JPH1186423A - Disk, its identification method and device, its reproducing device - Google Patents

Disk, its identification method and device, its reproducing device

Info

Publication number
JPH1186423A
JPH1186423A JP24956797A JP24956797A JPH1186423A JP H1186423 A JPH1186423 A JP H1186423A JP 24956797 A JP24956797 A JP 24956797A JP 24956797 A JP24956797 A JP 24956797A JP H1186423 A JPH1186423 A JP H1186423A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
disk
groove
bar code
information
security information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP24956797A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuhisa Ozaki
和久 尾崎
Original Assignee
Victor Co Of Japan Ltd
日本ビクター株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To well identify illicit copying, to embody strict security and to enable the easy visual identification of a disk. SOLUTION: Large radial bar code grooves 10, 12 having security information as contents are formed in the non-information regions of the inner periphery of the disk. The fine radial bit grooves 14, 16 having the addressees for position on the bar code grooves as the contents are formed on the respective peripheries. The address s A1 and the bar code data thereof are read by rotating the disk 30 and tracing a pickup from Pa to Pb. The address A2 and the bar code data thereof are read by rotating the disk 30 and tracing the pickup from Pc to Pd. The read two bar code signals are decoded and are compared with the respective contents previously stored in the memory, by which the disk is identified.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】この発明は、ディスク,その識別方法・装置,その再生装置にかかり、特にTVゲーム用のソフトウエアが格納された光ディスクとその識別及びその再生に好適なコピーセキュリティに対する改良に関するものである。 TECHNICAL FIELD The present invention is a disk, the identification method, apparatus, relates to the reproduction apparatus, improvements to the preferred copy protected especially TV game optical disk software is stored in the identification and regeneration it relates.

【0002】 [0002]

【背景技術】音声ソフトや映像ソフト、あるいはコンピュータプログラムなどのソフト製品は、各種の記録媒体、例えばフレキシブルディスクに対するコピーやパーソナルコンピュータのハードディスクに対するコピー、 BACKGROUND ART audio software and video software or software product, such as a computer program, the various types of recording media, for example, a copy to the hard disk copy or the personal computer for a flexible disk,
あるいは改変を容易に行うことができ、著者権侵害が起きやすいという特質がある。 Or modify the can be carried out easily, there is a characteristic that the author infringement likely to occur. 特にゲームなどのアプリケーションソフトを中心に、多数の不正コピー品が横行しているのが現状である。 Especially in the center of the application software such as a game, at present, a large number of illegally copied goods are rampant.

【0003】このため、従来からソフト製品の媒体には不正コピーに対する防止措置が執られてきており、多数の不正コピー防止技術が提案されている。 [0003] For this reason, the media of the software products from conventional has been taken prevention measures against unauthorized copying, a large number of anti-piracy techniques have been proposed. これらの手法を大別すると、信号的に不正コピーを識別する論理的手法と、物理形状的に不正コピーを識別する物理的手法に大別される。 Are roughly classified into these techniques, a logical approach for identifying the signal to illegal copying is roughly classified into a physical method that identifies the physical form to unauthorized copying. どちらも、基本的な発想としては、媒体自体もしくは媒体外部に何らかの特異なコードを論理的もしくは物理的に記録するようにし、これを読み取ることで不正コピーが識別される。 Both as a basic idea, and some specific code to the medium itself or the medium external to logically or physically recorded, illegal copying by reading this is identified. 例えば、記録媒体にコピーできない特異なコードを記録する。 For example, to record a unique code that can not be copied to a recording medium. 本来の情報である音声・映像やプログラムなどの主情報をコピーできても、 Also can copy the main information such as voice, video and program, which is the original information,
特異コード部分はコピーされない。 Specific code portions are not copied. 従って、再生時にその特異コード部分を解読すれば、その解読の有無によって不正コピー品と正規品を判別することができる。 Therefore, if decrypt the specific code portion at the time of reproduction, it is possible to determine the unauthorized copying products and regular goods by the presence or absence of the decryption. 一般的には、相当の設備を必要とする物理的手法のほうが、 In general, the more physical approach that requires a considerable amount of equipment,
簡単な設備で対応できる理論的手法よりも有効である。 It is more effective than the theoretical approach that can cope with simple equipment.

【0004】例えば、特開平6ー282931号公報には、CD−ROM中のアプリケーションプログラムから再生したいCD−ROMのIDデータを読み込むとともに、これを再生装置にセットされたCD−ROMのID [0004] For example, JP-A-6-1 282 931, reads in the ID data of the CD-ROM to be reproduced from the application program in the CD-ROM, ID of the CD-ROM that has been set it to the playback device
と比較し、一致したときにそのアプリケーションプログラムを実行するようにしたCD−ROM再生装置が開示されている。 Compared, the CD-ROM reproducing apparatus that executes the application program when a match has been disclosed with. コピー不可能なIDデータとしては、CD The copy non-ID data, CD
−ROMに記録されたカタログ番号や、CD−ROM上の特定のファイルに記録された「ABC」のような文字列が利用される。 Catalog number and recorded in the -ROM, string, such as has been recorded in a specific file on the CD-ROM "ABC" is used.

【0005】セキュリティ情報を容易にコピーできないようにするため、セキュリティ情報を通常の再生機ではアクセスしない領域に置き、特別な再生機でそれを検出することが最も一般的である。 [0005] In order to prevent easy copy security information, place the security information in a region in a normal player does not access, is most common to detect it with special player. そのようなアクセスしない領域として、ディスク内周の情報領域外鏡面を選び、 As an area which is not such access, select the circumference of the information area outside mirror in the disk,
ここに特異コードとして放射状のバーコードを記録する識別情報形成方法が特開平6ー203412号公報や、 Here the identification information forming method for recording and JP-A-6-1 203 412 a radial bar code as a specific code,
日経エレクトロニクス'97.1.6号(NO.679)p13,14)に開示されている。 Nikkei disclosed in Electronics '97 No. .1.6 (NO.679) p13,14). いずれも、ディスク製造後1枚毎にバーコードによるシリアル番号を記録することができる。 Both can record the serial number by bar code for each sheet after disc manufacturing. また、バーコードの径方向の溝幅がディスクの偏芯を吸収するに十分な幅となっているため、再生時のピックアップのトラッキングサーボは不要である。 Further, since the groove width in the radial direction of the bar code has become a sufficient width to absorb the eccentricity of the disk, tracking servo of the pickup at the time of reproduction is not necessary. すなわち、フォーカスサーボをかけてピックアップを静止させるだけでビームスポットがバーコードを横断し、データが読み取られる。 That is, only the beam spot is still the pickup traverses the bar code over the focus servo, the data is read. 更に、バーコードが比較的大きく、ディスクが正規品か不正品かの識別を目視で簡便に行うことができるという利点もある。 Furthermore, there barcode is relatively large, also an advantage that the disc can be easily performed visually identify whether genuine or fraudulent products.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】ところで、不正コピーの防止には、以下のような観点からの配慮が必要とされる。 Meanwhile [0007], the prevention of unauthorized copying is needed consideration from the viewpoint as follows. (1)セキュリティ情報記録の基本的機能として、セキュリティ情報が主情報としては出力されず、外部から発見できないようにすることが好ましい。 (1) as the basic functions of the security information recording, the security information is not output as main information, it is preferable not to be found from outside. すなわち、ディスクデータの信号処理装置の外部から不可視なデータや、 That, and invisible data from an external signal processing device of the disk data,
SCSIなどの装置外のバスやOSレベルから見たときに無意味なデータをセキュリティデータとしてディスクに記録し、主情報の処理装置から出力されないようにする。 The meaningless data when viewed from the outside of the apparatus bus or OS level, such as SCSI and recorded on the disc as the security data, to not be output from the processing unit of the main information.

【0007】(2)ディスクの処理装置から出力された主情報のデータをもとに不正コピーのディスクを製造しても、セキュリティ情報が複製されないようにする。 [0007] (2) also manufactures the illegal copy disc on the basis of the data of the main information that is output from the processor of the disk, so that the security information is not replicated. また、セキュリティ情報は、正規の処理装置で確実に読み取ることができ、正常に再生処理を行うことができるようにする。 The security information can be reliably read in the normal processing device, to be able to perform the normal reproduction process.

【0008】(3)また、必須ではないが、ディスクの物理的規格に準拠し、規格上の互換性を保てば、製造装置の併用などディスク資源としての可能性が増して好ましい。 [0008] (3) Further, although not required, to conform to the physical standard of the disk, Keeping compatibility on standards, preferably increases the possibility of the disk resources, such as the combination of the manufacturing apparatus. 例えば、CDプレーヤやパソコンのCDーROMドライブなどに対応するディスクの物理的規格と同様の規格とすることで、互換性を保つようにする。 For example, by physical standards and similar standards disk corresponding like CD players and computer CD-ROM drive, to maintain compatibility.

【0009】しかしながら、前記特開平6−20341 However, the JP-6-20341
2号公報の放射状バーコードを前記特開平6−2829 The JP-A radial bar code 2 No. 6-2829
31号公報の「ABC」といったセキュリティ情報に利用しようとすると、バーコードの複製は非常に容易なため、そのコピー防止方法としては期待できない。 When you try to use the security information such as "ABC" of 31 JP, for replication of the bar code is very easy and can not be expected as a copy protection method. 従って、更にセキュリティ情報を加えてコピー防止機能を補強する必要がある。 Therefore, it is necessary to further reinforce the copy protection added security information. また、通常再生機が持つ光学的再生手段がそのまま使用でき、新たなハードウェアの追加は最小限に止めることが望ましい。 Further, the optical reproduction means normal player has can be used as is, adding new hardware it is desirable to minimize. 具体的には、バーコードの記録再生手段をそのまま流用できると好都合である。 Specifically, it is convenient to recording and reproducing means of the bar code can be used as it is. また、目視で正規ディスクかどうかを確認できると更に都合がよい。 Moreover, further it would be advantageous to be able to check whether normal or disk visually.

【0010】この発明は、これらの観点から創案されたもので、その目的は、不正コピーを良好に識別してその防止を図るとともに、簡便な設備で対応でき、更には互換性も維持することである。 [0010] The present invention has been made from these viewpoints, and its object is strive to better identify and its prevent illegal copying can cope with simple equipment, further maintains also compatible it is. 他の目的は、セキュリティ情報によって強固なセキュリティを実現することである。 Another object is to achieve a robust security by security information. 更に他の目的は、目視によっても、簡単に正規品かどうかを区別することである。 Yet another object is also visually, and to easily distinguish whether genuine.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため、この発明のディスクは、情報領域と非情報領域を含むディスクであって、セキュリティ情報が記録されているバーコード溝(10,12);前記バーコード溝のアドレスが記録されているピット溝(14,16);を同じ周上に形成したことを特徴とする。 To achieve the above object, according to an aspect of the disk of the present invention is a disk containing information area and the non-information area, a bar code groove security information is recorded (10, 12) ; characterized by being formed on the same circumference on; the bar pit groove (14, 16) code groove address is recorded. 主要な形態の一つによれば、前記ピット溝は、情報を記録するピットに相当する幅の微細な溝であることを特徴とする。 According to one main embodiment, the pits groove, characterized in that it is a fine groove having a width corresponding to the pit for recording information. 他の形態によれば、バーコード溝とピット溝の組み合わせが、径方向の異なる位置に複数存在することを特徴とする。 According to another embodiment, a combination of barcode grooves and pits groove, and wherein the presence of a plurality of radially different positions. 本発明のディスク識別方法は、前記ピット溝とバーコード溝の有無をチェックするステップ(S16);前記バーコード溝に記載されたセキュリティ情報をチェックするステップ(S28);の少なくとも一方を含むことを特徴とする。 Disk identification method of the present invention, the step (S16) for checking the presence or absence of a pit groove and a bar code groove; contains at least one of; step (S28) for checking the security information described in the bar code groove and features.

【0012】本発明のディスク識別装置は、前記セキュリティ情報を予め記録するメモリ手段(72);前記セキュリティ情報を読み取る読取手段(52,54,56,58,6 [0012] disc identification device of the present invention, the memory means (72) for pre-recording the security information; reading means for reading the security information (52,54,56,58,6
2,68);前記放射状ピット溝に記録されたアドレスをデコードするデコード手段(58);前記放射状バーコード溝に記録されているセキュリティ情報をデコードするデコード手段(60);これによる読み取り結果を参照し、前記いずれかの溝が存在しないとき、あるいは、読み取られたセキュリティ情報が前記メモリ手段に格納されているセキュリティ情報と一致しないときに、そのディスクをコピーであると識別する識別手段(66);を備えたことを特徴とする。 2,68); see this by reading result; said radial decoding means (58 for decoding the recorded address pit groove); said radial bar code decoding means (60 for decoding the security information recorded in the groove) and, when said one of the grooves does not exist, or when the security information read does not match the security information stored in said memory means, identification means for identifying that the copy the disk (66) ; characterized by comprising a.

【0013】更に、本発明のディスクの再生装置は、前記識別装置を含み、前記識別手段によってディスクがコピーであると識別されたときは、そのディスクを排除する排除手段(64,70)を備えたことを特徴とする。 Furthermore, the reproducing apparatus of the disk of the present invention includes the identification device, when the disk is identified as a copy by said identification means comprises removing means for eliminating the disks (64, 70) characterized in that was.

【0014】この発明の前記及び他の目的,特徴,利点は、以下の詳細な説明及び添付図面から明瞭になろう。 [0014] The above and other objects, features, advantages, will become apparent from the following detailed description and accompanying drawings.

【0015】 [0015]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail embodiments of the present invention. 最初に、本発明の理解を容易にするため、図2を参照しながら通常の光ディスクの領域構成を説明する。 First, in order to facilitate understanding of the present invention, illustrating a normal area configuration of an optical disk with reference to FIG. ディスク30は、ディスク内周から バッファ領域32、リードイン領域34、データ領域36、リードアウト領域38がある。 Disk 30 includes a buffer area 32 from the disc inner circumference, a lead-in area 34, data area 36, ​​there is a lead-out area 38. 各領域は物理セクタの集合で、物理セクタにはディスクの開始から終了まで、セクタ番号という通し番号が付いている。 A set of each of the areas the physical sector, the physical sector from the start to the end of the disk, which comes with a serial number that the sector number. これらの領域は情報領域と呼ばれる、情報領域40の内側は非情報領域42である。 These regions are referred to as information areas, the inside of the information area 40 is a non-information area 42. 情報領域40には、ユーザデータ情報、ディスク管理情報、 The information area 40, the user data information, disc management information,
主なものとして読み出し専用かどうか、書換可能かどうか、ユーザデータの開始セクタ番号などが記録されている。 Whether read only or as main ones, whether rewritable, such as start sector number of the user data is recorded. 非情報領域42には、ロット管理番号やディスク番号などとして利用される番号を、放射状バーコードとして変調記録したり、あるいは記号として記録している。 The non-information area 42, a number to be utilized as a batch management number, disk number, and records or modulation recording as radial bar code, or as a symbol.

【0016】図1には、本形態のディスク構造が示されている。 [0016] Figure 1 is a disc structure of the present embodiment is shown in FIG. 本形態では非情報領域42にある鏡面領域20を2 In this embodiment the mirror surface area 20 in the non-information area 42 2
つに分け、前記特開平6−203412号公報のように放射状に形成された比較的大きいバーコード溝10,12 One to divide a relatively large bar codes grooves 10 and 12 formed radially as the JP-A 6-203412 JP
と、それぞれの周上に情報記録用のピットに対応した微細な放射状のピット溝14,16が形成されている。 When each of the pattern onto a recording pit was fine radial correspondence information circumferential pit grooves 14, 16 are formed. バーコード溝10,12とピット溝14,16の組み合わせは、径を違えて2種類記録されている。 The combination of barcode grooves 10, 12 and the pit grooves 14 and 16 are two recorded Chigae diameter.

【0017】本形態では、ピット溝14,16のフォーマットが情報領域40の信号と同じものとなっており、セクタ構造になっている。 [0017] In this embodiment, the format of the pit grooves 14, 16 has become the same as the signal information area 40, and is sector structure. ここには、それぞれバーコード溝1 Here, the respective bar code groove 1
0,12の位置決め用のアドレスが記録してあり、例えば、 Address for the positioning of 0,12 is Yes recorded, for example,
内側のピット溝14には「A1」、外側のピット溝16には「A2」が記録されているとする。 "A1" on the inside of the pit groove 14, on the outside of the pit groove 16 and "A2" is recorded. 通常のピット列は、 Normal of pit row,
ディスクに同心円もしくは渦巻状に記録されていて、ビームスポットがこのピート列をトレースするために、高精度のトラッキング制御が必要となる。 Be recorded concentrically or spirally to the disk, the beam spot to trace the peat column, it is necessary to tracking control with high accuracy. しかし、本形態のディスクでは、バーコード溝10,12とピット溝14,16 However, in the disk of the present embodiment, the bar code groove 10, 12 and the pit grooves 14,16
の径方向の幅は、同じになっていて、径方向の幅は例えば1mm程度のオーダーとなっている。 Width radially of is have the same width in the radial direction has a 1mm about the order, for example. ピット溝14,16 Pit groove 14, 16
は、この幅内で同一の情報が記録され、その幅内でピックアップが変位しても同一の情報が得られる。 , This same information in width is recorded, the same information can be obtained by pickup displaced within its width. 従って、 Therefore,
再生時は、フォーカスサーボをかけるのみでよく、高精度の位置決めが不要なので、トラッキングサーボをかけなくてもよい。 During reproduction, well only applying a focus servo, since high-precision positioning is not required, it is not subjected to tracking servo. 例えば、ピックアップのビームスポットがPaからPbに走査するかわりにPaからPBに走査したとしても、つまり、径方向に多少ずれても、ピット溝1 For example, even if the pick-up of the beam spot is scanned in PB from Pa instead of scanning the Pb from Pa, that is, even if slightly deviated in the radial direction, a pit groove 1
4,16とバーコード溝10,12からは良好に情報が読み取られる。 4,16 from the barcode grooves 10 and 12 well information is read. このように、径方向のビームずれがあってもよいように、径方向の幅を大きくとっている。 Thus, as there may be a beam displacement in the radial direction, taking a large width in the radial direction.

【0018】ピット溝1本の周方向の幅は、信号記録用のピットと同一で1μm前後となっており、バーコード溝1本の幅は100μm程度のオーダーとなっている。 The pit grooves one circumferential direction of the width, has a longitudinal 1μm identical to the pit signal recording, bar code groove one width has become the order of about 100 [mu] m. バーコード溝10,12は肉眼でも見えるが、ピット溝14,16は肉眼では見えない。 Bar code groove 10, 12 is also visible to the naked eye, pit groove 14, 16 is not visible to the naked eye. バーコード溝10,12には、前記背景技術のようにセキュリティ情報が記録されている。 The barcode grooves 10 and 12, the security information as the background art have been recorded. 2つのバーコード溝10,12には、それぞれ別種のセキュリティ情報が記録されている。 The two bar codes grooves 10 and 12, another type of security information each of which is recorded. ピックアップのビームスポットがPaからPbに走査すると、ピット溝14からはアドレス「A1」が得られ、このアドレスA1に基づいてバーコード溝10の位置が決められて、バーコード溝10からセキュリティ情報が得られる。 When pickup of the beam spot scans the Pb from Pa, from the pit groove 14 obtained address "A1", the position of the bar code groove 10 is determined based on the address A1, the security information from the bar code groove 10 can get. ピックアップのビームスポットがPcからPdに走査すると、ピット溝16からはアドレス「A2」が得られ、このアドレスA2に基づいてバーコード溝12の位置が決められて、バーコード溝12からセキュリティ情報が得られる。 When pickup of the beam spot scans the Pd from Pc, the pit groove 16 obtained address "A2", the position of the bar code grooves 12 are determined on the basis of the address A2, the security information from the bar code groove 12 can get.

【0019】このように、ピット溝14,16はバーコード溝10,12を読むための位置決め用のガイドとなっている。 [0019] In this way, the pit grooves 14 and 16 and has a guide for positioning to read the bar code groove 10, 12. セキュリティ情報としては何でもよく、何らかの製品番号や、特開平6−282931号公報のように「A The security information Frequently anything, or some product number, as in JP-A-6-282931 discloses "A
BC」といった記号でもよい。 BC, "such as may be a symbol. これらの情報を検出して、予めメモリに記録されているデータと比較することでも、正規ディスクかどうかの識別が可能である。 By detecting such information, even by comparison with data recorded in advance in the memory, it is possible to identify whether the legitimate disk.

【0020】次に、図3を参照しながら、本形態にかかる識別・再生装置の構成を説明する。 Next, with reference to FIG. 3, illustrating the configuration of the identification and reproduction apparatus in this embodiment. 同図において、ディスク50に記録されたピット列データを読み取るためのピックアップ52の信号出力側は、アンプ54,56に接続されている、アンプ54の信号出力側は、RF信号処理系58 In the figure, the signal output of the pickup 52 for reading pit string data recorded on the disc 50 is connected to the amplifier 54 and 56, the signal output side of the amplifier 54, RF signal processing system 58
と放射状バーコードデコーダ60に接続されている。 It is connected to the radial bar code decoder 60 and. アンプ56の出力側はサーボ処理系62に接続されている。 The output side of the amplifier 56 is connected to the servo processing system 62. RF RF
信号処理系58の出力側は、一方において復号処理系64を介して後処理系(図示せず)に接続されている。 The output side of the signal processing system 58 is connected via a decoding system 64 to the post-processing system (not shown) on the one hand. RF信号処理系58は、ディスクマイクロプロセッサ66とサーボ処理系62にも接続されている。 RF signal processing system 58 is also connected to the disk microprocessor 66 and a servo processing system 62. 前記サーボ処理系62の出力側は、それぞれのドライバ(図示せず)を介してピックアップ52やスピンドルモータ68にフィードバックされている。 The output side of the servo process system 62 is fed back to the pickup 52 and the spindle motor 68 via respective drivers (not shown). 放射状バーコードデコーダ60の出力側はディスクマイクロプロセッサ66に接続されている。 The output side of the radial bar code decoder 60 is connected to the disk microprocessor 66. ディスクマイクロプロセッサ66はホストプロセッサ70に接続されている。 Disk microprocessor 66 is connected to host processor 70.

【0021】以上の各部のうち、ピックアップ52は、ディスク50の信号記録面からピット列データを読み取るためのものである。 [0021] Among the above respective portions, the pickup 52 is for reading the pit column data from the signal recording surface of the disk 50. RF信号処理系58では、ピックアップ In the RF signal processing system 58, the pick-up
52で読み込まれたデータのデインターリープ、誤り訂正、デコードなどの処理が行われる。 De interleave the data read in 52, error correction, processing such as decoding is performed. 復号処理系64では、デコードされたメインデータの復号がMPEGなどの規格に沿って行われ、これによって画像信号や音声信号が得られる。 The decoding system 64, decoding of the main data decoded is performed along with standards such as MPEG, which image signals and audio signals are obtained by. 一方、サーボ処理系62では、アンプ56からの入力信号に基づいてピックアップ52の光ビームがピット列をトレースするように、ピックアップ52及びスピンドルモータ68のサーボ制御が行われる。 On the other hand, the servo processing system 62, as the light beam of the pickup 52 traces the pit string based on an input signal from the amplifier 56, the servo control of the pickup 52 and the spindle motor 68 is performed.

【0022】このようなディスク制御には、専用のディスクマイクロプロセッサ66が使用される。 [0022] Such disk control, dedicated disk microprocessor 66 is used. 他方、例えばゲーム用のメインCPUとしてホストプロセッサが設けられており、ディスクマイクロプロセッサ66と分業が行われている。 On the other hand, for example, the host processor as the main CPU of the game is provided, the division of labor between the disk microprocessor 66 is performed. また、ディスクマイクロプロセッサ66のメモリ72には、セキュリティ 情報が予め格納されている。 The memory 72 of the disk microprocessor 66, the security information is stored in advance.

【0023】図4は、図3の主要部の信号である。 [0023] FIG 4 is a signal of a main part of FIG. 図4 Figure 4
(A)はバーコード溝10,12とピット溝と14,16の様子である。 (A) is a state of the bar code groove 10, 12 and the pit groove 14,16. ディスク50を回転させ、ピックアップ52で両者の信号を再生する。 The disc 50 is rotated to reproduce the two signals by the pickup 52. 前記のようにピット溝14,16は微細なので、再生信号周波数は高い。 Since pit grooves 14, 16 as described above it is a fine reproduction signal frequency is high. バーコード溝10,12は大きいので、逆に再生信号周波数は低い。 Since the bar code grooves 10 and 12 is large, the reproduction in the reverse signal frequency is low. RF信号処理系 RF signal processing system
58で再生すると、図4(B)のようにピット溝に応じてR When you play at 58, in accordance with the pit groove as shown in FIG. 4 (B) R
F信号が出力される。 F signal is output. バーコード部分は反射光がないので、再生信号は出力されない。 Since the bar code portion is not reflected light, the reproduction signal is not output. RF信号処理系58は周波数特性が広く、ピットの信号をも再生する。 The RF signal processing system 58 frequency characteristic is wide, even to reproduce a signal pit.

【0024】図4(C)は光量信号である。 FIG. 4 (C) is a light quantity signal. 放射状バーコードデコーダ60は、RF信号の合計、すなわち光量信号に基づいて放射状バーコードをデコードする。 Radial bar code decoder 60, the sum of the RF signal, i.e. to decode the radial bar code based on the light quantity signal. ここではディスク全体での光量を検出する(ディスクのゴミなどの検出)だけでよいので、信号系の周波数特性は低く、 Here, since it only detects the light intensity of the entire disk (detection such as dust disk), the frequency characteristics of the signal system is low,
ピット溝14,16の高域信号は再生せず、バーコード溝1 High-frequency signal of the pit grooves 14, 16 does not reproduce, the bar code groove 1
0,12の低い周波数帯域のみ再生する。 Only a low frequency band of 0.12 to play. 図4(B)のRF信号に基づいて、前記アドレスデーコーダ59でアドレス「A1」,「A2」を解読し、それぞれ該当するバーコード溝を検出する。 4 based on the RF signal (B), the address "A1" in the address data coder 59 decodes the "A2", detecting each corresponding bar code groove. 図4(C)の信号は前記のバーコードデコーダ60でバーコードデータとして解読され、セキュリティ情報としてディスクマイクロプロセッサ66に取り込まれる。 Signal shown in FIG. 4 (C) is decrypted as a bar code data with a bar code decoder 60 of the, incorporated into the disk microprocessor 66 as security information.

【0025】次に、本発明の特徴的な動作であるディスク識別の動作について、図5のフローチャートを用いて説明する。 Next, the operation of the disc identification is a characteristic operation of the present invention will be described with reference to the flowchart of FIG. ディスク50がセットされると(ステップS10 When the disc 50 is set (step S10
のY)、ディスクデータ読み込みのための初期設定が行われる(ステップS12)。 Of Y), the initial setting is performed for the disk data reading (step S12). 具体的には、スピンドルモータ68によってディスク50を回転させるとともに、サーボ処理系62によるサーボ制御を行ってピックアップ52による列データの読出しが可能な状態とする。 Specifically, rotates the disk 50 by a spindle motor 68, read column data by the pickup 52 performs servo control by the servo processing system 62 is a state as possible. ディスクマイクロプロセッサ66は、ピックアップ52からレーザ光を出力して、リードイン領域34にアクセスするよう動作指示を行う。 Disk microprocessor 66 outputs the laser beam from the pickup 52, performs an operation instruction to access the lead-in area 34. 通常のピックアップは、初期状態では、図2のリードイン領域34のどこかに位置決めされていて、リードイン領域34を読み込む。 Normal pickup, in the initial state, is positioned somewhere in the lead-in area 34 of Figure 2 reads the lead-in area 34.

【0026】ここで、ディスクマイクロプロセッサ66 [0026] In this case, the disk microprocessor 66
は、ピックアップ52をリードイン領域34、バッファ領域 The lead-in area 34 of the pickup 52, a buffer area
32よりも内周にある鏡面領域20にシークするよう指示する(ステップS14)。 32 is instructed to seek the mirror region 20 in the inner periphery than (step S14). 図1のピット溝14,16を読んで、 Read the pit groove 14, 16 of FIG. 1,
アドレスデコーダでアドレス「A1」,「A2」をデコードする。 Address "A1" in the address decoder to decode the "A2". 「A1」なら(ステップS16のA1)、バーコード溝 If "A1" (A1 in step S16), and the bar code groove
10を読み(ステップS18)、「A2」なら(ステップS16 10 read (step S18), and if the "A2" (step S16
のA2)、バーコード溝12を読む(ステップS22)。 Of A2), read the bar code groove 12 (step S22). そして、他方のアドレスにそれぞれシークして(ステップS Then, seek each other address (step S
24又はS20)、同様に該当するバーコード溝を読む(ステップS26)。 24 or S20), reading the bar code groove corresponding in the same manner (step S26). これで2つのバーコード溝10,12を読んだことになる。 Made to this by reading two bar code groove 10, 12.

【0027】これらのバーコード信号は、前記バーコードデコーダ60でバーコードデータとして解読され、ディスクマイクロプロセッサ66に出力される。 [0027] These bar code signal, the bar code decoder 60 is decoded as bar code data are output to the disk microprocessor 66. ディスクマイクロプロセッサ66では、入力された2つの解読結果と、 In the disk microprocessor 66, and two decryption result input,
メモリ68に予め格納されていた2つのセキュリティ情報とが一致するかどうか判断される。 And two security information that was previously stored in the memory 68 is judged whether it matches. その結果2つとも一致しないとき、あるいは2つのセキュリティ情報のどちらかが一致しないときは(ステップS28のN)、そのディスクはコピー品であると識別し、ディスクを停止若しくは排出する(ステップS32)。 If no match even result two, or when either of the two security information does not match (N in step S28), identified as the disc is a copy product, stopping or ejecting the disk (step S32) . 逆に、2つとも一致したときは(ステップS28のY)、そのディスクは正規品と判断され、通常の再生を行う(ステップS30)、具体的には、リードイン領域34のディスクの物理管理情報を読み込み、これらの管理情報に基づいて、データ領域36 Conversely, if they match both of the two (Y in step S28), the disk is judged to be genuine, performs normal reproduction (step S30), specifically, the physical management of the disks of the lead-in area 34 read the information, based on the management information, data area 36
のユーザファイルを読み込んでゲームアプリケーションを起動するなどの動作が行われる。 Operations such as start the game application is carried out by reading the user file.

【0028】一方、以上のシーク動作の結果、ピット溝 [0028] On the other hand, a result of the above seek operation, pit groove
14,16が読めないときは(ステップS16のN)、ピット溝14,16が存在しないと判断され、そのディスクはコピー品であると認識し、ディスクを排出する(ステップS When 14, 16 can not be read (N in step S16), and it is determined that pits grooves 14, 16 is not present, and recognizes that the disk is a copy product, to discharge the disc (step S
32)。 32).

【0029】これにより、次のような効果が得られる。 [0029] As a result, the following effects can be obtained. (1) 通常アクセスしない非情報領域の部分にセキュリティ情報とその関連情報が記録されている。 (1) Normal with information pertaining security information portion of the non-information area is not accessed is recorded. このため、本形態のディスクをコピーしたとしても、セキュリティ情報に関係する情報を検出することができず、従って、主情報は再生されない、このように、極めて有効なコピー防止が可能となる。 Therefore, even if a copy disc of the present embodiment, it is not possible to detect the information related to the security information, therefore, the main information is not reproduced, thus, it is possible to very effective copy protection.

【0030】(2) 準論理的な記録なので、ディスク製造装置にウォブルのようなアナログ的に操作する機能を付加する必要がない。 [0030] (2) Since the quasi logical recording, there is no need to add a function of analog manipulated as wobble in the disk manufacturing apparatus. ディスク製造装置には非情報領域への記録機能を追加するのみでよく、比較的簡便な設備で対応できる、ディスク製造コストも安価である。 The disk producing apparatus well only by adding the function of recording the non-information area, can be dealt with relatively simple equipment, disk manufacturing cost is inexpensive.

【0031】(3) ディスクのタイトルやロットによって、セキュリティ情報の有無や内容を変更することが可能であり、更に変更処理を製造ライン上で実時間で行うこともできる。 [0031] (3) by the disk title or lots, it is possible to change the presence and contents of the security information, can be performed in real time further change process on the production line. また、それらの組み合わせによって多数のセキュリティ情報の種類を作ることができ、いくらでも強固なセキュリティを実現できる。 Further, it is possible to make a type of multiple security information by their combinations, it can be realized without limit robust security. 即ち、たとえ1枚のディスクのセキュリティ情報が解析されたとしても、 In other words, even as the security information if one disc is analyzed,
他のロットや製品ではセキュリティ情報が異なるため、 Because the security information is different in other lots or products,
全部の製品のセキュリティ情報が一度に解析される恐れはない。 There is no possibility that the security information of all of the products is analyzed at a time.

【0032】(4) バーコードはいずれも記録密度が低い分大きく広い面積で記録されているので、目視で確認できる、そのため、識別機を必要とすることなく正規ディスクかどうかを肉眼で確認することもでき、非常に簡便である。 [0032] (4) Since the bar code is also recorded density Any are recorded in low partial large wide area, can be visually confirmed, therefore, to determine whether legitimate disk without requiring identification device with the naked eye It can also, is very simple. また、ピット溝の大きさは通常のピットレベルなので、目視では見えなく、セキュリティ情報に関係するものであることに気付かれ難いという利点もある。 The size of the pit groove so normal pit level, invisible by eye, there is an advantage that hardly notice that is related to the security information.

【0033】(5) 主情報の再生装置は通常のものと同様であるため、LSI化されたものをそのまま使用することができる、ディスク識別には、ディスクマイクロプロセッサのファームウエアのみの改良で対応でき、コスト的に有利である。 [0033] (5) for the main information reproducing apparatus is the same as conventional ones, can be used as it is an LSI, the disc identification, the corresponding an improvement of the disk microprocessor firmware only It can, is advantageous in terms of cost.

【0034】(6) 主情報と関係しない非情報領域の操作であり、ユーザデータに一切加工を施していない。 [0034] (6) is an operation of the non-information area that is not related to the main information, not subjected to any processing to the user data. 従って、ユーザデータの信頼性はそのまま確保される。 Therefore, the reliability of user data is ensured as it is.

【0035】この発明には数多くの実施形態があり、以上の開示に基づいて多様に改変することが可能である。 [0035] There are numerous embodiments to this invention, it is possible to variously modified based on the above disclosure.
例えば、次のようなものも含まれる。 For example, also include the following. (1) 前記の形態では、バーコード溝とピット溝がそれぞれ2種を設けたが、もっと簡易的に一つのみでもかまわない;もっと種類を増やしよりコピーを困難にすることができ、その組み合わせで要求の程度によってセキュリティ強固さを自由に設定できる。 (1) In the above embodiment, although the bar code grooves and pits groove provided two each, may be only one more in a simple manner; may complicate copy from increasing more kinds, the combination in can be freely set the security robustness depending on the degree of the request.

【0036】(2) また、前記形態では、ピット溝のフォーマットと情報領域のフォーマットを同一としたが、このように共通のデータデコーダを使用することで装置構成を簡略化することができる。 Further (2), in the embodiment, although the format of the format and the information area of ​​the pit grooves identical, it is possible to simplify the device structure by using a common data decoder in this way. しかし、両者を別個のフォーマットとし、更に種類ごとに別個のフォーマットとすると、デコーダは別個のものを用意する必要があるが、セキュリティ情報の解析がより困難となるという利点が生ずる。 However, both the separate format, further when a separate format for each type, the decoder it is necessary to prepare a separate entities, advantages arise in that the analysis of the security information becomes more difficult.

【0037】(3) 前記形態は片面ディスクの例であるが、これを両面張り合わせ構造のディスクに各面にそれぞれ適用してもよい。 [0037] (3) said forms is an example of a single-sided disc, which may be applied respectively to each side to a disk of the double-sided laminated structure.

【0038】(4) 前記形態は、一般的な光ディスクを例としたが、非情報領域が存在すれば、CD−ROM,ミニディスク,MOディスク,DVD(Digital Video Di [0038] (4) The form is a general optical disc taken as an example, if there is a non-information area, CD-ROM, a mini disk, MO disk, DVD (Digital Video Di
sc)−ROM、磁気ディスクなど各種の記録媒体に適用可能である。 sc) -ROM, is applicable to various recording media such as a magnetic disk.

【0039】 [0039]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
通常使用しない非情報領域にセキュリティ情報を内容とした比較的に大きいバーコード溝を記録し、そのバーコード溝の位置決め用アドレスを内容とした比較的微細なピット溝を同じ周上に形成することとしたので、次のような効果がある。 The security information is recorded a relatively large bar code grooves which are the contents in the non-information area not normally used, to form a relatively fine pits groove the positioning address and the contents of the bar code grooves on the same circumference on since the was, there are the following effects. (1) 不正コピーを良好に識別してその防止を図ることができる。 (1) it is possible to satisfactorily identify and its prevent illegal copying. (2) 簡便な設備で対応でき、更には互換性も維持することができる。 (2) it can cope with simple equipment, and more can be maintained compatibility. (3) 目視によっても、簡単に正規品と不正品とを区別することができる。 (3) visually, it is possible to easily distinguish between genuine and unauthorized goods.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一形態のディスクの領域構成を示す図である。 1 is a diagram showing an area configuration of an embodiment of the disk of the present invention.

【図2】一般的なディスク構成を示す外観図である。 2 is an external view showing a general disk configuration.

【図3】前記形態の識別・再生装置の主要部を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing a main part of the identification and reproduction apparatus of the embodiment.

【図4】本形態の再生信号の波形図である。 4 is a waveform diagram of a reproduced signal of the present embodiment.

【図5】前記識別・再生装置におけるディスクマイクロプロセッサの主要動作を示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing a main operation of the disc microprocessor in the identification and reproduction apparatus.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10,12…バーコード溝 14,16…ピット溝 18…信号面領域 20…鏡面領域 22…クランプ面 24…センターホール 30,50…ディスク 32…バッファ領域 34…リードイン領域 36…データ領域 38…リードアウト領域 40…情報領域 42…非情報領域 52…ピックアップ 54,56…アンプ 58…RF信号処理系 60…放射状バーコードデコーダ 62…サーボ処理系 64…復号処理系 66…ディスクマイクロプロセッサ 68…スピンドルモータ 70…ホストプロセッサ 72…セキュリティデータ記憶メモリ 10,12 ... Barcode grooves 14, 16 ... pit grooves 18 ... signal surface area 20 ... mirror surface area 22 ... clamping surface 24 ... center hole 30, 50 ... disk 32 ... buffer area 34 ... lead-in area 36 ... data area 38 ... lead-out area 40 ... information region 42 ... non-information area 52 ... pick-up 54, 56, ... amplifier 58 ... RF signal processing system 60 ... radial bar code decoder 62 ... servo processing system 64 ... decoding system 66 ... disk microprocessor 68 ... spindle motor 70 ... host processor 72 ... security data storage memory

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI G11B 20/10 G11B 20/10 H ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 identifications FI G11B 20/10 G11B 20/10 H

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 情報領域と非情報領域を含むディスクであって、 前記非情報領域に形成されており、セキュリティ 情報を内容とするバーコード溝;前記バーコード溝と同じ周に形成されており、該バーコード溝への位置決めのためのアドレスを内容とするピット溝;を備えたことを特徴とするディスク。 1. A disk containing information area and the non-information area, wherein are formed the non-information area, the bar code groove security information and content; it is formed on the same circumference as the bar code groove pits groove whose content addresses for positioning to the barcode groove; disks, comprising the.
  2. 【請求項2】 前記ピット溝は、情報を記録するピットに相当する幅の微細な溝であることを特徴とする請求項1記載のディスク。 Wherein said pit groove, the disk according to claim 1, characterized in that the fine grooves having a width corresponding to the pit for recording information. を特徴とするディスク。 Disk characterized by.
  3. 【請求項3】 前記バーコード溝と前記ピット溝の組み合わせが、異なる径方向に複数存在することを特徴とするディスク。 3. A disc combination of the barcode groove and the pit groove, wherein the presence of a plurality of different radial directions.
  4. 【請求項4】 請求項1,2又は3に記載のディスクの識別方法であって、 前記ピット溝とバーコード溝の有無をチェックするステップ;前記バーコード溝に記録されたセキュリティ 情報をチェックするステップ;の少なくとも一方を備えたことを特徴とするディスクの識別方法。 4. A method of identifying a disk according to claim 1, 2 or 3, the step to check for the pit groove and a bar code groove; checking the security information recorded in the barcode groove step: the identification method of the disk, characterized in that it comprises at least one.
  5. 【請求項5】 請求項1,2又は3に記載のディスクの識別装置であって、 前記セキュリティ情報を予め記録するメモリ手段;前記セキュリティ情報を読み取る読取手段;前記ピット溝に記録されたアドレスをデコードするデコード手段;前記バーコード溝に記録されたセキュリティ情報をデコードするデコード手段;これによる読取結果を参照し、前記溝が存在しないとき、あるいは、読み取られたセキュリティ情報が前記メモリ手段に格納されているセキュリティ情報と一致しないときに、そのディスクをコピーであると識別する識別手段;を備えたことを特徴とするディスクの識別装置。 5. A disc identification device according to claim 1, 2 or 3, memory means for previously recording the security information; the address recorded in the pit groove; said reading means for reading the security information decoding means for decoding the security information recorded in the barcode groove; decoding means for decoding with reference to this by reading result, when the groove is not present or is security information read is stored in said memory means and when it does not match the security information is, identification means for identifying the disk as a copy; disk identification device characterized by comprising a.
  6. 【請求項6】 請求項5記載の識別装置を含み、前記識別手段によってディスクがコピーであると識別されたときは、そのディスクを排除する排除手段を備えたことを特徴とするディスク再生装置。 6. includes identification device according to claim 5, when the disk is identified as a copy by said identification means, the disc reproducing apparatus characterized by comprising a removing means to eliminate the disk.
JP24956797A 1997-08-30 1997-08-30 Disk, its identification method and device, its reproducing device Pending JPH1186423A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24956797A JPH1186423A (en) 1997-08-30 1997-08-30 Disk, its identification method and device, its reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24956797A JPH1186423A (en) 1997-08-30 1997-08-30 Disk, its identification method and device, its reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1186423A true true JPH1186423A (en) 1999-03-30

Family

ID=17194931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24956797A Pending JPH1186423A (en) 1997-08-30 1997-08-30 Disk, its identification method and device, its reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1186423A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001015164A1 (en) * 1999-08-25 2001-03-01 Sony Corporation Data recorded medium, data reproducing method and reproducing apparatus, and data processing system
JP2006221803A (en) * 2006-04-07 2006-08-24 Hitachi Computer Peripherals Co Ltd System and method for detecting illegal copying of optical disk
KR100714399B1 (en) * 1999-08-25 2007-05-04 소니 가부시끼 가이샤 Data recorded medium, data reproducing method and reproducing apparatus, and data processing system
KR100759829B1 (en) 2004-10-04 2007-09-18 다이요 유덴 가부시키가이샤 Manufacturing method for optical information recording medium
US8788611B2 (en) 2001-12-28 2014-07-22 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method for using partitioning to provide capacity on demand in data libraries

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001015164A1 (en) * 1999-08-25 2001-03-01 Sony Corporation Data recorded medium, data reproducing method and reproducing apparatus, and data processing system
KR100714399B1 (en) * 1999-08-25 2007-05-04 소니 가부시끼 가이샤 Data recorded medium, data reproducing method and reproducing apparatus, and data processing system
US8788611B2 (en) 2001-12-28 2014-07-22 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method for using partitioning to provide capacity on demand in data libraries
KR100759829B1 (en) 2004-10-04 2007-09-18 다이요 유덴 가부시키가이샤 Manufacturing method for optical information recording medium
JP2006221803A (en) * 2006-04-07 2006-08-24 Hitachi Computer Peripherals Co Ltd System and method for detecting illegal copying of optical disk
JP4536676B2 (en) * 2006-04-07 2010-09-01 メモリーテック株式会社 Unauthorized copying discovery system and unauthorized copying discovery methods of optical disk

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6353890B1 (en) Method for copy protecting a record carrier, copy protected record carrier and means for detecting access control information
US5930209A (en) Optical disc with sector address irregularities to prevent copying, and apparatus for recording and detecting such copy protection
US5696757A (en) Optical disc, device for checking optical disc and device for recording information on optical disc
US6031815A (en) Information carrier containing auxiliary information, reading device and method of manufacturing such an information carrier
US6801490B1 (en) Optical recording medium, device and method for recording optical recording medium, and device and method for reproducing optical recorded medium
US20030169878A1 (en) Data protection system
US6122739A (en) Digital compact disc player security system reproducing method and apparatus
US6628584B1 (en) Apparatus and associated method for linking information on a read only record carrier
EP1102249A1 (en) Reproducing apparatus and recorded medium
US6580682B1 (en) System for copy protection of recorded information
US6618335B2 (en) Method and apparatus for recording and reproducing information on and from recording disc
WO1998052194A1 (en) Arrangement and method for preventing use of unauthorized duplicates of data storage media using address information
EP1067544A1 (en) Optical disk, method of reproducing and copying optical disk, and method of preventing illegal use of optical disk
WO1998001852A1 (en) Method of providing an optical data carrier with identity information
JP2003091927A (en) Recording medium, playback apparatus and method for recording medium, recording apparatus and method of recording medium and data output method
JPH0981938A (en) Optical disk with illegal copy preventing function and optical disk device
WO2000074053A1 (en) The copy protection of digital audio compact discs
JPH05266575A (en) Copy preventing method of optical disk, optical disk and optical disk device
US6487155B1 (en) Optical disc authentication using alternate data modulation encoding schemes
JPH0955025A (en) Information data reproducing system, device and method for reproducing, data forming device and data recording medium
JPH07272282A (en) Optical disk, checking device and recording device
US7039848B2 (en) Data recording medium, data recording method and apparatus, data playback method and apparatus, and data determination method
US20010024411A1 (en) Copy-protected optical disk and protection process for such disk
JPH07121907A (en) Optical disk and checking apparatus therefor
WO2003034424A2 (en) Improvements in or relating to the copy protection of optical discs