JPH1195231A - 液晶表示装置 - Google Patents

液晶表示装置

Info

Publication number
JPH1195231A
JPH1195231A JP9257368A JP25736897A JPH1195231A JP H1195231 A JPH1195231 A JP H1195231A JP 9257368 A JP9257368 A JP 9257368A JP 25736897 A JP25736897 A JP 25736897A JP H1195231 A JPH1195231 A JP H1195231A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
substrate
liquid crystal
display device
crystal display
material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9257368A
Other languages
English (en)
Inventor
Masanaru Abe
Yukio Ootsuna
幸男 大綱
昌匠 阿部
Original Assignee
Toshiba Corp
Toshiba Electronic Engineering Corp
東芝電子エンジニアリング株式会社
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, Toshiba Electronic Engineering Corp, 東芝電子エンジニアリング株式会社, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP9257368A priority Critical patent/JPH1195231A/ja
Publication of JPH1195231A publication Critical patent/JPH1195231A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 液晶表示装置を構成する2枚の基板(100,3
00)について、基板(100,300)を大判基板から多面取りす
るに際しては基板の利用効率を高めることができ、両基
板(100,300)を貼り合わせた後においては、不要な周辺
部分のスクライブ除去工程を要しない液晶表示装置及び
その製造方法を提供する。 【解決手段】両基板(100,300)を互いに位置合わせする
ためのマーク(271,273,371,373)が、液晶表示装置(1)の
角部に配置される。詳細には、シール材(501)の外側で
あって、シール材(501)パターンの角を取った部分に配
置される。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】この発明は、一対の基板間に
液晶材料が保持されて成る液晶表示装置に関する。

【0002】

【従来の技術】近年、液晶表示装置は、薄型、軽量、低
消費電力の特徴を生かして、パーソナル・コンピュー
タ、ワードプロセッサあるいはTV等の表示装置とし
て、更に投射型の表示装置として各種分野で利用されて
いる。

【0003】中でも、各画素電極にスイッチ素子が電気
的に接続されて成るアクティブマトリックス型表示装置
は、隣接画素間でクロストークのない良好な表示画像を
実現できることから、盛んに研究・開発が行われてい
る。

【0004】以下に、光透過型のアクティブマトリック
ス型液晶表示装置を例にとり、その構成について簡単に
説明する。アクティブマトリックス型液晶表示装置は、
アレイ基板と対向基板との間に配向膜を介して液晶材料
が保持されて構成されている。

【0005】アレイ基板においては、ガラス基板上に複
数本の信号線と複数本の走査線とがマトリクス状に配置
され、各交点近傍にスイッチ素子として配置される薄膜
トランジスタ(以下、TFTと略称する。)を介して、
ITO(Indium Tin Oxide)から成る画素電極と各信号
線とが接続される。更に、このガラス基板上には、走査
線と略平行する補助容量線が配置され、補助容量線と画
素電極との間で補助容量(Cs)が形成されるよう、補
助容量線と画素電極との間には絶縁膜が介在されてい
る。

【0006】対向基板は、ガラス基板上にTFT並びに
画素電極周辺を遮光するためのマトリクス状の遮光膜が
配置され、この上にITOから成る対向電極が配置され
て成っている。

【0007】以下に、従来の技術における、アレイ基板
と対向基板との位置合わせ及び液晶表示装置の組立工程
について図9〜11を用いて説明する。

【0008】まず、第1の従来例を図9〜10により説
明する。

【0009】アレイ基板及び対向基板(1100,1300)を原
基板から切り出す際に、最終外形の四方に余分の周辺領
域(1800)を有するようにし、予め両基板(1100,1300)の
周辺領域(1800)に位置合わせマーク(1271,1273,1371,13
73)を設けて置く。位置合わせマーク(1271,1273,1371,1
373)は通常切り出された基板の角部に対角に設けられ
る。両基板(1100,1300)を貼り合わせる際に、この位置
合わせマークについてカメラ(1701)等を用いて位置合わ
せを行う。そして貼り合わせの後には、両基板(1100,13
00)の四方の周辺領域(1800)をスクライブ除去する。

【0010】次に、第2の従来例を図11を参照して説
明する。

【0011】図に示すように、最終外形寸法よりも十分
に大きい外形寸法を有し、最終外形の外の周辺領域(180
0)にアレイ基板との二つの位置合わせマーク(1271,127
3)を備えた対向基板(1300)を用い、この対向基板(1300)
と、最終外形に裁断されたアレイ基板(1100)とをシール
材を介して貼り合わせた後、液晶材料の注入前、もしく
は注入後に不要な対向基板の周辺領域をスクライブ除去
することが行われていた。

【0012】アレイ基板(1100)は、表示領域(1290)周辺
に外部回路との電気的な接続を得るための接続領域(129
5)を含むことから、表示領域(1290)に対して十分に大き
い外形寸法を有している。従って、アレイ基板(1100)に
おいては、対向基板(1300)との位置合わせ用のマーク(1
371,1373)を表示領域外に配置するに際し十分な自由度
がある。

【0013】これに対して、対向基板(1300)の外形寸法
は、表示領域(1290)と大差なく、このためアレイ基板(1
100)との位置合わせ用のマーク(1371,1373)を表示領域
(1291)外に配置することは困難である。

【0014】

【発明が解決しようとする課題】従来の技術では、大判
の基板から複数枚の対向基板を採取することが困難であ
り、このため材料ロスが多く、生産効率の向上が困難で
あった。

【0015】この発明は、上記した技術課題に対処して
成されたものであって、生産効率に優れ、しかも製造歩
留まりの高い液晶表示装置およびその製造方法を提供す
ることを目的としている。

【0016】

【課題を解決するための手段】請求項1に記載される発
明は、一つの表示領域を構成するための多数の画素電極
が形成された第1基板と、前記画素電極と液晶材料を介
して対向するための対向電極が形成された第2基板と、
第1基板の外面に配される第1偏光板と、第2基板の外
面に配される第2偏光板とを備え、第1偏光板の偏光方
向と第2偏光板の偏光方向とが略直交する液晶表示装置
において、前記第1基板と前記第2基板とを互いに位置
合わせするために両基板上に対をなして配される位置合
わせマークが、前記第1及び第2偏光板は配されている
が液晶材料は配されていない外縁領域中に位置すること
を特徴とした液晶表示装置にある。

【0017】この発明によれば、位置合わせマークを配
するために最終製品としては不要な領域を基板に設ける
ことが不要になるか又は軽減される。

【0018】従って、最終外形寸法に近い基板を取り扱
うことが可能となるので、基板を大判基板から多面取り
するに際しては基板の利用効率を高め、優れた生産性を
確保することができる。

【0019】しかも、基板を貼り合わせた後の、不要な
周辺部分のスクライブ除去工程を軽減することができ、
スクライブ不良に基づく製造歩留まりの低下を抑えるこ
とができる。

【0020】請求項2に記載される発明は、請求項1記
載の液晶表示装置において、前記第2基板にはブラック
マトリックス膜が配され、前記第2基板上の位置合わせ
マークは、このブラックマトリックス膜が前記外縁領域
にまで延在された延在部分の切り欠きよりなることを特
徴とする。

【0021】この発明によれば、第2基板上の位置合わ
せマークを、この第2基板上のブラックマトリックスの
形成と同時に行える。

【0022】請求項3に記載される発明は、請求項1記
載の液晶表示装置において、前記第2基板にはブラック
マトリックス膜が配され、前記第2基板上の位置合わせ
マークは、このブラックマトリックス膜と同一材料から
なる島状のパターンにより形成されることを特徴とした
液晶表示装置にある。

【0023】請求項4に記載される発明は、請求項2又
は3に記載の液晶表示装置において、前記ブラックマト
リックス膜、及び前記第2基板上の位置合わせマークが
樹脂製であることを特徴とした液晶表示装置にある。

【0024】この発明によれば、前記第2基板上の位置
合わせマークをブラックマトリックス膜と同一材料で形
成しても腐蝕の問題がない。

【0025】請求項5に記載される発明は、請求項1記
載の液晶表示装置において、前記液晶材料を封止するた
めのシール材が前記第1基板と前記第2基板との間隙中
にて前記表示領域を囲むように配され、前記位置合わせ
マークが、このシール材より外に配されることを特徴と
した液晶表示装置の製造方法にある。

【0026】この発明によれば、液晶表示装置の周縁部
における配線の配置が容易であり、位置合わせ操作も容
易である。

【0027】

【発明の実施の形態】以下、本発明の第1の実施例のア
クティブマトリクス型液晶表示装置(1)及びそのアレイ
基板と対向基板との位置合わせについて図1〜5を参照
して詳細に説明する。

【0028】このアクティブマトリクス型液晶表示装置
(1)は、図1の分解斜視図に模式的に示すように、アレ
イ基板(100)と対向基板(300)とを含む。そして、アレイ
基板(100)は、周辺に外部回路との棚状接続領域(295)を
配する必要上、その表示領域(290)に対して十分に大き
い外形寸法を有し、また対向基板(300)はアレイ基板(10
0)の表示領域(290)と略同等の外形寸法を有している。

【0029】アレイ基板(100)の表示領域(290)は、図2
〜3に示すように、ガラス基板(101)上に、640×3
本の信号線(103)と480本の走査線(111)とが略直交
するように配置され、それぞれ、図1に示すようにアレ
イ基板(100)が対向基板(300)と重なり合う領域から棚状
に突き出た棚状接続領域(295)に引き出されている。そ
して、各信号線(103)と各走査線との交点近傍には、そ
れぞれTFT(121)を介して画素電極(151)が配置され、
表示領域(290)は構成される。

【0030】このTFT(121)は、走査線から導出され
たゲート電極(111)上に酸化シリコンと窒化シリコンと
が積層されて成る絶縁膜(113)が配置され、絶縁膜(113)
上にはa−Si:H膜が半導体膜(115)として配置され
ている。また、この半導体膜(115)上には、ゲート電極
(111)に自己整合されて成るチャネル保護膜(117)として
窒化シリコンが配置されている。そして、半導体膜(11
5)は、低抵抗半導体膜(119)として配置されるn+型a−
Si:H膜およびソース電極(131)を介してそれぞれの
画素電極(151)に電気的に接続されている。また、半導
体膜(115)は、低抵抗半導体膜(119)として配置されるn
+型a−Si:H膜および信号線(103)から延在されたド
レイン電極(105)を介して信号線(103)に電気的に接続さ
れている。また、走査線に対し略平行に、しかも画素電
極(151)と重複する領域を有して配置される補助容量線
(161)を備え、画素電極(151)と補助容量線(161)とによ
って補助容量(Cs)が形成されている。

【0031】対向基板(300)は、透明なガラス基板(301)
上に、アレイ基板(100)に形成されるTFT(121)、信号
線(103)と画素電極(151)との間隙、走査線と画素電極(1
51)との間隙のそれぞれを遮光するため、酸化クロム薄
膜と金属クロム薄膜との積層構造から成るマトリクス状
の遮光層(311)を備えている。そして、遮光層(311)間に
は、カラー表示を実現するための赤(R),緑(G),
青(B)の3原色で構成される色部(321:321-R,321-G,3
21-B)がそれぞれ設けられ、この上にITOから成る対
向電極(331)が配置されて構成されている。

【0032】また、アレイ基板(100)と対向基板(300)の
各外表面には、図3の積層断面図において模式的に示す
ように偏光板(611,613)がそれぞれ貼り付けられてい
る。アレイ基板(100)側及び対向基板(300)側の偏光板(6
11,613)は、配向方向が互いに略直交する方向に配され
る。すなわちクロスニコルとなるように配される。

【0033】そして、このようなアレイ基板(100)と対
向基板(300)とは、表示領域(290)を取り囲むように配置
されるシール材(501)を介して5ミクロンの間隙を維持
して対向配置され、アレイ基板(100)と対向基板(300)と
の間にはそれぞれ配向膜(601,603)を介してツイスト・
ネマチック型の液晶材料(400)が挟持されている。液晶
表示装置(1)の一端辺には液晶注入孔(511,521)が構成さ
れ、この注入孔(511,521)から液晶材料(400)が注入され
る。更に、図1には省略されているが、注入孔が封孔材
によって封止されている。

【0034】そして、この実施例の液晶表示装置(1)に
よれば、図1に示すように、対向基板(300)における対
角位置の2角部の下面に対向基板側の位置合わせマーク
(271,273)が配置され、アレイ基板(100)上面の、これら
位置合わせマーク(271,273)と重なり合う個所にアレイ
基板(100)側の位置合わせマーク(371,373)が配置されて
いる。すなわち、二つの位置合わせマークの対(271,37
1)及び(273,373)が、液晶表示装置(1)の対角の2角部近
傍に設けられている。

【0035】位置合わせマーク(271,273,371,373)の配
置について、図4により更に説明する。

【0036】シール材(501)パターンは、対角2角部に
おいて、角が取られた形状に形成される。そして、位置
合わせマーク(271,273,371,373)は、角取りされなかっ
たとすればシール材パターンの外縁より内側に来る位置
に配される。すなわち、位置合わせマーク(271,273,37
1,373)は、長方形から角を取った角取り部分(280)に配
される。

【0037】アレイ基板(100)に配置される二つの位置
合わせマーク(371,373)は、走査線およびゲート電極(11
1)の形成と同時に成膜、パターニングされて成り、図4
に示すような塗り潰し四角形である。また、対向基板(3
00)に配置される二つの位置合わせマーク(271,273)は、
樹脂製の遮光膜(311)の形成と同時に成膜、パターニン
グされて成る、四角形の抜きパターンである。すなわ
ち、遮光膜(311)が表示領域(290)から角取り部分(280)
全体に延在され、この延在部に形成された抜きパターン
が対向基板側の位置合わせマーク(271,273)をなす。こ
の抜きパターンは、アレイ基板(100)側の位置合わせマ
ーク(371,373)をなす塗り潰し四角形より少し大きい。
位置合わせを行うときには、図1に示すようにカメラ(7
01,702)からの視覚認識により、アレイ基板(100)側の位
置合わせマーク(371,373)をなす塗り潰し四角形が、対
向基板側の位置合わせマーク(271,273)をなす抜きパタ
ーンのほぼ中央に来るようにする。

【0038】図3の右端部に示すように、偏光板(611,6
13)が位置合わせマーク(271,273,371,373)形成個所(角
取り部分(280))を覆っている。図5(a)に模式的に
示すように、位置合わせマーク(271,273,371,373)形成
個所においては、基板間にツイスト・ネマチック型の液
晶材料(400)が存在しないため、偏光板(611,613)のクロ
スニコル配置によりバックライトからの光をほとんど透
過しない。すなわち、角取り部分(280)、及びその他の
表示領域(290)の周縁部からはほとんど光が漏れないよ
うに構成されている。したがって、上下の位置合わせマ
ークの隙間からの光漏れは問題とならない。また、偏光
板(611,613)の貼り付けは、アレイ基板(100)と対向基板
(300)とを組み合わせ、液晶(400)を注入し、注入口の封
止を完了してから行うため、作業上の問題はない。

【0039】一方、表示領域(290)においては、図5
(b)及び(c)に模式的に示すように、ツイスト・ネ
マチック型の液晶材料(400)によりノーマリホワイトと
なる。すなわち、電圧無印加状態においては、図5
(b)に示すようにツイスト・ネマチック型の液晶材料
(400)により透過光が90°偏光するため、アレイ基板
(100)下方から入射した光が対向基板(300)上方へと透過
される。電圧印加状態においては、図5(c)に示すよ
うにツイスト・ネマチック型の液晶材料(400)が縦方向
に配向して偏光がなくなるため、図5(a)と同様に光
を透過しない。

【0040】この実施例でアレイ基板(100)に配置され
るそれぞれの位置合わせマーク(271,273)を走査線と同
時に形成したのは、製造プロセスの増大を避けるためで
あり、更に走査線のパターニングが他のパターニングに
対して基準となるため誤差の少ない位置合わせが可能と
なるためである。しかしながら、パターニングの基準が
信号線(103)となるのであれば、位置合わせマーク(271,
273)は信号線(103)等と同時に形成するものであっても
かまわない。

【0041】また、この実施例で対向基板(300)に配置
される位置合わせマーク(271,273)を遮光膜(311)と同時
に形成したのは、やはり製造プロセスの増大を避けるた
めであるが、この他にも樹脂製の色部(321)と同時に形
成するものであってもかまわない。対向基板(300)側の
位置合わせマーク(271,273)が遮光膜(311)と同時に形成
される場合、遮光膜(311)が樹脂製であるのが腐蝕防止
の観点から好ましい。金属クロム製などの通常の金属製
遮光膜は外気に対する耐食性が必ずしも充分でないから
である。しかし、遮光膜として耐食性金属が用いられる
場合、または液晶表示装置の使用環境が温和な場合には
金属製の遮光膜(311)と同時に形成されるものであって
も良い。

【0042】このようにして両基板(100,300)間の位置
合わせが達成されたならば、両基板(100,300)を互いに
押しつけて貼り付ける。そして、加熱によりシール材(5
01)を完全に硬化させる。このようにして得られた空セ
ルを十分に減圧排気した後、減圧のままの状態で、注入
孔(511)が形成された端辺を液晶材料中に浸漬し大気圧
雰囲気に戻す。しばらく後に液晶材料の注入が完了す
る。この後、注入孔(511)に封孔材を封入しUV照射に
より硬化させる。

【0043】以上説明したように、この実施例の液晶表
示装置(1)によれば、対向基板(300)とアレイ基板(100)
とをシール材(501)を介して貼り合わせるに際し、対向
基板(300)として表示領域(290)と略等しい最終外形寸法
のものを用いることができる。よって、大判のガラス基
板から多数個の対向基板(300)を採取することができ、
材料ロスを抑え、しかも生産性を向上させることができ
た。

【0044】また、アレイ基板(100)と対向基板(300)と
を貼り合わせた後に、対向基板(300)の周辺の不要部分
をスクライブ除去する必要もないので、スクライブ除去
時にアレイ基板(100)に損傷を与える、あるいは不所望
な位置でスクライブされるといったことが防止され、製
造歩留まりを大幅に向上させることができる。

【0045】次に、第2の実施例のアクティブマトリク
ス型液晶表示装置(2)を図6に示す。

【0046】本実施例においては、表示領域(290)の遮
光膜(311)が前記角取り部分(280)にまで延在されず、対
向基板側の位置合わせマーク(271,273)は島状に独立し
た遮光膜(311)のパターンにより形成される。図示の例
では、四角環状である。アレイ基板側の位置合わせマー
ク(371,373)は第1の実施例と同様である。

【0047】次に、第1の変形例の液晶表示装置(3)に
おける位置合わせマークについて図7を用いて説明す
る。第1の実施例と同様の構成であって一方の対の位置
合わせマーク(271,371)は第1の実施例と同様である。
他方の対の位置合わせマーク(273,373)の中で、アレイ
基板側の位置合わせマーク(373)は、走査線側棚状接続
領域(296)にあって前記一方の位置合わせマーク(271,37
1)から最も遠いところに設けられる。これに対応する対
向基板側の位置合わせマーク(273)は、対向基板(300)の
最終外形の外にあって、アレイ基板(100)の走査線側棚
状接続領域(296)と同一寸法の周辺領域(800)に配置され
る。したがって、両基板(100,300)の貼り合わせの後
に、この周辺領域(800)をスクライブ除去する必要があ
る。しかし、前記他方の対の位置合わせマーク(273,37
3)の平面的な位置は、走査線側棚状接続領域(296)の範
囲内にあって比較的自由に設定できるため、ある範囲内
で基板サイズが変更された場合にも2対の位置合わせマ
ーク(271,371)及び(273,373)の位置を一定とすることが
できる。すなわち、基板サイズの変更が走査線側棚状接
続領域(296)の幅の範囲内であれば、カメラ(701,702)の
位置を固定したまま位置合わせ工程を行うことができ
る。

【0048】次に、第2の変形例の液晶表示装置(4)に
おける位置合わせについて図8を用いて説明する。一方
の対の位置合わせマーク(271,371)は第1の変形例と同
様であり、他方の対の位置合わせマーク(273,373)は、
アレイ基板側のものも対向基板側のものも、それぞれの
基板の最終外形の外の周辺領域(800,900)に配される。
したがって、両基板(100,300)を張り合わせてシール材
を硬化させた後には、両基板(100,300)のそれぞれから
周辺領域(800,900)をスクライブ除去しなければならな
い。しかし、位置合わせマーク(271,273)及び(371,373)
を液晶表示装置の対角に配置した場合に、基板サイズが
変更されても周辺領域(800,900)を加えたスクライブ前
の基板の寸法を一定とすることによって、カメラ(701,7
02)の位置を固定したまま位置合わせ工程を行うことが
できる。

【0049】上述したこれら実施例及び変形例では、半
導体膜としてa−Si:H膜を備えた逆スタガ構造のT
FTをスイッチ素子として備えたアクティブマトリクス
型の液晶表示装置を例にとり説明したが、この発明はこ
の実施例に限定されるものではなく、半導体膜として多
結晶シリコン等を用いたもの、スイッチ素子としてスタ
ガ構造のTFTを用いたもの、あるいはスイッチ素子と
してMIM(Metal Insulator Metal)素子を用いたも
の等であってもかまわない。また、基板上に駆動回路を
一体に構成したものであっても構わない。

【0050】上述したこれら実施例及び変形例では、ブ
ラックマトリックスが対向基板に設けられているものと
して説明したが、アレイ基板上に設けられていても良い
(BMオンアレイ)。この場合には、アレイ基板側の位
置合わせマークをブラックマトリックスと同一材料で同
一工程にて形成し、対向基板側の位置合わせマークをカ
ラーフィルターと同一材料で同一工程にて形成すること
ができる。

【0051】

【発明の効果】この発明の液晶表示装置によれば、液晶
表示装置製品パネル中、偏光板が備えられているが液晶
材料が備えられていない領域に、一対の電極基板を互い
に位置合わせするための位置合わせマークが配されてい
る。したがって、位置合わせマークを配するために、最
終製品としては不要な領域を電極基板に設けることが軽
減される。これにより基板の利用効率を高め、優れた生
産性を確保することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の第1の実施例のアクティブマトリクス
型液晶表示装置における基板の位置合わせについて模式
的に示す全体斜視図である。

【図2】アクティブマトリクス型液晶表示装置の表示領
域の基本構成について説明するための、絶縁膜及び半導
体膜を省略した模式的な分解斜視図である。

【図3】第1の実施例の液晶表示装置における機能膜の
積層構造について説明するための、模式的な縦断面図で
ある。

【図4】第1の実施例の液晶表示装置における、位置合
わせマークが配された角部を示す部分拡大平面図であ
る。

【図5】偏光板のクロスニコル配置及びツイスト・ネマ
チック型の液晶セルについて説明するための模式的な斜
視図である。(a)は液晶材料が配されていない角部に
おいて光が遮蔽されている様子を表す。(b)は、液晶
材料に対する電圧の無印加状態において光が透過する様
子を表す。(c)は、電圧印加状態において光が遮断さ
れている様子を表す。

【図6】第2の実施例の液晶表示装置における、位置合
わせマークが配された角部を示す部分拡大平面図であ
る。

【図7】第1の変形例における位置合わせマークの配置
と位置合わせ操作について示す模式的な斜視図である。

【図8】第2の変形例における位置合わせマークの配置
と位置合わせ操作について示す模式的な斜視図である。

【図9】第1の従来例における位置合わせマークの配置
と位置合わせ操作について示す模式的な斜視図である。

【図10】第1の従来例における周辺領域のスクライブ
除去について説明するための模式的な斜視図である。

【図11】第2の従来例における位置合わせマークの配
置と位置合わせ操作について示す模式的な斜視図であ
る。

【符号の説明】

(1)…アクティブマトリクス型液晶表示装置 (100)…アレイ基板 (271),(273),(371),(373)…位置合わせマーク (290)…表示領域 (300)…対向基板 (400)…液晶材料 (501)…シール材

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】一つの表示領域を構成するための多数の画
    素電極が形成された第1基板と、前記画素電極と液晶材
    料を介して対向するための対向電極が形成された第2基
    板と、第1基板の外面に配される第1偏光板と、第2基
    板の外面に配される第2偏光板とを備え、第1偏光板の
    偏光方向と第2偏光板の偏光方向とが略直交する液晶表
    示装置において、 前記第1基板と前記第2基板とを互いに位置合わせする
    ために両基板上に対をなして配される位置合わせマーク
    が、前記第1及び第2偏光板は配されているが液晶材料
    は配されていない外縁領域中に位置することを特徴とし
    た液晶表示装置。
  2. 【請求項2】前記第2基板にはブラックマトリックス膜
    が配され、 前記第2基板上の位置合わせマークは、このブラックマ
    トリックス膜が前記外縁領域にまで延在された延在部分
    中の切り欠きよりなることを特徴とした請求項1記載の
    液晶表示装置。
  3. 【請求項3】前記第2基板にはブラックマトリックス膜
    が配され、 前記第2基板上の位置合わせマークは、このブラックマ
    トリックス膜と同一材料からなる島状のパターンにより
    形成されることを特徴とした請求項1記載の液晶表示装
    置。
  4. 【請求項4】前記ブラックマトリックス膜、及び前記第
    2基板上の位置合わせマークが樹脂製であることを特徴
    とした請求項2又は3に記載の液晶表示装置。
  5. 【請求項5】前記液晶材料を封止するためのシール材が
    前記第1基板と前記第2基板との間隙中にて前記表示領
    域を囲むように配され、 前記位置合わせマークが、このシール材より外に配され
    ることを特徴とした請求項1記載の液晶表示装置。
JP9257368A 1997-09-22 1997-09-22 液晶表示装置 Pending JPH1195231A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9257368A JPH1195231A (ja) 1997-09-22 1997-09-22 液晶表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9257368A JPH1195231A (ja) 1997-09-22 1997-09-22 液晶表示装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1195231A true JPH1195231A (ja) 1999-04-09

Family

ID=17305423

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9257368A Pending JPH1195231A (ja) 1997-09-22 1997-09-22 液晶表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1195231A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005215313A (ja) * 2004-01-29 2005-08-11 Casio Comput Co Ltd 液晶表示パネル用基板及びそれを用いた液晶表示パネル
JP2005326578A (ja) * 2004-05-13 2005-11-24 Seiko Epson Corp 電気光学装置、その製造方法、電気光学パネルおよび電子機器
JP2006079036A (ja) * 2004-09-09 2006-03-23 Samsung Electronics Co Ltd 表示装置及びその製造方法
JP2006338025A (ja) * 2005-06-02 2006-12-14 Lg Phillips Lcd Co Ltd 液晶表示素子
JP2007164158A (ja) * 2005-11-15 2007-06-28 Semiconductor Energy Lab Co Ltd 表示装置
US7273403B2 (en) 2001-12-27 2007-09-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Method of manufacturing flat display panels of different sizes from a common base substrate
US8237905B2 (en) 2007-10-04 2012-08-07 Seiko Epson Corporation Electro-optical device and electronic apparatus
TWI414842B (zh) * 2005-11-15 2013-11-11 Semiconductor Energy Lab 顯示裝置
JP2014160201A (ja) * 2013-02-20 2014-09-04 Sumitomo Chemical Co Ltd 光学シートの製造方法
JPWO2014042062A1 (ja) * 2012-09-12 2016-08-18 シャープ株式会社 表示装置

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7273403B2 (en) 2001-12-27 2007-09-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Method of manufacturing flat display panels of different sizes from a common base substrate
JP4529458B2 (ja) * 2004-01-29 2010-08-25 カシオ計算機株式会社 液晶表示モジュール
JP2005215313A (ja) * 2004-01-29 2005-08-11 Casio Comput Co Ltd 液晶表示パネル用基板及びそれを用いた液晶表示パネル
JP2005326578A (ja) * 2004-05-13 2005-11-24 Seiko Epson Corp 電気光学装置、その製造方法、電気光学パネルおよび電子機器
JP2006079036A (ja) * 2004-09-09 2006-03-23 Samsung Electronics Co Ltd 表示装置及びその製造方法
JP2006338025A (ja) * 2005-06-02 2006-12-14 Lg Phillips Lcd Co Ltd 液晶表示素子
KR101127855B1 (ko) * 2005-06-02 2012-03-21 엘지디스플레이 주식회사 액정표시소자
US7808608B2 (en) 2005-06-02 2010-10-05 Lg. Display Co., Ltd. Liquid crystal display device
JP4546420B2 (ja) * 2005-06-02 2010-09-15 エルジー ディスプレイ カンパニー リミテッド 液晶表示素子
JP2007164158A (ja) * 2005-11-15 2007-06-28 Semiconductor Energy Lab Co Ltd 表示装置
TWI414842B (zh) * 2005-11-15 2013-11-11 Semiconductor Energy Lab 顯示裝置
US8237905B2 (en) 2007-10-04 2012-08-07 Seiko Epson Corporation Electro-optical device and electronic apparatus
JPWO2014042062A1 (ja) * 2012-09-12 2016-08-18 シャープ株式会社 表示装置
JP2014160201A (ja) * 2013-02-20 2014-09-04 Sumitomo Chemical Co Ltd 光学シートの製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9274398B2 (en) Electrophoretic display device and method of fabricating the same
KR101552902B1 (ko) 곡면 액정표시장치
EP2573617B1 (en) Active matrix liquid crystal display
US8284376B2 (en) Method for manufacturing color filter on thin film transistor (COT) type liquid crystal display device having black matrix in region outside of pixel region
US10108055B2 (en) Curved liquid crystal display
JP5371063B2 (ja) 薄膜トランジスタ表示板及びこれを含む液晶表示装置
JP4908612B2 (ja) 液晶表示装置
WO2017140000A1 (zh) Va型coa液晶显示面板
US5781261A (en) Active matrix type LCD having light shield layers and counter electrodes made of the same material
US7791705B2 (en) Liquid crystal display apparatus
JP4386862B2 (ja) 液晶表示装置及びその製造方法
US6873382B2 (en) Liquid crystal display device having array substrate of color filter on thin film transistor structure and manufacturing method thereof
US6567150B1 (en) Liquid crystal display and method of manufacturing the same
US20130093988A1 (en) Lateral electric field type active-matrix addressing liquid crystal display device
KR100741890B1 (ko) 횡전계 방식의 액정표시장치 및 그의 제조방법
JP4059676B2 (ja) 液晶表示装置
US7719637B2 (en) Liquid crystal display device and manufacturing method thereof
US9052550B2 (en) Thin film transistor liquid crystal display
US8035779B2 (en) Thin film transistor display panel, liquid crystal display having the same, and method of manufacturing liquid crystal display
KR20150020204A (ko) 액정 표시 장치
JP5536986B2 (ja) 液晶表示装置
US7050131B2 (en) Liquid crystal display device having black seal pattern and external resin pattern, and method of fabricating the same
KR100870701B1 (ko) 액정표시장치용 어레이기판과 그 제조방법
KR20130097879A (ko) 액정 표시 장치 및 이의 제조 방법
US6088072A (en) Liquid crystal display having a bus line formed of two metal layers and method of manufacturing the same