JPS5981015A - 開先加工を伴う角パイプ用切断機 - Google Patents

開先加工を伴う角パイプ用切断機

Info

Publication number
JPS5981015A
JPS5981015A JP19131982A JP19131982A JPS5981015A JP S5981015 A JPS5981015 A JP S5981015A JP 19131982 A JP19131982 A JP 19131982A JP 19131982 A JP19131982 A JP 19131982A JP S5981015 A JPS5981015 A JP S5981015A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pipe
cut
cutting
rotary cutter
shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP19131982A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0378208B2 (ja
Inventor
Toshio Okumura
奥村 登史雄
Takaharu Akiyama
秋山 高治
Yasuo Nakai
保夫 中井
Shigeru Nozaki
茂 野崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Kawasaki Motors Ltd
Original Assignee
Kawasaki Heavy Industries Ltd
Kawasaki Jukogyo KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawasaki Heavy Industries Ltd, Kawasaki Jukogyo KK filed Critical Kawasaki Heavy Industries Ltd
Priority to JP19131982A priority Critical patent/JPS5981015A/ja
Publication of JPS5981015A publication Critical patent/JPS5981015A/ja
Publication of JPH0378208B2 publication Critical patent/JPH0378208B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23DPLANING; SLOTTING; SHEARING; BROACHING; SAWING; FILING; SCRAPING; LIKE OPERATIONS FOR WORKING METAL BY REMOVING MATERIAL, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23D45/00Sawing machines or sawing devices with circular saw blades or with friction saw discs
    • B23D45/12Sawing machines or sawing devices with circular saw blades or with friction saw discs with a circular saw blade for cutting tubes
    • B23D45/126Sawing machines or sawing devices with circular saw blades or with friction saw discs with a circular saw blade for cutting tubes with the tool turning around the workpieces

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Sawing (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 この発明は開先加工を伴う角バイ1の切断機に関するも
ので、とくに四角パイプなどのような丸バイブ以外のパ
イプに適用して著しい効果を発揮するバイブ切断機に関
する。
一般にパイプは、その一端ないし両端を溶接して使用す
る場合がきわめて多り、>七のπ11D VJ断と同時
にその切断された端面に溶接のための開先形状が完成さ
れていることは、きわめて望ま駿いことである。また、
建設技術の変遷に伴って、柱や梁材の多量需要があり、
時代の変遷とともに生産性の向上とコストダクンが急務
である。
ところが、このような事態の実現は丸パイプの場合に限
られ、角パイプの場合は従来はきわめて困難であった。
その理由は、丸パイプの場合はパイプを旋回せしめ、パ
イ)を切シ込み方向に進入せしめることできわめて簡単
に達成できるのに対し、回転体としての形状をそなえな
い月パイプの場合には、角パイプを旋回してもバイトの
進退運動の規制かき22めて複雑なもの、となシ、結局
角パイプを固定する方式を採らざるを得ないという点に
ある。
そのため、従来性われていた角パイプの切断工程と開先
加工工程とは、必ず上記両工程を別々に順次行う仁とが
常識とされていた。すなυぢ、第7図はその切断加工の
要領を示し、同図−)はパイプAk静止し、バーナ/な
いし回転中の溝切カッタ2tパイプAの外周に沿って移
動せしめてパイプを切断する要領を示し、同図(b)は
、パイプAffi回転し、バーナlないしバイト3t−
静止もしくはパイプの回転と連動して前後進せしめるこ
とによってパイプを切断する要領を示し、同図(c)で
は、パイプAを静止して回転中の円形ソー4tを矢印方
向に押し進めることによってパイプを切[すrする要領
が示され、同図(d)では、パイプA奮静止せしめ、直
線運ルJJ kしながら下i′・トするバンドソーjに
よってパイプを切断する要領が示される〇 つぎに第1図では、”lSグ図示の要領で切断されたパ
イプの端面に対し、開先加工を施す要領が示される。す
なわら同図−)は、バーナ/によってパイプの端面A/
に対して開先方ロエを施す要領を、゛同図(b)は、フ
ライスカッタ≦を用いて端面A/に開先加工を施す要領
を、同図(c)は、バイト2を用いる要領を、同図(d
)および(e)はい′iゝれも砥石tまたは砥石9をそ
れぞれ用いて端面A/に対し開先加工を施す要領を示す
このように、従来のパイプ切断によれば、角パイプの場
合は切断工程と開先加工工程とを別々に実施する必要が
あシ、そのため力11上時間が長くなること、上記各工
程のための材料のセットなどの装置がそn、ぞれ必要と
なり、材料の取付、取外しの手間が倍加し、しかも両工
程の間に2ける材料の移送の手間を要する、筐た加工ヘ
ッドの姿勢制御が必要となるなど、生産性とコストダウ
ンの点て現状にそぐわないのが実情である。
この発qtよ、上記の実情に鑑みてなされたもので、そ
のための11ケ成として、ツクイブ側を固足し、回転カ
ッタ’1−t−わ、ぞれ自転させながら回転カッタを上
記パイプの中心に対して常に極対称の位置を保持せしめ
つつ公転させ切断しようとするパイプの外周線に沿って
移動することによってパイプを切断し、上記各回転カッ
タの刃面形状は、該回転カッタによって切断されたノ(
イブの対向端面のそれぞれの形状が所定の開先形状とな
るように形成されていることを特徴とするものである。
つぎに、この発明の榴成につき実施例を示す図面に基い
て以下に具体的に説明する。回転カッタを2個設けた場
合について示した!’ /図および第2図に2いて、パ
イプAは定位置に固定せられ、等形の二個の回転カッタ
io、 ioは、自転しながら静止中のパイプAの切断
面の外周に沿ってそれぞれ矢印Pの方向に公転して移動
せしめられる。しかもこの場合、二個の回転カッタ/θ
、lθは、パイプAの中心Oに対して常に極対称の位置
葡保持せしめられる。したがって、各回転カッタ/θの
切断を受持つ・頭載は、それぞ)1パイグ全周の約4で
ある。これによって切断時に回転カッタからパイプに力
■えもれる外力はたがいに相殺せしめられ、かつパイプ
Aの固定手段の設置會d易ならしめる。
まfc第コ図に明らかなよりに、パイプAの切断によっ
て生じる一対の対向端面A/、A2の形状は、それぞれ
回転カッタ/θの両側面の切削刃面lθ−/、 10−
.2の刃面形状によって規制される0したがって、端面
A/、 A、!に要求される開先形状に合せて回転カッ
タlθの切削刃面/θ−/、lθ−2を形成せしめるこ
とによシ、回転カッタ1ot−用いてパイプA?]l−
切断するとき、切断と同時に該両端面に対して所望の開
先形状をそれぞれ形成せしめることが可能である。回転
カッタ/θ、10をノくイブAに対して矢印Pの方向に
公転して移動せしめる位置の制御手段としては、公知の
「数値制御(NO)Jないし「ならい」などの自動制御
によるもののほか、手動による制御も勿論可能である。
第3図は、角パイプを切断する装置の実施例1示し、パ
イプAは角部を挾持した状態で二組のセッター/i、 
/、/によシ水干にセットされる〇二個の回転カッタ/
θ、/θは、それぞれの水平移動台12上に眩けられて
動力によって回転(自転)せしめられる。水平移動台1
2は垂直移動台13上に設けられ、水平移動を任意に制
御される。
垂直移動台/、デU柱/グ上において垂直移!Uを任意
に制御さノする。ずなわち、回転カッタ10は、切1’
GIr Lようとするパイプの該切wr面内に2ける任
意の位置への移動が制御可能であり、それによって回転
カッタlθを角パイプの外周に沿って移11!Iせしめ
ることを可能ならしめる。
以上詳述した通シ、本発明装置の作用は、■長尺の角パ
イプヲu(足し、■自転しながら切削、■公転しながら
ならい、■極対称にカッタ配置となっておυ1.上記[
F]■および■によシ、Q角パイプの切断と該切断面に
対する開先加工とが同時に行われることになシ、■加工
時間の短縮にもとよシ、■加工のためのパイプのリセッ
トあるいはパイプの移動、運搬などの手間を著しく省く
ことができる。
また、−ヒ記■により、■回転カッタからパイプに加え
られる外力を相殺することができる。
これらのすぐれた効果によシ、多量生産性とコストダウ
ン奮大巾に同上させ、実情に合った装置食材ることがで
きた。
【図面の簡単な説明】
第1図(−j!本発明装置の一実施例を示す説明図、第
2図社箱/図中のIt−I純に2ける拡大断面図、第3
図れ本発明装置の一実施例における要I−μの斜視図、
第yN−) −(b) −(e) w (d)はいずれ
も従来装置による切断加工の説明図、第5図(a)、 
O)) 、 (c) 、 (d)、 (e)はいずれも
従来装置による開先加工の説明図である。 A、6.パイプ、A/、A、2 、、、端面、/10.
バーナ、コ01.溝切カッタ、3.7.、、バイト、グ
。 01円形ソー、!01.バンドソー、660.フライス
カッタ、J’sり00.砥石、/θ100回転カッタ、
/θ−/、/θ−200,切削刃面、ii、、、セッタ
ー、/200.水平移動台、13.、、垂直移動台、/
4t、、、柱。 出願人  川崎基工業株式会社 代理人  長 石 義  雄

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. パイプ金固定し、自転する回転カッタを設け、該回転カ
    ッタ金上記パイプの中心に対して極対称の位置に配設し
    、前記パイプの外周線に沿って極対称の位14を保持し
    ながら回転カッタを公転してパイプを切断し、上記回転
    カッタの刃面形状は、該回転カッタによって切断された
    パイプの対向端面のそれぞれの形状が所足の開先形状と
    なるように形成されていることを特徴とする開先加工を
    伴う角パイプ用切断機0
JP19131982A 1982-10-29 1982-10-29 開先加工を伴う角パイプ用切断機 Granted JPS5981015A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19131982A JPS5981015A (ja) 1982-10-29 1982-10-29 開先加工を伴う角パイプ用切断機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19131982A JPS5981015A (ja) 1982-10-29 1982-10-29 開先加工を伴う角パイプ用切断機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5981015A true JPS5981015A (ja) 1984-05-10
JPH0378208B2 JPH0378208B2 (ja) 1991-12-13

Family

ID=16272571

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19131982A Granted JPS5981015A (ja) 1982-10-29 1982-10-29 開先加工を伴う角パイプ用切断機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5981015A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60263613A (ja) * 1984-06-08 1985-12-27 Shibaura Eng Works Co Ltd 開先装置
JPH03221311A (ja) * 1990-01-23 1991-09-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ミーリング式走行鋼管切断機
JPH0542412A (ja) * 1991-08-08 1993-02-23 Nippon Steel Corp パイプ用切断装置
JP2008168367A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の処理設備
JP2013220517A (ja) * 2012-04-19 2013-10-28 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の処理設備
JP2013248688A (ja) * 2012-05-31 2013-12-12 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の切断・開先加工用刃体交換設備
ITMO20130332A1 (it) * 2013-12-06 2015-06-07 Oto S P A Macchina troncatrice
ITMO20130333A1 (it) * 2013-12-06 2015-06-07 Oto S P A Macchina per il taglio orbitale di tubi

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4215759B2 (ja) * 2005-08-31 2009-01-28 ナカジマ鋼管株式会社 鋼管の処理設備

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5186889U (ja) * 1974-12-30 1976-07-12
JPS5340591U (ja) * 1976-09-13 1978-04-08

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS52147570A (en) * 1976-06-03 1977-12-08 Nippon Kougiyou Senjiyou Kk Method of treating waste water cleasing chemical plants

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5186889U (ja) * 1974-12-30 1976-07-12
JPS5340591U (ja) * 1976-09-13 1978-04-08

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60263613A (ja) * 1984-06-08 1985-12-27 Shibaura Eng Works Co Ltd 開先装置
JPH03221311A (ja) * 1990-01-23 1991-09-30 Mitsubishi Heavy Ind Ltd ミーリング式走行鋼管切断機
JPH0542412A (ja) * 1991-08-08 1993-02-23 Nippon Steel Corp パイプ用切断装置
JP2008168367A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の処理設備
JP4597144B2 (ja) * 2007-01-10 2010-12-15 ナカジマ鋼管株式会社 鋼管の処理設備
JP2013220517A (ja) * 2012-04-19 2013-10-28 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の処理設備
JP2013248688A (ja) * 2012-05-31 2013-12-12 Nakajima Steel Pipe Co Ltd 鋼管の切断・開先加工用刃体交換設備
ITMO20130332A1 (it) * 2013-12-06 2015-06-07 Oto S P A Macchina troncatrice
ITMO20130333A1 (it) * 2013-12-06 2015-06-07 Oto S P A Macchina per il taglio orbitale di tubi
EP2881214A1 (en) * 2013-12-06 2015-06-10 Fives Oto S.P.A. Tube cutting-off machine
EP2881215A1 (en) * 2013-12-06 2015-06-10 Fives Oto S.P.A. Orbital cutting machine for tubes.
US9434012B2 (en) 2013-12-06 2016-09-06 Fives Oto S.P.A. Cutting-off machine

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0378208B2 (ja) 1991-12-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS5981015A (ja) 開先加工を伴う角パイプ用切断機
JPS5841980B2 (ja) 数値制御ワイヤカツト放電加工機
GB1038310A (en) Improvements in or relating to apparatus for centering and rotating workpieces
US3853655A (en) Method of and fixture for welding flexible members into a frame
JP3017503B2 (ja) 万能歯車面取り盤
US2146959A (en) Pipe cutter
US4216945A (en) Apparatus for automatically controlling the cutting of pipes, plates and the like
KR20230096563A (ko) 파이프 절단 및 절단부 면취 가공장치
JPS5691996A (en) Method and device for positioning and welding piping
JPS59182020A (ja) 歯車の加工方法
JPS5923962B2 (ja) フインガジヨインタ機
JP3004900B2 (ja) 金属製環状体の円孔開先加工装置
JPS56109162A (en) Elbow cutter
JPH07266117A (ja) パイプの両頭加工機
JPS63238989A (ja) レ−ザを用いた3次元加工装置
JP2001150202A (ja) 切削加工方法
JPS6049863A (ja) グラインダを取付けた切断工具
JPH03258501A (ja) 胴差し加工機
JPS59161210A (ja) 角鋼管などの開先加工装置
JPS6113219Y2 (ja)
JPS5997807A (ja) 角鋼管などの開先加工装置
JPH01252330A (ja) 材料試験片自動加工方法
JPS61260902A (ja) パイプ切断用ダイヘツド
SU1301604A1 (ru) Станок дл термической резки профильного проката
JPH02108501A (ja) モデル加工用切削工具及びモデル加工方法