JPS60157822A - 射出成形機 - Google Patents

射出成形機

Info

Publication number
JPS60157822A
JPS60157822A JP1284484A JP1284484A JPS60157822A JP S60157822 A JPS60157822 A JP S60157822A JP 1284484 A JP1284484 A JP 1284484A JP 1284484 A JP1284484 A JP 1284484A JP S60157822 A JPS60157822 A JP S60157822A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sprue
pin
gate
support plate
lock pin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1284484A
Other languages
English (en)
Inventor
Tetsuo Yumoto
哲男 湯本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sankyo Kasei Co Ltd
Original Assignee
Sankyo Kasei Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kasei Co Ltd filed Critical Sankyo Kasei Co Ltd
Priority to JP1284484A priority Critical patent/JPS60157822A/ja
Publication of JPS60157822A publication Critical patent/JPS60157822A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/40Removing or ejecting moulded articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/38Cutting-off equipment for sprues or ingates

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Manufacturing & Machinery (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Moulds For Moulding Plastics Or The Like (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は型内でゲート切断2行える工うにした射出成形
機に関するものである。
従来、型内で成形品のゲートを切1所する射出成形機と
して、−力の型の内面に他方の型の外向が嵌汗して対向
面内でキャビティを形成し1両型の合せ面は所定の聞1
4をあげて位置し、キャビティ内へ樹脂を充填した後o
T動側の型を移動して合せ面を接合して、接曾と同時に
ゲート乞せん断するもの15’ある(特公昭46−18
74)。しかしながらこの例によると、固定側の型の対
向面と可動側の型の対向面とが(H)だけオーバーラツ
プし、両型間が(A)の間隔を保持しているので、成形
品の形状が制限さJする問題1例えばキャップ状の成形
品でちってはド端外周部に1@百円形状のリプを設ける
ものでは成形できない問題があった。
本発明の目的は従来例では成形できない形状の成形品で
あっても成形でき、かつゲートの切11/i部分がきれ
いで仕上げ加工が不要である射出成形様を提供すること
にある。
本発明における射出成形機においては、固定側の取付は
板及び型板にはスプルーブツシュ取付は穴が設けてあり
、この取付は穴にスプルーブツシュが13r足距141
f移動川能に取り付けである。また可動側には可動側型
板を貫通μ」能であり上記取付は穴を挿通1−るゲート
切断用スリーブビンが、スプルーブツシュと対向して設
けてあり、このスリーブビンはこの対向間に形成される
ゲートを切断する。でしてスリーブ内にはスズル−ロッ
クビンが#動自在にJψ通し又いる。スリーブピン及び
スプルーロックピンは支持プレートにそれぞれ支持して
あり、両支持プレートは作動手段によって互いに独立し
て動作し、−力のプレートの動作に伴って他力のプレー
トガ5便動し/l (・7.スリーブピンを文持しでい
る支持プレートは所定距離移動し、この#動によりスリ
ーブビンヶMID作でせ、スリーブビン端部で成形品の
グー1−’kfi制的に切爵r口」能でめる。
以F本発明の一実廁例を図面に基ついて説明す° る。
第11に2いC1向に化1j型板1は固定側取付は板2
に取り付けである。この型板に設り−たコア3と取付は
板とに亘って透設した取付は穴4にはスプルーブツシュ
5が挿尉してろシ、このスプルーブツシュは所定距離θ
ンどけ上下動’f mである。可動側型板6にはコア3
と対向してコア7が設けてあシ、”両コアの対向面でキ
ャビティを形成している。コア7の中央部及び受板8を
ゲート切断用スリーブビン9が移動自在に神通し、この
スリーブピンはスゲルーブツシュ3とゲー)10aの厚
み分の間mtもって対向位置し、スリーブピンの上端部
でスプルーブツシュを所定距離θ押し上げ可能である。
スリーブピン9は受板8の下刃のスベー丈ブロック11
内に上下動可能に配しである支持プレー)12に支持し
である。支持プレートは通常はブロック内面に形成した
受部11 a 、 11a上に位++Z シている。支
持グレート12は押上げ手段によシ所定距陥θ移動可能
でΦシ、下方に位7 )ご”シ 井乎嬢七工って上ド動するものであり、通常は0I−側
取付は板14上に位置している。そして支持プレート1
3上にはスプルーロックビン15及びエジェクタピンエ
6がそれぞn突設してアル。スプルーロックピンエ5は
スリーブビン9内を挿通し、上端部でスプルー10b’
i支持する。ま友エジェクタビン16は支持プレート1
2と受板8とを貫通し、コア7を挿通しディスク状の成
形品10c’i型板6の外力へ突き出し可能である。
固定側及び可動側に亘って吊りビン17が挿通してあシ
、両端に設けであるつば部17m、17bはそ扛ぞt穴
底面18a、18bに当接可能である。下方のつば部1
7mは支持プレー)13を押し上げ可能である。
次に作用について説明する。
第1図に示すように型板1.6の対接面を接合した状態
で、ノズルから溶融合成樹脂をスプルーブツシュ5を通
じてキャビティ内に充填し、ゲートシール後、まず支持
プレート12を押上げ手段で第2図に示す工うに一定距
離θだけ押し上げると、スリーブピン9は上動してビン
上端部でゲート10a’i切断しつつ数例は穴4に挿入
し、この過程でスズル−ブツシュ5を強fjlJ的に距
離θだけ押し上げるので、スプルー10bはスプルーロ
ックピン15の上端部より離れる。この結果ゲート10
a及びスプルー10bは型内で成形品10cと分離され
る。ついで口」動側を固定側より後退きせると、吊シピ
ン170F方のつば部17aが徐徐に穴底面18aに接
近し4やがて当接してoJ動側が後退を継続すると、こ
のつば部が支持プレー)13を押し上げ、このため第3
図に示すようにスズル−ロックピン15及びエジェクタ
ビン16が上昇しで、スプルーlOb及びI成形品1(
ICを型板6外へ突き出丁。
以上説明したように本発明によれば、型内で成形品から
ゲートを分離できるので、ゲートの切断−分〃■き牡い
で仕上げ訓工〃ぶ不要となシ、そしてバーテングツイン
を従来のようにオーバラップさせる必要〃ぶないので成
形すべき成形品の形状に制限を受けない。
【図面の簡単な説明】
第1図はキャビティ内に的Ia!II廿成偏rjUを充
填した状jυを示r萌面図、 第2図はケートτ切断した状態を示far面図。 第3図はj成形品の突き出し状態を示j断面図である。 l・・・画定側型板、2・・・固定側取付は板、4・・
・取伺ケl<、5・・・スプルーブツシュ、6・・・可
動側型板、9・・・ゲート切1所用スリーブビン、10
a・・・ゲート。 10c・・・成形品、12.1.(・・・支持プレート
、15・・・スプルーロックピン、16・・・エジェク
タピン、17・・・吊りピン。 以上 特許出fil1人 三共化成株式会社

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 固定側の取付は板及び型板に開けた取付は穴に所定距4
    移動iiJ能に伸直しであるスプルーブツシュと、 可動側型板を貫通し、上記スプルーブツシュと対向位置
    し、対向間に形成されるゲートを切断する上iピ取付は
    穴を挿通可能のゲート切断用スリーブピンと、 このスリーブピンと支持し、作動手段にニジ動作する支
    持プレートと 上、尼スリーブピン内を挿通自在のスプルーロックピン
    と。 このスプルーロックピンを支持し、上記支持プレートと
    相互に独立して作動手段によって動作する支持グレート
    と 金具晦する射出成形機。
JP1284484A 1984-01-28 1984-01-28 射出成形機 Pending JPS60157822A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1284484A JPS60157822A (ja) 1984-01-28 1984-01-28 射出成形機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1284484A JPS60157822A (ja) 1984-01-28 1984-01-28 射出成形機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60157822A true JPS60157822A (ja) 1985-08-19

Family

ID=11816696

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1284484A Pending JPS60157822A (ja) 1984-01-28 1984-01-28 射出成形機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60157822A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1504874A1 (en) * 2003-08-06 2005-02-09 Sumitomo Wiring Systems, Ltd. A mold for injection molding and a method of operating a mold
KR100876855B1 (ko) 2007-04-26 2008-12-31 대림자동차공업주식회사 다이캐스팅의 주물 압출 장치 및 그 방법
CN111872347A (zh) * 2020-07-15 2020-11-03 杭州科技职业技术学院 一种模内切剪浇口的内齿轮的注塑成型装置及注塑成型方法
KR20200145208A (ko) * 2019-06-21 2020-12-30 주식회사 명성 런너 자동 분리형 용기입구측 사출금형

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4929350A (ja) * 1972-07-15 1974-03-15

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4929350A (ja) * 1972-07-15 1974-03-15

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1504874A1 (en) * 2003-08-06 2005-02-09 Sumitomo Wiring Systems, Ltd. A mold for injection molding and a method of operating a mold
US7156649B2 (en) 2003-08-06 2007-01-02 Sumitomo Wiring Systems, Ltd. Mold for injection molding and a method of operating a mold
KR100876855B1 (ko) 2007-04-26 2008-12-31 대림자동차공업주식회사 다이캐스팅의 주물 압출 장치 및 그 방법
KR20200145208A (ko) * 2019-06-21 2020-12-30 주식회사 명성 런너 자동 분리형 용기입구측 사출금형
CN111872347A (zh) * 2020-07-15 2020-11-03 杭州科技职业技术学院 一种模内切剪浇口的内齿轮的注塑成型装置及注塑成型方法
CN111872347B (zh) * 2020-07-15 2021-10-26 杭州科技职业技术学院 一种模内切剪浇口的内齿轮的注塑成型装置及注塑成型方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN103909627A (zh) 全自动脱模的注塑成型模具
JPS60157822A (ja) 射出成形機
CN202412613U (zh) 一种机械手遥控器面盖注塑模具
CN203765962U (zh) 连杆、杠杆撬断浇口的模具
CN206899670U (zh) 注塑模具简易定模抽芯结构
JPH08323823A (ja) 射出成形方法およびそれに用いる金型
CN209704261U (zh) 一种壳体的销轴结构以及生产该结构的模具
JP4005195B2 (ja) 射出成形金型におけるスライド機構
CN208343357U (zh) 一种前模行位无顶出注塑模具
JPH037310A (ja) 成形品突き出し装置
JPH01209119A (ja) モールド成形用金型
KR200155571Y1 (ko) 사출금형의 사이드게이트 절단장치
JPH069801Y2 (ja) 金 型
JPS61172716A (ja) 成形品のゲ−ト自動切断方法
JPS5914187Y2 (ja) 成形型
CN220311464U (zh) 金属塑形用成型模具
CN210634073U (zh) 滑块延迟强制脱模模具
CN211276438U (zh) 一种用于生产镁合金毛坯件的模具
JPH0721294Y2 (ja) 射出成形用金型
JPH02307720A (ja) 射出成形用金型
CN209036928U (zh) 一种能保证潜伏浇口处制品外观质量的模具
JPH0939039A (ja) プラスチック成形用金型
JPS6347463Y2 (ja)
JPH0440174B2 (ja)
KR880003225Y1 (ko) 금형의 런너 절단장치