JPWO2006038551A1 - 縦型スピニングマシン - Google Patents

縦型スピニングマシン Download PDF

Info

Publication number
JPWO2006038551A1
JPWO2006038551A1 JP2006539261A JP2006539261A JPWO2006038551A1 JP WO2006038551 A1 JPWO2006038551 A1 JP WO2006038551A1 JP 2006539261 A JP2006539261 A JP 2006539261A JP 2006539261 A JP2006539261 A JP 2006539261A JP WO2006038551 A1 JPWO2006038551 A1 JP WO2006038551A1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
spinning machine
workpiece
tailstock
pressing
mandrel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006539261A
Other languages
English (en)
Inventor
石田 博昭
博昭 石田
心一 外囿
心一 外囿
Original Assignee
日本スピンドル製造株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004289593 priority Critical
Priority to JP2004289593 priority
Application filed by 日本スピンドル製造株式会社 filed Critical 日本スピンドル製造株式会社
Priority to PCT/JP2005/018098 priority patent/WO2006038551A1/ja
Publication of JPWO2006038551A1 publication Critical patent/JPWO2006038551A1/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D22/00Shaping without cutting, by stamping, spinning, or deep-drawing
    • B21D22/14Spinning
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D22/00Shaping without cutting, by stamping, spinning, or deep-drawing
    • B21D22/14Spinning
    • B21D22/16Spinning over shaping mandrels or formers

Abstract

高さを搬送時に分解する必要のない高さに抑制することができる縦型スピニングマシンを提供する。主軸3にマンドレルMを配設し、このマンドレルMに取り付けたワークWを、このワークWの上方から心押し台10の押圧部材11によって回転可能に固定し、絞りローラRによって絞り加工を行う縦型スピニングマシンにおいて、心押し台10を、横行手段20を介して主軸3の軸芯領域外に移行可能に配設する。

Description

本発明は、縦型スピニングマシンに関し、特に、装置高さを抑制することができる縦型スピニングマシンに関するものである。

従来、縦型スピニングマシンは、主軸を並列させ、搬送機構によってそれぞれの主軸に対してプーリーワークを順次供給し、複数工程の加工を自動的に行うようにする場合等に用いられている(例えば、特許文献1、2参照)。

縦型スピニングマシンは、横型スピニングマシンと比較して、専有する設置面積を小さくすることができるという利点があることから、上記の場合のほか、設置面積に制約がある場合等に利用されている。

ところで、従来の縦型スピニングマシンは、アルミ鋳造素材を絞り加工してホイールに成形するホイールワークに適用する場合、図8に示すように、縦型スピニングマシン50の架体2上に電動機(図示省略)によって上下方向軸芯回りに回転する主軸3を配設し、この主軸3に加工を行うワークWに対応したマンドレルMを配設するようにしている。
主軸3の上方には、マンドレルMに取り付けたワークWを上側から押圧して固定するための心押し台51を配設する。この心押し台51には、ワークWに当接してマンドレルM側に付勢する押圧部材52と、押圧部材52を上下に移行させる油圧シリンダ等の加圧手段53とを備えるようにする。押圧部材52は、ワークWと共に回転できるように、加圧手段53のロッドの先端にベアリング等の回転部材を介して回転可能に取り付けるようにする。
架体2上には、工具台4を配設するが、その数は特に限定されるものではなく、ワークWの加工内容に応じて、複数の工具台4を配設することができる。
工具台4には、ワークWに押し当てることによりワークWを所望の形状に成形する絞りローラRを取り付けた絞り台5を、X軸方向(主軸3に対して直角方向)及びZ軸方向(主軸3に対して平行方向)に移行可能に配設する。

この縦型スピニングマシン50は、マンドレルM上に載置したワークWを、心押し台51の押圧部材52によって上側から押圧固定し、主軸3に伴って回転させる。
次いで、絞りローラRをワークWに押し当てた状態でX軸方向及びZ軸方向に移行させることによりワークWに対してマンドレルMに倣ってスピニング加工を施す。
その後、心押し台51の押圧部材52を上方に移行させ、ワークWをマンドレルMから適宜手段で抜き取り、加工を終了する。

ところで、この縦型スピニングマシン50において、心押し台51の上下方向のストロークL1は、スピニング加工する最大のワークWのサイズに合わせて決定される。すなわち、スピニング加工に当たり、ワークWをマンドレルM上に載置し、加工後にワークWをマンドレルMから抜き取ることができる位置まで心押し台51の押圧部材52を上昇させることができるストロークが必要である。
例えば、押圧部材52の上昇位置(ワークWをマンドレルM上に載置し、加工後にワークWをマンドレルMから抜き取る際の押圧部材52の位置)は、ワークWの加工後の直径が17〜22インチ、幅が7〜10インチのアルミホイールのスピニング加工を行う縦型スピニングマシンでは、床面から2m程度の高さとなり、さらに、心押し台51の上部に配設する加圧手段53としての油圧シリンダは最大ストロークL1が600mm程度必要となる。このため、縦型スピニングマシンの高さは、床面から4mを越えることとなる。
そして、この縦型スピニングマシンのように高さが4mを越える装置では、装置の製造場所から設置場所までの搬送に際し、通常使用されるトレーラでは道路交通法でその高さ制限を超過することとなるため、一旦組み立てた装置を分解し(例えば、縦型スピニングマシンにおいては、心押し台51を取り外し)、設置場所に搬入後に再度組み立てる必要があり、このため、多大な手数を要するとともに、コストが嵩むという問題があった。
特開平2−6024号公報 実開昭62−77620号公報

本発明は、上記従来の縦型スピニングマシンの有する問題点に鑑み、縦型スピニングマシンの高さを、搬送時に分解する必要のない高さに抑制することができる縦型スピニングマシンを提供することを目的とする。

上記目的を達成するため、本発明の縦型スピニングマシンは、主軸にマンドレルを配設し、該マンドレルに取り付けたワークを該ワークの上方から心押し台の押圧部材によって回転可能に固定し、絞りローラによって絞り加工を行う縦型スピニングマシンにおいて、心押し台を横行手段を介して主軸軸芯領域外に移行可能に配設したことを特徴とする。

この場合において、横行手段を、本体側に配設したレールと、該レールと嵌合する心押し台から延設したアームに配設した嵌合部材とから構成することができる。

また、心押し台の押圧部材に、ワークの把持機構を配設することができる。

本発明の縦型スピニングマシンによれば、心押し台を横行手段を介して主軸軸芯領域外に移行可能に配設するようにしているので、横行手段によって心押し台をマンドレルに載置されたワークの上方から外れた退避位置に移行させることができる。これにより、スピニング加工に当たり、ワークをマンドレル上に載置し、加工後にワークをマンドレルから抜き取ることができるように心押し台の押圧部材を上昇させる場合の移行距離を小さくすることができ、加圧手段としての油圧シリンダ等の長さを短くすることが可能となり、縦型スピニングマシンの高さを搬送時に分解する必要のない高さに抑制することができる。

また、横行手段を、本体側に配設したレールと、該レールと嵌合する心押し台から延設したアームに配設した嵌合部材とから構成することにより、簡易な機構によって、横行手段の精度及び剛性を高めることができる。

また、心押し台の押圧部材に、ワークの把持機構を配設することにより、ワークの供給及び排出を自動化することができる。

本発明の縦型スピニングマシンの第1実施例を示す一部断面の正面図である。 同一部切り欠きの平面図である。 横行手段の説明図で、(a)は一部切り欠きの正面図、(b)はレールと嵌合部材の拡大図である。 心押し台の別の実施例を示し、(a)は一部切り欠きの正面図、(b)は(a)のX−Xの矢視図である。 本発明の縦型スピニングマシンの第2実施例を示す一部断面の正面図である。 把持機構の一例を示す一部断面の正面図である。 把持機構の変形例を示す一部断面の正面図である。 従来の縦型スピニングマシンの一部断面の正面図である。

符号の説明

1 縦型スピニングマシン
3 主軸
7 本体(上部足場)
10 心押し台
11 押圧部材
12 加圧手段
13 アーム
20 横行手段
21 レール
22 嵌合部材
23 駆動機構
30 把持機構
M マンドレル
R 絞りローラ
W ワーク

以下、本発明の縦型スピニングマシンの実施の形態を図面に基づいて説明する。

図1〜図3に、本発明の縦型スピニングマシンの第1実施例を示す。
この縦型スピニングマシン1は、上下方向軸芯回りに回転する主軸3にマンドレルMを配設し、このマンドレルMに取り付けたワークWを、このワークWの上方から心押し台10の押圧部材11によって回転可能に固定し、絞りローラRによって絞り加工を行う縦型スピニングマシンにおいて、心押し台10を横行手段20を介して主軸3の軸芯領域外(図例では軸芯の側方)に移行可能に配設するようにしている。

この場合において、横行手段20は、縦型スピニングマシン1の本体、具体的には、架体2から上方に立設した脚8上に設置した上部足場7の下面に配設したレール21(本実施例において、レール21は、図1又は図3に示すように、X軸方向(主軸3に対して直角方向)及びZ軸方向(主軸3に対して平行方向)と直交する方向(Y軸方向)に配設するようにしているが、X軸方向に配設することもできる。)と、このレール21と嵌合する心押し台10から延設したアーム13に配設した嵌合部材22と、心押し台10を移行させる駆動機構23とから構成するようにしている。
なお、レール21は、図3に示すように、両側面の中央部分に凹部21aを形成し、嵌合部材22の摺動嵌合面22aが、この凹部21aに嵌合するようにする。
また、駆動機構23には、サーボモータや油圧シリンダ等の任意の駆動機構を用いることができる。そして、駆動機構23に油圧シリンダを用いる場合には、油圧シリンダのシリンダロッドの先端をアーム13の先端に連結し、油圧シリンダの伸縮によって心押し台10を図2に示す実線の位置から破線の位置まで距離Nだけ主軸3と直角方向に(水平方向に)移行させることができるようにする。
これにより、心押し台10は、横行手段20を介して、縦型スピニングマシン1の上部足場に取り付けられる。

心押し台10は、ワークWに当接してマンドレルM側に付勢する押圧部材11と、この押圧部材11を上下に移行させる油圧シリンダ等の加圧手段12とを備えるようにする。押圧部材11は、ワークWと共に回転できるように、加圧手段12のロッドの先端にベアリング等の回転部材Bを介して回転可能に取り付けている。
なお、図4に示すように心押し台10は加圧手段12となる油圧シリンダを定置式とすることもできる。この場合、油圧シリンダ及びピストンに対し、心押し台本体10a及び押圧部材11をU字溝構造10bにして進退自在に構成するとともに、加圧手段12の先端に構成した凹凸部分12bと押圧部材11の上方に配設したスライド部分11cを接合・離脱可能に構成し、凹凸部分12bとスライド部分11cが嵌合した後に把持爪13aを外側に開放する(図例の実線位置)ことによって加圧手段12の押圧力を押圧部材11に伝達するようにする。

架体2上には、工具台4を配設するが、その数は特に限定されるものではなく、ワークWの加工内容に応じて、複数の工具台4を配設することができる。
工具台4には、ワークWに押し当てることによりワークWを所望の形状に成形する絞りローラRを取り付けた絞り台5を、X軸方向(主軸3に対して直角方向)及びZ軸方向(主軸3に対して平行方向)に移行可能に配設する。

この縦型スピニングマシン1は、マンドレルM上に載置したワークWを、心押し台10の押圧部材11によって上側から押圧固定し、主軸3に伴って回転させる。
次いで、絞りローラRをワークWに押し当てることによりマンドレルMに倣ってスピニング加工を施す。
その後、心押し台10の押圧部材11を上方に移行させ、ワークWから離反させる。次いで、横行手段20によって、心押し台10を、ワークWの上方から外れた側方の退避位置、具体的には、図2に示す実線の位置から破線の位置まで距離Nだけ主軸3と直角方向に(水平方向に)移行させる。これによりマンドレルMに載置されたワークWの上方領域から心押し台10が撤去される。この後、ローダ・アンローダ機構(図示省略)を作動させてワークWをマンドレルMから抜き取り、加工を終了する。

これにより、心押し台10の押圧部材11をワークWから離反させる場合の上昇移行距離(心押し台10の押圧部材11のストロークL2)を小さくすることができ、加圧手段12としての油圧シリンダ等の長さを短くすることが可能となり、縦型スピニングマシンの高さを搬送時に分解する必要のない高さ(例えば、直径が17〜22インチ、幅が7〜10インチのアルミホイールのスピニング加工を行う縦型スピニングマシンで、装置全体の高さを3m程度)に抑制することができる。

なお、加圧手段12としての油圧シリンダのストロークは、図1に示すように、例えば、マンドレルMに嵌合させた状態のワークWの上面H1を基準位置とし、ワークWとマンドレルMのサイズの違いを主軸3の上面H2にアダプタ等を挟むことによって吸収する(ワーク上面基準)場合には、ワークWのサイズに拘わらず押圧部材11がワークWの当接面から離反するだけのストロークがあればその機能を果たすことができる。また、アダプタ等を使用することなく、主軸3の上面H2を基準位置にする(主軸上面基準)場合には、その縦型スピニングマシンで段取り替えによって加工する可能性のある最小サイズのワークWから最大サイズのワークWの高さの差より若干大きいストロークを必要とする。

図5〜図6に、本発明の縦型スピニングマシンの第2実施例を示す。
この縦型スピニングマシン1は、ワークWのサイズが比較的小さい(具体的には、例えば、幅が7インチ以下)のワークWをスピニング加工する際に、把持機構30を押圧部材11に配設したものである。

把持機構30は、ワークWをチャッキングする湾曲した形状の爪部材31と、この爪部材31を開閉させるためのエアシリンダ等からなる伸縮機構32とからなる。
爪部材31は、押圧部材11のワークWと共に回転する回転部分11bより上方の非回転部分11aの外周面に配設した取付部材33にその一端を支点31aとして取り付け、この支点31aから適宜距離をあけた作用点31bに伸縮機構32の先端を取り付けるようにする。
伸縮機構32は、先端を作用点31bと連結し、他端32aを心押し台10の適所に固定する。
爪部材31と伸縮機構32とは、押圧部材11の円周に2組以上、好ましくは、3組又は4組配設するようにする。

なお、把持機構30は、図6に示すように、加圧手段12としての油圧シリンダのストロークL3によって決まる押圧部材11の上昇位置での押圧部材11の下面(成形品W1の上面)からマンドレルMの上面までの距離P1より成形品W1の幅P2が小さいときにのみ利用することができるものである。

そして、この把持機構30は、伸縮機構32を縮ませることにより爪部材31を開き、その状態から伸縮機構32を伸ばすことにより爪部材31を閉じてワークWを保持し、逆に、伸縮機構32を伸ばすことにより爪部材31を閉じ、その状態から伸縮機構32を縮ませることにより爪部材31を開いてワークWを解放することができるものであるため、スピニング加工に当たり、この把持機構30を、心押し台10の押圧部材11の昇降と合わせて動作させることにより、ワークWをマンドレルM上に載置(ローディング)し、加工後にワークW(成形品W1)をマンドレルMから抜き取って後述するコンベア等に受け渡す(アンローディング)ことができ、マンドレルMに対するワークWの供給及び排出を自動化することができる。
なお、マンドレルMに対するワークWの供給及び排出は、例えば、図2の破線で示す心押し台10の移行位置に接続したコンベア等の搬送手段(図示省略)を介して行うようにすることができる。

把持機構30は、上記のもののほか、図7に示す変形例のような構成とすることもできる。
この把持機構30Aは、押圧部材11の非回転部分11aから延設し、ワークWの上面中央に開口した穴Waに挿入されるもので、穴Waより若干小径の支持棒34と、この支持棒34の周面に配設したエアや油圧によって動作する突出部材35とからなる。突出部材35は、支持棒34の周面に2個以上、好ましくは、3個又は4個配設するようにする。なお、突出部材35を動作させるエアや油圧は、押圧部材11の非回転部分11a側に配設した昇圧機構(図示省略)から支持棒34を介して供給するようにする。

そして、この把持機構30は、支持棒34に突出部材35を収納した状態から突出部材35を突出させることによりワークWを保持し、逆に、突出部材35を突出させた状態から支持棒34に突出部材35を収納することによりワークWを解放することができるものであるため、スピニング加工に当たり、この把持機構30を、心押し台10の押圧部材11の昇降と合わせて動作させることにより、ワークWをマンドレルM上に載置(ローディング)し、加工後にワークW(成形品W1)をマンドレルMから抜き取る(アンローディング)ことができ、マンドレルMに対するワークWの供給及び排出を自動化することができる。

なお、図5〜図6に示した第2実施例の縦型スピニングマシン及び図7に示したその変形例の縦型スピニングマシンのその他の構成及び作用は、図1〜図3に示した第1実施例の縦型スピニングマシンと同様である。

以上、本発明の縦型スピニングマシンについて、複数の実施例に基づいて説明したが、本発明は上記実施例に記載した構成に限定されるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲において適宜その構成を変更することができるものである。

本発明の縦型スピニングマシンは、スピニングマシンの高さを搬送時に分解する必要のない高さに抑制することができることから、搬送の際の手数及びコストを軽減することができることに加え、天井高さが低い等設置条件に制約のある場合等に好適に用いることができるものである。

Claims (3)

  1. 主軸にマンドレルを配設し、該マンドレルに取り付けたワークを該ワークの上方から心押し台の押圧部材によって回転可能に固定し、絞りローラによって絞り加工を行う縦型スピニングマシンにおいて、心押し台を横行手段を介して主軸軸芯領域外へ移行可能に配設したことを特徴とする縦型スピニングマシン。
  2. 横行手段を、本体側に配設したレールと、該レールと嵌合する心押し台から延設したアームに配設した嵌合部材とから構成したことを特徴とする請求項1記載の縦型スピニングマシン。
  3. 心押し台の押圧部材に、ワークの把持機構を配設したことを特徴とする請求項1又は2記載の縦型スピニングマシン。
JP2006539261A 2004-10-01 2005-09-30 縦型スピニングマシン Pending JPWO2006038551A1 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004289593 2004-10-01
JP2004289593 2004-10-01
PCT/JP2005/018098 WO2006038551A1 (ja) 2004-10-01 2005-09-30 縦型スピニングマシン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPWO2006038551A1 true JPWO2006038551A1 (ja) 2008-05-15

Family

ID=36142626

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006539261A Pending JPWO2006038551A1 (ja) 2004-10-01 2005-09-30 縦型スピニングマシン

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20080028741A1 (ja)
JP (1) JPWO2006038551A1 (ja)
CN (1) CN101031372A (ja)
WO (1) WO2006038551A1 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2929757B1 (fr) * 2008-04-08 2010-09-03 Commissariat Energie Atomique PROCESS FOR THE PREPARATION OF A MEMBRANE COMPRISING MICROPASSES OF POROUS MATERIAL BY MECHANICAL CHEMICAL POLISHING
JP2010184270A (ja) * 2009-02-12 2010-08-26 Nippon Spindle Mfg Co Ltd 回転型塑性加工装置
JP2010280023A (ja) * 2009-06-03 2010-12-16 Enkei Automotive Ltd 回転塑性加工設備及びその運転方法
JP5351679B2 (ja) * 2009-09-15 2013-11-27 日本スピンドル製造株式会社 縦型回転塑性加工装置
CN102601196B (zh) * 2011-01-21 2014-01-22 珠海格力电器股份有限公司 钣金件旋压成型设备及成型方法
JP6265429B2 (ja) * 2014-08-29 2018-01-24 日本スピンドル製造株式会社 スピニング加工用金型及びそれを使用したアンダーカット部を有する製品の製造方法
CN104668329B (zh) * 2015-01-16 2017-02-22 昆山龙筠精密机床有限公司 立式旋压机
JP5840813B1 (ja) * 2015-06-24 2016-01-06 旭テック株式会社 フローフォーミング成形装置およびフローフォーミング成形方法
CN109201829B (zh) * 2017-08-23 2019-06-14 中国航空制造技术研究院 一种封闭式大型框架结构

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01177020U (ja) * 1988-06-06 1989-12-18
US5979203A (en) * 1998-02-19 1999-11-09 Radocaj; Mijo Apparatus for spin-forming a circular body from a flat blank metal workpiece
JP3705004B2 (ja) * 1998-08-19 2005-10-12 松下電工株式会社 スピニング製造方法
JP4378348B2 (ja) * 2003-12-26 2009-12-02 中央精機株式会社 車両用フルフェイスホイールのリムディスク組付装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20080028741A1 (en) 2008-02-07
CN101031372A (zh) 2007-09-05
WO2006038551A1 (ja) 2006-04-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2231118T3 (es) Aparato de pinza para neumatico y procedimiento para la sujeccion de un neumatico.
EP2571664B1 (en) Protection device for a cutting disc and cutting machine
EP0267156A2 (de) Vorrichtung zum Bearbeiten eines Werkstückes aus Holz, insbesondere von Holzbalken
KR101035234B1 (ko) 롤 교체/이송 방법 및 장치
TWI492849B (zh) A method of moving the printing table of the screen printing machine and a printing table moving device thereof
KR100623049B1 (ko) 알루미늄 튜브 다발 자동 인발장치
KR100976804B1 (ko) 러그 절단장치
CN102729100B (zh) 双主轴机床及装载和卸载方法
JP2007520356A (ja) ワークピースをプレス装置を通して搬送するための搬送装置
WO2009098955A1 (ja) 鋳型造型機における中子セット装置、鋳型造型機及び中子セット方法
CN101396715A (zh) 双向移动立式钢筋自动弯曲机
KR101110907B1 (ko) 프레스에서의 공작물 이송 장치
KR200317671Y1 (ko) 러그 절단기
US6786857B2 (en) Tool-exchanging device for presses
JP2006026893A (ja) Workpiece changer for machine tools
ES2378439T3 (es) Máquina-herramienta con dispositivo de carga y descarga
DE19739265A1 (de) Vorrichtung zum doppelseitigen Schleifen von flachen, scheibenförmigen Werkstücken
KR100821343B1 (ko) 러그 절단장치
EP1952939A1 (de) Werkstückhandhabungsvorrichtung
JP6437135B2 (ja) Machine tool with work table and method for loading and unloading work table of machine tool
DE10314297A1 (de) Verfahren und Vorrichtung zum Wechseln mindestens eines Zylinders an einer Druck- oder Lackiermaschine
US4136488A (en) Honing machine
JP6698070B2 (ja) 加工装置
JP2015024577A (ja) シングルフェーサ及びその段ロール切替方法
DE602005000349T2 (de) Werkzeugmaschine mit Palettenwechselfunktion sowie Verfahren zum Palettenwechsel