WO2005002859A1 - 液体吐出装置及びその制御方法 - Google Patents

液体吐出装置及びその制御方法 Download PDF

Info

Publication number
WO2005002859A1
WO2005002859A1 PCT/JP2004/009776 JP2004009776W WO2005002859A1 WO 2005002859 A1 WO2005002859 A1 WO 2005002859A1 JP 2004009776 W JP2004009776 W JP 2004009776W WO 2005002859 A1 WO2005002859 A1 WO 2005002859A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
liquid
discharge
liquid discharge
ejection
cap
Prior art date
Application number
PCT/JP2004/009776
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Yuji Yakura
Kenji Suzuki
Takanori Takahashi
Original Assignee
Sony Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2003-191818 priority Critical
Priority to JP2003191818A priority patent/JP2005022317A/ja
Priority to JP2003191817A priority patent/JP3885776B2/ja
Priority to JP2003-191816 priority
Priority to JP2003191816A priority patent/JP3885775B2/ja
Priority to JP2003-191815 priority
Priority to JP2003-191817 priority
Priority to JP2003191815A priority patent/JP3922222B2/ja
Application filed by Sony Corporation filed Critical Sony Corporation
Priority claimed from CN200480023409XA external-priority patent/CN1835846B/zh
Publication of WO2005002859A1 publication Critical patent/WO2005002859A1/ja

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/17Ink jet characterised by ink handling
    • B41J2/175Ink supply systems ; Circuit parts therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/165Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles
    • B41J2/16517Cleaning of print head nozzles
    • B41J2/16535Cleaning of print head nozzles using wiping constructions
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J11/00Devices or arrangements of selective printing mechanisms, e.g. ink-jet printers, thermal printers, for supporting or handling copy material in sheet or web form
    • B41J11/02Platens
    • B41J11/06Flat page-size platens or smaller flat platens having a greater size than line-size platens
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/07Ink jet characterised by jet control
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/165Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles
    • B41J2/16517Cleaning of print head nozzles
    • B41J2/1652Cleaning of print head nozzles by driving a fluid through the nozzles to the outside thereof, e.g. by applying pressure to the inside or vacuum at the outside of the print head
    • B41J2/16526Cleaning of print head nozzles by driving a fluid through the nozzles to the outside thereof, e.g. by applying pressure to the inside or vacuum at the outside of the print head by applying pressure only
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/165Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles
    • B41J2/16585Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles for paper-width or non-reciprocating print heads
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J29/00Details of, or accessories for, typewriters or selective printing mechanisms not otherwise provided for
    • B41J29/38Drives, motors, controls or automatic cut-off devices for the entire printing mechanism
    • B41J29/393Devices for controlling or analysing the entire machine ; Controlling or analysing mechanical parameters involving printing of test patterns

Abstract

液体吐出ヘッドの液体吐出ノズルから吐出対象物に液滴を吐出する液体吐出装置及びその制御方法において、液体吐出ノズルのクリーニング効果を向上すると共に、一連の性能維持動作の時間を短縮する。吐出対象物としての記録紙を支持してプリントヘッドとの位置関係を規定すると共に該プリントヘッドから吐出される液滴を受けるプラテン板を備え、インク吐出ノズルからプラテン板に対してインク滴を予備吐出させる。

Description

液体吐出装置及ぴその制御方法
技術分野
本発明は、 液体吐出へッ ドの液体吐出ノズルから吐出対象物に液滴を 明
吐出する液体吐出装置及びその制御方法に関するものである。
田 背景技術
インクジェッ ト方式の画像形成装置、 例えばインクジェッ トプリンタ は、 ランニングコス トが低く、 プリント画像のカラー化、 装置の小型化 が容易である等の点から広く普及されている。 このインクジエツ トプリ ンタは、 プリ ン トへッ ドのィンク吐出面に設けられた微小なィンク吐出 孔から微量なィンクを吐出させて画像記録を行うようになっており、 長 時間続けて印刷動作を行わず、 プリ ン トヘッ ドのイ ンク吐出孔からイン クを吐出させていない場合には、 前回の印刷動作によりインク吐出面の ィンク吐出孔付近に付着したインクが蒸発乾燥して増粘、 固化してしま うことがあり、 正常なインク吐出が困難となる。
このため、 従来では、 やや硬めのゴム製等のブレードをプリントへッ ドのインク吐出面に押し当て、 該ィンク吐出面上をスライ ドさせること により、 上記インク吐出面に付着して増粘、 固化したインクを除去する (ワイプする) ことでプリントへッ ドのクリーニングを行っていた。 こ れに関連して、 複数のプレードを回転軸に取り付けて回転させ、 ワイピ ング効果をさらに高める技術が開示されている (例えば、 特開昭 5 7— 3 4 9 6 9号公報 (第 2〜 3頁、 第 3, 4図) 参照。 ) 。
しかし、 上記特開昭 5 7— 3 4 9 6 9号公報に記載された技術では、 やや硬めのゴム製等のブレードをプリントへッ ドのインク吐出面に押し 当てて該ィンク吐出面上をスライ ドさせることにより、 上記ィンク吐出 面に付着したィンクをワイビングするようにしているので、 上記ブレー ドによりィンク吐出面に大きな力が加わり、 該インク吐出面を傷つけて しまう場合があった。 また、 上記ブレードでは、 ワイビング効果にのみ 頼らざるを得ないが、 ワイビングするだけではィンク吐出孔にィンクが 残ってしまうことがあった。 なお、 印画領域の全幅に対応して多数個の インク吐出ノズルが配列されたライン型のプリントへッ ドをワイビング するために、 複数のプレードを用いた場合でも、 上記と同様に、 インク 吐出面を傷つけてしまう場合があると共に、 インク吐出孔付近にインク が残ってしまう問題があった。
これに関連して、 特願 2 0 0 2— 1 9 2 2 3 6号明細書には、 画像形 成の動作開始時にプリントへッドのキヤップ部材にィンク滴を予備吐出 してインク吐出孔をクリ一ユングする技術が開示されているが、 この場 合には、 キヤップ部材のィンクの収容量に制限があるため、 キヤップ部 材を消耗品として何回も交換しなくてはならないという問題がある。 ま た、 キャップ部材に予備吐出をする場所 (範囲) が規制されていること から、 必要な予備吐出を実施するには、 キャップ部材を数回動かさなけ ればならず、 実印画時間が長くなるという問題もあった。 さらに、 連続 印画時においても、 キャップ部材を移動する動作等が入ってしまうこと で、 実印画時間が長くなるという問題があった。 発明の開示
本発明は、 このような問題点に対処し、 液体吐出ヘッ ドの液体吐出面 を傷つけず、 かつ液体吐出ノズルのクリーニング効果の向上を図ると共 に、 一連の性能維持動作の時間短縮を図る液体吐出装置及びその制御方 P T/JP2004/009776
3 法を提供することを目的とする。
上述した目的を達成するために、 液体吐出ノズルが設けられた液体吐 出面を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象 物に液滴を吐出する液体吐出装置であって、 上記吐出対象物を支持して 上記液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると共に該液体吐出へッドか ら吐出される液滴を受けるプラテン板を備え、 上記液体吐出ノズルから 上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させるようにした。
これにより、 液体吐出ヘッドの液体吐出面を傷つけず、 かつ液体吐出 ノズル付近のクリ一ユング効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動 作の時間を短縮することができる。 したがって、 液体吐出ヘッ ドの性能 維持動作として、 液体吐出面のワイビングから予備吐出までの一連の動 作時間を短くでき、 総印画時間を短縮できる。 図面の簡単な説明
図 1は、 本発明による液体吐出装置としてのィンクジェッ トプリンタ の実施形態を示す概略斜視図である。
図 2は、 上記ィンクジェッ トプリンタに配設された上蓋を開いて収納 部内にへッ ドカートリ ッジを収納する状態を示す斜視図である。
図 3は、 上記液体吐出装置におけるへッ ドカートリ ッジの構成を示す 一部断面側面図である。
図 4は、 図 3に示すプリンタ本体部の外力パーを外して内部構造を示 す説明図である。
図 5は、 図 4に示すへッ ドキャップ開閉機構を示す説明図である。 図 6 A乃至図 6 Cは、 上記クリーニングローラによるプリントへッ ド のインク吐出面のクリ一二ング作用を説明するための拡大断面図である, 図 Ί A及ぴ図 7 Bは、 タリ一ユングローラの他の実施形態を示す概略 2004/009776
4 説明図である。
図 8は、 図 1に示すィンクジェッ トプリンタの内部構造を示す断面図 であり、 ヘッドカートリ ッジが動作を開始する前の停止状態を示す図で ある。
図 9は、 上記ヘッ ドカートリ ッジのインク吐出面を密閉保護していた キャップがキヤップ退避位置まで退避して印画動作が可能となった状態 を示す図である。
図 1 0は、 上記ィンクジエツ トプリンタのメンテナンス時にプリンタ 本体部を開口させた状態を示す図である。
図 1 1 A乃至図 1 1 Cは、 上記ィンクジェッ トプリンタのへッ ドカー トリ ッジの下面に配置されたプラテン板の実施の形態を示す説明図であ る。
図 1 2は、 上記プラテン板に配列されたリブの頂面を記録紙が搬送す る状態を示す断面図である。
図 1 3は、 上記プラテン板のリブの形状を示す断面図である。
図 1 4は、 上記プラテン板のリブの配列状態を示す平面図である。 図 1 5 A乃至図 1 5 Fは、 上記へッ ドキヤップ開閉機構によりへッ ド キヤップが移動するときの一連のクリ一ユング動作を示す説明図である 発明を実施するための最良の形態
以下、 本発明の実施の形態を添付図面に基づいて詳細に説明する。 図 1は、 本発明による液体吐出装置の一例としてのインクジヱッ トプ リンタの実施形態を示す斜視図である。 このインクジェッ トプリンタ 1 1は、 記録紙の所定位置にインク滴を吐出して画像を形成するもので、 プリンタ本体部 1 2と、 ヘッ ドカートリ ッジ 1 3 (図 2参照) と、 記録 紙トレイ 1 4とを備えている。 プリ ンタ本体部 1 2は、 記録紙トレイ 1 4内に収納された記録紙を搬 送するための搬送機構や、 吐出対象物としての記録紙に対して適正に印 画を行わせるための電気回路部を内部に納めたものであり、 その前面下 部に設けられたトレイ揷入口 1 5に記録紙トレイ 1 4が着脱可能状態に 装着されている。 なお、 このトレィ揷入口 1 5は記録紙の排紙ロも兼ね ており、 プリンタ本体部 1 2内で印画された記録紙は、 記録紙トレイ 1 4の上面の排紙受け部 1 4 a上に排紙されるようになつている。 また、 このプリンタ本体部 1 2の前面上部には、 インクジェッ トプリンタ 1 1 の全体動作の状態を表示する表示パネル (表示部) 1 6が設けられてい る。
また、 プリンタ本体部 1 2の上面側には、 開閉可能に配設された上蓋 1 7が取付けられており、 この上蓋 1 7を開く と、 図 2に示すように、 プリ ンタ本体部 1 2の上面側にへッ ドカートリ ッジ 1 3を収納する収納 部 1 8が形成されている。 このプリンタ本体部 1 2の収納部 1 8には、 ヘッ ドカートリ ッジ 1 3が矢印 Zのように収納されて、 着脱可能な状態 に保持されるようになっている。 このヘッ ドカートリ ッジ 1 3は、 イエ ロー Y , マゼンタ M, シアン C, ブラック Kの 4色のインクタンク 1 9 を備えたプリントへッド 2 0 と、 このプリントへッ ド 2 0の下面側に装 着されたヘッドキャップ 2 1 とから構成されている。 このプリントへッ ド 2 0は、 フルライン型と呼ばれるもので、 その下面のインク吐出面に インク吐出ノズル列が記録紙 (例えば A 4判) の全幅に対応して配列さ れており、 プリンタ本体部 1 2の収納部 1 8内に固定された状態で記録 紙上にィンクを吐出して必要幅の画像を形成するようになっている。
図 3は、 上記へッドカートリ ッジ 1 3の構成を示す一部断面側面図で ある。 インクタンク 1 9は、 インク (所定の液体) が貯蔵された液体容 器となるもので、 Y , M , C, Kの 4色のインクに対応して四つのタン P T/JP2004/009776
6 ク 1 9 y, 1 9 m, 1 9 c , 1 9 kが着脱可能にセッ トされている。 ま た、 プリンタヘッ ド 20は、 インクタンク 1 9 y, 1 9 m, 1 9 c , 1 9 kからィ ンクの供給を受けてィンクを吐出する液体吐出へッ ドとなる もので、 その下面のインク吐出面 2 2には Y, M, C, Kの 4色のイン ク吐出ノズル (液体吐出ノズル) 2 3の列が形成されている。
また、 プリントへッ ド 20の下面側には、 へッ ドキヤップ 2 1が該プ リントへッ ド 20に対し相対的に移動し、 且つ着脱可能に装着されてい る。 このヘッドキャップ 2 1は、 プリントヘッ ド 2 0のインク吐出面 2 2を保護するもので、 例えば四周に立上り片を有する細長い箱状に形成 され、 その内側にインク吐出面 2 2を移動しながら増粘付着したインク のかすをワイプするクリーニングローラ (クリーニング部材) 24、 及 びィンク吐出ノズル 2 3から予備吐出されたィンクを受容する廃液受部 2 5を有している。 そして、 このヘッ ドキャップ 2 1は、 プリントへッ ド 2 0のイ ンク吐出面 2 2の長手方向に直交する方向に、 矢印 Α, Βの ようにモータ等の移動手段により移動され、 矢印 Α方向に移動した状態 でプリン トヘッ ド 2 0から外され、 矢印 B方向に戻った状態で再ぴプリ ントヘッ ド 2 0に装着されるようになっている。 なお、 上記ヘッ ドキヤ ップ 2 1は、 硬質樹脂等で形成されている。
また、 上記クリーニングローラ 24は、 プリントヘッ ド 2 0のインク 吐出面 2 2をクリーニングするクリーニング部材となるもので、 弾性力 を有すると共に吸湿性を有するスポンジ等の材料で円柱状に形成されて おり、 ヘッ ドキャップ 2 1内の一側部にて該へッ ドキャップ 2 1の長手 方向に取り付けられている。 したがって、 プリ ン トヘッ ド 2 0のインク 吐出面 2 2の長手方向と平行となる。 そして、 クリーニングローラ 24 は、 へッ ドキヤップ 2 1 と共に移動してプリントへッド 20のィンク吐 出面 2 2をクリ一ユングするようになつている。 また、 上記へッ ドキャップ 2 1の内側に設けられた廃液受部 2 5は、 プリントへッ ド 2 0のインク吐出孔 2 3から予備吐出されたィンク滴を 受けるもので、吸湿性を有する部材、例えばスポンジ等からできており、 浅い箱状のへッ ドキャップ 2 1の底面の一部又は全体で予備吐出された インク滴を受けるようになつている。 これにより、 プリントヘッ ド 2 0 のィンク吐出ノズル 2 3から予備吐出されたィンクの跳ね返りを防止す ると共に、 そのィンクがへッ ドキャップ 2 1の底面に溜まらないように 吸収することができる。 したがって、 予備吐出インクが廃液受部 2 5で 跳ね返ってインク吐出面 2 2に再付着するのが防止される。 また、 適宜 の期間使用して、 予備吐出されたインクを吸収したインク吸収部材を廃 液受部 2 5から外して廃棄し、 新しいィンク吸収部材を敷設することに より、 予備吐出インクの清掃を簡単に行うことができる。
そして、 符号 2 6は、 へッ ドキャップ 2 1内にてプリントへッ ド 2 0 のィンク吐出面 2 2に近い位置に設けられたノズル封止部材を示してお り、 普段の非印刷時はへッ ドキャップ 2 1によりインク吐出ノズル 2 3 は密閉保護され、 ィンクが乾かないようになつている。
次に、 上記ヘッ ドキャップ 2 1の移動構造を、 図 4及び図 5を参照し て説明する。 図 4は、 図 2に示すプリンタ本体部 1 2の外力パーを外し て内部構造を示す説明図であり、 図 5は、 ヘッ ドキャップ開閉機構を示 す説明図である。 図 4において、 プリンタ本体部 1 2に対してヘッド力 ートリ ッジ 1 3を矢印 Z方向に下ろして収納部 1 8に収納した後、 へッ ド着脱機構 2 7を約 9 0度前側に倒して、 ヘッ ドカートリ ッジ 1 3をプ リンタ本体部 1 2に固定する。 このとき、 図 4に示すへッ ドキャップ 2 1が、 へッ ドキャップ開閉機構 2 8 と係合するようになつている。
図 5は、 図 4に示すヘッ ドキャップ開閉機構 2 8の詳細を示す側面図 である。 まず、 図 3に示すクリーニングローラ 2 4が取り付けられたへ ッドキャップ 2 1は、 図 5に示すように下辺部に直線状のラック 2 9が 形成された移動用ラック板 4 0に連結して支持されている。 この移動用 ラック板 4 0は、 ヘッ ドキャップ 2 1を矢印 A, B方向に移動させるも ので、 該移動用ラック板 4 0の内側側面の上部両端に設けられた 2本の ガイ ドピン 4 1 a, 4 1 bを、 プリンタ本体部 1 2の一方の外側板 4 2 に形成された直線状の移動ガイ ド溝 4 3に係合させ、 下辺部に形成され たラック 2 9を、 上記一方の外側板 4 2に取り付けられた移動用モータ 4 4の回転軸上のウォームギア 4 5によって回転されるピニオン 3 0に 嚙み合わせて、 支持されている。
また、 ヘッ ドキャップ 2 1の一方の外側面には、 移動用ラック板 4 0 側に向けて前後 2本のキヤップガイ ドビン 4 6 a, 4 6 bが突出して設 けられている。 また、 プリンタ本体部 1 2の一方の外側板 4 2の中間部 には、 へッ ドキヤップ 2 1の移動軌跡を形成するため所定形状に湾曲し た 2本のキャップガイ ド溝 4 7, 4 8が形成されている。 そして、 へッ ドキャップ 2 1の前後 2本のキャップガイ ドピン 4 6 a, 4 6 bは、 そ れぞれプリンタ本体部 1 2の外側板 4 2のキヤップガイ ド溝 4 7, 4 8 に係合され、 更に前部のキヤップガイ ドビン 4 6 aだけは上記移動用ラ ック板 4 0の前端部に縦長に形成されたガイ ド溝 4 9に係合されている ( このような機構により、 上記移動用モータ 4 4の駆動により ウォーム ギア 4 5を介してピニオン 3 0が矢印 C, D方向に回転し、 これと嚙み 合うラック 2 9により移動用ラック板 4 0が矢印 A, B方向に移動する。 このとき、 ヘッ ドキャップ 2 1の前部のキャップガイ ドビン 4 6 aが移 動用ラック板 4 0の前端部のガイ ド溝 4 9に係合しているので、 該へッ ドキャップ 2 1は移動用ラック板 4 0と共に矢印 A, B方向に移動する。 そして、 そのときのヘッ ドキャップ 2 1の移動軌跡は、 前後 2本のキヤ ップガイ ドピン 4 6 a, 4 6 bが係合するキャップガイ ド溝 4 7, 4 8 JP2004/009776
9 の形状によって決められる。
ここで、 上記クリーニングローラ 2 4によるプリントへッ ド 2 0のィ ンク吐出面 2 2のタリ一二ング作用について、 図 6 A乃至図 6 Cを参照 して説明する。 なお、 図 6 A乃至図 6 Cでは、 説明を分かり易くするた め、 インク吐出面 2 2とインク吐出ノズル 2 3 とクリーニングローラ 2 4とを拡大した断面図で示している。まず、図 6 A乃至図 6 Cにおいて、 クリーニングローラ 2 4は、 図 3に示すへッドキャップ 2 1 と共に矢印 A方向に移動しながら、 インク吐出面 2 2との接触により矢印 E方向に 従動回転する。 そして、 上記クリーニングローラ 2 4が、 図 3に示すプ リントへッド 2 0のインク吐出面 2 2の或る列のインク吐出ノズル 2 3 の位置を通過するとする。
図 6 Aは、 矢印 E方向に従動回転しながら矢印 A方向に移動してきた クリ一二ングローラ 2 4が、 或る列のィンク吐出ノズル 2 3の位置に差 しかかった状態を示している。 このとき、 インク吐出ノズル 2 3の部位 には、 インク室 3 1からのインク 3 2が充満されており、 該インク吐出 ノズル 2 3の内部には上記ィンク 3 2の表面の界面張力により凹状曲面 のメニスカス 3 3が形成されている。.そして、 図 6 Aに示すように、 ク リーニングローラ 2 4が矢印 E方向に従動回転しながら矢印 A方向に移 動することにより、 ィンク吐出ノズル 2 3を一方側縁部から他方側縁部 に向けて塞いで行き、 その間に該インク吐出ノズル 2 3内の空気が他方 側縁部の隙間から矢印 Fのように押し出されて行く。
次に、 図 6 Bに示すように、 上記クリーニングローラ 2 4が更に矢印 E方向に従動回転しながら矢印 A方向に移動して、 丁度インク吐出ノズ ル 2 3の位置に来ると、 該ィンク吐出ノズル 2 3を完全に塞いだ状態に なる。 このとき、 クリーニングローラ 2 4はインク吐出面 2 2に押圧し て接触されているので、 微視的には、 該クリーニングローラ 2 4の表面 2004/009776
10 の一部がその弾性によりィンク吐出ノズル 2 3の一方側縁部と他方側縁 部との間で該ィンク吐出ノズル 2 3内に少し入り込み、 その分だけィン ク吐出ノズル 2 3内の空気を押し出した状態で該ィンク吐出ノズル 2 3 の入口を塞ぎ、 内部を密封している。
その後、 図 6 Cに示すように、 上記クリーニングローラ 2 4が更に矢 印 E方向に従動回転しながら矢印 A方向に移動して、 インク吐出ノズル 2 3の他方側縁部を塞いだ状態で一方側縁部だけを開いて行く。 このと き、 微視的には、 ィンク吐出ノズル 2 3內に少し入り込んだクリーニン グローラ 2 4の表面の一部がィンク吐出ノズル 2 3の一方側縁部から離 れる際に、 該インク吐出ノズル 2 3内の密封された空気が引かれて一方 側緣部の隙間から矢印 Gのように吸引される。
すなわち、 図 6 Bに示すようにィンク吐出ノズル 2 3内の空気が少し 押し出されて密封された状態 (正圧) から、 図 6 Cに示すようにインク 吐出ノズル 2 3内の空気が引き出された際 (負圧) のインク吐出ノズル 2 3内の圧力変化により、 該インク吐出ノズル 2 3内のインクが吸引さ れるようになる。 これにより、 インク吐出ノズル 2 3内に残ったインク が図 3においてプリントへッ ド 2 0の外側に引っ張られる吸引力が作用 し、 該ィンク吐出ノズル 2 3内のィンクを吸引して確実に除去すること ができる。
この場合、 ゴム等の弾性を有する材料で円柱状に形成されたタリー二 ングローラ 2 4をインク吐出面 2 2上で移動させるので、 該ィンク吐出 面 2 2のへッ ド電極を樹脂で覆った状態の保護層を損傷させることなく . インク吐出面 2 2のクリーユングを行うことができる。
なお、 上記クリーニングローラ 2 4は、 以上の説明ではプリントへッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2との接触により従動回転するものとしたが、 該インク吐出面 2 2との接触状態で回転しないように固定されていても 4 009776
11 よい。 例えば、 図 3において、 クリーニングローラ 2 4の両端部のピン 2 4 aを、 保持部材 (図示せず) の略 U字状の溝内に挿入することによ り、 クリーニングローラ 2 4は回転しないようにされる。 この場合は、 クリーニングローラ 2 4でインク吐出面 2 2を擦りつつ移動するので、 該インク吐出面 2 2に付着している液状インクは勿論のこと、 固化して こびり付いたィンクもタリ一ユングできる。
また、 上記クリーニングローラ 2 4は、 ブレーキ機構により回転を制 限してプリントへッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2を擦りつつ回転するもの とされていてもよい。 このブレーキ機構は、 例えば図 3において、 クリ 一ユングローラ 2 4の両端部のピン 2 4 aを保持部材で保持する部分に、 適宜の弾性体を介在させ、 その弾性体に開けられた孔に上記ピン 2 4 a を圧入したり、 タリ一二ングローラ 2 4の両端面を上記の弾性体の側面 に圧接する機構になっており、 クリーニングローラ 2 4の回転時に適度 なブレーキ力が発生するようになつている。 この場合は、 クリーニング ローラ 2 4がインク吐出面 2 2を擦りつつ少し回転するので、 該インク 吐出面 2 2を損傷させることなく、 付着している液状ィンクは勿論のこ と、 固化してこびり付いたインクもクリ一ユングできる。
図 7 A及び図 7 Bは、 クリーニングローラ 2 4の他の実施形態を示す 概略説明図である。 この実施形態は、 クリーニングローラ 2 4を回転駆 動機構により正方向、 或いは逆方向に回転するようにしたものである。 すなわち、 図 3において、 クリーニングローラ 2 4のピン 2 4 aに、 プ リ ンタ本体部 1 2内に設けられたモータ (図示省略) の回転軸を適宜の 減速比の歯車機構を介して結合し、 クリーニングローラ 2 4を積極的に 回転駆動するように構成されている。
そして、 上記モータによるクリーニングローラ 2 4の回転は、 図 7 A に示すように、 図 3に示すへッドキャップ 2 1の矢印 Aの移動方向と同 じ方向に回転されると共に、へッ ドキャップ 2 1 の移動速度 V 1よりもク リーユングローラ 2 4の外周速度 V 2の方が大となるような回転数で回 転される。 この場合、 プリントヘッ ド 2 0のインク吐出面 2 2とタリー ユングローラ 2 4の外周面との間の速度差に基づく擦りが生じ、 該イン ク吐出面 2 2が確実にクリーニングされる。 また、 上記ヘッ ドキャップ 2 1 の移動速度 v lの方を、 クリーニングローラ 2 4の外周速度 V 2より も大となるような回転数でモータを回転させる場合も、 上記と同様にィ ンク吐出面 2 2とクリーニングローラ 2 4の外周面との間に擦りが生じ. 該インク吐出面 2 2が確実にクリーユングされる。
或いは、 図 7 Bに示すように、 クリーニングローラ 2 4を図 3に示す へッ ドキャップ 2 1 の矢印 Aの移動方向とは逆方向に回転させてもよい c この場合は、 プリントヘッド 2 0のィンク吐出面 2 2とクリ一ニングロ ーラ 2 4の外周面との間の移動方向の相違による擦りが生じ、 該インク 吐出面 2 2が確実にクリーニングされる。 このよ うに、 図 7 A及び図 7 Bに示す実施形態の場合は、プリン トヘッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2は、 クリーニングローラ 2 4の積極的な回転により次々と繰り出される新た な外周面によりク リーユングされる。
図 8は、 上記ィンクジェッ トプリンタ 1 1の内部構造の具体的な一例 を示す断面図であり、 ヘッドカートリ ッジ 1 3が動作を開始する前の停 止状態を示す。 図 9は、 プリ ン トヘッ ド 2 0のインク吐出面 2 2を密閉 保護していたへッ ドキャップ 2 1がキヤップ退避位置まで退避し、 印画 動作が可能となった状態を示す。 このィンクジェッ トプリンタ 1 1は、 図 8に示すように、 プリンタ本体部 1 2 の前面下部に設けられたトレイ 揷入口 1 5に装着された記録紙トレイ 1 4の挿入方向先端部の上部には. ローラーから成る給紙手段 5 0が設けられており、 記録紙ト レイ 1 4に 収納された記録紙 5 1が随時供給できるようになつている。 また、 記録 紙 5 1の供給方向には、 対向する二つのローラーから成る分離手段 5 2 が設けられており、 重ねて収納された記録紙 5 1を 1枚づっ分離して給 紙できるようになつている。 さらに、 この分離手段 5 2により分離され た記録紙 5 1の搬送方向の前方でプリンタ本体部 1 2の上方部位には、 記録紙 5 1の搬送方向を反転する反転ローラー 5 3が設けられている。 そして、 この反転ローラー 5 3で反転された記録紙 5 1の搬送方向の 前方にはベルト搬送手段 5 4と、 上述のプラテン板 1 とが設けられてお り、 図 8に示すように、 印画停止状態においては、 ベルト搬送手段 5 4 の先端部 5 5が矢印 H方向に下がって、 プリントヘッ ド 2 0の下面との 間に大きなギャップを形成している。 また、 図 9に示す印画動作状態に おいては、 ベルト搬送手段 5 4の先端部 5 5が矢印 I方向に上昇して水 平状態にされ、 プリントへッ ド 2 0の下面との間に所定の小さなギヤッ プの記録紙通路を形成するようにされている。
また、 印画停止状態において、 図 8に示すように、 プリントヘッ ド 2 0の下面はへッ ドキャップ 2 1で閉じられており、 インク吐出ノズル 2 3のインクが乾燥して目詰まりするのを防いでいる。 また、 ヘッ ドキヤ ップ 2 1には、 クリーニングローラ 2 4が設けられており、 印画動作開 始前にヘッ ドキャップ 2 1が所定のキャップ退避位置 (図 9参照) に退 避する動作に伴って、 ィンク吐出ノズル 2 3をタリ一ユングするように なっている。
また、 このように構成されたィンクジエツ トプリンタ 1 1は、 図 1 0 に示すように、 メンテナンス時にプリンタ本体部 1 2を開口させる機構 を備えており、 用紙詰まりなどに対処できる構造となっている。 上記べ ルト搬送手段 5 4は、 2個のメインプーリ 5 6 a, 5 6 bの間に搬送べ ルト 5 7が掛け回されており、 途中に該搬送ベルト 5 7の張り具合を調 整するテンショ ンローラ 5 8が配置され、 またプリントヘッ ド 2 0に対 する記録紙 5 1の供給側に案内板とピンチローラ 6 0が対向して配置さ れ、 さらに記録紙 5 1の排出側にはハクシャローラ 6 1が配置されて、 所定の搬送経路を構成している。
また、ベルト搬送手段 5 4の上面側にはプラテン板 1が配置している。 このプラテン板 1は、 図 1 1 Aに示すように、 プリ ントヘッ ド 2 0のィ ンク吐出面 2 2の全幅方向に対応した幅で周囲に立上り片を有する細長 い箱状に形成され、 全体が A B S樹脂で形成されている。 また、 このプ ラテン板 1において記録紙 5 1の搬送方向の上流側には張出部 1 aが設 けられ、 記録紙 5 1の搬送の安定性を確保すると共に、 吐出されたイン ク滴を十分に貯留できるようになつている。 さらに、 このプラテン板 1 は、 図 1 1 Cに示すように、 その底面部 1 bから立設され記録紙 5 1の 搬送方向に延びたリブ 2〜 6が、 図 1 1 Aに示すように該プラテン板 1 の幅方向に所定の間隔で複数個配列されている。
このプラテン板 1は、 図 1 2に示すように、 プリントヘッ ド 2 0の下 面のインク吐出面 2 2と対向する位置に配置され、 インク吐出面 2 2に 配列された各インク吐出ノズル 2 3 ( 2 3 k , 2 3 c , 2 3 m , 2 3 y ) から吐出されたィンク滴が被着する記録紙 5 1を裏面から支える部材で あって、 記録紙 5 1の端部を超えて吐出された余分なインク滴を受けて 貯留するインクリザーバとしての機能も果たしている。 なお、 上記ブラ テン板 1は、 メンテナンス性を高めるため取り外し可能とされており、 インクで汚れたときは取り外して簡単に清掃可能である。
このプラテン板 1のリブ 2〜 6は、 図 1 2及び図 1 3に示すように、 記録紙 5 1の裏面を支えるもので、 記録紙 5 1の搬送方向の上流側から 下流側にかけて第 1のリブ 2〜第 5のリブ 6が形成されており、 それぞ れのリブ頂面 2 a〜リブ頂面 6 aが略同一の高さとされ、 上記ィンク吐 出面 2 2の各ィンク吐出ノズル 2 3から吐出されたィンク滴が被着する 領域外にて、 記録紙 5 1の裏面をリブ頂面 2 a〜 6 aで支えて記録紙 5 1 とインク吐出面 2 2との間の距離を規定するように形成され、 各イン ク吐出ノズル 2 3から吐出されたィンク滴が被着する領域内では、 リブ 自体が欠落して形成されている。
これにより、 プラテン板 1の上記のように配列された複数のリブ 2〜 6によって、 各ィンク吐出ノズル 2 3から吐出されたィンク滴が被着す る領域外にて記録紙 5 1の裏面を支えて記録紙 5 1 とィンク吐出面 2 2 との間の距離を規定し、 各ィンク吐出ノズル 2 3から吐出されたィンク 滴が被着する領域内ではリブ 2〜 6自体が存在しない状態となり、 リブ 頂面が記録紙 5 1 の裏面と接触しないようになる。 したがって、 プラテ ン板 1の幅方向に所定の間隔で配列された複数のリブ 2〜 6によって、 プリントヘッド 2 0のィンク吐出面 2 2の下方に搬送された記録紙 5 1 の平坦性が確保され、 記録紙 5 1の表面に対して適正なィンク吐出を行 うことができる。 また、 記録紙 5 1の周辺端部を越えて吐出されたイン クでリブ 2〜 6の頂面が汚損されることがなくなり、 記録紙 5 1の裏面 の汚損を防止することができる。
なお、 以上の説明においては、 プラテン板 1は、 各インク吐出ノズル 2 3からのインク滴が被着する領域内にはリブ自体が欠落しているもの としたが、 本発明はこれに限られず、 該領域内にもリブ (図示せず) を 設け、 そのリブ頂面を記録紙 5 1の裏面と接触しない高さに形成しても よい。
また、 図 1 3に示すように、 各リブ 2〜 6は、 記録紙 5 1の搬送方向 の上流側端部に、 その上流側から搬送されてきた記録紙 5 1の先端部を リブ頂面に誘導する傾斜面が形成されている。 例えば、 第 2のリブ 3の 上流側端部には、 大きく面取り された傾斜面 3 bが形成されており、 矢 印 Rの方向に搬送されてきた記録紙 5 1の先端部をリブ頂面 3 aに誘導 するようになつている。 これにより、 先端が下向きに垂れて搬送されて きた記録紙 5 1の先端部を上記リブ 3の傾斜面 3 bで頂面 3 aに導いて. 紙詰まりを防止することができる。 特に、 例えば縁無し印刷を行うとき においては、 記録紙 5 1の先端部にインク滴が吐出されたときに、 記 録紙 5 1の先端部が撓んで下方に向かって落ち込み易くなるが、 第 2の リブ 3の上流側端部に傾斜面 3 bが形成されているので、 記録紙 5 1の 先端部を上記リブ 3の傾斜面 3 bで頂面 3 aに導いて、 紙詰まりを防止 することができる。 また、 第 3のリブ 4〜第 5のリブ 6においても、 同 様の形状に形成されている。
したがって、 第 2のリブ 3の頂面 3 aを通過した記録紙 5 1が更に矢 印 Rの方向に搬送される際に、 第 2のリブ 3と第 3のリブ 4との間に記 録紙 5 1の先端部が下向きに垂れて進入してきても、 記録紙 5 1が第 3 のリブ 4の上流側端部に引っ掛かることなく リプ頂面 4 aに導かれ、 次 の第 4のリブ 5及び第 5のリブ 6へと記録紙 5 1を順次に搬送すること ができる。 このようにして、 記録紙 5 1をリブ頂面 2 a〜 6 aで支えて インク吐出面 2 2 と一定の距離を保ちながら搬送することができる。 また、 図 1 3に示すように、 第 1のリブ 2〜第 4のリブ 5の下流側端 部にも、上述と同様の傾斜面 2 c〜 5 cが形成されている。これにより、 図示省略したが、 記録紙 5 1を矢印 Rに示す方向と反対方向に搬送させ た場合においても、 その搬送方向の先端部が备リブ 2〜 5の下流側端部 に引っ掛からないようにすることができる。 したがって、 記録紙 5 1を 矢印 Rに示す方向と反対方向に搬送させたときにおける紙詰まりを防止 することができる。 なお、 以上の説明においては、 各リブ 2〜 6の上流 側端部には、 傾斜面が形成されているとして説明したが、 本発明はこれ に限られず、 搬送された記録紙 5 1の紙詰まりを防止できるものであれ ばどのような形状でもよい。 9776
17 さらに、図 1 1 Aに示すように、プラテン板 1の複数のリブ 2〜 6は、 隣り合う列において記録紙 5 1の搬送方向の上流側又は下流側に位置す るリブ頂面が他のリブのリブ頂面に対して互いに位置をずらして配列さ れている。 具体的には、 図 1 4に示すように、 所定の間隔で幅方向に配 列された第 3のリブ 4の列は、 その上流側及ぴ下流側に配列された第 2 のリブ 3の列及ぴ第 4のリブ 5の列に対して、 それぞれ矢印 Rに示す記 録紙 5 1の搬送方向において重ならないように配列されている。
これにより、 記録紙 5 1は、 上述した配列のリブ 2〜 6で支えられる ので、 その幅方向における平坦性が確保される。 そのため、 記録紙 5 1 が撓んでインク吐出面 2 2との距離が広がるのを防止することができ、 記録紙 5 1の表面に対して適正なィンク吐出を行うことができる。また、 プラテン板 1のリブ 2〜 6を上述のように配列した場合には、 各リブの 列の間における距離が確保されるため、 該プラテン板 1を成形するとき に用いる金型を丈夫になるというメ リ ッ トもある。 なお、 上記リブ 2〜 6の配列は、 図 1 4に示すものに限られず、 記録紙 5 1の幅方向におけ る平坦性を確保できるものであれば、 どのようなものでもよい。
さらに、 図 1 2に示すように、 上記プラテン板 1は、 インク吐出面 2 2の各ィンク吐出ノズル 2 3から吐出されたィンク滴が被着する領域内 に、 インク吸収材 7を備えている。 このインク吸収材 7は、 インク吐出 ノズル 2 3から吐出されたィンク滴を吸収する液体吸収材となるもので. スポンジなどでできており、 例えば縁無し印刷を行う ときに記録紙 5 1 の周辺端部を超えて吐出されたィンク滴を吸収するようになつている。 これにより、 各ィンク吐出ノズル 2 3から勢い良く吐出されたインク滴 の跳ね返り飛沫を減じることができ、 記録紙 5 1の裏面の汚損防止に役 立つ。 また、 インク吸収材 7を備えたことで、 ある程度インク液が溜ま つたとしても、 振動でィンク液がこぼれるのを防止できる。 そして、 図 1 2に示すように、 プラテン板 1の底面部 1 bには排イン クチューブ 6 0が取り付けられており、 ィンク吐出ノズル 2 3から予備 吐出されてィンク吸収材 7で吸収したィンクが、 排インクチューブ 6 0 からプラテン板 1の外部に流れ出るように形成されている。これにより、 多量のィンクが吐出されてもプラテン板 1から溢れ出ないようにするこ とができ、各リブ 2〜 6がインクで汚損するのを防止することができる。 この排ィンクチューブ 6 0から排出されたィンクは、排ィンクタンク(図 示せず) に集積されるようになっている。
また、 上記プラテン板 1は、 上記インク吐出ノズル 2 3から予備吐出 されたインクが、 強制的に吸引または加圧されることで該プラテン板 1 の外部に流れ出るように形成してもよい。 この場合は、 排インクチュー ブ 6 0に吸引機構 (図示せず) が設けられ、 この吸引機構を用いて、 排 インクを排ィンクタンクに収集させても良い。
次に、 このように構成されたィンクジェッ トプリンタ 1 1の動作につ いて説明する。 まず、 図 2に示すように、 プリンタ本体部 1 2の上面の ,上蓋 1 7を開いてプリントヘッ ド 2 0を収納部 1 8内に矢印 Zのように 収納する。 また、 プリンタ本体部 1 2の前面下部に設けられたトレィ揷 入口 1 5に記録紙トレイ 1 4を挿入して装着する。 このとき、 図 8に示 すように、 プリンタ本体部 1 2の内部は、 ベルト搬送手段 5 4の先端部 5 5が矢印 H方向に下がっており、 プリントヘッ ド 2 0の下面がヘッ ド キャップ 2 1で閉じられて印画停止状態となっている。
次に、 印画開始の制御信号が入力されると、 ヘッ ドキャップ 2 1が図 8の矢印 J方向に移動して所定のへッ ドキヤップ退避位置に退避する。 このとき、 図 1 5 A乃至図 1 5 Fに示すように、 へッ ドキャップ 2 1の 退避動作に伴って、 クリーニングローラ 2 4がプリントヘッ ド 2 0のノ ズル部材 2の表面を摺動してィンク吐出ノズル 2 3をタリ一ユングする < 次に、 上記へッ ドキヤップ 2 1が移動するときのク リ一-ング動作に ついて、図 1 5 A乃至図 1 5 Fを参照して説明する。 まず、図 1 5 Aは、 初期状態において、 へッ ドキャップ 2 1がプリ ントへッ ド 2 0のインク 吐出面 2 2に対して閉じた位置にあり、インク吐出面 2 2の Y, M, C , Kの 4色のィンク吐出ノズル 2 3がノズル封止部材 2 6によつて保護さ れている状態を示している。
この状態から、 プリ ンタ起動時又は印画開始時又は使用者の指示等に より、 プリ ンタ本体部 1 2にキャップ開 ト リガー信号が入力されると、 図 5に示す移動用モータ 4 4が回転駆動されて、図 1 5 Bに示すように、 ヘッ ドキャップ 2 1が矢印 A方向に移動し始める。 このとき、 ヘッ ドキ ヤップ 2 1の移動に伴って、 例えばスポンジ製のク リーニングローラ 2 4がインク吐出面 2 2に押圧接触した状態で該ィンク吐出面 2 2 との接 触状態で擦りつつ順次従動回転し、 或いはブレーキ機構により回転が制 限され、或いはモータにより正回転又は逆回転されて移動する。そして、 この回転移動時に、 Y, Μ, C, Kの 4色のインク吐出ノズル 2 3内に 固化して増粘したィンクのかすが、 ク リーニングローラ 2 4で拭い取ら れる。
このとき、 図示省略の光学式又は機械式等のセンサにより、 ク リ一二 ングローラ 2 4でィンクのかすを拭い取った後でィンク吐出ノズル 2 3 の直下に達したのを検知すると、 そのインク吐出ノズル 2 3の目詰まり を防止するために、 廃液受部 2 5 (図 3参照) にインクの予備吐出を行 つてもよい。 図 1 5 Βでは、 Υ色のインク吐出ノズル 2 3についてク リ 一ユングローラ 2 4でインクのかすを拭い取った後に、 その Υ色のイン ク吐出ノズル 2 3の直下に達した廃液受部 2 5に対してィンクを予備吐 出している状態を示している。 また、 図 1 5 Cでは、 Κ色のインク吐出 ノズル 2 3についてク リーユングローラ 2 4でインクのかすを拭い取つ た後に、 その K色のィンク吐出ノズル 2 3の直下に達した上記廃液受部 2 5に対してインクを予備吐出している状態を示している。
このようにして、 Y, M, C, Kの 4色のインク吐出ノズル 2 3の全 部について、 クリーニングローラ 2 4によるワイプとィンクの予備吐出 が終了した状態で、 図 1 5 Dに示すように、 へッ ドキヤップ 2 1は矢印 Α方向に一杯に移動して矢印 Jに示す方向に移動し、 へッ ドキャップ退 避位置に係留される。 この状態で、 ベルト搬送手段 5 4が矢印 I の方向 に上昇して記録紙 5 1を搬送可能な位置まで移動し、 プリンタ本体部 1 2及びへッ ドカートリ ッジ 1 3は印画可能となる。 このとき、 インク吐 出の動作開始時に、 各インク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対して インク滴を予備吐出される。 これにより、 プリントヘッ ド 2 0のインク 吐出面 2 2を傷つけず、 かつィンク吐出ノズル 2 3付近のクリ一二ング 効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動作の時間を短縮することが できる。 そして、 プラテン板 1に対してインク滴を予備吐出した後に、 プラテン板 1の各リブに支持された状態で記録紙 5 1が搬送され、 この 状態で記録紙 5 1に印字、 印画を行う。
具体的には、 図 9に示す印画動作状態において、 給紙手段 5 0が駆動 し、 記録紙トレイ 1 4に重ねて収納された記録紙 5 1が矢印 K方向に供 給される。 この際、 分離手段 5 2によって記録紙 5 1は一枚づつに分離 されて矢印 L方向に随時給紙される。 この給紙された記録紙 5 1は、 反 転ローラー 5 3により搬送方向が反転されてベルト搬送手段 5 4まで送 られる。 そして、 記録紙 5 1は、 ベルト搬送手段 5 4によってプリント ヘッ ド 2 0の下方部まで運ばれて行く。
さらに、 記録紙 5 1が、 プリントヘッ ド 2 0の下方部に達すると、 印 画信号が入力され、 該印画信号に応じてプリントヘッ ド 2 0の所定の発 熱抵抗素子が駆動される。 そして、 一定速度で送られる記録紙 5 1に対 9776
21 して、 4色のインクに対応するインク吐出ノズル 2 3の列からインク滴 が吐出され、 記録紙 5 1上にカラーのプリント画像が形成される。
そして、 所定の頁数の印字、 印画の動作が終了すると、 プリンタ本体 部 1 2にキャップ閉トリガー信号が入力され、 図 1 5 Eに示すように、 ベルト搬送手段 5 4が矢印 Hの方向に下降し、 図 5に示す移動用モータ 4 4が逆回転されて、 へッ ドキヤップ 2 1が上記へッ ドキヤップ退避位 置から矢印: T に示す方向に移動し、 往路と同じ軌跡を通って元の位置 に復帰動作する。
すなわち、 図 1 5 Fに示すように、 ヘシ ドカートリ ッジ 2 0に対して 相対的に矢印 B方向にへッ ドキャップ 2 1が移動される。 すると、 へッ ドカートリ ッジ 2 0に対してへッ ドキャップ 2 1 と共にクリーニング口 ーラ 2 4が矢印 B方向に移動して閉じた状態となり、 図 1 5 Aに示す初 期状態に戻る。 この復路においては、 クリーニングローラ 2 4はインク 吐出ノズル 2 3のワイプをせず、 インクの予備吐出もしない。 クリ一二 ングローラ 2 4の寿命を長く して、部品交換時期を遅らせるためである。 このようにして記録紙 5 1上への印画が全て終了すると、 図 9に示す ように、 記録紙 5 1はプリントヘッ ド 2 0の下方部から矢印 M方向に搬 送され、 排紙ロを兼ねたトレイ揷入口 1 5から記録紙トレイ 1 4の上面 の排紙受け部 1 4 aに排紙される。 そして、 図 8に示すように、 ベルト 搬送手段 5 4の先端部 5 5が矢印 H方向に下がり、 へッ ドキャップ 2 1 がプリントヘッド 2 0の下面を閉じて印画停止状態に復帰し、 ィンクジ エツ トプリンタ 1 1の動作が停止する。 この状態で、 印画開始の制御信 号が入力されてィンクジエツ トプリンタ 1 1が印刷動作を開始するのを 待機する。
上述したように、 図 1 2に示すプラテン板 1の底面部 1 bには排ィン クチューブ 6 0が取り付けられているので、 プラテン板 1に予備吐出さ 2004/009776
22 れたインクは、 プラテン板の外部に流れ出るようにされている。 これに より、 多量のィンクが吐出されてもプラテン板 1から溢れ出ないように することができ、 各リブがィンクで汚損されるのを防止することができ る。
なお、 以上の説明においては、 インク吐出の動作開始時に、 ヘッ ドキ ヤップ 2 1を開き、 ク リーニングローラ 2 4をインク吐出面 2 2に接触 させて移動させることによりインク吐出ノズル 2 3内のインクを吸引し、 ク リーニングローラ 2 4がインク吐出面 2 2を移動した後に、 インク吐 出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してィンク滴を予備吐出させるとし たが、 本発明はこれに限られず、 インク吐出の動作開始時に、 プラテン 板 1に対するィンク滴の予備吐出のみでィンク吐出ノズル 2 3のク リー ユングを行うものでもよい。
すなわち、 図 1 5 Dに示すように、 へッ ドキャップ 2 1が退避位置に ある状態において、 ヘッ ドキャップ 2 1の開閉動作を行わず、 したがつ てク リーニングローラ 2 4によるインク吐出面 2 2のク リーニングを行 わずに、 ィンク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対して予備吐出する 場合もある。 これにより、 上記イ ンク吐出面 2 2を傷つけず、 かつイン ク吐出ノズル 2 3付近のク リーユング効果の向上を図ると共に、 タ リー ユングローラ 2 4を戻さずにプラテン板 1にィンクが予備吐出されて、 一連の性能維持動作の時間を短縮することができる。 したがって、 イン ク吐出ノズル 2 3によるィンクの予備吐出と、 クリ一二ングローラ 2 4 によるインク吐出面 2 2のワイビング、 及ぴインク吐出ノズル 2 3のィ ンク吸引とを独立な動作と して行うことができ、 かつプリ ヒートも組合 せも可能なので装置の使用状況、 イ ンク特性、 環境条件に応じた好まし いメ ンテナンスシーケンスを採用することができる。
続いて、 インク吐出の動作終了後に予備吐出させる場合について、 説 P2004/009776
23 明する。
記録紙 5 1上へのィンク吐出の動作終了時に、 ク リ一ユングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 2に接触させることによりィンク吐出ノズ ル 2 3内のインクを吸引して除去し、 ク リーユングローラ 2 4がインク 吐出面 2 2を移動させるときに各ィンク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してィンク滴が予備吐出させる。
具体的には、 記録紙 5 1に対するインク吐出の動作終了時に、 上記移 動用モータ 4 4が回転駆動を駆動してー且閉じられたへッ ドキヤップ 2 1 を再度開閉し、 図 1 5 A乃至図 1 5 Dに示すように、 ク リーニング口 ーラ 2 4の外周面をインク吐出面 2 2に接触させた状態で移動させ、 こ の移動する際のク リ一ユングローラ 2 4の弾性変形によりィンク吐出ノ ズル 2 3内のインクを吸引して除去し、 ク リーニングローラ 2 4がイン ク吐出面 2 2上を移動した後に、 インク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してインクを予備吐出する。 これにより、 プリ ントヘッ ド 2 0の インク吐出面 2 2を傷つけず、 かつインク吐出ノズル 2 3付近のク リー ニング効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動作の時間を短縮する ことができる。
上述したように、 図 1 2に示すプラテン板 1の底面部 1 bには排ィン クチューブ 6 0が取り付けられているので、 プラテン板 1に予備吐出さ れたインクは、 プラテン板の外部に流れ出るよ うにされている。 これに より、 多量のインクが吐出されてもプラテン板 1から溢れ出ないように することができ、 各リブがインクで汚損されるのを防止することができ る。
なお、 以上の説明においては、 インク吐出の動作終了時に、 一旦閉じ られたヘッ ドキャップ 2 1 を再度開閉し、 クリーニングローラ 2 4をィ ンク吐出面 2 2に接触させて移動させることによりィンク吐出ノズル 2 3内のインクを吸引して除去し、 ク リーニングローラ 2 4がインク吐出 面 2 2上を移動した後にインク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対し てインクを予備吐出させるとしたが、 本発明はこれに限られず、 記録紙 5 1上へのィンク吐出の動作終了時に、 図 1 5 Dに示すへッ ドキャップ 2 1が退避位置にある状態でへッ ドキャップ 2 1の開閉動作に関係なく, したがってク リーニングローラ 2 4によるインク吐出面 2 2のク リー二 ングを行わずに、 プラテン板 1上へのィンク滴の予備吐出のみでィンク 吐出ノズル 2 3のタ リ一ニングを行うものでもよレ、。
これにより、 上記インク吐出面 2 2を傷つけず、 かつインク吐出ノズ ル 2 3付近のク リーニング効果の向上を図ると共に、 プラテン板 1に対 してインクが予備吐出されて、 一連の性能維持動作の時間を短縮するこ とができる。 したがって、 インク吐出ノズル 2 3によるィンクの予備吐 出と、 ク リーニングローラ 2 4によるインク吐出面 2 2のワイビング、 及ぴィンク吐出ノズル 2 3のィンク吸引とを独立な動作と して行う こと ができ、 かつプリ ヒートも組合せも可能なので装置の使用状況、 インク 特性、 環境条件に応じた好ましいメンテナンスシーケンスを採用するこ とができる。
また、 上述の説明では、 ヘッ ドキャップ 2 1が矢印 A方向に移動する 際にク リーニングローラ 2 4がインク吐出面 2 2に接触して該ィンク吐 出面 2 2のク リーニングを行う と共に、 その実施後インクの予備吐出を 行い、 へッ ドキャップ 2 1が矢印 B方向に戻る際にはク リ一ユングロー ラ 2 4はィンク吐出面 2 2に接触しないものと したが、 本発明はこれに 限らず、 ィンク吐出の動作終了時に、 ヘッ ドキャップ 2 1を閉じ、 ク リ 一-ングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 2に接触させて移動させ る前に、 インク吐出ノズル 2 3かちプラテン板 1に対して液滴を予備吐 出させるものでもよい。 この場合には、 図示省略したが、 インク吐出の動作終了時に、 ヘッ ド キヤップ 2 1が閉じる動作に伴ってク リ一ユングローラ 2 4の外周面を プリ ントヘッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2に接触させた状態で移動させ、 この移動する際のク リーニングローラ 2 4の弾性変形によりインク吐出 ノズル 2 3内のインクを吸引して除去する前に、 インク吐出ノズル 2 3 からプラテン板 1に対してインクが予備吐出される。 これにより、 プリ ントへッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2を傷つけず、 かつィンク吐出ノズル 2 3付近のク リ一二ング効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動作 の時間を短縮することができる。
続いて、 インク吐出の動作開始後に、 プリ ン ト枚数が所定枚数となる 毎に予備吐出を行う場合について説明する。
記録紙 5 1に対するィンク吐出の動作開始後に、 記録紙 5 1が所定枚 数となる毎にィンク吐出動作を一時中断し、 駆動制御手段の制御でへッ ドキャップ 2 1 を移動して、 クリーニングローラ 2 4の外周面をィンク 吐出面 2 3に接触させて移動させることによりィンク吐出ノズル 2 3内 のインクを吸引し、 ク リーユングローラ 2 4がインク吐出面 2 2を移動 した後に、 ィンク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してインク滴を 予備吐出させる。 これにより、 インク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1 に対してィンク滴を予備吐出させることにより、 インク吐出面 2 2を傷 つけず、 かつインク吐出ノズル 2 3のク リーニング効果の向上を図ると 共に、 一連の性能維持動作の時間短縮を図ることができる。
このとき、 図 1 5 A乃至図 1 5 Cに示すように、 ク リーニングローラ 2 4を収容するへッ ドキャップ 2 1の開閉を行い、 該へッ ドキャップ 2 1が開く動作に伴ってク リーユングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 2に接触させた状態で該両者を相対的に移動させるようにし、 インク 吐出動作の中断時にへッ ドキャップ 2 1 をー且閉じ再度開かせるように してもよい。 また、 ヘッ ドキャップ 2 1が閉じる動作に伴ってクリ一二 ングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 2に接触させた状態で該両者 を相対的に移動させるようにし、 ィンク吐出動作の中断時にへッ ドキヤ ップ 2 1を一且閉じ再度開かせるようにしてもよい。 これにより、 へッ ドキャップ 2 1が移動する際のクリ一二ングローラ 2 4の弾性変形によ りインク吐出ノズル 2 3内のインクを吸引して除去することができる。 そして、 このヘッ ドキャップ 2 1は、 インク吐出動作の終了後に閉じる ようになつている。 これにより、 プリントヘッ ド 2 0のインク吐出ノズ ル 2 3の乾燥と目詰まりが防止される。
具体的には、 所定の頁数の印字、 印画の動作が終了すると、 プリンタ 本体部 1 2にキャップ閉トリガー信号が入力され、 図 1 5 Eに示すよう に、 ベルト搬送手段 5 4が矢印 Hの方向に下降し、 図 5に示す移動用モ ータ 4 4が逆回転されて、 へッドキヤップ 2 1が上記へッドキヤップ退 避位置から矢印 J ' に示す方向に移動し、 往路と同じ軌跡を通って元の 位置に復帰動作する。
すなわち、 図 1 5 Fに示すように、 ヘッ ドカートリ ッジ 2 0に対して 相対的に矢印 B方向にへッドキャップ 2 1が移動される。 すると、 へッ ドカートリ ッジ 2 0に対してへッ ドキャップ 2 1 と共にクリーニングロ ーラ 2 4が矢印 B方向に移動して閉じた状態となり、 図 1 5 Aに示す初 期状態に戻る。 この復路においては、 クリーニングローラ 2 4はインク 吐出ノズル 2 3のワイプをせず、 イ ンクの予備吐出もしない。 クリ一二 ングローラ 2 4の寿命を長く して、部品交換時期を遅らせるためである。 このようにして記録紙 5 1上への印画が全て終了すると、 図 9に示す ように、 記録紙 5 1はプリントへッ ド 2 0の下方部から矢印 M方向に搬 送され、 排紙ロを兼ねたトレイ揷入口 1 5から記録紙トレイ 1 4の上面 の排紙受け部 1 4 aに排紙される。 そして、 図 8に示すように、 ベルト P T/JP2004/009776
27 搬送手段 5 4の先端部 5 5が矢印 H方向に下がり、 へッ .ドキヤップ 2 1 がプリ ントヘッ ド 2 0の下面を閉じて印画停止状態に復帰し、 インクジ エツ トプリ ンタ 1 1の動作が停止する。 この状態で、 印画開始の制御信 号が入力されてィンクジェッ トプリ ンタ 1 1が印刷動作を開始するのを 待機する。
上述したように、 図 1 2に示すプラテン板 1の底面部 1 bには排ィン クチューブ 6 0が取り付けられているので、 プラテン板 1に予備吐出さ れたインクは、 プラテン板の外部に流れ出るよ うにされている。 これに より、 多量のインクが吐出されてもプラテン板 1から溢れ出ないよ うに することができ、 各リブがインクで汚損されるのを防止することができ る。
なお、 以上の説明においては、 インク吐出の動作開始後に、 記録紙 5 1が所定枚数となる毎にィンク吐出動作を一時中断し、 ヘッ ドキャップ 2 1を移動してク リー-ングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 3に 接触させて移動させることによりィンク吐出ノズル 2 3内のィンクを吸 引し、 クリーニングローラ 2 4がインク吐出面 2 2を移動した後に、 ィ ンク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してインク滴を予備吐出させ るとしたが、 本発明はこれに限られず、 インク吐出の動作開始後に、 記 録紙 5 1が所定枚数となる毎にィンク吐出動作を一時中断し、 ヘッ ドキ ヤップ 2 1が退避位置にある状態で、 インク吐出ノズル 2 3からプラテ ン板 1に対してィンク滴を予備吐出させてもよい。
これにより、 上記インク吐出面 2 2を傷つけず、 かつインク吐出ノズ ル 2 3付近のク リ一二ング効果の向上を図ると共に、 プラテン板 1に対 してインクが予備吐出されて、 一連の性能維持動作の時間を短縮するこ とができる。 したがって、 インク吐出ノズル 2 3によるインクの予備吐 出と、 ク リーニングローラ 2 4によるインク吐出面 2 2のワイビング、 及びィンク吐出ノズル 2 3のィンク吸引とを独立な動作として行うこと ができ、 かつプリ ヒー トも組合せも可能なので装置の使用状況、 インク 特性、 環境条件に応じた好ましいメ ンテナンスシーケンスを採用するこ とができる。
また、 上述の説明では、 記録紙 5 1に対するインク吐出の動作開始後 に、 記録紙 5 1が所定枚数となる毎にインク吐出動作を一時中断し、 へ ッ ドキャップ 2 1 をー且閉じた後に矢印 A方向に再度開き、 その開く際 に、 ク リーニングローラ 2 4がインク吐出面 2 2に接触して該ィンク吐 出面 2 2のク リーニングを行う と共に、 その実施後ィ、 クの予備吐出を 行い、 ヘッ ドキャップ 2 1が矢印 B方向に戻る際にはク リーニングロー ラ 2 4はインク吐出面 2 2に接触しないものと したが、 本発明はこれに 限らず、記録紙 5 1が所定枚数となる毎にインク吐出動作を一時中断し、 ヘッ ドキャップ 2 1をー且閉じ、 ク リーニングローラ 2 4の外周面をィ ンク吐出面 2 2に接触させて移動させることによりィンク吐出ノズル 2 3内のインクを吸引した後に再度ヘッ ドキャップ 2 1を開き、 タリー- ングローラ 2 4がインク吐出面 2 2上の各色のインク吐出ノズノレ 2 3の 列を通過した順に、 ィンク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対してィ ンク滴を予備吐出させるものでもよい。
この場合には、 図示省略したが、 インク吐出の動作終了時に、 ヘッ ド キャップ 2 1が閉じる動作に伴ってク リーニングローラ 2 4の外周面を プリ ントヘッ ド 2 0のィンク吐出面 2 2に接触させた状態で移動させ、 この移動する際のク リーニングローラ 2 4の弾性変形によりインク吐出 ノズル 2 3内のィンクを吸引して除去する前に、 ィンク吐出ノズル 2 3 からプラテン板 1 に対してインクが予備吐出される。 これにより、 プリ ン トヘッ ド 2 0のインク吐出面 2 2を傷つけず、 かつインク吐出ノズル 2 3付近のク リ一ユング効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動作 の時間を短縮することができる。
さらに、 記録紙 5 1が所定枚数となる毎にィンク吐出動作を一時中断 し、 へッ ドキャップ 2 1を一旦閉じた後に再度開き、 その際、 タ リー二 ングローラ 2 4の外周面をィンク吐出面 2 2に接触させて移動させるこ とによりインク吐出ノズル 2 3内のインクを吸引し、 ク リーニングロー ラ 2 4がインク吐出面 2 2上の各色のインク吐出ノズル 2 3の列を通過 した後に、 複数色同時にインク吐出ノズル 2 3からプラテン板 1に対し てィンク滴を予備吐出させてもよい。
さらにまた、 図 1 5 A乃至図 1 5 Fに示す動作の説明では、 記録紙 5 1に対するインク吐出の動作開始後に、 記録紙 5 1が所定枚数となる毎 にインク吐出動作を一時中断し、 ク リーニングローラ 2 4によるインク 吐出ノズル 2 3内のインクの吸引と、 インク吐出ノズル 2 3からプラテ ン板 1への対してィンク滴の予備吐出とを組み合わせて、 インク吐出ノ ズル 2 3をタリ一二ングし、 一連の性能維持動作を行う ものと して説明 したが、 本発明はこれに限られず、 インク吐出の動作開始後に、 所定時 間経過毎にインク吐出動作を一時中断し、 上述の性能維持動作を行うも のでもよい。 この場合においても、 同様に、 インク吐出面 2 2を傷つけ ず、かつィンク吐出ノズル 2 3のタ リ一二ング効果の向上を図ると共に、 一連の性能維持動作の時間短縮を図ることができる。
また、 以上の説明においては、 ライン型のプリ ントヘッ ドを備えたィ ンクジェッ トプリンタに適用された例について述べたが、 本発明はこれ に限らず、 液体吐出へッ ドの液室に収容された液体を液体吐出ノズルか ら液滴と して吐出するものであればどのようなものでもよい。 例えば、 記録方式がインクジエツ ト方式のファタシミ リ装置や複写機等の画像形 成装置についても適用可能である。 また、 圧電方式のインクジェッ トプ リ ンタでも適用可能である。 さらに、 シリアル型のプリ ントヘッ ドを備 えたインクジエツ トプリンタでも適用可能である。
また、 液体吐出ノズル 2 3から吐出される液体はィンクに限られず、 液室内の液体を吐出してドッ ト列又はドッ トを形成するものであれば、 他の液体の吐出装置にも適用することができる。 例えば、 D N A鑑定な どにおいて D N A含有溶液をパレッ ト上に吐出するための液体吐出装置 にも適用することができる。

Claims

請求の範囲
1 . 液体吐出ノズルが設けられた液体吐出面を有する液体吐出へッ ド を備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に液滴を吐出する液体吐出 装置であって、
上記吐出対象物を支持して上記液体吐出へッ ドとの位置関係を規定す ると共に該液体吐出へッドから吐出される液滴を受けるプラテン板を備 え、
上記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させ ることを特徴とする液体吐出装置。
2 . 上記液体吐出面の上記液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制 御する吐出制御手段を備え、 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開 始時に上記プラテン板に対して予備吐出させることを特徴とする請求項 1記載の液体吐出装置。
3 . 上記液体吐出面の上記液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制 御する吐出制御手段を備え、 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作終 了時に上記プラテン板に対して予備吐出させることを特徴とする請求項 1記載の液体吐出装置。
4 . 上記液体吐出面の上記液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制 御する吐出制御手段を備え、 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開 始後に、 該吐出対象物のプリント枚数が所定枚数となる毎に液体吐出動 作を一且中断し、 上記吐出制御手段の制御により上記液体吐出ノズルか ら上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする請求 項 1記載の液体吐出装置。
5 . 上記液体吐出面の上記液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制 御する吐出制御手段を備え、 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開 始後に、 所定時間経過毎に液体吐出動作をー且中断し、 上記吐出制御手 段の制御により上記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴を 予備吐出させることを特徴とする請求項 1記載の液体吐出装置。
6 . 液体吐出ノズルが設けられた液体吐出面を有する液体吐出へッ ド を備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に液滴を吐出する液体吐出 装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ユング部材と、 このタリ一ニング部材の外周面を上記液体吐出へッ ドの液体吐出面に 接触させた状態で該両者を相対的に移動させる移動手段と、
この移動手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え. 上記駆動制御手段の制御で移動手段を駆動して、 上記クリーニング部 材の外周面を上記液体吐出面に接触させて移動させることにより上記液 体吐出ノズル内の液体を吸引し、 上記吐出制御手段の制御により上記ク リ一ニング部材が上記液体吐出面を移動した後に上記液体吐出ノズルか ら上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする液体 吐出装置。
7 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始時に、 上記駆動制御 手段の制御で移動手段を駆動して、 上記クリ一ユング部材の外周面を上 記液体吐出面に接触させて移動させることにより上記液体吐出ノズル内 の液体を吸引し、 上記吐出制御手段の制御により上記クリ一ユング部材 が上記液体吐出面を移動した後に上記液体吐出ノズルから上記プラテン 板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする請求項 6記載の液体 吐出装置。
8 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作終了時に、 上記駆動制御 手段の制御で移動手段を駆動して、 上記クリ一-ング部材の外周面を液 体吐出面に接触させて移動させることにより液体吐出ノズル内の液体を 吸引し、 上記吐出制御手段の制御により上記クリ一ユング部材が液体吐 出面を移動させるときに液体吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を 予備吐出させることを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装置。
9 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 該吐出対象物 のプリント枚数が所定枚数となる毎に液体吐出動作をー且中断し、 上記 吐出制御手段の制御により上記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対 して液滴を予備吐出させることを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装
1 0 . 上記液体吐出面の上記液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を 制御する吐出制御手段を備え、 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作 開始後に、 所定時間経過毎に液体吐出動作を一旦中断し、 上記吐出制御 手段の制御により上記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴 を予備吐出させることを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装置。
1 1 . 上記クリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へ ッ ドの液体吐出面を保護するキヤップ部材を設け、 上記移動手段の駆動 によりキヤップ部材の開閉を行い該キャップ部材が開く動作に伴って上 記クリーニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触させ た状態で該両者を相対的に移動させるようにし、 上記吐出制御手段の制 御により上記クリ一ニング部材が上記液体吐出面を移動した後に上記液 体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させるように したことを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装置。
1 2 . 上記クリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へ ッドの液体吐出面を保護するキャップ部材を設け、 一旦閉じられたキヤ ップ部材を上記移動手段の駆動により再度開閉し該キャップ部材が開く 動作に伴って上記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐 出面に接触させた状態で該両者を相対的に移動させるようにし、 上記吐 出制御手段の制御によりクリ一ニング部材が液体吐出面を移動した後に 液体吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させるようにし たことを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装置。
1 3 . 上記クリ一ユング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へ ッドの液体吐出面を保護するキヤップ部材を設け、 上記移動手段の駆動 によりキヤップ部材の開閉を行い該キャップ部材が閉じる動作に伴って 上記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触さ せた状態で該両者を相対的に移動させる前に液体吐出ノズルからプラテ ン板に対して液滴を予備吐出させるようにしたことを特徴とする請求項 6記載の液体吐出装置。
1 4 . 上記プラテン板は、液体吐出ノズルから予備吐出された液滴が、 該プラテン板の外部に流れ出るように形成されたことを特徴とする請求 項 1又は 6記載の液体吐出装置。
1 5 . 上記プラテン板は、液体吐出ノズルから予備吐出された液滴が、 強制的に該プラテン板の外部に流れ出るように形成されたことを特徴と する請求項又は 6記載の液体吐出装置。
1 6 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このクリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキャップ部材と、
このキヤップ部材の開閉を行い該キヤップ部材が開く動作に伴って上 記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触させ た状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して直 交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキャップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドか.ら吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え. 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始時に、 上記駆動制御手段 の制御でキャップ開閉手段を駆動してキャップ部材を開き、 上記タリー ニング部材の外周面を液体吐出面に接触させて移動させることにより液 体吐出ノズル内の液体を吸引し、 上記吐出制御手段の制御によりタリー 二ング部材が液体吐出面を移動した後に、 上記液体吐出ノズルからプラ テン板に対して液滴をプラテン板に対して予備吐出させるようにしたこ とを特徴とする液体吐出装置。
1 7 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このタリ一ユング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキヤップ部材と、 .
このキヤップ部材の開閉を行い該キヤップ部材が開く動作に伴って上 記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッドの液体吐出面に接触させ た状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して直 交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキャップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え. 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作終了時に、 上記駆動制御手段 の制御でキャップ開閉手段を駆動して一旦閉じられたキャップ部材を再 度開閉し、 上記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出面に接触させて移 動させることにより液体吐出ノズル内の液体を吸引し、 上記吐出制御手 段の制御によりタリ一ニング部材が液体吐出面を移動した後に、 液体吐 出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させるようにしたこと を特徴とする液体吐出装置。
1 8 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出ヘッドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このクリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキャップ部材と、
このキヤップ部材の開閉を行い該キヤップ部材が閉じる動作に伴って 上記クリ一ユング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触さ せた状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して 直交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキャップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え- 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作終了時に、 上記駆動制御手段 の制御でキャップ開閉手段を駆動してキャップ部材を閉じ、 上記クリ一 ニング部材の外周面を液体吐出面に接触させて移動させる前に、 上記液 体吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させるようにした ことを特徴とする液体吐出装置。
1 9 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一-ング部材と、 このクリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキヤップ部材と、
このキヤップ部材の開閉を行い該キヤップ部材が開く動作に伴って上 記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触させ た状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して直 交する方向に相対的に移動させるキャップ開閉手段と、
このキャップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え- 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 吐出対象物が所定 枚数となる毎に液体吐出動作を一時中断し、 上記駆動制御手段の制御で キャップ開閉手段を駆動してキャップ部材を一旦閉じた後に再度開き、 その開く際に、 上記クリ一ユング部材の外周面を液体吐出面に接触させ て移動させることにより液体吐出ノズル内の液体を吸引し、 上記吐出制 御手段の制御によりタリ一ニング部材が液体吐出面を通過した後に、 液 体吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴 とする液体吐出装置。
2 0 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このクリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキャップ部材と、
このキヤップ部材の開閉を行い該キヤップ部材が閉じる動作に伴って 上記クリーニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触さ せた状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して 直交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキヤップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え. 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 吐出対象物が所定 枚数となる毎に液体吐出動作を一時中断し、 上記駆動制御手段の制御で キャップ開閉手段を駆動してキャップ部材をー且閉じ、 上記クリーニン グ部材の外周面を液体吐出面に接触させて移動させることにより液体吐 出ノズル内の液体を吸引した後に再度キャップ部材を開き、 上記吐出制 御手段の制御によりタリ一ニング部材が液体吐出面を通過した後に、 液 体吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴 とする液体吐出装置。
2 1 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 液滴を吐出する液体吐出装置であって、
弹性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このクリ一ユング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキャップ部材と、 このキヤップ部材の開閉を行い該キャップ部材が開く動作に伴って上 記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出へッ ドの液体吐出面に接触させ た状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対して直 交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキヤップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え. 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 所定時間経過毎に 液体吐出動作を一時中断し、 上記駆動制御手段の制御でキャップ開閉手 段を駆動してキャップ部材を一旦閉じた後に再度開き、 その開く際に、 上記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出面に接触させて移動させるこ とにより液体吐出ノズル内の液体を吸引し、 上記吐出制御手段の制御に よりタ リ一ユング部材が液体吐出面を通過した後に、 液体吐出ノズルか らプラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする液体吐出
2 2 . 複数色それぞれの液体吐出ノズルの列が設けられた液体吐出面 を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に 滨滴を吐出する液体吐出装置であって、
弾性を有する材料で円柱状に形成されたクリ一ニング部材と、 このクリ一ニング部材を内部に収容すると共に上記液体吐出へッ ドの 液体吐出面を保護するキャップ部材と、
このキャップ部材の開閉を行い該キャップ部材が閉じる動作に伴って 上記クリーユング部材の外周面を上記液体吐出へッ ドの液体吐出面に接 触させた状態で該両者を上記複数色それぞれの液体吐出ノズルの列に対 して直交する方向に相対的に移動させるキヤップ開閉手段と、
このキャップ開閉手段の駆動を制御する駆動制御手段と、
上記液体吐出面の液体吐出ノズルからの液滴の吐出動作を制御する吐 出制御手段と、
上記吐出対象物を支持して液体吐出へッ ドとの位置関係を規定すると 共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板とを備え, 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 所定時間経過毎に 液体吐出動作を一時中断し、 上記駆動制御手段の制御でキャップ開閉手 段を駆動してキャップ部材を一旦閉じ、 上記クリーニング部材の外周面 を液体吐出面に接触させて移動させることにより液体吐出ノズル内の液 体を吸引した後に再度キヤップ部材を開き、 上記吐出制御手段の制御に よりタリ一ニング部材が液体吐出面を通過した後に、 液体吐出ノズルか らプラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする液体吐出 装置。
2 3 . 上記吐出制御手段の制御によりタリ一ニング部材が液体吐出面 上の各色の液体吐出ノズルの列を通過した順に、 液体吐出ノズルからプ ラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする請求項 1 6〜 1 7, 1 9〜 2 2何れか記載の液体吐出装置。
2 4 . 上記吐出制御手段の制御によりクリ一ユング部材が液体吐出面 上の各色の液体吐出ノズルの列を通過した後に、 複数色同時に上記液体 吐出ノズルからプラテン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴と する請求項 1 6〜 1 7 , 1 9〜 2 2何れか記載の液体吐出装置。
2 5 . 上記駆動制御手段の制御によりキヤップ開閉手段を駆動してキ ャップ部材を閉じ、 上記クリ一ニング部材の外周面を液体吐出面に接触 させて移動させる前に、 上記液体吐出ノズルからプラテン板に対して各 色の液体吐出ノズルの列を通過する順に液滴を予備吐出させるようにし たことを特徴とする請求項 1 8記載の液体吐出装置。
2 6 . 液体吐出ノズルが設けられた液体吐出面を有する液体吐出へッ ドを備え、 上記液体吐出ノズルから吐出対象物に液滴を吐出する液体吐 出装置の制御方法であって、
上記吐出対象物を支持して上記液体吐出へッ ドとの位置関係を規定す ると共に該液体吐出へッ ドから吐出される液滴を受けるプラテン板を設 けておき、
上記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させ ることを特徴とする液体吐出装置の制御方法。
2 7 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始時に上記プラテン 板に対して予備吐出させることを特徴とする請求項 2 6記載の液体吐出 装置の制御方法。
2 8 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作終了時に上記プラテン 板に対して予備吐出させることを特徴とする請求項 2 6記載の液体吐出 装置の制御方法。
2 9 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 該吐出対象 物のプリント枚数が所定枚数となる毎に液体吐出動作を一旦中断し、 上 記液体吐出ノズルから上記プラテン板に対して液滴を予備吐出させるこ とを特徴とする請求項 2 6記載の液体吐出装置の制御方法。
3 0 . 上記吐出対象物に対する液体吐出の動作開始後に、 所定時間経 過毎に液体吐出動作をー且中断し、 上記液体吐出ノズルから上記プラテ ン板に対して液滴を予備吐出させることを特徴とする請求項 2 6記載の 液体吐出装置の制御方法。
PCT/JP2004/009776 2003-07-04 2004-07-02 液体吐出装置及びその制御方法 WO2005002859A1 (ja)

Priority Applications (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003191818A JP2005022317A (ja) 2003-07-04 2003-07-04 液体吐出装置及びその制御方法
JP2003191817A JP3885776B2 (ja) 2003-07-04 2003-07-04 液体吐出装置及びその制御方法
JP2003-191816 2003-07-04
JP2003191816A JP3885775B2 (ja) 2003-07-04 2003-07-04 液体吐出装置及びその制御方法
JP2003-191815 2003-07-04
JP2003-191818 2003-07-04
JP2003-191817 2003-07-04
JP2003191815A JP3922222B2 (ja) 2003-07-04 2003-07-04 液体吐出装置及びその制御方法

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN200480023409XA CN1835846B (zh) 2003-07-04 2004-07-02 液体排放装置及其控制方法
KR1020067000143A KR101133889B1 (ko) 2003-07-04 2004-07-02 액체 토출 장치 및 그 제어 방법
EP04747244A EP1642721B1 (en) 2003-07-04 2004-07-02 Liquid-discharging device
US10/561,696 US7665823B2 (en) 2003-07-04 2004-07-02 Liquid discharging apparatus and control method therefor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2005002859A1 true WO2005002859A1 (ja) 2005-01-13

Family

ID=33568723

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2004/009776 WO2005002859A1 (ja) 2003-07-04 2004-07-02 液体吐出装置及びその制御方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7665823B2 (ja)
EP (1) EP1642721B1 (ja)
KR (1) KR101133889B1 (ja)
WO (1) WO2005002859A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7527349B2 (en) 2005-08-19 2009-05-05 Samsung Electronics Co., Ltd Inkjet image forming apparatus and method of maintaining nozzle unit thereof

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20080262494A1 (en) * 2007-04-17 2008-10-23 Warsaw Orthopedic, Inc. Spinal tool
CN101952125A (zh) * 2008-02-29 2011-01-19 精工爱普生株式会社 容器部件的再利用方法
US9168756B2 (en) * 2008-02-29 2015-10-27 Seiko Epson Corporation Waste liquid container and waste liquid discharging device
US20090219338A1 (en) * 2008-02-29 2009-09-03 Seiko Epson Corporation Waste liquid collector
WO2009107572A1 (ja) * 2008-02-29 2009-09-03 セイコーエプソン 株式会社 廃液回収体
JP4932936B2 (ja) 2009-11-17 2012-05-16 キヤノンファインテック株式会社 画像形成装置
TWI534017B (zh) * 2010-10-15 2016-05-21 滿捷特科技公司 噴墨列印系統
JP5903910B2 (ja) * 2011-02-21 2016-04-13 セイコーエプソン株式会社 液滴吐出装置
EP2586618B1 (en) 2011-10-31 2014-09-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Recording apparatus having liquid supply system
EP2599635B1 (en) 2011-11-30 2014-11-05 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Liquid ejecting device
JP5626252B2 (ja) 2012-03-30 2014-11-19 ブラザー工業株式会社 インクジェットプリンタ、及び、インクジェットプリンタの吐出タイミング決定方法
GB2503433B (en) * 2012-06-25 2019-09-25 Cyan Tec Systems Ltd Cleaning system
JP5924260B2 (ja) * 2012-12-28 2016-05-25 ブラザー工業株式会社 記録装置
JP5958367B2 (ja) 2013-01-31 2016-07-27 ブラザー工業株式会社 記録装置
JP6171689B2 (ja) 2013-07-31 2017-08-02 ブラザー工業株式会社 液体吐出装置、液体吐出方法及び該液体吐出装置に用いられるプログラム

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5734969A (en) 1980-08-11 1982-02-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd Ink jet recorder
EP0271090A2 (en) 1986-12-10 1988-06-15 Canon Kabushiki Kaisha Recording apparatus
JPH08310008A (ja) * 1995-05-19 1996-11-26 Brother Ind Ltd インクジェット記録装置
JPH10142702A (ja) 1996-11-05 1998-05-29 Brother Ind Ltd 画像形成装置
JPH11129487A (ja) 1997-10-27 1999-05-18 Seiko Epson Corp インクジェット記録装置
JP2001071521A (ja) 1999-09-08 2001-03-21 Casio Comput Co Ltd インクジェットプリンタ
JP2002192236A (ja) 2000-12-25 2002-07-10 Nhk Spring Co Ltd 長尺材の曲げ加工装置
JP2002240309A (ja) 2001-02-21 2002-08-28 Sony Corp インクジェットヘッド及びインクジェットプリンタ
JP2003103793A (ja) 2001-10-01 2003-04-09 Konica Corp インクジェットプリンタ

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4507385A (en) 1983-03-25 1985-03-26 Eastman Kodak Company Acrylonitrile copolymers as protective overcoats in photographic elements
JP2831804B2 (ja) * 1989-05-18 1998-12-02 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置の回復方法
US5170186A (en) * 1990-02-13 1992-12-08 Canon Kabushiki Kaisha Ink jet recording apparatus with dry absorption control of recording head cap
DE69322459T2 (de) * 1992-09-03 1999-06-02 Canon Kk Farbstrahlaufzeichnungsgerät
US5793388A (en) * 1995-03-06 1998-08-11 Hewlett-Packard Company Customized printhead servicing for different printer conditions
US5850237A (en) * 1996-06-26 1998-12-15 Xerox Corporation Method and device for selective recording head maintenance for an ink recording apparatus
US6239817B1 (en) 1998-10-20 2001-05-29 Hewlett-Packard Comapny Apparatus and method for printing borderless print image
JP2000203041A (ja) 1999-01-11 2000-07-25 Funai Electric Co Ltd 印字ヘッドメンテナンス機構
JP3787469B2 (ja) 1999-09-27 2006-06-21 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置およびインクジェット記録方法
JP2001260375A (ja) 2000-03-15 2001-09-25 Ricoh Co Ltd インク残量検出装置とインク残量検出方法及びインクジェット記録装置
JP2001334679A (ja) 2000-05-30 2001-12-04 Casio Comput Co Ltd インクジェット印字装置
JP3940889B2 (ja) 2000-10-19 2007-07-04 セイコーエプソン株式会社 プラテンおよび該プラテンを備えたインクジェット記録装置
JP2002192756A (ja) 2000-12-26 2002-07-10 Mimaki Engineering Co Ltd インクジェットプリンタ
JP2002225311A (ja) 2001-01-30 2002-08-14 Seiko Epson Corp プラテンを汚すことなく印刷用紙の端部まで行う印刷
JP2003127353A (ja) 2001-08-10 2003-05-08 Canon Inc インクジェット記録装置
JP2003089226A (ja) 2001-09-19 2003-03-25 Seiko Epson Corp クリーニング制御装置、インクジェットプリンタ、インクジェットプリンタの制御方法及び情報記録媒体

Patent Citations (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5734969A (en) 1980-08-11 1982-02-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd Ink jet recorder
EP0271090A2 (en) 1986-12-10 1988-06-15 Canon Kabushiki Kaisha Recording apparatus
JPH08310008A (ja) * 1995-05-19 1996-11-26 Brother Ind Ltd インクジェット記録装置
JPH10142702A (ja) 1996-11-05 1998-05-29 Brother Ind Ltd 画像形成装置
JPH11129487A (ja) 1997-10-27 1999-05-18 Seiko Epson Corp インクジェット記録装置
JP2001071521A (ja) 1999-09-08 2001-03-21 Casio Comput Co Ltd インクジェットプリンタ
JP2002192236A (ja) 2000-12-25 2002-07-10 Nhk Spring Co Ltd 長尺材の曲げ加工装置
JP2002240309A (ja) 2001-02-21 2002-08-28 Sony Corp インクジェットヘッド及びインクジェットプリンタ
EP1236576A1 (en) 2001-02-21 2002-09-04 Sony Corporation Inkjet head and ink jet printer
JP2003103793A (ja) 2001-10-01 2003-04-09 Konica Corp インクジェットプリンタ

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1642721A4 *

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7527349B2 (en) 2005-08-19 2009-05-05 Samsung Electronics Co., Ltd Inkjet image forming apparatus and method of maintaining nozzle unit thereof

Also Published As

Publication number Publication date
KR101133889B1 (ko) 2012-04-09
KR20060027857A (ko) 2006-03-28
US7665823B2 (en) 2010-02-23
EP1642721A4 (en) 2008-10-01
US20080049058A1 (en) 2008-02-28
EP1642721B1 (en) 2011-12-07
EP1642721A1 (en) 2006-04-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2005002859A1 (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
JP4241795B2 (ja) 液体噴射装置
JP4175391B2 (ja) インクジェット記録装置
US8777370B2 (en) Image forming apparatus
US7416296B2 (en) Platen plate and liquid discharging device
JP4186834B2 (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
US20080211863A1 (en) Inkjet recording apparatus
JP2005022318A (ja) プラテン板及び液体吐出装置
JP5024122B2 (ja) 液体吐出装置およびそれを備えた印刷装置、メディア処理装置、液体吐出装置の製造方法
JP3885776B2 (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
JP2009269327A (ja) インクジェット記録装置
JP2007331166A (ja) インクジェット記録装置
JP2005022320A (ja) 液体吐出装置
JPH0747679A (ja) インクジェット記録装置
JP2005022317A (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
JP2010058473A (ja) ヘッドクリーニング装置及びこれを用いた画像形成装置
JP3922222B2 (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
JP2005153183A (ja) 液体吐出装置用クリーニングブレード、クリーニングブレードを有するクリーニング機構、液体吐出カートリッジ及び液体吐出装置
JP6304608B2 (ja) 液体吐出装置
JP2005022319A (ja) 液体吐出装置
JP3885775B2 (ja) 液体吐出装置及びその制御方法
JP2008087165A (ja) 液体噴射装置
JP4501447B2 (ja) ヘッドキャップ、ヘッドカートリッジ及び液体吐出装置
JP2010143186A (ja) 液体吐出装置および画像形成装置
JP6597650B2 (ja) インクジェット記録装置

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 200480023409.X

Country of ref document: CN

AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IT LU MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2004747244

Country of ref document: EP

Ref document number: 1020067000143

Country of ref document: KR

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 1020067000143

Country of ref document: KR

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2004747244

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 10561696

Country of ref document: US

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 10561696

Country of ref document: US