JPS63118820A - メニユ−表示装置 - Google Patents

メニユ−表示装置

Info

Publication number
JPS63118820A
JPS63118820A JP61262810A JP26281086A JPS63118820A JP S63118820 A JPS63118820 A JP S63118820A JP 61262810 A JP61262810 A JP 61262810A JP 26281086 A JP26281086 A JP 26281086A JP S63118820 A JPS63118820 A JP S63118820A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
menu
display
display object
processing
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP61262810A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH087656B2 (ja
Inventor
Takanori Yokoyama
孝典 横山
Shinya Tanifuji
真也 谷藤
Masayuki Tani
正之 谷
Kunio Nakanishi
邦夫 中西
Atsushi Kawabata
敦 川端
Norito Watanabe
範人 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Ltd
Original Assignee
Hitachi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP61262810A priority Critical patent/JPH087656B2/ja
Publication of JPS63118820A publication Critical patent/JPS63118820A/ja
Publication of JPH087656B2 publication Critical patent/JPH087656B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Input From Keyboards Or The Like (AREA)
  • Digital Computer Display Output (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は処理項目を示すメニューを使用して対話的に処
理を行う情報処理装置におけるメニュー表示装置に係り
、特に処理対象に応じて最適なメニューを表示するに好
適なメニュー表示装置に関する。
〔従来の技術〕
従来のメニューを使用する情報処理装置では、一定の限
られた処理を行う1つの処理モードにおいては処理項目
を示すメニューの項目が一定のものが多かった。このた
め処理対象等により実行可能な処理が異なる場合には全
ての処理項目を表示していたので、処理対象の実行不可
能な処理を示すメニューの項目を誤って選択してしまう
場合があった。
また例えば「スモールトーク−80、対話的プログラミ
ング環境」アデイソン・ウニスリー(1984年)  
(“Sma]、1talk −80、The  Int
aractivaPrograming  Envir
onment”  Addison−Vasley(1
984))に記載されているように、表示画面を複数の
領域に分割し、各領域ごとに異なる処理を行えるように
して、その領域ごとに異なる項目のメニューを定義する
ことにより、最適なメニューを表示する方法があった。
〔発明が解決しようとする問題点〕
上記従来技術は表示画面の複数の領域ごとに異なる処理
を行えるようにした装置でも、各領域ごとに同時に異な
った処理モードを設定しているにすぎず、同一領域内に
性質の異なる複数の表示物が混在している場合について
は考慮されていない。
このため当該領域内では同一処理モードとして全表示物
について同一のメニューを使用せざるをえなかった。こ
のため依然として上記のメニューの項目の選択誤りをお
かす問題があった。
本発明の目的はワークステーションやワードプロセッサ
やグラフィックプロセッサ等のメニューを使用して対話
的に処理をすすめる情報処理装置において、同一処理モ
ードであっても各表示物に応じて異なるメニュー項目を
定義して表示することの可能なメニュー表示方法を提供
するにある。
〔問題点を解決するための手段〕
上記目的は、処理項目を示すメニューを使用して図形、
文字等のパターンの表示物に関連する処理を行う情報処
理装置において、上記処理に関連する表示物を指定する
表示物指定手段と、各表示物と該表示物に対応する処理
項目を示すメニューとの対応関係を記憶する表示物メニ
ュー対応関係記憶手段と、上記表示物に対応するメニュ
ーを記憶するメニュー記憶手段と、上記メニューを表示
するメニュー表示手段とを有し、上記手段により指定さ
れた表示物に対応する処理項目を示すメニューを表示す
るようにしたメニュー表示装置により達成される。
〔作用〕
上記メニュー表示装置では、上記表示物指定手段により
当該処理に関連する表示物を指定すると、上記表示物メ
ニュー対応関係記憶手段より該表示物に対応して定義さ
れた処理項目を示すメニューを求め、その該当するメニ
ューを上記メニュー記憶手段より読み出して上記メニュ
ー表示手段により表示することにより、同一処理モード
内においても指定された表示物ごとに対応する処理項目
を示すメニューを表示可能とする。
〔実施例〕
以下に本発明の実施例を第1図ないし第9図により説明
する。
第1図は本発明によるメニュー表示装置の第1の実施例
を示すボタン付きマウスを使用して表示されている図形
(表示物)をJi1#4する図形編集装置のブロック図
である0本編実装置は単一処理モード下で動作する0図
中の1はボタン付きマウス(座標入力手段)、2は入力
監視部、3は図形指定部(表示物指定手段)、4はメニ
ュー表示部(メニュー表示手段)、5は図形データ記憶
部(表示物データおよび表示物メニュー対応関係記憶手
段)、6はメニューデータ記憶部(表示物対応メニュー
記憶手段)、7はCRT、8は処理判定部、9は編集処
理部、10は図形表示部(表示物表示手段)である。
第2図は第1図のCRT7の表示画面を例示する説明図
である0図中の20は表示画面、21は図形を表示する
図形領域(表示物領域)、22はメニューを表示するメ
ニュー領域(表示物対応メニュー表示領域)、25は処
理項目を示すメニュー、26はカーソルである。
第1図および第2図により第1の実施例の構成の概要を
説明する0本実施例ではボタン付きマウス1を使用して
座標を指定しそのボタンをクリック(ボタンを1回押し
て離す動作)することによリ、CRT7の表示画面20
の図形領域21に表示されている矩形23や円24など
の図形の指定やメニュー領域22に表示されたメニュー
25の項目の選択を行う。このさいマウス1により指定
された座標はカーソル26により画面上に示される。こ
こで編集作業はまず図形領域21内に表示されている図
形たとえば円24にカーソル26を近づけマウス1のボ
タンをクリックすることにより編集対象図形を指定した
のち、メニュー領域22内に表示された編集対象図形対
応のメニュー25の編集処理を示す項目にカーソル26
を移動してマウス1のボタンをクリックすることにより
行う。
ついで第1の実施例の動作の概要を説明する。
まずマウス(座標入力手段)1により指定された座標お
よびマウス1のボタンの状態を示すデータaは入力監視
部2に送られる。この入力監視部2はデータaによりマ
ウス1のボタンがクリックされたかどうかを監視し、ク
リックされたときの座標が図形領域21内であればその
座標データbを図形指定部3に出力し、またメニュー領
域22内であればその座標データgを処理判定部8に出
力する。つぎに図形指定部(表示物指定手段)3は入力
した座標データbと図形データ記憶部(表示物データお
よび表示物メニュー対応関係記憶手段)5に記憶されて
いる表示図形データ0を比較して、座標すに最も近い図
形を指定図形として決定したのち、表示図形データCは
図形(表示物)の座標情報等とともに該図形に対応する
メニューのメニュー番号を表示物メニュー対応関係情報
として含んでいるので、最後に図形指定部3は決定した
指定図形に対応するメニュー番号dをメニュー表示部(
メニュー表示手段)4に出力する。なお図形指定部3の
動作の詳細は後述する。メニュー表示部4はメニュー番
号dを入力すると、メニューデータ記憶部(表示物対応
メニュー記憶手段)6に記憶されているメニューデータ
のうちのメニュー番号dに対応するメニューデータθを
読み出し、メニュー表示データfに変換したのちCRT
7に出力して表示画面20のメニュー領域22にメニユ
ー25などを表示する。このメニューデータeは項目番
号と項目名と項目選択時に実行すべき手続き名を含んで
いる(第5図参照)、なおメニュー表示部4の動作の詳
細は後述する。上記の処理により指定図形(表示物)に
対応するメニューを決定して表示することが可能となり
、本発明によるメニュー表示方法の主要な処理内容をな
す。
つぎにメニュー領域22内に表示された指定図形対応の
メニュー25などの編集処理を示す項目にカーソル26
を移動してマウス1のボタンをクリックすることにより
、指定図形に対する編集処理を指定する。このときマウ
ス1のデータaにより入力監視部2からえられた座標デ
ータgは処理判定部8に出力される。すると座標データ
gを入力した処理判定部8は座標データgからメニュー
25などの該当項目番号を計算したのち、メニューデー
タ記憶部6から該当メニューデータh(θ)を読み出し
て項目番号を比較することにより、該当項目番号と一致
した項目番号からどのメニュー項目(名)が選択された
かを判定して、該メニュー項目に対応する処理を行う手
続き名iを編集処理部9に出力する。なお処理判定部8
の動作の詳細は後述する。つぎの編集処理部9に入力し
た手続き名iの手続きを呼び出し、図形データ記憶部5
に記憶されている該当図形データjに対して実際に編集
処理を行い、編集処理結果には図形表示部10に送られ
、図形表示データ2に変換されたのちCRT7に送られ
表示される。
第3図は第1図の図形データ記憶部5に記憶される図形
データ構造を例示する説明図である。図中の30は矩形
、31は矩形30のデータ、32は円、33は円32の
データである。同図の矩形30のデータ31には矩形3
0の左上点(Xz、Yz)のX座標X1およびY座標Y
1と右下点(X21Y2)のX座標X2およびY座標Y
2の値のほか、矩形30に対応するメニューのメニュー
番号(1)が格納されている。また円32のデータ33
には円32の中心(x、y)のX座標XおよびY座標Y
および半径Rの値の特徴情報のほか、円32に対応する
メニューのメニュー番号(2)が格納されている、この
ように図形データには図形の形状寸法(特徴情報)を示
すための座標データとともに該図形に対応するメニュー
のメニュー番号も格納する。
第4図は第1図の図形指定部3の処理の流れを例示する
流れ図である。つぎに第3図および第4図により図形指
定部3の動作の詳細を説明する。
まずマウス1のボタンによりクリックされた座標すを入
力監視部2から入力しく処理401)、ついでクリック
座sbと指定図形の上限距離を変数りに代入する。ここ
で上限距離はクリック座標と図形との距離が大きすぎる
時には該図形指定とみなさないための上限を示す(処理
402)、そして変数工をOとする(処理403)、つ
ぎに変数工の値に1を加え(処理404)、1番目の図
形データCを図形データ記憶部5から読み込み(処理4
05)、図形データCの特徴点座標や円の半径等の座標
データの値とクリック座wbからクリック座標すと該図
形Cとの最短距離を算出して変数L1に代入する(処理
407)。つぎに変数L1と変数りの値を比較しく処理
407) 、 Ll<Lが成立するならば改めて変数り
の値を変数LAの値としく処理408)、該図形データ
Cのなかのメニュー番号の値を変数Mに代入する(処理
40G ) 。
またL 1<L が成立しない場合には処理408゜4
09は行わない、ついで変数1が全表示図形数と一致す
るかどうかを調べ(処理410)、一致しなければ処理
404に戻って上記の処理を繰り返す、また変数工が全
表示図形数と一致するならば上記の処理を全表示図形C
について行ったことになり、最後に変数Mの値すなわち
クリック座標すとの距離が最小の図形に対応する図形デ
ータのなかのメニュー番号dをメニュー表示部4に出力
して処理を終了する。
第5図は第1図のメニューデータ記憶部6に記憶される
メニューデータ構造を例示する説明図である0図中の5
1はメニュー番号1のメニューデータ、52はメニュー
番号2のメニューデータである。同図のメニューデータ
51.52は各項目番号に対応する項目名と手続き名を
指定していて。
その項目名はメニュー表示のさいに表示する項目名を示
し、たとえばメニューデータ52はメニュー25(第2
図)のような形式で表示される。また、手続き名はメニ
ュー項目が選択されたときにどの手続きを呼び出して編
集処理を行うかを示す。
第6図は第1図のメニュー表示部4の処理の流れを例示
する流れ図である。つぎに第5図および第6図によりメ
ニュー表示部4の動作の詳細を説明する。まず図形指定
部3によりえられた指定図形対応のメニュー番号dを入
力しく処理601)。
該メニュー番号dのメニューデータeをメニューデータ
記憶部6から読み込み(処理602)、そのメニューデ
ータθのなかの表示すべき項目名をつる(処理603)
、ここで表示画面20上のメニュー領域22には項目番
号によって項目名の表示位置が決められていて、これに
従ってメニューの項目名を表示し、たとえばメニュー番
号2のメニューデータ52はメニュー25(第2図)の
ように表示される(処理604)。
第7図は第1図の処理判定部8の処理の流れを例示する
流れ図である。つぎに第5図および第7図により処理判
定部8の動作の詳細を説明する。
まずメニュー項目選択のためのマウス1のクリック座標
gを入力監視部2から入力しく処理701)、ここで上
記のようにメニュー項目の表示位置は項目番号ごとに決
められていて、従って選択されたメニューの項目番号は
クリック座標gから一義的に算出される(処理702)
、ついで表示されているメニューのメニューデータh 
(e)をメニューデータ記憶部6から読み込み(処47
03)。
このメニューデータhには項目番号に対応して実行すべ
き手続き名が格納されているから(第5図)。
このメニューデータhから上記選択されたメニュー項目
に対応する手続き名iを求め、たとえばメニュー番号2
のメニューにおいて項目番号1が選択されたならば実行
すべき手続き名は[)ELETEとなる(処理704)
、つぎに求められた手続き名iを編集処理部9に出力す
る(処理705)。これに従って編集処理部9は編集処
理を実行する。
本実施例によれば、従来の全図形(表示物)に対し同一
のメニューを用いた図形編集装置のメニュー表示方法と
比較して、従来の同一メニューでは全ての編集処理項目
名を表示しておくため図形によっては無意味あるいは実
行不可能な編集処理項目を誤って選択し、たとえば円に
対して無意味な回転処理を誤って選択することがあった
のに対し、本実施例のメニュー表示方法では指定図形に
対し最適の実行可能な処理項目のみを示すメニューを表
示できるため、メニュー項目の選択誤りがなくなって編
集作業効率が向上するなどの効果がある。
つぎに本発明によるメニュー表示装置の第2の実施例に
ついて説明する。本実施例では、上記第1の実施例の表
示物(図形)メニュー対応関係記憶手段として図形デー
タ記憶部5に記憶される図形データの属性として座標情
報等の特徴情報とともに該図形に対応するメニューのメ
ニュー番号を格納しているのに対し、本実施例の表示物
(図形)メニュー対応関係記憶手段として表示物(図形
)の種類とそれに対応するメニューとの対応表を記憶し
ておく、これにより第1の実施例で・は図形データによ
り対応するメニューを指定しているのに対し、本実施例
では指定図形に対応するメニューは上記の図形の種類と
メニューとの対応表を用いて、該対応表と指定図形の種
類から決めることができる。
本実施例によれば、図形データ生成時に図形データのな
かに第1の実施例のようにメニュー番号を格納する必要
がなく、図形の種類ごとにメニューを対応させる対応表
を使用するので同一種類の複数の図形が対応表の1つの
メニューを用いるため記憶領域が小さくてよいうえ、ま
たメニューを修正するさいにある図形の種類に属する全
ての図形に関して対応する1つのメニューを書き換えて
修正すればよく、個々の図形ごとにメニューを修正する
必要もなくなるなどの効果がある。
第8図(a)、(b)は本発明によるメニュー表示装置
の第3の実施例を示すそれぞれ通常時、メニュー表示時
の表示画面の説明図である6図中の80は表示画面、8
1は矩形、82は円、83はカーソル、84はメニュー
である6本実施例では、上記第1の実施例の表示画面2
0が図形領域21とメニュー領域22とに分割されてい
て図形領域21内で図形を指定してメニュー領域22内
に対応するメニュー25などを表示するのに対し、本実
施例の表示画面80は領域分割をしないで通常には第8
図(a)のように矩形81および円82などの図形のみ
を表示しておき、図形指定時にマウス1のクリックによ
りカーソル83がたとえば円82を指示すると、第8図
(b)のように指定図形の円82の近傍に対応するメニ
ュー84を表示し、該メニュー項目の選択後にメニュー
84を消去する。
本実施例の動作の詳細については基本部分は第1の実施
例と同様であるから、異なる動作部分をつぎに説明する
。まず通常には第8図(a)のように表示画面80に図
形が表示されていて、第1の実施例と同様に処理対象の
図形付近のカーソル83の位置でマウス1をクリックし
て図形指定部3の動作(第4図)により指定図形に対応
するメニュー番号dが出力されると、メニュー表示部4
の動作(第6図)のメニュー表示処理(処理604)に
おいて第8図(b)に示すようにカーソル83の位置が
メニュー84の右下端となるように項目番号に対する項
目名の表示位置を算出して表示画面80上にメニュー8
4を表示する。なお入力監視部2は上記第1の実施例で
はマウス1のクリック座標が表示画面20の図形領域2
1内であれば図形指定部3へ座標データbを出力してメ
ニュー領域22内であれば処理判定部8へ座標データg
を出力するが、本実施例で表示画面80に通常の図形の
みが表示されている場合には図形指定部3へ座標データ
bを出力してメニュー84が表示されている場合には処
理判定部8へ座標データgを出力するように動作する。
つぎに第1図の実施例と同様にマウス1をクリックする
ことによりメニュー84の項目が選択されると、処理判
定部8の動作(第7図)の項目番号算出処理(処理70
2)においてクリック座標gがメニュー84の表示位置
のどの項目内に含まれるかにより項目番号を決定し、つ
いで手続き名iを求めたのち(処理7o4)、第1の実
施例と異なり表示されているメニュー84を消去して第
8図(a)の元の表示画面に戻してから手続き名iを編
集処理部9へ出方する(処理705)。
本実施例によれば、表示画面にメニュー領域を設けるこ
となく動的にメニューを表示することができるので1表
示画面を有効に使用できる効果がある。
第9図は本発明によるメニュー表示装置の第4の実施例
を示す画面上の表示物を使用して対話的に処理を行う計
算機の周辺機器制御装置の表示画面の説明図である0図
中の90は表示画面、91は表示物のCRT画面、92
は磁気記憶装置、93はプリンタ、94はネットワーク
、95はCRT画面メニュー、96は磁気記憶装置メニ
ュー、97はプリンタメニュー、98はネットワークメ
ニューである。
本実施例では、上記第1の実施例などが図形編集装置の
メニュー表示方法であって表示物(図形)自体が処理対
象であるのに対し、処理対象が別にあって表示物は処理
対象を暗示するものであってもよく、その場合にメニュ
ーは表示物によって変えるがメニュー選択により指定さ
れた処理は表示物によって暗示された処理対象に対して
行なうことができる。いま表示画面90上には計算機の
周辺装置を暗示する表示物として、CRT画面を意味す
る表示物のCRT画面91と、磁気記憶装置を意味する
表示物の磁気記憶装置92と、同様の表示物のプリンタ
93と、ネットワーク94などが表示されている。つい
でこれらの表示物の1つを指定すると、上記第1の実施
例などと同様の方法により表示物に対応するメニューが
表示され。
たとえば表示物のCRT画面91を指定した場合には対
応するCRT画面メニュー95が表示され、磁気記憶装
置92を指定した場合には磁気記憶装置メニュー96が
表示され、同様にプリンタ93を指定した場合にはプリ
ンタメニュー97が表示され、ネットワーク94を指定
した場合にはネットワークメニュー98が表示される。
つぎに表示物の指定後に実行したい処理を示すメニュー
項目を選択すると、メニューが消えて選択した項目の処
理が実行される。
本実施例によれば、計算機の周辺装置を模した表示物を
指定したのち該周辺装置に関する処理を示すメニュー項
目を選択する手順で実行すべき処理を指定するので、処
理を実行させるコマンド名を憶える必要がないと同時に
誤った操作を行わずに済むなどの効果がある。
〔発明の効果〕
本発明によれば、同一処理モード内においても表示物を
指定すると該表示物に関連する処理項目のみを示すメニ
ューを表示できるので、実行不可能な処理を選択するな
どのメニューの選択誤りをおかすことなく処理が行える
うえ、表示物に対応して表示されるメニュー項目が最適
なものとなるので、メニュー項目の選択時間が短縮され
て効率よく処理をすすめることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明によるメニュー表示装置の第1の実施例
を示すブロック図、第2図は第1図の表示画面の説明図
、第3図は第1図の図形データ構造の説明図、第4図は
第1図の図形指定部の流れ図、第5図は第1図のメニュ
ーデータ構造の説明図、第6図は第1図のメニュー表示
部の流れ図、第7図は第1図の処理判定部の流れ図、第
8図(a)、(b)は本発明によるメニュー表示装置の
第3の実施例を示す表示画面の説明図、第9図は本発明
によるメニュー表示装置の第4の実施例を示す表示画面
の説明図である。 1・・・マウス(座標入力手段)、2・・・入力監視部
、3・・・図形指定部(表示物指定手段)、4・・・メ
ニュー表示部(メニュー表示手段)、5・・・図形デー
タ記憶部(表示物データおよび表示物メニュー対応関係
記憶手段)、6・・・メニューデータ記憶部(表示物対
応メニュー記憶手段)、7・・・CRT、8・・・処理
判定部、9・・・編集処理部、1o・・・図形表示部。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、処理項目を示すメニューを使用して表示物に関連す
    る処理を行う情報処理装置において、上記処理に関連す
    る表示物を指定する表示物指定手段と、上記表示物と該
    表示物に対応する処理項目を示すメニューとの対応関係
    を記憶する表示物メニュー対応関係記憶手段と、上記表
    示物に対応する処理項目を示すメニューを記憶するメニ
    ュー記憶手段と、上記メニューを表示するメニュー表示
    手段とを有し、上記表示物指定手段により指定された表
    示物に対応する処理項目を示すメニューを上記表示物メ
    ニュー対応関係記憶手段により求め、その該当するメニ
    ューを上記メニュー記憶手段から読み出して上記メニュ
    ー表示手段により表示することを特徴とするメニュー表
    示装置。 2、上記表示物は図形であることを特徴とする特許請求
    の範囲第1項記載のメニュー表示装置。 3、上記表示物メニュー対応関係記憶手段は上記表示物
    の属性として座標情報等の特徴情報とともに該表示物に
    対応するメニューのメニュー番号を記憶することを特徴
    とする特許請求の範囲第1項記載のメニュー表示装置。 4、上記表示物メニュー対応関係記憶手段は上記表示物
    の種類と該表示物の種類に対応するメニューとの対応表
    を記憶することを特徴とする特許請求の範囲第1項記載
    のメニュー表示装置。
JP61262810A 1986-11-06 1986-11-06 メニユ−表示装置 Expired - Lifetime JPH087656B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61262810A JPH087656B2 (ja) 1986-11-06 1986-11-06 メニユ−表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61262810A JPH087656B2 (ja) 1986-11-06 1986-11-06 メニユ−表示装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63118820A true JPS63118820A (ja) 1988-05-23
JPH087656B2 JPH087656B2 (ja) 1996-01-29

Family

ID=17380925

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61262810A Expired - Lifetime JPH087656B2 (ja) 1986-11-06 1986-11-06 メニユ−表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH087656B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08255066A (ja) * 1994-12-13 1996-10-01 Microsoft Corp スタート・メニュー付タスクバー
JP2002163682A (ja) * 2000-10-06 2002-06-07 Dassault Systemes フリーフォームモデリングの方法およびシステム
JP2008171441A (ja) * 2008-02-08 2008-07-24 Yamaha Corp 管理プログラムおよび情報処理装置
JP2008226244A (ja) * 1993-07-21 2008-09-25 Keiji Kitagawa 情報の表示方法、情報表示装置、及びコンピュータ読取可能な記録媒体
JP4930891B1 (ja) * 2011-02-07 2012-05-16 欣和 辻永 入力支援方法
JP2015014861A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 ティアック株式会社 編集処理装置及び編集処理プログラム

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008226244A (ja) * 1993-07-21 2008-09-25 Keiji Kitagawa 情報の表示方法、情報表示装置、及びコンピュータ読取可能な記録媒体
JPH08255066A (ja) * 1994-12-13 1996-10-01 Microsoft Corp スタート・メニュー付タスクバー
JP2002163682A (ja) * 2000-10-06 2002-06-07 Dassault Systemes フリーフォームモデリングの方法およびシステム
JP2008171441A (ja) * 2008-02-08 2008-07-24 Yamaha Corp 管理プログラムおよび情報処理装置
JP4930891B1 (ja) * 2011-02-07 2012-05-16 欣和 辻永 入力支援方法
WO2012108239A1 (ja) * 2011-02-07 2012-08-16 TSUJIEI Yoshikazu 入力支援方法
JP2015014861A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 ティアック株式会社 編集処理装置及び編集処理プログラム
US10019134B2 (en) 2013-07-04 2018-07-10 Teac Corporation Edit processing apparatus and storage medium

Also Published As

Publication number Publication date
JPH087656B2 (ja) 1996-01-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5555357A (en) Computer system and method for generating and manipulating charts and diagrams
JP3441309B2 (ja) 図的プログラミングにおける機能オブジェクトの表示方法
JPH05210722A (ja) グラフィックス・ディスプレイ・ツール
JPS63223804A (ja) 自動プログラミングシステム
JPS59123008A (ja) パ−トプログラム作成方法
JP3186241B2 (ja) 図形編集装置
US5815150A (en) Display apparatus
JPH09190551A (ja) 3次元形状の作図方法
JPS63118820A (ja) メニユ−表示装置
JPH01163803A (ja) 組合せ形状定義方式
JP3008257B2 (ja) コマンド指定装置
JPH0411886B2 (ja)
JP2001195432A (ja) Cadシステム
JP2920479B2 (ja) 図形サーチ装置
JPS63256987A (ja) カ−ソル表示方式
JP3158526B2 (ja) 機能指示方法および情報処理装置
JPH05189504A (ja) Cadシステムにおける図形表示方式
JPS63292306A (ja) Nc指令情報作成装置
JPH0822490A (ja) レイヤー選択方法及びレイヤー属性編集方法
JPH01129363A (ja) 画像処理方法
JPH0319019A (ja) メニュー表示方式
JP2000207087A (ja) 表示図形選択方法
JPH024023A (ja) ユーザ・インタフエイス管理装置
JPH11338682A (ja) プログラム作成支援装置及びプログラム作成支援方法
JPH05174119A (ja) グラフィック・プログラム作成システム