JPH11507277A - Supplemented and supplemented non tissue sealant, their preparation and use - Google Patents

Supplemented and supplemented non tissue sealant, their preparation and use

Info

Publication number
JPH11507277A
JPH11507277A JP9502147A JP50214797A JPH11507277A JP H11507277 A JPH11507277 A JP H11507277A JP 9502147 A JP9502147 A JP 9502147A JP 50214797 A JP50214797 A JP 50214797A JP H11507277 A JPH11507277 A JP H11507277A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9502147A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ウールバートン,クリストファー・ジェイ
ドローハン,ウィリアム・ナッシュ
マックフィー,マーティン・ジェイムズ
Original Assignee
ジ・アメリカン・ナショナル・レッド・クロス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/479,034 priority Critical patent/US6054122A/en
Priority to US08/474,078 priority
Priority to US08/474,078 priority patent/US7189410B1/en
Priority to US08/479,034 priority
Application filed by ジ・アメリカン・ナショナル・レッド・クロス filed Critical ジ・アメリカン・ナショナル・レッド・クロス
Priority to PCT/US1996/010006 priority patent/WO1996040174A1/en
Publication of JPH11507277A publication Critical patent/JPH11507277A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L26/00Chemical aspects of, or use of materials for, wound dressings or bandages in liquid, gel or powder form
    • A61L26/0061Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L26/0085Porous materials, e.g. foams or sponges
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/02Adhesive plasters or dressings
    • A61F13/0203Adhesive plasters or dressings having a fluid handling member
    • A61F13/0213Adhesive plasters or dressings having a fluid handling member the fluid handling member being a layer of hydrocoloid, gel forming material
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/02Adhesive plasters or dressings
    • A61F13/0246Adhesive plasters or dressings characterised by the skin adhering layer
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/02Adhesive plasters or dressings
    • A61F13/0259Adhesive plasters or dressings characterised by the release liner covering the skin adhering layer
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/58Adhesives
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L26/00Chemical aspects of, or use of materials for, wound dressings or bandages in liquid, gel or powder form
    • A61L26/0009Chemical aspects of, or use of materials for, wound dressings or bandages in liquid, gel or powder form containing macromolecular materials
    • A61L26/0028Polypeptides; Proteins; Degradation products thereof
    • A61L26/0042Fibrin; Fibrinogen
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L26/00Chemical aspects of, or use of materials for, wound dressings or bandages in liquid, gel or powder form
    • A61L26/0061Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L26/0066Medicaments; Biocides
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00089Wound bandages
    • A61F2013/00217Wound bandages not adhering to the wound
    • A61F2013/00221Wound bandages not adhering to the wound biodegradable, non-irritating
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00365Plasters use
    • A61F2013/00463Plasters use haemostatic
    • A61F2013/00472Plasters use haemostatic with chemical means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00544Plasters form or structure
    • A61F2013/00582Properties of backing
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00655Plasters adhesive
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00727Plasters means for wound humidity control
    • A61F2013/00731Plasters means for wound humidity control with absorbing pads
    • A61F2013/0074Plasters means for wound humidity control with absorbing pads containing foams
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00902Plasters containing means
    • A61F2013/00927Plasters containing means with biological activity, e.g. enzymes for debriding wounds or others, collagen or growth factors
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00902Plasters containing means
    • A61F2013/00927Plasters containing means with biological activity, e.g. enzymes for debriding wounds or others, collagen or growth factors
    • A61F2013/00931Plasters containing means with biological activity, e.g. enzymes for debriding wounds or others, collagen or growth factors chitin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/20Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices containing or releasing organic materials
    • A61L2300/252Polypeptides, proteins, e.g. glycoproteins, lipoproteins, cytokines
    • A61L2300/256Antibodies, e.g. immunoglobulins, vaccines
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/40Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices characterised by a specific therapeutic activity or mode of action
    • A61L2300/404Biocides, antimicrobial agents, antiseptic agents
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/40Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices characterised by a specific therapeutic activity or mode of action
    • A61L2300/412Tissue-regenerating or healing or proliferative agents
    • A61L2300/414Growth factors
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/40Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices characterised by a specific therapeutic activity or mode of action
    • A61L2300/416Anti-neoplastic or anti-proliferative or anti-restenosis or anti-angiogenic agents, e.g. paclitaxel, sirolimus
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/60Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices characterised by a special physical form
    • A61L2300/602Type of release, e.g. controlled, sustained, slow

Abstract

(57)【要約】 この発明はフィブリンシーラントの包帯またはドレッシングを提供する。 (57) Abstract: The invention provides a bandage or dressing fibrin sealant. ここにこのフィブリンシーラントには、例えば1種またはそれ以上の調節化合物、抗体、抗微生物組成物、鎮痛剤、抗凝固剤、抗増殖剤、抗炎症性化合物、サイトカイン、サイトトキシン、薬剤、増殖因子、インターフェロン、ホルモン、脂質、脱ミネラル化骨または骨形態形成蛋白質、軟骨誘導因子、オリゴヌクレオチド、ポリマー、多糖類、ポリペプチド、プロテアーゼ阻害剤、血管収縮剤または血管拡張剤、ビタミン、ミネラル、その他などから選択した組成物の少なくとも一種を補足してもよい。 Here This fibrin sealant, for example, one or more modulating compounds, antibodies, antimicrobial compositions, analgesics, anticoagulants, anti-proliferative agents, anti-inflammatory compounds, cytokines, cytotoxins, drugs, growth factors , interferons, hormones, lipids, demineralized bone or bone morphogenetic proteins, cartilage inducing factors, oligonucleotides, polymers, polysaccharides, polypeptides, protease inhibitors, vasoconstrictors or vasodilators, vitamins, minerals, and other such at least one composition selected from may be supplemented. また、非補足または補足フィブリンシーラントの包帯またはドレッシングの製造法および/または使用法も開示する。 Also disclosed unsupplemented or bandage or dressing preparation and / or use of supplemental fibrin sealant.

Description

【発明の詳細な説明】 発明の名称 補足された及び補足されていない組織シーラント、その製造法及び使用法 本発明における米国政府の権利 米国赤十字社及び米国陸軍歯科研究所の間の共同研究及び開発の契約の下、米国政府は本発明の1つ又はそれ以上の態様において通常実施の、取り消し不能の、納付済みのライセンスを有する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION name complemented and supplemented that are not tissue sealant of the invention, joint research and development between the US government of right the American Red Cross and the United States Army Dental Institute in the preparation and use the present invention a lower, usually carried out in one or more aspects of the United States government present invention, irrevocable, payment already license agreement. 発明の分野 本発明は補足されていない(unsupplemented)及び補足された(supplemented) 、フィブリン接着剤(FG)ような組織シーラント類(TS)、同様にそれらの製造法及び使用法に関する。 Field of the Invention The present invention is not supplemented (unsupplemented) and supplemented (supplemented), fibrin glue (FG) such tissue sealants (TS), as well for their preparation and use. ある1つの態様では、本発明は、全層の皮膚創傷の治癒を妨げないTS類に関する。 In one aspect, the present invention relates to a TS class that does not interfere with the healing of skin wounds of all the layers. 別の態様では、本発明は成長因子(類)及び/ 又は薬物(類)で補足されたTS類に関し、同様にそれらの製造法及び使用法に関する。 In another aspect, the present invention relates to a TS acids supplemented with growth factor (s) and / or drug (s), as well as for their preparation and use. 選択された特定の成長因子(類)又は薬物(類)はその使用の機能である。 Specific growth factor (s) or drug chosen (s) is a use function. 発明の背景A. Background of the Invention A. 創傷治癒及び成長因子 創傷治癒、即ち外傷の修復は、ほぼ手術直後に始まる。 Wound healing and growth factor wound healing, ie, trauma repair, begins almost immediately after surgery. 様々な細胞の機能の相次ぐ整合機能と緻密な減成調節及び再生段階を必要とする。 Require precise degradation regulation and regeneration phase with various successive aligning function of cell function. 細胞の増殖、分化及び移動は創傷治癒の基礎となる重要な生物学的過程であり、またこれは、線維増多、内皮形成、上皮形成などのフィブリン凝塊の形成、凝塊の吸収、組織の再設計も含む。 Cell proliferation, differentiation and movement are important biological processes underlying the wound healing, also this is fibrosis, endothelialization, formation of the fibrin clot, such as epithelialization, absorption of the clot, tissue including the re-design of. 創傷治癒は、特殊化した皮膚組織の形成だけでなく、多数の毛細管、 多くの活発な線維芽細胞、及び多くのコラーゲン原線維を含む高度な血管化組織の形成に関わる。 Wound healing, as well as the formation of specialized skin tissue, involved in the formation of a large number of capillaries, many active fibroblasts, and many advanced vascularized tissues containing collagen fibrils. 創傷治癒の過程は、損傷細胞の外に流出するトロンボプラスチンによって開始される。 Process of wound healing is initiated by thromboplastin which flows out of the damaged cells. トロンボプラスチンは血漿因子VIIに接触して因子X活性化因子を形成し、その後に、因子Vとともにリン脂質及びカルシウムとの複合体となり、プロトロンビンをトロンビンに変換する。 Thromboplastin contacts plasma factor VII to form factor X activator, thereafter, becomes complex with phospholipids and calcium together with factors V, converts prothrombin to thrombin. トロンビンは、フィブリノペプチドA及びBのフィブリノーゲンからの放出を触媒し、フィブリンモノマーを産生する。 Thrombin catalyzes the release from fibrinogen fibrinopeptide A and B, to produce fibrin monomers. トロンビンはまた、トランスグルタミナーゼ、因子XIIIaを活性化し、これはフィブリンフィラメントに共有結合的に架橋するイソペプチド結合の形成を触媒する。 Thrombin also activates the transglutaminase, factor XIIIa, which catalyzes the formation of isopeptide bonds to crosslink covalently to fibrin filaments. 次に因子XIIIによってアルファー抗プラスミンがフィブリンフィラメント上に結合し、それによってフィラメントをプラスミンによる変性から保護する(例えば、ドーリトル(Doolittle)ら,アニューアル・レビュー・オブ・ バイオケミストリー(Ann.Rev.Biochem.)53巻:195〜229頁(198 4年)を参照されたい)。 Then alpha-antiplasmin is bonded onto the fibrin filaments by a factor XIII, thereby protecting the filament from degradation by plasmin (e.g., Doritoru (Doolittle) et al., Anyuaru Review of Biochemistry (Ann.Rev.Biochem. ) Vol. 53: 195-229, pp. (198 4 years), which is incorporated herein by reference). 組織が損傷した場合、一連の生物学的活性を示すポリペプチド成長因子は治療において決定的な役割を担っている創傷中へ放出される(例えば、ホルモナル・ プロテイン・アンド・ペプチド(Hormonal Proteins and Peptides)(リー(Li),C .H.ed)7巻,アカデミック・プレス・インコーポレイテッド(Academic Press ,Inc.),ニューヨーク,ニューヨーク 231〜277頁(1979年)及びブラント(Brunt)ら,バイオケミストリー(Biotechnology)6巻:25〜30 頁(1988年)を参照されたい)。 If the tissue is damaged, a polypeptide growth factor that shows a series of biological activity is released into the wound plays a decisive role in the treatment (e.g., Horumonaru Protein And Peptide (Hormonal Proteins and Peptides ) (Lee (Li), C .H.ed) 7 Volume, Academic Press, Inc. (Academic Press, Inc.), New York, New York 231-277 (1979) and Brandt (Brunt), et al., Biochem. (Biotechnology) 6 Volume: see 25-30 (1988)). これらの活性には、損傷領域中の白血球及び線維芽細胞などの再成長する細胞が含まれ、細胞の増殖及び分化を誘導する。 These activities include cell regrowth, such as leukocytes and fibroblasts in the damaged area, to induce the proliferation and differentiation of cells. 創傷治癒に関与し得る成長因子は、次のものを含むがこれに限定されない:血小板−誘導成長因子類(PDGF類);インシュリン−結合成長因子−1(IGF −1);インシュリン−結合成長因子−2(IGF−2);表皮成長因子(EG F);変換成長因子−α(TGF−α); 変換成長因子−β(TGF−β); 血小板因子4(PE−4);及びヘパリン結合成長因子1及び2(それぞれHB GF−1及びHBGF−2)。 Growth factors that may participate in wound healing include, but following ones are not limited to: platelet - derived growth factors, (PDGF acids); insulin - binding growth factor -1 (IGF -1); insulin - binding growth factor -2 (IGF-2); epidermal growth factor (EG F); transformation growth factor -α (TGF-α); transformation growth factor -β (TGF-β); platelet factor 4 (PE-4); and heparin binding growth factor 1 and 2 (respectively HB GF-1 and HBGF-2). PDGF類は循環血小板のアルファ顆粒中に蓄えられ、血液の凝固中、創傷部位で放出される(例えば、リンチ(Lynch)ら,ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(J.Clin.Invest.)84巻:640〜646頁(1 989年)を参照されたい)。 PDGF such is stored in the alpha granules of circulating platelets, blood coagulation is released at wound sites (e.g., Lynch (Lynch) et al., Journal of Clinical Investigations Institut ligation (J. Clin. Invest.) 84 Volume: 640-646 pages (1 989 years), which is incorporated herein by reference). PDGF類は次のものを含む:PDGF;血小板誘導脈管形成因子(PDAF);TGF−β;及びPF−4、これは好中球の化学誘引剤である(ナイトン(Knighton)ら,イン・グロウス・ファクターズ・アンド・アザー・アスペクツ・オブ・ウーンド・ヒーリング(in Growth Factors an d Other Aspects of Wound Healing):バイオロジカル・アンド・クリニカル・ インプリケーションズ(Biological and Clinical Implications),アラン・アール・リス・インコーポレイテッド(Alan R.Liss,Inc.),ニューヨーク,ニューヨーク,319〜329頁(1988年))。 PDGF acids include the following: PDGF; platelet-derived angiogenesis factor (PDAF); TGF-β; and PF-4, which is a chemoattractant for neutrophils (Knighton (Knighton) et al., In- Growth factor's and The Other Asupekutsu of Undo Healing (in Growth factors an d Other Aspects of Wound Healing): biological and Clinical implementation Keshonzu (biological and Clinical Implications), Alan R. squirrel Inc. (Alan R.Liss, Inc.), New York, New York, pp. 319-329 (1988)). PDGFはミトゲン、化学誘引剤、及び線維芽細胞及び平滑筋を含む、間葉に由来する細胞におけるタンパク合成の刺激剤である(例えば、エイデルマン−グリル(Adelmann-Grill)ら,ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー(Eur.J.Cell.Biol.) 51巻:322〜326頁(1990年)を参照されたい)。 PDGF is a mitogen, chemoattractant, and fibroblasts and smooth muscle, a protein synthesis stimulating agents in cells derived from mesenchymal (e.g., Eideruman - Grill (Adelmann-Grill) et al., European Journal of cell Biology Vol. 51 (Eur.J.Cell.Biol.): 322~326 (1990), which is incorporated herein by reference). IGF−1はPDGFと組み合わさって有糸分裂誘発及び培養間葉細胞に於けるタンパクの合成を推進する。 IGF-1 is to promote the synthesis of in protein in mitogenesis and culture mesenchymal cells in combination with PDGF. PDGF又はIGF−1のいずれか一方の皮膚創傷への適用では治癒が増強されないが、両方の因子をともに適用すると結合組織及び上皮組織の成長を推進するようである(リンチ(Lynch)ら,プロシーディング・オブ・ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンス(Proc.Natl.Acad. Sci.)76巻:1279〜1283頁(1987年))。 Although healing by application to one of the skin wounds PDGF or IGF-1 is not enhanced, it appears to promote the growth of connective tissue and both factors together applied and epithelial tissue (Lynch (Lynch), et al., Procedure Funding of National Academy of Science, Vol. 76 (Proc.Natl.Acad Sci..): 1279~1283 (1987)). TGF−βはマクロファージ及び単球の化学誘引剤である。 The TGF-beta is a chemoattractant for macrophages and monocytes. 他の成長因子の存在又は非存在に依存した、TGF−βは多くの細胞型の成長を刺激又は阻害し得る。 Depending on the presence or absence of other growth factors, TGF-beta can stimulate or inhibit the growth of many cell types. 例えば、インビボで適用する場合、TGF−βは治癒している皮膚創傷の引張強さを増加する。 For example, when applied in vivo, increasing the tensile strength of the skin wounds are TGF-beta has healed. TGF−βはまた、内皮細胞有糸分裂を阻害し、線維芽細胞によるコラーゲン及びグリコサミノグリカンの合成を刺激する。 TGF-β also inhibits endothelial cell mitosis, stimulate the synthesis of collagen and glycosaminoglycans by fibroblasts. EGF、TGF−α、HBGF類及びオステオゲニンなどのその他の成長因子はまた、創傷の治療において重要である。 EGF, TGF-alpha, and other growth factors such as HBGF acids and osteogenin are also important in the treatment of wounds. 胃の分泌物及び唾液に存在するEGF 、及び正常な及び転換された細胞によりつくられるTGF−αは、構造的に関連があり、同じ受容体を認識し得る。 EGF present in secretions and saliva of the stomach, and the TGF-alpha produced by normal and transformed cells, there are structurally related and may recognize the same receptors. これらの受容体は上皮細胞の増殖を媒介する。 These receptors mediate the proliferation of epithelial cells. 両方の因子は、皮膚創傷の上皮の再形成を促進する。 Both factors, promote re-formation of the epithelium of the skin wound. 外因性のEGFはケラチノサイト及び皮膚の線維芽細胞の増殖を刺激することによって創傷の治療を推進する(ナニー(Nonney)ら,ジャーナル・オブ・インベスティゲイティング・オブ・ダーマトロジー(J.Invest.Dermatol.)83巻:385〜393頁(19 84 年)及びコフェイ(Coffey)ら,ネイチャー(Nature)328巻:817〜82 0頁(1987年))。 The EGF exogenous promote treatment of wounds by stimulating the proliferation of keratinocytes and dermal fibroblasts (Nanny (Nonney) et al., Journal of Investing Institut gating Of Damato Biology (J.Invest. . Dermatol) 83 Volume: 385-393 pages (19 84 years) and Kofei (Coffey), et al., Nature (Nature) 328 Volume: 817-82 0 (1987)). EGFの局所的適用は、ヒトにおける部分的厚さの創傷の治療速度を促進する(シュルツ(Schulz)ら,サイエンス(Science)235 巻:350〜352頁(1987年))。 Topical application of EGF promotes treatment rate of wound partial thickness in humans (Schultz (Schulz), et al., Science (Science) 235 Volume: 350-352 (1987)). 脱ミネラル化した骨から精製されるオステオゲニンは、骨の成長を推進するようである(ルイテン(Luyten)ら,ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー(J.Biol.Chem.)264巻:1 3377頁(1989年)を参照されたい)。 Osteogenin purified from demineralized bone, appears to promote bone growth (bullous (Luyten) et al., Journal of Biological Chemistry (J.Biol.Chem) 264 Volume:. 1 3377 page see (1989)). さらに血小板抽出物は、局所的適用のための軟膏(salve又はointment)の形になっている血小板−誘導創傷治療処方が記載されている(例えば、ナイトン(Kinghton)ら,アニューアル・オブ・サージェリー(Ann.Surg.)204巻:322〜330頁(1986年)を参照されたい)。 Furthermore platelet extracts, platelets are in the form of an ointment (salve or ointment) for topical application - derived wound healing formulations have been described (e.g., Knighton (Kinghton) et al., Anyuaru Of Surgery (. Ann.Surg) 204 Volume: 322-330 (1986), which is incorporated herein by reference). ヘパリン結合成長因子類(HBGF類)はまた、線維芽細胞成長因子類(FG F類)としても知られ、酸性HBGF(aHBGFもまたHBGF−1又はFG F−1として知られる)及び塩基性HBGF(bHBGFもまたHBGF−2として知られる)を含み、上皮細胞を含む中胚葉細胞及び神経外胚葉細胞に対する有効なミトゲンである(例えば、バーゲス(Burgess)ら,アニューアル・レビュー・オブ・バイオケミストリー(Ann.Rev.Biochem.)58巻:575〜60 6頁(1989年))。 Heparin-binding growth factors, (HBGF acids) is also known as fibroblast growth factors, (FG F compound), the acidic HBGF (AHBGF also known as HBGF-1 or FG F-1) and basic HBGF (BHBGF also known as HBGF-2) comprises a useful mitogen for mesoderm cells and neuroectodermal cells in including epithelial cells (e.g., Burgess (Burgess) et al., Anyuaru review of Biochemistry ( . Ann.Rev.Biochem) 58 Volume: 575-60 6 (1989)). さらにHBGF−1は内皮細胞及び大グリア細胞に対して走化性である。 Further HBGF-1 is chemotactic for endothelial cells and astroglial cells. HBGF−1及びHBGF−2は両方ともヘパリンに結合し、 タンパク質の分解からそれらを保護する。 HBGF-1 and HBGF-2 are both bound to heparin, to protect them from degradation of the protein. HBGF類によって示される一連の生物学的活性は、これらが創傷治癒において重要な役割を担っていることを示唆している。 Range of biological activity exhibited by HBGF acids suggests that these play an important role in wound healing. 塩基性線維芽細胞成長因子(FGF−2)は脈管形成及び線維芽細胞の移動及び増殖の有効な刺激剤である(例えば、ゴスポダロウィッツ(Gospodarowicz) ら,モレキュラー・アンド・セルラー・エンドクリノロジー(Mol.Cell.Endoc inol,.)46巻:187〜204頁(1986年)及びゴスポダロウィッツ(Go spodarowicz)ら,エンドクライン・レビューズ(Endo.Rev.)8巻:95〜1 14頁(1985年)を参照されたい)。 Basic fibroblast growth factor (FGF-2) is an effective stimulant of migration and proliferation of angiogenesis and fibroblast (e.g., GORE-spot Aro Witz (Gospodarowicz) et al., Molecular and Cellular End chestnut Noroji (Mol.Cell.Endoc inol,.) 46 Volume: 187-204 (1986) and Gore-spot Darro Witz (Go spodarowicz) et al., the end Klein review's Vol. 8 (Endo.Rev.): 95~ 1 14-page see (1985)). 酸性線維芽細胞成長因子(FGF−1 )は内皮細胞の有効な脈管形成因子であると示されている(バーゲスら,前掲(1989年))。 Acidic fibroblast growth factor (FGF-1) has been shown to be effective angiogenic factors of endothelial cells (Burgess et al., Supra (1989)). しかし、FGF成長因子が線維芽細胞に対して化学走性であるにしても確立はされていない。 However, FGF growth factor is not the established even though there chemotactic against fibroblasts. 従って、成長因子は創傷治癒及び組織修復の特異的な促進に非常に有用である。 Thus, the growth factor is very useful for the specific promotion of wound healing and tissue repair. しかし、これらの創傷治癒の促進への使用は矛盾した結果を与える(例えば、 カーター(Carter)ら,イン・グロウス・ファクターズ・アンド・アザー・アスペクツ・オブ・ウーンド・ヒーリング:バイオロジカル・アンド・クリニカル・ インプリケーションズ,アラン・アール・リス・インコーポレイテッド,ニューヨーク,ニューヨーク,303〜317頁(1988年)を参照されたい)。 However, the use of the promotion of these wound healing gives inconsistent results (for example, Carter (Carter), et al., In-Growth Factor's and The Other Asupekutsu Of Undo Healing: Biological And Clinical implementation Keshonzu, Alan R. squirrel, Inc., New York, New York, pp. 303-317 (1988 years)). 例えば、ブタにおいて標準化された皮膚創傷に別々に適用したPDGF、IGF− 1、EGF、TGF−α、TGF−β及びFGF(HBGFとしても知られる) は、創傷において結合組織又は上皮の再生についてほとんど効果がなかった(リンチら,ジャーナル・クリニカル・インベステイゲーション 84巻:640〜 646頁(1989年))。 For example, PDGF is applied to a separately standardized skin wounds in pigs, IGF- 1, EGF, TGF-α, (also known as HBGF) TGF-beta and FGF are almost the connective tissue or epithelium regeneration in wound had no effect (Lynch et al., journal Clinical Investigations Stay interrogation volume 84: 640-646 (1989)). 残る因子については、TGF−βは単独で最大きい応答を剌激する。 The remaining factor, the TGF-beta to stimulated the most large response alone. しかしPDGF−bbホモダイマーとIGF−1又はTGF− αのようなファクターの組み合わせは、結合組織の再生及び外皮形成において劇的な増加をもたらす。 But a combination of factors such as PDGF-bb homodimer and IGF-1 or TGF-alpha leads to a dramatic increase in the regeneration and encrustation of connective tissue. (Id.)ツボイ(Tsuboi)らは、開いた創傷へのbFGF の日常的な適用は、治癒が減退したマウスにおいて創傷治癒を刺激するが、正常なマウスにおいては刺激しないことを報告している(ジャーナル・オブ・エクスペリメンタル・メディスン(J.Exp.Med.)172巻:245〜251頁(19 90年))。 (Id.) Tsuboi (Tsuboi) et al., Routine application of bFGF to an open wound, which stimulates wound healing in mice healed has declined, have reported that no irritation in normal mice (journal of Experimental Medicine (J.Exp.Med) 172 Volume:. 245-251, pp. (19 1990)). 一方、恐らく成長因子を含んでいるであろうブタ又はウシの血小板溶解産物の粗調製物の、ヒトの皮膚の創傷への適用は創傷の閉鎖の速度を高め、 治癒領域の細胞の数を増加し、血管の成長を増加させ、コラーゲンの沈着の全速度を増加させ、瘢痕組織の強度を強める(カーターら、前掲)。 On the other hand, perhaps of a crude preparation of platelet lysate is likely will porcine or bovine contain growth factors, the human skin into the wound applied increases the rate of wound closure, increase the number of cells in the healing area and increases the growth of blood vessels, increase the total rate of deposition of collagen, enhance the strength of the scar tissue (Carter et al., supra). このような矛盾した結果の理由はわかってはいないが、通常の一連の生物学的活性を示し得る方法による創傷への成長因子の適用における困難さの結果であろう。 The reasons for such inconsistent results are not the known, but could be the result of difficulties in the normal application of the growth factor to the wound by a series of methods capable of exhibiting biological activity. 例えば、数種の成長因子受容体は、最大の生物学的作用の産出を少なくとも12時間占有しなければならないと現在では考えられている(プレスタ(Presta )ら、Cell Regul.2巻:719〜726頁(1991年)及びルスナチ(Rus nati) ら、ジャーナル・オブ・セルラー・フィジオロジー(J.Cell.Physiol.)15 4巻:152〜161頁(1993年))。 For example, several growth factor receptors, the must occupy a maximum of the production of biological effects at least 12 hours are considered at present (Puresuta (Presta) et al, Cell Regul.2 Volume: 719~ 726 (1991) and Rusunachi (Rus nati), et al., journal of cellular Physiology 15 Volume 4 (J.Cell.Physiol.): 152~161 (1993)). このような矛盾した結果のために、 創傷治癒の刺激における成長因子の外因的な適用による役割は明らかではない。 For such inconsistent results, the role by exogenous application of growth factors in stimulating wound healing is not clear. さらに、創傷と成長因子の間の接触を長引かせるための、成長因子を創傷へ適用することによる方法は現在知られていない。 Furthermore, for prolonging the contact between the wound and the growth factor, a method by applying growth factors to a wound it is not presently known. B. B. TS類 血漿タンパクを含むTS類及び外科手術用接着剤は、骨及び皮膚などにおける創傷の内部又は外部を密閉するために用いられ、血液の損失を減少し、止血を維持する。 TS acids including TS such plasma proteins and surgical adhesive is used to seal the internal or external wounds in such as bone and skin, reduces blood loss and maintain hemostasis. このようなTS類は、血液凝固因子及び他の血液タンパクをを含む。 Such TS acids include blood clotting factors and other blood proteins. フィブリンシーラントとも呼ばれているFGは、血漿から調製される天然の凝塊に類似するゲルである。 FG, also called fibrin sealant, is a gel similar to a natural clot which is prepared from plasma. 各FGの正確な成分は、出発物質として使用される特定の血漿画分の機能である。 The exact components of each FG are a specific function of the plasma fraction used as the starting material. 血漿成分の分画は、エタノール、ポリエチレングリコール、及び硫酸アンモニウム沈殿、イオン交換及びゲル濾過クロマトグラフィーなどの標準的なタンパク精製法によって行う。 Fractionation of plasma components do, ethanol, polyethylene glycol, and ammonium sulfate precipitation, by standard protein purification methods such as ion exchange and gel filtration chromatography. 典型的なFGは微量のアルブミン、 フィブロネクチン、プラスミノーゲンを含有する。 Typical FG containing albumin traces, fibronectin, plasminogen. カナダ、欧州及び恐らくどの地域でも市販で入手可能なFGはまた、安定化剤としてアプロチニンも典型的に含有する。 Canada, FG commercially available in Europe and possibly every region also aprotinin also typically contain as a stabilizer. FG類は通常、次のものから製造される:(1)フィブロネクチン、因子XI II、及びフォンウィレブラント(von Willebrand)因子を含有するフィブリノーゲン濃縮物;(2)乾燥ヒト又はウシトロンビン;及び(3)カルシウムイオン。 FG acids are usually prepared from: (1) fibronectin, factor XI II, and von Wie Les Brandt (von Willebrand) fibrinogen concentrate containing factor; (2) dried human or bovine thrombin; and (3 ) calcium ion. 商業生産されたFG類は通常、ウシの成分を含有する。 FG acids that are commercially produced usually contains components of cow. フィブリノーゲン濃縮物は寒冷沈降反応、次いで濾過によって血漿から製造し、トロンビンとカルシウムイオンのようなトロンビン活性化剤の混合物の、シーラント又は凝塊の形の組成物を得る。 Fibrinogen concentrates cryoprecipitation, then prepared from plasma by filtration to give a mixture of thrombin-activated agents such as thrombin and calcium ions, the composition in the form of a sealant or clot. フィブリノーゲン及びトロンビン濃縮物は凍結乾燥して製造され、使用する前に塩化カルシウムの溶液と速やかに混合する。 Fibrinogen and thrombin concentrates are prepared by freeze-drying, mixing rapidly a solution of calcium chloride before use. 混合したら、組織表面上で凝固させ、架橋フィブリンを含む凝塊を形成する組織に成分を適用する。 Once mixed, solidified on a tissue surface, the tissue applies a component to form a clot that includes cross-linked fibrin. フィブリノーゲン濃縮物に存在する因子XIIIは架橋を触媒する。 Factor XIII present in the fibrinogen concentrate catalyzes the crosslinking. オーストラリア特許第75097/87号は1成分の接着剤を記載している。 Australian Patent No. 75097/87 describes a glue of one component. これはフィブリノーゲンの水溶液、因子XIII、アンチトロンビンIIIのようなトロンビン阻害剤、プロトロンビン因子、カルシウムイオン、及び必要であればプラスミン阻害剤を含む。 This includes an aqueous solution of fibrinogen, Factor XIII, thrombin inhibitors such as antithrombin III, prothrombin factors, calcium ions, and plasmin inhibitor, if necessary. ストロエトマン(Stroetmann),米国特許第4, 427,650号及び同第4,427,651号は、創傷の閉鎖及び治癒を増強する、フィブリノーゲン、トロンビン及び/又はプロトロンビン、及びフィビリン溶解阻害剤、及びまた血小板抽出物のような他の成分も含有する粉末また噴霧可能な製剤の形の濃血漿誘導体の製造について記載している。 Sutoroetoman (Stroetmann), U.S. Patent No. 4, No. and the No. 4,427,651 427,650 enhances the closure and healing of wounds, fibrinogen, thrombin and / or prothrombin, and Fibirin dissolution inhibitor, and also It describes other also manufacture of concentrated plasma derivative in the form of a powder also sprayable formulations containing ingredients such as platelet extracts. ローズ(Rose)らの米国特許第4,627,879号及び同第4,928,603号は、フィブリノーゲン及び因子XIIIを含む寒冷沈降懸濁液の製造方法及びFG製造のための該懸濁液の使用を開示している。 Rose (Rose) et al., U.S. Pat. No. and the No. 4,928,603 No. 4,627,879, said suspensions for preparation and FG produced cryoprecipitate suspension containing fibrinogen and Factor XIII It discloses the use of. JP 1−99565は、創傷治癒のためのフィブリン接着剤の製造のためのキットを開示している。 JP 1-99565 discloses a kit for the preparation of fibrin adhesives for wound healing. アルターバウム(Alte rbaum)(米国特許第4,714,457号)及びモース(Morse)ら(米国特許第5,030,215号)は、自系のFG製造のための方法を開示している。 Alter Baum (Alte Rbaum) (U.S. Pat. No. 4,714,457) and Morse (Morse) (U.S. Pat. No. 5,030,215) discloses a process for the FG preparation of autologous . さらに、改良FGデリバリーシステムは、次のいずれかに開示されているミラー( Miller)ら,米国特許第4,932,942号及びモースら,PCT出願WO9 1/09641号)。 Furthermore, improved FG delivery systems, Miller (Miller) et al., Which is disclosed in any of the following U.S. Patent Nos. 4,932,942 and Morse et al., PCT Application WO9 No. 1/09641). イムノ AG(IMMUNO AG)(ウィーン、オーストリア)及びベーリングヴェルケ(BEHRINGWERKE)(ドイツ)(ギブル(Gibble)ら, トランスフュージョン(Transfusion)30巻:741〜747頁(1990年) )は、FG類を現在欧州及びほかの地域で市販している(例えば、イムノAGが所有する米国特許第4,377,572号及び同第4,298,598号を参照されたい)。 Immunoblotting AG (IMMUNO AG) (Vienna, Austria) and the Bering Vel Ke (BEHRINGWERKE) (Germany) (Giburu (Gibble), et al., Trans-fusion (Transfusion) 30 Volume: 741-747 (1990)) is, the FG class are commercially available in the current European and other regions (e.g., like immunoaffinity AG is referred to U.S. Patent No. 4,377,572 and ibid. No. 4,298,598 owned). TS類は米国では市販されていない。 TS class is not commercially available in the United States. しかし、米国赤十字社及びバクスター/ハイランド(BAXTER/HYLAND)(ロサンジェルス,カリフォルニア)は最近FG(ARC/BH FG)を共同開発し、現在臨床試験中である。 However, the American Red Cross and Baxter / Highland (BAXTER / HYLAND) (Los Angeles, California) recently co-developed a FG (ARC / BH FG), is currently in clinical trials. 米国国外で臨床的に使用されているTS類はある種の臨床上の危険性が持ち上がり、米国では使用のための食物又は薬物による投与は認可されていない。 TS class in clinical use outside the United States lifts risk on certain clinical administration by food or drugs for use in the United States have not been authorized. 例えば、欧州で許可されているTS類は、アプロチニン及びウシトロンビンなどの非−ヒト由来のタンパクを含んでいる。 For example, TS such that is allowed in Europe, non such aprotinin and bovine thrombin - containing protein derived from human. これらのタンパクは非−ヒト由来であるので、人々はこのタンパクに対してアレルギー反応を起こし得る。 These proteins non - since it is derived from human, people may cause allergic reactions to this protein. 欧州では、FG の成分中に存在するウイルスの不活性化に加熱失活を使用している。 In Europe, using heat inactivation inactivation of viruses present in the components of the FG. しかし、この加熱失活法は、アレルギーになり得る変性タンパクを生じ得る。 However, this heating Shitsukatsuho can result denatured protein which may be allergic. さらに、この失活法は、TS類中にウシタンパクを使用しているためにTS類中に存在し得る、ウシの海綿様脳症「狂牛病」を引き起こすプリオン(prion)が失活されないという心配がある。 In addition, concern that this inactivation method, may be present in the TS class due to the use of bovine in the TS class, prions that cause spongiform encephalopathy, "mad cow disease" in cattle (prion) is not deactivated there is. この病気は「スクレイピー(scrapies)」と呼ばれヒツジからウシへすでに交雑している考えらえているので、ヒトに感染し得るということは些細な問題ではない。 Because this disease is Kangaerae you have already crossed to cattle from sheep is called "scrapie (scrapies)", is not a trivial problem that can infect humans. ARC/BHFGはウシタンパクを含んでいないので、欧州で入手可能なTS 類に勝るものである。 Since the ARC / BHFG does not include the bovine, it is nothing better than to TS class available in Europe. 例えば、ARC/BH TSはウシトロンビンの代わりにヒトトロンビンを含み、アプロチニンを含まない。 For example, ARC / BH TS contains human thrombin instead of bovine thrombin free of aprotinin. ARC/BH FGはウシタンパクを含まないので、欧州で入手可能なTS類よりもヒトに於けるアレルギーが少ない。 Since ARC / BH FG does not contain bovine, in allergic less in humans than possible TS acids available in Europe. さらに、ARC/BH FGは、溶媒デタージェント法(solvent det ergentmethod)によりウイルスが不活性化され、この方法は生成する変性タンパクがより少なく、従って欧州で入手可能なものよりもアレルギーが少ない。 Further, ARC / BH FG is virus inactivated by the solvent detergent method (solvent det ergentmethod), the method is less denatured protein to produce, allergies are less than those available Accordingly in Europe. 従って、ARC/BH FGは、現在他の国で市販で入手可能なTS類に勝っている。 Therefore, ARC / BH FG has won currently in the TS such commercially available in other countries. FGは、主として臨床の局所的な適用のために処方され、出血を抑え、止血を維持し創傷の治癒を推進するために用いられる。 FG is primarily formulated for clinical topical application, suppressing bleeding, it is used to promote the healing of maintaining hemostasis wound. FGの臨床的用途は最近、再検討されている(ギブルら,トランスフュージョン 30巻:741〜747頁( 1990年);ラーナー(Lerner)ら,ジャーナル・オブ・サージカル・リサーチ(J.Surg.Res.)48巻:165〜181頁(1990年))。 Clinical applications of the FG has recently been reviewed (Giburu et al., Transformer Fusion Vol. 30: 741-747 (1990); Lerner (Lerner), et al., Journal of Surgical Research (J.Surg.Res .) Vol. 48: 165-181 (1990)). 組織を密閉することによりFGは空気又は体液漏出を防止し、止血を誘発し、出血、血腫、 感染などの創傷治癒を妨害し得る事象を減少又は防止することによって創傷治癒に間接的に寄与する。 FG by sealing a tissue to prevent air or fluid leaks, induces hemostasis, bleeding, hematoma, contribute indirectly to wound healing by reducing or preventing events which may interfere with wound healing such as infection . FGは止血を維持し、血液の損失を減少するけれども真の損失治癒特性を有することはまだ証明されていない。 FG maintains hemostasis, to have a true loss healing properties but reduced blood loss has not yet been proven. FGは、骨及び皮膚の損傷のような内部と外部の両方の損傷に適しており、止血の維持に有用であるので、 その創傷治癒特性の増強に望ましいものである。 FG is suitable for both internal and external damage, such as damage to the bone and the skin, since it is useful to maintain hemostasis, it is desirable to enhance its wound healing properties. フィブリノーゲン濃度が約39g/lであり、トロンビン濃度が200〜60 0U/mlであるFGは著しく増加した応力、エネルギー吸収及び弾性値を有する凝塊を生じる(バイアン(Byrne)ら,ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ サージェリー(Br.J.Surg.)78巻:841〜843頁(1991年))。 A fibrinogen concentration of about 39g / l, the concentration of thrombin is 200-60 0U / ml FG significantly increased stress, resulting in coagulum having energy absorption and elasticity values ​​(Biron (Byrne) et al., British Journal of Surgery Vol. 78 (Br.J.Surg.): 841~843 (1991)). フィブリン凝塊で満たされ(5mg/ml)、皮下に埋め込まれた貫通テトロンシリンダーは、空のシリンダーと比較したとき、コラーゲンの沈着増加の誘発を含む組織の肉芽形成を刺激する(ヘデリン(Hedelin)ら,ヨーロピアン・サージカル・リサーチ(Eur.Surg.Res.)15巻:312頁(1983年))。 Filled with fibrin clot (5 mg / ml), through tetronic cylinder embedded subcutaneously, when compared to empty cylinders, it stimulates granulation tissues including induction of increased deposition of collagen (hederin (Hedelin) et al., European Surgical research Vol. 15 (Eur.Surg.Res.): 312 (1983)). C. C. 骨創傷とその修復 一連の骨(bone induction)誘導は、ウリスト(Urist)らによって最初に記載され、脱ミネラル化した皮質性骨マトリックスを使用するものである(クリニカル・オルソペディクス・アンド・リレイテッド・リサーチ(Clin.Orthop.Re l.Res.)71巻:271頁(1970年)及びプロシーディング・オブ・ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンス・オブ・USA(Proc.Natl.Acad.Sc i.USA)70巻:3511頁(1973年))。 Bone wound and its repair series of bone (bone induction) induction was first described by Urisuto (Urist), et al., Is to use cortical bone matrix demineralized (Clinical ortho Pedi box-and-Rireiteddo research Vol. 71 (Clin.Orthop.Re l.Res.): 271 (1970) and the Proceedings of National Academy of Science of · USA (Proc.Natl.Acad.Sc i.USA ) Vol. 70: 3511, pp. (1973)). 同種異系のレシピエントに皮下的に埋め込まれた脱ミネラル化皮質性骨マトリックスは局所のミトゲンとして作用する因子を放出し間葉細胞の増殖を刺激する(ラス(Rath)ら,ネイチャー( ロンドン)278巻:855頁(1979年))。 Allogeneic demineralized cortical bone matrix embedded in the recipient subcutaneously of stimulating the proliferation of the released mesenchymal cells factors acting as a mitogen for topical (Las (Rath), et al., Nature (London) 278 Volume: 855 (1979)). 新たな骨形成が埋め込み後1 2日から18日の間に起こる。 New bone formation occurs during the 18 days from the 1 two days after implantation. 造血骨髄系統で充満した小骨の発達は21日までに起こる(レデイー(Reddi),A.,イン・エクストラセルラー・マトリックス・バイオケミストリー(in Extracellular Matrix Biochemistry)(ピーツ(Pi ez)ら,ed.)エルセビアー(Elsevier),ニューヨーク,ニューヨーク,37 5〜412頁(1984年))。 Development of filling the ossicles in the hematopoietic marrow lineage occurs in up to 21 days (Redei (Reddi), A., In Extra cellular matrix Biochem (in Extracellular Matrix Biochemistry) (Peet (Pi ez) et al, ed.) Erusebia (Elsevier), New York, New York, 37 pp. 5-412 (1984)). 脱ミネラル化骨マトリックス(DBM)は骨形成タンパク(BMP)として知られる骨誘発タンパク源であり、骨細胞の先祖の増殖を調節する成長因子である(例えば、ホイスカ(Hauschka)ら,ジャーナル・オブ・バイオケミストリー2 61巻:12665〜12674頁(1986年)及びカナリス(Canalis)ら,ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション 81巻:277 〜281頁(1988年)を参照されたい)。 Demineralized bone matrix (DBM) is a bone inducing protein source, known as a bone morphogenetic protein (BMP), a growth factor which regulates the proliferation of bone cells ancestors (e.g., whiskers (Hauschka) et al., J. Biochemistry 2 Vol. 61: 12665-12674 (1986) and Canalis (Canalis), et al., journal of Clinical Investigations Institute interrogation Vol. 81: 277-281 (1988), which is incorporated herein by reference). 8つのBMPが現在同定されており、BMP−1からBMP−8と略記されている。 Eight BMP has now been identified and are abbreviated from BMP-1 and BMP-8. BMP−3及びBMP−7はまた、それぞれオステオゲニン(osteogenin)及び骨形成タンパク−1(OP− 1)として知られている。 BMP-3 and BMP-7 is also known, respectively, as osteogenin (osteogenin) and bone morphogenetic protein -1 (OP- 1). 残念ながら、DBM物質は粒子状骨髄自己移植と組み合わせない限り、臨床上の用途は殆ど無い。 Unfortunately, DBM materials unless combined with particulate bone marrow autologous transplantation, clinical applications there is little. レシピエントの骨に外科的に注入し、治療効果をあげ得るD BMの量は制限されている。 Surgically implanted into the bone of the recipient, the amount of D BM that may increase the therapeutic effect is limited. さらに、吸収は少なくとも49%であると報告されている(トリウミ(Toriumi)ら,アチーヴス・オブ・オトラリンゴロジー−ヘッド・アンド・ネック・サージェリー−(Arch.Otolaryngo.Head Neck Surg. )116巻:676〜680頁(1990年))。 In addition, the absorption has been reported to be at least 49% (Chokai (Toriumi) et al., Achivusu-of-au tiger apple Rosie - head-and-neck Surgery -. (Arch.Otolaryngo.Head Neck Surg) 116 Vol. : 676-680 (1990)). DBM粉末及びオステオゲニンは骨誘発潜在性が発現される前に、組織液により洗い流され得る。 DBM powder and osteogenin before the osteoinductive potential is expressed, can be washed away by tissue fluids. さらに、DBMパックされた骨腔への組織液の浸出又は創傷床への軟組織虚脱は、DBM及びオステオゲニンの骨誘発特性に有意に影響し得る2つの因子である。 Further, leaching or soft tissue collapse into the wound bed tissue fluids into DBM-packed bone cavities are two factors that may significantly affect the osteoinductive properties of DBM and osteogenin. 創傷床への軟組織虚脱は、創傷床内への骨適応幹細胞の適切な移行を同様に阻害し得る。 Soft tissue collapse into the wound bed may likewise inhibited the proper migration of bone adaptation stem cells into the wound bed. 粉末状のヒトDBMはアメリカの歯科医によって、口腔手術の間にできた顎骨腔をパックするために現在使用されている。 Powdered human DBM by American dentists, are currently used to pack jaw bone cavities made between oral surgery. しかし、粉末状のDBMは使用が困難である。 However, powdered DBM is difficult to use. 精製BMP類は、FG(ハットリ(Hattori)ら,日本整形外科学会雑誌(Nip pon.Seikeigeka.Gakkai.Zasshi.)64巻:824〜834頁(1990年) ;カワムラ(Kawamura)ら,クリニカル・オルソペディクス・アンド・リレイテッド・リサーチ235巻:302〜310頁(1988年);シュラグ(Schlag )ら,クリニカル・オルソペディクス・アンド・リレイテッド・リサーチ227 巻:269〜285頁(1988年)及びシュワルツら,クリニカル・オルソペディクス・アンド・リレイテッド・リサーチ238巻:282〜287頁(19 89年))、及び全血凝塊(ワン(Wang)ら,ジャーナル・オブ・セルラー・バイオケミストリー(J.Cell.Biochem.)15F:Q20 アブストラクト(1 990年))を含む様々な方法によって投与 Purified BMP class is, FG (Hattori (Hattori), et al., Nihonseikeigekagakkai magazine (Nip pon.Seikeigeka.Gakkai.Zasshi) 64 Volume:. 824-834 (1990); Kawamura (Kawamura) et al., Clinical ortho Pedikusu-and-Rireiteddo research 235 Volume: 302-310 (1988); Shrug (Schlag) et al., Clinical ortho Pedy box-and-Rireiteddo research 227 Volume: 269-285 (1988) and Schwartz et al., Clinical ortho Pedy box-and-Rireiteddo research 238 Volume: 282-287 pages (19 1989)), and whole blood clot (one (Wang), et al., journal of cellular Biochemistry (J. . Cell.Biochem) 15F: Q20 Abstract (1 990 years)) administered by a variety of methods including れたとき、動物において骨誘発作用を有する。 When, with bone-inducing activity in animals. しかし、シュワルツら(前掲)は、異所性の骨誘発又はBMP依存性の骨再生におけるFGの明らかな正の作用も負の作用も実証してはいない。 However, Schwartz et al. (Supra) is not be demonstrated negative effect also obvious positive effect of FG ectopic in bone induction or BMP-dependent bone regeneration. カワムラら(前掲)は、FG中の部分精製BMPを異所性の非骨部位中で試験した場合に、相乗効果を見いだした。 Kawamura et al. (Supra) when tested partially purified BMP in FG in a non-bone sites ectopically found a synergistic effect. TSはまた、創傷領域中へ移動し新しい組織を産生するために使用し得る細胞である「スカフォルド(scaffold)」としても供給し得る。 TS may also be provided as a cell that can be used to produce new tissue to move into the wound area "scaffold (scaffolded)". しかし、市販で入手可能なFG及び他のTS類の調製品は非常に密度が濃いために、調製品中への及びそれを通る、細胞の移動が不可能になる。 However, in order FG and other TS such preparations are very density dark commercially available, therethrough and into the preparation, it is impossible to move the cell. このことによってインビボ使用での調製品の効果が制限されることがある。 This by some that the effect of the preparation in vivo use is limited. 骨癒着欠損と呼ばれている骨創傷のあるタイプでは、その上に新たな骨形成が自然には起こらない極微の隙間が存在する。 In certain types of bone wounds are called bone adhesion defects, the new bone formation on the presence gap infinitesimal not occur naturally. 臨床上、これらの状況のための治療は骨移植である。 Clinical, treatment for these situations is bone grafting. しかし、骨自己移植源は普通限られており、同種異系の骨の使用はウイルス汚染の高い危険性を伴う。 However, bone autograft sources are limited usually, use of bone of allogeneic is accompanied by a high viral contamination risk. この状況のために脱ミネラル化された、 ウイルスを不活性化した骨粉末を誘引溶液として用いる。 Was demineralized for this situation, use of bone powder was inactivated virus as an attractant solution. D. D. 血管プロテーゼ 人工血管プロテーゼは、通常ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)から製造され、ヒト及び他の動物の病的な血管の代わりに使用される。 Vascular prosthesis vascular graft prosthesis is typically made from polytetrafluoroethylene (PTFE), it is used in place of pathological vessels of humans and other animals. 血管プロテーゼの開通性の程度を最大にし、凝塊形成を最小にするために、プロテーゼ上への非自己の内皮細胞の接種を含む様々な技術が用いられてきた。 The degree of patency of the vessel prosthesis to maximize, to agglomeration to minimize a variety of techniques, including inoculation of non-self endothelial cells onto the prosthesis has been used. 血管移植片と内皮細胞の両方に付着する様々な基質が、内皮細胞接種を増強する中間体基質として研究されてきた。 Various substrates which adhere both vascular graft and endothelial cells have been investigated as an intermediate substrate to enhance endothelial cell seeding. これらの基質は凝固前の血液(ヘリング(Herring)ら,サージェリー(Surgery)84巻:498〜504頁(1978年))、FG(ローゼンマン(Rosenman)ら,ジャーナル・オブ・バスキュラー・サージェリー(J.V asc.Surg.)2巻:778〜784頁(1985年);シュレンク(Schrenk) ら,ソーラシック・アンド・カーディオバスキュラー・サージェリー(Thorac. Cardiovasc. These substrates before the coagulated blood (Herring (Herring), et al., Surgery (Surgery) 84 Volume: 498-504, pp. (1978)), FG (Rosen Man (Rosenman) et al., Journal of Vascular Sur (. J.V asc.Surg) Jerry Volume 2:. 778-784 (1985); Schlenk (Schrenk) et al., Sorashikku-and-Cardiovascular Surgery (Thorac Cardiovasc. ク・アンド・カーディオバスキュラー・サージェオン(Thorac.Cardiovasc.Su rgeon)34巻:49〜51頁(1986年)及びジラ(Zilla)ら,サージェリー105巻:515〜522頁(1989年))、フィブロネクチン(例えば、ケスラー(Kesler)ら,ジャーナル・オブ・バスキュラー・サージェリー3巻:58〜64頁(1986年);マセラク(Macarak)ら,ジャーナル・オン・ セルラー・フィジオロジー(J.Cell.Physiol.)116巻:76〜86頁(1 983年)及びラマナンジェノナ(Ramalanjenona)ら,ジャーナル・オブ・バスキュラー・サージェリー3巻:264〜272頁(1986年)を参照されたい)、又はコラーゲン(ウィリアムス(Willams)ら,ジャーナル・オブ・サージカル・リサーチ38巻:618〜629頁(19 Click-and-cardiovascular-Sajeon (Thorac.Cardiovasc.Su rgeon) 34 Volume: 49-51 (1986) and Zillah (Zilla), et al., Surgery 105 Volume: 515-522 (1989)), fibronectin (for example, Kessler (Kesler), et al., journal of Vascular Surgery Volume 3: 58-64 (1986); Maseraku (Macarak) et al., journal on cellular Physiology (J.Cell. . Physiol) 116 Volume: 76-86 pages (1 983 years) and Ramananjenona (Ramalanjenona) et al., journal of Vascular Surgery Volume 3: 264-272 (1986), which is incorporated herein by reference), or collagen (Williams (Willams), et al., journal of Surgical research, Vol. 38: 618-629, pp. (19 5年))を含む。 Including 5 years)). しかし、 これらの技術に関するひとつの一般的な問題は、接種に非自己の細胞を用いるため組織拒絶反応の可能性が生じるということである(例えば、シュレンクら,前掲)。 However, regarding one common problem these techniques is that the possibility of tissue rejection for using non-autologous cells inoculation occurs (e.g., Schrenk et al., Supra). さらに、融合性の内皮は通常、決してつくられるものではなく、作られるとしても数カ月を要する。 Furthermore, fusion of the endothelium is usually no means intended to be made, requiring several months even made. この遅れの結果、血管プロテーゼは大きい閉塞(occl usion)速度を有する(例えば、ジラら,前掲)。 The result of this delay, the vascular prosthesis has a large obstruction (OCCl usion) rate (e.g., Jirara, supra). E. E. 脈管形成 脈管形成は新たな血管を誘導する。 Angiogenesis Angiogenesis induce new blood vessels. HBFG−1及びHBFG−2などの、ある成長因子は脈管形成性の成長因子である。 Such HBFG-1 and HBFG-2, growth factor is a growth factor angiogenic. しかし、コラーゲン海綿(トンプソン(Tompson)ら,サイエンス 241巻:1349〜1352頁(1988年));ビーズ(ヘイエク(Hayek)ら,バイオケミカル・アンド・バイオフィジカル・リサーチ・コミュニケーションズ(Biochem.Biophys.Res.Commun.)1 47巻:876〜880頁(1987年));海綿状構造に配列されたコラーゲンでコテーィングされた固形PTFEファイバー(トンプソンら,プロシーディング・オブ・ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンス USA(Proc.Natl .Acad.Sci.USA)86巻:7928〜7932頁(1989年))を伴った投与;又は注入(プーマラ(Puumala)ら,ブレイン・リサーチ(Brain Res.)5 34巻:283〜286頁(1990年))は不規則で無秩序な血管の発生をもたらす。 However, collagen sponges (Thompson (Tompson), et al., Science 241, Volume: 1349-1352 (1988)); beads (Heieku (Hayek), et al., Bio-Chemical and Biophysical Research Communications (Biochem.Biophys.Res . .Commun) 1 47 Volume: 876-880 (1987)); sponge-like structure is Kotingu in the array of collagen in the solid PTFE fiber (Thompson et al., Proceedings of the National Academy of Sciences USA (Proc.Natl .Acad.Sci.USA) 86 Volume:; (. Brain Res) 7928~7932 pages administration accompanied by (1989)) or infusion (Puumala (Puumala) et al., Brain research 5 34 Volume: 283 pp. ~286 (1990)) results in the occurrence of irregular and chaotic blood vessels. これらの成長因子は、インビボで一定の部位にて新しい血管の成長にうまく向かわせるように用いられていない。 These growth factors have not been used to direct well to the growth of new blood vessels at a fixed site in vivo. さらに、プラスチックガラスチェンバー中の皮下的に埋め込まれたフィブリンゲル(0.5〜10mg/ml)は、空のチェンバー又は食塩水培養液で満たしたチェンバーと比較すると、埋め込みから4日以内で脈管形成を誘導する(ドボラク(Dvorak)ら,ラボラトリー・インベスティゲーション(Lab.Invest.)57巻:673頁(1987年))。 Furthermore, subcutaneously embedded in fibrin gels (0.5 to 10 mg / ml) of the plastic glass Chen in bar is different from the chamber filled with empty chamber or saline culture vessels within 4 days after embedding to induce the formation (Dvorak (Dvorak), et al., Laboratory Investigations Institute interrogation (Lab.Invest) 57 Volume:. 673 (1987)). F. F. 部位指向的、局所化ドラッグデリバリー 有効な、部位指向性のドラッグデリバリーシステムは医薬の幾つかの領域では非常に必要である。 Site-directed, localized drug delivery effective, site-directed drug delivery system is greatly needed in several areas of medicine. 例えば、局所化ドラッグデリバリーは、歯周炎のような抗菌剤の全身的な投与が効かない局所的な感染の治療に必要である。 For example, localized drug delivery is needed in the treatment of topical infections systemic administration of antimicrobial agents such as periodontitis does not work. 全身的投与後の問題は、普通、標的部位に到達し得る抗菌剤の濃度の低さにある。 After systemic administration problem, usually in low concentrations of the antimicrobial agents that may reach the target site. 局所的な濃度を上げるために全身的な用量を増加することは効果的ではあるだろうが、同時に毒性、微生物の耐性及び薬物不適合をもたらし得る。 It would be effective in increasing the systemic dose in order to increase the local concentration but may simultaneously result in toxicity, resistance and drug incompatibility of microorganisms. これらの問題を克服するために幾つかの別の方法が考案されているがどれも理想的ではない。 While some of the other way in order to overcome these problems have been devised not none ideal. 例えば、非結晶の流動性マスとして、水性媒質に分散したコラーゲン及び/又はフィブリノーゲン及び安定な配置を可能にするタンパク様のマトリックス組成物もまた、薬物を局所的にデリバーすることが示されている(ルック(Luck)ら,米国再発行特許第33,375号;ルックら,米国特許第4,978,332号)。 For example, as a flowable mass of non-crystalline matrix composition proteinaceous that enables distributed collagen and / or fibrinogen and stable placement in an aqueous medium it is also locally shown to deliver the drug (look (Luck) et al., U.S. reissue Pat. No. 33,375; look et al., U.S. Pat. No. 4,978,332). しかし、様々な抗生物質(AB)がFGから、比較的低い濃度で、数時間から数日の範囲の比較的短時間放出されると報告されている(クラム(Kram)ら,ジャーナル・オブ・サージカル・リサーチ50巻:175〜178頁(1991年) )。 However, from a variety of antibiotics (AB) is FG, at relatively low concentrations, has been reported to be relatively short-lasting release ranging from a few hours to a few days (clam (Kram) et al., J. Surgical research Vol. 50: 175-178 (1991)). 大部分のAB類は自由に水に溶解し、調製するときはTS類中に加えられてきた。 AB class Most freely soluble in water, when preparing have been added to the TS class. しかし、TET HCl及びFG中への自由に水に溶解する他のAB類の併合は、AB−添加FGを形成する間のフィブリンの重合を妨害する(シュラグ(Schlag)ら,バイオマテリアルズ(Biomaterials)4巻:29〜32頁(19 83年))。 However, free merging of other AB class to be dissolved in water into TET HCl and FG interferes with polymerization of fibrin during the formation of the AB- added FG (Shrug (Schlag) et al., Biomaterials (Biomaterials ) Volume 4: 29 to 32 pages (19 83 years)). この妨害は、AB−FG混合物中に達成し得るTET HClの量と濃度を制限し、AB濃度依存性であるようだった。 This interference, limits the amount and concentration of the TET HCl that could be achieved during AB-FG mixture and appeared to be AB concentration dependent. FGからのABの比較的短い放出時間はAB−添加TSの比較的短い寿命及び/又はAB−TS中のABの形及び/又は量を反映し得る。 Relatively short release time of the AB from the FG may reflect the shape and / or amount of AB relatively short life and / or AB-TS of AB- added TS. G. G. TS類からの薬物放出の制御 幾つかの臨床的応用のために、制御され、局所化された薬物放出は望ましいものである。 For controlling several clinical applications of the drug release from the TS include, controlled, localized drug release is desirable. 前記で論じたように、幾つかの薬物、特にAB類はFGのようなTS 類に取り込まれ、そこから放出されている。 As discussed above, some drugs, especially AB class incorporated into TS, such as FG, is released therefrom. しかし、薬物を補足したFGの比較的短い寿命を少なくとも部分的に明らかに反映する薬物放出の持続期間は、ほとんどあるいは全く制御されていない。 However, the duration of the at least partially clearly reflect that drug release relatively short lifetime of the FG supplemented with drugs have not been little or no control. したがって、延長された、局所的な薬物放出を可能にするためのFG及び他のTS類を安定化する方法は、TSからの他の補足物の取り込みと延長された放出のための新しい技術と同様、望ましくそして必要なものである。 Therefore, it extended, a method for stabilizing the FG and other TS class to allow local drug release, a new technology for the release which is extended with the incorporation of other supplements from TS Similarly, it is desirable and necessary. H. H. 開示するTS製品は外傷の救命救急処置を提供する 外傷の看護は進歩が継続しているにも拘らず、軍隊でも民間でも毎年相当の割合が致命的または重症の出血に悩んでいる。 TS products that disclosure despite the progress nursing trauma to provide life-saving emergency treatment of trauma is continuing, equivalent to the proportion of every year in the private sector in the army is suffering from bleeding of fatal or severe. 適当な機器と訓練があれば創傷を救命的に制御できた者が存在するので、注目すべき数の死を予防できる。 Since there is a person who is trained with the appropriate equipment was life-saving control the wound if, can prevent the number of dead noteworthy. 本明細書に開示するTSの性能は長い間社会が待望していた進歩した、使用し易く、現地即時補給できる止血剤製品としての需要を満足する。 Performance of TS disclosed herein advanced long society was awaited, easy to use, to satisfy the demand for a hemostatic agent product capable local immediately replenished. 熟練医療者のみならず訓練を受けていない者でさえ迅速に外傷被害者の出血を迅速に減少することを可能にする。 Even those who have not received a not skilled medical staff only trained quickly makes it possible to reduce the bleeding of trauma victims quickly. 開示したTS製品には二重の利点がある:外傷死者の減少および入手可能な血液供給に対する必要量の削減である。 The TS products disclosed has dual benefit: a reduction in the required amount for the reduction and available blood supply trauma deaths. 本明細書に開示する技術は災害時に集中する被害者の処置にも利用が可能である。 The technology disclosed herein is capable of use in the treatment of victims to concentrate in the event of a disaster. 天然または人為的な災害が起きた時、その地域の病院および医院は外傷看護を必要とする多数の人々に圧倒されることになる。 When a natural or man-made disaster has occurred, hospitals and clinics in the area will be overwhelmed by the large number of people who need trauma care. そのような災害に影響される孤立と組合せると、それによる血液および血液製剤の需要はその地域で入手できる供給量を超えることが多い。 Combining an isolated being affected by such a disaster, it demands by blood and blood products often exceeds supply amount available in the area. 多くの事例で必要なその地域の医師数も動員できる熟練者数を超える。 Doctor number of the area required in many cases even more than those of skill number that can be mobilized. その結果、軽傷の負傷者が追い返されたり、最適な看護を受けられない。 As a result, or turned away the injured minor injuries, not receive optimal care. 以下に開示する使用が容易で、自己充足的なTS製品は負傷者が信頼できる看護を受けられるまでの一時的処置を地域の医療者および災害救援担当者に提供することができるようにするであろう。 Easy to use as disclosed below, make it as a temporary treatment until the self-contained TS product is received the nursing injuries can be trusted can be provided to the medical staff and disaster relief personnel of regional It will allo. さらに、開示するTS製品は災害被害者が医療的な援助を受けられるまで自己治療をすることができることにするであろう。 In addition, TS products that disclosure would be to be able to disaster victims to self-treatment to receive the medical assistance. このような状況下で利用できる出血死を予防する医療的処置の唯一の形態は圧迫包帯、止血帯および圧迫ポイントであることが多い。 Such only form of medical treatment to prevent bleeding deaths available under the circumstances is often compression bandages, a tourniquet and compression points. しかしながら、不幸にもこれらの処置にはいずれも継続的な監視および観察が必要である。 However, all of which require continuous monitoring and observation in Unfortunately these treatments. このような観察は非常時または災害時の状況下では必ずしも可能であるとは限らないので、この分野では多量の出血を成功裏に制御できる単純で、迅速に作用する、初期的救急処置法に対する明確な需要が存在する。 Since such observation is not always is always possible under the circumstances at the time of emergency or a disaster, in this field a simple can be controlled successfully a large amount of bleeding, rapidly acting, against initial emergency treatments a clear demand exists. 本開示TS製品の利用は軍隊において、特に散開した戦場の場合にはたやすく理解できる。 Use the disclosure TS product in military it is readily understood in the case of battlefield as specifically spread out. 戦場における死者の唯一にして最大の原因は放血であって、今まではこれが戦死者全体の50%にまで達するものであった。 Greatest cause in the sole of the dead in the battlefield is a bleeding, which was intended to reach 50% of the total war dead until now. 発明の要旨 一態様において、本発明は、シーラントが全層の皮膚創傷の治癒を阻害しない、TSを含む、問題の組成物を提供する。 In summary one embodiment of the invention, the present invention is the sealant does not inhibit the healing of skin wounds of all the layers, including the TS, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、シーラントの全タンパク質濃度が30mg/ml未満である、TSを含む、問題の組成物を提供する。 In another aspect, the present invention is the total protein concentration of the sealant is less than 30 mg / ml, including TS, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、全タンパク質濃度が30mg/ml未満であり、補足物質が成長因子および/または薬物である補足TSを含む、問題の組成物を提供する。 In another aspect, the present invention, the total protein concentration is less than 30 mg / ml, including supplementary TS supplemental material is a growth factor and / or drugs, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、全タンパク質濃度が30mg/ml以上であり、補足物質が成長因子および/または薬物である補足TSを含む、問題の組成物を提供する。 In another aspect, the present invention, the total protein concentration is at 30 mg / ml or higher, including supplementary TS supplemental material is a growth factor and / or drugs, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含む、動物細胞の指向性移動を促進させる、問題の組成物を提供する(該成長因子は動物細胞の指向性移動を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention comprises at least one growth factor of TS and an effective concentration, to promote directional movement of the animal cells, (the growth factor to provide a composition in question is moving directionality of animal cells it is effective in promoting the). 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含む、創傷治癒を促進させる、問題の組成物を提供する(該濃度は創傷治癒を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention comprises at least one growth factor of TS and an effective concentration, to promote wound healing, provides a composition in question (the concentration is effective to promote wound healing) . 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含む、人工血管の内皮形成を促進させる、問題の組成物を提供する(該濃度は人工血管の内皮形成を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention comprises at least one growth factor of TS and an effective concentration, to promote the endothelialization of vascular prostheses, provides a composition in question (the concentration is to promote the endothelialization of vascular prostheses it is effective in). 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含む、動物細胞の増殖および/または分化を促進させる、問題の組成物を提供する(該濃度は動物細胞の増殖および/または分化を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention comprises at least one growth factor of TS and an effective concentration, to promote the proliferation and / or differentiation of animal cells, to provide a composition in question (the concentration Animal cell proliferation and it is effective in promoting / or differentiation). 別の態様において、本発明は、TSおよび少なくとも1つの薬物を含む、少なくとも1つの薬物の局所的輸送を促進させる、問題の組成物を提供する。 In another aspect, the present invention includes a TS and at least one drug, to promote localized delivery of at least one drug, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、TSおよび少なくとも1つの成長因子を含む、 少なくとも1つの成長因子の局所的輸送を促進させる、問題の組成物を提供する。 In another aspect, the present invention is, TS and at least one growth factor, to promote localized delivery of at least one growth factor, provides a composition in question. 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含有する組成物を創傷に適用することを含んでなる、創傷治癒を促進するための方法を提供する(該濃度は創傷治癒を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention provides a composition containing at least one growth factor of TS and an effective concentration comprising applying to the wound, provides a method for promoting wound healing (concentration is is effective to promote wound healing). 別の態様において、本発明は、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含有する組成物を人工血管に適用することを含んでなる、人工血管の内皮形成を促進させるための方法を提供する(該濃度は人工血管の内皮形成を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention provides a method for promoting comprising applying a composition containing at least one growth factor of TS and an effective concentration of an artificial blood vessel, endothelial formation of the artificial blood vessel (the concentration is effective to promote endothelialization of vascular prosthesis). 別の態様において、本発明は、有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含有するTSの十分近くに細胞を置くことを含んでなる、動物細胞の増殖および/または分化を促進させるための方法を提供する(該濃度は該細胞の増殖および/または分化を促進させるのに有効である)。 In another aspect, the present invention provides a method for promoting comprising placing the cells sufficiently close to TS which contains at least one growth factor of the effective concentration, the animal cell proliferation and / or differentiation to (the concentration is effective in promoting the proliferation and / or differentiation of the cells). さらなる態様において、本発明は、少なくとも1つの薬物含有するTSを組織に適用することを含んでなる、少なくとも1つの薬物を組織へ局所的に輸送するための方法を提供する。 In a further aspect, the present invention provides a TS which contains at least one drug comprising applying to a tissue, a method for locally transporting at least one drug to the tissue. 別の態様において、本発明は、少なくとも1つの成長因子含有するTSを組織に適用することを含んでなる、少なくとも1つの成長因子を組織へ局所的に輸送するための方法を提供する。 In another aspect, the present invention is comprising applying a TS which contains at least one growth factor in the tissue, a method for locally transporting at least one growth factor to the tissue. 別の態様において、本発明は、有効濃度の少なくとも1つの成長因子を含有するTSを細胞の十分近くに置くことを含んでなる、動物細胞の指向性移動を得るための方法を提供する(該濃度は該細胞の所望の指向性移動を得るのに有効である)。 In another aspect, the present invention provides a TS which contains at least one growth factor effective concentration comprising placing close enough to a cell, provides a method for obtaining a directional movement of animal cells (the concentration is effective to obtain the movement desired directivity of the cell). もう一つの態様において、この発明は使用し易く、迅速に作用し、現地即時補給できる組織シーリング組成物を患者の傷を受けた組織に適用するためのフィブリン包帯を提供する。 In another aspect, the present invention is easy to use and quick acting, local immediate replenishment can tissue sealing composition to provide a fibrin dressing for application to tissue that has received the wound of the patient. この組成物は密封裏層と、これに水和によって組織をシーリングするフィブリン凝固体を与える乾燥材料の層とが付着しているが、この乾燥材料は(a)乾燥した、ウイルス不活化精製フィブリノーゲン、(b)乾燥した、ウイルス不活化精製トロンビン、および要すれば(c)有効量のカルシウムおよび/または第XIII因子、の組合せて有効量を含む。 And the composition sealed backing layer, although a layer of dry material giving fibrin clot body sealing the tissue to the hydration attached, this dry material was dried (a), viral inactivation purified fibrinogen comprises (b) dry, calcium and / or factor XIII if viral inactivation purified thrombin, and optionally (c) an effective amount, effective amount in combination of. さらに別の態様において、この発明はフィブリン包帯を創傷に適用することによって患者の創傷組織を処置する方法を提供する。 In yet another aspect, the invention provides a method of treating a patient wounded tissue by applying a fibrin dressing to the wound. このフィブリン包帯は(1) 密封裏層、これには乾燥材料の層が付着しており、この乾燥材料は(a)乾燥した、ウイルス不活化精製フィブリノーゲン、(b)乾燥した、ウイルス不活化精製トロンビン、および要すれば(c)有効量のカルシウムおよび/または第XI II因子、の組合せで有効量を含む。 The fibrin bandage (1) sealing the back layer, this is deposited a layer of desiccant material, this dry material was dried (a), viral inactivation purified fibrinogen, (b) dry, virus inactivation purification including thrombin, and optionally (c) calcium effective amount and / or the XI II factor, an effective amount of a combination. なお、さらに別の態様において、この発明は患者の創傷組織を処置するために使用し易く、迅速に作用し、現地即時補給できるフィブリン被覆を提供する。 Incidentally, in yet another aspect, the present invention is easy to use for treating wounded tissue in a patient to act rapidly, to provide a fibrin coating that can supply local immediately. これは膨張可能な発泡剤として製剤化された(1)乾燥した、ウイルス不活化精製フィブリノーゲン、(2)乾燥した、ウイルス不活化精製トロンビン、および要すれば(3)カルシウムおよび/または第XIII因子、の組合せで有効量を含みここにこの組成物は明白には全層の皮膚創傷の治癒を妨げないものである。 It was formulated as expandable blowing agent (1) drying, virus inactivation purified fibrinogen, (2) dry, virus inactivation purified thrombin, and optionally (3) a calcium and / or Factor XIII the composition comprises an effective amount here a combination of the obvious are those that do not interfere with the healing of skin wounds of all the layers. 一方、さらに別の態様において、この発明は創傷組織に組織シーラントの膨張可能な泡状被覆を適用することによって患者の創傷組織を処置する方法を提供する。 Meanwhile, in yet another aspect, the invention provides a method of treating a patient wounded tissue by applying an inflatable foam coating of tissue sealant to the wound tissue. この膨張可能な発泡剤ドレッシングは(1)ウイルス不活化精製フィブリノーゲン、(2)ウイルス不活化精製トロンビン、および要すれば(c)カルシウムおよび/または第XIII因子、の組合せで有効量を含み、ここにこの組成物は明白には全層の皮膚創傷の治癒を妨げないものである。 The expandable blowing agent dressing (1) viral inactivation purified fibrinogen, includes an effective amount of (2) viral inactivated purified thrombin, and optionally (c) a calcium and / or Factor XIII, combinations, where the composition is in obvious are those that do not interfere with the healing of skin wounds of all the layers. 本発明の態様において、TSはFGであってよい。 In embodiments of the present invention, TS may be FG. 本発明の種々の態様において、局所的フィブリノーゲン・コンプレックス(TFC)、ヒト・トロンビンおよび塩化カルシウムを混合することからFGを調製することができる。 In various embodiments of the present invention, topical fibrinogen complex (TFC), can be prepared FG admixing human thrombin and calcium chloride. TFC濃度を変化させることは、最終FGマトリックスの密度に最も有意な影響を及ぼす。 Varying the TFC concentration, most significant influence on the density of the final FG matrix. トロンビン濃度を変化させることは、最終F Gの全タンパク質濃度に有意な影響を及ぼさないが、TFCのフィブリノーゲン成分の、フィブリンへの重合に必要とされる時間に深い影響を及ぼす。 Varying the thrombin concentration, but no significant effect on the total protein concentration of the final F G, of the fibrinogen component of the TFC, the time a deep influence required for the polymerization of fibrin. この作用はよく知られているが、FGを単独でかまたは補足されて用いる場合に、FGの有効性を最大限にするために用いることは、一般に認識されていない。 This effect is well known, when used in the or supplemented alone FG, be used in order to maximize the effectiveness of the FG it is not generally recognized. この作用のために、FG成分の混合およびFG凝固間の時間を変化させることができる。 For this action, it is possible to vary the time between mixing and FG solidification of FG components. 従って、FGを創傷の深い間隙中により自由に流動させ、FGが凝固する前にF Gを創傷に完全に満たすことができる。 Accordingly, FG was free-flowing by in the deep gap of the wound, the F G before the FG is solidified can be completely filled to the wound. 別法として、特に圧力下で創傷が液体を漏出している場合(即ち、血液、リンパ液、細胞間液等)、FGが創傷部位を刺激させないぐらい十分迅速にFGを凝固させることができる。 Alternatively, especially if the wound under pressure is leaking fluid (i.e., blood, lymph, intercellular fluid and the like), FG can be solidified sufficiently rapidly FG about not stimulate wound site. この性質はまた、 長い通路(即ち、カテーテル、内視鏡等)を伴う輸送装置をFGによって詰まらせないために重要であり、FGまたは添加FGを外科手術によってのみ近付き易い身体の部位に適用するために重要である。 This property also has a long passageway (i.e., catheters, endoscopes, etc.) are important transport devices with in order not to clog the FG, applied to the site of easily body approaches the FG or additives FG only by surgery it is important for. この作用はまた、懸濁液中の不溶性添加物質を保有し、それがアプリケーターまたは組織部位で凝固するのを妨げるのに重要である。 This effect also holds insoluble additive material in suspension, it is important to prevent the solidifying with an applicator or tissue site. 本明細書中で用いるTFCは、精製およびウイルス的に不活性化されているヒト血漿タンパク質の凍結乾燥混合物である。 TFC used herein is a lyophilized mixture of purified and virally human plasma protein has been inactivated. 再構成したTFCは、以下を含有する: 全タンパク質:100〜130mg/ml フィブリノーゲン (凝固可能タンパク質として)全タンパク質の80% (最小) アルブミン(ヒト):5〜25mg/ml プラスミノーゲン:5mg/ml XIII因子:10〜40U/ml ポリソルベート−80:0.3%(最大) pH:7.1〜7.5 また、再構成したTFCはトレース量のフィブロネクチンも含有する。 The TFC reconstituted, containing the following: total protein: 100~130Mg / (as clottable protein) ml fibrinogen 80% of the total protein (minimum) Albumin (human): 5 to 25 mg / ml plasminogen: 5 mg / ml XIII factor: 10~40U / ml polysorbate-80: 0.3% (maximum) pH: 7.1-7.5 also, TFC reconstructed also contain trace amounts of fibronectin. 本明細書中に用いるヒト・トロンビンは、精製およびウイルス的に不活性化されているヒト血漿タンパク質の凍結乾燥混合物である。 Human thrombin used herein is a lyophilized mixture of purified and virally human plasma protein has been inactivated. 再構成したヒト・トロンビンは以下を含有する: トロンビンポテンシィ:300±50 IU/ml アルブミン(ヒト):5mg/ml グリシン:0.3M±.05M pH:6.5〜7.1 塩化カルシウムを十分な濃度で加えて、トロンビンを活性化させる。 Reconstituted human thrombin containing the following: thrombin Potency: 300 ± 50 IU / ml Albumin (Human): 5 mg / ml Glycine: 0.3M ± .05M pH: 6.5~7.1 calcium chloride in addition in sufficient concentration to activate the thrombin. カルシウムが十分量である限り、その濃度は重要でない。 As long as calcium is sufficient amount, its concentration is not critical. 成長因子を含有する本発明の組成物において、該組成物は阻害化合物および/ または強化化合物を含有してもよく、ここで該阻害化合物は成長因子のどんな生物学的活性をも阻害するシーラントの活性を阻害し、強化化合物は成長因子のどんな生物学的活性をも強化するか、媒介(mediate)するか、または増進する( 該阻害化合物または該強化化合物の濃度は阻害、強化、媒介または増進を達成するのに有効である)。 In the compositions of the present invention containing growth factors, the composition may also contain inhibitory compound and / or reinforcing compound, wherein the sealant said inhibitory compound also inhibits any biological activity of the growth factor inhibiting activity, or is reinforced compounds also enhance any biological activity of the growth factor, the concentration of the mediator (- mediated) either, or enhancing that (the inhibitor compound or reinforcing compound inhibits, reinforced, mediated or enhancing it is effective to achieve). この発明の増殖因子補足TSは、創傷、特にたとえば糖尿病患者の皮膚潰瘍のように容易には治癒しないもの、の治癒を促進するため、およびこれに限定するものではないが、FGF−1、FGF−2、FGF−4、PDGF、EGF、I GF、PDGF−bb、BMP−1、BMP−2、OP−1、TGF−β、軟骨誘導因子−A(CIF−A)、軟骨誘導因子−B(CIF−B)、類骨誘導因子(OIF)、アンジオゲニン、エンドテリン、肝細胞増殖因子およびケラチノサイト増殖因子を含む増殖因子を送達するため、また創傷部位と増殖因子を長時間接触させる媒体を提供するため、に有用である。 Growth factor supplement TS of the present invention, a wound, especially for example those that do not heal readily as skin ulcers of diabetics, to promote healing of, and not limited to, FGF-1, FGF -2, FGF-4, PDGF, EGF, I GF, PDGF-bb, BMP-1, BMP-2, OP-1, TGF-β, cartilage inducing factor -A (CIF-A), cartilage inducing factor -B (CIF-B), osteoid-inducing factor (OIF), angiogenin, endothelin, for the delivery of growth factors, including hepatocyte growth factor and keratinocyte growth factor, also provides a medium for prolonged contact with growth factors and wound site Therefore, it is useful to. 成長因子を補足したTSは、熱傷および他の皮膚創傷を治療するのに用いられ、TSおよび、成長因子に加えて、抗生物質および/または鎮痛薬等を含むことができる。 TS supplemented with growth factors are used to treat burns and other skin wounds, TS and, in addition to the growth factors can include antibiotics and / or analgesic, and the like. 成長因子を補足したTSは天然または人工移植片(例えば、皮膚創傷用皮膚)の移植を助けるのに用いられる。 TS supplemented with growth factors, natural or artificial grafts (e.g., skin wounds skin) is used to help transplant. また、成長因子を補足したTSは美容的に用いられてもよく(例えば、毛髪移植において)、ここでTSはFGF、EG F、抗生物質およびミノキシジル、ならびに他の化合物を含有することができる。 Also, TS supplemented with growth factors may be used in cosmetic (e.g., the hair transplantation), where TS may contain FGF, EG F, antibiotics and minoxidil, and other compounds. さらに、皺および傷跡を治療するのに、シリコンまたは他の化合物を使用する代わりに、本発明の組成物を美容的使用する。 Furthermore, to treat wrinkles and scars instead of using silicone or other compounds, the compositions of the present invention to cosmetic use. この態様において、例えば、TS はFGF−1、FGF−4、および/またはPDGF、および脂肪細胞を含有する。 In this embodiment, for example, TS contains FGF-1, FGF-4, and / or PDGF and adipocytes. 該成長因子を補足したTSは外科創傷、骨折、または胃潰瘍および他のこのような内部創傷に、それらの治癒を促進するために適用することができる。 The growth factor TS surgical wounds supplemented with, fractures, or gastric ulcers and other such internal wounds can be applied in order to facilitate their healing. 例えば移植片が天然組織からなる場合のように、人工または天然移植片のいずれかを動物体内に組み込むのを助けるのに、本発明のTSを用いることができる。 For example as in the case of implant made of natural tissue, to help incorporate either artificial or natural graft animal body, it can be used TS of the present invention. ある症状、例えば歯周炎、即ち持続性感染、骨吸収、靱帯損失および歯根膜ポケットの早発の上皮再形成を伴う主な問題の幾つかと戦うのに、本発明のTSを用いることができる。 Symptom, for example, periodontitis, i.e. persistent infection, bone resorption, to combat some of the major problems with premature re-epithelialization of the ligament loss and periodontal pockets can be used TS of the present invention . 別の態様において、本発明はFG、DBM、および/または精製BMPの混合物を提供する。 In another aspect, the present invention provides a mixture of FG, DBM, and / or purified BMP. この混合物は、身体の細胞成分をその内に移動させ、従って必要とされる所で骨誘導を生じさせるマトリックスを提供する。 The mixture moves the cellular components of body them, provides a matrix to produce osteoinduction Thus where required. タンパク質(例えば、フィブリノーゲンおよびXIII因子)、酵素(例えば、トロンビンおよびプラスミン)、BMP、成長因子およびDBM、ならびにそれらの濃度の点から、該マトリックス組成物は適切に配合されて、側頭骨骨格構造の寿命および発生する必要のある骨誘導を最適化する。 Proteins (e.g., fibrinogen and factor XIII), enzymes (e.g., thrombin and plasmin), BMP, growth factors and DBM, as well as in terms of their concentrations, the matrix composition is suitably formulated, in a temporal bone skeletal structure optimize osteoinduction which needs to life and development. 全てのFG成分は生分解され得るが、骨誘導の間、新しく形成された骨の位置および形を決定できる小形にできない骨格を、該混合物は提供する。 Although all of the FG components can be biodegradable, while the osteoinductive, that can not be to small to be able to determine the position and shape of the newly formed bone skeleton, the mixture provides. 従って、軟組織の、骨の再建手術において問題である骨の偽関節欠乏への虚脱は避けられるであろう。 Therefore, soft tissue, would the collapse of the false joint deficiency of bone is a problem in reconstructive surgery of the bone is avoided. 後述の、軟骨発達を促進する、CIF −AおよびCIF−Bのような成長因子を補足したTSの使用は、損失または損傷した軟骨および/または損傷した骨の再建において有用であるだろう。 Described later, to promote cartilage development, the use of the TS such supplemented with growth factors as CIF -A and CIF-B will be useful in loss or damaged cartilage and / or damaged reconstruction of bone. 好ましい態様において、有効濃度のHBGF−1をFGに加えて、創傷治癒能力を有する成長因子を補足したTSを得る。 In a preferred embodiment, the HBGF-1 in the effective concentration in addition to the FG, obtain a TS supplemented with growth factors having wound healing capability. 別の好ましい態様において、有効量の血小板由来抽出物をFGに加える。 In another preferred embodiment, adding an effective amount of a platelet-derived extract FG. 他の好ましい態様において、有効濃度の少なくとも2つの成長因子の混合物をFGに加え、有効量の成長因子を補足したF G を創傷組織に適用する。 In another preferred embodiment, a mixture of at least two growth factors effective concentration added to the FG, the F G supplemented with growth factors effective amount is applied to the wound tissue. 成長因子に加えて、DBMおよびBMPが含まれるがそれらに制限されない、 薬物、ポリクローナルおよびモノクローナル抗体、ならびに他の化合物をTSに加えてもよい。 In addition to growth factors, including but DBM and BMP are not limited to, drugs, polyclonal and monoclonal antibodies, as well as other compounds may be added to the TS. これらは創傷治癒を促進し、感染、新形成、および/または他の疾患過程に抵抗し、またはTS中の成長因子の活性を媒介または増強し、および/またはTS中の成長因子の活性を阻害するTS成分を阻害する。 They promote wound healing, inhibiting infection, neoplasia, and / or resistance to other disease processes, or the activity of growth factors mediate or enhance in the TS, and / or the activity of the growth factor in the TS to inhibit the TS components. これら薬物には以下に挙げるものが含まれるが、それらに制限されない:テトラサイクリンおよびシプロフロキサシンのような抗生物質;5−フルオロウラシル(5−FU) 、タキソールおよび/またはタキソテールのような抗増殖/細胞毒性薬物;ガングシクロビル、ジドブジン、アマンチジン、ビダラビン、リバラビン、トリフルリジン、アシクロビル、ジデオキシウリジン、およびウイルス成分または遺伝子産物に対する抗体のような抗ウイルス物質;α−またはβ−またはγ−インターフェロン、α−またはβ−腫瘍壊死因子、およびインターロイキンのようなサイトカイン;コロニー刺激因子;エリトロポイエチン;ジフルカン、ケタコニゾールおよびナイスタチンのような抗菌類物質;ペンタミジンのような抗駆虫物質; 抗α−1 Although these drugs include those listed below, but are not limited to: antibiotics such as tetracycline and ciprofloxacin; 5-fluorouracil (5-FU), such as taxol and / or taxotere antiproliferative / cytotoxic drugs; gangcyclovir, zidovudine, amantidine, vidarabine, Ribarabin, trifluridine, acyclovir, antiviral agents, such as antibodies against dideoxyuridine, and viral components or gene products; alpha-or β- or γ- interferon, alpha - or β- tumor necrosis factor, and cytokines such as interleukin; colony stimulating factors; erythropoietin; anti antiparasitic agents such as pentamidine; Diflucan, antifungal agents such as Ketakonizoru and nystatin anti alpha-1 トリプシン、抗α−1−キモトリプシンのような抗炎症薬;ステロイド;麻酔薬;鎮痛薬およびホルモン。 Trypsin, anti-inflammatory agents such as anti-alpha-1-antichymotrypsin; steroids; anesthetics; analgesics and hormones. TSに加えてもよい他の化合物には以下に挙げるものが含まれるが、それらに制限されない:ビタミンおよび他の栄養添加物質;ホルモン;糖タンパク質;フィブロネクチン;ペプチドおよびタンパク質;炭水化物(単純および/または複雑の両方);プロテオグリカン;抗アンジオゲニン;抗原;オリゴヌクレオチド(センスおよび/またはアンチセンスDNA および/またはRNA)BMP;DBM;抗体(例えば、感染物質、腫瘍、薬物またはホルモンに対する);ならびに遺伝子治療試薬。 Although good Other compounds be added to the TS include those listed below, but are not limited to: vitamins and other nutritional additives; hormonal; glycoprotein; fibronectin; peptides and proteins; carbohydrates (simple and / or both complex); proteoglycans; anti angiogenin; antigen; oligonucleotides (sense and / or antisense DNA and / or RNA) BMP; DBM; antibody (e.g., an infectious agent, a tumor, to a drug or hormone); and gene therapy reagents . 遺伝的に変化させた細胞および/または他の細胞もまた、本発明のTSに含ませることができる。 Genetically varying cells and / or other cells may also be included in the TS of the present invention. 本発明の実施に用いることのできる骨誘導化合物には、以下に挙げるものが含まれるが、それらに制限されない:オステオゲニン(BMP3);BMP−2;OP−1 ;BMP−2A、−2B、および−7;TGF−β、HBGF−1および−2; ならびにFGF−1および−4。 The osteoinductive compounds which can be used in the practice of the present invention include, but are those listed below, but are not limited to: osteogenin (BMP3); BMP-2; OP-1; BMP-2A, -2B, and -7; TGF-β, HBGF-1 and -2; and FGF-1 and -4. さらに、TSを破壊しないいずれのものをも、 本発明のTSに加えることができる。 Moreover, even those of one that does not destroy the TS, can be added to the TS of the present invention. 本明細書中で報告する研究によって、FG中に遊離塩基TETまたはシプロフロキサシンHClのような化合物を含有させ、またはそれらによりFGを処理すると、補足されたFGに延長された寿命を与えることが図らずも示される。 Studies reported herein, is contained compounds, such as free base TET or ciprofloxacin HCl in FG or when they by processing the FG, giving a prolonged life to the supplemented FG, There is shown unexpectedly. この現象を利用して、TSからの薬物放出期間を増加させることができる。 By utilizing this phenomenon, it is possible to increase the drug release period from TS. 別法として、この現象を利用して、FGを安定化させるのに用いる化合物とは異なる、別の薬物の放出を調節でき(該薬物もまたTET−FGに組み込まれている)、および/またはインビボまたはインビトロでFGをより長期間持続させることができる。 Alternatively, by utilizing this phenomenon, different from the compound used to stabilize the FG, it can modulate the release of another drug (drug have also been incorporated into TET-FG), and / or it can be more long-lasting the FG in vivo or in vitro. 一般に、水に溶解し難い形態の薬物(例えば、遊離塩基のTET)は、その水に自由に溶解する形態よりも、TSからの薬物の輸送を増加させる。 Generally, water sparingly soluble form of the drug (e.g., TET free base), than forms freely soluble in the water, increasing the transport of the drug from the TS. 故に、薬物をフィブリノーゲンまたは活性炭のような不溶性担体にTS中で結合させて、補足されたTSからの薬物の輸送を延長させることができる。 Thus, the drug was allowed to bind in the TS to an insoluble carrier, such as fibrinogen or activated carbon, can be extended transport of the drug from the supplemented TS. 別の態様において、補足されたTSは小器官中に用いることができ、例えばF GF−1、FGF−2、FGF−4、およびOP−1のような成長因子を含有することができる。 In another embodiment, the supplemented TS can be used in organelles can contain growth factors such as F GF-1, FGF-2, FGF-4, and OP-1. 別の態様において、本発明は、水難溶性形態の抗生物質(例えば、遊離塩基型のTET)および他の薬物の局所的輸送を促進する、TSおよび有効濃度の少なくとも1つの不完全水溶解形態の抗生物質を含む組成物を提供する。 In another aspect, the present invention is poorly water soluble form of the antibiotic (e.g., free base form of TET) promotes localized delivery and other drugs, in at least one incomplete water solubility form of TS and an effective concentration providing a composition comprising an antibiotic. 同様な送達法は他の薬剤、抗体、オリゴヌクレオチド、サイトトキシン、細胞増殖阻害剤、骨原性または軟骨誘導性化合物、増殖因子または本明細書に開示するその他の補足剤にも適用される。 Similar delivery methods other drugs, antibodies, oligonucleotides, cytotoxin, cell growth inhibitors, osteogenic or cartilage-inducing compounds, is also applied to other supplementary agents disclosed growth factor or herein. 本発明は、以前に用いられたTS組成物および方法より幾つかの点で有利である。 The present invention is advantageous in several respects from the TS compositions and methods previously used. 最初の有利な点は、本発明の成長因子および/または薬物を補足したTSが理想的生分解可能な担体の多くの特徴を有すること、即ち、ヒト・タンパク質のみ含有して製剤化することができ、従って免疫原性問題および異物反応を排除するまたは最小限にできる;該組成物の投与は融通が効く;ならびに該組成物は宿主自身の自然のフィブリン溶解系によって分解するので、宿主細胞からの除去が必要でないことである。 The first advantage, that the TS supplemented with growth factors and / or drugs of the present invention has many of the characteristics of an ideal biodegradable carrier, namely, it is formulated containing only human protein can, therefore or minimize eliminate immunogenicity problems and foreign body reaction; administration of the composition versatile; so and the composition is decomposed by the natural fibrinolytic system of the host itself, from the host cell it is that removal of is not necessary. 第二の有利な点は、内部または外部創傷に、延長した期間、成長因子および/ または薬物を有効に輸送する、良い方法を本発明は提供することである。 The second advantage, internal or external wounds, extended period of time, effectively transporting the growth factors and / or drugs, the present invention a good way is to provide. 幾つかの成長因子受容体は、最大の生物学的効果を生じるのに少なくとも12時間占有されなければならないと現在信じられている。 Some growth factor receptors are currently believed must be occupied for at least 12 hours to produce the greatest biological effect. 以前は、これを実行する方法がなかった。 Previously, there was no way to do this. 本発明は、成長因子およびその受容体間の延長された接触を生じさせ、 従って強力な生物学的効果を生じさせる。 The present invention gives rise to prolonged contact between the growth factor and its receptor, thus causing a strong biological effect. 本発明の第三の有利な点は、動物細胞が本発明のTS中におよびTSを通って移動することができ、TS中で成長できることである。 A third advantage of the present invention may be an animal cell moves through the and TS in TS of the present invention is that it can grow in TS. これは隣接した組織および人工器官に細胞を移植するのを助ける。 This helps to transplanting cells into adjacent tissues and prostheses.欧州で利用可能なTSの組成物に基づいて、それらの製剤を用いては不可能であると予想される。その代わり、動物細胞は市販のTSを分解するか周囲を移動しなければならない。欧州から市販TS を米国へ輸入することは不法であるので(米国における該市販TSの使用は、米国FDAによって許可されていない)、出願人はこれを容易に実証できない。第四の有利な点は、最初の液体の性質のために、本発明のTSが、多くの以前から利用可能な輸送系よりも、より徹底的かつ完全に表面を覆うことができることである。成長因子を補足したFGは人工血管の内部、外部、および細孔を覆うであろうから、生物材料の被覆および人工血管の内皮形成における本発明の使用について、これは特に重要である。この結果、TS中におよびTSを通って移動する内皮細胞の能力に加えて、自己内皮細胞の移植が人工血管の全長に沿って起こり、それによって血栓形成および抗原性が減少するであろう。以前に用いられたTSの場合、人工血管の末端で移植を開始し、少しでもその内部に進行させ、 従って血栓形成および抗原性をより長期間発現させた。また、人工血管に対して以前に用いられたTSは最初、身体に拒絶され得、人工器官を通過する血液の剪断力によって容易に洗い落とされ得る非自己細胞でシード(seed)された。第五の有利な点は、本発明の補足されたおよび補足されないTSを成型することができ、従って殆どどんな所望の形でも注文して作ることができる。例えば、 FGのようなTSはBMPおよび/またはDBMを補足でき、最も適当に骨創傷を治療するのに必要とされる形に注文して作ることができる。 DMB粉末はその形を維持できないであろうから、DMB粉末単独でこれを行うことはできない。第六の有利な点は、TET−FGのような本発明のABを補足したFGが、補足しないFGに比べてFGの寿命および安定性を予想外にも増していることである。認知できる量のABがFG中にもはや残っていない後にさえ、この増加した安定性は継続する。例えば、遊離塩基TETから生成したTET飽和溶液中にか、またはCIP HCl溶液中に新しく形成したFG塊を浸すことによって、実質的に全部のTETまたはCIPがFG塊に残っている後にさえ保存されかつ安定であるFG塊を生成する。この効果をどのようにして得られるかに関して、どんな理論によっても拘束されることを望まないが、TETまたはCIPのようなA BがTFC中にあるプラスミノーゲンを阻害し、FGを破壊すると信じられている。プラスミノーゲンを一度阻害すると、その継続された阻害はFG中に残っている認知できる量のTETまたはCIPに依存しないと思われる。この安定化効果の結果、TSの増加した貯蔵可能期間、および恐らくインビボにおける増加した持続性が期待できるであろう。本発明の第七の有利な点は、TSの延長された寿命および安定性の直接的な結果である。この予想外であるTSの安定性の増加の結果、薬物および/または成長因子の局所的な長い期間の輸送を得るために、ABを補足したFGを用いることができる。 TETまたはCIPのような安定化薬物が実質的にTSを去った後にさえ、この輸送は継続するであろう。従って、例えばTETまたはCIPによって安定化されているTS中に固体形態、好ましくは遊離塩基のような水に難溶性形態の薬物を包含させることによって、安定化したTSに薬物(または成長因子)を延長された期間局所的に輸送させることができる。遊離塩基TETのような薬物の幾つかの形態は、TSの安定化および延長された薬物輸送の両方を可能にする。他の薬物は両方でなくどちらか一方を可能にすることができる。出願人の知る限りでは、延長された局所的薬物輸送を得るのに、TSを安定化させる化合物を用いた者は他にいない。長期間薬剤を局所的に送達するためにTSを安定化するために使用する化合物は当技術分野では以前には知られていない。出願人の発明の第八の有利な点は、部分指向的血管形成がインビボで起こり得ることである。局所的非特異的血管形成が証明されているが[同上]、出願人の知る限りでは、部分指向的的血管形成を示している者は他にいない。本発明の第九の有利な点は、TS成分を使用が容易で迅速に作用する野外ドレッシングの数型に製剤化できるので、今では出血する外傷創傷の出血を制御して以前なら失われていた筈の生命多数を救済することが可能なことである。そのような創傷を処置する救命法は熟練した医療専門家または装置が完全な医療機関や病院では可能であるが、本発明は長い間社会が待望していた、使用が容易な初期救急(または自己適用)処置法の需要を満足し、また非常時または災害時に医療救助が得られるまで訓練を受けていない者が外傷的傷害を処置することを可能にするであろう。図面の簡単な説明 図1は、増加させた濃度のヘパリンの存在下でトロンビン250U/mlと共にHBGF−1βをインキュベーションしたゲルのウエスタンブロットを示す。 H BGF−1β(10μg/ml)、トロンビン(250μg/ml)および増加させた濃度のヘパリン(0、0.5、5、10、20および50単位/ml)を含む溶液を37 ℃で72時間インキュベーションした。各々のインキュベーション混合物からアリコートを定期的に回収し、レミリ(Nature227:680(1970))に記載のように調製し、走らせた8%SDSポリアクリルアミドゲルに導入した。ゲルを、次いでニトロセルロース上に電気ブロットし、HBGF−1βに対応するバンドを、HBGF−1βに対する親和性精製ポリクローナルウサギ抗血清を使用して同定した。インキュベーション混合物中のヘパリンの濃度は;パネルA)0単位/ml;パネルB)0.5U/ml;パネルC)5U/ml;パネルD)10U/ml;パネルE )20U/ml;およびパネルF)50U/mlであった。各々のパネルA−Fに図示したゲルにおいて、各々のレーンは以下を含む:レーン1はSDS−PAGE 低分子量標準を含む;レーン2はビオチニル化標準を含む;レーン3は10μg /mlHBGF−1βを含む;レーン4は250U/mlトロンビンを含む;およびレーン5−13は0、1、2、4、6、8、24、48および72時間にインキュベーション混合物から回収したサンプルを含む。図2は、相対的HBGF−1β濃度の関数としての3 H−チミジン取り込みを示す。 HBGF−1βのサンプルを、図1および実施例2に記載のように、トロンビン250U/mlおよびヘパリン5U/mlの存在下、0、24または72時間インキュベーションした。これらのサンプルの希釈を、次いでNIH 3T3細胞に加え、それを実施例3に記載のように置いた。 CPMは、HBGF−1濃度に対してプロットする。図3 活性、野生型FGF−1 100ng/ml補足FG上で7日間培養した後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。多数の細胞およびその伸長した形に注目する。非補足FG上で成育させた少数の細胞と比較する(図5)。図4 活性、野生型FGF−1 10ng/ml補足FG上で7日間培養した後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。多数の細胞およびその伸長した形に注目する。非補足FG上で成育させた少数の細胞と比較する(図5)。図5 非補足FG上で7日間培養した後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。少数の細胞に注目し、図3および4の細胞数と比較すると、それは遅い増殖速度を示唆する。図6 不活性、変異体FGF−1 100ng/ml補足FG上で7日間培養した後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。少数の細胞に注目し、図3および4の細胞数と比較すると、それは遅い増殖速度を示唆する。図7 10 5細胞/FGmlの濃度でFGに着床させた24時間後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。 FGのタンパク質およびトロンビンの濃度は、それぞれ4mg/mlおよび0.6NIH単位/mlであった。その伸長した、 多足形態に注目し、それらは違いに接触している場所で細胞ネットワークを形成した。フィブロネクチン中で成育した同様の細胞の敷石状形と比較する(図9)。図8 10 5細胞/FGmlの濃度でFGに着床させた48時間後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。培養条件は図7で記載したとおりであった。その更に強調された、伸長および多足形態および発達した細胞ネットワークの発展の増加に注目する。フィブロネクチン中で成育した細胞の敷石状形と比較し(図10)、後者が細胞性ネットワークに欠けることに注目する。図9 フィブロネクチンで覆われた表面で成育させた24時間後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。敷石状の形および細胞ネットワークの欠如に注目する。図7と比較する。図10 通常使用されるフィブロネクチンのフィルム中で成育させた48時間後のヒト臍帯静脈内皮細胞の典型的なパターンである。敷石状の形および細胞ネットワークの欠如に注目する。図8と比較する。図11 イヌから外移植したPTFE血管移植片の7日後(パネルA、C、E) または28日後(パネルB、D、F)の交差部位の顕微鏡写真である。移植の前に移植片は未処理(AおよびB)、FG単独で被覆(CおよびD)またはヘパリンおよびHBGF−1補足FGで被覆(EおよびF)の何れかであった。未処理対照(AおよびB)は、最小間葉組織内成育を示し、両方の間隙は満たされ、それらの管腔表面は、フィブリン凝固物により覆われていた。 FG−処理移植片は、間葉組織内成育を僅かに移植片の間隙の外半分でのみ示し、残りはフィブリン凝固物で満たされていた。非常に少ない間隙毛細管が存在した。比較して、FGF−1含有FGで処理した移植片は、更に豊富な間隙内部成育を示し、2 8日までに多くの毛細管、筋線維芽細胞およびマクロファージを示し、筋線維芽細胞の数層からなる内部カプセルは、コンフルエント内皮細胞層に近付いた。移植128日後の同じ移植片の結果は同様であり、より多数の毛細管がFG+FG F−1群であった(データは示していない)。図12 図11で記載した移植28日後の血管移植片の内部裏層の走査電子顕微鏡である。移植片は、未処理(G)、FG単独で被覆(H)またはヘパリンおよびHBGF−1補足FGで被覆(I)の何れかであった。未処理対照移植片(G)は、 赤血球、血小板を含む血栓の内皮細胞範囲中心領域の希薄な領域、および暴露P TFE移植片材料の領域(図11の中心および上に見ることができる)を示した。 FG単独で被覆された移植片(H)は、フィブリン凝固物の内皮細胞中心領域の島を示した。比較して、FG+FGF−1で処理した移植片は、血流の方向に沿って配置されたコンフルエント内皮細胞を示した。図13 補足フィブリンシーラントからのトリブチリン放出による平滑筋細胞増殖の阻害を示すグラフである。非補足フィブリンシーラント=(□);トリブチリン補足フィブリンシーラント=(■)。図14 アルミニウム鋳型を使用して製造した1mm厚および8mm直径のディスク型移植片の製造を示す。図15 DBM単独、FG移植片またはDBM−FGによるラットにおける骨形成の誘発の筋肉内生物検定を説明する図表である。図16 DMB−FGによる頭頂部移植片における骨形成の誘発を説明する図表である。図17 DBM−FG、DBMまたはFGの筋肉内移植手術後28日の放射線不透性データである。図18 手術後28日、3カ月および4カ月後のDBM−FG(30mg/ml)頭頂部移植片の放射線不透性データである。図19 図19Aは、処理動物の手術後28日の開頭部位の写真である。図19Bは、未処理対照の手術後28日頭頂部傷の写真である。頭頂部傷に沿って、線維性結合組織のみが発達していることに注目する。図20 DMB粒子のみで処理した動物の頭頂部傷の写真である。図21 DBM−FG(15mg/ml)に応答して頭頂部に形成された新しい骨の写真である。図22 DBM−FG(15mg/ml)に応答して頭頂部に形成された新しい骨の写真である。典型的に、DBM移植片単独より、DBM−FGディスクを移植した頭頂部傷において、骨髄がより形成したことを注目する。図23 3×6mm直径のFGのディスクからの37℃でのTETの遊離である。遊離TETの濃度は、毎日取り換えるPBS2ml上清において分光光度的に測定した。これらのインビトロでの2回の「静止」実験は、別々の結果を導いた。その結果の一つをここに示す。図24 3×6mm直径のFGのディスクからの37℃でのTETの遊離である。ディスクはTET100mg/mlを含み、PBS2mlで満たした密封容器中に入れた。遊離TETの濃度は、3ml/日の割合で連続して取り換えるPBS排出液において分光光度的に測定した。 PBS上清の用量は、常に約2mlに維持した。データは2回の実験の平均である。図25 50または100TETmg/mlFG含有3×6mm直径ディスクからの唾液へのTETの遊離である。 TETの濃度は、毎日取り換える唾液上清0.7 5mlにおいて分光光度的に測定した。これらの実験に使用する唾液は、10人の供給者から溜め、遠心し、濾過して4℃に維持した。図26 TET補足FGの安定性は、対照FGより増加した。 TETなしならびに50および100mg/mlTET有りの3×6mm直径FGマトリックスの15 日間にわたる写真である。ディスクは、毎日取り換える唾液0.75ml中に維持した。唾液は10人の供給者から溜めた。それを実験に使用する前に遠心し、濾過し、4℃に保存した。 9日目に、TETを含まないFGマトリックスが、TE T50または100mg/ml何れかを含むマトリックスよりも衰えたことを注目する。 15日目に、TET非含有FGマトリックスはほとんど完全に衰え、一方TET50または100mg/mlの何れかを含むFGマトリックスはほとんど変化しなかったことをまた注目する。したがって、TET50または100mg/mlの含有は、インビボで唾液内のFGマトリックスの寿命を劇的に延長する。図27 TET補足FGから遊離したTETの抗菌活性。 3×6mmTET補足FGディスクを囲む2mlのPBSを毎日取り換えた。遊離TETの抗菌活性を試験するために、回収した溶出液で飽和した6mm紙ディスクを、大腸菌を含む寒天プレート上で37℃で18時間インキュベーションした。次いで、阻害区域の直径を測定した。図28 FGマトリックスからのシプロフロキサシン、アミノキシチリンおよびメトロニダゾールの遊離。別々の、各々の抗生物質100mlを含む3×6mm直径のディスクをリン酸緩衝化食塩水2ml中に浸した。上清を毎日取り換え、抗生物質濃度をそれぞれ275、274および320nmで分光光度的に測定した。図29 TET補足FGディスクからのTETの遊離は、TET−FGディスクのPBS浴の温度に比例した。図30 TET−FGからのTETの遊離におけるFGタンパク質濃度の効果。高いFGタンパク質濃度は、TET−FGからの遅いTETの遊離をもたらすことに注目する。図31A.補足フィブリンシーラントディスクからの抗生物質の試験管内放出溶離特性を示すグラフである。図31B.補足フィブリンシーラントディスクからの試験管内対生体内テトラサイクリン放出溶離特性を示すグラフである。図31C.テトラサイクリン補足フィブリンシーラントディスクによる細菌増殖の阻止を非補足フィブリンシーラントディスクおよび培養培地単独の細菌増殖と比較して示すグラフである。図32 5−FU補足FGからの5−FUの遊離は、5−FUの固体形を使用することにより延長した。図33.急速に増殖するヒト卵巣癌細胞(OVCAR)に対するタキソール補足フィブリンシーラント組成物上清液の対時間効果を示すグラフである。図34 NIH 3T3線維芽細胞のフィブロネクチンに対する走化性反応の用量依存関係。フィブロネクチンの濃度増加の段階勾配を、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、フィブロネクチンはNIH 3T3細胞のそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図35 NIH 3T3線維芽細胞のFGF−1に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−1の濃度増加の段階勾配を、ヘパリン存在下で、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−1はNIH 3T3細胞のそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図36 NIH 3T3線維芽細胞のFGF−2に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−2の濃度増加の段階勾配を、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−2はNIH 3T3細胞のそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図37 NIH 3T3線維芽細胞のFGF−4に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−4の濃度増加の段階勾配を、ヘパリン存在下で、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−4はNIH 3T3細胞のそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図38 ヒト皮膚線維芽細胞(HDF)のFGF−1に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−1の濃度増加の段階勾配を、ヘパリン存在下で、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−1はHDFのそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図39 HDFのFGF−2に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−2 の濃度増加の段階勾配を、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−2はHDFのそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図40 HDFのFGF−4に対する走化性反応の用量依存関係。 FGF−4 の濃度増加の段階勾配を、変形ボイデンチャンバーの低いウェルに加えた。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−4はHDFのそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図41 HDFのFGF−4に対する走化性反応の溶液中およびFG中の用量依存関係。 FGF−4をFG中へ取り込み、走化性チャンバーの下部ウェルにおく。 FG中のFGF−4の用量は、FGおよび中および低チャンバーを通って均等に分散した場合、示唆する濃度をもたらすのに十分であった。陰性対照は培地のみおよびFGを含み、FGFを含まない。低チャンバーでFGF−4 10ng /ml含有する培地は、陽性対照として使用した。データは、ハイパワー領域当たりの移動細胞の平均±S.E.として示し、用量の関数として、FGF−4はHD Fのそれに向かう走化性を誘発することを証明する。図42 自己充足TS傷周辺の図表。好ましい実施態様の記載定義 他に定義しない限り、本明細書で使用する全ての技術的および科学的語彙は、 本発明が属する技術分野の技術者により通常理解されているのと同じ意味を有する。本明細書に記載の全ての特許および公開は、参照して本明細書に包含する。本明細書に使用する場合、傷は生存器官中の任意の組織の傷害を含む。組織は、胃裏層または骨のような内部組織もしくは皮膚のような外部組織であり得る。このような傷は、胃腸管潰瘍、折れた骨、腫瘍、および皮膚の切傷または擦傷を含み得る。このような傷は、脾臓のような軟組織または骨のような硬組織中であり得る。傷は、外傷性傷を含む任意の薬剤、感染または外科的介入によるものであり得る。本明細書に使用する場合、TSは、傷に適用して、傷を封鎖し、それにより血液の流失を減少させ、止血を維持する物質または組成物である。本明細書に使用する場合、FGは、組換体または血漿タンパク質から調整され、傷に適用して血餅を作り、それにより傷を封鎖し、血液の流失を減少させ、止血を維持する組成物である。 FG、前掲はTSの1つの形である。本明細書に使用する場合、補足TSは、実質的な修飾なしで、成長因子、医薬または他の化合物、またはそれらの混合物を送達させる担体媒体として働くことができ、その粘性または吸着特性により、補足TSが所望の作用、例えば傷治癒の促進を産生するのに充分な時間その部位に接触し続けることができる任意のT Sを含む。本明細書に使用する場合、成長因子補足TSは、少なくとも1種の成長因子が、 その決まった目的に有効な濃度で添加されている任意のTSである。成長因子は、例えば傷治癒または組織(再)生を加速、促進または改善できる。成長因子補足TSは、医薬、抗体、抗凝固剤および:1)TS中の成長因子の生理活性を強化し、刺激し、または媒介する;2)シーラント中の成長因子の生理活性を阻害しまたは破壊するであろう成長因子補足TSの成分の活性を減少させる;または3 )TSからの補足剤の延長した送達を可能にする;4)他の所望の特性を有する他の化合物を含む付加成分をまた含み得る。本明細書に使用する場合、強化化合物は、TS中の成長因子の生理活性を媒介し、またはそうでなければ増加させる化合物である。ヘパリンは、HBGF−1 の生理活性を強化する化合物の例である。本明細書に使用する場合、阻害化合物は、TS中の成長因子(複数もある)の生理活性を妨害し、または阻害するTSの成分の有害活性を阻害し、妨害し、またはそうでなければ破壊する化合物である。阻害化合物は、成長因子を破壊から守ることによりその効果を働かせ得る。阻害化合物は、しかしながら、例えば成長因子補足TSの傷治癒のような所望の目的の本質である任意の活性を阻害しない。阻害化合物の例はヘパリンである。本明細書に使用する場合、成長因子は、細胞増殖、細胞分化、組織再生、細胞親和力、傷回復および/または任意の発育または増殖過程を制御または媒介する任意の可溶性因子を含む。成長因子は、当業者に既知の、天然源からの抽出、化学合成による製造、組換DNA技術を使用した製造および、ウィルスで不活化した成長因子に富む血小板遊離を含む他の技術を含む好適な手段により製造し得る。成長因子の語は、任意の前駆体、変異体、誘導体または同様の生理活性を有する他の形、または、成長因子が由来するまたはそうでなければ遊離されるそのサブセットを含むことを意味する。本明細書に使用する場合、内皮細胞成長因子(ECGF)およびFGF−1のような別の名前で当分野の技術者に知られているHBGF−1は、HBGF−1α の前駆体であるHBGF−1βまたはFGFのような他の切断された形を含むH BGF−1の任意の生理活性形を意味する。本明細書に参照して包含する米国特許第4,868,113号、ジェーヤら、はHBGFの各々の形のアミノ酸配列を明らかにする。 HBGF−1は、したがって、HBGF−1の前駆体、切断または他の変形、生理活性を示すその変異体、またはそのサブセットを含む任意の生理活性ペプチドを含む。他の成長因子は、また当業者に別の学名で既知である。したがって、本明細書で一つの名前で言及されている特定の成長因子は、当業者に知られている成長因子の他の名前をまた含み、またその生理活性誘導体、前駆体、切断変異体またはその他の変形を含む。本明細書に使用する場合、生理活性は、インビボおよび/またはインビトロで特定の成長因子が関与する1個または全ての活性を意味する。一般に、成長因子は、分裂誘発活性(細胞増殖を誘発または持続する能力)を含む数個の活性、ならびに分化および/または発育を誘発または持続する能力を含む非分裂誘発活性を示す。加えて、成長因子は増殖および発育過程が進行する特定の細胞を集めまたは引き付けることができる。例えば、好適な条件下で、HBGF−1は内皮細胞を集め、そこからの血管形成を指示することができる。この活性により、成長因子補足TSは、それにより特定部位への血流および栄養を促進する手段を提供する。本明細書に使用する場合、延長された寿命は、TSの有用な寿命が、少なくとも2倍伸びることが視覚的に観察できることを意味する。本明細書に使用する場合、脱鉱物骨マトリックス(DBM)は、骨が塩酸または他の酸により脱カルシウムされた後の器官マトリックスを意味する。本明細書に使用する場合、骨形態形成タンパク質(BMP)は、DBMの骨誘導抽出物の存在により本来同定されるタンパク質に関する群を意味する。少なくとも8種の関連メンバーが同定され、BMP−1〜BMP−8と呼ばれる。 BMP はまた他の名前でも既知である。 BMP−2はまたBMP−2Aとして既知である。 BMP−4はまたBMP−2Bとして既知である。 BMP−3はまたオステオゲニンとして既知である。 BMP−6はまたVgr−1として既知である。 BM P−7はまたOP−1として既知である。骨形態形成タンパク質は、BMP−1 〜 BMP−8を意味するが、これに限定されない。本明細書で使用する場合、増加は、補足または非補足TSに使用して、動物の体の成分の内部または外部表面外形を変化することを意味する。本明細書に使用する場合、損傷を受けた骨は、折れた、砕けた、一部が欠けたまたはそうでなければ健康でない正常骨を意味する。本明細書に使用する場合、不完全な骨は、その機能を実行するために不充分な形または容量の骨を意味する。本明細書に使用する場合、TSに補足するのに使用する骨またはDBMは、粉末、懸濁液、細長い形または塊またはその所望の機能を行うのに必要な他の形であることができる。本明細書に使用する場合、細胞小器官は、天然、人工または天然および人工要素の組み合わせからなり得、天然細胞小器官の機能の完全または一部を代替する。例は、インシュリン遺伝子を含有する発現ベクターを形質導入された細胞で囲まれている毛細管のネットワークからなる人工膵臓である。このような細胞小器官は、I型糖尿病の患者の血流中にインシュリンを遊離する機能をする。補足TSの製造 本明細書に記載の本発明の任意の態様を実施する場合の第1工程として、補足物およびTSを選択しなければならない。補足物およびTSは当業者に既知の方法で製造し得、その供給者から購入し得、または本発明の方法により製造し得る。好ましい態様において、成長因子、医薬またはDBM補足FGを製造する。本発明の態様のいずれの場合も、補足剤は混合してTSを形成する前に、フィブリノーゲン、トロンビン、カルシウムおよび/または水成分に添加し得る。別法として、補足剤は、混合してTSを形成する成分に添加できる。本発明の態様において、カルシウムおよび/またはトロンビンが、例えば傷中の体液から、内因性に添加され得る。 TSの製造 これに限定はされないが、血管プロテーゼのような本発明のある実施態様ならびに骨および軟骨増加において、細胞がその中および/またはそれを通して移動するTSが使用するのに好ましい。商業的に入手可能なFGのような任意のTSが、本発明のある実施態様において使用し得る。例えば、当業者に既知のFG(すべて本明細書に引用して包含する米国特許第4,627,879号;第4,377,572号;および第4,298, 598号参照)は、イムノ・アクチエンゲゼルシャフト(IMMUNO AG)(オーストリア、ウィーン)およびベーリングヴェルケ・アクチエンゲゼルシャフト(BEHRINGW ERKEAG)(ドイツ)のようなその供給者または製造者から購入できる。局所医薬伝達のようなこれらの使用において、選択したTSの特定の組成は、その機能が所望である限り重要でない。商業的に入手可能なFGは、インビトロ細胞増殖および/または分化;医薬伝達;成長因子伝達等のこれらに限定されないが、これらを含む本発明の態様における使用のために、成長因子、抗生物質および/または他の医薬を添加できる。本明細書に例示した実験のために、FGは新鮮凍結血漿由来の氷点沈殿物から製造した。使用したFGの成分は;フィブリノーゲン濃縮物;トロンビン;およびカルシウムイオンを含んだ。本発明の好ましい態様において、製造FG中の全タンパク質濃度は約0.01 から500mg/FGmlである。更に好ましい態様において、製造FG中の全タンパク質濃度は約1から120mg/FGmlである。最も好ましい態様において、製造FC中の全タンパク質濃度は約4から30mg/FGmlである。本発明の好ましい態様において、FGを製造するために使用するフィブリノーゲン濃度は、約0.009から450mg/溶液mlである。更に好ましい態様において、本予備溶液中のフィブリノーゲンの濃度は、約0.9から110mg/mlである。最も好ましい態様において、本予備溶液中のフィブリノーゲンの濃度は、 約3から30mg/mlである。好ましい態様において、FGを製造するために使用するトロンビンの濃度は、 0.01から350U/mlである。更に好ましい態様において、トロンビン濃度は1から175U/mlである。最も好ましい態様において、トロンビン濃度は2 −4U/mlである。カルシウムイオン濃度が、トロンビンの活性化を可能にするのに充分であることが重要である。好ましい態様において、USP塩化カルシウム濃度は0−10 0mMである。更に好ましい態様において、USP塩化カルシウム濃度は1−40 mMである。最も好ましい態様において、USP塩化カルシウム濃度は2−4mMである。本発明のある態様において、カルシウムは、例えば傷周辺態様のように組織または体液から供給され得る。 TSの製造において、注射用滅菌水を使用すべきである。成長因子、医薬および他の化合物の濃度は所望の目的に依存して変化するが、 濃度はその決まった目標の達成するために有効であるのに充分多くなければならない。本発明の好ましい態様において、成長因子濃度は約1ng/FGmlから1mg /FGmlである。更に好ましい態様において、成長因子濃度は約1μg/FGml から100μg/FGmlである。最も好ましい態様において、成長因子濃度は約5μg/FGmlから20μg/FGmlである。本発明の好ましい態様において、T ETまたはCIP濃度は、0.01から300mg/FGmlである。本発明の更に好ましい態様において、TETまたはCIP濃度は0.01−200mg/mlである。本発明の最も好ましい態様において、TETまたはCIPの濃度は1−15 0mg/mlである。添加すべき補足剤の量は、種々の濃度で試験し、意図される目的および適用部位に有効であるものを選択することにより当業者が経験上決定できる。成長因子の製造 成長因子、またはその混合物は、当業者に既知の任意の製造法により製造し得、または商業的に購入し得る。任意の成長因子は、例えば、内皮細胞、線維芽細胞、上皮細胞、平滑筋細胞、肝細胞および角膜細胞のようなある細胞型の増殖を刺激するおよび/または引き付ける成長因子および/または同じ細胞型および平滑筋細胞の成育を阻害する成長因子を含むものから選択され得るが、これに限定されない。このような選択は成長因子補足TSが適用される特定の組織部位および/または所望の作用の型に依存し得る。例えば、EGF補足TSが、眼の傷へのへの適用および胃潰瘍の治療に好ましいが、一方オステオゲニン補足TSが骨折および骨破壊の治癒の促進に好ましいものであり得る。他の好ましい態様において、HBGF−1βを製造し、FGに添加した。 HB GF−1βまたはHBGF−1αまたは任意の他のHBGF−1の活性形は、天然源から、HBGF−1またはその誘導体を発現する遺伝的に製造した細胞から、または当業者の既知の方法により精製できる。 HBGF−1βは、組換DNA法(ジェーエら、米国特許第4,868,113 号;ジェーエら、J.Biol.Chem.262:16612−16617(1987))を使用して製造した。簡単には、DNAコードHBGF−1βを原核発現ベクター、pUC9誘導体にクローン化し、細胞内的に大腸菌内で発現させた。発現ペプチドを、次いで細胞から、高圧−減圧サイクルで作用する細胞分裂器を使用して、圧力により細胞を遊離させた。分裂の後、細胞残骸を濾過して回収し、ヘパリンセファロース(登録商標)親和性クロマトグラフィー、続いてCM−セファロース(登録商標)クロマトグラフィーを含む標準タンパク質精製法を使用して、上清からHBGF− 1βを精製した。上記のHBGF−1に加えて、FGに加え得る他の成長因子は、HBGF−2 、IGF−1、EGF、TGF−β、TGF−α、任意の血小板由来成長因子または抽出物、BMPおよび任意の成長因子の混合物を含むが、これに限定されない。後えば、成長因子の豊富な源として働く血小板由来抽出物を、TSに、HB GF−1のような他の成長因子に加えて、またはこれに代えて添加し得る。好ましい態様において、当業者に既知の任意の方法で製造した血小板由来抽出物を、TSに加える。このような抽出物は、FGと使用するために、血漿由来血小板から製造し得る。血小板由来傷治癒因子(PDWHF)は、製造し、FGに加え得る(キングトンら、Ann.Surg.204:322-330(1986))。簡単には、PDWHFを製造するために、血液を抗凝固溶液に入れ、血小板豊富血漿を冷却遠心により製造する。血小板を単離し、トロンビンで刺激し、それはα顆粒球内容物の内容物を遊離する。血小板を回収し、残りの抽出物の有効な濃度をTSに加える。成長因子補足TSの付加成分 それらが本質的に血漿フラクションであるため、成長因子と共に使用することを計画したTSは、種々の要素を含み、その中のいくつかは選択された成長因子の生理活性を妨げる。例えば、FGの本質的な成分であるトロンビンは、タンパク質分解酵素として働き得、特異的にHBGF−1βを開裂する。したがって、 選択した成長因子を、成長因子の生理活性を阻害しまたは破壊するTSの他の成分の活性から守るプロテアーゼまたは他の阻害剤のような付加成分を含むことが必要であり得る。特定の阻害化合物の選択は、TS内の成長因子の生理活性を評価する下記の方法により経験的に決定できる。生理活性の評価法は当業者に既知である。加えて、ある成長因子が生理活性を発現するために、所望の活性を促進または媒介する化合物を含むことが必要であり得る。例えば、ヘパリンはHBGF−1 の生理活性をインビボで促進する(例えば、ブルゲスら、Annu.Rev.Biochem.58:5 75-606(1989)参照)。本発明の補足TSは、医薬、他の化学物質およびタンパク質を含み得る。それらは:TET、シプロフロキサシン、アミノキシチリンまたはメトロニダゾールのような抗生物質、活性化タンパク質C、ヘパリン、プロストラサイクリン(P GI 2 )、プロスタグランジン、ロイコトリエン、抗トロンビンIII、ADPアーゼのような抗凝固剤およびプラスミノーゲンアクティベーター;デキサメタゾンのようなステロイド、プロスタサイクリン、プロスタグランジン、ロイコトリエンの阻害剤および/または炎症を阻害するためのキニン;カルシウムチャンネル阻害剤のような心臓血管薬;ブピバカインのような局所麻酔剤;および5−フルオロウラシル(5−FU)、タクソールおよび/またはタクソトレートのような抗増殖/抗癌剤を含み得るが、これらに限定されない。これらの添加化合物は、ポリクローナル、モノクローナルまたはキメラ抗体または機能的誘導体またはフラグメントをまた含み得る。それらは、例えばPDGFおよび/またはTGF−β のような平滑筋増殖、またはTSで処理する領域内または近くの他の望ましくない細胞型の増殖を阻害する抗生物質であり得る。これらの抗生物質は、抗癌、抗血小板または抗炎症活性が必要な場合、また有用であり得る。一般に、効果が部位直接的送達により改善された任意の抗生物質が、TS送達系と共に使用するのに優れている。成長因子補足TSの傷治癒特性の評価のためのアッセイ 特定の成長因子補足TSが、傷治癒を促進するか否かを確認するため、およびそれを行うのに最適な成長因子の濃度を選択するために、組成物を、当業者に既知の任意の方法で試験し得る(例えば、ツボイら、J.Exp.Med.172:245-251(19 90);クサンダーら、J.Am.Acad.Dermatol.22:781-791(1990);およびグリーンハルら、Am.J.Path.136:1235(1990)参照)。インビボおよびインビトロアッセイの両方を含み、それによりTS組成物中の選択された成長因子の活性が評価できる任意の方法を使用し得る。例えば、HBGF−1βの活性は、2個の別々のインビトロアッセイを使用して評価する。第1に、成長因子補足FGで飽和したプラスチック表面で覆われた浅い液体層中に懸濁した内皮細胞の増殖を測定した。第2に、HBGF−1存在下の培養線維芽細胞の3 H−チミジン取り込みを測定した。インビボアッセイとして、HBGF−1βを添加したFGで、マウスをモデル系として使用して、インビボ治癒促進能力を測定した。本方法において、同一のパンチバイオプシーをマウスの背面領域に作り、それを次いで試験群、処理対象群および未処理対照群に分けた。試験群マウスの傷は成長因子補足TSで処理した。処理対照群のマウスの傷は、非補足TSで処理した。未処理群の傷はTSで処理しなかった。傷治癒の進行が測定可能になった、一般に1週間から10日後、マウスを屠殺し、傷組織を顕微鏡試験し、各々の群の傷治癒の程度を組織学的に評価した。成長因子補足TSの細胞増殖誘発および細胞増加能力をまた当業者に既知のインビトロ法で評価した。例えば、成長因子の生理活性の測定について上記のおよび実施例に詳述のインビトロアッセイを、TS組成物内の成長因子の活性の試験に使用し得る。加えて、添加する阻害および/または強化化合物の効果もまた評価できる。一般に、阻害および/または強化化合物の補足の必要性は経験的に決定できる。例えば、下記の実験において、HBGF−1補足FG中のHBGF−1βは、特異的に確率的方法で開裂され、FG調整物の成分、ほとんどトロンビンは、応答可能であったことを示唆する。 HBGF−1に結合し、あるタンパク質分解活性から守ることが知られているヘパリンを、HBGF−1補足FGに加えた。相対的に低い濃度のヘパリンが、HBGF−1βをFG中のその活性を破壊する開裂から守った。したがって、HBGF−1を含むTS組成物は、ヘパリンまたはH BGF−1をFG中のトロンビンまたは他のタンパク質分解物質による開裂から守る他の物質を含み得る。同様に、TS成分による分解から成長因子を守る選択阻害剤の能力は、当業者に既知の任意の方法により評価し得る。例えば、ヘパリンの、FGの本質的な成分であるトロンビンによるHBGF−1の開裂阻害能力を試験する。このようにして、種々のヘパリン濃度の混同物およびHBGF−1補足FGを製造し、種々の時間インキュベーションした。混合物中のHBGF−1の生理活性およびHB GF−1の無傷さをSDSゲルのウエスタンブロットを使用して試験する。相対的に低い濃度、約1:1モル比のヘパリン:HBGF−1が、HBGF−1をF G中の分解から守るのに十分である。ある化合物が、TS中の成長因子の生理活性を強化、媒介または促進するのに使用できるか否かもまた経験的に決定できる。内部または外部傷への成長因子補足TSの局所的または内部的適用 臨床的使用の前に、成長因子およびTS、または成長因子補足TSを滅菌し、 またはそうでなければウイルスのようにそれに混入している任意の病原菌を不活性にする処理をする。混入物を不活性にする方法は当業者に既知であり、溶媒− 界面活性剤処理および熱処理を含むが、これに限定されない(例えば、タボールら、Thrombosis Res.22:233:238(1981)およびピッツキウィッチら、Transfu sion28:198-199(1988))。補足TSは、直接、傷、他の組織または他の所望の位置に適用する。外傷で典型的には、傷の上部にスプレーすることを含む任意の手段で直接適用できる。手術中のように、内部にまた適用できる。骨のように、内部に適用する場合、血餅は段階的に経時的に溶解する。補足または非補足TSの内部または外部の創傷に対する自己充足剤の適用 TSは必要なFGの成分であるトロンビンおよびフィブリノーゲンを包含する自己充足創傷ドレッシングまたはフィブリンシーラント包帯として製剤化してもよい。この自己充足ドレッシングまたは包帯は使用容易で操作に最新の技術的知識または熟練が不要である。これは医療的救助を入手できるまで非常時の救命用初期救急手段として自己投与さえできる。この自己充足TS創傷ドレッシングまたはフィブリンシーラント包帯はこの現地即時補給製品が長期間保存でき、また成分の溶解および混合に関わる時間的遅れがなく、出血創傷の迅速なTS処置を提供するために使用できる点で現存技術を超える進歩である。これらの性質は現地適用、たとえば兵士、救助隊員、救急/準医療隊員、消防隊員の外傷パック、および病院および診療機関の救急室員による、特に災害時における、早期外傷および初期救急処置のような現地即時供給用の使用には理想的である。小型の形態には一般公共機関または医療従事者による使用のための初期救急キットでの有用性もありうる。この自己充足TS創傷被覆またはフィブリンシーラント包帯には組織シーラントまたは前記の型のフィブリン複合体を含む組織シーラント組成物を包含する。例えば、本組成物にはフィブリン凝固体を産生するに十分な第XIII因子とともに精製フィブリノーゲン、トロンビンおよび塩化カルシウムから構成されているものがある。態様の一つではこのフィブリノーゲンおよび第XIII因子成分が局所用フィブリノーゲン複合体(TFC)の型で供給される。ヒトの患者に使用する時には、各成分は病原体を不活化した、ヒト起源からの精製成分であるのが最も好ましい。特に添加物を含めて本発明の成分は、たとえばウイルスのようないずれかの含有病原性汚染物質を不活化するために界面活性剤/溶媒処理および/または、そうでなければ滅菌または限外濾過による処理をする。汚染物質を不活化する方法は当技術分野の専門家にはよく知られており、 これに限定するものではないが、溶媒−界面活性剤処理と熱処理を含む。溶媒− 界面活性剤処理は蛋白性成分が不可逆的熱変性を受けない点で特に有利である。カルシウムおよび/または第XIII因子成分はトロンビンおよび/またはフィブリノーゲン成分に含まれていてもよく、および/または創傷から漏出する患者の体液中に存在する内因性カルシウムから吸着されるものでもよい。トロンビンも内因性に供給してもよい。トロンビンまたはフィブリノーゲン成分の一方または双方には、必ずしも必要ではないが、次の態様の各々を補足してもよい:増殖因子、薬剤、阻害性化合物(増殖因子または薬剤の生物学的活性のいずれかを阻害するかもしれないシーラントの活性を阻害するための)および増強性化合物(増殖因子または薬剤の生物学的活性のいずれかを増強し、媒介し、または強化するためのもの)、フィブリン凝固体の崩壊を阻害する化合物、または色素の1 種またはそれ以上。増殖因子は、たとえば線維芽細胞増殖因子−1、線維芽細胞増殖因子−2および線維芽細胞増殖因子−4、血小板由来増殖因子、インスリン結合性増殖因子− 1、インスリン結合性増殖因子−2、表皮増殖因子、トランスフォーミング増殖因子−α、トランスフォーミング増殖因子−β、軟骨誘導因子−Aおよび−B、 類骨誘導因子、オステオゲニンおよびその他の骨増殖因子、コラーゲン増殖因子、ヘパリン結合性増殖因子−1、ヘパリン結合性増殖因子−2、および/またはその生物学的活性誘導体などを包含してもよい。本薬剤は鎮痛剤、抗菌剤、抗生物質またはその他の薬剤、例えば感染症を阻止し、創傷治癒を促進し、および/または瘢痕形成を阻害することのできる抗増殖剤のような薬剤であってもよい。本組成物には1種を超える薬剤を添加してもよく、それは同時放出され、またはその薬剤は予定の時間放出様式で放出されてもよい。このような薬剤には、例えばタキソール、テトラサイクリン遊離塩基、テトラサイクリン塩酸塩、シプロフロキサシン塩酸塩または5−フルオロウラシルを包含する。フィブリンシーラント複合体へのタキソールの添加は特に遊離なことがある。さらに、本薬剤は、例えばエピネフリンなどの血管収縮剤であってもよく;または本薬剤は、例えばアプロチニンのように組織シーラントまたはフィブリン凝固体を安定化するために添加してもよい。補足剤はTS中の濃度では意図する目的のために有効であろうような、たとえば抗生物質は微生物の増殖を阻害するであろうような、鎮痛剤は疼痛を軽減するであろうような、濃度にある。例えばフィブリン凝固体が創傷に進入した程度を示すために、または後続するフィブリン凝固体の再吸収を測定するために、または予定の時間放出様式で色素が組織シーラントから放出されるかを診断目的で測定するために色素、マーカーまたはトレーサーを追加してもよい。この色素、マーカーまたはトレーサーは生理学的適合性がなければならず、および当技術分野で知られている、たとえばトルイジンブルーのような水溶性色素を含む呈色色素、または放射性または螢光マーカーまたはトレーサーから選択してもよい。この色素、マーカーまたはトレーサーは組織シーラントの成分1種またはそれ以上に化学的結合をすることもある化合物であってもよい。これに加えて、マーカーは、たとえば創傷組織から漏出するプロテアーゼに接触すると起きるような、蛋白質分解に遭遇すると濃度を定量できる呈色変化または発色する当技術分野で知られている蛋白性物質の中から選択してもよい。さらにその上、傷害を受けたか、または損傷した骨組織または骨化組織を置換または修復するためにTSを使用する時には、本組成物は有効量の脱石灰化骨マトリックスおよび/または骨形態形成蛋白質および/またはその生物学的に適合性ある誘導体を添加してもよい。自己充足TS創傷ドレッシングまたはフィブリンシーラント包帯のフィブリノーゲンおよび/またはトロンビン成分の濃度は最終フィブリンマトリックスの密度と凝固速度に有意な効果を示すものであってもよい。特殊な場合にこの原理を自己充足TS創傷ドレッシングまたはフィブリンシーラント包帯の特殊な使用を充足するために使用してもよい。例えば動脈性創傷の処置にはフィブリンの凝固が非常に急速に始まり、加圧血流に対抗するために十分に完全なフィブリン凝固体が必要であろう。一方では創傷の深い開裂を埋める時は、成分がフィブリン凝固を始める前に創傷を完全に満たす処置が必要になるであろう。ゲルパックの態様 自己充足型ドレッシングのゲルパック態様では、トロンビンおよびフィブリノーゲンの成分は個々に独立した蒸発の急速なゲル層(たとえばメチルセルロース/アルコール/水など)に含め、両ゲル層を相互に浸透不能な膜で隔離し、この対を外側の第二の浸透不能保護膜で覆う。包帯は使用の間、ゲルパッドをその位置に確実に固定するためゲルと接触する表面を被覆してもよい(図42参照)。使用に際して二層のゲル層を分離している膜を除去して二成分を混合させる。外側の膜を次に除去して包帯を創傷部位に適用する。フィブリノーゲン製品のトロンビンおよびその他の成分の作用はその他のFS適用法に関して前記開示の様式でフィブリノーゲンのフィブリンへの変換を起こす。これが創傷からの血液および体液の漏出を天然に阻害し、感染症に対する天然の防壁を樹立する。類似のゲルパック態様では、トロンビン成分およびトロンビンゲルおよびフィブリノーゲンゲルを隔離している合成樹脂フィルムを省略できる。操作では外側の不透水性プラスチックフィルムを除去して包帯を前記のように創傷部位に直接適用する。創傷部位に天然に存在するトロンビンおよびカルシウムは次にフィブリノーゲンのフィブリンへの変換を誘導し、前記のように創傷からの血液および体液の漏出を阻止する。この別態様のゲルパックには単純で、安価で、生産し易いという利点がある。しかしながら、患者の創傷がフィブリノーゲンゲルをフィブリン組織シーラントに有効に変換するには十分なトロンビンを持ってない状況があるかも知れない。この場合には、本発明の前記のゲルパック態様におけるようにトロンビン成分を外因的に供給しなければならない。フィブリンシーラント包帯の態様 フィブリンシーラント包帯の態様は組織シーラント組成物を患者の創傷組織に適用するように製剤化する。その包帯は次の順序で包含する:(1)密封裏層; (2)裏層の創傷に向いた表面の生理学的に許容される接着剤層;および(3) 次のものを含む有効量の乾燥材料の層:(a)乾燥したウイルス不活化精製フィブリノーゲン複合体、(b)乾燥したウイルス不活化精製トロンビン、および必要ならば(c)水和によって組織をシーリングするフィブリン凝固体を産生するために有効量のカルシウムおよび/または第XIII因子の組合せ、ここにこの乾燥材料の層は接着剤の創傷に向いた表面に付着している。一態様では、裏層に乾燥材料層を有効に結合するために十分な接着性があれば、密封裏層および生理学的に許容される接着剤層が同一である。別の態様の一つは、長期間安定な貯蔵のため、除去可能な防水性保護フィルムを包帯の乾燥材料層および露出接着剤表面の上に置く。作業では、包帯を創傷組織に適用する前に耐水性保護フィルムを除去する。一態様では、包帯の組織シーラント成分が創傷組織に適用された時に出血創傷から流出する患者の内因性体液によって活性化されて組織シーラントフィブリン凝固体を形成する。創傷組織に包帯を適用して数分以内に組織シーラントが水和されて創傷からの体液漏出が明確に減少するのが好ましい。フィブリン凝固体が形成され、硬化する速度は、たとえば動脈創傷および出血性の組織損傷に対する急速な硬化、骨組織の創傷処置に対する遅速な硬化などある程度は適用法によって支配されるが、フィブリン凝固体を適用の後20分以内に形成するのが好ましい。この効果は包帯適用後10分以内に明確になるのがさらに好ましい。適用後2分から5分以内にフィブリン凝固体を形成するのが最も好ましい。最も急速にフィブリン凝固体が形成する態様では組織瘢痕が適用後実質的に1〜2分以内、 より好ましくは1分以内、および最も好ましくは30秒以内に形成される。フィブリンシーラント包帯を適用するに当たって、組織シーラントフィブリン凝固体が創傷部位の上に形成されるまで圧迫を用いることが必要かも知れない。あるいは、創傷からの体液漏出が乾燥組織シーラント材料の適当な水和を提供するのに不十分な場合、または生命に危険な場合のように時間が肝要な場合は、 包帯を創傷組織に適用する前に組織シーラント成分を適当な生理学的に許容される液体で水和する。この包帯を構築するためには、乾燥材料は、例えば凍結乾燥によって製造してもよく、また商業的に入手できる適当な材料を使用してもよい。フィブリンシーラント包帯の水和によるフィブリン形成を加速するために、無水CaCl 2を乾燥TS成分に添加してもよい。乾燥材料の接着剤または裏層への結合を結合剤、 好ましくは水溶性結合剤、の乾燥成分への添加によって強化してもよい。フィブリンシーラント包帯の裏層は通常の非再吸収できる材料、たとえばシリコンパッチまたは合成樹脂材料であってもよく;または生適合性のある再吸収できる材料であってもよい。裏層の材料は送達装置以上の役目を果たすものでもよい。その好適な組成はフィブリンシーラント包帯の所望の適用法によって決定される。例えば、非再吸収性裏層はフィブリン凝固体に対して強度および保護を提供するので多数の外用的使用に適切である。別の態様では非再吸収性裏層はフィブリン凝固体を保護的に被覆するための特別な強度および耐久性を提供するために、たとえばファイバーなどで補強する。続いて裏層とともに凝固体を除去するのは、たとえばフィブリンシーラント包帯を医療的な救援が得られるまで初期救急手段に使用した時など、多くの場合に許容される。そのような場合、凝固体は生命に危険な体液の漏出を防止するというその目的を果たし終わっており、創傷の本来の処置または外科的修復を可能にするために追加的な組織損傷を起こさずに凝固体を除去することが望ましいであろう。それとは別に、非再吸収性裏層を、たとえば動脈性創傷のように漏出体液が加圧下に流出している時など、形成されつつある組織シーラントフィブリン凝固体に強度を与えるために使用することもある。しかし、そのような創傷が内部にあれば、組織シーラントに邪魔にならないようにフィブリン凝固体から裏層を除去するのが有利である。従って、フィブリンシーラント包帯は接着層をフィブリン凝固体よりも低い剪断強度を持つ材料にしてフィブリン凝固体または創傷周辺の組織に損傷を与えないで裏層を除去できるようにして提供される。対照的に、ある種の内部適用法には後刻にドレッシングを除去する必要を避けるために再吸収できる裏層の使用が必要である。再吸収できる材料は自然にまたは体による治癒および/または組織の再生または機能を明確には妨害せず、その他の代謝妨害を起こさずに消費されるか除去される成分に崩壊するものである。恒常性は保存される。生物崩壊性裏層を製造するために適当な材料には、たとえばフィブリン、コラーゲン、ケラチンおよびゼラチンなどの蛋白性物質または、 たとえばキチン、キトサン、カルボキシメチルセルロースまたはセルロースなどの炭水化物由来物質および/またはその生物学的適合誘導体を包含する。密封裏層と別であれば接着層はフィブリンシーラント包帯の使用目的に基づいて選択され、通常の接着剤材料を含有していてもよい。殺菌剤を接着層に加えてもよい。たとえば外科手術の前などのように、組織シーラントフィブリン凝固体を密封裏層とともに創傷から除去するなら接着剤は乾燥材料層を密封裏層に十分に付着し、水和後にもフィブリンよりも高い剪断強度を持つ接着能力を維持しなければならない。組織シーリングフィブリン凝固体は創傷上の位置に維持するが、密封裏層を適用後に除去すべきものならば、接着剤は乾燥材料層を密封裏層に付着するために十分な粘着性があるが、水和後の接着能力はフィブリン凝固体よりも低い剪断強度を持っていなければならない。あるいは、接着層は乾燥材料が水和する間に溶解するかまたは粘着性が低下してフィブリン凝固体から裏層を除去できる材料であってもよい。そのような目的の他に乾燥材料層を密封包帯に直接付着してもよい。別の態様では、この接着層は水和後に組織シーリングフィブリン凝固体を損傷しないで密封層の除去を可能にする2種の接着剤を含んでいる。典型的には、このような場合には、乾燥した組織シーリング成分材料を裏層の特定領域「内部領域」、すなわち中央、に乾燥材料の領域「外側領域」を越えて広がる、接着剤の妨げのない領域に貼付する。接着剤の外部領域は包帯の乾燥材料領域が直接創傷上にフィブリン凝固体を形成するような様式で創傷の周辺または隣接の皮膚または組織に直接付着させる。包帯の乾燥材料層で覆われていない裏層の領域にある接着剤層は物理的に除去するまでフィブリンシーラント包帯を創傷周辺の組織に付着させるに十分なものである。外部領域にある接着剤は、たとえば動脈性創傷など創傷から体液が加圧下に漏出していても、包帯をその位置に保持するに十分でなければならない。接着剤の内部領域は乾燥材料層を密封裏層に付着させるために十分に粘着性であるが、それでも水和後はフィブリン凝固体よりも低い剪断強度の接着性能を持たなければならない。あるいは、接着剤の内部領域は乾燥材料の水和の間に溶解するかまたは粘着性が低下してフィブリン凝固体から裏層の除去を可能にする材料のものである。そのような目的の別のものでは接着剤層は外部層にのみ添付して乾燥材料層を密封包帯の内部領域に直接付着させてもよい。そこで、接着態様の二種においてはフィブリンシーラント包帯の裏層は包帯を物理的に除去するまで創傷周辺の組織に付着してその位置に残存する。しかし、 除去後には裏層は組織シーリングを損傷せずに組織シーリングフィブリン凝固体から分離する。二重カプセル封入フィブリンシーラント包帯の態様 フィブリンシーラント包帯のさらに別の態様では有効量の炭酸水または生理学的に許容される、たとえばPBSのような緩衝液水和剤、または匹敵するゲルを含有する独立な水和層を破断可能な液体不透過性コンテナ内に含む。この水和層をカプセル内に封入した破断可能な液体不透過性コンテナは前記の密封包帯層に直接付着するか、または密封包帯に隣接する前記の接着剤層に付着する。この水和層をカプセル内に封入した破断可能な液体不透過性コンテナの露出する側(裏層または接着層に接触しない側)に付着して前記の粉砕した粉末フィブリン成分の層が存在する。乾燥成分の層は水和後にフィブリン凝固体を形成するための粉末フィブリノーゲンまたはフィブリノーゲン複合体、トロンビン、および要すれば十分なカルシウムおよび/または第XIII因子を含む。この二重層(乾燥層および水和層)はともに密封裏層または接着性材料に接触しない全表面を外部の第二の保護不透過性膜で被覆する。そこで、この二重層の態様では、内容物は完全に不透過性コンテナ内にカプセル封入する。ここでは、 一方の面は密封裏層の材料であり、他の面と全エッジは第二の外部保護不透過性膜によって形成される。作業では、内部の水和層をカプセル封入した液体不透過性コンテナを物理的に破断して含有する水和材料を乾燥フィブリン成分層に放出し、完全に水和した組織シーリングフィブリン凝固体を与えて創傷からの血液および体液の漏出を阻止し、感染症に対する天然の障壁を提供する。第二の外部不透過性膜は膨張性フィブリン複合体が形成されるまで放出された水和材料を乾燥成分との接触を保ち、 その後に外側膜を物理的に除去して組織シーリングを形成するために創傷上に包帯を配置する。あるいは、外側膜を物理的に除去し、内部の液体不透過性コンテナを破断して含有する水和材料を乾燥フィブリン成分層に放出して創傷組織上に直接組織シーリングフィブリン凝固体を形成させる様式で二重層を創傷領域に力を入れて適用してもよい。フィブリンシーラント包帯のこれと別の態様でと同様に、選択する接着剤および裏層材料は意図する包帯の適用法によって決定してもよい。裏層は除去可能または再吸収可能であってもよく、また、接着剤は包帯の除去後に創傷から組織シーリングを除去するのか、または組織シーリングフィブリン凝固体をそのまま放置するのかを目的とする意図を有していてもよい。接着剤は別個に結合された層であってもよく、または裏層自体が乾燥フィブリン成分に付着する接着剤として作用してもよい。フィブリン複合体を形成するために必要なトロンビン、カルシウムおよび第X III因子の成分は乾燥材料層に存在する乾燥材料として付着していてもよく、 または液体またはゲル型で水和層に含まれていてもよい。さらにその上、それらはすべての必要なフィブリン形成成分の全てが存在し、および包帯が使用されるまで乾燥層が非水和化されたままである限り、二層に分割されていてもよい。これに加えて、たとえば前記開示の増殖因子、抗生物質、殺菌剤、抗増殖剤、その他のような添加剤もフィブリンシーラント包帯のこの態様に包含してもよい。水和層がガス過飽和の液体を含むなら、乾燥材料層は膨張性で発泡性のフィブリン組織シーラントとして水和される。これとは別に乾燥材料層は水和剤と接触するとガスを産生し、発泡する材料を補足してもよい。水和層がたとえば急速蒸発ゲル層(たとえばメチルセルロース/アルコール/ 水など)のようなゲルの型であれば、周囲の不透過性障壁の破断は乾燥材料のフィブリン成分を前記のような水和層と直接に接触させて組織シーリングフィブリン凝固体を形成させる。ゲル層は液体水和層について記載した様式でフィブリン複合体のトロンビン、カルシウムまたは第XIII因子成分の1種または全部および/または前記添加剤のいずれか1種を含めることもある。これとは別の二重層態様では、組織シーラントは裏層に結合させる必要のない創傷シーリングドレッシングとして供給される。各成分は基本的にカプセル内カプセルとして構成するが、そこでは用語カプセルは材料というよりも広義に使用する。前記カプセル封入水和層はそれ自体が乾燥フィブリン成分材料およびカプセル封入水和層の両者を含む第二のカプセル封入単位内に封入される。作業では、ともに外側の第二カプセル封入単位内に完全に含まれたままの水和層をカプセル封入した内部液体不透過性コンテナを物理的に破断して含有する水和材料を乾燥フィブリン成分層に放出する。水和層をカプセル封入した内側コンテナを物理的に破断する時には外側の第二カプセル封入単位の完全さは破壊されない。水和層と乾燥フィブリン成分との外側カプセル封入単位内での混合は完全に水和された組織シーリングフィブリン凝固体を与え、これが次に創傷組織上に放出または排出されて組織シーリングを形成する。フィブリン塊を放出するために外側のカプセル封入単位を不規則にまたは、たとえば膨張可能なフィブリン塊を創傷部位に向けて流出する噴流を形成するような、表面の特定位置で物理的に切断または断裂する。水和層がガス過飽和剤であれば、水和剤と乾燥フィブリン成分との混合により膨張性発泡混合物を形成され、それを創傷組織に適用する。あるいは発泡は乾燥成分層の水和によって達成してもよい。自己発泡フィブリンシーラントの態様 患者の創傷組織を処置するための自己発泡フィブリンシーラントドレッシング態様には(1)ウイルス不活化精製フィブリノーゲン、(2)ウイルス不活化精製トロンビン、および必要ならば(3)カルシウムおよび/または第XIII因子の組合せでフィブリン形成に有効な量を含む膨張可能な発泡製剤として製剤化するが、この組成物は全厚皮膚創傷治癒を明瞭には阻害しないものである。前記TS成分は創傷部位に各成分が数分以内にフィブリンフィブリンシーリングを形成する膨張可能な発泡剤として放出されるように缶またはタンクに加圧ガスとともに貯蔵する。膨張性発泡剤の態様の許容される製剤は作業によって20倍にまで膨張するフィブリン凝固体の水和成分を提供する。組織シーリングフィブリン凝固体の膨張量は、しかしながら目的とする適用法によって決定される。例えば、腹腔内での膨張性発泡性フィブリンシーラントドレッシングの使用は傷害を受けた内部組織器官または血管からの血液または体液の漏出を明白に減少または防止するフィブリン組織シーラントを提供する。一方で感染症への障壁を提供する。しかしながら、同時に発泡剤の膨張は非損傷組織、器官または血管への有害な圧を防止するように制御しなければならない。そのような場合は膨張を1倍から2倍で5〜10倍を超えないように制限した膨張発泡剤ドレッシングの使用によって保証されるかも知れない。対照的に骨内の間隙を満たすための膨張性発泡性フィブリンシーラントドレッシングの使用は強固で堅いシーリングを創傷領域上に作成するためにずっと大きい速度で膨張する材料の使用を正当化するであろう。動脈性創傷も高度に加圧した発泡性組織シーリング剤被覆によく反応することもある。そのような材料の膨張割合は20倍以上、好ましくは10〜20倍、さらに好ましくは5〜10倍の範囲である。 1倍から2倍を含めて5倍を超えない膨張も、例えば内耳のような小さな領域などでは血管または損傷骨組織の修復に適用することもある。膨張率と同様に、膨張性発泡フィブリン被覆を使用するフィブリンシーリングの形成に要する硬化時間も意図する適用法に関係する。たとえば動脈の創傷または損傷した心臓組織を持つ患者のようなある種の状態では生命の喪失が切迫している。このような状態では、フィブリンドレッシングを非常に急速に膨張させてフィブリン組織シーリングを可能な限り急速に放血前に必ず形成しなければならない。好ましくは2分またはそれ以下、より好ましくは1〜2分で、および最も好ましくは1分またはそれ以下の間にシーリングを構築して患者の体液漏出を明白に削減すべきであろう。一方、全ての創傷が直ちに生命に危険を及ぼすというものではない。例えば骨組織の組織シーリング剤による修復の強度は急速な硬化時間よりも重要である。このような場合、組織シーリングフィブリン凝固体の組成を交差結合を大きくするか、またはフィブリンフィブリルを厚くするか、または長時間膨張を続行するさらに希薄な組成物を放出するように修正する。そのような製剤は組織シーリングフィブリン凝固体の硬化時間をやや長くすることが必要になる。硬化時間1分以下はこのような適用法に対して適当であるが、1〜2分または5分までの硬化時間も許容されよう。当技術分野の通常の熟練者が認識できる状況では5〜10 分間または20分間まででさえ生命に危険がない場合には許容されるであろう。例えば缶、タンクなどの放出装置を本出願のために特別に開発してもよいが、 または商業的に購入してもよい。缶は単一または複数の貯蔵器を有していてもよい。別個の貯蔵器は高価になるが水和成分を分離したままにすることができ、適用時に混合するまで安定であろうという利点がある。高圧ガスは生理学的に許容され、薬理学的適用に適切でなければならず、また例えばCO 2 、N 2 、空気またはフレオンのような不活性ガスなど通常に認識される高圧ガスを含むものであってもよい。これとは別に、乾燥フィブリン成分には水和剤と接触するとガスを発生し、従って発泡する材料を補足してもよい。放出装置からの膨張性の発泡性フィブリン被覆剤の放出圧はフィブリン凝固体自体の組成物と硬化時間とを組合せた時に被覆の膨張程度が決定され、放出圧は処置する創傷の性質によって決定する。前記の通り、ある種の創傷は生命の喪失を防止するために組織シーリングフィブリン凝固体の即時形成を必要とするが、 一方では、別の創傷は組織シーリング組成物を強化するために広範な交差結合を形成する遅い放出または所要時間を必要とする。それ故、理想的には放出圧は状況に特異的である。 1気圧の圧力またはそれ以下(14.71bs/平方インチ)は低水準の膨張および低速度の放出を提供するであろう。しかしながら、ある種の生命に危険のある場合には1〜5気圧またはそれ以上に対応する放出圧が正当化されることもある。多くの場合、選択する放出圧は商業的に入手できる缶装置のものに対応する。追加的な因子として放出圧は組織シーリング剤物質を放出ラインまたは装置の詰まりから守るために重要である。自己充足創傷被覆およびフィブリンシーラント包帯の組合せ態様 最後に、ある種の外傷傷害は自己充足フィブリンシーラントドレッシング態様を数種組合せることによって最善に処置されるであろう。例えば、重大な自動車事故または対人地雷または爆発物によって起きる傷害では創傷は生命に危険があるのみでなく、組織または骨に広範囲で、大きく裂けた開口部を含み、明らかに内部に損傷を有し、しばしば重症の火傷を伴うことがある。このような創傷はその創傷組織の広範さに加え、多数の切断された動脈および血管が存在する。そのような創傷では最初は急速に硬化する膨張可能フィブリン発泡被覆を豊富に適用して出血を急速に制御し、次にフィブリンシーラント包帯態様の一つによって全領域を被覆し、創傷領域を支持および保護して被害者を医療機関に輸送できるまで、または職業的医療援助が施与できるまで、例えば火傷組織などからの体液の遅い漏出を封鎖するのが有利なことがある。多くの事例でフィブリンシーラントドレッシングの追加的製剤が熟練した人員によって傷害組織の長期間におよぶ修復、処置および保護のために適用されるであろう。以下の実施例は説明の目的のみで包含されており、本発明の範囲を限定する意図はない。 実施例1 FGへの補足のためのHBGF−1の製造 HBGF−1βコード化DNA含有プラスミドを含む組換大腸菌の培養800 mlを製造した。誘発および24時間37℃で培養した後、細胞を遠心し、上清を捨てた。細胞ペレットを0.15M NaCl、pH7.3含有20mMリン酸緩衝液25mlに再懸濁した。懸濁細胞を細胞分裂器で分裂し、5000g、20分遠心して細胞残骸を残った溶液から分離した。ペレットを捨て、可溶性HBGF−1βおよび他の細菌性タンパク質を含む上清を2.6cm直径、10cm高のヘパリン−セファロース(登録商標)カラム(ファルマシア・ファイン・ケミカルズ、スエーデン、ウプサラ)に導入した。カラムを5カラム容量の20mMリン酸緩衝液、pH7.3中の0.15M NaClで洗浄し、20mMリン酸緩衝液中の0.15M NaClから2.0M NaCl勾配で溶出した。溶出液を280nmの吸光度で追跡した。 UV吸収材料の3回のピークが溶出し、SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動で分析した。ピーク番号3は、約17 ,400ダルトンの単一バンドとして電気泳動し、実質的に純粋なHBGF−1 βを含んだ。 HBGF−1βが混入細菌性タンパク質を含まないか更に確認するために、成長因子活性を含むピーク番号3を一晩20mMヒスチジン、0.15M NaCl 、pH7.5に対して透析した。タンパク質2mgを1ml CM−セファロース(登録商標)(ファルマシア、スエーデン、ウプサラ)イオン交換カラムに掛けた。カラムを10ベッド容量(0.5ml/分)の20mMヒスチジン、0.15M NaCl 、pH7.5で洗浄し、20mMヒスチジン、pH7.5中の0.15M NaCl から1.0M NaCl勾配で溶出した。溶出液を280nmの吸光度で追跡しH BGF−1βがSDSポリアクリルアミドゲル電気泳動で同定された。本精製HBGF−1を、続く実施例においてFGに補足するのに使用した。 実施例2 HBGF−1の安定性 FGの成分であるトロンビンによるHBGF−1βの分解(ロブ、Biochem.27: 2572-2578(1988))を妨げ、または予防する成分をFGに加えることが必要であった。 HBGF−1に吸収されるヘパリンを選択し、それがHBGF−1をトロンビンおよび他のFG中のタンパク質分解成分による分解から守ることができるか否かを試験した。増加させた濃度のヘパリン存在下でのHBGF−1の安定性を評価した。 HBGF−1β(10μg/ml)、トロンビン(250U/ml)および増加した濃度のヘパリン(0、0.5、5、10、20および50U/ml)を含む溶液を37 ℃でインキュベーションした。アリコートを一定時間にインキュベーション溶液から回収し、凍結し、−70℃で更なる試験のために保存した。インキュベーションが終了した後、サンプルを融解し、15%SDSポリアクリルアミドゲル上で、ラミリ(Nature227:680(1970))の方法に従った還元条件下で分離した。ゲルをニトロセルロース上に電気ブロットし、HBGF−1に対応するバンドを、HBGF−1に対する親和性精製ポリクローナルウサギ抗血清を使用して同定した。ウエスタンブロットを図1に示し、それに17,400m wでHBGF−1バンドを見ることができる。結果は、5U/ml程低い濃度のヘパリン存在下で、HBGF−1がトロンビンによる分解から保護されていることを示唆する。加えて、実施例3に記載のようにその生理活性は変わらなかった。 実施例3ヘパリンおよびトロンビン存在下でインキュベーション した後のHBGF−1βの生理活性 実施例2に記載の、ヘパリン5U/ml含有インキュベーション混合物中のHB GF−1の生理活性を、NIH 3T3細胞の3 H−チミジン取り込みアッセイを使用して測定した。 NIH 3T3細胞を96ウェルプレートに挿入し、37℃で、0.5%ウシ胎児血清(BCS;GIBCO、ニューヨーク、グランド・アイランド)含有ダルベッコ修飾培地(DMEM;GIBCO、ニューヨーク、グランド・アイランド) 中で飢餓条件下で、細胞が30から50%コンフルエンスに到達するまでインキュベーションした。 2日後、サンプル由来の実施例2中で製造した種々の希釈のHBGF−1を各々のウェルに培地を代えずに添加した。希釈剤(インキュベーション緩衝液)を成長因子の場所に、陰性対照として加え、成育のために必要な成長因子含有10%BCS含有DMEMをHBGF−1の場所に、陽性対照として加えた。 37℃で18時間インキュベーションした後、0.25Ciの3 H−チミジン、 特異的活性6.7μCi/molを各々のウェルに加え、インキュベーションを37 ℃で更に4時間続けた。プレートをリン酸緩衝化食塩水(PBS)で濯ぎ、冷10 %トリクロロ酢酸(TCA)0.5mmolで15分、4℃で固定した。 TCAを除去し、プレートをPBSで濯ぎ、酸沈殿物質を0.1N 水酸化ナトリウム0.5ml /ウェルで、1時間室温で溶解させた。サンプルをシンチレーションバイアルに移し、シンチレーション液(ニューイングランド・ヌクリアー、アクアシュア(登録商標))10mlをバイアル当たりに加えた。図2に示す結果は、トロンビンおよびヘパリン存在下でインキュベーションしたHBGF−1が生理活性を残していることを証明する。観察されたチミジン取り込み濃度依存性は、インキュベーション時間と別であり、典型的には成長因子濃度の関数として細胞増殖に依存することが予期された。成長因子は典型的には細胞増殖が最大で最適濃度を示す。トロンビンおよびヘパリン存在下でのHBGF−1の生理活性はまたは内皮細胞増殖観察により測定した。ペトリ皿表面をHBGF−1補足FGで飽和した。内皮細胞の浅い層を加え、細胞数を測定した。経時的に細胞数が増加した。加えて、細胞は血管に組織化するように見えた。したがって、HBGF−1はその生理活性を、HBGF−1をトロンビンの分会活性から守り成長因子補足FG中のHBGF−1活性を促進し得るヘパリンを含むHBGF−1FG中で残す。 実施例4 FG血餅からのHBGF−1分散 ヘパリン10U/mlおよびトロンビンおよび40mM CaCl 2含有フィブリノーゲン複合体0.3mlを混合することにより、5mlプラスチック試験官内でF G血餅を形成させた。 4個の試験官は下記の通りである: (A)トロンビン0.5U/mlおよびHBGF−1 10μg/ml; (B)トロンビン0.5U/mlおよびHBGF−1 50μg/ml; (C)トロンビン5U/mlおよびHBGF−1 10μg/ml; (D)トロンビン5U/mlおよびHBGF−1 50μg/ml。各々の血餅は、0.2Mヒスチジン緩衝液、pH7.3で覆った。重層緩衝液のサンプル30μlを各々の管から2時間毎に回収し、ウエスタンブロットを行った。実験の結果は、血餅から分散したHBGF−1が時間の関数および血餅中のその濃度の関数であり、血餅中のトロンビン濃度はHBGF−1が血餅から遊離する速度に影響を与えないことを証明する。 実施例5成長因子補足FG中のヒト臍帯静脈内皮細胞の行動: 野生型および変異体FGF−1の効果 酸性線維芽細胞成長因子(FGF−1)補足FGのヒト内皮細胞におけるインビトロでの効果を研究するために、これらの細胞の懸濁液を、均等に広げた層のフィブリノーゲン約9mg/mlおよびトロンビン0.25NIH単位/ml含有FGを含む2.5ml直径10cmのペトリ皿に加えた。 FGを以下の方法で添加した: (A)成長因子補足せず; (B)100ng/ml、活性、野生型FGF−1補足; (C)100ng/ml、不活性変異体FGF−1補足; (D)10ng/ml、活性、野生型FGF−1補足。 FG層上に蒔いた細胞を7日間、10%ウシ胎児血清(FBS)含有DMEM中に維持した。細胞は、生理活性FGF−1補足FGに接触させた場合、効率良く伸長し、増殖する(図3および4)。非補足FG(図5)または生理的不活性FGF−1補足F G(図6)と接触させた場合、細胞は伸長するが、増殖は相対的に遅い。 実施例6 FGF−1補足FG中のヒト臍帯静脈内皮細胞の行動 その成長を研究するために、1mlあたり10 5またはそれ以上の細胞のヒト臍帯内皮細胞を、そのタンパク質濃度が4mg/mlであるFGに着床させた。 FG中のトロンビンの濃度は0.6NIHU/mlに調整した。全実験に使用する培養培地は、10%ウシ胎児血清、ストレプトマイシン10μg/ml、ペニシリン10 0U/ml、FGF−1 1ng/mlおよびヘパリン10U/ml添加M199(シグマ・ケミカル・カンパニー、セントルイス、MO)であった。 FG中24時間以内に細胞は伸長し、多足形になり、互いに接触した場合、細胞ネットワークを形成した(図7)。この成長は少なくとも5日間続いた。図8は48時間のこの状態を示す。対照として、同一細胞懸濁液をフィブロネクチン10μg/cm 2で覆った表面で培養した。対照細胞は敷石状形を獲得し、本形態を少なくとも5日保った。図9 および10はそれぞれ24時間および48時間のこの状況を示す。 実施例7 FG中のPMEXNEO−3T3−2.2細胞の行動 PMEXNEO−3T3−2.2細胞は、遺伝子操作したタンパク質の発現が可能な修飾ゲノムを含む線維芽細胞である(フォローら、J.Biol.Chem.268:2960- 2968(1993))。本細胞のFG中での行動を測定するために、ウェル当たり1 0 5細胞を3種の条件下で培養した:(1)FG中;(2)FGの表面;および(3) FGの非存在下(対照)着床させた。実験を、24ウェルプレートで、10%FB S添加DMEM培地(シグマ・ケミカル・カンパニー、セントルイス、MO)中で2個ずつ行った。 FGタンパク質濃度は4mg/mlであった。同様の実験において、1.5%FBS添加媒体を陰性対照として使用した。 10%FBS添加媒体の存在下、3群全ての細胞は成育し、コンフルエントになった。 1.5%FBS添加培地の陰性対照実験において、細胞は成育し、FG 存在下で少なくとも5日生存したが、それなしではしなかった。しかしながら、 成育は、1.5%FBS添加よりも10%FBS添加FGにおいて速かった。 F G非存在下、1.5%FBF添加培地において、細胞は48時間以内に死滅した。生存の基準は、試験細胞の10%FBS添加新鮮培地に移した時の細胞の増殖する能力であった。 実施例8 HBGF−1予備処理による伸長PTFE血管移植片の内皮細胞化 2種の研究は、血液接触生体材料の内皮細胞(EC)マイトジェンによる予備処理は、内皮細胞化を促進することを証明した。第1の研究は、ウサギ大動脈に移植した伸長PTFE移植片に適応したHBGF−1補足FG懸濁液のインビボ崩壊特性を試験した。第2の研究において、同様の移植片をイヌの大動脈狭窄部位に移植した。脈管形成因子であるHBGF−1を研究に使用した。 FGF、FG F−4および/またはOP−1のような他の成長因子もまた血管移植片の補足剤として使用できる。 A.崩壊研究 一般に、修飾FGを、ヒト組み替え125 I−HBGF−1の内部および外部移植片表面約1mg/cm 2領域、ブタ腸粘膜ヘパリン20μg/cm 2 、およびフィブリノーゲン2.86mg/mlを、再組成した、商業的に入手可能なヒトトロンビン(1 000U/ml)2.86×10 -2 U/mlに加えることにより滅菌的に調整し、重合を誘発した。 125 I−HBGF−1は、以下のようにして特異的に製造した。フィブリノーゲンは、25mlPBS中にフィブリノーゲン500mgを加え、フィブリノーゲン濃度20mg/PBSmlを作ることにより再組成した。フィブリノーゲン60mgを含有する本溶液3mlを、12個のエッペンドルフプラスチック管に入れ、−70 ℃に維持した。これらの各々のアリコートを個々に使用した。商業的に入手可能な製造物(アルモール・ファーマシューティカル・カンパニー、カンカキー、IL)を希釈することにより、滅菌溶液中1:10の割合で、 1000U/mlの濃度でトロンビンを再組成し、100U/mlの濃度を産生した。本トロンビン溶液を再び1:10に希釈し、10U/mlの溶液を産生した。ウジヘパリン(アップジョン、カラマズー、MI)を、通常の食塩水を使用して1:1000の割合で1000U/mlの濃度の製造物を希釈することにより再組成した。再組成フィブリノーゲン 1および48/100(1.48)ml、再組成ヘパリン63μL、加えて125 I−HBGF−115.66μLをガラスシンチレーション管に混合した。本混合物を、次いで3mlプラスチックシリンジに吸引した。本再組成トロンビン5mlをガラスシンチレーション管中に入れた。伸長PTFE移植片の一端を、プラスチック3方向栓ノズル上におき、そこで2−0絹縫合糸で結んだ。次いで、PTFEを3×3平方cmのパラフィン(登録商標)で包み、それを次いで直線止血鉗子出止め、防水性封印を確立した。第2 の2−0絹縫合糸を、パラフィルムの栓への接合の上に行い、他の封印を形成した。直線止血鉗子を、次いで、PTFE/パラフィルムの2mmの末端を止めるのに使用した。等量のフィブリノーゲンおよびトロンビン溶液を上記のように調整し、混合して約30秒反応させ、その時、重合化が起こった。トロンビン−重合化フィブリンは、次いで不透明である。 (この時間因子は、概算であり、一つのトロンビンロットと他のでは異なる。重合化する時間の好適な長さは、混合物の不透明さを見ることにより決定できる。)フィブリン/トロンビン混合物を、次いで1ccのシリンジに吸引した。 (注:本移植片の容量は0.42mlであった。より多くの移植片の容量のために、より大きいシリンジの使用が必要である。)シリンジをコック栓に付け、混合物を手で5秒にわたって、液体がPTFEの割れ目から「露を結ぶ」ように見えるまで注入し、PTFEとパラフィルムの間の領域を満たした。 3方向栓ノズルをPTFE移植片に対して3秒間閉め、コック栓上のPTF Eの末端の結び目を切断するために、外科用メス刃を使用した。 PTFE移植片/パラフィルムを栓から除き、パラフィルムエンベロープからPTFEを回収するのに止血鉗子を使用した。残った成長因子補足FGを移植片腔管から除くために、3番目の塞栓カテーテルを、移植片腔管が完全に奇麗になるまで、移植片に5回通した。成長因子補足FG処理PTFE移植片を、一晩、約12時間層流フード下で乾燥させた。処理移植片は、次いで処理移植片は移植の用意ができた。あるいは、本HBGF補足FGを34mm(24mm+両端5mm)×4mm(内部直径) の薄い壁で囲まれた、伸長PTEF移植片中へ圧還流し、それにより移植片腔管表面を覆い、移植片外部表面まで節を通って伸長させた。これらの移植片は、次いで24匹の3−5kgニュージーランドホワイドウサギの腎臓下部腹部大静脈中に挿入した。第1の研究において、動物を屠殺し、標本を0時間(外科的操作による損失を訂正するため)および、5、30および60分、1、7、14および30日後に外移植した。残った放射活性をガンマ計数により決定した。自然崩壊を訂正した残った125 I−HBGF−1を、ゼロ時間の値に対するパーセントで示す。 125 I−HBGF−1の崩壊は、循環の再確立を伴う急速初期損失(%/分=− 24.1、5および60分の間)、続く、一週間後の残り13.4%±6.9%および30日後の残り3.8%±1.1%である1時間後の遅延損失(%/分=−0.0 3)である古典的動態に従う。 B.インビボ内皮細胞化実験 第2の実験は、HBGF−1補足FG懸濁液の効果を次の項目について評価した:イヌ大動脈腸骨内へ移植され広範囲に膨張した60μm節間距離の膨張PTF E移植片の内皮細胞化速度、時間の関数としてこれら内皮細胞の増殖活性、および観察された内皮細胞増殖を刺激するHBGF−1およびFGの相対的貢献度。 3群の50×4mm非強化膨張PTFE移植片を12匹のイヌの大動脈腸骨位置に移植した。群1(6匹)にヘパリン20μg/cm 2 、2.86mg/cm 2フィブリノーゲンおよび2.86×10 -2 U/cm 2ヒトトロンビン+1ng/cm 2 HBGF-1を投与した。群2(3匹)には、HBGF-1を除き、同じFGを投与した。群3(3匹) には同じであるが、未処理対照移植片を投与した。トリチウム化チミジン( 3 H− Tdr:0.5μCi/kg)を10時間、移植前に注入した。移植片を7および28日において、ランダム高出力磁場で内皮細胞増殖に関し光線および電子顕微鏡、第VIII因子免疫歴化学およびエン・フェース(en face)オートラジオグラフィーのために移植した。各移植片は、処理群移植片がどれであるかを知らない3人の観察者によって観察した。内皮細胞増殖の相異は、統計学的に2方法ANOVAおよび独立(independent)t検定で分析した。 7日において、FGおよびHBGF補足FG移植片の両者の33%は、内皮細胞が非連続的病巣であることが証明された(図11)。対照移植片の表面はフィブリン血塊のままであった。 28日において、すべてのHBGF−1補足FGは、 広範にわたり毛細管内方成長と内皮細胞化支流血管の表面との接触が観察され、 これらは他の2群のいずれの試験片でも観察されなかった(図11および12)。図12が証明するように、未処理移植片(28日)はその表面において数個の可視的な内皮細胞を有する(パネルG)。 FG単独で処理した移植片は内皮細胞を被覆した表面33%を有し、これは、FGの単独処理がある種の再内皮化を促進することを示す(パネルH)。しかしながら、HBGF-1を補足したFGで処理した移植片(パネル1)は、内皮細胞を完全に(95%以上)被覆しているようであり、 これは、内皮細胞の敷石状形態を示す。すなわち、FGにより誘導された成長因子の組合わせは、生きている非血栓形成性内皮細胞により血管移植片を実質的に完全に被覆することを促進することができる。エン・フェース・オートラジオグラフィは、他の全ての群(時間および移植片処理の関数)に対する、28日でのH BGF-1-補足FG移植片における3 H−TdRの内皮細胞DNAへの組み込みに関し、統計学的に有意な増加(p<0.5)を示した。これらのデータが証明するように、HBGF−1補足FG懸濁液の節間距離6 0膨張PTFE移植片への圧縮還流は毛細管内方成長および内皮細胞増殖の増加を介し内皮化を促進する。以上の実験は、小直径の血管移植片の自発的再内皮化および移植内皮細胞のより急速な合流を刺激する方法を向上させる。 実施例9フィブリンシーラントからのトリブチリンの放出 フィブリンシーラントで送達されたFGF−1による人工血管移植片の内皮細胞化の誘導は送達媒体としての補足フィブリンシーラント使用の治療上重要な適用法を表す。動脈壁における平滑筋細胞の増殖過剰はアテローム性動脈硬化症および血管形成術後の再狭窄における明らかな構成要素である(セルセック(Cer cek)など、アメリカン・ジャーナル・オブ・カーディオロジー(Am.J.Car diol.)、68巻:24C頁(1991年))。それ故、補足フィブリンシーラント送達系からの血管内処置に適する抗増殖または分化剤の送達はこの病状を予防または処置すると考えられた。平滑筋細胞の増殖過剰を防止する薬剤を選択するに当り、基礎疾患の病状を増悪するかも知れない細胞損傷を誘導しないことが重要なので毒性が極端に低い薬剤が選択された。酪酸は分化プログラムを誘導することによって、網膜芽腫細胞(キリツィス(Kyritsis)など、アンチキャンサー・リサーチ(Anticancer Res.)、6巻:465頁(1986年))、スイス3T3細胞(トスカーニ( Toscani)など、ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー(J.Bio l.Chem.)、265巻:5722頁(1990年))およびその他の細胞型( プラサッド(Prasad)など、ライフ・サイエンス(Life Sci.)、27巻: 1351頁(1980年))の過剰増殖を防止することが証明されている。誘導された過剰増殖の防止は関連化合物であるトリブチリンにより平滑筋細胞でも達成されている。この平滑筋細胞における効果には飽和に近くて全身的治療が難かしいトリブチリン濃度を必要とする。それ故、次の実験は補足フィブリンシーラント組成物からトリブチリンを病巣に直接送達する効率を証明するために行った。トリブチリンをトロンビンと混合し、これを次にフィブリノーゲンと混合してフィブリンシーラントマトリックスを形成した。 24ウェル培養プレートに補足フィブリンシーラントを入れた。培養培地(2mL)を次にトリブチリン補足フィブリンシーラントの入ったウェルに注入し、これらを37℃でインキュベーションした。ウェル3個の新らしい組から培地を毎日収集し、上清液を使用して増殖する平滑筋細胞(一夜付着させておいたラットまたはウサギの平滑筋細胞ウェル当り10000個)を培養した。 2日間(48時間)インキュベーションをした後、MTS検定法(テトラゾリウム化合物であるMTS(プロメガ社(Prome ga)、マディソン(Madison)市、ウイスコンシン州(WI))の可溶性フォルマザン発色団への生物学的還元を490nmで分光学的に検出)を使用して各平滑筋細胞培養物中の細胞数を測定した。図13に示すように、フィブリンシーラントのみを含むウェルから収集した培地は平滑筋細胞の増殖を支持したが、一方ではトリブチリンを含有するフィブリンシーラントを有するウェルからの培地は明白に平滑筋の増殖を阻害した。培地へのトリブチリン拡散日数が増加するに従って阻害の程度は増加した。これらの結果は細胞調節薬剤であるトリブチリンをフィブリンシーラントから長期間送達できることおよび特定細胞型の増殖を阻止7する持続性を保持することを示す。 実施例10 TGF−β2の製剤およびフィブリンシーラントからの放出 フィブリノーゲンおよびトロンビンは米国赤十字社、ロックヴィル(Rockvil le)市、メリーランド州(Maryland)、の指示に従って調製した。溶解して局所フィブリノーゲン複合体(TFC)の蛋白質濃度を120mg/mL(止血用標準製剤)とした。ヒトのトロンビンを40mM−CaCl 2で溶解して300 単位/mLの溶液を得た。トランスフォーミング増殖因子β2(TGF−β2)の局所フィブリノーゲン複合体中での適合性を評価するために、TGF−β2(ゲンザイム社(Genzyme Corp.)、フラミンガム市(Framingham)、マサチューセッツ州(MA)、提供の精製組換えヒト蛋白質)を10および1μg/mLでTFCに加えた。試料を2〜8℃で2週間インキュベーションした。 TGF−β2を抽出し、ゲル様物質をジリンジ2個を連結する狭口径のバルブを通過させて分析した。 ELISA 資料はTFCからTGF−β2が完全に回収されたことを示した。試験管内生物検定の分析はこの抽出物が生物学的に活性であることを示した。次にTGF−β2を1μg/mLまたは100ng/mLの濃度でTFCに加えた。 50μL量を無菌試験管に入れて50μLのトロンビン溶液を添加してフィブリン凝固体を形成させた。凝固体形成は数秒間以内に起きた。これらの試料を一夜2〜8℃で放置した。次に被験試料チューブを10μg/mLプラスミン含有または不含の400μLのPBS/0.1%ヒト血清アルブミンpH7.0 で積層した。この被験試料を37℃で2日間インキュベーションしてTGF−β 2の放出および回収を評価した。凝固体の完全な再溶解がプラスミン処理試料で観察された。プラスミン非処理試料では凝固体はそのままであった。拡散された上清液をELISAで分析した。その資料を表1に集約する。 希釈による最終的凝固体の各成分の理論的濃度:TFC蛋白質=60mg/mL ;トロンビン活性150単位/mL;TGF−β2=500ng/mLまたは5 0ng/mL。 Theoretical concentration of each component of the final solidified body by dilution: TFC protein = 60 mg / mL; thrombin activity 150 units / mL; TGF-β2 = 500ng / mL or 5 0 ng / mL. このデータはTGF−β2がTFC中で安定であるのみならず、フィブリンシーラントからの拡散によるTGF−β2送達を低い量に維持できることを示す。 The data show that we can maintain TGF-.beta.2 is not only stable in TFC, the diffusion TGF-.beta.2 delivery by the fibrin sealant to a lower amount. さらにその上、TGF−β2のフィブリンシーラントからの放出はプラスミンによるフィブリン凝固体の溶解を必要とし、補足組織シーラント組成物からのTG F−β2の生体内放出にはフィブリン凝固体の再溶解が介在するであろうことを示す。 Furthermore Moreover, release from the fibrin sealant of TGF-.beta.2 requires dissolution of fibrin clots by plasmin, the in vivo release of TG F-.beta.2 from supplemental tissue sealant composition remelting intervention of fibrin clots indicating that the will. そこで、TGF−β2補足組織シーラント組成物の放出機構は単純な拡散機構とは容易に識別される。 Therefore, the release mechanism of TGF-.beta.2 supplemented tissue sealant composition is readily distinguished from simple diffusion mechanism. 実施例11 FGにより使用のための血小板由来抽出物の製造 血漿減少血小板を調製し、ペレット化した。 Manufacturing plasma thrombocytopenia platelet-derived extract for use according to Example 11 FG was prepared and pelletized. 上清血漿を除去した。 And the supernatant was removed plasma. ペレット化した血小板を洗浄し、緩衝液(50mMヒスチジンおよび0.15M塩化ナトリウム、pH6.5)中に懸濁し、ウシトロンビンで処理した。 Pelleted platelets were washed, buffer (50 mM histidine and 0.15M sodium chloride, pH 6.5) and suspended in, and treated with bovine thrombin. 処理の後、上清を遠心で集め、アリコートを−80℃で凍結した。 After treatment, the supernatant was collected by centrifugation and frozen aliquots at -80 ° C.. 抽出物を溶解し、FGまたは他のT Sと混合した。 Was dissolved extract was mixed with FG or other T S. この方法で得られた血小板抽出物は生理学的に活性であった。 Platelet extract obtained in this way was physiologically active. なぜなら、それは、放射活性標識チミジンの増殖NIH3T3のDNAへの組み込みを、対照に比し、増加させるからである。 Because it is the incorporation into the DNA of proliferating NIH3T3 radioactive labeled thymidine, compared to the control, because the increase. 血小板抽出物の傷治療に対する効果を評価するため、HBGF−1βで実施例10以下で実施したと同じ実験を、糖尿病マウスで血小板抽出物を用い、行った。 To evaluate the effects on wound healing platelet extract, the same experiment as were carried out in Example 10 below in HBGF-l [beta], using a platelet extract in diabetic mice, were performed. これらの実験結果から、血小板抽出物中の所定の低能度の成長因子(1つの傷あたり100μg以上の用量の血小板抽出物蛋白)が傷抽出物の促進に使用する必要性が明白である。 These experimental results, it is evident the need to growth factors of a given morons degree of platelet extract (platelet extract protein one 100μg or more per dose flaws) is used to promote wound extract. 実施例12皮膚創傷治癒におけるインビボでのFG(フィブリン膠)の効果A. Effect of FG (fibrin glue) in vivo in Example 12 Skin Wound Healing A. 補足なしのFG 実験動物雌性C57BL/K s J-db/dbマウスをジャクソン・ラボラトリーズ(Jackson Laboratories)[メイン州バー・ハーバー(Bar Harbor)]から入手したが、該動物は試験開始時において8〜12週齢であった。 Was obtained from FG experiments without supplementary animal Female C57BL / K s J-db / db mice Jackson Laboratories (Jackson Laboratories) [Maine Bar Harbor (Bar Harbor)], the animal 8 in the start of the study It was 12 weeks old. マウスは、検体の保護促進のために外科処置後は別々のケージで飼育した。 Mice after surgery for the protection promotion analytes were housed in separate cages. これらのマウスに見られる代謝異常が、ヒトの糖尿病患者の代謝異常と類似しているため、糖尿病患者における創傷治癒のモデルとして用いる。 Seen in these mice metabolic abnormalities, since similar to the metabolic abnormalities of diabetes in humans, used as a model of wound healing in diabetic patients. さらに、細胞浸潤が著しく遅いこと、肉芽組織が形成されること、および傷口が閉じるのに必要となる時間を特徴とするこのマウスモデルにおける創傷治癒から、ヒト糖尿病患者における創傷治癒との関連性が示唆されるといえよう。 Furthermore, it cell infiltration significantly slower, that granulation tissue is formed, and wound the time required to close the wound healing in this mouse model, wherein, associated with the wound healing in human diabetics It is said to be suggested. FG本試験に用いた濃縮フィブリノーゲン複合体(TFC)は、新鮮な冷凍保存したヒト血漿から製造されたものである。 Concentrated fibrinogen complex used in FG the study (TFC) are those prepared from fresh frozen human plasma. このTFC製品[カリフォルニア州ロサンゼルスのアメリカン・レッド・クロス(American Red Cross)−バクスター・ ハイランド・ディビジョン(Baxter Hyland Division)製]は凍結乾燥体で提供される。 The TFC product [Los Angeles, California American Red Cross (American Red Cross) - Baxter Hyland Division (Baxter Hyland Division) Ltd.] is provided in a freeze-dried product. 凍結乾燥体を3.3mlの滅菌水で還元した後の本試験で用いたTFC溶液のタンパク質特性は次のとおりである:総タンパク質120mg/ml;フィブリノーゲン90mg/ml;フィブロネクチン13.5mg/ml;XIII因子17U/ml; およびプラスミノーゲン2.2μg/ml。 Protein profile of TFC solution used in this study after reducing the lyophilisate in sterile water 3.3ml are: total protein 120 mg / ml; Fibrinogen 90 mg / ml; fibronectin 13.5 mg / ml; factor XIII 17U / ml; and plasminogen 2.2μg / ml. ウシトロンビン[500ユニットバイアル,イリノイ州カンカキーのアーマー・ファーマシューティカル・カンパニー(Armour Pharmaceutical Co.)製]を5mlの滅菌水で再構成し、80mMの塩化カルシウム溶液[ニューヨーク州シャーリーのアメリカン・リエージェント・ラボラトリーズ(American Reagent Laborat ories)製]で滅菌的に希釈し、濃度を15U/mlにした。 Bovine thrombin [500 unit vials, Illinois Armor Pharmaceutical Company, Kankakee (Armor Pharmaceutical Co.) Ltd.] was reconstituted with sterile water 5 ml, American Li agent Shirley calcium chloride solution [New York 80mM Laboratories sterilized diluted in (American Reagent laborat ories) Ltd.] was a concentration of 15U / ml. 等体積のTFCと再構成トロンビンを混合してFGを製造した。 It was prepared FG by mixing equal volumes of TFC and reconstituted thrombin. 直径6mmの円い全厚(フル・シックネス)創傷をふさぐために、0.05mlのTFCを0.0 15mlのトロンビンと混合した。 To close the round diameter 6mm total thickness (full sickness) wounds, were mixed TFC of 0.05ml thrombin of 0.0 15 ml. このように製造されたFGのタンパク質濃度は約60mg/mlであった。 Protein concentration of the thus manufactured FG was about 60 mg / ml. タンパク質濃度を約1mg/mlに希釈したFGも用いた。 FG was diluted to a protein concentration of about 1mg / ml was also used. 外科処置マウスに、7mlのケタミン塩酸塩[100mg/ml;Ketaset,アイオワ州フォート・ドッジのアヴェコ・カンパニー(Aveco Company)製]、3mlのキシラジン[20mg/ml;Rompun,カンザス州シャウニーのモベイ・コーポレイション(Mobe y Corp.)製]および20mlの生理的食塩水の混合液を、体重100g当たり0. The surgery mice, ketamine hydrochloride 7ml [100mg / ml; Ketaset, Iowa Fort Dodge Aveko Company, (Aveco Company) Ltd.], xylazine 3ml [20mg / ml; Rompun, Mobay Corporation, Kansas Shawnee the (Mobe y Corp.) Ltd.] and a mixture of saline 20 ml, 0 per body weight 100 g. 1mlの投与量で筋肉内投与して麻酔した。 It was anesthetized and administered intramuscularly at a dose of 1ml. 背中の毛を刈り込み、皮膚をポビドン−ヨウ素溶液で洗浄し、70%アルコール溶液で拭いた。 Pruning hair back, skin Povidone - washed with iodine solution and wiped with 70% alcohol solution. 2つの全厚の円い外科的創傷(直径6mm)を、マウスの背中の下部の両側に、それぞれ中心線から等距離の位置に作成した。 Two full thickness of round surgical wounds (diameter 6 mm), on both sides of the bottom of the mouse back was made from each center line equidistant. 2つの創傷の中央端部が、少なくとも1.5cmの非創傷皮膚部分で分離されているように創傷を作成した。 Central end of the two wounds were created wound as separated by unwounded skin area of ​​at least 1.5 cm. 創傷作成後すぐに、FGおよび/または包帯(dressing)で該計画的創傷を覆った。 After wounding immediately covered the planned wounds FG and / or a dressing (dressing). 包帯は透明な半透性の接着性ポリウレタン包帯[商品名:オプサイト(Op site),オハイオ州マシロンのスミス・アンド・ネフュー(Smith and Nephew) 製]を用いた。 Bandage adhesive polyurethane dressing transparent semipermeable: using the trade name option site (Op site), Ohio Massillon of Smith & Nephew (Smith and Nephew) Ltd.]. 包帯の適用前に、創傷領域の周囲にベンゾイン化合物のチンキ剤[ミネソタ州ミネアポリスのパドック・ラボラトリーズ(Paddock Laboratories)製]を塗布した。 Prior to application of the dressing, tincture of benzoin compounds around the wound area [Minneapolis, MN Paddock Laboratories (Paddock Laboratories) Ltd.] was applied. ベンゾインによって傷口に炎症が生じる可能性を回避するために、創傷の縁から少なくとも0.5cmはチンキ剤を塗布しない領域を設けた。 To avoid the possibility of inflammation in the wound by benzoin occurs, at least 0.5cm from the edge of the wound was provided with a region not coated with the tincture. 試験期間中、創傷に対して、もうこれ以上の処置は行わなかった。 During the test period, to a wound, it was not performed any more treatments. 処置グループマウスは4つのグループに分けて処置を行い、それぞれその個体自身を対照と設定した。 Treatment group mouse performs the treatment is divided into four groups, was set to control the individual's own, respectively. グループI:実験動物の創傷のうち、一方にFG(60mg/ml)を処置し、他方には何も処置をしなかった。 Group I: Among the wounds of the experimental animals were treated with FG (60mg / ml) on one, nothing is the treatment on the other. 両方の創傷をオプサイトで覆った。 Covered both the wound in the optional site. グループII:創傷の一方に希FG(1.0mg/ml)を局所的に処置し、他方には何も処置をしなかった。 Group II: one to dilute FG of wounds (1.0 mg / ml) were treated topically, nothing is a treatment to the other. 両方の創傷をオプサイトで覆った。 Covered both the wound in the optional site. グループIII:創傷の両方にFG(60mg/ml)を局所的に処置した。 Group III: were both wounds FG to (60 mg / ml) were treated topically. 創傷の一方は何も覆いをせず、他方はオプサイトで覆った。 What also uncovered one of the wounds, the other is covered with optional site. グループIV:両方の創傷に対して何も局所的処置をしなかった。 Group IV: nothing is a topical treatment for both wounds. 創傷の一方は何も覆いをせず、他方はオプサイトで覆った。 What also uncovered one of the wounds, the other is covered with optional site. 創傷の分析試験の9日目に実験動物を安楽死させた。 On the ninth day of the analytical testing of the wound were euthanized experimental animals. 0.5mmの非創傷皮膚も含めて、創傷を筋肉層まで切開し、緩衝10%ホルマリン溶液に浸けた。 0.5mm, including unwounded skin, the wound was dissected to muscle layer, immersed in buffered 10% formalin solution. 組織学研究室にて標本を加工した。 It was processed specimens in histology laboratory. 標本をパラフィンに埋め込み、創傷の中間部分を5μm毎に切断した。 Embedded specimens in paraffin and cut intermediate portion of the wound for each 5 [mu] m. 組織学的分析のために、ヘマトキシリンおよびエオシン、またはマッソンのトリクロム液を用いてスライドを染色した。 For histological analysis, stained slides using the Trichrome solution of hematoxylin and eosin or Masson. 各スライドに1〜15までの組織学的評点を付与した(表1)。 Granted histological score of up to 15 in each slide (Table 1). 1は全く治癒しなかったに相当し、15はコラーゲン繊維からなる瘢痕が生じたことに相当する。 1 corresponds to not at all healed, 15 is equivalent to the scar made of collagen fibers occurs. 評点のスケールは既存のものを用いた。 Scale of scores was used for existing. 既存の評価基準に変更を施し、上皮形成、細胞侵入の度合、肉芽組織の形成、コラーゲン沈着、血管分布および創傷収縮の程度をさらに正確に反映するようにした。 Applying changes to existing criteria, epithelialization, degree of cellular invasion, granulation tissue formation, collagen deposition, and so more accurately reflect the degree of vascularity and wound contraction. 組織学的評点は、少なくとも3 名の分析者が別々に付与した。 Histological scores, analyst at least 3 people granted separately. 創傷の治療結果を描写するコードは、全部の観測者の評点付与が完了してから解読した。 Code depicting the results of therapy wounds, the decrypted since the score granted all observers completed. 統計的分析分析者の組織学的評点を平均し、平均値±その標準誤差で表した。 Average histological score of statistical analysis analyst, expressed mean ± in their standard errors. 1対t試験を用いて、異なる処置グループにおける1対平均を比較した。 Using a pair t test, to compare the one-to-average in the different treatment groups. 分析は、RS/1 リリース3.0統計ソフトウェアパッケージ[BBNソフトウェア・プロダクツ・コーポレイション製]を用いて行った。 Analysis was performed using the RS / 1 Release 3.0 statistical software package [BBN Software Products made Corporation]. サンプル平均の差を試験するためにスタティスティカル・アナリシス・ソフトウェア(SAS)システムを用いて変動を分析した。 To test the difference between the sample mean using Statistical Analysis Software (SAS) System was analyzed variations. 結果 創傷のふさがりにおけるFGの効果(グループI)グループIでは、各マウスの両方の創傷をオプサイトで覆った。 Results In effect (Group I) a group of FG which definitive the blocked wound I, covered with wounds both the mouse Opsite. このような条件下で、タンパク質濃度60mg/mlのFGを片方の創傷のみに局所適用すると、 FG処置側で(3.06)、非処置側で(5.26)と統計的に低い平均組織学的評点となった(P<0.005)(表3)。 In such conditions, the topical application of FG protein concentration 60 mg / ml on only one wound with FG treatment side (3.06), in untreated side (5.26) and statistically lower mean tissue It became the histological scores (P <0.005) (Table 3). 創傷のふさがりにおける希FGの効果(グループII)このグループでは、両方の創傷をオプサイトで覆い、片方の創傷に希FG(タンパク質含量1mg/ml)の局所適用を行った結果、非処置の創傷の平均組織学的評点(4.36)と有意には異ならない値(4.0)が処置創傷において得られた(P=0.17)(表4)。 The effect (Group II) In this group of rare FG in blocked wound, covering both wounds with Opsite, as a result of topical application of dilute FG on one wound (protein content 1 mg / ml), untreated wounds the average histological score (4.36) and not significantly different from the value of (4.0) was obtained in the treated wounds (P = 0.17) (Table 4). FG処置創傷におけるオプサイトの効果(グループIII)両方の創傷にタンパク質濃度60mg/mlのFGを処置したこのグループでは、 片方のみオプサイトを適用した結果、オプサイトで覆わなかった創傷の平均組織学的評点(4.93)と有意には異ならない値(4.2)が、オプサイト適用創傷において得られた(p=0.11)(表5)。 This group treated effect (Group III) in both wounds protein concentration 60 mg / ml FG of Opsite in FG treated wounds, the results of applying the Opsite only one, the average histology of wounds that were not covered with Opsite specific score (4.93) not significantly different from the value (the 4.2) were obtained in Opsite applications wounds (p = 0.11) (Table 5). 1対の非処置創傷のふさがりにおけるオプサイトの効果(グループIV)両方の創傷にFGの局所的処置を行わないこのグループでは、片方のみオプサイトを適用した結果、オプサイトで覆わなかった創傷の平均組織学的評点(6. 31)よりもかなり低い値(4.92)が、オプサイト適用創傷において得られた。 Opsite effect on blocked pair untreated wounds in this group that does not perform topical treatment of FG in (Group IV) both wound, one only result of applying the Opsite, wounds were not covered with Opsite the average histological score (6.31) significantly lower than (4.92) were obtained in Opsite applications wounds. (P<0.0005)(表6)。 (P <0.0005) (Table 6). サンプル平均の差における処置効果のANOVAは、<0.0001において有意であった。 ANOVA of the treatment effects in the difference sample average was significant at <0.0001. 論考本試験の結果から、マウスにおいて開口した創傷に適用した場合、(1)止血用に製剤された濃度(60mg/ml)のFGを処置すると、9日目における組織学的評点は低く、すなわち非処置の創傷の治癒速度よりも治癒速度が遅いこと;( 2)タンパク質濃度(1mg/ml)の希FGを処置すると、9日目における組織学的評点は高く、すなわちこれによって治癒速度が速められること;および(3) この動物モデルにおいては、半透性包帯オプサイトの適用は、それ自身単独で創傷のふさがりを非常に妨害するものであることが示された。 The results of the discussion this test, when applied to a wound which is open in mice (1) Treatment of FG of formulated for hemostasis concentrations (60 mg / ml), histological score is low in day 9, namely slower healing rate than healing rate of untreated wounds; (2) treatment of dilute FG protein concentration (1 mg / ml), is high, i.e. whereby the healing rate faster histologic score in 9 days it is; in and (3) this animal model, the application of the semipermeable dressing Opsite has been shown in which a very disturbing itself alone blocked the wound. FGを用いた試験の結果を比較する場合、FGの総タンパク質濃度は重要な変数である。 When comparing the results of the test using FG, total protein concentration of FG is an important variable. 創傷治癒および組織修復の促進におけるフィブリンの優れた効果が報告されているが、本試験では、通常市販製剤におけるフィブリノーゲン濃度よりも低濃度のフィブリノーゲンを用いた。 Although excellent effect of fibrin have been reported in promoting wound healing and tissue repair, in the present study, using low concentrations of fibrinogen than fibrinogen concentration in normal commercial formulation. 濃度60mg/mlのFGは創傷のふさがりを遅らせた(グループI)。 The FG at a concentration 60 mg / ml delayed blocked wounds (Group I). ヨーロッパで市販されているFGの総タンパク質濃度は、フィブリノーゲンとトロンビン成分とを混合した後では、37.5〜57.5mg/mlである。 The total protein concentration of FG which is commercially available in Europe, after mixture of the fibrinogen and thrombin components are 37.5~57.5mg / ml. この試験で得られたデータは、現在、止血および接着用製剤として製剤化されているFGが開口性の皮膚創傷に適用した場合、その治癒を遅らせることを示すものである。 The data obtained in this study, currently if the FG which is formulated as a hemostatic and adhesive formulations were applied to the opening of the skin wounds, showing that delaying the healing. この効果は、(1)創傷治癒過程に積極的に関係している細胞成分の移動あるいは増殖に対する機構的妨害、(2)創傷収縮の機構的阻害、または(3)1つ以上のFG 成分による創傷治癒上の化学的阻害効果によるものであろう。 This effect, (1) mechanical obstruction to movement or proliferation of cellular components that are involved actively in the wound healing process, according to (2) mechanical inhibition of wound contraction or (3) one or more FG components It could be due to the chemical inhibitory effect on wound healing. 9日目において固体フィブリノーゲン由来の血餅が創傷表面に残っていることから、創傷のふさがりに対する機構的妨害および阻害の方が、治癒を遅らせることに対して、より実際性の高い説明であろう。 Since the clot from the solid fibrinogen remains on the wound surface at day 9, towards the mechanical interference and inhibition of blocked wounds, relative to delay the healing would be more practical highly Description . これが原因であるかどうかを審査するために、FGの総タンパク質濃度を1mg /mlに希釈した。 This is in order to examine whether the cause was diluted total protein concentration of FG to 1 mg / ml. この希FGの局所的適用からは、非処置の創傷と余り異ならない組織学的評点が得られた(グループII)が、このことは、総タンパク質濃度が低いと、創傷治癒過程を有意であるほどには阻害しないことを示唆している。 From this dilute FG topical application, histological scores do not differ much with the non-treated wounds were obtained (Group II) is, this is, the total protein concentration is low, a significant wound healing process suggesting that it does not inhibit as much as. 同じ濃度のFG(60mg/ml)で処置され、かつオプサイトで覆われた創傷であって、異なる処置グループ(グループIおよびIII)に属する創傷の平均の組織学的評点が有意に差がある値である(グループIでは3.06、グループIIIでは4.2)ことも注目に値する。 Treated with FG the same concentration (60 mg / ml), and a wound covered with Opsite histological score of the average wound belonging to different treatment groups (Groups I and III) there is a significant difference is the value (in group I 3.06, the group III 4.2) it is also noteworthy. これらのデータは、幾らかの動物が、同じ処置を受けたにもかかわらず、他の動物よりも治癒が速かったり遅かったりするために、動物個体間の変動が、同じ処置変数をもつある動物群から明確な結論を導くのを困難にすることを示している。 These data suggest that some animals, despite receiving the same treatment, in order to slow or or faster healing than other animals, variations between individual animal, an animal with the same treatment variables shows that make it difficult to derive clear conclusions from the group. このことは、平均評点の標準誤差の範囲に反映される。 This is reflected in the range of the standard error of the mean scores. このような理由で、各動物はそれ自身を対照とするのであり、たとえば同じ動物における創傷を相互に比較した。 For this reason, each animal is than for itself and controls were compared wound mutually in example the same animal. 試験創傷として、同じ動物に対照となる創傷があることによって、動物個体間の変異性は最小化される。 As the test wounds, by the presence of wounds as a control in the same animal, variability among individual animals is minimized. これらのデータはまた、オプサイトなどの接着性包帯が創傷のふさがりを有意に遅らせることも示している。 These data also show that the adhesive bandage such as Opsite is significantly delays blocked wound. しかし、ブタにおける部分的(partial)厚み皮膚創傷では、 FGのタンパク質濃度が、創傷治癒速度に関係するとは考えられないことにも注意すべきである。 However, the partial (partials) thickness skin wounds in pigs the protein concentration of FG is, is to be related to the rate of wound healing It should also be noted unthinkable. B. B. インビボでの創傷治癒における成長因子を補足されたFG 糖尿病マウスの創傷修復速度におけるHBGF−1B成長因子補足FGの効果を評価した。 To evaluate the effect of HBGF-1B growth factor supplemented FG in wound repair rate of FG diabetic mice supplemented with growth factors in wound healing in vivo. この試験に用いた方法は前記の試験と全く同じである。 The method used for this test is the same as the test of the. 6匹の試験マウスの背中に2つの直径6mmの全厚皮膚バイオプシーを施し、5μgのHBG F−1βを加えたFGを満たした。 Subjected to full thickness skin biopsy two 6mm diameter on the back of six test mice were filled with FG plus HBG F-l [beta] of 5 [mu] g. 6匹のマウスにおける同一のバイオプシーには処置を行わず、6匹の対照マウスのバイオプシーにおいては、補足なしのFG を満たした。 Without treatment, the same biopsy in six mice in the biopsy of 6 control mice were filled with FG without supplemental. 9日後、すべてのマウスを屠殺し、各創傷および周囲の皮膚からなる厚さ5ミクロンの組織学的プレパレーションを製造し、ヘマトキシリンおよびエオシンで染色した。 After 9 days, all mice were sacrificed to produce a histological preparation of 5 micron thick made of each wound and surrounding skin, and stained with hematoxylin and eosin. 各サンプルにおける創傷修復の程度、処置グループについては、どのグループ由来かは同定せずに、それぞれ3人の熟練した分析者が、ブラインドで評価をおこない、コラーゲン沈着、上皮形成、肉芽組織の厚みおよび炎症細胞,繊維芽細胞の密度ならびに血管分布を審査した。 The extent of wound repair in each sample, for the treatment groups, without identifying what group or derived from, each three skilled analyst, evaluated in blind, collagen deposition, epithelialization, granulation tissue thickness and inflammatory cells, were reviewed the density and vascular distribution of the fibroblasts. 各サンプルに対して1 〜15の評点を付与した(修復なし〜完全修復)。 Each sample was given a rating of 1 to 15 with respect to (repair without - complete repair). 補足なしのFGで処置した創傷からのサンプルは、一貫して低めの評点を付与され、非処置創傷または成長因子補足FGで処置された創傷からのサンプルは、高い評点を付与された。 Samples from wounds treated with no supplemental FG is granted lower scores consistently, samples from wounds treated with the non-treated wounds or growth factor supplement FG was granted a high score. 実施例13インビボ系における骨誘導物質の運搬ベシクルとしてのFG 材料及び方法フィブリンシーラント 濃ヒトTFC(Baxter Hyland Division,San Pedro CA)及びヒトトロンビン(Baxter Hyland Division,Glendale,CA)をスクリーンされた、凍結したばかりのプールされた血漿から米国赤十字のために製造した。 Example 13 FG Materials and Methods Fibrin Sealant Concentrated human TFC (Baxter Hyland Division, San Pedro CA) as transport vesicles osteoinductive substance in vivo system, and human thrombin (Baxter Hyland Division, Glendale, CA ) was screened, frozen It was prepared from freshly pooled plasma for the American Red Cross. それらの製造中、両方の成分は溶媒洗浄方法(ニューヨーク血液センター)を用いるウイルス不活性化を行い、凍結乾燥の形態で供給された。 During their manufacture, both components perform viral inactivation using the solvent cleaning methods (New Blood Center), which is supplied in the form of freeze-dried. 無菌水(3.3ml)を用いて再構成後、TFC溶液の蛋白特性は以下の様であった。 After reconstitution with sterile water (3.3 ml), protein characteristics of TFC solution were the following manner. 総蛋白=120m g/ml;フィブリノーゲン=90mg/ml;フィブロネクチン=13.5m g/ml;因子XIII=17U/ml;及びプラスミノーゲン=2.2μg/ml 。 Total protein = 120m g / ml; Fibrinogen = 90 mg / ml; fibronectin = 13.5m g / ml; Factor XIII = 17U / ml; and plasminogen = 2.2μg / ml. ヒトトロンビン(1000Uバイアル)を無菌水(3.3ml)を用いて再構成し、続いて40mM塩化カルシウム溶液(American Regent Laboratories ,Shirley,NY)中に希釈して濃度を15U/mlとした。 Human thrombin (1000 U vial) was reconstituted with sterile water (3.3 ml), followed by 40mM calcium chloride solution (American Regent Laboratories, Shirley, NY) concentration diluted in was 15U / ml. ヒトトロンビンを頭蓋冠の損傷上に置いた埋め込まれたディスクを調製するために使用した。 Human thrombin was used for preparing disks implanted which were placed on calvarial damage. 局所用牛トロンビン(5000Uバイアル、Armour Pharmaceutical Co. ,Kankakee,IL)を無菌水(5ml)を用いて再構成し、40mM塩化カルシウム溶液中に希釈して濃度を15U/mlとした。 Topical bovine thrombin (5000 U vial, Armour Pharmaceutical Co., Kankakee, IL) was reconstituted with sterile water (5 ml), was 15U / ml concentration diluted in 40mM calcium chloride solution. 牛トロンビンを筋肉内バイオアッセイのためのインプラントを調製するために使用した。 Bovine thrombin was used for preparing implants for intramuscular bioassay. 本発明の態様を実施する場合にフィブリノーゲンは1から120mg/mlF Gの濃度で存在しなければならず、より好ましくは3から60mg/mlFG、 最も好ましくは10から30mg/mlFGの濃度で存在しなければならない。 When carrying out the embodiment of the present invention the fibrinogen should be present from 1 at a concentration of 120 mg / MLF G, be present at a concentration of 30mg / mlFG more preferably from 3 60mg / mlFG, most preferably from 10 shall. DBMは約1から1000mg/mlFG、より好ましくは50から500mg /mlFG、最も好ましくは300から500mg/mlFGの近似濃度で存在しなければならない。 DBM from about 1 1000mg / mlFG, more preferably 500mg / mlFG 50, must be present most preferably from 300 approximate concentration of 500mg / mlFG. 決定された骨粉末のサイズは0.01から1000ミクロン、好ましくは20−500ミクロン及び最も好ましくは70−250ミクロンでなければならない。 Size of the determined bone powder is 0.01 to 1000 microns, preferably should be 20-500 microns and most preferably 70-250 microns. 骨誘導成長因子(群)又はBMP群は約1から100μg /mlの濃度で存在しなければならず、その濃度は所望の目的を達成するために効果的である。 Osteoinductive growth factor (s) or BMP group must be present at a concentration of about 1 100 [mu] g / ml, the concentration is effective to achieve the desired purpose. この態様において骨誘導物質として使用してもよい成長因子には以下のものが含まれるがそれらに限定されない:オステオゲニン(BMP3); BMP−2;OP−1;HBGF−1;HBGF−2;BMP2A,2B及び7 ;FGF−1;FGF−4;及びTGF−β。 Although the may growth factors that may be used as a bone inducing material in this embodiment include the following but are not limited to: osteogenin (BMP3); BMP-2; OP-1; HBGF-1; HBGF-2; BMP2A, 2B and 7; FGF-1; FGF-4; and TGF-beta. 骨修復における利用のためのTS を補うために抗生物質などの薬を追加して使用できる。 Add a medicine such as antibiotics in order to compensate for the TS for use in bone repair can be used. インプラント調製 ラットDBMを以下の様に調製した。 The implant prepared rat DBM was prepared as follows. ラットの長い骨の骨端を後ろに骨幹のみを残して除去した。 The long bone of the epiphysis of rats were removed leaving the diaphyseal only behind. 必要ならば骨幹を裂き、次に骨髄を脱イオン化水(Milli− Q水精製システム(登録商標)、Milliporeコーポレーション、Bedford,MA )を用いて徹底的に洗い流した。 Rip diaphysis if necessary, then the bone marrow deionized water (Milli- Q water purification system (registered trademark), Millipore Corporation, Bedford, MA) were thoroughly rinsed with. 次に骨幹を室温にて洗浄した。 Then washing the diaphysis at room temperature. 4℃において脱イオン化水1000mlを骨100gに加えた。 Deionized water 1000ml were added to the bone 100g at 4 ° C.. この混合物を30分間撹拌し、 水を捨てた。 The mixture was stirred for 30 min, it was discarded water. このステップを2時間繰り返した。 This step was repeated two hours. 4℃において、冷無水エタノール(1リットル)(Quantum Chemicalコーポレーション、U.S.I.Division,Tuscola,IL)を骨各100gに加えた。 In 4 ° C., cold absolute ethanol (1 liter) (Quantum Chemical Corporation, U.S.I.Division, Tuscola, IL) was added to the bone each 100 g. 15分間撹拌後、エタノールを捨てた。 After stirring for 15 min, it was discarded ethanol. これを計1時間の持続期間において4 回繰り返した。 This was repeated four times in the duration of a total of 1 hour. フェームフード下、ジエチルエーテル(500ml)(Mallinckrodt Speci ality Chemicals,Paris,KY)を骨に加えて骨を覆った。 Covered bone under Fame hood, diethyl ether (500ml) (Mallinckrodt Speci ality Chemicals, Paris, KY) was added to the bone. これを15分間穏やかに撹拌し、次にエーテルを捨てた。 This gently stirred for 15 min, then discarded ether. 骨にさらにエーテル500mlを加え、 この混合物を15分間撹拌した。 Further ether 500ml was added to the bone, and the mixture was stirred for 15 min. エーテルを再度捨てた。 Discarding the ether again. 発生するエーテルの蒸発用のフェームフード下に骨を残した。 Leaving the bone under Fame hood for the evaporation of the generated ether. 脱脂した骨は超低温フリーザー(−13 5℃)中に無期限に保管できる。 Defatted bones can be stored indefinitely in the ultra-low temperature freezer (-13 5 ℃). 次に骨を粉砕して骨粉末とした。 Next was the bone powder by grinding bone. この粉末をふるいにかけて74から420ミクロンサイズの粒子を集めた。 The powder particles were collected from 74 sieving 420 micron size. この骨粉末の10グラムを遠心管(250ml)に入れた。 It was placed 10 grams of the bone powder in a centrifugal tube (250 ml). 泡立ちを避けるために各々の管に0.5NHCl(8ml)をゆっくり加えた。 It was slowly added 0.5N HCl (8 ml) to each tube to avoid foaming. 次に各々の管の内容物を穏やかに撹拌した。 It was then stirred gently the contents of each tube. 15分後、各々の管に追加の0.5NHCl(100 ml)を10分かけて加えた。 After 15 minutes, it was added over 10 minutes 0.5N HCl (100 ml) Add to each tube. 次にこの管を穏やかにさらに35分間撹拌した。 It was then stirred gently for an additional 35 minutes the tubes. この粉末がHCl中にある総時間は1時間を越えなかった。 The total time the powder is in the HCl did not exceed one hour. 次に各々の混合物を4℃において3000rpmにて15分間遠心分離した。 Was then centrifuged for 15 minutes at 3000rpm at 4 ° C. Each mixture. 次に上清のpHを調べた。 Then examined the pH of the supernatant. もしもpHが2よりも大きければ、ペレットを妨害せずに、化学シンクに注いだ。 If if pH is greater than 2, without disturbing the pellet, it poured into chemical sink. pHが2より小さい場合には、上清を有害廃棄容器に注いだ。 If the pH is less than 2, poured supernatant hazardous waste container. ペレットが失われた場合には遠心分離時間を30分に増加した。 If the pellet is lost increased centrifugation time to 30 minutes. 上清のpHが0.5N HClと等しくなるまでこれらのステップを繰り返した。 Until the pH of the supernatant equals the 0.5 N HCl These steps were repeated. 次にペレットを撹拌によって脱イオン水(180ml)を用いて洗浄し、一様な懸濁液を得た。 Then the pellet was washed with deionized water (180 ml) by stirring to give a uniform suspension. 次にこの懸濁液をさらに15分間遠心分離した。 It was then further centrifuged for 15 minutes the suspension. 次にこの上清を以前の様にデカントした。 It was then decanted and the supernatant as before. 上清のpHが脱イオン水のpHと等しくなるまで、 この洗浄を繰り返した。 Until the pH of the supernatant equals the pH of deionized water, it was repeated cleaning. 次にペレットをフリーザー中で−180℃にて凍結した。 It was then frozen at -180 ℃ the pellets in a freezer. 次に標準的手順を用いてそれらを凍結乾燥した。 It was then lyophilized them using standard procedures. 1mm厚及び8mm直径のディスク型インプラントを4片のアルミニウム型を用いて製造した(図13)。 To produce a disk-shaped implant of 1mm Atsuoyobi 8mm diameter with aluminum mold 4 pieces (Fig. 13). ラットDBM粉末(25mg)を型の穴に入れた。 Rat DBM powder (25 mg) was placed in a mold cavity. 次にTFC(30μl)をDBMの上にピペットでおき、DBMが全溶液に取り込まれるまで混合した。 Then place pipetted TFC a (30 [mu] l) onto the DBM, and mixed until DBM is incorporated into the total solution. 使用したTFCの濃度は10、20、40、80又は1 20mg/mlであった。 The concentration of TFC used was 10,20,40,80 or 1 20 mg / ml. 次にトロンビン溶液(30μl)(40mM塩化カルシウム中15U/ml)をDBM−TFC複合体に加え、混合し、ピストン形態のふたを用いてディスク型に圧縮した。 Then added thrombin solution (30 [mu] l) (40 mM in calcium chloride 15U / ml) in the DBM-TFC complex, mixed and compressed into a disk-type with the cover of the piston forms. DBM粉末25mgが20μlの体積を有することが決定された。 DBM powder 25mg was determined to have a 20μl volume. DBMがFGに添加された後、最終蛋白濃度は以下の様であった: After DBM had been added to the FG, the final protein concentrations were the following manner: DBMのみ又はFGのみ(4,8,15及び45mg/ml総蛋白濃度)からなるディスクインプラントを同じ型を用いて同様に製造した。 The disc implant consisting of DBM alone or FG alone (4,8,15 and 45 mg / ml total protein concentration) were prepared in the same manner using the same mold. DBM(50mg)をアルミニウムの型に注ぎ、次にTFC(60μl)をこのDBMに加え、十分取り込まれるまで混合した。 Pour DBM a (50 mg) in an aluminum mold, then added TFC a (60 [mu] l) to the DBM, mixed until thoroughly incorporated. 次にトロンビン(60μl) をこのDBM−TFC複合体に加えて混合し、ピストン形態のふたを用いて直径1cm及び厚さ2mmのディスク型に圧縮した。 Then thrombin (60 [mu] l) were mixed in addition to the DBM-TFC complex, was compressed into a disk having a diameter of 1cm and a thickness of 2mm using a lid of the piston forms. 次にこのディスクを手動で所望の型(三角、四角又はドーナツ形)に切り抜いた。 Then it cuts out the disk manually desired type (triangle, square or donut). 筋肉内バイオアッセイ実験のために、70ミクロンのメッシュサイズを有し、 1cm×1cmの大きさである無菌のナイロン袋にインプラントを入れた。 For intramuscular bioassay experiment, have a mesh size of 70 microns, was placed implant sterile nylon bag is the size of 1 cm × 1 cm. 動物 雄のLong−EvansラットをCharles River Laboratories(Wilmington, MA)から入手した。 It was obtained animal male Long-Evans rats from Charles River Laboratories (Wilmington, MA). 筋肉内バイオアッセイのために28から35日齢のラットを使用した。 Using the 28 from the 35-day-old rats for intramuscular bioassay. 3カ月齢のラットを開頭術実験のために使用した。 A three-month-old rats were used for the craniotomy experiment. 手術 塩酸ケタミン(10ml)[ベタラー(Vetalar)、100mg/ml,Par ke−Davis,Morris Plains,NJ]及びキシラジン(5ml)[ロムプン( Rompun)、20mg/ml、Mobayコーポレーション、Shawnee,KN]及び生理食塩水(0.9%NaCl)からなる混合物を用いて、体重100グラム当たり0.1ml用量にて筋肉内投与することにより動物を麻酔した。 Surgery ketamine hydrochloride (10 ml) [Betara (Vetalar), 100mg / ml, Par ke-Davis, Morris Plains, NJ] and xylazine (5 ml) [Romupun (Rompun), 20mg / ml, Mobay Corporation, Shawnee, KN] and physiological with a mixture of saline (0.9% NaCl), animals were anesthetized by intramuscular administration at 100 grams of body weight per 0.1ml dose. 動物の手術部位を70%アルコール溶液を用いて、その後ポビドン−イオジン溶液で準備した。 Animal surgical site with 70% alcohol solution, followed povidone - was prepared by iodine solution. その後、無菌技術を用いて手術手順を行った。 This was followed by a surgical procedure using aseptic technique. 筋肉内バイオアッセイ。 Intramuscular bioassay. 中線腹切開を行い、平滑切開を用いて胸筋の間にスペースを作った。 It performs a midline abdominal incision, made the space between the chest muscle by using a smooth incision. デザインされた実験物質を含むナイロンエンベロープを筋肉内のスペースに挿入し、3−0 Dexon縫合を用いて固定した(図14)。 Nylon envelope containing the designed experiment material inserted into the space within the muscle, and fixed with 3-0 Dexon suture (Figure 14). 次に反対側面において同じ手順を繰り返した。 Then repeating the same procedure on the opposite side. 次にステープルを用いて皮膚を閉じた。 Then the skin was closed with staples. 4 週間後にインプラントを採集し、x線にかけて組織学用の準備をした。 It collected the implant after 4 weeks, and prepared for histology over the x-ray. ディスク型インプラントを無作為に配置し、それらは以下のものを含んでいた:DBMのみ(n=12);種々の濃度のFGのみ(4mg/ml,n=14; 8mg/ml,n=3;15mg/ml,n=3;及び45mg/ml,n=1 2)及びDBM−FG複合体(4mg/ml,n=12;8mg/ml,n=1 2;15mg/ml,n=12;及び45mg/ml,n=12)。 Place the disk implant at random, they contained the following: DBM alone (n = 12); various concentrations FG alone (4mg / ml, n = 14; 8mg / ml, n = 3 ; 15mg / ml, n = 3; and 45mg / ml, n = 1 2) and DBM-FG complex (4mg / ml, n = 12; 8mg / ml, n = 1 2; 15mg / ml, n = 12 ; and 45mg / ml, n = 12). 四角の、三角の及びドーナツの形のインプラントが各々4つあった。 Square, an implant in the form of and donut triangle were each four. 開頭術手順。 Craniotomy procedure. 鼻の骨から中央矢状縫合稜へ線状切開を行った。 From the bone of the nose to the central sagittal crest was linear incision. 柔らかい組織を穏やかに折り返して骨膜を開頭術部位(後頭の、前頭の、頭頂部の骨)から切開した。 Soft tissue gently folding back the periosteum the craniotomy site (occipital, frontal bone of the top of the head) was dissected from. 必要に応じて豊富な食塩水灌注を用いた遅い速度の回転ハンドピースの中でトレフィンを用いて8mmの開頭術を調製した。 It was prepared craniotomy 8mm using a trephine in a slow speed of rotation handpiece using abundant saline irrigation as needed. 頭蓋冠ディスクを切開してはずし、その間、硬膜の穿孔及び上位矢状縫合洞貫入を避けた。 Remove incised calvaria disk, during which avoids drilling and upper sagittal sinus intrusion dura. この8mmの頭蓋冠の傷は対照として処理を行わないで放置するか又は1×8mmDBM又はD BM−FGディスクを詰める(図16)。 The wound calvarial 8mm will pack or 1 × 8mmDBM or D BM-FG disk is left without performing the processing as control (Figure 16). 次に皮膚を皮膚ステープルで閉じた。 Then the skin was closed with skin staples. 手術後、各々のラットを耳のパンチにより識別し、ケージに戻し、そこで2− 3時間の以内を歩行させた。 After surgery, each rat was identified by ear punches and returned to the cage, where was walking within the 2-3 hours. 第1のセットの頭蓋冠のインプラントはDBMのみ(25mg,n=3)又はFGマトリックス中のDBM(15mg/ml,n=2,30mg/ml,n= 3;及び45mg/ml,n=3)からなり、28日後に回収した。 Implant calvarial first set DBM alone (25mg, n = 3) or DBM in FG matrix (15mg / ml, n = 2,30mg / ml, n = 3; and 45mg / ml, n = 3 consists of), was recovered after 28 days. 第2のセットの頭蓋冠のインプラントはFGマトリックス(30mg/ml)中のDBM( 25mg)からなり、手術後の種々の時間(28日、n=10;3カ月、n=9 ;及び4カ月、n=5)に回収した。 Implant calvarial second set consists FG matrix (30 mg / ml) in the DBM (25 mg), various times after surgery (28 days, n = 10; 3 months, n = 9; and 4 months was recovered in the n = 5). インプラントの回収 指定された時間にラットを二酸化炭素室中で安楽死させた。 Rats recovering specified time of the implant were euthanized by carbon dioxide chamber. 実験受容体床(すなわち、大胸筋又は頭蓋冠)の周囲にて皮膚を切開し、柔らかい組織を受容体床から折り返した。 Experimental receptor bed (i.e., pectoralis major or calvaria) and skin incision in the surrounding, folded soft tissue from the receptor floor. オルトトピックの部位において、3−4mmの隣接する骨を有する開頭術を正面−後頭−頭頂複合体から回収した。 At the site of ortho topic, craniotomy with adjacent bone of 3-4mm front - it was recovered from the top complex - occipital. ヘテロトピックの部位において鋭い平滑な切開が、埋め込まれたナイロンエンベロープを回収するために用いられた。 Sharp smooth incision at the site of hetero topic, was used to recover the nylon envelope embedded. ラジオグラフィー このインプラントを、X−OMATL(登録商標)高コントラストのコダックx線フィルム(イーストマン コダックカンパニー、Rochester,NY)を用いて、Minishot Benchtop Cabinetx線システム(TFIコーポレーション、W est Haven,CT)中、30kvp、3Ma及び10秒においてラジオグラフィーを行った。 Radiography this implant, using X-OMATL (registered trademark) high contrast Kodak x-ray film (Eastman Kodak Company, Rochester, NY) and, Minishot Benchtop Cabinetx-ray system (TFI Corporation, W est Haven, CT) in , 30kvp, radiography in 3Ma and 10 seconds was carried out. 灰色レベルの濃度の筋肉内及び開頭術部位のラジオグラフィーをケンブリッジ920像分析システム(登録商標)(Cambridge Instruments Lim ited,ケンブリッジ、英国)を用いて分析した。 Gray level intramuscular and craniotomy site radiography Cambridge 920 image analysis system of concentration (R) were analyzed using (Cambridge Instruments Lim ited, Cambridge, UK). 組織学的分析 回収された標本(柔らかい及び硬い組織)を直ちに保存液の入った適切にラベルされたバイアルに入れ、組織学処理を行った。 Placed in a histological analysis collected specimens (soft and hard tissues) properly labeled immediately containing the stock solution vial was subjected to histological processing. 組織学の標本は頭頂の直径を通って4.5ミクロメーターの厚さの切片であった。 Specimens histology was thick sections of 4.5 micrometer through the top diameter. 各々の受容体部位に対してヘマトキシリン及びエオジン染色を用いて1つの切片を調製した(細胞及び基質の細部のフォトマイクログラフィー及び試験のために)及びもう1つの切片はフォン・コッサ染色を用いて調製した。 Using one section was prepared (cells and for Photomicrosensor Photography and testing of substrates for details) and another sections von Kossa stained using hematoxylin and eosin staining for each receptor site It was prepared. 結果筋肉内プラントのラジオグラフィー すべてのDBMディスクは放射線−不透明(radio−opaque)像を示した。 Radiography All DBM disks results intramuscular plant radiation - showed an opaque (radio-opaque) image. 4 8個の埋め込まれたDBM−FCディスクの内45個(93.75%)が放射線−不透明であった。 4 45 of the eight implanted DBM-FC disk (93.75%) radiation - was opaque. すべてのDBM−FCディスクは蛋白質濃度(4−45mg /ml)には無関係に放射線−不透明を誘き起こした(図16)。 All DBM-FC disks in protein concentration (4-45mg / ml) regardless of radiation - caused Obiki opaque (Figure 16). いくつかのD BMディスクの放射線−不透明測定(図16)ではDBM−FGディスクよりも高かったが、他の測定はDBM−FGディスクの測定範囲内に良く入った。 Radiation of several D BM disk - opaque measured (Fig. 16) In was higher than DBM-FG disks, the other measurements were entered well within the measuring range of the DBM-FG disks. D BMが補充されていない32個のFGディスクの内30個(93.75%)が放射線−不透明を展開しなかった。 30 out of 32 FG disks D BM is not supplemented (93.75%) radiation - did not expand opaque. 四角、三角又はドーナツの形のDBM−FGディスクはまた、DBMを補充していないFGディスクと比較して顕著に放射線−不透明であった。 Squares, triangles or donuts form of DBM-FG disks also markedly radiation as compared to FG disks not supplemented with DBM - was opaque. インプラントの元の形は一般に残っていた。 The original shape of the implant was generally left. 筋肉内インプラントの組織学 骨髄で満たされた中心の洞を伴う小骨の形成及びあらかじめ埋め込まれたDB M粒子の吸収によって証明される様に、筋肉内のバイオアッセイはDBM及びD BM−FGインプラントに対して陽性であった。 As evidenced by absorption of formation and pre-embedded DB M particles of ossicles with a central sinus filled with histological marrow intramuscular implant, bioassays intramuscularly in DBM and D BM-FG implants It was positive for. 頭蓋冠のインプラントのラジオグラフィー FGマトリックス中のDBMインプラントは、一般に、DBMインプラントのみ又は未処理の対照よりもより放射線−不透明であることがx線によって示された。 DBM implants radiography FG matrix in calvarial implants are generally more radiation than the control alone or untreated DBM implants - be opaque were indicated by x-ray. DBMを運搬するために使用された種々のFG濃度の間には認識できる違いはなかった。 There was no difference recognizable between the different FG concentration used to transport DBM. 未処理の8mm直径の頭蓋冠の損傷のラジオグラフィーでは無視し得る量の放射線−不透明を示した。 The amount of radiation can be ignored in radiography damage calvarial 8mm diameter untreated - showed opaque. 30mg/mlFGマトリックス中のDBMを用いる第2のセットの頭蓋冠のインプラントは、28日の頭蓋冠と比較して3カ月の又はは4カ月の頭蓋冠の開頭術の傷内における放射線−不透明部が顕著に増加していることを示した(図1 8)。 30mg / mlFG second set implants calvaria using DBM in the matrix, calvarial The mother 4 months 3 months compared to the calvaria 28, radiation in craniotomy wounds in - opaque portion It showed that has increased significantly (Fig. 1 8). 頭蓋冠のインプラントの組織学 未処理の8mmの開頭術の傷は繊維結合性組織が開頭術の傷を横切って発達していることのみを示した(図19AおよびB)。 Craniotomy wounds 8mm histology untreated calvarium implants showed only that the fibers connective tissue has developed across the wound craniotomy (FIGS. 19A and B). DBMインプラントの組織学は、DBM粒子が全ての部位に拡散されていることを示した。 Histology of DBM implants showed that DBM particles are spread in all parts. いくつかのDBM粒子は宿主の骨の先端の上下に移動した(図20)。 Some DBM particles migrated to the upper and lower tip of host bone (Figure 20). しかし、大部分のDBM粒子は開頭術の傷の範囲内にあり、良く脈管形成された緩い結合性の組織に囲まれていた。 However, most of the DBM particles is in the range of wounds craniotomy, were surrounded by loose binding of tissue formed well vessels. 破骨細胞によるDBMの活性的な吸収が示された。 Active absorption of DBM by osteoclasts was shown. 多くのDBM粒子はまた肝細胞によって集団化されることがわかった。 It was found to be populated by a number of DBM particles or hepatocytes. 破骨細胞によって建造される新しい類骨及び骨は全く明白であった。 New osteoid and bone is built by osteoclasts was quite obvious. FGマトリックス中のDBMインプラントの組織学によって、DBM粒子が開頭術の傷内に局在し、より密なそしてより多くの細胞結合性の組織に囲まれていることが示された(図19及び図20)。 By histology of DBM implants in a FG matrix, DBM particles localized in the wound of the craniotomy, it was shown, surrounded by a denser and more cellular binding tissue (FIGS. 19 and Figure 20). 類骨マトリックス及び骨の柱形成が全く明白であった。 Pillaring of osteoid matrix and bone were quite evident. DBMインプラントのみを埋め込んだ開頭術の傷よりもDBM −FGディスクを埋め込んだ開頭術の傷において、より多くの骨髄が形成されることが示された。 In craniotomy wounds implanted with DBM -FG disk than wounds embedded craniotomy only DBM implants showed that more bone marrow formed. また、DBMインプラントのみ又は未処理の対照よりもDBM −FGディスクはより多くの新しい脈管形成があった。 Further, DBM -FG disc than the control alone or untreated DBM implants had more new angiogenesis. DBMを運搬するために用いた全ての濃度のFGにおいて骨再形成が明白であった。 Bone remodeling was evident in FG of all concentrations used to transport DBM. 検討 FGの自然の生物適合性及び生物分解性は、それをDBM及びBMPのための理想的な運搬ベシクルとする特性である。 Natural biocompatible and biodegradable consideration FG are characteristics that an ideal delivery vesicles for it DBM and BMP. FGは、骨の損傷を満たすために望ましい形態へのDBMの形状化を促進し、その損傷内にDBMを維持した、そしてDBMと共同性であったかもしれない。 FG promotes DBM shape of the desired form to fill bone damage was maintained DBM within the injury, and may have been a DBM and cooperativity. さらには、柔らかい組織の脱出は起こらず、骨の輪郭が維持された。 Further, escape soft tissue does not occur, the contour of the bone is maintained. DBMが補充されたFGは、骨芽の補充及び骨再形成を助けるために適切なミクロ構造、生物分解性プロフィール及び放出速度論を有していた。 DBM-supplemented FG is suitable microstructure to help recruitment and bone remodeling osteoblast had biodegradable profile and release kinetics. 全般的に、データーによると、FG中のDBM運搬は、いかなる試験されたF C蛋白質濃度においてもDBMのみが誘導した骨形成と同量の骨形成を誘導することが示された。 Overall, according to the data, DBM transport in FG has been shown to induce bone formation in bone formation in the same amount of only DBM is also induced in F C protein concentration which is any test. さらに、DBMをFGと共に遠心分離して、特定の手術前の形態とした場合、誘導された骨は手術後に元の形がよく維持された。 Furthermore, by centrifuging the DBM with FG, when the form before a particular surgery induced bone was well maintained the original shape after surgery. DBM−FGマトリックスの形態が新しく形成された骨の形態学を決定したので、DBM−FGマトリックスはあらかじめ決定された形に作らなければならない。 Having determined the morphology of bone form of DBM-FG matrix newly formed, DBM-FG matrix should be made in the form that has been predetermined. しかし、溶液の形態のDBM−FGマトリックスは不規則的に形態化された損傷へ運搬するか又は注入でき、その場所において重合化し、DBM−FGが満たされた領域における骨形成を促進するだろう。 However, DBM-FG matrices in the form of a solution can or implantation transported to irregularly form of have been damaged, polymerizes at that location, will promote bone formation in the region DBM-FG is satisfied . 実施例14 FGからの抗生物質(AB)の放出及びAB補足FGの寿命増加 A. Life increased release and AB supplemented FG antibiotics (AB) from Example 14 FG A. AB−FGの製造 1. Production of AB-FG 1. TETフリー塩基 注射用の水3.5mlを米国赤十字より提供された凍結ヒト局所フィブリノーゲン濃縮物(TFC)のバイアルに注入した。 Was injected water 3.5ml for TET free base injection vials frozen human topical fibrinogen concentrate was provided by the American Red Cross (TFC). 得られる溶液の蛋白濃縮物は約12 0mg/mlであった。 Protein concentrate of the resulting solution was about 12 0 mg / ml. 米国赤十字/バクスター−ハイランド・インコーポレイテッド、グレンデイル、CAより提供された凍結乾燥トロンビン濃縮物を、注射用の水で調製した塩化カルシウムの40mM溶液3.5mlで再構成した。 American Red Cross / Baxter - Highland Inc., Glendale, lyophilized thrombin concentrate was provided by CA, was reconstituted with 40mM solution 3.5ml of calcium chloride prepared in water for injection. 得られた溶液は約250U/ml を含有した。 The resulting solution contained approximately 250 U / ml. 所望重量のTETを注射品質の塩化カルシウム(アメリカン・リエイジェント、シャーレイ、NYから購入)の存在で、1mlの再構成TFC溶液と、及び1ml の再構成トロンビン溶液と混合することにより、TET−FGを調製した。 Calcium chloride injection quality desired weight of TET in the presence of (American Reagent, Shirley, purchased from NY), by mixing the reconstituted TFC solution 1 ml, and the reconstituted thrombin solution of 1 ml, TET-FG It was prepared. TE Tはフリー塩基形であり、シグマ・ケミカル・カンパニィ(セントルイス、MO )から購入した。 TE T is a free base form, were purchased from Sigma Chemical Kanpanyi (St. Louis, MO). 直径12mmのミリポア培養プレート(ミリポア・コーポレイション、ベッドフォード、MA)中のミリポア膜上、ジュオフロ(商標)ディスペンサー(ハマーディクス、CA)によってTFCとトロンビンを混合することにより、TET−FGを形成させた。 Millipore culture plate with a diameter of 12 mm (Millipore Corporation, Bedford, MA) in Millipore film, by mixing TFC and thrombin through Juofuro (TM) dispenser (Hamadikusu, CA), to form a TET-FG . 混合物を22℃で1時間放置した。 The mixture was allowed to stand for 1 hour at 22 ° C.. TET− FG及びミリポア膜を含む6mm直径ディスクを6mmパンチバイオプシーを用い後者からカットした。 TET-FG and 6mm diameter disks containing the Millipore membrane were cut from the latter using a 6mm punch biopsy. TET−FG含有ディスクをTET放出研究に用いた。 The TET-FG-containing disks were used for the TET release studies. TET−FGからリン酸緩衝食塩水(PBS)又は唾液へのTETの放出は、2 つの異なる設定条件下、24−ウエル細胞培養プレート(コーニング・グラス・ ワークス、コーニング、NY)を用い測定した。 Release of TET from TET-FG phosphate-buffered saline (PBS) or saliva, the two different settings conditions, 24-well cell culture plates were measured using (Corning Glass Works, Corning, NY) and. 一つの条件では、静止形態、2m lのPBS又は0.75mlの唾液を毎日、24−ウエル培養プレート中で置き換えた。 In one condition, the static mode, the PBS or 0.75ml of saliva 2m l daily and replaced with 24-well culture plates. 他の条件では、連続変換形態、TET−FGからのTET放出を1日当り約3mlの速度で変換されるPBSで測定した。 In other conditions, it was measured in PBS, which is converted by the continuous conversion mode, the rate of 1 day to about 3ml of TET release from TET-FG. 試料は分析するまで−20℃で貯えた。 Samples were stored at -20 ° C. until analysis. 唾液は、10人の異なる人達から収集し、まとめて、5,000gで遠心により浄化した。 Saliva, collected from different people of the 10 people, collectively, was clarified by centrifugation at 5,000g. 次いで0.45μm孔径膜で濾過し、毎日の使用に4℃で保存した。 Then filtered through a 0.45μm pore size membrane, and stored at 4 ° C. for everyday use. TFT−FGディスクから放出されたTETの濃度及び生物活性を測定するために、溶出TETを解凍し、320nmでスペクトル光度測定法で、及び/又は寒天平板上、イー・コリの阻害により生物学的に分析した。 To measure the concentration and biological activity of the released TET from TFT-FG disks were thawed eluted TET, the spectral photometry at 320 nm, and / or on an agar plate, biologically by the inhibition of E. coli It was analyzed. これらのアッセイを較正するために、それぞれ0ないし50及び0ないし500μg/mlのTET濃度をカバーする標準曲線を用いた。 To calibrate these assays, using standard curves covering TET concentrations of 500 [mu] g / ml to 50 and 0 to not 0, respectively. 2. 2. シプロフロキサシンHCl(CIP)−、アモキサシリン(AMO)− 及びメトロニダゾール(MET)補足FG CIP HCl、AMO又はMETを含有するFGはTETについての前述の通りに製造した。 Ciprofloxacin HCl (CIP) -, Amokisashirin (AMO) - and metronidazole (MET) supplemented FG CIP HCl, FG containing AMO or MET were prepared as previously described for TET. これらABの、対応するAB−FGから近接の環境への放出をモニターするため、AB−FGディスクを、24ウエル細胞培養プレートの個々のウエルに置き、分析するまで、前のように収集し、毎日置き換え、そして−20 ℃で保存したPBS 2mlでカバーした。 These AB, to monitor the release of the corresponding from AB-FG proximity environment, the AB-FG disks were placed in individual wells of 24-well cell culture plate, until analyzed, collected as before, It replaced every day, and was covered with PBS 2ml which was stored at -20 ℃. 溶出液中のCIP、AMO及びMET の濃度をそれぞれ275、274及び320nmでスペクトル光度測定法で測定し、対応するABの0ないし50μg/mlを含有する標準曲線と比較した。 CIP in the eluate was measured by spectral photometry at 275,274 and 320nm respectively the concentrations of AMO and MET, from 0 to the corresponding AB was compared to a standard curve containing 50 [mu] g / ml. B. B. AB−FGの構造的統合性 FG及びTET−FGディスクの構造的統合性の維持は、小さなスパーテルでディスクを「つつく」(poking)ことによる視覚観察と物理的調査によって評価した。 Maintenance of structural integrity of the structural integrity FG and TET-FG disks AB-FG was assessed by visual observation and physical examination by a disk "peck" (poking) that a small spatula. ディスクを保存している間に切り取った多孔膜をTET−FGに付着し、 それらの構造的統合性の評価の間にディスクの位置を守るのに用いた。 Adhering the porous membrane taken while preserving disk TET-FG, was used to protect the position of the disk during the evaluation of their structural integrity. 又、ディスクの上部及び側方視覚の写真をとり、評価に用いた。 Also, take a photo of the top and side vision of the disk, was used for the evaluation. FG及びTET−FGの構造的統合性は、無菌及び非無菌の両条件下で測定した。 Structural integrity of FG and TET-FG were measured under both sterile and non-sterile. 非無菌実験については、分析までPBS及び唾液を凍結保存した。 The non-sterile experiments, were stored frozen PBS and saliva until analysis. 無菌実験については、全方法を無菌条件下で行う以外は同一の操作を用いた。 For sterile experiments, except that a full method under sterile conditions using the same operation. システムの不稔性は0.2mlの試料と2mlのブロスを37℃でインキュベートすることにより試験し、ブロスの濁度を48時間モニターした。 Sterility of the system was tested by incubating at 37 ° C. The broth sample and 2ml of 0.2 ml, the turbidity of the broth was monitored for 48 hours. 濁度の欠除はシステムの不稔性を示した。 Lacking of turbidity indicated sterility of the system. CIP−、AMO−及びMET−FGの安定性は、非無菌条件下のみで上記と同様に研究した。 CIP-, stability AMO- and MET-FG is only a non-sterile conditions were studied in the same manner as described above. C. C. AB−FGから放出されたABのインビボ抗菌活性 AB−FGから放出されたABの抗菌活性は、AB−FGの回りの毎回収集されたPBS又は唾液からの6mm直径ディスクの溶出液によりもたらされる阻止の領域の直径を測定することによって評価した。 Antimicrobial activity of the released AB from in vivo antibacterial activity AB-FG of the released AB from AB-FG, the blocking caused by the eluate 6mm diameter disks from PBS or saliva collected every about AB-FG It was assessed by measuring the diameter of the region of. 未補足FGからの溶出液をコントロールとして用いた。 Using the eluate from the non-supplemental FG as controls. 既知濃度のAB溶液を標準として用いた。 Known concentration of AB solution was used as a standard. 寒天平板上で培養したイー・コリは、放出されたTET、CIP及びMETのAB活性を測定するのに用いた。 E. coli cultured on agar plates is released TET, it was used to measure the AB activity of the CIP and MET. 培養プレートを作るために、約10 8時間/mlを含む100μlの細菌細胞懸濁液と3mlの上面寒天とを50℃で混合し、直ちに硬底面寒天平板( plate hard,bottom agar)上に移して細胞の均一層を作った。 To make the culture plates, and a top agar bacterial cell suspension and 3ml of 100μl containing about 10 8 hours / ml were mixed at 50 ° C., immediately hard bottom agar plate (plate hard, bottom agar) were transferred on It made a uniform layer of cells Te. プレートを37 ℃で18時間インキュベートした。 Plates were incubated for 18 hours at 37 ° C.. 結果 A. Results A. TET 1. TET 1. TET放出データ 「静置」実験でのTET−FGディスクから周囲のPBSへのTETの放出は、毎日置き換えた2mlのPBSで達成されたTET濃度を測定することによるスペクトル光度測定法で測定した。 Release of TET from TET-FG disks in the TET release data "standing" experiments to surrounding PBS was determined by spectral photometry by measuring the TET concentration achieved with PBS 2ml of the replaced daily. TET−FGに取り込まれた異なる量のTET について得られたTET濃度を図23に示す。 The TET concentration obtained for the TET the TET-FG into captured different amounts shown in Figure 23. 50mg/ml以下のTET−FGでのTET濃度で、TETの放出は、5日又はそれ以下で測定した。 In TET concentration in 50 mg / ml or less of TET-FG, the release of TET was measured in five days or less. しかしながら、100及び200mg/mlのTET濃度を含んだTET−FGディスクからのT ETの放出は、それぞれ約2週間と3週間以上、生じた。 However, the T ET from TET-FG disks which contained TET concentrations of 100 and 200 mg / ml released about 2 weeks and 3 weeks or more, respectively, occurred. TET−FGディスクの構造的統合性は、3ないし5週間保持した。 Structural integrity of the TET-FG disks, 3 to and held for 5 weeks. これらの結果は、TET放出がF G産生と独立であること、及びTET放出の速度がTET−FGディスクに残ったTETの量に依存することを示した。 These results indicate that TET release is independent of F G production, and the rate of TET release was shown to depend on the amount of TET which remained in TET-FG disks. 連続交換実験で収集したスペクトル光度測定データを図24に示す。 Spectral photometric data collected in a continuous exchange experiment are shown in Figure 24. これらのデータは、100mg/mlFGのTET濃度をもともと含有したTET−FGディスクからの連続TET放出が2週間にわたって生じたことを示す。 These data indicate that continuous TET release from TET-FG disks which were originally contained TET concentrations of 100mg / mlFG occurs over 2 weeks. FGディスクは、この2週間以内、その構造的統合性を維持した。 FG disks within two weeks, and maintained its structural integrity. 連続モード実験で得たTE T放出データも、TET放出状況の速度がTET−FGディスクに残ったTET の濃度に依存することを示した。 TE T release data obtained in the continuous mode experiment also showed that the rate of TET release situation is dependent on the concentration of TET which remained in TET-FG disks. 理論に縛られることを望まないが、これらの実験で観察された初期の高TET 濃度は、多分、ディスク表面又はその近くからのTETの拡散の結果であると信じられた。 While not wishing to be bound by theory, the high TET concentrations in the initial observed in these experiments, perhaps, was believed to be the result of diffusion of TET from or near the surface of the disk. 即ち、これらの位置で「トラップされた」TETが消耗されたので、 溶液化及び/又は拡散の速度が、TET濃度勾配により、又、FGの形状は又は立体構造により多分測定されたやり方で減少した。 That is, reduction since these "trapped" TET in position is depleted, the rate of the solution and / or diffusion, the TET concentration gradient, also the shape of the FG is or possibly in measured manner by conformation did. 温度及びFG蛋白濃度もTET−FGディスクからのTET拡散速度を測定するのに割役を演した(実施例13及び14参照)が、これら二つのパラメーターはこれらの実験で一定を保った。 Temperature and FG protein concentration was also Starring split role to determine the TET diffusion rate from the TET-FG disks (see Examples 13 and 14), these two parameters were kept constant in these experiments. 50及び100mg/mlのTETを含むTET−FGから唾液へのTETの放出は、静置実験で、毎日取り替えた0.75mlの唾液中のTET濃度を決定することにより測定した。 Release of TET from TET-FG saliva containing 50 and 100 mg / ml of TET is in static experiments, it was measured by determining the TET concentration in saliva of 0.75ml which was replaced daily. これらの結果(Fig.24)は、TETの濃度が高かった以外、PBSで得られたものと同様で、放出TETを収集するのに用いた少容量の唾液を多分反映している。 These results (Fig.24), except the concentration of TET was higher, similar to those obtained with PBS, and probably reflects the small volume of saliva was used to collect the release TET. さらに、FGマトリックス中のTETの存在も、9日までに崩壊し始めて15日までにほとんど完全に崩壊したコントロールFGディスクに関するものと比較して少なくとも15日間TET−FGマトリックスの構造的統合性を予期せずに延長した(図26)。 In addition, the presence of TET in the FG matrix, expected structural integrity for at least 15 days TET-FG matrix as compared to that about the control FG disks which were almost completely disintegrated by the 15th begin to collapse until 9 days extended without (Figure 26). 2. 2. TET抗菌データ PBS中の幾つかのTET濃度のイー・コリ生育に対する抗菌効果は図27に示される。 Antibacterial effect against E. coli growth of several TET concentrations in TET Antimicrobial Data PBS is shown in Figure 27. 本方法により検出可能な最低TET濃度は約5μg/mlであった。 From TET concentration detectable by this method was approximately 5 [mu] g / ml. これらの結果は、明らかに、放出TETが抗菌活性を有することを示す。 These results clearly show that the release TET has antimicrobial activity. これらのTETデータはスペクトル光度測定により得られたものを裏付け、FGに取り込まれたTETの量がTET−FGの周囲の溶液中のTET濃度を決定することを示す。 These TET data show that backed those obtained by spectraphotometrically, the amount of TET incorporated into FG determines the TET concentration in the solution surrounding the TET-FG. これらのデータもFG中のTETの量がTET−FGの周囲の媒体中の所望TET濃度を最小所望TET濃度で又はそれ以上で維持するのに適応できることを示す。 It indicates that the amount of TET also in FG these data can be adapted to maintain the desired TET concentration in the medium surrounding the TET-FG at a minimum desired TET concentration or more. 3. 3. TET−FGマトリックス寿命コントロールFG及びAB−FGディスクの寿命は、ディスクの視覚評価により評価した。 TET-FG Matrix lifetime control FG and lifetime of the AB-FG disks was evaluated by visual assessment of the disks. ディスクの製造の間に切り取った多孔膜は、依然FGに付着し、それらの統合性評価の間にディスクを適当な位置に置くのを助けた。 Porous membrane taken during the manufacture of the disc, still attached to the FG, helped to put the disk into a suitable position between their integrity evaluation. TETを含まない(コントロール)及びmlのFG当り50又は100mgのTETを含有するディスクの0、9及び15日の上部展望を図面25に示す。 Containing no TET (controls) and the top prospects 0,9 and 15 days of the disk containing TET of FG per 50 or 100mg of ml shown in the drawings 25. 本図は、典型的な結果、 即ち、FGコントロールディスクが2週間以内に崩壊し、一方、TET−FGディスクは15日間又はその付近で依然無傷であったことを示す。 This figure, typical results, namely, FG control disks disintegrated within 2 weeks, whereas, TET-FG disks show that it was still intact for 15 days or near. 付加的実験で、 TET−FGディスクは、少なくとも5週間又は付近で依然無傷であった(データ示さず)。 In additional experiments, TET-FG disks (data not shown) was still intact at least 5 weeks or near. FGの寿命について有意な変化は無菌及び非無菌TET放出実験の間で観察されなかった。 Significant changes for FG life was observed between sterile and non-sterile TET release experiments. B. B. CIP、AMO及びMETデータ 1. CIP, AMO and MET data 1. CIP、AMO及びMET放出データ CIP−、AMO−及びMET−FGから放出された抗生物質を図面27に示す。 CIP, AMO and MET release data CIP-, shown in the drawings 27 to antibiotic released from AMO- and MET-FG. CIPは約4週間明らかな一定速度で放出され、次いで速度はさらに約1週間徐々に減少した。 CIP is released in about 4 weeks apparent constant speed, then the speed gradually decreased further to about 1 week. AMO及びMETの放出は、完全に3日以内であった。 Release of AMO and MET was within completely 3 days. 2. 2. CIP及びMET抗細菌活性 放出されたCIP及びMETの抗菌活性(データ示さず)は同一のAB−FG ディスクについてスペクトル光度測定で決定したプロフィルに近似している。 CIP and MET Antibacterial activity released CIP and MET antimicrobial activity (data not shown) approximates the profile determined by spectral photometry for the same AB-FG disks. 3. 3. 補足−FGマトリックス寿命 CIP−FGについての結果は、TET−FGについてのものと類似した。 Results for supplementary -FG Matrix life CIP-FG were similar to those for TET-FG. A MO−及びMET−FGについての結果は、FGコントロールについて得たものと類似した。 Results for A MO- and MET-FG were similar to those obtained for FG control. FGの寿命での有意な変化は、無菌及び非無菌実験の間で観察されなかった。 Significant change in FG lifespan was observed between sterile and non-sterile experiments. 検討 結果は、CIP及びTETの水難溶性形がそれらが混合されるFGマトリックスの最大AB負荷、放出期間及び寿命を有意に増加する因子の組合せを提供することを示した。 Study results showed that provide a combination of factors that poorly water soluble forms of CIP and TET increase the maximum AB load FG matrix into which they are mixed, the release period and longevity significantly. これとは別に、FGディスクはAB、例えばTET又はCIPの溶液中にそれを浸漬することにより安定化できる。 Separately, FG disks can be stabilized by dipping it AB, for example, TET or CIP solution. この結果も、AB−FGにより導出されたABがイー・コリ生育の阻害により示されるように、その抗菌活性を保持したことを明らかに示した。 This results, as in AB derived by AB-FG is shown by the inhibition of E. coli growth, clearly showed that it has retained its antimicrobial activity. これらの結果は、FG及び他のTSのTET及びCIP補足がそこからのドラッグデリバリィで制限(limiting)因子としてFGの崩壊に打ち勝つことができることを示した。 These results showed that it is possible to overcome the collapse of FG as a drug delivery I restriction (Limiting) factor therefrom TET and CIP supplementation of FG and other TS can. 即ち、これらのABはFGを安定化し、それによりそれらの放出期間と放出AB 濃度をFG中のAB濃度を用いてコントロールできる。 That is, these AB stabilizes FG, thereby controlled using AB concentrations in the FG release AB concentration their release periods. これらの方法を用い、T ET及びCIPはFGに負荷でき、それらの放出は有効な抗菌濃度で数日又は数週間コントロールできる。 Using these methods, T ET and CIP can load FG, their release can days or weeks Control at effective antimicrobial concentrations. TET−及びCIP−誘発FG安定化は、これらのABについてだけでなく、 その放出速度及び/又は全放出持続がFGマトリックスの寿命に依存するFGに加えられる他の薬物又は「補足物」についても、全放出時間をコントロールするのに利用できる。 TET- and CIP- induced FG stabilization, not only for these AB, also the release rate and / or total release duration other drugs or applied to the FG that depends on the life of the FG matrix "supplement" , it can be used to control the total release time. それらの結果は、FGが局在ドラッグデリバリーシステムとして利用できる歯周及び他の条件で、臨床適用性を有する。 These results, FG is in periodontal and other conditions that can be utilized as a localized drug delivery system, having clinical applicability. TET−又はCIP−誘発FG安定化は、TET、CIP及びTET−FG又はCIP−FGマトリックスに加えられた他の薬物又は補足物の全放出時間をコントロールするのに利用できる。 TET- or CIP- induced FG stabilization can be utilized TET, to control the total release time of the other drugs or supplements which are added to the CIP and TET-FG or CIP-FG matrices. 実施例15 TET−補足FGからのTET放出速度に対する温度の影響 FGは50mg/mlのTET遊離塩基を補足し、本研究用に6×2.5mmディスクに形造った。 Effect FG of temperature on TET release rate from Example 15 TET-supplemented FG was supplemented with TET free base 50 mg / ml, it was prepared form the 6 × 2.5 mm disks for this study. FGの蛋白濃度を60mg/mlに調整した。 The protein concentration of FG was adjusted to 60 mg / ml. ディスクを2mlのPB S、pH7.3に置き、4、23及び37℃で放置した。 Place the disc PB S of 2 ml, to pH 7.3, and allowed to stand at 4, 23 and 37 ° C.. ディスクを洗浄するため、PBSは、10分毎に6回、2mlの新鮮なPBSで置き換えた。 To wash the disks, PBS is 6 times every 10 minutes and replaced with fresh PBS for 2 ml. その後、PB Sは1時間毎に4時間、置き換えた。 Then, PB S is 4 hours, was replaced every hour. 収集した試料中のTET濃度を前のように、標準曲線に対してスペクトル光度測定で測定した。 The TET concentration in the collected samples as before, were measured in the spectral photometric measured against a standard curve. 結果及び結論 結果は、TET放出の速度が温度に比例することを示した(図29)。 Results and Conclusions The results showed that the rate of TET release is proportional to the temperature (Figure 29). 実施例16 TET−補足FGからのTET放出速度に対するFG蛋白濃度の影響 1mg/mlのTET HCl溶液を補足したFGを調製し、本研究用に6×2.5m mディスクとして形造った。 Example 16 TET-prepared TET HCl solution was supplemented with FG effects 1mg / ml of FG protein concentration on TET release rate from the supplementary FG, built form as a 6 × 2.5 m m disk for this study. FGの蛋白濃度を60、30及び15mg/mlに調整した。 It was adjusted protein concentration of FG to 60,30 and 15 mg / ml. 各ディスクを3mlの蒸留水に置いた。 Each disk was placed in distilled water of 3ml. 水は、10分毎に、全1時間、同容量の水で置き換えた。 Water, every 10 minutes, all for one hour, was replaced by the same volume of water. 収集した試料中のTET濃度を前のように標準曲線に対してスペクトル光度測定法で測定した。 It was measured with a spectrum photometric method against a standard curve as before TET concentration of the collected sample. データ(図30)は、TET放出速度が最低全蛋白濃度のFGから最大で、逆であることを示す。 Data (Figure 30) is the largest TET release rate from the FG lowest total protein concentration, indicating that it is reversed. 即ち、TET放出速度はFG蛋白濃度に反比例した。 That, TET release rate was inversely proportional to the FG protein concentration. 実施例17 AB−補足FGから放出されたABのインビボ抗菌活性 TET−及びCIP−FGから放出されたTET及びCIPの抗菌活性を試験するため、これらのAB−補足FGの誘発腹膜炎からマウスを保護する能力を評価した。 To test the released TET and CIP antimicrobial activity from in vivo antibacterial activity TET- and CIP-FG of AB released from example 17 AB- Supplemental FG, protect mice from induced peritonitis these AB- Supplemental FG They were evaluated for their ability to. 実験的に、1日目に、グループ当り5匹の動物の各1匹に0.5mlPB S(グループI)、FG(グループII)、TET−FG(グループIII)又はC IP−FG(グループIV)を腹膜内注射した。 Experimentally, at day 1, 0.5mlPB S (Group I) into each one animal per group 5 animals, FG (Group II), TET-FG (Group III), or C IP-FG (Group IV ) was injected intraperitoneally. FG及びAB−FGを、120mg /mlのTFC0.25ml及び250U/mlのヒトトロンビン0.25mlを含むハマーデクスディスペンサーを用い投与した。 The FG and AB-FG, was administered using a Hummer dexfenfluramine dispenser comprising TFC0.25ml and 250 U / ml human thrombin 0.25ml of 120 mg / ml. TET−及びCIP−FGの場合、トロンビン溶液は50mgの各ABを含有した。 For TET- and CIP-FG, the thrombin solution contained the AB of 50 mg. 2日目に、全動物に2×10 8 (実験1)又は4×10 8 (実験2)コロニー形成単位(cfu)のエス. Es of the second day, 2 × 10 8 All animals (experiment 1) or 4 × 10 8 (Experiment 2) colony forming units (cfu). アウレウス2 02Aを腹膜内注射した。 S. aureus 2 02A were injected intraperitoneally. 結果:(実験1、実験2。動物は感染後48時間、生存):グループI、0及び1の生存;グループII、3及び1の生存;グループII I、3及び5の生存;及びグループIV、5及び4の生存。 Results :( Experiment 1, Experiment 2. Animals 48 hours post infection, survival): Group I, 0 and 1 survivors; group survival II, 3 and 1; Group II I, the survival of 3 and 5; and Group IV , the survival of 5 and 4. ほとんどの生存動物は実験(2週間)の間を通して生きたが、幾らかは死亡したか又は病気であったので故意に殺した。 Although most of the survivors lived through the duration of the experiment (2 weeks), it was killed intentionally because some was whether or disease died. これらのデータは、マウスを死から守ったTET−FG及びCIP−FGがA B−補足FGの投与後、少なくとも48時間、エス. These data, after administration mice are TET-FG and CIP-FG, which protects against death A B- supplement FG, at least 48 hours, S.. アウレウス202Aにより生じることを示した。 It showed that caused by S. aureus 202A. 実施例18補足フィブリンシーラント組成物の治療的適用 超薄型マイクロ光ファイバー内視鏡の発達は喉頭病学者に側頭骨および頭蓋底の狭い空間への独特な手段を提供してきた。 Development of therapeutic applications ultra-thin micro fiber endoscope embodiment 18 Supplementary fibrin sealant composition has provided a unique means to narrow space the temporal bone and the base of the skull to the larynx disease scholars. 診断用の中耳内視鏡術はよく文献記載(エーデルシュタイン(Edelstein),D.R.など、アメリカン.ジャーナル.オブ.オトロジー(Am.J.Oto.)、15巻:50〜55頁(1994 年);ポー(Poe),D.S.など、ラリンゴスコープ(Laryngoscope)、1 02巻:993〜996頁(1992年);ポー(Poe),D.S.など、アメリカン.ジャーナル.オブ.オトロジー(Am.J.Oto.)、13巻:529 〜533頁(1992年);バルカニー(Balkany)とフラディス(Fradis) 、アメリカン.ジャーナル.オブ.オトロジー(Am.J.Oto.)、12巻: 46〜48頁(1991年))されている一方、 治療用のマイクロ内視鏡術は患者に侵襲最小、患者死亡率低下および病院費用低下という刺激的な利点を提供す Middle ear endoscopic surgery for diagnosis is well described in the literature (Edel Stein (Edelstein), D.R, such as the American Journal of Otoroji (Am.J.Oto), 15 Volume:..... 50 to 55 pages ( . 1994); Poe (Poe), D.S such as, La apples scope (Laryngoscope), 1 02 Volume:.. 993-996 (1992); Poe (Poe), D.S, such as the American journal. . (. Am.J.Oto) of Otoroji, Volume 13: 529-533 (1992); Barukani (Balkany) and Furadisu (Fradis), American journal of Otoroji,... (Am.J.Oto.) 12巻: 46〜48頁(1991年))されている一方、 治療用のマイクロ内視鏡術は患者に侵襲最小、患者死亡率低下および病院費用低下という刺激的な利点を提供す 。常に縮小している直径を持つマイクロ内視鏡は良質な映像と分解能を与える。今ではレーザーおよびフィブリンシーラント適用装置と組合せて中耳および頭蓋底での新らしい外科的適用が可能である。潜在的な治療的適用が軟部組織修復におけるフィブリンシーラントの機械的性質および薬剤および生物学的増殖因子のための持続的放出用の媒体としての使用から誘導される。可能性としては例えばメニエル氏病の処置のためにゲンタマイシンを使用する内耳局所的アミノグリコシド療法、経耳管CSFリーク予防法および鼓膜修復を含む。初期的な抗生物質「放出特性」はフィブリンシーラントのプール(米国赤十字社、ロックヴィル(Rockville)、メリーランド州(Md.))を使用してアモキシシリンおよびメトロニダゾールのいずれかを「水溶性」薬剤として、または「 低溶解性」カテゴリーにあるテトラサイクリンおよびシプロフロキサシンを使用して得られた。この操作のために4個のヒト頭部試料を保存してサンジェゴ(S an Diego)、サンジェゴ(San Diego)、カリホルニア州(CA)にある海軍医学センターで活発に進行中の新鮮死体組織プロトコル(新鮮死体組織プロトコルは試料を「新鮮組織」の性質を失わずに保存できる点で有利である)を使用してラテックス血管注射を行った。キソメド(Xomed)社(ジャクソンヴィル(Jacksonville)、フロリダ州(FL))が提供する光ファイバーおよび硬性システムの両者を使用した。アルファスコープ(Alphascope)8型は外径0. 8mmで、視野65°で測定深度1.5〜15mmを提供する115°軟性チップを有する軟性マイクロファイバースコープ内視鏡である。光ファイバーケーブルは3000ピクセルからなり、10cmの挿入長を提供する。アルファスコープ(Alphascope)12型は外径1.2mmで斜角25°のシャフトおよび視野65°で観測深度2〜20mmを提供する45°のチップを有する硬性内視鏡である。光ファイバーケーブルは6000ピクセルからなり、挿入長8cmを提供する。レーザー実験には全て0.28mmのKTPレーザー(レーザースコープ(Laserscope)、パロアルト(Palo Alto)、カリホルニア州(CA))を使用した。 6×3mmフィブリンシーラントディスクを設定濃度の抗生物質とともに使用して限定シンク条件を構成した。溶離液中の濃度は毎日測定し(μg/mL)、 時間について評価し、試験管内「放出特性」を展開した。 0.75mmの内部カニューレを持ち、1.5mmの外部カニューレを有する双流カテーテルを内視鏡実験へのフィブリンシーラントの適用に役立てるために特別に設計した。 1.5mmの外経は中耳腔、耳管、および頭蓋内腔にアクセスするためのマイクロ光ファイバー内視鏡との組合せを可能にした。 「コアキシャル」な後退チップは連続的な放出ポートの凝固なしに目視誘導下に組織シーリング剤適用を可能にした。マイクロ内視鏡およびレーザー技術 最初の操作はヒトの側頭骨試料で中耳および側頭骨内でのマイクロ内視鏡の働きの可能性を証明するために行った。経鼓膜ならびに経耳管経路の双方を用いて中耳にアクセスした。後頭蓋窩における手術は全て後窩硬膜内で後頭下の手法による「キーホール」切開で行った。操作には標準的耳科学的装置を利用した。 KTPレーザーと組合せて、癒着の溶解および鐙骨切除を含めて前庭窓周辺で外科的操作を安全に達成した。 「キーホール」逆S字状手法によって、軟性内視鏡を後頭蓋窩に導入して容易に第7〜8神経複合体を確認した。技術的受容能が楽な水準に達した時、KTPレーザーを6個の死体試料について周辺の神経血管構造に構造的損傷を与えずに成功裏に前庭神経切断に採用した。最初の試料2個では蒸発の深さを測定するのに困難に遭遇し、前に位置する顔面神経に損傷が現れたが、この問題は技術の洗練およびレーザーの角度の変更で解決した。レーザー冠毛を吸引するためにKTPレーザーを使用する時には双流カテーテルを内視鏡に付着させた。フィブリンシーラントの送達 マイクロ光ファイバー内視鏡と組合せてデュオフロー(Duo−Flow)カテーテル(ヘマディクス(Hemaedics)社、マリブ(Malibu)、カリホルニア(C A))を使用して抗微生物剤組成物補足フィブリンシーラントを直接目視しながら耳管および中耳腔に送達した。経鼓膜、経耳管および顔面陥凹を経る経乳様突起経路を含む数経路の送達法を使用した。中耳腔、耳管および乳様突起腔の「シーリング」は各送達法で成功した。フィブリンシーラントはこれら「静的」検体について適用後1週間を越えて存続することが注目された。フィブリンシーラントディスクからのテトラサイクリン放出特性は3週間を越えて継続する崩壊様式を示した。治療的最小阻止濃度(MIC)を越える濃度は42日までの間残留した。フィブリノーゲン濃度は20〜76mg/mLの範囲であったが、シプロフロキサシンの放出特性には何の影響もなかった。フィブリンシーラントの持続放出能に関するこの証明は補足フィブリンシーラント組成物の治療的送達系としての大きな潜在的能力を証明した。抗微生物剤の濃度について、フィブリンシーラントの局所的適用で現在の最小阻止濃度の数倍もの抗生物質用量が全身的治療でしばしば観察される副作用を避けながら長期にわたって送達される。特に、レーザーと組合せるとフィブリンシーラントの局所放出「生物貯蔵器」を使用するマイクロ内視鏡外科手術はメニエル氏病のアミノグリコシドによる耳局所処置からレーザー神経切断および急性および慢性副鼻洞炎および耳炎の局所抗微生物療法に至る広範囲の耳鼻咽喉科疾患の処置に大きな可能性を提出する。 実施例19フィブリンシーラントから抗微生物組成物の持続放出 フィブリンシーラント(FS)ディスクをトロンビンによるフィブリノーゲンからフィブリンへの酵素的変換によって作製し、続いて第XIII因子によって交差結合した。概説すれば、ヒトの局所フィブリノーゲン複合体(TFC、米国赤十字社、ロックヴィル(Rockville)、メリーランド州(MD))100mg は76%のフィブリノーゲンおよび第XIII因子を含むが、これを10mgのヒトのトロンビン(TFC、米国赤十字社、ロックヴィル(Rockville)、メリーランド州(MD))および0.9mLの40mM−塩化カルシウム溶液と混合した。交差結合フィブリン凝固体を速やかに20×10×3mmの鋳型に入れて圧迫して平板を形成させた。次に6mm生検パンチを使用して平板からFSディスクを打ち抜いた。同一の操作法に従って、抗生物質を凍結乾燥TFCおよびトロンビンと混合した後に水和して抗生物質浸透FS(AB−FS)ディスクを形成した。テトラサイクリン遊離塩基、アンピシリン遊離酸およびシプロフロキサシン塩酸塩(シグマ(Sigma)化学社、セントルイス(St.Louis)、モンタナ(MO))の各345mgを別々にTFCおよびトロンビンに添加した後、塩化カルシウムを添加した(最終フィブリン濃度は76mg/mL;最終抗生物質濃度は50mg/ディスクであった)。抗生物質の放出は試験管内で2種の両極端の条件である「制限シンク」および「無限シンク」で測定した。制限シンク条件下ではFSおよびAB−FSディスクを燐酸緩衝液食塩水(PBS、pH7.4)が各2mL入った24ウェル組織培養プレートの各ウェルに入れた。組織培養プレートは混合せずに37℃に放置した。 PBSの全量を毎日交換し、溶離液の抗生物質含量を評価した。無限シンク条件下ではFSおよびAB−FSディスクを各々PBS45mLの入った50 mLコニカル遠心分離管に入れ、倒立させて混合した(20回/分)。管は全部を37℃に維持した。 PBSの全量を毎日交換し、溶離液を抗生物質含量について評価した。抗生物質濃度を吸光度対濃度の直線型標準曲線(0〜200μg/mL)から算出した。テトラサイクリン試料は分光光学的に340nmで評価した。アンピシリンは最初に溶離試料0.1mLをBCA試薬(ピアース(Pierce)化学社、ロックフォード(Rockford)、イリノイ(IL)州)2.9mLと37℃で30分間反応させた。得られた呈色生成物を560nmで測定した。シプロフロキサシン試料は直接340nmで評価した。生体内の抗生物質放出を評価するため、テトラサイクリン(TET)補足FS ディスクをマウスの異なる場所2ケ所に移植した。雄性BALB/cマウス(2 0〜25g)を麻酔してディスクを皮下(s.c.)または腹腔内(i.p.) に移植した。切開部位を再吸収性縫合糸およびステンレス鋼製クリップで閉鎖した。移植後2、7、14、21または28日にディスクを採取し、0.1%トリプシン/0.4mM−EDTAによって4〜7日間37℃で酵素的に消化した。分解物のTET濃度を前記のように測定して生体内インキュベーション後のディスクに残留するTETの量を決定した。 TET−FSディスクにおける抗生物質の生物学的利用能を評価するために、 TET−FSディスクを対数期の黄色ブドー球菌(1×10 7 CFU/mL)が入れてある試験管に入れた。抗生物質不含のFSディスクの培養物を対照に用いた。全培養物を37℃で10時間インキュベーションした。細菌試料(0.1m L)を逐次希釈して栄養寒天培地に塗布してディスクとインキュベーションする間の生菌数を決定した。無操作培養物を比較のために監視した。制限シンク条件下に評価したこれら3種の抗生物質の溶離特性を図31Aに提示する。初期の抗生物質多量放出後、水に自由に溶解するアンピシリンは7日以内に補足FSマトリックスから完全に溶離した。これは徐々に減少する定常的な放出を42日間示したテトラサイクリン遊離塩基の溶離特性とは対照的である。 42日目におけるテトラサイクリン溶離は持続的で抗微生物的有効量の0.03 〜0.04mg/mLであった。シプロフロキサシンの放出機構はテトラサイクリンのものと並行していたが、資料は14日間だけ収集した。無限シンク条件における溶離特性は最初の7日間は3種の抗生物質全部について制限シンク条件でと比較して強化された抗生物質の放出を示した。その後は、溶離特性は制限シンク条件について観察されたものと並行していた。生体内でのテトラサイクリン放出は生体内移植後2、7、14、21または2 8日目のAB−FSディスクに残存していた抗生物質を算出することによって測定した。資料は図31B(試験管内資料と組合せて)に提示するが、TET−F Sディスクの溶離特性は試験管内の制限シンクモデルの溶離特性と並行していることを示す。生体内で14日の後、TET−FSディスクは未だに出発濃度の50%を含み、2ケ所の部位の間に相違は観察されなかった(〜20%腹腔、2 8日目)。これらの資料はs. c.およびi. p.部位は共にTET−FSディスクからTETの長期送達を媒介したこと、および試験管内実験が生体内治療効果を高度に予測したことを証明する。抗菌作用は試験管内で黄色ブドー球菌の増殖を阻止するTET−FSディスクの性能によって測定した(図31C)。 TET−FSディスクは10時間の試験でFSディスク単独と比較して細菌増殖を明らかに阻止した。 FSディスクからのテトラサイクリンおよびシプロフロキシシンの放出は両試験管内モデルで長期であって、抗生物質の長期放出と溶解度の間の関係を証明した。溶解度の比較的に低い抗生物質は溶解度の大きい製品よりも長時間堅実に放出された。生体内における送達機構は制限シンクモデルのものと類似しており、送達のs. c.およびi. p.部位での体液の制限された流れを示唆する。補足FSディスクは細菌の増殖を阻止するのに有効な抗生物質濃度の長期送達を提供することが示され、 長期にわたって抗生物質の有効局所用量を放出できるFSは理想的で生物適合性があり、再吸収可能な送達系であることを証明している。 実施例20 FGから細胞傷害/抗増殖薬物の長期部位指定送達 フィブリノーゲンは、無菌水で、1グループについては17mg/mlの濃度に5−FUで飽和した水で可溶化した。トロンビン溶液は、無菌水で作り、次いで、40mM CaCl 2中に15U/mlの濃度に希釈し、又はトロンビンは17 mg/mlの濃度に5−FUで飽和した40mM CaCl 2に溶解した。コントロールFGクロット(凝塊、clots)は、5−FUを含有せず、200 μlのTFC溶液(60mg/mlで)を200μlのトロンビン溶液(15U /mlで)と混合し、20分重合することにより生成した。これらのクロットは12×75mm試験管中で作り、次いで0.05Mヒスチジン、0.15M N aCl、pH7.3(緩衝液)10ml中に置いた。標準濃度の液体5−FUを含むFGクロットは、200μlのTFC(60m g/ml+17mg/ml 5−FU)と200μlトロンビン溶液(15U/ ml+17mg/ml 5−FU)を混合し、クロットを20分、完全に重合することにより作った。 TFC及びトロンビン溶液での飽和濃度の5−FUの添加は、完全に不透明であったコントロールFGクロットに比べて、半透明であったクロットを生成するクロット形成を幾らか変えた。形成されたクロットは、FG のみで作ったものと色以外は物理的に同一であった。クロットは12×75mm 試験管中で作り、次いで10mlの緩衝液中に置いた。 5−FUの飽和溶液により形成したクロットに含まれる量に等しい量の固体無水5−FUを含む第二グループのFGクロットを作った。これらのクロットは、 7mgの固体無水5−FUを200μlのTFC(60mg/ml)と200μ lのトロンビン(15U/ml)に添加することにより形成した。 7mgの5− FUを12×75mm試験管中に置いた。次いで200μlのTFCを、続けて200μlのトロンビンを加えた。次いで、3成分を、均一混合物が観察され、 そしてそれ以上の混合が凝固反応によって阻止されるまで、ピペットを前後させることにより混合した。次いでクロットを10mlのヒスチジン緩衝液中に置いた。最終グループはクロット当り50mgの固体無水5−FUを含有した。多量の5−FU(7mgの代わりに50mg)のために、これまでに用いられた方法ではうまくいかなかった。均一のクロットを作る代わりに、クロットは試験管の底に固らせている大量の5−FUで形成させた。この問題を避けるために、試験管の底を初めに100μlのTFC(60mg/ml)と100μlのトロンビン(15U/ml)で被覆した。これは試験管の凹形の底を被覆したクロットを形成した。次に、50mgの固体無水5−FUを200μlクロットの表面に加えた。これに続いて100μlのTFCを100μlのトロンビンと共に加えた。 2つの溶液を、自動ピペッターを用い、蛋白がゲル化し始めるまで混合した。これが生じたとき、ピペット操作を終えてクロットを20分間、重合した。最終生成物は、約50mgの5−FUの濃密なコアを含有するクロットであった。他のクロットに関しては、これらは次いで10mlの緩衝液中に置いた。全グループ中のFGの最終全蛋白濃度は30mg/mlであった。各グループは10複製を含んだ。各複製は10mlの緩衝液中、37℃でインキュベートした。緩衝液は5、10、22、33、52、75及び114時間に10mlの新鮮な緩衝液で置き換えた。次いで溶出緩衝液のアリコートを260 nmの波長セッティングで分光測光器で試験した。これまでの実験は5−FUがこの波長で強く吸収するが、一方コントロールFGクロットからの溶出液は吸収しないことを示した。結果は図面30に示す。 5−FUを含まないコントロールクロットは有意な解読を与えなかった。 5−FUの飽和溶液の形で又は同等量の固体無水5−FUのいずれかの7mgの5−FUで作られたクロットは5ないし10時間の間、5− FUのそれらの送達を完全にしたが、一方50mgの固体無水5−FUを含むクロットは少なくとも75時間5−FUを送達することを続けた。全ての場合での最高濃度は5時間点で生じた。理論に縛られることを望まないが、5−FU送達の持続はゲルに負荷された5 −FUの塊の作用であるようであった。結果として、溶液中に5−FUを含むクロットから送達可能な5−FUの量は、薬物の溶解性により限定された。即ち、 5−FUを飽和した液体から形成したクロットに存在する量に等しい固体無水形の量の含有は、ほとんど同一の送達動態となったが、一方、液体形を用いることが可能であるよりも大量の固体形5−FUの含有は、3倍の送達の持続、典型的には与えられた濃度の薬物の送達の持続を10倍増加した。大量の固体無水5− FUの含有さえも大きな送達時間となることが期待された。他の実験では、我々はクロットに含まれる5−FUの量が少なくとも5倍そして多分それ以上増加すること、及び5−FU−FG混合物も注射可能形に処方しうること(データ示さず)を見出した。さらに、無水形よりも周りの水性媒体に溶解しにくい、及び/ 又は低溶解速度を有する5−FUの類似体又は他の形は、送達時間をさらに増加させることとなろう。この方法の結果は、液体形での薬物を使用できるよりも少なくとも10倍長いフィブリンクロットからの抗増殖/細胞傷害薬物5−FUの持続しうる送達である。本技術(即ち、固体形の薬物、多分、低溶解度及び/又は溶解速度のものの用途)は、薬物粒子が懸濁するマトリックス又は薬物自体と関係なく一般に適用できる筈である。 実施例21フィブリンシーラントからタキソールの放出 補足フィブリンシーラントマトリックスからの5−FUの制御された送達の成功に基づいて、その他の化学療法剤化合物の送達を考慮したプロトコルを開発した。最近、パクリタキセル(paclitaxel)またはタキソールが卵巣および乳腺癌の処置に非常に有望な薬剤として認識されている(ニコレッティ(Nicoletti) など、アニュアル.オブ.オンコロジー(Ann.of Oncology)、2巻:151 頁(1993年))。タキソールを全身的に投与するについての問題の一つはこれが水性系に高度に不溶性であることである。これが油とアルコールの混合物からなる全身的送達基剤の使用を必要としている(W.ローズ(Rose,W.)、 アンティカンサー.ドラッグス(Anti−Cancer Drugs)、3巻:311頁( 1992年))。不幸にも、この全身的送達基剤は多数の患者で深刻な反応を起こし、現在の治療的適用はこれを減少する準備投薬を求めている(ワイス(Wei ss)など、ジャーナル.オブ.クリニカル.オンコロジー(J.Clin.Oncol .)、8巻:1263頁(1990年);アーバック(Arbuck)など、セミナーズ.イン.オンコロジー(Seminars in Oncol.)、20巻:31頁(19 93年))。タキソールが現在臨床的に使用されている疾患の悪性は一般に緩慢に増殖するので補足フィブリンシーラントからのタキソールには長期の接触が望ましいであろうことを示唆する。加えて、これらの疾患が作り出す病巣はしばしば経皮的生検または腹腔鏡操作法によって臨床的にアクセスできるので、フィブリンシーラントマトリックスからのタキソールの有効局所濃度を長期送達することは治療的に可能と思われる。まず、フィブリンシーラントからのタキソール送達の機構を400μLフィブリンシーラント組成物に無水の固体としてまたはエタノールに溶解してタキソール(0.26mg)を導入することによって評価した。得られた補足フィブリンシーラントマトリックスを次に2mLヒスチジン緩衝液に入れて37℃でインキュベーションした。緩衝液を2日後および10日後に交換した。得られた溶離中のタキソールの相対的濃度をヒトの卵巣癌細胞(OVCAR)の試験管内増殖を阻止するその性能を測定することによって決定した(マックフィー(MacPhee)など、イン.カレント.トレンズ.イン.サージカル.ティッシュー.アデッシブズ:プロシーディングズ.オブ.ザ.ファースト.インターナショナル.シンポジウム.オン.サージカル.アデッシブズ(In Current Trends in Surgica l Tissue Adhesives:Proceedings of the First International Symposi um on Surgical Adhesives)、R.ソールツ(R.Saltz)およびD.シェラ(D.Sierra)編、スプリンゲル出版社(Springer Verlag))。略述すれば、培養培地100μL中のOVCAR細胞1000個を96ウェル培養プレートの各ウェルに入れて24時間インキュベーションした。様々な希釈率の溶離液100μLをウェルに入れ(1希釈当り10ウェル)、プレートを3 7℃でインキュベーションした。 5日後に、各ウェル中の細胞数をMTT検定法(ラパポート(Rapaport)など、アメリカン.ジャーナル.オブ.クリニカル.パソロジー(American Jouranl of Clinical Pathology)、97巻:84 頁(1992年))を使用して測定した。この検定で抗増殖剤の効果は最終培養物中の細胞数の減少として、即ち、発色団に変換されるMTT量の減少として観察される。得られる発色団は分光光学的に570nmで検出される。実験の結果および各溶離液の起源を図33に提示する(培地対照と比較して(ダンズ(Dun ns)検定法)p<.001)。対照には溶離液を添加した時にOVCAR細胞が産生する基質の量を示す初期(細胞)活性対照(IAC)および5日後に培養液に産生される基質の最大量を示す培地対照を含めた。非補足フィブリンシーラント単独での溶離液はこの増殖に影響しなかった。エタノール溶液中のタキソールを使用して得られた結果はタキソールが85日まで完全に送達されたことを示した。無水型固体のタキソールをフィブリンシーラントに混入するとOVCAR細胞は85日までの間明確に阻止された。さらに10日の培養後に回収した後続溶離液は(12日溶離液)も明瞭にOVCAR細胞の増殖を1:200から1:20000の希釈率で同様に良好に阻止した。これはフィブリンマトリックスを固体型のタキソールで補足する時は送達は最初の2日間の期間を越えて持続すること、および2日から12日までの期間に送達されたタキソールの量は最初の48時間に送達された量を超えたことを示した。これらの実験は補足フィブリンシーラント組成物からのタキソールの長期送達はマトリックス容積内の溶解性を超える薬剤量を負荷することによって達成できることを示す。これはタキソールを固体型で混入すること、ならびに混入する前にエタノールに溶解することの両方によって可能となる。この理由はエタノールの分子量がタキソールのものよりずっと小さいからである。その結果、エタノールはマトリックスから急速に拡散して水に高度に不溶解性のタキソールをマトリックス内に固体の型に沈殿させて残すことになる。 実施例22線維芽細胞成長因子補足化FGおよびフィブロネクチンに対する応答における線維芽細胞化学走性 材料および方法 材料 ダルベッコ修飾イーグル培地(DMEM)は、ミズーリ州、セント・ルイスのシグマ・ケミカルカンパニーから購入した。抗生物質−抗真菌溶液は、GIBC O(ニューヨーク州、グランド・アイランド)から購入した。組換え線維芽細胞成長因子−1(FGF−1)および−4(FGF−4)は、メリーランド州、ロックビルのアメリカン・レッド・クロス、プラズマ・デリバーティブズ・ラボラトリー、レジナルド・キッド氏およびジェネティックス・インスティテュート( マサチューセッツ州、ケンブリッジ)のご厚意によりそれぞれ頂戴した。組換え線維芽細胞成長因子−2(FGF−2、塩基性FGFまたはbFGFとしても知られている)は、アップステイト・バイオテクノロジー・インコーポレイテッド(ニューヨーク州、レイク・プラシド)から購入した。培養物の滅菌増殖並びに化学走性アッセイに必要な全てのプラスチック製品は、フィッシャー・サイエンティフィック(デラウェア州、ニューアーク)から購入した。ミリセル−PCF (12.0μm)挿入物は、ミリポア・インコーポレイテッド(マサチューセッツ州、ベッドホード)から購入した。ヘパリンは、アップジョン・カンパニー(ミシガン州、カラマズー)から購入した。細胞培養 継代126のNIH/3T3線維芽細胞は、メリーランド州、ロックビルのアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクションから購入した。継代129−13 3由来の培養物を化学走性アッセイに使用した。 10%ウシ血清および約1%抗生物質抗真菌溶液を補足したDMEM中で培養物を増殖させた。ヒト皮膚線維芽細胞(HDFs)は、クロネティックス・インコーポレイテッド(カリフォルニア州、サンディエゴ)から継代2のものを購入した。継代3−5由来の培養物を化学走性アッセイに使用した。 20%FBS(ユタ州、ローガンのハイクローン・ ラボラトリーズ・インコーポレイテッド)および約1%抗生物質抗真菌溶液(ニューヨーク、グランド・アイランドのジブコ)を補足したDMEM中で培養物を培養した。細胞化学走性アッセイ 細胞化学走性を測定するのに使用した方法は、既知の2つの方法体系を組み合わせたものであった。ボイデン・チェンバーを修飾したものを以下のようにして使用した:ミリセル−PCF(ミリポア・インコーポレイテッド、マサチューセッツ州、ベッドホード)(12.0μm)、直径12.0mmの挿入物を24ウェルプレートの個々のウェルに入れ、上部化学走性チェンバーと下部化学走性チェンバーを設けた。化学走性結果は、細胞と成長因子との各組み合わせ毎にチェッカー盤分析を実施することにより、得られた。材料の所で記載した全種類の細胞を伴うFGF−1、FGF−2(ヘパリン無し)およびFGF−4について、ヘパリン(10U/ml)を加えた場合も/加えない場合も、0.1、1、10、10 0ng/mlの濃度範囲を採用した。要するに、培養物をトリプシン処理し、DME M+0.1%ウシ血清アルブミン(BSA)(シグマ・ケミカル・カンパニー、 ミズーリ州、セント・ルイス)中に入れて、約1時間、37℃で5%CO 2湿潤チェンバー中に置いた。 50μl中2か2.5×10 5細胞を24ウェルプレートに設けた上部チェンバーに挿入添加した。上記のように、処置を加えた。アッセイを、37℃で5%CO 2湿潤チェンバー中4時間続けた。 4時間終了時点で、 プレートをインキュベーターから取り出し、フィルターをミリセル−PCF挿入物と共に染色するためのプロトコールに従い染色した。要するに、ミリセル−P CF挿入物の内側および外側を取り巻く流体を取り除いた。 3パーセントのグルタルアルデヒド(シグマ・ケミカル・カンパニー、ミズーリ州、セント・ルイス)を約20分間、挿入物の内側および外側に加えた。 3.0%グルタルアルデヒドを除去後、0.5%トリトンX−100(E.M.サイエンス、ニュージャージー州、チェリー・ヒル)を5−7分間加えた。 0.5%トリトンX−100を除去するときに、フィッシャー社のヘマトキシリン溶液ジル製剤(フィッシャー・サイエンティフィック、デラウェア州、ニューアーク)No.1を約10分間加えた。この溶液を、蒸留水で5分間流して洗浄除去した。綿棒を用いて、フィルターの上面をぬぐい、移動しなかった細胞を取り除いた。フィルターをクリスタルマウントTM (バイオメダ・インコーポレイテッド、カリフォルニア州、フォスター・ シティ)溶液におけるスライドに面する低部側にマウントし、フイルターの下面にある細胞を自動的に数え上げるイメージ・アナライジング・システムを用いて400×および200×の両方で可視的に、無作為の10視野(フィールド)をスライドによりカウントした。チェッカー盤分析 必須のものとして、チェッカー盤分析を実施し、無作為の移動および正および負の化学走性を測定した。成長因子を上部および/または下部チェンバーに加えて、細胞が、GF方向に単独で移動する(化学走性)かどうか、成長因子を上部または低部ウェルに加えたかどうか(ケモキネシス)、または細胞移動が化学走性勾配に逆らっているかどうか(負の化学走性)にかかわりなく、移動がランダムであるかどうかを観察した。 FGから放出されたFGFに対する細胞移動アッセイ 化学走性チェンバーおよび細胞を上記の通り利用した。 8mg/ml局所フィブリノーゲン複合体(TFC、アメリカン・レッド・クロス、メリーランド州、ロックビル)50μlを24ウェルプレートの底に加えた。試験成長因子+/−ヘパリン40μlを最終濃度10U/ml(ヘパリンを含むFGF−1、FGF−4、 FGF−2単独)でTFCに加え、勢いよく混合した。ウシ・トロンビン(アームア・ファーマシュウティカル・カンパニー、イリノイ州、カンカキー)10μ lを加え、勢いよく混合した。成分を室温で約30分間ゲル化させた。下部および上部チェンバーの総容量は、DMEM+0.1%BSAも含めて、それぞれ0. 5mlまでにした。下式に定めるとおり、TFCに加えられたFGFの濃度を調整して、所望の全体濃度とした: アッセイは、5%CO 2湿潤チェンバー中37℃で約24時間実施した。 Assays were performed at 37 ° C. in a 5% CO 2 wet chamber for about 24 hours. 24時間終了後、フィルターを取り出し、固定し、染色して、フィルターの下面の細胞数を、上記のようにして数えた。 After the end of 24 hours, the filters were removed, fixed, stained and the number of cells the lower surface of the filter were counted as described above. 結果 線維芽細胞の移動能力 種々のよく知られた化学走性剤(chemotactic agents)の方向に移動するNI H3T3線維芽細胞の能力を測定して、このアッセイに使用した細胞がこの能力を維持したことを確認した。 Results migratory ability various well known chemotactic agents fibroblast ability of NI H3T3 fibroblasts move in the direction of (chemotactic agents) were measured, the cells used in this assay was to maintain this capability It was confirmed. フィブロネクチンは、NIH 3T3およびHDF 類の両方について試験した中で、最も有効な化学走性剤であり、20μg/mlで最大の応答を示した(図34、表8)。 Fibronectin, among tested for both NIH 3T3 and HDF such, the most effective chemotactic agent, showed a maximum response at 20 [mu] g / ml (Figure 34, Table 8). 従って、20μg/mlのフィブロネクチンを、移動についての正の対照として使用した。 Thus, a 20 [mu] g / ml of fibronectin was used as a positive control for the mobile. NIH 3T3線維芽細胞のFGF−1方向への化学走性 FGF−1によるNIH 3T3線維芽細胞移動の最大刺激は、ヘパリン10 U/mlの存在下、10ng/mlで観察された(図35)。 Maximal stimulation of NIH 3T3 fibroblast cell migration by chemotaxis FGF-1 to FGF-1 direction NIH 3T3 fibroblasts, the presence of heparin 10 U / ml, was observed at 10 ng / ml (Figure 35) . チェッカー盤分析により、FGF−1が、NIH 3T3細胞に対する化学走性物質であることが明らかになった(表9)。 The checkerboard analysis, FGF-1, was found to be a chemotactic substance for NIH 3T3 cells (Table 9). NIH 3T3線維芽細胞のFGF−2方向への化学走性 FGF−2によるNIH 3T3線維芽細胞移動の最大刺激は、FGF−2の1ng/mlで観察された(図36)。 Maximal stimulation of NIH 3T3 fibroblast cell migration by chemotaxis FGF-2 to FGF-2 the direction of NIH 3T3 fibroblasts were observed at 1 ng / ml of FGF-2 (Figure 36). チェッカー盤分析は、FGF−2が、NIH 3T3細胞に対する化学走性物質であることを示した(データは示さない)。 Checkerboard analysis, FGF-2 was shown to be chemotactic substance for NIH 3T3 cells (data not shown). NIH 3T3線維芽細胞のFGF−4方向への化学走性 FGF−4によるNIH 3T3線維芽細胞移動の最大刺激は、10ng/mlで観察された(図37)。 Maximal stimulation of NIH 3T3 fibroblast cell migration by chemotaxis FGF-4 to FGF-4 direction of NIH 3T3 fibroblasts were observed at 10 ng / ml (Figure 37). チェッカー盤分析により、FGF−4が、NIH 3T 3 細胞に対する化学走性物質であることが明らかになった。 The checkerboard analysis, FGF-4 is, it was found to be a chemotactic substance for NIH 3T 3 cells. HDFsのFGF−1方向への化学走性 FGF−1によるHDFs移動の最大刺激は、1ないし10ng/mlで観察された(図38)。 Maximal stimulation of HDFs moving by chemotactic FGF-1 to FGF-1 direction HDFs were observed in 1 to 10 ng / ml (Figure 38). チェッカー盤分析は、FGF−1が、HDFsに対する化学走性物質であることを示した(表10)。 Checkerboard analysis, FGF-1 was shown to be chemotactic substance for HDFs (Table 10). HDFsのFGF−4方向への化学走性 FGF−1によるHDFs移動の最大刺激は、10ng/mlで観察された(図3 9)。 Maximal stimulation of HDFs moving by chemotactic FGF-1 to FGF-4 direction HDFs was observed at 10 ng / ml (FIG. 3 9). チェッカー盤分析により、FGF−2が、HDFsに対する化学走性物質であることが明らかになった(データは示さない)。 The checkerboard analysis, FGF-2 is, it was found to be a chemotactic substance for HDFs (data not shown). HDFsのFGF−4方向への化学走性 FGF−4によるHDFs移動の最大刺激が、10ng/mlで観察された(図4 0)。 Maximal stimulation of HDFs moving by chemotactic FGF-4 to FGF-4 direction HDFs was observed at 10 ng / ml (Fig. 4 0). チェッカー盤分析は、FGF−4が、HDFsに対する化学走性物質であることを示した(データは示さない)。 Checkerboard analysis, FGF-4 was shown to be chemotactic substance for HDFs (data not shown). FGに組み込まれたFGF−1、−2および−4に対するヒト皮膚線維芽細胞移動 FGから放出されたFGFに対する最大移動応答は、1ng/mlのFG中、FG F−4の組み込まれた濃度、および全体の濃度で引き起こされた(図41)。 FGF-1 was incorporated into FG, maximum movement response to FGF released from human dermal fibroblasts move FG for 2 and -4, in FG of 1 ng / ml, The loading level of FG F-4, and caused by the overall density (Figure 41). F GF−1およびFGF−2をFGに組み込んだ場合でも、化学走性応答ピークを生ぜしめるFGF−2の濃度が0.01mg/mlであった以外は、同様の結果が得られた(データは示さない)。 The F GF-1 and FGF-2, even when incorporated into FG, except the concentration of FGF-2 to give rise to chemotactic response peak was 0.01 mg / ml, similar results were obtained (data not shown). 考察 FGF類は、HFDsにおいて十分な化学走性応答を生ぜしめた。 Discussion FGF class has caused a sufficient chemotactic response in HFDs. HDFsを用いて実施した各化学走性アッセイの場合、負の対照と、最大移動応答を生ぜしめたFGF濃度との間に非常に良好な差異が得られ、FGF−1、−2および−4 に対する応答では、それぞれ18、12および10倍であった。 For each chemotaxis assay performed with the HDFs, and negative control, very good difference between the FGF concentration caused a maximum movement response is obtained, FGF-1, -2 and -4 in response to, it was respectively 18,12 and 10 fold. 成長因子による化学走性刺激は、NIH 3T3細胞の場合、HDFsの場合ほど高くはなかったが、これは恐らく、NIH 3T3細胞の入手可能なストック培養物の継代数が、HDFsの場合に比べて高いことが原因であると思われる。 Chemotactic stimulation by growth factors, in the case of NIH 3T3 cells, but was not as high as in the case of HDFs, this is probably the passage number of the available stock cultures of NIH 3T3 cells, as compared with the case of HDFs high it is believed to be the cause. FGF−1、FGF−2およびFGF−4が、線維芽細胞化学走性の強力な刺激物質であることが、見い出された。 FGF-1, FGF-2 and FGF-4 is to be a potent stimulator of fibroblast chemotaxis were found. 上記成長因子類の1つまたはその組み合わせにより線維芽細胞が方向性を持って移動するという結果を、損傷部位に存在する線維芽細胞に応用して、それにより、線維増殖、およびコラーゲンおよび細胞外マトリクスの産生を導くことが出来る。 The results of fibroblasts to move with directional by one or a combination of the growth factors, by applying the fibroblasts present in the site of injury, thereby fibroplasia, and collagen and extracellular it can lead to the production of matrix. 従って、その充分に認識されている血管形成誘導特性とは別に、FGF類は、単独で、またはPDGF、IGF−I、 TGF−βおよび/またはその他の因子との組合せのいずれかで作用して、損傷治癒する役割を有し得るのである。 Thus, apart from the angiogenic properties are the well recognized, FGF acids, alone or PDGF, IGF-I, and act either in combination with TGF-beta and / or other factors and as it can have a role in wound healing. 損傷治癒を速めるためのFGF類の使用に関する従来研究では、有意な結果が得られたものはない(カーター等、1988年)。 In conventional studies on the use of FGF class to accelerate wound healing, nothing significant results were obtained (Carter et al., 1988). これは、最大応答を得るために細胞をイン・ビボで因子類に長い時間さらす必要が有ることが原因であり得る(プレスタ等、セル・レギュレーション、2巻:719−726巻(1991年)およびルスナチ等、ジャーナル・オブ・セル・フィジオロジー、154巻:1 52−161頁(1993年))。 This is the required exposure long time factors, cells in vivo in order to obtain the maximum response there can be a cause (Puresuta etc., cell regulation, Volume 2: 719-726 Volume (1991) and Rusunachi, etc., journal of cell Physiology, Volume 154: 1 52-161 (1993)). 残念ながら、治癒工程を妨害しないような条件下で、長時間、成長因子を損傷箇所に届けるのは困難である。 Unfortunately, under conditions such as not to interfere with the healing process, a long period of time, it is difficult to deliver the growth factor to the damaged portion. FGF類をFGに組み込むものである本願発明は、細胞をFGF類に長い時間さらすことを可能にし、損傷箇所に適用され得るものである。 The present invention is intended to incorporate the FGF such the FG allows the exposing long time of cells to FGF acids are those that may be applied to the damaged portion. 生じたフィブリンコーティングは、組織損傷に対する本来の応答を擬態するものであり、その一方で成長因子を損傷箇所に直接届けるものである。 The resulting fibrin coating is to mimic the natural response to tissue injury, is intended to deliver while growth factors directly into the damaged portion. 本願出願人による従来研究では、FGF−1を含むFGを、人工血管移植片の内側を覆うのに使用した(本明細書、 実施例8)。 In the prior study by the present applicant, the FG containing FGF-1, was used to cover the inside of the artificial blood vessel grafts (herein, Example 8). これらの移植片をウサギの血管内に置くと、FGF−1が、28日間放出された。 When placing these grafts in the blood vessels of the rabbit, FGF-1 was released 28 days. イヌ科の移植片に関する更なる研究では、FGF−1を移植片壁へ組み込んだ結果、同期間内で人工移植片が全部内皮化した(グレイスラー等、 サージェリー、112巻:244−255頁(1992年))。 In a further study on the graft of the dog family, as a result of incorporating the FGF-1 to the graft wall, artificial graft in the same period was all endothelialization (Grace error or the like, Sir Jerry, Vol. 112: 244-255, pp. (1992)). 従って、この適用形態は、イン・ビボにおける非常に有意な生物学的効果を導くことが出来るのである。 Thus, this form of application is able to lead to very significant biological effects in vivo. 本研究では、出願人は、線維芽細胞が、FGから放出されるFGF類方向に引き付けられ得ることを示している。 In this study, applicants fibroblasts, indicating that that may be attracted to FGF such a direction to be released from FG. この特性は、GF−補足化TSを用いた損傷の処置において有用なものである。 This characteristic is useful in damage treatment with GF- supplement of TS. 実施例23 脈管形成性物質を送達するためのTSシーラントを用いる、直接的な部位脈管 形成この実施例では、新規血管を制御した方法によって体内で直接形成することができる。 Using TS sealant for delivering Example 23 angiogenic substance, in this embodiment a direct site angiogenesis can be directly formed in the body by the method of controlling the new blood vessels. またこの実施例では、TSは、脈管形成性物質、たとえば線維芽細胞成長因子-1(FGF-1)を、補足TSから放出される濃度が脈管形成の誘発に有効になるような量で含有し、送達する。 The amount also in this embodiment, TS, such as angiogenic substance, for example, a fibroblast growth factor -1 (FGF-1), the concentration emitted from the supplementary TS enabled the induction of angiogenesis in containing, to deliver. この実施例は、心臓や脳や筋肉組織のような充分な血液供給が欠けている体内域において脈管形成を促進するような制御した方法に用いられる。 This embodiment is used a controlled manner that promotes angiogenesis in vivo region to the lack of sufficient blood supply, such as the heart or brain and muscle tissue. またこの実施例は、移植器官や再結合四肢に対する循環を保持したり改善するのに用いる。 This example also used to improve or retain the circulation to transplanted organs or recombination extremities. さらにこの実施例は、つぎのようなものに関し血管網または「血管床」を発生させるのに使用することができる;人工器官/類器官の形成、遺伝子治療に用いられる細胞の送達および/または局在化および/または栄養補給、遺伝子治療の標的、組織拡大用の細胞の栄養補給および/または局在化。 This embodiment can further be used to generate a vascular network or "vascular bed" relates things as follows: formation of the prosthesis / organoid, delivery of cells used in gene therapy and / or station localization and / or nutritional supplementation, targeted gene therapy, nutrition and / or localization of cells for tissue expansion. またこの実施例は、脈管形成やその下部器官の機能を損なうような異物や過剰な炎症反応を誘発しうる器具または物質の移植の必要性を排除することができる。 This embodiment also can eliminate the need for implantation of foreign objects or excessive inflammatory response can induce instrument or substances that may damage the function of angiogenesis and its lower organs. 本発明は、フィブロネクチンおよび/またはコラーゲンを含むかまたは含まずに、組成の1つとしてフィブリノーゲン(好適にはフィブリンの形成用)を含み、 これを、適した濃度のFGF-1のような脈管形成性物質に配合する。 The present invention is in or without fibronectin and / or collagen, including fibrinogen (for suitably fibrin formation) as one of the composition, which, suitable concentrations vessels, such as FGF-1 incorporated into forming substances. フィブリノーゲンは、また、トロンビンのたん白分解活性に抗して保護するための安定化剤を含有することができる。 Fibrinogen may also contain stabilizers to protect against the proteolytic activity of thrombin. FGF-1の場合、ヘパリン硫酸塩(1〜1000U /ml)を安定化剤として、濃度範囲1ng/ml〜1mg/mlで用いることもできる。 For FGF-1, as a stabilizing agent heparin sulfate (1~1000U / ml), it can also be used in a concentration range 1ng / ml~1mg / ml. 別の態様として、脈管形成物質を好適な濃度にてトロンビン、カルシウムまたは水成分中に含ませることもできる。 In another embodiment, may also be included angiogenic substance in a suitable concentration thrombin, while calcium or water component. この組成物をトロンビンと混合し、次いで所望の部位とつながる体内ラインまたは単一の部位へ迅速に適用する。 The composition was mixed with thrombin, then rapidly applied to the body line or single site leading to the desired site. フィブリノーゲン-トロンビン混合物を重合してFGを形成する。 Fibrinogen - to form a FG by polymerizing a thrombin mixture. FGF-1または他の脈管形成物質は、FGマトリックス内に、遊離形または安定化剤もくしく混合物の他の成分に結合した状態で閉じ込めた状態のままにする。 FGF-1 or other angiogenic substance, in the FG matrix, to remain confined in other conditions linked to a component of the free form or stabilizers also Kushiku mixture. 1つの実施例では、TS 中のFGF-1の濃度は0.1ng/ml〜1mg/ml、好適には1ng/ml〜100μg /ml、より好適には100ng/ml〜10μg/mlである。 In one embodiment, FGF-1 concentration in TS is 0.1ng / ml~1mg / ml, preferably 1ng / ml~100μg / ml, and more preferably is 100ng / ml~10μg / ml. FGF-1または他の脈管形成物質は、FG沈積体内で血管形成を誘発することができる。 FGF-1 or other angiogenic substance can induce angiogenesis in FG deposition body. FGは自然に生分解し、血管から排出される。 FG is biodegradable in nature, and is discharged from the vessel. 実施例24 直接的な軟骨部位誘発この実施例は、新規軟骨の制御した形成が可能であり、また体内における損傷した軟骨の制御した再生が可能である。 Example 24 Direct cartilage site elicit this embodiment can be controlled by the formation of new cartilage and reproduction is possible that control of cartilage damage in the body. この実施例では、TSは、単数または複数の軟骨促進因子、たとえば軟骨誘発因子-Aおよび/または-B(CIF-AおよびCIF-B、各々、TGF-B 1およびTGF-B 2としても知られている)および/または他の因子、たとえば骨有機基質誘発因子(OIF)を、補足TSから放出される当該誘発因子の濃度が軟骨形成を誘発するのに有効な量で含有し、送達することができる。 In this embodiment, TS is one or more of cartilage promoting factor, for example, cartilage induction factor -A and / or -B (CIF-A and CIF-B, respectively, as TGF-B 1 and TGF-B 2 Intellectual Tweets) and / or other factors, for example bone organic matrix inducer (OIF), the concentration of the inducing factors released from supplemented TS is contained in an amount effective to induce cartilage formation, to deliver be able to. 1つの実施例では、誘発因子の濃度は、0.1ng/ml〜1mg/m l、好適には1ng/ml〜500ng/ml、より好適には100〜250ng/mlである。 In one embodiment, the concentration of induced factors, 0.1ng / ml~1mg / m l, preferably 1ng / ml~500ng / ml, and more preferably from 100~250ng / ml. この実施例はまた薬剤、たとえば抗生物質、他の成長因子、たとえばEGF ,PDGFおよびbFGFをTS中に含むことができる。 This example also drugs, such as antibiotics, other growth factors, for example EGF, the PDGF and bFGF can be included in the TS. 軟骨誘発物質は適した濃度で、TS製造に使用されるフィブリノーゲン、トロンビン、カルシウムまたは水成分中に含まれる。 At a concentration cartilage inducing substance is a suitable, fibrinogen used in the TS production, thrombin, contained in calcium or water component. 補足TSは、移植前に所望の最終軟骨に予め形成するかまたはTSを被移植者の体内に、当該TSが混合され重合される液体形で移植することができる。 Supplemental TS is whether or TS preformed to the desired final cartilage prior to implantation into the body of the recipient, can be implanted in a liquid form in which the TS is mixed polymerization. 得られた形態は、次いで所望の形態に加工して、必要な軟骨に適した形態を得ることができる。 The resulting form is then processed into a desired form, it can be obtained form suitable for the required cartilage. 軟骨誘発TS(CI-TS)混合物を用いて、従来からのインプラントに予め被覆することができ、生きた軟骨を有する従来形のインプラントを得ることができる。 Using cartilage induced TS (CI-TS) mixture can be pre-coated implants conventionally can be obtained conventional form of implants with living cartilage. 前記した任意の技術を用い、CI-TSを次いで被移植者の体内に移植する。 Using any of the techniques described above, it is implanted into the body of the recipient is then CI-TS. この移植は異所または正位とすることができる。 This port can be an ectopic or orthotopic. 適当な間隔ののち、CI-TS は、当初のCI-TSインプラントの形態の生存軟骨によって置き換えられる。 After a suitable interval, CI-TS is replaced by survival cartilage in the form of the original CI-TS implant. かかるインプラントを用いて、損傷した軟骨または失った軟骨を置換することができ、また人工インプラントの組織との一体性や機能を改善することができる。 Using such implants can replace damaged cartilage or lost cartilage, also can improve the integrity and function of the artificial implant tissue. かかる用途の例示には、鼻組織や耳組織の置換または再構築、イン・ビボにおいて成長した骨インプラント上の機能的連結面の形成、人工インプラント上の同様な表面の形成が包含される。 Illustrative of such applications, a substituted or reconstruction of nasal tissue or selvage, formation of a functional joint surface on a bone implant grown in vivo, the formation of similar surface on an artificial implant is encompassed. リウマチ性間接炎などの疾患によって損傷した軟骨の修復も、CI-TSを用い、当該間接に新規で滑らかな軟骨面を形成することができる。 Repair of cartilage damaged by disease, such as rheumatoid indirect flame also used CI-TS, it is possible to form a new and smooth cartilage surface to the indirect. プラスチック/再構築外科手術における空間充填用途を意図したインプラントは、CI-TSから形成するか、またはCI-TSを被覆して組織の一体性を向上させて異物反応を減少させることができる。 Plastics / implants intended for space filling applications in reconstruction surgery can either be formed from CI-TS, or to improve the integrity of the tissue covering the CI-TS to reduce the foreign body reaction. 現在の技術では、制御された軟骨の再構築は不可能であるため、本発明は、身体の構造を完全に模写することが必要な軟骨組織の形成が可能である点で、充分に進歩性を有するものである。 Because the current technology, it is impossible to reconstruct the controlled cartilage, the present invention is in that it is capable of forming it is necessary cartilage tissue to fully replicate the structure of the body, sufficiently inventive step and it has a. これは、整形外科的用途や他の用途の両方について、間接や人工間接や他のインプラントの改善された修復をもたらすことができる。 This is for both orthopedic and other applications, can lead to indirect or improved repair of artificial indirect or other implants. たとえば、この実施例を用いて、外傷性損傷、先天性損傷もしくは病原性損傷の軟骨または機能不全の軟骨について、改善された整形外科インプラントや、改善されたプラスチック/再構築インプラントを形成でき、またペースメーカーインプラントおよびワイヤーの被膜を形成して組織の一体性を増加させるとともに異物反応を減少させることができる。 For example, using this example, traumatic injury, Congenital damage or pathogenic cartilage damage or dysfunction of the cartilage, and improved orthopedic implants can be formed an improved plastic / reconstruction implants, also foreign body reaction with pacemakers implant and to form a coating of the wire to increase the integrity of the tissue can be reduced. 同様な軟骨も、同様な目的のために任意の移植可能な器具に適用することができる。 Similar cartilage can also be applied to any implantable device for the similar purposes. 実施例25 生体材料の表面被覆用としての補足TSこの実施例は、補足TSを、整形外科器具や動物体内へ移植される他の生体材料の表面被覆として使用する。 Supplementary TS this example as a surface coating of Example 25 biomaterials, supplementary TS, used as a surface coating of other biological material to be transplanted into an orthopedic appliance or animal body. これらの器具として、たとえば尿カテーテル、静脈カテーテル、縫合材、血管プロテーゼ、眼内レンズ、コンタクトレンズ、心臓弁、肩/ひじ/でん部/ひざ代替具、全人工心臓などが挙げられる。 As these instruments, such as urine catheters, intravenous catheters, sutures, vascular prostheses, intraocular lenses, contact lenses, heart valves, shoulder / elbow / hip / knee alternative tool, such as whole artificial heart and the like. 不幸にも、 これら生体材料は、結局は動物の生命を危険にする臨床的感染につながりうる細菌付着やコロニー化の部位となる。 Unfortunately, these biomaterials, eventually becomes the site of bacterial attachment and colonization that may lead to clinical infection that dangerous animal life. この問題を最小にするため、生体材料に補足TSを被覆する。 To minimize this problem, to cover the supplementary TS biomaterial. この実施例において、TSは成長因子、抗生物質などの薬剤、BMPおよび/ または培養細胞などを補足することができる。 In this example, TS can be supplemented growth factors, drugs such as antibiotics, BMP and / or cultured cells. TSに組み込むことができる抗生物質の例示には、以下のものに制限されるものではないが、ペニシリン、セファロスポリン、テトラサイクリン、クロラムフェニコール、メトロニダゾール、およびアミノグリコサイドが包含される。 Illustrative of antibiotics that may be incorporated into the TS, but are not limited to the following, penicillins, cephalosporins, tetracyclines, chloramphenicol, metronidazole, and amino glycoside, and the like. TSに組み込むことができる成長因子の例示には、以下のものに制限されるものではないが、FGF、PDGF、TGF -βが包含される。 Exemplary growth factors that can be incorporated into the TS, but are not limited to the following, FGF, PDGF, is TGF-beta are included. TSに組み込むことができるBMPの例示には、以下のものに制限されるものではないが、BMP1〜8が包含される。 Illustrative BMP that can be incorporated into the TS, but are not limited to the following, BMP1~8 are included. またDBMをTSに添加することができる。 Also it can be added to the DBM to TS. TSに組み込むことができる培養細胞の例示には、以下のものに制限されるものではないが、内皮細胞、骨芽細胞、線維芽細胞などが包含される。 Illustrative cultured cells that can be incorporated into the TS, but are not limited to the following, endothelial cells, osteoblasts, etc. fibroblasts are included. 補足物は、トロンビン、フィブリノーゲン、カルシウムまたは水成分のいずれかに含めることができる。 Supplements can include thrombin, fibrinogen, and either calcium or water component. TS中の補足物の濃度は、所期の目的、たとえば、抗生物質によって生体材料上の微生物の増殖を抑制したり、成長因子によってTS 中および/または生体材料表面上に所望のセルタイプの増殖を誘発するのにに有効であるのに充分なものとする。 The concentration of complement in the TS is intended purpose, for example, to inhibit the growth of microorganisms on the biological material by antibiotics, the desired cell type on a TS during and / or biomaterial surface by the growth factor growth the assumed sufficient to be effective in in inducing. 本発明は、現存する生体材料製品を改善したもので、これには、チタンおよびチタン合金器具(たとえば、固定プレート、肩/ひじ/でん部/ひざ代替器具、 骨一体歯科インプラントなど)、固体シリコン製品(たとえば、シラスチック鼻インプラント)、液体および/またはゲルシリコン製品(たとえば、乳房インプラント、こう丸インプラント)、および傷口の治療に通常の材料として使用される天然または合成ポリマーが包含され、またこれは、種々の形態をとることができ、 たとえばモノフィラメント、線維アッセンブリイ(たとえば、綿、紙、不織布ファブリック)、フィルム、スポンジ、バッグなどが挙げられる。 The present invention has improved biomaterial products existing, including, titanium and titanium alloys instrument (e.g., fixing plate, shoulder / elbow / hip / knee alternative instrument, such as a bone integrated dental implants), solid silicon products (e.g., silastic nasal implants), liquid and / or gel silicon products (e.g., breast implants, testicular implants) are natural or synthetic polymers used as conventional materials in the treatment of, and wound are included, also This can take various forms, for example monofilament, fiber assembly Lee (e.g., cotton, paper, nonwoven fabrics), films, sponges, bags and the like. FGは、次の3成分から製造することができる:フィブリノーゲン(たとえばT FCとして)およびトロンビン(これら両者は凍結乾燥形とすることができる。)並びにカルシウム。 FG can be prepared from the following three components: fibrinogen (for example as T FC) and thrombin (. Both these can be a lyophilized form), as well as calcium. 凍結乾燥フィブリノーゲンは、滅菌水で再生できる一方、トロンビン成分は塩化カルシウム溶液で再生することができる。 Lyophilized fibrinogen, whereas can play with sterile water, thrombin component can be regenerated with calcium chloride solution. 補足物は、混合前の3成分のいずれかに添加することができる。 Supplement may be added to any of the three components prior to mixing. 好適な容量のフィブリノーゲンとカルシウム含有トロンビンを混合して、FGを製造する。 By mixing a suitable volume of fibrinogen and calcium-containing thrombin to produce FG. 次いで、FGを生体材料の表面にその被膜として、たとえばスプレイ、塗装などにより適用する。 Then, as a coating the FG on the surface of biomaterials, applied for example spraying, painting and the like. 別法として、インプラントを液体形のFGに浸漬処理する。 Alternatively, an immersion treatment of the implant to the FG liquid form. 補足物は、また生体材料表面に被覆する前後のFGに添加することもできる。 Supplements may also may be added before or after the FG covering the biomaterial surface. たとえば、FG被覆インプラントを抗生物質溶液に所定の期間浸漬して、抗生物質をTSに分散させる。 For example, by immersing a predetermined period FG coated implant in antibiotic solution, dispersing the antibiotic TS. 別の実施例では、培養細胞をフィブリン被膜に接種したのちに、インプラント器具にTSを被覆する。 In another embodiment, the cultured cells after inoculation into fibrin film, covering the TS to the implant fixture. 生体材料の被膜面は、動物内に移植されるが、これは、補足T Sとともに、以下のような種々の目的に有用である:生体材料に対する細菌付着の抑制、生体材料に付着した細菌増殖の抑制、局部的免疫刺激および/または正常化、傷治療の促進、生体材料の周囲組織への適合の促進。 Coating surfaces of the living material is being implanted into an animal, which, together with complementary T S, is useful for a variety of purposes, such as: inhibition of bacterial adhesion to the biomaterial, bacterial growth adhering to biomaterials inhibition, local immune stimulation and / or normalization, promotion of wound healing, promotion of adaptation to the surrounding tissue biomaterials. 実施例26 自己充足性TS傷用包帯この実施例は、自己充足性TS包帯またはバンデージ(bandage)であり、これは、FG成分のトロンビンとフィブリノーゲンの両方を含んでいる。 This example dressings Example 26 self-sufficiency TS wounds are self sufficiency TS dressing or bandage (bandage), which contains both the thrombin and fibrinogen FG components. カルシウムはトロンビンおよび/またはフィブリノーゲン成分のいずれかに含まれる。 Calcium is contained in either the thrombin and / or fibrinogen component. トロンビンまたはフィブリノーゲンのいずれかまたは一方は、成長因子、たとえばF GFまたはbFGF、または薬剤、たとえば鎮痛剤、抗生物質または他の薬剤(これらは、感染を阻止し、傷の回復を促進しおよび/または傷跡の形成を阻止できる)を補足できるが、補足する必要性はない。 Either or one of thrombin or fibrinogen, growth factors, for example F GF or bFGF, or a drug, for example analgesics, antibiotics or other agents (these prevent infection, promote wound healing and / or can complement can prevent the formation of scar), there is no need to supplement. 補足物は、所期の目的、たとえば抗生物質で微生物の増殖を阻止したり、鎮痛剤で痛みを和らげたりするのに有効であるようなTS中の濃度とする。 It supplements the intended purpose, for example, to prevent the growth of microorganisms in the antibiotic, the concentration in the TS such that it is effective to or relieve pain analgesics. トロンビンおよびフィブリノーゲンは、不浸透性膜で相互に分離し、1対として別の当該膜で被覆する。 Thrombin and fibrinogen, separated from each other by an impermeable membrane is coated with another of the film as a pair. トロンビンおよびフィブリノーゲンは急速に蒸発するゲル(たとえばメチルセルロース/アルコール/水)中に含まれる。 Thrombin and fibrinogen are contained in the gel (e.g. cellulose / alcohol / water) to evaporate rapidly. バンデージは、ゲルと接触するその表面を被覆して、使用の間に種々の位置でゲルパッドが残存するのを保証する(図42参照)。 Bandage, the surface in contact with the gel coated, the gel pad at various positions during use to ensure that the remaining (see FIG. 42). 処置に際し、2成分を分離する膜を除去して、2成分を混合する。 Upon treatment, to remove the membrane separating two components, mixing the two components. 次いで、外膜を除去し、バンデージを傷口にあてる。 Then removed the outer membrane, applying the wound bandages. フィブリノーゲン製剤のトロンビンおよび他の成分の作用は、FSの適用の場合と同様に、フィブリノーゲンをフィブリンへ変換させることである。 Action of thrombin and other components of the fibrinogen preparation, as in the case of application of FS, is to convert fibrinogen to fibrin. これは、傷口からの出血や流体の損失を自発的に抑制し、また感染に対する天然のバリヤーを形成する。 This spontaneously suppress loss of bleeding or fluid from the wound and form a natural barrier to infection. 同様な実施例において、トロンビン成分および、トロンビンゲルとフィブリノーゲンゲルを分離するプラスック膜は、省略してもよい。 In a similar embodiment, the thrombin component and, Purasukku membrane separating thrombin gel and fibrinogen gel may be omitted. 予めトロンビンゲル中に存在するカルシウムは、所望によりフィブリノーゲンゲル中に含ませてもよく、含ませなくともよい。 Pre calcium present in the thrombin gel may not be included may also be included in the Fibrinogen gel as desired. 処置において、前記したように、不浸透性外膜を除去し、バンデージを傷口に直接あてる。 In the treatment, as described above, to remove the impermeable outer membrane, applying directly to the wound bandages. トロンビンおよびカルシウムは当然傷口に存在し、前記したようにフィブリノーゲンのフィブリンへの変換を誘発するとともに、傷口からの出血や流体の損失を阻止する。 Thrombin and calcium naturally present in the wound, as well as induce the conversion of fibrinogen to fibrin as described above, to prevent the loss of bleeding or fluid from the wound. この実施例は、簡易で安価で製造が容易である利点を有する。 This embodiment has the advantage inexpensive production is easy with simple. しかしながら、患者の傷に不充分なトロンビンが存在する状況がある。 However, there is a situation where there is insufficient thrombin to the patient's wound. このような場合、本発明の先に記載の実施例を使用すべきである。 In such a case, it should be used Examples described above of the present invention. この実施例は、成分の可溶化/混合に伴う時間の遅れが生じることなくTSの傷口への迅速な適用が可能である点で、現在実施の技術よりも、進歩性を有する。 This embodiment, in that it allows rapid application to a wound of TS without time delay associated with solubilization / mixing of the components occurs, than currently practiced technology, has an inventive step. また、処置のため知識や熟練が不要である。 In addition, it is not necessary knowledge and skill for the treatment. これらの特徴によって、種々の分野で理想的に使用することができ、これらの分野として、兵士や救助作業や救急車/医学関係者のチームや消防士のための外傷用パックの用途や、一般公衆用の1次救助用キット、病院の緊急室職員による用途が挙げられる。 These features, can be ideally used in a variety of fields, as these areas, and soldiers and rescue work and trauma for the pack for the team and firefighters of the ambulance / medical personnel applications, the general public the primary rescue kit for use, include the use by emergency room personnel of the hospital. 小型の形態は一般公衆の用途に有用である。 Small forms are useful for the general public applications. 実施例27追加的自己充足TS創傷ドレッシング TSは必要なトロンビンおよびフィブリノーゲン成分を含む、FGの自己充足創傷ドレッシングとしてまたはフィブリンシーラント包帯として製剤化してもよい。 Example 27 Additional self-contained TS wound dressing TS includes the necessary thrombin and fibrinogen components may be formulated as a self-contained wound dressing or as a fibrin sealant bandage FG. 自己充足ドレッシングまたは包帯は使用し易く、操作に進歩した技術的知識または熟練を必要としない。 Self-contained dressing or bandage is easy to use and does not require technical knowledge or an experienced advanced to the operation. フィブリンシーラント包帯 本発明者は患者の創傷組織に組織シーリング組成物を適用するためのフィブリンシーラント包帯を調製したが、この包帯は順番に:(1)密封裏層;(2)裏層の創傷に向かう面上の薬理学的に許容される接着剤層;および(3)(a)乾燥したウイルス不活化精製組織フィブリノーゲン複合体、(b)接着剤層または裏層の創傷に向かう表面に付着した乾燥したウイルス不活化精製トロンビン、および(c)塩化カルシウムの組合せで有効量を含む乾燥材料の層;を含む。 Although fibrin sealant bandage the present inventors have prepared the fibrin sealant bandage for applying the tissue sealing composition to the patient's wound tissue, the dressing is in order: (1) sealing the back layer; the wounds (2) lining toward pharmacologically acceptable adhesive layer on the surface; and (3) (a) dry virus inactivation purified tissue fibrinogen complex were attached to the surface facing the wound of (b) an adhesive layer or a backing layer including; dry virus inactivation purified thrombin, and (c) a layer of dry material comprising an effective amount of a combination of calcium chloride. 安定な貯蔵の目的のために除去できる耐水性の軟合成樹脂製保護フィルムを乾燥材料層の上および包帯の露出した接着剤表面に設置する。 Placing the water resistance of the soft synthetic resin-made protective film which can be removed for the purpose of stable storage to the exposed adhesive surface of the upper and bandages dry material layer. 作業では、耐水性保護フィルムを除去してからこの包帯を創傷組織上に適用する。 In operation, to apply this dressing over the wound tissue after removing the water-resistant protective film. この包帯は標的領域上にTSが形成されるまで圧迫して適用する。 The dressing is applied by compression until TS is formed on the target area. フィブリンシーラント包帯を全面積30cm 2を有する6cm×5cmの通常の接着剤シリコンパッチを用いて試験した。 The fibrin sealant bandage was tested using a conventional adhesive silicone patch 6 cm × 5 cm with a total area 30 cm 2. 乾燥成分を接着剤パッチ上に1/2 cmの深さで置いて水和後にTSによって形成されるフィブリン塊の全容積が1 5cc(30cm 2 ×1/2cm)に等しくなるようにした。 The total volume of fibrin clot formed by the TS dry ingredients at a depth of 1/2 cm on the adhesive patch after hydration was set to be equal to 1 5cc (30cm 2 × 1 / 2cm). 使用した材料は: 前記の局所フィブリノーゲン複合体(TFC)360mg;前記のトロンビン約340U;およびCaCl 2 (40mM)88mg;であった。 Materials used were: the local fibrinogen complex of (TFC) 360 mg; was; the thrombin about 340U; and CaCl 2 (40mM) 88mg. 乾燥材料層の結合性能は部分的には乾燥剤を均一に粉砕した微細な粉末として適用することに依存させた。 Binding capacity of the desiccant material layer is partly allowed to rely on applying as fine powder were uniformly pulverized desiccant. 塩化カルシウムを粉砕し、粉砕した凍結乾燥TFC およびトロンビンと混合し、粉末としてシリコンパッチの接着剤側に置いて接着させてフィブリンシーラントパッチを形成した。 Pulverized calcium chloride, mixed with pulverized lyophilized TFC and thrombin were placed adhesive side of the silicon patch is bonded to form a fibrin sealant patch as a powder. これとは別のフィブリンシーラント包帯の形態では乾燥材料を混合し、一緒に粉砕した。 This was mixed with the dry ingredients in the form of separate fibrin sealant bandages were ground together. 加圧する時にさらに多量の粉砕粉末を接着させた。 The larger amount of pulverized powder when pressed adhered. しかしながら、フィブリンシーラント包帯に添加する乾燥材料の量は決定できる。 However, the amount of dry material to be added to the fibrin sealant bandage can be determined. 例えば面積2×1cm 2のシリコンパッチ裏層を使用する適用例の一つでは乾燥フィブリン成分で完全に覆った場合には重量が30mg増加することが判明した。 For example, in one application example of using an area 2 × silicon patch lining of 1 cm 2 weight when fully covered with dry fibrin component was found to increase 30 mg. この測定で面積当り乾燥フィブリン成分量を15mg/cm 2裏層まで外挿した。 The area per dry fibrin component amount was extrapolated to 15 mg / cm 2 lining measurement. フィブリンシーラントパッチを組織創傷の代わりにスポンジの表面に隣接してフィブリンシーラント成分が来るようにして湿ったセルローススポンジに適用した。 The fibrin sealant patch was applied to a cellulose sponge adjacent to the surface of the sponge wet as come fibrin sealant components instead of tissue wounds. このスポンジは前もって室温の蒸留水で湿めらせておいた。 The sponge was allowed previously because we humidity at room temperature distilled water. フィブリン形成は適用後30秒以内に始まった。 Fibrin formation was started within 30 seconds after application. 適用後3分以内にフィブリンゲルが形成されて組織シーリングフィブリン凝固体がスポンジに接着した。 Tissue sealing fibrin clots was adhered to sponge fibrin gel is formed within three minutes after application to. この内因性に利用できる液体で水和された最初のパッチをFSB#1と表示した。 The first patch which is hydrated with a liquid that can be used for this endogenous labeled as FSB # 1. 前記段階を反復してパッチFSB#2からFSB#5まで作製したが、湿らせたセルローススポンジに向けてフィブリンシーラント包帯を置く前にパッチに結合する乾燥フィブリン成分に温めたPBSを8mL入れた。 It was prepared from the patch FSB # 2 to FSB # 5 By repeating the above steps, but the PBS warmed to dry fibrin component that binds to the patch prior to placing the fibrin sealant bandage toward the cellulose sponge moistened and placed 8 mL. 適用したパッチFS B#2からFSB#5までのインキュベーションは室温でなくて37℃とした。 Related incubation from the patch FS B # 2 to FSB # 5 was was 37 ° C. without room temperature. 表11に示す結果は適用前に外来的に乾燥材料を水和する態様のフィブリンシーラント包帯の適用を例示する。 The results shown in Table 11 illustrate the application of the fibrin sealant bandage aspect hydrating exogenously dry material prior to application. パッチFSB#3はFSB#1と同様に調製したが、トロンビン成分は不含とした。 Patch FSB # 3 was prepared in the same manner as FSB # 1, but the thrombin component was free. パッチFSB#4はFSB#1と同様に調製したが、TFC成分は不含とした。 Patch FSB # 4 was prepared in the same manner as FSB # 1 but, TFC component was free. パッチFSB#5はFSB#1と同様に調製したが、塩化カルシウム成分は不含とした。 Patch FSB # 5 was prepared in the same manner as FSB # 1, but calcium chloride component was free. 各テストの結果は数回評価した。 The results of each test was evaluated several times. 表11に示すようにフィブリン成分がPBSで水和された時に凝固したゲルが形成されたが、フィブリノーゲンまたはトロンビン成分をフィブリンシーラント包帯組成物から除外した時には溶液のままであった。 Fibrin ingredients as shown in Table 11 has solidified when it is hydrated with PBS the gel was formed, but when excluding the fibrinogen or thrombin component fibrin sealant dressing composition remained solution. 同様に、フィブリンシーラント包帯からおよび水和液からカルシウム成分を除外した時には弱い流動性のゲルが30分後に形成されたが、組成物は組織シーリングフィブリンの凝固に到ることはできなかった。 Similarly, fibrin sealant from the and hydration liquid bandages weak fluidity when excluding calcium component gel was formed after 30 minutes, the composition could not be lead to coagulation of the tissue sealing fibrin. フィブリン凝固体の形成および隣接表面に結合する程度をさらに明確にするため少量のトルイジンブルーを粉末フィブリン成分に色素指示薬として混入した。 A small amount of toluidine blue to further clarify the extent of binding to the formation and the adjacent surface of the fibrin clots were mixed as a dye indicator powder fibrin component. 十分に水和する実験ではシリコンパッチは乾燥フィブリン成分層の水和後には容易にフィブリン凝固体から分離した。 In fully hydrated experiment silicon patch after hydration of the dry fibrin component layer it was easily separated from the fibrin clot material. 前記のようにしてシリコンパッチ上に製剤化したフィブリンシーラント包帯はゼラチン表面およびラット生体内組織上で試験した時も有効にフィブリンシールを形成することが見出された。 Fibrin sealant bandage formulated on a silicon patches as above was found to be formed effectively fibrin seal when tested with gelatin surface and the rat in vivo tissue. 無傷ラットでの生体内試験を含む、様々な材料および織物にフィブリンシールが成功裏に形成されたことに基づいて、フィブリンシーラント包帯の止血剤としての有用性を最適化するためにおよび、たとえば成長ホルモン、薬剤、抗生物質、抗菌剤、その他の添加する補足成分の送達機構を確立するために前記実施例に記載したようにしてTS組成物を評価する動物実験を行うことにする。 Including in vivo test in intact rats, fibrin seal to a variety of materials and fabrics based on formed successfully, and to optimize the utility of the hemostatic agent of the fibrin sealant bandage, such as growth hormones, drugs, antibiotics, antimicrobial agents, as described in example to establish delivery mechanism of additional component other additives to be performed animal experiments to assess the TS composition. 自己発泡フィブリンシーラント 本発明者らは患者の創傷組織に組織シーリング組成物を適用するための自己発泡フィブリンシーラントドレッシングを調製した。 Self-foaming fibrin sealant present inventors have prepared a self-foaming fibrin sealant dressings for applying tissue sealing composition to the patient's wound tissue. その被覆は(1)ウイルス不活化精製組織フィブリノーゲン複合体、(2)ウイルス不活化精製トロンビン、 (3)カルシウム、および(4)生理学的に許容される水和剤、の組合せの有効量を含有する膨張性発泡剤として適用されるが、その組合せは全厚皮膚創傷治癒を阻害しないものである。 Its coating (1) viral inactivation purified tissue fibrinogen complex, containing (2) viral inactivated purified thrombin, (3) calcium, and (4) a physiologically acceptable hydrating agent, an effective amount of a combination of Although applied as expandable blowing agent, the combination is one which does not inhibit full thickness skin wound healing. 実際には前記TS組成物は組成物を創傷部位に数秒以内にフィブリンシールを形成する膨張性発泡剤として送達するように加圧ガスとともに缶またはタンク内に貯蔵されるであろう。 It would in fact be stored in the TS composition composition a can or tank with pressurized gas to deliver the expandable blowing agent to form a fibrin seal within seconds to the wound site. 標準的なアミコン(Amicon)社製加圧チャンバーからベンチモデル実験系を作製して最適粒子サイズを決定する。 To prepare a bench model experimental system from a standard Amicon (Amicon) manufactured by pressurization chamber to determine the optimal particle size. 粒子サイズが重要なことは証明されている。 It is particle size important has been demonstrated. 予備実験でTFC、フィブリンおよびカルシウム成分の粒子サイズ低下が試薬を水和するに必要な時間を顕著に減少することが判明した。 TFC in preliminary experiments, to decrease significantly the time required to hydrate the particle size reduction reagents of fibrin and calcium components were found. 全試薬を単一の貯蔵器内に混合しておく可能性または適用するまで各成分を別の貯蔵器内に保持するのが有利であるかどうかを決定することに関連する試験を行う。 Performing tests to hold each component in a separate reservoir within until likelihood or applied in advance by mixing all of the reagents in a single reservoir is associated with determining whether it is advantageous. 多分高価になるであろうが、安定性および長期間貯蔵の点で後者の缶の試作品(別々の貯蔵器を多重に有する)が有利であると証明されるであろう。 It will likely be expensive, but would stability and long term storage latter can in terms of the prototype (having the multiple separate reservoirs) is proven to be advantageous. この試験系は医薬的に許容される水和剤(たとえば水またはPBS)を含む加圧貯蔵器によって推進される1個または2個の加圧容器および加圧ガスシリンダーから構成される。 The test system consists of one or two pressurized containers and pressurized gas cylinders driven by a pressurized storage vessel containing pharmaceutically acceptable hydrating agent (e.g. water or PBS). 薬剤は適当なチャンバーに入れて貯蔵器に所望圧力の加圧剤で飽和した水和剤を入れる。 Agents add saturated wettable powder with a pressurized pressure agent desired pressure to a reservoir placed in the appropriate chamber. 貯蔵器内での水および試薬の混合は結合バルブを開くことで達成される。 Mixing of water and reagents in the reservoir is accomplished by opening the coupling valve. 生成物は単一ラインにまたは各成分が分離している場合にはヘメディクス(Hemedics)社のフィブリンシーラントディスペンサーの混合部に送られる。 The product when the or each component single line is separated is fed to the mixing section of the fibrin sealant dispenser Hemedikusu (Hemedics) Corporation. 本発明の場合、TFCを3ccのdH 2 Oで表12に示す濃度まで再水和し、 37℃に加温した。 For the present invention, rehydrated TFC with dH 2 O in 3cc to a concentration shown in Table 12, warmed to 37 ° C.. トロンビンは0.5ccのCaCl 2溶液(100mM)で表12の濃度まで再水和した。 Thrombin were rehydrated to a concentration shown in Table 12 in CaCl 2 solution of 0.5 cc (100 mM). 水和した成分を混合し、炭酸水(10cc)を添加して表12に示す容積とした。 The hydrated components were mixed, and the volume shown in Table 12 was added to carbonated water (10 cc). 得られた発泡混合物を真空ビンに入れて発泡を増加させた。 The resulting foamed mixture increased the foaming placed in a vacuum bottle. 泡が乾燥するまで真空圧を適用した。 Foam was applied vacuum pressure to dryness. 結果は約5倍に膨張した永続的で完全な、泡状で、自己接着性で、隣接する織物表面に接着するフィブリン塊を与えた。 Results about five times the expanded permanent and complete, in foam, self-adhesive, gave the fibrin clot to adhere to the adjacent surface of the fabric. 泡状物は目盛付きプラスチックビーカーで定量的に測定した。 Foam was quantitatively measured in a graduated plastic beakers. 2分後、泡の容積を測定し、その塊を穏やかに探査して硬化を確認した。 After 2 minutes, measure the volume of foam was confirmed cured by gently probing the mass. 自己発泡フィブリンシーラントの膨張度の定量的測定値を表12に提示する。 Quantitative measurements of the expansion of the self-foaming fibrin sealant are presented in Table 12. 一旦硬化すると、膨張可能な発泡剤は新しい表面には接着しなかった。 Once cured, the expandable blowing agent did not adhere to the new surface. 自己発泡性フィブリンドレッシングの形成成功に基づいて、自己発泡性フィブリンシーラント被覆の止血剤としての有用性を最適化するために、および、たとえば成長ホルモン、薬剤、抗生物質、その他添加すべき補足成分の送達機構を確定するために、TS組成物を評価する動物実験を前記実施例に記載のように実行することにする。 Based on the formation successful self-foaming fibrin dressing, in order to optimize the utility of the hemostatic agent of self-foaming fibrin sealant coating, and, for example growth hormone, drug, antibiotic, supplemental components to be additive and to determine the delivery mechanism, and to performing animal experiments to assess the TS composition as described in example. 本発明の他の実施例も、本明細書記載の本発明の具体的な詳細を考慮に入れれば、当業者には明白である。 Another embodiment of the present invention also, if taken into account the specific details of the invention described herein, will be apparent to those skilled in the art. 種々の変形が当業者に明白であるため、本発明は、 添付の請求の範囲に記載の範囲によってのみ制限されるものと、理解すべきである。 Since various modifications will be apparent to those skilled in the art, the present invention includes a intended to be limited only by the scope described in the appended claims, it should be understood.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI A61K 38/43 A61K 37/54 ADT 38/46 ADT 37/465 39/395 37/66 H 45/00 37/24 A61L 15/58 37/02 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),AU,CA,JP (72)発明者 ドローハン,ウィリアム・ナッシュ アメリカ合衆国22152バージニア州 スプ リングフィールド、オークウッド・ドライ ブ8417番(72)発明者 ウールバートン,クリストファー・ジェイ アメリカ合衆国44240オハイオ州 ケント、 ノース・ウィロー・ストリート624番 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 identifications FI A61K 38/43 A61K 37/54 ADT 38/46 ADT 37/465 39/395 37/66 H 45/00 37/24 A61L 15 / 58 37/02 (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), AU, CA , JP (72) inventor Dorohan, William Nash United States 22152 Virginia spray ring field, Oakwood drive 8417 No. (72) inventor wool Burton, Christopher Jay United States 44240 Kent, Ohio, North Willow Street 624 Ban

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. (i)密封裏層、および(ii)第XIII因子、トロンビン、およびC a ++の存在下にフィブリンマトリックスを形成することができる量のフィブリノーゲンを含有する成分層、を含む患者の創傷組織を被覆するためのフィブリンシーラント包帯。 (I) sealing the back layer, and (ii) Factor XIII, thrombin, and component layer containing an amount of fibrinogen which is capable of forming a fibrin matrix in the presence of a C a ++, the patient's wound tissue including fibrin sealant bandage for coating. 2. 2. その成分層が第XIII因子、トロンビンおよびCa ++から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 The component layer is Factor XIII, at least one further comprising fibrin sealant bandage according to claim 1 of the component selected from the group consisting of thrombin and Ca ++. 3. 3. その成分層が第XIII因子、トロンビンおよびCa ++から構成される群から選択した成分の少なくとも2種をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 The component layer is Factor XIII, thrombin and Ca ++ fibrin sealant bandage according to claim 1, further comprising at least two components selected from the group consisting of. 4. 4. その成分層が第XIII因子、トロンビンおよびCa ++をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 The component layer is Factor XIII, fibrin sealant bandage according to claim 1, further comprising thrombin and Ca ++. 5. 5. 生理学的に許容される接着剤層をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 Physiologically acceptable adhesive layer further comprises fibrin sealant bandage of claim 1. 6. 6. その成分層が接着剤層の創傷に向いた側の表面に付着している請求項5のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 5 in which the component layer is adhered to the side of the surface facing the wound of the adhesive layer. 7. 7. その接着剤層が第XIII因子、トロンビンおよびCa ++の存在下にフィブリノーゲンから形成したフィブリンマトリックスのものよりも低い剪断力または張力強度を持つ材料少なくとも1種のものである請求項6のフィブリンシーラント包帯。 The adhesive layer is factor XIII, fibrin sealant of claim 6 is of a material at least one having a low shear or tensile strength than that of the fibrin matrix formed from the presence fibrinogen under the thrombin and Ca ++ bandage. 8. 8. 裏層の特定の領域に付着する生理学的に許容される接着剤層をさらに含む請求項7のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 7, physiologically further including acceptable adhesive layer which adheres to the specific area of ​​the backing layer. 9. 9. その包帯を患者に適用する時、成分層を創傷上に位置させ、邪魔されない接着剤層が創傷に隣接する組織に直接付着するように接着剤層が成分層を超えて展開する請求項8のフィブリンシーラント包帯。 When applying the dressing to a patient, the component layer is positioned over the wound, the adhesive layer undisturbed adhesive layer to attach directly to the tissue adjacent to the wound of claim 8 to expand beyond the component layer fibrin sealant bandage. 10. 10. 適用時にその接着剤層が溶解するか粘着性が低下してフィブリンマトリックスから裏層を除去できるようにする請求項7のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 7 or tack the adhesive layer is dissolved when applying to be able to remove the backing layer from the fibrin matrix decreases. 11. 11. 裏層がその創傷に向いた側の表面に成分層が付着している生理学的に許容される接着剤層としても機能する請求項1のフィブリンシーラント包帯。 Physiologically acceptable also functions as an adhesive layer according to claim 1 of the fibrin sealant bandage backing layer is adhered component layer on the surface of the side facing to the wound. 12. 12. さらに除去できる耐水性保護フィルムを成分層の上および接着剤の露出表面の上に有し、このフィルムはこの包帯の適用に先立って除去するものである請求項1のフィブリンシーラント包帯。 A water-resistant protective film can be further removed over the exposed surfaces of the upper and the adhesive component layer, the film fibrin sealant bandage according to claim 1 is intended to be removed prior to application of the dressing. 13. 13. 包帯の成分層にある少なくとも1成分が乾燥している請求項1のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 1 wherein at least one component in the component layers of the dressing is dry. 14. 14. 創傷組織に適用するのに先立って生理学的に許容される水和剤で包帯の成分層にある乾燥した成分を水和する請求項13のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 13 for hydrating the dry ingredients in the component layers of the dressing in a physiologically acceptable hydrating agent prior to application to the wound tissue. 15. 15. その包帯を創傷組織に適用する時、その創傷から漏出する内因性体液によって包帯の成分層にある乾燥した成分を水和する請求項13のフィブリンシーラント包帯。 When applying the dressing to the wound tissue, fibrin sealant bandage of claim 13, the dry ingredients in the component layers of the dressing by endogenous body fluids leaking from the wound hydrated. 16. 16. その包帯を創傷組織に適用する時、その包帯にある別の層内に含まれる生理学的に許容される水和剤でその包帯の成分層にある乾燥した成分を水和する請求項13のフィブリンシーラント包帯。 When applying the dressing to the wound tissue, fibrin of claim 13 for hydrating the dry ingredients in the component layers of a physiologically acceptable bandage with a wettable powder contained in a separate layer in the dressing sealant bandage. 17. 17. その包帯の成分層にある成分の少なくとも1つがゲルである請求項1のフィブリンシーラント包帯。 At least one of the components in the component layers of the dressing but the fibrin sealant bandage according to claim 1 is a gel. 18. 18. その成分層が次の補足剤:鎮痛剤、抗微生物組成物、抗体、抗凝固剤、 抗炎症剤組成物、抗増殖剤、サイトカイン、サイトトキシン、化学療法剤、増殖因子、ホルモン、インターフェロン、脂質、オリゴヌクレオチド、骨誘導剤、ポリマー、多糖類、プロテオグリカン、ポリペプチド、プロテアーゼ阻害剤、ステロイド、血管収縮剤、血管拡張剤、ビタミン、ミネラルおよび安定剤、から構成される群から選択した化合物の少なくとも1種をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 The component layers have the following supplements: analgesics, anti-microbial compositions, antibodies, anticoagulants, anti-inflammatory composition, an anti-proliferative agent, cytokine, cytotoxins, chemotherapeutic agents, growth factors, hormones, interferons, lipids , oligonucleotides, osteoinductive agents, polymers, polysaccharides, proteoglycans, polypeptides, protease inhibitors, steroids, vasoconstrictors, vasodilators, vitamins, at least mineral and stabilizer, the compound selected from the group consisting of one further comprises fibrin sealant bandage of claim 1. 19. 19. その成分層が抗微生物剤組成物の少なくとも1種を含有する請求項18 のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 18 that ingredient layer containing at least one antimicrobial composition. 20. 20. その成分層が増殖因子の少なくとも1種を含有する請求項18のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 18 that ingredient layer containing at least one growth factor. 21. 21. その増殖因子が:線維芽細胞増殖因子−1、線維芽細胞増殖因子−2および線維芽細胞増殖因子−4を含む線維芽細胞増殖因子;血小板由来増殖因子; インスリン結合増殖因子−1およびインスリン結合増殖因子−2を含むインスリン結合増殖因子;表皮増殖因子;トランスフォーミング増殖因子−αおよびトランスフォーミング増殖因子−βを含むトランスフォーミング増殖因子;軟骨誘導因子−Aおよび軟骨誘導因子−Bを含む軟骨誘導因子;類骨誘導因子;オステオゲニンおよびその他の骨増殖因子;骨形態形成増殖因子;コラーゲン増殖因子; ヘパリン結合増殖因子−1およびヘパリン結合増殖因子−2を含むヘパリン結合増殖因子;サイトカイン;インターフェロン;ホルモンおよび該増殖因子の生物学的に活性な誘導体、から構 Its growth factor: fibroblast growth factor-1, fibroblast growth factor, including fibroblast growth factor-2 and fibroblast growth factor-4; platelet-derived growth factor; insulin-binding growth factor-1 and insulin binding cartilage inducing containing cartilage inducing factor -A and cartilage inducing factor -B; transforming growth factor comprises transforming growth factor -α and transforming growth factor-beta; epidermal growth factor; insulin-binding growth factors including growth factor-2 factor; osteoid-inducing factors; osteogenin and other bone growth factors; bone morphogenetic growth factor; heparin-binding growth factors including heparin-binding growth factor-1 and heparin-binding growth factor-2; collagen growth factors cytokines; interferons; biologically active derivatives of the hormones and the growth factor structure from される群から選択される請求項20のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 20 which is selected from the group is. 22. 22. その成分層が:有効量の阻害剤化合物1種またはそれ以上、増強性化合物1種またはそれ以上、および生物学的に適合性のあるその誘導体であって、ここにこの阻害剤化合物は該増殖因子の生物学的機能を阻害する因子の生化学的活性を阻止し、一方増強性化合物は該増殖因子の生物学的活性を強化および/または媒介するものである、から構成される群から選択される化合物の少なくとも1 種をさらに含む請求項21のフィブリンシーラント包帯。 Its components layers: an effective amount of inhibitor compound with one or more, enhancing compounds one or more, and a derivative thereof with a biologically compatible, the inhibitor compounds herein the proliferative It prevents biochemical activity of factors that inhibit the biological function of factor, whereas enhancing compound is to enhance and / or mediate the biological activity of the growth factor, selected from the group consisting of at least one further comprising fibrin sealant bandage according to claim 21 of the compounds. 23. 23. その調節化合物が該増殖因子の生物学的作用を強化および/または媒介するが、一方では該増殖因子の作用を阻害する因子の生物学的活性を阻止する請求項22のフィブリンシーラント包帯。 Although the modulating compound is enhanced and / or mediate the biological action of the growth factor, whereas the fibrin sealant bandage of claim 22 to inhibit the biological activity of a factor inhibiting the action of the growth factors. 24. 24. そのマトリックスが抗体および/または抗微生物組成物の少なくとも1 種をさらに含有する請求項20または22のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 20 or 22 the matrix further contains at least one antibody and / or anti-microbial composition. 25. 25. そのマトリックスがサイトトキシンまたは細胞増殖阻止剤の組成物の少なくとも1種をさらに含有する請求項20または22のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 20 or 22 the matrix further contains at least one composition of cytotoxin or cell proliferation inhibitor. 26. 26. そのマトリックスがサイトトキシンまたは細胞増殖阻止剤の組成物の少なくとも1種をさらに含有する請求項18のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 18 in which the matrix further contains at least one composition of cytotoxin or cell proliferation inhibitor. 27. 27. その細胞毒性組成物または細胞増殖阻止剤組成物が:アルキル化剤、酵素阻害剤、増殖阻止剤、細胞溶解剤、DNA合成阻止剤、膜透過性調節剤、DN Aインターカレーター、代謝物、マスタード誘導体、蛋白質産生阻止剤、リボソーム阻害剤、アポトーシス誘発剤、およびニューロトキシンから構成される群から選択した化学療法で使用される組成物の少なくとも1種を含む請求項26のフィブリンシーラント包帯。 Its cytotoxic compositions or cell proliferation inhibitor composition comprising: alkylating agents, enzyme inhibitors, proliferation inhibitors, cell lysing agents, DNA synthesis inhibitors, membrane permeability modifiers, DN A intercalator, metabolites, mustard derivatives, protein production inhibitor, a ribosome inhibitor, apoptosis inducing agents, and fibrin sealant bandage of claim 26 comprising at least one of the compositions used in chemotherapy selected from the group consisting of the neurotoxin. 28. 28. その細胞毒性組成物または細胞増殖阻止剤組成物が:5−フルオロウラシル、アクチノマイシンD、アドリアマイシン、アザリビン、ブレオマイシン、 ブスルファン、カルムスチン、クロランブシル、シスプラチン、サイタラビン、 シタラビン、ダカルバジン、エストロゲン、ホルモン類似体、インスリン、ヒドキシウレア、L−アスパラギナーゼ、ロムスチン、メルファラン、メルカプトプリン、メトトレキセート、マイトマイシンC、プレドニゾロン、プレドニソン、 プロカルバジン、ステロイド、ストレプトゾトシン、テストステロン、チオグアニン、チオテパ、ビンブラスチン、ビンクリスチン、タキソール、タキソテル、 ゲンタマイシン、カルボプラチン、サイクロホスファミド、イフォスファミド、 マホスファミド、リシン Its cytotoxic compositions or cell proliferation inhibitor composition: 5-fluorouracil, actinomycin D, adriamycin, azaribine, bleomycin, busulfan, carmustine, chlorambucil, cisplatin, Saitarabin, cytarabine, dacarbazine, estrogen, hormone analogues, insulin, Hidokishiurea, L- asparaginase, lomustine, melphalan, mercaptopurine, methotrexate, mitomycin C, prednisolone, prednisone, procarbazine, steroids, streptozotocin, testosterone, thioguanine, thiotepa, vinblastine, vincristine, taxol, taxotere, gentamicin, carboplatin, cyclophosphamide de, ifosfamide, mafosfamide, lysine ジフテリアトキソイド、蛇毒およびこれらの機能的に同等な誘導体、から構成される群から選択した薬剤の少なくとも1種を含む請求項26のフィブリンシーラント包帯。 Diphtheria toxoid, snake venom and their functionally equivalent derivatives fibrin sealant bandage of claim 26 comprising at least one agent selected from the group consisting of. 29. 29. そのマトリックスが抗体および/または抗微生物組成物の少なくとも1 種をさらに含有する請求項26のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 26 in which the matrix further contains at least one antibody and / or anti-microbial composition. 30. 30. その化合物が長期放出される請求項18のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 18 where the compound is prolonged release. 31. 31. その化合物が固体型である請求項30のフィブリンシーラント包帯。 The compound is a solid-type according to claim 30 of the fibrin sealant bandage. 32. 32. 適用時にその化合物が担体中の溶液としてマトリックスに導入され、その担体の溶解はそれに含まれる組成物よりも高速度であって、その組成物がマトリックス内に固体の沈殿として沈着するような請求項31のフィブリンシーラント包帯。 The compound upon application is introduced into the matrix as a solution in a carrier, the dissolution of the carrier is a speed at than composition contained therein, claim that the composition is deposited as a solid precipitate in the matrix 31 of the fibrin sealant bandage. 33. 33. その化合物がそのフィブリンマトリックスと相互作用する請求項30のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 30 in which the compound interacts with the fibrin matrix. 34. 34. その化合物がそのフィブリンマトリックスから局所的に持続放出されるに十分な低溶解性を有する請求項30のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 30 having a sufficiently low solubility to the compound are locally sustained release from the fibrin matrix. 35. 35. その化合物の量がそのフィブリンマトリックスの容量に溶解できる量を超え、そのためそのフィブリンマトリックスから局所的に持続放出される請求項30のフィブリンシーラント包帯。 More than the amount that the amount of the compound can be dissolved in the capacity of the fibrin matrices, therefore claim 30 of fibrin sealant bandage is locally sustained release from the fibrin matrix. 36. 36. 適用時にその化合物がそのマトリックスに乳液として導入される請求項35のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage of claim 35 where the compound upon application is introduced as an emulsion in the matrix. 37. 37. そのマトリックスが:ヒトの脱石灰骨マトリックスを含む脱石灰骨マトリックス;骨形態発生蛋白質1から8;およびその成分の生物学的に適合する誘導体から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項1 のフィブリンシーラント包帯。 Its matrix: decalcification bone matrix including decalcification bone matrix humans; at least one component selected from the group consisting of biologically compatible derivatives and components thereof; bone morphogenetic proteins 1-8 fibrin sealant bandage according to claim 1, further comprising. 38. 38. その成分層が:フィブリン、コラーゲン、ゼラチン、キチン、キトサンおよびその誘導体、から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 Its ingredients layer: fibrin, collagen, gelatin, chitin, chitosan and derivatives thereof, further comprising a first aspect of the fibrin sealant bandage at least one selected component from the group consisting of. 39. 39. 裏層が再吸収性材料または非再吸収性材料のいずれかを含む請求項1のフィブリンシーラント包帯。 Fibrin sealant bandage according to claim 1 comprising any of the backing layer is resorbable material or a non-resorbable material. 40. 40. 再吸収性裏層が:フィブリン、コラーゲン、ゼラチン、キチン、キトサンおよびその誘導体から構成される群から選択される請求項36のフィブリンシーラント包帯。 Resorbable backing layer: fibrin, collagen, gelatin, chitin, chitosan and fibrin sealant bandage of claim 36 which is selected from the group consisting of their derivatives. 41. 41. 請求項1〜5のフィブリンシーラント包帯をその創傷組織に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant bandage of claims 1 to 5 in the wound tissue. 42. 42. 請求項7〜11のフィブリンシーラント包帯をその創傷組織に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant bandage of claim 7 to 11 to the wound tissue. 43. 43. フィルムを除去してフィブリンシーラント包帯を創傷組織に適用することを含む請求項12のフィブリンシーラント包帯を使用して患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound film by removing the fibrin sealant bandage using fibrin sealant bandage of claim 12 comprising applying to the wound tissue. 44. 44. 請求項13〜18のフィブリンシーラント包帯をその創傷組織に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant bandage of claim 13 to 18 to the wound tissue. 45. 45. 請求項30〜38のフィブリンシーラント包帯をその創傷組織に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant bandage of claim 30 to 38 to the wound tissue. 46. 46. (i)密封裏層および(ii)フィブリンマトリックスを第XIII因子、トロンビンおよびCa ++の存在下に形成することのできる量でフィブリノーゲンを含む成分層を層積することを含むフィブリンシーラント包帯の製造法。 (I) the production of fibrin sealant bandage comprising stratification ingredients layer containing fibrinogen in an amount capable of forming a seal backing layer and (ii) the fibrin matrix Factor XIII, in the presence of thrombin and Ca ++ law. 47. 47. 生理学的に許容される接着層をさらに含む請求項46のフィブリンシーラント包帯の製法。 Physiologically acceptable method of fibrin sealant bandage of claim 46, further comprising an adhesive layer is. 48. 48. 包帯の成分層の成分の少なくとも1種が乾燥している請求項46のフィブリンシーラント包帯の製法。 Preparation of fibrin sealant bandage of claim 46 wherein at least one component of the component layers of the dressing is dry. 49. 49. 包帯の成分層の成分の少なくとも1種がゲルである請求項46のフィブリンシーラント包帯の製法。 At least one is method of fibrin sealant bandage of claim 46 is a gel of the components of the component layers of the dressing. 50. 50. さらに除去可能な耐水性の保護フィルムをその成分層および接着剤の露出表面上に有し、このフィルムはその包帯の適用に先立って除去する請求項46 のフィブリンシーラント包帯の製法。 Further comprising a removable water-resistant protective film on the exposed surface of the component layers and adhesives, the film preparation of the fibrin sealant bandage of claim 46 removed prior to application of the bandage. 51. 51. 請求項18のフィブリンシーラント包帯の適用によって形成された補足フィブリンシーラントマトリックス。 Formed by application of the fibrin sealant bandage of claim 18 supplemental fibrin sealant matrix. 52. 52. 第XIII因子、トロンビンおよびCa ++の存在下にフィブリンマトリックスを形成することのできる量でフィブリノーゲンを含む膨張性発泡剤として適用される患者の創傷を受けた組織を処置するためのフィブリンシーラントドレッシング。 Factor XIII, fibrin sealant dressings for treating the received tissue wounds of the patient to be applied as expandable blowing agent in the presence containing fibrinogen in an amount capable of forming a fibrin matrix of thrombin and Ca ++. 53. 53. そのドレッシングが第XIII因子、トロンビンおよびCa ++から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 The dressing Factor XIII, fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising at least one selected component from the group consisting of thrombin and Ca ++. 54. 54. そのドレッシングが第XIII因子、トロンビンおよびCa ++から構成される群から選択した成分の少なくとも2種をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 The dressing Factor XIII, fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising at least two components selected from the group consisting of thrombin and Ca ++. 55. 55. そのドレッシングが第XIII因子、トロンビンおよびCa ++をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 The dressing Factor XIII, fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising thrombin and Ca ++. 56. 56. そのドレッシングが次の補足剤:鎮痛剤、抗微生物組成物、抗体、抗凝固剤、抗炎症化合物、抗増殖剤、サイトカイン、サイトトキシン、化学療法剤、 増殖因子、ホルモン、インターフェロン、脂質、オリゴヌクレオチド、骨誘導剤、ポリマー、多糖類、プロテオグリカン、ポリペプチド、プロテアーゼ阻害剤、 ステロイド、血管収縮剤、血管拡張剤、ビタミン、ミネラルおよび安定剤、から構成される群から選択した化合物の少なくとも1種をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 The dressing following supplements: analgesics, anti-microbial compositions, antibodies, anticoagulants, anti-inflammatory compounds, anti-proliferative agents, cytokines, cytotoxins, chemotherapeutic agents, growth factors, hormones, interferons, lipids, oligonucleotides , osteoinductive agents, polymers, polysaccharides, proteoglycans, polypeptides, protease inhibitors, steroids, vasoconstrictors, vasodilators, vitamins, minerals and stabilizers, at least one compound selected from the group consisting of fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising. 57. 57. そのマトリックスが抗体の少なくとも1種および/または抗微生物組成物の少なくとも1種を含有している請求項56のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 56 containing at least one of the matrix is ​​at least one and / or antimicrobial compositions of an antibody. 58. 58. そのマトリックスが増殖因子の少なくとも1種を含有する請求項56のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings claim 56 the matrix contains at least one growth factor. 59. 59. その増殖因子が:線維芽細胞増殖因子−1、線維芽細胞増殖因子−2および線維芽細胞増殖因子−4;血小板由来増殖因子;インスリン結合増殖因子− 1;インスリン結合増殖因子−2;表皮増殖因子;トランスフォーミング増殖因子−α;トランスフォーミング増殖因子−β;軟骨誘導因子−Aおよび−B;類骨誘導因子;オステオゲニンおよびその他の骨増殖因子;骨形態形成増殖因子; コラーゲン増殖因子;ヘパリン結合増殖因子−1;ヘパリン結合増殖因子−2; サイトカイン;インターフェロン;ホルモンおよび該増殖因子の生物学的に活性な誘導体、から構成される群から選択される請求項58のフィブリンシーラントドレッシング。 Its growth factor: fibroblast growth factor-1, fibroblast growth factor-2 and fibroblast growth factor-4; platelet-derived growth factor; insulin-binding growth factor - 1; insulin-binding growth factor-2; epidermal growth factor; transforming growth factor-.alpha.; transforming growth factor-beta; cartilage inducing factor -A and -B; osteoid-inducing factors; osteogenin and other bone growth factors; bone morphogenetic growth factor; collagen growth factors; heparin binding growth factor-1; heparin-binding growth factor-2; cytokines; interferons; biologically active derivative of hormones and the growth factor fibrin sealant dressings of claim 58 which is selected from the group consisting of. 60. 60. そのマトリックスが:有効量の阻害剤化合物1種またはそれ以上、増強性化合物1種またはそれ以上、および生物学的に適合性のあるその誘導体であって、ここにこの阻害剤化合物は該増殖因子の生物学的機能を阻害する因子の生化学的活性を阻止し、一方増強性化合物は該増殖因子の生物学的活性を強化および/または媒介するものである、から構成される群から選択した化合物の少なくとも1種をさらに含む請求項58のフィブリンシーラントドレッシング。 Its matrix: effective amount of an inhibitor compound with one or more, enhancing compounds one or more, and a derivative thereof with a biologically compatible, here the inhibitor compound The growth factor and blocking the biochemical activity of factors that inhibit a biological function, whereas enhancing compound is to enhance and / or mediate the biological activity of the growth factor, selected from the group consisting of fibrin sealant dressings of claim 58, further comprising at least one compound. 61. 61. その調節化合物が該増殖因子の生物学的作用を強化および/または媒介するが、一方では該増殖因子の作用を阻害する因子の生物学的活性を阻止する請求項60の補足組織シーラント組成物。 Although the modulating compound is enhanced and / or mediate the biological action of the growth factors, while the supplemental tissue sealant composition of claim 60 to inhibit the biological activity of a factor inhibiting the action of the growth factor. 62. 62. そのマトリックスが抗体および/または抗微生物の組成物の少なくとも1種をさらに含む請求項58または60のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 58 or 60 further comprising at least one of its matrix antibody and / or anti-microbial compositions. 63. 63. そのマトリックスが細胞毒または細胞増殖阻止剤の組成物の少なくとも1種をさらに含む請求項58または60のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 58 or 60 further comprising at least one of its matrix composition cytotoxic or cell growth inhibitor. 64. 64. そのマトリックスが細胞毒または細胞増殖阻止剤の組成物の少なくとも1種をさらに含有する請求項56のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 56 in which the matrix further contains at least one composition of cytotoxic or cell growth inhibitor. 65. 65. その細胞毒または細胞増殖阻止剤の組成物が:アルキル化剤、酵素阻害剤、増殖阻止剤、細胞溶解剤、DNA合成阻止剤、膜透過性調節剤、DNAインターカレーター、代謝物、マスタード誘導体、蛋白質産生阻止剤、リボソーム阻害剤、アポトーシス誘発剤、およびニューロトキシンから構成される群から選択した化学療法で使用される組成物の少なくとも1種を含む請求項64のフィブリンシーラントドレッシング。 The composition of the cytotoxic or cell proliferation inhibitor is: alkylating agents, enzyme inhibitors, proliferation inhibitors, cell lysing agents, DNA synthesis inhibitors, membrane permeability modifiers, DNA intercalators, metabolites, mustard derivative, protein production inhibitor, a ribosome inhibitor, apoptosis inducing agents, and fibrin sealant dressings of claim 64 comprising at least one of the compositions used in chemotherapy selected from the group consisting of the neurotoxin. 66. 66. その細胞毒または細胞増殖阻止剤の組成物が:5−フルオロウラシル、 アクチノマイシンD、アドリアマイシン、アザリビン、ブレオマイシン、ブスルファン、カルムスチン、クロランブシル、シスプラチン、サイタラビン、シタラビン、ダカルバジン、エストロゲン、ホルモン類似体、インスリン、ヒドキシウレア、L−アスパラギナーゼ、ロムスチン、メルファラン、メルカプトプリン、 メトトレキセート、マイトマイシンC、プレドニゾロン、プレドニソン、プロカルバジン、ステロイド、ストレプトゾトシン、テストステロン、チオグアニン、 チオテパ、ビンブラスチン、ビンクリスチン、タキソール、タキソテル、ゲンタマイシン、カルボプラチン、サイクロホスファミド、イフォスファミド、マホスファミド、リシン、ジフテ The composition of the cytotoxic or cell proliferation inhibitor is: 5-fluorouracil, actinomycin D, adriamycin, azaribine, bleomycin, busulfan, carmustine, chlorambucil, cisplatin, Saitarabin, cytarabine, dacarbazine, estrogen, hormone analogues, insulin, Hidokishiurea , L- asparaginase, lomustine, melphalan, mercaptopurine, methotrexate, mitomycin C, prednisolone, prednisone, procarbazine, steroids, streptozotocin, testosterone, thioguanine, thiotepa, vinblastine, vincristine, taxol, taxotere, gentamicin, carboplatin, cyclophosphamide , ifosfamide, mafosfamide, lysine, Jifute アトキソイド、蛇毒およびこれらの機能的に同等な誘導体、から構成される群から選択した薬剤の少なくとも1種を含む請求項64 のフィブリンシーラントドレッシング。 A toxoid, snake venom and fibrin sealant dressings of claim 64 comprising at least one agent selected from the group consisting of those functionally equivalent derivative thereof. 67. 67. そのマトリックスが抗体および/または抗微生物組成物の少なくとも1 種をさらに含有する請求項64のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 64 in which the matrix further contains at least one antibody and / or anti-microbial composition. 68. 68. その化合物が長期放出される請求項56のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 56 where the compound is prolonged release. 69. 69. その化合物がそのフィブリンマトリックスと相互作用する請求項68のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 68 in which the compound interacts with the fibrin matrix. 70. 70. その化合物がそのフィブリンマトリックスから局所的に持続放出されるに十分な低溶解性を有する請求項68のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 68 having a sufficiently low solubility to the compound are locally sustained release from the fibrin matrix. 71. 71. その化合物が固体型である請求項68のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings claim 68 the compound is a solid type. 72. 72. 適用時にその化合物が担体中の溶液としてマトリックスに導入され、その担体の溶解はそれに含まれる組成物よりも高速度であって、その組成物がマトリックス内に固体の沈殿として沈着するような請求項71のフィブリンシーラントドレッシング。 The compound upon application is introduced into the matrix as a solution in a carrier, the dissolution of the carrier is a speed at than composition contained therein, claim that the composition is deposited as a solid precipitate in the matrix 71 fibrin sealant dressing. 73. 73. その化合物の量がそのフィブリンマトリックスの容量に溶解できる量を超え、そのためそのフィブリンマトリックスから局所的に持続放出される請求項68のフィブリンシーラントドレッシング。 More than the amount that the amount of the compound can be dissolved in the capacity of the fibrin matrices, therefore fibrin sealant dressings of claim 68 which is locally sustained release from the fibrin matrix. 74. 74. 適用時にその化合物がそのマトリックスに乳液として導入される請求項73のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 73 where the compound upon application is introduced as an emulsion in the matrix. 75. 75. そのマトリックスが:ヒトの脱石灰骨マトリックスを含む脱ミネラル骨マトリックス;骨形態形成蛋白質1から8;およびその成分の生物学的に適合する誘導体から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 The matrix is: Demineralized Bone Matrix including decalcification bone matrix humans; at least one component selected from the group consisting of and biologically compatible derivative of that component; bone morphogenetic proteins 1-8 fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising. 76. 76. そのマトリックスが:フィブリン、コラーゲン、ゼラチン、キチン、キトサンおよびその誘導体、から構成される群から選択した成分の少なくとも1種をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 Its matrix: fibrin, collagen, gelatin, chitin, chitosan and fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising at least one selected component from the group consisting derivatives thereof from. 77. 77. 化学発泡剤をさらに含む請求項52のフィブリンシーラントドレッシング。 Fibrin sealant dressings of claim 52, further comprising a chemical blowing agent. 78. 78. 発泡用具の区画1個またはそれ以上の中に各成分を貯蔵する請求項52 のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 for storing the components in the compartment one or more blowing devices. 79. 79. 成分の少なくとも1種が乾燥している請求項52のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 wherein at least one is dry ingredients. 80. 80. 乾燥成分の少なくとも1種に水和によってガスを発生する材料の少なくとも1種を補足した請求項79のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 79 supplemented with at least one material that generates gas by hydration in at least one of the dry ingredients. 81. 81. 成分の水和によってガスが発生する請求項79のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 79 in which the gas is generated by the hydration of the component. 82. 82. 乾燥成分の少なくとも1種に水和によって泡状物を形成するのに十分なガスを発生する材料の少なくとも1種を補足した請求項79のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 79 supplemented with at least one material that generates sufficient gas to form a foam by hydration in at least one of the dry ingredients. 83. 83. さらに水和剤を含む請求項79のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Further preparation of the fibrin sealant dressings of claim 79 comprising a wettable powder. 84. 84. その水和剤が活性化または放出によりフィブリン形成成分を泡状物にするガスで過飽和されている請求項82のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 82 which is supersaturated with gas in foam fibrin forming components by its wettable powder activation or release. 85. 85. 成分の少なくとも1種がゲルである請求項52のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 at least one is a gel component. 86. 86. その高圧ガスが活性化または放出によりフィブリン形成成分を泡状物とする請求項52のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 to foam fibrin forming components by the high-pressure gas activation or release. 87. 87. マトリックス形成材料の少なくとも1種を水和された形で発泡器具の中に貯蔵する請求項52のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 to store into the foaming tool in the form of hydrated at least one matrix forming material. 88. 88. その成分を環境よりも高いガス圧で発泡器具から噴出する請求項52のフィブリンシーラントドレッシングの製造法。 Preparation of fibrin sealant dressings of claim 52 ejected from the foaming device at the component high gas pressure than the environment. 89. 89. 請求項52〜56のフィブリンシーラントドレッシングをその創傷に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant dressings claims 52 to 56 to the wound. 90. 90. 請求項68〜76のフィブリンシーラントドレッシングをその創傷に適用することによって患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue that received patient wound by applying a fibrin sealant dressings claims 68-76 to the wound. 91. 91. そのドレッシングはフィブリノーゲンを第XIII因子、トロンビンおよびCa ++の存在下にフィブリンマトリックス形成することのできる量で含む、 乾燥状態で適用される患者の創傷を受けた組織を処置するためのフィブリンシーラントドレッシング。 Its dressing factor XIII fibrinogen in an amount that can be fibrin matrix formed in the presence of thrombin and Ca ++, fibrin sealant dressings for the treatment of wounds that received tissue of the patient to be applied in the dry state . 92. 92. そのドレッシングが乾燥してスプレーできる粉末を含む請求項91のドレッシング。 Dressing according to claim 91 comprising a powder that dressing can be sprayed and dried. 93. 93. 請求項91の乾燥ドレッシングを生理学的に許容される水和剤によって送達時に水和する患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating tissue wounded patients hydrating when delivered by a physiologically acceptable hydrating agent dry dressing of claim 91. 94. 94. 請求項93のフィブリンシーラントドレッシングの水和剤が発泡に十分な量のガスを発生する患者の創傷を受けた組織を処置する方法。 Method of treating a wettable powder of the fibrin sealant dressings claim 93 wounded patients to generate a sufficient amount of gas to foam structure. 95. 95. 各成分が送達器具から環境より高いガス圧で噴出する請求項91〜94 のフィブリンシーラントドレッシングを製造する方法。 How each component to produce a fibrin sealant dressings of claim 91 to 94 for jetting at high gas pressure than the environment from the delivery device. 96. 96. 請求項56のフィブリンシーラントドレッシングの適用によって形成されたフィブリンマトリックス。 Fibrin matrix formed by the application of the fibrin sealant dressings of claim 56.
JP9502147A 1990-11-27 1996-06-07 Supplemented and supplemented non tissue sealant, their preparation and use Pending JPH11507277A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/479,034 US6054122A (en) 1990-11-27 1995-06-07 Supplemented and unsupplemented tissue sealants, methods of their production and use
US08/474,078 1995-06-07
US08/474,078 US7189410B1 (en) 1990-11-27 1995-06-07 Supplemented and unsupplemented tissue sealants, methods of their production and use
US08/479,034 1995-06-07
PCT/US1996/010006 WO1996040174A1 (en) 1995-06-07 1996-06-07 Supplemented and unsupplemented tissue sealants, methods of their production and use

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11507277A true JPH11507277A (en) 1999-06-29

Family

ID=27044343

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9502147A Pending JPH11507277A (en) 1990-11-27 1996-06-07 Supplemented and supplemented non tissue sealant, their preparation and use

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0869804A4 (en)
JP (1) JPH11507277A (en)
AU (1) AU6169896A (en)
CA (1) CA2223889A1 (en)
WO (1) WO1996040174A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010530882A (en) * 2007-06-19 2010-09-16 バクスター・インターナショナル・インコーポレイテッドBaxter International Incorp0Rated Fibrin gel and controlled use thereof for controlled release of PDGF
JP2016523679A (en) * 2013-07-09 2016-08-12 エシコン・インコーポレイテッドEthicon, Inc. Hemostasis pad assembly kit and method

Families Citing this family (50)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AT407117B (en) 1997-09-19 2000-12-27 Immuno Ag fibrin sponge
WO1999025782A2 (en) * 1997-11-17 1999-05-27 Haemacure Corporation Fibrin sealants or adhesives comprising a hyaluronic acid derivative material
US6524568B2 (en) 1998-06-22 2003-02-25 Cytomedix, Inc. Enriched platelet wound healant
US6372494B1 (en) 1999-05-14 2002-04-16 Advanced Tissue Sciences, Inc. Methods of making conditioned cell culture medium compositions
US6790228B2 (en) 1999-12-23 2004-09-14 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Coating for implantable devices and a method of forming the same
US6759054B2 (en) 1999-09-03 2004-07-06 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Ethylene vinyl alcohol composition and coating
US6713119B2 (en) 1999-09-03 2004-03-30 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Biocompatible coating for a prosthesis and a method of forming the same
US6908624B2 (en) 1999-12-23 2005-06-21 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Coating for implantable devices and a method of forming the same
WO2001054748A1 (en) * 2000-01-25 2001-08-02 Edwards Lifesciences Corporation Delivery systems for treatment of restenosis and anastomotic intimal hyperplasia
JP3576063B2 (en) 2000-02-22 2004-10-13 株式会社ホギメディカル Soluble wound healing hemostatic cellulose fiber containing coagulation protein and method for producing the same
US6749626B1 (en) 2000-03-31 2004-06-15 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Actinomycin D for the treatment of vascular disease
WO2001074415A1 (en) * 2000-03-31 2001-10-11 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Actinomycin d for the treatment of vascular disease
US6503954B1 (en) 2000-03-31 2003-01-07 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Biocompatible carrier containing actinomycin D and a method of forming the same
US8741378B1 (en) 2001-06-27 2014-06-03 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Methods of coating an implantable device
US6753071B1 (en) 2001-09-27 2004-06-22 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Rate-reducing membrane for release of an agent
US20070032853A1 (en) 2002-03-27 2007-02-08 Hossainy Syed F 40-O-(2-hydroxy)ethyl-rapamycin coated stent
US8506617B1 (en) 2002-06-21 2013-08-13 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Micronized peptide coated stent
US7846141B2 (en) 2002-09-03 2010-12-07 Bluesky Medical Group Incorporated Reduced pressure treatment system
US7732535B2 (en) 2002-09-05 2010-06-08 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Coating for controlled release of drugs from implantable medical devices
GB0224986D0 (en) 2002-10-28 2002-12-04 Smith & Nephew Apparatus
US7022372B1 (en) 2002-11-12 2006-04-04 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Compositions for coating implantable medical devices
US7758880B2 (en) 2002-12-11 2010-07-20 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Biocompatible polyacrylate compositions for medical applications
US7776926B1 (en) 2002-12-11 2010-08-17 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Biocompatible coating for implantable medical devices
US7279174B2 (en) 2003-05-08 2007-10-09 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Stent coatings comprising hydrophilic additives
US9114198B2 (en) 2003-11-19 2015-08-25 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Biologically beneficial coatings for implantable devices containing fluorinated polymers and methods for fabricating the same
USRE45744E1 (en) 2003-12-01 2015-10-13 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Temperature controlled crimping
US10058642B2 (en) 2004-04-05 2018-08-28 Bluesky Medical Group Incorporated Reduced pressure treatment system
US7909805B2 (en) 2004-04-05 2011-03-22 Bluesky Medical Group Incorporated Flexible reduced pressure treatment appliance
GB0409446D0 (en) 2004-04-28 2004-06-02 Smith & Nephew Apparatus
US8293890B2 (en) 2004-04-30 2012-10-23 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Hyaluronic acid based copolymers
US8062272B2 (en) 2004-05-21 2011-11-22 Bluesky Medical Group Incorporated Flexible reduced pressure treatment appliance
US9561309B2 (en) 2004-05-27 2017-02-07 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Antifouling heparin coatings
US7563780B1 (en) 2004-06-18 2009-07-21 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Heparin prodrugs and drug delivery stents formed therefrom
US7494665B1 (en) 2004-07-30 2009-02-24 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Polymers containing siloxane monomers
US8603634B2 (en) 2004-10-27 2013-12-10 Abbott Cardiovascular Systems Inc. End-capped poly(ester amide) copolymers
US7604818B2 (en) 2004-12-22 2009-10-20 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Polymers of fluorinated monomers and hydrocarbon monomers
US7429241B2 (en) 2005-09-29 2008-09-30 Codman & Shurtleff, Inc. Dural graft and method of preparing the same
US9561351B2 (en) 2006-05-31 2017-02-07 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Drug delivery spiral coil construct
US9028859B2 (en) 2006-07-07 2015-05-12 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Phase-separated block copolymer coatings for implantable medical devices
US9056155B1 (en) 2007-05-29 2015-06-16 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Coatings having an elastic primer layer
ES2555204T3 (en) 2007-11-21 2015-12-29 T.J. Smith & Nephew Limited Suction and bandage device
MX2010005552A (en) 2007-11-21 2010-06-02 Smith & Nephew Wound dressing.
GB0803564D0 (en) 2008-02-27 2008-04-02 Smith & Nephew Fluid collection
KR101873254B1 (en) * 2009-06-11 2018-07-02 잇빤 자이단호진 가가쿠오요비겟세이료호겐쿠쇼 Wound-covering material
US8685433B2 (en) 2010-03-31 2014-04-01 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Absorbable coating for implantable device
US9061095B2 (en) 2010-04-27 2015-06-23 Smith & Nephew Plc Wound dressing and method of use
GB201011173D0 (en) 2010-07-02 2010-08-18 Smith & Nephew Provision of wound filler
CA2819032A1 (en) 2010-11-25 2012-05-31 Smith & Nephew Plc Composition i-ii and products and uses thereof
JP6446031B2 (en) * 2013-04-22 2018-12-26 シーランチウム・メディカル・リミテッド Fibrinogen-based tissue adhesive patch
WO2019180713A1 (en) 2018-03-22 2019-09-26 Sealantium Medical Ltd Method for determining the adhesive force of a hemostatic tissue sealant patch

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AT359653B (en) * 1979-02-15 1980-11-25 Immuno Ag A process for making a substance gewebekleb-
AT13810T (en) * 1981-06-25 1985-07-15 Serapharm Gmbh & Co Kg Enriched plasma derivative for the assistance of wound closure and wound cover.
US4442655A (en) * 1981-06-25 1984-04-17 Serapharm Michael Stroetmann Fibrinogen-containing dry preparation, manufacture and use thereof
US5124155A (en) * 1988-06-21 1992-06-23 Chiron Ophthalmics, Inc. Fibronectin wound-healing dressings
US5226877A (en) * 1989-06-23 1993-07-13 Epstein Gordon H Method and apparatus for preparing fibrinogen adhesive from whole blood
WO1993005067A1 (en) * 1991-09-05 1993-03-18 Baxter International, Inc. Topical fibrinogen complex
AU696691C (en) * 1993-03-12 2003-09-18 American National Red Cross, The Supplemented and unsupplemented tissue sealants, methods of their production and use
JP4223548B2 (en) * 1994-12-07 2009-02-12 アメリカ合衆国 Supplemental or non-complementary tissue sealants, their preparation and use

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010530882A (en) * 2007-06-19 2010-09-16 バクスター・インターナショナル・インコーポレイテッドBaxter International Incorp0Rated Fibrin gel and controlled use thereof for controlled release of PDGF
JP2016523679A (en) * 2013-07-09 2016-08-12 エシコン・インコーポレイテッドEthicon, Inc. Hemostasis pad assembly kit and method

Also Published As

Publication number Publication date
CA2223889A1 (en) 1996-12-19
WO1996040174A1 (en) 1996-12-19
AU6169896A (en) 1996-12-30
EP0869804A4 (en) 2001-08-16
EP0869804A1 (en) 1998-10-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10080770B2 (en) Cell preparations for extemporaneous use, useful for healing and rejuvenation in vivo
JP6284982B2 (en) Compositions and methods for arthrodetic procedures
Friess Collagen–biomaterial for drug delivery
Patino et al. Collagen as an implantable material in medicine and dentistry
JP5539959B2 (en) Drugs and bandages with electrospun dextran fibers
US9943546B2 (en) Viral inactivated platelet extract, use and preparation thereof
JP4401438B2 (en) Use of oxidized cellulose and its complexes for chronic wound healing
JP5475283B2 (en) Biocompatible polymers and methods of use
JP5133482B2 (en) Adhesive protein foam for surgical and / or therapeutic use, and methods and kits for its production
US5993804A (en) Pharmaceutically acceptable fixed-dried human blood platelets
US5830493A (en) Bone-forming graft
AU669133B2 (en) Formulations of blood clot-polymer matrix for delivery of osteogenic proteins
CA2463850C (en) Remodeling of tissues and organs
US5290552A (en) Surgical adhesive material
ES2288024T3 (en) Hydrogel compositions for controlled release in the administration of growth factors.
JP2719671B2 (en) Wound dressing
EP0928206B1 (en) A hydrocolloid wound gel
CA2116859C (en) Methods and compositions for the treatment and repair of defects or lesions in cartilage or bone
ES2346457T3 (en) Compositions of a growth factor derived from plates and methods for use.
US5219576A (en) Collagen wound healing matrices and process for their production
Everts et al. Platelet-rich plasma and platelet gel: a review
Currie et al. The use of fibrin glue in skin grafts and tissue-engineered skin replacements
EP0968012B1 (en) Osteogenic devices and methods of use thereof for repair of bone
EP0428541B1 (en) Collagen wound healing matrices and process for their production
US6287606B1 (en) Methods of enhancing wound healing and tissue repair