WO1995033101A1 - Toilet bowl flush tank - Google Patents

Toilet bowl flush tank Download PDF

Info

Publication number
WO1995033101A1
WO1995033101A1 PCT/JP1995/000677 JP9500677W WO9533101A1 WO 1995033101 A1 WO1995033101 A1 WO 1995033101A1 JP 9500677 W JP9500677 W JP 9500677W WO 9533101 A1 WO9533101 A1 WO 9533101A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
valve
small
flushing
flush
tank
Prior art date
Application number
PCT/JP1995/000677
Other languages
French (fr)
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Tanaka
Takahiro Kusano
Yoshiki Ohta
Tomokazu Goda
Original Assignee
Toto Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP11889894A priority Critical patent/JPH07324362A/en
Priority to JP6/118898 priority
Application filed by Toto Ltd. filed Critical Toto Ltd.
Publication of WO1995033101A1 publication Critical patent/WO1995033101A1/en

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E03WATER SUPPLY; SEWERAGE
    • E03DWATER-CLOSETS OR URINALS WITH FLUSHING DEVICES; FLUSHING VALVES THEREFOR
    • E03D1/00Water flushing devices with cisterns ; Setting up a range of flushing devices or water-closets; Combinations of several flushing devices
    • E03D1/02High-level flushing systems
    • E03D1/14Cisterns discharging variable quantities of water also cisterns with bell siphons in combination with flushing valves
    • E03D1/142Cisterns discharging variable quantities of water also cisterns with bell siphons in combination with flushing valves in cisterns with flushing valves
    • E03D1/144Cisterns discharging variable quantities of water also cisterns with bell siphons in combination with flushing valves in cisterns with flushing valves having a single flush outlet and an additional float for delaying the valve closure

Abstract

A toilet bowl flush tank which comprises a large flush valve and a small flush valve for switching over flush water supplied to a toilet bowl between a large amount and a small amount. The large flush valve (A) and the small flush valve (B) are coaxially arranged, and buoyancy imparted to valve discs (5, 7) is used for detection of valve closing water levels, so that closing of the flush valves (A, B) are controlled.

Description

明 細 書 便 器 洗 浄 タ ン ク 装 置 技 術分野  Technical Documents Toilet flush tank tank technology
本発明 は 便器洗浄 タ ン ク 装置 に 係 り 、 特 に 貯水 タ ン ク か ら 便器 に 流す洗浄水 の 量 を便器 か ら 排 出 すべ き 汚物 の 種類、 即 ち 汚物が大便で あ る か 、 小便 で あ る か に 応 じ て 選択的 に 大小二段階 に 変更す る こ と がで き る 便 器 洗浄 夕 ン ク 装置 に 関す る 。 背景技術  The present invention relates to a toilet flushing tank device, and particularly to the type of waste that should be discharged from the toilet, in particular, the amount of flush water flowing from the reservoir tank to the toilet, and whether the waste is urgent. The present invention relates to a toilet flushing / inking device that can be selectively changed into two stages, large and small, depending on whether it is urine. Background art
従来、 こ の 種 の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 は大便洗浄用 の 大 洗浄弁 と 小便洗浄用 の 小洗浄弁 を 備 え 、 こ れ ら 大、 小の 洗浄弁 を選択 的 に 切替 え て使用 す る も の が一般 的で あ り 、 代表 的 な も の と し て例 え ば実開昭 5 6 — 3 6 7 8 1 号公 報 の も の 力《知 ら れ て い る 。  Conventionally, this type of toilet flushing tank device has a large flush valve for stool flush and a small flush valve for urine flush, and these large and small flush valves are selectively switched to be used. In general, a typical example is the power of the official publication No. 56-36671, which is known.
上記公報 の も の に つ い て説明 す る と 、 タ ン ク 内 に 二つ の 洗浄弁 (大洗浄弁 と 小洗浄弁) を そ の一方 ( 小洗浄弁) の 高 さ 位置 が他方 (大洗浄弁) の 高 さ 位置 よ り 高 く な る よ う に 、 相互 の 高 さ 位置 を上下 に 離 し て設 け 、 排水量 の 大小を二つ の 洗净弁 の 高 さ の 違 い に よ り 生 じ さ せ る よ う に し た も の で、 タ ン ク 本体 の 底部 に 固定す る 洗浄弁本体 が上部 に 小洗浄弁用 の 排水筒 部 を 、 下部 に 大洗浄弁用 の 排水筒部 を夫 々 の 上端開 口 の 軸芯が重 な ら な い よ う に 前 後若 し く は 左右 に 離 し て突設 し た 多 岐筒 体状 に 形成 さ れ こ の 洗净弁本体 の 周 面 に 設 け た ヒ ン ジ 部 に 各排水筒部 を 開 閉 さ せ る 弁体 を夫 々 枢着 し て大洗浄弁及 び小洗浄弁が 構成 さ れて い る も の で、 操作器具 に よ り 大洗浄弁 ま た は 小洗浄弁 の 弁体 を 選択的 に 引 き 上 げ る こ と に よ り 洗浄水 の 量 を大小切 り 替 え る よ う に な つ て い る 。 According to the above publication, two wash valves (large wash valve and small wash valve) are placed in a tank, and the height position of one (small wash valve) is set to the other (large wash valve). The heights of the two flushing valves depend on the height of the two flushing valves, so that the heights of the two flushing valves are set apart from each other so that they are higher than the height of the flushing valve. The cleaning valve body fixed to the bottom of the tank body has a drain cylinder for the small cleaning valve at the top and a drain cylinder for the large cleaning valve at the bottom. The drainage cylinder is formed into a multi-pronged cylindrical body protruding away from the front, back, or left and right so that the axes of the upper end openings do not overlap. A large flushing valve and a small flushing valve are constructed by pivotally connecting a valve body for opening and closing each drainage cylinder section to a hinge section provided on the peripheral surface of the valve body. By selectively pulling up the valve element of the large flushing valve or small flushing valve depending on the operating device, the amount of flushing water can be switched between large and small. Yes.
し か し な 力く ら 、 こ の よ う に 大洗浄弁 と 小洗浄弁 の 軸芯 相互 を前後又 は左右 な ど横方 向 に 離 し て設 け た も の は 、 そ の 構造上、 大小両洗浄弁が横方向 に 広が っ て存在 し 、 タ ン ク 内 ス ペ ー ス を狭 く す る た め大型 の 夕 ン ク を必要 と す る 。  However, due to the structure, the large flushing valve and the small flushing valve with their shaft cores separated from each other in the horizontal direction, such as front and rear or left and right, cannot be used due to its structure. Both large and small flush valves are spread out in the horizontal direction, and a large tank is required to reduce the space inside the tank.
ま た 、 排水装置が タ ン ク 内 の 水位 を浮子 な ど に よ り 検 知 し て 閉弁す る 形式 の も の で あ る 場合、 上記 の よ う に 排 水装置 の 大小両洗浄弁が横方向 に 広が っ て存在す る と 、 一方 の 洗浄弁 の 浮子が ボ ー ル タ ッ プ給水栓 の 吐水位置若 し く は そ の 近傍 に 位置す る こ と に な り 、 吐水 に よ る 波浪 や飛沫の 勢 い で、 浮子が動揺 し 、 タ ン ク の 水位が安定 し な か っ た り 、 洗浄弁 の 閉止が不確実 と な る 。  If the drainage device detects the water level in the tank with a float or the like and closes the valve, the large and small flushing valves of the drainage device are used as described above. If it exists in the horizontal direction, the float of one of the wash valves will be located at or near the water discharge position of the ball tap water faucet. The floating waves and the force of the droplets cause the float to fluctuate, making the tank water level unstable and the flushing valve to close uncertainly.
本発明 は 従来技術が有す る 上記問題点 に鑑 み て な さ れ た も の で 、 そ の 目 的 と す る 処 は 、 便器 に 流す洗浄水の 量 を便器か ら 排 出す べ き 汚物の 種類、 即 ち 汚物が大便で あ る か、 小便で あ る か に 応 じ て選択的 に 大小切 り 替え て供 耠す る 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 タ ン ク 本体 の 小型 101 The present invention has been made in view of the above-mentioned problems of the prior art. The purpose of the present invention is to reduce the amount of washing water to be flushed to the toilet bowl by discharging the waste from the toilet bowl. In the toilet flushing tank device, which is selectively switched between large and small according to the type of waste and whether the waste is urine or urine, the tank body Small 101
3 Three
化を可能 に し 、 且つ 洗浄弁がボー ル タ ッ プ給水栓の 吐水 に よ る 影響を受け な い よ う にす る こ と に あ る 。 The purpose of this is to ensure that the flushing valve is not affected by the discharge of the ball tap hydrant.
発明の開不 Invention of invention
上記 目 的を達成す る た め に本発明 の便器洗浄 タ ン ク 装 置で は、 洗浄水を貯溜す る タ ン ク 本体 に大洗浄弁 と 小洗 浄弁を設け て、 開弁操作器具で こ れ ら 両洗浄弁 の開弁を 操作 し 、 夕 ン ク 本体内の水位を弁体 に 付与 し た浮力 を利 用 し て閉弁水位を検知 し て閉弁の タ イ ミ ン グを制御す る よ う に し た便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て、 大洗浄弁 と 小 洗浄弁を同铀上に配設す る も のであ る 。  In order to achieve the above-mentioned object, the toilet flushing tank device of the present invention is provided with a large flushing valve and a small flushing valve in a tank body for storing flushing water, and a valve opening operation tool. By operating the opening of both wash valves, the valve closing water level is detected by using the buoyancy applied to the water level in the body of the sunset body to the valve body, and the valve closing timing is controlled. A large flushing valve and a small flushing valve are installed at the same time in a toilet flushing tank device that is designed to be equipped with a flushing mechanism.
上記弁体の浮力 は洗浄弁の弁体 と は別体 に浮子を設け て、 小洗浄弁の弁体を浮子 に追従 し て作動す る よ う に浮 子に連係 さ せ る 。 ま た 、 小洗浄弁体 に 浮子を一体 に設 けて小洗浄弁体が 浮子を兼用 す る よ う に なす こ と も で き る 。 大洗浄弁 と 小洗浄弁は小洗浄弁の弁座を大洗浄弁の弁 体に形成 し て小洗浄弁の弁体 と 大洗浄弁の弁体を上下 に 重ね る こ と に よ り 同紬 に配設す る のが望 ま し い o  The buoyancy of the valve element is provided by providing a float separately from the valve element of the washing valve, and the valve element of the small washing valve is linked to the float so as to operate following the float. In addition, a float can be provided integrally with the small flushing valve so that the small flushing valve also serves as a float. The large flushing valve and the small flushing valve are formed by forming the valve seat of the small flushing valve on the valve body of the large flushing valve and overlapping the valve body of the small flushing valve with the valve flushing valve of the large flushing valve. O
そ し て、 こ の よ う に小洗浄弁の弁体 と 大洗浄弁の弁体 を上下 に重ね る 場合、 小洗浄弁体 に は開弁操作器具か ら の操作力伝達 に基づい て大洗浄弁の弁体を そ の弁座に押 圧す る 手段を設 け る のが よ い。 開弁操作器具は大洗浄弁及び小洗浄弁夫 々 の開弁を一 U When the valve element of the small flush valve and the valve element of the large flush valve are placed one on top of the other, the large flush is performed on the small flush valve based on the transmission of the operating force from the valve-opening device. It is advisable to provide a means to press the valve body of the valve against its valve seat. For the valve opening operation device, open the large flush valve and the small flush valve individually. U
個所 の 操作部で操作 さ せ る よ う に す る こ と が望 ま し く 、 開弁操作器具 と 大洗浄弁体及 び小洗浄弁体 と を 二つ の 操 作力 伝達部材 に よ り 各別 に 連係 さ せ て も よ い し 、 一つ の 操作力 伝達部材 に よ り 連 係 さ せ る よ う に し て も よ い 。 It is desirable to operate the actuator by using the operation unit at a location, and the valve-opening operation device and the large flush valve element and the small flush valve element are operated by two operating force transmitting members. They may be linked separately, or may be linked by a single operating force transmitting member.
そ し て 、 一つ の 操作力 伝達部材 に よ り 開弁操作器具 を 大、 小の 洗浄弁 に 連係 さ せ る 場合 、 操作力 伝達部材 を 小 洗浄弁体 に 連結 し 、 小洗浄弁体 を そ れが所定 の 動作範 囲 を越 え る 動作 をす る と 、 上記操作力 伝達部材 に よ り 伝達 さ れ る 操作カ を大洗浄弁体 に 伝達 し て大洗浄弁 を 開弁 さ せ る よ う に 大洗浄弁体 に 連係 さ せ る 構造 と す る こ と がで き る 。 ま た 、' 開弁操作器具 の 操作で操作力 伝達部材を上 方へ引 き 上 げ ら れ る よ う に な し 、 こ の 操作力 伝達手段 と 大洗浄弁体及 び小洗浄弁体 に は 、 操作力 伝達手段 の 引 き 上 げ距離が所定範囲 ま で の 距離で あ る と き に は操作力 伝 達手段が小洗浄弁体 に の み 係止 し て小洗浄弁体 を 引 き 上 げ、 所定範囲 を越す距離で あ る と き に は大洗浄体 に 係止 し て大洗浄弁体 を 引 き 上 げ る 構造 と す る こ と がで き る 。  Then, when the valve-opening operating device is linked to the large and small cleaning valves by one operating force transmitting member, the operating force transmitting member is connected to the small cleaning valve body, and the small cleaning valve body is connected to the small cleaning valve body. When the operation exceeds a predetermined operation range, the operation force transmitted from the operation force transmission member is transmitted to the large cleaning valve body to open the large cleaning valve. Thus, it is possible to adopt a structure that is linked to the large flush valve body. In addition, the operating force transmitting member can be pulled upward by operating the valve-opening operating device, and the operating force transmitting means and the large flush valve body and the small flush valve body can be moved upward. When the pulling-up distance of the operating force transmitting means is a distance up to a predetermined range, the operating force transmitting means is locked only to the small flush valve body and pulls the small flush valve body. When the distance exceeds a predetermined range, the structure is such that the large flushing valve is pulled up by engaging with the large flushing body.
ま た 、 操作力 伝達部材 を 開弁操作器具 の 操作 に よ り 前 方 に 押 し 出 さ れ る よ う な 構造 に し て、 そ の 押 し 出 し 距離 が所定範囲 ま で の 距離で あ る と き に は操作力 伝達部材が 小洗浄弁体 を下方か ら 押 し 上 げて小洗浄弁 を開弁 さ せ 、 所定範囲 を越す距離で あ る と き に は大洗浄弁体 を押 し 上 げて大洗浄弁 を開弁 さ せ る よ う な 構造 と す る こ と がで き る 。 ま た 、 小洗浄弁 の 弁体 と 大洗浄弁 の 弁体 と を上下 に 重ね て設 け て小洗浄弁体 に操作力 伝達部材 を連結 し 、 開 弁操作器具の操作 に よ り 小洗浄弁体を蚰心を 中心に 回動 ま た は上方へ引 き 上げ可能 と な す と 共 に 小洗浄弁体 と 大 洗浄弁体に は小洗浄弁体の 回転角 度 に 応 じ て係脱す る 係 合部を設け、 小洗浄弁体が所定の 角 度の と き に は係台部 が外れて小洗净弁体の みが引上げ可能 に な り 、 他の 角 度 の と き に は係合部が係合 し て大洗浄弁体が小洗浄弁体 と 共 に 引 き 上げ ら れ る よ う な 構造 と す る こ と も で き る 。 In addition, the operating force transmitting member is configured to be pushed forward by the operation of the valve-opening operating device, and the pushing-out distance is a distance within a predetermined range. When the operating force transmission member pushes up the small flush valve from below to open the small flush valve, the large flush valve is pushed when the distance exceeds the predetermined range. The structure can be designed to open the large flushing valve. Also, the valve body of the small flush valve and the valve body of the large flush valve are moved up and down. An operating force transmitting member is connected to the small flush valve body by stacking them, and the small flush valve body can be turned or pulled up by the operation of the valve-opening operation device around the core. At the same time, the small flush valve body and the large flush valve body are provided with an engagement portion which is disengaged according to the rotation angle of the small flush valve body, and when the small flush valve body has a predetermined angle, Only the small flush valve body can be pulled up by releasing the cradle portion, and at other angles, the engaging portion is engaged and the large flush valve body is pulled together with the small flush valve body. It can also be structured to be lifted.
一方、 前記小洗浄弁体 に浮力部分を一体 に 設 け て小洗 浄弁体が浮子を兼用す る よ う に なす も の に あ っ て は、 浮 力部分を弁体の小洗浄弁の弁座への着座部 よ り 所定の高 さ 上方 に 位置せ し め る こ と に よ り 小洗浄時の 閉弁水位を 高い位置 に設定す る こ と がで き る が、 小洗浄弁の弁体 と 大洗浄弁の弁体を上下 に重ね て設 け る 場合 に は 、 大洗浄 弁の弁体の厚 さ 方向寸法を大 き く 形成す る こ と に よ り 小 洗浄弁の弁座を大洗浄弁の弁座の高 さ 位置か ら 上方 に離 し て位置せ し め、 小洗浄時の 閉弁水位を高 い位置 に 設定 す る 事がで き る 。  On the other hand, in the case where the buoyancy portion is provided integrally with the small flushing valve body so that the small flushing valve body also functions as a float, the buoyancy portion is provided by the valve of the small flushing valve of the valve body. The water level for small flushing can be set higher by positioning it at a predetermined height above the seated portion on the seat, but the valve for the small flush valve can be set higher. When the body and the valve element of the large flush valve are placed on top of each other, the valve seat of the small flush valve is formed by making the thickness dimension of the large flush valve large. It is possible to set the valve closing water level for small flushing to a higher position by positioning it farther from the height of the valve seat of the large flushing valve.
上記浮子を兼用す る 小洗浄弁体 に よ り 大洗浄弁体を兼 用 し 、 一つ の洗浄弁で大小を切 り 替え る こ と も 可能であ o  It is also possible to use the small flushing valve body that also serves as the float as the large flushing valve body and switch between large and small with one flushing valve.
以上の よ う に構成 し た排水弁 に あ っ て は 、 大洗浄弁 と 小洗浄弁が同軸 に設 け ら れて い る た め、 洗浄弁全体の橫 幅が小 さ く な り 、 洗浄弁が タ ン ク 内で 占 め る 横幅方向 の 1 1 In the drain valve configured as described above, the large flush valve and the small flush valve are provided coaxially, so the overall width of the flush valve is reduced, and the flush valve is cleaned. The valve occupies the tank in the transverse direction. 1 1
6 6
ス ペー ス も 小 さ く な る ので、 大洗浄弁、 小洗浄弁の双方 を ボー ル 夕 ッ プ給水栓の吐水位置か ら 離れた 所 に 配置す る こ と が可能 と な る 。 図面の簡単 な 説明 Since the space is also small, it is possible to arrange both the large flush valve and the small flush valve away from the water discharge position of the ball tap hydrant. Brief description of the drawings
第 1 図 は 、 本発明 の第 1 実施例を示す便器洗浄 タ ン ク 装置 の タ ン ク 本体を縦断 し て示す正面図、  FIG. 1 is a front view showing a tank main body of a toilet bowl washing tank device according to a first embodiment of the present invention, the tank body being longitudinally sectioned;
第 2 図 は 、 主要な 構成要素であ る 洗浄弁を拡大 し て示 す断面図、  Fig. 2 is an enlarged cross-sectional view of the main component, the wash valve.
第 3 図 は 、 作動状態を示す正面図で小洗浄時の状態を 示 し て い る  Fig. 3 is a front view showing the operating state, showing the state during small cleaning.
第 4 図 は 、 作動状態を示す正面図で大洗浄時の状態を 示 し て い る  FIG. 4 is a front view showing an operation state and shows a state at the time of large cleaning.
第 5 図 は 、 開弁操作器具を拡大 し て示す断面図、 第 6 図 は、 第 5 図の ( 6 ) - ( 6 ) 線拡大断面図、 第 7 図は、 第 2 実施例を示す要部の断面図、  FIG. 5 is an enlarged cross-sectional view of the valve-opening operation device, FIG. 6 is an enlarged cross-sectional view taken along the line (6)-(6) in FIG. 5, and FIG. 7 is a sectional view showing the second embodiment. Sectional view of the part,
第 8 図 は、 作動状態を示す断面図、  FIG. 8 is a sectional view showing the operating state,
第 9 図 は 、 第 3 実施例を タ ン ク 本体を縦断 し て示す正 面図で、 小洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 9 is a front view of the third embodiment, in which the tank body is cut longitudinally, and shows a state during small cleaning.
第 1 0 図 は、 同正面図で、 大洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 10 is a front view of the same, showing a state during large cleaning.
第 1 1 図 は、 第 4 実施例を示す要部の断面図、 第 1 2 図 は、 第 5 実施例を示す要部の断面図で、 所定 の排水量を排水 し て大洗浄弁が閉弁 し た と き に お け る 浮 子の状態を示 し て い る 、 Fig. 11 is a cross-sectional view of the main part showing the fourth embodiment. Fig. 12 is a cross-sectional view of the main part showing the fifth embodiment. Floating when Showing the status of the child,
第 1 3 図 は、 同断面図で、 所定の排水量以上が排水 さ れて 夕 ン ク カ 空 に な っ た と き の第 2 の浮子の状態を示 し て い る  Fig. 13 is the same cross-sectional view, showing the condition of the second float when more than a specified amount of water is drained and the sky becomes empty.
4 図 は、 第 6 の実施例を示す要部の断面図、 5 図 は、 第 7 実施例を タ ン ク を縦断 し て示す正面 図、  FIG. 4 is a cross-sectional view of a main part showing the sixth embodiment, FIG. 5 is a front view showing the seventh embodiment by traversing a tank,
6 図 は、 第 1 5 図の ( 1 6 ) — ( 1 6 ) 線拡大断 面図、  Fig. 6 is an enlarged cross-sectional view of line (16)-(16) in Fig. 15;
7 図 は、 要部の拡大断面図、  Figure 7 is an enlarged sectional view of the main part,
8 図 は、 同断面図で、 小洗浄時の状態を示す、 第 1 9 図 は、 同断面図で、 大洗浄時の状態を示す、 第 2 0 図 は、 第 8 実施例を示す要部の断面図、 第 2 1 図 は、 要部を更に拡大 し て示す断面図で、 閉弁 状態を示 し て い る 、  FIG. 8 is a sectional view of the same, showing a state at the time of small cleaning. FIG. 19 is a sectional view of the same, showing a state at the time of large cleaning. FIG. 20 is a main part showing the eighth embodiment. FIG. 21 is a cross-sectional view showing a further enlarged main part, showing a valve-closed state.
第 2 2 図 は、 同断面図で、 小洗净時の状態を示す、 第 2 3 図 は、 同断面図で、 大洗浄時の状態を示す、 第 2 4 図 は、 第 9 実施例を示す要部の断面図、 第 2 5 図 は、 同断面図で、 小洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 22 is the same sectional view showing the state at the time of small washing, FIG. 23 is the same sectional view showing the state at the time of large washing, and FIG. 24 is the ninth embodiment. FIG. 25 is a cross-sectional view of the main part shown in FIG.
第 2 6 図 は、 同断面図で、 大洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 26 is a cross-sectional view of the same, showing a state during large cleaning.
第 2 7 図 は、 第 1 0 実施例を示す要部の正面図、 第 2 8 図 は'、 大洗浄弁体及び小洗浄弁体の側縁部の拡 大平面図、 FIG. 27 is a front view of a main part showing the tenth embodiment, and FIG. 28 is an enlarged view of the side edges of the large flush valve body and the small flush valve body. Large plan view,
第 2 9 図 は、 第 2 8 図の ( 2 9 ) - ( 2 9 ) 線断面図 で、 閉弁状態を示 し て い る 、  FIG. 29 is a cross-sectional view taken along the line (29)-(29) in FIG. 28, showing the valve closed state.
第 3 ◦ 図 は、 第 2 8 図 の状態 に お け る 開閉操作器具の 状態を示す開閉操作器具の断面図、  Fig. 3◦ is a cross-sectional view of the opening / closing device showing the state of the opening / closing device in the state of Fig. 28.
第 3 1 図 は、 第 2 8 図 の ( 2 9 ) - ( 2 9 ) 線断面図 で、 小洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 31 is a cross-sectional view taken along the line (29)-(29) in FIG. 28, and shows a state during small cleaning.
第 3 2 図 は、 第 3 1 図の状態 に お け る 開閉操作器具の 状態を示す開閉操作器具の断面図、  FIG. 32 is a cross-sectional view of the opening / closing operation device showing the state of the opening / closing operation device in the state of FIG. 31.
第 3 3 図 は、 第 3 2 図の ( 3 3 ) - ( 3 3 ) 線拡大断 面図、  FIG. 33 is an enlarged sectional view taken along the line (33)-(33) in FIG.
第 3 4 図 は、 第 2 8 図の ( 2 9 ) — ( 2 9 ) 線断面図 で、 大洗浄時の状態を示 し て い る 、  FIG. 34 is a cross-sectional view taken along the line (29) — (29) of FIG. 28, and shows a state during large cleaning.
第 3 5 図 は、 第 3 4 図 の状態 に お け る 開閉操作器具の 状態を示す開閉操作器具の断面図、  FIG. 35 is a cross-sectional view of the opening / closing device showing the state of the opening / closing device in the state of FIG. 34.
第 3 6 図 は、 第 3 5 図の ( 3 6 ) - ( 3 6 ) 線拡大断 面図、  FIG. 36 is an enlarged sectional view taken along the line (36)-(36) in FIG.
第 3 7 A 図 は、 開閉操作器具の他の実施例を示す も の で、 大洗浄弁、 小洗浄弁が共 に 閉弁 し て い る 状態を示す 一部縦断正面図、  Fig. 37A shows another embodiment of the opening and closing operation device, and shows a state in which the large flush valve and the small flush valve are both closed.
第 3 7 B 図 は、 第 3 7 A 図の ( 3 7 B ) — ( 3 7 B ) 線断面図、  Fig. 37B is a cross-sectional view taken along the line (37B)-(37B) in Fig. 37A.
第 3 8 A 図 は、 同実施例を示す一部縱断正面図で、 洗 浄弁開弁時の状態を示 し 大洗浄時の状態を実線で、 小洗 浄時の状態を 仮想線で示 し て い る 。 Fig. 38A is a partially longitudinal front view showing the same embodiment, showing the state when the cleaning valve is opened, the state during large cleaning with a solid line, and the small cleaning. The state at the time of purification is shown by a virtual line.
第 3 8 B 図 は、 第 3 8 A 図 の ( 3 8 B ) — ( 3 8 B ) 線断面図、  FIG. 38B is a sectional view taken along the line (38B) — (38B) of FIG. 38A.
第 3 9 図 は、 第 1 1 実施例を示す要部の断面図、 第 4 ◦ 図 は、 第 1 2 実施例を示す要部の断面図、 第 4 1 A 図 は、 第 1 3 実施例 を示す図面で、 小洗浄可 能 に セ ッ 卜 し た状態を示す断面図、  FIG. 39 is a cross-sectional view of a main part showing the 11th embodiment, FIG. 4 ◦ is a cross-sectional view of a main part showing the 12th embodiment, and FIG. 41A is a 13th embodiment. Is a cross-sectional view showing a state in which the device is set to be capable of small cleaning.
第 4 1 B 図 は、 第 4 1 A 図の ( 4 1 B ) — ( 4 1 B ) 線断面図、  Fig. 41B is a sectional view taken along the line (41B)-(41B) in Fig. 41A.
第 4 2 A 図 は、 同実施例を示す図面で、 大洗浄可能に セ ッ ト し た状態を示す断面図、  FIG. 42A is a drawing showing the same embodiment, and is a cross-sectional view showing a state where it is set to be capable of large cleaning.
第 4 2 B 図 は、 第 4 2 A 図の ( 4 2 B ) - ( 4 2 B ) 線断面図、  Fig. 42B is a sectional view taken along the line (42B)-(42B) of Fig. 42A,
第 4 3 図 は、 第 1 4 実施例を タ ン ク 本体を縱断 し て示 す正面図、  Fig. 43 is a front view of the 14th embodiment, with the tank body taken along the length.
第 4 4 図 は、 第 1 5 実施例を タ ン ク 本体を縱断 し て示 す正面図、  FIG. 44 is a front view of the 15th embodiment, in which the tank body is cut longitudinally.
第 4 5 図 は、 第 1 6 実施例を示す要部の断面図で閉弁 状態を示 し て い る 、  FIG. 45 is a cross-sectional view of essential parts showing the 16th embodiment, showing the valve closed state.
第 4 6 図 は、 第 4 5 図の ( 4 6 ) — ( 4 6 ) 線断面図 第 4 7 図 は、 第 1 6 実施例の大洗浄時の状態を示す断 面図、  FIG. 46 is a cross-sectional view taken along the line (46)-(46) in FIG. 45. FIG. 47 is a cross-sectional view showing the state of the 16th embodiment during large cleaning.
第 4 8 図 は、 第 1 6 実施例の小洗浄時の状態を示す断 面図であ る 。 発明 を 実施す る た め の 最良 の 形態 FIG. 48 is a cross-sectional view showing a state at the time of small cleaning in the 16th embodiment. BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
以下、 図 に 基づ い て本発明 の 実施例 を 説 明 す る 。  An embodiment of the present invention will be described below with reference to the drawings.
図 1 乃 至図 6 は第 1 の 実施例 を 示 し 、 大洗浄弁 A と 小 洗净弁 B を上下 に 重ね て 同軸上 に 設 け た も の で 、 各洗浄 弁 A , B は フ ラ ッ ノ、。 一 弁 に よ り 構成 さ れて い る 。  FIG. 1 to FIG. 6 show the first embodiment, in which a large flush valve A and a small flush valve B are arranged on the same axis by being vertically stacked. Noh ,. It consists of one valve.
大洗浄弁 A の弁座 4 (以下大洗浄弁座 と い う ) は 、 夕 ン ク 本体 1 の 底部 に 、 底部 を 貫通す る 状態 に 取 り 付 け ら れ、 タ ン ク 本体 1 外部で排水管 2 に 接続 さ れ る 洗浄弁本 体 3 の 、 タ ン ク 本体 1 内 に 突 出 す る 上端 を斜 め に 開 口 し て 形成 さ れ た 開 口 縁 に よ り 構成 し て あ る 。  The valve seat 4 of the large flush valve A (hereinafter referred to as the large flush valve seat) is attached to the bottom of the evening tank body 1 so as to penetrate the bottom, and the outside of the tank body 1 The cleaning valve body 3 connected to the drain pipe 2 has an opening edge formed by opening the upper end of the cleaning valve body 3 that projects into the tank body 1 with an oblique opening. .
ま た 、 上記大洗浄弁座 4 に 対応 し て 、 大洗浄弁 A を 構 成す る 弁体 5 (大洗浄弁体 と い う ) は 、 オ ー バ ー フ ロ ー 管連結部 3 a に 枢着 ア ー ム 5 a を 介 し て枢着 さ れて い る 大洗浄弁体 5 は 、 オ ー バ ー フ ロ ー 管連結部 3 a への 枢 着用 ア ー ム 5 a が延 び る 側 と は反対側 に 、 略 ア ン グ ル状 の 鎖取付部 5 b が延 びて、 そ の 起 曲部分上端 に 第 1 の 鎖 8 が連結 さ れ る よ う に な っ て お り 、 更 に こ の 起曲 部分 に 第 1 の 浮子 9 が取 り 付 け ら れ る よ う に な っ て い る 。  In addition, a valve element 5 (referred to as a large cleaning valve element) constituting the large cleaning valve A corresponding to the large cleaning valve seat 4 is pivotally connected to the overflow pipe connecting portion 3a. The large flush valve element 5 pivotally connected via the arm 5a is the side on which the pivot arm 5a extends to the overflow pipe connection 3a. On the opposite side, a substantially angled chain attachment portion 5b extends so that the first chain 8 is connected to the upper end of the bent portion. The first float 9 is attached to this bent portion.
上記第 1 の 浮子 9 は 中空 な プ ロ ッ ク 状 の も の で、 そ の —側縁 に 近 い 位置 に こ れを上下 に 貫通す る 孔 9 a が周 囲 を壁で 囲 ま れて形成 さ れて お り 、 こ の 孔 9 a を大洗浄弁 体 5 の鎖取付部 5 b の起曲 部分 に 嵌 め込ん で大洗浄弁体 5 に 取 り 付 け ら れて い る 。 一方、 上記第 1 の鎖 8 は、 第 1 の 浮子 9 の孔 9 a か ら 上方 に延 びて開弁操作器具 1 0 の 大洗浄用 作動 レ バー 1 1 に接続 さ れ る よ う に な っ て お り 、 第 1 の浮子 9 の 直上 部 に は図示 し て は い な い が、 浮子 9 の上部を押 さ え て浮 子 9 が鎖取付部 5 b の起曲部分か ら 浮 き 上が っ て大洗浄 弁体 5 か ら 離脱す る の を防止す る ス ト ッ パ ー が取 り 付 け ら れて い る 。 The first float 9 has a hollow block shape, and a hole 9a penetrating it up and down at a position close to the side edge thereof is surrounded by a wall. This hole 9 a is fitted into the curved portion of the chain mounting portion 5 b of the large cleaning valve body 5 and is attached to the large cleaning valve body 5. On the other hand, the first chain 8 extends upward from the hole 9a of the first float 9 and is connected to the large cleaning operation lever 11 of the valve opening operation tool 10. Although not shown immediately above the first float 9, the upper part of the float 9 is pressed to lift the float 9 from the curved portion of the chain mounting portion 5 b. A stopper is installed to prevent the valve from coming off from the large flush valve 5.
—方、 小洗浄弁 B の弁座 6 (以下小洗浄弁座 と い う ) は上記大洗浄弁体 5 に 、 こ れが大洗浄弁座 4 に 着座 し て い る 状態で大洗浄弁座 4 と 同幸由 と な る よ う に 形成 さ れ、 こ の小洗浄弁座 6 に 囲 ま れて大洗浄弁体 5 に 開 口 す る 通 水孔 1 2 の径は、 大洗浄弁座 4 の 内径 よ り も 小 さ く 形成 さ れ る 。  On the other hand, the valve seat 6 of the small flush valve B (hereinafter referred to as the small flush valve seat) is seated on the large flush valve body 5 and the large flush valve seat 4 is seated on the large flush valve seat 4. 4 is formed in such a way as to be the same as that of the large flush valve seat 6. The diameter of the water hole 12 that is surrounded by this small flush valve seat 6 and opens to the large flush valve body 5 is It is formed smaller than the inner diameter of 4.
そ し て、 こ の小洗浄弁座 6 に対応 し て小洗浄弁 B を構 成す る 弁体 7 (以下小洗浄弁体 と い う ) は、 大洗浄弁体 5 と 同 じ 箇所で枢着用 ア ー ム 7 a を介 し てオ ー バ ー フ ロ — 管連結部 3 a に枢着 さ れて い る 。  The valve element 7 (hereinafter referred to as the small cleaning valve element) constituting the small cleaning valve B corresponding to the small cleaning valve seat 6 is pivotally mounted at the same position as the large cleaning valve element 5. It is pivotally connected to the overflow-pipe connection part 3a via the arm 7a.
上記小洗浄弁座 6 は、 大洗浄弁体 5 に 開設 さ れ る 開 口 1 3 の 口縁 に 、 ゴム製の リ ン グ状 シ ー ト 部材 1 4 を そ の 外周 に設 け た 凹溝 1 4 a に よ り 嵌着 し て構成 さ れて お り 該 シ 一 ト 部材 1 4 は、 そ の下面が大洗 ^弁体 5 の シ ー ト と し て大洗浄弁座 4 に対応す る と 共 に上面が小洗浄弁座 6 と し て小洗浄弁体 7 に対応す る よ う に な っ て い る 。  The small flush valve seat 6 has a concave groove formed by setting a rubber ring-shaped sheet member 14 on the outer periphery of the periphery of an opening 13 opened in the large flush valve body 5. The sheet member 14 has a lower surface corresponding to the large flush valve seat 4 as a sheet of the large flush valve body 5. In addition, the upper surface is made to correspond to the small flush valve body 7 as the small flush valve seat 6.
小洗浄弁体 7 は上面の 中央部 に 開弁操作器具 1 ◦ の 小 洗浄用 作動 レ バ 一 1 5 か ら 垂下 さ せ た 第 2 の 鎖 1 6 が連 結 さ れ、 下面 に は環状 の 突起 7 b が形成 さ れ て お り 、 閉 弁時 こ の 環状突起 7 b が上記小洗浄弁座 6 に 密着す る よ う に な つ て い る 。 尚 、 環状突起 7 b は 小洗浄弁体 7 側で は な く 大洗净弁体 5 側、 例 え ば上記 ゴ ム 製 の リ ン グ状 シ — ト 部材 1 4 に 形成 し て も よ い 。 The small flush valve 7 has a small valve-opening device 1 A second chain 16 hanging from the cleaning operation lever 15 is connected to the lower surface, and an annular projection 7b is formed on the lower surface. When the valve is closed, the annular projection 7b is closed. b comes into close contact with the small flush valve seat 6. The annular projection 7b may be formed not on the small flushing valve body 7 side but on the large flushing valve body 5 side, for example, on the rubber-made ring-shaped sheet member 14 described above. .
上記第 2 の 鎖 1 6 の 途 中 に は 、 大洗浄弁体 5 に 取 り 付 け た 第 1 の 浮子 9 よ り 高 い 位置 に お い て第 2 の 浮子 1 7 が取 り 付 け ら れて い る 。 尚 、 こ の 第 2 の 浮子 1 7 の 高 さ 位置 は タ ン ク 満水時 の 水位 よ り 低 く す る 。  In the middle of the second chain 16, the second float 17 is attached at a position higher than the first float 9 attached to the large flush valve element 5. It is. The height position of the second float 17 is lower than the water level when the tank is full.
開弁操作器具 1 ◦ は 、 主 と し て、 タ ン ク 本体 1 の 側壁 を貫通 し て設 け ら れ る ス ピ ン ド ル 1 8 と 、 タ ン ク 本体 1 外 に 突 出す る ス ピ ン ド ル 1 8 の 端部 に 取 り 付 け ら れ る 操 作用 の レ ノく 一 ハ ン ド ノレ 1 9 と 、 タ ン ク 1 内部 に お い て ス ピ ン ド ル 1 8 に 取 り 付 け ら れ る 大洗浄用 、 小洗浄用 夫 々 の 作動 レ バ 一 1 1 , 1 5 と で構成 さ れて い る 。 図 5 に 示 す よ う に 、 上記 ス ピ ン ド ル 1 8 は 、 タ ン ク 本体 1 の 側壁 に 固定 さ れて い る ス ピ ン ド ル ガ イ ド 2 0 を揷通 し て保持 さ れ、 所定角 度時計方向及 び反時計方向 に 回転可能 に 取 り 付 け ら れて い る 。  The valve-opening device 1 ◦ is mainly composed of a spindle 18 that is provided to penetrate the side wall of the tank body 1 and a spindle that protrudes outside the tank body 1. Operation lever attached to the end of the handle 18 and the handle 18 inside the tank 1 and the spindle 18 inside the tank 1 It consists of operating levers 11 and 15 for large cleaning and small cleaning, respectively. As shown in FIG. 5, the spindle 18 is held through the spindle guide 20 fixed to the side wall of the tank body 1. It is mounted so that it can rotate clockwise and counterclockwise by a predetermined angle.
小洗浄用 作動 レ バ 一 1 5 は 、 レ バ 一 部 1 5 a と こ の レ バ ー 部 1 5 a の一端 に一体 に 形成 さ れ た 円 筒部 1 5 b と 力、 ら な り 、 上記 円 筒 部 1 5 b を ス ピ ン ド ル 1 8 に 外嵌す る こ と に よ り 、 回転及 び軸方向 への移動がで き な い よ う に 取 り 付 け ら れて い る 。 ま た 、 レ バ ー 部 1 5 a は通常 ス ピ ン ド ル 1 8 力、 ら 下 向 き に 延 び て い る 。 The actuation lever 15 for small cleaning is composed of a lever part 15a and a cylindrical part 15b formed integrally with one end of the lever part 15a. By externally fitting the above cylindrical portion 15b to the spindle 18 so that rotation and movement in the axial direction cannot be performed. It is attached to Also, the lever section 15a extends downward from the normal spindle 18 force.
大洗浄用 作動 レ バ ー 1 1 は 、 レ バ ー 部 1 1 a と 、 こ の レ バ ー 部 1 1 a の一端 に 一体 に 形成 さ れて 、 幸由線方 向一 端部 に 所定範囲 の 角 度 に 亘 つ て 円 周 方 向 に 延 び る 切欠 き 部 1 1 c を 備 え る 円 筒 部 1 1 b と 力、 ら な り 、 円 筒部 1 1 b を上記小洗浄用 作動 レ バ ー 1 5 の 円 筒 部 1 5 b の 基部 外周 面 に 、 そ の 切欠部 1 1 c を 先端方 向 に 向 け て嵌合す る こ と に よ り 、 回転 自 在で は あ る が軸方 向 に は移動不能 に 小洗浄用 作動 レ バ ー 1 5 に 支承 さ れて い る 。 ま た 、 レ バ ー 部 1 1 a は 、 通常 ス ピ ン ド ル 1 8 力、 ら 下 向 き に 延 び て い る 。  The operating lever 11 for large cleaning is formed integrally with the lever portion 11a and one end of the lever portion 11a, and has a predetermined range at one end in the direction of the Koyuki line. The cylindrical portion 11b provided with a notch 11c extending in the circumferential direction over the angle of the cylindrical portion 11b and the force, and the cylindrical portion 11b is operated for the above small cleaning operation. Rotation is self-supporting by fitting the notch 11c toward the distal end to the outer peripheral surface of the base of the cylindrical portion 15b of the lever 15 in the direction of the tip. Is fixed to the small cleaning operation lever 15 so that it cannot move in the axial direction. In addition, the lever section 11a extends downward from the normal spindle 18 force.
ま た 、 前記小洗浄用 レ バ ー 1 5 に は 、 こ の レ バ ー 1 5 の 回転を大洗浄用 作動 レ バ ー 1 1 に 伝達す る た め に 、 大 洗浄用 作動 レ バ 一 1 1 の 切欠部 1 1 c に 係合 し て 、 そ の 端面 に 当接す る 突 出部 1 5 c が形成 さ れて い る ( 図 6 参 照) 。  In order to transmit the rotation of this lever 15 to the large cleaning operation lever 11, the large cleaning operation lever 1 1 is provided to the small cleaning lever 15. A projection 15c that engages with the notch 11c of FIG. 1 and abuts on the end face thereof is formed (see FIG. 6).
上記突 出部 1 5 c は 切欠部 1 1 c と の 係合状態 に お い て 、 切欠部 1 1 c の 下側端面 1 1 d に 当接す る よ う に 形 成 さ れて い る 。  The protruding portion 15c is formed so as to abut on the lower end surface 11d of the notch 11c when engaged with the notch 11c. .
こ の よ う に 、 こ の 開弁操作器具 1 0 は 、 レ バ ー ハ ン ド ル 1 9 を時計方向 に 回転操作すれば、 小洗浄用 作動 レ バ 一 1 5 が時計方向 に 回転す る と 共 に 、 大洗浄用 作動 レ バ 一 1 1 そ の 切欠部 1 1 c と 小洗净用 作動 レ バ ー 1 5 の 1 A As described above, in the valve-opening device 10, when the lever handle 19 is rotated clockwise, the small cleaning operation lever 15 rotates clockwise. Along with the operating lever 1 1 for large cleaning, the cutout 11 1 c and the operating lever 15 for small cleaning 1 A
突出部 1 5 c と の 係合 に よ り 時計方向 に 回転 し 、 夫 々 鎮 1 6 , 8 を介 し て小洗浄弁体 7 、 大洗浄弁体 5 を 引 き 上 げ る 。 従 っ て、 大洗浄弁 A と 小洗浄弁 B が同時 に 開弁 し て大洗浄が行な われ る 。 It rotates clockwise by the engagement with the protruding portion 15c, and pulls up the small flush valve body 7 and the large flush valve body 5 via the slits 16 and 8, respectively. Therefore, the large flushing valve A and the small flushing valve B are opened at the same time, and the large flushing is performed.
ま た 、 レ バ ー ハ ン ドル 1 9 を反時計方向 に 回転操作す れば、 そ れに 伴 っ て小洗浄用 作動 レ バ 一 1 5 は反時計方 向 に 回転 し て小洗浄弁体 7 を引 き 上げ る が、 小洗浄用 作 動 レ バ ー 1 5 の反時計方向の 回転 に よ り 、 そ の突出部 1 5 が大洗浄用 作動 レ バ ー 1 1 の 切欠部 1 1 c 端面か ら 離れ る 方向 に移動す る た め、 大洗浄用 作動 レ バ ー 1 1 は 回転せず、 大洗浄弁体 5 の 引 き 上げ は行な われな い。 従 つ て、 小洗浄弁体 7 の みが開弁 し て小洗浄が行な われ る 小洗浄の場合、 排水の開始に よ り 小洗浄弁体 7 に加わ る 水圧が減少す る た め、 ハ ン ド ル 1 9 の操作を保持 し て 小洗浄弁体 7 を引 き 上げて お か な く て も 、 小洗浄弁体 7 と 第 2 の浮子 1 7 の浮力 に よ り 小洗浄弁体 7 が引 き 上げ ら れた状態、 即 ち 小洗浄弁 B の 開弁状態が保持 さ れ、 排 水 は継続 さ れ る 。  When the lever handle 19 is rotated counterclockwise, the small cleaning operation lever 15 is also rotated counterclockwise, and the small cleaning valve body is rotated. 7 is pulled up, but due to the counter-clockwise rotation of the small cleaning operation lever 15, the protrusion 15 becomes the notch 1 1 c of the large cleaning operation lever 11. Since it moves in a direction away from the end face, the large cleaning operation lever 11 does not rotate, and the large cleaning valve element 5 is not pulled up. Therefore, in the case of small cleaning in which only the small flushing valve 7 is opened and small flushing is performed, the water pressure applied to the small flushing valve 7 decreases due to the start of drainage. Even if the small flush valve 7 is not pulled up while holding the operation of the handle 19, the small flush valve 7 is not affected by the buoyancy of the small flush valve 7 and the second float 17. The state where 7 is pulled up, that is, the open state of the small flush valve B is maintained, and the drainage is continued.
こ の と き 、 大洗浄弁座 4 の 内径よ り 大洗净弁体 5 の通 水孔 1 2 の径が小 さ く 、 面積差分の差圧が大洗浄弁体 5 に加わ る ので、 大洗浄弁体 5 の浮力 と こ れ に取 り 付け ら れた第 1 の浮子 9 の浮力 に よ り 大洗浄弁 A が開弁 さ れ る こ と は な い 。  At this time, the diameter of the water hole 12 of the large flush valve body 5 is smaller than the inner diameter of the large flush valve seat 4, and the differential pressure of the area difference is applied to the large flush valve body 5. The large flushing valve A is not opened due to the buoyancy of the flushing valve body 5 and the buoyancy of the first float 9 attached thereto.
そ し て、 排水に よ り タ ン ク 本体 1 内 の水位が第 2 の浮 子 1 7 の 位 置 ま で下降 し て 、 第 2 の 浮子 1 7 が水面か ら 突 出 す る 状態 に な る と 、 第 2 の 浮子 1 7 の 浮力 が落 ち る た め 、 小洗浄弁体 7 を 引 上 げて お く こ と がで き な く な り 小洗浄弁体 7 が下降 し 、 小洗浄弁 B が閉弁 し て 排水が 停 止 さ れ る 。 Then, the water level in the tank body 1 is raised by the drainage to the second floating state. When the second float 17 protrudes from the water surface by descending to the position of the child 17, the buoyancy of the second float 17 decreases, and the small flush valve is used. The body 7 is no longer able to be lifted, and the small flush valve body 7 is lowered, the small flush valve B is closed, and the drainage is stopped.
ま た 、 大洗浄 の 場合 、 排水 の 開始 に よ り 大洗浄、 小洗 浄夫 々 の 弁体 5 , 7 に は 水圧 が殆 どか 力、 ら な く な る た め ハ ン ド ル 1 9 の 操作 を保持 し て 大洗浄弁体 5 を 引 き 上 げ て お か な く て も 、 両弁体 5 , 7 と 第 1 の 浮子 9 の 浮力 に よ り 、 小洗浄弁体 7 を乗せ た ま ま 大洗浄弁 体 5 が引 き 上 げ ら れ た 状態、 即 ち 大洗浄弁 A の 開弁状態が保持 さ れ、 排水 は継続 さ れ る 。  Also, in the case of a large flush, the valve pressure of the valve 5 and 7 of the large flush and the small flush is reduced by the start of drainage. Even if it is not necessary to pull up the large flushing valve element 5 while maintaining the operation, the small flushing valve element 7 is put on due to the buoyancy of both the valve elements 5 and 7 and the first float 9. In addition, the state where the large flush valve body 5 is pulled up, that is, the open state of the large flush valve A is maintained, and the drainage is continued.
そ し て 、 排水 に よ り タ ン ク 本体 1 内 の 水位が第 1 の 浮 子 9 の 位置 ま で下降 し て、 こ の 浮子 9 が水面か ら 突 出す る 状態 に な る と 、 浮子 9 の 浮力 が落 ち る た め 、 大洗浄弁 体 5 を 引 き 上 げ た状態 に 保持す る こ と がで き な く な り 、 大洗浄弁体 5 が下降す る 。  Then, when the water level in the tank body 1 drops to the position of the first float 9 due to the drainage, and the float 9 projects from the water surface, the float 9 Since the buoyancy of the large cleaning valve element 5 is reduced, the large cleaning valve element 5 cannot be held in the pulled up state, and the large cleaning valve element 5 descends.
こ の と き 、 小洗浄弁体 7 に は第 2 の 浮子 1 7 の 浮力 は 作用 し て お ら ず、 こ れ に 連結す る 第 2 の 鎖 1 6 も 弛ん で い る た め 、 小洗浄弁体 7 も 大洗浄弁体 5 か ら 離れ る こ と な く 大洗浄弁体 5 と 共 に 下降す る 。 こ れ に よ り 大洗浄弁 A が閉弁 し 、 排水が停止 さ れ る 。  At this time, the buoyancy of the second float 17 is not acting on the small flush valve 7, and the second chain 16 connected thereto is also loose. The valve element 7 also descends together with the large flush valve element 5 without leaving the large flush valve element 5. As a result, the large flushing valve A is closed, and the drainage is stopped.
従 っ て、 小洗浄 の 場合 に は 、 タ ン ク 本体 1 内 の 比較的 高 い 位置 に お い て第 2 の 鎖 1 6 に 設 け ら れ た 第 2 の 浮子 1 7 の 位置 よ り 上 の 分 の 水 し か排水 さ れ な い の に 対 し て 大洗浄 の 場合 に は 大洗浄弁体 5 に 一体的 に 設 け ら れ て比 較 的低 い 位置 に あ る 第 1 の 淳子 9 の 位置 よ り 上 の 分 の 水 は 全 て排水 さ れ る こ と に な る 。 Accordingly, in the case of small cleaning, the second float provided on the second chain 16 at a relatively high position in the tank body 1 is provided. In the case of large cleaning, only the water above the position of 17 is drained, but in the case of large cleaning, it is installed integrally with the large cleaning valve 5 and at a relatively lower position. Any water above the position of a certain first Junko 9 will be drained.
こ の よ う に 大洗浄弁 A と 小洗浄弁 B を 同蚰上 に 配置 し し か も 大洗浄弁体 5 と 小洗浄弁体 7 を上下 に 重ね る よ う に す れば、 二つ の 洗浄弁 A , B を 備 え る も の で あ る に も 拘 ら ず、 排水装置 の 幅方 向 の 大 き さ を 洗浄弁 を一つ し か 備 え な い 排水装置 と 同程度 に 小形 化す る こ と が可能 と な o  In this way, if the large flush valve A and the small flush valve B are arranged on the same line and the large flush valve 5 and the small flush valve 7 are stacked one on top of the other, two Despite having washing valves A and B, the size of the drainage device in the width direction is reduced to the same size as that of a drainage device having only one washing valve. O It is possible to
尚 、 上記実施例 に お い て は 、 小洗浄弁座 6 を大洗浄弁 体 5 に取 り 付 け た ゴ ム 製 の リ ン グ状 シ ー ト 部材 1 4 で構 成 し た の で、 ゴ ム の 粘着性 に よ り 、 小洗浄弁 B の 開弁時 に 、 小洗浄弁体 7 が大洗浄弁体 5 に 粘着 し 、 大洗浄弁体 5 も 一緒 に 引 き 上 げ ら れて し ま う 場合力《 あ る 。  In the above embodiment, the small flush valve seat 6 was formed of a rubber-made ring-shaped sheet member 14 attached to the large flush valve body 5. Due to the adhesiveness of the rubber, when the small flush valve B is opened, the small flush valve 7 adheres to the large flush valve 5 and the large flush valve 5 is pulled up together. If so, there is power.
そ こ で、 斯 る 問題 を解決 し た の が図 7 及 び図 8 に 示す 第 2 の 実施例で あ る 。  The second embodiment shown in FIGS. 7 and 8 solves such a problem.
こ の 第 2 の 実施例 は 、 基本的 な 構造 に お い て は前記第 1 の 実施例 と ほ ぼ同 じ も の で あ る が、 小洗净弁体 7 の 上 面 に 梃 2 1 を設 け て 、 こ の 梃 2 1 の一端 を下 向 き に 折 り 曲 げて大洗浄弁体 5 の上面 に 当接 さ せ、 梃 2 1 の 他端 に 第 2 の鎖 1 6 を連結 し て い る こ と を特徴 と す る も の で あ 。  This second embodiment has almost the same basic structure as that of the first embodiment, except that a lever 21 is provided on the upper surface of the small flush valve 7. Then, one end of this lever 21 is bent downward to abut on the upper surface of the large flush valve body 5, and the second chain 16 is connected to the other end of the lever 21. It is characterized by the fact that
従 っ て 、 こ の 実施例で は 、 小洗浄操作 に よ り 第 2 の鎖 31 1 Thus, in this example, the second wash was performed by a small washing operation. 31 1
17  17
1 6 力' 引 き 上 げ ら れ る と 、 図 8 に 示す よ う に 、 梃 2 1 が 大洗浄弁体 5 を 下方 に 押 し つ け て 、 小洗浄弁体 7 を そ の 弁座 6 を構成す る 大洗浄弁体 5 の ゴ ム 製 リ ン グ状 シ ー 卜 部材 1 4 か ら 引 き は がす の で 、 小洗浄時 に 大洗浄弁 体 5 が小洗浄弁体 7 に 粘着 し て 引 き 上 げ ら れ る よ う な 不都合 力く な い o  As shown in FIG. 8, when the lever is lifted, the lever 21 pushes the large flush valve 5 downward, and the small flush valve 7 is moved to its valve seat 6 as shown in FIG. The large cleaning valve element 5 is separated from the rubber-made sealing member 14 of the large cleaning valve element 5 so that the large cleaning valve element 5 adheres to the small cleaning valve element 7 during small cleaning. O Inconvenience such as being pulled up
上記 の 実施例で は 、 一つ の 開弁操作器具 1 0 で大、 小 夫 々 の 洗浄弁 A , B の 開弁 を 操作す る よ う に し た が、 図 9 及 び図 1 0 に 示す第 3 の 実施例 の よ う に 、 開弁操作器 具 を二つ 設 け て大洗浄弁 A 、 小洗浄弁 B を 格別 の 開弁操 作器具で操作す る よ う に な す こ と も 勿論可能で あ る 。  In the above-described embodiment, the opening of each of the large and small cleaning valves A and B is operated by one valve-opening operation tool 10, but FIG. 9 and FIG. As shown in the third embodiment, two valve-opening devices are provided, and the large flush valve A and the small flush valve B are operated by special valve-opening devices. Of course, it is possible.
図 9 、 図 1 ◦ に お い て 、 1 ◦ 1 は大洗浄用 の 開弁操作 器具、 1 0 2 は小洗浄用 の 開弁操作器具で あ り 、 夫 々 夕 ン ク 本体 1 の 側壁 を貫通 し て設 け ら れ る ス ピ ン ド ル 1 8 1 , 1 8 2 と 、 タ ン ク 本体 1 外 に 突 出 す る ス ピ ン ド ル 1 8 1 , 1 8 2 の そ れぞれの 端部 に 取 り 付 け ら れ る 操 作用 の レ バ 一 ハ ン ド ル 1 9 1 , 1 9 2 と 、 夫 々 タ ン ク 1 内 部 に お い て ス ピ ン ド ル 1 8 1 , 1 8 2 の 先端 に 延設 さ れ る 作動 レ バ 一 1 1 1 , 1 5 1 と で構成 さ れて い る 。 そ し て ス ピ ン ド ノレ 1 8 1 , 1 8 2 は前記実施例 と 同様 に 、 ス ピ ン ド ル ガ イ ド 2 ◦ の 端部 に 設 け た 切 り 欠 き ( 図示せ ず) と ス ピ ン ド ル 1 8 1 , 1 8 2 に 設 け た 突起 (図示せ ず) と の 係合 に よ っ て ス ピ ン ド ル ガ イ ド 2 0 に 所定 の 方 向 、 例 え ば時計方向 に 所定角 度回転可能 に 取 り 付 け ら れ て い る 。 In Fig. 9 and Fig. 1 ◦, 1 ◦ 1 is a valve-opening device for large cleaning, and 102 is a valve-opening device for small cleaning, each of which is provided with a side wall of the ink tank 1. Spindles 18 1 and 18 2 penetrating and spindles 18 1 and 18 2 protruding outside tank body 1, respectively. Operation levers 19 1, 19 2 attached to the ends of the cylinders, and spindles 18 1 inside the tank 1, respectively , 182, and operating levers 11 1, 15 1 extending from the distal end. The spinnerets 18 1 and 18 2 are provided with cutouts (not shown) formed at the ends of the spindle guide 2 ◦ in the same manner as in the above embodiment. A predetermined direction, such as a clock, is achieved by engaging a protrusion (not shown) provided on the spindle 181, 182 with the spindle guide 20. It is mounted so that it can rotate at a predetermined angle in the direction. ing .
そ し て 、 大洗浄用 の 開弁操作器具 1 0 1 は 、 そ の 作動 レ バ 一 1 1 1 の 先端が大洗浄弁 体 5 に 第 1 の 鎖 8 で連結 さ れ、 小洗浄用 開弁操作器具 1 0 2 は 、 そ の 作動 レ バ ー 1 5 1 の 先端が小洗浄弁体 7 に 第 2 の 鎖 1 6 で連絡 さ れ て お り 、 各 々 レ ノく 一 ハ ン ド ル 1 9 1 , 1 9 2 の 回転操作 に よ り 、 鎖 8 , 1 6 を 介 し て弁体 5 , 7 を 引 き 上 げ て弁 座 5 , 6 力、 ら 弓 I き 離す こ と がで き る よ う に な っ て い る 。  In addition, the valve opening operating device 101 for large flushing is connected to the large flushing valve body 5 with the first chain 8 at the end of the operating lever 111, and the valve opening for small flushing is performed. The operating device 102 has its operating lever 15 1 connected to the small flush valve 7 via the second chain 16 at the tip thereof, and each of the operating handles 15 1 By rotating the 911 and 192, the valve bodies 5 and 7 can be pulled up via the chains 8 and 16 to separate the valve seats 5 and 6 from the bow I. It has become so .
ま た 、 こ の 実施例で は 、 第 1 の 鎖 8 の 途 中 に 第 1 の 浮 子 9 が、 第 2 の 鎖 1 6 の 途中 に 第 2 の 淳子 1 7 が夫 々 取 付 け ら れて 、' タ ン ク 本体 1 内 の 低 い 位置 に 第 1 の 浮子 9 が、 タ ン ク 本体 1 内 の 比較的高 い 位置 に 第 2 の 浮子 1 7 が配置 さ れて い る が、 前記第 1 の 実施例同様 、 第 1 の 浮 子 9 を大洗浄弁体 5 に 直接取付 け る よ う に な す こ と も 任 意で あ る 。  Also, in this embodiment, the first float 9 is mounted in the middle of the first chain 8 and the second Junko 17 is mounted in the middle of the second chain 16. Thus, the first float 9 is disposed at a low position in the tank body 1 and the second float 17 is disposed at a relatively high position in the tank body 1. As in the first embodiment, it is optional that the first float 9 can be directly attached to the large flush valve body 5.
こ の よ う に 、 こ の 実施例の も の は大洗浄弁 A と 小洗浄 弁 B の 開弁 を 格別 の 開弁操作器具 1 ◦ 1 , 1 ◦ 2 に よ り 操作す る 以外 は第 1 の 実施例 と 全 く 同様 に 作動す る が、 鎖 8 , 1 6 への 浮子 9 , 1 7 の 取付位置 を変 え る こ と に よ り 小洗浄時 ばか り で な く 大洗浄時 に お け る 洗浄水 の 排 水量 を増 や し た り '减 ら し た り す る こ と がで き 、 使用 水量 が異 な る 様 々 な 便器への 対応性が 向上す る 。  As described above, this embodiment is the same as the first embodiment except that the opening of the large flush valve A and the small flush valve B is operated by the special valve-opening operating devices 1 • 1 and 1 • 2. The operation is completely the same as that of the embodiment of the first embodiment, except that the mounting positions of the floats 9 and 17 on the chains 8 and 16 are changed so that not only small washing but also large washing can be performed. It is possible to increase or reduce the amount of flush water that can be flushed, thereby improving the compatibility with various toilets that use different amounts of water.
次 に 図 1 1 に 示す第 4 の 実施例 は第 1 の 実施例 の よ う に 、 大洗浄弁体 5 に 直接.第 1 の 浮子 9 を取付 け た り 、 第 2 の実施例 の よ う に 、 大洗浄弁体 5 と 開弁操作器具 1 0 1 と を連絡す る 第 1 の鎮 8 に第 1 の浮子 9 を取付 け る 代 わ り に 、 大洗浄弁体そ の も の に 第 1 の 浮子 と し て の機能 を持た せ た も の で あ る 。 Next, the fourth embodiment shown in Fig. 11 is, like the first embodiment, directly attached to the large flush valve body 5. The first float 9 can be attached to the large flush valve body 5. As in the second embodiment, instead of attaching the first float 9 to the first wall 8 that connects the large flush valve body 5 and the valve opening operation device 101, a large flush valve is used. It is the body that has the function of the first float.
こ の実施例 に お い て 、 大洗浄弁体 1 0 5 は 中空な リ ン グ状 に形成 さ れた フ ロ ー 卜 2 2 に 、 オ ー バ 一 フ ロ ー 管連 結部 3 a へ の枢着用 ア ー ム 1 0 5 a を取 り 付 け て構成 さ れてお り 、 フ ロ ー ト の下面が大洗浄弁座 4 に対応 し て大 洗浄弁 A を構成 し 、 上面が小洗浄弁座 1 0 6 と し て小洗 浄弁体 1 ◦ 7 に対応す る よ う に な っ て い る 。  In this embodiment, the large flush valve body 105 is connected to the hollow ring-shaped float 22 and the overflow pipe connection 3a. The lower arm of the float corresponds to the large flush valve seat 4 and constitutes a large flush valve A, and the upper face is small. The cleaning valve seat 106 is designed to correspond to the small cleaning valve 1◦7.
そ し て、 大洗浄弁体 1 0 5 に連結 さ れ る 第 1 の鎖 8 は オ ー バー フ ロ ー 管連結部 3 a への枢着用 ア ー ム 1 ◦ 5 a が延び る 側 と は反対側に お い て、 こ の弁体 1 0 5 の端部 に連結 さ れて い る 。 そ し て こ の鎮 8 に は浮子 は装着 さ れ て い な い 。  The first chain 8 connected to the large flush valve body 105 is connected to the overflow pipe connecting portion 3a by a pivot arm 1◦5a. It is connected to the end of this valve body 105 on the opposite side. And no floats are attached to this town 8.
—方、 小洗浄弁体 1 0 7 は前記第 1 実施例 と 実質的 に 同 じ構造を有 し 、 こ の 小洗浄弁体 1 0 7 を開弁操作器具 の小洗浄用 作動 レバー に連絡す る 第 2 の鎮 1 6 の途中 に は、 浮子 1 7 力 取 り 付け ら れて い る 。  On the other hand, the small flush valve 107 has substantially the same structure as that of the first embodiment, and this small flush valve 107 is connected to the operating lever for small flush of the valve opening operation device. In the middle of the second town 16, there is a float 17 installed.
従 っ て、 こ の実施例 に お い て は、 小洗浄弁 B は前記第 1 実施例 と 全 く 同一の動作を行な う が、 大洗浄弁 A は次 の よ う な動作を行な う 。  Therefore, in this embodiment, the small flushing valve B performs exactly the same operation as the first embodiment, but the large flushing valve A performs the following operation. U.
即 ち 、 開弁操作器具を操作 し て大洗浄弁体 1 0 5 を 引 き 上げ る と 、 大洗浄弁体 1 0 5 は小洗浄弁体 1 0 7 を乗 せ た ま ま 引 き 上 げ ら れて 、 大洗浄弁 A が開弁 し 、 フ ロ ー 卜 2 2 の 浮力 に よ り こ の 開弁状態が保持 さ れ る 。 Immediately, by operating the valve-opening device and pulling up the large flush valve 105, the large flush valve 105 rides the small flush valve 107. The large flush valve A is opened while being pulled up, and the open state is maintained by the buoyancy of the float 22.
ま た こ の 実施例で は 、 フ ロ ー ト 2 2 に よ り 構成 さ れ る 大洗浄弁体 1 ◦ 5 は 、 大洗浄弁 A の 閉弁時 に 大洗浄弁座 4 よ り 外側 に 突 出す る 部分 の 面積 を上記弁座 4 よ り 内側 に 有 る 部分 の 面積 よ り 小 さ く し て 、 浮力 部分が大洗浄弁 座 4 の 内側 に 偏在す る よ う に 形成 さ れて い る 。  In this embodiment, the large flush valve 1 ◦ 5 composed of the float 22 protrudes outward from the large flush valve seat 4 when the large flush valve A is closed. The area of the protruding part is made smaller than the area of the part inside the valve seat 4 so that the buoyancy part is formed so as to be unevenly distributed inside the large cleaning valve seat 4. .
大洗浄弁体 1 〇 5 を こ の よ う に 構成す る の は 、 タ ン ク 本体 1 が空 の状態の と き か ら 給水が行 な わ れて も 確実 な 貯水 を保証す る た め で め る  The large flush valve 1-5 is constructed in this way to ensure reliable water storage even when water is supplied even when the tank body 1 is empty. Come out
以下 、 こ め こ と に つ い て説明 す る  The following is a description of the body
即 ち 、 浮子 1 7 の 位置 に よ り 排水量 を規制す る こ の 種 の 洗浄弁で は 、 例 え ば大洗浄 の 場合 に 正常 な 閉弁水位 に な つ た 後で も 、 開弁操作器具 を操作す る と 洗浄弁が開 か れて排水が行 な わ れ る こ の よ う な 場合 に は水位が弁体 の 下面 よ り 下、 例 え ば弁座位置 ま で下降 し て し ま う こ と 力く あ る  Immediately after, the flushing valve of this type, in which the displacement is regulated by the position of the float 17, is not required even after the normal valve closing water level is reached, for example, in the case of large flushing. In such a case, the flushing valve is opened and drainage is performed.In such a case, the water level falls below the lower surface of the valve body, for example, to the valve seat position. It is powerful
こ の 状態で給水が行 な わ れ、 こ の と き の 給水流量が少 な い と 、 耠水量 と 排水量及 び弁体 の 重量 と 浮力 と が微妙 に バ ラ ン ス し て 洗浄弁 の 開弁状態が維持 さ れ、 何時 ま で ち タ ン ク に 水力《溜 ま ら な い 場合力く あ る 。  In this state, water is supplied, and if the water supply flow rate is small at this time, the amount of water and drainage, and the weight and buoyancy of the valve body are delicately balanced, and the cleaning valve is opened. The valve condition is maintained and the tank is strong if no hydraulic power remains in the tank until the time.
そ こ で 、 こ の よ う な 事態が発生す る の を 回避す る た め に は 、 余裕 を見て浮子 を高 い 位置 に 設定す る 必要が あ る し 力、 し こ の 場合 に は 、 通常 の排水操作 を行 な っ て排水 し た 後 、 再 び閉弁 し た 際 に 、 排水 さ れず に タ ン ク 内 に 残留 し て い る 残留水、 即 ち デ ッ ド · ウ ォ ー タ ー の 量が多 く な る と い う 問題力《 あ る 。 Therefore, in order to avoid such a situation from occurring, it is necessary to set the float to a higher position with a margin, and in the case of force, Perform the normal drainage operation to drain After the valve is closed again, the amount of residual water remaining in the tank without being drained, that is, the amount of dead water immediately increases. Problematic power
ま た 、 寒冷地で は 凍結防止 の た め に 夜 間 に は 貯水 夕 ン ク の 水 を抜 く 事が行 な わ れ る が、 こ の よ う な 場 合 に は 夕 ン ク は ほ と ん ど空の 状態 に な る 。  In cold regions, the water in the reservoir is drained at night to prevent freezing, but in such a case, the evening tank is almost always drained. It is almost empty.
こ の よ う に 、 夕 ン ク が空 の 状態で給水が行 な わ れ る 場 合、 弁体 に は上方 か ら の 水圧が か 力、 ら な い た め 、 水位が 弁体の 下面位置 ま で上昇す る と 、 弁体 に 浮力 が働 い て弁 体が弁座か ら 瞬 間 的 に 浮 き 上が る 状態が生 じ る 。 そ し て こ の と き 給水量が少 な け れば、 上記 と 同様、 洗浄弁 の 開 弁状態が維持 さ れ、 何時 ま で た っ て も タ ン ク に は水が溜 ま ら な い 状態力《生 じ る こ と 力 あ る 。  In this way, when water is supplied with the evening tank empty, the water level does not come from above, so the water level is lower than the bottom of the valve. When the valve body rises, buoyancy acts on the valve element, causing a state in which the valve element instantly floats from the valve seat. At this time, if the amount of water supply is small, the flushing valve remains open as described above, and no water will accumulate in the tank at any time. State power << There is power to occur.
斯 か る 問題 を解決す る た め に は 、 タ ン ク が空 の状態、 ま た は 、 水位が弁座 よ り 下 に あ る 状態で給水が開始 さ れ て も 弁体が浮 き 上力《 ら な い よ う に し な け れ ば な ら ず、 そ の た め に は 、 水を 溜 め て い く 間 の ど の 瞬 間 に お い て も 常 に 弁体 の 自 重 と 水圧 に よ り 弁体 に か か る 下向 き の 力 の 総 和 を 、 弁体 と 浮子の 浮力 に よ る 上向 き の 力 よ り 大 き く す る 必要が あ る 。  In order to solve such a problem, the valve body must be lifted even if water is started while the tank is empty or the water level is below the valve seat. It is necessary to make sure that the valve does not lose its own weight at any moment during the accumulation of water. The sum of the downward force exerted on the valve element by the water pressure must be greater than the upward force exerted by the buoyancy of the valve element and the float.
こ の 第 4 実施例で は上述 し た よ う に 、 大洗浄弁体 1 0 5 の 浮力 部分 を大洗浄弁座 4 の 内側 に 偏在せ し め て 、 閉 弁時 に お い て大洗浄弁座 4 外方 に 突 出 し て浮力 を受 け る 部分 を 小 さ く し た の で、 こ の 弁体 1 0 5 が全没す る ま で の 浮力 の 増 え 方が少 な く 、 弁体 1 0 5 が 全没す る ま で上 言己関係が保 た れ る こ と と な り 、 弁体 1 0 5 が浮 き 上が つ て大洗浄弁 A が開 い て し ま う こ ヒ な い 。 In the fourth embodiment, as described above, the buoyancy portion of the large cleaning valve body 105 is unevenly distributed inside the large cleaning valve seat 4 so that the large cleaning valve is closed when the valve is closed. Seat 4 Since the part that protrudes outward and receives buoyancy has been reduced, this valve element 105 must be fully retracted until it fully subsides. The buoyancy of the valve body is not increased much, and the self-relationship is maintained until the valve body 105 is completely immersed, and the valve body 105 rises. The large flush valve A does not open.
従 っ て 、 タ ン ク 本体 1 が空 の 状態か ら の 給水で も 確実 に 貯水す る こ と 力《で き る 。  Therefore, it is possible to surely store water even when the tank body 1 is supplied with water even when the tank body 1 is empty.
こ れ に よ り 、 従来 の よ う に 、 浮子 を 必要以上 に 高 い 位 置 に 設定す る こ と が不要 と な り 、 排水後残留す る デ ッ ド • ウ ォ ー タ ー の 水位 を下 げ る こ と 力くで き 、 タ ン ク 内 ス ぺ ー ス の 利用 効率が向 上す る 。  This eliminates the need for setting the float to an unnecessarily high position as in the past, and reduces the level of the dead water remaining after draining. It is possible to lower the pressure and improve the efficiency of space utilization in the tank.
以上 の よ う に こ の 第 4 実施例 は 、 大洗浄弁体 1 0 5 が 全没す る ま で の 弁体 1 ◦ 5 の 浮力 の 増 え 方 を少 な く す る こ と に よ り 、 大洗浄弁体 1 ◦ 5 及 び小洗浄弁体 1 ◦ 7 の 自 重 と 水圧 に よ り 、 大洗浄弁体 1 ◦ 5 に か か る 下向 き の 力 の和が大洗浄弁体 1 ◦ 5 の 浮力 よ り 大 き く な る よ う に し て、 夕 ン ク 本体 1 が空の 状態か ら の 給水 に お い て も 確 実 な 貯水 を 実現で き る よ う に し た が、 水位が大洗浄弁座 4 の高 さ と 同等若 し く は そ れ よ り 低 く な っ た と き の 大洗 浄弁体 の 自 重 を大 き く す る こ と に よ つ て も 同様 の効果 を 達成す る こ と がで き る 。  As described above, in the fourth embodiment, the increase in the buoyancy of the valve 1 ◦5 until the large cleaning valve 105 is completely sunk is reduced. Due to the weight and water pressure of the large flush valve 1◦5 and the small flush valve 1◦7, the sum of the downward force on the large flush valve 1◦5 is large flush valve 1 ◦ The buoyancy was set to be larger than the buoyancy of 5, so that reliable water storage can be realized even when the main body of the evening tank is supplied with water from an empty state. The same applies to increasing the weight of the Oarai valve when the water level is equal to or lower than the height of the Oarai valve seat 4. The effect can be achieved.
そ の 実施例 を 図 1 2 及 び図 1 3 に 示す第 5 の 実施例、 図 1 4 に 示す第 6 の 実施例 に よ り 説明 す る 。  This embodiment will be described with reference to a fifth embodiment shown in FIGS. 12 and 13 and a sixth embodiment shown in FIG.
第 5 の 実施例で は 、 第 2 の 浮子 1 1 7 に は こ れを上下 に 貫通す る 孔 1 1 7 a が中央 に 形成 さ れて お り 、 第 2 の 鎖 1 1 6 は こ の孔 1 1 7 a を揷通 し て下端が小洗浄弁体 101 T/JP95/00677 In the fifth embodiment, a hole 117a penetrating vertically through the second float 117 is formed in the center, and the second strand 114 Small flush valve at lower end through hole 1 1 7a 101 T / JP95 / 00677
2 3  twenty three
7 の 上面 中央部 に 連結 さ れ て い る が 、 上記第 2 の 浮子 1 1 7 の 孔 1 1 7 a は第 2 の 鎖 1 1 6 の 太 さ に 対 し て十 分 に 大 き く 形成 さ れ、 第 2 の 浮子 1 1 7 が第 2 の 鎖 1 1 6 に ス ラ イ ド し て そ の 位置 を上下 に 移動で き る よ う に な っ て い る 。  7 is connected to the center of the upper surface, but the hole 1 17a of the second float 11 17 is formed sufficiently large with respect to the thickness of the second chain 1 16 The second float 1 17 slides on the second strand 1 16 so that it can move up and down the position.
第 2 の 鎮 1 1 6 に は第 1 の 浮子 9 よ り 高 い 所定 の 高 さ 位置 に 、 上記孔 1 1 7 a の 径 よ り 大 き な ス ト ツ バ一 1 1 6 a 力《取 り 付 け ら れて い る 。  The second wall 111 is provided at a predetermined height higher than the first float 9 at a predetermined height higher than the diameter of the hole 117a. It is attached.
従 っ て 、 上記第 2 の 浮子 1 1 7 の 移動範囲 は 、 第 2 の 鎖 1 1 6 の 小洗浄弁体 7 へ の 連結部 1 1 6 b 力、 ら ス 卜 ッ 一 1 1 6 a ま でで あ り 、 タ ン ク 本体 1 内 の 水位が ス ト 。一 1 1 6 a の高 さ 位置以上 あ る と き に は 、 ス ト ツ パ 一 1 1 6 a に 引 っ 掛力、 つ て第 1 の 浮子 9 よ り 高 い 位置 に 浮 い て い る 力く、 水位が下降 し ス ト ッ パ ー 1 1 6 a の 位置 よ り 低下す る と 、 第 2 の鎖 1 1 6 に ス ラ イ ド し て水位 と 共 に 下方 に 移動す る 。  Accordingly, the moving range of the second float 117 is limited by the connecting portion 116b force of the second chain 116 to the small flush valve element 7 and the movable portion 116a. Therefore, the water level in the tank body 1 is low. When it is at or above the height of 1 1 16a, it is the hooking force on 1 1 16a, and it is floating at a position higher than the first float 9 Vigorously, when the water level drops and drops below the position of the stopper 116a, it slides to the second chain 116 and moves downward with the water level.
こ の よ う に 、 本実施例 は通常 の 使用 に お け る 大洗浄弁 A 、 小洗浄弁 B の 作動 は前述 し た 各実施例 の 作動 と 同 じ で あ る が、 大洗浄 の 場合 に は 、 大洗浄弁 A の 閉弁時 の 水 位 は 、 第 2 の鎖 1 1 6 の ス ト ッ パ ー 1 1 6 a の 高 さ 位置 よ り 当然低 く な る の で、 図 1 2 に 示す よ う に 、 第 2 の 浮 子 1 1 7 力《第 2 の 鎮 1 1 6 を ス ラ イ ド し て そ の 水位 ま で 下降す る こ と に な る 。  As described above, in this embodiment, the operation of the large flush valve A and the small flush valve B in normal use is the same as the operation of each of the above-described embodiments, but in the case of large flush. Fig. 12 shows that the water level when the large flush valve A is closed is naturally lower than the height position of the stopper 116a of the second chain 116. As shown, the second float 1 17 force slides the second float 1 16 and descends to its water level.
ま た 、 開弁操作器具 1 0 の 連続操作 や 、 タ ン ク 本体 1 の 水抜 き に よ り 水位が大洗净弁座 4 よ り 低 く な り 、 タ ン ク 本体 1 が空 の状態 に な っ た と き に は 、 図 1 3 に 示す よ う に 、 第 2 の 浮子 1 1 7 が第 2 の 鎮 1 1 6 を更 に 下方 に ス ラ イ ド し て 、 小洗浄弁体 7 に 載乗す る 状態 と な る 。 In addition, continuous operation of the valve-opening device 10 and the tank body 1 When the water level becomes lower than that of the large flush valve seat 4 and the tank body 1 is emptied by draining water, as shown in FIG. 13, as shown in FIG. The float 117 of the second slide further slides the second bank 111 downward, and is put on the small flush valve 7.
こ の 状態で は 、 第 2 の 浮子 1 1 7 は 、 小洗浄弁体 7 を 介 し て錘 と し て大洗浄弁体 5 に 作用 し 、 大洗净弁体 5 は 第 2 の 浮子 1 1 7 の 重量分 だ け 重 く な る 。  In this state, the second float 11 17 acts as a weight on the large flush valve 5 via the small flush valve 7, and the large flush valve 5 acts as the second float 11. It becomes heavier by the weight of 7.
従 っ て 、 こ の状態で給水が行 な わ れて水位が上昇 を 開 始 し 、 大洗浄弁体 5 を浮 き 上が ら せ よ う と す る 力 が働 い て も 、 前述 の よ う に 大洗浄弁体 5 は 重量が増 え て い る た め 容易 に は浮 き 上力《 ら ず、 大洗浄弁 A の 開弁 は起 こ ら な い 。 従 っ て水位 は確実 に 上昇 し て ゆ き 、 こ の 水位 の上昇 に よ り 、 第 2 の浮子 1 1 7 は第 2 の 鎮 1 1 6 を上方 に ス ラ イ ド し て錘 の 作用 を果 た さ な く な る が、 そ の と き に は 大洗浄弁体 5 、 小洗浄弁体 7 は 完全 に 水没 し て お り 、 こ れ ら 両弁体 5 , 7 に は水圧が作用 す る 。 こ の た め 、 仮 に 給水流量が低 く て も 大洗浄弁 A 、 小洗浄弁 B の 開弁 は 起 こ ら ず、 タ ン ク 本体 1 への 貯水 は確実 に 行 な わ れ る 。  Therefore, even if the water is supplied in this state and the water level starts to rise and the force for lifting the large flush valve body 5 is exerted, the above-described situation occurs. As described above, since the large flush valve body 5 has increased in weight, the large flush valve A does not easily lift up and the large flush valve A does not open. Therefore, the water level rises steadily, and due to the rise of the water level, the second float 11 17 slides upward on the second wall 11 16 to exert the action of the weight. At this time, the large flushing valve 5 and the small flushing valve 7 are completely submerged, and water pressure acts on both the valves 5 and 7. . Therefore, even if the water supply flow rate is low, the large flush valve A and the small flush valve B do not open, and the water is reliably stored in the tank body 1.
図 1 4 に 示す第 6 の 実施例 に お い て は 、 小洗浄弁体 1 2 7 に 溜水 凹部 2 3 を設 け る こ と に よ り 、 上記第 5 の 実施例 と 同様 な 効果 を得 る よ う に し て い る 。  In the sixth embodiment shown in FIG. 14, the same effect as that of the fifth embodiment can be obtained by providing the reservoir 23 with the small flush valve body 127. I get it.
即 ち 、 こ の 実施例 に お い て は 、 小洗浄弁体 1 2 7 の 中 央部上面 を裏側 に 窪 ま せ て 溜水凹部 2 3 を 形成 し て あ り こ の 溜水 凹部 2 3 は小洗浄弁体 1 2 7 の裏側 に 突 出 し て 小洗浄弁 B の 閉弁時 に は 大洗浄弁 体 5 の 大洗浄弁座 4 内 に 嵌 ま り 込 む よ う に な っ て い る 。 In other words, in this embodiment, the upper surface of the central portion of the small flush valve 127 is recessed to the rear side to form the reservoir recess 23, and the reservoir recess 23 is formed. Protrudes to the back of the small flush valve body 127 When the small flush valve B is closed, the small flush valve B is fitted into the large flush valve seat 4 of the large flush valve body 5.
こ の よ う に 、 本実施例で は 小洗浄弁体 1 2 7 の 溜水 凹 部 2 3 内 に 常時水が溜 ま っ て お り 、 水 位が大 洗浄弁座 4 よ り 低 く な る か、 タ ン ク 本体 1 が空 の 状態 に な っ た と き に は 、 こ の 溜水 凹部 2 3 内 に 溜 ま っ た 水が大洗浄弁体 5 に 錘 と し て作用 し 、 給水 に よ る 水位 の 上昇 に 伴 う 大洗浄 弁体 5 の 浮 き 上が り を 防止す る 。  As described above, in this embodiment, the water is always stored in the reservoir 23 of the small flush valve 1 27, and the water level is lower than that of the large flush valve seat 4. Or, when the tank body 1 is empty, the water collected in the reservoir recess 23 acts as a weight on the large flush valve body 5 to supply water. This prevents the large flush valve body 5 from rising due to the rise of the water level caused by the water.
従 っ て 、 こ の 実施例 も 上記第 5 の 実施例 と 同様、 水位 が大洗浄弁座 4 よ り 低 く な る か、 タ ン ク 本体 1 が空 の 状 態で給水が行 な われ、 そ の と き の 給水流量が少 な い と き で あ っ て も 、 大洗浄弁 A 、 小洗浄弁 B の 開弁 を防止 し て 、 夕 ン ク 本体 1 への 貯水を確実 に 行 な う こ と が可能 に な る 。  Therefore, in this embodiment, similarly to the fifth embodiment, the water is supplied with the water level being lower than that of the large flush valve seat 4 or the tank body 1 being empty. Even when the water supply flow rate is low at this time, the large flush valve A and the small flush valve B are prevented from opening, and the water is reliably stored in the sunset main body 1. This will be possible.
尚 、 上記第 5 実施例 を示す 図 1 2 、 図 1 3 及 び第 6 実 施例 を示す 図 1 4 に お い て 、 第 1 の 浮子 9 は第 1 の 鎖 8 の 途中 に 取付 け ら れて い る が、 こ の 第 1 の 浮子 9 は第 1 実施例 に 示す よ う に 大洗浄弁体 5 に 取 り 付 け ら れ て、 こ の弁体 5 と ほ ぼ一体 と な る よ う な 構造 と し て も よ く 、 ま た 第 4 実施例 の よ う に 大洗浄弁体 5 を フ ロ ー 卜 で構成す る こ と に よ り 、 大洗浄弁体 自 体 に 第 1 の 浮子 と し て の 機 能 を持 た せ る こ と に よ り 、 第 1 の 浮子 9 を省略す る こ と も 可能で あ る 。  In FIGS. 12 and 13 showing the fifth embodiment, and FIG. 14 showing the sixth embodiment, the first float 9 is attached in the middle of the first chain 8. However, as shown in the first embodiment, the first float 9 is attached to the large flush valve body 5 so as to be substantially integral with the valve body 5. Such a structure may be adopted. Also, as in the fourth embodiment, the large flushing valve body 5 is constituted by a float, so that the large flushing valve body itself has the first structure. By providing the function as a float, it is possible to omit the first float 9.
次 に 図 1 5 乃至図 1 9 に 示す第 7 の 実施例 、 図 2 0 乃 至図 2 3 に 示す第 8 の 実施例 、 図 2 4 乃至図 2 6 に 示す 第 9 の 実施例 は 、 上記第 1 乃至第 6 の 実施例が操作器具 1 0 を大洗浄弁体 5 と 小洗浄弁 体 7 に 夫 々 格別 の 鎖 8 , 1 6 、 即 ち 操作力 伝達部材 を 介 し て連絡す る も の で あ る の に 対 し て 、 大洗浄弁体 5 と 小洗浄弁体 7 を 共 同 の 鎖 2 4 、 即 ち 一つ の 操作力 伝達部材で操作器具 1 1 0 に 連 絡す る よ う に し た も の で あ る 。 Next, a seventh embodiment shown in FIGS. 15 to 19, an eighth embodiment shown in FIGS. 20 to 23, and FIGS. 24 to 26 are shown. The ninth embodiment is different from the first to sixth embodiments in that the operating tool 10 is connected to the large flush valve body 5 and the small flush valve body 7 by special chains 8, 16 respectively, that is, an operating force transmitting member. On the other hand, the large cleaning valve element 5 and the small cleaning valve element 7 are shared by the same chain 24, ie, one operating force transmission member. It is designed to contact 10.
先ず、 第 7 の 実施例 に つ い て説 明 す る 。  First, a seventh embodiment will be described.
こ の 実施例 に お い て は大洗浄弁体 5 と 小洗浄弁体 7 が In this embodiment, the large flush valve 5 and the small flush valve 7 are
—つ の 操作器具 1 1 0 に よ り 開弁操作 さ れ な け れ ば な ら ず、 操作器具 1 1 0 は主 と し て 、 タ ン ク 本体 1 の 側壁 に 固定 さ れて い る ス ピ ン ド ル ガ イ ド 1 2 0 を介 し て 、 タ ン ク 本体 1 の 側壁 を貫通す る ス ピ ン ド ル 1 1 8 と 、 タ ン ク 本体 1 外 に 突 出 す る ス ピ ン ド ル 1 1 8 の 端部 に 取 り 付 け ら れ る 操作用 の レ バ ー ハ ン ド ノレ 1 1 9 と 、 タ ン ク 本体 1 内部 に お い て ス ピ ン ド ノレ 1 1 8 に 取 り 付 け ら れ る 作動 レ ノく ー 2 5 と で構成 さ れて お り 、 作動 レ バ ー 2 5 の 先端が 小洗浄弁体 7 の上面 中央部 に 鎖 2 4 で槃がれて い る 。 —The valve must be opened by one of the operating devices 110, and the operating device 110 is mainly fixed to the side wall of the tank body 1. Spindle 118 penetrating through the side wall of tank body 1 through pindle guide 120 and spinning sticking out of tank body 1 The lever lever for operation, which is attached to the end of the drill 118, and the spinneret, which is inside the tank body 1, for operation The operating lever 25 is attached, and the tip of the operating lever 25 is cut off by a chain 24 at the center of the upper surface of the small flush valve 7. Yes.
上記 ス ピ ン ド ル 1 1 8 は 、 通常作動 レ バ ー 2 5 が下向 き に 垂下す る 状態 に な っ て お り 、 こ の状態か ら レ バ ー ハ ン ド ル 1 1 9 の 回転操作 に よ り 時計方 向 ま た は反時計方 向 に 回転 さ れ る よ う に な っ て い る 。 こ の ス ピ ン ド ル 1 1 8 の 時計方向及 び反時計方向 へ の 回転 は 、 図 1 6 に 示す よ う に 、 ス ピ ン ド ル ガ イ ド 1 2 ◦ の 端部 に 設 け た 切 り 欠 き 2 6 と ス ピ ン ド ル 1 1 8 に 設 け た 突起 2 7 と の 係 合 に よ っ て 回転角度が規制 さ れて お り 、 反時計方向への 回転 は、 小洗浄弁体 7 を大洗浄弁体 5 に 設 け ら れた 小洗 浄弁座 4 力、 ら 小洗浄弁 B を開弁 さ せ る に 足 る 分だけ 引 き 上 げ る こ と がで き る 程度 に規制 さ れ る の に 対 し て、 時計 方向への 回転 は、 更 に そ れ以上上方 に ま で引 き 上げ る こ と がで き る よ う な 回転角 度 に 設定 さ れて い る 。 In the above-mentioned spindle 1 18, the normally operating lever 25 is in a state of hanging downward, and from this state, the lever handle 1 19 is moved downward. The clockwise or counterclockwise rotation is performed by the rotation operation. The clockwise and counterclockwise rotation of the spindle 118 is provided at the end of the spindle guide 12 ◦ as shown in Fig. 16. The relationship between the notch 26 and the protrusion 27 provided on the spindle 118 The rotation angle is regulated by the combination, and when rotating counterclockwise, the small flush valve 7 is attached to the large flush valve 5 and the small flush valve seat 4 is attached to the small flush valve seat. Clockwise rotation is further upward, whereas the restriction is such that valve B can be pulled up enough to open. The rotation angle is set so that it can be pulled up.
大洗浄弁 A 及び小洗浄弁 B の 構造 は前記第 1 の実施例 で説明 し た も の と ほぼ同 じ 構造で あ る が、 大洗浄弁体 5 の オ ー バ — フ ロ ー 管連結部 3 a へ の枢着用 ア ー ム 5 a が 延び る 側 と 反対側 に設け ら れて、 浮子 9 の 一側縁に設け た周 囲を壁で囲 ま れた孔 9 a に 嵌め込 ま れ る 鎖取付部 5 b が、 操作器具 1 0 に連絡す る 代わ り に 、 短 い鎖 2 8 で 、 小洗浄弁体 7 の オ ー バ ー フ ロ ー 管連結部 3 a へ の枢 着用 ア ー ム 7 a が延び る 側 と 反対側 に連結 さ れて い る 。 Although the structures of the large flush valve A and the small flush valve B are almost the same as those described in the first embodiment, the over-flow pipe connecting portion of the large flush valve 5 is provided. The arm that is pivotally attached to 3a is provided on the side opposite to the side where the arm 5a extends, and the circumference provided on one side edge of the float 9 is fitted into a hole 9a surrounded by a wall. Instead of connecting to the operating device 10, the chain attachment portion 5 b uses a short chain 28 to pivotally attach the small flush valve 7 to the overflow pipe connection 3 a. The arm 7a is connected to the side opposite to the side on which it extends.
上記大洗浄弁体 5 と 小洗浄弁体 7 を連結す る 短い鎖 2 8 は、 小洗浄弁体 7 が小洗浄弁座 6 に着座 し て小洗浄 弁 B を閉弁 し て い る 位置 と 、 小洗浄弁 B が開弁 し て全開 に達す る 位置 と の間 に存在す る 間 は大小の洗净弁体 5 , 7 の間 に お い て若干の弛み を有 し (図 1 8 参照) 、 小洗 浄弁 B が全開 に達す る 位置を越え て更 に上方 に 引 き 上げ げ ら れた位置 に小洗浄弁体 7 が存在す る と き に は 、 大小 の 洗浄弁体 5 , 7 の 間で緊張す る よ う な長 さ に形成 さ れ て い る 。  The short chain 28 connecting the large flush valve body 5 and the small flush valve body 7 is the position where the small flush valve 7 is seated on the small flush valve seat 6 and the small flush valve B is closed. While the small flush valve B exists between the position where the small flush valve B opens and reaches the full open position, there is a slight slack between the large and small flush valve bodies 5 and 7 (see FIG. 18). ), When the small flush valve 7 is located at a position where it is further pulled upward beyond the position where the small flush valve B reaches the full open position, the large and small flush valves 5, 7 It is formed in such a length as to be nervous between them.
従 っ て、 こ の実施例で は、 操作器具 1 1 0 の レバー ハ ン ド ル 1 1 9 を反時計方 向 に 回転操作す る と 、 小洗浄弁 体 7 が大洗浄弁体 5 に 形成 さ れ た 小洗浄弁座 6 か ら 引 き 上 げ ら れて 小洗浄弁 B が開弁 し 、 小洗浄が行 な わ れ る 。 Therefore, in this embodiment, the lever device of the operating device 110 is not used. When the handle 119 is rotated counterclockwise, the small flush valve 7 is pulled up from the small flush valve seat 6 formed on the large flush valve 5 to perform the small flush. Valve B opens and a small flush is performed.
一方、 レ バ ー ハ ン ド ル 1 1 9 を時計方 向 に 回転操作す る と 、 先ず小洗浄弁体 7 が大洗浄弁体 5 に 形成 さ れ た 小 洗浄弁座 6 か ら 引 き 上 げ ら れて 小洗浄弁 B が開弁す る が、 反時計方 向 の 回転 の と き ょ り ス ピ ン ド ル 1 1 8 の 回転角 度、 即 ち 作動 レ バ ー 2 5 の 回転 角 度が大 き い た め 、 小洗 浄弁体 7 は更 に 上方 に 引 き 上 げ ら れ、 そ れ に 伴 っ て短 い 鎮 2 8 が緊張 し 、 こ の 短 い 鎖 2 8 を 介 し て大洗净弁体 5 ま で も 引 き 上 げ ら れ、 大洗浄弁 A が開弁 し 、 大洗浄が行 な わ れ る こ と に な る (図 1 9 参照) 。  On the other hand, when the lever handle 119 is rotated clockwise, the small flush valve 7 is first pulled up from the small flush valve seat 6 formed on the large flush valve 5. As a result, the small flush valve B opens, but when it rotates counterclockwise, the rotation angle of the spindle 1 18 immediately changes the rotation angle of the operating lever 25. Due to the high degree, the cleaning valve 7 was pulled further upward, and the short strand 28 became tensed, and this short chain 28 was passed through. As a result, the large flush valve body 5 is pulled up, and the large flush valve A is opened, so that the large flush is performed (see FIG. 19).
尚 、 大洗浄時、 小洗浄時 に お け る 大洗浄弁 A 、 小洗浄 弁 B の 閉弁作動 は第 1 の 実施例 の 場合 と 同 じ で あ る 。  The closing operation of the large flush valve A and the small flush valve B at the time of large flush and small flush is the same as that of the first embodiment.
次 に 図 2 0 乃至図 2 3 に 示す第 8 の 実施例 は 、 開弁操 作器具 の 構造及 び開弁操作器具 の 作動 レ バ ー と 小洗浄弁 体 と の 連結構造 は第 7 の 実施例 と 同 じ で あ る が、 小洗浄 弁体 と 大洗浄弁体 と の 連係構造が第 7 の 実施例 と は相違 す る も の で あ る 。  Next, the eighth embodiment shown in FIGS. 20 to 23 is the same as the seventh embodiment except that the structure of the valve-opening operating device and the connecting structure between the operating lever of the valve-opening operating device and the small flush valve body are the same as those of the seventh embodiment. Although it is the same as the example, the linkage structure between the small flush valve and the large flush valve is different from that of the seventh embodiment.
即 ち 、 こ の 実施例で は 、 小洗浄弁体 1 3 7 の 枢着用 ァ — ム 1 3 7 a が、 大洗浄弁体 1 3 5 の 枢着用 ア ー ム  That is, in this embodiment, the arm 13 7 a of the small flush valve 13 7 is connected to the arm 13 of the large flush valve 13 5.
1 3 5 a の 中途部 に 枢着 さ れ る 構造 と な っ て い る 。 大洗 浄弁体 1 3 5 の 枢着用 ア ー ム 1 3 5 a に は 受 け 部 2 9 が固着 さ れ、 こ の 軸受 け 部 2 9 に は さ ら に ス ト ッ パ ー 3 ◦ が形成 さ れて い る 。 そ し て小洗浄弁体 1 3 7 の上方 への 回動 は、 ス ト ッ パ ー 3 ◦ と 小洗浄弁体 1 3 7 の 抠着 用 ア ー ム 1 3 7 a に設 け た枢軸 3 1 の突起 3 2 と の 係合 に よ り 規制 さ れ る 。 こ の場合、 作動 レ バ 一 2 5 の反時計 方向への 回転 に よ る 鎖 2 4 の 引 き 上げで は 、 上記枢軸 3 1 の突起 3 2 が牵由受 け部 2 9 の ス ト ッ パ ー 3 ◦ に 衝突 し な いが、 時計方向 の 回転 に よ る 鎖 2 4 の 引 き 上げで は そ の作動 レ バ _ 2 5 の 回転の途中で上記枢寒由 3 1 の突起 3 2 力《軸受 け部 2 9 の ス ト ッ パ ー 3 0 に衝突す る よ う に な っ て い る 。 It is a structure that is pivotally connected in the middle of 135a. A receiving portion 29 is fixed to the arm 135a of the Oarai valve body 135, and a stopper is further provided to the bearing portion 29. 3 ◦ is formed. Then, the upward rotation of the small flush valve body 13 7 is performed by the pivot 3 attached to the stopper 3 ◦ and the mounting arm 13 7 a of the small flush valve 13 7. It is regulated by the engagement with the first projection 32. In this case, when the chain 24 is pulled up by rotating the operating lever 25 in the counterclockwise direction, the protrusion 32 of the pivot 31 is moved to the stop of the receiving part 29. It does not collide with the part 3 ◦, but when the chain 24 is pulled up by a clockwise rotation, the operation of the pivot boss 31 during the rotation of the lever _ 25 is performed. The force collides with the stopper 30 of the bearing part 29.
従 っ て、 こ の実施例で は操作器具の レ バ 一 ハ ン ドルを 反時計方向 に 回転操作す る と 、 小洗浄弁体 1 3 7 が大洗 浄弁体 1 3 5 に形成 さ れた小洗浄弁座 1 3 6 力、 ら鎖 2 4 で引 き上げ ら れて小洗浄弁 B が開弁 し て小洗浄が行な わ れ る (図 2 2 参照) 。 一方、 レ バ ー ハ ン ド ルを時計方向 に 回転操作す る と 、 先ず小洗浄の場合 と 同様 に 小洗浄弁 体 1 3 7 が大洗浄弁体 1 3 5 に形成 さ れた 小洗浄弁座 1 3 6 か ら 鎖 2 4 で引 き 上げ ら れて小洗浄弁 B が開弁す る が、 作動 レ バー の 回転が反時計方向 の 回転の と き ょ り 大 き い た め、 途中で小洗浄弁体 1 3 7 の枢着用 ア ー ム 1 3 7 a の枢軸 3 1 に設 け た突起 3 2 が大洗浄弁体 1 3 5 の枢着用 ア ー ム 1 3 5 a の $由受け部 2 9 に設 け た ス ト ッ パー 3 0 に衝突 し 、 以後 は こ の 突起 3 2 と ス ト ツ パー 3 0 と の 係合 に よ り 小洗浄弁体 1 3 7 がそ の上方へ の 回動 に 伴 っ て大洗浄弁体 1 3 5 を 引 上 げ る こ と に な る の で 、 大洗浄弁座 1 3 4 か ら 弁体 1 3 5 が離 間 し 、 大洗 浄弁 A が開弁 し 、 大洗浄が行 な わ れ る ( 図 2 3 参照) 。 Therefore, in this embodiment, when the lever handle of the operating instrument is rotated counterclockwise, the small flush valve 1337 is formed in the large flush valve 1335. The washing valve seat 1336 is pulled up by the chain 24, and the small washing valve B is opened to perform small washing (see Fig. 22). On the other hand, when the lever handle is rotated clockwise, first, the small flush valve 1337 is formed on the large flush valve 13 5 as in the case of the small flush. The small flush valve B is opened by pulling up from the seat 13 6 with the chain 24.However, the rotation of the operating lever is too large as the counterclockwise rotation, so it is on the way. The arm of the small flush valve 13 7 is pivoted on the arm 13 The projection 3 2 on the pivot 3 1 of the 7 a is the arm of the large flush valve 13 3 5 on the pivot 13. It collides with the stopper 30 provided on the receiving portion 29, and thereafter, the small flush valve 13 7 is moved upward by the engagement of the projection 32 and the stopper 30. What As the large flush valve body 135 is pulled up with the rotation of the valve, the valve body 135 is separated from the large flush valve seat 134 and the large flush valve A is moved. The valve is opened and large cleaning is performed (see Fig. 23).
図 2 4 乃至 2 6 に 示す第 9 の 実施例 は 、 開弁操作器具 の 作動 レ バ 一 に 取付 け た 1 本 の 鎖 2 4 で 直接小洗浄弁体 1 4 7 と 大洗浄弁体 1 4 5 を 開弁作動 さ せ る も の で、 開 弁操作器具 の 作動 レ バ ー か ら 垂下す る 鎖 2 4 が、 大洗浄 弁体 1 4 5 側及 び小洗浄弁体 1 4 7 側 の 夫 々 に 設 け る 鎖 係止片 3 3 , 3 4 に 係止す る よ う に な っ て い る 。  The ninth embodiment shown in FIGS. 24 to 26 has a small cleaning valve element 14 7 and a large cleaning valve element 14 directly connected to a single chain 24 mounted on the operating lever of the valve opening operation device. 5 is operated to open the valve, and a chain 24 hanging from the operating lever of the valve-opening device is connected to the large flush valve body 14 5 side and the small flush valve body 14 7 side. It is designed to lock to the chain locking pieces 33 and 34 provided respectively.
上記大洗浄弁体 1 4 5 側及 び小洗浄弁体 1 4 7 側夫 々 の 鎮係止片 3 3 , 3 4 は 、 大洗浄弁体 1 4 5 に 一体的 に 取付 け ら れ た 第 1 の 浮子 9 と 、 小洗浄弁体 1 4 7 の 相互 に 近接す る 箇所 に 起立状 に 設 け ら れて 、 上端 を 相互 に 対 向す る.方向 に 折 り 曲 げて あ り 、 こ の 折 り 曲 げ部分 3 3 a , 3 4 a に 鎖 2 4 が揷通す る 孔 3 5 , 3 6 が形成 さ れて い る  The locking pieces 33, 34 on the large flush valve body 14 45 side and the small flush valve body 1447 side respectively are integrally attached to the large flush valve body 144. It is installed upright at the point where the float 9 of Fig. 1 and the small flush valve element 1447 are close to each other, and the upper ends are opposed to each other. Holes 3 5 and 36 through which the chain 24 passes are formed in the bent portions 3 3 a and 34 a of
大洗浄弁体 1 4 5 側 の 鎖係止片 3 3 の 高 さ は 、 小洗浄 弁体 1 4 7 側 の 鎖係止片 3 4 の 高 さ よ り 低 く な っ て お り 、 鎖 2 4 に は大洗浄弁体 1 4 5 側 の 鎖係止片 3 3 の孔 3 5 と 小洗浄弁体 1 4 7 側 の 鎖係止片 3 4 の孔 3 6 と の 間、 及 び大洗浄弁体 1 4 5 側の 鎖係止片 3 3 の孔 3 5 を挿通 し て下方 に 延 び る 下端 の 2 箇所 に ス ト ッ パ 一 3 7 , 3 8 を取付 け て あ る 。 符号 1 4 4 , 1 4 6 は 、 そ れ ぞれ大洗 浄弁座、 小洗浄弁座で あ る 。 5/33101 PC 7 The height of the chain locking piece 33 on the side of the large flush valve body 14 45 is lower than the height of the chain locking piece 34 on the side of the small flush valve 14 7. 4 has a large flush between the hole 35 of the large flushing valve 1 4 5 side chain stopper 3 3 and the hole 3 6 of the small flush valve 1 4 7 side, and the large flush. Stoppers 37 and 38 are attached to two places at the lower end extending downward through the holes 35 of the chain locking pieces 33 on the valve element 14 45 side. Reference numerals 144 and 146 denote an Oarai valve seat and a small valve seat, respectively. 5/33101 PC 7
3 1 3 1
従 っ て、 こ の実施例で は 、 開弁操作器具 の レ バ ー ハ ン ドルを反時計方向 に 回転操作す る と 、 鎖 に 設 け た上位位 置 の ス 卜 ッ パ 一 3 7 が小洗浄弁体 1 4 7 の 鎮係止片 3 4 の折 り 曲 げ部 3 4 a に 係止 し て小洗浄弁休 1 4 7 を引上 げ、 小洗浄弁 B を開弁す る (図 2 5 参照) 。  Therefore, in this embodiment, when the lever handle of the valve-opening device is rotated counterclockwise, the upper stop 37 provided on the chain is moved. The small flush valve B 1 is opened by locking the small flush valve rest 1 4 7 by locking the small flush valve 1 4 7 to the bent portion 3 4 a of the locking piece 3 4 and raising the small flush valve 1 4 7 ( See Figure 25).
ま た 、 レバ ー ハ ン ド ルを時計方向 に 回転操作す る と 、 先ず小洗浄の場合 と 同様 に鎖 2 4 に設け た 上位位置の ス ト ッ パ ー 3 7 が、 小洗浄弁体 1 4 7 の鎖係止片 3 4 の折 り 曲 げ部 3 4 a に 係止 し て小洗浄弁体 1 4 7 を 引 上げ、 小洗浄弁 B を開弁 さ せ る が、 作動 レ バー の 回転が反時計 方向 の 回転め と き よ り 大 き い た め、 鎖 2 4 は更 に 引 き 上 げ ら れ、 そ の下端部 に設 け た ス ト ッ パ ー 3 8 が大洗浄弁 体 1 4 5 の鎖係止片 3 3 の折 り 曲 げ部 3 3 a に 係止 し て 大洗浄弁体 1 4 5 を引上げ る よ う に な り 、 大洗浄弁 A が 開弁す る (図 2 6 参照) 。  When the lever handle is rotated clockwise, first, as in the case of the small cleaning, the stopper 37 at the upper position provided on the chain 24 is moved to the small cleaning valve body 1. The small flush valve B is opened by locking the small flush valve body 1 4 7 with the bend 3 4 a of the chain retaining piece 3 4 of 4 7, and the small flush valve B is opened. Since the rotation is larger than the counterclockwise rotation, the chain 24 is further pulled up, and the stopper 38 at the lower end of the chain 24 is the large flush valve. The large flushing valve body 1445 is pulled up by being locked to the bent portion 33a of the chain locking piece 33 of the body 144, and the large flushing valve A is opened. (See Figure 26).
尚、 こ の実施例で は上記操作器具 と 大、 小洗浄弁体 In this embodiment, the above operating device and the large and small cleaning valve are used.
1 4 5 , 1 4 7 を連絡す る 鎮 2 4 と は別 に浮子連結用 の 連結部材 3 9 を特別 に 小洗浄弁体 1 4 7 に取付 け、 こ の 連結部材 3 9 を介 し て第 2 の浮子 1 7 が小洗浄弁体A connecting member 39 for connecting a float is specially attached to the small flush valve body 1447 separately from the bush 24 that communicates 1 45, 1 47, and via this connecting member 39. The second float 17 is a small flush valve
1 4 7 に取付 け ら れ る 。 It can be attached to 1 4 7.
次に 図 2 7 乃至図 3 8 に示す第 1 ◦ の実施例 は、 開弁 操作器具 2 1 ◦ の操作力 を、 大洗浄弁体 1 5 5 及び小洗 浄弁体 1 5 7 に 伝達す る 操作力伝達部材 と し て、 1 本の リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 を用 い、 開弁操作器具 2 1 0 の操作 に よ り 、 リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 を 押 し 出 し て 大 洗浄弁体 1 5 5 及 び小洗浄弁体 1 5 7 を押 し 上 げ る よ う に し た も の で あ る 。 大洗浄弁体 1 5 5 及 び小洗浄弁体 1 5 7 の 側 緣部 に は 、 図 2 8 に 示す よ う に 、 夫 々 耳片状 に 突 出 形成 し た ワ イ ヤ ー 受 け部 4 1 , 4 2 が設 け ら れ、 大 洗浄弁体 1 5 5 の ワ イ ヤ 一 受 け 部 4 1 に は 孔 4 3 が開設 さ れ、 こ の 孔 4 3 の 上方 に 小洗浄弁体 1 5 7 の ワ イ ヤ ー 受 け 部 4 2 が位置す る よ う に な っ て い る 。 そ し て 、 タ ン ク 本体 1 の 側壁 に 取付 け た 開弁操作器具 2 1 ◦ か ら 延 び た リ 一 ド ワ イ ヤ ー 4 0 の 先端が、 下方 か ら 上記孔 4 3 に 臨ん で い る 。 な お 、' 符号 1 5 4 , 1 5 6 は 、 そ れぞれ大洗浄弁 座、 小洗浄弁座で あ る 。 Next, in the first embodiment shown in FIGS. 27 to 38, the operating force of the valve-opening operation device 21 ◦ is transmitted to the large cleaning valve element 1555 and the small cleaning valve element 1557. Use one lead wire 40 as the operating force transmission member, and operate the valve opening operating device 210 As a result, the lead wire 40 is pushed out to push up the large flushing valve element 1555 and the small flushing valve element 1557. . As shown in FIG. 28, wire receiving portions formed in the sides of the large flushing valve element 15 5 and the small flushing valve element 1 57 are formed as ear pieces. 4 1 and 4 2 are provided, and a hole 43 is formed in the wire receiving portion 41 of the large flush valve body 55. A small flush valve body is provided above the hole 43. The wire receiving part 4 2 of 1 5 7 is located. Then, the tip of a lead wire 40 extending from the valve-opening device 21 attached to the side wall of the tank body 1 faces the hole 43 from below. Yes. Incidentally, the reference numerals 154 and 156 denote a large flush valve seat and a small flush valve seat, respectively.
リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 は 、 タ ン ク 本体 1 内 に 他 の 器具 の 邪魔 に な ら な い よ う に 設 け た パ イ プ状 の ワ イ ヤ ー ガ イ ド The lead wire 40 is a pipe-shaped wire guide that is set in the tank body 1 so as not to obstruct other instruments.
1 4 0 内 を通 し て設 け ら れて お り 、 上記大洗浄弁体It is installed through the inside of the 140
1 5 5 の ワ イ ヤ ー 受 け部 4 1 の 孔 4 3 に 臨 む先端部 の 若 干下方 に は 、 孔 4 3 の 幅 よ り 大 き な 鍔 4 4 が設 け ら れて い る o A flange 44 larger than the width of the hole 43 is provided slightly below the tip of the wire receiving portion 41 facing the hole 43 of the hole 55. o
一方、 開弁操作器具 2 1 0 に は 、 大洗浄用 と 小洗浄用 と で リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 の 押 し 出 し 長 さ を二段階 に 切 り 替 え る 切 り 替 え 機構が設 け ら れて お り 、 小洗浄用 の 操作 で は押 し 出 さ れた リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 の 先端が 、 大洗浄 弁体 1 5 5 の ワ イ ヤ ー 受 け 部 4 1 の 孔 4 3 を通 し て小洗 浄弁体 1 5 7 の ワ イ ヤ — 受 け部 4 2 を押 し 上 げ、 小洗浄 弁 B を 開弁 さ せ る ( 図 3 1 参照) 。 ま た 大 洗 浄用 の 操作 で は 、 小洗浄用 操作時 よ り リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 が更 に 押 し 出 さ れて 、 そ の 鍔部 4 4 が大洗浄弁体 1 5 5 の ワ イ ヤ 一 受 け 部 4 1 を押 し 上 げ、 大洗浄弁 A を 開弁 さ せ る ( 図On the other hand, the valve-opening device 210 has a switch that switches the push-out length of the lead wire 40 in two stages for large washing and small washing. A mechanism is installed, and in the operation for small cleaning, the tip of the lead wire 40 pushed out is used to receive the wire of the large cleaning valve element 1555. Wire for small cleaning valve 1 5 7 through hole 4 3 of section 4 1 — Push up receiving section 4 2 to perform small cleaning Open valve B (see Fig. 31). In addition, in the operation for large cleaning, the lead wire 40 is further pushed out than in the operation for small cleaning, and the flange portion 44 is moved to the large cleaning valve body 15. Push up the wire receiving part 4 1 of 5 to open the large flush valve A (Fig.
3 4 参照) こ と 力 で き る 。 (See 34).
即 ち 、 上記開弁操作器具 2 1 0 は 、 タ ン ク 本体 1 の 側 壁 に 貫通状 に 取付 け て ワ イ ヤ ー ガ イ ド 4 3 の 後端 を連結 す る 筒状 の ケ 一 シ ン グ 4 5 と 、 該 ケ ー シ ン グ 4 5 に 貫通 状 に 設 け ら れ 内端 を リ ー ド ワ イ ヤ ー 4 0 の 後端 に 回転 自 在 に 連結す る と 共 に 外端 に は操作 ハ ン ド ル 4 6 を有す る 操作 ロ ッ ド 4 7 と を 備 え る も の で 、 上言己 ケ ー シ ン グ 4 5 の 後端面 に ス リ ツ 卜 状 の 孔 4 8 を 開穿す る 一方 、 操作 口 ッ ド 4 7 の ケ 一 シ ン グ 4 5 よ り 外側 に 突 出 し た 部分 に 上 記孔 4 8 と 同 じ 形状で通常 は孔 4 8 に 直交す る 方向 を 向 き 、 ロ ッ ド 4 7 を 9 0 度 回転 さ せ る と 孔 4 8 に 整合す る 方向 を 向 く よ う に ス ト ッ パ 一 4 9 を設 け て あ り 、 通常 の 押 し 込 み操作で は所定 の 押 し 込 み 長 さ で、 ス 卜 ッ パ ー That is, the valve-opening device 210 is a tubular casing that is attached to the side wall of the tank body 1 in a penetrating manner and connects the rear end of the wire guide 43. And an inner end which is provided in a penetrating manner in the casing 45 and whose inner end is connected to the rear end of the lead wire 40 in a rotating manner. Is equipped with an operation rod 47 having an operation handle 46, and a slit-like hole 4 is formed in the rear end face of the upper casing 45. While the hole 8 is opened, the part of the operation port pad 47 projecting outward from the casing 45 is formed in the same shape as the hole 48, and is usually orthogonal to the hole 48. The stopper 47 is set in such a way that when the rod 47 is rotated 90 degrees, it will face the direction aligned with the hole 48. By pressing operation Is the specified push-in length, and the stopper
4 9 が孔 4 8 に 引 っ 掛力、 つ て 口 ッ ド 4 7 の そ れ以上 の 押 し 込み を規制 し (図 3 2 、 図 3 3 参照) 、 操作 ロ ッ ド4 9 regulates the hooking force on the hole 4 8, and further restricts the pushing of the opening 4 7 (see FIGS. 32 and 33).
4 7 を 9 0 度回転 さ せ た 状態で の 押 し 込 み で は 、 ス ト ッ パ ー 4 9 の 引 っ 掛力、 り に よ る 規制が解除 さ れて 口 ッ ド 4 7 の更 に 奥 ま で の 押 し 込 み を可能 に す る よ う に な っ て い る ( 図 3 5 、 図 3 6 参照) 。 When pushing in with the 47 rotated 90 degrees, the catching force of the stopper 49 and the restriction imposed by the stopper are released and the mouth 47 is renewed. It is designed to be able to be pushed into the back (see Fig. 35 and Fig. 36).
尚 、 図 中 5 0 は操作後、 操作 ロ ッ ド 4 7 及 び リ ー ド ヮ In addition, 50 in the figure is after operation, operation rod 47 and lead リ
操作ハ ン ド ル 4 6 の ハ ン ド ル幸由 5 2 は 、 夕 ン ク 本体 1 の 側壁 に 取付 け る 軸受 け 8 0 に 対 し て 回動 自 在 と な し て 軸受 け 8 0 に 形成す る 切 り 欠 き ハ ン ド ル軸 5 2 に 設 け る 突起 5 4 と の 係合 に よ り 、 ノヽ ン ド ル 4 6 の 回転を そ の 回転角 度が時計方向 の 回転 と 反時計方向 の 回転で異 な る よ う に 規制す る こ と に よ り 、 ハ ン ド ノレ 4 6 の 時計方 向 の 回転操作 と 反時計方向 の 回転操作で は リ 一 ド ワ イ ヤ The handle 52 of the operation handle 46 is attached to the bearing 80 as a free-standing pivot with respect to the bearing 80 attached to the side wall of the sunset main body 1. The engagement of the notch handle shaft 52 with the projection 54 provided on the handle shaft 52 causes the rotation of the nozzle 46 to rotate counter to the clockwise rotation. By restricting the clockwise rotation so that they differ, the handwheel 46 can be used for clockwise rotation and counterclockwise rotation.
- 4 0 の 押 し 出 し 長 さ が異 な る よ う に す る 。 -The extrusion length of the 40 should be different.
以上説明 し た 実施例 は 、 い ずれ も 第 2 の 浮子 1 7 を 小 洗浄弁体 1 5 7 と は別体 に 設 け た も の で あ る が、 小洗浄 弁体 1 5 7 と 第 2 の 浮子 1 7 と を一体 化 し て小洗浄弁体 1 5 7 が第 2 の浮子 1 7 を兼用 す る よ う に な す こ と も 可 能で あ る 。 そ の 実施例 を 図 3 9 以下 に 示す実施例 を参照 し て説明す る 体 1 8 7 と 大洗净弁体 1 8 5 の双方が夫 々 第 2 、 第 1 の 浮子を兼用 し 、 大洗浄弁体 1 8 5 の高 さ 寸法を大 き く し て そ の上面 に設 け ら れ る 小洗浄弁座 1 8 6 の 位置を高 く す る こ と に よ り 小洗浄時の止水水位を高 い 位置 に設定す る も のであ る が、 こ の実施例で は一つ の 開弁操作器具 3 1 0 と 一つ の操作力伝達部材 5 8 で 、 大洗浄弁 A 及 び 小洗浄弁 B の双方の 開弁を操作す る こ と がで き る よ う に な っ て い る 。 In each of the embodiments described above, the second float 17 is provided separately from the small cleaning valve element 1557, but the small floating valve element 1557 and the second It is also possible to integrate the floating element 17 with the first floating element 17 so that the small flush valve element 15 7 also functions as the second floating element 17. The embodiment will be described with reference to the embodiment shown in FIG. Both the body 1887 and the Oarai valve element 1885 also serve as the second and first floats, respectively, and the height of the Oagurashi valve element 1885 is increased so that it can be placed on the upper surface. By raising the position of the small flush valve seat 1886 to be installed, the water stop water level for small flush is set to a higher position, but in this embodiment, Can operate both the large flushing valve A and the small flushing valve B with one valve-opening device 310 and one operating force transmitting member 58. It has become .
即 ち 、 大洗浄弁体 1 8 5 は中空な半球体か ら な る フ ロ 一 ト 2 2 に よ り 構成 さ れ、 そ の球面部で大洗浄弁座 1 8 4 に対応す る よ う に な っ て お り 、 中央部 に は こ れを厚 さ 方向 に貫通 し て壁 に 囲 ま れた開 口 5 9 が設 け ら れて い る 。 こ の開 口 5 9 は基本的 に は 円形の孔で あ る が、 そ の軸方 向 中間部に は リ ン グ状の溝 6 ◦ が形成 さ れて お り 、 こ の 溝 6 ◦ か ら 弁体 1 8 5 上面 に亘 つ て一対の対向す る 縱溝 6 1 が形成 さ れて い る 。  In other words, the large flush valve 1885 is composed of a hollow hemisphere-shaped float 22 that has a spherical portion corresponding to the large flush valve seat 184. In the center, an opening 59 is provided in the center, which penetrates in the thickness direction and is surrounded by a wall. Although this opening 59 is basically a circular hole, a ring-shaped groove 6 ◦ is formed in the middle part in the axial direction, and this groove 6 ◦ A pair of opposed longitudinal grooves 61 are formed on the upper surface of the valve element 1885.
一方、 小洗浄弁体 1 8 7 は 、 大洗浄弁体 1 8 5 の平面 部 と ほぼ同 じ大 き さ の 円板の上面を半球状 に膨出 さ せて、 浮力部 5 5 を構成す る 中空部を一体 に 形成 し て あ り 、 円 板下面 に形成 し た環状の突起 1 8 7 a で、 大洗浄弁体 On the other hand, the small flush valve element 187 forms a buoyancy section 55 by bulging the upper surface of a disk having substantially the same size as the plane portion of the large flush valve element 1885 into a hemispherical shape. The hollow part is formed integrally, and the annular projection 187a formed on the lower surface of the disc forms a large flush valve body.
1 8 5 の上面 に開 口 5 9 を囲んで形成 さ れ る 小洗浄弁座1 Small flush valve seat formed on top of 5 and surrounding opening 5 9
1 8 6 に対応す る よ う に な っ て い る 。 尚、 上記環状の突 起 1 8 7 a は、 当然そ の 内径力《 リ ン グ状の溝 6 ◦ の外径 よ り 大径 に形成 さ れて い る 。 そ し て 、 上記小洗净弁体 1 8 7 に は 、 半球状 に 形成 さ れ た 浮力 部 5 5 の 頂部 に 操作 ロ ッ ド 5 8 が立設 さ れ、 こ の 操作 ロ ッ ド 5 8 は 、 タ ン ク 本体 1 の 天井 を 貫通 し て 夕 ン ク 本体 1 の 外部 に 突 出 し 、 突 出端部 に ハ ン ド ル 6 2 が 取付 け ら れて い る 。 It corresponds to 186. Note that the annular protrusion 1887a is formed to have a larger diameter than its inner diameter force << the outer diameter of the ring-shaped groove 6◦. An operation rod 58 is erected at the top of the buoyancy portion 55 formed in a hemispherical shape in the small flush valve 1887, and the operation rod 58 is provided. Penetrates through the ceiling of the tank body 1 and protrudes outside the tank body 1, and a handle 62 is attached to a protruding end thereof.
ま た 、 小洗浄弁体 1 8 7 の 下面 中 央 に は 、 逆 T 字形 の 大洗浄弁体係止部 6 3 が垂設 さ れて お り 、 こ の 大洗浄弁 体係止部 6 3 は 、 そ の 垂直部 6 3 a が大洗浄弁体 1 8 5 の縱溝 6 1 の長 さ に 対応 し 、 水平部 6 3 b 力 < リ ン グ状溝 6 〇 の 径 に 対応す る 長 さ に 形成 さ れ て い る 。  At the center of the lower surface of the small flushing valve element 1887, an inverted T-shaped large flushing valve body retaining portion 63 is vertically provided, and this large flushing valve retaining portion 63 The vertical part 63a corresponds to the length of the longitudinal groove 61 of the large flush valve body 85, and the horizontal part 63b corresponds to the force <the diameter of the ring-shaped groove 〇. Is formed.
上記大洗浄弁体係止部 6 3 は 、 小洗浄弁 B 閉弁時 に お い て は大洗浄弁体 1 8 5 の 開 口 5 9 内 に 収 め ら れて お り 水平部 6 3 b が大洗浄弁体 1 8 5 の縦溝 6 1 に 整合 し て い る か、 リ ン グ状 の 溝 6 0 に 係合 し て い る 。  When the small flush valve B is closed, the large flush valve body locking portion 63 is housed in the opening 59 of the large flush valve 18 5 and the horizontal portion 6 3 b Is aligned with the vertical groove 61 of the large flush valve element 185 or is engaged with the ring-shaped groove 60.
従 っ て 、 水平部 6 3 b が大洗浄弁体 1 8 5 の 縱溝 6 1 に 整合 し て い る 状態 ( 図 4 ] B 参照) で ハ ン ド ル 6 2 を持 っ て操作 ロ ッ ド 5 8 を 引 き 上 げれば、 小洗浄弁体 1 8 7 が引 き 上 げ ら れて 小洗浄弁 B が開弁す る 。 ま た 、 ハ ン ド ル 6 2 を 回 し て水平部 6 3 b 力く リ ン グ状 の 溝 6 0 に 係合す る 状態 ( 図 4 2 B 参照) に し て操作 口 ッ ド 5 8 を 引 き 上 げれば、 両者 6 3 b , 6 0 の 係合 に よ り 大洗浄 弁体 1 8 5 が小洗净弁体 1 8 7 と 共 に 引 き 上 げ ら れ、 大 洗浄弁 A が開弁す る 。  Therefore, with the horizontal part 63 b aligned with the longitudinal groove 61 of the large flush valve element 185 (see FIG. 4B), hold the handle 62 and hold the operation lock. When the valve 58 is pulled up, the small flush valve 1887 is pulled up and the small flush valve B is opened. Also, turn the handle 62 so that the horizontal portion 63b is engaged with the ring-shaped groove 60 forcibly (see Fig. 42B), and the operation port pad 58 By pulling up, the large flush valve 1885 is pulled up together with the small flush valve 1887 by the engagement of the both 63b and 60, and the large flush valve A opens.
各洗浄弁 A , B の 閉弁 は 、 タ ン ク 本体 1 内 の 水位が下 体 1 8 7 と 大洗浄弁体 1 8 5 の双方が夫 々 第 2 、 第 1 の 浮子を兼用 し 、 大洗浄弁体 1 8 5 の高 さ 寸法を大 き く し て そ の上面 に設 け ら れ る 小洗浄弁座 1 8 6 の 位置 を高 く す る こ と に よ り 小洗浄時の止水水位を高 い 位置 に設定す る も のであ る が、 こ の実施例で は一つ の 開弁操作器具 3 1 0 と 一つ の操作力伝達部材 5 8 で、 大洗净弁 A 及び 小洗浄弁 B の双方の 開弁を操作す る こ と がで き る よ う に な っ て い る 。 When the flush valves A and B close, the water level in the tank Both the body 1887 and the large flushing valve body 1885 also serve as the second and first floats, respectively, and the large flush valve body 1885 is set on the upper surface by increasing the height dimension. By raising the position of the small cleaning valve seat 1886 to be set, the water stop water level at the time of small cleaning is set to a higher position, but in this embodiment, One valve opening operating device 310 and one operating force transmitting member 58 can operate both the large flush valve A and the small flush valve B. What is it.
即 ち 、 大洗浄弁体 1 8 5 は中空な 半球体力、 ら な る フ ロ 一 ト 2 2 に よ り 構成 さ れ、 そ の球面部で大洗浄弁座 1 8 4 に対応す る よ う に な っ て お り 、 中央部 に は こ れを厚 さ 方向 に貫通 し て壁 に 囲 ま れた開 口 5 9 が設 け ら れて い る 。 こ の開 口 5 9 は基本的 に は 円形の孔で あ る が、 そ の軸方 向中間部に は リ ン グ状の溝 6 0 が形成 さ れて お り 、 こ の 溝 6 ◦ か ら 弁体 1 8 5 上面 に亘 つ て一対の対向す る 縦溝 6 1 が形成 さ れて い る 。  In other words, the large flushing valve body 1885 is composed of a hollow hemispherical force, such as a float 22, which has a spherical surface portion corresponding to the large flushing valve seat 1884. In the center, an opening 59 is provided in the center, which penetrates in the thickness direction and is surrounded by a wall. Although this opening 59 is basically a circular hole, a ring-shaped groove 60 is formed in the axially intermediate portion thereof, and this groove 6 A pair of opposed longitudinal grooves 61 are formed on the upper surface of the valve element 1885.
—方、 小洗浄弁体 1 8 7 は、 大洗浄弁体 1 8 5 の平面 部 と ほぼ同 じ大 き さ の 円板の上面を半球状 に膨出 さ せて、 浮力部 5 5 を構成す る 中空部を一体 に 形成 し て あ り 、 円 板下面 に形成 し た環状の突起 1 8 7 a で、 大洗净弁体 On the other hand, the small flushing valve element 187 forms a buoyancy section 55 by bulging the upper surface of a disk approximately the same size as the plane part of the large flushing valve element 185 into a hemispherical shape. The hollow part is integrally formed, and the annular projection 187a formed on the lower surface of the disk makes the large flush valve body.
1 8 5 の上面に開 口 5 9 を囲んで形成 さ れ る 小洗浄弁座1 Small flush valve seat formed on top of 5 and surrounding opening 5 9
1 8 6 に対応す る よ う に な っ て い る 。 尚、 上記環状の突 起 1 8 7 a は、 当然そ の 内径力《 リ ン グ状の溝 6 0 の外径 よ り 大径に形成 さ れて い る 。 そ し て 、 上記小洗浄弁体 1 8 7 に は 、 半球状 に 形成 さ れ た 浮力 部 5 5 の 頂部 に 操作 ロ ッ ド 5 8 が立設 さ れ、 こ の 操作 ロ ッ ド 5 8 は 、 タ ン ク 本体 1 の 天井 を 貫通 し て 夕 ン ク 本体 1 の 外部 に 突 出 し 、 突 出端部 に ハ ン ド ル 6 2 が 取付 け ら れて い る 。 It corresponds to 186. Note that the annular protrusion 1887a is formed to have a larger diameter than its inner diameter force << the outer diameter of the ring-shaped groove 60 as a matter of course. An operation rod 58 is provided on the small flush valve element 1887 at the top of a buoyancy part 55 formed in a hemispherical shape, and the operation rod 58 is provided with an operation rod 58. Then, it penetrates through the ceiling of the tank body 1 and protrudes to the outside of the tank body 1, and the handle 62 is attached to the protruding end.
ま た 、 小洗浄弁体 1 8 7 の 下面 中央 に は 、 逆 T 字形 の 大洗浄弁体係止部 6 3 が垂設 さ れて お り 、 こ の 大洗浄弁 体係止部 6 3 は 、 そ の 垂直部 6 3 a が大洗浄弁体 1 8 5 の縦溝 6 1 の 長 さ に 対応 し 、 水平部 6 3 b 力《 リ ン グ状溝 6 〇 の 径 に 対応す る 長 さ に 形成 さ れて い る 。  At the center of the lower surface of the small flushing valve element 1887, an inverted T-shaped large flushing valve body locking portion 63 is vertically provided, and this large flushing valve body locking portion 63 is provided. The vertical portion 63a corresponds to the length of the vertical groove 61 of the large flush valve element 85, and the horizontal portion 63b corresponds to the diameter of the ring groove 溝. It is formed in.
上記大洗浄弁体係止部 6 3 は 、 小洗浄弁 B 閉弁時 に お い て は大洗浄弁体 1 8 5 の 開 口 5 9 内 に 収 め ら れて お り 水平部 6 3 b が大洗浄弁体 1 8 5 の 縦溝 6 1 に 整合 し て い る か、 リ ン グ状 の 溝 6 0 に 係合 し て い る 。  When the small flush valve B is closed, the large flush valve body locking portion 63 is housed in the opening 59 of the large flush valve 18 5 and the horizontal portion 6 3 b Is aligned with the vertical groove 61 of the large flush valve element 1885, or is engaged with the ring-shaped groove 60.
従 っ て 、 水平部 6 3 b が大洗浄弁体 1 8 5 の 縱溝 6 1 に 整合 し て い る 状態 ( 図 4 ] B 参照) で ハ ン ド ル 6 2 を持 っ て操作 ロ ッ ド 5 8 を 引 き 上 げれば、 小洗浄弁体 1 8 7 が弓 I き 上 げ ら れて 小洗浄弁 B が開弁す る 。 ま た 、 ハ ン ド ル 6 2 を 回 し て水平部 6 3 b 力《 リ ン グ状 の 溝 6 0 に 係合す る 状態 ( 図 4 2 B 参照) に し て操作 ロ ッ ド 5 8 を 引 き 上 げれば、 両者 6 3 b , 6 0 の 係合 に よ り 大洗浄 弁体 1 8 5 が小洗浄弁体 1 8 7 と 共 に 引 き 上 げ ら れ、 大 洗浄弁 A が開弁す る 。  Therefore, with the horizontal portion 63b aligned with the longitudinal groove 61 of the large cleaning valve element 185 (see FIG. 4B), hold the handle 62 and hold the operation lock. When the valve 58 is pulled up, the small flush valve 1887 is raised and the small flush valve B is opened. Also, turn the handle 62 so that the horizontal portion 63 b is engaged with the ring-shaped groove 60 (see Fig. 42B) and the operation rod 58 When the large flush valve A 18 is pulled up, the large flush valve body 1885 is pulled up together with the small flush valve body 1887 by the engagement of the both 63 B and 60. Opens.
各洗浄弁 A , B の 閉弁 は 、 タ ン ク 本体 1 内 の 水位が下 降 し 、 弁体 1 8 5 , 1 8 7 の浮力が低下す る と 、 そ の浮 力 の 低下 に 伴 っ て弁体 1 8 5 , 1 8 7 が下降 し て弁座 1 8 4 , 1 8 6 に着座す る こ と に よ り 行な わ れ る 。 When the flush valves A and B close, the water level in the tank When the buoyancy of the valve bodies 18 5 and 18 87 is reduced, the valve bodies 18 5 and 18 7 are lowered with the decrease in the buoyancy, and the valve seats 18 4 and 1 8 are lowered. This is done by sitting at 8 6.
こ こ ま で に説明 し た 全て の実施例 は、 大洗浄弁体 に 小 洗浄弁座を形成す る こ と に よ り 大洗浄弁体 と 小洗浄弁体 を重ね て同軸上 に設 け た も ので あ る が、 図 4 3 に 示す第 1 5 実施例、 図 4 4 に示す第 1 6 実施例の よ う に大洗浄 弁 と 小洗浄弁を上下 に適当 な 間隔 を設 けて配置す る よ う に なす こ と も 可能で あ る 。  In all of the embodiments described above, the large flush valve body and the small flush valve body are arranged coaxially by forming the small flush valve seat on the large flush valve body. As in the case of the 15th embodiment shown in Fig. 43 and the 16th embodiment shown in Fig. 44, the large flush valve and the small flush valve are arranged at appropriate intervals above and below. It is also possible to do so.
図 4 3 に 示す第 1 5 実施例 は 、 大洗浄弁座 1 9 4 が洗 浄弁本体 3 め タ ン ク 本体 1 内 に 突出 し て斜め に 開 口 す る 開 口部の開 口縁に よ り 形成 さ れ る 一方、 小洗浄弁座 1 6 が上記大洗浄弁座 1 9 4 の若干下方か ら L 字状 に 突出す る オ ー バ ー フ ロ ー 管連結部 3 a に連結 さ れて上方 に延び る オ ー バ ー フ ロ ー 管 3 b の途中 に突出状 に 形成 さ れてお り 、 両弁座 1 9 4 , 1 9 6 は上下 に適当 な 間隔を 有 し て同軸上 に配置 さ れて い る 。  In the fifteenth embodiment shown in FIG. 43, the large cleaning valve seat 194 projects into the tank main body 1 for the cleaning valve body 3 and opens obliquely. On the other hand, the small flush valve seat 16 is connected to the over-flow pipe connecting portion 3a that projects in an L-shape from slightly below the large flush valve seat 1994. Is formed in a protruding shape in the middle of an overflow pipe 3b extending upward, and the two valve seats 1994 and 1996 are coaxially arranged at an appropriate interval vertically. It is located in.
そ し て、 大洗浄弁体 1 9 5 は洗浄弁本体 3 に一体 に 突 設 さ れた オ ー バー フ ロ ー 管連結部 3 a に枢着ア ー ム 1 9 5 a を介 し て枢着 さ れ、 小洗浄弁体 1 9 7 はオ ー バ 一 フ ロ ー 管 に枢着用 ア ー ム 1 9 7 a を介 し て枢着 さ れて い る  The large cleaning valve element 195 is pivotally connected via an arm 195a to an overflow pipe connecting portion 3a which is integrally provided with the cleaning valve body 3 and protrudes therefrom. The small flush valve 197 is pivotally attached to the overflow pipe via the arm 197a.
上記大洗浄弁体 1 9 5 に は前述の第 1 実施例同様、 枢 着用 ア ー ム 1 9 5 a が延び る 側 と は反対側 に第 1 の浮子 A O As in the first embodiment described above, the large flush valve 195 has a first float on the side opposite to the side where the arm 195a extends. AO
9 が取 り 付 け ら れて 、 こ の 浮子 9 取 り 付 け 部分 に 、 開弁 操作器具 1 0 の 大洗浄用 作動 レ バ ー 1 1 か ら 延 び る 第 1 の 鎖 8 が連結 さ れて お り 、 小洗浄弁体 1 9 7 に は そ の 上 面 中央部 に 開弁操作器具 1 0 の 小洗浄用 作動 レ バ ー 1 5 か ら 延 び る 第 2 の 鎖 1 6 が連結 さ れ、 該第 2 の 鎖 1 6 の 途 中 に 第 2 の 浮子 1 7 が取 り 付 け ら れて い る 。  The first chain 8 extending from the large cleaning operation lever 11 of the valve-opening operating device 10 is connected to the mounting portion of the float 9 when the float 9 is attached. The second chain 16 extending from the small cleaning operation lever 15 of the valve opening operation tool 10 is connected to the small cleaning valve element 1997 at the center of its upper surface. The second float 17 is attached in the middle of the second chain 16.
上記開弁操作器具 1 0 及 びそ の 他 の 構造 は第 1 実施例 と 同 じ で あ る 。  The valve-opening device 10 and other structures are the same as those of the first embodiment.
こ の よ う に 、 こ の 実施例 は第 1 実施例 と ほ と ん ど 同様 に 作動す る が、 各弁 A , B は 全 く 独 自 に 作動 し 、 大洗浄 弁 A 開弁時 に 小洗浄弁 B も 同時 に 作動 さ せ ら れ る こ と は な い。  As described above, this embodiment operates almost in the same manner as the first embodiment, but each of the valves A and B operates completely independently, and when the large flushing valve A is opened, the small cleaning valve A is opened. Washing valve B is not activated at the same time.
ま た 、 図 4 4 に 示す第 1 6 実施例 は 、 大洗浄弁 A 及 び 小洗浄.弁 B の配置関係 は上記第 1 5 実施例 と 同 じ で あ る が、 小洗浄弁体 2 0 7 全体 を 中空 リ ン グ状 の フ ロ ー 卜 に 形成 し 、 そ れ 自 体が第 2 の 浮子 と し て の 機能 を有す る よ う に 構成 し て 、 前述 の 第 1 1 実施例 や第 1 2 実施例 の よ う に 小洗浄弁体 2 0 7 が第 2 の 浮子を兼用 す る よ う に な し 、 第 2 の 浮子 の 省略 に よ る 部品点数 の 削減 と 、 組 み立 て の 簡略 化 を 図 っ て い る 。  The 16th embodiment shown in Fig. 44 has a large flush valve A and a small flush valve, and the arrangement of valve B is the same as that of the 15th embodiment. 7 The whole is formed as a hollow ring-shaped float, which is configured so as to have a function as a second float itself. As in the case of the first embodiment, the small flush valve body 107 also serves as the second float, thereby reducing the number of parts by omitting the second float and assembling. Is simplified.
尚 、 こ の 実施例 や上記第 1 5 実施例 の よ う に 大洗浄弁 と 小洗浄弁 を上下 に 離 し て設 け る も の は 、 第 1 4 実施例 ま で に 説明 し た 実施例 に 比べて排水装置 全体 と し て の 大 き さ が若干大 き く な る の は避 け 難 い が、 各弁 A , B が全 / 95/00677 k 1 In this embodiment and in the case where the large flush valve and the small flush valve are separated from each other vertically as in the fifteenth embodiment, the embodiments described in the embodiments up to the fourteenth embodiment are described. Although it is inevitable that the size of the entire drainage system becomes slightly larger than that of the drainage system, all the valves A and B / 95/00677 k 1
く 独 自 に 作動 し て、 小洗浄弁体 2 0 7 の重 さ や浮力が大 洗浄弁体 2 0 5 に何等の影響を与え る 恐れ も な い た め、 各弁 A , B の設計の 自 由度 は高 く な る 。 It operates independently, and there is no danger that the weight and buoyancy of the small flushing valve body will have any effect on the large flushing valve body. The degree of freedom increases.
次 に 図 4 5 乃至図 4 8 に示す第 1 6 実施例 は一つ の弁 体 6 5 で小洗浄弁体 と 大洗浄弁体を兼用 し 、 且つ浮子を も 兼用す る よ う に し た も ので あ る 。  Next, in the 16th embodiment shown in FIGS. 45 to 48, one valve body 65 is used for both the small cleaning valve body and the large cleaning valve body, and also serves as a float. It is a thing.
従 っ て、 こ の実施例 に お い て は弁座 6 6 も 大洗浄弁座 と 小洗浄弁座を兼用す る 一つ の弁座 6 6 を有す る だ けで、 こ の弁座 6 6 は タ ン ク 本体の底部 に該部を貫通す る 状態 に取 り 付 け ら れて タ ン ク 本体外部で排水管 に接続 さ れ る 洗浄弁本体 3 の タ ン ク 本体内 に突出す る 開 口縁 に よ り 構 fii し て め 。  Therefore, in this embodiment, the valve seat 66 also has only one valve seat 66 that also serves as the large flush valve seat and the small flush valve seat. 6 6 is attached to the bottom of the tank body so as to penetrate the tank body and protrudes into the tank body of the cleaning valve body 3 connected to the drain pipe outside the tank body. The structure of the opening edge should be fii.
一方、 大小兼用 の弁体 6 5 は、 ほぼ円筒 を軸方向 に 1 ノ 4 分割 し た形状 に形成 さ れ、 且つ そ の周 方向 の一端 に は中空 プ ロ ッ ク 状の浮力部 5 5 が一体 に 形成 さ れてお り 、 排水弁本体 3 に一体的 に立設 さ れた オ ー バー フ ロ ー 管 6 7 を中心に し て右側 に浮力部 5 5 が位置 し 、 且つ軸 芯が弁座 6 6 及びオ ー バー フ ロ ー管 6 7 双方の 中心を通 る よ う に弁座 6 6 上 に載置 さ れた状態 に 配置 さ れて い る 。  On the other hand, the large and small valve body 65 is formed in a shape obtained by dividing a substantially cylinder into one-to-four in the axial direction, and has a hollow block-shaped buoyancy part 55 at one end in the circumferential direction. The buoyancy portion 55 is located on the right side of the overflow pipe 67, which is integrally formed with the drain valve body 3, and the buoyancy portion 55 is located on the right side. It is placed on the valve seat 66 so as to pass through the center of both the valve seat 66 and the overflow pipe 67.
こ の弁体 6 5 の オ ー バ 一 フ ロ ー 管 6 7 に近接す る 蚰方 向側縁の 中央部に は、 も芯 に 向 か っ て垂直 に起立す る 枢 着用 ア ー ム 6 8 が、 ま た反対側の軸方向側縁の 中央部に は軸芯 と 平行 に水平 に 延び る 鎖取付 け ア ー ム 6 9 が夫 々 設 け ら れてお り 、 枢着用 ア ー ム 6 8 を介 し てオ ー バ 一 フ 2 ロ ー 管 6 7 に 振 り 子状 に 回動可能 に 枢着 さ れ る と 共 に 、 鎖取付 け ア ー ム 6 9 に は開閉操作器具か ら 垂下す る 鎖 7 0 が連結 さ れて い る 。 In the center of the side edge of the valve body 65 adjacent to the overflow pipe 67, a pivoting arm 6 that stands vertically toward the core is also provided. In the center of the opposite axial side edge, a chain mounting arm 69 extending horizontally in parallel with the axis is provided. Overflow via 6 8 2 A chain 70 is attached to the chain mounting arm 69, while being rotatably pivotally connected to the row tube 67 in the form of a pendulum, and a chain 70 hanging from an opening / closing operation device. ing .
尚、 上記弁座 6 6 は弁体 6 5 の 曲面 に 倣 う よ う に 湾曲 し て い る 。 従 っ て、 上記弁体 6 5 は弁座 6 6 に摺動 し て 時計方向 、 反時計方向 に 回動可能 と な る 。  The valve seat 66 is curved so as to follow the curved surface of the valve body 65. Accordingly, the valve body 65 slides on the valve seat 66 so as to be able to rotate clockwise and counterclockwise.
開閉操作器具 は図面で は省略 し て示 し て い る が、 第 7 の実施例 に お い て説明 し た操作器具 と 実質的 に 同一の 構 造を備え る も のであ る 。  Although the opening and closing operation device is omitted in the drawing, it has substantially the same structure as the operation device described in the seventh embodiment.
従 っ て、 作動 レバー 2 5 の時計方向 の 回転操作に よ り 弁体 6 5 は弁座 6 6 上を時計方向 (図 に お い て左側) に 回転 し て弁座 6 6 か ら 外れ弁が開 く が、 浮力部 5 5 は弁 体 6 5 の最 も 下方に 位置す る よ う に な る 。  Accordingly, the valve body 65 rotates in the clockwise direction (left side in the figure) on the valve seat 66 by the clockwise rotation of the operating lever 25, and comes off the valve seat 66. Is opened, but the buoyancy section 55 is located at the lowest position of the valve body 65.
こ の状態で タ ン ク 本体内の水が排水 さ れ、 水位が浮力 部 5 5 の位置、 即 ち タ ン ク 本体内 の低い 位置 ま で下降す る と 浮力部 5 5 の浮力が無 く な り 、 弁体 6 5 は反時計方 向 に 回動 し て元の位置 に戻 り 弁を閉止す る 。 即 ち 、 こ の 場合 に は大洗浄用 と し て大量の水を流す こ と がで き る (図 4 7 参照) 。  In this state, the water in the tank body is drained, and if the water level falls to the position of the buoyancy section 55, immediately, to a low position in the tank body, the buoyancy section 55 will lose buoyancy. That is, the valve body 65 rotates counterclockwise, returns to the original position, and closes the valve. In other words, in this case, a large amount of water can be flown for large cleaning (see Fig. 47).
ま た 、 作動 レ'バ ー 2 5 の反時計方向 の 回転操作に よ り 弁体 6 5 は弁座 6 6 上を反時計方向 (図 に お い て右側) に 回転 し て弁座 6 6 か ら 外れ、 弁が開 く が、 浮力部 5 5 は弁体 6 5 の最 も上方に 位置す る よ う に な る 。  In addition, the valve body 65 rotates counterclockwise (right side in the figure) on the valve seat 66 by rotating the operating lever 25 in the counterclockwise direction. Then, the valve is opened, but the buoyancy portion 55 is positioned at the highest position of the valve body 65.
こ の状態で タ ン ク 本体内の水が排水 さ れ、 水位が浮力 部 5 5 の 位置 、 即 ち タ ン ク 本体 内 の 比較 的高 い 位 置 ま で 下降す る と 、 浮力 部 5 5 の 浮力 が無 く な り 、 弁体 6 5 は 時計方 向 に 回動 し て元 の 位置 に 戻 り 弁 を 閉止す る 。 即 ち こ の 場合 に は 小洗浄用 と し て比較 的少量 の 水 を 流す こ と に な る ( 図 4 8 参照) 。 In this state, the water inside the tank body is drained, and the water level becomes buoyant. When it descends to the position of the part 55, that is, to a relatively high position in the tank body, the buoyancy of the buoyancy part 55 is lost, and the valve body 65 rotates clockwise. Return to the original position and close the valve. In this case, a relatively small amount of water is used for small washing (see Fig. 48).
こ の 実施例 の よ う に 一つ の 弁 、 一つ の 操作力 伝達部材 で大洗浄、 小洗浄 を行 な え る よ う に す れ ば、 一定 の 大洗 浄流量、 小洗浄流量 を 流す こ と がで き る 排水装置で あ る に も 拘 ら ず、 従来 の 排水弁 を一つ し か備 え ず、 一定の 大 洗浄流量 し か流す こ と がで き な い 排水装置 と ほ ぼ同 じ 大 き さ と す る ご と 力《可能 と な る 。 産業上の利用 可能性  If large cleaning and small cleaning can be performed by one valve and one operating force transmission member as in this embodiment, a constant large cleaning flow and small cleaning flow can be achieved. Despite being a drainage device that can be installed, it is almost the same as a drainage device that has only one conventional drainage valve and can only flow at a constant large washing flow rate. The greater the power, the more it becomes possible. Industrial applicability
以上説明 し た よ う に 、 本発明 に よ れば大洗浄弁 と 小洗 浄弁 と を 同軸 に 配設 し た の で、 排水装置 全体 の 横幅が小 さ く な る 。 従 っ て 、 大量排水用 の 大洗浄弁 と 少量排水用 の 小洗浄弁 の 二つ の弁 を備 え る に も 拘 ら ず、 タ ン ク 内で の 排水装置力 占 め る ス ペ ー ス が小 さ い の で タ ン ク を 小型 化す る こ と 力《で き る 。  As described above, according to the present invention, since the large cleaning valve and the small cleaning valve are arranged coaxially, the overall width of the drainage device is reduced. Therefore, despite the provision of two valves, a large flushing valve for large-scale drainage and a small flushing valve for small-volume drainage, the space used to drain the drainage equipment in the tank Is small, so it is possible to reduce the size of the tank.
ま た 、 大洗浄弁、 小洗净弁 の 双方 を ボ ー ル タ ッ プの 吐 水位置 か ら 離れた 所 に 配置す る こ と が可能 に な り 、 吐水 に よ る 波浪や飛沫 の 勢 い で、 浮子が揺動 し 、 タ ン ク の 水 位が不安定 に な っ た り 、 洗浄弁 の 閉止が不確実 に な る よ う な 不都合が生 じ な い な ど の 効果 を奏す る 。  In addition, both the large flushing valve and the small flushing valve can be placed at a location away from the water discharge position of the ball tap, and the wave and splash force due to the water discharge can be increased. This has the effect of preventing the float from oscillating, causing the tank water level to become unstable, and the inconvenience that the closing of the cleaning valve becomes uncertain. .

Claims

求 の 範 囲 Range of request
1 . 洗浄水 を貯留す る タ ン ク 本体 と 、 タ ン ク 木体 内 に 配設 さ れ そ れぞれ 夕 ン ク 本体 内 の 貯留水 の 排 出 を 制御 す る 大洗浄弁及び小洗浄弁 と 、 前記大洗浄弁及 び小洗浄 弁 に 連係 し て こ れ ら 洗浄弁 の 開弁動作 を操作す る 開弁操 作器具 を 備 え 、 前記大洗浄弁及 び小洗浄弁 は そ れぞれ弁 体 に 付与 さ れ る 浮力 に よ り 閉弁水位が検知 さ れ そ の 閉弁 動作が制御 さ れ る 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 前記大 洗浄弁 と 小洗浄弁 と は 同軸上 に 配設 さ れ、 前記 2 つ の 洗 浄弁 の う ち 少 な く と も 小洗浄弁 は 、 小洗浄弁 の 弁体 と は 別個 に 設 け ら れた 浮子 に よ り 浮力 を付与 さ れ、 前記浮子 に 追従 し て 閉弁動作が制御 さ れ る こ と を特徴 と す る 便器 洗浄 タ ン ク 装置。 1. Tank body for storing washing water and large flushing valve and small flushing arranged in the tank body to control the discharge of stored water in the tank body respectively A valve, and a valve-opening operating device that operates in conjunction with the large flushing valve and the small flushing valve to operate the opening of these flushing valves, wherein the large flushing valve and the small flushing valve are provided. In the toilet flushing tank device in which the valve closing water level is detected by the buoyancy given to each valve body and the valve closing operation is controlled, the large flushing valve, the small flushing valve, Are disposed coaxially, and at least one of the two cleaning valves is provided with a buoyancy by a float provided separately from the valve body of the small cleaning valve. A toilet flushing tank device characterized in that the valve closing operation is controlled in accordance with the float.
2 . 洗浄水 を貯留す る タ ン ク 本体 と 、 タ ン ク 本体 内 に 配設 さ れ そ れぞれ 夕 ン ク 本体 内 の 貯留水 の 排 出 を制御 す る 大洗浄弁及 び小洗浄弁 と 、 前記大洗浄弁及 び小洗浄 弁 に 連係 し て こ れ ら 洗浄弁 の 開弁動作を操作す る 開弁操 作器具 を 備 え 、 前記大洗浄弁及 び小洗浄弁 は そ れぞれ弁 体 に 付与 さ れ る 浮力 に よ り 閉弁水 位が検知 さ れ そ の 閉弁 動作が制御 さ れ る 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 前記大 洗浄弁 と 小洗浄弁 と は 同 由上 に 配設 さ れ、 前記 2 つ の 洗 浄弁 の う ち 少 な く と も 小洗浄弁 は 、 小洗浄弁 の 弁体 と 一 体 に 形成 さ れた 浮子部分 を 備 え て い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。 2. The tank body that stores the wash water, the large flush valve and the small flush that are arranged in the tank body and control the discharge of the stored water in the evening tank body, respectively. A valve, and a valve-opening operating device for operating the opening operation of these cleaning valves in association with the large cleaning valve and the small cleaning valve, wherein the large cleaning valve and the small cleaning valve are provided. The large flushing valve and the small flushing valve in the toilet flushing tank device in which the valve closing water level is detected by the buoyancy given to each valve body and the valve closing operation is controlled. And at least one of the two cleaning valves is provided with a float formed integrally with the valve body of the small cleaning valve. It is characterized by Toilet flush tank device.
3 . 請求項 1 又 は 請求項 2 に 記載 の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 小洗浄弁 の 弁座 を 大洗浄弁 の 弁体 に 形成 し 小洗浄弁 の 弁体 と 大洗浄弁 の 弁体 を上下 に 重ね て配設 し た こ と を特徴 と す る 便器 洗浄 夕 ン ク 装置。  3. In the toilet flushing tank device according to claim 1 or claim 2, the valve seat of the small flush valve is formed on the valve body of the large flush valve, and the valve body of the small flush valve and the large flush valve. A toilet flushing and washing apparatus characterized in that the valve elements of the above are arranged one above the other.
4 . 請求項 3 記載の 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 小洗浄弁 の 弁体 に は一端が大洗浄弁 の 弁体上面 に 当 接 し 他端が開弁操作器具 に 連結 さ れ た 梃が揺動可能 に 取付 け ら れて い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。  4. In the toilet flushing tank device according to claim 3, one end of the valve body of the small flush valve contacts the upper surface of the valve body of the large flush valve, and the other end is connected to the valve-opening operation device. A toilet flushing tank device characterized in that the lever is swingably mounted.
5 . 請求項 1 乃至請求項 4 の い ずれか に 記載の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 洗浄弁 の 開弁 を操作す る 開弁 操作器具が一個所の 操作部 の 操作 に よ り 、 大洗浄弁及 び 小洗浄弁 そ れぞれの 開弁 を操作す る こ と を特徴 と す る 便 器洗浄 タ ン ク 装置。  5. In the toilet flushing tank device according to any one of claims 1 to 4, the valve-opening operating device for operating the opening of the flushing valve depends on the operation of one operating section. A toilet flushing tank device characterized by operating the opening of each of a large flush valve and a small flush valve.
6 . 請求項 1 乃至請求項 4 の い ずれか に 記載の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 開弁操作器具が二つ の 操作力 伝達部材 に よ り 大洗浄弁体及 び小洗浄弁体 に 各別 に 連係 し て い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 夕 ン ク 装置。  6. In the toilet flushing tank device according to any one of claims 1 to 4, the valve-opening operation device has a large flush valve body and a small flush by two operating force transmitting members. A toilet flushing / inking device characterized in that it is individually linked to a valve body.
7 . 請求項 1 乃至請求項 4 の い ずれか に 記載 の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 開弁操作器具が一つ の 操作力 伝達部材 に よ り 大洗浄弁体及 び小洗浄弁体 に 連係 し て い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。  7. In the toilet flushing tank device according to any one of claims 1 to 4, the valve-opening operation device has a large flush valve body and a small flush by one operating force transmitting member. A toilet flushing tank device characterized by being linked to a valve body.
8 . 請求項 2 記載の 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 小洗浄弁 の 弁体が、 該弁体 と 一体 に 形成 さ れ た 浮子部分 を弁体の 小洗浄弁 の 弁座へ の 着座部 よ り 上方 に 離れ た 位 置 に 備 え て い る こ と を特徴 と す る 便器 洗浄 夕 ン ク 装置。 8. The toilet flushing tank device according to claim 2, wherein the valve body of the small flush valve is a float part integrally formed with the valve body. A toilet flushing device characterized in that the flushing device is provided above the valve seat of the small flushing valve on the valve seat.
9 . 請求項 2 記載の 便器 洗浄 タ ン ク 装 置 に お い て 、 小洗浄弁 の 弁座 を大洗浄弁 の 弁体 に 形成 し て 小洗浄弁 の 弁体 と 大洗浄弁 の弁体 を上下 に 重ね て設 け る と 共 に 大洗 浄弁 の弁体 の 厚 さ 方 向 寸法 を 大 き く 形成 し て 、 そ の上面 に 形成 さ れ る 小洗浄弁 の 弁座 の 高 さ 位置 を 大洗浄弁 の 弁 座 の 高 さ 位置 よ り 上方 に 離 し て 位置 せ し め た こ と を特徴 と す る 便器洗浄 夕 ン ク 装置。  9. In the toilet flushing tank device according to claim 2, the valve seat of the small flush valve is formed on the valve body of the large flush valve, and the valve body of the small flush valve and the valve flush of the large flush valve are arranged. When the valve is installed vertically, the size of the valve body of the Oarai cleaning valve is made large in the thickness direction, and the height position of the valve seat of the small cleaning valve formed on the upper surface of the Oarai cleaning valve is greatly cleaned. A toilet flushing toilet device characterized in that the toilet flushing device is located at a position higher than a height of a valve seat of the valve.
1 0 . 請求項 2 記載の 便器洗浄 タ ン ク 装 置 に お い て 、 一 つ の 弁座 と 弁体 に よ り 大洗浄弁 と 小洗浄弁が兼用 し て 構成 さ れ、 且つ 弁体が閉弁水位 を検知す る 浮子部分 を一 体 に 備 え て い る こ と を特徵 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。  In the toilet flushing tank device according to claim 2, the large flushing valve and the small flushing valve are combined with one valve seat and the valve body, and the valve body is used. A toilet flushing tank device that has a built-in float that detects the valve closing water level.
1 1 . 請求項 7 記載の 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 操作力 伝達部材が小洗浄弁体 に 連結 さ れ、 小洗浄弁体が 所定 の動作範囲 を越 え る 動作 に よ り 上記操作力 伝達部材 に よ り 伝達 さ れ る 操作カ を大洗浄弁体 に 伝達可能 に 大洗 浄弁体 に 連係 さ れて い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 夕 ン ク 装置。  In the toilet flushing tank device according to claim 7, the operation force transmitting member is connected to the small flush valve body, and the small flush valve body is operated by moving beyond a predetermined operation range. A toilet flushing device characterized by being linked to the large flushing valve so that the operational force transmitted by the above-mentioned operating force transmitting member can be transmitted to the large flushing valve.
1 2 . 請求項 7 記載の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 操作力 伝達部材が開弁操作器具 の 操作 に よ り 上方へ引 き 上 げ ら れ る よ う に 構成 さ れ、 該操作力 伝達手段 と 大洗浄 弁体及 び小洗浄弁体 に は操作力 伝達手段 の 引 き 上 げ距離 が所定範囲 ま で の 距離で あ る と き に は 操作力 伝達手段が レ Ί 12. The toilet flushing tank device according to claim 7, wherein the operating force transmitting member is configured to be pulled upward by an operation of the valve-opening operating device. The operating force transmitting means and the large flushing valve element and the small flushing valve element have the operating force transmitting means when the pull-up distance of the operating force transmitting means is within a predetermined range. レ Ί
小洗净弁体 に の み 係止 し て そ の 操 作力 を 小洗浄弁体 に 伝 達 し 、 所定範囲を越す距離で あ る と き に は 操作力 伝達手 段が少 な く と も 大洗浄弁体 に 係止 し て そ の 操作力 を 大洗 浄弁体 に 伝達す る 係止部が設 け ら れて い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。 The operating force is transmitted to the small flush valve element by locking only to the small flush valve element, and when the distance exceeds a predetermined range, the operating force transmission means is small. A toilet flushing tank device characterized in that a flushing portion is provided which is engaged with the large flushing valve body and transmits an operating force to the large flushing valve body.
1 3 . 請求項 7 記載の 便器 洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 操作力 伝達部材が開弁操作器具 の 操作 に よ り 上方 に 押 し 上 げ ら れ、 そ の 押 し 上 げ距離が所定範囲 ま で の 距離で あ る と き に は 小洗浄弁体を そ の 弁座か ら 押 し 上 げ、 所定範 囲 を越す距離で あ る と き に は少 な く と も 大 洗浄弁体 を そ の 弁座力、 ら 押 し 上 げ る よ う に 構成 さ れて い る こ と を特徴 と す る 便器洗浄 タ ン ク 装置。  13. In the toilet flushing tank device according to claim 7, the operating force transmitting member is pushed upward by the operation of the valve-opening operating device, and the pushing-up distance is increased. When the distance is within the specified range, push up the small flushing valve body from its valve seat, and when the distance exceeds the prescribed range, at least the large flushing valve is used. A toilet flushing tank device characterized by being configured to push up the body with its valve seat force.
1 4 . 請求項 7 記載の 便器洗浄 タ ン ク 装置 に お い て 、 小洗浄弁 の 弁体 と 大洗浄弁 の弁体 と が小洗浄弁 の 弁座 を 大洗浄弁 の弁体 に形成す る こ と に よ り 上下 に 重ね て設 け ら れ、 操作力伝達部材が開弁操作器具 の 操作 に よ り 軸心 を 中心 に す る 回動 と 上方へ の 引 き 上 げが選択的 に 行 な わ れて 、 回動時 に は そ の 回動力 を 、 引 き 上げ時 に は 引 き 上 げカ を小洗浄弁体 に 伝達 し 、 小洗浄弁体 と 大洗浄弁体 に は小洗净弁体 の 回転角 度 に 応 じ て係脱す る 係合部 を設 け た こ と を特徴 と す る 便器 洗浄 タ ン ク 装置。  14. In the toilet flushing tank device according to claim 7, the valve body of the small flush valve and the valve body of the large flush valve form the valve seat of the small flush valve into the valve flush of the large flush valve. As a result, the operating force transmitting member can be selectively rotated about the axis and pulled upward by operating the valve-opening operating device. During rotation, the rotating power is transmitted to the small flushing valve element when turning, and the lifting force is transmitted to the small flushing valve element when pulling up, and the small flushing valve element and the large flush valve element are flushed. 。 A toilet flushing tank device characterized by having an engaging portion that is disengaged according to the rotation angle of the valve body.
PCT/JP1995/000677 1994-05-31 1995-04-06 Toilet bowl flush tank WO1995033101A1 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11889894A JPH07324362A (en) 1994-05-31 1994-05-31 Toilet flushing tank device
JP6/118898 1994-05-31

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP95914531A EP0712966A4 (en) 1994-05-31 1995-04-06 Toilet bowl flush tank

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO1995033101A1 true WO1995033101A1 (en) 1995-12-07

Family

ID=14747903

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP1995/000677 WO1995033101A1 (en) 1994-05-31 1995-04-06 Toilet bowl flush tank

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0712966A4 (en)
JP (1) JPH07324362A (en)
CA (1) CA2168234A1 (en)
TW (1) TW276284B (en)
WO (1) WO1995033101A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7296593B2 (en) 2002-08-30 2007-11-20 Toto Ltd. Opening and closing valve

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8850630B2 (en) 2011-08-29 2014-10-07 Sam Akbarpour Dual flush device

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5636781U (en) * 1979-08-25 1981-04-08
JPH0348289Y2 (en) * 1985-10-31 1991-10-15

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4160294A (en) * 1977-10-14 1979-07-10 Crumby John T Two-stage flush mechanism for toilets
US4175295A (en) * 1978-06-22 1979-11-27 Cameron Robert L Water saving toilet
DE3221747A1 (en) * 1982-06-09 1983-12-15 Ernst Geuer Metering valve system for WC flushing cisterns

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5636781U (en) * 1979-08-25 1981-04-08
JPH0348289Y2 (en) * 1985-10-31 1991-10-15

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP0712966A4 *

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7296593B2 (en) 2002-08-30 2007-11-20 Toto Ltd. Opening and closing valve

Also Published As

Publication number Publication date
CA2168234A1 (en) 1995-12-07
JPH07324362A (en) 1995-12-12
TW276284B (en) 1996-05-21
EP0712966A4 (en) 1997-05-28
EP0712966A1 (en) 1996-05-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4651359A (en) Dual mode flush valve assembly
US5301373A (en) Dual flush mechanism
US4135263A (en) Dual flush toilet mechanism
US4025968A (en) Water and energy saving closet tank flush valves
US8584268B2 (en) Dual flush toilet devices
US4764995A (en) Dual flush mechanism
JPH08302781A (en) Toilet drainage system having water economizing function
US5713086A (en) Flushing device for a toilet
JPH08302782A (en) Toilet drainage system having water economizing function
WO1995033101A1 (en) Toilet bowl flush tank
US5191662A (en) Flush limiting mechanism
JP3691754B2 (en) Cleaning tank device
JP4968553B2 (en) Washing water tank device
JP4986460B2 (en) Cleaning tank device
US5740561A (en) Water-saving structure of toilet bowl water tank
WO2003106774A2 (en) Adjustable valve for a toilet
KR100245125B1 (en) Toilet stool flushing tank device
JP3383899B2 (en) Float valve
JP3079866B2 (en) Water tank drain valve
JP4254002B2 (en) Toilet bowl cleaning tank equipment
SI20648A (en) Device for controlling the release valve of the toilet cistern
US20100017948A1 (en) Dual flush toilet valve
JP3025339U (en) Water-saving toilet
CN2470422Y (en) Side-plate type double-row draw-off water
KR100354526B1 (en) Toilet bowl of Water closet

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): CA CN KR US

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AT BE CH DE DK ES FR GB GR IE IT LU MC NL PT SE

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2168234

Country of ref document: CA

ENP Entry into the national phase in:

Ref country code: CA

Ref document number: 2168234

Kind code of ref document: A

Format of ref document f/p: F

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 1995914531

Country of ref document: EP

121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 1995914531

Country of ref document: EP

ENP Entry into the national phase in:

Ref country code: US

Ref document number: 1996 596105

Date of ref document: 19960522

Kind code of ref document: A

Format of ref document f/p: F

WWW Wipo information: withdrawn in national office

Ref document number: 1995914531

Country of ref document: EP