WO2004063978A1 - 情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法 - Google Patents

情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法 Download PDF

Info

Publication number
WO2004063978A1
WO2004063978A1 PCT/JP2004/000327 JP2004000327W WO2004063978A1 WO 2004063978 A1 WO2004063978 A1 WO 2004063978A1 JP 2004000327 W JP2004000327 W JP 2004000327W WO 2004063978 A1 WO2004063978 A1 WO 2004063978A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
laminated
layer
information
reflection
transparent
Prior art date
Application number
PCT/JP2004/000327
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Kenichi Sakuma
Masayoshi Wada
Asa Kimura
Original Assignee
Shiseido Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2003/8745 priority Critical
Priority to JP2003008745 priority
Priority to JP2003053986A priority patent/JP4233355B2/ja
Priority to JP2003/53986 priority
Application filed by Shiseido Co., Ltd. filed Critical Shiseido Co., Ltd.
Publication of WO2004063978A1 publication Critical patent/WO2004063978A1/ja

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K19/06009Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code with optically detectable marking
    • G06K19/06046Constructional details
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K19/08Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code using markings of different kinds or more than one marking of the same kind in the same record carrier, e.g. one marking being sensed by optical and the other by magnetic means
    • G06K19/10Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code using markings of different kinds or more than one marking of the same kind in the same record carrier, e.g. one marking being sensed by optical and the other by magnetic means at least one kind of marking being used for authentication, e.g. of credit or identity cards
    • G06K19/16Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code using markings of different kinds or more than one marking of the same kind in the same record carrier, e.g. one marking being sensed by optical and the other by magnetic means at least one kind of marking being used for authentication, e.g. of credit or identity cards the marking being a hologram or diffraction grating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24355Continuous and nonuniform or irregular surface on layer or component [e.g., roofing, etc.]
    • Y10T428/24364Continuous and nonuniform or irregular surface on layer or component [e.g., roofing, etc.] with transparent or protective coating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24355Continuous and nonuniform or irregular surface on layer or component [e.g., roofing, etc.]
    • Y10T428/24372Particulate matter
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24479Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.] including variation in thickness
    • Y10T428/24612Composite web or sheet
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24851Intermediate layer is discontinuous or differential
    • Y10T428/24868Translucent outer layer
    • Y10T428/24876Intermediate layer contains particulate material [e.g., pigment, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/25Web or sheet containing structurally defined element or component and including a second component containing structurally defined particles
    • Y10T428/251Mica
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/28Web or sheet containing structurally defined element or component and having an adhesive outermost layer
    • Y10T428/2852Adhesive compositions
    • Y10T428/2857Adhesive compositions including metal or compound thereof or natural rubber
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/29Coated or structually defined flake, particle, cell, strand, strand portion, rod, filament, macroscopic fiber or mass thereof
    • Y10T428/2982Particulate matter [e.g., sphere, flake, etc.]

Abstract

本発明の目的は、製品の意匠性を損なうことなく、また特別な読取装置も必要としない、読み取り精度の高い情報を刻印した積層材料を提供することにある。低反射部18と、該低反射部18に対し相対的に高い反射率をもつ高反射部16を表面上に備え、該高反射部16の分布パターンにより情報コードを記録した積層材料10であって、該積層材料10は、透明材料層12を備え、該透明材料層12の表面に前記情報コードを記録し、該情報コード記録面の反対側に、前記透明材料層12側ヘ向かう反射光を低減する反射低減層14を設けたことを特徴とする情報を刻印した積層材料。

Description

明 細 書 情報を刻印した積層材料、 それを貼付した物品、 及び情報コードの観察方法 本出願は、 2003年 1月 16日付け出願の日本国特許出願第 2003-8745 号及ぴ 2003年 2月 28日付け出願の日本国特許出願第 2003— 53986号 の優先権を主張しており、 ここに折り込まれるものである。
[技術分野]
本発明は表面に情報コードが刻印された積層材料及ぴ情報コードの観察方法、特に 透明材料層に情報コードを形成した場合の情報読み取り性能の改良に関する。
[背景技術]
現在、種々の製品の生産管理や流通管理を行うため、 その製品の外装や部品などに バーコ一ドゃ二次元コードなどの情報コードを印字することが行われている。
例えば、 市場に提供される商品に情報コードを印字し、 各店舗の端末と本店のホス トコンピュータを結んで、 売上管理、 在庫管理等を自動的に行う POSシステム(販 売時点情報管理システム)等が有名である。 また、 二次元コードでは、 バーコードに 比べて情報量が多く、 商品の製造場所、 製造年月日、 製品番号等多くの情報を記録す ることができる。 このように情報コードを利用することは、 生産管理、 流通管理等を 徹底するため重要である。
これらの情報コードを金属面ゃシート等に書き込む方法として、一般にレーザーマ 一キング法とインキマーキング法が用いられる。 インキマーキング法は、 基材と明度 差があるインクを表面に固定しコードを書き込む。 また、 レーザーマーキング法(Y AGレーザー、 C O 2レーザー等)ではフィルムゃ金属面の表面にレーザーを照射し、 表面上に凹形状を形成することによりコードの書き込みを行う。
このようにして書き込まれた情報コードを読み取る方法としては、 コード部分と基 材との明度差(コントラスト)を読み取る方法が一般的であり、 CCDレンズを用いた 種々のコード自動認識が開発されている。 つまり、 インキマ^"キング法で書き込まれ たコードは、 インクで印字されたコードと基材との明度差によって読み取られる。一 方、 レーザーマーキング法では、 凹凸コードの HQ部と凸部(凹形状に加工されていな い部分)の反射光量の差からコードが読み取られる(例えば日本国特許第 2 7 1 9 2 8 7号を参照)。
上述したように製品の流通管理、模造品の排除等を徹底するため、製品に直接情報 コードを印字したり、情報コードを印字したシールを製品に直接貼付することが必要 である。 し力 し、 インキマーキング法は基材とインクとの明度差を力せぐことが必要 (白と黒の組み合わせが最も読み取りやすい)であり、使用できる基材色とインクの色 の制限が大きかった。 このため、 情報コードを印字、 貼付した製品の意匠性を著しく 低下させていた。
このような意匠性の悪化を防ぐため、上記のレーザーマーキング法により透明フィ ルムに凹凸コードを印字し、その透明フィルムを製品に貼付することでその製品の意 匠性を低下させることなく情報コードを記載するといつたことが行われていた。
し力 しながら、 上記のレーザーマーキング法で印字した凹凸コードでは、透明フィ ルム上の凹部と平坦部の明度差(コントラスト)が十分に得られず、通常 C C Dレンズ を用いたコードの自動認識において読み取りが不可能であったり、読み取りエラーが 起きたりしていた。
この問題を解決するため、 例えば上記の日本国特許第 2 7 1 9 2 8 7号では、 凹凸 コードの形成面に所定角度で光を当て、エッジ部から得られる反射光を受光して認識 する方法が提案されている。 ただし、 この方法では光の照射角度ゃ受光部の位置等が 制限され読み取り条件を詳細に設定しなくてはならないこと、装置構成が複雑になり 機械が高価になること、 等の欠点がある。 また、 レーザーによるマーキング条件も詳 細に制御する必要があるという欠点もある。
[発明の開示]
本発明は、 上記課題に鑑みなされたものであり、 その目的は、 製品の意匠性を損な うことなく、 また特別な読取装置も必要としない、 読み取り精度の高い情報を刻印し た積層材料、 及びその情報コードの読み取り方法を提供することにある。
上記目的を達成するために、 本発明の情報を刻印した積層材料は、 低反射部と、 該 低反射部に対し相対的に高 、反射率をもつ高反射部を備え、該高反射部の分布パタ一 ンにより情報コードを記録した積層材料であって、該積層材料は、透明材料層を備え、 3 該透明材料層に前記情報コードを記録し、該情報コードの読み取りを行う面の反対側 に、前記透明材料層側へ向かう反射光を低減する反射低減層を設けたことを特徴とす る。
上記の積層材料において、 前記積層材料は、 前記透明材料層の情報コードを読み取 る面の反対側に、入射光を利用して映像を再生するホログラム層を備えることが好適 である。
上記の積層材料において、 前記積層材料は、 前記透明材料層の情報コードの読み取 りを行う面の反対側に、入射光を入射光進入方向へ帰還させる再帰反射材を用いた再 帰反射層を備えることが好適である。
上記の積層材料において、前記高反射部は前記透明材料層表面に設けられた凹部で あり、 前記低反射部は前記透明材料層表面の平坦な部分であることが好適である。 上記の情報を刻印した積層材料において、前記反射低減層にパール顔料を用いたこ とが好適である。
上記の情報を刻印した積層材料において、前記積層材料の裏面側を物品に貼付し、 該貼付された面からの反射光を前記反射低減層により低減し、前記高反射部と前記低 反射部からの反射光量の差を大きくすることが好適である。
上記の情報を刻印した積層材料において、 前記積層材料の裏面に、物品に貼付する ための粘着層を積層することが好適である。
本発明の情報コードの観察方法は、上記の情報を刻印した積層材料に光を照射し、 該積層材料からの反射光を光検出手段によつて検出する工程と、該検出信号によって 該積層材料表面の高反射部と低反射部からの反射光量の差から記録された情報コー ドを読み取る工程と、 を含むことを特徴とする。
本発明の積層材料を貼付した物品は、上記の積層材料を貼付することが好適である。
[図面の簡単な説明]
図 1は本実施形態に係る情報を刻印した積層材料の概略構成図である。
図 2は透過光による情報コードの読み取りの説明図である。
図 3は反射光による情報コードの読み取りの説明図である。
図 4は裏面に粘着層を設けた本実施形態に係る積層材料の概略構成図である。
図 5は本発明の積層材料の一実施形態の概略構成図である。 図 6は本発明の積層材料の一実施形態の概略構成図である。
図 7はィンキマーキング法により情報コードを印刷した実施形態の概略構成図で ある。
図 8は二次元コードのマーキング形状の説明図である。
[発明を実施するための最良の形態]
以下に図面を参照して本発明の情報を刻印した積層材料の好適な実施形態の説明 を行う。 始めに基本的な実施形態の説明を行う。 図 1は本実施形態の積層材料の断面 図である。 この積層材料 1 0は、 光透過性の高い透明材料層 1 2と反射低減層 1 4と が積層されて形成される。 情報コードは、透明材料層の表面に形成された略半球状に 窪んだ凹部 1 6 (高反射部)と、平坦部 1 8 (低反射部)との分布パターンとして刻印さ れる。 この凹部 1 6の半径は通常約 1 0 0 z m、 深さ約 5 Ο μ ιη程度である。 レーザ 一等で加工した回部と、未加工部分である平坦部とでは表面の形状が異なるため反射 光量に差が生じる。 なお、 本発明でいう低反射部とは高い光透過性をもつ部分を指し ている。 また、 高反射部とは低反射部と比べ相対的に表面反射率が高いという意味で あり、 必ずしも大きな反射率を意味しない。 つまり、 高反射部と低反射部とに僅かで も反射率の差があればよい。 つまり今の場合、 透明材料層表面に情報コードが設けら れているため、 凹部 1 6以外の平坦部 1 8では光はほとんど透過してしまう。 しかし、 凹部では表面での拡散反射のため、その他の平坦な部分に比べわずかに反射率が高い。 そこで、積層材料 1 0に光を照射したときの凹部 1 6と平坦部 1 8の表面での反射 光量の差により刻印された情報コードが読み取ることができる。 ここでは、透明材料 層の材料として 1 0 0 μ πιの厚さの P E Tフィルム、反射低減層の材料としてパール 顔料、 を使用した。 このような構成により、 凹凸コードの読み取り精度が向上した。 また、 透明材料層の材料としては、 P E T (ポリエチレンテレフタレート)の他に P E (ポリエチレン)、 P P (ポリプロピレン)、 P S (ポリスチレン)、 PMMA (ポリメチ ルメタタリレート)、 ガラス等を用いることができるが、 これらに限定されるもので はない。 また、 情報コードとしては、 バーコ一ドゃ二次元コード等を用いればよく、 またこれらに限定されない。
以下に、 従来技術と比較して読み取り精度が向上した理由を考察する。
まず、透明材料層に印字した凹凸コードを透過光によって観察する場合を比較のた めに説明する。図 2は透明材料層 1 2表面に凹部 1 6と平坦部 1 8をもつ情報コード を記録した従来の記録材料である。凹部 1 6が形成された面側から光源 2 0により光 を照射し、透明材料層 1 2を透過した光を C C Dカメラ 2 2等の光検出手段により観 察する。 透明材料層 1 2は光透過性の高い材質で形成されているので、 入射した光は 平坦部 1 8において光はその大部分が透過し鏡面反射される光はほとんどない。一方、 凹部 1 6に入射した光は、 凹部 1 6で拡散反射をする。 つまり、 凹部 1 6においては、 その形状による入射角の増大、 またはレーザー加工による表面状態の変化、 等により 光の反射する量が増加する。 その結果、 凹部 1 6を透過する光量は、 平坦部 1 8を透 過する光量よりも相対的に小さい。 このため、 C C Dカメラ 2 2において、 凹部と平 ±且部とにコントラストが生じた画像を観察することができる。
上記のように透過光により情報コードを読み取る場合には、情報コードを刻印した 材料として透明な材料を用いることに問題は生じない。 しかしながら、 この材料を製 品などに貼付したときのように透過光を観察できな 、場合、反射光により情報コード を読み取ることになる。 図 3 ( a )は、 凹凸コードを刻印した透明フィルム(透明材料 層 1 2 )を製品などに貼付した場合におけるコード観察時の説明図である。 図 2と対 応する部分には同じ符号を用いている。 読み取りは通常行うように行う。 まず光源 2 0から光を照射し、その反射光を C C Dカメラ 2 2等の光検出手段によって検出する ことで情報コードを読み取る。 下地 2 4は、透明材料層を貼付した製品等の表面を示 している。
上で説明した通り、透明材料層 1 2は光透過性の高い材質で形成されているので、 入射した光は平坦部 1 8において光はその大部分が透過し鏡面反射される光はほと んどなく、 凹部 1 6に入射した光は、 凹部 1 6で拡散反射をする。 このように、 平坦 部 1 8と凹部 1 6との反射光量の差によって表面に印字された凹凸コードを認識す ることができるはずである。 しかしながら、 図 3 ( a )に示されたものでは、 下地 2 4 からの反射光が透明材料層 1 2を透過し、 C C Dカメラ 2 2 (光検出手段)の方向へと 戻るため、 凹部 1 6と平坦部 1 8との光量の差を読み取ることが難しい。 このため、 下地 2 4が金属等のような鏡面反射率の大きい材質である場合、情報を刻印する材料 として透明フィルムなどは用いることができない。
実際に下地として色紙を用い、 色紙の色を様々に変え、 読み取り検査を行った。 そ の結果を下記の表 1として示す。
(表 1 )
下地 (色紙) 読み取り精度
白 X
Δ
X X
X
赤 X
表 1の〇、 △、 Xはそれぞれ、 〇:ほとんどエラーなし、 △ : ときどきエラーが起 こる、 X:ほとんど読み取れない、 ことを表している。 このように透明フィルムを直 接下地に貼付したものでは、最も反射が少ない黒色の下地でさえ満足な読み取り精度 が得られなかった。
そこで、本発明では凹凸コードが印字された透明材料層 1 2の下に反射低減層 1 4 を設け、下地 2 4からの反射光を低減することにより上記のような問題点を克服した。 図 3 ( b )がその説明図である。本発明の情報コードの読み取り方法は通常行われてい るものと同じである。 まず、 光源 2 0によって積層材料に光を照射する。 照射した光 は積層材料にて反射され、その反射光を光検出手段(C C Dカメラ 2 2 )によって受光 する。 受光した画像は、高反射部(凹部 1 6 )と低反射部 (平坦部 1 8 )とでコントラス トが生じたものとなる。その画像データをコンピュータなどの演算手段(図示せず)に よって処理を行い、 その画像データから情報コードを読み取る。
反射低減層 1 4に入射した光は該反射低減層 1 4内のパール顔料(酸化チタン被覆 雲母) によって散乱及び吸収を受け、 その結果透過していく光の量は低減される。 ま た、 反射低減層 1 4表面からの正反射光そのものも低減される。 そのため本実施形態 の積層材料 1 0を光の反射率が高い材質の下地 2 4に貼り付けたとしても、積層材料 の裏面で正反射されて戻ってくる光量は少ない。 そのため、 凹部 1 6と平坦部 1 8と には C C Dカメラ 2 2 (光検出手段)で読み取ることが可能な光量の差が生じる。以上 のような理由から情報コードの読み取りが容易になっているものと考えられる。実際、 後述する読み取り試験においても良好な結果が得られた。 このように、本実施形態によれば、 凹部と平坦部とに高いコントラストが生じるた め C C D、 レンズ等をもちいた通常の読み取り装置で精度の高い読み取りを行うこと ができる。 また、 光源と読み取り装置との位置関係を束縛されることもない。
また、太陽光や蛍光灯などの一般的な照明光のもとでは、 入射光の方向性が不定で あるため、 多方向から照明光が表面に入射し、 凹部の拡散光と平坦部の正反射光との 見分けはっきにくい。 このため、 通常の照明のもとでは、 透明材料層表面の情報コー ドが目立たず、 積層材料の透明性、 セキュリティー性の効果も向上する。
図 4は、 情報を刻印した積層材料に粘着層を設けた実施形態を示す。 図 1と対応す るものには同一の符号を用いた。 図 4の積層材料には、 裏面 (情報コードが刻印され ていない側の面)に粘着層 3 6を設けている。 この粘着層 3 6によって、 積層材料が 物品に貼付される。 また、 特別に粘着層を設けることなく、 積層材料を接着剤などを 用いて直接物品に貼付してももちろんよい。
本実施形態の積層材料を貼付する物品としては、例えばコンピュータソフトウェア、 音楽ソフトウェア、 カメラ、 化粧品、 バッグ等がある。 このように、 情報を刻印した 積層材料を物品に貼付することによって、 その物品の偽造防止、 商品情報管理などの 役に立つ。
一般に製品の製造管理、 流通管理は、 例えばパーコード、 二次元コード等を用いて 製品の製造日、製造工場、 製造ルート、 ロット番号、 個別製品番号等を記録したラベ ル等を製品に貼付することで行われている。
具体的には、 従来技術の欄で述べたような P O Sシステムのように、 在庫管理、 商 品売上管理等を自動的に行うものがある。
また、製品の流通管理としては次のようなものがある。 個々の商品にコードを貼付、 または複数の製品を箱詰めして梱包する際、製品を複数梱包した箱にその中の個々の 製品の情報を記録したコードを貼付し、その商品の出荷先と製品コードを対応させて 出荷元のホストコンピュータ等に記憶しておく。 このとき情報コードとしてその商品 の出荷先や出荷個数などの情報を記録してもよい。その商品の販売時または入荷時に 製品コードを読み取り、販売店のコンピュータに記憶する。 このデータを出荷元のホ ストコンピュータへと送り、 出荷元で記憶させたデータと照合させることで、適正に 出荷されたかどうかをチェックすることができ、 流通管理が徹底化される。 その他に、 製品の製造管理において、 各工程毎に処理情報、 検査情報をコードとし て書き込み、 それらの情報を基に製造管理を行うといったことが行われている。 また 展示会などで、 招待者の会社名、 住所などのデータを二次元コード化し、 入場時にそ のコードを読み取ることで自動的に来場者リストの作成を行うといったことも行わ れている。
本発明の情報を刻印した積層材料は、その積層材料に刻印された情報コードを十分 に正確に読み取ることができるため、 上記のような一般に行われている製品管理、 流 通管理等に対しても十分使用可能である。
次に他の実施形態例として、ホログラムフィルムゃ再帰反射層と組み合わせたもの を説明する。 図 5にそれらの断面図を示す。
図 5 ( a )の積層材料は、 透明材料層 3 1 2と、 ホログラム層 3 2 0と、 反射低減層. 3 1 4とを積層したものである。 図 5 ( b )の積層材料は、 透明材料層 3 1 2と、 再帰 反射層 3 2 2と、 反射低減層 3 1 4が積層されて構成されている。 また、 図 5 ( c )の 積層材料は、 透明材料層 3 1 2と、 ホログラム層 3 2 0と、 再帰反射層 3 1 4と、 反 射低減層 3 1 4が積層して構成されている。
いずれの構成も透明材料層 3 1 2の表面に刻印された凹部 (高反射部)と平坦部 (低 反射部)の組み合わせにより情報が記録されている。 また、 図 1で示したものと同様 な理由から、反射低減層 3 1 4により反射光が低減され透明材料層表面の凹凸コード が読み取り易くなる。
ここで、 ホログラム層 3 2 0は、 ポログラム像を再生するための干渉縞が記憶され ている。 ホログラム層 3 2 0としては、 半透明ないし透明ホログラムシートを使用す る。 再帰反射層 3 2 2は、入射光を入射光進行方向へ帰還させる再帰反射材を備える。 この再帰反射材は粒子径が 3 0〜 8 0 ^ mの透明微小球 3 2 4を樹脂層 3 2 8に多 数整列配置して作成される。 略球状の透明微小球により、光の入射方向に略同一な方 向へと反射される反射光が生じることになる。 また、 反射低減層 3 1 4としては、 鱗 状雲母とその雲母上に被覆された二酸ィヒチタン層とで構成されたパール顔料(酸化チ タン被覆雲母) を使用している。 本実施形態では、 反射低減層 3 1 4が再帰反射材に おける反射層の役割も兼ねている。 また、 反射低減層としてパール顔料を使用するこ とにより、 直線光 (方向が一定にそろった光を指す)が入射した場合、再帰反射光にお いて、 光の干渉による干渉色が観察できる。 つまり、 本実施形態ではパール顔料を反 射低減層として用いているので、再帰反射層と積層して設けることで再帰反射光に干 渉色を生じさせるための干渉物質層としての働きも同時に持たせることが可能とな る。 上記のホログラム層及び再帰反射層の詳細は、 例えば、 日本国公開特許公報の特 開 2000— 81831号公報、特開 2000— 272300号公報に記載されてい る。
また、 図 4の積層材料と同様に物品に貼付するための粘着層を裏面 (情報コードを 印字していない側の面)に設けてもよい。
上で述べたものは、 再帰反射層の下に反射低減層を設けた積層材料であった力 再 帰反射層の上に反射低減層を設けてもよい。 図 6がその例である。 図 6 (a)の積層材 料は、透明材料層 1 12とホログラム層 120と反射低減層 1 14とがこの順序で積 層されて構成されている。 図 6 (b)は、透明材料層 1 12と反射低減層 1 14と再帰 反射層 122とがこの順序で積層された積層材料である。 また、 図 6 ( c )の積層材料 は、透明材料層 1 12とホログラム層 120と反射低減層 1 14と再帰反射層 122 とがこの順序で積層された構成となっている。 図 5と同様に、透明材料層 1 12の表 面に刻印された凹部(高反射部)と平坦部(低反射部)の組み合わせにより情報が記録 されている。 また同様に、 ホログラム層 120は、 ホログラム像を再生するための干 渉縞が記憶されている。 再帰反射層 122は、入射光を入射光進行方向へ帰還させる 再帰反射材を備え、再帰反射材は粒子径が 30〜 80 μ mの透明微小球 124を樹脂 層 128に多数整列配置して作成される。 また、 なお再帰反射層 122の下に積層さ れた干渉物質層 134は鱗状雲母と、その雲母上に被覆された二酸化チタン層とで構 成されており、 再帰反射光に対して光の干渉による干渉色を生じさせる働きを持つ。 本実施形態の積層材料は、 ホログラム層や再帰反射層との組み合わせにより、 偽造 防止効果の向上が達成できる。 さらにホログラムの光拡散(キラキラ感)により肉眼で は情報コードが目立たず、 意匠性が高い。 また、 情報コードを透明材料の表面に形成 された凹凸として記録しているため、 ホログラム映像を損なうことがない。
また以上の積層材料はコンピュータソフトウェア、音楽ソフトウェア、 高級ブラン ド製品(カメラ、 化粧品、 衣料、 バック等)等の偽造されやすい商品の本体や製品タグ に貼付することでより良い効果を発揮できる。 このように本発明の積層材料を貼付し た物品は、ホログラム層や再帰反射層との組み合わせによる偽造防止効果の向上によ つて、 偽造品との見分けがより容易となる。 また、 同時に積層材料に刻印した情報コ 一ドによる商品情報管理も行うことができる。
次に透明材料層への情報コードの印字をインキマーキング法により行 た実施形 態を説明する。図 7に情報コードをィンキマーキング法で印字した積層材料を示す。 図 7 ( a )が、透明材料層 2 1 2とホログラム層 2 2 0と反射低減層(パール顔料層) 2 1 4とを積層した積層材料である。 図 7 ( b )は、 透明材料層 2 1 2と反射低減層 2 1 4と再帰反射層 2 2 2とを積層した積層材料であり、 また、 図 7 ( c )は透明材料層 2 1 2とホログラム層 2 2 0と反射低減層 2 1 4と再帰反射層 2 2 2とを積層した積 層材料である。 また、 再帰反射層 2 2 2の下に設けられているのは干渉物質層 2 3 4 であり、 干渉色を生じさせる働きを持つ。 なお、 図 5のように、 反射低減層を再帰反 射層の下に設けた構成でもよい。 これら図 7 ( a )、 (b )、 (c )の積層材料は、 図 6の ものとは異なり、 情報コード 2 4 0が、 インキによって透明材料層の表面に印刷され ている。 この実施形態では、 インキによって印字された情報コード 2 4 0が高反射部 となり、 その他の印字されていない部分が低反射部となる。
図 7の実施形態例では、 情報コード 2 4 0がィンキで印刷されているため、 ホログ ラム層によるホログラム映像を視覚的に損なう場合がある。 そのため、 例えば情報コ 一ドを印刷するィンキが可視光域では透明で赤外域の光は反射するようなものを用 レ、、 さらに情報コードの読み出しを赤外線を用いて行えば、 ホログラム映像を視覚的 に損なうことを防ぐことができる。 また、 インキの色を目立たなくして製品の意匠性 を損なわないようにもできる。 し力 しながら、 インキの種類などがある程度制限され てしまうことは事実である。 また、耐摩擦性ゃ耐候性が凹凸コードに比べやや低いと いう問題はある。
ただし、 図 1、 図 3、 図 5、 図 6で示したように情報コードを透明材料層にレーザ 一マーキング法で凹凸コードとして刻印すれば、ホログラム像を損なうことなく情報 コードを刻印した積層材料が得られる。 また、 耐摩擦性ゃ耐候性にも優れている。 ここで、 本実施形態で用いた二次元コードの簡単な説明を行う。 二次元コードはデ ータを 2進数ィヒして、 情報を 2次元面に記録するものである。 例えば白と黒で色分け、 または凹凸によってパターンを書き込む。図 8がその一部分を拡大したものである。 つまり、 図 8 (a)に示したように、 セル 410のパターンにより情報を記録する。 こ のセル 410が凹部にあたる。通常セルは図 8 (a)のように正方形として表されるこ とが多い。 しかし、 セルの形状は正方形に限られることはなく、 ドットパターンが読 み取ることができればよい。例えば、レーザーによって DA部を書き込む場合、図 8 (b) に示したドットマ一キングや図 8 (c)で示したラインマーキングなどの方法がある。 ドットマーキングでは、一つのセルを描画する際、 レーザーを移動させずにマーキン グを行う。 そのため、 一つ一つのセル 410は略円状の点で描画されることになる。 凹部の大きさは、 マーキングの条件を設定することにより調節できる。
図 8 (c)のようなラインマーキングでは、一つのセルを複数の線によって描画する。 ここでは、 一つのセル 410を 2本の線によって描画する例を示した。 また、 一般に ラインマーキングの方が読み取り精度は良い。
以上二次元コードのレーザーマーキングの方法を説明したが、本発明ではどの方法 に対しても良好な読み取り結果が得られる。 また、 使用する情報コードとしては二次 元コードに限定されるものではない。
本発明の積層材料に対して凹凸コードの読み取り試験を次のように行った。
透明材料層には PETフィルムを使用し、その表面にレーザーマーキング法により 凹部 (高反射部)を形成し、 凹凸コードを印字した。 凹凸コードは、 二次元コードを用 い、 コードの読み取り試験を行った。
まず、積層材料の製造は次のようにして行った。 透明材料層の材料として 100 μ mの厚みの PETフィルムを用いた。また反射低減層の材料として 1 gのパール顔料 と 15 gの-トロセルロースラッカー No. 4341 (武蔵塗料 (株))とを混ぜ合わせ、 デイスパーで攪拌、分散させたものを 100 zmP ETフィルム上にドクタープレー ドを用いて 101; umのマージンでドローダウンし乾燥させたものを使用した。
コードの書き込みはレーザーマーキング法によって行った。上記の透明材料層の表 面に C〇2レーザーマーカー(LS S— S 050 VAH (株)堀内電機製作所製)によ つてレーザーを照射し、 半径約 100 urn, 深さ約 50 μηιの凹部を形成し、 凹凸コ ードを印字した。 凹凸コードは、 データマトリックス方式 (英数字 30文字を 4. 0 mm角で書きこみ)の二次元コードを用いた。
上述したドットマ一キングで凹部を形成する場合、 凹部を半径約 100 m、深さ 約 50 のものとするには、上記の C02レーザーマーカー(L S S-S 05 OVA H (株)堀内電機製作所製)での設定は次のようにとった。 レンズは焦点距離 5イン チのものを用い、 レーザー出力(12Wを 100%としたときの出力比率)を 1 2% ( 10〜 14 %の範囲)とし、 照射時間を 1. Omsとする。
また、図 8 (c)のような一つのセル 410を 2本の線によって描画するラインマー キングによって凹部を形成する場合、 セルの辺の長さを 200 m、深さ 50 mと したとき、上記 CO 2レーザーマーカー(L S S-S 050 VAH (株)堀内電機製作 所製)の設定は次のようになる。 レンズは焦点距離 3インチを用い、 レーザー出力(1 2 Wを 100 %としたときの出力比率)を 10 % ( 8〜 14 %の範囲)とし、線幅 (セル を描画するときにレーザビームが水平方向に移動する量)を 10 Ο μπιとする。
また、 この読み取り試験では、 コードの読み取り装置として THI R—3000 L Ρ ((株)東研製) を用いた。
試験は、反射低減層として用いるパール顔料を変えた本発明の積層材料 (実施例 1、 2、 3)と、比較のための凹凸コードを印字した透明フィルムのみを用いたもの(比較 例 1)に対して行った。 また、 マーキング方法としては上記のドットマーキングを用 レ、た。
く実施例 1 >
透明材料層として PETフィルム、反射低減層のパール顔料として、 P r e V a i .1 SBY-75 ((株)資生堂製)を使用したものを用いた。
〈実施例 2>
透明材料層として PETフィルム、反射低減層のパール顔料として、 P r e V a i 1 B 1 u e— BP ((株)資生堂製)を使用したものを用いた。
く実施例 3 >
透明材料層として PETフィルム、反射低減層のパール顔料として、 P r e V a i 1 Gr e e n— GR ((株)資生堂製)を使用したものを用いた
く比較例 1〉
反射低減層のない PETフィルムのみのものを用いた。
以下の表 2は、 それぞれ本発明の積層材料 (実施例 1、 2、 3)、 透明フィルムのみ (比較例 1)、 の場合の読み取り精度に対する試験結果である。 また、 下地として最も 反射率の高い白色の色紙を用いた。 表 2の〇、 厶、 Xはそれぞれ、 〇:ほとんどエラ 一なし、 △ : ときどきエラーが起こる、 X :ほとんど読み取れない、 ことを表してい る。
(表 2 )
下地 (色紙)―読み取り精度
実施例 1 白 Δ
実施例 2 白 〇
実施例 3 白 〇
比較例 1 白 X 表 2から分かるように、 実施例 2、 3についてはほとんど読み取りエラーは起こら なかった。 また、 実施例 1の場合もときどきエラーは起こったが読み取ることはでき た。 また、 比較例 1ではほとんど読み取れないという結果になった。 このように、 本 発明の積層材料を用いることで情報コードを十分な精度で読み取れることが分かる。 また、 実施例 1において読み取りエラーがときどき起こった原因として、外観色の 明度が高く入射光の反射光量が大きいため、反射低減層による光の散乱効果が小さか つたためと考えられる。 し力 しながら、 この試験はかなり厳しい条件の下での読み取 り試験であり、実際の条件では実施例 1の積層材料でも十分な性能を発揮することは 可能である。 実際、 次に述べる下地の色を変更した試験では十分な読み取り精度が得 られた。 表 3が下地の色を変えた場合の試験結果である。 。 表 3の〇、 △、 Xは、 表 2と同じくそれぞれ、 〇:ほとんどエラーなし、 △: ときどきエラーが起こる、 X : ほとんど読み取れない、 ことを表している。
(表 3 )
下地 (色紙) 赤
実施例 1 〇 〇 〇 〇 〇
実施例 2 〇 〇 〇 〇 〇
実施例 3 〇 〇 〇 〇 〇
比較例 1 △ X X X X 表 3から分かるように、比較例 1ではどの色でもほとんど読み取る'ことができず、 最も反射率の低い黒色のときでさえ、 読み取りエラーが起こった。 し力 しながら、 実 施例 1、 2、 3は、 共に正確にコードを読み取ることができた。 以上の試験から本発 明の積層材料では、 従来のものと比べ、 ほとんど下地の色の制限がなく、 正確な読み 取りができることが分かる。
以上の説明から分かるように、本発明の情報を刻印した積層材料によれば、透明材 料層への反射光を低減する反射低減層を設けたことにより高反射層と低反射層との 反射光量の差を多くすることができるので、情報コードを通常の読み取り装置で精度 の高い読み取りを行うことができる。
また本発明の積層材料を貼付した物品は、ホ口グラム層や再帰反射層との組み合わ せにより偽造防止効果の向上が達成できる。 また、積層材料に刻印した情報コードに より商品情報管理も行うことができる。

Claims

請求の範囲
1 . 低反射部と、 該低反射部に対し相対的に高い反射率をもつ高反射部を備え、 該高 反射部の分布パターンにより情報コードを記録した積層材料であって、
該積層材料は透明材料層を備え、該透明材料層に前記情報コードを記録し、 該情報 コードの読み取りを行う面の反対側に、前記透明材料層側へ向かう反射光を低減する 反射低減層を設けたことを特徴とする情報を刻印した積層材料。 、
2 . 請求項 1記載の積層材料において、
前記積層材料は、 前記透明材料層の情報コードの読み取りを行う面の反対側に、 入射光を利用して映像を再生するホログラム層を備えることを特徴とする情報を 刻印した積層材料。
3 . 請求項 1または 2に記載の積層材料において、
前記積層材料は、 前記透明材料層の情報コードの読み取りを行う面の反対側に、 入射光を入射光進入方向へ帰還させる再帰反射材を用いた再帰反射層を備えたこ とを特徴とする情報を刻印した積層材料。
4 . 請求項 1に記載の積層材料において、
前記高反射部は前記透明材料層表面に設けられた凹部であり、前記低反射部は前記 透明材料層表面の平坦な部分であることを特徴とする情報を刻印した積層材料。
5 . 請求項 1に記載の情報を刻印した積層材料において、
前記反射低減層にパール顔料を用いたことを特徴とする情報を刻印した積層材料。
6 . 請求項 1に記載の情報を刻印した積層材料において、
前記積層材料の裏面側を物品に貼付し、該貼付された面からの反射光を前記反射低 減層により低減し、前記高反射部と前記低反射部からの反射光量の差を大きくするこ とを特徴とする情報を刻印した積層材料。
7 . 請求項 1に記載の情報を刻印した積層材料において、
前記積層材料の裏面に、物品に貼付するための粘着層を積層したことを特徴とする 情報を刻印した積層材料。
8 . 請求項 1に記載の情報を刻印した積層材料に光を照射し、.該積層材料からの反射 光を光検出手段によって検出する工程と、該検出信号によって該積層材料表面の高反 射部と低反射部からの反射光量の差から記録された情報コードを読み取る工程と、 を 含むことを特徴とする情報コードの観察方法。
9 . 請求項 1に記載の情報を刻印した積層材料を貼付した物品。
PCT/JP2004/000327 2003-01-16 2004-01-16 情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法 WO2004063978A1 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003/8745 2003-01-16
JP2003008745 2003-01-16
JP2003053986A JP4233355B2 (ja) 2003-01-16 2003-02-28 情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法
JP2003/53986 2003-02-28

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/542,152 US7498071B2 (en) 2003-01-16 2004-01-16 Laminated material with imprinted information, article on which the same is attached, method for reading information code
EP04702847A EP1591947A4 (en) 2003-01-16 2004-01-16 LAMINATED MATERIALS WITH PRINTED INFORMATION, ARTICLES WHICH HAVE BEEN RELATED, METHOD FOR READING INFORMATION CODES
HK06107104.2A HK1087226A1 (en) 2003-01-16 2006-06-21 Laminated material with imprinted information, article on which the same is attached, method for reading information code

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2004063978A1 true WO2004063978A1 (ja) 2004-07-29

Family

ID=32716415

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2004/000327 WO2004063978A1 (ja) 2003-01-16 2004-01-16 情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7498071B2 (ja)
EP (1) EP1591947A4 (ja)
JP (1) JP4233355B2 (ja)
KR (1) KR100990523B1 (ja)
HK (1) HK1087226A1 (ja)
WO (1) WO2004063978A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8268435B2 (en) * 2005-09-26 2012-09-18 Avery Dennison Corporation Retroreflective sheeting
CN104318855A (zh) * 2014-10-22 2015-01-28 山东泰宝防伪技术产品有限公司 激光镭射膜上加工二维码的方法

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006285540A (ja) * 2005-03-31 2006-10-19 Kyodo Printing Co Ltd 流通情報管理システム
JP2006285545A (ja) * 2005-03-31 2006-10-19 Kyodo Printing Co Ltd 流通情報管理システム
US7387393B2 (en) 2005-12-19 2008-06-17 Palo Alto Research Center Incorporated Methods for producing low-visibility retroreflective visual tags
JP4468902B2 (ja) 2006-01-17 2010-05-26 株式会社資生堂 情報を記録した積層材料、それを貼付した物品、および情報読み取り方法
US10229441B2 (en) * 2006-02-27 2019-03-12 Trace Produce, LLC Methods and systems for accessing information related to an order of a commodity
JP4998016B2 (ja) * 2007-02-28 2012-08-15 鳴海製陶株式会社 調理器用ガラストッププレート
CA2622937A1 (en) * 2007-03-23 2008-09-23 Nec Corporation Marked body and manufacturing method thereof
JP4982715B2 (ja) * 2008-08-21 2012-07-25 学校法人関西学院 情報提供方法及び情報提供システム
US8865293B2 (en) * 2008-12-15 2014-10-21 3M Innovative Properties Company Optically active materials and articles and systems in which they may be used
JP5608994B2 (ja) * 2009-03-18 2014-10-22 ソニー株式会社 外装部材、外装部材の製造方法、及び電子機器筐体
JP5482988B2 (ja) 2009-04-27 2014-05-07 大日本印刷株式会社 偽造防止媒体
US8899485B2 (en) 2011-04-22 2014-12-02 Panasonic Healthcare Co., Ltd. Read label used as information recording medium and method for recording information thereon
JP2015164796A (ja) * 2014-02-04 2015-09-17 デクセリアルズ株式会社 熱放射制御素子、及びその製造方法
DE112016002989T5 (de) * 2015-06-30 2018-03-15 Hitachi Automotive Systems, Ltd. Verwalteter Artikel und Code-Gravurverfahren
US10489697B2 (en) * 2015-06-30 2019-11-26 Hitachi Automotive Systems, Ltd. Article and engraving method

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01220238A (en) * 1988-02-29 1989-09-01 Taiyo Yuden Co Ltd Optical information recording card
JPH06139393A (ja) * 1992-10-30 1994-05-20 Opt Kk 凹凸コード判読装置
JP2000081831A (ja) * 1998-07-03 2000-03-21 Shiseido Co Ltd 再帰反射ホログラム再生体
JP2000272300A (ja) * 1999-03-26 2000-10-03 Shiseido Co Ltd 偽造防止粘着シールおよびその製造方法

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DK257390A (da) * 1990-10-25 1992-04-26 Reflex Promotion Transfer til dekorering af overflader med billeder, der er ekstremt holdbare, og specielt billeder omfattende lysreflekterende og farvede omraader i vilkaarlig kombination, samt fremgangsmaade til fremstilling deraf
US5674605A (en) * 1995-09-15 1997-10-07 Minnesota Mining And Manufacturing Company Retroreflective transfer sheet and applique
TW417023B (en) 1997-09-30 2001-01-01 Shiseido Corp Color light retroreflective material and retroreflective hologram reproduction using such retroreflective material
WO2000079315A1 (en) * 1999-06-17 2000-12-28 3M Innovative Properties Company Retroreflective article having a colored layer containing reflective flakes and a dye covalently bonded to a polymer
US6761959B1 (en) * 1999-07-08 2004-07-13 Flex Products, Inc. Diffractive surfaces with color shifting backgrounds
DE60106311T2 (de) * 2000-03-02 2006-02-09 Merck Patent Gmbh Mehrschichtiger reflektierender Film oder Pigment mit von Blickwinkel abhängigen Reflektionseigenschaften
US7252396B2 (en) * 2004-11-16 2007-08-07 3M Innovative Properties Company Retroreflective article having at least one valve and method of making same

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01220238A (en) * 1988-02-29 1989-09-01 Taiyo Yuden Co Ltd Optical information recording card
JPH06139393A (ja) * 1992-10-30 1994-05-20 Opt Kk 凹凸コード判読装置
JP2000081831A (ja) * 1998-07-03 2000-03-21 Shiseido Co Ltd 再帰反射ホログラム再生体
JP2000272300A (ja) * 1999-03-26 2000-10-03 Shiseido Co Ltd 偽造防止粘着シールおよびその製造方法

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1591947A4 *

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8268435B2 (en) * 2005-09-26 2012-09-18 Avery Dennison Corporation Retroreflective sheeting
CN104318855A (zh) * 2014-10-22 2015-01-28 山东泰宝防伪技术产品有限公司 激光镭射膜上加工二维码的方法

Also Published As

Publication number Publication date
KR100990523B1 (ko) 2010-10-29
EP1591947A1 (en) 2005-11-02
US7498071B2 (en) 2009-03-03
JP2004268258A (ja) 2004-09-30
JP4233355B2 (ja) 2009-03-04
US20060051562A1 (en) 2006-03-09
HK1087226A1 (en) 2006-10-06
EP1591947A4 (en) 2008-08-06
KR20050091768A (ko) 2005-09-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2004063978A1 (ja) 情報を刻印した積層材料、それを貼付した物品、及び情報コードの観察方法
RU2425401C2 (ru) Слоистый материал с записанной на нем информацией, изделие, к которому этот материал прикреплен, способ считывания информации и устройство для считывания информации
US5522623A (en) Coded identification card and other standardized documents
TWI497124B (zh) 顯示體及具顯示體之物品
JP2007500631A (ja) 鏡面反射層を有する保証デバイス
JP2004538586A (ja) オブジェクトの偽造防止マーキングおよびそのマーキングの識別方法
CN100461208C (zh) 刻印了信息的层叠材料、粘贴该材料的物品及信息码的观察方法
JPH06202561A (ja) ホログラム付き透明保護シール
JP3536413B2 (ja) 不可視情報記録シール
WO1995013196A1 (en) Coded indentification card and other standardized documents
JP3711806B2 (ja) 商品の真贋判定方法
JP2006036443A (ja) 流通情報管理システム
KR102242677B1 (ko) 재귀반사 소재를 포함하는 위변조 방지수단
JP3111527B2 (ja) コードマーク表示体
JP3146503B2 (ja) 感熱情報記録媒体
JP2014006474A (ja) 着色シート、着色ラベル及び着色転写シート
JP3281128B2 (ja) 識別可能な書類
JPH06297891A (ja) 光路制御体とその製造方法並びに使用方法、光路制御体を用いた情報記録媒体,転写シート,並びに印刷物とその製造方法、および偽造判別方法
JPH113412A (ja) データ記録媒体およびデータ記録媒体製造用転写体
JP3069614U (ja) 換金用カ―ド
JPH10255332A (ja) 光記録媒体
JP2001039038A (ja) 感熱転写媒体及び情報記録媒体
JP2014006473A (ja) 着色シート、着色ラベル及び着色転写シート
JPH08118854A (ja) 磁気カード
JP2004252415A (ja) 偽造防止粘着シール及びその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NA NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SK SL SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): BW GH GM KE LS MW MZ SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IT LU MC NL PT RO SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1020057012684

Country of ref document: KR

ENP Entry into the national phase in:

Ref document number: 2006051562

Country of ref document: US

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 10542152

Country of ref document: US

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 20048022931

Country of ref document: CN

REEP

Ref document number: 2004702847

Country of ref document: EP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2004702847

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 1020057012684

Country of ref document: KR

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2004702847

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 10542152

Country of ref document: US