WO2004057508A1 - 求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム - Google Patents

求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム Download PDF

Info

Publication number
WO2004057508A1
WO2004057508A1 PCT/JP2002/013368 JP0213368W WO2004057508A1 WO 2004057508 A1 WO2004057508 A1 WO 2004057508A1 JP 0213368 W JP0213368 W JP 0213368W WO 2004057508 A1 WO2004057508 A1 WO 2004057508A1
Authority
WO
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
job
information
seekers
job information
means
Prior art date
Application number
PCT/JP2002/013368
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Yoshimitsu Kagiwada
Original Assignee
Kabushiki Kaisha Keysoft
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/10Office automation, e.g. computer aided management of electronic mail or groupware; Time management, e.g. calendars, reminders, meetings or time accounting

Abstract

求人情報記憶手段12、外部装置との通信手段7、及びこれら各手段の動作を制御する情報の処理手段14を備え、求人情報記憶手段12が、特定期間や特定場所を含む求人情報を求人者ごとに格納する。処理手段14は、求職者側端末から特定期間あるいは特定場所を含む求職情報を通信手段7を介して受信し、この求職情報と求人情報記憶手段12に格納された求人情報とを比較し、求職情報に適合する求人情報を読み出すと共に、この読み出された求人情報を求人者ごとに求職者側端末に送信する。

Description

明 細 書 求人求職仲介及ぴ情報提供システム、 方法、 プログラム

技術分野

本発明は、ィンターネット等の通信ネットワークを利用した求人情報提供シ ステム、 求職情報提供システム、 求人求職仲介システムおよび方法、 並びに、 プログラムに関する。

背景技術

従来、 インターネット等の通信ネットワークを通じて、 求職者は求人に関す る求人情報を取得したり、 求人者は求職に関する求職情報を取得している。 日本国特開平 1 1一 3 3 8 8 7 9号公報では、求職者が求人情報を取得するた めの手法として、 求職者が提示した個人スキルデータ(対象業務や業務領域な どの情報)に従つて求人スキルデータベースを検索し、スキル条件 (対象業務や 業務領域など)が適合する求人案件を選出し、 この選出した求人案件について の詳細情報を求職者に検索結果として提示することが開示されている。

また、 この日本国特開平 1 1一 3 3 8 8 7 9号公報では、求人者が求職情報 を取得するための手法として、 求人者が入力した求人スキルデータ(対象業務 や業務領域などの情報)に従つて求職スキルデータベースを検索し、 所定の適 合条件 (対象業務や業務領域など)を満たす求職者の個人スキルデータを求人 者に提供することが開示されている。

しかしながら、 上記求職者が求人情報を取得する手法では、 スキル条件に適 合する求人案件についての詳細情報を検索結果として求職者に提示するもの の、求職者に提示される求人案件が限られた業務の職 (仕事)に関する情報とな つていた。 また、 求職者は、都合のよい期間や場所を提示することができなか つた。 そのため、 個人や法人等といった、 あらゆる求職者が、 自己のニーズに 合った求人情報を取得できず、希望の仕事 (職)場で働くことができないという 不都合があった。 例えば、 主婦は、 「子供が学校に行っている時間帯だけ仕事 をしたい」という要望にかかわらず、その時間帯だけ働くことができなかった。 また、 企業は、 事務、 経理など、 あらゆる業務に関する仕事を新規に獲得する ことができなかった。 特に、 近年、 ネットワークを活用したビジネス形態が急 速に増えているため、 S O H O (ソーホー) などの小規模事業者等に対し仕事 を提供することの役割は大きい。

さらに、上記求職者が求人情報を取得する手法では、各求職者が求職活動を 有利に展開するための情報を取得することができなかった。

また、上記求人者が求職情報を取得する手法でも、所定の適合条件を満たす 求職者の個人スキルデータを求人者に提供するものの、求人者に提示される個 人スキルデータが限られた業務の求人に関する情報となっていた。 また、求人 者は、 期間や場所を指定することができなかった。 そのため、 個人や法人とい つた、 あらゆる求人者が、 自己のニーズに合った求職情報を取得できず、 希望 の人材を獲得することができないという不都合があった。例えば、飲食業者は、 「昼食時や夕食時といった、忙しい時間帯だけ人材を確保したい」 という要望 にかかわらず、その時間帯だけ人材を確保できなかった。また、引越予定者 (消 費者)は、 自己の引越を手伝ってくれる人材を確保できなかった。

さらに、上記求人者が求職情報を取得する手法では、各求人者が求人活動を 有利に展開するための情報を取得することができなかった。

本発明は、 かかる不都合を改善し、特に求職者が有利に求職活動を展開しつ つ、労働市場を活性化する求人情報提供システム等を提供することを目的とす る。 また、 求人者が有利に求人活動を展開しつつ、雇用契約を促進する求職情 報提供システム等を提供することを目的とする。 さらに、求人情報と求職情報 を効果的にマッチングさせ、求人者、求職者の双方にとって有効な情報を提供 する求人求職仲介システム等を提供することを目的とする。 発明の開示

本発明が提案する求人情報提供システムは、 求人情報記憶手段、 外部装置と の通信手段、及びこれらの各手段の動作を制御する情報の処理手段を備え、求 人情報記憶手段は、特定期間や特定場所における求人の求人情報を求人者ごと に格納する。

そして、 処理手段は、 a ) 求職者側端末から特定期間又は特定場所における 求職の求職情報を通信手段を介して受信すること、 b ) 受信した求職情報と求 人情報記憶手段に格納された求人情報とを比較すること、 c )比較の結果、 受 信した求職情報に適合する求人情報を求人者ごとに求人情報記憶手段から読 み出すこと、 d )当該読み出した求人情報を求人者ごとに求職者側端末に送信 することを実行する、 という構成を採っている。

ここで、 「求人者」 は、 個人であると法人であるとを問わず、 労働者 (人材) を必要とするものを広く含む。 例えば、 法律上の人格のない組合や団体(グル ープ)等も該当する。 「求職者」 は、 個人であると法人であるとを問わず、 労働 力(仕事)の提供を希望するものを広く含む。例えば、.法律上の人格のない組合 や団体(グループ)等も該当する。 「適合する」 は、 求職情報と求人情報とがー 致する場合や、 これに類似する場合を含む。

本発明によると、処理手段によって、特定期間又は特定場所における求職の 求職情報が求職者側端末から通信手段を介して受信され、受信された求職情報 と求人情報記憶手段に格納された求人情報とが比較され、処理手段による比較 の結果、受信した求職情報に適合する求人情報が求人者ごとに求人情報記憶手 段から読み出され、当該読み出された求人情報が求人者ごとに求職者側端末に 送信される。

なお、処理手段は、求職者側端末から求人情報を提供した求人者に対する印 象等のメッセージ情報を通信手段を介して受信し、受信したメッセージ情報を 求人者ごとに求人情報記憶手段に追加していくようにしてもよい。 ここで、 「メッセージ情報」 は、 各求職者が求職活動を有利に展開するため 共有する情報を広く含む。 「メッセージ情報」 としては、 求職者がある求人者 と面接したときの当該求人者の印象等に関するものが挙げられる。 「メッセー ジ情報の求人情報記憶手段への追加」 は、電子掲示板や電子メール等の機能に より実現する。

さらに、処理手段は、予め設定された期間経過したメッセージ情報を求職者 側端末に提供しないようにすることもできる。

ここで、 「提供しない」 とは、 メッセージ情報を求職者に読めないようにす る意であり、 その手段を問わない。 例えば、 パスヮ ドによるアクセス制限、 あるいはメッセージ情報の削除等により実現すればよい。

また、 本発明が提案する求職情報提供システムは、 求職情報記憶手段、 外部 装置との通信手段、及びこれらの各手段の動作を制御する情報の処理手段を備 え、求職情報記憶手段は、特定期間や特定場所における求職の求職情報を求職 者ごとに格納する。

そして、 処理手段は、 a )求人者側端末から特定期間又は特定場所における 求人の求人情報を通信手段を介して受信すること、 b )受信した求人情報と求 職情報記憶手段に格納された求職情報とを比較すること、 c )比較の結果、 受 信した求人情報に適合する求職情報を求職者ごとに求職情報記憶手段から読 み出すこと、 d )当該読み出した求職情報を求職者ごとに求人者側端末に送信 することを実行する、 という構成を採っている。

本発明によると、処理手段によって、特定期間又は特定場所における求人の 求人情報が求人者側端末から通信手段を介して受信され、受信された求人情報 と求職情報記憶手段に格納された求職情報とが比較され、処理手段による比較 の結果、受信された求人情報に適合する求職情報が求職者ごとに求職情報記憶 手段から読み出され、当該読み出された求職情報が求職者ごとに求人者側端末 に送信される。

なお、処理手段は、求人者側端末から求職情報を提供した求職者に対する印 象等のメッセージ情報を通信手段を介して受信し、受信したメッセージ情報を 求職者ごとに求職情報記憶手段に追加していくようにしてもよい。

ここで、 「メッセージ情報」 は、 各求人者が求人活動を有利に展開するため 共有する情報を広く含む。 「メッセージ情報」 としては、 求人者がある求職者 と面接したときの当該求職者の印象等に関するものが挙げられる。

さらに、処理手段は、予め設定された期間経過したメッセージ情報を求人者 側端末に提供しないようにすることもできる。

また、 本発明が提案する求人情報提供プログラムは、 求人情報記憶手段、 外 部装置との通信手段、及びこれらの各手段の動作を制御する情報の処理手段を 備え、求人情報記憶手段が、特定期間や特定場所における求人の求人情報を求 人者ごとに格納することを特徴としている。

そして、 処理手段に、 a )求職者側端末から特定期間又は特定場所における 求職の求職情報を通信手段を介して受信すること、 b )受信した求職情報と求 人情報記憶手段に格納された求人情報とを比較すること、 c )比較の結果、 受 信した求職情報に適合する求人情報を求人者ごとに求人情報記憶手段から読 み出すこと、 d )当該読み出した求人情報を求人者ごとに求職者側端末に送信 することを実行させる、 という構成を採っている。

なお、処理手段に、求職者側端末から求人情報を提供した求人者に対する印 象等のメッセージ情報を通信手段を介して受信させ、受信させたメッセージ情 報を求人者ごとに求人情報記憶手段に追加させていくようにしてもよレ、。 さらに、処理手段に、予め設定された期間経過したメッセージ情報を求職者 側端末に提供しないようにすることもできる。

また、 本発明が提案する求職情報提供プログラムは、 求職情報記憶手段、 外 部装置との通信手段、及びこれらの各手段の動作を制御する情報の処理手段を 備え、求職情報記憶手段が、特定期間や特定場所における求職の求職情報を求 職者ごとに格納する求職情報提供システムを用いる。

そして、 処理手段に、 a )求人者側端末から特定期間又は特定場所における 求人の求人情報を通信手段を介して受信すること、 b )受信した求人情報と求 職情報記憶手段に格納された求職情報とを比較すること、 c )比較の結果、 受 信した求人情報に適合する求職情報を求職者ごとに求職情報記憶手段から読 み出すこと、 d )当該読み出した求職情報を求職者ごとに求人者側端末に送信 することを実行させる、 という構成を採っている。

なお、処理手段に、求人者側端末から求職情報を提供した求職者に対する印 象等のメッセージ情報を通信手段を介して受信させ、受信させたメッセージ情 報を求職者ごとに求職情報記憶手段に追加させていくようにしてもよい。 さらに、処理手段に、予め設定された期間経過したメッセージ情報を求人者 側端末に提供させないようにすることもできる。

また、本発明に係る求人求職仲介システムは、求人情報を格納する求人情報 データベースと、求職情報を格納する求職情報データベースと、求人者から送 られてくる求人情報を受信し前記求人情報データベースに登録する求人情報 '登録手段と、求職者から送られてくる求職情報を受信し前期求職情報データべ —スに登録する求職情報登録手段と、求人者と求職者の職業を比較する職業比 較処理と、就労時期あるいは時間帯に関する期間情報を比較する期間比較処理 と、就労場所を比較する場所比較処理と、賃金を比較する賃金比較処理とを実 行し、求職者と求人者とのマッチングレベルを演算し、 このマッチングレベル をもとに求職者ごとに求人者情報を格納した求人情報出力テーブルと求人者 ごとに求職者情報を格納した求職情報出力テーブルを作成するマッチング処 理実行手段と、前記求人情報出力テーブルを参照して求職者に当該求職者に関 係する求人者情報を送信し、 または、前記求職情報出力テーブルを参照して求 人者に当該求人者に関係する求職者情報を送信するマツチング情報提供手段 と、 を備えたことを特徴としている。

さらに、 この求人求職仲介システムに対して、職業内容ごとに付されたコー ドであって、関連する職業については当該コードのーまたは二以上の特定の桁 以外の部分が同一になるように割り付けられた職業コードを格納する職業コ 一ドテーブルと、技術分野ごとに割り付けられた技術分野識別用のコードであ る技術分野コードを格納する技術分野コードテーブルと、資格ごとに割り付け られた資格識別用のコードである資格コードを格納する資格コードテーブル と、 求職者の過去に経験した職業、 得意な技術分野、 あるいは、 資格をもとに 各職業の適正度合いを演算するための重み係数を格納する重み係数テーブル と、 各地域に対してそれと隣接する地域情報を格納する地域隣接テーブルと、 を備え、前記職業比較処理は、前記職業コードテーブルを参照して求人者と求 職者の各職業コードの特定桁をマスクして比較可能とし、前記場所比較処理は、 前記地域隣接テーブルを参照して、求職者の特定する就労場所に隣接する就労 場所情報を有する求人者情報を抽出可能とし、前記マッチング処理実行手段は、 前記重み係数テーブルを参照して求人者の職業に対する求職者の適性度合い を演算し、 この適正度合いを含む求職情報出力テーブルを作成する。

特に求職者の過去に経験した職業の重み係数は、 時間の関数とし、 この重み 係数とその職業の経験期間をもとに適正度合レ、を演算すると、より求人者に適 した人材の抽出が可能になる。 なお、 重み係数テーブルは、 求人者ごとに設け るようにしても良い。

また、前記マッチング情報提供手段は、就労確定済みの期間と未確定の期間 を識別表示し、 さらに、前記マッチング処理実行手段により抽出された求人者 または求職者に係る特定期間情報を表示するようにしてもよい。

また、本発明が提案する求人求職仲介方法は、求人者から送られてくる求人 情報を登録する段階と、 求職者から送られてくる求職情報を登録する段階と、 前記登録した求人情報およぴ求職情報を参照して求人者と求職者の職業を比 較する職業比較処理と、就労時期あるいは時間帯に関する期間情報を比較する 期間比較処理と、就労場所を比較する場所比較処理と、賃金を比較する賃金比 較処理とを実行し、求職者と求人者とのマッチングレベルを演算し、 このマツ チングレベルをもとに求職者と求人者の対応関係を記憶する段階と、前記記憶 した対応関係に基づき、求職者に当該求職者に関係する求人者情報を提供する 段階と、前記記憶した対応関係に基づき、求人者に当該求人者に関係する求職 者情報を提供する段階と、 を備えたことを特徴とするものである。

ここで、 「マッチングレベル」 とは、 情報の一致度合いを意味するが、 その 度合いの区分数には依らない趣旨である。 したがって、 レベル 1 (一致度合い 「高」) 〜レベル n (—致度合い 「低」) の多段階に区分する場合の他、 単に一 致した力、、 否かの 2区分も含む。

また、本発明が提案する求人求職仲介用プログラムは、求人者から送られて くる求人情報を登録する手順と、求職者から送られてくる求職情報を登録する 手順と、前記登録した求人情報および求職情報を参照して求人者と求職者の職 業を比較する職業比較処理と、就労時期あるいは時間帯に関する期間情報を比 較する期間比較処理と、就労場所を比較する場所比較処理と、賃金を比較する 賃金比較処理とを実行し、求職者と求人者とのマッチングレベルを演算し、 こ のマツチングレベルをもとに求職者と求人者の対応関係を記憶する手順と、前 記記憶した対応関係に基づき、求職者に当該求職者に関係する求人者情報を提 供する手順と、前記記憶した対応関係に基づき、求人者に当該求人者に関係す る求職者情報を提供する手順と、 を備えたことを特徴としている。 図面の簡単な説明

第 1図は、 本発明の第 1の実施形態を示すシステムの全体構成図である。 第 2図は、 第 1図に開示したサーバ装置の構成を示す構成図である。

第 3図は、 求人情報のデータ構造の一例を示す説明図である。

第 4図は、第 2図に開示したサーバ装置の動作を示すフ口一チャートである。 第 5図は、本発明の第 2の実施形態を示すサーバ装置の構成を示す構成図で ある。

第 6図は、 求職情報のデータ構造の一例を示す説明図である。

第 7図は、第 5図に開示したサーバ装置の動作を示すフローチャートである。 第 8図は、 求職者と求人者の関係を示す説明図である。 第 9図は、本発明の第 4の実施形態によるサーバ装置の機能構成図である。 第 1 0図は、第 9図に開示した職業コードテーブルのデータ構造の一例を 示す説明図である。

第 1 1図は、第 9図に開示した技術分野コードテーブルのデータ構造の一 例を示す説明図である。

第 1 2図は、第 9図に開示した資格コードテーブルのデータ構造の一例を 示す説明図である。

第 1 3図は、第 9図に開示した重み係数テーブルのデータ構造の一例を示 す説明図である。 .

第 1 4図は、第 9図に開示した地域隣接テーブルのデータ構造の一例を示 す説明図であり、 第 1 4図 (a ) は、 都道府県の隣接データの一例、 第 1 4 図 (b ) は、 市区郡の隣接データの一例、'第 1 4図 (c ) は、 町村の隣接デ ータの一例である。

第 1 5図は、第 9図に開示した求人情報データベースのデータ構造の一例 を示す説明図である。

第 1 6図は、第 9図に開示した求職情報データベースのデータ構造の一例 を示す説明図である。

第 1 7図は、第 9図に開示したマツチング処理実行手段の処理手順を示す フローチヤ一トである。

第 1 8図は、第 9図に開示したマッチングテーブルのデータ構造の一例を 示す説明図であり、 第 1 8図 (a ) は、 求職者に対する求人情報のマツチン グ状態の一例であり、 第 1 8図 (b ) は、 求人者に対する求職情報のマッチ ング状態の一例である。

第 1 9図は、第 9図に開示した求人情報出力テーブルのデータ構造の一例 を示す説明図である。

第 2 0図は、第 1 7図に開示したマッチング処理実行手段のフローチヤ一 トにおける職業比較処理ルーチンの処理手順を示すフローチャートである。 第 2 1図は、第 1 7図に開示したマッチング処理実行手段のフローチヤ一 トにおける期間比較処理ルーチンの処理手順を示すフローチャートである。 第 2 2図は、第 1 7図に開示したマッチング処理実行手段のフローチヤ一 トにおける場所比較処理ルーチンの処理手順を示すフローチャートである。 第 2 3図は、第 1 7図に開示したマッチング処理実行手段のフローチヤ一 トにおける賃金比較処理ルーチンの処理手順を示すフローチャートである。 第 2 4図は、第 9図に開示した求職情報出力テーブルのデータ構造の一例 を示す説明図である。

第 2 5図は、第 9図に開示したマツチング情報提供手段により求職者側端 末上に表示される求人情報表示画面の一例を示す説明図である。

第 2 6図は、第 9図に開示したマツチング情報提供手段により求職者側端 末上に表示される応募画面の一例を示す説明図である。

第 2 7図は、第 9図に開示したマッチング情報提供手段により求人者側端 末上に表示される求職情報表示画面の一例を示す説明図である。 発明を実施するための最良の形態

以下、 本発明の各実施形態について説明する。

<第 1の実施形態 >

以下、 本発明の第 1の実施形態を第 1図ないし第 4図に基づいて説明する。 第 1図は第 1の実施形態におけるシステムの全体構成図である。

この図において、求職者側端末 2および求人者側端末 3は、 それぞれ公衆回線 4を通じてインターネットサービスプロバイダ(I S P ) 5に接続され、 I S P 5から専用線を介してインターネット 6に接続されている。 また、 サーバ装置 1は通信手段 7を介してインターネット 6に接続されている。

ここで、 求職者側端末 2および求人者側端末 3は、 それぞれ例えば、 バソコ ン、 携帯電話、 双方向テレビ、 情報携帯端末、 または家庭用ゲーム機である。 なお、 個人同士の場合は、 求職者は求人者にもなり、 求人者は求職者にもなり 得る。 そして、 求職者側端末 2および求人者側端末 3は、 それぞれサーバ装置 1が提供する所定のゥヱブベージにアクセスすることにより本システムを利 用できるようになつている。

次に、上記サーバ装置 1の構成内容を具体的に説明する。第 2図はサーバ装 置 1の構成図である。

この第 2図に示すサーバ装置 1は、情報の入力手段 1 1、求人情報記憶手段 1 2、 情報の表示手段 1 3、 外部装置との通信手段 7、 及びこれらの各手段の 動作を制御する情報の処理手段 1 4を備える。

そして、求人情報記憶手段 1 2は、特定期間や特定場所における求人の求人 情報を求人者ごとに格納する。また、 この求人情報記憶手段 1 2は、 求人者に 対する印象等のメッセージ情報を格納する。

ここで、処理手段 1 4は、 サーバ装置 1全体の動作を制御する C P Uやバス を含んでいる。 求人情報記憶手段 1 2は、 例えば、 ハードディスク、 メモリま たはレジスタである。 通信手段 7は、 例えばルータである。 入力手段 1 1は、 例えば、 キーボードやマウスである。 表示手段 1 3は、 例えばコンピュータデ イスプレイである。 ただし、 処理手段 1 4は、 単一の C P Uから構成される場 合に限らず、 分散処理を行う複数のコンピュータを含んでいてもよい。 また、 求人情報記憶手段 1 2も物理的に単一であるか複数であるかを問わない。 次に、 求人情報および求人メッセージ情報の登録について説明する。

このうち、 求人情報の登録は次のように行われる。 まず処理手段 1 4力 求人 者側端末 2から求人情報を通信手段 7を介して受信し、受信した求人情報を求 人情報記憶手段 1 2に登録する。

また、 メッセージ情報の登録は次のように行われる。 まず処理手段 1 4は、 求職者側端末 2から求人情報を提供した求人者に対する印象等のメッセ一ジ 情報を通信手段 7を介して受信し、受信したメッセージ情報を求人者ごとに求 人情報記憶手段 1 2に追加していく。

ここで、 メッセージ情報は、 求職者が求人者と接点をもったとき(面接や仕 事場など)、 求職者が書き込む情報であり、 求職者間のコミュニケーションと して利用される。 メーセージ情報としては、 求人者に対する印象のほか、仕事 場の雰囲気、 求人者の人柄に関するものが挙げられる。 さらに、 メッセージ情 報として、求人者の氏名(名称)や連絡先等を含む求人情報の内容が正当かどう 力 という情報も挙げられる。

ただし、処理手段 1 4は、予め設定された期間が経過したメッセージ情報を 求職者側端末 2に提供しないようにしてもよい。

更に、 具体的に説明する。

第 3図に、 求人情報のデータ構造の一例を示す。 この第 3図に示すように、 求人テーブル D 1は、 「求人者名」、 「求人者の連絡先」、 「特定期間」、 「特定場 所」、 「仕事内容」、 および 「予定待遇」 といった項目を求人者ごとに配列して いる。

そして、実際には第 3図に示すように、 「求人者名」 には、主婦、 ソーホー、 飲食店等が存在している。 「特定期間」 には、 半日等が存在している。 「特定場 所」 には、 主婦宅や引越先等が存在している。 「仕事内容」 には、 留守番や引 越の助手等が存在している。 なお、 「予定待遇」 には、 賃料ゃ契約形態(アルパ ィトゃ派遣など)が含まれる。

これを更に詳述すると、 本実施形態では、 処理手段 1 4は、 求職者側端末 2 から特定期間(又は特定場所)における求職の求職情報を通信手段 7を介して 受信するようになっている。

また、処理手段 1 4は、受信した求職情報と求人情報記憶手段 1 2に格納さ れた求人情報とを比較し、比較の結果、受信した求職情報に適合する求人情報 を求人者ごとに求人情報記憶手段 1 2から読み出すようになつている。

また、処理手段 1 4は、 当該読み出した求人情報を求人者ごとに求職者側端 末 2に送信するようになっている。

その他、インターネット上のサーバ装置 1として必要な公知の構成おょぴそ の機能は、 本実施形態でもそのまま備えたものとなっている。 次に、 本実施形態の動作を第 4図に基づいて説明する。 なお、 ソフトウェア によりサーバ装置 1の下記動作を実現させることもできる。

この第 4図において、まず処理手段 1 4は、求職者側端末 2から特定期間(又 は特定場所)における求職の求職情報を通信手段 7を介して受信する(S 1 0 1 )。

続いて、処理手段 1 4は、受信した求職情報と求人情報記憶手段 1 2に格納 された求人情報とを比較し、比較の結果、受信した求職情報に適合する求人情 報を求人者ごとに求人情報記憶手段 1 2から読み出す(S 1 0 2 )。

そして、処理手段 1 4は、 当該読み出した求人情報を求人者ごとに求職者側 端末 2に送信する( S 1 0 3 )。 ここで、 求職者側端末 2は、 求職情報を送信し た求職者側端末 2と物理的に同一の端末である必要はなく、実質的に求職者の 操作する端末であればよレ、。

なお、求職者側端末 2側では、処理手段 1 4から送信された求人情報を求人 者ごとに表示手段 (ディスプレイなど)に表示する。

一方で、処理手段 1 4は、求職者側端末 2から求人情報を提供した求人者に 対する求人メッセージ情報を通信手段 7を介して受信し、受信したメッセージ 情報を求人者ごとに求人情報記憶手段 1 2に追加していく。

そして、処理手段 1 4は、予め設定された期間が経過したメッセージ情報を 求職者側端末 2に提供しないようにする。

このように、 本システムでは、 求職者側端末 2から受信した、 特定期間(又 は特定場所)における求職の求職情報に適合する求人情報を求職者側端末 2に 送信するようになっているので、求職者は、特定期間 (又は特定場所)の求職情 報を検索キーとする求人情報を検索結果として取得することができる。このた め、求職者は、特定期間 (又は特定場所)における求人情報のすべてをリアルタ ィムに把握することができ、 よって、 求職者が、職 (仕事)を探すための統一情 報源として活用することで、自己のニーズに合う職をその場で探すことが可能 となる。 例えば、主婦が特定期間(半日など)における求職情報を検索キーとする求人 情報を取得することにより、 留守番の仕事を探すことができる。 また、 同様の 手法により、 高齢者も、 留守番の仕事を探すことができる。

したがって、これまで仕事をする場が限られていた主婦等の個人も自己の都 合に合う仕事をすることが可能となる。

また、例えば、ベンチャー企業(ソーホーなど)は特定期間(1月など)におけ る求職情報を検索キーとする求人情報を取得することにより、経理等に関する 仕事を探すことができる。

さらに、 例えば、 事務、 経理等の各職種に強い個人により結成されたグルー プ (団体)が、特定場所又は特定期間における求職情報を検索キーとする求人情 報を取得することにより、そのグループは得意分野の仕事を探すことができる。 これによると、 グループ内部で人員の調整ができるので、例えばある一員の都 合が悪いとき等であっても、他の一員が求人情報の仕事をすることが可能とな る。 したがって、 グループの構成員はいつでも希望にあった仕事を比較的容易 にすることが可能となる。 又、 例えば、 上述した各職種に強い複数のグループ が共同して本システムを活用することにより、複数のグループは、各グループ の得意とする職種 (例えば、 経理、 事務等)を含む、 ある一つの仕事を各職種に それぞれ分担して行うことが可能となる。 したがって、 上述の各グループは、 大規模な仕事や複雑な仕事など、バリエーションに富んだ仕事をすることが可 能となる。

本システムでは、求職者側端末 2から受信した求人者に対する印象等のメッ セージ情報が求人者ごとに求人情報記憶手段 1 2に追加されるようになって いるので、求職者が本システムにアクセスして求人者の印象等を継続的に把握 することができ、 これによつて、 求職者は自己の希望 (職場の雰囲気など)に合 う仕事を探し易くなる。

例えば、 求職者は、 メッセージ情報を通じて、 求人者がどんな雰囲気で、 仕 事場がどんな雰囲気かといつたことを仕事を決める前に予測することができ る。 また、 求職者は、 メッセージ情報を通じて、 仕事内容や予定待遇等に偽り がないかどうかを確認することができる。 したがって、求職者は自己の希望に 合う仕事を探し易くなる。

一方で、予め設定された期間が経過したメッセージ情報は求職者側端末 2に 提供しないようになっているので、求人者に対するメッセージ情報が肯定的で あると否定的であるとを問わず、設定期間経過後は、求職者の間で過去のメッ セージを共有できないこととなる。 よって、 求人者は過去を清算することが可 能となる。 例えば、信用を失った求人者は、 その後、 過去を清算して出直すこ とができる。

<第 2の実施形態 >

以下、 第 2の実施形態を第 5図ないし第 7図に基づいて説明する。

第 5図は、第 2の実施形態におけるサーバ装置 1の構成図である。 この第 5 図に示す第 2の実施形態のサーバ装置 1は、前述した第 1の実施形態における 求人情報記憶手段 1 2に代えて求職情報記憶手段 1 5を備えた点に特徴を有 する。

そして、求職情報記憶手段 1 5は、特定期間や特定場所における求職の求職 情報を求職者ごとに格納する。 又、 この求職情報記憶手段 1 5は、 求職者に対 する印象等のメッセージ情報を格納する。

次に、 求職情報および求職メッセージ情報の登録について説明する。

このうち、 求職情報の登録は次のように行われる。 まず処理手段 1 4が、 求職 者側端末 2から求職情報を通信手段 7を介して受信し、受信した求職情報を求 職情報記憶手段 1 5に登録する。

また、求職メッセージ情報の登録は次のように行われる。 まず処理手段 1 4 は、求人者側端末 3から求職情報を提供した求職者に対する印象等のメッセー ジ情報を通信手段 7を介して受信し、受信したメッセージ情報を求職者ごとに 求職情報記憶手段 1 5に追カ卩していくようになっている。

ここで、 メッセージ情報は、 求人者が求職者と接点をもったとき(面接や仕 事場など)、 求人者が書き込む情報であり、 求人者間のコミュニケーションに 利用される。 メーセージ情報としては、 求職者に対する印象のほ力、 求職者の 勤務態度、 能力や人柄等が挙げられる。 さらに、 メッセージ情報として、 求職 者の氏名(名称)や連絡先等を含む求職情報の内容が正当かどうかという情報 あ挙げられる。

ただし、処理手段 1 4は、予め設定された期間が経過したメッセージ情報を 求人者側端末 3に提供しないようにするようにしてもよい。

更に、 具体的に説明する。

第 6図に、 求職情報のデータ構造の一例を示す。 この第 6図に示すように、 求職テーブル D 2は、 「求職者名」、 「求職者の連絡先」、 「特定期間」、 「特定場 所」、 「得意分野」、 および 「職務経歴」 といった項目を求職者ごとに配列して いる。

そして、 実際には第 6図に示すように、 「求職者名」 には、 主婦や企業等が 存在している。 「特定期間」 には、 半日や 1年が存在している。 「特定場所」 に は、主婦宅周辺が存在している。 「得意分野」には、子育て等が存在している。 「職務経歴」 には、 印刷業務等が存在している。

これを更に詳述すると、 本実施形態では、 サーバ装置 1の処理手段 1 4は、 求人者側端末 3から特定期間(又は特定場所)における求人の求人情報を通信 手段 7を介して受信するようになっている。

また、処理手段 1 4は、受信した求人情報と求職情報記憶手段 1 5に格納さ れた求職情報とを比較し、比較の結果、受信した求人情報に適合する求職情報 を休職者ごとに求職情報記憶手段 1 5から読み出すようになつている。

また、処理手段 1 4は、 当該読み出した求職情報を求職者ごとに求人者側端 未 3に送信するようになっている。

その他の構成および機能は、前述した第 1の実施形態の場合とほぼ同一とな つている。

次に、 サーバ装置 1の動作を第 7囱に基づいて説明する。 なお、 ソフトゥェ ァによりサーバ装置 1の下記動作を実現させることもできる。

この第 7図において、まず処理手段 1 4は、求人者側端末 3から特定期間(又 は特定場所)における求人の求人情報を通信手段 7を介して受信する(S 2 0 D o

続いて、処理手段 1 4は、受信した求人情報と求職情報記憶手段 1 5に格納 された求職情報とを比較し、比較の結果、受信した求人情報に適合する求職情 報を求職者ごとに求職情報記憶手段 1 5から読み出す(S 2 0 2 )。

そして、処理手段 1 4は、 当該読み出した求職情報を求職者ごとに求人者側 端末 3に送信する(S 2 0 3 )。

なお、求人者側端末 3では、処理手段 1 4から送信された求職情報を求職者 ごとに表示手段 (ディスプレイなど)に表示する。

一方、処理手段 1 4は、求人者側端末 3から求職情報を提供した求職者に対 する印象等のメッセージ情報を通信手段 7を介して受信し、受信したメッセー ジ情報を求職者ごとに求職情報記憶手段 1 5に追加していく。

そして、処理手段 1 4は、予め設定された期間が経過したメッセージ情報を 求人者側端末 3に提供しないようにする。

このように、 本システムでは、 求人者側端末 3から受信した、 特定期間(又 は特定場所)における求人の求人情報に適合する求職情報を求人者側端末 3に 送信するようになっているので、求人者は、特定期間(又は特定場所)の求人情 報を検索キーとする求職情報を検索結果として取得することができる。このた め、求人者は、 特定期間(又は特定場所)における求職情報のすべてをリアルタ ィムに把握することができ、 よって、 求人者が、 人材を探すための統一情報源、 として活用することで、自己のニーズに合う人材をその場で探すことが可能と なる。

しかも、 本システムでは、 個人と法人の間、 法人と法人の間、 あるいは、 個 人と個人の間におけるインターネット上での求職情報すベてを対象とするこ とができ、 これによつて、 あらゆる求人者が、 あらゆる分野にわたる人材を探 すことが可能となる。 したがって、雇用契約をより一層促進することが可能と なる。この点において所定の適合条件 (対象業務や業務領域など)を満たす求職 者の個人スキルデータを求人者に提供するという従来技術と比較して、求人者 が自己のニーズに合った人材を獲得する機会が拡大することとなり、求人者の 労力を大幅に軽減することとなる。

例えば、ベンチャー企業(ソーホーなど)は特定期間( 1月など)の求人情報を 検索キーとする求職情報を取得することにより、決算期 (繁忙期)だけ事務のァ ルバイトを探すことができる。 また、 同様の手法により、 小売業者は売出し時 だけ働ける人を探すことができる。 さらに、観光旅館も、 例えばゴールデンゥ ィークの期間(繁忙期)だけ働けるパートを探すことができる。 また、飲食店も 繁忙時間 (昼食時や夕食時など)だけ働けるアルバイトを探すことができる。 このように、 企業等の求人者は、 自己の都合に合った、 期間や契約形態等の 人を探すことにより、年間を通じて常に適正な人員配置とすることができるの で、人出不足等により逃していた繁忙期の客を獲得することが可能となる。 し たがって、 売上を増大させることが可能となる。 .

しかも、 この場合、 求人者は、 求職情報に含まれる職務経歴等を確認するこ とにより、 自己の希望に合った、職歴経験者を探すことができるので有用であ る。

例えば、 印刷業者は、 求職者の職務経歴を確認することにより、 印刷業務の 経験者を探すことができる。

又、例えば、 消費者は特定場所 (引越先)の求人情報を検索キーとする求職情 報を取得することにより、 弓 I越しの助手を探すことができる。 また、 同様の手 法により、 主婦は特定期間(1日など)の子供、ぺットゃ植木等の面倒を見てく れる人 (子育てに慣れた高齢者など)を探すこともできる。 さらに、夫婦は旅行 の期間中子供の面倒を見てくれる人 (夫婦)を探すこともできる。

このため、 消費者等の求人者は、 自己の都合に合った、 場所や期間だけ働け る人を探すことにより、趣味など、 自己の活躍する場を広げることが可能とな る。

また、本システムでは、求人者側端末 3から受信した求職者に対する印象等 のメッセージ情報が求職者ごとに求職情報記憶手段 1 5に追加されるように なっているので、あらゆる求人者が本システムにアクセスして求職者の印象等 を把握することができ、 これによつて、求人者は自己の希望に合う人材を探し 易くなる。

例えば、 求人者は、 メッセージ情報を通じて、 求職者の氏名、 連絡先などに 偽りがないかどうかを把握しておくことができる。 また、 求人者は、 求職者が どんな雰囲気で、 どんな仕事内容に強いのかといつたことを求職者と面接をす る前に予測することができる。 したがって、求人者は自己の希望に合う人材を 探し易くなる。

また、 求人者は、 すべてのメッセージ情報を通じて、 今後の採用基準等を設 定することが可能となる。 よって、 求人者は、 今後の雇用促進のための情報と して活用することが可能となる。

一方で、予め設定された期間が経過したメッセージ情報は求人者側端末 3に 提供しないようになっているので、求職者に対するメッセージ情報が肯定的で あると否定的であるとを問わず、設定期間経過後は、求人者の間で過去のメッ セージを閲覧できないこととなり、 これによつて、求職者は過去を清算するこ とが可能となる。 例えば、 信用を失った求職者は、 その後、 過去を清算して信 用を回復することもできる。

ここで、 上述した求職者と求人者の関係の一例を第 8図に示す。

この図において、求職者 (働き手側)として、女性 E、老人 dが挙げられている。 また、 求人者 (雇用主側)として、 レストラン A、 女 ' Dが挙げられている。 女 性 Eは、 子供が学校に通っている時間帯だけ働きたいという要望がある。 一方、 レストラン Aはランチ ·ディナーの時間帯のみ人材を補強したいとい う要望がある。 この場合、 本システムを活用することにより、 女性 Eは、 レス トラン Aで子供が学校に行っている時間帯、 すなわち、 例えば、 ランチの時間 帯のみそのレストラン Aで働くことができる一方、 レストラン Aも、 ランチの 時間帯の人材、 すなわち女性 Eを補強することができる。 更に、 第 8図におい て、 老人 dは子供が好きで、 かつ一人暮しで時間に余裕がある。 一方、 女性 D は、 2時間程度、 子供の面倒をみてもらいたいという要望がある。 この場合、 本システムを活用することにより、 老人 dは、 2時間程度、 女性 Dの子供の面 倒をみて有意義な時間を過ごすことができる一方、女性 Dも、子供が好きな老 人に 2時間程度、 自分の子供の面倒をみてもらうことができる。 もちろん、 上 述の女性 Dは、 比較的容易な条件を満たすことで、 労働者 Dとして、 すなわち 求職者として、上述したレストラン Aでランチあるいはディナーの時間帯のみ 働くこともできる。 即ち、 求人者であった女性 Dは、 子供の面倒を見てもらう ことにより、 労働者に変身することができるのである。 この例によれば、 託児 所の不足に対処することができ、託児所増設のための資金を別の用途に用いる ことが可能となる。 また、 個人が個人を雇い、 また、 雇われるという循環を起 こすことができるため雇用の促進を図ることができる。

本発明は、 上記第 1の実施形態に限定されない。 第 1の実施形態において、 例えば、 ィンターネットではなく WAN (Wide-Aria-Network)を利用したシス テムとしてもよい。 又、 有線ではなく無線を利用するようにしてもよい。 さら に、求職者側端末 2および求人者側端末 3については、本実施形態では別個独 立した場合を例示したが、 単一の端末装置を、 パスワードの設定等により、 求 職者側端末あるいは求人者側端末として機能させるようにしてもよい。なお求 職者側端末 2および求人者側端末 3については、利用者数に応じて多数存在す るものである。

このようにしても前述した第 1図の場合と同様の作用効果を得ることがで さる。

また、 本発明は、 上記第 2の実施形態に限定されない。 第 2の実施形態にお いて、 例えば、 インターネットではなく WAN (Wide-Aria- Network)を利用し たシステムとしてもよい。又、有線ではなく無線を利用するようにしてもよレ、。 さらに、求職者側端末 2および求人者側端末 3については、本実施形態では 別個独立した場合を例示した力 単一の端末装置を、パスワードの設定等によ り、 求職者側端末あるいは求人者側端末として機能させるようにしてもよい。 なお、求職者側端末 2および求人者側端末 3については、利用者数に応じ 多数存在するものである。

このようにしても前述した第 5図の場合と同様の作用効果を得ることがで ぎる。

また、 第 2の実施形態において、 求職情報のうち、 「求職者名」 や 「求職者 の連絡先」 といった個人情報については、求職者側端末 2から受信した開示を 制限する情報に基づいて求職情報記憶手段 1 5に管理するようにしてもよい。 この場合、処理手段 1 4が開示を制限する情報を求職者側端末 2から通信手 段 7を介して受信し、当該受信した開示を制限する情報に基づいて求職情報の うち、 求職者名等の個人情報を求職情報記憶手段 1 5に管理する。 例えば、 処 理手段 1 4は、 求職者の年齢、 住所、 性別等の各項目を個人情報として管理し てもよレヽ。

このようにすると、前述した第 5図と同様の作用効果を奏するほか、求職者 の年齢や性別等の個人情報の開示を制限できるので、求職者のプライバシーを 保護することが可能となる。

く第 3の実施形態 >

以下、 第 3の実施形態について説明する。

この第 3に示す求人情報提供システムでは、ハードディスク等の求人情報記憶 手段 1 2、ハードディスク等の求職情報記憶手段 1 5、及びこれらの各手段の 動作を制御する C P U等を含む情報の処理手段 1 4を備えている。

求人情報記憶手段 1 2は、 求人の求人情報を求人者ごとに格納すると共に、 求職情報記憶手段 1 5は、複数の求職者識別情報を求職者毎に所属するグルー プ及ぴこのグループが求める特定職種における求職の求職情報に関連付けて 記憶している。 ここで、 求人情報は、 求人情報識別情報と属性とが含まれる。 求人情報識別 情報は、 求人者を個々に識別可能な情報であれば、 その種類を問わない。 例え ば、 識別番号等が該当する。 属性としては、 求人者の連絡先(メールアドレス など)、 仕事内容 (職種など)、 予定待遇等が挙げられる。

また、 求職者識別情報は、 求職者を個々に識別可能な情報であれば、 その種 類を問わない。 例えば、 識別番号等が該当する。 また、 求職情報は、 職種及び 属性が含まれている。 職種は、 例えば経理、 事務、 営業、 開発等である。 属性 としては、 求職者の連絡先(メールアドレスなど)、 住所、 年齢、 職務経歴、 希 望待遇等が挙げられる。 なお、 グループでも登録可能である。 グループは、 同 —職種に強い求職者により結成され グループでもよいし、異種の職種の求職 者の集まりでもよい。またグループの構成人数を問わない。グループとしては、 例えば軽作業を希望する、 仲の良い 2, 3人の主婦の集まり、 特定職種におけ る、 2, 3人の専門家 (例えば税理士等)の集まり等が挙げられる。 また、 異種 の職種としては、例えば経理系求職者や総務系求職者などにより構成されたグ ループがあり、 経理と総務の両方を必要とする求人を対象とするものである。 処理手段 1 4は、求職者側端末 2から求職者識別情報及び求職情報を関連付 けて受信すると、当該受信した求職情報に適合する求人情報を求人者毎に求人 情報記憶手段 1 2から読み出すと共に、前述の受信した求職者識別情報に関連 付けられたグループと同一のグループに所属する求職者の求職者識別情報を 求職者情報記憶手段 1 5から読み出し、前述の読み出した求人情報を当該グル ープ内の複数の求職者識別情報を提供した各求職者側端末 2に送信する。 これによると、 グループ内部で求職者の人員調整をすることができるので、 求職者は自己の都合に合った仕事を比較的容易にすることができる。 例えば、 ある求職者の都合が悪いとき等であっても、同一グループ内の他の求職者が求 人情報の仕事をすることが可能となる。 また、 各求職者の行動は、所属するグ ループ自体の信用に影響 (信用維持、信用蓄積、信用喪失等)を与えることにな るので、 同一グループに所属する求職者の間では、 お互いに協力して勤務態度 等、 グループ自体としての改善を同時に進めていくこととなる。

本実施形態によると、処理手段 1 4は、求職者側端末 2から求人情報を提供 した求人者に対する信用等に関するメッセージ情報を受信し、このメッセージ 情報を求人者ごとに求人情報記憶手段 1 2に追加していく。メーセージ情報と しては、求人者に対する信用に関するもの、例えば、求人情報の内容 (例えば、 仕事内容、 予定待遇など)が正当か否かのほか、 仕事場の雰囲気、 求人者の人 柄に関するものが挙げられる。メッセージ情報の記憶手段への追加は、例えば、 電子掲示板、 電子メール等の機能により実現する。 これによると、 グループに 所属する求職者は求人者 (企業など)に信用があるかどうかを審査することが できる。

また、処理手段 1 4は、求人者側端末 3から求職情報を提供した求職者のグ ループに対する信用等に関するメッセージ情報を受信し、このメッセージ情報 を求職者識別情報に関連付けられたグループ毎に求人情報記憶手段 1 2に追 加していく。 メーセージ情報としては、 例えば、 グループが特定職種に強いか 否か等の内容ほか、 グループに属する求職者の勤務態度、 能力、 人柄等に関す るものが挙げられる。 これによると、求人者は求職者の所属するグループに信 用があるかどうかを審查することができる。

なお、処理手段 1 4は、予め設定された期間経過した前述の求人情報記憶手 段 1 2又は求職情報記憶手段 1 5に管理されたメッセージ情報を求職者側端 末 2又は求人者側端末 3に提供しないようにしてもよい。その他の構成は前述 した第 1図の場合と同一である。

<変形例 >

求職情報記憶手段 1 5は、複数の求職者識別情報を求職者毎に所属するダル ープ及びこのグループが求める特定職種における求職の求職情報に関連付け て記憶すると共に、複数のグループを予め組合せた組合せパターンを記憶する。 組合せパターンは、 同じ職種間、異なる職種間のグループの組合せパターン が挙げられる。 例えば、 経理専門のグループ間の組合せ、 経理と事務専門のグ ループ間の組合せ等である。

処理手段 1 4は、求職者側端末 2から求職者識別情報及び求職情報を関連付 けて受信すると、当該受信した求職者識別情報に関連付けられたグループを求 職者情報記憶手段 1 5から特定すると共に、求職者情報記憶手段 1 5から組合 せパターンを読み出し、 当該読み出した組合せパターンに基づいて、他のダル ープを特定し、特定した複数のグループに関連付けられた複数の求職情報を求 職者情報記憶手段 1 5から読み出し、当該読み出した複数の求職情報に適合す る求人情報を求人者毎に求人情報記憶手段から読み出し、この求人情報を前述 の複数のグループに所属する複数の求職者識別情報を提供した各求職者側端 末 2に送信する。

これによると、 複数のグループは、 各グループの得意とする職種 (例えば、 経理、 事務等)を含む、 ある一つの仕事を各職種にそれぞれ分担して行うこと が可能となる。 したがって、 上述の各グループは、 大規模な仕事や複雑な仕事 など、 バリエーションに富んだ仕事をすることが可能となる。

処理手段 1 4は、 開示を制限する情報を求職者側端末 2から受信し、 当該受 信した開示を制限する情報に基づいて制限された求職情報を求職情報記憶手 段 1 5に管理する。

これによると、 求職者のプライバシーを保護することが可能となる。

ぐ第 4の実施形態 >

次に、 第 4の実施形態を説明する。 第 9図は、 第 4の実施形態におけるサー パ装置 1の機能構成図である。 このサーバ装置 1は、求職者から提供される求 職情報と求人者から提供される求人情報をマッチング (照合) して、 求職者あ るいは求人者に適切な情報を提供する求人求職仲介システムとしての機能を 有する。

ここで、 サーバ装置 1は、 キーボードなど情報の入力を行う入力手段 1 1、 ディスプレイなど情報の表示を行う表示手段 1 3、データの処理演算を行う処 理手段 1 4、 および、 データを記憶する記憶手段 1 6を備えている。 さらに、 処理手段 1 4は、通信手段 7との間でデータの受け渡しを行う送受信処理手段 4 1、入力手段あるいは表示手段との間でデータの受け渡しを行う入出力手段 4 2、通信手段を介して求人者より送られてくる求人情報を記憶手段に記憶す る求人情報登録手段 4 3、同様に求職者から送られてくる求職情報を記憶部に 登録する求職情報登録手段 4 4、求人情報と求職情報とを参照して求人者と求 職者とをマッチングさせるマッチング処理実行手段 4 5、求人者あるいは求職 者にそのマッチング結果を提供するマツチング情報提供手段 4 6を有してい る。

また、記憶手段 1 6には、求人情報を格納する求人情報データベース (D B ) 5 0、 求職情報を格納する求職情報データベース (D B ) 5 1、 各職業に対し て付されたコード (職業コード) を格納する職業コードテーブル 5 2、 各技術 分野に対して付されたコード(技術分野コード) を格納する技術分野コードテ 一ブル 5 3、 各資格に対して付されたコード (資格コード) を格納する資格コ ードテーブル 5 4、 求職者の経験職、 得意な技術分野、 あるいは、 資格をもと に各職業の適正度合いを計算するための重み係数を格納する重み係数テープ ル 5 5、各地域に対してそれと隣接する地域情報を格納する地域隣接テーブル 5 6、マッチング処理実行手段の結果である求人者と求職者のマッチングレべ ルを格納するマッチングテーブル 5 7、求職者 I Dごとにマッチングレベルに 応じて求人者 I Dを関連付けて保存する求人情報出力テーブル 5 8、求人者 I Dごとに適正度合情報と共に求職者 I Dを関連付けて格納した求職情報出力 テーブル 5 9が保存されている。

次に、 サーバ 1の動作を説明する。 まず、 入力手段 1 3を介して、 職業コー ドテーブル 5 2、 技術分野コードテープル 5 3、 資格コードテーブル 5 4、 重 み係数テーブル 5 5、 地域隣接テーブル 5 6の各情報が入力され、 その入力さ れた情報は、 入出力手段 4 2により記憶手段 1 6に保存される。 ここで、 第 1 0図は、職業コードテーブル 5 2の一例である。職業内容に対して職業コード が付されている。 なお、 職業コードは、 職業キャリアとして関連する職業内容 については、 ある桁 (例えば、 2桁目) 以上が同一のコードとなるようにコー ド (番号) 付けされている。 第 1 0図では、 W e b関連は、 C 3 1 5 n ( n : 0〜9 ) となるようにコード付けされている。 第 1 1図は、 技術分野コードテ 一ブル 5 3の一例である。技術分野の内容に対して、 ユニークなコードが付さ れている。 第 1 2図は、 資格コードテーブル 5 4の一例である。 資格内容に対 して、 ユニークなコードが付されている。 第 1 3図は、 重み係数テーブル 5 5 の一例である。 職業コードごとに、 職業コード同士、 あるいは、 各技術分野コ ード、 各資格コードとの関係に対して重み係数が保存される。 第 1 4図は、 地 域隣接テーブル 5 6の一例である。 第 1 4図 (a ) は、 都道府県ごとに、 それ に隣接する都道府県情報が記憶されている。第 1 4図(b )は、市区郡ごとに、 それに隣接する市区郡情報が記憶されている。 この場合、 隣接しておれば異な る都道府県の市区郡も含まれる。 例えば、 第 1 4図 (b ) において、 江戸川区 に隣接する市区郡として、 千葉県の浦安巿ゃ巿川市が登録されている。 第 1 4 図 (c ) は、 町村ごとに、 それに隣接する町村情報が記憶されている。 巿区郡 と同様、 隣接しておれば、 その上位の地域区分を超えて該当する地域情報が記 憶されている。

求人者側端末 3より送られてくる求人者情報は、通信手段 7、送受信処理手 段 4 1により受信され、求人情報登録手段 4 3により、求人者 I Dが発行され、 記憶部 1 6の求人情報 D B 5 0に第 1 5図に例示する求人情報が保存される。 第 1 5図において、求人情報としては、求人者を特定するための情報として、 名称または氏名、 住所、 電話番号等が保存されている。 なお、 必要により、 求 人者 I Dに対応してパスワード等も保存されるものとする。 また、求人分野と しては、 職業コード、 職業に関するコメント、 募集人員等が保存されている。 特定期間としては、 採用時期 (期間) 情報、 週や就業時間帯などの情報、 およ び、募集する上での期間に関するコメントが保存されている。特定場所として は、 都道府県、 市区郡、 および、 町 ·村の情報が保存されている。 また、 在宅 就労を認める場合は、 在宅フラグがセットされる。 なお、 特定場所の地域情報 については、 住所情報を用いて自動的に保存 (フィルイン) するようにしても よレ、。 賃金としては、 賃金計算のしかたに応じて、 月給、 日給、 時給のいずれ カが入力され保存されている。 また、 その他の情報として、 募集全般に対する コメント等が保存されている。

一方、 求職者側端末 2より送られてくる求職者情報は、 通信手段 7、 送受信 処理手段 4 1により受信され、 求職情報登録手段 4 4により、求職者 I Dが発 行され、記憶部 1 6の求職情報 D B 5 1に第 1 6図に例示する求職情報が保存 される。

第 1 6図において、求職者情報としては、求職者を特定するための情報とし て、 氏名、 住所、 電話番号等が保存されている。 また、 必要により、 求職者 I Dに対応してパスワード等も保存されるものとする。 また、仕事の内容として は、 職業コード、 職業に関するコメント等が保存されている。 得意分野として は、 技術分野コード、 得意分野についてのコメント等が保存されている。 資格 については、資格コートとその取得年月日等が保存されている。職務経歴とし ては、 職業コード、 その期間、 コメント等が保存されている。 特定期間につい ては、 就労を希望する時期 (期間)、 週の曜日、 時間帯、 コメント等が保存さ れている。 特定場所としては、 通勤範囲として、 都道府県、 市区郡、 および、 町村の情報が保存されている。これら地域区分ごとにすべて入力する必要はな く、 たとえば、 ある都道府県下ならば、 どこでも通勤可能というのであれば、 都道府県のみ入力し、 市区郡や町村について入力しない。 また、 在宅勤務を希 望する場合は、 自宅フラグをセットする。 賃金としては、 月給、 日給、 あるい は、 時給の希望賃金が入力され保存されている。 なお、 得意分野、 資格、 職務 経歴などは、 必要により複数の情報が入力できるようにしてもよい。 また、 特 定期間については、 曜日ごとに時間帯を記憶するようにしてもよレ、。

求人情報登録手段 4 3または求職情報登録手段 4 4の登録完了により、マツ チング処理実行手段 4 5が起動される。 なお、 この起動は、 求人者側端末 3、 求職者端末 2から行うようにしてもよく、 あるいは、パッチ処理として入力手 段 1 1あるいは定期的に行うようにすることも可能である。

次に、 第 1 7図を用いて、 マッチング処理実行手段 4 5の動作を説明する。 第 1 7図は、ある求職者に対して求人者をマッチングさせるときの処理手順を 示すフローチャートである。 マッチング処理実行手段 4 5は、 起動されると、 まず、求職情報 D B 5 1にアクセスして対象となる求職者の求職情報を抽出す る (S 3 0 1 )。 次に.、 求人情報 D B 5 0にアクセスして最初の求人情報を抽 出する (S 3 0 2 )。 そして、 職業比較処理を行い (S 3 0 3 )、 その結果、 マ ツチングテーブル 5 7の職業欄にマッチングレベルがセットされていなけれ ば (S 3 0 4 )、 次の求人情報に対する処理を行い (S 3 1 2、 3 1 3 )、 マツ チンダレベルがセットされておれば、 期間比較処理を実行する (S 3 0 5 )。 以下、各処理に対応してマッチングレベルがセットされていることを条件とし て、場所比較処理(S 3 0 7 )、賃金比較処理(S 3 0 9 ) が順次実行される。 第 1 8図は、マッチングレベルを記憶するマッチングテーブル 5 7の一例で ある。 第 1 8図 (a ) において、 たとえば、 求人者 I Dが B 0 0 0 1の欄にお いて、職業と賃金は、マッチングレベル 1がセットされており、期間と場所は、 マッチングレベル 2がセットされてレヽる。 そして、職業から賃金の間で一つで もマッチングレベル 2がある場合は、結果欄には 2が書き込まれ、職業から賃 金のマッチングレベルが全て 1の場合は、 結果欄に 1が書き込まれる。 なお、 求人 I Dが B 0 0 0 2の欄において、職業はマッチングレベル 2が記憶されて いるが期間は空欄である。 この場合は、 その求人者 I Dに対する以降の処理は 中断され、 次の求人者 I Dの処理に移行する。 なお、 途中が空欄の場合は、 結 果欄も空欄になっているが、 特定の値 (たとえば 0 ) を書き込むようにしても よい。 .

そして、 全求人情報について、 マッチング処理が実行されると、 このマッチ ングテーブル 5 7を参照して、求人情報出力テーブル 5 8に、 その求職者に関 係付けてマッチングレベル 1または 2の求人者情報を書き込む。第 1 9図に求 人情報出力テーブル 5 8の一例を示す。 ここで、求職者 I Dが A 0 0 0 1の欄 において、 第 18図 (a) に示すその求職者のマッチングテーブルに基づき、 求人者 B 0054がマッチングレベル 1の欄に書き込まれ、求人者 B 0001 がマッチングレベル 2の欄に書き込まれている。

以下、 各比較処理について詳述する。 最初に第 20図を用いて、職業比較処 理を説明する。 この図において、 まず、 求職情報の仕事の内容の職業コードと 求人情報の求人分野の職業コードを抽出し (S 401)、 この職業コードが一 致しているかどうかを判定する (S 402)。 一致している場合は、 マツチン グテーブルの職業欄に 1をセットする (S 403)。 一方、 職業コードが一致 していない場合は、両職業コードの下位桁をマスクして比較する(S 404)。 そして、 両コードが一致すれば (S 405)、 マッチングテーブルの職業欄に 2をセットする (S 406)。

第 16図と第 15図のデータを用いて、下位桁のマスクについて説明すると. 第 16図の仕事の内容の職業コードは、 「C 31 52」 であり、 この最下位桁 力、 例えば 0でマスクされることにより、 「C 31 50」 となる。 一方、 第 1 5図の求人分野の職業コードは、 「C 3150」 であり、 同様に最下位桁を 0 でマスクすることにより、 「C 3150」 となる。 したがって、 両コードは、

「C3150」 で一致することになる。 なお、 このマスクは、 最下位桁に限ら ず、 コード体系により、 任意の桁をマスクするようにすれば良い。 この場合、 そのマスクする桁は、 互いに関係のある職業になるようにする。

次に、第 21図を用いて、期間比較処理を説明する。この図において、まず、 求職情報の特定期間の情報、すなわち、期間、週、時間帯情報を抽出し、また、 求人情報の特定期間の情報を抽出する (S 501)。 そして、 両特定期間が一 致しているかどうかを判定する (S 502)。 一致している場合は、 マツチン グテーブルの期間欄に 1をセットする (S 503)。 一致していない場合は、 両特定期間の重複割合を計算する (S 504)。 たとえば、 求職情報の特定期 間のうち、 その求人情報の特定期間と重複している部分を求め、求職情報の特 定期間で除した値 (即ち、重複部分を求職情報の特定期間で割った値) が所定 値以上ならば (S 505)、 マッチングテーブル 57の職業欄に 2をセットす る (S 506)。 所定値以下ならば、 そのまま終了する。

次に、第 22図を用いて、場所比較処理を説明する。この図において、まず、 求職情報の自宅フラグがセットされているかどうかを判定し (S 601)、 セ ットされている場合は、求人情報の在宅フラグがセットされているかどうかを 判定する (S 602)。 在宅フラグもセットされておれば、 マッチングテープ ルの場所欄に 1をセットする (S 609)。 ステップ S 601において、 自宅 フラグがセットされていなければ、求職情報および求人情報から都道府県情報 を抽出する (S 603)。 両者が一致している場合は (S 604)、 さらに巿区 郡情報を抽出して(S 605)、一致しているかどうかを判定する(S 606)。 このとき、 一方または両方の市区郡情報が空欄のときは一致として処理する。 同様に町村情報についても一致しているかどうかを判定し (S 607、 S 60 8)、一致している場合は、マッチングテーブルの場所欄に 1をセットする(S 609)。 一方、 ステップ S 604において、 都道府県情報が一致していない 場合は、 求職情報の市区郡が空欄かどうかを判定し (S 610)、 空欄でない 場合は終了し、 空欄の場合は、 さらに、 地域隣接テーブルを参照して、 求職情 報の都道府県の隣接都道府県を抽出して、それと求人情報の都道府県とを比較 する (S 61 1)。 そして、 両者が一致している場合は (S 6 12)、 マツチン グテーブル 57の場所欄に 2をセットする ( S 6 18 )。 , また、 ステップ S 606において、 巿区郡情報が一致していない場合は、 求 職情報の町村が空欄かどうかを判定し(S 613)、空欄でない場合は終了し、 空欄の場合は、 さらに、 地域隣接テーブルを参照して、 求職情報の市区郡に隣 接する市区郡を抽出して、それと求人情報の市区郡とを比較する(S 614)。 そして、 両者が一致している場合は、マッチングテーブル 57の場所欄に 2を セットする (S 618)。

また、 ステップ S 608において、 町ネオ情報が一致していない場合は、 地域 隣接テーブルを参照して、求職情報の町村の隣接町村を抽出して、 それと求人 情報の町村とを比較する (S 616)。 そして、 両者が一致している場合は、 マッチングテーブル 57の場所欄に 2をセットする (S 618)。

なお、地域隣接テーブル 56により無条件で隣接地域を検索するのではなく、 求職者に、就労を希望しない地域を入力させ、 その地域は排除するようにして もよい。

次に、第 23図を用いて、賃金比較処理を説明する。この図において、まず、 求職情報の賃金と求人情報の賃金を抽出する (S 701)。 そして、 両賃金情 報を時給など、 共通の基準賃金に変換する (S 702)。 そして、 求人情報の 賃金が求職情報の賃金以上かどうかを判定し (S 703)、 YESの場合は、 マッチングテーブル 57の賃金欄に 1をセットする (S 704)。 NOの場合 は、 求人情報の賃金は、 求職情報の賃金の所定の割合 (たとえば 8割) 以上か どうかを判定し (S 705)、 所定の割合以上の場合は、 賃金欄に 2をセット し (S 706)、 所定の割合より低い場合は、 そのまま終了する。

以上の各比較処理の結果、第 18図の示すようなマッチングテーブル 57が 作成され、 これを全求職者について実行し、 マッチングする求職者と求人者を のみを抽出することにより第 1 9図に示す求人情報出力テーブル 58が作成 される。

求人者に対する求職情報を作成する場合は、基本的に上述の求人者と求職者 の関係を逆に置き換えて実行すれば良い。 このとき、 第 18図 (b) に示すよ うにマッチングした者に対して適性度合い、すなわち、求職者がその求人者の 職業にどれだけ適しているかという度合いを計算することができる。

その適正度合いを Fとすると、

F=D + E + CX職務経歴の期間 · · · (1) ここで、 Dは、 得意分野と仕事の内容の関係度合い、 Eは、 資格と仕事の内 容との関係度合い、 Cは、職務経歴で経験した職業と仕事の内容との関係度合 いである。 この関係度合いを第 13図に重み係数として示した。第 13図の係 数記号の欄に記載されている記号が (1) 式の係数に対応する。 たとえば、 第 1 5図に示す求人者 ( I D : B 0 0 0 1 ) の求人分野に対して、 第 1 6図に示す求職者 (I D : A O 0 0 1 ) の適正度合いは、 第 1 3図より、 D = 1 . 5、 E = 4、 C = lであるから、

F = 1 . 5 + 4 + 1 X 4 . 5 (年) = 1 0

となる。

なお、 係数 D、 E、 Cの値を求人者ごとに任意に設定可能にすれば、 より求 人者の要求に適した人材の確保が可能となる。 さらに、職務経験は、 一定年数 を超えるとその職務経験の効果が顕著に現れ、 さらに期間が経過すると、逆に 年数による効果の上昇率が小さくなるため、少なくとも係数 Cについては時間 の関数にするとよい。

なお、 求人者に対する求職情報を作成する方法として、第 1 9図の求人情報 出力テーブルを求人者ごとにソ一トしてもよい。 これにより、第 2 4図に示す ような求職情報出力テーブル 5 9を作成することができる。 なお、第 2 4図で は、求人者と求職者の組合せに対して、マッチングレベルを記憶する代わりに、 上述の適正度合いを記憶することとした。

次に、 マッチング情報提供手段 4 6の動作を説明する。 マッチング情報提供 手段 4 6は、求職者側端末より求人情報の要求を受信すると、求人情報出力テ 一ブル 5 8を参照して、要求の合った求職者の I Dに対応する求人者 I Dを抽 出して求職者側端末 2へ表示する。このときの求人情報表示画面の例を第 2 5 図に示す。 この図において、 その求職者にマッチングした求人者名がマツチン グレベルによりソートされて表示されている。 なお、賃金その他の条件により ソートできるようにしてもよレ、。求人者名をクリックすると、 その求人者の求 人情報の詳細画面に移ることができる。

また、 充足度状況として、 その求職者において、既に求人者との間で契約が 締結されたものについては、 その期間が色替え等により識別表示されている。 たとえば、締結済みの期間が青色、未締結の期間が赤色となっている。そして、 画面に表示されている求人者の特定期間情報が同一画面で表示されている。こ れにより、 求職者は、 仕事の決まっていない時期、 および、 マッチングレベル を確認して、 求人者と契約をすることができる。 なお、 契約締結の有無は、 求 職情報出力テーブル 5 9に契約フラグを設けることにより判定可能である。 第 2 6図は、求職者側端末 2に表示される応募画面の一例である。 この図に おいて、 求職者名は、 求職情報にリンクされている。 求職者は、 求職者の履歴 情報と共にその求人者へ応募する。 なお、履歴情報には、 求職情報 D B 5 1に 保存されている情報をもとに既にフィルインされている。求職情報 D B 5 1に 無い情報や、 変更の必要な情報については、 この画面から入力する。

求人者は、電子メール等によりこの応募情報を受信すると、 この求職者名を タリックすることにより、その求職者の適正度合い等を確認することができる。 そして、 受付けの入力をすることにより、 契約確定となり、 求職情報出力テー ブル 5 9の契約フラグがセットされる。

一方、求人者側端末 3より求職情報の要求を受信すると、 マッチング情報提 供手段 4 6は、求人情報出力テーブル 5 8を参照して、要求の合った求人者の I Dに対応する求職者 I Dを抽出して求人者側端末 3へ表示する。このときの 求職情報表示画面の例を第 2 7図に示す。 この図において、 その求人者にマツ チングした求職者名が適正度合いによりソートされて表示されている。求職者 名をクリックすると、 その求職者の求職情報の詳細画面に移ることができる。 充足度伏況については、 上述と同様である。 なお、 求人者より求職者へ問合 せを行う機能を設けることも可能である。

本実施形態によれば、求職情報と求人情報をもとに求職者と求人者をマッチ ングさせ、 職業、 就労場所、 期間、 賃金等の諸条件から、 全くかけ離れた求職 求人情報を排除することができる。 特に、 完全に一致した場合のみならず、 あ る程度異なる項目があっても、マッチングレベルあるいは適正度合レ、と共にそ の情報を提供するので、利用者である求職者または求人者は、 そのレベルある いは適正度合いを参考にして、 契約締結等の手続を行うことが可能となる。 また、充足度状況を画面表示し、 同一画面でその求人者または求職者の特定 期間を表示するため、 求人者または求職者は全体の充足状況を確認しながら、 空いている期間 (契約未締結の期間) の契約対象を選択することができる。 さらに、無駄な雇用を削減して、 固定費を変動費へ転換させることが可能と なる。

なお、本実施形態では、マッチングレベルを 2段階、すなわち、職業、期間、 場所、賃金の全項目に完全に一致したものをレベル 1、 いずれかの項目が一致 せず、 且つ、 所定の範囲内にあるものをレベル 2にしたが、 項目に優先順位を 設けてレベルを細分化することも可能である。また、所定の範囲を一律とせず、 ずれの大きさによりレベルを細分化してもよレ、。

また、求人情報あるいは求職情報のデータを期間の経過により可変にしても よレ、。 たとえば、 求職情報の希望賃金を期間の経過により予め設定されたアル ゴリズムにより下げていくようにすることもできる。 このようにすれば、 高い 確率でのマツチングを担保しつつ、初期段階での好条件でのマツチングが期待 できるようになる。 なお、 求人情報や求職情報のデータを変える代わりに、 期 間の経過によりマッチングの範囲を広くするようにしてもよい。

また、 求人情報や求職情報を不特定多数へ開示するには問題がある場合は、 マッチングレベルにより、開示する対象者や開示する情報などを決定するよう にしてもよい。 さらに、 登録後の経過時期や季節等の時間的要素により、 開示 する情報等を変えるようにしてもよい。

なお、 本実施形態は、 求人求職仲介システムとして機能するのみならず、 情 報提供の対象を求人者あるいは求職者に特定して、第 1ないし第 3の実施形態 に記載の求職情報提供システムあるいは求人情報提供システムとして機能す ることは明白である。 産業上の利用可能性

以上のように、 本発明によれば、 -求職者側端末から受信した、 特定期間(又は 特定場所)における求職の求職情報に適合する求人情報を求職者側端末に送信 するので、 あらゆる求職者が、特定期間(又は特定場所)における求人の求人情 報のすべてをその場でリアルタイムに取得することとなる。 このため、 スキル 条件に適合する求人案件を提示する場合に比較して、求職者が自己のニーズに 合った職 (仕事)を簡易にその場で探すことができ、 求職者の仕事をする場所 (職場)がー層拡大する。

また、求人者側端末から受信した、特定期間 (又は特定場所)における求人の 求人情報に適合する求職情報を求人者側端末に送信するので、あらゆる求人者 、特定期間 (又は特定場所)における求職の求職情報のすべてをその場でリァ ルタイムに取得することとなる。 このため、従来技術における所定の適合条件 を満たす求職者の個人スキルデータを求人者に提供する場合に比較して、求人 者が自己のニーズに合った人材を簡易にその場で探すことができ、求人者の人 材を獲得する機会が一層拡大する。

また、求職者端末から受信した求人者に対する印象等のメッセージ情報を求 人情報記憶手段に追加する場合には、求職者が求人者の印象等を継続的に確認 することができるので、求職者は自己の希望 (雰囲気など)に合う職場をより一 層探し易くなる。

また、求人者側端末から受信した求職者に対する印象等のメッセージ情報を 求職者ごとに求職情報記憶手段に追加する場合には、求人者が求職者の印象等 を継続的に確認することができるので、求人者が自己の希望に合う人材をより 一層獲得し易くなる。

また、予め設定された期間が経過した、求職者に対するメッセージ情報を求 人者側端末に提供しない場合には、設定期間を経過した後も、求職者側は信用 の維持あるいは回復をすることにより自己のニーズに合った仕事を獲得する ことができる。

さらに、予め設定された期間が経過した、求人者に対するメッセージ情報を 求職者側端末に提供しない場合には、設定期間を経過した後も、求人者側は信 用の維持あるいは回復をすることにより自己のニーズに合った人材を獲得す ることができる。

このように、求職者が有利に求職活動を展開しつつ、雇用契約を促進する求 人情報提供システム等を提供することができるという、従来にない求人情報提 供システム等を提供することができる。 また、求人者が有利に求人活動を展開 しつつ、雇用契約を促進する求人情報提供システム等を提供することができる という、 従来にない求職情報提供システム等を提供することができる。

また、 求人情報と求職情報を効果的にマッチングさせ、 求人者、 求職者の双 方にとって有効な情報の提供が可能な求人求職仲介システム等を提供するこ とができる。

Claims

請 求 の 範 囲
1 . 求人情報記憶手段、 外部装置との通信手段、 及びこれらの各手段の動作を 制御する情報の処理手段を備え、
前記求人情報記憶手段が、特定期間や特定場所における求人の求人情報を求人 者ごとに格納する求人情報提供システムであって、
前記処理手段は、
a )求職者側端末から特定期間又は特定場所における求職の求職情報を前記通 信手段を介して受信すること、
b )前記受信した求職情報と前記求人情報記憶手段に格納された求人情報とを 比較すること、
c )比較の結果、 前記受信した求職情報に適合する求人情報を求人者ごとに前 記求人情報記憶手段から読み出すこと、
d )当該読み出した求人情報を求人者ごとに前記求職者側端末に送信すること、 を特徴とした求人情報提供システム。
2 . 求職情報記憶手段、 外部装置との通信手段、 及びこれらの各手段の動作を 制御する情報の処理手段を備え、
前記求職情報記憶手段が、特定期間や特定場所における求職の求職情報を求職 者ごとに格納する求職情報提供システムであって、
前記処理手段は、
a )求人者側端末から特定期間又は特定場所における求人の求人情報を前記通 信手段を介して受信すること、
b )前記受信した求人情報と前記求職情報記憶手段に格納された求職情報とを 比較すること、
c )比較の結果、 前記受信した求人情報に適合する求職情報を求職者ごとに前 記求職情報記憶手段から読み出すこと、
d )当該読み出した求職情報を求職者ごとに前記求人者側端末に送信すること、 を特徴とした求職情報提供システム。
3 . 請求の範囲第 1項記載の求人情報提供システムにおいて、
前記処理手段は、
前記求職者側端末から前記求人情報を提供した求人者に対する印象等のメッ セージ情報を前記通信手段を介して受信し、受信したメッセージ情報を求人者 ごとに前記求人情報記憶手段に追加していくことを特徴とする求人情報提供 システム。
4 . 請求の範囲第 2項記載の求職情報提供システムにおいて、
前記処理手段は、
前記求人者側端末から前記求職情報を提供した求職者に対する印象等のメッ セージ情報を前記通信手段を介して受信し、受信したメッセージ情報を求職者 ごとに前記求職情報記憶手段に追加していくことを特徴とする求職情報提供 システム。
5 . 請求の範囲第 3項記載の求人情報提供システムにおいて、
前記処理手段は、
予め設定された期間経過した前記メッセージ情報を前記求職者側端末に提供 しないようにすることを特徴とする求人情報提供システム。
6 . 請求の範囲第 4項記載の求職情報提供システムにおいて、
前記処理手段は、
予め設定された期間経過した前記メッセージ情報を前記求人者側端末に提供 しないようにすることを特徴とする求職情報提供システム。
7 . 汆人情報を格納する求人情報データベースと、
求職情報を格納する求職情報データベースと、
求人者から送られてくる求人情報を受信し前記求人情報データベースに登録 する求人情報登録手段と、
求職者から送られてくる求職情報を受信し前期求職情報データベースに登録 する求職情報登録手段と、 求人者と求職者の職業を比較する職業比較処理と、就労時期あるいは時間帯に 関する期間情報を比較する期間比較処理と、就労場所を比較する場所比較処理 と、賃金を比較する賃金比較処理とを実行し、求職者と求人者とのマッチング レベルを演算し、このマツチングレベルをもとに求職者ごとに求人者情報を格 納した求人情報出力テーブルと求人者ごとに求職者情報を格納した求職情報 出力テーブルを作成するマツチング処理実行手段と、
前記求人情報出力テーブルを参照して求職者に当該求職者に関係する求人者 情報を送信し、 または、前記求職情報出力テーブルを参照して求人者に当該求 人者に関係する求職者情報を送信するマッチング情報提供手段と、
を備えたことを特徴とする求人求職仲介システム。
8 . 職業内容ごとに付されたコードであって、 関連する職業については当該コ 一ドのーまたは二以上の特定の桁以外の部分が同一になるように割り付けら れた職業コードを格納する職業コードテーブルと、
技術分野ごとに割り付けられた技術分野識別用のコードである技術分野コー ドを格納する技術分野コードテーブルと、
資格ごとに割り付けられた資格識別用のコードである資格コードを格納する 資格コードテーブルと、
求職者の過去に経験した職業、 得意な技術分野、 あるいは、 資格をもとに各職 業の適正度合いを演算するための重み係数を格納する重み係数テーブルと、 各地域に対してそれと隣接する地域情報を格納する地域隣接テーブルと、 を備え、
前記職業比較処理は、前記職業コードテーブルを参照して求人者と求職者の各 職業コードの特定桁をマスクして比較可能とし、
前記場所比較処理は、前記地域隣接テーブルを参照して、求職者の特定する就 労場所に隣接する就労場所情報を有する求人者情報を抽出可能とし、 前記マッチング処理実行手段は、前記重み係数テーブルを参照して求人者の職 業に対する求職者の適性度合!/、を演算し、この適正度合 ヽを含む求職情報出力 テーブルを作成することを特徴とする請求の範囲第 7項記載の求人求職仲介 システム。
9 . 前記マッチング情報提供手段は、就労確定済みの期間と未確定の期間を識 別表示し、 さらに、前記マッチング処理実行手段により抽出された求人者また は求職者に係る特定期間情報を表示することを特徴とする請求の範囲第 7項 または第 8項に記載の求人求職仲介システム。
1 0 . 求人者から送られてくる求人情報を登録する段階と、
求職者から送られてくる求職情報を登録する段階と、
前記登録した求人情報および求職情報を参照して求人者と求職者の職業を比 較する職業比較処理と、就労時期あるいは時間帯に関する期間情報を比較する 期間比較処理と、就労場所を比較する場所比較処理と、賃金を比較する賃金比 較処理とを実行し、求職者と求人者とのマッチングレベルを演算し、 このマツ チングレベルをもとに求職者と求人者の対応関係を記憶する段階と、 前記記憶した対応関係に基づき、求職者に当該求職者に関係する求人者情報を 提供する段階と、
前記記憶した対応関係に基づき、求人者に当該求人者に関係する求職者情報を 提供する段階と、
を備えたことを特徴とする求人求職仲介方法。
1 1 . 求人情報記憶手段、 外部装置との通信手段、 及びこれらの各手段の動作 を制御する情報の処理手段を備え、
前記求人情報記憶手段が、特定期間や特定場所における求人の求人情報を求人 者ごとに格納する求人情報提供システムに用いられ、
前記処理手段に、
a )求職者側端末から特定期間又は特定場所における求職の求職情報を前記通 信手段を介して受信すること、
b )前記受信した求職情報と前記求人情報記憶手段に格納された求人情報とを 比較すること、 c )比較の結果、 前記受信した求職情報に適合する求人情報を求人者ごとに前 記求人情報記憶手段から読み出すこと、
d )当該読み出した求人情報を求人者ごとに前記求職者側端末に送信すること、 を実行させるための求人情報提供プログラム。
1 2 . 求職情報記憶手段、外部装置との通信手段、 及びこれらの各手段の動作 を制御する情報の処理手段を備え、
前記求職情報記憾手段が、特定期間や特定場所における求職の求職情報を求職 者ごとに格納する求職情報提供システムに用いられ、
前記処理手段に、
a )求人者側端末から特定期間又は特定場所における求人の求人情報を前記通 信手段を介して受信すること、 - )前記受信した求人情報と前記求職情報記憶手段に格納された求職情報とを 比較すること、
c )比較の結果、 前記受信した求人情報に適合する求職情報を求職者ごとに前 記求職情報記憶手段から読み出すこと、
d )当該読み出した求職情報を求職者ごとに前記求人者側端末に送信すること、 を実行させるための求職情報提供プログラム。
1 3 . 請求の範囲第 1 1項記載の求人情報提供プログラムにおいて、 前記処理手段に、
前記求職者側端末から前記求人情報を提供した求人者に対する印象等のメッ セージ情報を前記通信手段を介して受信させ、受信させたメッセージ情報を求 人者ごとに前記求人情報記憶手段に追加させていくための求人情報提供プロ グラム。
1 4 . 請求の範囲第 1 2項記載の求職情報提供プログラムにおいて、 前記処理手段に、
前記求人者側端末から前記求職情報を提供した求職者に対する印象等のメッ セージ情報を前記通信手段を介して受信させ、受信させたメッセージ情報を求 職者ごとに前記求職情報記憶手段に追加させていくための求職情報提供プロ グラム。
1 5 . 請求の範囲第 1 3項記載の求人情報提供プログラムにおいて、 前記処理手段に、
予め設定された期間経過した前記メッセージ情報を前記求職者側端末に提供 しないようにさせるための求人情報提供プログラム。
1 6 . 請求の範囲第 1 4項記載の求職情報提供プログラムにおいて、 前記処理手段に、
予め設定された期間経過した前記メッセージ情報を前記求人者側端末に提供 させないようにするための求職情報提供プログラム。
1 7 .通信ネットワークを介してつながり求人者および求職者から送られてく る求人情報およぴ求職情報を受信し、当該受信情報を用いて求人者と求職者の マツチング処理を実行するサーバ装置で動作するプログラムであって、 求人者から送られてくる求人情報を登録する手順と、
求職者から送られてくる求職情報を登録する手順と、
前記登録した求人情報と求職情報を参照して求人者と求職者の職業を比較す る職業比較処理と、就労時期あるいは時間帯に関する期間情報を比較する.期間 比較処理と、就労場所を比較する場所比較処理と、賃金を比較する賃金比較処 理とを実行し、求職者と求人者とのマッチングレベルを演算し、 このマツチン グレベルをもとに求職者と求人者の対応関係を記憶する手順と、
前記記憶した対応関係に基づき、求職者に当該求職者に関係する求人者情報を 提供する手順と、
前記記憶した対応関係に基づき、求人者に当該求人者に関係する求職者情報を 提供する手順と、
をコンピュータに実行させるためのプログラム。
PCT/JP2002/013368 2002-12-20 2002-12-20 求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム WO2004057508A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2002/013368 WO2004057508A1 (ja) 2002-12-20 2002-12-20 求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004562006A JP4231481B2 (ja) 2002-12-20 2002-12-20 求人求職仲介システム
PCT/JP2002/013368 WO2004057508A1 (ja) 2002-12-20 2002-12-20 求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2004057508A1 true true WO2004057508A1 (ja) 2004-07-08

Family

ID=32676931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2002/013368 WO2004057508A1 (ja) 2002-12-20 2002-12-20 求人求職仲介及び情報提供システム、方法、プログラム

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4231481B2 (ja)
WO (1) WO2004057508A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008165512A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Canon Inc データ管理装置、データ検索装置、及びコンピュータプログラム
JP2015111475A (ja) * 2011-12-27 2015-06-18 ニーズトゥーマッチ株式会社 マッチング支援装置、マッチング支援システム及びプログラム
JP2015170073A (ja) * 2014-03-06 2015-09-28 株式会社リコー 情報処理装置、情報処理方法、プログラム、及び情報処理システム

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002041838A (ja) * 2000-07-24 2002-02-08 Lead Sogo Consultants:Kk 電子求人求職情報提供方法
JP2002189795A (ja) * 2000-12-20 2002-07-05 Toyota Tsusho Corp 人材活用支援システム
JP2002189875A (ja) * 2000-07-06 2002-07-05 Mitsukoshi Ltd 人的資源活用システム
JP2002334147A (ja) * 2001-05-10 2002-11-22 En Japan Kk 求職者援護システム及び方法、求職者援護サーバ、そのプログラム及びプログラムを記憶した記憶媒体

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002189875A (ja) * 2000-07-06 2002-07-05 Mitsukoshi Ltd 人的資源活用システム
JP2002041838A (ja) * 2000-07-24 2002-02-08 Lead Sogo Consultants:Kk 電子求人求職情報提供方法
JP2002189795A (ja) * 2000-12-20 2002-07-05 Toyota Tsusho Corp 人材活用支援システム
JP2002334147A (ja) * 2001-05-10 2002-11-22 En Japan Kk 求職者援護システム及び方法、求職者援護サーバ、そのプログラム及びプログラムを記憶した記憶媒体

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008165512A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Canon Inc データ管理装置、データ検索装置、及びコンピュータプログラム
US8355060B2 (en) 2006-12-28 2013-01-15 Canon Kabushiki Kaisha Image data management apparatus and method, image data search apparatus and method, and recording medium
JP2015111475A (ja) * 2011-12-27 2015-06-18 ニーズトゥーマッチ株式会社 マッチング支援装置、マッチング支援システム及びプログラム
JP2015144010A (ja) * 2011-12-27 2015-08-06 ニーズトゥーマッチ株式会社 マッチング支援装置、マッチング支援システム及びプログラム
JP2015170073A (ja) * 2014-03-06 2015-09-28 株式会社リコー 情報処理装置、情報処理方法、プログラム、及び情報処理システム

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPWO2004057508A1 (ja) 2006-04-27 application
JP4231481B2 (ja) 2009-02-25 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Törnqvist Flows of information and the location of economic activities
Ahlbrandt Efficiency in the provision of fire services
Ong et al. Job access, commute and travel burden among welfare recipients
Nutt Tactics of implementation
Baron et al. The structure of opportunity: How promotion ladders vary within and among organizations
Shaw et al. Knowledge transfer and management in tourism organisations: An emerging research agenda
Glaister et al. Strategic planning: still going strong?
Rubery et al. Working time, industrial relations and the employment relationship
Bronfenbrenner Uneasy terrain: The impact of capital mobility on workers, wages, and union organizing
Valenzuela Jr Day labor work
Aksin et al. The modern call center: A multi‐disciplinary perspective on operations management research
Kalev et al. Enforcement of civil rights law in private workplaces: The effects of compliance reviews and lawsuits over time
Di Martino et al. Telework: A new way of working and living
Anderson Networks of contact: the Portuguese and Toronto
Markides Game-changing strategies: How to create new market space in established industries by breaking the rules
Rakodi Politics and performance: the implications of emerging governance arrangements for urban management approaches and information systems
De Forest Thinking of a Plant in Mexico?
Brown Workplace safety: a call for research
McCann et al. Normalized intensity: The new labour process of middle management
Elliott Social isolation and labor market insulation: Network and neighborhood effects on less-educated urban workers
Dunn et al. The impact of organizational values, goals, and climate on marketing effectiveness
Rosenthal et al. The geography of entrepreneurship in the New York metropolitan area
Ram et al. The dynamics of informality: employment relations in small firms and the effects of regulatory change
Flecker et al. Organisational restructuring and emerging service value chains: implications for work and employment
Round et al. Coping with the social costs of ‘transition’: Everyday life in post-Soviet Russia and Ukraine

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BR BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DZ EC EE ES FI GB GD GE GH GM HR HU ID IL IN IS JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MD MG MK MN MW MX MZ NO NZ OM PH PL PT RO RU SD SE SG SK SL TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): GH GM KE LS MW MZ SD SL SZ TZ UG ZM ZW AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR IE IT LU MC NL PT SE SI SK TR BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
DFPE Request for preliminary examination filed prior to expiration of 19th month from priority date (pct application filed before 20040101)
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2004562006

Country of ref document: JP

122 Ep: pct app. not ent. europ. phase