JPS60215719A - 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法 - Google Patents

二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法

Info

Publication number
JPS60215719A
JPS60215719A JP6837684A JP6837684A JPS60215719A JP S60215719 A JPS60215719 A JP S60215719A JP 6837684 A JP6837684 A JP 6837684A JP 6837684 A JP6837684 A JP 6837684A JP S60215719 A JPS60215719 A JP S60215719A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel pipe
front fork
present
welded steel
tensile strength
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6837684A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Murayama
博 村山
Zensaku Chano
茶野 善作
Atsushi Watanabe
篤史 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Steel Corp
Original Assignee
Nippon Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Steel Corp filed Critical Nippon Steel Corp
Priority to JP6837684A priority Critical patent/JPS60215719A/ja
Publication of JPS60215719A publication Critical patent/JPS60215719A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C21METALLURGY OF IRON
    • C21DMODIFYING THE PHYSICAL STRUCTURE OF FERROUS METALS; GENERAL DEVICES FOR HEAT TREATMENT OF FERROUS OR NON-FERROUS METALS OR ALLOYS; MAKING METAL MALLEABLE, e.g. BY DECARBURISATION OR TEMPERING
    • C21D9/00Heat treatment, e.g. annealing, hardening, quenching or tempering, adapted for particular articles; Furnaces therefor
    • C21D9/08Heat treatment, e.g. annealing, hardening, quenching or tempering, adapted for particular articles; Furnaces therefor for tubular bodies or pipes

Landscapes

  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Physics & Mathematics (AREA)
  • Thermal Sciences (AREA)
  • Crystallography & Structural Chemistry (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Materials Engineering (AREA)
  • Metallurgy (AREA)
  • Organic Chemistry (AREA)
  • Heat Treatment Of Articles (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〈産業上の利用分野〉 本発明は引張強さ115 klFf/m”以上の二輪車
フロントフォーク用電縫鋼管の製造方法に関するもので
ある。
〈従来技術〉 近年、二輪車の燃資向上に関する改善は目覚しく、その
対策の一つとして車体の軽量化が種々検一 討されている。
そζで高張力化による軽量化が進む中で、二輪車の重要
保安部品であるフロント7オーク4.50〜60キロク
ラスから現状は70〜80キロレベルをゾロ/9−化し
ようとしている。今後更に高張力化の要求が高くなる仁
とが予想されるが11#f/m”以上の二輪車フロント
フォークはいまだ実現していない。
その理由は二つある。
一つは、一般的に焼入性を向上させるために高Cにした
シ、Ni 、 Cr等の合金元素を多く添加する必要か
ら、電縫鋼管製造時の溶接性、溶接部健全性(−eネト
レータ−が発生しやすい。)の問題が生じている。つま
夛、焼入性と溶接性の両立が困難である。
第二の理由は、延性(引張試験時の伸び)と引張強さの
両立である。一般的にいって引張強さが115 kff
/w+”以上にな°れば伸びは5〜7%となってしまう
人命にかかわる最重要保安部品であるフロントフォーク
としては伸びが15チ程度必要であるが引張強さが11
5 kpf/w”以上の条件でこの両立は従来技術では
不可能であった。
〈発明の目的〉 本発明は上記の欠点を解決するために、成分元素を規定
することにより、電縫溶接性にすぐれ、延性にすぐれた
1 15 #fZ−以上の二輪車フロントフォーク用電
縫鋼管の製造方法を提供しようとするものである。
く本発明の構成・作用〉 従来の高張力鋼の延性が低いのはNi + Cup C
r+Mo等の固溶強化及びCr等の炭化物を利用してい
るためであシ、本発明では従来のような多量の合金添加
をやめることによシ、また格子歪を著しく大きくする炭
化物の析出をできるだけおさえることにより、高張力で
も延性をかなシ高めうると考えた。特に本発明ではTI
、Bを添加することによ〕組織の均一微細化を行なうこ
とによシ延性と高張力を両立させようとするものである
本発明に従って用いる素材鋼材の成分元素の含有量の限
定理由は以下の通シである。
電縫溶接唸通常1600℃程度で溶接されるが、高張力
電縫管線炭素当量が高いため、溶融メタル流動性が向上
する。そのため、0.151以上がこの点より望ましい
。とζろが0.301よシ多量であると溶接性ならびに
延性の劣化が著しく、従って炭素の含有量は0.15〜
0.30%とする。
庵は1.50%よシ多量であると溶接部でのMnOの発
生等の理由から1.5%以下が望ましい。
Slは0.351よシ多量であるとスリット破面のラミ
ネーシ、ン発生が増加し、溶接性、延性にも悪影響があ
る。
MnとStのバランスが崩れると溶接部の健全性、すな
わち溶接部の不良発生率が増す可能性があシ、したがっ
てMn/81は3〜10が好ましい。
Bは焼入性向上を目的に添加する元素で、0.0003
チ未満では焼入性向上効果が期待できず、また0、00
25%より多量の場合、コスト高になるばかシでなく表
面疵や靭性劣化の原因となりやすい。
従ってB含有量は0.0003〜0.0025%とした
このBの焼入れ性向上効果はNが0.003%以上存在
すると失なわれるので、このNの固定化の目的にTIを
添加する。添加するTi量は、0.03%を超えるとス
ラブ表面疵が発生しやすいのでTIは0.03%以下と
する。更にTIは被剛性を良好にする働きがあシ、これ
もフロントフォーク用電縫管として重要な性質である。
Nは特に添加しなくても0.0060%程度まで存在す
ることもある。本発明ではこの範囲であればTIの添加
によfiNは、TiNとして固定され、特に問題は生じ
ない。特に添加しないという意味でNを0.0060%
以下とするが、Nは低ければ低いtlど良い。
P、Sの規制については周知の如(、P、Sが0.03
qIb超の場合靭性および延性を著しく悪化し偏平不良
率が増大する。
Atは脱酸剤として0.1チ以下含有させる0次にCr
 e Nl g CupMoは高強度を得るのに有効な
元素であるが非常に高価な元素であるためCr≦1 %
 、 Ni≦1 % + Cm≦l % 、 Mo≦0
.5−とする。
またNb、Vも強度上昇に有効な元素であるが、析出強
化型であるため、0.05%以下とする0本発明による
鋼板の成分は十分高い焼入れ性を有しているため、幅広
い冷却速度範囲にわたって完全焼入れ組織を得ることが
できる。したがうて鋼管の肉厚が比較的薄い場合にはか
なり不均一冷却されても安定して均一な焼入れが可能で
、また十分冷却速度が確保できる焼入れ設備で焼入れす
る場合は原物まで均一焼入れが出来、サイズを拡 □大
できる等の利点がある。
更に焼入れの際の加熱温度についてもTiによる細粒化
効果によル、かなシ高温で加熱してもオーステナイト粒
の粗大化紘生しない。したがって加熱温度も800〜1
000℃と広い範囲内で選ぶことが出来る。この許容加
熱温度範囲が広いこともこの成分系の特徴の一つである
なお、焼戻し温度は300〜650℃が実用的にも良質
の鋼管となる。ただし、強度が高くて延性があtシ必要
のないときは焼戻ししなくても実用上さしつかえない。
本発明に従って製造された電縫鋼管は第1図に示すよう
にTS (引張強さ)とE4(伸び)のバランスが従来
レベルに比べ著しく向上している。たとえば従来では1
30 kgf 7w”で5−程度の伸びでありたものが
、本発明によれば130 klFf/+w”でも約15
−と著しく高い伸びになっている。
又第2図に示すように、本発明によれば電縫溶接部及び
母材部の組織に差がなく、更に肉厚位置によってもその
差がなく極めて均一微細な組織となる。
従って本発明は産業上極めて有用な発明である。
(実施例) 次に本発明を実施例にもとづいて説明する。
下記の第1表の条件でパイプサイズ39.5φ×2.8
5−の二輪車フロントフォーク用電縫鋼管を製造した。
〈発明の効果〉 本発明によシ従来の80キロレベルを115キロレベル
に高張力化することによシ薄肉化、すなわち軽量化が可
能になる。これにより燃費の向上等が考えられ工業的に
大きな効果がある。
【図面の簡単な説明】
第1図は引張シ強さと伸びとの関係を本発明と従来法で
示す図表、第2図は本発明によシ製造された鋼管の金属
組織を示す顕微鏡写真である。 第2図において:a:溶接部 b:母材部 0):外面 (ロ):中心 (ハ):内面 第1図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. C: 0.15〜0.30 % 、 Mn≦1.56.
    81≦0.51 、 P≦0.03 % 、 8≦0.
    03%、TI≦0.031B : 0.0003〜0.
    0025俤、N≦0.0060%、AL≦0.10%を
    基本成分として必要に応じてCr≦1’16 、 No
    ≦0.5% 、 VS2.05% 、 Nb≦0.05
    1N1≦1チ、 Cu≦1チの1種または2種を含有し
    、残部Feおよび不可避的不純物よシなる素材鋼板を用
    い、電縫溶接によシミ縫鋼管とした後、該鋼管に焼入れ
    、焼戻し処理を施すことを特徴とする引張シ強さ115
     kgf/+−以上の二輪車フロントフォーク用電縫鋼
    管の製造方法。
JP6837684A 1984-04-07 1984-04-07 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法 Pending JPS60215719A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6837684A JPS60215719A (ja) 1984-04-07 1984-04-07 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6837684A JPS60215719A (ja) 1984-04-07 1984-04-07 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60215719A true JPS60215719A (ja) 1985-10-29

Family

ID=13371961

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6837684A Pending JPS60215719A (ja) 1984-04-07 1984-04-07 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60215719A (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01111848A (ja) * 1987-10-26 1989-04-28 Nisshin Steel Co Ltd スタビライザーに用いられるパイプ素管
JPH03122219A (ja) * 1989-10-06 1991-05-24 Nippon Steel Corp 引張り強さ120Kgf/mm↑2以上の機械構造用高強度鋼管の製造方法
JPH05117748A (ja) * 1991-10-25 1993-05-14 Sumitomo Metal Ind Ltd 高強度電縫鋼管の製造方法
US7048811B2 (en) * 2001-03-07 2006-05-23 Nippon Steel Corporation Electric resistance-welded steel pipe for hollow stabilizer
US20100136363A1 (en) * 2008-11-25 2010-06-03 Maverick Tube, Llc Compact strip or thin slab processing of boron/titanium steels
US8414715B2 (en) 2011-02-18 2013-04-09 Siderca S.A.I.C. Method of making ultra high strength steel having good toughness
EP2778239A1 (en) * 2013-03-14 2014-09-17 Tenaris Coiled Tubes, LLC High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
US8926771B2 (en) 2006-06-29 2015-01-06 Tenaris Connections Limited Seamless precision steel tubes with improved isotropic toughness at low temperature for hydraulic cylinders and process for obtaining the same
US9163296B2 (en) 2011-01-25 2015-10-20 Tenaris Coiled Tubes, Llc Coiled tube with varying mechanical properties for superior performance and methods to produce the same by a continuous heat treatment
US9187811B2 (en) 2013-03-11 2015-11-17 Tenaris Connections Limited Low-carbon chromium steel having reduced vanadium and high corrosion resistance, and methods of manufacturing
US9222156B2 (en) 2011-02-18 2015-12-29 Siderca S.A.I.C. High strength steel having good toughness
US9340847B2 (en) 2012-04-10 2016-05-17 Tenaris Connections Limited Methods of manufacturing steel tubes for drilling rods with improved mechanical properties, and rods made by the same
US9598746B2 (en) 2011-02-07 2017-03-21 Dalmine S.P.A. High strength steel pipes with excellent toughness at low temperature and sulfide stress corrosion cracking resistance
US9644248B2 (en) 2013-04-08 2017-05-09 Dalmine S.P.A. Heavy wall quenched and tempered seamless steel pipes and related method for manufacturing said steel pipes
US9657365B2 (en) 2013-04-08 2017-05-23 Dalmine S.P.A. High strength medium wall quenched and tempered seamless steel pipes and related method for manufacturing said steel pipes
US9970242B2 (en) 2013-01-11 2018-05-15 Tenaris Connections B.V. Galling resistant drill pipe tool joint and corresponding drill pipe
US10844669B2 (en) 2009-11-24 2020-11-24 Tenaris Connections B.V. Threaded joint sealed to internal and external pressures
US11105501B2 (en) 2013-06-25 2021-08-31 Tenaris Connections B.V. High-chromium heat-resistant steel
US11124852B2 (en) 2016-08-12 2021-09-21 Tenaris Coiled Tubes, Llc Method and system for manufacturing coiled tubing

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5646538A (en) * 1979-09-25 1981-04-27 Sony Corp Manufacture of compound semiconductor device

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5646538A (en) * 1979-09-25 1981-04-27 Sony Corp Manufacture of compound semiconductor device

Cited By (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01111848A (ja) * 1987-10-26 1989-04-28 Nisshin Steel Co Ltd スタビライザーに用いられるパイプ素管
JPH03122219A (ja) * 1989-10-06 1991-05-24 Nippon Steel Corp 引張り強さ120Kgf/mm↑2以上の機械構造用高強度鋼管の製造方法
JPH05117748A (ja) * 1991-10-25 1993-05-14 Sumitomo Metal Ind Ltd 高強度電縫鋼管の製造方法
US7048811B2 (en) * 2001-03-07 2006-05-23 Nippon Steel Corporation Electric resistance-welded steel pipe for hollow stabilizer
US8926771B2 (en) 2006-06-29 2015-01-06 Tenaris Connections Limited Seamless precision steel tubes with improved isotropic toughness at low temperature for hydraulic cylinders and process for obtaining the same
US20100136363A1 (en) * 2008-11-25 2010-06-03 Maverick Tube, Llc Compact strip or thin slab processing of boron/titanium steels
US8221562B2 (en) * 2008-11-25 2012-07-17 Maverick Tube, Llc Compact strip or thin slab processing of boron/titanium steels
US10844669B2 (en) 2009-11-24 2020-11-24 Tenaris Connections B.V. Threaded joint sealed to internal and external pressures
US11952648B2 (en) 2011-01-25 2024-04-09 Tenaris Coiled Tubes, Llc Method of forming and heat treating coiled tubing
US9163296B2 (en) 2011-01-25 2015-10-20 Tenaris Coiled Tubes, Llc Coiled tube with varying mechanical properties for superior performance and methods to produce the same by a continuous heat treatment
US10480054B2 (en) 2011-01-25 2019-11-19 Tenaris Coiled Tubes, Llc Coiled tube with varying mechanical properties for superior performance and methods to produce the same by a continuous heat treatment
US9598746B2 (en) 2011-02-07 2017-03-21 Dalmine S.P.A. High strength steel pipes with excellent toughness at low temperature and sulfide stress corrosion cracking resistance
US9188252B2 (en) 2011-02-18 2015-11-17 Siderca S.A.I.C. Ultra high strength steel having good toughness
US9222156B2 (en) 2011-02-18 2015-12-29 Siderca S.A.I.C. High strength steel having good toughness
US8414715B2 (en) 2011-02-18 2013-04-09 Siderca S.A.I.C. Method of making ultra high strength steel having good toughness
US9340847B2 (en) 2012-04-10 2016-05-17 Tenaris Connections Limited Methods of manufacturing steel tubes for drilling rods with improved mechanical properties, and rods made by the same
US9970242B2 (en) 2013-01-11 2018-05-15 Tenaris Connections B.V. Galling resistant drill pipe tool joint and corresponding drill pipe
US9187811B2 (en) 2013-03-11 2015-11-17 Tenaris Connections Limited Low-carbon chromium steel having reduced vanadium and high corrosion resistance, and methods of manufacturing
EP2778239A1 (en) * 2013-03-14 2014-09-17 Tenaris Coiled Tubes, LLC High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
US9803256B2 (en) 2013-03-14 2017-10-31 Tenaris Coiled Tubes, Llc High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
US10378074B2 (en) 2013-03-14 2019-08-13 Tenaris Coiled Tubes, Llc High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
US10378075B2 (en) 2013-03-14 2019-08-13 Tenaris Coiled Tubes, Llc High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
EP3845672A1 (en) * 2013-03-14 2021-07-07 Tenaris Coiled Tubes, LLC High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
US11377704B2 (en) 2013-03-14 2022-07-05 Tenaris Coiled Tubes, Llc High performance material for coiled tubing applications and the method of producing the same
CN104046918A (zh) * 2013-03-14 2014-09-17 特纳瑞斯盘管有限公司 用于连续管应用的高性能材料及其生产方法
US9657365B2 (en) 2013-04-08 2017-05-23 Dalmine S.P.A. High strength medium wall quenched and tempered seamless steel pipes and related method for manufacturing said steel pipes
US9644248B2 (en) 2013-04-08 2017-05-09 Dalmine S.P.A. Heavy wall quenched and tempered seamless steel pipes and related method for manufacturing said steel pipes
US11105501B2 (en) 2013-06-25 2021-08-31 Tenaris Connections B.V. High-chromium heat-resistant steel
US11124852B2 (en) 2016-08-12 2021-09-21 Tenaris Coiled Tubes, Llc Method and system for manufacturing coiled tubing

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS60215719A (ja) 二輪車フロントフオ−ク用電縫鋼管の製造方法
JP4926447B2 (ja) 耐溶接割れ性に優れた高張力鋼の製造方法
JPH02220735A (ja) チタン酸化物を含有する溶接・低温用高張力鋼の製造法
KR100723201B1 (ko) 다층용접부 인성이 우수한 고강도 고인성 강 및 그제조방법
JPH06128631A (ja) 低温靱性の優れた高マンガン超高張力鋼の製造方法
JPS6059018A (ja) 溶接性および低温靭性の優れたCu添加鋼の製造法
JP5245414B2 (ja) 低降伏比高強度鋼管用鋼板とその製造方法および低降伏比高強度鋼管
JPS59226151A (ja) 溶接性と熱間加工性に優れた高合金オ−ステナイト系ステンレス鋼
JP4539100B2 (ja) 超大入熱溶接熱影響部靭性に優れた非調質高強度厚鋼板の製造方法
JP4655372B2 (ja) 高い降伏点を有する高張力鋼材の製造方法
JPH11189840A (ja) 耐水素誘起割れ性に優れたラインパイプ用高強度鋼板およびその製造方法
JP2930772B2 (ja) 溶接熱影響部靱性の優れた高マンガン超高張力鋼
JPH11131177A (ja) 溶接後熱処理の省略可能な中常温圧力容器用鋼板およびその製造方法
JP3836977B2 (ja) 低温靱性に優れるクラッド鋼板
JP2743765B2 (ja) 圧力容器用Cr−Mo鋼板及びその製造法
JP2705946B2 (ja) 耐ssc性の優れた高張力鋼板の製造法
JP2671732B2 (ja) 溶接性に優れた高張力鋼の製造方法
JP3756795B2 (ja) 多重熱サイクルを受けた溶接熱影響部の靱性に優れた高張力鋼
JP3298718B2 (ja) 極厚調質型高強度鋼板の製造方法
JP3449307B2 (ja) 溶接熱影響部靭性に優れたb添加高張力鋼
JPH03249126A (ja) 強靭鋼製造における均熱化処理方法
JPS62149845A (ja) 溶接部じん性のすぐれたCu析出型鋼材とその製造方法
JPS6337167B2 (ja)
JP3336875B2 (ja) 耐溶融亜鉛メッキ割れ性に優れた調質型高張力鋼及びその製造方法
JP3383156B2 (ja) 高強度電縫鋼管用鋼板の製造法