WO2004093422A1 - マルチメディアrbt/bt送出システムおよび方法 - Google Patents

マルチメディアrbt/bt送出システムおよび方法 Download PDF

Info

Publication number
WO2004093422A1
WO2004093422A1 PCT/JP2004/005379 JP2004005379W WO2004093422A1 WO 2004093422 A1 WO2004093422 A1 WO 2004093422A1 JP 2004005379 W JP2004005379 W JP 2004005379W WO 2004093422 A1 WO2004093422 A1 WO 2004093422A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
multimedia
rb
subscriber
subscriber terminal
bt
Prior art date
Application number
PCT/JP2004/005379
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Shinichiro Honda
Original Assignee
Nec Corporation
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2003-114404 priority Critical
Priority to JP2003114404 priority
Application filed by Nec Corporation filed Critical Nec Corporation
Publication of WO2004093422A1 publication Critical patent/WO2004093422A1/ja

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • H04M3/42017Customized ring-back tones

Abstract

本発明は、加入者毎に異なるマルチメディア化されたRBT/BTの送出を簡単な構成で実現することを目的とし、加入者端末毎のマルチメディアRBT/BTのサービス加入状況が登録される加入者サービス管理装置と、マルチメディアRBT/BTのサービスに加入している加入者端末毎のプロファイルが登録されるユーザプロファイル管理装置と、マルチメディアRBT/BTのサービスに加入している加入者端末毎にマルチメディアRBT/BTが登録されるメディア管理蓄積装置と、前記加入者端末への着信を受け付けると、上記各装置の登録内容から加入者のユーザプロファイル、再生すべきマルチメディアファイルを確認し、発信者端末に再生するマルチメディアRBT/BT再生制御装置とを有する。

Description

明細書 マルチメディア RB T/B T送出シス亍ムおよび方法 技術分野 本発明は、 電話交換機に関し 特に、 リングバック トーン、 ビジート ーンが設定可能に構成された電話交換機、 電話交換システム、 および 電話交換方法に関する。 景技術 従来、 電話発信時に交換機から送出されるリングバック トーン (以下 RB Tと称する) やビジートーン (以下、 Β Τと称する) は、 単調なト ーンによるものとなっている。

Fig. 5は、 RB Tや B Tを送出するための構成を示すブロック図であ る。 発信者端末 50 1から着信者端末 502に対する発呼が行なわれる と、 回線交換電話網 504を構成する交換機のうち、 最も発信者端末 5 0 1に近い交換機 (不図示) に接続される ([1]) 。 接続を受けた交換 機は着信者端末 502の状態(空き、話中、圏外など)の確認を行い([2] ). 状態が空きで合った場合は RB T トーン、 話中であった場合は B T トー ンを再生し、 それぞれ発信者端末 50 1側へ送信する ([3]) 。 上記のように、 従来型のシステムは、 R B TZB Tを発信者端末に最 も近い交換機から再生することとされている。 再生される RB TZB T は交換機により決定されるものである。

R B T/B Tとしては上述したように単調なトーンが再生されるこ とが多いが、 トーンの代わりに、 音声、 メロディ、 静止画、 ビデオなど のマルチメディアを発信者に送信することが文献 1 (特開平 03— 1 2

3269) 、 文献 2 (特開平 03— 1 9 1 645) 、 文献 3 (特開平 0 9 - 1 62978) 、 文献 4 (特表 2003 - 505937) に闘示さ れている。 文献 1には、 電話交換機に RB T/B Tとして音声を記憶させる技術 が開示されている。 文献 2には、 R B TZB Tを検出した結果を音声にて通知する技術が 開示されている。 文献 3には、 交換機に画像 Z音声メッセージを登録し、 RB Tの送出 の有無および予め登録された内容に従って交換機が登録されている画 像ノ音声メッセージを送出する技術が開示されている。 文献 4には、 R B Tの代わリに商業情報を音声 文字 Z画像の形式で 送出する技術が開示されている。 上述した従来技術のうち、 文献 1、 2、 4に開示される技術では、 送 出される情報が固定的なものであり、 加入者毎にユニークなプロフアイ ルとすることができず、 加入者の希望に応じて RB TZB Tを選択的に 再生するようなことはできなかった。 文献 3に開示される技術では交換機が登録されている画像/音声メ ッセージを送出することとされているが、 通常交換機には音声録音、 コ 一デック変換等の機能は具備されておらず、 既存の交換機で RB TZB 丁をマルチ.メディア化することは困難である。 仮に RBTZBTをマル チメディア化することができたとしても、 信号処理装置からメディアフ アイルを操作すること、 加入者がネッ卜ワーク網やバケツ ト網等を通じ てプロファイルの登録、 変更、 削除、 サービス加入操作を行うこと メ ディアファイルを電話機ゃィンターネッ トを通じて登録することのい ずれも通常できない。 さらには、 RB TZB Tの再生メディアを、 回線種別 帯域、 音声コ 一デック方式 電話機の特性に応じて変換を行うことや、 複数メディア を複合再生することは不可能である。 発明の闘示 本発明は、 以上の問題点を解決するシステムおよび方法を提供するこ とを目的とする。 本発明の方法によるシステムは以下の形態を持つ。 加入者端末毎に異なるマルチメディァ R B T B Tを発信者端末に 送出するためのマルチメディア R B TZB T送出システムであって、 加入者端末毎のマルチメディア RB TZB Tのサービス加入状況が 登録される加入者サービス管理装置と、 マルチメディア R B TZB Tのサービスに加入している加入者端末 毎のプロファイルが登録されるユーザプロファイル管理装置と、 マルチメディア R B T/B Tのサービスに加入している加入者端末 毎にマルチメディア RB TZB Tが登録されるメディア管理蓄積装置

上記各装置の動作を制御するマルチメディア R B TZB T再生制御 装置と、 加入者端末への着信の通知を受けると、 該加入者端末の状態を確認す るとともに、 前記加入者サービス管理装置を参照して該加入者端末が登 録されているかをチェックし、 該加入者端末が前記加入者サービス管理 装置に登録されており、かつ状態が空き、もしくは通話中であった場合、 前記マルチメディア R B T Z B T再生制御装置に対してルーチングを 行う交換機と、 を具備し、 前記マルチメディア R Β Τ Ζ Β Τ再生制御装置は、 前記加入者端末へ の着信を受け付けると、 前記ユーザプロファイル管理装置に対して加入 者のユーザプロファイルの問い合わせを行い、 その後、 前記ユーザプロ ファイル管理装置から再生すべきマルチメディアファイルの通知を受 けると、 前記メディア管理蓄積装置に対して、 該当するマルチメディア ファイルの再生要求を行い、 この結果、 前記メディア管理蓄積装置から マルチメディアファイルが転送されるとマルチメディアに変換し、 前記 交換機を通じて発信者端末に再生することを特徴とする。 この場合、 メディア管理蓄積装置は、 音声、 メロディ、 静止画、 ビデ ォなど、 マルチメディア R B†Z B Τが登録されていることとしてもよ い。 また、 ユーザプロファイル管理装置に登録される加入者端末毎のプロ ファイルは、 発信者端末、 発信者端末が利用する通信事業者、 日時、 記 念日など、 様々な要素をプロファイルのパラメータを含むこととしても よい。 また、 ユーザプロファイル管理装置およびメディア管理蓄積装置への 登録が、 ネッ トワーク網を介して行なうこととしてもよい。 また、 メディア管理蓄積装置への登録が、 加入者端末と電話交換網、 または、 加入者端末とネッ 卜ワーク網を介して行なうこととしてもよい, また、 ユーザプロファイル管理装置およびメディァ管理蓄積装置への. プロファイルの新規作成、 編集、 確認、 削除などの操作を、 バケツ 卜交 換網 ネッ トワーク網を介して行なうこととしてもよい。 本システムは、 電話の発信者が相手呼出中 Z話中に聞かされる R B T

(R i n g B a c k T o n e)/ t3 T (B u s y に o n e ) を音 JF=、 メロディ、 静止画、 ビデオなどマルチメディア化するためのシステムで ある。着信者は、 ここで聞かせるマルチメディア R B TZB Tを ¾信者、 または発信者が利用する通信事業者毎に準備、 再生制御することができ る 図面の簡単な説明

【図面の簡単な説明】

Fig. 1 は本発明による一実施例の構成を示すブロック図である。

Fig. 2は本発明による一実施例の構成を動作とともに示すブロック図 である。

Fig. 3は本発明による一実施例の構成を動作とともに示すブロック図 である。

Fig. 4は本発明による他の実施例の構成を動作とともに示すブロック 図である。

Fig. 5は従来例の構成を示すブロック図である。 発明を実施するための最良の形態 次に、 本発明の実施例について図面を参照して説明する。

Fig. 1 は本発明による一実施例の構成を示すブロック図である。 本実施例は、 加入者端末 1 0 1、 発信者端末 1 02、 バケツ 卜電話網 1 03、 回線交換電話網 1 04、 マルチメディア RB TZB T再生制御 装置 1 0 5、 オペレータ端末 1 0 6、. 加入者サービス管理装置 1 0 7、 ユーザプロファイル管理装置 1 08、 メディア管理蓄積装置"! 09、 ネ ッ トワーク網 1 1 0、 加入者端末 1 1 1 およびコンテンツプロパイダ端 末 1 1 2から構成されている。 マルチメディア R B T/B T再生制御装置 1 05は、 マルチメディア RB TZB Tの再生、 制御機能を有する。 加入者サービス管理装置 1 0 7には オペレータ端末 1 06を介して通信事業者のオペレー夕がマル チメディア RB T/B Tのサービスを行なう加入者が利用する加入者 端末の登録が行われる。 ユーザプロファイル管理装置 1 08は、 加入者 が登録する R Β Τ/Β Τを選択テーブルを管理する。 メディア管理蓄積 装置 1 09は、 マルチメディア R B TZB丁を蓄積、 管理し、 コン亍ン ップロバイダ端末 1 1 2はマルチメディア R Β ΤΖΒ Τのメディアフ アイルをネッ トワーク網 1 1 0を介してメディア管理蓄積装置 1 09 へ提供する。 本実施例における加入者端末 1 0 1を利用する加入者は、 通信事業者 に対してマルチメディア RB ΤΖΒ Τサービスを受ける旨の申し込み を行ったユーザである。 サービスを受ける旨の申し込みは、 本実施例の システムに限定されることはなく、 サービスを実施する通信事業者が提 供する様々な手段で提供される。 本実施例によるシステムを用いる場合 には、 例えば、 マルチメディア RB TZB丁再生制御装置 1 05を介し てのオンライン加入としてもよく、 特に限定されるものではない。 本実施例における発信者端末 1 02を利用する発信者は、 加入者端末 1 0 1に対して発信を行なうユーザであり、 着信者があらかじめユーザ プロファイル管理装置 1 08に登録したプロファイルに基づき、 マルチ メディア R B TZB Tを聞くこととなる。 バケツ 卜電話網 1 03および回線交換電話網 1 04は、 音声、 データ 通信サービスを提供する通信事業者のネッ 卜ワーク設備である。 オペレータ端末 1 06は、 ユーザから申し込みを受けたサービスを必 要装置に登録する作業を行う通信事業者のオペレータが使用する端末 である。 マルチメディア RB T/B T再生制御装置 1 05は、 マルチメディア RB T/B Tの再生、 制御機能を持つ装置である。 マルチメディア R B T/B T再生制御装置 1 05は、 メディァ管理蓄積装置 1 09に蓄積さ れたマルチメディア RB T/B Tを、 バケツ ト電話網 1 03または回線 交換電話網 1 04および発信者端末 1 02を通して発信者が聞くこと ができるようにメディアの変換、 複合、 再生を行う。 また、 加入者は加 入者端末 1 0 1およびマルチメディア RB TZB T再生制御装置 1 0 5を通してサービスを受ける旨の申し込みを行うことができる。 この際 マルチメディア R B TZB丁再生制御装置 1 05は、サービス加入に必 要なガイダンスの再生、 提供も行う。 さらに、 マルチメディア RB TZ B T再生制御装置 1 05は加入者のサービス加入状況、 登録プロフアイ ルを確認する機能を有し、 該確認内容を加入者端末 1 0 1へ送出する。 加入者端末管理装置 1 07は、 通信事業者のオペレータがユーザのサ 一ビス登録を行う装置であり、 ユーザからマルチメディア R B TZB T サービスの申し込みを受けた通信事業者のオペレータはサービス登録 を、 オペレータ端末 1 06を通じて、 加入者端末管理装置 1 07に対し て行う。 ユーザプロファイル管理装置 1 08はユーザプロファイルを管理す る装置である。 ユーザプロファイルとは、 加入者が発信者や発信者が利 用する通信事業者毎に聞かせるマルチメディア R B TZB Tの選択ル ールなどを定義するものである。 メディア管理蓄積装置 1 09は、 マルチメディァ RB T/BTのメデ ィァを蓄積、 管理する装置である。 コンテンツプロバイダ端末 1 1 2は、 コンテンツプロバイダが作成し たマルチメディア RB TZB Tのメディァファイルを提供するもので

&y , 怍成されたメディアファイルは、 ネッ トワーク網 1 1 0等を通じ てメディア管理蓄積装置 1 09にアップロード、 登録を行うことができ る。 なお、 メディアファイルはコンテンツプロバイダのほか、 サービス 加入者が電話機、 インターネッ ト等を通じてメディア管理蓄積装置 1 0 9に登録することも可能である。 本実施例において、 通信事業者のオペレータは、 オペレータ端末 1 0 6を介して加入サービス管理装置 1 07に対して、 RB TZB Tの代わ リに画像 Z音声メッセージを送出するマルチメディア RB TZB Tサ —ビスの加入者登録を行う。 サービス加入者が利用する加入者端末 1 01に対する発信があると、 回線交換電話網 1 04を構成する加入者端末 1 02の最寄の交換機 (不 図示) は加入者端末 1 0 1の状況 (空き、 通話中、 もしくは圏外) のチ エックを行い、加入者端末 1 0 1が空き、もしくは通話中であった場合、 マルチメディア R B Tノ B T再生制御装置 1 05に対してルーチング が行われる。 該ルーチングの後、 マルチメディア R B T B T再生制御 装置 1 05はユーザプロファイル管理装置 1 08内のプロファイルに アクセスし、 再生すべきマルチメディア RB T、 もしくは ΒΤが決定さ れる。 決定された R Β ΤΖΒ Τは、 メディア管理蓄積装置 1 09からマ ルチメディア RB TZB T再生制御装置 1 05を通して発信者へ流さ れる。 次に、 本実施例の動作について、 Fig. 2および Fig. 3を参照して説 明する。 まずは、 Fig. 2を用いて、 マルチメディア RBT/BTサービス開始 までのプロセスについて説明する。 Fig. 2において、 マルチメディア R B TZB Tのメディアファイルを 提供するコンテンツプロバイダは コンテンツプロバイダ端末 1 1 2お よびネッ トワーク網 1 1 0等を通じ、 メディア管理蓄積装置 1 09に対 してメディアファイルのアップロード、 登録を行う。 メディアファイル には 音声の他、 メロディ、 静止画、 ビデオなど様々な形式を用いるこ とができる ([1]) 。 一方、 サービス提供を希望するユーザは 通信事業者に対してマルチ メディア RB T/B Τサ一ビスへの加入申し込みを行う。 マルチメディ ァ R Β Τ/Β Τサービスの登録方法としては、 営業窓口、 コールセンタ 等、 本実施例のシステムを利用しないで通信業者のオペレータがォペレ ータ端末 1 06を介して登録する方法 ([2] a ) のほかに、 本実施例の システムを構成する一装置であるマルチメディア R B TZB T再生制 御装置 1 05を介して行う方法 ([2] b) がある。 [2] aの方法の場合 通信事業者のオペレータが加入サービス管理装置 1 07に対してサ一 ビス登録を行う ([3]) 。 サービス登録が完了した加入者は、 次に、 発信者に対して聞かせるマ ルチメディア RBTZBT、 および、 それらの選択ルール等の登録を行 う。 登録方法としては、 回線交換網、 マルチメディア RB TZB T再生 制御装置 1 05を経由する方法 ([4] a) 、 インターネッ ト等を介して 外部からによる方法 ([4] b) 、 バケツ ト交換網を経由する方法 ([4] c) がある。 選択、 再生するマルチメディア RB TZB Tは、 発信者、 発信 者の利用する通信事業者、 時間帯、 特定日などによって制御することが できる。 また、 複数のメディアファイルを複合して再生するように登録 することも可能である。 以上のプロセスが完了すると、 サービスを提供することが可能な状態 となる。 次に、 Fig. 3を参照して本実施例におけるサービスの提供動作につい て説明する。

Fig. 3において、 ¾信者は 信者端末 1 02を用いて加入者端末 1 0 1に対しての発信を行う ([1]) 。 この発信者についてはマルチメディ ァ R B TZB Tサービスへの加入の有無は問われない。 発信要求を受けた回線交換電話網 1 04を構成する交換機は 加入者 端末 1 0 1の状態 (空き、 通話中、 圏外など) を確認するとともに、 加

1 o

入者サービス管理装置 1 07の登録状況を参照して加入者端末 1 0 1 を利用する加入者がマルチメディア R B T/B Tサービスに加入して いるかのチェックを行う ([2]) 。 加入者端末 1 0 1を利用する加入者がサービス加入者で、 かつ状態が 空き、 もしくは通話中であった場合、 交換機からマルチメディア RB T ノ B T再生制御装置 1 05に対してルーチングが行われる ([3]) 。 着信を受けたマルチメディア RBTZBT再生制御装置 1 05は、 ュ 一ザプロファイル管理装置 1 08に対して加入者のユーザプロフアイ ルの問い合わせを行う。 その際、 発信者情報等をユーザプロファイル管 理装置 1 08へ提供する ([4]) 。 ユーザプロファイルの問い合わせを受けたユーザプロファイル管理 装置 1 08は、 加入者情報、 発信事業者情報、 時間帯、 特定日など、 メ ディアファイル選択に必 なパラメータと、 加入者があらかじめ登録し た内容から、 再生すべきマルチメディアファイルを特定し、 マルチメデ ィァ RBTZBT再生制御装置 1 05へ特定した内容を知らせる([5]) , ユーザプロファイル管理装置 1 08からの応答を受けたマルチメデ ィァ R B T/B T再生制御装置 1 05は マルチメディァファイルが蓄 積、 管理されているメディア管理蓄積装置 1 09に対して、 該当メディ ァファイルの再生要求を行う ([6]) 。 上記の再生要求を受けたメディア管理蓄積装置 1 09は マルチメデ ィァ R B T B T II生制御驗置 1 05に対してマルチメディアフアイ ルを転送し、 転送されたファイルは マルチメディア R B TZB T再生 制御装置 1 05にてメディア変換され、 回線交換電話網 1 04を通じて 発信者に再生される ([7]) 。 ここでマルチメディア R B T/B T再生制御装置 1 05は、 回線種別, 帯域、 音声コーデック方式、 電話機の特性を考慮し、 マルチメディアを 再生に適した形に変換することができるほか、 ユーザプロファイル管理 装置 1 08から複数のマルチメディアファイルの複合再生要求があつ た場合、 それらを複合 (ミキシング) して再生することも可能である。 次に、 本発明の他の実施例について Fig, 4を参照して説明する。

Fig. 4は本発明の他の実施例の動作を示す図であり、 その構成、 なら びにサービス開始までのプロセスは第 1の実施例のものと同様である。 第 1の実施例では Fig. 3にそのプロセスを示したように、 マルチメ ディア R B T Z B Tサービスの加入有無のチェックは、 交換網側におい て行なわれていたが、 本実施例において、 マルチメディア R B TZB T サービスの加入有無のチ Xックはシステム内で実施される。

Fig. 4において、 発信者端末 1 02から加入者端末 1 0 1に対する発 信が行われると ([1]) 、 発信要求を受けた回線交換電話網 1 04を構 成する交換機は、 加入者端末 1 0 1の状態 (空き、 通話中、 圏外など) の確認を行う ([2]) 。 加入者端末 1 0 1が空き、 もしくは通話中であった場合、 交換網から マルチメディア R B T/B T再生制御装置 1 05に対してルーチング が行われる ([3]) 。 着信を受けたマルチメディア R B T/B T再生制御装置 1 0 5は ュ 一ザプロファイル管理装置 1 0 8に対して加入者のユーザプロフアイ ルの問い合わせを行う。 その際、 発信者情報等をユーザプロファイル管 理装置 1 0 8へ提供する ([4]) 。 ユーザプロファイルの問い合わせを受けたユーザプロファイル管理 装置 1 0 8は、 加入サービス管理装置 1 0 7に対して着信者のサービス 加入有無について問い合わせを行う ([5]) 。 ユーザプロファイル管理装置 1 0 8から問い合わせを受けた加入サ 一ビス管理装置 1 0 7は、 着信者のサービス加入状況を確認し、 結果を ユーザプロファイル管理装置 1 0 8に対して通知する ([6]) 。 着信者のサービス加入が確認できたユーザプロフアイル管理装置 1 0 8は、 ここではじめて発信加入者情報、 発信事業者情報、 時間帯、 特 定曰など、 メディアファイル択に必要なパラメータと、 加入者があらか じめ登録したプロファイルから再生すべきマルチメディアファイルを 特定し、 マルチメディア R B TZB T再生制御装置 1 0 5へ結果を応答 する ([7]) 。 一方、 着信者がサービス未加入であった場合は、 ここでその旨をマル チメディア R B TZB T再生制御装置 1 0 5に通知する ([7]) 。 ユーザプロファイル管理装置 1 0 8からの応答を受けたマルチメデ ィァ R B T/B T再生制御装置 1 0 5は、 マルチメディアファイルが蓄 積、 管理されているメディア管理蓄積装置 1 0 9に対して、 該当メディ ァファイルの再生要求を行う ([8] a ) 。 一 ¾ サービス来加入通知を受け取った場合は、 回線交換電話網 1 0 4に対してその旨を通知し、 通常のトーン RB TZB Tの再生を要求す る。 ([8] b ) 再生要求 [8] aを愛け付けたメディア管理蓄¾装置 1 09は マルチ メディア RB TZB T再生制御装置 1 05に対してマルチメディアフ アイルを転送し、 転送されたファイルは、 マルチメディア RBT/B T 再生制御装置 1 05にてメディア変換され、 回線交換網を通じて発信者 に再生される ([9]) 。 ここでマルチメディア RB TZB T再生制御装置 1 05は、 回線種別, 帯域、 音声コーデック方式、 電話機の特性を考慮し、 メディアを再生に 適した形に変換することができるほか、 ユーザプロファイル管理装置 1 08から複数メディアファイルの複合再生要求があった場合、 それらを 複合 (ミキシング) して再生することも可能である。 本発明は以上説明したように構成されているので、 以下に記載するよ うな効果を奏する。 マルチメディア R B TZB Tの送出が交換機の外部に設けられたマ ルチメディア RB TZB T再生制御装置 1 05、 メディア管理蓄積装置 1 09により行なわれるため、 たとえ従来より利用されている交換機が 音声録音、 コーデック変換等の機能を具備しないものであっても、 RB TZB Tをマルチメディア化することを容易に行なうことができる。 ま †こ、 これらの動作は加入者サービス管理装置 1 07、 ユーザプロフアイ ル管理装置 1 08を含めて行なわれるが、 これらの各装置への加入者の アクセスは、 ネッ 卜ワーク網やバケツ ト網等を通じてプロファイルの登 録、 変更、.削除、 サービス加入操作を行うこと、 メディアファイルを電 話機ゃィンターネッ トを通じて登録することのいずれでも行なうこと ができる。 また、 サービス加入者は、 自らに対する電話発信者に対して、 音声、 メロディ、 静止画、 ビデオなど、 さまざまな形式のマルチメディア RB T/B Tを再生できる。 また サービス加入者は 自らへ 電話 ¾信者に対して

発信者が利用する通信事業者每 さらには時間帯、 指定曰などの状況に 応じて R B T/B Tを選択的に闘かせることができる。 また、 サービス加入者は 自らへの電話雜信者に対して再生するマル チメディア RBT/B Tとして、 コンテンップロバイダが提供するもの を利用するほか、 自ら登録することができ、 さらにはそれらを複合して 再生することができる。

Claims

請求の範囲
1. 加入者端末毎に異なるマルチメディア R B TZB Tを発信 者端末に送出するためのマルチメディァ R B T B T送出システムで あって、 加入者端末毎のマルチメディア RB T/B Tのサ一ビス加入状況が 登録される加入者サービス管理装置と、 マルチメディア R B T/B Tのサービスに加入している加入者端末 毎のプロファイルが登録されるユーザプロファイル管理装置と、 マルチメディア R B TZB Tのサービスに加入している加入者端末 毎にマルチメディア R B TZB Tが登録されるメディア管理蓄積装置
上記各装置の動作を制御するマルチメディァ R B T B T再生制御
加入者端末への着信の通知を受けると、 該加入者端末の状態を確認す るとともに、 前記加入者サービス管理装置を参照して該加入者端末が登 録されているかをチェックし、 該加入者端末が前記加入者サービス管理 装置に登録されており、かつ状態が空き、もしくは通話中であった場合、 前記マルチメディア R B TZB T再生制御装置に対してルーチングを 行う交換機と、 を具備し、 前記マルチメディァ R B TZB T再生制御装置は、 前記加入者端末へ の着信を受け付けると、 前記ユーザプロファイル管理装置に対して加入 者のユーザプロファイルの問い合わせを行い、 その後、 前記ユーザプロ ファイル管理装置から再生すべきマルチメディアファイルの通知を受 けると、 前記メディア管理蓄積装置に対して、 該当するマルチメディア ファイルの再生要求を行い、 この結果、 前記メディア管理蓄積装置から マルチメディアファイルが転送されるとマルチメディアに変換し、 前記 交換機を通じて幾信者端宋に苒生することを特徽とするマルチメディ ァ RB TZB T送出システム。
2. 請求項 1記載のマルチメディア RB T/B T送出システム 卜ぬい 、 メディア管理蓄積装置は、 音声、 メロディ、 静止画、 ビデオなど、 マ ルチメディア化されたマルチメディア R B TZB Tが登録されている ことを特徴とするマルチメディア R B TZB T送出システム。
3. 請求項 1記載のマルチメディア R B TZB T送出システム において、 ユーザプロファイル管理装置に登録される加入者端末毎のプロファ ィルは、 発信者端末、 発信者端末が利用する通信事業者、 日時、 記念日 など、 様々な要素をプロファイルのパラメータを含むことを特徴とする マルチメディア R B TZB T送出システム。
4. 請求項 1記載のマルチメディア RB TZB T送出システム において、 ユーザプロファイル管理装置およびメディア管理蓄積装置への登録 が、 ネッ トワーク網を介して行なうことを特徴とするマルチメディア R B T/B T送出システム。
5. 請求項 1記載のマルチメディア R B TZB Τ送出システム におい 、 メディア管理蓄積装置への登録が 加入者端宋と電話交換綱 または 加入者端末とネッ 卜ワーク網を介して行なうことを特徴とするマルチ メディア RBTZBT送出システム。
6. 請求項 1記載のマルチメディア R B T/B T送出システム [ し、 L ¾ ユーザプロファイル管理装置およびメディア管理蓄積装置への、 プロ ファイルの新規作成 ¾編集、確認、削除などの操作を、バケツ 卜交換網、 ネッ トワーク網を介して行なうことを特徵とするマルチ ディア RB T/B T送出システム。
7. 加入者端末毎に異なるマルチメディア R B TZB Tを発信 者端末に送出するためのマルチメディア R B TZB T送出方法であつ て、 ' 加入者端末毎のマルチメディア R B T/B Tのサービス加入状況が 登録される加入者サービス管理手段と、 マルチメディア R B TZB Tのサービスに加入している加入者端末 毎のプロファイルが登録されるユーザプロファイル管理手段と、 マルチメディア RB TZB Tのサービスに加入している加入者端末 毎にマルチメディア RB TZB Tが登録されるメディア管理蓄積手段
上記各装置の動作を制御するマルチメディア R B T/B T再生制御 手段と、 加入者端末への着信の通知を受けると、 該加入者端末の状態を確認す るとともに、 前記加入者サービス管理装置を参照して該加入者端末が登 録されているかをチェックし、 該加入者端末が前記加入者サービス管理 装置に登録されており、かつ状態が き、もしくは通話中であった場合、 前記マルチメディア R B TZB T再生制御装置に対してルーチングを 行う交換手段と、 を具備し、 前記マルチメディア R B TZB T再生制御手段は、 前記加入者端宋へ 着信を受け付けると 前記ユーザプロファイル管理手段に対して加入 者のユーザプロファイルの問い合わせを行い、 その後、 前記ユーザプロ ファイル管理手段から再生すべきマルチメディアファイルの通知を受 けると、 前記メディア管理蓄積手段に対して 該当するマルチメディア ファイルの再生要求を行い、 この結果、 前記メディア管理蓄積手段から マルチメディアファイルが転送されるとマルチメディアに変換し、 前記 交換手段を通じて発信者端末に再生することを特徴とするマルチメデ ィァ R BTZBT送出方法。
8. 請求項 7記載のマルチメディア RBTZBT送出方法にお いて、 メディア管理蓄積手段は、 音声、 メロディ、 静止画、 ビデオなど、 マ ルチメディア RB T/B Tが登録されていることを特徴とするマルチ メディア RB TZB T送出方法。
9. 請求項 7記載のマルチメディア R B TZB T送出方法にお いて、 ユーザプロファイル管理手段に登録される加入者端末毎のプロファ ィルは、 発信者端末、 発信者端末が利用する通信事業者、 日時、 記念日 など、 様々な要素をプロファイルのパラメータを含むことを特徴とする マルチメディア R B TZB T送出方法。
1 0. 請求項 7記載のマルチメディア RB TZBT送出方法に ゝ ユーザプロファイル管理手段おょぴメディア管理蓄積手段への登録 が、 ネッ トワーク網を介して行なうことを特徴とするマルチメディア R B T/BT送出方法。
1 1. 請求項 7S5lのマルチメディア RBT/B T送出方法に おいて、 メディア管理蓄積手段への登録が、加入者端末と電話交換綱 または 加入者端末とネッ 卜ワーク網を介して行なうことを特徴とするマルチ メディア R B T/B T送出方法。
1 2. 請求項 7記載のマルチメディア RBTZBT送出方法に おいて、 ユーザプロファイル管理装置およびメディア管理蓄積手段への、 プロ ファイルの新規作成、編集、確認、削除などの操作を、バケツ ト交換網、 ネッ 卜ワーク網を介して行なうことを特徴とするマルチメディア RB TZBT送出方法。
PCT/JP2004/005379 2003-04-18 2004-04-15 マルチメディアrbt/bt送出システムおよび方法 WO2004093422A1 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003-114404 2003-04-18
JP2003114404 2003-04-18

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005505445A JPWO2004093422A1 (ja) 2003-04-18 2004-04-15 マルチメディアrbt/bt送出システムおよび方法
EP04727682A EP1617640A4 (en) 2003-04-18 2004-04-15 Multimedia rbt/bt sending-out system and method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2004093422A1 true WO2004093422A1 (ja) 2004-10-28

Family

ID=33296149

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2004/005379 WO2004093422A1 (ja) 2003-04-18 2004-04-15 マルチメディアrbt/bt送出システムおよび方法

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP1617640A4 (ja)
JP (1) JPWO2004093422A1 (ja)
WO (1) WO2004093422A1 (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006191594A (ja) * 2004-12-30 2006-07-20 Lucent Technol Inc Imsネットワーク内でユーザ・デバイスにマルチメディア・リングバック・サービスを提供する方法および装置
JP2006191595A (ja) * 2004-12-30 2006-07-20 Lucent Technol Inc Ims前のネットワーク内でマルチメディア・リングバック・サービスをモバイル・ユーザ・デバイスに提供するための方法および装置
JP2007502081A (ja) * 2003-05-15 2007-02-01 華為技術有限公司 通信網においてrbt(呼出音)を提供するシステムおよび方法
WO2007046645A1 (en) * 2005-10-20 2007-04-26 Ti Square Technology Ltd. Method and apparatus for providing multimedia contents as a ring back tone in wcdma network
WO2006001682A3 (en) * 2004-06-28 2007-05-31 Wonsuk Chung Method and system for providing multimedia ring back tone service by using receiver-side switching center
WO2007115459A1 (fr) * 2006-04-12 2007-10-18 Huawei Technologies Co., Ltd. Procédé, dispositif et système de mise en oeuvre du service universel de signal de rappel automatique de numéros personnels
JP2008522471A (ja) * 2004-11-30 2008-06-26 フランス テレコム 呼出者から被呼出者に向けた電話呼出管理方法およびその装置
JP2008234165A (ja) * 2007-03-19 2008-10-02 Ntt Comware Corp コンテンツ配信システム、Webアプリケーションサーバ、コンテンツ配信方法、およびプログラム
JP2009524992A (ja) * 2006-01-27 2009-07-02 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド マルチメディアリングバックトーンを使用して電子商取引セッションを開始すること
JP2009530911A (ja) * 2006-03-13 2009-08-27 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド マルチメディアのリングバックトーンによるコンテンツの共有
JP2009540677A (ja) * 2006-06-15 2009-11-19 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド 発呼者装置向けユーザ・メッセージの配信
JP2009540754A (ja) * 2006-06-12 2009-11-19 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド 通信網内の発呼者へのカスタマイズされたマルチメディアグリーティングを配信するための方法
JP2009283989A (ja) * 2008-02-07 2009-12-03 Microsoft Corp 通信識別子に基づく妥当な広告または他のコンテンツの提供
JP2010529791A (ja) * 2007-08-22 2010-08-26 華為技術有限公司 マルチメディアカスタマイズされた呼出音およびマルチメディアカスタマイズされた着信音サービスを実装するための方法および装置
JP2011526441A (ja) * 2008-07-01 2011-10-06 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Imsネットワーク内でカスタマイズされたビデオサービスを実現するための方法およびネットワークユニット
US8441945B2 (en) 2005-11-14 2013-05-14 Samsung Electronics Co., Ltd System and method for providing multimedia contents in a communication system

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI20060666A0 (fi) 2006-07-07 2006-07-07 Nokia Corp Menetelmä ja järjestelmä epäjatkuvan lähetyksen toiminnallisuuden parantamiseksi
CN100446587C (zh) 2006-08-14 2008-12-24 华为技术有限公司 一种实现多媒体彩铃音业务的系统及方法
CN100486368C (zh) * 2007-02-02 2009-05-06 周 洋 数据提供平台
CN101047891A (zh) 2007-03-22 2007-10-03 华为技术有限公司 回铃音播放的方法、系统以及归属位置寄存器和移动交换中心
CN103037113B (zh) * 2012-12-20 2015-09-09 北京思特奇信息技术股份有限公司 一种基于融合通信的彩铃业务系统及实现方法

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0483458A (en) * 1990-07-26 1992-03-17 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Method for sending ring-back tone including guidance
JPH09506232A (ja) * 1994-08-11 1997-06-17 クアンタム システムズ,インコーポレーテッド 改善型通信マーケティングシステム
JPH09162978A (ja) * 1995-12-04 1997-06-20 Fujitsu Ltd 被呼者案内方法及び装置
JPH11275232A (ja) * 1998-03-20 1999-10-08 Ntt Mobil Commun Network Inc 電話交換網システム
WO2001037527A1 (en) * 1999-11-19 2001-05-25 Maddle Co., Ltd Method of changing telephone signals
JP2001266000A (ja) * 2000-03-21 2001-09-28 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 通信システムにおける広告情報提供方法
JP2002354127A (ja) * 2001-05-29 2002-12-06 Yazaki Corp 応答メッセージ通知システム
JP2003274016A (ja) * 2002-03-19 2003-09-26 Hideo Matsuo 回線交換装置、リングバックトーン管理システム、及び該リングバックトーン管理システムの制御方法
JP2003283660A (ja) * 2002-02-25 2003-10-03 Sk Telecom Kk リングバック・トーンサウンドの提供方法及びリングバック・トーンサウンドの提供装置
JP2003348239A (ja) * 2002-05-30 2003-12-05 Show Engineering:Kk 電話交換接続システムおよび電話交換接続方法
JP2004088452A (ja) * 2002-08-27 2004-03-18 Nippon Telegraph & Telephone West Corp リングバックトーン音源変更システム、電話端末及びリングバックトーン音源変更方法

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07307796A (ja) * 1994-05-13 1995-11-21 Fujitsu Ltd 電話着信通知方法
JPH1042113A (ja) * 1996-07-23 1998-02-13 Sony Corp 通信装置、送信装置及び受信装置
JPH10271226A (ja) * 1997-01-22 1998-10-09 Hitachi Ltd 呼設定時における情報提供システム
JP2000201229A (ja) * 1999-01-08 2000-07-18 Mitsubishi Electric Corp 広告入り通信サ―ビス機能を有する通信網および広告入り通信サ―ビス機能を有する通信端末
CA2342100C (en) * 1999-07-19 2005-05-17 Hyoung Chan Rhee Method and device for generating voice/text/image commercial information ringback tone during communication wait
JP2002290567A (ja) * 2001-03-23 2002-10-04 Ntt Communications Kk Ip電話システム、ip電話サーバ、及び広告提供プログラム
KR100394976B1 (ko) * 2002-08-29 2003-08-19 에스케이 텔레콤주식회사 통화 대기 중 가입자 기반 링백톤 서비스 방법
JP2004172866A (ja) * 2002-11-19 2004-06-17 Yoshihiro Kumagai 発呼中呼び出し音に関連した着信メロディ等の情報配信システム

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0483458A (en) * 1990-07-26 1992-03-17 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Method for sending ring-back tone including guidance
JPH09506232A (ja) * 1994-08-11 1997-06-17 クアンタム システムズ,インコーポレーテッド 改善型通信マーケティングシステム
JPH09162978A (ja) * 1995-12-04 1997-06-20 Fujitsu Ltd 被呼者案内方法及び装置
JPH11275232A (ja) * 1998-03-20 1999-10-08 Ntt Mobil Commun Network Inc 電話交換網システム
WO2001037527A1 (en) * 1999-11-19 2001-05-25 Maddle Co., Ltd Method of changing telephone signals
JP2001266000A (ja) * 2000-03-21 2001-09-28 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 通信システムにおける広告情報提供方法
JP2002354127A (ja) * 2001-05-29 2002-12-06 Yazaki Corp 応答メッセージ通知システム
JP2003283660A (ja) * 2002-02-25 2003-10-03 Sk Telecom Kk リングバック・トーンサウンドの提供方法及びリングバック・トーンサウンドの提供装置
JP2003274016A (ja) * 2002-03-19 2003-09-26 Hideo Matsuo 回線交換装置、リングバックトーン管理システム、及び該リングバックトーン管理システムの制御方法
JP2003348239A (ja) * 2002-05-30 2003-12-05 Show Engineering:Kk 電話交換接続システムおよび電話交換接続方法
JP2004088452A (ja) * 2002-08-27 2004-03-18 Nippon Telegraph & Telephone West Corp リングバックトーン音源変更システム、電話端末及びリングバックトーン音源変更方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1617640A4 *

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007502081A (ja) * 2003-05-15 2007-02-01 華為技術有限公司 通信網においてrbt(呼出音)を提供するシステムおよび方法
US8103254B2 (en) 2004-06-28 2012-01-24 Sk Telecom Co., Ltd. Method and system for providing multimedia ring back tone service by using receiver-side switching center
WO2006001682A3 (en) * 2004-06-28 2007-05-31 Wonsuk Chung Method and system for providing multimedia ring back tone service by using receiver-side switching center
US8498398B2 (en) 2004-11-30 2013-07-30 France Telecom Method and system for managing a caller's telephone call to a called party
JP2008522471A (ja) * 2004-11-30 2008-06-26 フランス テレコム 呼出者から被呼出者に向けた電話呼出管理方法およびその装置
JP2006191595A (ja) * 2004-12-30 2006-07-20 Lucent Technol Inc Ims前のネットワーク内でマルチメディア・リングバック・サービスをモバイル・ユーザ・デバイスに提供するための方法および装置
US8068593B2 (en) 2004-12-30 2011-11-29 Alcatel Lucent Method and apparatus for providing multimedia ringback services to mobile user devices in pre-IMS networks
JP2006191594A (ja) * 2004-12-30 2006-07-20 Lucent Technol Inc Imsネットワーク内でユーザ・デバイスにマルチメディア・リングバック・サービスを提供する方法および装置
WO2007046645A1 (en) * 2005-10-20 2007-04-26 Ti Square Technology Ltd. Method and apparatus for providing multimedia contents as a ring back tone in wcdma network
US8441945B2 (en) 2005-11-14 2013-05-14 Samsung Electronics Co., Ltd System and method for providing multimedia contents in a communication system
JP2009524992A (ja) * 2006-01-27 2009-07-02 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド マルチメディアリングバックトーンを使用して電子商取引セッションを開始すること
JP2009530911A (ja) * 2006-03-13 2009-08-27 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド マルチメディアのリングバックトーンによるコンテンツの共有
CN100407746C (zh) 2006-04-12 2008-07-30 华为技术有限公司 一种通用个人号码回铃音业务的系统及播放方法
US8111823B2 (en) 2006-04-12 2012-02-07 Huawei Technologies Co., Ltd. Method, device and system for realizing universal personal number ring back tone service
WO2007115459A1 (fr) * 2006-04-12 2007-10-18 Huawei Technologies Co., Ltd. Procédé, dispositif et système de mise en oeuvre du service universel de signal de rappel automatique de numéros personnels
JP2009540754A (ja) * 2006-06-12 2009-11-19 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド 通信網内の発呼者へのカスタマイズされたマルチメディアグリーティングを配信するための方法
JP2009540677A (ja) * 2006-06-15 2009-11-19 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド 発呼者装置向けユーザ・メッセージの配信
JP2008234165A (ja) * 2007-03-19 2008-10-02 Ntt Comware Corp コンテンツ配信システム、Webアプリケーションサーバ、コンテンツ配信方法、およびプログラム
JP2010529791A (ja) * 2007-08-22 2010-08-26 華為技術有限公司 マルチメディアカスタマイズされた呼出音およびマルチメディアカスタマイズされた着信音サービスを実装するための方法および装置
JP2009283989A (ja) * 2008-02-07 2009-12-03 Microsoft Corp 通信識別子に基づく妥当な広告または他のコンテンツの提供
JP2011526441A (ja) * 2008-07-01 2011-10-06 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Imsネットワーク内でカスタマイズされたビデオサービスを実現するための方法およびネットワークユニット

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2004093422A1 (ja) 2006-07-13
EP1617640A1 (en) 2006-01-18
EP1617640A4 (en) 2010-07-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1321666C (en) Telephone answering service with integrated voice and textual message storage
US6310939B1 (en) Method and apparatus for screening a call as the call is transmitted to voice mail
EP0847178B1 (en) Multimedia conferencing using parallel networks
RU2195081C2 (ru) Способ рекламы с использованием обратного тонального сигнала
US6757533B2 (en) Rich calling line handling in call setup signalling
CN1679313B (zh) 不预定即时组会议的方法
US5875231A (en) Telephone call on hold service for a party placed on hold by another party
CN102065187B (zh) 用于在源电话和目标电话之间提供呼叫应答服务的方法和系统
EP1856900B1 (en) Method and system for call screening
US20070121607A1 (en) DSL Integrated Call Waiting
CN100484171C (zh) 在移动通信系统中用于设置呼叫方的替代回铃音的方法
US6298062B1 (en) System providing integrated services over a computer network
DE69634967T2 (de) Gemeinsame Verteilung der internen Speichermittel von Nachrichten durch mehrere Kommunikationsendgeräte
US6603844B1 (en) Advertised ring back in a telecommunication switching system
US4996704A (en) Electronic messaging systems with additional message storage capability
US6853719B2 (en) Provision of media content to telephony callers on-hold
CN100546411C (zh) 用于提供基于用户的回铃音的方法和装置
JP3573238B2 (ja) チャットセッション中の情報提供方法
JP3461976B2 (ja) 改良されたマルチポイント制御ユニット及び改良されたエンドポイントデバイスを使用するシームレスマルチメディア会議システム
US8126126B2 (en) Method for providing custom ring-back tones
US7142560B2 (en) System and method for virtual multiline telephony in a home-network telephone
US7085364B1 (en) Advanced conference drop
EP1058442A2 (en) Method and system to provide telephony tones and announcements in a packetized network environment
US20040174983A1 (en) Configurable call progress tones
US6519326B1 (en) Telephone voice-ringing using a transmitted voice announcement

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IT LU MC NL PL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2005505445

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2004727682

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2004727682

Country of ref document: EP