JPS6052998B2 - エレベ−タ中央両引き戸装置 - Google Patents

エレベ−タ中央両引き戸装置

Info

Publication number
JPS6052998B2
JPS6052998B2 JP609180A JP609180A JPS6052998B2 JP S6052998 B2 JPS6052998 B2 JP S6052998B2 JP 609180 A JP609180 A JP 609180A JP 609180 A JP609180 A JP 609180A JP S6052998 B2 JPS6052998 B2 JP S6052998B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
door
drive
elevator
button
command
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP609180A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS56103084A (en
Inventor
久夫 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP609180A priority Critical patent/JPS6052998B2/ja
Publication of JPS56103084A publication Critical patent/JPS56103084A/ja
Publication of JPS6052998B2 publication Critical patent/JPS6052998B2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Elevator Door Apparatuses (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 この発明はエレベータ中央両引き戸装置の改良に関する
ものである。
ます第1図によつて従来のエレベータ中央両引き戸装置
を説明する。
図中1はエレベータ、2はエレベータ1に設けられた出
入口、3はエレベータ1の出入口2上方に固定されたケ
タ、3a、3bはケタ3に立設された軸、4はケタに適
宜固定されたレール、5、6は左側かごの戸および右側
かごの戸で、それぞれ出入口2を開閉する。
5a、6aは左側かごの戸5および右側かごの戸6にそ
れぞれ植立された軸、5b、6bは左側かごの戸5およ
び右側かごの戸6にそれぞれ設けられた係合子、7、8
は左側かごの戸5および右側かごの戸6をそれぞれ吊持
するとともにレール4上を転動する吊り車で、これら吊
り車7、8を介して左側かごの戸5は第1図において左
側へ、右側かごの戸6は第1図において右側に開閉させ
る。
9はケタ3に固定された駆動機で、出力軸9aにクラン
ク10の一端が固定されている。
11は駆動腕で、中間部を軸3aに枢着されている。
12は連結腕で、一端をクランク10の他端に相持され
、他端は駆動腕11の上端に相持されている。
13はリンクで、一端は軸5aに枢着され他端は駆動腕
11の下端に相持されている。
16は従動腕で、上端を軸3bに枢着され、下端は一端
を軸6aに枢着されたリンク18の他端に相持されてい
る。
25は連結棒で、一端を駆動腕11の上端と軸3aの中
間部に相持され、他端は従動腕16の上端から若干下端
へ寄つた位置に相持される。
今、エレベータ1が目的の階床(図示しない)に着床す
ると駆動機9に戸開指令が出されると出力軸9aが第1
図において時計方向に回動を始めフる。
これにより駆動腕11の上端が連結腕12により右方に
引かれるので、軸3aを中心に時計方向の回動が行われ
左側かごの戸5は左方へ開動作を行う。また同時に、連
結棒25が右方に押されるので従動腕16は軸3bを中
心に反時計方向の5回動が行われ右側かごの戸6は右方
へ開動作を行う。これによりドアー5、6は全関する。
そして全開後規定時間経過すると駆動機9に戸閉指令が
発せられ、出力軸9aが反時計方向の回動を始め、上記
戸開時とは逆の動作で戸閉動作が行われる。しかし、こ
のような中央両引き戸装置は開閉動作による加減速時の
かごの戸5,6の慣性反力のすべてが駆動機9に作用す
るため、ケタ3が大きく横方向に振られ、静粛でかつ滑
らかな開閉動作が得られない欠点を有していた。
また開閉動作中のドアー5の位置は出入口2の中心から
正しく同一寸法にならないため美観が損なわれる欠点が
あつた。この発明は上記欠点に鑑みてなされたものであ
り、複数枚のドアーが中央から左右にわかれて開閉する
形式のドアー番、中央から左側と右側に分けて別々の駆
動装置で駆動するようにして、標準的な駆動装置により
円滑な開閉動作を得、しかも右側および左側駆動装置を
選択的に駆動する装置を設けて、ドアーの駆動に要する
消費電力の節約およびエレベータの運転効率の向上を図
つたエレベータ中央両引き戸装置を提供するものである
以下にこの発明の一実施例を第2図ないし第4図に基づ
いて説明すると、図において、9はケタ3に固定された
左側駆動機で、出力軸9aにクランク10の一端が固定
されている。11は左側駆動腕で、中間部を軸3aに枢
着されている。
12は連結腕で、一端をクランク10の他端に枢持され
、他端は左側駆動腕11の上端に枢持されている。
13はリンクで、一端は軸5aに枢着され、他端は左側
駆動腕11の下端に枢持されている。
14はケタ3に固定された右側駆動機て、出力軸14a
にクランク15の一端が固定されている。
.16は右側駆動腕で、中間部を軸3bに枢着されてい
る。17は連結腕で、一端をクランク15の他端に枢持
され、他端は右側駆動腕16の上端に枢持されている。
18はリンクで、一端は軸6aに枢着され、他端は右側
駆動腕16の下端に枢持町されている。
19はエレベータの乗場、20は乗場19の周囲壁、2
1は出入口2に対向する位置の周囲壁20に設けられた
乗場出入口、22は上部を適宜吊持され、第3図におい
て左側へ開閉する左側乗場の戸、22aは左側乗場の戸
22の裏・面に設けられた係合片で、係合子5bの位置
に対向する。
23は上部を適宜吊持され、第3図において右側へ開閉
する右側乗場の戸、23aは右側乗場の戸23の裏面に
設けられた係合片で、係合子6bの位置に対向する。
24はエレベータ1の呼び釦装置、24aはエレベータ
1を呼び寄せて左側駆動機9と右側駆動機14を同時に
開閉指令を出す第1釦、24bはエレベータ1を呼び寄
せて左側駆動機9のみに開閉指令を出す第2釦、24c
はエレベータ1を呼び寄せて右側駆動機14のみに開閉
指令を出す第3釦である。
次に戸開閉動作を第4図に示す回路図に基づいて説明す
る。
今、エレベータ1の乗場19に少数ノの乗客が待つてい
て第2釦24bが操作されると、左側駆動呼びリレー2
4b1常閉接点21L,24a,24cおよび第2釦2
4bによつて回路24b−21L−24a−24c−2
4bが閉成され呼びリレー24bが作動するとともに常
.開接点24bが閉じ、第2釦24bが開放しても、閉
回路24b−21L−24a−24c−24bが自己保
持され、左側駆動呼びリレー24bが投入状態にあると
ともに、常開接点24bが閉じ、左側戸開指令リレー2
1L1常閉接点43,22Lおよび閉じた常開接点24
b1常閉接点0LT上が閉成して、左側戸開指令リレー
が発つせられ自己保持され、これらの一連の動作によつ
てエレベータ1が呼ばれ、着床すると左側駆動機9のみ
に戸開指令が出され出力軸9aが第2図において時計方
向に回動を始める。これにより駆動腕11は上端が連結
腕12により右方向に引かれるので、軸3aを中心に時
計方向の回動が行なわれ、左側かごの戸5は左方へ開動
作を行なう。また同時にこの開動作力は係合子5bから
係合片22aを介して左側乗場の戸22も左方へ開動作
が行なわれる。そして左側かごの戸5および乗場の戸2
2が全開後所定時間経過すると戸開閉指令リレー(図示
さず)が作動し、常開接点43が閉じ、常閉接点43が
開放され、左側戸開指令リレー21Lを閉成回路が開放
されるとともに、左側戸閉指令リレー22Lに接続され
た常開接点43が閉じるとともに、上記戸開指令リレー
21Lの開放によつて常閉接点21Lが閉じて左側駆動
機9に戸開指令が発せられ、出力軸9aが反時計方向の
開動を初め、上記戸開時とは逆の動作で戸閉動作が行な
われる。また、第3釦24cが操作されると右側駆動呼
びリレー24c1常閉接点21R,24a.24b及び
投入された第3釦24cとで閉回路24c−21R−2
4a−24b−24cを形成するとともに、常開接点2
4cが閉じ、閉回路24c−21R−24a−24b−
24cを形成し右側駆動呼びリレーは自己保持される。
そして作動リレー24cによつて右側戸閉指令リレー2
1R1常閉.接点43,22R、および閉じた常開接点
24c、常閉接点0LT−Rとによつて閉成回路21R
−43−22R−24c−0LT−Rによつて右側戸開
指令が発せられる。このとき、常閉接点21Rが開放さ
れるため右側駆動呼びリレー24cは開放され呼じリレ
ーを中止する。これらの動作によつてエレベータ1が呼
ばれ、着床すると右側駆動機14に戸開指令が出され、
出力軸14aが第2図において反時計方向に開動を始め
る。これにより右側駆動腕16は上端が連結腕17によ
り左方に引かれるので軸3bを中心に反時計方向の開動
が行なわれ、右側かごの戸6は右方へ開動作を行なう。
また同時にこの開動作力は係合子6bから係合片23a
を介して、右側乗場の戸23も右方へ開動作が行なわれ
る。そして右側かごの戸6および乗場の戸23が全開後
所定時間経過すると戸開閉指令リレーが作動して常閉接
点43が開放されて、上記閉成回路21R−43−22
R一24c−0LT−Rを開放し、右側戸開指令が止み
、これに代つて常開接点43が閉じ、閉成回路22L−
43−21Lを形成して右側駆動機14に戸閉指令が発
せられ、その出力軸14aが時計方向の開動を始め、上
記戸開時とは逆の動作で戸閉動作が行なわれる。また、
エレベータ1の乗場19に多数の乗客が待つていて第1
釦24aが操作されるど上述したと同様に左右駆動呼び
リレーが発せられるように、閉成回路24a−21L−
21R−24aを形成し、上記左側及び右側戸開指令リ
レー21L,21Rの回路を同時に閉成する一方、これ
らのリレー21L,21Rの作動によつて常閉接点21
L,21Rが開放されて左右駆動呼びリレーはその指令
を発しなくなる。
したがつて、エレベータ1が呼ばれ着床すると、左側駆
動機9および右側駆動機14に同時に戸開指令が発せら
れ、詳細は上記したように、左側かごの戸5、左側乗場
の戸22および右側かごの戸6、右側乗場の戸23が同
時に開動作を行なう。そしてかごの戸5,6および乗場
の戸22,23が全開後所定時間経過すると、戸開閉指
令リレーが作動して常閉接点43が開放されて、左右の
各戸開指令リレーは止み、これに代わつて常開接点43
が閉じて左右両側の戸閉指令リレー22L,22Rが同
時に働き、左側駆動機9および右側駆動機14に同時に
戸閉指令が発せられ上記戸開時とは逆の動作で戸閉動作
が行なわれる。すなわち、このものにあつては、エレベ
ータ1を利用する乗客の数および荷物の大きさ等により
、出入口2および乗場出入口21の有効幅と、その位置
を可変にして無駄な開閉動作を排除して、消費電力を節
約すると同時に運転効率の向上を計ることができる。
さらに、上記実施例で第1釦24a、第2釦24bおよ
び第3釦24cの優先関係については説明しなかつたが
、第1釦24aが操作された時は戸開閉指令リレー43
が作動する迄、つまりかごが着床する迄は左側又は右側
戸開指令リレー21L,21Rは作動せず、第1釦24
aを優先し、第2釦24b1第3釦24cの操作を無効
にすることができるため、乗場19で第2釦24bある
いは第3釦24cを操作してエレベータ1を待つている
うちにエレベータ持ちの乗客が増加してきたような場合
、第1釦24aを操作しなおすことにより素早い乗り降
りが可能となり運転効率を向上させることができる。
また、呼び釦装置24を乗場に設けたが、エレベータ1
内に設ければエレベータ1内の乗客の数あるいは荷物の
大きさ等に対応できる。
なお、この実施例では2枚戸中央両引き戸について説明
したが、これが4枚戸中央両引き戸あるいは6枚戸中央
両引き戸の場合でも同様に実施できるということはいう
までもない。
この発明は以上説明したとおり、複数枚のドア・−が中
央から左右にわかれて開閉する形式のドアーを中央から
左側と右側に分けて別々の駆動装置で駆動させ、かつ、
乗客の数や荷物の大きさで駆動する駆動機を右側、左側
、あるいは両方と選択できるようにしたので、円滑なド
アー開閉動作がj行なえるとともに、ドアーの駆動に要
する消費電力を節約することができ、しかも、エレベー
タの運転効率を向上させることができるという効果があ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来のエレベータ中央両引き戸装置を示すエレ
ベータの正面図、第2図はこの発明によるエレベータ中
央両引き戸装置の一実施例を示すエレベータの正面図、
第3図は乗場の正面図、第4図はエレベータの戸開閉用
の回路図である。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 左側ドアーを駆動させる左側駆動装置と、右側ドア
    ーを駆動させる右側駆動装置と、両駆動装置を選択する
    第1釦と、左側駆動装置を選択する第2釦と、右側駆動
    装置を選択する第3釦とを設け、上記各釦に応動すると
    ともに、上記第1釦を第2、第3釦に優先して選択する
    駆動選択回路と、該駆動選択回路の選択指令信号に基づ
    き駆動指令信号を出力する駆動指令回路とを備え、上記
    各駆動指令信号によつて左側駆動装置、右側駆動装置あ
    るいは両駆動装置を駆動させ各ドアーを選択的に開閉す
    るようにしたことを特徴とするエレベータ中央両引き戸
    装置。
JP609180A 1980-01-21 1980-01-21 エレベ−タ中央両引き戸装置 Expired JPS6052998B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP609180A JPS6052998B2 (ja) 1980-01-21 1980-01-21 エレベ−タ中央両引き戸装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP609180A JPS6052998B2 (ja) 1980-01-21 1980-01-21 エレベ−タ中央両引き戸装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS56103084A JPS56103084A (en) 1981-08-17
JPS6052998B2 true JPS6052998B2 (ja) 1985-11-22

Family

ID=11628845

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP609180A Expired JPS6052998B2 (ja) 1980-01-21 1980-01-21 エレベ−タ中央両引き戸装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6052998B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5997989A (ja) * 1982-11-24 1984-06-06 三菱電機株式会社 エレベ−タドア−装置
JP5042628B2 (ja) * 2005-10-20 2012-10-03 三菱電機株式会社 エレベータのドア装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPS56103084A (en) 1981-08-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS6052998B2 (ja) エレベ−タ中央両引き戸装置
JP3384253B2 (ja) エレベーターの戸閉装置
JPS5925826Y2 (ja) エレベ−タの戸の制御装置
JPH082860A (ja) エレベータの運転装置
JPS6113491Y2 (ja)
JPS622225Y2 (ja)
JPS6011013Y2 (ja) エレベ−タの戸の管制装置
JP2005255338A (ja) エレベータ装置およびそれに使用される乗りカゴ
JPH06171850A (ja) エレベータの乗り場操作装置
JPH1178862A (ja) ホームドア装置
JPS586847Y2 (ja) エレベ−タの運転装置
JPH0797166A (ja) エレベーターのドア開閉幅可変装置
JPS6443080U (ja)
JP2887077B2 (ja) パネル駆動装置
JPH0225825Y2 (ja)
JPH0494392A (ja) エレベーターのドア装置
JPH05338968A (ja) エレベータのドア制御装置
JP2619002B2 (ja) エレベータの戸制御装置
JPS5911507B2 (ja) エレベ−タ−ドア安全装置
JPS6052069B2 (ja) 防火用エレベ−タ装置
JPH0798617B2 (ja) エレベータの運転装置
JPH0748079A (ja) 展望用エレベータ
JPS6346447Y2 (ja)
JPH0147378B2 (ja)
JPH08290882A (ja) 車椅子用エレベーター