JPWO2003050370A1 - 物体検知装置及び制御装置 - Google Patents

物体検知装置及び制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JPWO2003050370A1
JPWO2003050370A1 JP2003551381A JP2003551381A JPWO2003050370A1 JP WO2003050370 A1 JPWO2003050370 A1 JP WO2003050370A1 JP 2003551381 A JP2003551381 A JP 2003551381A JP 2003551381 A JP2003551381 A JP 2003551381A JP WO2003050370 A1 JPWO2003050370 A1 JP WO2003050370A1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
handle
object detection
unit
antenna
detection device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2003551381A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4300470B2 (ja
Inventor
中村 明彦
明彦 中村
哲夫 西台
哲夫 西台
安弘 佐藤
安弘 佐藤
西口 直男
直男 西口
直幸 石原
直幸 石原
Original Assignee
オムロン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2001375668 priority Critical
Priority to JP2001375668 priority
Priority to JP2002349415 priority
Priority to JP2002349415 priority
Application filed by オムロン株式会社 filed Critical オムロン株式会社
Priority to PCT/JP2002/012812 priority patent/WO2003050370A1/ja
Publication of JPWO2003050370A1 publication Critical patent/JPWO2003050370A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4300470B2 publication Critical patent/JP4300470B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R25/00Fittings or systems for preventing or indicating unauthorised use or theft of vehicles
    • B60R25/20Means to switch the anti-theft system on or off
    • B60R25/24Means to switch the anti-theft system on or off using electronic identifiers containing a code not memorised by the user
    • B60R25/246Means to switch the anti-theft system on or off using electronic identifiers containing a code not memorised by the user characterised by the challenge triggering
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05BLOCKS; ACCESSORIES THEREFOR; HANDCUFFS
    • E05B81/00Power-actuated vehicle locks
    • E05B81/54Electrical circuits
    • E05B81/64Monitoring or sensing, e.g. by using switches or sensors
    • E05B81/76Detection of handle operation; Detection of a user approaching a handle; Electrical switching actions performed by door handles
    • E05B81/78Detection of handle operation; Detection of a user approaching a handle; Electrical switching actions performed by door handles as part of a hands-free locking or unlocking operation
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00309Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with bidirectional data transmission between data carrier and locks
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/20Individual registration on entry or exit involving the use of a pass
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E05LOCKS; KEYS; WINDOW OR DOOR FITTINGS; SAFES
    • E05BLOCKS; ACCESSORIES THEREFOR; HANDCUFFS
    • E05B81/00Power-actuated vehicle locks
    • E05B81/54Electrical circuits
    • E05B81/64Monitoring or sensing, e.g. by using switches or sensors
    • E05B81/76Detection of handle operation; Detection of a user approaching a handle; Electrical switching actions performed by door handles
    • E05B81/77Detection of handle operation; Detection of a user approaching a handle; Electrical switching actions performed by door handles comprising sensors detecting the presence of the hand of a user
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01SRADIO DIRECTION-FINDING; RADIO NAVIGATION; DETERMINING DISTANCE OR VELOCITY BY USE OF RADIO WAVES; LOCATING OR PRESENCE-DETECTING BY USE OF THE REFLECTION OR RERADIATION OF RADIO WAVES; ANALOGOUS ARRANGEMENTS USING OTHER WAVES
    • G01S13/00Systems using the reflection or reradiation of radio waves, e.g. radar systems; Analogous systems using reflection or reradiation of waves whose nature or wavelength is irrelevant or unspecified
    • G01S13/02Systems using reflection of radio waves, e.g. primary radar systems; Analogous systems
    • G01S13/50Systems of measurement based on relative movement of target
    • G01S13/52Discriminating between fixed and moving objects or between objects moving at different speeds
    • G01S13/56Discriminating between fixed and moving objects or between objects moving at different speeds for presence detection
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C9/00Individual registration on entry or exit
    • G07C9/00174Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys
    • G07C9/00309Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with bidirectional data transmission between data carrier and locks
    • G07C2009/00388Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with bidirectional data transmission between data carrier and locks code verification carried out according to the challenge/response method
    • G07C2009/00396Electronically operated locks; Circuits therefor; Nonmechanical keys therefor, e.g. passive or active electrical keys or other data carriers without mechanical keys operated with bidirectional data transmission between data carrier and locks code verification carried out according to the challenge/response method starting with prompting the keyless data carrier
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C2209/00Indexing scheme relating to groups G07C9/00 - G07C9/38
    • G07C2209/60Indexing scheme relating to groups G07C9/00174 - G07C9/00944
    • G07C2209/63Comprising locating means for detecting the position of the data carrier, i.e. within the vehicle or within a certain distance from the vehicle
    • G07C2209/64Comprising locating means for detecting the position of the data carrier, i.e. within the vehicle or within a certain distance from the vehicle using a proximity sensor
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C2209/00Indexing scheme relating to groups G07C9/00 - G07C9/38
    • G07C2209/60Indexing scheme relating to groups G07C9/00174 - G07C9/00944
    • G07C2209/63Comprising locating means for detecting the position of the data carrier, i.e. within the vehicle or within a certain distance from the vehicle
    • G07C2209/65Comprising locating means for detecting the position of the data carrier, i.e. within the vehicle or within a certain distance from the vehicle using means for sensing the user's hand

Abstract

動作信頼性や応答性、さらには車両などへの搭載性(大きさやデザインなどの面での優位性)の点で優れ、従来のインパルスレーダよりも消費電力が格段に少ない特定物体(手など)の検知装置を提供する。インパルスレーダの探知波送信手段及び反射波受信手段を有するとともに、前記反射波受信手段により受信された信号のうち、特定物体の移動速度範囲に対応する周波数範囲内にある信号成分の振幅レベルが、特定物体の反射特性(主に誘電率)に対応した所定範囲内にあると、検知出力をオンにする判定回路部40をえた構成とする。

Description

技術分野
本発明は、例えば車両のパッシブエントリーシステムの自動解錠動作のきっかけ(トリガ)を生成するために、ドアハンドルを操作しようとする車両ユーザの手の接近を検知するなどの用途に好適な物体検知装置及びこれを利用した制御装置に関する。
背景技術
近年、車両のエントリーシステムなどでは、車両ユーザが携帯する携帯機と車両に搭載された本体機との間で双方向通信を行って、必要な照合確認を行った上で車両装備の自動動作を実現する装置が提案され、一部実用化されている。
このような双方向通信式のものでは、本体機から送信されるリクエスト信号(例えば、携帯機を起動させる起動信号)に対して必要なコードを含むアンサー信号を携帯機から本体機に対して自動送信することが可能となるので、使用者がなんら操作をしなくても、車両装備の所定の動作を実現することができる。例えば、車両のエントリーシステムでは、携帯機を携帯した使用者が対応する本体機を搭載した特定の車両のドアに近づくだけで、上記双方向通信が成立して施錠状態にあったそのドアの錠装置に開錠指令が自動的に出力され、自動的に車両ドアが開錠されるといったことが可能となる。なお、このように基本的に使用者の意識的な操作を要さず車両ドアの開錠又は施錠動作を実現するより利便性の高いエントリーシステムは、一般的なキーレスエントリーシステムの発展型として、パッシブエントリーシステム(或いは、スマートエントリーシステム)などと呼ばれ、車両の商品価値を高めるものとして市場ニーズが高まっている。
ところで、例えばこのようなパッシブエントリーシステムでは、本体機からのリクエスト信号をなるべく必要なときだけ送信して車両のバッテリ電力を節約しようとすると、車両ユーザの車両(例えば、ドアハンドル部分)への接近或いは接触を検知する検知装置を設ける必要がある。
ところが従来、このような検知装置としては、光学式或いは静電容量式のセンサ、或いは機械式スイッチ(いわゆるマイクロスイッチなど)が使用されていた。光学式のセンサは、発光素子から出力された光が例えば車両ユーザの手で遮られることによる受光素子の出力変化、或いは発光素子から出力された光が例えば車両ユーザの手で反射した反射光が受光素子に入射することによる受光素子の出力変化に基づいて、例えば車両ユーザの手のドアハンドルへの接近を検知するものである。一方、静電容量式のセンサは、いわゆるタッチセンサであり、例えば特開2002−295064号公報に開示されているように、車両ユーザの手の接触によってセンサ内のコンデンサ容量が変化することに基づいて、例えば車両ユーザの手のドアハンドルへの接触を検知するものである。
なお、非接触式の近距離センサとしては、例えば国際公開第00/023762号パンフレットに開示されているように、地雷探知などに利用されるインパルスレーダが知られている。
ところが、上述したような検知装置は、以下のような課題を有していた。
(a)光学式センサの場合には、汚れや異物(例えば、雨や枯葉など)の存在によって誤動作する恐れがある。
(b)検知エリアが狭い(検知距離が短い)ので、十分な応答性を得ることが困難であり、適用システムの動作に不具合が生じる恐れがある。例えば、車両のパッシブエントリーシステムにおけるリクエスト信号送信のトリガを得るために、車両ドアのハンドルに前記センサが設けられる場合、ユーザの手がセンサに接触する程度に接近しないと検知されない(即ち、リクエスト信号が出力されない)ので、ユーザがドアを開けようとドアハンドルを引き始めたのに、自動解錠がまだなされておらず、すぐにドアが開かない不具合(即ち、パッシブエントリーシステムを利用して施錠状態のドアを開けようとしても、自動解錠までの動作が遅れてすぐにドアが開かず、引っかかるような手応えをユーザが感じてしまう現象)が生じる恐れがあった。特に、静電容量式のセンサや機械式のスイッチの場合には、ユーザの手がセンサに完全に接触しないと検知されないので、少なくともセンサを単純にドアハンドルに取り付けた構成では、ユーザがドアを開けようとドアハンドルを引き始めた後に携帯機との通信がようやく成立し自動解錠が行われるので、上記不具合が必ず発生する。
(c)物体の接近を検知しようとする部位(例えば、車両のドアハンドル)に比較的大型で内蔵が困難なセンサ要素を設ける必要があるので、物体の接近を検知しようとする部位の形状や大きさを相当変更する必要があり、その部位のデザインの自由度も大きく制限される。特に、光学式センサや機械式スイッチにより車両のドアハンドルに接近するユーザの手をなるべく応答性高く検知しようとする場合、発光素子や受光素子をドアハンドルの近傍に設置したり、機械式スイッチの接触子をドアハンドルから突出した位置に設置する必要があるので、ドアハンドル或いはその周辺の車体の設計に大きな影響がある。
なお、検知エリアが大きく設定でき、汚れなどの影響を受けない非接触式の近距離センサとしては、前述したように、地雷探知装置などに利用されているインパルスレーダが知られており、発明者らはこのインパルスレーダを前述した検知装置として適用することを検討した。しかし、従来のインパルスレーダは、マイクロコンピュータ(以下マイコンという)を使った複雑な判定処理(例えば、反射波の波形を多数サンプリングして比較分析し、特定の物体の存否を判定する処理)を行うものであるため、消費電力が大きく、そのままではバッテリを電源とする車両用などの物体検知装置として適用できないことが分かった。特に、前述した車両のパッシブエントリーシステムにおける検知装置の場合、ドアハンドルへの手の接近をいつでも検知できるように、レーダの探知波を出力して反射波を受信し判定する探知動作を、車両の停止中においても継続的に繰り返し(例えば、周期的に)実行する必要があり、この探知動作の消費電力を極力抑制しないと車両のバッテリあがりが生じるので、地雷探知装置などとは桁違いの省エネが要求され、従来のインパルスレーダをそのまま適用することはできない。
本発明の目的は、上記問題点を解決し、インパルスレーダの技術を利用し、動作信頼性や応答性、さらには車両等への搭載性(大きさやデザインなどの面での優位性)の点で優れた物体検知装置であって、従来のインパルスレーダよりも消費電力が格段に少ない物体検知装置、及びこれを利用した制御装置を提供することにある。
発明の開示
本発明の物体検知装置は、特定物体が特定の速度範囲で接近したことを検知する物体検知装置であって、
インパルスレーダの探知波送信手段及び反射波受信手段と、前記反射波受信手段により受信された信号のうち、前記速度範囲に対応する周波数範囲内にある信号成分の振幅レベルが、前記特定物体の物性に対応した所定範囲内にあると、検知出力をオンにする判定回路部とを備えたものである。
ここで「特定物体」とは、例えば人の手である。また、「特定の速度範囲」とは、例えば人が手を通常に動かす際の速度範囲である。また、「特定物体の物性」とは、電波の反射特性に影響を与える性質であり、具体的には主に誘電率である。
また「判定回路部」は、例えば、前記反射波受信手段により受信された信号のうち、前記周波数範囲内にある信号成分のみを出力するフィルタと、このフィルタの出力の振幅レベルを、前記所定範囲の境界に相当するしきい値と比較し、このしきい値に対して前記振幅レベルが前記所定範囲側にあると検知出力をオンにするコンパレータとにより、簡素かつ小型な構成で実現できる。
この物体検知装置によれば、次のような効果が得られる。
(1)インパルスレーダを利用して検知対象である特定物体の接近を非接触で検知するため、汚れによって誤検知が起こる恐れがなく、また異物(例えば、雨や枯葉など)の存在によって誤検知が起こる可能性も、従来の光学式センサ等に比較して格段に少ない。特に本装置では、反射波の受信強度(振幅レベル)と周波数の両方に基づいて、特定物体を他の異物と識別して検知しているので、他の異物を誤検知する可能性が極めて低い。
(2)インパルスレーダの送信出力や受信感度の設定により、検知エリアを十分広く(検知距離を十分長く)適度な大きさに設定できるので、十分な応答性を得ることが容易である。
(3)インパルスレーダを利用しているので、物体の接近を検知しようとする所定部位(例えば、車両のドアハンドル)に必ずしも物体検知装置の全要素(判定回路部等)を設ける必要がない。即ち、インパルスレーダの少なくともアンテナを所定部位又はその近傍に設置すればよい。また本装置では、反射波信号の周波数と振幅レベルによって検知判定を行い、判定処理にマイコンを使用する必要のない構成であるため、判定回路部の構成が格段に簡素かつ小型になり、判定回路部を含めた物体検知装置全体を例えばドアハンドルに内蔵させることも比較的容易である。このため、所定部位(或いはその近傍)の形状や大きさを変更する必要性が少なく、そのデザインの自由度も大きく制限されない。
(4)この物体検知装置は、上述したように判定処理にマイコンを使用する必要のない構成であるため、マイコンによる複雑な判定処理を行う従来のインパルスレーダよりも消費電力が格段に少なくなり、例えば、パッシブエントリーシステムのトリガ生成用として問題なく車両に搭載することができる(車両のバッテリ上がりの問題が解消できる)。
なお、前記探知波送信手段の要素として必要な送信クロック生成回路(いわゆる基準波を生成する回路)と、前記反射波受信手段の要素として必要な受信クロック生成回路(いわゆるビート波を生成する回路)は、別個の発振回路により構成することが望ましい。この場合、ビート波生成のために基準波を多段階に分周する従来のインパルスレーダに比較して、さらに消費電力を低減できる。
また、本発明の物体検知装置或いはこれが適用されるシステムには、前記判定回路部の検知出力が短時間で切り替わる動作(例えば、特定物体である人の手の接近ではあり得ないような短時間での出力の変化)の頻度が規定の度合いに到達すると、前記判定回路部の検知出力を無効とする禁止モードを設定する処理手段を設けてもよい。そして、この場合の処理手段は、前記禁止モードを設定した後に前記判定回路部の検知出力が短時間で切り替わる動作が停止したことを判定すると、或いは、前記禁止モードの設定から規定時間が経過すると、前記禁止モードを解除する機能を有することが好ましい。
このような処理手段を備えていると、例えば誘電率の高い雨粒などにより、万が一誤検知が頻発した場合には、誤検知によるシステムの動作(例えば、パッシブエントリーシステムにおける携帯機への起動信号の送信)が停止され、誤検知により動作が繰り返されることによる不具合(例えば、前記起動信号が繰り返し送信されて車両バッテリの電力が多く浪費される不具合)が回避される。また、上記処理手段が禁止モードを解除する機能を有することによって、上記禁止モードが設定されたままとなってシステムの動作がずっと不能となる弊害が防止される。
また、本発明の物体検知装置は、車両等の乗物に搭載し、乗物の開閉部(ドアやトランクなど)のハンドル(ノブ)に接近する車両ユーザの手を特定物体として検知する用途(例えば、車両におけるパッシブエントリーシステムのトリガ生成用)、或いは、建物に備えられ、建物の開閉部(ドアやシャッターなど)のハンドルに接近する建物のユーザの手を前記特定物体として検知する用途(例えば、建物におけるパッシブエントリーシステムのトリガ生成用)に好適であるが、この場合、前記探知波送信手段を構成する送信アンテナと、前記反射波受信手段を構成する受信アンテナを、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設ける構成が望ましい。このようにすれば、ハンドルや開閉部のデザインに影響を与えずに、ハンドルの近傍に良好な広さの検知エリアを設定して、ハンドルを操作しようとする人の手を信頼性高くかつ応答性良く検知できる。
また、上記送信アンテナと受信アンテナは、同じ箇所に並列に配置してもよいが、一方を前記ハンドルの内部又は表面に設け、他方を前記開閉部の内部又は表面に設けるといったように、ハンドル側と開閉部側(例えば、ドア側)に分離して配置することもできる。このようにすると、必要最小限の広さの検知エリアを良好な位置(ハンドルと開閉部の間の位置)に容易に設定することができる。
なお、パッシブエントリーシステムのトリガ生成用として物体検知装置をハンドルに対して設ける場合などには、この物体検知装置の検知エリアは、ハンドルの外面位置よりも内側に配置されていることが望ましい。このようにすると、単にハンドルの近くに居る人の手によって検知出力がオンになってしまい、リクエスト信号が無駄に送信されるなどの不具合を効果的に防止できる。
また、上記検知エリアは、ハンドルを操作しようとしてハンドルに接近するユーザの手が、ハンドルの裏側に差し込まれる前に物体検知装置によって検知されるよう、ハンドルの裏側からユーザの手が差し込まれる側に張り出していることが好ましい。このような態様であると、ハンドルを操作しようとするユーザの手がより早くかつ的確に検知され、信頼性及び応答性がより高まる。
次に、本発明の制御装置は、乗物又は建物に装備されるパッシブエントリーシステム又はタイヤ空気圧異常警報システムなどの制御装置であって、乗物又は建物の開閉部のハンドルに接近する乗物又は建物のユーザの手を前記特定物体として検知する手段として、本発明の物体検知装置を備え、この物体検知装置の検知出力をシステムの動作(自動解錠動作、或いはさらにタイヤ空気圧異常警報動作)のトリガとして利用したものである。
この制御装置によれば、本発明の物体検知装置によってハンドルに接近した手を信頼性高くかつ応答性良く検知し、これをトリガとして乗物又は建物に装備された本体機から、ユーザが携帯する携帯機にリクエスト信号が送信され、携帯機から所定のアンサー信号(携帯機アンサー信号)が本体機に送信されると、自動解錠動作(施錠状態のドア等の開閉部を自動解錠する動作)、或いはさらにタイヤ空気圧異常警報動作(タイヤ空気圧計測データを取得し、空気圧が異常と判定した場合に警報を出力する動作)が実行される。
このため、システムの利便性が十分発揮されるとともに、誤検知(誤ったトリガの発生)によって不必要にシステムが動作してしまう不具合(リクエスト信号が不必要に送信され、乗物のバッテリが無駄に消耗したり、建物における待機電力が無駄に増大する不具合)の発生可能性を格段に低減できる。また、開閉部のハンドルの形状や大きさを変更する必要性が少なく、そのデザインの自由度も大きく制限されない。また既述したように、従来のインパルスレーダをそのままトリガ生成用に搭載する構成に比較して、トリガ生成用の物体検知装置の消費電力が格段に少ないので、建物における消費電力を十分低減し、乗物のバッテリ上がりの問題も解消できる。
なお、前記本体機の送信アンテナ(本体機送信アンテナ)と前記探知波送信手段を構成する送信アンテナ、又は/及び、前記本体機の受信アンテナ(本体機受信アンテナ)と前記反射波受信手段を構成する受信アンテナを、共通のアンテナより構成して簡素化を図ることもできる。
また、上記本体機送信アンテナ、又は/及び上記本体機受信アンテナは、前記探知波送信手段を構成する送信アンテナや前記反射波受信手段を構成する受信アンテナとともに、或いはこれらアンテナとは別個に、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けてもよい。
発明を実施するための最良の形態
本発明をより詳細に説述するために、添付の図面に従ってこれを説明する。
(第1形態例)
まず、本発明の第1形態例を説明する。本形態例は、車両のパッシブエントリーシステム(或いはさらにタイヤ空気圧異常警報システム)の制御装置に本発明を適用した例である。このシステムは、図1(a)に示すように、携帯機10と、車両に搭載される本体機20及び物体検知装置30とよりなる。
携帯機10は、図示省略しているが、例えば100〜150kHz程度の低周波(LF)の起動信号を受信するためのアンテナや受信回路と、高周波(例えばUHFバンド内の周波数)で後述するアンサー信号や操作信号(施錠操作信号又は解錠操作信号)を無線送信するための送信回路及びアンテナと、少なくとも認証コード(IDコードなどとも呼ばれる)を記憶する携帯機側記憶手段(例えば、EEPROM)と、携帯機全体の制御や必要な情報処理を行うマイコンを含む制御回路と、内蔵電池とを備える。
なお、ここでいう起動信号は、携帯機10のマイコンをWAITモード(電力消費を押さえるための低消費電力モード、スリープ状態ともいう)から起動させる信号である。この場合、携帯機10のマイコンは、この起動信号により起動すると上記認証コードを含むアンサー信号(携帯機アンサー信号)を高周波の電波に載せて無線送信するようプログラムされており、この意味において上記起動信号は本発明のリクエスト信号に相当する。
またこの場合、携帯機10に必要な電力(少なくとも起動時の電力)は、本体機からの電力伝送でまかなうようにしてもよい。この場合、本体機20から携帯機10への送信周波数が低周波なので、この電波を使って電力伝送が比較的効率よく可能であり、携帯機10で必要な電力を全て本体機からの電力伝送でまかなうことも原理的には可能であり、そうすれば携帯機の内蔵電池が不要になる。
また、携帯機10の表面には、押しボタン式の操作部である施錠用スイッチや開錠用スイッチ(図示省略)が設けられており、通常のキーレスエントリーシステム(単方向通信式のもの)としての遠隔操作が可能な構成となっていてもよい。即ち携帯機10は、上述した起動信号を受けて起動して前記アンサー信号を所定回数送信する機能を有するとともに、上記施錠用スイッチ又は開錠用スイッチが操作されると起動して、認証コードを含む施錠操作信号、或いは認証コードを含む開錠操作信号を無線送信する機能を有していてもよい。そして、これら施錠操作信号又は開錠操作信号が送信され、これらが本体機20で受信されると、本体機20の制御機能で照合確認がなされた上で車両のドアを即座に施錠又は開錠する動作が実行される構成となっていてもよい。
なお、本例の携帯機10は、必要な動作(例えば、上記アンサー信号の送信)を終了するとWAITモードに自動復帰し、その後に起動信号の受信等があるまでWAITモードを継続して電力消費を抑制する態様であるが、必ずしもこのような態様に限定されない。例えば携帯機10が、定常時はスタンバイモードとして待機し、所定タイミング毎に動作モードに移行して間欠的に受信回路を作動させて受信動作を間欠的に行う。そして、この間欠的な受信動作のいずれかで本体機20から無線送信される所定のリクエスト信号(起動信号ではなく単にアンサー信号を要求する信号であって、低周波に限らず高周波信号でもよい)を受信すると、これに応答して携帯機側記憶手段に登録された認証コードを含むアンサー信号を所定回数無線送信する態様でもよい。
一方、本体機20は、図1(a)に示すように、制御回路21と、送信回路22及び送信アンテナ23(本体機送信アンテナ)と、受信回路24及び受信アンテナ25(本体機受信アンテナ)とを備える。この場合の送信回路22及び送信アンテナ23は、前述した低周波数の起動信号を送信するためのものであり、受信回路24及び受信アンテナ25は前述した高周波のアンサー信号や操作信号を受信するためのものである。制御回路21は、本発明の処理手段に相当し、本体機全体の制御や車両のドアロックアクチュエータ1の制御に必要な処理を行うマイコンを含むものであり、この場合には、認証コードを記憶する本体機側記憶手段(例えば、EEPROM)を内蔵する。
なお、制御回路21、送信回路22、及び受信回路24は、例えば車両のドア内部等に配置される制御ユニット(ECU)内に設けられる。また、送信アンテナ23と受信アンテナ25は、上記制御ユニットに設けられてもよいが、上記制御ユニットとは別の位置(例えば、ルームミラー、ドアミラー、或いはドアハンドルなど)に設けられてもよい。
次に、物体検知装置30について説明する。
この場合の物体検知装置30は、車両のドアハンドルに接近した車両ユーザの身体(例えば手や指)を検出し、ドアの自動開錠動作のトリガとなる検知出力を生成するためのドアハンドルセンサであり、図1(b)に示す構成となっている。即ち、大きく分けてセンサ回路31と、送信アンテナ32と、受信アンテナ33とよりなる。そしてセンサ回路31は、送信クロック生成回路34と、インパルス整形回路35と、受信クロック生成回路36と、ビート生成回路37と、サンプリングパルス整形回路38と、サンプルホールド回路39と、判定回路部40とを有する。
なお、送信クロック生成回路34、インパルス整形回路35、及び送信アンテナ32は、インパルスレーダの探知波送信手段に相当する要素であり、受信クロック生成回路36、ビート生成回路37、サンプリングパルス整形回路38、サンプルホールド回路39、及び受信アンテナ33は、インパルスレーダの反射波受信手段に相当する要素である。
また、センサ回路31は、制御回路21などとともに前述の制御ユニット内に設けてもよいが、ドアハンドル内に収納することも可能である。
ここで、送信クロック生成回路34は、インパルスレーダの基準波(例えば、455kHz)を生成する回路であり、例えば図2(a)に示すような水晶振動子を発振源とする発振回路によって構成されている。また、受信クロック生成回路36は、インパルスレーダのビート波(例えば、1kHz)を生成する回路であり、例えば図2(b)に示す変形コルピッツ型低消費電流発振器によって、送信クロック生成回路34とは別個に構成されている。
なお、地雷探知装置等に使用されている従来のインパルスレーダは、基準波の生成回路の出力を多数回分周する分周回路を設けることによって、基準波からビート波を生成していたが、この場合分周回路で多くの電流を消費することになるので、この点でも従来のインパルスレーダを物体検知装置30としてそのまま車両へ適用することは困難である(車両のバッテリあがりの恐れがある)。しかし、本例のように低消費電流タイプの別個の発振回路によってビート波を生成するようにすれば、このような問題を解消できる。
次に、インパルス整形回路35、ビート生成回路37、サンプリングパルス整形回路38、及びサンプルホールド回路39は、従来のインパルスレーダと同様の要素であり、以下にその概要を説明する。
インパルス整形回路35は、送信クロック生成回路34で生成された波形を整形し、所定の矩形波(パルス)として送信アンテナ32に入力する。これにより、送信アンテナ32が、周期的にオンオフされ、所定の送信波(送信アンテナ32の帯域幅による制限を受けた周波数成分で、高調波を含む)が放射される。
ビート生成回路37は、基準波の波形をビート波によって変化させたサンプリングパルス(ビート波に対応したゆらぎ成分を有するもの)を生成する回路である。サンプリングパルス整形回路38は、このビート生成回路37で生成された波形を整形し、サンプルホールド回路39に入力する。そしてサンプルホールド回路39では、受信アンテナ33からの入力にサンプリングパルス整形回路38の出力を混合し、受信アンテナ33からの入力のうちの所定の低周波成分(被検知物体からの反射波の成分を含むもの)を取り出して出力する。なお、サンプリングパルスにビート波に対応したゆらぎ成分を付加する技術は、インパルスレーダにおいて適正な反射波を効率よく受信するための一つの手法である。
次に判定回路部40は、図2(c)に示すように、低域増幅回路(AMP)41と、ほう絡線検波回路42と、バンドパスフィルタ(BPF)43と、コンパレータ44と、インターフェース(I/F)45とよりなる。
ここで、低域増幅回路41は、サンプルホールド回路39の出力を扱い易いレベルに増幅する回路であり、原理的には必ずしも必須な要素ではない。また、ほう絡線検波回路42は、低域増幅回路41の出力に対してほう絡線検波を行い、余分な成分(後述するゆらぎ成分以外の高周波成分)を予め除去するためのものである。このほう絡線検波回路42の出力としては、例えば図3(a)に例示するように、手などの物体がアンテナ32,33に接近することによるゆらぎ成分を主に含む波形が得られる。ここで、このゆらぎ成分の周波数は、手などの物体の移動速度に対応して増減する(移動速度が早ければ周波数が当然高くなる)。なお、このほう絡線検波回路42も、原理的には必ずしも必須な要素ではない。その後のバンドパスフィルタ43において、上記余分な成分の除去も含めて処理することも可能である。但し、このほう絡線検波回路42があれば、予め余分な成分が除去されるので、信号処理が効率よく行える。
また、バンドパスフィルタ43は、ほう絡線検波回路42の出力のうち、検知しようとする特定物体(この場合、人の手)の速度範囲に対応する周波数範囲(この場合、1Hz〜数10Hz)内にある信号成分のみを出力するフィルタ回路である。コンパレータ44は、バンドパスフィルタ43の出力の振幅レベルを、この場合人の手の物性(主に誘電率)に対応した所定範囲の下限に相当するしきい値と比較し、このしきい値に対して前記振幅レベルが前記所定範囲側にあると(即ちこの場合には、しきい値を超えていると)、その出力(検知出力)をオンにする。そして、インターフェース45は、必要な信号形態の変換を行ってコンパレータ44の出力を特定物体の検知出力として制御回路21に入力する回路である。
この判定回路部40によれば、図3(b)に示すような判定領域に、ほう絡線検波回路42の出力特性値(周波数と振幅レベル)が存在すると、検知しようとする特定物体(人の手)がアンテナ32,33に接近したとして検知出力がオンになる。
なお、ここでの振幅レベルは、受信波(反射波)の受信強度に相当するパラメータであり、アンテナからの距離の違いを無視すれば主に接近した物体の誘電率に応じて増減する。このため、特定物体と誘電率の違う異物による波形成分は、周波数(即ち異物の接近速度)が特定物体と仮に同程度だとしても、前記しきい値を下回って判定領域に入らず検知されない。この場合、例えば水や紙或いはプラスチックなどは、人の手よりも格段に誘電率が低いので、上記コンパレータ44の比較判定によって信頼性高く排除できる。即ち、例えば紙切れや枯葉などが、人の手の移動と同程度の速度でアンテナ32,33に接近したとしても、検知出力がオンとなる誤検知は発生しない。
また、ほう絡線検波回路42の出力特性値のうちの周波数(物体の反射による成分の周波数)は、既述したように接近した物体の移動速度に対応する。このため、特定物体と移動速度の違う異物による波形成分は、振幅レベル(即ち異物の誘電率)が特定物体と仮に同程度だとしても、バンドパスフィルタ43の特性範囲から外れて判定領域に入らず検知されない。この場合、例えば人の手よりも早く移動する落下物や、極端にゆっくり移動する物体(停止物含む)は、人の手と同程度の誘電率をもつ物体(例えば、金属)だとしても、上記バンドパスフィルタ43の作用によって信頼性高く排除できる。例えば、金属製の柱などにアンテナ32,33が接近した状態で車両が駐車されたときでも、その金属製の柱が手と誤って検知され続けることはない。また、万が一誘電率の高い雨滴などが落下してきたとしても、高い確率で誤検知を回避できる。
したがって、この場合の物体検知装置30によれば、人の手が接近したときには確実に検知出力がオンとなり、その他の異物の接近や環境の変化によっては、ほとんどの場合誤検知が生じない(少なくとも、誤検知が繰り返し継続するような不具合は、信頼性高く回避される)。
次に、送信アンテナ32及び受信アンテナ33は、例えば図5(a)に示すように、ドアハンドル形状に合わせた単純バー型であり、ドアハンドル若しくはドアの内面に並列若しくは分離して埋め込んだ状態(或いは張り付けた状態)で設けられている。なお、これらアンテナの構成(形状、配置、製法など)については、各種の態様があり得るが、それについては後述する。
次に、制御回路21の機能、及び本システムの動作について説明する。
上記制御回路21は、例えば以下のような処理動作を実行する機能を有する。即ち基本的には、車両のドアが施錠状態にある場合(ドアロックアクチュエータ1が作動状態の場合)には、物体検知装置30の検知出力がオンになると、送信回路22及び送信アンテナ23により前述の起動信号を所定回数送信するとともに、受信回路24を機能させて受信動作を実行する。そして、起動信号の送信後に携帯機10からアンサー信号を受信すると、このアンサー信号に含まれる認証コードが本体機側記憶手段に予め登録された認証コードに対応しているか否かを判定し、この判定結果が肯定的であれば照合確認がなされたとして、ドアロックアクチュエータ1を制御し、施錠状態にある車両のドアを解錠する。
但し、本例の制御回路21は、例えば図3(c)に示すように、物体検知装置30の検知出力が短時間で切り替わる動作(人の手の接近ではあり得ないような短時間での出力の変化)の頻度が規定の度合いに到達すると、物体検知装置30の検知出力を無効とする禁止モード(検知出力がオンになっても上記起動信号を送信しないモード)を設定する。具体的には、例えば検知出力がオフからオンに切り替わる変化が規定時間以内に規定回数以上あったとき、或いは、例えば検知出力が規定時間以内にオフからオンさらにオフへと切り替わる変化が規定回数以上連続したときに、禁止モードとする。なお図3(c)は、例えば検知出力がオフからオンに切り替わる変化が規定時間T1以内に4回以上あったときに、禁止モードとする態様である。
また制御回路21は、上記禁止モードを設定した後に物体検知装置30の検知出力が短時間で切り替わる動作が停止したことを判定すると、或いは、前記禁止モードの設定から単純に規定時間が経過すると、前記禁止モードを解除する。例えば図3(c)に示すように、この禁止モードにおいて、物体検知装置30の検知出力が規定時間T2以上オンになると、この禁止モードを解除する。なお、禁止モードの解除は、この態様に限らず、例えば物体検知装置30の検知出力が規定時間T2以上オフになると実行するようにしてもよいし、禁止モードの設定から規定時間(例えば、数分〜数10分)が経過すると無条件で禁止モードを解除する態様もあり得る。
なお図4は、制御回路21の上述した制御処理(禁止モードの設定及び解除の処理除く)を実現するフローチャートの一例である。この場合、制御回路21は、図4に示す処理を例えば周期的に実行する。
まずステップS1では、ドアが施錠状態か否か判定し、施錠状態でなければ1シーケンスの処理を終了する。施錠状態の場合には、ステップS2で、手が検知されているか否か(即ち、物体検知装置30の検知出力がオンになっているか否か)を判定し、検知されている場合にはステップS3に進む。
そしてステップS3では、通常モードか否か(即ち、禁止モードが設定されていないか否か)判定し、通常モードであればステップ4に進み、送信回路22を制御して前記起動信号を所定回数送信する。
次にステップS5では、アンサー信号を受信しこのアンサー信号に含まれる認証コードの照合確認が適正に行われたか否かを判定する。照合結果が適正であれば、ステップS6に進み、ドアロックアクチュエータ1を制御してドアを解錠する。
なお、ステップS2,S3,S5で、判定結果が否定的の場合には、ステップS1と同様に1シーケンスの処理を終了する。
以上説明した本形態例の物体検知装置30及びこれを利用した制御装置では、次のような効果が得られる。
(1)インパルスレーダを利用してドアハンドルに接近した手を非接触で検知するため、汚れによって誤検知が起こる恐れがなく、また異物(例えば、雨や枯葉など)の存在によって誤検知が起こる可能性も、従来の光学式センサ等に比較して格段に少ない。特に本装置では、反射波の受信強度(振幅レベル)と周波数の両方に基づいて、人の手を他の異物と識別して検知しているので、手以外の異物を誤検知する可能性が極めて低い。このため、誤検知によって不必要に装置が動作してしまう不具合(この場合、前記起動信号が不必要に送信され、車両のバッテリが無駄に消耗する不具合)の発生可能性を格段に低減できる。
(2)インパルスレーダの送信出力や受信感度の設定により、検知エリアを十分広く(検知距離を十分長く)適度な大きさに設定できるので、十分な応答性を得ることが容易である。この場合、ドアハンドルに接触する位置よりも十分前の位置でユーザの手を検知できるので、ユーザがドアを開けようとドアハンドルを引き始めたときには、施錠状態にあった車両ドアが確実に自動解錠されており、パッシブエントリーシステムの利便性が十分発揮される。
(3)インパルスレーダを利用しているので、物体の接近を検知しようとする所定部位(この場合、車両のドアハンドル)に必ずしも物体検知装置30の全要素(この場合、センサ回路31など)を設ける必要がない。即ち、インパルスレーダの少なくともアンテナ32,33を所定部位(ドアハンドル)又はその近傍に設置すればよい。また本装置では、反射波信号の周波数と振幅レベルによって検知判定を行い、判定処理にマイコンを使用しない構成であるため、センサ回路31の構成が格段に簡素かつ小型になっており、センサ回路31を含めた物体検知装置30全体をドアハンドルに内蔵させることも比較的容易である。このため、所定部位であるドアハンドル(或いはその近傍)の形状や大きさを変更する必要性が少なく、そのデザインの自由度も大きく制限されない。
(4)物体検知装置30は、上述したように判定処理にマイコンを使用しない構成である。具体的には、バンドパスフィルタ43とコンパレータ44よりなる簡素な判定回路部40における簡単な処理によって、検知判定が信頼性高く行われる。このため、マイコンによる複雑な判定処理を行う従来のインパルスレーダよりも消費電力が格段に少なくなり、パッシブエントリーシステムのトリガ生成用として問題なく車両に搭載することができる(車両のバッテリ上がりの問題が解消できる)。特に本形態例の場合には、インパルスレーダの送信クロック生成回路34と受信クロック生成回路36を、別個の発振回路により構成しており、ビート波生成のために基準波を多段階に分周する処理が不要となっている。このため、この点でも電力が節約されており、物体検知装置30の消費電力が特に小さくなっている。
(5)制御回路21(処理手段)は、判定回路部40の検知出力が短時間で切り替わる動作(人の手の接近ではあり得ないような短時間での出力の変化)の頻度が規定の度合いに到達すると、判定回路部40の検知出力を無効とする禁止モード(前記起動信号の送信を禁止するモード)を設定する。このため、例えば誘電率の高い雨粒などにより、万が一誤検知が頻発した場合には、誤検知によるシステムの動作(この場合、前記起動信号の送信)が停止され、誤検知により動作が繰り返されることによる不具合(この場合、前記起動信号が繰り返し送信されて車両バッテリの電力が多く浪費される不具合)が回避される。
なお本形態例では、制御回路21の前述した機能によって、上記禁止モードが適当な時期に自動的に解除されるので、上記禁止モードが設定されたままとなってシステムの動作がずっと不能となり、せっかくのパッシブエントリーシステムの自動解錠動作が使えないままとなる弊害が防止される。例えば、降雨によって上記禁止モードが設定されたとしても、少なくともその雨が止んだ後、前述の規定時間経過後に、或いは人の手が接近して検知されたときなどに、上記禁止モードが自動解除されるため、禁止モードの設定によってパッシブエントリーシステムが使えなくなる実害がほとんど発生しない。
次に、上述した車両の制御装置におけるアンテナの配置や形状等についての各種の態様を、図5乃至図9により説明する。
物体検知装置30の送信アンテナ32と受信アンテナ33は、図5(a)に示すように並列にドアハンドルに配置してもよいし、図5(b)に示すように一直線上に配置することもできる。
また図5(c),(d)に示すように、三角形状の形状としてもよい。このようにすると、送受信される電波の帯域が広がり、検知精度や信号処理の効率が向上し、より広い範囲(より長い検知距離)で検知できるようになる。
また、送信アンテナ32と受信アンテナ33は、例えば図6(a)に示すようにドアハンドルの裏面に配置し、好ましくはドアハンドルの外面側に電波吸収体50を配置する構成が望ましい。この構成であると、例えば図6(b)に示すように、物体検知装置30の検知エリアがドアハンドルの外面位置よりも内側に位置するように、前記検知エリアを容易に設定することができる。検知エリアがドアハンドルの外面位置よりも内側に位置すると、単にドアハンドルの近くに居る人の手によって検知出力が不必要にオンになってしまい、前記起動信号が無駄に送信される不具合を効果的に防止できる。
また、送信アンテナ32や受信アンテナ33、或いは上記電波吸収体50の配置位置や姿勢の細かな設定によって、物体検知装置30の検知エリアは、好ましくは次のように配置されていることが望ましい。即ち、ドアハンドルを操作しようとしてドアハンドルに接近する車両ユーザの手が、ドアハンドルの裏側に差し込まれる前に物体検知装置30によって検知されるよう、物体検知装置30の検知エリアが、ドアハンドルの裏側から車両ユーザの手が差し込まれる側に張り出していることが好ましい。例えば、車両ユーザの手が上から差し込まれる場合には、図6(b)の検知エリアAよりも、図6(b)の検知エリアBのように上側に張り出している態様(上側に偏っている態様含む)がよい。このような態様であると、ドアハンドルを操作しようとする車両ユーザの手がより早くかつ的確に検知され、信頼性及び応答性がより高まる。
なお、送信アンテナ32と受信アンテナ33は、ハンドル側とドア側に分離して配置してもよい。例えば図6(c)に示すように、送信アンテナ32をドアハンドルの裏面に配置し、このドアハンドルの裏面に対向するドアの表面に受信アンテナ33を配置し、ドアハンドルの外面側に電波吸収体50を配置する構成でもよい。この構成であると、図6(b)に示すように、必要最小限の広さの検知エリアを良好な位置(ハンドルとドアの間の位置)に容易に設定することができる。また、ハンドル外側への不要な電波の放射を確実に抑制できるので、電波法令の基準への適合もより容易に可能となる。
次に図7は、可動式ドアハンドルの場合のアンテナ等の配置例を示す図である。この場合のドアハンドルは、ドアに形成された凹部に取り付けられ、下側から手を挿入して引き上げることによってドアを開けるタイプのものである。このようなタイプでも、送信アンテナ32や受信アンテナ33をドアハンドルに設けることもできるが、この場合、図7(a)に示すように、上記凹部内の上面に送信アンテナ32と受信アンテナ33を配置するとよい。このようにすれば、図7(b)に示すような良好な検知エリアが容易に設定でき、誤検知防止、応答性向上、不必要な電波放射の排除といった既述の効果が容易に実現できる。また、相対的に変位するドアハンドルとドアの間で配線を行う必要がなく、各アンテナ32,33とセンサ回路31との間の配線が容易になる利点もある。なお、この場合のセンサ回路31は、図7(a)に示すように上記凹部の奥面側に配置することができる。
次に図8は、起動信号送信用の本体機20の送信アンテナ23を、物体検知装置30のアンテナ32,33とともにドアハンドルに配置し、物体検知装置30をタイヤ空気圧警報システムのトリガ生成用としても使用した形態例を説明する図である。
例えば図8(a)に示すように送信アンテナ23をドアハンドルに配置すれば、タイヤに設けられた空気圧ユニット60(図1に鎖線で示す)に対して起動信号を送信するための良好な通信エリアが、例えば図8(b)に示すように設定できる。そして、物体検知装置30によって人の手が検知されたことをトリガとして、空気圧ユニット60に対する起動信号(この場合、低周波信号)を送信し、空気圧計測結果に基づく必要な警報を、制御回路21に接続された空気圧警報手段61(図1に鎖線で示す)から出力するようにしてもよい。
ここで、空気圧ユニット60は、起動信号を受信することによって起動して、その時点でのタイヤの空気圧計測データを含むアンサー信号(空気圧ユニットアンサー信号)を無線送信するもので、このアンサー信号は本体機20の受信アンテナ25及び受信回路24で受信されて、制御回路21で読み取られる。そして制御回路21では、受信したアンサー信号に含まれる空気圧計測データが設定された適正範囲から外れていると、空気圧警報手段61によりタイヤ空気圧異常の警報を出力する制御を実行する。空気圧警報手段61は、警告音や光、又は文字表示、或いはそれらの組合せによって、空気圧異常を車両ユーザに報知するものであり、異常の有無とともに異常の程度を表示するものであってもよい。また、この空気圧警報手段61は、車室内の計器パネル等におけるランプの点灯等によって警報を行うものであってもよいが、車外に居るユーザ(例えば、ドアハンドルを操作して車両に乗り込もうとするユーザ)にも異常報知がなされるように、例えば車外に聞こえる警告音を出力する機能を有する構成が望ましい。
なお図8(c)は、この形態例を実現する制御回路21の具体的制御処理の一例を示すフローチャートである。このフローチャートは、前述した図4のフローチャートにステップS7〜S9を追加したもので、ステップS1〜S6は図4と同様である(図8(c)ではステップS1〜S5を省略している)。追加したステップを説明すると、ステップS7は、空気圧ユニット60に対する起動信号を送信し、空気圧ユニット60からのアンサー信号を受信して、最新の空気圧計測データを読み取る処理であり、前述のステップS6(図4参照)の処理に続いて行われる。次いでステップS8では、読み取った空気圧計測データが予め設定された適正範囲から外れているか否か判定し、外れていればステップS9に進んで前述したような異常警報を出力し、外れていなければ1シーケンスの処理を終了する。
この処理内容によれば、ドア施錠状態でかつ通常モードにおいて、物体検知装置30によって手が検知され、携帯機10と本体機20の通信が成立して照合確認がなされると、その後、本体機10と空気圧ユニット60の通信が行われ、空気圧が異常な場合には異常警報が行われる。
したがってこの態様によれば、適正な携帯機10を携帯したユーザが施錠状態のドアを開けようとして車外からドアハンドル内側に手を伸ばすと、即座に自動解錠が行われるとともに、その後にタイヤの空気圧異常判定が行われ、異常であれば異常報知が行われる。
このため、トリガ生成用の物体検知装置30や、制御回路21を含む本体機20が、パッシブエントリーシステムとタイヤ空気圧警報システムとで共用化され、車両の高機能化を低コストで実現できる。
また、従来の一般的なタイヤ空気圧警報システムに比較して、バッテリの消耗が少ない、電波の回り込みによる誤動作が少ないなどの利点が得られる。というのは、従来のタイヤ空気圧警報システムは、本体機からUHF帯の電波を定期的に送信して空気圧ユニット60を作動させ、空気圧異常判定をユーザの行為等に無関係に定期的に行う構成が一般的であった。このため、車両を単に長期間駐車しているだけでも、電波の送受信を含むタイヤ空気圧警報システムの上記動作が繰り返し行われ、バッテリが消耗する問題がある。また従来は、電波の回り込みが起こりやすいUHF帯の電波を使用していたので、隣接する他車両の空気圧ユニットを動作させてしまい、この他車両の空気圧ユニット60からの信号を自車の信号と誤って受信して、空気圧異常判定が適正になされない不具合が発生する可能性があった。しかし本形態例の構成であれば、携帯機を携帯したユーザの手がドアハンドル近傍の所定の検知エリアに接近したときだけ、空気圧ユニット60に対する電波が送信され空気圧異常判定が実行されるので、空気圧異常判定のための電力消費が必要最小限に抑制される。また本形態例では、空気圧ユニット60に対する起動信号の電波は、回り込みの起き難いLF帯であるため、上述した不具合の発生可能性が少ない。
また、従来のタイヤ空気圧警報システムのアンテナはタイヤハウス内に設置されているために、タイヤハウスごとへの配線が必要であるとともに、劣悪な環境にさらされるために信頼性に問題があった。しかし本形態の構成であれば、ドアハンドルにアンテナを配置するので、ドアハンドルに配置されたアンテナから前後のタイヤの空気圧が確認できるために配線がすくなくできる。さらにドアハンドルはタイヤハウスよりも環境が良いので故障が少なくシステムの信頼性が向上する。
次に図9は、物体検知装置30の受信アンテナ33を、アンサー信号受信用の本体機20の受信アンテナ25と共通化した形態例を示す図である。図8において符号70で示すものは、共通の受信アンテナ33(25)をセンサ回路31又は受信回路24の何れか一方に選択的に接続するためのアンテナスイッチであり、制御回路21によって制御される電磁リレー等よりなる。また、符号71で示すものは、周波数帯の違いを整合させるための信号変換を行う整合回路である。このような構成とすれば、受信アンテナを共通化することができ、部品点数削減によるコスト低減及びコンパクト化が図れる。
(第2形態例)
次に、図10及び図11により、第2形態例を説明する。本形態例は、建物(例えば住宅や事務所など)のパッシブエントリーシステムの制御装置に本発明を適用した例である。図10(a)及び図11(a)は建物のドアの正面図、図10(b)及び図11(b)は同ドアの断面図、図11(c)は同ドアの正面拡大図である。なお、第1形態例と同様の要素には同符号を使用して、重複する説明を省略する。本例のシステムの回路構成及びその処理内容は、図1〜図4に示した第1形態例の態様と同様でよい。そして、各要素の配置等は、例えば次のようにすればよい。
まず、図10(a)に示すようなバー型のドアハンドルの場合には、例えば、物体検知装置30の送信アンテナ32と受信アンテナ33をドアハンドルに対応した単純バー型とし、図10(b)に示すように各要素を配置する。即ち、ドアロックアクチュエータ1、本体機20の無線ユニット80と制御回路21、及び物体検知装置30のセンサ回路31をドア内に配置し、物体検知装置30の送信アンテナ32をドアハンドルの内面に配置し、このドアハンドルの内面に対向するドアの表面位置に物体検知装置30の受信アンテナ33を配置すればよい。ここで、無線ユニット80は、本体機20の送信回路22、送信アンテナ23、受信回路24、及び受信アンテナ25を含むユニットである。
次に、図11(a)に示すようなノブタイプのドアハンドルの場合には、例えば、物体検知装置30の送信アンテナ32と受信アンテナ33をドアハンドルに対応した半円状の形状とし、図11(b),(c)に示すように各要素を配置する。即ち、ドアロックアクチュエータ1、本体機20の無線ユニット80と制御回路21、及び物体検知装置30のセンサ回路31をドア内に配置し、物体検知装置30の送信アンテナ32をドア表面(ドアハンドルの上半分に沿う位置)に配置し、物体検知装置30の受信アンテナ33をドア表面(ドアハンドルの下半分に沿う位置)に配置すればよい。
このような構成とすれば、建物のパッシブエントリーシステムにおいても、第1形態例と同様の各種効果が得られる。なお、本例のシステムの電源としては、商用電源を所定電圧に変換して使用してもよいし、電池などの内蔵バッテリを使用してもよい。いずれにしろ、本発明を適用することによって省電力が実現されるから、商用電源が使用される場合には家庭等における待機電力消費の増加を抑制することができるし、電池などを使用する場合には例えば電池を交換するまでの寿命を長く確保することが可能となる。
なお、本発明は上記形態例に限定されるものでなく、各種の変形や態様があり得る。
例えば、上記実施の形態では車両や建物のドアの開錠動作についてしか具体例を挙げなかったが、本発明はドアの開錠等に限られず、各種の制御対象や制御内容があり得る。例えば、本発明の物体検知装置を、パッシブエントリーシステムにおける自動施錠動作のトリガ生成用として使用することもできる。また、本発明の物体検知装置により、車両におけるトランクの開閉用ハンドルに接近するユーザの手を検知するようにして、トランクの自動解錠又は自動施錠等にも適用できる。また、車両以外でも、例えば船舶や小型飛行機などの乗物のドアの自動解錠等にも応用できる。
また前記実施の形態では、人の手を検知する場合を例示したが、判定回路部の特性(例えば、バンドパスフィルタやコンパレータの特性)を変更することで、人の手以外の物(例えば、雨粒)を特定物体(検知対象)として他の物と識別して検知することも可能である。
また、物体検知装置や本体機の各アンテナは、金属或いは導電性樹脂等によって取付部位と別部品として製作し、圧入やネジ止め等によって取付部位(例えば、ドアハンドルの内部或いは表面)に固定してもよいが、例えば樹脂製のドアハンドルやドアにインサート成形してもよい。また、例えば樹脂製のドアハンドルやドアに、いわゆる2色成型によって導電性樹脂よりなるアンテナを作り込んでもよい。また、樹脂上にメッキすることによってアンテナを形成してもよい。
また、本体機の制御内容についても、図4や図8(c)に例示したものに限定されない。例えば、図4のフローチャートにおいて、ステップS1を削除してもよい。但しステップS1を削除すると、ドアが解錠状態であっても、通常モードである限り、手が検知されたときに毎回携帯機との通信が行われ、解錠制御が無駄に実行される恐れがあるが、ステップS1のような判断処理があると、このような不具合が回避される。また、前述した禁止モードの設定処理を行わないようにし、図4のフローチャートにおけるステップS3を削除してもよい。禁止モードの設定機能は、雨滴などを万が一連続的に誤検知した場合の念のための機能だからである。
また前記形態例では、タイヤ空気圧の異常警報機能を、パッシブエントリーシステムと共通の本体機及び物体検知装置を使って、パッシブエントリーシステムの自動解錠処理と一体の処理(図8(c))によって実現しているが、パッシブエントリーシステムとは別個の本体機又は物体検知装置によって単独で実現することもできるし、同じ本体機を使った別個の処理(エントリーシステムの動作とは無関係の処理)によって実現することもできる。例えば、タイヤ空気圧の異常警報機能のトリガ生成のためだけに、本発明の物体検知装置をドアハンドルに取り付けてユーザの手を検知するようにしてもよい。また、例えば人の手が検知されたら無条件で図8(c)のステップS7乃至S9を実行するような処理内容でもよい。但し、図8(c)により説明した前述の形態例の処理内容(図4の処理と組み合わせたもの)であると、ドアが施錠状態であり、かつ通常モードにおいて、適正な携帯機を携帯したユーザの手がドアハンドルに接近したときだけ、タイヤ空気圧の異常警報機能が働くことになる。このため、なるべく必要最小限の頻度で空気圧ユニットとの無線通信を行い、バッテリ電力を節約するという点では、前述の形態例の処理内容が有利となる。
また、本発明のリクエスト信号は、携帯機等をスリープ状態(マイコンのWAIT状態)から起動させる起動信号に限らず、すでに起動状態(マイコンの待機状態含む)にある携帯機や空気圧ユニットに対して、単に所定のアンサー信号の送信を要求する信号であってもよい。また、このリクエスト信号の無線周波数は、LF帯に限らず、その以外の帯域(例えば、UHF帯)であってもよい。但しLF帯は、電波の回り込みが少ないという点で有利であり、電力伝送も比較的効率よく行える。
また、リクエスト信号には、なんらかの固有コード(防犯性の観点から開錠等のための認証コードでないことが好ましい)を含ませてもよい。例えば、車両のエントリーシステムでは、同種のエントリーシステムを搭載した他の車両が近くに複数台存在しているような状況で使われることが十分あり得るため、このような状況で他車の本体機から送出されたリクエスト信号を携帯機が受信し、その都度認証コードを含むアンサー信号を携帯機が送信しないように、他車との識別のために携帯機においても上記固有コードの照合確認を行った上でアンサー信号を返信するようにしてもよい。
また、図9には受信アンテナを共通化する例を示したが、使用する周波数帯等の違いに問題がなければ、本体機の送信アンテナと、物体検知装置の送信アンテナを、共通のアンテナにより構成することができる。また場合によっては、受信アンテナと送信アンテナを両方とも共通化することもできる。この場合、全体としてアンテナが2種類になり、格段の簡素化が図れる。
また、図8(a)には、本体機の送信アンテナもドアハンドルに設ける例を示したが、本体機の受信アンテナについてもドアハンドルに設けてもよい。
産業上の利用可能性
以上のように、本発明によれば、インパルスレーダの技術を利用し、動作信頼性や応答性、さらには車両などへの搭載性(大きさやデザインなどの面での優位性)の点で優れた物体検知装置であって、従来のインパルスレーダよりも消費電力が格段に少ない物体検知装置、及びこれを利用した優れた制御装置(パッシブエントリーシステムなどの制御装置)を提供することができる。
産業上の利用可能性として、本発明の物体検知装置は、例えば車両等の乗物に搭載し、乗物の開閉部(ドアやトランクなど)のハンドル(ノブ)に接近する車両ユーザの手を特定物体として検知する用途(例えば、車両におけるパッシブエントリーシステムのトリガ生成用)、或いは、建物に備えられ、建物の開閉部(ドアやシャッターなど)のハンドルに接近する建物のユーザの手を前記特定物体として検知する用途(例えば、建物におけるパッシブエントリーシステムのトリガ生成用)に好適である。また、タイヤ空気圧異常警報システムにも好適である。
乗物であるから、陸上、海上、航空に適用でき、かつ2輪、3輪、4輪、多輪車を問わず、適用できる。
また、建物も一般ビル、オフィスビル、住宅、別荘、ホテル、倉庫、展示場、物置、防空豪、非難所などに幅広く適用できる。
さらに、本発明の制御装置は、乗物又は建物に装備されるパッシブエントリーシステム又はタイヤ空気圧異常警報システムなどの制御装置であって、乗物又は建物の開閉部のハンドルに接近する乗物又は建物のユーザの手を特定物体として検知する手段として、本発明の物体検知装置を備え、この物体検知装置の検知出力をシステムの動作(自動解錠動作、或いはさらにタイヤ空気圧異常警報動作)のトリガとして利用するものに好適である。
【図面の簡単な説明】
図1は、本発明の実施の形態に係る制御装置及び物体検知装置の全体構成を示す図である。
図2は、物体検知装置の要部構成を示す図である。
図3は、物体検知装置の動作を説明する図である。
図4は、制御装置の制御内容を示すフローチャートである。
図5は、アンテナの形状及び配置を示す図である。
図6は、アンテナの配置及び検知エリアを説明する図である。
図7は、アンテナの配置及び検知エリアの他の例を説明する図である。
図8は、アンテナの配置の別例を説明する図である。
図9は、アンテナを共用化した場合の構成例を示す図である。
図10は、建物のドア(バー型ハンドル)に適用した形態例を説明する図である。
図11は、建物のドア(ノブ型ハンドル)に適用した形態例を説明する図である。

Claims (25)

  1. 特定物体が特定の速度範囲で接近したことを検知する物体検知装置であって、
    インパルスレーダの探知波送信手段及び反射波受信手段と、
    前記反射波受信手段により受信された信号のうち、前記速度範囲に対応する周波数範囲内にある信号成分の振幅レベルが、前記特定物体の物性に対応した所定範囲内にあると、検知出力をオンにする判定回路部と
    を備えることを特徴とする物体検知装置。
  2. 前記判定回路部は、
    前記反射波受信手段により受信された信号のうち、前記周波数範囲内にある信号成分のみを出力するフィルタと、
    このフィルタの出力の振幅レベルを、前記所定範囲の境界に相当するしきい値と比較し、このしきい値に対して前記振幅レベルが前記所定範囲側にあると、検知出力をオンにするコンパレータと
    を備えることを特徴とする請求の範囲1に記載の物体検知装置。
  3. 前記探知波送信手段の送信クロック生成回路と、前記反射波受信手段の受信クロック生成回路を、別個の発振回路により構成したことを特徴とする請求の範囲1又は2に記載の物体検知装置。
  4. 前記判定回路部の検知出力が短時間で切り替わる動作の頻度が規定の度合いに到達すると、前記判定回路部の検知出力を無効とする禁止モードを設定する処理手段を備えたことを特徴とする請求の範囲1乃至3の何れかに記載の物体検知装置。
  5. 前記処理手段は、前記禁止モードを設定した後に前記判定回路部の検知出力が短時間で切り替わる動作が停止したことを判定すると、或いは、前記禁止モードの設定から規定時間が経過すると、前記禁止モードを解除することを特徴とする請求の範囲4に記載の物体検知装置。
  6. 前記特定物体が人の手であり、前記特定の速度範囲が人の手が動作する速度範囲であることを特徴とする請求の範囲1乃至5の何れかに記載の物体検知装置。
  7. 乗物に搭載され、乗物の開閉部のハンドルに接近するユーザの手を前記特定物体として検知することを特徴とする請求の範囲6に記載の物体検知装置。
  8. 前記探知波送信手段を構成する送信アンテナと、前記反射波受信手段を構成する受信アンテナを、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けたことを特徴とする請求の範囲7に記載の物体検知装置。
  9. 前記探知波送信手段を構成する送信アンテナと前記反射波受信手段を構成する受信アンテナのうち、一方を前記ハンドルの内部又は表面に設け、他方を前記開閉部の内部又は表面に設けたことを特徴とする請求の範囲7に記載の物体検知装置。
  10. 検知エリアが、前記ハンドルの外面位置よりも内側に配置されていることを特徴とする請求の範囲7乃至9の何れかに記載の物体検知装置。
  11. 前記ハンドルを操作しようとして前記ハンドルに接近するユーザの手が、前記ハンドルの裏側に差し込まれる前に前記物体検知装置によって検知されるよう、検知エリアが、前記ハンドルの裏側からユーザの手が差し込まれる側に張り出していることを特徴とする請求の範囲7乃至10の何れかに記載の物体検知装置。
  12. 建物に備えられ、建物の開閉部のハンドルに接近するユーザの手を前記特定物体として検知することを特徴とする請求の範囲6に記載の物体検知装置。
  13. 前記探知波送信手段を構成する送信アンテナと、前記反射波受信手段を構成する受信アンテナを、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けたことを特徴とする請求の範囲12に記載の物体検知装置。
  14. 前記探知波送信手段を構成する送信アンテナと前記反射波受信手段を構成する受信アンテナのうち、一方を前記ハンドルの内部又は表面に設け、他方を前記開閉部の内部又は表面に設けたことを特徴とする請求の範囲12に記載の物体検知装置。
  15. 検知エリアが、前記ハンドルの外面位置よりも内側に配置されていることを特徴とする請求の範囲12乃至14の何れかに記載の物体検知装置。
  16. 前記ハンドルを操作しようとして前記ハンドルに接近するユーザの手が、前記ハンドルの裏側に差し込まれる前に前記物体検知装置によって検知されるよう、検知エリアが、前記ハンドルの裏側からユーザの手が差し込まれる側に張り出していることを特徴とする請求の範囲12乃至15の何れかに記載の物体検知装置。
  17. 乗物の開閉部の施錠状態を制御する制御装置であって、
    請求の範囲7乃至11の何れかに記載の物体検知装置と、
    乗物に搭載され、前記物体検知装置の検知出力がオンになると、ユーザが携帯する携帯機に対する所定のリクエスト信号を無線送信し、このリクエスト信号に対する前記携帯機からの携帯機アンサー信号を受信し、受信した携帯機アンサー信号が適正なものであることを確認した上で、施錠状態にある乗物の開閉部を解錠する制御を実行する本体機とを備え、
    前記本体機は、前記リクエスト信号を無線送信するための本体機送信アンテナと、前記携帯機アンサー信号を受信するための本体機受信アンテナを有することを特徴とする制御装置。
  18. 前記本体機送信アンテナと前記探知波送信手段を構成する送信アンテナ、又は/及び、前記本体機受信アンテナと前記反射波受信手段を構成する受信アンテナが、共通のアンテナよりなることを特徴とする請求の範囲17に記載の制御装置。
  19. 前記本体機送信アンテナ、又は/及び前記本体機受信アンテナが、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けられていることを特徴とする請求の範囲17又は18に記載の制御装置。
  20. 建物の開閉部の施錠状態を制御する制御装置であって、
    請求の範囲12乃至16の何れかに記載の物体検知装置と、
    建物に備えられ、前記物体検知装置の検知出力がオンになると、ユーザが携帯する携帯機に対する所定のリクエスト信号を無線送信し、このリクエスト信号に対する前記携帯機からの携帯機アンサー信号を受信し、受信した携帯機アンサー信号が適正なものであることを確認した上で、施錠状態にある建物の開閉部を解錠する制御を実行する本体機とを備え、
    前記本体機は、前記リクエスト信号を無線送信するための本体機送信アンテナと、前記携帯機アンサー信号を受信するための本体機受信アンテナを有することを特徴とする制御装置。
  21. 前記本体機送信アンテナと前記探知波送信手段を構成する送信アンテナ、又は/及び、前記本体機受信アンテナと前記反射波受信手段を構成する受信アンテナが、共通のアンテナよりなることを特徴とする請求の範囲20に記載の制御装置。
  22. 前記本体機送信アンテナ、又は/及び前記本体機受信アンテナが、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けられていることを特徴とする請求の範囲20又は21に記載の制御装置。
  23. 乗物の開閉部の施錠状態を制御するとともに、乗物に備えられたタイヤの空気圧を監視する制御を実行する制御装置であって、
    請求の範囲7乃至11の何れかに記載の物体検知装置と、
    前記タイヤに設けられ、所定のリクエスト信号を受信することを条件として、タイヤの空気圧計測データを含む空気圧ユニットアンサー信号を無線送信する空気圧ユニットと、
    乗物に搭載され、前記物体検知装置の検知出力がオンになると、車両ユーザが携帯する携帯機に対する所定のリクエスト信号を無線送信し、このリクエスト信号に対する前記携帯機からの携帯機アンサー信号を受信し、受信した携帯機アンサー信号が適正なものであることを確認した上で、施錠状態にある乗物の開閉部を解錠する制御を実行するとともに、前記空気圧ユニットに対するリクエスト信号を無線送信し、このリクエスト信号に対する前記空気圧ユニットアンサー信号を受信し、受信した空気圧ユニットアンサー信号に含まれる空気圧計測データが設定された適正範囲から外れていると、タイヤ空気圧異常の警報を出力する制御を実行する本体機とを備え、
    前記本体機は、前記リクエスト信号を無線送信するための本体機送信アンテナと、前記携帯機アンサー信号又は前記空気圧ユニットアンサー信号を受信するための本体機受信アンテナを有することを特徴とする制御装置。
  24. 前記本体機送信アンテナと前記探知波送信手段を構成する送信アンテナ、又は/及び、前記本体機受信アンテナと前記反射波受信手段を構成する受信アンテナが、共通のアンテナよりなることを特徴とする請求の範囲23に記載の制御装置。
  25. 前記本体機送信アンテナ、又は/及び前記本体機受信アンテナが、前記ハンドルの内部、前記ハンドルの表面、前記開閉部の内部、或いは前記開閉部の表面に設けられていることを特徴とする請求の範囲23又は24に記載の制御装置。
JP2003551381A 2001-12-10 2002-12-06 物体検知装置及び制御装置 Expired - Fee Related JP4300470B2 (ja)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001375668 2001-12-10
JP2001375668 2001-12-10
JP2002349415 2002-12-02
JP2002349415 2002-12-02
PCT/JP2002/012812 WO2003050370A1 (fr) 2001-12-10 2002-12-06 Capteur d'objet et controleur

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPWO2003050370A1 true JPWO2003050370A1 (ja) 2005-04-21
JP4300470B2 JP4300470B2 (ja) 2009-07-22

Family

ID=26624963

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003551381A Expired - Fee Related JP4300470B2 (ja) 2001-12-10 2002-12-06 物体検知装置及び制御装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7283034B2 (ja)
EP (1) EP1473426A4 (ja)
JP (1) JP4300470B2 (ja)
CN (1) CN100476153C (ja)
AU (1) AU2002354437A1 (ja)
WO (1) WO2003050370A1 (ja)

Families Citing this family (54)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8711217B2 (en) 2000-10-24 2014-04-29 Objectvideo, Inc. Video surveillance system employing video primitives
US9892606B2 (en) 2001-11-15 2018-02-13 Avigilon Fortress Corporation Video surveillance system employing video primitives
US8564661B2 (en) 2000-10-24 2013-10-22 Objectvideo, Inc. Video analytic rule detection system and method
US8457401B2 (en) 2001-03-23 2013-06-04 Objectvideo, Inc. Video segmentation using statistical pixel modeling
US7424175B2 (en) 2001-03-23 2008-09-09 Objectvideo, Inc. Video segmentation using statistical pixel modeling
US7325723B2 (en) * 2001-05-14 2008-02-05 Em Microelectronic-Marin Sa System and method for detecting persons or objects in definite areas provided each with at least an entrance
US20040207511A1 (en) * 2003-04-21 2004-10-21 Technology Advancement Group, Inc. System and method for securely activating a mechanism
US7626608B2 (en) * 2003-07-10 2009-12-01 Sony Corporation Object detecting apparatus and method, program and recording medium used therewith, monitoring system and method, information processing apparatus and method, and recording medium and program used therewith
US20080129500A1 (en) * 2003-11-10 2008-06-05 Omron Corporation Processing Device And Object Detection Device
JP4553353B2 (ja) * 2004-07-08 2010-09-29 財団法人電力中央研究所 接近警報装置
FR2895007A1 (fr) * 2005-12-16 2007-06-22 Valeo Securite Habitacle Sas Dispositif de detection et de communication avec un identifiant, equipant un ouvrant d'un vehicule
DE102006035223A1 (de) * 2006-07-26 2008-02-07 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Schließsystem für Fahrzeuge
US20080055040A1 (en) * 2006-08-29 2008-03-06 Honeywell International Inc. Passive disarming transceiver for security systems
JP4947348B2 (ja) * 2006-09-13 2012-06-06 アイシン精機株式会社 車両用ドアハンドル装置
WO2008053274A1 (en) * 2006-10-31 2008-05-08 Renault Trucks Keyless access system and method for a truck and truck equipped with such a system
JP4917458B2 (ja) * 2007-03-15 2012-04-18 オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 移動体用物体検出装置
DE102007040294A1 (de) * 2007-08-24 2009-02-26 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Griffvorrichtung
FR2921958B1 (fr) * 2007-10-03 2011-12-02 Valeo Securite Habitacle Dispositif de detection de presence d'un utilisateur par un vehicule
EP2051098A1 (en) * 2007-10-19 2009-04-22 Ford Global Technologies, LLC A method and system for presence detection
DE102007051493A1 (de) * 2007-10-27 2009-04-30 Rafi Gmbh & Co. Kg Kapazitive Sensorik
JP2010037835A (ja) * 2008-08-06 2010-02-18 Asahi Denso Co Ltd シリンダ錠の保護装置
JP2010216176A (ja) * 2009-03-18 2010-09-30 Aisin Seiki Co Ltd 車両用ドアハンドル装置
SE538207C2 (sv) * 2009-09-23 2016-04-05 Abb Technology Ltd Säkerhetsarrangemang
AT554468T (de) * 2009-09-24 2012-05-15 Skidata Ag Zugangskontrollvorrichtung in kompakter bauweise
WO2011109005A1 (en) * 2010-03-02 2011-09-09 Utc Fire & Security Corporation Seamless authentication system
CN102189905A (zh) * 2010-03-10 2011-09-21 台达电子工业股份有限公司 超高频双向式胎压监测系统及其方法
DE102010056352A1 (de) * 2010-12-29 2012-07-05 Carl Fuhr Gmbh & Co. Kg Schließanlage
CN103392047B (zh) * 2011-03-30 2016-03-09 三菱电机株式会社 进出室管理装置
KR101354231B1 (ko) * 2011-11-14 2014-01-22 현대자동차주식회사 경관 조명을 이용한 탑승자 보호 장치 및 그 방법
JP5638014B2 (ja) * 2012-01-24 2014-12-10 株式会社ホンダロック 車両用ドアの開閉操作装置
US9957737B2 (en) * 2012-06-29 2018-05-01 Ford Global Technologies, Llc Flush-mounted door handle for vehicles
WO2014005651A1 (en) * 2012-07-06 2014-01-09 Bea Sa Access control system for automatic doors
KR101362325B1 (ko) * 2012-07-19 2014-02-13 현대모비스 주식회사 트렁크 자동 열림 제어 장치 및 방법
US8826415B2 (en) 2012-09-04 2014-09-02 Apple Inc. Automated device access
US20150329080A1 (en) * 2012-10-18 2015-11-19 Johnson Controls Automotive Electronics Sas Control transmitter for a motor vehicle and in particular for a device for closing a motor vehicle, and control system particularly for a motor vehicle
DE102013100127A1 (de) * 2013-01-08 2014-07-10 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Passives Zugangssystem für ein Kraftfahrzeug und zugehöriges Verfahren
JP2014201966A (ja) * 2013-04-05 2014-10-27 アイシン精機株式会社 車両用オートドア操作装置
DE102013010993A1 (de) * 2013-07-02 2015-01-08 Brose Fahrzeugteile Gmbh & Co. Kommanditgesellschaft, Hallstadt Objekterfassungsvorrichtung für ein Fahrzeug
DE102013110296A1 (de) * 2013-07-03 2015-01-08 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Erfassungsverfahren für Funktionsbetätigungen an Fahrzeugen
JP2015118062A (ja) * 2013-12-20 2015-06-25 オプテックス株式会社 電池種類判別装置およびこれを備えた電池駆動型の電子機器
JP6427772B2 (ja) * 2013-12-26 2018-11-28 オプテックス株式会社 電池駆動式の防犯用センサ装置
US20150235492A1 (en) * 2014-02-14 2015-08-20 Double Secured, Inc. Triple Password Proximity-Interrogative Smart Fob Switching Of Electrical Device
US9996727B2 (en) * 2014-04-28 2018-06-12 Green Bit S.P.A. Method and device for detecting moving objects such as fingerprints and corresponding computer program product
US20170361662A1 (en) * 2014-12-31 2017-12-21 Bridgestone Americas Tire Operations, Llc Radar wear sensing for tire applications
JP6347762B2 (ja) * 2015-04-15 2018-06-27 オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 車両制御装置
DE102015015067A1 (de) * 2015-11-20 2017-05-24 Audi Ag Kraftfahrzeug mit zumindest einer Radareinheit
US10163282B2 (en) * 2016-03-30 2018-12-25 Intermec, Inc. Systems and methods for authentication
JP6351184B2 (ja) * 2016-06-06 2018-07-04 オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 車載機器制御システム、車載制御装置
DE102017109293A1 (de) * 2017-04-28 2018-10-31 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Verfahren zum Betreiben eines Authentifizierungssystems und Authentifizierungssystem
DE102017110144A1 (de) * 2017-04-28 2018-10-31 Huf Hülsbeck & Fürst Gmbh & Co. Kg Authentifizierungssystem eines Fahrzeugs
EP3396639A1 (de) * 2017-04-28 2018-10-31 HUF Hülsbeck & Fürst GmbH & Co. KG Fahrzeugtürgriff mit antennenanordnung
DE102017223627A1 (de) * 2017-12-21 2019-06-27 Brose Fahrzeugteile Gmbh & Co. Kommanditgesellschaft, Bamberg Verfahren zur Steuerung einer einen Fahrzeugzugang eines Kraftfahrzeugs betreffenden Funktion
US20190225034A1 (en) * 2018-01-22 2019-07-25 Ford Global Technologies, Llc Activation of tire pressure measurement systems
US20190302253A1 (en) * 2018-03-28 2019-10-03 Infineon Technologies Ag System and Method for Controlling Access to a Trunk of a Vehicle Using a Radar Sensor

Family Cites Families (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US576087A (en) 1897-02-02 Thirds to john r
GB1530171A (en) * 1976-01-22 1978-10-25 Nat Res Dev Miniature doppler radar systems and microwave receivers suitable therefor
JP2881494B2 (ja) * 1990-11-21 1999-04-12 綜合警備保障株式会社 ダブルモード超音波警報機
FR2683334B1 (fr) * 1991-11-06 1995-02-17 Alcan France Aluminium Bloc-porte industrialise, integrant un systeme de gestion des entrees et sorties de l'usager et procede pour l'equipement d'un local avec un tel bloc-porte.
JP2942122B2 (ja) * 1993-10-29 1999-08-30 三菱電機エンジニアリング株式会社 自動車用超音波物体検知装置
US5682164A (en) * 1994-09-06 1997-10-28 The Regents Of The University Of California Pulse homodyne field disturbance sensor
US5973611A (en) 1995-03-27 1999-10-26 Ut Automotive Dearborn, Inc. Hands-free remote entry system
DE19516316C2 (de) * 1995-05-04 1998-11-26 Kiekert Ag Sicherheitseinrichtung an einem Kraftfahrzeug, welche lediglich einer zum Öffnen des Kraftfahrzeuges berechtigten Person das Öffnen des Kraftfahrzeuges erlaubt
DE19518396B4 (de) * 1995-05-19 2005-05-12 Geze Gmbh Türantrieb für einen beidseitig begehbaren Drehtürflügel
JPH0960368K1 (ja) * 1995-08-17 1997-03-04
FR2745093B1 (fr) * 1996-02-21 1998-04-24 Legrand Sa Procede et dispositif de detection de presence d'un etre vivant d'espece particuliere dans un espace surveille par un capteur doppler
JPH09284409A (ja) 1996-04-19 1997-10-31 Yazaki Corp 携帯電話端末機
FR2749607B1 (fr) * 1996-06-10 1998-07-24 Valeo Electronique Procede de deverrouillage des portieres et/ou de desactivation d'un dispositif electronique d'immobilisation pour vehicule automobile, et dispositif pour sa mise en oeuvre
JPH11182109A (ja) * 1997-12-25 1999-07-06 Aisin Seiki Co Ltd 物体検知センサおよびそれを用いたドアロック制御装置
EP1071568A1 (en) 1998-04-13 2001-01-31 Ssi Technologies, Inc. Method and apparatus for sensing tire pressure in a vehicle wheel
JP3533966B2 (ja) * 1998-06-18 2004-06-07 トヨタ自動車株式会社 車両制御システム
JP2000132722A (ja) * 1998-10-22 2000-05-12 Nippon Signal Co Ltd:The 入退出管理装置
US6072427A (en) * 1999-04-01 2000-06-06 Mcewan; Thomas E. Precision radar timebase using harmonically related offset oscillators
US6577226B1 (en) * 1999-04-27 2003-06-10 Trw Inc. System and method for automatic vehicle unlock initiated via beam interruption
JP2001212032A (ja) * 2000-02-03 2001-08-07 Omron Corp 便器における利用者検知装置
GB2358836B (en) * 2000-02-03 2002-11-27 Jaguar Cars Motor vehicle grab handle
DE10007500A1 (de) * 2000-02-18 2001-09-06 Bosch Gmbh Robert Kraftfahrzeug-Türschließsystem
JP3387472B2 (ja) * 2000-02-29 2003-03-17 オムロン株式会社 人体検知装置およびそれを備えたベッド
US6825752B2 (en) * 2000-06-13 2004-11-30 Siemens Vdo Automotive Corporation Effortless entry system and method
US6597284B2 (en) * 2000-11-29 2003-07-22 Trw Inc. Vehicle communication for tire sensor initiation and vehicle keyless entry via a shared resource
US6426716B1 (en) * 2001-02-27 2002-07-30 Mcewan Technologies, Llc Modulated pulse doppler sensor

Also Published As

Publication number Publication date
JP4300470B2 (ja) 2009-07-22
US7283034B2 (en) 2007-10-16
AU2002354437A1 (en) 2003-06-23
EP1473426A4 (en) 2006-04-12
WO2003050370A1 (fr) 2003-06-19
CN100476153C (zh) 2009-04-08
US20050083174A1 (en) 2005-04-21
EP1473426A1 (en) 2004-11-03
CN1602381A (zh) 2005-03-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2673329C2 (ru) Система доступа и безопастности транспортного средства (варианты)
US8930045B2 (en) Relay attack prevention for passive entry passive start (PEPS) vehicle security systems
US9514587B2 (en) Vehicle lock controller
US8706350B2 (en) Secondary sensing for intelligent passive entry passive start polling
JP6603655B2 (ja) 車両通信システムでの配置に基づく制限応答モード動作
CN102582537B (zh) 用于智能peps轮询的双向vhf-uhf轮询机构
DE102015109006A1 (de) Wisch- und Antippverifizierung für ein Zugangssystem
JP3533966B2 (ja) 車両制御システム
US6700475B1 (en) Electronic closure system, in particular a vehicle closure system
US7388466B2 (en) Integrated passive entry and remote keyless entry system
DE60009830T2 (de) Mit einem handfreien Zugangs- und/oder Startsystem ausgerüstetes Kraftfahrzeug
US9836905B2 (en) System for causing garage door opener to open garage door and method
KR100406329B1 (ko) 자동차용로킹시스템
US7292137B2 (en) Energy efficient passive entry system
EP0140137B1 (en) Keyless entry system for automotive devices with feature for giving caution for locking wireless code transmitter in vehicle
JP4673234B2 (ja) キーレスエントリー装置
US7106171B1 (en) Keyless command system for vehicles and other applications
DE60015007T2 (de) Vorrichtun zum automatischen Entriegeln eines Fahrzeugs, ausgelöst durch Strahlunterbrechung
CN100585645C (zh) 车载设备控制系统
DE60131149T2 (de) Passives Kommunikationsgerät und passives Zugangskontrollsystem
JP5313701B2 (ja) 車両用ドアハンドル及びロッキングシステム
DE102007037491B4 (de) Funkschlüssel und Tür-Fernsteuersystem
US5499022A (en) Remote control system for locking and unlocking doors and other openings in a passenger space, in particular in a motor vehicle
US9600947B2 (en) Lock system, in particular for a motor vehicle
EP2938521B1 (de) Schliessvorrichtung für ein fahrzeug und verfahren zum betreiben einer schliessvorrichtung

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070622

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070810

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080922

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081106

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20081127

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090326

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090408

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120501

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120501

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120501

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130501

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees