JPH11513036A - The cosmetic composition - Google Patents

The cosmetic composition

Info

Publication number
JPH11513036A
JPH11513036A JP50304498A JP50304498A JPH11513036A JP H11513036 A JPH11513036 A JP H11513036A JP 50304498 A JP50304498 A JP 50304498A JP 50304498 A JP50304498 A JP 50304498A JP H11513036 A JPH11513036 A JP H11513036A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
acid
cosmetic composition
wt
preferably
oil
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP50304498A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
サング,チュン
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/04Dispersions; Emulsions
    • A61K8/06Emulsions
    • A61K8/064Water-in-oil emulsions, e.g. Water-in-silicone emulsions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/04Dispersions; Emulsions
    • A61K8/06Emulsions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/96Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution
    • A61K8/97Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing materials, or derivatives thereof of undetermined constitution from algae, fungi, lichens or plants; from derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/008Preparations for oily skin

Abstract

(57)【要約】 (a)連続油相;(b)不連続水性相;及び(c)ヤナギ樹皮抽出物、を含む油中水型エマルジョン形態の化粧品組成物。 (57) Abstract: (a) continuous oil phase; (b) discontinuous aqueous phase; and (c) willow bark extract, cosmetic compositions of the water-in-oil emulsion forms containing. 本発明の組成物は、皮膚のオイリー及び/又はてかり外観の調節をもたらす。 The compositions of the present invention results in a modulation of the oily and / or shiny appearance of skin.

Description

【発明の詳細な説明】 化粧品組成物技術分野本発明は、化粧品組成物に関し、特に、着色ファンデーションメーキャップ組成物及びコンシーラーに関する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Cosmetic compositions Technical Field The present invention relates to cosmetic compositions, particularly to colored foundation makeup composition and concealer. 発明の背景ファンデーション組成物は、皮膚の色調及びテクスチャを均質にし、また孔、 欠点及び皺などを隠すために、顔及び体の他の部分に塗布され得る。 BACKGROUND A foundation composition of the invention is to homogenize the color and texture of the skin, also holes, to hide such disadvantages and wrinkles may be applied to other parts of the face and body. ファンデーション組成物は、また皮膚を保湿し、皮膚のオイル(油分)レベルのバランスを取り、日光、風及びきつい環境の悪影響に対抗する保護を提供するためにも塗布される。 Foundation composition can also moisturize the skin, to balance the oil (oil) level of the skin, sun, also be applied to provide protection against the adverse effects of wind and harsh environments. メーキャップ組成物は、液体又はクリーム懸濁液、エマルジョン、ジェル、圧縮粉末又は無水油及びワックス組成物の形態で入手可能である。 Makeup compositions are available liquid or cream suspensions, emulsions, gels, in the form of compressed powders or anhydrous oil and wax compositions. このような化粧品メーキャップ組成物は、US-A3,444,291号、US-A-4,486,405号、US-A-4, 804,532号、US-A-3,978,207号、US-A-4,659,562号、US-A-5,143,722号及び、Nak amuraら、第16回I.F.S.C.C大会の予稿集、バルセロナ、1986年、1 巻51-63(1986)に、記述されている。 Such cosmetic make-up composition, US-A3,444,291 No., US-A-4,486,405 Patent, US-A-4, No. 804,532, US-A-3,978,207 Patent, US-A-4,659,562 Patent, US-A- Nos. 5,143,722 and, Nak amura et al., 16th I.F.S.C.C convention proceedings, Barcelona, ​​1986, in Volume 1 51-63 (1986), are described. 油中水型エマルジョン形態のファンデーションは周知であり、良好な被覆と、 良好な皮膚感触、着用及び外観をもたらす。 Water-in-oil emulsion form foundations are well known, results in a good coverage, good skin feel, wear and appearance. また、皮膚の外観に影響する油分及びてかり(shine)制御をもたらすことは、油中水型ファンデーション組成物において重要である。 Also, to bring the oil and shine (shine) controlled to affect the appearance of the skin is important in water-in-oil foundation compositions. オイリースキンタイプや、複合スキンタイプの人は、クレンジング間でオイリー及び/又はてかり外観を現す。 And oily skin types, people of the composite skin type represents the oily and / or shiny appearance between cleansing. オイリー及びてかり外観は、一般に皮膚のクレンジング後の1日の進行で増す。 Oily and shiny appearance generally increases in progression daily after cleansing of the skin. このような外観を避けるために、個々人は、1日中、皮膚をクレンジングし、皮膚を染み付つかせ(ブロット) 、皮膚にオイル吸収パウダーを塗るだけでなく、オイル又はてかりの外観を最小にするための他の手段を採らなければならない。 In order to avoid such appearance, individuals, the minimum during the day, and cleansing the skin, crowned with stain the skin (blot), skin to not only paint the oil absorbing powder, the appearance of oil or shine It must be taken other means to. オイリー又は複合スキンタイプは、顔への使用を意図されたファンデーションを含めたメーキャップの配合物に対して特別な困難性を示す。 Oily or composite skin type indicates particular difficulties with respect to formulation of makeup, including the intended foundation for use in the face. これは、このような個人の顔の皮膚に油分が蓄積すると、油分の突破(breakthrough)が起こり(この油分は、オイリー又はてかり皮膚外観が生じるようなメーキャップによって隠れない)、メーキャップの被覆及び着用耐久性が減じる傾向にあるからである。 This is because oil to the skin of the face of such individuals to accumulate, oil breakthrough (breakthrough) occurs (this oil is not hidden by the makeup as oily or shiny skin appearance results), make-up coating and This is because there is a tendency to wear durability is reduced. 皮膚のオイルレベルのバランスを取るファンデーションを提供するために試行がなされている。 Attempts to provide a foundation to balance the oil level of the skin have been made. クレイ、タルク、シリカ、澱粉、ポリマー及び他の類似物質には、皮脂を吸収し、オイリースキンを制御するために化粧品組成物中へ使用することが示唆されている。 Clay, talc, silica, starch, the polymers and other similar substances, to absorb sebum, be used in cosmetic compositions in order to control the Oily Skin has been suggested. しかしながら、当業界において既知の組成物の多くが、効能の度合い、効能の期間又はこれら双方の観点から、かなり制限された利益を提供する。 However, many of the known compositions in the art, the degree of efficacy, in terms of time or both these indications, provide benefits that are very limited. 従って、更に大きなオイル/てかり制御及び改良された皮膚外観を有するファンデーション組成物を提供することが望ましい。 Therefore, it is desirable to provide a further foundation composition having a large oil / shine control and improved skin appearance. ハンガリー特許明細書第190391号には、ヤナギ樹皮の濃縮水−アルコールエッセンスを含む植物抽出物の混合物を含有する化粧品組成物が開示されている。 The Hungarian patent specification No. 190,391, concentrated water willow bark - cosmetic compositions containing a mixture of plant extracts containing alcohol essence is disclosed. 開示された化粧品組成物は、種々の利益を達成するために用いられることができ、 これには、敏感肌を鎮静させること、孔の引き締め、皮膚再生、血液循環の向上、消毒及び制汗活性の提供が含まれる。 The disclosed cosmetic compositions can be used to achieve various benefits, This has be sedated sensitive skin, tightening pores, skin regeneration, improving blood circulation, disinfection and antiperspirant active It is included in the offer. 提示された例は水中油型エマルジョンである。 Examples presented is an oil-in-water emulsion. 驚くべきことに、ヤナギ樹皮抽出物を、油中水型エマルジョンへ組み込むことによって、改良されたオイル及び/又はてかり制御と改良された皮膚外観を示す化粧品組成物が提供されることが見出された。 Heading Surprisingly, willow bark extract, by incorporating into a water-in-oil emulsion, that cosmetic compositions that exhibit improved oil and / or shine control and improved skin appearance is provided It has been. ヤナギ樹皮は、サリシン及びタンニンに富むと知られており、鎮痛、消毒及び抗炎症特性を有すると報告されている。 Willow bark is known the rich salicin and tannins, analgesia, have been reported to have a disinfecting and anti-inflammatory properties. 従って、本発明の組成物もまた抗菌及び抗炎症活性を有する。 Thus, the compositions of the present invention also have antimicrobial and anti-inflammatory activity. 従って、本発明の主たる目的は、皮膚に塗布したときに、改良されたオイル及び/又はてかり制御と改良された外観とを有する化粧品組成物を提供することである。 Accordingly, a primary object of the present invention, when applied to the skin to provide a cosmetic composition having an improved and improved oil and / or shine control appearance. 抗菌及び抗炎症活性を有する化粧品組成物を提供することは、本発明の更なる目的である。 It is a further object of the present invention to provide a cosmetic composition having antibacterial and anti-inflammatory activity. 発明の要約本発明のある態様によれば: (a)連続油相及び; (b)不連続水性相;並びに、 (c)ヤナギ樹皮抽出物、 を含む油中水型エマルジョンの形態の化粧品組成物が提供される。 According to the abstract aspects of the present invention of the invention: (a) continuous oil phase and; (b) discontinuous aqueous phase; and, (c) willow bark extract, cosmetic compositions in the form of a water-in-oil emulsion comprising object is provided. 本発明の化粧品組成物は、皮膚に塗布された場合、改良されたオイル及び/又はてかり及び/又は皮脂/皮膚オイル制御及び改良された皮膚外観を提供する。 The cosmetic composition of the present invention, when applied to the skin, to provide an improved oil and / or shine and / or sebum / skin oil control and improved skin appearance. 更に、本組成物は、抗炎症及び抗菌作用ももたらし得る。 Furthermore, the composition may also result in anti-inflammatory and antibacterial effect. 本発明の第2の態様によれば、皮膚、特に顔の皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するための、このような組成物の使用が提供される。 According to a second aspect of the present invention, the skin, especially for regulating the oily and / or shiny appearance of facial skin, the use of such compositions are provided. 本発明の更なる態様によれば、皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するための、ヤナギ樹皮抽出物の使用が提供される。 According to a further aspect of the present invention, for adjusting the oily and / or shiny appearance of the skin, the use of willow bark extract is provided. 本発明の更なる態様によれば、顔の皮膚の皮脂又は皮膚油分を調節するための、ヤナギ樹皮抽出物の使用が提供される。 According to a further aspect of the present invention, for modulating sebum or skin oil of facial skin, the use of willow bark extract is provided. 全てのレベル及び率は、他に示さなければ、全組成物の重量による。 All levels and rates are, unless indicated otherwise, by weight of the total composition. 鎖長及びアルコキシル化の度合いは、また、重量平均基準に基づいて特定化される。 Chain length and degree of alkoxylation can also be specialized based on the weight average basis. 発明の詳細な記載本発明の化粧品組成物は、連続油相、不連続水性相、及びヤナギ樹皮抽出物を含む。 Cosmetic compositions DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The invention comprises a continuous oil phase, a discontinuous aqueous phase, and willow bark extract. 本組成物は、油中水型エマルジョンの形態である。 This composition is in the form of a water-in-oil emulsion. ヤナギ樹皮抽出物ヤナギの木は、サリシン及びタンニンに富む茶色いうね状の樹皮を有しており、鎮痛、消毒及び抗炎症活性を含む種々の特性を有していると報告されている。 Willow bark extract willow tree has a brown ridged bark which is rich in salicin and tannins, analgesia, have been reported to have a variety of properties, including disinfection and anti-inflammatory activity. ヤナギ樹皮抽出物は、新たに集められた樹皮の溶媒抽出によって調製されることができる。 Willow bark extract may be prepared by the newly collected solvent extraction of the bark. 種々の溶媒が、抽出工程に用いられることができ、これには、水、プロピレングリコール及びエタノールが含まれる。 Various solvents, it can be used in the extraction process, this includes water, propylene glycol and ethanol. 抽出物は、真空蒸留によって濃縮される。 Extract is concentrated by vacuum distillation. ヤナギ樹皮抽出物は、遊離ヤナギ樹皮抽出物及びBrookosomeヤナギ樹皮として共にBrooks Industriesから市販されている。 Willow bark extract is commercially available from both Brooks Industries as free willow bark extract and Brookosome willow bark. このヤナギ樹皮抽出物は、好ましくは本発明の油中水型エマルジョンの内部水性相中に存在する。 The willow bark extract is preferably present in the interior aqueous phase of the water-in-oil emulsions of the present invention. 改良されたオイル/てかり制御及び改良された皮膚外観をもたらすために、本発明の組成物において特に有用である。 To provide an improved oil / shine control and improved skin appearance, it is particularly useful in the compositions of the present invention. ヤナギ樹皮抽出物は、本発明の組成物中に、安全で、皮膚のオイル/てかり外観を調節するために有効な量、好ましくは、組成物の約0.1重量%から約20 重量%、より好ましくは約1重量%から約15重量%、特に約1重量%から約1 0重量%のレベルで存在する。 Willow bark extract is present in the compositions of the present invention, a safe, an amount effective to modulate the oil / shiny appearance of the skin, preferably from about 20% to about 0.1% by weight of the composition , more preferably from about 1% to about 15 wt%, it is present in particular from about 1 wt% to about 1 0 wt% level. ここで用いられる場合、「安全で且つ有効な量」とは、当業者の正常な判断の範囲内で、処理される状態における正の変更を十分誘導するが、望ましくない副作用(例えば、明らかな皮膚刺激や感作)を排除するために十分低いこのフレーズで記述される化合物、組成物又は他の物質の量を意味する。 As used herein, "safe and effective amount", within the scope of normal judgment of the skilled artisan, but sufficiently induce a positive change in the condition being treated, undesirable side effects (e.g., clear compounds described sufficiently low this phrase to eliminate skin irritation or sensitization), it means an amount of a composition or other material. 化合物、組成物又は他の物質の安全且つ有効な量は、処理される特定の皮膚、処理される生物学的被検体の年齢及び身体的状態、状態の重度、処理の期間、併用治療の性質、用いられる特定の化合物、組成物又は他の物質、利用される特定の化粧品的に許容可能な局所キャリア並びに、当業者の知識及び専門技術の範囲内の因子により変わり得る。 Compound, safe and effective amount of a composition or other material, the particular skin being treated, processed the biological subject, the age and physical condition, the severity of the condition, the duration of treatment, the nature of concurrent therapy the particular compound employed, composition or other material, the particular cosmetically acceptable topical carrier utilized and may vary depending upon the factors within the skill of the knowledge and expertise. ここで用いられる場合、「皮膚のオイリー及び/又はてかり外観の調節」とは、 皮膚におけるオイル及び/又はてかりの外観を、防止、阻止及び/又は停止することを意味する。 As used herein, "regulating skin oily and / or shiny appearance", the appearance of oil and / or shiny on the skin, preventing means preventing and / or stop. 皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節することによって、次の化粧品利益の1以上が達成される:皮膚における可視的な油分、てかり又はハイライトにおける顕著な減少がある;皮膚について、油っぽい、てかり、又はハイライトが実質的にない(フリー);皮膚が、実質的にマット仕上げとなる; ユーザがより均質な肌色を有する。 By adjusting the oily and / or shiny appearance of the skin, one or more of the following cosmetic benefits are achieved: visible oil in the skin, there is a significant reduction in shine or highlight; for skin, oil ish, shine, or highlights substantially free (free); skin, a substantially matte finish; user has a more uniform skin tone. 皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節することは、組成物による皮膚の一層均一で持続性のある被覆、組成物の着用久性の向上及び/又は、視覚的に明らかとなるような皮膚油分の組成物の突破の発生又は深刻さの低下をもたらし得る。 Adjusting the oily and / or shiny appearance of the skin, persistent is coated with more uniform skin with the composition, improve the wear durability of the composition and / or skin, such as a visually apparent It may result in decreased occurrence or severity of breakthrough oil compositions. 油相本発明の組成物は、油中水型エマルジョンの形態である。 The composition of the oil phase present invention are in the form of a water-in-oil emulsion. 油相は、シリコーン油、非シリコーン有機油又はこれらの混合物を含むことができる。 The oil phase can comprise silicone oils, non-silicone organic oils, or mixtures thereof. 好適実施形態では、油相は、揮発性シリコーン及び不揮発性シリコーンの混合物を含む。 In a preferred embodiment, the oil phase comprises a mixture of volatile silicones and non-volatile silicones. シリコーンは、皮膚コンディショニング特性をもたらすためにここで有用である。 Silicone are useful herein to provide the skin conditioning properties. シリコーン流体は、約1重量%から約50重量%の量で存在する。 Silicone fluid is present in an amount from about 1% to about 50 wt%. 適当な揮発性シリコーンには、環状及び直鎖の揮発性ポリオルガノシロキサンが含まれる。 Suitable volatile silicones include volatile polyorganosiloxanes cyclic and linear. 用語「不揮発性」とは、ここで用いられる場合、物質が1気圧及び2 5℃で0.1mmHgを超えない蒸気圧を有することを意味するであろう。 The term "nonvolatile" as used herein, would mean that it has a vapor pressure substance does not exceed 0.1mmHg at one atmosphere and 2 5 ° C.. 用語「揮発性」とは、ここで用いられる場合、不揮発性でない又は、0.1mmHg よりも高い同一の状態での蒸気圧を有する物質を意味するであろう。 The term "volatile" as used herein, or non-volatile, it would mean a substance having a vapor pressure at high identity state than 0.1 mmHg. 種々の揮発性シリコーンの記述は、Toddら、"volatile Silicone Fluids for Cosmetics",91 Cosmetics and Toiletries 27-32(1976)に見出される。 Description of various volatile silicones, Todd et al., "Volatile Silicone Fluids for Cosmetics", found in 91 Cosmetics and Toiletries 27-32 (1976). 好適な環状シリコーンには、平均して約3から約9のケイ素原子、好ましくは約4から約5のケイ素原子を含有する環状ジメチルシロキサン鎖が含まれる。 Suitable cyclic silicone, an average of from about 3 to about 9 silicon atoms, preferably include cyclic dimethyl siloxane chains containing from about 4 to about 5 silicon atoms. 好適な直鎖シリコーンには、平均して約3から約9のケイ素原子を含有するポリジメチルシロキサンが含まれる。 Suitable linear silicones include polydimethylsiloxanes containing from about 3 on the average about 9 silicon atoms. 直鎖揮発性シリコーンは、一般に、25℃で約5 センチストークス未満の粘度を有するが、環状物質は、約10センチストークス未満の粘度を有する。 Linear volatile silicones generally have viscosities of less than about 5 centistokes at 25 ° C., cyclic materials have viscosities of less than about 10 centistokes. 本発明で有用なシリコーン油の例には、次のものが含まれる:Dow Corning 344、Dow Corning 21330、Dow Corning 345及びDow Corning 2 00(Dow Corning Corporation製);Silicone 7207及びSilicone 7158(Union Ca rbide Corporation製)、SF202(General Electric製)並びにSWS-03314(Stauffe r Chemical製)。 Examples of silicone oils useful in the present invention include the following: Dow Corning 344, Dow Corning 21330, Dow Corning 345 and Dow Corning 2 00 (Dow Corning Ltd. Corporation); Silicone 7207 and Silicone 7158 (Union Ca made rbide Corporation), SF202 (manufactured by General Electric) and SWS-03314 (manufactured by Stauffe r Chemical). 不揮発性シリコーンは既に定義されたような蒸気圧を有し、好ましくは25℃ で約10から約100,000cps、より好ましくは約100から約10,00 0cps、更に好ましくは約500から約6000cpsの平均粘度を有するであろう。 Nonvolatile silicones already has a vapor pressure as defined, preferably 25 ° C. from about 10 to about 100,000 cps, more preferably from about 100 to about 10,00 cps, more preferably from about 500 to about 6000cps It will have an average viscosity. しかしながら、より低い粘度の不揮発性シリコーンコンディショニング剤も、用いることができる。 However, non-volatile silicone conditioning agents lower viscosity, can be used. 粘度は、Dow Corning Corporate Test Method CTM0 004 1970年7月20日に説明されたようなガラスキャピラリ粘度計で測定され得る。 The viscosity can be measured by a glass capillary viscometer as described in Dow Corning Corporate Test Method CTM0 004 7 May 20, 1970. ここでの使用に適当な不揮発性シリコーン流体には、ポリアルキルシロキサン、 ポリアリールシロキサン、ポリアルキルアリールシロキサン、アミノ官能性置換物を有するポリシロキサン、ポリエーテルシロキサンコポリマー並びにこれらの混合物が含まれる。 Suitable nonvolatile silicone fluids for use herein include polyalkyl siloxanes, polyalkylaryl siloxanes, polysiloxanes with amino functional substitutions, polyether siloxane copolymers and mixtures thereof. 本発明に有用なシロキサンは、この物質が局所化粧品製品における使用に適当でありつづける限り、如何なる数の部分でも置換及び/又は末端キャップ化され得、これには、例えばメチル、ヒドロキシル、エチレンオキシド、プロピレンオキシド、アミノ及びカルボキシルが含まれる。 Useful siloxanes in the present invention, as long as this material continue to be suitable for use in topical cosmetic product can be substituted and / or endcapped be part of any number, including, for example, methyl, hydroxyl, ethylene oxide, propylene oxides, amino and carboxyl. しかしながら、 皮膚コンディショニング特性を有する他のシリコーン流体は、使用され得る。 However, other silicone fluids having skin conditioning properties may be used. 用いられ得る不揮発性ポリアルキルシロキサン流体には、例えばポリジメチルシロキサンが含まれる。 The nonvolatile polyalkylsiloxane fluids that may be used include, for example, polydimethylsiloxanes. これらのシロキサンは、例えばGeneral Electric CompanyからViscasil(RTM)シリーズとして、Dow CorningからDow Corning200シリーズとして入手可能である。 These siloxanes are available, for example, as a General Electric Company from Viscasil (RTM) series, available from Dow Corning as the Dow Corning 200 series. 好ましくは、粘度は、25℃で、約10mm 2・s -1から約100,000mm 2・s -1に及ぶ。 Preferably, the viscosity at 25 ° C., ranging from about 10 mm 2 · s -1 to about 100,000mm 2 · s -1. 用いられ得るポリアルキルアリールシロキサン流体は、また例えばポリメチルフェニルシロキサンも含む。 Polyalkylaryl siloxane fluids can be used also include also for example polymethylphenylsiloxane. これらのシロキサンは、例えばGeneral Electric CompanyからSF1075メチルフェニル流体又はDow Corningから556化粧品級流体として入手可能である。 These siloxanes are available for example as General Electric Company from SF 1075 556 Cosmetic grade fluid from methyl phenyl fluid or Dow Corning. 用いられ得るポリエーテルシロキサンコポリマーには、例えばポリプロピレンオキシド変性ジメチルポリシロキサン(例えばDow Corning DC-1248)が含まれるが、エチレンオキシド又は、エチレンオキシドとプロピレンオキシドの混合物も用いられ得る。 The may be used polyether siloxane copolymers, for example, include polypropylene oxide modified dimethylpolysiloxane (e.g., Dow Corning DC-1248), ethylene oxide or mixtures of ethylene oxide and propylene oxide may also be used. 適当なシリコーン流体を開示する文献には、US-A-2,826,551号、Green:US-A- 3,964,500号、Drakoff、1976年6月22日発行;US-A-4,364,837号、Pader;及びGB-A-849,433号、Woolston。 The disclosing suitable silicone fluids, US-A-2,826,551 Patent, Green: US-A- No. 3,964,500, Drakoff, 6 May 22, 1976 issue; US-A-4,364,837 Patent, Pader; and GB-A No. -849,433, Woolston. 更に、Petrarch Systems Inc.,1984年刊行のSili cone Compoundsは、適当なシリコーン流体の拡張(制限ではない)リストを提供する。 Furthermore, Petrarch Systems Inc., Sili cone Compounds publications 1984, extension of the appropriate silicone fluids (not limiting) to provide a list. ここでの使用に好適な不揮発性シリコーンには、少なくとも1つのポリジオルガノシロキサンセグメントと少なくとも1つのポリオキシアルキレンセグメントを含有するポリジオルガノシロキサン−ポリオキシアルキレンコポリマーが含まれる。 Suitable non-volatile silicones for use herein include polydiorganosiloxane containing at least one polyoxyalkylene segment and at least one polydiorganosiloxane segment - include polyoxyalkylene copolymers. ポリジオルガノシロキサンセグメントは、下記の式を有する: R b SiO (4-b)/2 Polydiorganosiloxane segment has the following formula: R b SiO (4-b ) / 2 シロキサン単位の式中bはまとめて約0から約3の値であり、コポリマー中の全シロキサン単位についてケイ素当たりおよそ2のR基の平均値であり、Rはメチル、エチル、ビニル、フェニル及び、ポリジオルガノシロキサンセグメントに対してそのポリオキシアルキレンセグメントが結合する二価の基から選択された基を示す。 Wherein b siloxane units has a value from about 0 to about 3 summarizes the average value of approximately 2 R groups per silicon for all siloxane units in the copolymer, R is methyl, ethyl, vinyl, phenyl and, It shows the polyoxyalkylene segment is selected from the divalent group bonded groups relative polydiorganosiloxane segments. ポリオキシアルキレンセグメントは、少なくとも約500、好ましくは少なくとも約1000の平均分子量を有し、約0から約50モル%のポリオキシプロピレン単位と、約50から約100モル%のポリオキシエチレン単位とを含み、当該ポリオキシアルキレンセグメントの少なくとも1つの末端部分は、ポリジオルガノシロキサンセグメントに直接的又は間接的にグラフト、又は共有結合され、該ポリオキシアルキレンセグメントの末端部分のいずれも、終止基により完結されている当該ポリジオルガノシロキサンセグメントに結合せず;当該コポリマー中のポリジオルガノシロキサンセグメント対ポリオキシアルキレンセグメントの重量比は、好ましくは約2から約8の値を有する。 Polyoxyalkylene segment, at least about 500, preferably have an average molecular weight of at least about 1000, from about 0 polyoxypropylene units to about 50 mole%, and a polyoxyethylene units from about 50 to about 100 mole% wherein, at least one terminal portion of said polyoxyalkylene segment, either directly or indirectly grafted to the polydiorganosiloxane segment, or is a covalent bond, none of the terminal portion of said polyoxyalkylene segment, is completed by end group and it is not bonded to said polydiorganosiloxane segment, the weight ratio of polydiorganosiloxane segments to-polyoxyalkylene segments in said copolymer preferably has a value of from about 2 to about 8. このようなポリマーは、US-A-4,268,499号に記述されている。 Such polymers are described in Patent US-A-4,268,499. ここで使用に好ましいのは、下記一般式を有するポリジオルガノシロキサン− ポリオキシアルキレンコポリマーである: Here Preferred for use polydiorganosiloxane having the general formula - are polyoxyalkylene copolymers: 式中R 1はC1からC5のアルキル基から選択されたものであり、好ましくはメチルであり、zは1から4の範囲にあり、yはポリジオルガノシロキサンセグメント対ポリオキシアルキレンセグメントの重量比が約2から約8であるように選択され、a:(a+b)のモル比は約0.5から約1であり、Rは鎖終止基、特に、水素;ヒドロキシル;アルキル、例えばメチル、エチル、プロピル、ブチル、 ベンジル;アリール、例えばフェニル;アルコキシ、例えばメトキシ、エトキシ、 プロポキシ、ブトキシ;ベンゾイロキシ;アリーロキシ、例えば、フェノキシ; アルケニロキシ、例えばビニロキシ及びアリロキシ;アシロキシ、例えばアセトキシ、アクリロキシ及びプロピオノキシ及びアミノ、例えばジメチルアミノから選択されたもので Has been selected from an alkyl group from wherein R 1 is C1 C5, preferably methyl, z is in the range from 1 to 4, y is the weight ratio of polydiorganosiloxane segments to-polyoxyalkylene segments is selected from about 2 to be about 8, a: (a + b) molar ratio of from about 0.5 to about 1, R is a chain terminating group, especially, hydrogen; hydroxyl; alkyl, such as methyl, ethyl, propyl, butyl, benzyl; aryl, such as phenyl; alkoxy such as methoxy, ethoxy, propoxy, butoxy; benzoyloxy; aryloxy, e.g., phenoxy; alkenyloxy, such as vinyloxy and allyloxy; acyloxy, such as acetoxy, acryloxy and propionoxy and amino, such as dimethyl those selected from amino る。 That. ここでの使用により好ましいのは、下記式を有するポリジオルガノシロキサン−ポリオキシアルキレンコポリマーである: The preferred for use herein are polydiorganosiloxane having the formula - is a polyoxyalkylene copolymers: 式中x、y及びRは上記で定義されたものである。 Wherein x, y and R are as defined above. コポリマー中のセグメントの数及び平均分子量は、コポリマー中のポリジオルガノシロキサンセグメント対ポリオキシアルキレンセグメントの重量比が好ましくは約2.5から約4.0となるようなものである。 The number and average molecular weight of the segments in the copolymer is preferably the weight ratio of polydiorganosiloxane segments to-polyoxyalkylene segments in the copolymer is such that about 2.5 of about 4.0. 適当なコポリマーは、Belsil(RTM)の商品名でWacker-Chemie GmbH,Geschafts bereich S,Postfach D-8000 Munich 22から、またAbil(RTM)の商品名でTh. Suitable copolymers are, trade name Wacker-Chemie GmbH of Belsil (RTM), Geschafts bereich S, Th from Postfach D-8000 Munich 22, also under the trade names Abil (RTM). Gol dschmidt Ltd.,Tego House,Victoria Road,Ruislip,Middlesex,HA4 OYLから市販されている。 Gol dschmidt Ltd., Tego House, Victoria Road, Ruislip, are commercially available from Middlesex, HA4 OYL. ここでの使用に特に好ましいのは、Belsil(RTM)6031、Abil(RT M)B88183、DC3225C、DC5200、Abil We09及びAbil EM90である。 Especially preferred for use herein, Belsil (RTM) 6031, Abil (RT M) B88183, DC3225C, DC5200, a Abil WE09 and Abil EM90. ここで好ましいシリコーンは、ジメチコーンコポリオールとしてCTFA規格により既知である。 Presently preferred silicones are known by CTFA standard as dimethicone copolyol. 本発明の組成物は、好ましくは組成物の約30重量%から約90重量%の油相を含む。 The compositions of the present invention preferably comprises an oil phase from about 30% to about 90% by weight of the composition. 油相は、好ましくは油相の約0.01重量%から約25重量%、より好ましくは約0.05重量%から約10重量%の不揮発性シリコーンを含む。 The oil phase, preferably from about 0.01% to about 25% by weight of the oil phase, more preferably from about 0.05% to about 10% by weight of non-volatile silicone. 油相は、好ましくは、油相の約75重量%から約99.99重量%、より好ましくは約90重量%から約99.95重量%の揮発性シリコーンを含む。 The oil phase, preferably from about to about 75 wt% of an oil phase 99.99 wt%, more preferably from about 90% to about 99.95 wt% of a volatile silicone. 本発明の油中水型エマルジョンの油相は、また、1以上の非シリコーン有機油、例えば、鉱物、植物及び動物油、脂質及びワックス、脂肪酸エステル、脂肪アルコール、脂肪酸及びこれらの混合物から選択された天然又は合成油をも含み、 これらの配合剤は、皮膚軟化化粧品特性を達成するために有用である。 The oil phase of water-in-oil emulsions of the present invention may also contain one or more non-silicone organic oil, such as mineral, vegetable and animal oils, lipids and waxes, fatty acid esters, selected from fatty alcohols, fatty acids and mixtures thereof also includes natural or synthetic oils, these formulations are useful for achieving emollient cosmetic properties. 油相が、 例えば、約25%まで、好ましくはたった約10%までの油相可溶性乳化剤配合剤を含み得ることは理解されるであろう。 Oil phase, for example, up to about 25%, would be preferably, which may include an oil phase soluble emulsifier formulation to only about 10% will be understood. このような配合剤は、油相レベルを決定する観点から、油相成分として考慮されるべきでない。 Such formulations may, from the viewpoint of determining the oil phase level and should not be considered as oil phase components. 本発明での使用に適する有機油には、例えば、任意的ヒドロキシ置換のC 8 − C 50不飽和脂肪酸及びそのエステル、C 8 −C 30の飽和脂肪酸のC 1 −C 24エステル、例えば、イソプロピルミリステート、イソプロピルパルミテート、セチルパルミテート及びオクチルドデシルミリステート(Wickenol 142)、蜜蝋、飽和及び不飽和脂肪アルコール、例えば、ベヘニルアルコール及びセチルアルコール、炭化水素、例えば鉱油、ペトロラタム及びスクワラン、脂肪ソルビタンエステル(1 976年10月26日発行のSeiden,US-A-3988255号を参照のこと)、ラノリン及びラノリン誘導体、動物及び植物トリグリセリド、例えばアーモンド油、ピーナッツ油、麦芽油、亜麻仁油、ホホバ油、アプリコット核の油、クルミ、パームの実、ピスタチオの実、ゴマ種、セイヨウ Organic oils suitable for use in the invention include, for example, the optionally hydroxy substituted C 8 - C 1 -C 24 esters of C 50 unsaturated fatty acids and their esters, saturated fatty acids of C 8 -C 30, for example, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, cetyl palmitate and octyl dodecyl myristate (Wickenol 142), beeswax, saturated and unsaturated fatty alcohols, for example, behenyl alcohol and cetyl alcohol, hydrocarbons such as mineral oils, petrolatum and squalane, fatty sorbitan esters ( 1 976 October 26 issue of Seiden, see Patent US-a-3988255), lanolin and lanolin derivatives, animal and vegetable triglycerides such as almond oil, peanut oil, wheat germ oil, linseed oil, jojoba oil, apricot oil of nuclear, walnuts, palm nuts, fruit of the pistachio, sesame seed, western ブラナ種、杜松油、コーン油、モモ核油、ケシの実油、パイン油、箆麻子油、大豆油、アボカド油、ベニバナ油、ココナッツ油、ハシバミ油、オリーブ油、ブドウ種油、シア脂、ショレア脂(shorea butter )、及びヒマワリ油、並びに、ダイマー及びトリマー酸のC 1 −C 24エステル、例えばジイソプロピルジメレート、ジイソステアリルマレート、ジイソステアリルジメレート、及びトリイソステアリルトリメレートが含まれる。 Vrana species, cade oil, corn oil, peach kernel oil, seed oil, pine oil of poppy, HeraAsako oil, soybean oil, avocado oil, safflower oil, coconut oil, hazelnut oil, olive oil, grape seed oil, shea butter, Shorea butter (ShoreA butter), and sunflower oil, as well as, include C 1 -C 24 esters of dimer and trimer acids such as diisopropyl dimerate, diisostearyl malate, diisostearyl dimerate, and triisostearyl trimethinecyanine rate It is. 上記のうち、かなり好ましいのは、鉱油、ペトロラタム、不飽和脂肪酸及びそのエステル、並びにこれらの混合物である。 Among the above, it is quite preferred are mineral oil, petrolatum, unsaturated fatty acids and their esters, and mixtures thereof. 本発明の組成物は、更に、組成物の好ましくは約10重量%から約60重量% 、より好ましくは約30重量%から約50重量%で水を含む。 The compositions of the present invention, further preferably from about 10% to about 60% by weight of the composition, more preferably water from about 30 wt% to about 50 wt%. 任意配合剤広範囲の種々の任意配合剤が、本組成物に組み込まれ得る。 Any formulation wide variety of optional compounding agents may be incorporated in the present compositions. 下記は、使用できる多くの配合剤の非限定例である。 The following are non-limiting examples of the many formulations that can be used. 酸性スキンケア活性剤本発明の組成物は、付加的酸性スキンケア活性剤を含む。 Acidic skin care active agent compositions of the present invention comprise an additional acidic skin care active agent. 適当な酸性スキンケア活性剤は、ヒドロキシカルボン酸から選択されることができる。 Suitable acidic skin care active agents can be selected from hydroxycarboxylic acids. ここで用いられる用語としての酸性スキンケア活性剤とは、酸性の官能基(例えば、カルボキシ、スルホニック)を含有する如何なるスキンケア活性剤をも意味する。 Here, the acidic skin care active agent, as the term is used, an acidic functional group (e.g., carboxy, sulphonic) means any skin care active containing a. 適当なヒドロキシカルボン酸は、下記の化学構造を有するヒドロキシモノカルボン酸から選択されることができる: R 1 (CR 2 OH) m (CH 2 ) n COOH 式中、R 1及びR 2 =H,1から25の炭素原子を有する飽和又は不飽和の直鎖若しくは分岐鎖又は環状形のアルキル、アラルキル又はアリール基であり;m=1 ,2,3,4,5,6,7,8又は9であり;n=0又は23までの整数である。 Suitable hydroxy carboxylic acids may be selected from hydroxymonocarboxylic acids having the following chemical structure: R 1 (CR 2 OH) m (CH 2) n COOH wherein, R 1 and R 2 = H, saturated or unsaturated straight or branched chain or cyclic form of alkyl having from 1 to 25 carbon atoms, aralkyl or aryl group; m = 1, 2,3,4,5,6,7,8 or 9 an integer from n = 0 or 23; and a. ヒドロキシモノカルボン酸は、遊離酸、ラクトン又は塩の形態として存在し得る。 Hydroxy monocarboxylic acids may be present as the free acid form, lactone or salt. ラクトン形態は、内部又は分子内ラクトンのいずれにもできるが、しかしながら、殆ど普通のものは、ヒドロキシ基とカルボキシル基との間での1以上の水分子の排除により形成される環構造を有する分子内ラクトンである。 Lactone forms can either internal or intramolecular lactone, however, most common ones, molecules having a ring structure formed by elimination of one or more water molecule between a hydroxy group and a carboxyl group it is an internal lactone. ヒドロキシモノカルボン酸が元々有機物であるので、無機又は有機塩基との塩又は複合体、 例えばアンモニウムヒドロキシド、ナトリウム若しくはカリウムヒドロキシド又は、トリエタノールアミンを形成し得る。 Since hydroxy monocarboxylic acid is originally organic salts or complexes with inorganic or organic bases, such as ammonium hydroxide, sodium or potassium hydroxide or may form triethanolamine. ヒドロキシモノカルボン酸及びその関連化合物は、D、L又はDL形態のような立体異性体として存在し得る。 Hydroxy monocarboxylic acids and related compounds may, D, may exist as stereoisomers such as L or DL ​​form. 普通、R 1及びR 2におけるアルキル、アラルキル及びアリール基には、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ベンジル及びフェニルが含まれる。 Normally, the alkyl in R 1 and R 2, the aralkyl and aryl groups include methyl, ethyl, propyl, isopropyl, benzyl and phenyl. 1及びR 2並びに(CH 2 ) nの水素原子は、非官能性の成分、例えばF、Cl、Br、 I、S、又は基、例えば1から9の炭素原子を有する飽和若しくは不飽和の低級アルキル又はアルコキシにより置換され得る。 R 1 and R 2 and (CH 2) n hydrogen atoms are non-functional ingredients, for example F, Cl, Br, I, S, or a group, for example a saturated or unsaturated having from 1 to 9 carbon atoms It may be substituted by lower alkyl or alkoxy. 代表的なヒドロキシモノカルボン酸は、2−ヒドロキシ酢酸(グリコール酸)、2−ヒドロキシプロパン酸、(乳酸) 、2−メチル2−ヒドロキシプロパン酸(メチル乳酸)、2−ヒドロキシブタン酸、フェニル2−ヒドロキシ酢酸(マンデル酸)、フェニル2−メチル2−ヒドロキシ酢酸、3−フェニル2−ヒドロキシプロパン酸(フェニル乳酸)、2,3−ジヒドロキシプロパン酸(グリセリン酸)、2,3,4−トリヒドロキシブタン酸、2 ,3,4,5−テトラヒドロキシペンタン酸、2,3,4,5,6−ペンタヒドロキシヘキサン酸、2−ヒドロキシドデカン酸(アルファヒドロキシラウリン酸) 、2,3,4,5,6,7−ヘキサヒドロキシヘプタン酸、ジフェニル2−ヒドロキシ酢酸(ベンジル酸)、4−ヒドロキシマンデル酸、4−クロロマン Representative hydroxy monocarboxylic acids are 2-hydroxyacetic acid (glycolic acid), 2-hydroxypropanoic acid, (lactic acid), 2-methyl-2-hydroxypropanoic acid (methyl lactic acid), 2-hydroxybutanoic acid, phenyl 2 hydroxyacetic acid (mandelic acid), phenyl 2-methyl 2-hydroxyacetic acid, 3-phenyl 2-hydroxypropanoic acid (phenyl lactic acid), 2,3-dihydroxy propanoic acid (glyceric acid), 2,3,4-trihydroxy butane acid, 2, 3,4,5-tetrahydroxy-pentanoic acid, 2,3,4,5,6-penta-hydroxy hexanoic acid, 2-hydroxy-dodecanoic acid (alpha hydroxy lauric acid), 2,3,4,5, 6,7 hexa hydroxy heptanoic acid, diphenyl 2-hydroxyacetic acid (benzyl acid), 4-hydroxy mandelic acid, 4- Kuroroman デル酸、 3−ヒドロキシブタン酸、4−ヒドロキシブタン酸、2−ヒドロキシヘキサン酸、5−ヒドロキシドデカン酸、12−ヒドロキシドデカン酸、10−ヒドロキシデカン酸、16−ヒドロキシヘキサデカン酸、2−ヒドロキシ−3−メチルブタン酸、2−ヒドロキシ−4−メチルペンタン酸、3−ヒドロキシ−4−メトキシマンデル酸、4−ヒドロキシ−3−メトキシメンデル酸、2−ヒドロキシ−2− メチルブタン酸、3−(2−ヒドロキシフェニル)乳酸、3−(4−ヒドロキシフェニル)乳酸、ヘキサヒドロマンデル酸、3−ヒドロキシ−3−メチルペンタン酸、4−ヒドロキシデカン酸、5−ヒドロキシデカン酸及びアラウリチン酸(a leuritic acid)である。 Del acid, 3-hydroxybutanoic acid, 4-hydroxybutanoic acid, 2-hydroxy hexanoic acid, 5-hydroxy dodecanoic acid, 12-hydroxy dodecanoic acid, 10-hydroxy decanoic acid, 16-hydroxy hexadecanoic acid, 2-hydroxy-3 - methylbutanoic acid, 2-hydroxy-4-methylpentanoic acid, 3-hydroxy-4-methoxy mandelic acid, 4-hydroxy-3-methoxy Mendelian acid, 2-hydroxy-2-methylbutanoic acid, 3- (2-hydroxyphenyl ) lactic acid, 3- (4-hydroxyphenyl) lactic acid, hexa hydro mandelic acid, 3-hydroxy-3-methylpentanoic acid, 4-hydroxy decanoic acid, 5-hydroxy decanoic acid and Araurichin acid (a leuritic acid). 本発明での使用に適する他のタイプのヒドロキシ酸は、下記の式を有するヒドロキシジカルボン酸である: HOOC(CHOH) m (CH 2 ) n COOH 式中、m=1,2,3,4,5,6,7,8又は9であり;n=O又は23までの整数である。 Other types hydroxy acids suitable for use in the present invention is a hydroxy dicarboxylic acids having the formula: HOOC (CHOH) m (CH 2) n COOH wherein, m = 1, 2, 3, 4, be 5, 6, 7, 8 or 9; an integer from n = O or 23. ヒドロキシジカルボン酸は、また遊離酸、ラクトン又は塩の形態として存在してもよい。 Hydroxy dicarboxylic acids are also free acid, may be present in the form of a lactone or salt. ヒドロキシジカルボン酸及びその関連化合物は、またD、L、DL及びメソ形態のような立体異性体として存在してもよい。 Hydroxy dicarboxylic acid and its related compounds, also D, L, may exist as stereoisomers such as DL and meso forms. 炭素原子に結合された水素は、非官能性の成分、例えばF、Cl、Br、I、 S、又は基、例えば1から9の炭素原子を有する低級飽和若しくは不飽和のアルキル又はアルコキシで置換されていてもよい。 Hydrogen bonded to carbon atoms, non-functional ingredients, for example F, Cl, Br, I, substituted S, or group, for example a lower saturated or unsaturated alkyl or alkoxy having 1 to 9 carbon atoms it may be. 代表的なヒドロキシジカルボン酸は、2−ヒドロキシプロパン二酸(タルトロン酸)、2−ヒドロキシブタン二酸(リンゴ酸)、エリトラル酸及びトレアル酸(酒石酸)、アラビラル酸(arabiraric acid)、リバル酸(ribaric acid)、キシラル酸(xylaric acid)、及びリクサル酸(lyxaric acid)、グルカル酸(サッカリン酸)、 ガラクタル酸(ムチン酸)、マンナル酸(mannnaric acid)、グラル酸(gularic aci d)、アラル酸(allaric acid)、アルトラル酸(altraric acid)、イダル酸(idaric acid)、及びタラル酸(talaric acid)である。 Representative hydroxy dicarboxylic acids, 2-hydroxypropanoic acid (tartronic acid), 2-hydroxy butanoic acid (malic acid), Eritoraru acid and threaric acid (tartaric acid), Arabiraru acid (Arabiraric acid), Ribaru acid (Ribaric acid), Kishiraru acid (Xylaric acid), and Rikusaru acid (Lyxaric acid), glucaric acid (saccharic acid), galactaric acid (mucic acid), mannaric acid (Mannnaric acid), Gral acid (gularic aci d), Aral acid ( Allaric acid), Arutoraru acid (altraric acid), a Idar acid (idaric acid), and Talal acid (talaric acid). ここでの使用に適する第3のタイプのヒドロキシ酸は、上述した第1のタイプ又は第2のタイプのいずれの上記一般式によって簡単に表現されない雑多な群の化合物である。 Here hydroxy acids third type suitable for use are compounds of the first type or miscellaneous group not easily represented by any of the above general formula of the second type described above. 第3のタイプのヒドロキシ酸は、以下のものである: 下記一般式のヒドロキシカルボン酸: R(OH) m (COOH) n Hydroxy acids third type, the following is intended: the following general formula hydroxycarboxylic acids: R (OH) m (COOH ) n 式中m、n=1,2,3,4,5,6,7,8又は9であり、R=H、1から25の炭素原子を有する飽和又は不飽和の直鎖若しくは分岐鎖又は環状形態のアルキル、アラルキル又はアリール基であり;クエン酸、イソクエン酸、シトラマル酸、アガリシン酸(n−ヘキサデシルクエン酸)、キナ酸、グルクロン酸、グルクロノラクトン、ガラクツロン酸、ガラクツロノラクトンを含むウロン酸、ヒドロキシピルビン酸、ヒドロキシピルビン酸ホスフェート、アスコルビン酸、ジヒドロアスコルビン酸、ジヒドロキシ酒石酸、2−ヒドロキシ−2−メチルブタン酸、1−ヒドロキシ−1−シクロプロパンカルボン酸、2−ヒドロキシヘキサンジオール、5−ヒドロキシリジン、3−ヒドロキシ−2−アミノペンタン酸、トロパ酸、4−ヒドロキ Wherein m, a n = 1,2,3,4,5,6,7,8 or 9, straight-chain saturated or unsaturated or branched chain or cyclic carbon atoms R = H, 1 to 25 form of alkyl, aralkyl or aryl group; citric acid, isocitric acid, citramalic acid, agaric acid (n- hexadecyl citric acid), quinic acid, glucuronic acid, glucuronolactone, galacturonic acid, including galactosamine Tire gluconolactone uronic acid, hydroxypyruvic acid, hydroxypyruvic acid phosphate, ascorbic acid, dihydro ascorbic acid, dihydroxy tartaric acid, 2-hydroxy-2-methylbutanoic acid, 1-hydroxy-1-cyclopropane carboxylic acid, 2-hydroxy-hexanediol, 5- hydroxylysine, 3-hydroxy-2-amino pentanoic acid, tropic acid, 4-hydroxy −2,2−ジフェニルブタン酸、3−ヒドロキシ−3− メチルグルタル酸、及び4−ヒドロキシ−3−ペンタン酸。 2,2-diphenyl butanoic acid, 3-hydroxy-3-methyl glutaric, and 4-hydroxy-3-pentanoic acid. 第3のタイプのヒドロキシ酸は、また遊離酸、ラクトン又は塩の形態で存在してもよく、立体異性体、例えばD、L、DL及びメソ形態として存在してもよい。 Hydroxy acids third type, also free acid, may be present in the form of a lactone or a salt, stereoisomer, e.g. D, L, may be present as DL and meso forms. 炭素原子に接する水素原子は、非官能性の成分、例えばF、Cl、Br、I、 S、又は基、例えば1から9の炭素原子を有する低級の飽和若しくは不飽和のアルキル又はアルコキシで置換されていてもよい。 Hydrogen atom in contact with the carbon atoms, non-functional ingredients, for example F, Cl, Br, I, substituted S, or group, for example a lower saturated or unsaturated alkyl or alkoxy having 1 to 9 carbon atoms it may be. ヒドロキシ酸の混合物も、ここでの組成物に用いられ得る。 Mixtures of hydroxy acids can also be used in the compositions herein. ヒドロキシ酸は、 皺を減らし、皮膚感触及び外観を改良する観点から、本発明に有用である。 Hydroxy acids, reduces wrinkles, from the viewpoint of improving skin feel and appearance and are useful in the present invention. 本発明での使用に適する他のヒドロキシ酸には、サリチル酸、レチン酸及びアゼライン酸が含まれる。 Other hydroxy acids suitable for use in the present invention include salicylic acid, the retinoic acid and azelaic acid. ここでの使用に好ましい酸性スキンケア活性剤には、サリチル酸、レチン酸、 アゼライン酸、乳酸、グルコール酸、ピルビン酸及びこれらの混合物であり、より好ましくはサリチル酸及びアゼライン酸であり、特に好ましいのはサリチル酸である。 Preferred acidic skin care active agent for use herein include salicylic acid, a retinoic acid, azelaic acid, lactic acid, glycolic acid, pyruvic acid, and mixtures thereof, more preferably salicylic acid and azelaic acid, particularly preferred are salicylic acid it is. サリチル酸は、ニキビ防止剤として本発明に有用である。 Salicylic acid useful in the present invention as anti-acne agents. 酸性スキンケア活性剤は、組成物の約0.1重量%から約10重量%、好ましくは約0.1重量%から約5重量%、より好ましくは約0.5重量%から約3重量%のレベルで存在する。 Acidic skin care active agent, from about 0.1% to about 10% by weight of the composition, preferably from about 0.1% to about 5 wt%, more preferably from about 0.5% to about 3 wt% present at a level. 酸性スキンケア活性剤は、水又はヒドロアルコール性溶液、例えばC 2 −C 6のアルコール、ジオール及びポリオールに基づいた溶液に可溶であり、好ましいアルコールは、エタノール、ジプロピレングリコール、ブチレングリコール、ヘキシレングリコール及びこれらの混合物である。 Acidic skin care active agent, water or a hydroalcoholic solution, is soluble such as alcohols of C 2 -C 6, a solution based on the diols and polyols, preferred alcohols are ethanol, dipropylene glycol, butylene glycol, hexylene glycols and mixtures thereof. アルコールは、好ましくは、約1 %から約20%のレベルで本発明の組成物中に存在する。 Alcohol is preferably present in the compositions of the present invention at levels from about 1% to about 20%. 最終水性/ヒドロアルコール性スキンケア活性剤溶液は、好ましくは、約pK a +1未満の周囲温度( 25℃)でのpHを有し、ここでpK aは、十分にブロトン化したスキンケア活性剤のための対数酸性度定数である。 The final aqueous / hydroalcoholic skin care active solution preferably has a pH at ambient temperature of less than about pK a +1 (25 ° C.), where pK a is enough for Buroton of the skin care active agent of a logarithmic acidity constant. 好適実施形態では、最終溶液のpHは、約pK aよりも低い。 In a preferred embodiment, pH of the final solution is less than about pK a. 対数酸性度定数は、従って、下記の等式を参照して定義される: H n A=H + +H n-1- Logarithmic acidity constant is thus defined with reference to the following equations: H n A = H + + H n-1 A - 式中、H n Aは、十分にプロトン化された酸であり、nは十分にプロトン化された酸におけるプロトンの数であり、H n-1 Aは、ひとつのプロトンの喪失に相当する酸の結合塩基である。 Wherein, H n A is sufficiently protonated acid, n is the number of protons in the fully protonated acid, H n-1 A, the acid corresponding to loss of one proton a coupling base. この等式のための酸性度定数は、従って、以下の通りである。 Acidity constant for this equation, therefore, is as follows. 本明細書のために、酸性度定数は、25℃で及び0のイオン強度で定義される。 For the purpose of this specification, acidity constants are defined at an ionic strength of 0 Oyobi at 25 ° C.. 可能である場合には、文献の値が採用される(Stability Constants of Metal- Ion Complexes,Special Publication No.25,The Chemical Society,Londonを参照のこと);疑わしい場合には、それらはガラス電極を用いた電位差計滴定により測定される。 Where possible, the value of the document is adopted (Stability Constants of Metal- Ion Complexes, Special Publication No.25, The Chemical Society, the see London); in case of doubt, they a glass electrode It is measured by potentiometer titration using. 本発明に用いられる酸性スキンケア活性剤のpK aは、好ましくは1から5.5 、より好ましくは約2から約4.5、特に約2から約4の範囲である。 PK a of the acidic skin care active agent used in the present invention is preferably from 1 5.5, more preferably in the range of from about 2 to about 4.5, particularly from about 2 to about 4. 水性相のpHは、約pH6未満、好ましくは約pH2から約pH5、より好ましくは約pH2.5から約pH4である。 pH of the aqueous phase is less than about pH 6, preferably from about pH2 to about pH 5, more preferably from about pH2.5 to about pH 4. 約5未満のpH値では、水性相は、好ましくは酸不安定種、例えばポリアクリル又はポリメタクリル酸又はエステルの無い状態(フリー)にある。 The pH value of less than about 5 the aqueous phase is preferably an acid-labile species, for example, without the polyacrylic or polymethacrylic acid or ester (free) state. 本発明の組成物は、また酸性スキンケア活性剤を可溶化するための可溶化剤も含むことができる。 The compositions of the present invention, and may also include a solubilizing agent for solubilizing the acidic skin care active agent. 化粧品組成物中での使用に適する可溶化剤のいずれも用いられ得る。 Any solubilizing agents suitable for use in cosmetic compositions may also be used. 好ましくは、ここでの可溶化剤は、C 4 −C 22のアルコールのポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンエーテル、ピロリドン主体可溶化剤、ポリエチレングリコール主体の非イオン性界面活性剤であって、約15、好ましくは約18よりも大きいHLBを有するもの、並びにこれらの混合物から選択されたものである。 Preferably, wherein the solubilizer are polyoxyethylene alcohol C 4 -C 22 - polyoxypropylene ethers, pyrrolidone main solubilizer, a nonionic surfactant polyethylene glycol mainly about 15 are those preferably having a larger HLB than about 18, and selected mixtures thereof. 本発明での使用に適するピロリドン主体の可溶化剤には、約1500から約1 ,500,000、好ましくは約3000から約700,000、より好ましくは約5000から約100,000の範囲の分子量(粘度平均)を有するポリビニルピロリドン又はC 1 −C 4アルキルポリビニルピロリドンが含まれる。 Solubilizers pyrrolidone principal suitable for use in the present invention is from about 1500 to about 1, 500,000, a molecular weight of preferably from about 3000 to about 700,000, more preferably from about 5000 to about 100,000 polyvinyl pyrrolidone or C 1 -C 4 alkyl polyvinylpyrrolidone having a (viscosity average). ピロリドン主体可溶化剤の適当な例は、ポリビニルピロリドン(PVP)(又はポビドン) 及びブチル化ポリビニルピロリドンである。 Suitable examples of pyrrolidone principal solubilizers, polyvinylpyrrolidone (PVP) (or povidone) and butylated polyvinylpyrrolidone. 本発明での最も好適なピロリドン主体の可溶化剤は、ポリビニルピロリドンである。 Solubilizers most preferred pyrrolidone subject of the present invention is polyvinylpyrrolidone. PVPは、BASFから商品名Luvi skol(RTM)で市販されている。 PVP is commercially available under the trade name Luvi skol (RTM) from BASF. 本発明での好適なPVP可溶化剤は、Luviskol K1 7であり、これは約9000の粘度平均分子量を有する。 Suitable PVP solubilizing agents of the present invention is Luviskol K1 7, which has a viscosity-average molecular weight of about 9000. 本発明で用いられる他のピロリドン主体可溶化剤には、C 1 −C 18のアルキル又はヒドロキシアルキルピロリドン、例えばラウリルピロリドンが含まれる。 Other pyrrolidone principal solubilizing agent used in the present invention, alkyl or hydroxyalkyl pyrrolidones of C 1 -C 18, include, for example, lauryl pyrrolidone. ピロリドン主体可溶化剤は、好ましくは、組成物の約0.1重量%から約10 重量%、より好ましくは約0.1重量%から約5重量%、特に約0.5重量%から約2重量%のレベルで本組成物中に存在する。 Pyrrolidone principal solubilizer, preferably from about 0.1% to about 10% by weight of the composition, more preferably from about 0.1% to about 5 wt%, especially from about 0.5% to about 2 present in the composition in wt% level. 酸性スキンケア活性剤:ピロリドン主体可溶化剤の重量比は、好ましくは約10:1から約1:10、より好ましくは約5:1から約1:5である。 Acidic skin care active agent weight ratio of pyrrolidone principal solubilizing agents, preferably from about 10: 5: 1 to about 1:10, more preferably from about 5: 1 to about 1. 本発明の好適実施形態は、更に、約0.01重量%から約5重量%の付加的酸若しくはその塩を含み、これは相当する酸、例えばクエン酸、ホウ酸、及び塩、 並びにこれらの混合物から選択された酸のpK aよりも低い又はこれと等しいp H値で水に可溶性である。 Preferred embodiments of the present invention further comprises from about 0.01% to about 5 wt% of additional acid or a salt thereof, which is the corresponding acid, such as citric acid, boric acid, and salts, and their in low or equal to p H value than the pK a of an acid selected from the mixture which is soluble in water. これらの物質は、酸性スキンケア活性剤の可溶性を補助する観点から、ピロリドン主体錯化剤と組合わせて有益である。 These materials, from the viewpoint of assisting the solubility of the acidic skin care active agents, are beneficial in combination with pyrrolidone main complexing agent. この観点から本発明において特に好適なのは、クエン酸のナトリウム塩である。 Particularly preferred in the present invention In this respect, the sodium salt of citric acid. 好適実施形態では、酸又はその塩は、25℃で少なくとも5%w/wのレベルで可溶性である。 In a preferred embodiment, the acid or its salt is soluble at a level of at least 5% w / w at 25 ° C.. 本発明の組成物における特に好適な可溶化剤は、C 4 −C 22アルコールのポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンエーテル及びこれらの混合物から選択された非イオン性界面活性剤である。 Particularly suitable solubilizers in the compositions of the present invention, C 4 -C 22 alcohol polyoxyethylene - polyoxypropylene ethers and non-ionic surfactant selected from mixtures thereof. 非イオン性界面活性剤は、不連続水性相中の酸性スキンケア活性剤のための可溶化剤として本発明において有益である。 Non-ionic surfactants are useful in the present invention as a solubilizer for the acidic skin care active agent in the discontinuous aqueous phase. ここでの使用に適当なC 4 −C 22のアルコールのポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンエーテルには、下記の一般式を有するものが含まれる: Here appropriate alcohol of C 4 -C 22 for use polyoxyethylene - The polyoxypropylene ethers include those having the general formula: 式中、xは約1から約35、好ましくは約1から約10の範囲であり、yは、約1から約45、好ましくは約1から約30の範囲であり、Rは直鎖若しくは分岐鎖のC 4からC 22のアルキル基又はこれらの混合物である。 Wherein, x is from about 1 to about 35, preferably from about 1 to about 10, y is from about 1 to about 45, preferably from about 1 to about 30, R is a linear or branched from C 4 chain alkyl group or mixtures of these C 22. 好適実施形態では、 (x+y)は5よりも大きい又はこれと等しく、好ましくは10よりも大きい又はこれと等しく、より好ましくは15よりも大きい又はこれと等しい。 In a preferred embodiment, (x + y) is equal greater or thereto than 5, preferably greater or equal to this than 10, more preferably equal to greater or to this than 15. x:yの比率は、1:1から1:10の範囲内である。 x: ratio of y is from 1: 1 is in the range of 1:10. 上記式中の好適なR基の例には、セチル、ブチル、ステアリル、セテアリル、 デシル、ラウリル及びミリスチルが含まれる。 Examples of suitable R groups in the above formula include cetyl, butyl, stearyl, cetearyl, decyl, include lauryl and myristyl. 適当なポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンアルコールエーテルの例( CTFA規格を用いる)には、PPG−4−Ceteth−1、PPG−4−Ceteth− 5、PPG−4−Ceteth−10、PPG−4−Ceteth−20、PPG−5−Cete th−20、PPG−8−Ceteth−1、PPG−8−Ceteth−2、PPG−8−Ce teth−5、PPG−8−Ceteth−10、PPG−8−Ceteth−20、PPG−2 −Buteth−3、PPG−2−Buteth−5、PPG−5−Buteth−7、PPG−9 −Buteth−12、PPG−28−Buteth−35、PpG−12−Buteth−16、 PpG−15−Buteth−20、PPG−20−Buteth−30、PPG−24−Bu teth−27、PPG−26−Buteth−26、PPG−33−Buteth−45、PP G−2−Ceteareth−9、PPG−4−Ceteareth−12、PPG−1 Suitable polyoxyethylene - Examples of polyoxypropylene alcohol ethers (using CTFA standards), PPG-4-Ceteth-1, PPG-4-Ceteth- 5, PPG-4-Ceteth-10, PPG-4- Ceteth-20, PPG-5-Cete th-20, PPG-8-Ceteth-1, PPG-8-Ceteth-2, PPG-8-Ce teth-5, PPG-8-Ceteth-10, PPG-8- Ceteth-20, PPG-2 -Buteth-3, PPG-2-Buteth-5, PPG-5-Buteth-7, PPG-9 -Buteth-12, PPG-28-Buteth-35, PpG-12-Buteth- 16, PpG-15-Buteth-20, PPG-20-Buteth-30, PPG-24-Bu teth-27, PPG-26-Buteth-26, PPG-33-Buteth-45, PP G-2-Ceteareth- 9, PPG-4-Ceteareth-12, PPG-1 −Cetear eth−20、PPG−2−Deceth−10、PPG−4−Deceth−4、PPG−6 −Deceth−4、PPG−6−Deceth−9、PPG−8−Deceth−6、PPG−2 −Isodeceth−4、PPG−2−Isodeceth−6、PPG−2−Isodeceth−9、 PPG−2−Isodeceth−12、PPG−3−Isodeceth−1、PPG−4−Laur eth−5、PPG−4−Laureth−2、PPG−4−Laureth−7、PPG−5−L aureth−5、PPG−25−Laureth−25、PPG−3−Myreth−11、PP G−3−Myreth−3、及びPPG−9−Steareth−3が含まれる。 -Cetear eth-20, PPG-2-Deceth-10, PPG-4-Deceth-4, PPG-6 -Deceth-4, PPG-6-Deceth-9, PPG-8-Deceth-6, PPG-2 - Isodeceth-4, PPG-2-Isodeceth-6, PPG-2-Isodeceth-9, PPG-2-Isodeceth-12, PPG-3-Isodeceth-1, PPG-4-Laur eth-5, PPG-4-Laureth -2, PPG-4-Laureth-7, PPG-5-L aureth-5, PPG-25-Laureth-25, PPG-3-Myreth-11, PP G-3-Myreth-3, and PPG-9- It includes Steareth-3. ここでの使用に好適なポリオキシエチレン−ポリオキシプロビレンエーテルは、式(I)を有するC 8 −C 16アルコールのエーテルであり、ここで式中xは、 2 から12であり、yは10から30であり、ここで、x:yの比が約1:2から約1:8の範囲内である。 Suitable polyoxyethylene use herein - polyoxy Propylene ethers are ethers of C 8 -C 16 alcohol having formula (I), wherein wherein x is 2 to 12, y is 10 from a 30, where, x: the ratio of y is from about 1: 2 to about 1: 8 is in the range of. 本発明での使用に特に好適なC 4 −C 22アルコールのポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンエーテルは、上記式(I)を有するものであり、式中Rはセチルであり、式中xは約4から約8の範囲であり、式中yは約15から約25の範囲であり、x:yの比は約1:3から約1:5の範囲である。 Polyoxyethylene Particularly preferred C 4 -C 22 alcohol for use in the present invention - polyoxypropylene ethers are those having the formula Formula (I), Formula R is cetyl, wherein x is from about It ranges from 4 to about 8, y in the formula is in the range of from about 15 to about 25, x: the ratio of y is from about 1: 3 to about 1: 5. 酸性スキンケア活性剤の可溶化を改良する観点から特に好ましいエーテルは、PPG−5−Cete th−20であり、これは、Procetyl AWSの商品名として入手可能である。 Particularly preferred ethers from the viewpoint of improving the solubilization of the acidic skin care active agent is PPG-5-Cete th-20, which is available under the trade name of Procetyl AWS. ここでの可溶化剤は、好ましくは組成物の約0.1重量%から約15重量%、 より好ましくは約1重量%から約10重量%、特に約2重量%から約8重量%のレベルで存在する。 Wherein the solubilizing agent is preferably from about 0.1% to about 15% by weight of the composition, more preferably from about 1% to about 10% by weight, in particular from about 2% to about 8 wt% level in there. ここでの好適実施形態は、顔料又は顔料の混合物を含む。 Preferred embodiments herein comprise a mixture of pigment or pigments. ここで用いられる顔料は、組成物中に存在する如何なる酸性スキンケア活性剤にも適合しなければならず、また優れた全体的な着色安定性を有していなければならない。 Pigment used herein must be also conform to any acidic skin care active agent present in the composition and must have excellent overall coloration stability. ここでの使用に適当な顔料は、無機及び/又は有機であることができる。 Here Suitable pigments for use can be an inorganic and / or organic. 用語、顔料には、 低い着色性又は光沢を有する物質、例えばマット仕上げ剤も含まれ、また光散乱剤も含まれる。 Term, the pigments, substances having low colorability or gloss, for example matt finish is also included, also included is also light scattering agents. 適当な顔料の例は、酸化鉄、ルチル型二酸化チタン、アナターゼ型二酸化チタン、酸化第二鉄、酸化第一鉄、酸化クロム、水酸化クロム、マンガンバイオレット、アシルグルタメート酸化鉄、ウルトラマリンブルー、D&C染料、カルミン、これらの混合物である。 Examples of suitable pigments are iron oxides, rutile titanium dioxide, anatase titanium dioxide, ferric oxide, ferrous oxide, chromium oxide, chromium hydroxide, manganese violet, acylglutamate iron oxides, ultramarine blue, D & C dyes, carmine, and mixtures thereof. メーキャップ組成物のタイプ、例えばファンデーションかブラッシャーかによって、顔料の混合物が普通用いられ得る。 Type of makeup composition, for example, depending on whether foundation or blusher, a mixture of pigments may be used usually. ファンデーション組成物は、また少なくとも1つのマット仕上げ剤も含むことができる。 Foundation compositions may also contain also at least one matte finishing agent. マット仕上げ剤の機能は、皮膚の欠陥を隠し、てかりを減らすことである。 Function of the matte finish agent, hide the defects of the skin, it is to reduce shine. このような化粧品的に許容可能な無機剤、即ち、CTFA Cosmetic Ingredie nt Handbook,第3版に含まれるもの、例えばシリカ、水和シリカ、シリコーン処理シリカビーズ、マイカ、タルク、ポリエチレン、二酸化チタン、ベントナイト、ヘクトライト、カオリン、チョーク、珪藻土、アタパルジャイト酸化亜鉛などが用いられ得る。 Such cosmetically acceptable inorganic agents, i.e., CTFA Cosmetic Ingredie nt Handbook, those included in the third edition, such as silica, hydrated silica, silicone-treated silica beads, mica, talc, polyethylene, titanium dioxide, bentonite , hectorite, kaolin, chalk, diatomaceous earth, attapulgite zinc oxide may be used. マット仕上げ剤として特に有用なものは、低光沢性顔料、例えばバリウムスルフェートで被覆されたチタン化マイカ(二酸化チタンで被覆されたマイカ)である。 Particularly useful as a matte finish is a low gloss pigments, for example coated titanium mica with barium sulfate (mica coated with titanium dioxide). マット仕上げ剤として有用な無機化合物は、低光沢性顔料、タルク、ポリエチレン、水和シリカ、カオリン、二酸化チタン、これらの混合物が特に好ましい。 Useful inorganic compound as matte agents, low luster pigment, talc, polyethylene, hydrated silica, kaolin, titanium dioxide, and mixtures thereof are particularly preferred. 光散乱剤としてここでの使用に適する物質は、約10 0ミクロンまで、好ましくは約5から約50ミクロンの粒子サイズを有する球状無機物質、例えば球状シリカ粒子として一般に記述されることができる。 Materials suitable for use herein as light-scattering agents, up to about 10 0 microns, preferably spherical inorganic substance from about 5 with a particle size of about 50 microns, can generally be described as, for example, spherical silica particles. 顔料の他の例には、有機着色剤のレーキが含まれ、例えばFD&Cレッド7番カルシウムレーキ、FD&Cイエロー5番アルミニウムレーキ、D&Cレッド9 番バリウムレーキおよびD&Cレッド30番が含まれる。 Other examples of pigments include lakes of organic colorants include, for example, FD & C Red No. 7 Calcium Lake, FD & C Yellow No. 5 aluminum lake, D & C Red No. 9 barium lake and D & C Red No. 30 is. 保湿化、皮膚感触、皮膚外観及びエマルジョン適合性の観点からここでの使用に好適な顔料は、処理済顔料である。 Coercive wetting, Pigments suitable for use in skin feel, from the viewpoint of skin appearance and emulsion compatibility here is treated pigment. 顔料は、例えばアミノ酸、例えばリジン、 シリコーン、ラウロイル、コラーゲン、ポリエチレン、レシチン及びエステル油のような化合物で処理され得る。 Pigments, such as amino acids, such as lysine, silicones, lauroyl, collagen, polyethylene, may be treated with compounds such as lecithin and ester oils. より好ましい顔料は、シリコーン(ポリシロキサン)処理顔料である。 More preferred pigments are the silicone (polysiloxane) treated pigments. ここでの使用にかなり好ましい顔料は、ポリオルガノシロキサン又はシランから選択された有機ケイ素化合物で処理された顔料であり、ここで被覆顔料は、約2.0未満、好ましくは約1.0未満、より好ましくは約0.5ml未満の水素ポテンシャルを有し、特に、約0.1mlH 2 /gの被覆顔料である。 Here highly preferred pigment for use are pigments that have been treated with an organosilicon compound selected from polyorganosiloxanes or silane, wherein the coated pigment is less than about 2.0, preferably less than about 1.0, more preferably a hydrogen potential of less than about 0.5 ml, in particular, a coated pigment of about 0.1mlH 2 / g. ここでの使用に好適な顔料は、粒子形態にある。 Here Pigments suitable for use are in the particulate form. 顔料は、本発明の組成物中の連続油相に組み込まれる。 Pigments are incorporated into the continuous oil phase in the compositions of the present invention. 用いられる被覆物は、共有結合、物理的吸着又は付着により、好ましくは、顔料の表面に対する共有結合によって、顔料表面に結合されることができる。 Coating used is a covalent bond, physical adsorption or adhesion, preferably, may be by covalent bonding to the surface of the pigment, it is attached to the pigment surface. ここでの被覆物の機能は、シリコーン中水型エマルジョンの連続シリコーン相中において「濡れることができる」ように、顔料を疎水性改変することである。 Here the function of the coating in, as "can be wet" in-in-water emulsions of the continuous silicone phase in the silicone is to hydrophobic modified pigment. 被覆顔料は、また水素ガス発生を減らし、生成物安定性を改良する観点から、 本発明においても有用である。 Coated pigments also reduces the hydrogen gas generation, from the viewpoint of improving the product stability, it is also useful in the present invention. 特定理論に拘束されないが、顔料は、油中水型エマルジョンの油相中に存在するが、水性相からの水素イオンは、エマルジョンの境界を通過して、顔料被覆物と反応して、例えば水素ガスを発することができる油相へ移動することができる。 Without being bound to a particular theory, pigments are present in water-in-oil phase of the oil emulsion, hydrogen ions from the aqueous phase passes through the boundary of the emulsion, to react with the pigment coatings, e.g. hydrogen it can be moved into the oil phase capable of emitting gas. しかしながら、約2mlH 2 /g未満の水素ポテンシャルの被覆顔料を有する有機ケイ素被覆顔料を用いることによって、水素ガスの発生が減る。 However, by using the organosilicon coated pigment having a coating pigment of the hydrogen potential of less than about 2mlH 2 / g, the evolution of hydrogen gas is reduced. 被覆顔料の水素ポテンシャルは、下記の試験方法を用いてここで測定される。 Hydrogen potential of the coated pigment is measured herein using the following test methods. 20gの被覆顔料を含有する被覆顔料の分散物が、磁気スターラ上のフラスコ中に置かれ、100mlの2%エタノール性溶液の水酸化カリウムが、周囲温度で攪拌しながら添加される。 Dispersion of coated pigment containing 20g coating pigment is placed in a flask on a magnetic stirrer, potassium hydroxide 2% ethanolic solution of 100ml is added with stirring at ambient temperature. 発生される水素ガスは、周囲温度及び圧力(25℃ 、1At)で第2のフラスコ中に集められる。 Hydrogen gas generated, the ambient temperature and pressure (25 ° C., 1 atomic) is collected in a second flask. 従って、放出された水素ガスは、 体積として測定されることができる。 Thus, released hydrogen gas can be measured as a volume. 広範な種々の有機ケイ素化合物が、ここでの顔料を処理するために用いられることができる。 A wide variety of organosilicon compounds can be used to process the pigment herein. ここで適当なポリオルガノシロキサンは、下記のものから選択される: (A)下記式の物質: (R 1 ) 3 SiO−(Si(R 23 )O) p −Si(R 23 )OA 2 Here suitable polyorganosiloxanes are chosen from those of following: (A) formula of substances: (R 1) 3 SiO- ( Si (R 2 R 3) O) p -Si (R 2 R 3 ) OA 2 式中pは1から1000、好ましくは1から100、A 2は水素又は1から30の炭素原子を有するアルキル基、R 1は、C 1 −C 30のアルキル、好ましくはメチルであり、R 2及びR 3は、独立してC 1 −C 30のアルキル及びフェニルであり、好ましくは式中R 2及びR 3は共にメチルであるか、式中R 2はメチルであり、R 3はフェニルである;又は、 (B)下記式の物質: (R 1 ) 3 SiO(Si(R 2 )(H)−O) i −Si(R 1 ) 3 Wherein p from 1 1000, preferably from 1 to 100, A 2 is an alkyl group having carbon atoms from hydrogen or 1 30, R 1 is alkyl of C 1 -C 30, preferably methyl, R 2 and R 3 is alkyl and phenyl C 1 -C 30 independently, preferably either during R 2 and R 3 wherein both methyl, wherein R 2 is methyl, R 3 is phenyl there; or, (B) the following formula of a substance: (R 1) 3 SiO ( Si (R 2) (H) -O) i -Si (R 1) 3 式中iは1から1000、好ましくは1から100であり、式中R 1 1 from 1000 i wherein, preferably from 1 100, wherein R 1 及びR 2は上記式(A)で定義されたものである。 And R 2 are as defined above formula (A). 好適実施形態では、有機ケイ素化合物はシランから選択される。 In a preferred embodiment, the organosilicon compound is selected from silane. シランは、下記式の物質から選択できる: (C) A 1 SiX 123 Silane may be selected from materials of the formula: (C) A 1 SiX 1 X 2 X 3 式中Aは、1から30の炭素原子を有するアルキル又はアルケニル基であり、X 1 、X 2及びX 3は、独立してC 1 −C 4のアルコキシ、好ましくはメトキシ若しくはエトキシ、又はハロ、好ましくはクロロである。 Wherein A is wherein is an alkyl or alkenyl group having 1 to 30 carbon atoms, X 1, X 2 and X 3 are independently C 1 -C 4 alkoxy, preferably methoxy or ethoxy, or halo, preferably chloro. ここでの顔料が、上記本発明中で記述された式(C)を有するシラン物質で処理された場合、下記式(1)を有する顔料が生成される: P−O−Si(OH)(A)−[−O−Si(OH)(A)−] 0-100 −OH 式中Pは顔料表面中の原子であり、各Aは、30までの炭素原子を有するアルキル又はアルケニル基である。 Pigment here is, if it is treated with a silane material having the formula (C) described in the present invention, a pigment having the following formula (1) is produced: P-O-Si (OH) ( a) - [- O-Si (OH) (a) -] 0-100 -OH wherein P is the atom in the pigment surface, each a is an alkyl or alkenyl group having up to 30 carbon atoms . 式(1)で示される隣接ポリシロキサン鎖の数は、酸素原子を介して架橋されて、顔料表面から遠ざかって延長するポリシロキサン鎖に加えて、顔料表面に沿って延長する100までの繰返し−Si(−OP)− O−単位を有するポリシロキサン鎖を形成することができる。 The number of adjacent polysiloxane chains of formula (1) may be crosslinked via an oxygen atom, in addition to the polysiloxane chain which extends away from the pigment surface, repeated up to 100 extending along the pigment surface - Si (-OP) - can form a polysiloxane chain with O- units. 直鎖又は分岐鎖のアルキル基の例は、メチル、エチル、プロピル、ブチル、ペンチル、ヘキシル、 ヘプチル、オクチルから、このようにしてオクタデシルまでである。 Examples of linear or branched alkyl group are methyl, ethyl, propyl, butyl, pentyl, hexyl, heptyl, octyl, until octadecyl in this way. 「アルケニル」には、1以上の二重結合を有する炭素鎖が含まれ、このような基の例には、 エチレン、プロピレン、アクリリル、メタクリリルと、オレイン(C 1733 −)、 リノール(C 1731 −)及び、リノレン(C 1729 −)のような不飽和脂肪酸の残基も含まれる。 "Alkenyl" includes carbon chains having one or more double bonds, examples of such groups include ethylene, propylene, acrylyl, a methacrylyl, oleic (C 17 H 33 -), linoleic (C 17 H 31 -), and linolenic (C 17 H 29 -) are also included residues of unsaturated fatty acids such as. ここでの顔料が上述された式(A)を有するポリオルガノシロキサン物質で処理されている場合には、下記式(2)を有する顔料が生成される: P−O−(Si(R 23 )O) p −Si(R 1 ) 3 (2) 式中pは1−1000、好ましくは1から100であり、R 1 、R 2及びR 3は、 式(A)について上記で定義されたものであり、Pは顔料表面における原子である。 Wherein the pigment is if they are treated with polyorganosiloxane material having the formula (A) has been described above, a pigment having the following formula (2) is produced: P-O- (Si (R 2 R 3) O) p -Si (R 1) 3 (2) wherein p is 1-1000, preferably from 1 100, R 1, R 2 and R 3 are as defined above for formula (a) are as hereinbefore, P is an atom in the pigment surface. ここでの顔料が上述された式(B)を有するポリオルガノシロキサン物質で処理されている場合には、下記式(3)を有する顔料が生成される: (R 1 ) 3 SiO−[Si(R 2 )(−OP)−O−] p −Si(R 1 ) 3 (3) 式中各Pは顔料表面における原子であり、pは1から1000、好ましくは1から100であり、R 1及びR 2は、式(B)について上記で定義されたものであり、100までの繰返し(Si−O)単位のそれぞれは、酸素原子を介して顔料表面に結合される。 When the pigment herein is treated with polyorganosiloxane material having the formula described above (B) is a pigment having the following formula (3) is produced: (R 1) 3 SiO- [ Si ( R 2) (- OP) -O- ] p -Si (R 1) 3 (3) each P in formula is an atom in the pigment surface, p 1 from 1000, preferably from 1 100, R 1 and R 2 is as defined above for formula (B), each of the up to 100 repeating of (Si-O) units is bonded to the pigment surface through an oxygen atom. 顔料(又は2以上の顔料の混合物)は、乾燥し、混合物中で細かく分離された形状でおかれ、有機ケイ素成分を添加し、混合することによって被覆されることができる。 Pigment (or a mixture of two or more pigments) can dry, placed in finely divided form in the mixture, adding an organic silicon component can be coated by mixing. 有機ケイ素被覆は、好ましくは、有機ケイ素被覆顔料の約0.01重量%から約5重量%、より好ましくは約0.1重量%から約4重量%、特に約0. 5重量%から約2重量%のレベルで存在する。 The organosilicon coating is preferably from about 0.01% to about 5% by weight of an organic silicon coated pigment, and more preferably from about 0.1% to about 4% by weight, in particular from about 0.5 wt% to about 2 present in a weight percent level. 水素ガス発生の減少及び製品安定性の改良の観点からもっとも好ましい被覆顔料は、Cardre 70429である。 The most preferred coated pigment from the viewpoint of reducing hydrogen gas generation and product stability improvement is Cardre 70429. 被覆顔料の全濃度は、全組成物の約0.1重量%から約25重量%であり、好ましくは約1重量%から約15重量%、より好ましくは約8重量%から約12重量%であり、実際量は、所望のシェードを達成するためにメーキャップ又はブラッシャのファンデーション中で用いられるために選択された顔料の特定の混合物にいくらか依存している。 The total concentration of the coated pigment is from about 0.1% by weight of the total composition is about 25 wt%, preferably from about 1% to about 15 wt%, more preferably from about 8% to about 12 wt% There, the actual amount is somewhat dependent on the specific mixture of pigments selected for use in a foundation in the makeup or Burassha to achieve the desired shade. 好ましい組成物は、約2重量%から約20重量%の二酸化チタンを含み、最も好ましくは約5重量%から約10重量%の二酸化チタンを含む。 Preferred compositions contain titanium dioxide of about 2% to about 20 wt%, most preferably from about 5% to about 10% by weight of titanium dioxide. ここでの組成物のかなり好ましい成分は、湿潤剤又は湿潤剤の混合物である。 Highly preferred component of the compositions herein is a mixture of wetting agents or wetting agents. ここでの湿潤剤又は湿潤剤の混合物は、組成物の約0.1重量%から約30重量%、好ましくは約1重量%から約25重量%、より好ましくは約1重量%から約10重量%の量で存在する。 Here mixture of wetting agents or wetting agents in the range from about 0.1% to about 30% by weight of the composition, preferably from about 1% to about 25 wt%, more preferably from about 1 to about 10 wt from the weight% present in% of the amount. 適当な湿潤剤は、25℃で300,000から1,1 00,000cpsの粘度;25℃で1から1.2g/mlの比重、5.0から5. 5のpH;33から58%の結合水含有量;及び5から20%の自由水含有量を有するグリセリン及びポリグリセリルメタクリレート滑剤から選択される。 Suitable wetting agents are, 25 ° C. in 1,1 viscosity of 00,000cps 300,000; from 1 at 25 ° C. 1.2 g / ml specific gravity, pH of 5.5 to 5.0; from 33 58% It is selected and from 5 to 20% glycerin and polyglyceryl methacrylate lubricant having a free water content; bound water content. 湿潤剤は、油中水型エマルジョンの油相へ、少なくとも部分的に組み込まれることができる。 Wetting agents, water-in-oil emulsion into the oil phase, can be incorporated at least in part. 油相は、組成物主成分において、好ましくは約0.1重量%から約10重量%、より好ましくは約0.1重量%から約3重量%の湿潤剤を含む。 The oil phase, in the composition the main component, preferably from about 0.1% to about 10 wt%, more preferably from about 0.1% to about 3 wt% of a wetting agent. 湿潤剤は、粒状の親油性又は疎水性のキャリア物質との混合物の形態又はこの内部に取り込まれた形態で、油相に取り込まれることができる。 Wetting agents in the form or in the form incorporated into the interior of the mixture of lipophilic or hydrophobic carrier material particulate can be incorporated into the oil phase. 所望の特性を有するポリグリセリルメタクリレート滑剤は、"Lubrajel"の商品名でGuradian Chemical Corporationから市販されている。 Polyglyceryl methacrylate lubricant with the desired properties is available from Guradian Chemical Corporation under the trade name "Lubrajel". "Lubrajel DV"、 "Lubrajel MS"及び"Lubrajel CG"として同定される"Lubrajels"は、本発明において好ましい。 "Lubrajel DV", "Lubrajel MS", and identified as "Lubrajel CG" "Lubrajels" it is preferred in the present invention. これらの商品名として販売されるゲル化剤は、約1%のプロピレングリコールを含む。 Gelling agents sold as these trade names contain about 1% propylene glycol. 他の好適な湿潤剤には、ソルビトール、パンテノール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、ブチレングリコール、ヘキシレングリコール、アルコキシル化グルコース誘導体、例えばGlucam(RTM)E-20、ヘキサントリオール及びグルコールエーテル、並びにこれらの混合物が含まれる。 Other suitable wetting agents, sorbitol, panthenol, propylene glycol, dipropylene glycol, butylene glycol, hexylene glycol, alkoxylated glucose derivatives, such as Glucam (RTM) E-20, hexanetriol, and glycol ethers, and these mixtures thereof. パンテノール保湿剤は、D−パンテノール([R]−2,4−ジヒドロキシ−N− [3−ヒドロキシプロピル)]−3,3−ジメチルブタミド)、DL−パンテノール、カルシウムパントテネート、ロイヤルゼリー、パンテチン、パントテイン、パンテニルエチルエーテル、パンガミン酸、ピリドキシン、パントイルラクトース及びビタミンB複合体が含まれる。 Panthenol humectant, D- panthenol ([R]-2,4-dihydroxy--N- [3- hydroxypropyl)] - 3,3-dimethyl pig bromide), DL-panthenol, calcium pantothenate, royal jelly, pantethine, pantotheine, panthenyl ethyl ether, pangamic acid, pyridoxine, the pantoyl lactose and vitamin B complex. ここで好ましい湿潤剤は、グリセリンである。 Presently preferred humectant is glycerin. 化学的にグリセリンは、1,2, 3−プロパントリオールであり、市販製品である。 Chemically glycerin, 1,2, a 3-propanetriol, are commercial products. 本発明の組成物の好ましい成分は、有機両親媒性界面活性剤に加えて、ポリオールエステルスキンコンディショニング剤である。 Preferred components of the compositions of the present invention, in addition to the organic amphiphilic surfactant is a polyol ester skin conditioning agent. 本発明の組成物は、好ましくは約0.01重量%から約20重量%、より好ましくは約0.1重量%から約15重量%、特に約1重量%から約10重量%のポリオールエステルを含む。 The compositions of the present invention preferably from about 0.01% to about 20% by weight, more preferably from about 0.1% to about 15 wt%, especially from about 1% to about 10 wt% of the polyol ester including. 本組成物における油の重量に対するポリオールエステルのレベルは、好ましくは約1%から約30%、より好ましくは約5%から約2 0%である。 Level of polyol ester to the weight of the oil in the composition is preferably from about 30% to 1%, about 2 0% and more preferably about 5%. ここでの使用に好適なポリオールエステルは、非閉鎖性液体(nonocclusive li quid)又は液化可能なポリオールカルボン酸エステルである。 Here suitable polyol esters for use in a non-occlusive liquid (nonocclusive li quid) or liquefiable polyol carboxylic acid ester. これらのポリオールエステルは、ポリオール基若しくは部分と1以上のカルボン酸基若しくは部分から誘導される。 These polyol esters are derived from a polyol radical or moiety and one or more carboxylic acid groups or moieties. 換言すれば、これらのエステルは、ポリオールから誘導された部分とカルボン酸から誘導された1以上の部分とを含む。 In other words, these esters contain a one or more portions derived from induced moiety and carboxylic acid from a polyol. これらのカルボン酸エステルは、カルボン酸から誘導されることもできる。 These carboxylic acid esters can also be derived from a carboxylic acid. これらのカルボン酸エステルは、また液体ポリオール脂肪酸エステルとして記述されることもでき、これは用語カルボン酸及び脂肪酸が、当業者により交換可能に用いられているからである。 These carboxylic acid esters can also can also be described as liquid polyol fatty acid esters, which term carboxylic acids and fatty acids, because are used interchangeably by those skilled in the art. 本発明に用いられる好適な液体ポリオールポリエステルには、少なくとも4つの脂肪酸基でエステル化された特定のポリオール、特に糖若しくは糖アルコールを含む。 Suitable liquid polyols polyester for use in the present invention comprises at least four specific polyol esterified with fatty acid groups, particularly sugar or sugar alcohol. 従って、ポリオール開始物質は、少なくとも4つのエステル化可能ヒドロキシル基を持っていなけれぼならない。 Accordingly, the polyol starting material does not become pot does not have at least four esterifiable hydroxyl groups. 好適なポリオールの例には、単糖類、 二糖類を含む糖と糖アルコールとが含まれる。 Examples of suitable polyols, monosaccharides include sugar and sugar alcohols containing disaccharides. 4つのヒドロキシル基を含有する単糖類の例は、キシロース及びアラビノース並びにキシロースから誘導された糖アルコールであり、これは5つのヒドロキシル基を持っており、即ちキシリトールである。 Examples of monosaccharides containing four hydroxyl groups are sugar alcohols derived from xylose and arabinose as well as xylose, which has a five hydroxyl groups, i.e., xylitol. 単糖類、エリスロースは、3つのヒドロキシル基しか含まないので本発明の実施には適当でないが、エリスロースから誘導された糖アルコール、即ちエリスリトールは、4つのヒドロキシ基を含有し、このため用いることができる。 Monosaccharides, erythrose is not suitable for the practice of the present invention since it contains only three hydroxyl groups, sugar alcohols derived from erythrose, i.e. erythritol, contains four hydroxyl groups, it is used for this can. 適当な5つのヒドロキシル基を含有する単糖類は、ガラクトース、フラクトース及びソルボースである。 Monosaccharides containing appropriate five hydroxyl groups are galactose, fructose and sorbose. 6つの−OH基を含有する糖アルコールは、グルコース及びソルボースのみならずスクロースとの加水分解産物から誘導されており、 これもまた適当である。 Sugar alcohols containing six -OH groups are derived from the hydrolysis products of sucrose as well as glucose and sorbose only, which is also suitable. 用いられ得る二糖類ポリオールの例には、マルトース、 ラクトース及びスクロースが含まれ、これらの全ては8つのヒドロキシル基を含有する。 Examples of that may be used disaccharides polyols, maltose, contains lactose and sucrose, all of which contain eight hydroxyl groups. 本発明に用いられるポリエステルを調製するために好適なポリオールは、エリスリトール、キシリトール、ソルビトール、グルコース及びスクロースからなる群より選択されたものである。 Suitable polyols for preparing the polyesters for use in the present invention, erythritol, xylitol, sorbitol, are those selected from the group consisting of glucose and sucrose. スクロースが特に好ましい。 Sucrose is especially preferred. 少なくとも4つのヒドロキシル基を有するポリオール開始物質は、少なくとも4つの−OH基において、約8から約22の炭素原子を含有する脂肪酸でエステル化される。 Polyol starting material having at least 4 hydroxyl groups, at least four -OH groups are esterified with fatty acids containing from about 8 to about 22 carbon atoms. このような脂肪酸の例には、カプリル、カプリン、ラウリン、ミリスチン、ミリストール、パルミチン、パルミトール、ステアリン、オレイン、リシノール、リノール、リノレン、エレオステリン、アラキジン、アラキドン、ベヘン、及びエルカ酸が含まれる。 Examples of such fatty acids include caprylic, capric, lauric, myristic, myristoleic, palmitic, include palmitoleic, stearic, oleic, ricinoleic, linoleic, linolenic, Ereosuterin, arachidic, arachidonic, behenic, and erucic acid. 脂肪酸は、天然由来の又は合成の脂肪酸から誘導でき;これらは飽和又は不飽和であることができ、これには位置異性体及び立体異性体が含まれる。 Fatty acids can be derived from fatty acids of naturally occurring or synthetic; they can be saturated or unsaturated, which includes positional isomers and stereoisomers. しかしながら、ここでの使用に好適な液体ポリエステルを提供するために、ポリエステル分子中に組み込まれる少なくとも約50重量%の脂肪酸は不飽和であるべきであろう。 However, where in order to provide a suitable liquid polyesters for use, at least about 50 wt% of the fatty acids incorporated into the polyester molecule will be unsaturated. オレイン酸及びリノール酸並びにこれらの混合物が特に好ましい。 Oleic and linoleic acid and mixtures thereof are particularly preferred. 本発明において有用なポリオール脂肪酸は、少なくとも4つの脂肪酸エステル基を含有するべきである。 Useful polyol fatty acid in the present invention should contain at least 4 fatty acid ester groups. ポリオールの全てのヒドロキシル基が脂肪酸でエステル化されている必要はないが、ポリエステルは、2未満の未エステル化ヒドロキシル基を含有することが好ましい。 Although all of the hydroxyl groups of the polyol need not have been esterified with fatty acids, polyester preferably contains less than 2 unesterified hydroxyl groups. 最も好ましくは、ポリオールの実質的に全てのヒドロキシル基が脂肪酸でエステル化され、即ち、ポリオール部分が実質的に完全にエステル化される。 Most preferably, substantially all of the hydroxyl groups of the polyol are esterified with fatty acid, i.e., the polyol moiety is substantially completely esterified. ポリオール分子に対してエステル化された脂肪酸は、 同一のものであることができ又は混合されることができるが、上述したように、 不飽和酸エステル基の実質的な量は、流動性をもたらすように存在しなければならない。 Esterified fatty acids of the polyol molecules can be identical ones are possible or mixed, as described above, a substantial amount of unsaturated acid ester groups, resulting in a flowable It must be present to. 上記の点を説明すれば、スクロース脂肪酸は、必要な4つの脂肪酸エステル基を含有していないので本発明での使用に適していないであろう。 To describe the above points, sucrose fatty acid would not be suitable for use in the present invention does not contain four fatty acid ester groups necessary. スクローステトラ脂肪酸エステルは、適当であるが、2を超える未エステル化ヒドロキシル基を有しているので好ましくない。 Sucrose tetra-fatty acid ester is a suitable, is not preferred because it has a unesterified hydroxyl groups of more than 2. スクロースヘキサ脂肪酸エステルは、2を超える未エステル化ヒドロキシル基を有していないので好ましいであろう。 Sucrose hexa fatty acid ester would be preferred because it does not have the unesterified hydroxyl groups of more than 2. かなり好ましい化合物は、全てのヒドロキシル基が脂肪酸でエステル化されているものであり、これには、液状スクロースオクタ置換脂肪酸エステルが含まれる。 The highly preferred compounds, all of the hydroxyl groups are those which are esterified with fatty acids, This includes the liquid sucrose octa-substituted fatty acid esters. 以下のものは本発明での使用に適する少なくとも4つの脂肪酸エステル基を含有する特定のポリオール脂肪酸ポリエステルの非限定例である:グルコーステトラオレエート、大豆油脂肪酸(不飽和)のグルコーステトラエステル、混合大豆油脂肪酸のマンノーステトラエステル、オレイン酸のガラクトーステトラエステル、リノール酸のアラビノーステトラエステル、キシローステトラリノレエート、ガラクトースペンタオレエート、ソルビトールテトラオレエート、不飽和大豆油脂肪酸のソルビトールヘキサエステル、キシリトールペンタオレエート、スクローステトラオレエート、スクロースペンタオレエート、スクロースヘキサオレエート、スクロースヘプタオレエート、スクロースオクタオレエート及びこれらの混合物。 The following things are non-limiting examples of specific polyol fatty acid polyesters containing at least four fatty acid ester groups suitable for use in the present invention: glucose tetraoleate, the glucose tetraesters of soybean oil fatty acids (unsaturated), mixed mannose tetraesters of soybean oil fatty acids, the galactose tetraesters of oleic acid, the arabinose tetraesters of linoleic acid, xylose tetralinoleate, galactose pentaoleate, sorbitol tetraoleate, sorbitol hexaesters of unsaturated soybean oil fatty acids, xylitol penta oleate, sucrose tetraoleate, sucrose pentaoleate, sucrose hexaoleate, sucrose hepta oleate, sucrose octa oleate and mixtures thereof. 上述したように、かなり好ましいポリオール脂肪酸エステルは、脂肪酸が約1 4から約18の炭素原子を含有しているものである。 As described above, highly preferred polyol fatty acid esters are those fatty acids containing from about 1 4 to about 18 carbon atoms. ここでの使用に好適な好ましい液状ポリオールポリエステルは、約30℃以下、好ましくは約27.5℃以下、より好ましくは約25℃以下の完全融点(comple te melting points)を有する。 Here Suitable preferred liquid polyol polyesters for use is about 30 ° C. or less, preferably about 27.5 ° C. or less, more preferably about 25 ° C. or less complete melting point (comple te melting points). ここで報告される完全融点は、示差走査熱量計(D SC)により測定される。 Complete melting points reported herein are measured by differential scanning calorimeter (D SC). ここでの使用に適するポリオール脂肪酸ポリエステルは、当業者に周知の種々の方法によって調製できる。 Here polyol fatty acid polyesters suitable for use can be prepared by a variety of methods well known to those skilled in the art. これらの方法には、種々の触媒を用いたメチル、エチル又はグリセロール脂肪酸エステルによるポリオールのエステル交換;脂肪酸塩化物によるポリオールのアシル化;脂肪酸無水物によるポリオールのアシル化;並びに、脂肪酸自身によるポリオールのアシル化が含まれる。 These methods, methyl using various catalysts, ethyl or glycerol fatty acid esters by transesterification of a polyol; acylation of the polyol with a fatty acid chloride; acylation of the polyol with a fatty acid anhydride; and, with a fatty acid itself polyol It includes acylated. 米国特許第2,83 1,854号;1977年1月25日発行のJandacekの米国特許第4,005,196号;1977年1 月25日発行のJandacekの米国特許第4,005,196号を参照のこと。 US Pat. No. 2,83 1,854; 1977 January 25, US Pat. No. 4,005,196 of Jandacek of issue; 1977 January 25, see US Pat. No. 4,005,196 of Jandacek of the issue. 本発明のメーキャップ組成物は、また粒状の架橋疎水性アクリレート又はメタクリレートコポリマーを含むことができる。 Makeup compositions of the present invention may also comprise a crosslinkable hydrophobic acrylate or methacrylate copolymer particulate. このコポリマーは、効果的な保湿利益をもたらすように作用する一方で、てかりを減らすこと及び油分を制御することに特に有用である。 This copolymer, while acting to provide effective moisturization benefits are particularly useful in controlling the and oil reduce shine. 架橋疎水性ポリマーは、好ましくは、すっかり均質に分散された少なくとも1つの活性配合剤とのコポリマー格子の形態にあり、コポリマー格子内部に捕捉されている。 Crosslinked hydrophobic polymer, preferably, located in at least one form of a copolymer lattice with the active formulation is completely dispersed homogeneously, it is trapped within the copolymer lattice. 或いは、疎水性ポリマーは、約50から500、 好ましくは100から300m 2 /gの範囲の表面積(N 2 −BET)を有し、またそこの吸着された活性配合剤を有する孔質粒子の形態を採ることができる。 Alternatively, the hydrophobic polymer is from about 50 to 500, preferably in the form of a surface area (N 2 BET) in the range of 100 to 300 meters 2 / g, also porous particles with it of the adsorbed active formulation it is possible to take. ここで用いられる場合の架橋疎水性ポリマーは、約0.1重量%から約10重量%の量であり、好ましくは外部シリコーン含有油相に組み込まれる。 Crosslinked hydrophobic polymer when used herein is an amount from about 0.1% to about 10 wt%, preferably incorporated in the external silicone-containing oil phase. 活性配合剤は、皮膚適合性油、皮膚適合性湿潤剤、皮膚軟化剤、保湿剤及びサンスクリーン剤の1以上の混合物であることができる。 Active formulations are skin compatible oils, skin compatible humectants, can be emollients, it is one or more mixtures of moisturizers and sunscreens. ポリマー物質は、粉末の形態であり、粉末は、粒子の複合系である。 Polymeric material is in the form of powder, the powder is a composite system of particles. 粉末粒子の系は、平均直径で約1ミクロン未満の単位粒子、平均直径で約20から100μの範囲のサイズの融合単位粒子の凝集物、及び平均直径で約200から約1,200ミクロンの範囲のサイズの融合凝集物のクラスターの凝集体を含む格子を形成する。 The system of powder particles, unit particles of less than about 1 micron in average diameter, agglomerates of fused unit particles of sizes in the range of from about 20 to 100μ in average diameter, and the range of about 200 to about 1,200 microns in average diameter form a grid comprising aggregates of clusters of fused agglomerates of sizes. 本発明の粉末物質は、活性成分のためのキャリアとして用いられることができ、 これらは、架橋された「吸着後の」疎水性ポリマー格子として広く記述されることができる。 Powder material of the present invention can be used as the carrier for the active ingredient, it can be broadly described as cross-linked "post adsorbed" hydrophobic polymer lattice. 粉末は、好ましくは、捕捉されてその中に分散された固体、液体又はガスであってもよい活性剤を有する。 Powder preferably has entrapped and dispersed solid therein may activator be a liquid or a gas. 格子は、粒子形状をしており、活性物質が入ったとき、さらさらしたばらばらの個体粒子を構築する。 Grating has a particle shape, when containing the active substance, to construct a free-flowing discrete solid particles. 格子は、活性物質の予定量を含有し得る。 Lattice may contain a predetermined amount of the active substance. ポリマーは下記の構造を有する: Polymer has the following structure: ここでx対yの比は80:20であり、R'は−CH 2 CH 2 −であり、R"は−( CH 2 ) 11 CH 3である。 ここでの使用に適当な疎水性ポリマーは、かなり架橋されたポリマーであり、 より特に、Dow Corning Corporation,Midland,Michigan,USAにより製造され、POLYTRAP(RTM)の商品名で販売されているような高架橋ポリメタクリレートコポリマーがより適当である。それは超軽量でさらさらな白色の粉末及び粒子であり、この粒子は、高いレベルの親油性液体及びいくらかの親水性液体を吸着することができ、一方、同時にさらならな粉末特性を維持することができる。粉末構造は、20から100ミクロンの凝集体に融合される1ミクロン未満の単位粒子の格子を構成し、凝集体は、約200から約1200ミクロンサイズの巨大分子又は凝集体へ、ゆ Wherein the ratio of x to y is 80:20, R 'is -CH 2 CH 2 - is, R "is -. (CH 2) a 11 CH 3 where suitable hydrophobic polymers for use is a polymer that is quite crosslinked, more particularly, Dow Corning Corporation, manufactured Midland, Michigan, the USA, highly crosslinked polymethacrylate copolymer such as that sold under the trade name POLYTRAP (RTM) is more suitable. it is a free-flowing white powder and the particles in ultra-light, the particles can adsorb high levels lipophilic liquids and some hydrophilic liquids, while, maintaining further if Do powder properties simultaneously possible. powder structure, to constitute a first unit particles of submicron gratings fused from 20 to aggregates of 100 microns, aggregates, macromolecule or agglomerate of about 200 to about 1200 micron size, boiled るやかなクラスターを形成する。ポリマー粉末は、流体、エマルジョン、分散物又は溶融個体の重量の4倍ほどを含有することができる。 ポリマー粉末への活性剤の吸着は、ステンレススチールの混合ボール及びスプーンを用いて達成でき、ここで活性剤は、粉末に添加され、スプーンはポリマー粉末内へ活性剤を穏やかに包むために用いられる。低粘度流体は、ポリマーを含む密閉可溶容器に流体を添加し、それからコンシステンシーが達成されるまでこの物質をかき混ぜることにより吸着され得る。より念入りな混合装置、例えばリボン若しくはツインコーン混合器もまた用いられることができる。ここで使用に好適な活性配合剤は、グリセリンである。好ましくは湿潤剤:キャリアの重量比が約1:4から約3:1である。 高架橋ポ Forming a Ruyaka clusters. Polymer powder, fluid, emulsion, dispersion or adsorption of active agent to. Polymer powder may contain about 4 times the weight of the molten individuals, and mixing bowl of stainless steel can be achieved by using a spoon, wherein the active agent is added to the powder, spoon is used to wrap gently the active agent into the polymer powder. low viscosity fluid, adding fluid to the sealed-friendly 溶容 device comprising a polymer and then to consistency is achieved can be adsorbed by agitating the material. more elaborate mixing equipment, for example a ribbon or twin cone mixers can also be used. suitable active formulation for use herein is glycerin preferably humectant:. the weight ratio of the carrier is about 1: 4 to about 3:. 1 viaduct port メタクリレートコポリマーとしてまた適当なものはMicrosponges 5 640である。これは一般に、約0.01から約0.05μmの孔サイズ及び200− 300m 2 /gの表面積を有する架橋疎水性ポリマーの球状粒子の形態をしている。重ねて言うが、これは、上述したレベルで、湿潤剤によって装填されていることが好ましい。 本発明の組成物は、また約0.01重量%から約10重量%、より好ましくは約0.02重量%から約2重量%、特に約0.02重量%から約0.5重量%のレベルで親水性ゲル化剤も含むことができる。ゲル化剤は好ましくは少なくとも約4000mPa.s、より好ましくは少なくとも10,000mPa.s、特に少なくとも50,000mPa.sの粘度(1%の水性溶液、20℃、Brookfield R VT)を有する。 Also suitable are the methacrylate copolymer is Microsponges 5 640. This is generally the form of spherical particles of crosslinked hydrophobic polymer having a surface area of pore size and 200- 300m 2 / g from about 0.01 to about 0.05μm has a. Again say, this is the aforementioned level, it is preferable that the loaded by a wetting agent. the composition of the present invention is also from about 0.01% to about 10 wt%, more preferably from about 0.02% to about 2% by weight, in particular hydrophilic gelling agent at a level of from about 0.02% to about 0.5 wt% may be included. gelling agent is preferably at least about 4000MPa.S, more preferably at least 10,000MPa.S, especially at least 50,000mPa.s viscosity (1% aqueous solution, 20 ℃, Brookfield R VT) a. 適当な親水性ゲル化剤は、一般に、水溶性又はコロイド状水溶性ポリマーとして記述されることができ、これには、セルロールエーテル(例えばヒドロキシエチルセルロール、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、 ポリビニルアルコール、Polyquaternium-10、グアーガム、ヒドロキシプロピルグアーガム及びキサンタンガムが含まれる。 Suitable hydrophilic gelling agents can generally be described as water-soluble or colloidally water soluble polymers, These include cellulose ethers (e.g. hydroxyethyl cellulose, methyl cellulose, hydroxypropylmethyl cellulose), polyvinyl alcohol , Polyquaternium-10, guar gum, include hydroxypropyl guar gum and xanthan gum. 適当な親水性ゲル化剤の中でもとりわけ、アクリル酸/アルキルアクリレートコポリマー及びBFGoodrich CompanyからCarbopol樹脂の商品名で販売されているカルボキシビニルポリマーである。 Among other suitable hydrophilic gelling agents, carboxyvinyl polymers sold under the trade name Carbopol resins from acrylic acid / alkyl acrylate copolymer and BFGoodrich Company. これらの樹脂は、0.75%から2.00% の架橋剤、例えばポリアリルスクロース又はポリアリルペンタエリスリトールで架橋されたアクリル酸のコロイド状水溶性ポリアルケニルポリエーテル架橋ポリマーから本質的に構成される。 These resins consist essentially of 2.00% of a crosslinking agent from 0.75%, for example polyallyl sucrose or polyallyl colloidal water-soluble polyalkenyl polyether crosslinked polymer of pentaerythritol with crosslinked acrylic acid that. この例には、Carbopol 934、Carbopol 940、Carb opol 950、Carbopol 980、Carbopol 951及びCarbopol 981が含まれる。 The Examples include Carbopol 934, Carbopol 940, Carb opol 950, Carbopol 980, Carbopol 951 and Carbopol 981. Carbopol 934は、各スクロース分子に対して平均約5.8のアリル基を有し、スクロースのポリアリルエーテル約1%で架橋されたアクリル酸の水溶性ポリマーである。 Carbopol 934 has an average of about 5.8 allyl groups for respective sucrose molecule, a water-soluble polymer of acrylic acid crosslinked with about 1% of a polyallyl ether of sucrose. また、両親媒性特性を有するアクリル酸の疎水性変性架橋ポリマーもここでの使用に適当であり、これは、商品名Carbopol 1382、Carbopol 1342及びPe mulen TR-1(CTFA規格:アクリレート/10−30アルキルアクリレートクロスポリマー)として入手可能である。 Also, hydrophobically modified cross-linked polymers of acrylic acid having amphipathic properties also suitable for use herein, which is the trade name Carbopol 1382, Carbopol 1342 and Pe mulen TR-1 (CTFA standard: acrylates / 10- available as 30 alkyl acrylate crosspolymer). ポリアルケニルポリエーテル架橋アクリル酸と疎水性変性架橋アクリル酸ポリマーの組合わせも、ここでの使用に適当である。 The combination of the polyalkenyl polyether cross-linked acrylic acid with a hydrophobic modified crosslinked acrylic acid polymers are also suitable for use herein. ここでの使用に適当な他のゲル化剤は、オレオゲル、例えばトリヒドロキシステアリン及びアルミニウムマグネシウムヒドロキシステアレートである。 Other gelling agents suitable for use herein are oleogels, such as trihydroxystearin and aluminum magnesium hydroxy stearate. ここでのゲル化剤は、通常の温度及び上昇された温度の双方にわたり優れた安定性特性をもたらすために特に有用である。 Wherein the gelling agent is particularly useful for providing excellent stability characteristics over both normal temperature and elevated temperatures. 好ましくは酸性基含有疎水性ゲル化剤は、中和される。 Preferably the acidic group-containing hydrophobic gelling agent is neutralized. ここでの酸性基含有疎水性ゲル化剤を中和することにおいて使用に適する中和剤には、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、水酸化アンモニウム、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン及びトリエタノールアミンが含まれる。 The neutralizing agents suitable for use in neutralizing the acidic group-containing hydrophobic gelling agents herein include sodium hydroxide, potassium hydroxide, ammonium hydroxide, monoethanolamine, diethanolamine and triethanolamine . ここでのメーキャップ組成物は、更に皮膚軟化剤を含むことができる。 Here makeup composition in may further comprise an emollient. 本発明の組成物に適当な皮膚軟化剤には、鉱物、植物及び動物油、脂肪及びワックス、 脂肪酸エステル、脂肪アルコール、アルキレングリコール及びポリアルキレングリコールエーテル及びエステル、脂肪酸並びに、これらの混合物から選択された天然及び合成油が含まれる。 A suitable emollients in the compositions of the present invention, mineral, vegetable and animal oils, fats and waxes, fatty acid esters, fatty alcohols, alkylene glycol and polyalkylene glycol ethers and esters, fatty acids and were mixtures thereof It includes natural and synthetic oils. ここでの使用に適する皮膚軟化剤には、例えば任意的にヒドロキシ置換されたC 8 −C 50の不飽和脂肪酸及びそのエステル、C 8 −C 30の飽和脂肪酸のC 1 −C 2 4エステル、例えばイソプロピルミリステート、セチルパルミテート及びオクチルドデシルミリステート(Wickenol 142)、蜂蜜、飽和及び不飽和脂肪アルコール、例えばベヘニルアルコール及びセチルアルコール、炭化水素、例えば鉱油、ペトロラタム及びスクワラン、脂肪ソルビタンエステル(1976年10月26日発行のSei denのUS-A-3988255を参照のこと)、ラノリン及びラノリン誘導体、例えばラノリンアルコールエトキシル化、ヒドロキシル化及びアセチル化ラノリン、コレステロール及びその誘導体、動物及び植物トリグリセリド、例えばアーモンド油、ピーナッツ油、麦芽胚油、亜麻仁油 The suitable emollients for use herein, for example, optionally unsaturated fatty acids and their esters of C 8 -C 50 which is hydroxy-substituted, C 1 -C 2 4 esters of saturated fatty acids of C 8 -C 30, such as isopropyl myristate, cetyl palmitate and octyl dodecyl myristate (Wickenol 142), honey, saturated and unsaturated fatty alcohols such as behenyl alcohol and cetyl alcohol, hydrocarbons such as mineral oils, petrolatum and squalane, fatty sorbitan esters (1976 10 see US-a-3988255 of Sei den issued 26 months), lanolin and lanolin derivatives, such as lanolin alcohol ethoxylated, hydroxylated and acetylated lanolins, cholesterol and derivatives thereof, animal and vegetable triglycerides such as almond oil , peanut oil, malt germ oil, linseed oil ホホバ油、アプリコット核、クルミ、パーム核、ピスタチオの実、ゴマ種、セイヨウアブラナ種の油、杜松油、 コーン油、ピーチ核油、ケシの実油、パイン油、箆麻子油、大豆油、アボカド油、ベニバナ油、ココナッツ油、ハシバミの実、オリーブ油、ブドウの種油及びヒマワリ油、並びに、ダイマー及びトリマーの酸のC 1 −C 24エステル、例えばジイソプロピルジメレート、ジイソステアリルマレート、ジイソステアリルジメレート、及びトリイソステアリルトリメレートが含まれる。 Jojoba oil, apricot kernel, walnuts, palm kernel, fruit of the pistachio, sesame seed, rape seed oil, cade oil, corn oil, peach kernel oil, poppy seed oil of, pine oil, HeraAsako oil, soybean oil, avocado oil, safflower oil, coconut oil, hazelnuts, olive oil, seed oil and sunflower oil grape, and, C 1 -C 24 esters of dimer and trimer acids such as diisopropyl dimerate, diisostearyl malate, di isostearyl dimerate, and a triisostearyl trimethinecyanine rate. 好適な皮膚軟化剤は、炭化水素、例えばイソヘキサデカン、鉱油、ペトロラタム及びスクアラン、ラノリンアルコール及びステアリルアルコールから選択される。 Suitable emollients are hydrocarbons such as isohexadecane, mineral oils, petrolatum and squalane, lanolin alcohol, and stearyl alcohol. これらの皮膚軟化剤は、独立して又は混合物として用いてもよく、全組成物の約1重量%から約30重量%の量で本発明の組成物に存在してもよく、約5重量%から約15重量%の量で存在することが好ましい。 These emollients may be used as independent or as a mixture, it may be present in the compositions of the present invention in an amount from about 1% to about 30% by weight of the total composition, from about 5 wt% it is preferably present in an amount of about 15% by weight. 本組成物は、また付加的物質、例えば、芳香料、サンスクリーン、防腐剤、電解質、例えば塩化ナトリウム、タンパク質、抗酸化剤、キレート剤及び油中水型乳化剤を適宜含んでもよい。 The composition also additional substances such as fragrances, sunscreens, preservatives, electrolytes such as sodium chloride, proteins, antioxidants may include appropriate chelating agents and water-in-oil emulsifier. メーキャップ組成物の他の任意成分は、1以上の紫外線吸収剤である。 Other optional components of the makeup composition is one or more ultraviolet absorbing agents. 紫外線吸収剤は、しばしはサンスクリーン剤として記述されているが、これは組成物の全重量を基礎として約1重量%から約12重量%の濃度で存在することができる。 Ultraviolet absorbers, often is has been described as sunscreens, which can be present in a concentration from about 1% to about 12 wt% based on the total weight basis of the composition. 好ましくは、UV吸収剤は、約2重量%と8重量%の間を構成する。 Preferably, UV absorbers constitute between about 2% and 8% by weight. より好ましくは、UV吸収剤は、約4重量%と約6重量%の間の濃度で組成物中に存在することができる。 More preferably, UV absorbers may be present in the composition at a concentration of between about 4% and about 6 wt%. 本発明での使用に適する紫外線吸収剤のうち、ベンゾフェノン−3、オクチルジメチルPABA(Padimate 0)、Parsol MCX、及びこれらの混合物が特に好ましい。 Among suitable UV absorbers for use in the present invention, benzophenone-3, octyl dimethyl PABA (Padimate 0), Parsol MCX, and mixtures thereof are particularly preferred. 他の任意であるが好適なここでの成分は、1以上の付加的キレート剤であり、 これは好ましくは組成物の全重量に基づいて約0.02重量%から約0.10重量%の範囲にある。 Component here but suitable is any other is one or more additional chelating agents, which is preferably from about 0.02% to about 0.10% by weight based on the total weight of the composition It is in the range. 好ましくは、キレート剤は、組成物の全重量に基づいて、約0 .03重量%から約0.07重量%の間の範囲の濃度で存在する。 Preferably, the chelating agent, based on the total weight of the composition, is present in a concentration ranging between about 0.03% to about 0.07 wt%. とりわけ、本組成物に含んでもよいキレート剤は、テトラナトリウムEDTAである。 Especially, they comprise the present compositions are also good chelators are tetrasodium EDTA. 他の任意であるが好適なここでの成分は、1以上の防腐剤である。 Component here but suitable is any other is one or more preservatives. ファンデーション組成物における防腐剤濃度は、組成物の全重量に基づいて、約0.05重量%から約0.8重量%の間、好ましくは約0.1重量%から約0.3重量%の間である。 Preservative concentration in the foundation composition, based on the total weight of the composition, between about 0.05% to about 0.8 wt%, preferably from about 0.1% to about 0.3 wt% it is between. ここでの使用に適当な防腐剤には、ナトリウムベンゾエート及びプロピルパラベン並びにこれらの混合物が含まれる。 Suitable preservatives for use herein include sodium benzoate and propyl paraben and mixtures thereof. 本組成物は、好ましくは約20重量%から約95重量%、より好ましくは約3 0重量%から約70重量%の油相と、約5重量%から約80重量%、より好ましくは約30重量%から約70重量%の水性相とを含む。 The composition preferably from about 20% to about 95 wt%, more preferably from about 3 0 wt to about 70% by weight% of an oil phase, from about 5% to about 80 wt%, more preferably about 30 from% to about 70% by weight and a water phase. 水性相は、好ましくは、 水性相の約40重量%から約90重量%、より好ましくは約60重量%から約8 0重量%の水を含む。 The aqueous phase is preferably from about 40% to about 90 wt% of the aqueous phase, more preferably from about 60 wt% to about 8 0% by weight of water. 本発明の化粧品組成物は、ファンデーション、ブラッシャー、コンシーラー、 コンパクト粉末などの形態にすることができ、好ましくはファンデーション及びコンシーラーの形態である。 The cosmetic composition of the present invention, foundations, blushers, concealers, be in the form of a compact powder, it is preferably in the form of a foundation and concealer. 使用方法本発明の組成物は、皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するために用いられる。 The composition of the used methods the invention is used to regulate the oily and / or shiny appearance of skin. 本発明の組成物は、有効量の本組成物を処理すべき皮膚の領域に対して普通に塗布することによって、用いられ得る。 The compositions of the present invention, by commonly applied to a region of skin to be treated an effective amount of the composition, may be used. ここで用いられる場合、用語「 有効量」とは、ここで定義されたような皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するために十分な量を意味する。 As used herein, the term "effective amount" means an amount sufficient to adjust the oily and / or shiny appearance of skin as defined herein. 組成物は、適当な間隔で、数日、数週間、数ケ月又は数年にわたり塗布されることができる。 Composition, at appropriate intervals, days, weeks, may be applied over several months or years. 組成物は、好ましくは日に約4回から3日毎に約1回、より好ましくは日に約2回から1日おきに1回、特に日に1回で塗布される。 The composition is applied once preferably about once to about 4 times every 3 days day, once more from preferably about 2 times a day every other day, especially days. 普通には、 各塗布において、有効量の組成物は、約0.01から約5mg組成物/cm 2 、より好ましくは約1から約2mg組成物/cm 2の皮膚で普通に塗布する(mg/ cm 2の用語による)ことによって皮膚へデリバリーされる。 Commonly, in each coating, the effective amount of the composition can range from about 0.01 to about 5mg composition / cm 2, more preferably normally applied on the skin of from about 1 to about 2mg composition / cm 2 (mg / cm by 2 terms) is delivered to the skin by. 本組成物は、普通上述した量で皮膚へ組成物を軽くマッサージすることによって一般に塗布される。 The composition is generally applied by lightly massaging the composition into the skin in the usual above amounts. 本発明は、更に、哺乳類皮膚のオイリー及び/又はてかり外見を調節するためのヤナギ樹皮抽出物の使用に関する。 The present invention further relates to the use of willow bark extract for regulating the oily and / or shiny appearance of mammalian skin. ヤナギ樹皮抽出物は、有効量の前記ヤナギ樹皮抽出物を、処置すべき皮膚の領域に普通に塗布することによって用いられることができる。 Willow bark extract, the willow bark extract effective amount can be used by commonly applied to areas of skin to be treated. 普通、皮膚における有効量のヤナギ樹皮抽出物は、処理される皮膚に対して約0.0004mg/cm 2から約0.8mg/cm 2のヤナギ樹皮抽出物、より好ましくは約0.004mg/cm 2から約0.4mg/cm 2のヤナギ樹皮抽出物、特に約0.04mg/cm 2から約0.2mg/cm 2のヤナギ樹皮抽出物を普通に塗布することによって達成される。 Normally, willow bark extract an effective amount in the skin, willow bark extract from about 0.0004 mg / cm 2 to the skin to be treated of about 0.8 mg / cm 2, more preferably from about 0.004 mg / cm 2 from willow bark extract to about 0.4 mg / cm 2, it is achieved by particularly normally applied from about 0.04 mg / cm 2 willow bark extract to about 0.2 mg / cm 2. 下記の表は、本発明の化粧品組成物の一例を示している。 The table below shows an example of the cosmetic composition of the present invention. 1. 1. プロクター・ギャンブルより供給2. Supplied from the Procter & Gamble 2. Dow Corning Ltd.、Avoco House,Castle Street,Reading RG1 7DZ,UKから供給3. Dow Corning Ltd., Avoco House, Castle Street supply, Reading RG1 7DZ, from the UK 3. Cardre Incorporated,70 Tyler Pl.,South Plainfield,NJ 07090,USAから供給4. Cardre Incorporated, 70 Tyler Pl., South Plainfield, NJ 07090, supplied from USA 4. Dow Corning Ltd.,Avoco House,Castle Street,Reading RG1 7DZ,UKから供給5. Dow Corning Ltd., Avoco House, Castle Street supply, Reading RG1 7DZ, from the UK 5. Astor-Stag Ltd.,Tavistock Road,Wets Drayton,Middlesex UB7 7RA,UK から供給。 Astor-Stag Ltd., Tavistock Road, Wets Drayton, Middlesex UB7 7RA, supplied from the UK. 6. 6. Caschem Inc.,40 Avenue A,Bayonne,NJ07002,USAから供給7. Caschem Inc., supplied from the 40 Avenue A, Bayonne, NJ07002, USA 7. トリヒドロキシステアリン、Rheox Ltd.,Barons Court,Manchester Road ,Wilmslow,SK9 1BQ,UKから供給8. Trihydroxy stearin, Rheox Ltd., Barons Court, Manchester Road, Wilmslow, SK9 1BQ, supplied from UK 8. BASF,Earl Road,Cheadle Hulme,Cheadle,Cheshire,SK8 6QBから供給9. BASF, Earl Road, supplied from Cheadle Hulme, Cheadle, Cheshire, SK8 6QB 9. Union Carbide,39 Old Ridgebury Road,Danburyから供給10. Union Carbide, 39 Old Ridgebury Road, supplied from the Danbury 10. Croda Chemicals Ltd.,Cowick Hall,Snaith,Goole,North Humberside ,DN14 9AAから供給11. Croda Chemicals Ltd., Cowick Hall, Snaith supply, Goole, from North Humberside, DN14 9AA 11. Brooks Industries,70 Tyler Place,South Plainfield,NJ 07060,USA から供給 実施例IからVIまでの配合物は、以下のようにして調製できる。 Brooks Industries, 70 Tyler Place, South Plainfield, NJ 07060, formulation from supply Example I from USA to VI may be prepared as follows. 表に挙げられた種々の成分を各群に分ける。 Separating the various components listed in Table Each group. 最初のステップでは、A相の成分の混合物を、均質になるまで、剪断混合しながらおよそ15分間攪拌する。 In the first step, a mixture of components of phase A until homogeneous and stirred for approximately 15 minutes with shear mixing. 高速剪断混合器によって、B相の物質を徐々にA へ添加し、バッチを約30分間混合する。 By high speed shear mixer, adding a substance of phase B slowly to A, mixed batch of about 30 minutes. C相を添加して、得られた混合物を、 およそ15分間粉砕する。 Was added to Phase C, the resulting mixture is ground for approximately 15 minutes. D相からの成分を、それから添加して、得られた混合物を、十分に分散されるまで粉砕する。 The components from phase D then was added, the resulting mixture is ground until fully dispersed. ワックス様のE相を、それからバッチに添加して、バッチを、ワックスが溶融するまで混合しながら85℃に加熱し、それから攪拌しながら50℃に冷ます。 The waxy phase E of, then was added to the batch, batch, wax was heated to 85 ° C. with mixing until melted, then stirring Cool down to 50 ° C.. F相のプレミックスを、それからバッチに添加して、10分間均質化する。 A premix of F phase, then added to the batch and homogenised for 10 minutes. バッチを、攪拌しながら室温まで冷ます。 The batch, cool to room temperature while stirring. G相を、バッチに添加して、10分間均質化する。 The G phase, was added to the batch and homogenised for 10 minutes. 水相を以下のようにして調製する。 The aqueous phase was as follows are prepared. I相の成分を溶解するまで混合する。 Mix until dissolved components of I phase. エタノールを除くH相の成分を、溶解するまで高速剪断下において一緒に混合する。 The components of the H phase except ethanol are mixed together under high speed shear until dissolved. H相を冷まし、エタノールを添加する。 It cooled to H phase, adding ethanol. 溶液を、透明になるまで混合する。 The solution is mixed until clear. I相をH相に添加して、混合し、混合しながらJ相に添加する。 It was added to Phase I to H phase and mixed and added to the J phase with mixing. 水相を、攪拌しながら、低速で均質化しつつ最後に油相へゆっくりと添加する。 The aqueous phase, while stirring, finally added slowly to the oil phase while homogenizing at low speed. 水相の全てが添加されたときに高剪断をおよそ5分間バッチに加え、最終製品の粘度を上昇させる。 The high shear when all of the aqueous phase is added in addition approximately 5 minutes the batch, increase the viscosity of the final product. 得られたメーキャップ組成物を、パッケージングの用意に付す。 The resulting make-up composition is subjected to ready for packaging. 実施例の化粧品組成物は、改良された抗菌及び抗炎症作用を有し、改良されたオイル制御と顔の皮膚外観とを共に示す。 The cosmetic compositions of Examples show has antimicrobial and anti-inflammatory effect improved, and skin appearance improved oil control and facial together.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI A61K 31/60 A61K 31/60 35/78 35/78 C (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),AU,CA,CN,C Z,JP,MX,US ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 identifications FI A61K 31/60 A61K 31/60 35/78 35/78 C (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), AU, CA, CN, C Z, JP, MX, US

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 皮膚への局所塗布用の油中水型エマルジョンの形態の化粧品組成物であって、 (a)連続油相; (b)不連続水性相;及び、 (c)ヤナギ樹皮抽出物を含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition in the form of a water-in-oil emulsion for topical application to the skin, (a) continuous oil phase; (b) discontinuous aqueous phase; and, the cosmetic containing (c) willow bark extract Composition. 2. 2. 請求項1に記載の化粧品組成物であって、約0.1重量%から約10 重量%の前記ヤナギ樹皮抽出物を含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to claim 1, said cosmetic composition comprising the about 0.1 wt% to about 10 wt% willow bark extract. 3. 3. 請求項1又は請求項2に記載の化粧品組成物であって、約0.1重量%から約10重量%、好ましくは約0.1重量%から約5重量%の酸性スキンケア活性剤を付加的に含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to claim 1 or claim 2, from about 0.1% to about 10 wt%, preferably additionally from about 0.1% to about 5 wt% of the acidic skin care active agent the cosmetic composition comprising a. 4. 4. 請求項3に記載の化粧品組成物であって、前記酸性スキンケア活性剤が水性相に可溶性である当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to claim 3, the cosmetic composition wherein the acidic skin care active agent is soluble in the aqueous phase. 5. 5. 請求項3又は請求項4に記載の化粧品組成物であって、前記酸性スキンケア活性剤がサリチル酸、アゼライン酸、レチン酸、乳酸、グリコール酸、ビルビン酸、及びこれらの混合物から選択されたものである当該化粧品組成物。 A claim 3 or cosmetic composition according to claim 4, wherein the acidic skin care active agent is one selected salicylic, azelaic acid, retinoic acid, lactic acid, glycolic acid, pyruvic acid, and mixtures thereof the cosmetic composition. 6. 6. 請求項3乃至請求項5のいずれか1項に記載の化粧品組成物であって、前記酸性スキンケア活性剤がサリチル酸である当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to any one of claims 3 to 5, the cosmetic composition wherein the acidic skin care active agent is salicylic acid. 7. 7. 請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の化粧品組成物であって、約0.1重量%から約30重量%、好ましくは約0.1重量%から約25重量% 、より好ましくは約1重量%から約15重量%の顔料を付加的に含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to any one of claims 1 to 6, from about 30% to about 0.1 wt%, preferably from about 0.1% to about 25 wt%, more preferably the cosmetic composition comprising from about 1% to about 15 wt% of the pigment additionally is. 8. 8. 請求項1乃至請求項7のいずれか1項に記載の化粧品組成物であって、約0.1重量%から約10重量%、好ましくは約0.1重量%から約5重量%、 より好ましくは約0.5重量%から約2重量%のピロリドン主体可溶化剤を付加的に含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to any one of claims 1 to 7, from about 0.1% to about 10 wt%, preferably from about 0.1% to about 5 wt%, more preferably the cosmetic composition comprising from about 0.5% to about 2% by weight of pyrrolidone principal solubilizer additionally is. 9. 9. 請求項8に記載の化粧品組成物であって、前記ピロリドン主体可溶化剤がポリビニルピロリドンである当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to claim 8, said cosmetic composition wherein the pyrrolidone main solubilizer is polyvinylpyrrolidone. 10. 10. 請求項1乃至請求項9のいずれか1項に記載の化粧品組成物であって、約0.01重量%から約5重量%のクエン酸又はその塩を付加的に含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to any one of claims 1 to 9, the cosmetic composition additionally comprises from about 0.01% to about 5% by weight of citric acid or a salt thereof. 11. 11. 請求項1乃至請求項10のいずれか1項に記載の化粧品組成物であって、前記油相が、該油相の約0.01重量%から約25重量%の不揮発性シリコーンと、該油相の約75重量%から約99.99重量%の揮発性シリコーンとを含む当該化粧品組成物。 A cosmetic composition according to any one of claims 1 to 10, wherein the oil phase comprises a nonvolatile silicone from about 0.01% to about 25% by weight of oil phase, the oil the cosmetic composition of about 75 weight percent and from about 99.99 wt% of a volatile silicone phase. 12. 12. ヤナギ樹皮抽出物の、哺乳類皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するための使用。 Willow bark extract, used for regulating the oily and / or shiny appearance of mammalian skin. 13. 13. 請求項1乃至請求項11のいずれか1項に記載の局所組成物の、哺乳類皮膚のオイリー及び/又はてかり外観を調節するための使用。 Topical composition according to any one of claims 1 to 11, used for regulating the oily and / or shiny appearance of mammalian skin.
JP50304498A 1996-06-27 1997-06-23 The cosmetic composition Pending JPH11513036A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB9613524A GB9613524D0 (en) 1996-06-27 1996-06-27 Cosmetic composition
GB9613524.9 1996-06-27
GB9619110.1 1996-09-12
GB9619110A GB9619110D0 (en) 1996-09-12 1996-09-12 Cosmetic compositions
PCT/US1997/009700 WO1997049375A1 (en) 1996-06-27 1997-06-23 Cosmetic compositions

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11513036A true true JPH11513036A (en) 1999-11-09

Family

ID=26309581

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50304498A Pending JPH11513036A (en) 1996-06-27 1997-06-23 The cosmetic composition

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0936896A4 (en)
JP (1) JPH11513036A (en)
CN (1) CN1227482A (en)
CA (1) CA2258781A1 (en)
WO (1) WO1997049375A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7629390B2 (en) 2002-11-14 2009-12-08 K.U. Leuven Research & Development Method for preparing emulsions

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6432389B1 (en) * 2001-07-06 2002-08-13 Societe L'oreal High SPF nontacky/nongreasy UV-photoprotecting compositions comprising particulates of MMA crosspolymers
US7122174B2 (en) 2002-09-30 2006-10-17 L'oreal S.A. Compositions comprising at least one silicone compound and at least one amine compound, and methods for using the same
US20080220068A1 (en) * 2006-07-31 2008-09-11 Laboratories Besins International Treatment and prevention of excessive scarring
KR101098581B1 (en) * 2009-01-09 2011-12-26 서울대학교산학협력단 Composition for Improving Inflammatory Disorder Using ABH Antigen

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR1248192A (en) * 1960-01-12 1960-10-31 beauty cream
LU83173A1 (en) * 1981-02-27 1981-06-05 Oreal New cosmetic compositions for the treatment of hair and skin containing a powder resulting from the spray at least a plant and a cohesion agent
DE3141746A1 (en) * 1981-10-21 1983-05-05 Boergardts Sachsenstein Gmbh Cosmetic composition and process for its production
US4722843A (en) * 1985-01-07 1988-02-02 Vinson William L Moisturizing nutritive and healing skin cream
FR2580478B1 (en) * 1985-04-17 1989-05-12 Christian Chapoton A hair treatment liberating an active substance and method for making
FR2622800B1 (en) * 1987-11-05 1990-03-23 Hauser Denis Process for preparing a product of struggle against viral diseases in particular viral mucocutaneous disorders, pharmaceutical compositions and drugs obtained from such process
DE19615578A1 (en) * 1996-04-19 1997-10-23 Beiersdorf Ag Use of Salix nigra extract as antiirritativer active ingredient in cosmetic and topical dermatological preparations

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7629390B2 (en) 2002-11-14 2009-12-08 K.U. Leuven Research & Development Method for preparing emulsions

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP0936896A4 (en) 1999-09-15 application
CA2258781A1 (en) 1997-12-31 application
CN1227482A (en) 1999-09-01 application
EP0936896A1 (en) 1999-08-25 application
WO1997049375A1 (en) 1997-12-31 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6132745A (en) Cosmetic compositions comprising nanopigments
US5961993A (en) Composition containing a non-photocatalytic metal oxide and tocopherol, its use in the treatment of acne
US5188831A (en) Sunscreens containing both water and oil dispersible titanium dioxide particles
US6013271A (en) Skin care compositions
US6423326B1 (en) Cold-mix water-in-oil emulsions comprising quaternary ammonium compounds and process for producing same
US20050031655A1 (en) Emulsion composition
US6258345B1 (en) Stable topical composition comprising a solid elastomeric organopolysiloxane and spherical particles
US5691380A (en) Stable n-acetylcysteine compositions and methods for treating human skin therewith
US6582709B1 (en) Cream composition comprising Dead Sea Mud
US6200964B1 (en) Silicone gel containing salicylic acid
US5919487A (en) Nanoparticles coated with a lamellar phase based on silicone surfactant and compositions containing them
US5958397A (en) Method and composition for protecting against jellyfish stings
WO2005060923A1 (en) A base composition for preparing multi-functional formulations for care and protection of the skin and hair
EP0328355A2 (en) Emulsion compositions including amphipathic emulsifying agents
US20040137025A1 (en) Water-in-oil emulsion cosmetic composition
US5853712A (en) Cosmetic compositions containing water dispersible pigment which is surface treated with a polymer and process
WO1999024003A1 (en) Compositions containing combinations of liquid polyol fatty acid polyesters and a liquid oil
JP2002193740A (en) O/w-type emulsified composition
JPH1053510A (en) Composition for external use
US6159480A (en) Cosmetic makeup composition
US6328983B1 (en) Use of a silicone gum to stabilize ascorbic acid, and novel compositions comprising these components
US6576248B1 (en) Pigmented vitamin C composition
WO1996003964A1 (en) Cosmetic compositions and processes for manufacture thereof
JP2003306419A (en) Cosmetic
WO1995003779A1 (en) Cosmetic composition containing hydroxyacids