JPS60106234A - ハウリング防止装置 - Google Patents

ハウリング防止装置

Info

Publication number
JPS60106234A
JPS60106234A JP21546983A JP21546983A JPS60106234A JP S60106234 A JPS60106234 A JP S60106234A JP 21546983 A JP21546983 A JP 21546983A JP 21546983 A JP21546983 A JP 21546983A JP S60106234 A JPS60106234 A JP S60106234A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
amplifier
howling
speaker
sound
circuit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP21546983A
Other languages
English (en)
Inventor
Asayuki Matsumura
朝之 松村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority to JP21546983A priority Critical patent/JPS60106234A/ja
Publication of JPS60106234A publication Critical patent/JPS60106234A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R3/00Circuits for transducers, loudspeakers or microphones
    • H04R3/02Circuits for transducers, loudspeakers or microphones for preventing acoustic reaction, i.e. acoustic oscillatory feedback

Landscapes

  • Health & Medical Sciences (AREA)
  • General Health & Medical Sciences (AREA)
  • Otolaryngology (AREA)
  • Physics & Mathematics (AREA)
  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Acoustics & Sound (AREA)
  • Signal Processing (AREA)
  • Circuit For Audible Band Transducer (AREA)
  • Cable Transmission Systems, Equalization Of Radio And Reduction Of Echo (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 産業−にの利用分野 本発明は、音響再生システムのハウリング防止装置に関
するものである。
従来例の構成とその問題点 音響再生システムの一般的な使用状態を第1図に示す。
1はレコード・プレーヤで、ピックアップ2に」:ワレ
コード溝の振動を電圧に変換し、この何月は、出力コー
ド3を介してアンプ4で電力増幅される。アンプ4の出
力信号は、スピーカコード5を介してスピーカ6に送ら
れる。この電気信号はスピーカ6により音波了に変換さ
れ、放射される。この音波7の一部と、スピーカキャビ
ネットの振動8の一部が、レコードプレーヤ1にフィー
ドバックされる。したがって、もし、これら音波7.振
動8と、レコード・プレーヤが音響的に遮断されてい斤
いと、ピンクアップ2に伝達されて閉ループを構成する
第2図は、第1図のシステムを図式化したもので、2は
ピックアップ〔P〕、4はアンプ(A〕、6はスピーカ
(S)、9は音場〔H〕である。ここでP 、 A 、
 S 、 H,はそれぞねピックアップ、アンプ、スピ
ーカ、およびリスニングルームを含むフィードバンク系
の伝達関数で、次のように定義される。
アンプの出力電圧 アンプの入力電圧 このときの全体のゲインWを、(スピーカ出力音圧)/
(音溝速度振幅)と定義すれば、wil:p〜Hを用い
てつぎのように定義される。
ところで、P、A、Sはオーディオ帯域内で平坦な周波
数特性に設計されていて、大幅な位相回転は考えられな
いが、部屋を含む振動伝達路、つまシ音場Hはかな)複
雑な振幅特性と位相特性を持っている。
そこで、今Hを次のように定義すると H=h−elψ ・・・・・・・・川・・印ここで h
:音場の振幅 ψ:音場の位相 (11)式を(1)式に代入すると、 P、A、S 、−p−h−s−b−、−j、p””−””’−(ii
jとなる。
音響再生システムのハウリングが、あるアンプのゲイン
がAo[なったときに生じたとすると、曲)式で、W=
(3)、つまり右辺の分母−〇1 = P−Ao−S中
h−e−−1ψ −・ −−” −−IMがハウリング
の条件である。
一般にハウリングが生じると、信号を正常に再生できな
いので、アンプのゲインを下げるが、スピーカとレコー
ド・プレーヤなガLすか、あるいは、レコード・プレー
ヤの音響遮断効果を高めるが、いずれかの方法をとって
いた。
しかし、(9式かられかるように、)・ウリングはアン
プ、レコード・プレーヤ、スピーカのもつ伝達関数と、
音場の伝達関数により決1す、とくに、音場は、ユーザ
ーのりスニングルームにより大幅に左右されるため、ハ
ウリングの解析、対策は困難を極めていた。
発明の目的 本発明は、上記従来の問題点を解消するものでいか々る
ユーザーのりスニングルームでも、ハウリングを防止で
きるハウリング防止装置を提供することを目r+勺とす
る。
発明の構成 本発明は、音響再化システムの系の信号を遅延させる遅
延回路を、レコード・プレーヤとアンプの間に接続し、
任意の遅延時間に設定するだけで、ハウリングを防止す
るものである。
実施例の説明 第3図は本発明の一実施例における、音響再生システム
を図式化したものである。2,4,6゜9は、前記従来
例の同符号のものと同機能であるので説明を省略する。
10は遅IiL回路で、任意に、何月を遅延させ出力す
ることができるものである。
今、この遅延回路1oの遅延時間を0とすると、この系
全体のゲインWは(曲成より W−・・・・・・−・・・・・(ψ 1−P−ム−S −h、 −63餉 ただし、H=hle]ψ1とし、ある部屋の条件下とす
る。
ところで、アンプのゲインをA = A、にしタサき、
ハウリングを生じたとすると、ハウリングが生じる条件
(9式により、 1=P−A、・S拳h1・e−)ψ1 山・・曲・・川
M)と々る。ここでe−コψ1とは e附ψト順ψ1−jsinψ1 ・・・・・・・・・・
位11々す(vi1式右辺は1となり、(vit式の右
辺が実数部たけとなって、 1=P−A、・s−h、 ・・・・・・・・・・・・・
・〈蝉りのとき、ハウリングが生じる。 ・ そこでノ・ウリングを生じさせないためには、f=f、
=−の七き、ψ1sOにすればよいわけ1 である。
今、遅延回路1oの遅延時間をtとすると、f=f、に
おける位相遅れψ2は次のように表わされる。
位相回路1oを含めだ系全体のゲインWはここで、ハウ
リングの生ずる条件は、分母=Oであるから 1 =P−A−5−h盲 ・ e−コ (ψ1 +ψ2
) ・・・・・・・・・・・・べ×1)ところが、アン
プのゲインをA = A、にしたときψ、−oとなるが
、ψ24−Oまたはψ2〜2nπ(nは正の整数)であ
れば、め式の右辺1は、虚数項を含むことになシ、ハウ
リングの条件fxi式は成り立たなくなる。
よってこの遅延回路10の遅延時間tの条件は以下のよ
うに設定されなければならない。
(ただしnは0を含む正の整数) さらにψ2=nπ(nは正の整数)に設定すれば、18
00位相がすれることになシ、(×)式(分母)〜0で
系のゲインWi非常に安定し、ハウリング防止効果が最
も高くなる。
このように音響再生システムの糸の中に遅延回路10を
設けることによシ、たとえ、リスニングルームの持つ音
場の伝達関数が変わっても、この遅延回路の時間をGx
1式に滴定するよう、任意に設定するだけで、ハウリン
グを防止できるものであり、さらに、信号の全周波数に
わたシ、同位相で遅延きせるため、音質を損うことがな
い。
なお、上記実施例において、遅延回路は次の3種の中の
どれを用いても同様の効果を得ることができる。
(1) 信号をディジタル符号に直し、シフトレジスタ
ー1だはRAMを使って遅延させるもの。
(2)遅延回路として、BBD方式()! O5FET
とコンデンサを交互に配列した構造をモチ、2相のクロ
ックパルスによって入力信号に応じた電荷量を、バケツ
リレ一式に順次転送するもの)を用いたもの。
(3)遅延回路として、テープエコーを用いたもの。
まだ、遅延回路はアンプとスピーカの間に設けてもよい
発明の効果 本発明は、音響再生システムの系の信号を遅延させる遅
延回路を、レコード・プレーヤとアンプの間、またはア
ンプとスピーカの間に接続し、任意の遅延時間に設定す
るだけで、ユーザーの用いるいかなるリスニングルーム
の音場においても、ハウリングを防止でき、さらに、全
周波数にわた)す、同時間で遅らせるため、周波数によ
る位相乱れがなく、音質を損うことなく、ハウリングを
防止できるという、優れた効果を有する。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来の音響装置の側面図、第2図は第1図のシ
ステムを図式化したブロック図、第3図は本発明の一実
施例を図式化したブロック図である。 2・・・・・ピックアップ、4・・−アンプ、6 ・・
スピーカ、9・・・・・・音場、10・・・遅延回路。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. レコード・プレヤード、このレコード・プレヤーからの
    信号を増幅してスピーカを駆動するアンプの間、または
    上記アンプと上記スピーカの間に、上記レコード・プレ
    ヤーのピックアップ入力と、」二記スピーカから放射さ
    れる音圧および位相を、全周波数にわたり、同時間で遅
    らせる遅延回路を接続したことを特徴とする・・ウリン
    グ防止装置。
JP21546983A 1983-11-15 1983-11-15 ハウリング防止装置 Pending JPS60106234A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21546983A JPS60106234A (ja) 1983-11-15 1983-11-15 ハウリング防止装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21546983A JPS60106234A (ja) 1983-11-15 1983-11-15 ハウリング防止装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60106234A true JPS60106234A (ja) 1985-06-11

Family

ID=16672885

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP21546983A Pending JPS60106234A (ja) 1983-11-15 1983-11-15 ハウリング防止装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60106234A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62159924A (ja) * 1986-01-09 1987-07-15 Oki Electric Ind Co Ltd 鳴音保護回路付きハンズフリ−回路

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62159924A (ja) * 1986-01-09 1987-07-15 Oki Electric Ind Co Ltd 鳴音保護回路付きハンズフリ−回路

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5412734A (en) Apparatus and method for reducing acoustic feedback
US4455675A (en) Headphoning
US5159703A (en) Silent subliminal presentation system
JPS60106234A (ja) ハウリング防止装置
JPS60106296A (ja) レコ−ド・プレ−ヤ
JP3132270B2 (ja) 音響再生装置
JPS60106297A (ja) スピ−カ
JPS60106295A (ja) オ−ディオ用増幅器
JP3049815B2 (ja) ディジタルマイクロホン
JPS6124059A (ja) Pcm音声再生装置
SU782179A1 (ru) Звуковоспроизвод щее устройство
JPH04123699A (ja) 電気音響変換装置
JPS61106000A (ja) 自動ハウリング防止装置
JPS6013621B2 (ja) ノイズリダクシヨンシステム
JPS59175005A (ja) Icメモリ付音響機器
JPS595919Y2 (ja) エコ−マイクロホン
JPS61103323A (ja) ト−ン検出回路
JPS6024635B2 (ja) 音響再生装置
JPH02168798A (ja) ハウリング防止回路
JPS5837603B2 (ja) 磁気記録回路
JPS59166590U (ja) 音響再生装置
JPH05122782A (ja) 音響再生装置
JPS57164406A (en) Tape recording circuit
JPS61175695A (ja) 残響付加装置
JPS5914806B2 (ja) 通信記録装置