JPH11355883A - スピーカ装置 - Google Patents

スピーカ装置

Info

Publication number
JPH11355883A
JPH11355883A JP17407898A JP17407898A JPH11355883A JP H11355883 A JPH11355883 A JP H11355883A JP 17407898 A JP17407898 A JP 17407898A JP 17407898 A JP17407898 A JP 17407898A JP H11355883 A JPH11355883 A JP H11355883A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
peripheral edge
diaphragm
outer peripheral
voice coil
speaker
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP17407898A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3643855B2 (ja
Inventor
Satoshi Hachiya
Takeshi Iwata
Toshifumi Kato
聡 八矢
利文 加藤
健 岩田
Original Assignee
Pioneer Electron Corp
Tohoku Pioneer Corp
パイオニア株式会社
東北パイオニア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Pioneer Electron Corp, Tohoku Pioneer Corp, パイオニア株式会社, 東北パイオニア株式会社 filed Critical Pioneer Electron Corp
Priority to JP17407898A priority Critical patent/JP3643855B2/ja
Publication of JPH11355883A publication Critical patent/JPH11355883A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3643855B2 publication Critical patent/JP3643855B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
    • H04R9/00Transducers of moving-coil, moving-strip, or moving-wire type
    • H04R9/02Details

Abstract

(57)【要約】 【課題】 低域から高域までの広い再生周波数帯域を安
定して確保すると共に、薄型に形成することのできるス
ピーカ装置を提供することを目的とする。 【解決手段】 内周縁がボイスコイルボビンに連結され
外周縁がエッジを介してフレームに連結される振動板を
有するスピーカ装置において、振動板は内周縁と外周縁
の間に頂部が形成されるものであり、内周縁及び外周縁
は頂部に比して音響放射側に位置することを特徴とす
る。また、上記スピーカ装置において、振動板の音響放
射側の面には、振動板の半径方向に延在する補強用リブ
が形成されることを特徴とする。また、上記スピーカ装
置において、外周縁がフレームに連結されるとともに内
周縁が磁気回路またはフレームに連結され、外周縁と内
周縁の間において振動板の頂部を支持するダンパを設け
たことを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、スピーカ装置に関
し、特に薄型のスピーカ装置の振動板及びその周辺構造
に関するものである。

【0002】

【従来の技術】オーディオシステム等の音響機器に装備
されるスピーカ装置はアンプからの音声信号(電気エネ
ルギ)を音(音響エネルギ)に変換するいわゆる電気−
音響変換器であり、スピーカ装置を動作原理により大別
すると、動電型、静電型、圧電型、放電型、電磁型等に
分けられるが、現在は、再生周波数帯域、変換効率等の
諸条件を兼ね備えた動電型(ダイナミック型)が主流を
占めている。

【0003】従来の動電型スピーカ装置の一例としてい
わゆるコーン形スピーカが知られている。図6はその一
例であり、同図に示すように、コーン形スピーカは、例
えば略円錐形状(コーン形状)の一部で形成された振動
板101の中央部に孔が形成されていて、その孔には円
筒状のボイスコイルボビン103が嵌合し、さらにボイ
スコイルボビン103にはその一方端側から所定幅にボ
イスコイル102が巻回されて固定されている。ボイス
コイル102が巻回されたボイスコイルボビン103は
その他方端近傍が振動板101の孔に固定されている。

【0004】また、振動板101の外周縁は、適度なコ
ンプライアンスと剛性を兼ね備えたリング状のエッジ1
08の内周縁に固定され、エッジ108の外周縁は、磁
気回路107と一体に形成されるフレーム112に固定
される。また、ボイスコイルボビン103の振動板10
1が固定される部分とボイスコイルが固定される部分の
間には、適度なコンプライアンスと剛性を兼ね備えたリ
ング状のダンパ109の内周縁が固定され、さらに、エ
ッジ108及びダンパ109の外周縁は、磁気回路10
7と一体に形成されるフレーム112にそれぞれ固定さ
れる。これにより、エッジ108及びダンパ109は、
振動板101及びボイスコイルボビン103を弾性支持
している。

【0005】また、エッジ108及びダンパ109は、
ボイスコイル102、ボイスコイルボビン103を、マ
グネット104、プレート105、ポールヨーク106
等で構成される磁気回路107の磁気ギャップ内におい
て磁気回路107の各構成部分に接触することなく所定
の静止位置に配置すると共に、振動板101を弾性支持
する。

【0006】また、ボイスコイル102の両端はそれぞ
れ導電性を有する一対のリード線111の片端に接続さ
れ、さらに一対のリード線111のそれぞれ他方端は、
フレーム112に設けられた一対の端子110に接続さ
れている。

【0007】このため、端子110から導電性を有する
リード線111を経てボイスコイル102に供給される
音声電流に応じて、ボイスコイル102が磁気回路10
7の磁気ギャップ内において振動板101のピストン振
動方向に沿って電磁駆動されることにより、振動板10
1を前後に振幅させて振動させる。したがって、振動板
101は、ピストン振動方向に沿って前方向においては
エッジ108が突っ張る位置まで移動可能であり後ろ方
向においてはボイスコイルボビン103に固定されたダ
ンパ109の内周縁付近がプレート105にぶつかる位
置まで移動可能である。つまり、スピーカはこの範囲に
おいて最大振幅可能である。

【0008】また、センターキャップ113は、振動板
101の中央部に設けられた中心孔を塞ぐ様に振動板1
01上に固着され、振動板101と一体に設けられるこ
とで、振動板101及びボイスコイル102の構造強度
を補強し、振動板101及びボイスコイル102の分割
振動を極力抑えている。

【0009】また、センターキャップ113は、振動板
101と一体に振動するので、音響エネルギーの一部
(主として高音域)の放射を担うと共に振動板101の
形状に起因した音波の干渉を位相補正してスピーカの音
響特性を調整する役割を有し、振動板101の中央部に
設けられた中心孔に起因した音響特性の影響を、必要に
応じて補正している。

【0010】従来のコーン形スピーカは以上のように構
成されて入力される音声信号に応じてボイスコイル10
2が固定されたボイスコイルボビン103がピストン振
動方向に沿って振動することにより振動板が前後に振動
して音声信号を音響エネルギに変換して音波を放射す
る。

【0011】

【発明が解決しようとする課題】近年、スピーカ装置
は、オーディオシステムの一部として単体で用いられる
ほか自動車のドア内や平面型の電子表示装置の筐体内、
その他種々の形態を有する筐体内の狭い空間内等に取り
付けて装備される場合が多い。その場合には、スピーカ
装置は、限られた寸法の筐体内に取り付け易いようにそ
の高さをできるだけ低く抑えて薄型に形成する必要があ
る。

【0012】従来のコーン形スピーカを薄型にするに
は、振動板の口径(振動板の外径)が同じスピーカの場
合には、スピーカの高さの大半を占める振動板の高さを
低く抑える必要があり、そのためには振動板がボイスコ
イルとなす半頂角θ(図6参照)を大きくする必要があ
る。

【0013】コーン形スピーカは、一般に、コーン形状
の振動板の半頂角θが小さい程ピストン振動方向に対す
る剛性が増すので振動板が分割振動しにくくなり、その
結果スピーカの再生周波数帯域をより高域まで拡大させ
ることができるが、振動板の口径・材質が同じ場合は、
半頂角が大きくなると振動板が分割振動しやすくなり、
結果としてスピーカの再生周波数特性に乱れが生じ、再
生周波数帯域(特に高域)が制限されてしまう。したが
って、スピーカの高域限界再生周波数をある程度まで確
保しようとすると振動板の半頂角θをあまり大きくする
ことができない。

【0014】また、上述したようにスピーカが駆動中に
は振動板がピストン振動方向に沿って前後に振動するの
で、筐体内に装備された場合にスピーカの実際の取り付
け高さは振動板の振幅量を考慮した高さにする必要があ
るが、周知のごとくスピーカの振動板の振幅量は、例え
ばスピーカが無限大剛壁に取り付けられた場合にピスト
ン振動を行う定出力領域では周波数の二乗に反比例し、
スピーカの最低共振周波数付近において最大の振幅量と
なる。また、この振幅量はスピーカの駆動入力にほぼ比
例して大きくなる。

【0015】したがって、限られた空間を有する筐体内
において再生周波数帯域をある程度の低域まで確保する
ためにスピーカの最低共振周波数を低く設定しようとす
ると、振動板の最大振幅量をある程度大きく必要とする
ので、そのようなスピーカを取り付ける筐体の埋め込み
部分には、スピーカの振動板が最大振幅で飛び出すこと
のできる空間が確保される必要があり、その分スピーカ
を薄型に形成する必要がある。

【0016】また、スピーカ自体においても振動板が最
大振幅までピストン振動できるためにはダンパ109と
プレート105の間隔をスピーカの最大振幅に比例して
設定する必要がありその分ボイスコイルボビン103が
高くなり、その結果スピーカの高さが高くなる。

【0017】また、スピーカの耐入力を大きくする場合
も、大振幅が必要となるので、上述した筐体の取り付け
部分の高さやボイスコイルボビン103の高さを必要と
するが、ボイスコイルボビン103の高さを高くする
と、電磁駆動されるボイスコイル102の高さ位置がダ
ンパ109の内周縁の高さ位置と大きくずれてしまうの
で、ボイスコイル102、ボイスコイルボビン103、
振動板101のピストン振動方向における弾性支持が不
安定となり、スピーカの駆動時においていわゆるローリ
ングが多発する。

【0018】ローリングが発生するとボイスコイル10
2、ボイスコイルボビン103が磁気ギャップ内におい
てプレート105やポールヨーク106に激しくぶつか
ったりこすれたりするので、スピーカは振動板101か
ら異音を発生したり、場合によってはボイスコイル10
2が断線するおそれがある。そのため、ボイスコイルボ
ビン103を高くするわりには振幅量を大きくすること
ができないので結果としてスピーカの耐入力を上げるこ
とができない。

【0019】そのため、従来では、広い再生周波数帯域
や大きな耐入力を必要とするスピーカ装置では、薄型化
には限界があった。

【0020】本発明は上述の問題点に鑑みなされたもの
であり、低域から高域までの広い再生周波数帯域を安定
して確保すると共に、薄型に形成することのできるスピ
ーカ装置を提供することを目的とする。

【0021】

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、
内周縁がボイスコイルボビンに連結され外周縁がエッジ
を介してフレームに連結される振動板を有するスピーカ
装置において、振動板は内周縁と外周縁の間に頂部が形
成されるものであり、内周縁及び外周縁は頂部に比して
音響放射側に位置することを特徴とする。

【0022】また、請求項2記載の発明は、請求項1に
記載のスピーカ装置において、振動板の音響放射側の面
には、振動板の半径方向に延在する補強用リブが形成さ
れることを特徴とする。

【0023】また、請求項3記載の発明は、請求項2に
記載のスピーカ装置において、振動板及び補強用リブは
合成樹脂により一体成型されてなることを特徴とする。

【0024】また、請求項4記載の発明は、請求項1〜
3のいずれか一に記載のスピーカ装置において、外周縁
がフレームに連結されるとともに内周縁が磁気回路また
はフレームに連結され、外周縁と内周縁の間において振
動板の頂部を支持するダンパを設けたことを特徴とす
る。

【0025】また、請求項5記載の発明は、請求項4に
記載のスピーカ装置において、頂部はダンパの外周縁と
内周縁の中間位置においてダンパに固定されることを特
徴とする。

【0026】

【作用】本発明は以上のように構成したので、振動板
は、その内周縁と外周縁の間に形成された頂部から内周
縁及び外周縁に至る各振動面が、それぞれ頂部から立ち
上がるように形成される結果、内周縁側及び外周縁側の
各振動面が互いに折り返されるので振動板の全高を低く
することができる。したがって、スピーカ装置を薄型に
形成することができる。

【0027】また、振動板の内周縁側及び外周縁側が折
り返されて形成されるので、振動面が補強され分割振動
しにくくなる。したがって、スピーカ装置は、低域から
高域までの広い再生周波数帯域を安定して確保すること
ができる。

【0028】また、振動板の音響放射側の面には振動板
の半径方向に延在する補強用リブを形成するようにした
ので、内周縁側及び外周縁側の各振動面が補強されさら
に分割振動しにくくなる。したがって、スピーカ装置
は、低域から高域までの広い再生周波数帯域を安定して
確保することができる。

【0029】また、振動板及び補強用リブを合成樹脂に
より一体成型して形成するようにしたので、複雑な形状
を有する振動板を容易に精度良く形成することができ、
これにより振動板の音響特性のばらつきを無くすことが
できるので、低域から高域までの広い再生周波数帯域を
安定して確保することができる。

【0030】また、外周縁がフレームに連結されるとと
もに内周縁が磁気回路またはフレームに連結されるダン
パの外周縁と内周縁の間において振動板の頂部を支持す
るようにしたので、振動板全体を内周縁又は外周縁では
なく両縁の間の位置で支持することができ、その結果ダ
ンパは振動板をピストン振動方向に安定して支持するこ
とができ、スピーカ装置は駆動時においてローリングが
発生しにくくなり、低域から高域までの広い再生周波数
帯域を安定して確保することができると共に耐入力が増
す。

【0031】また、頂部がダンパの外周縁と内周縁の中
間位置においてダンパに固定されるようにしたので、1
枚ダンパでボイスコイルボビンの外径よりも大きな外径
で形成されたリング状の頂部を振動板の内周縁側と外周
縁側から固定して支持することとなる。したがって、ス
ピーカ装置は駆動時においてローリングが発生しにくく
なり、低域から高域までの広い再生周波数帯域を安定し
て確保することができると共に耐入力が増す。

【0032】

【発明の実施の形態】次に、本発明の好適な実施形態に
ついて図をもとに説明する。図1は、本発明の一実施形
態におけるスピーカ装置Sの構造図であり、(a)はス
ピーカ装置Sの表側(音響放射側)からみた正面図であ
り、(b)は、スピーカ装置Sの主要断面図である。同
図に示すように、スピーカ装置Sは、ヨーク1、プレー
ト2、磁石3からなる磁気回路4と、フレーム5と、ボ
イスコイルボビン6に巻回されたボイスコイル7と、振
動板8と、エッジ9と、ダンパ10、センターキャップ
11、リード線12を有する。

【0033】磁気回路4は、ボイスコイル7を駆動させ
るための磁気ギャップを有し、ここでは円筒状のポール
部1aを有するヨーク1、リング状のプレート2、リン
グ状の磁石3によってリング状の磁気ギャップを有する
外磁型磁気回路で構成される。磁気ギャップは、プレー
ト2の内側面とポール部1aが対向する部分の空隙であ
り、全周に亘ってほぼ均等な間隔を有する。また、磁気
回路を構成するヨーク1の外周側には、例えば合成樹脂
等からなるフレーム5が一体に取り付けられ、磁気回路
4がフレーム5に固定される。磁気回路4とフレーム5
は磁気回路Assyを構成する。

【0034】ボイスコイル7は、電線を円筒状のボイス
コイルボビン6に巻回されて形成され、ボイスコイルボ
ビン6に固定されて少なくともその一部が磁気回路4の
磁気ギャップ内に配される。

【0035】また、センターキャップ11は例えばボイ
スコイルボビン6の内径に略等しい外径を有する球面板
によって形成され、図1(a)に示すように該球面がボ
イスコイルボビン6内に突出する向きでボイスコイルボ
ビン6上に接着剤等で固着されることにより、ボイスコ
イルボビン6(又は、ボイスコイルボビン6及び振動板
8)に連結される。

【0036】また、振動板8は、例えば合成樹脂により
成型され、内周縁から外周縁に至るリング状の音響放射
面を有し、その内周縁はボイスコイルボビンを連結する
ための孔を形成する。この孔にボイスコイルボビン6が
嵌装されて接着剤等によって固着されることにより振動
板8の内周縁がボイスコイルボビン6の一方端に連結さ
れる。また、振動板8の外周縁にはエッジ9が取り付け
られている。

【0037】振動板8の外周縁に取り付けられるエッジ
9は、例えばリング状のいわゆるロールエッジであり、
適度なコンプライアンスと剛性を兼ね備え、その内周縁
が振動板8の外周縁に接着剤等によって固着されること
により振動板8に連結される。また、エッジ9の外周縁
は、接着剤等によってフレーム5に固着されることによ
りフレーム5に連結される。以上により、振動板8の外
周縁はエッジ9を介してフレーム5に連結される。した
がって、エッジ9は、振動板8の外周縁を弾性支持す
る。

【0038】また、振動板8はその内周縁と外周縁の間
に後述する頂部8aが形成されていて、該頂部8aがダ
ンパ10の内周縁及び外周縁の中間位置において接着剤
等によって固定される。

【0039】ダンパ10は、例えば布に樹脂を含浸し加
熱成形された同心円状のコルゲーションを有する円形ダ
ンパであり、適度なコンプライアンスと剛性を兼ね備
え、ダンパ10の内周縁及び外周縁がフレーム5に固定
され、ダンパ10の内周縁及び外周縁の間において頂部
8aを弾性支持する。

【0040】これにより、ダンパ10は、スピーカの静
止状態(スピーカが駆動されない状態)において、エッ
ジ9と共に振動板8、センターキャップ11、ボイスコ
イルボビン6、ボイスコイル7をそれぞれスピーカの所
定位置において弾性支持すると共に、磁気ギャップ内に
配されるボイスコイル7及びボイスコイルボビン6をポ
ール部1aやプレート2等の磁気回路を構成する部分に
接触させない所定位置で弾性保持する。

【0041】また、ダンパ10は、スピーカの駆動状態
においてはセンターキャップ11、振動板8、ボイスコ
イルボビン6、ボイスコイル7をピストン振動方向に沿
って弾性支持する役目も担っている。

【0042】以上により、振動板8は、内周縁にボイス
コイルボビン6を連結し、外周縁がエッジ9に支持され
ると共に、頂部8aがダンパ10の中間位置においてダ
ンパ10に支持される。その結果、スピーカの静止状態
におけるセンターキャップ11、振動板8、ボイスコイ
ルボビン6は所定位置に保持されると共に、ボイスコイ
ルボビン6に巻回されたボイスコイル7が、共に磁気回
路に接触することなく磁気ギャップ内の所定位置に配さ
れる。

【0043】また、ボイスコイル7の両端は、それぞれ
ボイスコイルボビン6及び振動板8に沿って引き出さ
れ、例えば振動板8の内周縁近傍において一対のリード
線12とそれぞれ電気的に接続される。

【0044】図2は、スピーカ装置Sのリード線12の
配線状態を示す図である。図のように、各リード線12
は、例えば複数の細い電線を撚り合せて形成された屈曲
に強い錦糸線であり、振動板8に形成された孔13を経
由してフレームに固定された正負の入力端子14にそれ
ぞれ接続される。図2に示すように、リード線12は孔
13内において孔13に接触しないように空中配線(ス
タイリング)され、振動板8の振動中には、振動板8の
振動に応じて孔13と並行して移動するので、振動板8
にぶつかることがなく、異音が発生しにくい。

【0045】スピーカ装置Sは、以上の構成において、
入力端子14に音声信号が入力されると、音声信号に応
じた電流がリード線12を介してボイスコイル6に供給
され、その結果磁気ギャップ内のボイスコイル6が電磁
駆動されるのでボイスコイルボビン6に連結されたセン
ターキャップ11及び振動板8は、エッジ9及びダンパ
10に弾性支持されながらピストン振動方向に沿って駆
動されるので、音声信号に応じた音響エネルギーを振動
板8から音響放射する。

【0046】また、本実施形態では、スピーカ装置Sの
全高を低く抑えかつ駆動状態における振動板8の分割振
動を抑えるために、振動板8はさらに以下に示す構造を
有する。即ち、図1に示すように、振動板8はその内周
縁と外周縁の間に折り返し部分を有して形成され、折り
返し部分が頂部8aを形成する。

【0047】頂部8aは、振動板8の折り返し部分の先
端部分であり、図1からわかるように、振動板8は、内
周縁と外周縁が頂部8aに比して音響放射側に位置する
ように鋭角に折り返されて形成される。

【0048】図3は、振動板8の折り返し部分の拡大断
面図である。同図に示すように、本実施形態における頂
部8aは、振動板8の折り返し部分に沿って振動板8の
裏面(音響放射側と反対側の面)側にリング状に立設す
る合成樹脂からなるリブであり、振動板8と一体成型さ
れて形成される。

【0049】頂部8aは、ダンパ10の外周縁と内周縁
の中間位置において接着剤等によりダンパ10に固定さ
れる。図3に示すように、ダンパ10の中間位置には頂
部8aが落とし込まれるようにコルゲーションの谷部1
0aが形成されていて、頂部8aは、谷部10aにおい
て接着剤等によりダンパ10に固定される。

【0050】この場合に、頂部8aはリング状に立設す
るリブで形成されるので、谷部10aにおけるダンパ1
0との接着面積を大きくすることができ、ダンパ10と
の接着強度が増す。また、頂部8aのリブとダンパ10
の谷部10aは、振動板8とダンパ10との接着時にお
いて互いの位置だしの役目をするので、スピーカ装置を
組み立てる場合に、予めダンパ10の外周縁をフレーム
Assyに固定した状態でエッジ9、ボイスコイルボビ
ン3が連結された振動板8をダンパ10の中間位置に容
易に精度良く固定することができるので、スピーカの組
み立て作業性が良好となる。

【0051】また、ダンパ10は、振動板8の頂部8a
を内周縁側と外周縁側から固定して支持することとな
り、1枚のダンパ10が、その内周縁側を磁気回路4に
固定された状態で振動板8の内周縁側を接着剤が流し込
まれた谷部10aの内周寄りの部分で支持すると共に、
ダンパ10の外周縁側をフレーム5に固定された状態で
振動板8の外周縁側を谷部10aの外周寄りの部分で支
持するので、振動板8を内周縁又は外周縁ではなく、両
縁の間の位置で支持することができ、振動板8をピスト
ン振動方向に安定して弾性支持することができる。

【0052】また、ダンパ10は、その内周縁と外周縁
の中間位置において振動板8の頂部8aを固定するよう
にしたので、振動板8の外周縁側を支持するダンパ10
の外周縁側と振動板8の内周縁側を支持するダンパ10
の内周縁側とがほぼ同じ弾性力、支持ストローク(変
位)で形成される。したがって、スピーカ装置における
ダンパ10は、その内周縁側と外周縁側がそれぞれ振動
板8の内周縁側と外周縁側を別個に弾性支持してもダン
パ10の共振周波数が複雑に分散することがないので、
スピーカ装置の音響特性が安定する。

【0053】また、図1(a)に示すように、振動板8
の表面(音響放射側の面)には、振動板8の半径方向に
沿って延在する補強用リブ8bが形成される。補強用リ
ブ8bは例えば振動板8の表面に立設する複数の合成樹
脂からなる補強板であり、各補強用リブ8bは、それぞ
れ頂部8aと交差し且つ、振動板8の内周縁側の振動面
の頂部8a付近と外周縁側の振動面の頂部8a付近とを
架橋することにより振動板8の折り返し部分を補強して
振動板の不要な分割振動を防いでいる。

【0054】本実施形態では、各補強用リブ8bは振動
板8と共に合成樹脂により一体成型により形成される。
そのため、このような複雑な構造を有する振動板8であ
っても容易に精度良く形成することができる。

【0055】振動板8は、以上の構造を有し、その内周
縁から外周縁に亘る振動面が頂部8aで折り返されて形
成されるので、頂部8aから内周縁又は外周縁までの高
さが振動板8の全高となる。したがって、振動板8の全
高は、同じ口径(振動板の外径)、ボイスコイル径(振
動板の内周縁)を有する従来のコーン形振動板に比べて
低く形成することができる。また、振動板8の折り返し
部分は補強用リブ8bによって補強されるので、スピー
カ装置Sの駆動時において振動板8の不要な分割振動が
抑えられる。

【0056】スピーカ装置Sは以上のように構成され
る。したがって、スピーカ装置Sは振動板8の全高を低
く抑えることができるので薄型に形成することができ
る。また、スピーカ装置Sは、ボイスコイルボビン6に
ダンパ10が固定されないので、ピストン振動時にダン
パ10がプレート2にぶつかることがなく、その結果ス
ピーカ装置Sの最大振幅を大きくすることができると共
に、ボイスコイルボビン6の全高を低くすることができ
るので薄型に形成することができる。

【0057】また、図1に示すように、振動板8の頂部
8aを弾性支持するダンパ10の高さ位置を、電磁駆動
されるボイスコイル7の高さ位置に近くすることがで
き、且つ、振動板8をボイスコイルボビン6の外径と同
軸、且つ、ボイスコイルボビン6の外径よりも大きなリ
ング状の頂部8aによって支持するようにしたので、ボ
イスコイル7、ボイスコイルボビン6、振動板8のピス
トン振動方向における弾性支持が安定し、これによりス
ピーカ装置Sの駆動時においてローリングが発生しにく
くなる。

【0058】以上により、スピーカ装置Sの駆動時にお
いてボイスコイル7、ボイスコイルボビン6、振動板8
は安定してピストン振動するので、振動板8がローリン
グが発生しにくくなり、ボイスコイル7及びボイスコイ
ルボビン6がポール部1aやプレート2に接触すること
がないので、その分スピーカ装置Sの耐入力が増す。

【0059】なお、上述した実施形態では、振動板はリ
ング状の放射面の内周縁と外周縁の間を鋭角に折り返
し、その折り返し部分に頂部を形成して構成したが、本
発明における振動板はこれに限らず、例えば図4に示す
その他の実施例におけるスピーカ装置S1のように、断
面が椀状の曲線を有する振動面に頂部8aと補強用リブ
8bと同様の頂部15a、補強用リブ15bを共に形成
する振動板15を用いても良い。

【0060】また、振動板の内周縁と外周縁は必ずしも
頂部8aから同じ高さである必要はなく、例えば図5に
示すその他の実施例におけるスピーカ装置S2のよう
に、内周縁を低くした振動板16を用いることによりボ
イスコイルボビンの高さをさらに低くすることができ
る。また、同図に示すように、センターキャップはスピ
ーカ装置Sが必要とする最大振幅を阻害しないならばそ
の球面が音響放射側に突出する向きで配置されても良
い。さらに、図5に示すように、上記振動板16と共に
先に述べたエッジ9と逆向きの断面形状を有するエッジ
17を併用することにより、その分スピーカ装置の全高
を低く抑えることができ、薄型に形成することができ
る。

【0061】また、リード線12を通す振動板8の孔1
3へ粘着剤等を充填してリード線12を孔13に対し粘
着させても良い。上記粘着剤等を併用することにより、
リード線12はより確実に振動板8との接触を防ぐこと
ができる。

【0062】

【発明の効果】本発明は以上のように構成したため、振
動板は、その内周縁と外周縁の間に形成された頂部から
内周縁及び外周縁に至る各振動面が、それぞれ頂部から
立ち上がるように形成される結果、内周縁側及び外周縁
側の各振動面が互いに折り返されるので振動板の全高を
低くすることができる。したがって、スピーカ装置を薄
型に形成することができる。

【0063】また、振動板の内周縁側及び外周縁側が折
り返されて形成されるので、振動面が補強され分割振動
しにくくなる。したがって、スピーカ装置は、低域から
高域までの広い再生周波数帯域を安定して確保すること
ができる。

【0064】また、振動板の音響放射側の面には振動板
の半径方向に延在する補強用リブを形成するようにした
ので、内周縁側及び外周縁側の各振動面が補強されさら
に分割振動しにくくなる。したがって、スピーカ装置
は、低域から高域までの広い再生周波数帯域を安定して
確保することができる。

【0065】また、振動板及び補強用リブを合成樹脂に
より一体成型して形成するようにしたので、複雑な形状
を有する振動板を容易に精度良く形成することができ、
これにより振動板の音響特性のばらつきを無くすことが
できるので、低域から高域までの広い再生周波数帯域を
安定して確保することができる。

【0066】また、外周縁がフレームに連結されるとと
もに内周縁が磁気回路またはフレームに連結されるダン
パの外周縁と内周縁の間において振動板の頂部を支持す
るようにしたので、振動板の内周縁側及び外周縁側の各
振動面を1枚のダンパでそれぞれ同軸かつ異なる半径位
置において弾性支持することができ、その結果ダンパは
振動板をピストン振動方向に安定して支持することがで
き、スピーカ装置は駆動時においてローリングが発生し
にくくなり、低域から高域までの広い再生周波数帯域を
安定して確保することができると共に耐入力が増す。

【0067】また、頂部がダンパの外周縁と内周縁の中
間位置においてダンパに固定されるようにしたので、1
枚ダンパでボイスコイルボビンの外径よりも大きな外径
で形成されたリング状の頂部を振動板の内周縁側と外周
縁側から固定して支持することとなる。したがって、ス
ピーカ装置は駆動時においてローリングが発生しにくく
なり、低域から高域までの広い再生周波数帯域を安定し
て確保することができると共に耐入力が増す。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施形態におけるスピーカ装置Sの
構造図である。

【図2】スピーカ装置Sのリード線12の配線状態を示
す図である。

【図3】振動板の折り返し部分の拡大断面図である。

【図4】その他のスピーカ装置の実施例を示す図であ
る。

【図5】その他のスピーカ装置の実施例を示す図であ
る。

【図6】従来の動電型スピーカ装置の一例(コーン形ス
ピーカ)を示す図である。

【符号の説明】

1・・・・・ヨーク 1a・・・・ポール部 2・・・・・プレート 3・・・・・磁石 4・・・・・磁気回路 5・・・・・フレーム 6・・・・・ボイスコイルボビン 7・・・・・ボイスコイル 8、15、16・・・・・振動板 8a、15a、16a・・・・・頂部 8b、15b、16b・・・・・補強用リブ 9、17・・・・・エッジ 10・・・・・ダンパ 10a・・・・・谷部 11・・・・・センターキャップ 12・・・・・リード線 13・・・・・孔 14・・・・・入力端子

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 岩田 健 山形県天童市大字久野本字日光1105番地 東北パイオニア株式会社内

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 内周縁がボイスコイルボビンに連結され
    外周縁がエッジを介してフレームに連結される振動板を
    有するスピーカ装置において、 前記振動板は前記内周縁と前記外周縁の間に頂部が形成
    されるものであり、前記内周縁及び外周縁は前記頂部に
    比して音響放射側に位置することを特徴とするスピーカ
    装置。
  2. 【請求項2】 前記振動板の音響放射側の面には、前記
    振動板の半径方向に延在する補強用リブが形成されるこ
    とを特徴とする請求項1に記載のスピーカ装置。
  3. 【請求項3】 前記振動板及び前記補強用リブは合成樹
    脂により一体成型されてなることを特徴とする請求項2
    に記載のスピーカ装置。
  4. 【請求項4】 外周縁が前記フレームに連結されるとと
    もに内周縁が磁気回路または前記フレームに連結され、
    前記外周縁と前記内周縁の間において前記振動板の前記
    頂部を支持するダンパを設けたことを特徴とする請求項
    1〜3のいずれか一に記載のスピーカ装置。
  5. 【請求項5】 前記頂部は前記ダンパの外周縁と内周縁
    の中間位置において前記ダンパに固定されることを特徴
    とする請求項4に記載のスピーカ装置。
JP17407898A 1998-06-05 1998-06-05 スピーカ装置 Expired - Lifetime JP3643855B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17407898A JP3643855B2 (ja) 1998-06-05 1998-06-05 スピーカ装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17407898A JP3643855B2 (ja) 1998-06-05 1998-06-05 スピーカ装置
US09/324,729 US6236733B1 (en) 1998-06-05 1999-06-03 Loudspeaker

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11355883A true JPH11355883A (ja) 1999-12-24
JP3643855B2 JP3643855B2 (ja) 2005-04-27

Family

ID=15972272

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17407898A Expired - Lifetime JP3643855B2 (ja) 1998-06-05 1998-06-05 スピーカ装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US6236733B1 (ja)
JP (1) JP3643855B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004089037A1 (ja) * 2003-03-31 2004-10-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. スピーカ
JP2007502044A (ja) * 2003-08-08 2007-02-01 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. 起伏膜を有するスピーカ
WO2007135745A1 (ja) * 2006-05-24 2007-11-29 Pioneer Corporation スピーカ装置
JP2007318346A (ja) * 2006-05-24 2007-12-06 Pioneer Electronic Corp スピーカ装置の製造方法、スピーカ装置、およびスピーカ装置の組立治具
JP2008259003A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Audio Technica Corp ダイナミックマイクロホン用振動板およびその製造方法ならびにダイナミックマイクロホン
JP2011520299A (ja) * 2007-05-03 2011-07-14 ピーエスエス・ベルギー・エヌブイPSS Belgium NV 補強要素を有するラウドスピーカ
JP2011223559A (ja) * 2010-03-24 2011-11-04 Panasonic Corp スピーカ、および、それを備える電子機器
JP4878625B2 (ja) * 2006-05-24 2012-02-15 パイオニア株式会社 スピーカ装置

Families Citing this family (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6665415B1 (en) * 1999-09-09 2003-12-16 Harman International Industries, Incorporated Loudspeaker overcurrent protection
US6496590B2 (en) * 2000-12-08 2002-12-17 Jl Audio, Inc. Loudspeaker with improved diaphragm
EP1324632B1 (en) * 2001-06-11 2009-07-29 Panasonic Corporation Speaker
US20030031324A1 (en) * 2001-08-07 2003-02-13 Richard Lukacovic Solenoid for an electrolarynx
TW200401580A (en) 2002-04-25 2004-01-16 Koninkl Philips Electronics Nv Loudspeaker with a first and a second diaphragm body
WO2004019446A2 (en) * 2002-08-21 2004-03-04 Sahyoun Joseph Y Audio radiator with radiator flexure minization and voice coil elastic anti-wobble members
JP2005159506A (ja) * 2003-11-21 2005-06-16 Pioneer Electronic Corp スピーカ装置
JP4618116B2 (ja) * 2005-12-07 2011-01-26 パナソニック株式会社 スピーカ
JP4569477B2 (ja) * 2006-01-17 2010-10-27 パナソニック株式会社 スピーカ
US8416971B1 (en) 2006-04-05 2013-04-09 Kourosh Salehi Loudspeaker driver
US8175301B2 (en) * 2006-04-05 2012-05-08 Kourosh Salehi Loudspeaker driver
US7899202B2 (en) * 2006-04-17 2011-03-01 Sound Sources Technology, Inc. Loudspeaker with cone-coupled damper
US8144916B2 (en) * 2006-09-27 2012-03-27 Bailiang Zhang Vibrating system of panel form electrodynamic loudspeaker
US8213671B2 (en) * 2006-11-01 2012-07-03 Pioneer Corporation Speaker
WO2008059597A1 (en) * 2006-11-17 2008-05-22 Pioneer Corporation Speaker
JP2008167150A (ja) * 2006-12-28 2008-07-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd スピーカ
US20080279415A1 (en) * 2007-05-08 2008-11-13 Mitek Corp., Inc. Speaker cone and dust cap assembly
JP2009171352A (ja) * 2008-01-17 2009-07-30 Kenwood Corp スピーカユニット
JP4783399B2 (ja) 2008-06-04 2011-09-28 ホシデン株式会社 ドーム型振動板及びこれを用いたスピーカ
US8204269B2 (en) * 2008-08-08 2012-06-19 Sahyoun Joseph Y Low profile audio speaker with minimization of voice coil wobble, protection and cooling
JP2010288099A (ja) * 2009-06-12 2010-12-24 Hosiden Corp スピーカ
CN104486697B (zh) * 2009-12-17 2019-01-15 珍尼雷克公司 对驱动单元的利兹线布线的布线装置和包括其的驱动单元
US8428294B2 (en) * 2010-11-02 2013-04-23 Chun I LIU Slim speaker
US9232314B2 (en) 2013-09-09 2016-01-05 Sonos, Inc. Loudspeaker configuration
US9066179B2 (en) 2013-09-09 2015-06-23 Sonos, Inc. Loudspeaker assembly configuration
TWI477159B (zh) * 2014-05-27 2015-03-11 Cotron Corp 振動元件
GB2542382A (en) * 2015-09-17 2017-03-22 Gp Acoustics (Uk) Ltd Low-profile loudspeaker

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2007746A (en) * 1925-07-20 1935-07-09 Rca Corp Acoustic device
US2004735A (en) * 1928-07-27 1935-06-11 Rca Corp Loud speaker
US2231479A (en) * 1938-08-24 1941-02-11 Rca Corp Signal translating apparatus
US3991286A (en) * 1975-06-02 1976-11-09 Altec Corporation Heat dissipating device for loudspeaker voice coil
JPS5393816A (en) * 1977-01-28 1978-08-17 Hitachi Ltd Diaphragm of speaker

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004089037A1 (ja) * 2003-03-31 2004-10-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. スピーカ
US7203333B2 (en) 2003-03-31 2007-04-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Speaker
JP2007502044A (ja) * 2003-08-08 2007-02-01 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィKoninklijke Philips Electronics N.V. 起伏膜を有するスピーカ
WO2007135745A1 (ja) * 2006-05-24 2007-11-29 Pioneer Corporation スピーカ装置
JP2007318346A (ja) * 2006-05-24 2007-12-06 Pioneer Electronic Corp スピーカ装置の製造方法、スピーカ装置、およびスピーカ装置の組立治具
JP4839370B2 (ja) * 2006-05-24 2011-12-21 パイオニア株式会社 スピーカ装置
JP4878625B2 (ja) * 2006-05-24 2012-02-15 パイオニア株式会社 スピーカ装置
JP2008259003A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Audio Technica Corp ダイナミックマイクロホン用振動板およびその製造方法ならびにダイナミックマイクロホン
JP2011520299A (ja) * 2007-05-03 2011-07-14 ピーエスエス・ベルギー・エヌブイPSS Belgium NV 補強要素を有するラウドスピーカ
JP2011223559A (ja) * 2010-03-24 2011-11-04 Panasonic Corp スピーカ、および、それを備える電子機器

Also Published As

Publication number Publication date
US6236733B1 (en) 2001-05-22
JP3643855B2 (ja) 2005-04-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10560770B2 (en) Speaker device
US6920957B2 (en) Loudspeaker diaphragm
EP0843949B1 (en) Electrodynamic loudspeaker and system comprising the loudspeaker
US7576462B2 (en) Electromagnetic exciter
US6654476B1 (en) Low cost broad range loudspeaker and system
KR100535172B1 (ko) 전기-음향변환기 및 전자기기
CN1173555C (zh) 电声变换器
KR100446156B1 (ko) 증가된 컴플라이언스를 가지며 나선형 댐퍼에 의해탄성적으로 지지되는 마그네틱 회로를 가지는 진동액추에이터
US4590332A (en) Phase coherent low frequency speaker
US7436088B2 (en) Electromagnetic exciter
TWI406575B (zh) 微型喇叭
JP4743793B2 (ja) スピーカー振動板およびこれを用いたスピーカー
CN101330988B (zh) 多功能型振动促动器
TW515221B (en) Multifunction acoustic device
CN1135902C (zh) 球顶形扬声器及其制造方法
EP1658753B1 (en) Loudspeaker having a composite diaphragm structure
KR101061550B1 (ko) 장방형 서스펜션 및 이를 채용한 스피커 모듈
JP4386327B2 (ja) スピーカ装置
JP3569413B2 (ja) スピーカ装置及びスピーカ装置の製造方法
KR100339816B1 (ko) 3-모드 재생 특성을 갖는 소형 전기-음향 변환기
EP1453353A1 (en) Loudspeaker
KR100373757B1 (ko) 소형 전대역 스피커
US20060088181A1 (en) Speaker device and manufacturing method thereof
US8290199B2 (en) Loudspeaker suspension
JP4839370B2 (ja) スピーカ装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040909

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040921

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20041119

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041119

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20041119

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041221

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090210

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090210

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100210

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110210

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110210

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120210

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130210

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140210

Year of fee payment: 9

EXPY Cancellation because of completion of term