JPWO2015190456A1 - Tablets containing sake yeast - Google Patents

Tablets containing sake yeast Download PDF

Info

Publication number
JPWO2015190456A1
JPWO2015190456A1 JP2016527805A JP2016527805A JPWO2015190456A1 JP WO2015190456 A1 JPWO2015190456 A1 JP WO2015190456A1 JP 2016527805 A JP2016527805 A JP 2016527805A JP 2016527805 A JP2016527805 A JP 2016527805A JP WO2015190456 A1 JPWO2015190456 A1 JP WO2015190456A1
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
coating
tablets
preferably
sake yeast
yeast
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2016527805A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
大輔 金島
大輔 金島
智夫 五木田
智夫 五木田
秀明 南埜
秀明 南埜
あゆみ 松野
あゆみ 松野
菅藤 寿裕
寿裕 菅藤
Original Assignee
ライオン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/06Fungi, e.g. yeasts
    • A61K36/062Ascomycota
    • A61K36/064Saccharomycetales, e.g. baker's yeast
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K47/00Medicinal preparations characterised by the non-active ingredients used, e.g. carriers or inert additives; Targeting or modifying agents chemically bound to the active ingredient
    • A61K47/06Organic compounds, e.g. natural or synthetic hydrocarbons, polyolefins, mineral oil, petrolatum or ozokerite
    • A61K47/08Organic compounds, e.g. natural or synthetic hydrocarbons, polyolefins, mineral oil, petrolatum or ozokerite containing oxygen, e.g. ethers, acetals, ketones, quinones, aldehydes, peroxides
    • A61K47/10Alcohols; Phenols; Salts thereof, e.g. glycerol; Polyethylene glycols [PEG]; Poloxamers; PEG/POE alkyl ethers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K47/00Medicinal preparations characterised by the non-active ingredients used, e.g. carriers or inert additives; Targeting or modifying agents chemically bound to the active ingredient
    • A61K47/30Macromolecular organic or inorganic compounds, e.g. inorganic polyphosphates
    • A61K47/36Polysaccharides; Derivatives thereof, e.g. gums, starch, alginate, dextrin, hyaluronic acid, chitosan, inulin, agar or pectin
    • A61K47/38Cellulose; Derivatives thereof

Abstract

本発明は、コーティング性に優れ、外観、におい及び味の面でも問題のないコーティング剤を得ることを目的とする。 The present invention is excellent in coating properties, and to obtain the appearance, a coating agent no problem in terms of smell and taste. 本発明は、清酒酵母を含有する素錠が、ヒドロキシプロピルメチルセルロース及びグリセリンを含むコーティング剤によってコーティングされており、ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)のグリセリンのコーティング率(B)に対する比率(A/B)が2〜20であり、清酒酵母菌体(C)の含有量が素錠に対し15質量%以上である、錠剤を提供する。 The present invention is plain tablet containing sake yeast, it is coated with a coating agent comprising hydroxypropylmethyl cellulose and glycerin, the ratio of the coating rate of the hydroxypropylmethylcellulose coating rate of glycerin (A) (B) (A / B) is 2 to 20, the content of sake yeast cells (C) is 15 wt% or more based on uncoated to provide tablets.

Description

本発明は、清酒酵母を含有する錠剤に関する。 The present invention relates to tablets containing sake yeast.

清酒酵母は、ビタミン類、アミノ酸類、食物繊維、ミネラル分などの栄養成分を豊富に含んでいる。 Sake yeast, vitamins, amino acids, dietary fibers, and Rich in nutrients, such as minerals. そのため、清酒酵母の摂取により、栄養補給、疾病予防などの効果が期待できる。 Therefore, the intake of sake yeast, nutritional, effects such as disease prevention can be expected.

清酒酵母を含む錠剤は、清酒酵母自体と比較して手軽に服用することができる。 Tablets containing sake yeast, can be easily taken as compared with the sake yeast itself. 従って清酒酵母を含む錠剤は、清酒酵母の発揮する栄養補給、効果を得るための手段として有用である。 Thus tablets containing sake yeast, nutritional exerting a sake yeast, useful as a means for obtaining the effect. しかしながら、上記の栄養補給やその他の効果を得るためには、比較的多量の清酒酵母を摂取する必要がある。 However, in order to obtain nutrition and other effects described above, it is necessary to consume a relatively large amount of sake yeast. そのため錠剤中の清酒酵母の含有量が少ないと、摂取する錠剤数が多くなりすぎて、服用性に問題が出る。 When a small amount of sake yeast Therefore tablet, too many number of tablets to be ingested, leaving a problem with taking ability. 従って、清酒酵母を含有する錠剤の服用性を向上するためには、錠剤中の酵母濃度を高めることが求められている。 Therefore, in order to improve taking of tablets containing sake yeast, to increase the yeast concentration in the tablet it is demanded. しかし、錠剤中の酵母濃度を高めると、清酒酵母由来の苦味、特有なにおいの発生が問題となる。 However, increasing the yeast concentration in the tablet, bitterness derived sake yeast, the generation of unique smell becomes a problem.

このような苦味、においを抑制する技術として、コーティング剤により錠剤をコーティングする技術がある。 Such bitterness, as a technique for suppressing smell, there is a technique of coating the tablet with a coating agent. 特許文献1には、S−アデノシル−L−メチオニン(SAMe)を含有する微生物乾燥菌体の錠剤をセルロース誘導体でコーティングすることが記載され、セルロース誘導体としてヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いた製剤例が記載されている。 Patent Document 1, S- adenosyl -L- methionine tablet dry microbial cell containing (SAMe) is described be coated with a cellulose derivative, formulation examples using hydroxypropyl methylcellulose are described as cellulose derivatives ing.

国際公開第2009/081833号 International Publication No. WO 2009/081833

しかし、特許文献1に記載の方法は、酵母に含まれる成分を安定化させることを目的としており、はがれ、めくれ、欠け、スティッキングが生じる等コーティング性の悪化を防ぐことが難しかった。 However, the method described in Patent Document 1 is intended to stabilize the components contained in the yeast, peeling, curling, chipping, it is difficult to prevent deterioration of equal coatability of sticking occurs.

本発明は、コーティング性に優れ、外観、におい及び味の面でも問題のないコーティング剤を得ることを目的とする。 The present invention is excellent in coating properties, and to obtain the appearance, a coating agent no problem in terms of smell and taste.

本発明者らは上記課題を解決すべく鋭意検討を重ねた。 The present inventors have conducted extensive studies to solve the above problems. その過程で、ヒドロキシプロピルメチルセルロースをグリセリンと組み合わせてコーティング剤として用いることで、コーティング性を良好に保つことができることを見出した。 In the process, the use of hydroxypropylmethylcellulose as a coating agent in combination with glycerin, found that it is possible to keep the coating excellently. さらに、ヒドロキシプロピルメチルセルロースとグリセリンの、両者のコーティング率のバランスを調整することで、外観、におい、味も良好に保つことができることを見出した。 Further, hydroxypropylmethylcellulose and glycerin, by adjusting the balance between the coating ratio of the found appearance, smell, that can keep taste good.

本発明は、〔1〕〜〔3〕を提供する。 The present invention provides [1] to [3].
〔1〕清酒酵母を含有する素錠が、ヒドロキシプロピルメチルセルロース及びグリセリンを含むコーティング剤によってコーティングされており、 [1] plain tablet containing sake yeast, are coated with a coating agent comprising hydroxypropylmethyl cellulose and glycerin,
ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)のグリセリンのコーティング率(B)に対する比率(A/B)が2〜20であり、 Coating ratio of hydroxypropylmethylcellulose coating rate of glycerin (A) ratio (B) (A / B) is 2 to 20,
清酒酵母菌体(C)の含有量が素錠に対し15質量%以上である、清酒酵母を含有する錠剤。 The content of sake yeast cells (C) is 15 mass% or more relative to uncoated tablets containing sake yeast.
〔2〕グリセリンのコーティング率(B)が、0.025%〜2.5%である、〔1〕に記載の錠剤。 [2] The coating rate of glycerol (B) is 0.025% to 2.5%, the tablet according to [1].
〔3〕ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)が、0.5%以上である、〔1〕又は〔2〕に記載の錠剤。 [3] The coating rate of the hydroxypropylmethylcellulose (A) is less than 0.5%, the tablet according to [1] or [2].

本発明によれば、コーティング性に優れ、外観、におい、味の面で問題のない清酒酵母を含有するコーティング錠剤を提供することができる。 According to the present invention, excellent coating properties, appearance, odor, a coated tablet containing the free sake yeast problems in terms of taste can be provided.

本発明の錠剤は、清酒酵母を含有する。 Tablets of the present invention contains a sake yeast. 清酒酵母とは、清酒醸造に用いられる酵母である。 The sake yeast, a yeast used for sake brewing. 清酒醸造に用いられる酵母は、主としてサッカロミセス・セレビシエ(S.cerevisiae)に分類される。 Yeast used in the sake brewing is mainly classified into Saccharomyces cerevisiae (S. cerevisiae). 清酒酵母としては、協会6号酵母(K−6)、協会7号酵母(K−7)、協会9号酵母(K−9)、協会601号酵母(K−601)、協会701号酵母(K−701)、協会901号酵母(K−901)、協会1001号酵母(K−1001)、協会1501号酵母(K−1501)(いずれも公益財団法人日本醸造協会頒布)が例示される。 The sake yeast Association No. 6 yeast (K-6), Association No. 7 yeast (K-7), Association No.9 yeast (K-9), Association 601 No. yeast (K-601), Society 701 No. yeast ( K-701), Society 901 No. yeast (K-901), Society 1001 No. yeast (K-1001), Association 1501 No. yeast (K-1501) (the brewing Society distributed both Nippon Foundation) are exemplified. 清酒酵母は、生菌体及び死菌体のいずれでもよい。 Sake yeast may be either viable cells and dead cells.

清酒酵母は、通常は乾燥菌体である。 Sake yeast is usually a dry cell. 乾燥菌体とは、菌体及び/又は菌体の破砕片など菌体の一部を乾燥処理して得られる結果物である。 Dried cells and is the result obtained part of debris such as cells of the bacteria and / or fungus body was dried. 乾燥処理としては、凍結乾燥、減圧乾燥、通気乾燥、噴霧乾燥が例示される。 As the drying treatment, freeze-drying, vacuum drying, air-drying, spray drying and the like. 乾燥菌体は、通常粉末状である。 Dry cell is usually powdery.

本発明の素錠の質量に対する清酒酵母菌体(C)(乾燥質量)の含有量は、清酒酵母の錠剤1錠あたりの含有量として、素錠に対し通常15質量%以上であり、好ましくは20質量%以上であり、より好ましくは23質量%以上である。 The content of sake yeast cells to the mass of base tablets of the present invention (C) (dry weight), as the content per tablet of sake yeast is usually 15 mass% or more relative to uncoated tablets, preferably it is 20 mass% or more, more preferably 23 mass% or more. これにより、摂取錠数を適度な範囲に抑えることができるので、服用性を向上させることができる。 Since this makes it possible to suppress the number of ingested tablets in an appropriate range, thereby improving taking ability. 上限は、70質量%以下であることが好ましく、60質量%以下であることがより好ましく、50質量%以下であることが更に好ましい。 The upper limit is preferably 70 wt% or less, more preferably 60 wt% or less, more preferably 50 mass% or less. これにより、清酒酵母由来の苦味、特有なにおいの発生を防ぎ、味及びにおいを保持することができる。 Thus, bitterness derived sake yeast, prevents the occurrence of unique smell, it can hold the taste and odor. 清酒酵母菌体(C)の錠剤1錠あたりの含有量は、素錠に対し、15質量%〜70質量%であることが好ましく、20質量%〜60質量%であることがより好ましく、23質量%〜50質量%であることが更に好ましい。 The content per tablet of sake yeast cells (C), compared plain tablet is preferably from 15% to 70% by weight, more preferably from 20% to 60% by weight, 23 and further preferably 50 mass%.

本発明の錠剤における清酒酵母菌体(C)は、清酒酵母中に含有される。 Sake yeast cells in the tablets of the present invention (C) is contained in a sake yeast. 清酒酵母と清酒酵母菌体(C)は、同一である場合もある。 Sake yeast and sake yeast cells (C) may also be the same. また清酒酵母中に清酒酵母菌体(C)以外の成分が含有されていてもよい。 The components other than the sake yeast cells (C) may be contained in sake yeast. 当該清酒酵母菌体(C)以外の成分としては、例えば、発酵液、培養上清等が挙げられる。 The components other than the sake yeast cells (C), for example, fermentation broth, and a culture supernatant or the like.

本発明の錠剤は、清酒酵母を含有する素錠がコーティング剤によってコーティングされている。 Tablets of the present invention, plain tablet containing sake yeast is coated with a coating agent. コーティング剤は、ヒドロキシプロピルメチルセルロース及びグリセリンを含む。 Coating agents include hydroxypropylmethylcellulose and glycerin.

ヒドロキシプロピルメチルセルロース(別名:HPMC)の2質量%水溶液の20℃における粘度は、2mm 2 /s以上であることが好ましく、4mm 2 /s以上であることがより好ましい。 Hydroxypropylmethylcellulose (aka: HPMC) viscosity at 20 ° C. of a 2 wt% aqueous solution of is preferably 2 mm 2 / s or more, more preferably 4 mm 2 / s or more. 上限は、10mm 2 /s以下であることが好ましく、8mm 2 /s以下であることがより好ましい。 The upper limit is more preferably preferably not more than 10 mm 2 / s, or less 8 mm 2 / s. これにより、フィルム成形性の良好なコーティングが可能となる。 This allows good coating film formability.

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの置換度は、メトキシ基含量が15%以上であることが好ましく、20%以上であることがより好ましい。 The degree of substitution of hydroxypropyl methylcellulose is preferably methoxy group content is 15% or more, more preferably 20% or more. 上限は、40%以下であることが好ましく、30%以下であることがより好ましい。 The upper limit is preferably 40% or less, more preferably 30% or less. また、ヒドロキシプロポキシ基含量が2%以上であることが好ましく、5%以上であることがより好ましい。 It is preferable that hydroxypropoxy group content of 2% or more, and more preferably 5% or more. 上限は、15%以下であることが好ましく、12%以下であることがより好ましい。 The upper limit is preferably 15% or less, and more preferably 12% or less. これにより、フィルム成形性の良好なコーティングが可能となる。 This allows good coating film formability.

ヒドロキシプロピルメチルセルロースとしては、信越化学工業(株)製のメトローズ(METROSE)60SH−03、60SH−06、SE−06、MCE−4、SB−4、SM−4、TC−5E、TC−5M、TC−5Rなどが挙げられる。 The hydroxypropyl methylcellulose, Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. Metolose (METROSE) 60SH-03,60SH-06, SE-06, MCE-4, SB-4, SM-4, TC-5E, TC-5M, such as TC-5R, and the like. このうち、特にSE−06、TC−5Rが好ましい。 Of these, especially SE-06, TC-5R preferred.

ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)は、0.5%以上であることが好ましく、1%以上であることがより好ましい。 Coating ratio of hydroxypropylmethylcellulose (A) is more preferably preferably at least 0.5%, 1% or more. 上限は、10%以下であることが好ましく、5%以下であることがより好ましく、3%以下であることが更に好ましい。 The upper limit is preferably 10% or less, more preferably 5% or less, more preferably 3% or less. 該コーティング率は、0.5%〜10%であることが好ましく、0.5%〜5%であることがより好ましく、1%〜3%であることが更に好ましい。 The coating rate is preferably 0.5% to 10%, more preferably 0.5% to 5%, and more preferably 1% to 3%.
ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)が、好ましい下限値以上であると、清酒酵母由来の苦味、特有なにおいがより低減され、好ましい上限値以下であれば、崩壊性がより良好な錠剤が得られる。 Coating ratio of hydroxypropylmethylcellulose (A) is, if it is more preferred lower limit, bitterness derived sake yeast is further reduced peculiar smell, not more than the preferred upper limit, the collapse resistance better tablet obtained It is.

グリセリンとしては、日本薬局方又は食品添加物公定書に規定のグリセリンを用いることができる。 The glycerin can be used glycerin defined in Japanese Pharmacopoeia or food additives compendia.

グリセリンのコーティング率(B)は、0.025%以上であることが好ましく、0.1%以上であることがより好ましい。 Coating rate of glycerol (B) is preferably 0.025% or more and more preferably 0.1% or more. 上限は、2.5%以下であることが好ましく、0.8%以下であることがより好ましい。 The upper limit is preferably 2.5% or less, and more preferably 0.8% or less. 該コーティング率は、0.025%〜2.5%であることが好ましく、0.1%〜0.8%であることがより好ましい。 The coating rate is preferably from 0.025% to 2.5%, and more preferably from 0.1% to 0.8%.
グリセリンのコーティング率(B)が、好ましい下限値以上であると、コーティング性をより良好に保つこことができ、好ましい上限値以下であれば、経時的な外観変化がより発生しにくくなる。 Coating ratio of glycerin (B), and preferred lower limit value or more, can this keep coatability better, if less preferred upper limit value, temporal appearance change is less likely to occur.

本発明においてコーティング率は、以下の式で算出される数値である。 The coating rate in the present invention is a value calculated by the following equation.

〔式〕 〔formula〕
コーティング率=(コーティング成分の含有量/素錠の質量)×100 Coating rate = (mass content / uncoated tablets of the coating component) × 100

錠剤中の、ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)のグリセリンのコーティング率(B)に対する比率(A/B)は、2以上であり、4以上であることが好ましい。 In tablets, coated rate of hydroxypropylmethylcellulose coating rate of glycerin (A) ratio (B) (A / B) is 2 or more, and preferably 4 or more. 上限は、20以下であり、10以下であることが好ましい。 The upper limit is 20 or less, preferably 10 or less. 該比率は、2〜20であり、4〜10であることが好ましい。 The ratio is 2 to 20, and preferably from 4 to 10.
(A/B)が、好ましい下限値以上及び上限値以下であると、コーティング性をより良好に保つこことができる。 (A / B) is, if it is less preferable lower limit value or more and the upper limit value, it is possible this maintain coating properties better.

コーティング剤は、ヒドロキシプロピルメチルセルロース及びグリセリン以外の成分を含んでいてもよい。 Coating agent may contain components other than the hydroxypropylmethylcellulose and glycerin. 該成分としては、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン等の合成高分子、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリン等の多価アルコール、トリアセチン、クエン酸トリエチル、グリセリン脂肪酸エステル等の合成エステル類、カルメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、メチルセルロース、エチルセルロース等のセルロース類、シェラック、プルラン、アラビアゴム等の天然物質、又はこれらの組み合わせが例示される。 The ingredients, polyvinyl alcohol, synthetic polymers, polyethylene glycol and polyvinyl pyrrolidone, propylene glycol, polyhydric alcohols such as glycerin, triacetin, triethyl citrate, synthetic esters such as glycerin fatty acid esters, carmellose, hydroxypropyl cellulose, , cellulose such as ethyl cellulose, shellac, pullulan, natural substances such as gum arabic, or a combination of these. また、必要に応じて酸化チタン、酸化鉄などの顔料、マンニトール、セタノール、ラウリル硫酸ナトリウム等の任意成分を加えてもよい。 Further, titanium oxide as needed, pigments such as iron oxide, mannitol, cetanol, may be added to any component, such as sodium lauryl sulfate. また、フィルムコーティング後に、光沢化剤としてカルナバロウ等を加えることもできる。 Further, after the film coating, it may be added to carnauba wax and the like as the glossing agent.

本発明の効果に悪影響を及ぼさない限り、本発明の効果を損なわない程度の量で、他の医薬品、医薬部外品、食品等の錠剤の製造に用いられている任意の成分を含んでいてもよい。 As long as it does not adversely affect the effects of the present invention, in an amount that does not impair the effects of the present invention, comprise any components that are used other pharmaceuticals, quasi drugs, for the manufacture of tablets such as foods it may be. 任意成分としては、例えば、賦形剤、結合剤、崩壊剤、腸溶性ポリマー、水不溶性ポリマー、滑沢剤、界面活性剤、着色剤、矯味剤、吸着剤、帯電防止剤、崩壊延長剤、発泡剤などが挙げられる。 The optional components, e.g., excipients, binders, disintegrating agents, enteric polymers, water insoluble polymers, lubricants, surfactants, coloring agents, flavoring agents, adsorption agents, antistatic agents, disintegrating extender, such as foaming agent, and the like.

賦形剤としては、例えば、デンプン、コーンスターチ、グラニュウ糖、マンニトール、結晶セルロース、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム、精製白糖、ブドウ糖、含水ブドウ糖、乳糖、二酸化ケイ素(別名:無水ケイ酸、微粒二酸化ケイ素)、低置換度ヒドロキシプロピルセルロースなどが挙げられる。 Examples of the excipient include starch, corn starch, granulated sugar, mannitol, crystalline cellulose, magnesium carbonate, calcium carbonate, purified sucrose, glucose, water, glucose, lactose, silicon dioxide (also known as anhydrous silicic acid, particulate silicon dioxide), such as low-substituted hydroxypropyl cellulose. 賦形剤の含有量は特に限定されないが、合計で0.1〜80質量%が好ましく、10〜70質量%であることが更に好ましい。 The content of the excipient is not particularly limited, but is preferably 0.1 to 80 mass% in total, and more preferably 10 to 70 wt%.

結合剤としては、例えば、ショ糖、ゼラチン、アラビアゴム末、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースカルシウム、ポリビニルピロリドン、プルラン、デキストリン、α化デンプンなどが挙げられる。 As the binder, for example, sucrose, gelatin, gum arabic powder, methylcellulose, hydroxypropylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose, carboxymethylcellulose, carboxymethylcellulose calcium, polyvinylpyrrolidone, pullulan, dextrin, etc. α-starch and the like. 結合剤の含有量は特に限定されないが、0.1〜10質量%が好ましく、1〜5質量%であることが更に好ましい。 The content of the binder is not particularly limited, even more preferably preferably 0.1 to 10 wt%, 1 to 5 wt%.

崩壊剤としては、例えば、クロスカルメロースナトリウム、クロスリンクドインソルブルポリビニルピロリドン、部分アルファ化デンプン、クロスポビドン、カルボキシメチルセルロースカルシウム(別名:カルメロースカルシウム、CMC−Ca)、カルボキシメチルスターチナトリウム、コーンスターチなどが挙げられる。 Examples of the disintegrant, croscarmellose sodium, cross-linked in Sol Bull polyvinylpyrrolidone, partially pregelatinized starch, crospovidone, carboxymethylcellulose calcium (aka: carmellose calcium, CMC-Ca), sodium carboxymethyl starch, corn starch, etc. and the like. 崩壊剤の含有量は特に限定されないが、0.1〜30質量%が好ましく、1〜20質量%であることが更に好ましい。 But not limited content of disintegrant is particularly more preferable that preferably 0.1 to 30 wt%, 1 to 20 wt%.

腸溶性ポリマーとしては、例えば、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート、セルロースアセテートフタレート、カルボキシメチルエチルセルロースなどが挙げられる。 The enteric polymer, for example, hydroxypropyl methylcellulose phthalate, cellulose acetate phthalate, and carboxymethyl ethyl cellulose.

水不溶性ポリマーとしては、例えば、アミノアルキルメタアクリレートコポリマー(例えば、オイドラギッドE、オイドラギッドRS等)、メタクリル酸コポリマー(例えば、オイドラギットL30−55等)などが挙げられる。 Examples of the water-insoluble polymers, for example, aminoalkyl methacrylate copolymers (e.g., Eudragit E, Eudragit RS or the like), methacrylic acid copolymer (e.g., Eudragit L30-55, etc.) and the like.

滑沢剤としては、例えば、ポリエチレングリコール、タルク、ステアリン酸又はその塩(例:ステアリン酸カルシウム)、ショ糖脂肪酸エステルなどが挙げられる。 Lubricants, such as polyethylene glycol, talc, stearic acid or its salts (eg calcium stearate), and sucrose fatty acid esters. 滑沢剤の含有量は特に限定されないが、0.001〜5質量%が好ましく、0.01〜3質量%であることが更に好ましい。 The content of lubricant is not particularly limited, but is preferably 0.001 to 5 wt%, more preferably 0.01 to 3 wt%. 該ショ糖脂肪酸エステルとしては、例えば、ショ糖ラウリン酸エステル、ショ糖ミリスチン酸エステル、ショ糖パルミチン酸エステル、ショ糖ステアリン酸エステルなどが挙げられる。 Examples of the sucrose fatty acid esters, e.g., sucrose laurate, sucrose myristate, sucrose palmitate, and sucrose stearate ester. ショ糖ラウリン酸エステルとしては、ショ糖モノラウレート、ショ糖ジラウレート、ショ糖トリラウレート等が、ショ糖ミリスチン酸エステルとしては、ショ糖モノミリステート、ショ糖ジミリステート、ショ糖トリミリステート等が、ショ糖パルミチン酸エステルとしては、ショ糖モノパルミテート、ショ糖ジパルミテート、ショ糖トリパルミテート等が、ショ糖ステアリン酸エステルとしては、ショ糖モノステアレート、ショ糖ジステアレート、ショ糖トリステアレート等が挙げられる。 The sucrose laurate, sucrose monolaurate, sucrose dilaurate, sucrose Toriraureto. Examples of the sucrose myristic acid ester, sucrose monomyristate, sucrose Jimirisuteto, sucrose trimyristate etc., the sucrose palmitate, sucrose monopalmitate, sucrose dipalmitate, sucrose tripalmitate, and examples of the sucrose stearic acid ester, sucrose monostearate, sucrose distearate, sucrose tristearate, etc. and the like.

界面活性剤としては、例えば、アルキル硫酸ナトリウム等のアニオン系界面活性剤、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル及びポリオキシエチレンヒマシ油誘導体等の非イオン系界面活性剤などが挙げられる。 As the surfactant, for example, anionic surfactants such as sodium alkylsulfate, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene fatty acid esters and polyoxyethylene castor oil derivatives nonionic surface active agents such as and the like .

着色剤としては、例えば、タール色素、カラメル、ベンガラ、酸化チタン、リボフラビン類、緑茶抽出物、銅クロロフィリンナトリウム、食用黄色5号,食用赤色2号,食用青色2号などの食用色素、食用レーキ色素などが挙げられる。 As the coloring agent include tar dye, caramel, red iron oxide, titanium oxide, riboflavins, green tea extract, sodium copper chlorophyllin, Food Yellow No. 5, Food Red No. 2, Food dyes such as Food Blue No. 2, food lake colors and the like.

矯味剤としては、例えば、甘味剤(例、サッカリンナトリウム、グリチルリチン酸二カリウム、アスパルテーム、ステビア、ソーマチンなどの人工甘味料など)、香料(例、レモン、レモンライム、オレンジ、l−メントール、ハッカ油、ペパーミントミクロンX−8277−T、ドライコート抹茶#421など)、酸味料(例、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸など)、緑茶末などが挙げられる。 The flavoring agent, for example, sweetening agents (e.g., saccharin sodium, dipotassium glycyrrhizinate, aspartame, stevia, artificial sweeteners such as thaumatin), fragrances (e.g., lemon, lemon lime, orange, l-menthol, peppermint oil, peppermint micron X-8277-T, and dry coat Matcha # 421), acidulant (e.g., citric acid, tartaric acid, malic acid), and the like green tea powder.

吸着剤としては、例えば、特殊ケイ酸カルシウム(フローライト)などが挙げられる。 Examples of the adsorbent, like special calcium silicate (FLORITE).

帯電防止剤、崩壊延長剤としては、例えば、軽質無水ケイ酸などが挙げられる。 Antistatic agents, Disintegrating extenders, for example, and light silicic anhydride.

発泡剤としては、例えば、重曹などが挙げられる。 As the foaming agent, such as sodium bicarbonate and the like.

本発明の錠剤の製造方法は特に限定されないが、以下に一例を挙げて説明する。 Method for producing a tablet of the present invention is not particularly limited, it will be described by way of example below. まず、素錠を得る。 First, get a plain tablet. 必要に応じて湿式造粒、乾式造粒等の方法を用いて素錠を造粒してもよい。 Wet granulation may be optionally granulating a plain tablets using the method of dry granulation or the like. また、素錠の原料を混合して打錠する直接打錠法により、圧縮成形による乾式顆粒とした後、または水の混合溶媒を加えて練合、造粒、乾燥して湿式顆粒とした後、あるいは水等の溶媒に添加物を溶解させ噴霧乾燥して湿式顆粒とした後、圧縮錠剤を製する間接打錠法により、またはこれらを組合せた方法により、素錠を得てもよい。 Furthermore, the direct compression method of tablet by mixing the raw materials of the plain tablets, after the dry granulation by compression molding, or by adding a mixed solvent of water kneaded, granulated, dried and after the wet granules , or after the wet granulation dissolving additives in a solvent such as water by spray drying, by indirect tableting method Seisuru compressed tablets, or by a method combining these may give a plain tablet. 次に、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリセリン及び所望の任意成分を配合してコーティング液を調製し、素錠にコーティング液をそのまま、又は水を加えたコーティング溶液を噴霧し、乾燥することにより素錠の表面にコーティング膜を形成させることにより本発明の錠剤を得ることができる。 Then, hydroxypropylmethylcellulose, glycerin and a coating solution was prepared by blending the desired optional ingredients, uncoated tablet as a coating solution, or water coating solution was sprayed the addition, the surface of the plain tablet by drying to obtain tablets of the present invention by forming a coating film on.

以下に、実施例を参照して本発明をより詳細に説明するが、本発明の実施態様は、この実施例に限定されるものではない。 The following is a description of the present invention with reference to examples in more detail, embodiments of the present invention is not limited to this embodiment.

実施例1〜14及び比較例1及び2 Examples 1 to 14 and Comparative Examples 1 and 2
〔素錠1及び2〕 [Uncoated 1 and 2]
各実施例における清酒酵母錠剤を製造するにあたり、コーティングの対象としての素錠1及び2を作成した。 In producing a sake yeast tablets in each example, it was created uncoated 1 and 2 as a target of coating. 素錠の組成を表1に示す。 The composition of plain tablet shown in Table 1.

〔表1中の脚注〕 [Footnote in Table 1]
※清酒酵母中の清酒酵母菌体(C)としての量(清酒酵母菌体(C)量=清酒酵母量×0.7)[乾燥質量] ※ amount as sake yeast cells of sake yeast (C) (sake yeast cells (C) weight = sake yeast weight × 0.7) [dry weight]
各成分の含有量の単位:mg/錠 Units of content of each component: mg / tablet

素錠の製造方法は以下のとおりとした。 Method of manufacturing uncoated tablets were as follows. 清酒酵母(SAMe含有乾燥酵母、三菱ガス化学(株)製、酵母粉末中の菌体量70%)及び微粒二酸化ケイ素(カープレックスFPS−500、DSL.ジャパン(株)製)を混合した後、結晶セルロース(セオラス(登録商標)UF−F711、旭化成ケミカルズ(株)製)、カルボキシメチルセルロースカルシウム(E.C.G−FA、ニチリン化学工業(株)製)を添加混合し、次いでステアリン酸カルシウム(ステアリン酸カルシウム、太平化学産業(株)製)を添加混合し、直接打錠法により12kgNで打錠した。 Sake yeast (SAMe-containing dry yeast, Mitsubishi Gas Chemical Co., cells of 70% of the yeast powder) and particulate silicon dioxide (Carplex FPS-500, DSL. Co. Japan Ltd.) were mixed, crystalline cellulose (CEOLUS (registered trademark) UF-F711, produced by Asahi Kasei chemicals Co., Ltd.), were added to and mixed with carboxymethylcellulose calcium (E.C.G-FA, manufactured by Nichirin chemical Industries, Ltd.), followed by calcium stearate (stearic calcium phosphate, was added and mixed Taihei Kagaku Sangyo Co.) were tableted in 12kgN by direct compression method. 打錠には、ロータリー式打錠機(LIBRA2、菊水製作所(株)製)を用いた。 The tablet, using a rotary tableting machine (LIBRA2, Kikusui Seisakusho Co., Ltd.).

表2〜4中のコーティング剤を水に溶解し、濃度5%のコーティング液を調製した。 Table coating in 2 to 4 was dissolved in water to prepare a concentration of 5% of the coating solution. 別途、コーティング機(DRC−14000S、(株)パウレック製)に、素錠200kgを仕込み、給気温度65℃、回転数1rpmで、排気温度45℃まで予熱後、回転数5rpm・噴霧液速度300mL/minでコーティング液を噴霧した。 Separately, a coating machine (DRC-14000S, (Ltd.) Powrex), the charged uncoated 200 kg, inlet air temperature 65 ° C., at a rotation speed of 1 rpm, after preheated to an exhaust temperature 45 ° C., the rotational speed 5 rpm · spray rate 300mL / the coating solution was sprayed with min. 噴霧終了後、排気温度50℃まで乾燥し、コーティングを終了した。 After spraying, and dried to an exhaust temperature 50 ° C., to complete the coating. なお、各実施例で用いたヒドロキシプロピルメチルセルロース(商品名:メトローズSE−06、メーカー名:信越化学工業(株))は以下の性質を有していた:2質量%水溶液の20℃における粘度5.9mm 2 /s;メトキシ基含量28.9%;ヒドロキシプロポキシ基含量9.0%。 Incidentally, hydroxypropyl methylcellulose used in each example (trade name: Metolose SE-06, Manufacturer: Shin-Etsu Chemical Co.) had the following properties: 2 viscosity at 20 ° C. mass% aqueous solution of 5 .9mm 2 / s; methoxy group content 28.9%; hydroxypropoxy group content 9.0%. また、グリセリンは、食品添加物グリセリン、阪本薬品工業(株)製を用いた。 In addition, glycerin, food additive glycerin, Sakamoto Yakuhin Kogyo Co., Ltd. was used.

得られた各錠剤のコーティング性、外観、におい及び味を評価した。 Coating of each tablet thus obtained, the appearance was evaluated odor and taste. コーティング性の評価は、製造直後の錠剤におけるコーティングのはがれ、めくれ、欠けの状況を目視にて観察し、以下に示す基準で評価した。 Evaluation of coating property, peeling of the coating in the tablet immediately after production, curling, to observe the situation of the missing was visually evaluated according to the following criteria. 錠剤の外観の評価は、40℃の恒温槽にて4ヶ月間保存した錠剤における外側の色の変化の状況を目視にて観察し、以下に示す基準で評価した。 Evaluation of the appearance of the tablets, to observe the situation outside the color change visually in tablets stored for 4 months in a thermostatic chamber at 40 ° C., was evaluated according to the following criteria. におい及び味の評価は、製造直後の錠剤におけるパネラー5人によるにおい・味の評価から、以下に示す基準により評価した。 Evaluation of odor and taste, from the evaluation of the odor-taste by a panel five in tablets immediately after produced was evaluated by the following criteria.

[コーティング性の判定基準] [Coating of the criteria]
コーティングのはがれ、めくれ、欠けが認められる錠剤が、100錠中2錠以下であれば許容と判断した。 Peeling of the coating, curling, tablets lack is observed, was determined to acceptable if less than two tablets in 100 tablets.
◎:はがれ、めくれ、欠けが認められる錠剤が100錠中0錠である ○:はがれ、めくれ、欠けが認められる錠剤が100錠中1錠以上2錠以下である △:はがれ、めくれ、欠けが認められる錠剤が100錠中3錠以上5錠以下である ×:はがれ、めくれ、欠けが認められる錠剤が100錠中6錠以上である ◎: peeling, curling, ○ tablet chipping is observed is a 0 tablet of 100 tablets: peeling, curling, tablet chipping is observed is less than or equal to 2 tablets for more than one tablet in 100 tablets △: peeling, curling, missing × observed tablets is 5 tablets or 3 tablets of 100 tablets: peeling, curling, tablets chipping is observed is at 6 tablets or more in 100 tablets

[外観の判定基準] [Criteria of appearance]
40℃4ヶ月保存品が冷暗所(5℃)保存品と比べて外観の色の変化が殆ど無ければ許容と判断した。 40 ° C. 4-month storage goods cool, dark place (5 ° C.) color change in appearance compared to the storage goods is determined without it acceptable to most.
◎:外観の色の変化が無い ○:外観の色の変化が殆ど無い △:外観の色の変化が弱く認められる ×:外観の色の変化が強く認められる ◎: no change in the color of the appearance ○: change in the color of the appearance there is little △: × change in the color of the appearance can be seen weakly: change in the color of the appearance is observed strongly

[におい及び味の判定基準] [Smell and taste of the criteria]
パネラー5人の平均点が4点を上回れば許容と判断した。 Panelists five point average is determined to permit it exceeds the four points.
5点:におい・味を感じなかった 4点:ややにおい・味を感じた 3点:におい・味を感じた 2点:かなりにおい・味を感じた 1点:非常ににおい・味を感じた <評価> 5 points: the smell, I did not feel the taste 4 points: a little 3-point felt the smell, taste: 2 points felt the smell, taste: quite felt the smell, taste 1 point: very feel the smell, taste <evaluation>
◎:平均点が4.5点を上回る ○:平均点が4点を上回り、4.5点以下 △:平均点が3点を上回り、4点以下 ×:平均点が3点以下 ◎: The average point is greater than 4.5 points ○: The average point higher than the 4-point, 4.5 points below △: average point exceeds the three points, × following four points: Average points the following three points

各実施例および比較例における素錠の種類、コーティング条件及び評価結果を、表2〜4に示す。 Types of plain tablets in Examples and Comparative Examples, the coating conditions and evaluation results are shown in Table 2-4.

表2〜4より明らかなとおり、実施例1〜14の錠剤は、コーティング性及び外観のいずれも良好な評価であり、におい及び味も許容範囲内であった。 As is apparent from Table 2-4, the tablets of Examples 1 to 14, both of the coating and appearance are good evaluation, odor and taste were acceptable. これに対し、A/Bが2未満である比較例1のコーティング剤は、コーティング性、外観、におい及び味に劣り、A/Bが20を超える比較例2のコーティング剤はコーティング性、におい及び味に劣っていた。 In contrast, coatings of Comparative Example 1 A / B is less than 2, the coating property, appearance, poor odor and taste, coatings of Comparative Example 2 A / B is more than 20 coatability, odor and It was inferior to taste. この結果は、本発明の錠剤がコーティング性に優れ、外観にも問題がなく、におい、味についても申し分ないことを示している。 This result, tablets excellent in coating properties of the present invention, also no problem appearance, odor, shows that satisfactory also taste.

〔処方例〕 Formulation Example]
<錠剤> <Tablet>
各成分の配合量以外は実施例1と同様の方法で錠剤を得た。 Except the amount of each component to give tablets in the same manner as in Example 1. 表5に錠剤の組成を示す。 The composition of the tablets shown in Table 5.

Claims (3)

  1. 清酒酵母を含有する素錠が、ヒドロキシプロピルメチルセルロース及びグリセリンを含むコーティング剤によってコーティングされており、 Plain tablet containing sake yeast, are coated with a coating agent comprising hydroxypropylmethyl cellulose and glycerin,
    ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)のグリセリンのコーティング率(B)に対する比率(A/B)が2〜20であり、 Coating ratio of hydroxypropylmethylcellulose coating rate of glycerin (A) ratio (B) (A / B) is 2 to 20,
    清酒酵母菌体(C)の含有量が素錠に対し15質量%以上である、錠剤。 The content of sake yeast cells (C) is 15 mass% or more relative to uncoated tablets.
  2. グリセリンのコーティング率(B)が、0.025%〜2.5%である、請求項1に記載の錠剤。 Coating rate of glycerol (B) is 0.025% to 2.5% A tablet according to claim 1.
  3. ヒドロキシプロピルメチルセルロースのコーティング率(A)が、0.5%以上である、請求項1又は2に記載の錠剤。 Coating ratio of hydroxypropylmethylcellulose (A) is less than 0.5% A tablet according to claim 1 or 2.
JP2016527805A 2014-06-10 2015-06-09 Tablets containing sake yeast Pending JPWO2015190456A1 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014119949 2014-06-10
JP2014119949 2014-06-10
PCT/JP2015/066559 WO2015190456A1 (en) 2014-06-10 2015-06-09 Tablet containing sake yeast

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPWO2015190456A1 true true JPWO2015190456A1 (en) 2017-04-20

Family

ID=54833546

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016527805A Pending JPWO2015190456A1 (en) 2014-06-10 2015-06-09 Tablets containing sake yeast

Country Status (4)

Country Link
JP (1) JPWO2015190456A1 (en)
KR (1) KR20170015315A (en)
CN (1) CN106456681A (en)
WO (1) WO2015190456A1 (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA1316110C (en) * 1987-02-27 1993-04-13 Peter Lloyd Oren Sustained release matrix formulations
DE19937361A1 (en) * 1999-08-12 2001-02-22 Merck Patent Gmbh The oral dosage form
JP2007031407A (en) * 2005-07-29 2007-02-08 Shin Etsu Chem Co Ltd Coating composition containing cellulose ether with low substitution degree, and film-coated preparation with concealed unpleasant taste
WO2009081833A1 (en) * 2007-12-20 2009-07-02 Kaneka Corporation Dried microorganism cell or microorganism extract containing stabilized (ss)-s-adenosyl-l-methionine, and method for production of the dried microorganism cell or microorganism extract
JP5777273B2 (en) * 2008-07-10 2015-09-09 大正製薬株式会社 Formulations particles containing a drug having an unpleasant taste

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN106456681A (en) 2017-02-22 application
KR20170015315A (en) 2017-02-08 application
WO2015190456A1 (en) 2015-12-17 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6221402B1 (en) Rapidly releasing and taste-masking pharmaceutical dosage form
US20010007680A1 (en) Use of a film coating as taste-masking coating of oral dosage forms
WO2006094737A2 (en) Gastroresistant pharmaceutical formulations containing rifaximin
US20100233278A1 (en) Rapidly disintegrating solid preparation
US20060013875A1 (en) Combination immediate release controlled release levodopa/carbidopa dosage forms
US20080026060A1 (en) Controlled-release pharmaceutical tablets
CN1613442A (en) Disintegrants for deodoring effectively and their preparation
US7094427B2 (en) Combination immediate release controlled release levodopa/carbidopa dosage forms
WO2010110322A1 (en) Solid preparation
US20060134216A1 (en) Enteric film coating composition containing enteric polymer micronized with detackifier
JP2003034632A (en) Controlled-release pharmaceutical composition
US20080139514A1 (en) Diphosphonic acid pharmaceutical compositions
JPH11147819A (en) Stabilized medicinal preparation
WO2007022956A2 (en) Pharmaceutical compositions comprising a ph-dependent drug, a ph modifier and a retarding agent
WO2010097243A2 (en) Process for forming solid oral dosage forms of solifenacin and its pharmaceutically acceptable salts
EP2098250A1 (en) Orally disintegrating solid preparation
JP2004300138A (en) Stabilized oral solid preparation
WO2011121824A1 (en) Orally disintegrating tablet
JP2010248106A (en) Film-coated tablet
WO2005097070A1 (en) Solid pharmaceutical preparation with improved stability and process for producing the same
WO2007011018A1 (en) Rapidly disintegratable oral tablet
JP2012036140A (en) Rapid disintegrating tablet with reduced bitterness
US20080274182A1 (en) Tablet coatings made from modified carboxymethylcellulose materials
US20090117181A1 (en) Tablet comprising fluvastatin and carmellose calcium
US20100286286A1 (en) Orally disintegrating tablet

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180206