JPH1147322A - Iron head for golf club and iron set - Google Patents

Iron head for golf club and iron set

Info

Publication number
JPH1147322A
JPH1147322A JP22426997A JP22426997A JPH1147322A JP H1147322 A JPH1147322 A JP H1147322A JP 22426997 A JP22426997 A JP 22426997A JP 22426997 A JP22426997 A JP 22426997A JP H1147322 A JPH1147322 A JP H1147322A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
region
iron
thickness
iron head
golf club
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP22426997A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takao Kurashima
Yoshikazu Matsuo
隆夫 倉島
好員 松尾
Original Assignee
Jiyairo Sports:Kk
有限会社ジャイロスポーツ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a golfer to hit a ball high so as to obtain a stable carry by providing an iron head with at least double or more different thickness regions within a recessed cavity formed on a back face and providing the boundary of the respective regions varying in the thicknesses with a boundary line of an approximately straight line approximately parallel with the ground surface. SOLUTION: The iron head 1 is provided with the recessed cavity 3 on the rear surface (back surface) 2 having the club-face on its front surface. At least the double or more different thickness regions are formed on the same plane within this cavity 3. Namely the region 10 on the top blade 7 side from one piece of the boundary line 9 which is the straight line and is parallel with the ground surface is formed to a thickness of, for example, 3 mm and the region 11 on the sole 5 side from the boundary line 9 is formed to a thickness of, for example, 6 mm. As a result, the height of the sweet spot is lowered and an initial driving angle is increased to increase a back spin. The golf club which enables an amateur to easily hit the ball and to easily play the golf itself is obtd.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、単一金属もしくは二種類以上の異種金属にて構成され、バック面に凹状のキャビティを設けるゴルフクラブ用アイアンヘッドおよびこのアイアンヘッドを用いるゴルフクラブ用アイアンセットに関するものである。 The present invention relates is composed of a single metal or two or more different metals, relates a golf club provided a concave cavity on the back surface iron head and iron set for golf clubs using this iron head it is.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、ゴルフクラブ用のアイアンヘッドのほとんどは、図6に示されるように、バック面103 In recent years, most of the iron head for the golf club, as shown in FIG. 6, the back surface 103
に凹状のキャビティ104が設けられており、以前から用いられているバック面が平らの形状(フラットバック)のアイアンヘッドに比べて、設計の自由度が増えている。 Concave cavity 104 is provided, as compared with the iron head back surface flat shape have been used previously (flat back), it is increasing the degree of freedom in design.

【0003】このように凹状のキャビティ104を設けるアイアンヘッド101の重量は、フラットバックのアイアンヘッド重量と略同じであるが、キャビティ104 [0003] the weight of the iron head 101 thus providing a concave cavity 104 is substantially the same as the iron head weight of the flat back, a cavity 104
部の重量をヘッド本体の他の部分に持っていくことができ、ヘッドの大型化および適正な重心位置設計が可能とされている。 The weight parts can be brought to other parts of the head body, it is capable size and proper centroid position design of the head. この適正な重心位置設計の重要なポイントとして、低重心化が挙げられる。 An important point of this proper center-of-gravity position design, low center of gravity and the like. この低重心化とは、ヘッドの重心位置からフェース面102に垂線を降ろし、 The low center of gravity and is, down the vertical line from the center of gravity of the head face surface 102,
この垂線とフェース面102の交点であるスウィートスポット105(図6(b))をできるだけ低くすることである。 The perpendicular line and the sweet spot 105 which is the intersection of the face 102 is to low as possible (Figure 6 (b)). このような低重心のヘッドを用いて、アマチュアゴルファーがボールを打つとボールが上がりやすく、 Using such a low center of gravity of the head, the ball is likely to rise with the amateur golfer hit the ball,
ゴルフ自体をやさしくすることが可能となる。 It is possible to gently golf itself.

【0004】このヘッドの低重心化を図るために、ソールに重心を持っていく場合、単にソールの厚みを厚くしすぎると重心深さが深くなることにより、逆にスウィートスポットの高さが高くなってしまうこともある。 [0004] In order to reduce the center of gravity of the head, when bring the center of gravity to the sole, by simply the centroid depth too thick a thickness of the sole is deeper, higher height of the sweet spot in the opposite It is sometimes become. また、ソールの厚みが厚すぎると、特にロングアイアン等のロフト角が小さいアイアンをゴルファーが構えたときに、ソール部分が見えて視覚的に不格好となってしまい、嫌がる人も少なくない。 In addition, when the thickness of the sole is too thick, especially when he set up the loft angle is small iron such as long irons golfers, becomes a visually clunky to see a sole portion, not a few people who dislike.

【0005】このような不具合を解決しつつヘッドの低重心化を図る方法として、図7に示されるように、前記キャビティ104内にヘッドの形状に応じた境界線11 As a method to reduce the center of gravity of the head while solving such problems, as shown in FIG. 7, the boundary line corresponding to the shape of the head to the cavity 104 within 11
0と、同一平面状に無い2種類の厚みの異なる領域とを設け、この領域のうちソール111側の領域112の厚みを厚くすることにより低重心化を図る方法が提案されている。 0, the different regions of two kinds of thickness not in the same plane provided a method to reduce the center of gravity by increasing the thickness of the region 112 of the sole 111 side of this region has been proposed. また、トップブレード113側の領域114の厚みについては、強度面や鋳造性を考慮して最大限の薄さとして、2.5mm〜3.0mmとされている。 Also, the thickness of the top blade 113 side of the area 114, as maximum thinness in consideration of the strength plane and castability, there is a 2.5Mm~3.0Mm.

【0006】また、最近では、ゴルフクラブ用アイアンセット内において、ロングアイアンではボールが上がりやすく、ショートアイアンではボールの吹き上がりを抑えるように、ロングアイアンでは低重心化を図り、ショートアイアンではロングアイアンとほぼ同じスウィートスポット高さか、もしくはロングアイアンより高い位置にスウィートスポット高さを設定するような考え方が増えている。 [0006] In addition, in recent years, in the set of irons for the golf club, the ball is likely to rise in the long irons, so as to suppress the blow-up of the ball with a short iron, in the long irons achieving a low center of gravity, long irons with a short iron and a growing number of concepts, such as to set the sweet spot height to about the same sweet spot or height, or higher than the long irons position. このような重心位置設計が行われているアイアンセットの具体例としては、ロングアイアンからショートアイアンにかけてホーゼル長さ(図6(a)参照) Specific examples of the iron set such gravity center position designs have been made, the hosel length from the long irons toward short irons (see FIG. 6 (a))
が順次長くされているもの、ロングアイアンからショートアイアンにかけてトップブレード側最上部のキャビティの厚みが厚くされているもの、またロングアイアンからショートアイアンにかけてソールの厚みが順次薄くされているものが挙げられる。 There what is sequentially lengthened, those are thick thickness of the top blade side uppermost cavity toward short irons from long irons, also the thickness of the sole from the long irons toward short irons include those are sequentially thinned .

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、図7に示されるアイアンヘッドでは、キャビティ内に設けられる境界線がアイアンヘッドの形状、つまりトウ側が高くヒール側が低い形状で、重量がトウ側の高い位置にあるため、低重心化を図るに際して、ヘッド全体として重心位置が高くなってしまう。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the iron head shown in FIG. 7, the shape of the boundary line is iron head provided in the cavity, i.e. in high heel side lower shaped toe side, the weight is in the high position of the toe side Therefore, when reduce the center of gravity, center of gravity position becomes higher as a whole head. このため、打点位置が定まらないアマチュアゴルファーが例えばロングアイアン等のロフト角が小さいクラブでボールを打った際に、ボールがうまく上がらず打ちにくいという感触を与えてしまうという問題点がある。 For this reason, when amateur golfer strike position is not fixed is to hit the ball with a club, for example, loft angle, such as a long iron is small, there is a problem that the ball will give the feel of hard to beat not rise well. 一方、スウィートスポット高さを高くしようとしても、この従来例のものでは重量がヒール側の低い位置にあるため、ヘッド全体の重心位置を高くするのが困難である。 On the other hand, attempting to increase the sweet spot height, those of the conventional example because the weight is in the low position of the heel side, it is difficult to increase the center of gravity of the entire head. したがって、前記アマチュアゴルファーが例えばショートアイアン等のロフト角が大きいクラブでボールを打った際に、スウィートスポット高さが低いためボールが吹き上がってしまい、風の影響を受けやすく安定した飛距離が得られないという問題点がある。 Therefore, said at the time amateur golfer to hit the ball with a club loft angle is large, such as, for example, short iron, sweet spot would be the height blown up the ball for low, the flight distance was stable susceptible to the influence of the wind is obtained it is not there is a problem in that.

【0008】また、キャビティ104内のトップブレード113側の領域の厚みは、強度面や鋳造性を考慮して、2.5mm〜3.0mm以上とされているが、この数値は実際の打点としての必要な厚みであり、打点から離れているトップブレード側の領域の厚みとしては必要がなく、万一ボールが当たった場合でもスウィートスポットから離れているため、フェース面102が開いてしまい衝撃が緩和される。 [0008] The thickness of the top blade 113 side region in the cavity 104, considering the strength plane and castability, although there is a more 2.5Mm~3.0Mm, as this number actual RBI is of the required thickness, it is not necessary as the thickness of the top blade side of the area away from the impact point, because it is away from the sweet spot even if the hit is any chance the ball, the impact will be the face surface 102 is open It is relaxed.

【0009】さらに、前述のようにロングアイアンからショートアイアンにかけてホーゼル長さが順次長くされているアイアンセットでは、ホーゼル長さを長くすることによりスウィートスポット高さが高くなるものの、スウィートスポット位置がフェース面のセンターからホーゼル側に移動し、かえって打ちにくくなってしまうという問題点がある。 [0009] In addition, the iron set hosel length are sequentially long over the short iron from the long irons as described above, although the sweet spot height by increasing the hosel length increases, the sweet spot position face to move from the center of the surface to the hosel side, there is a problem that is out hard to the contrary. また、前述のようにロングアイアンからショートアイアンにかけてトップブレード側最上部もしくはソール側の厚みが調整されているアイアンセットでは、前述のアイアンヘッドの場合と同様にロングアイアンでの徹底した低重心化およびショートアイアンでの完全なスウィートスポット高さの調整が行われないという問題点がある。 Further, in the iron set being adjusted thickness toward the short irons top blade side of the top or the sole side from the long irons as described above, low center of gravity and a short thorough in similarly long irons with the previously described iron head there is a problem that the adjustment of the perfect sweet spot height with an iron not carried out.

【0010】本発明は、このような問題点を解決するためになされたもので、一般のアマチュアゴルファーにとって、ボールを打ち上げ易く、かつ安定した飛距離を得ることができ、ゴルフ自体をやさしくすることを可能としたゴルフクラブ用アイアンヘッドおよびアイアンセットを提供することを目的とするものである。 [0010] The present invention has been made to solve such a problem, for general amateur golfers, easily launch the ball and it is possible to obtain a stable flying distance, to gently golf itself it is an object of the present invention to provide an iron head and iron set for a golf club made it possible to.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段および作用・効果】第1発明によるゴルフクラブ用アイアンヘッドは、前記目的を達成するために、単一金属もしくは二種類以上の異種金属にて構成され、バック面に凹状のキャビティを設けるゴルフクラブ用アイアンヘッドにおいて、前記キャビティ内に同一平面上に無い少なくとも二種以上の異なる厚みの領域を設けるとともに、前記異なる厚みの各領域の境界に地面と略平行でかつ略直線の境界線を設けることを特徴とするものである。 Means, operation, and effects for Solving the Problems The iron head for a golf club according to the first invention, in order to achieve the object, are composed of a single metal or two or more different metals, the concave back surface of the iron head for a golf club provided with a cavity, with at least provide a region of two or more different thicknesses not on the same plane in the cavity, of said different ground boundary of each region of the thickness and substantially parallel and substantially straight it is characterized in the provision of the border.

【0012】第1発明によるゴルフクラブ用アイアンヘッドにおいては、バック面に凹状のキャビティが設けられ、このキャビティに略直線で、かつ略平行の境界線が少なくとも1本設けられている。 [0012] In the iron head for a golf club according to the first invention, a concave cavity provided in a back surface, a substantially straight line to the cavity, and substantially parallel boundary lines are provided at least one. この境界線により形成される少なくとも2種以上の領域はそれぞれ厚みが異なるように構成されている。 At least two or more regions has a thickness each are configured differently formed by the boundary line.

【0013】第1発明によれば、境界線を略直線でかつ略平行にすることにより、低重心化を図る際にはヘッド全体の重心位置をより低くすることができるとともに、 According to the first invention, by a substantially straight at and substantially parallel boundaries, together with the time to achieve a low center of gravity can lower the center of gravity of the entire head,
スウィートスポット高さを高くする際には重心位置を容易に高くすることができる。 It is possible to easily increase the position of the center of gravity when increasing the sweet spot height. したがって、ゴルフクラブの種類に応じてボールを打ち上げ易く、かつ安定した飛距離を得ることができ、例えば打点の定まらない一般のアマチュアゴルファーにとってゴルフ自体が容易に行えるという効果を奏する。 Accordingly, easily launch the ball depending on the type of golf club, and it is possible to obtain a stable flight distance, an effect that golf itself easily for example for amateur golfers indeterminate general RBI. ここで、前記境界線は、好ましくは95%以上直線とするのが良く、また地面と±1° Here, the boundary line is preferably well to a linear least 95%, also ground with ± 1 °
の範囲で平行であるのが良い。 Is good is a parallel in the range of.

【0014】第1発明においては、前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、ソール側の領域を厚くするように構成することが好ましい。 [0014] In the first invention, in the region of the two or more different thicknesses, it is preferably configured to increase the area of ​​the sole side. こうすることにより、例えばロングアイアン等のロフト角が小さいゴルフクラブでは、徹底的な低重心化を図ることができるため、前記アマチュアゴルファーでもボールを容易に打ち上げることができる。 Thereby, for example, in the long golf club loft angle is small, such as iron, since it is possible to thoroughly low center of gravity, it is possible to launch the ball easily even amateur golfers.

【0015】第1発明においては、前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、トップブレード側の領域を厚くするように構成することが好ましい。 [0015] In the first invention, in the region of the two or more different thicknesses, it is preferably configured to increase the area of ​​the top blade side. こうすることにより、例えばショートアイアン等のロフト角が小さいゴルフクラブでは、スウィートスポットを高くすることができ、前記アマチュアゴルファーでもボールが吹き上がってしまわないため、風の影響を受けずに安定した飛距離を得ることができる。 Fly By doing this, for example, in the golf club loft angle is small, such as a short iron, it is possible to increase the sweet spot, which was the order in which the ball is also an amateur golfer is not Shimawa up blowing, stable without being affected by the wind distance can be obtained.

【0016】第1発明においては、前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、最もトップブレード側の領域の厚みが0.5mm〜2.0mmで形成されることが好ましい。 [0016] In the first invention, in the region of the two or more different thicknesses, it is preferable that the thickness of the most top blade-side region is formed by 0.5 mm to 2.0 mm. 前記最もトップブレード側の領域は、打球面から離れており強度が必要でなく、万一ボールが当たった場合でもスウィートスポットから離れているためフェース面が開いてしまい衝撃が緩和される。 Region of the most top blade side is not required strength is away from the ball striking face, is CUSHIONED will face is open because it is away from the sweet spot even if hit by any chance the ball. こうしてこの領域を非常に薄くすることが可能であるため、より低重量化を図ることができ、前述と同様の効果を奏する。 Because this way it is possible to very thin this region, it is possible to lower the weight of the same advantages as described above.

【0017】第1発明においては、前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、最もトップブレード側の領域に少なくとも1本以上のリブを設けることが好ましい。 [0017] In the first invention, in the region of the two or more different thicknesses, it is preferable to provide at least one or more ribs in the region of the most top blade side. こうすることにより、打球面から最も離れているトップブレード側の領域を薄くすることができるうえ、ある程度の強度を保つことができる。 By doing so, after which it is possible to thin the top blade side of the area farthest from the ball striking face, it is possible to maintain a certain degree of strength. したがって、より徹底した低重心化を図ることができ、前述と同様の効果を奏する。 Therefore, it is possible to achieve a more thorough low center of gravity, the same effects as described above.

【0018】第2発明によるゴルフクラブ用アイアンセットは、前記目的を達成するために、単一金属もしくは二種類以上の異種金属にて構成され、バック側に凹状のキャビティを設け、このキャビティ内に同一平面上に無い少なくとも二種以上の異なる厚みの領域と、地面と略平行でかつ略直線の境界線とを設けるアイアンヘッドからなるゴルフ用アイアンクラブセットであって、前記二種以上の異なる厚みの領域のうちソール側の領域をショートアイアンからロングアイアンにかけて順次厚くするように構成されるアイアンヘッドからなることを特徴とするものである。 The set of irons for golf club according to the second invention, in order to achieve the object, are composed of a single metal or two or more different metals, a concave cavity provided in the back side, in this cavity and coplanar to not at least two or more different thickness regions, a golf iron club set comprising iron head provided with boundary substantially parallel to and substantially straight and the ground, the two or more different thicknesses and it is characterized in that consisting of the iron head configured to sequentially increasing toward the long iron area of ​​the sole side of the area from the short irons.

【0019】第2発明においては、バック面に凹状のキャビティが設けられ、このキャビティに略直線で、かつ略平行の境界線が少なくとも1本設けられ、この境界線により形成される少なくとも2種以上の領域はそれぞれ厚みが異なるようにされているアイアンヘッドを用いて構成されている。 [0019] In the second invention, a concave cavity provided in a back surface, a substantially straight line to the cavity, and substantially parallel boundary lines are provided at least one, at least two or more elements formed by the boundary line the region is constructed using the iron head thickness respectively are different in. 前記アイアンヘッドは、ショートアイアンからロングアイアンにかけて、前記異なる厚みの領域のうちソール側の領域の厚みが順次厚くなるようにされている。 The iron head from the short irons toward long irons, the thickness of the sole side of the region among the regions of the different thicknesses are to be successively increased.

【0020】このように構成されることにより、ロフト角の小さいロングアイアンではより低重心化を図ることができ、一般のアマチュアゴルファーにとってボールを打ち上げやすくすることができる。 [0020] By such a configuration, it is possible to lower the center of gravity for small long irons loft angle, it is possible to easily launch the ball for general amateur golfers. また、ロフト角の大きいショートアイアンではスウィートスポットを前記ロングアイアンのスウィートスポットに近づけることができるため、ボールが吹き上がらず、安定した飛距離を得ることができる。 In addition, the large short iron loft angle since it is possible to bring the sweet spot in the sweet spot of the long iron, the ball does not rise to blow, it is possible to obtain a stable flight distance. こうして一般のアマチュアゴルファーにとって、打ちやすくゴルフ自体が容易に行えるという効果を奏する。 Thus achieved for general amateur golfers, the effect of hitting easily golf itself easily.

【0021】 [0021]

【発明の実施の形態】次に、本発明によるゴルフクラブ用アイアンヘッドおよびアイアンセットの具体的な実施の形態について、図面を参照しつつ説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Next, a specific embodiment of iron head and iron set for golf club according to the present invention will be described with reference to the drawings.

【0022】図1には、本発明の第1実施例に係るゴルフクラブ用アイアンヘッドのバック面の正面図が示されている。 [0022] Figure 1 is a front view of the back face of the iron head for a golf club according to a first embodiment of the present invention is shown.

【0023】第1実施例のゴルフクラブ用アイアンヘッド1(本実施例では3番アイアン)においては、ボールを打つ面(フェース面)(図示省略)の鉛直線に対する角度(ロフト角)(図6(b)参照)が20°であり、 [0023] In the golf club iron head 1 of the first embodiment (3-iron in this embodiment), the angle (loft) with respect to the vertical line of the surface to hit the ball (face surface) (not shown) (FIG. 6 ( b)) is the 20 °,
このフェース面を前面とする後面(バック面)2に凹状のキャビティ3が設けられている。 The surface (back surface) 2 is concave cavity 3 is provided after that the face surface and the front surface. このアイアンヘッド1は、シャフト(図示省略)とホーゼル4でつながれており、前記フェース面,バック面2およびキャビティ3 The iron head 1, a shaft are connected by a (not shown) and hosel 4, wherein the face surface, the back surface 2 and the cavity 3
は、地面に接する面(ソール)5のホーゼル4側(つまり、ヒール部6)から上面(トップブレード)7のホーゼル4反対側(つまり、トウ部8)にかけて高くなるような形状とされている。 Is the surface in contact with the ground (sole) 5 hosel 4 side (i.e., the heel portion 6) is from the top (top blade) 7 hosel 4 opposite (that is, the toe portion 8) and becomes higher such a shape toward . また、アイアンヘッド1の重量は、244gとされている。 The weight of the iron head 1 has a 244 g.

【0024】第1実施例においては、前記キャビティ3 [0024] In the first embodiment, the cavity 3
内に直線でかつ地面に対して平行な1本の境界線9が設けられ、この境界線9からトップブレード7側の領域1 Parallel one boundary line 9 is provided for the linear a and the ground within an area 1 from the boundary line 9 of the top blade 7 side
0の厚みが3mm、また前記境界線9からソール5側の領域11の厚みが6mmとなるように構成されている。 0 having a thickness of 3 mm, also the sole 5 side area 11 from the boundary line 9 thickness is configured to be 6 mm.

【0025】このように構成されるアイアンヘッド1を用いて、ボールを打ち出す際のスウィートスポット高さは、20.5mmとなり、図7に示される従来のアイアンヘッドのスウィートスポット高さ21.0mmに比べて0.5mm低くされている。 [0025] Using constituted iron head 1 in this way, the sweet spot height when hammer out the ball, 20.5 mm, and the in comparison to sweet spot height 21.0mm conventional iron head shown in FIG. 7 0.5mm has been low. また、第1実施例の打ち出し角は、12.1°となり、前記従来の打ち出し角1 Moreover, the launch angle of the first embodiment, 12.1 °, and the said conventional launch angle 1
2.0°に比べて0.1°高くなる。 0.1 ° is higher than the 2.0 °. さらに、ボールに加わるバックスピンの回転数は、4065rpmとなり、従来のアイアンヘッド(図7)のバックスピン40 Further, the rotation speed of the backspin applied to ball, 4065Rpm becomes, backspin 40 of conventional iron head (Fig. 7)
50rpmに比べて15rpm増加している。 Are 15rpm increase compared to 50rpm. このように、確実にスウィートスポット高さを低くすることができるため、打ち出し角が大きくなり、バックスピンも増加することから、一般のアマチュアゴルファーにとって、打ちやすくなりゴルフ自体が容易に行えるようになる。 Thus, it is possible to reliably reduce the sweet spot height, the greater the launch angle, consists of backspin also increased, for general amateur golfers, as the golf itself easily out can be performed easily .

【0026】次に、図2には、本発明の第2実施例が示されている。 Next, FIG. 2, there is shown a second embodiment of the present invention. 第2実施例のゴルフクラブ用アイアンヘッド(3番アイアン)20においては、第1実施例と基本的には同様の形状ではあるが、前記キャビティ3内に直線で、かつ地面に対して平行の2本の境界線22a,2 In the golf club iron head (3-iron) 20 of the second embodiment, although the first embodiment and basically the same shape, parallel with a straight line into the cavity 3, and with respect to the ground 2 this boundary lines 22a, 2
2bが設けられ、上側境界線22aからトップブレード7側の領域23の厚みが1.5mm、上側境界線22a 2b is provided, thickness of 1.5mm of the top blade 7 side area 23 from the upper border 22a, the upper borderline 22a
と下側境界線22bとの間の領域24の厚みが3mm、 The thickness of the region 24 between the lower boundary line 22b and is 3 mm,
下側境界線22bからソール5側の領域25の厚みが1 The thickness of the sole 5 side region 25 from the lower boundary 22b is 1
0mmとなるよう厚みが3段に変化するように構成されている。 Thickness so as to be 0mm are configured to change in three stages. また、アイアンヘッド20の重量は、第1実施例と同様の244gである。 The weight of the iron head 20 is the same 244g of the first embodiment.

【0027】このように構成されるアイアンヘッド20 [0027] which is constituted in this way the iron head 20
を用いて、ボールを打ち出す際のスウィートスポット高さは、20.0mmとなり、前記従来のアイアンヘッドのスウィートスポット高さ21.0mmに比べて1.0 Using, sweet spot height when hammer out the ball, 20.0 mm, and the said compared to sweet spot height 21.0mm conventional iron head 1.0
mm低くなっている。 mm is lower. また、このアイアンヘッド20の打ち出し角は、12.2°となり、前記従来の打ち出し角12.0°に比べて0.2°高くなる。 Moreover, the launch angle of the iron head 20, 12.2 °, and the said higher 0.2 ° in comparison with the conventional launch angle 12.0 °. さらに、バックスピンにおいても、4087rpmとなり、従来のバックスピン4050rpmに比べて37rpm増加している。 Furthermore, even in the backspin, 4087Rpm next, and 37rpm increased compared to conventional backspin 4050Rpm. したがって、確実にスウィートスポット高さを低くすることができるため、打ち出し角が大きくなり、バックスピンも増加することから、一般のアマチュアゴルファーにとって、打ちやすくなりゴルフ自体が容易に行えるようになる。 Therefore, it is possible to reliably reduce the sweet spot height, launch angle becomes large, since also backspin increases, for general amateur golfers, golf itself can be easily performed easily hit.

【0028】次に、図3には、第3実施例のゴルフクラブ用アイアンヘッド(3番アイアン)が示されている。 [0028] Next, FIG. 3, for a golf club of the third embodiment iron head (3-iron) is shown.
このアイアンヘッド30においては、第1実施例と基本的には同様の形状ではあるが、前記キャビティ3内に直線で、かつ地面に対して平行の2本の境界線32a,3 In this iron head 30 is in the first embodiment basically is the same shape, a straight line into the cavity 3, and two parallel boundary lines 32a with respect to the ground, 3
2bが設けられ、上側境界線32aからトップブレード7側の領域33の厚みが1.0mm、上側境界線32a 2b is provided, the thickness is 1.0mm top blade 7 side area 33 from the upper border 32a, the upper borderline 32a
と下側境界線32bとの間の領域34の厚みが3mm、 The thickness of the region 34 between the lower boundary line 32b and is 3 mm,
下側境界線32bからソール5側の領域35の厚みが1 The thickness of the sole 5 side region 35 from the lower boundary 32b is 1
6mmとなるように構成されている。 And it is configured such that 6 mm. また、前記上側境界線32aからトップブレード7側の領域33に、幅が2mmで厚さが1mmのリブ36が2本配置されている。 Further, the top blade 7 side area 33 from the upper boundary line 32a, are arranged ribs 36 of 1mm are two thick by 2mm in width. また、このアイアンヘッド30の重量は、第1実施例と同様に244gである。 The weight of the iron head 30 is 244g as in the first embodiment.

【0029】このように構成されるアイアンヘッド30 [0029] Iron Head 30 is constituted in this way
を用いて、ボールを打ち出す際のスウィートスポット高さは、18.8mmとなり、前記従来のアイアンヘッドのスウィートスポット高さ21.0mmに比べて2.2 Using, sweet spot height when hammer out the ball, 18.8 mm, and the said compared to sweet spot height 21.0mm conventional iron head 2.2
mm低くされている。 mm are low. また、第2実施例の打ち出し角は、12.5°となり、前記従来の打ち出し角12.0 Moreover, the launch angle of the second embodiment, 12.5 °, and the said conventional launch angle 12.0
°に比べて0.5°高くなる。 ° increased 0.5 ° in comparison with. さらに、バックスピンにおいても、4132rpmとなり、従来のバックスピン4050rpmに比べて82rpm増加している。 Furthermore, even in the backspin, 4132Rpm next, and 82rpm increased compared to conventional backspin 4050Rpm. したがって、確実にスウィートスポット高さを低くすることができるため、打ち出し角が大きくなり、バックスピンも増加することから、一般のアマチュアゴルファーにとって、打ちやすくなりゴルフ自体が容易に行えるという効果を奏する。 Therefore, it is possible to reliably reduce the sweet spot height, launch angle becomes large, since the backspin is also increased, for general amateur golfers, an effect that golf itself easily hit can be easily.

【0030】第1実施例〜第3実施例においては、3番アイアンを例にとって説明したが、これら各実施例の構造は4番アイアン〜PWのいずれのアイアンにも用いることができる。 [0030] In the first to third embodiments, although the 3-iron has been described as an example, the structure of each embodiment can be used in any of irons 4 iron ~PW. また、前記アイアンのうちショートアイアンではソール5側の領域の厚みをトップブレード7側の領域の厚みに比べて薄くすることができ、こうすることにより、スウィートスポット高さが高くなりボールの吹きあがりを抑えることができ、安定した飛距離を得ることができるという効果を奏する。 In addition, in the short iron out of the iron can be thinner than the thickness of the area of ​​the thickness of the top blade 7 side of the area of ​​the sole 5 side, by doing so, racing of the ball increases the sweet spot height it is possible to suppress an effect that it is possible to obtain a stable flying distance.

【0031】第1実施例〜第3実施例においては、それぞれのアイアンヘッドの重量および各領域の厚み等の数値が設定されているが、これら数値に限られるものではない。 [0031] In the first to third embodiments, although numerical values ​​such as the thickness of the weight and the area of ​​each of the iron head is set, it is not limited to these numerical values.

【0032】第4実施例のゴルフクラブ用アイアンセットは、図4にロングアイアン(3番アイアン)からショートアイアン(PW)までのアイアンヘッド41の断面図が示されるように、前記第1実施例のアイアンヘッド1と同様に、キャビティ内に1本の直線でかつ地面に対して平行の境界線42を設け、この境界線42からソール43側の領域44の厚みがロングアイアンからショートアイアンにかけて薄くなるようにされているアイアンヘッド41により構成されている。 The golf club iron set of the fourth embodiment, as cross-sectional view of the iron head 41 from the long irons (3-iron) in FIG. 4 to short irons (PW) is shown, of the first embodiment like the iron head 1 is provided with a boundary line 42 parallel to the straight line a and the ground of one in the cavity, so that the thickness of the sole 43 side of the region 44 from the boundary line 42 becomes thinner toward the short irons from long irons It is constituted by iron head 41 which is in. 前記アイアンヘッド41の前記境界線42からトップブレード45側の領域46の厚みは全て3mmに設定され、一方、境界線42 The thickness of the top blade 45 side of the region 46 from the boundary line 42 of the iron head 41 are all set to 3 mm, whereas, the boundary line 42
からソール43側の領域44の厚みは3番アイアンでは7mm,4番アイアンでは6.5mm,5番アイアンでは6mm,6番アイアンでは5.5mm,7番アイアンでは5mm,8番アイアンでは4.5mm,9番アイアンでは4mm,PWでは3.5mmとなるようにそれぞれ設定されている。 From 7mm in thickness 3 iron area 44 of the sole 43 side, fourth 6.5mm in iron, 6 mm in 5 iron, sixth in iron 5.5 mm, at 5 mm, 8-iron 7 iron 4. the 5 mm, 9 iron 4 mm, are set respectively such that the PW in 3.5 mm.

【0033】このように構成されるアイアンセット内のそれぞれのアイアンヘッドのスウィートスポット高さと従来のアイアンセット内のそれぞれのアイアンヘッドのスウィートスポット高さを比較したグラフが図5に示されている。 The graph comparing the sweet spot height of each iron head of the thus each sweet spot height and the conventional iron set iron head in constituted iron set is shown in FIG. この図5から明らかなように、ロングアイアンのスウィートスポット高さはかなり低くなり、ショートアイアンではロングアイアンのスウィートスポット高さに近い値を得ることができる。 The Figures 5 reveals that sweet spot height of the long irons much lower, in the short irons can obtain a value close to the sweet spot height of long iron. こうして、ロングアイアンを用いた場合にはボールを打ち上げることができ、 Thus, in the case of using a long iron is able to launch the ball,
ショートアイアンを用いた場合にはボールの吹き上がりを抑え、風の影響を受けず安定した飛距離を得ることができる。 Suppress the blow-up of the ball in the case of using a short iron, it is possible to obtain a stable flight distance was not affected by the wind. したがって、一般のアマチュアゴルファーにとっては、打ちやすくゴルフ自体をやさしくすることができるという効果を奏する。 Thus, for general amateur golfers, there is an effect that it is possible to gently easily hit golf itself.

【0034】第4実施例においては、境界線よりソール側の領域の厚みが境界線よりトップブレード側の領域の厚みより厚くされているが、これに限らず、ショートアイアンでは境界線よりソール側の領域の厚みをトップブレード側の領域の厚みより薄くするといった変形例も可能である。 [0034] In the fourth embodiment, the thickness of the sole side of the region boundary line is thicker than the thickness of the top blade side region of the boundary line is not limited thereto, the sole side of the boundary line is a short iron modification such an area thickness thinner than the thickness of the top blade-side region are also possible. こうすることにより、ショートアイアンでのスウィートスポット高さをロングアイアンで得られるスウィートスポット高さに近づけることができる。 By doing so, it can be brought close to the sweet spot height obtained the sweet spot height of a short iron in the long irons.

【0035】第4実施例においては、各アイアンに応じてアイアンヘッドの厚みが数値設定されているが、この数値に限られるものではない。 [0035] In the fourth embodiment, the thickness of the iron head according to the irons are numerically set is not limited to this value.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】図1は、本発明の第1実施例に係るゴルフクラブ用アイアンヘッドのバック面の正面図である。 Figure 1 is a front view of the back face of the iron head for a golf club according to a first embodiment of the present invention.

【図2】図2は、第2実施例のバック面の正面図である。 Figure 2 is a front view of the back surface of the second embodiment.

【図3】図3は、第3実施例のバック面の正面図である。 Figure 3 is a front view of a back surface of the third embodiment.

【図4】図4は、第4実施例に係るゴルフクラブ方アイアンセットの各アイアンヘッドの断面図である。 Figure 4 is a cross-sectional view of the iron head of a golf club hand iron set according to the fourth embodiment.

【図5】図5は、第4実施例のスウィートスポット高さと従来のスウィートスポット高さとの比較図である。 Figure 5 is a comparison diagram between sweet spot height and conventional sweet spot height of the fourth embodiment.

【図6】図6は、従来のアイアンヘッドのバック面の正面図(a)および右側面図(b)である。 Figure 6 is a front view of a back surface of a conventional iron head (a) and right side view (b).

【図7】図7は、従来のアイアンヘッドのバックの正面図である。 FIG. 7 is a front view of the back of a conventional iron head.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1,20,30,40 アイアンヘッド 2,21,31,41 バック面 3 キャビティ 4 ホーゼル 5,43 ソール 6 ヒール部 7,45 トップブレード 8 トウ部 9,22a,22b,32a,32b,42 境界線 10,11,23,24,25,33,34,35,4 1,20,30,40 iron head 2,21,31,41 back surface 3 cavity 4 hosel 5,43 sole 6 heel 7,45 top blade 8 toe 9,22a, 22b, 32a, 32b, 42 borderline 10 , 11,23,24,25,33,34,35,4
4,46 領域 36 リブ 4,46 area 36 ribs

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 単一金属もしくは二種類以上の異種金属にて構成され、バック面に凹状のキャビティを設けるゴルフクラブ用アイアンヘッドにおいて、 前記キャビティ内に同一平面上に無い少なくとも二種以上の異なる厚みの領域を設けるとともに、前記異なる厚みの各領域の境界に地面と略平行でかつ略直線の境界線を設けることを特徴とするゴルフクラブ用アイアンヘッド。 1. A are composed of a single metal or two or more different metals, the iron head for a golf club provided with a concave cavity on the back surface, different at least two or more not in the same plane in the cavity thickness provided with a region, said different substantially the ground at the boundary of each region of thickness parallel and iron head for a golf club and providing a substantially straight boundary line.
  2. 【請求項2】 前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、ソール側の領域の厚みをトップブレード側の領域の厚みに比べて厚くするように構成することを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブ用アイアンヘッド。 Wherein among the regions of the two or more different thicknesses, according to claim 1, characterized in that configured to thicker than the thickness of the sole side of the region to the thickness of the top blade side region iron head for the golf club.
  3. 【請求項3】 前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、トップブレード側の領域の厚みをソール側の領域の厚みに比べて厚くするように構成することを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブ用アイアンヘッド。 Wherein in the region of the two or more different thicknesses, according to claim 1, characterized in that it constitutes a thickness of the top blade side of the region so as to thicker than the thickness of the sole side of the region iron head for the golf club.
  4. 【請求項4】 前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、最もトップブレード側の領域に少なくとも1本以上のリブを設けることを特徴とする請求項1または2に記載のゴルフクラブ用アイアンヘッド。 Wherein in the region of the two or more different thicknesses, iron head for golf club according to claim 1 or 2, characterized in providing at least one or more ribs in the region of the most top blade side.
  5. 【請求項5】 前記二種以上の異なる厚みの領域のうち、最もトップブレード側の領域の厚みが0.5mm〜 5. in the region of the two or more different thicknesses, the thickness of most top blade side region 0.5mm~
    2.0mmで形成されることを特徴とする請求項1,2 Claim, characterized in that it is formed in 2.0 mm 1, 2
    または4のうちいずれかに記載のゴルフクラブ用アイアンヘッド。 Or iron head for the golf club according to any one of the four.
  6. 【請求項6】 単一金属もしくは二種類以上の異種金属にて構成され、バック側に凹状のキャビティを設け、このキャビティ内に同一平面上に無い少なくとも二種以上の異なる厚みの領域と、前記異なる厚みの各領域の境界に地面と略平行でかつ略直線の境界線とを設けるアイアンヘッドからなるゴルフクラブ用アイアンセットであって、 前記二種以上の異なる厚みの領域のうちソール側の領域をショートアイアンからロングアイアンにかけて順次厚くするように構成されているアイアンヘッドからなることを特徴とするゴルフグラブ用アイアンセット。 6. is constituted by a single metal or two or more different metals, a concave cavity provided in a back side, a region of different thicknesses at least two or more not in the same plane within the cavity, wherein a different golf club iron set consisting of iron head provided substantially and border parallel to and substantially straight and the ground at the boundary of each region of the thickness, the area of ​​the sole side of the region of the two or more different thicknesses Iron set for a golf glove which is characterized in that it consists of iron head that is configured to sequentially increasing from short iron over the long irons.
JP22426997A 1997-08-05 1997-08-05 Iron head for golf club and iron set Pending JPH1147322A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22426997A JPH1147322A (en) 1997-08-05 1997-08-05 Iron head for golf club and iron set

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22426997A JPH1147322A (en) 1997-08-05 1997-08-05 Iron head for golf club and iron set

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1147322A true true JPH1147322A (en) 1999-02-23

Family

ID=16811132

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22426997A Pending JPH1147322A (en) 1997-08-05 1997-08-05 Iron head for golf club and iron set

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1147322A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002032514A1 (en) * 2000-10-16 2002-04-25 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
US6918840B2 (en) 2003-09-19 2005-07-19 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US7022028B2 (en) 2000-10-16 2006-04-04 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set with variable weight distribution
US7201669B2 (en) 2003-12-23 2007-04-10 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a weight positioning system
US7476162B2 (en) 2003-09-19 2009-01-13 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a damping element
JP2013536045A (en) * 2010-08-20 2013-09-19 ナイキ インターナショナル リミテッド Golf clubs and golf club head
US8715105B2 (en) 2003-09-19 2014-05-06 Nike, Inc. Golf club head having an interchangeable bridge member

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7022028B2 (en) 2000-10-16 2006-04-04 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set with variable weight distribution
US6709345B2 (en) 2000-10-16 2004-03-23 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
WO2002032514A1 (en) * 2000-10-16 2002-04-25 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
US7131913B2 (en) 2000-10-16 2006-11-07 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
US8105182B2 (en) 2003-09-19 2012-01-31 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US6923732B2 (en) 2003-09-19 2005-08-02 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US8715105B2 (en) 2003-09-19 2014-05-06 Nike, Inc. Golf club head having an interchangeable bridge member
US7300361B2 (en) 2003-09-19 2007-11-27 Nike, Inc Golf club head having a bridge member
US7476162B2 (en) 2003-09-19 2009-01-13 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a damping element
US6918840B2 (en) 2003-09-19 2005-07-19 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US7841953B2 (en) 2003-09-19 2010-11-30 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US7914395B2 (en) 2003-09-19 2011-03-29 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a damping element
US8262505B2 (en) 2003-09-19 2012-09-11 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a damping element
US7556572B2 (en) 2003-09-19 2009-07-07 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member
US8852023B2 (en) 2003-09-19 2014-10-07 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a damping element
US8066584B2 (en) 2003-12-23 2011-11-29 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a weight positioning system
US8435136B2 (en) 2003-12-23 2013-05-07 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a weight positioning system
US7201669B2 (en) 2003-12-23 2007-04-10 Nike, Inc. Golf club head having a bridge member and a weight positioning system
JP2013536045A (en) * 2010-08-20 2013-09-19 ナイキ インターナショナル リミテッド Golf clubs and golf club head

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5390924A (en) Iron-type gold club head with improved weight distribution at the rear club face and upper sole of the club head
US6875130B2 (en) Wood-type golf club head
US5643107A (en) Golf club head set
US5074563A (en) Iron type weighted golf club head
US8187116B2 (en) Golf clubs and golf club heads
US6981923B2 (en) High spin golf club groove configuration
US5800281A (en) Golf club sole configuration
US4955610A (en) Driving iron golf club head
US5601498A (en) Golf club head with shankless hosel
US5398935A (en) Golf wood clubhead
US5497995A (en) Metalwood with raised sole
US6332848B1 (en) Metal wood golf club head
US4915386A (en) Perimeter weighted iron type golf club head with centrally located complementary weight
US20050026716A1 (en) Golf club head
US6962538B2 (en) Golf club head with multiple undercuts
US5046733A (en) Iron type golf club head with improved perimeter weight configuration
US7704155B2 (en) Metal wood club
US7128660B2 (en) Method of golf club performance enhancement and articles resultant therefrom
US20050239576A1 (en) Golf clubs and golf club heads
US6558272B2 (en) Golf club striking plate with variable bulge and roll
US5716288A (en) Head for golf club irons
US7137903B2 (en) Transitioning hollow golf clubs
US7500924B2 (en) Golf club head
US20110021284A1 (en) Golf Club Head or Other Ball Striking Device Having Impact-Influencing Body Features
US20040018891A1 (en) Metalwood type golf club head having expanded sections vertically extending the ball striking clubface

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040427

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041019