JPH119956A - 湿式排煙脱硫装置の吸収塔 - Google Patents

湿式排煙脱硫装置の吸収塔

Info

Publication number
JPH119956A
JPH119956A JP9170246A JP17024697A JPH119956A JP H119956 A JPH119956 A JP H119956A JP 9170246 A JP9170246 A JP 9170246A JP 17024697 A JP17024697 A JP 17024697A JP H119956 A JPH119956 A JP H119956A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
absorption tower
flue gas
spray pipe
spray pipes
shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9170246A
Other languages
English (en)
Inventor
Michio Egashira
Hajime Okura
一 大倉
道夫 江頭
Original Assignee
Babcock Hitachi Kk
バブコック日立株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Babcock Hitachi Kk, バブコック日立株式会社 filed Critical Babcock Hitachi Kk
Priority to JP9170246A priority Critical patent/JPH119956A/ja
Publication of JPH119956A publication Critical patent/JPH119956A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 吸収塔内でのガス流れの圧力損失を低減し、
省エネルギーで高効率脱硫が達成できる湿式排煙脱硫装
置の吸収塔を提供すること。 【解決手段】 排ガス中の硫黄酸化物を吸収するために
排ガスに向けて吸収液を噴霧する吸収塔内スプレ配管7
aの断面形状を楕円形状または卵型形状にする。そし
て、排ガスの流れ方向に断面楕円形または卵型形状のス
プレ配管7aの長軸側が向くように吸収塔内スプレ配管
7aを設置する。こうして、吸収塔内スプレ配管7aの
断面形状を楕円形又は卵型形状にすることによって、同
一吸収液噴霧量の場合、従来の断面形状が円形吸収塔内
スプレ配管と比べて隣接吸収塔内スプレ配管の間の隙間
を大きくすることができ、この隙間を通過する排ガスの
流速を抑えることでガス流れの圧力損失を低減すること
ができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は湿式排煙脱硫装置の
吸収塔に係り、特に吸収塔内スプレ配管の形状に関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】最近、火力発電所などに設置される湿式
排煙脱硫装置では、徹底した省エネルギーと設備の合理
化と共に、高効率脱硫が要求されるようになってきてい
る。
【0003】ここで、図5により湿式排煙脱硫装置の概
略の構成を説明する。ボイラ排ガス3は吸収塔1の側面
より塔内に流入し、吸収塔1の上部の吸収塔内スプレ配
管7より噴霧された吸収液との気液接触により脱硫さ
れ、さらにミストエリミネータ2で同伴する吸収液のミ
ストを除去された後に吸収塔1の上部より排ガス(処理
ガス)4として排出される。
【0004】一方、吸収塔1へ供給された吸収剤である
石灰石スラリ11は、吸収塔液溜め16から抜き出さ
れ、吸収塔循環ポンプ5により昇圧され、吸収塔循環配
管6および吸収塔内スプレ配管7を介して吸収塔1上部
より噴霧され、ボイラ排ガス3との気液接触により排ガ
ス中の硫黄酸化物を吸収した後に、再び吸収塔液溜め1
6に落下する。
【0005】吸収塔液溜め16には、吸収液および反応
生成物の沈降防止のための吸収液撹拌機8と反応生成物
に空気12を微細化して供給する酸化用撹拌機9が設置
されている。
【0006】吸収塔液溜め16で生成した石膏スラリを
含む吸収液の一部は吸収塔1へ循環供給され、その他の
吸収液は吸収塔循環配管6の途中から石膏分離機10に
抜き出され、石膏分離機10内で脱水されて石膏13と
して回収される。
【0007】図4に従来技術における吸収塔内スプレ配
管7cの断面図(図5のA方向矢視図)を示す。吸収塔
内スプレ配管7c内の吸収塔循環スラリ14はスプレノ
ズル15から噴霧される。従来技術では吸収塔内スプレ
配管7cの断面形状は円形であった。しかし、最近のよ
うに高効率脱硫が要求されると、排ガス流速を速くし、
さらに単位ガス量当たりの吸収液噴霧量(液ガス比)を
大幅に増加させる必要がある。そのために、同量のガス
量を処理する吸収塔1において、高効率脱硫を行うため
には、円形吸収塔内スプレ配管7cの段数および設置本
数も従来より大幅に増加させる必要がある。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術では、吸
収塔内でのガス流速を速くして液ガス比を大きくする高
効率脱硫を行うために、吸収塔内スプレ配管の段数およ
び設置本数も大幅に増加させることが必要となる。しか
し、スプレ配管の段数および設置本数を増加させると吸
収塔内でのガス流れの圧力損失が大きくなり、高効率脱
硫の運転ができなくなるといった問題があった。本発明
の課題は、吸収塔内でのガス流れの圧力損失を低減し、
省エネルギーで高効率脱硫が達成できる湿式排煙脱硫装
置の吸収塔を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題は、次の構成に
より解決される。すなわち、燃焼排ガスを導入して、該
排ガス中の硫黄酸化物を吸収するために排ガスに向けて
吸収液を噴霧するスプレ配管を設けた湿式排煙脱硫装置
の吸収塔において、前記吸収塔の排ガス導入部の下流側
に設置されている吸収塔内スプレ配管の断面形状を楕円
形状または卵型形状にした湿式排煙脱硫装置の吸収塔で
ある。また、排ガスの流れ方向に吸収塔内スプレ配管の
断面楕円形状または卵型形状の長軸側が向くようにを設
置することが望ましい。
【0010】本発明によれば、吸収塔内スプレ配管の断
面形状を楕円形状又は卵型形状にすることによって、同
一噴霧容量の吸収液を用いる場合は従来の断面形状が円
形の吸収塔内スプレ配管と比べて、隣接吸収塔内スプレ
配管の間の隙間を大きくすることができ、この隙間を通
過する排ガスの流速を抑えることでガス流れの圧力損失
を低減することができる。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態について説明
する。図1には湿式排煙脱硫装置の吸収塔の吸収塔内ス
プレ配管7aの断面形状を示す。なお、図1の吸収塔内
スプレ配管7aが設けられる吸収塔1を含めて、湿式排
煙脱硫装置の機器構成は図5に示す脱硫装置のそれと同
じであるので、その説明は省略する。ただし、図5の最
下段のスプレ配管7は上向き、すなわち、ガス流れと並
行する方向に吸収液を噴出するように配置しても良い。
また、スプレ配管7の段数は図示の5段に限らず適宜の
段数を用いることができる。
【0012】図1に示す吸収塔スプレ配管7aは、その
断面が楕円形状であり、その楕円の長軸が排ガスの流れ
方向に向くように配置されている。吸収塔内スプレ配管
7a内の吸収塔循環スラリ14はスプレノズル15から
噴霧される。
【0013】最下段のスプレ配管7aがガス流れと並行
する方向に吸収液を噴出するように配置される場合を除
き、スプレ段のスプレ配管7aはガス流れに対向する方
向に噴霧されるので、ある程度のガス流れの圧力損失は
避けられない。この圧力損失は吸収塔1のガス流れに直
交する断面の面積に対する排ガスの流路割合と吸収塔内
スプレ配管7aを設置する段数に影響される。
【0014】一方、吸収塔内に吸収液を噴霧する吸収塔
内スプレ配管7aの容量は、他の条件が同一ならば吸収
塔1内スプレ配管7aの断面積の大きさによって決定さ
れる。
【0015】これらのことから、図4に示す断面円形の
吸収塔内スプレ配管7cと同じ断面積の楕円形の吸収塔
内スプレ配管7aを図1に示すように排ガスの流れ方向
に断面楕円の長軸側が向くように設置する。これにより
図4に示す断面円形状の吸収塔内スプレ配管7cと比べ
て排ガスの通路割合を大きくすることができ、吸収塔1
内での圧力損失の低減が図れる。
【0016】図1には下向きに吸収液を噴霧する吸収塔
内スプレ配管7aの各スプレ段を構成する並列配置され
た各スプレノズル7aが同一鉛直線上に配置されている
が、図2に示すように各スプレ段を構成する並列配置さ
れた各スプレノズル7aをガス流れ方向の前後方向に千
鳥配置にしても良い。
【0017】また、楕円形吸収塔内スプレ配管7aは塔
内ガス流れに乱流が発生するのを低減する効果もあり、
この乱流発生の低減によっても塔内のガス流れの圧力損
失の低減につながる。
【0018】従って、液ガス比を大きくして高効率脱硫
を行うことができる。また、図3には断面卵型形状の吸
収塔内スプレ配管7bの例を示す。この場合も図1に示
したスプレ配管7aと同様のガス流れ圧力損失の低減効
果がある。
【0019】本発明は図5に示す塔内でのガス流れの方
向が鉛直方向に規制される縦型の吸収塔に限らず、塔内
でのガス流れの方向が鉛直方向でない横型の吸収塔にも
適用できる。
【0020】
【発明の効果】本発明によれば、吸収塔内スプレ配管の
段数および設置本数が増加しても、吸収塔の排ガス圧力
損失を低減し、省エネルギー運転をすることができる効
果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明になる吸収塔の吸収塔内スプレ配管の
断面構成図である。
【図2】 本発明になる吸収塔の吸収塔内スプレ配管の
断面構成図である。
【図3】 本発明になる吸収塔の吸収塔内スプレ配管の
断面構成図である。
【図4】 従来技術における円形吸収塔内スプレ配管の
断面構成図である。
【図5】 湿式排煙脱硫措置の概略構成図である。
【符号の説明】
1 吸収塔 2 ミストエリミネ
ータ 3 ボイラ排ガス 4 排ガス(処理ガ
ス) 5 吸収塔循環ポンプ 6 吸収塔循環配管 7 吸収塔内スプレ配管 8 吸収液撹拌機 9 酸化用撹拌機 10 石膏分離機 11 石灰石スラリ 12 空気 13 石膏 14 吸収塔循環ス
ラリ 15 スプレノズル 16 吸収塔液溜め

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 燃焼排ガスを導入して、該排ガス中の硫
    黄酸化物を吸収するために排ガスに向けて吸収液を噴霧
    するスプレ配管を設けた湿式排煙脱硫装置の吸収塔にお
    いて、前記吸収塔の排ガス導入部の下流側に設置されて
    いる吸収塔内スプレ配管の断面形状を楕円形状または卵
    型形状にしたことを特徴とする湿式排煙脱硫装置の吸収
    塔。
  2. 【請求項2】 排ガスの流れ方向に吸収塔内スプレ配管
    の断面楕円形状または卵型形状の長軸側が向くように設
    置することを特徴とする請求項1記載の湿式排煙脱硫装
    置の吸収塔。
JP9170246A 1997-06-26 1997-06-26 湿式排煙脱硫装置の吸収塔 Pending JPH119956A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9170246A JPH119956A (ja) 1997-06-26 1997-06-26 湿式排煙脱硫装置の吸収塔

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9170246A JPH119956A (ja) 1997-06-26 1997-06-26 湿式排煙脱硫装置の吸収塔

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH119956A true JPH119956A (ja) 1999-01-19

Family

ID=15901390

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9170246A Pending JPH119956A (ja) 1997-06-26 1997-06-26 湿式排煙脱硫装置の吸収塔

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH119956A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102225297A (zh) * 2011-05-18 2011-10-26 成都华西工业气体有限公司 溶剂循环吸收法烟气脱硫中脱硫溶剂的热泵再生流程
CN111346749A (zh) * 2018-12-21 2020-06-30 国家电投集团远达环保工程有限公司重庆科技分公司 一种喷枪组件及烟道系统

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102225297A (zh) * 2011-05-18 2011-10-26 成都华西工业气体有限公司 溶剂循环吸收法烟气脱硫中脱硫溶剂的热泵再生流程
CN111346749A (zh) * 2018-12-21 2020-06-30 国家电投集团远达环保工程有限公司重庆科技分公司 一种喷枪组件及烟道系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2137364C (en) Wet-type flue gas desulfurization plant
CN101422691B (zh) 燃煤烟气多污染物脱除工艺及其设备
KR100913451B1 (ko) 혼합베인을 이용한 스크러빙 가스용 장치 및 방법
CN101557868B (zh) 海水排烟脱硫系统
KR101698999B1 (ko) 선박 연도 가스 세척 장치 및 방법
US7731100B2 (en) Joining the mixing and variable gas atomizing of reactive chemicals in flue gas cleaning systems for removal of sulfur oxides, nitrogen oxides and mercury
US9895643B2 (en) Wet scrubber and a method of cleaning a process gas
KR20160088261A (ko) 습식 스크러버 노즐 시스템 및 공정 가스를 세정하기 위한 사용 방법
CN103111173B (zh) 一种烟气净化系统及其方法
EP2361667B1 (en) A wet scrubber and a method of cleaning a process gas
US5512072A (en) Flue gas scrubbing apparatus
CN101716463B (zh) 电催化氧化联合石灰-石膏法的多种污染物同时脱除装置及方法
KR101733167B1 (ko) 배기 가스 처리 장치 및 선박
JP5057608B2 (ja) 液再分配装置を備えた気液接触器
US10563553B2 (en) System and method for reducing the amount of sulfur oxides in exhaust gas
CN104226479A (zh) 一种湿法脱硫后烟气的高效湿式电除尘净化装置与方法
US5023064A (en) Method for removing sulfur oxide
JP4785006B2 (ja) 湿式排煙脱硫装置
CN100496674C (zh) 双侧对冲进气的湿式氨法烟气脱硫工艺及其装置
GB1576502A (en) Countercurrent flow horizontal spray absorber
CA2960532C (en) Rotational flow and sink flow coupling integrated system for ultra-clean desulphurization and dedusting and desulphurization and dedusting method therefor
EA001995B1 (ru) Скруббер для очистки дымовых газов
JP2011177674A (ja) 仕上げ排煙脱硫装置及びこれを用いた排ガス処理システム
JP2015020169A5 (ja)
JP5668244B2 (ja) 排煙脱硫装置と燃焼システムと燃焼方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040428

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040601

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041012