト ムの 域 の ク、テ キスト スト ム 録 ら、AVC p 域 の クを伴 ので、 クが なされて る間、図48(b)に示すよ に、デ ダ のAVC p 途絶えることに なり、AVC pの 切れが生じる。 部の 語のテキスト スト ムに て は、再生の 切れを生じさ な 配慮を講じて るのに、プ ドできな た一 部の 語に て、 る再生の 切れが生じるのは、不合理である。し し ザ によ ては、AVC pの 切れよりも、切り換え 能な言語 を広げた と 望があり、再生 切れの 消を優先する 、言語 の 大を重視する と 、要望 にメ カは ことになる。

0133 AVC pの 生、 まり、途切れることな AVC pを再生さ ることの 、AV C pの 生が途切れてもスト ムの 優先した とは、 要因に応じ て変動する。そこでどちらを優先する の 範が、再生装置 に必要となる。 実施 、 る規範を、再生装置 に設けるものである。

49は、本実施 態に係る再生装置の 部構成を示す図である。 降、本図を参 照しながら、本実施 態における再生装置の に て説明する。 実施 態 における改良 、以下の4 ~vである。

0 図における 3に対する改良 、プ ド テ 33が追加さ れて る点である。

0134 P Rセットに対する改良 、許可 ラ がP Rの 域に追加されて る点 である。

)スト ム 7における改良 、 PGスト ム、テキスト スト ムを 選択する ど の 定にあた て、上述した(a)(b)の 定基準に加え、許可 ラ が にな て る 、テキスト スト ムがプ ドされて る と 断基 準が加えられて る点である。

0135 v)セットアップ 32における改良 、許可 ラ の を ザ らの に従 、設定する点である。

実施 態における再生装置の の に て詳し 説明する。 その ・プ ド テ 33

プ ド テ 33は、 TNTabeに記述されたテキスト スト ムの ち 、どれがプ ドされて る 、どれがプ ドされて な を示すテ で ある。 ダ 3は、テキスト ド ッ 、 オント ッ のプ ドを行 にあた て、 TNTabeに基 き のプ ド テ を作成し、 のテキス ト スト ムのプ ドが完了すれば、そのテキスト スト ムに対応する テ 上の項目をONにしてゆ 。そ して、テキスト ド ッ 、 オント ッ 皿が充填するまで、 テキスト スト ムのプ ドを繰り返す。こ した 理により、プ ド テ には、プ ドが完了したテキスト スト ム、 プ ドされな たテキスト スト ムが示されることになる。

その2・ ム ス ラ

5 は、P Rの 域に設けられた ム ス ラ の 例を示す図である。 の き出し線は、 ム ス ラ の 容を示す図である。 図における ム ス ラ は、P Rの 域に設けられており、 に設定されることにより、 ム ス 生を優先する旨を示す。 まりAVC pの 切れが生じるよ なテキスト スト ムの 択を許可しな 旨を示す。 ム ス ラ が有効 = N であ れば、AVC pの 切れな ( ム ス )を優先するため、プ ドされて な スト ム の 禁止される。 ム ス ラ が無効0= ) の 、AVC pの ム ス はそれほど重要ではな ため、 TNTabeに登録されて る全てのスト ムに対して 可能となる。プ ドされて な スト ムに 切り替える場合は、AVC pの 生を中断して、スト ムを切り替える。 上が ム ス ラ に ての 明である。

その3・スト ム 7

実施 態に るスト ム 7は、 ム ス ラ における設定値に基 き、AVC pの 切れを招 よ なテキスト 幕切り換えを ザが意図して る 否 を判定し、その 定に基 き、 ッ にな テキスト スト ムを、選択 象にする ど の 続きを実行する。

0136 5 (a)に示すよ に、AVC pに多重されて るPGスト ム、プ ドされて るテキスト スト ム、プ ドされて な テキスト スト ムが、 TNTab eに記述されて るものとする。そして、 ム ス 生を優先するよ 、 ム ス ラ が設定されて る場合、状態 5 (b)のよ になる。 中の丸は、ManPa 側のPGスト ム、プ ドされた bPah側のテキスト スト ム、プ ド されて な bPah側のテキスト スト ムをそれぞれ模式的に示す。 、 スト ム間の切り換えを示す。 ム ス ラ が なら、PGスト ム プ ドされたテキスト スト ム の り換えや、プ ドされたテキスト スト ム らPGスト ム の り換えは可能になる。し し ム ス ラ が なら 、 5 (c)に示すよ に、PGスト ム ら プ ドテキスト スト ム の り換えや、 プ ドテキスト スト ム らPGスト ム の り換えは不可能 になる。 上がスト ム 7における改良 に ての 明である。

その4・セットアップ 32

セットアップ 32は、 3 様、 ザによる モ ン3 に対する 作に 応じてセットアップメ を表示して、P Rの 域における ム ス ラ の 新を〒 。 52(a)は、本実施 態にお てセ テスト 3 により 示される 、 トアップメ を示す図である。

0137 実施 態にお て 、 ア、プメ により受け付けられる設定 目には、 ・ 、 メ 、 、 、 示できる言語の

5 の 目がある。 セッ アップ 32による特徴は、表示できる言語を拡張する ど の 定を ザ ら受け付ける点である。ここでの 語の は、 ~ 3 態に示したものとは異なり、 ム ス 生を実現するため、選択が 禁止されて る言語のテキスト 幕を、選択の 象に加えることを意味する。

0138 52(b)は、言語 の 張を ザが意図した際、表示されるメ を示す図で ある。 図におけるメ は、言語 の 張が、映像の 生を中断さ ることを 示す 告文Wn2と、 ム ス 生を保障する 作を受け付けるためのボタンbn3 ム ス よりも 幕切 優先する 作を受け付けるボタンbn4とを示す。 告文Wn2は、言語 の 張が、映像の 生を中断さ ることを示しており、そ して上述のボタンbn34は、 る警告にも らず、言語 の 張を実行する 、しな を受け付ける。 る表示により、 自己 任により、字幕 示を実行する 否 を ザは選択することができる。これにより 切れることな AVC pを再生さ た との 望と、AVC pの 生が途切れてもスト ムの 優先した との 望との 和を図ることができる。

0139 上が本実施 態における 素の である。 て、本実施 態に 係るスト ム 7による選択 順に て説明する。

53は、 5 態に係る、スト ム 7による選択 順を示す チ ヤ トであり、 チヤ トは、 24を改良したものにな て る。 チヤ トのステップS3 、ステップS32は、 24 様、 TN abeに記述されて るPGスト ム、テキスト スト ムのそれぞれに て、ステップ 33~ステップ 34、ス テップS6 の 理を繰り返す プ 理にな て る。ステップS33、ステップ 4 の 、 24 同じであるが、ステップS6 の 、 24 異なる。

0140 体的に と、ステップS6 では、 ex Ts eamが 下の(a(b(c(d)を満たす を否 を判定して る。

(a)テキスト スト ムをデ ドする能力が再生装置に存在すること

(b)テキスト スト ムの 性が再生装置の 定と一致すること (c)テキスト スト ムの 示に必要なデ タがプ ドされて る

(d) ム ス 生が要求されて る

(c)の 件を具備して る の 、プ ド テ を参照することでな される。(d)の 件を具備して る の 、P Rの 域における ラ を 参照することでなされる。

0141 上のステップS33~ステップS35の 理が全てのPG ex Ts eamに て り 返されれば、ステップ 62~ステップ 63、ステップ 65~ステップ 68の 理が実 行される。

ステップS62は、 ム ス ラ により ム ス 生が要求されて る 否 の 定であり、ステップS63は、条件(c)を満たすPGスト ム、テキスト スト ムに 能なものが存在する 否 の 定である。

0142 ム ス ラ により ム ス 生が要求されて な 場合、ステップS62がNo になり、 24 同様の 理を行 。 まり 能なPGスト ム、テキスト スト ムが存在する 否 を判定して(ステップS65)、もし 在すれば、 a、条件(b) を満たすPGスト ム、テキスト スト ムの ち、 TNTabeでの 位が最も高 もをP R2に設定する(ステップS67)。 在しなければ、 nva d 値をP R2に設定する (ステップ 68)

0143 ム ス ラ により ム ス 生が要求されており(ステップS62でYes)、

(c)を満たすテキスト スト ムが存在する場合(ステップS63でYes)、条件 (a)、条件(b)、条件(c)を満たすPGスト ム、テキスト スト ムの ち、最も ント 位が高 ものを、P R2に設定する(ステップS66)

ム ス ラ により ム ス 生が要求されて るが(ステップS62でYes)、条 件(c)を満たすテキスト スト ムが存在しな 場合(ステップS63でNo、 nva d 値をP R2に設定する(ステップS68)。 上が図53の チヤ トである。

0144 54は、 53のステップ 66の 理を詳細に示した チヤ トである。

ステップS9 は、 (a)、条件(b)、条件(c)の てを満たすPGスト ム、テキスト スト ムが存在する 否 の 定である。もし 在すれば、条件(a)、条件(b)、条 件(c)の てを満たすPGスト ム、テキスト スト ムの ち、 TNTabeにおける 位が最も高 ものをP R2に設定する(ステップ )

0145 (a)、条件(b)、条件(c)の てを満たすPGスト ム、テキスト スト ムが存 在しな 場合、ステップS92が実行されることになる。ステップS92は、 (a)、条件( c)を満たすPGスト ム、テキスト スト ムが存在する 否 の 定である。もし 在すれば、条件(a)、条件(c)の てを満たすPGスト ム、テキスト スト ムの ち、 TNTabeにおける 位が最も高 ものをP R2に設定する(ステップS94) 0146 上が本実施 態におけるPoced e 行部2 の 順である。 てセットア 、プ 32による ム ス ラ の 定に て説明する。 55は、セットアップ 3 2による ム ス ラ の 順を示す チヤ トである。

55は、セットアップ 32の 順を示す チヤ トである。セットアップ は、セットアップメ を表示して ら(ステップS7 )、ステップS72、ステップS7 3の 定を実行する。ステップS72は、 ム ス ラ がONに設定されて る 否 の 定であり、ステップS73は、 TNTabeに記述されて ながら、プ ドされて な テキスト スト ムが存在する 否 の 定である。

0147 ステップS72、ステップS73の 方がYesなら、言語 を拡張する 作を受け付ける ための 目をセットアップメ に追加する。ステップ 72、ステップ 73のど ちら がNoなら、このステップ 4をスキップする。

てセットアップメ の 目における選択 ちを (ステップ 75)。 目が選択されれば、その 目が言語 の 張である の 定を (ステッ プ 76)。もし なれば、 ・ 域、メ 語、音声 語、字幕 語の 定を行 よ 、 当する 順を実行するにれらの 明の ではな ので 説明は省略する)。

0148 の 張を ザが選択すれば、 52(b)のメ を表示して ザ ら の ちとなる(ステップS78~79)。 が押 されれば(ステップS78でYes )、セットアップメ 上の オ カス 動を (ステップ 8 )。 作がなされ れば(ステップS7gでYes)、 オ カスが、 幕切り替えを優先を意図するボタン上 に存在する 否 を判定し(ステップS8 )、 在すればそのまま 理を終了する。 幕切り換え 先を意図するボタンに オ カスが存在すれば、予約 域における ム ス ラ を0 に更新して(ステップ 82)、 チヤ トの 理を終了する。 0149 上のよ に本実施 態によれば、AVC pの 生、 まり、途切れることな A VC pを再生さ ることの 、AVC pの 生が途切れてもスト ムの 優先 した とが要求される場合にお て、どちらを優先する が、 ム ス ラ に 示されるので、それらの 求の 和を図ることができる。

、本実施 態ではManPah側のAVC pも bPah側のテキスト スト ム オントデ タもともにBD ROM上に記録されて る場合を説明して る。 bPa h側のスト ムがManPahのデ タとは違 記録 上、たとえば ドデイスクの よ に比較的アクセスが早 記録 体に、テキスト スト ムが記録されており、A VC pのデ ダ ッ のアンダ が起きな のであれば、たとえ ム ス ラ が有効であり、AVC pの ム ス 生を優先さ る場合にお ても、プ ドされて な スト ム の 許可してもよ 。

0150 また、 bPah側のスト ムが ディスク上にあ たとしても、 ディス のアクセス スピ ドが十分 ため、AVC pのデ ダ ッ のアンダ が起きな の であれば、たとえプ ドされて な スト ムであ ても 許可してもよ 。 更に、ManPah 生中の クは、ManPah 同じBD ROM上に bPah 報を構 成するテキスト スト ムが記録されて るため発生する ら、 bPah側のスト ムを ドディス などのアクセスが早 記録 上に ピ した上で、ManPah の 生を開始しても良 。こ することにより、再生中によけ な クが発生すること を抑制できる。

( 6 )

5 態では、AVC pの ム ス 生を優先する 、テキスト スト ム の り換えを優先する を、P Rに示してお たが、本実施 、 TNTabeに設 ける実施 態である。 図における TNTabeは、A b e PDの みの ち、A b eに、 ム ス ラ が設けられて る。 56(a)は、 6 態における T NTabeの 部構成を示す図である。 図に示すよ に、本実施 態における TNT abeには、テキスト スト ムに対応するen と、a b eとの みの ち、a b eに ム ス ラ が存在する。

0151 56(b)は、 TNTabeに設けられた ム ス ラ の 容を示す。 図におけ る ム ス ラ の 、 5 同じである。AVC pの ム ス 生を優 先する 、字幕切り換え 能な言語 の さを優先する の 定が TNTabe内の ム ス ラ により 定されるので、どちらを優先す き を サ ング 当者 が予 定してお ことができる。この 合、 ム ス ラ を付与す き 、 ディスク 体の 性であ てもよ し、再生 位であるプ イ ストの 性であ てもよ し、スト ムの 性であ てもよ 。

0152 上のよ に本実施 態によれば、通常の 画作品の 合、 サ ング 当 者はAVスト ムの 生が途切れることを望んでは な ため、 TNTabeに対する 設定を通じて、その 向を、再生装置に伝えることができる。 50 ( 7 )

テキスト スト ムの 、テキスト スト ム 身のプ ド 、 ォント デ タのプ ドの2 類のプ ドが必要になる。

0153 プ ドされるデ タとして2 のデ タがそろわなければ、テキスト スト ムは表示できな 。そのため、 TN Tab eにテキスト スト ムが登録されて て 、テキスト スト ムがテキスト ド ッ に読み込まれて たとしても、 ォ ントデ タが ォント ッフ 皿に読み込まれて なければ、表示することができな ので、そのよ なスト ム 禁止す きである。

0154 ころが、 ォント ッ のサイズが ォントセット1 分の 量である場合、 D の ォントデ タの ォントデ タし 読み込んでお ことができず、途中 らD 2の ォントデ タの ォントデ タに切り替える必要がある場合には、 ォント ッ にデ タを読み込まなければ けな 。この 、これまで述 たよ に、AVスト ムが途 切れずに再生することが要求されて るならば、 ォントデ タの 読込は制限され る きである。

0155 テキスト スト ムの 示には、 ォントデ タが必要であるが、この ォン トデ タの AVC pの 上に発生した場合、ビデオスト ムの 生が途 切れることがある。

57は、 本のテキスト スト ムの 中にお て、使用する ォン が切り替 わる例である。 図にお て時点までは、 D の ォントデ タを用 て字幕を表示 して るが、 、 D 2の ォントデ タを用 て字幕を実現したとする。このD 2の ォントデ タが ッフ になければ、 ダ 3がAVC pの 生中に、 ォントデ ドする。この ォントデ タを ドするためのディスク クが発生するた め、ビデオスト ムの 生の 切れが生じる。

0156 ころで 2 態に示したよ に、テキスト スト ム内のスタイ 報には 、 ォン のDある は名称 、どの 点でその ォン が必要になる が記録されて る。し しスタイ 報 の のみでは、テキスト スト ム 体を解析しな とこれら ォン のDを知ることができな 。

そこで本実施 態では、C p 報に、必要な ォントデ タのDを記述してお 。 オン のDがC p 報に 挙されて るので、テキスト スト ムが 納さ れて る アイ を解析 ずに必要な オン のDを調 ることができる。

0157 体的に とBD ROMを 58のよ に構成して る。 58は、本実施 態にお ける記録 体の 部構成を示す図である。 図にお て0002~0005m2 sの アイ は、それぞれテキスト スト ムを構成して る。

また本図のディ クト にお て、 アイ 0002~0005 cpは、AVC p 2~ 5のそれ ぞれに対応する、C p 報である。この AVC p(テキスト スト ム)に対応する C p 、そのテキスト スト ムの 生に必要となる オントデ タの を記述して る。 えば、C p 2のD 2の オントデ タ、 D 3の オントデ タ は、このC p 報に対応するAVC pを再生するにあた てには、 D 2の オントデ タ、 D 3の オントデ タの オントデ タのプ ドが必要であることを示す。 0158 C p 3のD の オントデ タは、このC p 報に対応するAVC pを再生する にあた てには、 D の オントデ タの オントデ タのプ ドが必要であること を示す。

このよ に再生に必要となる全ての オントデ タの 、C p 報に記述され て るので、 ダ 3は、テキスト スト ムをプ ドする際、C p 報を参照 することにより、そのテキスト スト ムの 生に必要な オントデ タを、 れな ッ に読み込んでお ことができる。

0159 59は、実施 態における 3による 理を示す図である。ここで、BD

ROMにおける onディ クト に複数の オントデ タが記録されており、 テキスト スト ムに対応するC p 報に、 D 2の オントデ タ、 D 3の オントデ タ、 D の オントデ タの が記述されて るとすると、 ダ 3は、このディ ク ト ら、C p 報に記述されて る に基 き、 オントデ タを オント ッ 皿にプ ドする。 本語のテキスト スト ムの 生時にお て、再生の 中で オン が切り換わる場合でも、その 方の オントデ タの C p 報に 記述しておけば、これらを漏れな 、 オント ッ 皿に してお ことができる。 0160 ここで 59のよ に、再生の 中でD 2の オントデ タの オントデ タが必要に なる場合でも、C p 報に、 D 2の オントデ タを記述しておけば、 ダ 3が、 のD 2の オントデ タに対応するテキスト スト ムを ッ にプ ドする ので、AVC p 生の 上における途切れを防止することができる。

、全ての オントデ タを再生装置 み込みのデ タとして 納して てもよ 。 この 合、 ド さえあれば でも 字を表示 能であるが、 言語の て の オントデ タを再生装置 み込みとして実現するのは難 。また、 ンテン にと ては、映画のイメ ジにあ た独自の オン で 幕などを表示した た め、 オン をあら じめ み込んでお のはあまり 果的ではな 。 て、 オント デ タを再生装置に組み込む えは、 オントデ タがな た場合の

度のものとなる。

( 8 )

先の実 態では、必要な オントデ タを、C p 報に記述して たが、本実施 態では、 ァイ 報を設け、これに オントデ タの を記述してお こ とにする。

0161 6 (a)は、本実施 態における記録 体のディ クト 造を示す。 ONTディ クト には、4 の オントデ タが存在しており、この ONTディ クト には、 ァイ 報と、 オントデ タD ~D 3とが存在する。 6 (b)は、 ァイ 報の 部構成を示す。 ァイ 、 オントデ タD ~D 3のそれぞれ のプ ドが、必須である 、任意的である を示す。 オン はテキスト スト ムを表示する際に必ず 要になる オン であり、任意の オン は が表示 オン を切り替える際に必要になる もしれな オン である。 オン は必ずAVスト ムの 生前に オント ッ ァ皿に読み込んでお 必要 がある。

0162 6 は、 ァイ 報に基 、プ ドを示す図である。 ァイ 報 にお てD の オントデ タ、 D 2の オントデ タの オントデ タのプ ドが 必須 記述されて るので、 ダ 3は、 6 に示すよ に、必須 記述されて る オントデ タを ッ に してゆ 。そして、必須とされた オントデ タが ッ に されれば、 ッ ァ上の残りの 域に、任意的と記述された オントデ タを ドしてゆ 。 0163 上のよ に本実施 態によれば、プ ドが必須である 、任意的である が、 アイ 報に記述されて るので、この アイ 報を参照してプ ド を行えば、AVC p 生を途切れさ るよ な、 ォントデ タの 発生する確率 を減少さ ることができる。

、テキスト スト ムを解析した結果、必要となる ォントデ タが見 らな 、ある はプ ドされておらず ム ス 生が要求されて るため み込む ことができな 場合は、すでにテキスト ド ッ 、 ォント ッ 皿に読み 込まれて る ォン 再生装置 み込みの ォン で代用してもよ 。

0164 9 )

実施 、スト ムある は 報を工夫することにより、プ ドされて な スト ムを読みに行 なければならな なるよ な状況を排除する方法に て述 る。

テキスト スト ムには、字幕が存在しな 空白 間が存在することがある。そ してPa e 報の ち、か る空白 間を、 N 、 O meに指定するものは、対象 となるテキスト スト ムの 部が存在しな ので、 サ ング 当者は、そのP a em 報の TNTabeにおけるテキスト スト ムのPD 録を ことがある。 0165 し し、たとえ 間であるとは え、Pa em 報における TNTabeの 載を すると、以下のよ な不都合が生じる。

62に示すよ に複数のPa emが連続して再生される状況を考える。Pa em Pa em 2の 界では ム ス 生が要求されて るとする。 bpah に含まれて てプ ドされる き 本語のテキスト スト ムは、Pa em 1では空白 間にな て るので、 TNTabeにはには登録されておらず、Pa e m 2およびPa em 3の 間で再生されるとする。

0166 3は、 TNTabeに基 き、プ ドを行 。ここでテキスト スト ムの プ ドであるが、 ダ 3がプ ドを〒 のは、Pa s 報の ち、先頭のPa em (Pa em 1)の TNTabeに記載されて るテキスト スト ムで ある。たとえ 生の 中に必要であ ても、先頭のPa em 報の TNTabeに記述 がな テキスト スト ムに ては、プ ドはなされな 。 63は、 TNTa heに基 プ ドを示す図である。 図にお て日本語は、Pa e 2、Pa em 3の TNTabeに記述されて るものの、Pa em 1には記述されて な 。そのため、 ダ は、 日本語のテキスト スト ムをプ ドしな こ とも有り得る。

Pa em 2の 生が開始される際に、Pa em 2の TNTabeにはプ ドされるスト ムが必要なことが判定できるが、Pa em Pa em

ム ス 生が要求されて るため、AVスト ムの 生を中断することができ ず、デ タをテキスト ド ッ 、 オント ッ 皿に読み込むことができな 。そのため、本来 示されることが期待されて るプ ドされるスト ムが表示さ れな な てしま 。

そこで、連続して再生されるPa emにお ては、全ての TNTabeでプ ドさ れて る きスト ムを登録してお 。Pa em 1にお ては実際にPa em 1が表示されることはな が、 TNTabeに登録されて るため、対象となるPa em はプ ドされる。Pa em 2にお て必要にな たときにはすでにプ ドされて るデ タを表示すればよ 。 64は、あるPa em 報のn me O ㎞ eにより 定されるテキスト スト ムの 部が空白 間であ ても、そのPa em 報の TNTabeに、テキスト スト ムのPDを記述してお 例である。 まり 間にあたるPa em 報の TNTabeは、ダ の値に設定してお のである。こ することにより、 日本語がプ ドされ、AVC pの 生の 上で日本語を選択した としても、AVC pの 生を途切れさ ることな 、 日本語 の り換えを実行すること ができる。

)

実施 態では、先の実 態と同様、空白 間に関する。先の実 態では、 空白 間が先頭のPa em 報に存在するとしたが、途中に空白 間が存在する場 合を本実施 態では想定して る。Pa em 報のn me O meで指定されて る部分が空白 間であると、そのPa em 報の TNTabeに、PDを記述しな こ とがある。

65は、Pa em 1 3の TNTabeにはPGスト ムのPDが記述されて る が、Pa em 2にお て、PGスト ムは空白 間にな て て、Pa em 2の TNTabeには、PGスト ムのPDが登録されて な ケ スを示す図である。 この 合、Pa em 2の TNTabeに登録されて るスト ムはプ ドされ るテキスト スト ムのみにな てしま 、 66に示すよ に、必ずプ ドされ るスト ムが選ばれてしま 。

0171 ここでPa em 1の 生時にお て、多重 されたPGスト ムが選択された ため、Pa em 1 生中にテキスト ド ッ 、 ォント ッ の 容 が破壊されたとする。このよ な場合、すでにテキスト ド ッ 、 ォント ッ 皿 ら削除されて るにも わらず、 ダ 3は、再び み込みを お とする 0172 更に、Pa em Pa em 2の 界で ム ス 生が要求されて る と、そのよ な読み込みを実行することができず、選択して るのに表示することがで きな なる。

このよ な状況を防ぐために、たとえPa em 2にお て多重 されたスト ムが存在しな としても、 67に示すよ に、ダ としてPGスト ムのPDを TNT abeに登録してお 。ダ のPDを TNTabeに登録してお ことで、空白 間にお ても、PGスト ムが選択されることがあるが、たとえ選択されたとしても何も表示さ れな だけであ て、ストリ ム 択に問題はな ( 68)。また、必然的にプ ド されるスト ムが選ばれるのを防ぐことができるため、 クが発生 ず、再生が中 断することを サ ング 階で防ぐことが可能となる。

0173 )

上の説 、 明の ての 施行為の 態を示して る訳ではな 。 (A (B(C (D)‥‥・の 更を施した実施行為の 態によ ても、 明の 可能と なる。 願の に係る各 、以上に記載した 数の 態及びそれらの 態を拡張した記載、な し、一般 した記載として る。 張な し一般 の 、 明の 術分野の、出願 時の 準の 性に基 。 0174 A) ての 態では、再生の 象となる記録 体をBD ROMとして実施したが 、 明の 、記録されるグラ イクススト ムに特徴があり、この 、 BD ROMの 理的 質に依存するものではな 。グラ ィクススト ムを記録し 記録 体なら、どのよ 記録 体であ てもよ 。 えば、DVD ROMDVD RAM DVD RWDVD RDVD RWDVD RCD RCD RW等の光ディス PDMO等の光 磁気ディス であ てもよ 。また、 ン クト ラッ ( )カ ド、ス トメ ディア、メ スティッ 、 チメディアカ ド、PCM CAカ ド等の半導体メ カ ドであ てもよ 。 キ ディスク、 pe DskZpC k等の磁気記録ディス ク 、 ORB az pa Q e EZ e イク ドライ 等のり ドディスクド ライ ㈲であ てもよ 。更に、機器内蔵型の ドディス であ てもよ 。

0175 B) ての 態における再生装置は、BD ROMに記録されたAVC pをデ

ドした上でTVに出力して たが、再生装置をBD ROMドライ のみとし、これ以外の 素をTVに 備さ ても 、この 合、再生装置 、TVとをEEE 394で 続さ れたホ ムネットワ クに組み入れることができる。また、実施 態における再生装置 は、テ ビ 接続して利用されるタイプであ たが、ディスプ 一体型とな た 生 装置であ てもよ 。更に、 態の 生装置にお て、処理の 質的部分を なす ステム ( 積回路)のみを、実施としてもよ 。これらの 生装置及び集積回 路は、 れも本願 細書に記載された発明である ら、これらの れの 様であ とも、 態に示した 生装置の 部構成を元に、再生装置を製造する行為 は、本願の 細書に記載された発明の 施行為になる。 態に示した 生 装置の ・ 償による譲渡( 償の 売、無償の 与になる)、貸与 、輸入する行為も、 明の 施行為である。 示、カタ グ 、 ン

により、これらの 、一般 ザに申し出る行為も 生装置の 施行為である。

0176 C) チヤ トに示したプ グラムによる情報処理は、 ドウ ア 源を用 て具体的に実現されて ること ら、上記 チヤ トに処理 順を示したプ グラ ムは、単体で発明として成立する。 ての 、再生装置に組み込まれた 様で、 明に係るプ グラムの 施行為に ての 態を示したが、再生装 置 ら分離して、 態に示したプ グラム 体を実施してもよ 。プ グラム 体の 施行為には、これらのプ グラムを生産する行為㈲や、有償・ 償により グラムを譲渡する行為(2)、貸与する行為(3)、輸入する行為(4)、双方向の 信 回線を介して公衆に提供する行為(5)、店頭、カタ グ 、 ン により、 プ グラムの 、一般 申し出る行為(6)がある。

0177 D) チヤ トにお て 列に実行される ステップの の 素を、発 明を特定するための の 項と考える。 すると、これらの チヤ トによる 、再生 法の 用形態を開示して ることがわ る。 ステップの 理を 、 列に行 ことで、 明の 来の 的を達成し、作用及び 果を奏するよ 、こ れらの チヤ トの 理を行 のであれば、 明に係る記録 法の 施行為 に 当することは までもな 。

0178 E)BD R Mに記録するにあた て、AVC pを構成する T ケットには、拡張 。 ッダは、TPex aheade 呼ばれ、 bv a Tme amp と、lcop pe msson ndca oJとを含み4 イトのデ タ長を有する。 TPex aheade T 、 ( EX T 、 )は、32 グ プ されて、3 のセクタに書き込まれる。 32個のEX T 、 らなるグ プは 6144 イト( 32 92)であり、これは3個のセクタサイズ6144 イト( 2048X3) 一致 する。3個のセクタに収められた32個のEX T 、 A gnedUn 。 0179 EEE 394を介して 続されたホ ムネットワ クでの 用時にお て、再生装置は 、以下のよ 理にてA gnedUn の 信を行 。 まり送り手側の 、A gnedUn に含まれる32個のEX T 、 のそれぞれ らTPex aheadeを取り 外し、T 、 体をDTCP 格に基 き して する。T 、 の 力 にあた ては、T 、 間の随所に、 。。h。n。 、 を 入する。この

、TPex aheadeのA bva Tme ampに示される時刻に基 た位置である 、 の 力に伴 、再生装置はDTCP esc p oを する。DTCP esc p oは、TPex aheadeにおける ピ 定を示す。ここで ピ を示す よ DTCPD。。 p。を記述しておけば、 EEE 394を介して 続されたホ ムネットワ クでの 用時にお てT 、 は、他の機器に記録されることはな 。 ( ) 態におけるデジタ スト ムは、BD ROM 格のAVC pであ たが、 DVD Vdeo DVD Vdeo Reco dng 格のV B(VdeoObec)であ てもよ 。 VOBは、ビデオスト ム、オ デイオスト ムを多重 することにより得られた EC13818 1 拠のプ グラムスト ムである。またAVC pにおけるビデオスト ムは、MPEG4やW V 式であ てもよ 。更にオ デイオスト ムは、 ne P CM 式、MP3 式、MPEG A C 式であ てもよ 。

0180 G) 態における映画作品は、アナ グ 送で放送されたアナ グ 号 を ン ドすることにより得られたものでもよ 。デジタ 送で放送されたトランス ポ トスト ム ら 成されるスト ムデ タであ てもよ 。

またビデオテ プに記録されて るアナ グ デジタ の 号を ン ド ンテンツを得ても良 。更にビデオカメラ ら直接 り込んだアナ グ デジタ の 号を ン ド ンテン 得ても良 。他にも、 により されるデジタ 作物でもよ 。

0181 H)スト ム 7は、操作 3 ら出力されたUse Ope a on 報、 Gスト ムにおけるボタン ドに基 き、P Rに設定す き ( X)を決定し、この X に基 き、P Rを更新する 理を行 てもよ 。ここで操作 3 ら出力されたU se Ope a on 報が、音声 、副 の を示すものであるなら P Rの 値に 加えた値を値Xとして決定する。また 3 ら出力された Use Ope a on 報が数値 の を示すものなら、その された値を値Xとし て決定する。 方、操作 3 ら出力されたボタン ンドがP Rの 定を再生 装置に じるものなら、そのボタン ンドの 数で指定された値を値Xとして決定す る。このよ にして Xが決定されれば、 Xが有効な (Va d)である 、不定値であ る は、無効な (nva d)である を判定し、判定 果に応じたP R 新 理を行 。 ここで Xが有効であるなら、 Xを用 てP Rを上書きする。 Xが不定値であるな ら、最適な値を選んでP Rに設定する。 が無効な値であるなら、P Rの 値を維 持する。

0182 1セットアップメ を表示して、字幕の 定を受け付けるにあた て、設定 のためのメ におまか ボタン ボタンを設けてもよ 。 るボタンに対応 するボタン 、P R2に不定値を設定するボタン ンドを有して る。おま ボタンの 定で、 るボタン ンドが実行されれば、P R P R2に不定値が設定 され、Poced ewhenpa backCond on s Changedが起動されて最適なオ ディオ スト ム、PG ex Ts eamが選択されることになる。

0183 0) 態にお て、満たす き (a)~(b)の2 であ たが、3 上で あ てもよ 。

上の利用 , 0184 明に係る再生装置は、上記 態に内部構成が開示されており、この 部 構成に基 き することが可能なので、資質にお て工業上 用することができる 。このこと ら 明に係る再生装置は、産業上 能性を有する。

Claims

60
求の
テキスト スト ムの ち1 を選択して、選択したテキスト スト ムを、 動画と共に再生する再生装置であ て、
複数の を記憶しており、 ラ の 定値にて、言語 テキスト 幕のデ ド 力の 無を表す ジスタセット 、
ジスタセットにおける ラ の 定値を参照することにより、複数のテキスト スト ムのそれぞれをデ ドできる 否 を判定する判定 段と、
デ ドできると判定されたテキスト スト ムを選択する選択 段と を備えることを特徴とする再生装置。
2 体には、スト ム テ が記録されており、
前記スト ム テ は、 テキスト スト ムに ての ケット
、スト ム 号と対応 けて 、
ジスタセットは更に、番号 ジスタを備え、
前記 段による選択は、
デ ドできると判定されたテキスト スト ムに対応するスト ム 号を、 ジスタセットにおける番号 ジスタに書き込むことでなされ、
前記 生装置は、
番号 ジスタに書き込まれたスト ム 号に対応する 、 スト ム テ ら取り出して、その 、 に基 き、テキスト スト ム の 生を〒 段を備える、請求 載の 生装置。
3 ジスタセットは更に、
再生装置における言語 定を示す ジスタを備え、
判定 段によ デ ド げと判定されたテキスト スト ムの中に、言 語 ジスタにおける言語 定と同じ 性をも ものが存在する場合、前記 、同じ 性をも テキスト スト ムのスト ム 号を、番号 ジスタに書き込む、請求 2 載の 生装置。
4 段によ デ ド げと判定されたテキスト スト ムが複数 在 する場合、前記 、それらのテキスト スト ムの ち、スト ム での 位が最も高 もののスト ム 号を、番号 ジスタに書き込む、請求 2 載の 生装置。
5 体には、
ビデオスト ムにおける再生 間を定義する再生 報が複数 録されており 前記スト ム テ は、再生 報のそれぞれに て 在しており、 再生中の 報が、新たな再生 報に切り換わる度に、判定 段及 び 、判定 理及び 理を実行する、請求 2 載の 生装置。6 生装置は、テキスト スト ム 作を受け付ける受付 段を備え、 選択 作にお て、 ザが要求したスト ム 号が無効である場合に、判定 段及び 、判定 理及び 理を実行する、請求 2 載の 生装置 7 生装置は、割り当てテ を有し、
割り当てテ は、 ジスタセットにおける ジスタ 号及びビット 、テキス ト スト ムの 性を示す ドとの 係を示し、
前記 、割り当てテ を参照することにより、選択しよ とするテキスト スト ムの 性を、 ジスタ 号及びビット 置に変換して、 ジスタセット にお て、 ジスタ 号及び 、 置に示される設定値を参照する
ことを特徴とする 載の 生装置。
8 テキスト スト ムの 1 を選択して、選択したテキスト スト ムを、 動画と共に再生する 理を ンピ に行わ るプ グラムであ て、
複数の を記憶しており、 ラ の 定値にて、言語 テキスト 幕のデ ド 力の 無を表す ジスタセットの、 ラ の 定値を参照することにより、複 数のテキスト スト ムのそれぞれをデ ドできる 否 を判定する判定ステッ プ 、
デ ドできると判定されたテキスト スト ムを選択する選択ステップと を備えることを特徴とするプ グラム。
9 テキスト スト ムの 1 を選択して、選択したテキスト スト ムを、 画と共に再生する再生 法であ て、
複数の を記憶しており、 ラ の 定値にて、言語 テキスト 幕のデ ド 力の 無を表す ジスタセットの、 ラ の 定値を参照することにより、複 数のテキスト スト ムのそれぞれをデ ドできる 否 を判定する判定ステッ プ 、
デ ドできると判定されたテキスト スト ムを選択する選択ステップと を備えることを特徴とする再生 。
PCT/JP2005/011162 2004-06-18 2005-06-17 再生装置、プログラム、再生方法 WO2005124779A1 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004181400 2004-06-18
JP2004-181400 2004-06-18
JP2004195439 2004-07-01
JP2004-195439 2004-07-01

Applications Claiming Priority (10)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR1020077000018A KR100890312B1 (ko) 2004-06-18 2005-06-17 재생장치, 기록매체, 재생방법
JP2006514805A JP3996625B2 (ja) 2004-06-18 2005-06-17 再生装置、プログラム、再生方法
US11/628,098 US7877002B2 (en) 2004-06-18 2005-06-17 Reproduction device, program, and reproduction method
KR20077019020A KR100872950B1 (ko) 2004-06-18 2005-06-17 재생장치, 재생방법, 및 기록매체
DE200560023301 DE602005023301D1 (de) 2004-06-18 2005-06-17 Wiedergabeanordnung, program und verfahren zur wiedergabe
KR20077019017A KR100872949B1 (ko) 2004-06-18 2005-06-17 재생장치, 기록매체, 재생방법
CN2005800200153A CN1969335B (zh) 2004-06-18 2005-06-17 再现装置、再现方法
EP20050751239 EP1758121B1 (en) 2004-06-18 2005-06-17 Reproduction device, program, and reproduction method
US11/841,115 US7583888B2 (en) 2004-06-18 2007-08-20 Reproduction device, program, and reproduction method
US11/841,104 US7609948B2 (en) 2004-06-18 2007-08-20 Reproduction device, reproduction method and program

Related Child Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
US11/841,115 Division US7583888B2 (en) 2004-06-18 2007-08-20 Reproduction device, program, and reproduction method
US11/841,104 Division US7609948B2 (en) 2004-06-18 2007-08-20 Reproduction device, reproduction method and program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2005124779A1 true WO2005124779A1 (ja) 2005-12-29

Family

ID=35509963

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/011164 WO2005124780A1 (ja) 2004-06-18 2005-06-17 再生装置、プログラム、再生方法
PCT/JP2005/011162 WO2005124779A1 (ja) 2004-06-18 2005-06-17 再生装置、プログラム、再生方法

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2005/011164 WO2005124780A1 (ja) 2004-06-18 2005-06-17 再生装置、プログラム、再生方法

Country Status (7)

Country Link
US (8) US7949225B2 (ja)
EP (7) EP1758121B1 (ja)
JP (9) JP4210695B2 (ja)
KR (6) KR100939860B1 (ja)
CN (8) CN1981342A (ja)
DE (6) DE602005025813D1 (ja)
WO (2) WO2005124780A1 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008102471A1 (ja) * 2007-02-21 2008-08-28 D & M Holdings Inc. 再生装置、再生方法、プログラム及び記録媒体
WO2009101787A1 (ja) * 2008-02-15 2009-08-20 Panasonic Corporation 再生装置、記録装置、再生方法および記録方法
WO2012165160A1 (ja) * 2011-05-27 2012-12-06 ソニー株式会社 再生装置、再生方法、およびプログラム
WO2016132482A1 (ja) * 2015-02-18 2016-08-25 三菱電機株式会社 再生装置及び再生方法

Families Citing this family (71)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7519274B2 (en) 2003-12-08 2009-04-14 Divx, Inc. File format for multiple track digital data
US8472792B2 (en) 2003-12-08 2013-06-25 Divx, Llc Multimedia distribution system
KR20060043284A (ko) * 2004-03-08 2006-05-15 엘지전자 주식회사 기록매체의 텍스트 서브타이틀 스트림 재생방법과 재생장치
DE602005025813D1 (de) * 2004-06-18 2011-02-17 Panasonic Corp Wiedergabevorrichtung, Programm und Wiedergabeverfahren
JP5204492B2 (ja) * 2004-12-23 2013-06-05 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ネットワーク番組を再生するためにソフトウェアリソースを構成する方法及び装置
US9275052B2 (en) 2005-01-19 2016-03-01 Amazon Technologies, Inc. Providing annotations of a digital work
JP4364176B2 (ja) * 2005-06-20 2009-11-11 シャープ株式会社 映像データ再生装置及び映像データ生成装置
KR20070052642A (ko) * 2005-11-17 2007-05-22 엘지전자 주식회사 데이터 재생방법 및 재생장치와 데이터 전송방법
EP1999883A4 (en) 2006-03-14 2013-03-06 Divx Llc Federated digital rights management scheme including trusted systems
JP4702621B2 (ja) * 2006-03-20 2011-06-15 ソニー株式会社 再生装置および再生方法、プログラム格納媒体、並びに、プログラム
US20100063970A1 (en) * 2006-05-19 2010-03-11 Chang Hyun Kim Method for managing and processing information of an object for presentation of multiple sources and apparatus for conducting said method
TWM304101U (en) * 2006-06-14 2007-01-01 Wei-Jing Yang DVD player capable of showing multi-national captions
US8725565B1 (en) 2006-09-29 2014-05-13 Amazon Technologies, Inc. Expedited acquisition of a digital item following a sample presentation of the item
US9672533B1 (en) 2006-09-29 2017-06-06 Amazon Technologies, Inc. Acquisition of an item based on a catalog presentation of items
JP2010507958A (ja) * 2006-10-25 2010-03-11 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ビデオ及び対応するサブタイトルデータの再生
US7865817B2 (en) * 2006-12-29 2011-01-04 Amazon Technologies, Inc. Invariant referencing in digital works
JP5100746B2 (ja) * 2007-03-22 2012-12-19 三菱電機株式会社 映像再生装置および映像再生方法
US9665529B1 (en) 2007-03-29 2017-05-30 Amazon Technologies, Inc. Relative progress and event indicators
US8234282B2 (en) 2007-05-21 2012-07-31 Amazon Technologies, Inc. Managing status of search index generation
JP2009118168A (ja) * 2007-11-06 2009-05-28 Hitachi Ltd 番組録画再生装置、および、番組録画再生方法
US8997161B2 (en) 2008-01-02 2015-03-31 Sonic Ip, Inc. Application enhancement tracks
JP2009271589A (ja) * 2008-04-30 2009-11-19 Sony Corp 情報処理装置、その制御方法、制御プログラム及びネームマッピング情報
CN102067591B (zh) * 2008-06-26 2014-03-19 松下电器产业株式会社 再现装置、记录装置、再现方法及记录方法
US9087337B2 (en) * 2008-10-03 2015-07-21 Google Inc. Displaying vertical content on small display devices
US20120019717A1 (en) * 2009-01-06 2012-01-26 Nec Corporation Credit information segment detection method, credit information segment detection device, and credit information segment detection program
JP5681641B2 (ja) 2009-01-07 2015-03-11 ソニック アイピー, インコーポレイテッド オンラインコンテンツのためのメディアガイドの特異的、収集的および自動的な生成
US9087032B1 (en) 2009-01-26 2015-07-21 Amazon Technologies, Inc. Aggregation of highlights
WO2010095411A1 (ja) * 2009-02-19 2010-08-26 パナソニック株式会社 記録媒体、再生装置、集積回路
EP2434769B1 (en) * 2009-05-19 2016-08-10 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. Recording method and playback method
US8593511B2 (en) * 2009-06-11 2013-11-26 Panasonic Corporation Playback device, integrated circuit, recording medium
WO2010143439A1 (ja) * 2009-06-12 2010-12-16 パナソニック株式会社 再生装置、集積回路、記録媒体
KR101648450B1 (ko) * 2009-08-10 2016-08-16 엘지전자 주식회사 데이터 재생 방법 및 재생 장치
US8692763B1 (en) 2009-09-28 2014-04-08 John T. Kim Last screen rendering for electronic book reader
WO2011039990A1 (ja) * 2009-10-02 2011-04-07 パナソニック株式会社 立体視映像を再生することができる再生装置、集積回路、再生方法、プログラム
US20110080462A1 (en) * 2009-10-02 2011-04-07 Panasonic Corporation Playback device, integrated circuit, playback method, and program for stereoscopic video playback
US8781122B2 (en) 2009-12-04 2014-07-15 Sonic Ip, Inc. Elementary bitstream cryptographic material transport systems and methods
KR20110066578A (ko) * 2009-12-11 2011-06-17 삼성전자주식회사 디지털 컨텐츠와 이를 위한 재생장치 및 방법
JP5533163B2 (ja) * 2010-04-08 2014-06-25 ソニー株式会社 情報処理装置、情報処理システム、および情報処理方法、並びにプログラム
JP5652642B2 (ja) * 2010-08-02 2015-01-14 ソニー株式会社 データ生成装置およびデータ生成方法、データ処理装置およびデータ処理方法
JP5633236B2 (ja) * 2010-08-09 2014-12-03 ソニー株式会社 情報処理装置、および情報処理方法、並びにプログラム
US9495322B1 (en) 2010-09-21 2016-11-15 Amazon Technologies, Inc. Cover display
US8989499B2 (en) * 2010-10-20 2015-03-24 Comcast Cable Communications, Llc Detection of transitions between text and non-text frames in a video stream
US9247312B2 (en) 2011-01-05 2016-01-26 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for encoding source media in matroska container files for adaptive bitrate streaming using hypertext transfer protocol
JP5794568B2 (ja) * 2011-09-01 2015-10-14 国立大学法人東京工業大学 データ編集装置およびデータ編集方法
US8909922B2 (en) 2011-09-01 2014-12-09 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for playing back alternative streams of protected content protected using common cryptographic information
US9158741B1 (en) 2011-10-28 2015-10-13 Amazon Technologies, Inc. Indicators for navigating digital works
US20130179199A1 (en) 2012-01-06 2013-07-11 Rovi Corp. Systems and methods for granting access to digital content using electronic tickets and ticket tokens
US9197685B2 (en) * 2012-06-28 2015-11-24 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for fast video startup using trick play streams
US9143812B2 (en) 2012-06-29 2015-09-22 Sonic Ip, Inc. Adaptive streaming of multimedia
US10452715B2 (en) 2012-06-30 2019-10-22 Divx, Llc Systems and methods for compressing geotagged video
US8997254B2 (en) 2012-09-28 2015-03-31 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for fast startup streaming of encrypted multimedia content
US8914836B2 (en) 2012-09-28 2014-12-16 Sonic Ip, Inc. Systems, methods, and computer program products for load adaptive streaming
US9191457B2 (en) 2012-12-31 2015-11-17 Sonic Ip, Inc. Systems, methods, and media for controlling delivery of content
US9313510B2 (en) 2012-12-31 2016-04-12 Sonic Ip, Inc. Use of objective quality measures of streamed content to reduce streaming bandwidth
US9264475B2 (en) 2012-12-31 2016-02-16 Sonic Ip, Inc. Use of objective quality measures of streamed content to reduce streaming bandwidth
EP2765373B1 (en) * 2013-02-06 2019-08-14 LG Electronics Inc. Shroud for refrigerator
US9906785B2 (en) 2013-03-15 2018-02-27 Sonic Ip, Inc. Systems, methods, and media for transcoding video data according to encoding parameters indicated by received metadata
US10397292B2 (en) 2013-03-15 2019-08-27 Divx, Llc Systems, methods, and media for delivery of content
US9344517B2 (en) 2013-03-28 2016-05-17 Sonic Ip, Inc. Downloading and adaptive streaming of multimedia content to a device with cache assist
CN103269447A (zh) * 2013-04-22 2013-08-28 深圳市视维科技有限公司 一种机顶盒上实现多国语言的方法
US10283013B2 (en) * 2013-05-13 2019-05-07 Mango IP Holdings, LLC System and method for language learning through film
US9094737B2 (en) 2013-05-30 2015-07-28 Sonic Ip, Inc. Network video streaming with trick play based on separate trick play files
US9247317B2 (en) 2013-05-30 2016-01-26 Sonic Ip, Inc. Content streaming with client device trick play index
US9967305B2 (en) 2013-06-28 2018-05-08 Divx, Llc Systems, methods, and media for streaming media content
US9343112B2 (en) 2013-10-31 2016-05-17 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for supplementing content from a server
CN103780942B (zh) * 2013-12-23 2017-07-11 青岛海信电器股份有限公司 一种信息配置方法及装置
US9866878B2 (en) 2014-04-05 2018-01-09 Sonic Ip, Inc. Systems and methods for encoding and playing back video at different frame rates using enhancement layers
JP6618246B2 (ja) 2014-09-30 2019-12-11 キヤノン株式会社 情報処理装置、表示方法、及びコンピュータプログラム
US10148989B2 (en) 2016-06-15 2018-12-04 Divx, Llc Systems and methods for encoding video content
US10498795B2 (en) 2017-02-17 2019-12-03 Divx, Llc Systems and methods for adaptive switching between multiple content delivery networks during adaptive bitrate streaming
CN110463209A (zh) * 2017-03-29 2019-11-15 三星电子株式会社 用于在多媒体系统中发送和接收信号的设备和方法

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09259507A (ja) * 1996-03-22 1997-10-03 Pioneer Electron Corp 情報再生装置
US6088507A (en) 1996-04-05 2000-07-11 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disc for storing audio data and sub-picture data in a plurality of channels as well as moving picture data and apparatus and method for reproducing the multimedia optical disc
JP2000228656A (ja) 1999-02-05 2000-08-15 Jisedai Digital Television Hoso System Kenkyusho:Kk Afc回路
JP2002374494A (ja) * 2001-06-14 2002-12-26 Fuji Electric Co Ltd ビデオコンテンツファイル生成システムおよびビデオコンテンツファイル検索方法。
JP2003100056A (ja) * 2001-06-16 2003-04-04 Samsung Electronics Co Ltd プリロードフォント情報を有する情報貯蔵媒体、その再生装置及び再生方法
JP2003173621A (ja) * 2001-12-03 2003-06-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Dvdオーディオ再生装置、及びdvdオーディオ再生方法
US20030194212A1 (en) 2001-04-11 2003-10-16 Alpine Electronics, Inc. DVD player and DVD playing method

Family Cites Families (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55129979A (en) 1979-03-29 1980-10-08 Sony Corp Vtr control unit
DE3641406A1 (de) 1986-12-04 1988-06-09 Grundig Emv Einrichtung zur decodierung eines satelliten-fernsehsignals
JPH03280096A (en) 1990-03-29 1991-12-11 Seiko Epson Corp Font data generating device
JPH0580738A (ja) 1990-12-25 1993-04-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd テレテキスト自動文字変換装置
CA2173355A1 (en) 1993-06-09 1994-12-22 Andreas Richter Method and apparatus for multiple media digital communication system
DE69524151D1 (de) 1994-07-12 2002-01-10 Thomson Brandt Gmbh Untertitelverfahren eines Teletext-Systems
FI98591C (fi) 1995-05-23 1997-07-10 Nokia Technology Gmbh Videokuvan tekstitysmenetelmä
TW293981B (ja) 1995-07-21 1996-12-21 Philips Electronics Nv
WO1997019451A1 (en) 1995-11-24 1997-05-29 Kabushiki Kaisha Toshiba Multi-language recording medium and reproducing device for the same
WO1998009290A1 (en) 1996-08-29 1998-03-05 Philips Electronics N.V. Playback control in digital video disc players
EP0866461A3 (en) 1997-03-19 2001-11-07 Sony Corporation Video data decoding and video signal reproduction
JP3025462B2 (ja) 1997-08-05 2000-03-27 翼システム株式会社 画像表示システム及び記録媒体
JP3407287B2 (ja) 1997-12-22 2003-05-19 日本電気株式会社 符号化復号システム
US6442333B1 (en) 1997-12-25 2002-08-27 Pioneer Electronic Corporation Information reproducing apparatus
EP1035735A3 (en) 1999-03-12 2007-09-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Moving image coding and decoding apparatus optimised for the application of the Real Time Protocol (RTP)
EP1885127A3 (en) 1999-09-20 2008-03-19 Tivo, Inc. Closed caption tagging system
JP2001273095A (ja) 2000-03-27 2001-10-05 Toshiba Corp データ転送方法及びデータ記録装置
KR100399999B1 (ko) * 2001-02-05 2003-09-29 삼성전자주식회사 멀티스트림이 기록된 기록매체, 그 기록장치, 그기록방법, 그 재생장치, 및 그 재생방법
JP2003084952A (ja) 2001-09-14 2003-03-20 Canon Inc 文字処理装置および文字処理方法よび記憶媒体およびプログラム
KR100457512B1 (ko) 2001-11-29 2004-11-17 삼성전자주식회사 광 기록 매체, 광 기록 매체 재생 장치 및 방법
JP2004096512A (ja) 2002-08-30 2004-03-25 Alpine Electronics Inc ビデオディスク再生装置
KR20040024113A (ko) 2002-09-13 2004-03-20 엘지전자 주식회사 디지털 다기능 디스크 장치에서의 재생 제어방법
JP4082968B2 (ja) 2002-09-17 2008-04-30 三洋電機株式会社 光ディスク再生装置
KR100460910B1 (ko) * 2002-10-04 2004-12-09 현대자동차주식회사 자동차 극장에서 다국적 자막 지원장치 및 방법
WO2004036574A1 (en) 2002-10-15 2004-04-29 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitle data for multiple languages using text data and downloadable fonts and apparatus therefor
KR100970727B1 (ko) * 2002-10-15 2010-07-16 삼성전자주식회사 텍스트 데이터와 다운로드 폰트를 이용한 다국어 지원용서브 타이틀 데이터가 기록된 정보저장매체 및 그 장치
KR100892976B1 (ko) 2002-11-27 2009-04-10 엘지전자 주식회사 고밀도 광디스크의 멀티 경로 데이터 스트림 재생방법
US8150237B2 (en) * 2002-11-28 2012-04-03 Sony Corporation Reproducing apparatus, reproducing method, reproducing program, and recording medium
KR20040067084A (ko) * 2003-01-21 2004-07-30 엘지전자 주식회사 선택적 자막 출력이 가능한 동영상 재생기
JP2004328653A (ja) * 2003-04-28 2004-11-18 Toshiba Corp 再生装置
JP4332153B2 (ja) * 2003-06-18 2009-09-16 パナソニック株式会社 記録装置、再生装置、記録方法、再生方法
DE602004030060D1 (de) 2003-06-30 2010-12-23 Panasonic Corp Aufzeichnungsmedium, Wiedergabegerät, Programm und Wiedergabeverfahren
WO2005088634A1 (en) 2004-03-17 2005-09-22 Lg Electronics Inc. Recording medium, method, and apparatus for reproducing text subtitle streams
DE602005025813D1 (de) * 2004-06-18 2011-02-17 Panasonic Corp Wiedergabevorrichtung, Programm und Wiedergabeverfahren
US7751455B2 (en) 2004-12-14 2010-07-06 Palo Alto Research Center Incorporated Blue and green laser diodes with gallium nitride or indium gallium nitride cladding laser structure

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09259507A (ja) * 1996-03-22 1997-10-03 Pioneer Electron Corp 情報再生装置
US6088507A (en) 1996-04-05 2000-07-11 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Multimedia optical disc for storing audio data and sub-picture data in a plurality of channels as well as moving picture data and apparatus and method for reproducing the multimedia optical disc
JP2000228656A (ja) 1999-02-05 2000-08-15 Jisedai Digital Television Hoso System Kenkyusho:Kk Afc回路
US20030194212A1 (en) 2001-04-11 2003-10-16 Alpine Electronics, Inc. DVD player and DVD playing method
JP2002374494A (ja) * 2001-06-14 2002-12-26 Fuji Electric Co Ltd ビデオコンテンツファイル生成システムおよびビデオコンテンツファイル検索方法。
JP2003100056A (ja) * 2001-06-16 2003-04-04 Samsung Electronics Co Ltd プリロードフォント情報を有する情報貯蔵媒体、その再生装置及び再生方法
JP2003173621A (ja) * 2001-12-03 2003-06-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Dvdオーディオ再生装置、及びdvdオーディオ再生方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1758121A1

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008102471A1 (ja) * 2007-02-21 2008-08-28 D & M Holdings Inc. 再生装置、再生方法、プログラム及び記録媒体
JP2008204560A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 D & M Holdings Inc 再生装置、再生方法、プログラム及び記録媒体
WO2009101787A1 (ja) * 2008-02-15 2009-08-20 Panasonic Corporation 再生装置、記録装置、再生方法および記録方法
JP5281021B2 (ja) * 2008-02-15 2013-09-04 パナソニック株式会社 再生装置、記録装置、再生方法および記録方法
RU2516463C2 (ru) * 2008-02-15 2014-05-20 Панасоник Корпорэйшн Устройство воспроизведения, записывающее устройство, способ воспроизведения и способ записи
US8849088B2 (en) 2008-02-15 2014-09-30 Panasonic Corporation Playback device, recording device, playback method, and recording method
WO2012165160A1 (ja) * 2011-05-27 2012-12-06 ソニー株式会社 再生装置、再生方法、およびプログラム
WO2016132482A1 (ja) * 2015-02-18 2016-08-25 三菱電機株式会社 再生装置及び再生方法

Also Published As

Publication number Publication date
CN100588238C (zh) 2010-02-03
US20080232774A1 (en) 2008-09-25
CN1969335A (zh) 2007-05-23
US7519278B2 (en) 2009-04-14
US7853125B2 (en) 2010-12-14
US7609948B2 (en) 2009-10-27
US20080008451A1 (en) 2008-01-10
KR100872949B1 (ko) 2008-12-08
EP1758121A4 (en) 2008-04-02
JP4210709B2 (ja) 2009-01-21
JP2008251150A (ja) 2008-10-16
JP2008257845A (ja) 2008-10-23
KR20070101335A (ko) 2007-10-16
CN101414473A (zh) 2009-04-22
EP1968064A1 (en) 2008-09-10
US20080025697A1 (en) 2008-01-31
JP3996625B2 (ja) 2007-10-24
EP1968064B1 (en) 2010-09-15
KR20070020126A (ko) 2007-02-16
EP1758122A4 (en) 2008-04-02
JPWO2005124779A1 (ja) 2008-04-17
EP1758121A1 (en) 2007-02-28
KR100939860B1 (ko) 2010-01-29
JP4406621B2 (ja) 2010-02-03
JP3996633B1 (ja) 2007-10-24
US8027566B2 (en) 2011-09-27
KR20080056026A (ko) 2008-06-19
EP1968065A1 (en) 2008-09-10
JP2007306567A (ja) 2007-11-22
JP2006050570A (ja) 2006-02-16
US20070286576A1 (en) 2007-12-13
CN101114505A (zh) 2008-01-30
CN101414473B (zh) 2013-01-23
DE602005023301D1 (de) 2010-10-14
EP1863032A2 (en) 2007-12-05
KR100917512B1 (ko) 2009-09-16
EP1968065B1 (en) 2011-12-14
CN101299345A (zh) 2008-11-05
EP1863031A3 (en) 2008-04-02
CN101114505B (zh) 2010-06-02
JP4210695B2 (ja) 2009-01-21
CN101299345B (zh) 2012-09-26
JP4402727B2 (ja) 2010-01-20
JP2007312382A (ja) 2007-11-29
KR100939858B1 (ko) 2010-01-29
US7583888B2 (en) 2009-09-01
EP1965388A1 (en) 2008-09-03
EP1863031B1 (en) 2011-01-05
EP1965388B1 (en) 2010-08-25
EP1863031A2 (en) 2007-12-05
KR100890312B1 (ko) 2009-03-26
EP1863032A3 (en) 2008-04-02
CN101114506B (zh) 2010-06-02
JP2008251151A (ja) 2008-10-16
CN1981342A (zh) 2007-06-13
CN101404172A (zh) 2009-04-08
EP1758122A1 (en) 2007-02-28
CN1969335B (zh) 2012-06-13
DE602005025813D1 (de) 2011-02-17
EP1863032B1 (en) 2010-08-18
US20060078301A1 (en) 2006-04-13
JPWO2005124780A1 (ja) 2008-04-17
EP1758122B1 (en) 2010-09-08
KR100872950B1 (ko) 2008-12-08
DE602005023227D1 (de) 2010-10-07
US7856169B2 (en) 2010-12-21
JP3996634B1 (ja) 2007-10-24
JP4243313B2 (ja) 2009-03-25
DE602005023449D1 (de) 2010-10-21
US20080232773A1 (en) 2008-09-25
CN101114506A (zh) 2008-01-30
US20080232772A1 (en) 2008-09-25
KR20080056028A (ko) 2008-06-19
EP1758121B1 (en) 2010-09-01
KR20070100370A (ko) 2007-10-10
WO2005124780A1 (ja) 2005-12-29
DE602005023672D1 (de) 2010-10-28
KR20080056027A (ko) 2008-06-19
CN1728806A (zh) 2006-02-01
US7949225B2 (en) 2011-05-24
US20080008450A1 (en) 2008-01-10
DE602005023066D1 (de) 2010-09-30
US7877002B2 (en) 2011-01-25
JP2008251152A (ja) 2008-10-16
JP4243312B2 (ja) 2009-03-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100255873B1 (ko) 광학 디스크상에 저장되는 동일한 영화의 다중버젼의 상영을 제어하는 시스템 및 방법
US7885516B2 (en) Playback apparatus, program, playback method
US6283764B2 (en) Storage medium playback system and method
ES2197171T3 (es) Sistema para generar multiples señales de relacion de aspecto a partir de una pelicula cinematografica en disco grabada con una unica relacion de aspecto.
CN101110251B (zh) 再现装置
US8204357B2 (en) Reproducing device, reproducing method, reproducing program and recording medium
US7982802B2 (en) Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle streams
KR100456024B1 (ko) 디브이디 플레이어의 자막정보 재생 장치 및 방법
JP2005354245A (ja) マルチメディア再生装置およびメニュー画面表示方法
JP2007501486A (ja) テキスト字幕をダウンロードするための情報を保存する情報記録媒体、字幕再生方法及びその装置
RU2319230C1 (ru) Запоминающий носитель, хранящий базирующиеся на тексте данные субтитров, включающие в себя информацию о стиле, и устройство и способ воспроизведения запоминающего носителя
EP1953760B1 (en) Method of reproducing text-based subtitle data including style information
KR101102639B1 (ko) 기록매체, 재생장치 및 방법, 기록방법, 및 컴퓨터-판독가능한 기록매체
CA2772021C (en) Storage medium having interactive graphic stream and apparatus for reproducing the same
US6128434A (en) Multilingual recording medium and reproduction apparatus
CN100588238C (zh) 再现装置及再现方法
EP0677843B1 (en) Recording medium which can cope with various languages and reproduction apparatus
CN1200557C (zh) 数字图像内容的发布系统和再现数字图像内容的方法
KR100323556B1 (ko) 정보 재생 장치 및 정보 기록 재생 장치
WO2005079063A1 (ja) 再生装置および再生方法、プログラム格納媒体、並びにプログラム
JPH09274776A (ja) 情報記録媒体並びにその記録装置及び再生装置
CN1135071A (zh) 存储媒体再现方法及装置
KR19990023722A (ko) 메뉴 제어용 데이터를 기록한 컴퓨터 판독 가능한 기록 매체 및메뉴 제어 방법 및 장치
US7587405B2 (en) Recording medium and method and apparatus for decoding text subtitle streams
RU2330335C2 (ru) Система воспроизведения информации, использующая информационный запоминающий носитель

Legal Events

Date Code Title Description
AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IS IT LT LU MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SM SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 11628098

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2005751239

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006514805

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200580020015.3

Country of ref document: CN

NENP Non-entry into the national phase in:

Ref country code: DE

WWW Wipo information: withdrawn in national office

Country of ref document: DE

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020077000018

Country of ref document: KR

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 1020077000018

Country of ref document: KR

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2005751239

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 11628098

Country of ref document: US