JPH11513826A - Sales processing support system and method - Google Patents

Sales processing support system and method

Info

Publication number
JPH11513826A
JPH11513826A JP51588797A JP51588797A JPH11513826A JP H11513826 A JPH11513826 A JP H11513826A JP 51588797 A JP51588797 A JP 51588797A JP 51588797 A JP51588797 A JP 51588797A JP H11513826 A JPH11513826 A JP H11513826A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP51588797A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
セイファート、エリック
ハーシュ、マーティン
マーティネズ、ラファエル
アール. メルチオネ、アンソニー
Original Assignee
シティバンク、エヌ.エイ.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/544,102 priority Critical
Priority to US08/544,102 priority patent/US5966695A/en
Priority to US08/702,039 priority
Priority to US08/702,039 priority patent/US5930764A/en
Application filed by シティバンク、エヌ.エイ. filed Critical シティバンク、エヌ.エイ.
Priority to PCT/US1996/016306 priority patent/WO1997015023A2/en
Publication of JPH11513826A publication Critical patent/JPH11513826A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q30/00Commerce, e.g. shopping or e-commerce
    • G06Q30/02Marketing, e.g. market research and analysis, surveying, promotions, advertising, buyer profiling, customer management or rewards; Price estimation or determination

Abstract

A sales process support system and method for identifying sales targets using a centralized database to improve marketing success. The system includes a central database that receives comprehensive information from a variety of internal and external feeds, and standardizes and householods the information in the three-level hierarchy (households, customers, and accounts) for use by a financial institution. The comprehensive information stored on the central database is accessed through micromarketing workstations to generate lists of sales leads for marketing campaigns. A database engine is provided for generating logical access paths for accessing data on the central database to increase speed and efficiency of the central database. The system distributes sales leads electronically to branch networks, where the sales leads are used to target customers for marketing campaigns. The central database is accessed by workstations of a central customer information system for profiling customers, enhancing customer relationships with the financial institution, and electronically tracking sales and service performance during marketing campaigns. The system can also include a system for opening an account in a single session that is in communication with the central database, micromarketing centers, central customer information systems and branch systems of the present invention so that data can pass between these systems where legal and appropriate.

Description

【発明の詳細な説明】 販売処理支援システムおよび方法 開示における著作権資料の表示本特許文献の開示の一部は著作権保護を受ける資料を含んでいる。 A portion of the disclosure of the display this patent document Copyright Material in Detailed Description of the Invention sales processing support systems and methods disclosed contains material which is subject to copyright protection. 特許文献あるいは特許開示は米国特許・商標局特許ファイルあるいは記録で公にしているが、とくに全ての著作権の権利をともかく確保しているので、著作権所有者は、誰でもによる特許文献あるいは特許開示の複製に異議はない。 Although the patent document or the patent disclosure is publicly in the United States Patent and Trademark Office patent file or records, especially since all of the copyright rights are somehow secured, copyright owner, patent document or the patent by anyone no objection to the copy of the disclosure. 米国特許法第120条の基づく特許出願に関するステートメント本出願は、米国特許法第120条によって、その出願が現在係属している19 95年、10月17日に出願されている名称が「電子販売・サービス支援システムおよび方法」の同時係属出願第08/544,102号の、一部継続出願であり、先の出願日の利益を主張している。 Statement this application for patent application on the basis of US Patent Law Article 120 is, by the United States Patent Law Article 120, 19 95 years in which the application is pending now, "electronic sales the name that has been filed on October 17, of-service support co-pending application Ser. No. 08 / 544,102 of a system and method ", which is a continuation-in-part application, which claims the benefit of earlier filing date. 発明の分野本発明は、一般に販売・サービス支援システムおよび方法に、特に、顧客サービスを促進し、販売目標を識別し、販売リードを割り当て、販売手段を拡大し、 販売および販売員の実績を追跡する電子販売・サービス支援システムおよび方法に関するものである。 The present invention relates, in general, sales and service support system and method, in particular, promotes customer service, to identify the sales target, assign a sales lead, to expand sales unit, track record of sales and sales person electronic sales and service support system and method of the present invention relates. 発明の背景増加する競争に応えて、他のサービスプロバイダ(提供者)のような市中金融機関は、他の分野で成功した販売技術およびサービス技術を取り入れ始めた。 In response to the competition to background increase of invention, commercial financial institutions, such as other service providers (providers) began incorporating the sale technologies and services technology was successful in other areas. しかしながら、金融サービスのマーケティングは類のない努力目標を課している。 However, the marketing of financial services imposes no effort target of the kind. まず第一に、大部分の人々は金融サービスを買えない。 First of all, the majority of people can not buy a financial services. その代わりに、顧客の人生の中で何かが生じ、顧客が変化するかあるいは変化を受けやすくするようにする。 Instead, the cause is something in the customer's life, so as to susceptible to or change the customer to change. 惰性が克服される時がある。 There are times when the inertia is overcome. 例えば、引っ越し、死、家族の形成によるか、 あるいは顧客が変化をもたらすようになるのに十分怒る時のいずれかである。 For example, moving, death, either by family formation, or at any of the time angry enough to customer comes to bring about a change. これらの理由のために、大規模なピントの外れた金融サービスの販売は通常効果的でない。 For these reasons, the sale of financial services outside of large-scale focus is not usually effective. その代わりに、金融サービスの販売は、変化をもたらすかあるいは他の預金口座を開く気にさせる金融サービスを対象にしなければならない。 Instead, the sale of financial services, must be subject to financial services to bother to open or other deposit account results in a change. 過去に、 変化を受けやすい顧客を正確に識別しあるいは何時これらの出来事が発生するかを予測することは、不可能ではないにしろ困難であった。 In the past, that the vulnerable customer the change is precisely identified or when these events to predict what occurs, it is difficult if not impossible. したがって、何時顧客あるいは潜在的な顧客が変化を受けやすいかを予測するより良いシステムおよび方法に対する必要がある。 Therefore, there is a need for better systems and methods than predicting what time a customer or potential customer subject to change. 顧客の要求を予想し、目標にされた販売を支援するために、サービスプロバイダはその顧客を熟知しなければならない。 Anticipate customer requirements, in order to support the sale, which is the target, the service provider must be familiar with its customers. 自分の顧客を熟知することは改良された顧客サービスにとっても重要である。 Be familiar with their customers is also important for the customer service that has been improved. それは、新しい顧客を獲得し、引き留める別の定評のある方法である。 It won a new customer, it is another proven way to detain. 顧客の数が増加し、特定の従業員との各顧客の接触の頻度が減少するとき自分の顧客を熟知することはより困難になるので、大規模の市中金融機関の顧客基盤の大きさはいくつかの販売努力に対する障害物となる。 The number of customers increased, so be familiar with their customers becomes more difficult when a reduction in the frequency of contact of each customer with a particular employee, the size of the customer base of large-scale commercial financial institutions an obstacle for some of the sales efforts. 今日、金融界では、大規模の市中金融機関は、各々が独自の口座を有する数百万世帯および顧客を有することができる。 Today, in the financial industry, commercial financial institutions of large scale, can each having millions of households, and the customer has its own account. これらの世帯、顧客、および口座に役立つデータは非常に大量であるので、データはこれまで販促キャンペーンのために完全に使用されなかった。 These households, customers, and because it helps to account data is very large, the data has not been completely used for the promotional campaign so far. 大規模の顧客データベースを処理しようとして、企業は、従来から顧客記録を保有している。 Trying to process the large scale of the customer database, companies, owns the customer records from the conventional. ある場合には、これらの記録はシンプルな紙の記録の形であるが、最近電子記録が一般的になった。 In some cases, but these records are in the form of a record of simple paper, recent electronic records has become common. もともと、別個のデータ記憶装置が各電子記録保持用途のために使用された。 Originally, a separate data storage device is used for each electronic record keeping purposes. したがって、金融機関における各部門は、その目的に必要な記録を形成し、保有したプログラムを有するだろう。 Therefore, each department in the financial institutions, to form a recording necessary for that purpose, will have a program that was held. この方式が有する問題は、情報が広範囲に複製しなければならないということである。 Problem that this method has is that information must replicate extensively. 例えば、顧客の名前および住所はいくつかの別個の部門の別個のファイルにでてくることもある。 For example, sometimes the customer's name and address will come out to some of the separate divisions of a separate file. アプリケーション指定データ記憶装置には他の問題がある。 The application designation data storage device has other problems. 顧客の情報は2つ以上のファイルの中にあるので、いかなる状態の変化も、異なる人々によってしばしば各ファイルに入力されなければならない。 Since information of the customer is among the two or more files, and a change in any state must be entered often each file by different people. 時間中、データの精度および均一性は低下する。 During the time, accuracy and uniformity of data is reduced. さらに、アプリケーション指定データ記憶装置はより多くのデータ入力およびより多くの記憶空間を必要とする。 Furthermore, the application designation data storage devices require more data inputs and a number of storage space than. 20年以上前に発表されたデータベースの概念はこれらの問題を取り除く方へ大いに発展してきている。 The concept of a database that has been published in more than 20 years ago has been greatly developed towards get rid of these problems. データベースでは、データは中央ロケーションに記憶されているので、データの重複が全然ない。 In the database, the data because it is stored in a central location, duplication of data is not at all. データベース管理プログラムはデータベースを管理するために使用される。 Database management program is used to manage the database. 現在利用可能なデータベース管理プログラムの例は、(より大きなデータベースに対しては)DB2と、(パーソナルコンピュータに対して)dBaseを含んでいる。 Examples of currently available database management program, and DB2 (For larger database) includes (the personal computer) dBase. 一般的には、データベース管理システム(DBMS)は、データベースの作成、記憶、アクセス、更新、削除、および使用を管理するために使用される。 In general, a database management system (DBMS) database creation, storage, access, update, is used to manage deleted, and the use. 一般的なDBMSは、データベースおよびその構造を作成し、データベースのデータを制御し、管理する手段を提供し、データベースのデータにアクセスし、データベースのデータを入力し、修正し、操作するユーザおよびアプリケーションプログラムのための手段を提供し、報告書作成ルーチンを提供し、“特別な目的のための”照会機能を提供し、誰がデータベースにアクセスしたかおよびどんな活動が実行されたかに関する報告書を管理に供給し、ハードウェア利用率、現在のユーザの状態、および他の監視データに関する報告書をオペレータに供給し、データベースのデータのための自動バックアップおよび回復ルーチンを提供する。 Typical DBMS, databases and user and application created the structure to control the data in the database, provides the means to manage and access the database data, enter the data in the database, modifying, operating provides a means for the program, and provide a reporting routine, provides a query function "for special purposes", who it is to manage a report on whether and what kind of activities and access to the database has been executed supplied, hardware utilization, the current state of the user, and supplies other reports on the monitoring data to an operator, provide automatic backup and recovery routine for the data in the database. マルチユーザデータベースはいくつかの付加的な努力目標を与える。 Multi-user database will give some additional effort goal. これらは、ユーザの数が増加するときにシステム性能を維持し、データの同時アクセスを制御し、セキュリティを維持し、データベースを管理することを含む。 These includes maintaining the system performance when the number of users increases, to control concurrent access data, to maintain the security, manages the database. これらは4つのデータベースモデル、すなわち(1)階層モデル、(2)ネットワークモデル、(3)関係モデル、および(4)オブジェクト指向モデルである。 These four database model, namely (1) hierarchical model, (2) network model, and (3) relationship model, and (4) an object-oriented model. 階層モデルおよびネットワークモデルはデータを記憶するファイルを使用する。 Hierarchical model and the network model using a file to store the data. 階層データベースのデータ関係は、レコード(記録)タイプの間の1対1あるいは1対多数のいずれかを表す階層あるいはツリーをたどる。 Data relationship hierarchy database follows a hierarchical or tree that represents any one-to-one or one-to-many between records (records) type. ネットワークデータベースのデータ関係はレコード間の多数対多数の関係をたどる。 Data relationship network database follows a many-to-many relationship between records. このデータ関係は、階層データベースあるいはネットワークデータベースが作成された時点で規定されねばならない。 This data relationship, must be specified at the time of the hierarchical database or a network database has been created. リレーショナル(関係)データベースはデータを記憶するテーブルを使用する。 Relational (relation) database using a table for storing data. データ関係は、ユーザによって動的に決定することができ、データベースが作成された時に規定される必要がない。 Data relationships can be dynamically determined by the user, there is no need to be defined when the database is created. リレーショナルデータベースは、ユーザがデータベースのデータをアクセスし、操作するデータベース照会言語を使用する。 Relational database, the user accesses the database data, using a database query language to operate. 2つのデータベース照会言語は、例による照会および構造化照会言語である。 Two database query language is a query and structured query language according to an example. オブジェクト指向データベースはオブジェクトの手順と共にデータを記憶する。 Object-oriented database stores data with procedure object. リレーショナルデータベースは、データが記憶された多数のテーブルで構成されている。 Relational database is composed of many tables in which data is stored. リレーショナルデータベースのテーブルは固有の行を有さなければならず、各セルあるいはフィールドは、名前、住所あるいは識別番号のような情報の1項目だけを含んでいる。 The table relational database must have a specific line, each cell or field contains only one item of information, such as name, address or identification number. リレーショナルデータベース管理システム(RDB MS)によって、データは、容易に作成、保持、操作、およびリレーショナルデータベースからの検索ができる。 The relational database management system (RDB MS), the data is easily created, maintained, operated, and can search from a relational database. 多くの高性能のデータベースでは、データはデータベースに照会することによって検索される。 In many high performance database, the data is retrieved by querying the database. 照会言語によって、ユーザは、指定のレコードが含んでいるデータに基づいて指定のレコードを検索することができる。 The query language, the user can search for specified records based on data including the specified record. 公知の照会言語は、プログラム指定言語、構造化照会言語、自然言語、および例による照会を含んでいる。 Known query language, program specification language, structured query language includes query in natural language, and examples. 照会言語を使用するとき、ユーザは、一般にプログラムが検索されるレコードを選択するために従う規則を指定する。 When using a query language, the user typically program specifies the rules to follow to select the records to be searched. これらの規則は基準と呼ばれる。 These rules are called reference. 指定された基準に一致するこれらのレコードだけが検索される。 Only those records that match the specified criteria are retrieved. リレーショナルデータベースでは、データ関係は予め規定される必要がない。 In a relational database, it is not necessary that the data relationships are predefined. ユーザは、リレーショナルデータベースに照会、共通フィールドを結合することによって自然にデータ関係を決める。 The user query in a relational database, determines the natural data relationships by combining a common field. データベース照会言語は、ユーザとリレーショナルデータベース管理システムとの間のインタフェースの役目を果たす。 Database query language, serves an interface between a user and a relational database management system. 2 つの基本照会スタイル、すなわち(1)例による照会、および(2)構造化照会言語は、リレーショナルデータベースで使用される。 Two base query style, namely (1) the query by example, and (2) structured query language is used in relational databases. 例による照会では、データベース管理システムはフィールド情報を表示し、ユーザは所望のフィールドに照会条件を入力する。 In query-by-example, a database management system displays field information, user inputs a query condition to the desired field. 構造化照会言語(SQL)は、リレーショナルデータベースと共に使用される標準データベース照会言語である。 Structured Query Language (SQL) is a standard database query language for use with a relational database. SQLはDBMSの一部であり、別個のスタンドアローン(独立型)ソフトウェアプログラムでない。 SQL is a part of the DBMS, not a separate stand-alone (independent) software program. SQLによって、ユーザは、テーブルに記憶されている関連情報セットを作成し、操作できる。 The SQL, the user creates a relevant information set stored in the table, can be operated. SQL の中心部(コア)はデータベースに照会する際のその柔軟性(フレキシビリティ)である。 Central SQL (core) is its flexibility in querying the database (flexibility). この柔軟性はリレーショナルデータベースに記憶される方法のために可能である。 This flexibility is possible for the method to be stored in a relational database. データは特定の特性を有するテーブルに記憶されている。 Data is stored in the table with specific characteristics. これらの特性は、 (1)1つあるいはそれ以上の名前を付けられた列(コラム)、(2)各列のデータは同一のタイプのものであり、(3)ゼロあるいはそれ以上の行(ロー)( テーブルが規定されているが、データがまだ全然入力されない場合、ゼロ行が生じる)(4)あらゆる行が独特である、(5)単一のデータ値が任意の列と行の交点に含まれる、および(6)列および行の順序は問題でない、を含む。 These characteristics are (1) one or more named columns (columns), data (2) each row are of the same type, (3) zero or more rows ( low) (although the table is defined, if the data is still not input at all, occurs zero line) (4) every row is unique, (5) the intersection single data value of an arbitrary column and row included in, and (6) columns and the row order including, not a problem. データベースからデータを検索する2つの基本スキーム、すなわちセットオリエンテーションおよびレコードオリエンテーションがある。 Two basic schemes to retrieve data from a database, that is, set orientation and records orientation. 各方法には長所および短所がある。 Each method has advantages and disadvantages. セット指向データベースによって、ユーザは、データの物理的構造よりもむしろデータの特性に焦点を合わせることができる。 By the set oriented database, the user can focus on the characteristics of the data rather than the physical structure of the data. ユーザは、個別テーブルとしてよりもむしろグループ、あるいはセット、あるいはテーブルのデータで作業する。 The user work rather group or set or table of data, rather than as a separate table. SQLサーバ、オラクル、およびSQLベースのようなSQLを使用するDB MSはセット指向される。 SQL Server, DB MS used Oracle, and SQL like SQL base is set directed. レコード指向データベースはデータの物理的構造およびインデクシングに基づいてデータにアクセスする。 Record-oriented databases to access data on the basis of the physical structure and indexing of data. レコードポインタによって、ユーザは、テーブルによって一度に1レコードを操作する。 The record pointer, the user operates one record at a time by the table. テーブルの連続行あるいはレコードをアクセスすることは容易である。 It is easy to access the consecutive rows or records in a table. しかしながら、データベース管理システムの開発者は、プログラミングコードを、欠点である要求されたあらゆるレコードを通ってループするように記述しなければならない。 However, developers of the database management system, the programming code must be written to loop through all the records that are requested is a disadvantage. レコード指向方式を使用するDBM Sの例はdBASEおよびClipperである。 Examples of DBM S that use record-oriented method is dBASE and Clipper. SQLでは、セキュリティが許可当局によって維持されている。 In SQL, it is maintained by the security permission authorities. 当局は、全データベース、所定のテーブル、あるいは所定のコマンドに許可を与えることができる。 Authorities can provide full database, a predetermined table, or a permission to a predetermined command. データベース管理者は、データベースが適切に保守することができるように全データベースにアクセスしなければならないのに対して、ユーザは、一般に特定のテーブルあるいはテーブルの一部にアクセスする必要がある。 The database administrator for the database that must access the entire database can be appropriately maintained, the user needs to generally access some particular table or tables. 例えば、人は個人テーブルにアクセスすることができるが、そのテーブルの給料欄にアクセスすることができない。 For example, a person may have access to individual table, it is impossible to access the salary column of the table. 顧客データベースを形成し、使用しようする試みはいろいろな制限がある。 To form a customer database, an attempt to try to use there is a variety of restrictions. 一般的な意味で、これらの制限は、2つの別個のカテゴリー、すなわちデータベースへのデータ入力源およびデータ入力品質の制限とデータベースからのデータのサーチと検索の能力の制限である。 In a general sense, these limitations are two distinct categories, namely a restriction of the search and retrieval capabilities of the data from the limitations and database data input sources and data input quality of the database. いくつかの場合には、これらの制限は互いに逆に機能する。 In some cases, these restrictions functions opposite to each other. 例えば、データベースのサイズおよび品質を改善するにつれて、 データベースからのデータのサーチと検索はより困難になる。 For example, as to improve the size and quality of the database, the search and retrieval of data from the database becomes more difficult. 最近、銀行のような市中金融機関は、広範囲の金融商品およびサービスを既存の顧客および新規の顧客に販売(マーケット)するためにターゲット・マーケティング(特にダイレクトメールおよびテレマーケティング)を使用した。 Recently, commercial financial institutions such as banks, using the target-marketing (especially direct mail and telemarketing) in order to sell a wide range of financial products and services to existing customers and new customers (market). これらの努力を助けるために、銀行は、例えば、顧客リストおよび郵送リストを含む従来のデータベースを使用した。 In order to help these efforts, the bank, for example, using a conventional database, including customer lists and mailing list. しかしながら、これらの定番のターゲット・マーケティング源は、フルサービス金融機関が利用できる情報を完全に利用していない。 However, target-marketing sources for these staple, does not fully utilize the information in which the full-service financial institutions are available. フルサービス金融機関は、一般的には従来の貯金、投資、ローン、抵当口座を含む広範囲の金融商品、並びにクレジットカード、仲介料、ダイレクトアクセス、ビジネスアクセス、キャッシュのような小切手、電話代支払い、および安全小切手を含むいろいろな金融サービスを消費者に提供する。 Full-service financial institutions, common in conventional savings, investment, loan, a wide range of financial instruments, including mortgage account, as well as credit card, brokerage fee, direct access, business access, check, such as a cache, telephone bill payments, and to provide consumers with a variety of financial services, including safety checks. さらに、金融機関は、 一般的には現在、現金自動預け払い機(ATM)、顧客起動端末(CAT)、スクリーンホーン、バンキング用に構成されたパーソナルコンピュータ、パーソナルディジタルアシスタント、音声応答システム、およびスマートカード含むいろいろな手段ならびに従来の人間の窓口係による金融サービスへのアクセスを提供する。 Furthermore, financial institutions, generally now, automated teller machines (ATM), the customer activation terminal (CAT), screen horn configured for banking a personal computer, a personal digital assistant, a voice response system, and smart to provide access to financial services through a variety of means, as well as conventional human tellers including card. これらのさまざまなソースからの情報は、類まれな完全な顧客の金融の習わしおよび要求の状況を提供する。 These information from a variety of sources, to provide the status of the extraordinary complete customer of financial habit and requirements. したがって、この多数のデータを意味のある方法で記憶し、検索する能力は莫大な商業上の潜在力を有している。 Therefore, stored in a meaningful way the number of data, the ability to search has the potential on the enormous commercial. この商業上の潜在力にもかかわらず、これらのさまざまソースから広範囲にわたるデータベースを収集し、中央データベースから情報を意味があり、実用的な方法で検索するシステムおよび方法に対する要求がある。 Despite the potential of this commercially collects database extensive from these various sources, meaningful information from the central database, there is a need for a system and method for searching in a practical way. 顧客金融データを組み合せ、マーケティングシステムおよび顧客サービスシステムで使用するための情報を検索する現在利用できるシステムおよび方法にはいくつかの欠点がある。 Combination of customer financial data, the currently available systems and how to find the information for use in the marketing system and customer service system has several disadvantages. まず第一に、大部分のユーザ(例えば、銀行従業員)は、 複合照会言語の使用法を全然学習しない。 First of all, a large part of the user (for example, a bank employee), not at all learning how to use the complex query language. この言語をマスターする行為は著しい訓練および特殊な技能を必要とする。 Act to master this language to require significant training and special skills. その代わりに、開発者は、限られたプログラムの理解だけを有するユーザによって使用されるカスタムアプリケーションを書く。 Instead, developers write a custom application that is used by a user having only understand a limited program. このように、ユーザのデータベースを使用する能力は、その使用のために誰か他の人によって書かれたカスタムアプリケーションによってしばしば制限される。 Thus, the ability to use a database of users, is often limited by custom applications written by someone else for that use. したがって、使用可能な大規模データベースシステムは、一般的にはユーザ、すなわちマーケティングに最も精通している人が自分自身の知識および経験を使用し、ターゲットマーケティングのためのデータベースからデータを検索する基準を選択できる汎用性を有しない。 Therefore, large database systems available is generally user, that the criteria people who are most familiar with marketing uses his own knowledge and experience, to retrieve data from the database for the targeted marketing It does not have the versatility that can be selected. その代わりに、ユーザは、所望の結果を提供できるか否かの一組の予め規定された照会のセットに頼らなければならない。 Instead, the user must rely upon the desired results can be provided whether or not a set of predefined set of queries. 結果として、セールスキャンペーンは、一般的には、全ての新規の顧客のような容易に確認できる新規あるいは既存の顧客のグループあるいはあるタイプの口座等を有する全ての既存の顧客を対象にするだけである。 As a result, sales campaign is, in general, only for all existing customers with the account or the like of the easily new or group or certain types of existing customers that can be confirmed, such as the all new customers is there. 提供される新規の金融サービスを最も申し込む可能性がある非常に特殊の人々のグループに対する販売指導のリストを迅速に作成し、配分するのに有効な方法は全然ないので、金融機関が提供しなければならない付加商品を最も必要とするかあるいは望む可能性があるこれらの顧客が常にセールスキャンペーンに対象にされた顧客ではない。 A list of sales guidance for a group of very special people that there is a possibility to apply for most of the new financial services that are provided to quickly create, because it is not at all an effective way to distribution, to offer financial institutions there is or may wish to most in need of shall-added products of these customers are not always in the customer selected as the target in the sales campaign. これは販促キャンペーンの決して満足な成功率とは言えない結果をもたらしてきた。 This has led to the result that it can not be said that never satisfactory success rate of the promotional campaign. さらに、マーケティングの担当者は、しばしば、顧客に関する金融機関あるいは完全な人口統計の情報(すなわち、顧客のプロフィール)で顧客の全関係へのアクセス権を与えられていない。 In addition, marketing personnel, often, financial institutions or complete demographic information about the customer (ie, the customer's profile) is not given access to the entire relationship between the customer. したがって、ダイレクトメールおよびテレマーケティングをする人が顧客の経歴および財政状態を全て知って、対象顧客に理性的に話しかけることは困難である。 Therefore, to know all the history and financial condition of the customer someone to direct mail and telemarketing, it is difficult to talk rationally to the target customer. 現在の顧客に関する基本情報はしばしば使用できないかあるいは既存の顧客の分析表をまとめるのに必要な応答時間はあまりにも長い。 The basic information is often the response time required to summarize the analysis table of or existing customers can not be used too long for the current customer. これらの問題は、顧客にとって不十分な経験と、最適とは言えない販売行動を作り出す傾向がある。 These problems, there is a tendency to create and insufficient experience for the customer, the sales action less than optimal. さらに、銀行支店、支店長およびマーケティング(販促)キャンペーンの担当の人の販売実績は、効果的に分析され、追跡されなかった。 In addition, sales of the people of the bank branch, branch manager and marketing (promotional) campaign in charge, is analyzed effectively, have not been tracked. セールスキャンペーンが終わり、キャンペーンの結果が手で収集され、分析された後だけ、販売実績の完全な指示は、一般的には入手可能であった。 The end is sales campaign, the campaign of the results are collected by hand, only after it has been analyzed, a complete indication of the sales, in general, were available. これは、一般的には、一連の紙に基づく形式および販売員への比較的遅いフィードバックを発生させた特別の目的のためのシステムを必要とした。 This generally required a system for special purposes that caused the relatively slow feedback to the form and salespeople based on a series of paper. したがって、商品の各々およびブランチによって販売されたサービスに対する最新のオンライン販売一覧報告書ならびに個別販売員による実績の指示を提供するシステムに対する要求もある。 Therefore, there is also a need for a system that provides an indication of actual results with the latest online sales list report as well as the individual salesperson for the services that are sold by each and branches of the goods. 要するに、販売目標を識別し、販売指導を割り当て、販売ツールを向上し、大規模のセールスキャンペーンおよび個別販売員の実績を追跡し、顧客満足度ならびに金融機関の利益を最大にする改良された統合システムに対する要求が残っている。 In short, to identify the sales target, assign the sales guidance, to improve the sales tool, to track the performance of large-scale sales campaigns and the individual salesperson, it has been improved to maximize the benefit of customer satisfaction, as well as financial institutions integration there remains a need for a system. 発明の概要したがって、本発明の目的は、改良された販売目標の識別を集中データベースを使用して提供し、改良された顧客サービスおよび関係形成のためのツールの役目を果たす電子販売・サービス支援システムを提供することにある。 SUMMARY OF THE INVENTION Accordingly, an object of the present invention, an improved identification of the sales target is provided using a centralized database, electronic sales service support system serves tools for improved customer service and relationships formed It is to provide a. より詳細には、本発明は、銀行が、惰性が克服され、顧客が銀行を変えるかあるいは新しい口座を開く事態を招きやすいまれな時を予測し、利用することができると同時に銀行が既存および新規の顧客との関係を形成しあるいは固定することができるシステムに向けられている。 More particularly, the present invention is, banks, inertia is overcome, customers to predict when a rare which tends to cause the situation to open or new account changing the bank, at the same time the bank if it is possible to utilize the existing and it is directed to a system capable of forming a relationship with a new customer or fixed. 本発明のシステムは、銀行の顧客との関係を強化することによって顧客サービスを改善し、顧客の減少を減らすためにも役立つ。 System of the present invention is to improve customer service by strengthening the relationship between the customer of the bank, also help to reduce the loss of customers. 特に、調査は、顧客の銀行との関係が広がるにつれて、顧客の差し引き残高が増加し、したがって金融機関に対する顧客の利益可能性も増加することを示した。 In particular, investigation as spread relationships with customers bank increases the balance of the customer, thus also the customer benefits possible for financial institutions showed increased. さらに、顧客が銀行により密接に結び付けられれば付けられるほど、益々銀行を変えることはより困難になる。 In addition, as the customer is attached as long closely tied by the bank, increasingly changing the bank becomes more difficult. 本発明は、マーケティング金融サービスを担当する人が顧客によって現在使用される全金融サービスの範囲にアクセスし、検討し、ならびに行われた各販促キャンペーンに最適な顧客のグループだけを対象にすることができることによって顧客との長い期間および幅広い関係を形成するツールを提供する。 The present invention, access to a range of all financial services that people in charge of marketing financial services are currently used by the customer, to consider, and that only the to target the best customers of the group in each promotional campaign that has been conducted to provide a tool to form a long period and a wide range of relationships with customers by being able to. 本発明の他の目的は、販促活動を支援するために内外部源から金融機関の集中データベースの中への情報を標準化し、世帯化する(ハウスホールド)システム及び方法を提供することにある。 Another object of the present invention is to standardize the information into a centralized database of financial institutions from internal and external sources to support promotional activities, to provide a (household) systems and methods for household of. 本発明の他の目的は、販促(マーケッテング)活動を支援するために大量の金融データおよび人口統計データを含む集中データベースから情報を効率的に組み合せ、検索するシステムを提供することにある。 Another object of the present invention is to provide a system for information from the centralized database efficiently combined, searches containing large amounts of financial data and demographic data to support promotional (market proboscis) activity. 本発明の他の目的は、販売指導のリストを販促員に迅速に作成し、配布するシステムを提供することにある。 It is another object of the present invention, quickly create a list of sales guidance to the promotional staff, is to provide a system to distribute. 本発明の他の目的は、販促活動中顧客の金融プロフィールおよび人口統計プロフィールの動的画像を販促員を供給するシステムを提供することにある。 Another object of the present invention is to provide a system for providing promotional membered financial profile and dynamic images of the demographic profile of the promotion in customers. 本発明の他の目的は、セールスキャンペーンおよび個別販売員の実績を追跡するオンライン実績追跡システムを提供することにある。 Another object of the present invention is to provide an online performance tracking system for tracking the performance of sales campaigns and the individual salesperson. 本発明の他の目的、長所および新規の特徴は下記の説明で示され、本説明を理解するかあるいは本発明を実施することにより当業者に明らかである。 Another object of the present invention, advantages and novel features indicated in the following description, it is apparent to those skilled in the art by carrying out the or invention understanding the present description. 本発明の目的および長所は添付された請求の範囲によって実現され、得られる。 The objects and advantages of the present invention is implemented by the scope of the appended claims, it is obtained. 本発明は、いろいろなソースから広範囲にわたるデータベースを組み合せ、情報を中央データベースから意味のある、実用的な方法で検索するシステムおよび方法を提供することによってこれらの目的を達成する。 The present invention combines a database wide range from a variety of sources, meaningful information from the central database, to achieve these objectives by providing a system and method for searching in a practical way. 本発明のシステムおよび方法は、大規模の販促活動の支援専用ではないが、特に大きな金融機関には役に立つ。 The system and method of the present invention include, but are not support a dedicated large-scale promotional activities, useful in particular large financial institutions. 本発明のシステムは、好ましくは中央データベースを含み、複数のユーザワークステーションを有する1つあるいはそれ以上のマイクロマーケティングセンター、複数の支店ワークステーションを有する中央顧客情報システム(“CCIS ”)及び口座開設システム(”AOS”)を含む。 The system of the present invention preferably includes a central database, one or central customer information system ( "CCIS") and account opening system with more micro Marketing Center, a plurality of branch workstations having a plurality of user workstations including the ( "AOS"). これらの構成コンポーネントは、電気通信手段あるいは他の手段を通して一緒にリンクされるので、マイクロマーケティングセンター、CCISおよび口座開設システムは中央データベースと電子的に通信できる。 These configuration components, because they are linked together through an electrical communication means or other means, the micro Marketing Center, CCIS and account opening system can communicate with electronically central database. 中央顧客情報システム(“CCIS”)は、好ましくは、関係プロフィールコンポーネントと、口座管理コンポーネントと、リード管理システムと、あるいは販売追跡報告コンポーネント(管理情報システムすなわち“MIS”)とを含む。 Central Customer Information System ( "CCIS") preferably includes a relationship profile component, and account management component, a lead management system, or a sales tracking report component (management information system or "MIS"). 広い意味で、本発明のシステムは大規模の商業銀行の構成コンポーネントの全てを連結する。 In a broad sense, the system of the present invention concatenates all the configuration component of a large-scale commercial banks. 特に、大きい中央データベースは、ユーザがデータベースに照会ることができるユーザワークステーションに連結される。 In particular, a large central database, the user is connected to the user workstation can Ru query the database. 本発明の1つの態様によれば、グラフィックインタフェースは、構造化照会言語に精通していないユーザがそれにもかかわらずデータベースから情報を得ることができるように装備されている。 According to one aspect of the present invention, the graphics interface, a user who is not familiar with Structured Query Language is equipped nevertheless to be able to obtain information from the database. このデータベースは中央顧客情報システム(CCIS)にも連結される。 This database is also connected to a central customer information system (CCIS). 本発明は、これらの構成コンポーネントの全てを一緒に結び付け、顧客を対象にして顧客要求の成功を追跡する組織的な方法を提供する。 The present invention combines all of these configurations components together provide a systematic way to track the success of customer requests directed to the customer. 本発明のシステムを使用して、支店は、キャンペーンに関して決定し、このキャンペーンを地域のマイクロマーケティングセンターで調整できる。 Using the system of the present invention, branch, determined for the campaign, the campaign can be adjusted by the micro-marketing center of the region. 本発明のシステムは、顧客を対象にし、リストを作成するために使用することができる。 The system of the present invention can be used to the target customer, and creates a list. 本発明の重要な態様によれば、本発明のシステムはオンライン支店システムに直接リンクされる。 According to an important aspect of the present invention, the system of the present invention is linked directly on-line branch system. このように、好ましくはマイクロマーケティングセンターによって負わされるリードは自動的に支店に送ることができる。 Thus, preferably lead imposed by the micro-marketing center can send automatically branches. 地域のマイクロマーケティングセンターは本発明のシステムおよび方法に特に重要である。 Micro Marketing Center region is particularly important in the system and method of the present invention. 特に、 本発明は、いろいろな種類の郵便物の住所を識別し、オンラインCCIS支店システムに連結できるリストを発生させる能力をマイクロマーケティングセンターに提供する。 In particular, the present invention identifies the address of the kinds of mail provides the ability to generate a list that can be connected to the line CCIS branch system micro Marketing Center. これは、地域マイクロマーケティングセンターに分析ワークステーションで使用可能な全ての機能を与える。 This provides all of the functions that can be used in the analysis workstation in local micro-marketing center. さらに、マイクロマーケティングセンターは、いろいろなタイプの住所、例えば、企業の住所あるいは法律上の住所を秘密にすることができる。 In addition, micro-marketing center, various types of address, for example, the address on the address or the law of companies can be in secret. この方式を使用して作成されたリードは、リードを支店に直接提供するシステムに前夜のうちに自動的にアップロードできる。 Lead that has been created using this method, can be automatically uploaded to one of the previous night in a system that provides directly lead to the branch office. 地域マイクロマーケティングセンターに関連して、本発明のシステムは、地域マイクロマーケティングセンターがいろいろなタイプの郵便物の住所を識別し、 オンラインCCIS支店システムにリンクするリストを作成することができるグラフィックユーザインタフェースを含んでいる。 In relation to the regional micro-marketing center, the system of the present invention, local micro-marketing center is to identify the address of the mail of various types, a graphic user interface that allows you to create a list that links to online CCIS branch office system which comprise. これによって、元のマーケティングセンターはリードを特定のキャンペーンに向けることができる。 As a result, the original marketing center can be directed to lead to a specific campaign. 一般に、処理の流れは下記のように記載することができる。 In general, the process flow can be described as follows. 最初に、支店ユーザ(銀行管理)は販促に関して決定する。 First, the branch office user (bank management) is determined with respect to sales promotion. 販促概念が地域マイクロマーケティングセンターに通信される。 Promotional concept is communicated to the local micro-marketing center. このシステムによって、地域マイクロマーケティングセンターは、 リードを発生させるユーザワークステーションを使用することができる。 This system area micro marketing center may use the user workstation to generate leads. 一般的には、リクエストは、リクエストのサイズおよびタイプに応じて5分から24時間で実行できる。 In general, the request may be performed in 5 minutes to 24 hours depending on the size and type of request. リードは、前夜のうちにリードを支店ユーザおよび個人銀行員に供給するシステムに自動的にロードされる。 Lead is automatically loaded into the system that supplies the lead in one of the previous night to the branch office user and personal banker. したがって、個人銀行員は、販売コールのためにリードおよび関係プロフィールを使用できる。 Therefore, the personal banker is, the lead and relationships profile for sales calls can be used. 中央顧客情報システム(“CCIS”)は、好ましくは、関係プロフィール構成コンポーネントと、口座管理構成コンポーネントと、リード管理システム、あるいは販売追跡・報告(管理情報システム、すなわち“MIS”)構成コンポーネントとを含んでいる。 Central Customer Information System ( "CCIS") preferably includes a relationship profile configuration component, and account management structure components, lead management system or sales tracking and reporting (management information system, namely "MIS"), and a configuration component They are out. 各構成コンポーネントは、販売処理を完成させるために支店に供給する報告書を作成できる。 Each configuration component can create a report to be supplied to the branch office in order to complete the sale process. 電子販売およびサービス支援システムが、金融構成コンポーネントの全範囲を含む単一の口座を開設するシステムとインタフェースできることは好ましいことである。 Electronic sales and service support system, is desirable to be able to interface with systems of opening a single account that includes a full range of financial configuration component. したがって、本発明の統合システムが、好ましくは単一のセションに口座を開設するシステムも含んでいることは好ましいことである。 Therefore, the integrated system of the present invention is preferably that it is preferable that also includes a system for opening an account in a single session. このシステムは、好ましくは、本発明の中央データベース、マイクロマーケティングセンター、 中央顧客情報システムおよび支店システムと通信するので、データは、合法的で、適切である場合、これらのシステム間を通過できる。 The system preferably includes a central database of the present invention, micro Marketing Center, because communication with the central customer information system and branch systems, data is legal, if appropriate, can pass between these systems. 中央データベースは、本発明のアプリケーションの全てに優先すると同時にマイクロマーケティングセンター、CCISおよび口座開設システムは、中央データベース情報をアクセス(ある場合には情報を中央データベースに供給)できる。 Central database, all at the same time micro marketing center Upon priority, CCIS and account opening system of the application of the present invention, (supply information when in the central database) a central database information accessible.本発明の中央データベースは、支店の商品、バンクカード、トラベル・エンターテイメントカード、学生ローン、投資、保険・抵当商品を含む金融機関の全ての商品および顧客についての情報を含む広範囲で豊富なデータベースである。中央データベースは、情報の精度を保証し、非技術スタッフによる情報の使用を容易にするように設計されている。したがって、このシステムは、入力情報をスクラブ(不要なものを削除)し、標準化し、世帯化し、履歴(ヒストリ)を形成し、状態コードを計算し、テーブルを保持し、戦略フラグを計算する手段を含んでいる。中央データベースの大部分のフィールドは、好ましくは、月末に獲得された情報で毎月更新される。好ましい実施の形態では、中央データベースは、いろいろな企業及びマーケットからの情報を金融機関内の1つのロケーションに記憶する。中央データベースは、既存の顧客金融情報に関する情報と、外部ソースからの情報と、既存および潜在の顧客に関する人口統計情報とを含んでもよい。好ましい実施の形態では、 中央データベースは、メインフレームコンピュータの中に収容され、大量の金融・人口統計データのリポジトリを含んでいる。情報は、金融機関によって供給される各商品およびサービスに対するビジネスやクレジットカードの供給、外部ベンダーからの供給を含むいろいろなソースからデータベースに供給される。外部ベンダーからの供給は、好ましくは、全て公に使用可能な人口統計学的情報、電話番号、住所、税および財産記録等を含んでいる。これらのソースからのデータは均一のフォーマットで記憶されている。この目的のために、均一の記憶あるいは世帯アルゴリズム、名前・住所標準化処理、およびマージ処理が使用されてもよい。さらに、情報は、好ましくは、3階層の中央データベースに保持されるので、データは世帯レベル、顧客レベルおよび口座レベルで選択的にアクセスできる。所与の世帯は1つあるいはそれ以上の顧客を有してもよく、世帯の各顧客は多数の異なる口座を有してもよい。したがって、中央データベースは、ビジネスの全ての顧客関連情報を記憶する単一の中央リポジトリとして役立つ。下記に述べられるように、中央データベースは、広範囲の顧客サービス、金融分析およびマーケティングの目的のために使用することができる。ビジネス中の全ての顧客関連情報を記憶する単一の中央リポジトリは著しい可能性を与えるのに対して、データベースは必然的に非常に大きいので、いくつかの問題が生じる。例えば、本発明者らは、このサイズのデータベースが実際に直接サーチすることができないと認識している。したがって、本発明の他の態様によれば、本発明のシステムは、ユーザが中央データベースをサーチするプログラムを動的に形成できる手段を含んでいる。本発明のマイクロマーケティングセンターのワークステーションは、好ましくは、汎用コンピュータで実行するように設計され、ウィンドウズ(Windows)(登録商標)PCあるいはマッキントッシュ(Macintosh)(登録商標)コンピュータで実行するグラフィックユーザインタフェース(“GUI”)を発生させるソフトウェアの形式の手段を含んでいる。この手段、すなわちまた汎用コンピュータ向きのソフトウエアはワークステーションで使用される中央データベースの全てのテーブルおよび構造の局部コピーを供給する。これは、全てのユーザが最新の定義およびフィールドを有することを保証する。さらに、このシステムは、プッシュダウンウィンドウズ、アイコン、ドラッグアンドドロップ、およびユーザが精通している他の機能を使用して中央データベースをサーチする各ステップをユーザに手ほどきする手段を含んでいる。さらに、このシステムは、各リクエストに対して“適切な”SQL照会を形成し、これらの照会が行われることを保証するのに必要な特別のコードおよびシンタックスを隠す手段を含んでいる。最後に、システムは、報告書およびファイルをローカルプリンタあるいは記憶装置にダウンロードする手段を含んでいる。マイクロマーケティングセンターのワークステーションも、とりわけ、中央データベースに含まれている情報をサーチし、販促キャンペーンのためのリード( すなわち販売目標)のリストを作成する能力を有する。マイクロマーケティングワークステーションによって、ユーザは、照会を形成し、報告書を規定あるいは設計し、処理を実行し、すなわち照会を実行し、報告書の中への照会の結果を実行し、それから報告書をダウンロードするかあるいは送り出す。マイクロマーケティングワークステーションによっても、ユーザがマーケティング情報あるいはリードを作成し、リードをCCISに直接供給することができる。複数のマイクロマーケティングワークステーションは、選択販売プログラムのためのリードのリスト(すなわち、金融機関によって提供される新規あるいは既存の商品あるいはサービスのための販促キャンペーン)のために支店長からのリクエストに応答するようにマイクロマーケティングセンター内部で使用されてもよい。マイクロマーケティングセンターは、支店長(ブランチマネージャー) と連携し、最も商品あるいはサービスを買う可能性がある世帯、顧客、あるいは口座のプロフィールを決定する。したがつて、マイクロマーケティングは、特定の照会を作成し、中央データベースに対する照会を実行し、販促キャンペーンを追求する最適のリードのリストを含む報告書を作成する。マイクロマーケティングのワークステーションは、中央データベースをサーチし、特定の選択基準に合う全ての世帯、顧客、あるいは口座のリストを抽出する機能を有する。リードのリストは、セールスキャンペーンに対する特定の選択基準に合う顧客あるいは世帯へのダイレクトメールを対象とするために使用されるかあるいはリードのリストはテレマーケティングのためにCCISに直接送られる。本発明のCCISは、マーケティング、管理および販売ツールである。このC CISは、顧客情報を見て、顧客の接触および関係を管理するために使用されるいくつかの統合構成コンポーネントを含んでいる。関係管理構成コンポーネントは包括的な販売処理を支援する。このシステムは次の特徴(機能)を提供する。すなわち、適切なスタッフ部員が世帯および顧客の口座および収支の情報を詳細形式および要約形式の両方で見ることができる関係プロファイル、銀行員がポートフォリオ管理および個人関係管理のような、顧客をプログラムに登録することができる口座管理機能、オンラインの優先順位を付けた電話リストを送付し、結果を追跡する関係形成機能、電話および/または郵便で連絡されたくない顧客および非顧客に関する情報を供給する販促抑制機能、および最近の販促接触を各顧客へ表示する接触履歴機能である。 CCISは、販売キャンペーンに関連した多数の機能を実行する。 CCISをより良く理解するために、CCISが使用される金融機関の階層の簡単な説明が最初に記載されている。シティバンク(Citibank)N. Aのような大きな金融機関は、異なった地理上の地域に多数の別個のコミュニティバンクに編成される。各コミュニティバンクは多数の別個の銀行支店を含んでいる。次に、銀行支店には、支店長および多数の個人の銀行員がいる。 CCISは、好ましくは、銀行支店に置かれた個人の銀行員および支店長の各々のためのワークステーションおよびコミュニティバンクの本店にも置かれた役員あるいはセールスマネージャのためのワークステーションを含んでいる。いろいろなワークステーションの各々は、銀行内のユーザの責任および義務に応じて異なる機能を有する。支店長は、マイクロマーケティングで作成されたリードのリストを受け取り、 このリードを支店内の選択された個人の銀行員の間で配布するためにCCISワークステーションに電子的にロードする。支店長は、リードを処理するのに最適任である個人の銀行員あるいは個人の銀行員の作業負荷および有用性に応じて個人の銀行員にリードを割り当てる。リードのリストがマイクロマーケティングによって作成され、CCISに通信された後、個人の銀行員はCCISワークステーションのリードのリストへのアクセスを受信する。次に、個人の銀行員は、リードのリストの顧客の各々と販売セション(例えば、電話をかける)を行う。販売セションの前後に、個人の銀行員は、顧客の銀行との関係および中央データベース上に含まれた顧客についての任意の他の人口統計情報の(詳細形式あるいは要約形式の)全プロフィールを見るためにCCISを使用する。これによって、個人の銀行員は、販売セション中顧客と利口に話し、それによって販促キャンペーンの成功率を増加させることができる。支店長および銀行員は、毎日の販売情報を自動的に獲得するための追跡・報告管理ツールとしてCCISを使用する。支店長および銀行員は、CCISを使用して各個人の銀行員に対する詳細なセールストランザクションにアクセスし、いろいろなキャンペーンに対する販売結果を見て、成果を追跡し、必要に応じてキャンペーンの調整を行う。支店長および銀行員も、マーケティング資源の使用を最適にするために個人の銀行員および/または支店間にリードを再割当てするためにCCISを使用する。本発明が、好ましくは単一のセションで口座を開設するシステムを含み、このシステムは、顧客の金融および/または投資状態に関するデータを収集する手段と、収集されたデータに基づいてニーズ要分析を実行する手段と、口座情報を表示する手段と、ニーズ評価に基づいて勧告を行う手段と、顧客の構成コンポーネントの選択を入力する手段と、顧客によって望まれる全てのサービスを提供し、 顧客のニーズを最も良く満たす単一の口座を形成するために口座コンポーネントを単一の口座に加える手段と、クレジットチェックを行う手段と、提供されたサービスに基づいて単一の料金を決定する手段と、バンクカードおよび個人識別コードを発行する手段を含む遠隔アクセス商品の顧客の使用を許可する手段と、欠けているデータを識別する手段と、供給されなかったデータを入力するようにユーザに促す手段とを含むことは好ましいことである。このシステムは、各構成コンポーネントのデータフィールドをリンクする手段も含むので、一旦一片のデータが収集されると、データは全ての適切なデータフィールドに供給される。さらに、システムは、ユーザがデータフィールドをバイパスし、セション(活動)の後でデータを供給できるように構成されている。このシステムは、好ましくは、 本発明の中央データベース、マイクロマーケティングセンターおよび支店システムと通信しているので、データは、合法的で、適切である場合、これらのシステム間を通過できる。本発明のシステムの重要な態様は、それによってデータが処理によって上下に流れることができるので、一旦顕著な一片のデータが収集されると、データが必要であるあらゆる場所に伝送されることである。換言すると、全ての同様なデータフィールドがリンクされる。これはいくつかの利点をもたらす。第一に、ユーザ(銀行従業員)は、たとえ若干の他のユーザがデータを収集したとしても、顧客に予め供給されたデータを要求することは全然必要ない。第二に、システムユーザは、顧客に対するその表示で適当な時にデータを収集する柔軟性を有する。第三に、合法的であり、適切である場合、情報は、処理を簡単にするために本発明の中央データベースのような他のソースから得ることができる。同様に、口座開設処理中に得られる情報は、中央顧客情報システム(“CCIS”)のリード管理システムあるいは販売追跡あるいは報告(管理情報システム、すなわち“M IS”)構成コンポーネントのような本発明の統合システムの他の部分によって使用することができる。本発明のシステムも、好ましくは収集されたが、直ちに必要ない顕著なデータを記憶するペンディングファイル記憶手段を含む。このように、データが顧客の銀行へのその後の訪問中に必要であるならば、データは、顧客が既に提供したデータを供給するように顧客に求めることなしに検索することができる。さらに、 口座開設処理中に得られ、ペンディングファイルに記憶されている情報は、中央顧客情報システム(“CCIS”)のリード管理システムあるいは販売追跡・報告(管理情報システム、すなわち“MIS”)構成コンポーネントのような本発明の統合システムの他の部分によって使用することができる。したがって、本発明は、中央データベースを有し、複数のソースからのデータを中央データベースに入力する手段を有し、中央データベースへの入力データを複数の組織レベルで標準化する手段を有し、中央データベースから地理的に離れている複数のユーザワークステーションを有し、このユーザワークステーションの各々がデータベースおよびディスプレイ手段を含み、このワークステーションが、グラフィックユーザインタフェースを発生させ、ユーザがサーチ基準ブロックを選択し、グラフで構成された検索照会をグラフィカルに形成することができる手段を含み、前記グラフィックユーザインタフェースがプルダウンウインドウズと、アイコンと、ドラッグアンドドロップ操作とを含み、電気通信手段により各ユーザワークステー ョンに接続される複数の支店ワークステーションを有し、ユーザワークステーションから複数の支店ワークステーションにデータレコードを伝送する手段を有し、中央顧客情報システムを有し、この中央情報システムが、地理的に分離されているが、電子通信のために支店ワークステーションにリンクされており、テキスト照会が実行することを確実にするのに必要とされる必要なコードおよびシンタックスを含むテキスト照会にグラフィカルに構成されたサーチ照会を変換する手段を有し、ユーザワークステーションと中央データベースとの間でのデータ通信を可能にする手段を有し、ユーザワークステーションの1つから受け取った構造化照会に応じてデータベースをサーチし、前記照会に一致するレコードを識別する手段を有し、前 照会に一致するレコードに関するデータをユーザワークステーションにダウンロードする手段を有する統合販売処理支援システムを提供する。中央顧客情報システムは、複数の顧客プロフィールを有し、各顧客プロフィールが、人口統計情報と、クレジット情報および金融目的を含んでいる顧客金融情報と、を含み、中央顧客情報システムに含まれた情報に基づいてニーズ分析を実行し、ニーズ分析に基づいて口座を勧め、選択された口座の構成コンポーネントに関する情報を顧客に提示する手段を有し、中央顧客情報システムと中央データベースとの間のデータ通信を可能にする手段とを有している。中央顧客情報システムは、好ましくは、中央データベースから地理的に離れている。この出願中に使用されているように、用語“地理的に分離され”および“ 地理的に離れている”は、異なる都市あるいは州の地域のような著しい空間分離を指すことを意図しており、建物の隣接した部屋あるいは階を指すことを意図するものでない。好ましい実施の形態に関連して、“地理的に分離され”および“ 地理的に離れている”システムは、例えば、ニューヨーク、ワシントン、カリフォルニア、テキサスおよびフロリダのような国内の異なる地域に維持されている。このシステムは、支店への顧客の到着を追跡する手段も含んでもよく、それにおいて、このシステムは、販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告する手段をさらに備えている。この情報は、 次の情報、すなわち、到着のタイプ、待ち時間、販売セッション時間、平均セッション時間、販売ツールの使用方法、商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売レップIDを含んでいる。本発明は、また、システムが中央データベースを含み、複数のソースから中央データベースにデータを入力する手段を含み、構造化照会に応じてデータベースをサーチし、前記照会に一致するレコードを識別する手段を含み、前記中央データベースと電子通信する複数のユーザワークステーションを有する少なくとも1 つのマイクロマーケティングセンターを含み、複数の地理的に分離された支店システムを含み、各支店システムが少なくとも1つの支店ワークステーションを含み、中央顧客情報システムを含み、この中央顧客情報システムが地理的に分離されてるが、電子通信により支店システムのワークステーションにリンクされている、前記システムに関連して使用するために販売目標を識別し、セールスリードを配布し、マーケティングキャンペーンのための販売ツールを強化する方法を提供する。この方法は、データを複数のソースから中央データベースに入力するステップを有し、前記入力データを前記中央データベース内の複数の編成レベルに標準化し、世帯化するステップを有し、販売キャンペーン概念をマイクロマーケティングセンターに通信するステップを有し、販売キャンペーン中に対象にする顧客のリストを規定するために基準を前記ユーザワークステーションのユーザインタフェースに入力することによって前記販売キャンペーン概念に基づいてリードを形成するステップを有し、前記選択基準に応じて構造化照会を形成し、中央データベースを前記構造化照会を使用してサーチするステップを有し、前記選択基準に合う前記中央データベースのレコードを識別するステップを有し、販売キャンペーン中対象にする前記 客のリストを作成して、前記顧客のリストを前記支店ワークステーションに電子的に配布するステップと、を有する。この方法は、販売キャンペーン中前記顧客に対する前記販売セッション(活動)中の前記顧客のリストから顧客について情報を含むプロフィールを前記支店ワークステーションに表示するステップも含んでもよい。さらに、方法は、マイクロマーケティングセンターが郵便物の住所を含むファイルを発生させることができるグラフィックユーザインタフェースを使用し、ファイルを地理的に分離された支店システムに転送するステップとを含んでもよい。この方法は、支店への顧客到着を追跡するステップと、販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告するステップとも含んでもよい。この情報は、次の情報、すなわち、到着のタイプ、待ち時間、販売セッション時間、平均セッション時間、販売ツールの使用法、商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売レップIDを含んでいる。さらに、この出願中に使用されているように、用語“地理的に分離され”および“地理的に離れている”は、異なる都市あるいは州の地域のような著しい空間分離を指すことを意図されていて、建物の隣接した部屋あるいは階を指すことを意図されているものでない。好ましい実施の形態に関連して、“地理的に分離され”および“地理的に離れている”システムは、例えば、ニューヨーク、ワシントン、カリフォルニア、テキサスおよびフロリダのような国内の異なる地域に維持されている。 図面の簡単な説明本発明は、本発明の開示が添付図面に関連して行われるとき、本発明はよりはっきりと理解される。図1は、本発明の販売・サービス支援システムの高レベル図である。図1Aは、本発明のシステムおよび方法を使用する販売処理フロー図である。図2は、中央データベースの構成コンポーネントを示す概略図である。図3は、情報が中央データベースに記憶(世帯化)される3つの基本レベル示すブロック図である。図4A〜図4Dは、中央データベースにアクセスするデータベースエンジンを構成するいろいろなテーブルを示すブロック図である。図5は、マイクロマーケティングセンターのワークステーションに入力される選択基準に基づいて中央データベースからリードのリストを作成する処理ステップを示すフローチャートである。図5A〜図5Hは、ログオンし、照会を構成し、照会を実行し、報告書を作成する処理を規定し、リードを特定のキャンペーンに向け、かつオンライン支店システムにファイルをダウンロードする方法を示すマイクロマーケティングセンターのワークステーションのためのいろいろなグラフィックユーザインタフェースディスプレイである。図6Aは、中央顧客情報システムからの情報をアクセスし、入力する初期の処理ステップを示すフローチャートである。図6B〜図6Cは、中央顧客情報システムのワークステーションからのいろいろな顧客プロフィールおよび世帯プロフィールを見る処理ステップを示すフローチャートである。図7は、中央顧客情報システムを使用する口座管理機能のための処理ステップのフローチャートである。図8A〜図8Cは、中央顧客情報システムを使用する関係形成システムのための処理ステップのフローチャートである。図9A〜図9Bは、中央顧客情報システムを使用する販売追跡・報告機能のための処理ステップを示すフローチャートである。図10Aは、本発明の統合金融システムにおいて新規の顧客に対して口座を開設する方法の好ましい実施の形態のステップを示すブロック図である。図10Bは、本発明の統合金融システムにおいて既存の顧客に対して口座を開設する方法の好ましい実施の形態のステップを示すブロック図である。図11A〜図11Cは、図10に示された方法の口座選択/ニーズ分析のステップに含まれる処理を示すフローチャートである。図12A〜図12Eは、図10に示された方法の個人プロフィールを形成する処理のステップの好ましい実施の形態を示すフローチャートである。図13A〜図13Mは、図10の方法の口座を形成するステップを実行する好ましい処理を示すフローチャートである。図14A〜図14Gは、図10の方法の口座サービスのステップに含まれる処理を示すフローチャートである。図15は、図10の方法の登録用紙をプリントするステップを実行する処理を示すフローチャートである。図16A〜図16Fは、図10の方法によりアクセスレベルをセットするステップを実行する好ましい処理を示すフローチャートである。図17A〜図17Bは、図10の方法により追跡するステップを実行する処理を示すフローチャートである。図18A〜図18Cは、本発明のシステムにより発生されるステートメントファクシミリスクリーンディスプレイの例を示している。 望ましい実施の形態の詳細な説明本発明のシステムは販売プロセスを容易にする大銀行のコンポーネントのすべてをリンクしている。特に、大量のデータベースはユーザがデータベースへの照会を可能にするためユーザワークステーションにリンクされている。本発明の1 つの態様として、グラフィックインタフェースが、構造化された照会言語に精通していないユーザでも、データベースからインフォメーションを得ることを可能にするために提供される。データベースは、また中央顧客情報システム(CCI S)にリンクされている。本発明はこれらすべてのコンポーネントをまとめて、 目標顧客および顧客注文の達成を追跡する組織的な方法を提供するものである。本発明のシステムを使えば、支店はキャンペーンを決めることができ、そのキャンペーンを地域のマイクロマーケティングセンタと調整することができる。本発明のシステムは顧客を目標にし、リストを発生するために使用できる。本発明の重要な態様としては、本発明のシステムが直接オンラインで支店システムにリンクされることである。このようにして、マイクロマーケティングセンタによってロードされた望ましいリードを支店に自動的に送ることができる。地域のマイクロマーケティングセンタは、特に本発明のシステムとプロセスに重要である。特に、本発明は種々のタイプのメールアドレスを識別してリストを発生する能力をマイクロマーケティングセンタに提供し、オンライン CCIS 支店システムにリンクを行なうものである。これは地域のマイクロマーケティングセンタに分析的なワークステーションで利用可能なすべての能力を与えるものである。さらに、マイクロマーケティングセンタは種々のタイプのアドレス、例えば、ビジネスあるいは法律上のアドレスを隠すことができる。この方法を使って発生されたリードは、支店に直接リードを提供するシステムへ夜間に自動的にアップロードすることができる。地域のマイクロマーケティングセンタに関連して、本発明のシステムは、地域のマイクロマーケティングセンタが種々のタイプのメールアドレスを識別するリストを発生し、オンラインCCIS支店システムにリンクすることができるグラフィカルユーザインタフェースを含むものである。これは、オリジナル(元の) マーケティングセンタがリードを特定のキャンペーンに向けることができることを意味する。一般に、販売プロセスフローは、図1Aを参照して次のように記述することができる。初めに、支店ユーザ(支店長)が販売促進を決める。販売促進コンセプトは地域のマイクロマーケティングセンタに伝達される。システムは地域のマイクロマーケティングセンタがリードを発生するためにユーザワークステーションを使うことを可能にする。典型的には、要請の大きさとタイプにより5分から24時間までの間で要請を実行することができる。リードが、夜間に支店ユーザおよび個人銀行家にリードを提供するために自動的にシステム(好ましくは CCIS のコンポーネント)にロードされる。個人銀行家はその後、販売勧誘電話のためにリードと関係プロフィール(または CCIS のコンポーネント)を使うことができる。中央顧客情報システム(”CCIS”)は好ましくは関係プロフィールコンポーネント、口座マネージメントコンポーネント、リードのマネージメントシステム、あるいは販売追跡とレポート(経営情報システムあるいは” MIS”)コンポーネントを含むものである。それぞれのコンポーネントはレポートを発生することができ、それは販売プロセスを完了するためにユーザ(支店長)に提供される。電子販売・サービス支援システムは、好ましくは金融のコンポーネントの全範囲を含むひとつの口座を開くシステムにインタフェースすることができることである。それ故、本発明の統合化されたシステムはまた、口座開設システム(好ましくは単一のセションでの)を含むものである。システムは好ましくは、本発明の中央データベース、マイクロマーケティングセンター、中央顧客情報システム、支店システムと通信し、データが合法的で適切であるこれらのシステム間で渡されることができるものである。添付図面で示される例を参照して、本発明の望ましい実施の形態の詳細を述べる。図1および図2に本発明のシステムの概観を示す。システムは中央データベース10、複数のワークステーション12を有するマイクロマーケティングセンタ11、中央顧客情報システム(”CCIS”)13と口座開設システム(AOS )17を含むものである。これらのコンポーネントは、他から「地理的に分離され」または「地理的に遠く」て、、電気通信リンク14、15(例えば、 X. 25 ネットワーク)または他の手段を通してマイクロマーケティングセンタ1 1と CCIS13の両方が中央データベース10と電子的に通信するように一緒にリンクされてもよい。本出願における「地理的に分離され」および「地理的に遠い」という用語を使うのは、異なった都市または州のように重要な空間の分離を意味するものであって、隣接した部屋または建物のフロアを意味するものでない。望ましい実施の形態に関連して、「地理的に分離され」および「地理的に遠い」システムが、例えば、ニューヨーク、ワシントン、カリフォルニア、テキサス、フロリダのような異なった地域で維持されている。より詳細には、マイクロマーケティングセンタ11のワークステーション12 は、SYBASEゲートウェイとトークンリング・ネットワークを介して中央データベース10のメインフレームコンピュータと通信する、 Omnis 7のようなソフトウェアを含むものである。このように、システムは、ユーザが必要な照会またはレポートを引き出す認可を持っているなら、どんな遠い場所からでもアクセスできる能力を持っている。以下の記述で使われるように、「リード」とは、顧客または潜在的なニーズに基づいた販売努力のために特に目標とされる潜在顧客のことである。リードは自分で識別されることができ、進行中の努力の一部、または短期のキャンペーンの一部となることもできる。 「キャンペーン」とは、金融機関から提供された新しいまたは既存の製品およびサービスの導入または拡大するために CCIS13 を介して管理される目標とされた販売リード(顧客あるいは潜在顧客)のグループのことである。ここに使われる「セション」とは、個人銀行家または他の販売代理人と、製品の販売または、顧客および/または顧客の世帯の他のメンバーに提供されるサービスを受ける顧客との間での、典型的には電話によるミーティングのことである。セションは顧客とミーティングして、顧客のマネージメントのニーズを議論し、顧客のニーズを満足させるための製品およびサービスを提供するために使われる。用語「製品」とは、典型的には預金、投資、ローンまたは金融機関の抵当口座のような項目のことである。用語「サービス」とは、典型的には金融機関によって提供された預金、投資、あるいはクレジット口座以外のクレジットカード、仲介料、ダイレクトアクセス、現金としての小切手、電話代支払い、保証付き小切手などのことである。用語の「製品」と「サービス」は本出願を通じては交換可能として使われる。本発明の種々のコンポーネントを以下に詳細で記述する。 中央データベース中央データベース10は本発明の出願のすべての基礎となる。中央データベース10は、すべての顧客についての情報および支店製品、銀行カード、旅行と娯楽カード、学生ローン、投資、保険と抵当製品を含めた金融機関製品を含む包括的で豊富なデータベースである。中央データベース10は金融機関にまたがった処理システムから毎日および毎月の情報供給を取り込み、この情報にアクセスすることを容易にするために非常に大きい「データウエアハウス」を構築する。中央データベース10は、データベースの強化するために使われる外部の人口統計学的および他の公的に利用可能な情報と共に、金融機関の内部の複数ファイルから情報を受け取る。中央データベース10は情報の正確さを保証し、専門的でないスタッフでもより容易に情報を使えるように設計されている。このように、システムは入力情報を浄化および標準化し、世帯化し、ヒストリーを構築し、ステータス(状態)コードを計算し、テーブルを維持し、戦略上のフラグを計算する手段を含むものである。中央データベース10の目的は、種々のビジネスおよび金融機関における種々の部門からの情報を1つの場所に格納(記憶)することである。銀行のケースでは、例えば特定の顧客が、当座預金を所有し、学生ローンを持ち、2回または種々の製品を銀行カードで勧誘されたという事実を中央データベース10に記憶することができる。中央データベース10は既存の顧客金融に関する情報、外部からの情報および既存および可能性がある顧客についての人口統計学的情報を含んでいてもよい。望ましい実施の形態としては、中央データベース10はメインフレームコンピュータに収容され、金融および人口統計学的データの大きなリポジトリを含むものである。情報は種々の情報供給源21-25 からデータベースに供給され、これらの情報供給源は金融機関により提供されたそれぞれの製品およびサービスに対する金融機関からのビジネスおよびクレジットカード情報供給源21と22を含み、顧客人口統計学的情報供給源23、顧客電話番号情報供給源24および種々の他の外部ベンダーからの情報供給源25を含むものである。種々の情報供給源21-25 からのデータは同一のフォーマットで中央データベース10に格納される。この目的のため、好ましくは同一の記憶または世帯アルゴリズム、名前および住所標準化プロセス、マージプロセスが使われる。このように、中央データベースは金融機関にとって入手可能な顧客関連のすべての情報を記憶する単一の中央リポジトリの役目をする。世帯アルゴリズムとは、同じ名字で同じ住所、または異なった口座で同じ名前または同じ社会保障番号、同じ人または同じ世帯に住んでいる人を示すなどの情報に基づいて、1つの世帯であると考えられる1つのユニットの中に異なった口座をまとめるものである。世帯プロセスは中央データベース10のデータを取得して、論理的にそれを抽出する有意義な方法を提供するものである。図3で示されるように、情報は、好ましくは3つの階層−−(世帯、顧客、口座)で中央データベースに維持されるものである。ある世帯が1人またはそれ以上の顧客を持っていてもよく、1世帯でそれぞれの顧客が複数の異なった口座を持っていてもよい。データベースエンジンに関連して以下に詳細に論じるように、3つの階層は、照会、閲覧、レポートのユーザ基準に合うそれぞれの世帯、顧客、口座レベルにおいて「キー」を供給する。中央データベース10は広範な種々の顧客サービス、金融分析およびマーケティングの目的のために使うことができる。中央データベース10は、セキュリティデータベース30、ドメインデータベース31、パラメーターデータベース32、世代データベース33、照会出力データベース34、選択された照会領域35と世帯−顧客−口座リポジトリ36を含めて、本発明の動作を支援するためにいくつかのデータベースコンポーネントを含むものである。これらの中央データベース10のコンポーネントはデータベースエンジン40によって互いにおよび外部の通信情報供給源とインタフェース接続されている。セキュリティデータベース30はそれぞれのシステムのユーザのために、ユーザIDおよびパスワードと共に、資格のリストを格納する。金融機関は高度に秘密で価値ある情報でジョブをするので、それぞれのユーザのアクセスはそのユーザのジョブを行うために必要なデータベースのエリアだけに制限することは必要である。例えば、ユーザが地理的に遠いワークステーション(以下に記述されるように)の1つからシステムにログオンする時、データベースはそのユーザに割り当てられた資格によってユーザが適切なユーザIDとパスワードを提供して、次いでユーザのデータベースにアクセスするのを制限することを保証するためにセキュリティ点検を行う。それぞれのユーザのプロフィールのために、セキュリティデータベース30は、 ワークステーションに内蔵されるRAM 容量およびハードディスクのサイズのような、ユーザのワークステーションについての情報を維持する。セキュリティデータベース30は、またユーザが、売られた抵当口座および個人の銀行預金口座のような、いくつかの特定の口座にアクセスすることができるかどうか、およびユーザが機密性が高い名前と住所情報にアクセスを与えられるかどうか決定するものである。ドメインデータベース31は、中央データベース10に含まれるすべてのデータコンポーネントの定義および記述を格納するものである。望ましい実施の形態として、マイクロマーケティングセンターからデータベース10をサーチする最初のステップとしては、本発明のシステムはドメインデータベース31に含まれるエレメントおよびデータ記述を、ユーザのワークステーション12へダウンロードする。この情報は、中央データベース10のためにデータ用語集またはインデックスのフォームであることが好ましい。このデータ用語集またはインデックスは、エレメントのすべての値と共に、中央データベース10に含まれるすべてのエレメントの記述を含むものである。それ故、例えば、もしユーザが口座ステータス(状態) を見たいなら、本発明のワークステーション12はドメインデータベース31から口座ステータスのために利用可能な値にアクセスすることができる。この例では、 本発明のシステムが、特定の値が口座が「オープン」かまたは「クローズ」かどうかの表示することをユーザに示してもよい。本発明のシステムは、特定のエレメントのためにユーザから要請を受け取るや否や、システムがどのような記述がそのエレメントに対して存在するか調べるのに、十分な程度にダイナミックである。もし記述が存在しないなら、ユーザは、 このエレメントをデータ入力しなければならない。データ用語集またはインデックスは、システム性能を強化するためにドメインデータベース31から初期ダウンロード後にユーザのワークステーションに局所的に維持されるのが好ましい。照会出力データベース35は中央データベース10に対して行われたサーチの実際の結果を含んでいる。サーチの間に作られたすべてのレポートおよびキーファイルは出力データベース35中でDB2 出力テーブルに行く。レポートがいったん出力データベース35中のDB2 出力テーブルに入れば、望むように動的にフォーマットされ、アクセスすることができる。 論理データベースエンジンコンポーネントデータベースエンジン40は2つの論理コンポーネントを持っている。 1番目のはユーザ基準を満たすキーを抽出する。これらのキーは世帯、顧客、口座レベルにあるのが好ましい。 (それぞれ HH NO,HH NO + CS C UST NO,または HH PO + ACCOUNT IDENTIFIER )。 2番目のコンポーネント(データ抽出装置コンポーネント)はユーザが欲するすべてのデータ項目をピックアップする。両方のコンポーネントがひとつのジョブで一緒に働くことができ、またはユーザは別の時間においてさらなる処理のためにキーをセーブしておくことができる。さらに、ある特定のタイプの質問はまったく抽出キーの必要がないが、中間キー抽出ステップなしで直接データを得ることができる。 もしユーザがキーを求め、セーブすれば、ユーザは異なる時間に(データベースエンジンのデータ抽出装置コンポーネントを使って)異なるフィールドのセットをピックアップするためにセーブしたキーを使うことができる。あるいは、ユーザは追加の基準を古いセットに適用することによりさらにキーのセットを減らす(および、キーの古いセットの代わりに、またはキーの古いセットに追加して、新しいセットをセーブしておく)ことができる。 2つのコンポーネントは質問仕様書対話の2つの異なった部分と結び付けられる:1)一方はユーザがサーチされる領域を識別する基準を指定する、2)他方は選択された領域からユーザが欲する属性をユーザが指定する。両方の部分は一気に、または別々に行うことができる。2番目の部分を行う時、ユーザは前に作られたキー領域を参照することができる。あるいは、新しいキーセットが追加の基準を適用することによって前に作られたキーセットから得てもよい。 キーは、 AUTHID としてユーザIDと共に DB2テーブルを使ってセーブされる。 これはキーテーブルは、作られたユーザによってアクセスすることができるだけであることを意味する。ジョブ制御/スケジューラーサブシステムが、いずれのキーのセットがユーザ/照会/実行のいずれに属するか追跡するのが好ましい。 ジョブ制御システムは、一定の時間使われなくて、周期ベース上で再利用されない(例えば、周期的なプログラム追跡レポートを作成する目的のための)セーブされたキーを周期ベースで削除する。 たとえユーザがキーがセーブされるのを望まないとしても、データベースエンジンは、もしそうすることが性能を向上するなら、一時的にキーの中間セット( 最終の結果を得る途中で)をセーブしてもよい。この性能状態のためのいくつかの可能なシナリオを以下に記述する。 単独で、または最初のキー抽出コンポーネントと共に実行することができるデータベースエンジン40のデータ抽出装置コンポーネントは、いったんキーが抽出されると、データベースから必要なデータを引き出す機能を持っている。もしそれを最初のコンポーネントで実行するなら、キーはテーブル上にたとえセーブされなくてもよいが、前の SQLステートメントからホストプログラム変数を介してキーが渡される。 通常ユーザは、世帯(または顧客)の口座関係の全部のセットを望む。口座データが、資産/債務( ALA)および銀行カード( BC )テーブルとして以下に参照されるであろうテーブルにおいて別々に中央データベースに格納される。通常、関連情報を探しているユーザは、同じ世帯の互いに追従する口座を見たがるものである。必要な順序を得るべきソートを避けるために、(UNION ALL は BC テーブルが続いたALA テーブルにアクセスする)プログラムは口座テーブルのそれぞれにカーソルを開いて、世帯(キー)の順序での出力を提供するためにマージロジックを利用する。このアレンジはALA および BC テーブル上のI/O が並列でなされるという利点を持っている。他方、キーテーブルから来るキーは、それらが DB2によってメモリに保持されるから、ただ一回読まれるだけである。同じく、データはキー順序をひとまとめして読まれるので、ダイナミックシーケンシャルプリフェッチはすべてのテーブルでオンになっている可能性が高い。その結果ずっと速い実行速度が得られる。 本発明によって使われる典型的な SQL SELECTステートメントは: SELECT output columns FROM ALA table,KEYS table WHERE HH NO in ALA=HH NO in KEYS table 口座のALAセット用 SELECT output columns FROM BC table,KEYS table WHERE HH NO in BCO = HH NO in KEYS table 口座の銀行カードセット用。 もしユーザが世帯および/または顧客テーブルからデータを欲するなら、これらの他のテーブルへの結合はそれぞれのSELECTステートメントでなされる。これらの結合は、 DB2が、もし世帯キーが世帯の番号順序であるなら、それぞれのテーブルでダイナミックにシーケンシャルプリフェッチをするので、非常に速いであろう。同じく、両方の SELECTSが並列で実行されているので、性能は、 DB2がしばしばメモリ中で世帯(および/または顧客)行を見付けだすので、利益を得るであろう。これらの便宜により、データアクセスは非常に大きいDB2 データベースでも非常に速いのである。 もしキーがセーブされたテーブルになくて、プログラム中で別のSELECTステートメントから来るなら、上記SELECTステートメントは、キーテーブル結合の削除およびWHERE節ステートメントでホスト変数に格納されたキーの値の置き換えによって修正することが必要であるだけである。それでもDB2はデータを得るためにすべてのテーブルのダイナミックシーケンシャルプリフェッチをする。 生成されたプログラムは、キーシーケンスに出力を書き込むために単純なマージロジックを含む。望ましいアクセス経路を得るために、ORDER BYコマンドが、 キーテーブルが最初にアクセスされ、かつネストループ(入れ子ループ)結合法が使われると想定して、 SELECT ステートメントで必要かもしれない。あるいは、キーテーブルは別にフェッチされ、ホスト変数が結合条件の代わりに使われる。 上記SELECTステートメントは、それぞれの世帯のための口座の全関係集合がそれぞれの時間に抽出されるであろうと想定する。しかしながら、ユーザはただ3 つのテーブルの1つのみからデータを求めるか、および/またはもっと出力を制限する追加の基準を加えてもよい。追加の基準を適用することは、データベースエンジンの他のコンポーネントの役割であると考えられることができる。 最初にキーを抽出することはいくつかの状態で必要ではないかもしれない。例えば、世帯あるいは顧客レベルにおいて、単独で基準を持つ関係の照会は、多分、前もって要約されたカラム(列)を使って最初の抽出キーなしで行うことができる。これらの照会は、しかしながら、同じ世帯のための口座は(UNION ALL の使用の結果)一緒の出力でないので、ポスト抽出ソートを必要とするかもしれない。また、非関連の照会、単一テーブルの照会および通常結合は、キーのセーブを必要としない。 用語「経路」は特定のセットのデータに対して特定のセットの基準を記述するために使われる。本発明では、口座経路、世帯経路、登録者経路があり、暗黙のうちに、プログラム追跡経路と特別なスーパー世帯経路がある。 経路概念の利点は2つある:第一のそれは、共に直観的および関係的に整合している方法で質問仕様を組織化するものである。口座経路を使うことにおいて、 例えば、ユーザは世帯がある特性を持っている口座を含まなくてはならない(または含んではならない)ことを指定している。第二の利点は、経路仕様が、SQL ステートメントに変換することがより容易なように、 SQLと正しく直接の対応を持っているということである。 経路コンセプトがデータベースエンジン40についていくつかの細部を記述するために使われると共に、経路コンセプトはユーザ対話で明確である必要がない。 マイクロマーケティングセンタ11のワークステーション12とCCIS 13 とは、経路に関して照会の分析に使うことのできるパラメータを発生するための正しい質問を依頼することによりユーザに促す。 口座経路は、ユーザが単一の口座レベル基準に適している世帯(あるいは他のキー)を選択することを可能にする。すなわち、口座経路が、所定の製品の口座を含むすべての世帯を提供する。ここでは任意に製品がいくつかの他の属性を所有する。口座経路のための SELECT ステートメントは次のようなものである: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA WHERE (PRODUCT C ODE = ?)AND(...他の口座指定条件) 製品コードは Ptype、Stype またはSource Product Code のいずれでもよい。これらの値(対話)を指定することは、ユニークな値またはコードはコラム(列) の複合に依存すると思われるので、幾分複雑であるかもしれない。もしユーザがサービスタイプレベルにおいて製品コードを指定することを望むなら、照会は世帯レベルにおいてフラグおよび合計(サマリー)変数を使うことにより1つのステップで答えることができる。 しかしながら、このケースでもユーザは、口座レベルにおいてのみ利用可能な(オープン日付、個別口座残高など)を製品が持っていなくてはならない他の特性を指定すること要求してもよい。この照会は、適切な製品および関連する特性を有する口座を持つすべての世帯を選びだす。カッコの中の基準は1つの製品に当てはまる。DISTINCT節は、もし世帯が依頼されたタイプの2口以上の口座を持っているなら、起こりうる重複世帯を排除するために照会において使うことができる。 ユーザはある特性の1つの製品を持つ世帯または(OR)別の特性のある別の製品を持っている世帯のいずれか(EITHER)を要求してもよい。またはユーザは同時に(AND )別のタイプを含んでいる製品か、または別のタイプの口座を含んでいない(NOT)世帯を要求してもよい。 一般に、これは集合論における問題である。それは、実行して得られ、世帯レベル(集合HH1 、集合HH2 ...集合 HHn)または顧客レベルにおけるキーの集合(セット)の取得のSELECTステートメントとなるそれぞれの個別の口座経路であると考えることができる。それで世帯の最終の望ましい集合は次の論理的なステートメントの結果である: HH1 AND HH2 OR HH3 NOT HH4 .... ここでは挿入語句を、操作の順序を明確にするために使ってもよい。上記のすべてのものはSQL と等価である。例えば、次の SQLステートメント: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA WHERE (PRODUCT C ODE = ?)AND ( 及び/ 又は で結合される他の口座指定条件) AND HH NO IN (SELECT HH NO FROM HH2 T ABLE) は、最初の2つの集合の ANDをとることに類似している。ここでは最初のSELECT ステートメントが HH1集合を表し、内部の下位選択が前に選択され、セーブされたキー( HH2)の2番目の集合を使う。もし集合 HH1と HH2の両方がテーブルに格納されたキーによって表されるなら、 ANDはその2つの間の単純な結合によって得られる。 問題に対する上記の解決は、通常データベースに複数の経路を必要とするので、最適ではないかもしれない。多くの場合1経路のみが必要とされる。異なったケースが以下に論じられる。 もしユーザが1つのタイプの口座または別タイプの口座を持つ世帯を要求するなら、上記のアプローチは、2つの SELECT ステートメントを作り出す2つの別の口座経路仕様書(会話)を必要とするであろう。それぞれの選択ステートメントが実行されて、世帯の2つの集合が得られる。それでこれらの2つの集合はO R演算(論理和演算)される。 しかしながら、同じ目的を、挿入語句の中に別のカッコを追えることによって1つの SELECT ステートメント中で容易に達成することができる: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA WHERE ( PRODUCT C ODE = ?(最初の製品コード) AND (及び/又は で結合される他の口座の限定条件...) OR PRODUCT CODE = ?(2 番目の製品コード) AND (及び/又は で結合される他の口座の限定条件...) カッコの中のステートメントは世帯が持つべき特定の口座のためにすべての特性を指定する。OR演算子はユーザに世帯が持ちうる口座の別のタイプのすべての特性を指定することができる。例えば、この口座の2番目のタイプは異なった残高などを持つかもしれない。世帯は、もしそれがいずれかの特性の集合における少なくとも1口座を持っているなら、照会によって選択されるであろう。0Rロジックはデータの1回のパスで実施することができる、なぜならロジックは一度に1 行適用できるからである。 ORロジックを指定する別の方法は、次の例のようにIN述語を使うことである: PRODUCT CODE IN (製品のリスト) しかしながら、このステートメントを使うことによって、WHERE節で指定された他のいかなる条件でも選択された PRODUCT C ODESのそれぞれに適用できるであろう(例えば、AND BALANCE 〉 4000 が個々の製品のそれぞれに当てはまる)。 ワークステーションソフトウェアは、会話が、ミスを避けるために2つの OR ロジックケースを区別することを保証するものである。 もしユーザが同時に2つの(またはそれより多くの)口座のタイプを持つ世帯を探しているなら、照会は2つの(またはより多くの)口座経路を持つが、その結果の選択ステートメントはより複雑となる。2 つまたはそれ以上の口座経路のために選択ステートメントを作る他の方法がある。最初は次のように関連づけられた下位照会である: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A WHERE ( {A.PRODUCT-CD = ? AND(A....)}) AND HH NO IN (SELECT HH NO FROM ALA B WHERE A.HH NO = B.HH NO AND ( {B.PRODUCT-CD = ? AND(B....)}) 下位選択での世帯のリストはセーブされて、キーテーブルとして呼び戻すことができる。このキーテーブルはより高いレベルの選択(世帯が両方の基準を満たさなくてはならないことを意味する)と結合できるか、または(AND HH NO IN ...)の同じ方法で外部SELECTと関係付けられるかも知れない。 同作業についての他のいっそう効率的な方法は、次のように2つのオリジナルのテーブル間を結合をすることである: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A,ALA B WHERE A.HH NO = B.HH NO AND ( {A,PRODUCT CD = ? AND(A....)} AND {B.PRODUCT CD = ? AND(B....)}) 関連づけられた下位照会の使用はデータへの2回のパスを避ける。しかしながら、同じ世帯内の他の行のデータが同じ世帯の中のメモリに多分あるので、結合アプローチも同様である。いずれかのケースで、データベースマネージャーと共にベンチマークが、性能を検証するために含まれるべきである。 あるいは、照会はブレークダウンでき、世帯番号の中間結果が格納される。製品コードのインデックスが、サーチのスピードを増すために好ましくは使われる。抽出された明確な HH NOはセーブされ、後に再利用されるか、または直接第2のデータ抽出装置コンポーネントに渡すことができる。 NOT 経路は常にデータへ2つのパスを必要とする。もしユーザが所定のタイプの口座を持っていない世帯を要求するなら、データベースエンジン40は最初にそのタイプを持っている世帯を探す。それからシステムはこれらの世帯の補集合を見いだす。次の選択ステートメントは NOT経路の例を提供するものである: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A WHERE HH NO NOT IN (SELECT HH-NO FROM ALA B WHERE ( {B.PRODUCT CD = ? AND(B....)}) NOT 経路の使用はそれが2つの理由のためと思われるほど単純ではない。第一に、拘束されない補集合はユーザが探しているものではないかもしれない。第二に、もしこのように依頼されるなら、照会は非常に悪く実行するかもしれない。 一般的に、口座経路上ではユーザが、金融(口座残高、振替の量など)のような口座/製品に全体的に依存する変数を使って製品に関連する条件および記述的な(オープン日付、マーケティングステータスなど)変数ばかりでなく、組織レベル、地理的な場所などのような口座に間接的に関係する変数を使って他の条件も、指定するだろう。関連的に、これらの他の変数は、なじみのないキーの一部であり、それらの口座行での存在は口座実体(エンティティ)およびORG または地理的実体の間の関係を確立するものである。 最もありそうな、ユーザの論理的な意図は、世帯のサーチがこの組織レベル、 地理的な場所などに制限されるということであろう。このような場合、上記の S ELECT ステートメントはユーザの意志を達成しないであろう。次の拡張された S ELECT ステートメントはこの点を明らかにするものである: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A WHERE HH NO NOT IN (SELECT HH NO FROM ALA B WHERE ((B.ORG AND B.GEOGRAPHIC,などの条件) AND ( {B.PRODUCT CD = ? AND(B.他の 製品 条件...)}) この公式化で、下位(サブ)選択は ORG/GEOGRAPHIC条件持ち、それで製品条件はこの口座(世帯)のこのサブセット(部分集合)の中で検索する。しかしながら、補集合(補数)が実行される時、このようなどの制限もなく、データベースは組織と地理に属さないものを含めてすべての世帯の間でサーチするであろう。 世帯の結果としての集合は一般にずっとより大きくて、ユーザが期待する程度と異なる。 この問題を補正するために、 ORGとGEOGRAPHIC条件は外部選択で繰り返されなくてはならない。NOT 経路のための SELECT ステートメントのいっそう適切な公式化が以下に提示される: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A WHERE (A.ORG AND A.GEOGRAPHIC,などの条件) AND HH_N O NOT IN (SELECT HH NO FROM ALA B WHERE ((B.ORG AND B.GEOGRAPHIC,などの条件) AND ( {B.PRODUCT CD = ? AND(B.他の 製品 条件 ...)}) しかしながら、多くの世帯が異なった ORGと GEOGRAPHIC 値有する口座を持つので、システムが ORG/GEOGRAPHIC条件に適していて、かつ同時にタイプ NOTを必要とする口座がない小さな口座を持つ世帯が選択されることを許すべきであるかどうかという疑問が生ずる。もしシステムが主要な口座(世帯と顧客テーブルにおいて格納された)の、またはあらゆる口座の ORG/GEOGRAPHICでも使ったなら、これは素数対実数(Prime VS.Actual)の問題と呼ばれる。もし答えが素数であれば、外部選択は世帯テーブルを見る。 この照会はデータベースマネージャーでベンチマーク(基準と)されなくてはならない。NOT IN リストでの世帯の数が多すぎる時は、照会のための時間を減らすために、2つのオプションがある。第一に、 IN リストは格納されることができ、インデックスを使ってデータベースの中の HH NOの残りに、それらをその時マッチさせないプロセスによって順番に再リードする。第二に、世帯キーは世帯インデックスと共にテーブルに格納されることができる。これらのオプションのいずれかと一緒に、データベースは非常に効率的に NOT INロジックを実行するであろう。 NOT ACCOUNT PATHは容易に以下の SELECT ステートメントを使って前のACCOUN T PATHに加えることができる: SELECT DISTINCT HH NO FROM ALA A WHERE (A.ORG AND A.GEOGRAPHIC,などの条件) AND ( {A.PRODUCT CD = ? AND(A.他の 製品 条件...)} AND HH NO NOT IN (SELECT HH NO FROM ALA B WHERE (B.ORG AND B.GEOGRAPHIC,などの条件) AND ( {B.PRODUCT CD = ? AND(B.他の 製品 条件 ...)}) 世帯経路、登録経路、プログラム追跡、スーパー世帯経路およびそれらと口座経路との組み合わせをここに論ずる。 世帯経路は全世帯に適用できる条件を指定するために使われる。これらの条件は直接、または間接的に指定することができる。ダイレクト仕様書が、次のSELE CTステートメントの例のように世帯テーブルのコラム(例)を使用してなされる: SELECT HH NO FROM HHD A WHERE (A.ORG AND A.GEOGRAPHIC条件) AND A.HH C HK T OT B AL > 10000 最後の条件は前もって合計した変数の使用例である。 世帯経路が既存の世帯変数を使う条件から成り立つ時はいつでも、世帯経路条件は結合の手段によってどんな口座経路条件とでも組み合わされて、データの1 回のパスで実行されることができる。次の SELECT ステートメントはこの例を提供するものである: SELECT HH NO FROM HHD A,ALA B WHERE A.HH NO = B.HH NO AND (A.ORG AND A.GEOGRAPHIC 条件) AND A.HH C HK T OT B AL > 10000 AND ([B.PRODUCT CD = ? AND(B.他の 製品 条件...]) しかしながら、時には世帯レベル条件は格納された世帯変数を使って指定されることができないこともある。これは世帯テーブルで合計されるサービスタイプレベルより低い製品詳細のレベルにおいて求めらる合計変数(合計、平均など) について言えるものである。 このタイプの世帯経路は、GROUP BYおよびHAVING節を使って、別の SELECT ステートメントで実行されなくてはならない。 典型的な例としては: SELECT HH NO FROM ALA A WHERE (A.ORG AND A.GEOGRAPHIC 条件) AND ([A.PRODUCT CD = ? AND(A.他の 製品 条件...]) GROUP BY HH NO HAVING (SUM(ACCT BALANCE)> 5000 AND (SUM(ACCT CR LIM)> 10000 AND COUNT( * )> 3) 世帯の結果として生ずる集合は次にセーブすることができ(永久に、または一時的に)、それから同じかまたは他の照会の世帯の他の集合と(AND /OR/NOT IN)と組み合わせることができる。 これらの照会の遂行は、もしインデックスが残高、貸出限度額、 ORG、GEOGRA PHIC変数などのために使われ、その中に世帯番号を含むなら特に速くなされる。 合計は口座データから形成されるので、会話はこの要請の仕様書を口座経路の仕様書と組み合わせてもよい。データベースエンジンは、ORG および GEOGRAPHIC 変数が実数および/または素数を示すように選択的にセットされることができる。 顧客経路は世帯経路に非常に類似している。主な相違は、この経路で世帯値および顧客値の組み合わせが、キーとしてセーブされるという点である。 定義テーブル図4A−4Dに示されたブロックダイアグラムに、中央データベース10にアクセスするためのデータベースエンジン40の定義を持つ種々のテーブルを示す。図4Aは、パラメータデータベース32の定義テーブルを示し;図4Bは、世代データベース33の定義テーブルを示し;図4Cはデータベースエンジン40のリファレンス(参照)テーブルを示し、図4Dはドメインデータベース31の定義テーブルを示す。 図4Aを参照して、パラメータデータベースの定義のテーブルは、例えば、テーブルの頭文字として省略形"QRN"を持つ"Query Run"(照会実行)テーブルを含むものである。Query Run テーブルには、ワークステーション12の中に入力された最初の照会からの情報で母集団化される。データベースエンジン40は、新しい照会が要求されたか否かを知るため Query Runテーブルを連続的に読む。 Query Run テーブルは、新しい照会を処理すべきか否かをシステムに告げる。 もし新しい照会が処理されるべきなら、Query Run テーブルは他のパラメータテーブルを読み、ワークステーション12によって提供されたすべての情報を抽出する。Query Run テーブルは、次に SQLおよびCobal プログラムを照会のために発生させる。データベースエンジン40は、次に、世帯、顧客、または口座テーブルに対して稼動するであろう照会を発生することにより中央データベース10にアクセスし、それからデータを抽出する。 図4Aに示した別のテーブルは、Query Logical Task(照会論理タスク)テーブルである。このテーブルは、特定の照会を発生するために、いくつのタスクを論理的に行われなければならないかに関する情報を含んでいる。 図4Aの Query Logical Task テーブルの下に示しているのは、 Path Relati on(経路関係)テーブルである。このテーブルは特定の照会の領域を目標とするために使われる。すなわち、Path Relation テーブルはデータベースエンジン40 がそれぞれの照会のために世帯レベルのキー、顧客レベルのキー、及び口座レベルのキーいづれを発生するかどうか、または実際のデータを抽出するために出力仕様を発生するかどうか決定する。Path(経路)テーブルは Path Relationテーブルに関連していて、データベースエンジンに世帯あるいは口座経路を使うべきかどうかを通知するものである。 QLT Input (QLT入力)テーブルはデータベースエンジン40に、照会が出力仕様であるかどうか、または、それがレポートまたはキーを抽出しているかどうかを告げるものである。このテーブルは、またどのタイプのプログラムがレポートを抽出するために使われてるのかの情報を供給するものである。 Path View (経路ビュー)テーブルは、データベースエンジン40に、ユーザがアクセスのために、どの中央データベーステーブルが必要かを説明するために使われる。Path Row References (経路行参照)テーブルは、システムに使われるべき経路(経路 id )のタイプを伝える情報を含んでいる。例えば、Path Row R eferences テーブルは、"contain"を発生するかどうかをシステムに伝えるために使われる。"contain"はコマンドであり、ある金融の製品(例えば、小切手、 預金、 CD など)を持つ(または提供する)世帯、顧客、または口座のすべてを抽出するために使われる。"contain"は、また特定の銀行あるいは支店でだけの世帯を検索するのに使われることができる。 Path Clause (経路条項)テーブルは、ユーザがタイプすることができる追加の制約情報を提供する。例えば、小切手や預金を持っている人に加えて、照会は、また10,000ドルより大きい預金残高を持つような人々に限定することもできる。その情報は Path Clauseテーブルに格納されるであろう。 図4B中に示した世代データベーステーブルは、図4Aのパラメータデータベースと同様なテーブルのいくつかを含んでいる。照会実行の領域はデータベースエンジン40によって再び読まれる。世代データベースはパラメータデータベースの情報に基づいて発生されるすべての情報を含んでいる。その情報は、データを抽出するために Cobalプログラム中にその時埋め込まれる SQLを構築するために読まれ、かつ論理的に操作される。SQL コードテーブルはデータベースによって生み出される実数の SQLコードを含んでいる。SQL コード情報が SQLテーブルの上に格納された後、データベースエンジン40の他の部分は、このテーブルから情報を読み込む。 データベースエンジン40の別の部分が世代データベースから SQLコードを抽出して、 Cobalプログラムの中に SQLを埋め込む。システムは、次に JCLを構築するためにその Cobalプログラムを使う。システムは、標準 JCLを使うことを必要とするすべての JCLを発生し、次に、ジョブがコンパイルされる内部の読み込みルーチン(リーダ)にこのジョブをゆだねる。このジョブは、実際の実行ジョブを提出する別のジョブを発生する。実行ジョブは、その後中央データベース10から求められたデータを抽出する。 図4C中に示された参照テーブルは、照会を公式化するための参照情報を提供するために使われた種々のテーブルを含むものである。キータイプテーブルは、 抽出されるキーのタイプおよびキーのそれぞれのためのコラムについての情報を含んでいる。System Control(システム制御)テーブルは、システムが使うパラメータを動的に変えるための情報供給源を与えるパラメータテーブルである。Jo b Log (ジョブログ)テーブルは、起こるどのエラーのログをも保持する。Cons traint Type (制約タイプ)テーブルは、アクセスされる組織についての情報を含んでいる(例えば、特定の銀行または支店の中の口座の数)。この情報は SQL 発生の最適な方法を決定する統計上の目的のために使われる。上述したように、 多数の口座または他の情報を検索するためにいっそう効率的な SQLを作る SQLステートメントを構成するいくつかの方法がある。 例えば、照会が入力される時、システムは何個の口座が、サーチされるべき異なったタイプの口座のそれぞれに含まれているか決定するであろう(例えば、小切手、預金、CD)。口座の最少の数(口座テーブルでの行の最も小さい数)を持つ口座タイプは、サーチのスピードと効率を最大にするために最初に SQLに置かれるであろう。同じ処理は編成にも使われる。すなわち、もし1以上の組織が(銀行、支店など)サーチされるなら、システムは最初に口座の最少の数で組織をサーチするであろう。 Job Active(ジョブ活動)テーブルは、それが実行されている時、ジョブのステータス(状態)を含むものである。Organization(組織)テーブルはそれぞれの銀行と支店の記述を含んでいる。Product (製品)テーブルは製品のそれぞれの記述を含んでいる。View Relationship (ビュー関係)テーブルは、どのビュー(view)がどの他のビューに関連づけられるか、およびどのテーブルがどの他のテーブルに関連づけられるかについての情報を含んでいる。Error (エラー) テーブルは、システムの操作の間に起こるすべてのエラーをログファイルに記録する。 図4Dを参照して、Domain Database (ドメインデータ)テーブルは、SView 、PView 、Groups、Elements、SFunc および EFuncテーブルを含む。これらのテーブルは Brownstone Data Dictionary (ブラウンストーンデータディクショナリ)で維持され、データベースエンジン40によって維持される。これらのテーブルからの情報は外部に抽出され、super view id を含む DB2テーブルの別の集合の中に置かれる。super viewは照会のために論理的な経路を定義し、いくつかの関連したテーブルを一緒に結合するために使われる。 データベースエンジン40は、ユーザがワークステーション12において、ユーザにフレンドリーなグラフィックインタフェース上で、情報をクリックしてポイントすることができ、それでユーザは容易にかつ速く、大きく包括的な中央データベース10にアクセスすることができる。ワークステーション12は、データベースエンジン40へ頭文字と疑似コードを渡し、その後中央データベース10からデータを検索するための論理アクセス経路へコードを変換する。ユーザは、データベースエンジン40がそれぞれの照会のために適切な SQLを発生するので、中央データベース10にアクセスするためにどのようにプログラムまたは一ラインのコードを書くべきか知らなくてもよい。データベースエンジン40によって発生された論理アクセス経路は、それによって非常に大きいデータベースを実務的にサーチするシステムの性能を大きく増すものである。 マイクロマーケティングセンタ本発明は、1つまたはそれ以上の、マイクロマーケティングセンタ11を含み、 各マイクロマーケティングセンタは新しい金融の製品とサービスをマーケティングするために人口統計、口座残高、製品、所有権などに基づいて顧客のリストを識別するために銀行支店によって好ましくは使用されるワークステーション12を含む。好ましくは、複数の地理的に散らされた地域のマイクロマーケティングセンタが提供されることである。マイクロマーケティングセンタ11は CCIS 13の中へ直接ダウンロードできる販売リードを含むファイルを発生する。ダウンロードされたリードは、次に新しい製品または提供されているサービスをマーケティングするために CCIS 13を使ってリードを働かせるために努力を調整する支店長に、CCIS 13 を通して送信される。 金融機関のすべての顧客関連情報を格納する単一の中央リポジトリが重要な可能性を提供すると共に、データベースは、必然的にそれが実際に直接サーチされることができないほど大きい。それで、本発明はユーザが動的に中央データベース10をサーチするためのプログラムを構築することができる手段を含むものである。 本発明のシステムは、少なくとも1つの、好ましくは多くのワークステーション12をマイクロマーケティングセンタ11に含み、これらのワークステーション12はユーザが中央データベース10に含まれる情報をサーチして、マーケティングキャンペーンのためのリード(すなわち、販売目標)リストを発生することを可能にする。望ましい実施の形態では、2つの異なったバージョンのワークステーション -分析的なワークステーションおよびマイクロマーケティングワークステーションを含むものである。分析的なワークステーションはユーザに照会を構築することを可能にし、レポートを定義し又はデザインし、次いでプロセスを実行する;すなわち、照会を実行し、レポートの中に照会の結果を実行する。レポートはその後ダウンロードされるか、または書き出されることができる。マイクロマーケティングワークステーションは、ユーザに分析的なワークステーションと同じ機能を実行し、またマーケティング情報または販売リードを発生して、直接 CCIS 13にリードを供給することを可能にする。 マイクロマーケティングセンタ11の中のワークステーション12は、中央データベース10をサーチするためのプログラムを動的に構築するためにグラフィックユーザインタフェース("GUI")を発生することに対して、好ましくは汎用コンピュータ上で実行するよう意図されたソフトウェアのかたちの手段を含むものである。ワークステーション12は、すべてのテーブルおよび構造のローカルなコピーをワークステーション12を使って検索することができる中央データベース10からダウンロードする。これはシステムのすべてのユーザが、彼らがシステムにアクセスするたびに、最新の定義とフィールドを提供されることを保証するものである。 加えるに、システムはプルダウンウインドウ、アイコン、ドラッグ&ドロップ、および今日のコンピュータ・ユーザによく知られている他の特徴(機能)を使うことを含んでいるサーチの要求を構築する各ステップを介して生活するユーザのための手段を含むものである。さらに、システムはそれぞれのリクエストのために"proper"(適切な) SQLの照会を構築し、これらの照会が稼動することを保証するに必要な特別なコードおよびシンタックスを隠すための手段を含むものである。システムはまた、ローカルワークステーション12にレポートおよびファイルをダウンロードするための手段を含むものである。 マイクロマーケティングセンタは、種々のタイプのメールアドレスを識別し、 オンライン CCIS 支店システムをリンクするリストを発生する能力をもつものである。このようにして、ファイルそれ自体はオンライン支店システムにロードされることができる。マイクロマーケティングセンタが、ビジネスまたは法律上の理由のためのアドレスの種々のタイプを隠す能力を持つのが好ましい。 複数のマイクロマーケティングワークステーション12が、選択された販売プログラムのためのリードのリストの支店長からの要請に答えるためにマイクロマーケティングセンター11を構成するのが好ましい。販売プログラムは、金融機関により提供された、新しいまたは既存の製品、またはサービスのためのマーケティングキャンペーンを典型的に含むものである。マイクロマーケティングセンター11は、販売キャンペーンの製品またはサービスを購入する最も可能性が高い世帯、顧客、および/または口座のプロフィールを決定するために支店長と共に働く。マイクロマーケティングセンターは、次に、特定の照会を構築し、中央データベースに対して照会を実行し、それぞれのマーケティングキャンペーンのためにリードの最適なリストを含むレポートを発生する。 マイクロマーケティングセンターのワークステーションは、中央データベース10をサーチして、指定の選択基準を満たす世帯、顧客または口座のすべてのリストの抽出する手段を提供する。リードのリストは、次に販売キャンペーンのために特定の選択基準を満たす顧客、または世帯へのダイレクトメールの対象として使われるかまたはメールリードのリストが直接に CCIS 13に送られる。 図5を参照して、マイクロマーケティングワークステーション12は、電源オンの後、最初にログオンスクリーンを表示する。ログオンスクリーンは、ワークステーション12および中央データベース10の機能にアクセスするセキュリティ制御を提供する。ユーザIDおよびパスワードの入力後、ワークステーション12は、 中央データベース10に対してユーザIDおよびパスワードを検証するリモート手順呼び出しを起動する。もしユーザIDとパスワードが有効であるなら、ログオンウインドウが消え、マイクロマーケティングワークステーション上の次のメニューを含んでいるシステムの残りへのアクセスを提供する。もしユーザがアクセスを認められるなら、ユーザプロフィール、優先権および適切なリモート手順呼び出しが、オペレーティングのインタフェースの初期化およびカスタマイズするために読み込まれる。 有効なログオンに続いて、現在のユーザIDのための掲示板メッセージへチェックがなされるであろう。もし未読のメッセージが見つかれば、ユーザは未読のメッセージのリストを見るよう促されるが、しかしユーザはこの催促を無視して、後でメッセージを読んでもよい。ログオンのすぐ後に、図5Aに示したように、分析的なワークステーションおよびマイクロマーケティング機能の間でユーザが選択できるメニューが表示される。メニューはまた、ユーティリティー、フランチャイズパフォーマンス、顧客ベースプロフィール、取引報告を含む他の機能へのユーザアクセスを提供する。 図5Aのメニューから分析的なワークステーションまたはマイクロマーケティングを選択すると、ワークステーションは、図5Bに示すような、ワークステーション12により使用される照会、レポート、プロセスオブジェクトを作成し、かつオープンするに必要な機能への高レベルなアクセスを提供するために次のメインメニューを示す。このメインメニューから、ユーザは新しい照会、レポート、 またはプロセスを作成するか、または既存のものをオープンする選択を与えられる。もしユーザが例えば、支店長のリクエストを果たすために新しい照会を作成することを選ぶなら、ユーザは照会構成のために次に種々のパラメータを入力する。 照会が構成された後、ユーザはレポートフォーマットのために次に種々のパラメータを入力する。最終的に、ユーザは照会とレポートを実行するプロセスを定義し、ジョブ待ち行列に照会とレポートを提出して、中央データベース10に対して照会とレポートを実行する。照会とレポートが完成した時、ワークステーション12はサーチの結果を表示するかまたはプリントし、レポートを求めた銀行の支店に配送するため出力ファイルまたは直接に CCIS 13に結果をダウンロードする。 照会が論理的に構築されることを確実にするために、会話は、ほとんどフリーハンドのユーザ対話に従わされおよび/または結合された論理的なステップの組み合わせに従うべきである。望ましい会話は速度−選択タイプの会話である。速度選択の会話は、ユーザに何の照会のタイプを実行することを望むかを尋ねることによって始まる。関連と非関連の2つの主なタイプがある。非関連のオプションのための会話は関連会話の下位集合(サブセット)であると考えることができる。 プログラム追跡ファイルは、システムの中に前に登録された口座ファイルを使って関連キーテーブルを作成することによって、速度選択とインタフェースする。ドライバファイルも同様の手順を使う。ドライバまたはプログラム追跡ファイルがシステムに入力され、キーテーブルが作成され、かつセーブされるよう処理された後、ユーザは以下に記述するように上記のオプションまたは手順のいずれかを選んで続行してもよい。 ユーザは、ユーザが世帯または顧客レベルで分析することを望むかどうか尋ねられる。その答えが、世帯または顧客レベルにおいてキーがセーブされるかどうかを決定する。それはまた、内密にユーザのために発生するであろういくつかの結合条件などを決定してもよい。ユーザは、必要とする世帯、顧客、および/または口座の領域を定義する基準ブロックで構成された照会をアセンブルすることによって続行する。適切な照会がアセンブルされた後、ユーザは、照会とレポートのような、処理ステップブロックで構成されたプロセスをアセンブルすることによって照会を実行する。 例えば、図5Cに示したように、2つ以上のオープンサービスおよびレポート(報告する)し行として NYB NEW YORK BANKを持つ世帯へ領域を制限する世帯の領域を定義する基準ブロックが構築される。図5Cの基準ブロックを構築することにおいて、ユーザは、中央データベースからダウンロードされた基準リストから " open services"および "REPORTING BANK" を選ぶことによって基準コラムを満たすよう促される。 " open services,"を選ぶ際、ユーザは、最初に図 5D に示した Add Criteria メニューからカテゴリー "SERVICES" を選び、その後図 5E に示した Add Criteria サブメニューから " open services"を選ぶ。条件 "Greater than" および値 "1"もまた、図5Eに示したメニュー表示から入力または選択される。基準ブロックもまた、選択された顧客および口座の領域を定義するため構築される。 図5Cに示したように、照会を作成した後、ユーザは、図5Fに示されたディスプレイ(表示)を使ってプロセスを作成することにより照会を実行する。図5 Fに示したプロセスは、例えば、中央データベースに2つのステップを提出する:つまり照会およびレポート。レポートステップは、図 5G に示したディスプレイにあるレポートタイプおよびレポートパラメータを定義することによって作成される。図5Fに示したディスプレイスクリーンから Run(実行)を選ぶと、定義されたプロセスは、システムによって実行される。すなわち、照会が中央データベースに対し実行され、照会の結果および定義されたレポートパラメータに従ってレポートが作成される。図5Hに示したように、ディスプレイスクリーンは、ユーザが特定のキャンペーン向けにリードを方向づけること、および支店システムに直接にファイルをロードすることを、可能にするために提供される。 補集合および一般的な制限基準ユーザはその補集合(領域)制限基準とそれが適用されるであろうレベルを入力するよう要求されるであろう。補集合制限基準は、選定基準の補集合が必要な時、検索されるべき世帯の集合(または顧客)を制限する1つのタイプの基準である。補集合サーチは、 NOT INまたは NOT CONTAINS ロジックまたは機能(関数)の典型である。 これらの関数を計算する方法は最初に確かな条件を満足させるキー(世帯または顧客)を見いだすことである。その後これらのキーの補集合は得られる。例えば、もしある製品を持たない世帯が必要なら、システムは最初に製品を持つ世帯を見いだし、次にこれらの世帯の補集合を見いだす。補集合をサーチする際、サーチされる世帯の集合は制限されるべきで、そうでないと結果は一般に望ましくないものとなる。補集合操作の間にサーチされる世帯を制限する基準は、補集合制限基準と呼ばれる。 本発明で好ましく使われる補集合制限基準の2つのタイプは位置(組織)基準と地理的基準である。位置基準は常に必要とされるべきである。初期値はユーザプロフィールから割り当てられもよい。それぞれのユーザは、最大組織レベルに割り当てられ、そのレベルのデータにアクセスすることができる。デフォルト位置基準は、ユーザが(彼自身の階層経路の中で1またはそれより低い組織レベルを指定することによって)ユーザがデータをそれ以上制限するかぎり、変えることができるユーザの照会に割り当てられる。位置基準はジョブを、迅速に実行するジョブか時間をかけて実行するジョブかをスケジューリングするために使われる。 位置基準フィールドはそれら自体の選択リストにあるのが好ましい。ワークステーションはどのエントリ(入力)でもユーザプロフィールを侵害しないことを保証するべきである。しかしながら、ユーザは少なくとも1度はこの選択プロセスを通ることを強いられるべきである。 地理的基準は州コード、郵便番号コードなどのようなフィールドを含むものである。これらのフィールドはまた、それら自体のウインドウ選択リストにあるべきである。 上述した補集合制限基準に加えて、データベース階層(世帯、顧客と口座)のすべてのレベルにおいて出現する共通の特性を持つ一般的制限基準が提供される。口座レベルにおいて一般的制限基準はそれぞれの口座と結び付けられる実際( Actual)値である。世帯および顧客レベルにおいて、これらは基本(Prime )口座から得られる値である。 それ故に、補集合制限基準は3つの方法で適用でき、それは実数レベル、素数レベルまたはその両方のレベルである。ユーザは、どのレベルにおいて分析することを望むかが求められ、その後ワークステーションが、必要とするどんなレベルでも適切な選択基準を発生する。 もし素数レベルが選択されたなら、それはボードにまたがって適用されるであろう。もし実数レベル(または両方のレベル)が選択されるなら、ユーザは、口座経路が入力されるたびに補集合制限基準を変える機会を与えられるべきである。 もしキーテーブルがセーブされるなら、キーテーブルを、NOT INが AND演算子(AND NOT IN Keyテーブル)と一緒に現われる限りは NOT IN 操作で使ってもよい。 補集合制限基準の適用のレベルは、上述した位置および地理的な選択リストに関連したそれら自体のウインドウで求めることができる。 ユーザはキーテーブル操作を指定する機会を次の2つの行為により与えられる。 1)作られたキーをセーブすることを望むかどうかの指定; 2)現在の選択プロセスに以前にセーブしたキーを組み込むこと。もしユーザが作られたキーをセーブすることを望まないなら、ユーザは後で出力コラムのリスト、出力のフォーマットなどを指定することを強いられるであろう。換言すればユーザは出力仕様会話を行なうことを強いられるであろう。もしそのように望むなら、キーはユーザによって指定される(世帯または顧客)レベルにおいて後の再利用のためにセーブされるであろう。 もしユーザが以前にセーブされたキーテーブルを再利用することを望むなら、 ウインドウが、入手可能なキーテーブルのリストを示すためにワークステーションインタフェース上にオープンするであろう。ユーザはその後、それについてのそれ以上の情報を得るためにリストのキーテーブルをポイントすることができる。キーテーブルを再利用、およびさらに改善する能力はシステムを非常にフレキシブルなものにする。 上記の基本的な質問が処理されると、ワークステーションはユーザに利用可能な種々のデータグループを示す一連の選択リストのメニューを示すことができる。リストは世帯、顧客、資産と負債、銀行カード口座に対して1つである。それぞれの選択リストはユーザがそのリストのデータで構築された基準を見るであろう関連づけられた選択基準ウインドウを持つであろう。 データ選択ウインドウに加えて、以下にさらに記述されるように、それぞれのウインドウの下の低レベル選択基準が、論理演算子および挿入語句でそれら自体の間で関連付けられ、経路相互関係ウインドウがあるべきである。 マイクロマーケティングセンターにおけるワークステーションは、照会の発生、およびレポートの定義でのデータ選択リストを使う操作を提供する。これらのデータ選択リストの使用が以下に記述される。 世帯と顧客選択のためのリスト又は経路第1のウインドウのセットがワークステーション・インタフェースに提供されて、世帯と顧客のそれぞれのカラムを用いて選択基準を作成する。ワークステーションはユーザがこのタスクをグラフィックで実行する助けとなる。 例えば、ユーザはカラムをポイントし、SQL演算子から選択し、有効コードのリストから選ぶ。ユーザが全体のSQL述部を完全に識別するに連れて、述部は関連の選択基準ウインドウ中に「ゴースト」形式で移動される。次に、ユーザは述部を選び、それを選択基準ウインドウの指定の部分に挿入するが、この時にユーザはAND/OR/NOTと挿入語句演算子から選択して、述部を選択ウインドウ中にすでに存在する他の基準と関連付ける。同様に、ユーザは選択基準内部にあるすでに入力されているどの述部をも移動または削除および/またはいかなる挿入語句でも付加/削除/移動することができる。 ワークステーションはユーザが、いかなるSQL機能および/または算術演算子のセットを含む述部を作成する手助けをするので、ユーザはこれらを選択基準に含むことができる。データ・ウインドウと関連する選択基準ウインドウ中へのいかなる初期述部の入力は、以下に説明するように操作され得る経路相互関係ウインドウ中にそのデータ経路のためのエントリを自動的に作成する。 口座:選択のリストまたは経路関係オプション下にある口座選択リスト(経路)はいくつかの特殊な状況を提出する。第一に、口座選択リストは口座経路(Account Path)機能と協力する。 以下に示す4つの初期口座経路機能がある。 1. Household (顧客)CoNTains Accounts 2. Household (顧客)Does Not CoNTain Accounts 3. いくつかのAGGregate 特性を持つHousehold (顧客)Contains A ccounts 4. いくつかのAGGregate 特性を持つHousehold (顧客)Does Not C ontain Accounts Household CoNTains/Not CoNTains Accounts経路機能の場合、ユーザは機能を選択して、次にその機能の口座レベルでの基準を、基準が上の世帯および顧客に対して指定されると類似の方法で指定する。この指定はまた、Path Interrelation ship(経路相互関係)ウインドウ内にエントリを作成する。 これら機能のおのおのが自身の特徴を持つ。最初の2つによって、単一残高経路と本書では呼ばれる選択基準の入力が可能となる。単純なAccount Path(口座経路)基準には以下の3つのバージョンがある。 1.CG PROD T YPE=A AND(CG A CCT BAL>1000 AND.....) 2.(CG P ROD TYPE=A AND(CG ACCT B AL>1000 AND.....) または (CG PROD T YPE=B AND(CG A CCT BAL<3000 AND.....) 3.CG PROD T YPE IN(A,B,C)AND(CG ACCT B AL>1000 AND/OR ...) 単純な経路基準に対しては3つの公式化が可能であるが、非常に異なった答えを与える。第2番目の公式化は第1の公式化の一般化であり、第3番目のは第2番目の特殊な場合である。エキスパートでないユーザにとって、ワークステーションにユーザの数を一人か二人に制限させるのが望ましいかもしれない。したがって、単一選択基準は、特定の特徴を持つ1つまたはそれ以上の製品のいずれかを持つ世帯を選択するHousehold CoNTain 機能を構築できる。 Household Contains/Not Contains Accounts Having Certain Aggregate Char acteristics 機能に対する選択基準には2つの部分がある。第1の部分においては、ユーザは集合される予定の特徴を持つ製品を指定する。この第1の部分は上記の単純な残高経路基準に類似している。 第2の部分では、ユーザは集合される予定の特徴と世帯(顧客)が選択される集合条件を指定する。集合はCounts(計算)、Sums(合計)またはAverages(平均)のいずれかである。典型的な基準は以下の通りである。 WHERE 節の下では次のようになる。 CG P ROD TYPE=A AND(CG ACCT B AL>1000 AND.....) HAVING節の下では次のようになる。 (SUM(CG ACCT B AL)>5000 AND COUNT( * )>3) 製品Selecting (選択)機能はまた、ワークステーションによって編成される。別のカラム名(CG S ERV TYP 、CG P ROD TYP とCG S UB P ROD TY P )を提示する替わりに、ワークステーションは製品の階層を提示する。この階層はグラフィカルに提示され、さらにより高いレベルの集合(資産や債務、貯金に対するローン、リボルビングに対する非リボルビングなど)を含むのが望ましい。ユーザは階層のどのレベルでも製品のセット(集合)を選択してもよい。選択された製品のセットがデータベース内の値/カラム(例えば、リボルビング・ フラグ)としてセーブされない場合、ワークステーションは、ユーザが望む製品のセットと等価の階層内の値を持つ複合述部またはINリストを発生する。 選択がCG S ERV TYP レベルでなされ、集合機能が要求された場合、ワークステーションは、これらが世帯(顧客)レベルにすでに存在することを認識して、これらを使用する。データベースはユーザが、中央データベース10内の世帯レベルまたは顧客レベルに格納されているものと一致する口座レベルで基準を指定したか否か確認する。 ユーザが異なるデータ選択リストに関連する選択基準を(しかも口座機能を用いて)入力すると、より高いレベルの相互経路ロジックを定義する必要がある。 ユーザは、このロジックを定義するために論理演算子および/または挿入語句を入力することを要求される。発生プログラムを誘導するのはこの高レベルのロジックである。上記のように、データ経路と関連する個別の選択基準に対しては、 ユーザは述部のコンポーネントをポイントしてクリックし、それをドラッグ(移動)させたり削除したりできる。ダブルクリックすると、述部のコンポーネント用の詳細な選択基準を起動する(キー・テーブルコンポーネントはキー・テーブルの記述を表示する)。どんなときでも、ユーザは、これや照会の他のあらゆるデータ/選択基準ウインドウや全照会の詳細をプリントできる。 SQL は選択基準を構築する言語を提供するとはいえ、システムが支援するより高いレベルの機能にはより高いレベルのキーワードのセットが必要である。このキーワードのセットはPath Interrelationship(経路相互関係)ウインドウで使用されるが、個々の選択基準ウインドウでも有用である。これらの高いレベルのキーワードのセットの概念を与えるために、好ましい一般のフォーマットには次の例がある。 一般フォーマット [Path]{ * high level function@function-seq-no }[ *他の節および/または挿入語句] 経路の例 HHD ‐世帯レベルでの基準が入力された。 CUS ‐顧客レベルでの基準が入力された。 LOC * Lvl - Prime(P),Actual(A)または双方のレベル(PA)での位 置基準 GEO * Lvl - Prime(P),Actual(A)または双方のレベル(PA)での地 理基準 ALA - 資産および債務口座の基準 BC -銀行カード口座の基準高レベル機能の例 CONT -世帯(顧客)は指定された製品の口座を包含している。 NCONT - 世帯(顧客)は指定された製品の口座を包含していない。 AGG - 世帯(顧客)は、ある集合(世帯、顧客)の特徴(SUM 、AVG 、COUNT )の付いた製品を持つ。 NAGG−世帯(顧客)は、ある集団(世帯、顧客)の特徴(SUM 、AVG 、COUNT )の付いた製品を欠いている。 節の例 PROD -単純な製品(口座タイプ)の基準。この製品はさまざまなレベ ル(SERV-TYP、PTYPE 、STYPあるいは全資産、全債務、全リ ボルビング・クレジット、非リボルビング・クレジットなど の事前定義されたグループ)で指定可能である。 HAVING -選択された単純な製品基準に対して望まれる集合特徴を記述 する。 上記のキーワードは、経路相互関係画面またはSelection 基準画面上でAND 、 OR、NOT(in)および挿入語句と結合される。例えば、経路相互関係画面では、キーワードは次のように結合される。 HHD AND CUS AND LOC * P AND GEO * P AND ((ALA * CONT@1 AND ALA * AGG@2)OR (SAVED-KEY-TABLE)) Individual Path Selection (個別経路選択)ウインドウでは、キーワードは、例えば以下に示すように結合されて資産/債務口座を表す。 (CONT@1[PROD(SERV TYP= 'CHK' AND CG ACCT B AL>2000)] AND AGG@2[PROD(PROD TYP='CD6') HAVING(SUM(CG A CCT BAL)>1000 AND COUNT>=1)]) 選択基準ウインドウでは、ユーザは経路相互関係ウインドウで述べた高レベルロジックの詳細を見る。AGG 、CONTなどは高レベル機能用のマーカとして働く。 DAX/Prime タイプの照会では、これらの機能は存在せず、選択基準はストレートSQL 基準に類似して見えるはずである。あるいは、ワークステーションにメインフレームが分析できるようにそれのシミュレーションを発生させることによって、またはメインフレームのデータベース・ゼネレータに要求をブレークダウンさせるためのジョブをより多く実行させることによってPath Interrelationshipウインドウを避けてもよい。 ワークステーションはまた、例えば以下のステートメントに示すように経路にまたがる述部を処理するための装備をしてもよい。 (HH FIPS ST CD='36' またはCG F IPS ST CD='36') しかしながら、LOCationまたはGeographicデータの場合は別として、このタイプの基準は常に必要なく、これらの場合は、ユーザにこれらの基準をPrime (素数)レベルやActual(実数)レベルで適用することを希望するか否か単に尋ねることによって処理できる。 ユーザがこれらすべてのステップを完了すると、ユーザはその実行のための照会を依頼して、ジョブ制御サブシステム上でその進行を追うことができる。そうする替わりに、ユーザは選択基準(領域選択)で使用するため出力仕様を入力してもよい。 中央顧客情報システム CCIS13は、個人的な銀行家や支店長のおのおのに対して銀行支店に、さらにまた地域銀行の役員および/または販売部長に対して地域銀行の本店にワークステーションを持つことが望ましい。CCIS13のさまざまなワークステーションはおのおのは、ユーザが銀行に対して持つ支払い能力や債務に応じて異なった機能を持つ。 支店長は、マイクロマーケッティング・センター11によって発生されたリードのリストを受け取り、それをCCISワークステーション中に電子的にロードして支店内の選ばれた個人銀行家に配布させるようにする。支店長はリードを、そのリードを処理する資格が最もある個人銀行家に、または個人銀行家の労働量と利用可能性に応じて割り当てる。 個人銀行家は、リードリストがマイクロマーケティング・センターで発生されてCCISに通信されるとCCISワークステーション上でそのリードリストを受け取る。次に、個人銀行家は、リードリスト上にある顧客のおのおのと販売セション( 例えば、電話コール)を実行する。販売セションの前と最中で、個人銀行家はCC IS13を用いて、顧客の銀行との関係の完全なプロフィール(詳細な形式でまたは要約書式で)および中央データベース10中の顧客に関するその他の人口統計的情報を見る。これによって個人銀行家は、販売セション間に顧客と知的に対話して、マーケティング・キャンペーンの成功率を高めることができる。 一方、支店長と銀行役員はCCIS13を追跡・レポート管理用のツールとして用いて、日々の販売情報を自動的に得る。支店長と役員はおのおのの個人銀行家との詳細な販売取引にCCIS13を用いてアクセスし、さまざまなキャンペーンの販売結果を見て、実績を追跡して必要に応じてキャンペーンを調節する。支店長と銀行役員はまたCCIS13を使用して、個人銀行家および/または支店にリードを再割り当てして、マーケティング資源の使用を最適化することができる。 したがってCCIS13は、マーケティングと管理と販売のツールである。CCIS13には、顧客情報を見て顧客との連絡や関係を管理するために使用されるいくつかの統合されたコンポーネントを含んでいる。CCIS13の操作を以下に説明する。 図6Aを参照すると、CCIS13のワークステーションは最初に、マイクロマーケティング・センター11のワークステーションと類似のログオンと検証手順を実行する必要がある。ユーザは自身のユーザIDとパスワードをワークステーションに入力すると、システムはそのIDとパスワードを中央データベース10に照らし合わせて検証し、ユーザのインタフェース設定値と優先値を設定してユーザの資格を判断する。有効なユーザIDとパスワードが入力されると、ワークステーションはメイン・メニューを表示して、ユーザに、関係プロフィールコンポーネント、口座管理コンポーネント、リード管理システム、販売追跡・レポートコンポーネントを選択する権利を与える。これらのコンポーネントを以下に1つずつ説明する。 関係プロフィールコンポーネント CCIS13の関係プロフィールコンポーネントによって適切なスタッフ・メンバーが世帯、顧客および口座レベルの情報を見つけたり見たりできる。関係プロフィールコンポーネントは、世帯または顧客の金融機関との全体関係に関連する金融と商行為の現行の情報と過去の情報を表示する。これには、保有されている個別の口座、顧客が金融機関とどのように銀行ジョブをするか、かれらは特定の個人銀行家によって管理されているか否かなどに関する情報を含んでいる。関係プロフィールコンポーネントは、顧客、顧客同士の関係、顧客および/または全世帯によって保有されている全口座の詳細な口座情報に関するすべての入手可能情報を表示する販売準備ツールを提供する。 情報は関係プロフィールコンポーネント中に詳細書式でも要約書式でも入手可能である。関係プロフィール中の情報は組み合わせて使用すれば、販売とサービス会話をよりよく準備するために個々の銀行ジョブ関係の深度を判断することができる。 関係プロフィールコンポーネントには、電話やメールまたは双方で連絡しないようにリクエストされた顧客以外の人と顧客を金融機関がフラグを立てたり別様に識別できるようにする促進抑制機能が含まれる。促進連絡を希望しない顧客は、顧客がキャンペーン内にリードとしてリ格納ップされていれば関係プロフィールまたは口座構築機能の促進抑制画面上に登録される。勧誘されることを希望しない潜在顧客もまた、メイン・メニューから抑制画面に登録できる。 顧客が識別されたら、抑制フラグが自動的にすべての適用可能な顧客情報画面に転送され、また、リスト発生プロセスの一部となってこれらの顧客が連絡されないことを保証する。 関係プロフィールコンポーネントはまた、顧客がメールやテレマーケティング・キャンペーンに参加した過去の顧客連絡に関する情報を含む顧客促進連絡履歴ファイルを有する。顧客連絡情報は、関係プロフィールコンポーネントまたは関係構築機能を用いて見てもよい。 連絡履歴ファイルは、金融機関内のさまざまな商取引(ビジネス)が顧客に「 連絡し過ぎる」ことを防いでくれるので重要である。これによって顧客連絡・プロセスを統一する助けとなる。 図6Bを参照すると、メイン・メニューから関係プロフィールコンポーネントを選択するにあたって、ユーザは世帯サーチ機能、促進抑制機能を選択する権利と、ジャンプ・キーをさまざまな関係プロフィール画面に割り当てる権利を与えられる。世帯サーチ機能が選択されると、ユーザは、特定の顧客、世帯または口座を見つけて見るために、選択基準(例えば、唯一の識別子番号、名前、アドレス、銀行、支店、サービスなど)を入力するように促される。 サーチ機能は2つの方法で使用できる:1つは特定の顧客に対するサーチ範囲を狭める方法であり他方は登録プログラム顧客リストを見ることである。それぞれの機能によって、ユーザは特定の顧客の情報を選択してその顧客の情報を見る。 登録プログラム顧客リストを見て、ユーザは個人銀行家の個人番号と登録プログラムの名称を入力する。すると、システムはその個人銀行家に割り当てられた世帯のアルファベット順のリ格納ップを提供するが、その世帯の内から好きな物を選択してその詳細な情報を見ることができる。 特定の顧客、世帯または口座が識別されると、複数のカスタマイズされた表示画面が利用可能となり、顧客に関する情報が提示される。例えば図6Cに示すように、ユーザは一般顧客情報画面、世帯要約画面、顧客ニーズ・注記画面、口座詳細画面、世帯プロフィール画面、世帯金融要約画面、世帯構成画面、世帯連絡履歴画面および世帯リンク詳細画面から選択できる。 一般顧客情報画面は、所有されている製品、使用されているサービス、顧客行動などの一般的な顧客情報を表示する。この画面上の顧客情報には、顧客の主名称とアドレス、中央データベース中への内部供給データと外部一致データに基づいた「最良」電話番号、および顧客の個人銀行家の名称(もしあれば)が含まれる。この画面上の顧客情報にはまた、記入された小切手の数、金銭出納係取引、 ATM使用、使用された電子・電話銀行ジョブサービス、競合金融会社からの小切手による支払い、現行・履歴残高、顧客手取り収入、クレジット・カード使用パターン、顧客の主口座が指定されている支店、使用頻度に基づいた顧客の好ましい支店、および他の製品や顧客が使用したサービスが含まれる。 世帯口座要約画面は、選ばれた世帯のすべての家族の口座および他の情報を示す。ユーザは、世帯口座要約画面上に表示されたリストから製品や口座を選択することによって詳細な製品や口座の情報を見ることができる。 顧客ニーズ・注記画面は、口座所有権、残高および顧客活動に基づいて可能な販売機会を識別する。これらはシステムで発生されたタグである。この画面によってまたユーザは、顧客に関する情報(例えば、家の所有者、子供、競合者、ビジネスアドレス変更など)を獲得したり、顧客に対するテレマーケティング通話を記録したりするユーザ自身の注記を付加することができる。 口座詳細画面は、単一口座の情報を示す。画面の頂部部分には顧客情報が示され、底部部分には、適用可能な場合の残高履歴を含む特定の口座に関する詳細が示される。 世帯プロフィール画面は、世帯全体に関する情報を表示する。それには、集合的な金融と製品の情報、世帯のメンバー個々の特定情報、企画通話での使用や販売企画開発のため追加の外部「最良予測」世帯構成情報が含まれる。世帯プロフィール画面はまた、世帯の主口座から得た、主名称、アドレス、電話番号、および世帯の主口座から得た世帯の支店を表示する。 世帯/顧客金融要約画面は、世帯のすべての家族または特定の顧客が所有する口座を製品タイプ(主要サービス)に集計して残高を先月と去年のそれと比較する。合計口座、個人銀行口座、商業口座だけ、または小売り口座だけを要約したものを入手可能である。周旋(仲介)口座や管理された資金などの投資サービス、銀行カード、クレジット・ライン、抵当、保証付きクレジット、およびビジネス・職業クレジット製品などのクレジット・サービス、ならびに他の安全貯蓄や保険などの料金に基づいたサービスを含む世帯または顧客が所有するすべての製品タイプが表示される。 世帯構成画面は、外部情報源から獲得された追加の世帯情報を表示する。この画面はまた、顧客に関する他の情報から推論された情報を表示する。例えば、ベビー用品店でクレジット・カードを繰り返し使用すると、その情報は、その顧客が1人以上の子供を持っていると推論するのに用いられる。 世帯連絡履歴画面は、テレマーケティングとメールの連絡に関する世帯レベルの情報を表示する。この情報は、顧客連絡履歴ファイルから得られるが、このファイルは、金融機関のさまざまなビジネスから及び関係構築機能の使用から顧客連絡(テレマーケティング通話とメールの双方)に関する情報を得るものである。 世帯リンク詳細画面は、複数の顧客口座を一緒にするために中央データベース10の世帯化プロセスによって用いられたリンクを表示する。この画面は、口座番号、口座に載っている苗字またはビジネス名、ZIP コード、リンクタイプおよびリンク値を表示する。 いくつかの世帯を適切に管理するためには、2つ以上の世帯を一緒にリンクするかまたは一部の世帯のリンクを解いて分離した世帯を作る必要がある。CCIS13 は、共通名およびアドレス、社会保障番号ならびに口座リンクなどの、情報源システムから受領された情報に基づいて口座をリンクしたりそのリンクを解いたりする手段を有する。 口座管理コンポーネント CCIS13の口座管理コンポーネントは、口座役員が世帯および/または顧客のグループを金融機関から提供された特殊プログラム中に登録することによって管理する際に用いるシステムである。世帯または顧客がプログラムに登録され個人銀行家に割り当てられると、その個人銀行家は顧客の銀行ジョブ関係をよりよく管理するための顧客個人関係管理を提供する。顧客は管理された世帯として「フラグ立て」され、これによって他の販売スタッフにこの顧客が個人銀行家と排外的な関係を持っていることを警告する。これによってまた、マイクロマーケティング・センター11から配布されたリードがその顧客に対する個人銀行家に割り当てられることを保証する。顧客は、自分のニーズを理解するただ1人の個人銀行家と取引できいるという追加の恩恵を持つ。 口座管理コンポーネントには、オンラインレポートの閲覧と、プログラムの発展を評価するために個人銀行家とその支店長が使用する月例レポートを発生させるプリント機能が含まれる。レポートには、さまざまな方法で個人口座と顧客レベル情報から全ポートフォリオの要約概要までの口座管理プログラム情報が示される。 図7を参照すると、メイン・メニューから口座管理コンポーネントを選択するに際して、ユーザは口座登録、登録保持、口座役員再割り当て、ポートフォリオ金融要約、およびレポート提出機能の内から希望のものを選択するオプションを有する。これらの機能を次に説明する。 口座登録機能を選択することによって、ワークステーションは登録選択画面を表示する。登録選択画面によってユーザは、プログラムを選択し、プログラム情報を供給し、特定のプログラム中に世帯を登録できる。登録プログラムのリストは更新され、中央データベース10中に保持される。 特定の1つまたは複数のプログラムがリストから選択されると、世帯登録画面が表示され、これによってユーザは、複数の世帯を1つのプログラム内に同時に登録できる。ユーザは、口座番号と特別なアドレス(もしあれば)を含む、おのおのの世帯の情報を入力する。すると、登録は中央データベース10内で処理され、登録詳細画面を選択すれば表示できる。2つ以上の登録プログラム中にまたは2 つ以上の個人銀行家に対して1つの世帯を登録することを避けるために、CCIS13 は登録詳細画面を自動的に表示して、ユーザが顧客を登録管理プログラムに登録しようとするが、その世帯が起動されたプログラム中にすでに登録されている場合はいつでもそのユーザに対して警告する。 メイン・メニューから登録保持機能を選択すると、メール・アドレスまたは登録保持画面が表示されて、CCIS13登録プログラムに対してだけ有効な特別なホームアドレスおよび/またはビジネスアドレスを選択もしくは作成するかまたは、 登録をCCIS13上で変更もしくは削除する。 メイン・メニューから口座役員再割り当て機能を選択すると、口座役員再割り当て画面が表示されて、登録プログラム中の個人銀行家が有する世帯の全ポートフォリオを再割り当てまたは削除する。この機能は、管理役員資格を持つユーザだけにアクセス可能とするのが望ましい。 再割り当て機能はすべての登録プログラムに対してまたは選択されたプログラムに対してだけ可能とすることができるし、また同じ役員を異なる支店に再割り当てしたり登録プログラムを同じ支店または異なる支店の別の役員に再割り当てするのに使用できる。 メイン・メニューからポートフォリオ金融要約機能を選択すると、ユーザはレポートフォーマットを選択して現行登録を示すダイナミックなレポートを表示する。ポートフォリオ金融要約は、個々の口座役員に割り当てられたプログラム中に登録された世帯に属す口座に基づいて要約情報を表示するオンラインレポートである。それは、ポートフォリオの複数の口座を製品タイプに集合し、残高と顧客の手取り収入を一ヶ月前及び1年前と比較する。個別の要約書は、全ての口座、税金保護口座、商業口座、および小売り口座ごとに入手可能とするのが望ましい。 メイン・メニューからレポート提出機能を選択すると、ユーザはレポートを送りファイル中に入力し、これによってこれらのレポートはレポート閲覧機能から閲覧されプリントされたり、または、中央データ・センターに送付してプリントされたりできる。これらのレポートは、口座役員要約、ポートフォリオ要約、成長測定要約および世帯プロフィールを含むのが望ましい。レポートは、個人銀行家、支店、地域および銀行などすべてのレベルにおいて利用可能な「即座」レポートである。 リード管理システム CCIS13のリード管理システムは、販売リストを個人銀行家にオンラインで送出することによって完全リード管理能力を提供している。このシステムは、活動リードを将来の活動のためにカレンダに入れ、新しいリード(現行の顧客と非顧客の双方)を追加し、リードを将来の活動にそなえてオンラインで金融機関内のスペシャリストまたは他の個人銀行家に転送する能力を含む活動販売リードを使う多くのオプションを有する包括的な販売プロセスを支援する。 リード管理システムは、CCIS13の連絡管理コンポーネントである。リード管理システムは、個人銀行家にリードをペーパーレスで送出し、金融機関全体の適切なスペシャリストに照会をペーパーレスで送出し、販売活動をペーパーレスで獲得する。 リード管理システムは包括的な販売プロセスを支援する。個人銀行家は活動販売リードを使う多くのオプションを持っている。個人銀行家は、キャンペーンに無関係に優先列の「次の」顧客とか、特定的なキャンペーンに対する「次の」顧客とか、すでに仕掛かり中のリードとかを面会カレンダに照らし合わせて使用できる。 リード管理システムによってまた、ユーザはリードをCCIS13に直接に追加することができる。これらのリードは、彼らが個人的に使用するリードでもあり得るし、彼らが金融機関内の他のエキスパートに言及するリードでもあり得る。 個人的銀行家には、販売連絡に対して備えるために、キャンペーンと顧客に関する販売準備情報の全部が提供される。連絡の結果は個人カレンダ機能に入力されるが、これはリアルタイムで更新される。これによって個人銀行家は、販売通話おのおのに対してスケジュールを立ててフォローアップを追跡できる。 支店長および地域監督者は、キャンペーン中の支店と特定の支店内の個人銀行家中での作業中のリードの作業中でないリードに対する比率などのリード統計を見ることができる。リードはより効果的に分配されるように割り当てされたり再割り当てされたりできる。 リード管理システムは、おのおのの個人銀行家のためのリードのデータベースから始まる。これらはプログラムによって組織化され、最良のリードが最初に作業されるように優先順位付けされる。これらのリードはまた、リードが関係に対して割り当てられた個人銀行家または役員に対して最初に当てられるように口座役員割り当てを引き受ける。 図8Aを参照すると、リード管理システムは、メイン・メニューから複数の機能を選択する手段を提供する。支店長はシステム管理/テーブル保持機能のユーザ・プロフィール機能を用いて、個人銀行家利用可能性と製品特殊性を定義できる。この機能によって支店長はシステムに、ユーザ利用可能性と製品特殊性の情報を通信できる。するとこの情報は次の物を判断するために使用される:特別のプロジェクトなどのために、どの個人銀行家が新しいリードを受理しているか、 どの個人銀行家が休暇中であるか;どの個人銀行家が複数の場所でリードを受理中であるか;抵当や投資などの、割り当てリードで使用されるべき製品特殊性。 図8Bを参照すると、リード管理システムはまた、新たなマーケティング・キャンペーンを設定するためのキャンペーン登録機能を提供する。キャンペーン登録機能は、マイクロマーケティング・センター11の管理を調整するCCIS13を管理することによって中央で実行するのが望ましい。しかしながら、販売リードはまた、個人銀行家と支店長によって手で入力することもできる。顧客と非顧客のリードは個別にランク付けされて、キャンペーンがキャンペーン登録機能によって仕掛かり中にキャンペーンに追加することができる。 リードは管理優先順位に従って作成される。キャンペーン登録プロセスは3つの部分を持つ。第一に、キャンペーンは企画して調整しなければならない。これにはまた、リードを使う組織によってリードを優先順位付けすることが含まれる。第二に、リードのファイルを作成し、品質を管理し、CCIS13に送付しなければならない。第三に、キャンペーンはキャンペーン登録画面に登録されなければならない。 キャンペーン登録画面は、リードを分配しキャンペーンを実行するために用いられる情報を獲得する。キャンペーン登録画面に入力されたこの情報は次を含むのが望ましい:調整者の名前とアドレスを含み、キャンペーンの目的となんらかの資格付与要因を説明するキャンペーンの説明;すべてのキャンペーン中における個々のキャンペーンのランク付け;参照リードがキャンペーンに追加されるか否か;新しいリードを追加すべきか否かまたはキャンペーンをリフレッシュされたときに再構築すべきか否か;開始日時や満期日時、保管期間、消去日時などのマイルストン(出来事);リードをキャンペーン中にどのようにランク付けするか(例えば、残金、合計額、収益性、特別な優先順位);リードを使う支店をなにに基づいて選択するか(例えば、口座のある場所、顧客がたいていの取引をする場所、メール・アドレスなど)。 次に、リードは事前設定された優先順位に基づいて個人銀行家に分配される。 リード管理システムは、既存の個人銀行家の関係を尊重する。口座管理プログラムに登録されている顧客または世帯用のリードは、その関係を管理する個人銀行家に自動的に割り当てられる。 リード管理システムはカレンダ機能、自動リード転送機能、追加の顧客と非顧客のリードが追加できる機能、自動活動追跡機能を有する。また、ユーザは、顧客情報を閲覧したり他の機能を実行するためにジャンプ・キーを用いてリード管理システムや顧客プロフィール・システム内で他の画面を「トグル」してもよい。 図8Cを参照して、リード管理システムの販売プロセス機能をより詳細に説明する。販売プロセス機能は、リードのフォローアップ、キャンペーンの選択、リードの選択、販売準備、販売の要約、リードの入力/参照、リードの監査跡を含む多くの機能を提供する。 リード・フォローアップ機能は、ユーザによって選択されると、すべてのスケジュール済み約束とイベントを日時付きで表示する。約束は主たるフォローアップ、電話の通話、または対面ミーティングなどに対して可能である。ユーザはこの機能を用いて、連絡の履歴、顧客注記、販売プロンプトなどのキャンペーンや顧客に関する情報を見て、顧客情報と連絡結果を更新し、顧客を他の販売員に照会し、企画済みの活動を再スケジュールする。 キャンペーン選択機能は、ユーザによって選択されると、支店および/または個人銀行家に割り当てられたすべてのキャンペーンをこのキャンペーンに対するリードの数とリード状況と共にリストアップする。 リード選択機能は、ユーザによって選択されると、表示の要求方法に基づいてリードを表示する。リードはランク別またはアルファベット順に表示可能である。この画面から、ユーザはキャンペーンまたは顧客の注記を見たり、製品や残金の情報を見たり、連絡履歴を見たり、プロンプトを見たり、顧客情報や連絡結果を更新したり、フォローアップ活動をスケジュールしたり、顧客連絡情報を更新したり、顧客を他の販売員に委託したりすることができる。 販売準備機能は、ユーザによって選択されると、顧客用のすべてのキャンペーン、名前/アドレスなどの顧客連絡情報、電話、訪問の最適時間、制約情報、以前の連絡の履歴を表示する。この機能はまた、販売準備プロンプトとシステム内の他の情報源から編成される注記を提供する。例えば、顧客プロンプトと注記は、関係プロフィール・コンポーネント内のキャンペーン情報から来る。キャンペーン・プロンプトはキャンペーン登録機能から発生し、キャンペーン注記は「エンドレス」注記パッド上でリードを使う人によって入力される。キャンペーン・ プロンプトと注記はリードと共にとどまる。 販売要約機能は、ユーザによって選択されると、おのおのの販売連絡や販売試行の成り行きを獲得するのに用いられる。システムは、販売リードを閉じるための情報を入力し、仕掛かり中の販売リードを保持し、このリードのための次のイベントをスケジュールし、顧客情報を更新し、顧客注記を入力するための適切な画面を提示する。 販売要約機能は、約束カレンダ(リード・フォローアップ画面)に情報を供給する。日付を入力すると、約束カレンダは更新され、イベントがスケジュールされる。販売要約画面はまた、通話試行などのリード在庫を要約するさまざまな施設に情報を供給し、マネージメントに使用するためのさまざまなキャンペーン統計を提供する。 リード入力/参照機能は、ユーザによって選択されると、キャンペーンならびに特定の支店および/または個人銀行家に対して顧客と非顧客のリードを割り当てまたは再割り当てするために用いられる。リード入力/参照画面はまた、新しいリードを獲得したり、リードがキャンペーンに追加されたり別の個人銀行家に転送されたりできるように参照に関する情報を獲得したりするためにも用いることができる。 リードは、常に特定のキュンペーンに対して割り当てられるものであるが、既存の顧客や非顧客を参照できる。リードは、飛び込みビジネス、セミナーに出席した顧客、現行顧客の参照などから発生し得る。 リード監査跡機能は、ユーザによって選択されると、個人銀行家に、他のだれかがその割り当てリードを使用したか否かを知らせる。リード監査画面は、他のものによって使用されたまたは個人銀行家の目録に転送されたもしくはそれから転出されたリードを表示する。支店長は、リード監査機能を用いて自身の支店内のすべての個人銀行家を監査する。 キャンペーン選択管理機能は、個人銀行家及び支店間でキャンペーン仕事量を均等に分けるために用いられる。支店仕事量均衡化画面は、おのおののキャンペーンに対するリードが支店内の個人銀行家にどのように分配されるかを表示して、仕掛かり中のリードに対して「新しい」リードを示す。この画面によってリードある個人銀行家から他の個人銀行家に移動されたり、仕事量に基づいてある個人銀行家から移動させて支店内のすべての個人銀行家に最終的に再分配させたり、さらに、キャンペーンからすべて一緒に除去したり落としたりできる。 キャンペーン仕事量均衡化画面は、支店仕事量均衡化画面に類似しているが、 おのおののキャンペーンに対するリードが個人銀行家ではなく支店にどのように分配されるかを示すものである。この画面によってリードはある支店から移動させて他の支店に割り当てたり、仕事量に基づいてある支店から移動させてすべての支店に最終的に再分配させたり、さらに、キャンペーンからすべて一緒に除去したり落としたりできる。 管理レポート機能は、おのおののキャンペーンにおけるリードの状況を示す組織レベルまたはキャンペーン・レベルを表示したりプリントしたりする。このレポート機能はまた、1つの特定のキャンペーンに対する1つの地域または銀行内のすべての支店のリストまたはおのおのの特定の組織レベルのすべてのキャンペーンのリストを表示する。 販売追跡とレポート・コンポーネント販売追跡とレポート・コンポーネントは、銀行と地域から支店と個人銀行家に至る組織に対して製品とサービスに関する日々のオンライン要約レポートを提供する管理情報システム("MIS")である。販売追跡とレポート・コンポーネントは中央データベース10を利用して、おのおのの個人銀行家や他の顧客サービス代表に対する販売取引を分析してレポートする。 CCISの販売追跡管理情報コンポーネントは、好ましくはX.25ネットワークなどの電気通信手段によって本発明による他のシステムにリンクされる汎用プログラム可能コンピュータの形態であるのが望ましい。より具体的には、販売追跡または管理情報コンポーネントは、システム内で発生するすべての取引が追跡できるようにシステムの他の部分にリンクされる。これによって販売情報を追跡してレポートする多くの機会が与えられ、販売プロセスを容易にする。例えば、販売追跡または管理情報コンポーネントは、支店システムからの入力を受け入れる手段と、製品と組織という2つの異なった階層に従って合計をオンラインで追跡してレポートする手段を有するのが望ましい。オンライン閲覧とプリントは日々に入手可能であり、合計は支店とビジネスの代表によって入手可能である。また、情報は、日、月、四季または年ごとの期間でレポートされる。 販売取引は、CCIS13に入力したら事前決定された時間(例えば、24ヶ月)にわたって中央データベース10に保存され、販売セション間での実際の予約によって直接に獲得され、販売取引が中央データベース10に送信されたら即座にリアルタイムで入手可能である。販売追跡とレポート・コンポーネントは、毎日更新される中央データベース10に保存される販売要約を含み、これによって最新販売情報が毎日のビジネス(営業)日の開始時で入手可能である。 図9Aを参照すると、販売追跡とレポート・コンポーネントには、3つの機能区分があるがそれらは:レポートを作成するための「販売追跡」機能;テーブルを閲覧または更新するための「テーブル保持」機能;ならびにセションを追加、 修正して、他のタイプの販売活動のために情報を入力する「支店入力」機能である。 図9Bを参照すると、販売追跡機能には、中央データベース10内に保存されている情報を用いて詳細な販売情報を表示するための複数の事前フォーマティングされたレポートが含まれる。販売パフォーマンス(実績)・レポートは、口座の数と、債務、資産および投資製品の新規と既存のドル値での販売を示す。このレポートはまた、支店と個人銀行家のリストの連結レポートを提供する。 サービス・レポートは、ダイレクト・アクセス、向上(エンハンスト)電話、 現金としての小切手などの銀行ジョブサービスによる販売を示す。クロス販売パフォーマンス・レポートは、新規と既存の顧客に対するセション1つ当たりの販売された製品の数を示す。財源レポートは、口座が他の競合銀行、投資会社および特定のタイプの口座から資金を与えられているか否かを示す。顧客源レポートは、キャンペーンと広告の影響を示す。支店活動レポートは、販売追跡とレポート・コンポーネントを介して入力された支店活動を示す。パフォーマンス対目標のレポートは、特定の支店や個人銀行家がキャンペーン経営陣によって設定された目標を満足するか否か示す。 図9Aを参照すると、販売追跡とレポート・コンポーネントのセション機能とリスト管理機能が複数の支店入力画面を提供している。ユーザのセキュリティ・ プロフィールに基づいて、ユーザは支店入力画面を使用して、全体のセション、 顧客、製品、サービス、基金または他のタイプの販売活動に関する情報を追加、 削除または編集できる。すると、入力情報は中央データベース10上で処理されて更新され、販売追跡とレポート機能を用いて見直しのために入手可能となる。 販売追跡とレポート・コンポーネントは、被雇用者補償を扱うために目標インジケータを提供するために用いることが望ましい。例えば、販売追跡コンポーネントは、おのおの個人銀行家と支店長によって金融機関のために発生された収入の金額を指示する。すると、これは個人銀行家や支店長の値を金融機関に対して直接示すことになる。販売追跡のクライアント・サーバ技術によって、迅速に、 タイム・スタンプされたデータの抜粋が顧客データベースから提供される。 グリータ・ステーションまたは以下に示すようななんらかの顧客到着追跡方法を用いる支店と一緒に用いる場合、本発明によるCCISの販売追跡または管理情報コンポーネントは、グリータ待ち行列から検索された顧客到着の番号付けまたは販売企画プロフィールがタイプ(メール、電話、本人)によって実行された回数を追跡してレポートする手段を有することが望ましい。CCISの販売追跡または管理情報コンポーネントはまた、口座開設にはいたらなかった平均セション回数または販売企画プロフィール画面がアクセスされた回数を追跡してレポートする手段を有することが望ましい。 販売追跡または管理情報コンポーネントは、グリータ・ステーションや他の顧客到着追跡方法を用いる支店と共に用いるとさまざまな追加レポートを発生することができる。例えば、システムは販売プロセスを経過する新しい顧客と既存の顧客の場合に支店内の到着に関する情報を追跡してレポートすることができるが、これには次の情報が含まれる:到着のタイプ;待ち時間;販売セション時間; 平均セション時間;販売ツールの用途;製品タイプ;製品タイプ当たりのドル; 顧客の名称とアドレス;製品タイプ;訪問の目的と販売外交員ID。 グリータ・ステーションまたは他の顧客到着追跡方法が与えられた場合、CCIS の販売追跡または管理情報コンポーネントはまた、顧客が待ち行列を捨てる場合に関する情報を追跡してレポートできるが、これには次の情報が含まれる:到着タイプ;到着時間;合計待ち時間;予定待ち時間;顧客名;顧客アドレス;および訪問の目的。 販売追跡または管理情報コンポーネントはまた、口座開設に際して料金放棄が顧客に与えられる場合に関する情報を追跡してレポートすることができる。このようなレポートには次の情報が含まれる:顧客名;口座番号;口座タイプ;料金放棄理由;販売外交員ID。 販売追跡または管理情報コンポーネントはまた、借金・債務率指針に対する例外が口座開設に際して顧客に与えられる場合に関する情報を追跡してレポートすることができる。このようなレポートには次の情報が含まれる:顧客名;口座番号;口座タイプ;指針評価率;例外評価率;例外理由と販売外交員ID。 顧客採点と連絡戦略包括的でカスタマイズされた寿命(ライフタイム)値(LTV)採点は、中央データベース10に保管されている情報を使用しておのおのの顧客に対して決定される。LTV 採点は、顧客が使用した全体範囲の製品とサービスにわたって顧客が貢献した全収益に基づいて計算される。すべての製品とサービスから得られた収益は一緒のグループにされて、銀行に対する顧客の合計値を示す。すると、LTV 採点は、おのおのの顧客記録上で選択可能な機能に変換され、そのため、マーケティングとサービス用プログラムは寿命値を中心に設計可能である。例えば、ある銀行製品またはサービスに対するキャンペーンを、事前決定された値を越える寿命値を持つ顧客に制限することができる。 その上、動的で更新された顧客の手取り収入の採点が、顧客の個別の収益性の現在の値を示すために発生される。この採点を使用してビジネス財務を比較したり、マーケティング/支店プログラムの候補を選択したり、主なまたは周辺的な顧客の貢献度を識別したりできる。 多くの連絡戦略モデルを本発明で用いて、おのおのの販売キャンペーンの最良の候補である販売リードを識別して目標とすることが望ましい。これらのモデルは、いくつかの態様で行動する顧客の傾向に基づいている。例えば、住宅を所有する、子供を持つ、大学教育の費用を捻出する、低い貯蓄や投資をするなどのある基準を満たす顧客はクレジット製品を用いる傾向が高い。連絡戦略モデルによって、目標とされたリードを、CCIS13を用いて販売要員による顧客連絡の成功率を増すマイクロマーケティング・センター11内で発生させることができる。 名前/アドレス標準化コンポーネントは、データベース中の可能な顧客の名前とアドレスから「主な」名前とアドレスを選択し、これらをメール可能な名前とアドレスにするように標準化するシステマチックな方式を提供する。名前とアドレスを標準化することによって、エンドユーザのデスクトップからリストの発生効率を向上できる。 支店コンポーネントからの距離が、川などの地理的特徴を考慮した、任意のアドレスに最も近い3つの支店位置を選択するカスタマイズされたシステム方法を提供する。この機能によって、アドレスに最も近い3つの銀行あるいは支店が、 半径マーケティング技法を利用した目標マーケティング・プログラムを使用できる。 口座開設システムとプロセス本発明の別の重要な様態は、電子販売およびサービス・支援・システムと全範囲にわたる金融コンポーネントを含む単一の口座を開設するシステムおよび方法とのインタフェースである。したがって、本発明による統合システムはまた、好ましくは単一セションで口座を開設するためにシステム17を有することが望ましい。このシステムは、データが合法的で適切なこれらシステム間を通過できるように、本発明による中央データベース、マイクロマーケティング・センター、中央顧客情報システムおよび支店システムと通信することが望ましい。 好ましい形態では、1ステップ口座または関係開設のためのシステム17とプロセスは、いくつかの一般的なステップまたはステージを有する。これらは:口座選択;ニーズ評価;個人プロフィールの構築;顧客口座の構築;顧客サービスの選択;顧客の遠隔アクセス・サービスへの登録;登録書式のプリント;バンクカードの発行;口座にアクセスする個人の識別と数の判断;および適切なフォローアップである。 これらのステップを遂行する手段は、特別にプログラムされた汎用コンピュータ、モデム、プリンタおよびカード・エンボサを有する。このコンピュータは、 その場限りでリンクされるのではなく効果的に(しかし実際にはそうではないが)互いに「ハードワイヤ」されたさまざまな統合口座を提供するようにプログラムされる。より一般的には、このシステムは、顧客の金融および/または投資状況に関するデータを収集する手段、収集されたデータに基づいてニーズを分析する手段、口座情報を表示する手段、ニーズ評価に基づいて推奨する手段、顧客のコンポーネント選択を入力する手段、顧客の銀行ステートメントをファックスまたは表示する手段、口座コンポーネントを追加して、顧客が望むすべてのサービスを提供し顧客のニーズを最適に満足させる単一の口座を構築する手段、顧客の銀行ステートメントのファックス表示を更新する手段、クレジットをチェックする手段、提供されたサービスに基づいて単一の料金を決定する手段、銀行カードと個人識別コードを発行する手段を含む遠隔アクセス・サービスに顧客を登録する手段、行方不明データを識別する手段およびまだ提供されていないデータを入力するようにユーザに促す手段を有する。 図10Aと10Bに、本発明による高レベルでの口座開設プロセスの現行の好ましいシーケンスの1例を示す。具体的には、図10Aは新しい顧客のためのプロセスを示し、図10Bは既存の顧客のためのプロセスを示す。これらのプロセスは本来まったく類似である。その相違は、既存の顧客の関する基本的情報を銀行がすでに保有しており、既存の顧客は通常は銀行が提供するサービスとアクセス装置にある程度なじんでいるという事実に現れている。より一般的な意味では、プロセス・ステップの相違は、口座作成と口座やりとりの間の相違に現れている。以下に説明するように、特定のステップのシーケンスは、中心的な目的、すなわち1 ステップ口座開設から逸脱することなく変化し得るのである。図10A−10Bのステップを実行する本システムの好ましい実施態様は、図11A−17Bのフローチャートに詳細に示されている。 顧客識別(グリータ)システムとステップ(100) 1ステップ関係開設の方法でオプションであるが有用なステップは、ときにグリータ・ステップと呼ばれる初期スクリーニング・ステップである。このステップの目的は、予備的顧客情報を収集して顧客訪問の目的を確認することである。 銀行に連絡するとき、通常は支店に入るが、顧客は迎えられて行列に入る。この初期グリーティング・ステップは新しい顧客を識別するには有用である。新しい顧客の場合、名前、アドレスおよび訪問の目的がリクエストされる。既存の顧客の場合、顧客は口座番号、名前(単独でまたはアドレスとzip コード付きで) 、社会保障番号および銀行カード、あるいはその番号を入力したり銀行カードID や個人識別コード(PIC)などのさまざまな方法で入力したりして識別される。本システムは、ユーザが顧客から得たデータを入力できるような特別にプログラムされた汎用コンピュータまたはワークステーションおよび入力装置(キーボード、カード・リーダ、マウス、タッチ・スクリーンなど)などの手段を有する。 次にグリータは、(出納係または個人銀行家に)可能な限り、クレジット・カード、抵当、税金保護などの情報を含みこれに限られない顧客に関する利用できる情報を知らせるプロフィールを(既存顧客に対しては)呼び出し、(新しい顧客に対しては)作成する。本発明によるシステムは、ユーザのニーズと好ましい顧客の流れに基づいてさまざまなレベルのアクセスを提供するのが望ましい。例えば、グリータまたは出納係は通常は、銀行としては顧客ができるだけ速く取引を完了してほしいのでアクセスを制限してきた。一方、個人銀行家は一般的には顧客とより多くの時間を費やし、そのためより大きいアクセスを持つ。予備の識別プロフィールがグリータによって獲得されない場合は、システムは次のユーザにクレジット・チェックする前に予備プロフィールを獲得するように促す。このようにして、本システムはこの初期情報を2つのステップの内の1つで収集できる。具体的には、本発明によるシステムは、フローアップまたはフローダウンする1ステップと関連するデータを他のステップ中に入力することを可能とし、( さらに、好ましくはすべての)使用される関連データ・フィールドを他のステップ、好ましくはすべてのステップ中に入力することを可能とするようにプログラムされている。 初期グリーティング・ステップ100 は、本発明のシステムでは必要なステップではないが、顧客がすでに提供した情報を希望することなく顧客にとってプロセスをできるだけ容易なものとするという目的を達成する助けとなる。グリータはまた、顧客の訪問の目的を判断し、顧客を代替アクセスに向かわせ、さらに、実行可能であれば、当座の必要を満たす。初期グリータ・ステップはまた、次のユーザが以下に説明するように顧客に対して準備することを可能とする。 口座開設システムとプロセス(方法)を本発明の統合システムの一部として用いる場合、グリータ・ステップは特に重要である。特に、前記の長所は別として、グリータ・ステップは、支店に入ってくる顧客や潜在顧客に関する有用な情報を提供し、とりわけ、顧客がどのくらいの時間にわたって待っているかを判断することを可能とする。これは、前に説明したように、本発明のCCISの管理情報システムコンポーネントにとっては有用である。 閲覧プロフィール・システムとステップ(200)顧客と会う前に、ユーザ(個人銀行家)は顧客プロフィールを閲覧して販売取引に備えることが望ましい。本システムは、この目的のための汎用コンピュータおよび/またはネットワーク化されたワークステーションを有するのが望ましい。もちろん、このコンピュータまたはワークステーションはなんらかのディスプレイを有する。プロフィール閲覧の主たる目的は、顧客との販売セションに対して備えることである。また、合法的で適切な場合は、例えば、中央データベースから得られた追加の情報をこのステップで用いることもできる。 アドレス即座ニーズシステムとステップ(300)時として顧客は、迅速に処理することが可能で緊密な個人的援助を必要としない非常に特定的で単純な理由から消費者銀行と接触することがある。例えば、貯金や米国貯蓄債権の証明書を購入する場合がある。このような場合、顧客はできる限り迅速にサービスされることが望ましい。本システムは、顧客が即座に処理すべき単純な取引に興味を持っているか否かをユーザが判断するように促すことによってこれを可能とする。このステップのために、本システムはユーザにこのことを促すためのディスプレイまたは他の装置を備えたプログラム済み汎用コンピュータまたはワークステーションを有する。 口座タイプ選択システムとステップ(400)顧客が迎えられいそぎのニーズが処理されたら、顧客は次のユーザ(通常は個人銀行家)によって(もしこれがアドレス・イミディエイト・ニーズ(Address Immediate Needs )で実行されなかったならば)迎えられ、顧客プロフィールは同一システム上に存在し続ける。個人銀行家は(ユーザも)、顧客に対して、一般的な意味で、その顧客の金融に関するニーズとどのようにしたらその顧客を助られるかを判断するように依頼することができるかという基本的な疑問が存在する。具体的には、顧客が必要とする口座のタイプは、(銀行は2つ以上のクラスの口座を提供すると仮定して)決定される。口座開設フローは十分フレキシブルであるので、短時間で貯金の証明書などの口座の1部を開設することに興味を持っている顧客を支援したり、また、自身の金融のニーズを時間をかけて相談して最適な統合口座のさまざまなコンポーネントを開設したがっている顧客を支援することができる。このステップを容易なものとするために、本システムは、いくつかのデータを提供し、そのデータを受領してすべての関連分野に送出するようにユーザに促すようにプログラムされた汎用コンピュータまたはワークステーションを有する。また、本システムは、ユーザがコンピュータと対話できるようにする適切な入力装置を有する。 顧客との相談はまた、ユーザ(通常は、個人銀行家または消費者銀行電話サービス・センターの代表)に、顧客が明白に興味を持っている本発明による統合銀行口座内のコンポーネントとユーザが顧客に販売する必要があるコンポーネントに関する意味を与える。本システムは、顧客との対話で多くの相違を説明するフレキシビリティを持っている。このニーズを調節するために、本システムは、必要とされるところでデータがフローアップしたりフローダウンしたりできるようにプログラムされ、さらに、個々のステップで、必要とされるデータがすでに受領されたか否かチェックするようになっている。プログラムされた汎用コンピュータはこの目的のために用いられるが、コンピュータは、口座コンポーネント用のデータ・フィールドが互いに「ハードワイヤ」されているかのように動作する。このようにして、データは、ユーザが最も便利であると思う処理中のポイントで一度だけリクエストされる。以下に説明するように、本システムはまた、収集されてはいるが当面は必要ない関連情報を保存するための「ペンディング・ファイル」を提供する。 図10Aと10Bに示すように、口座タイプ選択ステップ後のプロセスは、新規の顧客と既存の顧客との場合で少し異なっている。具体的には、新規の顧客の場合のプロセスはおのおののステップを順に提示する。しかしながら、既存の顧客の場合は、ユーザは口座紹介をバイパスするかまたは完全に評価ステップを必要とするか選択し得る。また、これによってユーザ(個人銀行家)は、自身で調整できる。しかしながら、これら双方のプロセスにとって、ステップは以下に説明するように本質的に同一である。 ニーズ評価システムとステップ(500)ニーズ評価ステップは本質的には、特定の顧客ニーズのための最良の口座と口座コンポーネントをユーザと顧客が選択することを可能とする販売ツールである。ニーズ評価ステップのために用いられるシステムはフレキシブルなので、ユーザや電話サービス中央レップ(外交員)の販売上の専門知識と表明された顧客のニーズとに適合した順序でデータを提供することができる。また、本システムは、必要とされる全てのところでデータを上流や下流に送出することによってこのニーズを調節するようにプログラムされたコンピュータを有する。このようにして、ユーザは、重要なデータの入力を一時的に遅延させることができる。 ニーズ評価ステップでは、特定の顧客ニーズおよび/またはユーザに対する販売機会を識別するより詳細な質問に応答してデータが入力される。これらの質問は、ユーザが、顧客のための統合銀行口座をカストマイズする援助となる。また、本システムは、このステップなかのデータ入力が他の関連フィールドへ通過するようにプログラムされている。 口座選択とニーズ評価ステップの1実施態様の説明を図11A−11Cに示す。本プロセスは、図11A−11Cのフローチャートを参照すれば容易に理解されるだろう。しかしながら、いくつかの特徴(機能)に注意すべきである。 図11Aに示すように、ユーザが口座選択プロセスを入力すると、ユーザは、口座を選択するかニーズを評価するかを選ぶ選択を与える画面を提示される。このようにして、顧客が特定のタイプの口座、例えば"Citibank"または"CitiGold"口座に興味があれば、ニーズ分析のプロセスはバイパスされる。 図11Aに示す例では、ユーザが"SELECT AN ACCOUNT" を選ぶと、ユーザはさらなる選択をするために利用可能口座のリストを提示される。一方、ニーズ分析が望まれる場合は、ユーザは"ASSESS NEEDS"を選択して、すると図11Cに詳述されているプロセスが始まる。図11Aに示す特定の実施態様では、"CITIBANK ACCOUN T"のデフォルト選択も選択できる。 図11Cに本発明によるニーズ評価口座開設プロセスの1例を示す。同図に示すように、ニーズ評価を決定すると、ユーザは特定の領域、例えば"CREDIT"、"FIN ANCIAL GOALS" 、 "PERSONAL"またはデフォルトによって、"FINANCIAL PICTURE" を選択することを可能とするメニューを提示される。この時点でなされた選択に基づいて、ユーザは、選択された特定の領域に関する情報、または"FINANCIAL P ICTURE" 選択の場合はさまざまな領域に関する情報を提供するように促される。 このプロセスはニーズ評価が完了するまで継続される。 製品情報を提供するプロセスを図11Bに示す。同図に示すように、本システムによってユーザは、顧客にとって関心のある特定の領域に関連する情報を提供することができる。このプロセスはすべての質問が回答されるまで繰り返される。 この時点で、ユーザは個人プロフィールセクションへ進むよう選択してもよい。 また、フレキシビリティは本発明によるシステムにとって重要な側面である。 ユーザは、その時点では情報を提供するように顧客に要請すべきではないと自身が判断したらある情報を提供しないように選択してもよい。このようにして、データ入力はこのステップでは必要ないが、それ以降にデータを収集できるようにこのステップをバイパスする場合はなんらかの記録を残す。 ニーズ評価ステップ中に獲得された情報は最終的には、基本的ニーズ評価質問に対する回答と共に顧客プロフィール中に保存される。このようにして、他のユーザ(銀行従業員)は、顧客が銀行のどこに接触しても顧客情報にアクセス可能である。 すでに述べたように、本発明によるシステムは、収集されるが、すぐには必要ない情報を保存するための「ペンディング・ファイル」を有する。より具体的には、本システムはなんらかの形態の電子的に検索可能な記憶装置を有するのが望ましい。また、合法的で適切な場合、例えば中央データベースから獲得された追加情報をこのステップで使用することができる。 本システムは、このステップで収集されたデータを利用する借入能力分析(Bor rowing Power Analysis)を含む複数のユーザ販売ツールを有してもよい。例えば、ユーザは価格付け情報を表示してプリントする能力を持つ。 他の利用可能な販売ツールは、24時間アクセスや金融アドバイスや料金やサービスに関する情報を有する。本システムは十分フレキシブルであるので、ユーザにこれらの販売ツールをそのまま迅速にバイパスすることを可能にすると同時にこれらのツールすべてを利用可能なものとする。BPA 価格付け情報と他のいかなる販売ツールをも許容するために、本システムはプログラム済みの汎用コンピュータおよび/またはワークステーションを有する。 このように、本発明によるシステムと一緒に使用して、ニーズ評価ステップは、現在と将来の顧客ニーズを識別するために顧客情報を獲得して保存する。この情報は、適切で合法的で許される場合は口座開設まで行き渡るのが望ましい。その上、口座開設中に収集された情報は本発明のインタフェースの中央顧客情報システムに送出されて、リードを閉じ、顧客のポートフォリオを個人銀行家のポートフォリオに割り当て、毎日の到着をレポートし、新しい口座統計などを追跡し、参照とフォローアップをペンディング・ファイルから割り当てたりするのに用いるのが望ましい。 口座紹介システムとステップ(600)新規の顧客の場合、このステップでは、銀行が提供するさまざまなタイプの統合口座が紹介される。利用可能なコンポーネントと月例価格付けもまた相談するのが望ましい。既存の顧客の場合、このステップでは新しい統合口座の説明がなされる。 その上、顧客が口座を開設しようとしていることがユーザに明確に示されるとクレジットがチェックされる。通常は、クレジット・チェックでは、2つのステップが実行される:顧客が悪質顧客リストに載っていないかを見る初期スクリーニング、例えばCHEXスクリーニングと第2の標準クレジット事務局レポートである。クレジット・チェックを外部のサービスや代理人で容易に実行するために、 本システムはモデムや他の通信装置を有するのが望ましい。 普通は、本システムはクレジット・チェックの二つのステップを同時に実行して、その応答を同一画面上に表示する。しかしながら、一方の応答が得られなかった場合(すなわちシステムの故障による)、他方の応答が表示されるので、他方の応答が入手されるまで操作を停止すべきではない。本システムはそのフレキシビリティによって、クレジット・チェックに必要な基本的要素、すなわち名前、アドレス、社会保障番号、生年月日および国籍ならびにオプションとして雇用、収入および住居費だけを入力することができる。この識別データがまだない場合はすぐに獲得しなければならない。本システムは十分フレキシブルなので、最後のクレジット・チェック(保存されている)が例えば過去12ヶ月以内に実行されたものである場合は既存の顧客はこのスクリーニング・プロセスが免除される。また、クレジット・チェックの2つのステップを個別に実行するので、本システムは、適当な資格を与えられれば、初期スクリーニングの結果を無効とする機能を持つ。ユーザが雇用、収入および住宅に関する情報を得ることができれば、 本システムは、どの製品がクレジット資格のある提案であるかに無関係に特定の金額のローンを返信することができる。クレジット資格金額は、もしあれば、クレジット・チェック応答と同じ画面上に表示される。 顧客に債務資格がない場合、本システムによってユーザ(通常はクレジット・ マネージャによって認可されている)は、その理由を無効として口座を開設できるか否かを判断できる。口座が開設された場合、放棄/無効の環境が獲得され、 顧客の家族構成情報と共に格納される。口座が開設されない場合、「忠告活動タイプ」注記を、情報を受信して顧客に提供するChexおよび/またはクレジット事務局の名称と電話番号を示す支店または顧客銀行電話サービス・センター内でプリントしなければならない。 クレジット・チェックとニーズ評価の成り行きは、顧客のニーズに最良のサービスを提供するコンポーネントの口座の特定の推奨である。本システムは、統合口座とそのコンポーネントの力さらに顧客がいかにしてその口座に最もよくアクセスできるかを明瞭に示しこれをユーザにとって可能とする1つのスクリーンまたはスクリーンのセットのような販売ツールをユーザに提供する。 また、本システムはプログラム済みのコンピュータおよび、このステップを実行するためにデータを収集するようにユーザに促す適切な入力装置を有する。 個人プロフィール・システムとステップ(700)口座選択/ニーズ分析ステップが完了したら、本システムはPersonal Profile Step (個人プロフィールステップ)に進む。このステップ中は、ユーザはまだ完了されていない他のすべての個人情報を収集する。システムがフレキシブルであるため、収集されるデータは、その前になにが収集されたかによって変化する。また、適切な入力装置を備えたコンピュータをこの目的のために用いる。モデムや他の通信装置を提供して、コンピュータが例えば外部のクレジット事務局と通信できるようにすることが望ましい。 場合によっては、クレジット・チェックは、まだ実行されていない場合はこのステップで実行される。個人情報が収集された後は、まだ収集されていないすべての雇用情報が完了される。個人情報を獲得するために(口座への署名者1人に付き)1つの画面があり、雇用情報を獲得するために(これまた署名者1人につき)1つの画面がある。雇用画面上の情報は、カタログのピック・リストから得た現在と以前の雇用者の名前とアドレス、現在と以前の雇用者のところに居た時期、職業選択者などである。雇用検証(もし実行するのであれば)する方法を入力するフィールドがこの画面に提供され、もし入力されたら、クレジットの判断を閲覧するときには検証する必要はないという申請と共にクレジット事務局に送信される。 本発明による口座開設システムによってまた、後で使用するための優先顧客言語および銀行カードの磁気ストライプに記入される向上機能をユーザは獲得できる。顧客が例えば現地に在住しない外国人である場合、口座が、この事実と優先言語が後のサービスのための顧客プロフィールに表示されるようにフラグ立てされる。 個人プロフィール・プロセス・ステップを実行するための本発明によるシステムと方法の好ましい実施態様を図12A−12Eのフローチャートに示す。また、このプロセスは、口座選択/ニーズ評価ステップが完了したら開始される。図12A に示すように、このプロセスでは、口座の所有権、顧客名、家庭のアドレスと電話番号、国籍、社会保障番号、生年月日などの識別情報が収集される。本システムは、このステップを容易なものとするための適切な入力装置を備えたプログラム済み汎用コンピュータおよび/またはワークステーションを有する。また、合法的で適切であれば、例えば中央データベースから得た追加情報をこのステップ中で使用してもよい。 図12Aに示すように、本システムはフィールド内にすでに収集されたすべてのデータに関して必要とされるデータのフィールドを示す初期プロフィール画面をユーザに対して発生して表示する。このようにして、本発明の目的に添って、顧客はこの情報を再度提供する必要はない。 予備プロフィール・データが収集されると、本システムはクレジット・チェックが前のステップですでに実行されたか否か判断する。もし実行されていたら、 本システムは図12Dに示すプロセス・フローに進み、個人プロフィール構築を継続する。もしクレジット事務局がまだ呼ばれていない場合は、本システムは、追加の署名者が口座に存在するかについて照会する。もし存在すれば、プロセスは、追加の署名者のおのおのに対して予備プロフィール・データが収集されるまで図12Aに示すフローに復帰する。 予備プロフィール・データがおのおのの署名者に対して収集されたら、クレジット事務局を呼ぶべきか否か判断される。クレジット事務局が呼ばれない場合、 プロセスは継続されるが、クレジットの提供はなされない。クレジット事務局を呼ぶべきと判断された場合は、品質チェックをしてデータが完了しているか否か判断される。完了していない場合は、エラー・メッセージが発生して、ユーザはペンディング・ファイル処理を継続する。すべてのデータが完了したら、プロセスは図12Cに示すフローを継続する。 図12Cに示すように、プロセス・フローのこの部分はクレジット事務局への通話に始まる。プログラム済みコンピュータとモデムなどの通信装置がこの目的のために用いられる。本システムはクレジット事務局への情報の通信がなされたかチェックする。好ましい実施態様では、2ステップのクレジット・チェックが上記のように実行される。 クレジット事務局のレポートに基づいて、口座を承認するか否かについて判断される。口座を承認する場合は、プロセス・フローは図12Dに示すように継続される。承認しないと判断された場合は、クレジット・レポートの結果を示す画面が表示されて、ユーザや銀行従業員に無効とする機能が与えられる。ユーザが拒絶を無効とする選択をしたら、プロセスは図12Dに示すように継続される。一方、負の判断が無効とされない場合は、ユーザは、逆行動レポートをプリントするオプションが与えられて、セションは終了する。 図12Dに、顧客の口座申請が承認された場合のプロセスが継続される様子を示す。同図に示すように、プロセスは、雇用に関する情報を入力するようにユーザに促すことによって始まる。顧客が2年未満にわたって雇用者に雇われていた場合は、以前の雇用者に関する情報が得られる。本システムは、職場アドレス、職場電話番号および収入に関する情報を入力するよう継続して促す。ユーザが追加の収入源に依存することを希望する場合は、追加の収入データが収集される。このプロセスは口座に記入されている署名者一人一人について繰り返される。すベての署名者に対してデータが収集されたら、プロセスは図12Eに示すように継続される。 個人プロフィールを構築するというプロセスは、ユーザIDのプロフィール画面を表示して終了する。2人以上の署名者がいる場合は、プロセスはすべての署名者が表示されるまで繰り返される。最後に、品質チェックをして完全なデータが受領されたか否か判断される。完全なデータが受領されていなければ、メッセージを発生して、ユーザはペンディング・ファイルの処理を継続する。全てのデータが受領されたら、プロセスは次のステップ、すなわち口座構築に進む。 口座構築製品選択システムとステップ(800)(クレジット判断800(810)を含む)本発明の他の特に重要な点は、口座構築の手段とプロセスである。特に、本発明はユーザおよび顧客に口座が構築されているのを監視できる視覚的なインタフェースを提供する。図18A−18Cは、口座構築プロセスに用いられる視覚的ディスプレイの例を示す。 図18Aに示すように、本システムは銀行のステートメントモチーフ中の口座の情報をコンピュータ画面に表示する。すなわち、銀行のステートメントの表示又はファクシミリである。口座構築表示のために銀行のステートメントモチーフを用いることは、本発明の重要な部分であり、顧客に堅実なインタフェースを提供するという基本的な目的と合致する。本ディスプレイは口座が構築される前に顧客に銀行ステートメントがどのようなものであるかを示す。小切手、預金、IMMA 、CD、退職金、仲介ジョブ、貸出限度額、クレジット・カードのような中心的コンポーネントが例として含まれる。当然、表示されたステートメントは各口座の残金がゼロとなっている。後述のように、他のコンポーネントが口座に加えられると、それらも表示されるステートメントに現れる。 口座を構築するために、ユーザは(入力装置により)リストアップされたコンポーネントの一つを選択する。例えば、もし「小切手」コンポーネントが選択されると、システムは図18B中に示されるようなタイプの小切手コンポーネント構築画面を表示する。その画面により、ユーザは特定のコンポーネントを選択し、 選択されたコンポーネントに対する信用額を入力することが出来る。示された例では、ユーザは標準的小切手コンポーネントを選択した。本システムはまた、ユーザに選択された小切手コンポーネントに対して割り当てられる額の入力を促す。 例えば、もし顧客が小切手に5,000 ドルの割り当てを選ぶとすると、ユーザはこの額を入力し、表示されたステートメント画面に戻す。 図18Cに示すように、表示されるステートメントは、ここで5,000 ドルの小切手残金を反映するように更新される。 このように、顧客とユーザは、顧客の指定に対して総合口座を構築でき、口座が段階的に構築されるのを監視することが出来る。さらに、銀行とインタフェースするために、全ての他の顧客のアクセスポイントと一致する銀行ステートメントフォーマット中に情報が提供される。 セション中に顧客が資金を入れるつもりの銀行口座のコンポーネントが決まると、ユーザは口座開設画面上で機能を選択する。最初に、ユーザはセション中に開かれる製品を選択する。この時点で、本システムは顧客の銀行口座中の債務コンポーネントに対するコンポーネント番号を自動的に割り当てる。自動的に割り当てられた番号は、必要ならば無効に出来る。 次に、ユーザは期間、初期預金、および利率のような必要な詳細事項を仕上げる。次いで、ユーザは口座題目、その他必要な口座特有のデータ(例えば、もし現在の1名以外に必要ならば署名者の数)を入力する。口座構築のためのシステムの好ましい態様を図13A−13Mに示す。本システムは、これらのステップを容易にするためのプログラムされた汎用コンピュータを含む。 図13Aに示すように、本システムはステートメント構築画面の表示による口座構築プロセスから始める。このディスプレイはユーザに総合口座のコンポーネントの各々を選択する機会を提供することが望ましい。示された態様では、ユーザは12のコンポーネント間で選択できる。コンポーネントが口座中で選択され口座が構築されると、例えば図18Aおよび18Cに示されるように、額(預金、小切手)がステートメント構築画面に表示される。 典型的には、各コンポーネントの額とそのコンポーネントに関する適切な情報は、コンポーネントを選択し、そのコンポーネントを構築するプロセスに従うことにより提供される。しかしながら、図13Aに示される好ましい態様では、要すれば小切手、預金および保険金市場口座の額はステートメント構築画面に直接入力することが出来る。 図13Aに示すように、本システムは一貫してユーザに前ステップ、すなわち個人プロフィールに戻るか、または次ステップ、すなわち口座サービスに進むかのオプションを提供する。これらの選択がないと、図13Aに示すシステムの部分は、ループ的に動き、図13B−13Mに示すように、顧客は特定のコンポーネントを選択し、そのコンポーネントに処方されたプロセスに従って進行し、次いでステートメント構築画面に戻り、そこでは構築されたコンポーネントを含むように逐次更新される。 もしユーザが小切手コンポーネントを選ぶと、本システムは図13Bに示される経路を辿る。具体的には、本システムは小切手コンポーネントの画面を表示する。次いでユーザは小切手に割り当てられた額を入力する。次いで本システムは小切手コンポーネントに対して異なった所持者または異なる住所があるかどうか尋ねる。もしそうならば、本システムは異なる署名者および/または住所変更に関する追加情報を得るためのサブルーチンに入る。ここでも、本発明の重要な特徴は、ユーザが最初にそれまで集められた全ての顕著な情報を示すディスプレイで提供されることである。このように、サブルーチンでさえも、顧客とユーザにとって、以前に得られなかった情報のみの提供が必要である。小切手コンポーネントが所持者と住所に関する顧客の指定が一旦構築されると、本システムは他の小切手コンポーネント構築の可能性を提供する。もし顧客が追加の小切手コンポーネントの構築を選ぶと、メッセージが示され、再びルーティンに続く。他方、もし顧客が他の小切手コンポーネントの構築を選ばなければ、本システムは図13A のステートメント構築画面に戻り、ユーザは他のコンポーネントの選択が出来る。 もしユーザがステートメント構築画面から預金コンポーネントを選ぶと、本システムは図13Cに示される経路を辿る。預金コンポーネントを構築するための図13Cに示すプロセスは、小切手コンポーネントを構築するプロセスと基本的には同じである。具体的には、図13Cに示すように、ユーザは預金コンポーネントに対する額の入力を促され、次いで異なる所有者や住所に関して要求される追加の情報を提供することが許される。ここでも、サブルーチンの使用を通じてこれが行われる。そして最後に、ユーザは他の預金コンポーネントの構築を選ぶことが出来る。預金コンポーネントが顧客の満足できるように構築されると、本システムは図13Aに示されるステートメント構築画面に戻る。 ユーザが保険金マーケット口座(IMMA)コンポーネントを選ぶと、プロセスは図13Dに示されるフローに従う。このプロセスはまた構築、小切手および預金コンポーネントのためのプロセスと同様である。ユーザはIMMAの額を入力し、次いで所有者および住所に関する情報を更新する機会を与えられる。最後に、ユーザは他のIMMA口座を構築する機会を与えられ、もし必要ならば、このプロセスが繰り返される。全てのIMMAコンポーネントが構築されると、プロセスは図13Aのステートメント構築画面に戻る。 もしユーザが預金証書コンポーネントを選択すると、本システムは図13Eに示す経路を辿る。具体的には、預金証書画面が表示され、次いでユーザは預金証書の額を入力する。次いで本システムはユーザに期間、利息支払いスケジュールおよび預金の説明を含む預金証書のパラメータの入力を促す。このプロセスは全てのパラメータが入力されるまで繰り返される。全てのパラメータが入力されると、本システムはユーザにこのコンポーネントに対する権限のある署名者を判断させる。このサブルーチンは前に集められたデータに基づいて権限のある署名者の表示から始まる。そのときユーザは追加の署名者を加えることが出来る。もし加えるべき追加の署名者がすでにプロフィール化されていれば、さらなる情報は必要ない。他方、もし新署名者がリストに入ると、本システムは新署名者がリストされ、プロフィールが後に要求されることを合図する。署名者が顧客の意図と一致すると、本システムはユーザに他のCDコンポーネントを構築することを許す。 もしユーザがそのようにしようとすると、本プロセスは繰り返される。他方、もしユーザが他のCDコンポーネントを構築しないならば、本システムは図13Aのステートメント構築画面に戻る。 もしユーザがIRA /401Kコンポーネントを選択すると、本システムは図13Fに示されるフローに従う。図13Fに示されるフローは、適用可能なオプションのディスプレイのみからなる非常に高水準なもので、これらのオプションを構築するためのプロセスの実行に続く。本発明によれば、オプション構築のためのプロセスは小切手、預金、IMMAおよびCDコンポーネントのための図13B- 13Eに示されるプロセスに沿って構築出来る。IRA /401Kコンポーネントが顧客とユーザの満足できるように構築されると、本システムはステートメント構築画面に戻る。 もしユーザが証券または仲介ジョブを選択すると、本システムは図13Gに示されるフローに従う。具体的には、本システムはユーザに予約日時または取消を入力できる証券作業ウィンドウを表示する。この理由は、証券コンポーネント構築に関する情報は典型的に認可された銀行員により取り扱われなければならないことである。もし予約が行われると、本システムは証券確認メッセージを構築し、 本システムはステートメント構築画面に戻る。 本システムはまた、適用される規制に従うことを保証するために、ある権限のあるまたは認可されたユーザにアクセスを限定するための手段を含んでいる。例えば、「仲介ジョブ」セクションで得られる情報は「投資情報」および仲介ジョブに特有な他の情報である。規制によると、「投資情報」は認可された人によってのみ顧客と議論できる。従って、この画面へのアクセスは認可されたユーザに限られる。アクセスを限定する手段はプログラムされた一般目的コンポーネントが望ましい。 もしユーザがプラス小切手のような借入またはローンコンポーネントを選択すると、本システムは図13Hに示されるフローに従う。具体的には、初期判断はクレジットが承認されたかどうかによってなされる。もしクレジットが承認されていないと、ユーザはこの口座のこのコンポーネントを構築することを許されない。他方、もしクレジットが承認されていれば、本システムはプラス小切手の提供および可能なクレジット額に関する情報を含むオプション画面を表示する。顧客はユーザを通して提案されたクレジット額を受け入れたり、追加額の承認を求めるために追加クレジットを要求したり(この場合、示されていないが、システムは別のプロセスに入らなければならない)、提供されたものより少ないクレジットを受け入れるかまたはクレジットを断るかを選ぶことが出来る。次いで本システムは図13Aのステートメント構築画面に戻る。 もしユーザが無担保のクレジットコンポーネントの構築を選ぶと、本システムは図13Iに示すフローに従う。具体的には、初期判断がクレジットが承認されたかどうかにより行われる。もし承認されていなければ、ユーザは無担保クレジットコンポーネントを構築することは許されない。もしクレジットが承認されていれば、本システムは無担保クレジットオプションとクレジット率を表示する。次いで本システムは無担保クレジットコンポーネント構築プロセスを実施する。プロセスが完了すると、本システムはステートメント構築画面に戻る。 もしユーザが保証されたクレジットコンポーネントの構築を選択すると、本システムは図13Jに示されるフローに従う。具体的には、本システムは所有権源、 固定利率住宅ローン、住宅抵当契約、優先限度額、優先ローン、保証ローン、保証に基づく貸与および学生ローンオプションを含む各種保証クレジットを表示する。本システムはまたクレジット率および他の情報も表示する。選択がなされると、全ての望まれるまたは可能なオプションが構築されるまで保証クレジットコンポーネント構築プロセスを実行し、次いで図13Aのステートメント構築画面に戻る。 いくつかの製品、とりわけ安全なクレジットのためには、申請書を完璧にするために必要な付加的な情報がある。もしクレジット事務局の勧誘が、顧客の適格性を示さないならば、顧客がクレジット製品に対して特定の要求をしない限りこの画面は表示されないだろう。この画面には、資産情報、住居費用、およびガバメント・モニタリング/HMDA情報等といった項目が含まれる。BPAの一部として獲得されたいかなる情報も、これらの画面の中で適確な領域の前に流されるべきである。 クレジット情報がクレジット判断のためにクレジット事務局に渡される前に、 必要なすべてのデータが入力されていることを確認するために入力されたデータの品質チェックが必要とされる。もし何らかの情報が欠けていれば、システムは適切な情報を要求する。もしその情報が手に入れば、ユーザはそれを入力することができる;手に入らなければ、申請書を「未判断の状態」に置く技術が提供される。 本発明に従えば、クレジット判断画面は、口座の開設/セションから他のシステムに切り替える必要性を省くために口座開設の流れの中からアクセスすることができる。 ユーザは、口座開設の流れの中でこれら一連の画面上で必要な検証およびあらゆるクレジット操作を完遂することができる。1つのローン製品についての検証がなされると、そのセションの中の他のローン製品の検証へと次々に進む。限度額および製品のタイプのようなさまざまな要因が、行われる検証を判断する;行われる検証は、顧客が利用したすべての製品について更新される。 もしユーザがクレジット・カード・オプションの1つを選択すると、システムは、図13K−13Mに示される流れへと続く。図13Kおよび13Lは同一であり、違いは、特定の銀行によって提供される、クラシック・クレジット・カードおよびゴールド・クレジット・カードのあいだの違いによる。含まれる基本的処理過程は、どのクレジットが証認されたかの初期判断、引き続いて特定のカードに関わる情報画面、それからカード・タイプ、信用限度額、登録会員、補足的なカード、氏名およびフォトカードを含む必要情報のユーザ入力である。次に、信用限度額の判断がなされ、そしてシステムはステートメント作成画面に戻る。 もしユーザが銀行によって提供される別のカードを選択した場合、顧客が特定のタイプのクレジット・カードを選択すると顧客およびユーザは、従来の銀行の信用限度額をこの口座に移し変えるか、または逆に別の信用限度額を銀行クレジット・カードに移し変えるかというオプションを与えられる、ということ以外は、同様の流れが続く。この処理過程が完了した後、システムは図13Aのステートメント作成画面に戻る。 処理過程のこの部分は顧客が、得られるさまざまなサービスに精通していることを保証するために用いられる。また、プログラムされた汎用コンピュータがこの段階のために最適の手段だと思われる。 これらの画面は、顧客が資金管理のためにどのようにして銀行を使用するかおよび消費者銀行との関係の深化による有利さをどのようにして理解するかを再検討するもう一つの機会を提供する。画面は、もし必要とあらば顧客といっしょに再吟味するために、データの獲得および製品/サービスの特徴との組み合せである必要がある。 口座サービス段階の遂行のためのシステムのより好ましい実施の態様が、図14 A−14Gに示される。 図14Aに示されるように、システムは、顧客が預金引き出し可能かどうか、つまり借越し保護がなされているかどうかを見るために予め集められたデータを検討することによって始まる。もしそうであれば、フラグがセットされシステムは続行する。もしそうでなければ、フラグのセッティングなしでシステムは続行する。つぎに、口座選択処理が必要なあいだ、2つ以上のサービスが起動されているかどうかを判断する。もしそうであれば、シティバンク口座サービス画面上の選択されたサービス・ボタンをハイライト表示するようにフラグがセットされ、 口座サービス画面が表示される。システムは、図14B に示される流れに進む。という次第でユーザはサービスの設定を選択することができ、またはサービスに関する情報を得ることができる。もしユーザが、サービスを設定すること、またはサービスに関する情報を得ることを選択しない場合には、ユーザは1つまたはそれ以上の追加的なサービスにおいて顧客の関心を示す機会を提供される。もしユーザが、1つまたはそれ以上のサービスにおいて関心を示せば、システムはその関心を追跡し、登録フォームにプリントするまで進む。 もしユーザが、サービスの設定または情報の取得を望めば、そのときはシステムはその特定のサービスの流れに沿って進む。当然、銀行はさまざまなサービスを提供する。しかし、図14Bに示される実施態様において、システムは情報を与えることができ、または自動的な振替、勘定支払サービス、直接の預金、預金への即時的アクセス、配当の自動的な預金、安全な貸付、超過引出の適用範囲、自動支払、および電子支払の設定をすることができる。 もしユーザが自動振替の設定を選択すれば、システムは図14Cおよび図14Dに示される処理過程に続く。この手順において、システムはユーザが自動振替および図14Dに示される手順を用いて再現される振替を設定することを許可する。 もしユーザが勘定支払サービスに関連する情報の設定または取得を選択すれば、システムは図14Eに示される流れへ続く。図示されるように、ユーザは標準受取人および特別受取人を設定することを許可される。もしユーザが直接預金または預金への即時的アクセスを選択すれば、システムは図14Fに示される適切な流れへ続く。もしユーザが自動支払の設定を選択すれば、システムは図14Gに示される流れへ続く。そこに示されるように、システムは、ユーザがローンおよび信用限度額への複合的な支払を設定し、その支払の回数を選択することを許可する。 すべての場合において、選択されたサービスに関する特定の手順が完了した後、システムは図14Aおよび図14Bに示される流れへ戻る。それからシステムは、 それによって顧客がさまざまなアクセス・ポイントに関して利用可能となるような、アクセスの段階に進む。 銀行カード個人識別コード(PIC)がここで選択される。電話による銀行ジョブが検討され、TPIC(電話個人識別コード)が選択される。小切手の引出しが、もし妥当なら、指示される。 システムは、ユーザ(個人銀行家または電話による代理人)が、リモート・アクセス・サービスにおいて顧客を登録することを許可する。プログラムされた汎用コンピュータがまたこの目的のために使用される。 システムはホーム・バンキングへの自動登録を提供し、また顧客のPCタイプおよびディスケット・サイズを(必要とあらば)取得する。銀行カードに開設されリンクされるコンポーネントは、また自動的にホーム・バンキングにリンクされる。システムはまた、画面電話の使用を許可すべきである。 本発明のアクセス(ACCESS)ステップ遂行のためのシステムの好ましい実施態様が図16A‐16Fに例示される。図16Aに示されるように、処理過程はアクセス画面の表示から始まる。ユーザはそれからレコードの口座名を変更または受入れる機会を与えられる。この処理のためのサブ・ルーチンが図16Dに示される。 システムはそれから、図16Dに示されるような個人識別番号(PIN)入力のルーチンに入る。もし口座が共同預金口座であれば、名前受入れルーチンおよび個人識別入力ルーチンが、口座の第二の名前にたいして遂行される。そしてシステムは顧客に対して銀行カードをエンボス処理し、発行することができる。このステップはまた延期してもよい。このエンボス処理を容易にするために、システムは、汎用コンピュータに結合した従来型のエンボス機を含んでいることが好ましい。もしエンボス処理がうまくいかなければ、システムはエラー画面処理を実行するが、全体的な流れを続行させることを許す。 流れは図16Bに示されるように続く。具体的には、システムは、検証される電話個人識別コードの選択を許可する。その処理はどのような共同署名者にたいしても進められ、そして図16Cに示されるように続く。ここで顧客は、銀行へのPC による遠隔的なアクセスのオプションを与えられる。もしユーザがそのサービスを受入れれば、顧客が自分のコンピュータのすべてのパラメータを知っているかどうかの判定が行なわれる。もし知っていれば、コンピュータのタイプ、ディスケット・サイズ、モデムのタイプ、モデムのスピード、といった関連するパラメータがシステムに入力される。もし顧客がこれらのパラメータの1つまたはそれ以上を知らなければ、必要とされる追跡調査についての表示がなされ、その情報は追跡調査のステップで利用するために記憶される。システムはそれから図16E に示されるように進む。この時点で顧客は画面電話を用いた銀行へのアクセスの機会を与えられ、システムは顧客の選択を記録し、それから図16Fに示されるように進む。ここで顧客は小切手支払の指示を許可される。システムは、デフォルトのチェック・注文の表示によって、およびユーザに名前の刷込みの変更の機会を与えることによって、始まる。これは、名前、住所、請求書情報およびメール・アドレスといった情報に関連する。ユーザはそれから、デフォルトの注文を変更する機会を与えられ、引続いてチェックを注文する機会をもつ。処理はそれから、図17AおよびBに示される特殊命令ステップおよび終了処理過程へと進む。 特殊命令システムおよびステップ(1000)処理過程のこのステップは、すべての残存データを収集し、および口座開設の流れにおいて未だ扱われたことの無いすべての特殊な口座状況を扱うために用いられる。これはつぎのような項目を含む:「呼出しの最適時」または「連絡しない」フラグ、「他の支店とデータを共有しない」、「メール・アドレス」、「好ましいメールの挨拶」等。システムはまた、他の機関における口座の解約の援助をすることもできる。システムは、他の機関に送付される取立て状のプリントを生成するプリンタおよびコンピュータを含んでもよい。システムはまた、口座に「委任状」の状態を移すことによって委任状の指定をし、翌日のファイルの保守の必要を取り除く手助けをする。ユーザはまた、もし認可されていないのであれば、投資コンサルタントとの約束を取り付け、または抵当コンサルタントとの約束を取り付けてもよい。すべての変更にたいする顧客の要望は考慮される。 追跡処理の好ましい実施態様が図17A−17Bに示される。システムは、さまざまな口座の解約および検証に必要な情報を表示することによって始まる。また、 システムは、あらかじめ提供されていない情報のみがこのステップに呼び出されるようなデータの上方向および下方向への流れを許す。システムはまた、顧客はどのようにして接触(連絡)可能かについての情報を表示する機会を提供し、約束を表示する機会を許可する。最後に、システムは、1個の完全に統合された口座の開設を完了するのに必要とされる残りの項目をプリントする。 プリント/送信システムおよびステップ(1100)すべての情報が得られ、またはセットアップが完了した後、システムは登録者パッケージをプリントするステップに進む。 プリント機能は、関連銀行ジョブシステム(Relational Banking System)と通信ができない他のどの団体/個人にでも転送する必要がある書類と同様、顧客が署名する必要があるどのような必要机上事務でも発生させるであろう。これは、 例えば、抵当(Mortgages)およびランドマーク(Landmark)照会、税金保護(Tax Sh elter)ジョブ、エリート口座ジョブ、仲介料(Brokerage)ジョブ、有価証券投資受領通知(Securities Investment Acknowledgement)、取り立て状(Collectio n Letters)、署名カード、反対行動通知(Adverse Action Notice)、即座のクレジットの明細(Ready Credit Disclosures)、保険フォーム、預金通帳を含むものである。このステップを可能とするため、システムはプログラムされた汎用のコンピュータにリンクされたプリンタを含むものである。 顧客は名前、アドレス、職業、電話番号などのような顧客自身についてのすべての重要な人口統計学的情報を検査するように求められる。この登録者ステートメントは、セション内で開設された口座を日残高と共に表示する。消費者銀行口座、口座番号、当初預金、利率と定期預金が、ステートメントの関係する区分に表示される。 支店と消費者銀行電話サービスセンターの間の主要な相違は、顧客がどの書類を署名しまたはパンフレットを手に入れるために物理的に出席していないということである。これは消費者銀行電話サービスセンターの実行領域が、顧客に書類を郵送するために必要とすることを意味する。 登録者フォームをプリントするプロセスの望ましい実施の形態を図 15 に示す。そこに示すように、システムは初めにプリンタが稼動していることを確認する。もしプリンタが稼動していなければ、システムはプリンタが始動するまで、続行することができない。システムはプリンタが登録者フォームをプリントするように命令し、プリントが成功したことを確認する。再び、もしプリントが成功しなければ、処理は前に動かすことができなく、通常、もしプリント不成功の理由が識別されたら、繰り返されるであろう。登録者フォームが成功裏にプリントされたことを確認した後で、顧客は登録者フォームに署名するよう求められる。その時、もし顧客が、取引が電話によって行われた場合のように、登録者フォームに署名しないなら、その用途はペンディングファイルにセーブされる。 セション保護(フォローアップ)システムおよびステップ(1200)最後に、システムはセション要約に入る。すべての適切な書類が顧客によって署名される。 口座開設情報は、もし状態が正当であれば、税金保護または抵当コンサルタント(Mortgage Consultant)に経路を決められることが可能でなければならない。 必要条件は書類コピーによるよりむしろシステマティックに照会を実行するはずである。 もしフォローアップセションが顧客(Customer)のために確立されたなら、ユーザは顧客に与える約束催促状をプリントするオプションを選択できる。このパンフレットは、約束の日付および時間(もし利用可能であるなら)、約束の目的(自由フォームデータ入力フィールドでユーザによって入力する)、および顧客が会見する消費者銀行家の名前を含む。もし特定の約束日付/時間がセットできないなら、指名された消費者銀行家が顧客と連絡するとの表示がなされる。このパンフレットは、もし口座開設が電話で処理された場合、顧客に郵送のために窓付き封筒に配置することができるように、顧客の名前と住所を含むべきである。 顧客が退去した後に、ユーザは、基本必要査定から自由フォーム註釈を入力することができる;検索して、詳細必要査定回答を検査し、必要なら回答を更新し;基礎および詳細必要査定情報を送信する。 ペンディングファイル口座開設フローの間に、セションをペンディングファイルにて配置する能力は利用可能である。フローの中でペンディングプロセスが最もしばしば呼び出されるであろう主な場所は、信用調査機関(Credit Bureau)(もしSSN が利用可能ではないなら)への伝達の前、または品質管理チェックの後であり、必要とされる情報が欠けているというフラグが立てられる。顧客はまた、あらゆる時点ペンディングを必要とする時間制限のために退去しなければならないことがある。顧客はまた、必要査定(Needs Assignment)を得るだけでもよく、後日アプリケーション(ジョブ)プロセスを続けるために戻ることを要求してもよい。システムは、 仲介料のような、セションの1部をペンディングすることを可能にし、消費者銀行ジョブのような、残っているコンポーネントを伝達する。 既存の顧客がグリータ機能でプロフィールを書かれる時、もしその顧客のためにペンディングセションがあるなら、その事実はプロフィールの上に書き留められる。もしユーザ(グリータ)が顧客のプロフィールを書かないなら、ユーザはまだペンディング項目機能を通してどんなペンディングアプリケーションでも引き抜くことが可能であるはずである。ペンディング項目は、顧客名、ユーザID 、支店、製品により、アクセスされる多数の方法を持つ。 ペンディングアプリケーションは口座開設画面フローでユーザに提示される。 ユーザはまた、システムがホストへ送信する前に必要とされる欠けている項目を識別するために品質管理チェックを行うことができるべきである。 顧客は口座開設を完了するために顧客の選択による支店に入るオプションを持つ。支店スタッフもまた、これらのペンディングアプリケーションにアクセスをできる。ワークステーション画面はまた、彼らが顧客識別(Identity Customer )画面に顧客を入力する時、ペンディング項目が顧客に関して未処理であると顧客代理人(Customer Representative )にフラグを立てるべきである。 このように、本発明の統合化された口座と口座開設システムによって、顧客は銀行口座のすべてのコンポーネントを提供される。1つだけのコンポーネントを欲する顧客からプロセスは全申し出に興味を持った顧客までを支援するのに十分フレキシブルである。顧客データがシステムの中に一度入力されると、顧客は決してどの銀行従業員にも同じ情報を繰り返して言わなくてもよい。口座開設セションの間、情報が顧客経験を改善するために銀行従業員(ユーザ)の間にスムーズに流れる。既存の顧客のデータは、存在するかもしれないデータ共有上の法律上の制約の適用を受けているすべての顧客接触(連絡)ポイントで容易に利用可能である。たとえ唯一の起動させられたコンポーネントが預金通帳セーブ(Pass book Savings)あるいは証明書(Cerfificate )であるとしても、すべての顧客に銀行カードを発行するための能力が提供される。銀行カードは金銭出納係ウインドウまたは電話サービスセンターにおいて顧客の身元確認として用いられ、それらが起動している時、新しいコンポーネントをリンクするために利用可能である。 結果として、顧客が統合化された口座のコンポーネントのさらに多くを利用するであろう。これは、すべての収益の増加すると共に顧客満足を改善すべきであり、支店スタッフの利用可能な販売時間を最大にし、支店に対する同一の機能性を電話サービスセンターに提供する。 口座開設システムを中央データベースにリンクすることによって、データベースの中の情報が口座開設を容易にするため使うことができ、口座開設プロセスの間に集められた情報が、世帯(House hold)、顧客および口座(Customer & Accou nt)レベル情報のために使われる本発明の中央データベースの毎月のファイルへ供給されることができる。このように、本発明は、ユーザが、そうでなければ入手可能でない顧客レベルにおいての種々の情報のために、本発明の中央データベースへの照会ができるものである。この情報は、顧客が口座開設プロセス(ダイレクトアクセス、請求書支払い、 ATMなど)の間に登録した登録者サービスおよびツールのタイプおよび使われた日付とそれぞれの顧客のための販売ツールを含むものである。この状況で、使われるかもしれない販売ツールのタイプは借り入れ能力査定、ニーズ査定、ニーズサブコンポーネントを含む。集められた他の情報は、詳細なデータ要素、借り入れ能力査定またはニーズ査定の間に集められたもの;顧客の供給源;口座開設時に使われた資金の供給源の情報を含み、タイプ、料金放棄理由、日付、個人IDまたは放棄証書代理人を含む料金放棄情報を含むことができる。 上記の通り、本発明のワークステーションは、オンラインビユー、及び与えられた基準に合致する顧客または口座の選択を通してのレポート発生と、選択されたデータ要素と合致するリストの作成のための情報を提供するのに、本発明の中央データベースを利用する。それに続き、口座開設システムを中央データベースにリンクすることによって、追加のデータはワークステーションの上で利用可能になる。特定の次のデータ要素は、とりわけ、選択での利用および選択された口座または顧客のリスト上への出現のために、本発明のワークステーションの上で利用可能になる。借入れ能力査定、ニーズ査定、借入れ能力査定またはニーズ査定の間に集められた詳細なデータ要素;顧客が口座開設プロセス(ダイレクトアクセス、請求書支払い、 ATMなど)の間にサインしたサービス登録;口座開設において選択リストから定義された顧客の源(ソース);口座開設の選択リストから定義された資金の源。 本発明は、上述の記載および添付図画に示された正確な構成に限定されるものでなく、本発明の範囲を逸脱しない限り、種々の修正と変更が可能であることが認識されよう。本発明の範囲は、添付請求の範囲によってのみ制限されることを意図するものである。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(KE,LS,MW,SD,S Z,UG),UA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD ,RU,TJ,TM),AL,AM,AT,AU,AZ ,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CZ, DE,DK,EE,ES,FI,GB,GE,HU,I L,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ,LK ,LR,LS,LT,LU,LV,MD,MG,MK ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (KE, LS, MW, SD, S Z, UG), UA (AM , AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, GB, GE, HU, I L, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MD, MG, MK , MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT,RO,R U,SD,SE,SG,SI,SK,TJ,TM,TR ,TT,UA,UG,UZ,VN (72)発明者 セイファート、エリック アメリカ合衆国 11731 ニューヨーク州 イースト ノースポート ウエッジウッ ド レーン 7 (72)発明者 ハーシュ、マーティン アメリカ合衆国 07666 ニュージャージ ー州 ティーネック グレイソン プレイ ス 270 【要約の続き】 を電子的に追跡する。 , MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, R U, SD, SE, SG, SI, SK, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, VN (72) inventor Seyfert, East Northport Eric United States 11731 New York Uejjiu' de lane 7 (72) inventor Hirsch, to track the [continuation of the summary] Martin United States 07666 New jersey over State Teaneck Grayson play scan 270 electronically. このシステムは、本発明の中央データベース、マイクロマーケティングセンター、中央顧客情報システムおよび支店のシステムと通信する単一の販売活動で口座を開設するシステムも含むので、合法であり、適切である場合、データはこれらのシステム間を通過する。 If this system is a central database of the present invention, micro Marketing Center, because the system for opening an account with a single sales activities that communicate with a central customer information system and branches of the system also includes a legal, appropriate, data passes between these systems.

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 統合販売処理支援システムであって、 中央データベースを有し、 データを複数のソースから中央データベースに入力する手段を有し、 構造化照会に応じて前記データベースをサーチし、かつ前記照会に一致するレコードを識別する手段を有し、 複数のユーザワークステーションを含む少なくとも1つのマイクロマーケティングセンターを有し、 ユーザワークステーションのグラフィックユーザインタフェースからのユーザの基準の選択に応じて前記データベースの前記構造化照会を形成する手段を有し、 複数の地理的に分離された支店システムを有し、各支店システムが少なくとも1つの支店ワークステーションを含み、 中央顧客情報システムを有し、前記中央顧客情報システムが、地理的に分離されているが、電子通信により支店シス A integrated sales processing support system has a central database, and means for inputting data from multiple sources in a central database, searches the database in response to structured query and matching the query record has a means for identifying comprises at least one micro-marketing center including a plurality of user workstations, the structured query of said database in response to the criteria selection of the user from the graphical user interface of the user workstation and means for forming comprises a plurality of geographically separated branch system, each branch system comprises at least one branch workstation has a central customer information system, the central customer information system, geography to have been separated, branch cis by electronic communication テムのワークステーションにリンクされる、統合販売処理支援システム。 It is linked to Temu workstation integrated sales processing support system. 2. 2. 前記システムが、口座開設システムを含み、この口座開設システムは、顕著なデータを収集する手段を含む個人のプロフィールを組み合せ手段と、処理の任意のステップで収集されたデータが、データが2度以上入力される必要がないように要求される全ての他のポイントに流れることを許容する手段とを含む、請求項1に記載のシステム。 The system includes an account opening system, the account opening system includes means combining the personal profile, including means for collecting salient data, data collected at any step in the process, the data is more than once and means for allowing the flow to all other points that are required so that it does not have to be entered, the system according to claim 1. 3. 3. 前記システムが支店への顧客到着を追跡する手段をさらに備え、かつ前記システムが、次の情報、すなわち到着のタイプ、待ち時間、販売セション時間、 平均セション時間、販売ツールの使用法、商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、 顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売代理人IDを含む、販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告する手段をさらに備えている、請求項1に記載のシステム。 Further comprising means for the system to track customer arrival to branches, and the system, the following information, i.e., the arrival type, latency, sales session time, average session time, use of sales tools, product type , dollar / type of goods, name and address, type of goods of customers, including the purpose and sales representative ID of the visit, tracking and reporting the branch information about the arrival of for performing new and existing customer sales process further comprising means for, system according to claim 1. 4. 4. 販促概念を前記マイクロマーケティングセンターに通信する手段と、マイクロマーケティングセンターに位置され、前記販促概念に基づいてリードを発生させる手段と、リードを前記支店システムに前夜のうちに供給するシステムと、 前記リードを前記システムに自動的にロードし、前夜に前記リードを前記支店システムに供給する手段と、をさらに備えている、請求項1に記載のシステム。 Means for communicating a promotional concept to the micro Marketing Center is located in the micro Marketing Center, means for generating a lead based on the promotional concept, and the system is supplied within the eve lead to the branch system, the lead the automatically load the system, and further comprising, means for supplying the lead to the branch system on the eve the system of claim 1. 5. 5. マーケティングセンターが、郵便物の住所を含むファイルを発生させ、かつ前記ファイルを地理的に分離された支店システムに転送することができるグラフィックユーザインタフェースをさらに備えている、請求項1に記載のシステム。 Marketing Center generates a file containing the address of the mail, and further comprising a graphical user interface which can be transferred to the geographically separate branch system the file system of claim 1. 6. 6. 金融機関用電子販売・サービス支援システムであって、 世帯、顧客、および金融機関の口座に関する情報を含む中央データベースを有し、 前記中央データベースと電子通信する少なくとも1つのユーザワークステーションを含むマイクロマーケティングセンターを有し、前記ユーザワークステーションが選択基準を入力し、選択された顧客のグループをマーケティングキャンペーンのための目標に規定する入力装置を有し、 前記マイクロマーケティングセンターおよび前記中央データベースと電子通信する複数の支店ワークステーションを含む中央顧客情報システムを有し、前記支店ワークステーションの各々が、前記金融機関との顧客の関係を含む顧客のプロフィールを選択的にディスプレイするディスプレイ装置を有し、 販促概念を前 A financial institution electronic sales and service support system, micro marketing center including households, the customer, and a central database containing information about the account of the financial institution, at least one user workstation the central database and electronic communication It has the type the user workstation selection criteria has an input device for defining a group of selected customer targets for marketing campaigns, in electronic communication with the micro marketing center and the central database plurality a central customer information system including a branch workstations, each of said branches workstation has a selectively display apparatus for displaying a profile of the customer, including customer relationship with the financial institution, the promotional concept Previous 記マイクロマーケティングセンターに通信する手段を有し、 マイクロマーケティングセンターに位置され、前記販促概念に基づいてリードを発生する手段を有し、 前夜のうちにリードを前記支店ワークステーションに提供する手段を有し、 前記リードを前記システムに自動的にロードし、前夜のうちにリードを前記支店ワークステーションに供給する手段を有す、金融機関用電子販売・サービス支援システム。 And means for communicating the serial micro Marketing Center is located in the micro Marketing Center, means for generating a read on the basis of the promotional concept, we have a means for providing a lead in the branch workstation within the eve and, automatically loads the lead in the system, the eve of the branches having a means for supplying to the workstation, electronic sales and service support system for financial institutions lead to out of. 7. 7. 前記中央データベースが、 中央データベースと、 データを複数のソースから前記中央データベースに入力する手段と、 世帯レベル、顧客レベル、および口座レベルを含む複数の組織レベルで前記中央データベースへの入力データを標準化し、かつ世帯化する手段と、を備えている、請求項6に記載の電子販売・サービス支援システム。 The central database is a central database, to standardize input data to data from multiple sources and means to be input to the central database, household level, to the central database at multiple organizational levels containing customer level, and account level and means for households of, a, e-sales and service support system according to claim 6. 8. 8. 構造化照会に応じて前記データベースをサーチし、かつ前記照会に一致するレコードを識別する手段と、 前記マイクロマーケティングセンターで前記ユーザワークステーションのグラフィックユーザインタフェースからのユーザの基準の選択に応じて前記構造化照会を形成する手段と、をさらに備えている、請求項7に記載の電子販売・サービス支援システム。 Searching the database according to the structured query, and said means for identifying the records that match the query, in response to said reference selection of the user from the micro marketing center in the graphic user interface of the user workstation structure reduction means for forming a query further comprises the electronic sales service support system according to claim 7. 9. 9. 前記システムが、口座開設システムを含み、この口座開設システムは、顕著なデータを収集する手段を含む個人プロフィールを組み合せる手段と、処理の任意のステップで収集されたデータが、データが2度以上入力される必要がないように要求される全ての他のポイントに流れることを許容する手段と、を含む、 請求項6に記載のシステム。 The system includes an account opening system, the account opening system includes means for combining the personal profile that includes means for collecting salient data, data collected at any step in the process, the data is more than once and means for allowing the flow to all other points that are required so that it does not have to be entered, the system according to claim 6. 10. 10. 前記システムが支店への顧客到着を追跡する手段をさらに備え、かつ前記システムが、次の情報、すなわち到着の種類、待ち時間、販売セション時間、平均セション時間、販売ツールの使用法、商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売代理人IDを含む、 販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告する手段をさらに備えている、請求項6に記載のシステム。 Further comprising means for the system to track customer arrival to branches, and the system, the following information, i.e., the type of arrival, waiting time, sales session time, average session time, use of sales tools, product type , dollar / type of goods, name and address, type of goods of customers, including the purpose and sales representative ID of the visit, tracking and reporting the branch information about the arrival of for performing new and existing customer sales process further comprising means for, system of claim 6. 11. 11. 統合販売処理支援システムであって、 中央データベースを有し、 データを複数のソースから中央データベースに入力する手段を有し、 複数の組織レベルで中央データベースへの入力データを標準化する手段を有し、 中央データベースから地理的に離れている複数のユーザワークステーションを有し、前記ユーザワークステーションの各々がデータベースおよびディスプレイ手段を含み、前記ワークステーションは、ユーザがサーチ基準ブロックを選択して、グラフィックで構成されたサーチ照会をグラフィック形成することができるようにグラフィックユーザインタフェースを発生する手段を含み、前記グラフィックユーザインタフェースがプルダウンウインドウズと、アイコンと、ドラッグアンドドロップ操作とを含み、 電気通信手段 A integrated sales processing support system has a central database, and means for inputting data from multiple sources in a central database, and means to standardize the input data to the central database at multiple organizational levels, a plurality of user workstations are geographically separated from the central database includes each database and display means of the user workstation, the workstation, the user selects the search reference block, composed of graphics includes means for generating a graphical user interface as has been the search query can be graphic form, said include graphical user interface and the pull-down Windows, and icons, and a drag-and-drop operation, telecommunication means よって各ユーザワークステーションに接続される複数の支店ワークステーション、およびユーザワークステーションから複数の支店ワークステーションにデータレコードを伝送する手段とを有し、 中央顧客情報システムを有し、前記中央顧客情報システムが、地理的に分離されているが、電子通信により支店ワークステーションに連結されており、 テキスト照会が実行することを確実にするのに必要とされる必要なコードおよびシンタックスを含むテキスト照会にグラフィックで構成されたサーチ照会を変換する手段を有し、 前記ユーザワークステーションと前記中央データベースとの間でのデータ通信を可能にする手段を有し、 前記ユーザワークステーションの1つから受け取った構造化照会に応じて前記データベースをサーチし、前 Therefore and means for transmitting a plurality of branch workstations, and the user from a workstation to a plurality of branch workstation data records which are connected to each user workstation has a central customer information system, the central customer information system There have been geographically separated, is connected to the branch workstation by electronic communication, a text query that contains the required code and syntax required to ensure that the text query to be executed and means for converting a search query composed of a graphic comprises means for enabling data communication between the user workstation and the central database, it received from one of the user workstation structure searching the database according to query, before 照会に一致するレコードを識別する手段を有し、前記照会に一致するレコードに関するデータをユーザワークステーションにダウンロードする手段を有する、統合販売処理支援システム。 And means for identifying the records that match the query comprises means for downloading data regarding records matching the query to the user workstation, integrated sales processing support system. 12. 12. 中央顧客情報システムは、複数の顧客プロフィールを含み、各顧客プロフィールが、人口統計学的情報と、クレジット情報および金融目的を含んでいる顧客金融情報と、を含み、中央顧客情報システムは、中央顧客情報システムに含まれた情報に基づいてニーズ分析を実行し、ニーズ分析に基づいて口座を勧め、選択された口座の構成コンポーネントに関する情報を顧客に提示する手段と、中央顧客情報システムと中央データベースとの間のデータ通信を可能にする手段と、 を含む請求項11に記載のシステム。 Central customer information system includes a plurality of customer profile, the customer profile includes a demographic information and customer financial information including credit information and financial purposes, the central customer information system, a central customer run the needs analysis based on the information contained in the information system, suggest an account based on the needs analysis, means for presenting information about the configuration component of the selected account to the customer, and a central customer information system and central database the system of claim 11, and means for enabling data communication between. 13. 13. 前記中央顧客情報システムが前記中央データベースから地理的に離れている、請求項11に記載のシステム。 It said central customer information system is geographically remote from the central database system of claim 11. 14. 14. 前記システムが支店への顧客到着を追跡する手段をさらに備え、かつ前記システムが、次の情報、すなわち到着のタイプ、待ち時間、販売セション時間、 平均販売セション時間、販売ツールの使用法、商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売代理人IDを含む、販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告する手段をさらに備えている、請求項11に記載のシステム。 Further comprising means for the system to track customer arrival to branches, and the system, the following information, i.e., the arrival type, latency, sales session time, average sales session time, use of sales tools, Product type, dollar / type of goods, name and address, type of goods of customers, including the purpose and sales representative ID of the visit, and track information about the arrival of the branches for performing new and existing customer sales process further comprising a reporting unit, the system according to claim 11. 15. 15. 中央データベースを有し、データを複数のソースから中央データベースに入力する手段を有し、構造化照会に応じて前記データベースをサーチし、照会に一致するレコードを識別する手段と、前記中央データベースと電子通信する複数のユーザワークステーションを有する少なくとも1つのマイクロマーケティングセンターを有し、複数の地理的に分離された支店システムを有し、各支店システムが少なくとも1つの支店ワークステーションを含み、中央顧客情報システムを有し、この中央顧客情報システムが地理的に分離されてるが、電子通信により支店システムのワークステーションにリンクされている、システムに関連して使用するために販売目標を識別し、セールスリードを配布し、マーケティングキャンペーンのための販売ツール A central database, and means for inputting data from multiple sources in a central database, searches the database in response to structured query, means for identifying the records that match the query, the central database and the electronic having at least one micro marketing center having a plurality of user workstations to communicate, has a plurality of geographically separated branch system, each branch system comprises at least one branch workstations, central customer information system It has, this central customer information system is geographically separated, are linked to the workstation branches system by electronic communication to identify sales targets for use in connection with the system, the sales leads distribution, and sales tools for marketing campaign 強化する方法であって、 データを複数のソースから中央データベースに入力するステップと、 前記入力データを前記中央データベース内で複数の組織レベルに標準化し、世帯化するステップと、 販売キャンペーン概念を前記マイクロマーケティングセンターに通信するステップと、 前記販売キャンペーン中に対象にする顧客のリストを規定するために基準を前記ユーザワークステーションのユーザインタフェースに入力することによって前記販売キャンペーン概念に基づいてリードを形成し、選択された基準に応じて構造化照会を形成し、中央データベースを前記構造化照会を使用してサーチし、前記選択された基準に合う前記中央データベースのレコードを識別し、販売キャンペーン中対象にする前記顧客のリストを作成するステップ A method of enhancing the steps of inputting data from a plurality of sources to a central database, normalized to a plurality of tissue levels of the input data in the central database, the method comprising household of the marketing campaign concept Micro a step of communicating to the marketing Center, to form a lead based criteria to define a list of customers to target in the sales campaign to the sales campaign concept by entering the user interface of the user workstation, forming a structured query in accordance with the selected criteria, the central database using the structured query search, to identify a record of the central database that matches the selected reference, directed to sale promotions step to create a list of the customer 、 前記顧客のリストを前記支店ワークステーションに電子的に配布するステップと、を有する方法。 The method comprising the steps of: electronically distributing a list of the customer to the branch workstation. 16. 16. 販売キャンペーン中前記顧客に対する前記販売セション中に前記支店ワークステーションにおける前記顧客のリストから顧客についての情報を含むプロフィールを表示するステップをさらに含む、請求項15に記載の方法。 Wherein during said sales session with respect to the sale promotions customers further comprising the step of displaying a profile that contains information about the customer from a list of the customers in the branch workstations The method of claim 15. 17. 17. 前記マイクロマーケティングセンターが郵便物の住所を含むファイルを発生させることができるグラフィックユーザインタフェースを使用し、ファイルを地理的に分離された支店システムに転送するステップをさらに含む、請求項15 に記載の方法。 The micro Marketing Center using the graphical user interface capable of generating a file that contains the address of the mail, further comprising the step of transferring the geographically separate branch system files, The method of claim 15 . 18. 18. 支店への顧客到着を追跡するステップと、次の情報、すなわち、到着のタイプ、待ち時間、販売セション時間、平均セション時間、販売ツールの使用法、 商品のタイプ、ドル/商品のタイプ、顧客の名前および住所、商品のタイプ、訪問の目的および販売代理人IDを含み、販売処理を遂行する新規および既存の顧客のための支店の到着に関する情報を追跡・報告するステップとをさらに含む、 請求項15に記載の方法。 The method comprising the steps of: tracking the customer arrival to the branch office, the following information, namely, the type of arrival, waiting time, sales session time, average session time, use of sales tools, type of merchandise, dollar / type of goods, the customer name and address, type of merchandise, including the purpose and sales representative ID of the visit, further comprising the step of tracking and reporting the information about the arrival of the branches for performing new and existing customer sales processing, claim the method according to 15.
JP51588797A 1995-10-17 1996-10-17 Sales processing support system and method Pending JPH11513826A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/544,102 1995-10-17
US08/544,102 US5966695A (en) 1995-10-17 1995-10-17 Sales and marketing support system using a graphical query prospect database
US08/702,039 1996-08-23
US08/702,039 US5930764A (en) 1995-10-17 1996-08-23 Sales and marketing support system using a customer information database
PCT/US1996/016306 WO1997015023A2 (en) 1995-10-17 1996-10-17 Sales process support system and method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11513826A true JPH11513826A (en) 1999-11-24

Family

ID=27067502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51588797A Pending JPH11513826A (en) 1995-10-17 1996-10-17 Sales processing support system and method

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP0856178A4 (en)
JP (1) JPH11513826A (en)
AU (1) AU7516096A (en)
CA (1) CA2234026A1 (en)
MX (1) MX9802992A (en)
WO (1) WO1997015023A2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003518296A (en) * 1999-12-21 2003-06-03 アクシオム コーポレイション Data-linking system and method using tokens

Families Citing this family (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5987434A (en) 1996-06-10 1999-11-16 Libman; Richard Marc Apparatus and method for transacting marketing and sales of financial products
US7774230B2 (en) 1996-06-10 2010-08-10 Phoenix Licensing, Llc System, method, and computer program product for selecting and presenting financial products and services
US6999938B1 (en) 1996-06-10 2006-02-14 Libman Richard M Automated reply generation direct marketing system
US5819263A (en) * 1996-07-19 1998-10-06 American Express Financial Corporation Financial planning system incorporating relationship and group management
EP0978077A1 (en) * 1997-04-29 2000-02-09 MCI Worldcom, Inc. Strategic marketing system
AU6951498A (en) * 1997-04-29 1998-11-24 Mci Worldcom, Inc. System and method for automated lead generation and client contact management for a sales and marketing platform
WO1999004350A1 (en) * 1997-07-16 1999-01-28 Connor Paul Michael O Method and system for compiling demographic data
EP0917119A3 (en) 1997-11-12 2001-01-10 Citicorp Development Center, Inc. Distributed network based electronic wallet
US6236978B1 (en) * 1997-11-14 2001-05-22 New York University System and method for dynamic profiling of users in one-to-one applications
JPH11232330A (en) * 1998-02-18 1999-08-27 Hitachi Ltd Marketing system
US6154729A (en) * 1998-06-19 2000-11-28 First Data Corporation Method of reporting merchant information to banks
WO2000013122A1 (en) * 1998-08-27 2000-03-09 Upshot Corporation A method and apparatus for network-based sales force management
US6185555B1 (en) * 1998-10-31 2001-02-06 M/A/R/C Inc. Method and apparatus for data management using an event transition network
GB9901005D0 (en) 1999-01-19 1999-03-10 Ncr Int Inc Data warehouse applications for networks of self-service machines
WO2000068860A2 (en) * 1999-05-12 2000-11-16 Innovative Systems, Inc. Method of social network generation for customer relationships
EP1071030A1 (en) * 1999-07-21 2001-01-24 Richard Libman Communication method and apparatus
EP1236134A4 (en) * 1999-08-20 2003-08-06 Compudigm Int Ltd Customer relationship management system and method
US7010495B1 (en) * 1999-12-29 2006-03-07 General Electric Capital Corporation Methods and systems for analyzing historical trends in marketing campaigns
US6847934B1 (en) * 2000-04-11 2005-01-25 Center For Adaptive Systems Applications Marketing selection optimization process
US7155402B1 (en) * 2000-11-08 2006-12-26 Bluefire Systems, Inc. Method and apparatus for distribution of fashion and seasonal goods
US6871183B2 (en) * 2001-01-24 2005-03-22 Accenture System and method of preparing and processing data for trade promotion
JP4388713B2 (en) * 2001-03-29 2009-12-24 富士通株式会社 Daily delivery order optimization support system, method and program thereof
US7827099B1 (en) 2003-11-25 2010-11-02 Autoalert, Inc. System and method for assessing and managing financial transactions
WO2018075561A1 (en) 2016-10-18 2018-04-26 Autoalert, Llc Visual discovery tool for automotive manufacturers with network encryption, data conditioning, and prediction engine

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5179660A (en) * 1989-05-15 1993-01-12 International Business Machines Incorporated System for reducing communications overhead in distributed database transactions by serializing in order related requests into single transmission message and receiving transmission response
US5111391A (en) * 1989-10-05 1992-05-05 Mrs. Fields, Inc. System and method for making staff schedules as a function of available resources as well as employee skill level, availability and priority
US5421008A (en) * 1991-11-08 1995-05-30 International Business Machines Corporation System for interactive graphical construction of a data base query and storing of the query object links as an object

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003518296A (en) * 1999-12-21 2003-06-03 アクシオム コーポレイション Data-linking system and method using tokens
JP4634685B2 (en) * 1999-12-21 2011-02-23 アクシオム コーポレイション Data linking system and method using tokens

Also Published As

Publication number Publication date
WO1997015023A2 (en) 1997-04-24
WO1997015023A3 (en) 1997-05-15
EP0856178A4 (en) 1999-01-13
EP0856178A2 (en) 1998-08-05
AU7516096A (en) 1997-05-07
CA2234026A1 (en) 1997-04-24
MX9802992A (en) 1998-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Davenport et al. Information politics
US7284008B2 (en) Dynamic document context mark-up technique implemented over a computer network
US7809768B2 (en) Method and apparatus for object oriented storage and retrieval of data from a relational database
US6904410B1 (en) Online method and system for management of collectibles
US7412451B2 (en) Method for persisting a schedule and database schema
US7451099B2 (en) Dynamic document context mark-up technique implemented over a computer network
US6581065B1 (en) Dynamic insertion and updating of hypertext links for internet servers
US8015063B2 (en) System and method for enabling multi-element bidding for influencing a position on a search result list generated by a computer network search engine
US6996569B1 (en) Systems and methods for custom grouping of data
US7096217B2 (en) Global query correlation attributes
US7379951B2 (en) Support for real-time queries concerning current state, data and history of a process
CA2447522C (en) Synchronous change data capture in a relational database
USRE40235E1 (en) Data processing system and method for detecting mandatory relations violation in a relational database
US5717923A (en) Method and apparatus for dynamically customizing electronic information to individual end users
US6708155B1 (en) Decision management system with automated strategy optimization
US8543566B2 (en) System and methods of improving a multi-tenant database query using contextual knowledge about non-homogeneously distributed tenant data
US5450581A (en) System for copying from one database management system to another by translating authorization statements
US5895465A (en) Heuristic co-identification of objects across heterogeneous information sources
US7941431B2 (en) Electronic document repository management and access system
US5940843A (en) Information delivery system and method including restriction processing
US6185576B1 (en) Defining a uniform subject classification system incorporating document management/records retention functions
US6748385B1 (en) Dynamic insertion and updating of hypertext links for internet servers
JP4953549B2 (en) Data link system and method using encoded links
CN100576199C (en) Method and system for storing custom field for multi-tenant in multi-tenant database system
US7035812B2 (en) System and method for enabling multi-element bidding for influencing a position on a search result list generated by a computer network search engine

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051108

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20060203

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20060320

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060427

A02 Decision of refusal

Effective date: 20060620

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02