JPS62191082A - 分級器 - Google Patents

分級器

Info

Publication number
JPS62191082A
JPS62191082A JP3124486A JP3124486A JPS62191082A JP S62191082 A JPS62191082 A JP S62191082A JP 3124486 A JP3124486 A JP 3124486A JP 3124486 A JP3124486 A JP 3124486A JP S62191082 A JPS62191082 A JP S62191082A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
powder
particle size
casing
vertical mill
rotor blade
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3124486A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH058075B2 (ja
Inventor
勲 橋本
木下 統右
正博 内田
進 内山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawasaki Heavy Industries Ltd filed Critical Kawasaki Heavy Industries Ltd
Priority to JP3124486A priority Critical patent/JPS62191082A/ja
Publication of JPS62191082A publication Critical patent/JPS62191082A/ja
Publication of JPH058075B2 publication Critical patent/JPH058075B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Combined Means For Separation Of Solids (AREA)
  • Crushing And Grinding (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 産業上の利用分野 本発明は、たとえばセメントなどの粉粒体をその粒径に
基づいて分級し、所望の粉末度(cm2/ g)および
粒度分布を得るようにした分級器に関する。
従来技術 第8図は従来技術のスタテックタイプの竪型ミル1の簡
略化した断面図である。竪型ミル1のケーシング1a内
には鉛直回転軸線を有し、テーブルライナ2aを有する
テーブル2が配置されており、駆動手段3によって回転
部r5hされる。テーブル2a上には、その周方向に間
隔をあけて複数のローラ4が配置される。ローラ4はア
ーム5に枢軸6を介して角変位可能に結合され、アーム
5の一端はケーシング1aの外部に延びた加圧手段7と
連結される。この加圧手段7によってローラ4はテーブ
ルライナ2aに圧aされる。
前記テーブル2上には、ケーシング1a内に粉砕される
原料を供給する供給シュート8が開口して設けられる。
またテーブル2のさらに上方には分級器9が設けられる
0分級器9は逆円錐台形状のコーン10と、コーン10
の上端部に周方向に沿って多数配設された衝突羽根11
とを含む。竪型ミル1の天井板12には、ローラ4とテ
ーブルライナ 2aとの開で原料が粉砕されて得られた
粉粒体を、ケーシング1aの外部に取出すための排出ダ
クト13が設けられる。またケーシング1aのテーブル
2よりも下方には、粉粒体をケーシング1a内において
吹きあげ上昇させるための気体を、77:ル16から噴
出させる送風口14が設けられる。
上述のような構成を有する竪型ミル1において、供給シ
ュート8から供給される原料はテーブル2上に落下し、
テーブルライナ2aとローラ4との間で粉砕される。こ
のように粉砕された後、粉粒体は送風口14からの気体
によってケーシング1a内を上昇し、コーン10と天井
板12との間の案内孔15から、コーン10内に入るに
のとき衝突羽根11は、コーン10内で気体および粉粒
体が旋回するように配置されており、その遠心力によっ
て予め定められる粒径以上の粉粒体は、コーン10の内
周面付近に移動し、下方に落下して再びテーブル2上に
戻される。このように戻された粉粒体は供給シュート8
からの原料とfff、合されて、テーブルライナ2aと
ローラ4との間で再び粉砕される。また残余の粉粒体は
、前記仙出ダクト13がらケーシング1aの外部に排出
される。
このようにして粉砕を行なう竪型ミル1においては構成
は比較的簡単であるけれども排出ダクト13から得られ
る粉粒体に関して、任意の粒度分布を有するようにでき
ない。すなわち排出ダクト13から得られる粉粒体は、
衝突羽根11のコーン10の半径方向と成す角度の調整
により、粉末度(cm’/g)はある程度g %可能で
あるけれども、粗粒が排出されやすく、また−粉末度に
おいて任意の粒度分布の粉粒体を得ることがで外ない。
第9図は他の従来技術のいわゆる回転翼形式の竪型ミル
20の簡略化した断面図であり、tjS10図は竪型ミ
ル20の分級機能を説明するためのロージン・ラムラ線
図である。本従米技術は第8図示の従来技術の竪型ミル
1と類似し、対応する部分には同一の参照符を付す。本
従未技術の竪型ミル20においては、分級器9を構成す
るに、第8図示の竪型ミル1におけるコーン10および
衝突羽根11に代元て、ケーシング1aの上方に周方向
に複数の回転翼21を設けたことが特徴である。
この回転翼21は、下端部を支持部材22に共通に固定
されており、支持部材22は駆動手段23によって回転
駆動される回転軸24に固定される。
上述のような構成を有する竪型ミル20においては、供
給シュート8から供給された原料は第8図を参照した説
明と同様な経過を経て、ケーシング 1a内を上昇する
。このとき気体および粉粒体は送風口14からの気体と
ともに、回転駆動されている複数の回転翼21間の間隙
を通り抜けようとするけれども、回転駆動されている回
転翼21に衝突するなどして、粉粒体は粒径に対応した
遠心力を与えられ、予め定められる粒径よりも大きな粉
粒体は大トな遠心力を与えられて、ケーシング1aの下
方に落下する。一方、残余の粉粒体は複数の回転翼21
間の間隙を通り抜けて、排出ダクト13からケーシング
1aの外部に排出される。
以上のよ)な構成を有する竪型ミル20にす;いては、
回転翼21の回転速度を変化させることによって、排出
ダクト13から得られる粉粒体の粉末度を変化させるこ
とができる。回転翼21がある一定速度で回転している
とさ、排出ダクト13から得られる粉粒体の粉末度およ
び粒度分布は第10図のライン!1で示されるものと想
定する。
次に回転翼21の回転速度を低下させた場合を想定する
と、排出ダクト13から得られる粉粒体の粒径のMIt
成は、たとえば第10図のロージン・ラムラ線図に示さ
れるライン12の態様となる。このとき第10図のライ
ン、/1..52が横軸と成す角度をそれぞれθ1.θ
2とすると、これらから得られる正接の値すなわち夏1
値nl、n2は下式で示される。
n 1 = tanθ1           −(1
)n2=tanθ2           −(2)こ
のとき本従米技術における竪型ミル20では、前記n値
nl、n2はほぼ等しくなることが知られている。
すなわち回転翼21の回転速度を変えることによって、
予め定める任意の粉末度(cu+”/s)を得るように
することかでさるけれども、各粉末度において任意の粒
度構成を有する粉粒体を得ることができない。
竪型ミル20を用いてたとえばセメントを粉砕する場合
について説明すると、排出ダクト13から得られるセメ
ントに水を加えて使用する際の強度発現性およびそれに
伴なうコスYの面から、前記の11値したがって第10
図で示される粉粒体の粒度構成は比較的広範囲の粒径か
らなることが望まれる。一方、竪型ミル20においては
、原料などの粉砕時間が短いため、前述したよ)に原料
を粉砕して得られた粉粒体のケーシング1a内における
循環して繰返し粉砕される部分の割合が高くなり、した
がって前記11値が大きくなってしまうという問題、す
なわち排出ダクト13から得られる粉粒体の粒径の構成
が極めて狭くなってしまうという問題があった。
第11図はさらに他の従来技術の回転翼形式の竪型ミル
30の簡略化した断面図である。竪型ミル30は前述の
従来技術と類似し、対応する部分には同一の参照符を付
す。本υを本技術の竪型ミル30は、ケーシング1a内
に分級器9として第8図に示すコーン10および衝突羽
Mi11ならびに第9図示の回転翼21を併せて設けた
構成である。
ローラ4によって粉砕された粉幻体は、衝突羽根11、
回転翼21t;よびコーン1oによる前述したような分
級動作が組みあわされた分級動作を受ける。
このような構成を有する竪型ミル3oにおいても、ff
19図示の竪型ミル20に関連して指摘した間に点と同
様な問題点を有している。すなわち排出ダクト13がら
得られる粉粒体のわ度構成の幅が比較的狭く、得られる
粉粒体の粒径の分布の中心値は回転翼21の回転数を変
化することによって変化しても、この粉粒体の粒径の分
布の幅は変化せず、したがって任意の幅の粒度分布を得
ることがで鯵ない。
ttSl、2図は上述の問題1代を解決するため粒度分
布を広げるために本件出願人が先に出願した く特願昭
59−172291号)竪型ミル31の断面図である。
本技術において第9図示の従来技術に対応する部分には
、同一の参照符を付す。本技術では、回転翼21の上端
部は固定環材32に共通に固定される。このとき固定環
材32と天井@12との間には、所定の間隙33が形r
&すれている。
一方、天井板12から垂下し、回転翼21の上部を外囲
する環状の衝突部材34が、前記間隙33を塞ぐように
設けられる。この衝突部材34の形状は第13図に示さ
れる。
!¥!13図は衝突部材34の斜視図である。第12図
および第13図を参照、して、衝突部材34について説
明する。衝突部材34は略円筒状であって、回転翼21
を外囲し上記間隙33より艮い円筒部35と、天井Fi
12に固定される7ランノ部3Gとを含む。7ランノ部
36には複数の挿通孔37が形成され、この挿通孔37
を介して衝突部材34が天井#、12にボルト(図示せ
ず)などで固定される。また円筒部分35には開口部3
8が形成される。
したがって、ケーシング1a内を下方から吹きあげられ
た気体および粉粒体は、開口g38および間Fjt33
を介して回転翼21の半径方向内方の空間部39に移動
する。すなわち開口部38を通過する粉粒体は、回転翼
21による分級作用を受けていないので、比較的粒径が
大きな粉粒体を含んでいる。このような粉粒体と、回転
翼21によって分級され空間部39に移動した粉粒体と
は混合され、排出ダクト13からケーシング1a外に排
出される。ここで回転翼21によって分級されたのち、
空間部39に移動した粉粒体の粒度分布は、たとえば第
14図のライン11で示される。
また開口部38を経て、空間部3つに移動した粉粒体の
粒度分布はラインノ3で示される。ライン!3の正接値
1)3 n3=tanθ3          −(3)は、上
述したようなその粒度構成がらライン11の正接値n 
1  よりも小さくなっている。したがって、これらの
粉粒体が空間部3つで混合されて得られる粉粒体の粒度
分布は、第14図のラインガ4で示される。したがって
、前記開口[,3Bの開口部面積、したがって、たとえ
ば間口部38の周方向良さを変化することによってライ
ン、e3のn値、したがって排出ダクト13がら得られ
る粉粒体のIl値114 n 4 = tanθ4           −(4
)を、所望の程度に設定することができる。
しかしながらこのような竪型ミル31において、前記開
口部38がら空間部39に移動する粉粒体には、製品と
して粒径が不所望に大きな粉粒体も含まれる恐れが想定
される。したがって、排出ダクト13がら得られる粉粒
体に関して、たとえば粒径が88μmを超える粉粒体の
m景割合を、たとえば1%以下程度に可及的に小さくす
ることが望まれていた。
発明が解決しようとする問題点 以上のような各従来技術および第12図示の技術に共通
して、問題点は次のように整理できる。
すなわち排出ダクト13かち得られる粉粒体の粒径の構
成の幅を、その粉粒体の用途などに対応して、任意、の
粉末度/am2/g)において任意の幅とすることが困
難であった。 本発明の目的は、上述の問題、αを解決
し、分級器を通過して得られる粉粒体の粉末度(era
”/Fi)と、各粉末度にt;ける粉粒体の粒度分布の
幅をそれぞれ予め定める任意の(+I’!であるように
できる分級器を提供することである。
問題、αを解決するための手段 本発明は、気体および粉粒体が下方から供給されるケー
シングの天井板の下方で上下に複数段の回転翼群が設け
られ、 各回転翼群は上下方向の回転軸線まわりに周方向に間隔
をあけて配置された複数の回転翼をそれぞれ有し、 各1ili1転翼群は同心1こ配置され、それらの回転
翼群のうちの少なくとも1つの回転翼群の半径方向外方
には、その半径方向外方に臨む周方向の開口面積を設定
するための開口設定手段を設け、各回転翼群の分級特性
は相互に異なっており、天井板の前記回転軸線近傍には
、各回転翼群からの気体および粉粒体が混合されて排出
されるための排出口が設けられでいることを特徴とする
分級器である。
作  用 本発明に従えば、ケーシング内の粉粒体は気体とともに
ケーシング内の下方から供給される。このように供給さ
れた気体および粉粒体は、ケーシングの天井板の下方に
おいて」;下に連結して配置された複数段の回転翼群に
よって、それぞれ分級される。これらの各回t’翼群は
、上下方向の回転軸線まわりに周方向に間隔をあけて配
置された複数の回転翼を有し、各回転翼群の分級特性は
相互に異なって設定されており、またこれらの回転翼群
のうち、少なくとも1つの回転翼群の半径方向外方には
、その半径方向外力に臨む周方向の開口面積を設定する
ための開口設定手段が設けられている。
したがって粉粒体の一部分は、前記開口設定手段を介さ
ず、回転翼群によって分級作用を受け、残余の粉粒体は
前記開口設定手段によって設定された面積を有する周方
向の間口部を介して、回転翼群によって分級作用を受け
る。このようにして分級された粉粒体はそれぞれ混合さ
れて、天井板の前記回転軸線近傍に設けられた排出口か
ら析出される。ここで前記複数の回転翼群の各分級特性
、および開口設定手段による開口面積などをそれぞれ調
整することによって、所望の粉末度と当該粉末度におけ
る粒度構成とをそれぞれ得ることができる。
実施例 第1図は本発明の一実施例の竪型ミル40の鉛直軸線に
沿う断面図であり、第2図はf51図の切断面線■−■
から見た断面図であり、第3図は竪型ミル40の回転翼
52に関連する構成の分解斜視図であり、第4図は蓋部
材81の一部分の斜視図である。第1図〜第4図を参照
して、竪型ミル40の構成について説明する。竪型ミル
40のケーシング41内には、鉛直回転軸線を有するテ
ーブル42が配置されでおり、駆動手段43によつて回
転部!!!IJされる。テーブル42はテーブル本体4
2aとテーブルライナ421+とを含む。
テーブルライナ42I)上には、周方向に間隔をあけて
複数のローラ44が設計される。ローラ44の支持l1
l145は、アーム4Gと枢軸47を介して角変位可能
に連結される。アーム46の枢軸47と反対側の端部は
、ケーシング41の外方に延びた加圧手段48に連結さ
れる。この加圧手段48はアーム46を弾発的に押圧し
、したがってローラ44はテーブルライナ421)に圧
接される。
ケーシング41のテーブル42より下方に、後述するよ
うに粉砕された粉粒体をケーシング41内において、」
一方に吹きあげ搬送する気体を供給する送風口49が設
けられる。送風口49から供給された気体は、テーブル
42の下方にテーブル42を外囲して設けられるダクト
などの送風手段50を流過しつつ、テーブル42の半径
方向外方で全周に五って設けられているノズル77を介
して、上方に吹きあげられる。
ケーシング41内でテーブル42の上方には、粉砕され
る原料を供給する供給シュート51が、テーブル42の
中央部付近上方で開口して設けられる。テーブル42の
さらに上方には、逆円錐台形状のコーン71が設けられ
、またケーシング41の天井板57とコーン71の」二
端部との間に、鉛直方向に延びる軸aまわりにそれぞれ
角変位可能な衝突羽M172が、周方向に多数配置され
る。
またコーン71の下端部は、後述されるように衝突羽根
72などによって分級され比較的大任のね粒体が落下す
る落下ロア4としてテーブル42の中央部上方付近に開
口する。また前記衝突羽41!72はコーン71の半径
方向と、共通する角度でそれぞれ交差するように配置さ
れ、コーン71の半径方向外方から各衝突羽根72開を
通過して、コーン7】の内方に移動した気体および粉粒
体が、コーン71内で旋回するように配置される。
:l−ン71の内方には、鉛直回転軸線まわりに回転駆
動される複数の回転翼52が周方向に沿って設けられる
。各回転翼52の下方端部は、支持部材53上に周方向
に間隔をあけて固定される。
またこれらの回転翼52の上rIi部は、環状の固定環
材54に固定される。固定環材54の回転翼52と反対
側には、たとえば回転翼52の配置数の約半分の数の第
2回軒g78が周方向に間隔をあけて固定される。この
配置数の相異によって回転翼52,78群が異なった分
級特性が設定される。
この第2回軒g78の上端部は、固定環材79に共通に
固定される。また支持部材53の回転中心位置には、駆
動手段55によって回転駆動される回転軸56が固定さ
れる。
ケーシング41の天井@57には、前記固定環材79が
収納される程度の収納凹所80が、mi図の上方にへこ
んで形成される。この収納凹所80の周縁部の天井板5
7から垂下し、第2回転翼78を外囲する筒状の衝突部
材58が、各tjS2回転yA78間の間隙を塞ぐよう
に設けられる。この衝突部材58には、後述するように
粒径が比較的大きな粉粒体を取入れるための透孔部62
が、周方向に間隔をあけて複a<本実施例においては3
つ)形成される。
またこの衝突部材58の外周面と摺動自在な内周面を有
する円筒状の蓋部材81が配置される。
蓋部材81には、周方向に間隔をあけて前記衝突部材5
8の透孔部62と、対応する形状t;よび配置位置に、
複数(本実施例にす1いては3つ)の透孔82が形成さ
れる。各透孔82間には、周方向に沿って延びる案内長
孔83がそれぞれ形成される。
この案内長孔83にはそれぞれボルト84が挿入され、
衝突部材′58の岬孔59に蝶着される。したがって、
蓋部材81は衝突部材58の軸線まわりに案内長孔83
に沿って角変位可能となり、衝突部材58と間部材81
との各透孔62,82の重畳部分である第2図に示す開
口部84の周方向に沿う長さ、したがって開口部84の
間口面積を任意の値に設定することができる。ここで衝
突部材58および蓋部材81が開口設定手段を構成する
上述したようなコーン71、衝突羽根72、蓋部材81
、衝突g材5B、第1回転翼52および第2回転翼78
が基本的に分級器G3を構成する。
分級器63によって分級され、分級器63を通過して回
転翼52の半径方向内方に移動した粉粒体は、天井板5
7に形成された排出口である排出ダクト64によってケ
ーシング41の外部に取出される。
以上のような構成を有する竪型ミル40の動作について
、fIS1図〜第3図を参照して説明する。
供給シュート51がら供給される原料は、テーブル42
上に落下する。テーブル42は駆動手段43によって回
転駆動されているので、テーブル42」二の原料は遠心
力を受けて、テーブルライナ4211とローラ44との
間に移!JJ L、噛み込まれて粉砕される。原料が粉
砕されて得られた粉粒体は、ノズル77を介する気体流
によってケーシング41内で吹きあげられ−F件する。
ケーシング41内を土性した気体および粉粒体は、衝突
羽根72間を流過してコーン71内に入り旋回される。
このとき粒径が大きな粉粒体はと、より大きな遠心力を
受け、コーン71の内周面付近に到達し、旋回しつつ下
方に落下し落下ロア4からテーブル42上に戻され再び
粉砕される。
一方、残余の粉粒体の一部は、朝出ダクト64がら排出
される気体流に従い、回転駆動されている回転翼52間
を通過して、さらに半径方向内方に移動しようとするけ
れども、この粉粒体中で比較的粒(王の大外な粉粒体は
回転翼52−の衝突などによって、比較的大きな遠心力
を受け、」−述したような過程を経てテーブル42」−
に戻される。
回転翼52によって飛ばされない粉$jf体は、回転翼
52の半径方向内方に移動する。
一方、コーン71内の粉ね体の残余の部分は、蓋部材8
1および衝突部材58が形成する開口部84を経て内方
に移動するけれども、回転駆!l!JJされている第2
回転翼78への衝突などによって、比較的粒径の天外な
粉粒体は回転翼52に関する説明と同様の過程を経て分
級され、テーブル42上に戻される。12回転翼78間
を通過した粉粒体は回転翼52間を通過した粉粒体と混
合され、排出ダクト64から気体流ととらに排出される
第5図はこのような本実施例の竪型ミル40の分級動作
を説明するロージン・ラムラ線図である。
第5図において横軸に関するXは粒径、縦軸に関するR
は篩残量である。また第5図の二点鎖線で示したライン
11.)3,14は従来技術の説明においてPtfJ1
4図のライン11.!3.J!4と同一である。以上第
1図〜第5図を参照して、竪型ミル40の分級動作につ
いて説明する。上述したように、分級される粉粒体に関
して、第1回転翼52によって分級されて、半径方向内
方に移動した粉粒体の粒度分布は、第5図のラインノ1
で示される。一方、開口部84および第2回転翼78を
介して半径方向内方に移動した粉粒体の粒度分布はf5
5図のラインJ!5で示される。すなわち、第2回転翼
78が設けられていない第12図に示す従来技術の竪型
ミル31における対応する粒度分布/′3と比較し粒径
がむやみと大きな超粗粉が除かれている。このようにラ
イン、l: 1 、 、ir 5で示される粒度分布を
有する粉粒体は排出ダクト64で混合されつつ排出され
得られた粉粒体の粒度分布は、第5図のラインガロで示
されるようになる。
二二でライン!1のn値は原料が同一ならば基本的に一
定であり、その横方向位置は第1回転翼52の回転速度
を変化することによって99することができる。一方、
ライン!5の横方向の位置及びn値は、第2回転翼78
の回転数(第1回転翼52の回転数と同じ)の調整に併
せて、ttLJ2回転翼78の枚数の増減や第2回転翼
78の翼幅の大小調整によって調整することができる。
したがって排出ダクト64から最終的に取出される粉粒
体の粒度分布を示すライン16の横方向位置、すなわち
得られる粉粒体の粉末度(am2/g)を任意、の程度
に設定することができるとともに、当該粉末度において
粉粒体の粒度分布を示す第5図のライン16の11値を
所望の程度に設定することがで終る。
一方、第5図に示すように第2回転g78を通過した粉
粒体の粒度分布は、従来技術における対応する粒度分布
を示すラインJ!3よりも過大粒子がカットされ、した
がってたとえば粒径80Iim以上の粉粒体の含有率は
、従来技術においては第5図に示すごと<R,%であっ
たが、本実施例においてはR1より格段に小さな含有率
R2%とすることができる。このようにしてたとえばセ
メントを製造する際に、セメントの強度発現性の悪化要
因となる 88μ(0残分を、たとえば1%未満など所
望の程度に低減することができる。
第6I71は以上のような構成と動作を有する竪型ミル
40に関連する構成を示す系統図である。すなわち竪型
ミル40の排出ダクト64は、サイクロン集塵器85に
接続されており、ケーシング41内の気体および粉粒体
は、サイクロン集塵器85を介して吸引ファン86によ
って吸引される。
またサイクロン集塵器35の製品研出シュート87(こ
はグンパ88が接続されており、サイクロン集塵″l5
85内が吸引7アン861こよって負圧とされていても
、製品排出シュート87を介して大気が流入しないよう
に構成されている。
グンパ88から取出される製品の粉末度および料度構成
は、検出手段89によって検出されn値が算出される。
検出手段8つからの信号は、制御手段90に与えられる
。制御手段90には予め所望のn値が設定されてt5つ
、検出手段89において算出された製品に関する+1値
と比較演算を行ない、製品の11値が所望の 11値に
一致するように、駆動子f又55およびシリング91の
駆手j丁一段92の駆動状態を制御する。
第7図は第6図示のシリング91に関連する構成を示す
斜視図である。第1図〜第3図を参照した説明において
蓋部材8]は、案内長孔33にボルト84が挿通されて
衝突部材58に周方向に角変位自在に取付けられる。こ
のような蓋部材31には、クランク93の一端部が固定
される。クランク93の他端部はシリング91のピスト
ン軸な〕4とビン結合される。シリング91のシリング
ヘッド側は、たとえばケーシング41の天井板57など
に設けられたブラケット95とビン結合される。したが
ってシリング91を伸縮変位させると、蓋部材81は矢
符A1方向または矢符A2方向にそれぞれ角変位するこ
とができる。すなわち蓋部材81および衝突部材58の
各透孔82.G2から形成される間口部84の開口面積
を、所望の程度に変化することができる。
このよう1こ制御手段90によって回転翼 52゜78
の回転速度を変化することによって、回転翼52.78
の各分級特性を示す#S5図に示すラインノ1,15を
、第5図の左右方向に平行移動することができるととも
に、前記開口部84の開口面積を変化することによって
、回転g78間から取入れられる粉粒体の景を変化する
ことができ、したがって第5図のライン15のn値を変
化することができる。これらを組合わせて、第5図に示
すラインノロの第5図における左右方向の位置、すなわ
ち排出ダクト64から排出される粉粒体の粉末度(cM
2/g)と、当該粉末度における粒度構成とを、所定の
値に一致させこれを1持するようにできる。
本発明は前述の実施例のように竪型ミル40に実施され
るばかりでなく、粉粒体を分級する必要がある他の広範
な技術分野に関連して広〈実施されることができる。
効  果 以」二のように本発明に従う分級器において、ケーシン
グの天井板の下方で上下に複数段の回転翼群が設けられ
る。各回転翼群はそれぞれ同心に配置され、相互の分級
特性は異なって設定されており、それらの内少なくとも
一つの回転翼群の半径方向外方には、その半径方向外方
に臨む周方向の開口面積を設定するための開口設定手段
が設けられる。また天井板の回転翼群の回転軸線近傍に
は、各回転翼群からの気体および粉粒体が混合されて排
出される排出口が設けられる。
このように構成された分級器では、各回転翼群から分級
されて排出口にそれぞれ導かれる粉粒体の粒度分布は、
各回転翼群の分級特性に従って異なっており、また前記
開口設定手段によって設定される開口部からは、比較的
粒径の大きな粉粒体が取入れられ、この開口部に対応す
る回転翼群によって分級されたのちであっても、残余の
他の回転翼群から取入れられる粉粒体よりも比較的粒径
の大きな粉粒体が取入れられる。したがって前記間口面
積を変化することによって、この開口部に1応する回転
′R群から取入れられる粉粒体のね度分布を所望の程度
に設定することができる。また回転翼群の回転速度を変
化することによって、取入れられる粉粒体の粉末度を所
望の程度に設定することかでべろ。したがってこれらを
組合わせて、腓出口から取出される粉粒体の粉末度およ
び当該粉末度における粒度分布、すなわち11値を所望
の程度に設定することがで訃る。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例の竪型ミル40の断面図、f
f12図は第1図の切断面線11−Uがら見た断面図、
第3図は回転翼52.78に関連する構成を示す分解斜
視図、第4図は蓋部材81の一部分を示す斜視図、第5
図は竪型ミル40の分級動作を説明するロージン・ラム
ラ線図、t56図は竪型ミル40を含む構成の系統図、
jll?7図は蓋部材81を駆動する構成を示す斜視図
、第8図は第1の従来技術の竪型ミル1の断面図、第9
図はjp2の従来技術の竪型ミル20の断面図、f51
θ図は竪型ミル20の分級動作を説明するロージン・ラ
ムラ線図、ff111図は第3の従来技術の竪型ミル3
0の断面図、第12図は14の竪型ミルの断面図、11
3図はrjX12図示の竪型ミルの衝突部材の斜視図、
第14図は第12図示の竪型ミルの分級動作を説明する
ローノン・ラムラ、tahである。 40・・・竪型ミル、41・・・ケーシング、49・・
・送風口、52・・・第1回転翼、54.79・・・固
定環材、55・・・駆動手段、56・・・回転軸、57
・・・天シ[板、58・・・衝突部材、62.82・・
・透孔、G3・・・分級器、64・・・排出ダクト、7
2・・・衝突羽根、73・・・分級器、77・・・ノズ
ル、78・・・第2回転翼、81・・・蓋部材、84・
・・開口部 代理人  弁理士 四散 圭一部 第1図 第2図 第4図 第8図 第9 図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 気体および粉粒体が下方から供給されるケーシングの天
    井板の下方で上下に複数段の回転翼群が設けられ、 各回転翼群は上下方向の回転軸線まわりに周方向に間隔
    をあけて配置された複数の回転翼をそれぞれ有し、 各回転翼群は同心に配置され、それらの回転翼群のうち
    の少なくとも1つの回転翼群の半径方向外方には、その
    半径方向外方に臨む周方向の開口面積を設定するための
    開口設定手段を設け、各回転翼群の分級特性は相互に異
    なっており、天井板の前記回転軸線近傍には、各回転翼
    群からの気体および粉粒体が混合されて排出されるため
    の排出口が設けられていることを特徴とする分級器。
JP3124486A 1986-02-15 1986-02-15 分級器 Granted JPS62191082A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3124486A JPS62191082A (ja) 1986-02-15 1986-02-15 分級器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3124486A JPS62191082A (ja) 1986-02-15 1986-02-15 分級器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS62191082A true JPS62191082A (ja) 1987-08-21
JPH058075B2 JPH058075B2 (ja) 1993-02-01

Family

ID=12325964

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3124486A Granted JPS62191082A (ja) 1986-02-15 1986-02-15 分級器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS62191082A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0161980U (ja) * 1987-10-09 1989-04-20
JPH01262973A (ja) * 1988-04-11 1989-10-19 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 粉砕機用ロータリーセパレータ
JP2016165678A (ja) * 2015-03-10 2016-09-15 株式会社栗本鐵工所 分級機能付粉砕装置

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60232257A (ja) * 1984-04-28 1985-11-18 川崎重工業株式会社 竪型ロ−ラミル

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60232257A (ja) * 1984-04-28 1985-11-18 川崎重工業株式会社 竪型ロ−ラミル

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0161980U (ja) * 1987-10-09 1989-04-20
JPH01262973A (ja) * 1988-04-11 1989-10-19 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 粉砕機用ロータリーセパレータ
JP2016165678A (ja) * 2015-03-10 2016-09-15 株式会社栗本鐵工所 分級機能付粉砕装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH058075B2 (ja) 1993-02-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4684069A (en) Classifier and controller for vertical mill
JP2792576B2 (ja) 竪型粉砕機
JPS62191082A (ja) 分級器
JP2823099B2 (ja) 微粉砕設備
JPH0751629A (ja) 竪型ローラミルの分級装置
JP3515089B2 (ja) 気流式分級機
JPH02293584A (ja) 湿潤原料の乾燥粉砕装置
JPS63319067A (ja) 水平旋回流型ジェットミル
JPS641182B2 (ja)
JPH0312366Y2 (ja)
JP3482669B2 (ja) 分級装置
JP6729066B2 (ja) 竪型粉砕機
JPS6211902B2 (ja)
JP2839117B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH0543859Y2 (ja)
JP2868099B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2617832B2 (ja) 竪型粉砕機
JP2739750B2 (ja) 竪型粉砕機
JPH11276920A (ja) 竪型ミルによる粒状原料の粉砕・分級方法および装置
JP3329043B2 (ja) 分級装置
JPS62176556A (ja) 竪型粉砕機の粉粒体分級装置
JP2605830B2 (ja) 強制旋回羽根付分級機
JPS5815019B2 (ja) 竪型ミル
JPH038830B2 (ja)
JPH05277445A (ja) 竪型ミルの自由渦型遠心分級装置