WO2004073108A1 - 電子機器 - Google Patents

電子機器 Download PDF

Info

Publication number
WO2004073108A1
WO2004073108A1 PCT/JP2003/001537 JP0301537W WO2004073108A1 WO 2004073108 A1 WO2004073108 A1 WO 2004073108A1 JP 0301537 W JP0301537 W JP 0301537W WO 2004073108 A1 WO2004073108 A1 WO 2004073108A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
antenna
dielectric
electronic device
moving mechanism
device according
Prior art date
Application number
PCT/JP2003/001537
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Toshiyuki Hirota
Original Assignee
Kabushiki Kaisha Toshiba
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kabushiki Kaisha Toshiba filed Critical Kabushiki Kaisha Toshiba
Priority to PCT/JP2003/001537 priority Critical patent/WO2004073108A1/ja
Publication of WO2004073108A1 publication Critical patent/WO2004073108A1/ja

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q13/00Waveguide horns or mouths; Slot antennas; Leaky-waveguide antennas; Equivalent structures causing radiation along the transmission path of a guided wave
    • H01Q13/10Resonant slot antennas
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F1/00Details not covered by groups G06F3/00 – G06F13/00 and G06F21/00
    • G06F1/16Constructional details or arrangements
    • G06F1/1613Constructional details or arrangements for portable computers
    • G06F1/1615Constructional details or arrangements for portable computers with several enclosures having relative motions, each enclosure supporting at least one I/O or computing function
    • G06F1/1616Constructional details or arrangements for portable computers with several enclosures having relative motions, each enclosure supporting at least one I/O or computing function with folding flat displays, e.g. laptop computers or notebooks having a clamshell configuration, with body parts pivoting to an open position around an axis parallel to the plane they define in closed position
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F1/00Details not covered by groups G06F3/00 – G06F13/00 and G06F21/00
    • G06F1/16Constructional details or arrangements
    • G06F1/1613Constructional details or arrangements for portable computers
    • G06F1/1633Constructional details or arrangements of portable computers not specific to the type of enclosures covered by groups G06F1/1615 - G06F1/1626
    • G06F1/1637Details related to the display arrangement, including those related to the mounting of the display in the housing
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F1/00Details not covered by groups G06F3/00 – G06F13/00 and G06F21/00
    • G06F1/16Constructional details or arrangements
    • G06F1/1613Constructional details or arrangements for portable computers
    • G06F1/1633Constructional details or arrangements of portable computers not specific to the type of enclosures covered by groups G06F1/1615 - G06F1/1626
    • G06F1/1684Constructional details or arrangements related to integrated I/O peripherals not covered by groups G06F1/1635 - G06F1/1675
    • G06F1/1698Constructional details or arrangements related to integrated I/O peripherals not covered by groups G06F1/1635 - G06F1/1675 the I/O peripheral being a sending/receiving arrangement to establish a cordless communication link, e.g. radio or infrared link, integrated cellular phone
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q1/00Details of, or arrangements associated with, antennas
    • H01Q1/12Supports; Mounting means
    • H01Q1/22Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles
    • H01Q1/2258Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles used with computer equipment
    • H01Q1/2266Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles used with computer equipment disposed inside the computer
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q1/00Details of, or arrangements associated with, antennas
    • H01Q1/12Supports; Mounting means
    • H01Q1/22Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles
    • H01Q1/24Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set
    • H01Q1/241Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM
    • H01Q1/242Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use
    • H01Q1/243Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use with built-in antennas
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/0407Substantially flat resonant element parallel to ground plane, e.g. patch antenna
    • H01Q9/0421Substantially flat resonant element parallel to ground plane, e.g. patch antenna with a shorting wall or a shorting pin at one end of the element
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/0407Substantially flat resonant element parallel to ground plane, e.g. patch antenna
    • H01Q9/0442Substantially flat resonant element parallel to ground plane, e.g. patch antenna with particular tuning means
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/06Details
    • H01Q9/14Length of element or elements adjustable
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/30Resonant antennas with feed to end of elongated active element, e.g. unipole
    • H01Q9/42Resonant antennas with feed to end of elongated active element, e.g. unipole with folded element, the folded parts being spaced apart a small fraction of the operating wavelength

Abstract

PC1は、周波数帯の異なる複数の無線モジュール(10a、10b、10c…)と、これらに共通のアンテナ(7)と、このアンテナ(7)の一方面側に移動自在に設けられた誘電体(8)とを備える。各無線モジュール(10a、10b、10c…)毎にアンテナ(7)と誘電体(8)との間隔を調整可能とすることで、アンテナ(7)の共振周波数を切り替える。

Description

明 細 書

電子機器

技術分野

本発明は、 無線通信用のアンテナを内蔵した電子機器に関 する。

背景技術

近年、 例えばパーソ ナノレ コ ンピュータな どの電子機器では、 無線 L A Nや B 1 u e t o o t h ( R ) な どの無線通信シス テムを備えたものが普及してきている。 この種の無線通信シ ステムでは、 例えば 2 . 5 G H Z 帯や 5 G H z 帯の電波が使 用 さ; tる。 また 、 無線通信用のアンテナと して、 例えばダィ ポーノレア ンテナ 、 ヘ リ カルアンテナ、 ス ロ ッ ト ア ンテナヽ 逆

Fアンテナな ど 、 機種毎に種々 のアンテナが使用 されている 。

と ころで、 ァンテナの共振周波数は、 アンテナの形状ヽ サ ィズ、 周辺環境な どによって決ま る。 通常、 1 つのア ンテナ に対し、 ある 1 つの共振周波数帯が割り 当て られている ·>- のため、 周波数帯の異なる複数の無線モジュールを使用する 場合には、 これらの無線モジュ一ノレ毎に複数本のァンテナを 設置しなければな らず、 設置スペース上の問題が生じる c

従来、 この よ う な問題を解決するため、 例えば特開 2 0 0

2 - 1 9 0 7 0 8号公報な どに開示されている よ う に、 1 つ のアンテナに 2つの共振周波数を持たせた D u a 1 b a n d アンテナや、 3 つの共振周波数を持たせた T r i 1 e b a n d アンテナな どの開発がなされている。

しカゝしなが ら 、 1 つのアンテナで構造的に力バ一でき る iノtヽ 振周波数には限度があ り 、 所定数 (例えば 3 つ) 以上はア ン テナサイ ズが非常に大き く な り 、 かつ、 形状も複雑化して し ま う欠点がある。 さ らに、 1 つのアンテナに複数の共振周波 数を持たせる と 、 使用可能帯域が狭く なつて しま う欠点もあ る。

発明の開示

本発明の 目 的は、 ァンテナの形状を改良する こ と な < ヽ そ のア ンテナの共振周波数を各挺ハ、、線モジュール毎に適宜切 り 替 える こ と のでき る電子機器を提供する こ と にある

本発明の電子機器は、 周波数帯の異なる複数のノ、、、線モジュ ールと、 上記各無線モジュ ' ~ルに共通に使用 されるァンテナ と 、 このアンテナの近傍 ロスけ られた誘電体とヽ の誘電体 を上記アンテナに対して移動白在に支持する移動機構と 、 上 記アンテナと上記誘電体と の間隔を上記移動機構によ り 調整 して上記ア ンテナの共振周波数を上記各無線モジュ一ル毎に 切 り 替える切換え手段と を具備 して構成される

このよ う な構成の電子機器によれば、 アンテナと誘電体と の間隔を調整する こ と によ り ヽ ア ンテナの共振周波数を各ハ、、 線モジュール毎に切 V) 替 Κ.る と ができ る。

図面の簡単な説明

図 1 は本発明の第 1 の実施形態におけるパーソナルコ ン ビ ユ ータの外観構成を示す斜視図である。

図 2 は上記パーソナルコ ンピュータ に用いられるアンテナ の構成を示す図である。

図 3 は上記アンテナを実装した状態を示す側面断面図であ る。

図 4 は上記ア ンテナの周波数特性を示す等価回路である。 図 5 A〜 5 Cは上記アンテナの共振周波数の一例を示す図 である。

図 6 Aおよび図 6 Bは誘電体を上記アンテナに対して垂直 方向に移動させる移動機構の構成例を示す図である。

図 7 は誘電体を上記アンテナに対して水平方向に移動させ る移動機構の構成例を示す図である。

図 8 は本発明の第 2 の実施形態におけるパーソナルコ ン ビ ユータの構成を示す図である。

図 9 は上記パー ソナルコ ン ピュ ー タによ る誘電体の位置制 御を示すフローチヤ一 トである。

図 1 0 はァンテナの 面に 体を BXけだ場合の構成例を 示す図である

発明を実施するための最良の形態

以下、 図面を 照して本発明の実施形態を説明する。

(第 1 の実施形態 )

図 1 は本発明の第 1 の実施形態に ける電子機器の外観構

- · - 成を示す斜視図である なおヽ ~~ では、 子機器と して携 帯型のパーソナル ンピュ一タ (以下 、 P c と略称す) を例 に している。

本発明の電子機 である Ρ C 1 には 、 無線通信に使用 され る周波数帯が異なる複数のハ、、線モジュ —ル 1 0 a 、 1 0 b 、

1 0 c …が搭載されている ュ ' ~ザはこれらの無線モジュ ' ~ ル 1 0 a 、 1 0 b ヽ 1 0 c …の う ちの 1 つを任意選択的に使 用 して無線通信を行 う こ と がでさ る。 なお、 無線通信の種類 と しては、 以下の よ う なものがあ 。

■ I E E E 8 0 2 . 1 1 b : 2 . 4 G H z W

• I E E E 8 0 2 . 1 1 a : 5 G H z 帯

• B l u e t o o t h ( R ) '· 2 . 4 G H z 帯

• P D C : 8 0 0 M H z / 1 5 G H z 帯

■ G S M : 9 0 0 M H z / 1 • 8 G H z / 1 • 9 G H z 帯

• I S - 1 3 6 : 8 0 0 M H z / 1 . 9 G H Z

■ C d m a O n e ( R ) : 8 0 0 M H z

この う ち、 I E E E 8 0 2 . 1 1 b と I E E E 8 0 2 . 1

1 a は 「 I E E E 8 0 2 . 1 1 J ヮーキンググル一プで定め られる 無線 L A N の通信規格であ る。 B 1 u e t o o t h

( R ) は近距離無線通信システム の通信規格である P D C、

G S M、 I S - 1 3 6 、 C d m a O n e ( R ) はそれぞれ移 動無線通信システムの通信規格でめる。

P C 1 には 、. これ ら の無線通信を実現する ための無線モジ ユール (無線機) が少な く と も 2 つ搭載されている もの とす

P C 1 は 本体ケー ス 2 と表不部ケース 3 と し C Dパネル

4 と キーポ一ド、 5 と を備えている 。 本体ケース 2 は、 その上 面部にキ一ボ一 5 が配設されている。 本体ケース 2 と表示 部ケース 3 と は 、 ヒ ンジ部 6 に り 回動可能に接続されてい

。。 ¾: ΛΓ^部ケ ス 3 は、 L C Dパネノレ 4 の表示領域が可視状 態 と なる よ に L C Dノ ノレ 4 の周辺部を支持している。 表 示部ケース 3 は 、 ヒ ンジ部 6 を介 して矢印 a 1 - a 2 方向に 回動可能である。 つま り 、 こ の表示部ケース 3 は、 キーボー ド 5 を覆 う 閉位置と キーボー ド 5 を使用可能な状態にする 開 位置 と の間で回動可能であ る。 上記本体ケース 2 および表示 部ケース 3 は、 例えば合成樹脂な どの誘電体によ り 形成され る。

また、 表示部ケース 3 内には、 例えば無線 L A N ( I E E E 8 0 2 . l i b ) な どで使用 さ れる無線通信用のア ンテナ 7 が設け られている。 I E E E 8 0 2 . l i b では、 2 . 4 G H z 帯の I S M ( Industry Science Medical) ノ ン ドを使用 する無線通信規格の一つであ り 、 スペク ト ラ ム拡散方式と し て 、 直 接 拡 散 方 式 ( DSSS : Direct Sequence Spread Spectrum) を用い、 最大 1 1 Mbps の通信速度で通信する こ と が可能である。

ア ンテ ナ 7 は、 その受信感度を良 く する ため、 高位置に設 ける のが理想である。 本実施形態では、 - P. C 1 を使用する状 況を考慮 して、 使用時に高い位置 と なる表示部ケース 3 の上 部に平板型のア ンテナ 7 が設け られている。 このアンテナ 7 は、 P C 1 に搭載された各無線モ ジュ ール 1 0 a 、 1 0 b 、 1 0 c … に共通に使用 される。

ア ンテナ 7 と しては、 例えば図 2 に示すよ う な逆 F型ア ン テナが用い られる。 こ の逆 F型のアンテナ 7 は、 例えば方形 状のアンテナ基板 1 1 を使用 し、 その上辺に沿っ て溝 1 2 を 設ける こ と によ り ア ンテナ基板 1 1 の上辺に電波放射素子で あ る エ レ メ ン ト 1 3 を形成 し、 そ の他の領域を G N D (接 地) 1 4 と している。 また、 エ レメ ン ト 1 3 には、 基部に近 い位置に給電点 1 5 が設け られる。 この場合、 SSsr

給 点 1 5 に おけるィ ンピーダンス が例えば 5 0 Ω と なる よ つ にその i L W が設定される。

ア ンテナ基板 1 1 は 、 厚さが例えば 0 . 1 m m程度の金属 板を使用 し、 その両面をラ ミ ネ一 ト処理 して保護 している。 アンテナ基板 1 1 の幅 Wは、 所望周波数の波長 ( λ ) のほぼ

1 / 4波長 ( λ ) ϊ^- Ρス定される。 ア ンテナ基板 1 1 の 体的 な大き さ は、 例 ば 2 . 4 G H z 帯の電波を使用する場合に は、 3 0 X 3 0 m m程度である。 また、 溝 1 2 の幅は 2 m m 程度、 エ レメ ン 卜 1 3 の幅 1 m m程度である。

こ こで、 例えば合成樹脂な どで形成された方形状の誘電体

8 がアンテナ 7 の一方面側に対 して垂直方向に移動白在 pス け られている。 - の誘電体 8 と ア ンテナ 7 と の間 を D とす る と 、 この Dの長さ に応 じてアンテナ 7 の共振周波数が決定 される。

図 · 3 は上記逆 F型のアンテナ 7 を表示部ケース 3 に実装し た状態を示す側面断面図である。

ア ンテナ 7 はヽ 表示部ケース 3 内の上部に接着剤 を用い て固定される。 この場合、 アンテナ 7 は、 エ レメ ン 卜 1 3 が 形成されている側を L C Dパネル 4 の上端よ り 所定幅分 (例 ば 〜 · - 5 6 m m程度) 上方に突出 させて設け られる れに よ り 、 エ レメ ン 卜 1 3 によ る電波の送受信が L C D ノ^ネノレ 4 の影響を受けなレ、 よ う に している。

また、 誘電体 8 は、 アンテナ 7 の一方面側に後述する移動 機構によ り 移動 自在に設け られる。 この誘電体 8 は 、 少な く と もアンテナ 7 の上端部に形成された電波放射部分を包含す る大き さ を有する。 これによ り 、 アンテナ 7 の電波放射部分 が誘電体 8 の誘電率によ る影響を受け易 く している。

こ こで、 例えばアンテナ 7 に誘電体 8 を密着させた場合に は、 誘電体 8 の誘電率に依存する周波数だけ、 アンテナ 7 の 共振周波数は低い方に移動する。 一方、 アンテナ 7 から誘電 体 8 を'離間 させた場合、 そのアンテナ 7 と誘電体 8 と の間隔 Dが大き く なる に従って誘電体 8 の誘電率がアンテナ 7 に与 える影響の度合いが低下する。 よ って、 アンテナ 7 の共振周 波数は高い方に移動する。

この様子を図 4および図 5 A〜 5 Cを参照して説明する。 図 4 はアンテナ 7 の周波数特性を示す等価回路である。

アンテナ 7 は、 図 4 に示すよ う にコィノレ L と コ ンデンサ C の直列回路で表すこ と ができ る。 コィノレ L のイ ンダク タ ンス は、 ア ンテナ 7 のエ レメ ン ト 1 3 の長さ と給電点 1 5 の位置 などによって決まる。

この と き のアンテナ 7 の共振周波数 f 0 は、

f 0 = 1 ( 2 π VL C ) · ·· ( 1 ) で表せる。 また、 コ ンデンサ C は、

C = £ r ε 0 ( S / d ) ·· · ( 2 ) で表せる。 こ こで、 £ r は非誘電率、 ε 0 は真空中の誘電率、 d はコ ンデンサの極板間の距離、 S は極板面積である。

今、 アンテナ 7 に誘電体 8 を近づける と、 上記 ( 2 ) 式の ε Γ が増加する。 つま り 、 アンテナ 7 と誘電体 8 と の間隔 D が短く なる に従って非誘電率 ε r が増加する。 こ の ε r の増 加に伴い、 上記 ( 1 ) 式によ り 共振周波数 f 0 は低く ; ¾る。 図 5 A 〜 5 Cはアンテナ 7 の共振周波数の一例を示す図で ある 。 図 5 Aはア ンテナ 7 と 誘電体 8 と の距離が所定距離

(ァンテナ 7 が誘電体 8 の影響を受けない距離) 以上の場 a

(ほぼァンテナ 7 単体の特性) である。 図 5 B はア ンテナ 7 と誘電体 8 の間隔 Dが 1 m mの場合である。 図 5 Cはァンテ ナ 7 と誘電体 8 の間隔 Dが O m mの場合 (つま り アンテナ 7 に誘電体 8 が密着 している場合) である。 図 5 A〜 5 C にお いて 、 横軸が周波数 [ G H z ] 、 縦軸が電波の リ タ一ン ス

[ d B ] を表している。 リ ターンロ ス が最も低く なる周波数 帯域がそのと きのアンテナ 7 の共振周波数である。

図 5 Aに示すよ う に、 誘電体 8 の影響を受けない場 Π のァ ンテナ 7 の共振周波数は 2 . 6 1 7 G H z である。 これに対 し、 体 8 の影響を受ける場合には、 アンテナ 7 と誘電体

8 の間隔 D に応じてアンテナ 7 の共振周波数が変動する つ ま り 、 間隔 Dが短いほ ど、 共振周波数は低く なる。 この例で は、 図 5 B に示すよ う に、 間隔 Dが 1 m mの場合には 2 • 4

3 8 G H z であ り 、 図 5 Cに^すよ う に、 間隔 Dが 0 m mの

+县 A口 には 2 . 2 3 9 G H z である。

のよ う に、 ァンテナ 7 と誘電体 8 の間隔 Dに応 じてァン テナ 7 の共振周波数が決定される。 こ の誘電体 8 の位置はヽ 例えば図 6 .Aおよび図 6 Bに示すよ う な移動機構 2 1 によ つ て |i¾J整される。

図 6 Aおよび図 6 B は誘電体 8 をアンテナ 7 の面に対して 垂直方向に移動させる移動機構 2 1 の構成例を示す図である 図 6 Aに示すよ う に、 移動機構 2 1 は、 円形状の 目盛 り 板 2 2 と、 こ の 目盛 り 板 2 2上を回転する 円形状の回転板 2 3 と、 この回転板 2 3上に設け られた摘み部 2 4 と を備える。 目盛り 板 2 2 は、 表示部ケース 3 の上端部に接着剤な どによ り 固着されている。 回転板 2 3 は、 軸 2 3 a を支点に回転す る。 この回転板 2 3 は誘電体 8 の中心点 2 5 に摺動可能に取 り 付け られている。 摘み部 2 4 は、 誘電体 8 を移動させるた めの操作部と して用いられる。

この よ う な構成において、 ユーザが摘み部 2 4 を指で摘ん で回転板 2 3 を矢印 b 1 方向に回転させる と、 誘電体 8 がァ ンテナ 7 に矢印 c 1 方向に移動する。 この場合、 誘電体 8 は、 表示部ケース 3 内に設け られた図示せぬガイ ド機構にガイ ド されなが らアンテナ 7 と並行状態を保って移動する。 こ の誘 電体 8 の矢印 c l 方向の移動によ り 、 アンテナ 7 と誘電体 8 と の間隔 Dが狭ま る。 これによ り 、 アンテナ 7 の共振周波数 帯は低い方へ調整される こ と になる。

目盛り 板 2 2 の外周には、 複数の 目盛 り 2 6 が円周方向に 沿って付記されている。 これらの 目盛り 2 6 は P C 1 に搭載 された複数の無線モジュール 1 0 a 、 1 0 b 、 1 0 c …の周 波数帯に合わせてある。 ユーザはこれらの目盛り 2 6 を 目安 に して周波数調整操作を簡単に行 う こ と ができ る。 回転板 2 3 は、 これらの 目盛り 2 6毎に段階的に回転可能な構造を有 する。

図 6 Bは回転板 2 3 を 3番目 の 目盛 り 位置まで回転させた 状態を示 している。 こ の状態で、 回転板 2 3 を矢印 b 2方向 に回転させる と 、 誘電体 8 が矢印 c 2方向に移動する。 これ によ り 、 アンテナ 7 の共振周波数帯は高い方へ調整される こ と になる

このよ う に、 誘電体 8 をアンテナ 7 に対して移動させる .こ とで、 アンテナ 7 の共捩周波数帯を切 り 替える こ とができ る。 したがって、 1 本のアンテナ 7 だけで各無線モジュール 1 0 a 、 1 0 b 、 1 0 c …の周波数帯をすベてカバーする こ と が でき る。 この場合、 誘電体 8 の移動によ り アンテナ 7 の共振 周波数帯を適宜切 り 替える構成と しているので、 従来のよ う にアンテナ 7 に複数の共振周波数帯を持たせる構造と比べて、 アンテナ 7 の形状が複雑化する こ と はない。 また、 使用可能 帯域が狭く なる こ と もない。 ' なお、 図 6 Aおよび図 6 B の例では、 誘電体 8 を 3段階に 移動させる場合を示したが、 さ らに細かく 移動させる こ と も 可能である。

また、 図 7 に示すよ う に、 誘電体 8 をアンテナ 7 の面に対 して水平方向に移動させる構成と した場合でも、 上記同様に アンテナ 7 の共振周波数帯を調整する こ とができ る。

図 7 は誘電体 8 をアンテナ 7 の面に対して水平方向に移動 させる移動機構 3 1 の構成例を示す図である。

移動機構 3 1 は、 ス ラ イ ド穴 3 2 と 、 こ のス ラ イ ド穴 3 2 に嵌め込まれる操作部 3 3 と、 こ の操作部 3 3 に取 り 付け ら れた支持部材 3 4 と を備える。 ス ラ イ ド穴 3 2 は、 表示部ケ ース 3 の上端部にアンテナ 7 と長手方向に形成されている。 操作部 3 3 は、 こ のス ライ ド穴 3 2 にス ライ ド自在に取 り 付 け られている。 支持部材 3 4 は、 操作部 3 3 の底部から延出 され 、 スライ ド穴 3 2 を介して誘電体 8 を支持している。

のよ つ な構成において、 ユーザが操作部 3 3 を矢印 d 1 方向に移動させる と 雷体 8 が支持部材 3 4 を介 して矢印 e . 1 方向に移動する 。 これによ り 、 アンテナ 7 と誘電体 8 と の間隔 Dが狭ま り アンテナ 7 の共振周波数帯は低い方へ調 整される - と になる よ 7 、 操作部 3 3 を矢印 d 1 と は反対 の方向に移動させれば、 誘電体 8 がアンテナ 7 から離間 し、 ァン了ナ 7 の共振周波数帯は高い方へ調整される こ と になる ス ラィ ド穴 3 2 の近傍には、 複数の 目盛り 3 5 がスライ ド 穴 3 2 に沿つ て付記されている。 これらの 目盛り 3 5 は P C 1 に された複数の無線モ ジユ ーノレ 1 0 a 1 0 b 1 0 c の周波数帯に合わせてある。 ユーザはこれらの 目盛り 3

5 を 目安に して周波数調整操作を簡単に行う こ と ができ る。 操作部 3 3 は、 'これらの 目盛り 3 5毎に段階的にス ライ ド可 能な構造を有する。 .

なお、 図 7 の例では、 誘電体 8 を 3 段階に移動させる場合 を示したが、 さ らに細かく 移動させる こ と も可能である。

こ の よ う に、 誘電体 8 をアンテナ 7 の面に対して水平方向 に移動させる構成と した場合でも、 その誘電体 8 の位置に応 じてアンテナ 7 の共振周波数を変動させる こ と ができ る。 よ つ て、 P C 1 に搭載された各無線モジュ ール 1 0 a 1 0 b 1 0 c ·· ·の周波数帯をすベてカバーする こ とができ る。

(第 2 の実施形態)

次に、 本発明の第 2 の実施形態について説明する 第 2 の実施形態では、 誘電体 8 の位置を自動調整する こ と を特徴とする。

図 8 は本発明の第 2 の実施形態における P C 1 の構成を示 す図である。 上記第 1 の実施形態と 同様に、 アンテナ 7 に対 して誘電体 8 'が移動自在に設けられている。 なお、 こ こでは 誘電体 8 の移動機構と して、 図 6 Aおよび図 6 B に示したよ う な移動機構 2 1 を想定して説明する。

図 8 に示すよ う に、 回転板 2 3 は半径 r を有し、 軸 2 3 a を支点に回転する。 この回転板 2 3 は、 誘電体 8 の中心点 2 5 に摺動可能に取 り 付け られている。 回転板 2 3 が矢印 b 1 方向に回転する と、 誘電体 8 は図示せぬガイ ド機構にガイ ド されてアンテナ 7 と並行に矢印 c 1 方向に移動する。 また、 回転板 2 3 が矢印 b 1 と は逆の方向に回転すれば、 誘電体 8 は矢印 c 1 とは逆の方向に移動する。

こ こで、 第 2 の実施形態に'おいて、 P C 1 は、 駆動装置 4 1 と 、 入力部 4 2 と 、 制御装置 4 3 と 、 テーブル 4 4 と を備 X.る。

駆動装置 4 1 は、 制御装置 4 3 から出力される制御信号に 基づいて回転板 2 3 を回転駆動する。 入力部 4 2 は、 無線モ ジュールの選択信号を入力するための も のであ り 、 具体的に は図 1 に示すキーボー ド 5 からなる。 制御装置 4 3 は、 マイ ク ロ プロセ ッサ力、らな り 、 入力部 4 2 力、ら無線モジュールの 選択信号を受ける と、 テーブル 4 4 を参照して誘電体 8 の位 置制御を行 う。 テーブル 4 4 には、 P C 1 に搭載された複数 の無線モジュール (こ こでは無線モジュール A、 B 、 C とす る) 毎に制御信号 S と 、 アンテナ 7 と誘電体 8 の間隔 Dの長 さ と、 回転板 2 3 の回転角度を示す情報が設定されている。 次に、 第 2 の実施形態の動作を説明する。

図 9 は第 2 の実施形態における誘電体 8 の位置制御を示す フ ロ ーチャー ト である。 なお、 こ のフ ロ ーチャー ト に示さ;^ る処理は、 制御装置 4 3 がプロ グラム 4 3 a を読み込むこ と によ り に実行される。

今、 周波数帯の異なる 3 種類の無線モジュ ル A 、 B 、 C が P C 1 に搭載されている もの とする。 ユーザは例えば図示 せぬメ ニュー画面上でこれ ら の無 ,锒モジユール A 、 B 、 C の う ちのいずれか 1つを選択して無線通信を行 · - ラ とができ る 無線通信に使用する無線モジュールが選択される と (ステ ップ S 1 1 の Y E S ) 、 その選択信号 (ユーザが選択した無 線モジュールを示す信号) が入力部 4 2 を通 じて制御装置 4

3 に与えられる。 これによ り 、 制御装置 4 3 はヽ まず 、 どの 無線モジユールが使用状態と なったのかを上記選択信号に基 づいて判別する (ステ ップ S 1 2 ) 。 なお、 各ハ、、線モジユー ルの使用状態は、 O S ( O p erat ing S y stem ) や ラィ ノ の起 動状態から も判別可能である。

こ こで、 無線モジュール Aが使用状態になつた ¾7口 (ステ ップ S 1 3 の Y E S ) 、 制御装置 4 3 はテーブル 4 4 を参照 して無線モジュール Aに対応 した誘電体 8 の位置を判断する

(ステ ップ S 1 4 ) 。 図 8 に示すテーブル 4 4 の例では、 無 線モジュール Aに対し、 誘電体 8 の位置は D 1 であ.り 、 その ための制御信号は " 0 1 " である。 したがつてヽ 制御装置 4 3 は制御信号 " 0 1 " を駆動装置 4 1 に出力する こ と によ り 、 回転板 2 3 を所定角度分だけ回転させて (ステ ッ プ S 1 5 ) 、 アンテナ 7 と誘電体 8 と の間隔を D 1 に調整する (ステ クプ

S 1 6 ) 。

無線モジユール Bや無線モジュ ル Cが使用状態になつた 場合も同様である。

すなわち 、 無線モジュール B の場合には (ステ ツ プ S 1 7 の Y E S ;) 、 制御装置 4 3 はテーブル 4 4 を参照 して制御信 号 " 1 0 " を駆動装置 4 1 に出力する ·>- と によ り 、 ァンテナ

7 と誘電体 8 と の間隔を D 2 に調整する (ステ ップ S 1 8 〜

S 2 0 ) 。 また、 無線モジュール Cの場合には (ステ ップ S

2 1 の Y E S ) 、 制御装置 4 3 はテ ブノレ 4 4 を参照して制 御信号 " 1 1 " を駆動装置 4 1 に出力する こ と に よ り 、 ァ ン テナ 7 と誘電体 8 と の間隔を D 3 に調整する (ステ ップ S 2

1 ~ S 2 4 ) Q

こ の よ う に、 各無線モジュールの使用状態に応じて 、 ァン テナ 7 と誘電体 8 と の間隔 Dが 自動調整される。 したがつて、 上記第 1 の実施形態のよ う に、 ュ一ザが周波数調整操作を行 わな く と も 、 ア ンテナ 7 の共振周波数を各無線モジュ ル毎 に切 り 替える こ と ができ る。

なお、 こ こでは回転機構の例を示したが、 これに限らずァ ンテナ面に対して垂直方向に摺動可能な摺動機構な ど 週用 可能であ る ο

また、 こ こでは誘電体 8 をアンテナ 7 に対して垂直方向に 移動させる場合を想定して説明 したがヽ 例えば図 7 に示すよ う な移動機構 3 1 によ り 、 誘電体 8 をアンテナ 7 に対して水 平方向に移動させる場合でも適応可能である。

さ ら に、 上記第 1 および第 2 の実施形態では、 アンテナ 7 の一方面側だけに誘電体 8 を設けたが、 例えば図 1 0 に示す よ う に、 アンテナ 7 の両面側に誘電体 8 a 、 8 b をそれぞれ 設け、 こ の誘電体 8 a 、 8 b を移動機構 2 1 あるいは移動機 構 3 1 によ り アンテナ 7 に対して移動自在に支持する構成と しても良い。 この よ う な構成によれば、 アンテナ 7 の共振周 波数帯はアンテナ 7 と誘電体 8 a と の間隔 D a と 、 アンテナ 7 と誘電体 8 b と の間隔 D b によって決定される こ と になる。

この場合、 例えば、 誘電体 8 a 、 8 b を夫々独立して間隔 D a 、 D b を調整可能とする と、 さ らに多く の共振周波数の 切 り替えを実現する こ とができ る。

また、 間隔 D a 、 D b を連動 して調整可能とする場合でも、 2つの誘電体を用いる こ とで比誘電率が増加するため、 共振 周波数の調整幅を大き く する こ と が可能と な-り 、 さちに多く の共振周波数の切換えを実現する こ とができ る。

また、 第 2 の実施形態で説明 した自動調整を適用する場合 は、 テーブルに各無線モジュール毎の制御信号と、 アンテナ 7 と各誘電体 8 a 、 8 b との間隔 D a 、 D b と を示す情報を 設定する こ と によ り 、 各無線モジュールの使用状態に応 じて アンテナ 7 の共振周波数を調整する こ とが可能である。

この と きの処理手順と しては、 図 9 と 同様である。 すなわ ち、 まず、 制御装置 4 3 は各無線モジュールの中で通信に使 用 される無線モジュールを判別する。 次に、 制御装置 4 3 は、 その判別された無線モジユールに対応した 電体 8 a 8 b の位置情報を上記テ ブ る 。 次に 制御装置 4 3 は、 上 己(ΐ¾ 体 8 a 8 b の位置情報に基づいて 、 それぞれの移 動機構を駆動制御する と によ り 各誘電体 8 a 8 b を所 定の位置まで移動させる れ よ り 、 ァンテナ 7 の共振周 波数が自動調整される Λ

また、 アンテナ 7 と して、 逆 F型のアンテナを例に して説 明 したが 、 本発明は - れに限る ものではない 。 例 X.ばダイポ ノレアンテナ、 ヘリ 力ルアンテナ ス ロ ッ 卜ァンテナな どの 他のアンテナであつてあ良い。

また、 本発明の電子機器と しては 、 パーソナルコンピュ一 タ に限る も のではな < 例えば携帯電話機な ど、 線通 (1用 のア ンテナを必要とする電子機器であれば そのすベてに適 用可能でめる。

産業上の利用可能性

以上のよ う に本発明によれば、 ァンテナの形状を.改良する こ と なく 、 そのアンテナの共振周波数を各 線モジ ル毎 に適宜切 り 替える こ と のでき る電子機器が得られる

Claims

P冃 求 の 車 β 囲
1 [5=1波数帯の異なる複数の無線モジュ ルと、 上記各 43E
ハ、、線モジュ ' ~ルに共 に使用 されるァンテナと ヽ のァ ンテナの近傍に設け られた誘電体とヽ
の誘 体を上記ァンテナに対して移動自在に支持する移 動機構とヽ
上記ァンテナと上記誘電体と の間隔を上 5し移動機構によ り if周 して上記ァンテナの共振周波数を上記各ノ、、ヽ線モンュ 一ル 毎に切 り 替免る切換え手段と
を具備した - と を特徴とする電子機 ο
2 . 上記アンテナは、 平板型のアンテナであ り 、 上記誘電体は、 上記ア ンテナの一方面側に ru
Pスけ られている こ と を特徴とする請求項 1記載の電子機器。
3 . 上記各無線モジュールは、 無線 L A Nで使用 される 特定の周波数帯を有する無線モ ジュ ールを含むこ と を特徴と する請求項 1 記載の電子機器。 . .
4 . 上記移動機構は、 上記誘電体を上記ァンテナに対 し て垂直方向に移動自在に支持する こ と を特徴とする請求項 1 記載の電子機器。
5 . 上記移動機構は、 上記誘電体を上記ァンテナの一方 面に対して垂直方向に移動自在に支持する こ と を特徴とする 請求項 2記載の電子機器。
6 . 上記移動機構によって支持された上記誘電体の位置 を手動操作によ り 調整可能な操作部を備えた と を特徴とす る S青永項 5記載の電子機器。
7 . 上記移動機構は、 上記誘電体を上記ア ンテナに対し て水平方向に移動自在に支持する こ と を特徴とする請求項 1 記載の電子機器。
8 . 上記移動機構は、 上記誘電体を上記ア ンテナの一方 面に対して水平方向に移動自在に支持する こ と を特徴とする 請求項 2記載の電子機器。
9 . 上記移動機構によって支持された上記誘電体の位置 を手動操作によ り調整可能な操作部を備えたこ と を特徴とす る請求項 8記載の電子機器。
1 0 . 上記電子機器は、 さ らに上記アンテナの一方面側に 設け られた上記誘電体と は別に、 上記アンテナの他方面側に も第 2 の誘電体を備え、
上記移動機構は、 上記 2 つの誘電体を上記アンテナに対し て移動自在に支持する こ と を特徴とする請求項 2記載の電子 機器。
1 1 . 上記各無線モジュールの使用状態に応 じて、. 上記移 動機構に支持された上記誘電体を所定の位置まで移動させる 制御手段を備えたこ と を特徴とする請求項 1 記載の電子機器。
1 2 . 上記制御手段は、
上記各無線モジュールの中で通信に使用 される無線モジュ ールを判別する判別手段と、
この判別手段によ って判別された無線モジュールの種類に 基づいて上記移動機構を駆動 し、 上記誘電体を'所定の位置ま で移動させる駆動制御手段と
を備えたこ と を特徴とする請求項 1 1記載の電子機器。
1 3 . 上記各無線モジュール毎に上記ァンテナと上 Β己 体と の間隔に関する情報が設定されたテ一ブル手段を備え、 上記駆動制御手段は、 上記テーブル手段を参照 して上 δし πΑ 体を当該無線モジユ ールに対応 した位置まで移動させる こ と を特徴とする請求項 1 2記載の電子機器 ο
1 4 . 上記各無線モジュールの使用状態に応じて 、 上 Sd移 動機構に支持された上記 2 つの誘電体を所定の 置まで移動 させる制御手段を備えたこ と を特徴とする S青求項 1 0記載の 電子機器。
1 5 . 上記制御手段は、
上記各無線モジュールの中で通信'に使用 されろ ハ、ヽ線モジュ 一ルを判別する判別手段と、
この判別手段によ って判別された無線モジュ一ルの種類に 基づいて上記移動機構を駆動し、 上記 2つの誘電体を所定の 位置まで移動させる駆動制御手段と
を備え.たこ と .を特徴とする請求項 1 4記載の電子 iM' . an
1 6 . 上記各無線モ ジュール毎に上記ァンテナと上記 2つ の誘電体と の間隔に関する情報が設定されたテ一プル手段を 備え、
上記駆動制御手段は、 上記テーブル手段 参照 して上記 2 つの誘電体を当該無線モジュールに対応 した位 1#まで移動さ せる こ と を特徴とする請求項 1 5記載の電子機 。
PCT/JP2003/001537 2003-02-14 2003-02-14 電子機器 WO2004073108A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2003/001537 WO2004073108A1 (ja) 2003-02-14 2003-02-14 電子機器

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CNA038011026A CN1610989A (zh) 2003-02-14 2003-02-14 电子设备
EP03705149A EP1638163A1 (en) 2003-02-14 2003-02-14 Electronic device
JP2004568188A JPWO2004073108A1 (ja) 2003-02-14 2003-02-14 電子機器
PCT/JP2003/001537 WO2004073108A1 (ja) 2003-02-14 2003-02-14 電子機器
US10/608,522 US20040162033A1 (en) 2003-02-14 2003-06-27 Electronic apparatus having an antenna with variable dielectric to optimize radio communications at different frequencies
US10/776,801 US6967623B2 (en) 2003-02-14 2004-02-10 Electronic apparatus having an antenna with variable dielectric to optimize radio communications at different frequencies

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2004073108A1 true WO2004073108A1 (ja) 2004-08-26

Family

ID=32866118

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2003/001537 WO2004073108A1 (ja) 2003-02-14 2003-02-14 電子機器

Country Status (5)

Country Link
US (2) US20040162033A1 (ja)
EP (1) EP1638163A1 (ja)
JP (1) JPWO2004073108A1 (ja)
CN (1) CN1610989A (ja)
WO (1) WO2004073108A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004097976A2 (en) * 2003-04-28 2004-11-11 Itt Manufacturing Enterprises, Inc Tuneable antenna

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004073108A1 (ja) * 2003-02-14 2004-08-26 Kabushiki Kaisha Toshiba 電子機器
JP4235149B2 (ja) * 2004-07-02 2009-03-11 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation ノートブック型コンピュータ
CN101218708B (zh) * 2005-07-04 2015-07-22 艾利森电话股份有限公司 具有集成天线的电子装置
US20070076362A1 (en) * 2005-09-30 2007-04-05 Isaac Lagnado Computer device having multi-function handle
TWI322528B (en) * 2005-10-17 2010-03-21 Hon Hai Prec Ind Co Ltd Antenna frequency modulating device
CN1960057B (zh) * 2005-10-31 2011-06-15 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 天线频率调节装置
US7242355B2 (en) * 2005-11-23 2007-07-10 Sony Ericsson Mobile Communications Ab Frequency band switching of an antenna arrangement
JP4977438B2 (ja) * 2006-10-25 2012-07-18 Necエンジニアリング株式会社 通信装置及びそれを用いた携帯通信端末
JP4829085B2 (ja) * 2006-11-30 2011-11-30 株式会社東芝 電子機器
US8237519B2 (en) * 2007-11-16 2012-08-07 Rayspan Corporation Filter design methods and filters based on metamaterial structures
EP2279566A4 (en) * 2008-05-06 2015-01-21 Hollinworth Fund L L C Single cable antenna module for laptop computer and mobile devices
US8442467B1 (en) * 2009-02-18 2013-05-14 Sprint Communications Company L.P. Wireless communication device with a multi-band antenna

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04330806A (en) * 1991-05-02 1992-11-18 Fujitsu Ltd Antenna module
JPH053409A (ja) * 1991-06-25 1993-01-08 Matsushita Electric Works Ltd アンテナ装置
JPH0969717A (ja) * 1995-09-01 1997-03-11 Murata Mfg Co Ltd チップアンテナ
JPH09162632A (ja) * 1995-12-04 1997-06-20 Fujitsu Ltd マイクロストリップアンテナ
JPH11136023A (ja) * 1997-10-27 1999-05-21 Nec Corp マイクロストリップアンテナ
JP2001345626A (ja) * 2000-06-02 2001-12-14 Mitsumi Electric Co Ltd ヘリカルアンテナ及びその共振周波数調整方法
JP2002232319A (ja) * 2001-02-01 2002-08-16 Fujitsu Ltd 情報処理装置および通信監視制御プログラム
JP2003037416A (ja) * 2001-07-26 2003-02-07 Toshiba Corp 電子機器及び電子機器のアンテナ実装方法

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0265504A (en) * 1988-08-31 1990-03-06 Yamatake Honeywell Co Ltd Microstrip antenna
JP3030360B2 (ja) * 1995-12-01 2000-04-10 日本電気株式会社 携帯無線機用平板アンテナ
JP2000134031A (ja) * 1998-10-28 2000-05-12 Murata Mfg Co Ltd アンテナ装置、およびそれを用いたアンテナ、送受信装置
DE19959983C2 (de) * 1999-12-13 2002-05-02 Siemens Ag Funk-Sende-/Funk-Empfangseinrichtung mit abstimmbarer Antenne
JP3980859B2 (ja) 2000-10-13 2007-09-26 松下電器産業株式会社 アンテナ
US6437747B1 (en) * 2001-04-09 2002-08-20 Centurion Wireless Technologies, Inc. Tunable PIFA antenna
US6856286B2 (en) * 2001-11-02 2005-02-15 Skycross, Inc. Dual band spiral-shaped antenna
WO2004073108A1 (ja) * 2003-02-14 2004-08-26 Kabushiki Kaisha Toshiba 電子機器

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04330806A (en) * 1991-05-02 1992-11-18 Fujitsu Ltd Antenna module
JPH053409A (ja) * 1991-06-25 1993-01-08 Matsushita Electric Works Ltd アンテナ装置
JPH0969717A (ja) * 1995-09-01 1997-03-11 Murata Mfg Co Ltd チップアンテナ
JPH09162632A (ja) * 1995-12-04 1997-06-20 Fujitsu Ltd マイクロストリップアンテナ
JPH11136023A (ja) * 1997-10-27 1999-05-21 Nec Corp マイクロストリップアンテナ
JP2001345626A (ja) * 2000-06-02 2001-12-14 Mitsumi Electric Co Ltd ヘリカルアンテナ及びその共振周波数調整方法
JP2002232319A (ja) * 2001-02-01 2002-08-16 Fujitsu Ltd 情報処理装置および通信監視制御プログラム
JP2003037416A (ja) * 2001-07-26 2003-02-07 Toshiba Corp 電子機器及び電子機器のアンテナ実装方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1638163A4 *

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004097976A2 (en) * 2003-04-28 2004-11-11 Itt Manufacturing Enterprises, Inc Tuneable antenna
WO2004097976A3 (en) * 2003-04-28 2005-04-21 Itt Mfg Enterprises Inc Tuneable antenna

Also Published As

Publication number Publication date
CN1610989A (zh) 2005-04-27
EP1638163A1 (en) 2006-03-22
JPWO2004073108A1 (ja) 2006-06-01
US6967623B2 (en) 2005-11-22
EP1638163A4 (en) 2006-03-22
US20040160371A1 (en) 2004-08-19
US20040162033A1 (en) 2004-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101803643B1 (ko) 근거리 및 비근거리 통신들을 위한 안테나들
US9596330B2 (en) Antenna system with receiver diversity and tunable matching circuit
US9190714B2 (en) Antenna device for a portable terminal
JP6227686B2 (ja) 適応可能アンテナシステム
CN106575970B (zh) 具有可调谐天线、可调节天线阻抗匹配电路和天线切换的电子设备
KR101589405B1 (ko) 힌지결합된 인클로저를 구비한 전자 장치의 안테나 구조체
US10476134B2 (en) Wireless device including a multiband antenna system
US10511084B2 (en) Antenna system with antenna swapping and antenna tuning
US10355339B2 (en) Tunable antenna with slot-based parasitic element
US10644380B2 (en) Multiple-body-configuration multimedia and smartphone multifunction wireless devices
EP3087636B1 (en) Electronic device with slot antenna and proximity sensor
US9583838B2 (en) Electronic device with indirectly fed slot antennas
KR101739217B1 (ko) 동조가능 고-대역 기생 요소를 갖는 안테나
US9728858B2 (en) Electronic devices with hybrid antennas
US8872708B2 (en) Antennas for handheld electronic devices
CN104238662B (zh) 在相对的壳体表面上具有天线窗口的电子设备
KR101630555B1 (ko) 동조가능 안테나 시스템
EP2597724B1 (en) Portable communication device
US9236659B2 (en) Electronic device with hybrid inverted-F slot antenna
US9350069B2 (en) Antenna with switchable inductor low-band tuning
EP2780981B1 (en) Methods and apparatus for controlling tunable antenna systems
CA2821190C (en) Antenna tuning for multiband operation
KR101422336B1 (ko) 복수의 안테나 모드를 지원하는 동적으로 조절가능한 안테나
CN102394372B (zh) 电子设备和可调谐天线系统
TWI424614B (zh) 邊框間隙天線

Legal Events

Date Code Title Description
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2004568188

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2003705149

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 20038011026

Country of ref document: CN

AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): CN JP

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): DE FR GB

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2003705149

Country of ref document: EP

WWW Wipo information: withdrawn in national office

Ref document number: 2003705149

Country of ref document: EP